夏蕨 の俳句

夏蕨

あく抜きて隣家に分ける夏蕨 松本サキ子
いしぶみは峠の名のみ夏蕨 大岳水一路
くるしくも雨こゆる野や夏わらび 白雄
せせらぎに親しみ行くや夏蕨 大沢起佐
とるほどは無くて山麓夏わらび 及川貞 夕焼
ほきと折れしまま胸中に夏蕨 石寒太 炎環
みよしのや荷ほどに採れて夏蕨 及川 貞
雨あとの眩しき日差夏蕨 茨木和生 遠つ川
遠囃子椀に沈みし夏蕨 野沢節子 鳳蝶
夏わらびここに眠りて日暮まで 田中裕明 花間一壺
夏わらび戸毎に干せる宇陀の里 つじ加代子
夏わらび手に殖やしゆく塩の道 和知喜八
夏わらび折ればはろかに父の声 澤野純子「未来図合同句集」
夏わらび尼の手籠に見えてをり 蓑口祈水
夏わらび谿に真深く雲しづむ 河野南畦
夏蕨いつぽん長けてねむい朝 小出しづ子
夏蕨おのづと山着なじみたる 佐々木とく子 『土恋』
夏蕨井に浸せしを忘れきし 鳴戸幸子
夏蕨一寸先の闇握る 田邊香代子「破綻の雲」
夏蕨遠山見ゆるころ夕餉 大野林火
夏蕨興亡のいま亡に帰し 上田五千石
夏蕨壮年の男に捲毛二三 香西照雄 素心
夏蕨摘むやをみなら手甲して 西尾秀東子
夏蕨摘む一束にならずとも 茨木和生 三輪崎
夏蕨天草島の山高し 中村汀女
夏蕨能登も奥なる坊泊り 大橋越央子
海鳴りの遠く近くに夏わらび 佐々木蓉子
灰汁抜きの灰の軽さよ夏蕨 佐藤東北夫
旧道は消ゆるほかなし夏蕨 西本一都 景色
欠け欠けて遊女の墓や夏蕨 柏 禎
戸隠の夕日に摘めり夏蕨 近藤喜代子
甲斐駒や牛の踏みゆく夏蕨 永沼弥生
高原の観光ホテル夏蕨 赤星水竹居
採るほどは無くて山麓夏わらび 及川貞
山火事のありたる地肌夏蕨 茨木和生
山住のこころ足らふや夏蕨 木村蕪城 一位
山荘にとどく大束夏わらび 米沢登秋
山荘の庭に長けけり夏蕨
首塚や人ものぼらぬ夏蕨 山店 芭蕉庵小文庫
終点のレール反り立ち夏蕨 中村すみを
焼きし野の拓かずもある夏蕨 比叡 野村泊月
上州を訪へば茶受けの夏蕨 吉居珪子
石負女の幸一握の夏蕨 西本一都 景色
川の合ふところで別れ夏蕨 中戸川朝人 尋声
痩畑の又野にかへる夏蕨 比叡 野村泊月
大皿に釘で彫りたる夏蕨 長谷川 櫂
鳥鳴いて谷静かなり夏蕨 夏蕨 正岡子規
鳥啼いて谷静なり夏蕨 正岡子規
天領のことば廃れし夏わらび 道山昭爾
踏み迷ふことも楽しや夏蕨 稲畑汀子
道のべにおきある籠に夏蕨 木村蕪城
入日の前の土の明るさ夏蕨 桂信子 黄 瀬
百人の人にもてなす夏蕨 都甲 君子
夫見ゆる距離たもち摘む夏蕨 塩野光子(麻苧)
蕗束のほか細束の夏蕨 茨木和生 丹生
碧空に消ゆる雲あり夏蕨 岡田日郎
墓の字につかふ長鋒夏わらび 宇佐美魚目
庖丁の切れ味返す夏わらび 福富みさ子
豊潤に照る日曇る日夏蕨 小林堪信
万葉の安騎野にたけし夏蕨 小竹よし生
目溢れのとびとびなれど夏わらび 大堀徳恵
落し来る筏の上の夏蕨 今村晩果
旅びとに古塔かたぶく夏わらび 稲垣きくの
旅びとに古塔かたむく夏わらび 稲垣きくの 黄 瀬
老い母よ祈り惚けし夏蕨 小檜山繁子
俎にあまりて丈の夏わらび 田村木国
甕伏せしあたりもつとも夏蕨 つじ加代子
茹でゝ喰ふ興安嶺の夏蕨 楠目橙黄子 橙圃
蹠から古道のしめり夏わらび 林和琴(草苑)


夏蕨 補遺

ありがたや山深く折りし夏蕨 山口青邨
とるほどは無くて山麓夏わらび 及川貞 夕焼
みちのくの山は深しや夏蕨 山口青邨
一籠の活けしが如く夏蕨 山口青邨
遠囃子椀に沈みし夏蕨 野澤節子 鳳蝶
仮初に摘みて摘み溜む夏蕨 右城暮石 句集外 昭和五十二年
夏わらび傷つき籠る千余人 水原秋櫻子 殉教
夏蕨雨の最中に届きけり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
夏蕨遠山見ゆるころ夕餉 大野林火 飛花集 昭和四十五年
夏蕨奥山の爺もてきたる 山口青邨
夏蕨戒壇院が忽とあり 岡井省二 前後
夏蕨海の起伏を丘にまで 上田五千石『琥珀』補遺
夏蕨興亡のいま亡に帰し 上田五千石『琥珀』補遺
夏蕨骨の中にも折れてをり 飯島晴子
夏蕨壮年の男に捲毛二三 香西照雄 素心
夏蕨大き身振をして捨てし 右城暮石 散歩圏
夏蕨摘みゆき吾を距てたる 上田五千石『琥珀』補遺
記紀の世の吉野にたけて夏蕨 松崎鉄之介
山住のこころ足らふや夏蕨 木村蕪城 一位
尺にたらぬささやき神に夏蕨 松崎鉄之介
朝市や峠越え来し夏蕨 水原秋櫻子 緑雲
鳥鳴いて谷静かなり夏蕨 正岡子規 夏蕨
道のべにおきある籠に夏蕨 木村蕪城 一位
日輪がころころ昇り夏わらび 橋閒石 微光以後
療園の屍室別棟夏蕨 右城暮石 句集外 昭和三十六年
林帯の湖に拳振る夏蕨 角川源義

by 575fudemakase | 2017-06-18 16:40 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26933256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング