2014年 12月 03日 ( 13 )

短日

短日

例句を挙げる。

〃米惣〃の名のいまになほ日短き 久保田万太郎 流寓抄以後
あたたかき日は日短きこと忘れ 比奈夫
いくたびも筵叩いて日短か 山本洋子
いもうとの告別式よ日短か 京極杞陽 くくたち上巻
いやなこと聞けば聞き腹日短き 久保田万太郎 流寓抄
うすく月のひかりそめ短日雑木の空 安斎櫻[カイ]子
うせものをこだはり探す日短か 高浜虚子
うつろをれば日短き影が箕に臼に シヤツと雑草 栗林一石路
うなぎやの奥の小部屋の日短き 車谷弘
うらみちや短日の沼みゆるところ 川島彷徨子 榛の木
お見舞の女ふたりに暮早し 下村ひろし 西陲集
かりそめに訪ふ舊蹟や日短き(枳殻邸) 石井露月
ことづてもまた短日の旅の荷に 藤崎久を
ざぶ~とあがり湯あびて日短き 久保田万太郎 草の丈
しやべりしやべりて疲れけり日短き 久保田万太郎 流寓抄以後
すれ違ふ人短日の顔持てる 細井路子
その言葉さびしくききて日短か 朱鳥
たける浪の哮るにまかせ日短き 久保田万太郎 流寓抄
ただ熱心な託児所の主幹を尊んで短日 梅林句屑 喜谷六花
とっぷりと遊びて須磨の日短 田畑美穂女
ねこ舌にうどんのあつし日短か 久保田万太郎 流寓抄以後
ふいに影伸び短日の石だたみ 中戸川朝人
ふらり短日の水見に出づる 林原耒井 蜩
ふりかへりても短日のものばかり 倉田 紘文
また彼が来て短日の時奪ふ 菅原独去
むぎわら細工短日編んでゐたりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
もう雨戸締めねばならず日短か 吉屋信子
もてなすや短日結はぬ髪を愧ぢ 馬場移公子
よらでゆく島に手を振る日短か 吉屋信子
わがまはりわが家のまはり日短し 山口波津女
キラ~と栂の緑に日短かし 前田普羅 飛騨紬
タイムカード一音に打つ日短か 西岡正保
デザートに一口珈琲日短か 辻田克巳
ベランダを亜炭がよごし日短か 原田青児
モクひろひわが足もとに日短か 山口青邨
モネを観てミロ観て都会日短か 野見山ひふみ
ヨブ記以後短日の野の夕焼濃し 嶋田麻紀
ロボットと話している児日短か 八木三日女
一人ゐて短日の音なかりけり 阿部みどり女 『石蕗』
三十三才啼け蜜柑畑日短かぞ 萩原麦草 麦嵐
中宮寺訪ふをあきらめ日短 稲畑汀子
乗り継いで草津に用や日短か 山本洋子
事務多忙短日の窓は見ることなく 奈良鹿郎
京に行く一つの用意日短か 高濱年尾 年尾句集
人の飯食ひかさねをり日短かき 岩田昌寿 地の塩
人間は管より成れる日短 川崎展宏
仏壇の妻の写真も日短か 森澄雄
何か言へばすぐに涙の日短き 久保田万太郎 流寓抄以後
先立てて杖は身の丈暮早し 赤松[ケイ]子
別れとは短日に手を振ることか 椎橋清翠
卵うんでしまへば鶏の日短か 龍岡晋
原子爐に制御棒あり日短 田中裕明 先生から手紙
古町の小さき銀行暮早し 轡田 進
右手遊ぶことの多くて日短か 石塚友二
善光寺地震塚に地震日短か 西本一都 景色
喪の花の裏側に坐し日短し 柏燹
四五人のお弟子ながらも日短 後藤比奈夫 初心
塔五重その一重より暮早し 向野楠葉
塔頭にまはす廻状日短か 大峯あきら 鳥道
塔頭の箒目つよし日短か 大峯あきら 鳥道
塵取も夕日の中や日短き 銀漢 吉岡禅寺洞
墓地抜けて家路へ急ぐ日短か 福田蓼汀 山火
大阪に三日月あがり日短かし 前田普羅 新訂普羅句集
夫に従くいつも小走り日短 五十嵐八重子
夫の忌やあの日も今日も日短く 及川貞
失敗を二度もかさねて日短 宇川紫鳥
妻が入陽の赤いこと云ふて短日の裏戸 人間を彫る 大橋裸木
妻よわが短日の頬燃ゆるかな 石田波郷
子が寐てる日短かを夫婦して話す 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
客とゐてすこし話せば日短 水守萍浪
寝ね足りし短日の帷上げにけり 林原耒井 蜩
寺留守を綯ふに請けて日短き 内田百間
小買物とは言ひ難く日短 後藤夜半 底紅
少しづゝ用事が残り日短 実花
山の端といふ短日のあるところ 稲畑汀子
山の辺の道どこまでも日短 星野立子
山峡の短日くれて擲つ魚板 原田青児
山荘に泊るときめて日短 高濱年尾 年尾句集
岩風呂に魚の匂ひして短日 小林美夜子
峡中陽さすを一瞥す登山日短き 安斎櫻[カイ]子
崩れ簗見て宿に着く日短 高浜年尾
崩れ簗見て宿に著く日短 高濱年尾 年尾句集
左右より話一度に日短 五十嵐播水
師の墓につきしばかりに日短か 山田みづえ 手甲
帯留を身よりはづして日短し 桂信子 黄 炎
干魚に影のすぐ来て日短し 照子
役僧の廊下走れる日短か 阿部みどり女 笹鳴
愛国者国会に満つ日短き 相馬遷子 山国
戞々と静臥の柝や日短か 小原菁々子
手毬買ひ旅の越後は日短し 中山純子 沙羅
手紙溜めて一と日短き遠甍 林原耒井 蜩
振込機に命ぜられをり日短か 江中真弓
採血のために対きあい日短か 森田智子
接点の見えこぬ会議日短 岩崎照子
旅一と日短きことよ枇杷の花 阿部みどり女 笹鳴
日沈む方へ歩きて日短か 岸本尚毅
日短かしホテルぐらしにやゝ馴れて 大場白水郎 散木集
日短かし青貝のごと河北潟 前田普羅 能登蒼し
日短かやかせぐに追ひつく貧乏神 一茶
日短かや土の色して藁の屋根 成田千空 地霊
日短か己が手のもの探し居り 梅山香子
日短か牛舎の牛は人を恋ふ 福田蓼汀 山火
日短か茶山へのびる築地塀 藤田あけ烏 赤松
日短か飯に卵をかけて昼 福永鳴風
日短き少彦名(すくなひこな)の祭かな 後藤夜半
日短き道にひらひぬ子供本 室生犀星 犀星発句集
日短くつくづくいやなふかなさけ 飯田蛇笏 雪峡
日短くとつかは戻る我が家かな 高橋淡路女 梶の葉
日短く掃き出す妻に立ちにけり 河野静雲 閻魔
日短く運ぶ童子の火が強し 飯田龍太
日短しと言に出づるに日暮れぬる 岸田稚魚
日短し咀嚼うながし子にはべり 赤松[ケイ]子
昃れば玻璃戸すぐ閉め日短か 高濱年尾 年尾句集
暗がりに壺光るより日短し 佐藤尋雪
暮早き扉はいまだとざされず 楸邨
暮早き灯に躍りいづ萩一枝 楸邨
暮早き里山子らの駈け下り来 堀磯路
暮早き野に尻を振る白馬かな 仙田洋子 雲は王冠
暮早く一隊の騎士河に入る 皆川白陀
暮早しキリコの少女ゐる街も 仙田洋子 雲は王冠
暮早し子を呼ぶこゑの鏡太郎 高橋睦郎 金澤百句
暮早し戻りて点す厨の灯 古道記美子
暮早し機関車刻々黒さ増す 永田耕一郎 氷紋
暮早し神田・銀座に用つなぎ 荒井正隆
暮早し紫川ときくからに 高木晴子 花 季
暮早し駅前にして暗き灯も 高濱年尾
暮早に閉す門なる飾かな 増田龍雨 龍雨句集
書を売れば短日の日ざし街を去る 欣一
朱肉煮て油返すも日短き 内田百間
枯れ果てし真菰の水や日短か 素十
根たふしのまゝの銀杏や日短かき 大場白水郎 散木集
楼房のやたら大きく日短き 久保田万太郎 流寓抄
樋の草に日短かさよ婢の炊ぐ 飯田蛇笏 山廬集
橋裏に短日の日の滞る 瀧 春一
檻に鷲短日の煤地におちる 桂信子 黄 瀬
次ぎ織ろに解く機も日短かけれ 内田百間
浮腰に机控へて日短かき 石塚友二
海の色失はれ行く日短 稲畑汀子
涙ぐむ病妻さすり日短か 西本一都
滝壺を見て短日の底にゐる 岡本眸
火の気なき芭蕉生家に日短し 本宮鼎三
焚かぬ爐に太き梁日短かき 松村蒼石 春霰
燭もえて僧短日の餉に興ず 飯田蛇笏 春蘭
物指で背なかくことも日短 高浜虚子
犬にある身の上話日短か 本橋美和
猪の尾の短日となりにけり 龍岡晋
猫責めて短日をなお短くす 清水冬視
用の渦逆巻き来たり日短か 上野泰
用多き机のメモや日短か 吉屋信子
町角に短日の靄よどみそむ 相馬遷子 山國
畑中に一つ松あり日短 山本洋子
留守番を淋しがる母暮早し 山田閏子
畳屋の来てゐる庭や日短かし 阿部みどり女 笹鳴
病人もこころせくなり日短かし 山口波津女 良人
白山の頂き残り日短し 中西舗土
百姓の手の凹飯や日短き 松藤夏山 夏山句集
皇居拝して去る帰還兵日短き 渡邊水巴 富士
相集ひ山荘にあり日短か 高濱年尾 年尾句集
真すぐに帰つて来ても日短か 藤木呂九艸
短日にえらび出されし前の山 斎藤玄 雁道
短日に急かるる如く子が生れぬ 下村ひろし 西陲集
短日に馬休ませて田家かな 碧梧桐
短日のいまはなやかやはや灯り 池内友次郎 結婚まで
短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎
短日のこの鳩の豆買へといふ 汀女 (池上木門寺)
短日のしばらく墓を日向にす 長谷川双魚 風形
短日のしゝむら透いて干し鰈 赤城さかえ
短日のすこし狂ひて眼鏡の度 高澤良一 随笑 
短日のすとんと抜けて鯖の腸 嶋田麻紀
短日のつくばひ乾ききりゐたり 大場白水郎 散木集
短日のつもりて古稀となりゆくか 西本一都
短日のづしりとすわる土間の臼 石原舟月
短日のぬいぐるみ置く心臓外科 高澤良一 随笑 
短日のはや秋津嶋灯しけり 飯田蛇笏 山廬集
短日のひとりはつひにふりむかず 木下夕爾
短日のひとり弁天詣かな 鈴木しげを
短日のふくらはぎ海よそよそし 原裕 青垣
短日のもの燃すほとりより暮るる 茂里正治
短日のカツレツ五十五銭かな 久保田万太郎 流寓抄
短日のカメラつめたく人を捉ふ 石原舟月 山鵲
短日のクレバス蒼き太古あり 依田明倫
短日のネオン流るゝかき料理 高木晴子 花 季
短日のバケツで運ぶ釉薬 渡辺陶火
短日のバスのおでこが見えて来ぬ 高澤良一 随笑 
短日の上げ潮に乗り舟をやる 原田種茅 径
短日の不良とありし大時計 阿部みどり女
短日の二日掛りの仕事了ふ 高澤良一 随笑 
短日の人より淡きものを見ず 東 都
短日の人妻の素足なまなまし 藤木清子
短日の人織る巷時計鳴る 柴田白葉女 遠い橋
短日の今出る鳴門行の船 高濱年尾 年尾句集
短日の何せむとして道に出し 長谷川双魚 風形
短日の俄かに山を重ね合ふ 六角文夫
短日の兎に白き山ばかり 宇佐美魚目 天地存問
短日の出雲訛りに湯ぶねかな 『定本石橋秀野句文集』
短日の刻をはかりて立ちいづる 波多野爽波 鋪道の花
短日の勾玉ほどの日差かな 新谷ひろし
短日の千鳥の皆生泊りかな 鈴木しげを
短日の午より月の濃かりけり 皆吉爽雨
短日の叱りすぎたる子を背負ひ 島田まつ子
短日の吾が門灯をつけて入る 紀野白南風
短日の喪装のひとのうつくしき 藤木清子
短日の嘘と知るべき話なり 今泉貞鳳
短日の坂のあつまる一ホテル 小島千架子
短日の埠頭がとどむ黒き荷車 飯田蛇笏 雪峡
短日の埠頭の午後を惜しみけり 松澤昭 神立
短日の壁にぬられし蜆かな 龍岡晋
短日の壁にもたせて帚あり 旭川
短日の夕刊売にあまたの手 山本歩禅
短日の大地にあけて鶏冠の朱 原石鼎
短日の夫婦の出るの退くのかな 久保田万太郎 流寓抄
短日の子が覚めそれの粥煮ゆる 皆吉爽雨
短日の客語りつぎ座に通り 永井龍男
短日の家並据ゑたる鶴ヶ城 又村静池
短日の家業ひとつに一家族 瀧春一 菜園
短日の寺裏口に女傘 山田貴世
短日の山かげいつか対岸に 高濱年尾 年尾句集
短日の崖にぶつかる鳥獣 宇多喜代子(1935-)
短日の嵯峨竹林の水の音 柴田白葉女 花寂び 以後
短日の左右に子あり温泉のあふれ 渡邊水巴 富士
短日の廻廊四方に波揺れ合ふ 山口草堂
短日の径まがらせて松立てり 岩田昌寿 地の塩
短日の後姿を見せる下車 依田明倫
短日の心もとなき京案内 大橋宵火
短日の心乱さずなりにけり 林原耒井 蜩
短日の急な家根にとつついてゐる家根屋だ 人間を彫る 大橋裸木
短日の我が帰らねば灯らず 井上哲王
短日の押す乳母車石多く 大井雅人 龍岡村
短日の指を零るる時間かな 長山あや
短日の日のあるうちにたづぬべく 高濱年尾 年尾句集
短日の日よりも薄く絵具溶く 河野南畦 湖の森
短日の日を見月を見月高し 皆吉爽雨
短日の日本海鳴る下校かな 大峯あきら
短日の昼になりけるやはらかみ 綾子
短日の時計の午後のふり子かな 飯田蛇笏 山廬集
短日の時計狂ひしまま動く 阿部みどり女 『陽炎』
短日の暗き活字を子も読める 中村汀女
短日の曲馬ひねもす楽同じ 中杉隆世
短日の曼陀羅の図の点さるる 宮津昭彦
短日の望遠鏡の中の恋 寺山修司 未刊行初期作品
短日の松の葉末のなほ暮れず 山口誓子
短日の枯れた斜面にゐる 北原白秋
短日の柱天女の足裏飛ぶ 古舘曹人 能登の蛙
短日の柳川にかく我等在り 高木晴子 花 季
短日の柿の蔕黒い 北原白秋
短日の格子明りの帳場かな 西山泊雲 泊雲句集
短日の梢微塵に暮れにけり 石鼎
短日の椅子取りゲームきりもなく 二村典子
短日の楽屋を走りぬける音 桂信子 遠い橋
短日の気息のままに暮しけり 阿部みどり女 月下美人
短日の水に影ある漁人かな 飯田蛇笏 山廬集
短日の水のひかりや浮御堂 久保田万太郎 流寓抄以後
短日の沼の反射の一走者 湘子
短日の法善寺にて行き違ひ 小畑一天
短日の浄水場の灯し頃 西村和子 夏帽子
短日の海あることのやゝ淋し 高野素十
短日の海にひびきて餅の音 石原舟月
短日の深空杉山檜山据ゑ 舟月
短日の港のくまの煤溜り 五十嵐播水 埠頭
短日の濡れし芥を焼いてをり 猪狩セイジ
短日の灯ともれば心足れりけり 林原耒井 蜩
短日の灯に客残す美容院 汀女せん 吉屋信子
短日の灯をともす間の筆を措く 後藤夜半 底紅
短日の灯を連ねたる団地かな 吉屋信子
短日の炉によりてうつ脚絆かな 金尾梅の門 古志の歌
短日の煮蓋をのぞく獣かな 藤田あけ烏 赤松
短日の燃やすものもうないかしら 池田澄子
短日の爪ぴしぴしと切りとばし 丸山佳子
短日の父母の辺に咳隠すなし 細川加賀 『傷痕』
短日の牛忘らるゝ崖下に 馬場移公子
短日の犬忘られて人を恋ふ 吉屋信子
短日の犬振り向かず翳となる 篠田悦子
短日の狂ひ出でたるサクソフォン 石田郷子
短日の白墨は折れ易きかな 行方克巳
短日の白機すすむ筬の音 石原舟月
短日の眼置かるる路傍草 斎藤玄 雁道
短日の石つまづけとばかりなる 久保田万太郎 流寓抄以後
短日の碧空たたく揚花火 石原舟月
短日の磯を汚せし烏賊の墨 原石鼎
短日の空よりはづす小鳥籠 文挾夫佐恵
短日の空気弾ませ入りて来し 右城暮石
短日の窓くれてうつすわれの貌 川島彷徨子 榛の木
短日の窓に入船はたと影 五十嵐播水 埠頭
短日の竹に囲まれ義央忌 椎橋清翠
短日の笊しかと編む膝の上 裸馬
短日の筬音こもる納戸神 下村ひろし 西陲集
短日の箱の中より箱を出す 岡田幸子
短日の素手で取りたき母の骨 大木あまり 火球
短日の老人がもの立て掛ける 小島千架子
短日の耳に瀬の音のこりけり 久保田万太郎 草の丈
短日の聖水盤に水すこし 横山白虹
短日の胸厚き山四方に充つ 飯田龍太
短日の膳に酒なし晩鴉啼ける 内田百間
短日の芋を洗ひて暮れにけり 中勘助
短日の芒いつまで縛さるる 山田みづえ
短日の茜に時間かけてをり 蔦三郎
短日の華饗始まれけり大食堂 雑草 長谷川零餘子
短日の蔀戸あげて櫛造る 木村蕪城 一位
短日の蕎麦湯すするや暮れ切りぬ 草間時彦 櫻山
短日の行李引き出し嫁き遅れ 菖蒲あや
短日の街はすかひに抜けて来し 稲畑汀子
短日の街をぞろ~移民ゆく 五十嵐播水 埠頭
短日の街騒に背を押さるるよ 仁杉とよ
短日の話せば長くなる話 藤崎幸恵
短日の話はなべて過去形に 星野歌子
短日の護送囚人餉につけり 飯田蛇笏 春蘭
短日の貨車押しあひつつ停る 木下夕爾
短日の貼れてしまひし障子かな 久保田万太郎 流寓抄
短日の足袋を湯殿に脱ぎにけり 汀女せん 吉屋信子
短日の速度違反を問はれをり 植木千鶴子
短日の郵便局へ銀行へ 嶋田摩耶子
短日の金門橋下汐変る 高濱年尾
短日の鋏の音が樹を移る 宮城白路
短日の長き拍手へ低頭す 赤城さかえ
短日の門や一本芒影 中島月笠 月笠句集
短日の門を灯して豆腐買ふ 林 久子
短日の門掃き終へて閉しけり 高濱年尾 年尾句集
短日の闇より闇へ光る牛 原裕 葦牙
短日の陽のうら~と蜜柑山 高橋淡路女 梶の葉
短日の障子のひとつなほ日なた 長谷川素逝 暦日
短日の雨音たてぬ枯葎 内藤吐天
短日の雲や明日なき如く垂れ 内藤吐天 鳴海抄
短日の頬のあたりヘロープウエイ 竹中宏 句集未収録
短日の顔ふりむけば日の虜 原裕 葦牙
短日の鳥居の下の韮を摘む 岸本尚毅 鶏頭
短日の鵞は人に何を促すや 高田蝶衣
短日の鸚鵡に呼ばれたる顔よ 細川加賀 『傷痕』
短日も日曜なるや菓子を食う 石田波郷
短日や『福翁自伝』脇挟む 赤尾兜子
短日やありまき翅を得て翔ぶも 依光陽子
短日やあるとき乾く岩の膚 久保田万太郎 流寓抄
短日やいつも妻の手濡れてをり 西村愚農
短日やいま切りし枝を焚火とし 及川貞 夕焼
短日やうすく日あたる一トところ 久保田万太郎 草の丈
短日やうすむらさきの餡の出来 石嶌岳
短日やかすかに光る皿の蝦姑 芥川龍之介
短日やきしと音して吉野葛 坂間晴子
短日やくるまいためる厨の戸 五十嵐播水 埠頭
短日やけふも蛇屋の前通る 山口青邨
短日やこころ澄まねば山澄まず 龍太
短日やされどあかるき水の上 久保田万太郎(1889-1963)
短日やすでに灯りし園の中 道芝 久保田万太郎
短日やたのみもかけずのむくすり 伸郎
短日やつくりし暇の一幕見 上條筑子
短日やつんと立つ木々鹿苑寺 伊藤敬子
短日やどこにきこゆる水の音 久保田万太郎 草の丈
短日やにはかに落ちし波の音 久保田万太郎 流寓抄
短日やはだかり陰る嵐山 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
短日やはやぽっかりといでし月 久保田万太郎 流寓抄以後
短日やばた~閉すみやげ店 五十嵐播水 播水句集
短日やひくき波のむ高き波 鈴木真砂女 生簀籠
短日やまことしやかに万年青の実 月舟俳句集 原月舟
短日やまざと紙幣の穢を指に 中島斌男
短日やまだ発語なくガス燃える 五島高資
短日やみな荷を負へる渡舟客 森田峠
短日やむかしの残る明石町 柴田淳子
短日やわれらおのおの悔いを持ち 加藤楸邨
短日やわれニクソンの顔嫌う 浅原六朗 欣求鈔
短日やトラックで来る野菜売り 小俣由とり
短日や一管噎ぶ虚空の曲 石塚友二 光塵
短日や一針づつの手くらがり 今井つる女
短日や万華鏡にて人見えず 大石雄鬼
短日や二階で飼へる紅雀 野村喜舟
短日や五時と約して電話切る 星野立子
短日や人に向はぬ席えらぶ 香西照雄 対話
短日や例の刻来る郵便夫 露月句集 石井露月
短日や俄かに落ちし波の音 万太郎
短日や兎つまづく木の根っこ 龍岡 晋
短日や全く暮るゝ喊の六ツ 喜谷六花
短日や八丁堀の露地の中 久保田万太郎 流寓抄
短日や八瀬へ使の片便り 大谷句佛 我は我
短日や制服のまゝ厨ごと 平尾春雷
短日や加賀友禅の先ぼかし 新井佳津子
短日や北見の国に北見富士 西本一都
短日や味噌漬三ひら進じそろ 芥川龍之介
短日や唐箕のはしに雨きたる 金尾梅の門 古志の歌
短日や回顧しみじみ老大使 秋川ハルミ
短日や國へみやげの泉岳寺 久保田万太郎 草の丈
短日や塀乗り越ゆる生徒また 森田峠 避暑散歩
短日や声出してこゑ離れゆく 神蔵 器
短日や夕にあらふ昼の椀 犀星
短日や夕立めきし降りざまに 白水郎句集 大場白水郎
短日や夜も焚きつゞく楮釜 瀧澤伊代次
短日や大きな声のうけこたヘ 久保田万太郎 流寓抄
短日や大提灯の朱ヶのいろ 久保田万太郎 流寓抄
短日や天のー角あをあをと 日野草城
短日や夫の温みの腕時計 中田ゑみこ
短日や夫婦の仲のわだかまり 久保田万太郎 流寓抄
短日や妊る母を離れぬ児 堀之内和子
短日や嫁ぎゆく顔かくれ剃る 石川桂郎 含羞
短日や小ゆすりかたりぶッたくり 久保田万太郎 流寓抄
短日や小火のありたるキネマ街 五十嵐播水 播水句集
短日や小窓に消ゆる魚の串 室生犀星 魚眠洞發句集
短日や小者叱れば口答 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
短日や小銭で渡る神の島 林佑子
短日や山火事消してもどる衆 冬葉第一句集 吉田冬葉
短日や岬のあざみ色うすく 鈴木真砂女 生簀籠
短日や庭師の残す高梯子 川崎俊子
短日や影も角出す金米糖 野見山朱鳥
短日や心こもらぬ針仕事 藤垣 とみ江
短日や応へなき語を繰返し 赤尾兜子
短日や念駈くことのみ多くなりぬ 石塚友二 方寸虚実
短日や忽ちかげる佐渡ケ島 比叡 野村泊月
短日や或時ふとき我心 原石鼎
短日や搗きこぼしたる畑つ物 石井露月
短日や数珠のきれたるむだづかひ 久保田万太郎 流寓抄以後
短日や斧のごとくに噴煙は 進藤一考
短日や旅装のままに米を磨ぎ 渡邉 英子
短日や早く著きたる定期船 酒井黙禅
短日や暮忙しき台所 堤芹村
短日や書体父より祖父に似る 廣瀬直人
短日や月光り出で豆腐売 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
短日や木に掛けておく縄電車 太田寛郎
短日や杉山透る竹の笛 青柳志解樹
短日や村に二つの小葬 比叡 野村泊月
短日や東寺の塔は見て行かず 鈴木栄子
短日や柳眉を立つる岐神 古舘曹人 樹下石上
短日や桶屋が使ふぶんまはし 龍岡晋
短日や正直すぎし好き嫌ひ 久保田万太郎 流寓抄
短日や母に告ぐべきこと迫る 中村草田男
短日や母来て妻をつれ去りぬ 神蔵器
短日や水仕にあかぬ女の手 西島麦南 人音
短日や汽笛するどき埠頭貨車 五十嵐播水 埠頭
短日や湯のこむ頃をはづし行く 野村喜舟
短日や漾ふものに竹生島 細川加賀 生身魂
短日や炉に運びとる竃の火 小杉余子 余子句選
短日や独りの果てのほどきもの 龍男
短日や猫の尻尾を踏むことも 佐藤道明
短日や畔の枯草しろき穂を 五十崎古郷句集
短日や畳廊下の花の屑 増田龍雨 龍雨句集
短日や病師はすぐに涙ぐみ 渡辺立男
短日や盗化粧のタイピスト 日野草城
短日や砂の江尻の流れ石 余子句集 小杉余子、松根東洋城選
短日や竹の節くれ盛と衰 河野多希女 両手は湖
短日や笊をかぶつて伸びぬ背丈 龍岡晋

More
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

おでん

おでん

例句を挙げる。

おでんつつ突く裸電球ゆらさうか 伊東達夫
おでんの具塔は五臓を重ねて串 竹中宏 句集未収録
おでんの湯気忙しげ夕刊折る音に 香西照雄 対話
おでんの灯いつ身につきしからみぐせ 古川沛雨亭
おでんの灯文学祭は夜となりぬ 山口青邨
おでんやがよく出るテレビドラマかな 吉屋信子
おでんやで単身赴任たのしめる 中川秋太
おでんやにすしやのあるじ酔ひ呆け 久保田万太郎 草の丈
おでんやのうしろに夜の波止場あり 鮫島春潮子
おでんやの湯気とは酔を誘ふもの 小田尚輝
おでんやの湯気吹き飛ばす空ッ風 高浜虚子
おでんやは夜霧のなかにあるならひ 久永雁水荘
おでんやを立ち出でしより低唱す 高浜虚子
おでん啖べゐて花野へ逃げ戻る 文挟夫佐恵 黄 瀬
おでん喰ひ泥棒の話女の話 福田蓼汀
おでん喰ふそのかんばせの鋭きゆるき 篠原鳳作
おでん喰ふ聖樹に遠き檻の中 角川春樹
おでん屋にたゞ集つてをりにけり 後藤立夫
おでん屋に又一汽車を遅らす気 間嶋秋虹
おでん屋に同じ淋しさ同じ唄 岡本 眸
おでん屋に数珠はづしたる僧と居て 菅原独去
おでん屋に集へる背中相似たり 山田弘子 こぶし坂以後
おでん屋のうすぎたなさが性に合ひ 石田壮雪
おでん屋の低き神棚煤けをり 牛島 清治
おでん屋の女上海帰りとや 福田清人 麦笛
おでん屋の常連の座の決りをり 丸山茨月
おでん屋の月夜鴉の客ひとり 龍岡晋
おでん屋の湯気の向うにおかめ顔 高澤良一 宿好 
おでん屋の灯の正面にバス止る 大塚とめ子
おでん屋の猫のしっぽの一寸ほど 糸山由紀子
おでん屋の看板娘如何にせし 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
おでん屋の背の灯のいまだ更け足らず 久米正雄 返り花
おでん屋の隅にをらざるごとくをり 下村非文
おでん屋をのこし早寝の小漁港 大島民郎
おでん屋をやつてみたいと言ふ女 下村梅子
おでん屋を出て真つ黒な土手がある 岡本眸
おでん汁たつぷりと戦年を更ふ 久米正雄 返り花
おでん焼藷えんぶりの尾にゐて寧し 小林康治 玄霜
おでん煮えさまざまの顔通りけり 波多野爽波 『骰子』
おでん煮てそのほかの家事何もせず 山崎房子
おでん煮ゆマヤコ消息不明なる 如月真菜
おでん煮ゆ男はもののさびしくて 行方克巳
おでん種臼の大根をたばさみぬ 高澤良一 宿好 
おでん買ふ谷中寺町ほたる坂 和田幸八
おでん酒あしもとの闇濃かりけり 久米三汀
おでん酒うしろ大雪となりゐたり 村山古郷
おでん酒わが家に戻り難きかな 村山古郷
おでん酒夫の多弁を目で封じ 斎藤佳織
おでん酒当を得ているその見方 高澤良一 ぱらりとせ 
おでん酒百年もつかこの世紀 川崎展宏 冬
おでん酒貧乏ゆすりやめ給へ 倉橋羊村
おでん酒酌むや肝胆相照らし 山口誓子
おでん酒酌んで互ひに相識らず 田伏幸一
おでん酒風くろぐろと吹き通り 草間時彦
おでん鍋の湯気を小さく皿に頒つ 手塚七木
おでん食ふよ轟くガード頭の上 篠原鳳作 海の旅
おでん食ふ貧しさもまた異れり 榎本冬一郎 眼光
おでん食ぶ母の屈背を愛しめり 大橋敦子 勾 玉以後
とつときの話もち出すおでんかな 龍岡晋
カフカ去れ一茶は来れおでん酒 加藤楸邨
亭主健在おでんの酒のよいお燗 富安風生
人の世がたまらなく好きおでん酒 西村無二坊
例へばおでんの芋に舌焼く愚 安住 敦
倖せが誰でも似合ふおでん酒 高井敏江
府下中野の頃のおでん屋に客たりし 久米正雄 返り花
待つ思ひおでんの湯気の中にあり 高木晴子 花 季
晩成もならざる煮込おでんかな 小野博子
渡り漁夫おでん屋台を占めにけり 田中敦子
煮え過ぎのおでんに減つてゐし家族 稲畑汀子 汀子第二句集
百代の過客の一人おでん酒 長谷川櫂 虚空
箸に寄すおでんの種のがんもどき 石川桂郎 四温
菩薩顔おでんをすゝむ誕生日 石塚友二 方寸虚実
酒場の灯赤青おでん屋では灯は黄 池内友次郎 結婚まで
長老のぼそりと褒める味噌おでん 柳沢たみ子
風の音遠汽車の音おでん煮ゆ 大橋敦子
高飛車に決め付けらるるおでん酒  高澤良一  ぱらりとせ
選り惑ふ箸にぶつかるおでん種  高澤良一  宿好
言外にくみとれるものおでん酒  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

鮟鱇鍋

鮟鱇鍋

例句を挙げる。

たつぷりと海を見て来し鮟鱇鍋 山崎ひさを
ひとりごちひとり荒べる鮟鱇鍋 森澄雄
ほかの部屋大いに笑ふ鮟鱇鍋 深川正一郎
よく煮えて煮こぼれてゐて鮟鱇鍋 島村茂雄
デカルトを説き饒舌の鮟鱇鍋 新関一杜
世話物に出さうな夫婦鮟鱇鍋 中火臣
人並になりし五十の鮟鱇鍋 長谷川かな女 雨 月
十能に飯の引火や鮟鱇鍋 柑子句集 籾山柑子
夜は夜の神田ありけり鮟鱇鍋 清水双水
山鳥の尾の長酒や鮟鱇鍋 柑子句集 籾山柑子
帰る如来し江東や鮟鱇鍋 石田波郷
悪名もいまはむかしの鮟鱇鍋 鈴本真砂女
月を見て入りけり鮟鱇鍋の店 川崎展宏
東京は日暮の早し鮟鱇鍋 茂里正治
水洟や鮟鱇鍋の夜としぬ 森澄雄
沖の灯と見えて星出づ鮟鱇鍋 中拓夫
漆黒の怒濤ひびけり鮟鱇鍋 酒井みゆき
灯の下に鮟鱇鍋のありて煮ゆ 行方克巳
炭はねて眉根を打ちぬ鮟鱇鍋 中田余瓶
百年をまとめて忘れ鮟鱇鍋 須原和男
義士ふたり討入まへの鮟鱇鍋 秋山巳之流
肝いかゞいかゞと仲居鮟鱇鍋 森田峠 逆瀬川以後
葬りて鮟鱇鍋をつつきをり 仙田洋子 橋のあなたに
酒しみし卓のひかりや鮟鱇鍋 片山鶏頭子
酔うて寝るそれが船方鮟鱇鍋 加賀山たけし
隣席は男ばかりや鮟鱇鍋 栗山よし子
鮟鱇の肝うかみ出し鮟鱇鍋 高濱虚子
鮟鱇鍋かうなるまでを語り草 今泉貞鳳
鮟鱇鍋せんと大きな机かな 岸本尚毅 舜
鮟鱇鍋にんげんの闇あたたまり 河村四響
鮟鱇鍋はらからといふよき言葉 鈴本真砂女
鮟鱇鍋世に容れられずして久し 久米はじめ
鮟鱇鍋人の大金懐に 橋本花風
鮟鱇鍋人の運命をはかりゐる 清崎敏郎
鮟鱇鍋共に突つきて世に出でず 渡辺志水
鮟鱇鍋夜汽車を灯す海の音 伊藤淳子
鮟鱇鍋息子夫婦とつつき合ふ 長村雄作
鮟鱇鍋戸の開けたてに風入りぬ 館岡沙緻
鮟鱇鍋昨日といへど遙かかな 角川春樹
鮟鱇鍋箸もぐらぐら煮ゆるなり 高浜虚子
鮟鱇鍋老舗しづかに客満ちて 佐久間木耳郎
鮟鱇鍋腑分けのごとき箸遣ひ 関森勝夫
鮟鱇鍋舌あざやかにあやつれり 小林康治
鮟鱇鍋諫めて父をかなします 大石悦子 群萌
鮟鱇鍋路地に年月重ねたり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇鍋酔の壮語を楯として 小林康治 玄霜
鮟鱇鍋酔顔やさしと言はれをり 奈良文夫
鮟鱇鍋風の勿来を降りてきて 古舘曹人 樹下石上
鮟鱇鍋騙されまじくよばれゐる 山野邊としを
あんこう鍋皆いつぱしの顔もてり 荒井正隆
あんこう鍋神田は路地の二階にて 藤岡筑邨
鮟鱇煮え巧言令色鮮矣仁  高澤良一  ぱらりとせ
鮟鱇の強つくばりの口許よ  高澤良一  随笑
あんかうは癖のなき魚箸伸ばす  高澤良一  寒暑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の水

冬の水

例句を挙げる。

*どに入りて千々にぬけ行く冬の水 前田普羅
うつる灯のしづかに深く冬の水 高濱年尾
おもひしづむごとくながるる冬の水 石原舟月
これよりは冬の水押す紅葉かな 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
ぽつとりと浮く日輪や冬の水 高橋淡路女 梶の葉
エプロンは冬の水仕に濡れやすき 波多野爽波 鋪道の花
冬の水*ごりの生簀にまはりをる 高濱年尾 年尾句集
冬の水うましといへばなかれけり 水内 鬼灯
冬の水かゝりて重き水車かな 野村泊月
冬の水すこし掬む手にさからへり 飯田蛇笏 春蘭
冬の水もて仏塔の燈に応ふ 古舘曹人 能登の蛙
冬の水わが身をながれ細りけり 高屋窓秋
冬の水一枝の影も欺かず 中村草田男(1901-83)
冬の水人間臭の棕梠のもと 沢木欣一
冬の水佇み見たる美しき 後藤夜半
冬の水切株を割る力欲し 岩田昌寿 地の塩
冬の水呑んで動かす喉佛 老川敏彦
冬の水堰ある音をたてるかな 野村喜舟 小石川
冬の水明け方は夢あまたみて 徳弘純 非望
冬の水暮れては流す都電の灯 石塚友二 光塵
冬の水曾比のゆくかげはやからず 飯田蛇笏 春蘭
冬の水水輪生まるゝこともなく 佐々木 小夜
冬の水泪びかりに岩間落つ(霧積温泉) 上村占魚 『萩山』
冬の水浮む虫さへなかりけり 高浜虚子
冬の水熱ある口にやはらかき 林翔 和紙
冬の水牛の四角き顔映る 林徹
冬の水緋鯉打つべく落ちにけり 落合水尾
冬の水美し近づきて影置かむ 日野晏子
冬の水著莪の葉むらの青照りに 瀧春一
冬の水飲むももいろの鹿の舌 下里美恵子
冬の水鳳凰堂を映しをり 高木良多
呼び出して叱りつけたる冬の水 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
啄めばちりちり鳴らむ冬の水 夏井いつき
山影の彩があるかに冬の水 古舘曹人 砂の音
日当れる底の暗さや冬の水 鷲巣ふじ子
日輪の上を流るる冬の水 高野素十
時々に枝の雫や冬の水 宮野 寸青
暗きより暗きへ冬の水の音 石塚友二
暮るるものみなばらばらに冬の水 松村蒼石 雁
最澄の山を出てくる冬の水 伊藤通明
杉山を負ひ戸々富めり冬の水 露月句集 石井露月
楮晒す小屋を流れぬ冬の水 長谷川かな女 雨 月
正面に獏ゐて冬の水動く 佐藤麻績
浮みたる煤が走りし冬の水 高橋すゝむ
眼を閉ぢて母の眼流る冬の水 磯貝碧蹄館
紙漉の跡ひそひそと冬の水 殿村莵絲子
芹そだつ冬の水吾が旅の影 及川貞 夕焼
間断なく石を慰む冬の水 磯貝碧蹄館
館失せ泉石のこす冬の水 有働亨 汐路
とくとくと岩根くり抜き冬水の聲新し 橋本夢道
冬水に瀕死の金魚華麗なり 篠田悌二郎
冬水に船名わかず映りけり 大橋櫻坡子 雨月
冬水のたぎつにすこしはげまさる 谷野予志
冬水のほとりの草の青かりし 中尾白雨 中尾白雨句集
冬水の涸れてつなげる淵ふたつ 水原秋桜子
冬水の行方浅葱の扉なす空 安東次男 裏山
冬水の韻きにそひて墓畔ゆく 飯田蛇笏 椿花集
冬水は美しコップに父を映す 中山純子 茜
冬水や一つの渦にめぐり居り 前田普羅 飛騨紬
冬水や南天挿して生簀箱 楠目橙黄子 橙圃
冬水や古瀬かはらず一と筋に 飯田蛇笏 霊芝
冬水や日なた影玉うつりつつ 飯田蛇笏 山廬集
木場の冬水漬くものより昏れそむる 文挟夫佐恵 黄 瀬
看護婦らこゞむほとりに冬水湧く 岩田昌寿 地の塩
顔暗く佇てば冬水急ぎをり 野口清
けぶりつつ蛾の翅泛ぶ冬泉 堀口星眠 営巣期
なまよみの甲斐の霊しき冬泉 加倉井秋を
一鳥のこゑに緊まりし冬泉 つじ加代子
中天の日を浸し湧く冬泉 内藤吐天 鳴海抄
冬泉けもののにほひありにけり 加藤三七子
冬泉なま身は香り放つなり 鍵和田釉子
冬泉のさざ波や海女雑巾さす 加藤知世子 花寂び
冬泉ひとの言葉を聴いてゐる 石田郷子
冬泉夕映うつすことながし 柴田白葉女 雨 月
冬泉暗しと梯子負ひ歩く 佐藤鬼房 地楡
冬泉毛細根も子らも集ふ 香西照雄 素心
冬泉生きてゐて受く光りかな 村越化石
冬泉藻のまみどりに湧きやまず 小松世史子
切株の渦のとなりの冬泉 青柳志解樹
受話器とる寒泉そこに奏でゐて 木村蕪城 寒泉
吾が影を映す暗さの冬泉 石川文子
墓山へ誰か登りし冬泉 山本洋子
大寺の寒泉の声聞きに来し 有働亨
大理石の隙に噴出て冬泉 毛塚静枝
寒泉に一杓を置き一戸あり 木村蕪城 寒泉
寒泉の底老鱒の死どころ 百合山羽公 寒雁
寒泉の白き一朶や伊賀に入る 橋本鶏二
寒泉や島影に鯉とゞまらず 渡邊水巴 富士
寒泉を南無や南無やと掬びけり 斉藤夏風
山の冬泉の鯉も朦朧と 森 澄雄
廊下の燈寒泉の梅咲きにけり 渡邊水巴 富士
手を入れて水の厚しよ冬泉 小川軽舟
旅人へ苔あをあをと冬泉 加藤耕子
日輪の見えて届かぬ冬泉 右城暮石 上下
月に澄み日に澄む広野の冬泉 柴田白葉女 雨 月
月光のおとづれを待つ冬泉 館野 豊
樹の方へ足音消ゆる冬泉 神尾久美子 桐の木
汲みしあと満つるに間あり冬泉 大岳水一路
波郷忌や杜の明るき冬泉 中田樵杖
浄瑠璃のこゑ冬泉に張りのぶる 加藤耕子
漲りて一塵を待つ冬泉 飯島晴子
潺潺と冬泉あり土葬村 小澤實 砧
生きものの声あげつづけ冬泉 杉 良介
白日忌寒泉韻く如くなり 中島月笠
紐咥へ髪結ひなほす冬泉 岡本眸
繩文の唄のきこゆる冬泉 福田甲子雄
鎌倉に夜の足音冬泉 原裕 葦牙
雉子の目のやうな水輪を冬泉 高澤良一 ぱらりとせ 
雑兵の如く飯食ふ冬泉 皆川白陀
冬の洗面真水を顔に打ちつけて  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:48 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あきらめし狐かかりぬ罠錆びて 藤原如水
あけび割れ狐は親を忘れたり 橋石 和栲
あな冷やか狐が狐舎にひとつづつ 秋櫻子
ありありと狐逃げゆく枯野かな 渋川玄耳 渋川玄耳句集
いくたびも仔狐の来る星月夜 山田みづえ
いとどしき猟夫の狐臭炉のほとり 山口誓子
いとゞしき猟夫の狐臭炉のほとり 誓子
いぼむしり狐のごとくふりむける 唐笠何蝶
うき恋や狐つらるる雉の美目 浜田酒堂
うごきやまぬ狐は冬日照返し 渡邊水巴 富士
うらゝかや狐の輪索(わな)も見て過ぐる 蘇山人俳句集 羅蘇山人
うら山の子狐鳴ける干菜風呂 内田 雅子
うれしさの狐手を出せ曇り花 原石鼎
おのが影踏み遊びをり檻狐 山田弘子
おぼろ月狐の檻に狐の尾 黒谷忠
お彼岸の狐帰り来る夜道かな 内田百間
お火焚に逆立つ狐灯りけり 阿波野青畝
お狐に何のねぎごと神無月 牛田村
お狐のころがつてゐる冬の宮 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
かき抱く子狐も石つゆけしや 鳥居美智子
かごめかごめと田を囲みきつね花 檜紀代
かしこくも粥杖うちぬ狐つき 松瀬青々
かの後家のうしろに踊る狐かな 黒柳召波 春泥句集
きつねこころをまつさかさまにしてうらら 阿部完市 春日朝歌
きつねつき風吹き居れば反応す 阿部完市
きつねと百とみそらにうかび歌謡曲 阿部完市 春日朝歌
きつね顔して寒釣の立ちあがる 曽根原幾子
くちなしの実の証しなる狐いろ 高澤良一 随笑 
ころぶといなや狐はなるる 史邦 芭蕉庵小文庫
さくらどき白き帯しめ吾は狐 中西夕紀
さびさびとステテコくはへ昼狐 加藤郁乎 佳気颪
すっくと狐すっくと狐日に並ぶ 中村草田男
たんぼ径鳴きて狐のよぎりけり 小椋 隆
ちらちらと檻の狐に降る雪よ 成瀬正とし 星月夜
どこにひそむ金の狐や蕨狩 平畑静塔
ねんねしな狐おそろし夜おそろし 川口重美
のつぺ汁狐の化けしものがたり 町田しげき
はぐれしは狐の仕業午まつり 伊藤いと子
はつうまに狐のそりし頭かな 芭蕉
はる~の原や小狐霙空 幸田露伴 礫川集
びしよ濡れの狐出てくる蕗畑 石田郷子
ふか~と創ある老樹狐罠 花田春兆
ふりむきし狐のお面水草生ふ 中田剛 珠樹以後
ふり向きて狐まぎるる山の色 堤 京子
ぼくじやない狐も回る盆踊り 五島高資
またしては狐見舞いくだり簗 黒柳召波 春泥句集
またしても狐見舞ひぬ下り簗 召波
ままごとの夢中へ降るは狐の葉 渋谷道
まんじゆさけ蘭に類ひて狐啼 蕪村遺稿 秋
みじか夜の白狐吾を見てわれも見る 角川春樹 夢殿
ものうさや檻の狐にわが影伸ぶ 川口重美
やよい朔日きつねきている姉の仲よし 阿部完市 春日朝歌
ゆき過ぎて狐と気付く月おぼろ 小林黒石礁
ゆく年や狐のかけしよだれかけ 久保田万太郎 流寓抄以後
よるがおをふりかえりつゝ白狐逃げ 八木三日女
わが棲家狐の跡の円の中 桑原まゆ子
わたしでも狐でもなく踊るなり 五島高資
オホーツクの秋潮の紺銀狐の目 加藤楸邨
グラス触れ合はす狐が遠巻きに 正木ゆう子
一つづつ寒灯を持つ狐塚 小泉八重子
一斉に養狐ふり向き雪霏々と 佐野青陽人 天の川
一月や山中をくる狐憑 矢島渚男 梟
三ヶ月に狐化かさん苗代田 支考 俳諧撰集「藤の実」
三日月に狐出て見よオホーツク 藤田湘子
下闇抜け遽かに若し狐舎守は 林翔 和紙
丸く寝て尾が不思議なり狐の仔 鈴木栄子
乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子
二三日狐も寄らず暮るる秋 会津八一
二人よつて狐がばかす話をしてる 尾崎放哉
二度童子狐のかんざし挿してくる 柿本多映
人の妻を盗む狐や春の月 妻木 松瀬青々
人形の手に正札や銀狐 星野立子
人間に狐ぶつかる春の谷 金子兜太 詩經國風
今朝ぞしる狐渡って氷鮒 沾葉 選集「板東太郎」
仔狐が忘れていつた曼珠沙華 坂本宮尾
代官に妖て瓜喰ふ狐かな 高井几董
児の泣けばはつと飛び退く狐かな 中村汀女
公達に狐化けたり宵の春 蕪村
公達に狐化たり宵の春 蕪村 春之部 ■ 春夜聞琴
六斎の一人は鳥羽の狐かな 松瀬青々
冬うらゝ狐塚土減るばかり 長谷川双魚 風形
冬されや狐もくはぬ小豆飯 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬されや狐も喰はぬ小豆飯 正岡子規
冬の夜の狐は親のなくやらん 中勘助
冬山や木の根岩根の願狐 篠原鳳作 海の旅
冬山家狐を飼へる臭ひあり 清崎敏郎
冴ゆる夜の今の飛脚は狐かな 原本神桜
初冬の狐の聲ときこえたり 泉鏡花
初午に無官の狐鳴にけり 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
初午に狐の剃りし頭哉 松尾芭蕉
初午や常のともし火昼狐 言氷 選集「板東太郎」
初午や狐つくねしあまり土 炭 太祇 太祇句選後篇
初午や狐のわたる雪の積 滝井孝作 浮寝鳥
初弥撒へ狐の跡を照らしゆく 堀口星眠 営巣期
初枕狐の闇に眼を凝らし 星眠
化け兼(かね)る狐とびゆく野分かな 空能 古句を観る(柴田宵曲)
化け兼る狐とびゆく野分かな 空能
半日は酒を冷やせり狐川 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
原松原きつねの一年晴れている 阿部完市 春日朝歌
口に乗る春歌や旱の狐立つ 斎藤玄
口切や宗旦狐座にまぎれ 井沢正江
古寺や狐顔出す冬籠 四明句集 中川四明
古寺や葎の下の狐穴 闌更
古狐らしと嗅ぎ居し地へ罠 田丸夢学
吉次越狐の道となりて絶ゆ 水原秋桜子(1892-1981)
吸入を終へて拭ひし狐づら 原コウ子
咲く野梅きつね色どき過ぎつをり 篠田悌二郎
地を掘り掘る狐隠せしもの失ひ 橋本多佳子
地吹雪に出口もあらず狐塚 古舘曹人 樹下石上
夏めくや狐いろなる障子の灯 中拓夫
夕蝉にふわりとひらく狐茸 松村蒼石 寒鶯抄
夜狐の声ひそめゐる花神楽 橋本榮治 麦生
夜蛙の名残りきつねのぼたん咲く 羽部洞然
夜長咄狐が人を騙す型(かた) 高澤良一 鳩信 
大名行列白狐にたぶらかされゐる圖 高澤良一 燕音 
天上の日を鎮めゐし狐罠 磯貝碧蹄館
姐(ねえ)さんの花に浮かれて狐拳 筑紫磐井 花鳥諷詠
嫁とりし狐が顔や枯尾花 会津八一
子をあやすそれは狐が喋るなり 渋谷道
子守唄そこに狐がうづくまり 橋本多佳子
子狐のかくれ貌なる野菊哉 與謝蕪村
子狐の遊んでゆきぬ*たけのかは 大石悦子
子狐を穴へ呼込むのわきかな 黒柳召波 春泥句集
小狐のわれに飛び出る芒哉 花山
小狐の何にむせけむ小萩原 蕪村
小狐の風にかくれし芒かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
小舎の鶏きつねのあとに鳴きにけり 小原啄葉
尾のとれし夢みて狐啼きにけり 鈴木栄子
山焼けば狐のすなる飛火かな 河東碧梧桐
峡にゐる狐丸太になりすます 辻田克巳
巫女(かんなぎ)に狐恋する夜寒かな 與謝蕪村
巫女に狐戀する夜寒かな 蕪村遺稿 秋
巻物をくはへて狐野分雲 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
帰り咲くや狐川より志賀の花 椎本才麿
年の一夜王子の狐見に行かむ 山口素堂
年の夜の狐にかへる狂言師 深谷雄大
幻の狐の耳のはつきりと 橋本鶏二
幻月や逃げる狐がふり向きぬ 市場基巳
彼後家のうしろにおどる狐かな 炭 太祇 太祇句選
待ちに待ちし狐が来しと罠を掛く 原ふじ広
後朝を狐となりし中納言 筑紫磐井 野干
忠信が狐に戻る師走かな 辻桃子
恵方道狐の穴もほとりして 白岩 三郎
意趣のある狐見廻す枯野かな 炭 太祇 太祇句選
戸口まで狐の跡の来てかへす 戸沢寒子房
戸隠山の螢見てゐる白狐かな 佐川広治
手拭をかむらば狐夕芒 木村ふく
手毬かくる狐ケ崎の枯芝に 萩原麦草 麦嵐
打よりて狐括りつ鳴子縄 尾崎紅葉
持ち山を白狐守り蛇の舌古り 八木三日女 落葉期
掛稲や狐に似たる村の犬 正岡子規
掴まれし尻つぽ男狐しどろもどろ 稲垣きくの 牡 丹
文字滲むように二匹や夏狐 澁谷道
新月に野狐のつく舎をさす 飯田蛇笏 春蘭
新松子濡れて狐の嫁入りぞ 佐々木六戈 百韻反故 初學
新盆や狐のかみそり忽と咲き 堀口星眠 営巣期
日の夕ベ天空を去る一狐かな 金子兜太 狡童
日は沈む狐影天上の雪に曳き 福田蓼汀 秋風挽歌
日や雨や狐嫁入る村紅葉 幸田露伴 拾遺
早乙女につきし狐や二三日 月舟俳句集 原月舟
早蕨や狐の穴もうらゝかに 野村喜舟 小石川
星に吹く強き風あり狐罠 黒田咲子
星月夜かぐろく鳴るは狐川 角川源義 『秋燕』
昼ぬくくひとのみちゆく狐かな 松村蒼石
時雨るゝを狐日和と里人は 古屋敷香葎
晒菜升麻白狐のごとし霧がくれ 古賀まり子
晴るる日は霞む狐の名所かな 会津八一
智恵詣狐日和となりにけり 島田たみ子
暗闇の師走狐のくをんと啼く 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
曲り屋に狐鳴く山迫りたる 幕内千恵
月の夜は歩かぬといふ狐かな 難波鴻峰
月の夜は狐の檻の暗かりし 山口青邨
月山の初雪狐追い出だす 長谷川かな女 花 季
月待つと狐は己が尾を抱き 鈴木栄子
月澄むや狐こはがる児の供 松尾芭蕉
有明に狐飼ふ子の春明くる 前田普羅 春寒浅間山
朝焼けて氷湖を渡る北きつね 高岡秀行
期しゐたる狐日和や鏡花の忌 相生垣瓜人 明治草抄
木の葉舞ふ狐の声のせしやうな 富坂宏巳
末枯に人を恐れぬ狐かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
松虫に狐を見れば友もなし 其角 (野宿秋興)
松過ぎて狐の皮の干されけり 白岩てい子
枕立て狐の声を恋ひわたる 後藤綾子
枯尾花狐の祭のはじまりぬ 伊藤 梢
枯菊に来らずなりし狐かな 高浜虚子
梅雨の月狐の仕業かも知れず 稲畑汀子
梅雨闇の野風呂や狐顔ひとり 加藤房子
梟をなぶるや寺の昼狐 正岡子規
棧俵村に狐の雨が降る 奥山甲子男
椴の穂に星のあをしと鳴く狐 及川 澄
檻の狐凍てし己れの糞たしかむ 津田清子 礼 拝
檻狐人に流し目見せにけり 牧野春駒
檻狐跳躍の尾を地に触れず 山田千成
残雪や河口に出づる北きつね 服部鹿頭矢
母と子のトランプ狐啼く夜なり 橋本多佳子(1899-1963)
母の椅子狐の団地に置いてきた 金城けい
毛皮シヨーライト当りし狐の目 尾上柊青
気づかれて狐は穴をかへにけり 内山 亜川
水仙に狐あそぶや宵月夜 蕪村遺稿 冬
水仙に狐遊ぶや宵月夜 蕪村 五車反古
永き日の狐が落ちし稿のあと 中拓夫
湖こめて降りつむ雪や銀狐鳴く 佐野青陽人 天の川
湯ざめして鏡の奥の狐顔 仙田洋子 橋のあなたに
火の如き狐臭の中の檻の狐 谷野予志
火事の夜は狐の影絵して遊ぶ 古館曹人
炬燵して芋銭の狐隊行圖 高澤良一 ももすずめ 
熱の児のうはごと絶えて鳴く狐 三嶋 隆英
熱燗や狐日和を誰となく 中田剛 珠樹以後
燈篭に荷だくさんなる狐かな 阿波野青畝
父なくて檻の狐に歩をとどむ 草間時彦
物識り狐が手繰る数珠玉かき鳴らし 鈴木栄子
狐いろに着し毛ごろもや野も我も 木下夕爾
狐かと南瓜の花に駭きし 右城暮石 声と声
狐かも知れず枯野の宿女 山田弘子
狐ききをり自然薯掘のひとり言 森澄雄 花眼
狐なく霜夜にいづこ煤はらひ 炭 太祇 太祇句選後篇
狐にも犬にもなりて鍋つつく 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
狐に眉の毛を数へらる数へさす 磯貝碧蹄館
狐の剃刀霧へ落として来りけり 櫛原希伊子
狐の嫁入り囃し立て夏休み 東浦津也子
狐の嫁入り虹を峠に残しけり 櫛原希伊子
狐の戒め尾を濡らすまじ濡らすまじ 鈴木栄子
狐の提燈ちちははありし世のままに 影島智子
狐の襟巻まかり通るよ寄りがたし 玉川行野
狐は一夫一婦わが恋知らるるな 鈴木栄子
狐めく箒や京の祭あと 渋谷道
狐らの夜となる夕焼野にくらし 堀口星眠 火山灰の道
狐らも夜霧の上の風を聴け 夏石番矢
狐を見てゐていつか狐に見られをり 加藤楸邨
狐出て人に餌乞ふ夕月夜 飯塚秀城
狐出て遊べしどみの返り花 有働 亨
狐出て長患ひの始まりぬ 瀧澤伊代次
狐哭くぽつぺんを吹く老人のように 上原勝子
狐啼いて新酒の酔さめにけり 子規句集 虚子・碧梧桐選
狐啼きふたたびの声はや遠し 西川光子
狐啼き膳部つましき坊泊 加藤 一郎
狐啼くと祖母の噺の終りけり 福田蓼汀 山火
狐啼く三更といふ刻あれば 植平桜史
狐啼く声冴えざえと高嶺星 斎藤美智子
狐啼く山ふところに漉屋の灯 矢谷美代子
狐啼く野に星の降る夜なりけり 美柑みつはる
狐啼く闇に冬芽の満つるかな 鳥居おさむ
狐啼け曼珠沙華光(くわう)おとろへぬ 北原白秋
狐嫁入るかと仰ぐ一の午 千原叡子
狐山狼山の尾花かな 三好達治 俳句拾遺
狐憑き診て戻る夜の旱星 武井ひろ子
狐木の葉をお金に化かす紙芝居 高澤良一 素抱 
狐来る夜なるべしこの静けさは 渡邊千枝子
狐来る鷹来る雪のおくつきは 大峯あきら
狐狗狸の頭ならべて雪安居 本田一杉
狐目に描くアイライン巴里祭 橋本榮治 逆旅
狐着て狸のごとく待ちをりぬ 岡田史乃
狐着て酔うてをります帰ります 岡田史乃
狐等に銀世界雪降りつづく 池内友次郎
狐糞二タ粒秋の霜柱 和知喜八 同齢
狐罠かけきし夕餉黙し食ふ 亀井糸游
狐罠かけて冠を正しけり 広瀬盆城
狐罠かけもし炭も焼けるかな 林夜詩桜
狐罠はじきとばして猪逃ぐる 古川芋蔓
狐罠一村智恵を同じうす 長谷川双魚 風形
狐罠女もつよき地酒欲る 水谷芳子
狐罠日沈むとき月のぼる 大峯あきら
狐罠月あをあをと出でにけり 山木洋子
狐罠狸罠あり異らず 細川加賀 生身魂
狐罠西瓜畑にかけてみむ 香月 房子
狐罠覗く狐の顔をして 大立しづ
狐罠野犬荒すと炉守言ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
狐舎のうら秋烈日の火山立つ 相馬遷子 山国
狐舎の径白膠木の紅葉赫と燃ゆ 水原秋桜子
狐舎の灯を木の間の闇に見て寝ねつ 前田普羅 春寒浅間山
狐舎を見る朱の日傘を傾けつ 石田波郷
狐舎を見る身に秋風をまとひつゝ 相馬遷子 山国
狐見て夏野淋しく立ち止まる 癖三酔句集 岡本癖三酔
狐診し医師戻るに霰かな 菅原師竹句集
狐貌して来し立春の青菜売 長谷川かな女 花寂び
狐釣り植木のあたりたいへん 阿部完市 春日朝歌
狐釣る罠が美事に小冠者釣る 筑紫磐井 婆伽梵
狐飼ふ人におくられすぐ花野 堀口星眠 火山灰の道
狐鳴き夜々籠る吾に足温器 村越化石 山國抄
狐鳴く夜も村の恋行はる 菅裸馬
狐鳴く夜目にともし寝るあれこれよ 村越化石 山國抄
狐鳴く岡の昼間や雪ぐもり 内藤丈草
狐鳴く村に嫁ぎて五十年 安倍 希佐恵
狐鳴く村より女来て回向 中村 としゑ
田の神に御慶の狐通りけり 邊見京子
男ありむさしをあるく銀狐つれて 阿部完市
男といふ性は峠を過ぎゆきて<赤いきつね>を啜りゐるなり 田島邦彦
畑番に狐ちよろつく蕎麦の花 大田洛川
留守狐お供狐を送りけり 子規句集 虚子・碧梧桐選
白き花狐にともし梅雨入かな 村越化石 山國抄
白樺の秋日銀狐の眸にのこる 瀧春一 菜園
白狐いや雪をんな邪鬼一瞬 大里泰照
白狐天を翔け顔見世のはねにけり 西村和子 かりそめならず
白露や狐の顔のぬるゝまで 野村喜舟 小石川
盗人に出合ふ狐や瓜ばたけ 炭 太祇 太祇句選
県居に狐なんどや草枯るゝ 尾崎迷堂 孤輪
真菰編むとき猿も狐も傍輩ぞ 鈴木栄子
眠りより覚めし狐に尾のありぬ 牧野春駒
眠れねば白狐いざなふ霧氷林 野澤節子
知恵で臭い狐や夏の火山島 西東三鬼
短夜の戯畫の狐とちぎりけり 後藤綾子
短夜の狐たばしる畷かな 内田百間
短夜の狐を化かす狐あり 内田百間
短夜や金も落さぬ狐つき 蕪村遺稿 夏
石を打狐守夜のきねた哉 蕪村 秋之部 ■ 我則あるじゝて會催しけるに
神の留守狐の飛脚戻りけり 越智
祭見に狐も尾花かざし来よ 正岡子規
福参つきあたりたる狐穴 寺澤慶信
秋の暮狐の真向き顔見たり 冬葉第一句集 吉田冬葉
秋夜読む「扨化狐通人(さてもばけたりきつねつうじん)」 高澤良一 燕音 
秋深み狐の鳴くにうなづくよ 村越化石 山國抄
秋草や狐に似たる熊野犬 高橋淡路女 梶の葉
秋風やひようひようと鳴る狐穴 今瀬剛一
種売に狐日和のおもしろし 古舘曹人 樹下石上
稲妻を吸ふて太るや青狐 久米正雄 返り花
稲荷狐と目が会う迂闊 ビル屋上 森 早恵子
竹を伐る男しだいに白狐たり 熊谷愛子
細りゆく夜毎の月よ狐鳴く 長谷川草々
終ひ湯の窓に欠け月狐啼く 古道紀美子
罠なくて狐死にをる野分かな 河東碧梧桐
罠逃げて狐落ち行く枯野かな 広江八重桜
美しき夕日三日や狐罠 大峯あきら
老狐その尾俺に呉れんかい早う早う 永田耕衣 狂機
耳うごく飛騨の客僧狐鳴く 山上荷亭
肩狐夫人閑暇に疲れけり 林原耒井 蜩
背中からつづいて太き狐の尾 粟津松彩子
臘月や檻の狐の細り面 原石鼎
花屑掃く養狐舎朝日行きとどく 河野南畦 湖の森
花筏狐映りし池にかな 太田土男
花芒狐が嫁にゆく雨ぞ 細川加賀 生身魂
花葛や巌におかれし願狐 篠原鳳作 海の旅
花藻著て瓜買ひに行く狐かな 菅原師竹句集
花陰の狐射てみよおどろかむ 筑紫磐井 野干
若き妻を野干(きつね)と知らでさくら狩 筑紫磐井 野干
若草山きつねいろしておん祭 加藤三七子
英名は緑の狐のしっぽ草 高澤良一 燕音 
草原や蜂を恐るる狐の子 正岡子規
草木瓜は紅きがゆゑに狐寄らず 橋本多佳子
草枯て狐の飛脚通りけり 蕪村 冬之部 ■ 春夜樓會
草枯や石の狐の口長く 野村喜舟 小石川
草枯れて狐の飛脚通りけり 蕪 村
萩すすき狐はひよつと振り向くもの 鈴木栄子
蒲の穂に火をともしあふ狐かな 西島麦南 人音
薄雪に狐の罠の新しく 喜多壮一郎
薄雪の狐の痕や厚氷 会津八一
薔薇色の舌を狐も吾も蔵す 山根真矢
藁を打つ狐・狸のよろこぶ音 今瀬剛一
藪柑子狐巣籠る穴小さし 羽田岳水
蘭夕狐のくれし奇楠を(たか)む 蕪村 秋之部 ■ 澗水湛如監
行列の狐のあねさんかぶりかな 高澤良一 素抱 
裏門や狐のかみそり総立に 大木あまり 火球
襟巻の狐くるりと手なづけし 中原道夫
襟巻の狐の顔は別に在り 高濱虚子
襟巻の狐をミサの膝の上 長田等
襟巻の銀狐獣の爪をもてり 岸風三楼 往来
西鶴忌きつねうどんに揚げ一まい 土生重次
諏訪の池狐がてんか夏の月 一鉄 選集「板東太郎」
豌豆や野より狐の跡つづく 墓田いさを
赤橋わたらず川わたらず夏狐 阿部完市 春日朝歌
赤狐父晩節に過てり 芳賀啓
走馬燈鳴かぬ狐が走りをり 野坂民子
足あとをたどるうしろに狐立つ 土方 秋湖
足音を変へて狐のついて来る 藤野 力
踊子の一人ふえしは狐なり 小川軽舟
輝きて銀狐は銀狐雪は雪 依田明倫
辻堂に狐の寝たる霜夜かな 正岡子規
近づけば鹿は狐の面差しに 中田剛 珠樹以後
達磨忌や狐も啼くか南禅寺 中村史邦
里の子や草つんで出る狐穴 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
野に雪の来て白狐寺の祈祷どき 文挟夫佐恵 遠い橋
野狐ほども無きわが身がさ春嵐 かな女
野狐来るは杜のホテルの食事時 中川いさむ
野馬(かげろう)に子供あそばす狐かな 野澤凡兆
野馬に子供あそばす狐かな 凡兆
金網より鼻出す狐木の葉降る 川村紫陽
金色の狐はいずと蕨狩 平畑静塔
釣瓶鮓食ひに忠信狐かな 菅原師竹句集
鉢たゝき狐塚まで二人づれ 四明句集 中川四明
銀狐わきを出でたるごとく去る 平井照敏
銃音に狐ふたつとなりて跳ぶ 土方 秋湖
長湯して仙人とをり狐啼く 太田土男
闇に出て神楽狐の貌冷やす 宮坂静生
闇の夜きつね下這ふ玉真桑 松尾芭蕉
闇七里狐の里の花の雨 櫛原希伊子
闇割れて白狐顕はる夏芝居 西村和子 かりそめならず
闇夜きつね下這ふ玉真桑 芭蕉
障子貼るお狐さまの風通ひ 波多野爽波 『一筆』
雁なくや子連れ狐の市女笠 鈴木栄子
雌狐の尾が雄狐の首を抱く 橋本鶏二
雪しまく行人塚の雌狐 望月精光
雪に置く狐施行の一包み 寺沢夢宵
雪の中珠や埋め去る狐かな 久米正雄 返り花
雪の森狐も住まぬ明るさよ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
雪代の激ちのかかる狐小屋 宮坂静生
雪山の初明りして狐罠 小坂順子
雪山へ狐の馳けし跡いきいき 大野林火
雪折の竹が簪狐川 草間時彦 櫻山
雪止んで狐は青い空が好き 池内友次郎
雪藉きて狐ら黙す寂しさは 堀口星眠 火山灰の道
霍公たゞあり明の狐落 榎本其角
霧にいる狐の青さ散華とや 金子兜太 詩經國風
霧月夜狐があそぶ光のみ 橋本多佳子
青柳や狐釣るべき枝の形 古白遺稿 藤野古白
鞄手に狐さすりて午祭 上野章子
韋駄天の狐遠野はおぼろ道 櫛原希伊子
頬落ちて狐顔せり夜の秋 秩父
顔見世の白狐吊られて宙に在り 品川鈴子
風笛に呼ばるるここは狐みち 平子 公一
飯盗む狐か蚯蚓鳴き止みぬ 蘇山人俳句集 羅蘇山人
飯盗む狐追うつ麥の秋 蕪村遺稿 夏
養狐舎に日ざして梨花の雨すぎぬ 石原舟月 山鵲
首に捲く銀狐は愛し手を垂るる 杉田久女
驚破霰狐啼く声やみにけり 古白遺稿 藤野古白
鬼橋の朧を渡る狐かな 椎橋清翠
鬼百合や山の夕日の狐いろ 柴田白葉女 花寂び 以後
鬼逐はれ狐栖みつく追儺寺 清水晴子
魚ぬすむ狐のぞくや網代守 炭 太祇 太祇句選後篇
鮭盗むきつねの罠のかけてあり 田中冬二 行人
鰆というをきつねがだましてやいている 阿部完市 春日朝歌
鶏の足を呼び餌に狐罠 上村佳与
鶏泥棒捕えてみれば大狐 中村千恵子
麦の秋年古る狐捕へけり 山本露葉
麦秋や狐たゝりの口々に 四明句集 中川四明
麦秋や狐ののかぬ小百姓 與謝蕪村
黄葉ふる風に銀狐の逆毛立つ 瀧春一 菜園
黎明の星みな強し狐罠 大峯あきら
黒き瞳と深き眼窩に銀狐 竹下しづの女句文集 昭和十一年
鼻合はす石の狐や春の月 野村喜舟
龍胆枯れ叩く狐の尾がむらさき 長谷川かな女 花 季
冷え性の本土キツネとおもひけり  高澤良一  さざなみやつこ
檻隣りホンドキツネのお忙氏  高澤良一  鳩信

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

藁仕事

藁仕事

例句を挙げる。

いとけなき膝さしむけつ藁仕事 木村蕪城 一位
せきれいや注連の藁打つ白川女 河前 隆三
どびろくの酔ひにまかせて藁打てる 荒木嵐子
ひつそりと原子炉藁打つ村を消し 佐々木とみ子
出稼の留守のわづかの藁仕事 大島鋸山
取壊すつもりの納屋に藁仕事 森田峠
壊しては繋ぐおしゃべり藁仕事 早乙女未知
小六月藁打つ嫗藁の中 日野草城
漬けこみの菜を積み置いて藁仕事 長谷川かな女 花寂び
焚火するための鍋あり藁仕事 高野素十
焚火する為の鍋あり藁仕事 素十
空腹な冬の夕暮れ藁打てば 大井雅人 龍岡村
荒るゝ日は筵戸下ろし藁仕事 大森積翠
藁仕事うしろに昼の海光り 依田由基人
藁仕事なくなりし父手が老ゆる 内館暁青
藁仕事土間は終日日当りて 熊谷 秋月
藁打つて男が歌ふ子守唄 中村苑子
藁打つや女人結界雪の中 宇佐美魚目 秋収冬蔵
藁打つや雪間の土に膝ついて 木村蕪城 一位
藁打つ音くぐもり轍深みゆく 成田千空 地霊
藁打つ音はじまる雪はまだやまず 大野林火
鋼鉄の老人であり藁仕事 土見敬志郎
青鷺や音を辿れば藁打つ家 一ノ瀬タカ子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:44 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

池普請

池普請

例句を挙げる。

あめ来るや普請半ばの川堤 黒柳召波 春泥句集
なかぞらへ鯉投げあぐる池普請 飴山實 『次の花』
ぬめぬめのひかりの泥や池普請 矢野景一
まんさくの花咲く下は川普請 田中冬二 俳句拾遺
みちのくのおほてらの池普請かな 小澤實(1956-)
みな憩ふ尻にもつこや池普請 橋本鶏二 年輪
もう一つ川を沿はせて川普請 吉田紫乃
やはらかき鷺の足跡池普請 丸山 ひろあき
冬川の砂とる土手の普請かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
加はりて算盤方や川普請 白須賀虚公
加茂川の長き普請にまた出水 井上洛山人
千本の杭打ち替へて池普請 為成菖蒲園
太りゐし鯉に驚き池普請 三上水静
川普請してゐる音に遠くをり 依光陽子
川普請同じところをとほりけり 岡井省二
川普請川の流れを片寄せて 堀之内和子
川普請氷を板として渉り 木村蕪城
川普請迂回の流れ氷りたる 能村研三
征く夫と別れて妻は池普請 豊嶋 蕗水
御幸うはさ躑躅の里の路普請 四明句集 中川四明
抱き移す三尺の鯉池普請 川澄祐勝
捕はれて鯉は尾で泣く池普請 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
杭を打つほかに大ぜい池普請 木下洛水
松の枝かしこも折れて池普請 波多野爽波
桃の木平字鳩打の川普請 中戸川朝人 星辰
残りゐる水の氷りて池普請 深見けん二
水亭の脚あらはなる池普請 小竹由岐子
池底の八幡割れや池普請 松藤夏山 夏山句集
池普請わづかに水を流しある 依光陽子
池普請土手に並びし子供かな 松藤夏山 夏山句集
池普請緋鯉は別にしてありし 関戸靖子
池普請鬼蓮の根は別によせ 五十嵐八重子
池普請鯉のふれ合ひはげしかり 福田万紗子
池普請鯉の金色宙を舞ひ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
蘆焚いて顔のそろひぬ池普請 亀井糸游
赤松に日の当りをり池普請 藤田あけ烏 赤松
遅々としてはかどりをりぬ川普請 宮武章之
金縷梅の花咲く下の川普請 田中冬二 行人
長靴の氏子が集ふ池普請 藤田こうじ
雲かげのしきりに走る池普請 楠部九二緒
鯉の息泥噴き上げし池普請 北川キヨ子
鶺鴒の水底歩く池普請 塩川祐子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

車蔵ふ

車蔵ふ

例句を挙げる。

ばら~に解いて車をしまひけり 古川芋蔓
日々霙れそめて車も蔵ひけり 成瀬光
車蔵ひて枯れ枯れの畦眺む 小野田子緑
車蔵ふ一夜山鳴り聞きしより 桃谷良一郎
車蔵ふ奥の細道のこる路地 駒木逸歩

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:41 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

寄鍋

寄鍋

例句を挙げる。

京言葉もて寄鍋の世話をする 奥田可児
前山を見る寄鍋のうれしさで 栗林千津
又例の寄鍋にてもいたすべし 高濱虚子
寄鍋にひとりふたりと相寄れる 火村卓造
寄鍋に主客閑話や主婦多忙 星野立子
寄鍋に僅かなる芹はさみけり 龍胆 長谷川かな女
寄鍋に青菜と私が揉まれます 武井美幸枝
寄鍋のあげまき煮ゆる松浦潟 古舘曹人 樹下石上
寄鍋の世話焼く袖を帯挟み 中火臣
寄鍋の夜を帰る人泊る人 稲畑汀子
寄鍋の湯気やはらかし家長たり 戸川稲村
寄鍋の湯気暖かき夫婦かな 大賀豊泉
寄鍋の火を消しどこかたぎりをり 山下知津子
寄鍋の灰汁とり義士の日となりぬ 大森理恵
寄鍋の白菜雪のごとくなり 山口青邨
寄鍋の終止符を打つ餅入れる 粟津松彩子
寄鍋やことし欠けたる林之助 鈴木しげを
寄鍋やたそがれ頃の雪もよひ 杉田久女
寄鍋やむかしむかしの人思ふ 山口青邨
寄鍋やわれを過ぎにしもののこゑ 角川春樹
寄鍋や上着脱ぎたくなって来し 山元 秀女
寄鍋や下駄からころと路地通る 辻田克巳
寄鍋や世に在ることの散りれんげ 永井東門居
寄鍋や人の生きざまそれぞれに 阿部寿雄
寄鍋や兵の話に尽くる齢 杉本寛
寄鍋や剥き蛤のふくむつゆ 関谷嘶風
寄鍋や南も塞ぐ父なりし 大屋達治 龍宮
寄鍋や子の饒舌を幸として 岡田貞峰
寄鍋や家郷に遠き人ばかり 大橋敦子 手 鞠
寄鍋や東海の鮮灘の醇 富安風生
寄鍋や母にまゐらす小盃 山本涼女
寄鍋や蓋の重たき唐津焼 斎藤朗笛
寄鍋や話もつきて火も弱む 大山とみ子
寄鍋や豊かにくらす月はじめ 黒坂紫陽子
寄鍋や酒は二級をよしとする 吉井莫生
寄鍋や隣も小さきクラス会 栗原政子
寄鍋を囲む寄席好き芝居好き 伊東白楊
寄鍋を焦がせる酒となりにけり 石川桂郎 高蘆
煮細りし芹のもつるる寄鍋に 有馬籌子
舌焼きてなほ寄鍋に執しけり 水原秋櫻子
送別の寄鍋あつし病得て 金子 潮
又例の寄せ鍋にてもいたすべし 高浜虚子
寄せ鍋にやもめ同士の気楽さよ 竹田 ひろし
寄せ鍋の大きな瀬戸の蓋を開く 星野立子
寄せ鍋の湯気にくづるゝ笑かな 青峰集 島田青峰
寄せ鍋の眼鏡埋めて妻子あり 米澤吾亦紅
寄せ鍋の酔へば口つく国訛 森野敏子
寄せ鍋やひと日離れぬ悔ありて 太田 蓁樹
寄せ鍋や打ち込みし妓のうす情 日野草城
寄せ鍋や盗聴されてゐるごとし 田中良次
寄せ鍋や齢あかりに姉おとと 辺見じゅん
沸々と寄せ鍋のもの動き合ふ 浅井意外
舌焼きてなほ寄せ鍋に執しけり 水原秋櫻子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

猪鍋

猪鍋

例句を挙げる。

猪を飼ひ猪鍋を商へり 川口咲子
猪鍋に荒武者ごころもどりけり 皆川白陀
猪鍋に酒は丹波の小鼓ぞ 宮下翠舟
猪鍋に頬そめ一夜富むごとし 金山春子
猪鍋のところどころの呟きぬ 細川加賀 生身魂
猪鍋のぼたんびらきや雪降れり 小檜山繁子
猪鍋のもう煮えたろうまだ煮えぬ 高澤良一 ぱらりとせ 
猪鍋の大山詣くづれかな 石田勝彦
猪鍋の宿に自慢の檜風呂 福原紫朗
猪鍋の火がやや強し年忘れ 土方秋湖
猪鍋の火の美しき寒さあり 依田由基人
猪鍋の煮えたつ炉辺や山の宿 伊藤紀秋
猪鍋の煮ゆる音する山の夜 大谷恵教
猪鍋の煮立ちて蓋に八つ当り 飯島正人
猪鍋の言はずと知れし味噌仕立 吉田汀史
猪鍋の隣室山の闇充つる 山口草堂
猪鍋やおのおの齢堰くごとく 皆吉爽雨
猪鍋やとなりの部屋のまくらがり(周山) 細川加賀 『生身魂』
猪鍋やまだをさまらぬ山の風 落合典子
猪鍋やわが荒魂の生さびし 本郷昭雄
猪鍋や一人が声を荒げたる 内田美紗 魚眼石
猪鍋や二日ともたぬ山の晴 風間啓二
猪鍋や大山の闇待つたなし 大木あまり 火のいろに
猪鍋や山の入日の下ぶくれ 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
猪鍋や山の寝息の定まらず 角川春樹
猪鍋や川音へだつ白障子 金久美智子
猪鍋や成人の日の平家村 長谷川史郊
猪鍋や暮れて背高くなりし山 石田勝彦
猪鍋や月なき湖のありどころ 斎藤梅子
猪鍋や杉の全身雪はなつ 山本洋子
猪鍋や波郷友二と席のなく 石川桂郎 高蘆
猪鍋や異端派彼の師も耕二 橋本榮治 逆旅
猪鍋や耳立てて聞く夜の雨 団藤みよこ
猪鍋や背にしんしんと夜の岳 川村紫陽
猪鍋や薄墨色に外暮れて 遠藤正年
猪鍋や雇ひ歯の語のありと知り 石川桂郎 高蘆
猪鍋をたべて女の血を荒す 稲垣きくの
猪鍋屋出でし一歩の吹きさらし 田辺夕陽斜
猪鍋食ひ山路の闇をおそれけり 大串章
秩父夜祭門灯うすき猪鍋屋 町 淑子
菊に来る虻や猪鍋待ちながら 岸本尚毅 選集「氷」
閂を閉ざし猪鍋囲みをる 柿本多映
くろがねの鍋の分厚き山鯨 山崎幻児
こめかみにのこる銃音牡丹鍋 木田千女
しかるべく煮えて独りの牡丹鍋 飯島晴子
たっつけの娘が来て支度牡丹鍋 大橋敦子 手 鞠
ふるさとの山河の暗さ牡丹鍋 成瀬桜桃子 風色
へな~と猪肉焼けて年忘れ 萩原麦草 麦嵐
ゆきつけの鉱泉宿の牡丹鍋 大橋一郎
丹沢の闇を見てゐる牡丹鍋 丹生谷貴司
取皿の脂こほり来牡丹鍋 茨木和生 倭
吾が野趣は父系の血なり牡丹鍋 岩佐光雄
夜の湖のたちまち靄に牡丹鍋 斎藤梅子
大根が一番うまし牡丹鍋 右城暮石
天領の闇を封ずる牡丹鍋 赤塚喜代子
山川も仮りのものにて牡丹鍋 宗田安正
山野跋渉せし猪肉の薔薇色 細見綾子 黄 炎
山鯨狸もろとも吊られけり 石田波郷
店頭や吊りて日をへし山鯨 二木倭文夫
杉山の墨絵ぼかしに牡丹鍋 木内彰志
杣小屋の昼をぐつぐつ牡丹鍋 近澤 杉車
枯枝の網の目に星牡丹鍋 平畑静塔
火のまはりよき花冷えの牡丹鍋 能村登四郎 菊塵
牡丹鍋うしろあらあらしくありぬ 金田咲子
牡丹鍋にぎやかに風吹きつのる 原裕 『王城句帖』
牡丹鍋みんなに帰る闇のあり 大木あまり 火のいろに
牡丹鍋素姓知れたる顔ばかり 綾部仁喜 寒木
牡丹鍋青い物から煮えにけり 真砂卓三
牡丹鍋食べて吉野の山歩き 小島健 木の実
猪肉のがんじがらめの小包みよ 細見綾子 黄 炎
猪肉の包み大事に故里人 細見綾子 黄 炎
猪肉の味噌煮この世をぬくもらむ 細見綾子 黄 炎
猪肉の鍋おろしても煮えつづく 羽部洞然
猪肉を煮る味噌焦げて冬至なり 細見綾子 黄 炎
石鼎の話などして牡丹鍋 福島勲
神奈備の山ふところの牡丹鍋 清水能舟
笹へ来て風は声立つ牡丹鍋 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
若き日の誰彼の顔牡丹鍋 長谷川史郊
葛城の神を眠らせ牡丹鍋 佐川広治
虚子虚子と呼び捨ての衆牡丹鍋 石田小坡
西鶴もたしなみしこの山鯨 成瀬正とし 星月夜
語らひの尽きぬとろ火の牡丹鍋 西村美枝
賎ヶ岳暮れて煮えだす牡丹鍋 榊原順子
長靴の狭めし土間や牡丹鍋 大東晶子
隠し湯はなほこの奥や牡丹鍋 小路紫峡
雪中に出あそぶ牡丹鍋のあと 久下史石
風狂の貌並びけり牡丹鍋 老川敏彦

以上
by 575fudemakase | 2014-12-03 00:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング