2014年 12月 02日 ( 10 )

霜除

霜除

例句を挙げる。

すべて為せしごとく霜除の藁結ぶ 加倉井秋を 午後の窓
たそがれの霜除に来し霰かな 大峯あきら 宇宙塵
わが作る霜除の藁ばさとばさと 皆吉爽雨 泉声
伊達結びして霜除の何やらむ 富安風生
夏みかんに霜除け笹し河豚の宿 田中冬二 若葉雨
大寺や霜除しつる芭蕉林 村上鬼城
大雑把にも霜除の積りかや 白石天留翁
挿しいそぐ霜除笹や風夕べ 太田 蓁樹
春近し霜除笹のささやけば 鈴木青園
月光に霜除も花も埋るかな 中島月笠 月笠句集
枯櫟霜除したる木に隣る 銀漢 吉岡禅寺洞
武蔵野の霜除の笹ところどころ 清家桂三郎
独霜除を作る冬の鵙がだまつて働く 梅林句屑 喜谷六花
結ひ上げし霜除の藁匂ひけり 倉田静子
霜除けて拾ひし珠や掌に赤く 長谷川かな女
霜除けの笹の小揺れに初雀 田中冬二 俳句拾遺
霜除けの藁に痩穂の付きしまま 斉藤葉子
霜除けを解くもの鹿火屋にもありぬ 茨木和生
霜除すあるじがのこせし牡丹に 阿部みどり女 笹鳴
霜除すなほ玉を巻く芭蕉より 篠田悌二郎
霜除す芭蕉大人童子かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
霜除としたり僧衣のやうなもの 吉本伊智朗
霜除にさや~と来ては粉雪やみぬ 青峰集 島田青峰
霜除にちらり~と凧の影 池内たけし
霜除にぬれさぎ白き障子かな 増田龍雨 龍雨句集
霜除に眼鏡を忘れ一夜過ぐ 山口青邨
霜除に翌朝霜を見たりけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
霜除に菜の花黄なりお正月 村上鬼城
霜除に霜なき朝の寒さかな 高浜虚子
霜除の*ほう鬆(ほうしょう)と春立ちにけり 茅舎
霜除のぽくぽくふくれ大蘇鉄 石崎 晋象
霜除の下離々として野は葛飾 山口青邨
霜除の中に蕾みし冬牡丹 鈴木花蓑句集
霜除の中の草木や雪の中 温亭句集 篠原温亭
霜除の中の跼んでをりにけり 後藤立夫
霜除の家に赤子の生れけり 上野泰子
霜除の影のあゆめる障子かな 大橋櫻坡子 雨月
霜除の影引く影のさま~に 萩原寿水
霜除の畝とりどりに薬草園 長屋せい子
霜除の縄なが~と解かれけり 銀漢 吉岡禅寺洞
霜除の縄の結びめきく~と 高浜虚子
霜除の藁かぐはしや鴬巣駅 草間時彦 櫻山
霜除の藁かこふ暗みぬくからむ 野沢節子
霜除の藁が日を溜め母遠し 石田波郷
霜除の藁に降る雨だけ見えず 後藤比奈夫
霜除の藁結ひしたのしさあまる 加倉井秋を 午後の窓
霜除の蜜柑山わが見舞ふのみ 百合山羽公 寒雁
霜除の門の芭蕉に及びけり 黒田杏子 花下草上
霜除の雪ふはふはと日にとべり 阿部みどり女
霜除はみな牡丹や中尊寺 宮下麗葉
霜除は納豆の苞や牡丹の芽 渡辺水巴 白日
霜除やこころにくくも蝶の影 阿波野青畝
霜除や三重丸の日を天に 田中芥子
霜除や下駄の鼻緒の朱も失せて 田中裕明 山信
霜除や大和三山暮れつつあり はりまだいすけ
霜除や日表の洋館日裏の和館 島村はじめ
霜除や月より冴ゆるオリオン座 渡辺水巴
霜除や月を率き行くオリオン座 渡辺水巴 白日
霜除や月を率てゆくオリオン座 渡辺水巴
霜除る菊の小庭や敷松葉 井月の句集 井上井月、下鳥勲編
霜除をしてゐるらしや針仕事 阿部みどり女 笹鳴
霜除をして高きもの低きもの 本郷昭雄
霜除をとりし牡丹のうひ~し 高浜虚子
霜除をとればぱらぱら落つ葉かな 高野素十
霜除を外して去りぬ甘利山 斉藤夏風
霜除を怪しみ鶏のついばめる 白岩 三郎
霜除を終へたる木々の夜を迎ふ 銀漢 吉岡禅寺洞
霜除を見しのみ道をいそぐのみ 阿部みどり女
霜除を解かざる寺に忌を修す 森田峠
風吹いて大霜除に水の玉 田中裕明 花間一壺
黄水仙に尚霜除のありにけり 長谷川零余子
おほかたの星そろひけり霜囲 大峯あきら 宇宙塵
万葉の木々育苗の霜囲 茨木和生 倭
喪の庭の手つかずにあり霜囲 山田弘子 螢川
庵主の好きなものから霜囲ひ 後藤比奈夫
役に立つとも思はれぬ霜覆 稲畑汀子
時といふものに目かくし霜囲 上野 泰
男霜女霜とや霜囲ひ 青山 冬至
藁担ぎ来て甘藷穴の霜覆 根岸善雄
裏山に風の荒れゐる霜囲 ほんだゆき
霜囲ひしたる二三も見かけたる 清崎敏郎
霜囲ひしてあり庭の花三種 伊藤観魚
霜囲時には外し日を入るゝ 浅井青陽子
葉ぼたんの霜よけ住吉さまの母子 昆 みき

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

秩父夜祭

秩父夜祭

例句を挙げる。

こよひ秩父夜祭の榾くべにくべ 成瀬桜桃子 風色
どの路地に入りても秩父祭なる 宮田富昭
夜祭の神饌に荒稲・秩父柚子 森田公司
奉納繭の粒を豊かに秩父祭 ながさく清江
桑枯れて秩父夜祭来りけり 岡田水雲
灯の渦へ太鼓打込む秩父祭 都筑智子
焼き饅頭焦げて秩父の祭来る 下山宏子
秩父セメント秩父夜祭の夜も操業 鈴木栄子
秩父夜祭ちつとべ酔のまはりけり 成瀬櫻桃子 素心
秩父夜祭とは聞くだにもあな寒や 富安風生
秩父夜祭の大霜まぎれなし 成瀬桜桃子 風色
秩父夜祭供物の繭の大袋 飯島晴子
秩父夜祭冬星のどれ撃ちおとす 林 誠司
秩父夜祭山車待つ燗を熱うして 田原口秋峰
秩父夜祭犬の這ひ出る隙もなし 鈴木栄子
秩父夜祭蚕飼ひの部屋のがらんどう 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
秩父夜祭門灯うすき猪鍋屋 町 淑子
秩父嶺の真闇に習ふ祭笛 猪俣千代子 堆 朱
秩父路に寒さ伴れ来る祭待つ 馬場移公子
肘張って秩父夜祭笛を吹く 猪俣千代子 堆 朱
露天の灯つなぎ秩父の祭来る 宮田俊子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬館

冬館

例句を挙げる。

プードルのやうな白菊冬館 大木あまり 火球
ユダはわれそれともなんぢ冬館 遠藤若狭男
冬館タオルみどりの水蒸気 近藤一鴻
冬館一人のための夕餉の灯 戸川稲村
冬館古いピアノが木に返り 西村葉子
冬館訪ふ近道や廃墟の中 中村草田男
天道虫北の星座を背負いくる 冬館子音
島影や遠き明治の冬館 角川源義
次の間も利休の軸や冬館 高越素堂
池の面ははや昃りぬ冬館 高濱年尾 年尾句集
玄関に架けし十字架(クルス)や冬館 辻桃子
空の色大地にうつり冬館 園山香澄
蹄鉄を文鎮として冬館 池上樵人
おもひきや絵讃の梅を冬の宿 立花北枝
これよりの筑紫の冬の宿親し 稲畑汀子
ふかし芋割るやより添ふ冬の宿 横光利一
全景の宿の絵葉書冬の浪 桂信子 遠い橋
冬の宿伊香保古久屋といひにけり 石塚友二 光塵
冬の宿忍び泣くにも人目ある 下村槐太 天涯
冬の宿泣きはなたむに小さけれ 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
冬の宿谺を返し夕暮るる 横光利一
冬の宿赤きブーツのもたれあひ 土生重次
冬の宿風見るほかに用もなし 岩淵喜代子 硝子の仲間
垣低く鬼切といふ冬の宿 岩淵喜代子 硝子の仲間
夜に着きて硝子戸多き冬の宿 右城暮石 声と声
奈良に来て冬の月夜の宿をとる 星野立子
横綱と顔を洗ふや冬の宿 横光利一
脚下にて櫛ひろいけり冬の宿 浅原六朗 紅鱒群
襖絵に牡丹の火焔冬の宿 鳥羽とほる
針金のはしにも夕日冬の宿 百合山羽公 故園
鏡台があれば覗きて冬の宿 細川加賀 生身魂
余所の家にしか冬の薔薇咲かず 加倉井秋を 午後の窓
冬の家を出て妻子と喜劇に笑つている 橋本夢道 無禮なる妻抄
冬の家暗ければ妻を雑巾の如くふと思う 橋本夢道 無礼なる妻
冬の家釘を抜く音一つして 館岡沙緻
冬の蝿動くことなき山の家 日下部宵三
吾子が座を確かめ灯す冬の家 角川源義
弓なりに風の来てゐる冬の家 吉野裕之
歓楽はとほく去り冬の家に子と 柴田白葉女 遠い橋
誰か来て石投げ入れよ冬の家 柿本多映

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯野

枯野

例句を挙げる。

あくびして喉の奥まで大枯野 今井杏太郎
ありありと狐逃げゆく枯野かな 渋川玄耳 渋川玄耳句集
いくさゆゑうゑたるものら枯野ゆく 長谷川素逝 砲車
いくすぢの小川枯野にかくれけり 松村蒼石 雪
いちまいの蒲団の裏の枯野かな 齋藤愼爾
いつの間にか急いでゐたり枯野道 湯室月村
いつまでも遥かなるまま枯野人 加倉井秋を 『風祝』
いつ尽きし町ぞ枯野にふりかへり 木下夕爾
いつ来てもひとりの枯野とぶ穂絮 筑紫磐井 未定稿Σ
いづこまで枯野の道を落しもの 松藤夏山 夏山句集
いづこまで臼こかし行く枯野かな 渡辺水巴
いとしきは枯野に残る蒙古斑 櫂未知子 蒙古斑
いまそかりし師の坊に逢ふ枯野哉 高井几董
うしろから道ついてくる枯野かな 黛執
おくれ来し一人が見ゆる枯野かな 高濱年尾 年尾句集
おのが影浮沈し枯野わたり切る 茂恵一郎
おほわたへ座移りしたり枯野星 山口誓子
おもはざる枯野のひかり胸に充つ 渡邊千枝子
おもむろに雲かげり行く大枯野 岡嶋田比良
おん顔や枯野の星と生くかぎり 石塚友二 光塵
かくれ家の裏よりつゞく枯野かな 比叡 野村泊月
かの丘にこれの枯野に友ら死にき 長谷川素逝 砲車
かの枯野子の手袋を隠し了ふ 福永耕二
から風の高吹くに枯野薊かな 内田百間
くま笹のうき世見あはす枯野かな 野澤凡兆
けものめく鴉の仕草大枯野 吉野義子
この杖の末枯野行き枯野行く 高浜虚子
この枯野走り抜けねば鬼女に遇ふ 石川文子
この道に寄る外はなき枯野哉 河東碧梧桐
こゝにある枯野の松を惜みけり 鈴木花蓑句集
こゝ迄は雪無き枯野これよりは 高濱年尾 年尾句集
さびしさは枯野のみちをゆかしむる 白雨
しろがねの日の渡りゐる枯野かな 藤田あけ烏 赤松
そこそこに死馬埋め去る枯野かな 渋川玄耳 渋川玄耳句集
そのあたり明るく君が枯野来る 西東三鬼
たゞ見る起き伏し枯野の起き伏し 山口誓子 黄旗
つと蹲む枯野にその身埋むるごと 栗生純夫 科野路
つひに吾も枯野の遠き樹となるか 野見山朱鳥
つま先に石さからひし枯野かな 鈴木真砂女 生簀籠
つれ立ちし納め詣や枯野道 雑草 長谷川零餘子
ときどきは夢捨てにゆく枯野原 小泉八重子
とっぷりと暮れて枯野は童話村 平吹史子
とりまいて人の火を焚く枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
とろ~と日輪わたる枯野かな 佐野青陽人 天の川
どこか違う電話の向こうにある枯野 早乙女文子
どん底を木曾川のゆく枯野かな 松本たかし
なつかしや枯野にひとり立心 炭 太祇 太祇句選
ぬつくりと夕霧くもる枯野かな 暁台
ひきだしに聖書ひそめり枯野宿 久保田万太郎 流寓抄以後
ひとうねの菜に雨すぐる枯野かな 金尾梅の門 古志の歌
ひとすぢの水のひかりや大枯野 岩田由美
ひとところ水のまよへる枯野川 鷲谷七菜子 花寂び
ひと死ぬる畳枯野のごとくあり 秋好山好
ひと雨の色を重ねし枯野かな 木内怜子
ふかぶかと空が一枚大枯野 佐賀日紗子
ふたり子の枯野より手を繋ぎあふ 橋本榮治 麦生
ふつと吾ひとと置きかへ枯野行く つつみ眞乃
ふとわれの後姿よ枯野行く 山口草堂
ふりむけば敗者とならむ枯野人 長田等
ふり返る度広くなる枯野原 堀之内和子
ふるさとや枯野の果ての汐明り 鈴木真砂女 夕螢
ふるさとや枯野の道に海女と逢ふ 鈴木真砂女
ほがらかに日の暮れかゝる枯野かな 増田龍雨 龍雨句集
ほのと白し枯野の汽車を遠く見て 相馬遷子 雪嶺
まぐはひの奇石寄せある枯野かな 阿波野青畝
またもとの枯野の景となりしかな 安住敦
また或る日扇遣ひゆく枯野かな 暁台 五車反古
また雨の枯野の音となりしかな 敦
まぼろしの芭蕉を追へる枯野かな 豊長みのる
まるまると抱き合ふ神の枯野かな 関森勝夫
まんもすの骨を掘り出す枯野かな 松瀬青々
みづからの光りにまたたき枯野星 中村明子
みどり子に急ぐ枯野に乳はり来 野見山ひふみ
むかうより来るわれを見し枯野かな 中杉隆世
むささびの小鳥はみ居る枯野哉 與謝蕪村
めい~に松明を持つ枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
もの音を枯野に移し逝きしかな 栗林千津
やうやくに山近寄りし枯野かな 楠目橙黄子 橙圃
ゆき逢ひし枯野乙女の何人目 久保田万太郎 流寓抄
よく眠る夢の枯野が青むまで 金子兜太
よわよわと日の行きとどく枯野かな 麦水
わが垂るるふぐりに枯野重畳す 加藤楸邨
わが家に枯野迫るを見下ろしぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが庭のごとく枯野をゆく齢 林翔 和紙
わが影と呼び合ふ影もなき枯野 橋本榮治 麦生
わが影の吹かれて長き枯野哉 夏目漱石 明治四十年
わが影を遠き枯野に置き忘れ 野見山朱鳥
わが朱卓すぐに枯野と文づてに 下村槐太 天涯
わが死と詩枯野の末に光るもの 徳弘純
わが汽車の汽罐車見えて枯野行く 波津女
わが馬をうづむと兵ら枯野掘る 長谷川素逝 砲車
わらんべの犬抱いて行く枯野かな 正岡子規
をとこ独り枯野に佇ちて煙草吸ふ 石川文子
アブラハムに枯野は広し子は重し 成瀬櫻桃子
オリエント急行よぎる枯野かな 竹葉英一
サーカスの天幕ふくらむ枯野の午後 内藤吐天 鳴海抄
チンドン屋枯野といへど足をどる 楸邨
テレビ塔聳ゆるのみの枯野かな 左右木圭子
トラックが枯野越え来て女おろす 寺山修司 未刊行初期作品
バス吾を枯野にひとり残し去る 岩切徹宵
バス発つやそれぞれ大き枯野得つ 栗生純夫 科野路
バス通る時刻枯野の中にあり 百合山羽公 寒雁
パレットの平ら枯野の色を溶く 橋本美代子
マリヤには遠し枯野に赤子置く 八木三日女 紅 茸
一句二句三句四句五句枯野の句 久保田万太郎 草の丈
一対か一対一か枯野人 鷹羽狩行(1930-)
一戸とざし枯野を守るは白き鶏 栗生純夫 科野路
一日臥し枯野の音を聴きつくす 馬場移公子
一枚の葉書運ばれ枯野の家 桂信子 黄 瀬
一枚の蒼天傾ぎ枯野と逢ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
一瞬の日ざしに枯野はなやぎて 武良喜美代
一風船ただよひ枯野力づく 鷲谷七菜子 黄 炎
七つ子にあふてさびしき枯野哉 加舎白雄
三日月に横顔のある枯野かな 山本千春
三日月に行先暮るゝ枯野哉 松岡青蘿
三日月のこのまま枯野に居つくらし 加倉井秋を 『欸乃』
三日月も罠にかゝりて枯野哉 蕪村遺稿 冬
上らせてもらう枯野の一軒家 渡辺鮎太
上京の湯どのに続く枯野かな 黒柳召波 春泥句集
世に人あり枯野に石のありにけり 松根東洋城
世の外へつづける如し枯野道 井沢正江 湖の伝説
世の終を入日に見せし枯野かな 東洋城千句
中天に月いびつなる枯野かな 五十嵐播水 播水句集
丹沢は雲の中なる枯野かな 石塚友二
事故現場にて眼に余る枯野の雲 右城暮石 声と声
二つあり相隔つ石の枯野かな 月舟俳句集 原月舟
二階より枯野におろす柩かな 野見山朱鳥
五六疋馬干ておく枯野哉 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
亡き妻の声ふと枯野吹く風に 石井とし夫
人と逢ふ胸の枯野をひた隠し 小林康治 『叢林』
人の手に撓む枯野の鉄搬ぶ 軽部烏頭子
人妻のぬす人にあふ枯野哉 正岡子規
人小さく日に向いて行く枯野かな 月舟俳句集 原月舟
人語過ぎ枯野の城の小さしや 角川源義 『秋燕』
今出でし爐火想ひゆく枯野哉 西山泊雲
仏めく石を見立る枯野かな 立花北枝
仏見てまた仏見に枯野バス 畠山譲二
他のこと考へ枯野逢曳す 堀井春一郎
何うらむさまか枯野の女郎花 正岡子規
何もかも枯野にひそめ無人駅 平野謹三
何やらに鴉群がる枯野哉 寺田寅彦
何某の門ののこれる枯野かな 山本洋子
佝僂に遇ひし心をかしみ枯野の日 原石鼎
信長の榎残りて枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
修道尼の頬に血のぼる枯野の日 細見綾子 黄 炎
働きて帰る枯野の爪の艶 細見綾子
僧の前を鴉のありく枯野かな 野村喜舟 小石川
僧ひとり枯野に降ろしバス発てり 畠山譲二
兀と山ありて枯野の景変る 高濱年尾 年尾句集
元日や枯野のごとく街ねむる 加藤楸邨
光り合ふ枯野と玻璃の美術館 竹田登代子
光陰のひそむ枯野をなに急くや 小林康治 『潺湲集』
全身に風あり枯野行くかぎり 徳永山冬子
八方に山のしかゝる枯野かな 松本たかし
兵の赤黄枯野遠別糞し行く 齋藤玄 飛雪
其魂の朱雀もめぐる枯野哉 炭 太祇 太祇句選後篇
冨士昏れて枯野灯す達磨市 杉山葱子
冬が来るもぬけのからの枯野より 齋藤愼爾
冬ざれて枯野へつづく妻の乎か 日野草城
冬枯野母から得しもの懐に 高橋沐石
冬鴉声おとしゆく枯野かな 上村占魚
凍つまま枯野の果の石二つ 濱人句集 原田濱人
切通し出て天辺に枯野星 石塚友二
初明り我が家枯野に坐りゐる 阿部みどり女
利根川の左右に開く枯野かな 宰洲句日記 勝田宰洲
動かざるタクシーの列枯野まで 福田洽子
北今星枯野に今日のバス終る 齋藤愼爾
十字架の竝び墓地ある枯野原 吉良比呂武
厄除けの礼焼いてゐる枯野かな 角川春樹 夢殿
厠にをりてかがめばひしと枯野寄る 森澄雄
去る人も枯野も響き易きかな 小泉八重子
去年今年枯野を胸に皿洗ふ 小池文子 巴里蕭条
又或日扇つかひゆく枯野哉 暁台
口中に枯野ある夢断続す 栗生純夫 科野路
古代壷ゆるぎ出でたる枯野中 山口草堂
古手紙いまにして妻は枯野を来る 栗林一石路
古鏡に火映ゆるごと枯野に朝日出づ 岡田日郎
吊革にすがれば枯野傾きつ 原田種茅 径
君乗せむかな枯野馬車たびぐらし 田中裕明 櫻姫譚
吹き亘る枯野の風の夜もすがら 石塚友二 光塵
吹き晴れて枯野の月の小さゝよ 喜多春梢
吹風の一筋見ゆる枯野かな 幸田露伴
吾がうしろ姿を思ひ枯野ゆく 石川文子
吾が影の吹かれて長き枯野かな 漱石
命かけるものあり枯野の雨太し 古賀まり子 降誕歌
咋今に土橋なほしゝ枯野かな 尾崎迷堂 孤輪
哭(ね)のみ泣く女枯野を匍ひ廻り 沢木欣一 二上挽歌
哭のみ泣く女枯野を匍ひ廻り 沢木欣一
噴煙は枯野に獅子の影なせる 水原秋桜子
四ツ谷から馬糞のつゞく枯野かな 青峨 (負郭)
四万十川に海苔舟くくる枯野かな 丹羽真一
四谷から馬糞のつゞく枯野哉 青峨
土堤を外れ枯野の犬となりゆけり 山口誓子 遠星
土手うらに千鳥あがりし枯野かな 大橋櫻坡子 雨月
土手こして千鳥枯野へちらばれる 川島彷徨子 榛の木
土手を外れ枯野の犬となりゆけり 山口誓子(1901-94)
土間口に夕枯野見ゆ桃色に 金子兜太 少年/生長
地の底に蟲生きてゐる枯野哉 長谷川零余子
地の窪に臀埋め一教師と枯野 原裕 葦牙
地獄耳澄ませば枯野ごうと鳴る 雑草 長谷川零餘子
地車の轄ぬけたる枯野哉 加舎白雄
坂一つ越して忘るゝ枯野かな 尾崎迷堂 孤輪
垣ぬけて鶏の遊べる枯野かな 金尾梅の門 古志の歌
城内に兎狩する枯野かな 野村泊月
城市遠く枯野の波のかなたかな 長谷川素逝 砲車
塀越の枯野やけふの魂祭 炭 太祇 太祇句選
塔うつるとある金魚田枯野ゆく 皆吉爽雨 泉声
塩売のから荷は寒き枯野かな 古白遺稿 藤野古白
塩舐めてまなこやさしき枯野牛 菅原多つを
声出せば枯野に我のゐたりけり 草間時彦 櫻山
夕方の枯野を抱へ込みにけり 桑原三郎 龍集
夕日の手伸び米倉は枯野の繭 大井雅人 龍岡村
夕日今枯野の大を現じけり 東洋城千句
夕日赫っと枯野白堊にぶつかり来 竹下しづの女 [はやて]
夕明り恋うて高きへ枯野虫 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
夕枯野もろもろの影徘徊す 中村苑子
夕鴉声おとしゆく枯野かな 上村占魚 鮎
外套の奥は枯野へ続きけり 鳴戸奈菜
夜々は霜に星ふる枯野かな 古白遺稿 藤野古白
夜の枯野つまづきてより怯えけり 馬場移公子
夜の枯野遠き世の声あるごとし 河野南畦 湖の森
夜を帰る枯野や北斗鉾立ちに 山口誓子(1901-94)
夢に見れば口中枯野よこたひぬ 栗生純夫 科野路
大いなる声きかばやと枯野行く 矢島渚男 木蘭
大いなる枯野に堪へて画家ゐたり 大野林火
大いなる茶屋を囲める大枯野 阿部みどり女 笹鳴
大き掌に枯野来し手をつつまるる 桂信子
大き枯野に死は一点の赤とんぼ 加藤楸邨
大とこの糞ひりおはす枯野かな 蕪村
大利根の舟行見ゆる枯野かな 金尾梅の門 古志の歌
大屹と遠ちの枯野の大を見る 阿部みどり女
大戦果絶えて枯野の日は烈し 渡邊水巴 富士
大枯野とぶ一枚の新聞紙 吉田登子
大枯野ほとべの如く夜に入る 岸田稚魚
大枯野人の匂ひが身を離る 北崎武
大枯野戻りて嬰を抱きけり 永島理江子
大枯野日本の夜は真暗闇 山口誓子 大洋
大枯野杭打ちはじまる造成地 三浅馨三
大枯野母の涙の川ひと筋 吉本和子
大枯野牧牛をればみどりあり 深見けん二
大枯野羽咋の湖も亡びたり 欣一
大枯野走る郵便車を見たり 田川飛旅子 花文字
大枯野雲には雲の深轍 河口俊江
大枯野風のごと来て母泣かす 細川加賀 『傷痕』
大正に生まれ枯野を栖処とす 和田悟朗
大空につらなりわたる枯野かな 三溝沙美
大絵馬の白駒枯野へ跳り出る 宮坂秋湖
大臼の前は枯野となつてをり 松山足羽
天つ日と我とまつはる枯野かな 原石鼎
天心のフエノロサの来しこの枯野 加藤耕子
太陽はエロス枯野に島の頭 金子兜太
女遍路に東西のなき枯野かな 加倉井秋を
如何なる日白衣傷兵枯野を来る 相馬遷子 山国
如何なる時聖書手離す枯野の尼 加倉井秋を 『真名井』
妻と二人枯野の月にかくれなし 石田波郷
子のリボン枯野に紅を点じゆく 伊丹三樹彦 人中
子の學校枯野の中に旗を揚ぐ 横光利一
子を捨る藪さへなくて枯野哉 蕪村 冬之部 ■ 春夜樓會
子等の声かたまつて来る枯野道 西本 清子
孤独汝枯野の丘に今日も見つ 中尾白雨 中尾白雨句集
学校が枯野に浮かび揺れており 秋元大吉郎
学校の水流れをる枯野かな 藤田あけ烏 赤松
家まれに枯野のうねり道のうねり 長谷川素逝 砲車
家五六を北に見て行く枯野かな 露月句集 石井露月
家建ちて硝子戸入るゝ枯野かな 渡辺水巴 白日
家路なる眞夜の枯野は行くべかり 山口誓子
宿に着いてしばしがほどは枯野かな 小杉余子 余子句選
密々と夕雲満たす末枯野 斎藤道子
富士昏れて枯野灯す達磨市 杉山葱子
寒星のむらがれる邊の枯野に似 橋本鶏二
寝て夢路起きて枯野路行くもひとり 福田蓼汀 秋風挽歌
寝仕度の漂鳥騒ぐ枯野星 佐野美智
寝化粧す鏡に枯野映しつつ 対馬康子 吾亦紅
小屋の戸に枯野の道の曲りけり 柑子句集 籾山柑子
小男鹿の重なり伏せる枯野哉 土芳(奈良)
小石川も水引き染める枯野かな 小石川 野村喜舟
小鳥死に枯野好く透く籠のこる 飴山實
少年に咬みあと残す枯野かな 櫂未知子 蒙古斑
少年のまなざし父に枯野かな 宮川光子
屋根の石落ちなんとして枯野かな 野村喜舟 小石川
屑炭を継げば枯野の匂ひけり 中村楽天句集 中村楽天
山あれて灰の降りたる枯野哉 寺田寅彦
山のぼるこころ枯野にへだたりぬ 太田鴻村 穂国
山裾を欠き欠く道の枯野かな 楠目橙黄子 橙圃
山間の打傾ける枯野かな 松本たかし
山頭火に会ふかも知れぬ大枯野 西川 五郎
山鳴りの草鞋にひゞく枯野かな 柑子句集 籾山柑子
岐路に来て西日やすらぐ枯野かな 松村蒼石 雁
巌の鷲のむさゝび攫む枯野かな 東洋城千句
川ありて遂に渡れぬ枯野かな 夏目漱石 明治四十年
川渉りてすぐはく足袋や日の枯野 阿部みどり女 笹鳴
巻尺を収む枯野を引き寄せて 中村明子
市中に枯野のありて泊りけり 銀漢 吉岡禅寺洞
幻とならぬ記憶が大枯野 本城佐和
床下に枯野続けり能舞台 澤木欣一
建ちかけの家の灯れる枯野かな 大橋櫻坡子 雨月
弦楽器ぼろんと鳴らす枯野にて 冨田みのる
彼をうめしただの枯野を忘るまじ 長谷川素逝 砲車
往来人皆背ぐくまり枯野道 西山泊雲 泊雲句集
待たれゐる何か言はねば枯野ゆく 如月真菜
後尾にて車掌は広き枯野に飽く 小川双々子(1922-)
御陵を枯野にのこし都なし 成瀬正とし 星月夜
心の隙枯野行かねば充たされず 藤田湘子

悲しみを詩に枯野をまつすぐに 仙田洋子 雲は王冠
意趣のある狐見廻す枯野かな 炭 太祇 太祇句選
我が形(なり)の哀れに見ゆる枯野かな 智月 俳諧撰集玉藻集
戦のある方遠き枯野かな 東洋城千句
手賀沼のわけなくみゆる枯野かな 久保田万太郎 草の丈
手鏡の中の枯野を見てをりぬ 穂坂日出子
投函にいくたびも出てぬくき枯野 下村槐太 天涯
折鶴に瞳なし枯野を見せずすむ 田中周利
抱いて呉るゝほどのあたゝか枯野行く 及川貞 夕焼
抱けば子が首に手を纒く枯野中 伊丹三樹彦 人中
押しベル即朗声枯野を黙し来て 香西照雄 素心
押せば哭く人形の記憶春の枯野 寺井谷子
担ぎ屋も帰途は身緩め枯野汽車 北野民夫
担ひゆく沽鯉のぞく枯野哉 加舎白雄
拾ひあてし石笛を吹く枯野かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
指先を枯野にあてて恋ひやまず 仙田洋子 橋のあなたに
振り向けば夜叉の相かも大枯野 白井 爽風
振返り見ても枯野や都府楼址 佐藤冨士夫
掌(てのひら)に枯野の低き日を愛づる 山口誓子(1901-94)
掌に枯野の低き日を愛づる 山口誓子 黄旗
描きかけの枯野を提げて枯野行く 庄中健吉
握りしむ携帯電話枯野行 篠田くみ子
摩天楼ま上またたく枯野星 加藤耕子
放たれし犬の速さの枯野かな 田中裕明 山信
敗走に似て枯野ゆく父母の死後 堀口星眠 営巣期
教科書の重み負ひゆく枯野の子 中村草田男
数珠玉のむしりのこりに枯野の日 細川加賀
方寸にたたみし思ひ枯野星 中西舗土
旅に病んで夢は枯野をかけ廻る 芭蕉
旅人の蜜柑くひ行く枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
日かげりし枯野やゝやゝにつやもどす 川島彷徨子 榛の木
日が射して枯野に匂う鰐二、三 坪内稔典
日だまりを蝶の出でゆく枯野かな 安達潔
日と月の絶えずめぐれる枯野かな 林周平
日に現はれ風に無くなり枯野虫 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
日の高さ霰おとせる枯野かな 乙字俳句集 大須賀乙字
日は斜枯野を北へ走る汽車 寺田寅彦
日をさして旅つゞけゆく枯野かな 中島月笠 月笠句集
日光はうつろ充たして枯野かな 渡辺水巴 白日
日当るや枯野にひびく海の音 原 石鼎
日本には見馴れぬ枯野展けたり 高浜年尾
日當るや枯野にひゞく海の音 原石鼎
日蓮に似し顔が来る枯野道 飯田龍太
日輪のたらたら枕む枯野かな 成瀬正とし 星月夜
明るく死ぬこともあるべし枯野行 宇多喜代子 象
星へ発つごとし枯野の終列車 佐野美智
星一つ生れ枯野の匂ひたつ 西沢独海
春の枯野日当る顔は卵形に 大井雅人 龍岡村
春恋や枯野斜めに抜け来り 安住敦
時折は心向け見る枯野あり 村越化石
晩年の過ぎゐる枯野ふりむくな 齋藤玄 『雁道』
晴れゆくにつれて風たつ枯野かな 上村占魚 鮎
書を抱けるスタイルは彼枯野来る 名和紅弓
月はいつもいつしか照っていて枯野 池田澄子
月天に流星見えし枯野かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
末枯野佇てばゆきどのあるごとし 山田みづえ 忘
末枯野何か忘れてきし思ひ 中村苑子
朱雀門のみを色とし大枯野 松下信子
杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼(1900-62)
松へ登る人呼びとめし枯野かな 長谷川かな女 雨 月
松明投げて獣追ひやる枯野かな 泉鏡花
松杉や枯野の中の不動堂 子規句集 虚子・碧梧桐選
枚方の火燵の外の枯野かな 岡本松浜 白菊
果しなき枯野の起伏見て眠し 内藤吐天 鳴海抄
果しなき枯野枯山石鼎忌 原コウ子
枯れ色を動かし僧の枯野行く 齋藤愼爾
枯野ありイエスはいつも足垂れて 有馬朗人 天為
枯野いまわたしと雲と陽のにほひ つじ加代子
枯野いま何か言ひしか独り言か 今瀬剛一
枯野かけ来て千年をうもれし馬車 有馬朗人 天為
枯野かなつばなの時の女櫛 西鶴
枯野から洗ひざらしの男来る 森 酒郎
枯野くるひとりは嗄れし死者の聲 河原枇杷男 閻浮提考
枯野していづこいづこの道の数 黒柳召波 春泥句集
枯野して松二もとやむかし道 黒柳召波 春泥句集
枯野ただ大き起伏をして果てず 長谷川素逝 砲車
枯野なる心の内を旅すれば 司修
枯野にて子守自分に唄ひだす 平畑静塔
枯野にて抱くぬくみのまぐれ犬 林翔 和紙
枯野にて糟糠のとき惜しみなし 古舘曹人 砂の音
枯野にて見せ合ふ夢もなくなりぬ 高橋龍
枯野に出てなほ喧しき女学生 桂信子 黄 炎
枯野に向き窓くもらせる中學よ 津田清子
枯野に弱々やがてがつきと立つ電柱 寺田京子 日の鷹
枯野に日あまねき時を愉しめり 成瀬桜桃子 風色
枯野に日戸をあけて鳴く鳩時計 秋元不死男
枯野に石誤算の一生ならずとも 堀井春一郎
枯野に置く塩酸の壺煙りおり(クエン酸工場にて二句) 飴山實 『おりいぶ』
枯野のや簑着し人に日の当る 黒柳召波 春泥句集
枯野の一隅日ちりちりにつむじかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯野の中独楽宙とんで掌に戻る 三鬼
枯野の天雪現るる厖然たり 内藤吐天 鳴海抄
枯野の如く人等午笛の中歩む 榎本冬一郎 眼光
枯野の子かがやくものとして弾む 鳥居おさむ
枯野の家の呼鈴が鳴りゐたり 直人
枯野の日の出わが白息の中に見る 野澤節子 黄 瀬
枯野の日帰りて逢へるひとならず 稲垣きくの 黄 瀬
枯野の景胸にあたため日日励む 有働亨 汐路
枯野の水に魚のぼりゐたりけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯野の灯遠き二つは棘つながる 田川飛旅子
枯野の犬水飲み肋動かせる 殿村菟絲子 『路傍』
枯野の絵の父の工場売られたり 田川飛旅子 『植樹祭』
枯野の草こもれりの哥あだ也けり 調泉 選集「板東太郎」
枯野の路の三猿塚をよしと見き 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯野の道海が見えざるもどかしや 右城暮石 声と声
枯野の陽果てしポストに口がある 河合凱夫 藤の実
枯野の鹿また突堤に来て立てり 永田耕一郎 方途
枯野はも涯の死火山脈白く 藤沢周平
枯野はも縁の下までつゞきをり 久保田万太郎 草の丈
枯野はや暮るゝ蔀をおろしけり 芝不器男
枯野は雲に金ちりばめて旗も静か 田川飛旅子 花文字
枯野へ向く硝子の英字裏より見ゆ 田川飛旅子 花文字
枯野まで抱き来しボール蹴りはじむ 上野さち子
枯野もとの枯野玄室より出づる 斉藤夏風
枯野ゆくおのれの影に十字架負ひ 成瀬桜桃子 風色
枯野ゆくともりてさらに遠き町 木下夕爾
枯野ゆくまづしきものの服黒し 成瀬桜桃子 風色
枯野ゆくわがこころには蒼き沼 木下夕爾(1914-65)
枯野ゆく一点となりつくすまで 鷲谷七菜子
枯野ゆく一羽の鳶に見おろされ 鈴木真砂女
枯野ゆく人は枯野を見ざりけり 石原八束 風霜記
枯野ゆく人みなうしろ姿なり 石井几輿子
枯野ゆく土墳がくれにひとりづゝ 皆吉爽雨
枯野ゆく女の髪も枯るるもの 檜紀代
枯野ゆく帯を重しと思ひけり 鈴木真砂女
枯野ゆく幼な子絶えず言葉欲り 馬場移公子
枯野ゆく急かれては牛の尻尖り 北原志満子
枯野ゆく我も枯色かもしれぬ 小野沢千鶴
枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行(1930-)
枯野ゆく棺のわれふと目覚めずや 寺山修司(1935-83)
枯野ゆく葬の使者は二人連れ 福田甲子雄
枯野ゆく行商の荷の海老生きて 宮下翠舟
枯野ゆく青年はもうふりむかず 遠藤若狭男
枯野ゆく鳴りを鎮めし楽器箱 静塔
枯野よりあふれる日ざし母が縫ふ 飴山實
枯野より千筋の枯をひきゐくる 上田五千石 風景
枯野より帰りたしかむ身の温み 鷲谷七菜子 雨 月
枯野より戻りビー玉で遊ぶ 細見綾子 黄 炎
枯野より手かけて起すドラム罐 榎本冬一郎 眼光
枯野より来て美しき箸づかひ 折原あきの
枯野より枯野へひとの渡りけり 角川春樹
枯野より漕ぎ出て舟の底鳴れり 山口草堂
枯野わたる洋傘直し児を連れて 野澤節子 花 季
枯野中コイン洗車の大看板 金子佳子
枯野中行けるわが紅のみうごく 野澤節子 黄 瀬
枯野人を追ひゆく吾も追はるるか 今瀬剛一
枯野人バナナを出して子をあやす 岸本尚毅 舜
枯野人天に見られてなほ行けり 大串 章
枯野人斧の殺気を持ち来たる 原田青児
枯野人棒立ちゐしが歩き出す 加倉井秋を 『武蔵野抄』
枯野光炎々として書をひらく 窓秋
枯野原ひづみに畑もなかりけり 西山泊雲
枯野原団子の茶屋もなかりけり 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯野原歩いていつか曲つてゐた 天野慶子
枯野原汽車に化けたる狸あり 夏目漱石(1867-1916)
枯野原閻魔の大きな口があり 関口眞佐子
枯野原風のとだえに星が飛ぶ 古白遺稿 藤野古白
枯野去り満月が来る熟睡かな 金子兜太
枯野吐き出す発熱の兄妹 対馬康子 吾亦紅
枯野吹く風やがてかの雲を吹く 斎藤空華 空華句集
枯野哉つばなの時の女櫛 西鶴
枯野塚胴と別れし首三千 下村ひ

More
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の朝

冬の朝

例句を挙げる。

あきらかに寒曉はあり初児生る 中村明子
おらが鍬ここにかゞやく冬の朝 冬の土宮林菫哉
ちからある冬曙の薔薇ふくらむ 野澤節子 黄 瀬
わかち持つ合鍵三ッ冬の朝 高橋笛美
オリオンのかたむき消えぬ冬の朝 稲畑汀子 汀子第二句集
ビルの影踏絵の如し冬の朝 落合冬至
井戸辺の寒暁米とぐ形を妻に真似て 磯貝碧蹄館 握手
冬の朝病者が残す魚の骨 田川飛旅子
冬の朝礼単語並べてゐるごとし 平瀬 元
冬の朝足なへ足をもてあます 川村 千英
冬の朝道々こぼす手桶の水 杉田久女
冬暁に父来て生前より多弁 野澤節子 花 季
冬暁の岩に対ひて人彳てり 石橋辰之助 山暦
冬暁の雲を映しぬ高瀬川 宮武寒々 朱卓
冬暁の鵙聞く顔もやつれしか 結城昌治 歳月
冬暁や紙鶴紙に戻りゆく 宇多喜代子
冬曉けの岩に對いて人彳てり 石橋辰之助
冬曙ふうてん犬を愛しをり 山田素雁
冬曙六人の病床うかびそむ 石田波郷
冬曙古傷が刻きざみそむ 鈴木詮子
冬曙岩戸開きの終の笛 甲斐すず江
冬曙白紙明りといふべかり 中村明子
凡鐘の遠き余韻の冬の朝 枌 御許
地震偲ぶ鐘殷々と寒の暁 久保曲浦
大声をひとこゑ発す冬暁 小池文子
寒の暁ツイーンツイーンと子の寝息 中村草田男
寒暁といふ刻過ぎて海青し 谷野予志
寒暁のあたたかき子を目覚めさせ 坂本宮尾
寒暁の小塩いただき寺朝餉 松本 旭
寒暁の島一峯をなせりけり 古舘曹人 樹下石上
寒暁の明るさわが眼病むごとく 山崎為人
寒暁の椅子寝の父に看取らるる 朝倉和江
寒暁の歩み息継ぎしてただす 深谷雄大
寒暁の音なき母を雫とす 栗林千津
寒暁の鶴啼くこだまかけめぐる 貞吉 直子
寒暁やおらおらでしとりえぐも 平井照敏 天上大風
寒暁やがさりごそりと駅へ行く 峠谷清広
寒暁や嘶きこそは昇る声 香西照雄 素心
寒暁や死者よりはづす管の数 小島照子
寒暁や母に添寝のうすあかり 野澤節子 『存身』
寒暁や生きてゐし声身を出づる 桂信子
寒暁や神の一撃もて明くる 和田悟朗(1923-)
寒暁や素わらじで僧岩を踏む 熊木和子
寒暁をはるかな貨車の長響き 野村秋介
寒暁を起きて一家の火をつくる 阿部完市
寒曉のまぎれなき死を囲みけり 荒井正隆
寒曉の青年の死に隣りせり 山本歩禅
寒曉を聞きしに勝る利尿剤 高澤良一 燕音 
待ちに待つ回復室の寒の暁 辻田克巳
新聞と足音配る冬の朝 園田信夫
昆布の村寒暁マッチ明りほど 鷹羽狩行
未知のふかさへ寒暁みひらく子の瞳 赤城さかえ句集
母病むや寒暁の櫓がぎいぎいと 中拓夫 愛鷹
水底で時計が揺れる冬の朝 対馬康子 純情
深みどり汲めば色なし冬の朝 朝木奏鳳
烏ばかり静かにならぬ冬の朝 曽良
父の忌の寒曉ぬつと桜島 奈良文夫
犬老いて散歩をきらふ冬の朝 萩原まさえ
線香の函美しき冬の朝 宇佐美魚目
能登島に残る灯のあり冬の朝 清水雄峯
菜園や冬の朝タのさまにあり 尾崎迷堂 孤輪
覚悟の中に冬の朝死も入れる 田川飛旅子 『邯鄲』
赤松に寒暁の日を刻みたる 西村和子 かりそめならず
近ければ濃き山なみや冬の朝 小杉余子 余子句選
鳥ばかり静かにならぬ冬の朝 曽 良
寒曉の国道をゆく貌つんつる  高澤良一  宿好
寒曉の光の痛棒啖ひけり  高澤良一  石鏡
寒曉の矢面に立つわが痩躯  高澤良一  石鏡
曉光に射し貫かれ地の一切  高澤良一  石鏡
寒曉のその光ゲ徐々に白を増し  高澤良一  石鏡
寒曉の強(こわ)き新聞掌に重る  高澤良一  暮津
冬曙何としたこと尿あやまつ  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:43 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬籠

冬籠

例句を挙げる。

「ヨブ記」読み神を疑ふ冬籠 柴田奈美
あけくれの酒食に飽かず冬籠り 吉武月二郎句集
あたらしき茶袋ひとつ冬籠 荷号
あれこれと怠り勝ちに冬籠 増田多計志
いつまでも女嫌ひぞ冬籠 炭 太祇 太祇句選
いまは亡き人とふたりや冬籠 久保田万太郎 流寓抄
うぐひすの巣の隣あり冬籠 松岡青蘿
おとうとの頭でつかち冬籠 二村典子
おのれをもうとんじをりし冬籠 森澄雄 四遠
かくて冬籠りゆく庵在りにけり 高木晴子 花 季
かたまりて飯匙蛇のめうとの冬籠り 軽部烏帽子 [しどみ]の花
かの世より届きし本と冬籠り 長谷川櫂 虚空
かもじ造る音せねば淋し冬籠 左衛門 (丹波竹田)
からかひに異派の友来つ冬籠 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
がぶがぶと白湯呑みなれて冬籠 前田普羅
きのふより今日を大事に冬籠 後藤夜半 底紅
こころまで閉ざしておらず冬籠 三宅 桂
しんしんと冷ゆる日のあり冬籠 久保田万太郎 流寓抄
たぐひなきひとり男よ冬籠 加舎白雄
ため置きし虱遁げけり冬籠り 会津八一
たる事や世を宇治茶にも冬籠 松岡青蘿
たれかれの写真の下に冬籠 比叡 野村泊月
とふふ屋と酒屋の間を冬籠 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
とりとめし古き命や冬籠 高田其月
なき妻の名にあふ下女や冬籠 炭 太祇 太祇句選
はつとする古句が相手よ冬籠 加藤郁乎(1929-)
ぶるぶるとファックス始動冬籠 高澤良一 寒暑 
まこと人に負き得てんや冬籠り 青峰集 島田青峰
また見やる瓶ィの黄瀬戸や冬籠 尾崎迷堂 孤輪
まづ祝へ梅を心の冬籠り 松尾芭蕉
みちのくの土の馬置き冬籠 福田蓼汀 山火
もう急がぬ齢の中の冬籠 村越化石 山國抄
ものうくて二食になりぬ冬籠 河東碧梧桐
もの食うて汚れし卓や冬籠 大橋櫻坡子
よみかきに凝りて果敢なき冬籠り 石原舟月 山鵲
わが老をいたはりてわが冬籠 後藤夜半 底紅
わが聲も忘るるほどに冬籠 阿部みどり女
われからといふことばあり冬籠 京極杞陽 くくたち下巻
われに来る夢美しき冬籠 森 澄雄
シャガールの蒼きをんなと冬籠り 鍵和田釉子
シャッターを閉ざし神輿の冬籠 太田常子
ニュートンも錬金術師冬籠り 有馬朗人
ネクタイをつけしは外出冬籠 青葉三角草
一と日出てまた冬籠る皿の色 中村明子
一室を虹の間と呼び冬籠 田中裕明 先生から手紙
一村は青菜つくりて冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
一生を勤勉に生き冬籠 黒川花鳩
一箱の林檎ゆゝしや冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
丈け高き妻もおかしや冬籠り 会津八一
三月に南米にゆく冬籠 上野泰 春潮
三軒家生死もありて冬籠 鬼城
不沙汰して訪ふ先先や冬籠り 会津八一
世に疎く住みて仏師の冬籠る 山口燕青
中庭に湯殿つくるや冬籠 会津八一
五十にして冬籠さへならぬ也 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
人も来ぬ根岸の奥よ冬籠 正岡子規
人を吐く息を習はむ冬籠 千那 霜 月 月別句集「韻塞」
人形に愛憎すこし冬籠 後藤夜半(1895-1976)
人形の髪梳り冬籠 後藤夜半 底紅
人我を忘れ去らんか冬籠 山田不染
人来れば雨戸を開けて冬籠 暮石
人生に間といふがあり冬籠 亀井尚風
人誹(そし)る会が立つなり冬籠 小林一茶 (1763-1827)
人間の海鼠となりて冬籠る 寺田寅彦(1878-1935)
今去りし屑屋の素性冬籠 上野泰 春潮
今日の客娘盛りの冬籠 後藤夜半 底紅
今生のいくばくをかし冬籠 尾崎迷堂 孤輪
今食うてはや来る膳や冬籠 小杉余子 余子句選
仏書より好きな俳書や冬籠 月尚
何にもかも文にゆだねぬ冬籠り 飯田蛇笏 山廬集
何事も言はで止みなん冬籠 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
侃々も諤々も聞かず冬籠 正岡子規
俎の荒れに水かけ冬籠 西山常好
信州の人に訪はれぬ冬籠 正岡子規
先生の筆見飽きたり冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
兵糧のごとくに書あり冬籠 後藤比奈夫 花びら柚子
冥れば死の影まざと冬籠 上林白草居
冬籠こもり兼たる日ぞ多き 加舎白雄
冬籠さきをとゝひの汁もある 高田蝶衣
冬籠してむつかしき世に生きて 中村芝鶴
冬籠して疎くをりさとくをり 後藤夜半 底紅
冬籠その一日の達磨の忌 森澄雄
冬籠つひに一人は一人かな 久保田万太郎 流寓抄
冬籠また寄り添はん此のはしら 芭蕉 選集古今句集
冬籠りときに梅酒の酔ごこち 松浦 釉
冬籠りまたよりそはん此はしら 芭蕉
冬籠り染井の墓地を控へけり 夏目漱石 明治三十九年
冬籠り炭一俵をちからかな 僧-滄波 俳諧撰集「有磯海」
冬籠り猫が聾になりしよな 内田百間
冬籠り琴に鼠の足のあと 正岡子規
冬籠り画も描いてみたき茶目気あり 坪内逍遥 歌・俳集
冬籠り畳の上のらんの鉢 会津八一
冬籠り真上日のあと月通る 桂信子
冬籠り米つく音を算へけり 青蘿
冬籠り虫けらまでもあなかしこ 貞徳
冬籠り豁山人と改めて 会津八一
冬籠り黄表紙あるは赤表紙 夏目漱石 明治二十八年
冬籠るや鶲は桐に妻は化粧に 島村はじめ
冬籠る人の灯や東山 会津八一
冬籠る北に窓あり遺影の間 殿村莵絲子 花寂び 以後
冬籠る家や婢の減るまゝに 島村元句集
冬籠る尻の下ゆく夜汽車かな 会津八一
冬籠る燈下に青き蜜柑かな 会津八一
冬籠る燈色の天井旅人に 香西照雄 素心
冬籠る父の座右の書を借りて 上野泰 佐介
冬籠る身の一灯をともしをり 村越化石
冬籠る部屋や盥の浮寐鳥 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬籠わきすぎし湯に入りけり 久保田万太郎 流寓抄
冬籠われを動かすものあらば 高浜虚子
冬籠万巻の書を守るごとし 山田みづえ
冬籠不自由ながら婢も置かず 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
冬籠五六椀を人の数 高橋睦郎 金澤百句
冬籠人を送るも一事たり 高浜虚子
冬籠今日より香のかはりけり 五十嵐播水 埠頭
冬籠仕事の山を崩すべく 稲畑汀子
冬籠代り~に泣く子やな 楠目橙黄子 橙圃
冬籠伴侶の如く文机 上野泰 春潮
冬籠伴侶の如く机あり 上野泰
冬籠其所駄句菴と名付くべし 会津八一
冬籠動かざること鰐のごと 高澤良一 宿好 
冬籠友来て本を持ちゆけり 田村了咲
冬籠和尚は物をのたまはず 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬籠喪にこもるかに振舞へる 久保田万太郎 流寓抄以後
冬籠夜をりの病時を得し 松岡青蘿
冬籠夜着の袖より窓の月 正岡子規
冬籠家動かさん謀りごと 上野泰 春潮
冬籠小猫も無事で罷りある 漱石
冬籠少しの用に長電話 三木由美
冬籠山籟聞いて起きしぶる 高田蝶衣
冬籠山門の牒句会かな 尾崎迷堂 孤輪
冬籠座右に千枚どほしかな 高浜虚子
冬籠弟は無口にて候 夏目漱石 明治三十年
冬籠影かたまれば出てゆきぬ 栗林千津
冬籠或は留守といはせけり 会津八一
冬籠撤下の神酒にほろ酔ひつ 高田蝶衣
冬籠文来ぬは文書かぬゆゑ 高本時子
冬籠日々の献立くりかへし 坊城董子
冬籠日あたりに臥てただ夫婦 飯田蛇笏 山廬集
冬籠日のくたびれる明り窓 杉風
冬籠日記に夢を書きつける 正岡子規
冬籠書斎の天地狭からず 高浜虚子
冬籠書痴といはるゝ鬢の霜 真下喜太郎
冬籠朝日を拝む廊下かな 会津八一
冬籠机辺雑然日々に日々に 上野泰 佐介
冬籠正坐の猫を乗せて正坐 香西照雄 素心
冬籠水を甘しと思ひけり 露月句集 石井露月
冬籠火上に瞳涸らしけり 乙字俳句集 大須賀乙字
冬籠燈光虱の眼を射る 蕪村 五車反古
冬籠病めるおもへば我の折るゝ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
冬籠祈るべき神もなかりけり 寺田寅彦
冬籠第五句集へ志 上野泰
冬籠米つく音のかすかなり 夏目漱石
冬籠米つく音を算へけり 松岡青蘿
冬籠米搗く音の幽かなり 夏目漱石 明治二十八年
冬籠素槍一本具足箱 中村史邦
冬籠背筋正して鯉の陣 香西照雄 素心
冬籠花鳥風月侍らしめ 上野泰 春潮
冬籠薬袋を身ほとりに 高澤良一 宿好 
冬籠観音経を襖かな 竹冷句鈔 角田竹冷
冬籠解きて会ふ人みな親し 林加寸美
冬籠貧乏神と共にかな 村山古郷
冬籠足らぬがままに足るままに 上野泰 佐介
冬籠長寝しからぬ人となり 井原西鶴
冬籠雲見てあればともりけり 太田鴻村 穂国
冬籠顔も洗はず書に対す 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬籠飯櫃一つ磨がかれて 小澤碧童 碧童句集
冬籠鼓の筒のほこりかな 木導 霜 月 月別句集「韻塞」
凡に過ぐ冬籠にも予定表 宍戸富美子
北山に茶の湯の沙汰や冬籠 会津八一
十年の耳ご掻きけり冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
十津川を出でし柚餅子と冬籠 後藤比奈夫 花びら柚子
印刀をとぐ硯の裏や冬籠 高田蝶衣
取り下ろすものゝ埃や冬籠 池内たけし
受け霊(ひ)てふ筆まづ立つや冬籠 加藤郁乎 江戸桜
受話器から世間洩れ聞き冬籠る 谷口東人
古寺や狐顔出す冬籠 四明句集 中川四明
古書の山天井の空や冬籠 柑子句集 籾山柑子
吾が性(さが)に肖(にし)し子を疎み冬籠 竹下しづの女句文集 昭和十五年
味噌倉の鍵あづかるや冬籠 会津八一
命二つ互に恃み冬籠 富安風生
咲き絶えし薔薇の心や冬籠 正岡子規
哀楽のこゝろも老いぬ冬籠 河野静雲 閻魔
啖みちらし書きちらしつつ冬籠 山口青邨
善根は冬籠るさへあはれなり 会津八一
囲まれし蔵書の裾に冬籠 井上兎径子
地の底に釣瓶の音や冬籠 沢田はぎ女
坐右の火に重湯あたゝめ冬籠 上林白草居
埃じむ眼鏡磨きて冬籠 高澤良一 宿好 
壁張るや古新聞に冬籠 寺田寅彦
壺のごと胸中深め冬籠 村越化石 山國抄
変化住む屋敷もらひて冬籠 與謝蕪村
夕膳に鰯の煮つけや冬籠 小澤碧童 碧童句集
夜を好む吾に癖あり冬籠 定雅
夢に舞ふ能美しや冬籠 松本たかし(1906-56)
大和糊少なくなりぬ冬籠 上野泰 春潮
大壺の肩の埃や冬籠 河野静雲 閻魔
大空と大海の辺に冬籠る 原石鼎 花影以後
天井に取付(とりつく)蝿や冬籠 柴道 古句を観る(柴田宵曲)
天井に箴貼られけり冬籠 会津八一
夫の持ち帰る世間や冬籠 辻井のぶ
夫唱婦随婦唱夫随や冬籠 高野素十(1893-1976)
妻とあり子とあり斯かる冬籠 京極杞陽 くくたち下巻
妻を遺る本家の用や冬籠 会津八一
妻子なき芭蕉を思ふ冬籠 岡本松浜 白菊
家の犬庭駆け廻り冬籠 上野泰 春潮
宿替の蕎麦を貰ふや冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
寺にありて茶粥茶飯に冬籠 高浜虚子
尋ねよる知らぬ詩人や冬籠 会津八一
小夜ながら紅茶の時間冬籠 楠目橙黄子 橙圃
屏風には山を画書いて冬籠り 松尾芭蕉
屑籠に抛る紙屑冬籠 上野泰 春潮
山を見て心に足りぬ冬籠 河東碧梧桐
山水を引くこころあり冬籠 斉藤夏風
山灼けのまま冬籠りダムを護る 毛塚静枝
巻紙の落書あきぬ冬籠 会津八一
席題を貼りつ放しや冬籠 寸七翁
幸運な一老人や冬籠 岩木躑躅
床の間のビールの壜や冬籠 会津八一
座布団の直下南米冬籠 上野泰 春潮
弟子縁にうすき老師や冬籠 馬場太一郎
心ゆく絵紙屏風や冬籠 会津八一
心消し心灯して冬籠 後藤夜半(1895-1976)
心病めば身も病むものか冬籠 東浦佳子
忘れし字妻に教はり冬籠 富安風生
思ひごと必ず夢み冬籠 岩崎照子
思ふこと書信に飛ばし冬籠 高浜虚子
恋辞せず敵否まんや冬籠 島村元句集
愚陀仏は主人の名なり冬籠 夏目漱石 明治二十八年
成田詣で終りし母の冬籠 杉本寛
戦へる闇と光や冬籠 野見山朱鳥
戸に犬の寐がへる音や冬籠 蕪村
戸明くれば東街道や冬籠り 几董
手をちゞめ足をちゞめて冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
折々に伊吹を見ては冬籠り 松尾芭蕉
押入れに棚をふやして冬籠 山口波津女 良人
拾はれし猫も居つきて冬籠 桑田詠子
捨てられぬものはこゝろよ冬籠 加舎白雄(1738-1791)
掻き立てし火の粉のよぎる冬籠 岩田由美 夏安
新聞に吾が事出づる冬籠 会津八一
旅をする春の思案や冬籠 正巴
旅終へし師はそのままに冬籠 近藤一鴻
日本海みたきねがひや冬籠 久保田万太郎 流寓抄
早寝して夢いろいろや冬籠 日野草城
昼も酒夜も酒なる冬籠 小澤碧童 碧童句集
晩年の塵すこし立て冬籠 小林康治 『潺湲集』
暈けて映る写真眺めて冬籠 高澤良一 随笑 
暗き灯に悲しみ伏すや冬籠 会津八一
書きなれて書きよき筆や冬籠 正岡子規
書を買ふが為め家貧し冬籠 菅原師竹句集
書を貸して書架淋しさや冬籠 池上浩山人
木の洞にをる如くをり冬籠 上野泰
未来記に吾れ死ぬとあり冬籠 会津八一
朱硯へ花瓶の水や冬籠 会津八一
来て留守といはれし果や冬籠 炭 太祇 太祇句選
来よと言ふ小諸は遠し冬籠 武原はん女
来信へ直ぐに返信冬籠 上野泰 春潮
松とのみどんいどと鶴の冬籠り 広瀬惟然
板に彫る火炎は白し冬籠 野見山朱鳥
柚餅子百吊つて安堵の冬籠 文挟夫佐恵
根深煮る色こそ見へね冬籠 横井也有 蘿葉集
此の里は山を四面や冬籠り 支考
死神を召使ひをり冬籠 小林康治 『潺湲集』
母に客我にも客や冬籠 星野立子
母屋貸し離室暮しの冬籠 中田余瓶
毛頭巾をかぶれば猫の冬籠 中村史邦
油売も来ぬ屈詫や冬籠 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
泥深き小田や田螺の冬籠 正岡子規
浪の雪戸板びらめや冬籠 言水 選集「板東太郎」
海鳴りの遠音を聞くや冬籠 癖三酔句集 岡本癖三酔
湯に入りてはなやぐ顔や冬籠 龍男
濤音のある夜なき夜も冬籠 蓼汀
火の島を眼前に置き冬籠 野上水穂
火曜日は手紙のつく日冬籠 高野素十
火襷の備前を置けり冬籠 澄雄
炎ゆる目を飯匙蛇はつむりて冬籠り 軽部烏帽子 [しどみ]の花
炭の香に膝直さばや冬籠 水田正秀
炭はねて心動きぬ冬籠 成美
無為と言ふ日のありてよし冬籠 杉原竹女
煮こぼるる鍋にさし水冬籠 村山砂田男
燃料の安算段や冬籠 河野静雲 閻魔
爪もろく剪るに甲斐なし冬籠 飯田蛇笏 椿花集
物捜がす机の下や冬籠 会津八一
物言はぬ顔となりけり冬籠 山田人
物食はで生きらるべしや冬籠 会津八一
犬の目の人に似てくる冬籠 小林輝子
瓦斯つける袂の燐寸冬籠 宵曲
生涯の今がしあはせ冬籠 渡辺セツ
用のある時立ち上り冬籠 上野泰 佐介
留主札もそれなりにして冬籠 一茶 ■年次不詳
癌の文字トーチカに似て冬籠り 金子 潤
白雲の去来見送る冬籠り 遠藤はつ
目の中におはす仏や冬籠 野村喜舟 小石川
真の自我冬籠る仮の自我ありつ 久米正雄 返り花
眼がつねに涙にうるみ冬籠 林火
眼ばかりは達磨にまけじ冬籠 来山
眼をつむり耳をはるかへ冬籠 村越化石
硝子戸の枠真新らし冬籠 右城暮石 上下
窓もとに底干す船や冬籠り 会津八一
立ち出でゝ戻る日もあり冬籠 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
竹林の奥に尼さま冬籠 鈴村 寿満
筆擱いて又部屋歩く冬籠 比叡 野村泊月
紙屑のたまるばかりや冬籠 久保田万太郎 流寓抄以後
組紐の低きへら音冬籠 山下美典
縁側へ出て汽車見るや冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
羽子板の句を案じつつ冬籠 後藤夜半 底紅
老い二人双六におどけ冬籠 山田みづえ
老僧の爪の長さよ冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
耳の根に襟を重ねて冬籠 浜田酒堂
聡くゐるこころに疲れ冬籠 浅井青陽子
職引きて冬籠る図は鰐のうたた寝 高澤良一 宿好 
背き果つるを終の願や冬籠 松根東洋城
背に触れて妻が通りぬ冬籠 石田波郷
胡棲突く鳥の嘴見ぬ冬籠 長谷川かな女 雨 月
能なしは罪も又なし冬籠 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
脇指も吾もさびけり冬籠 水田正秀
腰あげてすぐ又坐る冬籠 高浜虚子
膚に触る剃刀おぞや冬籠 島村元句集
膳並べていつも四人や冬籠 龍胆 長谷川かな女
色糸の赤増えてゐる冬籠 井上雪
花食べに来る鳥ありと冬籠 宇佐美魚目 天地存問
荒れ狂ふ海を忘れて冬籠 池内たけし
落ちし歯を抽出にため冬籠 河野静雲 閻魔
蓑笠も世に足る人や冬籠 尾張-露川 俳諧撰集「藤の実」
蔵幅の数かけ盡す冬籠 会津八一
蕪村の蕪太祇の炭や冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
薪をわる妹一人冬籠 正岡子規
薪を割るいもうと一人冬籠 正岡子規
衣笠の山をうしろに冬籠 五十嵐播水 播水句集
袖口のくれなゐ古りぬ冬籠 つゆ女
袖無しを著て老がまし冬籠 小澤碧童 碧童句集
親も斯見られし山や冬籠 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
誘はれず誘はず老いの冬籠 藤田素候
読みちらし書きちらしつつ冬籠 青邨
起り来る事に即して冬籠 上野泰 春潮
身に添てさび行壁や冬籠 炭 太祇 太祇句選
身に添ひて窪みしペット冬籠 上野泰
身ほとりに死神を飼ひ冬籠 小林康治 『華髪』
連句讀めば芭蕉が好きや冬籠 星野立子
道元のこゑなきこゑに冬籠 原裕 『王城句帖』
部屋毎に時計を置いて冬籠 山口波津女
郵便受見に出るだけの冬籠 阿部みどり女
重き書は手近に置いて冬籠 佐藤紅緑
金屏の松の古さよ冬籠り 芭蕉
金曜は花の来る日や冬籠 佐伯哲草
金泥の額の古びや冬籠 会津八一
鈴廼舎の座の半時や冬籠 松根東洋城
鉢に見る梅の莟や冬籠 井月の句集 井上井月
鍋敷に山家集あり冬籠り 蕪村
鏡とりて我に逢はゞや冬籠 原月舟
長押なる赤き団扇や冬籠り 会津八一
間食にモンキーバナナ冬籠 高澤良一 随笑 
闇がりに湯気吐く鍋や冬籠 会津八一
隣人の深き構へや冬籠 石塚友二
雑炊のきらひな妻や冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
難波津の旅やあつまの冬籠 尾崎紅葉
雪国へ帰る人あり冬籠 田福
電車通ふ度びの地ひびき冬籠 臼田亞浪 定本亜浪句集
青山の学校にあり冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
頭の大き子規の画像に冬籠る 原裕 『出雲』
頼りとす小机一つ冬籠 郷田潭水
風垣の内夜々の月さす冬籠 金尾梅の門 古志の歌
風船を居間に放ちて冬籠 山口波津女(1906-85)
飲食(おんじき)をせぬ妻とゐて冬籠 森澄雄
香のわるき炭つぎたして冬籠 大場白水郎 散木集
香の名をみゆきとぞいふ冬籠 竹下しづの女 [はやて]
馬がくふて垣まばらなり冬籠 古白遺稿 藤野古白
髯寒し小倉の里の冬籠り 会津八一
鮎網を客間に吊し冬籠 伊藤いと子
鮭に塩なじみやすくて冬籠 伊藤京子
鷹番や小屋の住居も冬籠 笑工 選集「板東太郎」
鹿喰へと人は言ふなり冬籠 道立
鼠にもやがてなじまん冬籠 榎本其角
鼠よく捕る猫膝に冬籠 大場白水郎 散木集
いつしかに石蕗の花さく冬ごもり 八十島稔 秋天
おもひ寄る夜伽もしたし冬ごもり 水田正秀
かけものの壁に跡あり冬ごもり 涼莵
かの詩人一語のために冬ごもり 皆吉司
この一書読みごたへある冬ごもり 下村梅子
ぢゝばゝの一つキセルに冬ごもり 河野静雲 閻魔
また人の死んだしらせや冬ごもり 久保田万太郎 流寓抄以後
みどり児の顔の埃や冬ごもり 楠目橙黄子 橙圃
もの音を妻はたやさず冬ごもり 柳芽
一ぱいに日のさす屋根を冬ごもり 鳳朗
一家みな病母につかへ冬ごもり 西島麦南 人音
万緑やおもへばながき冬ごもり 西本一都
京の水遣ふてうれし冬ごもり 炭 太祇 太祇句選
仁斎の炬燵に袴冬ごもり 黒柳召波 春泥句集
仏壇に在す父母冬ごもり 河野静雲 閻魔
信濃なる僕置けり冬ごもり 蕪村遺稿 冬
俳諧の三神こゝに冬ごもり 高井几董
僧にする子を膝もとや冬ごもり 炭 太祇 太祇句選
全集を積めば墓碑めく冬ごもり 橋本榮治 麦生
冬ごもり「おしん」朝見て昼も見て 松倉ゆずる
冬ごもり世間の音を聞いて居る 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬ごもり五車の反古の主かな 黒柳召波 春泥句集
冬ごもり人にものいふことなかれ 惟然
冬ごもり仏にうときこゝろ哉 与謝蕪村
冬ごもり又よりそはむ此はしら 芭蕉
冬ごもり古き揚屋に訊れけり 炭 太祇 太祇句選
冬ごもり塩せんべいに母の顔 滝井孝作 滝井孝作全句集
冬ごもり壁をこころの山に倚 與謝蕪村
冬ごもり妻にも子にもかくれん坊 蕪村遺稿 冬
冬ごもり孝といふ字の抜け難く 松山足羽
冬ごもり家ぬち大樹立つごとし 澤井我来
冬ごもり家主よりとて畳見に 五十嵐播水 播水句集
冬ごもり小鳥に人の名をつけて 片山由美子 水精
冬ごもり心の奥のよしの山 蕪村遺稿 冬
冬ごもり書籍に床の歪み居り 阿部みどり女 笹鳴
冬ごもり未だにわれぬ松の瘤 芝不器男
冬ごもり母屋へ十歩の椽傳ひ 蕪村遺稿 冬
冬ごもり漉し水の音夜に入りぬ 白雄
冬ごもり燈下に書すとかゝれたり 蕪村 冬之部 ■ 人人高尾の山ぶみして一枝の丹楓を贈れれり、頃ハ神無月十日まり、老葉霜にたえず、やがてはらはらと打ちりたる、ことにあハれふかし
冬ごもり燈光虱の眼を射る 蕪村遺稿 冬
冬ごもり紙屑かごと共に在り 瀧井孝作
冬ごもり苦髪のびるにまかせけり 久保田万太郎 流寓抄以後
冬ごもり虫けらまでもあなかしこ 貞徳
冬ごもり身はひゞ入りし甕のごと 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
冬ごもり閉ぢてはあける目なりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
冬ごもり顔も洗はず書に対す 正岡子規
冬ごもり餅くひちぎりかねしかな 久保田万太郎 流寓抄以後
冬ごもり鶏は卵を生みつゞけ 鈴木真砂女 生簀籠
勝手まで誰が妻子ぞ冬ごもり 蕪村 冬之部 ■ 人人高尾の山ぶみして一枝の丹楓を贈れれり、頃ハ神無月十日まり、老葉霜にたえず、やがてはらはらと打ちりたる、ことにあハれふかし
北方の土を供養す冬ごもり 宮武寒々 朱卓
増水や岨の立木の冬ごもり 洞両 選集「板東太郎」
売喰の調度のこりて冬ごもり 與謝蕪村
大儀して鍋蓋ひとつ冬ごもり 李由 霜 月 月別句集「韻塞」
天竜の鳴瀬になれて冬ごもり 塩沢はじめ
妻と吾同時に欠伸冬ごもり 澤井山帰来
子を持てばなめづる情に冬ごもり 飯田蛇笏 山廬集
客去りてもとの庵や冬ごもり 五十嵐播水 播水句集
屁くらべがまたはじまるぞ冬ごもり 一茶
居眠リて我にかくれん冬ごもり 與謝蕪村
屋根ひくき裾うれしさよ冬ごもり 蕪村
川獺をたしかに見たり冬ごもり 浜田酒堂
師と呼ばるゝ我にはあらず冬ごもり 岡本松浜 白菊
底意にや広間の香も冬ごもり 美濃-恕風 俳諧撰集「有磯海」
思ひ出し独合点や冬ごもり 松藤夏山 夏山句集
折々に伊吹を見ては冬ごもり 松尾芭蕉
抽出に音の出るもの冬ごもり 折井紀衣
抽斗に翅をもつ種冬ごもり 鷹羽狩行 月歩抄
換えられし厠草履や冬ごもり 五十嵐播水 播水句集
放すかと問るゝ家や冬ごもり 向井去来
旅をする春の思案や冬ごもり 正巴 五車反古
日のあたる紙屑籠や冬ごもり 草城
日出没潮干満や冬ごもり 東洋城千句
昼の闇得し猫の眼と冬ごもり 草田男
期することなくもなくして冬ごもり 下村梅子
松嶋に雪つもるらむ冬ごもり 会津八一
桃源の路次の細さよ冬ごもり 與謝蕪村
横つらの墨も拭はず冬ごもり 大魯
欠伸して伸びして猫と冬ごもり 清水基吉
死んでゆくものうらやまし冬ごもり 久保田万太郎(一子の死をめぐりて)
母よりの伽羅蕗これに冬ごもり 有働亨 汐路
水槽にどぜうばかりや冬ごもり 蓮見勝朗
渓の蟹捕つて薬に冬ごもり 吉本伊智朗
湯殿には椎茸づくり冬ごもり 爽雨
滝の音真近に聞いて冬ごもり 中川宋淵 詩龕
火と話し水と話して冬ごもり 岡本眸(1928-)
灯の下の吾子踏むまじや冬ごもり 楠目橙黄子 橙圃
炭二俵壁にもたせて冬ごもり 正岡子規
病中のあまりすゝるや冬ごもり 向井去来
目はきげん口は不機嫌冬ごもり 久保田万太郎 流寓抄
相寄りしいのちかなしも冬ごもり 安住敦
終夜鳩のねごとや冬ごもり 会津八一
能の村上座下座に冬ごもり 角川源義 『冬の虹』
舟にねて荷物の間や冬ごもり 向井去来
蛤のふたみもありて冬ごもり 斯波園女
誰彼の生死気になる冬ごもり 古賀まり子
貧書斎志功菩薩も冬ごもり 青畝
賣喰の調度のこりて冬ごもり 蕪村遺稿 冬
身に添うてさび行く壁や冬ごもり 太祇
身ぬちにもたまりゆくもの冬ごもり 片山由美子 天弓
近々と山のまなざし冬ごもり 手塚美佐
返信のおほかたを否に冬ごもり 橋 石
逃げてゆく日脚を追はず冬ごもり 久保田万太郎 流寓抄
週刊誌たまれば焼いて冬ごもり 田村了咲
酒のまぬ一日もあらず冬ごもり 会津八一
鉄瓶に傾ぐくせあり冬ごもり 久保田万太郎 流寓抄以後
鍋敷に山家集あり冬ごもり 與謝蕪村
鏡見ぬ日はおのれ消え冬ごもり 井沢正江 晩蝉
間借りして隣はひとり冬ごもり 上村占魚 鮎
障子には毛布つるしぬ冬ごもり 室生犀星 犀星発句集
雉子一羽諸生二人の冬ごもり 黒柳召波 春泥句集
雑水のなどころならば冬ごもり 榎本其角
難波津や田螺の蓋も冬ごもり 松尾芭蕉
雨しみて幹の黒さや冬ごもり 阿部みどり女 笹鳴
雪隠と背合せや冬ごもり 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
雲のぞく障子の穴や冬ごもり 正岡子規
音いつもひとりの音や冬ごもり 鎌谷ちゑ子
髯の面哲人に似て冬ごもり 大橋敦子
鹿喰へと人はいふなり冬ごもり 道立 五車反古
はや~と誰冬ごもる細けぶり 一茶
冬ごもる合掌造むき~に 素逝
冬ごもる大藁庇ふかく垂れ 長谷川素逝 村
冬ごもる子女の一間を通りけり 普羅
冬ごもる心の松の戸をほそめ 炭 太祇 太祇句選後篇
心音てふ身内の音に冬ごもる 野澤節子
悪食のけものゝごとく冬ごもる 角川春樹
烏瓜冬ごもる屋根に残りけり 室生犀星 魚眠洞發句集
買ひ置きの焼栗つまみ冬籠  高澤良一  宿好
足の筋違ふへまして冬籠  高澤良一  石鏡
鉛筆は皆とんがらせ冬ごもり  高澤良一  石鏡
ポンジュースなどに温もり冬籠  高澤良一  石鏡
*ポンジユースは夏みかん汁入りの砂糖湯
冬籠手許に置ける園芸誌  高澤良一  石鏡
冬籠り妻と足型見比べて  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:41 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

熊の皮敷きし座敷の花菖蒲 田中冬二 俳句拾遺
もむないといふ熊の肉旨かりし 後藤綾子
とらはれし熊に奥嶺の秋のこゑ 大島民郎
熊撃ちも湯治の客も夜の炉端 石井とし夫
芽ぶかんとするする熊の皮なでる 加藤郁乎
熊除の鈴のかがやく通草山 福田甲子雄
白熊が食パンを喰ふ食事時 瀧井孝作
昨日獲て秋日に干せり熊の皮 相馬遷子 山國
熊の糞青光る野の寒さ哉 中川宋淵 詩龕
大木に熊の爪跡青あらし 飯田龍太 遅速
熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む 山口誓子 一隅
パンジーの子熊の顔に似たりけり 森田峠 避暑散歩
熊の皮の頭巾ゆゆしき警護かな 夏目漱石 明治三十四年
あな熊の寝首掻いても手柄かな 山店 芭蕉庵小文庫
胴熊(ほらぐま)のまづ覗くらん春の艶 京-丈草 元禄百人一句
武蔵野の尾花に入るか大白熊(はぐま) 椎本才麿
鹿熊のわれも仲間よ雪の道 水田正秀
親杉小杉熊出し夜も空真青 赤尾兜子
陽さむく焦燥の熊は汚れたり 富澤赤黄男
胴熊(ほらぐま)の先づ覗くらん春の艶(いろ) 内藤丈草
あら熊のかけちらしてや前の雪 立花北枝
みちのくは底知れぬ国大熊(おやぢ)生く 佐藤鬼房
熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む 山口誓子
稲妻や生血したたるつるし熊 正岡子規
杣がくゞり熊が通れる頽雪どめ 前田普羅 飛騨紬
冱は来ぬ熊は掌をなめもの謂はず 前田普羅 飛騨紬
父が捕りし大赤熊を眺めけり 阿部みどり女 笹鳴
冬の日にのけぞる檻の羆かな 太田鴻村 穂国
熊の皮に昼寝の和尚松の花 河野静雲 閻魔
担がるゝ熊の四足や冬の空 野村喜舟 小石川
熊の皮かへせば銃の傷ひとつ 大橋櫻坡子 雨月
落葉していよ~猛し檻の熊 西山泊雲 泊雲句集
熊除けの鈴のきてゆく吾亦紅 和知喜八 同齢
船酔の首を振つては白熊となり 藤後左右
熊のよな犬飼うてあり雪の宿 冬葉第一句集 吉田冬葉
春風や河原に熊の落し魚 乙字俳句集 大須賀乙字
猿酒や熊捕る里の弓祭 菅原師竹句集
冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 子規句集 虚子・碧梧桐選
雪深し熊を誘ふ*おとしあな 子規句集 虚子・碧梧桐選
五六人熊担ひ来る雪の森 子規句集 虚子・碧梧桐選
わがうから洟ひる熊に親しめり 八木三日女 赤い地図
鄙びたる宿の大暑の熊の肉 中山純子 沙羅
熊の舌鉄柵舐める避暑あつし 殿村莵絲子 遠い橋
穴に入る熊になりたく思ひをり 高木晴子 花 季
熊出づる夕崩せし白豆腐 長谷川かな女 牡 丹
緋椿に雪を忘れし羆座す 長谷川かな女 牡 丹
座す熊の細目つらつら椿咲く 長谷川かな女 牡 丹
熊彫の一つ端午を熾んにす 長谷川かな女 雨 月
熊突が小屋にある時の眼鏡かな 小杉余子 余子句選
木の株の熊のやうにも見ゆるなり 比叡 野村泊月
校庭を熊が眺めてゐたりちふ 相生垣瓜人 明治草抄
ひとり煮て熊鍋妻子なかりけり 石川桂郎 高蘆
檻鋪装熊内足の音も消され 香西照雄 素心
メノコあはれ祭にゆかず熊彫れる 高濱年尾 年尾句集
熊撃のはにかんでゐる春炉かな 茨木 和生
熊の出た話わるいけど愉快 宇多喜代子 象
甕の罅新酒に熊を祭りけり 会津八一
押し迫る青嶺や羆棲息地 高澤良一 燕音 
鮭簗のあたりうろつく熊ならず 高澤良一 燕音 
熊ノ湯の湯元ここなり蕗の中 高澤良一 燕音 
熊ノ湯に入るも一興若葉どき 高澤良一 燕音 
パンジーの仔熊の顔に似たりけり 森田峠
凶年を悲しむ鹿や熊を撃つ 百合山羽公
穴に入る熊になりたく思ひをり 高木晴子
鄙びたる宿の大暑の熊の肉 中山純子
熊撃ちに行くとふ微笑髯の中 遠山陽子
熊突や海の氷れる北の国 山口漁壮
判官は蝦夷の神なり熊祭 杉山一転
酋長が娘の恋や熊祭 荻原井泉水
削り木を神とかしづき熊祭 山口誓子
熊の前大きな父でありたしよ 横溝養三
生くることしんじつわびし熊を見る 安住敦
秋寂びて鎖の熊が眠りをり 加藤知世子
共に秋思人見て檻の熊動く 松原地蔵尊
黍畑に月の輪熊の遊びをり 福田甲子雄
山が荒れ熊が荒れつつ秋終る 相生垣瓜人
熊の穴見に行く人や残る雪 赤田千久佐
ふつ切れぬ一些事檻の熊へ佇つ 奈良文夫
がうがうと山を枯らして熊眠る 金箱戈止夫
身の闇に降る雪嘗めて檻の熊 金箱戈止夫
雹青し熊出没とあるあたり 金箱戈止夫
月の輪の消えし月の輪熊に冬 吉田紫乃
檻鋪装熊内足の音も消され 香西照雄
高梁の黄河の風に赤熊めく 田中英子
鯉こくを食うべて熊の話など 瀧澤伊代次
角砂糖一個に羆たち上がる 伊藤いと子
羆立ちあがりて四温日和なる 伊藤いと子
熊の胆の少し売らるる霧の小屋 北見さとる
炉語りや『熊楠百語』かたはらに つじ加代子
熊の皮に昼寝の和尚松の花 河野静雲
蜂蜜を熊にとられな冬仕度 龍岡晋
白熊の公爵白き息つけり 高澤良一 ぱらりとせ 
北極熊棒立ちの涼ふりかぶる 高澤良一 さざなみやっこ 
みちのくは底知れぬ国大熊(おやぢ)生く 佐藤鬼房(1919-2002)
熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む 山口誓子(1901-94)
稲妻や生血したたるつるし熊 正岡子規(1867-1903)
熊路野は滝四十八鵙日和 細川加賀 生身魂
パンジーの仔熊の顔に似たりけり 森田峠 避暑散歩
熊の鼻骨まだ軟かし蓼の風 林翔 和紙
人のごと吐息して寝つ秋の熊 林翔 和紙
檻の熊何時まで生きる掌のやはらか 右城暮石 声と声
熊の掌に毛がかぶされり寒むからむ 右城暮石 声と声
熊の出る村鉞の幟立つ 萩原麦草 麦嵐
凶年を悲しむ鹿や熊を撃つ 百合山羽公 故園
昨日獲て秋日に干せり熊の皮 相馬遷子 山国
檻洗ふ間も熊の仔はもの食めり 田村了咲
雌の熊の皮やさしけれ雄とあれば 山口誓子
校庭を熊が眺めてゐたりちふ 相生垣瓜人
熊撃てばさながら大樹倒れけり 松根東洋城
酋長の藁のかんむり熊祭 山本駄々子
贄熊に嗅ぎよる犬を箭で叱る 水野波陣洞
常のごと贄熊あわれ物乞える 山路観潮子
判官は蝦夷の神なり熊祭 杉山一転
風に幣鳴ればよろこび贄の熊 鎌田薄氷
熊送りすみし白樺の杭二本 西本一都
飾り太刀倭めくなる熊祭 山口誓子
雪の上に魂なき熊や神事すむ 山口誓子
熊突の石狩川を渡りけり 深見桜山
熊打ちの拠点の地図へ朱を求む 新田汀花
熊突の夫婦帰らず夜の雪 名倉梧月
熊突や爪かけられし古布子 松根東洋城
一斉に熊狩の銃火を噴けり 鈴木貞二
山が荒れ熊が荒れつつ秋終る 相生垣瓜人
熊の舌鉄柵舐める避暑あつし 殿村莵絲子
熊ゆきし跡鮮らしき山始 石井秋村
年の市朝熊の岳の真柴かな 乙由
熊の胆を嘗め越中の寒きかな 旭
熊穴に入りし日差を人歩く 奥田智久
曳かれ来し贄熊のふと吾を見し 高橋笛美
熊木野のはこべ花咲く古墳みち 辻口静夫
熊罠や今夜あたりと思ひけり 依田明倫
雪の上に魂なき熊や神事すむ 山口誓子
うぐひすや弾あと濡れて熊の皮 土屋かをる
熊まつり木の枝つゑに老婆来る 土屋巴浪
縄跳びをしながらゆけば熊の檻 岸本尚毅 舜
山眠る厨房熊のししむらも 浦野芳南
金時も熊も来てのむ清水哉 正岡子規
たしかにあれは熊の吐息の催眠術 夏石番矢 神々のフーガ
滝を着込む熊あり倭国は晴天なり 夏石番矢 神々のフーガ
熊舞台一歩は雪を踏むように 対馬康子 純情
種子島鳴つて孤独・熊腑抜けたり 筑紫磐井 婆伽梵
たはやすく弾丸に撃たれて雪山をまろび落つる熊は映画に撮られぬ 半田良平
山ふたつむかふから熊の肉とゞく 飴山實
熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む 山口誓子
夏川のここらが熊の通り道 高澤良一 素抱 
村営バス揺るたび熊除け鈴鳴れり 高澤良一 寒暑 
与太云って熊の出さうな道下る 高澤良一 寒暑 
肺活量大き歌手なり熊祭(イヨマンテ) 高澤良一 寒暑 
熊シデの花序のもっさり梅雨社 高澤良一 寒暑 
半茹での硬さは熊でも喰う栗か 高澤良一 随笑 
年酒して赤熊(しゃぐま)のごとく目がすわり 高澤良一 宿好 
熊四手の冬芽の側に枯るる果穂 高澤良一 燕音 
熊穴に入りて始まる村おこし 高橋悦男
熊穴に入り蕭条たる山河 氏家まもる
熊送りすみし白樺の杭二本 西本一都
熊出るといふ立札の新しく 関口美子
熊の前大きな父でありたしよ 横溝養三
童ら登る雪の大楡熊祭 伊藤雪女
雪の上に魂なき熊や神事すむ 山口誓子
生くることしんじつわびし熊を見る 安住 敦
熊の子が飼はれて鉄の鎖舐む 山口誓子
仔を連れてゆるやかに行く熊を見し 佐藤漾人
熊撃てばさながら大樹倒れけり 松根東洋城
撃たれたる熊に近づく女傘 井上 雪
熊撃ちの近寄りがたき傲りかな 山口冬男
深秋や飼はれて熊の立ち歩き 三田きえ子
荒寥と熊の湯ちかき鳥かぶと 水原秋桜子
熊よけの鈴を響かせ登山帽 安部恵子
熊となり海豹となる夏の雲 法本フミ女
夏寒し寄れば芸して檻の熊 高橋悦男
パンジーの仔熊の顔に似たりけり 森田 峠
迷ひ熊一村湧かす木の芽晴れ 林 民子
節分や寒気の熊と温気の象 秋元不死男
初戎拡声器より笑ひ声 熊口三兄子
あれは熊の肉だつたといふ後日談 鈴木節子
土間暗し吊りたる熊に突当り 白岩てい子
熊の仔のつながれてゐるマタギ宿 鈴木大林子
まへ足に蹤きゆく熊のうしろ足 木村淳一郎
祀らるる熊に月の輪くつきりと 羽生大雪
熊送りすみし白樺の杭二本 西本一都
鎖襦袢着て美少女は熊突きに 星野石雀
源太村熊撃ちはみな頭のでかき 満田光生
焚火の輪子の加はれば子の話 熊切三千丸
厚司着て熊牧場を采配す 平間真木子
熊突の話果てたる寝待月 矢島渚男
はまゆふの実や熊楠のデスマスク 玉置順子
橙の花と熊楠の家教はる 矢島渚男
野馬追の赤熊に隠る女武者 加藤房子
立上がる熊に月の輪青嵐 斎藤由美子
雪解風熊の罠組む鉄の音 四條五郎
熊の皮はたと爪ある余寒かな 坂根と志
校庭を熊が眺めてゐたりちふ 相生垣瓜人
落葉敷き漆黒の熊眼がうるむ 沢 聰
熊撃ちし猟夫に一日客絶えず 黒坂紫陽子
土間暗し吊りたる熊に突当り 白岩てい子
熊出づと言布令の灯が村はしる 沼澤 石次
熊出でて村に夜番の組まれけり 芝山喜久子
熊運び部落に知らす空鉄砲 大和忠義
熊除けの鈴高らかに登校児 和田 和子
熊汁と聞くたぢろぎに炉火あかし 奥田とみ子
羽音にも零余子こぼるる日和なり 熊丸 淑子
荒寥と熊の湯ちかき鳥かぶと 水原秋櫻子
汐木積む夕日まみれの魂迎 熊丸 淑子
さびた咲き霧の渦まく熊おとし 澤田 緑生
ひらくより鳴り出づ母の日のメール 熊丸 淑子
すり傷にママの魔法や野に遊び 熊丸 淑子
熊の前大きな父でありたしよ 横溝養三
熊食ふて壺のごとくに黙しけり 平川堯
熊撃ちの近寄りがたき傲りかな 山口冬男
ちやんちやんこ着て遊びゐる仔熊かな 木村奇行
五六日狙うて熊を斃しけり 野村喜舟
生くることしんじつわびし熊を見る 安住敦
斃れたる熊を遠巻き熊祭 丸谷松毬子
旅人に熊狩のうた熊祭り 成瀬 千代
観光の熊祭り熊殺さずに 滝田英子
熊撃の庭に仔熊を飼ひゐたり 根岸善雄
熊のため笛が泣くなり熊まつり 堀口星眠
水呑んでまた打ち合ひぬ熊と熊 岩田由美
一の矢も二の矢も花箭熊まつり 長谷草石
熊祭雪を染めたることかなし 上牧芳堂
贄の熊昇天雪の降り止まず 柴田黒猿
蒼穹へ放つ一の箭熊祭 依田秋葭
贄の熊ころがり遊び祭まだ 久保田一九
熊祭酋長どかと主座にあり 工藤いはほ
放たれし花箭を口に贄の熊 鮫島交魚子
熊罠にかゝりし旗の上りけり 井谷百杉
雪の上に魂なき熊や神事すむ 山口誓子
仔熊飼ひ営林署員駐在す 三ツ谷謡村
熊穴に入らむとするを撃たれけり 村松南斗
手負熊つひに人家を襲ひしと 上牧芳堂
熊がでて仕事にならぬ杣飯場 田島緑繁
月の輪のよごれて檻の熊あはれ 寺井ひさし
みづうみも熊もサビタの花も神 大石暁座
熊出れば出た時の事山女釣る 原田柿青
熊の仔のあはれ氷片齧るなる 酒井鱒吉
熊除の鈴打ち鳴らし下校の子 大島鋸山
羆見て来し夜大きな湯にひとり 本宮銑太郎
手負熊ならん足跡乱れしは 水谷時江
月の輪のあらはに熊の担がるる 長谷川耿子
粉雪に灯して熊の腑分かな 小原啄葉
熊送りすみし白樺の杭二本 西本一都
熊送る松明の脂滴らし 滝田浩造
熊撃ちに鹿撃ち道を譲りけり 鶴田玲子
熊撃たる谺一つで終りけり 伊藤しげじ
風呂吹や火棚に吊す熊の肝 菅原多つを
鋤焼や笹も日高の熊の肉 木津柳芽
熊を彫るアイヌ膝覆ふ赤ケット 松橋与志彦
厚司着て熊牧場を采配す 平間真木子
橡の実の熊好む色してゐたり 右城暮石
熊の湯は篠竹出荷冬仕度 中村汀女
熊突の話果てたる寝待月 矢島渚男
橙の花と熊楠の家教はる 矢島渚男
熊の皮敷きて父の座大夏炉 浜朝風子
熊を彫る鑿は一丁晩夏光 北野民夫
熊追ひの一人ふもとに構へ居り 今井 文野
熊を追ふ大鈴一つ炉柱に 矢津 羨魚
ムックリは哀し熊祭は哀し 大隈 草生
熊でるまではなんでもなき山路 大塚信太
校庭を熊が眺めてゐたりちふ 相生垣瓜人
雌の熊の皮やさしけれ雄とあれば 山口誓子
月代に熊棲む山の横たはり 京極杞陽
五六日狙うて熊を斃しけり 野村喜舟
冱は来ぬ熊は掌をなめもの謂はず 前田普羅
熊撃てばさながら大樹倒れけり 松根東洋城
山ふたつむかふから熊の肉とどく 飴山實
餌を欲りて大きな熊となつて立ち 中村汀女
人とりし熊に鐘うつ人数かな 吉岡禅寺洞
仔を連れてゆるやかに行く熊を見し 佐藤漾人
雪田の一点熊の帰るなり 涼斗
鬼灯市の真ン中に来て雨にあふ 熊木二二三
押し花や熊楠もまた父たらむ 橋本 薫
機罐車の図体月輪熊のゐる 小島ノブヨシ
熊食へと押し付けがましからざるや 茨木和生
粉雪に灯して熊の腑分かな 小原啄葉
海のもの山のものとも熊の肝 堀米秋良
熊祭るいま雪林を渚とし 田口満代子
湖の際に木椅子かがやく熊祭 加藤青女
根切りして折れて飛ぶ枝熊祭 関沢 明
風呂吹や火棚に吊す熊の肝 菅原多つを
深秋や飼はれて熊の立ち歩き 三田きえ子
熊楠のデスマスクなり大西日 中川禮子
熊の鼻骨まだ軟かし蓼の風 林 翔
熊鍋を神と食す夜の奥出雲 野澤節子 『駿河蘭』
木彫熊の夜霧呼ぶ眼が見下ろせる 河野南畦 『元禄の夢』
熊影りの虐げられて深き瞳(阿寒にて) 飴山實 『おりいぶ』
熊ことし荒れて在所に出るニュース  高澤良一  石鏡
麻酔銃もて撃ち山に戻す熊  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

熊祭

熊祭

例句を挙げる。

この甕の酒に灯更けぬ熊祭 長谷川春草
ムックリは哀し熊祭は哀し 大隈 草生
一の矢も二の矢も花箭熊まつり 長谷草石
判官は蝦夷の神なり熊祭 杉山一転
削り木を神とかしづき熊祭 山口誓子
斃れたる熊を遠巻き熊祭 丸谷松毬子
根切りして折れて飛ぶ枝熊祭 関沢 明
湖の際に木椅子かがやく熊祭 加藤青女
熊のため笛が泣くなり熊まつり 堀口星眠
熊まつり木の枝つゑに老婆来る 土屋巴浪
熊祭しばしうたげの濁り酒 小暮恵三
熊祭アイヌの笛が星降らす 松本しげる
熊祭太古の湖のしづけさに 横山瑞枝
熊祭酋長どかと主座にあり 工藤いはほ
熊祭雪を染めたることかなし 上牧芳堂
熊祭髯よりのぞく頬火照り 中塚久恵
熊笹を束ねたる幣熊祭 茨木和生 遠つ川
童ら登る雪の大楡熊祭 伊藤雪女
伊藤久雄
肺活量大き歌手にて熊祭(イオマンテ) 高澤良一 寒暑 
蒼穹へ放つ一の箭熊祭 依田秋葭
踊り尽き唄ひ尽きたる熊祭 椎名智恵子
酋長が娘の恋や熊祭 荻原井泉水
酋長の藁のかんむり熊祭 山本駄々子
飾り太刀倭めくなる熊祭 山口誓子
魂送り終へて息抜く熊祭 加藤富美子
熊送りすみし白樺の杭二本 西本一都
熊送る松明の脂滴らし 滝田浩造
常のごと贄熊あわれ物乞える 山路観潮子
放たれし花箭を口に贄の熊 鮫島交魚子
曳かれ来し贄熊のふと吾を見し 高橋笛美
贄の熊ころがり遊び祭まだ 久保田一九
贄の熊昇天雪の降り止まず 柴田黒猿
贄熊に嗅ぎよる犬を箭で叱る 水野波陣洞
風に幣鳴ればよろこび贄の熊 鎌田薄氷


以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯園

枯園

例句を挙げる。

たとへばや春の七草枯園に 久保田万太郎 流寓抄
二つ三つ足袋干す音を枯園に 井上雪
南京の月枯園にたかきかな 久保田万太郎 草の丈
小鳥来て枯園の水ひきしまる 泉 春花
心まづ濡れ枯園の雨あたたか 古賀まり子 洗 禮
手術径てはじめての雨枯園に 石田波郷
枯園としてのやすらぎ水音にも 後藤比奈夫
枯園にいまの没日と別れをり 有働亨 汐路
枯園にこころ忘れていで来る 阿部みどり女
枯園に何か心を置きに来し 中村汀女
枯園に何処より来しと訊かれをり 柏禎
枯園に入りて無言の人となる 滝 峻石
枯園に向ひて硬きカラア嵌む 山口誓子
枯園に大きな日なたありにけり 村山古郷
枯園に改宗迫る人の来て 安富すゝむ
枯園に日は和なれや大涅槃 石塚友二 光塵
枯園に白鳥ばかり胸を反り 飴山實 『おりいぶ』
枯園に紅きもの母の狂気かも 斎藤愼爾
枯園に考へる人青錆びぬ 沢木欣一
枯園に降りそそぐ星癒えて生きて 百崎左人
枯園のいつもどこかに水の音 相川紫芥子
枯園のベンチ一人しかかけられない 加倉井秋を
枯園の一点光り独楽舞へり 内藤吐天 鳴海抄
枯園の低き日人の上にあり 深川正一郎
枯園の何にさはりし手の匂ひ 辻田克巳
枯園の吐息のごとく山羊がをり 大串章
枯園の奥に磔刑を受けたまふ 佐野まもる
枯園の女に染まる水の意ぞ 古舘曹人 能登の蛙
枯園の日にポケツトのものぬくもる 古沢太穂 古沢太穂句集
枯園の木馬は青き目をもてる 岩崎照子
枯園の青年独り鹿を愛す 井上美子
枯園の音なきひゞきすさまじき 国弘賢治
枯園へ時報つづいてデモの鬨 田川飛旅子
枯園やまづ枯れしづむ芭蕉の穢 久保田万太郎 流寓抄
枯園や天にも地にもとげをさし 対馬康子 吾亦紅
枯園や汎神論の如き裸婦 対馬康子 吾亦紅
枯園や白き大猫よぎり去る 木下夕爾
枯園や神慮にかなふ薔薇一つ 中田みづほ
枯園や通る犬の尾にぎやかな 田村木国
枯園や靴音家の中行ける 相生垣瓜人 微茫集
枯園を亡骸いつせいに見られ行く 石田波郷
枯園を出ていづこへか行かんとす 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
枯園を少年少女駆けて逢へり 小池文子 巴里蕭条
枯園ヘペテロのごとく歩み出づ 辰巳 宏
橋影や吾も渡りゆく枯園へ 永井龍男
無職日日枯園に美術館ありき 下村槐太 天涯
犬と来て枯園の陽にまみれけり 大津信子
猫ねむり枯園の陽は黄と澄めり 中尾白雨 中尾白雨句集
現世の枯園過ぎし乳母車 岩永佐保
睡しや妻枯園の雨川瀬めく 石田波郷
いたづらに石のみ立てり冬の庭 蝶夢
つくばひの水かへてあり冬の庭 大場白水郎 散木集
のら猫の糞して居るや冬の庭 子規句集 虚子・碧梧桐選
ルオー描かば明るしや「杭ある冬の庭」 加藤知世子 花寂び
伽羅くゞる庇の下や冬の庭 長谷川かな女 雨 月
冬の庭伐られし桐の生々と 阿部みどり女 笹鳴
冬庭や伐り来し竹を五六本 松藤夏山 夏山句集
冬庭や月もいとなる虫の吟 芭蕉
冬庭や飯時知りて犬来る 吉武月二郎句集
妻も子も何か音持ち冬の庭 加藤秋邨 怒濤
妻出づるやひたき騒げる冬の庭 原石鼎 花影以後
枯るゝ苔に樹々応へなし冬の庭 雑草 長谷川零餘子
落ちて直ぐ湿る白布や冬の庭 永田耕衣 物質
枯庭掃く妻を見てゐて見ぬふりす 加倉井秋を 『風祝』
枯庭の趣尾振る犬にあり 後藤夜半 底紅
冬園のベンチを領し詩人たり 木下夕爾
ぶらんこを昔下り立ち冬の園 三橋敏雄
伐株や紅尽きし冬の園 正岡子規
冬の園出てたそがれし松仰ぐ 阿部みどり女
冬の園楽しき子等に父母あり 富安風生
冬の園片足折れしフラミンゴ 安斎君子
大木とベンチがありて冬の園 阿部みどり女 笹鳴
孤児どもが群れて威をなす冬の園 小寺正三
枯苑の亭に媼の口うごく 横山房子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬田

冬田

例句を挙げる。

あの僧があの庵へ去ぬ冬田かな 尾崎放哉
いちまいの冬田こんがりできあがる 松澤昭 麓入
いぬころの道忘れたる冬田かな 尾崎放哉
うごかせぬ巌あらはなる冬田かな 日原傳
かくし田も冬田の色を示すなる 有働亨 汐路
かなしみを伝う術なし冬田行く 大竹広樹
このあたりはやらぬ汽車や冬田原 柑子句集 籾山柑子
この道冬田から車ひびきくる シヤツと雑草 栗林一石路
さんざんな目に会つてをる冬田かな 菅家瑞正
たそがれを待ちて見にゆく冬田あり 相生垣瓜人 微茫集
たのみなき若草生ふる冬田哉 炭 太祇 太祇句選
つらつらと雁並びたる冬田かな 正岡子規
ところどころ冬田の径の缺けて無し 高浜虚子
ぬるゝもの冬田に無かり雨きたる 水原秋櫻子
はすかひに人歩みくる冬田かな 鷲谷七菜子 花寂び
ほとりまだ覚めざる畦や冬田打 古賀まり子 緑の野以後
みどりまだ残る冬田や狐雨 岡村月子
やまのべのみちの左右の冬田かな 高野素十
ゆきずりの嬰児あやして冬田道 中込誠子
よべよりも月夜明るき冬田かな 大峯あきら
わが生の中盤冬田畳々と 古館曹人
われ何処より来りしや冬田鏡なる 冬の土宮林菫哉
バスの灯がゆれ曲るとき冬田なり 米沢吾亦紅 童顔
ヘッドライト照らす冬田や峡の底 野村浜生
マッチの頭薬火になる速さ見えて冬 田川飛旅子 花文字
ランプさけて人送り出る冬田哉 稿本虚子句集 高濱虚子・今村一聲編
一つ家の窓明いて居る冬田かな 尾崎放哉
一人居て冬田にやがて煙上ぐ 蓬田紀枝子
一心に石握り来し冬田かな 乙字俳句集 大須賀乙字
一枚の冬田を過り惜しみをり 相生垣瓜人 微茫集
二三基の墓のうしろの冬田かな 田沢豊勝
人かたまつて沼へ舟舁く冬田かな 高田蝶衣
今日売りし冬田のみちを酔ひ戻る 藤原塔鬼
何あさる人ぞ冬田の泥浅く 五城
何もなき冬田へだてゝ村と村 赤星水竹居
冬田あり心にも罅なしとせず 藤原たかを
冬田にて子に滾々と母の乳 谷野予志
冬田にも喜面渋面日矢差せる 藤原たかを
冬田の家月日の中に釘打たる 鈴木勁草
冬田の岐れ道から見える家へ導かれる 人間を彫る 大橋裸木
冬田へも打ちて葬りの集ひ鉦 宮田正和
冬田へ透かし診る百姓の骨の写真 木村三男
冬田みち会はむ人なく急かるるを 瀧春一 菜園
冬田みち歩き秋篠寺に入る 松元桃村
冬田ゆく汽車や紺いろのわが座席 桂樟蹊子
冬田より冬田へと跳び下りにけり 本井英
冬田より出でし女の息づかひ 飯田龍太
冬田より夕日の鴉上田城 大野林火
冬田一方の小川流るゝにおもふ日本 中塚一碧樓
冬田刈夕ぐれ人のひとり哉 暁台
冬田千枚越ゆ旅恋に似たるかな 小林康治 玄霜
冬田圃晴夜の村を彼方にす 岡田林雪
冬田尻確と見えくる亡波郷 斎藤玄
冬田打つ母は白髪しかと結ひ 内田長舟
冬田打つ産土神に見守られ 田中政子
冬田打ひとり去らねば野は暮れず 藤原たかを
冬田打みづからの影深く打ち 藤井亘
冬田明るさなにくれとたてかける 松澤昭 面白
冬田来て詣づる人や国分寺 野村喜舟 小石川
冬田水古鏡の如く静もりて 後藤麓村
冬田渺々藁塚より人のあらはるゝ 金尾梅の門 古志の歌
冬田畔に居りしが急に放れ馬 碧童
冬田空工場の入日となれり 河東碧梧桐
冬田行きこはるる蝶を見てしまふ 柿本多映
冬田見てゐしが除日の灯ともりぬ 有働亨 汐路
冬田見るうちにも星のふえて来る 相生垣瓜人 微茫集
冬田越しに巷つくれる灯かな 木歩句集 富田木歩
冬田道一列歩行の仲間たち 原子公平
冬田道弥太郎一茶通りけり 鈴木しげを
冬田道火を焚いてゐてしづかなり 久保田万太郎 草の丈
冬田風一戸のまへに一戸殖ゆ 百合山羽公 寒雁
冬田鳶飛ばんとしたる大翼 清原枴童 枴童句集
冬田鴉よ弁当を食ふところなし 皆川白陀
刈りあとの正しかりける冬田かな 酒井土子
刈株に鶺鴒下りる冬田哉 寺田寅彦
刈株の濡るるひかりの冬田かな 長谷川素逝 村
十軒あまりの闇市の裏冬田なす 古澤太穂
古色をも併せ湛ふる冬田あり 相生垣瓜人 微茫集
喪の家の孤影をたもつ冬田原 下村ひろし 西陲集
土佐冬田ちんば歩きの放し鶏 細川加賀 生身魂
土塀崩れて縁より見ゆる冬田かな 雉子郎句集 石島雉子郎
地獄絵を黒羽に吊る冬田かな 古舘曹人 樹下石上
埓も無く工場建てける冬田哉 寺田寅彦
墓守が耕す冬田空小さし 細見綾子 黄 瀬
外輪山囲む冬田となりにけり 鈴木真砂女 夕螢
夜は神と遊びて峡の冬田打つ 尾崎隆則
大き黒き佛ゐませり冬田尽き 篠田悌二郎
太陽と鴉とあそぶ冬田かな 室積徂春
嬰の夜泣き外には冬田あるばかり 門脇無声洞
子を負うて冬田の星を見に行けり 関戸靖子
宍道湖の波ふきあぐる冬田かな 渡辺鰐走子
宮津線またぎ冬田の畦ふたたび 茂里正治
家にても見ゆる冬田を見に出づる 相生垣瓜人
家の向き日なたとなりし冬田かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
家めぐる冬田の水の寒さかな 正岡子規
家康公逃げ廻りたる冬田打つ 風生
山みゆるとき海みえず冬田かな 久保田万太郎 流寓抄
山痩せて越の冬田に重りぬ 古館曹人
山腹の冬田の上や昼の月 寺田寅彦
川が見たくて冬田ばかりの中をゆく 有光令子
常闇の空を照せる冬田かな 芝不器男
平凡に椎樫どもの耐へる冬 田川飛旅子
後まきは冬田になびく稲葉哉 昌叱
御針子の窓に一枚冬田かな 前田普羅
心貧し冬田は昼も暮色満つ 有働亨 汐路
懐中燈の片側ずつと冬田なり 宮津昭彦
招提の松が見ゆなり冬田水 細見綾子 花寂び
春めくを冬田のために惜しむなり 相生垣瓜人 微茫集
昼火事に人走りゆく冬田かな 佐藤紅緑
朔日を紡績休む冬田かな 雑草 長谷川零餘子
杜いでゝ冬田明りの老婆たち 長谷川双魚 風形
松林冬田の風を堰きいたり 古沢太穂 古沢太穂句集
校長の自転車冬田風を切り 百合山羽公 故園
楢の影榛の影落す冬田哉 竹冷句鈔 角田竹冷
次の田に畦の影ある冬田かな 倉田紘文
歩み寄るまだ冬田ともつかぬ田に 飯島晴子
歯車に縄を通して運ぶ冬 田川飛旅子 花文字
水口の辺りは青し冬田かな 南 耕風
水漬きつつ潮来の冬田空とあり 大野林火
氷るへき水さへ絶し冬田哉 左簾
汽車の窓冬田歪みて線と消ゆ 種茅
汽車道の一段高き冬田かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
法起寺の塔の裾まで冬田かな ゆき
洋傘の裡のみ紅し冬田ゆく 桂信子 花寂び 以後
火葬の炉鎖せり冬田を前にして 榎本冬一郎 眼光
灯に似たる女が去りて冬田なり 鷲谷七菜子 黄炎
烏去り冬田の渇きまぎれなし 有働亨 汐路
焦げくさきものに近づく冬田道 平子 公一
煙草火に冬田は闇を匂はしぬ 有働亨 汐路
熱の中冬田に黄なる焔を恐れ 小宮山遠
燈台の灯のとどくたび冬田見ゆ 倉持嘉博
父と子に朝日子炎ゆる冬田の上 瀧春一 菜園
父の棺に蹤きゆく冬田恥多し 小林康治 四季貧窮
父の骨冬田の中を帰りけり 大串章(1937-)
爺の背に負はれて冬田何もなし 森澄雄
牛久沼冬田に入りて凍りをり 水原秋桜子
犬がゆき子が行く冬田畦失せて 山岸治子
犬吠ゆる空ののこりて冬田あり 宮津昭彦
猫追へばどこ迄も逃げる冬田かな 柑子句集 籾山柑子
玄関を水で流して冬田打つ 中拓夫 愛鷹
病みしとき夢かよひしはこの冬田 水原秋櫻子
痩牛の白昂然と冬田鋤く 有馬朗人 天為
癒えゆく父と働らく我をつなぐ冬 田川飛旅子 花文字
白鷺にしばらく冬田明りかな 澤村昭代
真夜中の冬田を越ゆる雨の音 松村蒼石 雪
神楽舞終へて冬田を耕せり 佐川広治
稲架の脚ふかく冬田に入るを見る 萩原麦草 麦嵐
稲茎に青草のこす冬田哉 宗因
積藁の夜半に燃えたつ冬田かな 六花
筑波嶺のとんがつてゐる冬田かな 細川加賀 『玉虫』
紙鳶揚げの子らの四五軒の家がある冬田 シヤツと雑草 栗林一石路
縄文の冬田にねむる雁の群 小島千架子
義仲寺のいまはむかしの冬田かな 久保田万太郎 流寓抄以後
翳りきて茂吉の冬田とぞ思ふ 飯島晴子
老人のゆくてゆくての冬田光 飯田龍太
肥桶洗ふや冬田の艶に負けられず 原田喬
胸張れるもの冬田ゆく鴉のみ 軽部烏頭子
脚高く鴉吹かるる冬田かな 石原舟月
艀より降りて冬田にきてをりぬ 前田倫子
茜の冬田誠意の妻の何もたらす 金子兜太 少年/生長
茶にむせて涙零しぬ老の冬 田中蛇々子
草や木の魂飛ぶ冬田日和です 栗林千津
荒海に日上り冬田小さゝよ 石鼎
落日のために冬田が見えぬ時 相生垣瓜人 微茫集
蔵王堂見ゆる尾の上の冬田打 南光 翠峰
藪蔭の浮草赤き冬田かな 寺田寅彦
行く我に星も従ふ冬田かな 西山泊雲
街道はとほり冬田はただありぬ 長谷川素逝 村
裏より訪ふ刺客の墓地や冬田経て 北野民夫
裏口に冬田のつづく遊び人 鈴木六林男 国境
谷を出れば城下が見ゆる冬田哉 寺田寅彦
豊年の跡寂として冬田かな 大谷句佛 我は我
象潟の家はうつ伏せ冬田べり 村田脩
象潟は陸になりける冬田哉 寺田寅彦
赤い風船ばかり冬田の風船売 岸田稚魚 筍流し
走者また走者冬田に雲満ちて 橋本榮治 逆旅
足音のみの四方の冬田となりゆけり 米沢吾亦紅 童顔
踏みはづすあらぬ思ひの冬田道 斎藤玄 雁道
軽き日は鏡にうつす冬田の犬 細見綾子 花 季
通勤の朝日かたよる冬田道 百合山羽公 故園
道になる冬田に杭の打たれ立つ 皿井節子
道哲の寺を過ぐれば冬田かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
酒蔵の大きな影の冬田かな 望月皓二
鉱泉へゆく道のあり冬田中 田中冬二 行人
鋤き返す光はありぬ冬田打 金箱戈止夫
陰惨と見るべきならむ冬田あり 瓜人
雁鴨の喰物探す冬田哉 吟江
雨のひかり冬田に吸はる校舎裏 桜井博道 海上
雨水も赤くさびゆく冬田かな 太祗
電柱の丘へ外れ去る冬田かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
音律もなく雨降れりただ冬田 木村 風師
風音の虚空を渡る冬田かな 鈴木花蓑句集
食器白く月光乾きゆく冬田 大井雅人 龍岡村
骨壺もしばし冬田の中にかな 荒木忠男
鳰ひとつ消えて冬田の夜が来たる 楸邨
鶏を抱いて冬田の端にゐる 原田喬
鶴下りて惜しき日暮るゝ冬田かな 山口漁壮
鶴立つもこゝら狩場の冬田かな 喜谷六花
鷺點じ日輪點じ大冬田 星野立子
いまごろの冬の田を見にくるものか 田中裕明 花間一壺
冬の田に寒天さらし顔さらす 滝沢伊代次
冬の田に消ゆるピアノの音惜む 誓子
冬の田に眩しき日あり馬車を駆る 平之助
冬の田のすつかり雨となりにけり 五所平之助
冬の田の秩父おろしに濁りけり 鬼城
冬の田の馬上にすくむ影法師 松尾芭蕉
冬の田へ聞かせるように口笛吹く 田中灯京
冬の田も遊べり鶏と犬を容れ 狩行
冬の田や石処々顕れぬ 野田別天楼
松風やいくとせ冬の田打せる 横光利一
初明りあしたの雪の田に里に 徂 春
卒業のこの雪の田も水音す 桜井博道 海上
雪の田となりて自転車思ひ出す 松山足羽
雪の田に手鍬がおこす仏の座 鳥越すみこ
雪の田に黒一点の羽摶くも 今泉貞鳳
雪の田のしんと一夜の神あそび(新野雪祭) 野澤節子 『飛泉』
雪の田の上に雪舞ふ大旦 坂本山秀朗
しづかなる昂りしづかなる雪田よ 石橋辰之助 山暦
てらてらとして雪田は長寿なり 和知喜八 同齢
なやらひの先触れの雪田へ飛べり 佐野美智
ひろびろと雪田ありて我等行く 橋本鶏二
圏谷の雪田風吹き夕日さす 岡田日郎
朝からのほがらかさ雪田渉るなり 宮原双馨
林に雪田に雪村に残る雪 高澤良一 寒暑 
火ロ湖に浸る雪田の裾真青 福田蓼汀
石室へ又雪田を渡らねば 高濱年尾 年尾句集
能登の果雪田となりし塩田よ 品川鈴子
雪田に跳び下りみえる白根岳 和知喜八 同齢
雪田のひかりさびしや目つむれど 石橋辰之助 山暦
雪田の一点熊の帰るなり 涼斗
雪田の辺に衣をかむりよこたはる 石橋辰之助 山暦
雪田の雪の止み間の淋しさよ 松本たかし
雪田を行きつひとつの岩を指す 石橋辰之助 山暦
雪田を越ゆカメラマンの腕時計 桜井博道 海上
雪田を踏めばあらたなる風立ちぬ 石橋辰之助 山暦

以上
by 575fudemakase | 2014-12-02 00:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング