2014年 12月 08日 ( 11 )

成道会

成道会

例句を挙げる。

乳粥の湯気ほのとあり成道会 田村愛子
夕餉にはわれにも粥や成道会 森 澄雄
成道会ひよどり夕ベおとろへず 岡井省二
成道会われ故郷を出し日なり 白井米子 『青浄土』
成道会支度の和尚落葉掃く 宇野慂子
成道会終へたる庫裡に柏餅 小林英子
末法の星美しき成道会 今村霞外
痩身の釈迦の御影や成道会 三原美加

以上


by 575fudemakase | 2014-12-08 00:59 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

綿

綿

例句を挙げる。

ははそはの背にかけ給ふ真綿かな 藤井巴潮
一枚は綿の片寄る干布団 飯島晴子
亡帥亡夫触れて真綿の冬芒 殿村莵絲子 雨 月
何やかや干し新綿も一とむしろ 榊原秋耳
初天神妻が真綿を買ひにけり 草間時彦
制服にしのばせてやる真綿かな 富岡砧女
古綿の腰萎え蒲団干さずんば 石塚友二
古綿を干して山廬の秋深し 岸風三樓
夜にうく真綿のごときつつじかな 大西健司
太陽にいちばん近い綿干す母 磯貝碧蹄館
子の端星真綿の燃ゆるつめたさに 大矢内生気
干し綿にしめりがもどり夕千鳥 廣江八重櫻
干布団綿の謀議のふくれゆく 金丸敬子
干綿に蓑虫まろび出でにけり 小澤碧童 碧童句集
手伝うて七つの子あり真綿のし 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
指揮棒の真綿ぐるみや桐一葉 波多野爽波 『一筆』以後
摘み綿は繭より白く干されけり 山本八杉
暖かや真綿の耳の指ざはり 四明句集 中川四明
母死に給ふどれが真綿か白髪か 小寺正三
沸々と繭の煮えゐる真綿ひく 橋爪 靖人
牧守の女房が干せる真綿かな 栗原 義人堂
真綿の背時の歩みもなくなりぬ 加藤楸邨
真綿ひく祖母に手を貸す菊日和 古賀まり子 降誕歌
真綿むく匂ひや里のはひり口 広瀬惟然
真綿売り雁渡るときふり仰ぐ 宮田正和
真綿懸くる天気枝の柿つぶらなり 金尾梅の門 古志の歌
真綿締め大蛇(おろち)のごとき暑さかな 高澤良一 寒暑 
真綿被し背にこもるもの姉の声 加藤知世子 花寂び
綿を干す寂光院を垣間見ぬ 高浜虚子
肩ぶとん真綿といふもの日本に 及川貞
雲引くかに乙女と真綿引きし日はや 中村草田男
霜月や洩るる馬穴に真綿つめ 石川桂郎 高蘆
鳥ねむる真綿のごとき刻ならむ 澁谷道
鴛鴦眠る真綿の如き靄の中 和田祥子
黒い流血夜干の綿のよれよれに 八木三日女 赤い地図
鼡鳴く方へ真綿を伸ばす母 吉田汀史

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

綿入

綿入

例句を挙げる。

あたらしき綿入着たる夜寒哉 月居
こしかたや重ね着る皆綿入れて 長谷川かな女 花寂び
わが病みし日の綿入を受験子に 堀口星眠 樹の雫
兵服も綿入れ北緯四十度 品川鈴子
日あたつて来ぬ綿入の膝の上 臼田亞浪 定本亜浪句集
洟たれ児立てり綿入盲縞 西村公鳳
淋しくて綿入れのこと教はれり 清水径子
綿入いくつも重ねてをる母の写真ができた 梅林句屑 喜谷六花
綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢(1947-)
綿入に坐り馴れたる此間かな 温亭句集 篠原温亭
綿入に干栗はさみ到きけり 室生犀星 犀星発句集
綿入の借着おかしき夜伽かな 尾崎紅葉
綿入の内側よごれ婆ねむる 中山純子 沙羅
綿入の絣大きく遊びけり 金尾梅の門 古志の歌
綿入の袖口揃ふ火鉢かな 温亭句集 篠原温亭
綿入は明治のころの盲縞 森婆羅
綿入や妬心もなくて妻哀れ 村上鬼城
綿入や姑となりたる昨日今日 高橋淡路女 淡路女百句
綿入や山祗祀る山の子ら 金尾梅の門 古志の歌
綿入や気たけき妻の着よそほふ 飯田蛇笏 山廬集
綿入や産小屋二代さかのぼる 斎藤夏風
綿入や賓頭盧抱けば山遠し 古舘曹人 樹下石上
綿入れの肩に重しと姑老いし 佐藤 佳津
綿入れの背のふつくらと日向ぼこ 田中冬二 冬霞
綿入れを被てゐる水子地蔵かな 谷口和子
綿入を着て忽ちに十日たち 佐久間 道子
綿入を着れば忌日の近々と 龍胆 長谷川かな女
綿入を脱げば妄想の鳥肌なり 川端茅舎
膝を正しく坐すこれきりの純綿の綿入か 安斎櫻[カイ]子
菊ざけに薄綿入のほめきかな 井原西鶴
襖に母堂の綿入羽織の肩を見せけり 梅林句屑 喜谷六花
託児所の*保母椅子にをる綿入よごるる 梅林句屑 喜谷六花
酒くさきふる綿入も名残哉 会津八一
鏡中に母を灯して綿入れ縫う 浜 芳女
うたゝねの裾におきけりかし小袖 服部嵐雪
けし咲くや雛の小袖の虫払ひ 可南 俳諧撰集玉藻集
しぐるるやもみ(紅)の小袖を吹きかへし 去来 俳諧撰集「有磯海」
しぐるるや津和野人形の紙小袖 山田弘子 螢川
むめが香に濃き花色の小袖かな 許六 正 月 月別句集「韻塞」
よろよろと出て街道の布子婆 谷野予志
一院の小袖の寄進嵯峨念仏 森孝子
丁子かく祖母が布子や初霰 中勘助
世事肚に畳んで忘じ宿布子 杉本零
亡き人の小袖も今や土用干 芭蕉
初釜にまがる小袖の梅小紋 今井つる女
卯の花に布子の膝の光哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
友禅のをんなのごとき小袖着て嬰児は瓶の底にしづみぬ 木下利玄
古布子ねまきになりて久しけれ 高浜虚子
古布子ふき出る綿もなかりけり 高濱年尾 年尾句集
古布子新しきごと畳まれぬ 前田普羅
古布子花に対して羞ちて出でず 尾崎紅葉
古布子著のみ著のまゝ鹿島立 高浜虚子
壬生の舞小袖が蝶を放ちけり 山田弘子 こぶし坂
夕霧の閨かもしらず貸小袖 松瀬青々
好ましき色とり~や貸小袖 井月の句集 井上井月
小廊下や布子の児等が目白押し 西山泊雲 泊雲句集
小袖いま盛りでありし菊人形 田中祥子
布子なと着て海鳴りをきゝに来よ 金尾梅の門 古志の歌
布子売回国どのよころもがへ 炭 太祇 太祇句選後篇
布子着てうれし顔なる十夜哉 高井几董
布子着てむかし顔なり達磨市 篠原巴石
布子著て庭に居る児や花八ツ手 西山泊雲 泊雲句集
布子著て淋しき顔や神送り 去来
御忌戻り小袖たたむや京の宿 水落露石
指あてて耳のつめたき御忌小袖 古舘曹人
散はなによき人がらや黒小袖 松岡青蘿
暖かに着て罪深し御忌小袖 草 阜
棲こ猿こ布子とかへん木の実酒 中勘助
櫂あたる布子の肩やつゞくりぬ 西山泊雲 泊雲句集
無き人の小袖も今や土用干 芭蕉
熊突や爪かけられし古布子 松根東洋城
猿引は猿の小袖を砧哉 松尾芭蕉
百姓となりすましたる布子かな 飯田蛇笏 霊芝
縫ひあげし御忌の小袖を肩にかけ 櫛橋梅子
繰り言をもつて貫く布子召す 赤松子
罪ふかき小袖の下の紙衣かな 管鳥
老いてだに嬉し正月小袖かな 信徳
老人のとかくに未練古布子 丹治蕪人
肌寒の小袖羽掻ひにひとりの夜 石塚友二 方寸虚実
肩に置く小袖露けし狂ひては 都筑智子
肩光る布子ぞ父の臭ひなる 阿波野青畝
草の戸や晴れがましくも貸小袖 高橋淡路女 梶の葉
藤葛籠そこさへ匂ふ小袖かな 西 鶴
裄丈も身にそひしこの古布子 高浜虚子
触れて見れど唯つめたさの小袖哉 寺田寅彦
訴へを直に聴くなり節布子 許六 極 月 月別句集「韻塞」
誰が布施の昔小袖や壬生念仏 召波
貸小袖またたき交す星の数 廣瀬町子
貸小袖袖を引切るおもひかな 泉鏡花
野に干せる四五歳の子の布子かな 高野素十
音羽屋の浅葱小袖も二月かな 作田 幸子
綿入に行方不明の本やあーい  高澤良一  ぱらりとせ
角力好き患者綿子にくるまれて  高澤良一  ぱらりとせ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

蜜柑

蜜柑

例句挙げる。


*かりんありあかき蜜柑と交らず 百合山羽公 寒雁
Sみかん詰め放題と言われても 木谷はるか
おのが蜜柑山にて長脛行く自在 橋本多佳子
お接待皺の蜜柑の甘かりき 沢木欣一 遍歴
かがみ餅蜜柑はうまき時分なり 許六
かの夫人蜜柑むく指の繊かりしが 安住敦
ここに来て見定めがたしと言ふなかれ近代のはて蜜柑山照る 坂井修一
こまやかに蜜柑をむきて未婚なり 徳久 俊
さねさし相模の蜜柑酸く甘く 加藤三七子
さる帝蜜柑の数珠を持されけり 相生垣瓜人
しほさゐを背に蜜柑摘む殉教址 石田 厚子
ずべみかんてふ小みかんを吊し売る 細見綾子 黄 瀬
その子いま蜜柑投ぐるよ何を言はん(安見子生れて十ヶ月余となる) 『定本石橋秀野句文集』
それぞれの舟のまはりに蜜柑浮く 佐々木六戈
たたかう今年へ蜜柑盛りあげられ輝く 赤城さかえ句集
ただの闇ならず鈴なり蜜柑山 山下幸子
だいだいを蜜柑と金柑の笑て曰 杉風
だぶだぶの惚け蜜柑ぞ好もしき 相生垣瓜人 明治草抄
つぶらにて雪の信濃に伊予蜜柑 森澄雄
どの山の影ともならず蜜柑山 辻田克巳
ぬか雨の海の白さや早生蜜柑 中拓夫 愛鷹
はしやぎ過ぎし後の寡黙の蜜柑剥く 奈良文夫
ふくみ笑う蜜柑東北墓地多し 寺田京子 日の鷹
みかんと靴ぬくみ中学生下校 斉藤夏風
みかんどころのこたつの上のみかんでもある(熱海) 荻原井泉水
みかんのいろほどの風邪熱感じをり 上村占魚 『方眼』
みかんの皮二つ重ねて暇乞ふ 高澤良一 ねずみのこまくら
みかんむいて砂川の上み下も近し 廣江八重櫻
みかん一つ机に乗せて駐在所 斉藤葉子
みかん光り一人臥す家結束す 高橋富久江
みかん剥く指に寒さの残りけり 久保田万太郎 流寓抄以後
みかん山その上の寺木の実干す 百合山羽公 寒雁
みかん山映る初湯に入りけり 田中冬二 俳句拾遺
みかん湯に読みかへしゐる写本かな 森川暁水 黴
みかん湯をつくりへらしし砂糖かな 森川暁水 黴
みかん甘き伊豆の夜にして冴え返る 林原耒井 蜩
みかん畑より見下ろせし池の端 飯沼衣代
みかん黄にふと人生はあたゝかし 高田風人子
みづうみに雨すこしある蜜柑かな 中田剛 珠樹
めでたかり蜜柑に種子のあることも 高澤良一 素抱
もぎし蜜柑の地べたより置き場なき 林原耒井 蜩
をとめ今たべし蜜柑の香をまとひ 日野草城
カメラ載せ蜜柑畑の藁沈む 横山房子
クリスマスの少女唄ひて蜜柑選る 萩原麦草 麦嵐
スキー嬢蜜柑をむけり男らに 岸風三楼 往来
スチームの甚だ熱し蜜柑むく 市川東子房
テーブルの荒野まん丸蜜柑匂う 野口哲陽
トンネルがとても長くて蜜柑むく 千原草之
バス長し退屈すれば蜜柑むく 高濱年尾 年尾句集
一と勝負つきしトランプ蜜柑むく 大橋櫻坡子 雨月
一月の白帆とのぼる蜜柑山 中拓夫
一村を日溜にして蜜柑山 園部白雨
三十三才啼け蜜柑畑日短かぞ 萩原麦草 麦嵐
下積の蜜柑ちひさし年の暮 浪化
乱遠し筑波蜜柑は小粒なり(防人歌「橘の下吹く風の香ぐはしき筑波の山を恋ひず在らめかも」) 角川源義 『西行の日』
二つ目の蜜柑の臍のずれてをり 高澤良一 ももすずめ
二月まだ夜明けの遅き伊予蜜柑 福田甲子雄
他評即自評蜜柑にまたも種 奈良文夫
保線詰所窓に蜜柑を並べあり 沢木欣一
元日の干支入り祝ふ蜜柑かな 大谷句佛 我は我
先生の今の愛孫手に蜜柑 京極杞陽 くくたち下巻
全山の索道の荷の皆蜜柑 宇根畝雪
六月や父ひとり入る蜜柑庫 萩原麦草 麦嵐
共に剥きて母の蜜柑の方が甘し 鈴木栄子
内海や貼り絵の如き蜜柑山 高澤良一 鳩信
冬構蜜柑を囲ふ日和かな 山本村家
冷え込んで一夜色づく蜜柑山 中拓夫
冷凍みかん齧り旅路の汽車ぽっぽ 高澤良一 寒暑
凍て蜜柑少し焙りてむきにけり 篠原鳳作
出湯の山のぼるにつれて蜜柑山 上村占魚 球磨
初売の蜜柑積まれて小駅前 葛西十生
初富士や蜜柑ちりばめ蜜柑山 石田波郷
初荷から投げてくれたる蜜柑かな 富崎梨郷
十二月余白なくなる蜜柑の酸 阿部みどり女
千客去りて蜜柑の皮の狼藉たり 尾崎紅葉
口出さぬこと今大事みかんむく 上西左兌子
古稀の手でみかん苗植う海霧の中 閑田 梅月
叱るほか言葉を知らず蜜柑むく 木村蕪城
君が掌の一顆の蜜柑いつ剥かる 加藤楸邨
吸ひこまれさうな空から蜜柑もぐ 山田幸代
吹革祭金座銀座の蜜柑まき 四明句集 中川四明
坐礁船そのまま暁けぬ蜜柑山 芝不器男
城山でありしは昔蜜柑狩 舘野翔鶴
城此処に在りし日のごと蜜柑照る 加藤拝星子
墓原に蜜柑もぐ子がうつりけり 萩原麦草 麦嵐
墓地買ふて初蜜柑二個食べにけり 秋元不死男
墓域なす彼方もなべて蜜柑山 佐野まもる 海郷
夜は円く蜜柑と韮と芳香す 八木三日女
夜勤への引継帳に蜜柑置く 広瀬一朗
大和路の納屋にあふれし蜜柑かな 瀧澤伊代次
大島の海越えて来し蜜柑掌に 阿部みどり女
大胆な試食ぶりなり蜜柑山 塩見育代
好日の山の蜜柑は紅に富む 百合山羽公 寒雁
妹の前髪厚く蜜柑むく 如月真菜
妻と子の話の外や蜜柑剥く 藤野 力
子の忌過ぎもう酸くないか蜜柑供ふ 及川貞
子の顔の三人酢を吸ふ蜜柑哉 尾崎紅葉
子を負うて蜜柑一つをうしろ手に 亮木滄浪
完熟の蜜柑手にせる初三十日 高澤良一 素抱
宮島の灯を指し旅の蜜柑むく 五十嵐播水 播水句集
寒肥や煤のりし見る蜜柑の葉 高田蝶衣
小鬼らに蜜柑ふるまへ鬼は内 中勘助
屋根苔も丸みて見せぬ蜜柑村 香西照雄 素心
山の神仕舞蜜柑も腐らせず 百合山羽公 寒雁
山暮れんか蜜柑の色の遠くにて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山火事を消しに登るや蜜柑畑 前田普羅
山盛り蜜柑潰えて家塾事始 林翔 和紙
山頂に脾腹をあづけ蜜柑食ふ 佐藤鬼房
川底を蜜柑が走り歯科医院 中拓夫 愛鷹
帰らねばならぬ蜜柑をむいてゐる 加倉井秋を
帰郷して蜜柑山でもやりたまへ 藤後左右
帳場整理みかんの皮も掃き捨てぬ 西山泊雲 泊雲句集
幼い記憶にいるふたりで蜜柑焼いて食べては幼し 橋本夢道 無禮なる妻抄
座の蜜柑赤し凱旋談つきず 森川暁水 淀
座礁船そのまゝ暁けぬ蜜柑山 芝不器男
御歳暮の葉っぱをつけし蜜柑くる 菅沢泰子
御火焚や蜜柑ころがる潦 四明句集 中川四明
急坂を来し息見せず蜜柑採る 津田清子 礼 拝
愚痴聞きつ手持無沙汰の蜜柑むく 西村和子 夏帽子
愛欲や蜜柑のしづ枝地に触り 八木三日女 紅 茸
手にみかんひとつにぎって子が転ぶ 多田道太郎
採点は倦みやすきもの蜜柑むく 多田蒼生
探しもの又して疲れ蜜柑むく 星野立子
撒き蜜柑ただよふ波の初荷舟 斎藤 道子
故里につながる蜜柑ころがれり 村越化石
方角が頭に入らず蜜柑食ふ 藤後左右
旅人の蜜柑くひ行く枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
日は海に落つれ蜜柑をもぎやめず 林原耒井 蜩
日向の冷え日影の冷えの蜜柑剪る 仲田藤車
明治節の汐鳴り蜜柑取込みし 萩原麦草 麦嵐
晩生なる蜜柑に当り外れなし 高澤良一 素抱
書の重さ蜜柑の重さ夫見舞ふ 石田あき子 見舞籠
月下にて蜜柑採られた山の闇 和知喜八 同齢
月光の徐々に冷えゆく蜜柑山 斎藤慎爾
朧なり猫がもどりて蜜柑箱 中田剛 珠樹以後
木の箱に犇々ありしかたち蜜柑に 篠原梵
来し方の貧しき思ひ蜜柑むく 木村蕪城 寒泉
林檎柿蜜柑年越す一つ籠に 野澤節子 牡 丹
柿の艶蜜柑の艶や家籠 澄雄 (退院自宅療養をつづく)
柿・蜜柑木に在り長きひとり旅 渋谷道
柿山をのぼりて蜜柑山くだる 右城暮石
梅林をかかへこみたる蜜柑山 西村和子 夏帽子
歌舞伎座に山と積まれし蜜柑かな 岸本尚毅 舜
歩きむく蜜柑あせるなあせるなよ 岩田昌寿 地の塩
死後も日向たのしむ墓か蜜柑山 篠田悌二郎
母と子に蜜柑の香りほどの幸 中野 貴美子
気の乗らぬ相槌蜜柑むきながら 古賀邦雄
水軍の島より蜜柑船出づる 坂本孝子
永き日や土塀の中の蜜柑畑 楠目橙黄子 橙圃
汽罎(かま)焚きて蜜柑列車を先導す 佐野まもる
波音にくもる裸灯蜜柑選る 石本秋翠
浪音のゆるい冬陽の蜜柑ちぎつている 橋本夢道 無禮なる妻抄
海の照りけうとく蜜柑むきにけり 太田鴻村 穂国
海の霧れきろく蜜柑ぐるまなり 佐野まもる 海郷
海へ向くことは日に向く蜜柑山 辻野勝子
海より日出てすぐ蜜柑山照す 加倉井秋を 『風祝』
海を背に長者の眉毛みかん売り 磯貝碧蹄館
海光に一木揺るるは蜜柑*もぐ 甲賀山村
海冷えを運ぶ鴎や蜜柑村 中拓夫
海女の果てか岬に老いて蜜柑売るは 稲垣きくの 黄 瀬
海峡の雨来て蜜柑しづく垂る 西東三鬼
海彦をときどき呼んで蜜柑摘 鷹羽狩行
海見えずして海光の蜜柑園 野澤節子 『存身』
渚にてミカンを分かち巡礼なり 中田剛 珠樹以後
温泉疲れといふ気だるさに蜜柑むく 藤浦昭代
湖碧し蜜柑の皮を投げ入れし 深見けん二
湯あがりの掌にもぎくれし庭蜜柑 山口満希子
湯上りのかろき動悸や蜜柑むく 粟津松彩子
湯上りの爪立ててむく蜜柑かな 西村和子 夏帽子
満山の蜜柑に夕日うこん照り 鈴鹿野風呂 浜木綿
潮風とともに届きし蜜柑あり 美村文江
濃くなりつ狭まる海や左右に蜜柑 香西照雄 対話
火の島の裏にまはれば蜜柑山 篠原鳳作
炊事了へ一息つけり蜜柑のまへ 高澤良一 随笑
炭馬の下り来径あり蜜柑山 篠原鳳作
無農薬の蜜柑小ぶりに過疎の村 赤祖父和子
煤掃や玻璃に黒影の蜜柑山 中拓夫 愛鷹
熔岩のかひながいだき蜜柑山 河野静雲 閻魔
爪入れて蜜柑匂はす未婚なほ 三好潤子
父のくに酸つぱい蜜柑鈴生りに 脇 りつ子
牟婁の海の夕映波に照蜜柑 鈴鹿野風呂 浜木綿
猿曳の猿にころがる蜜柑かな 金子 九九
玻璃の桟黄金分割蜜柑の樹 上野泰 佐介
男唱に山の蜜柑の熟し昏れ 八木三日女 赤い地図
画架それ~混血児が描く庭みかん 及川貞 榧の實
畑姥も初天神の蜜柑売 大谷句仏
畫架それぞれ混血児が描く庭みかん 及川貞 夕焼
病名をかるがると言ひ蜜柑剥く 塚本 久子
病熱の憂しき夕餉に蜜柑の黄 中尾白雨 中尾白雨句集
白磁皿みかんに色をもらひけり 渡部 勝雄
皮の中に蜜柑の舟の二つかな 大橋櫻坡子 雨月
短日の陽のうら~と蜜柑山 高橋淡路女 梶の葉
硝子吹く暮色の火玉蜜柑色 三谷昭 獣身
祖父親孫の栄えや柿蜜柑 松尾芭蕉
福蜜柑どんどの焔ぬけて飛び 宮津昭彦
秋天を蜜柑暮れゆく早さかな 中島月笠 月笠句集
穫り入れの前の蜜柑のしんとして 斉藤夏風
空港近く蜜柑二三の夜の刻 桜井博道 海上
立冬の玄関灯すみかん色 町田しげき
笊に入れて置く双六の蜜柑かな 龍胆 長谷川かな女
笑つてわらつて涙が出るほど笑つたあとの、みかん 池原魚眠洞
紀の国のまつさをなりし蜜柑かな 今井杏太郎
紀の国の北向く山も蜜柑山 粟津松彩子
紀の国の旅や蜜柑を食べにけり 成瀬正とし 星月夜
紀の海の残り蜜柑にぎら凪げる 鈴鹿野風呂 浜木綿
累々と徳孤ならずの蜜柑哉 夏目漱石 漱石俳句集
網棚の荷物みかんのかたち見ゆ 篠原梵 雨
美しき灯をむくごとく蜜柑むく 森川喜美子
老醜の口の空洞蜜柑吸う 三谷昭 獣身
耐へ忍ぶことのなかりし蜜柑山 福田甲子雄
背の窓に島山の月みかんむく 及川貞 榧の實
自らの詩に飾りたる蜜柑むく 橋本鶏二
舟着けば蜜柑山より声来る 米沢吾亦紅 童顔
艶ふかき蜜柑を剥きて静かなるわがめぐりいま世紀が変わる 窪田司郎
苗床となりて濡れゐる蜜柑箱 飴山實 少長集
草のいろは冬まだ遠しみかん山 及川貞 榧の實
荒磯波夜明の蜜柑びしよぬれに 中拓夫 愛鷹
萬歳の蜜柑を握る袖の下 会津八一
葉つき蜜柑卒寿過ぎたる掌に 阿部みどり女 月下美人
薬のむあとの蜜柑や寒の内 子規
蜜柑*もぎ海のきららを手で包む 徳田千鶴子
蜜柑ころがる地下室の底水流れ 中拓夫 愛鷹
蜜柑ころがる暗渠のごとき踏切 桜井博道 海上
蜜柑すゝる嬰児を抱き母も飢ゆ 岸風三樓
蜜柑たべてよい火にあたつて居る 尾崎放哉
蜜柑ちぎり相模の海のあをきにくだる 川島彷徨子 榛の木
蜜柑にも自転の力籠あふれ 河野薫
蜜柑の国鯨の国の紀州かな 尾崎迷堂 孤輪
蜜柑の汁思ひつめたる顔にとぶ 油布五線
蜜柑の皮地にうつむきに雨が降る 大橋櫻坡子 雨月
蜜柑の皮投げても投げても水迅し 原田種茅 径
蜜柑の蔕枝先にしろく海かげる 川島彷徨子 榛の木
蜜柑ひとつを三人で食ふ夜中の杉 桜井博道 海上
蜜柑ひとつ投げては猿に囲まるる 黒川 龍吾
蜜柑まだ酸きものと手を控えをり 高澤良一 素抱
蜜柑むいてそれから眩しい燈と思ふ 原田種茅 径
蜜柑むいてつまらなさうに母居りぬ 鈴木しげを
蜜柑むいて寒さわかたん雛かな 渡邊水巴
蜜柑むき人の心を考へる 深見けん二
蜜柑むき大人の話聞いてゐる 西村和子 夏帽子
蜜柑むく初荷の馬の鼻がしら 中村汀女
蜜柑むく平熱の指朝の家 中拓夫 愛鷹
蜜柑むく爪のいかさま苦爪かな 久保田万太郎 流寓抄
蜜柑むく瞳の可愛さやしばたゝく 中村楽天句集 中村楽天
蜜柑もぐ渓流の村母がゐて 中拓夫 愛鷹
蜜柑もぐ谷間を低き鵙のこゑ 中拓夫 愛鷹
蜜柑より抜け出し黄色いきいきす 谷口桂子
蜜柑を焼いて喰ふ小供と二人で居る 尾崎放哉
蜜柑一つうるほふほどに夜の深し 松澤昭 神立
蜜柑一つ吸はせやりしに吾子ねむる 川島彷徨子 榛の木
蜜柑一個をきれいな睾丸と思うよ 椎名弘郎
蜜柑剪る借りし鋏を鳴らし合ひ 百合山羽公 寒雁
蜜柑十貧しき包ほどきけり 尾崎紅葉
蜜柑吸ふ倒るるときの波照りつ 中拓夫
蜜柑吸ふ目の恍惚をともにせり 加藤楸邨
蜜柑売る媼は海を見あきたり 古舘曹人 能登の蛙
蜜柑山かへりみる妻海と在り 香西照雄 素心
蜜柑山その下稀に汽車通る 山口波津女 良人
蜜柑山なだらに蜜柑長者邸 鈴鹿野風呂 浜木綿
蜜柑山の中に村あり海もあり 藤後左右
蜜柑山の雨や蜜柑が顔照らす 西東三鬼
蜜柑山ま白き雲の夜も満つ 加倉井秋を
蜜柑山より下りきたる礼者かな 石田勝彦 秋興
蜜柑山より真白な雲お正月 川崎展宏
蜜柑山人の籬をこゝに見ず 米沢吾亦紅 童顔
蜜柑山墓山同じ傾斜もて 長田等
蜜柑山墜道を出てもはやなし 山口波津女 良人
蜜柑山夕べ大いにかすみけり 佐野まもる 海郷
蜜柑山大昃りの沈金す 西本一都
蜜柑山奥へ奥へと江をいだく 長谷川素逝
蜜柑山母呼ぶ爪先あがりの道 中拓夫 愛鷹
蜜柑山湾抱き湾は島を抱き 追川瑩風
蜜柑山眼のみ頂上まで行けり 山口波津女
蜜柑山警察船の着きにけり 芝不器男
蜜柑山迫る浦戸の桜蝦 刈米美代子
蜜柑山金星の風かすれたり 萩原麦草 麦嵐
蜜柑山飛び立つ鳩の腋の白 中拓夫 愛鷹
蜜柑山飛天放屁もあるやらん 永田耕衣 人生
蜜柑山黄のまんだらに大き寺 大野林火
蜜柑島めぐる潮の瀬激ち合ふ 水原秋櫻子
蜜柑投ぐこのきかん坊如何にせむ 西村和子 夏帽子
蜜柑投ぐゴリラの媚びの哀しくて 稲垣きくの 牡 丹
蜜柑採りつくされし山海が浸す 桜井博道 海上
蜜柑摘み昔は唄をうたひしに 山口波津女
蜜柑摘み終りし夜の長湯かな 檜田 慧星
蜜柑摘むみるみる籠を満たしては 清崎敏郎
蜜柑月夜母船のごとく島泛ぶ 山岸治子
蜜柑木々にみつる島なり着きて仰ぐ 及川貞 榧の實
蜜柑村飯場の昼燈二つどまり 香西照雄 素心
蜜柑浮く旧軍港の潮満ちて 殿村菟絲子
蜜柑熟るゝ山見て父のうす笑ひ 萩原麦草 麦嵐
蜜柑熟る島にて巨き船造る 塩川雄三
蜜柑狩一日渚のゆるるなり 桜井博道
蜜柑狩一雨あとの海蒼し 河野南畦
蜜柑甘し叔父逝きしあとの海鳴りに 萩原麦草 麦嵐
蜜柑畑出て寝釈迦山昏れにけり 萩原麦草 麦嵐
蜜柑盗みに山猿がくる雨がくる 秋元不死男
蜜柑箱ふたつ重ねてめりんすの赤き切しく我が子等の雛 与謝野鉄幹
蜜柑置きよいしょと妻の割り込める 高澤良一 随笑
蜜柑船ならざるはなき島港 飛弾道弘
蜜柑船より提げ出でし銃濡るる 宮武寒々 朱卓
蜜柑荷を出すや汽車積汽船積 鈴鹿野風呂 浜木綿
蜜柑見えぬまで蜜柑山遠ざかる 右城暮石 上下
蜜柑買ふ歳晩の川きらきらと 中拓夫 愛鷹
蜜柑食ふ夜たたかへる猫のこゑ 中拓夫 愛鷹
蜜柑黄なり庵原八十三ケ村 津田桂影
買初の蜜柑小粒に患者たち 石田あき子 見舞籠
足袋干して星が消えさう蜜柑村 中拓夫 愛鷹
路上に蜜柑轢かれて今日をつつがなし 原子公平
農協の秤や蜜柑堰切れず 百合山羽公 寒雁
道々に蜜柑の皮をこぼし行く 高浜虚子
遠山の雪見る市の蜜柑かな 石井露月
遠目にも蜜柑*もがれし山の痩せ 殿村莵絲子
選果機に乗らずめでたき大蜜柑 百合山羽公 寒雁
選果機を落ちて苦界へ蜜柑ゆく 百合山羽公 寒雁
酢がとれて蜜柑も年の名残かな 之道 芭蕉庵小文庫
闇ふかく蜜柑をひとつ探りえつ 加藤楸邨
降り出でゝ人声近し蜜柑山 米沢吾亦紅 童顔
集金鞄貰ひ蜜柑を潰したり 皆川白陀
雑誌の見出しの蜜柑の汁沁み 小澤碧童 碧童句集
雨のやうに素直に蜜柑剥いてをり 櫂未知子 蒙古斑以後
雪国や夜はともしび蜜柑色 不破博
雪解風醋涸れ蜜柑の落ちつゞく 高田蝶衣
雲のへり光つて蜜柑の山々にほつた 北原白秋
霜月や壷に活けたる枝蜜柑 島村元句集
霜除の蜜柑山わが見舞ふのみ 百合山羽公 寒雁
風邪の子に象の真似してミカンとる 椎橋清翠
食べ終へても蜜柑箱と言ふいつまでも 加倉井秋を
餅ぬくき蜜柑つめたき祭りかな 正岡子規
餅蜜柑吹革まつりやつかみ取 下風 芭蕉庵小文庫
餓鬼共の蜜柑ほしがる十夜かな 福田掘栗
香ぐはしき転生一顆蜜柑受く 成田千空 地霊
駅鈴や蜜柑の一顆匂ひ出づ 進藤一考
駅閑に崖の蜜柑のまろび落つ 佐野まもる
高台の学園を前蜜柑熟る 飯田蛇笏 雪峡
鰤と蜜柑夕日どやどや店に入る 小原俊一
鳥渡り去るや蜜柑の山仕事 癖三酔句集 岡本癖三酔
鴨の声蜜柑ひそかに母にやる 永田耕衣 奪鈔
六郎の絵の中の子もみかん剥く  高澤良一  ねずみのこまくら
師走妻剥きかけみかん置いて起つ  高澤良一  宿好
デザートのみかんに灯影殺到す  高澤良一  宿好
朝日影海より根府川蜜柑かな  高澤良一  石鏡
なんだこれ皮のぶかぶか蜜柑なる  高澤良一  石鏡
紀州より蜜柑文左の心づけ  高澤良一  石鏡
飴・蜜柑など物色し船待つ間  高澤良一  石鏡
長谷柑生さんよりみかん贈られて
留守居して残り福めくみかん剥く  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬服

冬服

例句を挙げる。

いまだ冬服遠くなるほど電柱痩せ 河合凱夫 飛礫
かくし多き冬服となる男達 和田祥子
ライターのポケットとして冬服に 河村木舟
中年には中年の冬服のいろ 高澤良一 随笑 
冬服と帽子と黒し喪にはあらぬ 谷野予志
冬服に地廻りめかし蟹市場 角川源義
冬服に海の入日の柔かや 中村汀女
冬服のまゝの四月や職匂ふ 米沢吾亦紅 童顔
冬服のみんなに見える木の校舎 杉野一博
冬服のポケット何でも入りをり 奈良文夫
冬服の一人残して電車発つ 伍賀稚子
冬服の右ポケツトの底の塵 高澤良一 宿好 
冬服の少年集ふ補習塾 鈴木 卓
冬服の汚れぬ家の匂ひもつ 殿村莵絲子
冬服の紺まぎれなし彼も教師 星野麦丘人
冬服の紺ネクタイの臙脂かな 久保田万太郎 流寓抄
冬服の継の中に又継うまる 田川飛旅子 花文字
冬服の衣嚢(かくし)が深く手を隠す 山口誓子
冬服の足長き娘に育ちけり 島崎 伸子
冬服の釦がとれて講義終ゆ 橋本鶏二
冬服も汚れぬ家の匂ひもつ 殿村莵絲子
冬服や荒海の碧さいさぎよし 内藤吐天 鳴海抄
冬服や襟しろじろとつつがめく 飯田蛇笏 山廬集
冬服や辞令を祀る良教師 杉田久女(1890-1946)
冬服を来て生意気な少年よ 星野立子
冬服を脱ぐこんなにも着てゐしか 今瀬剛一
冬服を著て生意気な少年よ 星野立子
冬服夫汚れぬ家の匂ひもつ 殿村莵絲子 牡 丹
冬服着てわが手の皺のいとしさよ 林翔
冬服着てネクタイの柄の一点朱 林 翔
冬服着る翼のごとく手を伸べて 岩田昌寿 地の塩
冬服着る釦ひとつも遊ばせず 大牧 広
山国の闇冬服につきまとふ 茨木和生 木の國
弱き身の冬服の肩とがりたる 星野立子
朝餉まつ冬服の膝折りそろへ 谷野予志
武甲近し冬服黒き人隔て 長谷川かな女 雨 月
汝が完膚つつみて異族の冬服たり 平井さち子 完流
白き工区冬服の人の闊歩わびし 金子兜太
秘事や冬服ふかく裹み着て 石塚友二
身に合わせて冬服の紺旅に出る 本多草明
闘病の試歩に冬服重きかな 千原草之
みちのくの訛りもあらは身の冬着をぬぎ 安斎櫻[カイ]子
喪服脱ぐ冬着は重くあたたかし 津田清子
楮渋こはばる冬着妊れる 中戸川朝人 残心
母の座はひねもす冬着縫ひ温くし 宮坂静生 青胡桃
母死ねば今着給へる冬着欲し 永田耕衣(1900-97)
糶済みし蜑を相手の冬着売 斎藤朗笛
冬シャツか死出の衣か知らねども 京極杞陽 くくたち下巻
冬シャツの十字架干しに山日射す 本宮鼎三
冬シャツ乾く運河と熔鑛爐の間 中島斌男
吉野の冬著莪の崖曼珠沙華の崖 右城暮石 上下
支障なし子と冬シャツを違へ着ても 安住敦
老骨をばさと包むや革羽織 芥川龍之介 我鬼窟句抄
脱ぐ冬シャツ子には父臭からん 伊丹三樹彦
革羽織とり隠されて火燵かな 史邦 芭蕉庵小文庫
顔入れて冬シャツは家の匂ひする 秋元不死男
冬物を著るといふより身を容るる  高澤良一  鳩信
冬物の出し入れに妻余念なし  高澤良一  燕音
冬ものの洗濯鼻唄バズデンボー  高澤良一  宿好
散歩途上出合ひし犬も冬着著て  高澤良一  寒暑
壁際につんつるてんの冬着垂れ  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:22 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の鶯

冬の鶯

例句を挙げる。

あるゆふべ笹鳴ちかくかゝりゐぬ 中尾白雨 中尾白雨句集
かはたれの白き闇にて笹子鳴く 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
この町に赤福つつむ笹子かな 古舘曹人 樹下石上
さりながらまだ笹鳴きの域を出ず 鶴丸白路
しかと笹鳴瑞鹿山円覚寺 高澤良一 ねずみのこまくら
しんがりに居て笹鳴をききもらす 道川虹洋
そばどころ元祖本家と笹子鳴く 高橋悦男
それきりの笹鳴なりきはや没日 徳永山冬子
てい子いらつしやい冬鴬の影と一緒に 長谷川かな女 花寂び
ひもすがら月見る野辺や笹鳴ける 金尾梅の門 古志の歌
みちのくの笹鳴なれば馬も聞く 佐藤秋浪子
わが忌中ならねば近し笹鳴は 斎藤玄 狩眼
ニュアンスを変へて小藪の笹子鳴く 高澤良一 宿好 
一としきり笹鳴のしてまたも雪 田畑 さと
一切の先づ笹鳴にあひにけり 斎藤空華 空華句集
七といふ好きな日の朝笹子鳴く 高田風人子
乗越の熊笹日和笹鳴けり 福田蓼汀 秋風挽歌
二三日ちらつきゐしが笹鳴けり 水原秋櫻子
五十年忌和讃に笹子来て居りぬ 田中英子
伊勢みちの伊勢にちかづく笹子かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
伊豆相模わかつ岬に笹鳴ける 有働 亨
何ぞ朽ちつ国宝癈寺の笹鳴る冬 古沢太穂 古沢太穂句集
何もせず障子明るし笹鳴けり 瀧井孝作
佛間まで幽かに雪の夕笹子 千代田葛彦
信楽の壷に陽当り冬鶯 伊藤敬子
光悦寺冬鶯が鳴きにけり 北村軒市
円空仏吾より長身笹鳴ける 奈良文夫
冬鴬われは病弟子胸あつし 石田波郷
冬鶯むかし王維が垣根かな 蕪村
冬鶯吸ひ付くやうに梅が枝に 高澤良一 宿好 
冬鶯火中出てなほ炎える鉄 大峯あきら
冬鶯米塩清くあるばかり 百合山羽公
分かち合ふ野良の昼餉や笹子鳴く 芝 哲雄
切片をなし笹鳴の水際なり 山西雅子
前略と書いてひと息笹子鳴く 増田斗志
千仏のうしろに一鬼笹子鳴く 斎藤梅子
南天に何時までもゐしが夕笹子 武藤木咲
原稿はまだかまだかと笹鳴くや 芥川龍之介
双塔をつなぐ古道笹子鳴く 赤松[けい]子 白毫
啼く笹子押へて湖の端ゆする 加藤知世子 花寂び
坑夫墓地日射しすぐ逃げ夕笹子 岡部六弥太
夕笹子障子の桟の濃く浮けり 関森勝夫
大学の今日のしづけさ笹鳴ける 深見けん二
大工来て笹鳴聴かず二三日 富田木歩
大年の法然院に笹子ゐる 森澄雄(1919-)
大年の笹鳴る闇となりにけり 石橋秀野
大藪を洩るる朝日や笹子鳴く 藤本哲夫
子等帰り来よ笹子来る庭となる 稲畑汀子 汀子第二句集
安住の笹鳴く庭となりにけり 隈柿三
客去れば笹鳴とわが時間かな 加藤秋邨 怒濤
寺に来て笹鳴きくや身のいとま 尾崎迷堂 孤輪
尼眠る葎をくゞり笹子鳴く 長谷川かな女 雨 月
山吹の黄葉のちりぢり笹鳴す 室生犀星 魚眠洞發句集
岬端の笹鳴死にそこねては 齋藤愼爾
島の地理頭に入れをれば笹鳴けり 高澤良一 さざなみやっこ 
崖裾の干汐にかわき笹鳴ける 内田百間
川の名の信濃にかはる笹子かな 古舘曹人 樹下石上
年忘れ地にちかぢかと笹鳴けり 野澤節子 黄 炎
幾度か聞きし笹鳴まざと見る 徳永山冬子
庭に来し冬鴬の大きさよ 高浜虚子
庭祠ありてそこらに笹子鳴く 上村占魚 球磨
弁当に牛蒡うれしく笹子鳴く 岸本尚毅 鶏頭
影淡き師走の寺や笹子鳴く 角川春樹 夢殿
必ずに添ひ現るる笹子あり 後藤夜半 底紅
数学が好きでこのごろ笹子くる 橋石 和栲
文之助茶屋の笹子を聞いてゐる 関戸靖子
文弱にながるる月日笹子鳴く 古舘曹人 砂の音
新古今和歌集のふと笹鳴けり 中尾寿美子
日の照つて頼政みちに笹子ゐる 関戸靖子
日の萱に逃避の我や笹鳴ける 相馬遷子 雪嶺
日もうすれ閑まる家ぞ笹鳴す 室生犀星 魚眠洞發句集
朝の日に笹子きてゐる流かな 上村占魚 鮎
朝の間や笹子来て居る障子際 乙字俳句集 大須賀乙字
朝毎に来鳴く笹子の待たれけり 乙字俳句集 大須賀乙字
木の影も笹鳴も午後人恋し 石田波郷
松こぼれして笹鳴のありかかな 永井龍男
枯色の聖晩餐図笹鳴けり 堀口星眠 営巣期
案内を聞き洩らさずに笹子きく 堀恭子
椎茸をつけて枯木や笹鳴ける 碧雲居句集 大谷碧雲居
横臥より仰臥は親し笹鳴けり 神生彩史
母にまだ聞こえ笹鳴あたたかし 古賀まり子 緑の野以後
毎日の笹鳴に居る主かな 高浜虚子
水中の日を見てあれば笹鳴す 渡邊水巴 富士
渦ゆるみ笹鳴く崖を映しけり 佐野まもる 海郷
激流にこゑ攫はるる笹子かな 鷲谷七菜子
灘照るや笹鳴移る浜王子 坂口麗峰
火を起す音の笹鳴き燧岳 堀口星眠 営巣期
無始無終北上川に笹子鳴く 平井照敏 天上大風
燈台へ笹鳴の径折れつづく 砂田貴美子
燈籠の笠に笊干し笹鳴ける 遠藤梧逸
父在さば問ふことありて夕笹子 伊藤京子
病む人に笹子くること告ぐべきか 宇佐美魚目 天地存問
病床の手鏡笹子生写し 川端茅舎
目を皿のやうにして追ふ夕笹子 高澤良一 ももすずめ 
目礼といふ笹鳴のごときもの 神尾久美子 桐の木
眼を病めば笹子かならず薄暮かな 近藤一鴻
石組みに庭師のこころ笹子鳴く 中野陽路
石鼎忌笹鳴翔つて垣よぎり 原裕 葦牙
砂糖水ドーナツと来て笹鳴す 石川桂郎 四温
硝子障子は曇天のいろ笹子鳴く 中尾寿美子
祖母いますその日のごとく笹鳴ける 福田蓼汀 山火
移り住みし寂しさにをり笹鳴ける 荒川 曉浪
空濠の底に径あり笹鳴ける 西本一都 景色
笹原に笹子の声のみちさだか 皆吉爽雨 泉声
笹子きて位高くも餌台に 皆吉爽雨 泉声
笹子くる柳生一族眠る墓 松本幸子
笹子ゐる葭の洲のいま日の柱 岡井省二
笹子二羽仏面竹をすさめ鳴く 阿波野青畝
笹子来てぎっくり腰の視野に入る 高澤良一 寒暑 
笹子来て殉教の墓淋しくす 大橋敦子
笹子来て話は尽きてゐたりけり 古舘曹人 樹下石上
笹子来て速達が来て午前中 星野椿
笹子来と云へば目白と正さるる 高澤良一 ねずみのこまくら 
笹子来る今日の心のごとひそと 中村汀女
笹子見る瞳やさしく坐りけり 龍胆 長谷川かな女
笹子視む肝腎のとき躓けり 後藤綾子
笹子鳴き世に古びたる渡来仏 大橋敦子 勾 玉以後
笹子鳴き人々起きて働けり 橋田憲明
笹子鳴くいま来し道に日の当り 神蔵 器
笹子鳴くや月斗の墓は月斗の書 青木重行
笹子鳴くわが丈笹にしづむとき 皆吉爽雨 泉声
笹子鳴く佛の里の佛道 都甲 憲生
笹子鳴く妻の言葉のあと満たし 加倉井秋を 『真名井』
笹子鳴く山々靄に隠れけり 竹川武子
笹子鳴く旅もどりまだ庭を見ず 皆吉爽雨 泉声
笹子鳴く日の差してゐるそのあたり 門居米子
笹子鳴く泉に声を試すごと 羽部洞然
笹鳴いてゐて灯りぬ料理待つ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
笹鳴いて洗濯物の脇抜けぬ 高澤良一 さざなみやっこ 
笹鳴がきこえて土の中ならず 萩原麦草 麦嵐
笹鳴が初音となりし頃のこと 高浜虚子
笹鳴が呼ぶ遭難者手がかりなし 福田蓼汀 秋風挽歌
笹鳴きちやつちやと暮れた 北原白秋
笹鳴きに枝のひかりのあつまりぬ 長谷川素逝 暦日
笹鳴きに系図正しくして貧し 藤木清子
笹鳴きに覚めて朝とも日暮とも 中村苑子
笹鳴きの闇へぶ厚い眼鏡拭く 安田くにえ
笹鳴きや妻いくたびも燐寸擦る 加倉井秋を 『胡桃』
笹鳴きや深き轍の木出し道 石川文子
笹鳴きを聴きゐるらしき箸づかひ 山崎冨美子
笹鳴くとかへり見てちちははの墓 田畑美穂女
笹鳴くやとぶらひ詣づ流人墓 小原菁々子
笹鳴くや旅のつかれを昼の風呂 上村占魚 鮎
笹鳴くや石にいろなき野の夕日 上村占魚 鮎
笹鳴くや障子に急ぐ雲の影 会津八一
笹鳴くや雪駄は小島政二郎 芥川龍之介
笹鳴けり機は仕舞ひて事始め 及川貞 夕焼
笹鳴ける方に振り向く何気なし 石塚友二
笹鳴とならざりし声でさやうなら 加藤楸邨
笹鳴と信じ得て母の顔がありぬ 斎藤空華 空華句集
笹鳴にうつむいてゆく癖捨てよ 有働亨 汐路
笹鳴につくばい溢れいたりけり 吉屋信子
笹鳴にひらめく老の瞳縮緬織る 加藤知世子 花寂び
笹鳴に一日を恃み籠るかな 吉野義子
笹鳴に前歩かれて背が寒し 加藤知世子 黄 炎
笹鳴に去年今年なく庵せり 高濱年尾 年尾句集
笹鳴に唇そらし鉄漿つける 長谷川かな女
笹鳴に大きかりける人の咳 有働亨 汐路
笹鳴に対す二日の主かな 高浜虚子
笹鳴に枝のひかりのあつまりぬ 長谷川素逝
笹鳴に蛇口のさらし袋かな 長谷川倫子
笹鳴に逢ひたき人のあるにはある 三橋鷹女(1899-1972)
笹鳴に逢ふさびしさも萱の原 加藤楸邨
笹鳴のありしあたりへ静かな眼 関根章子
笹鳴のいつ来て二ついろめきぬ 原コウ子
笹鳴のかげふかくいし人ならむ 古沢太穂 古沢太穂句集
笹鳴のきこえずすでに昏れゐたる 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のくる日こぬ日と病みたへぬ 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のけふこの道を何故歩む 相馬遷子 雪嶺
笹鳴のしばなくこゑに夢やぶれ 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のしばなくこゑを夢かとも 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のたどたどしさよ切通し 長谷川浪々子
笹鳴のつたなし父と縁うすく 成瀬桜桃子 風色
笹鳴のひとこゑありぬ那須の牧 渡邊水巴 富士
笹鳴のひとつ来てゐる庭仕事 石田郷子
笹鳴のほとを忘れしほとの神 森 澄雄
笹鳴のまにまに麻酔きかさるる 斎藤玄 雁道
笹鳴のみちあらはるる仏みち 原裕 青垣
笹鳴のゆふ鳴きされば熱のぼる 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴の主なき庵に今年また 川口咲子
笹鳴の二日はや過ぎたりしこと 高濱年尾 年尾句集
笹鳴の内向の声われも持つ 田川飛旅子
笹鳴の勁き舌根を感じをり 岡井省二
笹鳴の大いなる訃を齎せし 高浜虚子
笹鳴の径があるいつもの枝 原田種茅 径
笹鳴の日和くづれて来りけり 大場白水郎 散木集
笹鳴の日課の如く来て去りぬ 桜井照子
笹鳴の木の裏あたり母の咳 長谷川かな女 雨 月
笹鳴の杜にいろはにほへとの句 平 清
笹鳴の来そめて関守石一つ 八木林之介 青霞集
笹鳴の来ぬ日とてなし針仕事 高橋淡路女 梶の葉
笹鳴の来る戸すなはち目覚め時 石川桂郎 四温
笹鳴の渡りすぎけり枇杷の花 室生犀星 犀星発句集
笹鳴の玻璃戸なきごと近づき来 西井五山
笹鳴の碑裏碑表濡れいろに 原裕 青垣
笹鳴の移りし影と思はるゝ 大久保橙青
笹鳴の移りて残る日差しかな 星野恒彦
笹鳴の笹の高さを移り来つ 黒坂紫陽子
笹鳴の範囲を連れて移りたる 塙告冬
笹鳴の経を忘れてゆきしかな 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
笹鳴の舌の強さよ藪の中 滝沢伊代次
笹鳴の舌頭見ゆるかに近し 皆吉爽雨
笹鳴の路せばまりて風の消ゆ 原田種茅 径
笹鳴の途切れては又源氏山 山田閏子
笹鳴の隠密の声しきりなる 川端茅舎
笹鳴の鳴き翔つ光りいつまでも 加藤知世子 花寂び
笹鳴の鳴く間黙す間時が充つ 加藤楸邨
笹鳴の鳴けば亡き母呼ぶかとも 福田蓼汀
笹鳴はさびしきいろに死にゐたり 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴は水沁む原を飛びにけり 右城暮石 声と声
笹鳴は汀に濡るゝほど近し 高橋馬相 秋山越
笹鳴は空耳なりし雪が降る 原田青児
笹鳴は袂に留まるごとくなり 友岡子郷
笹鳴やけふ故里にある思ひ 篠原鳳作
笹鳴やけふ開眼の木彫仏 伊東白楊
笹鳴やさそはれ抱く膝がしら 杉山岳陽
笹鳴やしづかに崖が応へをり 池芹泉
笹鳴やつくばひかけて積る雪 軽部烏帽子 [しどみ]の花
笹鳴やはうむり去りし小とむらひ 河野静雲 閻魔
笹鳴やふたりの影の道祖神 猪俣千代子 堆 朱
笹鳴やもぐさ大きくしがちなる 小島千架子
笹鳴やわが身一つの影のなか 遠藤 はつ
笹鳴やダム底亀裂もて笑ふ 木下夕爾
笹鳴や一人おくれて門に入る 五十嵐播水 埠頭
笹鳴や一壺に充たぬ母の骨 佐藤国夫
笹鳴や一行ひかる子の作文 中村明子
笹鳴や世をしづめたる山家集 野村喜舟 小石川
笹鳴や乾き岐れし潦 大橋櫻坡子 雨月
笹鳴や井戸また涸るゝ日の匂ひ 佐野青陽人 天の川
笹鳴や保育器にさく十指あり 田川飛旅子(1914-99)
笹鳴や勤めなければ門を出ず 三溝沙美
笹鳴や十能の火を書院まで 大峯あきら
笹鳴や千家の庭の藪柑子 四明句集 中川四明
笹鳴や博奕の宿へ藪の穴 河野静雲 閻魔
笹鳴や厨ごとこそ大切に 及川貞 夕焼
笹鳴や古総太き客間椅子 島村元句集
笹鳴や吾子の描く絵に赤多く 加倉井秋を
笹鳴や塔頭さらに垣を結ふ 米沢吾亦紅 童顔
笹鳴や壬生菜にふりし味の素 鈴木真砂女 夕螢
笹鳴や大刈込をくぐりては 水原秋櫻子
笹鳴や大望の身の懐手 佐々木有風
笹鳴や失ひしものみな寂か 山田みづえ 草譜
笹鳴や女ばかりの昼ながし 桂信子 黄 炎
笹鳴や妻いくたびも燐寸擦る 加倉井秋を
笹鳴や寺領はいつも期待あり 稲畑汀子 春光
笹鳴や居間に厨にわが起居 殿村菟絲子 『繪硝子』
笹鳴や山田いつより捨てられし 岡本まち子
笹鳴や峡に空家の又ひとつ 空林美恵子
笹鳴や峡の自足の茶の籬 伊藤いと子
笹鳴や巌にもたせて木の鳥居 比叡 野村泊月
笹鳴や師を棄つるまで啼きとほし 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
笹鳴や帰りのやうな午後の雲 児玉南草
笹鳴や平群の山は畳なはり 山口誓子
笹鳴や幼子がわが門にゐて 原田喬
笹鳴や思惟の手解かぬ苔仏 三橋迪子
笹鳴や我はひと代を火炎上 加藤秋邨 まぼろしの鹿
笹鳴や手は見え足は忘じたり 島津亮
笹鳴や手沢出でたる桐火鉢 日野草城
笹鳴や掌にぬくもりし化粧水 石田あき子 見舞籠
笹鳴や新藁かわく薄緑 碧雲居句集 大谷碧雲居
笹鳴や日の出の何ぞなつかしき 加藤秋邨 火の記憶
笹鳴や日向日蔭へ道伸びて 岸田稚魚 筍流し
笹鳴や日移りはやき竹の幹 村上 光子
笹鳴や昼の暗さの懺悔室 水原春郎
笹鳴や朗報しかと胸に抱き 星野椿
笹鳴や杭うちしごと人彳てる 橋本鶏二 年輪
笹鳴や松にある日の障子にも 比叡 野村泊月
笹鳴や枯燕子花誰も見ずに 徳永山冬子
笹鳴や椿緑り葉篠の中 尾崎迷堂 孤輪
笹鳴や榾火吹きにしなみだ顔 古沢太穂 古沢太穂句集
笹鳴や機嫌雀の唄の中 石塚友二 光塵
笹鳴や母がかたみの仮名手紙 石田あき子 見舞籠
笹鳴や水のゆふぐれおのづから 日野草城
笹鳴や浄土追はれし磨崖仏 加藤楸邨
笹鳴や浅谷杉の小百本 尾崎迷堂 孤輪
笹鳴や海女が入る温泉の萱がくれ 宮下翠舟
笹鳴や深山たびたび日をかくす 長谷川双魚 風形
笹鳴や渚を越ゆる波ばかり 脇田裕司
笹鳴や満月登る富士の肌 澤木欣一
笹鳴や無為に馴れたる我が耳に 京極杞陽
笹鳴や生あたゝかく言生きて 石塚友二 光塵
笹鳴や痩せし日射しを膝の上 岸田稚魚 筍流し
笹鳴や石に日が跳ぶ杉襖 古館曹人
笹鳴や砂にちらばるうつせ貝 福田蓼汀 秋風挽歌
笹鳴や磨きて覚ます杉の肌 本多静江
笹鳴や空気緻密に林ある 徳永山冬子
笹鳴や篠竹原に道開け 広瀬直人
笹鳴や終日開けぬ寺障子 比叡 野村泊月
笹鳴や置釣の綸ひかりゐて 金子 潮
笹鳴や習ふと言ふは密かなる 殿村菟絲子 『菟絲』
笹鳴や艦入り替ふる麓湾 飯田蛇笏 山廬集
笹鳴や芝庭にある乳母車 島村元句集
笹鳴や茶山へ運ぶ古き藁 下田稔
笹鳴や落葉くされし水の冴え 室生犀星 魚眠洞發句集
笹鳴や裏つゞきなる二塔頭 河野静雲 閻魔
笹鳴や西行塚はまんまるく 成瀬桜桃子
笹鳴や西行谷の流れ水 小澤碧童
笹鳴や謡の節に句の調子 松根東洋城
笹鳴や谷戸を包める日の温き 鈴木壽夫
笹鳴や豊公利久伊勢の鷹 石塚友二 光塵
笹鳴や赤の瓦のぎつしりと 大木あまり 火球
笹鳴や逢はでかへりし声は誰 加藤秋邨 火の記憶
笹鳴や遠まはりしてご用聞き 吉田ひで女
笹鳴や野良着にもある好き嫌ひ 影島智子
笹鳴や鉄漿つけ給ふ中納言 四明句集 中川四明
笹鳴や鉛筆書きの妻の遺書 三村太虚洞
笹鳴や開扉のほとけたをやかに 織田春美
笹鳴や雪に灯ともす東大寺 中川宋淵 詩龕
笹鳴や青淵覗く危さに 馬場移公子
笹鳴や青道心の日和下駄 乙字俳句集 大須賀乙字
笹鳴や飛島川とて涸れのこる 水原秋桜子
笹鳴や馬込は垣も斑にて 室生犀星 魚眠洞發句集
笹鳴や鳴かで啄む枝移り 東洋城千句
笹鳴よこの身焼かるる日も鳴くや 橋間石
笹鳴りや訪はゞ紅布を裁ちをらん 安斎櫻[カイ]子
笹鳴をまねつゝ急ぐ法師かな 比叡 野村泊月
笹鳴を四方に厩は日あたれり 高橋馬相 秋山越
笹鳴を庭先にして私宅ミサ 村越化石 山國抄
笹鳴を待ちもう少し待つてみる 清水径子
笹鳴を疎林のひかり弾き合ふ 相馬遷子 山河
笹鳴を聞いて居籠る夫婦かな 比叡 野村泊月
笹鳴を聞き得て生がありにけり 斎藤空華 空華句集
笹鳴を聴いて見知らぬ人同志 小林草吾
笹鳴を覗く子と待つ雑煮かな 渡邊水巴
箸箱に箸二並び笹子鳴く 赤松[けい]子 白毫
粥占に由緒の神社笹子鳴く 小山今朝泉
紅志野の窯へ山越え冬鶯 伊藤敬子
紫の立子帰れば笹子啼く 川端茅舎
結納の娘の帯締むる笹子鳴く 伊東宏晃
絣着の昔ありけり夕笹子 村越化石 山國抄
絵の売れし画室のさびれ笹子鳴く 皆吉爽雨
耳遠くなるは長寿か笹鳴ける 澤田 緑生
臘月と魚眼といづれ啼く笹子 北原白秋
臥して知る妻のひと日や笹鳴ける 金子 潮
草庵の垣の破れに笹鳴ける 星野椿
草紅葉くぐるやさしき笹子川 沢木欣一
蔭村の垣の下風笹鳴ける 内田百間
裏山に笹鳴殖やし醤油蔵 冨田みのる
西空の朱もわづかや笹鳴す 岩田昌寿 地の塩
角砂糖に水色の翳笹鳴す 田川飛旅子
詩を殺すべき否歌を殺せよと冬鶯の啼きてゐしかな 山中智恵子
足を踏みかへて鳴きゐる笹子とも 後藤比奈夫 花びら柚子
踏み入れば笹鳴少し遠くなる 太田昌子
車おりてしばらくゆけば笹子鳴く 上村占魚 鮎
近寄りし人に退く笹子かな 岡安仁義
逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦
連れのなき吾に笹子の鳴きくるる 星野椿
道修町のビルの植込み笹子来る 松崎亭村
選り抜きの蘭の出荷口笹子鳴く 野本 嘉子
遺影とは微笑むものか笹子鳴く 千代田葛彦
遺影まで届く朝の日笹子鳴く 縣信彰
還り来し尺八に笹鳴おこりけり 原石鼎 花影以後
酔ひし顔母に見られぬ笹鳴ける 桂信子 黄 炎
間のありて又笹鳴の磴となる 中川秋太
降る雪に弾み付ききし夕笹子 高澤良一 ねずみのこまくら 
雛つくる人に老なし冬鴬 長谷川かな女 雨 月
雨傘のなか笹鳴をききとめて 神尾久美子 桐の木
雨止んで二月堂裏笹子かな 茂里正治
雪ちらちら笹子ちらちら峠越 大橋敦子 勾 玉以後
雪笹子南大門の暁けてきて 黒田杏子
飛鳥路のかはたれどきを笹鳴けり 倉田春名
馬鈴薯の花に笹子の雨暗し 赤堀五百里
鵯その他去り笹鳴の登場す 石塚友二 光塵
麻酔覚める瞳街の笹鳴もう句にして 加藤知世子 花寂び
来て遊ぶ鶯の子はいつも二羽 室積徂春
玻璃打つて鶯の子の落ちにけり 原石鼎 花影以後
茶の花や鶯の子のなきならひ 浪化
笹子来て島の竹藪こそつかす  高澤良一  石鏡
谷戸尽し鎌倉に聞く笹子かな  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の鵙

冬の鵙

例句を挙げる。

おちつきのある冬鵙となりにけり 阿波野青畝
パン袋掌に冬鵙とはたと会ふ 原田喬
冬鵙が家族のごとし喪の終り 中山純子 沙羅
冬鵙が恋しや咽喉に湿布して 三橋鷹女
冬鵙となる一幹に夕日透き 神尾久美子 掌
冬鵙に天あり孤児の提げしもの 加藤楸邨
冬鵙に常より小さく髪束ね 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬鵙のぎうと落柿舎暮れにけり 高澤良一 燕音
冬鵙のさびしきときは樹を離れ 中島ふき
冬鵙のゆるやかに尾をふれるのみ 飯田蛇笏 春蘭
冬鵙の目の張り朝日水に射す 桂信子 花寂び 以後
冬鵙の翔つむらさきの先を読む 鳥居おさむ
冬鵙の贄なるものの鼻の穴 大木あまり 火球
冬鵙の顔をはなるる日射かな 小島千架子
冬鵙の鳴かで渡りぬまむし沢 青木重行
冬鵙へはがねのごとく病めるなり 加藤楸邨
冬鵙や分秒に塔暮れてなし 井沢正江 晩蝉
冬鵙や取り替へきかぬ山の数 大木あまり 火のいろに
冬鵙や寺の日暮れは一段づつ 小島千架子
冬鵙や山稜に日の環ふるへ 矢島渚男
冬鵙や手術の髪を切らぬ意地 朝倉和江
冬鵙や流されゆかむ転居の荷 手塚美佐 昔の香
冬鵙や百姓肩をまろめ来る 米沢吾亦紅 童顔
冬鵙や石も煤けて工都の墓地 北野民夫
冬鵙や綺羅を野道にかがやかす 桂信子 黄 炎
冬鵙や足になじまぬ露地草履 斉藤小夜
冬鵙や針山待針咲くがごと 大峯あきら
冬鵙や鏡みがいて朝始まる 田口美喜江
冬鵙や風が磨ける石畳 大岳水一路
冬鵙や骨壷しかと抱きゆく 小野寺安居
冬鵙や高干をして男シヤツ 遠藤梧逸
冬鵙よ汝の贄は薄目して 大木あまり 火球
冬鵙を前や俳句は気合いもの 高澤良一 随笑 
冬鵙切に泣けど動かぬ遺髪塚 原子公平
古戦場訪ふ冬鵙の猛る駅 岡田游子
寒鵙の今を墓守の妻も聴けり 下村槐太 天涯
射程距離にて冬鵙の尾を振れる 岸風三樓
磨かれし冬鵙のこゑ生駒山 廣瀬直人
端役にも心動かすとき冬鵙 高澤良一 宿好 
詩を捨て得ず冬鵙胸を照しをれり 米沢吾亦紅 童顔
誰もゐない公園冬鵙枝移り 大高弘達
面皰多き吾子冬鵙に似しと思ふ 石田あき子 見舞籠
いまありし鋭声かへらず冬の鵙 井沢正江
はみだされゆく農なるや冬の鵙 影島智子
まばたきに十年を消し冬の鵙 堀井春一郎
一川を引いて他なし冬の鵙 斎藤玄 雁道
一徹な男の眉間冬の鵙 石川辛夷
一揆の地いま名水の地寒の鵙 上野英一
一本の白髪おそろし冬の鵙 桂信子 花寂び 以後
人はみな火事に馳せつけ冬の鵙 下村槐太 天涯
人間をやめるとすれば冬の鵙 加藤秋邨 吹越
低くとぶ分水嶺の冬の鵙 河合凱夫 飛礫
光陰をほづえにわする冬の鵙 飯田蛇笏 雪峡
冬の鵙いずれの蓋も合わざりけり 橋石 和栲
冬の鵙いぶかしむ子の眸に朝暾 瀧春一 菜園
冬の鵙かんばせ七つ茫々たり 鈴木湖愁
冬の鵙ももいろの骨捨へといふ 水野恒彦
冬の鵙チョーク踏まるるたび砕け 行方克巳
冬の鵙五十路はものゝ遽なり 米沢吾亦紅 童顔
冬の鵙人をいざなふ声からび 岩田昌寿 地の塩
冬の鵙伐折羅は指を地へひらく 橋本鶏二
冬の鵙切り火の声をもらしけり 石飛如翠
冬の鵙去りてより木は揺れはじむ 加藤楸邨
冬の鵙啣へしものを垂らしけり 勝又一透
冬の鵙墓犇きてあるばかり 石田波郷
冬の鵙放言癖を虔めと 脇 祥一
冬の鵙時に石打つ乙女の鍬 飯田龍太
冬の鵙男に老いのはやきかな 大野悠子
冬の鵙病者の一人ふりむける 椎橋清翠
冬の鵙空に盲ふるごとくなり 矢島渚男
冬の鵙荷役いたみの石の階 石田晶子
冬の鵙裾なき山が湖の上に 米沢吾亦紅 童顔
冬の鵙誓子第一線を退く 橋本美代子
冬の鵙遁れ来りし如くなり 石田波郷
冬の鵙醫師に訴ふ聲甘し 石田あき子 見舞籠
冬の鵙頸かしげゐて人を過す 米沢吾亦紅 童顔
冬の鵙飛んで大きく見えにけり 猪股洋子
前向けばうしろ見られて寒の鵙 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
吾に子の五十年忌や冬の鵙 西村公鳳
大学に兵舎残れり冬の鵙 丹羽登代
天辺に個をつらぬきて冬の鵙 福田甲子雄
太陽の淋しさに在り冬の鵙 河原枇杷男
女面割つて修羅断つ冬の鵙 勝村茂美
寒の鵙墓犇きてあるばかり 石田波郷
小さくてその面構冬の鵙 小檜山繁子
少年に白紙おかれて冬の鵙 桂信子
山に向く複線工事冬の鵙 飯田弘子
山削る音昨日より冬の鵙 船坂ちか子
巡礼の老のよき顔冬の鵙 向笠和子
師の声のある日の声を冬の鵙 石川桂郎 含羞
師の聲のある日の聲を冬の鵙(横光利一逝去) 石川桂郎
廃鉱の空縄張りに冬の鵙 菅原文子
待つに鳴く二た声までも冬の鵙 石塚友二 光塵
後れ毛のあるいは冬の鵙なるか 橋石 和栲
志賀直哉今も栖むかに冬の鵙 右城暮石 声と声
忘恩の囚の頬骨 冬の鵙 野村秋介
暮れきつてつひの絶叫冬の鵙 野見山朱鳥
檣頭にこゑ切り落す冬の鵙 山口誓子
死者の髪伸びる刹那を冬の鵙 今井豊
水に日のゆらめきあれば冬の鵙 山上樹実雄
沈黙の筋を通して冬の鵙 香川千江子
沐浴の胸にまつすぐ冬の鵙 下田稔
父は言葉失い冬の鵙を聞く 田川飛旅子 花文字
独霜除を作る冬の鵙がだまつて働く 梅林句屑 喜谷六花
目端利く冬の鵙とはなりゐたり 高澤良一 随笑 
磔像に切傷ふやす冬の鵙 成瀬桜桃子
神のもの神の火に焚く冬の鵙 池田幸利
稲架竹に青さ残れり冬の鵙 椎木嶋舎
耳病むや近く遠くに冬の鵙 斎藤愼爾
血のおとの首筋のぼる冬の鵙 成澤たけし
言ふも悔言はざるも科寒の鵙 野澤節子 黄 炎
遠き陽にしぐれ皃なる冬の鵙 小松崎爽青
黙殺をもてとゞめ剌す冬の鵙 上田五千石 田園
冬の鵙素寒貧とはなりにけり  高澤良一  寒暑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

臘八会

臘八会

例句を挙げる。

おほらかに墨の撥ねたり臘八会 中村苑子
上堂の手燭案内臘八会 藤 小葩
下りて来し山の灯の数臘八会 長谷川双魚 『ひとつとや』
修道の素足が走る臘八会 神戸衣寒
夜の樹々臘八の灯に犇めきぬ 中川宋淵 命篇
大屋根のあたたかき日や臘八会 森澄雄
大綿のひとつを肩に臘八会 西田栄子
大衆や経行冴ゆる臘八會 名和三幹竹
女人とて男袴の臘八会 村上冬燕
居士大姉臘八粥の湯気の中 小坂順子
履物の列美しく臘八会 牧 月耕
山の火かはた明星か臘八会 福田甲子雉
庫裡のゆげ臘八粥の煮ゆるらし 大森扶起子
打交じる有髪の尼や臘八会 森永杉洞
日がまはりたる臘八の石の上 岡井省二
日に透けて粥のひと粒臘八会 水野真由美
暁の御門をひらき臘八会 松内蒼生
朝粥に凍ほどけゆく臘八会 井上祥風
松影のしかと臘八会の終る 和田暖泡
海に入る水のびのびと臘八会 岩本かおり
禅寮に積む白ぶとん臘八会 亀井糸游
筆太に臘八接心告知せる 赤木利子
緇衣支ふくるぶしとがり臘八会 亀井糸游
老僧のだよだよ話臘八会 星野立子
腸をさぐりて見れば納豆汁 許六(臘八)
臘八にせめて疑ふ人もがな 加舎白雄
臘八に愚痴を一臼しらげばや 諷竹 極 月 月別句集「韻塞」
臘八に火中の蓮をつばらかに 寒川鼠骨
臘八のいろはもみぢをすこし焚く 古舘曹人 樹下石上
臘八の会座に一人蒙古僧 矢野秋色
臘八の典座いづれも襷がけ 中村一志
臘八の堂の静けさつたはりぬ 後藤夜半
臘八の大甕水を湛へけり 丸山哲郎
臘八の大青空となりゐたり 綾部仁喜 樸簡
臘八の如意に打たれて遅参尼 水谷鍬吉
臘八の屋根にやすやす男ゐて 藤田三郎
臘八の山気圧しくる坐禅堂 渡辺大円
臘八の巨いなる雲動きをり 中川宋淵
臘八の恥骨に大和暮れるかな 大井恒行
臘八の日をこぼしたる霜しづく 石原舟月
臘八の日矢の金色雲間より 倉橋弘躬
臘八の旦峨々たる声音かな 河東碧梧桐
臘八の明方頃を鴉啼く 小川煙村
臘八の星のにはかにみぞれけり 宮岡計次
臘八の星びつしりと嗽ぐ 藤原款冬
臘八の朝の燠がしたたかな寮内 梅林句屑 喜谷六花
臘八の柱の陰に憎ひとり 片山由美子 水精
臘八の法話の中の摩伽陀国 末石休山
臘八の海鳴りを断つ白障子 佐野美智
臘八の禅堂雪に沈みけり 本田一杉
臘八の粥の梅干種大き 羽田岳水
臘八の粥受け給ふ鯖大師 笹井武志
臘八の粥座居向の膝をかへ 後藤夜半
臘八の粥煮こぼるゝ典座かな 南上北人
臘八の聴衆まばらや大伽藍 松本たかし
臘八の茶粥噴きをり夜明前 幕内千恵
臘八の読経に遠い飛行音 田中信克
臘八の警策しかと応へたり 田中田吉
臘八の警策ぴしと鳴りにけり 周藤花汀
臘八の警策を受け合掌す 石馬賢州
臘八の警策艶をふかめけり 伊与幽峰
臘八の道友の親しみを君が見てくれた 梅林句屑 喜谷六花
臘八の鍛冶の炎明り漁師町 中川志帆
臘八の門に汝の到りけり 河東碧梧桐
臘八の門遊楽の徒は入れず 安陪青人
臘八の飲食湯葉の黄をくらふ 永橋並木
臘八の香煙くぐり烏猫 渡辺鳴水
臘八は何とたたくぞはちたたき 木導 極 月 月別句集「韻塞」
臘八や亀かたくなに首出さず 河田 悠
臘八や今朝雑炊の蕪の味 惟然
臘八や和尚漸くねびまさり 雁宕
臘八や噛む眼ばかりの乾小魚 阿部浪漫子
臘八や斎座につける周梨槃特 河野静雲 閻魔
臘八や昏さに数へ京花麩 岡村加代
臘八や晋山待たる一寺院 古川禎子
臘八や月に釣り雲に耕すと 尾崎迷堂 孤輪
臘八や有髪の尼も結跏趺坐 中島不識洞
臘八や煙出しより烟いで 名田西の鴉
臘八や獅子座につきし大和尚 河野静雲 閻魔
臘八や痩は仏に似たれども 支考
臘八や老師は須弥の頂キに 尾崎迷堂 孤輪
臘八や腹を探れば納豆汁 許六 極 月 月別句集「韻塞」
臘八や赤き花さく霜の中 松瀬青々
臘八や辻の焚火に旅の僧 菅裸馬
臘八や道風会下の五百人 喜谷六花
臘八や鎌倉禅の末に参じ 松根東洋城
臘八や雪をいそげる四方の嶺 阿波野青畝(1899-1992)
臘八を明日に坐禅のふとん干す 竹内万紗子
臘八会木立の奥を風の過ぐ 鈴木かほり
臘八会栗鼠が走りて塵少し 牧岡歌子
臘八会満願の僧峨山越 国分法泉
臘八会炭火奢りの焔吐き 飯田龍太
臘八会石工の子らも来てをりぬ 小倉覚禅
臘八会素早く暮れて槻の枝 飯田龍太
臘八会芥もくたの穴掘りて 宮坂静生 樹下
臘八僧星見えぬ空仰ぎをり 沢崎ゆきえ
臘八粥炊きてひと日を夫に侍す 沢田まさみ
臘八粥炊く火のほかは庫裡くらし 和田祥子
角柱にふしくれありき臘八会 栗栖恵通子
講台の下にもつむり臘八会 秋吉方子
警策の尼に重たし臘八会 穂北燦々
警策を承けざりし悔い臘八会 阿部棠女
足裏の清楚な汚れ臘八会 牧 冬流
障子打つ風の音のみ臘八会 肱岡恵子
雲低き臘八の山下るべき 門脇顕正
高きより日のさしてゐる臘八会 長谷川双魚 『ひとつとや』
鬚剃りて臘八粥をいただけり 升本行洋
鳶のかげ田の面に舞ひて臘八会 中井是空
鼠鳴の鳥がちかづく臘八会 宮坂静生 山開
末法の星美しき成道会 今村霞外

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

針供養

針供養

例句を挙げる。

あじきなき日を送りつゝ針供養 高橋淡路女 梶の葉
あまさかる鄙のをとめも針供養 高橋淡路女 梶の葉
いたづらに古りゆく身かな針供養 高橋淡路女 梶の葉
うすうすと川に汐入る針供養 宮川惜子
お針子の昔ありけり針供養 行方克巳
かぼそさを耳たぶにため針供養 河野多希女
きささげの実に日の当り針供養 加藤三七子
この在のいつか廃れて針供養 高澤良一 素抱 

この道で生活(たつき)立て来し針供養 高澤良一 宿好 
こぼれゐし針おそろしや針供養 岸風三樓
こもを巻く蘇鉄のもとの針供養 丸山和子
さながらのこぼれ松葉や針供養 小 波
さび針の大包ある針供養 松藤夏山 夏山句集
それぞれの女のさだめ針供養 田辺ひで女
どこからも伊吹は白し針供養 大峯あきら 宇宙塵
ふるさとに帰りて会へり針供養 村山古郷
まんさくも挿しまゐらせて針供養 荒井正隆
みちのくに旧暦寺の針供養 桂樟蹊子
もの食べて唇ひかる針供養 長崎玲子
やはらかき土踏んできて針供養 鷲谷七菜子
ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷
一湾に雲の重たき針供養 荒井千佐代
井の底に白雲あそぶ針供養 飯田龍太
亡き母の尺古し針供養 松根東洋城
何事も肯く母や針供養 高橋悦男
割烹着脱げば晴着や針供養 池上浩山人
十人の過去は十色に針供養 町田しげき
午からは雪消す雨や針供養 大峯あきら 宇宙塵
古びたる注射針をも針供養 瀧澤伊代次
在りし日のままの針箱針供養 穂坂日出子
大作の絵筆もとり針供養もし 安立恭彦
天井に日の斑ゆらめく針供養 桂信子 遠い橋
女の宮の雨しづかなる針供養 服部よね子
嫂を母ともたのみ針供養 橋本鶏二 年輪
子を生むときめしやすらぎ針供養 本間有紀子
孕み猫膝にいたはり針供養 西島麦南 人音
山里や男も遊ぶ針供養 村上鬼城
島人にその日待たるゝ針供養 稲畑汀子
幔幕をたたみてをはる針供養 榎本好宏
春の戸を出て夕まぐれ針供養 高浜虚子
昼月の淡島さまや針供養 赤星水竹居
昼月の粟島様や針供養 赤星水竹居
昼湯より戻りて遊ぶ針供養 高橋淡路女 梶の葉
来し方もいまもさびしく針供養 戸田銀汀
次の間に次の間のあり針供養 深見けん二
母の名の残る尺差し針供養 金原登志子
法螺貝を吹きて始まる針供養 山田弘子 螢川
浅草に日のさびれゐし針供養 大牧 広
浅草に月が出てをり針供養 深川正一郎
浅草はいつも群集や針供養 高木峡川
海荒れて淋しきかなや針供養 細見綾子
点滴の針つけつ放し今日針供養 星野紗一
無造作に祈る畳屋針供養 秋山夏樹
片づけて子とあそびけり針供養 今井つる女
男ひとり交りて堂に針供養 渡辺和子
町中に寺の灯ともる針供養 石川桂郎 四温
町娘笑みかし行く針供養 高浜虚子
白足袋も五つこはぜの針供養 今泉貞鳳
百度石忘れられをり針供養 高木晴子 花 季
矢衾の豆腐かなしき針供養 金子伊昔紅
笙の音に鳥影よぎる針供養 山田弘子 こぶし坂以後
紐巻きてアイロン休む針供養 百合山羽公 寒雁
羽ばたけるもの夕空に針供養 藺草慶子
舟に着き女人ばかりや針供養 中戸川朝人 尋声
艶といふつめたきひかり針供養 長谷川双魚 『ひとつとや』
芝居見たき火鉢に凭りぬ針供養 龍胆 長谷川かな女
草の戸を出て夕まぐれ針供養 高浜虚子
行き合ふて話が弾む針供養 高澤良一 宿好 
裁台に茶菓子届きぬ針供養 小澤満佐子
装ふも手は主婦の手や針供養 茂里正治
見えてゐる島からも来て針供養 山内山彦
親方が一人男や針供養 瀧 春一
詩作亦受恩の償ひ針供養 中村草田男
賃仕事ためて遊ぶや針供養 高浜虚子
蹇の妻の晴着や針供養 日野草城
身から出る錆といふもの針供養 大倉祥男
辻浄む幣立て替へて針供養 脇坂啓子
酒絶ちのきれいな夜の針供養 中山純子 沙 羅以後
針もたぬ遊び女なれど針供養 藤田烏兎
針供養うしろの楠に鳶がゐて 平松良子
針供養した豆腐なり豆腐汁 清水さき子
針供養してさて娘らやどこへゆく 星野立子
針供養ついで参りの鐘をつく 立林しゑ
針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半 底紅
針供養に逢ふ約束も出来てをり 高木晴子 花 季
針供養ふもとの人のつどふ日よ 小島千架子
針供養へといそ~と一人行く 星野立子
針供養むかし千人針と母と 成瀬櫻桃子 素心
針供養夕づきそめし針の色 岡本 眸
針供養女の齢くるぶしに 石川桂郎 含羞
針供養女人の膝も寺冷えす 本宮鼎三
針供養女人は祈ること多し 上野泰
針供養子が子を連れて来てゐたる 安住敦
針供養子供が多くゐて場末 町田しげき
針供養宮居の梅も年古りぬ 高木石子
針供養宮戸座裏の深雪かな 増田龍雨 龍雨句集
針供養明日に淡島様ともる 館岡沙緻
針供養母亡きあとの月日かな 成瀬櫻桃子 素心
針供養水仙ねぢれ梅曲り 百合山羽公 寒雁
針供養海鳥声を落としゆく 大峯あきら
針供養淡島様は母の里 中井 ユキ子
針供養男の眼もて見てゐたる 宇田秋思
針供養皓と使はぬ糸切歯 百合山羽公
針供養目のおとろへは云ふまじく 澤田しげ子
針供養空枝夕日に伸べりけり 太田鴻村 穂国
針供養都を恋ふる淡さかな 阿部みどり女
針供養針一本で子を育て 岩永草渓
針子とる身すぎ世すぎや針供養 富安風生
針山の年経し艶や針供養 有働木母寺
針穴の多き障子や針供養 大橋櫻坡子 雨月
針箱を持ち出せしのみ針供養 細見綾子
釣針も刺してあるなり針供養 平林婦美栄
鎌倉の山まどかなる針供養 綾部仁喜 寒木
雪いつか雨となりたり針供養 加古宗也
雪山の荒膚仰ぐ針供養 堀口星眠
響灘波たちやすし針供養 八重津苳二
風花に濡れきし髪や針供養 西島麦南
風荒れは沖荒れさそふ針供養 不破幸夫
鳩千羽千の影曳く針供養 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
黒髪がいのちのむかし針供養 太田寛郎
貴女まあお変わり無くてと針納め  高澤良一  宿好
つつみ紙楚々と開きて針納め  高澤良一  宿好
針納む美風普く傳はりて  高澤良一  宿好
まなうらにミシン踏む母針納め  高澤良一  宿好
紅絹(もみ)いろに浅草の空針納め  高澤良一  宿好
鼻の上にちょこんと眼鏡針納め  高澤良一  宿好

以上
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

寒し2

寒し2

例句を挙げる。

十四屋は海手に寒し雪の門 許六 霜 月 月別句集「韻塞」
千年の仰臥屈葬まざと寒し 齋藤玄 『狩眼』
口を閉じ寒し寒しのほか言わず 宇多喜代子
只寒し白き御帳黒き椅子 寺田寅彦
向きあうて寒し痛しと張扇 高橋睦郎 稽古飲食
呵々と寒し君もマッチを持たざるか 林原耒井 蜩
啼きに来る山鳩寒し柿の色 樗堂
四十路も寒し事の序に生れ来て 北野民夫
固まれば砂糖も寒し黄泉の父 鍵和田釉子
土器に煤寒し用ひししるしにして 宮津昭彦
坑を出て荒男の仰ぐ星寒し 三谷昭 獣身
城寒し群立つ柱亡者のごと 藤岡筑邨
塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店 芭蕉
壁寒し自恃のはかなさ念ひ寝る 石塚友二 方寸虚実
壕出づや汗ばみゐしか腋寒し 原田種茅 径
夕寒しどこの部屋にも雨の音 野澤節子 黄 瀬
夕月が白し寒しと鵯叫ぶ 堀口星眠 樹の雫
夕月の寒しと水菜さげてゆく 太田鴻村 穂国
夕汽笛一すじ寒しいざ妹へ 中村草田男(1901-83)
夕焼けて寒し待たざるものも来ず 油布五線
夕焼寒しかはほりはブリツヂヘとぶ 太田鴻村 穂国
夕陽(せきよう)の流石に寒し小六月 上島鬼貫
外食のひと日寒しや妻の留守 吉澤卯一
大いなるまたゝき寒し檻の鷲 田村木国
天龍の石原きつて鴨寒し 百合山羽公 故園
太郎三郎次郎も寒し塔の下 山崎聡
奈良寒し鼻孔はっきり鬼瓦 森田智子
奏楽寒し苔むすまでぞと打楽器が 赤城さかえ句集
妻とほし噴煙ゆたかにて寒し 杉山岳陽 晩婚
妻をいたはる心となれば寒しぞ我は 人間を彫る 大橋裸木
子が引きし傍線寒し「死後の世界」 田川飛旅子
子に寝られ掴みどころのなく寒し 石塚友二 光塵
宇宙船めきて屋根裏部屋寒し 皆吉司
宇治寒ししまひ渡舟に乗れといふ 高濱年尾 年尾句集
家こぼつ木立も寒し後の月 榎本其角
富士颪まともに寒し大地獄 乙字俳句集 大須賀乙字
寒ければ寝られずねねば猶寒し 支考 極 月 月別句集「韻塞」
寒しとはこの世のことよ墓拝む 星野立子
寒しとは小町が嘘よほとゝぎす 高井几董
寝寒しと炉火つぐ吾れに虫更けぬ 乙字俳句集 大須賀乙字
寮買へは都は寒し冬の海 尾崎紅葉
寺寒し監視カメラのそこここに 相河美智子
小手寒し麦播きをれば貧迫る 小林康治 四季貧窮
尿する茶壷も寒し枕上 芥川龍之介
居風呂に入時寒し雁の声 太無
屋上に出づを試歩とし風寒し 岸風三樓
屑拾ふ一歩一歩や寒しまる 古賀まり子 洗 禮
屑鉄の山に日当りゐて寒し 菖蒲あや 路 地
山の五月は寒しとばかり昼をこやる 臼田亞浪 定本亜浪句集
山中の巨石の季節苔寒し 林翔
山寒し星揺り出だす木曾の風 大串章
山端は寒し素逝を顧みし 高浜虚子
山頂駅迅風は寒し楽鳴らし 石原八束 空の渚
岳蔽ふ雲を寒しと木賊刈る 三輪不撓
峡の日の落つれば寒し温泉に浸る 高濱年尾 年尾句集
嵯峩寒しいざ先くだれ都鳥 蕪村 冬之部 ■ 泰里が東武に歸を送る
巌うちし余勢の濤として寒し 岸風三樓
師の語ひしと末座に緊むる膝寒し 茂里正治
師走寒し血を出す罪と火を出す罰 磯貝碧蹄館 握手
帰らうと思へは寒し山の庵 闌更 (冬嶺亭に遊ひて)
帰路寒し胸中に人そしりつつ 猿橋統流子
年くるゝ山里寒し塩肴 成美
年功序列女にはなし寒し職場 菖蒲あや あ や
年寒しうつる空よりうつす水 久保田万太郎 流寓抄
年寒し死なれて困る人に死なれ 安住敦
年寒し銀行ばかりやたら建ち 久保田万太郎 流寓抄以後
広告裏に狂院の地図描きて寒し 岩田昌寿 地の塩
引き鶴や我鬼先生の眼ン寒し 芥川龍之介 我鬼窟句抄
御佛のうしろより暮れ奈良寒し 関成美
念ひ寒し逆行の汽車車窓過ぎ 中島斌男
忽然と逝きたる人の席寒し 岡安仁義
急行車過ぎて灯を消す駅寒し 雉子郎句集 石島雉子郎
恋う寒し鼻黒犬と生まれ来て 三谷昭 獣身
恋ふ寒し身は雪嶺の天に浮き 西東三鬼
慇懃に金貸す銀行出て寒し 相馬遷子 雪嶺
懈怠恥づる襟もと寒し覚如御忌 魯 牛
成人の日の風寒し海からも 皆川白陀
戻りは寒しうしろ姿を墓に見せ 猿橋統流子
手箒を蛤に編む寒しごと 西本一都 景色
打よする藻屑も寒し波の跡 乙由 (阿漕浦)
折れし蘇鉄に藁覆せず寺寒し 河野静雲
捨て軍鶏の東風を寒しと浜小松 高井北杜
授業寒し木の音をして生徒起つ 中島吐詩
掌が寒しまだ一本の蟻の道 対馬康子 吾亦紅
故郷寒しうつくしき雨垂れの砂 榎本冬一郎 眼光
断食月を告げゐる繊き月あふぎ絶対神なきわれら寒しも 大塚寅彦
新娶り一友在りて酔寒し 三谷昭 獣身
日の影の悲しく寒し発句塚 史邦
星天のおぼろに寒し隠密行 相馬遷子 山国
星寒し人の言尻胸に尾を 石塚友二 方寸虚実
昼寒し塗らぬ板塀獣医館 宮津昭彦
暁の寝すがた寒し九月蚊帳 暁台 五車反古
暗きかげ寄りつつ寒し電車待つ 原田種茅 径
書を読んで寒しといひて温泉に来る 上村占魚 球磨
書庫寒し獄のごとしとふと思ふ 森田峠 逆瀬川
書樓出て日寒し山の襞を見る 飯田蛇笏
月の鎌一茶忌過ぎしより寒し 沖里石
月を見るうしろは寒し草の庵 松岡青蘿
月光のちらちら寒し樹にひびき 石原八束 空の渚
月寒し戦装の兵等との別れ 石塚友二 方寸虚実
月潜む靄のかがよひ雁寒し 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
月草の色見えそめて雨寒し 暁 台
有がたさ余リて寒し神の場 高井几董
村寒し四五尾の鮠を見しことも 大岳水一路
東京の首のあたりにゐて寒し 中里 結
松寒し神籤結びを人な見そ 太田鴻村 穂国
松明消えて江の音寒し鴨の声 雷夫
柴漬くる波直ぐ消ゆる水寒し 雉子郎句集 石島雉子郎
柴漬ける後ろに寒し淀の城 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
柿喰ふや鵯の啼く音は寒しとふ 臼田亞浪 定本亜浪句集
柿売の旅寐は寒し柿の側 炭 太祇 太祇句選
棟上げの酒もり寒しはだか家 水田正秀
植竹に河風寒し道の端 土芳
椎の影蔽ひ盡して池寒し 寺田寅彦
死にし父の歯の跡寒しきせるの銀 橋本夢道
死ぬ妻が寒しと言ひし西日寒し 齋藤玄 『玄』
死免がれず限前に土塊寒し 村上鬼城
母亡しと思う松山の空寒し 三谷昭 獣身
気をつけて見るほど寒し枯すすき 杉風 極 月 月別句集「韻塞」
水取のけふを知らねばただ寒し 百合山羽公
水寒し烽火たよりに渡す舟 蝶衣句集「島舟」 高田蝶衣
水平線はつきり見えてゐて寒し 池田秀水
水鶏笛ひようと鳴りたるあと寒し 殿村莵絲子 牡 丹
永年勤続賞され寒し早く寝む 菖蒲あや あ や
永遠の雲寒し勤労感謝の日 皆川白陀
河骨の浮葉か寒し濃むらさき 石川桂郎 高蘆
河鹿寒し障子の内の君が膝 碧雲居句集 大谷碧雲居
油焔寒し廃塩田の水の皺 原裕 葦牙
波郷亡しや在りとうなづく月寒し 林翔 和紙
泣くためのくらがり寒し波郷亡し 細川加賀 『傷痕』
泥寒し市電終点より先は 宮津昭彦
洗ふごと寒し松葉の降りつもる 右城暮石 声と声
浪白くなりて寒しや磯遊 福田蓼汀 山火
海底より寒しや冷蔵庫のなまこ 品川鈴子
淀寒し雪に雪ふる愛宕山 松瀬青々
淋し寒し出羽の清水後の月 河東碧梧桐
渡御寒し道に豆木を焚くならひ 西本一都 景色
湖寒し弥次郎兵衛ざま畦踏めば 石川桂郎 高蘆
湯豆腐の暁寒し恋ころも 尾崎紅葉
満天の星の一つを見て寒し 行方克巳
漁家寒し酒に頭の雪を燒 蕪村 冬之部 ■ 題七歩詩
潮寒し瞼沈みて石仏 桂樟蹊子
火の山に何かとらへむとして寒し 鈴木真砂女 夕螢
火の音や一切空のただ寒し 岸風三樓
火山灰寒し赤子泣く茶屋地獄茶屋 石原八束 空の渚
火鉢売場寒し鏡台並びけり 永井龍男
灯が寒し生涯刻む石の窟 三谷昭 獣身
灯寒し蟹食べし指幾度も拭き 鈴木真砂女 夕螢
炭車去り日没つる方に汽笛寒し 三谷昭 獣身
煉炭の灰ぶちまけて路地寒し 菖蒲あや 路 地
熟み落ちて梢に寒し柿の蔕 会津八一
熱にすぐ膝冒されてセル寒し 下村槐太 天涯
燭寒し屍にすがる聖母の図 西東三鬼
爪寒しこれのみ懈怠なく伸ぶよ 石塚友二
牛寒し牛の間より島見えて 原裕 葦牙
牧寒し長きしじまの大熊座 有働亨 汐路
物もなき神殿寒し大太鼓 正岡子規
犬よ寒しまろぶ葉もなき芝の風 林原耒井 蜩
犬吠の海見てくらす犬寒し 原コウ子
狂ひ穂の雨に寒しや青芒 河東碧梧桐
狐面少女にフランス遠し電車寒し 鈴木六林男 谷間の旗
狼の糞見て寒し白根越 正岡子規
猿田彦の塚に注連結ひ鼻寒し 角川源義
甕の中覗きて寒し又覗く 山崎ひさを
生涯寒し天皇の喪に逢ふことも 細川加賀 『玉虫』以後
田が固くなりゆき鵙の声寒し 榎本冬一郎 眼光
痩脛(やせずね)に漸く寒し大井川 上島鬼貫
痩脛や病より起ツ鶴寒し 蕪村 冬之部 ■ 大魯が病の復常をいのる
痩臑に漸く寒し大井川 鬼貫
痩顔のうつりて寒し村の橋 広瀬惟然
白栲の如月寒し駿河町 尾崎紅葉
百姓が立てり地の底まで寒し 榎本冬一郎 眼光
百姓の径を百姓ゆきて寒し 榎本冬一郎 眼光
看取り寒し笑ひは胸にきてとまる 石原八束 黒凍みの道
眞がねはむ鼠の牙の音寒し 蕪村遺稿 冬
眼が寒しストリツパーに銀の陰 磯貝碧蹄館 握手
石寒し四十七士が霜ばしら 高井几董
砂丘来て影売りし人のごと寒し 川村紫陽
砂取節粛々寒し海に雨 西村公鳳
窓通る傘の音にはかに寒し 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
笹醴(ささぼろ)や浦風寒ししほ衣 上島鬼貫
笹鳴に前歩かれて背が寒し 加藤知世子 黄 炎
米炊けば寒し雀の羽の音 せん 俳諧撰集玉藻集
糞とりの年玉寒し洗ひ蕪 許六
糸のなき糸巻に似て月寒し 前田普羅
紅寒し唇乾く昨日今日 下鉢清子
納豆汁腹あたたかに風寒し 正岡子規
終電車寒し編棒りゝと落ち 中島斌男
緊張の言葉貧しきとき寒し 永野由美子
羅漢一体につくき人に似て寒し 鈴木真砂女
羽音さへ聞えて寒し月の雁 松岡青蘿
老楽の口もと寒し御仏名 向井去来
胎蔵界昏し金剛界寒し 篠崎圭介
膝ゆする身ぐせの寒し鬼ひとり 石原八束 藍微塵
膳所寒しわが降り立てば俥あり 星野立子
自問して余生のことは知らず寒し 安住敦
船の笛寒し男も炊がねば 小林康治 玄霜
芭蕉葉の寒しと答ふ声もなし 角上 (悼翁)
芸事は寒し祇園の畳にて 山口誓子 青銅
茜さす起重機群の奥寒し 小林康治 玄霜
茜寒し袋に蝗生きてゐる 千代田葛彦 旅人木
草夕ベ往来に離りゐて寒し 太田鴻村 穂国
菜をきざむ広敷寒し吹どほし 支老 芭蕉庵小文庫
菱の実を神の陰よと言ひて寒し 斎藤玄
落葉して遽に羅漢の裏寒し 小林康治 玄霜
蓮根掘る仕草の一つづつ寒し 有働亨 汐路
薯蕷掘つて入日に土の香寒し 高田蝶衣
街の上を電線その上は寒し 松崎鉄之介
袖の色よごれて寒し濃鼠 松尾芭蕉
裾寒しかぶさる歯科のアーム機器 高井北杜
襞寒し波のうねりのオルガスム 高澤晶子 純愛
襟ことに白きおもひの闇寒し 飯田龍太
見やるさへ旅人寒し石部山 智月
読みて寒し憚りもなき敗戦記 及川貞 夕焼
貧山の釜霜に鳴く声寒し 芭蕉
路地の天寒しオリオン翼缺く 大橋敦子
身をくだつ姿寒しや浸け糸瓜 中野三允句集 中野三允
輪投げの輪赤のみ入りて他は寒し 磯貝碧蹄館 握手
通されて子牛の穴の鼻寒し 正岡子規
達磨忌の坐り直すもただ寒し 岸風三樓
郭公をきく蝦夷の雨寒しとも 水無瀬白風
酷薄にほとべくじられ奇声寒し 赤城さかえ句集
野山獄址寒しひと筋冬日射し 岡部六弥太
野道寒し骨壺袖にかき抱く 上村占魚 球磨
鈴鴨の声ふり渡る月寒し 服部嵐雪
鉄板に雨音それだけでも寒し 菖蒲あや 路 地
銀座寒し誰にも逢はず逢はずとも 深川正一郎
錐の如つつ立つ朽木谷寒し たかし
鍋一つ一つが寒し母臥せば 小檜山繁子
門は松芍薬園の雪寒し 舟泉
門寒し猶澄蠣の水の月 蓼太
阿蘇寒し地鳴り地獄のこゑ天に 石原八束 空の渚
阿蘇寒し赤よな染めの火口壁 石原八束 空の渚
陸になき夕焼海に濃く寒し 菖蒲あや 路 地
雛寒し桃の節句に桃の咲かぬ国 河野静雲
雨はれてふたゝび寒し根深汁 草城
雨寒し牡蠣売れ残る魚の店 佐藤紅緑
雪の松折口見れば尚寒し 杉風
雪よりは寒し白髪に冬の月 内藤丈草
雪よりも寒し白髪に冬の月 丈草
雪寒し洗濯衣のうち返し 幽山 選集「板東太郎」
靄寒し点りし厦のいちめんの窓 原田種茅 径
面影の囚はれ人に似て寒し 木歩
顔寒し有為曇るときくにさへ 石塚友二 方寸虚実
顔寒し話のつぎ穂うしなひて 八木絵馬
風呂場寒し共に裸の油虫 西東三鬼
風寒し切長の目も薄暮にて 飯田龍太
風寒し熊手のおかめ頬白う 高橋淡路女 梶の葉
風寒し破れ障子の神無月 山崎宗鑑
風寒し破魔矢を胸に抱へくる たかし
首延べてかたみに寒し衣川 殿村莵絲子 牡 丹
馬の息ほのかに寒しけさの霜 膳所-民丁 俳諧撰集「有磯海」
馬の背の阿蘇寒し背に鈴鳴らし 石原八束 空の渚
駅寒し護送の捕縄見たるより 山本歩禅
高雄山杉にうつれば日も寒し 暁台 五車反古
髭寒し漢方ぐすりこぼしけり 阿波野青畝
髯寒し小倉の里の冬籠り 会津八一
魚になる夢に目覚めてなほ寒し 辻美奈子
魚臭き男と眠る海寒し 高澤晶子 純愛
鮎の登る川風寒し二十日月 井月の句集 井上井月
鵜のかゞり消て暁の水寒し 松岡青蘿
鵯のかしらも寒し柞原 ぶん村 極 月 月別句集「韻塞」
鷹の羽拾うて寒し廓跡 松本旭
麻酔秒読み落下傘開かず寒し 三好潤子
黒い絵の壁をめぐらしゴヤ寒し 文挟夫佐恵
鼻寒し父の骨壺を抱き温め 小林康治 四季貧窮
鼻寒し雲のみ動く野路の果 三谷昭 獣身
あとからあとから月の出寒い波頭 鈴木六林男 第三突堤
あゝ寒いあらあら寒いひがん哉 一茶
うごけば、寒い 橋本夢道(1903-74)
しら菊や寒いといふもいへる比 千代尼
ただ寒い川が傷兵の眼に奔る 三谷昭 獣身
たてがみが寒いと女ただよえり 岸本マチ子
てのひらに群盗伝の寒いかな 松澤昭 面白
どうしてもどうしやうもなく寒い冬 加藤正尚
にはとりを抱き前を抱き寒い月 攝津幸彦
ひとりぼつちの泊灯ね 寒いわ お父さん 伊丹三樹彦 樹冠
ぺたぺた寒い鰈をならべる シヤツと雑草 栗林一石路
もう堤が焼かれている 寒い天気図のように 吉岡禅寺洞
マツチすつた顔が寒い闇のそこに消えた 人間を彫る 大橋裸木
七輪に寒い焔の翅相住ひ 辻田克巳
主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空 地霊
二階から足がおりてくる寒い顔になる シヤツと雑草 栗林一石路
五圓着いたと兵隊の弟から寒いたよりが来た 橋本夢道
今日病まず寒いきいきと渚あり 岸田稚魚 筍流し
倒れるまでタイヤ転がる寒い空港 三橋敏雄 まぼろしの鱶
凍て寒い日の夕焼け障子の皆に 八年間『碧梧桐句集八年間』 河東碧梧桐
受験子の寒い寒いと言ひ小さし 今瀬剛一
口紅つかう気力体力 寒いわ 池田澄子
喪の家の灯のみはみ出し寒い路地 菖蒲あや
婆の言ふ寒い寒いは唄ふごと 今瀬剛一
子を叱るその声の寒い日暮をおとなふ 人間を彫る 大橋裸木
寒 い 雲 が い そ ぐ 山頭火
寒いかと問へばうなづきシルエツト 京極杞陽
寒いぞよ軒の蜩唐がらし 一茶 ■文化年間
寒いちご親子四人の匙の音 福永みち子
寒いとも月が美しとも言ひぬ 蔦三郎
寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子
寒いよよ月の菁さを仰ぎみる 滝戸 蓮
寒いペンギン考えは今首の中 墨谷ひろし
寒い国のジンタヘ膝を屈した象 伊丹三樹彦 人中
寒い壁に囲まれて読む出エヂプト記 有馬朗人 母国
寒い夜ののっぽキリストかもしれぬ 宇多喜代子
寒い夜の鏡の中にまた鏡 今瀬剛一
寒い日がつゞく抜き草生きてゐて 林原耒井 蜩
寒い日の終わりは熱い眼と会う 高澤晶子 純愛
寒い日暮の提灯つけてゐる車夫の尖つた顔 人間を彫る 大橋裸木
寒い月 ああ貌がない 貌がない 富澤赤黄男
寒い朝巨大空母と茶の間に居り 国 しげ彦
寒い枝であつた猫柳となつた シヤツと雑草 栗林一石路
寒い藻の水に映っている 自分 古川克巳
寒い足が出てシベリアの地図をかぶつて寝ていた夢というもの 橋本夢道 無禮なる妻抄
寒い鍵束おのおの持ちて鳥の群 栗林千津
寒い雲がいそぐ 種田山頭火 草木塔
影法師なくなった子が寒い顔して戻る 人間を彫る(裸木第一句集) 大橋裸木
心臓が縮まるけさは寒いねぇ 高澤良一 宿好 
文債や鏡の中に寒い顔 福士光生
斜塔となつて見かへれば寒い真赤な絶景 高柳重信
日暮もつるる寒い波跨いで船出る 人間を彫る 大橋裸木
月夜の家根に猫が鳴く寒い村を抜ける 人間を彫る 大橋裸木
木ぎれ石くれ寒い前歯の二人見ゆ 栗林千津
歩かぬと寒いよ白の落椿 池田澄子
毎年よ彼岸の入に寒いのは 正岡子規(母の詞自ら句になりて)
水枕ガバリと寒い海がある 西東三鬼(1900-62)
火の山の空洞寒い風を溜め 三谷昭 獣身
炎天や「うごけば寒い」吾が墓石 橋本夢道 『無類の妻』以後
煙草屋の婆ちやん健在寒いねえ 高澤良一 宿好 
爐寒いで逗留す湖光薄すれたり 牧唄 久米三汀(正雄)
瓶の底の乾かぬ一滴あァ寒い 池田澄子
百姓牛の尻見つつ寒い日暮を戻る 人間を彫る 大橋裸木
祖先のやうに寒い砂山いくつも越し 栗林千津
秋蚕眠る肩が寒いと母のいう 遠山郁好
肩から覗く子供の眼の寒い日暮を来る 人間を彫る 大橋裸木
草田男やしばらく措きて"寒いですね" 岸風三樓
葭を刈り寒い湖上に終る生 三谷昭 獣身
葱の尖りの寒い月の出に歩いてゐる 人間を彫る 大橋裸木
貨車疾走 寒いすすきが引火する 増田まさみ
輪ゴムその他いつまで寒い日輪よ 栗林千津
錆びし鉄ばかり目につき寒い埠頭 池田秀水
長いぞや曽根の松風寒いぞや 広瀬惟然
靴を穿く今が一番寒い時 京極杞陽 くくたち下巻
鴉たち海は寒いと地に降り来 菖蒲あや 路 地
黒い帯しつかりしめて寒い夜居る 尾崎放哉

More
by 575fudemakase | 2014-12-08 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング