萱草の花 の俳句

萱草の花

えぞ萱草遠見に過ぎる島の墓 文挟夫佐恵 遠い橋
ひとつ萎えひとつは咲きて野萱草 榎田きよ子
ふる里は今萱草の島となり 天野厚子「響合同句集」
泳ぎ子の萱草手折りゆきにけり 鈴木貞雄
花萱草どこも崖なす海女のみち 和泉 好
花萱草はたらきもののははなりし 山口紫甲
花萱草乙女ためらひ刈つてしまふ 加藤知世子
花萱草少女ためらひ刈つてしまふ 加藤知世子
花萱草青野の青をさそひだす 福田甲子雄
花萱草部落十戸に忘れ汐 杉本寛
蝦夷萱草今を盛りの利尻富士 荒舩青嶺(玉藻)
萱草(わすれぐさ)沖に日本領土なし 平井さち子 紅き栞
萱草が咲いてきれいな風が吹く 大峯あきら
萱草に釜石線がたまにゆく 大峯あきら 宇宙塵
萱草に雷遠き日かげかな 萱草の花 正岡子規
萱草に立つ浪音や桂浜 高木晴子
萱草のとびとび咲きて屯田区 河野友人
萱草の一番花の大いなる 江本 如山
萱草の雨となりけり避暑の宿 軽部烏帽子 [しどみ]の花
萱草の影澄む水を田に灌ぐ 西島麦南
萱草の花にかくれて浅間噴く 長谷川かな女 花寂び
萱草の花にすつくと波がしら 村上しゅら
萱草の花に日暮のピアノ鳴る 秋篠光広
萱草の花に霧ふく峠かな 中勘助
萱草の花のはじめの日を知らず 町田美知子
萱草の花の記憶の中の母 福田素吾
萱草の花も夕日もつかれたる 青柳志解樹
萱草の花や金気の浮きし水 川崎展宏
萱草の花をいそがず小浜線 岡井省二
萱草の花旱の蟻に匍はれる シヤツと雑草 栗林一石路
萱草の芽に雨しみる田径かな 飯田蛇笏
萱草の咲きたる畦の靄深し 秋元草日居
萱草の残る一花に皆集ひ 大月 智恵子
萱草の捧げたる朱に帰り来し 細見綾子 黄 炎
萱草の夕花明り熊野川 森 澄雄
萱草の夕日の色に咲き惜しむ 駒井えつ子
萱草の饒舌畦に屯して 間名部ちさと
萱草は随分暑き花の色 荷兮
萱草も咲いたばつてん別れかな 芥川龍之介
萱草やこゝに芽をふく忘草 芽立 正岡子規
萱草や昨日の花の枯れ添へる 松本たかし
萱草や青田の畦の一ならび 青田 正岡子規
萱草や浅間をかくすちぎれ雲 寺田寅彦
萱草や茶屋のつき山苔もなし 萱草の花 正岡子規
萱草や柱状節理軋むごと 神尾季羊「日向」
萱草や林はづれに牧師館 友岡子郷
萱草咲きたはむるる母岩なり 成田千空 地霊
萱草咲く佐渡の國こゝに盡きし巌の襞 安斎櫻[カイ]子
亀岩までとびしま萱草立ち騒ぐ 田口一穂
脚長の足早に蹤き野萱草(石川桂郎氏宅) 野澤節子 『存身』
朽舟の沖は遠き日忘草 三木綾子
業平忌萱草の雨もこの日より 岡井省二「鹿野」
狐啼く神威岬の花萱草 井村和子
忽忘草霧に咳き人行けり 堀口星眠 火山灰の道
今日をうたえ藪萱草の百の舌 豊口葉子「藪姫」
根深一把もらふて年を忘草 乙由
七夕の雨しとどなり萱草 堀口星眠 営巣期
酌下手の妻を呵(しか)るや年忘 草城
住吉や下火に冬を忘草 曲言 選集「板東太郎」
対岸へ飛火せしごと花萱草 金森柑子
大男腰をかがめぬ年忘 草間時彦 櫻山
誰が家ぞ萱草さけるおのづから 萱草の花 正岡子規
断崖に風の道あり花萱草 田村恵子
昼はまた昼の涼しさ萱草咲く 沢田早苗
湯煙に人現るゝ時萱草も 高浜虚子
湯煙に人現るる時萱草も 高濱虚子
湯治場や黄なる萱草得て帰る 萱草の花 正岡子規
百合・萱草立てて芦野や盆掃除 加藤知世子 花 季
浜萱草群れてなだれて尻屋崎 加藤憲曠「静寂」
浜萱草風見・汐見の濡れ仏 中村純子 『花守』
母の忌と知りてや萱草揺れやまず 本田恵美子
忘草人に逢ひたる後の赤 上林美知子(山繭)
忘草人に頭巾を隠しけり 星野麦人
忘草風がおもねるとき散れり 粕谷南城
無宿墓そびらに長けし忘草 山城やえ(春耕)
耶蘇祀り摘草峠野萱草 小原菁々子
野に咲いて忘草とはかなしき名 下村梅子
野萱草もつてのほかの恋をして 大石悦子
野萱草水面に揺れて掬月亭 藤本和子
野蒜野萱草大荷物山家に入る 金子皆子

萱草の花 補遺

かたまつて撫子とんで野萱草 森澄雄
しばらくは野に出ず萱草庭に咲く 山口青邨
花萱草養魚池より水落す 右城暮石 散歩圏
萱草が御裳の裾の花と咲く(大野寺磨崖仏) 細見綾子
萱草にさらに夕日の紅をそふ 森澄雄
萱草に雷遠き日かげかな 正岡子規 萱草の花
萱草の黄からはじまる野の夜明 後藤比奈夫
萱草の黄花は金曜日のひかり 飯田龍太
萱草の花の朱湖に人泳ぐ 岡井省二 山色
萱草の花をいそがず小浜線 岡井省二 明野
萱草の芽に雨しみる田径かな 飯田蛇笏 心像
萱草の芽は衿正す朝の日に 山口青邨
萱草の芽や佐助坂上り来て 石塚友二 磯風
萱草の芽を召し上る皺の口 飯島晴子
萱草の捧げたる朱に帰り来し 細見綾子
萱草の夕花明り熊野川 森澄雄
萱草やこゝに芽をふく忘草 正岡子規 芽立
萱草や青田の畦の一ならび 正岡子規 青田
萱草や茶屋のつき山苔もなし 正岡子規 萱草の花
幾度も夏花かと見て萱草を 右城暮石 句集外 昭和十六年
脚長の足早に蹤き野萱草 野澤節子 存身
業平忌萱草の雨もこの日より 岡井省二 鹿野
山国に住むおもざしや野萱草 藤田湘子 神楽
赤松の根方萱草たけ高し 細見綾子
誰が家ぞ萱草さけるおのづから 正岡子規 萱草の花
朝のうち行者通りぬ野萱草 森澄雄
湯治場や黄なる萱草得て帰る 正岡子規 萱草の花
岬の鼻思へと萱草抱へ来し 大野林火 月魄集 距和五十七年
戻り来て値ゑし萱草未だ咲かず 杉田久女
野萱草藪萱草や冬水忌 雨滴集 星野麥丘人
萬難に堪えて萱草五年振 杉田久女

by 575fudemakase | 2017-06-16 02:39 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26928177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング