鬼やんま の俳句

鬼やんま の俳句

鬼やんま

老僧や目玉が遊ぶ鬼やんま 森下草城子
夕潮にいつ突つ込むか鬼やんま 原田喬
湧き水に脂ぎつたる鬼やんま 大木あまり 雲の塔
悠然と峠を行き来鬼やんま 小島國夫
野地蔵にかさりかさりと鬼やんま 小園葉舟
目礼をもて行逢はむ鬼やんま 三橋敏雄
目をかっと和賀流の里の鬼やんま 高澤良一 素抱
黙祷の刻過ぎゆけり鬼やんま 村岡悠
妙高と吾を往き来して鬼やんま 平野無石
風を抱きタンゴ踊ろか鬼やんま 比嘉幸子
父が汲む水の昏さや鬼やんま 水野真由美
筆箱の中の宇宙の鬼やんま 正岡 豊
尾を上げて朝の湖上を鬼やんま 西尾一
氾つとはなれ合ひけり鬼やんま 八木林之介 青霞集
波郷の墓ぶつかつて行く鬼やんま 遠山 陽子
日の高さいま素早さの鬼やんま 太田喜代
二学期に飛び込んでくる鬼やんま 猪狩行々子
天領の地の番所跡鬼やんま 柳井山砂
泥亀町吾が前をゆく鬼やんま 高澤良一 さざなみやつこ
朝市に托鉢多し鬼やんま 春樹
谷ぢゆうを婚礼飛行鬼やんま 栗林二三子
対岸は輝きにけり鬼やんま 沼尻巳津子
増上寺臀舐大鬼やんま来る 大石悦子
層々と雲巌禅寺鬼やんま 川崎展宏
粗壁の土蔵に止まる鬼やんま 桑田明子
禅寺をつかみに来たり鬼やんま 原田喬
川面行く風より高く鬼やんま 是川淑子
折り返し点を違はず鬼やんま 樋口ひろし
畝傍はるかに水擦り減らす鬼やんま 星野昌彦
新涼の水にこつんと鬼やんま 中拓夫
松蔭に日がな画架あり鬼やんま 富田潮児
時国家ぐんと高むや鬼やんま 高澤良一 ぱらりとせ
左眼より濁りはじまる鬼やんま 柿本多映
講宿の帳場抜けゆく鬼やんま 茂里正治
荒草のひと葉のゆれに鬼やんま 島由起子
甲斐の日に群れ武者ぶりの鬼やんま 樋笠文
戸隠山の幾重の襖鬼やんま 川崎展宏
己が尾の先まで睨み鬼やんま 土生重次
愚直なる教師一代鬼やんま 長澤つねお
鬼やんま眦あげて飛び来たる 瀧川重子
鬼やんま瑠璃の目玉を廻しけり 都筑智子
鬼やんま父の牌腹を食はんとす 栗林千津
鬼やんま飛行高度を上げにけり 高澤良一 随笑
鬼やんま二匹となりて速くとぶ 池田順子
鬼やんま追ひ越してゆく出羽詣 大橋敦子
鬼やんま追つて行く子の空返事 高橋サク子
鬼やんま追いかく目線振り切られ 高澤良一 寒暑
鬼やんま長途のはじめ日当れり 三橋敏雄 眞神
鬼やんま大甕の水たたきけり 清水歳恵
鬼やんま青の洞門抜け来たる 高澤良一 鳩信
鬼やんま棲みつく山に露降りて 高澤良一 素抱
鬼やんま巡視の高度あやまたず 関森勝夫
鬼やんま湿原の水たたきけり 酒井 京
鬼やんま指一本と遊びをり 大石喜美子
鬼やんま子供二人を攫ひけり 長尾初次
鬼やんま山気を曳いて来たりけり 大島雄作
鬼やんま行つたり来たり発車前 杉本艸舟
鬼やんま光堂には入り来ず 市野沢弘子
鬼やんま交みて村を越えゆけり 原田喬
鬼やんま見しこと幼子に話す 原田喬
鬼やんま虚子がのこしし眼はも 原田喬
鬼やんま帰省の土産かすめ飛ぶ 大串章
鬼やんま款款として羽音なし 大石和堂
鬼やんま往来白き埃道 高澤良一 素抱
鬼やんま鋭く通る不破の関 田川飛旅子
鬼やんま一直線の速さかな 赤川慶子
鬼やんま伊良湖岬の風にのる 柏原眠雨
鬼やんまゆつたり罷る能舞台 荒井正隆
鬼やんまふところ深き空知川 小嶋貴恵
鬼やんまビルの谷間を水平に 田口美喜江
鬼やんまひとり遊べり櫟原 石塚友二
鬼やんまはるかに宙を返しくる 長谷川櫂 蓬莱
鬼やんまの無限飛翔のなかに入る 原田喬
鬼やんまに逃げられし顔童子仏 加藤知世子 花 季
鬼やんまなにかを捨てて頭上過ぐ 桜井博道 海上
鬼やんまとぶどの山もよく見えて 設楽紫雲
鬼やんまとび賤ヶ嶽古戦場 大橋敦子
鬼やんまときにきらりと風捌く 源鬼彦
鬼やんまその眼の色の都落ち 西野理郎
鬼やんまずんずん奥へ翁道 矢島渚男
鬼やんまぐるぐると皃回しけり 長谷川櫂 天球
鬼やんまガキ大将のまま老いぬ 有永せつこ
鬼やんまおのれの風に乗りて来し 山田尚子
眼の玉は遠近両用鬼やんま 鈴木光彦
眼のなかに三千世界鬼やんま 八矢北帰郎
会釈して母の見知りや鬼やんま 猪俣千代子 秘 色
羽音して髪かすめしは鬼やんま 結城恵子
まっ先に目の玉が墜ち鬼やんま 高澤晶子
ぶつぶつと呪文となえて鬼やんま 福冨公子
セロファンの音して翻る鬼やんま 平井さち子 鷹日和
すれ違ふ人の如くに鬼やんま 田中はな
こんな日のための涙や鬼やんま 大木あまり 火球
この川を栖処に往き来鬼やんま 有恵伝成
お先にと単身赴任鬼やんま 丸山佳子
おにやんまはべり湖波の序曲めく 湯本道生

鬼やんま 補遺

目禮をもて行逢はむ鬼やんま 三橋敏雄
復眼の水の世界のおにやんま 平井照敏 猫町
西冷橋に流す形代鬼やんま 松崎鉄之介
照りに照る沼の岩鼻鬼やんま 佐藤鬼房
空谷の雲の影より鬼やんま 佐藤鬼房
鬼貫の鬼やんまかとうなづきぬ 亭午 星野麥丘人
鬼やんま白さるすべりの村をゆく 金子兜太
鬼やんま長途のはじめ日當れり 三橋敏雄
鬼やんま沼を突きぬけ帰り来ず 佐藤鬼房
鬼やんま愛のかたちに高上る 佐藤鬼房
鬼やんまゆききに翅をとどろかせ 鷹羽狩行
鬼やんまひとり遊べり櫟原 石塚友二 曠日
鬼やんまとびかふ汝の寝床かな 飯島晴子
この道を向き直りくる鬼やんま 三橋敏雄


by 575fudemakase | 2017-08-04 06:26 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/27028960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング