居待月 の俳句

居待月

いちじくをやはらかく煮て居待月 宮坂秋湖
オカリナの音に耳貸して居待月 塩田晴江
くらがりをともなひ上る居待月 後藤夜半
こほろぎやくもりわたれる居待月 五十崎古郷句集
つゆくらく満ちて尾上の居待月 松村蒼石 寒鶯抄
どの猫も名前を持てり居待月 三輪初子
ふたり子の炊煮こもごも居待月 立澤 清
やゝ小さき居待の月となりて出づ 佐藤一村
わが影の築地にひたと居待月 星野立子
暗(くらが)りをともなひ上る居待月 後藤夜半(1895-1976)
暗がりをともなひ上る居待月 後藤夜半
暗りをともなひ上る居待月 後藤夜半
椅子となる石は占められ居待月 朝倉和江
遠くより癒えよの便り居待月 小林紀代子
泣き砂を泣かせて浜の居待月 不破 幸夫
居待ち月待ちつつ曽爾の宿りかな 稲岡長
居待月しとねをうつす程もなく 中村三山
居待月はなやぎもなく待ちにけり 石田波郷
居待月ままならぬ世の標かな 石井雅子
居待月臥待月も妻亡き世 成瀬正俊
居待月起きて守らん枕挽 智月 俳諧撰集玉藻集
居待月光もみあふラスベガス 高岡央郎
居待月勾玉光りしてをりぬ 佐久間慧子
居待月更けて華やぐシャンゼリゼ 関森勝夫
居待月黒き筏の行き来かな 二村典子
居待月出たるばかりやまだ暗し 杉崎保則
居待月出て美しき旅終る 上田 花勢
居待月正座久しく忘れゐし 福永耕二
居待月泉かがやきそめにけり 山田梵雨
居待月徳利は空となりにけり 久保きくを
居待月南部黒牛歩み来て 熊澤さとし
居待月彼女遅れし事は常 稲畑廣太郎
居待月芙蓉はすでに眠りけり 安住 敦
居待月祀る事無く月見上ぐ 菅原章風
京よりも山科明かき居待月 山本洋子
高窓をつひに出てゆく居待月 木野田和子
黒猫の眼だけが戻る居待月 福井美代子
妻も酒少したしなみ居待月 川田長邦
傘少し濡れて戻りぬ居待月 酒井みゆき
山月や居待といふもいと更けて 水原秋桜子
残り餌を犬の食べ出す居待月 塩川祐子
蛇皮の音に湧く綾雲や居待月 山口きけい
酒やめて友すじ変る居待月 本多静江
十六夜も居待も淡くすぎにけり 山本洋子
十六夜も居待も曇り草以仏 猿橋統流子
宿の子や居待の月に子守唄 木村蕪城 一位
宿の帯二た重に足らず居待月 米澤吾亦紅
小説の男とあそぶ居待月 井上雪
少女らの居ずまひただし居待月 滝 春一
上潮に光のり来る居待月 武政礼子
場舟に月は居待の色ケ浜 有家栄子
身を抜けし言葉の冷ゆる居待月 大泉信夫
星一つはべらせてゐて居待月 小原登志子
赤ベコの首さしのべる居待月 船渡文子
素十忌の近づく庵の居待月 石川 梨代
草の香の湿りほどよき居待月 植田 桂子
存問の文書きあぐね居待月 川崎慶子
筑波嶺のあらぬ方より居待月 大平芳江
鉄瓶の錆落しをり居待月 石川桂郎 四温
田の面に靄しづめたる居待月 阿部ひろし
病む窓を旅寝とおもひ居待月 鍵和田[ゆう]子 浮標
崩したる膝やはらかに居待月 山本敬子
繭倉のうしろの山の居待月 町田しげき
名も知らぬ草を束ねて居待月 篠原あさ子
夜々たのし今宵は嵯峨の居待月 高崎雨城
用の身の俘にされし居待かな 尾崎紅葉
養命酒ちびちび舐めて居待月 阿波野青畝
来るなとは来よといふこと居待月 小坂田規子
林立のマストにかかる居待月 南部秀夫
嶺を離れたる欠けやうも居待月 山田弘子 こぶし坂
脇息のありて即ち居待月 京極杞陽
厮から居待の月をながめけり 月見 正岡子規
甕の水満たしてをりし居待かな 村部たか子
蒟蒻に箸がよくゆく居待月 加藤燕雨

居待月 補遺

こちらへとくる足音の居待月 岸田稚魚 紅葉山
この月を居待寝待と指を折り 高野素十
この宵の居待につづく雨ごもり 上田五千石『風景』補遺
つゆくらく満ちて尾上の居待月 松村蒼石 寒鶯抄
暗りをともなひ上る居待月 後藤夜半 翠黛
雨ながら居待の月のたゝずまひ 高浜年尾
雲のこと雲に任せて居待月 後藤比奈夫
顔撫でてもとの顔なり居待月 石田勝彦 雙杵
救急車曲るやのぞく居待月 水原秋櫻子 餘生
救急車行けば坂照る居待月 水原秋櫻子 餘生
居待とて佇つ茶畑のほとりかな 村山故郷
居待の月寝待の月、旅をもどれば籠りおる 荻原井泉水
居待月はなやぎもなく待ちにけり 石田波郷
居待月影す机上の観音像 村山故郷
居待月川べりの照りはじめたる 岡井省二 夏炉
居待月芙蓉はすでに眠りけり 安住敦
金鈴の声に訪はるる居待かな 上田五千石 天路
行くさ来さ居待寝待を越路とす 阿波野青畝
妻なしに似て湯を沸かす居待の夜 村山故郷
山月や居待といふもいと更けて 水原秋櫻子 旅愁
捨て皿の白をほのかに居待月 鷹羽狩行
宿の子や居待の月に子守唄 木村蕪城 一位
善福寺川橋を洗へり居待月 水原秋櫻子 殉教
窓前の谷を猪行く居待月 神楽 藤田湘子
帯ゆるく締めて故郷の居待月 鈴木真砂女
鉄瓶の錆落しをり居待月 石川桂郎 四温
東巴(トンパ)文字の雅印の届く居待月 松崎鉄之介
筆立の中の耳掻き居待月 鈴木真砂女
百歩ゐて星樹もをりて居待更く 上田五千石『天路』補遺
木も藪も山の如くに居待月 山口青邨
友僧侶なかなかに来ぬ居待月 松崎鉄之介
養命酒ちびちび砥めて居待月 阿波野青畝
立待に居待に君をしのべとぞ 上田五千石『琥珀』補遺
立待より居待よろしき齢かな 鷹羽狩行
老人手帳机上に置かる居待月 松崎鉄之介
厮から居待の月をながめけり 正岡子規 月見
拱手して野守のごとし居待月 藤田湘子 神楽

by 575fudemakase | 2017-06-08 04:14 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング