不知火 の俳句

不知火 

わだつみに燃ゆる不知火見んと旅 藤 小葩
わだつみの神戯るゝ不知火か 阿部小壺
家裏は不知火の海絵灯籠 松田雄姿
胸までも炎ゆる不知火重かりき 河野多希女
銀河よりこぼれ不知火となりて燃ゆ 阿部小壷
五月雨や龍燈あぐる番太郎 松尾芭蕉
最終便沖に不知火点けてくる 津村光枝
生国は不知火の果てほうき売 中村久江
船まつや不知火の海蝗とび 橋本多佳子
息つまる不知火の闇濃し 加藤三七子
大朱欒落ちて不知火海見ゆる 宮部鱒太
冬萌も赤し不知火の国なれば 福田蓼汀
不知火が芒に映る晦日かな 鬼将
不知火でないかもしれぬ眠たくて 正木ゆう子 悠
不知火にムー大陸の横たわる 五島高資
不知火に酔余の盞を擲たん 日野草城
不知火のいつしか胸の火に移る 柴野みちゑ
不知火のしらけて寒き夜明かな 不知火 正岡子規
不知火のその海底のあねおとと 黒田杏子 花下草上
不知火のをみな寂かに名告りけり 黒田杏子
不知火の闇に鬼棲む匂ひあり 松本陽平
不知火の闇の海原船もなし 不知火 正岡子規
不知火の沖に虹立つ初湯かな 東 妙子
不知火の火の言霊の舞へりけり 黒田杏子 花下草上
不知火の海あり古き廓あり 八尾修
不知火の海の曇る日枇杷熟るゝ 坂井白路(ホトトギス)
不知火の海の不知火恋ひて寝ず 前田野生子
不知火の海をわたりし旅五日 新山 武子
不知火の見えぬ芒にうづくまり 杉田久女
不知火の現れしか医師逝かれたる 坊城 中子
不知火の語り部として禰宜老いぬ 柴田田鶴江
不知火の消えし遥かに向くこゝろ 沖双葉
不知火の消えて一会の思ひかな 田代朝子
不知火の退く如く失せにける 江崎潮春
不知火の燃えてさびるる旅籠かな 本郷昭雄
不知火の燃ゆらむ有明海眠れず 村瀬さつき
不知火の波の荒崎鶴わたる 桂樟蹊子
不知火の浜の風紋わが秋思 鍵和田[ゆう]子 未来図
不知火の夜を繚乱と炎えつづく 牧野麦刃
不知火はころがり*えいの大游泳 下田明子
不知火はわだつみ遠く燃ゆるもの 森土秋
不知火は海渡りゆく仏かな 竹内悦子
不知火へ駆けおりてゆくまなむすめ 夏石番矢
不知火もまた狐火も語り継ぐ 後藤比奈夫
不知火やそことも分かす鳴く狐 不知火 正岡子規
不知火や闇の三十日の底明り 不知火 正岡子規
不知火や鏡に裸身あづけたる 各務耐子
不知火や黒糸威の大鎧 佐藤史奈
不知火や山人に海恐ろしく 岩田美蜻
不知火や指す方にまた飛火生れ 岡部六弥太
不知火や死に絶えてのち生き絶える 黒田杏子
不知火や女に通ふ浪間舟 野間喜舟
不知火や消えては遠く飛火生み 岡部六弥太
不知火や石牟礼道子明滅す 黒田杏子 花下草上
不知火や存在感のある人に 堀口ハル子
不知火や中年に華あるごとく 首藤基澄
不知火や櫨臍のきしむ父の海 中村石秋
不知火や名さへ残さず一揆人 高田自然
不知火や嵐はれ行く海の果 不知火 正岡子規
不知火や櫓臍のきしむ父の海 中村石秋
不知火よことば惜しめば横走る 神田斐文
不知火を闇路にもとす嵐哉 不知火 正岡子規
不知火を見てなほくらき方へゆく 伊藤通明
不知火を見てなほ暗き方へゆく 伊藤通明
不知火を見てよりどつと船の酔ひ 檜 紀代
不知火を見るべく旅のひとりなる 吉武玲子
不知火を見る丑三つの露を踏み 野見山朱鳥
不知火を見る丑三の露を踏み 野見山朱鳥
不知火を故郷に持てり枇杷をむく 栗木麦生
不知火を想ふ研師の暇かな 藤田湘子
不知火を待つ銀漢の鮮かに 渡辺安山
不知火を待てり草木の寝る刻を 松岡豊子
不知火海の入日へ鶴の啼きやまず 阿波岐 滋
平家琵琶目に不知火も燃えるころ 高部雅堂
稻妻の消て不知火かすか也 稲妻 正岡子規
艪は父か不知火の海遠ざかり 伊藤希眸

不知火 補遺

稻妻の消て不知火かすか也 正岡子規 稲妻
不知火を闇路にもとす嵐哉 正岡子規 不知火
不知火をともに見し友すでに亡し 森澄雄
不知火や嵐はれ行く海の果 正岡子規 不知火
不知火や宿の女は渡り者 後藤比奈夫
不知火や闇の三十日の底明り 正岡子規 不知火
不知火やそことも分かす鳴く狐 正岡子規 不知火
不知火もまた狐火も語り継ぐ 後藤比奈夫
不知火の熾りくる眉目見たらずや 岡井省二 前後
不知火の出を誘ひあふ頃ほひか 鷹羽狩行
不知火の見ゆとふ岬の月見草 藤田湘子 神楽
不知火の見えぬ芒にうづくまり 杉田久女
不知火の海初明り鶴も覚む 山口青邨
不知火の海は明るし花の上に 清崎敏郎
不知火の海の松風鶴の墓 山口青邨
不知火の海の潟橇蹴り帰る 野見山朱鳥 幻日
不知火の闇の海原船もなし 正岡子規 不知火
不知火のしらけて寒き夜明かな 正岡子規 不知火
不知火のしびれいよいよ熾んなり 岡井省二 鯛の鯛
不知火に酔余の盞を擲たん 日野草城
窓あけて不知火の海ただ闇に 橋本多佳子
引鶴に不知火の海朝茜 山口青邨

by 575fudemakase | 2017-06-09 18:09 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26914827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング