2014年 12月 10日 ( 13 )

絨毯

絨毯

例句を挙げる。

うご草は海女の絨毯路に敷き 沢木欣一
庫裡ふた間赤絨毯を敷き詰めし 右城暮石
微笑邪気なし綿絨毯の温きいろ 柴田白葉女 『夕浪』
恋めきて絨毯をふむ湯ざめかな 飯田蛇笏 雪峡
林道のここは栃の葉絨毯道 高澤良一 素抱 
歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘 渡邊水巴 富士
母のベッドありしあたりの緋絨毯 大木あまり 火球
油虫打たれた後の絨毯なり 四ッ谷 龍
灯して絨毯暗し帰化家族 下村ひろし 西陲集
空を飛ぶ夢持ち絨毯の縁反れる 岸 典子
絨毯につづく枯芝海も見ゆ 和田祥子
絨毯に双膝ついて悔い拾う 窪田久美
絨毯に坐せる少女を見下すも 草間時彦
絨毯に子らのねむたき祭かな 大橋櫻坡子 雨月
絨毯に座せば毎日雀が来 林薫子
絨毯に指をすべらすアラベスク 二村典子
絨毯に眠つてをりし電子辞書 細井みち
絨毯に螢火ひろふ多佳子の忌 鷹羽狩行
絨毯に足美しく現れぬ 吉屋信子
絨毯の上を温風這ひ廻り 高澤良一 ぱらりとせ 
絨毯の山水渉る冬至の日 原田青児
絨毯の年古る塵に凍火鉢 西島麥南
絨毯の染みの真上で暮らしをり 櫂未知子 貴族
絨毯の火鉢の跡へ火鉢置く 吉屋信子
絨毯の眞紅古ぶは滅ぶさま 橋本鶏二
絨毯の真紅に年の豆こぼれ 大野紫水
絨毯の美女とばらの絵ひるまず踏む 柴田白葉女
絨毯の花汚せしまゝ何時帰る 殿村菟絲子
絨毯の花鳥に軽し桐火鉢 吉屋信子
絨毯の薔薇が次の間までひらく 正木ゆう子 悠
絨毯の赤き道来し夜を寒む 上田日差子
絨毯の階ばらの闇に出づ 岸風三樓
絨毯は空を飛ばねど妻を乗す 中原道夫(1951-)
絨毯は赤し晶子の書は古りて 石原八束
絨毯をひさぐきち~ばったの野 依田明倫
絨毯を敷き畳替せぬことに 中村芝鶴
絨毯を踏み苜蓿を踏む草履 福田蓼汀 山火
絨毯を踏む黒人の跣かな 山本歩禅
絨毯踏む氷上ながく滑り来て 橋本美代子
緋の絨毯吾をみちびく避寒宿 山口青邨
花冷や絨毯の緋や恋ひわたる 齋藤玄 飛雪
苔寺の苔の絨毯あまがえる 池田勝之
菊活くる水絨毯にまろびけり 西島麥南
虎落笛絨毯に曳く折鶴蘭 阿部みどり女 月下美人
蛇乗れり丸めて捨てし絨毯に 茨木和生 野迫川
雪渓を踏み来し足を絨毯に 稲畑汀子
香臭き絨毯となり年逝けり 殿村菟絲子
とおい母国 旧植民地の絨緞踏む 伊丹公子
もみづれる高雄ホテルの絨緞も 高澤良一 宿好 
ポインセチア絨緞と燃ゆ聖壇下 下村かよ子
天堂の絨緞に住め蚤虱 幸田露伴 谷中集
文学館の絨緞赤し三島の忌 上野澄江
春寒を来て絨緞の赤さふむ 五十嵐播水
梅活くる水絨緞にこぼれけり 麦南
絨緞にとりこむエーゲ海の色 竹中碧水史
絨緞に妻が引き出す単物 古舘曹人 樹下石上
絨緞に押す乳母車菖蒲の日 古舘曹人 樹下石上
絨緞に拾ひて母の髪なりけり 樋笠文
絨緞に水のこぼれし夜景かな 長谷川櫂
絨緞の果しなくなる花づくし 松澤 昭
絨緞の薔薇が次の間までひらく 正木ゆう子
絨緞は海白き蛾の来て溺る 千代田葛彦
絨緞は階へ流れて柳絮舞ふ 永井龍男
絨緞を掃く軽塵や雪日和 西島麦南 人音
絨緞織りのうなじ幼き弥生尽 岡田久慧
菊活くる水絨緞にまろびけり 麦南
蒲の穂に緋の絨緞の見ゆる家 飯田龍太
雪沓のまま絨緞を歩み来る 長谷川櫂 古志
青い絨緞 靴下を脱ぐときがくる 西尾千佳子
一畳の電気カーペットに二人 大野朱香
椿のカーペット踏んで 外人墓地の旅人 伊丹公子 メキシコ貝
緞通に大きな靴のあとありぬ 高浜虚子
英霊や海の息するカーペット 森 早恵子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

味噌搗

味噌搗

例句を挙げる。

三年は囲ふつもりの味噌を搗く 後藤比奈夫
出代の造り損ねし柚味噌哉 寺田寅彦
味噌つきが空ラ臼搗いておどろけり 萩原麦草 麦嵐
味噌搗いて冬の仕度を完うす 相島虚吼
味噌搗きの今に焚きつぐ竈かな 礒崎 緑
味噌搗きや顔がのぞいて薬売 成瀬櫻桃子
味噌搗くや地震さびれせし春の町 西本一都 景色
味噌搗くや母の流儀の他知らず 山下蘆水
味噌搗くを覗きて土間の酒注がる 石川桂郎 高蘆
味噌搗の刀自も一杵下されし 藤岡うた代
味噌搗の杵をかはろと手出す妻 樽本利雄
味噌搗や寒のぬくさを案じつつ 松野文道
味噌搗や母がめくりし農暦 美柑みつはる
味噌搗や顔がのぞいて薬売 成瀬櫻桃子 素心以後
味噌搗を囲みて影を搗込まる 中戸川朝人
大山の各坊味噌を搗きにけり 山本青蔭
山の家四五戸催合の味噌を搗く 横関姿女
文盲の母の味噌搗唄かなし 栗間耿史
昨日今日暖かければ味噌を搗く 西村 きぬこ
母は亡しされど味噌搗く火は絶えじ 甲田鐘一路
烏鳴きわるしと母の味噌搗かず 田中香樹緒
腕まくりして励みをり味噌搗女 古賀三春女
雲衲になじまぬ杵や味噌を搗く 森永杉洞
鹿鳴くや味噌搗き終へし夜の更けて 四明句集 中川四明

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

歯朶刈

歯朶刈

例句を挙げる。

そここゝに歯朶刈りのゐて道曲る 三好 菊枝
心許なく歯朶刈に逢ひし道 田川飛旅子
戦争の世紀でありし歯朶を刈る 七田谷まりうす
歯朶を刈ることに星ぼしめぐるやう 田中裕明 櫻姫譚
歯朶を刈るはじめをはりのつまびらか 田中裕明 花間一壺
歯朶を刈る明るき道を選びけり 山田狭山
歯朶刈に別れてしばし歯朶の道 石田雨圃子
歯朶刈に鳥啼かぬ日の妃陵かな 大峯あきら 鳥道
歯朶刈のその屑らしや愛宕道 森田 峠
歯朶刈のみささぎ道をよごし去る 太田穂酔
歯朶刈のもどる日向の一軒家 大峯あきら
歯朶刈の息するするとうごく山 宇佐美魚目 秋収冬蔵
歯朶刈の来て小綬鶏のめくらとび 岡本まち子
歯朶刈の言の葉やさし裏日本 大峯あきら 鳥道
歯朶刈の音裏山へ廻りたる 児玉輝代
歯朶刈りしところに仕掛け兎罠 宮脇和正
歯朶刈りて海の碧さを見てゆけり 則近文子
歯朶刈るや天鵞絨色のわたつうみ 各務耐子
歯朶刈るや役の小角が在所にて 佐野美智
湖の今日も静かや歯朶を刈る 高崎雨城
登り窯裏山伝ひ歯朶を刈る 松本正一
磨崖まで来て歯朶刈の返しけり 山田建水
絶壁の日向を仰ぎ歯朶を刈る 小島千架子
羊歯刈りの谷を隔てて見ゆるなり 秋篠光広
羊歯刈ると子は谷深くくだりけり 和田博雄

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ストーブ

ストーブ

例句を挙げる。

ふと耳に瓦斯ストーブの音なりし 高濱年尾 年尾句集
ふるさとの駅のストーブ燃えにけり 成瀬桜桃子 風色
アラジンのストーブぎんなん跳ねている 穴井太 原郷樹林
ガード下よりストーブの煙突生え 山本歩禅
ストーブから顔あげた落日一つ シヤツと雑草 栗林一石路
ストーブごんごん焚きて炭坑夫が威張る 寺田京子 日の鷹
ストーブでライオンを焼こう 麦のように 星永文夫
ストーブにあさましき絵のかゝりけり 杉山一転
ストーブにかざす手みんな油まみれ 木村緑枝
ストーブにくべて悔なき手紙かな 五十嵐播水 播水句集
ストーブにごとんと薪をおとしやり 京極杞陽
ストーブにビール天国疑はず 石塚友二
ストーブに初陽射しつゝ燃えにけり 吉屋信子
ストーブに取り残されてゐる背中 浅利恵子
ストーブに来し入港の船の影 永田耕一郎 海絣
ストーブに来て鬚あらき信濃人 杉山岳陽
ストーブに泣き伏し生徒女見す 茂里正治
ストーブに温まりゐし手と握手 星野立子
ストーブに煮沸消毒こと~と 三ツ谷謡村
ストーブに燈油を足すも起居かな 石川桂郎 高蘆
ストーブに石炭をくべ夢多し 細見綾子 黄 炎
ストーブに若き素足を匂はする 能村登四郎
ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子 硝子の仲間
ストーブに近き灯の消してあり 京極杞陽
ストーブに逡巡の刻流れゆく 斎藤 道子
ストーブのそばに小さきマッチかな 京極杞陽 くくたち下巻
ストーブのぬくきに忍び寄る睡魔 菊池さつき
ストーブの中の炎が飛んでをり 上野泰 佐介
ストーブの前綾取りの赤の糸 細砂絹江
ストーブの口ほの赤し幸福に 松本たかし
ストーブの噂話に加はらず 高木 桐舎
ストーブの外は雪なる屋根起伏 青峰集 島田青峰
ストーブの少年の手を掌に包む 永井龍男
ストーブの明るくなりて椅子の影 山口青邨
ストーブの火を見てはちょと物書きて 京極杞陽 くくたち上巻
ストーブの火口見惚るる山の駅 野澤節子 遠い橋
ストーブの炎に身投げせる瞳 櫂未知子 蒙古斑以後
ストーブの熱気に動く栞の尾 田川飛旅子 『使徒の眼』
ストーブの真赤受験期どつと来し 宮坂静生 青胡桃
ストーブの赤き炎が睡魔かな 岩崎照子
ストーブの錆色囲み夜学生 齋藤愼爾
ストーブの音のみ会議沈黙す 森田峠 三角屋根
ストーブの音の古さに親しむ夜 稲畑汀子
ストーブの音ほど部屋のぬくもらず 稲畑汀子
ストーブも駅長室も昔めく 京極杞陽 くくたち下巻
ストーブやおのれと死にし友の上 尾崎迷堂 孤輪
ストーブやペン執る飛行客名簿 楠目橙黄子 橙圃
ストーブや大いなる冬屋根の上 徳永山冬子
ストーブや安楽椅子の置処 吉野牛南
ストーブや患者につゞる非情の語 相馬遷子 山国
ストーブや黒奴給仕の銭ボタン 芝不器男(1903-30)
ストーブを取る日来にけり炉砂売 福原雨之
ストーブを囲みにぎはう食談議 斉藤阿津子
ストーブを囲む渡船の国訛 野村つる
ストーブを少し細めに死の話 鈴木鷹夫
ストーブを据ゑる騒ぎのすぐ終る 山崎建朔
ストーブを焚きて窓開け鳥曇 原田青児
ストーブを赤い調度として数ふ 吉岡翠生
ストーブを蹴飛ばさぬやう愛し合ふ 櫂未知子 蒙古斑
ユダヤ教会ストーブの黒煙 辻田克巳
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅
休診や女医のストーブ子等寄りて 北見さとる
口応へ出来ぬストーブ見つめをり 西村和子 夏帽子
口数が減るストーブの炎が揺れる 広畑美千代
唯一の明かりは電気ストーブの 櫂未知子 蒙古斑
師の點火すストーブの辺に身をほぐす 石田あき子 見舞籠
後れ来てストーブ遠く黙し坐す 青峰集 島田青峰
教会の石油ストーブ出揃ひし 綾部仁喜 寒木
温泉の宿の炭ストーブの可愛らし 高浜年尾
犬ふぐり見てストーブの辺に戻る 原田青児
玻璃窓にストーブの火映り園烈風 西山泊雲 泊雲句集
瓦期ストーブの音の断続がこの夜誰をか待つた 梅林句屑 喜谷六花
病人の頬染めて瓦斯ストーブ燃ゆ 籾山柑子
空虚なる食後ストーブに靴触れゐし 榎本冬一郎
簡単な食事ストーブ蓄音機 京極杞陽 くくたち上巻
花御所柿ストーブの火と赤競ふ 大熊輝一 土の香
観潮船ストーブ赤く燃えゐたる 岸本尚毅 舜
降りこもる駅ストーブの行商婦 文挾夫佐恵
電気ストーブ冴えざえ二日明けにけり 永井龍男
くぬぎ山ストーヴ焚けばけむり来ぬ 太田鴻村 穂国
ストーヴにてかゞやくことが何処かにある 細見綾子 花 季
ストーヴにビール天國疑はず 石塚友二
ストーヴに遂に投ぜし手紙かな 高浜虚子
ストーヴに雪を見る眼をけはしうす 太田鴻村 穂国
ストーヴの口ほの赤し幸福に 松本たかし
ストーヴの消えてゐるかげの畳に 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ストーヴの焔のもつれ見てゐたり 高浜虚子
ストーヴの煙突もまた工区汚す 右城暮石 声と声
ストーヴや棕梠竹客の椅子に触れ 阿部みどり女 笹鳴
ストーヴや革命を怖れ保守を憎み 相馬遷子 雪嶺
ストーヴを真赤に焚いて蕪村論 太田寛郎
ストーヴを見るともなく見煙草吸ひ 成瀬正とし 星月夜
一回りしてストーヴへ寄る教師 山本一歩
六月のストーヴ栗鼠にのぞかれて 平井さち子 紅き栞
悲しみを互にいはずストーヴに 星野立子
温泉の宿の炭ストーヴの可愛らし 高濱年尾 年尾句集
答案をくぶストーヴの野暮な蓋 楠節子
電流のストーヴ感情殺しづめ 楠節子
トロイカは眼ナ裏を駆けペチカ燃ゆ 吉岡秋帆影
ペチカの煙砥の粉色に吐き住みつく気 平井さち子 完流
ペチカ燃ゆ星をきれいに食べしあと 栗林千津
ペーチカに寄りしあのころ遠山河 田口三千代子
ペーチカに畳四五枚敷いて住む 田村了咲
ペーチカに蓬燃やせば蓬の香 沢木欣一
ペーチカに鶏も遊べり聖家族 沢田経生
ペーチカや朝は雪ふるならひにて 清原枴童 枴童句集
八ケ岳くもれば灯しペチカ焚く 大島民郎
凍光に放心の刻ペチカもゆ 飯田蛇笏 春蘭
凍結の鮪に歌う「ペチカ」です 五島エミ
剣玉や少年の日はペチカ焚き 河西みつる
動かしてペチカにほぐす十の指 石川桂郎 高蘆
手袋と鞭置かれあるペチカかな 原田青児
新聞の這入りし音やペチカ焚く 斎藤雨意
暁のペチカぬくきがうれしけれ 伊藤凍魚
月洩るゝペーチカの辺にねまるなる 小林康治 四季貧窮
楽鳴れば文鳥和しぬ夜のペチカ 赤塚喜美重
滅びゆく階級きみのペチカ燃ゆ 八木博信
ああいへばこういふ暖炉赤く燃ゆ 景山筍吉
いそ~と麺麭むしり食ふ暖炉かな 大場白水郎 散木集
くつろげるごとくにくづれ暖炉の火 片山由美子 水精 以後
しばるるや夜通し守る煖炉これ 石川桂郎 高蘆
しまらくに女の頬ふくるる煖炉かな 室生犀星 犀星發句集
すこやかに人とわれある暖炉かな 久保より江
すはだかに裘まとふ煖炉かな 西島麦南 人音
その中の一人となりて暖炉かな 如月真菜
それとなきこれが見合か煖炉燃ゆ 文挟夫佐恵 黄 瀬
つるし灯は暖炉の火気にゆれやまず 池内友次郎
ひたむき疲れ暖炉燠色やや暗み 香西照雄 対話
ふと音の大きくなりて煖炉燃ゆ 高木晴子 晴居
ほぐれてはもつれ暖炉に明治の火 鷹羽狩行 月歩抄
ほほゑめばゑくぼこぼるる煖炉かな 室生犀星 犀星發句集
もてなすに貧しき英語煖炉燃ゆ 嶋田一歩
わが知らぬ暮しが此処に煖炉燃ゆ 星野立子
アトリエの色の中なる煖炉の火 粟津松彩子
アトリエは吾の別宅煖炉燃ゆ 嶋田摩耶子
ガス煖炉袴つけたる老教授 大道子亮
ツルゲネフなつかしき日の薪暖炉 遠藤梧逸
ノラの嘆き煖炉は音をたてて燃ゆ 柴田白葉女 遠い橋
ハイカラはいきに同じや煖炉燃ゆ 星野立子
ハーレムの女の寄りし暖炉とや 山田弘子 こぶし坂以後
一切空夫婦にしらしら煖炉燃ゆ 柴田白葉女 花寂び 以後
一日の一人の時の煖炉燃ゆ 青葉三角草
一片のパセリ掃かるる暖炉かな 芝不器男(1903-30)
主婦にあるひとりの自由暖炉もゆ 成嶋いはほ
乗りおくれたる者同士駅煖炉 鈴木芦八洲
乾杯のワイングラスに暖炉の炎 影島智子
人去りし椅子の対話に暖炉燃ゆ 岡田 貞峰
人形をみな裸にす暖炉の前 田川飛旅子 『薄荷』
他郷にて駅の煖炉にすぐ寄らず 桂信子 黄 炎
何とたゝかふ心ぞ煖炉燃ゆるとき 林原耒井 蜩
個別面読の煖炉をくべ足しぬ 樋笠文
八十八夜控への暖炉残しをり 和田千恵子
凩や煖炉にいもを焼く夜半 子規句集 虚子・碧梧桐選
初暖炉聖晩餐の絵の下に 亀井糸游
別れ霜煖炉の灰を捨てに出る 内藤吐天 鳴海抄
壁の暖炉に誰もゐない火がうごいてゐた シヤツと雑草 栗林一石路
売り急ぐ館の暖炉納めけり 田中良次
売初や町内一の古暖炉 高浜虚子
夜の会となれば煖炉のまだ欲しく 近江小枝子
夜の海見て来て寄れる煖炉かな 安住敦
夜学部へ引継ぐ暖炉くべたすも 肥田埜勝美
大玻璃に裏富士荒るゝ煖炉焚く 勝俣泰享
大臣の官舎に行けば暖炉かな 柑子句集 籾山柑子
大舷の窓被ふある暖炉かな 芝不器男
夫人の手ひらひら煖炉ともさるる 藤田湘子
威る寒さよりあたたまらざる煖炉 後藤夜半 底紅
婉然と偽画美しく暖炉燃ゆ 青木重行
客一人駅員ひとり暖炉燃ゆ 福井まつえ
家事すべて病む妻まかせ煖炉焚く 相馬遷子 山河
宿暖炉いか舟の灯を窓に嵌む 牧野寥々
小切手の額面たたむ暖炉の前 椎橋清翠
少し遠ざけし煖炉を頼みとす 後藤夜半 底紅
山荘の五月の煖炉焚かれけり 大橋越央子
幻想にありて煖炉の炎青 上野泰 佐介
恋の身の如く煖炉に耳ほてらせ 内藤吐天 鳴海抄
我を迎ふ蓬髪暖炉埃りかな 菅原師竹句集
我庵の暖炉開きや納豆汁 正岡子規
投げ入れし松葉けぶりて暖炉燃ゆ 杉田久女
抱へ来し薪は白樺煖炉燃ゆ 倉田晴生
抵抗を感ずる熱き煖炉あり 後藤夜半 底紅
持船の大額かゝる煖炉かな 鈴木花蓑句集
教室に据ゑて煖炉はまだ焚かず 樋笠文
日曜日煖炉納めて庭に出づ 中谷朔風
日本のオリーブの木と暖炉かな 依光陽子
明日こそ暖炉納むと寝にけり 工藤眞智子
明日のことあしたにまかせ煖炉納む 金井文子
星を見て来し語らひに焚く煖炉 藤浦昭代
暖炉からみんな一緒にゐなくなる 岩淵喜代子 硝子の仲間
暖炉に倦むどこかの釦身より落ち 美濃真澄
暖炉ぬくし何を言ひ出すかも知れぬ 桂信子(1914-)
暖炉の火みつめ団居に加はらず 片山由美子 水精
暖炉の火燃ゆる音するコーヒー店 林真砂江
暖炉もえ座敷わらし子居なおれり 新山郁子
暖炉列車 津軽まるごと暖める 野宮素外
暖炉取りて六畳の間の広さかな 正岡子規
暖炉昏し壷の椿を投げ入れよ 三橋鷹女
暖炉灼く夫よタンゴを踊ろうか 三橋鷹女(1899-1972)
暖炉焚くけむり背山を寂しくす 堀口星眠 火山灰の道
暖炉焚くのみの奢りや三ヶ日 殿村菟絲子
暖炉焚くは母の仕事よ山籠り 高村遊子
暖炉焚く夫と降誕祭の朝 仙田洋子 雲は王冠
暖炉燃え妻とわが息窓濡す 久保田月鈴子
暖炉燃え河童天国満たしをり 皆川白陀
暖炉燃え眼前の湖すぐ曇る 桂信子 黄 瀬
暖炉燃ゆこころといふがほの見えて 行方克巳
暖炉燃ゆわれにかへらぬものいくつ 鈴木真砂女
暖炉燃ゆ夜は女のいきいきと 須賀一恵
暖炉燃ゆ男の爪のかたきかな 谷口桂子
更けゆく夜煖炉の奥に海鳴りす 阿部みどり女
楯突かれ教師は悲し煖炉燃ゆ 木村蕪城 寒泉
毛皮ぬげば肩美しく暖炉燃ゆ 龍胆 長谷川かな女
水仙に偲び煖炉に語るべく 山田弘子 螢川
消燈の鐘鳴り渡る暖炉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
湖の月に冷え来て煖炉焚く 田中せ紀
湯婆煖炉臥床あたゝかに読書かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
火山ホテル暖炉に土語も親しうす(ハワイ) 河野南畦 『湖の森』
煖炉ぬくし何を言ひだすかも知れぬ 桂信子 女身
煖炉もえ酔後は語低く越後の友 赤城さかえ句集
煖炉もゆ少女と交す言葉得て 原田青児
煖炉厭うてゆたかなる汝が月の頬 飯田蛇笏 山廬集
煖炉昏し壺の椿を投げ入れよ 三橋鷹女
煖炉消え咳金属の音を返す 阿部みどり女
煖炉灼く夫よタンゴを踊らうよ 三橋鷹女
煖炉燃えみな違ふことしてをりぬ 林明子
煖炉燃え四肢のゆるめる椅子もよし 塚原 夜潮
煖炉燃え明日越す嶺は地図にあり 岸風三楼 往来
煖炉燃え語らはねども二人かな 千手 和子
煖炉燃ゆわれにかへらぬものいくつ 鈴木真砂女
煖炉燃ゆランプシェードは飴色に 西村和子 かりそめならず
煖炉燃ゆ十年の月日かくて過ぐ 福田蓼汀 山火
煖炉燃ゆ古城めく館中心部 成瀬正とし 星月夜
煖炉燃ゆ犬廃帝のごとくゐて 藤岡筑邨
煖炉燃ゆ野火のごとくに飛ぶ思念 徳永山冬子
煖炉納めて今日が暮れにけり 木村恊子
煖炉過熱臓透け泳ぐ熱帯魚 内藤吐天 鳴海抄
父の日の夜に入る煖炉赤くしぬ 成田千空 地霊
父の間の煖炉を焚けり父は亡く 山口波津女 良人
父は死者離れきし位置煖炉燃ゆ 寺田京子 日の鷹
片足で犬が扉を押す煖炉の部屋 三好潤子
玻璃の海全く暮れし煖炉かな 杉田久女
瓦斯煖炉不思議の音を立てゝをり 高浜年尾
瓦斯煖炉黙せばひとのうち黙す 加藤楸邨
病室の煖炉のそばや福寿草 正岡子規
病床の位置を変へたる暖炉かな 正岡子規
眼がしらの痛むほどなり煖炉もゆ 高濱年尾 年尾句集
石炭箱を靴に踏まへし暖炉かな 雑草 長谷川零餘子
礼拝のさ中の暖炉つぎ足さる 田川飛旅子
窓々の夕焼消えし暖炉かな 大場白水郎 散木集
窓にある空ふかし煖炉なほたかず 川島彷徨子 榛の木
窓外の枯野見てゐる煖炉かな 比叡 野村泊月
置き煖炉火の塔なすに帰り来ず 友岡子郷 遠方
聖母像高し煖炉の火を裾に 中村草田男
背を向けて本土へ渡る暖炉かな 古舘曹人 樹下石上
胸像の月光を愛で暖炉焚く 飯田蛇笏 霊芝
花冷の暖炉乱舞といふ火なり 皆吉爽雨
荒金の煖炉かげろふ茂吉の死 平畑静塔
落椿投げて煖炉の火の上に 高浜虚子
蠅生る触れて暖炉の冷たかり 石川桂郎 四温
街越ゆる鴎に煖炉撤しけり 佐野良太 樫
詩の授業暖炉に適温保たせて 楠節子
辞書でよむアンネの日記暖炉もゆ 潮原みつる
退出を更に暖炉に語るかな 悟空
階段を上る音煖炉燃ゆる音 高木晴子 晴居
雪つけて這入りきし犬駅煖炉 美馬風史
雪ぬれをみられつつ煖炉に寄りぬ 原田種茅 径
雪国の雪の話や暖炉もゆ 宮本 とよ
頬のほてり押へ煖炉をかへり見る 高濱年尾 年尾句集
風邪心地燃ゆる暖炉をみまもれる 増田龍雨 龍雨句集
飛行機を下りて暖炉と紅茶かな 楠目橙黄子 橙圃
飾り皿燃ゆる煖炉の火がうつる 山口波津女 良人
駅煖炉そこより農地見え渡り 依田明倫
駅煖炉刑事怪しむ目となりて 長谷川回天
駅煖炉添乳の胸をはだけたる 依田明倫
黄昏の祈り今なる暖炉かな 尾崎迷堂 孤輪
電気すとうぶせつせと部屋を暖めをり  高澤良一  さざなみやつこ
山小屋はヴォイラー焚いて昨日まで  高澤良一  素抱

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

注連作

注連作

例句を挙げる。

今日は藁言ふこと聞くと注連綯へる 井尾望東
作りたる注連をならべて日もささぬ 岸本尚毅 舜
大注連は人を刎ねつつ作らるる 橋本鶏二
大注連を作りをるものみな氏子 高濱年尾 年尾句集
早刈の藁に残る香注連を綯ふ 杉山木川
月の道まつりの注連を綯ひに行く 大串章 山童記
注連を綯ふ焚火ほこりを身にまとひ 池原巨桐
注連を綯ふ膝にこぼるゝ日ざしかな 阿波岐 滋
注連を綯ふ藁は踏むまじ跨ぐまじ 上田土世起
注連を綯ふ足らざる力夫に貸し 影島智子
葬ひに誰も出かけず注連を綯ふ 森田峠 避暑散歩
藁の腰強し弱しと注連を綯ふ 香西朝子
豊作の注連青々と綯ひあがり 山本 二千
餅藁の青き香を入れ注連を綯ふ 影島智子
すぐそこに獣の穴や注連作り 吉本伊智朗
ひとすぢの髭もゆるさず注連作 山田弘子 懐
まつさをの藁に砧や注連作 柏崎夢香
力酒ふくみて神の注連作り 茂上 かの女
塩入れし水に手清め注連作 小原渉
宮近く住みて代々注連作 桔梗きちかう
幣きざむ静かな音も注連作り 高槻青柚子
戸をゆする葛城おろし注連作 楠部九二緒
月に打つ藁の青さや注連作り 茂木紅弓
杏百姓ありのすさびの注連作り 西本一都 景色
波除の上に並びて注連作り 岡田耽陽
注連作りにも分業といふがあり 山田弘子 螢川
注連作るさやけき音の老ひとり 谷口米雄
注連作るしづかに藁の音かさね 松尾美穂
注連作る土間は乱さず白川女 北川サト
注連作る峡の一宇も比叡の坊 島村秋夢
注連作る納屋に種薯芽をあぐる 大橋敦子 匂 玉
注連作る縒り手おろがむごとくなり 蛭田大艸
注連作る藁へさらさら浄め塩 大井雅春
注連作左右の掌ぴたと鳴らし 橋本鶏二 年輪
立てばある古座布団や注連作 中村暁子
納屋に盛る浄めの塩や注連作 堺 祥江
縒るといふ智恵美しき注連作り 大岳水一路
臼の上にお茶受とどき注連作 竹内大琴子
芥より探す草履や注連作り 山田弘子 初期作品
葛飾の水田かゞやき注連作り 山口青邨
藁といふ汚れなきもの注連作る 明石春潮子
藁埃逃がす小窓や注連作 山田弘子 懐
起きぬけに坐る仕事場注連作 小原寿女
隠し酒顔にあらはれ注連作 恩智景子
集りて注連作りゐる月夜かな 松藤夏山 夏山句集
注連つくり杉の木の香の空に酔ひ 飯田龍太
注連つくり揚舟に背をもたせつつ 手島靖一

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

暖房

暖房

例句を挙げる。

あやとりの川がゆれをり暖房車 本多ちづ子
ざうざうと暖房音も心音も 高澤良一 さざなみやっこ 
みつめられ汚る裸婦象暖房に 西東三鬼
ゆるやかに海がとまりぬ暖房車 加藤楸邨
ポケットベル隣で鳴り出す暖房車 寺岡棲子
一方にのみ押す扉暖房館 津田清子
乗り換えの駅で起こされ暖房車 高澤良一 燕音 
仁丹のにほひ揺れつつ暖房車 白岩 三郎
伊服岐能山畏れてすゝむ暖房車 川崎展宏
倒産の眼もて暖房器の青火 三谷昭 獣身
冬雷に暖房月を湛へたり 飯田蛇笏 霊芝
刀剣の切っ先ならぶ弱暖房 川嶋隆史
大阪の強暖房に身がくもる 右城暮石 上下
始まりし暖房時間あたゝまる 右城暮石 上下
子を抱きし母も眠りて暖房車 菅沢泰子
安房びとの花の荷匂ふ暖房車 塩谷はつ枝
家を恋ふ鼻梁となりて暖房車 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
床起って暖房入れにゆきにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
恵那山がもう見えるころ暖房車 所 山花
手をこすりつゝ云ふ暖房入れやうか 高澤良一 随笑 
抱きし子を取り落しさう暖房車 片山由美子 天弓
放送のなき気易さに酔う暖房 長谷川かな女 花 季
放送の英語は女性暖房車 林 瑠美
新しき暖房器具を母と見る 館岡沙緻
暖房がことりと切れて島の影 永末恵子 発色
暖房がどかんと入れりぎっくり腰 高澤良一 寒暑 
暖房が効きて職場の冬多幸 河野南畦 『焼灼後』
暖房なき車中眼を見ひらき合ふ 右城暮石 上下
暖房にゐる幼な児の冷たき手 右城暮石 上下
暖房にビールの酔のいまださめず 久保田万太郎 草の丈
暖房に唇かわく目覚めかな 稲畑汀子
暖房に子笑みてのむコゝアかな 高木晴子 晴子句集
暖房に居て戦話聴く勿体なし 日野草城
暖房に待つことの愛暮れ残り 高澤晶子 純愛
暖房に日比谷公園みゆるかな 久保田万太郎 草の丈
暖房に橋のない川とふ映画 内野 修
暖房に毛皮とそれのレヂスター 中村汀女
暖房に真夜覚めてたゞ一人なる 相馬遷子 山河
暖房に遠く猥語に遠くをり 小池一覚
暖房のすぐ利き過ぎてしまふ部屋 小川立冬
暖房のぬくみ伝はる白い杖 西浦一滴
暖房のぬくもりを持ち鍵一房 有馬朗人 母国
暖房のよくきくエスペラントなり 松澤雅世
暖房のよく利いてゐる赤子かな 橋本榮治 越在
暖房の明るき間より海を見ん 横光利一
暖房の椅子にねむたきぬひぐるみ 西村和子 かりそめならず
暖房の税務署をでて躓きし 藤野基一
暖房の電車に暑く一人びとり 池田澄子 たましいの話
暖房の音みしみしと試し焚き 高澤良一 鳩信 
暖房やされど珠江の水の荒レ 久保田万太郎 流寓抄
暖房やつがれて赤き食前酒 萩原季葉
暖房や人を舞はしむ回転扉 井沢正江
暖房や今日十三日金曜日 久保田万太郎 流寓抄
暖房や地中海的皿の中 加藤郁乎 球体感覚
暖房や大いに咲きて桃の花 田村木国
暖房や崩れてのぞくばらの蘂 秋元草日居
暖房や旅にはじまる私小説 上田日差子
暖房や明日は陸地をはなるべく 横山白虹
暖房や此役所にも生字引 久米正雄 返り花
暖房や母来る頃を見計らひ 朝倉和江
暖房や積木あそびの家が立ち 船越 和香
暖房や糊の香甘き製本場 高井北杜
暖房や絨氈赤く壁は金 京極杞陽 くくたち上巻
暖房や聞くともなしに司書の私語 片山由美子 天弓
暖房や肩をかくさぬをとめらと 日野草城
暖房や花の絵ばかりなる画廊 小久保英子
暖房や葭の衝立扉を隠す 山口誓子
暖房や造花生花のわかちなく 阿部みどり女
暖房や醫局はたれも来てをらぬ 横山白虹
暖房を入れて欲しいと多数決 稲畑汀子
暖房を最強にして語らへど 櫂未知子 蒙古斑
暖房効きバネ抜けしソファをも使ふ 津田清子
暖房完備つまらぬ家となりにけり 那須淳男
暖房車に子の泣声の湧きて醒む 田川飛旅子 花文字
暖房車に髪膚饐えつゝ旅果てず 竹下しづの女句文集 昭和十四年
暖房車乾きし洋傘を巻き直す 内藤吐天
暖房車富士を見しあと子は眠り 渡会昌広
暖房車海離れまた海に沿ふ 池田秀水
暖房車爪先触れてチェロ・ケース 鈴木栄子
暖房車発車す窓を叩き合ひ 右城暮石 上下
暖房車青年チエロを立てて坐す 大山さちを
暖房車高原の日を膝にする 原 柯城
暖房音せはしく朝が始まりぬ 高澤良一 寒暑 
更けゆく夜暖房の奥に海鳴りす 阿部みどり女
漫画読む人にはさまれ暖房車 高見孝子
目覚むれば北上川や暖房車 水原春郎
税務署の暖房暑からず寒からず 相馬遷子 山河
船室の暖房効いて客まばら 下城 宇良
藍染の小店暖房きき過ぎる 金丸直治
袋の上袋重ねて暖房車 高澤良一 宿好 
身ひとつの旅すぐ睡く暖房車 菖蒲あや
コール・ボタンゝと紅くして煖房たり 富安風生
バターよく伸び煖房の食堂車 稲畑汀子
凍花めづ煖房の窓機影ゆく 飯田蛇笏 春蘭
大陸の綺羅星の夜を煖房車 福田蓼汀 山火
屋根に雪のせて煖房車すれちがふ 内藤吐天 鳴海抄
岩波文庫といへども煖房の書肆に漁る 石田波郷
更けて帰れば煖房甘し二階住み 平井さち子 完流
柏原去る煙太の煖房車 西本一都 景色
母と子のこけし顔なり煖房車 野村多賀子
煖房なき車中毛糸を編みつゞく 右城暮石 上下
煖房にいよいよ風邪を意識せる 内藤吐天 鳴海抄
煖房にホテル夜更けの事務をとる 山口波津女 良人
煖房に子笑みてのむコゝアかな 高木晴子 晴居
煖房に汗ばむ夜汽車神詣 杉田久女
煖房に遠き片手はポケットに 高木晴子 花 季
煖房に鍵盤を白く蓋せざる 山口誓子
煖房のきゝはじめたる子を起す 稲畑汀子
煖房のこの家に別れねばならぬ 千原草之
煖房のソファーに吾が輩は猫である 星野紗一
煖房の寺出て町へ菓子買ひに 中嶋秀子
煖房の浜木綿既に蕾上げ 高浜年尾
煖房やレモン搾りし掌を拭かず 内藤吐天 鳴海抄
煖房や人を舞はしむ回転扉 井沢正江
煖房や何をとりにぞ此処に来し 星野立子
煖房や八階にして窓に不二 鈴木花蓑句集
煖房や吏僚それぞれ矜あり 岸風三楼 往来
煖房や地中海的皿の中 加藤郁乎
煖房や地階に歯科のあり降る 岸風三楼 往来
煖房や扉あけてやすむ昇降機 山口波津女 良人
煖房や株主集ふ椅子を置く 山口誓子
煖房や造花生花のわかちなく 阿部みどり女 月下美人
煖房車かつぎ屋の米わが膝下 百合山羽公 故園
煖房車わが旅昨日よりはじまる 山口波津女 良人
煖房車乾きし洋傘を巻き直す 内藤吐天 鳴海抄
煖房車米買女髪撫でて 百合山羽公 故園
煖房車黙せばいつも冨士があり 加藤楸邨
病院の煖房に菌あたたまる 辻田克巳
白地図の国に入りたる煖房車 久保田博
秋すでに煖房宿名モンブラン 河野静雲
組む脚をほどく煖房利いて来し 今井日記子
翳ふかき森にかかりぬ煖房車 有働亨 汐路
護謨の葉の一葉一葉に煖房利く 右城暮石 上下
闇を来しこと明るさと煖房と 稲畑汀子 春光
防風林駆く煖房車骨牌せる 宮武寒々 朱卓
カタコトとスチームが来る室の花 富安風生
スチームとまりし夜の壁の厚さひしと負ふ 原田種茅 径
スチームにともに凭るひと母に似し 石田波郷
スチームに向けばうしろ姿となる 加倉井秋を 午後の窓
スチームのほどよく通り夜の汽車 高木 桐舎
スチームのパイプのかすかなる曲り 加倉井秋を
スチームの甚だ熱し蜜柑むく 市川東子房
スチームや窓に昏れゆく東山 斎藤朗笛
スチームを入るゝ老吏の手順かな 三浦 まさゑ
スチーム寒し光の雨の降る映画 宮坂静生 雹
スチーム熱し眼だけ拭へる車窓のくもり 原田種茅 径
妊り教師スチームよりの妙な暖 楠節子
薄給や汽車のスチームに足掛けて 猿橋統流子
暖房を焚けばあぶれ蚊のこのこと  高澤良一  石鏡
暖房音どすんと耳から温もれる  高澤良一  石鏡
くすくすして漫画に魅入る暖房車  高澤良一  石鏡
あたたかく家族をつつむ暖房音  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

鷦鷯

鷦鷯

例句を挙げる。

あか棚をつたひありきや鷦鷯 妻木 松瀬青々
あと先に雀飛ぴけり三十三才 加舎白雄
さるをがせかなしみ深し三十三才 角川源義
三十三才啼け蜜柑畑日短かぞ 萩原麦草 麦嵐
三十三才夕べの色に失せにけり 谷口 君子
三十三才夕勤行も了りたり 森定南楽
三十三才庭の石橋渡りをり 影島智子
三十三才里へ下れば里訛 新島 艶女
世に遠きことのごとしや鷦鷯 加藤楸邨
仰向けの骸返せば三十三才 阿波野青畝
凍滝は日翳りやすし三十三才 有働 亨
分校は授業中なり鷦鷯 浅見画渓
味噌桶のうしろからどこへ鷦鷯 子規句集 虚子・碧梧桐選
四阿に静かな主客三十三才 城谷文城
夕ぐれや井戸から出たる鷦鷯 許六
孤児院の便所の庭や三十三才 内田百間
山姥のぽつりと応ふ三十三才 すずき波浪
干笊の動いてゐるは三十三才 高濱虚子
手児奈井を影のごとくに三十三才 伊藤京子
捨て水のやがて氷るや三十三才 荻原井泉水
掛け干しに馬の薬や三十三才 菅原師竹句集
日めくりの残り数えて鷦鷯 栗林幹子
書に倦きて待つているのは三十三才 遠藤梧逸
木の下の餌台を空に三十三才 石川桂郎 高蘆
木は風の行方をさだめ三十三才 長谷川双魚 風形
杖ながら菊はこけ居り三十三才 高田蝶衣
東京にでなくていゝ日鷦鷯 久保田万太郎 流寓抄
柊に霜置く庭や三十三才 奥田彩雲
歳月の暗き沼より鷦鷯 森澄雄
残雪や又来馴れたる三十三才 碧雲居句集 大谷碧雲居
温泉の神の雪散らしつつ三十三才 青木泰夫
滝壷へ声を降らして三十三才 今井妙子
漆喰の内庭廣し三十三才 内田百間
瀧裏にこゑひゞくなり三十三才 藤原たかを
生垣に身幅をはさむ三十三才 栗生純夫 科野路
畦伝ひ瀬づたひ影の三十三才 馬場移公子
破垣に冬の薔薇咲き鷦鷯 窪田桂堂
筐底に櫛笄や三十三才 三橋鷹女
老人の暇おそろしや鷦鷯 矢島渚男 船のやうに
臼を彫る木屑真白や三十三才 小林黒石礁
菜屑など散らかしておけば鷦鷯 子規句集 虚子・碧梧桐選
落椿ころがしゐるは三十三才 山国三重史
藁灰の風立つ庭や三十三才 乙字俳句集 大須賀乙字
裏庭の日のしなしなと鷦鷯 白井爽風
誰も訪はぬ一と日ひつそり三十三才 高橋利雄
諒闇の朝の訪づれ三十三才 杉本寛
身ひとつを里に来鳴くか鷦鷯(みそさざい) 野澤凡兆
金色の歯朶にかくるゝ鷦鷯 大谷秋葉子
雪しろのたぎつ巌ノ上鷦鷯啼く 飯田蛇笏 雪峡
霊園に人居らぬ日の鷦鷯 海老名衣子
鴬に啼いて見せけり鷦鷯 許六 霜 月 月別句集「韻塞」
鷦鷯つつく湯殿の垂氷かな 梧朝 俳諧撰集「藤の実」
鷦鷯ヒッチコツク映画見たる頃 堀口みゆき
鷦鷯信玄堤貫けり 小澤實
鷦鷯家はとぎるるはだれ雪 如行 芭蕉庵小文庫
鷦鷯崖つたひ来て影はやし 吉良蘇月
鷦鷯来るや薪割る鉈の先 松根東洋城
鷦鷯繞るに堪えし小家かな 尾崎紅葉
黄道を先行くここち鷦鷯 和田悟朗
たのしくなれば女も走るみそさざい 山田みづえ
みそさざい兄のかなしみには触れず 黒田杏子
みそさざい友を跨ぎて茶を淹るる 石川桂郎 高蘆
みそさざい天平よりの湧き水に 鈴木しげを
みそさざい寝床ばなれも潔く 高澤良一 寒暑
みそさざい岩かけのぼり囀れり 市村究一郎
みそさざい暮雪に声をこぼし去る 中村 信一
みそさざい絵島の墓は雑木山 中澤康人
みそさざい聴く雪原に橇止めて 小坂順子
みそさざい臼に囲まれ臼を刳る 高澤良一 ねずみのこまくら 
みそさざい茜は水をはなれけり 石原次郎
みそさざい雪見障子にあらはれし 小路智壽子
みそさざい青き巣を置く厨口 堀口星眠 営巣期
凍むこゑに電光石火みそさざい 高澤良一 ももすずめ 
凩や窓にふき込むみそさざい 蘭芳 芭蕉庵小文庫
物音を立てぬ向ひ家みそさざい 高澤良一 ぱらりとせ 
細枝をみそさざい翔ち虚空かな 柴田白葉女 『月の笛』
裏山より年を届けにみそさざい  高澤良一  ねずみのこまくら

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

木菟

木菟

例句を挙げる。

うつうつと木菟の瞼の二重かな 軽部烏頭子
かまくらの夜をしめくくる木菟のこゑ 佐藤 国夫
すすき木菟祈りきかねば燃やさるる 小島千架子
ほうほうと木菟呼ぶ故山に父母待つと 福田蓼汀 秋風挽歌
もの音にまばたく木菟の子どもかな 下村梅子
わが膝に木菟がなじめる夏炉かな 殿村莵絲子 花 季
カステラの皮の色して木菟眠る 大石雄鬼
ノラ遠し久女も遠し木菟の森 伊藤敬子
ホーと木菟雪国の土匂ひ出づ 村越化石
二十日月瞳のかたき子に木菟呼ばむ 橋本義憲
俳諧は破格破格と木菟の云ふ 高澤良一 燕音 
僧帰る月黒谷や木菟の声 滝川愚仏
出羽三山闇に溶けゆく木菟鳴いて 秋山花笠
団欒にも倦みけん木菟をまねびけり 芝不器男
夏炉辺にひんやり木菟の如く座す 森井夕照子
夜の冬比叡の木菟も参り候 長谷川かな女 雨 月
夜長し木彫の木菟と谷の木菟 村越化石 山國抄
寝しづまる木出しの村や木菟のこゑ 大和田知恵子
山の童の木菟捕らえたる鬨あげぬ 飯田蛇笏(1885-1962)
山国の藁塚木菟に似て脚もてる 松本たかし
山風に暁のなぐれや木菟のこゑ 飯田蛇笏 山廬集
巣づくりの木菟があらそふ洞ひとつ 藤原 如水
待針を失う木菟の声がして 平井久美子
文鎮の木菟南部鉄木菟が呼ぶ 田仲了司
昼の木菟いずこに妻を忘れしや 橋石 和栲
月さして槻にあまたの今年木菟 飯田蛇笏 春蘭
月代の軽くなりたる木菟のこゑ 猪俣千代子 秘 色
木の瘤となりきる木菟に残る雪 栗生純夫 科野路
木の葉木菟声を重ねてはるけしや 伊藤敬子
木菟が呼ぶ城の鬼門に旧火山 福田蓼汀
木菟が目を細め涼しきランプかな 殿村菟絲子 『繪硝子』
木菟きいて悪妻持ちが悲しがる 秋元不死男
木菟きいて皆ねむげなり家族なり 中山純子 沙羅
木菟ちかし湯婆の冷えはやき日は 久保田晴朗
木菟と木の瘤木菟と木の瘤眠れぬ夜 大野林火
木菟なくや剃りたての頭つゝみ寝る 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
木菟に似る老人と遇ふ夏の山 嶋田麻紀
木菟ねむる木の葉剰さず地に還り 岡田 貞峰
木菟のたわいなく寝る時雨哉 一茶
木菟のほうと追はれて逃げにけり 村上鬼城
木菟の冬農僕せちに妻をほりぬ 西島麦南 人音
木菟の夜は指細るまで手を洗ふ 倉田素香
木菟の夜は雪嶺軒に来て立てる 堀口星眠 火山灰の道
木菟の大まばたきや小正月 辻桃子
木菟の杜白骨となるまで人を焼く 赤尾兜子
木菟の森やまびこ昼をねむりけり 西島麦南 人音
木菟の独わらひや秋の昏(くれ) (けうがる我が旅すがた) 宝井(榎本)其角 (1661-1707)
木菟の目たゝきしげき落葉哉 乙由
木菟やさみしきときは莨喫ふ 三橋鷹女
木菟やほうと追れて逃にけり 村上鬼城
木菟や剃りたての頭つつみ寝る 高田蝶衣
木菟や巻に對して瞠目す 森鴎外
木菟啼くや剃りたての頭つゝみ寝る 高田蝶衣
木菟明眸をりをり月に瞼伏せ 橋本多佳子
木菟時計鑛山住みの妻に晝は鳴り 栗林一石路
木菟来たる屋根下に寝て寝呆うけぬ 長谷川かな女 花寂び
木菟檻に鶏の頭や小正月 辻桃子
木菟鳴いてにはかに森の闇深む 大和田知恵子
木菟鳴いて月照り渡る沖の耳 望月たかし
木菟鳴くや力尽して粥食へば 目迫秩父
木菟鳴くや回廊長き坊泊 石丸恭子
木菟鳴くや日田の三隈のその一つ 福嶋 紀蘇
木菟鳴くや臥床つめたき奥出雲 中村苑子
木菟鳴くや薄月いよゝ薄ければ 中川宋淵
木菟鳴くや首里のはずれの亀甲墓 屋嘉部奈江
木菟鳴けり村の要の樅大樹 野原春醪
木菟鳴けり雪もつ嶺は夜も覚めて 金子 潮
木葉木菟声を重ねてはるけしや 伊藤敬子
木葉木菟夜更けて曇る大玻璃戸 石井雅子
木葉木菟悟堂先生眠りけり 石田波郷
木葉木菟旅の手足を軽く寝る 浜芳女
木葉木菟月かげ山をふかくせる 山谷春潮
村の灯はどこも木隠れ木菟啼けり 佐藤 国失
林泉守の木菟のこゑかも月朧 沼澤 石次
梅雨の木菟鳴き出で分つ死者生者 相馬遷子 雪嶺
機織りの洩れ灯更けゆく木菟のこゑ 氏家さち子
父母あらぬ山河更けゆく木菟の声 西村 博子
牧童の夜は漫画家木の葉木菟 毛塚静枝
禅林に闇のひろごる木菟のこゑ 橋本榮治 麦生
耳たてし耳木菟顔のうすきかな 原石鼎
耳立ちて木菟は毬より丸くなる 阿波野青畝
脱ぎし衣の温みさめゆく木菟の夜 鷲谷七菜子 花寂び
藪の木に暁月しらみ木菟の冬 飯田蛇笏 春蘭
裏余呉のうす刃明りや月夜木菟 内田 雅子
見開けどかなしき木菟の眼哉 中川宋淵 遍界録 古雲抄
身じろぎて木菟また元の如く居る 篠原温亭
闇汁や闇に目の利く木菟男 三溝沙美
隠亡の後妻めづる木菟の冬 西島麦南 人音
雲の上の木菟に見らるる寒林忌 笠間元一郎
青天に飼はれて淋し木菟の耳 原石鼎
青天へ木菟がとび出し雪崩かな 佐野良太
鷹と木菟並び飼はれて無視し合ふ 川村紫陽
みみづくの雨は苦手と見ゆ素振り  高澤良一  さざなみやつこ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬旱

冬旱

例句を挙げる。

かたつむり肉しづかなる冬旱 飯島晴子
ものを噛む顔すさまじく寒旱 加藤秋邨 野哭
人影を夜色の追へる冬旱 松澤昭 神立
人消えて闇の騒げる冬旱 松澤昭 神立
偉丈夫のたちまちあらず冬旱 相馬遷子 山河
傷なめて傷あまかりし寒旱 能村登四郎
冬旱こだまはのぼる木をえらび 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬旱なり源義の散髪屋 小島千架子
冬旱独語の後は首ふりて 能村登四郎
冬旱眼鏡を置けば陽が集う 金子兜太 少年/生長
吾が影が海にたふれる冬旱 芦川源
唇舐めて英霊に礼す冬旱 石田波郷
土を掴む松の一根冬旱 加藤楸邨
土雛の陽気な顔の冬旱 小島千架子
声あげて下水掘り競ふ冬旱 岩田昌寿 地の塩
寒旱ひとの葬りにすこし泣き 岡本眸
寒旱ふわ~とゆく病み上り 平原玉子
寺町の墓に灯の入る寒旱り 石原八束 空の渚
山深き瀬に沿ふ道の寒旱 飯田蛇笏 椿花集
川波や鉄打つ町の冬旱 星野麦丘人
放埓に一瞬ほろぶ冬旱 松澤昭 神立
暮れ薄る思念の埃り寒旱り 石原八束 空の渚
村の辻湖底に見えて寒旱 田中俊尾
湖に影のつきくる冬旱 原裕 青垣
焼入れの間髪の反り冬旱 野見山ひふみ
爼板の鯉の青眼や寒旱り 河野南畦 湖の森
瞬ける失語の母や冬旱 堀口星眠 営巣期
石に声ありしと思ふ寒旱 青柳志解樹
突如たる子の叛逆や冬旱 相馬遷子 雪嶺
竹林に遊行のこゑや冬旱 伊藤通明
絵硝子のユダとイエズス冬旱 長谷川双魚 『ひとつとや』
菜を茹でて窓くもらする冬旱 岡本眸
葬りたる土のあまりし冬旱 荒川一圃
葬列の前向いてゆく冬旱 長谷川双魚 『ひとつとや』
葱畑に汚れの見ゆる寒旱 宮津昭彦
象の目の雛となりたる寒旱 能村研三 騎士
象の貌に涙の迹や冬旱 貞弘衛
野兔をなげき冬旱をなげく 曽我 鈴子
電柱の影が田に伸び冬旱 廣瀬直人
髪の上に小さき日輪寒旱 野澤節子 遠い橋
鶏のあゆむほこりや寒旱 白岩てい子
鶴の脚きしみて歩む冬旱 伍賀稚子
法廷にサンダルで行く冬ひでり 角川春樹
鱶油塗る刳舟の楔寒ひでり 宮岡計次
鶏おどす猫が土かく冬ひでり 福田甲子雄

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ねんねこ

ねんねこ

例句を挙げる。

お火焚やねんねこの子もじつと見て 畑崎果實
ねんねこから横目つぶらな見晴しや 中村草田男
ねんねこから片手でてゐる冬霞 飯島晴子(1921-2000)
ねんねこと喪服の似合ふペルシャ猫 栗林千津
ねんねこにいつか来る来る風と霜 斎藤慎爾
ねんねこにつむりころりと瞑りし 赤松[ケイ]子
ねんねこにまだ眠くない大きな眸 貞弘衛
ねんねこに仕立て直して祖父の服 田原口秋峰
ねんねこに埋めたる頬に櫛落つる 高浜虚子
ねんねこに当つて跳ねる鬼の豆 高澤良一 ぱらりとせ 
ねんねこに手が出て見えぬものつかむ 片山由美子 風待月
ねんねこに残る面影父ぞ知る 上村占魚 球磨
ねんねこに母の一部として埋る 大槻右城
ねんねこに母より大きな乳児の顔 相馬遷子 山河
ねんねこに母子温くしや夕落葉 中村汀女
ねんねこに泣顔埋め別れかな 阿部次郎 赤頭巾
ねんねこに深くうもれし児をのぞく 尾石 千代子
ねんねこに眠りて鼻のひしやげたる 品川鈴子
ねんねこに神農の寅躍りをり 伊東蒼古
ねんねこに肌着乗っけぬ脱衣籠 高澤良一 鳩信 
ねんねこに遠山脈の澄む日かな 石田いづみ
ねんねこのかならず仰ぐ大椿 山本洋子
ねんねこのその母のまだ幼な顔 古賀まり子 緑の野以後
ねんねこの下は磯着の安乗海女 出口一点
ねんねこの中でうたふを母のみ知る 千原叡子
ねんねこの中の寝息を覗かるる 稲畑汀子
ねんねこの中よりしたるいびきかな 石田勝彦 秋興
ねんねこの主婦ら集まる何かある 森田峠 避暑散歩
ねんねこの人出て佇てり鞍馬川 波多野爽波 『湯呑』
ねんねこの児の流し目を母知らず 品川鈴子
ねんねこの児の目が空を見てゐたる 山本歩禅
ねんねこの凸の向うに狐の火 齋藤愼爾
ねんねこの子ごと見返る雪の山 鈴木貞雄
ねんねこの子に吊革のよく揺れる 千原叡子
ねんねこの子の眼も沖を見てゐたり 畠山譲二
ねんねこの子へともなしに唄ふなり 片山由美子
ねんねこの子を坐らせて母受診 下村ひろし 西陲集
ねんねこの手が風花を受けてをり 佐々木六戈 百韻反故 初學
ねんねこの母の眼子の眼いま空へ 皆吉爽雨
ねんねこの母親異国の人なりし 町田一雄
ねんねこの海を見てきし男かな 黒田杏子 水の扉
ねんねこの男の負える子の咳か 石橋辰之助
ねんねこの衿は天鵞絨夕日の野 岡本まち子
ねんねこの袖に風ため春の畦 古賀まり子 緑の野
ねんねこの袖の奥なる赤子の手 青柳志解樹
ねんねこの親子の温み通ひ合ふ 中野俊郎
ねんねこの赤に泰き児日は午なり 大野林火
ねんねこは寝袋母の温み保つ 品川鈴子
ねんねこもスカートも膝頭まで 右城暮石 上下
ねんねこも後姿はさびしかり 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
ねんねこやあかるい方を見てゐる子 京極杞陽 くくたち下巻
ねんねこやさぶいさぶいと子をあやし 岡本眸
ねんねこや宿場の店の早仕舞ひ 片山由美子 天弓
ねんねこや暗き川面に雪吸はれ 有働亨 汐路
ねんねこや桜の枝をかひくぐり 岸本尚毅 鶏頭
ねんねこや渡るともなく踏切に 大屋達治 絢鸞
ねんねこや畦に上れば湖が見え 大峯あきら
ねんねこや西に流るる猿ヶ石川 齊藤夏風
ねんねこよりはみでる父子の瓜二つ 尾形不二子
ねんねこを脱いで一度に背ナ寒し 田中彦影
ねんねこを覗けば乳の匂ひ来て 永野冬山
ねんねこを負ひて聖壇用意かな 石田勝彦 秋興
ねんねこ半纒廃れ下町冬に入る 館岡沙緻
ねんねこ姿は孔雀模様や子を誇る 中村草田男
ぼろ市やねんねこを着て何売れる 今井つる女
ゆすりあげつつやねんねこ覗かるる 岸風三樓
人の子をのぞくねんねこ傾けて 赤松[ケイ]子
初薬師ねんねこがけで詣でけり 河原白朝
子が子負ふねんねこ富士は風の神(富士山) 殿村菟絲子 『牡丹』
子を育てざりきねんねこ温からん 品川鈴子
座席なきねんねこおんぶの客をいかに 富安風生
情うすき如ねんねこに子をしづめ 皆吉爽雨
白鳥へねんねこの子を傾ける 奈良文夫
祷りひたすらねんねこの児の泣きもせず 大串 章
腰ゆするねんねこの婆山は雪 藤木倶子
舞塚にきしねんねこの掃きはじむ 大木あまり 火球
赤子の頬ねんねこ黒襟母へつづき 中村草田男
赤子見んとねんねこの衿おしひろげ 佐藤直子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-10 00:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング