西鶴忌 の俳句

西鶴忌

あきうどの弟ひとり西鶴忌 西本一都
あとつぎもなく句に遊び西鶴忌 田畑美穂女
いり豆の燠を裏戸に西鶴忌 古舘曹人 樹下石上
おとろえを見せぬ暑さや西鶴忌 波切虹洋
かまつかのいよいよ赤し西鶴忌 村山古郷
この尼の過去ははなやか西鶴忌 田上多歌史
たこ焼のたこ大粒に西鶴忌 大森理恵
ビルの間に火星を挟む西鶴忌 佐野まもる
へうたんの括れてへうげ西鶴忌 長谷川久々子
また一つ古本屋閉づ西鶴忌 鈴木朗月
まだ鳴かぬ鈴虫そだて西鶴忌 鳴瀬芳子
もののふの東にをりて西鶴忌 森 澄雄
やうやくに暑のをさまりし西鶴忌 森澄雄
為し難き一日一句西鶴忌 長安悦子
一万句一夜の露の西鶴忌 山口青邨
羽まくら叩き西鶴忌と気づく 長崎玲子
蛾を入れて一夜の明くる西鶴忌 大森理恵
海に脛あづけ西鶴忌の夫婦 熊谷愛子
蒲焼の串の焦げめや西鶴忌 龍岡晋
偽りも嘘もまことや西鶴忌 石山佇牛
義太夫の浪花訛や西鶴忌 小川明美
客待ちのまた門辺掃く西鶴忌 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
居酒屋に席空くを待つ西鶴忌 岸川素粒子
鏡台に溜まる剃の刃西鶴忌 檜紀代
響灘波立てれども西鶴忌 橋本鶏二
口中に鬼灯哭かす西鶴忌 寺井谷子
好きものの心われにも西鶴忌 矢野蓬矢
好色を卑しとはせず西鶴忌 下村 梅子
荒振りに番傘ひらく西鶴忌 保津操
行水に咄すをきけば西鶴忌 松瀬青々
今の世も男と女西鶴忌 三宅清三郎
妻に宛てしむかしの手紙西鶴忌 茂野 六花
死ぬもよしと言へる女よ西鶴忌 滝本魚顔女 『絵踏』
耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄
商人の家業は継がず西鶴忌 鈴木貞雄
上方のくらしに染まず西鶴忌 下村梅子
上六で道聞かれゐる西鶴忌 角 光雄
色街に住んで堅気や西鶴忌 安村章三
色町に住みて利ざとく西鶴忌 鈴木春泉
心算といふ字面白西鶴忌 高澤良一 燕音
新宿に会ふは別るる西鶴忌 石川桂郎
新宿を夜の雨洗ふ西鶴忌 大嶽青児
新走舐めて西鶴忌なりけり 柴田孤岩
人妻の匂へる夜や西鶴忌 河野南畦
世も末の十日の月や西鶴忌 川崎展宏 冬
西鶴忌いくとせ羽織はおらざる 石川桂郎 四温
西鶴忌うき世の月のひかりかな 久保田万太郎
西鶴忌おどろ吹かるる大柳 鈴木真砂女 夕螢
西鶴忌きつねうどんに揚げ一まい 土生重次
西鶴忌たひらに眠る赤ん坊 小林貴子
西鶴忌のちの俳諧たよりなし 清水基吉
西鶴忌ふとんでこぼこしてゐたり 小島千架子
西鶴忌ヘリコプターの腹朱く 臺信美佐子
西鶴忌街あれば河にごりけり 土居伸哉
西鶴忌女の哀れ今もなほ 大場美夜子
西鶴忌障子を貼つて独り者 鈴木真砂女
西鶴忌人に疲れて帰り来る 石川桂郎
西鶴忌友は市井に雲がくれ 瀧井孝作
西鶴忌落し文てふ京和菓子 亀澤淑子
西鶴忌浪花の蘆も穂に出でぬ 安住 敦
曾根崎に白き鳥翔つ西鶴忌 いさ桜子
多作より残る一句を西鶴忌 本谷久邇彦
太阪に生きてせつかち西鶴忌 妙中 正
竹の屁をちぇちぇくり聞くや西鶴忌 加藤郁乎 江戸桜
中年に旅の花火や西鶴忌 角川春樹
朝顔に格子みがかれ西鶴忌 加藤かけい
町住の暑さもすでに西鶴忌 後藤夜半
鉄屑に蚊のわく声や西鶴忌 榎本冬一郎 眼光
電卓の数字の点滅西鶴忌 浦野芙美
灯のなかに夕映落ちる西鶴忌 岡井省二
灯の入りし浪花新地や西鶴忌 沖鴎潮
道中の側女もはべり西鶴忌 飯田蛇笏 霊芝
難波びと省略好きの西鶴忌 江原博子
二人の一人湖へかたむく西鶴忌 栗林千津
俳諧につぐ闘菊や西鶴忌 飯田蛇笏 山廬集
葡萄酒の赤をふくめば西鶴忌 すずき波浪
槙柏の切り口赫し西鶴忌 藤川はるを
友禅の下絵を案ず西鶴忌 文挾夫佐恵
遊び心欲しきわが詩西鶴忌 伊東宏晃
浪華はや昔とゞめず西鶴忌 馬場木陽
辣韮をつまみそこねし西鶴忌 榎本 好宏
鉈籠にあけびを挿せり西鶴忌 吉田紫乃
陋巷の夜雨に濡れぬ西鶴忌 西村和子

西鶴忌 補遺

いり豆の燠を裏戸に西鶴忌 古舘曹人 樹下石上
かまつかのいよいよ赤し西鶴忌 村山故郷
ちぎり食ふ干物いちまい西鶴忌 鷹羽狩行
もののふの東にをりて西鶴忌 森澄雄
一万句一夜の露の西鶴忌 山口青邨
一夜ただ一句三句や西鶴忌 山口青邨
詠人にともし蕭たる西鶴忌 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
絵短冊桔梗なりけり西鶴忌 山口青邨
鬼灯はすがれて透きぬ西鶴忌 飴山實 花浴び
暁にひとり覚めをり西鶴忌 清崎敏郎
語り合ひ浪華の人と西鶴忌 高浜年尾
西鶴忌いくとせ羽織はおらざる 石川桂郎 四温
西鶴忌おどろ吹かるる大柳 鈴木真砂女 夕螢
西鶴忌こけしならべて遊びけり 山口青邨
西鶴忌軒先掃いて水打つて 鈴木真砂女
西鶴忌才といふ字はうとみつつ 後藤比奈夫
西鶴忌障子を貼つて独り者 鈴木真砂女 居待月
西鶴忌人に疲れて帰り来る 石川桂郎 含羞
西鶴忌人情変りすぎにけり 後藤比奈夫
西鶴忌朝から蜘蛛に糸張られ 鈴木真砂女 都鳥
西鶴忌枕二つを干すばかり 雨滴集 星野麥丘人
西鶴忌涙落つるにまかすかな 鈴木真砂女
西鶴忌路地は酒売る店ばかり 鈴木真砂女 夏帯
西鶴忌浪花の蘆も穂に出でぬ 安住敦
浅草のぐづつき空や西鶴忌 星野麥丘人
町住の暑さもすでに西鶴忌 後藤夜半 底紅
町並に月の片影西鶴忌 森澄雄
灯のなかに夕映落ちる西鶴忌 岡井省二 鹿野
道中の側女もはべり西鶴忌 飯田蛇笏 霊芝
俳諧につぐ闘菊や西鶴忌 飯田蛇笏
墨入れしをんなの肌西鶴忌 鷹羽狩行
万吟の線香立てよ西鶴忌 山口青邨
夜に入りて裸つづくる西鶴忌 森澄雄

by 575fudemakase | 2017-06-08 06:17 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26910362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング