後評(2017・8)

後評(2017・8)


ねずみのこまくら句会


青鷺の黙考のふり魚捉ふ

(この一句 何処かユーモラス。そこが買いか?)


湧水に弾き出されし水馬

(例えば、柿田川のあの富士湧水などの例を見れば、湧水の弾力性は半端じゃない。正に弾き出されしなのである)


かがり火の消えていくまで盆踊

(かって秋田、西馬音内の盆踊を最後の最後まで見尽くした。踊上手は夜十一時頃から登場して雁化踊等を舞った。夜の更けるに連れ、秋田音頭も卑猥な代え唄に変じた。篝火がガクッと崩れて踊は終焉を迎える)


朝曇り鎌の切れ味悪からず

(滞り無き表現に、言うべきことは全て言ったとでも申しているような作品)


蜩やわたくし雨の過ぎし杜

(かって小生は八丈島で次句を得た。


八丈島で夕立のことを斯く言えば

明日葉を嬉しがらせる所降


小生の「所降」もこの句の「私雨」も同じ処を狙ったもの。

因みに辞書に依ると、「私雨」は局地的に降る雨のことで、箱根、比叡、丹波などのものが有名とある )


朝の試歩蝉の飛び交ふ並木道

(夏も中、後半を過ぎると蝉もバタバタと乱れ飛ぶ。そんな状況か?)


木偶となりぬ夏風邪に声盗られたる

(「木偶となりぬ」と觀念したところに、軽い納得の念を覚える)


宍道湖の締めは土用の蜆かな

(「宍道湖の締め」は「宍道湖の旅の締め」のことなのだろう。言い足らずなのか?これでオーケーなのか読者に聞いて見たいところである)


水音の途切れぬ鬼無里水芭蕉

(水芭蕉の咲くところは、雪解水なり水量が豊富なところ。「水音の途切れぬ鬼無里」とは言い得てる)


熊除け鈴響ける池の井守かな

(人気の無き山湖の静寂を想う)


白粉の花の乱るる遊女屋(のすかいや)

(正に、造った作と思うが、映画のように情念の世界が伝わって来る面も否めない)


羅や双の乳房を緊縛し

(男故女の心中は察しかねるが、字面通りに伝わって来るもの有りと判断した)


朝顔市のポスターのはや大江戸線

(「大江戸線」から江戸を引き出し朝顔市に結び付けた。ここら辺が手柄)


かの猫も消えてしまひし夏の果て

(些末なものに夏果の風情を詠みとっている)


竹の花見たさに藪に踏み入りぬ

ひつそりと咲くがよろしき竹の花

(両句 何処か無手勝流。そこに好感を持った)


青葦に涼(そよ)いでゐたる鳥の声

(漢和辞典を繰ったが、「涼」をそよぐと読ませる根拠は無いと判断するが、作者の意図を確認したいところ…)


紫陽花のてんまりてまり揺れにけり

(童謡 鞠と殿様を下敷きにした洒落た一句。リズミカルな音調を一句に取り込んだ)


風鈴の鳴る時赤子泣き止みぬ

(ひょっとした発見。たわいもないと言えばたわいもないが…)


五箇山の空うめつくす赤とんぼ

(群舞する赤蜻蛉。空埋め尽くすは常識の範疇だが、固有名詞「五箇山」でこの句は活きたのではないか?)


地獄絵に鬼灯燃ゆる珍皇寺

(目下、小生はFacebookに嵌っている。写真家の写す京都の一葉一葉に頷いている。今夏は珍皇寺も度々登場した。どの写真家も盆花のほおづきを冒頭に持って来ていた。)


山頂に己れちっぽけ星飛べり

(五七の達観したような物言いがユニーク。俳句は尋常では面白くない。尋常ならざることを申してナンボのものである…。と言ってやりすぎるとこれ亦駄目である)


大西瓜まずは佛に褒めてねと

(誰に言い聞かしているのか? 己れ自身にか? それとも孫達にか?亡き夫にか?)


田畑を守りて一人の盂蘭盆会

(一人に…の措辞に、安らぎを覚えるのか?寂寞を思うのか?それとも やれやれを思うのか?)


稲の花ぐっすり眠りし朝かな

(「稲の花」と「ぐっすり眠る」の間にはどういう関連があるのか? 「ぐっすり眠る」の古語に うまい(熟寝)がある。どうやらこの裡の一漢字「熟」にその原因があるようである)


流鏑馬道けふは涼風通ふ道

(流鏑馬から一日間を置いた叙法に、この句の安らかさの原因があろう)


大本山がらんだうなり百日紅

(大本山は本来 がらんどう。大本山は知識の宝庫。「知識の宝庫」なんてそもそもガランドウ也と禅坊主宜しく言いたい)


峯雲や父の掌の添ふ逆上がり

(きめ細かな表現に賛同した)


泥鰌鍋尻ポケットに下足札

(ザックバランな泥鰌屋の雰囲気をザックバランに詠んだ)


たよりなや甘さ控えし土用餅

(元来、土用餅は暑に打ち勝つ為に考案されたものであろう。その為には味もシッカリしていなければならない。それなのに…と言った処なのであろう)


漱石の墓所に金えのころと猫

(何故 金えのころなのか? 私は漱石全集の装丁デザインのことをちらっと想ったりした)


母許や西瓜の躍る自噴井戸

(説明の要無しであろう)


母の紅つけてうれしや祭の子

(これは人様の子を詠んだのではない。自己の懐古詠じゃあないのか? それの方が味わい深い)


雲の峰山の向かうは沸騰中

(訳は判らんが、「沸騰中」の措辞は気になる。それが読者を引っ張って離さない)


八歳の虚空八月十五日

(戦時のある時点に一気呵成に遡っていった作者に共感した)


以上


by 575fudemakase | 2017-08-20 18:37 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/27061206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング