立待月 の俳句

立待月

あさがほのかげかすかなり十七夜 大江丸
うすうすと立待月の又雲に 村上 ギン
うば捨ての立待月を待ち得たり 潮原みつる
さらぬだに月に立待つ惣嫁かな 一茶
一指もて鳴らすピアノや十七夜 丹羽 啓子
一本づゝ老杉浮べ十七夜 殿村莵絲子
雨つづく立待月もあきらめて 稲畑汀子
玉の緒を断つ立待の光かな 秦夕美
月を待つ闇たのもしき野の廣さ 立待月 正岡子規
月を待つ立待月といふ名あり 高浜虚子
月待つや去年をとゝしの月を話す 立待月 正岡子規
古き沼立待月をあげにけり 富安風生
古き沼立待月を上げにけり 富安風生
十七夜の旅より旅へゆきし人 長谷川かな女 雨 月
十七夜水の宮こそかぐろしや 山田みづえ
十七夜水禍の村を照しけり 北須賀トシ子
十七夜湯に倒れくる橡の影 藤田あけ烏 赤松
宵闇や灯二つ見ゆる三河島 立待月 正岡子規
宵闇や野風吹くる草の音 立待月 正岡子規
宵過ぎて立待の暈ひろがりぬ 石田波郷
身一人の十七夜忌を月の前 下村槐太 光背
逗留や立待月に立ちまじり 松本たかし
巣立待つ目白餌台に今朝も来る 小寺健一
待宵に月見る處定めけり 立待月 正岡子規
待宵のくもらばくもれ箱根山 立待月 正岡子規
待宵の晴れ過ぎて扨あした哉 立待月 正岡子規
待宵の猶たのもしや月の缺 立待月 正岡子規
待宵や降ても晴ても面白き 立待月 正岡子規
待宵や十日の雨は晴れにけり 立待月 正岡子規
待宵や出しぬかれたる月のてり 立待月 正岡子規
待宵や夕餉の膳に松の月 立待月 正岡子規
待宵をなどてや人の狂はざる 立待月 正岡子規
待宵をにくらし誰の高鼾 立待月 正岡子規
待宵を見たりあしたはなくもがな 立待月 正岡子規
大いなる立待月の山河かな 太田寛郎
大文字の山を焦がして十七夜 水本祥壱
辻君の辻に立待月夜かな 立待月 正岡子規
天窓に立待の月皇女生まる 小泉八重子
点眼の瞳に昇る十七夜 村本畔秀
日時計や立待月のかげ深し 福田葉子
能役者立待月に舞ひ進む 星野 椿
八十七夜八十八夜きのふけふ 倉田 紘文
文鎮の紅水晶や十七夜 籏こと
魔がさして親切にして立待月 池田澄子 たましいの話
立待ちの刻をいそげる早瀬かな 豊長みのる
立待ちの体をねじる限度かな 池田澄子
立待つに蟇もさむらふ峡の月 林翔 和紙
立待となりたる月のつくる隈 久保田万太郎 草の丈
立待の闇の話や五六人 立待月 正岡子規
立待の橋より冷えてゐたりけり 黒田杏子
立待の月に天婦羅よく揚る 長谷川かな女 牡 丹
立待の月のかたぶく明るさよ 豊原月右
立待の月の芒の正しさよ 高野素十
立待の月ほのかなる小雨かな 伊志井寛
立待の月や帰郷の道すがら 千原草之
立待の月光欅真半分 斎藤夏風
立待の月得てよりの波の音 吉本和子
立待の月明りして雨が降る 高木晴子 花 季
立待の刻をいそげる早瀬かな 豊長みのる
立待の杉の奥より水の音 殿村 莵絲子
立待の庭の明りをたのみ寝る 角田拾翠
立待の鉄板道路多き街 飯島晴子
立待の微雨にほのめくすひかづら 村上光子
立待の霧がくれつつ鷭鳴けり 堀口星眠 営巣期
立待の夕べしばらく歩きけり 片山由美子
立待の葉騒俄かや椎と樫 六本和子
立待の立てば空壜めくわれか 正木ゆう子
立待やうしろむいたる其ひまに 立待月 正岡子規
立待やただ白雲の漠々と 原コウ子
立待や過ぎし日月重かりき 甘利啓子
立待や煮炊の湯気につつまれし 井上雪
立待や森の穂を出づ星一つ 佐藤念腹
立待や牧水生家のみなかみに 神尾久美子
立待や明るき星を引き連れて 岩田由美
立待や痺(しびり)直さん臼の上 大津尼-智月 俳諧撰集「藤の実」
立待や痺れ直ほさん臼の上 智月 俳諧撰集玉藻集
立待を信濃に仰ぐとろろそば 藤暢子
立待月かはほり飛ばずなりにけり 村上鬼城
立待月や狐が下駄を盗りに来る 金久美智子
立待月吊橋浮び出でにけり 山本英子
立待月露けき石を照しそむ 片桐美江
立待月咄すほどなくさしわたり 阿波野青畝
姨捨の立待月を待ち得たり 潮原みつる
暈ひろき立待月やねこじやらし 水原秋桜子
濤音のはずみ立待月のぼる 池田 菟沙

立待月 補遺

いつか来る大き闇待つ十七夜 林翔
月を待つ闇たのもしき野の廣さ 正岡子規 立待月
月待つや去年をとゝしの月を話す 正岡子規 立待月
古き沼立待月を上げにけり 富安風生
妻帰り行きて日暮れぬ十七夜 村山故郷
十七夜山の杜出て余寒星 上田五千石『森林』補遺
十七夜水の宮こそかぐろしや 山田みづえ まるめろ
宵闇や灯二つ見ゆる三河島 正岡子規 立待月
宵闇や野風吹くる草の音 正岡子規 立待月
宵過ぎて立待の暈ひろがりぬ 石田波郷
身一人の十七夜忌を月の前 下村槐太 光背
逗留や立待月に立まじり 松本たかし
吹き降りや立待によき橋ながら 水原秋櫻子 蘆雁以後
待宵に月見る處定めけり 正岡子規 立待月
待宵のくもらばくもれ箱根山 正岡子規 立待月
待宵の晴れ過ぎて扨あした哉 正岡子規 立待月
待宵の猶たのもしや月の缺 正岡子規 立待月
待宵や降ても晴ても面白き 正岡子規 立待月
待宵や十日の雨は晴れにけり 正岡子規 立待月
待宵や出しぬかれたる月のてり 正岡子規 立待月
待宵や夕餉の膳に松の月 正岡子規 立待月
待宵をなどてや人の狂はざる 正岡子規 立待月
待宵をにくらし誰の高鼾 正岡子規 立待月
待宵を見たりあしたはなくもがな 正岡子規 立待月
虫螫すや立待月の草の丈 水原秋櫻子 餘生
辻君の辻に立待月夜かな 正岡子規 立待月
歩むべく立待の夜の芝生あり 百合山羽公 樂土
立待つに蟇もさむらふ峡の月 林翔 和紙
立待といひて何をか待つこころ 上田五千石『天路』補遺
立待に居待に君をしのべとぞ 上田五千石『琥珀』補遺
立待の闇の話や五六人 正岡子規 立待月
立待の月なれば窓に佇ちて待つ 村山故郷
立待の月へ小声の長話 阿波野青畝
立待の月をたちまち軒の上 鷹羽狩行
立待の鉄板道路多き街 飯島晴子
立待の夜を降りいでて萩しろし 水原秋櫻子 重陽
立待の良き月まるき堅田かな 阿波野青畝
立待やうしろむいたる其ひまに 正岡子規 立待月
立待より居待よろしき齢かな 鷹羽狩行
立待をあるいてゐたり堂や宮 岡井省二 五劫集
立待月かはほり飛ばずなりにけり 村上鬼城
立待月ゆびさす草之叡子の頬 阿波野青畝
立待月咄すほどなくさし亘り 阿波野青畝

by 575fudemakase | 2017-06-08 04:16 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング