2014年 12月 16日 ( 14 )

空風

空風

例句を挙げる。

すがれたる蔓の蔓打つ空つ風 高澤良一 ぱらりとせ 
上州の空つ風さへなく晴れて 稲畑汀子
人間の嘘生きはしる空つ風 能村登四郎
八束亡く憂き世仮の世空つ風 小出秋光
吹き寄せられてゆく東京の空つ風に 高澤良一 ねずみのこまくら 
垣の上の舟の舳や初御空 風生
手の空や蝉殻の空風が過ぐ 櫛原希伊子
日の光まぜつ返して空つ風 檜 紀代
東京に疲る空風に髪吹かれ 橋本美代子
清教徒着きし岬の空つ風 仙田洋子 雲は王冠
牛は生涯大空を見ず空つ風 宮武寒々
牡蠣殻の山空風と馴れ合ふよ 百合山羽公 寒雁
物売りの声のとぎるる空つ風 貴田将子
百獣の王寝てばかり空つ風 高澤良一 寒暑 
目に耳に又空風が余るなり 相生垣瓜人 明治草抄
空つ風どんと吾が家を衝きにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
空つ風六区は塵をとばすばかり 千葉玲子
空つ風埃吹き上げ慈善鍋 高野素十
空つ風忘れて過ぎし菊屋橋 石川桂郎 高蘆
空つ風濁りし胸の打診音 村本畔秀
空風にかなしき胼のきれにけり 阿部みどり女 笹鳴
空風にご幣ひらひら道祖神 斉木 うた子
空風にガサツな歩き方通す 高澤良一 寒暑 
空風に乾びてゐたり氷下魚売 金箱戈止夫
空風に園児吹き飛ばされしとか 川井 梅峰
空風に場所を置き去る靴磨 百合山羽公 寒雁
空風に逆らふ睫毛もてあます 長谷川かな女 雨 月
空風の道ゆくは野良人ばかり 太田鴻村 穂国
空風は青空の日を支へたる 阿部みどり女
空風も詰めだるま籠真ッ赤なり 宮津昭彦
空風や吹き分れたる石たゝき 島村元句集
空風や湾口に泛く荷物船 飯田蛇笏 雪峡
空風や練馬の駅の大泉 石塚友二 光塵
空風や鎖骨に触るる主治医の手 高澤良一 寒暑 
空風を繰り出して山何もなし 百合山羽公 寒雁
竹藪の日を踊らせて空つ風 福田千栄子
翔ちし鷺吹き戻されし空つ風 永井善郎
胸中に抱く珠あり空つ風 富安風生
自販機の明るき路地の空つ風 佐倉あさ子
蕎麦食ひに出て父の忌の空つ風 奈良文夫
赤城山までがこの村空つ風 岸善志
路鋲ふむ靴のあらたに空つ風 飯田蛇笏 雪峡
遮れる何物もなく空つ風 豊田光世
風の無い夜は厭だと空つ風に死にゆけり 石橋辰之助
鯔網に冬ふかみつつ空つ風 飯田蛇笏 雪峡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

霜枯

霜枯

例句を挙げる。

おとのして花壇の零余子霜枯れぬ 飯田蛇笏 春蘭
とし~に霜がれにけりいろは茶屋 一茶
一塊の霜枯の富士あざみなり 皆吉爽雨 泉声
丹精も放つたらかしも霜枯るる 吉年虹二
極まりし霜枯のわが通ひ路や 中村若沙
犬吠えてをり霜枯の芋の葉に 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
玉葱苗霜枯れぬつぎつぎ風邪に寝る 古沢太穂 古沢太穂句集
霜がれてせうじの蠅のカハユさよ 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
霜がれのそれも鼻かけ地蔵哉 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
霜がれの中を元三大師かな 一茶
霜がれの山はだかれり田の前に 飯森杉雨
霜がれや壁のうしろは越後山 一茶
霜がれや新吉原も小藪並 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
霜がれや番屋に虱うせ薬 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
霜がれや米くれろ迚鴉雀 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
霜がれや貧乏村のばか長き 一茶 ■文政八年乙酉(六十三歳)
霜がれや鍋の炭かく小傾城 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
霜枯に咲くは辛気の花野哉 松尾芭蕉
霜枯に見ゆる北斗の力かな 齋藤玄 飛雪
霜枯の一樹をたのみ見張猿 角川源義
霜枯の中に紫紺の竜の玉 阿部みどり女 月下美人
霜枯の練兵場や町はづれ 寺田寅彦
霜枯の罠に吊られし鶏の首 福田甲子雄
霜枯の萩草枯の芒かな 八千渓
霜枯の鶏頭墨をかぶりけり 皆吉爽雨
霜枯や従容として至仏岳 堀口星眠 営巣期
霜枯や狂女に吠ゆる昼の犬 正岡子規
霜枯るるこの山陰や松の蔦 広瀬惟然
霜枯るる都の高台人遅々と 飯田蛇笏 雪峡
霜枯れし黄菊こぞりて日をかへし 茂呂緑二
霜枯れし黄菊の弁に朱を見たり 高浜虚子
霜枯れて押し倒しある芭蕉かな 河野静雲 閻魔
霜枯れに大霜枯れの今朝至る 皆吉爽雨
霜枯れの山家へ戻つて来た娘の長い首巻 人間を彫る 大橋裸木
霜枯れの糸瓜が吹かれ妙義みち 土屋秀穂
霜枯れやはじめからある熔岩の隙 津田清子
青桐の實の霜枯れて水鏡 竹田 節

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:26 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯茨

枯茨

例句を挙げる。

先行は影もとどめず枯茨 宇多喜代子 象
大空に日はうすうすと枯茨 長谷川 櫂
山に入りて漉餡欲しや枯いばら 鳥居おさむ
教ふるは強ひるに似たり枯茨 樋笠文
春光や石にからまる枯茨 前田普羅
枯茨あなどりて径絶えにけり 宮本澄
枯茨ささへ欲しさう吹かれゐし 麻生 直美
枯茨つかず離れず棘と棘 落合冬至
枯茨に投げし筵や雪少し 山本梅史
枯茨に指刺されたる暮色かな 田中冬子
枯茨モーツァルト忌の窓点る 西村和子 かりそめならず
枯茨女は巡り男は折る 齋藤玄 『玄』
水辺に実の色とどめ枯茨 福神規子
焚書して家捨つべきか枯茨 大輪 昌
磔像に棘衰へず枯茨 森冬比吉
老の歩の毎日が試歩枯茨 遠藤梧逸
茨枯れつゝあり垣に磔像に 高木壺天
行年の山へ道あり枯茨 渡辺水巴 白日
赤き実や桜が下の枯茨 河東碧梧桐
風の中に昏るる陽のあり枯茨 杉村花友星
鳥影のごときおもひ出枯茨 山田みづえ
麻酔医がゆるく着ている枯茨 澁谷道

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯桑

枯桑

例句を挙げる。

くくられて枯桑光る夕かな 萩原麦草 麦嵐
この辺は蚕の村か桑枯るゝ 高浜虚子
こゝに来て低き赤城や桑枯るゝ 岡安迷子
どこまでも枯桑遠く日が沈む 深見けん二
ガソリンカー一人降しぬ枯桑の駅 原田種茅 径
一望の枯桑に山青き白き 京極杞陽 くくたち上巻
一枝の必ず伸びて桑枯るる 京極杞陽 くくたち下巻
募りくる悲愁枯桑のはてしなく 瀧春一 菜園
吹かれ来しもの枯桑にとどまれり 棚山波朗
家離り枯桑のみがかさなりくる 川島彷徨子 榛の木
山村は今桑枯るゝ静けさに 清崎敏郎
意地わるな枯桑と和し甲斐の旅 原子公平
日は一粒枯桑きりと身をしばり 宮坂静生
枯桑にとびつく筬のこだまかな 石原舟月 山鵲
枯桑にぬくき夕べの雨ふれり 長谷川双魚 風形
枯桑には最も遠き灯がともる 加倉井秋を 午後の窓
枯桑に打たせじと抱く福だるま 出牛青朗
枯桑に断崖どつと千曲川 福田蓼汀 山火
枯桑に汽車の短き笛一つ 松本たかし
枯桑に雪ありそめて利根細る 松本たかし
枯桑に雪嶺裾をひきにけり 大橋櫻坡子 雨月
枯桑のいつもの道を恵方とし 倉田 紘文
枯桑のおどろや夕日どこへ落つ 中島月笠 月笠句集
枯桑のきれいな影の磧径 藤田あけ烏 赤松
枯桑のなかのお寺となりにけり 北村 光阿弥
枯桑のほの~として色ありぬ 高濱年尾 年尾句集
枯桑のみなとに湖の汽船あり 大橋櫻坡子 雨月
枯桑の径の往来は初薬師 奥田可児
枯桑の断崖どつと千曲川 福田蓼汀
枯桑の日和の中に働ける 京極杞陽 くくたち下巻
枯桑の曙色に囀れり 瀧春一 菜園
枯桑の村に戻りて不仕合せ 川井 梅峰
枯桑の涯に浅間や矗と煙 石塚友二 方寸虚実
枯桑の灯は見てゐるとき灯る 加倉井秋を 午後の窓
枯桑の瓔珞散らす野辺送 松藤夏山 夏山句集
枯桑の道どこからも赤城見ゆ 上村占魚 『霧積』
枯桑や筑波の裸形よこむきに 河合凱夫 藤の実
枯桑や駅と駅との間の村 村山古郷
枯桑をひしひし折りて夜の焚火 瀧春一 菜園
枯桑を抱へ縮めて括りけり 古屋敷香葎
枯桑を括り損ねて弾かれし 鈴木長春
枯桑を燃やし小豆を煮てくれる 沢木欣一
桑枯るるなか電柱を植ゑる声 秋元不死男
桑枯れし安達ケ原に迷ひけり 菱沼杜門
桑枯れてずんずと山の近くなる 広瀬季見子
桑枯れてなりはひもなき町の音 水原秋桜子
桑枯れて伏流あれば滾滾と 下村槐太 天涯
桑枯れて利根の川波照るばかり 河合凱夫 藤の実
桑枯れて古葉鳴らすは雀ども 加藤楸邨
桑枯れて大きな木曾の家となる 大峯あきら 鳥道
桑枯れて大菩薩嶺をつらぬけり 水原秋櫻子
桑枯れて小さき月の高く行く 大峯あきら
桑枯れて山と平野と噛みあへり 川島彷徨子 榛の木
桑枯れて日毎に尖る妙義かな 石橋辰之助 山暦
桑枯れて水の流るる音もなし 清崎敏郎
桑枯れて秩父夜祭来りけり 岡田水雲
桑枯れて秩父街道晴れわたる 武田光子
桑枯れて茶がさく*壟(うね)のつむじ風 飯田蛇笏 春蘭
桑枯れて蒔絵曇りや伊賀盆地 橋本鶏二
桑枯れて西に大きく蔵王山 遠藤梧逸
桑枯れて近江にもある御陵かな 大橋櫻坡子 雨月
桑枯れて遠く浅間の煙噴く 蛭間繁次
母は家子は枯桑の道をくる 高野素十
無人踏切不気味にひかり桑枯るる 馬場草童
肌寒や桑枯れいそぐ風の音 大村のと子
通行人として枯桑の辺を過ぎぬ 加倉井秋を 午後の窓
鶲飛ぶ黄繻子の光り枯桑に 内藤吐天 鳴海抄

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯柳

枯柳

例句を挙げる。

しだれ柳枯れてゆくとき萌黄色 辻恵美子
そこらかぎりて晝のうつろや枯柳 富田木歩
たきたての深川めしや枯柳 龍岡晋
ぬかるみに空もうつらず枯柳 碧雲居句集 大谷碧雲居
まだ青きお局門の冬柳 奥村霞人
やなぎ湯のしるしの柳枯れにけり 富崎梨郷
バス停のいらだち撫ずる冬柳 指方幸子
何時よりの纜ずれや枯柳 西山泊雲 泊雲句集
停車場に遠き宿りや枯柳 松藤夏山 夏山句集
冬柳水の匂ひのする処 高木晴子 花 季
古池や柳枯れて鴨石に在り 子規句集 虚子・碧梧桐選
啄木の旧居の庭の枯柳 鶴飼 風子
堀割に鎮もる鯉や冬柳 楠見稲子
大江戸の俳諧語れ枯柳 雑草 長谷川零餘子
大河の尻に家なし枯柳 岩谷山梔子
太液の枯蓮未央の枯柳 正岡子規
寒照りのいり日に見しは枯柳 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
川風に便所を待つや枯柳 五十嵐播水 播水句集
巳の年の飢饉の碑あり枯柳 大塚羽山
張板にうとき日ざしや枯柳 佐藤寂楼
敗戦のまぼろしかとも冬柳 下村ひろし 西陲集
時雨払つて耀く星や枯柳 西山泊雲 泊雲句集
暖簾はづすうしろ暮るゝや枯柳 白水郎句集 大場白水郎
板前の出てきて憩ふ枯柳 廣瀬ひろし
枯柳うかと曲りて道迷ふ 牟田与志
枯柳うつせる水の温みけり 久保田万太郎 草の丈
枯柳と川波と今日の宇治なりけり 尾崎迷堂 孤輪
枯柳に鷺娘立つ近松忌 長谷川かな女 雨 月
枯柳やありとし見れば水に影 尾崎迷堂 孤輪
枯柳や雨降る故の舟の苫 尾崎迷堂 孤輪
枯柳八卦を画く行燈あり 正岡子規
枯柳切りもやらざる病かな 会津八一
枯柳午後の巷となりにけり 松藤夏山 夏山句集
枯柳古りし言葉にモボとモガ 菖蒲あや
枯柳壁に鞭うつ響きかな 会津八一
枯柳条々として昼深し 日野草城
枯柳爪で掻きたる月を留め 久米正雄 返り花
枯柳節季の雨にぬれにけり 増田龍雨 龍雨句集
枯柳雀とまりて色もなし 渡辺水巴 白日
枯柳風の歩みのとどまらね 臼田亜浪 旅人
枯柳鮓屋茶房も蔵構へ 瀧 春一
柳枯れて屋根干しの下駄木おろしけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
柳枯れて景に遊べる古老かな 楠目橙黄子 橙圃
柳枯れて辻に客待つ寒さかな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
柳枯れて高札の立つ堤かな 平井一蛙
柳枯れ剛き雨降る眼鏡橋 下村ひろし 西陲集
柳枯れ天の充実地にはなし 阿部みどり女
柳枯れ潮来出島はうらさびし 相馬柳堤
柳枯れ銭持てる人持たざる人 岸風三楼 往来
橋に来て牡蠣舟もなし枯柳 雑草 長谷川零餘子
毛髪条々端までかなし冬柳 中村草田男
水の面に琴線を垂れ枯柳 轡田進
産を破るに至らず柳枯れて覚む 河東碧梧桐
白壁のあれば水影枯柳 世古諏訪
粛条とつまびらかなる枯柳 富安風生
細き影川面に落し枯柳 稲畑汀子
船着きや纜を干す枯柳 佐藤滴泉
荒風が影ゆりあげる冬柳 柴田白葉女 花寂び 以後
蔭に女性あり延び延びのこと枯柳 河東碧梧桐
蔵見ても傾く運や枯柳 乙字俳句集 大須賀乙字
蕭条とつまびらかなる枯柳 富安風生
間借りして馭者の自炊や枯柳 冬葉第一句集 吉田冬葉
馬の飲む水は凍りて枯柳 井月の句集 井上井月
馬載せて舟渡すなり枯柳 坂本四方太
鼠喰ふ鳶のゐにけり枯柳 炭 太祇 太祇句選

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:21 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

北風

北風

例句を挙げる。

あかつきの北風とほる曼珠沙華 飯野燦雨
かの時は北風を香ぐはしとせり 相生垣瓜人 微茫集
これからは毎日北風の浜荷役 福田冷味
しづかなる駒岳の煙に北風ありや 京極杞陽
その夜更け笞のごとく北風吹けり 小林康治 四季貧窮
のどぼとけあらはに北風の中を来し 上野さち子
ひらくコーモリ接収海域の北風避くと 古沢太穂 古沢太穂句集
ふるさとの春の北風つよきかな 久保田万太郎 流寓抄
やつにも注げよ北風が吹きあぐ縄のれん 太穂
わが影の髪乱れつつ北風を行く 山口波津女 良人
われに妻妻にわれあり北風吹く夜 森川暁水 黴
アドバルン北風はらみ下ろさるゝ 阿部みどり女 笹鳴
マスクして北風を目にうけてゆく 篠原梵 雨
ユリの木のまばらなる葉を北風鳴らす 高澤良一 さざなみやっこ 
一枚の壁傾きて北風低く(焦土) 河野南畦 『花と流氷』
人行けば我も行くなり北風に 本田あふひ
今も小諸刃のごとき北風の吹き 村松紅花
俯瞰に北風の港契約がんじがらみ 中戸川朝人
傷兵や北風吹く門に母を送る 岸風三楼 往来
八音節か筑紫の国の北風は 夏石番矢
出帆旗北風に羽摶ちて昇りゆく 波津女
切れ切れて北風に残りし母のテープ 羽部洞然
北風あたらしマラソン少女髪撥ねて 三鬼
北風あと心呆うけし夕餉かな 木歩句集 富田木歩
北風がときに宣撫の声をさらふ 長谷川素逝 砲車
北風すさびたまとび瓦ふるひ落つ 長谷川素逝 砲車
北風すさび納め納めと何やかや 久保田万太郎 流寓抄以後
北風す扉にくろがねの巨き鋲 石原舟月 山鵲
北風す穂家のもののぐ古りにけり 石原舟月 山鵲
北風たゆむ神葬の笙火に温む 宮武寒々 朱卓
北風つのるどこより早く厨に灯 岡本眸
北風つよき九番ホールをあへてゆきぬ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
北風とおなじ速さに歩きゐしなり 篠原梵
北風とガラスのような二人かな 二村典子
北風にあらがふことを敢へてせじ 風生
北風にいらだてば咳きし胸ほてる 川島彷徨子 榛の木
北風にかけてがせいや帆前垂 久保田万太郎 流寓抄以後
北風にかほのしらけて葬もどり 森川暁水 黴
北風にさからふ腕をしかと組む 岸風三楼 往来
北風にたちむかふ身をほそめけり 本下夕爾
北風によろけそれでも海が好き 飯沼衣代
北風に人細り行き曲り消え 高浜虚子(1874-1959)
北風に向ひ歩きて涙ふく 室町ひろ子
北風に吹かるゝ旅をしてをりぬ 今井杏太郎
北風に吹かれそのまま囚の前 阿部みどり女
北風に吹き歪められ顔嶮し 高浜虚子
北風に唄奪られねば土工佳し 津田清子 礼 拝
北風に情念透きて前後なし 柴田白葉女 花寂び 以後
北風に打つ鉄の皮ぽろぽろと 右城暮石 声と声
北風に揺れゐる檣ばかりなり 五十嵐播水 埠頭
北風に棕櫚が葉鳴らすのみの窓 波多野爽波 鋪道の花
北風に横向き立てるビルディング 京極杞陽 くくたち下巻
北風に浚渫船のあるばかり 五十嵐播水 埠頭
北風に火の粉あげつつ船出でぬ 五十嵐播水 埠頭
北風に牛角を低くして進む 西東三鬼
北風に糞落しゆく荷馬かな 碧梧桐
北風に脳味噌乾き吹かれをり 昌治
北風に腹を叩いて牛通す 長谷川かな女
北風に舟そくばくや湖の浦 尾崎迷堂 孤輪
北風に言葉うばはれ麦踏めり 楸邨
北風に逆ふ自嘲は木炭車か吾か 赤城さかえ
北風に鍋焼饂飩呼びかけたり 子規
北風に雲は東し南しぬ 京極杞陽 くくたち上巻
北風に顔の粉のふくおかしさよ 鳥居美智子
北風に飛びくる雪のきほひかな 比叡 野村泊月
北風に飛ぶ人の隻語を聞きとがむ 竹下しづの女句文集 昭和十五年
北風のうしろにいつも又三郎 今井杏太郎
北風のかたちのこる髪なり擁く 中戸川朝人
北風のこの崖にきて逆まける 上村占魚 鮎
北風のころがり落つる千枚田 大平芳江
北風のなか昂ぶり果ての泪ぬぐふ 鈴木しづ子
北風のふわりと甘くパン工場 木谷はるか
北風のますぐに歩く仲仙道 長谷川かな女 雨 月
北風のまだ力ある花しどみ 福田甲子雄
北風の丘坂なりにわが庭となる 加藤楸邨
北風の人誰もかつては母に甘へし 細谷源二 砂金帯
北風の吹きぬけて山美しき 今井杏太郎
北風の吹きまく雲の尖りかな 上村占魚 鮎
北風の吹くだけ吹きし星の冴え 渋沢秀雄
北風の墓へ縁由の酒をそゝぐなり 清水基吉 寒蕭々
北風の夜やほとほと熱き襁褓籠 下村槐太 光背
北風の大門稀に開くかな 阿部みどり女 笹鳴
北風の奪へる声をつぎにけり 中村汀女
北風の巻尺飛んで捲かれ来る 米沢吾亦紅 童顔
北風の息安めゐる七七忌 橋本榮治 麦生
北風の星嶺も祈りの姿もつ 中島斌雄
北風の昨日も今日も軒の梅 高濱年尾 年尾句集
北風の河岸銑鉄船ひくく河岸につく 川島彷徨子 榛の木
北風の灯を近づけぬ聖書地図 田川飛旅子
北風の爪のあとある大地かな 上野泰 春潮
北風の砂丘を指す馬ならば嘶かむ 金子無患子
北風の磨き上げたる尼の柚子 殿村莵絲子 雨 月
北風の空サーチライトが叉を求めあふ 篠原梵 雨
北風の背中よ窓は嵌め殺し 櫂未知子 蒙古斑
北風の藪鳴りたわむ月夜かな 杉田久女
北風の街砲馬はげしく頬寄せあふ 中島斌男
北風の身を切るといふ言葉かな 中村苑子
北風の釜火に頬を焼かれけり 金尾梅の門 古志の歌
北風の障子ことりと吹き凪げる 寸七翁
北風の鶏羽ばたく型にくくられぬ 羽部洞然
北風はげし書房の書架が街の壁 古館曹人
北風ふく夜ラジオは遺児に唄はする 岸風三楼 往来
北風へ壁も膨らむ楽の渦 林翔 和紙
北風まとふ花梨の下のおびしや宿 町田しげき
北風やあるひは赤き蟹の足 久保田万太郎 流寓抄以後
北風やあをぞらながら暮れはてゝ 芝不器男
北風やお不動山へ土手許り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
北風やかたまりあうて葬もどり 森川暁水 黴
北風やかなしき楽の曲馬団 福田蓼汀 山火
北風やけふ七ッ峰皆見ゆる 乙字俳句集 大須賀乙字
北風やこの板の間は書を教ふ 波多野爽波 『一筆』以後
北風やつひに立ちとまり吸ふたばこ 佐野良太 樫
北風やふるひ声して葬もどり 森川暁水 黴
北風やほとけの足のぶうらぶら 飯田蛇笏 山廬集
北風やまつかうを打つ砂つぶて 上村占魚 球磨
北風やイエスの言葉つきまとふ 野見山朱鳥
北風や一茶の上蔵窓ひとつ 玉木春夫
北風や余燼の中の幾屍(三月十日未明の大空襲に一眸災火余燼の渦巻く墨東の焦土に佇ちて) 石原八束 『秋風琴』
北風や南に傾ぐ風師山 佐藤漾人
北風や合掌棹しに沼渡舟 橋本鶏二
北風や多摩の渡し場真暗がり 秋櫻子
北風や夜の店番の針仕事 小澤碧童 碧童句集
北風や夜店尻なる古雑誌 五十嵐播水 播水句集
北風や大青竹の吹きしなふ 高橋淡路女 梶の葉
北風や子の物干して賑はしく 野村喜舟 小石川
北風や小草萌え居る葎底 西山泊雲 泊雲句集
北風や山の妙義の屏風立ち 上村占魚 球磨
北風や山越して雁湖に落つ 菅原師竹句集
北風や怒濤へなだれ千枚田 徳永山冬子
北風や戸をさしかけの夜商ひ 小澤碧童 碧童句集
北風や書架に読まざるリルケ頌 火村卓造
北風や杉の三角野の果に 東洋城千句
北風や桑を出し月すぐのぼり 大峯あきら 鳥道
北風や椿油は瓶の底 波多野爽波 『一筆』以後
北風や此処までくるとみな背き 高柳重信
北風や汁に輪禍の供花一基 森本啓太
北風や浪に隠るゝ佐渡ケ島 月斗
北風や涙がつくる燭の虹 高柳重信
北風や爐邊に金魚鉢の大 泰山俳句集拾遺 中村泰山、熊谷省三編
北風や独楽買ふ銭を固く掌に 永井龍男
北風や目汁鼻汁媼あはれ 河野静雲
北風や石を敷きたるロシア町 高浜虚子(1874-1959)
北風や碧童の句の憤り 久保田万太郎 流寓抄以後
北風や神のみたらしから~に 阿部みどり女 笹鳴
北風や移民相手の雑貨店 五十嵐播水 埠頭
北風や肌青々と桐立てり 阿部みどり女
北風や護国寺をさす霊柩車 野村喜舟 小石川
北風や釣つてすぐ売る鯉の色 野村喜舟 小石川
北風や釣瓶に上げし水すくな 小杉余子 余子句選
北風や鍛冶屋魚屋の腰障子 六花
北風や青空ながら暮れはてゝ 不器男
北風をくぐれる水の早さかな 中村汀女
北風をまともに川に沿うてゆく 高濱年尾 年尾句集
北風をゆきつぶら童子を拾ひくる 栗林千津
北風をゆけばなけなしの髪ぼうぼうす 金子兜太 皆之
北風を削り出さるるごとく歩む 石川仁木
北風を帰りて髪の減りにけり 莵絲子
北風を来し相おし鎮め轆轤踏み 加藤知世子 花寂び
北風を来し骨相とがり描きやすし 加藤知世子 黄 炎
北風を軽しと思ふ日暮れけり 今井杏太郎
北風を避くべくもなし馬の上 石井露月
北風三日風男来て篠生刈る 鈴木勁草
北風低く糶に灯して河岸女 河野南畦 湖の森
北風凪ぎて夕陽のしみる桐畠 塚原麦生
北風凪ぎの星空ゆくは鴎かや 金尾梅の門 古志の歌
北風凪の海の落暉や飽かず立つ 金尾梅の門 古志の歌
北風吹いて沼の匂の網乾く 神宮きよい
北風吹いて泥土の干割れ底知れず 有働亨 汐路
北風吹いて瓦礫の中の小もの店 石原舟月
北風吹くやしらじら昼の塩害田 有働亨 汐路
北風吹くや一つ目小僧蹤いてくる 角川春樹
北風吹くや少女外套の裏あかく 岸風三楼 往来
北風吹くや鳴子こけしの首が鳴る 菖蒲あや
北風吹く夜ねむり薬にしばし寝る 森川暁水 黴
北風吹く夜壁の蜘蛛見て寝ずありぬ 森川暁水 黴
北風吹く硝子戸に鍵かけてある 川島彷徨子 榛の木
北風吹く葬儀社の花白妙に 飯田蛇笏
北風吹けば北風に嘶く寒立馬 小松夜潮
北風吹けば砂粒うごく失語の浜 西東三鬼
北風吼ゆる夜に出でゆく酒少し 上和田哲夫
北風寒しだまつて歩くばかりなり 高浜虚子
北風強く夕焼を地の果に押す 飛旅子
北風強し製菓会社の旗緊まり 田川飛旅子 花文字
北風昏くはくれむ弁を閉ぢにけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
北風暗く笛も鳴らさず船出でぬ 五十嵐播水 埠頭
北風荒ぶ赤い帽子の児と船に 上村占魚 鮎
北風荒らびラヂオも今はなき真夜と 森川暁水 黴
北風荒るる夜のそら耳に子泣くこゑ 森川暁水 黴
北風荒るる夜の時計の鳴り嗄れぬ 森川暁水 黴
北風落ちて夕陽のしみる桐畠 塚原麦生
北風防ぐ垣はもあらず泥染は 米谷静二
北風鳴るや五十腕のパイプ歯にあたる 原田種茅 径
北風鳴れり虚しき闇につきあたり 油布五線
千余の赤旗北風をゆくらんひと日家に 赤城さかえ
原子炉を抱く岬や北風吼ゆる 兼田 幸苑
吾子が抱く一壺となりし夫に北風 野見山ひふみ
哨戒機北風に真向ひ音をたかむ 篠原梵 雨
喜多方ラーメンずずと啜れば北風ひゅう 高澤良一 随笑 
喬き木の北風に勝たんとするを見たり 細谷源二 砂金帯
嘆きつつ我を蹤けくる北風も 河原枇杷男 定本烏宙論
埋立地の北風にひからぶ不思議なパン 齊藤夏風
墓に到いて柩吹かるる北風かな 下村槐太 光背
墓地の涯北風吹き電車低く見ゆ 三谷昭 獣身
夕北風一トきは月のほそりかな 久保田万太郎 流寓抄以後
外は北風パン種のぬくみけり 如月真菜
夜ぞ深き葦を折りては北風叫ぶ 竹下しづの女 [はやて]
天城雪なし猟人北風に吹かれ去ぬ 臼田亞浪 定本亜浪句集
天橋に北風憑きて鳴りわたる 石原八束 『仮幻』以後
奔放な北風が海巻く陸は未完 斉藤夏風
嫁ひとり迎ふ総出の北風の村 成田千空 地霊
寝がたし北風(きた)に吹き飛ぶ遠汽笛 川口重美
小さくて薪の神とぞ北風の中 友岡子郷
小鳥の音北風に消えつつ田ゆきこゆ 川島彷徨子 榛の木
山際のあさぎ空より北風は来る 篠原梵 雨
峠は闇われに棲みつく北風も 河原枇杷男 流灌頂
干蛸の口尖りゐる北風強し 壺井久子
必ずと言つて良いほど午後は北風 加藤古木
急に北風たてり雨降嶺青ませて 川島彷徨子 榛の木
急に北風空の形相うち変り 上野泰 佐介
恋猫にまだ北風荒き三崎かな 久米正雄 返り花
抱き止めて北風匂ふ子の旋毛 西村和子 かりそめならず
救急車香ものこさずに北風を去る 昭彦
新北風の幅を見据ゑよ屋根獅子 鳥居おさむ
日もすがら北風の林のさわぐ音 長谷川素逝 村
春の北風大学生を死なしたる 久米正雄 返り花
春水の縮緬皺や北風添へば 栗生純夫 科野路
昼くらく北風つよき日なりけり 長谷川素逝 砲車
末枯や北風強く當る山 石井露月
杉葉かけて北風防ぎ銭乞へる 比叡 野村泊月
村々へ秩父北風おろしけり 喜谷六花
村は槇籬高く北風堰いて住む 長谷川素逝 村
梅の陽と北風に嬰児のもの晒す 鈴木六林男 第三突堤
棕梠の葉が肝胆くだく夜の北風 田川飛旅子 花文字
樫山に北風雪を降らしけり 右城暮石 声と声
橋二つ渡る参賀に北風まとも 木田素子
死を言ふ妻はげしく叱す北風の中 徳永山冬子
水の上を北風の吹き通りけり 今井杏太郎
池に波たゝせて春の北風寒き 大場白水郎 散木集
沈いし顔北風にこわばり工場退ける 田川飛旅子 花文字
波止暗く北風に鳴る旗手ん手 五十嵐播水 埠頭
海べりに旗立ち北風を裂きいたり 飴山實 『おりいぶ』
海苔採の眼しよぼしよぼと北風まとふ 大野林火
海道や松蔭小家北風に 尾崎迷堂 孤輪
温泉の煙北風しづまれば山かくす 深見けん二
滅びてはいま北風の素通り村 有働 亨
漂泊や北風の波退く潮仏 石原八束 『幻生花』
潟の水乗れる田のほか北風暗し 西村公鳳
濠の波北風すさみそめにけり 麦南
火を飼つて鍛造北風に隙だらけ 宮津昭彦
火口壁の身の影北風に舞ひ暗む 石原八束 空の渚
炉にゐるや別の己れが北風を行き 松崎鉄之介
燕俄かにおしやべり北風を帰り来て 羽部洞然
片頬にひたと蒼海の藍と北風(きた) 竹下しづの女句文集 昭和十三年
特攻基地址北風に椰子の葉ささら鳴り 奈良文夫
獄の門出て北風に背を押さる 秋元不死男
田を移るたびに北風つよき谷 飯田龍太
白波しみじみ砲音なき日の北風に 古沢太穂 古沢太穂句集
白波や筑波北風の帆曳き船 石原八束 『高野谿』
白鳥の相寄る北風のつのる中 成瀬桜桃子 風色
目も耳も北風に散らし後ずさり 渡部陽子
砂を売る砂山の村北風晒らし 成田千空 地霊
砂舟の水尾撓む北風大幅に 成田千空 地霊
神の階青空に見え北風吹けり 柴田白葉女 花寂び 以後
空は北風地にはりつきて監獄署 飯田蛇笏 山廬集
窓の椎夕日に映えて北風かな 木歩句集 富田木歩
竹を打つ音北風となりにけり 山岡正嗣
笹つなぎの雑魚北風乾きつゝ 泰山俳句集拾遺 中村泰山、熊谷省三編
純白の結び目北風の遺骨一つ 成田千空 地霊
羽音して北風吹き分る野末の樹 成田千空 地霊
老いたれば非常を常に春の北風 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
耳傾むく北風より遠き物音に 林火
草山の墓北風に吹きはれぬ 西島麦南 人音
荒園の夜は犬群れて北風すさぶ 中尾白雨 中尾白雨句集
荒神松買ふにがま口北風晒し 高澤良一 ねずみのこまくら 
蛸壺の北風受けてころがれり 松藤夏山 夏山句集
街燈の独楽の子北風に連れ去られ 石原八束 空の渚
覆われて貨車に角ばるもの北風へ 田川飛旅子 花文字
角曲るとき北風に相対す 川原 程子
訃ははるか鉄板鳴らし北風はしる 三谷昭 獣身
起重機索厳と垂直北風吹く 羽部洞然
足上げて鶴のごとしよ北風吹く日 仙田洋子 橋のあなたに
身の内に北風の入口出口あり 加藤はま子
身をぬけてゆく北風のつぶて打ち 長谷川久々子
軍旗に手向うなの気球に北風の吹きつけている風景 栗林一石路
逆髪や北風の風渡野葬り道 文挟夫佐恵 遠い橋
道のべや北風にむつむ女夫鍛冶 飯田蛇笏 山廬集
道の辺の噴井に落る北風かな 増田龍雨 龍雨句集
部屋くらく坐りぬ立ちぬ北風すさぶ 片山桃史 北方兵團
部屋になほ北風を戻りし耳なじまぬ 篠原梵
野辺送りまさしう野辺を北風に吹かれ 奈良文夫
鍵をもて導かるるや北風の獄 松村蒼石 春霰
長江の出口入口北風を呑む 柴崎左田男
非命多喜二北風の機関車煙伏す 成田千空 地霊
非常梯子北風へ少女の裾ふくらむ 田川飛旅子 花文字
頬に北風あてて一歩も退かず 鎌倉佐弓 水の十字架
風呂敷をもつ子がすぎて北風吹けり 長谷川双魚 『ひとつとや』
飢ゑし啼く海猫に日増しの北風嵐(禮文島) 上村占魚 『自門』
鬼灯忌の北風を聴く一人かな 有働亨 汐路
鶏遠音きこゆる北風に病臥かな 富田木歩
鶏頭の毛穴立ち行く北風かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
甲板に出づれば北風に面張られ  高澤良一  石鏡
SOUVENIRSHOPスカジャン北風に吊り  高澤良一  石鏡
あらぬこと口走りては寒風に 高澤良一 素抱 
家に入りまだ寒風の足取なり 富田直治
寒風が揉んで変形せぬプール 渋谷道
寒風となり大富士の声となる 齋藤玄 飛雪
寒風と雀と昏るゝおのがじし 竹下しづの女句文集 
寒風にあらがいて骨太りけり 森田智子
寒風にすぐ取乱す棕梠を愛す 田川飛旅子 花文字
寒風にとびとどまれる鴎かな 京極杞陽
寒風にふきしぼらるゝ思ひかな 星野立子
寒風にふき紋られて歩きをり 上野泰
寒風に向つて歩く外はなし 池内たけし
寒風に吹きしぼらるる思ひかな 星野立子
寒風に吹き絞られて歩きをり 上野泰 春潮
寒風に声かけゆくは亡父ならむ 寺田京子 日の鷹
寒風に売る金色の卵焼 大木あまり
寒風に少女はつよき言葉持つ 右城暮石 声と声
寒風に曝され金に突きとばされ 石橋辰之助
寒風に背筋伸ばして誕生日 菖蒲あや
寒風に葱ぬくわれに絃歌やめ 杉田久女
寒風に赤旗立てて厄除寺 船津俶子
寒風に身を*そそがむと出でて来し 上野さち子
寒風に顔ちぢまりて吾子戻る 中嶋秀子
寒風のつよければ振る旗おもし 長谷川素逝 砲車
寒風のぶつかりあひて海に出づ 山口誓子
寒風のむすびめごとの雀かな 齋藤玄 『雁道』
寒風の中にとどまる骨の鯉 斎藤玄 雁道
寒風の吹込んでゐるビルディング 京極杞陽 くくたち下巻
寒風の土へ掘り出す紅かぶら 福田甲子雄
寒風の子を見てあれば抱き去れり 長谷川かな女 牡 丹
寒風の盆地芭蕉の出奔地 楠節子
寒風の真黒き架線ああ家に 齋藤愼爾
寒風の研き上げたる星の街 水田むつみ
寒風の通天閣もの落すなよ 右城暮石 上下
寒風の陸灯船の灯が加はる 右城暮石 声と声
寒風の鴨浮き鴉翔ちにけり 齋藤玄 飛雪
寒風へ首差し伸べて川鵜たつ 加藤耕子
寒風やたかくは飛ばぬ土の鳥 銀漢 吉岡禅寺洞
寒風やたくましと見しひとのそば 桂 信子
寒風やだんまり解かぬ夜泣石 渡辺恭子
寒風やふくらむものは立ち上り 石田勝彦 秋興
寒風や半分ひらく島の店 山根きぬえ
寒風や石の如くに抱く決意 藤浦昭代
寒風や砂を流るる砂の紋 石田勝彦
寒風や羽根折つて来る鳥真白 金箱戈止夫
寒風や菜に飛ぶ虫の散り~に 渡辺水巴 白日
寒風や鉄火ちかみの膝頭 齋藤玄 飛雪
寒風や隊伍みじかき帰還兵 渡邊水巴 富士
寒風を一気に吸つて過去を吐く 河渕香保女
寒風を来し子に光る耳二つ 細川加賀 『傷痕』
寒風を来し目に少し涙ため 星野立子
寒風を殺してゐたり波殺し 大木あまり 火のいろに
寒風を突いて人皆用ありげ 星野立子
寒風を見舞ひ耳順を言ひ合ひぬ 田中英子
寒風裡裸の軍鶏がときつくる 福田蓼汀 山火
死ねよ死ねよと寒風に漢帆を走らす 細谷源二
汝が骨を経て吾に到る寒風か 成田千空 地霊
海に出て寒風の陸みすぼらし 右城暮石 声と声
無人の家夜更けて戻る寒風裡 石塚友二 方寸虚実
焼酎に胃をやきてすぐ寒風へ 右城暮石 上下
猫入り寒風の闇へわが辞する 古沢太穂 古沢太穂句集
生花冴ゆ夜の寒風歩く人に 大井雅人 龍岡村
石棺観て寒風を来し耳ふさぐ 河野多希女 納め髪
竹群に寒風集め達磨市 真鍋貴子
縋るものなし寒風に取り縋る 三橋鷹女
肉病むのみ寒風玻璃戸を平手打 香西照雄 対話
西晴れて寒風見えず絶えず吹く 相馬遷子 山河
見え透いてゐて寒風の荒ぶなり 相生垣瓜人 微茫集
門を入りさらに寒風の石の坂 香西照雄 対話
青空に寒風おのれはためけり 中村草田男
鳰浮くと即座に寒風襲ひたる 関森勝夫
朔風やわら一本を噛む兎 五味真穂
朔風や十にも足らぬ羊守る 遠藤梧逸
朔風や木目浮きたる跪拝台 小林 貴子
かりがねを湖北の雲に冬の風 飯田蛇笏 椿花集
ゆるぎなき大楠冬の風やどす 上村占魚
中空に月吹上げよ冬の風 阿部次郎
何か鳴る焦土は暮れぬ冬の風 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
冬の風人生誤算なからんや 飯田蛇笏
垂れ蔦の石垣を擦る冬の風 高田蝶衣
巨亀の骨より冬の風が吹く 対馬康子 純情
軒のもの倒れる音や冬の風 田村木国
道のべに痢して鳴く鵜や冬の風 飯田蛇笏 山廬集
顔に手を触れず一日冬の風 右城暮石 声と声


以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ほうぼう

*ほうぼう

例句を挙げる。

*ほうぼうに鮃に訛り残りけり 攝津幸彦
*ほうぼうの歩く月夜となりにけり 大石悦子
*ほうぼうの煮こごる姿いかめしき 阿波野青畝
*ほうぼうの班はあをき糶のまへ 向山隆峰
*ほうぼうの髯脚立てて貌そろふ 秋山牧車
*ほうぼうの鰭を師走の街へ立つ 加藤耕子
*ほうぼうの鳴きしや冬の雷鳴りしや 矢部白茅
*ほうぼうを提げ立春の畦通る 中拓夫
*ほうぼう一ぴきの顔と向きあひてまとも 中塚一碧樓
いかめしく*ほうぼう髭を反らしけり 皆川盤水
インフレ兆*ほうぼう割かれて倍大に 北野民夫
味噌焚きの*ほうぼうの眼のあはれかな 木内彰志
朝空焼けて*ほうぼうのみちをゆく 若森京子
根の国のこの*ほうぼうのつらがまへ 有馬朗人
鉤外すとき*ほうぼうの太く啼く 園部雨汀
鰤見ては泣き*ほうぼうを見ては泣き 岸本尚毅 舜

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

天暗きまで海光り鰰来 関根黄鶴亭
定年の灯ともせば影鰰煮る 古屋良人
日が没りてより鰰の海光る 平井さち子
時化のがれ来し鰰の子を持てる 佐藤四露
波荒れて鰰漁の活気づく 若狭得自
簗番の盥に飼へる大雷魚 辻桃子
羽の人に鰰の海暗かりし 井桁蒼水
耳打ちはこの鰰の一尾の値 宇多喜代子 象
行きに見し雷魚帰路にも浮きゐたり 川島彷徨子 榛の木
雷魚の青き目玉が火に落ちし 土谷青斗
雷魚ゐてひとまづあがる深田打 川口 哲郎
雷魚殖ゆ公魚などは悲しからん 高野素十
鰰に山盧いくたび燻りけん 前田正治
鰰に映りてゐたる炎かな 石田勝彦 秋興
鰰ののすしの麹の白さかな 佐川広治
鰰のみひらきし目にまた雪来 山上樹実雄
鰰の寄る波色となって来し 国安一帆
鰰の泪をすする海凪いでおり 阿部完市
鰰の煮つまつてゐる落し蓋 小杉祐希枝
鰰の目がまるく澄み糶値飛ぶ 田中敦子
鰰の目玉こぼれて汁たぎり 渡辺はる枝
鰰の腹裂くるとも卵抱く 殿村菟絲子
鰰や出羽へつづける雲の層 福永耕二
鰰や我ら単身赴任族 吉岡謙三
鰰や末弟ゆゑに生き残り 松山足羽
鰰や酔うて埓なき秋田弁 吉川菰丈
鰰や雫石まで僧の伴 宮坂静生
鰰や青空は風ひびきけり 花村愛子
鰰を吊り大橋の袂なり 岡井省二
鰰寿司買ふみちのくの露の朝 柴田白葉女 『朝の木』
鰰船沖に一村ある如し 夏井リヱ
鰰鮓一樽漬けて村を継ぐ 佐々木栄子
これが彼の秋田音頭の男鹿雷子(ぶりこ)  高澤良一  ももすずめ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬帽子

冬帽子

例句を挙げる。

「鉄道員」を観て冬帽を目深にす 石川文子
あとさきに来て掛け並べ冬帽子 深見けん二 日月
ある日彼どつと老い増す冬帽子 黒田杏子 木の椅子
いろいろに被りてみたる冬帽子 中まり子
がん封じ祈祷冬帽脱がずして 塩川雄三
くらがりに歳月を負ふ冬帽子 石原八束(1919-98)
くらがりの杉山を去る冬帽子 柴田白葉女 花寂び 以後
けふを生く険しさ眉に冬帽子 篠田悌二郎 風雪前
ことさらに海見たき日の冬帽子 北見さとる
その中に恩師の振れる冬帽子 松山足羽
たとへば雲たとへば砂や冬帽子 栗林千津
つかみてはいくたびぞ措く冬帽子 斎藤玄 雁道
つきつめてゆけばひとつの冬帽子 大西泰世
ふはふはとゆく百姓の冬帽子 小宅容義
ふりむけど八束いまさず冬帽子 吉田笑
また冬帽を掴むやだらんと思考もなく 細谷源二
また逃げし運を追ふ目や冬帽子 久保田万太郎 流寓抄以後
よこたはる煙草いつぽん冬帽子 秋元不死男
よこはまに近づく紺の冬帽子 長谷川双魚 『ひとつとや』
わが許すわが無愛想冬帽子 山根 真矢
カウンターに一個を置ける冬帽子 中村石秋
ヘッドライトが狙う冬帽他国の橋 寺田京子 日の鷹
ボランティアガイド喋々冬帽子 高澤良一 鳩信 
マッチ擦るごとき恋の冬帽子 寺田京子 日の鷹
一列車遅れて着きぬ冬帽子 高澤良一 ぱらりとせ 
一塵もゆるさず黒の冬帽子 前田普羅
一念の冬帽押え海荒るゝ 米沢吾亦紅 童顔
一輛に冬帽ひとりしかをらず 能村研三 鷹の木
上海を歩む魯迅の冬帽子 秋山巳之流
上陸をして船員の冬帽子 南上北人
世界の翳怖づ冬帽子眼深にし 小松崎爽青
乳色のビー玉包む冬帽子 二村典子
亡き夫のお洒落でありし冬帽子 今井つる女
亡き父の冬帽の羅沙靨もつ 猪俣千代子 堆 朱
人の貧ふかく冬帽のあみだぐせ 細谷源二 砂金帯
人を責めて来し冬帽を卓におく 赤城さかえ句集
今年尚其冬帽乎措大夫 竹下しづの女 [はやて]
何求(と)めて冬帽行くや切通し 角川源義(1917-75)
信仰をもちて冬帽ふかく被る 中山純子 沙羅
冬帽かけて卓に肱しぬ顔暗く 清原枴童 枴童句集
冬帽が涙の泉泣きつづく 平井照敏 天上大風
冬帽で車窓に沈みゐるは夫 細見綾子 花寂び
冬帽にいま函嶺の底ひゆく 皆吉爽雨
冬帽に切符をはさみ父と同じ 田村千勢
冬帽に手をやる影も手をやりぬ 千葉栄子
冬帽に猫を飼ひをる男かな 平井照敏 天上大風
冬帽のどれかぶりても似合ひけり 庄中健吉
冬帽のをとこの真顔みたりけり 柴田白葉女 遠い橋
冬帽のソ連船員大股に 大山 百花
冬帽の下の薄き毛わが愛す 林翔 和紙
冬帽の中に言ふこと充満す 岩田昌寿 地の塩
冬帽の内にひとりひとりの帰路 中尾寿美子
冬帽の古きをかぶり大和行 細見綾子 黄 炎
冬帽の師に従ふは寧かりし 下田稔
冬帽の昂ぶりし目にかこまれつ 加藤楸邨
冬帽の朝は子に振り夜は友に振る 細谷源二 砂金帯
冬帽の温さは知らず頑固者 高澤良一 素抱 
冬帽の真冬の浪花男かな 攝津幸彦
冬帽の衢縫ひ行くあてしらず 石塚友二 方寸虚実
冬帽の赤きを買えば風囃す 野見山ひふみ
冬帽の鍔の光りて谷越ゆる 木村蕪城 寒泉
冬帽の額あたたかく着そめけり 皆吉爽雨 泉声
冬帽の黒さが似合ふ齢来ぬ 篠原梵 雨
冬帽の黒脱げば斑らなり黄塵 石塚友二 方寸虚実
冬帽はかなしからずや壁にすがり 細谷源二 砂金帯
冬帽はもの言はぬ器夫病めば 中村明子
冬帽は太平洋を見るに脱ぐ 松山足羽
冬帽は暑し阿弥陀に被りもし 高浜虚子
冬帽や他人のごとき夫の眉 佐藤まさ子
冬帽や伊吹にさわぐ雲見つつ 村山古郷
冬帽や夜更け見えたる一飛沫 藤田湘子
冬帽や奈良は仏の許へもとへ 皆吉爽雨
冬帽や画廊のほかは銀座見ず 皆吉爽雨
冬帽や胸に棲みつく夜の沼 角川春樹
冬帽や鳥の水輪のかげさしぬ 原田種茅 径
冬帽をいくつも見せて帽子店 角光雄
冬帽をかぶれば祖父にあへるかな 平井照敏 天上大風
冬帽をぬがるる緋裏ちらと見し 亀井糸游
冬帽を巷に消ゆるために被る 木村淳一郎
冬帽を掴み脱ぐさへ現場癖 米沢吾亦紅 童顔
冬帽を火口に奪られ髪怒る 山口誓子
冬帽を目深に何を仰ぐかな 近藤一鴻
冬帽を真深かにこの世遠ざける 中村明子
冬帽を着そめぬそこら散歩にも 皆吉爽雨
冬帽を置くと自分の席になる 工藤克巳
冬帽を脱ぐや蒼茫たる夜空 加藤楸邨
冬帽を被るやプロレタリヤの時間生きてくる 橋本夢道 無礼なる妻
冬帽を買ひてもさみし牡蠣食ひても 安住敦
冬帽を頭より離さず農夫老ゆ 西村公鳳
冬帽子かむりて勝負つきにけり 大串 章
冬帽子つひにしばらく春帽子 鳥居おさむ
冬帽子はぐれざらむと派手にせり 八牧美喜子
冬帽子ひざにおかれて所在なく 竹内節子
冬帽子まつすぐな目でありにけり 石田郷子
冬帽子もて歓送の拍子とせり 岸風三楼 往来
冬帽子一穂の炎のさびしさよ 友岡子郷 未草
冬帽子中原中也かぶりにて 鈴木栄子
冬帽子会へばいい顔してしまふ 小原澄江
冬帽子低く来るなり上野駅 石田勝彦
冬帽子冠りてよりの孤独なる 毛塚静枝
冬帽子別るるときは目深なり 大串章 百鳥 以後
冬帽子勃海の紺抜けて来し 井上 康明
冬帽子取りて親子の祓はるる 中井啓子
冬帽子大道芸の銭集む 山口超心鬼
冬帽子少女の如くかぶり来る 山本 千春
冬帽子工事半ばの橋にたつ 山戸みえ子
冬帽子幾たび人と別れけむ 西村和子 かりそめならず
冬帽子急に汚し夏に入る 京極杞陽 くくたち上巻
冬帽子橋より橋の灯を眺め 西村和子 かりそめならず
冬帽子目深に今日も町へ出づ 深見けん二 日月
冬帽子目深に異国労働者 西尾照子
冬帽子置くより一途なる話 加賀美子麓
冬帽子老年の海うねりやまず 中台春嶺
冬帽子脱ぎて無念の椅子叩く 浅井惇介
冬帽子脱ぎ置けば灯にあたたまる 上野さち子
冬帽子買ひ替へて黒まさりたる 綾部仁喜 寒木
冬帽子鬱然として詩想湧く 内藤吐天 鳴海抄
冬帽眼深にゆすり直して予感消す 川口重美
冬帽買う死なず癒えざりさりげなく 寺田京子 日の鷹
別れ路や虚実かたみに冬帽子 石塚友二(1906-86)
剥落のみほとけに脱ぐ冬帽子 平野みよ子
勞咳の頬美しや冬帽子(七年) 芥川龍之介 我鬼句抄
午前五時死後硬直と冬帽子 神山姫余
卓に投ぐとりとまらずと冬帽子 堀口星眠 営巣期
友二冬帽旅にしあれば諾ふも 清水基吉 寒蕭々
古びたる冬帽のまま薔薇を嗅ぐ 細見綾子
同門のよしみも古りぬ冬帽子 細見綾子
命得て輝く山河冬帽子 金箱戈止夫
哲学もけむりも吐かず冬帽子 市原光子
基地に闘い冬帽眼鏡にふるる深さ 古沢太穂 古沢太穂句集
売文や背越しに揖す冬帽子 石原八束 空の渚
夕日の岳冬帽おのず脱ぎ仰ぐ 川村紫陽
夜の駅に下りる一人や冬帽子 雉子郎句集 石島雉子郎
大阪に慣れて淋しき冬帽子 西村和子 かりそめならず
失ひしものを探しに冬帽子 有馬朗人 知命
妻の手に掴まれてわが冬帽子 金箱戈止夫
宮庁の冬帽かかる壁よごれ 古沢太穂 古沢太穂句集
対岸の見えて渡舟の冬帽子 都筑智子
小包みの隅は孫への冬帽子 落合よう子
少し重さう妃殿下の冬帽子 恒川絢子
山荘の四辺あるきの冬帽子 井沢正江 以後
岸壁の足もと深き冬帽子 綾部仁喜 樸簡
師来ませり去年とおんなじ冬帽に 茂里正治
建前をとらずにずばり冬帽子 高澤良一 燕音 
心ここにあらぬ日深き冬帽子 市野沢弘子
忘られし冬帽きのふもけふも黒し 橋本多佳子
愛情のことば短かし冬帽子 柴田白葉女 遠い橋
憂国を論じて深く冬帽子 黒木 胖
懐疑たまると冬帽がすぐ眉かくす 細谷源二
手に執りて冬帽古りしこと歎ず 安住 敦
手を振りて別る遙かな冬帽子 対馬康子 吾亦紅
投げテープ老の移民の冬帽に 五十嵐播水 埠頭
挙げし手を海鳥の知る冬帽子 依光陽子
探照燈空にめぐれり冬帽子 徳弘純 非望
掴みてはいくたびぞ措く冬帽子 斎藤玄
放蕩の翳りもすこし冬帽子 北見さとる
文弱の世をたのしまず冬帽子 石原舟月 山鵲
斑犬連れ歩くなり冬帽子 岩淵喜代子 硝子の仲間
旅の荷の冬帽を出すときが来し 八木沢高原
昭和の銀座へ冬帽を取りにゆく 小原洋一
曼殊院記憶の底の冬帽子 谷口桂子
月高く思ふ冬帽まぶかにかぶり 太田鴻村 穂国
杉の秀に雲厚くなる冬帽子 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
杣の子にうさぎの耳の冬帽子 菅原多つを
機町の泥に汗ばむ冬帽子 宮武寒々 朱卓
民同じからず冬帽さま~に 三溝沙美
水槽の鮫が見ており冬帽子 久保砂潮
水際まで来て折り返す冬帽子 野木桃花
海までの道でとり出す冬帽子 鈴木うらら
海光に冬帽吹かれ友とをり 松村多美
漣に一死かげろふ冬帽子 松澤昭 神立
火酒の頬の赤くやけたり冬帽子 高浜虚子
無頓着な人で冬帽よく似合ふ 飯塚美智子
父が来てくらがりへ置く冬帽子 星野昌彦
獣追ふごとく飛びたる冬帽追ふ 猪俣千代子 堆 朱
玄関に置く出歩きの冬帽子 森田公司
生涯を学びて老の冬帽子 石田玄祥
産土の苗字に還る冬帽子 山田みづえ 忘
病む人を旅へいざなふ冬帽子 岸梨花女
癆咳の頬美しや冬帽子 芥川龍之介
癌治療待つ青年の冬帽子 阿部美恵子
目をあぐるたびの浮雲冬帽子 鷲谷七菜子 花寂び 以後
研究といふ逃げみちや冬帽子 鍵和田[ゆう]子 未来図
硝子戸に冬帽の顔うつしみる 田中冬二 俳句拾遺
磔像の前冬帽を鷲掴み 山田弘子 螢川
福耳を包んでしまふ冬帽子 広畑美千代
突堤の一番先きの冬帽子 細見綾子 花寂び
絶望の目に冬帽が遠ざかる 三谷昭 獣身
緑蔭におく冬帽の汗のあと 細見綾子 花寂び
老人のこころに被る冬帽子 後藤夜半 底紅
老體といわれたしこりが消えない 冬帽かぶつて出る 吉岡禅寺洞
耳たぶの継子のやうに冬帽子 猪俣千代子 秘 色
耳隠るまで冬帽子かぶせやる 西村和子 夏帽子
胸に受く海の明るさ冬帽子 星野歌子
脱ぎし後も日溜に置く冬帽子 岡本眸
船底蒸れ冬帽を顔に載せ眠る 金子兜太
色ものの女冬帽集合す 高澤良一 燕音 
芭蕉忌のまだ新しき冬帽子 岩淵喜代子 朝の椅子
若き友自殺し残す冬帽子 宮坂静生 青胡桃
蜂を逐ふ冬帽を持ち合せをり 後藤夜半 底紅
補聴器の耳を隠して冬帽子 羽吹利夫
西田幾多郎のごとく冬帽掛かりいたり 橋間石
解体の屋敷見てゐる冬帽子 斉藤美知子
護符受けて湖艇に戻る冬帽子 宮武寒々 朱卓
豹の冬帽子ひとりにしてほしき 赤松[ケイ]子
貝食べて遠国へ行く冬帽子 藤田湘子
追悼展冬帽のその自画像も 大橋敦子
遊ぶ人のために働き冬帽子 嶋田一歩
遊ぶ子にはなれて母の冬帽子 片山由美子 風待月
雨の冬帽置くその人をかこむ夜なり 古沢太穂 古沢太穂句集
雪晴れて我が冬帽の蒼さかな 飯田蛇笏
震災の難民めきぬ冬帽子 千原草之
霜髪に冬帽載することもなし 石塚友二 光塵
頬皺の深き杣なり冬帽子 松藤夏山 夏山句集
風に盗られし冬帽耳があかるくなる 穴井太 原郷樹林
飛ぶ鳥とならめ冬帽もう要らぬ 櫛原希伊子
鰯雲こぞの冬帽をけふかぶる 瀧春一 菜園
まだ松の向かうに見えて毛糸帽 山西雅子
木場稼ぎ老に適ひし毛糸帽 北野民夫
極楽坊にて住職の毛糸帽 藤田あけ烏 赤松
毛糸帽うるさくなりて取り捨つる  高澤良一 燕音 
毛糸帽かたびつこなる耳隠す 文挟夫佐恵 遠い橋
毛糸帽わが行く影ぞおもしろき 水原秋櫻子
毛糸帽椿の花粉付けて来し 高澤良一 宿好 
灯台に肩いれし過ぎ毛糸帽 福原瑛子
クィと啼き鴎冬帽掠めゆき  高澤良一  石鏡
野毛飲屋街に繰り出す冬帽子  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:17 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

火鉢

火鉢

例句を挙げる。

あぢきなく灰のふえたる火鉢かな 河東碧梧桐
いつも人のうしろに居りて火鉢なし 村上鬼城
うき時は灰かきちらす火鉢哉 松岡青蘿
うるさき子遠ざけもせで火鉢かな 楠目橙黄子 橙圃
おはぐろをあぶる役者の火鉢かな 坂東みの介
おびたゞしきマッチの屑や破れ火鉢 寺田寅彦
かく居るに如かずと抱く火鉢かな 宇津木未曾二
かざす手の珠美しや塗火鉢 杉田久女
かつかつと金の輪ひびく火鉢哉 会津八一
かるた取る人の後ろの火鉢かな 青峰集 島田青峰
この宵の俳三昧の火鉢かな 内田百間
こゝろ抑さふ火鉢の瀬戸のぬくむまで 林原耒井 蜩
しぐれ見るうしろに赤き火鉢の火 猿橋統流子
ぜいたくなもんや火鉢が懐しき 高澤良一 随笑 
それはまたそれでけっこう長火鉢 高澤良一 鳩信 
たうたうの訃火鉢引きよせなまいだぶ 河野静雲
たどんひとついけし火鉢や花ぐもり 鈴木真砂女 生簀籠
つぎつぎて通夜の火鉢の炭乏し 上村占魚 球磨
とりまかれゐて美しき夜の火鉢 阿部みどり女 『微風』
ひげがのびた顔を火鉢の上にのつける 尾崎放哉
ひつそりと並ぶ五月の火鉢かな 大木あまり 火球
ひと朝のことなり火鉢つめたくて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ぼんのくぼ夕日にむけて火鉢哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
まだ火鉢親しくなき我が姿置く 梅林句屑 喜谷六花
よその家の火鉢のふちに落ちつきぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが眼小さし火鉢の火の眼に明と暗 磯貝碧蹄館 握手
わたましの火鉢据ゆれば整へり 青峰集 島田青峰
ランプ吊り火鉢掻抱き雨の夜を 石塚友二 方寸虚実
一片の紅葉散り来し火鉢かな 比叡 野村泊月
三人かざす火鉢小さし冬椿 阿部みどり女 笹鳴
三人に一人の割の瀬戸火鉢 深田久彌 九山句集
主いづこ火なき火鉢の影もちて 林原耒井 蜩
事決す吸殻挿して立つ火鉢 吉屋信子
亡き友ら来やすかるべく古火鉢 加藤楸邨
人を得て火鉢はなやぐ時雨宿 阿部みどり女 笹鳴
仁術や小さき火鉢に焚落し 村上鬼城
今は昔地震を語る火鉢かな 佐藤紅緑
仏工に僧来て話す股火鉢 河野静雲 閻魔
仮の宿火鉢に頼り坐りけり 長谷川かな女 雨 月
先人の軸の読めざる火鉢かな 五十嵐播水
六人の書生に一つの火鉢かな 寺田寅彦
冥途いん長火鉢のそれ者でギリシャる 加藤郁乎
凍傷を火鉢でこすり勤めけり 草野戎朗
初明り火鉢の焔立ち来けり 臼田亞浪 定本亜浪句集
励まされゐて火鉢の両掌脂ぎる 桜井博道 海上
午過ぎの日の当り居る火鉢かな 比叡 野村泊月
南蛮のクルス模様の火鉢かな 上村占魚 球磨
友よ今日までともに手あぶり来し火鉢 猿橋統流子
口出しをせぬ長火鉢囲みをり 永井龍男
古火鉢の中に植ゑしが茎立てり 辻桃子
古火鉢母が幼くなりにけり 猪俣千代子
古火鉢買ひぬ書斎とはやなじむ 田中灯京
吸殻の立つ昼過ぎの火鉢かな 櫨木優子
吾とこの火鉢にくぼみ古畳 亀井糸游
地政學の書物僕も少し読む火鉢の火を直す 中塚一碧樓
堂冷ゆる欅火鉢に身を寄せて 作田文子
堂深く神護寺の僧股火鉢 矢島渚男 延年
夕霽れのさくらましろく火鉢吹く 金尾梅の門 古志の歌
外人の友入れて撮る長火鉢 小林勇二
夜もすがらわが子をみとる火鉢かな 加藤覚範
大いなる手に火のはねる火鉢かな 前田普羅 新訂普羅句集
大いなる海鼠火鉢に畏まる 川崎展宏
大ぜいに行きわたりたる火鉢かな 高濱年尾 年尾句集
大仏の胎中に抱く火鉢かな 比叡 野村泊月
大寺や主なし火鉢くわん~と 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
天下茶屋太宰の火鉢炭のまま 富永晃翠
夷講火鉢の灰の深さかな 野村喜舟 小石川
女人三體火鉢と四體と云はんとしたり 中塚一碧樓
妹が居といふべかりける桐火鉢 高浜虚子
妻家のこといふ旅の火鉢にも 遠藤梧逸
客去つて撫る火鉢やひとり言 嘯山
室の闇まろく切り取り火鉢ゐぬ 林原耒井 蜩
寂として座のあたたまる火鉢かな 飯田蛇笏 山廬集
寺守の小さき火鉢の端を借る 柏原眠雨
小さい火鉢でこの冬を越さうとする 尾崎放哉
小作人火鉢へ遠く坐りけり 皆川白陀
小坊主の耳あぶり去る火鉢かな 山口漁壮
小火鉢を寄すや心を寄す如く 中村汀女
小火鉢を寄せぬ心を寄す如く 中村汀女
居心の帰りともなき火鉢かな 高橋淡路女 梶の葉
屋根の上に月ありと知る火鉢かな 銀漢 吉岡禅寺洞
山の変目のあたりにし火鉢抱く 阿部みどり女
川音のやがて草屋に桐火鉢 古舘曹人 樹下石上
巨刹で欄間が仰がれる猫足の火鉢 梅林句屑 喜谷六花
師の火鉢わが哀歓をみな知れり 溝口青於
帰る夫待つ女房が火鉢哉 谷活東
幸うすく火鉢の掌をぞ反らしける 川口重美
幼子と話す亥の子の赤火鉢 長谷川かな女
幾人をこの火鉢より送りけむ 楸邨
幾度も髪に手をやる火鉢かな 阿部みどり女
床屋の火鉢に陽があたり雪解さかれり 人間を彫る 大橋裸木
引導の偈を案じつゝ股火鉢 静雲
彼の日焼けざりしこれの七輪を火鉢とし 西本一都
後ろから顔覗き込む火鉢かな 会津八一
徒然に小銭掘り出す火鉢かな 会津八一
御正忌の百の火鉢の炭をつぐ 瀬川美代
忠度と灰にかゝれし火鉢哉 榎本其角
愉快なくらしが夢のよであつた火鉢抱いてる 人間を彫る 大橋裸木
手をあてて火鉢のへりのなつかしく 大木あまり 火球
手放さぬ母の火鉢や一葉忌 渡辺立男
手水水涼しかりしを金火鉢 曲言 選集「板東太郎」
手焙りの火鉢のまはり遺跡なり 杉野一博
押し撫て大きく丸き火鉢かな 温亭句集 篠原温亭
持ちはこぶ火鉢の底のなほつめたし 篠原梵 雨
掛乞の待たされてゐる土間火鉢 藤井佐保女
接待の火鉢撫でをり初薬師 土橋石楠花
撫る手の一葉に似たり桐火鉢 心頭
日々を愧ぢつつ瀬戸の火鉢貰ひし 梅林句屑 喜谷六花
旧街道峠の茶店の長火鉢 蕪木啓子
朝々の灰を篩ふや桐火鉢 伊東牛歩
椅子火鉢に彼がズボンの脚長い 梅林句屑 喜谷六花
極楽と母の眼あけし火鉢かな 河野静雲 閻魔
此火鉢出しかど伯母に旧姿なし 島村元句集
母ならぬ人のやさしき火鉢かな 上村占魚 鮎
母の顔ときをりのぞく火鉢かな 上村占魚 鮎
水漲つて父の火鉢にほてい草 畑 ゆき乃
永代経あげてもらひし火鉢かな 関戸靖子
汽船待つ間かりがねに抱く火鉢かな 宮武寒々 朱卓
洋間にも長火鉢置き意を得たり 高浜虚子
浜人が火鉢をだいて苫傾ぶき 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
浪化忌や寺に火のなき陶火鉢 長谷川櫂 古志
浪音高まりしと夫婦火鉢に倚る 人間を彫る 大橋裸木
海苔採を見に出る舟の火鉢かな 比叡 野村泊月
海荒るる夜の火種ほる小さな火鉢 人間を彫る 大橋裸木
清水寺のこゝに時雨るゝ火鉢かな 月舟俳句集 原月舟
湯のたぎる祭会所の鉄火鉢 塩川祐子
瀬戸火鉢の手ざはりのしめり火が熾る 原田種茅 径
火の気なき火鉢の如くとりのこされ 成瀬正とし 星月夜
火箸たててけしきととのふ火鉢かな 耳動子
火鉢あつしギリシャ神話をきかさるる 阿部みどり女
火鉢あり机の上に鞄あり 京極杞陽 くくたち下巻
火鉢ある奥の小部屋の家系かな 杉野一博
火鉢だき炭はゆたかにただ遠き 捷平
火鉢には寄れぬ若さでありにけり 五十嵐哲也
火鉢によりさうまでせずとどうにかなるさ 梅林句屑 喜谷六花
火鉢に恁つた白い腕の憂 梅林句屑 喜谷六花
火鉢に手かざすのみにて静かに居 高浜虚子
火鉢に火起こす役目をてきぱきと 高澤良一 寒暑 
火鉢のきず篠懸のきず創ひろがる 千代田葛彦 旅人木
火鉢の下に抽出ありてせんべかな 河野静雲 閻魔
火鉢の中の小石すつる石にうつ音 梅林句屑 喜谷六花
火鉢の火あか~とあり人おそき 高橋淡路女 淡路女百句
火鉢の火消えてわかさぎ釣れさかる 佐野青陽人 天の川
火鉢の火牡丹の如く埋めたり 小畑一天
火鉢の画唐子遊べり近松忌 福田蓼汀 山火
火鉢より吾子みてあれば妻もみつむ 川島彷徨子 榛の木
火鉢二つ二つとも欠げて客来らず 正岡子規
火鉢各々に炭つぎ足して更けにけり 青峰集 島田青峰
火鉢売場寒し鏡台並びけり 永井龍男
火鉢恋ひ合ひて互に老楽師 佐野ヽ石
火鉢抱いて瞳落とすところ只畳 石鼎
火鉢抱きかろき闘志といへるもの 大塚鶯谷楼
火鉢抱く祖父の怒りは無尽蔵 仁平勝 東京物語
火鉢積み上げてせともの市となる 森田峠 避暑散歩
灰かきて怒をたへし火鉢かな 阿部みどり女
灰皿を火鉢の横に置いて去る 加藤郁乎 微句抄
炊事婦掃除夫手をかざし合ふ火鉢あり 石田あき子 見舞籠
焼きこがす熟柿一ツや置火鉢 広瀬惟然
煎餅かんで俳句を談ず火鉢哉 正岡子規
煤掃に湯のわく庭の火鉢かな 中山稲青
熊手売手持ちぶさたの股火鉢 高澤良一 燕音 
爐塞ぎや火鉢わびしき炭頭 会津八一
父より小さき世界火鉢に足乗せて 磯貝碧蹄館 握手
牡丹焚く唐子の火鉢地におろし 小松原みや子
留守の女火鉢に文を焼尽す 尾崎紅葉
番小屋に昼は人なき火鉢哉 正岡子規
病室や大き火鉢の去年の灰 有働亨 汐路
癒えて抱くわが家の火鉢ゴム臭し 桜井博道 海上
百畳の写経に火鉢なかりけり 福井重子
真向き掌火鉢の縁に君ひらく 佐野良太 樫
眼づかれに眼鏡はづしをる火鉢かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
福沸家に古りたる長火鉢 真中千栄
禰宜だまり傾ぎぐせもつ金火鉢 加藤耕子
穴多きケツトー疵多き火鉢哉 正岡子規
端然と火なき火鉢に坐りたり 林原耒井 蜩
笹鳴や手沢出でたる桐火鉢 日野草城
筆とればわれも王なり塗火鉢 杉田久女
箍はめし小使部屋の火鉢かな 寺田寅彦
紅葉の賀わたしら火鉢あつても無くても 阿波野青畝
絨毯の年古る塵に凍火鉢 西島麥南
絨毯の火鉢の跡へ火鉢置く 吉屋信子
絨毯の花鳥に軽し桐火鉢 吉屋信子
綿入の袖口揃ふ火鉢かな 温亭句集 篠原温亭
置火鉢誓子青畝も居ずなんぬ 中西夕紀
美しき指に眼のゆく火鉢かな 岡本差知子
羽子板市の播磨屋と書く箱火鉢 遠藤 はつ
耳鳴りやわれと火鉢が置かれたる 永井龍男
職を抛つ汝にありし火鉢かな 楠目橙黄子 橙圃
股火鉢とほく列車の過ぎゆけり 黛 執
背き行く心を隔つ火鉢かな 青峰集 島田青峰
膝の上へほゝ笑みこぼす火鉢かな 月舟俳句集 原月舟
舟君の泣くかほみゆる火鉢かな 蓼太
芝居見たき火鉢に凭りぬ針供養 龍胆 長谷川かな女
花冷の火鉢にさして妻が鏝 青邨
茣蓙一枚火鉢ひとつのなりはひや 福田蓼汀 山火
菊の雨火鉢すゝめて我もよる 阿部みどり女 笹鳴
菓子箱をさし出したる火鉢哉 正岡子規
落花生の殻を火鉢で焚いた窓をあけ 梅林句屑 喜谷六花
落花生火鉢にかざす指が砕く 富安風生
薬鍋かけし火鉢のすぐに目に 久保田万太郎 流寓抄
藁灰が火鉢に入りしうれしさよ 碧童
覚えある罅や形見の陶火鉢 佐久間采一
親のない子は大人しき火鉢哉 寺田寅彦
訃報もたらせし人に火鉢の火かきたてる 人間を彫る 大橋裸木
講茶屋のつねはひまなる火鉢かな 川上梨屋
足袋あぶる能登の七尾の駅火鉢 細見綾子 雉子
路地裏の長屋に大き長火鉢 山根きぬえ
転業を考へて居り股火鉢 栗原狂山
辻占は嬉しかりける火鉢かな 渋川玄耳 渋川玄耳句集
酒五文つがせてまたぐ火鉢かな 一茶
酔ひかくし火鉢の前の母をおそる 杉山 岳陽
酔ふ我にしかと妻居る火鉢かな 吉武月二郎句集
重ねては又並べては火鉢の掌 射場 秀太郎
金沢のしぐれをおもふ火鉢かな 室生犀星
鉄火鉢胼なき我手伸べがえし 原田種茅
鍋かけて火鉢ぞ小さき寒さかな 東洋城全句集 松根東洋城
長火鉢の上に卓上電話かな 京極杞陽 くくたち下巻
長火鉢櫛の燃えたる立ちくらみ 鳥居美智子
閑な身の火鉢も寒くなりにけり 吉武月二郎句集
関の戸の火鉢ちひさき余寒かな 蕪村
関守の火鉢小さき余寒かな 蕪村
関守の睾丸あぶる火鉢哉 正岡子規
闇から来る人来る人この火鉢にて煙草をすひけり 中塚一碧楼
關の戸の火鉢ちひさき余寒かな 蕪村
隙間風せんなし火鉢守る父子 小原菁々子
障子しめて火鉢なつかし若楓 雑草 長谷川零餘子
雑炊の腹ごぼと鳴る火鉢かな 富田木歩
雨の夜の火鉢をいれて冬めきぬ 長谷川素逝 暦日
雪くるとこてを火鉢に深くさす 北原志満子
霙るるや触るれば熱き瀬戸火鉢 風生
風荒るゝ空の青さや火鉢抱く 金尾梅の門 古志の歌
餅搗を唖と見てゐる火鉢かな 富田木歩
髪結に持病を語る火鉢哉 会津八一
鬼ひしぐ手の巾したる火鉢哉 小栗風葉
鳴雪の飯食ひこぼす火鉢かな 月舟俳句集 原月舟
黒塚やつぼね女のわく火鉢 言水
鼎二つ埋めて火深き火鉢かな 岡本松浜 白菊
あそびめの膝をあてがふ火桶かな 後藤夜半 翠黛
あそび妓火桶かこみて礼者受 後藤夜半 翠黛
いとへばぞ嵐やおもき火桶売 立花北枝
うき人の目鼻口画く火桶かな 古白遺稿 藤野古白
おとろへや火桶にはりし舞扇 二柳
かたいぢの守りとほせし古火桶 河野静雲 閻魔
この庭の鳥もなつかし火桶抱く 古舘曹人 樹下石上
こぼれ居る官女の中に火桶かな 蓼太
こま~と抽匣もてる火桶かな 青畝
さわやかな耳あぶる朝の火桶かな 渡辺水巴 白日
さゝやかなかすがひ古りぬわれ火桶 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
たう~の訃火桶ひき寄せなまいだぶ 河野静雲 閻魔
つやゝかに抱きふるびたる火桶かな 西島麦南 人音
つれづれの手の美しき火桶かな 日野草城
なつかしき人の名をきく火桶かな 籾山梓月
なにがなし放さで火なき火桶かな 林原耒井 蜩
ふくよかの花の香や火桶火や冬の小室に 島村はじめ
またもとの商人となり火桶抱く 植地芳煌
もろともに手をかざしたる桐火桶 高浜虚子
われとわが吐息のつらき火桶かな 久保田万太郎 草の丈
われぬべき年もありしを古火桶 蕪村
マニキュアーの仕上げの指を置く火桶 木内悠紀子
ワれぬべき年もありしを古火桶 蕪村 冬之部 ■ 老女の火をふき居る畫に
一日の炭撫減らす火桶かな 横井也有 蘿葉集
七種や母の火桶は蔵の中 黒田杏子
丈高な人通さるゝ火桶かな 小杉余子 余子句選
上人と一つ火桶に初句会 原田浜人
上海の旧交こゝに火桶抱く 東中式子
世なれゆくことの侘しき火桶かな 宮川鶴杜子
中啓を持つ手かざせる火桶かな 河野静雲 閻魔
二人居ることの嬉しき火桶かな 高橋淡路女 梶の葉
二法師の中にちひさき火桶かな 中西蒼刀
京泊り除夜の火桶をうちかこみ 大橋越央子
人覚めて猫も覚めたる火桶かな 河野静雲 閻魔
今に尚火桶使ひて老舗なる 服部夢酔
任満ちて帰る夜船の火桶哉 会津八一
八月の根室の宿の火桶かな 鈴木茯苓子
冷ゆる児に綿をあぶるや桐火桶 飯田蛇笏 山廬集
初明り燦と水巴の火桶より 小川原嘘帥
初火桶みな親しくて替老いて 長谷川かな女 花寂び
初神楽火桶に笙を焙りては 河野石嶺
友去りて灰も寂しき火桶かな 日野草城
句無き火桶にひねもす対ひてもありぬべし 島村元句集
各々にそれ~古りし火桶かな 高浜虚子
名橋見に客雨を出し火桶かな 宮武寒々 朱卓
哭くまじき面ラあげてゐし火桶かな 小林康治 四季貧窮
噛しだく反古(ほうご)のばさむ生(なま)火桶 智月 俳諧撰集玉藻集
塗火桶友も年の手かざすなり 及川貞 夕焼
多羅葉樹折りきて灸る火桶かな 岡本松浜 白菊
夜祭の桟敷に火桶配らるる 立木塔児
夜鳥渡る火桶の灰を掻きて居り 内田百間
守武の水涕おとす火桶かな 高井几董
客二人火桶を品し飽かざりけり 尾崎迷堂 孤輪
寒牡丹賜ふ火桶の火より濃き 柳原佳世子
小野ゝ炭匂ふ火桶のあなめ哉 蕪村 冬之部 ■ 老女の火をふき居る畫に
山川と古りたるものに火桶かな 吉田冬葉
嵯峨天龍寺客殿の火桶かな 小杉余子 余子句選
川音をたのしむ夜の火桶かな 増田龍雨 龍雨句集
年々に花鳥うするゝ火桶かな 植田浜子
床の花の枯れし見て居る火桶かな 雑草 長谷川零餘子
引佐細江の冬探り得つ火桶かな 雑草 長谷川零餘子
影なして散華終りぬ塗火桶 殿村莵絲子 花寂び 以後
思ひよらず髭貯へて桐火桶 竹冷句鈔 角田竹冷
悔ゆるともせんなし生きて火桶抱く 古藤一杏子
憂きことのまたなつかしく火桶抱く 小原菁々子
手細工の膠の煮ゆる火桶かな 野村喜舟
撫づる手も一葉に似たり桐火桶 心頭 五車反古
文の端焦げて局の火桶かな 鉄虎
文机の向きや火桶の置き処 正岡子規
日もすがらぬるき火桶でありにけり 長谷川櫂 虚空
更行や机の下の桐火桶 闌更
朝夕にとりまはしよき火桶かな 浪化
朝霜を火桶にのこす寒さかな 京-謙山 霜 月 月別句集「韻塞」
木枯に何聞き出でし火桶主 島村元句集
来て五分十分好きな桐火桶 中村若沙
松風にきゝ耳たつる火桶かな 飯田蛇笏 霊芝
桐火桶無絃の琴の撫でごころ 蕪村
桐火桶霞うぐひすのこゝろあり 松岡青蘿
歌麿の十幾枚と丸火桶 京極杞陽
死病えて爪うつくしき火桶かな 飯田蛇笏
死病得て爪うつくしき火桶かな 飯田蛇笏(1885-1962)
水仙にわびて味噌焼く火桶哉 正岡子規
水巴忌や形見の火桶座右にす 小川原嘘帥
汝が顔を初めても視し火桶かな 楠目橙黄子 橙圃
活ける間の花を眺めて桐火桶 井月の句集 井上井月
清盛の文張つてある火桶かな 大江丸
漆せず鏤めずよき火桶かな 尾崎迷堂 孤輪
火桶して山茶花過ぎの日なみかな 小杉余子 余子句選
火桶して式部の戀を噂かな 筑紫磐井 野干
火桶それぞれ久に相見し指のべて 赤城さかえ
火桶とは山家の夜にふさはしく 藤崎美枝子
火桶には月花もなし老の友 元隣
火桶には灰の山河や夜半の冬 尾崎迷堂 孤輪
火桶にや貼らん壁にや古暦 会津八一
火桶に手おいて幼き頃思ふ 芦沢 ふで
火桶に手思ひ出せなきことばかり 星野立子
火桶の火あつめて席を改むる 松原胡愁
火桶の火吹く顔赤し灯さざる 大橋櫻坡子 雨月
火桶より火の粉の一つ上りたる 杞陽
火桶人書淫のまなこ濁りけり 西島麦南 人音
火桶人激するとなく黙しけり 西島麦南 人音
火桶夜馬の嘶くを聞けり 内田百間
火桶張る嫗一人や岡の家 子規句集 虚子・碧梧桐選
火桶張る昔女の白髪かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
火桶抱いておとがひ臍をかくしける 路通
火桶抱きこの淋しさを如何にせん 蓼汀
火桶抱き花鳥に心遊ぶなり 大橋越央子
火桶抱く三時といへば夕ごころ 皆吉爽雨
火桶抱く亡児がうら若き目見のもと 林原耒井 蜩
火桶抱く睦まじかりし五十年 桜木俊晃
火桶抱けば隠岐へ通ひの夜船かな 石橋秀野
火桶抱て艸の戸に入あるじ哉 高井几董
火桶炭團を喰事夜ごとごとに一ツ宛 蕪村遺稿 冬
炭つぐやわが家の芯の古火桶 百合山羽公 寒雁
炭はねて又静かなる塗火桶 伊丹丈蘭
炭取のひさご火桶に並び居る 蕪村 冬之部 ■ 貧居八詠
炭團法師火桶の穴より窺ひけり 蕪村 冬之部 ■ 老女の火をふき居る畫に
煩悩の掌かざす火桶妻も来よ 康治
燠いかに遺愛の火桶灰富士形 香西照雄 対話
父の忌を二日過ぎたる火桶かな 山田弘子 懐
父母とひとつの火桶寒に入る 相生垣瓜人 微茫集
父酔うてしきりに叩く火桶かな 松本たかし
牡丹園二箇所に分けて火桶かな 高澤良一 素抱 
牡丹見せて障子しめたる火桶かな 渡辺水巴 白日
独り読む灯に花枯るゝ火桶かな 西島麦南 人音
生き伸びて俳諧行持火桶かな 松根東洋城
疑へば縫糸ももつるゝ火桶かな 原月舟
白猫をゑがく火桶をとほざくる 松村蒼石
笹のかげ火桶にうつるあしたより 乙二
紅葉冷えこゝ迄来る火桶かな 高濱年尾 年尾句集
細工絵を親に見せたる火桶かな 来山
絵屏風の倒れかゝりし火桶かな 正岡子規
縁側へ雪見の火桶持ち出して 松元桃村
老の手のわななきかざす火桶かな 松本たかし
聞法の火桶頂く勿体なや 泉幸江
聴診器ぬくめ語りに火桶あり 川畑火川
肱かけて大き火桶と心つき 後藤夜半
膝に手を重ねてをりし火桶かな 高野素十
興はなれずひとり詩に憑る火桶かな 飯田蛇笏 山廬集
花冷に小さき火桶の用意あり 高濱年尾 年尾句集
花売らぬ花屋 火の無き桐火桶 仁平勝 花盗人
草の屋の行燈もとぼす火桶かな 太祇
草の戸やどなたが来ても欠火桶 一茶
落柿舎の縁の小さな火桶かな 鈴木 灰山子
薪能すみし火桶を芝に積み 橋本鶏二 年輪
藤の雨冷えまさる火桶守りけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
血縁のうすし火桶の火を落とす 河野多希女 こころの鷹
裾に置て心に遠き火桶かな 與謝蕪村
西山の薄日にほすや張火桶 梅室
西行のうた懐しむ火桶かな 長谷川櫂 虚空
語る夜のつき~しさよ桐火桶 白雄
輪番をおちて学べる火桶かな 飯田蛇笏 山廬集
遊び妓火桶囲みて礼者受 後藤夜半
過ぎし日を笑ひ語りて火桶抱き 稲畑汀子
酒を置いて老の涙の火桶かな 河東碧梧桐
金澤のしぐれをおもふ火桶かな 室生犀星 魚眠洞發句集
降りぎはの柳揺れゐる火桶かな 田中裕明 山信
霜の後なでしこ咲ける火桶かな ばせを 芭蕉庵小文庫
霜の後撫子咲ける火桶哉 松尾芭蕉
風の夜の火桶をよせて病むひとり 細谷源二 鐵
駢拇の身を墨染や桐火桶 高井几董
鳳笙の吹き口あぶる火桶かな 石嶌岳
鴨下りる水音を聞く火桶かな 山口青邨
黒塗の火桶座右にみちのくに 成瀬正とし 星月夜
黒猫の喉鳴りも火桶抱く夜にて 四明句集 中川四明
初春の手炉の蒔絵の手にさはり 後藤夜半 底紅
如月の凭る手炉ぬくき旅泊かな 飯田蛇笏 山廬集
彫金の花鳥ぬくもる手炉たまふ 皆吉爽雨
手をのせて手炉とは心利きしもの 中田はな
手炉の火も消えぬお経もここらにて 森白象
手炉撫でゝ山の嵐をきゝにけり 宇田零雨
手炉膝に宿の昔を語らるる 今井つる女
春の手炉心を埋めて余あり 後藤比奈夫 めんない千鳥
昼席の燻る手炉膝に抱き 戸塚黒猫子
母代り濡手炉の火に間々映えて 香西照雄 対話
法を説くしづかに手炉に手を重ね 森白象
火なき手炉に酔ひし頬よせし時鳥 雑草 長谷川零餘子
炉塞ぎてよりいとほしむ手炉一つ 後藤比奈夫
炭熾りすぎたる手炉に手を置かず 辻本斐山
紙漉女冬百日の手炉ひとつ 石田波郷
縁に抱く小き手炉や初時雨 比叡 野村泊月
観梅の舟に持ち込む手炉いくつ 西山泊雲 泊雲句集
註の筆入れては手炉の腹を撫ぜ 野島無量子
*えり舟の手焙ぬらすにはか雪 羽田岳水
かの巫女の手焙の手を恋ひわたる 山口誓子 凍港
大火鉢一つ手焙二十程 高木晴子 花 季
寺の雨けふ手焙のやゝ重た 田中裕明 山信
底冷の手焙小さし京の宿 橋本 道子
手焙にからだ傾げて應對す 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
手焙に五指峙てて牡丹見る 高澤良一 さざなみやっこ 
手焙に女をりをり手をかざす 中川 みさえ
手焙の灰やはらかく招かれぬ 下村ひろし
手焙の燠消えてゐて昭和過ぐ 大屋達治 絵詞
手焙やいくたび読まむ吉原詞 加藤郁乎 江戸桜
手焙や身に毒なものばかり好き 久永雁水荘
手焙りに共に手を出し相識らず 毛塚静枝
手焙りの火鉢のまはり遺跡なり 杉野一博
手焙りの灰しらじらと寒牡丹 菊地万里
手焙りの炭団三たびも白くなり 今泉貞鳳
手焙りや炬燵塞ぎて二三日 小杉余子
手焙りや経師師の店雪明り 永井龍男
手焙りをだるまと呼びて楮晒 椎橋清翠
手焙りを許されよ薬師如来様 村上冬燕
手焙をいつくしみつゝ老書見 柏崎夢香
手焙を借りつつ達磨値切りけり 工藤弘子
縁談や手焙の灰うつくしく 萩原記代
乾燥芋焙り上手よ婆ちゃん子  高澤良一  宿好
火桶より火桶の見ゆる牡丹園  高澤良一  暮津
三箇所に火桶設え牡丹園  高澤良一  暮津
遠近の牡丹に目遣り火桶に手  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-16 00:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング