2014年 12月 21日 ( 13 )

焚火

焚火

例句を挙げる。

あかあかと通夜の焚火をうち囲む 鈴木 昭次
あかつきの焚火をまたぐ鵜匠かな 葛三
あかつきの甘藷蔓焚火鶴を待つ 河野静雲 閻魔
あたたまる延寿の神の焚火にて 百合山羽公
あつけなき落葉ばかりの焚火かな 星野立子
ありありと不動いませり夕焚火 山田昌子
いくたびか父と焚火をせしことあり 今井杏太郎
いたゞきも端山も焚火あげにけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
いつまでも焚火に仕へゐるごとく 山田弘子 懐
いまのいま余生に加ふ焚火跡 斎藤玄 雁道
うかうかと来て不機嫌な焚火跡 内田美紗 魚眼石
うしろべに茶の花咲ける焚火かな 吉武月二郎句集
うすうすと焚火煙の雲となる 今井千鶴子
おのづから師弟に丸き焚火かな 青木重行
おもしろや庭の焚火にいざなはれ 尾崎迷堂 孤輪
お山焼きしばし待つ間の焚火かな 森田敬之介
かいつむり焚火たひらになりにけり 岡井省二
からまつ昏れ小声に焚火育て二人 村越化石 山國抄
かりくらに鳶ひるがへる焚火かな 飯田蛇笏
かりそめの生のなかばに焚火爆ぜ 上田五千石 田園
この頃の好きな色赤焚火守る 星野立子
こめかみに焚火の音す正月空 中拓夫 愛鷹
ころがりてありし瓶子や注連焚火 青畝
しかと消す焚火に水の鞭浴びせ 大岳水一路
しばらくは土の匂ひの焚火かな 山田弘子 懐
しほざゐの焚火をへだつ焚火あり 中田剛 珠樹
しらじらしい言葉をあつめ焚火せむ 村田治男
しら芥子に焚火移ふや嵯峨の町 暁台
たちよりて脱ぐ沓あさき焚火かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
たび人に日の秋畑の焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
たまさかに夕ぐれ帰る吾に焚火 久米正雄 返り花
たま来ると夜半の焚火を靴で消す 長谷川素逝 砲車
たゝなはる嶺々のあげたる焚火かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
とつぷりと後暮れゐし焚火かな 松本たかし
どこへ飛ばんとするか焚火に両手ひろげ 野澤節子 花 季
なげ入れしくまでの燃ゆる焚火かな 久保田万太郎 草の丈
にじり当りしが急に焚火を去りしかな 島村はじめ
ねむられず牡丹焚火の火が胸に 島谷征良
ねむれねば真夜の焚火をとりかこむ 長谷川素逝
はらわたのぬくもるまでの焚火かな 前田六霞
はるかなる灯をさへぎりし焚火かな 阿部みどり女
ばうとして昼の焚火にあたりゐる 高澤良一 随笑 
ひととゐてひとを忘ぜし大焚火 柴田白葉女
ひとり来て話題のかはる磯焚火 加藤洋子
ひねもすを御用納の大焚火 今井つる女
ひや~と芦透けて見ゆ焚火かな 木歩句集 富田木歩
ひりひりと虜にし響かふ焚火かな 青木敏彦
ひろ庭の霜に焚火や僕夫婦 岩木躑躅
ふたりの土竜が背のびして焚火して居るよ 冬の土宮林菫哉
ふりむけば父の来てゐる焚火かな 伊藤伊那男
ぶだう枯れ焚火が透かす日本海 西村公鳳
また落葉してをりよべの焚火跡 吉屋信子
みづうみに触れんばかりの焚火かな 山田弘子 懐
みづうみの暮れてしまひし焚火かな 馬場五倍子
めらめらと焚火かげろひ山揺るる 星野立子
もてなしの焚火かこむや雪催ひ 大場白水郎 散木集
もてなしの焚火となりし別れかな 高木晴子 花 季
もろこ舟舳先に爆ぜし鑵焚火 木田千女
やはらやはら燃え終らんとする焚火 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
よく燃えて焚火の焔情けあり 高橋淡路女 梶の葉
わがからだ焚火にうらおもてあぶる 尾崎放哉
わが焚火胸焦がしきと記しおく 北登猛
わだかまるものを投げ込む焚火かな 小倉涌史
わめきつゝ海女は焚火に駈け寄りぬ 稲垣雪村
われを愧ぢてゐ枯草など焚火してゐる 中塚一碧樓
ゐのこりのひとりの焚火身を凌ぐ 荒川 曉浪
アイヌ一族焚火をあげて嫁まてる 細谷源二
エゴンシーレの絵筆をくべし焚火かな 仙田洋子 雲は王冠
オルガンの鳴る路地深く夜の焚火 木村蕪城 寒泉
ガサ市の焚火男の匂ひせり 関森勝夫
クレーン船沖を指しゆく浜焚火 館岡沙緻
クローバや雨の焚火が雨焼いて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
サーファーの忘れものめく浜焚火 能村研三 海神
ソドムの跡知らず焚火の漢たち 有馬朗人 耳順
ドラム缶の焚火耳掻きそろそろと 加倉井秋を 『真名井』
ドリーネの村を鎮める焚火かな 穴井太 原郷樹林
パン箱にパンの艶あり鑵焚火 香西照雄 対話
ペテロユダ吾れも焚火に暮るるなり 今瀬剛一
ルンペンの焚火貰うて汽車を待つ 小原菁々子
レノン忌やまだ濡れてゐる焚火跡 内田美紗 魚眼石 以降
一と燃えに焚火煙とぶ棚田かな 飯田蛇笏 山廬集
一ト浜や焚火の跡のこゝかしこ 小杉余子 余子句選
一人去りて二人来りし焚火かな 島村元句集
一人退き二人よりくる焚火かな 久保田万太郎 草の丈
一塊の焚火に落ちて天の河 齋藤愼爾
一月一日のわが焚火す胸のあたゝまり 中塚一碧樓
一生を焚火の番をしてゐたき 辻桃子 ねむ 以後
一茶忌の雀の家族焚火越す 秋元不死男
七面鳥が向うむいてふくるる焚火 北原白秋
万策の尽きたる後の大焚火 柴田奈美
三井寺を出でて大きな焚火かな 岸本尚毅 舜
世が世ならの人と焚火を盛り上げむ 櫂未知子 蒙古斑
中学を卒へて海女たり磯焚火 逸見吉茄子
中立無し右往左往の風の焚火 香西照雄 対話
主従して秋の焚火の二たところ 阿部みどり女 笹鳴
久女忌の焚火に残る傘の骨 中島登美子
二階より見下してゐる焚火かな 比叡 野村泊月
人ごゑを風ふきちぎる焚火かな 久保田万太郎 流寓抄以後
人一人焚火してをるあやしさよ 京極杞陽 くくたち上巻
人老いぬ焚火埃を眉につけ 淡路女
今曳かん家縛り置きて焚火かな 西山泊雲 泊雲句集
仏眼と異るほくろ浜焚火 磯貝碧蹄館
仮面久しい焚火から紙舞いあがる 林田紀音夫
伏兵の殺気を背なに焚火の輪 柴田奈美
住み老いて飲む茶碗のお湯焚火ちら~映り 安斎櫻[カイ]子
何か事あれと焚火を囲む者等 右城暮石 声と声
何刻ぞ焚火にパンをこがしゐて 岩田昌寿 地の塩
倉庫前炎ばかりの焚火燃え 和知喜八 同齢
催眠剤効きくる時を焚火の香 内田美紗 魚眼石
元日や湖畔の焚火むらさきに 青陽人
兄妹の焚火のあとの寒の雨 安住敦
八ケ岳見えて嬉しき焚火哉 前田普羅
八十の母の焚火の勢ひ立つ 桂信子 花寂び 以後
六曲一雙山裾にして焚火して 佐々木六戈 百韻反故 初學
冬浜の暮るゝに間ある焚火かな 高濱年尾 年尾句集
凍て湖に焚火せし罪測られず 津田清子 二人称
出さざりし手紙ひそかに焼く焚火 稲垣きくの 黄 瀬
初寅や大焚火して二軒茶屋 増田三明
初寅や施行焚火に長憩ひ 田中王城
初市の焚火受継ぐ煤け漁婦 皆川盤水
初泳ぎせし老守れや大焚火 石川桂郎 四温
初漁の船待つ磯の大焚火 熊田鹿石
初漁や焚火うけ継ぐ煤け漁婦 皆川盤水
初護摩の出を待つ僧の焚火かな 岡村羊羽
初釣にそふて焚火の穂のますぐ 亀井糸游
別るゝ人ばかりと浜の焚火に居り 阿部完市 無帽
刹那刹那に生く焚火には両手出し 津田清子 礼 拝
刺羽の渡り待つ秋暁の浜焚火 吉田未灰
前世は水なり焚火よく爆ぜる 穴井太 原郷樹林
励まなんいま色一新遠焚火 香西照雄 素心
午の日のうかびて寒き焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
双手もて焚火を圧さへゐたりけり 徳永山冬子
古俵立てし焚火の客となる 後藤夜半 底紅
名を捨ててみよう焚火の頂点へ 櫂未知子 貴族
唇と骨を熱して焚火跡 斎藤玄 雁道
喊声の如くに焚火そらへゆく 京極杞陽 くくたち上巻
喪の焚火思ひ出しては燃ゆるなり 宇佐見蘇骸
四辻にうどん焚火や冬の月 石友
国をならべて入りこむ大焚火 松澤昭 山處
土筆煮るごとし焚火を踏みて立つ 萩原麦草 麦嵐
坂に身がかたむきゐたり焚火きえ 川口重美
埋立地に人の匂ひの捨焚火 有働亨 汐路
墓山に大焚火してバタ屋棲む 高井北杜
壁の蔦焚火の照らす錦かな 久米正雄 返り花
夕山の焚火を蔽ふ杣二人 飯田蛇笏 椿花集
夕影や焚火の煙遠く這ひ 大場白水郎 散木集
夕映えの遠き焚火は地の吐息 林 翔
夕月の色見て去らず畑焚火 楠目橙黄子 橙圃
夕焚火あな雪ぞ舞ひ初めにけり 石塚友二 光塵
夕焚火してをり思ひ出話せり 中山純子 沙羅
夕焚火火の粉華やぎ散りにけり 高橋淡路女 梶の葉
夕焚火生命線のまつかつか 大倉郁子
夕焚火雨音川をわたりくる 金尾梅の門 古志の歌
夕焚火雪虫眉にただよへる 石原舟月 山鵲
夕空に融けて焚火の焚き埃 青木重行
夕霜や湖畔の焚火金色に 泉鏡花
夜の嶺に焚火の名残仰がるゝ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
夜の焚火影のみなけだものとなり 千代田葛彦 旅人木
夜叉となり観音となり焚火果つ 小川原嘘帥
夜明け待つ心相寄る野の焚火 臼田亜浪 旅人
夜焚火となりて炎のいま丈余 高澤良一 ねずみのこまくら 
夜焚火にみな借りものの雪合羽 横山房子
夜焚火に唇熱し今を生き 櫛原希伊子
夜焚火に束ねし手紙焚き加ふ 大木さつき
夜焚火に浮き来し烏賊が華と咲く 米澤吾亦紅
夜焚火に畦がみどりを残すなり 阿部ひろし
夜焚火に金色の崖峙てり 秋櫻子
夜焚火のあかりどんどん籾はこび 橋本鶏二 年輪
夜焚火の炎大きくゆらめけり 仙田洋子 雲は王冠
夜焚火の炎見つめて影となる 野澤節子 遠い橋
夜焚火の焔吹き倒され昏む 林火
夜焚火や乗込む頃の鮒釣場 根岸善雄
夜焚火や闇より波の走り出づ 岡本眸
夜焚火人の眞黒き背に近よりし 皆吉爽雨
夜神楽や焚火の中へちる紅葉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
夜祭の鬼あぶりだす大焚火 藤井寿江子
夜網舟戻りて焚火あがりけり 水原秋桜子
大きな火星へ汚れ童子等焚火上ぐ 川口重美
大根をひきよこたへて焚火かな 銀漢 吉岡禅寺洞
大椨の根方に隆と焚火跡 高澤良一 さざなみやっこ 
大焚火かこみて漁夫の厄落し 桑原れい子
大焚火して埋立ての新番地 青木起美子
大焚火して産土の神送り 高崎雨城
大焚火夜をこがしつつ鬼の舞 橋本榮治 麦生
大焚火火の粉はすべて海に向く 岩井久美恵
大焚火炎は飛んですきとほり 上野泰
大焚火糶り騰ぐ魚の眼を染めて 河野南畦 湖の森
大焚火闇に守られ衰へず 高橋悦男
妥協すまじ胸の高さに焚火燃ゆ 川口重美
妹を悲しませずに済む焚火 櫂未知子 貴族
妹背とて男は入れず磯焚火 長谷川虚水
妻の焚く焚火の音に帰り来ぬ 田川飛旅子 花文字
婆容れて大焚火の輪ゆるびけり 大石悦子 群萌
子の瞳ならぶ焚火は音を空へ放つ 桜井博道 海上
孤独なやつさ茅の焚火をでかくして 細谷源二
学僧の焚火の群に郵便夫 山田狭山
安達太良の瑠璃襖なす焚火かな 加藤楸邨
宗達銀杏光琳紅葉焚火あと 川端茅舎
家までを消えぬ焚火のにほひ嗅ぐ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
家をからつぽにして焚火はじめてゐる 人間を彫る 大橋裸木
家壊わし男ひたすらなる焚火 井上雪
寄席の前焚火してゐる淋しさよ 成瀬正とし 星月夜
寒山は掃き拾得は焚火守る 蔦三郎
寒巌を焚火幾度も焦がせし跡 右城暮石 声と声
寒明のきよき焚火が畦にあり 阿部ひろし
寒月に焚火ひとひらづゝのぼる 橋本多佳子
寒月光隈なき水で焚火消す 齋藤愼爾
寒雪の堅きが上に焚火する 内藤吐天 鳴海抄
対岸の焚火わらへり雪催ひ 石原舟月
小屋に人上つてをる下に焚火ある 京極杞陽 くくたち上巻
小焚火の黄を得ぬ遠火は緋の巨花ぞ 香西照雄 素心
尻あぶる人山を見る焚火かな 野村喜舟 小石川
屈強な焚火が焦がす日本海 石村与志
山に来て成人祭の焚火あと 吉田鴻司
山の娘のつゝましう焚火助けゝり 海雲(もづく) 原本神櫻、臼田亜浪刪存
山の焚火の上行く雲も赤くこそ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山を出づ早瀬にかこむ夕焚火 中村汀女
山を怖れて人なつかしむ焚火かな 雑草 長谷川零餘子
山上にけむりを立てて焚火かな 太田鴻村 穂国
山中の馥郁たるは焚火あと 鴻司
山川の底に写れる焚火かな 下村槐太 天涯
山幕にうつる焚火や二の替 増田龍雨 龍雨句集
山旦那杣の焚火に打交る 雉子郎句集 石島雉子郎
山神楽焚火拝みて戻りけり 竹冷句鈔 角田竹冷
山道を直す百日焚火して 大木あまり 火のいろに
山鳩の鳴くや焚火の音の中 秩父
岩砕く金剛力や焚火人 楠目橙黄子 橙圃
岩魚捕り二人となりし焚火かな 佐野青陽人 天の川
川音の聞こえる焚火美しく 北原志満子
川風のこゝまでとゞく焚火かな 久保田万太郎 草の丈
己が背を焦がすまで見せ焚火の輪 雨宮抱星
帰らねばならぬ焚火を見てをりぬ 西村和子 かりそめならず
年の夜のたかむら染むる焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
年の夜や焚火のうつる鶏の顔 寛麗
年送る大焚火とはなれりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
幸福が見つかりさうに朝焚火 星野立子
幸福と焚火明りの照らす胸 成瀬正とし 星月夜
幾たびも梅雨の焚火の燃え上がり 右城暮石 声と声
広庭の只中にして焚火かな 比叡 野村泊月
庭焚火しづかに松の鶲かな 橋本鶏二 年輪
庭焚火むすめは跼み袖抱いて 吉屋信子
庭焚火来てしやがむ子の寡黙なる 谷中隆子
庭焚火炬燵をぬけてまた一人 吉屋信子
弁当にかぶる焚火のほこり哉 竹冷句鈔 角田竹冷
弁当を寄せて大工の焚火かな 矢本 明
弓神事待つ境内の大焚火 赤谷ちか子
彼の端山地獄にまがふ焚火あぐ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
彼は去りわれなほ残る焚火かな 高濱年尾 年尾句集
彼岸あつし焚火のいろの鈍ろく捲く 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
彼岸会の音たててゐる焚火かな 吉田鴻司
忘却とは長いながい焚火のけむり 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
悪相となりいて親し夜の焚火 山本紫黄
愛憐のまつたき両手藁焚火 河野多希女 月沙漠
我が方へいぶる焚火や藪撓む 西山泊雲 泊雲句集
我方へいぶる焚火や藪撓む 西山泊雲
我窓へ折々曇る焚火かな 小杉余子 余子句選
戸隠の日暮がおそふ焚火かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
戸隠山の日暮がおそふ焚火かな 鷲谷七菜子 游影
手をひろげて焚火にあたりゐる梨樹よ 冬の土宮林菫哉
抜けるきつかけをつかめず焚火の輪 片山由美子 天弓
押へ押へ焚火の紙屑年越す店 桜井博道 海上
捨てし身や焚火にかざす裏表 川端茅舎
捨焚火寒山拾得来て育て 河野静雲
捨焚火掘兼村の井水鳴る(堀兼の井を訪ぬ。水の乏しかつた武蔵野の様子は堀兼の井、高井戸などの地名が明らかにしてゐる。) 角川源義 『神々の宴』
掃かれしあとに落葉こまかや焚火燃ゆ 雑草 長谷川零餘子
掃きとりし焚火あとある禅寺かな 京極杞陽
掃く音と焚火のはぜる音とのみ 上野泰 佐介
採氷夫焚火に立ちて雫する 橋本多佳子
教へ子寄れ焚火枝岐れくりかえす 香西照雄 対話
新しき小さき焚火でありにけり 辻桃子 ねむ 以後
旅に居て両手のべたる焚火かな 萩原麦草 麦嵐
日の原をよぎるとき匂ふ焚火あと 阿部みどり女
日は海へとろり溶け出す海女焚火 平井さち子 完流
日向焚火藁しべの燃ゆるかなしき 臼田亜浪 旅人
日曜の子等集まりし焚火かな 青峰集 島田青峰
日最中の風鳴りすぐる焚火かな 石原舟月 山鵲
日輪が焚火煙の中になる 湯浅桃邑
日雇の焚火ぼうぼう崖こがす 西東三鬼
明兼ねる夜半を松籠(まつご)の焚火かな 広瀬惟然
明日は明日の旅あり焚火真くれなゐ 伊藤京子
明星の白む焚火にあたゝまる 百合山羽公 故園
晴々とポプラに葉なき焚火かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
暁の不二植田を前の焚火跡 木村蕪城 寒泉
曳き舟の東雲はやき焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
書斎には戻らず焚火してゐたる 伊藤湖雨城
月の出に焚火の音が屋根越えて 桜井博道 海上
朝の市いの一番の焚火かな 内山三杖
朝は夫夕の焚火は吾が燃やす 及川貞 榧の實
朝寒の陣に飯たく焚火かな 柳原極堂
朝日さす焚火を育て影を育て 西東三鬼
朝焚火露が厩の香をひろげ 野澤節子 黄 炎
朝霜に焚火一と時や家普請 青峰集 島田青峰
木屋町にロケや維新の焚火陣 桂樟蹊子
木樵等の杜漏の焚火冬の末 細谷源二 砂金帯
松毬のかたち火色に磯焚火 中戸川朝人 星辰
林中に雪のこりなき焚火かな 大橋櫻坡子 雨月
林間のたそがれ早し焚火見え 石原舟月
枯菊がいま音たてゝゐる焚火 高木晴子 晴居
染めたての黒布はためく朝焚火 香西照雄 対話
柚子の木に雀なく朝の焚火せむ 榎本冬一郎 眼光
柚木を焚火に足して見ず知らず 猪俣千代子 堆 朱
栄螺焼く磯の焚火の板囲ひ 高木良多
校舎の間に紙を降らせり朝焚火 中拓夫 愛鷹
梅寒し焚火うち消す水白う 木村蕪城 一位
棟梁の段取りも聞く焚火かな 一宮しおり
楢山や谿に人居て焚火産む 北野民夫
極月や孫と遊びの庭焚火 遠藤梧逸
橡の殻橡の実焦げし焚火跡 茨木和生 遠つ川
残る焚火に言葉すくなの師と踞む 松村蒼石
母となる胸かがやけり焚火の秀 石寒太 翔
母郷たしかむ焚火の芯は狐色 原裕 『葦牙』
毎朝の焚火の今日の始まれる 大木格次郎
毟りたる羽ほうりこむ焚火かな 大木あまり 火球
氷上の焚火の焔いろ吹かれとぶ 石原八束 空の渚
氷上やうつりかはして二焚火 風生
氷下魚釣る焚火の跡に焚火して 横山いさを
汽車を待つ焚火の中に我も在り 寿々木米若
沖に鴎仲仕焚火の燃え上る 米沢吾亦紅 童顔
河の水やはらかし焚火うつりゐる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
河音の未だにこもる萱焚火 栗生純夫 科野路
法師子の故郷かたる焚火かな 伊藤虚舟
波止場の焚火火の粉はみんな海に降る 田川飛旅子 花文字
注連を綯ふ焚火ほこりを身にまとひ 池原巨桐
流木の月日消えゆく磯焚火 林 翔
流木を集め人魚の焚火跡 金堂豊子
浜渡世今日もはじまる焚火かな 土手貴葉子
浜焚火して沖荒れを眺めをり 高濱年尾 年尾句集
浜焚火ほそきたつきの舟帰る 松村蒼石 雪
浜焚火勢を得し彼方かな 山本歩禅
浜焚火松葉の燠のつまびらか 加藤三七子
浜焚火汐木に犬を繋ぎをき 山田弘子 初期作品
浜焚火連絡舟の着くところ 猿渡ます
浮浪児の目があかあかと焚火育つ 田川飛旅子 花文字
浮浪焚火映え電柱も一朱柱 香西照雄 素心
浮浪焚火背丈越ゆれば塔形に 香西照雄 対話
海人の子と思ひ焚火のとびかかる 山口誓子
海女潜るすなはちゆれて舟焚火 小原菁々子
海女焚火淡し頭上へ水柱 香西照雄 対話
海苔掻女濡れ手をかざす磯焚火 高橋淡路女 梶の葉
海苔洗う人ら憩えり夜の焚火 古沢太穂 古沢太穂句集
海見えて小樽坂なす焚火路地 桂樟蹊子
渡しまつ脛くぐり鳴る焚火かな 飯田蛇笏 山廬集

More
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

古暦

古暦

例句を挙げる。

あつめ来て紙衣に縫はん古暦 正岡子規
この年の夢を残して古暦 吉屋信子
さくら木の板も焼れて古暦 蕪村遺稿 冬
ひとしぐれ通りし山路古暦 大岳水一路
まざ~と過ぎし月日や古暦 高橋淡路女 梶の葉
むらぎもの色に燃えけり古暦 高橋睦郎 荒童鈔
めくる日やめくらざる日や古暦 森本青耕
わづらはぬ日をかぞへけり古暦 一茶
マイホームプラン進むや古暦 稲畑廣太郎
メモ書きのそれが絶筆古暦 小林牧羊
モナリザにいたづらのひげ古暦 有馬朗人
一日もおろそかならず古暦 高浜虚子
事故の朝めくりしままの古暦 芦高昭子
人住ずなりぬはしらの古暦 高井几董
何か追ふ心愛しや古暦 星野立子
何となく奈良なつかしや古暦 正岡子規(1867-1903)
入院のその日のままや古暦 飯村周子
初暦めでたくここに古暦 正岡子規
古暦あへなく燃えてしまひけり 成瀬櫻桃子 風色
古暦おろかに壁に影おけり 柴田白葉女
古暦たのみなき日となりにけり 吉武月二郎句集
古暦とはいつよりぞ掛けしまま 後藤夜半
古暦なきがら送る目を空に 石川桂郎 四温
古暦はづして次の奈落かな 岡澤康司
古暦ひとに或る日といふ言葉 長谷川照子
古暦ふり返るのもまた楽し 三宅李佳
古暦ほしき人には参らせん 服部嵐雪
古暦やつれて月日とどめけり 吉屋信子
古暦よき思ひ出もなき身かな 高橋淡路女 梶の葉
古暦下総に生く土性つ骨 佐藤雀仙人
古暦丸めて犬の頭を叩く 岸本尚毅 舜
古暦人は忘るる知恵もてり 成瀬櫻桃子 素心以後
古暦余白なきまで遊びたる 橋本榮治 逆旅
古暦外し哀歓遠ざかる 山田弘子 螢川
古暦姪の去りたる日のままに 五十嵐播水 埠頭
古暦少しくこげて炉辺にあり 清原枴童
古暦日々の消えゆくたしかさに 井沢正江
古暦残す僅かな日を見せて 星野立子
古暦母には残す夜の暇 中村汀女
古暦水はくらきをながれけり 久保田万太郎
古暦焚く束の間の焔なりけり 菊地久城
古暦白墨の粉うつすらと 岩田由美
古暦絵を遊さまに屑箱に 上野泰 春潮
古暦貼りし茶室の引戸かな 西本一都 景色
古暦雑用帳にまぎれけり 正岡子規
味噌汁のかをりのしみし古暦 大久保白村
善蔵が紋付でくる古暦 仁平勝 東京物語
在りし日のままの書斎の古暦 大久保白村
多忙とも附き合ひくれし古暦 小田尚輝
大安の日を余しけり古暦 高浜虚子
大安を以て終りし古暦 南魚水
嫁がせし其の日のままの古暦 谷田 チエ子
岩肌の水落しゐる古暦 綾部仁喜 寒木
年の夜のものものしさよ古暦 会津八一
御経に似てゆかしさよ古暦 與謝蕪村
恙なくただ古暦残すのみ 大熊輝一 土の香
憂きことの幾つもありし古暦 小野田 八重子
我旅の遠々しさよ古暦 露月句集 石井露月
書き込みのふと捨てがたく古暦 梅本安則
格言にうなづきめくる古暦 田島竹四
母と在らば一会の日々よ古暦 新井盛治
毛皮敷く上に落ちたり古暦 辻桃子
湯の花を採りし日しるす古暦 大島民郎
火の山の裾に幾古暦捨て 村松紅花
火の患水の患も古暦 河東碧梧桐
火桶にや貼らん壁にや古暦 会津八一
火葬にはできぬ古暦がひとつ 櫂未知子 蒙古斑
燃えしぶる古暦なり突つきけり 辻桃子
神棚やつかね上げたる古暦 寺田寅彦
笑みつゞけゐしモナリザも古暦 副島いみ子
紙痩せて鴨居に傾ぐ古暦 佐藤棗女
美人画の顔にもメモや古暦 今井風狂子
茶を汲めば風音遠し古暦 鷲谷七菜子
藪透きて灯の二つ三つ古暦 細川加賀 生身魂
見開や古暦の大全代々のはる 井原西鶴
買ひ物のメモに埋りし古暦 蕪木啓子
返らざる月日たたみて古暦 山田登美子
逢ひし日のこの古暦捨てられず 稲垣きくの 黄 瀬
酔て寐た日のかずかずや古暦 几董
隠しごと巻いてしまへり古暦 田宮真智子
雪にまた遠目うしなふ古暦 宇佐美魚目 秋収冬蔵
飲み水を雨足す見つつ古暦 石川桂郎 高蘆
餅を切る庖丁鈍し古暦 夏目漱石 明治三十年
鼻涕かめば鼻黒みたり古暦 幸田露伴 江東集
自嘲して暦の果の落首かな 岡野知十
痩せ痩せて閉じ金(がね)現るる古暦  高澤良一  石鏡
古暦太田とあるは通院日  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

暦売

暦売

例句を挙げる。

あしもとに闇濃くためて暦売る 田代香代子
かうかうと欠けたる月や暦売 藺草慶子
さし出してばら~吹かれ暦売る 皆吉爽雨
しぐれては松あざやかに暦売 鷲谷七菜子
だみ声に覚えの顔や暦売 平賀扶人
ひそと鳴る水をそびらに暦売 黛執
ほうかぶりして懐手して暦売 曲室
まなじりでひそとわらひぬ暦売り 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
三条小橋ともりそめたり暦売 橋本榮治 逆旅
人波の流れやまぬに暦売 富安風生
仁王立ちして時とどめ暦売 浦野芳南
今日もまた雪の気配や暦売 久保田万太郎
今昔や九時の暗さの暦売 石川桂郎 高蘆
仲見世の人の隙間の暦売 坊城としあつ
仲見世の端のくらき灯暦売る 根岸善雄
山の田のみな舟形や暦売 小林貴子
巨船出でしあとの大路の暦売 飯田龍太
市人にまじりあるきぬ暦売 飯田蛇笏 山廬集
店並みの切れて風立つ暦売 鍵和田[ゆう]子 浮標
影すでに凍てておるなり暦売 田川飛旅子
思はざる方に星あり暦売 村沢夏風
懐に小犬を入れて暦売 下山宏子
指先の出し手袋の暦売り 今泉貞鳳
暦売きのふの寒さ語りけり 白岩 三郎
暦売しばらく雨にぬれにけり 村山古郷
暦売しばらく雨をかぶりけり 村山古郷
暦売ふるき言の葉まうしけり 松本たかし
暦売り伝法院の前に出る 村中 美代
暦売り古き言の葉まをしけり 松本たかし
暦売り遠くの富士を見てゐたり 古見史子
暦売るリア王のごと地に座して 草間時彦
暦売る人の流れを押しとゞめ 野村久雄
暦売る家あり奈良の町はづれ 五十嵐播水
暦売る水天宮前秋のゆく 長谷川かな女 牡 丹
暦売る門前町の古本屋 土屋孝子
暦売ポケットの手を出しもせず 三村純也
暦売一つ売れまたぽつねんと 奈良文夫
暦売一番星を見上げゐし 渡辺恭子
暦売南無観音の扉かげ 川端茅舎
暦売古き言の葉まをしけり 松本たかし
暦売夢判断も取り揃え 高浜虚子
暦売恋の二人を見送れる 轡田 進
暦売手相を診ると掲げけり 野中亮介
暦売知らぬ月日を抱へ持つ 吉屋信子
札幌の狸小路の暦売 白井 新一
泉岳寺今日の人出に暦売 竹内万紗子
港深く原潜灯り暦売 加倉井秋を 『真名井』
火の島やその日帰りの暦売 藤後左右
無言にて座りしままの暦売 松尾隆信
煙草のむ他は無口に暦売り 加藤耕子
片脚は桐の棒なり暦売 河野静雲 閻魔
終電車までの一服暦売 白井爽風
群集の中の一点暦売り 対馬康子 吾亦紅
耳たぶとあそんでゐたる暦売 藤田あけ烏 赤松
胼の手に暦売るより外なきか 神山杏雨
街燈の影の二重に暦売 米澤吾亦紅
言問の橋をうしろに暦売り 佐川広治
言問の橋守りのごと暦売り 磯貝碧蹄館
選り迷ふ夫に微笑む暦売 山口恵子
門前のけふ福相の暦売 太田昌子
雑踏におのれを暗く暦売 鷹羽狩行 六花
高浪をうしろにしたり暦売 大峯あきら(1929-)
鳩騒を足もとに溜め暦売る 中村明子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:48 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の雷

冬の雷

例句を挙げる。

たゞ寒く変らぬひと日冬の雷 及川貞 榧の實
なにゆゑの島を手ごめの冬の雷 上村占魚 『かのえさる』
中国の蜜のねばれり冬の雷 大木あまり 火のいろに
冬の雷そらを渡ればそれぞれの夜の部屋にある妻子明るまん 石本隆一
冬の雷とどろく夜深の胸ゆらぎかの非時の古語しゆかしも 坪野哲久
冬の雷に醒めし眠を継がんとす 中村草田男
冬の雷ダンプ荷台の逆さ立ち 川村三千夫
冬の雷チェロのケースに届くべし 吉田紫乃
冬の雷喪章鞄に瀬戸渡る 宮武寒々 朱卓
冬の雷夜討のごとく闇襲ふ 原コウ子
冬の雷家の暗きに鳴り籠る 山口誓子
冬の雷祖父のきれいな頭は撃てまい 斎藤一湖
冬の雷街灯ぐらりねんざする 林 恒子
函嶺の湯あみを冬の雷のもと 皆吉爽雨
吾子の自負たしなむる夜や冬の雷 原 俊子
天嶮のごと遮断機器冬の雷 小松崎爽青
打ち込みしワープロの消ゆ冬の雷 竹中昭子
抽斗に樹林の暮色冬の雷 中島斌雄
教会の鐘楼わたる冬の雷 堀口星眠 営巣期
文士劇はじまり冬の雷に驚く 長谷川かな女 花 季
決断に理由は要らず冬の雷 阪本謙二
泣き染まる赤児の裸冬の雷 赤松[ケイ]子
真直に髪分けて聴く冬の雷 和知喜八 同齢
繕ふは身のうちにあり冬の雷 小笠原照美
羽目板に木目渦まく冬の雷 菅裸馬
腐刻画の深きに目覚め冬の雷 徳弘純 麦のほとり 以後
落語家の死が片隅の冬の雷 有馬朗人 知命
豆引きの降りこめられぬ冬の雷 金尾梅の門 古志の歌
豚舎より仔豚跳び出す冬の雷 吉田霞峰
身の芯の歯車止まる冬の雷 加藤知世子 花 季
雲とざす響灘より冬の雷 上村占魚
みごもれる女教師花鋪に寒雷す 宮武寒々 朱卓
わたくしを許さぬひとりあることの清しも寒雷はげしきゆふべ 伊藤一彦
一片の鮭無き巷寒雷す 渡邊水巴 富士
二ュートンを講じいるとき寒雷し 和田悟朗
伐折羅大将寒雷走る眉間かな 林翔
北国の寒雷迎ふ微塵中 細谷源二 砂金帯
大仙は雲の中なり寒雷忌 冬葉第一句集 吉田冬葉
大年の山の日ぐれとなりにけり寒雷一つ澄みて霽れたり 穂積忠
寒 雷 や 一 匹 の 魚 天 を 博 ち 富澤赤黄男
寒雷すぎ乳母車の後匂いだす 赤尾兜子
寒雷に日のさしかげる船障子 石原舟月
寒雷に濡れて未婚の香の木々よ 櫂未知子 蒙古斑以後
寒雷に起こる全てが枯木灘 花尻 万博
寒雷に響けるがにも白き飯 川口重美
寒雷のやうな師の忌を修しけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
寒雷のやみし頭上に梁太し 西村公鳳
寒雷の乾び切つたる音すなり 相生垣瓜人 明治草抄
寒雷の夜半の火柱畏れ病む 森川暁水
寒雷の天より羽毛落ち来る 丘本風彦
寒雷の後の日の出に海荒し 水原秋桜子
寒雷の後響審判続きをり 香西照雄 対話
寒雷の未明一喝裏日本 鈴木栄子
寒雷の空より羽毛落ち来たる 丘本風彦
寒雷の能登ゆさぶりて渡るかな 新田祐久
寒雷の色を知りたい人形師 加藤ミチル
寒雷の響く都心に餅焦がす 田川飛旅子 花文字
寒雷の鳴つて晴れたる忌日かな 吉田冬葉
寒雷の鳴り終りたる虚空かな 小林康治
寒雷は闇夜に敵は吾にあり 五島高資
寒雷やその夜にはとり一羽減り 本宮哲郎
寒雷やひじきをまぜる鍋の中 横山房子
寒雷やびりりびりりと真夜の玻璃 加藤秋邨 寒雷
寒雷やますらを立ちに野の一樹 西村 博子
寒雷ややがて祈祷にたちもどる 横山康夫
寒雷やセメント袋石と化し 西東三鬼
寒雷や一匹の魚天を博ち 富澤赤黄男
寒雷や助骨のごと障子ある 臼田亜浪
寒雷や喪服のままの四十妻 古館曹人
寒雷や屍の上の一剣 古舘曹人 能登の蛙
寒雷や悪夢見てゐる人を見る 仙田洋子 橋のあなたに
寒雷や湯女の一と連れ声あぐる 吉武月二郎句集
寒雷や石よりも乾く馬の膚 瀧 春一
寒雷や紅蓮の氷わるる夜に 中勘助
寒雷や肋骨のごと障子ある 臼田亞浪 定本亜浪句集
寒雷や膝のあたりに染小皿 古舘曹人 樹下石上
寒雷や針を咥へてふり返り 野見山朱鳥
寒雷や雀群れ解きまた群るる 五領田幸子
寒雷や鶏舎の千羽総立ちに 朝倉和江
寒雷をひとつころがし海曉くる 阿部みどり女
寒雷を喝して心空ろなる 相生垣瓜人 微茫集
寒雷後夜雨しづかに強く語る 香西照雄 対話
棺に添へ樫の錫杖寒雷す 古舘曹人 能登の蛙
椿壺にひらき寒雷浄らなる 渡邊水巴 富士
氷魚*えりに立つ寒雷の水柱 駒井でる太
縁昃りおどけ寒雷おどけ去る 及川貞 夕焼
飾り窓襟布満つ薔薇に寒雷す 宮武寒々 朱卓

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:41 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

滑子

滑子

例句を挙げる。

きやうだいのやさしかりけりなめこ汁 山口青邨
さきだてる巻尾の犬となめこ採り 福田蓼汀 秋風挽歌
なめこ掻く林中の声四重唱 殿村莵絲子
なめこ汁谷々の夜が来てゐたる 村越化石
他家の忌を修しし疲れなめこ汁 北野民夫
塗椀に湯気あそぶなりなめこ汁 飴山實
惜命の一と日一と日の滑子汁 長谷川かな女 花寂び
昏きよりなめこを掴む女の手 野澤節子 遠い橋
白樺の雫あはれになめこ売 桂樟蹊子
籠あけて雪の匂の滑子なり 三宅句生
霧さむき月山なめこ食ひ惜しむ 加藤楸邨

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

寝酒

寝酒

例句を挙げる。

いやなことばかりの日なる寝酒かな 草間時彦
しぐるゝと女衒寝酒をたしなめる 西島麦南 人音
しぐるゝや寝酒たのめる一二合 石塚友二 光塵
なさけなくなる歌よみの寝酒かな 石原八束 『雪稜線』
なしとせぬ嫉妬ごころの寝酒かな 細川加賀 『玉虫』
ふたたびの寝酒にかへす白枕 山口草堂
一二枚潤目をあぶる寝酒かな 福田一夢
人日や寝酒にまとふ風邪の神 角川源義
別れ雪寝酒を妻にわかちけり 灯京
医の友の寝酒嗜む便りあり 星野麦丘人
奉公にある子を思ふ寝酒かな 増田龍雨
季なしや常の寝酒の筏鮠 石川桂郎 四温
寂寞と寝酒の夜々を重ねけり 近藤一鴻
寝酒いざとし〔が〕行うと行まいと 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
寝酒おき襖をかたくしめて去る 篠田悌二郎
寝酒せむ先づたのもしき鶏卵百 黒柳召波 春泥句集
寝酒などもともとやらぬ夜の秋 高澤良一 素抱 
寝酒の酔朝顔の盛り悔みけり 調機 選集「板東太郎」
寝酒少しのつもりが過ぎて独りの夜 大和田享子
手さぐりの寝酒の量をあやまたず 鷹羽狩行
春睡に寝酒の酔も加はれり 秋光泉児
朝皃にほのかにのこる寝酒かな 杉風
桂郎の地獄を思ふ寝酒かな 細川加賀 『玉虫』
桂郎を悼む寝酒をすごしけり(石川桂郎逝く) 細川加賀 『生身魂』
水仙や寝酒そのまま深酒に 草間時彦
稿満たし得ずして寝酒さみしきか 平井さち子 紅き栞
蟇鳴くや寝酒乏しき夜と知れよ 吉田鴻司
身一つに生きて寝酒の背なのあり 永井東門居
隣室の人も来て酌む寝酒かな 古川芋蔓
雨の間の河鹿の誘ふ寝酒かな 石川桂郎 高蘆

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

鰭酒

鰭酒

例句を挙げる。

あと口の鰭酒に酔深めけり 新田郊春
下戸ながら鰭酒といふ少し飲む 田村おさむ
唇に鰭酒あたりそめにけり 石田勝彦 秋興
巡業に出て鰭酒をおぼえけり 片岡我当
河豚の座のはずみ鰭酒廻し飲み 小原菁々子
河豚指南鰭酒指南かたじけな 小澤實
稿料となりし句をもて鰭酒を 赤松[けい]子 白毫
而して鰭酒の酔発しけり 藤田湘子
鰭酒にいささか威儀を崩したる 山田弘子
鰭酒にさすらひ人の如く酔ひ 五所平之助
鰭酒に停年教師すぐ酔ひて 羽田岳水
鰭酒に旅の秋の夜ぬくきかな 長谷川かな女 雨 月
鰭酒に透して見たる長府かな 長谷川かな女
鰭酒に酔ひし化粧をなほしけり 赤松柳史
鰭酒に酔ひし姿も女形 美津夫
鰭酒に青き炎の関の宿 広瀬邦弘
鰭酒のあと濃き闇を見たくなる 正木ゆう子 悠
鰭酒のかうばしき香にむせび泣く 高濱年尾
鰭酒のひれを齧りて笑ひをり 仙田洋子 橋のあなたに
鰭酒の利きすぎたりし泣男 細川加賀 『玉虫』
鰭酒の句集一冊遺したり 高浜年尾
鰭酒の夜靄にあまえゐたりけり 松村蒼石 露
鰭酒の密談めける一隅よ 永方裕子
鰭酒の後口おぼえそめにけり 大橋敦子
鰭酒の怪しき光を舐めにけり 徳永水朗子
鰭酒の椀を据ゑたり恋生れよ 仙田洋子 橋のあなたに
鰭酒の琥珀をかさね門司泊り 山崎千枝子
鰭酒の酔は悲しくあたゝかく 高木晴子 花 季
鰭酒の酔思ふこと云ひ放つ 高木晴子
鰭酒の酔醒ましたる真暗がり 赤尾恵以
鰭酒の髪膚のほてりさめざるよ 篠田重好
鰭酒の鰭を食べたる猫が鳴く 岸本尚毅 舜
鰭酒は我を饒舌たらしめぬ 河野探風
鰭酒も春待つ月も琥珀色 水原秋櫻子
鰭酒やひかれる河豚を水槽に 森山夕樹
鰭酒やをんなの声は鼻へ抜け 井沢正江
鰭酒や世界の事は遠く置き 星野椿
鰭酒や停年てふは忌み言葉 草間時彦 櫻山
鰭酒や句に憑かれたる間柄 町田しげき
鰭酒や悪友の悪とどこほる 亀田虎童子
鰭酒や意地で飲まざるにもあらず 下村梅子
鰭酒や殺めた蛇のことを言ふ 内田美紗 魚眼石 以降
鰭酒や汐入川に博多の灯 村田よう子
鰭酒や海へ出てゆく夜の雲 斎藤梅子
鰭酒や身ぬちにすこし無頼の血 渡辺文雄
鰭酒や逢へば昔の物語 高濱年尾 年尾句集
鰭酒をもてあましゐる男かな 柏崎夢香
鰭酒を呑みたるあとに女来し 麦草
鰭酒を夫と頒ちて厄落す 影島智子
鼻の奥より鰭酒の利いて来し 上村占魚 『方眼』
ひれ酒にすこしみだれし女かな 小絲源太郎
ひれ酒に酔うて夜更けてわれはなし 暁水
ひれ酒に酔うて怒濤が見たくなる 鈴木松山
ひれ酒の音なき酔の来つつあり 中条明
ひれ酒をのむ唇をゆるすごと 赤松[けい]子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:26 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

初雪

初雪

例句を挙げる。

あたふたと降る初雪を蔑(ないがし)ろ 山田みづえ 草譜以後
いさざ舟比良の初雪孕み来し 松瀬青々
うしろより初雪降れり夜の町 普羅
ちらちらと初雪ふりぬ波の上 正岡子規
はつ雪が降とや腹の虫が鳴 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
はつ雪に一の宝の尿瓶かな 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
はつ雪に白湯すゝりても我家哉 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
はつ雪のひつゝき安い皺手哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
はつ雪の降出す此や昼時分 傘 下
はつ雪の風にはづれてひらひらと 嵐竹 芭蕉庵小文庫
はつ雪は朝寝に雫見せにけり 千代尼
はつ雪やおしかけ客の夜番小屋 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
はつ雪やそれは世にある人の事 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
はつ雪やといへば直に三四尺 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
はつ雪やとても作らば立砂(りふさ)仏 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
はつ雪やふりふり帰る牛車 三貫
はつ雪やほむる詞もきのふけふ 千代尼
はつ雪やカサイ烏がう〔か〕れ鳴 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
はつ雪や人の機嫌は朝のうち 桃隣 選集古今句集
はつ雪や人まつ市の松篝り 之道 俳諧撰集「有磯海」
はつ雪や今捨る迚集め銭 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
はつ雪や今行く里の見へて降 一茶 ■年次不詳
はつ雪や俵のうへの小行灯 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
はつ雪や内に居さうな人は誰 榎本其角
はつ雪や医師に酒出す奥座敷 炭 太祇 太祇句選後篇
はつ雪や去年も山で焼豆腐 膳所-霊椿 俳諧撰集「有磯海」
はつ雪や吉原駕のちうをとぶ 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
はつ雪や奥の洞屋の雪なだれ 李由 俳諧撰集「有磯海」
はつ雪や家の工に酒汲まむ 大江丸
はつ雪や息〔を〕殺して相借家 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
はつ雪や掛けかかりたる橋の上 ばせを 芭蕉庵小文庫
はつ雪や昼降ものとおもはせて 乙二
はつ雪や松にはなくて菊の葉に 立花北枝
はつ雪や波のとゞかぬ岩のうへ 淡々
はつ雪や消ゆればぞ又草の露 蕪村
はつ雪や濁り川なる杭頭 松藤夏山 夏山句集
はつ雪や獄屋見舞ひの重の内 銭し 十 月 月別句集「韻塞」
はつ雪や琲さまざまの煙出し 浪化
はつ雪や町に居あはす桑門 炭 太祇 太祇句選後篇
はつ雪や石に敷たるさんだはら 巣兆
はつ雪や酒の意趣ある人の妹 炭 太祇 太祇句選
はつ雪や金柑折れて樽のうへ 中村史邦
はつ雪や降おそろしう水の上 千代尼
はつ雪や風生帖を繙けり 久保田万太郎 流寓抄以後
はつ雪や駕をかく人駕の人 一茶
はつ雪をいま~しいと夕哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
はつ雪を見よや奴が尻の先 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
はつ雪を誰が見に行きし馬の糞 中村史邦
一鳥啼かず富士初雪のきびしさに 京極杜藻
不二初雪蚕を終へし窓開かれて 金子潮
人の死はいつも初雪に間に合わぬ 宇多喜代子
今ふるぞ初雪ゆきは降ながら 立花北枝
今朝は初雪あゝ誰もゐないのだ 太宰治
入院の夜を初雪のふりつゝむ 今村青魚
八つ岳の襞の初雪峯をわかつ 和田暖泡
初釜の初雪となり戻りけり 伊東余志子
初雪が青き草原の奥かくす 有働亨 汐路
初雪といふに荒みて雷まじり 園田夢蒼花
初雪に*このしろ灸る夕餉かな 野村喜舟
初雪にかつと照りつゝ桃落花 長谷川かな女 雨 月
初雪にころびぬまさに家の前 岸田稚魚 『紅葉山』
初雪にやがて手引かん佐太の宮 水田正秀
初雪に人寒からぬ御宴かな 黒柳召波 春泥句集
初雪に兎の皮の髭作れ 雪の中に兎の皮の髭作れ 松尾芭蕉
初雪に授業中断してをりし 岡田順子
初雪に日のゆきわたる雑木山 行方寅次郎
初雪に白き牛乳瓶置かる 齋藤愼爾
初雪に逢ひたき人の訪れし 高浜年尾
初雪に馴鹿の乳をしぼりけり 飯田蛇笏 春蘭
初雪に鷹部屋のぞく朝朗(あさぼらけ) 史邦
初雪のあと海鳴りの続く町 吉村ひさ志
初雪のありたる日よりおだやかに 秋山ひろし
初雪のかりそめならず杉に舞ひ 関圭草
初雪のしるしのさほや草の茎 几菫 五車反古
初雪のそれがこんなに降ろうとは 高澤良一 随笑 
初雪のたちまち松につもりけり 草城
初雪のどか雪となりあたたかし 朔多恭
初雪のひかりに馬柵はまぎれつゝ 石橋辰之助 山暦
初雪のふは~かゝる小鬢哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
初雪のまだらに降りし嵐山 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初雪の一尺余り湖の村 野呂 ふさ江
初雪の二十六萬色を知る 田中裕明 櫻姫譚
初雪の便り六甲より摩耶へ 稲畑廣太郎
初雪の便り卒寿の母の筆 杉本寛
初雪の初冠雪の富士といふ 紙田 幻草
初雪の厚く残りし大藁屋 上野泰 佐介
初雪の報ありし日の猫を抱く 押川亜紀
初雪の大雪になるぞ口をしき 正岡子規
初雪の季節の便りちらほらと 脇本柾木
初雪の富士に炭つぐ老大父 長谷川かな女 雨 月
初雪の富士に白馬の吹かれ居ぬ 長谷川かな女 雨 月
初雪の富士よりまろき雲浮ぶ 長谷川かな女 雨 月
初雪の富士を心のよりどころ 山本歩禅
初雪の富士を車窓に眺めつゝ 川田 蛎雪
初雪の富士仰ぎつつ出勤す 藤田尚平
初雪の山々滝を見おろせり 佐野青陽人 天の川
初雪の市にうらばや雉子兎 水田正秀
初雪の底を叩ば竹の月 蕪村 冬之部 ■ 晋子三十三囘
初雪の御所めづらしく通りけり 比叡 野村泊月
初雪の恵那のおもての囮かな 爽雨
初雪の日の雪隠に香焚けり 古舘曹人 砂の音
初雪の消ゆるものとし美しき 嶋田一歩
初雪の深雪となるやユダ市場 有働亨 汐路
初雪の瓦屋よりも藁屋哉 正岡子規
初雪の畳ざはりやしゆろ箒 智月 俳諧撰集玉藻集
初雪の穂高に落つる日のひかり 石橋辰之助 山暦
初雪の美事に降れりおもとの実 鬼城
初雪の肩で雫となりにけり 丸谷恵子
初雪の見事に降れり萬年青の実 村上鬼城
初雪の跡さかりなる枇杷のはな 松岡青蘿
初雪の軒に切干匂ひけり 永井龍男
初雪の道猟人の影みたり 川島彷徨子 榛の木
初雪の遠嶺へ高き操車音 鳥居おさむ
初雪の降つて一変する暮し 辻井のぶ
初雪の雌阿寒岳は噴きて恋ふ 野見山ひふみ
初雪の雑木につもる小山かな 把栗
初雪の青み勝なり麦の畝 孤屋
初雪の静かに白き磴のぼる 田中 南耕
初雪の馬柵の戸開くる音きこゆ 石橋辰之助 山暦
初雪の鷹部屋のぞく朝朗 史邦
初雪は生まれなかつた子のにおい 対馬康子
初雪は隠岐に残れる悲歌に降る 野見山朱鳥
初雪は馬の瞳に降るがよし 栗林千津
初雪へ出て行く逢ひにゆくごとく 満田春日
初雪へ園丁鶴を先づ放つ 金田きみ子
初雪もうしなひながら落ちにける 櫂未知子 蒙古斑
初雪も降りぬに猫の恋心 中村史邦
初雪も飛石ほどの高さかな 斜嶺 俳諧撰集「有磯海」
初雪や「水巴文集」富士より来る 渡辺恭子
初雪やいつ大仏の柱立 松尾芭蕉
初雪やかくれおほせぬ馬の糞 正岡子規
初雪やかけかかりたる橋の上 芭蕉
初雪やきのふは拾ふしゐの菓子 野坡
初雪やころ~けぶるたばこ殻 一茶 ■文政八年乙酉(六十三歳)
初雪やならぶ伊丹のかはら葺 朱廸 十 月 月別句集「韻塞」
初雪やひじり小僧の笈の色 ばせを 芭蕉庵小文庫
初雪やぴりぴり響く天の膜 野村喜舟
初雪やキミ明日クル明日クル 如月真菜
初雪や一面に降る勢田の橋 李由 十 月 月別句集「韻塞」
初雪や乳売通る窓の下 寺田寅彦
初雪や京饌寮に朝の客 比叡 野村泊月
初雪や亭主ぶりする浦鵆 水田正秀
初雪や今年のびたる桐の木に 野水
初雪や仏と少し昼の酒 星野椿
初雪や俥とめある金閣寺 野村泊月
初雪や先づ馬屋から消えそむる 許六
初雪や冬に眠りしものの上 角川春樹
初雪や出窓の壜の慈姑の芽 野村喜舟
初雪や勝負もつかず比えあたご 水田正秀
初雪や古郷見ゆる壁の穴 小林一茶 (1763-1827)
初雪や唯は通さじ関燐り 浜田酒堂
初雪や四五里へだてゝひらの嶽 向井去来
初雪や土の混りし雪だるま 榎本栄子
初雪や塩売こけてなめて見る 来山
初雪や外出の刻せまりつつ 星野立子
初雪や夜すがら軒のなりひさご 立花北枝
初雪や奥羽山脈深々と 吉田狂草
初雪や妓に借りし絵入傘 日野草城
初雪や嬰の産着の白づくめ 栗山妙子
初雪や実は降のこす薮柑子 松岡青蘿
初雪や家族の数の藁帽子 大図四星
初雪や小坂に早くすべりみち 伊賀-配力 俳諧撰集「有磯海」
初雪や川ひとすぢの国境 大和美人
初雪や市にほのめく鮫の骨 会津八一
初雪や干柿を編む瞽女三たり 西本一都 景色
初雪や幸ひ庵にまかりある 芭蕉
初雪や懸けかかりたる橋の上 松尾芭蕉
初雪や旅へ遣たる従者が跡 炭 太祇 太祇句選
初雪や既に薄暮の嵐より 黒柳召波 春泥句集
初雪や末の玄猪の荒れついで 斗文
初雪や松にはなくて菊の葉に 北枝
初雪や柴に咲かせて山桜 上島鬼貫
初雪や柿に粉のふく伊吹山 許六
初雪や根の付きさうな竹の間(あひ) 千代尼
初雪や水へも分けず橋の上 千代尼
初雪や水仙の葉のたわむまで 芭蕉
初雪や江戸の人足(ひとあし)跡の沙汰 幽山 選集「板東太郎」
初雪や波のとどかぬ岩の上 淡々
初雪や消ればぞ又草の露 蕪村 冬之部 ■ 晋子三十三囘
初雪や淡島様へまろき橋 毛塚静枝
初雪や献上鷹の馬蒲団 臥高 俳諧撰集「藤の実」
初雪や田中の杭の一つづつ 柳居
初雪や真葛の枯葉降りつたふ 青蘿
初雪や石の寡黙は永久のまま 上村占魚 『玄妙』
初雪や笠に付けたる緋(べに)のきれ 服部嵐雪
初雪や紫手綱朱の鞍 井上井月
初雪や網代の小屋の高鼾 ぶん村 十 月 月別句集「韻塞」
初雪や羅紗の羽織にのしめ鞘 向井去来
初雪や聖小僧が笈の色 松尾芭蕉
初雪や膵臟のかげうすむらさき 塚本邦雄 甘露
初雪や花の遅れし茶の木原 吉武月二郎句集
初雪や袴重ねし乱れ箱 増田龍雨 龍雨句集
初雪や裾へとゞかぬ白丁花 服部嵐雪
初雪や見るうちに茶の花は花 千代尼
初雪や誰ぞ来よかしの素湯土瓶 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
初雪や車庫に今朝ゐる雀たち 金箱戈止夫
初雪や道が悪いとぬかし居る 龍眠
初雪や酒の意趣ある人の妹(いも) 炭太 (たんたいぎ)(1709-1771)
初雪や門に橋ある夕間ぐれ 其角
初雪や雀の扶持の小土器 榎本其角
初雪や鴉の色の狂ふほど 千代尼
初雪や鶏の出て来て田に遊ぶ 井月の句集 井上井月
初雪や麦の葉先きを仕舞ひかね 千代尼
初雪をどろにこねたる都かな 水田正秀
初雪をふるへばみのの雫かな 正岡子規
初雪を幼心に見てゐたる 家垣青泉
初雪を惜しまではたく頭巾かな 毛* 十 月 月別句集「韻塞」
初雪を知らずにいもを量りをる 阿部みどり女
初雪を見てから顔を洗ひけり 越人
初雪舞ひ地上の妻に理智給ふ 藤後左右
前山に初雪ありぬ眩しみぬ 高澤良一 燕音 
動きてはならぬものすこしうごきたり天山山脈初雪を受く 川野里子
博多人形の函を機上に富士初雪 田川飛旅子
向ひ嶺に初雪を見ぬ椎茸榾 高澤良一 燕音 
声の松初雪遅しシテ柱 濯心子 選集「板東太郎」
夢の端に女が坐り初雪す 板垣鋭太郎
妙高の初雪を背に背負籠負ふ 久米正雄 返り花
妻縁を走り障子開け初雪見せにけり 原石鼎 花影以後
富士初雪日向はどこも鉄くさし 加藤楸邨
寐る門を初雪ぢやとて叩きけり 夏目漱石 明治二十九年
寝るまでに初雪積り飛騨の山 藤田湘子
山々は初雪勤労感謝の日 藤田あけ烏 赤松
山の初雪蚕屋の二階は閉したる 久米正雄 返り花
山人のよき顔に初雪来 宇多喜代子 象
山初雪やどりぎの毬白くしぬ 山口青邨
山初雪鍬の柄熱き日の盛り 永井龍男
山門の仁王が遠くを見る初雪 蓬田紀枝子
岩木初雪聞く夜寒帰心あわたゞし 安斎櫻[カイ]子
師走六日初雪消えて髭のびて 林原耒井 蜩
帰りには初雪の富士車窓にす 森口住子
建前の木やりが呼びし初雪か 永井東門居
月山の初雪狐追い出だす 長谷川かな女 花 季
枯菊に初雪すこしふりにけり 桑村竹子
比良初雪碁盤を窓に重ねる店 竹中 宏
浮み出て初雪の不二歪みなし 菅裸馬
海の上に初雪白し大鳥居 正岡子規
湯戻りの袖に初雪かゝりけり 日野草城
滝に咲きすでに初雪みし薊 神尾久美子 掌
田頭として初雪を被りたる 宇多喜代子 象
直ぐ消えし富士の初雪空の紺 森田游水
立山に初雪降れり稲を刈る 普羅
英霊に日ざし初雪あとを止めず 渡邊水巴 富士
蓼科の初雪見入る父なりき 久米正雄 返り花
見足らぬを初雪とこそ申すなれ 雅因
誰かある初雪の深さ見て参れ 正岡子規
貨車の屋根の煤雪の上に初雪す 原田種茅
赤城嶺に初雪計らざりにけり 石塚友二 方寸虚実
遊ぶやうなる初雪の降り始め 加藤瑠璃子
遠富士の初雪父母の墓洗ふ 依田由基人
都庁舎へ富士の初雪見にのぼる 幸喜美恵子
長期戦富士は初雪はや白し 渡邊水巴 富士
雄山に初雪を見る日か鳥の行く空(立山町) 荻原井泉水
雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を
雲捲けど嶺の初雪まぎれなし 相馬遷子 山国
風痩せの木々に初雪来し那須野 西本一都 景色
飯喰ふや今朝初雪のうつすりと 小澤碧童 碧童句集
餅焦げる匂ヒたま~はつ雪す 久保田万太郎 流寓抄以後
鳩ゆるく舞ひて初雪降りいでぬ 石田あき子 見舞籠
にぎりしむ茂吉の国の新雪を 坂井たづ子
まるめろにはや新雪の槍穂高 加藤楸邨
会釈したき新雪の富士麦を蒔く 粟飯原孝臣
富士新雪托鉢僧の列ゆけり 塩川秀子
富士新雪落葉松の金厚くなる 青木よしを
影先だて新雪の上笑みて来る 桜井博道 海上
御嶽の新雪に天くらみたり 三嶋隆英
新雪が天深く嶺ひきあぐる 中島斌男
新雪が消すわが跫音わが思ひ 古賀まり子 緑の野以後
新雪すでに山を覆へり発哺に灯 及川貞 夕焼
新雪にひたひた及ぶ午後のいろ 櫂未知子 蒙古斑以後
新雪にやもめ炊爨ラヂオ鳴る 飯田蛇笏 春蘭
新雪にわが影法師まだ老いず 古賀まり子
新雪に一歩また一歩あゆみ出づ 相馬遷子 山河
新雪に何か声澄むさるをがせ 飯田龍太
新雪に出て橇犬のふる尾かな 飯田蛇笏 春蘭
新雪に唇濡らす四十才 石橋辰之助
新雪に白鳥百の擬態あり 河野多希女 こころの鷹
新雪に目覚めこの生の声を出す 加倉井秋を 『風祝』
新雪に足跡残すは咎のごと 古賀まり子 緑の野以後
新雪に足跡残る不幸かな 森田智子
新雪に踏み入りおのれ影小さし 石橋辰之助 山暦
新雪に頬白の影聚り来 内藤吐天 鳴海抄
新雪に魚影のごとく映りゆく 今井 聖
新雪のきしむはひとのたなごころ 横山白虹
新雪のとびとび親子句碑の間 野中亮介
新雪のまぶしさに息つまりたる 和田耕三郎
新雪の一里一尺塩の道 加倉井秋を 『隠愛』
新雪の千の白糸浅間嶺に 堀口星眠 営巣期
新雪の富士や忙しき里車 石塚友二 光塵
新雪の山へあしたの喪服垂れ 葛西杏維子
新雪の山見えて居り毛糸編む 田中冬二 行人
新雪の山遠し沼ところどころ 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
新雪の嶺さゝげ起つ牛の角 中島斌男
新雪の嶺に三日月のみを許す 加倉井秋を
新雪の嶽を眩しむ無一物 鈴木正代
新雪の浅間燃えたり人丸忌 相馬遷子 山国
新雪の消えてしばらく山日和 福田蓼汀 秋風挽歌
新雪の白馬も見ゆれ夕月夜 金尾梅の門 古志の歌
新雪の蔵王炎々たるを見き 石塚友二
新雪の蔵王瑠璃光浴びて聳つ 小倉英男
新雪の那須岳見ゆる窯場訪ふ 伊東宏晃
新雪は言葉なきまま指を過ぐ 能美澄江
新雪やナプキンにあるたたみ皺 原田青児
新雪や太陽のほか許さざる 橋本輝枝
新雪や日輪檜原よりあがる 岸風三楼 往来
新雪や襞ふかく棲む巌の鷹 河野南畦 『花と流氷』
新雪をくぐりて蒼し谷の水 杉山青風
新雪をふむさびしさにふりかへり 那須乙郎
新雪をまぶしむ朝の厨窓 杉本則江
新雪をわが家の客が踏みかへる 山口波津女 良人
新雪を口に含みて踏み続く 堀越胡流
新雪を掘れば雪穴青く澄む 関谷昌子
新雪を来て返しゆく郵便夫 右城暮石 上下
新雪を染めざる浦の溢れ潮 飯田蛇笏 雪峡
新雪を被てはるかなる加賀の山 石塚友二 光塵
新雪を踏みしめて山高きかな 小林百合子
新雪を踏み新雪をかがやかす 栗山恵子
新雪を鹿と踏みゆく単独行 米本義弘
新雪厳しき穂高湖心を明るくす 加藤知世子 花寂び
新雪踏む言葉成熟するまで踏む 加倉井秋を
日当れば消ゆる新雪職を辞す 加倉井秋を
月山新雪すでにものの芽青し赤し 加藤知世子 花寂び
林中へ新雪のみちわがつくる 黒木 野雨
根雪ふみ新雪にぬれ旅の町 及川貞 夕焼
白菊は富士新雪を前に光る 山口青邨
秋の山新雪の富士なかぞらに 佐野青陽人 天の川
積りたる雪に新雪降りつづく 山口波津女 良人
覚めて新雪割箸折つて火を創る 中島斌雄
遠嶺新雪すぐ旅立てる世ではない 秋庭俊彦 果樹
風凪ぎて富士の新雪輝かす 村上辰良
高射砲陣地新雪の丘に子ら指すは 古沢太穂 古沢太穂句集
鶲啼き新雪樅にうすかりき 石原舟月 山鵲
新(さら)の雪踏み来て宋代禅講座  高澤良一  さざなみやつこ
初雪のそれがこんなに降ろうとは  高澤良一  随笑
丹沢山系新らの雪置きだるま市  高澤良一  寒暑
初雪をはたけり鳥の発つやうに  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

人参

人参

例句を挙げる。

なま人参のつまみ数学教師酔ひ 桜井博道 海上
むつかしく金時人参選つてをる 吉井幸子
やわき人参年寄り扱いされてをり 高澤良一 素抱 
カリカリと人参ステックコツプ酒 千才治子
三井寺や諸人参詣道の蠅 尾崎迷堂 孤輪
上つ面なるか人参泥だらけ 伊東達夫
下校の子待つ人参のケーキ焼く 成田郁子
乙鳥に乙鳥いろの人参小屋 高澤良一 ぱらりとせ 
人参あまく煮て独りにもなれず 坂間晴子
人参に三度三度のご飯哉 高澤良一 素抱 
人参の大畑が照り鴨わたる 岡井省二
人参の太さこんじきぐらしかな 松澤昭 宅居
人参の捻ぢ梅うれし京雑煮 高島筍雄
人参の掘り出してある夕日かな 大串章
人参の明るい乱雑姉妹に母 伊藤淳子
人参の朱をおもいだす真人間 宇多喜代子
人参の村は地中も夕焼けし 大串章
人参の絵が濡れてゐる種袋 阿部菁女
人参の葉っぱのやうなやつはアネモネ 高澤良一 ぱらりとせ 
人参は三月のいろ煮て和えて 高澤良一 素抱 
人参も余さず食ふぞ新患者 高澤良一 鳩信 
人参も色こぎまぜて大根曳 黒柳召波 春泥句集
人参も青年も身を洗ひ立て 宮坂静生
人参をあまた洗ひし川の水 斉藤夏風
人参をくふ階段のあかるさに 飯島晴子
人参を切つて華やぐ女かな 仙田洋子 橋のあなたに
人参を噛めざるほどに馬老いて 横山三葉
人参を嫌ひと言へぬ母の目よ 稲畑汀子
人参を引きしばかりに蝶の寄る 依光陽子
人参を抜き大山を仰ぎけり 庄司圭吾
人参を摂(と)らねば生活習慣病 高澤良一 素抱 
人参を播き曇り空被せしなり 宮津昭彦
人参を擂るおとうとの羽化のため 佐藤鬼房
人参を間引く夜明を待ちきれず 三輪浅茅
人参洗ひ伸び詰まる五指赤らむよ 香西照雄 素心
人参部落すがる箱根に雪近し 百合山羽公 寒雁
人参酒齢のほどの秋思なる 河野南畦 『元禄の夢』
俎板に人参の根の寒さ哉 沾圃
元日や芋牛蒡蓮人参を妻に謝す 橋本夢道 無類の妻
円き川音切る人参の色やすらか 飯田龍太
吊鐘人参羽虫においでおいでせり 高澤良一 随笑 
吊鐘人参聞きをり霧の私語(ささめごと) 高澤良一 燕音 
吾がかぶり振る人参を妻買へり 高澤良一 素抱 
土中に朱持する人参火気は家に 香西照雄
土砂降りへ人参真赤にぬきはなつ 秋山淡適
夏痩や旅に持たさる人参酒 深沢儀政
大根が夜寒かこつや人参に 井本農一
寒林に人参色の陽が沈む 村岡正明
日脚伸ぶ三寸人参矮鶏のこゑ 百合山羽公 寒雁
星と呼鈴胸にちりばめ人参きざむ 八木三日女 落葉期
春めく灯あすの人参けふ洗はれ 草田男
春立つ日人参を煮て芋を煮て 毛塚静枝
朝霜や人参つんで墓まいり 向井去来
朝鮮の妹や摘むらん葉人参 其角 選集「板東太郎」
松前漬先づ人参の歯当りよ 高澤良一 随笑 
毒人参ちぎれて無人寺院映し 赤尾兜子
洗ひ人参積み上げ城の見ゆる川 高梨静枝
洗ひ機に人参踊り春一番 小出秋光
涅槃図の人参大根なべて哭く 岡田史乃
涼しさは人参の髭馬の髭 大木あまり 火球
片しぐれ人参島より来たりけり 山尾 玉藻
笑ひ減る冬や人参輪切りにせよ 村越化石 山國抄
箱根人参育て紅葉す箱根山 百合山羽公 寒雁
籠の人参ごろごろ女靴安売 星野紗一
胡羅蔔の市のもの舁く亥の子かな 古舘曹人 樹下石上
胡羅蔔赤しわが血まぎれもなき百姓 栗生純夫
藪のうしろの人参木よひるのつき 安井浩司 阿父学
露の玉蔓人参の蔓を下り 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
馬市や馬に人参やる別れ 平野 六角牛
馴らされて人参が出るあゝまたか 高澤良一 素抱 
にんじんが赤し主婦等に陽あたる坂 飴山 實
さういった訳で胡蘿蔔喰はぬ訳  高澤良一  随笑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あさ風やかもの川原の洗ひ葱 大江丸
あらせいとうばたけの中の葱畑 草間時彦
あらせいとう葱じやがいもや老夫妻 八木林之介 青霞集
ありなしの葱雑炊に舌焼かん 森夢筆
あをぞらのすぐ暮れてゆく葱畑 中田剛 珠樹
いくばくはわが肉となる刈葱刈る 正木ゆう子
いつまでも葱青く牡蠣煮ゆるなり 槐太
うつし世の白葱をほめ久女忌へ 榎 三吉
おのづから流るゝ水葱の月明り 杉田久女
かささぎや葱洗ふ川を踏渡る 古貧
かつしかや霞のすそは葱ばかり 伊庭心猿 やかなぐさ
きつさきを立てて葱煮ゆ薬喰 亀井糸游
ぐい呑にきざみ葱あり良夜にて 能村登四郎 寒九
ことごとく折れて真昼の葱畑 鷹羽狩行
ことごとく青折鶴の葱畑 福田蓼汀 秋風挽歌
この街は顔を洗ひし葱ばかり 櫂未知子 蒙古斑
こゝにても荒海のひびき葱畠 中塚一碧樓
さらさらと葱に風くる復活祭 大木あまり 雲の塔
ちり鍋やぎんなん覗く葱の隙 石塚友二
となりにも雨の葱畑 尾崎放哉
どろ葱をぬくや絶景入れかはる 松澤昭 麓入
なまぐさし小菜葱(こなぎ)が上の鮠の膓 松尾芭蕉
なめくぢも夕映えてをり葱の先 飴山實 辛酉小雪
のぼりつめて師走満月葱もて指す 寺田京子 日の鷹
はしための葱の香しみし濡手かな 西島麦南 人音
はつしもや吉田の里の葱畑 高浜虚子
はる寒く葱の折ふす畠かな 炭 太祇 太祇句選後篇
はる寒く葱の折れふす畠かな 太祗
ふなべりにわかるゝ水葱や秋出水 銀漢 吉岡禅寺洞
まっしぐらまっしぐら蹤いて葱走れ 下村槐太 天涯
まないたの葱の白さよ核家族 佐川広治
まなさきにしらだつ濤や葱きざむ 川合華光
みがかれて峡の痩葱痩牛蒡 石田あき子 見舞籠
もう人間の今三名の葱刈りぬ 攝津幸彦
やさしさのいま葱畑にのこる雪 桜井博道 海上
わりなしや言ひよるべくも葱の口 尾崎紅葉
アカハタと葱置くベツド五月来る 寺山修司 未刊行初期作品
イヴ・モンタンを聴く券を買ふ葱も 見学玄
ピカソのこと読みし新聞に葱つつむ 北原志満子
レポートに葱の匂ひすどの顔ぞ 加藤楸邨
一列の葱に忿怒の美しき 和田悟朗
一握もなき葱売るも自由市 鎌田杏化
一本づつ葱洗ふはや胎児重し 榎本冬一郎 眼光
一茶忌やふかぶか掘りし葱の畝 安住敦
三ヶ日つかはぬ葱のにほひ来つ 能村登四郎
三寒や坂の下より葱の立つ 小島千架子
下仁田の土をこぼして葱届く 鈴木真砂女
下仁田の葱を庖丁始めかな 藤田湘子(1926-)
下駄の雪土間佗しさよ葱をむく みそ萩(古屋夢拙俳句抄第一集) 古屋夢拙
九州を素十去る日と葱きざむ 田島 魚十
二人居の一人が出でて葱を買ふ 綾子
五軒目の少年けふも葱洗ふ 中烏健二
交りは葱の室に入にけり 炭 太祇 太祇句選
人の世へ覚めて朝の葱刻む 鷹女
人妻よ薄暮のあめに葱やとる 飯田蛇笏 山廬集
仏燻てさらに葱を煮夜哉 道立
伊吹嶺に雲凝る日なり葱囲ふ 篠田 幸子
伊達安芸の城の跡なる葱畑 遠藤梧逸
伏せ葱に夕三日月の影しけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
伐折羅見て葱あをあをと茂るかな 林火
佐知男の死葱の根白きまで洗ふ 榎本冬一郎 眼光
倒れたる板間の葱に似て困る 清水径子
働くや夜は大振りに葱切つて 嶋田麻紀
僧の病む寺を支へて葱そだつ 赤松[けい]子 白毫
元日や時の鐘鳴る葱畑 中島月笠 月笠句集
光らせし葱一本を細と呼ぶ 下田稔
入相の秋の鐘きく葱提げて 稲垣きくの 牡 丹
円墳の丘へつながる葱の畝 上野澄江
冬長し二人に余る葱伏せて 古賀まり子 緑の野以後
凍てあがる万象の冷え葱をぬく 長迫貞女
凍て畝の葱抜くだましだましして 藤岡筑邨
刃ごたへの堅き葱はも弥生尽 鈴木真砂女 夕螢
切る程に冷えてねぎまの葱の筒 片桐てい女
切先へ息入れて葱真青なり 殿村菟絲子 『牡丹』
初東風に葱の畑の土まへる 瀧春一 菜園
初霜の沙汰や頃日葱蕪 笠斎
刻むほかなき晩年の葱の量 楠本憲吉
刻んでも葱では泣かず独身術 鈴木栄子
厨房にそこばくの葱春の雪 遠藤梧逸
友訪わむさかさに提げて葱青し 寺山修司 未刊行初期作品
取返しつかぬ日暮の葱を抜く 櫂未知子 蒙古斑以後
古利眼の葱そゝけたる朧月 殿村莵絲子 牡 丹
吹き晴れて筑波山へ真直ぐ葱の畝 伊藤京子
味と云ひ見てくれと云ひ下仁田葱 高澤良一 燕音 
味噌これぞ葱鉄砲をくらひても 石川桂郎 高蘆
唐崎の松のほとりに葱植ゑて 佐藤美恵子
嘘吐きし舌に薬味の葱ひびく 上村占魚 『かのえさる』
四五人の鬼みて帰る葱畑 久保純夫 水渉記
四五本の葱を束ねて船厨 井桁衣子
囲ひ葱土間通るとき香のうごく 猪俣千代子 堆 朱
囲ひ葱犬がよぎりしのみの庭 阿部みどり女
土寄せて影新しき葱畑 満田玲子
土恋へる*とばりの葱や春の雨 西山泊雲 泊雲句集
土戀へる厨の葱や春の雨 西山泊雲
墓過ぎて葱畑の青現身に 細見綾子
夕明り葱の刃当りさくさくと はつ女
夕汽笛背より浴びたり葱さげて 柴田白葉女
夕風やあかねはなやぐ葱段畑 鈴木しづ子
多摩の子は葱畑より凧揚ぐる 青邨
夜の客に手探りに葱引いて来し 中村汀女
夜の葱社会の如く雨の如く 攝津幸彦 鹿々集
夢の世に葱をつくりて寂しさよ 永田耕衣
大寒や葱などいけてあるばかり 田中冬二 麦ほこり
大根の種にまじりて葱の種 田中冬二 冬霞
大葱の熱さ弔意の中にかな 中村和弘
天に風鳴りていよいよ曲がる葱 宮坂静生
太き葱握りてすこし温かく 岩田 由美
太陽は葱の此方に寂しきかな 永田耕衣 殺祖
太陽や農夫葱さげ漁夫章魚さげ 西東三鬼
夫写す暗所に葱のごとき塔 対馬康子 純情
夫呼んでから雪鍋に刻み葱 鳥居美智子
妻亡きあといつまでも保つ泥の葱 宮津昭彦
妻老いて冷索麺の葱きざむ 遠藤梧逸
姉沼も雁ゆくころか葱しなぶ 橘川まもる
嫉妬無き夜も葱切つて涙して 八木三日女 紅 茸
子に呼ばれゐつつ夕べの葱を切る 岡本差知子
子も葱も容れて膨るる雪マント 高島茂
子を負ひて日の沈むまで葱洗ふ ながさく清江
寒き野を都に入や葱売 高井几董
寒凪の夕月早く葱掘れる 金尾梅の門 古志の歌
寒燈が照らせる葱に子を待てり 細見綾子 黄 炎
寒風に葱ぬくわれに絃歌やめ 杉田久女
寺見ても貧しき村や葱畑 尾崎迷堂 孤輪
尊農祭めとるにとほき葱を刈る 細谷源二 鐵
小水葱被てあぎとふ鯰誘蛾燈 芝不器男
小灯(とぼし)に葱洗ふ川や夜半の月 黒柳召波 春泥句集
少年の放心葱畑に陽が赤い 金子兜太 少年/生長
山がつに葱の香つよし小料理屋 飯田蛇笏 山廬集
山に冬来れり葱は直立す 村越化石 山國抄
山に雪葱に白身のふえにけり 福田甲子雄
山へ帰る荷に葱すこし年の暮 右城暮石 声と声
山を抜く力で葱を抜かんかな 橋間石
山畠や日の向き向きに葱起くる 芥川龍之介
山脈の遠むらさきや葱囲ふ 三橋迪子
山賎に葱の香強し小料理屋 飯田蛇笏
島原や葱の香もあり夜の雨 言水
嵯峨念仏楽屋にとどく泥の葱 椹木啓子
市に竝ぶ泥葱三把雪の上 羽部洞然
幸不幸葱をみぢんにして忘る 殿村莵絲子 牡 丹
庭土に葱埋むより春の雪 石塚友二
引き抜きし葱に自愛の香ありけり 中田剛 珠樹
惣嫁指の白きも葱に似たりけり 芥川龍之介 澄江堂句抄
慰霊祭をはりて葱を刻みゐる 片山桃史 北方兵團
我が業を剥くごと葱の皮をむく 桜井楊子
投入に葱こそよけれ春寒き 渡辺水巴 白日
折れし葱立つ葱人の死にいそぐ 榎本冬一郎 眼光
折れてなほ瑞のあをさよ雪の葱 鷲谷七菜子 雨 月
折れ葱のなかの白濁春の霜 大木あまり 火球
折れ葱の伸びんとにほふ俄寒 能村登四郎 枯野の沖
折鶴のごとくに葱の凍てたるよ 秋を
抜捨し野葱土かはく春日かな 高井几董
捨て葱の中の一本立ち上がる 樋口けい子
掛とりもせねばならずと葱きざむ 鈴木真砂女 夕螢
数へ日に到来の葱風干しに 瀧井孝作
数行の添書めきて葱の畝 宮津昭彦
旅終る厨に葱を乾ばせて 樋笠文
旅近し葱の匂いの冬月とおもう 金子皆子
旧正やたくはへし葱納屋にあり 上村占魚
明がたか葱(ねぶか)明りの流し元 一茶
明け方はひそかに葱を抜きにけり 中田剛 珠樹以後
易水に葱(ねぶか)流るゝ寒哉 蕪村
昔から太陽はあり葱畑 桑原三郎 晝夜 以後
星ひとつ光増しきぬ釣葱 大橋櫻坡子 雨月
春寒や葱のみどりと白き光沢 笹沢美明 春光秋色
春寒や葱の芽黄なる籠の中 室生犀星 魚眠洞發句集
春昼や小走り買ひの葱一把 鈴木真砂女 夕螢
時雨るゝや畑の葱の如きもの 尾崎迷堂 孤輪
晩年を覗いて見よう葱の筒 永田耕衣 闌位
晴れし日の群雀沈め葱畑 佐野美智
月にねむる峯風つよし葱をとる 飯田蛇笏 山廬集
月に眠る峰風強し葱を盗る 飯田蛇笏
月の葱畑涙という字も折れて 北原志満子
月は破片ばりばり坂を葱車 古館曹人
月光のあまねく葱に性根入る 高澤良一 ももすずめ 
月明の葱くふ虫もあらはれよ 矢島渚男 梟
朝光の白山葱の先揃ふ 黒田櫻の園
朝市の糸葱折れ菜つゆも萌黄 文挟夫佐恵 雨 月
枯れせめぐ蛭ヶ小島の葱の畝 宮津昭彦
森の影ある忘年の葱畑 和知喜八 同齢
楚々として象牙のごとき葱を買ふ 青邨
橇に葱夕日が深む山の襞 宇佐美魚目 秋収冬蔵
此処にも人生きるよ雪の中の葱 藤岡筑邨
武蔵野や流れをはさみ葱白菜 臼田亞浪 定本亜浪句集
歩く会帰りはみんな葱を負う 澤柳たか子
歯痛かな確かに青き葱畑 柿本多映
死にたしと言ひたりし手が葱刻む 加藤楸邨(1905-93)
残葱なる蛙の蹼を拡ぐ 中田剛 珠樹以後
母が出て抜くにもかばひ素人葱 石川桂郎 含羞
母の手の葱の匂へる帰省かな 坂本謙二
母の灯のとどくところに葱囲ふ 神蔵器
母子寮の厨に見えて葱白し 臼田亞浪 定本亜浪句集
水のめば葱のにほひや小料亭 芝不器男
水仙の葱緑の二タ分れかな 菅原師竹句集
水呑めば葱のにほひや小料亭 不器男
水弾く白さに葱を洗ひ了ふ 宮津昭彦
水葱畳払はれ江津の景戻る 梶尾黙魚
水門や菜屑葱屑流れ寄る 寺田寅彦
氷室山里葱の葉白し日かげ草 榎本其角
泉ぬくしといひつゝ女葱洗ふ 村田八重
泡ひいてながるゝ水葱や誘蛾燈 芝不器男
泣くも雨泣かざるも雨葱きざむ 中台春嶺
泥葱に古妻雨を怖れけり 龍胆 長谷川かな女
泥葱の束つんのめる厨口 秋山美智子
泥葱は考へぶかく貧しかり 栗林千津
泥葱を重荷重荷と投げ出せし 辻桃子
洗はざる葱買ふて山に帰るかな 石井露月
流れくる水葱(なぎ)をすくひぬ秋出水 銀漢 吉岡禅寺洞
浦々に春のはじめの葱畑 鳥居美智子
消え残る一畝の葱も余寒かな 大谷句佛 我は我
深谷葱着きぬ鍋もの何々ぞ 秋櫻子
湯豆腐のまづ箸にして葱甘し 石川桂郎 高蘆
湯豆腐や走らして買ふ葱少し 小澤碧童 碧童句集
満月に葱折れてより交を絶つ 秋元不死男
滄浪の水澄めらば葱を洗ふべし 正岡子規
潮さゐや霜のゆるびし葱畑 三好達治 俳句拾遺
火の国のわけ葱ま青に冷さうめん 角川照子
炎天を帰りみぢんに葱きざむ 吉野義子
炭はぜて葱に飛びたり夜新し 綾子
烏賊綱に烏賊満ち干つゝ葱南忌 石塚友二
焼葱をかじりて杣の茶碗酒 土屋かたし
熊ん蜂葱の頭に入りけり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
燈台の下にて葱の白根剥かる 木村蕪城 寒泉
燈台の裏窓一本の葱吊す 古館曹人
爪立ちの足うつくしや葱吊る 大橋櫻坡子 雨月
爼に大葱あまる白さかな 碧雲居句集 大谷碧雲居
牡蛎鍋の葱の切っ先そろひけり 水原秋桜子
珈琲や葱を想いて熱かりき 永田耕衣 物質
畑仕事これで終ると葱を抜く 阪本俳星
畜類の肉もこのもし葱の味 飯田蛇笏 山廬集
痩せ葱と海苔なき海苔簀錯落す 林翔 和紙
痩葱にさかな切込磯家かな 高井几董
白葱のしろい性器がみえている 高岡修
白葱のひかりの棒を今刻む 黒田杏子
白葱の白きところが抱かれてる 松本恭子 二つのレモン
白葱を二三本ぬき鼓うつ 橋石 和栲
皹の手より受けたる泥の葱 白岩てい子
眼の中も暮れてしまへば葱畑 中尾寿美子
砂地踏みそこは葱畑海へ出る 木村蕪城 寒泉
磯山の襞に葱植ゑ半漁村 古畑丁津緒
祖父の忌の雨たつぷりと葱畠 高澤良一 ねずみのこまくら 
秋立てり山畑の葱一畝も 小澤實
種吐けと葱の頭を大叩き 大石悦子
稼ぎ妻戻る一束の葱のぞかせ 茂里正治
窓拭きてくらき雨中の葱畑 横山白虹
箸たてて碧梧桐先生葱を焼く(三朝宿を憶ふ) 廣江八重櫻
素うどんに葱たつぷりと送り梅雨 水原 春郎
終電や踏みて匂はす忘れ葱 加藤秋邨 まぼろしの鹿
肉・葱・馬鈴薯ごつた煮にして走り梅雨 能村登四郎 枯野の沖
肉屋来て雀押し合ふ葱畑 萩原麦草 麦嵐
肉親や一本径を葱提げて 津沢マサ子 楕円の昼
腰折れの鉄砲町の春の葱 石田勝彦 秋興
草ひいて煙程の葱を育てけり 西山泊雲 泊雲句集
草莽のたましひのため葱青し 中尾壽美子
萍や百円で売る芋や葱 岸本尚毅 舜
葬すませて葱畑の日ぐれ働く 人間を彫る 大橋裸木
葱(ねぶか)白く洗ひたてたる寒さ哉 芭蕉
葱(ねぶか)買(かう)て枯木の中を帰りけり 與謝蕪村
葱(ひともぢ)をもとめまゐらせ御所へかな 筑紫磐井 婆伽梵
葱うゑる夕影の土やや冷えぬ 飯田蛇笏 春蘭
葱かかへ寒さの光る中に墜つ 石原八束 空の渚
葱きざみ妻の三十路も駈くるごとし 昭彦
葱きざむ吾が生涯の刻きざむ 新井 恵子
葱きざむ子の嘘許すべかりしや 西村和子
葱きざむ還りて夢は継ぎがたし 澄雄
葱きざむ類句ばかりの泣きつ面 仙田洋子 橋のあなたに
葱きれば葱の香手もとに夕日さす 柴田白葉女
葱くゝる藁二三本拾ひけり 山本村家
葱さげて世の片隈にくらし立て 鈴木真砂女 夕螢
葱さげて日の暮とほき雲の冬 太田鴻村 穂国
葱さげて橋のなかほどより淋し 長谷川双魚 風形
葱すいと割いて庖丁始めかな 秋元不死男
葱すこし作り燈台守の秋 神尾久美子 掌
葱そだつ挫折も翳も青透いて 赤城さかえ
葱だけを見てとんとんと葱刻む 岩田由美
葱と見てゆきちがひしが端午の日 篠田悌二郎 風雪前
葱と連翹太陽にペニスがある話 竹中宏 句集未収録
葱どれも折れざるはなし道に鶏 下村槐太 天涯
葱に焼かるる舌愛しつつ敵前なり 磯貝碧蹄館
葱に雪なにかひたすら急がるる 駒敏郎 遠天
葱ぬきて青き矛盾を捨つるなり 攝津幸彦
葱ぬくや確かに我を呼ぶなりけり 間石
葱ぬたや田を飛ぶものに眼を遺りて 関戸靖子
葱のぎぼうつとりとしてをれりけり 冬の土宮林菫哉
葱のひげ根澄むまで洗ふ雪来る前 沖田佐久子
葱の世に夢を作りてさびしさよ 齋藤愼爾
葱の尖りの寒い月の出に歩いてゐる 人間を彫る 大橋裸木
葱の束うやうやしくも初荷かな 山冬子
葱の根にたましひ入る時雨かな 高橋睦郎
葱の根の白さしのぼるごとくなり 能村登四郎 冬の音楽
葱の根をコップに生けて子の下宿 上野さち子
葱の畝帝釈天の舟を待つ 遠藤比呂志
葱の皮剥がれしままにかぎろひぬ 室生犀星 犀星發句集
葱の芽の毛ほどの青さ守り育て 加藤楸邨
葱の荷の着くより木ノ葉時雨かな 堤高嶺
葱の葉のふかく沈みて富士颪 萩原麦草 麦嵐
葱の香が怒りの最中ながれくる 能村登四郎 枯野の沖
葱の香に夕日のしづむ楢ばやし 飯田蛇笏 山廬集
葱の香のすくりと寒の戻りかな 三田きえ子
葱の香のまつすぐにきて立ちにけり 加藤秋邨 吹越
葱の香の口中にして傘ひらく 小島千架子
葱の香や傾城町の夕あらし 蝶夢
葱の香や背になまなまと年つまる 桜井博道 海上
葱は無く鮭や切身に世紀寒 永田耕衣 物質
葱は葱の匂ひを通す秋の暮 鳥居美智子
葱は青勝ちべにがら塗りの店格子 草田男
葱ひきや鳥のとまりしたて朸 銀漢 吉岡禅寺洞
葱ひくや昨日の霰そのまゝに 西山泊雲 泊雲句集
葱ぼうず海光家の裏までも 高井北杜
葱むけば鳴きぬ背すぢに寄る愁ひ 石原八束 空の渚
葱めづる詩が鉄めづる詩に続く 相生垣瓜人 微茫集
葱も見つ元日の道まつすぐに 渡邊水巴 富士
葱をよく買ふ妻のゐて我家なり 宮津昭彦
葱を切るうしろに廊下つづきけり 下村槐太 天涯
葱を剥く納屋南面の雪解音 猪俣千代子 秘 色
葱を引き真澄の空の下と思ふ 村越化石 山國抄
葱を引く武蔵野のすぐそこに富士 右城暮石 上下
葱を抜く匂ひに霞む出城跡 鳥居美智子
葱を抱く身の影闇に攫はるる 石原八束 空の渚
葱を煮る秋霖の火にしたしみぬ 石原舟月 山鵲
葱を裂き父を忘れてゐたりけり 桑原三郎 春亂
葱を見る男の夕べ勝れたり 永田耕衣 闌位
葱を買ふ武蔵野の風つのる中 成瀬桜桃子 風色
葱を買ふ髪の垂れたるうしろ寒む 石原八束 空の渚
葱ノート括るや学生妻とことこ 加藤楸邨
葱一本横たへて何始まるや 能村登四郎 天上華
葱下げて音なき部屋に帰るなり 辻美奈子
葱二列十万億土の匂ひかな 平橋昌子
葱二本楕円の思惟はくづれたり 攝津幸彦
葱伏せてその夜大きな月の暈 直人
葱切つて溌刺たる香悪の中 楸邨
葱切つて輝きわたるステンレス 中田 美子
葱切るや猫の手消えし障子穴 大橋櫻坡子 雨月
葱刻む妻の背に嘘なかりけり 鳥居露子
葱刻めば遠くつかれし煙突よ 寺山修司 未刊行初期作品
葱剥いて光らせて売り小百姓 下田稔
葱剥きて余生を涙もろくせり 大畠新草
葱剥くや人をはるかとおもひつつ 山上樹実雄
葱匂ふ厨へ墨の水とりに 羽公
葱味噌を嘗め疑はず酔ひにけり 草間時彦 櫻山
葱噛んで洗ひざらしの女かな 小島千架子
葱埋めて夜の潮騒の遠ざかる 中拓夫
葱多く鴨少し皿に残りけり 高浜虚子
葱大根豚の油も白かりき 会津八一
葱屑の水におくれず流れ去る 汀女
葱引いて来る妻の髪霰かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
葱引き抜くにやはらかき川風よ 中田剛 珠樹以後
葱引くに霞のなかをきたりけり 中田剛 珠樹
葱引くや枯菊に遺る情もなく 尾崎迷堂 孤輪
葱引くや颪の中にある暮色 野村喜舟 小石川
葱折れて葛飾は風の吹き晒らし 長谷川かな女 牡 丹
葱抜くや人をはるかとおもひつつ 山上樹実雄
葱抜くや土ぱらぱらと雪の上 南 うみを
葱抜くや春の不思議な夢の後 飯田龍太
葱抜くをんな寒の夕焼炉のごとく 飯田龍太
葱抜けば身の還るべき地の香あり 龍太
葱抱へ東西癩に行き処なし 村越化石
葱掘つて土ぼそぼそと春寒き 臼田亞浪 定本亜浪句集
葱掘りのくづほるゝごと霙れけり 金尾梅の門 古志の歌
葱掘るやあら逃亡のあで姿 永田耕衣 人生
葱掘るやしんしん吹雪く遠嶺どち 吉田未灰
葱採りに出て月しろの葱畑 猪俣千代子 秘 色
葱掴む途中の指や裁判所 久保純夫 聖樹
葱提げて全く死んでゐたるなり 桑原三郎 龍集
葱提げて帰る教師の顔のまま 行方克巳
葱提げて煩悩の歩の前のめり 殿村菟絲子
葱提げて老いたる町の発明家 神田敏子
葱月夜仏間に頭差し入れて 柿本多映
葱根深大根白菜底曇 石塚友二 光塵
葱植ゑて余生を住むによき島や 山崎房子
葱法師しどろに並みおはしけり 会津八一
葱洗ふすでに暮色の手もとかな 清水 美恵
葱洗ふや月ほのぼのと深雪竹 飯田蛇笏 山廬集
葱洗ふや野川の町に入る処 正岡子規
葱洗ふ夕くらがりの水迅し 吉武月二郎句集
葱洗ふ女やひとり暮れ残る 尾崎紅葉
葱洗ふ山水濁りなかりけり 山口草堂
葱洗ふ我が母凡そまづしさよ 尾崎迷堂 孤輪
葱洗ふ水が力の音立てて 河野南畦 湖の森
葱洗ふ流れもちかし井出の里 蕪村遺稿 冬
葱洗ふ浪人の娘痩せにけり 正岡子規
葱洗ふ濡れし手のまゝ死にゆけり 瀧澤伊代次
葱深く伏せて雪くる信濃川 本宮哲郎
葱焼いて世にも人にも飽きずをり 岡本 眸
葱煮るや還りて夢は継ぎ難し 森澄雄 雪櫟
葱甘し叱つてくるる人のゐて 大石悦子
葱甘し生きる理由は単純で 櫂未知子 貴族
葱畑といふほどもなき葱に雨 角川春樹
葱畑に汚れの見ゆる寒旱 宮津昭彦
葱畑に葱の巣確とありにけり 山本奈良夫
葱畑のけはしき月に戻りけり 松本たかし
葱畑の中過ぐる時千本の葱一斉に空を撃つ銃 三井修
葱畑の小さき神もお留守かな 野村喜舟
葱畑の放られてあり売地札 松本有美子
葱畑の新しき家ゆ燈の目つぶし 宮津昭彦
葱畑の畝ふか~とある日ざし 青峰
葱畑の霜雪のごとし初手水 富安風生
葱畑の青むらさきの秋の翳 富澤赤黄男
葱畑の高きに日あり朝の程 月舟俳句集 原月舟、長谷川零餘子編
葱畑も大根畑も古戦場 鈴木半風子
葱畑や固唾を呑んでよこぎれり 中拓夫 愛鷹
葱畑や夜毎晴るれど月の暈 雑草 長谷川零餘子
葱畑や月吹き落す風となり 白水郎句集 大場白水郎
葱畑や立木まづしく賽の神 尾崎迷堂 孤輪
葱畑を泣いて走れる学友よ 林桂 銅の時代
葱畠また葱畠古戦場 宮津昭彦
葱白く歳また終る諸論かな 永田耕衣 物質
葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉
葱白しひとの去就をそのままに 嶋田麻紀
葱白し足のしびれを火に當る 井上井月
葱盗るときめて恐ろし風の月 西山泊雲 泊雲句集
葱真白に洗ひあげたる櫟原 柴田白葉女 遠い橋
葱華輦(そうかれん)担がれざっくざっく軍靴のおと 日下部正治
葱買うてすたすたと去る漢の背 つじ加代子
葱買ふて枯木の中を帰りけり 蕪村
葱買ふや枯木のうらの風からび 康治
葱青し字と団地を分け隔つ 百合山羽公
葱食つてこなごなの咳朝の川 中拓夫 愛鷹
藁の底に葱畑青し冬山家 碧雲居句集 大谷碧雲居
蛇とぶやはるかな葱の商人に 安井浩司 阿父学
行く年や葱青々とうら畠 室生犀星(1889-1962)
行商女葱の包みは手に提げて 山田節子
行年や葱青々とうら畠 室生犀星(1889-1962)
裏庭に母の呉れたる葱囲ふ 関森勝夫
西行の寺片隅に葱育て 茂里正治
親疎十年交りたゆる葱の月 飯田蛇笏 山廬集
詩興は赤き没日背にして葱買ふとき 川口重美
誰からも問はれぬ泪葱刻む 殿村菟絲子 『路傍』
警察の横の畠の九条葱 藤田あけ烏 赤松
豪雨の葱多毛な農夫の隣にゐて 桜井博道 海上
貧厨に葱噛む昼の鼠かな 尾崎紅葉
買物籠葱がつき出て見えにけり 吉屋信子
赤ん坊つめたき葱をつかみをり 岸本尚毅 舜
赤城へ向く葱真青に夜霧の底 加藤知世子 黄 炎
足枷の余命の際に葱が立つ 林田紀音夫
軒すぐに富士ある暮し葱植うる 安田春峰
透きとほるまで精進の霜の葱 都筑智子
通夜にすこし早く来すぎて葱暮色 能村登四郎
遊船をめぐりて水葱は流るべく 中村汀女
遠山のさきの雨雲葱づくり 大木あまり 雲の塔
野と隔つ垣破れたり葱畑 子規句集 虚子・碧梧桐選
野菜涅槃図葱の高足侍りけり 高澤良一 燕音
釣瓶落し家裏に抜く葱二本 相馬遷子 山河
鍋物に焦げつく葱や獺祭忌 石川桂郎 四温
閑かなる谿の太葱実となれり 林原耒井 蜩
除夜の鐘葱の白さを洗ひ上げ 安村敏子
雨ふる中に育ちつつ暮れてゆく葱 シヤツと雑草 栗林一石路
雨衝くや土塀のかげに葱見ゆる 孝作
雪中の葱を折る雪賤ケ嶽 宇佐美魚目 秋収冬蔵
雪国や土間の小すみの葱畠 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
雪掘りて雪の甘みの葱蕪 細谷鳩舎
雪掻く音さくさくとまた葱切る音 古沢太穂
雪降れり葱の口臭あたらしく 中拓夫 愛鷹
霜の葱土深々と著たるかな 温亭句集 篠原温亭
霜ふかき深谷の葱のとゞきけり 久保田万太郎 流寓抄
霧の都市葱を束ねし藁をとく 森田智子
霧はれぬ畜舎の裸燈葱の上 桜井博道 海上
青き葱微塵に刻む被曝の葬 岡崎万寿
青き葱提げ青嶂忌通りけり 長谷川双魚 風形
音楽の湧きたる耳や葱きざむ 仙田洋子 橋のあなたに
風に追はれゐて抱く葱の白き仮死 石原八束 操守
馬の鼻過ぎてさびしき葱の畝 藤田湘子 雲の流域
馬覚めをりまだ残雪の葱の畝 中拓夫 愛鷹
駅蕎麦のホームに届く葱の束 塩川祐子
髪白くなりゐる朝の葱をむく 石原八束 『操守』
鬱勃と身の熱き日や春の葱 大佐優
鴨鍋の近江の芹よ白葱よ 大橋敦子
鶏ガラの味すひとつてこの葱は 如月真菜
鸛や葱洗ふ川を踏わたる 古貢
麻すだれ厨房の脛葱トントン 西かつのり
黒土によき句かかばや葱の筆 中勘助
鼻面に薄暮の透る葱をむく 石原八束
ひともじに同じ雲ゐる桂郎忌 斎藤玄 雁道
ひともじの北へ枯臥古葉哉 蕪村 冬之部 ■ かの曉の霜に跡つけたる晋子が信に背きて、嵐雪が懶に倣ふ
ひともじやことに長びく女弟子 加藤郁乎
七種の夜を根深煎る隣あり 也有
三宝をはみ出す根深山河かな 永田耕衣 人生
今朝の雪根深を園の枝折哉 松尾芭蕉
凩に根深尖りて並びけり 人間を彫る(裸木第一句集) 大橋裸木
北窓を根深畠にふさぎけり 村上鬼城
又とはん菊より後の根深畑 也有 (某別墅記)
太箸に根深の芯の熱きこと 辻桃子
妻病ませ根深料理ると鷲掴み 小林康治 四季貧窮
家も夫もわすれただ煮る根深かな 飯田蛇笏 山廬集
山門の根深畑や初大師 村上鬼城
我畑の根深持て行け薬喰 松瀬青々
易水に根深流るる寒さ哉 与謝蕪村
根深一把もらふて年を忘草 乙由
根深売尻声強しけさの雪 利次
根深掘るしづかな音の野に来たり 午次郎
根深掘る野は月あげて深谷村 大津希水
根深煮る色こそ見へね冬籠 横井也有 蘿葉集
洛外の根深畠や比叡颪 赤木格堂
満月や根深ぬかれし山畑 中島月笠 月笠句集
葱根深大根白菜底曇 石塚友二 光塵
貧の香のきこえて煮ゆる根深かな 西島麦南 人音
開墾の泥海に浮く根深かな 内田百間
鳰の水暮れゆく根深きざみけり 金尾梅の門 古志の歌
歳末商戦泥つき長葱もってゆけ  高澤良一  宿好
下仁田葱煮ゆる前から崩れさう  高澤良一  石鏡
葱の管後生大事に何封じ  高澤良一  石鏡
暇人の覗いて不思議葱の管  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-21 00:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング