2014年 12月 05日 ( 12 )

冬の夜

冬の夜

例句を挙げる。

くちびるに湯呑みの厚み冬の夜 雅人
この館のゆゝしき冬の夜をおもふ 久保田万太郎 草の丈
ごろ菫といはれし冬の夜なるかな 冬の土宮林菫哉
すみ~にものおく冬の夜はをかし 成美
一輪挿しの花びらが冬の夜に舌出してる 人間を彫る 大橋裸木
上等の茶筅つくりは冬の夜に 福井甲東子
亡き母と普賢と見をる冬の夜 野見山朱鳥(1917-70)
人に霧笛きこえて冬の夜の灰皿 古沢太穂 古沢太穂句集
人愛したき冬の夜のものがたり 千本木 早苗
冬の夜のついつまされて子を見やる 冬の土宮林菫哉
冬の夜のサイン・コサインはるかなり 高澤晶子 純愛
冬の夜の人のなさけにすがるとき 久保田万太郎 流寓抄
冬の夜の人をへだてし何の齟齬 稲垣きくの 黄 瀬
冬の夜の匂ひを甘しとしか言へず 加倉井秋を 午後の窓
冬の夜の哀しき父が筆稼ぎ 石塚友二 光塵
冬の夜の四方の山や風明り 癖三酔句集 岡本癖三酔
冬の夜の地面を風が吹き払ふ 高木晴子 花 季
冬の夜の夢相遇ふて父子若し 松村蒼石 春霰
冬の夜の子にきかるるは文字のみ 福田甲子雄
冬の夜の小屏風立てゝ寐入りけり 筏井竹の門
冬の夜の巷に鶴を飼ひなれし 犀星
冬の夜の母木ひそかに芽吹きをり 原裕 葦牙
冬の夜の汽車発つ音に心とむ 山口波津女 良人
冬の夜の湯槽の底を踏まへゐる 日野草城
冬の夜の灯のおちつきにひそむ魔か 久保田万太郎 流寓抄
冬の夜の灯のなまめきて来りけり 久保田万太郎 草の丈
冬の夜の灯二つ見えて茶屋二軒 佐藤生巣
冬の夜の犬呼び入れて鎖す隣 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
冬の夜の狐は親のなくやらん 中勘助
冬の夜の目の行く方や魚戸棚 浜田酒堂
冬の夜の瞑れば過ぐ青き馬 今井杏太郎
冬の夜の茶碗部厚やたなごころ 草間時彦 櫻山
冬の夜の語り部となる師のたばこ 小島千架子
冬の夜の遠き厠や狸沙弥 田山耕村
冬の夜の那須野は雲にまみれけり 渡邊水巴 富士
冬の夜の雨音わが部屋難破船 和田耕三郎
冬の夜の音も迫らず水車かな 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜の顔半分の闇にゐる 島崎妙子
冬の夜の風飄々と広間かな 梧月
冬の夜はをとこの海鳴りす 角川春樹(1942-)
冬の夜やいさゝか足らぬ米の銭 木歩句集 富田木歩
冬の夜やおとろへうごく天の川 渡邊水巴
冬の夜やきのふ貰ひしはりまなべ 一茶
冬の夜やこゝに居られるはずの方 高木晴子
冬の夜やふつふつ煮ゆる鍋のもの 筏井竹の門
冬の夜やものをつゝめる影と息 長谷川零余子
冬の夜や亡き母の手蹟誰れも知らず 佐野青陽人 天の川
冬の夜や今戸八幡隅田川 道芝 久保田万太郎
冬の夜や寺の流しに鳴く鼠 古白遺稿 藤野古白
冬の夜や小便小路寺小路 小杉余子 余子句選
冬の夜や小鍋立して湖の魚 草間時彦 櫻山
冬の夜や廻廊の欄月ありて 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や我に無芸のおもひ有 高井几董
冬の夜や我俳諧のありどころ 小杉余子 余子句選
冬の夜や文字微塵数に華厳経 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や星ふるばかり瓦竈 久保田万太郎 草の丈
冬の夜や末頼もしく子を抱き 野村喜舟 小石川
冬の夜や柱暦の望の影 尾崎紅葉
冬の夜や柾目の廊下つぎつぎと 横光利一
冬の夜や柿の葉なぞの早落ちず 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や槌音返す壁聳ゆ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
冬の夜や母の手紙を返し読む 五十嵐播水 播水句集
冬の夜や母われにつく正信偈 大橋櫻坡子 雨月
冬の夜や油しめ木の怖ろしき 青々
冬の夜や油一皿紙五枚 星野麦人
冬の夜や海ねむらねば眠られず 鈴木真砂女
冬の夜や火の影細し綿車 大阪-本好 俳諧撰集「藤の実」
冬の夜や犬上り寝る米俵 西山泊雲 泊雲句集
冬の夜や白き襖の瞳をもてり 太田鴻村 穂国
冬の夜や空に流るる水匂ふ 仙田洋子 橋のあなたに
冬の夜や笄ながき女夫髷 久保田万太郎 草の丈
冬の夜や花なき瓶の影法師 癖三酔句集 岡本癖三酔
冬の夜や軍サ神なる諏訪の神 尾崎迷堂 孤輪
冬の夜や辞しゆくひとの衣のしわ 鈴木しづ子
冬の夜や迷路のごとき門司の坂 白虹
冬の夜や逆さに吊りし大鮪 鈴木真砂女 生簀籠
冬の夜や鵠の声をきゝわぶる 白雄
冬の夜をいつも灯ともす小窓かな 虚子
冬の夜を冴えし瞳と居りにけり 室生犀星 犀星發句集
冬の夜を梅咲く襖四枚かな 東洋城千句
冬の夜を海と山とに別れけり 古白遺稿 藤野古白
冬の夜を真丸に寝る小隅哉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
冬の夜を蒼き耳してゆく子かな 神山姫余
冬の夜を語る麻布の七不思議 大谷句仏
冬の夜子のまぶた貝殻のごと 細見綾子
冬の夜松黒く積み貨物駅 長谷川かな女 花 季
冬の夜海眠らねば眠られず 鈴木真砂女
冬の夜烏蘭茶のわる紅い箱 梅林句屑 喜谷六花
冬の夜音符になっている二人 山口 剛
地震前の部屋なつかしむ冬の夜 五十嵐播水
夫使ひし耳掻き吾も冬の夜 田中英子
富士に映えし日は冬の夜に落ち込みぬ 渡邊水巴 富士
小鍋置て冬の夜を待つ数奇心 几董
尖塔の記憶ばかりの冬の夜 対馬康子 愛国
彫深き顔と冬の夜の薔薇と 石塚友二
戸締りをして冬の夜となりにけり 井瀬郁子
提灯に死馬恐しや冬の夜 河野静雲 閻魔
明日香村字大耳の冬の夜 坪内稔典
殿中の管弦冬の夜毎かな 藤森百種
沈黙の心を冬の夜が結ぶ 阿部みどり女
病人の炬燵に火を足して冬の夜終る 人間を彫る 大橋裸木
病院の冬の夜いつか時刻過ぎ 高浜年尾
神ともにませば独りの冬の夜も 岡安仁義
絆創膏張つた顔のきまじめな冬の夜だ 人間を彫る 大橋裸木
脛毛濃く冬の夜白い薬呑む 和知喜八 同齢
詩一章柿二顆冬の夜は更ぬ 子規
迷路めく階段冬の夜の新居 皆吉司
鏡買うて女の戻る冬の夜 春日部春二
闇走る犬猫どもの冬の夜 誓子
雨漏太鼓冬の夜の足温め合う 田川飛旅子 花文字
飼はれたる梟にまた冬の夜 門奈明子
黒ビール飲み冬の夜の食堂車 長谷川青窓
「冬夜もこのまま」澄みて鋭き眼ざしも 鈴木六林男 第三突堤
ある寒夜ふつりと男らに混じる 金田咲子 全身 以後
いつわりの言葉みずみずしき寒夜 寺島敦子
うすべりに寒夜の猫の貌みがく 金尾梅の門
おのおのの遠く帰りし冬夜かな 吉武月二郎句集
けもの親しく膝にして冬夜もの書く 人間を彫る 大橋裸木
ここにかうしてわたしをおいてゐる冬夜 種田山頭火(1882-1940)
さすらひの伏屋に寒夜の胡桃をわる 中勘助
さはさはと蟹這ふ冬夜の地学室 中拓夫 愛鷹
たかぶりて冬夜水飲み座にもどる 右城暮石 声と声
ためらはず友の手借りぬ冬夜の階 石田あき子 見舞籠
ちりちりと寒夜の繊維脱げば鳴る 友田 浩
なげきつゝ寒夜の氷わる母よ 中尾白雨 中尾白雨句集
なにもかも知れる冬夜の厠神 飯田蛇笏 霊芝
にんげんを大河内傅次郎を話す冬夜青年が真向き 中塚一碧樓
はるかなる寒夜に母の声まじる 赤城さかえ句集
ひとり読んで花枯るる床や寒夜の燈 飯田蛇笏 山廬集
ふつつり思ひきり冬夜の長い橋渡る 人間を彫る 大橋裸木
またも雨冬夜は馬と滅ぶ夢 宇多喜代子
やゝにして己れ見出でし冬夜かな 尾崎迷堂 孤輪
ゆふやみが寒夜へ急ぐ惻惻と 下村槐太 天涯
わがことに妻子をわびる冬夜かな 飯田蛇笏 山廬集
わが部屋の上に人棲む寒夜かな 鈴木真砂女 夕螢
われを呼ぶ患者寒夜の山中に 相馬遷子 雪嶺
アドルムを三鬼にわかつ寒夜かな 横山白虹
カンパ帖が寒夜のみやげ咎むな妻 赤城さかえ句集
サイフォンに胎動兆す寒夜なり 皆吉司(1962-)
ズボンの皺皆気にしつゝ冬夜辞す 右城暮石 上下
パンドラの箱のつぶれし寒夜かな 石田美保子
フォークダンスの冬夜つなぐ手胸の高さ 田川飛旅子
マンホールの水音寒夜は火の音す 寺田京子 日の鷹
ルンペン氏わらひのぞける冬夜宴 河野静雲 閻魔
一つある寒夜の林檎むかんとす 田村木国
一握の緑うれしき冬夜かな 寺田寅彦
一等星欅に荒き寒夜かな 渡辺水巴 白日
中尊寺毛越寺のみな冬夜かな 尾崎迷堂 孤輪
乗りすごし降りたる駅の唯寒夜 相馬遷子 山国
二等待合に赤帽の帽がどす黒い寒夜で 梅林句屑 喜谷六花
二階屋を水音縦に切る寒夜 大井雅人 龍岡村
亡き犬もまじる寒夜の遠吠えは 馬場移公子
人の家の冬夜さざめき詩の如く 大岳水一路
仏彫る耳より冷ゆる寒夜かな 山口燕青
低鼻の死顔寒夜昇天す 津田清子 二人称
信号弾寒夜の空を妖々と 椎橋清翠
児が眠る寒夜の鬼面あほむけに 鈴木稲花
児を抱きあぐ寒夜ベトナムの戦う火 赤城さかえ
冬夜うたう信濃馬子うた君老いざれ 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜ぬくし子が描く雨降りお月さん 上野さち子
冬夜のつどい土方与志のうしろに坐す 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜の仕事に寝る前の子が顔を現はす 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の座砂糖まぶした菓子やわらか 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜の校正室のせまくるしさうな二つの顔だ 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の深い椅子に置かれし子のつぶら眼 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の舞合裏に花束抱へてゐる女だ 人間を彫る 大橋裸木
冬夜の静けさたてよこに足袋をつづくる 人間を彫る 大橋裸木
冬夜ふとむかしの猫の名を言へり 村越化石
冬夜世に欲るふぐりのごときやさしきもの 森澄雄 花眼
冬夜人なか訴うことの溢るるを 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜大きなけもののごとくスクラムす 栗林一石路
冬夜床にハンマー振りきし五指のほでり 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜我が詩の貧しくて足踏まる 右城暮石 声と声
冬夜熱に覚めいるや亡き友遠き友 古沢太穂 古沢太穂句集
冬夜聴く滅びし国の子守唄 野見山朱鳥
冬夜背後のふくみ笑ひや毛糸編 中拓夫 愛鷹
冬夜親しく読む本を父に覗かれる 人間を彫る 大橋裸木
冬夜読書何か物鳴る腹の底 高浜虚子
冬夜踏む病室の床音をしのぶ 石田 波郷
冬夜電柱と肺の赤さを思いねる 北原志満子
出征旗冬夜の星座うごきをり 渡邊水巴 富士
原稿紙冬夜踏切は明るすぎ 中拓夫 愛鷹
吸ひ込まれさうな寒夜の大鏡 檜 紀代
吾が背ラ壁にて野なる冬夜かな 東洋城千句
呟くや寒夜マラソンに追抜かれ 細川加賀
地震を機に寒夜の看護交替す 奈良文夫
塵労の冬夜のねむり深かりき 西島麦南 人音
墓彫の寒夜誰にも振り向かず 細谷源二 砂金帯
壺は一つの影を惹きつけ冬夜となる 河野多希女 両手は湖
夢に来し父に抱かれ寒夜なり 堀口星眠 営巣期
大き影もて寄合ひぬ冬夜僧 中川宋淵
大酔のあとひとりある冬夜かな 飯田蛇笏 山廬集
女医と妻寒夜囁けり睦むごと 細川加賀
妻の赤い頬冬夜いつしか更けわたり 人間を彫る 大橋裸木
妻泣かせ酔はせ寒夜の卵酒 小林康治 四季貧窮
子に送る冬夜ゆたかにと燭台を 杉本寛
子も手うつ冬夜北ぐにの魚とる歌 古沢太穂 古沢太穂句集
宝石店に隣り寒夜の靴の店 森田智子
寒夜々の酒欲り友を欲りにけり 金尾梅の門 古志の歌
寒夜かも明日焼く父に侍して寝る 小林康治 四季貧窮
寒夜くらしたたかひすみていのちありぬ 長谷川素逝 砲車
寒夜くらし喊声は壕をぬきたるか 長谷川素逝 砲車
寒夜くらし暁けのいくさの時を待つ 長谷川素逝 砲車
寒夜さめふと枕燈(まくらび)に霧の笛 赤尾兜子
寒夜ただ月も素通り魔薬窟 成田千空 地霊
寒夜とは花なき花瓶しづもりぬ 中村明子
寒夜にて夢に泪し覚めゐたり 内藤吐天 鳴海抄
寒夜には子を抱きすくめ寝ぬるわれ森の獣のいづれかなしき 筏井嘉一
寒夜のポプラ善意はつねにほの明し 千代田葛彦 旅人木
寒夜の家洩るその声の親しく声をかける 人間を彫る 大橋裸木
寒夜の尿感謝感謝と走り出づ 田川飛旅子 『植樹祭』
寒夜の川逆流れ満ち夫婦の刻 佐藤鬼房
寒夜の泉ヘテレビがきこえスラム更く 赤城さかえ句集
寒夜の襖たてきり看とりのひまの本読む 人間を彫る 大橋裸木
寒夜の餉とろりと烏賊の黒づくり 北野民夫
寒夜ひとわが言さへや頭を垂れ聴く 中島斌雄
寒夜へ謝辞麻薬押しわけ押しわけて 赤城さかえ
寒夜ほのぼの山鳥食うてぬくもれば 大野林火
寒夜まだピアノ弾く娘と妻起きて 伊東宏晃
寒夜みどり児と眼を瞶めあふ 瀧春一 菜園
寒夜やがて使にやりし婢の足音 香西照雄 対話
寒夜や棚にこたゆる臼の音 探 志
寒夜わが命まもるは真乙女たち 赤城さかえ
寒夜わが膝をぬらせる仔犬の尿 瀧春一 菜園
寒夜わが酔えば生るる金の虹 古沢太穂 古沢太穂句集
寒夜われ涜れて犬の睡を愛す 下村槐太 天涯
寒夜トレドまぶしき頬に近寄りぬ 仙田洋子 橋のあなたに
寒夜一店扉おろせばつぎつぎに 福田甲子雄
寒夜二時重傷兵の目あいてをる 長谷川素逝
寒夜健やか寝ねたる果舗が香をのこし 川口重美
寒夜史に泣くや燈火豆の如 蘇山人俳句集 羅蘇山人
寒夜君を信ずることに急かれをり 宍戸富美子
寒夜哉煮売の鍋の火のきほひ 含 粘
寒夜啼く仔犬わが子は母の胸に 瀧春一 菜園
寒夜地震家の隅よりみしときし 川島彷徨子 榛の木
寒夜孤独反古だまうごきつゝ燃ゆる 川口重美
寒夜影の弾むほどにはわれ動かず 野澤節子 花 季
寒夜日本軍用列車にながく堰かれ 古沢太穂 古沢太穂句集
寒夜明るし別れて少女馳け出だす 西東三鬼
寒夜歯磨く度に一日一日減る 田川飛旅子
寒夜睡れず黒部激流耳に憑き 福田蓼汀 秋風挽歌
寒夜自愛おのが二影の濃き交面 香西照雄 素心
寒夜覚めまじと青く小さな薬飲む 菖蒲あや 路 地
寒夜覚め壁の喪服を怖れけり 伊東宏晃
寒夜覚め子の覚め居るを悲しめり 殿村莵絲子 花 季
寒夜覚め葬りし猫の鈴鳴ると 松本巨草
寒夜診て来し患者はすでに寝ねたらむ 相馬遷子 山国
寒夜読むや灯潮のごとく鳴る 飯田蛇笏 山廬集
寒夜読む母が折りたる頁を過ぎ 橋本美代子
寒夜酔うて糞まるや泪あふれ落つ 赤城さかえ句集
寒夜銃声ちかしと目覚め服を著る 長谷川素逝 砲車
寒夜鏡に褄しづまりて誰か彳つ 竹下しづの女 [はやて]
寒夜電車を待つ間も子の指の形に編む 古沢太穂 古沢太穂句集
寒夜鮮しこつぷに水を注ぐとき 桂信子 黄 瀬
寒夜鳴くは数多の鳩の一つならむ 草田男
寝し子捧げ寒夜この民幸あれと 香西照雄 対話
山寺の冬夜けうとし火吹竹 原石鼎
山鳥の毛を*むしる音が一徹な男のやう寒夜 安斎櫻[カイ]子
影法師の壁にしみ入れ寒夜の灯 村上鬼城
心落ちて冬夜を紅葉もてあそぶ 渡邊水巴 富士
息とめて落款を押す寒夜かな 森田君子
成吉思汗鍋に身火照り冬夜宴 野見山朱鳥
我が胸に深き井戸ある寒夜かな 谷口桂子
我を厭ふ隣家寒夜に鍋を鳴ラす 蕪村 冬之部 ■ 貧居八詠
戦さあり寒夜無人のエレベーター 対馬康子 純情
戯曲よむ冬夜の食器浸けしまゝ 杉田久女
手さぐりに捉へともせば寒夜の灯 篠田悌二郎 風雪前
抱かれゐる寒夜トレドの影となり 仙田洋子 橋のあなたに
抽斗の一つ口あく寒夜にて 林翔 和紙
拳銃音二発寒夜の底に読む 中島斌男
持ち来し米寒夜の盆へこぼし合ふ 羽部洞然
挑灯に水菜揃へる冬夜かな 許六
振り向けば影も向く冬夜物言ひたげに 宮津昭彦
提灯ふらふら冬夜の通夜に誘はれる 人間を彫る 大橋裸木
旅の鏡にねむり冬夜の高速路 寺田京子 日の鷹
明日へ眠らん寒夜一個の林檎の香 中島斌雄
星すめば寒夜の機音すでになく(空襲連夜) 『定本石橋秀野句文集』
星よりも人の淋しき冬夜かな 徳永夏川女
星生る早さ寒夜となる早さ 上崎暮潮
星色に流れて過ぎて寒夜の汽車 対馬康子 吾亦紅
月に対ふわが顔小さき寒夜の窓 長谷川かな女 花寂び
木偶の眼のかたりとねむる寒夜かな 郡司正勝
林檎にナイフ突きたてた儘の冬夜の病人 人間を彫る 大橋裸木
棚にある酒壺をさびしむ冬夜かな 吉武月二郎句集
死を思へば死も面白し寒夜の灯 村上鬼城
死者にまだ人あつまる寒夜かな 福田甲子雄
母と娘と遺品の整理して冬夜 大橋敦子 手 鞠
母の咳妻の歯ぎしり寒夜の底 香西照雄 対話
毛糸編む冬夜の汽笛吾れに鳴り 細見綾子
水垢離に寒夜の星の粒荒し 毛塚静枝
水栓をきつく締め寒夜夫婦きり 榎本冬一郎 眼光
汝が声にまぎれなかりし寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
汝が声の枕をめぐる寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
汝が眠りやすかれとのみ寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
汝をおもふ寒夜のくらき海おもふ 久保田万太郎 流寓抄
波音に寒夜枕を深く当つ 井上雪
浅草は地の金泥に寒夜かな 飯田蛇笏 春蘭
海峡や寒夜の鏡が呼吸盗む 寺田京子 日の鷹
満天の星墜ちてくる寒夜かな 古屋 貞子
濡れ髪へ寒夜の汽車を通しやる 蓬田紀枝子
火の島ゆ寒夜女の声活き活き 原裕 葦牙
炭斗ごそと減らし冬夜の仕事済む 人間を彫る 大橋裸木
煙突火の粉おどろきの目の冬夜の子 中山純子 沙羅
熱の子の冬夜の白の濡れタオル 大井雅人 龍岡村
燈に遇ふは涜るるごとし寒夜ゆく 津田清子 礼 拝
燭足して冬夜のミサの続きけり 西村和子 かりそめならず
父として睡し寒夜の哺乳瓶 有働亨 汐路
父の尿捨つや寒夜の底に捨つ 関戸靖子
父よりも母に親しき冬夜かな 佐藤紅緑 花紅柳緑
父われが冬夜口あけ家路にあり 石橋辰之助
父死後の寒夜頭痛の母のゐて 岸田稚魚 筍流し
父母やよりそひ寒夜乳をのます 下村槐太 光背
犬が鳴き寒夜まくらき部落ゆく 長谷川素逝 砲車
狗悲鳴寒夜の奥にころがりぬ 三好達治 路上百句
独酌む老師はさみし冬夜宴 河野静雲 閻魔
玻璃の気泡路上にうつす寒夜の灯 川島彷徨子 榛の木
琴碁書畫生きて聲あり寒夜の灯 村上鬼城
畳の目緊る寒夜に布を裁ち 三好潤子
白洲場のごとし寒夜の手作りは 福田甲子雄
直立の三つ星寒夜始まれり 相馬遷子 山河
看護婦白粉ぬつてゐる冬夜の病院の一隅 人間を彫る 大橋裸木
眼帯の中で目覚めている寒夜 対馬康子 純情
瞻のかぎり遺骨寒夜の汽車を待つ 中島斌男
石の親石の子を生む寒夜かな 宇多喜代子 象
神を讃ふ寒夜五人の聖歌隊 田川飛旅子
福湯のたぎる炉かこむ冬夜かな 大場白水郎 散木集
童話訳す寒夜の背中暗からむ 大串章
筆の尖一塵嫌ふ寒夜なり 荒井正隆
粥腹や冬夜可憐な音洩らす 椎橋清翠
経引いて文草すなる冬夜かな 尾崎迷堂 孤輪
縮まりて縮まりて寒夜老いゆけり 油布五線
美しき寒夜の影を別ちけり 三鬼
老の背に余る寒夜の子の無心 松山和子
老僕の大きな掌に冬夜の食べ物をのせる 人間を彫る 大橋裸木
耳掘ればがらんどうなる冬夜かな 大野林火
肉食の猫が寒夜に身をねぶる 辻田克巳
胸に手を組ます寒夜の父と呼べず 小林康治 四季貧窮
臥して見るものに冬夜の屏風かな 青峰集 島田青峰
臼を碾きやみし寒夜の底知れず 山口誓子 遠星
船頭帽子かぶつて冬夜の雑踏へ来た 人間を彫る 大橋裸木
若者が寒夜香強き含嗽す 細見綾子 黄 炎
菊と篝冬夜を御所へすゝみけり 渡邊水巴 富士
葡萄酒の滓引にほふ寒夜かな 甲子雄
葬り火と見たり寒夜の噴煙を 堀口星眠 営巣期
蝋涙に肖て息かよふ寒夜かな 西島麦南 人音
血を吐きて寒夜汗ばむ額髪 朝倉和江
行く方も冬夜の空も真重(まおも)にす(恩師・吉田冬葉先生逝く) 河野南畦 『焼灼後』
襖しめて隣茶の間や寒夜客 阿部みどり女 笹鳴
親しめば眼に憎悪なし寒夜の灯 西島麦南 人音
診られ来し寒夜呟くうるさきまで 赤城さかえ句集
賓頭盧を回す寒夜の息荒く 神田正人
身をせめて寒夜は水を飲みつくす 岩田昌寿 地の塩
辞す家の十字架真光る冬夜かな 村越化石 山國抄
逆はず寒夜の柴をぴしぴし折る 下村槐太 天涯
逆吊りの寒夜の家鴨とも別れ 細川加賀
鉄筆擱く冬夜の大き柿に直ぐ 下村槐太 天涯
鉢の梅嗅いで息づく寒夜かな 渡辺水巴 白日
録音の嚏冬夜の親しさあり 村越化石 山國抄
鎌倉にかも汝は去りし寒夜かな 久保田万太郎 流寓抄
鎌倉の冬夜や五位の啼き渡る 長谷川かな女 雨 月
降りかゝる霰の酒の寒夜かな 貞徳
陰より出づこれはユッカの寒夜の影 下村槐太 天涯
離れ住む夫婦の寒夜三百粁 石橋辰之助
電気より熱と燭得て寒夜読む 津田清子
青きパセリ食いて冬夜を送るなり 古沢太穂 古沢太穂句集
静かなる抵抗胸に寒夜の座 石塚友二 光塵
音やみて冬夜の臼を挽き終る 福田蓼汀 山火
頭を垂れてをりしが哭けり寒夜明 小林康治 四季貧窮
頭上を汽車発つ冬夜の駅にて逢ふ 内藤吐天 鳴海抄
饒舌乙女ら乗務放たれ帰る冬夜 古沢太穂 古沢太穂句集
香奠懐ろにして冬夜の雑踏を抜ける 人間を彫る 大橋裸木
馬車曳の寒夜釘うつ音かなし 細谷源二 砂金帯
うつくしくもいやしき女なれ夜半の冬 室生犀星 犀星發句集
かかる瞳は處女ならむか夜半の冬 室生犀星 犀星發句集
かひもなき眠り薬や夜半の冬 芥川龍之介
わが生くる心音トトと夜半の冬 富安風生
何の漏りの水や座を這ふ夜半の冬 安斎櫻[カイ]子
右の肩指圧を欲りす夜半の冬 林原耒井 蜩
土間にありて臼は王たり夜半の冬 西山泊雲 泊雲句集
壺の花温室恋ふと見ゆ夜半の冬 林原耒井 蜩
夜半の冬溲瓶を鳴らす隣あり 石川桂郎 四温
天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫(1892-1964)
寂として遠く騒がし夜半の冬 乙字俳句集 大須賀乙字、岩谷山梔子編
小机に墨摺る音や夜半の冬 永井荷風
己が声の己にも似ず夜半の冬 大須賀乙字
水さして釜を鎮めつ夜半の冬 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
沸々と炉中の音や夜半の冬 乙字俳句集 大須賀乙字
火桶には灰の山河や夜半の冬 尾崎迷堂 孤輪
物おちて水うつおとや夜半の冬 飯田蛇笏 山廬集
眠れねばいろいろの智慧夜半の冬 高浜虚子
蘭の鉢と便器白さや夜半の冬 碧雲居句集 大谷碧雲居
西眩し夜半の冬星蝟集して 相馬遷子 山河
飛騨山の質屋とざしぬ夜半の冬 蕪村
どの部屋も月の光や寒き夜 高木晴子 晴居
寒き夜のいづこかに散る河豚の毒 能村登四郎 有為の山
寒き夜のオリオンに杖挿し入れむ 山口誓子 晩刻
寒き夜の一角燃ゆるただに見る 岸風三楼 往来
寒き夜の佛に何を參らせん 渡邊水巴
寒き夜の嘘泣きをして児の甘え 伊藤トキノ
寒き夜の夫との間の畳の目 波津女
寒き夜の子を抱けばしなやかな反り 今瀬剛一
寒き夜の枯竹藪に明けにけり 暁台
寒き夜の水盤しかと水を張る 河野南畦 湖の森
寒き夜の溲瓶をつかふ音起こす 富安風生
寒き夜の畳におきし時計かな 徳川夢声
寒き夜の記憶に父母の争ふを 林火
寒き夜はむしろ静けく寝ぬべかり 藤森成吉 天翔ける
寒き夜は一家かたまり寝ぬるのみ 菖蒲あや 路 地
寒き夜は胎児のかたちして眠る 大浜恵一
寒き夜やをりをりうづく指の傷 鈴木しづ子
寒き夜や二階の下の車井戸 探志 極 月 月別句集「韻塞」
寒き夜や子の寐に上る階子段 龍雨
寒き夜や我が身をわれが不寝番(ねずのばん) 小林一茶 (1763-1827)
寒き夜や折れ曲がりたる北斗星 村上鬼城
寒き夜や探れば窪き老が肩 太祇
寒き夜や清貧なぐさめとはならず 佐野美智
寒き夜や物読みなるゝ膝の上 荷風
寒き夜や犬飼ふ家に鶏の声 蘇山人俳句集 羅蘇山人
寒き夜や虚子まづ飲めば皆酔へり 星野立子
寒き夜を術なくて飛び立ちにけり 今瀬剛一
屋根澄んで寒き夜ぞくる古王宮 西村公鳳
米蹈の腹寒き夜や雁の声 高井几董
薬煮るわれうそ寒き夜ごろ哉 芥川龍之介
被き伏す蒲団や寒き夜やすごき 芭蕉
齢来て娶るや寒き夜の崖 佐藤鬼房 夜の崖
暴君の腰痛なだめ寝る寒夜  高澤良一  寒暑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

息白し

息白し

例句を挙げる。

あか~と灯ともす妻の息白し 杉山岳陽 晩婚
ある夜わが吐く息白く裏切らる 加藤楸邨
いづれが虚いづれが実の息白し 岩崎照子
おのが怒り吐きすててゐる息白し 嶋田一歩
おほどかに鐘撞いてゐる息白く 角川春樹 夢殿
さし寄せし暗き鏡に息白し 中村汀女
なまはげの眼鼻より洩れ息白し 藤原星人
ぬけぬけと息白き嘘をとこなり 稲垣きくの 牡 丹
みづからも傷つくことを息白く 水田信子
わが息は気付かず人の息白し 滝野三枝子
をりをりは俳諧なされ息白く 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
コロナのやうなものに憑かれつゝ息白し 平井さち子 完流
一僧の吐く息白く鐘をつく 中村 仏船
一列に遺跡掘る人息白し 今井真寿美
一抹の夜の息白く別れ来し 西島麥南
中年の華やぐごとく息白し 原裕 葦牙
人の老美しく吐く息白く 富安風生
合宿の訓辞もつとも息白し 樋笠文
向ふからくる人ばかり息白く 波多野爽波
君煙草口になきとき息白し 星野立子
唇に夜となりつつ息白し 依田明倫
善哉をたべて互みに息白し 長谷川櫂 虚空
団子汁吹く息白し峠茶屋 房前芳雄
地を擦つて来たりしものら息白し 栗林千津
堂守りの法難を説く息白し 梶田ふじ子
声もろとも来て鵯の息白し 蓬田紀枝子
大楠に朝のおとづれ息白し 玉城一香
子別れの瞽女唄なれば息白し 西本一都
孤影深めてゆく旅なれば息白し 楠本憲吉
家を出る門を一歩の息白し 高浜年尾
小走りに薪を取りに息白し 上野泰 佐介
小鼓を打ち終はりても息白し 井上雪
心見せまじくもの云へば息白し 橋本多佳子
息白々昨日を痣のごとく負ふ 加藤楸邨
息白う馬は二た重の瞼かな 林原耒井 蜩
息白きまで菖蒲田の冷ゆること 岸本尚毅 鶏頭
息白き吾子に別れの手を挙ぐる 日野草城
息白き子のひらめかす叡智かな 阿波野青畝
息白き家鴨に畦は音を発す 下村槐太 天涯
息白き朝の気配はすぐ失せて 稲畑汀子
息白くいささか年を取りながら 京極杞陽
息白くいま喰べしもの血となりゆく 寺田京子
息白くうつむきゆけり女弟子 柴田白葉女 花寂び 以後
息白くささやき神にささやきぬ 加藤知世子 花寂び
息白くして愛しあふ憎みあふ 鷹羽狩行 平遠
息白くなるかと息を吐いて見し 進藤草雨
息白くひとを距つる思ひかな 山田みづえ
息白くやさしきことを言ひにけり 後藤夜半 底紅
息白くよべ残したる仕事継ぐ 石塚友二 方寸虚実
息白くルーブル展のことのみ言ふ 山本歩禅
息白く七日の家長家を出づ 石田波郷
息白く丑三つにもの申すなり 宇多喜代子 象
息白く丹頂鶴のひとつ鳴き 辻ゆづる
息白く仏顔仰ぐ大和かな 中里美恵
息白く吐きぬ欠伸のあとなれども 加倉井秋を 午後の窓
息白く多くを言ふはあはれなり 殿村菟絲子 『繪硝子』
息白く太極拳に集ひ来し 谷口忠男
息白く寄ればゆらぎて空也像 宇佐美魚目 天地存問
息白く封閉ざす逢ひしあとの如し 上野さち子
息白く幼子の智恵まとひつく 松村蒼石 春霰
息白く心奪ひし女かな 加藤三七子
息白く恐れげもなく答へたる 星野立子
息白く我よりわれを解き放つ 岡本眸
息白く戻り来し子の忘れ物 岡田順子
息白く打臥すや死ぬことも罪 林田紀音夫
息白く教ふる言葉くりかへし 藤岡筑邨
息白く星と交せる一私心 つじ加代子
息白く朝の汽罐車みて愉し 西島麦南 人音
息白く未知の校門子はゆけり 及川貞 夕焼
息白く松の木はわれ好きなりし 下村槐太 天涯
息白く歌のことまた弓のこと 長谷川櫂 虚空
息白く民族といふつらきもの 川崎展宏
息白く牛連ればかり霧島路 殿村莵絲子 牡 丹
息白く犬も言葉を持つごとし 三河まさる
息白く生くる限りは浄土なし 鈴木真砂女 夕螢
息白く甲斐甲斐しさの人に伍し 中村汀女
息白く皆生きたりし人の墓 西島麥南
息白く神田の古書の森歩む 岡田 貞峰
息白く細しく何か諭しゐる 鈴木貞雄
息白く花見小路を鉢たゝき 角川春樹
息白く言葉足らぬを悲しめり 斎藤道子
息白く近づく馭者の馬車に乗る 田村了咲
息白く額を広くうらぶれて 杉山岳陽 晩婚
息白く高野の一日始まりし 五十嵐哲也
息白ししづかに吐いてみても白し 加倉井秋を
息白しはげしき地震に膝つきて 岡本まち子
息白しわれとわが袖かきいだき 久保田万太郎 流寓抄以後
息白し人こそ早き朝の門 中村汀女
息白し何昂ぶりて行く人ぞ 犬塚華苗
息白し夜の戸探ればふるゝもの 長谷川かな女 雨 月
息白し根本中堂常闇に 高澤良一 燕音 
息白し梳かるる馬も梳く人も 石田 克子
息白し極光の青噴き出でて 澤田緑生
息白し残留孤児といふ老も 三嶋隆英
息白し気づきてよりはことさらに 千手 和子
息白し求人の掲示見つつ押され 落合伊津夫
息白し泣かずに笑ふこと出来て 下村梅子
息白し行く手のくらむごとくなり 石原八束 『操守』
息白し長屋の空に変圧器 沢木欣一
息白し餌を撒く人も丹頂も 牧野寥々
戦あるかと幼な言葉の息白し 佐藤鬼房 夜の崖
手苗取る二人ばかりや息白し 萩原麦草 麦嵐
撃剣の面を溢れて息白し 田川飛旅子 『使徒の眼』
暁に死せば息白き者等囲み立つ 石田波郷
最澄の書に息あはせ息白し 宇佐美魚目 天地存問
朝の陽に段々畑息白し 澤柳たか子
朝市の売手買手の息白し 鎌田利彦
東欧の民族民族息白し 川崎展宏
林中より莞爾たるとき息白し 赤城さかえ
橋をゆく人悉く息白し 高浜虚子
機関車やなんでも食べる息白し 二村典子
欠伸せし息白ければ家思ふ 香西照雄 対話
歩々の息白く頽齢に山仰ぐ 福田蓼汀 秋風挽歌
汽車ごつこの汽罐車もつとも息白し 北山河
沼の息わが息白し暁けゆけり 沢 聰
法楽や仮面を這つて息白し 矢島渚男 延年
浮浪児の息白し地下道口を開く 原田種茅 径
火のごとくほとばしる息白きかな 小路紫峡
烏瓜咲かすや魔女の息白く 岩崎すゞ(雪)
献血をしてをりますと息白く 依光陽子
生国を忘れし母の息白し 大木あまり 雲の塔
生徒等のいま反抗期息白く 木村蕪城 寒泉
相見るやあたゝかきまで息白し 清水基吉 寒蕭々
神の名を呼ぶソリストの息白し 吉原文音
老いてゆく体操にして息白し 五味 靖
老いゆくや吐く息白きときのまも 西島麥南
聖夜ミサ祈る神父の息白し 小原菁々子
聖歌隊吾子を交へて息白し 冨田みのる
花禰宜の息白々と祓ひをり 山田文子
荒涼たる星を見守る息白く 野澤節子 黄 瀬
葬りきて吾を離るる息白し 木村敏男
裸詣の酒気を帯びたる息白し 外山緑汀
詩はわが生き甲斐といひ息白く 岩崎照子
讃美歌はすぐにうたへて息白し 岩崎照子
車椅子進め受洗の息白し 冨田みのる
車窓曇らせし別れの息白し 山田弘子 こぶし坂
道曲り一人となりし息白し 嶋田一歩
酔ひて言ふも息白ければ信じけり 宍戸富美子
金閣寺なにを言ひても息白く 長谷川櫂 天球
長崎のにんげんの丘息白し 夏石番矢
青年の一語一語の息白し 島津 亮
馬の息白し藁束燃ゆる辻 大井雅人 龍岡村
馬を拭きはづむ少女の息白し 福田甲子雄
駆けり来し幼らの皆息白し 山岡黄坡
高千穂へ赭岩踏みゆく息白し 杉田竹軒
鳩籠に少年の息白く迅し 石田波郷
鴃舌(げきぜつ)の「ディッヒ」「リッヒ」と息白し 鷹羽狩行 十友
うつむく停年者を送る拍手と白息で 田川飛旅子
こもごもに白息かけて棺納め 冨田みのる
みほとけのまへ白息のわれかすか 野見山朱鳥
めざむよりおのが白息纏ひつつ 橋本多佳子
わが書きし字へ白息をかけておく 加藤楸邨
わが澄むまで白息かけて鏡拭く 大石悦子 群萌
わが身からこの白息ぞオホーツク 大石悦子 聞香
わが身より洩るる白息誤解は世に 伊丹三樹彦 人中
わらわらと白息称名起りけり・・・清浄光寺一ツ火 高澤良一 ねずみのこまくら 
マイクロフオン白息強く当てて験す 田川飛旅子 花文字
マラソンの余す白息働きたし 野澤節子 牡 丹
一切を告げてしづかな白息よ 長田等
三人子の白息砂糖壺に満ち 石川桂郎 含羞
丹頂の白息天へ吐かれけり 嶋田麻紀
主の磔像仰ぐ白息ほそめつつ 古賀まり子 降誕歌
五十とや白息吐いてきよろきよろす 石塚友二
人を恋ふゆゑの白息かと思ふ 石川仁木
伐折羅吐きたまふ白息なかりけり 阿波野青畝
僧と会ひ又白息の僧と会ふ 毛塚静枝
元日の白息を見す赤子かな 岸田稚魚
入営子白息もつて応へけり 萩原麦草 麦嵐
凡兄凡弟白息朗々母の忌や 平井さち子 完流
勤めるは闘うに似る白息も 鈴木六林男 第三突堤
北穂高かげ落すわが白息に 杉山岳陽
千人針縫ふに白息とどこほる 萩原麦草 麦嵐
吾子にはや丹田白息やはらかく 下田稔
嘆かへば白息のまたありにけり 猪俣千代子 堆 朱
基地の夜や白息ごもりにものいうも 古沢太穂 古沢太穂句集
夜祭りの火と白息の荒れあはれ 多田裕計
妙齢の白息に触れ旅なかば 力石郷水
子持ち女教師白息の誰より濃し 楠節子
宙跳んで白息揃ふ稚児の舞 橋本榮治 麦生
富士近し白息たててたてて見る 赤松[けい]子 白毫
待ち針に白息かかるたび曇る 田川飛旅子 花文字
愛盡す妻の白息耳の辺に 小林康治 玄霜
懺悔さ中の己が白息吐くだけ吐く 加藤知世子 花寂び
掌に白息あてて無理式諳んずる 田川飛旅子 花文字
摩滅は鈍し朝白息の連結手 大井雅人 龍岡村
枯山水見て白息を肥しけり 百合山羽公 寒雁
枯野の日の出わが白息の中に見る 野澤節子 黄 瀬
棒のごとき白息何もかもこばむ 高澤良一 ねずみのこまくら 
横笛を吹く白息の一呼吸 井上雪
樹氷原わが白息の生臭し 渡辺恭子
機関車に潜る白息交しつつ 吉田未灰
欅高し崖のぼり来し子の白息 古沢太穂 古沢太穂句集
氷下より釣られ白息あるやうに 鳥居おさむ
江戸風鈴わが白息に生れけり 町田しげき
泣きしあとわが白息の豊かなる 橋本多佳子
深井戸に降る月光と白息と 中村苑子
満ちてくる精気白息吐き出せり 柴田奈美
溜息の如白息の如噴煙 殿村莵絲子 牡 丹
火を取りに出でて白息ごもりたる 安東次男 裏山
灯を下げて白息夫婦雛つくる 中村金鈴
父の眼に戻り昏々と白息はく 田川飛旅子 花文字
父の眼訴え言葉にならぬ白息よ 田川飛旅子 花文字
牛の白息田の四方より冬の音 中拓夫 愛鷹
犇めきて白息競ふ子豚かな 河野 真
白壁の囹圄白息紛れやすく 香西照雄 素心
白息で木地師木の粉を吹き払ふ 品川鈴子
白息となるをシヨールに封じゆく 野沢節子
白息とも紫煙とも過ぎ女子高生 角田重明
白息と気付き駅まで楽しかり 峠 素子
白息に老の一徹通しける 西川五郎
白息のあたたかかりし昔かな 今井杏太郎
白息のかかりしところより近江 永末恵子 留守
白息のかつかつ鬼面をどりかな 矢崎良子
白息のごと紅梅の蕊真白 吉野義子
白息のたのしき口をすぼめけり 綾部仁喜 樸簡
白息のつづくかぎりの生身かな 渡辺恭子
白息のとどかぬ距離でありにけり 谷口摩耶
白息のゆたかに人を恋へりけり 藺草慶子(1959-)
白息のゆるゆる読むや虚子句集 川崎展宏
白息の中の朝日をみつめゐる 桜井博道 海上
白息の人をつつめる石鼎忌 原裕 正午
白息の内側見えて夫婦かな 吉田紫乃
白息の出てより声す蒟蒻掘 松本康男
白息の太きがサラブレッドなり 大石悦子 聞香
白息の新しき闇広目天 小島千架子
白息の日本語をつれ天壇へ 矢島房利
白息の米子といふに明かしゐつ 石塚友二 光塵
白息の続く限りを弁解す 柴田奈美
白息の近づきすぎの畏れかな 平子 公一
白息もて頤までゆさぶる握手残し 平井さち子 完流
白息も身の一部なり濁り捨つ 増田種子
白息やいづこへゆくも坂ありて 朝倉和江
白息やこの木より蛇落ちきしと 宇佐美魚目 天地存問
白息や北斗わづかの片曇 杉山岳陽 晩婚
白息や友よりの金手にし収む 清水基吉 寒蕭々
白息や後仕末つけるだけの旅 杉本寛
白息や悼まれし人をすこし妬く 内田美紗 浦島草
白息や生徒あざむく容易なり 辻田克巳
白息をからませ聞くにみな片語 栗生純夫 科野路
白息をまづしく妻も勤めの歩 柴田白葉女 遠い橋
白息をゆたかに齢忘じゐる 上川謙市
白息を吐いて朝礼始まりぬ 中村輝峰
白息を吐きて己れをとり戻す 朝倉和江
白息を吹きあげ競売の輪に加はる 宮坂静生 青胡桃
白息を失立てゝ世に交はらむ 福永耕二
白息を弾ませ一語まだあらず 鎌田洋子
白息を掌にかけて今日はじまりぬ 石田波郷
白息を生のすさびと美しく 斎藤玄 雁道
白息を雲のごと吐き杉磨く 殿村菟絲子 『晩緑』
白息交し貯炭場家族煤け果つ 小林康治 玄霜
白息吐く心中火玉燃えてをり 松村多美
白息溢らす別れどいつも太い首(静岡へ転勤ときまり前田氏宅で送別会、兜太・六林男も同席) 飴山實 『おりいぶ』
白息細々と思考の漏れてをり 柴田奈美
白煙白息洩れ陽が太き柱なし 鈴木六林男 第三突堤
短き舌白息と土の句を吐けり 栗生純夫 科野路
石の面へゆく白息をたしかむる 岸田稚魚 筍流し
破魔矢買ふ母の白息触れしものを 橋本美代子
確執の白息もつれもつれけり 岩崎照子
竜笛の森の白息ひそかな一夜 木村孝子
胸中のこゑ白息にこもりけり 加藤耕子
能面の吐く白息の千切れとぶ 中西舗土
脚太き馬の白息多喜二の街 茨木和生 木の國
舞楽面鬼の白息たちのぼる 吉原文音
舟唄の白息あげて最上川 森 玲子
襟に幣さし白息の情け言 友岡子郷 遠方
許されてよりの白息濃かりけり 老川敏彦
許したししづかに静かに白息吐く 橋本多佳子
走り来て泣く子の白息豊かなる 村井信子
走り来て白息といふ余力あり 風間 圭
蹄鉄かかへ馬の白息浴びせらる 榎本冬一郎 眼光
軽子白息稼ぐ畚を羽ばたかせ 小林康治 玄霜
速足のたのしき父の白息くる 桜井博道 海上
限りなき白息母体より出づる 水谷仁志子
雁をわが白息の上に見し 杉山岳陽 晩婚
頬かむりしめりおぶ夜の白息に 大熊輝一 土の香
飛機へ別れの人の白息長く曳けり 田川飛旅子 花文字
餓鬼鴉われの白息奪はれじ 村越化石 山國抄
馬の白息先は玉成し明日あるべし 川口重美
骨だいておのが白息吸ふごとし 大槻紀奴夫
黒牛の腹の底より白息吐く 殿村莵絲子 牡 丹
龍骨は君らの背骨白息吐く 榎本冬一郎
白熊の公爵白き息つけり  高澤良一  ぱらりとせ
白息を吐きつ一体馬と騎手  高澤良一  石鏡
躍動する馬と女とその白息  高澤良一  石鏡
白息の一条やがて透明に  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

水洟

水洟

例句を挙げる。

「買ってやるよ」水洟の子へうるみ声 香西照雄 素心
この世また夢の水洟すすりけり(夢違観音) 細川加賀 『生身魂』
この家の子か水洟の立派なる 宇多喜代子 象
ねもごろに土饅頭盛り水洟す 栗生純夫 科野路
仏恩も水洟とゞむすべなけれ 篠塚しげる
各各の水洟顔や金の事 会津八一
呟き稼ぐ老ひし軽子の水洟は 小林康治 玄霜
夢殿を出づる水洟見られけり 浦野芳南
女教師が水洟すする皆笑ふ 楠節子
子亡き妻の水洟泣くにはあらじかと 香西照雄 素心
帰る母子の水洟を跼み拭く 柴田白葉女 遠い橋
彼老いぬ水洟とめどなかりけり 高浜年尾
念力もぬけて水洟たらしけり 阿波野青畝
恋の唄水洟すすり花筵織る 小原菁々子
方丈記説く水洟の老教師 岩淵喜代子 朝の椅子
水洟かなし病母に語り及ぶとき 赤城さかえ
水洟が「情緒」の項に入つてる 櫂未知子 貴族
水洟が出て仕方なし仕方なく 京極杞陽 くくたち下巻
水洟と泪に喉の痛むかな 石川桂郎 四温
水洟にかくれて何を企めるや 稲葉直
水洟にからすき星のありにけり 田中冬二 麦ほこり
水洟になんとも意気地なくなりし 小原寿女
水洟にもうなりふりもなくなりし 稲畑汀子
水洟に暮るるも北の金木駅 藤田あけ烏
水洟に諭すふびんの煙草つく 米沢吾亦紅 童顔
水洟のさびしさの日に幾度か 林田紀音夫
水洟のたらで仕舞ひし一日かな 会津八一
水洟のついといでたるおどろけり 瀧澤伊代次
水洟のとめどもなうて味気なや 日野草城
水洟のほとけにちかくなられけり 森川暁水 黴
水洟の句を愛弟子のために書く 百合山羽公 故園
水洟の同じ背丈の母と歩めり 秋元不死男
水洟の定家しはぶく老の戀 筑紫磐井 野干
水洟の富士の白毫久しかり 齋藤玄 飛雪
水洟の師の一喝をおそれけり 大橋櫻坡子 雨月
水洟の徒弟・老工並び尿る 佐藤鬼房
水洟の毛坊主の説く観世音 森田公司
水洟の水色膝に落つ故郷 永田耕衣
水洟の男が拝む神の陰 加藤知世子 花寂び
水洟の皆相当な悪(わる)ばかり 高澤良一 燕音 
水洟の鼻ネクタイの上に据ゑ 猿橋統流子
水洟も光点日に透くコップ酒 香西照雄 素心
水洟も泪も気配して寝ぬる 皆吉爽雨
水洟も郷里艶めく橋の上 飯田龍太
水洟やうとましき老の到る見る 青峰集 島田青峰
水洟やお茶碗ひとつ箸一ぜん 後藤綾子
水洟やことさらふかく争はず 望月健
水洟やことりと停まる秩父線 大嶽青児
水洟やすこし機嫌の名士面ら 石原八束 空の渚
水洟やどこも真赤な実南天 爽波
水洟やなさけなかりし我が法話 河野静雲
水洟やのつぴきならぬ火吹竹 松根東洋城
水洟やわが三界の引越荷 阿部完市 無帽
水洟やわれも暮色の一つとなる 宮坂静生 青胡桃
水洟や下ろしてみても貧しき灯 相馬黄枝
水洟や仏具をみがくたなごころ 室生犀星
水洟や仏観るたび銭奪られ 草間時彦
水洟や佛具をみがくたなごころ 室生犀星 魚眠洞發句集
水洟や土盛ることの手馴れしわざ 栗生純夫 科野路
水洟や塩を詰め込む魚の腹 宮坂静生 青胡桃
水洟や大志抱きしはそのむかし 木田千女
水洟や女歌舞伎の老二人 会津八一
水洟や娑婆ッ気つひに微塵なく 龍岡晋
水洟や孔雀の間より鳳凰ヘ 佐々木六戈 百韻反故 初學
水洟や小菊清らに押しもあて 野村喜舟
水洟や引導の香語あともどり 河野静雲 閻魔
水洟や我孫子の駅のたそがれて 石田波郷
水洟や手遅れ患者叱しつゝ 相馬遷子
水洟や押して事なき盲判 西島麦南
水洟や拭うて首魁たる者は 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
水洟や指をいのちの陶作り 中島寿銭
水洟や捺してことなき盲判 西島麥南
水洟や放蕩の涯行き暮れて 石塚友二
水洟や日暮れて仰ぐ梁柱 千代田葛彦 旅人木
水洟や晩学の道遅々として 六久保 碧水
水洟や樹齢壮んに夜の欅 千代田葛彦 旅人木
水洟や母の如くに老いにけり 松本 ます枝
水洟や波濤のほかは見るものなし 杉山岳陽 晩婚
水洟や添削されてゐるやうな 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
水洟や灯をかかげたる机前の子 飯田蛇笏 山廬集
水洟や父母の代の日暮見え 上田五千石
水洟や石に腰かけ日暮待つ 草間時彦
水洟や秋刀魚にうすき骨のこる 四月草
水洟や紅ふふめるは猫やなぎ 松村蒼石
水洟や落人の裔たらしむも 土井爽晴子
水洟や貧しき者は欺かる 菅 裸馬
水洟や追はぬに農夫を牛曳きそめ 香西照雄 素心
水洟や遠日矢の嶺消えたれど 杉山岳陽 晩婚
水洟や鈍の恋など捨てむまで 小林康治 玄霜
水洟や鮟鱇鍋の夜としぬ 森澄雄
水洟や鼻の先だけ暮れ残る 芥川龍之介(1892-1927)
水洟をあやふんで居る炭団かな 会津八一
水洟をかみて法座に加はりぬ 富安風生
水洟をかむを憚り第九聴く 稲畑廣太郎
水洟をかむ仕種まで無器用な 稲室草竹
水洟をかむ百姓の大事な金 榎本冬一郎 眼光
水洟をかめばサンタの声がする 仙田洋子 橋のあなたに
水洟をかんで大きな音なりし 高浜年尾
水洟をすすり一茶の墓に来し 青柳志解樹
水洟をすすり寒鯉売つて居り 田中冬二 麦ほこり
水洟をすゝるとき顔ゆがみたる 高浜年尾
水洟をも傍観受験の吾子死なせし 香西照雄 素心
水洟を拭き仏像と闇にあり 林 徹
水洟を拭き引導の声を張る 西田孤影
水洟を滴る良寛のむかしより 山口誓子
水洟を落して恥ぢてひとりかな 副島いみ子
水洟を袖にまるめて蜆売 宮坂静生 青胡桃
水洟を貧乏神に見られけり 松本たかし
牛糶つてゐる水洟の男かな 浅賀渡洋
禁断の恋水洟に破れけり 稲畑廣太郎
老のよろこび水洟の句を得たり 松村蒼石 雁
老判事水洟啜ること勿れ 山内年日子
花になほ水洟たらす念仏かな 松瀬青々
須彌壇に水洟のひと咳のひと 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
馬思ふ御者も水洟垂れにけり 雉子郎句集 石島雉子郎
鼻長きキリスト吾は水洟かむ 山口誓子
洟水もをさまり四十雀が啼く 臼田亞浪 定本亜浪句集
水っ洟俳諧は奥深きかな 宇咲冬男
風の日は雲呑が佳し水っ洟 高澤良一 素抱 
海苔採の身を削ぐ風に水っ洟 高澤良一 素抱 
句を敲き敲き歩きぬ水っ洟  高澤良一  暮津
大塔宮を目指せる水っ洟  高澤良一  暮津
左義長を渚に待てる水っ洟  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

藪巻

藪巻

例句を挙げる。

山門の大藪巻は蘇鉄らし 西沢破風
薮巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
薮巻や晴を見に行く日本海 森 澄雄
藪巻きや藪の中なる作水村 今井九十九
藪巻となりてもリラは姿美し 古賀まり子
藪巻に雪まじり雨比叡より 高澤良一 燕音 
藪巻のひとつひとつに風の鳴る 法師浜櫻白
藪巻のふところがくれ栗鼠あそぶ 掛札常山
藪巻のをはりの縄に雨雫 向山隆峰
藪巻の影立ちすくむ風の中 山崎秋穂
藪巻の新しければ発つごとし 岡本眸
藪巻の松千本や法隆寺 細川加賀 生身魂
藪巻の棒一本の突ん抜けて 村上三良
藪巻の縄の緊りしひとところ 池田秀水
藪巻の道ひろびろとなりにけり 古川芋蔓
藪巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
藪巻やののさまと日を指差して 茨木和生 三輪崎
藪巻やま直ぐなる松傾ぐ松 池田秀水
藪巻や今年逢ひたる人の数 原裕 『出雲』
藪巻や子よりも母の寒かろに 金箱戈止夫
藪巻や定年近く家整う 富岡せい
藪巻や思はぬみちに植木畑 石川桂郎 四温
藪巻や旅に馴染みし一茶房 岡本眸
藪巻や晴を見にゆく日本海 森澄雄
藪巻や柿の木畑も一と構 小杉余子
藪巻や死は送られぬきらきらと 岡井省二
藪巻や母より少しもの知りて 山田みづえ
藪巻や目隠し鬼をひとくくり 二村典子
藪巻や農納めして峡の家 高橋悦男
藪巻や雲にかさなる嶽晴れて 三輪不撓
藪巻をほどいてゐたる鹿の中 岡井省二
藪巻を柑子の金のこぼれけり 大石悦子 百花
藪巻を覗きたる鼻濡れにけり 大石悦子 聞香
藪巻を解く日近づく松の晴 河合多美子
ほそ幹に繃帯ほどの菰巻かれ 南 典二
南国の志摩菰巻かぬ蘇鉄立つ 山口波津女
松は菰巻かれはべりぬ浮見堂 片山由美子 天弓
聞えさうなる菰巻きの息づかひ 国保泰子
菰巻いてものなつかしき四辺かな 綾部仁喜 寒木
菰巻いて松は翁となりにけり 大石悦子 聞香
菰巻かず大王崎の大蘇鉄 奥谷郁代
菰巻にされ大蘇鉄王者の風 富田木荘
菰巻のまだ新しき勿来関 伊藤伊那男
菰巻の桜花束吉野駅 茨木和生 遠つ川
菰巻の植樹若葉す新設校 田中照子
菰巻の樒がとどく十夜寺 福島せいぎ
菰巻をしてことごとく傾ぎけり 藤本美和子
菰巻をほどきたる松歩きけり 綾部仁喜 樸簡
菰巻を枝にもらへる松の古り 綾部仁喜 寒木

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あれませる一言主や大嚏 五島高資
くさめせり生れて一日目の嚏 辻田克巳
こらへゐる嚏怖しぎっくり腰 高澤良一 寒暑 
それまでは褒めてゐたりし大嚏 中戸川朝人 尋声
つづけざまに嚏して威儀くづれけり 高浜虚子
とゞまりて嚏をしたり江のほとり 山口誓子
なほ出づる嚏を待てる面輪かな 山口波津女
わが嚏霧の彼方に響くかな 久米正雄 返り花
一瞬に天地引きよせ嚏せり 能村研三
七人の敵を新たに大嚏 小島健
中興の蝶夢法師の嚏堂 高澤良一 燕音 
二つめはややわざとらし大嚏 川村紫陽
又ひとつ烏賊の嚏や籠の中 岡田耿陽
口開けて次の嚏を待てる顔 長尾樟子
吊革に夫の嚏を恥ぢてをり 岡田和子
哲學も科学も寒き嚏哉 寺田寅彦
啓蟄や皮膚敏感に嚏する 阿部みどり女 月下美人
嚏しておのれも朝ゆ風邪ごころ 石塚友二 光塵
嚏してつぎの嚏の残る顔 中川弘陽
嚏して仏の妻に見られたる 森澄雄 所生
嚏して佛像の首の鼻におどろく 栗林一石路
嚏して円空仏と別れけり 庄司圭吾
嚏して境内広き一の宮 上井みどり
嚏して夜の外出をとどめらる 白岩てい子
嚏して天神の鈴鳴らしけり 林原和枝
嚏して山の長者になりきれず 丸山佳子
嚏して心棒ずれし心地なり 深澤厚子
嚏して想ふ人の名遠きかな 石塚友二 光塵
嚏して戸口去りけり厄払ひ 佐々木沙城
嚏して木曽山中と知らすなり 松山足羽
嚏して東京駅をおどろかす 乾鉄片子
嚏して母がとほのくばかりなり 寺嶋定子
嚏して湯ぼてり菩薩の顔ハチャメチャ 高澤良一 素抱 
嚏して犬通りけり麦埃 内藤吐天 鳴海抄
嚏して現場検証終りけり 徳永茂代
嚏して私学講師の休みなし 中村 一維
嚏して立ちよろめきし牡丹の前 稲垣きくの 牡 丹
嚏して箱根神社と知れ渡る 松山足羽
嚏して美貌すこしもそこなはず 葛山たけし
嚏して聖イグナチオ天主堂 古舘曹人 樹下石上
嚏して虚子先生を掌中に 黒田杏子 花下草上
嚏して長松羽子を落しけり 蘇山人俳句集 羅蘇山人
嚏して鼻*かんで父亡き此の世 藤田湘子 てんてん
嚏と同時飛び出し沼鼬 松山足羽
嚏ふとあとは稲妻の月夜かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
嚏また嚏や合の米ひかる 西東三鬼
嚏や硝子おどろく闇の果 石塚友二 光塵
嚏一つ極楽坊にこぼしけり 清水利子
嚏一つ正法眼蔵すら虚し 鈴木六林男 *か賊
嚏一つ蓑虫庵にのこし来し 大橋敦子 匂 玉
嚏一つ身過ぎ世過ぎの下手なりけり 小松崎爽青
嚏一つ黄檗山を俗界に 間渕うめ子
大嚏して持ち時間また減らす 行方克巳
大嚏して森閑と一人住む 松尾 立石
大嚏些事にこだはる人の前 川村紫陽
大嚏末座へ視線集めたる 尾関禽虫魚
太陽も軌道を外れん大嚏 高澤良一 宿好 
太陽をにらみしゆゑの嚏かな 藤本草四郎
山冷に嚏飛ばせば蒿雀たつ 田村萱山
川下に二日月ある嚏かな 山口草堂
巻尺の音立てちぢむ嚏かな ながさく清江
微動もせぬ雪峰に負けし夫の嚏 殿村莵絲子 牡 丹
曲り角風を喰らひて大嚏 高澤良一 宿好 
月の中の厠の中の嚏かな 野村喜舟 小石川
月の夜の橋こつじきは嚏こぼして 人間を彫る 大橋裸木
杉花粉核の世に嚏充満す 小檜山繁子
涅槃図の前勿体なの大嚏 大橋敦子 勾 玉以後
減反の会議の隅の大嚏 松倉ゆずる
炉話の鼻をこそぐる嚏かな 阿波野青畝
炭を焼く男の嚏山をとぶ 只野柯舟
猪が嚏し吾も嚏する 津田清子
瓜の香にきつね嚏る月夜かな 白雄「白雄句集」
瓜の香にきつね嚏月夜かな 加舎白雄
生れ出でゝ寒さ知りける嚏かな 中島月笠 月笠句集
産小屋に顔を入れたる嚏かな 森田公司
盆灯を吊りし厠に嚏入り 萩原麦草 麦嵐
神将の視線を意識して嚏 橋本博
算用の心細さに嚏るか 石塚友二 光塵
纜のきしめば嚏さそはれて 桂樟蹊子
美しき眼をとりもどす嚏の後 小川双々子
老いすぐに寒に応うる嚏や 今井竜蝦
老体に月光沁みし嚏かな 藤田湘子 てんてん
荒法師などの如くに嚏する 相生垣瓜人 明治草抄
蕎麦掻や嚏ひとつの鍋を掛く 石川桂郎 高蘆
行水の稍稍温かりし嚏かな 会津八一
裔ありて嚏りとばす恋一つ 小林康治 玄霜
録音の嚏冬夜の親しさあり 村越化石 山國抄
長女のみ父系の顔をして嚏 佐川広治
雨に濡れ戻りて嚏つゞけさま 吉良比呂武
雪嶺の佐渡の吹つ飛ぶ大嚏 小島 健
くつさめに飛びつかれたる思ひあり いのうえかつこ
くつさめの跡しづかなり夏の山 野水
これきりと思ふくっさめ飛ばしけり 高澤良一 ぱらりとせ 
数へられゐたるくつさめ三つまで 伊藤白潮
東京にくつさめ一つ到着す 山田みづえ
うそ寒にくさめ七十二回かな 稲畑廣太郎
くさめしてもとの美貌にもどりけり 木野綾子
くさめして後やはらかき赤児の息 宮下白泉
くさめして我はふたりに分れけり 阿部青鞋
くさめして沼一枚とのこりけり 小泉飛鳥雄
くさめして炎天老うる齢ならず 冨田みのる
くさめして見失ふたる雲雀哉 横井也有 蘿葉集
くさめして貧乏神を吹きとばす 川島一紀
くさめして鶴の番人孤独なり 成瀬櫻桃子
くさめせり生れて一日目の嚏 辻田克巳
くさめ聞く寒さうつりや十夜堂 皆吉爽雨
さむきぬかるみのくさめが涙となりし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
みどりごの顔いつぱいのくさめかな 佐々木良子
三日月の切つさきふるふくさめかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
切通し蜑がくさめのこもりたる 佐野まもる 海郷
厠もる誰かのくさめ杉の花 鈴木鷹夫
大いなるくさめを一つ女かな 上地 和子
寄生木やくさめとどきし夕鴉 桂樟蹊子
寒天の日輪にくさめしかけたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
寒食や猫のくさめのあまたたび 会津八一
山に向きくさめ一つの冬谺 村越化石
手うつしの嬰がくさめをすることも 長谷川双魚 『ひとつとや』
歌仙一巻うら何句目のくさめかな 小杉余子 余子句選
水鼻にくさめなりけり菊紅葉 其角 九 月 月別句集「韻塞」
炎天の馬くさめせり瓦斯行きて 田川飛旅子 花文字
炭箱に顔さし入れてくさめかな 富田木歩
船頭のくさめに騒ぐ千鳥かな 也有
金柑を煮てゐてくさめしてをりぬ 森田公司
風花は千万くさめ一つ出づ 堀口星眠 樹の雫
黄表紙のうがち欠けたる世とくしゃみ燕音
くしゃみして十一月に入りにけり燕音
「へくしょん」の大盤振る舞ひ致しけり  高澤良一  宿好
大河内伝次郎くしゃみして冒頭  高澤良一  寒暑
慣れっこなってしまひぬ大嚏  高澤良一  石鏡
新聞でくっさめ一つ囲ひけり  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

雁木

雁木

例句を挙げる。

*はたはたや雪となり来し雁木市 森総彦
いちにちの日和の消ゆる雁木かな 綾部仁喜 寒木
ゆきかひのさざめきさびし雁木道 上林天童
前をゆく雁木の女湯屋に入る 永松 西瓜
土雛の並びそめたる雁木町 小島千架子
夏燕雁木が町をせばめをり 高木晴子 花 季
夕蝉の雁木の町やかへりみる 友岡子郷 遠方
市すぎし雁木となりてさびしけれ 上村占魚
干ずいき雁木に掛けし瞽女の宿 西本一都 景色
廃れ唄雁木の下を流れをり 文挟夫佐恵 遠い橋
日の当る方の雁木の子守道 相馬沙緻
昼灯す郵便局や雁木中 黒沼 草生
暮れかかる雁木たどるや十日町 老川敏彦
朝市に人ら跼めり雁木道 新井悠二
杖と音雁木を潜り花を潜り 栗生純夫 科野路
来る人に灯影ふとある雁木かな 高野素十
柿食ふや雁木の外の冬日和 内藤吐天 鳴海抄
母が家も雁木伝ひや春祭 小林康治 四季貧窮
深雪晴雁木表に馬具吊られ 松崎鉄之助
灯一つともる雁木を行きぬけし 高野素十
片側のはや暮れてゐし雁木町 安原葉
琴の糸紡ぐ雁木の湖の村 大岳水一路
看板の糖尿病に雁木かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
瞽女のやど雁木づたひの小暗がり 西本一都
瞽女のやど雁木のはしに菖蒲葺く 西本一都
瞽女唄の雁木洩るるはやるせなし 西本一都
石のせし雁木につゞくアーケード 南雲つよし
肩ふれて雁木の下をすれ違ふ 中嶋斉公
襁褓など干して雁木も町端れ 稲垣束ね
足音の追ひかけてくる雁木かな 及川仙石
軒並めて塗師指物師雁木道 和田敏子
酒買ひにかけ込む雁木通りかな 小林樹巴
銀行も雁木の一戸町雪解 皆吉爽雨 泉声
陽が差して雁木の下に水たまり 長山順子
雁木(がき)に来て火事の炎をひく雪女 石原八束 仮幻の花
雁木から登校の子ら湧くごとし 中村たかし
雁木にも梅雨漏りのして瞽女の宿 西本一都 景色
雁木ぬちついばみにくる山の鳥 下田稔
雁木のごと寄する白波花うばら 野原いくえ
雁木ふかく暗き秋蒔種もの屋 篠田悌二郎
雁木まではみ出し八百屋大根積む 榎本栄子
雁木みち潜るポストに逢はんため 古賀光利
雁木みち越の灯のいろあたたかし 清水節子
雁木ゆくこゝも旧家と思ひつゝ 淡谷鉄蔵
雁木下青竹貯めて桶屋なり 新村寒花
雁木中人こみ合ふて暗き店 及川仙石
雁木出て橋わたる間に雪まみれ 春山他石
雁木市角巻の眼の切長に 星野麦丘人
雁木行く足音に夜の更けにけり 金島たゞし
雁木街に御風たづねて露けしや 角川源義 『冬の虹』
雁木道地酒万歳楽買うて 堀 古蝶
鳥帰る雁木の上の石の数 文挾夫佐恵

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

狐火

狐火

例句を挙げる。

きつね火や五助新田の麥の雨 蕪村遺稿 夏あかつきを待つ狐火の数ふやし 百瀬美津
おともなく狐火将棋倒しかな 三宅清三郎
しのび逢ふかや狐火の青く燃え 高林アヤ子
すつくと狐すつくと狐火に並ぶ 中村草田男
よく笑ひたる夜は狐火も見ゆるべし 百瀬美津
カーブミラーの向かう狐火かも知れぬ 辻美奈子
ランボオを五行翳らせ狐火や 齋藤愼爾
一見に如かず王子の狐火へ 大庭紫逢(1947-)
不知火もまた狐火も語り継ぐ 後藤比奈夫
二○○○年の夜明け狐火のような 山崎聰
伏見港失せて狐火絶えにけり 大島民郎
切れ長の目して狐火見しといふ 野中亮介
夜泣子を抱けば狐火移りけり 櫛原希伊子
太郎に見えて次郎に見えぬ狐火や 上田五千石(1933-97)
夫と見し狐火の闇戦後の闇 紅露ゆき子
夫なしに似てうつくしや狐火は 三橋鷹女
失ひしもの燃えてをる狐火ぞ 藺草慶子
嫁入りと見ゆる狐火往き戻り 宮本 旅川
宵暗や狐火に寄る虫の声 水田正秀
山車過ぎし川面狐火消えのこる 渡辺恭子
川べりに狐火立やついりばれ 中村史邦
復員後狐火一つ見たるのみ たむらちせい
恙ある眼に狐火を見むとする 相生垣瓜人 微茫集
指させば動きはじめむ狐火や 木内彰志
提灯の王子狐火おごそかに 阿部朝子
星あをく恋の狐火走りけり 堀口星眠
春を待つ狐火二つ消えにけり 萩原麦草 麦嵐
杣小屋の灯とも狐火とも見ゆる 小川界禾
泣き声は狐火となる夜の村 大井雅人 龍岡村
狐火か/鬼燈に入る/初夜の/空耳 林桂 黄昏の薔薇 抄
狐火が火元か羽子板市炎上 鳥居美智子
狐火といふ鏡には映らぬ火 今瀬剛一
狐火と思へばこころもち青し 林菊枝
狐火と聞くよりいそぐ裏高尾 柳原佳世子
狐火なり痛烈に糞が臭う 金子兜太 詩經國風
狐火にうすき足裏をたのみけり 飯島晴子
狐火におのれ出てゆき戻りくる 齋藤愼爾
狐火にたゞ街道のあるばかり 阿波野青畝
狐火に会ふならばこのやうな晩 猪俣千代子
狐火に到り着きたる人ありや 藤田湘子
狐火に妃陵の錠のしかとあり 大峯あきら 鳥道
狐火に挟まれてゐる齢かな 武田あつ子
狐火に枯ぐさ恍と伏しにけり 松村蒼石 寒鶯抄
狐火に河内の國のくらさかな 後藤夜半
狐火に読みしは常陸風土記のみ 斎藤愼爾 冬の智慧
狐火に逢ふてもどりてもぐり寝る 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
狐火に道を返してふり向かず 藤原海塔
狐火に長門の寺の大襖 大峯あきら 鳥道
狐火に面燈火の記憶いつよりか 下村槐太 天涯
狐火のあとシリウスの炎ゆる峡 根岸 善雄
狐火のしらけて過ぐや蕎麦の花 荒雀 俳諧撰集「有磯海」
狐火のそこを落ち来る毬あらむ 藺草慶子
狐火のそのとき富士も空に顕つ 皆吉爽雨 泉声
狐火のつかずはなれず燃えにけり 高橋淡路女
狐火のでることうそでなかりけり 久保田万太郎 草の丈
狐火のとんで屋根の灯一つふゆ 井沢正江 湖の伝説
狐火のひとつがとびて運河あり 森川暁水
狐火のひとつになりて失せにけり 後藤夜半 翠黛
狐火のほしや大和のくらがりに 田中和子
狐火のほとほというて灯るかも 星野立子
狐火のぼやけゐたるが澄みにけり 依田明倫
狐火のみづみづしきは父母の山 黒田杏子
狐火のやうに嫁いでゆきにけり 柳家小三治
狐火の中うつくしき狐ゆく 塩尻青茄
狐火の出てゐる宿の女かな 高浜虚子(1874-1959)
狐火の出るといふ道行きにけり 楠目橙黄子 橙圃
狐火の出る確率を計算す 桑原三郎 晝夜 以後
狐火の小千谷にありて遊びけり 古館曹人
狐火の峠越えねば帰られず 川口利夫
狐火の揺れてゐしこと目に残り 石井とし夫
狐火の次第に消ぇて小夜時雨 井上井月
狐火の母には見えて子を寝かす 太田土男
狐火の消えおくれしをあはれがる 上田五千石 風景
狐火の消えし方より人が来る 豊田蕗花
狐火の消えたるあとの銀杏の木 小山森生
狐火の消えたるあとも犬吠ゆる 神野汀
狐火の消えたる闇の深さかな 岡田夏生
狐火の消えて蒟蒻畑かな 堤 文子
狐火の減る火ばかりとなりにけり 松本たかし
狐火の渡りし川の細りけり 大石悦子
狐火の火を飛び越ゆる火をみたり 松本たかし
狐火の燃えつくばかり枯尾花 蕪村
狐火の燃えゐて遠野物語 成瀬正俊
狐火の燃へつくばかり枯尾花 蕪村 冬之部 ■ 春夜樓會
狐火の遅れしは子かはた老いか 木内彰志
狐火の雨降り出でてなくなりぬ 高浜虚子
狐火はその吐く息の燃ゆと云ふ 相生垣瓜人 明治草抄
狐火もでてくる村の数へ唄 能村登四郎 寒九
狐火もみえ月もでゝゐたりけり 久保田万太郎 草の丈
狐火も交るや山の仏の灯 伊藤てい子
狐火も親しきものと山住ひ 西沢破風
狐火やいづこ河内の麦畠 蕪村
狐火やかの世も夫とかくあらん 藤木倶子
狐火やころりころりと牛車 吉武月二郎句集
狐火やころんで何を信ずべき 諸角節子
狐火やさむさを一つづつともし 龍岡晋
狐火やしんと越野の遠列車 斎藤由美
狐火やすれ違ひたる貌ひとつ 和田ゑい子
狐火やふり向く人の片おもて 石川 [テキ]子
狐火やまこと顔にも一とくさり 阿波野青畝
狐火や一くせのある顔が寄り 山上樹実雄
狐火や一滴もなき大硯 大峯あきら
狐火や二つに岐れ一運河 加倉井秋を 『風祝』
狐火や何をみどりと問はれても 田中裕明 花間一壺
狐火や大和の闇は神ながら 市川東子房
狐火や大河に近き廓跡 老川敏彦
狐火や家一軒と田二枚 大峯あきら
狐火や山だよりして二三日 田中裕明 花間一壺
狐火や山のうしろに山坐り 近藤昶子
狐火や憑きの落ちたる女形逝く 石原八束 雁の目隠し
狐火や戸毎に老を抱へつつ 平賀扶人
狐火や次郎の瞼ゆるぶころ 石田阿畏子
狐火や武蔵の水のむらさきに 東早苗
狐火や沼に向ひて家一つ 丹羽 玄子
狐火や湯田に湯の池ありし頃 堀口星眠
狐火や牧場に残る原始林 今本祥予
狐火や狐の顔の皆違ふ 佐々木六戈 百韻反故 初學
狐火や玉子厚焼きなるがよし 石嶌岳
狐火や産土神の闇いよゝ濃き 島野汐陽
狐火や真赤な紐の落ちてゐて 藺草慶子
狐火や老いて声よき子守唄 山本洋子
狐火や蕪村の恋もとはの闇 矢島渚男
狐火や闇の溜りし沼ほとり 石井とし夫
狐火や阿蘇の草塚傾ぎ合ひ 富永小谷
狐火や風雨の芒はしりゐる 杉田久女
狐火や髑髏に雨のたまる夜に 蕪村 冬之部 ■ 几董にいざなハれて、岡崎なる下村氏の別業に遊びて
狐火や鯖街道は京を指す 加藤三七子
狐火よ鹿火よと山家がたりかな 向田貴子
狐火をつかめば鼻のごと温し 夏井いつき
狐火をのこして祖谷の灯も消えぬ 松岡月歩
狐火をみて命日を遊びけり 黒田杏子(1938-)
狐火をみて東京にかへりけり 久保田万太郎 草の丈
狐火をゆびさせば指炎えだしぬ 嶋西うたた
狐火を伝へ北越雪譜かな 阿波野青畝
狐火を信じて父のひと世かな 猪俣千代子
狐火を信じ男を信ぜざる 富安風生(1885-1979)
狐火を恐れぬ祖母を恐れけり 島田まつ子
狐火を自在に繰りて陰陽師 筑紫磐井 野干
狐火を見しとふ瞳にて見つめらる 大石悦子
狐火を見しとふ貨車の車掌かな 有働 亨
狐火を見じと眼つぶる厠かな 雑草 長谷川零餘子
狐火を見てきしという髪じめり 佐藤きみこ
狐火を見てより遂に迷ひけり 星野椿
狐火を見て命日を遊びけり 黒田 杏子
狐火を見て来しといふ若き杣 萩原麦草 麦嵐
狐火を見に出でて子の立睡り 松村蒼石 雁
狐火を見に来てやはり騙されし 山野邊としを
狐火を見るべく湯ざめこゝちかな 高森清子
狐火を詠む卒翁でございかな 阿波野青畝(1899-1992)
狐火を語れば消ゆるコンロの火 細谷てる子
狐火小さし親なし子狐がともし 成瀬桜桃子
狐火消ゆ金の狐をしたがへて 齋藤愼爾
狐火見し純白の夜を妊れり 齋藤愼爾
狐火見て梅雨の枕の青臭し 殿村莵絲子 牡 丹
異土の野に海に狐火鬼火かな 文挟夫佐恵
相討の深傷にて這ふ狐火へ 熊谷愛子
矍鑠と老い狐火を語りぐさ 猪股千代子
芋銭の碑夜は狐火と踊らむか 久保羯鼓
見過ごしし狐火などもありたらむ 相生垣瓜人 明治草抄
道逸れてゆきしは恋の狐火か 大野崇文
釣干菜夜々の狐火誘ふかな 野村喜舟 小石川
鳴ながら狐火ともす寒かな 炭 太祇 太祇句選後篇
黒姫へ狐火と燃ゆ日の芒 永井龍男
きつね火の消えて確かむ連れの顔 飯田弘子
きつね火や五助新田の麥の雨 蕪村遺稿 夏
炬燵して芋銭の狐隊行圖 高澤良一 ももすずめ 
以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:26 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

雪囲

雪囲

例句を挙げる。

かの鳥の来ぬ日なからむ雪囲 田中裕明 櫻姫譚
その中の早咲ほめよ雪囲 田中裕明 櫻姫譚
ともかくも取り壊したり雪囲 児玉輝代
どの家も出口一つや雪囲 漾ひとし
ながながと駅にはじまる雪囲 二唐空々
ふた親のやりとりが洩る雪囲ひ 柳川大亀
みちのくの温き日つづく雪囲 奥田七橋
みちのくや墓もとりこむ雪囲む 桜木俊晃
むめが香や雪囲ひとる軒の晴越中 夕里 俳諧撰集「有磯海」
一切を断つ禅寺の雪囲ひ 津崎和子
一邑に怒濤かぶさる雪囲 和田祥子
丁寧にこんなに小さき雪囲 稲畑汀子
三時過ぎて雪囲ひある部屋暗し 上村占魚 球磨
人と馬ひとつ戸口や雪囲 三宅句生
分校の作業といひぬ雪囲 山形理
四五軒の荒磯住ひの雪囲 伊藤柏翠
大雪が押す禅堂の雪囲ひ 山口誓子 不動
安宿の埋れてならぬ雪囲ひ 文挟夫佐恵 遠い橋
家裏に舟つなぎあり雪囲 大峯あきら 鳥道
屏風岩刳りたる湯壺雪囲ふ 中戸川朝人 星辰
山祗の出入の扉あり雪囲 前田普羅 新訂普羅句集
庭木みな粗略ならざる雪囲 松尾緑富
御社雪囲ひして雪かくな 高野素十
念入りに雪囲ひして人住まず 林 民子
敵のごとく北窓に海雪囲 竹鼻瑙璃男
斎館の荒縄ふとき雪囲ひ 佐川広治
新しき丸太の匂ふ雪囲 榎本栄子
杉かこみゐる斎館も雪囲 森田峠 逆瀬川
村八分されしごとくに雪囲ひ 鈴木酔子
梁のいよいよ黒し雪囲 片山由美子 天弓
沖遠く能登の灯の見ゆ雪囲 大森三保子
浪の花飛んで来る日の雪囲 後藤比奈夫
漁歌絶えて久し一寺の雪囲 宇佐美魚目 秋収冬蔵
牛吼をする犬のをる雪囲ひ 河東碧梧桐
狛犬に木三本づつの雪囲ひ 川崎展宏
狛犬も邪鬼と睦むや雪囲して 文挟夫佐恵 遠い橋
稲架の棒すぐ雪囲ひ棒雲幾重 大野林火
結びたる縄つんと立ち雪囲 小玉核子
縄の玉一人に一つ雪囲 林 正之
荒海や雪囲(しょがき)のかげのかごめ歌 石原八束 雪稜線
荒縄を男結びに雪囲 棚山波朗
荒縄を腰に作務僧雪囲 八十島吾朗
藁が来て親方が来て雪囲ひ 太田寛郎
藁砧置きあるままに雪囲 竹腰八柏
見ればある風の震へや雪囲 岩田由美 夏安
貧農家雪囲ひして明るさよ 吉見春子
赤き実のままの一位を雪囲ひ 鷹羽狩行
越後路の軒つき合す雪囲 松本たかし
鐘楼より一山の雪囲解く 皆吉爽雨
長縄は放りて捌き雪囲 嶋田摩耶子
雪つけてまだ疲れなき雪囲 中戸川朝人
雪に生き抜きてその墓も雪囲 能村登四郎
雪中にかわき現れ雪囲 八木林之介 青霞集
雪囲い解くや風巻く父の家 伊藤登久子
雪囲い解く寺山に入るかな 岡村千恵子
雪囲う肴町過ぎ日本海 石川 幸
雪囲しかけてありし雨の庭 安原葉
雪囲してひろびろと雛の宿 黒田杏子 花下草上
雪囲して三百の僧住めり 伊藤柏翠
雪囲して城趾に住める家 高浜虚子
雪囲して売る魚何々ぞ 中村汀女
雪囲して新しき門構 高濱年尾 年尾句集
雪囲して月早き村社あり 大峯あきら 鳥道
雪囲しばらく人の出入あり 田中裕明 櫻姫譚
雪囲そこそこにして旅にあり 宮木 きわ子
雪囲にもいろいろとあるものよ 清崎敏郎
雪囲ひしてある内を出でず住む 池内たけし
雪囲ひして居り明日は出稼に 米田一穂
雪囲ひして火を焚くや濤の前 角川春樹
雪囲ひせる講中のひとのこゑ 猪俣千代子 秘 色
雪囲ひとれば微笑の女人仏 秋澤猛
雪囲ひはじまる寺の鐘を撞く 坂内佳禰
雪囲ひ仏も籠る刻が来る 猿橋統流子
雪囲ひ千の雲水蔵したる 中村一志
雪囲ひ妻の支へる高梯子 羽吹利夫
雪囲ひ子を先立てて訪ふ生家 黒坂紫陽子
雪囲ひ済ませし村に雪降り出す 森田かずを
雪囲ひ済ませて夫と星仰ぐ 大高千代
雪囲ひ温泉女に眄しつつ結ふ 岸田稚魚
雪囲ひ結び目固く海の前 館岡沙緻
雪囲ひ解きて一山一寺かな 庄司圭吾
雪囲ひ解くや小荷物解くに似て 池上樵人
雪囲ひ解く裏口の空のいろ 伊藤敬子
雪囲ひ雪支へして人棲まず 茨木和生 野迫川
雪囲ふ昏みしんしん湯の滾り 野澤節子
雪囲ふ暗みの仏拝みけり 三宅句生
雪囲ふ終の住処の戸洩る灯よ 村上しゅら
雪囲よりとぎ汁の流れ出づ 辻 桃子
雪囲より稱光寺の和尚さま(佐渡宿根木) 岸田稚魚 『萩供養』
雪囲仏の間より解きはじむ 小林輝子
雪囲出でゆくほどの酔なりし 田中裕明 櫻姫譚
雪囲出来て雪待つ心かな 但野静耕
雪囲取りたる鯉の散らばらず 茨木和生 丹生
雪囲夏もそのまま鳥甲 山口青邨
雪囲大きく明りとり小さし 村上三良
雪囲解いて明るき目覚かな 石井蕾児
雪囲解かぬ一戸へ花吹雪 大島民郎
雪囲解かれし枝のはねかへる 太田貞雄
雪囲解きゐる祭支度かな 茨木和生 倭
雪囲解き嬶座明るくなりにけり 宮田静江
雪囲解き家らしく人らしく 三上一寒
雪囲解き月山を振り仰ぐ 松本 旭
雪囲解き海近し山近し 三村 純也
雪囲除れし仏間に日本海 木村蕪城 寒泉
青き葉の見えて柚子なり雪囲 宇佐美魚目 天地存問
飯粒の流れ出でけり雪囲 山本洋子
鮫捌く小出刃鈍けき雪囲 呂木
鴎散るや諸仏一切雪囲 斉藤夏風
あをあをと木賊の夢が墓囲ふ 石寒太 炎環
墓囲ひ化粧結びを垂らしけり 中戸川朝人 尋声
墓囲ひ居れば鴉の鳴きにけり 竹田凍光
墓囲ふいつもどこかに風の音 佐藤明日香
墓囲ふ父祖に紙子を着するごと 大串 章
墓囲ふ藁にしぐるる暮色かな 門前弓弦子
墓山に藁舁きゆくは墓囲ふ 細川加賀 生身魂
春までの無沙汰を告げて墓囲ふ 宮田茂夫
波の花雪垣を出でぬ雀どち 中戸川朝人 残心
潮騒に墓囲ふ音消されけり 荻原都美子
父の匂ひする父の墓囲ひけり 宇野玉葉
独り言黄泉へ聞かせて墓囲ふ 相馬沙緻
畳の目雪垣解きし日矢遊ぶ 草間時彦
白鳥のため雪除に身をおとす 古舘曹人 能登の蛙
童女来る弥撒のべールを雪除けに 下村ひろし
網走へ一里の標墓囲ふ 藤原美峰
萱編めり離村を前の墓囲 三嶋隆英
雪垣にはりつき酔へるものの唄 佐藤鬼房
雪垣にもたしかけある蘆の束 高浜虚子
雪垣に乗る日明るく柚子実る 西村公鳳
雪垣の一隅パセリ青みけり 樋笠文
雪垣をとりし鳥海久し振り 多田菜花
雪垣をのけて明るき雪解かな 正岡子規
雪垣を組みしばかりに雀来る 井上雪
雪垣解きし家のまる見え祭来る 谷内茂
雪除けて紅梅仰ぐ二月盡 横光利一
雪除の裾泌み出づる厨水 西山泊雲 泊雲
雪除を泌み出るけむり色ヶ浜 大峯あきら
雪除を編むも作務なり永平寺 赤坂静住
馬が大事の雪垣ならめ雀群る 成田千空 地霊

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

*かんじきや一羽の兎肩にのせ 橋本鶏二
あたたかき雪がふるふる兎の目 上田五千石(1933-97)
いつも旅雪に疲れし野兔の耳 対馬康子 吾亦紅
うさぎうさぎ下校時間となりにけり 関口眞佐子
うさぎの手ほどの手袋編みあがる 西村和子 夏帽子
うさぎの木とやその花を愛づ滝よりも 林原耒井 蜩
うさぎはも月に映りて静かなりしずかなること死をひきよする 糸川雅子
うさぎほどの温もり膝に毛糸編む 西村和子 夏帽子
うさぎ小屋に春を陰気な兎たち 上野美智子
うさぎ屋のばあさんとゐる十二月 夏井いつき
うさぎ径谿のむこうも雪積り 和知喜八 同齢
うづくまる兎にはとり露の中 中田 剛
かの裔の贄とささぐる兎の血 栗生純夫 科野路
この春をうさぎは一羽ずつ斃る 宇多喜代子
この雪に何がな兎角(とかく)座禅かよ 広瀬惟然
しぐるゝや笹原もどる兎狩 寺田寅彦
ためらひしあとまつすぐに兎道 斉藤美規
どのやうに兎抱いても母なきなり 遠山陽子
どびろくや兎の肉は土臭き 瀧 春一
はつ春やきぎすの係蹄(わな)に山兎 三好達治 俳句拾遺
ひたすらに兎を逐へば比叡見ゆる 松尾いはほ
ももいろの光は空に海に溶け白兎海岸夕ぐれんとす 石川不二子
ももいろの欠伸をひとつ夜の兎 石寒太
ももさくら死は病室を兎跳び 浦野菜摘
よむは人麻呂ときに野兎激昂する 若森京子
わが血ひく者らしたがへ兎山 吉本伊智朗
セーターを着せられし子の兎跳び 福永耕二
ダービーの発馬にはもう間に合わぬ眠りすぎたる老兎一ぴき 上野久雄
デージーや意地悪さうな兎の眼 西村和子 夏帽子
バッグより白兎のごときスキー靴 奈良文夫
ブルタァニュ帽うさぎのごとし爽かに 小池文子 巴里蕭条
ポポポポとタンポポ笑う兎跳び 岸本マチ子
一兎死に孤兎霜月の耳垂るる 川口重美
一揆塚野をほうほうと兎狩 中拓夫 愛鷹
一本の針金で足る野兎の罠 山口白露
七夕に出でて兎も野をかけれ 酒堂 俳諧撰集「藤の実」
万両は兎の眼もち赤きかな 千代女
万両やふつと兎の目となりて 平井照敏 天上大風
万愚節寝すぎた兎を身ぬちに飼ふ 磯貝碧蹄館 握手
万緑や血の色奔る家兎の耳 河合凱夫
三七忌穴ばかり掘る兎の仔 鳥居美智子
亀は歩み兎は眠る長閑かな 尾崎紅葉
争はぬ兎の耳やかたつぶり 榎本其角
二兎を追ふほかなし酷寒の水を飲み 有馬朗人 母国
二兎を追ふ蚤二匹とも逃しけり 会津八一
二羽と言ひ兎は耳を提げらるる 殿村菟絲子 『菟絲』
五月憂し子うさぎ抱きて旅せむか 所山花
人間がときどきかかり兎罠 今瀬剛一
人間の足がかかりぬ兎罠 福田蓼汀 秋風挽歌
仔兎の耳透く富士の山開き 飯田龍太
佗助の冥き首すじ走兎図に 荻原久美子
倒木を兎も犬もをどり越え 川上蜆児
元日や忘られてゐし白兎 飯田龍太 山の木
兎がはこぶわが名草の名きれいなり 阿部完市
兎とびして野兎になりきりぬ 桑原三郎 花表
兎とも亀ともなれず梅ふふむ 薄木千代子
兎と眼合はさぬやうに罠はづす 佐藤五秀
兎にはうさぎのしつぽあたたかし 野村喜久子
兎にも亀にも内緒冷し瓜 星野麦丘人
兎に摘むたんぽぽ満たし聖週期 原コウ子
兎の仔みんな黒くて夕涼み 飯島晴子
兎の目ほどの眼をして暑の兆す 猪俣千代子 秘 色
兎の目春雷沖に出でにけり 小川軽舟
兎の瞳はどこ見てをるよ脱穀どき 桜井博道 海上
兎の耳吹雪を笛と聞くことも 新谷ひろし
兎みな干菜の風に耳たてて 平沢桂二
兎も片耳垂るる大暑かな 芥川龍之介(1892-1927)
兎も角も御用納に漕ぎつけし 松山一雪
兎も角雪降るは降るはと初電話 岩井 柳蛙
兎ゆきしあとのみ散りて深雪なり 及川貞 夕焼
兎より亀が早しと日向ぼこ 西川 五郎
兎より覚めたる一戸初氷 神尾久美子 桐の木以後
兎を得ずくさびらなんど得て帰る 寺田寅彦
兎出づ村に小さな浅間(せんげん)さん 高澤良一 ぱらりとせ 
兎愛し前菜なればなほ旨し 櫂未知子 貴族
兎抱く二人の少女露けしや 山田みづえ 草譜
兎杵月物語残すべし 石川桂郎 高蘆
兎死に夜となり牡丹雪が降る 川口重美
兎汁梁をねずみの走りけり 成瀬櫻桃子
兎波マーガレットに駈け寄りぬ 高澤良一 さざなみやっこ 
兎狙ふ銃口憎むほど暗し 加藤知世子
兎狩すみたる牧の扉を閉めて 佐藤念腹
兎狩する頃合の雪降りし 居附稲声
兎狩ふたたび牡丹雪となる 依田由基人
兎狩枯木枯枝鳴らしつゝ 西沢破風
兎狩隣の国も山ばかり 大峯あきら
兎網張りし合図の笹あがる 白川北斗
兎網張り果てし松や冬の山 碧雲居句集 大谷碧雲居
兎罠いびつに山の月昇る 江部二峰
兎罠かけし昂り子の屯 村上しゆら
兎罠もつ山賊の眼の少年 赤座閑山
兎罠雪をくぼめてありにけり 井桁蒼水
兎落つ雪まみれにて陰赤く 加藤知世子 花寂び
兎見斯う見ついばむは何寒雀 高浜虚子
兎親子福寿草亦親子めく 草田男
兎角して命あればぞ革衾 高浜虚子
兎角して旅の夜明ぞ花の春 言水
兎跳びしてガラス戸を過ぎる子のうしろ民話の野は青むなり 春日真木子
兎跳んで跳んでとどかぬ秋夕焼 鈴木栄子
兎追ひし山こそ思へ葛の花 所山花
兎追ふ勢子に雇はれ杣の子等 有本銘仙
兎追ふ林中に声満ちにけり 加藤憲曠
兎飼はれ小学校に立志の碑 坂口匡夫
兔穴他界の闇を見るごとし 大石悦子
兔罠作りてよりは雪降らず 若土 白羊
全身を鼓膜のやうに夏兎 大石雄鬼
冬嶺青く睡りさめたる兎の瞳 加藤楸邨
冬菜喰む兎すなほな目をもちて 高岡静子
凍谷に耳利いてゐる兎かな 大峯あきら 鳥道
初春や一刀彫りの神兎 松本山雀
初月や兎の臼の作りかけ 支考
初雪に兎の皮の髭作れ 雪の中に兎の皮の髭作れ 松尾芭蕉
初雪の市にうらばや雉子兎 水田正秀
勃海に傾ける野の兎狩り 石田波郷
動物園園児の点呼うさぎの前 高澤良一 寒暑 
十六夜や兎の型に切る林檎 平林恵子
十月の兎を園児抱っこして 高澤良一 寒暑 
名月や兎の糞のあからさよ 超波
吹越(ふっこし)に大きな耳の兎かな 加藤秋邨 吹越
国分尼寺静かに消えて白兎 攝津幸彦
土間に投ぐすでに目方の兎の音 森総彦
城内に兎狩する枯野かな 野村泊月
墓地にでる兎のワギナ夢の火事 安井浩司 赤内楽
声もなく兎動きぬ花卯木(うつぎ) 服部嵐雪
夏の兎飢えたり夢もみていたり 宇多喜代子
夜ざくらの下にあそべる兎かな 岸風三楼 往来
夜の黒猫 雪の白兎 実態のないもの飼い馴らし幻想の街に住む 梓志乃
夜露触る耳を垂らして白兎 長谷川かな女 花 季
大寒や兎は菜屑こぼしつづけ 加藤かな文
大風の越後うさぎは耳短し 斉藤美規
子兎に歯の生えかかる春の闇 増田陽一
子兎の耳折れあそぶ芋嵐 長谷川白菊子
学校をからつぽにして兎狩 茨木和生 遠つ川
学校始兎の檻に先づ集まり 町田しげき
完璧なソナタぶるとん兎耳 折笠美秋 虎嘯記
家兎の耳しづかに月をうらがへす 磯貝碧蹄館 握手
家兎逃ぐる蜀黍畑の盆の月 石原八束 空の渚
寂しめば兎たしかに吊られをり 柿本多映
寒の暮兎の箱に足ふれて 百合山羽公 故園
寺の障子の近くへ兎狩り立てし 廣江八重櫻
小兎や真白の足袋に父とゐて 中山純子 茜
少年の夜々の夢なる兎罠 石塚友二 光塵
居つゞけに禿は雪の兎かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
屎をのこす野兎のねどころしどみ咲く 飯田蛇笏 春蘭
山の兎狩りおろす湖の氷かな 菅原師竹句集
山兎跳ぶよ初日にさそはれて 小沢満佐子
山羊を飼へとふ兎飼へとふ春待てば 及川貞 榧の實
山越えて来る獅子舞に兎網 米沢吾亦紅
嶽兎貂にはらわたぬかれけり 西本一都
平家武者敗走のみち兎罠 國本正巳
年つまる闇にことこと兎ゐて 桜井博道 海上
年逝くや兎は頬を震はせて 飯島晴子
幻燈や冬木のごとく兔死す 対馬康子 吾亦紅
床下に兎飼ふ家の初日かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子
恐山閉ざし麓の兎罠 松本進
抱いてゆく兎遊ばす花野かな 比叡 野村泊月
接骨木咲いて耳標の青き兎たち 林翔 和紙
撃たれし血口に含みて兎死す 野見山朱鳥
放課後の兎当番桜草 竹川貢代
料峭や骨をのこして兎汁 日原傳
新涼のましろき兎飼はれをり 阿部みどり女
旅人の兎追ひ出す夏野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
日の入りをみている陸の白兎 宇多喜代子
春の兎吐息の音に草を噛む 林翔 和紙
春の土兎も吾子も跳ね上手 市ヶ谷洋子
春昼の子兎抱かる耳伏せて 沢 聰
春浅し白兎地をとぶ夢の中 飯田龍太
月の兎皆コスモスに飛ばせたし 龍胆 長谷川かな女
月の団子兎~に偸まれな 尾崎紅葉
月球の兎が育つ春の草 原裕 『王城句帖』
朔風やわら一本を噛む兎 五味真穂
朝寒の腕の子まろし兎見る 川口重美
朝寒む耳紅い箱の兎洪水をのがれてあり 安斎櫻[カイ]子
木賊原小兎はねる霰かな 幸田露伴 江東集
末枯へ真白な兎走り出す 瀧澤伊代次
朴の葉をいちまい噛みて兎罠 木内彰志
松虫や兎の道の茂りあふ 野狂
松過ぎや兎角こなれぬ腹のもの 石塚友二 光塵
枇杷の木と兎にありし鞭のあと 栗林千津
枯れすすき伏しては兎走らする 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
枯葎兎の出づる事も無し 尾崎迷堂 孤輪
柴刈の鼻先をとぶ兎かな 吉武月二郎句集
栗のいが兎の糞や所々 寺田寅彦
格子より街を見つめている兔 対馬康子 吾亦紅
榧の実の目をそらしたる兎波 吉田素糸
檻かじる兎夜半も梅が散る 坪内稔典
次の間に玉兎はこびぬ新走り 水内慶太
歯朶刈りしところに仕掛け兎罠 宮脇和正
残雪に兔のみちと鳥のみち 穴井 研石
残雪を穿つあまたの野兎の糞 福永耕二
水仙や兎の耳も旭影 荘丹
水温むらし仔兎の耳の奥 飯島晴子
水滴の兎を秋の灯に放つ 相生垣瓜人 微茫集
沖を走る波の白兎や柿接木 中拓夫
沖波の兎のごとし葉月了ゆ 小沢萩雨
波間からぴんと出たり浦の玉兎(つき) 幸田露伴 谷中集
涅槃図の裾の巻きぐせ兎泣く 田上さき子
涼しさや湖を跳ぶ兎波 矢島渚男 船のやうに
渤海に傾ける野の兎狩り 石田波郷
湯治客炉辺に加はり兎汁 松尾緑富
炭焼が兎の罠を掛けに行く 滝沢伊代次
無月なる庭に出てゐし家兎 原裕 『新治』
父子風邪兎のたつる音に臥す 古沢太穂 古沢太穂句集
狡兎死し良狗煮られて春行きぬ 寺田寅彦
独活掘りのまたつかまへぬ兎の子 吉武月二郎句集
猟犬が嗅ぎていぶかる兎罠 米澤吾亦紅
猿どのの夜寒訪ひゆく兎かな 蕪村
猿どのゝ夜寒訪ゆく兎かな 蕪村 秋之部 ■ 山家
玉霰月の兎が仕業かな 柳原極堂
疲れては風邪ながびかせ二兎を追ふ 佐野美智
白きうさぎ雪の山より出でて来て殺されたれば眼を開き居り 斎藤史
白き兔春風にかたまり売られゐる街ゆきて婚のこともしづけし 米川千嘉子
白丸のなかのいくつの白兎 阿部完市 春日朝歌
白兎あすあさってを吐きつくす 夏石番矢 神々のフーガ
白兎いで来よ気多の岬は真みどりに 鷲谷七菜子 天鼓
白兎はたらきはじめていて鼓声 阿部完市 春日朝歌
白兎月に住みしを語り草 鈴木栄子
百千の白兎駈け来る冬の浜 山田みづえ
盆地の底うさぎのからだからくもる 四ッ谷 龍
直立の兎の耳や風光る ともたけりつ子
眠る子の息嗅ぐ月の兎かな 仙田洋子 雲は王冠以後
短日の兎に白き山ばかり 宇佐美魚目 天地存問
短日や兎つまづく木の根っこ 龍岡 晋
秋草を鳥羽絵の兎高掲げ 高澤良一 宿好 
稲刈後の校庭をあるく白兎 中拓夫 愛鷹
穂すゝきのなみ飛越ゆる兎かな 大原其戎
立春や月の兎は耳立てゝ 星野椿
端山越す兎見ゆるや蕎麦の花 三輪未央
箱の兎の瞳をさがし得て颱風去る 桜井博道 海上
紅葉ぬくく鳥羽絵の兎現はれし 文挟夫佐恵 黄 瀬
紫蘇は実に兎やわらかく土掘る 伊藤淳子
絵馬兎金眼をきかす月の寺 大木あまり 山の夢
絹機を織るやかゞよふ白兎 中村草田男
緑色とくるい兎の一淋し 阿部完市 春日朝歌
罠はづし提げし兎の長かりし 青葉三角草
置炬燵雪の兎は解けにけり 正岡子規
腹当の月の兎や吾子育ち 宇佐美輝子
臍の緒を母屋にしまひ兎狩る 大石雄鬼
臥床よりひくくてうるむ兎の目 宇多喜代子
花過ぎの兎を抱けば脈打てり D・J・リンズイー
苗木毎に野兎の歯あとや雪解風 冬葉第一句集 吉田冬葉
若菜手に兎当番登校す 佳藤木まさ女
茅花噛む戯絵の兎になりたくて 佐藤鬼房
茅花野に兎の如く君待つも 小池文子
茶の花に兎の耳のさはるかな 暁台
落栗や兎の遊ぶ所なし 成美
葬列の兎の罠を過ぎにけり 大木あまり 雲の塔
薄氷や兎をころす童唄 市川千晶
藤すれすれの月兎角して雲うらへ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
藤の穂絮の兎となれり湯ざめして 中村苑子
裏山の残雪になほ兎罠 高濱年尾 年尾句集
見晴らしは兎も角雪渓よぎるとせん 高澤良一 宿好 
豆あらす兎の沙汰や秋の雨 士朗
貨車過ぎて白粉花の散る兎舎の雨 宮武寒々 朱卓
赤兎の攀ぢ上る見ゆ雲の峰 石井露月
足跡の兎と知れてこはさなく 稲畑汀子
躍る胸持ちてありし日の兎狩 小木ひろ子
追うてゐる兎との距離ちぢまらず 戸沢寒子房
逃げて逃げて逃水となる兎かな 中井黄燕
逆吊りの兎を軒に麓村 藤木倶子
遠き灯は兎眼雪の降りに降る 大木あまり 山の夢
遠まきに杣のぞきをり兎罠 美柑みつはる
遠嶺白野兔ももう冬毛なる 依田明倫
遠野火や兎が出でし話など 嶋田麻紀
野うさぎの耳に色なき英彦の風 矢野緑詩
野兎ねらう焼け木の鷹に雪解かな 飯田蛇笏 霊芝
野兎の出て草原の岩やわらか 長谷川かな女 花 季
野兎の真面目な貌と野に出会ふ 松尾節朗
野兎の糞ほろほろと野焼あと 上野さち子
野兎の糞岩を掴みてたしかめぬ 長谷川かな女 花 季
野兎の跳ぶさきざきの霜の岩 斉藤夏風
野兎わたる濁りすぐ消ゆ水芭蕉 澤田 緑生
野兔をなげき冬旱をなげく 曽我 鈴子
野遊びの子にひつじ雲兎雲 根岸善雄
金雀枝や兎皮買の車過ぐ 小池文子 巴里蕭条
針金の輪のみにあはれ兎罠 福田蓼汀 秋風挽歌
銀(かね)もてば兎角かしこし須磨の月 上島鬼貫
門前の烏兎匆匆や桐の花 宇多喜代子 象
陸の六月兎の前歯みごとなり 津沢マサ子 楕円の昼
雨が打つ白兎神社の焚火跡 木村蕪城 寒泉
雨月なり兎跳ねゐる楽茶碗 矢吹嘉な江
雨音にかくるる月の兔かな 上田日差子
雪が降る目をみひらきし子兎に 工藤 義夫
雪に睡り 真夜 野兎の来るホテル 伊丹公子
雪の野の兎華麗な罠に陥つ 能村研三 騎士
雪原の兎の足跡藪目指す 斉藤志津子
雪原を跳び跳ぶ兎一未来 中島斌雄
雪崩あと兎真白く死にゐたり 田原玉乃
雪嶺颪を毛に立て兎逃げまどふ 加藤知世子
雪掻いて女は野兎の息したる 対馬康子 純情
雪晴の月夜をたのみ兎罠 桑田青虎
雪晴夜夜泣峠をうさぎ跳ぶ 赤尾兜子
雪煙りして走りしは兎かな 大井戸辿
霙るるや野兎藪に息ひそめ 沢 聰
青簾幇間やめて兎児を抱く 宮武寒々 朱卓
鯉のぼり兎に影を落しけり 大串章 百鳥
鰻食ひあくまでも二兎追ふ話 川村紫陽
鳥羽絵より兎出て曳くからす瓜 石崎多寿子
鳥骨鶏兎と飼われ小六月 磯部千草
鳴き兎鳴きしとおもふ湖の月 大島民郎
鳴兎霧来てこゑのやはらぐも 沼澤石次
鶏うさぎ生れて木曾の青あらし 魚目
鶏小屋に兎も四五羽夏休 生駒清三
けふにしゞめて、追善いとなみけるに申遺す
黄砂降り籠にけばだつ白兎 横山房子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:17 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あとさきを知らぬ狼ほど可憐 櫂未知子 貴族
いつも出れば狼岩の名ありけり 小杉余子 余子句選
さすらいの遠の砂山犬抱いて 村松彩石
その夜の送り狼てふ主題(W・フォークナーに話が及びて) 佐々木六戈 百韻反故 初學
冬銀河垂れて狼ほろびの地 橋本榮治 逆旅
凌霄や狼少女の貫頭衣 竹中宏 句集未収録
古の狼火場とかや若葉山 高木晴子 晴居
寝冷腹抱へて槽(ふね)の狼魚(おおかみうお) 高澤良一 燕音 
山河荒涼狼の絶えしより 佐藤鬼房
山犬のがばと起きゆくすすきかな 黒柳召波 春泥句集
山犬の里へ吠え寄る夜寒哉 寺田寅彦
打狼とはすぎなへかかる関の雨 安井浩司 中止観
末枯のそよぎ始めを狼火山 伊藤京子
枯萩の光りに鹿狼颪かな 阿部みどり女
樵夫らの狼怖れ火絶やさず 松元桃村
母よ結ふべし狼はじき父はじき 高柳重信
沼涸れて狼渡る月夜かな 村上鬼城
滅びたる狼の色山眠る 矢島渚男
火を焚くや狼のほろびし話など 赤尾兜子
父鈴ならし狼のはたらきのはなし 阿部完市 春日朝歌
物を獲て狼迅し氷上を 緒方朴子
狐山狼山の尾花かな 三好達治 俳句拾遺
狼(ろう)有一また出て来うぞ桐落花 永田耕衣 葱室
狼かんや一月沼の横たはり 石田波郷
狼がエプロン着けし童話かな 田川飛旅子
狼が消え大野のはげしい尿意 山田緑光
狼が空に来てゐる冬銀河 石原八束 『仮幻』
狼に墓の樒の乱されし 石井露月
狼に夜は越せざる峠かな 大谷句仏
狼に帯の火曳きし野越かな 大須賀乙字
狼に逢はで越えけり冬の山 正岡子規
狼のあと踏み消すや浜千鳥 中村史邦
狼のおくる山路や月夜茸 中勘助
狼のかりま高なり冬の月 奚魚 霜 月 月別句集「韻塞」
狼のくひのこしたる小判かな 龍岡晋
狼のこの比はやる晩稲かな 支考 俳諧撰集「有磯海」
狼のごとく消えにし昔かな 赤尾兜子
狼のによろりと出るや藤の花 荒雀 俳諧撰集「有磯海」
狼のひよつと喰ふべし鉢たたき 野童 俳諧撰集「有磯海」
狼のまつりか狂ふ牧の駒 炭 太祇 太祇句選後篇
狼の人啖ひし野も若菜かな 尾崎紅葉
狼の嗅ぐ山神の通る岨路 長谷川かな女 花寂び
狼の声かと問へば首をふる 久本 千代喜
狼の声そろふなり雪のくれ 内藤丈草(1662-1704)
狼の声揃ふなり雪の暮 丈草 芭蕉庵小文庫
狼の子をはやしけり麻の中 許六
狼の小便したり草の霜 子規句集 虚子・碧梧桐選
狼の浮木に乗や秋の水 榎本其角
狼の滅びし郷のぼたん雪 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
狼の犬より小さし襤の中 福島小蕾
狼の生存説に炉火欲しき 石村与志
狼の眼の狛犬や山始 鳥居雨路子
狼の糞見て寒し白根越 正岡子規
狼の群に入らばや初時雨 寺田寅彦
狼の跡踏み消すや浜千鳥 史邦
狼の道をつけたる落ばかな 程己 十 月 月別句集「韻塞」
狼も一夜はやどせ萩がもと 松尾芭蕉
狼や出て我まゝの野べの花 井原西鶴
狼や剣のごとき月の弦 細木芒角星
狼や月に向って吠ゆるなり 山口 笙堂
狼や祭りて草の淋漓たる 松瀬青々
狼を嵌める一行の墓へ参り 安井浩司 赤内楽
狼を神とし祀り山凍る 岡田日郎
狼を詠みたる人と月仰ぐ 茨木 和生
狼吠ゆ芯から妻の淋しき夜 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
狼星(シリウス)をうかがふ菊のあるじかな 宮沢賢治
狼有一また出て来うぞ桐落花 永田耕衣 葱室
狼穽のあと腥し残る雪 小原十峰
狼穽の雪見て過ぎぬ春の山 乙字俳句集 大須賀乙字
狼罠も徒に春隣りけり 日比帰麓園
狼跳ねでたりひかりもの現在に 安井浩司 赤内楽
砂山は狼いろに草枯れゆく 成田千空
篠枯れて狼毛の山河となれり晩夏 金子兜太 暗緑地誌
絶滅のかの狼を連れ歩く 三橋敏雄
老いの手の線香花火山犬吠え 西東三鬼
能勢路や窓開けて待つ狼を 後藤綾子
臨終の涙痕のつめたい狼がばと狼 高柳重信
花を踏むことの狼籍秋の風 古舘曹人 砂の音
赤頭巾狼の腹にぬく~と 阿部次郎 赤頭巾
追分けぬいざ狼境の女根だうぃんちよ 加藤郁乎
雪女郎狼山のうしろより 佐藤惣之助
餓ゑてゐなければ狼ではないか 櫂未知子 貴族
鹿狼山朝月かかげ眠りけり 阿部みどり女

以上
by 575fudemakase | 2014-12-05 00:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング