藻刈 の俳句

藻刈


いく筋も潮の影ある藻刈かな 佐野まもる 海郷
うぶすなの藻刈の人の通りけり 藤田あけ烏 赤松
かい探る藻の根やこたへ藻刈鎌 西山泊雲 泊雲句集
きらめきて遥かの舟の刈藻かな 瀧 春一
はしり出て藻を刈る雨に鳴く鵜かな 飯田蛇笏
ビル投影みだして進む藻刈舟 栗原蕎村
わが門も刈藻干さるゝせんなけれ 佐野まもる 海郷
一塊の黒を陸とし藻刈の夜 斎藤梅子
一隅に母を置きたる藻刈かな 斎藤 梅子
駅の家に藻刈も透ける青簾かな 飯田蛇笏 山廬集
遠い藻刈へいま頬杖を降りて 矢野千代子
横へて竿長々と藻刈舟 楠目橙黄子 橙圃
夏の月刈藻もやがてけむりかな 宇佐見魚目
刈られたる藻の饐うるなり勅願寺 大石悦子 百花
刈りし藻を運ぶトラック待機せり 茨木和生 野迫川
刈り競ふつぶさに青き藻なりけり 佐野まもる 海郷
刈り残る一筋の藻に水澄みて 西山泊雲
刈り上げし藻に花のこるあはれなり 近本雪枝
刈藻上げし雫流れて香の立ちぬ 原田種茅 径
閑かなる港と見るや藻を刈れり 佐野まもる 海郷
宮城の内濠深し藻刈舟 中谷 謙
橋裏にもやひ昼餉の藻刈舟 田中芥堂
暁方の藻刈の音を枕上 黒田杏子 花下草上
繋舟の櫂に触れたる藻刈かな 中島慧子
月たかき藻刈のあとをねむるなり 中田 剛
見て過ぎし藻刈の匂ひ林まで 有澤[かりん]
古利根のゆるき流の藻刈舟 小倉英男
濠端や揚げ重ねたる藻刈舟 楠目橙黄子 橙圃
腰蓑の雫烈しき藻刈かな 西山泊雲 泊雲句集
今日はしも女ばかりや藻刈舟 松藤夏山 夏山句集
三人の藻刈の幅のすすみ来る 奥坂まや
山陰の田植見まふや藻刈舟 北枝「射水川」
四五艘の北浦口の藻刈舟 高野素十
思ひ出せぬ川のなまへに藻刈舟 田中裕明
自らわがね浮きたる刈藻かな 阿波野青畝
手をのべてぬぐふ雫や藻刈竿 橋本鶏二 年輪
秋の夜の藻刈のしぐさ酒入りて 宇佐美魚目 天地存問
秋雨や藻刈すみたる水の上 渡辺水巴 白日
秋暑したてゝしづくす藻刈鎌 飯田蛇笏
秋暑したててしづくす藻刈鎌 飯田蛇笏 山廬集
舟倉にあまる舳や藻刈舟 水原秋櫻子
舟溜藻刈の舟も来て憩ふ 能村登四郎
舟溜藻刈りの舟も来て憩ふ 能村登四郎
水に顔ふるるばかりや藻刈人 辻桃子
水口に引っかかりゐる刈藻かな 長沼 典子
水藻刈る奈落明るき寺の池 大石悦子 群萌
水馴棹持てる守衛や藻を刈れる 阿部みどり女 笹鳴
蝉涼し絶えず刈藻のながれくる 瀧春一 菜園
全身で水押して藻を刈りにけり 杉口麗泉「力草」
藻の花に囲まれて朽ち藻刈舟 八染藍子
藻を刈つて性根抜けたる寺の池 大石悦子 群萌
藻を刈てはひでる舟の蛍哉 蛍 正岡子規
藻を刈りし夕べの水に彦根城 椋砂東「ホ誌雑詠選集」
藻を刈りにゆく竹棹を担ひたる 藤田あけ烏 赤松
藻を刈ると舳に立ちて映りをり 杉田久女
藻を刈るや栄華の池に踏み込んで 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
藻を刈るや蛍はひ出る舟の端 蛍 正岡子規
藻を刈るや女にばけるのら狐 藻刈舟 正岡子規
藻を刈るや沼の愁ひを拭はむと 成瀬桜桃子 風色
藻を刈ればしきりに雲のうごきけり 橋本鶏二 年輪
藻刈られしあとの漣鳥浮ける 原田種茅 径
藻刈鎌見えざる奈落まさぐれる 渡辺千枝子
藻刈竿よこたへざまに舟を行る 加藤三七子
藻刈屑山とし見えぬものを言ひ 田中裕明 花間一壺
藻刈舟きのふのところかへにけり 成瀬桜桃子
藻刈舟しづかに向きを変へにけり 三谷いちろ
藻刈舟ただならぬこの顔の痩 田中裕明 櫻姫譚
藻刈舟なりし黄色いゴムボート 辻 桃子
藻刈舟ひとりが降りて川の中 小坂順子
藻刈舟ゆきかけ舳かはしけり 西島麦南 人音
藻刈舟ゆきかふ舳かはしけり 西島麥南
藻刈舟らしくも見えてつなぎあり 高浜年尾
藻刈舟雨降るかたへ帰りけり 正岡子規
藻刈舟刈りながら川さかのぼる 小泉容子(古志)
藻刈舟傾きながら刈り進む 山本暮村
藻刈舟少し傾ぎて戻りけり 吉田きみ子(菜の花)
藻刈舟石の錨を落しけり 吉武月二郎句集
藻刈舟漕ぎ出づるや漣の上ゆけり 原田種茅 径
藻刈舟相つぎ通る浮御堂 中井余花朗
藻刈舟樗の蔭へ憩ひ寄り 水原秋桜子
藻刈舟動きそめたる遥かかな 原田青児
藻刈舟流れ藻曳きて漕ぎ寄りぬ 今井杏太郎
藻刈川今宵は月のうすく照る 松村蒼石
藻刈船沈まんばかりいそしめり 加藤三七子
藻刈棹望のひかりのあきらかに 岩井英雅
蔵の町藻刈鎌干す緒絶橋 高田廣稲子
束鮒の刈藻にうごく門の月 白雄「白雄句集」
大いなる真直ぐな日暮藻刈舟 宮坂静生 樹下
大覚寺藻刈の僧と繰出しぬ 大石悦子
大覚寺藻刈の僧を繰出しぬ 大石悦子
沢瀉も刈られて雨の藻刈舟 福島 勲
濯ぎ場や棹しのぼりきし藻刈舟 橋本鶏二 年輪
地下足袋の底が藻刈の舟支ふ 萩谷ただし
朝凪や行き交ふなべて藻刈舟 水原秋桜子
長々と水よりぬきし刈藻棹 今瀬剛一
沈むばかり刈藻積みたる小舟哉 松田枯蝉
田の肥(こえ)に藻や刈り寄する磯の秋 素牛 俳諧撰集「藤の実」
田の肥えに藻や刈り寄する磯の秋 広瀬惟然
田の肥に藻や刈り寄する磯の秋 惟然
渡舟ともあるひはなりて藻刈舟 樋口啓明
藤戸川刈藻もつるゝ棹をさす 三木朱城
奈落より鎌を抜きたる藻刈かな 大石悦子「耶々」
日を西に藻を刈りゐるはしづかなり 佐野まもる 海郷
日照雨して藻刈の睫毛濡らしけり 波多野爽波 『骰子』
別荘の前へ来てゐる藻刈舟 岡田耿陽
満潮の松島湾に藻刈屑 阿部みどり女 笹鳴
木澄んで底の遊魚や藻刈あと 西山泊雲 泊雲句集
夕焼けて流れつゞける刈藻かな 中村秋晴
林泉の藻刈の濁りゆきわたり 高浜年尾(ホトトギス)
漣や藻なきほとりの藻刈舟 楠目橙黄子 橙圃
路の辺の刈藻花さく宵の雨 蕪村
路邊の刈藻花さく宵の雨 蕪村 夏之部 ■ 述懐
刎橋に風の立ちたる藻刈かな 宮坂静生
棹させるときのありけり藻刈舟 橋本鶏二
棹せるときのありけり藻刈舟 橋本鶏二 年輪
靄の中朝藻刈る舟見えそめぬ 水原秋桜子
鸛の巣の下にゐる藻刈舟 皆川盤水


藻刈 補遺

どのあまた沈める上を藻刈舟 山口誓子
駅の家に藻刈も透ける青簾かな 飯田蛇笏 山廬集
夏藻刈れば筑紫流人の歌思ほゆ 松崎鉄之介
鎌あげてぶらさがりたる刈藻かな 阿波野青畝
刈藻焚き終るまで見て餓じさか 能村登四郎
玉藻刈る海女のしぐさもして見つゝ 星野立子
湖畔歩むや秋雨にほのと刈藻の香 杉田久女
思はざる深きまで刈る藻刈鎌 能村登四郎
自らわがね浮きたる刈藻かな 阿波野青畝
秋雨や藻刈すみたる水の上 渡邊水巴 白日
秋暑したててしづくす藻刈鎌 飯田蛇笏
秋曇り午前はゐし藻刈舟 能村登四郎
舟人や秋水叩く刈藻竿 杉田久女
舟倉にあまる舳や藻刈舟 水原秋櫻子 晩華
舟溜藻刈りの舟も来て憩ふ 能村登四郎
青柿の垂れし濠より藻刈る声 能村登四郎
藻を刈るや女にばけるのら狐 正岡子規 藻刈舟
藻刈竿水揚ぐる時たわみつゝ 杉田久女
藻刈舟ゆきかけ舳かはしけり 西島麦南 人音
藻刈舟ゆきかふ舳かはしけり 西島麥南 金剛纂
藻刈舟雨ふるかたへ帰りけり 正岡子規 藻刈舟
藻刈女のけふは摘みゐる渚草 日野草城
藻刈川今宵は月のうすく照る 松村蒼石 寒鶯抄
帝劇の窓より見えぬ藻刈舟 水原秋櫻子 南風
日照雨して藻刈の睫毛濡らしけり 波多野爽波
別荘に備へてありし藻刈竿 高野素十
蓮の紅白を左右にし 藻刈舟 伊丹三樹彦
婢の少しの刈藻緑かな 高野素十
婢の藻刈の水輪小ささよ 高野素十
靄晴れていつよりありし藻刈舟 桂信子 花影


by 575fudemakase | 2017-06-14 07:40 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26924334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング