虫 補遺

虫 補遺

*まくなぎは苛立つのみの虫なるか 相生垣瓜人 明治草
あかあかと障子ともれば虫の宿 百合山羽公 春園
あざけりの本の虫とて銀の紙魚 山口青邨
あすは去なん舟に虫鳴く月夜かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
あすよりは鳴かぬ虫かもこよひ鳴く 山口青邨
あら壁やこほろぎ老いて懸烟草 正岡子規 懸煙草こほろぎ<虫+車>
ある月夜ことごとく籠の虫を放つ 正岡子規 虫
あをあをと盆会の虫のうす羽かな 飯田蛇笏 春蘭
あんたが岩国あたりの虫聴きつつ寝る 種田山頭火 自画像 落穂集
いづくにか水の音して鳴く虫も 山口青邨
いとちかき処に星あり虫すだき 山口誓子
いろいろの虫の働く焼野かな 岸田稚魚 紅葉山
うすべりのうすうす青し虫ひさぐ 岡本眸
うちそとに虫の音満ちて家消えぬ 西東三鬼
うらぶれて虫のまなこに眺め入る 日野草城
かさりこそり音させて鳴かぬ虫が来た 種田山頭火 草木塔
かすかなる水音もあり虫の闇 山口青邨
かんばせの端に耳たぶ虫を聞く 阿波野青畝
かゞまりて虫の音をきく日和かな 日野草城
きこゆるは雨の巌根の果の虫 松村蒼石 寒鶯抄
きろきろえんぶり少年尿で刺す地の虫 金子兜太
くたびれし僧の鼾や蟲の聲 正岡子規 虫の声
こがね虫愚なれば躊躇なく殺す 西東三鬼
こがね虫百匹殺し眠りに落つ 西東三鬼
こがね虫胸にぶらさげ校正す 西東三鬼
ここにまだ命をかけて鳴ける虫 中村苑子
こころにくしくさむらに秘め虫の籠 山口青邨
こころ澄ませばみんな鳴きかはしてゐる虫 種田山頭火 自画像 落穂集
ことごとく虫の穴ある葉蓼哉 正岡子規 蓼
この世の虫かすかまみゆること無しに 野澤節子 未明音
この室にこけし姉妹昼の虫 山口青邨
この虫や甲突つ立つ憤り 阿波野青畝
こほろぎは地中の虫となり終る 山口青邨
さみしさに窓あけて見ぬ虫の声 村上鬼城
さみしとて啼くこほろぎは午後の虫 平畑静塔
しき石の間に見えつつも昼の虫 中村草田男
しくしくと虫載せてゐる鬼薊 飯島晴子
しろがねの刻を研ぎ出す暁の虫 林翔
すがれ虫 苛政家老の石堤の 伊丹三樹彦
すがれ虫命惜しめと鳴く夜かな 村山故郷
すだく虫秋夜ごころに雷のあと 原石鼎 花影以後
その中の弱気の虫の鳴きにけり 石田勝彦 秋興
その底に虫を震はす無月かな 林翔
その闇にあの闇に虫残りゐる 上田五千石 風景
ぞつぷり虫の鳴く東山を聞く 荻原井泉水
たはぶれに掌にせし虫のこそばゆき 伊丹三樹彦
ちりと鳴きちりちりと鳴き月の虫 後藤夜半 底紅
つぶやく名良夜の虫の光り過ぐ 西東三鬼
つめたい雨ふるここにもそこにも虫のなきがら 種田山頭火 自画像 落穂集
とのゐして伊勢に昂ぶる虫聞かむ 阿波野青畝
とぶなべに影ほのかなる瓜の虫 飯田蛇笏 春蘭
とぼしい火を焚くそこらで鳴く虫 種田山頭火 自画像 落穂集
ともし火になじむ夜頃や虫の聲 正岡子規 虫の声
ともし灯に来るは大方沼の虫 高野素十
と見る虫裾を捌いて鳴きにけり 日野草城
どの毬も虫の遊べり花八ツ手 松崎鉄之介
なきそめし今宵の虫は鉦叩 高野素十
なんはんをくらふ虫とて人の影 飯田蛇笏
なんばんをくらふ虫とて人の影 飯田蛇笏 山廬集
につぽんの虫鳴く原爆図のそとにて 加藤秋邨
ぬるき湯になづさへば野の虫きこゆ 日野草城
ねはん図は禽獣虫魚混雑す 阿波野青畝
のこる虫汲みかへて茶の匂ひなき 石橋秀野
はや虫の秋といふべしみちのくは 清崎敏郎
ひえびえと緑金ひかる薔薇の虫 飯田蛇笏 春蘭
ひかる月虫の生死も枯れにけり 高屋窓秋
ひかる虫月日の中にゐたりけり 高屋窓秋
ひとつ灯の野点の筵虫しげく 山口青邨
ひとりゐや屑屋などくる昼の虫 山口青邨
ふためきて又虫とるや合歓の鳥 飯田蛇笏 霊芝
ふと覚めて旅ならぬ身に虫近し 臼田亜郎 定本亜浪句集
ふるさとの虫の音高き夜を寝ぬる 月光抄
ほそ~とまた二ところ庵の虫 原石鼎 花影
みちのくに貞任橋や虫の原 山口青邨
むしぼしの巣くふ虫あるや古鏡 飯田蛇笏 山廬集
もう鳴かぬ虫白壁は日を溜めて 松村蒼石 雁
もゆる目にひげふつてゐぬ暁の虫 原石鼎 花影
もろ~の虫斑猫も現はれ来 高野素十
やすやすと耳に住みつく虫のこゑ 岸田稚魚 紅葉山
やすらかや源泉の面に溺るる虫 中村草田男
やゝ寒み灯による虫もなかりけり 正岡子規 漸寒
ゆきどまりまで来しわが世虫のこゑ 岸田稚魚 紅葉山
よき色を虫が染めゐる棗の実 右城暮石 句集外 昭和十年
よべの虫がけろりと歩く落葉かな 渡邊水巴 白日
わが宿の天に虫鳴き草に星 山口青邨
わが庭に貨車置きたらば虫棲まむ 安住敦
わが手熱う樹に触れて青き虫落ちぬ 種田山頭火 自画像 層雲集
わが此処に遊びゐて灯にゆかぬ虫 相生垣瓜人 微茫集
わが裸草木虫魚幽くあり 藤田湘子
わけ行れば虫のとびつく夏野哉 正岡子規 夏野
わりなしや鳴くものにして籠の虫 正岡子規 虫
われとのほか妻に旅なし虫の宿 大野林火 白幡南町 昭和三十年
われに向う一つの怒濤昼の虫 古沢太穂 古沢太穂句集
アカシヤの幹に触れ虫を売るに立つ 加藤秋邨
ガラス器のかがやきは冷ゆ昼の虫 山口青邨
サマヾヽノ蟲鳴ク夜トナリニケリ 正岡子規 虫
ツクヾヽト我影見ルヤ虫の聲 正岡子規 虫の声
ナイターヘ新樹の虫の群れ移る 水原秋櫻子 蘆雁
ニツポンの虫が鳴くパームコートの夜 日野草城
ハツ~と啼かぬ虫とぶ薙の稗 前田普羅 飛騨紬
ハルピンのふたりにあへり虫の園 山口青邨
ペルメルは長き煙草よ虫を聴く 山口青邨
リリリリと鳴く虫リリと答ふ虫 清崎敏郎
一つ買ふて歸れば淋し籠の虫 正岡子規 虫
一塊の小石成仏虫供養 阿波野青畝
一年や虫糞払ふ雛の衣 内藤鳴雪
一心に虫は啼くのみ日が炎えて 臼田亜郎 定本亜浪句集
一月や寺の茶垣に虫浮び 岸田稚魚
三方の虫の音に家傾くよ 林翔
三月や宙に見つめて虫聖し 岡本眸
下宿屋の裏窗あかし虫の聲 正岡子規 虫の声
丑紅や虫もころさぬおちよぼ口 飴山實 花浴び
亀鳴くを塞ぎの虫の聞き知れり 相生垣瓜人 明治草抄
二仏燈一燈激す虫堕ちてか 大野林火 雪華 昭和三十九年
交みては必ず虫の孕むなり 右城暮石 句集外 昭和二十五年
人を待つときめきもなく昼の虫 山口青邨
人惜しむ気付けば虫の鳴いてをり 岸田稚魚 紅葉山
人病んで籠の虫鳴く枕もと 正岡子規 虫
人等句にしづまれば虫のこゑ滋く 日野草城
人過ぎしあとに日が射す昼の虫 岡本眸
仇し野や露吸ふ虫の聲三里 正岡子規 虫の声
今日も生きて虫なきしみる倉の白壁 尾崎放哉 須磨寺時代
仔馬ハタと転び寝入りぬ虫の声 中村草田男
伴奏にのみまはりゐる虫一つ 後藤比奈夫
何せよの催促虫ぞ際高な 石塚友二 光塵
侮りて焚く虫榾のよき焔 高野素十
倒れ木の下の虫の音一列に 中村草田男
停電の海辺に及ぶ虫の闇 下村槐太 天涯
傾城や格子にすがる籠の虫 正岡子規 虫
働らくうしろ孤独の見学者と虫音 大野林火 雪華 昭和三十八年
僧二人我を訪れ虫の宿 上野泰
八石ノ拍子木鳴ルヤ虫ノ聲 正岡子規 虫の声
冬日なか塞ぎの虫の影法師 鷹羽狩行
冬暖や甲羅の虫は泥の中 右城暮石 句集外 昭和二十二年
冬枯や塵のやうなる虫が飛ぶ 正岡子規 冬枯
冷厳に病はすゝむ虫の夜も 相馬遷子 山河
冷淡に電話が切れて昼の虫 鷲谷七菜子 黄炎
凛々と落月虫にとどまれり 飯田蛇笏 椿花集
前歯抜けお茶が素通り虫の秋 高田風人子
剰へ坂なりとほし虫の露次 石塚友二 方寸虚実
勉強の音がするなり虫の中 飴山實 少長集
匐ふ虫に親しみて夏深みけり 山口誓子
十一月御所の草叢虫すだく 山口青邨
十字架の辺虫聞く顔になりてをり 小林康治 玄霜
十時うつなほ虫を聴く端座かな 山口青邨
卯木咲く虫さまざまの音にとび 飯田龍太
卵生む虫水摶つて摶つて摶つ 山口誓子
去りかけの暑さに萩の虫葉かな 右城暮石 句集外 昭和九年
友をまつ虫たゞ日ぐらしの蝉のこゑ 正岡子規 蜩
友頼り住む界隈に虫音増ゆ 伊藤白潮
口にでる黄金律や朝の虫 佐藤鬼房
口舌に悪しき虫棲む春の雪 橋閒石 荒栲
古代たづねの歩を寛がす虫の原 上田五千石『琥珀』補遺
古男ばかりの床几虫をきく 高野素十
古男一人跼みて虫をきく 高野素十
古畳団扇に虫をおさへけり 正岡子規 団扇
吊り籠の虫のよう鳴く夜夕立 臼田亜浪 旅人 抄
吊鐘の真下の奈落昼の虫 岡本眸
同じ音の虫鳴き夜汽車走るなり 右城暮石 句集外 昭和二十九年
名月や不二をめくつて虫の聲 正岡子規 名月
名月や闇をはひ出る虫の聲 正岡子規 名月
君が代はオリンピックの楽虫の夜 山口青邨
吾妻の夜は虫絶えて水枯れて 前田普羅 春寒浅間山
吾子寝れば深夜のごとし虫高鳴き 大野林火 早桃 太白集
咳喰虫あらば飼ひたし冬籠り 林翔
哀れなる虫鬼灯の灯かな 阿波野青畝
啓蟄に引く虫偏の字のゐるはゐるは 上田五千石 風景
啓蟄の虫と遊びて門を出でず 後藤比奈夫
啓蟄の足沢山の鈍き虫 百合山羽公 樂土
善悪はや虫音一途にかき消され 野澤節子 未明音
嗚きしきりをり造成地らしき虫 後藤比奈夫
噛みまぜてあくび念佛蟲の聲 正岡子規 虫の声
四つほどのランプ囲めば虫高し 金子兜太
国境の雲低うして虫そぞろ 臼田亜浪 旅人 抄
土をでし虫の辿りし日も暮れぬ 百合山羽公 寒雁
土をでて目の見えぬ虫別れゆく 百合山羽公 寒雁
土用干や本箱に虫のひそみたる 正岡子規 土用干
土用干や軍書虫ばみて煙草の葉 正岡子規 土用干
地なきする名残の虫や子持村 角川源義
垣外の野の虫声の聞えをり 清崎敏郎
城垣に身を寄せてをり虫音伝ふ 大野林火 海門 昭和十二年
堅い大地となり這ふ虫もなし 尾崎放哉 須磨寺時代
堆肥よく熟してすくも虫育つ 右城暮石 散歩圏
塀内におごる庵燈や虫の秋 原石鼎 花影
墓らは夭折 陣没 自刃 昼の虫 伊丹三樹彦
増えたるか減りしか虫の声しきり 右城暮石 句集外 昭和五十六年
壁の罅虫音はそこに在るごとし 大野林火 早桃 太白集
壮心復りぬ世に虫の音の残る間に 中村草田男
壺の丘どれも虫くひ桜もみぢ 佐藤鬼房
夏のあさ薄翅虫類船とすすむ 山口誓子
夏去りぬ鉄路にすだく虫聞けば 山口誓子
夏時間終るこよひを虫とゐる 山口青邨
夏草や繭を作りて死ぬる虫 村上鬼城
夏雨や川虫淵をながれ出る 飯田蛇笏 春蘭
夕刊の世間のことを虫に読む 高田風人子
夕立を待てり草木虫魚みな 右城暮石 散歩圏
夜々の虫減りゆくなにがなし哀し 月光抄
夜ながら盥すゝぎや虫の声 河東碧梧桐
夜の底に虫の生れつぐ曼珠沙華 角川源義
夜の海に波白く見ゆ虫鳴けり 村山故郷
夜の虫のはやも鳴き出づ西日中 波多野爽波 鋪道の花
夜は虫が啼くらむ我家とざされて 臼田亜浪 旅人 抄
夜は虫の鳴き包みゐる遊女の碑 後藤比奈夫
夜凉如水書燈ニ迫ル虫ノ聲 正岡子規 虫の声
夜半の虫溲瓶の音を思ひけり 阿波野青畝
夢疲れせし身たゆたふ虫の波 林翔
大き葉に虫食ひの穴半夏生 細見綾子 牡丹
大粒な雨過ぎてより虫の夜 角川源義
天蓋のきらめき虫音四方に満つ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
天蚕虫瑠璃光りしてあるきけり 飯田蛇笏 霊芝
妻がゐる湯槽しづかに虫なけり 日野草城
妻死んで虫の音しげくなりし夜ぞ 臼田亜郎 定本亜浪句集
姉川ときくに虫の音ただならず 水原秋櫻子 殉教
姥か妻か虫狩の花嗅ぎゐるは 佐藤鬼房
婆々が茶屋夜は虫鳴く處哉 正岡子規 虫の声
子が病めば百千の虫や唖の虫 石塚友二 光塵
孔明の出廬の貌も虫いづる 飴山實 次の花
客のある部屋は灯れり虫の闇 日野草城
客来しと一体誰や虫の宿 高田風人子
宵闇の虫ひたすらに鳴きにけり 清崎敏郎
寄植ゑしあたりもつとも虫の闇 稲畑汀子
密雲や大和の国はひかり虫 高屋窓秋
富める人の蟲買ふて放つ植木鉢 正岡子規 虫
寒燈にも虫の如きが来りけり 相生垣瓜人 微茫集
寒風や菜に飛ぶ虫の散り~に 渡邊水巴 白日
寝いるまを孑孑虫の沈みけり 正岡子規 孑孑
寝しづまりくりやの虫の夜となり 長谷川素逝 村
寝そべりて長身虫のすだく夜 山口誓子
寝入りしその児の醜きに小虫むらがる 種田山頭火 自画像 層雲集
寝正月退屈の虫だましだまし 佐藤鬼房
小さき虫とまることにも萩こたヘ 山口青邨
小六月傘雨の碑文字虫のごと 角川源義
小法師や虫なく秋の句沢山 飯田蛇笏 山廬集
小路には小路の火焚き虫の秋 角川源義
尿すや鏘々と虫の音を隔つ 石塚友二 方寸虚実
山中に青い虫とぶ仕置かな 飯島晴子
山荒れて青虫赤虫の子守唄 金子兜太
山霧や虫にまじりて雨蛙 飯田蛇笏 山廬集
岩木山なほ見ゆ虫のすだきつゝ 山口青邨
島人の鉦鼓かなしや虫供養 村山故郷
島裏に午後は日の来て虫鳴けり 岡本眸
川あふれんとして虫声に雨止まず 村山故郷
川波に虫衰へる鉄の錆 飯田龍太
師の方へ途は折れつつ昼の虫 石川桂郎 含羞
帯とく音の虫の鳴く夜は母親し 大野林火 海門 昭和七年以前
帰花咲いて虫飛ぶ静かな 村上鬼城
年酒して獅子身中の虫酔はす 飴山實 次の花
広沢の水鏡なす虫月夜 阿波野青畝
床伸べてもらひて虫を聞いてをり 清崎敏郎
座右の書の「湖畔手記」にも蠧魚の虫 石川桂郎 含羞
庭におく破れ籐椅子月に虫に 山口青邨
庭の草に鳴かざる蟲を放ちけり 正岡子規 虫
庭上にラムプを置くや蟲の聲 正岡子規 虫の声
庭荒るるまま虫滋くなりにけり 山口青邨
廊の虫吹かれしづみて月夜かな 飯田蛇笏 山廬集
強者避けかたみに紛糾虫柱 香西照雄 素心
御師の家大根虫気なかりける 細見綾子
快晴なり虫卵われに何するものぞ 日野草城
怒濤に後退り 踏み込む虫の闇 伊丹三樹彦
怺へゐる胸へ鳴き澄む虫ひとつ 鷲谷七菜子 銃身
悶々として穴出でぬ虫あらむ 上田五千石 風景
情強くこの寺の虫残りゐる 上田五千石 琥珀
我今も六歳の虫や豆を植う 永田耕衣
我昔六歳の虫や豆を植う 永田耕衣
我鬼忌はや羽あをき虫枕べに 石川桂郎 含羞
或る虫耳あて聴くや関の石に 加藤秋邨
振子北に虫を南にききねむる 野澤節子 未明音
掌を出して妻の睡れる虫の夜 山口誓子
推敲の窓ま四角に虫の闇 鷹羽狩行
放送終り人寝て虫の地の厚み 林翔 和紙
斑猫に倣ふ虫あり倣はしむ 相生垣瓜人 明治草抄
新樹より灯に来る虫はみな青き 水原秋櫻子 梅下抄
新涼や一ト日鎖す戸に虫鳴いて 臼田亜郎 定本亜浪句集
新道やまだ人なれぬ蟲の聲 正岡子規 虫の声
旅に迷ふ心細さを虫の聲 正岡子規 虫の声
旅人のいそぐ夜山や虫の聲 正岡子規 虫の声
旅寝して暁の虫にぞ戸惑へる 石塚友二 方寸虚実
旅籠屋の行燈暗し桃の虫 正岡子規 桃の実
日当らぬ蝦夷紫陽花の虫食葉 佐藤鬼房
日煌々ひよんの葉に虫入らんとす 岡井省二 大日
日輪にひびきてとべる薔薇の虫 飯田蛇笏 春蘭
日輪に青栗の虫老いにけり 飯田蛇笏 春蘭
旧街道以来のしんの虫の闇 鷹羽狩行
明方の虫鳴き雨月見ゆるらし 水原秋櫻子 殉教
春が来たいちはやく虫がやつて来た 種田山頭火 草木塔
春水の吐き出したる虫泳ぐ 高野素十
昼ながらこもる虫の音火山弾 鷹羽狩行
昼の虫きけと白樺に椅子ひとつ 水原秋櫻子 蘆雁
昼の虫しづかに雲の動きをり 相馬遷子 山国
昼の虫しづかに鳴けりあまたゐて 山口青邨
昼の虫しらじらしくも鳴きにける 日野草城
昼の虫まなこ開けば屋根ばかり 金子兜太
昼の虫債鬼白皙なれば憂し 小林康治 四季貧窮
昼の虫最上院様の妻女の茶 村山故郷
昼の虫樅の木もれ日窓に来ず 及川貞 榧の實
昼の虫焦ることありて躓ける 石塚友二 方寸虚実
昼の虫狼藉の子を擲ちしまで 小林康治 四季貧窮
昼の虫茜の虫となるまぐわい 金子兜太
昼の虫萩寺さまはお出掛けに 岸田稚魚 紅葉山
昼の虫身にふりかかる金銭のこと 大野林火 早桃 太白集
昼の虫酒槽は浄めてかがやける 水原秋櫻子 蓬壺
昼の虫野づらまぶしくなりまさる 木村蕪城 寒泉
昼の虫鋳金型二三ころがりゐて 大野林火 早桃 太白集
昼の虫阿呆のごとき貧しさよ 小林康治 四季貧窮
昼の虫風に向へる頬冷えて 相馬遷子 山国
昼の虫鯖色の海見ゆる角 有馬朗人 母国
昼の虫鶏頭は地を離れて朱 大野林火 冬雁 昭和二十二年
昼の虫齢のへだたり蔽ひがたし 大野林火 早桃 太白集
昼永し虫を啼かせて羅漢守 臼田亜浪 旅人 抄
晝見れば薄の山や虫の聲 正岡子規 薄
更くる夜や川を隔つる虫の聲 正岡子規 虫の声
更けし灯に形影離れ飛ぶや虫 日野草城
書の虫半跏思惟の御前に 村山故郷
曼荼羅の夜を深うしぬ虫も絶え 山口青邨
曼陀羅の虫の音崖の下に寝て 橋本多佳子
月なしの深山泊りを虫づくし 上田五千石『天路』補遺
月になる洞爺の水へ虫通ふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
月のあかるさのぢつとしてゐて虫 種田山頭火 自画像 落穂集
月のぼる砂丘風葬の虫けらよ 岸田稚魚 筍流し
月の光のながれるところ虫のなくところ 種田山頭火 自画像 落穂集
月の虫鉦を叩いて穴に居り 渡邊水巴 白日
月光あまねくほしいまゝなる虫の夜だ 種田山頭火 自画像 落穂集
月光が三角の影虫の臂 岡井省二 大日
月光をふるはす桐の虫一つ 飯田蛇笏 雪峡
朝ぐもり触れると死んだふりする虫で 種田山頭火 自画像 落穂集
朝焼に間ありベッドは虫の闇 角川源義
木と紙のこの家朽ちむ虫の秋 上田五千石『森林』補遺
木の根に虫音船図の中に弟坐し 野澤節子 未明音
木石の身に残り音の虫ひびき 上田五千石『琥珀』補遺
木虫でて鳥のたのしさ森の愛 高屋窓秋
本の葉そよぐ月代も見ゆ虫の声 河東碧梧桐
本を食ふ虫とやあはれ銀の紙魚 山口青邨
本を食ふ虫紙魚せめてしろがねに 山口青邨
机食ふ虫も出で飛ぶ燈下かな 村上鬼城
朽舟を朽木に舫ふ昼の虫 岡本眸
松手入虫喰松は胴切りに 百合山羽公 樂土
松明に谷飛ぶ虫の見えにけり 村上鬼城
松杉や晝の虫鳴く八重葎 正岡子規 虫
果の虫小夜ふるあめにさそはるる 松村蒼石 寒鶯抄
柱にひそむチクタクの音虫絶えぬ 中村草田男
柿熟す虫毬を日々立たせては 大野林火 白幡南町 昭和三十年
栗飯のおむすび老の虫おさヘ 後藤夜半 底紅
桃の花咲けば咲いたで塞ぎの虫 上田五千石 風景
桜並木いま草むらに虫すだく 山口青邨
梅若葉われにとりつくえへん虫 亭午 星野麥丘人
梅雨に濡れ肥りてもののあはれ虫 林翔 和紙
梅雨日差すねずみの姑といふ虫に 佐藤鬼房
椎にまじる花に日ありぬ虫柱 渡邊水巴 白日
横窓は嵯峨の月夜や蟲の聲 正岡子規 虫の声
樹の膚に朱を打つ虫や若葉季 水原秋櫻子 磐梯
橋に来て谷の深さや月の虫 原石鼎 花影
檻の前虫を捕へて飛ぶ鶺鴒 佐藤鬼房
歎異抄閉づれば小夜の虫の声 阿波野青畝
死に切れで虫の息なる風のあり 相生垣瓜人 負暄
死の家を田の隔てをり昼の虫 石川桂郎 含羞
残り音の虫を便りに夜の稿 上田五千石『天路』補遺
残るものなくて浪寄る昼の虫 水原秋櫻子 玄魚
残る音の虫はおどろくこともなし 中村草田男
残暑とや白き木槿の虫くひ葉 細見綾子
母屋消し離室は虫の灯の明さ 阿波野青畝
毛見に云ふ虫がつかねば鴨がつき 高野素十
気を以て蟇が小虫を引くと云ふ 相生垣瓜人 明治草抄
水がめに虫の湧きたり半夏生 上村占魚 鮎
水に落つ虫のところに日輪あり 右城暮石 句集外 昭和二十三年
水の上あたりに聞え昼の虫 清崎敏郎
水中の虫敏感に旱つづく 右城暮石 句集外 昭和二十六年
水注ぐごとき音を立て虫老いず 上田五千石『風景』補遺
水漬く草に虫音電話も杜絶えたり 大野林火 方円集 昭和五十一年
水漬田に足をさしこみ昼の虫 細見綾子
汗し覚め胸に波せりとほき虫 石塚友二 方寸虚実
池干して昼の虫の音残しけり 水原秋櫻子 緑雲
汽車とまり大いなる虫の闇とまる 加藤秋邨
沐浴のしまらく虫の啼きやみける 伊丹三樹彦
没日ざましに虫狩の花ぬめり沢 佐藤鬼房
洗ふとて食器二三や昼の虫 岡本眸
津軽人土切る音す昼の虫 中村草田男
流れゆく水沫も青し朝の虫 大野林火 早桃 太白集
浮島はにはかに夜の虫世界 佐藤鬼房
海しめやかに満ち足れば諸虫の闇 種田山頭火 自画像 層雲集
海の上に押し出でにけり虫の闇 岡本眸
海の上のほの明りして虫の闇 清崎敏郎
海より朝空港で鳴く虫細音 有馬朗人 母国
淫祠に見入る少年虫の顔をして 中村苑子
渋滞の窓開けてみる虫の闇 稲畑汀子
温泉烟に灯ほのかや虫の声 河東碧梧桐
湖此処に死の影を見き虫遠み 臼田亜浪 旅人 抄
湯戻りの小便するや蟲の中 正岡子規 虫
漕ぎ出でて遠き心や虫の声 臼田亜郎 定本亜浪句集
濡れきりし幹にでゞ虫居るわ~ 日野草城
瀬が迅し柔かき虫生れ飛び 右城暮石 句集外 昭和二十四年
灯ともせば既に蟲なく夕哉 正岡子規 虫の声
灯を取りに花嫁といふ虫もくる 高野素十
灯虫の輪ゆるみて急に電車停まる 右城暮石 句集外 昭和二十八年
灯虫佗ぶ父に贈らむ虚子句集 日野草城
灯虫来し野より来るなり隙間風 相生垣瓜人 微茫集
灯虫落つ卓布は白を惜しまざる 波多野爽波 鋪道の花
灰の中に生きとる虫や春日影 中川一碧樓
灰皿の金のふちどり昼の虫 大野林火 早桃 太白集
炎天の寂しさ虫の鳴くごとき 加藤秋邨
炎天や青き葉裏の青き虫 橋閒石 朱明
焔の雲なほ天にとび虫暮るる 山口青邨
焼かれる虫の匂ひかんばしく 種田山頭火 草木塔
照射してひそみ居れば虫顔に飛ぶ 正岡子規 照射
熱爛に応へて鳴くや腹の虫 日野草城
燈籠のかげ這ふ虫の吹かれけり 臼田亜浪 旅人 抄
燐寸摺りてゴビの沙漠の虫を見き 加藤秋邨
燭のもと虫飼ふ壺のひびきけり 飯田蛇笏 春蘭
爛々と泉虫音にふちどられ 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
父母とあれば三鬼寧しや虫の声 角川源義
片腰さげて尾をふる仔馬朝の虫 中村草田男
牡丹の日ざしに虫の羽おとかな 上村占魚 鮎
牡丹の虻に習ひて小さき虫 後藤夜半 底紅
献上の籠の虫とは見たかりし 後藤比奈夫
琴冴えてのこる虫の音さそひけり 水原秋櫻子 蘆雁以後
環濠の此岸彼岸も虫滋し 阿波野青畝
瓜畑名残を蒸れ鳴く虫か寄せ蔓に 種田山頭火 自画像 層雲集
瓶の原茶山に鳴りて虫起し 森澄雄
甘からむ露を分かてよ草の虫 石川桂郎 四温
生きゐしかばうごく故郷の栗の虫 松村蒼石 雁
男女のことはすべて屈伸虫の宿 金子兜太
町荒れて家まばら也虫の聲 正岡子規 虫の声
疎開の子遠くにやりて虫滋し 山口青邨
疲れ寐の妻の寐顔や昼の虫 日野草城
病まざるは豊か虫の音レモンの黄 楠本憲吉 孤客
病むといふきびしさに臥し昼の虫 及川貞 榧の實
癩者らの楽天地獄昼の虫 草間時彦 中年
白萩の葉よりとびたる虫は何 原石鼎 花影
百年もころがる石や虫すだく 山口青邨
百虫に針 一山の僧跳び上る 伊丹三樹彦
盗人とならで過ぎけり虫の門 前田普羅 普羅句集
目つむるや黒白さだかに虫の闇 石塚友二 方寸虚実
眞心ノ虫喰ヒ栗ヲモラヒケリ 正岡子規 栗
眼醒時計をかけて寝る妻虫鳴けり 安住敦
眼鼻だち縦に窶れぬ棒ふり虫 中村草田男
着せてなほ手なし人形や雨の虫 臼田亜郎 定本亜浪句集
睡魔てふやさしき魔来よ虫すだく 林翔
石かげに水湧くごとく朝の虫 上村占魚
石に踞し聞く高原の昼の虫 相馬遷子 山国
石山虫なく陽かげり 尾崎放哉 小豆島時代
石段の高きのぼりぬ虫の声 河東碧梧桐
石鎚の雲中界に虫ほそる 上田五千石 琥珀
石階を昇る帝墓の雲や虫の木 高屋窓秋
砂上には虫が出てをり夜の虫 高屋窓秋
破魔矢もて獅子身中の虫は射よ 安住敦
硝子戸に虫音わが子は字を習ふ 大野林火 早桃 太白集
祝ぎ事の出がけに殺す薔薇の虫 能村登四郎
秋晴れてほこりのやうな虫が飛ぶ 正岡子規 秋晴
秋霖の机にふかく虫鳴ける 山口青邨
秬引きし谷の広さや月の虫 原石鼎 花影
稿料そこばく虫柱添ふ日の馬穴 中村草田男
穀象を虫と思はずうち目守る 山口誓子
穴の中にて鳴く虫の鳴きつゞけてゐる 種田山頭火 草木塔
穴を出る虫に鉄骨組まれ立つ 有馬朗人 母国
穴出づる類に数へ癪の虫 上田五千石『琥珀』補遺
窓あきてゐしよ虫声部屋に満つ 林翔
窓の灯の草にうつりて虫の聲 正岡子規 虫の声
立ちどまるたびに句碑殖え虫の秋 上田五千石『琥珀』補遺
童女には金の虫の音寝落ちつつ 古沢太穂 捲かるる鴎
竹垣の外は上野や虫の聲 正岡子規 虫の声
竹椽にこほろぎ飛ぶや夕月夜 正岡子規 夕月こほろぎ<虫+車>
笠塚や晝の蟲鳴く石の下 正岡子規 虫
篠懸の皮噛む虫や夕立雲 渡邊水巴 白日
籠の虫あゆみだす風の中かな 大野林火 海門 昭和七年以前
籠の虫の鳴かざるを庭に放ちけり 正岡子規 虫
籠の虫二百十日も知らずして 正岡子規 二百十日
籠の虫皆啼きたつる小雨哉 正岡子規 虫
籠の虫茄子の露を吸ひにけり 正岡子規 虫
籠の蟲鳴いて居るのを覗かばや 正岡子規 虫
糸口をさがす糸巻虫の秋 石川桂郎 四温
紙に包む虫が音して夜短し 右城暮石 句集外 昭和三十八年
緑金の虫火の山の湯に死せり 山口誓子
緑金の虫芍薬のただなかに 飯田蛇笏 春蘭
緩急の銃声虫の音を間に 石塚友二 方寸虚実
縁日のはづれに跼み虫を売る 清崎敏郎
縷々の虫秋草の陽の濃くうすく 日野草城
罌粟の虫薄暑の微雨をおびにけり 西島麦南 人音
罪業の虫の一縷や白牡丹 古舘曹人 能登の蛙
翅のある虫が波璃戸の内に死す 右城暮石 句集外 昭和二十八年
翅の虫船を陸地と思ひしや 山口誓子
老いづきて乳子と語らふ虫月夜 上田五千石 天路
耐ふるものみな死絶えて虫は在り 中村苑子
耘平の虫喰ひ栗が夜泣きせり 星野麥丘人
耳鳴りを加へて熾ん虫今宵 林翔
胃ぶくろにすごもる虫や暮の秋 飯田蛇笏 山廬集
胎動に虫の一つに寄り難し 石川桂郎 含羞
胸痛く愛慕佇む虫の露次 石塚友二 方寸虚実
能衣裳干されてありぬ昼の虫(相模大山) 細見綾子
自動車の気配に虫のなきやみし 右城暮石 散歩圏
自転車の灯のはづみくる虫の原 波多野爽波 鋪道の花
舟べりを落ちてさやかや露の虫 飯田蛇笏 霊芝
船すでに錆の一塊昼の虫 岡本眸
船の灯を追ひくる虫ぞ波に落つ 加藤秋邨
芙蓉の葉巻きけり蜘蛛に似し虫が 阿波野青畝
芝焼くや醜き虫の躍り出づ 高野素十
苔を敷き虫の音を弾き平泉寺 鷹羽狩行
苧の虫が羽化して谷を飛ぶ 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
茗荷とは虫さへくはぬ名也けり 正岡子規 茗荷
茶畑は匐ふ虫縦に横に匐ふ 山口誓子
草庵の蓼食ふ虫はこれなるかや 福田蓼汀 山火
草晴れてかすかに虫の声すなり 日野草城
草泉鳴く虫ありてながれけり 飯田蛇笏 春蘭
草踏めば水に飛び込む虫多し 右城暮石 散歩圏
莨の葉重つて虫に食はれけり 山口青邨
菩提樹下籠揺るとなく虫鳴けり 飯田蛇笏 霊芝
萩が枝に蟲籠吊つて聞きにけり 正岡子規 虫の声
萩が根も芒かもとも虫の聲 正岡子規 虫の声
萩の虫蓑を備へて皆あそび 阿波野青畝
落石のさまに寝仏昼の虫 野澤節子 存身
葉は虫にくはれなからも葡萄哉 正岡子規 葡萄
蓬生はこのましき名よ虫の聲 正岡子規 虫の声
蓬生はこのもしき名よ虫の聲 正岡子規 虫の声
蓼をくふ虫はあるとや唐辛子 正岡子規 唐辛子
蓼喰ふといふ虫芥子の坊主にも 後藤比奈夫
薄表紙膝にたたいて虫払 阿波野青畝
薔薇に虫つきたることが一大事 雨滴集 星野麥丘人
薔薇の虫刺すべくありぬ蜂の針 西島麦南 人音
薔薇の虫神の手の如我潰す 上野泰 春潮
薔薇喰ふ虫聖母見たまふ高きより 水原秋櫻子 残鐘
薔薇病んで鬱ぎの虫の水びたし 佐藤鬼房
薪能待つ顔蟇るる虫の秋 角川源義
藩公の庭に茶会や昼の虫 山口青邨
藻の虫のわれから鳴くを信じ切る 能村登四郎
虚空より虫下がり来し花菖蒲 後藤夜半 底紅
虜愁あり名もなき虫の夜を光り 佐藤鬼房
虧けてゆく月昼空に虫孕み 右城暮石 句集外 昭和十五年
虫があるく道をよける朝のたたみ 尾崎放哉 須磨寺時代
虫がおしつぶされてゐる冷たいページ 種田山頭火 自画像 落穂集
虫がしげしげと鳴く門前の掃かれたり 大野林火 冬青集 雨夜抄
虫が鳴く寂光院のみちしるべ 山口青邨
虫きいてちと眠りたり颱風裡 臼田亜郎 定本亜浪句集
虫くひの系図の本も干されけり 正岡子規 土用干
虫くひの葉にかくれたる葡萄哉 正岡子規 葡萄
虫けらと過ごさむ夏の立ちしなり 相生垣瓜人 明治草
虫けらに勝つて芝跳ぶ雀の子 林翔 和紙
虫けらも生きてゐるぞと日の盛 岸田稚魚 紅葉山
虫しげく鳴く兄のなき庭に向き 山口青邨
虫しげし四十とならば結城着む 桂信子 女身
虫しげし荒削り崖あるかぎり 上田五千石『風景』補遺
虫すだく園燈二基のへだたりに 岡本眸
虫すでに絶えたる雨の容赦なし 岡本眸
虫すでに首都飯店の階のあたり 加藤秋邨
虫つゞる文のさうなく束ねあり 河東碧梧桐
虫とまる木の原のみち言葉の国 高屋窓秋
虫なくやほのかに明き夜の雲 原石鼎 花影
虫なくや我れと湯を呑む影法師 前田普羅 普羅句集
虫なくや灯影隈なき籠の中 日野草城
虫に寝んとす友にはもはや寝起き無し 中村草田男
虫のこゑいまなに欲しと言はるれば 石川桂郎 四温
虫のこゑベッド鉄脚つつぱつて 橋本多佳子
虫のつく夏萩の芽を剪り捨てぬ 正岡子規 夏
虫の世の宗全籠をえらみをり 飴山實 次の花
虫の住む蓑頑丈に萩さわぐ 阿波野青畝
虫の原かこめる闇の山幾重 福田蓼汀 山火
虫の原二十五菩薩並ばるる 阿波野青畝
虫の原仙石原に荘殖えて 阿波野青畝
虫の原来てせゝらぎを聞くところ 高野素十
虫の原染むるネオンに更け色なし 伊丹三樹彦
虫の句を案ずる旅の恙かな 河東碧梧桐
虫の名は知らず虫聞く男ども 正岡子規 虫の声
虫の声かさなり四方の野より来る 橋本多佳子
虫の声すべて砂丘の砂に沁む 津田清子
虫の夜々つなぎやうやく稿了す 稲畑汀子
虫の夜々わが息細くなりゆくや 村山故郷
虫の夜となりてゐたりし花野かな 森澄雄
虫の夜のおのれ古りたる影を膝 長谷川素逝 暦日
虫の夜の名札つけたる男下駄 飯田龍太
虫の夜の更けては葛の吹きかへす 飯田蛇笏 霊芝
虫の夜の洋酒が青く減ってゐる 伊丹三樹彦
虫の夜の深傷や過ぎしことながら 鷲谷七菜子 天鼓
虫の夜の無職日記を丹念に 伊丹三樹彦
虫の夜の頭鎮めて石枕 阿波野青畝
虫の夜ふと金属音が喉を刺す 金子兜太
虫の夜や爪切って去る母の傍 伊丹三樹彦
虫の夜をねむる白波に浮くごとく 平井照敏 猫町
虫の夜をほりほりと豆噛んで居り 伊丹三樹彦
虫の好かぬ仲居鬼灯ならしけり 日野草城
虫の宿炉火をそだてて男ゐぬ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
虫の巣や折り焚く柴に煤の夜を 飯田蛇笏 山廬集
虫の振る鈴の音はわれよりも鋭し 金子兜太
虫の月庇の上となりにけり 高野素十
虫の灯に読みたかぶりぬ耳しい児 阿波野青畝
虫の秋眠れぬ夜はねずにあり 石川桂郎 四温
虫の秋貧の一字に我も病むぞ 石塚友二 光塵
虫の翅浮きて底澄む海地獄 右城暮石 句集外 昭和二十九年
虫の聲二度目の運坐始まりぬ 正岡子規 虫の声
虫の路地壁よりはいで画をもとむ 有馬朗人 母国
虫の闇えたいの知れぬもの掴む 中村苑子
虫の闇なほ濃き方へ入りゆきぬ 上村占魚
虫の闇ゆらゆらとあるむかしかな 鷲谷七菜子 花寂び
虫の闇マツチすりたる火を消さず 右城暮石 句集外 昭和五十五年
虫の闇分け入りたしや道無しや 林翔
虫の闇分つ一灯ありにけり 稲畑汀子
虫の闇四方に縋らむ人を知らず 鷲谷七菜子 黄炎
虫の闇月賦の家が灯つてる 日野草城
虫の闇深きにしきゐ枕とす 橋閒石 雪
虫の闇獣の眼もち山男 福田蓼汀 秋風挽歌
虫の闇見つめてあらむ君もまた 及川貞 榧の實
虫の音にやみの輪いくつ秋の雨 原石鼎 花影
虫の音に体漂へり死の病 西東三鬼
虫の音に婆伏し爺は立ち俳の舞 林翔
虫の音のはたとやみたる夜の方位 鷲谷七菜子 花寂び
虫の音のカーテンをひく旅し来て 山口青邨
虫の音の一寸先の闇みつむ 上田五千石 風景
虫の音の上さまよふや不眠の頭 相馬遷子 山国
虫の音の上に床しく伏家哉 正岡子規 虫の声
虫の音の何とはあらず残りをり 上田五千石『琥珀』補遺
虫の音の初夜よりつづれさせとこそ 山口青邨
虫の音の清濁併せ聴きにけり 林翔
虫の音の飛沫に面を打たれをり 上野泰
虫の音の髪膚にひびきくる夜半 鷹羽狩行
虫の音ふけゆくどうしようもない体よこたへて 種田山頭火 自画像 落穂集
虫の音もそぞろ師のこゑ迢空忌 林翔
虫の音も迦陵頻伽と聴きゐたり 森澄雄
虫の音や君を思へば土手八町 正岡子規 虫の声
虫の音や昼のぬくみの床柱 岡本眸
虫の音よさよなら玻瑠戸閉めまする 林翔
虫の音を両絃にして川の琴 林翔
虫の音を聞かむと白き舟すすむ 桂信子 草影
虫の音を聞きわけてをり三櫟庵 山口青邨
虫の鳴隅隅暗し石灯籠 正岡子規 虫の声
虫はみし机もありぬ土用干 村上鬼城
虫はみて一枝赤き李かな 正岡子規 李
虫はみて桃紅の腐り哉 正岡子規 桃の実
虫ばんで古き錦や葉鶏頭 村上鬼城
虫ひそかなるより夜涼ひそかなり 加藤秋邨
虫ひとつなきおとろふるこゑちぎれ 飯田蛇笏 春蘭
虫もたべる物がない本を食べたか 種田山頭火 自画像 落穂集
虫を左右焦ち来ぬるに門の暗き 石塚友二 方寸虚実
虫を聞きながらの跼話する 清崎敏郎
虫を聴く手のしづかなるおしまづき 日野草城
虫ノ聲滋シ歌ヨミナラバ歌ヨマン 正岡子規 虫の声
虫ノ音ノ少クナリシ夜寒カナ 正岡子規 夜寒
虫以上のもの栖まず島に水湧かず 右城暮石 声と声
虫供養とてお茶の会歌の会 後藤比奈夫
虫取る夜運座戻りの夜更など 正岡子規 虫
虫名残青き島泊つ曉の窓 角川源義
虫啼て籠から月をのぞきけり 正岡子規 虫の声
虫喰いの過去帳を繰る花明り 橋閒石 荒栲
虫喰ひが多いけれどと丹波栗 細見綾子
虫喰ひすもも赤犬人をなつかしむ 細見綾子
虫喰ひ仏菩薩と言へり秋日沁む 細見綾子
虫嗄れし夜々の浅寝に疲れたり 臼田亜郎 定本亜浪句集
虫塚や一片の雲炎えて無し 中村苑子
虫壺の緋房や褪せて夜半の冬 原石鼎 花影
虫幽かなればおのづと人語澄む 臼田亜郎 定本亜浪句集
虫更けて掃くことも喪に居りてかな 中川一碧樓
虫更けて秘めし便りを書きつぎぬ 鷲谷七菜子 黄炎
虫更けぬ黒姫山の肩の月 水原秋櫻子 緑雲
虫来ぬと合点して居る読書かな 前田普羅 普羅句集
虫柱小分けに触れて額さむし 中村草田男
虫滋く野点の席に灯が入りて 山口青邨
虫滋しお告の鐘のしづまれば 阿波野青畝
虫火ともし昼と全く異なる闇 右城暮石 句集外 昭和二十八年
虫生れてたちまち蟻に裂かれけり 平井照敏
虫眠る土より梅のずわえ立つ 右城暮石 声と声
虫眠る慈姑のごとく深き眠り 右城暮石 声と声
虫穴のまはり藍色藍の苗 高野素十
虫穴を出づ出不精に籠りしよ 石塚友二 光塵
虫穴を出て匂ふ夜となりにけり 石塚友二 光塵
虫穴を出て殺生石に魂もなし 正岡子規 啓蟄
虫競ひ月も少しく肥りけり 林翔
虫絶えしこと次の夜はもう云はず 岡本眸
虫絶えず來る小窓や葡萄棚 正岡子規 葡萄
虫絶えて一流水のあるがまま 岡本眸
虫絶えて秒音限りなく続く 日野草城
虫絶えて簗に雨ふる落鰻 水原秋櫻子 旅愁
虫絶えぬアリアは燃ゆる恋の唄 林翔
虫絶えぬ必滅刻む音あるのみ 石塚友二 方寸虚実
虫繁し恐らく月の凄からむ 高田風人子
虫老ゆとおもふまぶたにひびきけり 岸田稚魚 筍流し
虫聞くべくこゝに亭あり岡の上 正岡子規 虫
虫聞くや庭木にとゞく影法師 高野素十
虫葎一つ遽かにものしづか 阿波野青畝
虫薬のみてねし夜のいなびかり 百合山羽公 故園
虫螫すや立待月の草の丈 水原秋櫻子 餘生
虫買はんとす汝が白足袋のぬれてゐる 大野林火 冬青集 雨夜抄
虫近く遠く忌日の歩に添へる 稲畑汀子
虫野来てうしろになりし水音かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
虫音一様ならず決断迫らるる 伊藤白潮
虫類はいそがはし耳遠くなる 橋閒石 朱明
虫飛べり今年生れのものばかり 右城暮石 上下
虫飼うて昼間も夢を見ていたり 橋閒石 微光
虫高々と鳴き出でぬ遅く湯に行く 尾崎放哉 大正時代
虫鳴いてはら~落る桜かな 村上鬼城
虫鳴いてやすらけき湯に身をあたたむ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
虫鳴いて中洲を月の照らしだす 廣瀬直人
虫鳴いて妻が大事な夜の漁夫 飯田龍太
虫鳴いて煤け達磨も夜の秋 飯田龍太
虫鳴いて石のいのちのしづかなる 日野草城
虫鳴きて海は暮るるにいとまあり 鷲谷七菜子 黄炎
虫鳴き満ち灯影々々に団欒あり 福田蓼汀 山火
虫鳴くと鉄柵に手を重ね置く 岡本眸
虫鳴くやしとゞに濡れし草に月 上村占魚 鮎
虫鳴くやわが半生の不眠症 相馬遷子 山国
虫鳴くやランプ目に寄せ杜甫詩集 加藤秋邨
虫鳴くや人少し野の停車場 正岡子規 虫の声
虫鳴くや向ひ合ひたる寺の門 前田普羅 普羅句集
虫鳴くや庵の樹と見ゆ寺の杉 河東碧梧桐
虫鳴くや昼の光にうちひゞき 相馬遷子 山河
虫鳴くや木もなき闇の山一つ 正岡子規 虫の声
虫鳴くや草稿の影女髪なる 野澤節子 未明音
虫鳴く中露置く中夫死なせし 橋本多佳子
虫鳴く夜若者諾の語をつよく 大野林火 青水輪 昭和二十四年
虫鳴けば妻の厨も月夜ぬち 香西照雄 対話
虫鳴けりそこらの畳なほあつき 加藤秋邨
虫鳴けり天仰ぐことおもひ出づ 加藤秋邨
虫鳴ける河原の石をふみ歩く 高屋窓秋
虫鳴や俳句分類の進む夜半 正岡子規 虫の声
蚤ならぬ蚊ならぬ虫も戒めむ 相生垣瓜人 微茫集
蛇苺その下かげを這へる虫 上村占魚 鮎
蛤の鳴き音まぎるか虫の宵 上田五千石 天路
蜘蛛の囲に微塵となりて虫果てつ 山口誓子
蝉の昼 虫の夜 サロン一枚きり 伊丹三樹彦
蝉の額に蛾の眉首は木喰い虫 金子兜太
蝉絶えて虫絶えて何もなき野末 桂信子 草影
蟲の聲一番鷄の鳴きにけり 正岡子規 虫の声
蟲の音をふみわけて行く小道哉 正岡子規 虫の声
蟲籠やこちらで鳴けばあちらでも 正岡子規 虫の声
蟲鳴くや七堂伽藍何もなし 正岡子規 虫の声
蟲鳴くや月出でゝ猶暗き庭 正岡子規 虫の声
蟲鳴くや梅若寺の葭簀茶屋 正岡子規 虫の声
蟲鳴くや花露草の晝の露 正岡子規 虫の声
蟲鳴くや金堂の跡門の跡 正岡子規 虫の声
蟲鳴くや闇におどろく地藏尊 正岡子規 虫の声
蟷螂は針金虫を生みにけり 阿波野青畝
血の宮も煙の宮も虫の闇 阿波野青畝
血一線灯下に虫を殺すとて 右城暮石 句集外 昭和二十二年
行列の太皷過ぎけり蟲の声 正岡子規 虫の声
行李解かで三夜さ足りけり虫そゞろ 中川一碧樓
衰ふる朝湯を裹む虫声と 石川桂郎 四温
見通しに村の湯屋混む虫の原 鷲谷七菜子 花寂び
角とれて消ゴム狎るる昼の虫 上田五千石『風景』補遺
触るれば死に真似の虫やがて冷やかに這ひぬ 種田山頭火 自画像 層雲集
訴ふる虫の心のやゝ解り 上野泰
諸虫の闇ゆする波のとゞろきや 種田山頭火 自画像 層雲集
負う桑に埋まる老婆昼の虫 金子兜太
負傷の兵士栗色の髪にある日虫 金子兜太
賢木の花の虫が虫食みゐたりけり 右城暮石 句集外 昭和十二年
赤土の崖こぼれず虫はなきしきる 山口誓子
起きてゐる灯火くらし虫の宿 日野草城
踊り子の揃ふ飼屋の虫の声 前田普羅 春寒浅間山
踞して友の額に微光や虫を聞く 原石鼎 花影
躓くや磴のぼる露の虫 小林康治 四季貧窮
身辺の消息として虫名残 後藤夜半 底紅
躬に移る虫音にをるや夜を長み 臼田亜浪 旅人 抄
軍歌過ぎ虫の音垣によみがへる 石塚友二 方寸虚実
軒の梨虫くひとなりて秋近し 村山故郷
近径の夜風と虫につつまれて 飯田龍太
這ひいでし虫おさへたる団扇哉 正岡子規 団扇
逝く秋や虫死に絶えし雨の音 林翔
道の虫正午もつとも人絶ゆる 中村草田男
遠き虫に声を浮かせてそこの虫 日野草城
遠国へ遠山消えぬ午下の虫 中村草田男
遠富士ならず近富士ならず昼の虫 中村草田男
避寒して松喰虫とはどんな虫 波多野爽波
邯鄲につかれ忘れる枕かな 正岡子規 虫の声
酒を酌みまた虫を聴き寝ころんで 山口青邨
酔がさめ行く虫の音の一人となりて 尾崎放哉 大正時代
野の起居のよるひるとなく虫啼けり 伊丹三樹彦
野の闇の渺茫として虫の聲 正岡子規 虫の声
野の驟雨けろりとはれて虫の声 角川源義
野良猫が那須野で虫に囲まれる 金子兜太
野苺のどの花弁にも虫の穴 高野素十
釘樽をひらく鉄の香昼の虫 草間時彦 中年
鉄路よりしづけきものなし虫がなき 山口誓子
錐をもむかにずずと鳴く虫もあり 福田蓼汀 秋風挽歌
鏤骨の音彫心の音に虫細る 上田五千石『琥珀』補遺
閂をかけて見返る虫の闇 月光抄
閉めて一人の障子を虫が来てたたく 種田山頭火 草木塔
間歩(まぶ)に聞きしは泣き声か虫の音か 鷹羽狩行
降りいでて虫も絶えしか一葉忌 水原秋櫻子 蘆雁以後
障子裏這ふ虫まざと梅雨明り窓 種田山頭火 自画像 層雲集
隣家も灯を消すころやすがれ虫 村山故郷
雨の虫黒のスーツに手をとほし 雨滴集 星野麥丘人
雨晴れて虫飛ぶ秋の日中哉 正岡子規 秋の日
雨蛙身を捻ぢ曲げて灯虫喰ふ 右城暮石 散歩圏
雪渓にあるかなきかの虫とべり 鷹羽狩行
雪田に虫ゐて翔くる岩燕 松崎鉄之介
霧の夜の茶椀におつる小虫かな 石橋秀野
霧の置きゆく白髪太郎といふ虫あり 加藤秋邨
霧ふかき山の夜壁の青き虫 橋閒石 朱明
露かわく葉の濃みどりに菊の虫 西島麦南 人音
露の朝虫は虫どち闘へり 加藤秋邨
露の虫大いなるものをまりにけり 阿波野青畝
青の朝まばゆき虫と地に遊ぶ 西東三鬼
青柿や虫葉も見えで四つ五つ 村上鬼城
須弥壇の真昼虫鳴く廃寺かな 日野草城
頬削ぎて捕縛待つ人拝み虫 香西照雄 対話
風の虫こゑ澄みつつもみな遠し 岸田稚魚 負け犬
風吹きつのる草原の虫鳴きつのる 種田山頭火 自画像 層雲集
飛ぶ虫のときには見えて菖蒲園 桂信子 草影
飛ぶ虫の群れて黄落促すや 大野林火 月魄集 昭和五十五年
食べるときのみ身心脱落虫の闇 金子兜太
食卓で済むもの書いて昼の虫 岡本眸
飼ふ雉子の鳴く音しづみて昼の虫 飯田蛇笏 椿花集
饗宴の灯にとぶ虫や菊膾 飯田蛇笏 山廬集
香煙や祖かくありし昼の虫 石橋秀野
駒場野の十一月の虫鳴いて 山口青邨
駕籠舁の喧嘩も過ぎて虫の聲 正岡子規 虫の声
騒がしき子の二人居ず昼の虫 石川桂郎 含羞
高僧のおん耳うとし虫供養 阿波野青畝
高原は夜の虫減りぬ神無月 水原秋櫻子 蘆雁
高田秋仁恋へば弱気に雨の虫 岡本眸
高西風に山桐の虫ねをたえず 飯田蛇笏 春蘭
鬼灯の虫喰穴も些事ならず 飯島晴子
魂守りて怒れる虫や岩清水 原石鼎 花影
鳥はもとより虫の羽音す曼珠沙華 中村草田男
鳴きつれて虫のいのちのほそりゆく 種田山頭火 自画像 落穂集
鳴きやまぬ虫に句作の遅速かな 河東碧梧桐
鳴くといふ庭の虫にも膝を向け 後藤夜半 底紅
鳴く虫の 一途に励む 怒濤の前 伊丹三樹彦
鳴く虫のひとつひとつに星応ふ 相馬遷子 山河
鳴く虫のひとつ店の隅にて更けてあり 種田山頭火 自画像 層雲集
鳴く虫の体温ならむ夜の土 林翔
鳴く虫の命を切に思ふ夜ぞ 相馬遷子 山河
鳴く虫の生れて居りぬ弁慶草 山口青邨
鳴く虫の草に余れば膝に来て 岡本眸
鳴く虫の闇に身を置き隠れ事 上村占魚
鳴く虫をあらはに見つつ栗拾ふ 水原秋櫻子 重陽
鳴けるなる虫にも話およびけり 中村草田男
鵜飼宿火虫の多き裸燈あり(岐卓県小瀬六句) 細見綾子
麦藁籠虫入れぬ間の涼しさよ 百合山羽公 樂土以後
黒びかる虫を畳に見しが鳴く 山口誓子
黒潮に突き出て 昼も虫の岬 伊丹三樹彦
鼻垂れて石象ねむる虫の中 加藤秋邨

以上

by 575fudemakase | 2017-06-08 13:53 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26911051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング