紅の花 の俳句

紅の花

鯔はねて母は薄暮に紅の花 榎本愛子
顏見せや朝霜匂ふ紅の花 顔見世 正岡子規
蕾かと見れば千日紅の花 星野椿
鰐怒る上には紅の花鬘 横光利一
露置くを摘むてふ出羽の紅の花 成木幸彦
恋の句の芭蕉に多し紅の花 加藤 羝羊子
旅人のやうに睡りぬ紅粉の花 黒田杏子 花下草上
旅の鞄とほのぼの明けぬ紅の花 大類林一
李白く桃紅の裏家かな 李の花 正岡子規
藍の花栞れば紅の失せにけり 坊城中子
有明の影なかりけり紅の花 安保柳汀
鳴いてくる小鳥はすずめ紅の花 三橋敏雄
鳴いている小鳥はすずめ紅の花 三橋敏雄
母の日や母は病むとも紅の花 林翔
眉掃を俤にして紅粉の花 松尾芭蕉
眉掃きを俤にして紅粉(べに)の花 松尾芭蕉
眉などは刷かぬ妻なり紅の花 市村究一郎
日は塔の高みにありぬ紅藍(べに)の花 宮坂静生 春の鹿
奈良へ通ふ商人住めり紅の花 紅花 正岡子規
峠より日が濃くなれり紅の花 皆川盤水
鳥海はもとより見えず紅の花 森田 峠
智楸院達谷宙遊居士霊位紅の花 齊藤美規
大日坊即身仏に紅の花 小高章木子
打水やずんずん生くる紅の花 竹下しづの女
打水やずん~生くる紅の花 竹下しづの女 [はやて]
先生の膝にこぼれ日紅の花 岸田稚魚
唇や格子に開く紅粉の花 紅花 正岡子規
信楽のまこと窯変紅の花 大野雑草子
照り翳る六十里越え紅の花 木下英一
手のいたき顔して渡す紅の花 加藤楸邨
山雲の一日去らず紅の花 岸田稚魚
山蔭やここもとの日は紅の花 千代尼
山蔭やこゝもとの日は紅の花 千代女「千代尼句集」
降り出でて紅を流しぬ紅の花 下村 梅子
行末は誰をかちぎる紅の花 紅花 正岡子規
行く末は誰とか契る紅の花 紅花 正岡子規
行く末は誰が肌触れむ紅の花 芭蕉
行く末は誰が肌ふれむ紅の花 芭蕉「西華集」
紅藍の花人に熱き手つめたき手 古舘曹人 樹下石上
紅藍の花したたか裾を濡らしけり 古舘曹人 樹下石上
紅粉の花おはんの使来れば剪る 山口青邨
紅の花葉先するどく干されけり 百村美代女
紅の花文書くひまに開きつつ 山本洋子
紅の花峠は水の上にあり 皆川盤水
紅の花刺あることを君知るや 加藤晴子
紅の花向きの定まる風見鶏 脇坂啓子
紅の花枯れし赤さはもうあせず 加藤知世子
紅の花暁方は土にほふなり 古賀まり子 緑の野
紅の花アマリリス咲き残る地もせつなしたたかひやまぬ 木俣修
紅つくることいまはせず紅の花 下村梅子
広幅の大淀染めよ紅の花 殿村莵絲子 雨 月
月山へつぎはぎの雲紅の花 藤田あけ烏 赤松
傾城の罪をつくるや紅の花 紅花 正岡子規
傾城にとへども知らず紅の花 紅花 正岡子規
桐の花紅の夕日は人去る方 桂信子 黄 瀬
曲り家の牛鳴いてゐし紅の花 阿部月山子
鏡なき里はむかしよ紅の花 二柳
乾きゆく草のにほひを紅粉の花 黒田杏子 花下草上
垣越すと揃ふ縷紅の花の向き 堀 葦男
乙女らに古歌おぼつかな紅の花 鍵和田[のり]子
雲掴み捨てゆく者よ紅の花 安井浩司「汝と我」
雨の日のくらさあかるさ紅の花 吉田未灰
雨の樹の下には紅の花衣 横光利一
をさな子やはやなめそむる紅の花 紅花 正岡子規
みちのくに来てゐる証紅の花 森田峠
みちのくに摘まねば紅粉の花いきれ 加藤知世子
まゆはきを俤にして紅粉の花 松尾芭蕉
さびしをりほそみかるみや紅の花 加藤三七子
クレムトの抱擁末摘花にかな 小枝秀穂女

紅の花 補遺

顏見せや朝霜匂ふ紅の花 正岡子規 顔見世
靄深く最上の瀬ひびく紅粉の花 山口青邨
剪り惜む誰が俤の紅粉の花 山口青邨
朗々と尾花沢のくだり紅粉の花 山口青邨
紋白蝶は上蜆蝶は下紅粉の花 山口青邨
網倉も石造りなり紅の花 清崎敏郎
鳴いてくる小鳥はすずめ紅の花 三橋敏雄
母の日や母は病むとも紅の花 林翔 和紙
母の日の五月つごもり紅粉の花 山口青邨
母の忌の七十年紅粉の花いまだ 山口青邨
母の忌にことしはおくれ紅粉の花 山口青邨
芭蕉像飾る紅粉の花献じ 山口青邨
芭蕉像飾り紅粉の花挿して 山口青邨
奈良へ通ふ商人住めり紅の花 正岡子規 紅花
鶴頸の一茎末摘花あはれ 山口青邨
唇や格子に開く紅粉の花 正岡子規 紅花
手のいたき顔して渡す紅の花 加藤秋邨
軸は晴湖紅粉の花さすゆかしさよ 山口青邨
山雲の一日去らず紅の花 岸田稚魚
行末は誰をかちぎる紅の花 正岡子規 紅花
行く末は誰とか契る紅の花 正岡子規 紅花
紅藍の花人に熱き手つめたき手 古舘曹人 樹下石上
紅藍の花したたか裾を濡らしけり 古舘曹人 樹下石上
紅粉鉄漿(べにかね)の母は遠しや紅粉の花 山口青邨
紅粉の花雑草園のみやげとす 山口青邨
紅粉の花雑草園に三味の音 山口青邨
紅粉の花ただれてかなし雨つづく 山口青邨
紅粉の花かなしまいにち雨ふりて 山口青邨
紅粉の花おはんの使来れば剪る 山口青邨
紅ふかく蔵す金冠紅粉の花 山口青邨
紅の花露あるうちに摘まるゝと 高浜年尾
紅の花二度目の讃嘆妻が吐き 加藤秋邨
紅にじみ王冠くづる紅粉の花 山口青邨
傾城の罪をつくるや紅の花 正岡子規 紅花
傾城にとへども知らず紅の花 正岡子規 紅花
王冠も潰え花終わる紅粉の花 山口青邨
一蝶の雨の晴間を紅粉の花 山口青邨
をさな子やはやなめそむる紅の花 正岡子規 紅花
をさなごの哀しむ声や紅の花 渡邊白泉
べにの会の人紅粉の花かかへ来ぬ 山口青邨
ひと寝ねてより紅の花ありにけり 加藤秋邨
なまめかし翁の像に紅粉の花 山口青邨
とりあへず小便したり紅の花 阿波野青畝
ちかちかとこまごまと星紅粉の花 山口青邨
ことしまた七人の娘紅粉の花 山口青邨
うつくしきひとらつどへり紅粉の花 山口青邨

by 575fudemakase | 2017-06-15 19:07 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26927465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング