2014年 12月 04日 ( 12 )

霜柱

霜柱

例句を挙げる。

あたらしき墓のまはりの霜柱 蘭草 慶子
かがやきて空の色ある霜柱 大澤 山世木
からくりの糸いづこにも霜柱 宇佐美魚目 天地存問
ざくざくと踏めば我ある霜柱 林原耒井 蜩
しろがねのこゑびつしりと霜柱 田口紅子
その後も合点のゆかぬ霜柱 田中裕明 櫻姫譚
たとふればわが舎利に似し霜柱 角川春樹
つる枯るる埴崕くづれ霜柱 飯田蛇笏 春蘭
にはとりの蹴散らす朝の霜柱 横田 清香
ふみ立ちて見て霜柱力あり 高浜年尾
ほきとをる下駄の歯形や霜柱 夏目漱石 明治三十四年
ましぐらに小鳥の羽音霜柱 松村蒼石 雪
わが家の門の寒さよ霜柱 京極杞陽 くくたち上巻
一枚の葉が立つて居り霜柱 永田耕一郎 方途
一筋といふや師弟の霜柱 古館曹人
上棟のどかどかと踏む霜柱 福川悠子
世につらきこと早起きよ霜柱 嶋田摩耶子
亡き友は男ばかりや霜柱 秋元不死男
人のわれの癌踏み砕く霜柱 永井龍男
人の家の情に住んで霜柱 石塚友二
何をしに生れて来しか霜柱 鳥居美智子
余震にて倒れてゐたる霜柱 上島清子
元旦の入口のなき霜柱 星野紗一
土ともに崩るる崕の霜柱 正岡子規
土濡れてをり霜柱立ちしらし 野村久雄
墓守はものおぼえよく霜柱 鳥居美智子
大寺や庭一面の霜柱 高浜虚子
夫とし妻としなゝくさ一日の霜柱 中塚一碧樓
室内に朝日折れ入る霜柱 田中裕明 櫻姫譚
寓意なぞなき縦列の霜柱 小宅容義
小田の水ながれてあさし霜柱 松村蒼石 寒鶯抄
山靴に踏めど崩れず霜柱 岡田日郎
峠路の句碑をうづむる霜柱 飯田蛇笏 雪峡
待つ一事ありてはなやぐ霜柱 野見山ひふみ
待避すや壕の真昼の霜柱 原田種茅 径
恪勤の一路隆めぬ霜柱 香西照雄 素心
成満僧待つ瑞門の霜柱 毛塚静枝
戦歿の友のみ若し霜柱 三橋敏雄 眞神
掃きすてし今朝のほこりや霜柱 高浜虚子
斑鳩の骨並ぶかに霜柱 佐川広治
日本語の内側に立つ霜柱 櫂未知子 貴族
星影の降り積みしかに霜柱 稲岡長
昭和より流謫の日々や霜柱 斎藤慎爾
暁紅のあそびといふか霜柱 牧石剛明
梅龕の墓に花無し霜柱 子規句集 虚子・碧梧桐選
横ざまに薙ぎて春立つ霜柱 井沢正江 火襷
潔癖なる沈黙午後の霜柱 津田清子 礼 拝
火の山にして霜柱浄土あり 大橋敦子 手 鞠
狐糞二タ粒秋の霜柱 和知喜八 同齢
玄室の階の数歩や霜柱 斉藤夏風
生垣や人侘びて庭に霜柱 河東碧梧桐
産みに行く夜のびつしりと霜柱 辻美奈子
男手のなくて釘打つ霜柱 澁谷道
畑土のやはらかなれば霜柱 今井杏太郎
痩馬のあら道遅や霜柱 会津八一
石突やかけ声埋づむ霜柱 言水 選集「板東太郎」
私語と私語かたまっている霜柱 坂間恒子
筒井筒まはりの深き霜柱 平山千江
結び直すまがきのもとの霜柱 田山諷子
縄帯の悴いくつぞ霜柱 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
苔青き踏むあたりにも霜柱 河東碧梧桐
菊も刈り芒も刈りぬ霜柱 正岡子規
落残る赤き木の実や霜柱 永井荷風
藪かげに土芳の碑あり霜柱 橋本鶏二 年輪
裏道の貝がら砂利や霜柱 丸之 選集「板東太郎」
赫土を盛りて二月の霜柱 松村蒼石 雁
踏みてみてまた踏みしめて霜柱 渡辺茫子
踏み入りて朝日はじける霜柱 上部晴子
踏んづぶしをるなり甲斐の霜柱 高澤良一 ぱらりとせ 
踏込んで楽しむ奈落霜柱 嶋田麻紀
轟々たる空や朝日の霜柱 石塚友二
農夫なり系譜辿れば霜柱 鳥谷部康之
遠い日のなづなつむ野の霜柱 所富江
遺言のとほりに土葬霜柱 小室風詩
金輪際茅舎の墓の霜柱 椎橋清翠
鉄の切粉もち上げて霜柱立つ 田川飛旅子 花文字
降臨の地より荒ぶる霜柱 佐藤美恵子
霜柱あとかたもなく午後となりぬ 藤松遊子
霜柱いま崩壊をはじめたる 下村梅子
霜柱おびただしき針胸に持ち 嶋田麻紀
霜柱ぐわらぐわらくづし獣追ふ 前田普羅
霜柱ここ櫛の歯の欠けにけり 川端茅舎
霜柱この土をわが墳墓とす 加藤楸邨
霜柱こゝろおとろへゐたるかな 清水基吉 寒蕭々
霜柱さくさく踏まれ放置畑 佐倉あさ子
霜柱しらさぎ空に群るゝなり 久保田万太郎
霜柱そくそくとなる骨の髄 近藤寿美子
霜柱そだちし石のほとりかな 川端茅舎
霜柱それもやがては眼に馴れて 京極杞陽 くくたち上巻
霜柱で土ふくらむよ自家建つべく 香西照雄 素心
霜柱どの一本も目ざめをり 加藤楸邨
霜柱なほあり夕日とどきけり 松村蒼石 雁
霜柱の皓歯や校歌くり返す 奈良文夫
霜柱の針の山中蘭の温室 殿村莵絲子 花寂び 以後
霜柱はがねのこゑをはなちけり 石原八束(1919-98)
霜柱はた落葉踏む星暗き 堀口星眠
霜柱はや立つ父を葬りしに 津田清子 礼 拝
霜柱ふみてけはしき眉目なる 阿部みどり女
霜柱また年送るこの村に 百合山羽公 故園
霜柱もつとも深きところを踏み 行方克巳
霜柱わが足跡に噛み合へり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
霜柱ギラギラと立つ田舎の空虚 内藤吐天 鳴海抄
霜柱一夜に髭は伸びまさり 福永耕二
霜柱中年のあと何がくる 平井照敏 天上大風
霜柱伸び霜柱押し倒す 右城暮石
霜柱何の埃の為體(ていたらく) 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
霜柱余命を賭けし一誌冴ゆ 小林康治
霜柱俳句は切字響きけり 石田波郷(1913-69)
霜柱倒れつつあり幽かなり 松本たかし
霜柱兄の欠けたる地に光る 西東三鬼
霜柱到るところに母棲める 河原枇杷男 定本烏宙論
霜柱十二月八日の無数の靴 山口和夫
霜柱千々に砕けむ遠山河 殿村莵絲子 雨 月
霜柱壊ゆるごとくに死に給ふ 小林康治 四季貧窮
霜柱売るべく文は懐中に 清水基吉 寒蕭々
霜柱大きな家に住んでをり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
霜柱天快適に梢容れ 宇佐美魚目 秋収冬蔵
霜柱女の跫音たのしむも 石田あき子 見舞籠
霜柱子供らが蹴り針千本 殿村菟絲子 『菟絲』
霜柱小石以外は潮騒です 伊藤淳子
霜柱崩る朝日と犬の足残し 畠山あさみ
霜柱崩れて花をなすところ 深見けん二
霜柱心経亡父の声も和す 上野さち子
霜柱払ふて起たす忘れ鍬 河本沙美子
霜柱新しき土古き土 高木晴子 晴居
霜柱春ちかづけばうごきけり 田中裕明 櫻姫譚
霜柱春の骰子七も出でよ 川口重美
霜柱枕辺ちかく立ちて覚む 山口誓子
霜柱次第に倒れいそぐなり 松本たかし
霜柱歓喜のごとく倒れゆく 野見山朱鳥
霜柱水の匂ひの未来都市 保坂敏子
霜柱獵人畑を荒しけり 寺田寅彦
霜柱生れる音を風に聞き 中村恭子
霜柱癌といふ字を踏み砕く 永井龍男
霜柱白宮殿を現じけり 下村梅子
霜柱眼中のものなまめかし 中田剛 珠樹以後
霜柱石灯籠は倒れけり 正岡子規
霜柱立つ日立たぬ日家にあり 高野素十
霜柱立つ音明日のため眠る 西東三鬼
霜柱総立ち吾を迎へたり 塩川雄三
霜柱老急かるるにあらねども 松村蒼石 雁
霜柱膝が奈落と思ひけり 松山足羽
霜柱花種を差し上げてをり 太田土男
霜柱虚空べしべし音の立つ 宇多喜代子 象
霜柱街の灯までの闇に踏む 仙田洋子 橋のあなたに
霜柱踏みくだくとき生きてをり 小畑一天
霜柱踏みてつぶるる音をきく 山中弘通
霜柱踏み火口湖の深さ問ふ 横山房子
霜柱踏み胸中に反旗かな 小野伶
霜柱踏み行末を念はざる 松村蒼石 露
霜柱踏む音子には及ばざる 川本政代
霜柱踏めばくづるる犯したり 油布五線
霜柱踏めば傷つきさうな靴 蘆田富代
霜柱踏めば障子を開く僧 野村泊月
霜柱踏んで来て乗る始発バス 原村圭子
霜柱踏んで笑顔のくづれ落つ 仙田洋子 橋のあなたに
霜柱選びし職に四十年 太田土男
霜柱金色堂は鎖されて 露月句集 石井露月
霜柱銀にはなやぐ父の死後 平井照敏 天上大風
霜柱隣同士の習ひ立ち(句歌詩帖「草蔵」初句会) 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
霜柱顔ふるるまで見て佳しや 橋本多佳子
霜柱馬場を持上げ朝稽古 早川典江
霜柱高き山刀伐峠なる 下村梅子
霜柱黄泉より橋のかかりけり 梶山千鶴子
飛石の高さになりぬ霜柱 上川井梨葉
鳶に鳶からめり春の霜柱 栗生純夫 科野路
鶯やかろく掃かるゝ霜柱 大場白水郎 散木集
麦の芽の土をもたげて霜柱 西山泊雲 泊雲句集
むらさきは月の匂ひの霜ばしら 千代田葛彦
小笹原下る近道霜ばしら 寺田寅彦
田を走る鶫に万の霜ばしら 加藤草杖
石寒し四十七士が霜ばしら 高井几董
霜ばしら虫をききこし岡うらに 木津柳芽 白鷺抄
霜ばしら選仏場をかこみけり 川端茅舎
霜柱意志を通して阿らず  高澤良一 素抱 
以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:59 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の波

冬の波

例句を挙げる。

冬の日の眼に満つる海あるときは一つの波に海はかくるる 佐藤佐太郎
冬の波よりはらはらと鵜となりて 村松紅花
冬の波冬の波止場に来て返す 加藤郁乎(1929-)
冬の波募れど鴎水平に 香西照雄 対話
冬の波穂激し進めば左右に同志 香西照雄 対話
冬の波翳捨てきつて起ちにけり 鷲谷七菜子 雨 月
冬の波胸に抱く灯のおびただし 伊藤淳子
冬の波軍艦岩をひと呑みす 富内英一
玄冬の波に唇ささくれて 高澤良一 寒暑 
遠き遠き恋が見ゆるよ冬の波 鈴木真砂女
離愁あらたつんつんれる生れる冬の波 川口重美
しばらくは助走のかたち冬の濤 小泉八重子
一白艇冬の濤穂が発射せしか 香西照雄
全景の宿の絵葉書冬の浪 桂信子 遠い橋
冬の浪くづるゝ音を立つるかな 鈴木真砂女
冬の浪よりはら~と鵜となりて 村松紅花
冬の浪従へるみな冬の浪 山口誓子
冬の浪牙の如くに光りたる海が見えゐつ吾の椅子より 岡部文夫
冬の浪飛びつ湯屋まだ開かぬ正午 宮津昭彦
冬の濤あらがふものを怒り摶つ 富安風生
冬の濤目つむり耐へる家ばかり 福田甲子雄
冬の濤見せに抱きゆく男の子 野澤節子 黄 炎
岩鼻や千鳥を上げて冬の浪 島村元句集
峙つ巌に拍子抜けたる冬の濤 小原菁々子
師の前にたかぶりゐるや冬の濤 橋本多佳子
抱擁を解くが如くに冬の濤 加藤三七子
材木座地下道を抜け冬の濤 山西雅子
海胆の棲む海にぎつしり冬の濤 三谷昭 獣身
漁小屋の一枚窓や冬の浪 楠目橙黄子 橙圃
玄海の引くを知らざる冬の浪 伊藤通明
立ち岩寝岩に光りとびつく冬の浪 柴田白葉女 花寂び 以後
舷をどたりと打つや冬の浪 日野草城
荼毘をまつ憶ひのはての冬の濤 石原舟月
藁塚のうしろにあがる冬の浪 小山南史
鍋奉行いつも後ろに冬の濤 川崎陽子
鬣を打ち振れ我へ冬の濤 金箱戈止夫
お互の冬波あふり川蒸気 高濱年尾 年尾句集
この昏き冬波悼む心あり 桑田青虎
しはぶくや冬浪の穂の明るさに 内藤吐天 鳴海抄
たちあがる冬波はまた男波 朝倉和江
ひしひしと冬浪寄せて枯葦なり 村上しゆら
ぶらんこ漕ぐ下駄裏冬濤旅人へ 香西照雄 対話
また逢ふはさだめがたなく冬濤に 小坂田規子
コップ砕くごと寒濤岩に散る 内藤吐天 鳴海抄
ポン~船の冬波犬と残りたり 細見綾子 冬薔薇
一枚の冬波湾を蔽ふとや 高野素十
一湾を揉めり冬浪押し寄せて 茨木和生 木の國
俊寛の見し冬浪もこれならむ 高平春虹
冬波とともに暮れゆく母仔馬 石原八束 空の渚
冬波に乗り夜が来る夜が来る 角川源義(1917-75)
冬波に松は巌を砦とす 松野自得
冬波に礁暮れんとするところ 高濱年尾 年尾句集
冬波に背けば炎き常陸山脈 富澤赤黄男
冬波のとどろきに身を支へをり 原コウ子
冬波のもんどり打つて戻りけり 鈴木真砂女 夕螢
冬波の人遠ざける青さかな 黛まどか
冬波の古代群青の水かゞみ 齋藤玄 飛雪
冬波の引き忘れたる毬ひとつ 中嶋秀子
冬波の燃ゆ黄昏にまねかるる 石原八束 空の渚
冬波の牙のみみせて真暗がり 鈴木真砂女 夕螢
冬波の百千万の皆起伏 高野素十(1893-1976)
冬波の穂のちぎれとび壇ノ浦 桑田青虎
冬波の群ひとりの部屋つくる 角川源義 『口ダンの首』
冬波は打合へりわが船北へ 高濱年尾 年尾句集
冬波も礁も暮るゝ見つゝ来し 高濱年尾 年尾句集
冬波や崖に出てよむ母の文 石原八束 『秋風琴』
冬波や急展開の文弥節 小島 健
冬波や浜のあざらしまで幾重 鈴木幸江
冬波をおそれに来しか見に来しか 谷野予志
冬波を集めて真珠筏鳴る 井上 雪
冬浪となるべく沖に力溜む 菖蒲あや あ や
冬浪と暮るるほかなき浪ころし 百合山羽公 寒雁
冬浪と砂丘と夫と吾とのみ 山口波津女 良人
冬浪に呼ぶ名消されぬ太声欲し 内藤吐天 鳴海抄
冬浪のひかり鴎となりてたつ 桑原志朗
冬浪の前に屈みて貝拾ふ 山口波津女 良人
冬浪の壁おしのぼる藻屑かな 野見山朱鳥
冬浪の尖りてのぼる隅田川 高浜虚子
冬浪の白起つばかり鯨望荘 高澤良一 燕音 
冬浪の空に失せたるところかな 上野泰 春潮
冬浪の立ち上るとき翡翠色 高木晴子
冬浪の綺羅の奥より亡父の声 柴田白葉女
冬浪の身を擲ちし渚かな 上野泰 春潮
冬浪の銀扇の飛ぶ虚空かな 上野泰 春潮
冬浪の音の聴きたく障子開け 後藤夜半 底紅
冬浪の音断つ玻璃に旅寝かな 佐土井智津子
冬浪や出会ひがしらの深廂 松山足羽
冬浪を見ているいつか肩を張り 石橋辰之助
冬浪を見て立つ拳握り立つ 大橋敦子 匂 玉
冬濤とわかれ大きく汽車曲る 木下夕爾
冬濤に向きゐるゆゑの涙かや 佐久間慧子
冬濤に島を守れる禰宜一人 鶴田佳三
冬濤に思ひやまざる恋といふか 稲垣きくの 黄 瀬
冬濤に捨つべき命かもしれず 稲垣きくの 黄 瀬
冬濤に捨てたきものの捨てきれず 稲垣きくの 黄 瀬
冬濤に泛きつ沈みつ弥彦あり 佐藤耐雪
冬濤に立つ吾を父の瞳はなれざり 国弘賢治
冬濤に鵜にこそ似たれ志賀の蜑 下村梅子
冬濤のうはずる声を越後にて 猪俣千代子 秘 色
冬濤のかなしきところ合掌す 河野静雲
冬濤のすべて燈台の視界なり 米沢吾亦紅 童顔
冬濤のなだるゝ音の胸にあり 徳永山冬子
冬濤の恐さを水夫識つてをり 柴田道人
冬濤の掴みのぼれる巌かな 橋本鶏二(1907-90)
冬濤の最先端の力かな 石谷秀子
冬濤の果てなき濤を沖とせり 米沢吾亦紅 童顔
冬濤の海傾けて寄せきたる 西山小鼓子
冬濤の渾身立てるとき無音 ながさく清江
冬濤の激つりズムに疼く思慕 稲垣きくの 黄 瀬
冬濤の玄海はむべ男灘 辻田克巳
冬濤の白きたてがみ日本海 林 徹
冬濤の眉間砕けし白煙 中村草田男
冬濤の立ち上がるとき礁あり 藤松遊子
冬濤の肩にあらはれほんだはら 小原菁々子
冬濤の荒磯路二つ相会はず 福田蓼汀 秋風挽歌
冬濤の裂ける白さに巌立つ 稲岡長
冬濤の見ざれば仁王立ちするか 平井照敏
冬濤の道に流れて旅をはる 金尾梅の門
冬濤の高きうねりや那覇を出て 河野静雲
冬濤はその影の上にくつがへる 富安風生
冬濤は鬼の奏でる平家琵琶 出井哲朗
冬濤やいちづなるもの折れ易し 野見山ひふみ
冬濤や一途なるもの折れやすし 野見山ひふみ
冬濤や曳航の綱強く張り 館岡沙緻
冬濤や痩せしとおぼゆ夫婦岩 宇咲冬男
冬濤や能登金剛は巌ばかり 渡辺かつじ
冬濤をかぶりて沈む夕日かな 橋本鶏二 年輪
冬濤をかぶるところに真水の井 京極杞陽
冬濤を摶つ雪白の大き翼 内藤吐天 鳴海抄
冬濤ヘカーブを切れば富士のあり 今橋眞理子
冬濤散華狂ひしものは寧からん 福田蓼汀 秋風挽歌
口きいてくれず冬濤見てばかり 鈴木真砂女
天垂れて冬浪これをもてあそぶ 木下夕爾
寒濤に富士立ち上がる如くあり 今橋眞理子
寒濤のあがりそこねてくづれけり 岸田稚魚
寒濤のひびきまつはる身をかばふ 杢子朱男
寒濤の向かうに廣間あるごとし 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
寒濤の抱き去るものの何もなし 宇咲冬男
寒濤の捲き込む青や逆光裡 永井龍男
寒濤の村秀づるは火の見のみ 大岳水一路
寒濤の果に明るき日の海面 稲畑汀子
寒濤の鵜をひそめたる閑けさよ 永井龍男
寒濤へ昭和の落暉呑まれゆく 甲斐すず江
岩あれば冬濤百態父子睦ぶ 香西照雄 対話
巌噛むは冬濤すべて三角波 三谷昭
想ひ絶てよと冬濤しぶき頬を打つ 稲垣きくの 黄 瀬
掛け時計冬波荒るゝ船中に 右城暮石 上下
放心の妻に近づく蛍あり 大喜多冬浪
暮れゆくや寒濤たたむ空の声 臼田亞浪 定本亜浪句集
暴走族冬浪に行き着きし頃 汎 馨子
枕かへし冬濤の音ひきよせる 橋本多佳子
残業も冬波もまた闇深し 対馬康子 純情
母の背のごとき冬浪大島行 岩田昌寿 地の塩
永睡りしたり冬濤の白水沫 石田波郷
父の匂いの冬波が棲む蕎麦枕 宮川としを
牧水碑冬濤うれひひびくなり 石原舟月
犬吠の冬濤に目を峙てし 高浜年尾
獄いたるところ守宮の夫婦愛 大喜多冬浪
玄界の冬濤を大と見て寝ねき 山口誓子
白脚絆冬濤とほく崩れけり 斎藤梅子
砕け散るために冬濤寄するなり 大橋敦子 匂 玉
立ち上りくる冬濤を闇に見し 清崎敏郎(1922-99)
競の夜の闇に見えくる。冬浪にさらされて白きけだものの骨 岡野弘彦
米袋負ひて冬浪すれすれに 細見綾子
耶蘇の島冬浪絶えず咆哮す 桑田青虎
胸先に冬濤ひかり暮れゆけり 角川源義
蝕の夜の闇に見えくる。冬浪にさらされて白きけだものの骨 岡野弘彦
貝拾ふ冬浪に向き且つ背き 山口波津女 良人
起ちても濤かがみても濤どうしやうもなくて見てゐる高志の冬濤 木俣修
鉄切りしあとのしづけさ冬浪す 細見綾子 雉子
鉄橋を海の冬波くゞり抜ける 右城暮石 声と声
錨打ち冬濤に舳の従ひぬ 小田尚輝
魚裂いて冬波に腑を投げ返す 大串章 百鳥
三つ石の幣に静まる冬怒涛 満田玲子
冬怒涛防人の如聴くひとり 江口竹亭
冬怒濤にうつてつけなる北の空 大牧 梢
冬怒濤何の化身のテトラポット 百合山羽公 寒雁
冬怒濤否定の他に答無し 津田清子
冬怒濤噛む岩々に神在し 大橋敦子 匂 玉
冬怒濤引き出す骨のしゃく焔立つ 村上高悦
冬怒濤白馬のひづめ砂深く 渡辺恭子
冬怒濤衰ふるときかへりみず 山田みづえ 手甲
冬怒濤陸に達してなくなりぬ 原田喬
天日も鬣(たてがみ)吹かれ冬怒濤 野澤節子(1920-95)
打ちつけて火の生まるるか冬怒濤 能村研三 騎士
眼前も眼中も昏れ冬怒濤 木村敏男
稚魚の向くオホーツク海の冬怒濤 石川文子
裂傷もつホテルの硝子冬怒濤 寺田京子
韃靼の馬嘶くや冬怒涛 角川春樹
鶏けけと道に交むや冬怒濤 大野林火
寒浪のもはらに暗き葎かな 齋藤玄 飛雪
石廊崎沖ターナーの冬白浪  高澤良一  鳩信
冬浪の彼方鴎の千里眼  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の海

冬の海

例句を挙げる。

あてどなき汽車乗りすてし冬の海 高橋良子
すりへつてゐる空壜や冬の海 小川軽舟
たらりたふ水明の日の冬の海 長谷川かな女 雨 月
たわむれに老い行く如し冬の海 永田耕衣 葱室
ひとり帰すうしろに夜の冬の海 篠田悌二郎
ひとり殺し終ればわれも冬の海 桑原三郎 龍集
またもとの如く昃り冬の海 波多野爽波 鋪道の花
わがくらき腑をつらぬける隧道よゆきゆきて冬の海に出会ひき 喜多弘樹
ギヤマンは遥けき冬の海の色 山本歩禅
コンクリートの亀裂泡立つ冬の海 右城暮石 声と声
一ぱいに日をうくるなり冬の海 久保田万太郎 流寓抄
一瞬の紅刷き冬の海昏るゝ 逸見嘉子
一礁を見せじとふくれ冬の海 轡田 進
俤の一つ二つを冬の海 高澤晶子 純愛
冬の海おくつきの如凪ぎにけり 尾崎迷堂 孤輪
冬の海かへり見すれば日の真赤 椎橋清翠
冬の海こころにも波確かなり 朝倉和江
冬の海てらりとあそぶ死も逃げて 飯田龍太
冬の海に雲やけ見ゆれ懐しき 原石鼎
冬の海や里恋しさは安針も 清水基吉
冬の海より得しものの中の鮫 成瀬正とし 星月夜
冬の海をんなを畳みきれざるまま 小檜山繁子
冬の海サーチライトが一なめす 清崎敏郎
冬の海一筋町の切れ目より 細見綾子 黄 炎
冬の海久能の落葉掃きおろす 前田普羅 新訂普羅句集
冬の海勇者はコロンブスひとり 林誠司
冬の海吐出す顎の如きもの 高橋睦郎 稽古飲食
冬の海地球の裏より文届く 御崎敏江
冬の海大王岬突出す 木津蕉蔭
冬の海手に滴らすものもなし 小島健
冬の海斑の多きものばかり釣れ 永末恵子 発色
冬の海沖に光を集めたり 沢木欣一
冬の海炎えたちこころ放浪す 柴田白葉女 雨 月
冬の海種子蒔くしぐさにて触るる 対馬康子 愛国
冬の海紺青の斑の鯉澄める 水原秋桜子
冬の海落日や薄氷の番して居れば 永田耕衣 葱室
冬の海越す硫酸の壺並ぶ 谷野予志(1907-95)
冬の海鉄塊狂ひなく沈む 飯田龍太
冬の海鮫の百尾もゐるごとし 藤崎久を
凪ぐときの巨きな力冬の海 丹間美智子
切株の外へ外へと冬の海 吉田鴻司
十日まだ一度もふらず冬の海 久保田万太郎 流寓抄
千鳥がへしといふ屏風岩冬の海 冬葉第一句集 吉田冬葉
卵黄の緊迫感に冬の海 松山足羽
大艦を撲つ鴎あり冬の海 飯田蛇笏
子供靴片方冬の海へ出る 小泉八重子
寮買へは都は寒し冬の海 尾崎紅葉
帆の下に行李解く僧や冬の海 比叡 野村泊月
弦月や冬の海音編み上ぐる 奥脇節子
捨てられし人形浮かぶ冬の海 足立悦子
断崖の塵吹き落す冬の海 銀漢 吉岡禅寺洞
新しき劇場である冬の海 佃 悦夫
槐秋は星ふる冬の海へ発てり 高橋馬相 秋山越
機関庫を風が吹き抜け冬の海 福田蓼汀 山火
欄干の下に荒れをり冬の海 阿部みどり女
死ぬといふやすらぎ冬の海になし 大木あまり 雲の塔
毛布被つて檣に倚るや冬の海 比叡 野村泊月
江の島が大きく見ゆる冬の海 咲樹一樹
波がしら伊豆より高く冬の海 松下 義幸
浪引けば沖高く冬の海凹む 池内友次郎 結婚まで
潜りたる海女が残せし冬の海 河野南畦 湖の森
灰色の男と冬の海がある 角川春樹
熱の夜のどこかに冬の海の音 東條未英
牛の目に涙あふるる冬の海 柳葉光堂
玄冬の海に百の目啼鴎 高澤良一 さざなみやっこ 
病室の窓はんぶんは冬の海 五島高資
皆罪びとたらむと在りき冬の海 永田耕衣 殺佛
真黒き冬の海あり家の間 高浜虚子
瞽女の道乾きて冬の海くらき 館岡沙緻
石狩の雲逃げたがる冬の海 大郷石秋
砂防ネット陸に傾く冬の海 福本天心
立ちあがる浪の後の冬の海 平野吉美
群青をなほ染め上げし冬の海 山岡正嗣
薔薇を剪る音の間道に冬の海 小島千架子
赤ん坊を盥に入れて冬の海 磯貝碧蹄館
走りつゝ夜に入る船や冬の海 尾崎迷堂 孤輪
遊び女も海女も閉しぬ冬の海 前田普羅 能登蒼し
野郎ばかりでふくれる快感冬の海 磯貝碧蹄館 握手
釣人に怒濤のしぶき冬の海 阿部みどり女 笹鳴
釣竿を引つ張つてゐる冬の海 松本巨草
靴の砂返して冬の海を去る 和田祥子
鯛の朱の色増すころや冬の海 今泉貞鳳
鵜の岩に鵜のかげみえず冬の海 久保田万太郎 流寓抄
鷺とんで白を彩とす冬の海 山口誓子
丹も濃ゆき海星を拾ふ冬の浜 佐藤美恵子
冬の浜人あらはれて海苔を干す 伊東宏晃
冬の浜後姿のはや遠し 西村和子 夏帽子
冬の浜理髪店のみ総玻璃戸 香西照雄 対話
冬の浜空瓶に砂詰まりゐて 今井三重子
冬の浜米兵が子を肩ぐるま 松村蒼石 寒鶯抄
冬の浜骸は鴉のみならず 森田峠 避暑散歩
冬の浜鴉ばかりの静けさに 山根きぬえ
時失せてゆく眩しさや冬の浜 仙田洋子 橋のあなたに
百千の白兎駈け来る冬の浜 山田みづえ
蛸壺のからびきつたる冬の浜 道川虹洋
貝の列に沿うてありくや冬の浜 高濱年尾 年尾句集
魚籠一つ雨に打たるる冬の浜 渡辺和子
うちあげし卒塔婆冬浜人を見ず 福田蓼汀 秋風挽歌
児が泣けば冬浜に集る日の翼 原裕 葦牙
冬浜にかゆきかくゆき小犬かな 清原枴童 枴童句集
冬浜に人現れて消えにけり 池内たけし
冬浜に憩ひ湖上の舟に坐す 山口波津女 良人
冬浜に残す足跡海女若し 野見山ひふみ
冬浜に洋傘を突きさして憩ふ 内藤吐天 鳴海抄
冬浜に浪のかけらの貝拾ふ 上田五千石(1933-97)
冬浜に湧く真清水の香をまとふ 原裕 葦牙
冬浜に生死不明の電線垂る 右城暮石(1899-1995)
冬浜に病む母載せしリヤカーゆく 能村登四郎 合掌部落
冬浜に老婆ちぢまりゆきて消ゆ 西東三鬼(1900-62)
冬浜のむなしさに雨降りいでし 松村蒼石
冬浜の暮るゝに間ある焚火かな 高濱年尾 年尾句集
冬浜の深き靴跡かへり見ず 内藤吐天 鳴海抄
冬浜の足跡かへりみる未練 稲垣きくの 黄 瀬
冬浜の錆リヤカーは婆のもの 池田秀水
冬浜へ一声仔牛呼びかへす 木村蕪城 寒泉
冬浜や暁かけて網干すなり 小林康治 四季貧窮
冬浜を一川の紺裁ち裂ける 中村草田男(1901-83)
貝遠く光れるために冬浜ゆく 上田五千石 田園
風つのる冬浜明けて旅の髭 松村蒼石 雪
われの声追分となり冬海へ 白幡千草
一望の冬海金粉打ちたしや 中村草田男
何もなき冬海のみを描きたる 大橋敦子
冬海あり約束無邪気な父子にて 金子皆子
冬海と陸とかたみにふかく入る 篠原梵 雨
冬海にひとり漕ぎ出づ思ひあり 大橋敦子 手 鞠
冬海に入る川あるや水細し 尾崎迷堂 孤輪
冬海に嵌りて屋根のタール塗る 横山白虹
冬海に流人の声を聴いている 米沢恵子
冬海に誰が捨て去りし子の玩具 原コウ子
冬海のかなた日当る八束郡 木村蕪城 一位
冬海の巌も人型うるさしや 西東三鬼
冬海の心見せたる浪白し 堀口星眠 営巣期
冬海の昏れきて吾にかへりし顔 横山白虹
冬海の景半分に埋立地 稲畑汀子
冬海の沖の日小さしクレーン立つ 内藤吐天
冬海の渦巻きほそり海女しづむ 小原菁々子
冬海の漁舸を淋しむ旅人かな 飯田蛇笏 山廬集
冬海の濤の奈落に船きしむ 松下正春
冬海の紺のひそかに忌を修す 原裕 青垣
冬海の紺を見つめて墓白皙 細見綾子 花寂び
冬海の荒れをうしろに墓詣 河野南畦 『黒い夏』
冬海の近くの溝を飯の粒 飴山實 少長集
冬海の青きを嬰に見せにけり 椿和枝
冬海の音の蓋する町の上 伊藤柏翠
冬海の香失せし貝を何時棄てむ 殿村莵絲子 牡 丹
冬海へしきりに炭を焼きにけり 小杉余子 余子句選
冬海へゆく船上に火を澄ませ 大井雅人 龍岡村
冬海へ落ちもせざりし千枚田 津久井進子
冬海へ鳴らぬ時計をささげゆく 宇多喜代子
冬海やなか~日射す冲津波 東洋城千句
冬海やわがなきがらの濡れてあり 長谷川貴枝
冬海やバスに正座をして老婆 村松路生
冬海や一隻の舟難航す 高浜虚子
冬海や人岩に居て魚を待つ 前田普羅
冬海や岬の荘の人の夜ル 尾崎迷堂 孤輪
冬海や念の夢の伊良古崎 松根東洋城
冬海や江差大島人住まず 飯塚野外
冬海を屋根越しに坂吹きさらし 太田土男
冬海を越えて追分聞きに来し 雑草 長谷川零餘子
冬海を間近かに浸る温泉かな 尾崎迷堂 孤輪
冬海光がとらふ千枚田の老婆 細見綾子 黄 炎
冬海昏れずいつまで棕櫚の祷 横山白虹
冬海美くしくて岩の草みどりを残す 人間を彫る 大橋裸木
吾子征きしままの冬海深藍 飯田蛇笏 雪峡
執心の岬冬海越えて行く 河野南畦 湖の森
木乃伊見し眼に冬海の蒼々と 福田蓼汀 山火
灯の真珠冬海遠く闇に鳴り 桂信子 黄 瀬
父子掛けて冬海見おろす日の切株 古沢太穂 古沢太穂句集
病めば蒲團のそと冬海の青きを覚え(絶句) 中塚一碧樓
私の葬きつと冬海の帆に似るぞ 細谷源二
船室に身が浮き上がり冬海航く 芳野正王
茹卵剥き冬海へ殻落す 田川飛旅子 花文字
荒鵜の目冬海ばかり見て炎ゆる 野澤節子 黄 炎
裏町がすぐに冬海刃物研ぐ 河野南畦 『元禄の夢』
車窓をいま冬海空より多く占む 篠原梵 雨
追分を聞いて冬海を明日渡る 高浜虚子(小樽小集)
重なる借冬海くらくひいており 古沢太穂 古沢太穂句集

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あつけなく終る月夜の狸狩 阪本 晋
いざよひの夜川を渡る狸かな 佐川広治
おはじきを二つ並べし狸の目 高澤良一 ぱらりとせ 
かりくらの月に腹うつ狸かな 飯田蛇笏 霊芝
がまぐちに狸化けたり秋の暮 龍岡晋
けんぽ梨狸をさそふわらべ唄 加藤知世子 花 季
こぼれ萩踏みつつ狸供養かな 大岩梨津子
その地番狸塚なり花すすき 立原修志
のしもちを延しかけたる狸かな 許六
みちのくの稲架が狸となる月夜 堀口星眠 樹の雫
ゆきずりの洋傘もて叩く南風の狸舎 宮武寒々 朱卓
カッパのまぼろしながる小狸藻 小川芋銭 芋銭子俳句と画跡
人も狸もまんさくの下通りぬけ 前田保子
人間に見えてをりけり狸罠 茨木和生
今戸焼の狸腹を出し冬浅く 長谷川かな女 花寂び
仔狸を樹上に獲たる記事あはれ 相生垣瓜人
保線夫の拾うてきたる狸かな 伊藤ちあき
信楽の涼夜をしろじろと狸腹 能村登四郎 天上華
信楽の狸の煤も払ひけり 今泉貞鳳
六道の飢餓こそ辛し山狸 丸山海道
冬の夜の遠き厠や狸沙弥 田山耕村
冬枯のおどけ陶狸や庭の芯 河上照女
凩に狸の鼻の乾き鳧 内田百間
初汐や狸土舟を浮ぶべう 寺田寅彦
助六を夜寒の狸おもへらく 泉鏡花
化けさうな信楽狸春の風 小林康治 『虚實』
吊るされて足を揃へし狸かな 清崎敏郎
国道に狸轢かれてゐたりけり 瀧澤伊代次
塊をほどきし狸三匹に 山田弘子
夕時雨来て狸藻の花黄なり 内藤吐天 鳴海抄
外套の綻びて世に狸れゆくか 伊丹三樹彦 人中
多聞寺の屋根の狸に御慶かな 野村喜舟 小石川
夜具縞のどろ坊縞の狸かな 龍岡晋
夜寒さの窓に狸の礫かな 岡村三鼠
大江山生野の道の狸罠 富安風生
安居寺狸が池の水飲みに 荏原京子
客僧の狸寝入やくすり喰 與謝蕪村
寒月に腹鼓うつ狸哉 寺田寅彦
小幟や狸を祭る枯榎 子規句集 虚子・碧梧桐選
小狸といふ毛皮なら買へさうな 後藤比奈夫 花匂ひ
山僧の昼寝を覗く狸かな 矢ヶ崎奇峰
山宿へことづかりたる狸かな 原石鼎
山寺や狸のたゝく夜もあらん 横田 春城
山百合のうへに出でたる狸掘 高澤良一 ももすずめ 
山越の彌陀もくみませ狸酒 横川の思ひ出 中勘助
川風に狸供養の燭ゆらぐ 小関光代
年古りし狸を得たり薬喰 皆川丁堂
惚け兆す不意に狸の来し夜より 築城百々平
戸をたゝく狸と秋をおしみけり 蕪村
戸を叩く狸と秋を惜みけり 蕪 村
戸を叩く音は狸か薬喰 子規句集 虚子・碧梧桐選
旅人も狸供養に加はりぬ 田中佳津子
春月の狸小路にまぎれゆく 角川源義 『神々の宴』
春筍を狸寺より貰ひけり 竹内 旦
春雨や檻に寝ねたる大狸 正岡子規
晩成を待つ顔をして狸かな 有馬朗人 耳順
月今宵茶釜に化けし狸哉 寺田寅彦
朝鮮唐棉たんたん狸のふぐりぞな 高澤良一 素抱 
木の下に狸出むかふ穂懸かな 買山
木の本に狸出むかふ穂かけかな 買山 芭蕉庵小文庫
札幌の狸小路の暦売 白井 新一
枯野原汽車に化けたる狸あり 夏目漱石(1867-1916)
梁に狸吊して蕎麦湯かな 松瀬青々
椎咲いてむっとするなか狸穴坂(まみあなざか) 高澤良一 素抱 
極重悪人狸とくらす恵心堂 中勘助
橡餅や狸の穴のよひ祭 鶴老
檻の狸とまんじゆう頒つ老いたれば 清水径子
死は狸れを許さぬものぞ寒日和 飯田龍太
消防士非番の狸罠かくる 富永 花鳥
漬物石載せて狸の飼はれけり 中川利子
無住寺の井戸に狸の墜ちゐたり 近藤稲水
狐狗狸の頭ならべて雪安居 本田一杉
狐着て狸のごとく待ちをりぬ 岡田史乃
狐罠狸罠あり異ならず 細川加賀 『生身魂』
狸なく夜を夢に笑ふか恵心堂 中勘助
狸ばやし博奕は人に勝たれけり 龍岡晋
狸まつり明日に雨の予報かな 三枝なほ
狸ゐなくて昼月のかけら拾ふ 稲垣きくの 牡 丹
狸仕煮えこぼれゐる榾火かな 橋本鶏二 年輪
狸住む集団離村の住居跡 篠田悦子
狸供養きのふに雨の狸塚 木内彰志
狸供養供養の月の昇りけり 松本圭司
狸供養朝の木洩れ日軽く掃き 鈴木秀朗
狸供養東京湾に橋かかる 成瀬櫻桃子
狸供養汐入川に汐満ちて 宮崎安子
狸出て残飯あさる夜長とか 瀧澤伊代次
狸売る家あり露の深草路 鈴鹿野風呂 浜木綿
狸寝のわらひ出したる雑魚寝かな 四明句集 中川四明
狸痩せ五月は楽の旺んなる 木村蕪城
狸罠かけてそしらぬ顔をして 赤沼山舟生
狸罠かけて後生も願はざる 清原枴童
狸罠仕掛けて忘れ逝きにけり 和湖長六
狸罠掛かりし酒に招かるゝ 渡辺流萍
狸罠見について行く頬かむり 中村春逸
狸罠見回りに持つ棒一本 橋本榮治 越在
狸藁塚とはなまくらなつくりやう 茨木和生 丹生
狸飼ふ茶屋より道は山がゝり 高濱年尾 年尾句集
甘酒を賜はる狸供養かな 貝原靖湖
眠る山狸寝入りもありぬべし 茨木和生 野迫川
秋うらら信楽狸と丈くらべ 星野石雀
秋のくれ仏に化る狸かな 與謝蕪村
稲妻や怒り狸は傷匂はす 加藤知世子 花寂び
稲妻や手負ひ狸の息熱し 加藤知世子 花寂び
罠ありと狸に読めぬ札吊りし 村上杏史
罠かけて狸の智恵を嗤ひけり 水本祥壱
罠の上ほじくりかへす狸かな 阿波野青畝
花街果て凍る灯とぼす狸神 高井北杜
草枯やいつのころより狸塚 大野信子
萩の風狸供養の炎のゆるる 水野初枝
藁を打つ狐・狸のよろこぶ音 今瀬剛一
藤の実に少し風ある狸寺 鈴木照江
蚊柱の立ちたる狸横丁かな 中山稲青
行春や狸もすなる夜の宴 高井几董
諸行無常茶釜は一夜狸なり 中勘助
賽ころを落してゆきし狸かな 龍岡晋
軒に吊る狸に結ぶ曉けの露 伊藤いと子
返したる足跡のあり狸罠 金川晃山
追ふは汗狸ふくらみふくらみ逃げ 加藤知世子 花寂び
逃げてゐてくれし狸や狸罠 鶴丸白路
酒壺と睾丸提げし狸よ枯野を来よ 磯貝碧蹄館 握手
野施行の腹ふくれたる狸哉 星野麦人
長靴を倒してゆきし狸かな 大木あまり 雲の塔
闇汁の蓋を上げしは狸かな 龍胆 長谷川かな女
阿波に多き狸の咄十夜粥 成瀬櫻桃子
陶の狸に抱かす五寸の落椿 伊藤いと子
雨の中狸供養の灯が点り 高須菊江
雪ふらば狸の鼓聞きに来ん 椎本才麿
雪下ろし終へよ狸が煮えたるに 石井露月
雪崩してあはれ死したる狸かな 高濱年尾 年尾句集
雪路かな薪に狸折り添て 上島鬼貫
雲の峰臨月信楽狸かな 仙田洋子
霙るるや狸がかぶるぱつちよ笠 龍岡晋
霜月や狸にも会う狢獲り 金子兜太 詩經國風
鞠のごとく狸おちけり射とめたる 原石鼎
鞠の如く狸おちけり射とめたる 原石鼎
風が抜ける狸かからぬ狸罠 成瀬桜桃子
風致地区カチカチ山の狸飼ふ 加藤かけい
風落ちて狸穴より夜となれり 安達実生子
馬肥ゆる夜々聴く狸囃子かな 久米正雄 返り花
麦人に化けし夜寒の狸かな 尾崎紅葉
しとめたる狢も飾り年迎ふ 樋笠文
むらもみぢ灯して行く狢の湯 泉鏡花
一年や狢評定夜明まで 榎本其角
冬ざれや狢をつるす軒の下 夏目漱石 明治三十二年
山がつや狢しとめし一つだま 飯田蛇笏
往生の狢をかこむ僧侶かな 石田勝彦 秋興
徐々に徐々に狢近より小盃 栗生純夫 科野路
春の吹雪の源助狢見たかりしに 加藤知世子 花寂び
月読の山に雌をおき雄の狢 栗生純夫 科野路
狢藻も降りと尾振れり虻の鳴く 内田百間
筍や狢の穴の葎より 泉鏡花
血けぶらふ狢の贄の月に幾つ 栗生純夫 科野路
雪催ひまこと狢の鳴く夜にて 馬場移公子
霜月や狸にも会う狢獲り 金子兜太 詩經國風
頓智坊ちふ狢の類も夜の秋 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
餅腹を暫し伸ばして狢の湯 高澤良一 素抱 
メガロポリス山川草木うづめむをぶらぶらとわれ毛のなきむじな 坂井修一
星月夜むじな湯へ行く女声 毛塚静枝
団三郎と祀られ涼しむじな神 田中英子
むじな藻を茶碗に浮べ蓮見舟 比叡 野村泊月
十一月ホンドタヌキの空寝入り  高澤良一  寒暑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

むささび

むささび

例句を挙げる。

「模聞雅話(ももんがわ)」鬼の角切りうそ寒し 高澤良一 燕音 
むささびがつくと小国の吊し柿 高野素十
むささびが天井にゐる夜涼かな 山口草堂
むささびが顔さらしたり盆の月 米沢吾亦紅
むささびとなりぬべうなり茶の羽織 山口素堂
むささびと棲み正月の詩書くか 大峯あきら 鳥道
むささびにくまなく星の粒立てる 矢島渚男 船のやうに
むささびに不意をつかれし五月闇 大森三保子
むささびに如何な筋力わたしは寝るわ 池田澄子
むささびに月の樹間の透く蒼し 野沢節子
むささびに木群が余す月の空 桂樟蹊子
むささびに降りやむ雪のなほ散れる 飯田蛇笏
むささびに鳴る初護摩の大太鼓 大島民郎
むささびのくるかも知れぬ蚊遣焚く 斎藤夏風
むささびのすがりて遥るる月の枝 宇田御杖
むささびの一声ならん寝るとせん 小田黒潮
むささびの乳房を垂れて撃たれけり 田村八朗
むささびの呼び交ふ月の雲厚し 平子公一
むささびの夜がたりの父わが胸に 佐藤鬼房 名もなき日夜
むささびの夜となる霧の杉木立 岩城のり子
むささびの孔が霧吐く比叡越え 米澤吾亦紅
むささびの小鳥はみ居る枯野哉 與謝蕪村
むささびの巣へはとどかず蔓手毬 大島民郎
むささびの月夜となりて修二会終ふ 河北斜陽
むささびの杉生を跳ぶを方丈と 猪俣千代子 秘 色
むささびの来る樫の木や月夜の木 赤座閑山
むささびの爪あと杉に秋の暮 伊藤京子
むささびの目のみが翔る梅雨の闇 加藤 草杖
むささびの知恵ほどに月さしそめて 正木ゆう子
むささびの神の影とぶ山の水 奥山甲子男
むささびの闇うつくしく山人早寝 篠田悦子
むささびの闇に神招ぶ青き竹 窪田あさ子
むささびの顔現れし巣箱かな 上村佳与
むささびの飛ぶ夜やさしき男の眼 堀口星眠 営巣期
むささびの飛ぶ杉の穂や星月夜 野村喜舟
むささびの飛ぶ黒白の夕景色 長谷川双魚
むささびの飛翔影曳く雪月夜 村上喜代子
むささびの鳴く夜も廻す艾臼 衣川砂生
むささびは闇の一葉と化りて翔ぶ 宇田零雨
むささびや夜霧吹き入る手打蕎麦 水原秋桜子
むささびや大きくなりし夜の山 三橋敏雄 まぼろしの鱶
むささびや杉にともれる梅雨の星 水原秋櫻子
むささびや神祀る火の消えさうに 井上 康明
むささびや膳にきよらな山のもの 太田鴻村
むささびや露天湯更けて湯気もなし 井沢正江
むささび遠し霧海は月の出づらしも 太田鴻村 穂国
月の断崖むささび飛躍また飛躍 加藤知世子 花寂び
榾の宿撃ちし*むささび抛れるまゝ 楠目橙黄子 橙圃
裘着てむささびのとぶを待つ 安藤 尚子
風の花葛/ももんがに/かの/紺色孤独 林桂 銀の蝉
鼬出てむささびも出てさくらの夜 篠崎圭介

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

「鬼は外」鬼の闇にて咳込めり 桜井博道 海上
あかあかと雛栄ゆれども咳地獄 石田波郷
あきなひの世辞言ひてより咳多し 宍戸富美子
あさあさを芙蓉の霧に咳き入りぬ 中尾白雨 中尾白雨句集
あの咳は父よ溝板ふんで来る 菖蒲あや
あはれなり咳入りてさへなまめけば 久保田万太郎 流寓抄
あはれめり座にたへかねるほど咳くを 久保田万太郎 流寓抄以後
あばら家に人の居は居て咳にけり 清原枴童
うつせみの咳なりやこのさびしさは 筑紫磐井 未定稿Σ
おなじ人おなじ机に咳しつぐ 川島彷徨子 榛の木
かまど焚く母の咳きをる野分かな 伊東宏晃
から咳に真昼の深さ白牡丹 鍵和田[ゆう]子 未来図
がんこな咳のあいま 白梅の瓶の 位置をなおす 吉岡禅寺洞
けんけんと咳くや身近に茅舎の意地 赤城さかえ
こは父の咳なりき椎の花降れり 千代田葛彦 旅人木
こらへゐし咳柊の匂ひけり 石田あき子 見舞籠
こん~と咳きて山葵の花は見ず 萩原麦草 麦嵐
ごほ~と咳きて庵主蚊帳より 清原枴童 枴童句集
ささやきや咳気をなぐる年の暮 探志 芭蕉庵小文庫
さびしさや咳を見かえる大き部屋 古沢太穂 古沢太穂句集
しばらくは言葉とならず咳つゞく 山口白甫
しらじらと暁けぬ雨中を咳きゆきぬ 片山桃史 北方兵團
せせらぎや眠れぬは咳のみならず 山口草堂
ぜんそくのその咳ゆゑにあはれなり 高濱年尾 年尾句集
それからのこと妻の墓にきて咳こぼす 栗林一石路
たんたんの咳を出したる夜寒かな 芥川龍之介
つきまとふ咳に孤独のはじまりぬ 新田充穂
てのひらで押さへて咳の震源地 高澤良一 鳩信 
とめどなく咳きつゝ甕を洗ひをり 清原枴童
ねんねこの男の負える子の咳か 石橋辰之助
はんてんの子の咳をする吉野山 大木あまり 火球
ひたとやむ咳の薬や寒の内 筏井竹の門
ひとなかに咳してゐたる己れかな 草間時彦 櫻山
ふるさとはひとりの咳のあとの闇 飯田龍太
ほうほうの体で逃げ出す咳地獄 高澤良一 鳩信 
りんご撰るたのしさ咳を忘れゐて 目迫秩父
わが咳がたたしめし冬の蝶は舞ふ 加藤楸邨
わが咳けば寒鯉鰭をうごかしぬ 風生
わが咳けば百巻ひびく庵かな 阿波野青畝
わが咳にくづるる薔薇と見入りけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
わが咳に十二神将こちら向く 岬雪夫
わが咳やわれには耳を経ずひびく 宮津昭彦
わが咳や塔の五重をとびこゆる 川端茅舎
われに売文ありて夜の楡咳こぼす 寺田京子 日の鷹
われ咳きて市電夜の濠端を過ぐ 榎本冬一郎 眼光
われ咳けばわが背にても咳く夜汽車 茂里正治
われ咳けば子子孫孫も咳きやまず 和田悟朗
ゑらゑらに咳するネコ二世になる 加藤郁乎
アナウンサー咳くはマイクに反りてしぬ 岸風三樓
コンサート咳怺へ得ず怺へ得ず 前山松花
ジャズの中咳を落してわが過ぎぬ 石田波郷
ダリの青キリコの赤と咳けり 四ッ谷龍(1958-)
ランドセル咳込む吾子の背に重く 稲畑汀子 汀子句集
レスラーが咳してゐたる丸の内 皆吉司
丁字咲き夫婦が一つづゝ咳す 長谷川双魚 風形
丑満の雪に覚めゐて咳殺す 臼田亞浪 定本亜浪句集
世辞ここだ咳くことも又多し 香西照雄 対話
両の手を机に突いて咳込める 千本木 溟子
乙訓の大きな藪の中に咳く 細川加賀 生身魂
九官鳥子の咳までも真似てをり 小路初子
九年母を呉れるに多く咳おとす 萩原麦草 麦嵐
九月はや運河に人の咳ひびく 榎本冬一郎 眼光
五智如来の中の一人が咳こぼす つじ加代子
亜浪忌を縁なしとせず咳こみぬ 大川つとむ
人が咳犬が咳きをるアスファルト 川口重美
人間が居りて咳する芽木の中 右城暮石 上下
今日空を見ざりしと思ふ夜の咳 千代田葛彦
代々木踏切越す老優と咳落し 古沢太穂
体ごと咳きて義士祭遠しとす 萩原麦草 麦嵐
俄に咳く息もて供ふ菊厚咲き 北野民夫
俯向いてコートの襟の中に咳く 西海枝梟子
元日雨降り病む母の咳にひとりいる 栗林一石路
兜金(ときん)ひしと少年山伏咳ころす 平井さち子 鷹日和
入日の冷え家のそこここ母の咳 大野林火
八十八夜真田村から咳ばらひ 鳥居美智子
冬よりの持ち越し咳きや更衣 楠目橙黄子 橙圃
冬空の一片落ちてくる咳のあと 桜井博道 海上
冬鴎海のあをくて咳込めり 中拓夫
刀自の読む咳まじりなり歌留多とる 皆吉爽雨
刈跡の田に疳だかきわれの咳 川島彷徨子 榛の木
初咳といへばめでたくきこえけり 日野草城
初芝居意休の咳も芸のうち 江口千樹
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城(1901-56)
判子屋を出て咳ひとつふたつかな 今村俊三
前山の麦刈る音を咳のあと 中戸川朝人 残心
勿忘草霧に咳き人行けり 堀口星眠
北風にいらだてば咳きし胸ほてる 川島彷徨子 榛の木
十兵衛が謀叛の如く咳こまる 筑紫磐井 婆伽梵
双手に顔埋め盛装の咳を埋め 伊藤敬子
口取も咳気(がいき)ごゑなり駒むかへ 曲翠 俳諧撰集「有磯海」
口笛の咳そそる木の芽夕べかな 富田木歩
叫ぶごと咳くたび命さみしくす 古賀まり子 緑の野
叱咤せんとして咳入りてしまひしか 八木絵馬
君が咳角を曲りて帰り来る 長山あや
咳かすかかすか喀血とくとくと 川端茅舎
咳がまんしてにこやかに応対す 稲畑汀子
咳がやまない背中をたたく手がない 種田山頭火(1882-1940)
咳きいでて夜半の時雨を遠くしぬ 林翔 和紙
咳きいりて起重機の脚掴みをり 米沢吾亦紅 童顔
咳きこみて閻魔の前を忘れけり 下村槐太 天涯
咳きこむあと他人の騒音にやはらげられ 竹中宏 饕餮
咳きこんでゐし泪顔あげにけり 猿橋統流子
咳きこんでゐる初髪のかざしかな 細川加賀 生身魂
咳きこんでゐる子に母の哀しき瞳 遠入たつみ
咳きしあと撚れし百尋もみほぐす 稲垣きくの 牡 丹
咳きしつつ遠賀の蘆原旅ゆけり 橋本多佳子
咳きつのる目を日輪のゆきもどり 加藤楸邨
咳きて思ひ寝の鴨乱さゞれ 篠田悌二郎
咳きて痰落す冬青き松の群 岩田昌寿 地の塩
咳きて飛石ひろひ来つつあり 下村槐太 天涯
咳きながら十一月に入りけり 阿波野青畝
咳きにせく哀しき妻となりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
咳きに咳く日矢太束にひれふして 石田波郷
咳きのあとの無言を自恃とせり 小澤克己
咳きの身のくらやみを冬至かな 山上樹実雄
咳きもせぬ眼の据えやうや水仙花 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
咳きを朱のごとくしてゐたりけり 松山足羽
咳き入りて咳き入りて瞳のうつくしき 篠原鳳作 海の旅
咳き入りて身のぬくもりし夜寒かな 日野草城
咳き入りて~瞳のうつくしき 篠原鳳作
咳き入ると見えしが青子詩を得たり 篠原鳳作
咳き入るや吹き寄せられし星も咳く 千代田葛彦 旅人木
咳き入るや涙にくもるシクラメン 臼田亜浪 旅人
咳き入るや父に肖しひびき咳を過ぎれり 篠原梵
咳き出せぬ土蜘蛛の如ひそむもの 稲垣きくの 牡 丹
咳き咳くは物乞ふなりに似てさもし 吉野義子
咳き尽し生れ来るものを俟ちにけり 斎藤空華 空華句集
咳き臥すや女の膝の聳えをり 石田波郷
咳き込めば我火の玉のごとくなり 川端茅舎(1897-1941)
咳き込めば白き牧師のカラー揺る 今泉貞鳳
咳き込めば臓腑七転八倒す 高澤良一 鳩信 
咳き込んで力ぬけたる命かな 山本しげき
咳き込んで地球踏みつけ止まぬなり 高澤良一 燕音 
咳き込んで言葉の継ぎ穂失へり 柏井季子
咳くたびに肺臓かなしうかび出づ 篠原梵
咳くところ芽ちらちらと草ありし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
咳くと胸の辺に月こぼれきぬ 角川源義 『神々の宴』
咳くまじく耳火と燃やしレール越す 赤城さかえ
咳くや篆刻どれも気に入らず 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
咳く人に白湯まゐらする夜寒かな 几董
咳く人に素湯まいらする夜寒哉 高井几董
咳く我を包みし吹雪海へ行く 野見山朱鳥
咳けばうしろへとんでゆく時間 山崎政江
咳けば土管の中にマッチの火 石川桂郎 含羞
咳けば夜も眼中の火と闘ひぬ 加藤楸邨
咳けば少し抜けゆくかなしみよ 矢島 恵
咳けば月光の濃くなりにけり 草間時彦 櫻山
咳けば痰硝子一枚だけ新し 榎本冬一郎 眼光
咳けば脾腹が痛し何の風邪 石塚友二 光塵
咳けば青僧良寛応へんや(岡山県水島円通寺は若き良寛修行の地) 角川源義 『神々の宴』
咳けば風邪かと問ひぬかなしけれ 宮部寸七翁
咳こだまリョウメンシダの林にて 高澤良一 さざなみやっこ 
咳こぼすかがやきわたる海の面 川崎展宏
咳こぼすより身のゆるぶ菩薩の前 小松崎爽青
咳こぼすマスクの中の貌小さし 吉田鴻司
咳こぼれいづこにこもる夜居(よゐ)の僧 筑紫磐井 野干
咳こぼれ人形つかひ女人なり 山岸 治子
咳こらへゐしが祈りのうちに咳く 長田等
咳ころし己を殺しゐたりけり 岡田 貞峰
咳こんですべて悲しくなりにけり 谷中隆子
咳さそふ咳けふさくら亡びたり 千代田葛彦 旅人木
咳しつつ出島新地の橋赤し 山田みづえ 草譜以後
咳しつつ炭つぎゐしもしんとしぬ 篠原梵
咳しつつ老醫受持産に就く 下村ひろし 西陲集
咳しつゝ歩き来る子や稲埃 高野素十
咳しても一人のわれと旅信書く 伊藤瓔子
咳そそる夜気に窓さす落葉かな 富田木歩
咳そゝる夜気に窓さす落葉かな 木歩句集 富田木歩
咳たまたま 子規草城の系譜の端 伊丹三樹彦 一存在
咳とばす師弟長命寺裏枯れたり 小林康治 玄霜
咳にせき赤鬼顔をしてはゐずや 山田みづえ 木語
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄 炎
咳のなか何か言はれしきゝもらす 能村登四郎
咳の夜の壁穿つ余寒かな 石塚友二 光塵
咳の子に待合室のマンガ本 町田敏子
咳の子に籾山たかくなりにけり 田中裕明 花間一壺
咳の子のうるみし瞳我を見る 星野立子
咳の子のなぞなぞあそびきりもなや 中村汀女(1900-88)
咳の子守る扁平な家雁渡る 細見綾子 花寂び
咳の底切株は雨啜りをり 藤村多加夫
咳の後きらりと妻の泪眼よ 能村登四郎 民話
咳の後掌にしかとある無一物 長谷川博和
咳の顔月にそむけむ方やなし 斎藤空華 空華句集
咳はげしどうでもなれと思ふとき 菖蒲あや 路 地
咳ひとつこぼして直哉旧居去る 上野さち子
咳ひとつして催促の稿のこと 宮田勝
咳ひとつ壷のくらがり駈けめぐり 加藤楸邨
咳ひとつ異性の部屋に入るとき 工藤克巳
咳ひとつ落つ月明の鷲羽山 田住満夫
咳ひとつ赤子のしたる夜寒かな 龍之介
咳ひびく戦傷ならぬ傷を持ち 三谷昭 獣身
咳ひびく畦より細く水流れ 廣瀬直人
咳もまたわがものなれや死ぬるまで 杉山岳陽
咳やつと胸におさまり雪も積みぬ 斎藤空華 空華句集
咳やまぬここより暗夜行路の地 対馬康子 純情
咳やんで遠くいたはる眼に出会ふ 谷口小糸
咳よりもはやく団栗落ちきたる 米澤吾亦紅
咳よりも咳の谺のさびしさよ 林翔 和紙
咳をしてひよどりを驚かす 細見綾子
咳をしても一人 尾崎方哉
咳をしてコンコンチキノコンチキノ 高澤良一 燕音 
咳をして厠の中の人わかる 田川飛旅子 『邯鄲』
咳をして残業の僚たしかむる 米澤吾亦紅
咳をして祝ふ咳して祝はるる 嶋田一歩
咳をして言ひ途切れたるままのこと 細見綾子
咳をして闇のふかまる他国かな 永田耕一郎 方途
咳をする奴は不埒といふ目付 高澤良一 鳩信 
咳をする母を見あげてゐる子かな 中村汀女
咳を捨て西院の河原を去らんとす 上野美智子
咳一つ報恩講に置いてくる 星永文夫
咳一つ校長訓示始まりぬ 城台洋子
咳一つ生きて玉葱岬に積む 原田喬
咳一つ飛びて枯木の枝光る 内藤吐天 鳴海抄
咳一家に童唄などほろにがし 河野多希女 彫刻の森
咳兆す顎ひきすゑて会議の隅 赤城さかえ
咳入るや涙にくもるシクラメン 臼田亞浪 定本亜浪句集
咳入れる人に説きやめ十夜僧 河野静雲 閻魔
咳呆けぬ柚味噌の箸をもちながら 石田波郷
咳呼んで牀頭月のさし来り 臼田亞浪 定本亜浪句集
咳堪へて逢はねばならぬひとのまへ 大島民郎
咳怖れてもの云ひうとし蚊の出初む 富田木歩
咳払せねば出ぬ声報恩講 小松月尚
咳払ひうすうす透かし松手入 平井さち子 紅き栞
咳払ひしつつ短気を持て余す 谷口桂子
咳果てて虹追ふ翼われになし 鷲谷七菜子 黄炎
咳止まず明治大正昭和と生き 猿橋統流子
咳止みて万緑滾りゐる寝覚め 斎藤空華 空華句集
咳止めと鰭酒いづれすすむべき 後藤比奈夫 めんない千鳥
咳止めば山のやうなる静寂かな 江崎紀和子
咳止んでわれ洞然とありにけり 川端茅舎
咳気声や世間の噂衣がへ 安昌 選集「板東太郎」
咳気引て来る朝もあり夜興曳 也有
咳減らし賜へよ伊豆へ師に供し 杉本寛
咳熄んで大きな石をみつめゐる 菅原鬨也
咳真似てゐたる生徒ら黙りけり 森田峠
咳終へて遙かな国に来し思ひ 大野林火
咳耐へに耐へ腹力なかりけり 福永耕二
咳込みて三界の闇凸凹す 館岡沙緻
咳込むを人に見られてかなしけれ 菖蒲あや 路 地
咳込めど目は物を見てゐてかなし 京極杞陽 くくたち上巻
咳込めば帽子の庇はずみつつ 京極杞陽 くくたち下巻
咳込んで以下省略となりにけり 白岩 三郎
咳遠くひびけば吾の咳くごとし 上野さち子
啼く夜鷹咳やすらげば痩躯冷ゆ 千代田葛彦 旅人木
喋らんとして悉く咳となる 朝倉和江
喪のひとのときに咳く竹落葉 柴田白葉女 『冬泉』
噴烟に咳き智に咳きて火口墜つ 石原八束 空の渚
噴烟に捲かれ呆けて咳きつづく 石原八束 空の渚
噴烟のこゑなく裹むときに咳く 石原八束 空の渚
四手小舎廃ると過ぐに咳もらす 篠田悌二郎 風雪前
図書室の咳一つして今日終る 有馬 芳子
地下鉄にわれも生きもの咳をして 寺田京子 日の鷹
堂守り咳き踏まるる邪鬼の泣き笑ひ 奈良文夫
塵一つなき神前に咳こぼす 綾ひろ子
壁いちまい抜け来る咳に力あり 高澤良一 鳩信 
声高になるを咳よりおそれつつ 石川桂郎 含羞
外来の患者持ち込む咳いろいろ 高澤良一 宿好 
夜の坂父の高さで咳をする 小原洋一
夜を徹しゐる子の咳と父の咳 上田五千石 風景
夜仕事に籠る合図の咳ひとつ 上田五千石 琥珀
夜深さに咳して後の餓ゑ渇き 能村登四郎 幻山水
夢のあたりへ響くちりめんじゃこの咳 坪内稔典
夢のごと咳の果にて紙燃ゆる 桜井博道 海上
大き咳のあと声割れて叱咤せり 中戸川朝人 残心
大試験咳とどめえぬ子がひとり 鈴木貞雄
夫の咳やまず薔薇喰ふ虫憎む 横山房子
女の咳を乗せて一〇三列車発つ 田川飛旅子 花文字
女人咳きわれ咳きつれてゆかりなし 下村槐太 天涯
妻に齎す大入袋咳しつつ 細川加賀 『傷痕』
妻の留守ひとりの咳をしつくしぬ 日野草城
始業ベル子らも教師も咳地獄 田中俊尾
子の咳くに真夜の家ぢゆう目をさます 篠原梵 雨
子への声一語をなさず咳きに咳く 角川源義 『冬の虹』
寒林の隙間だらけに咳ひびく 野見山ひふみ
寒肥の老の咳ひびきたる 五十嵐播水 埠頭
寝ねさせよ白むまで咳く咳地獄 及川貞
小照の父咳もなき夕立かな 渡辺水巴 白日
山枯れたり遥に人の咳ける 相馬遷子 山国
川風を受けて咳おし戻される 八木博信
布団はね咳きむせぶもの真紅なり 中尾白雨 中尾白雨句集
師の咳の隣に寝たり青葉木莵 猿橋統流子
帰り咲く木のあり尼僧咳秘むる 臼田亞浪 定本亜浪句集
常楽会比丘尼の咳をまじへけり 野澤節子 遠い橋
干しためし刀豆咳に効くとこそ 稲畑汀子
年の夜の咳もて何を攻めらるる 野澤節子 『駿河蘭』
幽音念佛耳こそばゆく咳さそふ 中戸川朝人 星辰
広襖閉して蛇笏の咳きかへる 石原八束 空の渚
底みせぬ海に咳き込み何か失す 齋藤愼爾
弁当のパンがわきゐて咳さぞふ 篠原梵 雨
弱り目に崇り目の咳死にはせぬ 原田柏生
忽忘草霧に咳き人行けり 堀口星眠 火山灰の道
思ふこと多ければ咳しげく出づ 日野草城
怺へゐし咳を柩にこぼしたり 品川鈴子
抜けがての咳抱きつつ去年今年 馬場移公子
抱き起されなほあやさんとして咳込む(長女規子来る) 岸田稚魚 『負け犬』
持ち運ぶ風邪こぼるなり咳くたびに 宮津昭彦
接吻もて映画は閉ぢぬ咳満ち満つ 石田波郷(1913-69)
握りしめた夜に咳こむ 住宅顕信 未完成
旅の夜の階下の咳の幼きを 原田種茅 径
日の中に咳けばみな蒲公英となる 千代田葛彦 旅人木
日中に咳はく牛や花葵 飯田蛇笏 山廬集
旦夕を身に添ふ咳となりにけり 近藤一鴻
早雲禅寺梅に咳する人ありて 川崎展宏
明易や己が咳に目覚めもし 藤松遊子
星咲いて帰る道ばた咳こぼす 稲垣きくの 黄 瀬
時雨忌のともしび遠く咳き入りぬ 金尾梅の門 古志の歌
晩餐や不在を飾る咳ひとつ 加藤郁乎 球体感覚
暗転へまた裏方の咳聞こゆ 幡谷東吾
暮光に咳き人間一人むさくるし 榎本冬一郎 眼光
月夜風ある一人咳して 尾崎放哉
月明り、青い咳する 住宅顕信 未完成
朝の市馬も寒気にむせて咳く 寺田京子 日の鷹
朧月ゆがみゆがめり咳堪ふる 斎藤空華 空華句集
松とぼ~そのやうに咳せし思ふ 細見綾子 花 季
松深く東風の寒さに咳き入りぬ 久米正雄 返り花
松王がじぶんの咳をこぼしけり 結城美津女
林中の寂寞咳をして払ふ 那須乙郎
枯菊を焚く人とほく咳きゐたり 石原舟月
柳絮とぶや夜に日に咳いてあはれなり 石橋秀野
栗咲ける家の更けゐて咳きこゆ 村越化石 山國抄
桜餅気になる咳をする人と 茨木和生 野迫川
梅が香や妻戸の内の咳はらひ 井上井月
梅白しかつしかつしとだれか咳く 竹下しづの女句文集 昭和十五年
榧の木の冷えまとひ来て夜の咳 佐野美智
樹氷林咳をするとき身のひかり 寺田京子 日の鷹
橙や大川端に咳の神 古舘曹人 樹下石上
死に近く咳こめる眼をあいてゐる 川口重美
残雪に咳ひとつして歩き出す 櫻井博道
殿上に咳しづまれとまじなへり 筑紫磐井 野干
殿上に貧書生わが咳ひびけり 加藤楸邨
母とわれ夜寒の咳をひとつづつ 桂信子
母につぎ兄も柱も咳きぬ 宇多喜代子
母の咳妻の歯ぎしり寒夜の底 香西照雄 対話
母の咳道にても聞え悲します 大野林火
母の手紙にげほげほと父の咳のこと 栗林一石路
母逝きし後も咳き咳くゆゑしらず 吉野義子
民の径精舎に沿へば咳ひびく 桂樟蹊子
氷海やこだまさびしきわれの咳 伊藤彩雪
汽笛止む咳の一人を忘れゐしに 桂樟蹊子
泉川いとけなき咳こんこんと 山口誓子
泊船に咳きこえ夜は長き 五十嵐播水 埠頭
泥濘に落とす一本の葱の咳き 長谷川かな女 花寂び
派手に咳こぼしつつ来て灯をともす 柴田白葉女
漁夫咳きて魚籠へ頒たむ氷魚こぼす 大島民郎
潮騒や松過ぎの咳落すのみ 渡辺七三郎
火の玉となりつゝ咳のこみ上ぐる 川原 和子
火の玉の如くに咳きて隠れ栖む 川端茅舎
火口壁に咳きて胸病み視界病む 石原八束 空の渚
火口鳴る倦怠に咳く身のしびれ 石原八束 空の渚
灯を消して咳くや年ゆく夜の底に 栗林一石路
灯台に咳する螺旋形の咳 三好潤子
炎天に出んとて咳をこぼしけり 森 総彦
炭の香や奥に聞ゆる咳払へ 会津八一
煖炉消え咳金属の音を返す 阿部みどり女
熱の子に咳く子に凡父たりしかな 杉山 岳陽
熱燗を夫の催促咳一つ 杉田英子
父の咳母の咳よりさびしかり 正木ゆう子 悠
父の忌や咳けば応ふる星一つ 菖蒲あや あ や
父咳けばつぎつぎいやなこと思ふ 菖蒲あや 路 地
牛の咳すべてあたりの青き中 右城暮石 声と声
獅子頭かぶりて落す咳ひとつ 築城百々平
瓦礫なか麦の芽生えて咳きこゆ 臼田亞浪 定本亜浪句集
生と死の境に洩らす咳一つ(父脳溢血にて倒る九句) 田川飛旅子 『花文字』
生後初感染の咳牡丹冷ゆ 中戸川朝人 残心
田を植えし足跡を見て病女咳く 萩原麦草 麦嵐
画家の犬咳して青き朴の蔭 右城暮石 声と声
留守居妻他人の咳に夜をたのむ 竹下しづの女
畦の路まがるやわれも咳けり 川島彷徨子 榛の木
病院のアナウンス嬢咳き込んで 谷村千恵子
白き藤房に夜があけ咳やまず 佐藤鬼房
白粉花に咳して漁夫の深まなこ 原田喬
白道の左右より咳御滅燈・・・清浄光寺一ツ火 高澤良一 ねずみのこまくら 
白靴の淡き光に咳くひとり 赤尾兜子
百五十億光年の星へ咳 嶋田一歩
百夜経て咳の減りたり初蛙 秩父
百姓の咳まじる遠き物音に 中山純子 茜
短くも咳きて夜を狩りにゆく 寺井谷子
短日の父母の辺に咳隠すなし 細川加賀 『傷痕』
石牢に已たしかむ咳をする 加藤耕子
石階のしろきにあそび咳く子あり 山口草堂
硝子戸に星満ちて咳ゆるびをり 鷲谷七菜子 黄 炎
磔の釘打つ如く咳きはじむ 野見山朱鳥
祝婚やミモザのもとに咳こぼし 石田波郷
稿債と咳まだ残る誕生日 窪田久美
空咳せしあと咳込みぬ総彦忌 岸田稚魚 筍流し
空広き蝦夷に咳して吸はれけり 鳥居おさむ
立て込んで検尿 採血 咳 患者 高澤良一 鳩信 
立上り泉へ落す咳ひとつ 田川飛旅子 花文字
立竝ぶ勘解由(かげゆ)しづかな咳をして 筑紫磐井 野干
笹鳴に大きかりける人の咳 有働亨 汐路
笹鳴の木の裏あたり母の咳 長谷川かな女 雨 月
節穴がぼつかぼつかと咳のあと 八木三日女 紅 茸
紅の真闇に咳を咳きにけり 八木林之介 青霞集
紅茶熱し霧にむせたる咳のあと 稲垣きくの 牡 丹
老の咳しばし満座を領しけり 香西照雄 素心
老人の咳したるあと日が差して 今井杏太郎
老工の咳ひびく屋根裏の材組み 榎本冬一郎 眼光
老工の服たるませて咳きにけり 榎本冬一郎 眼光
耳に棲む父の叱よ母の咳よ 香取哲郎
聖五月男の咳をひとつかな 村越化石
胸の中がらんどうなり咳く度に 野見山朱鳥
胸中の凩咳となりにけり(三汀の病を問ふ我亦時に病床にあり) 芥川龍之介 我鬼窟句抄
臨月でありし娘の咳く寝待月 堤信彦
芭蕉忌や咳する中に子の泣く声 宮坂静生 青胡桃
草芳しもつとも遊ぶ咳する子 中村汀女
菊人形咳きしと見れば菊師をり 衣川 砂生
葱食つてこなごなの咳朝の川 中拓夫 愛鷹
蓬髪を抱きて火口に女咳く 石原八束 空の渚
薄咳をしつゝやめずよ水遊 川村たか女
薄氷の端のさざなみ咳こぼす 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
虫の音の中に咳出す寝覚哉 丈草 (病床)
蚊遣り火や麦粉にむせる咳の音 許六 俳諧撰集「有磯海」
蜩も鳴きをはりしを薄咳して 千代田葛彦 旅人木
蝋涙やたたかふごとく彼我の咳 楠本憲吉
行く人の咳こぼしつゝ遠ざかる 高浜虚子
補聴器を飛ばしてしまふ咳の人 田川飛旅子 『使徒の眼』
言の葉のちりぢり祖母の咳きに咳く 橋本榮治 麦生
詩は無償胸絞り揺る咳も久し 香西照雄 対話
誰からとなく咳したり萩昏む 目迫秩父
誰か一咳きわがゆく闇の奥をゆく 篠原梵 雨
誰か咳きわがゆく闇の奥をゆく 篠原梵
誰か咳き冷たく重く動く機械 榎本冬一郎 眼光
誰彼の咳に散りしく花うばら 横山房子
讃美歌の余韻咳なほ堪へてをり 津田清子 礼 拝
貝剥女母より老いぬ地に咳きて 伊東宏晃
起きざまに咳いて落葉の匂ひかな 鳥居美智子
起きてゐる咳や深雪となりにけり 石橋秀野
起き出でて咳をする子や寒雀 中村汀女
身のうちを抜け切るものや咳地獄 及川貞
運慶の仁玉の舌の如く咳く 野見山朱鳥
道に売る咳止め飴や初大師 中 火臣
遠ざかる咳に師走の夜深く 『定本石橋秀野句文集』
遠蛙やがて男の咳きこゆ 飯田龍太
野の涯のこゑなき夜火事見つつ咳く 馬場移公子
金柑は咳の妙薬とて甘く 川端茅舎
銭湯の鏡の前に咳込めり 田川飛旅子 花文字
鍋の牡蠣吊りあやまちしより咳くも 中戸川朝人 残心
間みじかの胸灼く咳を憎み咳く 篠原梵 雨
障子の影が一人の咳する 住宅顕信 未完成
雨ふればくらしも冷えて妻が咳する 栗林一石路
雪屋根の眉に迫れり咳をのむ 臼田亞浪 定本亜浪句集
雪泥の港明るし荷馬の咳 西村公鳳
電話口咳して兄の出てきたり 星野立子
静臥時の咳ひとつなし山桜 塩尻青笳
靴音に咳で応へて灯しけり 板橋美智代
須彌壇に水洟のひと咳のひと 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
風邪の咳のなみだのみにてあらざりし 森川暁水 淀
風邪の母咳きつゝ炊ぎ在しけり 清原枴童 枴童句集
風邪二日咳次ぎかめる洟一斗 石塚友二 光塵
餅花の燦爛として咳きにけり 細川加賀 生身魂
馬の咳気にかけながら俵編む 北川蝶児
高値蟹糶るへぶつぶつ咳の婆 石川桂郎 高蘆
魚餌磨る媼しはぶけば鶏も咳く 宮武寒々 朱卓
鳥雲に砂利採りの咳遠きこゆ 稚魚
鴉の咳ごとに嬰児の首洗う 赤尾兜子
鴬がぎよつとするぞよ咳ばらひ 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
鵜の乱舞見て来て咳の募りけり 大島民郎
鶏をりをり咳く鬼灯の月夜かな 宮武寒々 朱卓
鶴咳きに咳く白雲にとりすがり 日野草城
黒板をしばし離れて咳こめる 藺草慶子
黒髪町もめんのごとき咳ばらい 城門次人
黙読に胸押せば咳く夜寒かな 富田木歩
ぎっくり腰咳く図は曽呂利新左衛門  高澤良一  寒暑
内科B外来咳を持ち込んで  高澤良一  石鏡
えらさうに聞こゆる咳が出てしまふ  高澤良一  暮津
日本晴れ咳の一つもしたくなり  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

湯ざめ

湯ざめ

例句を挙げる。

ざうざうと湯ざめしてをり路次咄 久米三汀
すぐ湯ざめしさうなひとり暮しかな 藤崎久を
そこまで天の川、湯ざめすまじき羽織を借り(黒部) 荻原井泉水
つぎつぎに星座のそろふ湯ざめかな 福田甲子雄
なほ生きん闇の湯ざめは締めつくる 香西照雄 対話
ぬる燗を湯ざめの上に重ねけり 草間時彦 櫻山
ふと湯ざめ右の肩より生れけり 塙告冬
ゆずの香の湯ざめごこちになほのこる 田中冬二 麦ほこり
わが部屋に湯ざめせし身の灯を点もす 中村汀女
テレビ見る子を湯ざめると叱りけり 吉田 守一
ビデオに吾湯ざめのごとく登場す 能村研三 鷹の木
不和の灯のしづみて湯ざめ顔ひとつ 石原舟月
乾坤の光うしなふ湯ざめかな 木村蕪城
亡き母に叱られさうな湯ざめかな 八木林之助
人の閑奪ひ一閑湯ざめ来て 香西照雄 対話
剥製を女見てゐる湯ざめして 田村恵子
化粧ふれば女は湯ざめ知らぬなり 竹下しづの女 [はやて]
商談の折合いつかぬ湯ざめさな 佐藤 佐世
壁の絵の写楽に湯ざめうつりけり 細川加賀 生身魂
姿見に全身うつる湯ざめかな 菖蒲あや 路 地
小説の虜となりて湯ざめかな 綿谷吉男
川千鳥湯ざめおぼゆる昼さがり 上村占魚 鮎
後より掴まるるごと湯ざめせり 古賀まり子
恋めきて絨毯をふむ湯ざめかな 飯田蛇笏 雪峡
投句者に怨まれつづけ湯ざめせり 宮坂静生
掌のみかん冷たき湯ざめかな 滝田琴江
旅の夜の湯ざめ早しと思ひつゝ 上村占魚 鮎
昔をとこありけり湯ざめしたりけり 細川加賀 『玉虫』以後
星空のうつくしかりし湯ざめかな 松村蒼石 寒鶯抄
湯ざめしておのれに聞かす二た三言 鷲谷七菜子
湯ざめしてかつぱえびせん止まらない 内田美紗 魚眼石
湯ざめしてしまひしことを引金に 今橋真理子
湯ざめしてどうでもよいと思ふこと 片山由美子 水精
湯ざめしてなほ書きつづけゐる手紙 岩崎照子
湯ざめしてにはかの山気かむりけり 上田五千石
湯ざめしてのちのちのさもあらばあれ 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
湯ざめしてもの食む音の身に返る 岡本眸
湯ざめしてよりちかぢかと汽車の音 細川加賀 生身魂
湯ざめしてより美しき海の紺 今井杏太郎
湯ざめしてゐる手がつづけ髪手入 波多野爽波 鋪道の花
湯ざめして一日の遠くなるおもひ 片山由美子 天弓
湯ざめして一終戦史よみふける 岩崎照子
湯ざめして二十世紀に遺されき 大屋達治 絢鸞
湯ざめして何かと儚ごとばかり 能村登四郎
湯ざめして古き映画を見たりけり 小宮山政子
湯ざめして君のくさめや十三夜 日野草城
湯ざめして夜の上陸諦めし 柴田道人
湯ざめして大きな月でありにけり 古舘曹人 樹下石上
湯ざめして大正の顔客観す 原子公平
湯ざめして夫婦老後を計りをり 高橋悦男
湯ざめして庭より闇を負ひもどる 井沢正江
湯ざめして廃墟の中に立つごとし 藺草慶子
湯ざめして心もとなし旅の宿 波多野爽波 鋪道の花
湯ざめして恋の焉りにゐるごとし 大石悦子 百花
湯ざめして或夜の妻の美しく 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
湯ざめして旅愁に似たる生家かな 保住敬子
湯ざめして晩年是非もなかりけり 長谷川双魚 『ひとつとや』
湯ざめして現の闇をひろげたり 長谷川双魚 『ひとつとや』
湯ざめして眉のあたりのうつろなる 片山由美子 水精
湯ざめして竹人形のうすみどり 御旅屋長一
湯ざめして純文学を好みけり 深見けん二
湯ざめして蕪村忌の夜の更けにけり 所 山花
湯ざめして遥かなるものはるかなり 藤田湘子
湯ざめして酒を垂らせる李白かな 小島 健
湯ざめして鏡が水のやうに見ゆ 八牧美喜子
湯ざめして鏡に他人めき映る 大熊輝一 土の香
湯ざめして鏡に命こめてをり 波多野爽波 鋪道の花
湯ざめして鏡の奥の狐顔 仙田洋子 橋のあなたに
湯ざめして陶淵明の書を閉づる 森田公司
湯ざめして頭の上にありし灯よ 波多野爽波 鋪道の花
湯ざめして顔の小さくなりにけり 雨宮きぬよ
湯ざめする気配の帯を締めにけり 小坂順子
湯ざめせしこと足先の知つてをり 稲畑汀子 汀子第二句集
湯ざめせし背に大いなる月かかる 中村汀女
湯ざめせし貌寒灯の下過ぐる 桂信子 黄 炎
湯ざめせり残雪は土より凹む 千代田葛彦 旅人木
湯ざめとは耳の浮き立つ思ひかな 今瀬剛一
湯ざめの顔薄倖にしてうつくしき 石原舟月
湯に入れば湯ざめをかこつ女かな 高浜虚子
狐火を見るべく湯ざめこゝちかな 高森清子
眉画くや湯ざめこゝちのほのかにも 清原枴童 枴童句集
花かるた湯ざめの羽織うち重ね 清原枴童 枴童句集
藤の穂絮の兎となれり湯ざめして 中村苑子
遠くまで海にごりゐる湯ざめかな 吉田紫乃
酢にむせしことより湯ざめ覚えけり 大熊輝一 土の香
鏡中に違ふ我ゐる湯ざめかな 小泉八重子
髪結ふに手間とりすぎて湯ざめかな 宇佐美輝子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

乾鮭

乾鮭

例句を挙げる。

とし守や乾鮭の太刀鱈の棒 蕪村 冬之部 ■ 題沓
まっ白き歯の乾鮭の吊られたる 加藤三七子
みちのくの乾鮭獣の如く吊り 山口青邨(1892-1988)
両眼を備へ乾鮭吊られあり 奥坂まや
乾鮭(からざけ)のからついてゐる柱かな 夏目漱石 明治三十一年
乾鮭にあかぎれの手を噛まれけり 平塚蕗山
乾鮭にはじめての刃をあてんとす 山口波津女 良人
乾鮭に吹雪の夕日あたりけり 名和三幹竹
乾鮭に喝を与ふる小僧かな 高浜虚子
乾鮭に弓矢の神を祭りけり 寺田寅彦
乾鮭に忘れて長きぬくめ酒 『定本石橋秀野句文集』
乾鮭に目鼻つけたる御姿 子規句集 虚子・碧梧桐選
乾鮭に貧を思はず愚を思ふ 小澤碧童 碧童句集
乾鮭に風のぶつかる漁仕舞 田上悦子
乾鮭のあけし口より日のにほひ 小橋久仁
乾鮭のあるが上にも貰ひけり 松瀬青々
乾鮭の下なることにこだはれり 山口誓子
乾鮭の下顎強くもの言ヘり 嶋田麻紀
乾鮭の余寒の頭残りけり 癖三酔句集 岡本癖三酔
乾鮭の処刑の縄を口に尾に 井沢正江
乾鮭の切口赤き厨かな 正岡子規
乾鮭の半身吊して窯神 木村滋子
乾鮭の吊られて並ぶ背に値札 長谷川櫂 古志
乾鮭の名利のあぶらなかりけり 几董
乾鮭の奥の灯明り新仏 飯田龍太
乾鮭の歯のしみ~と錆びにけり 米沢吾亦紅 童顔
乾鮭の歯や柊の白き花 癖三酔句集 岡本癖三酔
乾鮭の無念も涙も売られけり こしのゆみこ
乾鮭の片荷や小野の炭俵 蕪村遺稿 冬
乾鮭の片身削がれて煤けけり 水内鬼灯
乾鮭の背骨にふれて刃をすすむ 小檜山繁子
乾鮭の貌のしろがね夜に入る 藺草慶子
乾鮭の重たき向きのかはりけり 黒田杏子 水の扉
乾鮭の頭めでたし鬼退治 子規句集 虚子・碧梧桐選
乾鮭の頭もつとも乾びけり 長谷川櫂 古志
乾鮭の顔の寒きを切りにけり 小林康治
乾鮭の鱗も枯れて月日かな 日野草城
乾鮭は仏彫る木の荒削り 渡辺水巴 白日
乾鮭も火焔を負へば仏哉 妻木 松瀬青々
乾鮭も登るけしきや冬木立 蕪村遺稿 冬
乾鮭も空也の痩も寒の内 芭蕉
乾鮭や判官どのゝ上り太刀 蕪村遺稿 冬
乾鮭や沖に日の差す羽越線 椎橋清翠
乾鮭や灯まつ間の土間厨 『定本石橋秀野句文集』
乾鮭や焚く枯菊の薄畑 石井露月
乾鮭や琴に斧うつひゞきあり 蕪村 冬之部 ■ 倣素堂
乾鮭や苦沙彌は遂に冬の人 寺田寅彦
乾鮭や鏡花犀星貧に出づ 加藤耕子
乾鮭をさげて俥に乗りに鳧 内田百間
乾鮭をさげて西方無辺なり 橋石 和栲
乾鮭をたたいてくわんと鳴らしけり 村上鬼城
乾鮭をなべて持ちけり年の宿 高田蝶衣
乾鮭を切りては粕につゝみけり 水原秋桜子
乾鮭を吊るすラッセルまた哭きすぐ 細谷源二
乾鮭を挽ば木のはし炭の折 高井几董
乾鮭を描くリアリズム明治とは 日原傳
乾鮭を提げて話すや風の中 月舟俳句集 原月舟
乾鮭を提げて闇夜を戻りけり 藺草慶子
乾鮭を提げ空港の端よぎる 小林康治
夜を寒み乾鮭つたふ鼠かな 乙州
寒食や乾鮭は世をさかさまに 会津八一
山国へ送る乾鮭歳暮かな 小澤碧童
年守る乾鮭の太刀鱈の棒 蕪村
手燭して乾鮭切るや二三片 前田普羅
数知れず乾鮭つりし厨かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
村上の堆朱乾鮭しぐれけり 黒田杏子 一木一草
棟梁に乾鮭贈る歳暮かな 佐藤肋骨
税重く人の背ごしの乾鮭光る 岩田昌寿 地の塩
袴着て乾鮭提げて帰りけり 小林李坪
託禅師乾鮭に白頭の吟を彫 蕪村 冬之部 ■ 倣素堂
風呂敷に乾鮭と見しは卒都婆哉 蕪村遺稿 冬
鼻曲る乾鮭を見き鼻撫でて 加藤楸邨
干鮭に喰ひさかれたる紙子かな 木導 霜 月 月別句集「韻塞」
干鮭の目へかがんだる竈馬かな 許六 九 月 月別句集「韻塞」
干鮭も空也の痩も寒の中 芭蕉
干鮭や琴に斧うつ響あり 蕪村
雪の朝独り干鮭を噛み得タリ 芭蕉

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:05 | 冬の季語 | Trackback

風邪

風邪

例句を挙げる。

あかあかと山車灯し過ぐ風邪心地 内藤吐天 鳴海抄
あきらめしうつろ心に風邪ひきぬ 林原耒井 蜩
あけくれに富貴を夢む風邪哉 前田普羅
あたゝかな窓に風邪の名残かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
あつあつのけんちん汁に風邪抜かん 高澤良一 鳩信 
あれこれと今年の風邪の諸症状 高澤良一 素抱 
あれこれと言葉尽くされ風邪心地 ふけとしこ 鎌の刃
いとしみて手足を洗ふ風邪のあと 千手 和子
いよ~に世のまぼろしや風邪の熱 尾崎迷堂 孤輪
いろいろな所が風邪を引いてをり 櫂未知子 貴族
うつされし風邪のうらみを言つてみる 田中敬子
うつ伏して風邪を軽しむ女かな 阿部みどり女 笹鳴
うはごとをいうて泣きをり風邪の妻 森川暁水 黴
おちあひし風邪聲同士十三夜 久保田万太郎 流寓抄以後
おのがじし詩のさみしさに風邪ごこち 石原舟月
おほぜいの命あづかり風邪に臥す 五十嵐播水 埠頭
おもふこと遠くもなりぬ風邪に寝て 臼田亞浪 定本亜浪句集
きゝわけのある子ない子に母風邪寝 村山笑石
くらがりに灯を呼ぶ声や風邪籠り 村上鬼城
こころなみ風邪の外出の昼がすみ 太田鴻村 穂国
ことわれぬ保険に入りて風邪心地 宍戸富美子
この場合乳菓に挟む風邪ぐすり 宮武寒々 朱卓
この夜亡き妻と話して風邪心地 森澄雄 所生
この女医も風邪ひけり午の剋鮑をさく 岸風三楼 往来
この子亦髪伸びてきて風邪らしも 京極杞陽
この永き風邪もつて厄落すべし 細川加賀
これしきの風邪に倒るゝ老いしかな 八島半仙
さげ髪をして床にあり風邪の妻 山口波津女 良人
じわじわと風邪に染まりてゆくらしも 相生垣瓜人 明治草抄
すぐ乾く風邪の唇行商す 東出善次
たちまちにあられ過ぎゆく風邪ごもり 桂信子 黄 瀬
つり皮にひしと風邪気の眼をつむり 下田実花
ぬぎ掛けし羽織が赤く風邪の床 八牧美喜子
ねぎま汁風邪の眼のうちかすみ 下村槐太 光背
のら猫の裏声ききて風邪心地 藤井寿江子
はやり風邪お鉢が廻り来て臥せぬ 高澤良一 宿好 
ひた急ぐ風邪を振切り得るとして 相生垣瓜人 微茫集
ひとごゑのなかのひと日の風邪ごこち 桂信子 黄 瀬
ひとり身の低くつめたる風邪の髪 菖蒲あや 路 地
ふるさとや風邪のくすりにたうがらし 加藤覚範
ほつれ毛を噛みて起きをり風邪の妻 森川暁水 黴
ほとばしる洟やなみだや風邪人 西島麦南 人音
ほのと饑じ風邪の汗とるもの脱げば 石川桂郎 高蘆
ほろほろと風邪の涙流しけり 阿部みどり女
ぼんやりとかかりてをりぬ風邪の罠 市野川隆
また今日の暮色に染まる風邪の床 能村登四郎
また風邪を引いたとはもう言へずをり 後藤比奈夫 めんない千鳥
まなうらの瀧白々と風邪きざす 馬場移公子
みかんのいろほどの風邪熱感じをり 上村占魚 『方眼』
みどり子の風邪に泣きぐせつきにけり 大熊輝一 土の香
めつたやたらの線風邪神の壁画 栗林千津
やすまざるべからざる風邪なり勤む 竹下しづの女句文集 昭和十四年
やはらかき畦踏んでまだ風邪抜けず 岸田稚魚 筍流し
よろこびて吾子のまつはる風邪休み 金子 潮
わが声に覚めてとまどふ風邪のゆめ 稲垣きくの 牡 丹
わが風邪のつのるや寒き患家にて 相馬遷子 雪嶺
わが風邪の癒えよと夫の手を賜ふ 山口波津女 良人
ゐのこづちいとしや妹も風邪ひきて 下村槐太 天涯
クレームの詫の風邪声気遣はる 川村紫陽
スペインより帰りし夫の風邪に臥す 田中芙美
セーターの王子風邪気におはしけり 八木林之介 青霞集
パイプの汚れ拭き捨つ風邪の薬包紙 猿橋統流子
ポンプの柄がたがた風邪の農家族 宮坂静生 青胡桃
モヂリアニの女の首も風邪心地 細川加賀 『玉虫』
一家の燈風邪の薬も照らしけり 百合山羽公 故園
一日のいつも低き日風邪ごもり 皆吉爽雨
一日を臥して風邪寝の薄まぶた 高澤良一 燕音 
一粒一粒葡萄愛すや風邪の床 宮坂静生 青胡桃
一通の風邪の見舞のラブレター 溝口 博子
七福詣して来て風邪を授かりぬ 富安風生
三従の妻や風邪にも従ひて 本宮鼎三
下痢また風邪わが新年の賑やかに 石塚友二
不機嫌といふにあらねど風邪心地 上村占魚 球磨
主婦のわれ風邪もひかねばならぬらし 下村梅子
久方の麻生病院院長風邪 塚本邦雄 甘露
久米の子や洟を舐め~風邪ひける 山口青邨
久闊や風邪の衾を出でゝ逢ふ 清原枴童 枴童句集
九月盡胸あつくなる風邪ぐすり 古沢太穂 古沢太穂句集
二三日風邪にこもるや時雨月 松瀬青々
人の引く風邪は引かじと薬喰 亀井糸游
人妻の風邪声艶にきこえけり 高橋淡路女
人情は不変と風邪の父帰国 杉本寛
人日や寝酒にまとふ風邪の神 角川源義
今日の燈のまた灯りたる風邪寝かな 阿部みどり女 笹鳴
仏事のあとインターナシヨナル的風邪 橋田サカエ
似顔絵の唯一似たる風邪の髪 対馬康子 純情
何もかも御用納めの風邪ぐすり 有働亨 汐路
何をきいても風邪の子のかぶりふり 小路智壽子
値下りし豚を見比ぶ風邪の眼に 大熊輝一 土の香
儲からぬ話聞き飽き風邪心地 猿橋統流子
児を抱いて風邪聲憂ふ鳳仙花 富田木歩
冬靄を窓に近寄せ風邪に伏す 及川貞 夕焼
冷蔵庫風邪おびやかす充電音 河野南畦 湖の森
初夢の中まで風邪をひいてをり 半谷洋子
初薬師風邪いましめて帰しけり 安住敦
勤憂し幾度風邪をひきかへし 新井英子
匂ひなき色なき風邪に染まりけり 相生垣瓜人 微茫集
医師の云ふ風邪軽んぜず山茶花どき 高澤良一 素抱 
医師来れば障子の穴に風邪童子 三嶋 隆英
十一月しょっぱなの風邪貰ひけり 高澤良一 燕音 
友さきに風邪声に海の暮色言ふ 宮津昭彦
双の眼のほのぼのと風邪占むるなり 相生垣瓜人 微茫集
双六や風邪を召したる姉の側 蘇山人俳句集 羅蘇山人
受験子を励まし風邪をいたはらる 林翔 和紙
古妻の引き添へ風邪や又宵寝 楠目橙黄子 橙圃
古寺の僧の風邪なぞ便ンなけれ 尾崎迷堂 孤輪
合唱に溶けぬ風邪声中年や 川村紫陽
含ませし乳房に知るや風邪の熱 北川ミチ女
吾子とならんで風邪に臥すこそたのしけれ 佐野良太 樫
咋今の風邪でありぬ作男 飯田蛇笏 山廬集
咳けば脾腹が痛し何の風邪 石塚友二 光塵
咳けば風邪かと問ひぬかなしけれ 宮部寸七翁
嘘少し薬にまぜて風邪の子に 野口たもつ
嚏しておのれも朝ゆ風邪ごころ 石塚友二 光塵
土塊の日当るみつつ風邪ごこち 石川桂郎 含羞
土運びはこぶ灯の街風邪はやる 桜井博道 海上
坂の下まで来て風邪の熱きざす 下村槐太 天涯
坑内の底の底まで風邪はやる 中野詩紅
壁うつす鏡に風邪の身を入るる 桂信子 黄 炎
売れのこる芒みみづく風邪引くな 高澤良一 ねずみのこまくら 
夕の雨風邪見舞ひ来て風邪心地 川村紫陽
外套どこか煉炭にほひ風邪ならむ 森澄雄
夜となりて風邪の床とも見えぬなり 山口波津女 良人
夜の臥床風邪の臥床と並びけり 山口波津女 良人
夜を境に風邪熱落したり穀雨 長谷川かな女 花寂び
夜半のおちば夜明のおちば風邪ごゝち 及川貞 夕焼
夜半の燈の我に親しき風邪かな 阿部みどり女 笹鳴
夢を見しこと風邪熱の出たるらし 下村梅子
大仏に見下されゐて風邪貰ふ 高澤良一 ねずみのこまくら 
大江山に雪来今年も風邪をひく 猿橋統流子
大病のあとの風邪ひく二月かな 五十嵐播水 埠頭
大空を見てゐて風邪を引きにけり 小川軽舟
大舟に乗った気のして風邪の身は 高澤良一 宿好 
天井高き思ひに寝しが風邪引きぬ 乙字俳句集 大須賀乙字
夫かなしひくべからざる風邪をひき 山口波津女 良人
夫の寛容わが風邪癒えて失せにけり 及川貞 夕焼
夫の忌を修すや風邪の褥より 竹下しづの女
夫の風邪癒えて白粥けさ炊かず 及川貞 榧の實
夫医師吾の風邪などとりあはず 嶋田摩耶子
妻がいふ風邪の我儘許しけり 上村占魚 球磨
妻が手のつめたかりけり風邪顔 吉武月二郎句集
妻の風邪わるく不義理をそここゝへ 森川暁水 黴
妻叱り身のさびしさよ風邪を知る 杉山岳陽 晩婚
妻風邪寝今朝も出勤見送らず 中村青蔦
娘のつくる白粥匂ひ風邪籠り 城間芙美子
婢をよびて厨ごと言ふ風邪ごもり 及川貞 夕焼
嫌はるる癒えし風邪また引き直し 川村紫陽
子は風邪に籠れりゆらぐねずみさし 太田鴻村 穂国
定年勧告するもさせるも風邪声に 近藤一鴻
宵月のさやけきを見ぬ風邪心地 楠目橙黄子 橙圃
家籠る風邪の教師に電話くる 上村占魚 鮎
寒取や柱のかげの風邪の神 増田龍雨 龍雨句集
寝飽きたる風邪の枕を裏がへす 榎本冬一郎 眼光
寺もめる和尚の話風邪の床 西山泊雲 泊雲
少女のごと風邪ひき易し野ばらの日日 金子皆子
少年の風邪の三日を紺絣 蓬田紀枝子
居直れる風邪を追い出す粉薬 高澤良一 鳩信 
山の娘の風邪にこもれる蚊帳かな 原石鼎
山妻に風邪移りたる移したる? 高澤良一 鳩信 
師の僧は風邪ごもりとや花の宴 野村泊月
幕間や風邪ごゑのほの甘やかに 藺草慶子
干潟まで行けぬ孔雀と風邪の子と 神尾久美子
年用意風邪も抜かねばならぬかな 三輪一壷
幾日も風邪に寝て身が棒になる 山口波津女
床下に生きものゐるや風邪癒えず 山口誓子
庭石の輝る日もなくて風邪ごもり 桂信子 黄 瀬
庵主さまよりとどきたる風邪封じ 黒田杏子 花下草上
建長寺さまのぬる燗風邪引くな 石塚友二(1906-86)
弓道部主将なりしが風邪寝とよ 都筑智子
引きさうに思ひしときに引きし風邪 稲畑汀子 汀子第二句集
影法師髪みだれたる風邪気かな 中村汀女
心弱く風邪ひき易き体かな 野村喜舟 小石川
忽然と喉もと深く風邪もらふ 赤松[けい]子 白毫
恋猫やラジオは風邪を警しめつ 岸風三樓
愉しさに似し風邪熱の兆しくる 右城暮石 声と声
憤り生れきて風邪の癒えをりぬ 鈴木貞雄
戀風邪や管弦の管ほそりつつ 塚本邦雄 甘露
或る僧の風邪ひく桃の夕かな 大峯あきら
手がすこし荒れてをりたる風邪心地 後藤夜半 底紅
手に載せて益子の壺の風邪心地 猪俣千代子 堆 朱
手鏡を床にかくして風邪の妻 山口波津女 良人
抜けてゆく風邪に豪華なシクラメン 安藤恵子
持ち帰る鞍馬の闇に得し風邪を 宮津昭彦
持ち運ぶ風邪こぼるなり咳くたびに 宮津昭彦
指ふれしレモンや風邪をつのらする 野澤節子 牡 丹
支出なき一日風邪寝の窓汚れ 菖蒲あや あ や
教職に検診きびし風邪ごこち 木村蕪城 寒泉
散歩道夜風の尖る風邪心地 米須盛祐
文弱の性にて風邪も引き易く 西沢破風
方丈の風邪嗄れたまふ一偈かな 阿波野青畝
旅に得し風邪に旅よりながく臥す 中戸川朝人 残心
旅発ちのわれを見送る風邪の妻 近藤一鴻
日当つてくるや風邪寝の枕許 上崎暮潮
日本の風邪も癒えたる帰国の日 山田弘子 こぶし坂
日脚のび風邪気の残る足のうら 篠田悌二郎
早寝してなほりしほどの風邪なりし 稲畑汀子
昏々とねてわが風邪寝あはれまれ 篠田悌二郎
昨日診し風邪患者なりチンドン屋 瀧澤伊代次
昼は雑炊夜はシチューに風邪寄せず 高澤良一 随笑 
時、人を待たざる旅の身の風邪寝 稲垣きくの 牡 丹
暮からの風邪まだぬけず切山椒 久保田万太郎 流寓抄
曇天の母屋に風邪の老婆かな 廣瀬直人
書留来て戸外眩しむ風邪寝妻 鍵和田[ゆう]子 未来図
月のものありてあはれや風邪の妻 森川暁水 黴
望郷を洩らすや風邪の南部杜氏 廣瀬 遊星
朝よりは鳴かぬカナリヤ風邪籠 阿部みどり女 笹鳴
杖の吾に風邪を引くなと車椅子 村越化石
枕もとにぎやかにして風邪に臥す 右城暮石 上下
枕もとの筆硯にお風邪かろからず 河野静雲 閻魔
枕辺に財布よせたる風邪かな 吉武月二郎句集
枯黍の残るをいとふ風邪の妻 阿部ひろし
染め髪の根本の白髪風邪の母 鹿山隆濤
柚子一つ机の上や風邪ごもり 皆川白陀
梅干の種にこだはる風邪心地 小泉八重子
梅林をざつと見て来ぬ鼻つ風邪 高澤良一 ももすずめ 
検温器ふり過ちぬ風邪ごこち 中尾白雨 中尾白雨句集
橄欖のエーゲは知らず風邪ごもり 文挟夫佐恵 雨 月
機械油で硬ばる工衣風邪の悪寒 津田清子 礼 拝
死ぬること風邪を引いてもいふ女 高浜虚子
残り福いただき戻り風邪ごゝち 岸風三楼 往来
母恋し壁にかこまれ風邪に寝て 菖蒲あや 路 地
母見んと夢たのしみぬ風邪の昼 長谷川かな女 雨 月
気力あるときにも風邪を引くことも 稲畑汀子 汀子第二句集
水つかふ音をきゝをり風邪ごゝち 西山誠
水仙の影卓に落ち風邪ごこち 古沢太穂 古沢太穂句集
水道を出しつつけふも風邪ごこち 山口波津女 良人
水飴の固きを掬ひ風邪心地 丹羽啓子
河口より遡り来る風邪心地 五島高資
泣きやすき娘子となりぬ風邪の妻 上村占魚 球磨
泣初の注射にぎはふはやり風邪 三嶋 隆英
洗面の湯気の中なる風邪心地 岡本眸
流寓の家を夢みる風邪にねて 百合山羽公 故園
流氷を待ち風邪人となりゆけり 斎藤玄
流行風邪わが家に迫る目に見えて 百合山羽公 故園
流行風邪吾が屋台骨揺らすなり 高澤良一 鳩信 
海峡を北へ北へと流行風邪 澤 草蝶
海鼠なり風邪こじらせて臥せる身は 高澤良一 さざなみやっこ 
消えやらぬ風邪伸びそめし蕗の薹 相生垣瓜人 明治草抄
深夜往診風邪の外套重く着て 下村ひろし 西陲集
温もるは汚るるに似て風邪ごもり 岡本眸
澄む水に映りしよりの風邪ごこち 佐野美智
火の元と風邪ひきの猫心配す 桑原三郎 晝夜 以後
灯を消してこしかた浮かぶ風邪の闇 稲垣きくの 牡 丹
煖房にいよいよ風邪を意識せる 内藤吐天 鳴海抄
煤雲の凝りとどまれり風邪の家 森川暁水 黴
熱の子を負ひ来し祖母も風邪患者 渡会 昌広
爐塞や耳目に潜む風邪の気 石井露月
父の忌に吾が風邪声の正信偈 山口超心鬼
父子風邪兎のたつる音に臥す 古沢太穂 古沢太穂句集
片付けてをると風邪ごゑ返しけり 高澤良一 さざなみやっこ 
牛買ひも来てをり風邪の牛を診る 右城暮石 上下
犬吠は男波ばかりに風邪ごこち 猪俣千代子 秘 色
猫の足に惚るる如きは風邪心地 永田耕衣 驢鳴集
玄関に厨にさとき風邪の耳 阿部みどり女 笹鳴
玄関に風邪を置き去り風の神 阿部みどり女 『石蕗』
玉ねぎが白くて風邪をひいてゐる 富澤赤黄男
玉葱苗霜枯れぬつぎつぎ風邪に寝る 古沢太穂 古沢太穂句集
生姜湯に顔しかめけり風邪の神 高浜虚子
男の子等に雛のすしを風邪の床 高木晴子 晴居
異次元を浮遊しており風邪籠り 高井喜子
疲れては風邪ながびかせ二兎を追ふ 佐野美智
病雁の湯に入りほとぶ風邪ごころ 角川源義
白浪に背後をみせて風邪つのる 上田五千石 田園
白湯の匂ひさしてばかりに風邪ごもり 右城暮石 声と声
目をかるくつむりてゐたり風邪の神 今井杏太郎
目刺にがし風邪に身ふるふなげきの日 森川暁水 淀
真青な空より風邪をひきこみし 波多野爽波 鋪道の花
真青にわらび煮て風邪忘れけり 及川貞 夕焼
眠るのみにて主婦の風邪癒ゆるかな 吉野義子
眠れねば風邪寝の闇の羽交締め 稲垣きくの 牡 丹
眼の裏に風邪が潜みぬ去年今年 加藤知世子 花寂び
知らぬ町にて風邪ぐすり買ふ店探す 安住敦
知りそめし日のごと三つ編み風邪の妻 茂里正治
石鼎忌より風邪ごゑの昔ばなし 原裕 青垣
硝子戸の中の静かや風邪心地 青峰集 島田青峰
税務署に呼び出されゐつはやり風邪 村山古郷
空は黒き雪満ちてをり風邪に臥す 徳永山冬子
空を見て二階の風邪寝ながびきぬ 中戸川朝人 残心
童話読みつづくよ風邪の子ねむるまで 郷原弘治
節穴の日が風邪の子の頬にありて 竹下しづの女 [はやて]
粥腹の半日もたず風邪はじめ 橋本榮治
納豆が風邪寝の箸を逃げたがる 稲垣きくの 牡 丹
絵本と散らばる甥よ姪よ風邪ひくな 菖蒲あや
縁談や巷に風邪の猛りつゝ 中村草田男
繚乱の花柄布団風邪ひけり 能村研三 鷹の木 以後
美しき猫の跳躍風邪一家 寺井谷子
羽織の鉤とれたるほどの風邪ごゝち 久米正雄 返り花
翳りなく水流れをり風邪ごこち 岸田稚魚 筍流し
耳鳴るや師走を寝よと賜ふ風邪 及川貞 夕焼
聞いて来し風邪とのみただ思ひゐしが 上村占魚 球磨
肉親来て墓前にてのむ風邪ぐすり 中山純子 沙羅
胎動を確めんと妻の風邪の瞳は 鳥居おさむ
脳外科の待合室に風邪の神 河内一明
腹の子の風邪引くといふ霜夜かな 野見山朱鳥
船旅や憑きて離れぬ風邪の神 山崎ひさを
芍薬の芽の色濃くて風邪引きぬ 林原耒井 蜩
花一樹ありて風邪寝のやすからぬ 馬場移公子
花鋏ひと冬を身に風邪栖ませ 佐野美智
苗木市素通り母の風邪見舞 本田豊子
草の上を風邪がすべりて賀茂祭 鷲谷七菜子
草木瓜や歩きつつ子は風邪癒やす 加藤知世子
荼毘を待つ風邪身の悲愁は怒るに似て 赤城さかえ句集
菊なます風邪の夕餉を床のうヘ 及川貞 夕焼
菜園の青さ誰それ風邪をひき 岸風三楼 往来
葉牡丹の輪郭ゆるび風邪きざす 玉出雁之
著ぶくれて懶く居れば風邪かな 温亭句集 篠原温亭
薬臭を訴ふる子や風邪に臥す 東野昭子
薬飲みむしろつのれる風邪心地 南光 翠峰
蘭の影障子にあるや風邪籠り 島村元句集
蘭鋳の痩せたれど風邪は引かざらむ 林原耒井
蟹揚ぐる見ての膝より風邪兆す 石川桂郎 高蘆
裏伊吹見しより旅の風邪癒えず 能村登四郎
裏山の日暮れのいろの風邪心地 白岩三郎
褞袍着て風邪の女房となりけらし 原コウ子
襲はれてあいたた筋肉痛の風邪 高澤良一 燕音 
覗かれし風邪寝のこころ揺藻なす 稲垣きくの 牡 丹
親子三人風邪声寄せて浅蜊汁 増田龍雨 龍雨句集
親方の風邪の不機嫌持て余し 橋場もとき
言訳を考へてゐる風邪心地 竹中しげる
話ししてゐる聞に風邪のこゑとなる 篠原梵 雨
誰よりも早き夕食風邪の子に 志岐寿枝
豆腐ありなにより風邪の箸すすむ 石川桂郎 高蘆
贋物の壷を愛して風邪籠 小泉八重子
起きいでて貌の小さき風邪かな 松村蒼石 露
起きて食ふ心直ぐ消え風邪人 阿部みどり女 笹鳴
路地奥にまた路地がありはやり風邪 茨木晶子
蹼の吾が手に育つ風邪心地 奥坂まや
身のうちに紙の音して風邪心地 猪俣千代子 堆 朱
身の一処しめりて風邪をながびかす 中戸川朝人 残心
辞世句の習作二、三風邪寝の床 守田椰子夫
迷惑をかけまいと呑む風邪ぐすり 岡本眸
逢ひたくて凧をみてゐる風邪ごこち 桂信子 黄 炎
過信せし健康はたと風邪に臥し 嶋田摩耶子
醜草のきつねいろなる風邪気かな 今野福子
里の子と路に遊べり風邪の神 露月句集 石井露月
金魚燃ゆ粥煮こぼして風邪癒ゆる 河野南畦 湖の森
金魚瓶愛づる嫂風邪つのる 宮武寒々 朱卓
鉄板打つ音風邪の頭にたまりゆく 榎本冬一郎 眼光
銃眼の視野ことごとく風邪流行る 野見山ひふみ
鍋洗ふうしろを見せし風邪の神 猪俣千代子 堆 朱
長梅雨の風邪寝で減らす持ち時間 池田政子
長風邪の二人たまたま街で会ふ 細見綾子 黄 炎
長風邪の或る日レモンを買ひに出づ 細見綾子 黄 炎
降りて曇り風邪の鼻孔と遠爆音 古沢太穂 古沢太穂句集
雑炊の韮片よせて風邪長し 石川桂郎 高蘆
雨漏や風邪の衾の裾あたり 清原枴童 枴童句集
電球が風邪寝の顔の上にともる 藤岡筑邨
音もなく起きて来てをり風邪の妻 浜井武之助
頬はれて梅雨の子風邪か生ふる歯か 皆吉爽雨 泉声

More
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

干菜

干菜

例句を挙げる。

あらたまる寒のすがたの干菜かな 銀漢 吉岡禅寺洞
うら山の子狐鳴ける干菜風呂 内田 雅子
かりそめにかけし干菜のいつまでも 高浜虚子
この家のくらし干菜のひとならび 釘宮 のぶ
この頃の昼月濃ゆき干菜かな 大峯あきら
ばばばかと書かれし壁の干菜かな 高濱虚子
ふきおちて土になづめる干菜かな 銀漢 吉岡禅寺洞
ふるさとは干菜あかりの墓のみち 長谷川双魚 風形
まつくらな干菜風呂より出て寝たり 吉岡句城
よく燃ゆる拾ひ薪や干菜風呂 鈴木鈴蘭
よぢれどほしの干菜の影や母在らず 小島千架子
わが家の干菜に日射し来る時刻 星野立子
をちかたに鳰のくれゆく干菜かな 清原枴童 枴童句集
一村の干菜祭りが来るやうに 神尾久美子 桐の木
上置の干菜切れとや夕千鳥 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
人が来てふためく鼠掛干菜 西山泊雲 泊雲句集
人声の過ぎてゆきける干菜かな ふけとしこ 鎌の刃
住みながらよろひつくろふ干菜かな 阿波野青畝
侘び住むといふにはあらず干菜吊る 石丸萩女
僧坊の干菜に羽子のあがりけり 米沢吾亦紅 童顔
兎みな干菜の風に耳たてて 平沢桂二
冬中を倹約しつゝ来し干菜 星野立子
冷腹を暖め了す干菜汁 高濱虚子
北国の冬三日水の干菜風呂 土岐錬太郎
卵うみて鳴き居る鶏や釣干菜 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
厨窓の内よりとりし干菜かな 雑草 長谷川零餘子
厩の前に干菜掛けあり馬戻る 比叡 野村泊月
古塀に鼠の上る干菜かな 河東碧梧桐
吊干菜忌の重なりしごとくなり 長谷川双魚
夕づきてけむの匂へる干菜かな 銀漢 吉岡禅寺洞
夜ふかしを妻に叱られ干菜汁 沢木欣一 往還
夜風出て干菜の水の抜けゆくよ 藤原たかを
大和絵に見らるゝ径の干菜かな 米沢吾亦紅 童顔
大川に突き出し窓の干菜かな 高橋春灯
大鍋に総本山の干菜汁 上田正久日
如来禅さて婆子禅の干菜かな 野村喜舟 小石川
学校の渡り廊下の干菜かな 上原富子
家毎の干菜の村のなつかしく 安田 ただし
家郷いつも誰かが病めり干菜汁 関戸靖子
富士聳え 干菜の匂ひたかかりき 吉岡禅寺洞
寒雀干菜つゝくや尾羽しがみ 西山泊雲 泊雲句集
寺々の中に家ある干菜かな 岡本松浜 白菊
小屋牛に干菜を食はす冬至かな 森澄雄
少年工のふるさと干菜に雪つまる 中戸川朝人 残心
山荘の嬉しきものに干菜風呂 西修子
山裏のまだ明るくて干菜村 綾部仁喜 寒木
山鳴りの他は聞えぬ干菜汁 小林輝子
峡の人干菜の如く笑ひけり 大串章 百鳥
川づらを風さかのぼる干菜かな 藤田あけ烏
干からびてちぎれなくなる干菜かな 高浜虚子
干菜していつのほどにか二階住 銀漢 吉岡禅寺洞
干菜して三千院も果ての坊 米澤吾亦紅
干菜して村のどこにも日向媼 北沢瑞史
干菜して祇園の昼の抜け小路 桂樟蹊子
干菜てふ匂ひの痩せてをりにけり 小田三千代
干菜の尾やみくもに飛機ひびき去る 成田千空 地霊
干菜の香母の香生家煤厚し 佐竹千代子
干菜一聯吹きとばしたる吹雪かな 西山泊雲 泊雲句集
干菜吊り部屋内かくす湯治宿 原 柯城
干菜吊るうなじに落つる軒雫 高田虹谷
干菜吊るまこと信濃の空たかく 高橋鏡太郎
干菜吊るゆらりと歩く豊後牛 保坂知加子
干菜宿踏切の鳴る夜が来り 藤田湘子 春祭
干菜揺れゐるはいやいやにはあらず 長谷川双魚
干菜汁ふるさとの闇温めて 戸川稲村
干菜汁みちのくに住み五十年 鈴木綾園
干菜汁仏縁の日に当りけり 鈴木芋村
干菜汁妻との会話そつけなし 清水基吉
干菜汁徹夜ののんど通りけり 藤田あけ烏 赤松
干菜汁田舎育ちの抜けきれず 石川久
干菜湯におほじがふぐりふやけたり 茨木和生 往馬
干菜湯に曠野の匂ひ少し嗅ぐ 上野さち子
干菜湯に濡れたる髪をとく女房 橋本鶏二 年輪
干菜湯に誰れ入り居るや音のなし 湯室月村
干菜湯の匂ひまとひしまゝ逢ひぬ 関戸靖子
干菜湯や世を捨てかねて在り経につ 日野草城
干菜竿連ねて坂の七戸かな 宮田正和
干菜落ちて塀にもどさん人もなし 銀漢 吉岡禅寺洞
干菜落ちて少しく霜を置きにけり 清原枴童 枴童句集
干菜袋抱へてじつと風呂の中 藤波銀影
干菜見えて男鰥にあらざりき 銀漢 吉岡禅寺洞
干菜風呂に祖母のこゑして山眠る 伊東美也子
干菜風呂夜更けて雪のなほ止まず 鳥越憲三郎
干菜風呂日々欠かさずに自愛かな 芝原無菴
干菜風呂火の粉は闇を好みけり ながさく清江
干菜風盥の濯着凍てゝあり 金尾梅の門 古志の歌
干菜風遠火事を見て閉す戸かな 吉武月二郎句集
干菜鳴り吹雪く恵那にも年立ちぬ 加藤春彦
干菜鳴り啄木旧居灯りけり 三上良三
平安貴族性交解剖圖ゑがかむか胃の底の干魚(ひを)干菜(ほしな)干飯(かれいひ) 高橋睦郎 飲食
庭先を汽車行く家や釣り干菜 内田百間
息しづかに山の音きく干菜風呂 日美井雪
手拭ひに匂ひが残り干菜風呂 斎藤花辰
日を迎へ日を送り軒の干菜かな 星野麦人
旧居訪ふ書斎干菜をして存す 皆吉爽雨
月光をあつめて干菜湯をわかす 宮坂静生 春の鹿
木戸閉づやかくれし干菜押もどし 西山泊雲 泊雲句集
梟や干菜で足蒸す夜頃なり 富田木歩
水音に暮るる信濃の干菜竿 前田時余
河内女や干菜に暗き窓の機 大魯
泣くために早くねる妹干菜風呂 増田達治
海鳴りの日々続きゐて干菜汁 井波美雪
湧水のほとり灯ともす干菜宿 土屋未知
灯ともして寒き干菜の影となる 千代田葛彦 旅人木
烈風の入江を走る干菜汁 大木あまり 火球
烏午王干菜の間ゆ日のとどき 中戸川朝人 星辰
玄賣を世にみる様か干菜賣 榎本其角
生きるゆゑみな尻持てり干菜風呂 和田耕三郎
生涯を利尻に住ふ干菜かな 長尾岬月
由布岳を庭の景とし干菜宿 千代田景石
短檠や干菜の風にきゝ澄ます 西山泊雲 泊雲句集
禅林の干菜の縄を杉へ杉ヘ 皆吉爽雨
窓口を除けて釣りたる干菜かな 西山泊雲 泊雲句集
笑ふとき父の老見ゆ干菜汁 木附沢麦青
背戸をうつ風の荒息干菜風呂 森 ひろ
荒壁へわざとしからぬ干菜かな 小杉余子 余子句選
荒海へ干菜をよろふ小家かな 小杉余子 余子句選
落月に簷すさまじや釣干菜 西山泊雲 泊雲句集
薪抱いて軒の干菜をすれ~に 西山泊雲 泊雲句集
虚子旧居出でて曲れば干菜の家 上野 泰
蜂一つついてゐたりし干菜かな 銀漢 吉岡禅寺洞
蜑が家の干菜顧みられもせず 森田峠 避暑散歩
裏庭のよき月夜なり干菜宿 橋本鶏二 年輪
見送るや干菜の窓に顔を出し 西山小鼓子
言の葉も湯気ももてなし干菜汁 岡部名保子
谿昏れてより遠吠の干菜村 角川春樹
貧しくて干菜の縄の大たるみ 木下夕爾
貧富なき暮しもよしや干菜汁 翁長日ねもす
貧居士の窓を暗うす釣干菜 浜田波静
貧農の身をあたたむる干菜汁 金谷土筆
赤星も青星もある干菜かな 大峯あきら
足袋と干菜とうつる障子かな 室生犀星 魚眠洞發句集
軒干菜齢に深入りしたるかな 長谷川双魚 『ひとつとや』
農の終焉壁を一と重に干菜鳴る 成田千空 地霊
遠き世の旅に在るごと干菜風呂 都筑智子
遠山に雪来てゆるぶ干菜綱 渡辺文雄
釘くらく打ちて干菜のひとつらね 長谷川双魚 『ひとつとや』
釣干菜おろすやにぎりたしかめて 西山泊雲 泊雲句集
釣干菜それ者と見ゆる人の果 永井荷風 荷風句集
釣干菜の影散乱す風の月 西山泊雲 泊雲句集
釣干菜夜々の狐火誘ふかな 野村喜舟 小石川
釣鐘にくくりつけたる干菜かな 会津八一
雪匂ふ御嶽の闇や干菜風呂 市村究一郎
電燈の一つ下がりし干菜汁 滝沢伊代次
青き色の残りて寒き干菜かな 高浜虚子
靴洗ひ干菜吊すや一千年 岩淵喜代子 硝子の仲間
音立てて干菜の乾く山の晝 児玉輝代
風の中三日月あげし干菜宿 奥脇きぬ恵
風の月壁はなれとぶ干菜影 西山泊雲 泊雲句集
風ふけば軒を動かす干菜哉 竹冷句鈔 角田竹冷
風三日干菜に色の出でにけり 大石悦子 聞香
風折々月の干菜をうごかしぬ 原 石鼎
馬子焚火馬は干菜を食うて居る 比叡 野村泊月
馬柵の陽当る方へ干菜吊る 菅原文子
馬車発つて垣に残れる干菜かな 銀漢 吉岡禅寺洞
駅前の自転車置場干菜吊る 房川喜三男
鶏の首とゞかする干菜かな 松根東洋城
干葉つるところ子供にふざけながら友来る 梅林句屑 喜谷六花
干葉飯(ひばめし)の後段や四方の雪がすみ 中村史邦
懸菜鎧ふ欅の夕日移りけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
梟や干葉で足蒸す夜頃なり 木歩句集 富田木歩
湖照りのたえずきびしき懸菜かな 木村蕪城 寒泉
眼光の懸菜を貫かんばかり 岸本尚毅 舜
虚子舊居出でゝ曲れば懸菜の家 上野泰
飢餓の春に父のすきけん干葉の飯 中勘助

以上
by 575fudemakase | 2014-12-04 00:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング