ねずみのこまくら句会短評(2017・7)

ねずみのこまくら句会短評(2017・7)



20奪衣婆に帽載せ石工三尺寝

なんとも好ましいポーズを俳句にした


28大琵琶へ峠{たわ}の虹の根潜りけり

「琵琶湖」を「大琵琶」と表記したことに意味がある。「大琵琶」が当地で言い慣らされている言葉ならなおさら良い。今回は此れに 「峠{たわ}」が加わった。


42紫陽花を切るあじさいの中に入り

これでも俳句になると言うお手本のような俳句。素直になる、巧まない。


49滝が滝四十八滝生みにけり

上五七が滝で韻を踏んでをりリズミカル。赤目四十八滝を詠んだのだろう?


56麦秋や赤子に座敷ひと間貸す

57雲の峰赤子にもある力瘤

上記二句は同一作者であろうか?

前句:「ひと間貸す」の使い方が面白い。実のところは、「占有」されてしまったという状況であろう

後句:「力瘤」が共通項として働いているが、どこか類型的。


70風の日の脚持て余すあめんぼう

強風の日、川の遡上をサボっているアメンボウ達であろう。一処に屯して…


73池の面に気泡のぽこり油照

稲田でも池でもよいだろう。類型はあるであろう…


87麦秋の中を迷うて帰りけり

状景が漫然としている。とらまえどころの無い句である。が何処かそそられる。

私が想ったのは北海道辺りの広大な麦畑。実体験したのは女満別空港に向う途中の麦畑群

(むろん、車でだが)。

または、心理的状景と解してもよい。


98暮れながらてらてらてらと柿若葉

柿若葉がピカピカとかテラテラとかは在り来たりの表現。しかし「暮れながら」と夕映の景

をもってきたのは適切。差し込んでくる金色光が眩しい


104後引かぬやうに十粒のさくらんぼ

出して置けば無くなるまで食べてしまう夫や子ども達。それらを目線にした主婦の防衛策?

それとも自らを律した一句?


109浜ひるがほ砂より生まれ来たりけり

「砂より生まれ」と大胆に踏み込んだ。途中を一切省略しているが、なんとなく説得させられる。

小生が実地に体験したのは千葉県 富浦の浜辺。


113白波に裸ぶつけて神輿揉む

こういった祭は全国的に数多あろう。上五七が小気味よい。


116エプロンは現役印梅を干す

元気印とはよく聞く。が現役印はどうか?でも 抵抗なく入ってくる言葉だ。

要は作者が現役ではないと言うこと。それがハリキッテ梅を干すという。ホホウである。


127病床の管の幾筋さみだるる

「人間は管(くだ)より成れる日短(ひみじか)」(川崎展宏)

これが管俳句の嚆矢であろう。管の状態(複数)はまことに五月雨に適う。


148花氷オーシャンビュウのレストラン

船旅に模した洒落た作りである。


by 575fudemakase | 2017-07-16 03:58 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26991225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング