苗売 の俳句

苗売

ボランティアの夫の苗売るみどりの日 山口恵子
もののもどかしく苗売の声過る 梅林句屑 喜谷六花
りんご苗売るみちのくの午祭 岩崎眉乃
医王寺の前に瓢の苗を売る 西本才子
駅前に茄子苗売りのこぼせし土 田川飛旅子
煙草吸ふ菊苗売りの男かな 大野信子
紅少し引き甲斐甲斐し苗売女 片岡 けん
沙羅苗を売るあたりにて川音消ゆ 中戸川朝人 星辰
坂下に老苗売のともす今宵 近藤一鴻
山国に行く苗売のバスに立つ 茨木和生
寺の門でゝ苗売に逢へりけり 久保田万太郎 草の丈
種のよく売るる日と苗売るる日と 後藤比奈夫
小休みや芋苗売に戯れつゝ 石塚友二
信じてもよき苗売のよごれし手 前内木耳
新宮の巫女の売りゐる梛の苗 亀田ヤス子
大朱欒据ゑてその木の苗を売る 林 三枝子
地下道に売られ茄子苗胡瓜苗 山田弘子 螢川
土産屋に藷の苗売る薩摩かな 小林洋子
二月(如月)や松の苗売る松の下 素牛 俳諧撰集「藤の実」
如月や松の苗売る松の下 広瀬惟然
買ひ顔に押し売られけり糸瓜苗 石塚友二 光塵
売る苗を並べて跼む太陽真下 長谷川かな女 花寂び
売れ残りゐし瓜苗をみな買はむ 下村 梅子
売れ残りをりし瓜苗みな買はむ 下村梅子
売れ残る茄子苗一つ実をつけて 山田節子
売れ残る苗を車に積んで去る 福川悠子
蝿つけて売られし苗は八つ頭 依光陽子
泊夫藍の苗売ってをるメノコかな 河野 照代
備中路また苗売とすれちがふ 松本 旭
苗札の文字のうすうす売れ残る 出口陽山
苗市に教へ子とその幼な妻 能村登四郎
苗売が霞ケ関にゐたりけり 細川加賀
苗売が坂道にゐて湖の町 斉藤夏風
苗売が聖母讃歌の窓を過ぐ 谷野予志
苗売が路をせばめて左門町 奥野桐花
苗売によき夕方の来りけり 星野立子
苗売に髻結びあへず起つ 清原枴童 枴童句集
苗売のときどき留守にしてゐたる 石田郷子
苗売のぬつと出て来る蜑の路地 小谷敏子
苗売のよきおしめりと申しける 林田探花
苗売の一燈宵を早めけり 近藤一鴻
苗売の去りし門辺に塵少し 松本 進
苗売の去りたる木戸の開きしまま 成瀬正とし 星月夜
苗売の結飯とり出し食ひにけり 阿波野青畝
苗売の肩を替ふれば返し去る 篠原温亭
苗売の手甲白し上天気 野村喜舟 小石川
苗売の勝鬨橋に休みをり 河野 彩
苗売の上に天日とどまれる 波多野爽波 鋪道の花
苗売の声流れ来し俳句会 肥田埜勝美
苗売の土に束ねしもの並べ 高浜年尾
苗売の踏み去る道に日の力 原石鼎
苗売の濃き眉ぞ見せ笠のうち 原 石鼎
苗売の立ちどまりつゝ三声ほど
苗売の立ちどまりつつ三声ほど 高浜虚子
苗売の立ちどまりつゝ三声ほど 高浜虚子
苗売の立ちどまりつつ三声ほど 高濱虚子
苗売や一年振りの顔馴染 内藤久子
苗売や唄ひはじめを朝顔に 野村喜舟
苗売や産屋乍らも開かれて 小林康治
苗売や焼けて無かりし物の数 石川桂郎
苗売や表格子を拭く妻に 清原枴童 枴童句集
苗売りの雨くさぐさの苗ぬれて 小川双々子
苗売りの苗に日当る弘法忌 吉田鴻司
苗売りの無口ぞ良けれ飛行機雲 田川飛旅子
苗売りも来てゐる那覇市の陶器市 中村阪子
苗売女雨ともなひて来りけり 藤井諏訪女
眠さうな苗売の声樹をくぐり 廣瀬直人
眠さうな苗売りの声樹をくぐり 廣瀬直人
夕顔の苗売る声や五月晴 五月晴 正岡子規

苗売 補遺

ひなめきて祖師の門前苗を売る 山口青邨
駅前に苗売の出てをらざりし 雨滴集 星野麥丘人
菌売の選つてくれたる苗大事 阿波野青畝
種のよく売るる日と苗売るる日と 後藤比奈夫
小休みや芋苗売に戯れつゝ 石塚友二 光塵
買ひ顔に押し売られけり糸瓜苗 石塚友二 光塵
売苗に花のつきゐる鳳仙花 右城暮石 句集外 昭和八年
苗市に教へ子とその幼な妻 能村登四郎
苗市の山科茄子淀茄子 高野素十
苗市の苗ことごとく吹かれ出す 岡本眸
苗市の苗に瓜の区なすびの区 上田五千石 風景
苗売に白猫梅をまつさかさ 原石鼎 花影
苗売のビルの廊下に土こぼす 後藤比奈夫
苗売の過ぎて親しや塀の空 原石鼎 花影
苗売の結飯とり出し食ひにけり 阿波野青畝
苗売の上に天日とどまれる 波多野爽波 鋪道の花
苗売の灯に手品師はトランプを 山口青邨
苗売の踏み去る道に日の力 原石鼎 花影
苗売の濃き眉ぞ見せ笠のうち 原石鼎 花影
苗売や産屋乍らも開かれて 小林康治 四季貧窮
苗売や焼けて無かりし物の数 石川桂郎 含羞
眠さうな苗売りの声樹をくぐり 廣瀬直人
夕顔の苗売る声や五月晴 正岡子規 五月晴


by 575fudemakase | 2017-06-18 16:16 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26933210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング