2014年 12月 12日 ( 12 )

日向ぼこ

日向ぼこ

例句を挙げる。

「用なしだけんど死ねれんもんね」日向ぼこ 熊谷愛子
いい顔の皺が生きてる日向ぼこ 五十嵐直子
いくたびも日を失ひぬ日向ぼこ 後藤夜半 底紅
いつの間にゐなくなりしや日向ぼこ 櫛原希伊子
いのち一つ守りあぐねて日向ぼこ 久保より江
うしろにも眼がある教師日向ぼこ 森田峠 避暑散歩
うつつ世も来世もあらぬ日向ぼこ 山科帰雁
うとうとと生死の外や日向ぼこ 村上鬼城
おでこよりふらふらと起つ日向ぼこ 高澤良一 石鏡
おもかげのまなこ細さよ日向ぼこ 銀漢 吉岡禅寺洞
かたまつて同じ事務服日向ぼこ 岡本眸(1928-)
かなしみのほのと温くもる日向ぼこ 吉屋信子
かへる山ありて猿たち日向ぼこ 山口波津女
からからに枯れし芭蕉と日向ぼこ 篠原鳳作
きな臭くなるまで老婆日向ぼこ 太田寛郎
くるめきは日にわれにあり日向ぼこ 皆吉爽雨 泉声
けふの日の燃え極まりし日向ぼこ 松本たかし
ここちよき死と隣りあひ日向ぼこ 鷹羽狩行 八景
ここに母居たらと思ふ日向ぼこ 下村常子
この年のひとつの夢と日向ぼこ 村越化石
この庭のながめもあきぬ日向ぼこ 山口波津女 良人
こほろぎの日向ぼこりのいつか無し 遷子
こゝに得し独りの世界日向ぼこ 嶋田一歩
さみしさをあたためてをり日向ぼこ 山崎房子
じつと見て何も見てゐず日向ぼこ 西山 睦
すぐそこに未来を思ふ日向ぼこ 高木莞子
ずいずいずつころばし掌を握り添へ日向ぼこ 野川釈子 『苗』
そのときはそのときのこと日向ぼこ 岩田照良
その態(てい)は懺悔するさま日向ぼこ 高澤良一 素抱
たましひといふ大荷物日向ぼこ 千葉皓史
たましひの出で入りしては日向ぼこ 森澄雄
たましひはいつも先ゆく日向ぼこ 玉城一香
だんだんに人でなくなる日向ぼこ 奥坂まや
ちかよりて老婦したしく日向ぼこ 飯田蛇笏
ちかよりて老婦親しく日向ぼこ 飯田蛇笏 春蘭
ちちははの墓をうしろに日向ぼこ 細川加賀 『玉虫』
ともあれと日向ぼこりに招じけり 中村汀女
どちらかと言へば猫派の日向ぼこ 和田順子
どつちみち地獄行きなり日向ぼこ 檜紀代
なにもかも無になるための日向ぼこ 本郷和子
なにもなき元日もよし日向ぼこ 中勘助
なによりの日にちが薬日向ぼこ 竹原梢梧
にんげんの縫目確かむ日向ぼこ 山崎十死生
にんげんの重さ失せゆく日向ぼこ 小倉涌史
はらわたの確と座りし日向ぼこ 勝山律子
ひとの釣る浮子見て旅の日向ぼこ 山口いさを
ひとり抱けばひとり背にくる日向ぼこ 毛塚静枝
ふところに手紙かくして日向ぼこ 鈴木真砂女 生簀籠
ふるさとにたよりおこたり日向ぼこ 中村汀女
ふるさとの山にもたれて日向ぼこ 山口いさを
ふるさとの朝日にあらで日向ぼこ 永田耕衣 陸沈考
ぽつかりと関東平野の日向ぼこ 安井昌子
まだ着居る国民服や日向ぼこ 京極杞陽
まなうらに駱駝の現るる日向ぼこ 高澤良一 ももすずめ
まなうらは火の海となる日向ぼこ 阿部みどり女
まなぶたは今万華鏡日向ぼこ 加藤三七子
まなぶたは今萬華鏡日向ぼこ 加藤三七子
ままごとにさそはれてゐる日向ぼこ 渡邉春生
みぞおちに日の匂ひゐる日向ぼこ 浜渦美好
みどり児の足先ぴんと日向ぼこ 今井千鶴子
みどり子の爪伸びさうな日向ぼこ 高瀬重彦
みどり子の足先ぴんと日向ぼこ 今井千鶴子
むつまじき老の夫婦や日向ぼこ 大橋櫻坡子 雨月
もう少し俳句つくらう日向ぼこ 上野 章子
ゆけむりの二階の窓に日向ぼこ 倉田紘文
よく聞こゆ耳を日に向け日向ぼこ 山口いさを
わが余生少したいくつ日向ぼこ 稲田桃村
わが心日向ぼこりになじめざる 田中裕明
わが性のなかに母ゐる日向ぼこ 国弘賢治
ゐながらに日向ぼこりの小書斎 上村占魚 球磨
アンパンの臍よりたべて日向ぼこ 安藤涼二
ジキル博士もハイド氏も老い日向ぼこ 吉田汀史
デスマスクある壁を背に日向ぼこ 石原八束 空の渚
フェミニズム投げ出し二人日向ぼこ 山岸竜治
ローズマリー日向ぼつこの海眺む 三宅優子
一人つく羽子に倦いたる日向ぼこ 上野泰 佐介
一標札に混み合ふ家族名日向ぼこ 香西照雄 素心
一生を島に老いたる日向ぼこ 上野泰 春潮
一碧の空に横たふ日向ぼこ 篠原鳳作 海の旅
一跨ぎ程の命や日向ぼこ 政所小枝
丁寧に仏具を磨き日向ぼこ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
三猿とならび腰かけ日向ぼこ 福田蓼汀
上げざりし瞼一線日向ぼこ 赤松[ケイ]子
不束のままに金婚日向ぼこ 松本昭子
世の中のことみな忘れ日向ぼこ 川口咲子
世の中を置いてけぼりの日向ぼこ 新明紫明
世をわすれ世に忘れられ日向ぼこ 松尾いはほ
両岸に両手かけたり日向ぼこ 斎藤 愼爾
両膝に幸せ集め日向ぼこ 村越化石
主曰く村一番の日向ぼこ 遠入たつみ
人として淋しき人の日向ぼこ 京極杞陽 くくたち下巻
人を恋ふ日にめぐり逢ひ日向ぼこ 後藤夜半 底紅
人を見る目細く日向ぼこりかな 高浜虚子
人目には日向ぼこりと見られつゝ 小西照子
人間が猫に加はり日向ぼこ 山田弘子 こぶし坂
仔羊の三百頭の日向ぼこ 坊城としあつ
仕合せはこんなものかと日向ぼこ 湯川雅
伊太利の太陽の唄日向ぼこ 高浜虚子
伝へ聞く友の栄華や日向ぼこ 日野草城
何となくそこに身を置き日向ぼこ 小舟 悟
余生とはかかるものかや日向ぼこ 池上不二子
修羅の世を遠まなざしに日向ぼこ 老川敏彦
倖せに自ら甘え日向ぼこ 永井賓水
先づ風が頬を撫で来し日向ぼこ 稲畑広太郎
兎より亀が早しと日向ぼこ 西川 五郎
児を抱きて聖母さながら日向ぼこ 品川鈴子
八百の嘘つきをへし日向ぼこ 戸田 悠
公園に餌漁る鳩と日向ぼこ 高澤良一 石鏡
冬の蜂見るとしもなく日向ぼこ 田中冬二 俳句拾遺
冬日掬ふ如き両掌や日向ぼこ 池内友次郎
冬菊のごとき老女の日向ぼこ 小島千架子
凩や崖下はよき日向ぼこ 野村喜舟 小石川
切株を仲間のごとく日向ぼこ 村越化石 山國抄
別々のこと考へてゐる日向ぼこ 船越和香
前世にも日向ぼこりに飽かざりし 相生垣瓜人 明治草抄
前管猊下朱塗の下駄が日向ぼこ 結城美津女
医者ぎらひ注射ぎらひの日向ぼこ 武田忠男
十二支に入れぬ猫と日向ぼこ 北見さとる
半分は死に体にゐて日向ぼこ 松山和子
口あけて日向ぼこりの中にかな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
否応なく自分と向き合ふ日向ぼこ 高澤良一 石鏡
吹かれ来て影の怒髪や日向ぼこ 香西照雄 素心
吾子とゐて吾子をわするゝ日向ぼこ 五十崎古郷句集
喧嘩の処置かんがへてひとり日向ぼこ 川島彷徨子 榛の木
国宝の風鐸を聞き日向ぼこ 束野淑子
地獄耳どうし耳寄せ日向ぼこ 岬雪夫
塞翁が馬とや大人の日向ぼこ 藤村瑞子
墓二三遠見えてゐる日向ぼこ 塘柊風
大仏の座禅倣ひて日向ぼこ 岡本郁三郎
大仏の掌にある思ひ日向ぼこ 鷹羽狩行 平遠
大寺のいくつほろびし日向ぼこ 小澤實(1956-)
大愚また大賢に似て日向ぼこ 下村梅子
大海を背にして日向ぼこりかな 柴崎七重
天界に雲の山川日向ぼこ 木田千女
天網はかくもやはらか日向ぼこ 橋本薫
太陽に吾も埃や日向ぼこ 平赤絵
太陽の下僕となりて日向ぼこ 大橋敦子
太陽の手をいただいて日向ぼこ 堀内薫
太陽も宇宙の塵か日向ぼこ 大塚千々二
夫余生吾れに託して日向ぼこ 犬飼久子 『寧日』
好きな人ばかりが死んで日向ぼこ 木田千女
好色の男なりしが日向ぼこ 松岡里江 『桜坂』
妊婦われ童話をよんで日向ぼこ 嶋田摩耶子
姉絵本弟積み木日向ぼこ 上野泰 佐介
婆こつくり金精さまと日向ぼこ 冨田みのる
子とありて燃えつるる耳日向ぼこ 皆吉爽雨 泉声
子は墨の髭など生やし日向ぼこ 京極杞陽 くくたち上巻
子等雀墓の一茶と日向ぼこ 加藤知世子 花寂び
寒天の干し場にひとり日向ぼこ 田中冬二 麦ほこり
寒霞渓客待つ馬の日向ぼこ 森谷栄子
少年や鴨をむしりて日向ぼこ 大橋櫻坡子 雨月
尼どちの頭の円光や日向ぼこ 原田翠芳
居こぼれて日向ぼこりの尼ぜかな 阿波野青畝
屑買に屑の天地や日向ぼこ 山本歩禅
山の色けふむらさきや日向ぼこ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
山裾に立もたれたる日向ぼこ 松本たかし
岩雫すれ~に鴛鴦の日向ぼこ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
島見える日は島を見て日向ぼこ 小田初枝
師の墓と尽きぬ話の日向ぼこ 渡辺恭子
師を央の日向ぼつこや弟子も古り 杉本寛
年賀の座日向ぼこりを賜りし 岸田稚魚
幸せのはしにゐるらし日向ぼこ 神前昭巳
廃船に向き合ひてゐる日向ぼこ 寺島ただし
弥陀のごと耳目をやすめ日向ぼこ 井沢正江 一身
御地蔵と日向ぼこして鳴ち鳥 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
志と詞と死と日向ぼこりの中なるや 折笠美秋 虎嘯記
志よ詞と死と日向ぼこりの中なるや 折笠美秋
愛犬に噛まれてやるや日向ぼこ 杉本艸舟
慈母観音圖をおもひゐる日向ぼこ 国弘賢治
憂きことのいつしか些事に日向ぼこ 永野美千代
我が十指なにを成し得む日向ぼこ 藤井寿江子
手に足に青空染むとは日向ぼこ 篠原鳳作
手に足に青空染むと日向ぼこ 篠原鳳作
手に足に青空沁むと日向ぼこ 篠原鳳作 海の旅
折りとりし茎のうつろや日向ぼこ 中島月笠 月笠句集
撫で下す顔の荒れゐる日向ぼこ 松本たかし
日に酔ひて死にたる如し日向ぼこ 高浜虚子
日に酔ふといふことのあり日向ぼこ 松尾白汀
日光写真の少年なりし日向ぼこ 原子公平
日向ぼこあの世さみしきかも知れぬ 岡本眸
日向ぼこかうしてゐても腹が減る 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
日向ぼこがんを封じる寺にゐて 塩川雄三
日向ぼこしつ見極むる手帳の句 岩木躑躅
日向ぼこしていて人生に出遅れし 斎藤慎爾
日向ぼこしてにこ~と待たれゐし 星野立子
日向ぼこしてはをらぬかしてをりぬ 京極杞陽 くくたち上巻
日向ぼこしてゐて人生に出遅れし 齋藤愼爾
日向ぼこしてゐて寒くなりにけり 辻桃子 ねむ 以後
日向ぼこしてゐて父母が近かりき 大橋敦子
日向ぼこしてゐるさまの見下され 波多野爽波 鋪道の花
日向ぼこしてゐるやうな茶臼山 黒川悦子
日向ぼこしてゐる前に落葉舞ひ 高濱年尾 年尾句集
日向ぼこして光陰を惜みをり 後藤夜半 底紅
日向ぼこして眼をつむりそのままに 黒田杏子 花下草上
日向ぼこして聞き分くる物の音 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
日向ぼこして雲とあり水とあり 伊藤柏翠
日向ぼこし乍ら出来るほどの用 稲畑汀子
日向ぼこするにも何處か気の引けて 高澤良一 随笑
日向ぼこするコンドルに成り下がり 高澤良一 寒暑
日向ぼこする外はなしあの世では 秋澤猛
日向ぼこせり火の山に大島に 村松紅花
日向ぼこせり胎児より下降して 齋藤愼爾
日向ぼこせる中一人卵売り 太田土男
日向ぼこせる老い父の長睫毛 大石悦子 群萌
日向ぼこなら大仏のたなごころ 白井晟也
日向ぼこに影して一人加はれり 銀漢 吉岡禅寺洞
日向ぼこのあとの寒さの落葉かな 林原耒井 蜩
日向ぼこのやうな入院してゐたる 中山幸枝
日向ぼこの何やら心せかれゐる 阿部みどり女 笹鳴
日向ぼこの冠外せし老儒かな 楠目橙黄子 橙圃
日向ぼこの猫を仲間にてんご編む 西形佐太郎 『てんご』
日向ぼこひとりのときは雲を見て 熊滝逸女
日向ぼこふりかへりたるかほ暗し 橋本鶏二 年輪
日向ぼこほら吹き男ほらを吹き 中島弥市
日向ぼこまた爪をかむ継子かな 飯田蛇笏 山廬集
日向ぼこみんな小さな影を負ひ 山口 速
日向ぼこめく一年がもう仕舞 高澤良一 随笑
日向ぼこよいしょと起てば目がさまよひ 高澤良一 暮津
日向ぼこよりすつぽりと老婆が抜け 榎本冬一郎
日向ぼこ一家の舵をとりながら 京極杞陽
日向ぼこ一家の舵を守りながら 京極杞陽
日向ぼこ一茶の雀そこにいて 千葉すゝむ
日向ぼこ世間の事をみな忘れ 福井玲堂
日向ぼこ二つの眼にて何見やう 鈴木鷹夫 千年
日向ぼこ五体にこころゆきわたる 山口いさを
日向ぼこ亡き父の在る思ひかな 岩崎照子
日向ぼこ仏掌の上にゐる思ひ 大野林火
日向ぼこ何やら心せかれゐる 阿部みどり女
日向ぼこ佛掌の上にゐる思ひ 大野林火(1904-84)
日向ぼこ刻のくぼみに居るごとし いのうえかつこ
日向ぼこ前をいろんな人通る 堀 磯路
日向ぼこ吾を脱け出て吾を瞻る吾 高澤良一 石鏡
日向ぼこ呼ばれて去ればそれきりに 中村汀女
日向ぼこ団地は南へふくらみて 和田祥子
日向ぼこ地に倦みし面上げにけり 中島月笠 月笠句集
日向ぼこ壁にも笑窪あるごとし 宮脇白夜
日向ぼこ大王よそこどきたまへ 有馬朗人 知命
日向ぼこ天神橋の裏を見て 石倉啓補
日向ぼこ太陽の子と思ひけり 高田風人子
日向ぼこ女三代黙しおり 栗林幹子
日向ぼこ子に蟷螂とあだ名され 佐野青陽人 天の川
日向ぼこ子犬と孫と爺と婆 伊藤 勉
日向ぼこ少しの暇なほうれし 高木晴子 花 季
日向ぼこ干支に洩れたる猫とをり 村上喜代子
日向ぼこ平等院を借り申す 中野柿園
日向ぼこ年内といふ柵の内 高澤良一 随笑
日向ぼこ影のいちにん抜けいたり 鈴木慶子
日向ぼこ影の発する棒状悲鳴 野ざらし延男
日向ぼこ心温もるまでゐたり 西村和子 かりそめならず
日向ぼこ心貧しく居たりけり 瀧 春一
日向ぼこ放下かただの老人か 鈴木鷹夫 風の祭
日向ぼこ日向がいやになりにけり 久保田万太郎 流寓抄
日向ぼこ此所にも仕切る婆がゐて 中尾 幾
日向ぼこ死が近く見え遠く遣り 大野林火
日向ぼこ死後の極楽疑はず 田中政子
日向ぼこ母の日課となりにけり 鈴木昌江
日向ぼこ母の法悦淋しめり 大橋敦子
日向ぼこ汽笛が鳴れば顔もあげ 中村汀女
日向ぼこ湯浴のごとく人加ヘ 岡本眸
日向ぼこ溶けて流れて故郷無し 浜崎敬治
日向ぼこ熱血教師の好好爺 案田佳子
日向ぼこ父の血母の血ここに睦め 中村草田男
日向ぼこ犬にものぐさ太郎あり 辻田克巳
日向ぼこ猫に去られてしまひけり 高澤良一 随笑
日向ぼこ眼白とる子を妨げそ 大橋櫻坡子 雨月
日向ぼこ睡魔とあそび疲れけり 茂一郎
日向ぼこ神の集ひも日向ならむ 大野林火
日向ぼこ笑ひくづれて散りにけり 富安風生
日向ぼこ笑を含みてさびしげに 京極杞陽 くくたち下巻
日向ぼこ終生書生気質かな 脇本千鶴子 『てんと花』
日向ぼこ縞黒き辺ゆ衣ぬくもり 中戸川朝人 残心
日向ぼこ老いたるユダと隣り合ふ 吉田寿子
日向ぼこ老父の眼鏡日を聚む 田川飛旅子
日向ぼこ自分が見えていたりけり 渡辺倫太
日向ぼこ襁褓はづせし機嫌かな 大野伊都子
日向ぼこ見えざるものに己れの顔 西村和子 かりそめならず
日向ぼこ話を待ちて母がをり 古賀まり子 緑の野以後
日向ぼこ身に粛々とかくれなし 三浦紀水 『湖その後』
日向ぼこ身のうちそとに母の居て 長谷川せつ子
日向ぼこ遠目に墓の影据ゑて 阪上蝸牛子
日向ぼこ金色の爪伸びてくる 上田貴美子
日向ぼこ長身痩躯折り畳み 高澤良一 暮津
日向ぼこ雀ちか寄る爪音す 大城 周
日向ぼこ頬杖といふ杖もあり 村越化石
日向ぼこ頭の抽出より挿話 高澤良一 燕音
日向ぼこ鬱金の刻のありにけり 本宮鼎三
日向ぼこ鳥の死に処に思ひ馳せ 高澤良一 さざなみやつこ
日向ぼこ鴛鴦もするなり朴の花 岡本まち子
日向ぼこ黙しの時をいとほしむ 出田 浩子
日向ぼこ齢は花のごと萎れ 清水衣子
日向ぼっこ日向がいやになりにけり 久保田万太郎(1889-1963)
日向より盲ひて戻る日向ぼこ 阿部みどり女
昃ればすぐ立ち上り日向ぼこ 高濱年尾 年尾句集
昇天をまぬがれゐたり日向ぼこ 高澤良一 暮津
明治村髭の巡査の日向ぼこ 鈴木和子
昼月をつら~見上げ日向ぼこ 鈴木花蓑句集
時惜しみ惜しまず日向ぼこりかな 石塚友二 光塵
晩年の白一色の日向ぼこ 鷹羽狩行
曲り家の曲りに跼み日向ぼこ 西本一都
書簡うくことのためらひ日向ぼこ 飯田蛇笏 春蘭
月の中よく見えてをり日向ぼこ 橋本鶏二
木賊の日遠くしざりぬ日向ぼこ 阿部みどり女
来し方は瓦礫の底や日向ぼこ 白井眞貫
松とるや鶏は田に犬日向ぼこ 躑躅
松の廊下日向ぼつこによささうな 正木ゆう子 静かな水
枯葉なんぞの匂ひわが身に日向ぼこ 山上樹実雄
根の国は胎のぬくもり日向ぼこ 齋藤愼爾
桃源のこゝろうとうと日向ぼこ 河野静雲
椅子ゆりて無欲に似たり日向ぼこ 吉川春藻
椋の実ののこる空あり日向ぼこ 石田郷子
極楽はこの世にありて日向ぼこ 森 輪花
次の世へ空席のあり日向ぼこ 田中荒砂
欲ばりな嫗いつまで日向ぼこ 黒田杏子 花下草上
歳月の影をうしろに日向ぼこ 榎本虎山
死ぬことも考へてゐる日向ぼこ 増田龍雨
死ぬことを忘れ歳々日向ぼこ 村越化石
死を悼み生をわらひて日向ぼこ 京極杞陽
死神もうつらうつらと日向ぼこ 遠藤若狭男
母親を一人占めして日向ぼこ 村中千穂子
水流れ刻はとどまる日向ぼこ 吉年虹二
氷遠が死語となるまで日向ぼこ 中里麦外
沖の漁場息子に譲り日向ぼこ 猿橋統流子
流人島指呼に婆らの日向ぼこ 池上樵人
流木を一人に一つ日向ぼこ 綾部仁喜 寒木
浄土とてこんなものかも日向ぼこ 有吉桜雲
浮寝鳥日向ぼこして樹にもあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
炊きたてのごはんのような日向ぼこ 岸本陽子
焚火して日向ぼこして漁師老い 鈴木真砂女 生簀籠
無為といふ安らぎにあり日向ぼこ 和田一菜
無為にして化すものもなし日向ぼこ 中勘助
焦げ臭くなるまで一人日向ぼこ 寺西照子
父の座の父の匂ひの日向ぼこ 高野尚志
犬がものを言つて来さうな日向ぼこ 京極杞陽 くくたち上巻
犬という命と並び日向ぼこ 鳴戸奈菜
犬目開きわれ目を閉ざし日向ぼこ 京極杞陽 くくたち上巻
独り居の首ぬかれそう日向ぼこ 栗林千津
王侯の日向ぼこりに変りなし 辻本斐山
玻璃の外の風を見てゐる日向ぼこ 高濱年尾 年尾句集
生きてゐることを忘れて日向ぼこ 水谷仁志子
生きられる時間数へて日向ぼこ 島村ひろ子
男とか女を超えて日向ぼこ 櫂未知子 貴族
畦川や蝌蚪にもありし日向ぼこ 木村 風師
疾走するトラックの人ら日向ぼこ 渡辺水巴 白日
病み猫の鈴はづしやる日向ぼこ 木田千女
病める子の愚痴聞いてやる日向ぼこ 宮本ミユキ
病間や破船に凭れ日向ぼこ 杉田久女
百までは生きるつもりの日向ぼこ 菖蒲あや
目つむりて無欲に似たり日向ぼこ 上西左兌子
目つむれば倖せに似ぬ日向ぼこ 中村汀女
目つむれば宙に浮く吾日向ぼこ 高澤良一 宿好
目と鼻のぽかんと離れ日向ぼこ 安嶋都峯
目の横をとびゐる埃日向ぼこ 橋本鶏二
眉寄せて日向ぼこりの下手な人 奥坂まや
眼つむれば駆けりゐる血や日向ぼこ 松本たかし(1906-56)
眼の前に脱かれし下駄や日向ぼこ 飯田蛇笏 霊芝
着陸機待ちて給油車日向ぼこ 大島民郎
石がゐて吾が影がゐて日向ぼこ 村越化石
砂よけのかげにも一人日向ぼこ 阿部みどり女 笹鳴
磯臭くなるまで海の日向ぼこ 堀米洋江
禅寺の庭に座敷に日向ぼこ 高浜虚子
福耳の透きとほるまで日向ぼこ 檜紀代
稿送り骨の髄まで日向ぼこ 斉藤すず子
穏やかな気持もらひ日向ぼこ 長野敏子
空気銃向ける樹を見て日向ぼこ 阿部みどり女
笛吹いてむかしむかしの日向ぼこ 中川宗淵
笛吹いてむかし~の日向ぼこ 中川宋淵 命篇
笹山に那須嶽仰ぎ日向ぼこ 渡邊水巴 富士
籠りきり日向ぼっこのやうな日々 高澤良一 さざなみやつこ
納骨の日向ぼこりの中にをり 岸田稚魚
紙漉いてふぬけの爪よ日向ぼこ 田中英子
素直には喜べぬ長寿日向ぼっこ 桑田秋冬
紺青の空と触れゐて日向ぼこ 篠原鳳作 海の旅
綿入れの背のふつくらと日向ぼこ 田中冬二 冬霞
縁に腰そのまゝ日向ぼこりかな 高浜虚子
縁側にどうと倒れて日向ぼこ 京極杞陽 くくたち下巻
羅宇屋出て雷門に日向ぼこ 内海保子
美醜際立つ女生徒の日向ぼこ 楠節子
老境といふはいつより日向ぼこ 半田陽生
老木と同じ日向に日向ぼこ 村越化石
老犬の如くに我も日向ぼこ 京極杞陽 くくたち上巻
考への小は切捨て日向ぼこ 依田明倫
考へる人にも似たり日向ぼこ 斎藤和風
耳うとくほとけ顔して日向ぼこ 三宅まさ子
耳遠き故にうとまれ日向ぼこ 桐田句昧
胎内にゐるがごとくに日向ぼこ 中野貴美子
胎内のぬくさと思ふ日向ぼこ 吉沢紀子
胎内へ還るおとうと日向ぼこ 齋藤愼爾
胎内をくぐりし思ひの日向ぼこ 齋藤愼爾
胸もとを鏡のごとく日向ぼこ 大野林火
膝曲げて坐つて日向ぼこりかな 今井杏太郎
良寛の肩に似て来し日向ぼこ 小川原嘘帥
茂吉斯く足投げ出せり日向ぼこ 阿波野青畝
萩叢を刈ろと思へど日向ぼこ 銀漢 吉岡禅寺洞
虚子庵はがらんどうなり日向ぼこ 上野泰
蟷螂と日を分け合うて日向ぼこ 高澤良一 随笑
行きばなき猫と話しぬ日向ぼこ 山本智恵子
補聴器に拾ふ雑音日向ぼこ 原村明子
褒貶は彼方に在りて日向ぼこ 大本正貴
見つくせし海見る漁夫の日向ぼこ 河本美智雄
見て見ぬふり友と自称や日向ぼこ 香西照雄 素心
見のかぎり煙草むらさき日向ぼこ 『定本石橋秀野句文集』
見るかぎり煙草むらさき日向ぼこ 石橋秀野
話すことだんだん少な日向ぼこ 上野 章子
語らひの相手は猫や日向ぼこ 松尾忠子
象のごと開きて日向ぼこの耳 高澤良一 随笑
貝になりたしとも思はず日向ぼこりして 本土みよ治
越えられぬ川がいくつも日向ぼこ 齋藤愼爾
足入れてサンダル小さき日向ぼこ 依光陽子
足許の風の気になる日向ぼこ 稲畑汀子
身に芯のごときものあり日向ぼこ 高澤良一 石鏡
身のうちに老の来てゐる日向ぼこ 伊東月草
身の枷をはづしきれざる日向ぼこ 吉田 節子
身中の虫出でゆけり日向ぼこ 小島健 木の実
車ごと若人日向ぼこりかな 岩崎照子
過ぎしこと言はず聞かざる日向ぼこ 今井つる女
金柑に日のある間日向ぼこ 中村厚生
雀とぶそれも光芒日向ぼこ 皆吉爽雨
集めたる石も漁具にて日向ぼこ 茨木和生 遠つ川
雑沓を見て傘役の日向ぼこ 西本一都 景色
雑音に耳あそばせて日向ぼこ 竹下しづの女
雪の雄にしたがひて日向ぼこ 飯田蛇笏 春蘭
雪を背に猿一列に日向ぼこ 五十嵐カズイ
雪落つる光飛び来ぬ日向ぼこ 鈴木花蓑句集
雲行くは行き園丁の日向ぼこ 下鉢清子
非常階段愛用日向ぼことして 鈴木 榮子
音のまろき母子の睦言日向ぼこ 中村純子 『花守』
顱頂剃ることものび~日向ぼこ 佐藤慈童
風強き玻璃戸のうちの日向ぼこ 上野泰 佐介
風邪気味の働くいやな日向ぼこ 阿部みどり女 笹鳴
飄と行く白雲高し日向ぼこ 貝塚放朗
飴の玉いつもふくんで日向ぼこ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
餉をつぐる家ぬち暗く日向ぼこ 西島麦南 人音
饅頭のあんこさながら日向ぼこ 浜崎敬治
鬼のこころに今とほくゐる日向ぼこ つじ加代子
鶏逃げし石の階日向ぼこ 原裕 葦牙
黒猿の黒き夫婦の日向ぼこ 三好達治 路上百句


以上


by 575fudemakase | 2014-12-12 00:59 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬木立

冬木立

例句を挙げる。

あかつきの息をひそめて冬木立 舟月
うてば打ち返す短信冬木立 赤松[ケイ]子
からからと日は吹き暮れつ冬木立 鳴雪
からびたる三井の仁王や冬木立 其角
ここからは母親となる冬木立 高澤晶子 復活
さはつたら手も切やせん冬木立 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
それぞれが暗い空白冬木立 対馬康子 吾亦紅
それぞれの性もあらわに冬木立 飯沼しほ女
たたらふむ火の宵々や冬木立 篠原温亭
つかのまの日の冬木立戦やむ 小池文子 巴里蕭条
ひき出す馬の匂ひや冬木立 金尾梅の門 古志の歌
ひよどりの飛びつく伊賀の冬木立 展宏
みよしのやもろこしかけて冬木立 蕪村遺稿 冬
よるみゆる寺のたき火や冬木立 炭 太祇 太祇句選後篇
をちこちに黒木積みけり冬木立 坂本四方太
ガム噛みて孤りを深む冬木立 上野澄江
テレビ塔二つも近き冬木立 瀧井孝作
一めぐり塚も黒むや冬木立 水田正秀
一本の冬木に遠く冬木立 倉田 紘文
一直路しんかんとあり冬木立 鷲谷七菜子 天鼓
乾鮭も登るけしきや冬木立 蕪村遺稿 冬
人恋ふる捨猫のゐて冬木立 坂本登美子
佐渡へ航く船透けて見ゆ冬木立 勝又水仙
何鳥か啼いて見せけり冬木立 小澤碧童 碧童句集
其中に境垣あり冬木立 高浜虚子
冬木立いかめしや山のたたずまゐ 大坂-才麿 元禄百人一句
冬木立いつか生れし赤き屋根 林豊子
冬木立ここ清貧の僧あらむ 暁台 選集古今句集
冬木立そがひの坑は廃れたり 那須辰造 天窓
冬木立ながらに松の御苑かな 京極杞陽 くくたち下巻
冬木立にぎりこぶしのうち熱し 稚魚
冬木立に見えすく山の容かな 高濱年尾 年尾句集
冬木立はねをすぼめてうつる鳥 中勘助
冬木立ばたりと人が倒れたり 柴崎昭雄
冬木立ランプ点して雑貨店 茅舎
冬木立一壷となりし母軽し 吉屋信子
冬木立仰げば空の揺れにけり 木村凍邨
冬木立備中高松城址寂 稲畑廣太郎
冬木立僧園に人ありやなし 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木立入りて出でくるもののなし 加藤秋邨 怒濤
冬木立別るるまへの顔あげよ 小澤實
冬木立剛毅な闇のありにけり 後藤綾子
冬木立北の家かげの韮を刈 蕪村遺稿 冬
冬木立奥は社の鏡かな 古白遺稿 藤野古白
冬木立家居ゆゝしき梺かな 蕪村遺稿 冬
冬木立寒雲北に滞る 芹村
冬木立寺に蛇骨を伝へけり 夏目漱石 明治二十八年
冬木立己惚れ屋さん膝かかえ しらいししずみ
冬木立師系にくもりなかりけり 田中裕明 先生から手紙
冬木立思ひがけなく線路あり 福田清人 麦笛
冬木立抜けきて会話濃くなれり 村松壽幸
冬木立月骨髄に入る夜かな 几董
冬木立歩き渋りの犬を曳き 依光陽子
冬木立母音と子音ひびきあい 大竹広樹
冬木立童かけ入りかけ出でぬ 池内友次郎
冬木立続けり胸の延長線 対馬康子 愛国
冬木立羊の群の縫うてゆく 清水駿郎
冬木立透きて深まる海の紺 小松世史子
冬木立遂に逃げみち無くなりぬ 宮坂沙千
冬木立静かな暗さありにけり 高浜年尾
冬木立鳥も噂もきらきらす 原田喬
力抜くことも覚えて冬木立 中嶋秀子
南宗の貧しき寺や冬木立 仙魯
反骨のむらむら燃ゆる冬木立 和田耕三郎
垣結へる御修理の橋や冬木立 黒柳召波 春泥句集
堕ろし来て妻が小さし冬木立 吉田鴻司
墓守の娘に逢ひぬ冬木立 寺田寅彦
壁に乾くにんにくの束冬木立 小池文子 巴里蕭条
壮年や茸の匂ひの冬木立 小島千架子
大佛の胸あらはなり冬木立 寺田寅彦
大佛は猫脊におはす冬木立 吉屋信子
姥捨ての名残箕捨てる冬木立 敬天牧童
孟子読む郷士の窓や冬木立 黒柳召波 春泥句集
家二軒畑つくりけり冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
寺ありて小料理屋もあり冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
山人の傷ひかりおり冬木立 森下草城子
山寺に豆麩引くなり冬木立 一茶
山番の道細々と冬木立 寺野守水老
手を振つてからだ浮かすや冬木立 柳澤和子
散とのみ見る目や娑婆の冬木立 上島鬼貫
斧入れて香におどろくや冬木立 蕪村
方位なく光陰とどまり冬木立 福田蓼汀
旅馬車に渚又遠し冬木立 飯田蛇笏 山廬集
明ぼのやあかねの中の冬木立 高井几董
明るさの戻りたるより冬木立 稲畑汀子
晩年を考へてゐる冬木立 中村菊一郎
曙やあかねの中の冬木立 几董
月ありて北斗の冴えや冬木立 岡本松浜 白菊
月すでに窓に廻りぬ冬木立 上村占魚 鮎
月光の鍼ぴしぴしと冬木立 吉田朔夏
東雲や画にしまほしき冬木立 蘇山人俳句集 羅蘇山人
柴こり居れば鵯が鳴くなり冬木立 寺田寅彦
死を思ふとき賑やかに冬木立 小松崎爽青
氏神の屋根新しき冬木立 寺田寅彦
氏神の御屋根普請や冬木立 寺田寅彦
汁の実に乏しき畑や冬木立 温亭句集 篠原温亭
汽車道の一すぢ長し冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
港より一すぢ続く冬木立 高木晴子 晴居
満月のほうとのぼりぬ冬木立 中勘助
濁り水澄まぬ池あり冬木立 玉越琅々
火の山の裾に疎らや冬木立 迷子
灯せば影は川こす冬木立 紫暁
焚火好きな園主をるなり冬木立 乙字俳句集 大須賀乙字
煌と過ぐけものの影や冬木立 鷲谷七菜子 雨 月
父祖の地へ終には戻る冬木立 穂坂日出子
生死みなひとりで迎ふ冬木立 倉橋羊村(1931-)
白林を湯へよぶ柝や冬木立 飯田蛇笏 山廬集
盗人に鐘撞く寺や冬木立 太祇
砂よけや蜑のかたへの冬木立 凡兆
秀をゆりて風に逆らふ冬木立労働はかがやかにわれにもありき 瀧澤亘
移住記に栄枯わりなき冬木立 細谷源二 砂金帯
純愛や十字十字の冬木立 対馬康子 愛国
組みかけし塔むつかしや冬木立 白雄
自動車の光さしこむ冬木立 西山泊雲 泊雲句集
花鳥にせがまれ尽す冬木立 広瀬惟然
菜畑や小村をめぐる冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
表情のまだ定まらぬ冬木立 阿部登美子
触れし手のゆき処なし冬木立 谷口桂子
貝殻を落とす鴉や冬木立 安斎櫻[カイ]子
貨車遠く尾を曳き行けり冬木立 鮫島交魚子
遠くを見よ遠くを見よと冬木立 岡崎淳子
里ふりて江の鳥白し冬木立 蕪村遺稿 冬
重なりて色の満ちたる冬木立 久保美智子
鎌倉やアナニヤシエヲトメラ冬木立 日夏耿之介 婆羅門俳諧
門前のすぐに阪なり冬木立 小西由挙
門見えて爪上りなり冬木立 丹波 仙魯 五車反古
隆々と瘤あらはなり冬木立 小柳研秋
雨ふりていよ~黒し冬木立 高橋すゝむ
雲の裏真赤に燃えて冬木立 梅田ひろし
風も日もたやすくぬけて冬木立 土生重次
風呂敷の紺を匂はす冬木立 桂信子
馬蹄師の宿一軒や冬木立 乙字俳句集 大須賀乙字
鬼となる子が目を隠す冬木立 赤井淳子
魚山の名こゝに千年冬木立 小塙徳女
鴉には首吊るによき冬木立 安西 篤

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

千鳥

千鳥

例句を挙げる。

*てきちょくと渚の雪に千鳥かな 大石悦子
あしあとの千鳥の中の烏かな 富安風生
あすこゆる天城を戀へば千鳥啼く 加藤三七子
あちこちに分るゝ水や村千鳥 荷風
あとさきに千鳥の跡はなかりけり 八木林之助
あはれげもいとど春立つ朝千鳥 上島鬼貫
あら古や露に千鳥をすまの躰 椎本才麿
あら浪に千鳥たかしや帆綱巻く 飯田蛇笏 霊芝
あら磯やはしり馴たる友鵆 去来
あら礒やはしり馴たる友鵆 向井去来
ありあけの月をこぼるゝ千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
あれ聞けば千鳥なりけり卵酒 広江八重桜
いつ迄か雪にまぶれて鳴千鳥 千那
いりあひの鵆なるべき光かな 青畝
うぐひすや耳に千鳥の凍どけぬ 横井也有 蘿葉集
うしろより来る波迅し磯千鳥 阿部みどり女
お地蔵のもすそに鳴くや磯千鳥 上島鬼貫
お浜離宮の松を縫ひとぶ千鳥かな 月舟俳句集 原月舟
かくて夜々千鳥の声をいねて待つ 佐野まもる 海郷
かへしきていしくも高き鵆かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
かへる波かへらぬむかし啼千鳥 也有
きらめきて翔ちて千鳥にまぎれなし 土井光行
くむ汐や千鳥残して帰る海士 上島鬼貫
ここらまで千鳥とび来る磯遊 高濱年尾
この庭の海に垣して千鳥来る 山口青邨
この旅のおもかげに立つ千鳥かな 吉屋信子
こぼれてはき風拾ひ行鵆かな 千代女
こぼれてば風拾ひ行く鵆かな 千代尼
こゝにきて千鳥の痕の絶えにけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
こゝらまで千鳥とび来る磯遊 高浜年尾
さいはての千鳥に戦おこりけり 萩原麦草 麦嵐
さそはれて千鳥を聞きに牡蠣船へ 清原枴童 枴童句集
さよ千鳥加茂川越る貸蒲団 無腸
さ走れるものを千鳥とうたがはず 桑田青虎
しがらみの雪踏みちらす鵆かな りん 俳諧撰集玉藻集
その夜半の啼く音は遠し浦鵆 黒柳召波 春泥句集
その昔よりの千鳥の洲なるべし 高濱年尾 年尾句集
そら耳に千鳥を宙にやり過す まもる
ちさく砂蹴つて川千鳥のゆくへ 夏井いつき
ともし火の千鳥に動く涼み川 竹裡
なく千鳥灯にみじろがぬ君が見ゆ 金尾梅の門 古志の歌
なく鵆帆にくるまって寝夜哉 井上井月
ぬけ星は石ともなるか鳴く千鳥 井上井月
はいかいの念仏申せさよ千鳥 尾崎紅葉
はるさめや三坪の庭の千鳥草 蘇山人俳句集 羅蘇山人
ひとり乗る仕舞わたしや小夜千鳥 几董
ひるがへるとき群千鳥なりしかな 稲畑汀子
ふみかよへ伊勢の津の国友鵆 宗因
ほどほどの寒さ千鳥がよく鳴いて 今井杏太郎
むら千鳥立ちおくれたる一つかな 高橋淡路女 梶の葉
やよ笠を千鳥にかせや磯吹雪 中勘助
れんげ畑赤しと思え近き千鳥 金子皆子
わが住む灯これより晩夏夕千鳥 神尾久美子 掌
一つ一つ磐へこぼるゝ千鳥かな 石鼎
一ならび千鳥高麗よりつづくかな 一茶
一対の夢の千鳥に覚めて雪 鳥居美智子
一羽啼き二羽なき後は千鳥かな 巴静
三つ五つまではよみたる千鳥かな 千代尼
上汐の千住を越ゆる千鳥かな 正岡子規
上置きの干菜切れとや夕千鳥 一茶
上置の干菜切れとや夕千鳥 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
世に隠るるすべなきものを遠千鳥 西村和子 かりそめならず
世才無し千鳥寄りあふすべるかに 香西照雄 対話
中空を風鳴り渡り千鳥なく 竹中すゝき女
九十九夜我も泣しよ磯千鳥 星布尼
乞食の五器に求食るか小夜鵆 松岡青蘿
人近く千鳥飛び来る月夜かな 折井愚哉
仮まくら魚蔵に千鳥降るがごとし 白雄
作のふるさと近き千鳥かな 樋笠文
俊寛と共に吹かるる千鳥かな 夏目漱石 明治四十二年
俊寛の枕ながるる千鳥かな 飯田蛇笏 山廬集
八景や或は見ゆる遠千鳥 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
冬の日の丸に暮れてや啼く千鳥 浜田酒堂
冬へ縫ふ服にこまかく千鳥掛 和田祥子
冬牡丹千鳥よ雪のほとゝぎす 松尾芭蕉
初凪や千鳥にまじる石たゝき 島村元
初声の千鳥を故郷に来て聞ける 石橋海人
初晴の千鳥の渚つづきをり 勝又一透
初曽我や灯にひるがへる蝶千鳥 吉田冬葉
初東風に千鳥二つの巴かな 野村喜舟
初鏡とて粧ひもなかりけり 中原千鳥
初雪や亭主ぶりする浦鵆 水田正秀
前島へ月かたむけし千鳥かな 佐野まもる 海郷
加茂人の火を燧(キル)音や小夜鵆 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
動きある絵となり波に千鳥翔ぶ 桔梗きちかう
千鳥あとみな重ならず美しき 高濱年尾 年尾句集
千鳥おどしの千夜経、ひらがなの車(リムジン)がゆく 加藤郁乎
千鳥かも昼の怒濤に来て鳴ける 斎藤空華 空華句集
千鳥がへしといふ屏風岩冬の海 冬葉第一句集 吉田冬葉
千鳥たつ加茂川こえて鉢叩 其角
千鳥たつ汀の船のうしろかな 坂本四方太
千鳥たつ礁や春の時化名残 高濱年尾 年尾句集
千鳥とび櫂揚げて舟荒瀬過ぐ 久保 武
千鳥とぶ堰より桂川となる 中村芳子
千鳥ともいふ足あとよ汐干潟 高橋淡路女 梶の葉
千鳥なくやかほどの華奢の箪笥鍵 久米三汀 牧唄
千鳥なく土用芝居の海の景 長谷川かな女 雨 月
千鳥なく闇に火あげてわたし守 水原秋櫻子
千鳥なく鳴門の海の夜明けつつ 麻植 裕子
千鳥になつて智恵子になつて磯遊び 早川典江
千鳥にも富士は眩しき山ならむ 飯田龍太
千鳥の声鈴振るやうに子のマラソン 加藤知世子 花寂び
千鳥も老いも夜明けの素足九十九里 太穂
千鳥よりちりぢりに春電車くる 阿部完市 春日朝歌
千鳥らし渚鏡をゆきもどり 富岡犀川
千鳥ゐしテトラポットの錨足 百合山羽公 寒雁
千鳥ゐる夕日が広くさす渚 高木晴子 花 季
千鳥一聯見えて消えけり沖つ浪 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
千鳥啼き出づれば雌か雄かいの 遊女-いくよ 俳諧撰集玉藻集
千鳥啼き女はものを言はぬなり 佐々木麦童
千鳥啼き島の侵蝕すすみたり 関口祥子
千鳥啼くやかげりがちなる日を慕ひ 白水郎句集 大場白水郎
千鳥啼くや廻廊の燈雨ざらし 飯田蛇笏 山廬集
千鳥啼く夜は深酒をせし父か 吉田汀史
千鳥啼く揚荷のあとの月夜かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
千鳥城矢狭間けぶらす松の花 和田 祥子
千鳥来し頃の網島物語 田畑美穂女
千鳥来てゐる荒天の桑畠 石原舟月 山鵲
千鳥来て障子を洗ふ浪とゐる 水原秋櫻子
千鳥来るや紅濃うす島蕪のあり 久米正雄 返り花
千鳥立ち更け行く初夜の日枝颪 松尾芭蕉
千鳥翔け磯釣竿を撓めたり 水原秋櫻子
千鳥翔つきさらぎの洲の夕明り 長谷川双魚 風形
千鳥聞きしや仏彫る鑿とどめては 村松紅花
千鳥聞きし風の薫りや蘭奢待 山口素堂
千鳥聞其ちどりこそ生き仏 松岡青蘿
千鳥見て帰りてわづか白髪増ゆ 加倉井秋を
千鳥見て漁師に遇はず戻りけり 森田峠 避暑散歩
千鳥見に彼もマスクをして来り 高濱年尾 年尾句集
千鳥見の小舟雇うて待ちくれし 高濱年尾 年尾句集
千鳥走り塩浮き残したる地表 斉藤夏風
千鳥飛ぶや埠頭の積荷宿毛船 雑草 長谷川零餘子
千鳥飛ぶや旭出でゝ波の平らなる 雑草 長谷川零餘子
千鳥飛ぶや燈台直下浜すこし 野村喜舟 小石川
千鳥飛んで枯色見ゆる端山かな 清原枴童 枴童句集
千鳥駈る干潟銀無垢に冴え返る 内藤吐天
千鳥鳴くところ定まり夜風出づ 長谷川双魚 風形
千鳥鳴くやかほどの華奢も箪笥鍵 久米正雄 返り花
千鳥鳴く夜かな凍てし女の手 中塚一碧樓
千鳥鳴く淀の一夜や遣唐使 会津八一
千鳥鳴く船渠の底に灯が動く 米沢吾亦紅 童顔
千鳥鳴く闇に火揚げてわたし守 水原秋桜子
千鳥鳴けばいつもの夜着を掛けるなり 河東碧梧桐
双眼鏡の中の千鳥が鳴いてゐる 鈴木貞雄
双鵆と行くなりけりかくも行く 阿波野青畝
口笛に千鳥を呼んで若布干す 町田しげき
合流す木曽の三川夕千鳥 神谷美和
名のりては月にかくるゝ千鳥哉 幸田露伴 江東集
名月に気を持ち顔の鵆かな 水田正秀
君知るや五条で名乗る小夜千鳥 水田正秀
吹かれよりて千鳥の脚のそろひけり 渡邊水巴
吹かれ来て畳に上る千鳥かな 乙由
吹かれ来て障子に月の千鳥かな 樗堂
吹き上げて汐ぐもりゆく千鳥かな 蓼太
吹き別れ吹き別れても千鳥かな 千代女
吹き荒れて千鳥も鳴かぬ月夜かな 野間叟柳
吾れの在る限り千鳥の淡路島 岩木躑躅
味やりやるこれは千鳥かめづらしい 広瀬惟然
呼次や千鳥の香炉浦煙 井原西鶴
啼く千鳥攫ひて風の荒ぶなり 上田千枝子
噴煙の夜はあかければ鳴く千鳥 篠原鳳作 海の旅
四五羽立てたちもどりけり洲の鵆 道立 五車反古
土佐日記こゝに船出の千鳥啼く 小田黒潮
土手うらに千鳥あがりし枯野かな 大橋櫻坡子 雨月
土手こして千鳥枯野へちらばれる 川島彷徨子 榛の木
埋立地集ひ初めたる夕千鳥 斉藤夏風
城の辺やをぐさの丈に春の蝉(千鳥城) 『定本石橋秀野句文集』
塩田址へ来ては群立つ夏千鳥 北野民夫
墨よしや千鳥こぼるゝ朧月 嵐山
夏千鳥ヴェニスかくやと問はれけり 林原耒井 蜩
夏千鳥砂山よりは高く飛ばず 樋笠文
夏千鳥醒めて枕の下にきく 川島彷徨子 榛の木
夕されば千鳥とぶ也春の水 高井几董
夕千鳥拾ひし時計生きてをり 奈良文夫
夕千鳥松原越えて浜移り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
夕千鳥波にまぎれし如くなり 高濱年尾 年尾句集
夕千鳥漁港の雪となりにけり 石原舟月 山鵲
夕千鳥父より母の記憶濃し 佐野まもる 海郷
夕千鳥縹渺とわが息澄めり 林火
夕映を告げくる禽よ小千鳥は 堀口星眠 営巣期
夕月に千鳥とわかるまでの距離 梶尾黙魚
夕鵆手にも来るかと淡路しま 高井几董
夜や更くる枕に近し川千鳥 法眼紹巴
夜千鳥の闇隠るとき雪呼ぶ声 秋光 泉児
大船に厠のありて千鳥かな 尾崎迷堂 孤輪
天日のきらめき千鳥死ぬもあらん 渡辺水巴 白日
太葱の花の下総千鳥啼く 殿村菟絲子 『晩緑』
女傘浪に千鳥の春の雪 岡本松浜 白菊
如月や入日の底になく千鳥 士朗
子千鳥の親を走せ過ぎ走せかへし 草田男
安んじて歳を送れば鳴く千鳥 佐野まもる 海郷
安房へ行き相模へ帰り小夜千鳥 正岡子規
客たてゝ跡の仕舞ひや小夜千鳥 左次 俳諧撰集「有磯海」
家路とる身に寒千鳥な鳴きぞ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
宿で借りし傘さす船の千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
宿古りぬ千鳥啼く夜の婢の溜り 晩夏
寄るたびにくづす千鳥や磯の浪 斯波園女
富衒ふ言灯に出でつ鳴く千鳥 中塚一碧樓
寒月の光をちらす千鳥かな 成美
寒泳の雄叫びに翔く群千鳥 松本幹雄
寒詣翔るちん~千鳥かな 尾崎紅葉
寝おくれて千鳥を軒の端に聞けり 佐野まもる 海郷
寝ころびて待たるるものよ小夜鵆 惟然
寝られぬやにがにが敷も鳴千鳥 上島鬼貫
小便の百度参りやさよ千鳥 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
小千鳥のひと声に濃き星ひとつ 星眠
小千鳥のクリクリ頭石の間 矢島渚男 船のやうに
小千鳥の親を走せ過ぎ走せかへし 中村草田男
小夜千鳥かなしきものに枕かな 龍岡晋
小夜千鳥加茂川越る貸蒲団 無腸
小夜千鳥蝋燭の灯も終末なり 佐野まもる 海郷
小夜千鳥鳴きゐたりけり年の果 佐野まもる 海郷
小料理屋の灯おとし頃を川千鳥 四明句集 中川四明
山川の高波にとぶ千鳥かな 西山泊雲 泊雲句集
岩の上の茱萸はしらじら鳴く千鳥 佐野良太 樫
岩百合や岩にちらつき鳴く千鳥 佐野良太 樫
岩窪のこんなところに千鳥の巣 八木秋水
岩窪の千鳥の巣とは知らざりし 太田育子
岩鼻や千鳥を上げて冬の浪 島村元句集
島別荘に今宵灯入りぬ鳴く千鳥 乙字俳句集 大須賀乙字
島攻むる舟の弓矢や鳴く千鳥 尾崎迷堂 孤輪
崖ぎはへひたと揚舟夏千鳥 木村蕪城 寒泉
崩れ落ちる岬の岩や小夜千鳥 内田百間
嵐山の枯木にとまる千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
川下へしまひ蒸汽や千鳥鳴く 青峰集 島田青峰
川千鳥とどまるに藉す桑の条 栗生純夫 科野路
川千鳥ならん温泉宿の寝しづまり 星野立子
川千鳥ひら~と野火明り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
川千鳥啼くに記憶の糸たぐる 占魚 (家郷人吉)
川千鳥湯ざめおぼゆる昼さがり 上村占魚 鮎
川千鳥翔つ辺光れり誕生日 伊藤京子
川千鳥隈なき月にとぶも見ゆ 西山泊雲 泊雲句集
川千鳥障子は雪にぬれにけり 之水
川千鳥雪のしぐれを梭のごとし 矢島渚男 天衣
川巾を千鳥啼きゆく慰霊祭 萩原麦草 麦嵐
川浪の霰光りに川千鳥 飯田蛇笏 椿花集
川燈台真昼千鳥の啼くをきく 杉本寛
川筋や千鳥にかする寒念仏 松岡青蘿
川蝉か春の鵆かないて居り 軽部烏帽子 [しどみ]の花
川迅し千鳥の跡のすぐ古ぶ 栗生純夫 科野路
川風や裸身寒う千鳥啼く 幸田露伴 竹芝集
差し潮や千鳥鳴くなる濱畑 会津八一
干し綿にしめりがもどり夕千鳥 廣江八重櫻
床ぬちに目とぢて聞けば千鳥過ぐ 佐野まもる 海郷
庭を掃く千鳥のあとのこゝかしこ 岡田耿陽
庵に寝るなみだなそへそ浦鵆 広瀬惟然
廃れたる塩田に来る千鳥かな 岩田瑞穂
引き潮が消して千鳥の足のあと 河本好恵
引潮のやがて千鳥の来る頃と 高濱年尾 年尾句集
引潮の渚は千鳥走らしむ 松本穣葉子
弾き初めの千鳥の曲が雪降らす 林明子
彳(てき)*ちょくと渚の雪に千鳥かな 大石悦子
御影講や千鳥の跡も波の上 三谷耕村
徳利提げて千鳥きゝたる夜もありし 西山泊雲 泊雲句集
忘れよと忘れよと磯千鳥啼くか 稲垣きくの 黄 瀬
愕然として灯を絶てば千鳥過ぐ 佐野まもる 海郷
我胸に千鳥羽ばたく我足に(出郷國占) 中塚一碧樓
或時はことりともせぬ千鳥哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
手に掬ふごとくに千鳥の跡を見る 加倉井秋を 『欸乃』
手紙書くきのふの千鳥きこえけり 細川加賀 生身魂
打よする浪や千鳥の横ありき 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
提灯に浪おそろしや浦千鳥 原石鼎
揚りたる千鳥に波の置きにけり 後藤夜半 翠黛
揚舟のかげにまはれば千鳥たつ 松本たかし
故郷の水の味晝千鳥なく 中塚一碧樓
文覚をとりまいて鳴く千鳥哉 正岡子規
日は西ヘチヽツと鳴くや河千鳥 寺田寅彦
日蓮のお寝石に群るゝ千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
星崎の闇を見よとや啼千鳥 芭蕉 (鳴海にとまりて)
春大風堤越ゆる千鳥声曳きぬ 原田種茅 径
春愁やプピープピーと千鳥笛 阿部みどり女
春水やはしなく聞きし昼千鳥 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
暁の墓もゆるぐや千鳥数奇 内藤丈草
暁の淡路に戻る千鳥かな 会津八一
暁や尾上を一つ行く千鳥 泉鏡花
月になくあれは千鳥か秋のかぜ 広瀬惟然
月の夜の明け白みたる千鳥かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
月の洲に足もと暗き千鳥かな 古白遺稿 藤野古白
月の雪松をこぼるる千鳥かな 原石鼎
月低く御船をめぐる千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
月入れば北斗をめぐる千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
月夜にはちひさし昼の浜鵆 立花北枝
月天に光れる星や浦千鳥 原石鼎
月明し嶋影黒く千鳥なく 寺田寅彦
月暗し鵆を返す羽のおと 嘯山
月濡るゝほど潮高し鳴く千鳥 尾崎迷堂 孤輪
月白も暁にまぎれて浦千鳥 雉子郎句集 石島雉子郎
木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる 木村蕪城 寒泉
木戸しまる音やあら井の夕千鳥 炭 太祇 太祇句選後篇
木母寺の雪隠からも千鳥哉 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
朽舟を引きあげこぼつ千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
松籟にひかりあがりし千鳥かな 岸風三楼 往来
桃色の骨のあるべし磯千鳥 中尾寿美子
梅干や汐風越して千鳥の白調 幸子 選集「板東太郎」
楯に似し岩打めぐり鳴くは千鳥かな 河東碧梧桐
機窓の田にも千鳥の来る日かな 奥田一穂
武庫川の宿の午に入る川千鳥 飯田蛇笏 椿花集
殉教の岩場は聖地千鳥翔び 小原菁々子
残り汐とは光るもの夕千鳥 原三猿子
残る洲に遊ぶ千鳥に惹かれをり 高濱年尾
水や空千鳥見る目に余りけり 柑子句集 籾山柑子
水天に日の燃え尽し千鳥鳴く 亀井糸游
水闇の五条あたりを千鳥鳴く 四明句集 中川四明
水音に千鳥ケ淵の夜寒かな 桜木俊晃
氷海の千鳥ら船団を率いたり 萩原麦草 麦嵐
汐汲や千鳥残して帰る海人 鬼貫
汐浜を反故にして飛ぶ鵆かな 一茶 ■寛政二年庚戊(二十八歳)
汐濡れの間こそ千鳥の洲なりけり 松岡伊佐緒
江ノ電の昔千鳥の翔ぶ砂丘 高澤良一 寒暑 
江南は烏飛ぶ也むら千鳥 黒柳召波 春泥句集
沙に触れて千鳥ゆくあり新松子 佐藤惣之助
河口の二つの干潟千鳥啼く 下村梅子
河口近きに井手ある瀬音千鳥更け 内田百間
波がしらなほ越えきたる千鳥かな 後藤夜半 翠黛
波の穂に驚き易き千鳥かな 城谷文城
波の間の広きところの友千鳥 後藤夜半 翠黛
波来れば波の上とぶ千鳥かな 岡田耿陽
波郷忌や溝に濡れ羽の川千鳥 五十崎朗
洲に下りてよりの千鳥の数読めず 本田杏花
洲の千鳥筑波颪に向き並び 川端茅舎
洲を走る千鳥の迅さまのあたり 高濱年尾
浜厠千鳥の跡と思はるゝ 森田峠 避暑散歩
浦人の千鳥を知らぬうらゝかや 阿部みどり女 笹鳴
浦人の早寐早起鳴く千鳥 山崎楽堂
浦千鳥星うつくしき夜を継ぎぬ 佐野まもる 海郷
浦千鳥草も木もなき雨夜かな 蕪村遺稿 冬
浦富士は夜天に見えて鳴く千鳥 鈴木花蓑句集
浦風や巴をくづすむら鵆 曾良
浪の穂やまぎれで遠く飛ぶ千鳥 東洋城千句
浪引きしあとの平らや千鳥をり 青葉三角草
海づらや矩(かね)に渡して啼く千鳥 浜田酒堂
海光に千鳥鳴きつぐ温室の前 岡本まち子
海苔すくひ千鳥を置きて去りにけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
海荒るゝばかりや千鳥それつきり 大橋秀鳳
海道のくゞつがことも千鳥かな 尾崎迷堂 孤輪
渚鏡走る千鳥よ影さして 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
渡し呼ぶ女の声や小夜千鳥 蕪村
湖尻の州崎の千鳥雨けぶる 木村蕪城 寒泉
湯の町にゆくりなかりし千鳥かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
満ち汐の沖より返す千鳥かな 阿部 夕礁
漁の日は婆も小走り夏千鳥 木村蕪城
漁家の月犬吠えて居る千鳥かな 山口花笠
漁火の三つがかなし千鳥城 岸田稚魚 筍流し
漕ぎ止めて冷ゆる艪臍や鳴く千鳥 内田百間
潮先の泡だつてゐる千鳥かな 大木あまり 火球
潮吹ける岩の微塵と見て千鳥 桂 樟蹊子
潮引けど千鳥の跡をうち消さず 森土秋
潮汲みてしら粥たかん小夜千鳥 闌更
潮満ちてくれば鳴きけり川千鳥 上村占魚 鮎
潮騒や夜霧に透かす千鳥の碑 小黒葭浪子
濃き千鳥淡き千鳥ととびにけり 橋本鶏二
濤かぶつて汐汲む蜑やむら千鳥 飯田蛇笏 山廬集
濤音の中に千鳥の声すなり 岡田耿陽
灰を払ふ心に去る地なく千鳥 中塚一碧樓
炭割れば雪の江のどこに鳴く千鳥 前田普羅
無人燈台砂に千鳥の址とどむ 大野林火
燈台や千鳥めぐつて鳴いて行く 寺田寅彦
琴ほどの島のなだれて千鳥かな 錦屑 俳諧撰集玉藻集
瓜の馬流して千鳥きく日かな 中勘助
甲板の雪掻いて千鳥囃しけり 乙字俳句集 大須賀乙字
白千鳥干潟を走り影置かず 安田芳子
白梅に情またこはし小夜千鳥 原石鼎
白浜や千鳥あつまるあみのあと 膳所-微房 俳諧撰集「有磯海」
白雲に千鳥こもるやきらきらす 川島彷徨子 榛の木
眠らえぬ身を曲げしとき千鳥啼く 加倉井秋を 午後の窓
矢田の野や浦のなぐれに鳴く千鳥 野澤凡兆
短日の千鳥の皆生泊りかな 鈴木しげを
砂走り千鳥が走り砂走り 森田峠 避暑散歩
碁は妾に崩されて聞く千鳥かな 言水
碑に千鳥を慕ふ以南の句 高澤良一 寒暑 
磯は夜の荒男ゆききに千鳥なき 細谷源二 鐵
磯千鳥あしをぬらして遊びけり 蕪村
磯千鳥きく耳さとくなりてゐし 山直六村
磯畑の千鳥にまじる鴉かな 高浜虚子
磯節の宮は宿前千鳥聴く(常陸大洗) 上村占魚 『萩山』
秋の*かやうち顫うなり千鳥啼く 長谷川かな女 雨 月
秋風や波のあらあらなく千鳥 斯波園女
立つ波の裏を翔りし千鳥かな 野村喜舟
立どまり千鳥の声も聞いて居る 高木晴子 晴居
立浪に足見せて行千鳥かな 太祇
筆の海墨に声有り千鳥石 口慰 選集「板東太郎」
篁に来鳴く千鳥や秋の雨 西山泊雲 泊雲句集
粥たくや手に取るやうに鳴く千鳥 井月の句集 井上井月
網を張る舟の巴や群千鳥 雑草 長谷川零餘子
縁切りて帰る夜更けぬ川千鳥 尾崎紅葉
縫初の繕ひをまづ千鳥がけ 佐藤よしこ
群千鳥何食ひてしか跡もなし 殿村菟絲子
群千鳥洲のきらめきに降りて消ゆ 竹下陶子
群千鳥渚に下りてより見えず 阿部みどり女 『光陰』
群千鳥立ちて一羽も離反なし 樋笠文
群千鳥顧るとき濤の虹 阿部みどり女
肩ほねの鳴るにつけてもなく千鳥 成美
背戸口の入江にのぼる千鳥かな 丈草
舞ひ立ちて又元の洲に群千鳥 高濱年尾 年尾句集
船の灯のしば~見えて千鳥哉 蘇山人俳句集 羅蘇山人
船ゆるゝ瀬戸逆浪や鳴く千鳥 寺野守水老
船宿の千鳥染めたる布団かな 会津八一
船火事や数をつくして鳴く千鳥 夏目漱石 明治二十九年
船頭のくさめに騒ぐ千鳥かな 也有
花樒したたか零し加茂千鳥 殿村菟絲子
若き漁夫の口笛千鳥従へて 三鬼
若布干す上を鳴きつれ千鳥過ぐ 阿部みどり女
茶碗酒といふものうまし小夜千鳥 尾崎紅葉
荒海の千鳥ぶちまく枯野かな 飯田蛇笏 山廬集
荒磯にて千鳥の羽の精進す 猪俣千代子 秘 色
荒磯やはしり馴れたる友千鳥 向井去来(1651-1704)
落花一片千鳥ケ淵をうち渡る 山口青邨
葦苅れば千鳥の洲あり古鏡なす 川端茅舎
藺座布団青き千鳥の描きあり 粟津松彩子
袂へも飛入ばかり千鳥哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
袖を出る香炉も雪の千鳥かな 黒柳召波 春泥句集
裏となり表となりて千鳥飛ぶ 五十嵐播水
裏屋島疾風ごもりに千鳥啼く 坪井かね子
見て居れば石が千鳥となりてとぶ 西山泊雲 泊雲句集
訪れて浜近ければ千鳥見に 高濱年尾 年尾句集
読初にハーン蔵書を千鳥読 平畑静塔
谷暮れて友をや杣の呼千鳥 尾崎紅葉
象潟の欠を掴んで鳴千鳥 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
貫之が船の灯による千鳥哉 高井几董
走り寄り二羽となりたる千鳥かな 汀女
起重機は朝の千鳥を散らしめぬ 米沢吾亦紅 童顔
足許の白山千鳥の他は霧 高澤良一 素抱 
路ばたに饂飩くふ人や川千鳥 子規句集 虚子・碧梧桐選
軍艦の浮標に下りる千鳥哉 寺田寅彦
返しくるときのしろがね群千鳥 伊藤孟峰
返しくる時の千鳥を見失ふ 荒川紀生
追ふよりも追はるる一途磯千鳥 関口比良男
追ふ千鳥追はるる千鳥こゑもなく 行方克巳
道連に別れて後の千鳥かな 重瓦
遠千鳥ちり~高し多摩川原 素十
遠千鳥入るさの月に見えわたり 比叡 野村泊月
遠浅の船の灯による千鳥かな 会津八一
遠渚か細く千鳥駆けりけり 森田峠
遠眼してあそぶ千鳥の端にをりぬ 佐野美智
遭難の身代わり地蔵千鳥啼く 近澤 杉車
酒さめて千鳥のまこときく夜かな 井上井月(1822-86)
酒狂乱醒めて我ある千鳥かな 比叡 野村泊月
里に来て桐の実鳴らす千鳥かな 梅室
金尽きて童心探る夜の千鳥 加藤知世子 黄 炎
鍵の錆手につく侘びし晝千鳥 中塚一碧樓
門松に千鳥も来るや浜の宿 柑子句集 籾山柑子
関守の厠へ通ふ千鳥哉 正岡子規
関跡に踏む貝しろし夕千鳥 桂樟蹊子
闇の夜や巣をまどはして鳴く鵆 松尾芭蕉
闇を鳴く沖の千鳥や飛ぶは星 几菫 五車反古
雁供養遠く悼める千鳥かな 富安風生
雨の夜の千鳥茶山に鳴きにけり 舟月
雨の日の卯浪の千鳥聞きにけり 飴山實 辛酉小雪
露寒の千鳥翔つとき鳴きにけり 山口草堂
露暁の千鳥の浪の隠岐の国や 森川暁水 淀
露無明貯炭場千鳥啼き連れて 小林康治 玄霜
青き穂に千鳥啼くなりひつぢ稲 史邦 芭蕉庵小文庫
須磨の宿の欄間に彫れる千鳥かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
風の日は千鳥のみをり末枯れて 秋光泉児
風上にばかり千鳥の見られけり 森田峠 避暑散歩
風寒う夕波千鳥鳴きにけり 高橋淡路女 梶の葉
風雲の夜すがら月の千鳥哉 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
馬柄杓ですくへばよかろ川千鳥 高田蝶衣
駅裏といふも塩田千鳥啼く 山本砂風楼
高浪に千鳥帯とてつづきけり 飯田蛇笏 山廬集
高浪の裏に表に千鳥かな 岡田耿陽
鰯引千鳥も飛んで九十九里 松藤夏山 夏山句集
鳥叫びて千鳥を起す遺手かな 泉鏡花
鳴く千鳥富士を見かへれ塩見坂 杉風
鳴く千鳥幾夜明石の夢おどろく 其角
鳴く千鳥水さえざえと暮れのこる 瀧春一 菜園
鳴く千鳥闇のさむさが目に沁みる 瀧春一 菜園
鳴く千鳥雪の砂丘の眩しさに 服部鹿頭矢
鵆聞くために二日の旅寐哉 桃隣
鵺/千鳥/百夜燈しの/脂かな 林桂 銀の蝉
鶺鴒に交りて啼かぬ千鳥かな 白水郎句集 大場白水郎
麦蒔くや千鳥の跡を踏みもして 佐野まもる 海郷
黒々と夜船かゝれる千鳥かな 岡田耿陽
あけ月や風のひかりに啼ちどり 松岡青蘿
おもふ事吹取夜半や啼ちどり 松岡青蘿
ちどり啼暁もどる女かな 炭 太祇 太祇句選
千鳥聞其ちどりこそ生き仏 松岡青蘿
小夜ちどり加茂川越る貸蒲団 無腸 五車反古
小夜ちどり庚申まちの舟屋形 内藤丈草
浜ちどり雪の中よりあらはるる 暁台
浜ちどり雪の中より啼き出づる 暁台 選集古今句集
浦の春ちどりも飛ばず明けにけり 涼袋
消もせん有明月の浜ちどり 樗良

More
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

紙子

紙子

例句を挙げる。

ありありと反古の読まるゝ紙子かな 高田蝶衣
お水取紙子の僧のひた走り 鹿島艸影
かげろふの我肩に立つ紙子かな 松尾芭蕉
かつらぎの紙子脱がばや明の春 蕪村
ためつけて雪見にまかる紙子かな 松尾芭蕉
つぶ~と肥たる妹が紙子哉 妻木 松瀬青々
ながらへば紙子を貰ふすまひかな 黒柳召波 春泥句集
まじはりは紙子の切れを譲りけり 内藤丈草
めしつぶで紙子の破れふたぎけり 蕪村
一よさに猫も紙子もやけどかな 内藤丈草
上下(かみしも)や下は紙子のはら背負ふ 中村史邦
印籠に三保の松ばら紙子かな 立花北枝
吾妻路の夜露こふたる紙子かな 上島鬼貫
墓囲ふ父祖に紙子を着するごと 大串 章
子鼠の尿かけたる紙子かな 正岡子規
宿老の紙子の肩や朱陳村 蕪村遺稿 冬
小夜更けて紙子まいらす迎かな 黒柳召波 春泥句集
屋上の土なる性の紙子かな 野村喜舟 小石川
干鮭に喰ひさかれたる紙子かな 木導 霜 月 月別句集「韻塞」
弓の師の家中をありく紙子かな 黒柳召波 春泥句集
引ちぎる紙子はもとの綿子かな 内藤丈草
御命講や紙子のうへの麻ばかま 奚魚 十 月 月別句集「韻塞」
手ざはりも紙子の音の落葉かな 許六
放埒の顔美しき紙子かな 野村喜舟
次第吹く神の嵐や紙子売 浜田酒堂
此上は袖のあらしやもみ紙子 言水
水の音近く芭蕉の紙子展ぶ 松井慶太郎
焼穴の日[に]~ふへる紙子かな 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
牢人や紙子むかしは十文字 井原西鶴
甲を干すあたたかげさや胴紙子 中村史邦
矯めつけて雪見にまかる紙子哉 松尾芭蕉
箔のやうに白き跡見ゆ紙子かな 河東碧梧桐
紙子(かみこ)着てゐるとは誰も知らざらむ 加藤秋邨 怒濤
紙子きて嫁が手利きをほほゑみぬ 黒柳召波 春泥句集
紙子着しおとや夜舟の隅の方 炭 太祇 太祇句選
紙子着し佳秀俳句ありにけり 萩原麦草 麦嵐
紙子着て樟柱にさはる音 銭し 霜 月 月別句集「韻塞」
紙子着て渡る瀬もあり大井川 其角
紙子着て見ぬ唐土の郭公 上島鬼貫
紙衣の濡るとも折らん雨の花 紙子着て濡るとも折らん雨の花 松尾芭蕉
縫ふべくもあらぬ紙子の破れかな 佐藤紅緑
老を山へ捨し世も有に紙子哉 蕪村 冬之部 ■ 陶弘景賛
肩置の出所かくす紙子かな 李由 霜 月 月別句集「韻塞」
若菜摘む歌のめでたき紙子かな 野村喜舟 小石川
藁庇しぐれてたたむ紙子帯 田中富士子
金弐両光過ぎたり紙子代 中村史邦
風さそふ音は紙子の立ち居かな 杉 風
鴬の鳴き破つたる紙子かな 許六 正 月 月別句集「韻塞」
あつめ来て紙衣に縫はん古暦 正岡子規
うつら~紙衣仲間に入りにけり 一茶
うららかに紙衣の僧が嬰を抱くや 角川春樹 夢殿
こもり僧紙衣の裂け目風うごき 加藤知世子 花 季
しはくちやの紙衣をのして着たりけり 赤木格堂
しわしわの紙衣のぬくさ師のぬくさ 白鳥 峻
そのころの世を偲びつゝ紙衣見る 谷口五朗
亀鳴くや船霊様の紅紙衣 岡本庚子
伝へ来て陶淵明の紙衣かな 正岡子規
似合ぬとむかしいはれし紙衣哉 横井也有 蘿葉集
修二会僧紙衣の衿のやや汚れ 山田重井
修二会果つ僧の紙衣の膝ほつれ 永崎裕子
冴渡る月に紙衣の姿かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
勿体なや祖師は紙衣の九十年 大谷句佛 我は我
参籠の紙衣いたみに呪師の僧 桂樟蹊子
名所絵をつぎ合せたる紙衣かな 高山二九
寂しさを砧にきかで紙衣哉 横井也有 蘿葉集
展示さる紙衣の膝の破れをり 米沢 はつゑ
待つ暮も曙もなき紙衣かな 千代尼
我死なば紙衣を誰に譲るべき 夏目漱石
我貧は骨に徹して紙衣かな 福田把栗
水取の紙衣の僧の火の粉浴び 粟津松彩子
渋の香を侘びて紙衣の日記かな 中山蕗峰
満願の十一僧に紙衣古る 磯野充伯
猿引の紙衣裂かるる猿の爪に 正岡子規
病癒え紙衣も帯も新しき 小畑一天
白障子紙衣は更に白くして 堀内薫
皺の手を膝に淋しき紙衣かな 許 六
相逢ふて紙衣にそゝぐ涙かな 酒葉月人
着て見ては今年も止めぬ紙衣哉 一鼠
着道楽さてなん紙衣着たりける 星野麦人
紙を裁ち紙衣繕ふ修二会かな 石河義介
紙衣の濡るとも折らん雨の花 紙子着て濡るとも折らん雨の花 松尾芭蕉
紙衣着ていろは教る御僧哉 高井几董
紙衣着てことのやう聞老女かな 山肆
紙衣着てにんげん火山ぽぽと燃ゆ 小檜山繁子
紙衣着てふくれありくや後影 黒柳召波 春泥句集
紙衣着て修二会下堂の僧若き 田中七草
紙衣着て我は袋の鼠かな 野坂十二楼
紙衣着て明日の眼してをらむ 小檜山繁子
紙衣着て梟の貌となりきりぬ 加藤楸邨
紙衣着て耳秀でしが大導師 牧野春駒
紙衣著て人に紙衣をすゝめけり 吟江
紙衣著て古人に隣る心かな 高柴象外
縫ふべくもあらぬ紙衣の破れかな 佐藤紅緑
繕ひて古き紙衣を愛すかな 高浜虚子
罪ふかき小袖の下の紙衣かな 管鳥
羽二重の上に著こなす紙衣かな 井月の句集 井上井月
背伸びして紙衣の父を二月堂 角川春樹 夢殿
臍寒き紙衣触りや病あがり 会津八一
諸ともに紀念としのぶ紙衣かな 芳馬
身に添ひて破れ紙衣となりにけり 武田克美
身ほとりに紙衣離さぬくらしぶり 稲畑汀子
酒絶ちて顔からびたる紙衣かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
風流の昔恋しき紙衣かな 夏目漱石 明治四十三年

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

懐手

懐手

例句を挙げる。


*えいのごとゆらぎそめたる懐手 藤田湘子
うやうやしき波の列くる懐手 大木あまり 火球
おばさんを姐さんと呼ぶ懐手 岸本尚毅 舜
から駕や梅の中行懐手 高井几董
こんなこと似合はざれども懐手 高澤良一 素抱
その先は言はずに夫の懐手 西村博子
その肩の無頼のかげや懐手 田澤二郎
としごろの娘の懐手冬紅葉 後藤夜半
どう見ても子供なりけり懐手 岸本尚毅(1961-)
ふところ手こころ見られしごとほどく 中村汀女
ふところ手してふところになに持つや 島村茂雄
ふところ手してみるかぎり家も箱 五十嵐研三
ふところ手してみる限り家も箱 五十嵐研三
ふところ手してゐるわれを何と見る 下村梅子
ふところ手して何食はぬ貌のユダ 成瀬桜桃子 風色
ふところ手して手の遊ぶたのしさに 皆吉爽雨
ふところ手ユダ何食はぬ貌をせり 成瀬櫻桃子 風色
ふところ手入日の赤さきはまれり 川上梨星
ふところ手祝儀の額を顎でいふ 杉本寛
ふところ手縞の財布が混沌と 加藤郁乎
ふところ手背をへらへらと振りゆけり 野村喜舟
ふところ手若き日の虚子ちらと見し 河野静雲
ふところ手袖といふものありにけり 吉田鴻司
ふところ手解くやすなはち糶り落す 金子 潮
ふところ手頭を刈つて来たばかり 久保田万太郎
ほうかぶりして懐手して暦売 曲室
ほどほどが生きざまといふ懐手 吉田光江
またすこし酔へば懐手もさびし 仙田洋子 橋のあなたに
ままごとのわらべのしたる懐手 飴山實 『花浴び』
もの言わぬ影がもの言う懐手 秋山しぐれ
ゆつくりと軍鶏に近づく懐手 土肥あき子
わが胸の乳は遠山ふところ手 赤松[ケイ]子
われにまだ五欲うすうす懐手 町田しげき
ゴヤの妄わたくしの妄懐手 鈴木照江
ベンチに居昃るときの懐手 高濱年尾 年尾句集
並べたる鮪の中の懐手 綾部仁喜 寒木
中庸を佳しと心得懐手 柴田奈美
乳いじる癖の女や懐手 高浜虚子
人揉まぬ一日を寒くふところ手 佐藤母杖 『一管の笛』
何もなき沖を見つめて懐手 鈴木貴水
何気なくやつてしまひし懐手 渡辺ひろ乃
八つ口ヘ吹きこむ風や懐手 加藤三七子
初春や思ふ事なき懐手 紅葉
初鳩や創口かばふ懐手 吉田鴻司
刺客待つゆとりのごとし懐手 吉田未灰
医のわざと無縁となりし懐手 小坂蛍泉
医通ひの片ふところ手半夏雨 大野林火
去年よりも自愛濃くなる懐手 能村登四郎(1911-2002)
友はみな征けりとおもふ懐手 高柳重信(1923-83)
取り敢へず与り聞くや懐手 柴田奈美
口癖の勇退もせず懐手 斉木永久
右手は勇左手は仁や懐手 高浜虚子
呼び交いて荒磯の子らの懐手 鈴木六林男 第三突堤
哲学の道さかのぼる懐手 宮原茂雄
商ひの底のつきたる懐手 細谷竹雨
問ふ人も答える人も懐手 水沢源治
噂なすうしろにのそと懐手 岡本圭岳
墨磨りて正座の長き懐手 小原紫光 『めくら縞』
夕顔やひとりながむる懐手 井上井月
奥に手のあるとも見えぬ懐手 神崎忠
女菩薩とまがふ妻居て懐手 吉田未灰
妹恋ひに似て懐手してゐたり 清水基吉 寒蕭々
子の負くる喧嘩見てをり懐手 黒坂紫陽子
子規虚子と呼び捨てにして懐手 西條泰弘
富士山に雲ひとつなき懐手 黛まどか
寒椿つひに一日の懐手 石田波郷
寒牡丹ふところ手して大き影 阿部みどり女
寒菊や顔も洗はず懐手 京僧-通達 俳諧撰集「藤の実」
対岸の浮子に眼がゆく懐手 加藤憲曠
山の子は山の入日に懐手 福田蓼汀 山火
師の句評聞きいる患者ふところ手 西形佐太郎 『てんご』
年寄りて気力失せたる懐手 吉良比呂武
年越すに力は要らず懐手 鈴木鷹夫 千年
序破急の急の齢や懐手 北見さとる
影法師の吾があはれや懐手 高浜虚子
恋愛詩ふところ手して口ずさむ 仙田洋子 橋のあなたに
憂愁をときには見する懐手 山口孝枝
懐手あたまを刈つて来たばかり 久保田万太郎
懐手いちいち憎きことを言ふ 西山誠
懐手この蓬髪に悔なきか 高柳重信
懐手してふところになにもなし 青柳志解樹
懐手してふところに何もなし 栗原米作
懐手してゐる山もありにけり 丘本風彦
懐手してをり親父らしくをり 馬場白州
懐手して万象に耳目かな 松本たかし
懐手して上段に瀧の音 古舘曹人 砂の音
懐手して人込にもまれをり 高浜虚子
懐手して俳諧の徒輩たり 高浜虚子
懐手して僧歩きをり暮の町 高橋淡路女 梶の葉
懐手して出て曲らねばならぬ 加倉井秋を 午後の窓
懐手して半生を省みる 千石比呂志
懐手して宰相の器たり 高浜虚子
懐手して石ける子見てゐる子 羽生敏子
懐手して論難に對しをり 高浜虚子
懐手して躓きぬ老あはれ 川端茅舎
懐手して身の老いに抗しけり 石原八束
懐手して退屈の腹を掻く 野本思愁
懐手して鍛冶の火を見る子かな 上野泰 佐介
懐手して雑踏を逆らへる 浜田和子
懐手して駅柵に母待つ子 柴田白葉女 遠い橋
懐手して鶴番の大男 染谷秀雄
懐手すぐぬくもるや疲れたり 野澤節子 黄 瀬
懐手するよりほかに用なき手 田中暖流
懐手する手の無くて大欅 高澤良一 ねずみのこまくら
懐手すれば日向のあらはるる 清水径子
懐手ときし拳が樹に当る 鈴木鷹夫 風の祭
懐手むしろ艶なり女佇つ 田村無径
懐手わが体温の中にあり 藤森荘吉
懐手トロ箱の魚足で買ふ 粕谷弘子
懐手三日の客の波郷かな 桐生あきこ
懐手人に見られて歩き出す 香西照雄 対話
懐手俳諧無頼通しけり 深見けん二 日月
懐手嘘もほんとも聞き流し 杉本零
懐手坂一枚に突き当る 柏原眠雨
懐手墓一せいにこちら向く 河合照子
懐手大空に解き大欠伸 山田雲洞
懐手子らの言ひ分終るまで 永井たえこ
懐手故郷の町も久しぶり 福田蓼汀 山火
懐手東尋坊の崖に立つ 森永美保
懐手橙の実の一つかな 長谷川櫂 古志
懐手水かきありと言つてみよ 平井照敏
懐手海鴎擾乱の中にあり 古舘曹人 樹下石上
懐手無為責められる謂れなし 伊達 天
懐手犬と月とに触りけり 攝津幸彦
懐手病みしところに掌を置きて 堀内蛙子
懐手病みたる鶸のぬくもりて 清田寿一
懐手聖書をおほひなる詩とし 西島麦南
懐手解いて何かを言ひ出す気 瓦玉山
懐手解いて古文書繙けり 神子島 強
懐手解いて窯主火色読む 岸川鼓蟲子
懐手解かぬは御空広きゆゑ 斎藤玄
懐手解きてふたたび懐手 水野柿葉
懐手解くべし海は真青なり 大牧広
懐手解けば鯛焼の香なりけり 水原秋櫻子
手相見の自信ありげの懐手 辻 青歩
捨てがたき一句思案の懐手 津吉百合子
掌中に思惑のあり懐手 山田孝浩
敷島の似合ひし父の懐手 今泉貞鳳
新聞配達今了りたる懐手 香西照雄 対話
日本の夜霧の中の懐手 高柳重信(1923-83)
日脚伸ぶ懐手して山を見る 田中冬二 麦ほこり
昂然と今無為ならぬ懐手 林翔 和紙
春月や室生寺の僧ふところ手 高野素十
春焼の鐘打ちに出るふところ手 角川春樹 夢殿
春風や大江戸に入る懐手 会津八一
昨夕に似て昨夕より深き懐手 斎藤玄 雁道
晴富士の器量に対す懐手 上田五千石
朝霜やちょぼに勝ちたる懐手 泉鏡花
木曾の子等懐手して遊びゐる 松藤夏山 夏山句集
東山三十六峰懐手 西野文代
柩担ぐ男片手を懐手 香西照雄 対話
根っからの空想好きの懐手 上田日差子
根つからの空想好きの懐手 上田日差子
椋鳥逃げず映画へ急ぐ懐手 田川飛旅子
気儘な日続く職なき懐手 芦沢一醒 『花枇杷』
水鳥やマントの中のふところ手 原石鼎
決断の十指の力懐手 岩橋 勲
決断をしてしばらくの懐手 福永耕二
沖暮れて何握りゐる懐手 増成栗人
洋みはり佇つ龍馬像懐手 深田八重子
浮世絵の女もすなる懐手 田畑美穂女
渦疾し見るとなく佇つ懐手 原田種茅 径
湯もらひにゆく父と子の懐手 千代田葛彦 旅人木
漁止めの海を見てゐる懐手 宮田蕪春
火防凧買はんと解きし懐手 町田しげき
父の座の弱くなりたる懐手 守谷順子
父の忌の海見て暮るる懐手 古賀まり子 緑の野以後
牛乗せし貨物見送る懐手 宮坂静生 青胡桃
玄関の人声に出て懐手 高浜年尾
畑売りて早起き癖の懐手 白岩てい子
盤面に鋭きまなこ懐手 石山民谷
眼光の内にあるもの懐手 栗田日出子
知りすぎしことのさみしき懐手 西川 五郎
石愛し過去を語らぬ懐手 千賀静子 『種壷』
空想が深み深みへ懐手 能村研三
空手胼胝火種の如しふところ手 赤松[ケイ]子
竜馬像迷めくままの懐手 谷萩扇次
競馬見る終に懐手を解かず 西村和子 かりそめならず
竹林に呼びとめられし懐手 攝津幸彦 鹿々集
笹鳴や大望の身の懐手 佐々木有風
納得のあとも解かずに懐手 田中政子
置きてきぬ懐手して佇つ父を 山上カヨ子 『魚と遊びし』
考への何時としもなく懐手 輪湖琴女
聞き役に徹して深き懐手 宮内キヨミ
自我を捨て従ふ余生懐手 蟹江かね子
花街を通り抜けゆく懐手 安達トミ子
英霊車去りたる街に懐手 石田波郷(1913-69)
荒波を見つめ海女等の懐手 沖崎玻瑠子
藪入や小銭かそふる懐手 藪入 正岡子規
襟に笛差して氏子の懐手 清水弓月
解けば子のものなり父の懐手 鷹羽狩行 遠岸
買物の妻にしたがひ懐手 上村占魚 球磨
踏青や風に向ひて懐手 吉武月二郎句集
身を鎧ふすべなき老いの懐手 原田和子
道よぎるほろほろ鳥の懐手 堀口星眠 樹の雫
達磨売だるまの中の懐手 渡辺菊江
遠き眸をして懐手わすれをり 仙田洋子 橋のあなたに
遠濤のさえざえとある懐手 鷲谷七菜子 花寂び
選句地獄のただなかに懐手 鷹羽狩行(1930-)
野火の裾片ふところ手して通る 西本一都 景色
難民の子の目に耐へず懐手 神郡 貢
雪の上に懐手して集まれる 高野素十
風狂のひとと見らるる懐手 加藤三七子
飛火野の鹿に蹤きゆく懐手 水野朱堂
騙されてやるも度量や懐手 柴田奈美
鴨見つつ男に近きふところ手 山田みづえ
龍馬思へば海舟の懐手 橋本榮治


以上


by 575fudemakase | 2014-12-12 00:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

炭俵

炭俵

例句を挙げる。

かかる小鳥聴く炭俵編みそめて 安斎櫻[カイ]子
かきかきてなかば筒なす炭俵 栗生純夫 科野路
からざけの片荷や小野の炭俵 蕪村
くらがりに傾いて立つ炭俵 谷野予志
くらがりに炭俵立つ簗番屋 木村里風子
ずりこけて雨にぬるゝよ炭俵 大谷句佛 我は我
たてかけしまゝに崩れて炭俵 浜井那美
ぬかるみにはや踏れけり炭俵 一茶
ひとゆすりして炭俵できあがる 野中 亮介
ふかく妻の腕をのめり炭俵 能村登四郎 咀嚼音
ふるさとが見え元日の炭俵 原裕 『出雲』
乾鮭の片荷や小野の炭俵 蕪村遺稿 冬
去年今年浜木綿かばふ炭俵 細見綾子
口柴に雪しまくなり炭俵 芝不器男
地に一度置いてかつぐや炭俵 京極杞陽
夜や更けし月のこぼるゝ炭俵 金尾梅の門 古志の歌
夜や長し炭俵話ききをらむ 村越化石
夜半月の光りさしこむ炭俵 市堀 玉宗
宵々に見べりもするか炭俵 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
底たゝく音や余寒の炭俵 召波
日々籠る貧しさ似たり炭俵 清水基吉 寒蕭々
日溜りに一生のごと炭俵を編む 鈴木貞雄
昼月や土蔵にあふる炭俵 吉野義子
時雨るるや犬の来てねる炭俵 芥川龍之介
時雨るゝや格子のうちの炭俵 増田龍雨 龍雨句集
有るところにはある山積みの炭俵 廣江八重櫻
松風の夜々をかたむく炭俵 斎藤玄
枯尾花編み込まれあり炭俵 井桁敏子
歯朶いまだ凛々しく青し炭俵 高浜虚子
母の背にどつと日の落つ炭俵 清水基吉 寒蕭々
深く妻の腕をのめり炭俵 能村登四郎
炭俵(すご)を編む竃のほてりを背に受けて 出羽里石
炭俵いびつに積まる父亡きあと 菖蒲あや 路 地
炭俵かつぐかたちに父逝きし 菖蒲あや
炭俵かつぐ乳房を縛されて 菖蒲あや 路 地
炭俵ころがされゐて父は亡き 菖蒲あや 路 地
炭俵たちまちの焔をくづしけり 米沢吾亦紅 童顔
炭俵の底に大分県の落葉 田川飛旅子 花文字
炭俵の空しきを見る木部屋かな 高浜虚子
炭俵はやぬかるみに蹈れけり 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
炭俵ほどきはじめの川明り 花谷和子
炭俵ますほのすゝき見付たり 蕪村
炭俵ゆるびゐて炭こぼさざる 後藤比奈夫 花匂ひ
炭俵地上に母の居ずなりぬ 吉田汀史
炭俵売る午過ぎや垂氷落つ 石井露月
炭俵小蓋具しゐてめでたさよ 岡井省二
炭俵届き極月朝を迎へけり 長谷川かな女 花寂び
炭俵底なる暗をつかみ出す 山口波津女 良人
炭俵底を見せをり母の宿 百合山羽公 故園
炭俵担ぐかたちに父逝きし 菖蒲あや 路 地
炭俵日本列島雨けぶる 徳弘純 非望
炭俵火となる焔宙に鳴る 内藤吐天 鳴海抄
炭俵無惨に乾き賞与待つ 小林康治 玄霜
炭俵燃す音よと臥つつ聴く 下村槐太 天涯
炭俵的にぞ立つてゐようと思ふ 小川双々子
炭俵積まれあり駅の名を覚ゆ 原田種茅 径
炭俵積める頂上闇に透き 棟上碧想子
炭俵立ちしまま火を放たるる 内藤吐天 鳴海抄
炭俵腰折れ母も腰曲げて 百合山羽公 故園
炭俵負ひて大きく舟ゆする 栗生純夫 科野路
炭俵馬ほど負ひて婚遠し 横山万兆
炭切るや鶏ねむる炭俵 萩原麦草 麦嵐
炭焼の炭俵(すご)に伏せある湯呑かな 宮城きよなみ
燕や子の曳き歩りく炭俵 木歩句集 富田木歩
父の忌の雪降りつもる炭俵 大野林火
物置や柳散り込む炭俵 寺田寅彦
独りする恋にうるみし炭俵 齋藤玄 飛雪
硬雪に焚く炭俵スキー会 山口誓子
移り来し家も小さし炭俵 村山古郷
紅椿つとおつ午時の炭俵 泉鏡花
納屋の前花散りつもる炭俵 石井露月
置き所なき炭俵を買ひにけり 右城暮石 声と声
腰かけて紅葉みつらん炭俵 炭 太祇 太祇句選後篇
茄子の花を炭俵あけてかこひけり 月舟俳句集 原月舟
萱の朱一すぢ走る炭俵 丸山しげる
蒲公英や貨車下ろしたる炭俵 月舟俳句集 原月舟、長谷川零餘子編
蔵前や師走月夜の炭俵 泉鏡花
虫ばめる炭俵など読初めに 四明句集 中川四明
誕生日の吾れと太しや炭俵 村越化石
軒や峯跡うつ蝉の炭俵 調翁子 選集「板東太郎」

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

炭斗

炭斗

例句を挙げる。

かたはらに炭斗のある安堵感 加倉井秋を 午後の窓
まろやかに炭斗古りて母老いぬ 井口ひふみ
僧房や大炭斗の年月日 河野静雲 閻魔
夜の放屁炭斗に炭眠りあふ 磯貝碧蹄館
新しき炭斗に炭立石寺 折井眞琴
書きそこなひ捨つる炭斗見て羨し 石川桂郎 高蘆
炭斗ごそと減らし冬夜の仕事済む 人間を彫る 大橋裸木
炭斗と亡き妻の座はそのまゝに 戸田銀汀
炭斗にしぐれに濡れし炭まじる 能村登四郎
炭斗にとぼしき炭や猫の恋 原石鼎 花影以後
炭斗に体の痩せてゐたるなり 杉野一博
炭斗に嘴のごとくに火箸あり 橋本鶏二 年輪
炭斗に楢の葉見えて炭減りぬ 水原秋桜子
炭斗に残りし炭の日を経たる 伊藤ちあき
炭斗に漆の香あり新婚(にいめとり) 滝春一
炭斗に炭まだ小出し菊枯るる 中村汀女
炭斗に炭も満ちたり宿の春 松本たかし
炭斗に炭を満たして夫婦住む 三浦文朗
炭斗に炭足るほかに望なし 富安風生
炭斗に磊々として炭団哉 妻木 松瀬青々
炭斗に至るまで贅尽しあり 宮田弌葦
炭斗に菊の枯葉のこぼれけり 金尾梅の門 古志の歌
炭斗のうち鮮しく日々穢る 篠田悌二郎 風雪前
炭斗のごときものより種蒔ける 後藤夜半 翠黛
炭斗のしぐれに濡れし炭まじる 能村登四郎
炭斗のひさごに残る蔓ぴんと 高濱年尾 年尾句集
炭斗の中で刺し割る幸福感 平井さち子 完流
炭斗の中に竃馬や坊泊り 佐藤 梧林
炭斗の中の小さき火吹竹 古沢葦風
炭斗の古きひさごに絵かきあり 高濱年尾 年尾句集
炭斗の底の粉炭すくひにく 高濱年尾 年尾句集
炭斗の母塗手摺れておきなさぶ 栗生純夫 科野路
炭斗の炭の切り口爛々と 山口青邨
炭斗の炭を火箸の選り好み 後藤夜半
炭斗の羽箒に来る鼠かな 師走
炭斗は所定めず坐右にあり 高浜虚子
炭斗やゆっくり蜘蛛の這ひ出でぬ 水谷 たつ子
炭斗や一夏のまゝの蝿たゝき 籾山梓月
炭斗や個中の天地自ら 高浜虚子
炭斗や母の手届く置きどころ 草間時彦 櫻山
炭斗や炭にまじはる椎の粒 妻木 松瀬青々
炭斗や病む児にひゞく蓋の音 渡辺水巴 白日
炭斗をどこに置かんと持ちまどひ 星野立子
炭斗を大事に使ふ心がけ 後藤夜半 底紅
炭斗を提げてよろめく老悲し 高岡智照
炭斗を満たし蒔絵師金を刷く 今村泗水
炭斗を置きまどひをる受取りぬ 星野立子
炭斗を膝にとりたる静心 岩木躑躅
炭斗を跨ぎて鴨の丁子屋に 鈴木しげを
炭斗炭こぼれそに日暮の二階へあがる 人間を彫る 大橋裸木
無住寺といへども炭は炭斗に 森田峠 避暑散歩
相まつて大炭斗と大火鉢 中村若沙
除夜の鐘聴くや炭斗引寄せて 五十嵐播水 播水句集
炭とりをひきよせてきく雁のこゑ 金尾梅の門
炭取とならび老いゆく岩魚取 加藤楸邨
炭取となりて年ふる瓢かな 寺野守水老
炭取に侘びしき箸の火ばしかな 黒柳召波 春泥句集
炭取のひさごより低き机かな 村上鬼城
炭取のひさご火桶に並び居る 蕪村 冬之部 ■ 貧居八詠
炭取の底にかそけき木の葉かな 芥川龍之介 蕩々帖〔その一〕
炭取の底貧しくも朽葉かな 尾崎紅葉
炭取や残屑なんどらちもなし 寺田寅彦
炭籠に炭たつぷりとお元日 吉屋信子
炭籠に炭は満ちたり書を讀まな 山口青邨
炭籠の炭に埃のつもりたる 長谷川櫂 古志
瓢箪の大炭取の運ばるる 杉山 喜代子
襖の蔭の炭取いつかの夜も 梅林句屑 喜谷六花
鈴鹿炭盛りて炭取鴨を煮る 亀井糸游


以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の雲

冬の雲

例句を挙げる。

いそがしや脚もやすめぬ冬の雲 斯波園女
うごいてゐる空いつたいの冬の雲 中塚一碧樓
かへりみる墓ぬく~と冬の雲 佐野青陽人 天の川
この橋を駈けたら逢える 冬の雲 松本恭子 檸檬の街で
すべすべの師の手吾の手冬の雲 斉藤夏風
だしぬけにわたされしビラ冬の雲 木下夕爾
ひたすらに飛べるときあり冬の雲 波多野爽波 鋪道の花
ほんやりと峰より峰の冬の雲 惟然
ぼんやりと峯より峯の冬の雲 広瀬惟然
わたつみを抱く陸めける冬の雲 阿波野青畝
ペンさしてインキ壺あり冬の雲 福田蓼汀 山火
一生の負ひ目とならむ冬の雲 金箱戈止夫
人遠く思へる時よ冬の雲 高木晴子
伊吹嶺や風の象に冬の雲 辻 恵美子
倒木が沼に落ち込む冬の雲 斉藤 節
傾山と祖母山と連なり冬の雲 後藤 緒峰
其大を比すべきものに冬の雲 松瀬青々
冬の雲その後は杖も冷えしまま 宇佐美魚目 天地存問
冬の雲ひそかに藍を刷きにけり 久保田万太郎 流寓抄
冬の雲マーマレードを壜に詰め 佐野典子
冬の雲一箇半箇となりにけり 永田耕衣 與奪鈔
冬の雲土手築く町の果さびし 富田木歩
冬の雲捨田の水の黝みたる 豊長みのる
冬の雲生後三日の仔牛立つ 飯田龍太
冬の雲白いに松の木の枝々を訝かり 中塚一碧樓
冬の雲舞ひたはむれて暮れにけり 石原龍人
冬の雲透かせて洗う試験管 対馬康子 愛国
冬の雲那覇はかなしきことばかり 河野静雲
卵黄のごとくに日あり冬の雲 阿波野青畝
噴煙を追ふつぎつぎの冬の雲 高野素十
地にもの書きつゝいひけらく冬の雲 久保田万太郎 流寓抄
坐禅堂上を粛々冬の雲 高澤良一 随笑 
壁穴や内外もなき冬の雲 栗生純夫 科野路
大山の吹き飛ばし居る冬の雲 引田逸牛
大空に飛石の如冬の雲 高浜虚子
実のあるカツサンドなり冬の雲 小川軽舟
屋根に干す煎餅冬の雲に隣る 田川飛旅子 花文字
屋根の上に帆ばしら見ゆれ冬の雲 金尾梅の門 古志の歌
山のべの鳥はをりをりにさけび冬の雲 中塚一碧樓
山羊なども気荒き日なり冬の雲 百合山羽公 故園
或時やフハリと遊び冬の雲 松根東洋城
日をつつみ己れ寒むがる冬の雲 西本一都
明暗に山肌分けし冬の雲 杉田竹軒
海見えて芙美子流転の冬の雲 岡澤康司
病む窓の日射しさへぎる冬の雲 並松 生代女
葬列に見知らぬ身内冬の雲 赤松[けい]子 白毫
覆ひ来る塚の名残りや冬の雲 立花北枝
雲動いても動いても冬の雲 稲畑汀子
あつまつて来て冬雲となる伊吹 山田松寿
ちぎれても厚き冬雲みちのくは 八牧美喜子
ひと寝入りせし間に寒雲空に満つ 篠原梵 雨
ゐざりゐる凍雲嬰児火と泣けり 川口重美
コンパスの一肢がおどり冬雲刺す 小暮洗葦
バルセ口ナの冬雲よごれた旅の髪 小木ひろ子
ビル巨体冬雲遠く寄らしめず 細木芒角星
一塊の冬雲巌より重し 乃木楚人
一日ゆれ冬雲たたくヘリコプター 桜井博道 海上
中年や冬雲に光りこもらせて 柴田白葉女 花寂び 以後
冬木立寒雲北に滞る 芹村
冬雲がつきはなしたる兵士の墓 熊谷愛子
冬雲が翳抱く故郷 乳房さがす 伊丹三樹彦 樹冠
冬雲におしつけられし山の線 京極杞陽
冬雲に向けてえいえいと貨車を押す 加藤楸邨
冬雲に機音何処かしのび寄る戦火 山岡敬典
冬雲に溢るる精気見たりけり 高木喬一
冬雲に眼が乗りてゆく樹林を出て 桜井博道 海上
冬雲に錦帯橋のとどきけり 荘所亀子
冬雲のはなやぎに充つ初老びと 原裕 青垣
冬雲のまばゆきをつつみ空暗し 川島彷徨子 榛の木
冬雲の三日月の金つゝみ得ず 野澤節子
冬雲の北のあをきをわが恃む 橋本多佳子
冬雲の厚き手ざはり朴落葉 渡辺恭子
冬雲の大きしじまに歩み入る 古沢太穂 古沢太穂句集
冬雲の折々星をかすめけり 雉子郎句集 石島雉子郎
冬雲の明るさに照り勝る梢 高澤良一 素抱 
冬雲の池にうつりて魚動かざる 寒川鼠骨
冬雲の穴の青空移りゆく 猿橋統流子
冬雲の蓋豊岡にかかりをり 京極杞陽
冬雲の行方を誰が知りませう 三橋鷹女
冬雲の隣雲なすはただならね 太田鴻村 穂国
冬雲は薄くもならず濃くもならず 高浜虚子
冬雲は静に移り街の音 高濱年尾 年尾句集
冬雲やいたゞき尖る山そがひ 汽笛 勝峯晋風
冬雲や峯木の鴉唖々と啼く 飯田蛇笏 霊芝
冬雲や毎日通る肥車 前田普羅
冬雲や波郷が詠みし山毛欅峠 牛山一庭人
冬雲や父軍艦に朱を掲げ 宇多喜代子
冬雲や磔像のごと特攻碑 八牧美喜子
冬雲や竹のまなかに担ぐ人 小川軽舟
冬雲や釣り上げ鯛の眼の光 東洋城千句
冬雲をぬぎし一とき遠浅間 寺島きよ子
冬雲をわれは日暮にばかり見る 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
冬雲を山羊に背負はせ誰も来ず 百合山羽公 故園
冬雲を截るや庭師の大鋏 山田健弘
冬雲を背に垂訓のおん姿 下村ひろし 西陲集
冬雲を踏まへ帆桁を洗ひをる 石田勝彦 秋興
冬雲を隕つるひかりに櫟原 瀧春一 菜園
冬雲負いうごめくは丸太の皮を剥ぐ 古沢太穂 古沢太穂句集
凍て雲に笙放つなり万燈会 角川春樹 夢殿
凍て雲や江上反れてひらき初む 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
凍雲が耳になるかも一揆塚 牧野桂一
凍雲として六甲を離さざる 田原憲治
凍雲と混濁し合ひ渦とこしヘ 古館曹人
凍雲に一筋届く煙あり 深見けん二
凍雲に父焼く煙とゞかざる 下村梅子
凍雲のしづかに移る吉野かな 日野草城
凍雲のふちの僅かに夕焼けし 高濱年尾 年尾句集
凍雲のやや焼けて来し遠い橋 柴田白葉女 遠い橋
凍雲の上を流るる雲ありき 菅原けい
凍雲の中の月光走りいづ 阿部みどり女
凍雲の影のとどまる柿畑 伊藤いと子
凍雲の憂歩百歩に栄えける 細谷源二 砂金帯
凍雲の裾明りして蝦夷地見ゆ 松尾緑富
凍雲の重なり合うて溜りけり 石田あき子 見舞籠
凍雲はみな根を山にけふ暮るる 山口青邨
凍雲やつづれさすがに家建ちて 石塚友二
凍雲や甲斐なき言をうしろ影 『定本石橋秀野句文集』
凍雲や芦は枯穂を打そろへ 増田龍雨 龍雨句集
凍雲をオリオンのまた一つ出し 篠原梵 雨
凍雲を剱岳はらへり句碑びらき 水原 春郎
凍雲を夕日貫き沈みけり 福田蓼汀 山火
凍雲を縫ひて飛行機雲速し 稲畑廣太郎
凍雲を船首しづかに上下せり 横山白虹
凍雲光れカール・ローザヘ祈るものに 古沢太穂 古沢太穂句集
呼びあえる冬雲生きて走られず 寺田京子 日の鷹
夕富士に寒雲こぞる別れかな 佐藤脩一
大食の粗食冬雲日を匿す 右城暮石 声と声
天闢くごとく寒雲きえゆけり 飯田蛇笏 雪峡
妹手拍つ冬雲切れて日が射せば 中村草田男
寒日をゆく寒雲や軒つらゝ 京極杞陽
寒雲に娘の歳月とどまりて 柴田白葉女 花寂び 以後
寒雲に角ごと向きて牛啼けり 北原志満子
寒雲のいま柿色に燃えつきて 三谷昭 獣身
寒雲のはびこるは糊塗するに似つ 相生垣瓜人 微茫集
寒雲のひねもす坐る峡の空 木下夕爾
寒雲の充ちをり更に充ち動く 右城暮石
寒雲の剥がれゆく日に烏賊洗ふ 木村蕪城 寒泉
寒雲の夕焼けはしいくさ勝つ 渡邊水巴 富士
寒雲の屯すところ二上山 細見綾子 天然の風
寒雲の影をちぢめてうごきけり 石原八束
寒雲の満ちをり更に充ち動く 右城暮石 声と声
寒雲の燃え尽しては峡を出づ 馬場移公子
寒雲の端かがやける小原かな 加藤耕子
寒雲へ浦上へ坂登るべく 林翔
寒雲やここが墳墓の地かも知れず 内藤吐天 鳴海抄
寒雲や吾が顎髭はアイヌ系 磯貝碧蹄館 握手
寒雲や太芽かざすは朴と橡 石田波郷
寒雲や尻骨隆く張りて牛 有働亨 汐路
寒雲や草木魚介畏めり 齋藤玄 飛雪
寒雲より垂れ来て塔や野菜市 有働亨 汐路
寒雲をこぼれし灯かも開拓地 堀口星眠 火山灰の道
寒雲を火の山に据ゑ鳶の舞 佐川広治
巌石の如き冬雲日をかくし 上野泰 佐介
戦艦の如く冬雲進みけり 本居三太
日出の凍雲もなく釈迦ケ嶽 飯田蛇笏 雪峡
早春の凍て雲にして山の端に 高濱年尾
束の間や寒雲燃えて金焦土 石田波郷
東京の上の冬雲襤褸のごと 松本たかし
母子寮の死や寒雲を窓に嵌め 三谷昭 獣身
沖へ行つて消ゆ凍て雲のゆくへかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
灯るまで冬雲まみれ常夜燈 大峯あきら 鳥道
焼けをはるより寒雲となりゆくも 千代田葛彦 旅人木
熔岩をゆき冬雲厚き日なりけり 山口波津女 良人
父の忌の冬雲動くこともなし 津田汀々子
父の老凍雲起伏来し昭和 森 白樹
父逝くや凍雲闇にひそむ夜を 飯田蛇笏 春蘭
神の梅寒雲は夜もほのかなる 飯田蛇笏 春蘭
禅林の冬雲動く潦 高澤良一 随笑 
移転の荷冬雲載せて傾きて 津田清子 二人称
諒闇の凍雲としてただ暗し 坊城としあつ
遠に冬雲夫の域には入り行かず 中村明子
野に赭らむ冬雲誰の晩年ぞ 堀井春一郎
鈴懸の木と凍雲といつまでも 石田郷子
長城や凍雲碧き傷ひらく(「日中友好定型詩討論会」に出席のため北京行) 石原八束 『幻生花』
隠れ田の水冬雲を遊ばする 鷲谷七菜子 花寂び
馬子唄に冬雲あそぶ浅間山 岡澤康司
黒雲の冬雲を見て牛怒る 萩原麦草 麦嵐
多摩蘭坂ぶるんと寒の雲の尻 安西 篤
寒の雲大き先生の死に遭ひぬ 内藤吐天 鳴海抄
牛乳うまし寒の入日の雲染めて 太田鴻村 穂国
老残の樹々が鎧える寒の雲 三谷昭 獣身
薬煮るやゐざり迫りに寒の雲 鷲谷七菜子 花寂び
冬雲のおもおも水平線迄覆ふ  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

埋火

埋火

例句を挙げる。

かきあてゝ埋火三つ寄せにけり 上村占魚 鮎
かき立てて埋火のありとも見えず 下村梅子
さぐりあつ埋火ひとつ母寝し後 桂信子 花寂び 以後
さぐり当つ乳首のごとき埋火を 松尾隆信
すゐとんや埋火あかり頬にさす 加藤楸邨
ともかくも埋火を掻きたてて燗 山崎一角
みなつきの埋火ひとつしづかなり 暁臺
出で行きて帰り来にけり埋火に 小杉余子 余子句選
埋み火に猫背あらはれ玉ひけり 蕪村
埋み火のこもらふてゐる永平寺 伊藤敬子
埋み火のごとき想ひも老いにけり 草間時彦
埋み火のひとつ育てし安堵かな 井上雪
埋み火のまだあたたかき灰ならす 小橋久仁
埋み火の透きとほりたる掻きおこす 篠原梵 雨
埋み火やまことしづかに雲うつる 加藤楸邨
埋み火や壁には客の影法師 芭蕉
埋み火や家ゆすりゆく終電車 石橋秀野
埋火がほのとあり閨なまめきぬ 松瀬青々
埋火た今日の苦今日に得畢らず 竹下しづの女句文集 昭和十三年
埋火といふか仄かにあるばかり 長谷川櫂 虚空
埋火となりて時間の余りをり 後藤立夫
埋火とわが寝すがたと小夜更けぬ 五十崎古郷句集
埋火にとめれば留る我が友 炭 太祇 太祇句選
埋火にまだ慟悸うつ身を寄せし 久米正雄 返り花
埋火に三面鏡は姉のもの 久米正雄 返り花
埋火に今日の日記を書きとゞむ 松本つや女
埋火に同じ思ひの二人かな 百生 栄子
埋火に問ひぬ八雲の裔いかに 平畑静塔
埋火に夕刊その他つねのごと 篠田悌二郎
埋火に妻や花月の情にぶし 飯田蛇笏 霊芝
埋火に怒りを握るこぶしあり 竹下しづの女句文集 昭和十三年
埋火に月下戻りし身を伏せぬ 大野林火
埋火に来る鴬を見忘れず 長谷川かな女 雨 月
埋火に松風落る響き哉 松岡青蘿
埋火に根ぶとの痛む夜明かな *村 俳諧撰集「有磯海」
埋火に桂の鴎聞へけり 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
埋火に楊枝の焦る匂ひ哉 野崎紫兮
埋火に氷りてさむし梅の花 浜田酒堂
埋火に海鳴りつひにあらざりし 木村蕪城 寒泉
埋火に猫背あらはれ玉ひけり 炭 太祇 太祇句選
埋火に猿来るとぞ深山寺 尾崎迷堂 孤輪
埋火に薄き手のひら焙りけり 後藤夜半 底紅
埋火に薫ものゝあと匂ふかな 野村喜舟 小石川
埋火に顔うつぶせは愁かな 野村喜舟 小石川
埋火のありとは見えて母の側 蕪村
埋火のかすかに動く生家かな 藺草慶子
埋火のこころにはなり得ざりけり 後藤夜半 底紅
埋火のごとき憶ひも年の夜 雪女
埋火のごとく妻病み夜の雪 野見山朱鳥
埋火のさ夜の言問おとなへよ 宮武寒々 朱卓
埋火のほのかげろひや汐干舟 岡本松浜 白菊
埋火の上落魄の指五本 竹下しづの女句文集 昭和十三年
埋火の二階の闇へ梯子かな 楠目橙黄子 橙圃
埋火の仄に赤しわが心 芥川龍之介
埋火の低さや齢半ばとし 沢木欣一
埋火の冷たくなりてゐたりけり 長谷川櫂 蓬莱
埋火の切羽つまりて崩れけり 丸山嵐人
埋火の夢やはかなき事ばかり 正岡子規
埋火の如き来し方朱鳥の忌 吐合寿実枝
埋火の如く紅葉の暮れ沈む 石井とし夫
埋火の尉しらじらと谷戸の寺 北見さとる
埋火の火のほの見えて不安なり 日原傳
埋火の灰ならしたる初時雨 清水基吉
埋火の灰のくぼみて消えてをり 松原かつこ
埋火の灰の深さや謡初 岡本庚子
埋火の灰もてあそび片寄せて 高木石子
埋火の牡丹色なる近江かな 瀧澤和治
埋火の珠となるまで神楽宿 神尾久美子 桐の木
埋火の珠玉を愛す齢なる 福田蓼汀
埋火の生きてつなぎぬ去年今年 森 澄雄
埋火は灯の明るさに消えしかな 増田龍雨 龍雨句集
埋火も我名をかくすよすがかな 蕪村遺稿 冬
埋火も消ゆや涙の烹ゆる音 松尾芭蕉
埋火やあきらめてより不和もなく 高木つばな
埋火やありとは見えて母の側 蕪村
埋火やいく夜かあぶる鼻ばしら 松岡青蘿
埋火やいのちの彩の淡きこと 中村まゆみ
埋火やうちこぼしたる風邪薬 加舎白雄
埋火やうら枯草の花一つ 雑草 長谷川零餘子
埋火やこころに母を独占し 鞍悦子
埋火やすまじきものは宮仕へ 四明句集 中川四明
埋火やそむきて坐る襖きづ 桂樟蹊子
埋火やつひには煮ゆる鍋の物 蕪村
埋火やつゞいて借りし三国志 小澤碧童 碧童句集
埋火やどこまで走る壁のひゞ 庄司瓦全
埋火やはかなき母情ひとに寄せ 柴田白葉女 遠い橋
埋火やふとんを通す茶の匂ひ 許六 俳諧撰集「有磯海」
埋火や二夫婦住む一夫婦 永井龍男
埋火や今日の苦今日に得畢らず 竹下しづの女 [はやて]
埋火や何を願ひの独りごと 井月の句集 井上井月
埋火や倚廬月あげて槻の枝 飯田蛇笏 山廬集
埋火や兄妹に刻過ぎやすし 大石悦子 群萌
埋火や句をす心の立ち騒ぎ 尾崎迷堂 孤輪
埋火や垂ンとして灰は火は 松根東洋城
埋火や基地の子護らん眼を優しく 赤城さかえ句集
埋火や堀川百首口すさむ 雑草 長谷川零餘子
埋火や壁には客の影ぼふし 芭蕉
埋火や外山のまろさ櫻咲け 松根東洋城
埋火や夜学にあぶる掌 白雄
埋火や夫婦異なる習い事 有山城麓
埋火や子なき夫婦の人形棚 永井龍男
埋火や子規の句さがす古雑誌 内田百間
埋火や客去ぬるほどに風の音 富田木歩
埋火や寒山誦じジード読み 松根東洋城
埋火や己がじゝ子の布団敷く 碧雲居句集 大谷碧雲居
埋火や師のかへり待つ二法師 西山泊雲
埋火や思ひこだはる一つ事 日野草城
埋火や戸ざせし後の風の音 小澤碧童 碧童句集
埋火や捜しにかゝる忘れん坊 小沢碧童
埋火や旅の饒舌に詩の断片 加藤知世子 花寂び
埋火や梅の莟もあたゝまれ 松岡青蘿
埋火や此寺ごめの雪の森 東洋城千句
埋火や母といふ名の影法師 山本けんゐち
埋火や煙管を探る枕もと 寺田寅彦
埋火や物そこなはぬ比丘比丘尼 蕪村遺稿 冬
埋火や班女の切リのふと源氏 松根東洋城
埋火や瓶梅几帳人逢瀬 松根東洋城
埋火や畢竟朝の乱れ髪 石塚友二 方寸虚実
埋火や白湯もちん~夜の雨 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
埋火や胸あたたむる人の言 林翔 和紙
埋火や臍十呂盤も五十年 菅原師竹句集
埋火や蕪村忌すぎて年もなく 増田龍雨 龍雨句集
埋火や諳んじゐたる彼の私語 山田みづえ 忘
埋火や過ぎたる月日遥か見る 尾崎迷堂 孤輪
埋火や隣へ猫の通ひゆく 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
埋火や青墓道の一軒家 正岡子規
埋火や願事すべてむなしくて 木下夕爾
埋火や黄金の小槌敲ける詩 松根東洋城
埋火や鼾の中のほのあかり 加舎白雄
埋火をかきひろげては一人かな 永松 西瓜
埋火をかき立て雨の旅装とく 中村明子
埋火をかなり見つめし顔かたち 杉野一博
埋火を涼とあふぐ夜的(よまと)かな 服部嵐雪
埋火を珠と抱ける余生かな 北光星
埋火を生かしおぼろ夜の妻よ子よ 細谷源二 鐵
夕暮冷雨埋火・微熱継煙管 高柳重信
子を欲りて見る六月の埋火よ 萩原麦草 麦嵐
孤り棲む埋火の美のきはまれり 竹下しづの女句文集 昭和二十三年
客人に埋火小さき積翠忌 辻口静夫
年越ゆる眼のごとし炉の埋火は 加藤知世子 花 季
掘りかへす炬燵埋火八方に 上野泰 佐介
掻立てゝ埋火の色動くかな 松浦為王
松毬の火を埋火や方丈記 妻木 松瀬青々
檜山夕立檜は埋火のごとく照る 橋本鶏二
櫻しべ浴ぶ埋火のやうな恋 塚原いま乃
父の骨拾ふ埋火拾ふかに 影島智子
生きたかり埋火割れば濃むらさき 川口重美
種ほどの埋火命永らへむ 近藤一鴻
色美しき母の埋火かき出だす 大串 章
遠き日の埋火のいろ賀状くる きくちつねこ
遠き日の埋火を恋ふしきりなり 石川桂郎 高蘆
隠栖や客に埋火かきたてゝ 川名句一歩
うづみ火に我が夜計るや枕上 黒柳召波 春泥句集
うづみ火のありとは見えて母の側 蕪村
うづみ火や壁に翁の影ぼふし 蝶夢 (1732-1795)
うづみ火や我かくれ家も雪の中 與謝蕪村
うづみ火や終にハ煮る鍋のもの 蕪村 冬之部 ■ 老女の火をふき居る畫に
うづみ火を手して掘出す寒かな 高井几董
うづみ火を無下に乞はるゝ隣哉 我則

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

鴛鴦

鴛鴦

例句を挙げる。

(苑)鴛鴦をそのまゝ春の鳥なりけり 尾崎迷堂 孤輪
あさあけや鴛鴦のみ渡り来し山湖 松村蒼石 雁
ありあれば鴛鴦の衾に恨かな 大塚羽山
うつりすぐ善女善男鴛鴦の水 飯田蛇笏 春蘭
うらゝかや巣箱に鴛鴦の孵すてふ 松根東洋城
おのが影乱さず浮いて鴛鴦の水 橙黄子
お水門鴛鴦居る今日も~かな 尾崎迷堂 孤輪
くらきより出て鴛鴦の胸すすむ 椎橋清翠
こがらしや日に日に鴛鴦の美しき 士朗
このごろは鴛鴦に恨もなかりけり 高浜虚子(絶恋)
さざなみの大摺鉢の鴛鴦の池 西田美智子
さゞなみの音たつらしも鴛鴦眠る 渡邊水巴 富士
しぐるゝや鴛鴦見えず鴨の見え 大場白水郎 散木集
よる鴛鴦にかげふかぶかと雨の傘 飯田蛇笏 山廬集
わが顔の鴛鴦の水輪と暮れのこる 鴻村
ホース出づる水に鴛鴦浮く若葉 佐野青陽人 天の川
塵一つなき禅林の鴛鴦の水 高澤良一 寒暑 
一月の正しき日数鴛鴦の水 神尾久美子 桐の木
万丈の巌ぞこぞる鴛鴦の水 太田嗟
万葉の水押してゆく鴛鴦二つ 平川まゆみ
円光を著て鴛鴦の目をつむり 長谷川素逝 暦日
初伊勢の鴛鴦にあひをりしなり 岡井省二
動かざるときも並びて鴛鴦は 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
古里の水に鴛鴦見し昔かな 尾崎迷堂 孤輪
吟行の句帳の端に鴛鴦の数 遠藤甫人
嘴の雪打ち振り鴛鴦の又眠る 如洞
圓光を著て鴛鴦の目をつむり 長谷川素逝
夕焼沼黄金分割の鴛鴦の航 田仲了司
夜の鶴鴛鴦の中よりも哀なり 加舎白雄
天命は天にあづけて鴛鴦流る 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
子を率たる鴛鴦の汀に子を思ふ 成瀬桜桃子 風色
屏風岩高く翔れる鴛鴦もあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
山川をながるる鴛鴦に松すぎぬ 飯田蛇笏 春蘭
岩かげを流れ出て鴛鴦美しき 原石鼎
岩雫すれ~に鴛鴦の日向ぼこ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
年を経し鴛鴦の我が句を句集かな 尾崎迷堂 孤輪
彩となり五六羽ならず鴛鴦飛来 田畑美穂女
搦手の雲かがやかに鴛鴦翔る 木村蕪城
新涼の水かきうすく鴛鴦流る 松村蒼石 露
日かげれば色無し鴛鴦の沈みけり 大橋櫻坡子 雨月
日ざしきて鴛鴦のさざ波彩繪なす 上村占魚 『天上の宴』
日なき障子に人現はれぬ池の鴛鴦 高濱年尾 年尾句集
日の中のひかりをひいて鴛鴦すすむ 長谷川素逝 暦日
早も小雪かゝりし水や鴛鴦の沓 原石鼎 花影以後
映るもの枯れ一色や鴛鴦の水 高澤良一 素抱 
春雨の池に鴛鴦見る御陵かな 雑草 長谷川零餘子
暁の国鴛鴦の水輪は夜すがらか 龍男
暮れそめし鴛鴦の羽色や返り花 鷹女
暮雪やむ静けさ鴛鴦の羽づくろひ 内藤吐天
月あかり鴛鴦は色襲ねしや 大石悦子
月さして鴛鴦浮く池の水輪かな 飯田蛇笏
月の鴛鴦みじろぐさまの水輪かな 西島麦南 人音
朝の靄彩だたせ鴛鴦たむろせり(上州妙義湖二句) 上村占魚 『天上の宴』
木の枝に人語卑しむ鴛鴦ならむ 市村究一郎
木の洞に鴛鴦二つゐる日永かな 宇佐美魚目 天地存問
松の雪おちてうかめり鴛鴦のそば 橋本鶏二 年輪
枯芝に音立てゝ見よ鴛鴦の沓 龍胆 長谷川かな女
樹々たかく雪花こぼれ鴛鴦の水 石原舟月 山鵲
水づく枝を鴛鴦のすぎつつ底明り 飯田蛇笏 春蘭
水ひろき方へと鴛鴦の進みけり 鈴木花蓑句集
水底のあらはに鴛鴦の通りけり 石原八束
氷上に花園なして鴛鴦ねむる 星眠
池隈の鴛鴦の彩濃に時雨かな 松根東洋城
流觴の今ゆるやかな鴛鴦ならび 森田峠 逆瀬川
浮くぶ瀬に鴛鴦の衾も見えにけり 樋口得川
涅槃図に侍れるときも鴛鴦の沓 後藤夜半 底紅
渡りきし鴛鴦に瑠璃なす雪の淵 小田 司
牡丹雪浮寝醒めたる鴛鴦二つ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
白烏に極彩色の鴛鴦の沓 西本一都 景色
端居人見あげて鴛鴦の通りけり 吉武月二郎句集
絶壁の一点に鴛鴦とまりけり 阿波野青畝
翔ちつれて舞ひ戻るあり番ひ鴛鴦 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
胸丸く水輪の濃ゆく鴛鴦の夫 高木晴子 晴居
舳に遠く鴛鴦とべりいしがはら 飯田蛇笏 山廬集
花ぐもり鴛鴦の頭のひかるなり 下村槐太 天涯
蓮枯れ鴛鴦羽ふるへば日にひびく 宮武寒々 朱卓
薄絹に鴛鴦縫ふや春の風 正岡子規
足許に鴛鴦の眠れる目を賞で 後藤夜半
逆立ちをする鴛鴦見ゆる木の間かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
金閣の影を大事に鴛鴦遊ぶ 田畑美穂女
離鴛鴦流れてゆきぬ鴛鴦の間 矢島渚男
雨催よりそふ鴛鴦の深眠り 水野吐紫
雪の竹弓に撓むや鴛鴦の居る 松本翠濤
餌付師に白鳥応へ鴛鴦応ふ 西本一都 景色
鴛鴦(をし)鴨のつくべき水の見晴かな 林紅 俳諧撰集「有磯海」
鴛鴦あそぶ水玉水の上をまろび 長谷川素逝 暦日
鴛鴦あはれ南京豆を争へる 富安風生
鴛鴦うくや林間の瀬のあきらかに 飯田蛇笏
鴛鴦がゐて増水の梓川 高澤良一 素抱 
鴛鴦こぞり起つ氷上の谺かな 臼田亜浪 旅人
鴛鴦と見えて二つや池の遠くより 高橋淡路女 梶の葉
鴛鴦にはるかなところが日向かな 加倉井秋を
鴛鴦に古木はげしく枯れにけり 石鼎
鴛鴦に月のひかりのかぶさり来 青畝
鴛鴦に神のみ池の波こまか 橋本鶏二 年輪
鴛鴦のいづれ思ひ羽思はれ羽 狩行
鴛鴦のかざしの花かかきつばた 松岡青蘿
鴛鴦のちぎりや沓の右ひだり 蓼太
鴛鴦のときに一羽となりたがる 片山由美子(1952-)
鴛鴦のとび来て枝にとまりたる 京極杞陽 くくたち上巻
鴛鴦の並びて視線異なれり 丸山海道
鴛鴦の二つ並んで流るゝよ 別天楼
鴛鴦の向ひあふたり並んだり 子規句集 虚子・碧梧桐選
鴛鴦の壊しにかかる花筏 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
鴛鴦の妻おくるゝとなくしたがへる 池田苦茗
鴛鴦の妻より先に潜りけり 矢口由紀枝
鴛鴦の子の目覚めつぎつぎ水に入る 蒼石
鴛鴦の子も欲しうなき姿哉 小栗風葉
鴛鴦の寝に窗掛おもく垂れにけり 飯田蛇笏 雪峡
鴛鴦の寺に客あり春の雪 四明句集 中川四明
鴛鴦の影うつしけり秋の水 中勘助
鴛鴦の思ひ羽映す水の艶 能村研三 鷹の木 以後
鴛鴦の木にとまるてふことも見し 村上杏史
鴛鴦の来て箱根の宮はうす紅葉 大橋櫻坡子 雨月
鴛鴦の水かがやき鶴は凍てにけり 岸風三楼 往来
鴛鴦の水古鏡のごとく夕づきぬ 高橋淡路女 淡路女百句
鴛鴦の水尾すなほにのびて春隣 加藤 春彦
鴛鴦の水尾のよぎりし塔の影 藺草慶子
鴛鴦の水尾の二つ続きけり 原山 英士
鴛鴦の水尾引く湖の広さあり 稲畑汀子
鴛鴦の水尾華げり即位の日 小川一路
鴛鴦の水金砂銀砂をまぶすごと 高澤良一 素抱 
鴛鴦の水鴛鴦をはなれて輝けり 永作火童
鴛鴦の池にも風雨ありぬべし 阿部みどり女
鴛鴦の沓波にかくるることもあり 山口青邨
鴛鴦の浮かべるまはり光あり 大橋 もと女
鴛鴦の深淵に得し妻なるか 草田男
鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ 子規句集 虚子・碧梧桐選
鴛鴦の胸分けの陽炎の水 瀧井孝作
鴛鴦の胸石暖き夕日かな 柑子句集 籾山柑子
鴛鴦の脊を水玉となり落ちにけり 不忘
鴛鴦の色して一掬の水さへも 古館曹人
鴛鴦の襖を隔て眠りけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
鴛鴦の遅々たる影や水の底 寺田寅彦
鴛鴦は分に過ぎたる晴着被て 高澤良一 随笑 
鴛鴦は鳥なりやもめは人にこそ 佐藤紅緑
鴛鴦へ裾をゆつたり聖尼僧 下田稔
鴛鴦まがもよしがも群るゝ余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
鴛鴦も引く遥かへの水憶ふのみ 松村蒼石 春霰
鴛鴦も鴨もつがひつがひに春惜む 大場白水郎 散木集
鴛鴦や寒林の日の落椿 島村はじめ
鴛鴦や恋々として顔を寄せ 喜谷六花
鴛鴦や揃へたやうな二つがひ 森鴎外
鴛鴦や松ケ枝高く居静まり 川端茅舎
鴛鴦や殿中どなた美しき 野村喜舟 小石川
鴛鴦や眠りもぞする鴨の中 野村喜舟 小石川
鴛鴦や眠れる沼に居りしもの 尾崎迷堂 孤輪
鴛鴦や蓮華の相タあり~と 野村喜舟 小石川
鴛鴦や風を避けたる杭の間 柑子句集 籾山柑子
鴛鴦をつつみてひかりよごれなし 長谷川素逝 暦日
鴛鴦を手にとつてみし新らしさ 京極杞陽 くくたち上巻
鴛鴦を盗まれて閑居春寒き 四明句集 中川四明
鴛鴦を見る現心の端居かな 会津八一
鴛鴦を見る町の子等みな貧しく 富安風生
鴛鴦下りて枯れし両岸息を呑む 篠田悌二郎
鴛鴦二つ水は光を運びをり 山根和子
鴛鴦二つ波紋を曲げて進みけり 年尾
鴛鴦二匹波紋を曲げて進みけり 高濱年尾 年尾句集
鴛鴦啼や一節截吹やせ男 加舎白雄
鴛鴦帰り雲烟岳をのぼりつぐ 堀口星眠 営巣期
鴛鴦浮くや燈籠も松も何も冬 尾崎迷堂 孤輪
鴛鴦眠り山の眠りのつのるなり 松山足羽
鴛鴦眠る真綿の如き靄の中 和田祥子
鴛鴦睦む大き水輪をひろげひろげ 上野さち子
鴛鴦装う晴着は大正浪漫風 高澤良一 素抱 
鴛鴦進むやしざるが如く筑波山 鈴木花蓑句集
鴛鴦飼うて朧に住むや草館 雑草 長谷川零餘子
鴛鴦鳴けり口まね出来ぬ声出して 右城暮石
鴨の池さりげなく鴛鴦をゆるす 松村蒼石 雪
麗しき夢見てをらむ残る鴛鴦 堀口星眠 営巣期
思羽いとしや老の書にはさむ 青邨
大岡川  観桜
おしどりに吹雪ける花の余り風  高澤良一  素抱
一塵も止めぬ鴛鴦の身だしなみ  高澤良一  暮津
鴛鴦映す水の最も美しき季  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-12 00:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング