秋蚕 の俳句

秋蚕

お祭もすみし秋蚕を掃き立てゝ 宮下翠舟
しやりしやりと秋蚕食みをり帯を解く 久保千鶴子
しんかんと秋蚕眠るに取巻かる 萩原麦草 麦嵐
しんしんと秋蚕眠るに取巻かる 萩原麦草
たちつ居つ高麗人の見る秋蚕かな 飯田蛇笏 山廬集
トラックの轟き秋蚕まろびけり 殿村菟絲子
ふるさとの秋蚕のこもる繭白し 中村瑞穂
もの探す形虚空の秋蚕あり 阿部みどり女
阿蘇荒もなくて秋蚕の育ちよし 島津唖草
暗がりに秋蚕が眠り馬籠宿 竹前康子
雨つゞく秋蚕の炉火を熾んにす 金子伊昔紅
浦凪をかさね秋蚕の繭ごもり 下村ひろし 西陲集
炎天や秋蚕の為の桑の出来 高濱年尾 年尾句集
横山を下りれば秋蚕飼へる家 高浜虚子
横山を下れば秋蚕飼へる家 高浜虚子
屋根石に雨さだめなし秋蚕飼ふ 皆吉爽雨
家家に一人づつ婆秋蚕済む 高野素十
街道の灯の明るきは秋蚕飼ふ 吉村ひさ志
教材に秋蚕飼ひけり分教場 佐野たけ子
近江路は秋蚕あがりし風の音 杉浦範昌
桑をやる秋蚕を全くおほひつつ 皆吉爽雨 泉声
桑籠の紐の細りし秋蚕飼ふ 大岳水一路
渓風の吹きこむ秋蚕片集ひ 金子伊昔紅
月さして秋蚕すみたる飼屋かな 村上鬼城
月夜雨ふりすぐ秋の蚕飼窓 石原舟月
固まつて秋蚕の眠る平家村 佐川広治
更くる夜の秋蚕の知恵の貌を見る 日原傳
合掌の宿や秋蚕の匂ひたつ 藤美紀
座敷わらし居るかや秋蚕貌上ぐる 浅場芳子
歳月や秋蚕の棚にひびきあう 安西 篤
三齢三眠さめて秋蚕の薄みどり 川井玉枝
山の気や秋蚕もわれも健康に 阿部みどり女
山下る秋蚕ひた喰む音を過ぎ 中島斌雄
秋蚕にも桑にも悪き雨つづく 野中 穂浪
秋蚕の灯目指して帰る棚田道 広瀬直人
秋蚕ゐて天地へめぐりゐたりけり 平井照敏 天上大風
秋蚕糸干しさらさるる次第かな 飯田蛇笏 山廬集
秋蚕飼ひ新野の人は炉を焚ける 加藤三七子
秋蚕飼ふどこの家にも媼ゐて 鈴木青園
秋蚕飼ふにほひの奥に人病めり 能村登四郎
秋蚕飼ふひつそりさ散り鳳仙花 細見綾子 花寂び
秋蚕飼ふものやはらぎを兵還る 細見綾子
秋蚕飼ふ手やめて案内一茶堂 鈴鹿野風呂 浜木綿
秋蚕飼ふ手を洗ひをり一教師 角川春樹
秋蚕飼ふ村のうしろに嶽あつめ 米山源雄
秋蚕飼ふ村の高みのかがひ跡 沢木欣一 遍歴
秋蚕飼ふ村の夜更けの通り雨 田中冬二 俳句拾遺
秋蚕飼ふ帯無きうしろすがたかな 京極杞陽
秋蚕飼ふ老二人とは父と母 倉田紘文
秋蚕守る猫神さまの大きな目 辻桃子
秋蚕太る障子に山の日をあつめ 皆川盤水
秋蚕繭になりし話を風が吹く 細見綾子 花寂び
秋蚕眠り山はがつがつ削られる はやし麻由
秋蚕眠る肩が寒いと母のいう 遠山郁好
小屋の梁細目や秋蚕上蔟す 和久田隆子
信夫なる秋蚕は繭にこもりけり 加藤三七子
真田砦ありし山里秋蚕飼ふ 伊東宏晃
疎開せし家に秋蚕を見て辞する 中田勘一 『雪礫』
村は夕べ障子の中に飼ふ秋蚕 長谷川素逝 暦日
棚の上の昏きに秋蚕すきとほり 井沢正江
男ひとり秋蚕飼へる山家かな 藤田あけ烏 赤松
秩父人秋蚕あがりぬと来て踊る 水原秋桜子
梯子段一歩より闇秋蚕飼ふ 木村蕪城
天の川に障子開け放ち秋蚕の家 萩原麦草 麦嵐
天井に梯子秋蚕のねむりどき 殿村菟絲子 『樹下』
電球の紐ながく吊る秋蚕かな 藤田あけ烏
土間に紙延べて飼はるゝ秋蚕かな 藤原風驚子
年々に飼ひへらしつゝ秋蚕飼ふ 大橋桜坡子
馬小屋に広げてありし秋蚕かな 井上弘美
白障子よりの慈光に秋蚕飼ふ 長田等
保己一の墓前の戦友の秋蚕飼ふ 仲安俊雄 『冬耕』
繭に入る秋蚕未来をうたがはず 木下夕爾
繭二つ三つ秋蚕のすみしらし 高野素十
貰ひ桑あての秋蚕を少し飼ふ 鈴木秋翠
夕日すこし川底にあり秋蚕村 古賀まり子
裏戸開け秋蚕光らす朝の嫁 金子兜太
裏山に日が赤々と秋蚕かな 小笠原和男
六角牛山晴れて秋蚕のよきあがり 宮下翠舟
杣仕事休みわづかの秋蚕飼ふ 原孚水
檜山には白き雨降り秋蚕飼ふ 有働亨

秋蚕 補遺

からからと戸を閉む秋蚕三眠の 平畑静塔
すぐ離れ来しかど秋蚕飼ふ匂ひ 飯島晴子
たちつ居つ高麗人の見る秋蚕かな 飯田蛇笏 山廬集
はたらきの一家と言はれ秋蚕飼ふ 山口青邨
まぶしなどちらばり秋蚕飼ひしらし 高野素十
もう上る秋蚕に障子月さして 山口青邨
家家に一人づつ婆秋蚕済む 高野素十
外厠借りて覗きし秋蚕棚 能村登四郎
恐らくはあれも秋蚕の灯なるべし 阿波野青畝
削懸を負ふひとつ家も秋蚕飼ふ 富安風生
蚕飼村秋蚕も終る土偶飾り 山口青邨
種紙も秋蚕はさみしかりにけり 後藤比奈夫
秋蚕のことをよく知る一人よぶ 高野素十
秋蚕の灯目指して帰る棚田道 廣瀬直人
秋蚕ゐて天地へめぐりゐたりけり 平井照敏 天上大風
秋蚕糸干しさらさるる次第かな 飯田蛇笏 山廬集
秋蚕飼ふにほひの奥に人病めり 能村登四郎
秋蚕飼ふひつそりさ散り鳳仙花 細見綾子
秋蚕飼ふものやはらぎを兵還る 細見綾子
秋蚕飼ふ家々晒す信濃口 廣瀬直人 帰路
秋蚕飼ふ前の川原を月が行く 廣瀬直人
秋蚕終ふ朝餉の箸を常の位置 飯田龍太
秋蚕終ふ塀に廂に莚垂れ 廣瀬直人
秋蚕繭になりし話を風が吹く 細見綾子
秋蚕落ち小川たちまち血を流す 金子兜太
娼婦より聞きし秋蚕を飼ひたりと 阿波野青畝
床暗く枝桑飼ひの秋蚕かな 高浜年尾
村は夕べ障子の中に飼ふ秋蚕 長谷川素逝 暦日
秩父人秋蚕あがりぬと来て踊る 水原秋櫻子 残鐘
晩秋蚕晩々秋蚕にて終る 高野素十
飛騨桑といふ桑つみて秋蚕飼ふ 高野素十
繭二つ三つ秋蚕の済みしらし 高野素十
葉一枚突つたて食める秋蚕かな 石田勝彦 百千
裏戸開け秋蚕光らす朝の嫁 金子兜太

by 575fudemakase | 2017-06-08 04:20 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング