2014年 12月 07日 ( 12 )

餅搗

餅搗

例句を挙げる。

おもおもと雪山の方餅搗く音 村越化石 山國抄
たのもしき大世帯なり餅を搗く 酒井黙禅
べこ餅を搗けよ雲つく男たち 齋藤玄 『無畔』
みちのくや餅に搗きこむ二日月 橋石 和栲
みな猟夫正月餅を搗かぬ村 羽部洞然
アメリカに搗きてまことの草の餅 常石芝青
アールヌーボー様式の餅搗きました 櫂未知子 蒙古斑
一臼の寒餅搗けり山売れて 野沢秋燕子
一臼を搗きて全身餅しぶき 坂口百葉
二階堂第六隣組の餅搗也 久米正雄 返り花
京の四季舞うて餅搗はじまりぬ 森桂樹楼
人形の餅搗きてんやわんやかな 細見綾子 天然の風
兄弟の餅搗き唄やいまもあり 菅家今朝男
切火の儀より始まりしお餅搗 合田丁字路
午後かけて餅搗く音のやさしさよ 荒井清之助
君が搗き吾は食べるのみ草の餅 細川加賀 生身魂
土浄し餅搗く臼の据ゑられて 相馬遷子 雪嶺
大機和尚へと~餅を搗きなさる 川端茅舎
姨捨の山家の搗ける月見餅 荒川あつし
寒餅の胡麻よ豆よと搗きあがる 西村三穂子
寒餅も寒明け餅も少し搗く 久保 青山
寒餅や手力こめし山家搗 水原秋櫻子
寒餅を搗かん搗かんとおもひつつ 松本たかし
寒餅を搗き終り土間掃き終り 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗くとふまへし力足 河合佳代子
寒餅を搗く両隣に小さく住み 皆川白陀
寒餅を搗く日にしては温かりし 小谷鶴枝
寒餅を搗く日の山の面がまへ 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗く時だけの大竃 前田壽子
寒餅を搗く音きこえすぐやみぬ 水原秋桜子
寒餅を搗けば日和の山の顔 大峯あきら
山深く繭玉となす餅搗けり 大石悦子 群萌
島の家の餅搗く音や油凪 久米正雄 返り花
川面より低きに搗ける寒の餅 千葉皓史
希望の帆なれ餅搗きの湯気天井まで 大熊輝一 土の香
広縁に日のたつぷりと餅を搗く 岩田和子
建国日城址に餅搗唄とどく 脇坂啓子
手返しのひとこゑに餅搗き上る 白井 爽風
搗きあげし餅を嬰子のごと運ぶ 肥田埜勝美
搗きあげし餅を牛にも一ちぎり 伊藤風楼
搗きあげし餅嬰のごと手から手へ 菅野一狼
搗きたての餅持つてゆく花野かな 児玉輝代
搗杵(かちぎね)に血を見る餅のつよさかな 上島鬼貫
明けてゆく星ら網張り餅搗く音 寺田京子 日の鷹
春山の麓に餅を搗ける音 田中冬二 俳句拾遺
暁闇に飛び出す火の粉餅を搗く 百合山羽公 寒雁
朝月や寒餅を搗く一とさわぎ 田住満夫
朧夜をどこかで餅を搗いてゐる 田中冬二 若葉雨
来合せて餅搗かされてをりにけり 佐久間潺々
枯山へ餅搗く音のゑくぼなす 神蔵器
湖に響く寒餅搗きにけり 室積徂春
炬燵寝の若者起きて餅を搗く 木村蕪城 一位
父無くて母と二人の餅搗けり 成瀬桜桃子
百姓家据ゑて餅搗く地の響 百合山羽公 寒雁
目覚めけり上巳の餅を搗く音に 相生垣瓜人
秋風に餅しげく搗く喪の農家 相馬遷子 雪嶺
空ッ風餅搗く音のどこよりか 久保田万太郎 流寓抄以後
窯神の燭のまたゝく餅を搗く 渡部余令子
紅少し入れて寒餅搗きにけり 今井たけ
聞きとるや餅搗き上がる杵の音 小杉余子 余子句選
臼に注連飾りて神の餅を搗く 梅島 婦美
花結びの黄襷で搗く祝餅 毛塚静枝
蝶生れぬ白と緑の餅も搗く 百合山羽公 寒雁
連翹に餅搗きし息はずみけり 皆川白陀
遠景澄む餅搗きの腰曲るたび 櫛原希伊子
遠洋漁夫餅搗く音に着く母港 笹本落葉子
遮莫(さもあればあれ)餅搗けて来りけり 久保田万太郎
頼られて下宿の餅を搗きにけり 黒坂紫陽子
餅を搗く力自慢の学僧ら 上田正久日
餅を搗く半裸鶯鳴くしきり 松村蒼石 露
餅を搗く教授の杵がひるがえる 八木三日女
餅を搗く方へ全き馬の耳 宇佐美喜代治
餅を搗く次第に調子づいて来し 高浜年尾
餅を搗く湯気あふれ出て米屋の灯 中條りつ子
餅を搗く灯りが稲荷にもおよぶ 原 裕
餅を搗く男ばかりの修二会かな 細川加賀 『玉虫』
餅を搗く町長選挙投票後 山本照雪
餅を搗く音なり町の悪処にも 百合山羽公 故園
餅を搗く音若者と替りけり 中原八千草
餅搗(もちつき)や捨湯流るゝ薄氷 晩柳 古句を観る(柴田宵曲)
餅搗いてうすき涙目餅を食ふ 能村登四郎
餅搗いておくから取りに来いといふ 近藤いぬゐ
餅搗いてにはかに寒き亥の子かな 田中雨城
餅搗が隣りへ来たといふ子かな 一茶
餅搗きし夜のちちの声ははの声 長田等
餅搗きし杵より糸の如き湯気 荒木思水
餅搗きし父の鼾声家に満つ 西東三鬼
餅搗きし臼のほてりや雪の上 大串章 山童記
餅搗きに山川の紺ゆく力 大峯あきら
餅搗きの男朱鳥と還り来む 宇多喜代子
餅搗きもして苗木市賑ははす 大熊輝一 土の香
餅搗きや焚き火のうつる嫁の顔 黒柳召波
餅搗きや路地つ子一人けんけんぱ 姉崎蕗子
餅搗くとえらびて置きし櫟焚く 金子伊昔紅
餅搗くや亥の日の亥の子神のため 小澤満佐子
餅搗くや亥の日亥の子の神のため 小沢満佐子
餅搗くや厨八方の灯ゆらぎ 四明句集 中川四明
餅搗くや子の掛声の一斉に 野中春艸
餅搗くや杜氏部屋よりも助二人 西山小鼓子
餅搗くや框にとびし餅のきれ 高野素十
餅搗くや落葉たゞよふ山毛欅の谷 佐野青陽人 天の川
餅搗によみがへる蠅ありにけり 五十崎古郷句集
餅搗に祝儀とらする夜明けかな 村上鬼城
餅搗に驚きやすき路地雀 菖蒲あや
餅搗のあと天上の紺に溶け 飯田龍太
餅搗のこころ浮遊す石だたみ 飯田龍太
餅搗のすみて夕日の前を掃く 大峯あきら 鳥道
餅搗のその夜はそこに草まくら 立花北枝
餅搗のみえてゐるなり一軒家 阿波野青畝
餅搗の何処より早く幼稚園 仲佐方二
餅搗の息をどりをり桑畑 中澤康人
餅搗の日も幸斎が茶湯かな 高井几董
餅搗の水呑みこぼす顎かな 松本たかし
餅搗の臼ころがして洗ひをり 辻桃子
餅搗の臼往来す京の町 福田把栗
餅搗の見えてゐるなり一軒家 阿波野青畝
餅搗の足元狭き小庭かな 会津八一
餅搗の阿*うんの息の合つてきし 鈴木貞雄
餅搗の音きこえゐる下の家 綾部仁喜 寒木
餅搗の音そここゝに~ 高浜虚子
餅搗の音にしばらく耳応ふ 廣瀬直人
餅搗やなまこのし餅或は又 小澤碧童 碧童句集
餅搗や夫の治兵衛けふも留守 岡本松浜
餅搗や家並の低き河岸の凪 小澤碧童 碧童句集
餅搗や小家ながらにあたゝかき 松瀬青々
餅搗や捨湯流るゝ薄氷 晩柳
餅搗や掛声そろふ園児の輪 土井朝子
餅搗や明星光る杵の先 夏目漱石 明治三十二年
餅搗や朝日噴き出す槇囲 百合山羽公 寒雁
餅搗や燃えつきし枝もちあるく 田中裕明 花間一壺
餅搗や田におどろける石叩 水原秋櫻子
餅搗や臼に精くる星明り 尾崎紅葉
餅搗を唖と見てゐる火鉢かな 富田木歩
餅搗を囃す琉球童唄 泉 とし
餅搗を終へし臼より湯気立てり 辻桃子
餅搗を見にきてをりし隣の子 長谷川 茂子
お返しは小燐寸一つ餅配 池田世津子
てのひらに夕暮ののる餅配 綾部仁喜 寒木
初茸を添へて祭の餅配る 北村保
家々のともりそめたる餅配り 片山由美子 水精
杉山を餅配る子が越えてゆく 大峯あきら 鳥道
海までは峠ひとつや餅配 大峯あきら 鳥道
田を斜にわたつてかへる餅配 飴山實 辛酉小雪
白き瀬にまた沿うてをり餅配 岡本高明
耳成と香具山の間餅配 山本洋子
良寛忌*かんじき穿いて餅配り 細谷鳩舎
裏山はせかせかと暮る餅配 茨木和生 遠つ川
青空の白くなりたる餅配 大木あまり 雲の塔
餅配る一人住ひの婆ゝ様に 山下 輝畝
餅配夕べ明るき山を見て 伊藤通明
餅配大和の畝のうつくしく 大峯あきら(1929-)
さらでだに寒き一ト間や餅莚 小杉余子 余子句選
なかぞらに星のあつまる餅筵 木村虹雨
ひろびろとうしろ日昏れて餅筵 広瀬直人
一枚の湯気の上りし餅莚 数川 三枝子
一枚は大鏡餅餅莚 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
一灯を鼠に備へ餅筵 西山泊雲
天窓に月がありけり餅筵 皆川白陀
林中に日がさし入りて餅莚 柴田白葉女 雨 月
水色のゆふべとなりぬ餅筵 角川春樹
神棚の前より敷きぬ餅筵 高浜虚子
紅に朝日さしけり餅筵 貞木句之都
青かりし時より清し餅筵 蓼太
餅筵つねづね暗き座敷かな 中村汀女
餅筵ほてり白眉の父が立つ 原 裕
餅筵一隅に白しいのち祝ぐ 村越化石
餅筵箪笥の裾につかえけり 吉屋信子
餅筵絵本ひろげしまま日ぐれ 大串章
餅筵誰かがゐなくなりさうに 飯島晴子
餅筵踏んで仏に灯しけり 岡本松濱
齢富む一間に寝ねて餅筵 森澄雄
一枚の賃餅をわが受取りぬ 細川加賀 『生身魂』
賃餅を終りし臼を洗ひけり 町田敏子
とほくより夜が明けてくる餅の音 横瀬弘山
代々住みて鄰保親しき餅の音 飯田蛇笏 雪峡
月代や晦日に近き餅の音 松尾芭蕉
有明も三十日に近し餅の音 芭蕉
病牀に聞くや夜明の餅の音 正岡子規
百歳の春も隣や餅の音 正岡子規
短日の海にひびきて餅の音 石原舟月
餅の音ひびけば朴の木がねむり 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

社会鍋

社会鍋

例句を挙げる。

うすやみにもともきらひな社会鍋 飯田蛇笏 春蘭
かたはらに祈りの手あり社会鍋 井沢正江 晩蝉
かはたれのトランペットや社会鍋 山本歩禅
かばかりの喜捨に音たて社会鍋 下元和子
かるがるとにげあしのびて社会鍋 飯田蛇笏 春蘭
デパートの灯が濃くなりぬ社会鍋 加藤高秋
人も風も足早に過ぐ社会鍋 水原春郎
人待てる影立ちかはり社会鍋 金子 潮
伊達の娘がみてとほりたる社会鍋 飯田蛇笏 春蘭
十円の銭の音なる社会鍋 石川桂郎
呼びかくる声風にとび社会鍋 小畑一天
地下街に十字路のあり社会鍋 藤陵紫泡
地下鉄の風吹き上がり社会鍋 奈良文夫
外套の士官は乙女社会鍋 岩崎照子
大胆に銀一片を社会鍋 飯田蛇笏 春蘭
星空へ口を大きく社会鍋 本内彰志
最初から重さうな鍋社会鍋 名村早智子
東京の星の貧しき社会鍋 斎藤道子
柳まだ青さ残せり社会鍋 原田青児
烈風のひと葉舞ひ入る社会鍋 宮田祥子
焼栗の香の流れたり社会鍋 吉田鴻司
爪立ちて童の喜捨や社会鍋 鈴木壽夫
生くる銭いとしみ投げつ社会鍋 林翔
社会鍋に旧師健在喇叭吹く 東野修子
社会鍋の喇叭の唾を道へ振る 田川飛旅子 『邯鄲』
社会鍋ふと軍帽を怖るる日 田中鬼骨
社会鍋バス光点を移すのみ 香西照雄 対話
社会鍋ラツパ鳴らすは美少年 堀古蝶
社会鍋人彼人を呑む銀座 指澤紀子
社会鍋人織るごとくかへりみず 清原枴童 枴童句集
社会鍋僅かの銭をそっと入れ 塩川雄三
社会鍋古きラッパにやや勇む 百合山羽公 寒雁
社会鍋古き街衢の四つ辻に 銀漢 吉岡禅寺洞
社会鍋吹く楽の音のとぎれがち 村上辰良
社会鍋守る外套の裾長し 岸風三樓
社会鍋守る娘にたれもほれざりき 飯田蛇笏 春蘭
社会鍋小さき善の音返す 山田弘子 螢川
社会鍋小銭なかなか見つからぬ 五十嵐みち
社会鍋底に一掬ほどの闇 八木冷潮子
社会鍋昔の古りし曲を吹く 有働 亨
社会鍋横顔ばかり通るなり 岡本眸
社会鍋童女にかへす礼篤し 内藤 達
社会鍋銀貨の音を風攫ふ 村上絢子
社会鍋雄々しと見たる世も過ぎし 百合山羽公
社会鍋雨滴を溜めてゐたりけり 倉田春名
社会鍋雪呼びさうな喇叭吹く 林直入
老いたるラツパ天対き吹けり社会鍋 山田みづえ 忘
肩車おりて駆け寄る社会鍋 小川木久江
街騒に底の明るき社会鍋 大江かずこ
赤靴の女が立てる社会鍋 鈴村 寿満
雉子郎の句が好きで喜捨社会鍋 亀井糸游
雪に据ゑ雪降つてゐる社会鍋 嶋田一歩
電飾の木に隣りして社会鍋 岩崎照子
みかけたる三升家小勝慈善鍋 久保田万太郎 草の丈
わが友の酔へる恵みも慈善鍋 水原秋櫻子
三角の頂点慈善鍋を吊り 森田峠 避暑散歩
不景気の風の吹き込む慈善鍋 岡本佐和子
似顔画く人に隣りし慈善鍋 泉谷清流
吸はれゆく雪を見てをり慈善鍋 中条角次郎
夕刊を売る童とありぬ慈善鍋 篠原鳳作
子の友に声かけられし慈善鍋 中野 貴美子
幼な子に腰低うしぬ慈善鍋 兼安昭子
慈善鍋なんすれぞ雪ふりいそぐ 久保田万太郎 草の丈
慈善鍋に霙れて街の往来かな 青峰集 島田青峰
慈善鍋キネマはてたる大通り 篠原鳳作
慈善鍋スカイサインは空駆ける 宮武寒々 朱卓
慈善鍋余所目に急ぐ家路かな 清原枴童 枴童句集
慈善鍋吹かれ少年工酔へり 岸風三楼 往来
慈善鍋士官襟章ほのももいろ 山口青邨
慈善鍋昼が夜となる人通り 中村汀女
慈善鍋過ぎむ一歩がとまるなり 及川貞
慈善鍋遮断機夜の音おろす 角川源義
来る人に我は行く人慈善鍋 高浜虚子
空つ風埃吹き上げ慈善鍋 高野素十
銅貨にも大き音たて慈善鍋 品川鈴子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の雁

冬の雁

例句を挙げる。

冬雁に寄生をかかぐる河明り 下村槐太 天涯
冬雁に水を打つたるごとき夜空 大野林火(1904-84)
冬雁に野山応へず過ぎにけり 草間時彦 櫻山
冬雁のゆき水中に畦黒し 西村公鳳
冬雁の富士に切火を打つごとし 鈴木蚊都夫
冬雁の沖へ綴れる糸ありや 阿部みどり女
冬雁の耳貸すものに応へけり 関森勝夫
冬雁は白きもの日に真向へば 八木澤高原
冬雁やもの言ふ妻が母の如し 細川加賀 『傷痕』
冬雁や太き木樋の宿の軒 羽部洞然
冬雁や家なしのまづ一子得て 森澄雄 雪櫟
冬雁を聴くふるさとの橋存す 村越化石 山國抄
冬雁を見送りし眼のやりばかな 草間時彦 櫻山
夜嵐に寒雁鳴くも薄月夜 飯田蛇笏 椿花集
寒雁に仄めく月の上りけり 飯田蛇笏 椿花集
寒雁に騒立つ湖の場を展く 飯田蛇笏 椿花集
寒雁のこゑの触れたる畝傍山 藤田あけ烏 赤松
寒雁のこゑの零るる鑪(たたら)山 宮慶一郎
寒雁のさすらひの列一文字 佐藤国夫
寒雁のしんがり行くは泣けるなり 齋藤愼爾
寒雁のつぶらかな聲地におちず 飯田蛇笏
寒雁のほろりとなくや藁砧 原石鼎 花影以後
寒雁のゆくへ橋々夕焼けて 松村蒼石 雁
寒雁のわが秘め沼に下りくる日 文挟夫佐恵 遠い橋
寒雁の一と声もなく遠くなる 大橋敦子 匂 玉
寒雁の一羽おくれし四羽の空 野沢節子 八朶集
寒雁の墓より重くなりにけり 斎藤玄 雁道
寒雁の声そろひ落つ母の上 細川加賀 『傷痕』
寒雁の声のみ湖のまくらがり 森田峠
寒雁の声の浅寝の胸にかな 恩賀とみ子
寒雁の声客船は絶えにけり 喜谷六花
寒雁の声岬風に消えにけり 大須賀乙字
寒雁の声棹をなす真中より 井沢正江
寒雁の声長庚を点じけり 金尾梅の門 古志の歌
寒雁の夜を張りつめし仕込水 吉岡泰山木
寒雁の翅に暮色は重からずや 大野林火
寒雁の行方やあまりにも高し 岸風三樓
寒雁の身より雫す昼茜 乾 燕子
寒雁の高々ゆくを誰に告げむ 岸田稚魚
寒雁や水空に列脹りて去る 松村蒼石 雁
寒雁や終章は人死ににけり 大石悦子
寒雁や膏薬の香を両肩に 村越化石 山國抄
寒雁や舟待人の振る篝 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
寒雁や船待人の振る篝 高田蝶衣
寒雁を仰ぎ大いなるもの仰ぐ 山田瑞子
寒雁を見る日のあらん軍旅かな 尾崎迷堂 孤輪
寒雁を醒めし眼を以て見てゐたり 草間時彦 櫻山
月面に寒雁の翳かゝりけり 原石鼎 花影以後
水へ水へと冬雁の死処さがし 能村登四郎
海曇り冬雁一羽にも会はず 阿部みどり女 月下美人
野空ゆく寒雁をまつ水はあり 臼田亞浪 定本亜浪句集
馭者あふぐ見れば寒雁わたるなり 皆吉爽雨
たむろして群のさびしさ冬の雁 斎藤玄 雁道
みひらけば眼からかわくよ冬の雁 鎌倉佐弓
カレー燃ゆ市門に乱る冬の雁(カレーの市民像) 角川源義 『神々の宴』
人の目にありて血の減る冬の雁 斎藤玄 雁道
伊勢の田の芥に下りて冬の雁 河東碧梧桐
倒産の一語尾をひく冬の雁 小松崎爽青
冬の日の雁の背丈の寸づまり 齋藤玄 『雁道』
冬の雁くろがねの空残しけり 伊藤通明
冬の雁の腹まざと見しさびしさよ 安住敦
冬の雁世の片隅になれの果 島将吾
冬の雁並みゆく翳のひくまりし 飯田蛇笏 椿花集
冬の雁人の非あばくこと易く 岸風三楼 往来
冬の雁声届かねば手をあげて 福永耕二
冬の雁夕空束の間にかはる 加倉井秋を 『胡桃』
冬の雁朽ちて僅かに狩の弓 百合山羽公 故園
冬の雁楯の雨さへ氷る夜に 喜谷六花
冬の雁海に身を漬け蜑ひとり 百合山羽公 故園
冬の雁湯上り童女まるはだか 伊藤通明
冬の雁満州浪人の叔父ありし 高千夏子
冬の雁生死知れねばあきらめず 安住敦
冬の雁空では死なず山の数 齋藤玄 『雁道』
冬の雁空に鼓動をのこしつつ 三嶋隆英
冬の雁細月掛かる空の端 平田君代
冬の雁紺の法被を落しけり 磯貝碧蹄館
冬の雁落ちたり後は知らざりき 鷲谷七菜子 天鼓
冬の雁訣るるときはふり向かず 樋笠文
冬の雁農家にたのむことばかり 百合山羽公 故園
冬の雁頬を埋めて牛も寝し 百合山羽公 故園
卒然と羽音脊を切る冬の雁 相馬遷子 雪嶺
執すれば空の青すら冬の雁 斎藤玄 雁道
寒の雁枕木のごと続き消ゆ 阿部みどり女
寒の雁磐余の田井を*あさるかな 下村槐太 天涯
寒の雁身ぬちに崖のある日かな 鍵和田釉子
山脈が尽きて乱れし冬の雁 対馬康子 愛国
山脈に沿ふ空淡し冬の雁 相馬遷子 雪嶺
捨てつくしたる明るさの冬の雁 齋藤愼爾
掌をみつつさびしくなりぬ冬の雁 加藤秋邨 野哭
春の雁眉うしなうて眩しめり 角川源義 『冬の虹』
母起ちてともす灯ちさし冬の雁 桂信子 黄 炎
海道の切れつ聳えつ冬の雁 百合山羽公 故園
淋しさの一生病みつつ寒の雁 野澤節子
点眼のあとの右目に冬の雁 長田等
焼跡に仰げば寒の雁か 石田波郷
磯松に旅人病み居り冬の雁 比叡 野村泊月
米負ひて知世子ならずや冬の雁 加藤秋邨 野哭
絵を売りに弟出て行く冬の雁 加倉井秋を
萱積んで降りぬかれけり冬の雁 乙字俳句集 大須賀乙字
蜆かく舟も見えずよ冬の雁 河東碧梧桐
誰かまづ灯をともす町冬の雁 飴山實 少長集
雨飾山より冬の雁飛来 橋本榮治 逆旅
雲中に甲斐駒かしぐ冬の雁 相馬遷子 雪嶺
青澄みて山脈残る冬の雁 相馬遷子 雪嶺
面会にゆくとの便り 冬の雁 野村秋介
鳴けるだけ鳴いて今生冬の雁 倉田素香

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

大雪

大雪

例句を挙げる。

大雪や暦に記す覚え書き 椎橋清翠
大雪の鵯聞いてゐる墓の虚子 対馬ひさし

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冷たし

冷たし

例句を挙げる。

お水取底冷え頬に肩に背に 高澤良一 寒暑 
なつかしき京の底冷え覚えつゝ 高浜虚子
ゐながらに底冷えの夜の白み来ぬ 上村占魚 球磨
ノートルダム妖しく聖く底冷えたり 林翔 和紙
下宿にも京の底冷にも馴れて 小方比呂志
喪の家を出て底冷の闇なりし 似内慶子
土芳忌や伊賀の底冷えかこちつゝ 鈴鹿野風呂 浜木綿
坑の奥より底冷え軌条音をはこぶ 楸邨
夏やせて籬によれば底冷えす 廣江八重櫻
大樽に京の底冷えみつしりと 大木あまり 火球
山中に底冷えの湖一つ置く 松村蒼石 雪
底冷えが卓の四脚を匍ひあがる 風生
底冷えて妻の胸にも波郷亡し 細川加賀
底冷えに水音のしてゐたるかな 猿山木魂
底冷えに遇ひたる鴨の真顔かな 高澤良一 寒暑 
底冷えのこの朝夕を栖まれしか 長谷川素逝 暦日
底冷えの一駅間を線路夫乗る 右城暮石 声と声
底冷えの京に浅酌西行忌 小坂順子
底冷えの夕暮蟹を売り残し 中村里子
底冷えの布団の前の歎異抄 平井照敏 天上大風
底冷えの底に母病むかなしさよ 井戸昌子
底冷えの湖に沈める神話の斧 有馬ひろこ
底冷えの炭の匂ひを吸ひにけり 中田剛 珠樹以後
底冷えの胸突きあぐる鴉鳴 松村蒼石 雪
底冷えは敗者の冷えか北の庄 能村登四郎 菊塵
底冷えや一夜のうちに銀世界 北川 晃
底冷えや伊那のはたごの塩肴 心猿
底冷えや堂守婆は土産売 牧野寥々
底冷えや幼児別れに仰ぐのみ 香西照雄 対話
底冷にたへて僻地の教師我 田中静竜
底冷に僧一人立つ京の橋 賢風
底冷のおとどのとのゐどころかな 橋本 榮治
底冷の塑像見る我も一作家 下村槐太 天涯
底冷の夜々の洛北月美し 岸風三楼 往来
底冷の手焙小さし京の宿 橋本 道子
底冷の来し手賀沼にさやうなら 山本歩禅
底冷の洛中にわが生家残る 村山古郷
底冷の浅間の裾の湯屋ひらく 矢島渚男 船のやうに
底冷の聖堂祈りながき人 丸山よしたか
底冷の頭痛なやめり婦のごとく 下村槐太 天涯
底冷を墓の蕪村とともにせり 茂里正治
未熟児室出て底冷えの日とおもふ 辻美奈子
杉戸絵に京の底冷え極まりぬ 高澤良一 燕音 
枝打ちの音谺して底冷えす 柴田白葉女 花寂び 以後
比叡暮るるより底冷のはじまりぬ 岸風三樓
水の自影歴々そこから底冷えが 香西照雄 対話
満月を貫く底冷えの一朶雲 原裕 葦牙
父に匿れて泳ぐ流れの底冷たし 津田清子 礼 拝
眠りても底冷に置く耳ふたつ 橋本榮治
芥菜や京は底冷えなほ残り 小沢游湖
襖絵を拝し底冷え畏みし 古沢太穂
谿の夜の底冷えに住む灯の窓なり 素逝
足の裏一万フイートの底冷えす 田中愛子
軒氷柱よべの底冷えありのまゝ 高澤良一 寒暑 
銀座底冷え外資会社にストの旗 北野民夫
うらむ気は更にあらずよ冷たき手 高浜虚子
かの瞳冷たきまゝに美しく 下村福
しもふさの夕日冷たき大根引 落合伊津夫
ずつしりと冷たき晴着狂女死す 八木三日女 紅 茸
つなぎたる子の手冷たし包みやる 稲畑汀子
なほ焦土蹠冷たく橋を越ゆ 林田紀音夫
まんさくの咲きて冷たさ幹にあり 太田土男
もの学ぶ冷たき頭つめたき手 青畝
アート紙は水の冷たさ婚のはがき 後藤綾子
エレベーターとまり冷たき扉が開く 越央子
クロッカスの花に冷たき風のあり 中川 民子
ラストダンスの壁は冷たい方がよい 高橋比呂子
レモンからレモンという名剥脱し冷たき水で洗いいるかな 大滝和子
ヴァンゴッホ冷たき耳を截りにけり 相生垣瓜人 明治草抄
一日終へ冷たき鍵を手にしたる 五十嵐哲也
体重計冷たい朝を並んでいる 住宅顕信 未完成
体重計冷たし痩するのみの身に 相馬遷子 山河
働いて耳を冷たく戻りけり 西嶋あさ子
冷たいなあ先生死んでしまふのかよ 小松崎爽青
冷たい雨だ 鷺 瞑目の首寄せ合い 伊丹三樹彦 樹冠
冷たき手とりてその後のこと聞かず 後藤綾子
冷たき石女負はさるひざまづき 羽部洞然
冷たき重き夫の頭蓋を支へたりいのちの熄みし重き頭蓋を 生方たつえ
冷たくてささやくこゑす白磁光 石原八束 空の渚
冷たくて倖せうすき川の相 細谷源二
冷たくて鼻さき見ゆるけものみち 山上樹実雄
冷たさのちらとあり毛皮こころよき 右城暮石
冷たさの蒲団に死にもせざりけり 村上鬼城
冷たさをもて滑らかに酢牡蠣かな 松根東洋城
冷たしや出土磁片の息ぐもり 樟蹊子
別るるに手の冷たきを言ひ合へり 茂里正治
十本の冷たき指の笛を吹く 射場 秀太郎
卓上に手を置くさへも冷たくて 高浜虚子
印鑑を冷たき紙に捺しにけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
可愛さう頬ざらざらで冷たさう 京極杞陽 くくたち上巻
壁かげの雛は常世に冷たうて 臼田亞浪 定本亜浪句集
壁も戸も暮れて冷たき一日かな 岩田由美
夕小径冷たくなりぬ仏の域 和田悟朗 法隆寺伝承
大きくて冷たき靴を揃へけり 栗島 弘
寒卵互ひに触れて冷たきもの 山口波津女 良人
山の日に帰依して眉の冷たくて 岡井省二
帽の端清瀬の星は冷たくて 石田あき子 見舞籠
年とつて冷たき土堤に遊びけり 耕衣
弟半泣き ネムって冷たい木だな、おい 坪内稔典
循環線の各各の鼻の冷たき不仕合せ 橋本夢道 無礼なる妻
悄愴は音とならずも冷たき手 和田悟朗 法隆寺伝承
手が顔を撫づれば鼻の冷たさよ 高浜虚子
抱きし母冷たくなつてしまひたる 石井とし夫
星墜ちてくる気配冷たき胸を抱く 北島輝郎
昼月に切つて冷たき爪拾ふ 嶋田麻紀
晩婚のカラー冷たく祓受く 北野民夫
暖房にゐる幼な児の冷たき手 右城暮石 上下
月が冷たい音落とした 住宅顕信 未完成
月のひかり冷たき地上夜の底いまだ己れの言葉に会わず 今井恵子
朝々の子の手冷たく握りけり 松村蒼石 寒鶯抄
木の椅子の冷たく神のこゑを待つ 細川加賀 生身魂
杉の葉の雨が冷たし一里塚 中拓夫 愛鷹
来て今し冷たかりける蝿の肢 三橋敏雄 長濤
枯れにおい低く冷たく葡萄棚 対馬康子 吾亦紅
枯蓮に石舫の影は冷たき 臼田亜浪 旅人
柄杓の月冷たく口をゆすぐ 住宅顕信 未完成
母病めば牡蠣に冷たき海の香す 野澤節子
水よりも風の冷たき芹を摘む 岡田 和子
水よりも風の冷たし根白草 角納金城
水仙や冷たかりし名の紅晶女 渡邊水巴 富士
水汲みが去んで冷たや夕山吹 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
海苔拾ひとてもたまらぬ冷たさに 高澤良一 素抱 
点滴の細りし指の冷たさよ 小野 茂川
犬がゆく冷たい影が追つてゆく 登良夫
犬死して冷たき鎖解かれたり 羽部洞然
生ま牡蠣に酢の冷たさの加はれる 右城暮石 上下
病魔身にひそむ冷たき足重ね 阿部みどり女
白無垢の絹の冷たさ胴を締む 品川鈴子
相ふれし手の冷たさを夫のいふ 近本 雪枝
眼のための冷たき薬口に服む 相生垣瓜人 微茫集
石廊がつゞき冷たさ身をつゝむ 中島斌男
稽古場の舞台冷たく光りをり 大野彰子
絵襖の引手冷たし化粧部屋 鳥居美智子
脈をはかる手が冷たい明日を思う 住宅顕信 未完成
腕白のつのる冷たき手を温め 大岳水一路
膝に重く冷たし昭和史写真集 池田澄子
誰か咳き冷たく重く動く機械 榎本冬一郎 眼光
誰も皆靴冷たくて始発駅 櫂未知子 貴族
足の裏冷たく拭いて掃き納む 五所平之助
身をややに冷たきに置き書き易し 野澤節子 黄 炎
鈴の冷たさ小さい足裏の冷たさ猫 金子皆子
隅々に寒さ冷たさ重なれる 右城暮石 声と声
雪よりも雨は冷たく顔に来る 嶋田一歩
青空に並んで冷たい墓となる石 住宅顕信 未完成
青竜の冷たきまでに眠りおり 和田悟朗 法隆寺伝承
音もなく白く冷たく雪降る闇 中村苑子
鴨の脚冷たかりける歳暮かな 岡本松浜
鶯や畳冷たき着替への間 八木三日女 紅 茸
鼻冷たく山の児ひとり置かれがち 加藤寛子
龍の玉冷たい額持つ男 大竹広樹
黒ずめる連翹の芽に雨つめた  高澤良一  ももすずめ
冷え性の本土キツネとおもひけり  高澤良一  さざなみやつこ
手をやれば柿のつめたさ椅子の肘  高澤良一  随笑
白詰草真っこと冷たかりけるよ  高澤良一  素抱
湯屋を出づ縁のつめたき洗面器  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬萌

冬萌

例句を挙げる。

「歓喜歓喜(フロイデフロイデ)」冬芽びつしり耳をたて 吉原文音
お降りの庭木冬芽を確かむる 瀧 春一
かにかくに産月ちかし冬芽へ靄 古沢太穂 古沢太穂句集
くらやみを抜ける冬芽の破裂音 河合凱夫 飛礫
げんまんの思はぬ力冬芽立つ 大見川久代
さくら冬芽を見るいつぱいの空気 中塚一碧樓
しあはせを育ててゐるや冬萌ゆる 福山理正
たくましき冬芽のありて枯るゝ木も 小畑一天
とんがって風切る冬木の芽の容 高澤良一 素抱 
なあるほどこれが冬芽の付き方か 高澤良一 宿好 
にはとこ冬芽老衰病者みな匂ふ 松村蒼石 雪
むらさきの冬芽や虫穴のごとき両眼 長谷川かな女 花寂び
もくれんの毳立つ冬芽こんなにも 高澤良一 素抱 
もちははの墓は無番地冬木の芽 野村青司
ものごころつきし如くに冬木の芽 岬雪夫
もむ風にもまるるー樹冬芽光る 赤城さかえ
二列目の五番目あたり冬萌える 市原光子
亡き子と住みし紅屋根褪せぬ冬萌えぬ 香西照雄 素心
人眠る頃も一気の冬芽かな 阿部みどり女 月下美人
余世とはいつよりのこと冬木の芽 来住野臥丘
光る冬芽法林に法の落葉せわし 赤城さかえ
冬木の芽かたく閉ざして御輿庫 松田延子
冬木の芽ことば育ててゐるごとし 片山由美子
冬木の芽ジャツクナイフの硬さなり 尾田秀三郎
冬木の芽チャボが卵を落しけり 北見さとる
冬木の芽明日は待たるるためにあり 新明紫明
冬木の芽水にひかりの戻りけり 角川照子
冬木の芽父は家ぬちに咳ける 瀧春一 菜園
冬木の芽篤くと見て其処離れけり 高澤良一 宿好 
冬木の芽跡取りが居て孫がゐて 宮坂秋湖
冬木の芽風の帽子がむずがゆい 川田由美子
冬芽して大鑛脈に栃育つ 及川貞 夕焼
冬芽に目和服にパスタ似合ひたる 金田咲子 全身 以後
冬芽ひそと独り生くるに何の咎 樋笠文
冬芽また焔のかたち牡丹焚く 原裕 正午
冬芽満つ涙ふかざる吾子の意志 平子 公一
冬芽粒々水より空の流れゐつ 野澤節子 黄 炎
冬芽紅し明日の多忙へ休息す 大岳水一路
冬芽見て筆の不精を守り神 小檜山繁子
冬萌えのおちばすきまに冴ゆるかな 室生犀星 犀星発句集
冬萌えの藍の花もつ何の草 室生犀星 犀星発句集
冬萌えは底に揺らめく藻草にも 高澤良一 素抱 
冬萌えや茶の実をひろふ椀のかご 室生犀星 犀星発句集
冬萌に日を追ひさがす米一升 加藤知世子 黄 炎
冬萌に紅じゆうたんを掛けしかな 赤尾兜子
冬萌に群れて白鶏汚れをり 根岸善雄
冬萌のけふしづかなる殉教地 山岸治子
冬萌も赤し不知火の国なれば 福田蓼汀
冬萌やこゑなき泉ひかりつつ 前田 鶴子
冬萌やこゑなき鶫田にまぎる 石川桂郎 四温
冬萌やばらして洗ふ小鳥籠 上原富子
冬萌や五尺の溝はもう跳べぬ 秋元不死男
冬萌や夕踏まれて朝冴ゆ 加藤知世子
冬萌や妻のよきこゑ旦より 木附沢麦青
冬萌や小鳥の嘴に空気穴 宮坂静生
冬萌や尾鰭紅らむ川たなご 田島秩父
冬萌や抱くとは息つまるまで 石田郷子
冬萌や朝の体温児にかよふ 加藤知世子 黄 炎
冬萌や木立囲ひに秋声碑 加藤耕子
冬萌や歌ふにも似て子の独語 馬場移公子
冬萌や水の銀圏隆まりて 香西照雄 素心
冬萌や海と平らに仔牛の背 須並一衛
冬萌や湖国の畦木みな低き 藤田湘子
冬萌や目覚めの床より鉛筆いづ 小檜山繁子
冬萌や色深くして能登瓦 岸田稚魚 筍流し
冬萌や赤子の好きな肩車 真山 尹
冬萌冴ゆ調子昂めるよいとまけ 加藤知世子 黄 炎
冬萌犬は力竭して吾を曳く 石田波郷
出不精やまた冬萌に日の射して 村沢夏風
刃のごとき地中の冬芽思ふべし 正木浩一
句つくりははなればなれに冬木の芽 上田五千石 風景
句碑にある巌のぬくもり冬芽立つ 野中 亮介
君がいふわが強情や冬芽かなし 加藤楸邨
和鋏の冬芽を払ふ音密に 平井照敏 天上大風
喪の家族三人冬芽の紅とあり 橋本榮治 逆旅
国会に子等がいつぱい冬木の芽 有島五浪
大いなる冬芽飛雪が岳を消す 及川貞 夕焼
富士きびし桑は冬芽を爪立てて 峰尾北兎
山の日のわづかに伸びて冬芽紅し(箱根三句) 内藤吐天
崖上の冬芽に空の近きことよ 長谷川かな女 牡 丹
影と来て何の冬萌ぞと跼む 関成美
御狩場の天に犇めく冬木の芽 加藤 一郎
挫折感朝は失せゐて冬木の芽 中村明子
日時計や復元花圃に冬芽満ち 下村ひろし 西陲集
晩年といふさびしさか冬木の芽 斎藤節
月光の中に捉へし冬木の芽 中村苑子
木々冬芽凍のゆるみに濃紫 前田普羅 飛騨紬
枝先にかけて冬芽の間詰り 高澤良一 ぱらりとせ 
柞より赤き雑木の冬芽何 新谷根雪
桜冬芽空を押さへて太りだす 林翔 和紙
水上や雄々しく太き冬木の芽 前田普羅 飛騨紬
沼つぶほどをひかりて冬木の芽 清水衣子
渾身の力は真紅冬木の芽 折井眞琴
満天星の冬芽たしかに海の照り 館岡沙緻
熊四手の冬芽の側に枯るる果穂 高澤良一 燕音 
狐啼く闇に冬芽の満つるかな 鳥居おさむ
病むことも治る証拠や冬木の芽 京谷圭仙
眼の高さに冬芽鋭し追ひつめらる 中島斌男
磯菊の冬芽にとほき日の匂ひ 中澤愛
神の井やあかねにけぶる冬木の芽 角川源義 『神々の宴』
秋声の碑ひそと冬萌ゆる 加藤耕子
空つかむ冬芽の瓜も雪を待つ 前田普羅 飛騨紬
細幹の冬芽の滲み出す如し 行方克巳
習ひ吹く笛冬萌の雨の中 友岡子郷
聖燭のごとき冬芽やこぶし老い 高島筍雄
自祝てふしづかな刻の冬木の芽 能村登四郎 寒九
舟魂へさくら冬芽のひかりかな 小島千架子
葬送にゆりかごの唄冬木の芽 大木あまり 火のいろに
蒼天に冬芽満ちつつ山枯れたり 相馬 遷子
被官稲荷賽銭一音ずつの冬芽 敷地あきら
裁ち割らばいま充実の冬木の芽 木村敏男
裸婦像の見据ゑる先の冬木の芽 伊東よし子
醜草の冬芽へ足をとどめけり 石川桂郎 高蘆
金婚にたどりつきたる冬木の芽 穐好頂磨子
金星の空や冬芽のかくれなし 内藤吐天 鳴海抄
除幕とは序幕冬芽のくれなゐに 中村明子
雨雫冬芽の数を置きにけり 稲畑汀子
雪割れて朴の冬芽に日をこぼす 川端茅舎
青空や今日も確かな冬芽嵌む 林翔 和紙
風化寸前寝墓冬萌に擁かれて 加藤知世子 花寂び
飛騨人の培ふ桐の冬芽かな 前田普羅 飛騨紬
高炉の火消えてたしかに冬木の芽 山田桂三
高空の風の冬芽となりにけり 川合憲子
鹿踰ゆるとき冬萌のはなやげり 宇野隆雄
餅腹にもくれむの芽を見に出づる  高澤良一  ねずみのこまくら
辛うじて木五倍子と判る程の芽が  高澤良一  さざなみやつこ
山歩き煤け木五倍子の芽に出会ふ  高澤良一  宿好
陽気まだどっちつかずの冬木の芽  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

屏風

屏風

例句を挙げる。

あかあかと屏風の裾の忘れもの 波多野爽波(1923-91)
いくたりか亡き句屏風の初茜 西村公鳳
いつもする枕屏風の安らかに 遠藤梧逸
うすらひのとけゆく無双銀屏風 加藤耕子
かりがねの空ひきよせる鬼屏風 堺 信子
くらがりに七賢人の屏風かな 山口誓子
このうしろ禍福のせめぐ屏風かな 宮武寒々 朱卓
しめやかに起居見らるる屏風かな 吉武月二郎句集
すき焼や屏風絵の川流れゐて 池田秀水
たたみたる屏風の裏の雲母かな 片山由美子 風待月
たはれめの彦根屏風の絵にも萩 森澄雄 游方
たゝまれし屏風の傍の黄水仙 上村占魚 鮎
はしか子に古りし屏風をとり出だし 京極杞陽
はしか子に立てし屏風の南畫かな 京極杞陽
はせ川の河童屏風の雨月かな 龍岡晋
ははそはの習はれし絵の屏風かな 後藤夜半 底紅
ひつそりと枇杷を食ひをる屏風かな 岸本尚毅 舜
ひらきゆく屏風に遊女現はるる 下村梅子
ひんやりと屏風祭の二階かな 細川加賀 生身魂
ふるさとや屏風へだてて舸子と寝る 木村蕪城 一位
まつりの日屏風合の判者かな 炭 太祇 太祇句選後篇
みなづきの何も描かぬ銀屏風 黒田杏子 花下草上
やうやくに座のあたたまる屏風かな 飯田蛇笏 山廬集
一双の秘蔵と見ゆる屏風かな 後藤夜半 底紅
一双の蕪村の屏風拝しけり 海老沢 貞子
一度見てそののち遠き屏風かな 橋本鶏二
一雙の屏風の源氏物語 高橋淡路女 梶の葉
丁子屋のいろはにほへと屏風かな 大石悦子 聞香
万太郎のちよぼちよぼ文字屏風かな 中村千絵
世にうとくなりゆく身なり歌屏風 鈴木綾園
二位どのが田鶴(たづ)ゑがかせし屏風かな 筑紫磐井 野干
五月雨や色紙はげたる古屏風 斯波園女
井戸の辺をすり抜け屏風運ばるる 波多野爽波 『骰子』
人の世のうつりかはりし屏風かな 鈴木綾園
人の世の屏風の陰といふところ 後藤比奈夫
今消ゆる夕日をどつと屏風かな 山口青邨
会話にも屏風立てられをりにけり 稲畑廣太郎
伯母の忌の屏風払えば鴨の池 渋谷道
元日の日を満面に屏風巌 関森勝夫
光琳の屏風の梅の香なりけり 細川加賀 生身魂
六双の屏風に描く気魄かな 高浜虚子
六双屏風並べてみんなみなしご 津のだとも子
六曲に委細尽しし屏風かな 大石悦子 百花
六曲の屏風に遊び六歌仙 堀 政尋
冬の夜の小屏風立てゝ寐入りけり 筏井竹の門
冬枯や絵の島山の貝屏風 子規句集 虚子・碧梧桐選
凶事に金泥尽す屏風かな 大石悦子 百花
初屏風まへの座布団位あり 井沢正江 湖の伝説
初屏風天の橋立くりひろげ 大石悦子 百花
北風や山の妙義の屏風立ち 上村占魚 球磨
南蛮の絵屏風立てて曝涼会 若松克子
古き代の胡粉真白き屏風かな 阿波野青畝
古屏風の剥落とどむべくもなし 松本たかし
古屏風の潮汲ひとりうしろむき 宇佐美魚目 天地存問
古屏風の金泥淑気はた寒気 鈴木鷹夫
句を作る屏風の陰や年忘 山口青邨
向きかへてふたゝび眠る屏風かな 久保田万太郎 草の丈
唐へ行屏風も画やとしの暮 炭 太祇 太祇句選
囀や枕屏風の水の景 石嶌岳
垣間見や屏風ものめく家の内 飯田蛇笏 山廬集
墨古りて屏風の富士のほのかなり 大橋櫻坡子 雨月
夜の雪屏風一枚ものおもふ 中尾寿美子
夜の音遮り更けし屏風かな 吉武月二郎句集
夜よりも昼の淋しき屏風かな 岸本尚毅 舜
大寒ややおら銀屏風起ちあがる 佃 悦夫
大石忌遊興の図の屏風展べ 大橋敦子 手 鞠
夫恋ひの百首屏風の黴寄せず 八牧美喜子
奥の間へ祭屏風の松つづき 皆吉爽雨
子規選句稿を貼りたる屏風かな 茨木和生 倭
宇治に来て屏風に似たる茶つみかな 上島鬼貫
小屏風にかくれて寝ねし女かな 長谷川かな女x
小屏風に茶を挽きかかる寒さかな 斜嶺 芭蕉庵小文庫
小屏風のうちの炬燵にくつろぎて 高濱年尾 年尾句集
少し読めて屏風の文字に待たさるる 田中英子
尾を垂れて鼠ののれる屏風かな 京極杞陽 くくたち下巻
居(すえ)風呂や屏風すわらぬ庭の隅 巴流 俳諧撰集「藤の実」
居籠や屏風の裾の筆硯 清原枴童 枴童句集
屏風から糸瓜の枯れに目をうつし 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
屏風たて子のぬぎしものそのもとに 上野章子
屏風とはかくあたたかき面に立つ 井沢正江 以後
屏風ともり姑の死顔に手を仕ふ 柴田白葉女 遠い橋
屏風には山を画書いて冬籠り 松尾芭蕉
屏風の図ひろげてみれば長恨歌 下村梅子
屏風の金惜しむ本家は睡くなる 増山美島
屏風ほし老の望の外になし 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
屏風より榛の木立を見るとなく 田中裕明 花間一壺
屏風売ゆらりと曲り荒磯道(松ヶ崎) 岸田稚魚 『負け犬』
屏風碑の太陽は白踊子は黒 田村了咲
屏風祭幾世の人のよぎりけり 西村和子
屏風立つ旅雁の屏風その一つ 後藤夜半 底紅
屏風立てて結界せばき起居かな 松本たかし
屏風立て紅梅殿と申しつつ 後藤夜半 底紅
屏風絵にかゞみて船の行火かな 雑草 長谷川零餘子
屏風絵の婆娑羅も湯女(ゆな)も勤化(くわんげ)かな 筑紫磐井 婆伽梵
屏風絵の寒山拾得つぶやける 鈴木貞雄
屏風絵の山河たたみて小正月 澤村昭代
屏風絵の田楽舞も日の永し 辻桃子
屏風絵の男女もわかず古びけり 大橋櫻坡子 雨月
屏風絵の花鳥も古りぬ武家屋敷 松本 美簾
屏風絵の鷹が余白を窺へり 中原道夫(1951-)
屏風置き部屋の正面決りけり 稲畑汀子
屏風蔭看護疲の目をふさぎ 清原枴童 枴童句集
屏風見えゐしに唐紙しまりたる 京極杞陽 くくたち上巻
屏風見に紅毛あがる祭宿 大橋櫻坡子 雨月
山ざくらまことに白き屏風かな 山口青邨
山と水花と鳥ある屏風かな 後藤夜半 底紅
山はまだ知らぬ屏風の紅葉哉 乙由 (百地氏宅)
山宿の絵屏風なじむ泊りかな 新田千鶴子
山桜活く玄関の板屏風 茨木和生 遠つ川
引きまはす襖の外も稲屏風 立花北枝
影といふものの滲みつく屏風かな 長谷川櫂 天球
心ゆく絵紙屏風や冬籠 会津八一
慟哭の屏風の陰に身を寄せて 斎藤双風
手をひかれ屏風見あるく祭かな 大橋櫻坡子 雨月
折目正しき屏風より隙間風 鷹羽狩行 七草
抜け山ゆくまめやかものや肉屏風 加藤郁乎
星よ借り着簾台(れんだい)屏風残る松 調古 選集「板東太郎」
時雨来と屏風の歌仙隠りけり 青畝
木曽谷へ霞屏風をめぐらせる 加藤耕子
杉本家屏風祭の案内状 黒田杏子 花下草上
枕屏風花鳥の裏の何もなき 高橋淡路女 梶の葉
枯どぐい海鳴り返す崖屏風 山岸巨狼
桜餅置けばなくなる屏風かな 岸本尚毅
梅雨寒や句屏風をたて香をたき 武原はん女
梅雨寒や屏風を渡る蝸牛 庄司瓦全
河豚の座の屏風にふかき疵一つ 皆吉爽雨
河豚食ひし顔が屏風の上にのる 井沢正江 以後
波打てる畳に屏風傾ける 高浜虚子
流れ星山屏風して配流めく 文挟夫佐恵 遠い橋
流寓の屏風なきことふとさびし 木村蕪城 寒泉
浅間嶺へ夕立雲の屏風立ち 深見けん二
浪音のをりをりとどく屏風かな 矢島久栄
海に入る日をこころとし屏風書く 宇佐美魚目 天地存問
湯気立てて花鳥濡れたる屏風かな 橋本鶏二 年輪
源氏屏風に追儺の物の音しける 長谷川かな女 雨 月
炭売つて安堵屏風の大字読む 飯田蛇笏 山廬集
熱の瞳に動く屏風の花鳥かな 井久保巽
父ありしごとくに母の屏風かな 黒田杏子 一木一草
父の世のはなやかなりし屏風かな 堀内鴻乙
物知の蘊蓄を聴く屏風かな 野中亮介
猫をみて描きし屏風の虎ならん 長谷川櫂 虚空
瓜の花屏風の如き雨通る 辻桃子
瓜小屋や莚屏風に二間あり 村上鬼城
甘蔗ばなの影をさばくか石屏風 鳥居おさむ
田鳧啼く屏風しづかにたたまれし 黒田杏子 花下草上
畳まれてひたと吸ひつく屏風かな 長谷川櫂 天球
白山屏風そこに渓墨桜の裳 伊藤敬子
白鶴の銀と化したる屏風かな 大石悦子 百花
石楠花や屏風にかこむ巫女だまり 古館曹人
破れ屏風なれど三十六歌仙 下村梅子
破れ屏風夫在りし日のままに置く 大和田享子
破浪忌や花も供へず屏風立て 飯田蛇笏 山廬集
祇園会や飾り屏風も巡行図 南光翠峰
秀頼の手といふ歌の屏風あり 下村梅子
立てひらく屏風百花の縫ひつぶし 松本たかし
立てまはす古き屏風や隙間風 阿部みどり女 笹鳴
竹騒や屏風の鳥の引くさまに 大木あまり 火のいろに
笑ふは花歌ふは鳥の屏風かな 上田五千石 琥珀
簀屏風に柳垂れたる夜店かな 増田龍雨 龍雨句集
簀屏風を戸口に立てゝ蔵住ひ 渡辺そてつ
紅花の船出を描く屏風かな 小林松代
絵屏風に入つてみたき誕生日 浦川聡子
絵屏風に比叡三千坊納む 梶田ふじ子
絵屏風のむかう知つたる顔をして 大石悦子 聞香
絵屏風のわが世になりて古びたる 後藤夜半
絵屏風の中も雪降る加賀泊 橋本榮治 麦生
絵屏風の倒れかゝりし火桶かな 正岡子規
絵屏風の名所尽しに遊ぶのみ 真下喜太郎
絵屏風の女を恋ひてかなしけれ 小貝一夢
絵屏風の山へ逃げゆく道細し 大石雄鬼
絵屏風の年惜めよと展く四季 亀井糸游
絵屏風の撫子赤し子を憶ふ 子規句集 虚子・碧梧桐選
絵屏風の死際までも演技して 田浪富布
絵屏風の洛中に入るさくらかな 神崎忠
絵屏風の龍虎発止と火花散る 邑上キヨノ
絵屏風や病後なごりの二三日 飯田蛇笏 山廬集
繭蔵の屏風隔てて婚衣裳 根岸善雄
羅かけし屏風に透きて歌麿畫 阿部みどり女
臥して見るものに冬夜の屏風かな 青峰集 島田青峰
花寂びて日月山水屏風かな 長谷川櫂 古志
草花の屏風をたゝむ野分哉 也好
落箔のはげしき源氏屏風かな 島田みつ子
蓬莱の屏風の後ろ通りけり 会津八一
蓬莱や熨斗目屏風を引廻し 四明句集 中川四明
虎尾草や鐘掛岸は屏風立ち 本田一杉
虚子屏風前に主客の白地かな 井上雪
蜘の子や一つ居て這ふ銀屏風 会津八一
袖屏風して迎火を焚きにけり 町田裕康
裏妙義屏風のごとし後の月 上村占魚 球磨
襖の絵より目を移す屏風の絵 後藤夜半
襖古り屏風古りけり花の宿 大峯あきら 宇宙塵
見馴れたる物静かなる屏風かな 後藤夜半 底紅
覚めてまた今日ある枕屏風かな 中山碧城
誰が袖を描く遊里の屏風かな 大森扶起子
象川の夜は聞ゆる屏風かな 大峯あきら 鳥道
貼りまぜの屏風や失せし友の句も 及川貞 夕焼
貼りまぜも狂言綺語の屏風かな 高橋睦郎 舊句帖
起居する灯のふためける屏風かな 吉武月二郎句集
身に入むと立てし屏風の巡錫図 亀井糸游
身勝手を言ひそばめたる屏風かな 廣江八重櫻
通夜混みて屏風が倒れかゝりけり 森田峠 三角屋根
連れ立ちて屏風の裾より雁どち 高澤良一 寒暑 
遊興の図の屏風のべ大石忌 大橋敦子
運ばむと四枚屏風に抱きつきぬ 後藤綾子(1913-94)
遺言は句屏風逆さに立てぬこと 京極杞陽
邯鄲の屏風のかげに飼はれをり 辻桃子
鉄瓶の坐りし屏風祭かな 明円のぼる
銀屏風にうつす緑や青葉山 盧元
銀屏風無月ときめて直しけり 野村喜舟 小石川
銀屏風立てし残暑の月夜かな 尾崎紅葉
銀屏風紅葉の風に立揺らぎ 京極杞陽 くくたち下巻
鎌倉の駅を下りたる屏風売 西本一都
隙間風屏風の山河からも来る 鷹羽狩行 平遠
雪積みしけはひにしらむ屏風かな 金尾梅の門 古志の歌
雪起しきくべくなりし屏風かな 京極杞陽
靉靆と雲を描きたる屏風かな 森田峠
靴はいてから屏風絵を今一度 波多野爽波 『骰子』
風音の屏風の内に聞えけり 高浜虚子
鳥毛立屏風の女に桃供ふ 伊丹さち子
鷹の絵のかくも古りたる屏風かな 橋本鶏二 年輪
鹿の絵の屏風を立てて茶店かな 下村梅子
黒田屏風鬨の声こめ描かれゐる 大橋敦子
うぐひすや螺鈿古りたる小衝立 杉田久女
ビイドロの大衝立や夏座敷 会津八一
八けんの灯も衝立のかげも冬 久保田万太郎 流寓抄
初嵐衝立はたと倒れける 寺田寅彦
十三夜炉辺をへだつる小衝立 木村蕪城 一位
安居寺大衝立の奥知らず 今村泗水
暖房や葭の衝立扉を隠す 山口誓子
礼者迎へ衝立の虎躍り出づ 宮下翠舟
衝立のころびさうなる虫時雨 真山 尹
衝立のへだつ背二つ二日灸 井沢正江
衝立の奥も衝立貴船川床 梶山千鶴子
衝立の繍ひ鳳凰も宵の春 軽部烏帽子 [しどみ]の花
衝立の花鳥はなやか年忘れ 木国
衝立の裏にねどこや榾の宿 橋本鶏二 年輪
衝立の遺墨の虎や仙忌 小原菁々子
衝立の金おとろひぬ河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
衝立はしぐれてゐるか煮頃鮒 高橋龍
衝立や栗飯の香を隣なす 石川桂郎 高蘆
風神の衝立立てて神の留守 下村梅子
銀屏に蕪村の打てる凍み米点(べいてん)  高澤良一  随笑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯芙蓉

枯芙蓉

例句を挙げる。

あたたかに枯れてゐるなり芙蓉の実 安住敦
あはあはと風の嘆きの枯芙蓉 岸田稚魚 筍流し
いつまでも枯のすすめる枯芙蓉 後藤比奈夫
こまやかな老妓の化粧枯芙蓉 佐藤良子
またひとつ別れのありて枯芙蓉 金堂豊子
十字架をきざむ石屋の枯芙蓉 竹内柴水
夕影の散らばつてくる枯芙蓉 岸田稚魚
夕風に音をこぼしぬ枯芙蓉 甘糟怜子
妹ときに毬をつきゐし枯芙蓉 瀧澤伊代次
恙なく過ぎし光陰枯芙蓉 武田光子
指先のよく利く日なり枯芙蓉 村沢夏風
教師やめしその後しらず芙蓉の実 能村登四郎
日溜りの犬は夢みる枯芙蓉 鍵和田[ゆう]子
枯芙蓉しづかに三日暮れてゆく 木村杢来
枯芙蓉ぞくぞく絮を吐きにけり 坊城中子
枯芙蓉実の減ることも歇みにけり 下村槐太 天涯
枯芙蓉気儘に生きし覚えなし 安住敦
枯芙蓉病めば誰もがやさしくて 平絵美子
枯芙蓉逆らふ事もなき余生 小野 武子
残る生へ一枝走らせ枯芙蓉 斎藤玄 狩眼
潮風に錆ぶ芙蓉の実海女の墓 谷中隆子
猿老いて枯芙蓉ともならんかな 依光陽子
白日をしづかな糧と枯芙蓉 鳥居おさむ
立ち止る胸に影くる枯芙蓉 田中英子
竹垣に干すスニーカー芙蓉の実 武田光子
竹生島見えて吹かるる芙蓉の実 森 澄雄
老女とはかゝる姿の枯芙蓉 松本長
聖燭のごとし雪積む枯芙蓉 堀 葦男
腕組みを解きたるところ枯芙蓉 森田智子
芙蓉の実風に鳴る日となりにけり 虚吼句集 相島虚吼
芙蓉枯れて部屋の中まで雨の音 渡辺鶴来
芙蓉枯れ朝の書斎に運河の日 木村蕪城
芙蓉枯れ枯るゝもの枯れつくしたり 富安風生
足早の僧に日あたる芙蓉の実 井上 雪
鬱の日のぱちんと弾け枯芙蓉 嶋田麻紀

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

煤払

煤払

例句を挙げる。

うそ寒う昼めし喰ぬ煤払 高井几董
おしまひにおのれの煤を払ひけり 小張昭一
ぐいのみの殖えては減りぬ煤払 石川桂郎 高蘆
けふばかり背高からばや煤払 千代尼
さら~と払ふや煤の日に狂ふ 阿部みどり女 笹鳴
とこしへの黒本尊や煤払 川名句一歩
ほかならぬ妻の頼みの煤払ひ 高澤良一 鳩信 
まろび落つ羅漢の首も煤払 市堀 玉宗
みほとけの大き臀の煤払ふ 大橋櫻坡子 雨月
むつかしき眉根の煤を払ひける 長谷川櫂 虚空
むつかしや何もなき家の煤払 夏目漱石 明治二十八年
もの古ぶ迅さの煤を払ひけり 荒井正隆
わびしさや思ひたつ日を煤払 炭 太祇 太祇句選後篇
ビーフシチュー煮詰めておいて煤払 高澤良一 随笑 
三年程用なきものや煤払 矢野奇遇
上野より富士見ゆる日や煤払ひ 沢木欣一
不足なる調度になれて煤払 阿部みどり女 笹鳴
仏の手握りて煤を払ひけり 木内彰志
仏壇に顔入れて煤払ひけり 永方裕子
仏壇の煤を払ふや南無阿弥陀 阿部みどり女 笹鳴
仏顔の金箔畏れ煤払う 邑上キヨノ
余す日の三日となりぬ煤払 松村鬼史
信楽の狸の煤も払ひけり 今泉貞鳳
凍てすこしゆるみし午や煤払ふ 大橋櫻坡子 雨月
出番なき古事類苑の煤払ひ 高澤良一 随笑 
剥落の千体佛や煤払 清野暁子
古傘で風呂焚く暮や煤払 高浜虚子
古時計下ろせば鳴りぬ煤払 池田都々女
吊鐘の中掻きまはす煤払 吉岡句城
命綱つけて天守の煤払ふ 伊藤一子
命綱つけ大寺の煤払 阿部昭子
四方の景見えて天守の煤払ひ 岡部六弥太
回廊に潮の匂へる煤払ひ 鈴木厚子
夜も晴れて山よく見ゆる煤払ひ 宮田正和
夢殿の戸へなさはりそ煤払 炭 太祇 太祇句選
大太鼓巫女持てあます煤払 栗田やすし
天井の天女の煤も払ひけり 内藤鳴雪
天人の笛の払ひし煤ならん 川崎展宏 冬
天蓋の落ちんばかりに払ふ煤 山口燕青
夫婦してはづれぬ戸あり煤払 乙由
平仲が顔ともはやせ煤払 黒柳召波 春泥句集
幼なさのとろんとしたる煤払ひ 松澤雅世
心得し人等に任す煤払 安原葉
思ふ人に此顔見せし煤払 尾崎紅葉
我楽多のわれも一部ぞ煤払ひ 角川春樹
旅寝して見しやうき世の煤払ひ 芭蕉
晦日(つごもり)の風出て空の煤払ひ 高澤良一 寒暑 
月宮や白衣の上張り煤払 幽山 選集「板東太郎」
本の塵本に舞ひ降る煤払 高澤良一 さざなみやっこ 
本をまづどうにかせねば煤払 鈴木しげを
松かぜや琴とりまはす煤払 臥高 極 月 月別句集「韻塞」
梵鐘をくすぐるごとし煤払 長谷川櫂 蓬莱
楼に哥舞伎の真似や煤払 炭 太祇 太祇句選後篇
死に難き世の煤ぼこり払ひけり 橋本榮治 逆旅
気象台風速計の煤払ひ 品川鈴子
沙弥運ぶ位牌のかずや煤払 角谷微尾
消防士表影状の煤払ふ 大島民郎
煤を着て払はれ顔の行燈かな 白鷺
煤帚象の脊中も一と払ひ 山田人
煤払あやしの頭巾着たりけり 黒柳召波 春泥句集
煤払されし堆書の親しめず 浅井青陽子
煤払したる顔もて客迎ふ 高木晴子 花 季
煤払してゐる茶店草鞋売る 高木晴子
煤払すみしばかりの仏達 江口竹亭
煤払でんでん太鼓捨てきれず 半崎墨縄子
煤払のあら湯へ入る座頭かな 炭 太祇 太祇句選後篇
煤払ひどうにもならぬ本そのまま 高澤良一 さざなみやっこ 
煤払ひほかほか弁当運ばせて 小玉真佐子
煤払ひ丸子の宿の丁字屋も 山本歩禅
煤払ひ亀甲澄める掛行灯 西本一都 景色
煤払ひ済みて晩酌地場の蝦蛄 高澤良一 随笑 
煤払ひ畳に仏寝かせあり 阿部静雄
煤払ひ神官畳めつた打ち 林 徹
煤払ひ鏡かくされし女哉 正岡子規
煤払ひ閻魔の貌を逆か撫でに 河上風居
煤払ふことなく邪鬼に年逝けり 山中 三木
煤払ふなき七畳の座椅子かな 石川桂郎 高蘆
煤払ふ二十五菩薩善光寺 西本一都 景色
煤払ふ巫女に重たき竹の竿 森田君子
煤払ふ忍者屋敷の忍者たち 八鳥泗静
煤払や神も仏も草の上 正岡子規
煤払ギターの弦に触れにけり 本宮鼎三
煤払仕舞を書棚の愛蔵本 関森勝夫
煤払利かぬ薬を捨てにけり 佐々木北涯
煤払囃す鉦鼓や善光寺 西本一都 景色
煤払火の見の北はいつも蒼し 大峯あきら
煤払無用と書いて検事室 三谷蘭の秋
煤払煤なきところより始む 林田与音
煤払袋に古りし戦時債 小林祗郊
煤払車磨いて終りけり 小松和子
男手も女手も足り煤払 高橋淡路女 梶の葉
畳替へて煤も真似ごと払ひけり 清原枴童 枴童句集
納戸神お煤払ひもなく祀り 小原菁々子
裏川に鴎のふゆる煤払 斎藤梅子
長持によりて話や煤払 大岡 フクスケ
長持に鶏啼きぬ煤払 藤野古白
門口に歩みの板や煤払 黒柳召波 春泥句集
閻王の水晶の目を煤払 長谷川櫂 蓬莱
闘牛士の如くに煤を払ひけり 波多野爽波 『一筆』
雲水の袖の背結び煤払ひ 佐藤良子
飛天さへ免れがたき煤払ふ 長谷川櫂 虚空
飛行機雲大円を描き煤払ひ 川崎展宏
鼻水の黒きもあはれ煤払 正岡子規
これは観たことある映画煤籠 高澤良一 随笑 
しろたへの乳房のしづむ煤湯かな 徳永山冬子
ひるからは隣の家へ煤籠 永松 西瓜
むら雲の煤掃く上に家の霊 百合山羽公 寒雁
もゝしきや桜の枝を煤掃 三蝶
ゆつくりと入りてぬるき煤湯かな 下田実花
カナリアに鳴かれ餌やる煤籠 林昌華
二三軒煤掃出すや鳰の海 妻木 松瀬青々
何や彼と焚いてけぶれる煤湯かな 岡田抜山
佳きことに心ほぐるる煤湯かな 山田 百穂
僧正のうと~と居る煤籠 山口燕青
句座まうけして煤逃げの老ばかり 加古宗也
大寺の煤掃すみし松に鵯 住吉青秋
天守閣より煤掃の命綱 長田等
女にもあり煤逃げの一日旅 中尾杏子
尊称で呼ばれてゐたる煤湯かな 茨木和生 三輪崎
尼宮のお煤籠や猫も居り 山口民子
山椒の擂木をいまも煤籠 石川桂郎 四温
御仏間に老の二人の煤籠 月洞易往子
御肩に煤掃のゐる多聞天 野平椎霞
数珠の手を振りて宰領お煤掃 西堀若桜子
早々と子の焚きくれし煤湯かな 水島三造
煤掃いてなほ残る菊をいとほしむ 渡辺水巴 白日
煤掃いて其夜の神の灯はすゞし 高浜虚子
煤掃いて宇陀は日向の山ばかり 大峯あきら 鳥道
煤掃いて家広々や繭問屋 河野静雲 閻魔
煤掃いて棚の不自由直しけり 仲岡楽南
煤掃いて楼に上れば川広し 子規句集 虚子・碧梧桐選
煤掃いて眼鏡玉澄む麓かな 山本洋子
煤掃いて配れる四十八円座 大橋櫻坡子 雨月
煤掃きしともなく寄席へゆきにけり 中島月笠 月笠句集
煤掃きし一軒神の池ほとり 大峯あきら 鳥道
煤掃きし魚板は玉を大ふくみ 皆吉爽雨
煤掃きつゝも商へる小店かな 阿部みどり女 笹鳴
煤掃きて改め招く隙間風 百合山羽公 寒雁
煤掃きのバケツの並ぶ日本丸 脇本千鶴子
煤掃きや埃流しの雨が降る 西山泊雲
煤掃くや奥くらがりに一仏 野平椎霞
煤掃くや硝子戸多きことかこち 星野立子
煤掃くや胡粉剥げとぶ大法鼓 野口一陽
煤掃て障子張日や梅一枝 呑獅
煤掃に出仕の法鼓とう~と 奥野素径
煤掃に湯のわく庭の火鉢かな 中山稲青
煤掃に用なき身なる外出かな 松本たかし
煤掃に砧すさまじ雪の上 亡士-嵐蘭 極 月 月別句集「韻塞」
煤掃のあと酒に浮く煤一点 田川飛旅子 『植樹祭』
煤掃のころがり出でし法鼓かな 大橋櫻坡子 雨月
煤掃のすめば淋しきやまひかな 石田波郷
煤掃のちりにかくるる数寄屋かな 史邦 俳諧撰集「有磯海」
煤掃の一番竈燃えにけり 大橋櫻坡子 雨月
煤掃の二階障子や屋根の上 原石鼎
煤掃の埃しづまる葉蘭かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
煤掃の寝起きに拝む竈かな 京-友扇 元禄百人一句
煤掃の幢幡松にかゝりける 大橋櫻坡子 雨月
煤掃の捨てもやらざる枯しのぶ 河東碧梧桐
煤掃の朝の御膳は馬屋にて 中村史邦
煤掃の沙弥の目鼻や笑ひけり 皆川白陀
煤掃の済みたる寺と見て通る 塩田章子
煤掃の済みたる寺の鐘響く 川澄裕勝
煤掃の煤かぶり人に後れたり 小林康治 玄霜
煤掃の覆面の母子が仰ぐ 辻田克巳
煤掃の遊びごころを着てとりぬ 岡本 眸
煤掃の音はたとやむ昼餉かな 正岡子規
煤掃の馬を出したる畑かな 岩木木外
煤掃は己が棚つる大工かな 松尾芭蕉
煤掃は杉の木の間の嵐哉 松尾芭蕉
煤掃ひつつ時をりの鉦たたく 五十嵐播水 埠頭
煤掃やあけ放ちたる堂幾つ 貞永金市
煤掃やいつから見えぬ物のふた 黒柳召波 春泥句集
煤掃やひらきみてある捨扇 高橋淡路女 梶の葉
煤掃やもの立てかくる門柳 尾崎迷堂 孤輪
煤掃や一帙見ゆる草の宿 村上鬼城
煤掃や二階に見ゆる富士の山 松根東洋城
煤掃や二階をおろす古皮籠 伊賀望翠 俳諧撰集「有磯海」
煤掃や先祖の槍の置き処 四明句集 中川四明
煤掃や南都に晴るる一伽藍 大峯あきら
煤掃や増長天をとり囲み 大橋櫻坡子 雨月
煤掃や左京区松ケ崎御所の内 龍岡晋
煤掃や左次郎眼七河波卒八 龍岡晋
煤掃や師は徘徊す湖ほとり 飯田蛇笏 山廬集
煤掃や折敷一枚踏みくだく 広瀬惟然
煤掃や日の当りたる庭の松 原石鼎
煤掃や格天井の花の絵も 穂坂日出子
煤掃や水戸街道の一軒家 青木月兎
煤掃や玻璃に黒影の蜜柑山 中拓夫 愛鷹
煤掃や琴もて居る梅の蔭 一茶 ■寛政九年丁巳(三十五歳)
煤掃や羅漢の杖も一はらひ 五十嵐播水 埠頭
煤掃や脱ぎ忘れたる草履どこ 河野静雲 閻魔
煤掃や虎渓の庭の竹青し 名和三幹竹
煤掃や馬おとなしく畑ヶ中 村上鬼城
煤掃を手伝ひがほの夫人かな 高橋淡路女 梶の葉
煤掃を風呂焚く僕の老にけり 尾崎紅葉
煤掃了へ不服と云へば本の位置 高澤良一 随笑 
煤掃酒庫の神棚忘れじな 西山泊雲 泊雲句集
煤湯出て父の目鼻の戻りたる 出牛青朗
煤籠して果さなん一事あり 宮城きよなみ
煤籠する部屋もなし外出す 高橋すゝむ
煤逃げて来て大洋の端にあり 脇祥一
煤逃げにして煎餅を伴へる 山本一歩
煤逃げのために碁会所ありにけり 赤木利子
煤逃げの一歩を猫に嗅がれけり 落合水尾
煤逃げの丸善に買ふ糊ひとつ 伊藤三十四
煤逃げの佃月島あたりまで いさ桜子
煤逃げの低き段差に蹴躓く 大越晶
煤逃げの家にも世にも帰り来ず 文挟夫佐恵
煤逃げの小田急電車混み合へり 佐川広治
煤逃げの手土産下げて戻りけり 時永由布子
煤逃げの男に女ありにけり 岩城久治
煤逃げの男湯にゐる女の子 高橋悦男
煤逃げの蕎麦屋には酒ありにけり 小島健 木の実
煤逃げの選句電車にしてゐたり 茨木和生 倭
煤逃げの隣村まで来てをりぬ 黛 執
煤逃げも小遣銭でゆける処 高澤良一 随笑 
煤逃げや赤別珍の足袋買うて 市橋千翔
煤逃げをするにネクタイ締めにけり 森田公司
煤逃の人遊びをる佃島 岩田由美 夏安
煤逃の家にも世にも帰り来ず 文挟夫佐恵
煤逃やコーヒー店に僧の居て 大橋正子
煤逃や映画三まはり半も見て 杉山とし
独り暮らしに煤逃げなどはなかりけり 北村香朗
玉垣の内に百人お煤掃 有川 淳子
管長は煤籠して在しけり 中務満智子
蚕用意の煤掃と知る戸毎かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
銭湯や煤湯といふを忘れをり 石川桂郎 高蘆
風の日を煤掃く音の健けなる 尾崎紅葉
お欄間にも煤竹さつと這はせけり 河野静雲 閻魔
としどしや二人の親の煤ごもり 信州 米居 五車反古
一人掃きふたりの瞽女の煤ごもり 西本一都
三間に及ぶ煤竹巫女かざす 久米幸叢
大梁の反りに煤竹やうやくに 尾亀清四郎
年々や二人の親の煤ごもり 米居
打ちしなふ煤竹僧をよろめかす 小松 幸
書をはこびきて四壁なり煤ごもり 皆吉爽雨
柳生みちより煤竹をかつぎ来し 太田文萠
煤ごもる二階の父母へ運び膳 岡田耿陽
煤よりも煤竹の葉の落つことよ 田畑比古
煤埃水になじまず流れけり 鈴鹿野風呂
煤竹に日照雨ありたる雫かな 山本洋子
煤竹の女竹の青く美しく 高野素十
煤竹の投げ出されある雪の上 大橋宵火
煤竹の映る金色の御柱 山口青邨
煤竹を持ちて鼓楼に立てるあり 五十嵐播水 埠頭
老僧や離れの坊に煤ごもり 中村青屯
老夫婦鼻つき合せ煤ごもり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
新刊書二三手にして煤籠  高澤良一  宿好
煤の日の片づけ本の拾ひ読み  高澤良一  随笑
煤の日の妻の届かぬところを拭く  高澤良一  随笑
煤の湯に新しき創古き創  高澤良一  石鏡
煤の湯に冬もすててこサと脱げり  高澤良一  石鏡
煤の日をふぐり突き上ぐ気泡湯に  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

障子

障子

例句を挙げる。

あかるさも静けさも白障子越し 片山由美子 水精
あけたての障子の内外凍ゆるむ 梅島 婦美
あさがほの枯蔓うつる障子かな 久保田万太郎 流寓抄
いざ障子あけたら蝶もはいらうか 広瀬惟然
いつまでも障子に向いて泣いてをひ 島村茂雄
いづこより花明りして白障子 長谷川櫂 蓬莱
いとど跳んでわが寝障子のうちとなりぬ 森川暁水 淀
いらへなき礼者の前の障子かな 温亭句集 篠原温亭
うしろ手に閉めし障子の内と外 中村苑子(1913-2001)
うすうすと日は荒海の障子かげ 加藤楸邨
うすら氷に離宮の障子映えにけり 阿波野青畝
うす日さす障子の外に籾筵 田中冬二 行人
うそ寒や障子の穴を覗く猫 富田木歩
うちはれて障子も白し初日影 鬼貫
お羽織屋障子を立てて緩みなき 関森勝夫
かげろうの来てさわがしき障子かな 前田普羅 新訂普羅句集
かせどりの障子に踊る影のばし 八牧美喜子
かつこうや山の湯の薬師さんの白い障子 荻原井泉水
かはほりや障子はづせば空うかぶ 太田鴻村 穂国
かんばせに緋をながしたる障子かな 中田剛 珠樹
けもの径抜け出て茶屋の白障子 福原紫朗
こし雪の山見て障子しめにけり 原石鼎
この障子日の出にうつる何やかや 原石鼎 花影以後
こほろぎや夜明けの障子白みつつ 田中冬二 若葉雨
しづかなるいちにちなりし障子かな 長谷川素逝(1907-46)
しばらくして雪見障子の閉ざさるる 桂信子
そのつどや障子を開けて商へる 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
たつきの机にして障子静かに冬をあり 人間を彫る 大橋裸木
たま~に開く障子や帰り花 五十嵐播水 埠頭
つらき日の過ぎゆく夜の障子かな 岩田由美
ともりたる障子に螻蛄のつぶてかな 岡田耿陽
とろゝ飯運びて障子さし合す 百合山羽公 故園
どの障子開けても水戸の冬の天 松本旭
なまなまと芝火のつのる障子かな 古舘曹人 樹下石上
ぬひ物の障子に冬の夕日かな 巴流娘-鴎子 俳諧撰集「藤の実」
ねむりよく障子つゆけし師の側に 近藤一鴻
ねんごろに障子を閉めて見舞ひけり 近藤一鴻
ひつそりと遅き日暮るゝ障子かな 高橋淡路女 梶の葉
ひとの家のぞきこみゆく墓参(戸障子さへとゝのはぬに) 『定本石橋秀野句文集』
ひやゝかなひと障子さしあなしづか 中尾白雨 中尾白雨句集
ふりむけば障子の桟に夜の深さ 長谷川素逝(1907-46)
ふるさとや障子のそとに根木打 新上一我
ほのかなる飾り影さす障子かな 吉武月二郎句集
まつくらき部屋の障子に凭れ居し 竹下しづの女句文集 昭和十一年
まつりたる農具障子の日の裾に 長谷川素逝 村
まなうらに寒ンの障子の青みかな 阿部みどり女 月下美人
みそさざい雪見障子にあらはれし 小路智壽子
みづうみを眠らせておく白障子 西村和子 かりそめならず
みどりごに名のつくまへの白障子 青木文恵
むさし野の枯を閉ざせる大障子 岸原清行
むらさきに暮るゝ障子や雛の窓 高橋淡路女 梶の葉
もののふを鎮めし障子明りとも 滝青佳
もの言はぬひと日昏れたる障子かな 鈴木真砂女 夕螢
もの言はぬ一日の昏れて冬障子 青木起美子
やうやくに癒えて障子の白は白 中田てる代
ゆく水の残すひかりの白障子 鷲谷七菜子 花寂び
よもすがら白き障子をたのしみぬ 林原耒井 蜩
われとわが閉めし障子の夕明り 中村汀女
カーテンに障子の桟の影くねり 高浜虚子
ハム切れば月さす障子松の内 飯田蛇笏 雪峡
一亭の障子ましろく池に向く 村上冬燕
一人立ち障子をあけぬ薬喰 高浜虚子
一切を障子のうちに尼の寺 上田操
一枚の障子明りに伎芸天 稲畑汀子
一枚はいつもわが楯白障子 井沢正江 以後
一灯に母子の浄土白障子 毛塚静枝
一茶忌やどこからも聞く寺障子 西本一都 景色
一軒家障子ともるに間もあらじ 森田峠 避暑散歩
三十三間堂障子に蝿の拝みをり 亀灘淑子
上げ膳の据膳の宿白障子 猪俣千代子 秘 色
不孝者へ崖なす藁家燈の障子 香西照雄 素心
主なき障子真白く桟正し 殿村莵絲子 花寂び 以後
乙女寮落葉松の芽に障子閉づ 千代田葛彦 旅人木
九枚の白障子しめ九体仏 岩崎照子
二つある障子の穴に勝てないよ 糸大八
二日灸障子の破れ庭を見る 内田百間
五箇山の明り障子の雪女郎 古戸ふき子
亡き人の亡きこと思う障子かな 宇多喜代子 象
人入りて障子ともりし飼屋かな 橋本鶏二 年輪
人声や二タ間つづきの白障子 深見けん二 日月
人影の障子にのこる読経の昼 林田紀音夫
人来れば障子を開けて出づるのみ 長谷川素逝 暦日
仏弟子となりし思ひの白障子 神山白愁
佗助や障子の内の話し声 高濱虚子
佛壇の障子煤けて水仙花 寺田寅彦
信濃の土間障子真白く婆ばかり 宮坂静生 青胡桃
倖の住むごと障子灯りぬ 菖蒲あや
僧の声障子の内に杜若 有川 淳子
僧の影して暁の白障子 鷲谷七菜子 花寂び
僧房の二階の障子明るくて 上村占魚 球磨
優曇華のかの学寮の障子かな 阿部完市
優曇華や狐色なる障子紙 斎藤俳小星
元朝の山越えていま障子に日 永井東門居
元朝の障子真白く父母遠し 宮坂静生 青胡桃
兄いもうと目袋似たる障子哉 瀧井孝作
内房の障子煤けし二月かな 原田青児
冬の日の障子白さや吸入器 碧雲居句集 大谷碧雲居
冬の日や障子をかする竹の影 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
冬日一ぱい受けて障子を閉し居る 青峰集 島田青峰
冬木積む舟見てしめし障子哉 西山泊雲 泊雲句集
冬浪の音の聴きたく障子開け 後藤夜半 底紅
冬障子唖となるまで酒を酌み 赤尾恵以
冷やかに明障子が世を隔つ 下村ひろし 西陲集
冷房の書屋笑止の障子立つ 皆吉爽雨 泉声
冷房の水屋の障子しまりけり 後藤夜半
凍てにけり障子の桟の一つづゝ 久保田万太郎 草の丈
凍て寒い日の夕焼け障子の皆に 八年間『碧梧桐句集八年間』 河東碧梧桐
凍晴を障子もつとも知れるなり 村越化石
凩の我影を吹く障子かな 古白遺稿 藤野古白
凩や坂町で買ふ障子紙 月舟俳句集 原月舟
出あるきたさを月うつる障子淋しめり シヤツと雑草 栗林一石路
初冬の障子に近く心足る 椎橋清翠
初冬や障子にうつるものゝかげ 小澤碧童 碧童句集
初冬や障子のうちの晴曇 増田龍雨 龍雨句集
初明りもとより障子明りなす 石川桂郎 四温
初霜や障子にこもる陽の翅音 篠田悦子
初鳩を聴きたる障子あけにけり 野沢純
北窓の雪さへあかり障子かな 重頼
北面の障子明りに思惟坐像 上田五千石 田園
北風の障子ことりと吹き凪げる 寸七翁
北風や鍛冶屋魚屋の腰障子 六花
医師来れば障子の穴に風邪童子 三嶋 隆英
午後といふ不思議なときの白障子 鷹羽狩行
午後の日の障子明りとなりにけり 岡安仁義
南米へ航く船室の障子の間 芝崎枯山川
去年今年障子明りに襲はれし 平畑静塔
古寺の大き障子や茶立虫 小出南総子
古障子入れてそこらのもの親し 山口青邨
古障子色の日差しが花石蕗に 高澤良一 ぱらりとせ 
古障子霙るる音のきこえけり 高浜虚子
名月やあけはなちたる大障子 久保田万太郎 流寓抄以後
吹き降りの障子かたひし鳴る中に 長谷川素逝 村
吹き降りの障子ぐらさにねころびて 長谷川素逝 村
唐紙に障子に音や年の豆 久保田万太郎 流寓抄以後
唐辛子干して障子のとざしあり 田中冬二 麦ほこり
善光寺障子に鳩の嘴のあと 西本一都 景色
嚇の移りて障子木影なし 清原枴童 枴童句集
四まいの障子いつぱい冬至の日 長谷川素逝 暦日
四五人のみしみし歩く障子かな 岸本尚毅(1961-)
地吹雪のやがて鳴りだす寺障子 古舘曹人 樹下石上
堆書見ゆ避暑山荘の障子より 皆吉爽雨 泉声
墨を磨るほかに音なき白障子 片山由美子 天弓
声かけてみたし間人の道障子 伊藤京子
変化いま午の日夕日白障子 皆吉爽雨
夕照り静かなる障子に巣燕がこぼすもの 人間を彫る 大橋裸木
夜のみ知足煤色淡め灯の障子 香西照雄 対話
夜振の火見ゆる妓楼の障子かな 月舟俳句集 原月舟
夢に障子醒むれば軋む船の壁 田川飛旅子 花文字
大地凍つる為に傾く障子とか 橋本鶏二
大根鎧へる壁の小窓の障子かな 岩木躑躅
大灘の月さす障子入れにけり 前田 青紀
大障子明りの千手観世音 有馬朗人 天為
天台の御座主静かに障子の間 星野椿
天間(あま)障子開く目の前朴咲ける 原 柯城
太白に障子開けばすぐの塀 下村槐太 天涯
妻が留守の障子ぽっとり暮れたり 尾崎放哉
妻は母の肌となりゆく白障子 鷹羽狩行
妻縁を走り障子開け初雪見せにけり 原石鼎 花影以後
姨捨や道向き障子にバスの跳泥 北野民夫
子が覗く寺の障子の猫くぐり 伊藤京子
子出でし障子すきゐて雪けぶる 清原枴童 枴童句集
季節いま雪見障子に花の保津 後藤比奈夫
孫の産湯のさし湯手伝う日の障子 田川飛旅子 『植樹祭』
富士見せてしめし障子や冬の蠅 大場白水郎 散木集
寒き日や障子のうちに煮ゆるもの 高橋睦郎 舊句帖
寒接心障子に緩みなかりけり 関森勝夫
寒明くる白い障子を北にはめ 清水径子
寒雷に日のさしかげる船障子 石原舟月
寒雷や肋骨のごと障子ある 臼田亞浪 定本亜浪句集
寝しづまる障子にひゞく河鹿かな 金尾梅の門 古志の歌
寝そびれてをりし障子に茶立虫 山崎 朝日子
寝冷え子にいぶせく閉ざす障子かな 青峰集 島田青峰
寺障子連りて白し庭木の芽 西山泊雲 泊雲句集
小障子に峠の日あり七日粥 木村蕪城
尼ちらと障子閉しぬ訪ひがたし 神田敏子
尼の声して白障子全けれ 赤松[ケイ]子
尼の手の障子ぴしやりと百千鳥 大木あまり 雲の塔
尼寺の留守と思ひし障子開く 魚井 苔石
尼様の一間綟障子でありし 茨木和生 丹生
尾長きて冷え俄かなる障子かな 角川源義
山から母に障子しめきつてある シヤツと雑草 栗林一石路
山の日の障子にありて寒見舞 高室呉龍
山の日はやさし障子の内外かな 江口千樹
山吹に留守かや障子すきたれど 阿波野青畝
山吹に障子しめたる病かな 青峰集 島田青峰
山坊の障子一枚づつ暮れる 椎橋清翠
山坊や夜霧にぬるゝ大障子 高橋淡路女 梶の葉
山寺の障子締めあり仏生会 高浜虚子
山寺や障子の外を帰る雁 高浜虚子
山笑ふ日の古障子明けておく 野島島人
山霧のつひに障子を濡らしけり 今井杏太郎
嵯峨絵図を乞へば障子の開きにけり 五十嵐播水
川へだつ障子ぞ更くる紅燈忌 桂樟蹊子
川千鳥障子は雪にぬれにけり 之水
川風の俄にぬくし船障子 雉子郎句集 石島雉子郎
師走の日まだある障子灯を入るゝ 久米正雄 返り花
帰り花昃り障子昃りぬ 五十嵐播水 埠頭
庫裡口の潜り障子や寒の雨 河野静雲 閻魔
弾初や障子の隙に隅田川 竹内南蛮寺
待たされてゐる洛北の白障子 藤田あけ烏 赤松
忘れし文字探しにたちて白障子 平井さち子 完流
念仏は独語西日の障子より 古舘曹人 能登の蛙
恋めくや雪見障子を閉めてより 星野椿
恵那山ありと思ふ障子の雪明り 森田峠 避暑散歩
戸障子のあけたての音燕子花 関戸靖子
戸障子の古く身に入む海の宿 魚目
手が出でて障子閉まりしあとは霧 爽波
手毬かがるひとりに障子日影かな 飯田蛇笏 山廬集
摂心の障子まんさく咲きにけり 森田公司
数へ日の百の障子の日のにほひ 辻桃子
文楽の人形の手の泣く障子 文挟夫佐恵
日と風に睦み山家の破れ障子 鍵和田[ゆう]子 浮標
日なき障子に人現はれぬ池の鴛鴦 高濱年尾 年尾句集
日のあたる窓の障子や福寿草 荷風
日のあたる障子のもとに身を愛す 佐野良太 樫
日の力ぬけたる山家障子かな 上田五千石 森林
日の温み障子いよいよましろなり 星野立子
日の障子とても助炭の静けさに 川端茅舎
日の障子冬の林相を影としぬ 米沢吾亦紅 童顔
日の障子千振を干す箕をもたせ 福田蓼汀 山火
日の障子太鼓の如し福寿草 松本たかし(1906-56)
日の障子日の盗人でありにけり 古舘曹人 砂の音
日一日障子の外の霰かな 森鴎外
日当れる障子のうちや二日灸 篠原鳳作
日本的な白で 人影すぎる障子 伊丹公子
日脚やゝ伸びしと思ふ障子かな 是木 二楽
日輪と山川あそぶ障子かな 脇本星浪
早梅や尼の素顔の障子より 森澄雄
早梅や障子細目に厭離庵 安田仙郎
明けたてのきかぬ障子や十三夜 黙禅
明け放つ障子の蔭や芙蓉咲く 高浜虚子
明け暮れのさらさら過ぎぬ白障子 櫛原希伊子
明け立てのきかぬ障子や十三夜 後の月 酒井黙禪
明るさが匂ひゐるなり新障子 椎橋清翠
時雨るゝや障子にうつる芒影 木歩句集 富田木歩
晝からは蔭なる障子開きあり 田中裕明 山信
晩鐘の雪の障子に僅かな疵 前山松花
普茶単菜鵙啼く障子あけ放ち 稲垣きくの 黄 瀬
暁けしらむ障子に地震の息ながく 西本一都 景色
暗くとも暮るるに間ある障子かな 小杉余子
暗闇に石のつらなる障子かな 岸本尚毅 舜
暮れそめて冬木影ある障子かな 木歩句集 富田木歩
曉けしらむ障子に地震の息ながく 西本一都
朝の日の障子にとゞく枕かな 上村占魚 鮎
朝やけも夕やけも映る障子かな 原石鼎 花影以後
朝より暮色の障子蟇鳴ける 山口草堂
朝鶴の声が障子にひゞくほど 松本圭二
木かくれて禰宜の障子や朝寒き 会津八一
木がくれて藤残る家の障子かな 渡辺水巴 白日
木の芽和に障子しめやかに閉ざしけり 青峰集 島田青峰
木の葉しぐれか明り障子に日てら~ 乙字俳句集 大須賀乙字
木曾川のかゞやく鳥屋の障子かな 本田一杉
木曾谷や馬の宿にも障子立つ 羽部洞然
木犀の香にあけたての障子かな 高浜虚子
末枯や障子にかゝる雨の音 金尾梅の門 古志の歌
村ぢゆうの障子が白し豚を飼ふ 木村蕪城
杣が家は障子一重の根雪かな 山口草堂
来来世見ゆるが如く堂障子 高澤良一 宿好 
松の間の障子真白く御歌会 澤木欣一
松風の晒す障子となりにけり 中島月笠
枯木影障子ぴしゃりと閉せる家 高澤良一 素抱 
枯色の明り障子となりにけり 山口草堂
枯芝に障子開けたるまま夜に 岸本尚毅 舜
柊散る障子越しなる尼の声 吉野義子
柔かき障子明りに観世音 富安風生
柴漬や川風受けて店障子 楠目橙黄子 橙圃
柴門へ障子見せけり冬座敷 小杉余子 余子句選
梅がゝに障子ひらけば月夜哉 一茶 ■寛政七年乙卯(三十三歳)
梅が香に障子明くればまだ寒し 伽孝 俳諧撰集「藤の実」
梅が香や明けつひろげつ破障子 水田正秀
梅林を来てうなぎ屋の障子文字 高橋青塢
梧桐一本二階障子の悴めり 柴田白葉女 牡 丹
棧荒き藍師の土間の白障子 文挟夫佐恵 遠い橋
椋鳥に障子開け出て僧あくび 河野静雲 閻魔
楼門の楼上障子霧に暁け 皆吉爽雨 泉声
横笛庵障子明りの納め句座 清藤徳子
樹の暮るるまで白障子あけて読む 神尾久美子 桐の木
次の世に隣りて真夜の白障子 柴田佐知子
歌よみの山へ眉あぐ白障子 加藤耕子
死の如き障子あり灯のはつと点く 松本たかし
母は流れき 川べの障子灯の莟み 友岡子郷 遠方
母在りて米寿や凜と白障子 森 武司
母離りて障子の桟のしんしんと 角谷昌子
水の夢みてするすると障子あく 長谷川双魚 『ひとつとや』
水仙や灯明き障子月忘る 宮武寒々 朱卓
水仙や白き障子のとも移り 芭蕉
水見舞ふや大仙掌に障子しまる 清原枴童 枴童句集
水音を聞く曲がり家の白障子 曽我部多美子
水鳥と今日の淡さや障子越し 中島月笠 月笠句集
水鳥の来てゐるらしき障子かな 小松原芳静
河豚の座の障子の隙を閉めにけり 高橋淡路女 梶の葉
沼の風障子にあたる炬燵かな 橋本鶏二 年輪
法悦に満ちて坐を起つ白障子 古市絵未
波郷忌の障子明りに近く座し 藤田あけ烏
波音のときをりひびく新障子 片山由美子 水精
泥はねし納屋の障子や下萌ゆる 冬葉第一句集 吉田冬葉
浮塵子来て鼓打つなり夜の障子 石塚友二
海しづかなれば障子をあけておく 川島彷徨子 榛の木
海明り障子のうちの水仙花 英治
湯豆腐や障子の外の隅田川 庄司瓦全
満うちし音かへりゆく障子かな 橋本多佳子
漱石忌障子の日ざしまた得たり 立花 豊子
潜り戸の障子も白く寒に入る 田中冬二 若葉雨
潮騒をへだつる障子美しく 原田青児
濁世絶つ障子が白し別火坊 津田清子
濤うちし音かへりゆく障子かな 橋本多佳子
濯ぎ干す妻の影ある障子かな 山口いさを
火の山の裾の障子の初明り 宮坂静生 青胡桃
火の番の障子に太き影法師 高浜虚子
火をつくる障子暮れゆく野分かな 金尾梅の門 古志の歌
灯くまでの障子の中に夕ぐらさ 長谷川素逝 暦日
灯の障子につらく闇の落葉哉 西山泊雲 泊雲句集
灯の障子一つその他はみな荒磯 香西照雄 対話
灯りたる障子に螻蛄の礫かな 岡田耿陽
灯をまつや障子の破れ雪見する 金尾梅の門 古志の歌
灯を消して白波立てり夜の障子 井沢正江 以後
灯を消して障子にはかに雪明り 上村占魚 鮎
炭焼きのともして障子金にせり 大野林火
煤掃の二階障子や屋根の上 原石鼎
熱のたび赫き障子の夢を見る 平松弥栄子
燈の障子吾子の影無しどこにも無し 香西照雄 素心
爐を開く空も障子も優色に 及川貞 夕焼
爪たてた猫のぬけ道 障子穴 西田美智子
片方の足袋のありしは障子ぎは 細見綾子 花 季
牛鍋や障子の外の神保町 綾部仁喜 寒木
牡丹見せて障子しめたる火桶かな 渡辺水巴 白日
牡丹雪うつりて降れる障子かな 比叡 野村泊月
牡丹雪と知らるる障子明りかな 永井龍男
牡丹雪に障子再び開きけり 五十嵐播水 播水句集
牡蠣舟の灯りゐ人気なき障子 後藤比奈夫 初心
牡蠣舟や障子細目に雪を見る 高橋淡路女 梶の葉
牡蠣船の障子や波をひからせて 角 光雄
猪鍋や川音へだつ白障子 金久美智子
猫の子に障子のうちもよき日和 下村槐太 光背
猿がくるので締めておく障子とよ 稲垣きくの 牡 丹
玄界の騒立つて来し障子かな 野中亮介
玄関の白障子まで石畳 茨木和生 遠つ川
玻璃障子の午後を曇らし時雨来し 青峰集 島田青峰
現し世のはなし声する白障子 中山純子 沙 羅以後
生涯の書屋の障子今を暮れ 皆吉爽雨
畳替せずとも障子白ければ 高木晴子 花 季
病める母の障子の外の枯野かな 原石鼎
病人がときをり開く白障子 岩城 久治
白々と障子しめあり冬安居 前沢落葉女
白き手が開ける余寒の障子かな 五所平之助
白き騎馬障子の桟に縁どられ 和田悟朗
白障子あくれば虚空へ通ふらし 那珂太郎
白障子この世の染みをすぐもらふ 坂本俊子
白障子しめて師恩の闇白し 赤松子
白障子の明けゆく此の世の桟の影 中村草田男
白障子までひとすぢに畝起す 平畑静塔
白障子よりもあわき光束宴の果 赤尾兜子
白障子一枚塵土隔てけり 伊藤敬子
白障子人の深さを映しけり 中村正幸
白障子白美しき石鼎庵 塩川雄三
白障子立てて心のさだまれり 小林京子
白障子紙衣は更に白くして 堀内薫
白障子透かして母のいのち見ゆ 石寒太 翔
白障子閉ざすはこころ放つなり 正木ゆう子 静かな水
白障子飲食の香を写しゐる 鳥居おさむ
白雨や障子懸けたる片びさし 服部嵐雪
百姓の破れ障子や嫁ケ君 田中冬二 俳句拾遺
皆働きに出てしまひ障子あけた儘の家 尾崎放哉
盆梅の影現れし障子かな 高浜虚子
盆霧の奥の会津の白障子 黒田杏子 花下草上
目覚めての不安たかぶる白障子 田中みち代
真白さに児の手ためらふ新障子 山口あさ子
短日の障子のひとつなほ日なた 長谷川素逝 暦日
破る児がまた可愛ゆくて冬障子 今泉貞鳳
破れあり親子障子の親の方 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
破れたる障子のままやつむぎ機 磯貝碧蹄館
破れ障子から群青の東京湾 櫂未知子 貴族
破障子児が覗き妻が茶をよこす 石川桂郎 含羞
破障子風吹かば吹け唄聴かむ 石塚友二
碧空へつづく山家の白障子 角田宗実子
禅林や早や建て切りし夕障子 北野民夫
稗抜いて障子灯りぬ一軒家 大峯あきら 鳥道
穐(あき)の日や障子かげろふうろこがた 許六
空の青さ障子にしみる梅の宿 太田鴻村 穂国
窓障子きいろにともり飼屋かな 銀漢 吉岡禅寺洞
竹馬の影を障子に父病めり 梧朗
竹馬の影近づきし障子かな 松本たかし
笑ひ声もれくる障子開け迷ふ 湯川雅
箸割れば響く障子や納豆汁 石塚友二
節分の人影大きく夜の障子 長谷川みどり女
節句明けて蛤煮出す障子かな 上島鬼貫
簷影の下り来し朝の障子かな 日野草城
籾摺りのほこりにしまり日の障子 長谷川素逝 村
糸を繰る音のしまれる日の障子 長谷川素逝 村
絶壁を閉じたるのちの白障子 森田廣
縁障子雪解雫のてりくもり 清原枴童 枴童句集
置炬燵夜風障子につめたかり 坂本四方太
美しき障子明りや嫁が君 加古宗也
美しき鳥来といへど障子内 原石鼎
老容れし障子の外の花と鳥 丸山海道
考へを逃さぬ障子閉めにけり 木村淳一郎
聞香の障子ひと重に今年竹 佐野美智
肌寒やうすれ日のさす窓障子 星野麦人
腰窓の障子灯る敷松葉 富安風生
腰障子が明いてゐて土間の油粕の一たま 梅林句屑 喜谷六花
腰高の水無瀬の殿の障子かな 後藤夜半
臘八の海鳴りを断つ白障子 佐野美智
臘梅のこぼれ日障子透きとほす 菅裸馬
船障子雪に明けさせ初卯かな 小泉迂外
色戀が雪見障子の向うがは 筑紫磐井 婆伽梵
芝居帰り障子に母の影若し 香西照雄 対話
芦の芽や浪明りする船障子 鬼城
茶を利くやじつと障子の桟を見て 巌谷小波
茸取に障子開け話す主かな 島村元句集
草の戸の障子に居りぬいぼむしり 高橋淡路女 梶の葉
草若葉翁に障子あけまつる 下村槐太 光背
荒海や蛤店の高障子 藤田あけ烏 赤松
荻しづまり障子を入るゝ艸の宿 松瀬青々
落つる日の障子見てをり置火燵 本田あふひ
落書の透けて明るき障子かな 長谷川櫂 天球
蒼海のうねりや障子閉ざしても 野澤節子
蓬莱のかげ暖かき障子かな 西林青石
蓬莱や障子明くれば日の光り 竹冷句鈔 角田竹冷
蕎麦打たずなりし障子をそのまゝに(深大寺にて) 『定本 石橋秀野句文集』
薄日さす障子の外に冬仕度 田中冬二 俳句拾遺
薬のんでは大寒の障子を見てゐる 臼田亞浪 定本亜浪句集
藁廂ふかぶか障子灯に熟れて 香西照雄 対話
藤の雨見飽きてしめし障子かな 高橋淡路女 梶の葉
藻の上をさざ波はしる障子かな 岸本尚毅 鶏頭
蘭の影障子にあるや風邪籠り 島村元句集
虻鳴いて入るに穴なき障子哉 山本洒石
蛎船の障子細目や夜の雪 孤軒句集 三宅孤軒
衆僧にしらむ障子や常楽会 三星山彦
街道に障子を閉めて紙一重 山口誓子 一隅
見あさたる滝の障子をしめにけり 木下夕爾
見るからに重き障子に手をかけず 波多野爽波 『一筆』以後
見上げれば吉野は障子破れをり 波多野爽波 『湯呑』
覚めてまだ今日を思はず白障子 岡本 眸
謡初へ青空うつる白障子 田川飛旅子
豆撒をし居る二階の障子かな 温亭句集 篠原温亭
起ちあがる影の夜寒の灯の障子 長谷川素逝 暦日
足袋と干菜とうつる障子かな 室生犀星 魚眠洞發句集
身に入むや障子の音の朝の蜘蛛 野村喜舟 小石川
身の誉れ小さく祝ひ障子の辺 村越化石
軒氷柱障子浄らに住みなせり 中村四峰
近々と夜学の灯なる障子かな 小杉余子 余子句選
道はさむ障子よろしき馬籠かな 森田峠 避暑散歩
道ばたに障子開けたる黴の宿 阿波野青畝

More
by 575fudemakase | 2014-12-07 00:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング