2014年 12月 20日 ( 14 )

霧氷

霧氷

例句を挙げる。

いつ触れし霧氷の一枝髪にあり 山岸 治子
しづかなる浅間浮べぬ霧氷林 相馬遷子 雪嶺
ひと夜さを咲耶姫来て霧氷山 松本千鶴子
やゝ太くなりたる枝の霧氷かな 下前 早田水
クリスタルハートの男女霧氷林 八木三日女 赤い地図
フルートの指の優しさ春霧氷 文挟夫佐恵 雨 月
一山の裾の裾まで霧氷して 山田弘子
一草も霧氷八時に世が始まる 古館曹人
分水嶺未生の春の霧氷顕つ 文挟夫佐恵 雨 月
初霧氷ならむ蔵王の粧ふは 百合山羽公
動きをり霧氷の底の青きもの 加藤知世子 花 季
口中に刃ものの匂ひ霧氷林 坂巻純子
咲くといふ言葉のありし霧氷かな 橋本博
噴煙のある火口壁霧氷濃し 平野 竹圃
夕映に一禽去らず霧氷林 大森三保子
大日輪霧氷を折りて手にかざす 山口誓子
家亡びつつあり霧氷花ひらく 有馬朗人 母国
寒凝つて霧氷日に散る音きこゆ 相馬遷子 山河
嶺の霧氷どこより消ゆるどこでもよし 加倉井秋を 『欸乃』
待つことのときに静かに霧氷林 伊藤敬子
御来迎霧氷一片だに散らず 岡田貞峰
抽んでし氷湖の芦に霧氷かな 奥田智久
旭光に枝張る霧氷白珊瑚 福田蓼汀
明くるまで月光宿る霧氷林 田村恵子
昏睡の父に庭木の霧氷咲く 相馬遷子 山河
暁光の落葉松林霧氷咲き 水原春郎
暮れなんとして雁坂の霧氷光 宇咲冬男
月光の草にも霧氷咲きゐたり 朝倉和江
朝寝して霧氷は天にもどりけり 大島民郎
朝焼の雲の触れゆく霧氷林 山田弘子
朝餉終ふ間にあとかたもなき霧氷 篠田悌二郎
此処よりは雲の流域山毛欅霧氷 伊藤いと子
水楢の霧氷を散らし四十雀 小松崎爽青
水漬く樺霧氷の岳と夜明けたり 白澤よし子
浅間嶺に忘れ霧氷や紅玉婚 西本一都
清冽に日の言葉あり霧氷咲く 岸秋渓子
火の山に日の当り来し霧氷かな 溝口紫浪
烈風の日矢薙ぎゆくや霧氷林 小林碧郎
牧かこむ鉄条網も霧氷かな 山本歩禅
由布が嶺の霧氷手にとる如く見ゆ 高濱年尾 年尾句集
眠れねば白狐いざなふ霧氷林 野澤節子
神々の衣ずれ天に霧氷ちる 太田 昌子
禽けもの睡るくらさの霧氷林 堀口星眠 営巣期
空青くなりてふたりの霧氷林 仙田洋子 雲は王冠
立ちまじる樅のみくらし霧氷林 根岸 善雄
紫水晶輝りに春暁嶺の霧氷 文挟夫佐恵 雨 月
肩揺りあげ鷲が占めたる霧氷の座 鷲谷七菜子 銃身
草霧氷由布の日高く高くあり 中村田人
荒岳に滾つ湯地獄霧氷咲く 石原八束
輝けば消ゆる他なき野の霧氷 加倉井秋を 『真名井』
轟々と霧氷の天を星渡る 野中亮介
醜草となりて霧氷の解けにけり 稲畑汀子
野の星に朝の輝き霧氷散る 中野東峰
限りなき薄羽降らせて霧氷林 金箱戈止夫
霧氷ならざるは吾のみ佇みぬ 稲畑汀子(1931-)
霧氷の森人容れるたび星殖やす 加倉井秋を 『真名井』
霧氷の森鉈研ぎ覚す水硬し 進藤忠治
霧氷咲き微塵のひかり天に満つ 相馬遷子 山國
霧氷咲き町の空なる太初の日 相馬遷子 雪嶺
霧氷咲き笠雲かかる忍野富士 伊東宏晃
霧氷咲くカムイ夢みるときありて 成瀬桜桃子 風色
霧氷咲く石鎚山に年移りをり 吉野義子
霧氷林あらたまの日を捧げたり 藤田湘子
霧氷林さまよひゆかば果つるべし 野澤節子 『存身』
霧氷林ぬけて焼岳より来しと 福島吹斗
霧氷林三日月紐の如く飛び 岡部六弥太
霧氷林全容見せて来し朝日 小林草吾
霧氷林嬰児が泣きて華やげり 大類孝子
霧氷林日を得て沼の瑠璃極む 角川源義
霧氷林満月青き暈をもつ 栗原政子
霧氷林無色無音の時の中 川崎俊子
霧氷林獣の跡の途切れをり 浦田 宏
霧氷林透きとほる吾かと思ふ 前田野生子
霧氷林鳥の声無きことをふと 佐藤艸魚
霧氷林鳴らす尾越の風の鞭 渡会昌広
霧氷界翔ちたる鳥の色を追う 大山安太郎
霧氷解け貧しき草に戻りけり 工藤いはほ
靄こめてさ揺らぎもなき霧氷林 一田美恵子
風向きに霧氷の育つ道標 加藤ひろみ
髭草の一葉~も霧氷かな 松藤夏山 夏山句集
おうおうと樹氷も並び寒念仏 小島洪資
この谿の春の樹氷や窓近み 石橋辰之助 山暦
しき鳴くは樹氷の山に何の鳥 三好達治 路上百句
ひとひらの雲燃え樹氷暮れにけり 望月たかし
よぎりゆく影の固さや樹氷林 石田阿畏子
オーロラは天の羽衣樹氷立つ 澤田緑生
コバルトの湖の覗ける樹氷かな 谷口白葉
七つ星樹氷の空をありくなり 中川宋淵
両界へつらなりて樹氷せる 大西淳二
人といふこの小さきもの樹氷原 森田桃村
光の玉樹氷に隕ちつ地に弾く 石橋辰之助 山暦
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
咲く樹氷雲ひとひらの空のもと 石橋辰之助 山暦
大いなる金星いでし樹氷かな 加藤三七子
年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯 太田 蓁樹
心なき吾が木ら樹氷かがやかせ 細谷源二 砂金帯
敲くべき扉はなくて樹氷界 平畑静塔
日ぞ落ちし樹氷さまよひ息はずむ 石橋辰之助 山暦
暮れてなほ銀色の帆に樹氷群 佐川広治
月を背の樹氷を山の魔像とも 瀬川蟻城
朝はまづ樹氷のもとに温泉を汲む 木村蕪城 寒泉
朝日うけ色のうまれし樹氷林 樹生まさゆき
楡樹氷落葉松樹氷牧夫住み 石井とし夫
極光が結ぶ樹氷の夜明あり 藤浦昭代
樹氷いま鳴れば一山鈴の音に 長沼三津夫
樹氷の奥で青い化石になっている 齋藤白砂
樹氷ぱりぱり触れてのぼりぬ遠嶺見に 及川貞 夕焼
樹氷また鳥を放てり雪熄むか 大島民郎
樹氷今雫となりぬ雀たち 丸山比呂
樹氷凝る汝は何の木と知れじ 山口誓子
樹氷原わが白息の生臭し 渡辺恭子
樹氷持ちかへると童折りて待つ 山口波津女
樹氷林いまだ覚めざる日をかゝげ 高濱年尾 年尾句集
樹氷林にたそがれはなくすぐ暮るゝ 安元しづか
樹氷林にも日溜りのありて佇つ 嶋田摩耶子
樹氷林はぐれ鴉が来て漂ふ 岡田日郎
樹氷林むらさき湧きて日闌けたり 石橋辰之助 山暦
樹氷林めぐりて風が地より起つ 河野南畦
樹氷林咳をするとき身のひかり 寺田京子 日の鷹
樹氷林声なき木霊空に充ち 伊東宏晃
樹氷林照り成人を祝ぐ日なり 米谷静二
樹氷林生きて出てくる愚か者 水谷仁志子
樹氷林男追ふには呼吸足らぬ 寺田京子
樹氷林白を豪華な彩と知る 福田小夜
樹氷林睫毛しぱしぱと日を仰ぐ 石川桂郎 含羞
樹氷林細く鋭く日の流れ 岸田稚魚 筍流し
樹氷林踏みかがやきて一路あり 依田由基人
樹氷林青き天路に出てしまふ 平畑静塔
樹氷林黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
樹氷照りロッキーの冬揺ぎなし 有働亨 汐路
樹氷笛吹きおんなの老いは背後から 寺田京子 日の鷹
樹氷群黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
母泊めて樹氷とあそぶ火を創る 栗林千津
烈風に影をみじかく樹氷立つ 望月たかし
百本の樹氷に月の青雫 加藤耕子
真日照るや樹氷に冥き空の色 内藤吐天
眼底に樹氷の像や立ちくらむ 相馬遷子 山国
瞑むれば樹氷林ゆく霧の音 羽部洞然
窓の灯は樹氷を照らし橇をてらす 石橋辰之助 山暦
立ち去らねば樹氷とならむ吾もまた 大橋敦子
美しき朝の始まる樹氷林 北村多打志
耐へがたき真闇樹氷をおしたてる 石橋辰之助 山暦
荒霧を払ふ樹氷が他を統べし 岸田稚魚 筍流し
落つる日の嶺をはしれる樹氷かな 石橋辰之助 山暦
蒼穹に日はうちふるへ樹氷満つ 石橋辰之助 山暦
薄き日へ樹氷のかかぐ白十字 羽部洞然
虫の息でジャコメッティの樹氷たち 田川飛旅子 『山法師』
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亞浪 定本亜浪句集
谿削がれ月明にあり樹氷林 宮下白泉
身の修羅を封じ切つたる樹氷かな 渡辺恭子
身を出づる息ひとすぢや樹氷林 岡田貞峰
雪原の風遠し樹氷晶々と 内藤吐天
風鳴れば樹氷日を追ひ日をこぼす 石橋辰之助 山暦
夕詣り灯ともりそめし木花かな 岡井省二


以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

白菜

白菜

例句を挙げる。

4Bで描く白菜の断面図 浦川 聡子
きしませて白菜漬くる岳颪 池田悦子
さりながら保留白菜透き通る 櫂未知子 蒙古斑
しろがねの白菜として完結す 辻美奈子
そむくことなき白菜を縛る紐 金子高遠
キリストのうしろ白菜真二つ 波多野爽波 『一筆』
ラジオ分解楽しや母は白菜剥ぐ 香西照雄 素心
丸洗いする白菜と腕時計 永瀬千枝子
人ごみに会ふ白菜を抱く妻と 橋本榮治 麦生
何のむなしさ白菜白く洗ひ上げ 渡邊千枝子
凍て土ゆ凍て白菜を捩ぎ取りぬ 林原耒井 蜩
受くべしや白菜は汝が胸もとへ 林原耒井 蜩
塩と白菜母の晩年わが手中に 磯貝碧蹄館 握手
大白菜かがやく芯に刃を入るる 村田脩
妻は若さを漬け込む白菜ギチギチ詰め 高桑弘夫
寄道せずに朝日くる妻と白菜ヘ 磯貝碧蹄館 握手
寄鍋の白菜雪のごとくなり 山口青邨
山の神と云はれ白菜漬上手 渡辺恭子
年末もちかい 白菜きりみだしてある 吉岡禅寺洞
幻のごとし白菜漬け終り 北原志満子
従軍僧黙り白菜陽にちゞれ 石橋辰之助
愛されてゐて白菜を割りにけり 金田咲子
星うたげせり白菜を漬けし夜は 千代田葛彦
暖冬の巻かぬ白菜あちこちと 戸田 利枝
武蔵野や流れをはさみ葱白菜 臼田亞浪 定本亜浪句集
水あがる白菜夜雲真珠色 石田あき子 見舞籠
水霜を浴びて白菜緊まりけり 青畝
洗はれて白菜の尻陽に揃ふ 楠本憲吉
洗ひ上げ白菜も妻もかがやけり 能村登四郎 咀嚼音
洗われて白菜の尻まな板に 四十物敦子
灯の洩れるあかるさ拾ひ白菜売 中山純子 沙 羅以後
王ならむわれに不眠と白菜と 高橋たねを
病名ふたつ白菜畑のまくらがり 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
白菜が積まれ落書したくなりぬ 加倉井秋を 午後の窓
白菜きざまむ音階高きピアノ購はむ 藤後左右
白菜と夜目に運びて年用意 中村汀女
白菜に体温移る抱きごころ 鳥居おさむ
白菜に包丁ざくと沈みけり 稲畑廣太郎
白菜に塩ふる「火の鳥」火を絶やさず 磯貝碧蹄館 握手
白菜に塩ふる齢重ねけり 千原満恵
白菜に顔寄せて持ちはこぶ子ら 前田典子
白菜のかたちに霜の白きこと 高田保
白菜のきくきくと漬けこまれけり 石原沙人
白菜の一圃の翠抜ん出たり 石塚友二 方寸虚実
白菜の一山値札つきさして 深見けん二
白菜の一枚づつの白さの差 阿波野青畝
白菜の一株にして一かかへ 吉田きよ子
白菜の切口甘き厨かな 河合 甲南
白菜の呼吸仏事の深みにて 栗林千津
白菜の夜干しの芯の浅黄色 土田日露史
白菜の大海原にひろがれり 大石雄鬼
白菜の孤独 太陽を見送つている 吉岡禅寺洞
白菜の尻ふたつある銃後かな 田中信克
白菜の尻ふたつづつ束ねらる 嶋田麻紀
白菜の山に身を入れ目で数ふ 中村汀女
白菜の山一指もて糶られけり 池田風比古
白菜の玉なしけぶる高師野や 太田鴻村 穂国
白菜の積み残されて家は留守 前田忠男
白菜の積荷かがやき動き出す 井上美子
白菜の芯までとろけ夫を待つ 上尾ヤス子
白菜の芯まで濃尾日和かな 梅村半醒
白菜の荷が着き南京町の朝 鈴木寿美子
白菜の荷をおろしゐる法降寺 角光雄
白菜の鉢巻内を充すために 香西照雄 対話
白菜の黙ひとつづつ括りゆく 西村梛子
白菜は甘くあしたは恐ろしき 櫂未知子 蒙古斑
白菜めがコケコツコって鳴きやがらあ 中村ヨシオ
白菜やつむじ二つの赤ん坊 石口光子
白菜やところどころに人の恩 阿部完市
白菜や小鉢の渦の藍濃ゆく 今泉貞鳳
白菜や釈迦牟尼堂の点るなり 五島高資
白菜わづかに干してここの運河に一家族 古沢太穂 古沢太穂句集
白菜をさつく~と鍋用意 高木晴子 花 季
白菜をざくと二つに春近し 林原耒井 蜩
白菜をどかと仏へ飛鳥人 高澤良一 ねずみのこまくら 
白菜をむさぼり嘘を吐かぬ男 林原耒井 蜩
白菜を切りてぞ頒つ二月尽 林原耒井 蜩
白菜を割る激浪を前にして 大野林火
白菜を四つに割りて干せる縁 山形黎子
白菜を山積みにして富士隠す 能村研三 騎士
白菜を抜きて抱きし露まみれ 林原耒井 蜩
白菜を抱へゆく肘やはらかく 石原舟月
白菜を洗ひて日なたぬらしをり 小沢青柚子
白菜を洗ふ双手は櫂の冷え 大木あまり 火のいろに
白菜を漬けしばかりに暮れゆけり 石田あき子 見舞籠
白菜を漬けて曠野に生きんとす 加藤楸邨
白菜を煮て絹のごと西行忌 赤松[ケイ]子
白菜を真二つ芯の黄色かも 嶋田得山
白菜を紙にくるめば吉良の首 島津城子
白菜を翼はづせるごとく剥く 宮坂静生
白菜を買ふふつくらとした手かな 石田勝彦 秋興
白菜を赤子のやうに抱いてくる 野木桃花
白菜を軒に並べて農閑か 矢頭萩花
白菜を離島の如く採り残す 能村研三
白菜割り妻の閑日華やかに 古館曹人
白菜坊主むずと結い上げ次の株へ 赤城さかえ句集
白菜干すおてんとさんに尻向けて 高澤良一 随笑 
白菜括りの遂に腰切ることもなし 赤城さかえ句集
白菜括ると胯倉歩きに三十路嚊 赤城さかえ句集
白菜括る夕べは富士の現つ気配 赤城さかえ句集
白菜洗う死とは無縁の顔をして 寺田京子 日の鷹
白菜洗ふ一切洗ふ女の手 中村明子
白菜洗ふ孫の下着も脱がせたく 香西照雄 対話
白菜洗ふ死とは無縁の顔をして 寺田京子
白菜漬うましと死期まだ知らぬ母よ 川村紫陽
白菜食べどき妻がたてしよ膳の脚 磯貝碧蹄館 握手
百鬼みな白菜となり姥捨山 栗林千津
真二つに白菜を割る夕日の中 福田甲子雄
真二つに白菜断てばあな美し 福田蓼汀 山火
葱根深大根白菜底曇 石塚友二 光塵
蕪白菜なかの一個の朴氏かな 高橋たねを
藁の尾が跳ねて白菜括られゆく 赤城さかえ句集
藁をもて結はれ白菜玉いそぐ 石塚友二
農民の偏食 白菜 玉を巻いている 吉岡禅寺洞
鍋煮立つしゆんと白菜放り込む 星野椿
閻王が斎の白菜ひた白し 藤田湘子
雨情忌の詩碑に白菜供へあり 西本一都 景色
頤を括りし農婦に白菜括られゆく 赤城さかえ句集
鹿の世に清きものあり白菜哉 寺田寅彦

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬菜

冬菜

例句を挙げる。

*えりしぐれ渚は菜屑ゆりかへし 関戸靖子
あかつきの冬菜はおのが影に伏す 古舘曹人 砂の音
あさみどり濃みどり綾に冬菜畑 星野立子
あつめたる山水鳴らし冬菜洗ふ 楸邨
あまり青き冬菜の畑に歩み入る 下村槐太 光背
いさゝかの冬菜なれども間に合ひぬ 松本つや女
うすうすと容なす富士冬菜畑 根岸善雄
かす~の身過ぎうたてし冬菜生ゆ 雑草 長谷川零餘子
ここに又影の如くに冬菜かな 岸本尚毅 舜
こぼれ種の方がよく伸び冬菜畑 長崎小夜子
さかしまに樽置き上に冬菜置き 高浜虚子
さし籠る葎の友か冬菜売り 松尾芭蕉
しみじみと日のさしぬける冬菜かな 久保田万太郎
たゞ歩むこゝろ無惨の冬菜かな 杉山岳陽 晩婚
ちよんちよんと菜屑の隙へ寒の禽 嶋田麻紀
ちゞれ葉をうちかさねたる冬菜かな 銀漢 吉岡禅寺洞
つちかへどなほくたれ葉の冬菜かな 銀漢 吉岡禅寺洞
ともどもに摘みて味はふ冬菜かな 芦角 俳諧撰集「藤の実」
どかどかと又賑やかに菜屑来る 橋本鶏二
どんたくの波止一片の菜屑浮く 野見火ひふみ
はるばると見えて冬菜を洗ふ家 向山隆峰
ひつかかる菜屑に水のわかれゆく 上村占魚 球磨
ひとり生く為の冬菜をひた刻む 石川文子
ふる里に残りて老いて冬菜漬く 河野 伊早
やまみづの痕に冬菜を萌えしむる 瀧春一 菜園
カナリヤと分つ冬菜を洗ひけり 栗林千津
クレーン立つ仕切り距てて冬菜摘む 小笠原須美子
ヘリコプター冬菜の青き上飛ぶ音 右城暮石 声と声
ポケットにすぐに手を入れ冬菜売 嶋田麻紀
マンシヨンに八百屋来てゐし冬菜買ふ 稲畑汀子
一つかかへて二つをこぼす冬菜婆 今瀬剛一
一畝は残してありし冬菜かな 高浜喜美子
一話済みたる洗場抜菜屑 関森勝夫
二畝の冬菜そだてて母老いぬ 船越 幸子
二畝の冬菜を鶏の食むまゝに 高浜虚子
人のかげ冬菜のかげとやはらかき 桂信子
仏恩や菜屑も不捨御取越 石井露月
体温計はさみて冬菜甘く煮る 谷口桂子
光る冬菜妻子泰き日いつかあらむ 古沢太穂 古沢太穂句集
児が蒔きし冬菜のみどり新学期 樋笠文
六十に少し間のある冬菜畑 野見山ひふみ
冬川の菜屑啄む家鴨かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬月と菜屑うかべて川せかれ 飴山實
冬菜かけて雨戸一枚しまりをり 清原枴童 枴童句集
冬菜きざむ音はや鶏にさとられゐて 野沢節子
冬菜きざんで母がゐなかからきてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
冬菜たち 手をあげ あらあらしい朝日です 吉岡禅寺洞
冬菜とる天地のぬくみ一身に 大中誉子
冬菜に塩ふつて輝く路地の日よ 菖蒲あや あ や
冬菜まつさお犬醜きも愛さるる 寺田京子 日の鷹
冬菜より円光となりわが子の朝 松澤昭 神立
冬菜二三行抹消の詩句に似て 上田五千石 森林
冬菜割り妻豁然と冬に向ふ 古館曹人
冬菜喰む兎すなほな目をもちて 高岡静子
冬菜売老の眼鏡の紐むすび 石川桂郎
冬菜屑ちらけし手操り渡舟かな 西本一都 景色
冬菜抱き僧いくたびか畦を越ゆ 対馬康子 愛国
冬菜提げ影歪みをり持ちかふる 莵絲子
冬菜束ほどけば水に散るみどり 甲斐羊子
冬菜桶戸口におきて共同湯 佐野美智
冬菜沿ひずんずん下りて一乗寺 高澤良一 宿好 
冬菜洗うざつくり月がはいつてくる 鮫島康子
冬菜洗ふあたりの濡れて昼の月 蒼石
冬菜洗ふことに一途や絶えて泣かず 鈴木真砂女 夕螢
冬菜洗ふ泉底より暮れゆける 手島靖一
冬菜洗ふ波紋を交はし嫁どうし 成田千空 地霊
冬菜漬け瀬音澄みゆく室生村 吉澤卯一
冬菜漬け終り全身きしきしす 菖蒲あや
冬菜漬の重石たひらに夜が沈む 嶋田麻紀
冬菜畑かすかに住めば生きてゆく 雑草 長谷川零餘子
冬菜畑ついばむに委せあり 高槻青柚子
冬菜畑より突き出でて藁の楷 宮田正和
冬菜畑わが家に朝の光ふる 長谷川草々
冬菜畑同じ本読む姉妹 田中裕明
冬菜畑月の出おそくなるばかり 遠藤悠紀
冬菜畑踏ん込み空気銃打てり 石塚友二 光塵
冬菜畠へ旅のごとくに行く老婆 北原志満子
冬菜等も爛熟すべきとききたり 百合山羽公 故園
冬菜舟櫂ひらひらと漕ぎ出でぬ 那須 乙郎
剥がれ飛ぶ干し和紙冬菜畑撫でる 奈良文夫
勧請縄真下に風の冬菜畑 関戸靖子
十勝野の一劃青し冬菜畑 鮫島交魚子
十字架山一畝の冬菜かがやけり 下村ひろし
合掌建つなぐ乏しき冬菜畑 加藤岳雄
喪の家の前美しき冬菜畑 吉本 信子
園丁の暮しの冬菜畑あり 高木晴子
地下足袋に指先つめて冬菜洗ふ 沖田佐久子
壁土の日がざらざらと冬菜干 白岩 三郎
夕暮の改札通る冬菜かな 一町田愛子
大学の裏門を守り冬菜守り 山口青邨
大寒や兎は菜屑こぼしつづけ 加藤かな文
大望に遠く杭ぜに菜屑溜る 成田千空 地霊
女の手冬菜を洗ふとき撓ふ 井上雪
妻ヘシュプレヒコール降る愛情の冬菜畑 山岡敬典
婆々の背や没り日ぐるみに冬菜負ひ 加藤さぶろ
孵化場にをとこの煮炊き捨冬菜 石川文子
家々と冬菜畠に比叡聳え 波多野爽波 鋪道の花
小流れに菜屑流るる二月かな 鎌倉博史
山峡の冬菜畑と海すこし 阿部みどり女
山川に流るゝ菜屑小正月 清原枴童 枴童句集
山畑の冬菜の色も雨のなか 田沼文雄
己が手をしばらく叩き冬菜干す 長谷川双魚 『ひとつとや』
市の冬菜往きつ戻りつ遂に購ふ 原田種茅 径
引き際の鴨が菜屑を食みをりし 関戸靖子
影ふんで冬菜蒔く妻あきつのよう 黒川憲二
待つのみの生涯冬菜はげしきいろ 寺田京子 日の鷹
散らかれる縄や菜屑やすぐき宿 星野立子
旭がとどく冬菜みどりを滴らす 柴田白葉女 遠い橋
明日糶る冬菜積まれて土間暮るる 菖蒲園
曳売りの婆の冬菜の目分量 猪爪登美子
月の出や冬菜が四方八方に 岸本尚毅 鶏頭
月光に冬菜のみどり盛りあがる 篠原梵 雨
朝寒や菜屑ただよふ船の腹 杉田久女
果無の山ふところの冬菜畑 中宮 喜代子
柳散り菜屑流るる小川哉 正岡子規
柵や菜屑とかゝり烏賊の腸 西山泊雲 泊雲句集
桶踏んで冬菜を洗ふ女かな 正岡子規
棒入れて冬菜を洗ふ男かな 正岡子規
武家門の中に必ず冬菜畑 遠藤梧逸
武蔵野の冬菜あかりをわたる鐘 侃
残りゐる冬菜に風の集まれる 嶋田一歩
母の忌の水の上りし冬菜漬 菖蒲あや あ や
母の背に風があつまる冬菜漬 橋本榮治 麦生
母現れて冬菜を洗ふ飛鳥川 佐川広治
比叡よりの玉の水来る冬菜畑 金坂豊
水を切る冬菜に当る日暫く 松藤夏山 夏山句集
水底にある流速よ冬菜はしる 加藤秋邨 まぼろしの鹿
水門や菜屑葱屑流れ寄る 寺田寅彦
水馬の渦に入り来しもの今は菜屑 島村元句集
水鳥や菜屑につれて二間程 正岡子規
洗ひあげし冬菜言葉を待つごとし 栗林千津
洗ひ場に菜屑散らばる遅日かな 矢島艶子
流れゆく冬菜一片墓柵ぞひ 柴田白葉女 遠い橋
流元に茶かす菜屑の氷り付く 寺田寅彦
浄瑠璃寺門前市に購ふ冬菜 猿渡たつ子
浅川の杭ぜ~の菜屑かな 西山泊雲 泊雲句集
海に尽く一村冬菜濃かりけり 鷲谷七菜子 花寂び
海を背の人形蔵や冬菜吊る 藤木倶子
清明や菜屑へ土をかけてをり 嶋田麻紀
湖のたゞ中にして菜屑かな 大橋櫻坡子
湖を見下ろしにして冬菜畑 石田郷子
漁婦等の落涙湾を漂ふ冬菜屑 斎藤玄
漬けてなほ博多の冬菜みづみづし 樺島政尾
潮騒ぐ海女の小さな冬菜畑 田中 蛙村
火の山のふところひろく冬菜畑 西村数
火の山の高曇りゐし冬菜かな 鴻司
火の山を動かぬ雲や冬菜引 村上光子
火山灰曇り湾へ傾く冬菜畑 延平いくと
猫いまは冬菜畑を歩きをり 高浜虚子
百姓の玉と抱へし冬菜かな 深見けん二
盆地すつぽり太陽に向き冬菜畑 青柳志解樹
盛りあがる一坪ほどの冬菜かな 阿部みどり女 笹鳴
砂丘きて負籠の中の冬菜青し 澄雄
突つ張つてゐたる冬菜の茹で上る 河野美奇
笛つくることの遊びや冬菜屑 古館曹人
籬よりもみづみづ冬菜家を巻く 篠原梵 雨
絹の道なべて日当る冬菜畑 市橋千翔
綴衣に八日は過ぎつ冬菜畑 齋藤玄 飛雪
縫ひ疲れ冬菜の色に慰む目 杉田久女
美しく耕しありぬ冬菜畑 高浜虚子
胸に抱き日当る方へ冬菜移す 菖蒲あや
舟住みの濃き血縁や冬菜くづ 有馬朗人 天為
舟唄や水棹にからむ花菜屑 増田富子
船頭が座布団かかへ冬菜畑 山尾玉藻
花束のやうに冬菜を抱いて来し 成海 静
茹で上げし冬菜の湯気が顔を撫で 西村和子 夏帽子
荒波の間近に蒔きし冬菜かな 汀女
菜屑など散らかしておけば鷦鷯 子規句集 虚子・碧梧桐選
菜屑捨てしそこより春の雪腐る 寺田京子
葉牡丹の屑と菜屑と道に踏む 木村蕪城 寒泉
蟹ちりに煮込む但馬の冬菜かな 山田弘子
谷里や冬菜畑を美しく 尾崎迷堂 孤輪
谷隔てあひ傾ける冬菜畑 福田蓼汀 山火
買物はいつも夕ぐれ冬菜畑 石川文子
運河濃く冬菜の青のただ一条 三谷昭 獣身
野に大雪も来よとおもふ冬菜を漬ける 中塚一碧樓
鉄塔は見えね冬菜の野に青む 太田鴻村 穂国
門川に菜屑あをあを女正月 鍵和田[ゆう]子
門川や冬菜洗へば用なささう 青畝
開戦の眼に沁むばかり冬菜の霜 田川飛旅子 花文字
阿武隈川の鉄橋下の冬菜畑 石川文子
陵と冬菜の間通りけり 原田喬
陽を溜めて土手の冬菜のみづみづと 緒方 みち子
隠れ家のごとく戸を閉づ冬菜畑 鍵和田[ゆう]子
雪の冬菜男鍬ついて立てりける 杉風
雲に雲乗せて明るき冬菜畑 小川江実
露ながる冬菜ポストヘ昨夜の文 下村槐太 天涯
韃靼の海へつらなる冬菜畑 佐川広治
風を待つ舸子等冬菜を買戻る 福本鯨洋
風吹くと冬菜畑の匂ひかな 岸本尚毅 選集「氷」
風呂敷をのぞく冬菜に車内の眼 原田種茅 径
高千穂の鬼が冬菜を担ぎ来る 佐川広治
髪の毛一筋水にひかれり冬菜漬 中拓夫 愛鷹
髪一すぢ水にひかれり冬菜漬 中拓夫
鶏の嘴(はし)に氷こぼるる菜屑かな 加舎白雄(1738-1791)

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:43 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

河豚

河豚

例句を挙げる。

あとからあとゝ俥下りるや河豚の宿 大場白水郎 散木集
あぶなゑの大皿のあり河豚の宿 田中冬二 俳句拾遺
あら何ともなや昨日は過ぎて河豚汁 芭蕉
いつまでも菊咲かせたり河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
うたがへば妻まことなし鰒に酌む 飯田蛇笏 山廬集
うちうみに土用波なし子河豚釣る 下村槐太 光背
おとなしく女河豚が抱かれくる 萩原麦草 麦嵐
おとろへや河豚食ひよどむ四十より 幸田露伴 江東集
かくもうすきひとひらにして河豚かな 徳永山冬子
かくも長き二十世紀や河豚吊るす 仙田洋子 雲は王冠
かりそめの河豚の友とはなりにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
かゝる酔あるとは知らず河豚に酌む 山田庄蜂
けふの日の詰れば河豚の灯がともり 後藤夜半
けふばかり人つかひよし河豚汁 白麻
これよりの玄海荒れて河豚の旬 是木 二楽
そなへある大虎河豚や午まつり 河野静雲 閻魔
その籠の河豚たびたまへ観世音 中勘助
それ見たか全く鰒の蝶の夢 呑獅
ためらはず河豚喰ひ宝籤を買ふ 石川桂郎 含羞
とら河豚の命の際を売られけり 梶山千鶴子
どこを風が吹かとひとり鰒哉 一茶
なには女にみのつまさるる鰒の宿 飯田蛇笏 雪峡
ひよこと浮く河豚の怒りのおぽつかな 中勘助
ふくらみの怒りぶりよき河豚を買ふ 加藤知世子
へつこみの河豚提灯にありにけり 粟津松彩子
べつたりと河豚を載せたる秤かな 岸本尚毅 舜
ぽんぽんに脹らめる河豚初市に 柳澤和子
まくらがりなる河豚宿の鼾かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
まつぴるま河豚の料理と書いてある 京極杞陽 くくたち上巻
まなかひに門司の霞めり河豚供養 谷藤弘子
まなじりの一方がつり河豚中り 城後眉下
みとりゐる漁師ばかりや河豚中り 並木
めら~と燃ゆる火急や河豚汁 露月句集 石井露月
もち月の其きさらぎに鰒はなし 蕪村遺稿 冬
もののふの河豚にくはるる悲しさよ 正岡子規
ものゝふの河豚にくはるゝ悲しさよ 子規句集 虚子・碧梧桐選
やがて座も河豚雑炊に終りけり 高浜年尾
よく晴れて河豚の痺れはなかりけり 仙田洋子 雲は王冠
よす瀾につる鰒なくやあきのかぜ 飯田蛇笏 春蘭
ストライキ礦夫博多へ河豚食ひに 成瀬正とし 星月夜
一卓がインテリけなす河豚の鍋 不死男
与謝の海松わたる陽に鰒釣るる 宮武寒々 朱卓
世なりけり木曽の梯(かけはし)河豚汁 露沾 選集「板東太郎」
世の中や月にむら雲鰒に毒 闌更
中りたる河豚の話に尾鰭なく 稲畑汀子 汀子第三句集
五十年の命を河豚に取られたり 赤木格堂
人ごゝろ幾度河豚を洗ひけむ 炭 太祇 太祇句選
人の世を河豚の眼玉のにらみけり 寺田寅彦
人の愚は我が愚に如かず河豚汁 露木爪弾
人中に嘲られをり菜種河豚 小林康治 四季貧窮
人事と思ひし河豚に中りたる 稲畑汀子(1931-)
人情を卑しみひとり河豚を食ふ 瀧 春一
人間も毒持つてをり河豚祀る 山田真代
今朝鰒を命の内に暮れにけり 玉夕 選集「板東太郎」
佐殿に文覚鰒を進めけり 黒柳召波 春泥句集
佛法を謗つて河豚と生れけむ 石井露月
供養河豚ふてぶてしくてかなしくて 鈴木真砂女
供養河豚跳ねて読経の席和む 山口富美
俎の木目うるはし河豚つくる 城草
僧と医の兄弟河豚の皿を中 赤松[けい]子 白毫
充分にしあはせな過去河豚を煮る 古賀まり子
先帝祭針千河豚もおちようちん 百合山羽公
其むかし鎌倉の海や鰒やなぎ 蕪村遺稿 冬
冬の部に河豚の句多き句集哉 正岡子規
冬凪に冥き沖あり河豚干さる 高本松栄
冷えきりし旅の顔もて河豚を見る 細川加賀 生身魂
凩に鰒ひつさげて高足駄 泉鏡花
出さるれば河豚もまゐりて和尚さま 河野静雲 閻魔
初場所も近しと干すや河豚の鰭 大島民郎
初東風の河豚提灯を買ひにけり 野村喜舟 小石川
初糶や跳ねては河豚の高値呼ぶ 木屋四風子
初鰒は目をひらきをり袋糶 石原八束 仮幻の花
別れの灯せめて明るく河豚の宿 高木晴子 花 季
包丁の前を通りて河豚の座へ 井沢正江
占へば*ぜいこう河豚に咎なし 子規句集 虚子・碧梧桐選
口あけて河豚うかびくる梅の下 小原菁々子
号泣哄笑絶叫無数の河豚の腹へ 八木三日女 赤い地図
吉川英治余墨一巻河豚喰はな 石川桂郎 高蘆
命も哉ひとつは君に鰒汁 濯心子 選集「板東太郎」
品川鰒形や恥じる茶屋女 昌夏 選集「板東太郎」
国貞の描ける女河豚の宿 田中冬二 俳句拾遺
土佐沖の毒無し河豚も旬といふ 川田長邦
壇の浦を見にもゆかずに河豚をくふ 高濱虚子
声そへて高く抛れり供養河豚 松沢恭子
声とんでゐて咋日から河豚の海 原田喬
売るも買ふも駈引き河豚の腹太し 鈴木真砂女 夕螢
夏みかんに霜除け笹し河豚の宿 田中冬二 若葉雨
夢は蝶命あるものを見るに鰒もなし 丸石 選集「板東太郎」
大皿にくくと鳴くあり河豚供養 赤松[ケイ]子
大皿の模様の透けり河豚刺身 塙 きく
大輪の河豚の刺身の美しく 豊東 蘇人
大雅堂観て鰒を喰ふ旅なごり 石原八束 空の渚
大鰒や不二を真向に口明て 一茶
太鼓こそなき人の形見鰒の皮 笑水 選集「板東太郎」
女将の哀歌河豚の花びら灯に透いて 原子公平
妹がりに鰒引さげて月夜哉 一茶 ■文政八年乙酉(六十三歳)
子を持つて河豚の仲間をはづれけり 幸田露伴 江東集
子を連れて戻れと護符の供養河豚 浜井六迦
客僧や河豚よばれ来た顔をつるり 静雲
家の内に丁稚が一人河豚の毒 碧童
寒き夜のいづこかに散る河豚の毒 能村登四郎 有為の山
寒月や我一人行く河豚の客 雨山楼
寒波来る虎河豚は斑を誇りとし 鈴木真砂女 夕螢
寒雀一つは河豚の顔したる 中拓夫
巡業の力士迎えぬ河豚供養 名和三幹竹
帰らめや鰒喰はぬ家によせし身を 黒柳召波 春泥句集
床払折詰の河豚煮立ちけり 石川桂郎 高蘆
庖丁の前を通りて河豚の座へ 井沢正江 湖の伝説
座について待つ間の茶菓や河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
怒る前の河豚の顔とはこんなもの 大木あまり 火球
思出や河豚の主盟の故感来 河野静雲 閻魔
恨み佗ひ河豚食うて寝る夕かな 尾崎紅葉
息つめて西方を向く赤目河豚 広治
手を切ていよいよにくし鰒のつら 榎本其角
手を打つて死神笑ふ河豚汁 矢田挿雲
拙しと鰒は思はん人の顔 一茶
捨てられ河豚けもののごとく目つぶれり 山口草堂
捨魚籠に外道の河豚の啼きにけり 白岩 三郎
支那街のはづれ干しある河豚の鰭 町田しげき
放生しじみ礫と投げて河豚供養 及川 貞
放生しゞみ礫と投げて河豚供養 及川貞 夕焼
放生のしばらく浮きし膨れ河豚 山内 一甫
放生の河豚しばらくは波枕 森田峠 逆瀬川以後
放生の河豚にあつまる卯浪かな 横山房子
放生の河豚を追ひかけ紙卒塔婆 曽根圭子
放生の河豚現はれて沈みけり 小川千賀
放生河豚ひれ振りゐしが沈みけり 貞永八十二
故郷へ死にゝ帰りしや河豚の友 村上鬼城
散華して南無河豚仏と供養する 水原秋桜子
散華札貼ればほとけや供養河豚 中村石秋
敷石のながしの井戸や河豚洗ふ 喜舟
方丈のあらうことかや河豚中り 小松月尚
星あかり驕れる河豚を黄に染むる 軽部烏帽子 [しどみ]の花
春の雷とどろく海へ河豚供養 皆川盤水
時化てゐて明るき沖や河豚供養 岸田稚魚
月星の相触るる夜の河豚づくし 能村登四郎
月蝕など見ず河豚鍋をつつきけり 高井北杜
朝の海捨てられて河豚滴れる 原 裕
朝の海河豚捨てられて滴たれる 原裕 葦牙
朝網の河豚三宝に先帝祭 大坪文子
来ぬ人をげにもとやいふ鰒汁 遊林 (百人一首切句)
来年の事言へば鰒が笑ひけり 正岡子規
果てし夏河豚提灯は海へ蹴り 原裕 葦牙
梅の春鰒かくばかり白かつし 高井几董
横たわる河豚に中りし寝棺かな 河野静雲 閻魔
死ぬ奴の方がまちがひよ河豚汁 滝井孝作 浮寝鳥
毒舌の鋭さ増せり河豚酒 福田貴志
水揚げの河豚に鳴く声ありにけり 児玉輝代
沖かけて花ぐもりせり河豚供養 水原秋櫻子
沖荒れに虎河豚売れてしまひけり 竹冷句鈔 角田竹冷
沖遠し青年が釣り河豚鳴けり 西東三鬼
河豚(ふくと)程ふくのやうなる物はなし 上島鬼貫
河豚あたり一つ話となりにけり 高浜年尾
河豚あらふ水のにごりや下河原 其角
河豚くうて尚生きてゐる汝かな 高浜虚子
河豚くはぬ人さへもまた夢なれや 成美
河豚くふて尚生きてゐる汝かな 高浜虚子
河豚さしの甘さが酒を深うせり 上村占魚 『玄妙』
河豚さしの花の大輪はがし食ふ 占魚
河豚さしを絵皿の花鳥より剥がす 吉屋信子
河豚しらず四十九年のひがごとよ 黒柳召波 春泥句集
河豚たべし夜はそよそよとマチ歩く 橋田サカエ
河豚ちりの白子とけゆく雪の夜 橘棟九郎
河豚つりや海にきはだつ山の雪 中村史邦
河豚で死ぬことうそでなき寒さかな 久保田万太郎 草の丈
河豚と言ひためらひちらとその人に 原三猿子
河豚に死にし噂の人に逢ひにけり 関谷嘶風
河豚のやうに腹を立たするあげ麩かな 服部嵐雪
河豚の中の一つが泣きぬくらき雪 原コウ子
河豚の友そむき~となりにけり 村上鬼城
河豚の友二たび三たび会しけり 露月句集 石井露月
河豚の友時をうつさず集ひけり 龍雨
河豚の吻(くち)つき嘘ばっかしといふごとし 高澤良一 燕音 
河豚の味すぐ尻馬を言ひにけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
河豚の宴吏をまつ雨の乗用車 宮武寒々 朱卓
河豚の宿女ばかりに迎へられ 上村占魚 鮎
河豚の座に女交れり夜の梅 岩谷山梔子
河豚の座のはずみ鰭酒廻し飲み 小原菁々子
河豚の座の屏風にふかき疵一つ 皆吉爽雨
河豚の座の障子の隙を閉めにけり 高橋淡路女 梶の葉
河豚の座やふたたび立てば海暗き 楠目橙黄子
河豚の座や我れに禁酒の自戒あり 小原菁々子
河豚の文僧合點して返しけり 長谷川零余子
河豚の毒もの知り猫を仆しけり 龍岡晋
河豚の皿燈下に何も残らざる 橋本多佳子
河豚の皿赤絵の透きて運ばるる 吐天
河豚の肌ぬかれてさゞめ雪迅し 萩原麦草 麦嵐
河豚の血のしばし流水にまじらざる 橋本多佳子
河豚の鉢すでにある座に来りけり 楠目橙黄子 橙圃
河豚の鍋見る見る海となりけり 安斎櫻[カイ]子
河豚の面世上の人を白眼ム哉 蕪村 冬之部 ■ 隋葉を拾ひて紙に換たるもろこしの貧しき人も、腹中の書には富るなるべし、さればやまとうたのしげきことのはのうち散たるをかきあつめて捨ざるは、我はいかいの道
河豚の面湧いて思ひ出かきみだれ 加藤楸邨
河豚は毒捨てられ吾は毒のまま 潤子
河豚ばかりあがれる海の薄暑かな 前田普羅 能登蒼し
河豚ばかり寄せくる風に菖蒲葺く 前田普羅 能登蒼し
河豚ばかり釣れてさびしき島の西 茂
河豚ばかり釣れてぶつぶつ根釣かな 谷口 三居
河豚ふくれ比目魚平たき御代なれや 佐藤紅緑
河豚を喰ふ会は欠席することに 松本弘孝
河豚を煮て生涯愚妻たらむかな 石田あき子 見舞籠
河豚を煮る為めに煽ぎて烈火とす 裸馬
河豚を食ふ君も口髭老けにけり 榎本冬一郎 眼光
河豚を食べ過ぎたる人の顔となる 比奈夫
河豚一尾売るべき燭を立てにけり 佐野まもる 海郷
河豚中夜伽の野郎みなしらふ 河野静雲 閻魔
河豚供養して南風泊魚市場 轡田 進
河豚供養すみたる海のかすみけり 高橋操子
河豚供養ふくみ声なる経つづく 赤松子
河豚供養みかど入水の浦凪ぎて 大島民郎
河豚供養浪にとどかぬ雪ふれり 村田黒潮
河豚供養築地の昼に我居りて 松山足羽
河豚供養蜆を撒いて了りけり 宮下翠舟
河豚値切るマフラー頸に刎ねあげて 鈴木真砂女 夕螢
河豚刺身何しんみりとさすものぞ 中村汀女
河豚喰うたとて偉くなるわけもなし 中田みづほ
河豚喰うてやつぱり君がいちばんと 荻野杏子
河豚喰うて死にし哀れや寺男 高橋淡路女 梶の葉
河豚喰うべ立ち出づ肩を支へ合ふ 岸風三樓
河豚喰し人の寐言の念仏かな 炭 太祇 太祇句選
河豚喰て其の後雪の降りにけり 上島鬼貫
河豚喰はぬ我を嘲る女あり 赤星水竹居
河豚喰はぬ顔とは見えず角力取 中村史邦
河豚喰ひし息殺しつゝ添乳する 八木三日女 紅 茸
河豚喰ふて斗酒飲んで我死なん哉 幸田露伴 江東集
河豚喰ふや伊万里の皿の菊模様 水原秋桜子
河豚喰ふや壁に懸けある抽象画 北野民夫
河豚好きの顔突き出して河豚供養 大捕八重子
河豚好む家や猫迄ふぐと汁 高井几董
河豚宿にめざめてみれば只の人 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
河豚宿に八犬傳の揃へあり(席題「犬」と「河豚」) 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
河豚宿の三階に聞く雨静か 辻本斐山
河豚宿の古き柱を背にしたる 三村純也
河豚宿の小犬が噛んでゐる毛布 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
河豚宿の灯れば川も灯りし 塩月 能子
河豚宿は此許(ここ)よ此許よと灯りをり 阿波野青畝(1899-1992)
河豚指南鰭酒指南かたじけな 小澤實
河豚提げて源太が女房通りけり この女
河豚提灯北の新地の夜へ揺れて 羽田岳水
河豚放生すぐ青潮にまぎれけり 長谷川史郊
河豚放生了へし早瀬を船返す 原田柏生
河豚料るとは捨てることばかりして 広瀬ひろし
河豚料る爺と婆でありにけり 小原菁々子
河豚殿と市長の弔辞ふぐ供養 久芳木陽子
河豚毒につきてくどくどくどくどと 成瀬正とし 星月夜
河豚汁うき世にいらぬ命もかな 露言 選集「板東太郎」
河豚汁にあたたまりもし灘泊り 山田 月家
河豚汁のわれ生きている寝ざめ哉 与謝蕪村
河豚汁の皆生きて居る鼾かな 会津八一
河豚汁はよろこぶ人を殺しけり 曲翠 俳諧撰集「藤の実」
河豚汁やあい口さして打ち並び 大阪-一有 俳諧撰集「藤の実」
河豚汁やさて火をともし能見れば 子曳
河豚汁やにんにく盗む寺畠 浜田波静
河豚汁や今宵は乳も濃くあらむ 赤松[ケイ]子
河豚汁や剣見て居る酔さまし 尾崎紅葉
河豚汁や勘弥の与三と羽左の与三 野村喜舟
河豚汁や喰はぬ程だにあはれなる 斗文
河豚汁や女あるじの皮褥 井上井月
河豚汁や母を諫むるつくり言 会津八一
河豚汁や無きに等しき我心 野村泊月
河豚汁や知らて更行夜の雪 春郊
河豚汁や蕪村にしかぬ桃青忌 会津八一
河豚汁や豪傑我と汝のみ 福田井村
河豚汁や逢ふ瀬を嫁ぐごとくなり 康治
河豚汁や風をさまりし波の音 山田春生
河豚汁や風雅の上の生別れ 野村喜舟 小石川
河豚汁前仏既に去る世かな 小杉余子 余子句選
河豚汁毀誉褒貶に生きながら 滝井孝作
河豚汁浅き心に食うべけり 徳永山冬子
河豚汁食ひし笑ひを淋しめり 萩原麦草 麦嵐
河豚汁鯛は凡にてましましける 黒柳召波 春泥句集
河豚洗ふ出放しの水惜まずに 加福無人
河豚洗ふ水のにごりや下川原 其角 俳諧撰集「有磯海」
河豚煮るやひとり呟く愛憎言 石田波郷
河豚煮る鼎むさしや典座寮 会津八一
河豚舟の着き蓄電機運び出す 宮武寒々 朱卓
河豚裂きし腕さし出だす献血車 壺井 久子
河豚諸君とぞ呼びかくる供養かな 森田峠 逆瀬川以後
河豚買ふ銭貸したるが知れにけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
河豚選るや愁ひ嘆きは外のこと 鈴木真砂女 夕螢
河豚釣りやボロ石炭船入港す 村山古郷
河豚鍋が煮ゆる男の腹決まる 榎本冬一郎 眼光
河豚鍋でも何でもついて来る女 森田 峠
河豚鍋にあやかる程のさそい無し 高澤良一 寒暑 
河豚鍋にけろりと坐る女かな 長谷川かな女 雨 月
河豚鍋に己れ曲げざる者ばかり 荒井正隆
河豚鍋のやうやく湯気のたちにけり 田中冬二 若葉雨
河豚鍋の世話ばかりして箸附けず 佐藤うた子
河豚鍋の後蒸タオル熱すぎぬ 宮武寒々 朱卓
河豚鍋や嘘美しく老いし膝 小林康治 『叢林』
河豚鍋や平家亡びし汐を見て 筑紫太郎
河豚鍋や悪女ほど夜は美しき 生島五郎
河豚鍋や愛憎の憎煮えたぎり 西東三鬼
河豚鍋や水面のネオン雨に痩せ 石川 桂郎
河豚鍋や炉にかたむきて地獄変 野村喜舟 小石川
河豚鍋や臓腑も食へと詩の神 井沢正江 一身
河豚鍋や落ち着いてきし空模様 永田耕一郎 雪明
河豚鍋や返しもならぬ人生事 安住敦
河豚鍋をつつめる奇しき焔かな 後藤夜半 底紅
河豚雑炊あつしあつしとめでて吹く 秋櫻子
河豚食うていのちすこしく愛でにけり 根岸 善雄
河豚食うてぐわらぐわら腹の鳴る夜かな 五百木飄亭
河豚食うて佛陀の巨体見にゆかん 飯田龍太
河豚食つてをり大潮に逢ひてをり 広瀬直人
河豚食つて仲見世の灯に紛れけり 望月たかし
河豚食つて怨恨あらば忘ずべし 安住敦
河豚食はぬ君は佛となりつらむ 寺田寅彦
河豚食ひしことなど熱の低き日は 斎藤空華 空華句集
河豚食ひし息に月光かかりたり 榎本冬一郎 眼光
河豚食ひし顔が屏風の上にのる 井沢正江 以後
河豚食ひし顔を中洲の橋の上 有馬朗人
河豚食ひに来よ関門にゐるうちに 赤道雨渓
河豚食ふや伊万里の皿の菊模様 水原秋櫻子
河豚食ふや小鼻動かす癖ありて 内藤吐天 鳴海抄
河豚食ふや灯の中にうごく出船の灯 島村元句集
河豚食へは諫むる友のありけるに 枯檜庵句集 大曲駒村
河豚食べて来て御所といふ真くらがり 鳥居おさむ
河豚食べて粗悪な鏡の前通る 横山房子
浅ましと鰒や見らん人の顔 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
海のなき京おそろしや鰒汁 蕪村遺稿 冬
海峡に髪逆立てて釣るは河豚 西東三鬼
深川めし河豚筆頭のお品書 田中英子
港路の鰒屋ののれん霜日和 飯田蛇笏 雪峡
漕ぎ寄せて一燈加ふ河豚供養 迫田白庭子
灯りても河豚行灯のほの暗き 石川星水女
物言はで腹ふくれたる河豚(ふくと)かな 夏目漱石 明治二十九年
犬猫や羊のあゆみ鰒の腸 難会 選集「板東太郎」
玉川のうた口すさむ鰒の友 蕪村遺稿 冬
生々とまだ干ぬ墨や河豚の文 菅原師竹句集
生きとし生けるものの中なる虎河豚よ 鈴木真砂女 夕螢
生きながら落せし鰭を河豚の酒 長谷川櫂
男の子われ河豚に賭けたる命かな 日野草城
白粉気ぬきでひと朝河豚買ひに 鈴木真砂女 夕螢
百枚の河豚の鰭干す銀座裏 白井新一
知られけりおくれ先立つ鰒の骨 丸之 選集「板東太郎」
祀られし河豚が目を剥く供養祭 畑間月夫
秋汐の静かさ鰒のかゝりけり 増田龍雨 龍雨句集
秋風を障子に切りて河豚の膳 内田百間
箱河豚に酌みて無月の泊りかな 高澤良一 ねずみのこまくら 
箱河豚の箱かたむけて泳ぎけり 細見しゆこう
箱河豚の箱形保つ乾びても 町田しげき
箱河豚の鰭は東西南北に 森田峠(1924-)
篝火に雪の潮急河豚供養 水谷利雪
糶り負けし河豚を跨いで去りにけり 吉田輝二
糶杖にはじき出されし菜種河豚 山崎美白
老母ありわれ河豚を食ふといふ勿れ 寒川鼠骨
肴屋の命請負ふ河豚かな 安藤橡面坊
胃を病んで猶こりずまや鰒汁 尾崎紅葉
花びらのごとく河豚貼る伊万里皿 首藤勝二
草河豚のころんと転がる梅雨渚 高澤良一 素抱 
草河豚のどうにかこうにか喰へる奴 高澤良一 随笑 
荒星と吹かるる河豚の一夜干 片田 千鶴
菜種河豚ひとつころがり市終る 今村青魚
菜種河豚自信をもつて料理をり 片桐孝明
藁蓋でよべの河豚鍋かくし置く 廣江八重櫻
虎と呼んで河豚の背中の斑なる 鳴雪
虎河豚に三段腹はなかりけり 高澤良一 燕音 
虎河豚のぐにやぐにやとして怒りきれず 加藤楸邨
虎河豚のどかと竝びしオチョボ口 鈴木真砂女 夕螢
虎河豚のはだらの黄色夢に来し 軽部烏頭子
虎河豚のはだら妖しも星あかり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
虎河豚の白々として夜の生簀 小林葭竹
虎河豚の糶値低しと膨れけり 藤村素月
虎河豚を喰ふ蘭学の書生かな 野村喜舟 小石川
衝立の金おとろひぬ河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
袴着て鰒喰ふて居る町人よ 蕪村 冬之部 ■ 隋葉を拾ひて紙に換たるもろこしの貧しき人も、腹中の書には富るなるべし、さればやまとうたのしげきことのはのうち散たるをかきあつめて捨ざるは、我はいかいの道な
西へ日を沈めて河豚の安堵かな 原月舟
見つめられ居りて箱河豚ぽっとせり 高澤良一 素抱 
言のみの威猛泡なす河豚鍋 石塚友二 方寸虚実
誘惑の河豚に手を振り老納所 河野静雲 閻魔
誰彼に逢へば中りし河豚のこと 稲畑汀子 汀子句集
足なへの伯爵河豚を食はぬかな 雑草 長谷川零餘子
遊び来ぬ鰒釣りかねて七里まで 松尾芭蕉
遠慮しながら河豚刺を平らげる 玉木克子
邯鄲の市に鰒見る雪の朝 蕪村遺稿 冬
酒飲まぬ天の愁や河豚汁 魯智深
野良猫のつらよ弥生の河豚の腸(わた) 中村史邦
釣りあげし河豚の仏相涅槃西風 井沢正江
釣りあげて河豚投げつける石の上 正岡子規
釣りし河豚きゆつと泣かして外す鉤 木下碧露
釣舟に散華舞ひ来る河豚供養 清家信博
銀座うらとある小路の河豚の宿 高橋淡路女 淡路女百句
門司の灯も大方消えぬ河豚の宿 福田清人 麦笛
闇汁に河豚を入れたること言はず 小田実希次
雑魚釣に青河豚多し秋の凪 滝井孝作 浮寝鳥
雨そぼつ峡の早瀬や河豚供養 正司青陶
雪の*鰒左勝水ー無月の鯉 芭蕉
雪の河豚左勝水無月の鯉 松尾芭蕉
音なせぞ叩くは僧よ鰒じる 蕪村 冬之部 ■ 隋葉を拾ひて紙に換たるもろこしの貧しき人も、腹中の書には富るなるべし、さればやまとうたのしげきことのはのうち散たるをかきあつめて捨ざるは、我はいかいの道な
頼みある仲の交り河豚汁 寺田寅彦
食つて寝れば死んで可笑しや鰒の夢 会津八一
食ふは憂し食はぬも腹の鰒汁 寺田寅彦
魚売の河豚もて来たり吾子よ見よ 秋櫻子
鮟鱇も河豚も喰ふなり年の暮 寺田寅彦
鯛よぎり虎河豚よぎり星あかり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
鰒(ふぐ)売に喰ふべき顔と見られけり 炭太 (たんたいぎ)(1709-1771)
鰒あらふいつもの男まいりたり 黒柳召波 春泥句集
鰒かなし絵皿の滝の透きて見ゆ 西本一都 景色
鰒くはぬ人にはいはじ河豚の味 尾崎紅葉
鰒くひし妹か住居も荒にけり 嵐山
鰒すゝるうしろは伊豆の岬哉 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
鰒の声砂にまぶれて弱りけり 加舎白雄
鰒の座に娼家の通夜の鉦きこゆ 西島麦南 人音
鰒の讃先生文をふるはれたり 蕪村
鰒の面世上の人を白眼む哉 蕪村
鰒を煮る汁なむ/\とこぼれけり 高井几董
鰒喰うて其の後雪の降りにけり 鬼貫
鰒喰し我にもあらぬ雑煮哉 炭 太祇 太祇句選
鰒喰し犬狂ひ臥かれ野かな 高井几董
鰒喰て其後雲の降にけり 鬼貫
鰒喰ぬ奴には見せな不二の山 一茶
鰒喰ひし妹が住居もあれにけり 嵐山
鰒喰ひし我にもあらぬ雑煮哉 太祇
鰒喰ひて吉野の奥に入にけり 如流 選集「板東太郎」
鰒喰ふて酒呑む下戸の思ひ哉 太祇
鰒売に喰ふべき顔とみられけり 炭 太祇 太祇句選
鰒売の請合うて行く命かな 永吟 選集古今句集
鰒好と窓むきあふて借家哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
鰒好む家や猫迄ふくと汁 几董
鰒提てむさしの行や赤合羽 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
鰒汁の君よ我らよ子期伯牙 蕪村遺稿 冬
鰒汁の宿赤々と燈しけり 蕪村
鰒汁やおもひ/\の八仙歌 加舎白雄
鰒汁や五侯の家のもどり足 蕪村遺稿 冬
鰒汁や侍部屋の高寝言 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
鰒汁や神さりませし人の顔 寺田寅彦
鰒汁や鯛もあるのに無分別 芭蕉 選集古今句集
鰒汁江戸芸人のなれの果 四明句集 中川四明
鰒生きて腹の中にてあれるかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
鰒釣らん李陵七里の浪の雪 松尾芭蕉
鰒鍋や酔はざる酒の一二行 飯田蛇笏 霊芝
鰒飛し澪木や人の捨て卒都婆 言水 選集「板東太郎」
鰒食て佛になろと思ひけり 寺田寅彦
鰭酒やひかれる河豚を水槽に 森山夕樹
鼓張りて花にうかれん河豚の皮 中村史邦
あら何ともなやきのふは過てふぐと汁 芭 蕉
ふぐと汁さらばと成つて何をか言ふ 高田蝶衣
ふぐと汁ひとり喰ふに是非はなし 白雄
ふぐと汁寡黙の夫と知りをれど 塩谷はつ枝
ふぐと汁我が使に我ぞ来ぬ 黒柳召波 春泥句集
ふぐと汁鼎に伽羅をたく夜哉 蕪村遺稿 冬
人妻は大根ばかりをふくと汁 榎本其角
死ぬやうにひとは言也ふくと汁 炭 太祇 太祇句選
河豚好む家や猫迄ふぐと汁 高井几董
花嫁の父と二次会ふぐと汁 嶋田一歩
鰒好む家や猫迄ふくと汁 几董

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

*ほうぼうに鮃に訛り残りけり 攝津幸彦
うすぐもり瞰れば京都は鮃臥す 竹中 宏
にんげんの慌しさを鮃の目 辻田克巳
一千万年すぎて平目を裏返す 津沢マサ子
一政の上目使ひの鮃かな 高澤良一 鳩信 
人生を視る術なくて平目かな 攝津幸彦 鹿々集
人間になりそこねたる比目魚かな 佐藤鬼房
夏憂しと平目は砂にまぎれけり 鈴木真砂女
夕暮のはかりに重き寒鮃 有馬朗人 知命
大師講日和とありし鮃かな 森 澄雄
河豚ふくれ比目魚平たき御代なれや 佐藤紅緑
火の島に呟いている鮃かな 八村廣
煮凝の半信半疑鮃の目 高澤良一 随笑 
畑焼の火は消えにけり舌鮃 斉藤夏風
短日や鮃は鰈いぶかしみ 細川加賀 『玉虫』
秋夕映の海より来たり鮃の死 森澄雄 花眼
糸投げて飛沫小さき平目釣 谷 迪子
舌鮃巌の攻防足下より 古館曹人
舌鮃巖の攻防足下より 古舘曹人 能登の蛙
鉄の乙女が操る鮃は最低だ 夏石番矢 神々のフーガ
青梅雨の裏もおもても鮃かな 中村明子
風邪引いて床に打ち臥す図は平目 高澤良一 宿好 
鮃食うべえべえ言葉の一座かな 原沢利夫
鯛.鮃昇れや虹の太鼓橋 高澤良一 ぱらりとせ 
夕べは鮃の煮付けに一家満ち足りぬ  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:41 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あけびの実餅なり種のある餅なり 山口誓子
あこが餅~迚並べけり 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
あたたかき息のごとくに餅置かる 中根美保
あぶり餅食べて安良居祭見て 村尾 梅風
あら玉の餅を焦してゐたりけり 永方 裕子
いたゞきぬ餅も膾もそのつゆも 林原耒井 蜩
うらがれや馬も餅くふ宇都の山 其角
おのづからくづるる膝や餅やけば 桂信子 黄 炎
おもかげが絹となりゆき餅匂う 和知喜八 同齢
おらが世やそこらの草も餅になる 小林一茶 (1763-1827)
お仏事の餅に色塗る老夫婦 河野静雲 閻魔
お供餅の上の橙いつも危し 山口青邨
かき餅のかげなる人となりにけり 滝井孝作 浮寝鳥
かき餅の乏しき火にも透きとほり 北川沙羅詩
かき餅の乾くにつれて反り返り 岩本 幸吉
かき餅や姉を母とし二階住 岸風三樓
かき餅をたべて見てをり水中花 高浜虚子
かき餅を焼いて出しけり花曇 月舟俳句集 原月舟
かさゝぎ溺れ血餅のわたしの願い 八木三日女 赤い地図
かまくらに餅焼く誰の母ならむ 上田五千石 風景
かる~と上る目出度し餅の杵 高浜虚子
きな粉餅木の葉を皿に童子仏 中山純子 沙羅
くれくれて餅を木魂のわびね哉 松尾芭蕉
くろこげの餅見失ふどんどかな 室生犀星(1889-1962)
さびしさはふくよかに餅を焼きゐたり 林翔 和紙
しのぶさへ枯れて餅買ふやどりかな 松尾芭蕉
しんしんと白く厚きは越後の餅 福田甲子雄
じんだ餅あをあをと師の三七忌 八牧美喜子
すすはきや餅の次手(ついで)になでゝ置く 野澤凡兆
そば餅や浜田庄司の紬もんぺ 細見綾子 和語
つかみ得ぬ倖せ餅のかびおとし 菖蒲あや 路 地
つききりでゐて夫餅を焦がしけり 須川洋子
つき立の餅に赤子や年の暮 服部嵐雪
つやつやして多数吾家に未知の餅 永田耕衣 驢鳴集
どんど火に顔ばかり灼け餅灼けず 町田しげき
のし餅の皺手の迹はかくれぬぞ 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
ひとり焼く餅ひとりでにふくれる 山頭火
ひゞ走る流感一家のうすき餅 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
ふくらめる餅にはろけき近江かな 本庄登志彦
ふくれ来る餅に漫画を思ひけり 高田風人子
まだ残る餅使はねばならぬかな 稲畑汀子
まんさくはまだ餅を負い田を越えて 和知喜八 同齢
まんまろき餅が天上を志す 東川紀志男
やはらかき餅の如くに冬日かな 高浜虚子(1874-1959)
よろめきて投げ餅拾ふ神の裔 栗生純夫 科野路
ソ連なき世界はいよよ潭(ふか)くあれど金柑を置く餅のいただき 大辻隆弘
フェリー発つ土産の餅のあたたかく 新 昇二郎
ラグビー場の/観念として/餅の華 林桂 銀の蝉
一家長たり餅の黴かきけづり 清水基吉 寒蕭々
一枚の餅のごとくに雪残る 川端茅舎(1897-1941)
三十やひとり餅やく膝寒く 菖蒲あや 路 地
上品に弟は餅焼いてをり 櫂未知子 貴族
不ぞろひを笑ひ笑はれ餅を切る 川村紫陽
世の花や餅の盛の人の声 上島鬼貫
両棒(じやんぼ)餅食うべ囀囲みなる 橋本榮治 越在
乳中に白き餅いる夢を狩らむ 赤尾兜子
五色に塗る餅柔かしお命講 長谷川かな女 花寂び
伸シ餅のちりめん皺に占はん 高橋 睦郎
供へ餅大禍時の野末の井 坂井三輪
偉大なるあくびおさめて餅喰う火夫 細谷源二
兆す幸口のべ餅の粉だらけ 川口重美
児に噛んでやる餅よく噛むほどに甘し 江良碧松
八十八夜火よりも熱き餅の白 大木あまり 火のいろに
冬ごもり餅くひちぎりかねしかな 久保田万太郎 流寓抄以後
冬枯に看板餅の日割哉 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
凍餅吊す両端何の笊 松尾一恵
凡なれば長寿の餅を飽食す 殿村莵絲子 雨 月
切り餅を並べて小さく坐りけり 林原耒井 蜩
利かぬ手を餅炙るにも見せじとす 西本一都 景色
力餅食べて柳絮を掴みけり 堀口星眠 樹の雫
助六で絵馬を杵屋で餅を買ひ 土屋花峰
台湾の餅の甘さの気に入りぬ 後藤夜半 底紅
向い合い善人として餅を食う 宇多喜代子 象
吹雪ねむり夜の餅ねむり思慕の刻 寺田京子 日の鷹
喪の家に祝福の如餅焦げぬ 殿村菟絲子 『旅雁』
四捨五入すれば五十と餅を焼く 星野立子
四方餅十俵控へひばり東風 中戸川朝人 尋声
固餅食べつゝキリストの青年期にならはん 磯貝碧蹄館 握手
夜の餅にすこしつめたき母の顔 飯田龍太
夜の餅海暗澹と窓を攻め 金子兜太 金子兜太句集
大原女の餅をひさげる御忌の寺 池内ひろむ
大雪や焼く餅みんなふくれ来し 碧雲居句集 大谷碧雲居
天つ日のかちどき餅をつきにけり 室生犀星 犀星発句集
天国の母からの餅焦がしけり 磯貝碧蹄館
太鼓うつ御難の餅の腹へらし 島田五空
失言と一ト日気づかず餅腹 中戸川朝人 尋声
夷講に大福餅もまゐりけり 高浜虚子(闇汁に大福餅を投じたりしが句を徴されて)
奉納餅みづから砕け旭の岬 平井さち子 完流
女童に餅つかせゐる貴船かな 安東次男 昨
好餅を残らず黴に付しけり 相生垣瓜人
如月の糧の餅くづ舎利の如 赤松[ケイ]子
妹が子は餅負ふ程〔に〕成にけり 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
姑が来て切餅の香の二夜ほど 神尾久美子 桐の木
姥ケ餅お関餅師とうららなり 宮津昭彦
姫餅をつまみよばれぬ練供養 早船白洗
子の就職にはかに餅が減りゆけり 米沢吾亦紅 童顔
子は宝憶良のごとく餅を焼く 楠節子
子よ腰に跨る餅のごときものよ 鈴木修一
學ぶ子や餅黴削ぐは女親 石塚友二
安良居やあぶり餅屋の朝掃除 中村七三郎
寒巌に乗る腹中の餅溶けて 西東三鬼
寒苦鳥明日餅つかふとぞ鳴けり 其角
寒雷の響く都心に餅焦がす 田川飛旅子 花文字
寝て一畳流離極まる餅うまし 北野民夫
寮生の呉れし餅焼く舎監室 中井苔花
山の闇濃くなりゆくに餅裂けて 吉田汀史
山光る餅の白さも幾夜経て 飯田龍太
山始饑神にと餅を投げにけり 茨木和生 倭
山家の婆さまの焦がした餅をよばれてゐる 人間を彫る 大橋裸木
山宿や餅を入れたる根深汁 癖三酔句集 岡本癖三酔
山帰来餅不揃ひの葉の二枚 大橋敦子 匂 玉
山神に供ふ餅・柿・雪沓添へ 羽部洞然
峯の日の眩むばかり餅切る家 友岡子郷 日の径
巌門とひつぱり餅と単衣の子 神尾季羊
川びたりの餅にも飽けよ瘠河童 小川芋銭 芋銭子俳句と画跡
師に餅を焼かせて弟子の吾は食ふ 杉山 岳陽
干餅の五彩つらなる日の始め 成田千空 地霊
年の餅音なく膨れみな息災 永方裕子
幸福といふ語被せられ餅焦がす 野澤節子(1920-95)
庖丁を逸らしめつつ餅切れり 相生垣瓜人
弱法師我が門ゆるせ餅の札 榎本其角
彩餅吊る藁しべの艶雪祭 文挟夫佐恵 雨 月
彼岸入とて萩の餅波郷氏も 及川貞 夕焼
微笑して拈華の餅を分け呉るる 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
忍さへ枯れて餅買ふ宿り哉 松尾芭蕉
忽ちに餅のなる木は柳かな 萬翁
怒りつぺの餅笑ひつぺの餅子と焼けば 磯貝碧蹄館 握手
恃む義兄より厚切の餅届きけり 村越化石
患家にて餅焦がす香のかくれなし 下村ひろし 西陲集
截つまでの餅を休ます夕凍みに 宮坂静生 山開
打てば鳴る凍餅ばかり智者ばかり 香西照雄 対話
掻餅に新聞を読む火燵かな 寺田寅彦
掻餅を並べる役を賜りぬ 倉橋尚子
揚げ餅に塩の白さの弥生かな 堀川良枝
撒いてやる今日は餅くづ寒雀 亀井糸游
故郷の餅焼きつ流浪の夜のごとし 大串章
教え子に囲まれ餅を焼きにけり 横井弘美
数へ日の餅をしづかに焼きにけり 佐川広治
新餅や一家五丁の鎌納め 菅原師竹句集
日がてつてゐる何もつけないで餅を焼いてくふとき 中塚一碧樓
日が暮れてわれは星の子餅を食ふ 桑原三郎 晝夜
日の光に百千餅切るさびしさよ 寺田京子
日本の白さと形餅を焼く 嶋田一歩
昔あり今ありて餅白くあり 村越化石
晩年や雪採れば餅近づきぬ 永田耕衣 冷位
智恵餅を掌に握りしめ磴降る 佐藤 芙陽
暮れ暮れて餅を木魂の侘寝哉 松尾芭蕉
更けて焼く餅の匂や松の内 日野草城
最澄の山餅啣へたる犬に逢ふ 森澄雄 游方
月と花餅と酒との都かな 水田正秀
月日古り餅箱どことなくゆるみ 竹下波城
有明の月吹き落せ餅の臼 中村史邦
朝寐して餅焼く遅れ始めなり 殿村莵絲子 雨 月
木綿一家展べ餅重ね布団めく 香西照雄 対話
木餅に主婦のなさけをかけ通す 山口波津女
未来ひとつひとつに餅焼け膨れけり 大野林火
末枯や馬も餅くふ宇都の山 其角
来る客もなくて餅切などしつゝ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
枝撓め烏の去れば餅ふくる 石川桂郎 含羞
柱餅唐貿易の長者かな 田中田士英
梅が香や綴(つづれ)に餅の喰ひ残し 広瀬惟然
梅咲くやあはれことしももらひ餅 一茶 ■文化五年戊辰(四十六歳)
梅雨冷えや炉端充たして御幣餅 河野南畦 湖の森
梵天の餅紅白よ雪に売る 宮野斗巳造
椎樫のたのもしかりし餅あはひ 綾部仁喜 寒木
楸邨門たる栄光餅が焦げており 藤村多加夫
残り餅焼く三月のくらき炉火 能村登四郎
母の切る餅大悪しき世のいまも 太田土男
母子ありき雪深き昼餅焼いて 松村蒼石 雪
水がめに重なり合ひて餅沈む 千原叡子
水の餅つながり焼けて夜をなごます 大野林火
水中にしてなほ餅の角たしか 岸風三樓
江戸の香の海苔につゝみて毛野の餅 林原耒井 蜩
沖から吹く烈風餅の杵外れず 友岡子郷 遠方
海に出づ彼岸の餅を平らげて 中拓夫
湯浴後のおくれ毛の濡れ餅を切る 猪俣千代子 堆 朱
漬け餅の水替へるこの一些事よ 細見綾子 黄 炎
火の上に餅あれば亡き父母来ます 清水径子
火の用心さつしやりませう餅の反り 石塚友二
火を焚きつ終大師の餅摂待 井上楽丈
火星に異変あるとも餅を食べて寝る 津田清子
炭の香や花葩餅の紅ほのと 木村 ふく
焼く餅の焦げ大いなる2000年 大木あまり 火球
焼く餅の破るるあまつみそらかな 中尾寿美子
焼けし餅駒と進めて網の上 鈴木栄子
焼餅の窓のけぶりや梅紅葉 成美
煩へば餅をも喰はず桃の花 松尾芭蕉
熨斗餅はまだへなへなとしないけり 文人歳時記 吉屋信子
燃えさかるどんど妻への餅も焼く 神原栄二
片店はさして餅売野分かな 炭 太祇 太祇句選
玉澤のずんだ餅目に涼しきよ 高澤良一 寒暑 
田のしめり踏んで運ぶや餅の白 鷲谷七菜子 花寂び 以後
田楽の舞ひを横目に餅こがす 小林義治
男の手剛く哀しく餅焦がす 鷲谷七菜子
病人にかき餅焼くや茨の花 島村元句集
療養の餅を小切りに三十年 村越化石 山國抄
百千鳥餅ひからびて割れにけり 岸本尚毅 鶏頭
皓々と老が咽喉ゆく餅ひときれ 栗生純夫 科野路
真と偽といづれを採るや餅の黴 河野多希女 両手は湖
祝ひ餅湖にも投げて照葉かな 小原樗才
祭礼の残り火育て餅を焼く 永島千恵子
禅院のかた餅さげし廊下かな 会津八一
稚児餅の振舞二軒茶屋に来て 四明句集 中川四明
突如膨れ出す金網の隅の餅 内藤吐天 鳴海抄
窯神の餅引く山の嫁が君 岸川松韻
窯神の餅隠したり嫁が君 浅見光子
笹餅の笹剥ぐ越の朝ぐもり 上田五千石
紅白の餅の柱やお命講 高濱虚子
紅白の餅大いなり大師祭 喜多栄子
紅走るひと切れの餅なづな粥 茂里正治
純白にこころをのせて餅を切る 岡田和子
罅餅の片面焼けて家遠し 香西照雄 対話
義士餅を食べ犬死と思ひけり 辻田克巳
老斑のごとくに憎む餅の黴 稲垣きくの 牡 丹
耕人も来て上棟の餅拾ふ 篠田悦子
耳遠き婆の餅買ふ彼岸かな 白岩三郎
耳餅を透す火色や年歩む 永井龍男
耿耿と餅沈める甕の底 小澤實
背山より露の下り来るしんこ餅 山田弘子 懐
背後より慕はれ紅き餅焦がす 神尾久美子 桐の木
胡桃餅祖師のひとりに光太郎 中戸川朝人 残心
腹あしき僧も餅食へ城南祭 蕪村
膝がしら出して餅押す寒さかな ヲハリ-東推 極 月 月別句集「韻塞」
膨れんとして膨れざる餅あはれ 能村登四郎
臼洗餅や牛にも夜食草 中戸川朝人 残心
茂吉忌の豆餅狐色に焼け 富田直治
茶屋餅屋暫し砂糖ある花の山 井原西鶴
草枯に宇津の餅屋の床几かな 乙字俳句集 大須賀乙字
荒海や粥の湯気吹く餅間 飴山實 辛酉小雪
菴の夜は餅一枚の明り哉 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
落葉ふるなり峠の茶屋にたべる餅に シヤツと雑草 栗林一石路
葩餅長子の嫁となる人や 大石悦子 百花
蔦の実を馬にくはすなうつの山 涼莵 (馬も餅くふと晋子の句に付て)
薬喰全うせむと餅も煮る 皆吉爽雨
薬師寺の除夜三千の餅を焼く 木田千女
藪騒やたましひのごと餅を食ふ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
西陣の機場始めや餅白し 中村烏堂
見せばやな餅の長櫃歯朶入れて 才麿
角菱(つのびし)の餅にありとも桃の花 上島鬼貫
誰が聟ぞ歯朶に餅負ふ丑の年 芭蕉
豆咲くや海にも投げて祝ひ餅 猪俣千代子 秘 色
越の餅入れて焚きけりなづな粥 木原樵蔭
身をのせて餅切る影も力こめ 佐野美智
農夫切なし餅にべたべた醤油つけ 中山純子
道の多さ膝を揃へて餅切つて 永田耕衣 吹毛集
遠火事へ耳向きむきに餅の夜 安井浩司 青年経
選句せり餅黴けづる妻の辺に 石田波郷
野あがり餅蒸さり男らなほ起きず 長谷川素逝 村
長命寺門の餅屋の枯木かな 雑草 長谷川零餘子
長生(ながいき)に徳あり姥がすわり餅 園女 俳諧撰集玉藻集
長男がまもる故郷の餅届く 早乙女成子
門番に餅を賜ふや三ヶ日 正岡子規
闘鶏師持参の餅を炉に焼いて 高濱年尾 年尾句集
雪に信ぜん腹医すとふ神の餅 林翔 和紙
雪国にこの空の青餅の肌 成田千空
雪欲しと思ふ夜に焼く佐渡の餅 金子麒麟草
雪肌の艶に膨み焼くる餅 上村占魚 『自門』
雪降つてをりぬ独りで餅を焼く 岸風三楼 往来
霰餅炒る炎の強き二月尽 金久美智子
青空へ吹きたたきたる餅のかび 川崎展宏
風邪の児の餅のごとくに頬ゆたか 飯田蛇笏
餅あみの目にぼんやりの月日かな 藤田あけ烏
餅が敷く裏白楪病に死ぬな 野沢節子
餅さげて雪見る人の来りけり 長谷川かな女 雨 月
餅すこし干すも余生の昨日今日 村越化石 山國抄
餅と酒と座敷に鶏が来てもよろし 磯貝碧蹄館
餅に手をふれたき吾子の粉にまみる 大熊輝一 土の香
餅に黴青年世辞に抵抗す 宮坂静生 青胡桃
餅ぬくき蜜柑つめたき祭りかな 正岡子規
餅ぬくくてどりちぎりてたまたすき 飯田蛇笏 雪峡
餅のかびけづりをり大切な時間 細見綾子 黄 炎
餅のこな楪につき目出度けれ 虚子
餅の上よりジンクスひとり歩きして 栗林千津
餅の出る槌がほしさよ年の暮 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
餅の出来たて生き恥の恥死者になし 磯貝碧蹄館 握手
餅の杵洗へば山に雪降りぬ 大串章
餅の杵海潮の紺流れつぐ 友岡子郷 遠方
餅の粉の家内に白きゆふべかな 炭 太祇 太祇句選後篇
餅の耳硬しその後のピカソを見ず 河合凱夫 飛礫
餅の膨らみ俄かにはげし友来るか 加藤楸邨
餅の臼ぬらしそめたるうれしけれ 増田龍雨 龍雨句集
餅の香に在りて捉へつ六花の音 林原耒井 蜩
餅の香をうれしきものに枕上 松瀬青々
餅の黴むらがるばかり共稼ぎ 細川加賀 『傷痕』
餅の黴削りてもなほ水す 近藤一鴻
餅の黴削るよ吾が身削るごと 楠節子
餅の黴剥がす前髪より老ける 殿村菟絲子 『路傍』
餅の黴等さゝやかな悩みなる 殿村莵絲子 花 季
餅はこぶ虜囚船いま沖に糞す 安井浩司 赤内楽
餅は皆にじり居るらし雪の暮 永田耕衣 冷位
餅ひとつ腹に入れ来し螢狩 茨木和生 往馬
餅ふくれくる野の宮に火のにほひ 辻桃子
餅ふたつ火に並べたる夫との夜 赤松[けい]子 白毫
餅やくをおいとま乞のどんど哉 炭 太祇 太祇句選後篇
餅を切るときは亭主に戻りけり 竹中しげる
餅を切る夕凍てのなほつのりつつ 飯田龍太
餅を切る手の運びまで母に似て 牛島 けい子
餅を切る昨日と今日を切り離す 宮川由美子
餅を売る茶店の軒や柿垂るゝ 寺田寅彦
餅を夢に折り結ぶ歯朶の草枕 松尾芭蕉
餅を焼くガスの火農の土間そのまま 大熊輝一 土の香
餅を焼く刃物はひかり収めゐて 鍵和田[ゆう]子 浮標
餅を焼く空気固まりつつありぬ 柿本多映
餅を焼く釦ほとぼり誕生日 瀧澤伊代次
餅を負ひ桃の節句の使かな 瀧澤伊代次
餅一つ焙り妻ならず母ならず 岡本眸
餅一夜置かるる闇の濃かりけり 都筑智子
餅伸すとにはかに畏りゐたる 辻桃子
餅供ふ手作り厨子の中の主に 下村ひろし 西陲集
餅入れて粥を煮る日や松納 碧梧桐
餅切るやきのふ芭蕉の墓を訪ひ 橋本鶏二
餅切るや中年以後の運変じ 鈴木真砂女 夕螢
餅切るや刃を大根にしめらせて 福田甲子雄
餅切るや又霰来し外の音 西山泊雲 泊雲句集
餅割りて亡父微塵に砕けたり 河原枇杷男 定本烏宙論
餅合やぐんぐん伸びる遊爪 後藤綾子
餅哥や君が歳暮の馬下りに 上島鬼貫
餅好きの酢のもの嫌ひ年経ても 猿橋統流子
餅干すにすこしく寒の起居かな 村越化石 山國抄
餅恋しあんこ力士の居りし世も 高澤良一 燕音
餅懐く火さまざまの恩にそだちたり 中村草田男
餅提げて冬木の寺を出でにけり 雑草 長谷川零餘子
餅替の祭に五嶽かがやける 西本一都
餅板の上に包丁の柄をとんとん 高野素十
餅焙り一病息災冥利かな 高澤良一 ぱらりとせ 
餅焦がしつゝ繰言の始めかな 清水基吉 寒蕭々
餅焦げし匂ひ洩らして灯を洩らさず 野澤節子 黄 炎
餅焦げる匂ヒたま~はつ雪す 久保田万太郎 流寓抄以後
餅焼いて去年がはるけくなりにけり 細川加賀
餅焼いて囚はれ人の如くあり 澤村昭代
餅焼いて寝しな喰ひけり寒の内 碧童
餅焼いて新しき年裏返す 原裕 出雲
餅焼いて神木の箸こがしけり 鈴木ヤエコ
餅焼いて親しき客や松の内 高橋淡路女 梶の葉
餅焼きて年越し行務の肩ほぐす 河野南畦 『焼灼後』
餅焼くやざわめく反故の中に暮れ 小檜山繁子
餅焼くやちちははの闇そこにあり 森澄雉
餅焼くやはるかな時がかへり来ぬ 加藤楸邨
餅焼くや我が子の如き句友どち 阿部みどり女 笹鳴
餅焼くや手巻の時計ゆるり打つ 川地五江
餅焼くや父死後の母小さかり 中拓夫 愛鷹
餅焼くや雪が恋しき額寄せ 林原耒井 蜩
餅焼くや鼻が記憶す妻のにほひ 磯貝碧蹄館 握手
餅焼くをおいとま乞のどんどかな 太祇
餅焼く火さまざまの恩にそだちたり 中村草田男(1901-83)
餅焼けて蕪酢づけは箸やすめ 及川貞
餅焼けば笹はねる雪となりにけり 室生犀星 犀星發句集
餅甘し古老の前にかしこまり 宮津昭彦
餅白うして人間(じんかん)に怖れあり 永田耕衣 人生
餅白う鏡台祝ふお末かな 伊藤観魚
餅白くみどり児の唾泡細か 中村草田男
餅祝ふ老母枯れじ枯れまじと 栗生純夫 科野路
餅箱の父の書にある年齢となる 中川正登
餅米を洗ふ三代同じ井に 大熊輝一 土の香
餅米を浸せし桶の並びをり 長谷川 耕畝
餅米洗ふ竹山そよぎをりにけり 田中午次郎
餅粉うつやうにはつゆき伊那郡 辻桃子
餅網と花を購ひ来し夜の幸 菖蒲あや 路 地
餅網も焦げて四日となりにけり 石塚友二
餅腹にもくれむの芽を見に出づる 高澤良一 ねずみのこまくら 
餅腹に昼過ぎの空展けたる 高澤良一 さざなみやっこ 
餅腹に相模の海のにほふかな 高澤良一 ぱらりとせ 
餅腹の声が日ざらし佃島 諸角せつ子
餅腹の汚さゆるせ二日酒 石川桂郎 含羞
餅腹の重きを据ゑて墨をする 杉本零
餅腹をこなしがてらのつぎほ哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
餅腹を佐原囃子にゆさぶらる 木村虹雨
餅腹を暫し伸ばして狢の湯 高澤良一 素抱 
餅腹を空かさんそこらまで散歩 木内悠起子
餅腹を蹴る子の足を掴み寝る 大熊輝一 土の香
餅膨れつつ美しき虚空かな 永田耕衣 葱室
餅臼の罅の一筋地に届く 綾部仁喜 寒木
餅芒この宵月の子規忌かな 木歩句集 富田木歩
餅蓆ずらして炉辺にくすしの座 金子伊昔紅
餅藁の青き香を入れ注連を綯ふ 影島智子
餅蜜柑吹革まつりやつかみ取 下風 芭蕉庵小文庫
餅買うや寒月光の街の幅 三谷昭 獣身
餅買ふや百姓に歯に衣きせて 石川桂郎 含羞
餅雪を白糸となす柳哉 芭蕉
餅食うて午過ぎの潮ひかり満つ 中拓夫
餅食うべ体内に芽のやうなもの 清水径子
餅食うや物まねのあと寂然と 永田耕衣 闌位
餅食う母雪降る死火山の裏側に 佐藤野火男
餅食ふや貧しき過去を身にまとひ 相馬遷子 雪嶺
餅食へり英霊へだつ戸とて無く 石橋辰之助 山暦
餅食べて子供遊べり称名寺 瀧澤伊代次
餅食べて影絵あそびに加はれり 栗林千津
餅食べて輪郭暈けぬ国びとよ 殿村莵絲子 雨 月
餅食みつつ不敵の笑ひ書を閉ざす 加藤知世子 黄 炎
餅飯殿通り新茶のかをりかな 橋本榮治 逆旅
餡を持つ餅のうすうすあをみたり 篠原梵 雨
香に於て餅の在るあり老時雨 永田耕衣 闌位
香ばしく餅焼き上る半歌仙 北見さとる
駅路の菖蒲葺くらん姥ケ餅 尾崎迷堂 孤輪
高坏に赤福餅や守武忌 橋本 對楠
鮪船団餅臼つみて出てゆけり 橋本栄治
鴨泛いて日向は餅を焼く匂ひ 長谷川双魚 風形
鹿消えて鹿の斑色の餅ならぶ 渋谷道
黄粉餅喰ふたる顔の撫掃除 高澤良一 随笑 
黴の為誤られたる餅の如 相生垣瓜人 明治草抄
黴の香もなつかしう餅届きけり 林原耒井 蜩
黴びし餅家にあり勤め怠けたし 津田清子 二人称
黴餅の毛がふさふさとけものめく 内藤吐天 鳴海抄
年祝ぎの餅召せ井戸神厠神  高澤良一  石鏡
餅に飽きバリリとやりぬクラッカー  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:38 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

賀状書く

賀状書く

例句を挙げる。

うつし身の逢ふ日なからむ賀状書く 渡辺千枝子
たゞこの時会ふのみの人賀状書く 相馬 遷子
はるかなる男の賀状書に挾む 殿村菟絲子
みささぎの梢の見ゆる賀状書く 波多野爽波
一つ灯を妻と分け合い賀状書く 高村寿山
世のつねに習ふ賀状を書き疲る 富安風生
受付に僧ひとりゐて賀状書く 茨木和生 野迫川
変らぬは佳きことならむ賀状書く 渡邊千枝子
妻が書く賀状二三や小正月 九品太
宿題に手をつけるごと賀状書く 高澤良一 宿好 
忙しさにまだ余白あり賀状書く 穐好樹菟男
新住所やうやく馴染み賀状書く 原島悦子
横顔の記憶ぞ慥か賀状書く 谷口小糸
添へ書きのさりげなかりし賀状かな 米田双葉子
添へ書きの賀状のことばあたたむる 稲垣きくの 牡 丹
病む夫を襖に隔て賀状書く 飯野てい子
病んで少なくなった友へ賀状書く 住宅顕信
目の悪き友に太字の賀状書く 沼尻ふく
端役も亦愉しからずや賀状書く 牛山一庭人
筆疲れ見えつつ賀状書きやまず 亀井糸游
縫ひあげし紬着こなす賀状書き 加藤知世子
賀状書かむ書かむと心急くのみに 相馬遷子 山河
賀状書きならべていよよ古畳 浦野芳南
賀状書き一枚ごとの嵩を積む 大橋敦子 匂 玉
賀状書き心東奔西走す 嶋田摩耶子
賀状書くうすき縁となりにけり 岡部十糸女
賀状書くけふもあしたも逢ふ人に 藤沢樹村
賀状書くしみじみ妻と二人して 楠本憲吉
賀状書くやはらかき刻ありにけり 酒井裕子
賀状書くや心の友の面知らず 林翔 和紙
賀状書くわが旧姓のおとうとへ 内田美紗 浦島草
賀状書く世にひれ伏せし心もて 守屋 吉郎
賀状書く先づ印泥を練りあげて 岩坂満寿枝
賀状書く千年さまの誕生日 武田和郎
賀状書く喪中幾葉かへし読み 川畑火川
賀状書く心東奔西走す 嶋田摩耶子
賀状書く淡き縁もよからずや 山田弘子 螢川
賀状書く焙じ茶熱きひとりの夜 山田みづえ
賀状書く犬の遠吠楽しげに 香西照雄 対話
賀状書く痴呆かなしき友ひとり 細見しゆこう
賀状書く背を夕焼が移るらし 黒岩有径
賀状書く蛸足配線なりしかな 内田美紗 魚眼石
踏み場なき程にならべて賀状書き 安藤志津子
試し刷り龍の賀状をおしゃかにす  高澤良一  宿好
あと五枚だうにかかうにか賀状書  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

春着縫ふ

春着縫ふ

例句を挙げる。

大晴の高見の裾に春著縫ふ 大峯あきら 宇宙塵
嫁ぐ日の決りし春着縫ひ急ぐ 吉田 久子
待針は花の如しや春著縫ふ 多田菜花
春着縫ふ紅絹を流るるごとのべて 三浦恒礼子
春着縫ふ針に燈火のうつろへる 田中冬二 俳句拾遺
春著縫ひ帰郷のほかは旅しらず 赤松[ケイ]子
春著縫ふ心もとなき眼となりぬ 阿部みどり女 笹鳴
深夜放送ジヤズばかりなり春着縫ふ 越水照子
物指しの吾が名も古りし春着縫ふ 菖蒲あや あ や
立つことの何かと多し春著縫ふ 佐伯あき子
縫ひあげし春著をかりの袖だたみ 村田青麦
縫ひかけて心あそべる春著かな 田上鯨波
縫ひ上げし春著の花鳥折りたゝみ 小原牧水
華やかに灯し他人の春着縫ふ 三田美智子
針美し糸美しと春著縫ふ 穴井 まき
髷重きうなじ伏せ縫ふ春著かな 杉田久女
春衣ぬふ花鳥合せもねもごろに 中畑美那子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

毛糸編む

毛糸編む

例句を挙げる。

ある期待真白き毛糸編み継ぐは 菖蒲あや あ や
いくたびも十字架を重ね毛糸編む 対馬康子 愛国
いつの日の恋の始まり毛糸編む 石田仁子
いまは居ず暫く毛糸編みゐしが 上村占魚 鮎
いもうとを子とし毛糸を編みにけり 森川暁水 黴
うさぎほどの温もり膝に毛糸編む 西村和子 夏帽子
うしろより擁く腕欲し毛糸編み 上田五千石 田園
うなづくや毛糸編む手のたゆみなく 林原耒井 蜩
かく癒えて寝惜む汝や毛糸編む 瀧春一 菜園
かつぎ女の一人離れて毛糸編む 吉浜冬石
きつぱりと別れ来て夏毛糸編む 八木三日女 紅 茸
こころ吾とあらず毛糸の編目を読む 山口誓子
しあはせは遠くたしかに毛糸編む 林翔 和紙
それぞれの過去待つ毛糸編みなほし 秋月すが子
たそがるゝ戸口に立ちて毛糸編む 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
つまらなくなり毛糸編むこともやめ 菖蒲あや
なか~に毛糸編む手をおきもせず 鈴木喜久子
まだ編めぬ毛糸買ふなり回復期 朝倉和江
まだ誰のものとも見えぬ毛糸編む 奈良文夫
みどりごに毛糸編む幸もらひけり 平野 伸子
わが思ふそとに妻ゐて毛糸編む 宮津昭彦
アラスカの上空白き毛糸編む 小松原みや子
ウイスキーボンボン含み毛糸編む 行方克巳
ハイフェッツ聴きつつ毛糸は胡蝶編 加藤知世子
ルノアルの女に毛糸編ませたし 阿波野青畝(1899-1992)
一すぢの毛糸編む喪にこもりゐて 津田清子
久方の空いろの毛糸編んでをり 久保田万太郎
人の目を楽しませんと毛糸編む 森田峠 避暑散歩
人を待つこと不得意よ毛糸編む 嶋田摩耶子
人一人無き通り見て毛糸編む 京極杞陽 くくたち下巻
光ため影ため燈下毛糸編む 林 翔
冬夜背後のふくみ笑ひや毛糸編 中拓夫 愛鷹
冬晴れのこの明るさに毛糸編む 角川春樹
十指で編む毛糸童話を聞かせ居て 伊藤敬子
右手は日に左手は陰に毛糸編む 森田峠 避暑散歩
同情を愛情として毛糸編む 岩崎照子
啄木の歌が大好き毛糸編む 富安風生
夜といふ裾に坐りて毛糸編み 鷹羽狩行 遠岸
夫となる人に編みをる毛糸かな 長沼 典子
夫とゐて心独りの毛糸編む 宍戸富美子
妻が編む毛糸ほぐす子かたはらに 杉山 岳陽
妻よなほ未来あるかに毛糸編む 神保百合一
姑娘は門口が好き毛糸編む 下村非文
嫁して来て啄木が好き毛糸編む 杉岡せん城
子へ孫へことに曾孫へ毛糸編む 都筑智子
宝石を欲しがらぬ指毛糸編む 帰来ふじ子
家に児を置き来て毛糸編みつゞく 右城暮石 上下
家のこと何もせぬ娘が毛糸編む 口友静子
寄せ集めだんだら縞の毛糸編む 野見山ひふみ
小指にも役割のあり毛糸編 大西比呂
幸せを編み込んでゐる白毛糸 土橋いさむ
幸福は不意に来るもの毛糸編む 菖蒲あや 路 地
忘れたき事突きさして毛糸編む 中井啓子
思ひ出もだんだら模様毛糸編む 深町まさこ
愛情は泉のごとし毛糸編む 山口波津女
愛情を形にしたく毛糸編む 西塔松月
戦や子に手ほどきの毛糸編 加藤知世子
手がかりのなき青空や毛糸編む 仙田洋子 橋のあなたに
手を洗ひ来りて白き毛糸編む 高橋笛美
持ち歩き小さき暇を編む毛糸 嶋田摩耶子
新しき色を選びて毛糸編む 乙武佳子
新雪の山見えて居り毛糸編む 田中冬二 行人
時編むに似たるが愛し毛糸編み 余寧金之助
朝霧の雨ときまれば毛糸編む 殿村莵絲子
樫の扉に暖流の紺毛糸編む 中戸川朝人 残心
機上にてこゝろに毛糸編みつゝあリ 横山白虹
死ぬまでの暇つぶしとて毛糸編む 広瀬恵美子
母となる日の遠からず毛糸編み 遠藤若狭男
母の五指もの言ふごとく毛糸編む 今井美枝子
母の死後毛糸ばかりを編める子よ 石井とし夫
毛糸孜々と編めば詩もまた生るとよ 村越化石 山國抄
毛糸編はじまり妻の黙はじまる 加藤楸邨
毛糸編みそこねては編み年惜むか 石川桂郎 含羞
毛糸編みつつ米子まで行くといふ 辻田克巳
毛糸編みつづけ津軽の海渡る 木村八重
毛糸編みつゝの考へゆきもどり 竹腰朋子
毛糸編みつゝ愚かしく思ひつめ 神田敏子
毛糸編みつゞけ横顔見せつゞけ 右城暮石 上下
毛糸編みながらに口説かれて居る女 佐藤紅緑 紅緑句集
毛糸編みながらも涙ためてゐし 石井とし夫
毛糸編みをり妻の明日の暗からず 岡田 貞峰
毛糸編み上げし時間もプレゼント 山田弘子 こぶし坂
毛糸編み居てその胸が灯を点す 竹下しづの女句文集 昭和十一年
毛糸編み急ぐ心に今日も暮れ 高濱年尾 年尾句集
毛糸編み持ちて遊びに女来し 篠原 穂積
毛糸編み来世も夫にかく編まん 山口波津女
毛糸編むことを忘れてをりし指 稲畑汀子 汀子第三句集
毛糸編むこの刻も児は育ちつつ 都筑智子
毛糸編むたえてたのしさもなかりけむ 加藤楸邨
毛糸編むといふ愚かさを夫の前 上野さち子
毛糸編むとふ優しきことを忘れゐし 鈴木栄子
毛糸編むにつられ一眼読み更くも 村越化石
毛糸編むはしづけさに似て非なりけり 栗生純夫 科野路
毛糸編むひとりに重き夜のとばり 浅野 総子
毛糸編むほか何たのむものなからむ 右城暮石 声と声
毛糸編むまだ水母なす形にて 右城暮石 上下
毛糸編むや籠りゐる日は粧はず 山崎千枝子
毛糸編むわが体温を移しつつ 辻美奈子
毛糸編む一つの色にあいてきし 堤澄女
毛糸編む一つ想ひを追ひつづけ 波多野爽波 鋪道の花
毛糸編む一燈暗し肩凝らすな 榎本冬一郎 眼光
毛糸編む一縷の望絶つまじく 香西照雄 素心
毛糸編む人のうなじの疲れたる 波多野爽波 鋪道の花
毛糸編む何かに辿りつかむとし 小檜山繁子
毛糸編む何になるともまだ決めず 嶋田 淑子
毛糸編む何やら帽子らしきもの 石塚友二
毛糸編む余裕も出来て毛糸買ふ 西村和子 夏帽子
毛糸編む冬夜の汽笛吾れに鳴り 細見綾子
毛糸編む向かうの部屋を疑へり 松本文子
毛糸編む吾が眼差はやさしからむ 津田清子
毛糸編む夫象つてゆきつつあり 鈴木貞雄
毛糸編む女をやめてから久し 櫂未知子 貴族
毛糸編む妻に戦火の遠けれど 岸風三楼
毛糸編む妻のかなしみ知れど触れず 成瀬櫻桃子 風色
毛糸編む妻をはなれずあづかり子 森川暁水 黴
毛糸編む幸福を編み魅力を編む 上田春水子
毛糸編む座辺の明るさ暮れんとす 内藤吐天 鳴海抄
毛糸編む影婚歴の如く深し 楠本憲吉
毛糸編む愚痴の相槌うちながら 種市清子
毛糸編む愛は受け身の形して 柴田奈美
毛糸編む手さへ肩さへ細りけり 秦豊吉
毛糸編む機械かなしや膝を入れ 加倉井秋を 午後の窓
毛糸編む母に習ひし機結び 堀田千鶴子
毛糸編む母の好みの色を混ぜ 鎌田 栄
毛糸編む母の心の生れつゝ 稲畑汀子
毛糸編む母子の世界病みて知る 大野林火(1904-84)
毛糸編む気力なし「原爆展見た」とのみ 中村草田男
毛糸編む爪先で楽踏んでをり 行方克巳
毛糸編む牀の愛猫ゆめうつゝ 飯田蛇笏 霊芝
毛糸編む目をあげて遠き雲の嶺々 木下夕爾
毛糸編む看護婦のふと深き息を 藤後左右
毛糸編む短い返事ばかりして 谷口桂子
毛糸編む碧落しんと村の上 飯田龍太
毛糸編む紅のジヤケツの子が紅を 上村占魚 鮎
毛糸編む編めば夢魔来てすわりをり 仙田洋子 橋のあなたに
毛糸編む羽毛のやうな刻の中 猪俣千代子 秘 色
毛糸編む老いの刻々打ちこみて 橋本多佳子
毛糸編む胸中いまだひと許さず 樋笠文
毛糸編む膝に平穏かへり来し 石田あき子
毛糸編む船客時を愉しみぬ 飯田蛇笏 雪峡
毛糸編む若き母あり子と浜に 高濱年尾 年尾句集
毛糸編む長き睫毛とその影と 木下夕爾
毛糸編む音なき指の動作かな 本山キヨ子
気兼ねなきことが取り柄の毛糸編み 高澤良一 素抱 
沈黙は妻の反抗毛糸編む 司馬圭子
浅蜊剥く母毛糸編む娘かな 川端茅舎
海軍の紺を選びて毛糸編む 鈴木栄子
涙痕を頬にひとすぢ毛糸編む 長田等
港で編む毛糸続きは故郷で編む 大串章 朝の舟
烈寒に先んぜられて毛糸編む 林翔 和紙
煖房なき車中毛糸を編みつゞく 右城暮石 上下
玉二つころげ相うち毛糸編む 斎藤八千代
生涯を決めるに毛糸編みながら 伊藤玉枝
白壁に消えも入らずに毛糸編み 平畑静塔
白指も編棒のうち毛糸編み 鷹羽狩行
白毛糸編みをり洗礼式前夜 長田等
白毛糸編むと手濯ぎ来て坐る 大橋敦子
眠ること忘れて編みし日の毛糸 高田よし子
石女の妻が夜々編む古毛糸 森川暁水 黴
祈りにも似し静けさや毛糸編む 戸川稲村
空と海の色二本どり毛糸編む 山田みづえ 木語
空想は翼を得たり毛糸編む 嶋田摩耶子
竿売りの声遠くなり毛糸編む 高野イツ子
純白に子をくるまんと編む毛糸 赤松[ケイ]子
紺毛糸編み山行の計煮つまる 都筑智子
編みかけのつづきの毛糸妻は編む 上村占魚 球磨
編みかけの毛糸を棚に海女の小屋 近藤巨松
編みかけの毛糸編む気のなき如く 後藤夜半 底紅
編みかけの毛糸見せられ親しさ増す 山口波津女
編み残す去年の毛糸のけぶりをり 中嶋秀子
編初の毛糸人形みどり児に 山口恵子
考へを針にひつかけ毛糸編む 上野泰(1918-73)
耳に日が射してひとりの毛糸編む 菖蒲あや
耳貸して毛糸編む手の小止みなく 麻田椎花
聖樹ともして彩やわらかき毛糸編む 浜 芳女
胸おくに第九奏でて毛糸編む 石川文子
胸中に編込模様毛糸選る 都筑智子
膝の上が女の世界毛糸編む 伊丹三樹彦 人中
船乗りの妻編む毛糸太きかな 今泉貞鳳
若からぬ寡婦となりつつ毛糸編む 桂信子
若き日の愁ひの眼伏せ毛糸編む 吉屋信子
若き日の指に戻らず毛糸編む 田口佐和子
虎落笛毛糸編む妻いも寝ずに 五十崎古郷句集
論理には弱くひたすら毛糸編む 岩崎照子
贈りたき人ゐて毛糸編む子かな 井田 美絵
赤好きで赤ばかりなる毛糸編む 横町陽子
足もとに鳩を遊ばせ毛糸編む 茂里正治
週末午下中座もまれに毛糸編む 平井さち子 完流
邦語ラジオ始まる頃よ毛糸編む 西岡敏子
銀婚の妻その孫に毛糸編む 百合山羽公 故園
隠し事ある日多弁に毛糸編む 小林沙丘子
隣席を一切無視し毛糸編む 右城暮石
離れて遠き吾子の形に毛糸編む 石田波郷
雨の駅に夫待つひとか毛糸編む 沢 聰
雲の色地の色毛糸編みからめ 依光陽子
青い鳥ゐるを信じて毛糸編む 菖蒲あや 路 地
青春のいま静のとき毛糸編む 山田弘子 螢川
食堂の隅にすわりて毛糸編む 京極杞陽 くくたち下巻
饒舌は聞き流すのみ毛糸編む 岡林知世子
いつの間にか遠くにありぬ毛糸玉 谷口桂子
ぎりぎりの忍従静かさの毛糸玉 齋藤愼爾
ひとり又解く挫折の毛糸玉 林 恒子
ふとりゆく妻の不安と毛糸玉 福永耕二(1938-80)
亡夫のもの解かれて毛糸玉となる 笠間照子
佳き日か車中靴に毛糸玉ころげ来て 川口重美
吾子ほどは遠くへ行かず毛糸玉 今瀬剛一
天心に太陽膝に毛糸玉 櫛原希伊子
妖精が黙つて押しゆく毛糸玉 林翔
妻の留守中も糸引く毛糸玉 右城暮石 声と声
姑との距離まだ少し毛糸玉 伊藤 琴
姑の小包お年玉毛糸玉 黒田杏子 花下草上
川流れいちにち赤き毛糸玉 下山光子
急ぎ立つ膝より走る毛糸玉 木下富士枝
春待つや捲いて太らす毛糸玉 成瀬桜桃子 風色
母の辺に日暮れてゐたり毛糸玉 猪俣千代子 堆 朱
毛糸玉ころがす妻の老眼鏡 荒川邪鬼
毛糸玉ころげ飛びたつ如迎へ 高橋笛美
毛糸玉ころり余生を多忙にす 中村恭子
毛糸玉まろぶ日差のある方へ 黛 執
毛糸玉らしき風呂敷包かな 上野泰 春潮
毛糸玉を拾つて欲しいとは頼まぬ 櫂未知子 蒙古斑
毛糸玉客迎ふるに付き来たり 白岩てい子
毛糸玉巣線閾乗り超えし 上野泰 春潮
毛糸玉幸さながらに巻きふとり 能村登四郎 咀嚼音
毛糸玉或る時いのちふつと無し 池田澄子
毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己
毛糸玉突き放しては今を編む 中村路子
毛糸玉繰るや心を繰るごとく 鈴木貞雄
毛糸玉膨らむ妻の胸もとに 冨田みのる
毛糸玉芯といふものなかりしよ 辻桃子 花
毛糸玉見てをり微震過ぎにけり 細川加賀 生身魂
毛糸玉追へば逃げゆくことばかり 野中 亮介
毛糸玉頬に押しあて吾子欲しや 岡本眸
看取居の膝にやせゆく毛糸玉 鈴木文子
編棒をさせばおちつく毛糸玉 栗生純夫 科野路
編棒を三本挿せる毛糸玉 京極杞陽 くくたち下巻
聖書まで転がり毛糸玉止まる 長田等
胸ふくるる思ひ毛糸玉大きくて 内藤吐天 鳴海抄
誰もゐぬ夜へ転がす毛糸玉 宮倉浅子
身ごもれる子に純白の毛糸玉 渡部良子
階下までわれに蹤ききし毛糸玉 小野恵美子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

日記買ふ

日記買ふ

例句を挙げる。

いくばくもなき宮仕へ日記買ふ 村中聖火
おもふ書のなくて出端の日記買ふ 下村ひろし 西陲集
かたくなに日記を買はぬ女なり 竹下しづの女句文集 昭和十三年
くさぐさのもののついでに日記買ふ 鈴木貞雄
くり返しきかぬこの世や日記買ふ 山本 輝明
この暗き海鳴の町日記買ふ 黒田杏子 水の扉
すでにして己れあざむく日記買ふ 岡本眸
ためらはず博文館の日記買ふ 高見孝子
はなやかな若き日もなく日記買ふ 財家しげゆき
ひらきたるそこに虚子の句日記買ふ 高橋鷹史
ふと羨し日記買ひ去る少年よ 松本たかし
われ買へばなくなる日記買ひにけり 池上浩山人
三年は生きると信じ日記買ふ 吉村ひさ志
丸ビルの花屋に隣り日記買ふ 久米正雄 返り花
五年日記気持大きく買ひにけり 仲島 四郎
人波のここに愉しや日記買ふ 中村汀女
人生のいまが盛りか日記買ふ 山田弘子 螢川
何時までの余生と思ひ日記買ふ 杉森干柿
偽りの世に気をとり直し日記買ふ 今泉貞鳳
兵士達どやと入り来て日記買ふ 遠藤梧逸
勉めよと日記を買ひて与へけり 高浜虚子
医師日記俳諧日記二つ買ふ 江本 如山
十年を生きるつもりの日記買ふ 大森三保子
吹き降りの海鳴りの町日記買ふ 中まり子
商ひの記録一筋日記買ふ 高木節子
子供らに真白き未来日記買ふ 橋田憲明
実朝の歌ちらと見ゆ日記買ふ 山口青邨(1892-1988)
少年の如し夢見て日記買ふ 高石高平
巷の坂に帆を遠くおく日記買ふ 斉藤夏風
平積みの嵩の日記は買はざりき 鈴木しげを
我が生は淋しからずや日記買ふ 高浜虚子
手にとりて過去にひとしき日記買ふ 赤松[けい]子 白毫
日記買はじ喜憂来るまゝ過ぐるまゝ 及川貞 夕焼
日記買ひその後赤き花を買ふ 山田弘子 螢川
日記買ひ一誌と歩みゆく月日 山田弘子 懐
日記買ひ夜の雑沓に紛れけり 星野 高士
日記買ひ潮ながるるを見てゐたり 猿山木魂
日記買ひ薔薇挿し彼の日憶ひをり 及川貞 夕焼
日記買ふこころに真水溢れさせ 佐藤美恵子
日記買ふことが愉しく買ひにけり 吉屋信子
日記買ふその一冊を心とし 道山昭爾
日記買ふまだ見ぬ吾子へ思ひ寄せ 中村純代
日記買ふ中学生に疾き日ざし 久米正雄 返り花
日記買ふ二人の生活築くべく 八木隆史
日記買ふ五十路の未来信じ度く 山田弘子 螢川
日記買ふ只それだけの用持ちて 今井つる女
日記買ふ夜天を焦がす熔鉱炉 秋元不死男
日記買ふ子に伝ふべき何もなし 西村和子 夏帽子
日記買ふ星の貧しき街なれば 櫂未知子 蒙古斑
日記買ふ未知の月日にあるごとく 中村秀好
日記買ふ町の銀座の明るさに 柴田白葉女 花寂び 以後
日記買ふ癒ゆるなき身をはげまして 朝倉 和江
日記買ふ神保町の片すみに 黒田杏子 花下草上
日記買ふ自分と語ること好きで 山田弘子 螢川
日記買ふ貨車連結の音の書肆 大岳水一路
日記買ふ銭入れにつく鈴鳴りぬ 宮武寒々 朱卓
日記買ふ頃となりけり彼女いかに 森田峠 避暑散歩
来し方の美しければ日記買ふ 赤松子
来年は嫁ぐ日記の厚き買ふ 久米正雄 返り花
来年は鎌倉暮し日記買ふ 京極高忠
極北の街で真白き日記買ふ 有馬朗人 耳順
母にのこる月日とならむ日記買ふ 古賀まり子
汝が為に買ひし日記と手渡され 高橋笛美
灯りたるモンパルナスに日記買ふ 上野好子
父として日記は買はず絵本買ふ 森田峠 避暑散歩
父に付添はれてをりて日記買ふ 森田峠 三角屋根
独り身の今も青春日記買ふ 平田 節子
生きてゐる限り戦後史日記買ふ 広谷一風亭
秘めるものなくて鍵ある日記買ふ 辻三枝子
美しき本童話集日記買ふ 深川正一郎
行きかはすリフト繁しや日記買ふ 岡田 貞峰
買はずとも日記贈られ励まさる 阿波野青畝
贈らむと選びし日記われも買ふ 斎藤 道子
身辺紅きものばかり日記買ふ 鈴木有紗
迷ひゐて人の手触れし日記買ふ 斎藤 節子
鍵のある日記長女に買ふべきか 上野泰
闘病も永き覚悟の日記買ふ 田中幹子
雑踏の渦くぐり抜け日記買ふ 佐藤美恵子
雨の日の神田に暮れて日記買ふ 角川春樹
すぎし刻声あげて来る古日記 金久美智子
一行の自分史となる古日記 中島敏之
一頁ずつ声あげる古日記 二村典子
余白多き古日記とはなり了す 石塚友二
古日記心貧しき日は飛びて 朝倉和江
古日記母逝きしこと一行に 細川加賀 『玉虫』
古日記読めば亡夫居て冬温し 鈴木志げ
和紙の雪はさみてありし古日記 中西しげ子
秘めごとのひとつやふたつ古日記 山田弘子 こぶし坂以後
空白のなかの一行古日記 永田耕一郎

以上
by 575fudemakase | 2014-12-20 00:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング