さふらん の俳句

さふらん の俳句

さふらん

*さふらんの花や男のやさしきとき 村田仁子
*さふらんの咲く日無数の死を想ふ 大佐優
*さふらんや童女ドイツ語愛らしく 渋谷 道
*さふらんを咲かせすぎたる男かな 柿本多映
Q氏晩年サフランも牛も不思議 高橋たねを
サフランが開きぬ今朝の雪晴に 鈴木洋々子
サフランが朝の肉噛む月曜日 坪内稔典
さふらんに凝った字を当つ俳諧師 高澤良一 寒暑
サフランに土の爽涼あさゆふべ 飯田蛇笏 雪峡
サフランに埋もれし父という廃駅 渋谷道
サフランの一球おまけこゑ弾む 高澤良一 素抱
サフランの一列の白闇匂ふ 岡田透子 『珊瑚樹』
サフランの花の馬鹿馬鹿しさに惚れ 高澤良一 素抱
さふらんの花は紫冬ざるゝ 比叡 野村泊月
サフランの花や岬の療養所 松原文子
サフランの花をぐるりと雨しぶき 鷹羽狩行
サフランの花を心にとどむる黄 後藤比奈夫
さふらんの花群るるがにかぎろひて嗚呼あてどなくひとを恋ひをり 村上一郎
さふらんの花踏まじとす蜜柑山 佐野まもる 海郷
サフランの花片言を置くごとし 細田寿郎
サフランの球選る手許明るかり 高澤良一 素抱
サフランの午後の吟遊詩人かな 沢木美子
サフランの紫閉ぢぬ聖母像 河地翠
サフランの十一月の畑荒れ 黒田杏子 花下草上
さふらんの想ひを描くやうに咲く 高澤良一 随笑
サフランの霧がいくつも犬の霊 八木三日女
さふらんや一ト日は些事の積み重ね 高澤良一 随笑
サフランや印度の神は恋多き 正木ゆう子
サフランや映画はきのう人を殺め 宇多喜代子
サフランや姉居し頃の蓄音機 木村十三
サフランや雪解雫の音戸樋に 星野立子
サフランや読書少女の行追ふ目 石田波郷
サフランを小さな鉢に移しけり スコット別天女
サフランを誰かが買へり枯燈台 細見綾子
サフランを庭の百花のはじめとす 福田蓼汀
サフランを摘みたる母も叔母もなし 青柳志解樹
サフラン咲く結婚の日は霜降りし 津田翠女
さふらん酒飲むに似合ひの端居かな 影島智子
サフラン買ふ客筋それとなく見をり 高澤良一 素抱
フランソワーズのさふらんの芽と歯ぶらしと 山地春眠子
闇に白きサフランの列直哉の忌 岡田透子 『珊瑚樹』
影足せば*さふらんの言葉流れる 新間絢子
花サフラン久女読むとき情濃ゆく 高岡すみ子
花サフラン咲かせ局長職を退く 阿部寿雄
花サフラン木框に残つたるごつちや咲 梅林句屑 喜谷六花
街頭売りサフランを買ふ五六球 高澤良一 素抱
孤児にはや異人のにほひ花サフラン 鍵和田[ゆう]子 未来図
午後のみの日差しに並び咲くサフラン 柿村新樹
高熱に効くサフランのをしべ摘む 高島 みどり
秋蝶やサフラン色の便り書く 仙田洋子 雲は王冠
少年の牙はさふらんそしてさんざし 阿部完市 軽のやまめ
食卓にサフランライス小鳥来る 東 静子
心眼にサフランの蕋あざやかに 阿部みどり女
戦争をする気のサフランが育つ 宇多喜代子 象
灯台の*さふらん畠珠洲岬 沢木欣一
白紙に委任の愛の手形ぞサフランは 原子公平
病牛がサフランねぶる春の影 飯田蛇笏
北窓開けサフラン色のスープ煮る 平吹史子
無医村の雨サフランに雁のこゑ 宮武寒々 朱卓
恋文ととられてもよし花サフラン 樋口知津
狼煙燈台へ冬のサフラン畑上る 細見綾子 黄 炎

さふらん 補遺

サフランに似てをり誰も知らぬ花 後藤比奈夫
サフランに土の爽涼あさゆふべ 飯田蛇笏 雪峡
サフランの花を心にとどむる黄 後藤比奈夫
サフランの花咲けり「猿も出て来らし」 右城暮石 天水
サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子
サフランを誰かが買へり枯燈台 細見綾子
ランプまはすとさふらん色の諸国にて 飯島晴子
海と陸の日を*さふらんとともにせり 岡井省二 鯨と犀
垣裾サフラン「おばあさん児」も旅立てかし 中村草田男
塵蒙に在りさふらんの花十日 佐藤鬼房
病牛がサフランねぶる春の影 飯田蛇笏 春蘭
擁き締め乞へばサフラン揺れますよ 楠本憲吉 隠花植物
狼煙燈台へ冬のサフラン畑上る 細見綾子

以上




by 575fudemakase | 2017-10-04 20:09 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/27226937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング