駒鳥 の俳句

駒鳥

あまたたび駒鳥啼きて水場暮れ 岡田日郎
ほつつりと駒鳥の朱や芽ぶく中 小池文子 巴里蕭条
奥之院裏は断崖駒鳥啼けり 青木 路春
暁けの声先づは駒鳥妻醒めよ 北野民夫
駒鳥いる高さに窓あり誕生音 寺山修司
駒鳥が鳴く七月の南谷 伊藤いと子
駒鳥にパブロ・ピカソの青入れぬ 攝津幸彦 未刊句集
駒鳥に応ふリュックの中の水 伊藤いと子
駒鳥に呼びこまれたる客二人 阿部ひろし
駒鳥に大黒舞を見せうもの 遅月
駒鳥のあした妙義の男晴 西上禎子
駒鳥のひゞけば歯朶の葉もふるふ 山谷 春潮
駒鳥のひびけば歯朶の葉もふるふ 山谷春潮
駒鳥のひゞけば歯朶の葉もふるふ 山谷春潮(馬酔木)
駒鳥のみな胸張りて巣立ちけり 島崎秀風
駒鳥の告げし晴天夜につづき 野沢節子
駒鳥の声ころびけり岩の上 園女
駒鳥の声ちかみかも舟遊び 大橋櫻坡子 雨月
駒鳥の声とおぼしき五更かな 飯野定子(萌)
駒鳥の声ゆく方へ霧ゆけり 宮原 双馨
駒鳥の声天鼓のごとし文殊堂 皆川盤水
駒鳥の声転びけり岩の上 園 女
駒鳥の大きな声や松の中 野村喜舟 小石川
駒鳥の谷ふかければ我に飛ぶ 並木鏡太郎
駒鳥の日晴れてとよむ林かな 高桑闌更
駒鳥の鳴くジャングルの昼暗く 田村萱山
駒鳥の来鳴きて岳の雪ゆるぶ 倉橋羊村
駒鳥の啼くたび岳の昏さ増す 岡田日郎
駒鳥の聲日をよぶ雲の梢かな 幸田露伴 江東集
駒鳥やまだ歯にあらき岩清水 千代田葛彦
駒鳥やまづ雪を脱ぐ庭の石 有働亨 汐路
駒鳥やむと雨吹き上げぬ嶽樺 小松崎爽青
駒鳥やめしひの殿の朝機嫌 紫暁「この時雨」
駒鳥や暗きかたえに馬柵つづく 武田伸一
駒鳥や雲上の樹々花咲かせ 岡部六弥太「夜須野」
駒鳥や崖をしたたる露のいろ 加藤楸邨
駒鳥や狭霧に滲む茜雲 下元きみ子
駒鳥や空地の寺に蕎麦食へば 石塚友二
駒鳥や熊笹倒し夜の豪雨 松本 いね
駒鳥や湖わたりくる雲疾き 原 幸子
駒鳥や雫を払ふ雨後の樅 秋元草日居
駒鳥や小止みだになき雨ながら 吉川 春藻
駒鳥や地下足袋に繩結び足し 石川桂郎 四温
駒鳥や土間に餅売る行者小屋 南野和歌子
駒鳥や白根前山削ぎ立てる 岡田 貞峰
駒鳥や穂高隠して雲飛べり 岡部六弥太
駒鳥や墓標に供ふ山日誌 山田 春生
駒鳥や霧熊笹をぬらしすぐ 原 柯城
駒鳥や霧吹きかへす屏風岩 豊長みのる
駒鳥や霧藻のいろの夜明雲 岡田 貞峰
駒鳥や霧藻の色の夜明雲 岡田貞峰
駒鳥や優しき枯木はずましむ 小池文子 巴里蕭条
駒鳥をほしいまま聞く山の寺 西条ゆき
駒鳥笛になごりの月を雲の端 飯田蛇笏 霊芝
駒鳥鳴いて俄に谷の霧うごく 飯田晴子
駒鳥鳴いて白き障子のそら二階 西村公鳳
駒鳥鳴くやいくつ滝落つ大樹海 岡田日郎
駒鳥鳴くや桶に溢るる山の水 長谷川草洲
駒鳥鳴くや月照山は雲の上 大竹孤悠
駒鳥鳴くや水楢林馬柵うちに 杉山岳陽
駒鳥鳴くや朝鮮髷の石仁王 野辺祥子 『遠野火』
駒鳥鳴くや唐人町の春の暮 春の暮 正岡子規
駒鳥鳴けり姥面狭き視野の中 田口満代子
駒鳥啼くと胸突き坂を仰ぎけり 小松崎爽青
駒鳥啼くや嶽は日和の雪霞 小松崎爽青
高鳴くは駒鳥囮秋風に 及川貞
悉く落葉松の青さ駒鳥鳴けり 滝春一
襲はるる夢のかしらの野駒鳥かな 卯七 俳諧撰集「有磯海」
十日住み此処に駒鳥の墓を掘る 殿村莵絲子 雨 月
探鳥で歩るく安曇野駒鳥を聞き 早川昇一
這松の雨駒鳥を遠くせり 望月たかし
眉間といふものが子鹿に駒鳥に 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
坊近くのこる寝雪や駒鳥の声 篠原巴石
夜が朝となりつつ駒鳥雲の中 福田 蓼汀
両神山中駒鳥笛の聞こえけり 鈴木五鈴

駒鳥 補遺

籠の駒鳥高鳴くあした粽蒸す 橋閒石 雪
高鳴くは駒鳥囮秋風に 及川貞 夕焼
古雛にはや尻軽の駒鳥よ 橋閒石 卯
駒鳥鳴くや唐人町の春の暮 正岡子規春の暮
駒鳥笛になごりの月を雲の端 飯田蛇笏 霊芝
駒鳥や地下足袋に繩結び足し 石川桂郎 四温
駒鳥や大雪嶺に真横の陽 石塚友二 曠日
駒鳥のかなたに青し津軽富士 山田みづえ 手甲


by 575fudemakase | 2017-06-14 08:20 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26924396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング