軍艦 の俳句

軍艦 の俳句

軍艦

アダリンが白き軍艦を白うせり 西東三鬼
カツ揚る沸騰空母沈むさまに 大原テルカズ
クーラーのしたで潜水艦つくる 大石雄鬼
くろがねの戦艦ドック星月夜 脇本星浪
このわたや空母ぞろりとみんなみへ 永末恵子
すぐそこに軍艦のゐる金魚玉 関口謙太
まぼろしの空母に種を蒔きゐたり 攝津幸彦 鹿々集
まぼろしの戦艦ゆけりさくら貝 白岩 三郎
ヨットハーバー見張りの如く軍艦浮く 影島智子
安珍の軍艦一ツわたし船 正岡子規
雲の峯艨艟雲に隠れ行く 雲の峯 正岡子規
艶笑劇場(バーレスク)地下の「戦艦ポチヨムキン」 高橋龍
遠景に軍艦 落花撥ね 撥ね 基地の少女 伊丹公子
沖へ軍艦髭垂直にきりぎりす 星野昌彦
沖を行く軍艦はあり盆の月 比叡 野村泊月
屋上に洗濯の妻空母海に 金子兜太
音もなく空母の燃ゆる春の海 星野石雀
夏の髪潜水艦になりたがる あざ蓉子
火のついた受話器 軍艦が見える部屋 伊丹公子
火のついてた受話器 軍艦がみえる部屋 伊丹公子
花みかん潜水艦の来てをりぬ 松下章子
花八つ手敵の母艦が潜む庭 高澤良一 随笑
改札より潜水艦の見えて冷ゆ 田中貞雄
海底に軍艦沈んで吐き出す海 大屋達治 繍鸞
海底の戦艦を発つ黒揚羽 高野ムツオ 雲雀の血
貝掘りのすたすたと行く沖に空母 寺井 谷子
顎引いて睡り空母を消す嬰児 五十嵐研三
刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎
寒い朝巨大空母と茶の間に居り 国 しげ彦
岸釣の軍艦岩は人多し 天野 逸風子
眼をつむり軍船の豚にならう 藤後左右
駆逐艦沖に黒船祭来る 名高栄美子
空母「みどり」秋天に泌みいる血友病 攝津幸彦
空母仮泊の暮れる沖見え餅焦がす 畑稔
空母浮き枯葉ばかりが音たてる 柿本多映
空母来て日がな一日秋の蝿 木枝一翁子
屈強のタオルを運ぶ潜水艦 攝津幸彦
軍艦 いいえ 遊覧船 日暮黄浦江 伊丹公子 機内楽
軍艦が軍艦を撃つ春の海 高柳重信
軍艦が常の笑ひのあひるかな 攝津幸彦
軍艦が大きくなりぬ冬の暮 綾部仁喜 寒木
軍艦が沈んだ海の 老いたる 富澤赤黄男
軍艦が日傘の端で見えぬなり 波多江敦子
軍艦が乳房の上に浮かんでいた 暉峻康瑞
軍艦と鴨の一団入江統べ 高澤良一 石鏡
軍艦と呼ばるるビルやいなびかり 上谷昌憲
軍艦に四万六千日の波 高澤良一 素抱
軍艦に乗つて遥かな雪達磨 渡辺誠一郎
軍艦に鼠がすめり愚は人に 杉村聖林子
軍艦に遅れて着きぬ赤き靴 攝津幸彦
軍艦に天長節の夜会かな 数藤五城
軍艦に明るき祖父の葛湯かな 攝津幸彦 鹿々集
軍艦に落ちゆく鳥や春の鳥 中村 苑子
軍艦のあとかたもなき海市かな 荒木かず枝
軍艦のそばに鰡釣る小舟かな 福田把栗
軍艦のデッキの菊や佳節凪ぎ 飯田蛇笏 山廬集
軍艦のやうな靴ある梅雨の土間 砂山節子
軍艦の沖にかゝるや春の風 春風 正岡子規
軍艦の海苔麁朶に遠く掛りけり 海苔 正岡子規
軍艦の錆浮き上がるカステーラ 星野昌彦
軍艦の出入り眼下に菜を間引く 石松昌子
軍艦の全身見えて氷水 櫂未知子
軍艦の沈みしあとを群千鳥 千鳥 正岡子規
軍艦の泊まる港や植木市 栗原利代子
軍艦の帆檣高し渡り鳥 渡り鳥 正岡子規
軍艦の浮標に下りる千鳥哉 寺田寅彦
軍艦の迷路 鏡に兵の背後がある 伊丹公子 陶器の天使
軍艦の模型に死せり大蜻蛉 坂本久子
軍艦はみな火ともしておぼろかな 会津八一
軍艦は沈むが島は沈まぬぞ 藤後左右
軍艦へ身を寄せている貝がある 山本芒原
軍艦へ夕鯵運ぶボオト哉 楽々
軍艦も父も写真や花火の夜 脇本星浪
軍艦や流るる汗に鋼の膚 筑紫磐井 婆伽梵
軍艦をひとひねりする秋の暮 攝津幸彦
軍艦を見に行く舟や秋日和 秋日和 正岡子規
軍艦を桃と思ひて沈めたり あざ蓉子
軍艦を陸に封じて雲の峰 綾部仁喜 樸簡
軍艦何のかたまり青田闇からみえ 五十嵐研三
軍艦島見んと花野を抜けにけり 高田たみ子
軍艦曇る無音の沖や秋砂防 古沢太穂 古沢太穂句集
軍艦入港朝の艀に乳張らせ 金子兜太
軍船は海にしづみて花ぐもり 飯田蛇笏 山廬集
軍船よ浮ぶ豚舎よどうにかならう 藤後左右
軍船よ浮ぶ豚舎よ死にたくは無い 藤後左右
軍船よ浮ぶ豚舎よ着けばわかる 藤後左右
軍船よ浮ぶ豚舎よ負けはすまい 藤後左右
原子力空母卯浪を蹴立て発つ 稲畑廣太郎
高原を空母とおもふ良夜かな 仲寒蝉
妻は母艦 ぼくは母艦の灯へかえる 二見杏路
菜の花の沖に潜水艦浮かぶ 佐川広治
珊瑚生れもう戦艦の来ぬ青さ 玉城一香
秋かすむ戦艦といふこはれもの 松澤雅世
十五夜の沖軍艦の行く眩暈 下向良子
十五夜の潜水艦は水の中 攝津幸彦
春月の丘校舎成り艦艇沈み果てぬ 藤後左右
初汐やどつくにはいる軍船 初潮 正岡子規
初嵐軍艦悠然として來る 初嵐 正岡子規
松虫や兄は潜水艦乗りだ 相原左義長
榛名赤城も霞む軍艦の世は過ぎて 伊丹公子
深海に軍艦腐る磯遊び 吉田汀史
水羊羹軍艦いろに冷えている 山田雲洞
雪だるま兄は潜水艦だった 相原左義長
雪崩です沈みゆく白い軍艦です 田中芥子
戦艦が沈んでゆきし夜長かな 大口元通
戦艦にて父の越えけむ海原を飛機に越え来て父を越ええず 金子貞雄
戦艦の骨箱にして蕨萌ゆ 川崎展宏
戦艦の如く冬雲進みけり 本居三太
戦艦は海底にあり黄砂降る 大庭紫逢
戦艦描く鉛筆をまた十本削り 五十嵐研三
洗つた手から軍艦の錆よみがえる 林田紀音夫
潜水艦さくらのために浮上する 佐藤虎雄
潜水艦のごとく眠りぬ熱帯夜 森須 蘭
潜水艦のようにとんぼが飛んでいる 西川 徹郎
潜水艦繋がれ数え日の入江 高澤良一 石鏡
潜水艦全艦浮上夏来る 重松早由未
潜水艦泊つる呉港鰡飛べり 川口崇子
潜水艦浮いて若布も浮いて来る 原徹 銀化
潜水艦浮かびあがれば雨月なり 杉本雷造
潜水艦霧雨隠りにその艦尾 高澤良一 石鏡
窓のなき潜水艦に雪降れり 茨木和生 木の國
霜月の軍艦ひそむ入江かな 霜月 正岡子規
敵艦は撃たれ月光梅に照る 渡邊水巴 富士
敵艦を弔す水仙挿しゝばかり 渡邊水巴 富士
冬の波軍艦岩をひと呑みす 富内英一
冬雲や父軍艦に朱を掲げ 宇多喜代子
虹が出るあゝ鼻先に軍艦 秋元不死男
日暮れ胸裡に冥府の空母わだかまる 林田紀音夫
入学や軍艦冨士を校舎とし 大橋櫻坡子 雨月
猫の上の日向の汚れ空母近し 杉本雷造
梅雨入の大学病院軍艦めく 高澤良一 寒暑
白栄えて我がくれないの軍船 松田正徳
白鳥や空母浮んでなにもせず 和田悟朗
麦踏や沖にはみだす空母の灯 竹下流彩
病院は軍艦に似て終戦日 高澤良一 素抱
父の日のドックに乾く潜水艦 内田美紗 誕生日
風入るる軍艦榛名よりの文 高橋沢子(愛媛若葉)
分捕の軍艦見ゆる涼みかな 正岡子規
暮れてなほ母艦遊びや青木の実 高澤良一 素抱
明易や軍艦はまだ錆のまま 宇多喜代子 象
明月の夜の湾に肌漬けて青ざめてゐた軍艦 藤田秋泉
木瓜咲いて軍艦マーチ歌いだす 岸本マチ子
遊覧船の鏡裡に 軍艦と少年の首 伊丹公子
緑蔭に男は優しき潜水艦 夏石番矢
冷まじや軍艦のそば下駄流れゆき 納漠の夢
鷲の眼に濤と戦ふ巨艦あり 永田青嵐
泛く原理鴨と同じや軍艦は 高澤良一 石鏡
稻妻や敵艦遠く迯げて行く 稲妻 正岡子規
蠅生れ戦車軍艦復た還る 石塚友二

軍艦 補遺

アダリンが白き軍艦を白うせり 西東三鬼
ガラスのコツプ--戦艦が炎えてゐる 富澤赤黄男
すれちがふ戦艦我等稼ぐなり 三橋敏雄
むつふじと軍艦の名よあはれ林檎 山口青邨
よろけ顕つ女神の尿の艨艟(いくさぶね) 佐藤鬼房
わが孤絶の 無燈の軍艦(ふね)は脱出せり 富澤赤黄男
われありぬ軍艦島に春の海 山口青邨
安珍の軍艦一ツわたし船 正岡子規
雲の峯艨艟雲に隠れ行く 正岡子規 雲の峯
屋上に洗濯の妻空母海に 金子兜太
灰色の艨艟据り浪寒し 日野草城
寒江に敵艦甲板以下浸り 山口誓子
軍艦が沈んだ海の 老いたる鴎 富澤赤黄男
軍艦に落ちゆく鳥や春の鳥 中村苑子
軍艦のデッキの菊や佳節凪ぎ 飯田蛇笏 山廬集
軍艦のどれもより朝の喇叭が鳴れり 尾崎放哉 大正時代
軍艦の沖にかゝるや春の風 正岡子規 春風
軍艦の海苔麁朶に遠く掛りけり 正岡子規 海苔
軍艦の沈みしあとを群千鳥 正岡子規 千鳥
軍艦の帆檣高し渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
軍艦を見に行く舟や秋日和 正岡子規 秋日和
軍艦大鯨の水兵が受く破魔矢かな 山口青邨
軍艦入港朝の艀に乳張らせ 金子兜太
軍船は海にしづみて花ぐもり 飯田蛇笏 山廬集
月下ゆき<旗艦>誌かなしく背嚢に 伊丹三樹彦
燦めく空母 石段に子の拳銃昏れ 伊丹三樹彦
捨て犬の灰色にみる母艦浮き 赤尾兜子 虚像
秋の浪艦艇長き艫を牽く 山口誓子
初汐やどつくにはいる軍船 正岡子規 初潮
初嵐軍艦悠然として來る 正岡子規 初嵐
吹雪くらみの 僚艦 専らラッパ磨く 伊丹三樹彦
吹雪く渡舟 僚艦みたいに女囲み 伊丹三樹彦
潜水艦ぽっかり フォークダンスの男女の沖 伊丹三樹彦
霜月の軍艦ひそむ入江かな 正岡子規 霜月
敵艦は撃たれ月光梅に照る 渡邊水巴 富士
敵艦を弔す水仙挿しゝばかり 渡邊水巴 富士
溺愛の虻つれてゆく軍艦よ 飯島晴子
蝿生れ戦車軍艦復た還る 石塚友二 光塵
分捕の軍艦見ゆる涼みかな 正岡子規 納涼
霧雨の艦艇あをき夏衣の娘 佐藤鬼房
明笛鳴り軍艦通る月見草 中村草田男
稻妻や敵艦遠く迯げて行く 正岡子規 稲妻
藪漕ぎ抜けの島頂 昔 「敵艦見ゆ」 伊丹三樹彦
蠅生れ戦車軍艦復た還る 石塚友二 光塵
襁褓の隙空母仮泊の暑い海 飴山實 おりいぶ

by 575fudemakase | 2017-11-22 08:20 | 無季 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/27747767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

観覧車 の俳句
at 2017-12-18 09:19
海豹 の俳句
at 2017-12-18 09:14
後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02

外部リンク

記事ランキング