一ッ葉 


一ッ葉 

さびしさに一つ葉の葉のよぢれたる 但馬美作
ひとつ葉の群れて一葉をゆづらざる 長谷川久々子
ひらりしやらり一ツ葉ゆれてうそ寒し うそ寒 正岡子規
一つ葉となりたるほんの序かな 有澤*かりん(俳句研究)
一つ葉にとまれる雪の二三片 比叡 野村泊月
一つ葉にみくじを結ぶ霊地かな 阿波野青畝「西湖」
一つ葉にをかしき露のはちき哉 一つ葉 正岡子規
一つ葉に空蝉二つ生垣に 高澤良一 素抱
一つ葉に初霜の消え残りたる 高浜虚子
一つ葉に天意も適ふひるの雪 宇佐美魚目 秋収冬蔵
一ツ葉に万両の実の赤さ哉 一つ葉 正岡子規
一つ葉のひとつながらに父坐す 中西夕紀(俳句研究)
一つ葉のゆれてはなれぬ蛙哉 一つ葉 正岡子規
一つ葉の囲はいでるそよぎかな 一茶
一つ葉の一つづつ揺れ美濃の雨 殿村菟絲子 『菟絲』
一つ葉の一つ一つの雨雫 鈴村 寿満
一つ葉の一叢茂るしづかかな 長谷川双魚
一ッ葉の芽吹くや奥に鵜の羽音 石川桂郎 高蘆
一ツ葉の巌にはびこる瑞泉寺 山口笙堂
一つ葉の空を愉しむところかな 原 天明
一ツ葉の五百羅漢の岩庇 伊東 文女
一つ葉の根のからめるも相寄らず 深野カツイ 『花八ツ手』
一ツ葉の手柄見せけり雪の朝 雪 正岡子規
一ツ葉の水鉢かくす茂り哉 一つ葉 正岡子規
一つ葉の大岩も冬迎へけり 八木林之介 青霞集
一つ葉の二葉の時ぞ見まほしき 正岡子規
一つ葉の風にもまるゝけしき哉 一つ葉 正岡子規
一つ葉の風に熟睡の臥羅漢 三沢布美
一つ葉の胞子を飛ばす山中に 久保田月鈴子
一ツ葉の緑といへぬ黒さかな 一つ葉 正岡子規
一ツ葉は中へせりこむ茂り哉 一つ葉 正岡子規
一つ葉も人を愛することするや 後藤比奈夫
一つ葉も鳥獣界も土用凪 宇佐美魚目 秋収冬蔵
一つ葉や雨垂れ高きところより 長谷川櫂 天球
一つ葉や遠州流の活け習ひ 一つ葉 正岡子規
一つ葉や手に乗るほどの円空仏 長田 等
一つ葉や少年たるも僧形に 小山梧雨
一つ葉や清明の滝懸りたる 阿波野青畝
一つ葉や船作る木を船に干し 大木あまり
一つ葉や背かるるよりひとりがよし 八牧美喜子
一つ葉や琵琶の音洩るる五家荘 岡山裕美
一つ葉や風吹き抜ける大書院 中山和子
一つ葉や文机古りし詩仙堂 永沼弥生
一つ葉や遍路ふるみち濡れてをり 井上閑子
一つ葉や履いてつめたき男下駄 小林篤子
一つ葉や忿怒相して磨崖仏 南上北人
一つ葉を引き五七忌を終へてきぬ 中戸川朝人 残心
一つ葉を小指ではじき予後永し 池上樵人
夏来てもただ一つ葉のひとつかな 芭蕉
夏来てもただ一つ葉の一葉かな 芭蕉「真蹟懐紙」
月光に一つ葉ひとつづつ力 山尾玉藻
世の中を如何に契りし一つ葉ぞ 一つ葉 正岡子規
切り立ちて一つ葉の崖滴れる 石川桂郎 高蘆
大風となる一つ葉の巌かな 山尾玉藻(火星)
田水はつて一つ葉ゆるる芋を見る 飯田蛇笏 山廬集
二股の幹に一つ葉水分社 茨木和生 丹生
箸とめてひとも一つ葉見て在るか 宇佐美魚目 秋収冬蔵
磐石に一つ葉殖ゆる一つづつ 富安風生
木洩日の揺れ一つ葉の波打てる 稲畑汀子
旅ひとり一つ葉ひけば根のつづき 山口草堂
旅ひとり一つ葉引けば根のつづき 山口草堂

一ッ葉 補遺

あきらかに一つ葉むらの朝日影 岡井省二 夏炉
さざなみの一つ葉むらの古りて来し 岡井省二 有時
ひらりしやらり一ツ葉ゆれてうそ寒し 正岡子規 うそ寒
一つ一つにて一つ葉のかぎりなし 加藤秋邨
一つ葉と言はれてそんな気もしたり 飯島晴子
一つ葉にみくじを結ぶ霊地かな 阿波野青畝
一つ葉にをかしき露のはちき哉 正岡子規 一つ葉
一つ葉に一つのあるじ蝸牛 阿波野青畝
一つ葉に雨来ていのち果てにけり (沓沢文子を悼む) 星野麥丘人 2003年
一つ葉に生れ兄に似ず姉に似ず 後藤比奈夫
一ツ葉に万両の実の赤さ哉 正岡子規 一つ葉
一つ葉のひそかに群れてゐたりけり 草間時彦
一つ葉のゆれてはなれぬ蛙哉 正岡子規 一つ葉
一つ葉の一つ葉づつの涼しさよ 鷹羽狩行
一つ葉の屋根の宙なる緑摘 岡井省二 明野
一ッ葉の芽吹くや奥に鵜の羽音 石川桂郎 高蘆
一つ葉の光沢厚く人死せり 飯島晴子
一ツ葉の手柄見せけり雪の朝 正岡子規 雪
一ツ葉の水鉢かくす茂り哉 正岡子規 一つ葉
一つ葉の二葉の時ぞ見まほしき 正岡子規 一つ葉
一つ葉の風にもまるゝけしき哉 正岡子規 一つ葉
一ツ葉の緑といへぬ黒さかな 正岡子規 一つ葉
一ツ葉は中へせりこむ茂り哉 正岡子規 一つ葉
一つ葉も人を愛することするや 後藤比奈夫
一つ葉や遠州流の活け習ひ 正岡子規 一つ葉
一つ葉や秋のみづうみ縮みなす 森澄雄
一つ葉や清明の瀧懸りたる 阿波野青畝
一つ葉や仏の顔の割目より 阿波野青畝
手洗鉢空しき台木一つ葉枯れ 中村草田男
手焙にゐて一つ葉の日南恋ふ 右城暮石 句集外 昭和十八年
世の中を如何に契りし一つ葉ぞ 正岡子規 一つ葉
石濤を見ては一つ葉を目がさまよふ 加藤秋邨
切り立ちて一つ葉の崖滴れる 石川桂郎 高蘆
田水はつて一つ葉ゆるる芋を見る 飯田蛇笏 山廬集
芙蓉実生え五ツ葉が花の一ツ抱く 右城暮石 句集外 昭和十一年
木の実降る一つ葉群の音にかな 岡井省二 鹿野
嶺に忘れし一つ葉はもう帰り来ず 加藤秋邨

by 575fudemakase | 2017-06-18 12:21 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26932795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング