2014年 12月 18日 ( 14 )

手袋

手袋

例句を挙げる。

あそび足りない手袋のすぐ乾く 辻美奈子
いくたびも失せては戻る手袋よ 吉屋真砂
うろたへてゐて手袋のなかの指 鎌倉佐弓 水の十字架
かの枯野子の手袋を隠し了ふ 福永耕二
けもの臭き手袋呉れて行方知れず 西東三鬼
てのひらの上で畳みて春手袋 檜紀代
はめてみし革手袋の指反らす 深見けん二 日月
ふかふかの手袋が持つ通信簿 井上 康明
わがたのむピアノ弾く手や手袋す 田中敬子
わが旅の黒手袋のゆびぞ透き 関口みぐさ
ショーウインドーの手袋緑立ててをり 金箱戈止夫
スキー手袋置かれ握力まだ残りて 平井さち子 完流
ペンだこに手袋被せてさりげなく 竹下しづの女句文集 昭和十一年
久々の夕日手袋の手をかざす 細見綾子
亡き妻の手袋五指を入れてみる 杉浦範昌
亭薄暑手袋をしてゐる女 高濱年尾 年尾句集
人さかしく帽とるや手袋の手に 飯田蛇笏 山廬集
人憎し手袋を手に持つて打つ 潮原みつる
代田出て泥の手袋草で脱ぐ 西東三鬼
仲直りできぬ手袋脱ぎにけり 藤田弥生
伊豆は白い手袋蜜柑の花が散り 川島彷徨子
健康失せし手袋しろく吊皮に 柴田白葉女 遠い橋
冷笑をこらへ手袋はめゐたり 長谷川かな女 雨 月
卓になげし絹手袋のちぢむ見し 田中王城
右左子と手袋の手をつなぐ 東浦津也子
墓地をゆき黒き手袋をぬがざりき 橋本多佳子
外出がちなるを悔いつつ手袋ぬぐ 柴田白葉女 遠い橋
大いなる寝手袋をして寝まりけり 竹下しづの女
大いなる手袋忘れありにけり 高浜虚子
妙齢を保つレースの手袋に 百合山羽公 寒雁
妻のポケット探せばぬくき手袋など 香西照雄 対話
子の中の手袋なき子固拳 林 翔
学帽と派手な手袋置いてあり 成瀬正とし 星月夜
宙吊りにわが手袋と鵠と 宇多喜代子
寒雀わが手袋の色に似る 田中冬二 麦ほこり
少しふくらんで手袋脱がれあり 上野さち子
弊衣無帽無手袋なれど教授なる 竹下しづの女句文集 昭和二十三年
弥陀洞にゴム手袋の凍ててをり 大石雄鬼
徹宵にのぞむ手袋はめにけり 鈴木しづ子
忘れたる手袋ひとつ止り木に 角川春樹
怒も寒もわが手袋の中なりけり 橘川まもる
思ひ断つごと手袋のぬがれあり 原田青児
悴みて手袋ぎらひ足袋ぎらひ 太田育子
愛わかつごと手袋に十指編む 橋本榮治 麦生
慰まぬ事の慰霊祭手袋をとる 及川貞 夕焼
戯れに触れ手袋に恋をさす 三好潤子
手袋が恨むかたちに脱ぎ置かれ 平島一郎
手袋が鏡の中で花を買う 渋谷道
手袋さぐるポケット底があり 八年間『碧梧桐句集八年間』 河東碧梧桐
手袋で拝む虚空蔵菩薩かな 石寒太 あるき神
手袋とるや指環の玉のうすぐもり 竹下しづの女
手袋と明日出す文と置き揃へ 中口飛朗子
手袋と紙幣使はずして病めり 野澤節子 黄 瀬
手袋と鞭置かれあるペチカかな 原田青児
手袋なし手話の青年言葉光る 坂間恒子
手袋にもらふより飛ぶ何のビラ 下村ひろし 西陲集
手袋にキップの硬さ初恋です 藤本とみ子
手袋にダイアモンドの指沈め 星野椿
手袋に五指を分かちて意を決す 桂信子
手袋に付きて解けざる霜払ふ 茨木和生 倭
手袋に十指をおさめ耐えるのみ 高橋たかえ
手袋に年をかくして夫人かな 星野立子
手袋に忘れし暖とわが脈と 赤尾兜子
手袋に息つつみ立つ夜の落葉 堀口星眠 火山灰の道
手袋に明かるき昼の光かな 波多野爽波 鋪道の花
手袋に明日出す厚き手紙載せ 肥田埜勝美
手袋に紐つけし子よわれ教師 木村蕪城 寒泉
手袋に葬後の指をふかくさす 渡邊千枝子
手袋に首つかまれて夫に逢ふ 赤松[ケイ]子
手袋のうへより握手君はをとめ 上村占魚 『霧積』
手袋のかたち直して今日終ふ 水野あき子
手袋のしづかに柄杓つかみたる 岸本尚毅 選集「氷」
手袋のその小さきを口で脱ぐ 岡田史乃
手袋のぶか~したる官吏かな 柑子句集 籾山柑子
手袋のほか何か忘れし坂の上 林翔 和紙
手袋のままに握手をして父子 村瀬 晋
手袋の両手で犬の背をおさへ 川崎展宏
手袋の中の水仕の嫌ひな手 前内木耳
手袋の五指なげうつて五指のこる 行方克巳
手袋の五指恍惚と広げおく 対馬康子 愛国
手袋の十本の指を深く組めり 山口誓子
手袋の単色派手に吊皮に 高濱年尾 年尾句集
手袋の失せざれば持つ古びかな 楠目橙黄子 橙圃
手袋の如く袋の掛けられし 上野泰 佐介
手袋の左許りになりにける 正岡子規
手袋の己れの指の短かけれ 行方克巳
手袋の布地薄れし処かな 高澤良一 さざなみやっこ 
手袋の幸と不幸を左右に握る 文挟夫佐恵
手袋の忘れてありし懺悔台 三枝正子
手袋の手くびのあたり縞多し 上村占魚 球磨
手袋の手にはや春の月明り 中村汀女
手袋の手の老いを愧づ人しれず 稲垣きくの 黄 瀬
手袋の手をかざしゐる芦火かな 篠原鳳作
手袋の手をたゞひろげゐる子かな 松根東洋城
手袋の手をつき憩ふ砂の丘 山口波津女 良人
手袋の手をつなぎあふ親子かな 鈴木真砂女 生簀籠
手袋の手をもて撲つや乗馬の面 飯田蛇笏 山廬集
手袋の手を振る軽き別れあり 池内友次郎
手袋の手を置く車窓山深み 宇佐美魚目
手袋の指出るまでになりにけり 中山稲青
手袋の指組めば日しみにけり 佐野良太 樫
手袋の水に浸つて落ちゐたり 茨木和生 野迫川
手袋の片手穂高に忘れけり 冨村みと
手袋の片方ぬいで立読みす 川原 程子
手袋の片方拾ふてみたものの 高澤良一 素抱 
手袋の真白き道士語りだす 日原 傅
手袋の穴に聴くアンダンテカンタビレ 長谷川かな女 牡 丹
手袋の穴を見つけつバスを待つ 佐野良太 樫
手袋の裏のわが色折返し 後藤夜半 底紅
手袋は心定めず指にはめ 中村汀女
手袋は手のかたちゆゑ置き忘る 猪村直樹
手袋へ紐つけ首へ掛け幼な 福田蓼汀 秋風挽歌
手袋やバラバ許せし手をつつむ 有馬朗人 知命
手袋や人を見まじとする疲れ 高橋馬相 秋山越
手袋や去年となりたる昨日のこと 藤岡筑邨
手袋や或る楽章のうつくしく 山西雅子
手袋や母情華やぐ席隣る 石塚友二 方寸虚実
手袋や端麗にして邪に 軽部烏頭子
手袋や終に指輪を買はぬ母 山田ゆう子
手袋や退社ばたばた椅子よせて 大津希水
手袋をあぐるや遠き眉うごく 黒田櫻の園
手袋をあちこちと置く卓の上 久米正雄 返り花
手袋をしてふるさとの橋の上 加藤耕子
手袋をしてゐてうっかり落し物 高澤良一 宿好 
手袋をして現実に触れざりし 中村正幸
手袋をつかみて人を見送りぬ 龍胆 長谷川かな女
手袋をつかむ一切は男なり 赤尾兜子
手袋をとりたての手の暖かく 星野立子
手袋をぬぐ手ながむる逢瀬かな 日野草城
手袋をはめつつ師弟論納む 桂樟蹊子
手袋をはめても行手さだまらず 下村ひろし
手袋をはめぬ癖いつか妻に似る 杉本寛
手袋をはめわが醜をわが掴む 林翔 和紙
手袋をはめ終りたる指動く 高浜虚子
手袋をまだ脱がずゐる遠嶺かな 綾部仁喜 樸簡
手袋をゆつくり外し七七忌 大木あまり 火球
手袋をわすれ四五歩をもどりけり 廣江八重櫻
手袋を六つ失くして冬終る 黒田杏子 花下草上
手袋を出でていつもの手なりけり 櫂未知子 蒙古斑以後
手袋を取りて別れの手を重ね 藤野 山水
手袋を取りて夜会の始まれり 稲畑廣太郎
手袋を展望台に忘れ来し 石川文子
手袋を岩に置きたるままにして 岸本尚毅 鶏頭
手袋を探してばかりゐる日かな 稲畑汀子
手袋を握りしめたる湿りかな 久米正雄 返り花
手袋を編みくれし人いまは亡く 上村占魚 球磨
手袋を美しくして家を出る 松山足羽
手袋を脱いでも悔の残りけり 伊藤 雅樹
手袋を脱いで握りし別れかな 川口松太郎
手袋を脱ぎて働く手となれり 徳永山冬子
手袋を脱ぐとき何か忘れをり 辺見じゅん
手袋を脱ぐ妙薬の無かりけり 松山足羽
手袋を脱げと病者にもてなさる 萩原麦草 麦嵐
手袋を落しゝも旅はろかかな 尾崎迷堂 孤輪
手袋を買ふも銀座のつれづれに 星野椿
手袋を銜へ脱ぎたる喪の疲れ 岡田 貞峰
手袋合掌させて蔵いし会いたきなり 寺田京子 日の鷹
手袋白し森に遊べる一少女 草間時彦
手袋脱いで握り合しし血動けり 原田種茅 径
指先の出し手袋の暦売り 今泉貞鳳
新郎吾子つひに母視ず白手袋 柴田白葉女 『冬泉』
春手袋ほつれ易くて父母の無し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
晩学の手袋を遁ぐ一新書 千代田葛彦 旅人木
更衣せめて真白な手袋も 高木晴子 花 季
月光が革手袋に来て触るる 山口青邨(1892-1988)
枯れし明るさ黒手袋を深く嵌む 鷲谷七菜子 黄炎
柚子買の皮の手袋新しく 今井真寿美
欲るこころ手袋の指器に触るる 鈴木しづ子
歯もて脱ぐ手袋代案など持たず 奈良文夫
死を診来し手が手袋の中にあり 新明紫明
母の眼に青年吾子の大き手袋 柴田白葉女 花寂び 以後
氷上に手袋落しすぐ拾ふ 森田峠 避暑散歩
汚れれば父の匂ひの皮手袋 長沼紫紅
決闘のごと手袋を脱ぎすてる 堀 政尋
海に浮く手袋何を掴みしぞ 福田蓼汀 秋風挽歌
海茜みる手袋は黒が佳し 柴田白葉女 雨 月
海鞘むきの手袋の中爪をたて 小枝秀穂女
海黒し子の手袋に掴まれて 田原千暉
漂へる手袋のある運河かな 高野素十(1893-1976)
炭を挽く手袋の手して母よ 河東碧梧桐
炭掴む手袋にして妻のもの 竹原梢梧
照り昃りはげしき風の皮手袋 柴田白葉女 花寂び 以後
特攻碑手袋赤き子ら遊ぶ 田尻牧夫
白の中の純白手袋妻へ買ふ 本宮鼎三
白手袋はめて門衛交替す 小笠原須美子
白鳥の村に手袋忘れたる 石田勝彦
皮手袋の匂ひがわれをへだてゐる 桂信子 黄 炎
皮手袋を忘れたり朝の喫茶店 中拓夫 愛鷹
砂に落ち鳥の形の春手袋 猪俣千代子 堆 朱
砂丘の女手袋ぬげば海盤車になる 有馬朗人 母国
砂丘ひろがる女の黒き手袋より 有馬朗人 母国
神学生手袋黒くカミユ読む 高島 茂
穴へ忘れられ穴掘りたる手袋は 加倉井秋を
空色のゴム手袋や牡蠣を割る 松本みず代
細長く皮手袋をしまひけり 今橋眞理子
編みゐるはスキー手袋らしき縞 上村占魚 球磨
耕してゴム手袋の型戻る 山崎 篤
背信いくつ手袋の中爪ぬくもる 川口重美
脱ぎ手袋の指に見られて紅茶飲む 河野南畦 『焼灼後』
花を買ふ手袋のままそれを指し 山口波津女
若き士官かくしに手袋のはし見せし 梅林句屑 喜谷六花
衰運の卦の手袋を落しけり 久保田万太郎 流寓抄
襟巻と手袋買つて年忘れ 田中冬二 若葉雨
観音の手に手袋の忘れもの 綾部仁喜 樸簡
誰へ編む手袋か躬を離さずに 中島斌雄
豆拾ふ革手袋の女来て 萩原麦草 麦嵐
赤筋の手袋ながら借りかへる 川島彷徨子 榛の木
道の辺に手袋春の落し物 中村祐子
遠い夜景へ手袋咥へぬぐ青年 藤田湘子
鍬だこの五指手袋に充ち満てり 小出秋光
雪渓に手袋ぬぎて何を得し 橋本多佳子
雪白の手袋の手よ善き事為せ 中村草田男
飛びたちさうに春手袋の忘れもの 櫛原希伊子
飛行機音春の手袋はめにけり 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
魂ぬけの手袋ありて窯休み 森田峠 避暑散歩
鴎舞ひゐし手袋の手を振りて去りし 池内友次郎 結婚まで
麗人をいざなふ僕の白手袋 筑紫磐井 婆伽梵
黒くうすき手袋の手に云ふ別辞 横山白虹
黒手袋を見事に落し気がつかず 田川飛旅子 『山法師』
黒手袋指にぴちりと神を説く 齋藤愼爾
やはらかき掌を与へむと手套脱ぐ 佐野まもる
コルト撃ち白き手套を地にさらす 三谷昭 獣身
チゴガニの応援団の白手套 高澤良一 寒暑 
デイトリツヒ懐かし黒き長手套 今泉貞鳳
ピッケルを握るかたちの手套脱ぐ 小林 碧郎
切通し手套の拳固めすぐ 大岳水一路
別れ来し黒き手套を脱ぎてみつむ 柴田白葉女 遠い橋
吾子を抱く外套のまま手套のまま 鷹羽狩行 誕生
巷の灯低目にうけて手套嵌む 木村蕪城 寒泉
悲しみのかたちに置かれ皮手套 鷹羽狩行
手のうちを見せぬつもりの黒手套 神林久子
手套がつつむ十指寒礁横並び 三谷昭 獣身
手套より手が出て万の鴨動く 松山足羽
手套嵌むつまさきにすぐ水広し 大岳水一路
手套嵌む吾へさしたる小鳥の眸 大岳水一路
手套嵌む空と水とに二つの日 大岳水一路
手套欲し千草も彩を失へる 大岳水一路
手套脱げば自由の十指月掬ふ 佐野まもる
月光に軍醫の手套ま白なり 横山白虹
梨花のもと黒き手套をしぼり持つ 原コウ子
湖風を真正面の黒手套 山田弘子 懐
牧師の手套まぶしく孤児のなでられる 川口重美
病室に忘れし手套寒ゆるぶ 石田あき子 見舞籠
白手套手綱を取つて汚れなし 森田峠 逆瀬川以後
皮手套葬後の指を嵌め違ふ 大石悦子 群萌
石棺に直に触れむと手套脱ぐ 佐野まもる
祈りにはあらず手套の五輪を組む 磐城菩提子
紫外線防止のための長手套 高澤良一 寒暑 
脱ぎ惜しむ手套純白海鳴る夜 鷲谷七菜子 雨 月
落葉めく手套や若き恋ひとつ 橋本榮治 麦生
街の日は霜にさやけく黒手套 飯田蛇笏 雪峡
身にしむや白手套をみるにつけ 飯田蛇笏 雪峡
迎へ出る子の手つなぐと手套とり 吹田青蛾
雑踏に童女の手套踏まれづめ 品川鈴子
革手套北の任地へ子を帰す 佐藤いね子
風の地に手套落ちゐて生生し 鈴木六林男
鷽替や黒き手套の落ちてをり 館岡沙緻
黒き手套はめつゝ螺旋階くだる 岸風三樓
黒き手套黒き鞄の未婚女醫 下村ひろし 西陲集
マッフして頬氷らせつ戻りけり 大石越冬丘
手とればマッフに雪の花ぞ散る 岡野知十
洋行せし伯母の形見の古マッフ 戸塚千代乃
犬怖ぢて雪に倒れぬマッフの子 矢田挿雲
玻璃くもり壁炉の上に古マッフ 栗原とみ子
町に出てゐてあてのなきマッフかな 三宅絹子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:59 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ショール

ショール

例句を挙げる。

いそいそとシヨールの妻を街に見し 今村青魚
かくれ逢ふことかさなりしシヨールなれ 安住敦
かくれ逢ふことかさねたるシヨールなれ 安住敦
しろ~と古りにし妻のシヨールかな 佐野青陽人 天の川
たゝまれてあるとき妖し紅シヨール 竹下しづの女句文集 昭和十三年
ひそかなる幸をショールにつつみけり 木下夕爾
ひとり身の胸まで包むショール真黒 菖蒲あや 路 地
ものの香を秘めてショールやたゝまれあり 竹下しづの女句文集 昭和十三年
わがショール仮退院の夫かばふ 石田あき子 見舞籠
ショールたたむ夫休講の名札の前 平井さち子 完流
ショール載すうごく歩道の荷の上に 横山白虹
シヨールしかとこの思慕そだててはならず 稲垣きくの
シヨールずり別離のかひななほ振れる 大浦蟻王
シヨールぬぎひとりの顔をとりもどす 渡邊千枝子
シヨール手に病臥の夫に一礼す 堀風祭子
シヨール深く都電の残る町通る 伊藤いと子
シヨール長し二人で巻けば死もたのし 成田ゆう
一と夜寝て去る島ショール真知子まき 稲垣きくの 牡 丹
人波にすべるシヨールをおさへつゝ 岡崎莉花女
低迷の雲へはらりとシヨール巻く 田口満代子
佳き事のほのと身にありショール捲く 毛塚静枝
嘘を言ふシヨール臙脂に雪ぼたる 龍太
妻の背に三角ショール巻き街へ 斉藤夏風
子のショール夜々編み夜々を子に近し 吉野義子
尼公がショールを頭より召さる 品川鈴子
暗さもジャズも映画によく似ショールとる 星野立子
母親に怖いほど似るシヨールかな 田中康二
沖にまだ日のある薄きシヨールかな 池田澄子 たましいの話
淋しさをショールにつゝみ現れぬ 岩坂 三枝
白シヨールすこしよごれて温かき 日野草城
白息となるをシヨールに封じゆく 野沢節子
相別れシヨールに埋む顔なかば 鷲谷七菜子
相逢ひて過去はまぼろし黒シヨール 柴田白葉女
眼をほそめ頸をすくめてシヨールきる 飯田蛇笏
祝ひ酒めぐりてショール柔らかし 影島智子
笑ひつつショールとりつつ近づき来 上村占魚 球磨
結末の近づいているショールかな 岡田 耕治
襟足のいと美しく白ショール 高橋淡路女 梶の葉
買ふ人もある柔かきシヨールあり 中村汀女
赤シヨール女佛蘭西語を話す 田中裕明 花間一壺
身たたみてショールはさみて祈りながし 平井さち子 完流
身にまとふ黒きショールも古りにけり 杉田久女
連絡船降りし一人の黒シヨール 西村和子 かりそめならず
郷愁のショールをしかとかきあはせ 久保田万太郎 草の丈
銘刀展黒きシヨールの女居て 齋藤朗笛
霞む日へ領巾振るもこの黒シヨール 殿村菟絲子 『樹下』
頬に触れ老母に贈るショール選る 品川鈴子
黒シヨール吹かれ沖にはある光 鷲谷七菜子
エプロンをとりて肩掛かけしのみ 久保田万太郎 草の丈
チェーホフ讀む赤き肩掛け掻き合はせ 福島壺春
夜は寒し古肩掛を膝に掛け 山口青邨
幼な妻肩掛で肩狭め狭め 香西照雄 対話
砂州あまりひろし肩掛かき合す 山口波津女 良人
粉河寺肩掛の緋も蘇鉄樹下 石原八束
紅き肩掛手にしばらくは墓目守る 中島斌男
羽毛の妻よ白鳥は日の肩掛す 磯貝碧蹄館
肩掛けの妻より見おろされて病む 加倉井秋を 『真名井』
肩掛におとがひ埋めて立てる好く 久保田万太郎 草の丈
肩掛に射す日や誰を欺かん 白川京子
肩掛に木々の晴雪こぼれけり 石原舟月 山鵲
肩掛に町の風儀が頽れ初む 佐藤紅緑 紅緑句集
肩掛の妻より見おろされて病む 加倉井秋を
肩掛の端を振りゐて訣れとす 加倉井秋を 午後の窓
肩掛の色濃く東風を曲り来し 河野静雲
肩掛や妻なる身にて勤め人 岡本松浜 白菊
肩掛をして足早に法善寺 高木石子
肩掛を黒くわれには常処女 下村槐太 天涯
霧さむく娼婦肩掛もて呼べる 岸風三楼 往来
霧さむく娼婦肩掛を長くせり 岸風三樓
黒きこと大きこと母の肩掛は 山口波津女 良人
黒き肩掛年経し指環ゆるやかに 中村草田男

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

湯婆

湯婆

例句を挙げる。

いにしへの遊女といぬる湯婆かな 東洋城千句
とゝさんに妻のまゐらす湯婆かな 西島麦南 人音
なき母の湯婆やさめて十二年 夏目漱石 明治二十八年
ひとり言ぬるき湯婆をかゝへけり 正岡子規
ほか~と花の月夜の湯婆かな 渡邊水巴
みたくなき夢ばかりみる湯婆かな 久保田万太郎 草の丈
もてなしに大き湯婆年の宿 高澤良一 ねずみのこまくら 
よき眠り欲りす湯婆に足そろヘ 富安風生
ジードの書嬰児の湯婆替えてまた 三谷昭 獣身
一夜明け浅間へと撒く湯婆の湯 栗生純夫 科野路
亡き妻の湯婆借りてあたたかし 水野 柿葉
信心はさめることなき湯婆かな 増田龍雨 龍雨句集
冷え尽す湯婆に足をちゞめけり 子規句集 虚子・碧梧桐選
勤行に起別たる湯婆かな 炭 太祇 太祇句選
又しても足で湯婆を叱るかな 大谷句仏
古庭や月に湯婆の湯をこぼす 子規句集 虚子・碧梧桐選
古湯婆形海鼠に似申すよ 正岡子規
夢よりは先へさめたる湯婆哉 横井也有 蘿葉集
失職を妻に告ぐべし湯婆冷ゆ 小林康治 玄霜
客降りし橇に残れる湯婆かな 棚元花明
寂寞と湯婆に足をそろへけり 渡辺水巴
巻きくるむおのれの湯婆児の湯婆 河野静雲 閻魔
年送る旅寝の湯婆ほてりけり 渡邊水巴 富士
我死して湯婆生きたる夢を見る 不倚
投錨と思ふ湯婆でありにけり 松山足羽
抱いて見る彼岸の湯婆埓もなや 萩原麦草 麦嵐
木菟ちかし湯婆の冷えはやき日は 久保田晴朗
梅ひらく夢はつはつに湯婆抱く 金尾梅の門 古志の歌
梅咲いて湯婆の塵も二七日 西島麦南 人音
湯が沸いて湯婆今も保健室 兼久ちわき
湯婆(ゆたんぼ)や忘じてとほき医師の業 水原秋桜子(1892-1981)
湯婆こぼす垣の暮雪となりにけり 飯田蛇笏 山廬集
湯婆さめて江亭に雨いまだ休まず 歌原蒼苔
湯婆して塔なき國に宿りけり 安東次男 裏山
湯婆と書けば書いたで笑われる 宇多喜代子
湯婆などむかしむかしを売る小店 杏田郎平
湯婆にのせ大足と思ひけり 今瀬剛一
湯婆に夜の幸福の足なづむ 米澤吾亦紅
湯婆に湯そそげば鳴れり孤りなり 猿橋統流子
湯婆に片足のせて思ふこと 岬雪夫
湯婆に片足のせて逝きしとか 池内たけし
湯婆に足そろへのせ誕生日 菖蒲あや
湯婆に足遊ばせて病快し 河野静雲 閻魔
湯婆の一つころがる杜氏部屋 高木石子
湯婆の一温何にたとふべき 高浜虚子
湯婆の位置かはらずに睡りをり 相馬妙花
湯婆の口をずうつと閉めてゐる 杉野一博
湯婆の夜戦中に似て非なる 宇多喜代子 象
湯婆の恩やまとことばもて酬ゆ 廣江八重櫻
湯婆の淋しく高し子の寝顔 雑草 長谷川零餘子
湯婆の湯わかす術さへなかりけり 久保田万太郎 流寓抄
湯婆の湿りを抱いて眠りけり 辻桃子
湯婆の袋干さるる国分尼寺 浅井陽子
湯婆の都の夢のほの~と 高浜虚子
湯婆やまだなきがらの足もとに 長谷川櫂 虚空
湯婆や忘じてとほき医師の業 水原秋櫻子
湯婆や我身にあらぬ膝頭ら 楠目橙黄子 橙圃
湯婆や猫戻りたる月の縁 島村はじめ
湯婆や猫戻り来し月の縁 島村元句集
湯婆や生き永らへし物の恩 鈴木花蓑句集
湯婆や部屋の四隅は風棲める 徳永山冬子
湯婆をひつそりと抱く齢かな 能村登四郎 天上華
湯婆をもらうて高野山泊り 北村多美
湯婆を胸にかかへて音たてて 斉藤夏風
湯婆入れて錦の夜着のふくれかな 岡本松浜
湯婆冷ゆることに及ばぬ力かな 尾崎迷堂 孤輪
湯婆抱いて大きな夢もなかりけり 大須賀乙字
湯婆抱きて母の匂ひを想ひ出す 河野南畦 湖の森
湯婆抱きひとりぽつちで夜を更かす 菖蒲あや
湯婆抱きまこと職なき手足かな 小林康治 玄霜
湯婆抱き妻謀らむとはかりをり 小林康治 玄霜
湯婆抱く余生といふは佗しくて 栗生純夫
湯婆抱て大きな夢もなかりけり 大須賀乙字
湯婆煖炉臥床あたゝかに読書かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
湯婆熱し瑣事にかかはりなく臥せば 三橋敏雄
湯婆踏で淡雪かむや今土用 子規句集 虚子・碧梧桐選
熱湯をむさぼりこぼす湯婆かな 西島麦南 人音
爪先より夢に入りゆく湯婆かな 永方裕子
生れし児に湯婆二つをかしづかす 下村ひろし 西陲集
生涯のあはたゞしかりし湯婆かな 村上鬼城
病して人にならへる湯婆かな 喜谷六花
病室の湯婆の側や福寿草 広江八重桜
目さむるや湯婆わづかに暖き 子規句集 虚子・碧梧桐選
眠る山と湯婆を裾にねむらなむ 村越化石 山國抄
碧梧桐のわれをいたはる湯婆哉 正岡子規
祝宴に湯婆かゝへて参りけり 子規句集 虚子・碧梧桐選
老ぼれて子のごとく抱く湯婆かな 飯田蛇笏 霊芝
襖絵の梅や湯婆賜りて 松本 進
諸歯落つ夢あはれ湯婆蹴りたるか 石塚友二 方寸虚実
起さるる覚悟の湯婆抱きをり 下村ひろし 西陲集
足のべしところに湯婆ありしこと 堤すみ女
足のべてこだはりあつき湯婆かな 飯田蛇笏 山廬集
路地の人口錆び湯婆の捨ててあり 菖蒲あや 路 地
遼東の夢見てさめる湯婆かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
雨足をゆるし給はる湯婆かな 渡邊水巴
をさな児に湯たんぽ二つ砦なす 石塚友二 光塵
亡骸に冷え尽したる煖甫(たんぽ)哉 夏目漱石 明治二十八年
夜寒さの湯たんぽ一つに身を委ね 高浜年尾
湯たんぽをたしかめて足眠りけり 千葉 仁
湯たんぽを押し出しふかく眠りゐし 篠原梵 雨
湯たんぽを替へるナースは異国の娘 大和田享子
湯たんぽを蹴落して子は夜も育つ 今瀬剛一
湯たんぽ沸かす痩せし野良牛一頭立ち 金子兜太
縫ひあげし湯たんぽ袋良寛忌 山田みづえ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あはれめや霙にぬれし恋衣 尾崎紅葉
いとまする傘へ霙となりにけり 渡辺一水
おおむねは平な村の霙かな 山口 伸
けふ豊か霙のち雪そして愛 矢島渚男
さいはての如し霙るゝあやめの芽 殿村莵絲子 牡 丹
さらさらと烹よや霙の小豆粥 鳳朗
しばらくの霙に濡れし林かな 中村汀女
しみじみと子は肌につく霙かな 秋色 俳諧撰集玉藻集
それ鷹の鈴振り廻る雪雨(霙)かな 正秀 俳諧撰集「藤の実」
てのひらの未来読まるる夜の霙 福永 耕二
ぬれ雪と津軽人云ふ霙降る 佐藤一村
はららごの色に出にける霙かな 岸田稚魚 『萩供養』
はる~の原や小狐霙空 幸田露伴 礫川集
ふるさとは霙の中に人の声 裕計
べむべむと串海鼠(くしこ)もにえず霙かな 中村史邦
みぞれるといふこゑありて霙れけり 高澤良一 燕音 
よろよろと枯れたる蓮に霙れけり 日野草城
わが腹にひびく夜霙眠りたし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ガスの穂を手風で立たす霙かな 不死男
ペガサスの朱馬走りけり初霙 八十島稔 柘榴
ラグビー場四辺を枯らし霙ける 岸風三楼 往来
一掴みほど漁師町霙降る 坂井建
下腹部の大きな蟹に霙降る 田中信克
乞食の骨正月や霙降る 大釜菰堂
人麻呂の鴨山かけて降る霙 石川魚子
傘に獺が来る霙かな 野村喜舟
再手術霙れは雪に癌病棟 飯野蓮歩
南天の実や霙雲野の果に 野舎
古障子霙るゝ音のきこえけり 虚子
垣霙医師の車の小さゝよ 久米正雄 返り花
墓の文字幾たび消しに来る霙 福田甲子雄
夕立の立つ頃ほひも霙降る 森田峠 三角屋根
夕霙みんな焦土を帰るなり 下村槐太 天涯
夕霙何ぞしたしき出雲崎 塚本邦雄 甘露
夕霙光琳笹を鳴らし過ぐ 高澤良一 ねずみのこまくら 
夕霙明日の芝居のたのしみに 阿部みどり女 笹鳴
夕霙読書の脚を踏み温め 川口重美
夜に入れば笹に霙るゝ音ばかり 上村占魚 鮎
大丈夫と言ってしまいし霙かな 池田澄子
奥穂高尾根路をみせつ霙やむ 松村蒼石
嫁取の城崎にして霙かな 田中裕明 花間一壺
子規の句碑が霙童子となりにけり 江里昭彦
宵火事の消えて霙となりにけり 繞石
屋根過ぐは霙と覚め鼻つまりゐぬ 原田種茅 径
山茶花にあるは霙の降る日かな 碧梧桐
崖あらふ雨より霙うつくしき 中田剛 珠樹
嶺の雪町は霙れて暮れにけり 青峰集 島田青峰
市人に霙今日もや年迫る 青峰集 島田青峰
彼岸会や霙まじりの蘆の雨 庄司圭吾
志野ならめ霙の街にひそめるは 相生垣瓜人 微茫集
慈善鍋に霙れて街の往来かな 青峰集 島田青峰
旅人に運河波立ち降る霙 有働亨 汐路
日々霙れそめて車も蔵ひけり 成瀬光
日は月の淡さとなりて霙れけり 後藤洋子
曇りゐしが霙れて暮るゝ町往来 青峰集 島田青峰
松建ての片町すみし霙かな 大谷句佛 我は我
梔子の実にある朱や霙降る 龍男
梵妻をちらと見かけし霙かな 波多野爽波 『湯呑』
母御前に霙しづくのきりもなし 田中裕明 櫻姫譚
水仙の野に北海の霙かな 有働亨 汐路
水仙を霙のひまに切りにけり 虚子
淋しさの底ぬけてふるみぞれ(霙)かな 内藤丈草
火の拳そらの子宮に霙ふり 徳弘純 非望
灯ともしの鐘の霙るる善光寺 西本一都 景色
焼ものは霙るゝ街に漁るもの 相生垣瓜人 微茫集
焼灼の傷あと失せよ霙ぐせ 河野南畦 『焼灼後』
燈台の灯のまたたきて霙ふる 畔津 とみ
燻べらるる鬼の叫喚霙降る 林十九楼
疲れてはほとほと蒼き夕霙 能村登四郎
白袴薩摩飛白に霙れけり 久米正雄 返り花
石船の石に流るる霙かな 会津八一
石蕗の葉に雪片を見る霙かな 高浜虚子
硝子戸に日影うすれしが霙れ来し 青峰集 島田青峰
筆とらず読まず机に霙さく 上村占魚
箔打の息顫へゐる夕霙 加藤 汀
簪鳴るや霙れて蒼き加茂を背に 久米正雄 返り花
紙漉の天気都合や初霙 井月の句集 井上井月
縺れつつ墓より霙れはじめたり 中田剛 竟日
羽摶つごと霙へ一歩まぎれけり 湘子
聴きすます霙襖の奥の声 加藤楸邨
腕章につけし喇叭も霙るゝよ 久米正雄 返り花
腹裂きし猪を吊せば霙くる 茂里正治
舟がゝりなき島山や夕霙 雉子郎句集 石島雉子郎
花も葉もすべてつめたき霙かな 中田剛 珠樹
茨の実赤く夕ベ霙れてゐる 人間を彫る 大橋裸木
茶の間まだ帰宅そろはず霙降る 亀井糸游
草根を洗げるはやも霙めく 金尾梅の門 古志の歌
葬の一膳飯や霙降る 広江八重桜
葱掘りのくづほるゝごと霙れけり 金尾梅の門 古志の歌
薄明の霙を過ぐる鶏の足 栗林千津
藁塚二三峡田霙るる菅沼も シヤツと雑草 栗林一石路
見るたびに干足袋うごく霙なか 谷野予志
貯炭場へきりもみ霙るあやめの芽 殿村莵絲子 牡 丹
赤貝の大根おろしの霙かな 久米正雄 返り花
退官や霙燦たる思ひにて 有働亨 汐路
退宮の夜の霙降る常の街 有働亨 汐路
逢坂にあびてひさしき霙かな 中田剛 珠樹
逢坂の草の葉あらき霙かな 中田剛 珠樹
連祷の夕ベ霙るる致命祭 山下青芝
野守の頬かすめし月の霙かな 宮武寒々 朱卓
鉱山暮るゝことの早くて霙れけり 岸風三楼 往来
銀ねずの霙の雫能登の(あて) 西村公鳳
長尻の客もたたれし霙かな 中村史邦
門に積む菜に降り溜まる霙かな 松本たかし
門樒実を割りそめし霙かな 金尾梅の門 古志の歌
離郷残響霙の尋ね人われは 汎 馨子
雨いつか霙となりし街を行く 加藤 温子
雨が霙に変つて都鳥流るる 長谷川かな女 花寂び
雨白しやがて霙になるらしく 安藤あきら
雲の奥見せてその奥より霙 李桃丘子
霙(みぞ)るるや鶏覗くとまり時 平交 俳諧撰集「有磯海」
霙うつわが少年の日の学舎 堀口星眠
霙くるマンハッタンの聖樹の灯 仙田洋子 雲は王冠
霙してしばらく磧きらきらと 中田剛 珠樹
霙して海老吹寄る汀かな 召波
霙せり蝉折といふ笛ありて 中田剛 珠樹以後
霙たまるふしぎにたつやうすあかり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
霙にも雪にもならず唯の雨 高澤良一 宿好 
霙に洗ふ小鍋噴井は地の温み 中島斌男
霙はしる波のうねりの明るき夜 原田種茅 径
霙ふる京をとほくに浪のいろ 中田剛 珠樹以後
霙ふる裏山かけて竹ばやし 上村占魚 鮎
霙まつ柴の庵のけぶりかな 井上井月
霙るるに供華売るそこは船着場 木村蕪城 寒泉
霙るるや京の織屋の軒深き 野田 史子
霙るるや夜の影駅に忘れきし 石原八束 空の渚
霙るるや大手袋の国旗売り 永井龍男
霙るるや子をかばひゆく軒づたひ 星野立子
霙るるや小蟹の味のこまかさに たかし
霙るるや手をあてがへる鯉の腹 中田剛 珠樹以後
霙るるや手術済む犬引取りに 山田節子
霙るるや暁の列車を切りはなす 斎藤佳代子
霙るるや木戸の輪飾り外すにも 永井東門居
霙るるや燈華やかなればなほ 臼田亞浪 定本亜浪句集
霙るるや狸がかぶるぱつちよ笠 龍岡晋
霙るるや猟夫踏み来る水辺萱 金子 潮
霙るるや私の川いや深く 池田澄子
霙るるや触るれば熱き瀬戸火鉢 風生
霙るるや野兎藪に息ひそめ 沢 聰
霙るるや鞍掛橋の鴨南蠻 龍岡晋
霙るるや鬼の念仏傘を背負ひ 龍岡晋
霙るる前大根引の終りけり 松村蒼石 雁
霙るる底港づくりに田が廃る 木村蕪城 寒泉
霙るる槇最後のおもひ逢ひにゆく 鈴木しづ子
霙るる田鳶や鼠を鷲掴み 家田小風
霙るる阿蘇行かねば行けずと水噴きをり 加藤知世子 花寂び
霙るる露路を笑み交し往き来するなり 人間を彫る 大橋裸木
霙るゝと告ぐる下足を貰ひ出づ 汀女
霙るゝや一つづゝ出す蕪蒸し 龍胆 長谷川かな女
霙るゝや垢離すみて粥にあたゝまる 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
霙るゝや子をかばひゆく軒づたひ 星野立子
霙るゝや砂深々と踏むしばし 泰山俳句集 中村泰山、岩谷山梔子編
霙るゝや砦のやうな崖二階 柑子句集 籾山柑子
霙るゝや籬の方へ下駄の跡 西山泊雲 泊雲句集
霙るゝや粥ともつかぬ飯の出来 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
霙れきて睫毛につきし水の粒 中田剛 珠樹
霙れけり人より貰ふ銭の額 鈴木しづ子
霙れして早もくれたる町繁華 青峰集 島田青峰
霙れそむ波の穂光ゲの夜に消ゆる 石原八束 空の渚
霙れつつ暮れの号鼓の四辺かな 永井龍男
霙れつつ縺れつつなほ泥酔へ 耕二
霙れつつ鯛焼の火を落しをり 水原秋櫻子
霙れゆくは草鞋の音か夜のしらむ 金尾梅の門 古志の歌
霙れ空泉のいろに雲剥がれ 石原八束 空の渚
霙吸ふ笹根切つては耕せり 中島斌男
霙打つ天心の墓供華もなし 鈴木トシ子
霙打つ家路見てゐる男靴 谷口桂子
霙来し父の背に子よよぢのぼれ 大岳水一路
霙来て飢ゑは沈める湖に似し 金箱戈止夫
霙着て冬の案山子となりつくす 新谷ひろし
霙空やゝに明るし輸血あと 相馬遷子 山河
霙聴き魂なき母と一夜寝ぬ 蓼汀
霙降る千木高き辺はなほ激し 田中時江
霙降る宿のしまりや蓑の夜着 丈草 霜 月 月別句集「韻塞」
霙降る幾裏山や昭和終ふ 金箱戈止夫
霙降る改装駅の木のホーム 土田日露支
霙降る池の緋鯉は沈みけり 今成無事庵
青き鴨もはらに鳴ける霙かな 篠田悌二郎
静かなるもの耳に降り霙降る 本多静江
鞄ごとあづけし霙傘ゆかし 田中裕明 櫻姫譚
音たてて支那粥すする霙かな 龍岡晋
頭巾くれし妹がりゆく夜霙ふる 高井几董
風まぜに蕪ひく野の霙かな 信徳
馬の尾を引ずつて行霙かな 蝶夢
高橋阿伝夜刃譚(たかはしおでんやしゃものがたり)霙る夜に 高澤良一 さざなみやっこ 
魚の腸に鴉釣らるな霙かな 廣江八重櫻
鮭簗を解きしみちのく霙れけり 伊東宏晃
鳥肌を立つる砂丘や霙打つ 林逸茂
鵺の額かゝる霙の峰の堂 泉鏡花
鶴翼をかざせばはしる霙かな 富澤赤黄男
とほき日の母が帯解く音きこゆ北陸本線みぞれ降りをり 辺見じゅん
みぞれ中君を待たしたよふぐ鍋へ 橋本夢道 『無類の妻』以後
みぞれ声こころにしみるこよひかも 飯田蛇笏 椿花集
みぞれ過ぐ音の抜けゆく真夜の壷 加藤耕子
みぞれ降る砂丘羽毛を得てひかる 原 和子
みぞれ雪涙にかぎりありにけり 多佳子
五日はや働着なり夕みぞれ 及川貞 榧の實
夕みぞれ干満珠寺のむかしかな 久保田万太郎 流寓抄
朝みぞれ夕みぞれとてさやぐ木よ 細谷源二 砂金帯
柴納屋へ山禽寝に来夕みぞれ 高田蝶衣
足どりも乗馬の果や雪みぞれ 中村史邦
雪みぞれ降にまぎれて年暮ぬ 吟江
音たてゝ又霰降るみぞれ降る 高木晴子 晴居
みぞるるやはせ川好み小鍋立 大場白水郎 散木集
みぞるるや加賀の女の加賀ことば 山本健吉
みぞるるや十年矮鶏の番古り 石川桂郎 高蘆
みぞるるや地辷りつのる千枚田 堀田正久
みぞるるや朝の餌につく籠雲雀 松村蒼石 寒鶯抄
みぞるるや雑炊に身はあたたまる 飯田蛇笏 山廬集
みぞるるや髪は喪のいろ梳きに梳く 八牧美喜子
みぞるゝとたちまち暗し恐山 五所平之助
みぞるゝやたゞ一めんの日本海 久保田万太郎 流寓抄
みぞるゝやとぎれ~に葬の人 雉子郎句集 石島雉子郎
みぞるゝや切身の赤き魚の棚 守水老遺稿 寺野守水老
みぞるゝや尚四五枚の枝紅葉 比叡 野村泊月
みぞるゝや弔旗コーヒー店をかくし 岸風三楼 往来
みぞるゝや戸ざすに白き夜の芝 渡辺水巴 白日
みぞるゝや町の夕行く乳の牛 幸田露伴 江東集
みぞるゝや留守の裏戸の炭二俵 比叡 野村泊月
みぞるゝや茶屋に灯りし吊燈籠 阿部みどり女 笹鳴
みぞるゝや雑炊に身はあたたまる 蛇笏
霙(みぞ)るるや鶏覗くとまり時 平交 俳諧撰集「有磯海」
植込みにしゃらんしゃらんと初みぞれ  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の雨

冬の雨

例句を挙げる。

あさましく柚子落ちてあり冬の雨 原石鼎
いつまでも下る千生瓢冬の雨 青邨
さまざまの夢の続きに冬の雨 嶋田麻紀
しづけさの音となりゆく冬の雨 鈴木 元
たまさかに据風呂焚くや冬の雨 夏目漱石 明治三十二年
つきあたり寺の土塀や冬の雨 京極杞陽
にはとりの鶏冠しづくや冬の雨 石田郷子
ぶつつかる風の断片冬の雨 塙告冬
われが住む下より棺冬の雨 山口青邨(1892-1988)
フラミンゴ苺クリーム冬の雨 小堤香珠
三越で番傘買ひぬ冬の雨 大場白水郎 散木集
両国に古りし下駄屋や冬の雨 一透
久方の銀座で遇ひぬ冬の雨 石川文子
今やらぬ浄瑠璃読むや冬の雨 小杉余子 余子句選
仮植ゑの庭木ぬらすや冬の雨 大場白水郎 散木集
伐株の桑に菌や冬の雨 西山泊雲 泊雲句集
俥屋の使いはしりや冬の雨 星野立子
傘ささぬ子の現れし冬の雨 波多野爽波 鋪道の花
傘鳴らす冬の雨わたしも帰ってゆく 金子弘子
元号のふわりと替る冬の雨 寺井谷子
冬の雨お神楽あがりゐたりけり 田村木国
冬の雨こはるるものは毀つべし 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬の雨さぶしからめと人の言ふ 細見綾子 花寂び
冬の雨しぐれのあとを継夜哉 召波
冬の雨なほ母たのむ夢に覚め 中村汀女
冬の雨ぬれ深むいささかの草々 室生犀星 犀星発句集
冬の雨ひねもす暗き小家かな 星野麦人
冬の雨ぼたんの土を濡らすなり 鈴木しげを
冬の雨まなぢりながく灯に坐る 藤木清子
冬の雨やんでゐしまた降るならむ 波多野爽波 鋪道の花
冬の雨わたくしはまだ全裸です 小川双々子
冬の雨コオモリの軸夜を光る 大井雅人 龍岡村
冬の雨パンつけて傘返しけり 室生犀星 犀星発句集
冬の雨メトロの駅を出でにけり 栃木絵津子
冬の雨夕あかるみて止みにける 綾子
冬の雨如来の闇に近づきぬ 高須ちゑ
冬の雨嫁がぬひとの眉こゆし 藤木清子
冬の雨山毛欅一幹にいさぎよし 倉橋羊村
冬の雨岳寂光に雪降れり 沢木欣一
冬の雨崎のかたちの中に降る 篠原梵 雨
冬の雨嶽寂光に雪降れり 沢木欣一 雪白
冬の雨柚の木の刺の雫かな 蕪村
冬の雨椅子ひとつ神を喚びてをり 平井照敏 天上大風
冬の雨檜葉垣に見え初めにけり 良太
冬の雨滲みて届く喪のはがき 佐藤のぶ女
冬の雨田の刈株にくろく降る 川島彷徨子 榛の木
冬の雨田の面を青くしたりけり 圭史
冬の雨癒えし寝息にさそわれ寝る 古沢太穂 古沢太穂句集
冬の雨看護婦の話きいてゐる 藤木清子
冬の雨石を濡らせり情柔はく 松村蒼石 雪
冬の雨磐梯みせずふりにけり 久保田万太郎 草の丈
冬の雨花屋の全身呼吸かな 津田このみ
冬の雨越後鍛冶町銹色に 草村素子
冬の雨飼ふうろくづの玻璃くもる 柳芽
冬の雨鳥居をくぐると道曲り 新谷ひろし
勉強は一つ机や冬の雨 永井龍男
口開けて笑う羅漢に冬の雨 宇咲冬男
呼込んで豆腐買ひ居る冬の雨 温亭句集 篠原温亭
図書館にいてもいいけど冬の雨 高澤晶子 純愛
土に帰る藁の匂ひの冬の雨 影島智子
地釜より泡盛かほる冬の雨 飴山實 辛酉小雪
垣よりに若き小草や冬の雨 炭 太祇 太祇句選
垣越しの一中節や冬の雨 荷風
大輪のばら散りやすし冬の雨 西野まさよし
夫の燈妻の燈いろを頒てる冬の雨 柴田白葉女 雨 月
奴隷小屋ありし大地に冬の雨 仙田洋子 雲は王冠
妻が添ふ厠通ひや冬の雨 吉武月二郎句集
宵の間や羽織わするゝ冬の雨 能一
宵やみのすぐれて暗し冬の雨 太祇
帰る人泊つ人冬の雨の駅 稲畑汀子
思ひ来し湖北の灯なし冬の雨 五十嵐播水
惜みても余りある死や冬の雨 安原葉
戸一枚だけの灯もらす冬の雨 田中午次郎
戸締まりをすれば静かや冬の雨 高島 みどり
手入れ後の庭よそよそし冬の雨 佐藤啓子
持蓮華を片付けてをる冬の雨 山西雅子
捨犬の首輪の跡や冬の雨 松添博子
掃除しに上る二階や冬の雨 波多野爽波 鋪道の花
明かき方向いて髪結ふ冬の雨 温亭
末黄ばむ竹屋の竹や冬の雨 宵曲
来し人に手紙たのむや冬の雨 五十嵐播水 埠頭
枯木透いて屋根段々や冬の雨 阿部みどり女 笹鳴
染糸を炉上にほすや冬の雨 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
欅高し根笹を濡らす冬の雨 渡邊水巴 富士
武蔵野を横に降る也冬の雨 夏目漱石 明治二十九年
水漬きつゝ木賊は青し冬の雨 汀女
水音の野中にくれて冬の雨 支朗
永遠の待合室や冬の雨 高野ムツオ
油絵のたゞ青きのみ冬の雨 山口青邨
灰色の午後風そひぬ冬の雨 高木晴子
炭切りの跡は掃かれて冬の雨 永井龍男
煙突の煙棒のごと冬の雨 高浜虚子
煤たてて明治のらんぷ冬の雨 仙蓼
燭の焔は立ち蕭々と冬の雨 山口青邨
申訳なき忘れごと冬の雨 市川東子房
異国にて相寄る心冬の雨 村木記代
白樺のあれば明るく冬の雨 金箱戈止夫
真暗な海を見てゐる冬の雨 塚田正子
砂丘越え来て冬の雨路に降る 木村蕪城 寒泉
砂山のくまなく濡れぬ冬の雨 細川加賀 生身魂
磯馴松の実を青くしぬ冬の雨 長谷川かな女 花寂び
空の鳥籠篠つく冬の雨となる 成田千空 地霊
簑ぬいで温泉に入る人や冬の雨 楠目橙黄子 橙圃
紡績の笛が鳴るなり冬の雨 夏目漱石 明治二十九年
聳え立つ燈台冬の雨寄せず 金子麒麟草
荷もなうて柳やかろき冬の雨 亀世
葬列に駅長帽も冬の雨 亀井糸游
蓙帽子に子の名大きく冬の雨 佐野良太 樫
藁ぬれて山茶花残る冬の雨 室生犀星 魚眠洞發句集
藪の中暗くなりつゝ冬の雨 高濱年尾 年尾句集
蘭の香やここはどこの冬の雨 澁谷道
言ひつのる顔に鼻あり冬の雨 行方克巳
野菜庫ヘコックの傘や冬の雨 楠目橙黄子 橙圃
金沢に来て菓子買ふや冬の雨 細見綾子 天然の風
降りてきし地階も冬の雨感ず 秩父
霄やみのすぐれてくらし冬の雨 炭 太祇 太祇句選後篇
面白し雪にやならん冬の雨 芭蕪
音やみていまだも降れり冬の雨 日野草城
風のよな籾磨る音や冬の雨 菅原師竹句集
黒松に冬の雨ふる仁王門 柴田白葉女 花寂び 以後
冬雨が早める日暮「逃げる」なよ 鈴木六林男 第三突堤
冬雨に濡れし耳拭く拭きやめられず 川口重美
冬雨に濡れて歩くや孕み妻 吉武月二郎句集
冬雨に炬燵櫓をはたくかな 室生犀星 犀星発句集
冬雨の一と日一と日を息抜かず 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ 種田山頭火 草木塔
冬雨やうらなふことを好むさが 鈴木しづ子
冬雨や恋を包める黄八丈 長谷川かな女 花寂び
冬雨や道にさばしる*鞴の火 梅史
冬雨をふるうまで浴びし八つ手葉の陽がさせば境涯のごとくしずもる 浜田陽子
子なき友いま冬雨の紐ながし 龍太
屍の虫に冬雨の視線干す 蓬田紀枝子
湯の町や冬雨あがる宵の靄 西島麦南 人音
冬雨といふ物音の今四辺  高澤良一  石鏡
冬の雨明け方一度降ったきり  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:32 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯芭蕉

枯芭蕉

例句を挙げる。

けふの日がさし妻や芭蕉枯るゝや 宇佐美不喚洞
なか~に画師の庵の枯芭蕉 子規句集 虚子・碧梧桐選
保護色の蝶々が居たり枯芭蕉 富田潮児
俳禅窟そここゝに芭蕉枯れてあり 四明句集 中川四明
全うの一語に尽きぬ枯芭蕉 高澤良一 燕音 
執拗に大枯芭蕉見し目なり 岸田稚魚
大芭蕉枯れ居士林と扁したり 清崎敏郎
妻在らず枯芭蕉下の飢かすか 石田波郷
庫裡の前明るく芭蕉枯れにけり 高橋淡路女 梶の葉
建長興国禅寺破格の枯芭蕉 高澤良一 燕音 
悉く折れ悉く枯芭蕉 渕野 なぎさ
或る時は切り捨てんかと枯芭蕉 右城暮石 声と声
手を触るゝことなき芭蕉枯れつくし 右城暮石 上下
暦日や揺さぶりみても枯芭蕉 安住敦
枯芭蕉いのちのありてそよぎけり 草間時彦 櫻山
枯芭蕉いよいよ風のつきまとふ 隈元いさむ
枯芭蕉その枯れざまのつつがなし 渡辺恭子
枯芭蕉つつ立つ八方破れかな 沢木欣一 往還以後
枯芭蕉ばつさり切りし男立つ 青柳志解樹
枯芭蕉天に疵なくわれも癒え 下村槐太 天涯
枯芭蕉揺すりゐし人ゐなくなり 岩田由美
枯芭蕉日をかへすことなくなりぬ 佐々木有風
枯芭蕉枯しつばさを地に垂らし 林 徹
枯芭蕉枯菊その他あるまゝに 松本つや女
枯芭蕉神の狼藉啻ならず 松岡伊佐緒
枯芭蕉科人のごとひっそりと 赤羽 岳王
枯芭蕉誰にかも似し我も似し 菅裸馬
烈風の地の明るしや枯芭蕉 有働亨
犬が居るばかり枯芭蕉ちぎれかけ 下村槐太 天涯
眉月を引く明星や枯芭蕉 五十嵐播水 播水句集
禅寺にひそやかに立つ枯芭蕉 小寺正三
芭蕉枯るゝ音新たなる淑気かな 鈴木頑石
芭蕉枯れんとして其音かしましき 正岡子規
芭蕉枯れ周辺のものみな枯れぬ 安住敦
芭蕉枯れ萩枯れ吾に少しみどり 窪田丈耳
芭蕉枯れ骨のしんまで静かな日 関根青虹
近づきてどこやら青し枯芭蕉 岩木躑躅
風さへも関りもなく枯芭蕉 京極杞陽
風雪の前のいま見る枯芭蕉 篠田悌二郎 風雪前
破れ着の大燈国師めく芭蕉  高澤良一  燕音
枯れ三昧一人愉しみ居る芭蕉  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あきらかに寒鰤を抱く怒濤なれ 吉田紫乃
いのちかけて待ちゐし鰤や鰤来る 占魚
ころがされ蹴られ何見る鰤の目は 楸邨
さかりなる梅の真下を鰤場とす 篠田悌二郎 風雪前
それぞれの客を迎ふる鰤起し 小川濤美子
としの夜の鰤や鰯や三の膳 去来
はたた神騒ぐほどには鰤とれず 田保与一
ひとよりも死顔のよき鰤一尾 平井照敏 天上大風
ふるさとの鰤の届きて年つまる 渕 千鶴子
ほどくとも見えねど鰤の俵縄 惟然
むらさきに骨正月の鰤の塩 後藤夜半 底紅
めでたしな御子達からの台の鰤 召波
わたなかを火柱はしる鰤起し 町田しげき
エリカ咲く崎ふところの鰤場かな 杉山葱子
トロ箱の小さしと跳ねて寒の鰤 川上弥生
一匹づつ糶り移りゆく寒の鰤 茨木和生
一湾の気色立ちをり鰤起し 宮下翠舟
一網の鰤に賭けたる家運かな 公文東梨
一閃光初島は覚めぬ鰤おこし 及川貞 夕焼
七浦の鰤網を置く大うねり 杉浦 東雲
上げ潮の青波さわぐ鰤の市 桂樟蹊子
九鬼鰤場尾鷲鰤場と見はるかす 鈴鹿野風呂 浜木綿
二三言言ひて寒鰤置いてゆく 能村登四郎
二色の潮に股がり鰤場かな 榊冬至
伊豆の海すはや塞鰤五千貫 中勘助
佐渡の上に日矢旺んなり鰤起し 岸田稚魚 『負け犬』
俎の厚さたしかさ鰤載せて 和田祥子
八潮路のさはの鰤場や熊野灘 鈴鹿野風呂 浜木綿
初市の鰤差上げて糶りにけり 霜天
初市や鰤の目凍みて買はれゆく 杉本苑子
初鰤やほのかに白き大江山 季友
初鰤や橋立の文なまぐさき 遊糸
初鰤を獲たる鬨なり灘わたる 河北斜陽
剛の座は鰤大ばえに見えにけり 炭 太祇 太祇句選
加賀太鼓乱れ打つなり鰤起し 溝口青於
千枚田暮れてとどろく鰤起し 和田祥子
半島のだく一湾の鰤場かな 高木 一水
友情の能登荒海の鰤ぞこれ 相馬遷子 山河
地をはしる稲妻くらし鰤のころ 堀口星眠 営巣期
塩打ちし寒鰤の肌くもりけり 草間時彦
塩鰤の届くや飛弾の雪詰めて 今井茅草
塩鰤の市はみぞるゝ夕かな 江流
塩鰤も弥生尽なる片身かな 野村喜舟 小石川
夜に入りて木屑香たつ鰤起し 橋本 薫
大き手もて鰤つかみ佇つ老いし漁婦 柴田白葉女
大き素手もて鰤つかみ佇つ老いし漁婦 柴田白葉女 牡 丹
大俎歳暮の鰤と格闘す 有岡和子
大漁の鰤物語宿の冬 鈴鹿野風呂 浜木綿
大皿に平鰤海に夕日かな 内野修
大食のむかしがたりや鰤の前 炭 太祇 太祇句選
大鰤の口に噛ませて糶の札 たま江
大鰤をずばりと包丁始かな 菅野虚心
大鰤を手土産にして子の帰郷 山田紀子
女あり父は魚津の鰤の漁夫 高野素十(1893-1976)
寒桜鰤寄る潮のうちかすみ 水原秋櫻子
寒流に鰤網重く沈みゆく 小鵜
寒鰤のいづれ見劣りなかりけり 鈴木真砂女 生簀籠
寒鰤のどさりととどく朝の市 荻野輝子
寒鰤の一切のみの煙上ぐ 殿村菟絲子 『樹下』
寒鰤の目の美しさ揃へ売る 猪狩紫水
寒鰤の神のごとくに売られけり 平井照敏 天上大風
寒鰤は虹一条を身にかざる 山口青邨
寒鰤や飛騨を越え来し塩こぼす 中澤康人
寒鰤をおろす刃捌き活魚店 田原幹一郎
寒鰤を糶るや雄声の日本海 海野ふさ子
寝て起きて鰤売る声を淋しさの果 椎本才麿
山々の眠れる下の牟婁鰤場 鈴鹿野風呂 浜木綿
岬の灯をかき消す雪や鰤漁季 鈴木 花
岬荒るゝ夜も鰤番の灯のもるゝ 今村青魚
巻舌の濤の暗黒鰤起し 森田緑郎
市人や鰤たちひらき見得を切る 月尚
平鰤とは屋号のごとしと思い食う 堀之内長一
平鰤の黄線躍る漁火の底 ひらきたはじむ
年取の大鰤梁につるしたり 瀧澤伊代次
引く網の中をしづかに鰤廻る 遠藤冬村
引当てし鰤一本や歳の市 小野喬樹
強東風に鰤網おこす熊野びと 澤田緑生
息はずむゴム装束の鰤漁師 品川鈴子
担がれて届く大きな嫁御鰤 池田世津子
捧げもて氷見の初鰤とどきたり 井上雪
接岸の鰤船裸灯高く吊り 舘岡沙緻
数読んで鰤投げ出すや雪の上 萩男
敷網の内外の紺も鰤の海 皆吉爽雨
方寸の鰤のてり焼きうちかさね 前田普羅 能登蒼し
日の柱立つ寒鰤の定置網 神蔵 器
普陀落の大鰤なれば女体めく 宮武寒々 朱卓
本物は世に出たがらず寒の鰤 加藤郁乎
橋立や次第に重き丹後鰤 楓子
欣一と出て加賀の夜の鰤おこし 角川源義 『冬の虹』
正月用鰤積む暁けの船荷役 小原菁々子
気前よく飲んで寒鰤漁師達 金子 蜂郎
水仙花咲きたけて鰤うまきころ 鷹女
氷見川の河港焦がすは鰤の漁火 黒田桜の園
流人墓地みな壊(く)えてをり鰤起し 石原八束(1919-98)
浦嶋が手釣の鰤や庖丁箱 調和 選集「板東太郎」
浮丸太鰤大敷の形なす 鈴鹿野風呂 浜木綿
海流に鰤の潮来て重なれり 佐野まもる
海猫一階鳶は二階の鰤の風 鳥居おさむ
海荒るる鰤おもへりき患者食 石川桂郎 四温
港まで追ひ来る鴎鰤大漁 梅島 くにお
湯の山の魚屋に鰤床濡らす 石川桂郎
漁船の灯霧の波止の灯鰤荷役 小原菁々子
潮の紺鰤場つらぬきやまぬなり 皆吉爽雨 泉声
火の島の日和崩るゝ鰤起し 土屋仙之
灯ともして鰤洗ふ人や星月夜 子規句集 虚子・碧梧桐選
灯台を境に鰤の漁場を割る 井田立秋
灯明きに水菜と鰤の血を置きて 右城暮石 声と声
炬燵して飛騨鰤談義一頻り 高澤良一 随笑 
父祖の地の住み難きかな鰤起し 今牧茘枝
猫の耳ぴくりぴくりと鰤起し 秋武つよし
畦道や鰤五七駄を年の物 鸞路
白衿に針はこぶ夜の鰤起し 井上雪
百の鰤並べて市場始かな 成江洋
真向ひに立山のある鰤場かな 東雲
真東に真向きの番屋鰤の海 峠
石州の狭き入江に鰤荷上げ 水本祥壱
砂山の歌碑に日矢立つ鰤起し 伊藤京子
立働く見えつ鰤船沖を指す 中島斌男
立山の偉を正したる鰤起し 有馬朗人
立山の襞引き締めて鰤起し 蔵 巨水
立山も能登もゆさぶり鰤起し 蔵巨水
笹みどり鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎
笹緑鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎 金澤百句
箱ごとに揺れるよ詰めし鰤跳ねて 品川鈴子
箱橇の鰤の荷のゆく鉄砲町 下田稔
簾かく辺波に鰤場遠からず 鈴鹿野風呂 浜木綿
糶札を啣へ目をむく能登の鰤 長谷川閑乙
紀の駅は鰤を跨ぎて席を得つ 米沢吾亦紅 童顔
紺碧の海に育ちし鰤の色 飯島正人
網走の古き曲輪に鰤を糶る 柿山寺
老衲に鰤一本の御年玉 森永杉洞
能登人に待たれてをりし鰤起し 柿島貫之
腹のまだ動ける鰤を波止に糶る 上崎暮潮
舟底に跳ねつぐ鰤や漁始 河北斜陽
舟板に怒れる鰤の血潮かな 卯星
船配り見えてはるかに鰤場らし 上村まつみ女
茶畑の空はるかより鰤起し 飯田龍太
虹の脚怒濤にささり鰤湧く湾 楠美函葩
血潮濃き水にしなほも鰤洗ふ 山口誓子
裏口におろす荷鰤の尾が見えて 桂信子 黄 瀬
裸灯に鰤の白腹百数ふ 細見綾子 雉子
西の岡鰤ことづかる坊主かな 京-苑扇 元禄百人一句
谷戸深く猟男の棲めり鰤起し 石川桂郎 高蘆
身代を賭けし大敷鰤を待つ 逢坂月央子
車人や鰤たちひらき見得を切る 小松月尚
鎌倉の八幡前を鰤運ぶ 裸馬
防人が平鰤となる領土かな 鈴木孝信
陽を中に引きしぼりゆく鰤の網 星野恒彦
隠岐の雲ただならぬあり鰤起し 昆野草丘
雪やむやすなはち青き鰤生簀 細川加賀 生身魂
雪冷えの手先しんしん鰤を截つ 鈴木真砂女 夕螢
青潮のもまれ躍れり鰤と見ゆ 里石
順々にお詰め下さい鰤起し 永末恵子 留守
頭なき鰤が路上に血を流す 誓子
風待の舳艫相打つ鰤起し 和田祥子
首断たれ鰤夕焼を吐き出せり 熊谷愛子
骨正月鰤の頭を刻みけり 野村喜舟
鰤あがり漁港は昼も夜もにぎはふ 岡田日郎
鰤あぐる島の夕べを時雨けり 臼田亞浪 定本亜浪句集
鰤あげ場提灯をどる男の肩 細見綾子
鰤かつぎ込みたる浦の始発バス 森山暁雲
鰤が人より美しかりき暮の町 加藤楸邨
鰤きるや桃花が雪にあるやうに 松瀬青々
鰤くれてかの弟子いまも駅づとめ 亀井糸游
鰤と蜜柑夕日どやどや店に入る 小原俊一
鰤にまだ一旬といふ海の色 出島かず江
鰤に良き潮荒れとこそ漕ぎ勇み 水見句丈
鰤のあら買ひてしみじみ浜育ち 田中英子
鰤の口この一年をしめくくる 高澤良一 ぱらりとせ 
鰤の子のさばしる夏に入りにけり 矢島渚男 船のやうに
鰤の尾に大雪つもる海女の宿 前田普羅 能登蒼し
鰤の尾を提げて立ちけり年の暮 水田正秀
鰤の海沖津白波加へけり 水原秋櫻子
鰤の腹広し文箱の入れ所 来山 (妓婦に寄す)
鰤の頭ひようひようと雪の庭に 奥山甲子男
鰤は去り山に蜜柑の花が咲き 藤後左右
鰤は太り秋刀魚は痩せて年の暮 鈴木真砂女 夕螢
鰤を並べ甍は月を忘れざる 宮武寒々 朱卓
鰤を割く船旗が窓にぎつしりと 宇佐美魚目
鰤を吊り大橋の袂なり 岡井省二
鰤を待つ氷見に大きな秋の虹 古舘曹人 樹下石上
鰤を糶る少年すでに魚臭し 高橋柿花
鰤並べ糶市いまだ人入れず 片町一男
鰤売の娘も見たく上りけん 一扇
鰤季の波の瞠く日本海 堀口星眠 営巣期
鰤寄せの撒き餌はじまり島九月 前島たてき
鰤届く能登の荒磯の藻屑つけ 三宅郷子
鰤截つも明日たのめなきくらしとも 鈴木真砂女 夕螢
鰤揚げてより節分の海荒るる 早崎 明
鰤敷にとまる鴎の朝ぼらけ 森田峠 三角屋根
鰤敷にまとひ居る藻もか黒なる 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷に八重の高浪たゝみ来る 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷に賭けて今年も島を出ず 長谷川回天
鰤敷の怒濤を前に飯を喰ふ 福西正幸
鰤敷や波にやゝ立ち浮丸太 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷や海荒れぬ日は山荒るる 西本一都 景色
鰤敷や船炉焚きつれ朝起船 西本一都 景色
鰤敷や隣鰤場も指呼の中 鈴鹿野風呂 浜木綿
鰤敷や雪の降り込む舟焚火 桑田青虎
鰤敷をあぐる金剛裸身かな 本田一杉
鰤景気見られず能登の凪つゞき 松尾緑富
鰤来るか夜雨の潮の香のつのり 斉藤土舟
鰤来るや夜を限りなき雪の声 小田 司
鰤来るや大雪止まぬ越の岬 羽田岳水
鰤漁やをとこの五体しぶきつつ 平井あい子
鰤漁師沖はひつくりかへれると 茨木和生 三輪崎
鰤糶るや雪の吹き入る喉仏 佐々木勇三郎
鰤糶るや鰤に隠るる台秤 一男
鰤網に大きな波の立ち上り 上村占魚
鰤網に月夜の汐のながる見ゆ 柯城
鰤網に縋る蟹あり夜明けつつ 吉沢卯一
鰤網のいま攻め刻や船かしぎ 山口 順子
鰤網の浮標燃ゆ釣瓶落しかな 石原八束
鰤網の見えて港に入りにけり 前田普羅 能登蒼し
鰤網や伊豆山権現波駆りて 水原秋桜子
鰤網をこす大浪の見えにけり 前田普羅 能登蒼し
鰤網をしづめ太平洋曇る 石原義輝
鰤網を干すに眼こはし濱烏 原石鼎
鰤網を揚ぐる舸子らに雪しまき 松尾緑富
鰤網を揚ぐ濡れし胸のけぞりに 松林朝蒼
鰤網を敷きしその夜のしんの闇 下田稔
鰤網を敷く海くらし石蕗の花 秋櫻子 (越中、灘浦)
鰤網を納屋にをさめて春惜む 鈴木真砂女 生簀籠
鰤網を越す大浪の見えにけり 普羅
鰤肥り白磁のごとき胸を揃ふ 墨石
鰤育ちゐるや雲母のごとき海 堀口星眠 営巣期
鰤舟のかかる青海真下にす 山口青邨
鰤船に一湾ゆらぐ能登の暁 日阪昌子
鰤船の師走を帰る響灘 庄司圭吾
鰤荷ふ中間殿にかくれけり 其角
鰤衆の湖中綱曳ただ叫ぶ 本多静江
鰤裂きし刃もて吹雪の沖を指す 彰志
鰤見ては泣き*ほうぼうを見ては泣き 岸本尚毅 舜
鰤起しずしりと重き露伴集 中西舗土
鰤起しと見る間に虹をかかげたる 菖蒲あや
鰤起し一つとどろく佐渡泊り 高木良多
鰤起し体言止めに至るかな 石田時次
鰤起し入江に波をたたせけり 森田 峠
鰤起し大佐渡小佐渡つらぬけり 皆川盤水
鰤起し奇蹟のごとく虹かかり 菖蒲あや あ や
鰤起し巻雲立ちし隠岐の島 久保茘枝
鰤起し悪人の名に虚子あげて 茨木和生 倭
鰤起し旅寝の手足まだ覚めず 奈良文夫
鰤起し杉山檜山色褪せぬ 阿波野青畝
鰤起し沖は鋼の色深む 北見さとる
鰤起し海抜ゼロの町揺する 篠田悦子
鰤起し白山へ雨ともなひ来 新田祐久
鰤起し程よき時化となりにけり 田中田吉
鰤起し米山さんの辺りより 江島つねを
鰤起し腹に徹りて風邪癒えぬ 加藤楸邨
鰤起し軒につかへて沖高し 本多静江
鰤起し連れて漁船の戻り来し 稲畑廣太郎
鰤起し鷹は小猫を狙ひをり 仙田洋子 橋のあなたに
鰤雑煮父母の故郷に縁なしや 茘枝
鰤飛て鰹躍るや師走の賦 米仲
黒潮のその色なせる鰤を揚ぐ 前田 鶴子
黒潮は鰤場鰤場を経ていたる 長谷川素逝
妻は鰤わたしは平目熱帯夜  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

襟巻

襟巻

例句を挙げる。

ふはふはと襟巻の師よ合掌す 松村蒼石 雁
ゆるやかに老の襟巻したるまま 深川正一郎
一望怒濤の襟巻でする頬被 斎藤玄
伯林の時の襟巻いまは派手 山口青邨
先生を見舞ふ襟巻はづしけり 鈴木しげを
古い襟巻をかへず妻に昂つたこと言ふ 梅林句屑 喜谷六花
妻春の襟巻雨を寒がりぬ 高橋馬相 秋山越
家鴨追ふ襟巻をして帽子着て 細見綾子
屍行き紅襟巻の夫人蹤く 石田波郷
明眸や藍襟巻の一抹に 島村元句集
春めくや襟巻もせぬ小買物 高濱年尾 年尾句集
桂郎の赤き襟巻畦の数 秋元不死男
母の喪に母の襟巻して籠る 八染藍子
汽車にねむる襟巻をまきかへにけり 川上梨屋
狐の襟巻まかり通るよ寄りがたし 玉川行野
生きもののふるひ立つ毛の襟巻す 赤松[ケイ]子
紙漉女襟巻のことを私話めけり 萩原麦草 麦嵐
自愛せよとて襟巻をして別れ 深見けん二 日月
花冷えのコンドル無垢の襟巻す 高澤良一 随笑 
草餅や襟巻かたき湯治人 青峰集 島田青峰
著ぶくれることも慣れゐて襟巻も 高浜年尾
行末や襟巻のうち息溜めて 草間時彦 櫻山
襟巻が知つてる私の独り言 石川文子
襟巻が赤くて帰支度かな 岸本尚毅 選集「氷」
襟巻と手袋買つて年忘れ 田中冬二 若葉雨
襟巻にこころききたる盲かな 飯田蛇笏 山廬集
襟巻につつみ余れる杣の顔 前田普羅
襟巻にふつつりつぐむ思ひかな 中村汀女
襟巻に一片浮ける朱唇かな 原石鼎
襟巻に傷ある人の寒の紅 福田清人 麦笛
襟巻に包むコンサートの余韻 畑湘甫
襟巻に巻かれて首の突つ立てる 矢島渚男 延年
襟巻に末滴む鼻もかくれけり 小澤碧童
襟巻に消えたる雪や一の午 春草
襟巻に老いて澄む目やかなしきまで 加藤楸邨
襟巻に頸華やぎて細かりし 田中暖流
襟巻に首引入れて冬の月 杉風
襟巻の中からのぞく夕日山 前田普羅 春寒浅間山
襟巻の中からのぞく野の夕日 前田普羅
襟巻の人の中なる戦災者 石塚友二
襟巻の人をつれたる自衛官 岸本尚毅 舜
襟巻の奥より光るイヤリング 稲垣一雄
襟巻の浅黄にのこる寒さかな 蕪村
襟巻の片端垂らし思想もつ 工藤克巳
襟巻の狐が抱くナフタリン 桃澤正子
襟巻の狐くるりと手なづけし 中原道夫
襟巻の狐の貌は別に在り 高浜虚子
襟巻の狐をミサの膝の上 長田等
襟巻の眼ばかりなるが走りよる 五百木飄亭
襟巻の紅きをしたり美少年 尾崎紅葉
襟巻の貂我が庭で獲りしもの 植松千英子
襟巻の銀狐獣の爪をもてり 岸風三楼 往来
襟巻ふかく夜の水鳥に立たれけり 大野林火
襟巻やうしろ妻恋坂の闇 小川千賀
襟巻やしのぶ浮世の裏通り 永井荷風
襟巻やほのあたたかき花舗の中 中村汀女
襟巻やまた旅に出る講釈師 吉井勇
襟巻や一誌を持てば蔑まれ 石原八束 黒凍みの道
襟巻や一語言へねば数百語 加藤楸邨
襟巻や亡秋月の人となり 道芝 久保田万太郎
襟巻や寒さはなれぬぼんのくぼ 小杉余子 余子句選
襟巻や寺の忰の僧きらひ 河野静雲 閻魔
襟巻や小手指の野に没日見て 鈴木しげを
襟巻や思ひうみたる眼をつむる 飯田蛇笏 山廬集
襟巻や早や漁火は沖に満つ 中村汀女
襟巻や毛皮ぞろぞろ念仏寺 川崎展宏
襟巻や氷の国のけものにて 徳永山冬子
襟巻や猪首うづめて大和尚 村上鬼城
襟巻や畜類に似て人の耳 西島麦南 人音
襟巻や罷めても村の生字引 河原白朝
襟巻や蒲柳の質の顔よけれ 喜谷六花
襟巻や鼕々梅里金太郎 増田龍雨 龍雨句集
襟巻をきつく我身をはげましぬ 田中裕明 先生から手紙
襟巻をひらひら若さひらひらと 長谷川 耕畝
襟巻をふんまへあるき彼岸媼 河野静雲 閻魔
襟巻を厚くたたみし会議かな 日原傳
襟巻を垂らして女自動車より 高濱年尾 年尾句集
襟巻を巻きなほしつつ風抜くる 小野 茂川
襟巻を炎やして大根曳きにけり 萩原麦草 麦嵐
襟巻を買ひおろしけり酉の市 増田龍雨 龍雨句集
襟巻を贈りくれたる四人の名 高浜年尾
襟巻を長く垂らして鹿の前 田中裕明
襟巻深く汝の眼瞑みたり 石塚友二 方寸虚実
襟巻翁茂吉先生に似しに合ふ 水原秋櫻子
襟巻自若肺癌と知る顔ならず 石塚友二
車内燈点き襟巻の瞳に狼狽あり 原田種茅 径
退潮の疾き夜の襟巻深く 原田種茅 径
雨にひま茶所の翁は襟巻を 高濱年尾 年尾句集
霧ひらく赤襟巻のわが行けば 西東三鬼
風の夜の僧の襟巻借りて出づ 川村皓一郎
お使ひに母のマフラーしてゆきぬ 梶山伊勢子
お辞儀してマフラー垂れて地上かな 池田澄子 たましいの話
ふりかへるマフラーの尾の火となれり 浦川聡子
もう戻れないマフラーをきつく巻く 黛まどか
マフラーが欲しからまつの夕景色 鈴木しげを
マフラーで首筋鎧ひ週はじまる 奈良文夫
マフラーにただびとの貌有髪僧 平井さち子 鷹日和
マフラーに星の匂ひをつけて来し 小川軽舟
マフラーに風の矛先面接日 大木あまり 山の夢
マフラーのあたたかければ海を見に 大串章 百鳥 以後
マフラーのあづけものあり父の墓 大木あまり 火球
マフラーの尾を曳き寄せて吾子を抱く 上田日差子
マフラーの無地旧友の為人(ひととなり) 高澤良一 鳩信 
マフラーの白さを惜しげなく垂るる 行方克巳
マフラーの白にとびつく野のひかり 赤尾冨美子
マフラーの端をいたづらしてをりぬ 行方克巳
マフラーの緩く何ものをも許し 三宅隆
マフラーの色のいろいろ下校の子 瀬谷博子
マフラーの蛇なせるパリ土産 今井竜蝦
マフラーやうれしきまでに月あがり 岸本尚毅(1961-)
マフラーや銀座新宿人違ふ 高田風人子
マフラーをして植木屋と打合はす 谷口摩耶
マフラーをてふてふ結び腕相撲 こしのゆみこ
マフラーをはずせば首細き宇宙 対馬康子 愛国
マフラーを大きく巻いて死にたしと 大木あまり 雲の塔
マフラーを巻いて己れといふ荷物 渡辺二三雄
マフラーを投げれば掛かりさうな虹 ふけとしこ 鎌の刃
マフラーを撥ねて強気を通しけり 西村和子 かりそめならず
マフラーを落とし童女に呼ばれけり 亀割 潔
モコモコのマフラーにある応援歌 二村典子
似かよいし柄のマフラー通学路 高澤良一 寒暑 
別れ来しまなうらにマフラーの色 片山由美子 水精
地中海見たしマフラーをかるく巻く 鎌倉佐弓
外泊の首マフラーの中にあり 金子秀子
寒桜緋のマフラーを巻き直し 高澤良一 素抱 
巻き直すマフラーに日の温みあり 岡本眸
恋人を待つマフラーをゆるく巻き 柴原保佳
手術痕いたはる夫の絹マフラー 広田恵美子
望郷の乾いた風マフラーす 畠山あさみ
林中にマフラーの赤走り入る 松尾隆信
池中海見たしマフラーをかるく巻く 鎌倉佐弓 水の十字架
河豚値切るマフラー頸に刎ねあげて 鈴木真砂女 夕螢
派手なマフラー被せる車席の米袋 高島茂
淋しからねどマフラーに顔うづめ 片山由美子 水精
清潔で派手なマフラーしてをりぬ 西村和子 夏帽子
無造作に白きマフラー草城忌 岩井秀子
義民ならずマフラー首にまつはるのみ 香西照雄 対話
観潮やマフラー一つ手にしたる 岸本尚毅 舜
赤いマフラー届きし島の定期便 対馬康子 吾亦紅
銀座ここも都電なくなるマフラー購ふ 鈴木栄子
雪夜子にかぶすマフラー裏につぎ 古沢太穂 古沢太穂句集
青春前期マフラーの色ブルー 上田日差子
風の子となるマフラーの吹流し 上田五千石 田園
手に取りぬただ何となくこのマフラー  高澤良一  石鏡
首筋にマフラー絡めカーフェリー  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

敷松葉

敷松葉

例句を挙げる。

あらあらと見えて疎ならず敷松葉 清崎敏郎
おとなりの一中節や敷松葉 永井荷風
ころがりて来し毬止まる敷松葉 副島いみ子
つくばひに充たせる水や敷松葉 増田龍雨 龍雨句集
ふく風の極月めきや敷松葉 道芝 久保田万太郎
むかうの戸開けし人あり敷松葉 星野立子
やがて立入禁止となりしか敷松葉 山中葛子
よく見れば時雨れてゐるや敷松葉 安田蚊杖
上京や雨の中なる敷松葉 鷲谷七菜子
加ふるに風強き日の敷松葉 稲畑汀子
北向の庭にさす日や敷松葉 永井荷風
地下足袋の鞐ほつるる敷松葉 橋本榮治 越在
塀外の浮世はせはし敷松葉 阿部みどり女 笹鳴
墓小さくして敷松葉してありぬ 星野麦丘人
天台の一庭園の敷松葉 掘 みのる
山茶花の散りて幾日や敷松葉 松宇家集 伊藤松宇
庭石の裾のしめりや敷松葉 高浜虚子
御降や濡れ色つくす敷松葉 大場白水郎 散木集
捨石や霜に朽にし敷松葉 松寸 選集「板東太郎」
敷松葉してどの部屋も静かなり 下田実花
敷松葉して方丈の大障子 中田黄葉子
敷松葉して松かさも散らしあり 皆吉爽雨
敷松葉らくな日和といひにけり 岡井省二
敷松葉上ぐるに東風の強きかな 増田龍雨 龍雨句集
敷松葉光琳笹を配したる 山田弘子 こぶし坂
敷松葉匂ひて雨の躙り口 星野椿
敷松葉噴井はいつも溢れをり 星野立子
敷松葉母が意気地のとこしなへ 齋藤玄 飛雪
敷松葉石悉く由ありげ 篠塚しげる
敷松葉節分さむき日なりけり 久保田万太郎 流寓抄
敷松葉雪をまじへし雨となり 久保田万太郎 流寓抄以後
料亭の昼深閑と敷松葉 藤松遊子
日のぬくみ重ねて露地の敷松葉 山崎治子
木戸を押す今日の客あり敷松葉 富安風生
木賊むら箒いれ居り敷松葉 保田ゆり女
水豊かにて敷松葉浮松葉 辻田克己
波の音ときどき高き敷松葉 川崎展宏
石蕗の葉の青々と敷松葉かな 古川芋蔓
祖父在りて抱かれし頃の敷松葉 都筑智子
神の池風が揃へし敷松葉 香下 寿外
腰窓の障子灯る敷松葉 富安風生
門入りて玄関見えず敷松葉 高田風人子
離れ家の障子灯さる敷松葉 山田節子
霜除る菊の小庭や敷松葉 井月の句集 井上井月、下鳥勲編
クレッシェンド、デクレッシェンドの散松葉  高澤良一  さざなみやつこ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

懐炉

懐炉

例句を挙げる。

うつそみの懐炉抱きて墓をがむ 木村蕪城 一位
みぞおちの懐炉があつし川を見る 田中午次郎
むら肝のおとろへを知る懐炉かな 阿波野青畝
をかしさや糸に連らなる懐炉灰 野村喜舟 小石川
一点が懐炉で熱し季節風 日野草城
三十にして我老いし懐炉かな 正岡子規
下腹の懐炉のほかの春寒し 永井龍男
中尊寺までの懐炉を買うてをり 下條杜志子
京に着く頃には懐炉ほつこりと 波多野爽波 『一筆』以後
他郷にて懐炉しだいにあたたかし 桂信子 黄 炎
使ひ捨て懐炉死ねば即座に剥がさるる 栗林千津
使ひ捨て懐炉買ひため年用意 角川春樹
優曇華に夏はも懐炉あてて病めり 森川暁水 淀
入れて来し懐炉があつし映画館 及川貞
八月の懐炉仕入れて飢饉年 八牧美喜子
午過ぎの机に書記の懐炉かな 比叡 野村泊月
古妻の懐炉臭きをうとみけり 日野草城
句をえらみてはちかむ死か銀懐炉 飯田蛇笏 雪峡
名刹の朝まだき訪ふ懐炉かな 宮武寒々 朱卓
喝采に少しずれたる紙懐炉 吉田寿子
夜をもどる勤めかばんに懐炉灰 大島民郎
夜祭を見にゆく懐炉配られて 下山宏子
夫婦して同じ病の懐炉かな 菱川柳雨
子を打ちて懐炉はみ出す母の腰 平井さち子 完流
寒菊を懐炉を市に求めけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
少婢は馴れて母の夜の懐炉匂はす 梅林句屑 喜谷六花
年老いぬ懐炉を買つてくれしより 長沢石猿
息づくに背の懐炉火梅の坂 皆吉爽雨 泉声
愛情のほのぼのとある銀懐炉 飯田蛇笏 雪峡
懐炉あつしレンブラントの絵を過ぎて 大木あまり 火のいろに
懐炉さめて上野の闇を戻りけり 正岡子規
懐炉してこたびは雨の法然院 仲村美智子
懐炉して心優しくなりて居り 小泉礼子
懐炉して臍からさきにねむりけり 龍岡晋
懐炉すら坑内の掟と許されず 佐藤秋月
懐炉にて焼きし火傷の深かりし 平野信義
懐炉ぬくとく校正とどかうりなく終へて戻る 人間を彫る 大橋裸木
懐炉二つ残る寒さを歩きけり 前田普羅
懐炉入れて淋しく試験受けにけり 五十嵐播水 播水句集
懐炉冷えて上野の闇を戻りけり 正岡子規
懐炉抱きおのが一語にこだはりし 河野南畦 湖の森
懐炉抱き名刺持たざること久し 新津静香
懐炉掌に黒川村の能終る 角川源義
懐炉肩に怒らせ行くよ良寛寺(良寛の住みし国上山にのぼる) 角川源義 『秋燕』
手燭して懐炉の灰をさがしけり 蘇山人俳句集 羅蘇山人
探梅の臍に 懐炉の火の一点 伊丹三樹彦
文才をいささかたのむ懐炉かな 上田五千石 風景
旋盤に目据え懐炉の火を育つ 米沢吾亦紅 童顔
日のいつか昇りゐたる懐炉かな 藤田あけ烏 赤松
明けくれの身をいたはれる懐炉かな 高浜虚子
晩成を期してもみたる懐炉かな 三田きえ子
暖のすけとは熱からぬ懐炉の名 後藤比奈夫 めんない千鳥
朝の木ほつそり濡れてゐる窓に懐炉をはたく 人間を彫る 大橋裸木
松風の中なる人の懐炉かな 岸本尚毅 舜
柴又を一人あるきの懐炉かな 青木綾子
流氷や旅の鞄に紙懐炉 奈良千代子
爪先に懐炉を入れてハイヒール 相馬沙緻
父の忌の朝より母の懐炉灰 石川桂郎 含羞
牛飼の胴巻ふくれ銭・懐炉 太田土男
登校の子の隠し持つ懐炉かな 月足美智子
短い人生もう懐炉入れてゐる 八坂洵
碁好き和尚懐炉を借りて戻らるゝ 野村喜舟 小石川
神鹿のひづめさびしき懐炉かな 大木あまり 火のいろに
窈窕と春や懐炉を常抱く 大石悦子 百花
竹情の温石花意の懐炉かな 菅原師竹句集
笑はれて懐炉抱く夜の初時雨 長谷川かな女 雨 月
紅裏の少し焦げたる懐炉哉 星野麦人
老妓ともいはるゝはずよ懐炉負ひ 下田実花
老骨の背中に入るゝ懐炉かな 池内たけし
肩に手を置かれて腰の懐炉かな 池田澄子 たましいの話
背に腹に懐炉を入れて吟行す 筒井 淳介
腰にせる懐炉大事に松も過ぎ 岸風三樓
自刃の間懐炉もつとも熱かりし 北見さとる
若き日の女犯の罰の夏懐炉 河野静雲 閻魔
茶の席に懐炉をだきて加賀の国 中山純子
銀懐炉まだなきがらの懐に 長谷川櫂 虚空
銀懐炉恋たんのうす奴かな 飯田蛇笏 霊芝
風邪引けば散薬をのむ懐炉哉 小澤碧童 碧童句集
鶴を追ふ旅の懐炉は背にもえて 赤松[ケイ]子
家々に柿温石を抱くごとし 太田土男
母なくて夜々の温石妻も抱く 細谷源二 砂金帯
温石がころがり出でし父の老い 今瀬剛一
温石にひたと硯の主泣く 雑草 長谷川零餘子
温石のさめぬうち也わかなつみ 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
温石のただ石ころとなりにけり 野村喜舟
温石の冷えて重しや座業了ふ 木附沢麦青
温石の抱き古びてぞ光りける 飯田蛇笏 霊芝
温石の百両握るふゆの月 黒柳召波 春泥句集
温石や人にすすむる武玉川 龍岡晋
温石や衾に母のかをりして 小林康治 四季貧窮
温石を手首に結へ大根引 高濱年尾 年尾句集
温石を焼きし渚に舟繋ぐ 久保 武
温石を焼く火とぼしき夜更かな 鎌倉静林
竹情の温石花意の懐炉かな 菅原師竹句集
草庵に温石の暖唯一つ 高浜虚子
隅つこの座もよし温石ぬくめいる 富田潮児
それではとものは試しの紙懐炉  高澤良一  石鏡
紙懐炉そんな齢では無けれども  高澤良一  石鏡
中越地震三句
地震襲ふその轍(テツ)忘れ紙懐炉  高澤良一  石鏡
懐炉などみっともないが取り敢えず  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-18 00:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング