2014年 12月 22日 ( 11 )

生姜酒

生姜酒

例句を挙げる。

この里に老いて悔なき生姜酒 加藤あき江
ゆっくりと胸暖めて生姜酒 山本 邦子
再婚の気のなくなりて生姜酒 藤田あけ烏 赤松
圭角を以て聞えぬ生姜酒 高田蝶衣
夜の炉に僧のたしなむ生姜酒 岡安迷子
天竺へ波は立つらむ生姜酒 磯貝碧蹄館
月旦を草する燈下生姜酒 高田蝶衣
湯疲れに生姜酒して湯治かな 溝口 直
生姜酒うつる世相になじまざる 阿部鴻二
生姜酒貧土の農と交はりて 堀井春一郎
町の用終へての安堵生姜酒 大谷繞石
老残の咽喉にひりりと生姜酒 宮下翠舟
上元の接待殊に生姜湯 下村ひろし 西陲集
春寒や生姜湯かぶる風邪籠 臼田亞浪 定本亜浪句集
梢見て風推し量る生姜湯 高澤良一 素抱 
生姜湯に顔しかめけり風邪の神 高浜虚子
生姜湯や生きて五十の咽喉仏 石塚友二 光塵

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

玉子酒

玉子酒

例句を挙げる。

おん僧も老人世帯玉子酒 安達光宏
かりに着る女の羽織玉子酒 高濱虚子
そとまぜて泡立つ香り玉子酒 木下挿雨
ぬくぬくの玉子酒って生意気だ 渡辺誠一郎
めをとしてめをともてなす玉子酒 岩木躑躅
人泊めて雨となる夜や玉子酒 柴田宵曲
兄の遺句整理に更けて玉子酒 湯浅典男
出来得れば飲みたくはなし玉子酒 竹中しげる
友達のやうな夫婦や玉子酒 山田弘子 螢川
嫁してより家族は二人玉子酒 荒昔英子
寝るまでの口さみしくて玉子酒 越智竹帆子
岡惚で終りし恋や玉子酒 日野草城
年下の亭主持ちけり玉子酒 五所平之助
志ん生の呂律恐ろし玉子酒 高澤良一 随笑 
我兄子の来へき宵なり玉子酒 尾崎紅葉
我背子が来べき宵なり玉子酒 尾崎紅葉
早や五臓ぬくし寝しなの玉子酒 富田潮児
母の瞳にわれがあるなり玉子酒 原子公平
母の語のほのと解けゆく玉子酒 平沢美雪
沫を消す内儀老たり玉子酒 黒柳召波 春泥句集
熱のある頬美しや玉子酒 宮野 寸青
玉子酒この日如何なる腹の虫 島道素石
玉子酒すすめて君を帰さじな 石原初子
玉子酒すすり還暦来つつあり 岸風三樓
玉子酒するほどの酒ならばあり 菅裸馬
玉子酒つくるに足りし燗冷し 下村ひろし 西陲集
玉子酒つくる老い母だけの智慧 滝 春一
玉子酒ものも言はずに作り来し 中村汀女
玉子酒僧の炬燵の派手布団 五十嵐播水
玉子酒十重ねたる小さかづき 黒柳召波 春泥句集
玉子酒妻にもすすめ明日は旅 高樹旭子
玉子酒嫌はれて居る荷風もの 河野静雲
玉子酒子として父に何をせし 葛山たけし
玉子酒思ひ屈する男あり 松瀬青々
玉子酒月こそさゆれ大茶碗 丸之 選集「板東太郎」
玉子酒皆相伴の早寝かな 西川かなえ
玉子酒祇園わたりは雪の山 妻木 松瀬青々
玉子酒竹藪を日のひたしける 林徹
玉子酒賓主を分つ小盃 黒柳召波 春泥句集
玉子酒降らざる雨を聞くここち 田中裕明 花間一壺
稿終へしあとは舌焼く玉子酒 岡野 等
絵襖をとざしあたたむ玉子酒 橋本鶏二 年輪
身に覚えあること言われ玉子酒 佐藤和夫
過去未来なき今熱し玉子酒 籏こと
重たしととる笄や玉子酒 野村喜舟 小石川
あれ聞けば千鳥なりけり卵酒 広江八重桜
卵酒或夜からみの焔燃ゆ 四明句集 中川四明
吹きやす胸はしり火や卵酒 炭 太祇 太祇句選
因循を女に笑はれぬ卵酒 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
妻泣かせ酔はせ寒夜の卵酒 小林康治 四季貧窮
盃になるもの多し卵酒 炭 太祇 太祇句選後篇
親も子も酔へばねる気よ卵酒 炭 太祇

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の蝶

冬の蝶

例句を挙げる。

あふれいづる涙冬蝶ふためき飛び 橋本多佳子
かへりみし故か凍蝶あがれるは 加倉井秋を
ささめゆき凍蝶翅を閉ぢなほす 山上樹実雄
すれ違うごと凍蝶と曲芸師 対馬康子 愛国
たかだかと冬蝶は日にくだけたる 夏井いつき
てのひらの冬蝶にわが息合はす 久保美智子
はさまれし凍蝶透けてゆく頁 対馬康子 吾亦紅
はればれと冬蝶海へ死ににゆく 河合凱夫
不覚にも冬蝶刻をみごもれり 柴田朱美
倒れずにゐる凍蝶の二枚翅 辻田克巳
冬 蝶 の 夢 崑 崙 の 雪 雫 富澤赤黄男
冬蝶として汽罐車のそばとほる 秋元不死男
冬蝶と仮寝してゐる幼女かな 齋藤愼爾
冬蝶に匂いと言うがありて闇 長谷川草々
冬蝶のごとくしづけき妻を愛す 進藤均
冬蝶のただ美しき疲れかな 阿部完市
冬蝶のひそかにきいた雪崩の響 富澤赤黄男
冬蝶の一羽で生きし月日かな 高橋沐石
冬蝶の夢見むとゐる伽藍かな 藤田湘子
冬蝶の居丈をとばず日暮れぬる 齋藤玄 飛雪
冬蝶の日向セルロイドの匂ひ 櫛原希伊子
冬蝶の濃き影を見る芝の上 松本たかし
冬蝶の窓をよぎりてかへらざる 金尾梅の門
冬蝶の置きてゆきたる棄民の書 原田喬
冬蝶の翅のこするる音ならむ 石嶌岳
冬蝶の翅の気負ひも帰心ゆゑ 中島畦雨
冬蝶の翔てば静かに影従ふ 高田秋仁
冬蝶の致死量の風見てをれず 倉橋羊村
冬蝶の舞ひをさめたるかに館 高木晴子 花 季
冬蝶の身をひらきたる怒濤音 斎藤梅子
冬蝶の野を拡げゆく明日香村 佐川広治
冬蝶の高舞ふちから滝行場 鍵和田[ゆう]子
冬蝶も人も扉へ行かうとする 佐藤恵美子
冬蝶や夕日しばらく野をぬくめ 斎藤 道子
冬蝶や日向にひさぐねずこ下駄 村上 光子
冬蝶や牧草青き農学部 奥村良臣
冬蝶や音をなくせしうしろ山 岸田稚魚 筍流し
冬蝶よ草木もいそぎ始めたり 柿本多映
冬蝶を翔たす庭師の紺の足袋 石川文子
冬蝶を股間に物を思へる人 永田耕衣 驢鳴集
冬蝶を見るまばたきを静かにし 石川文子
冬蝶を鈴のみちびく虚空かな 河原枇杷男 密
凍蝶か凍蝶の死か吹かれあり 坊城俊樹
凍蝶か指紋いちにち孤児と呼ばれ 川本洋栄
凍蝶となりねむりたし手術の夜 朝倉和江
凍蝶となり眠りたし透析日 朝倉和江
凍蝶とぶ祖国悲しき海のそと 寺山修司 未刊行初期作品
凍蝶とまなざし弱き父を見る 百合山羽公 故園
凍蝶と吾に聞えて静かな午砲(ドン) 栗林千津
凍蝶と見しは羽毛の降りしなり 阿部みどり女
凍蝶にかゞみ疲れて立上る 星野立子
凍蝶にこだはり乍ら歩きけり 京極杞陽 くくたち下巻
凍蝶にすがりつかれし指のあり 仙田洋子 雲は王冠
凍蝶になまじ薄日のさしにけり 成瀬桜桃子
凍蝶にほとほと草の日も消ゆる 塚原夜潮
凍蝶によく似たものの煌々す 佐藤成之
凍蝶に傘さしかけてゐたるかな 岸本尚毅 鶏頭
凍蝶に前ぶれもなく死は来るや 樋笠文
凍蝶に寒き日ざしも頼み哉 妻木 松瀬青々
凍蝶に待ち針ほどの顔ありき みつはしちかこ
凍蝶に指ふるるまでちかづきぬ 橋本多佳子(1899-1963)
凍蝶に日のかげ深くなりゆけり 柴田白葉女 花寂び 以後
凍蝶に旭は粛々とのぼりけり 豊長みのる
凍蝶に昼をあざむく月夜かな 清原枴童 枴童句集
凍蝶に最も短かき紐使ふ 攝津幸彦
凍蝶に海の音する木末哉 佐藤惣之助 蛍蝿盧句集
凍蝶に満月ほうと出でにけり 有働亨 汐路
凍蝶に濤音いつも遥かなり 鷲谷七菜子 雨 月
凍蝶に火種をいかにして運ぶ 中原道夫
凍蝶に生きてゐたいか問うてみる 櫂未知子 貴族
凍蝶に絵の色のごと海の色 池内友次郎
凍蝶に致死の一息吹きにけり 大石悦子
凍蝶に落石の音谺しぬ 羽部洞然
凍蝶に蒼空うすれさがりけり 松村蒼石
凍蝶に触るる薄刃に触るるごと 小川斉東語
凍蝶のあおあおと河曳きゆけり 下山光子
凍蝶のあやふき小みちいそぎけり 小池文子
凍蝶のいきづき裏の紋かなし 山口青邨
凍蝶のいのちの翳の漂へる 鈴木栄子
凍蝶のうす紙のごと生きてをり 紀平美幾
凍蝶のきりきりのぼる虚空かな 橋本多佳子
凍蝶のこときるるとき百の塔 宗田安正
凍蝶のさがりあがりて草に落つ 廣江八重櫻
凍蝶のさしのべし手に舞ひ上り 徳重 敏乃
凍蝶のすがたに並ぶ素袍かな 増田龍雨 龍雨句集
凍蝶のそのまま月の夜となりし 深見けん二
凍蝶のたましひのなほさゆれけり 長山あや
凍蝶のたましひはしり翅ふるふ 宇佐美魚目
凍蝶のとまりかたぶく翅かな 高橋淡路女 梶の葉
凍蝶のはがれし如く戸より落つ 福井圭児
凍蝶のはつと翔ちたる夢うつつ 山本歩禅
凍蝶のふと翅つかふ白昼夢 野澤節子 遠い橋
凍蝶のふるふるふるとゆるびけり 大石悦子
凍蝶のほろ~あがる茶垣かな 山本京童
凍蝶のみじろぎに似し吾がつぶやき 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
凍蝶のやがて石とも別れねば 堀井春一郎
凍蝶のわづかに羽をつかひけり 原田明
凍蝶のゐさうなものよ花時計 森田峠 避暑散歩
凍蝶の上ると見えて落ちにけり 下村梅子
凍蝶の不意にひかりを放ちけり 桑原立生
凍蝶の何時覚めるともなき日和 明石 茂子
凍蝶の倒れて影と重なれり 三島晩蝉
凍蝶の傷みなき翅合掌す 佐野まもる
凍蝶の全き翅をひらきもし 阿部みどり女 『微風』
凍蝶の内に彼の世の火の燐(かけら) 久富風子
凍蝶の夢をうかがふ二日月 攝津よしこ
凍蝶の天与の朱を失はず 飯島晴子
凍蝶の失ひゐたる重心よ 大橋敦子
凍蝶の己が魂追うて飛ぶ 高浜虚子
凍蝶の庇より地に落ちしのみ 石嶌岳
凍蝶の影さへも濃き日和かな 清崎敏郎
凍蝶の息ひきとりし谺かな 宗田安正
凍蝶の掴みて離さざるものよ 右城暮石 上下
凍蝶の日ざせばほろほろ飛ぶ形 柴田白葉女 花寂び 以後
凍蝶の日向といふも風少し 玉城仁子
凍蝶の日差貪ることもなく 高木石子
凍蝶の果して翅の欠けゐたる 高浜年尾
凍蝶の歩むに羽の重すぎる 柴田奈美
凍蝶の死へ露地裏の陽あつまる 神尾久美子
凍蝶の死線に地上二メートル 稲畑廣太郎
凍蝶の消えたるは球形の海 対馬康子 吾亦紅
凍蝶の眉高々とあはれなり 高浜虚子
凍蝶の眼を怖ぢタイプライター打つ 横山房子
凍蝶の紙ともならず崩れけり 中村明子
凍蝶の終の力が翅たたむ 小川原嘘師
凍蝶の翅に置く霜の重たさよ 高浜虚子
凍蝶の翅のうごめきにこころとむ 飯田蛇笏 雪峡
凍蝶の翅ををさめて死ににけり 村上鬼城
凍蝶の翅伏す霜の寂光土 西島麦南
凍蝶の胸透く翅をたたみけり 増田なづな
凍蝶の落ちくだけけり石の上 高濱虚子
凍蝶の葉裏を移る漸くに 萩原麦草 麦嵐
凍蝶の解けてゆるゆる舞ひくだり 渡辺立男
凍蝶の越えむ築地か高からぬ 相生垣瓜人 微茫集
凍蝶の身を透明に上げし海 佐野まもる 海郷
凍蝶の金箔褪せし日の光り 加藤三七子
凍蝶の金色の眼よさざなみよ 上野まさい
凍蝶の風に翔つかと見えたれど 乾一枝
凍蝶は枇杷の花よりひそかなる 田中冬二 麦ほこり
凍蝶は源氏の帖になかりけり 尾崎迷堂 孤輪
凍蝶も死ぬとき鏡おもひけむ 河原枇杷男 訶梨陀夜
凍蝶も記憶の蝶も翅を欠き 橋本多佳子
凍蝶やほとりほとりと火の雫 大石悦子
凍蝶やみづから蒼む一巨鐘 大峯あきら
凍蝶や日の果に雲一朶燃え 豊長秋郊
凍蝶や月天涯を照らしつつ 河原枇杷男 蝶座
凍蝶や朝は縞なす伊豆の海 原田青児
凍蝶や生きて一縷の沢のおと 金子 潮
凍蝶や畑のどこかに子守唄 飯田龍太
凍蝶や舌下に舌下錠解かれ 柿本多映
凍蝶や襖はづせし太柱 宇佐美魚目 天地存問
凍蝶よいくたび逢える篠原か 三谷昭 獣身
凍蝶よ最後の逢いとつぐるまじ 三谷昭 獣身
凍蝶よ瞬時にくもる夜のガラス 遠藤秀子
凍蝶をみし日溜りのいつ失せし 柴田白葉女 花寂び 以後
凍蝶をもとの所に置きて去る 五十嵐播水 播水句集
凍蝶を容れて十指をさしあはす 橋本多佳子
凍蝶を拾ふてのひら岬なす 進藤一考
凍蝶を掃けり魚津の朝の雨 中田剛 珠樹
凍蝶を摧(くだ)かむばかり月射せり 奥坂まや
凍蝶を確かむるごと日ざし来る 西川 織子
凍蝶を籠めてのひらの地中海 大屋達治 龍宮
凍蝶を見し身の如くかへりみる 中村汀女
凍蝶を見るために目を閉ぢにけり 岡田 貞峰
凍蝶を過(あやまち)のごと瓶に飼ふ 飯島晴子(1921-2000)
凍蝶を過のごと瓶に飼ふ 飯島晴子
凍蝶を風の栞りてゆきしなる 片山由美子 水精 以後
凍蝶を魂出入りしてをりぬ 藤崎久を
原人の歯牙凍蝶となりにけり 百合山羽公 寒雁
右手つめたし凍蝶左手へ移す 澁谷道
合掌のごと凍蝶は翅立てて 朝倉和江
囚はれて凍蝶銀をこぼしけり 山田弘子
夜空あり開きつぱなしの凍蝶あり 櫂未知子 蒙古斑以後
大いなるものに凍蝶従ひぬ 今橋眞理子
大いなる凍蝶に威のありにけり 田中裕明 先生から手紙
天日を恋ひ凍蝶のあがりけり 福田蓼汀 山火
安中や凍蝶工女鉄路に消ゆ 橋本夢道 無類の妻
振りむけば凍蝶額を越えにけり 対馬康子 吾亦紅
掃き寄せて凍蝶死んでをらざりし 稲畑汀子 汀子第二句集
放ち甲斐なき冬蝶をたなごころ 林 翔
旅立つや冬蝶たたす妻の影 秋元不死男
明日は冬蝶と詠まるる情もて 藤浦昭代
書を伏するたび冬蝶の死が見ゆる 殿村菟絲子 『菟絲』
書を伏せる度冬蝶の死が見ゆる 殿村莵絲子
月明し凍蝶翅を立て直す 橋本多佳子
死も恋も無しハードルの刃に冬蝶 大沼正明
水さして釜を鎮めつ夜半の冬 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
汚れなき冬蝶の黄を愛しめり 新井 英子
深き息かけて凍蝶凍てさせず 三好潤子
漠然と凍蝶がゐさうな気がする 加倉井秋を 午後の窓
点鐘のごとし冬蝶漂ふは 柿本多映
生あるものこの冬蝶に逢ひしのみ 福田蓼汀
翔つことを忘れしよりの凍蝶と 稲畑汀子
肋折れしより凍蝶のひびくこと 齋藤愼爾
記憶古りて凍蝶の翅欠きやすし 寺山修司 未刊行初期作品
近づかずとも凍蝶のあがりけり 加倉井秋を 午後の窓
金泥経を出て凍蝶の吹かれけり 各務麗至
領巾振るは額田女王か冬蝶か 津田清子
駅前広場冬蝶のはらはらと 原田喬
たど~と籬に沿ひて冬の蝶 西山泊雲 泊雲句集
たゝなづく山々越後冬の蝶(伊香保三句) 『定本石橋秀野句文集』
はじめから烟りでありし冬の蝶 齋藤愼爾
ひとつといふやさしき数の冬の蝶 今泉陽子
ふれあへば白炎をひく冬の蝶 仙田洋子 橋のあなたに
よき日和続きよき旅冬の蝶 石井とし夫
わが咳がたたしめし冬の蝶は舞ふ 加藤楸邨
アスファルトに死す冬の蝶乾ききり 大高翔
カーテンの裾よりこぼれ冬の蝶 石原 緑
一休の体重かかる冬の蝶 永田耕衣 冷位
人に蹤き墓を離るる冬の蝶 中山純子 沙羅
仏像の朱は渋き朱や冬の蝶 久米正雄 返り花
低う舞へ今日よりそなたは冬の蝶 林 翔
冬の蝶いづこもくらき夜明にて 飯田龍太
冬の蝶かさねし翅のずれてゐし 小原啄葉
冬の蝶さてもちひさくなりつるよ 北原白秋
冬の蝶ためらへば日がなくなるぞ 中村春芳
冬の蝶とはのさざなみ渡りをり 加藤楸邨
冬の蝶とびをり兄と会ひにけり 星野立子
冬の蝶とぶ辺りより径消えし 日隈 翠香
冬の蝶カリエスの腰日浴びをり 石田波郷
冬の蝶人に見られてあがりけり 富安風生
冬の蝶人よりさきにあらはれし 飴山實
冬の蝶冥府に翅をひろげたる 山川幸子
冬の蝶凩の里に飛びにけり 室生犀星 魚眠洞發句集
冬の蝶吉井勇の歌碑にとぶ 茂上 かの女
冬の蝶実験といふ核使ひ 染谷佳之子
冬の蝶川わたらんとして炎ゆる 横山康夫
冬の蝶干潟をくぐりぬけし斑よ 川田由美子
冬の蝶日の差すもののほか越えず 長谷川久々子
冬の蝶日の当る巣に入りにけり 小川軽舟
冬の蝶柩送りしあとに舞ふ 田中英子
冬の蝶汝もこの地震を生き延びし 三村純也
冬の蝶汽車の下腹部湯をこぼす 磯貝碧蹄館
冬の蝶海の匂いのふいに消え 二村典子
冬の蝶睦む影なくしづみけり 西島麦南
冬の蝶羽の合掌解きて死す 柴田奈美
冬の蝶舞はねば落ちむ石舞台 加藤知世子 花 季
冬の蝶見てあはれなること多く 山口青邨
冬の蝶見てゐて妻よ世に飽くな 米沢吾亦紅 童顔
冬の蝶魂抜けて飛び廻る 星野立子
凍て蝶のきらめき渡る山湖かな 中川宋淵
北上の空に必死の冬の蝶 阿部みどり女(1886-1980)
北上の空へ必死の冬の蝶 阿部みどり女 『微風』
地に落ちて螺鈿のごとし冬の蝶 上野さち子
妃の陵は細き参道冬の蝶 皆吉爽雨
完璧の飢ゑ泣き男と冬の蝶 齋藤愼爾
山の日は掬ふほどなり冬の蝶 田口章人
心臓を押さえた形に冬の蝶 宇多喜代子
日のぬくみ重し重しと冬の蝶 柴田奈美
束の間の日だまりに生き冬の蝶 千原叡子
松島に一夜を明かす冬の蝶 阿部みどり女
残鐘や離れもあへぬ冬の蝶 水原秋櫻子
水の香の奥へ奥へと冬の蝶 櫂水尾
湖へ木戸あいてゐる冬の蝶 坂本政子
湯けむりの袖倒しつゝ冬の蝶 殿村莵絲子 雨 月
濁流に生れ外灘(ワイタン)の冬の蝶 吉原文音
燈台の影につまづく冬の蝶 近藤暁代
玉羅紗の外套着たる冬の蝶 久米正雄 返り花
眠り薬まだ効いてをり冬の蝶 久米正雄 返り花
石人の石の袂に冬の蝶 橋本鶏二
籬ともおどろとも見ゆ冬の蝶 高橋馬相 秋山越
絵硝子の日にやすらへり冬の蝶 一瀬 昭子
翅さはる地べた怖るゝ冬の蝶 廣江八重櫻
翅ひろげゐて放心の冬の蝶 稲田眸子
芥焼く煙のなかの冬の蝶 澤木欣一
茶畑の波濤が生みし冬の蝶 富安風生
薄き日に薄き影もち冬の蝶 門田モトヱ
被害妄想者そこらを散歩冬の蝶 山口青邨(1892-1988)
裂けし羽上げて歩めり冬の蝶 千田春扇
観音の手の中にゐる冬の蝶 小島ユキエ
転生の深き河あり冬の蝶 鈴木栄子
酢の蔵の酢の香をまとひ冬の蝶 山内透青
金色の日かげ氓びぬ冬の蝶 内藤吐天
長停車して冬の蝶とび出づる 高野素十
雲厚き見合ひの日なり冬の蝶 諸橋直子
青年のあばらを出でて冬の蝶 三橋鷹女
黒潮の風あたたかき冬の蝶 土永竜仙子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

近松忌

近松忌

例句を挙げる。

いてふ葉の扇づくしや近松忌 木村頼二
けふも亦心中ありて近松忌 高浜虚子
さかり場に鉄骨立てり近松忌 山口誓子
そののちの噂は聞かず近松忌 片山由美子 天弓
その頃の恋は死ぬこと近松忌 前内木耳
そもそもの初めがありて近松忌 岩淵喜代子 硝子の仲間
たたられてあいにくの雨近松忌 高澤良一 燕音 
どの花を挿しても足らず近松忌 細見綾子 花寂び
なき母の絵双紙のこる近松忌 外尾倭文子
なりはひの一人異り近松忌 星野立子
らんぎりに昼酒つけて近松忌 角川春樹
わざをぎに更闌けし灯や近松忌 飯田蛇笏 山廬集
世話物は今もすたれず近松忌 稲畑汀子
久々の下り役者や近松忌 中村吉右衛門
人の居る気配にぬくみ近松忌 岩淵喜代子 朝の椅子
人形のさめざめと泣く近松忌 古市絵未
人形焼律儀にあひ肖て近松忌 平井さち子 紅き栞
今の世は恋も自由よ近松忌 高浜朋子
今宵彼の庚申にもや近松忌 増田龍雨 龍雨句集
倉一つ残れる木偶座近松忌 森岡花雷
傀儡にも座設けしたり近松忌 水原秋桜子
傍らにいつもの男近松忌 高澤晶子 純愛
僧四人役者二人や近松忌 山田 静雄
内儀ぶりいつ身につきし近松忌 車谷弘 花野
古唐津の登り窯見て近松忌 坂井建
吊鐘の底闇のぞく近松忌 高井北杜
声使ひ分けて女や近松忌 倉橋羊村
夕月に湯屋開くなり近松忌 石田波郷
夕空にのこるぬくみや近松忌 奥名春江
夜の雨ほのあたたかき近松忌 山本洋子
夢殿の扉を閉めてをり近松忌 角川春樹 夢殿
大阪に来て夕月夜近松忌 大峯あきら
天晴れな再婚したり近松忌 瀧澤伊代次
妻と云ふ女とゐたる近松忌 鈴木五鈴
小説の死が美しや近松忌 小室善弘
心中の花道くらし近松忌 水原秋桜子
振のなきコート鎧へり近松忌 殿村莵絲子 花寂び 以後
文楽の幕間華やぐ近松忌 酒井 武
方丈の炭火艶めく近松忌 藤村たけし
旅にゐて装黒づくめ近松忌 森澄雄
曳売のこゑに振りむく近松忌 角川春樹 夢殿
曽て世の男女の情や近松忌 山口誓子
曾根崎のネオン見て過ぐ近松忌 冨田みのる
月の夜の松風の夜の近松忌 大橋櫻坡子 雨月
枯れきれぬ柳の愁ひ近松忌 鈴木真砂女 夕螢
枯柳に鷺娘立つ近松忌 長谷川かな女 雨 月
殺鼠剤効くやきかぬや近松忌 吉本伊智朗
水のあるところ靄たち近松忌 鷲谷七菜子 花寂び 以後
湯葉の香の二階まできて近松忌 永井龍男
火鉢の画唐子遊べり近松忌 福田蓼汀 山火
烏賊のごと足袋つるされし近松忌 寺井谷子
煩悩の夜はながながと近松忌 中山純子 沙羅
煮えきらぬは男なりけり近松忌 成瀬櫻桃子 素心以後
爪剪つてもらふ甘えや近松忌 鈴木真砂女
相似たる老の着物や近松忌 山本洋子
相対の小便するや近松忌 加藤郁乎 江戸桜
祖母よりの鏡台みがく近松忌 鷲谷七菜子 黄 炎
竹生島昏れてゐたりし近松忌 北見さとる
終焉の寺とし古りて近松忌 山田弘子 螢川
舟二つ見えて日暮るる近松忌 関戸靖子
虚子も書きし心中物や近松忌 星野高士
行燈に頬片かげり近松忌 阿部みどり女 笹鳴
裏店に少女が澄めり近松忌 倉橋羊村
身にしみる昔語りや近松忌 老川敏彦
近松といふ表札や近松忌 星野立子
近松忌かかるところに比翼塚 中村汀女
近松忌しのび泣きもす女とは 鈴木真砂女
近松忌をとこもすなるしのび泣き 板谷芳浄
近松忌ネオンの花が水に咲く 桝井順子
近松忌乳の匂いの夜は満ち 高澤晶子 純愛
近松忌北の新地で迷ひけり 近藤よしこ
近松忌土竜のあげし土乾き 加倉井秋を
近松忌墓にもちひの一重ね 松瀬青々
近松忌契結んでしまひけり 成瀬櫻桃子 素心
近松忌寒きむかしも月夜にて 飯田龍太
近松忌按摩のそこが悲鳴壺 丸山海道
近松忌浪花住ひの江戸役者 吉村洞水
近松忌浪速に決めし旅の宿 冨田みのる
近松忌猫は生傷なめて癒す 中山純子 沙羅
近松忌道行の坂落葉舞ふ 田中英子
近松忌都心の河は澄むことなし 北野民夫
近松忌重い遊女の木偶頭 浜垣和子
道しるべしてある寺の近松忌 中村浜子
鏡台の塗りの剥落近松忌 鈴木真砂女
門川にして激しさよ近松忌 大峯あきら 鳥道
阿波に生れ浪花に育ち近松忌 福田蓼汀 秋風挽歌
降りそめし浮世の雪や近松忌 茂野 六花
雪山の夜も聳えをり近松忌 森澄雄
鳰どりも鴎もこゑの近松忌 森澄雄 空艪
鴈治郎亡き浪花津や近松忌 徳永山冬子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の靄

冬の靄

例句を挙げる。

わが知らぬ四十路来向ふ冬の靄 林翔 和紙
冬の靄クレーンの鉤の巨大のみ 山口青邨
冬の靄口を離れぬわらべ唄 山田一男
冬の靄家鴨の群れにぶつかりぬ 日原傳
冬の靄遠目にきまる白帆曳 野澤節子 黄 炎
壁の画鋲がぐらつき出した冬の靄 吉田静二
指で書く文字消えゆく冬の靄 長谷川かな女 花寂び
日上れば芦原は冬の靄となる 開原冬草
沖に波音なくためて冬の靄 上窪則子
浄め塩盛りてや祇園冬の靄 中野千代
白き布たためば槙に冬の靄 鈴木鷹夫
神鏡は少し凸なり冬の靄 細野正子
穂芒二三冬の靄ゐて月照るも 森 澄雄
終電とは締切に似る冬の靄 鈴木栄子
群衆を包みて濃ゆし冬の靄 深川正一郎
行方もつ鳥は過ぎゆく冬の靄 林翔 和紙
見えぬままの富士近づき来冬の靄 青木重行
ひと死後の冬靄をよぶごときかな 平井照敏 天上大風
冬靄にぬくもり戻る吾子ほめられ 能村登四郎 枯野の沖
冬靄に上げ汐ぬくき女橋 長谷川かな女 雨 月
冬靄に夕づく三輪の御山在り 高木晴子 花 季
冬靄に灯が見ゆ家に母在れば 鈴木栄子
冬靄に猫の吐きたるものの量 星野紗一
冬靄に赤富士こもるスズキ舟 瀧井孝作
冬靄の和気あいあいの川景色 高澤良一 燕音 
冬靄の彼方や抱くも抱かれしも 鈴木真砂女 夕螢
冬靄より醒めてくるもの常緑樹 田川飛旅子 花文字
冬靄を窓に近寄せ風邪に伏す 及川貞 夕焼
寒靄の中まぼろしの蔵王顕つ 堀井春一郎
寒靄の死の家をでて寂しとも 浅原六朗 欣求鈔
寒靄の盆地戸毎に弔旗垂る 伊藤いと子
寒靄の頬に凝るほどに月夜かな 原田種茅 径
寒靄やつつじの株にぶつかりて 大竹狭田男
憂鬱をあそぶ寒靄じめりかな 池田澄子
朝日さす冬靄中の火の蕊に 飯田龍太
肇国の地とし冬靄こめし嶺々 桑田青虎
草田男の髪冬靄にひろがりつ放し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
錦帯橋昏るる冬靄あたたかき 岩崎眉乃
冬の靄東京湾は事もなげ  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

牡蠣

牡蠣

例句を挙げる。

「今夜は酢牡蠣」妻の前触れ愉しけれ 林 翔
あたらしき声出すための酢牡蠣かな 能村登四郎(1911-2002)
あら玉の牡蠣と狂歌に読めりける 尾崎紅葉
いつまでも葱青く牡蠣煮ゆるなり 槐太
お手本と云へれば云へる牡蠣の意地 高澤良一 随笑 
さそはれて千鳥を聞きに牡蠣船へ 清原枴童 枴童句集
しぐるゝや牡蠣割る辻も灯りぬ 貞
だまり食ふひとりの夕餉牡蠣をあまさず 楸邨
ともしびや酔牡蠣と噛みし柚子の種 龍男
のどすぐる酢牡蠣や酒友なきもよし 筍雄
はかなくも我あり牡蠣を酢にひたす 有馬朗人 知命
ひとり過ぐ巴里の灯牡蠣の剥かれゐし 小池文子 巴里蕭条
ひろしまの牡蠣の一眼づつ啜る 赤松子
ひろびろと酢牡蠣味はふ舌があり 高澤良一 宿好 
またの日も斯かれしづかに牡蠣すする 下村槐太 天涯
やすんじて牡蠣の十一月迎ふ 石川桂郎 四温
ゆくりなく客とくつろぐ牡蠣飯に 片桐美江
ナプキンの角に日あたり牡蠣料理 桂信子 遠い橋
ブランデー一滴牡蠣を睡らしむ 八重樫弘志
レモン添え外食めきぬ牡蠣フライ 高澤良一 寒暑 
一湾の眠るがごとき牡蠣筏 井上静子
不況すすむ牡蠣だぶだぶと粥の海 河野南畦 『試走車』
乳呑ますときは乳の香牡蠣割女 田村劉一郎
亡き友も五指に余るや牡蠣すする 本多静江
人の死に鍋とも酢とも牡蠣まかす 石川桂郎 高蘆
今牡蠣の旬てふ言葉広島に 稲畑汀子
余所者に口固かりき牡蠣割女 安東せつ
個々の牡蠣眠るは縮む外科個室 赤尾兜子
入海の寒き汐時牡蠣を割る 百合山羽公 故園
八月や牡蠣田の芦に雨ますぐ 下村槐太 天涯
八階に牡蠣食ふやみな同じ顔 藤田湘子 雲の流域
冬帽を買ひてもさみし牡蠣食ひても 安住敦
冷たさをもて滑らかに酢牡蠣かな 松根東洋城
剥かれたる牡蠣の白さをなほ洗ふ 花田春兆
十六夜の月移りゆく牡蠣筏 伊藤 ふみ
十月や牡蠣舟を出てたたかひに 森澄雄 雪櫟
南風と子らの牡蠣打つ音と来る 篠原梵 雨
占領地区の牡蠣を将軍に奉る 西東三鬼(1900-62)
友死すや啜りて牡蠣のうすき肉 小澤實(1956-)
同性に見られ加速の牡蠣割女 中村明子
同期会にぼつぼつ序列牡蠣すする 奈良文夫
同行として磴に踏む牡蠣の殻 鈴木六林男
吸はる牡蠣舌同類と思ひけり 高澤良一 寒暑 
吹きあれる夜の牡蠣料理一人分 澁谷道
呉線の小さき町も牡蠣の浦 富安風生
喉ごしの酢牡蠣三陸波濤の灯 花貫寥
土間の灯を刃先にかへし牡蠣をさく 米田周平
地下街やはしりの牡蠣の身をゆるめ 宮津昭彦
塗箸がはたまた牡蠣が滑るのか 高澤良一 宿好 
夏料理岩牡蠣殻のまま盛られ 宮津昭彦
夕さむき潮に浸りて吾が拾ふ牡蠣にも海苔のつきてゐるかも 土屋文明
夕波や牡蠣に老いたる船の腹 芥川龍之介
夕潮の静かに疾し牡蠣筏 打出綾子
夜の席題「灰に死ぬ鳥」「牡蠣くふ客」 竹中 宏
夜は疼く指をかばひて牡蠣割女 湯川雅
夜咄の牡蠣の雑炊秀衡椀 及川貞 夕焼
大阪にまた無き雪や牡蠣船へ 大橋櫻坡子 雨月
女の嘘牡蠣とレモンを胃に染ませ 三谷昭 獣身
如月の牡蠣打ち割れば定型を持たざるものの肉やわらかき 道浦母都子
嫁取りの噂や牡蠣を割りながら 小西 藤満
子を葬る大都のほとり牡蠣むくなど 三谷昭 獣身
寄せ合ひてなほ事務の貌牡蠣啜る 奈良文夫
屋根瓦波うつよ牡蠣うまからん 永田耕衣 吹毛集
山かげの蒼きへ牡蠣の種おろす 佐野良太 樫
山の影とろりとろりと牡蠣植うる 林原耒井 蜩
山国にきて牡蠣の口かたしかたし 矢島渚男 天衣
山国に来て牡蠣の口かたしかたし 矢島渚男
岩くだくごとくに牡蠣を割りにけり 波出石品女
岩牡蠣のやうな爺ゐてさざえ売る 高澤良一 寒暑 
岩牡蠣の岩場の向う遊び舟 高澤良一 寒暑 
岩牡蠣を呑み込むときの虚ろな眼 高澤良一 寒暑 
岩牡蠣を打つ手力のまだ老いず 稲生 正子
岸の灯に牡蠣船の灯のはなれけり 尾崎迷堂 孤輪
島かげの牡蠣殻みちの草紅葉 石原八束 空の渚
巌壁にとりつく牡蠣の力かな 雑草 長谷川零餘子
幼妻酢をもて牡蠣を殺しけり 塚本邦雄
広島のたか菜は牡蠣は餘寒かな 久保田万太郎 流寓抄以後
広島の暮れて牡蠣船灯る頃 松本圭二
広島や市電に牡蠣の桶持ちて 星野立子
廃嫡されしほどの巧言牡蠣すする 北野民夫
廓ぬちやまた牡蠣舟へ下りる路地 後藤夜半 翠黛
忘れゐし三鬼の髭や牡蠣の旬 佐藤鬼房 「何處へ」以降
戦ひし海を遠見に牡蠣啜る 岩下ただを
揚ぐるには小粒の牡蠣と嘆かるる 石塚友二
揺れてゐることを忘れて牡蠣船に 稲畑汀子
放埓の二日となりし酢牡蠣かな 古舘曹人 樹下石上
新幹線寸幹を乗り牡蠣を食ふ 赤松[ケイ]子
新月を揺る波に泣く牡蠣割女 飯田蛇笏 霊芝
日輪は筏にそそぎ牡蠣育つ 嶋田青峰
旧姓に戻りて寒の牡蠣洗ふ 館岡沙緻
旬も旬旬の酢牡蠣に若(し)くはなし 高澤良一 宿好 
明け易き潮に白きは筏牡蠣 林原耒井 蜩
春の夜の牡蠣小さくはしら大きくいみじ 久保田万太郎 草の丈
春風や牡蠣殻塚に花豌豆 島村元句集
時雨光る砂地松葉と牡蠣殼と 細見綾子
朝比奈も手負ふや牡蠣の門破 尾崎紅葉
朝霧にはやも生計の牡蠣筏 金箱戈止夫
朧夜や垣根に白き牡蠣の殻 寺田寅彦
木枯や牡蠣にまぎるゝ無縁墓 沢木欣一
本心を突かれて牡蠣の酢にむせぶ 山中宏子
来世など信ぜず牡蠣をすすりけり 八牧美喜子
松島の松の雫の小粒牡蠣 細見綾子
柚子絞り酢牡蠣ほたほた旬のもの 高澤良一 宿好 
橋に来て牡蠣舟もなし枯柳 雑草 長谷川零餘子
橙の灯いろしぼれり牡蠣の上 飴山實 少長集
機嫌よき口数減りぬ牡蠣は酢に 石川桂郎 四温
母病めば牡蠣に冷たき海の香す 野沢節子
比喩探しをればするんと牡蠣剥かる 秋元不死男
水底に死魚の骨揺れ牡蠣舟揺れ 桂信子 黄 瀬
汝が幸のあまりに薄し牡蠣を食はす 杉山岳陽 晩婚
沙魚釣や牡蠣田にほそき舟のみち 木津柳芽 白鷺抄
波暮れて牡蠣打小屋に灯の点る 藤井すみ子
泣き声ののち牡蠣小屋の灯りけり 戸塚時不知
洗ひたる牡蠣の白さをなほ洗ふ 花田春兆
浜名湖の女波ばかりや牡蠣割女 百合山羽公
浜庇今日ぞ汐干の牡蠣がら屋根 夕浦 選集「板東太郎」
海苔の繩牡蠣の鎖と海寒むや 百合山羽公 寒雁
渺々と海はありけり牡蠣割女 鈴木真砂女 夕螢
瀬戸の海に友あり呉れし牡蠣を食ぶ 及川貞 榧の實
灯をともし牡蠣舟さらに暗くなる 後藤立夫
焼牡蠣の香や柚子いろの日が沈む 大上 充子
燈の下に牡蠣喰ふ都遠く来て 源義
燈台は白くかなしき牡蠣の宿 佐々木有風
牡蠣*しびの松島空の日も匂ふ 河野南畦
牡蠣くうやその夜うすうすと人逝けり 赤尾兜子
牡蠣すすり己欺く一語かな 石田あき子 見舞籠
牡蠣すする師糸異なる同世代 関森勝夫
牡蠣そだつ静かに剛き湾の月 柴田白葉女 『冬泉』
牡蠣つつき生涯嫁ぐことなきか 菖蒲あや
牡蠣つゝき生涯嫁ぐことなきか 菖蒲あや 路 地
牡蠣といふなまめくものを啜りけり 上田五千石 風景
牡蠣にレモン滴らすある高さより 正木ゆう子
牡蠣に添ふ二つのみある銀フオーク 及川貞 榧の實
牡蠣に酢を注ぎあかるき地中海 佐川広治
牡蠣の口もし開かば月さし入らむ 加藤秋邨 怒濤
牡蠣の実の粒粒生ける盛り上り 誓子
牡蠣の宿青楼ちかく灯りけり 石原舟月 山鵲
牡蠣の岩戦後の殻を固めけり 萩原麦草 麦嵐
牡蠣の岩踏みつたひ来て隣り字 佐野まもる 海郷
牡蠣の殼打割れば潮匂ひたる 城戸春弥
牡蠣の水揺する目の玉落ちしかと 椎野美代子
牡蠣の海轉舵の泡が牡蠣さながら 三好潤子
牡蠣の磯七夕竹を挿せりける 下村槐太 光背
牡蠣の身にかわたれ時のありにけり 五島高資
牡蠣の酢に和解の心曇るなり 石田波郷
牡蠣の酢の濁るともなき曇りかな 高浜虚子
牡蠣はかる水の寒さや枡の中 高濱虚子
牡蠣むきの殼投げおとす音ばかり 中村汀女
牡蠣むきはいぶせきたつき唄もなく 国松ゆたか
牡蠣も一個われも一個の渚かな 大屋達治 龍宮
牡蠣よりは海苔をば老の売りもせで 松尾芭蕉
牡蠣よりも海鼠の黙ぞ深からむ 相生垣瓜人
牡蠣をむくまも夕汐が騒ぐなり 長谷川春草
牡蠣をむく手にも自信の広島女 稲畑広太郎
牡蠣をむく火に鴨川の嵐かな 高浜虚子
牡蠣を剥くをりをり女同士の目 加藤楸邨
牡蠣を剥く迅さの傷と諾へり 河野美奇
牡蠣を割る妻よゑくぼのいつ失せし 佐野まもる 海郷
牡蠣を割る方一尺の無言の座 水原 春郎
牡蠣を打つ岩と同じに死にたけれ 萩原麦草 麦嵐
牡蠣を打つ鐵刃濡れては鐵光り 中島斌男
牡蠣を揚げイエスが夫の尼僧らは 大木あまり 火のいろに
牡蠣を焼く火の輪の中の我妹子よ 原田喬
牡蠣フライ、ジョン・F・ケネディー忌であった 池田澄子
牡蠣フライひとの別れに隣りたる 加藤楸邨
牡蠣フライ食べ十二月八日かな 石川文子
牡蠣剥くは身ぐるみ剥ぐに似たりけり 瓜人
牡蠣剥くやたのしくもまた切なくも 大木あまり 火球
牡蠣剥くや洗ふや巌の夕汐に 石塚友二
牡蠣剥場海の星よりくらき灯を 掬池路
牡蠣剥女黄昏は児が慕ひ寄る 木村蕪城 寒泉
牡蠣割つて脛に傷もつ女かな 鈴木真砂女
牡蠣割の一隅はつと乳子泣くこゑ 橋本多佳子
牡蠣割の女の中の男かな 相島虚吼
牡蠣割るや舟着の板欠きしまゝ 百合山羽公 寒雁
牡蠣割る瞳牡蠣負ふ夫へ向けやさし 岸田稚魚
牡蠣割女かきは女体の青さもつ 日垣四月子
牡蠣割女にも確執のありにけり 的場松葉
牡蠣割女をとこの如き口きける 霞村
牡蠣割女貝の要を一撃す 品川鈴子
牡蠣咥へこれから喉の滑り台 高澤良一 寒暑 
牡蠣啜りしわ~笑ひ癒え難き 八木三日女 紅 茸
牡蠣啜るシャンデリア雨滴に変る 渋谷道
牡蠣啜る女いきいき為事多し 河野多希女 琴 恋
牡蠣好きの母なく妻と食ひをり 杉山岳陽 晩婚
牡蠣小屋の暗きに赤子目をひらき 岸田稚魚
牡蠣打たれ積まる爆音みなぎれり 中島斌男
牡蠣打ちし後あり~と潮満つる 森岡とも子
牡蠣打ちの妻の姿を遠まもる 佐野まもる 海郷
牡蠣打つや島に生れて島に嫁し 佐藤三男
牡蠣打つや舳の向きの島をかヘ 石川桂郎 高蘆
牡蠣打に日和の声をかけにけり 飴山實 辛酉小雪
牡蠣打の一人がかへり皆かへる 鶴田亜星
牡蠣打の時には剥身啜りては 坂本雅陵
牡蠣打女坐して濡れざるところなし 藤井亘
牡蠣打女灯台やがて灯るころ 田尻牧夫
牡蠣捌く木靴聴きをり買ふ列に 小池文子 巴里蕭条
牡蠣提げて夜の広島駅にあり 山崎ひさを
牡蠣提げて男の若き聖夜かな 小池文子 巴里蕭条
牡蠣棚に群れて夜を待つ鴎かも 村田眉丈
牡蠣殻のまじりたる飯軟し 阿波野青畝
牡蠣殻のように椅子積む餐のあと 渋谷道
牡蠣殻の山の月影日影積む 百合山羽公 寒雁
牡蠣殻の山空風と馴れ合ふよ 百合山羽公 寒雁
牡蠣殻の積まれし嵩や海光る 坂井建
牡蠣殻へしろがねの雨ふりにけり 吉田紫乃
牡蠣殻や海士の棄てたる蛸壷に 鶴夢
牡蠣殻や磯に久しき岩一つ 河東碧梧桐
牡蠣殻を照らすともなく出でし月 岸本尚毅 舜
牡蠣殼が光る鴉の散歩道 藤井亘
牡蠣殼に生身の牡蠣に霰過ぐ 中戸川朝人
牡蠣殼の山の月影日影積む 百合山羽公
牡蠣汁の頃は浪速も寒さかな 松瀬青々
牡蠣海鼠銭吊つて笊ゆれやまず 石川桂郎 高蘆
牡蠣生きる潮に月光わたりけり 柴田白葉女 遠い橋
牡蠣筏いのちはじまりいて光る 和知喜八 同齢
牡蠣筏しづかに梅雨の終りけり 大串 章
牡蠣筏其処に沈めて風青し 林原耒井 蜩
牡蠣筏水母みつめてたそがれぬ 佐野良太 樫
牡蠣筏淋しく見せて萩咲けり 堀口星眠 営巣期
牡蠣筏船路をしめす燈を掲ぐ 米澤吾亦紅
牡蠣筏雨に打たれて相倚れり 青陽人
牡蠣置けばかがやくリアス式海岸 櫂未知子 蒙古斑以後
牡蠣育つ大きな朝に出合ひけり 吉田紫乃
牡蠣舟に上げ潮暗く流れけり 杉田久女
牡蠣舟に天満の市の焚火見ゆ 後藤夜半 底紅
牡蠣舟に年惜しみけり太田川 冨田みのる
牡蠣舟に揺られごころの旅情かな 五十嵐播水 播水句集
牡蠣舟に波の明暗寄せ返す 稲畑汀子 汀子第二句集
牡蠣舟に流るゝ塵も夜なれや 宮部寸七翁
牡蠣舟に猶人目ある頭巾かな 塩谷華園
牡蠣舟に裏より見たる淀屋橋 三木由美
牡蠣舟に逢ふ約束の時来り 高濱年尾 年尾句集
牡蠣舟に雨宿りせり淀屋橋 冨田みのる
牡蠣舟のしづかなる灯の上の街 比奈夫
牡蠣舟の並んで氷る干潟かな 古白遺稿 藤野古白
牡蠣舟の六つの日除一つ破れ 高濱年尾 年尾句集
牡蠣舟の味噌の匂ひが酔誘ふ 星野椿
牡蠣舟の女の誰も安芸門徒 田中冬二 俳句拾遺
牡蠣舟の手摺すれすれ夜の汐 下村梅子
牡蠣舟の灯りゐ人気なき障子 後藤比奈夫 初心
牡蠣舟の舳をゆく月の芥かな 岸風三樓
牡蠣舟の首かしげたる小行燈 今泉貞鳳
牡蠣舟へ下りる客追ひ廓者 後藤夜半 翠黛
牡蠣舟やよべの小火の穢うちかづき 後藤夜半 翠黛
牡蠣舟や旅の難波の冬こもり 尾崎紅葉
牡蠣舟や芝居はねたる橋の音 島村元
牡蠣舟や障子細目に雪を見る 高橋淡路女 梶の葉
牡蠣舟を出るや牡蠣割既になし 五十嵐播水 播水句集
牡蠣船にもちこむわかればなしかな 久保田万太郎(1889-1963)
牡蠣船に商談移す夜の雨 大島民郎
牡蠣船に坐し地下鉄の工事音 右城暮石 上下
牡蠣船に大阪一の艶話かな 河東碧梧桐
牡蠣船に寄らずの水の関所なる 久米正雄 返り花
牡蠣船に寒江音なく流れけり 島村元句集
牡蠣船に居て大阪に来てゐたり 池内たけし
牡蠣船に屋号はありて船名なし 西島陽子朗
牡蠣船に暗き夜潮の匂ひかな 阿部美吉
牡蠣船に頭低めて這入りけり 温亭句集 篠原温亭
牡蠣船のこと大阪の頃のこと 阿陪青人
牡蠣船のもの捨てしめし障子かな 大橋櫻坡子 雨月
牡蠣船の上に橋あり夜空あり 中川蓬莱
牡蠣船の上や師走の橋の音 島村元句集
牡蠣船の前の中座の櫓かな 中村吉右衛門
牡蠣船の大繁昌や除夜の鐘 清原枴童 枴童句集
牡蠣船の小さき玄関灯りぬ 有本春潮
牡蠣船の少し傾げる座敷かな 日野草城
牡蠣船の提灯の雨ざらしなる 高浜年尾
牡蠣船の揺るゝと知らず酔ひにけり 吉田冬葉
牡蠣船の灯に坐りたる疲かな 清原枴童 枴童句集
牡蠣船の煙這ふ水や流れをる 瀧井孝作
牡蠣船の薄暗くなり船過ぐる 高浜虚子
牡蠣船の間取の中の奥座敷 山崎みのる
牡蠣船の障子や波をひからせて 角 光雄
牡蠣船へ下りる客追ひ廓者 後藤夜半
牡蠣船やまた一トくみの夫婦客 久保田万太郎 流寓抄
牡蠣船や原爆ドーム灯をもたず 延平いくと
牡蠣船や夜の雪堆く覚めてあり 山口誓子
牡蠣船や旅のつづきにゐる如く 山田弘子
牡蠣船や芝居はねたる橋の音 島村元句集
牡蠣船や静かに居れば波の音 日野草城
牡蠣船より凍てし大地へ渡りけり 島村元句集
牡蠣船を出しが灯らず別れけり 西山泊雲 泊雲句集
牡蠣船を揺らしてゐしは仲居らし 後藤立夫
牡蠣豆腐茶の間へ客の座を移す 及川貞 夕焼
牡蠣鍋に肝胆照らすこともなし 後藤比奈夫 花びら柚子
牡蠣鍋の滴惜しんで敗の民 石塚友二 光塵
牡蠣鍋の葱の切つ先そろひけり 水原秋桜子
牡蠣鍋や今宵は雪とうらなひて 水原秋櫻子
牡蠣鍋や狂はぬほどに暮しをり 大木あまり 雲の塔
牡蠣鍋や陰陽の水廻り来て 照子
牡蠣雑炊われら明治に育ちけり 余志子
牡蠣雑炊心通へる人と居て 佐藤絹子
牡蠣食うて男も白きのどをもつ 原裕 新治
牡蠣食うやテレビの像に線走る 田川飛旅子 花文字
牡蠣食つて漫才夫婦相対す 安住敦
牡蠣食ふて夜風にあたるダウンタウン 高澤良一 ぱらりとせ 
牡蠣食へば妻はさびしき顔と言ふ 杉山 岳陽
牡蠣食へり急ぐにあらずいそぎつつ 時彦
牡蠣食へり重たき肩を起しては 石田波郷
牡蠣飯のうらに浜名湖浪さむし 百合山羽公 故園
牡蠣飯やいつより夫を待たずなりし 大槻千佐
牡蠣飯を炊く古釜を磨きけり 岩崎富美子
牡蠣飯食ふ原爆の河流れたり 河上蘆筍
生きてゐる牡蠣その殻のざらざらに 山口誓子
生ま牡蠣に酢の冷たさの加はれる 右城暮石 上下
病めば見ゆ暗き潮にもまるる牡蠣 大串章
白南風や浮きそこねゐる牡蠣筏 八木林之介 青霞集
白菊や血のにじむまで牡蠣を剥く 小泉八重子
百千の牡蠣を割りたる刃のしづか 和田 祥子
矢印は下へと向きて牡蠣船へ 森田峠 逆瀬川
知命来るや牡蠣の食べ殻分厚しよ 奈良文夫
砂漠近き夜の仮の世の牡蠣すする 小池文子 巴里蕭条
破戒後の牡蠣をふくみて輝く目 赤松[けい]子 白毫
秋晴や島々つなぐ牡蠣筏 松本 進
秋風や牡蠣はがしたるあとの岩 鈴木真砂女 生簀籠
秘仏観て若狭の牡蠣の膳にあり 徳橋文室
種牡蠣を植うるひと日の曇かな 宮津昭彦
空色のゴム手袋や牡蠣を割る 松本みず代
給るは石花(牡蠣)にかしこしひねり文 服部嵐雪
老の手の乾く間もなく牡蠣を割る 堺 祥江
老懈は言はざることに牡蠣食へり 石塚友二
老懶は云はざることに牡蠣食ヘリ 石塚友二
考へをれば一等兵牡蠣を食ひ去る 石田波郷
耶蘇島のなべて無口の牡蠣割女 武藤壱州
舌に乗る酢牡蠣に重みありにけり 高澤良一 宿好 
船をつなぐ牡蠣のつきたる石燈籠 寺田寅彦
船底を牡蠣は妖しく繁殖てゆく 富澤赤黄男
荒海の牡蠣をはじけるごとく食ふ 平井照敏 天上大風
菊枯れて牡蠣捨ててある垣根かな 室生犀星 犀星發句集
葛の先牡蠣殻山へ及びけり 木村里風子
行く年や石にくひつく牡蠣の殼 正岡子規
街人の跫音ちかく牡蠣を割る 松村蒼石 寒鶯抄
西空透く夜は牡蠣雑炊ときめ 北原志満子
誘拐の記事の大きく牡蠣の殻 藺草慶子
走り牡蠣鬻ぐ女の祭髪 曲荳
部屋割も旅二日目の酢牡蠣から 中村汀女
酒に舌洗ひすすろひゐる酢牡蠣 上村占魚 『天上の宴』
酒気もなく牡蠣を焼く夜の母と子と 長谷川かな女 花寂び
酔いよゝ廻りて鍋の牡蠣固し 雑草 長谷川零餘子
酔ひ早む思ひどほりの酢牡蠣なり 高澤良一 宿好 
酢牡蠣とろりと星座より年のこゑ 龍太
酢牡蠣吸ふいまこのことのほか遠し 矢崎幸枝
酢牡蠣喰べけむりのごとき雨に遇ふ 鴻司
酢牡蠣塩梅実家の嬶座の代変り 菊池志乃
鉄橋の音牡蠣棚を轢断す 百合山羽公 寒雁
雑踏をゆく牡蠣提げし右手冷え 佐野美智
雨寒し牡蠣売れ残る魚の店 佐藤紅緑
雨足の見えて牡蠣船灯りけり 貞吉 直子
雪の上から踏む牡蠣殻や他郷ならず 木村蕪城 寒泉
雪解けず仮に棄て置く牡蠣の殻 殿村莵絲子 遠い橋
雲の上を雲光りゆく牡蠣筏 高樹旭子
電線の一本岐れ牡蠣舟へ 橋詰沙尋
青春の白歯の笑ひ牡蠣煮えつつ 榎本冬一郎 眼光
風花す牡蠣割の黙われの黙 川畑火川
風花や牡蠣船朝のふき掃除 清原枴童 枴童句集
鬚剃りて幼さもどる鰊漁夫 吉田牡蠣彦
橋脚にへばりつく牡蠣歳晩へ  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

青畝忌

青畝忌

例句を挙げる。

お姿に似る甲山青畝の忌 森田峠
樅の木の伐り口にほふ青畝の忌 加藤三七子
焚くほどもなき萩黄葉青畝の忌 小路智壽子
跪く我は異教徒青畝の忌 平田冬か
青畝忌のミサに虔しみ仏徒我 吉波泡生
青畝忌の句碑守る尼と語りけり 清水早春
青畝忌の街に聖歌の流れけり 由木みのる
青畝忌や語録ふたたび三たび読む 土山紫牛
須く長生すべし青畝の忌 中村一志
尽寺に小人数なる万両忌 森田峠
万両忌生家の庭は如何ならむ 牧田礼奈
青畝迎へ俳人協会黄泉路支部  高澤良一  さざなみやつこ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

柚子湯

柚子湯

例句を挙げる。

あたたまり浮ぶほかなき柚子湯の柚子 井上郁夫
いつさいを柚子湯に沈め生家なり 辻美奈子
うちふして柚子湯の匂ひひろがりぬ 仙田洋子 雲は王冠
うつうつと柚子湯に眉の溶けにけり 殿村莵絲子 花寂び 以後
ししむらの淋しくなりし柚子湯かな 井上土筆
たどりつく思ひのありて柚子湯かな 北村仁子
ちちははの慰めあひし柚子湯かな 廣瀬直人
ちよんとつく柚子湯の柚子をちよんとつき 川崎展宏 冬
とっぷりと柚子湯につかる風の音 林 民子
なつかしや柚子湯は熱く青文身 石川桂郎 含羞
ひと年のつかれとおもふ柚子湯かな 成瀬桜桃子 風色
ふぞろひの柚子のたのしき柚子湯かな 仙田洋子 雲は王冠
ほのぼのと母の首ある柚子湯かな 保坂春苺
むつかしい一日が暮れ柚子湯の柚子 桂信子 黄 瀬
よき眠り給へ柚子湯の香を夜具に 杉本寛
をみなごのひとりあそべる柚子湯かな 川崎展宏
タイルを目盛ひとりの柚子湯溢れしめず 鈴木栄子
一人あがり柚子湯のにごり熱さ増す 中戸川朝人 残心
一族郎党が沈んでゐる柚子湯かな 八木忠栄
三従の身を深々と柚子湯かな 加藤安希子
三更の月天心に柚子湯かな 太田光子
五六日半鐘きかぬ柚子湯かな 増田龍雨 龍雨句集
創痕の臍にて止まる柚子湯かな 萩野をさむ
勉強のわが少年に柚子湯の香 細川加賀
古びゆくいのち柚子湯に沈めをり 杉山 岳陽
吾子はみな柚子湯の柚子を胸に抱き 山口青邨
四十の肉やはらかき柚子湯かな 黒田杏子 一木一草
天上の湯浴みをここに柚子湯かな 渡辺恭子
夫の恩人の恩柚子湯勿体なし 殿村菟絲子 『旅雁』
夫焚いてくれし柚子湯を惜しみなく 仙田洋子 雲は王冠
女工たち声あげ入りて柚子湯たり 菖蒲あや
妙案の浮かべるごとく柚子湯の柚 高澤良一 宿好 
妻の入る柚子湯さめしやと章や焚く 清水基吉 寒蕭々
子が蹠膝にふわりと柚子湯の香 林原耒井 蜩
子の夫婦とまらす柚子湯繰りあげて 篠田悌二郎
子の忘れし乳房漂ふ柚子湯かな 丹間美智子
子育てし乳房柚子湯にいとしむも 吉野義子
存念やこの身大事と柚子湯して 宇多喜代子 象
手離さむ我が家柚子湯を溢れしめ 楡井 秀孝
旅どまり柚子湯に入れて貰ひけり 小澤碧童 碧童句集
旅はもう叶はぬ母に柚子湯立て 樹生和子
旅ひとつきまりてはずむ柚子湯かな 石田あき子 見舞籠
星辰のことふと思ふ柚子湯かな 仙田洋子 雲は王冠
果て近き旅を柚子湯にひたりけり 金尾梅の門 古志の歌
柚子の里いづこも真昼柚子湯わき 古賀まり子 緑の野以後
柚子湯あふれしめもう父と入らぬ子 増賀美恵子
柚子湯して「石版東京図絵」と決む 永井龍男
柚子湯してあしたのあしたおもふかな 黒田杏子 木の椅子
柚子湯してぬくもる嬰を皿秤 佐藤美恵子
柚子湯してよき転職の一日目 都筑智子
柚子湯して五欲も淡くなりしかな 小林康治
柚子湯して厨に残す柚子ひとつ 明比ゆき子
柚子湯して命の末の見ゆるかな 小林康治
柚子湯して妻とあそべるおもひかな 石川桂郎(1909-75)
柚子湯して柚子とあそべる独りかな 及川貞
柚子湯して柚子より軽く浮ける身の 高澤良一 宿好 
柚子湯して髪ゆたかなる山乙女 有泉七種
柚子湯です出て来る客に這入る客 川崎展宏
柚子湯の煙あがるや家の内 前田普羅
柚子湯ほのぼのと牛啼く声聞ゆ 松村多美
柚子湯もう握り潰してありし柚子 岩田由美
柚子湯より出すずつしりと子の重さ 今瀬剛一
柚子湯出し子は母までの水脈ひいて 今瀬剛一
柚子湯出し素顔のままに長電話 西村和子 夏帽子
柚子湯出てこの世ほのぼの妻子あり 新明紫明
柚子湯出てまた人の世のひとりなり 梅澤よ志子
柚子湯出て夫の遺影の前通る 岡本眸
柚子湯出て妻のクリーム少し塗る 雨宮昌吉
柚子湯出て家居のあかり減らしゆく 岩淵喜代子 朝の椅子
柚子湯出て家族の中に戻りけり 藺草慶子
柚子湯出て山姥のごと横坐り 大木あまり
柚子湯出て慈母観音のごとく立つ 上田五千石(1933-97)
柚子湯出て枯山の日に歩きけり 石原舟月
柚子湯出て櫛目の深き妻の髪 岡田 貞峰
柚子湯出て蹠に荒き畳の目 菖蒲あや
柚子湯出ですぐに眠しやネルを着て 岸風三樓
柚子湯沁む無数の傷のあるごとく 岡本眸(1928-)
柚子湯流せば日本に星いつぱい 今瀬剛一
柚子湯淡しまた後れたるひとりにて 小林康治
武蔵野や柚子湯を貰ふ宵ながら 石川桂郎 含羞
残る日の柚子湯がわけばすぐ失せぬ 水原秋櫻子
母にちかづくことの柚子湯をわかしをり 野澤節子 『駿河蘭』
沈めたり浮せたりして柚子湯かな 今橋浩一
独り身の客に柚子湯をすすめけり 白岩 三郎
生き延びて柚子湯を華と溢れしむ 菱田好穂
生まれ出るごとくに柚子湯上がりけり 高橋悦男
生涯の女書生や柚子湯して 黒田杏子 一木一草
痩せこけて肩の骨立つ柚子湯哉 瀧井孝作
白々と女沈める柚子湯かな 日野草城
窓すこし開けて柚子湯の湯気逃がす 片山由美子 天弓
胸の灯を点す柚子湯となりしかな 小林康治 『存念』
足るを知る身のしあはせの柚子湯かな 石井紅洋
躬ひとつを入れて柚子湯を溢れしむ 平間真木子
追はれゐるいのちたゆたふ柚子湯かな 文挟夫佐恵
遅き子に柚子湯の柚子を一つ足す 船坂ちか子
金星と月を左右に柚子湯かな 橋本薫
金溜まることに縁なき柚子湯かな 鈴木真砂女 夕螢
雨やがて霧となりたる柚子湯かな 鈴木しげを
雨音やひとりの柚子湯愉しめば 安田 晃子
香の深き柚子湯や年のけぢめとす 加藤知世子 花 季
魚のごとく啼きぬ柚子湯の柚子押せば 岡崎光魚
とくとくと血は巡るかな冬至風呂 中村苑子
シャンプーの壜のももいろ冬至湯に 高澤良一 随笑 
一升星硝子戸越しに冬至風呂 田中冬二 若葉雨
二人には煮つまりすぎし冬至風呂 武田和郎
今更に母の手細し冬至風呂 古賀まり子 緑の野以後
傘もちてささで戻りぬ冬至風呂 宮武寒々 朱卓
冬至湯に乳房の谷を深くして 金久美智子
冬至湯に絆創膏も浸りゐて 高澤良一 宿好 
冬至湯の柚子と浮沈の子がふたり 野中 亮介
冬至湯の湯気まうまうを纏ひ出づ 高澤良一 随笑 
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 新訂普羅句集
冬至風呂せめてゆつくり入りけり 小川竜雄
冬至風呂上面うめたぐらいでは 高澤良一 随笑 
剃刃の傷あとうづく冬至風呂 河野南畦 湖の森
十年の宿痾の癒えし冬至風呂 池田博子
念願のセンサーにして冬至風呂 白鳥順子
手術痕改め入る冬至風呂 高澤良一 随笑 
歳月を浮かべ沈めて冬至風呂 佐々木早月
熱き湯に痒み覚えぬ冬至風呂 高澤良一 随笑 
現身をもて冬至湯を溢れしむ 松岡ひでたか
竹くべし音すさまじき冬至風呂 前田普羅
若き日の火筒暮しや冬至風呂 柴田保人
釜茹でを承知の上の冬至風呂 高澤良一 寒暑 
あそび女の柚子風呂に音立てずゐる 鷲谷七菜子
まひるまの柚子風呂たててくれにけり ふけとしこ 鎌の刃
庭掃除すませ今宵は柚子風呂に 大原雅尾
柚子風呂にひたす五体の蝶番 川崎展宏
柚子風呂に一生を経しごとくあり 蒔田光耕
柚子風呂に吾が胸いだく愛すごと 菖蒲あや 路 地
柚子風呂に妻をりて音小止みなし 飴山實 少長集
柚子風呂に浸す五体の蝶番 川崎展宏
柚子風呂に聖痕のなき胸ひたす 有馬朗人(1930-)
柚子風呂に離れ住む子を思ひけり 藤原照子
柚子風呂のあとみごもりの深睡り 仙田洋子 雲は王冠
柚子風呂の柚子が赤子に蹴られけり 神原栄二
柚子風呂の重たき柚子となり泛ぶ 田中一荷水
柚子風呂や寄り来る柚子を突き返し 岩田由美 夏安
柚子風呂を母在りし日のごと沸す 栗原米作
かさつける五體にじんわり冬至の湯 高澤良一 宿好 
ほどほどに身の枷とれて冬至の湯 長谷川史郊
下履きをバタンと冬至の湯屋を出づ 高澤良一 随笑 
二千年来るともかくも冬至の湯 北見さとる
燈台に波あがる見て冬至の湯 針呆介
臍ひとつしみじみとあり冬至の湯 角川春樹
手に足に掛け湯じんじん冬至風呂  高澤良一  石鏡
柚湯の柚鎖骨の辺りに寄り着きて  高澤良一  石鏡
こすりてもおちぬ柚の煤冬至風呂  高澤良一  石鏡
杉田湯の槽(ふね)の柚の数半端でなし  高澤良一  暮津
冬至湯の柚子にこゑかけ上りけり  高澤良一  暮津
冬至湯にざぶと一物沈めけり  高澤良一  暮津
冬至湯の湯気まうまうを纏ひ出づ  高澤良一  随笑

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬至

冬至

例句を挙げる。

あたたかき雨の降りたる冬至かな 俊朱
あつものに南瓜の混る冬至かな 島村元句集
あやまたず沈む冬至の日を見たり 後藤夜半(1895-1976)
いづくにか在りたる冬至南瓜切る 皆吉爽雨
うすらひに散る葉もあらぬ冬至かな 増田龍雨 龍雨句集
うぶけ屋に冬至の毛抜もとめけり 龍岡晋
おもしろいほどウンコでる冬至です 隅 治人
かさつける五體にじんわり冬至の湯 高澤良一 宿好 
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
かち割りて冬至南瓜の鬱金かな 小林京子
かれがれに虫きこゆ冬至十日前 佐野良太 樫
かんばしき薬のみたる冬至かな 増田龍雨 龍雨句集
けふ冬至餘生こたびはいかならむ 水原秋櫻子
さむざむと日輪あそぶ冬至かな 飯田蛇笏 春蘭
しかと見る冬至をきのふなる夕日 皆吉爽雨 泉声
すれ違ふ太陽と月冬至かな 和田耕三郎
たつぷりと盛られし冬至南瓜かな 八木林之介 青霞集
てんたうむしだましが死んで冬至かな 斉藤夏風
とつときの冬至南瓜の据りかな 吉岡葉家子
どうらんの堅さ冬至の楽屋かな 小沢昭一
なにもかも晴れて冬至の火消壺 大木あまり 火球
なりゆきの顔のままなる冬至かな 小島千架子
へつついに冬至の柚子がのつてをる 富安風生
ほどほどに身の枷とれて冬至の湯 長谷川史郊
ほろほろと石に日の射す冬至かな 有働 亨
またがつて遊ぶは冬至南瓜かな 岸本尚毅 舜
まだ母に冬至南瓜を切る力 大庭星樹
ももいろの体湯の中冬至前 金田咲子 全身 以後
ややゆらぐいのちとなりて冬至の日 和知喜八
よそながら冬至と聞くや草の庵 黒柳召波 春泥句集
わらしべで冬至の靨括りたし 橋石 和栲
シャンプーの壜のももいろ冬至湯に 高澤良一 随笑 
ビル陰の深きを行くも冬至かな 田淵定人
一と袋山梔子摘みし冬至哉 小澤碧童 碧童句集
一本三百円「愛」に欠伸の出る冬至 櫂未知子 貴族
下履きをバタンと冬至の湯屋を出づ 高澤良一 随笑 
不揃ひの冬至蒟蒻坊泊り 澤田緑生
二千年来るともかくも冬至の湯 北見さとる
人が出し門の夜寒は冬至かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
人やしる冬至の前のとし忘 素堂
人去つて冬至の夕日樹に煙り 桂信子 花寂び 以後
仏壇に水仙活けし冬至かな 高浜虚子
仏壇の菓子うつくしき冬至かな 正岡子規
何の香ぞ冬至の坂を下りくるに 星野麦丘人
作業場にこけし材着く冬至かな 田中好子
倫敦の声なりし人帰国して冬至 長谷川かな女 花 季
六波羅へぼたん見にゆく冬至かな 飯田蛇笏 山廬集
冬至とてなすこともなく日暮れけり 石川桂郎 高蘆
冬至とて南瓜嫌ひも食はさるる 下村ひろし
冬至とて男にやどる力かな 松瀬青々
冬至とは影を忘れし形なり 村木佐紀夫
冬至にも見ざりし夏至の暗さなり 相生垣瓜人 微茫集
冬至にも除目にも来し蘆辺なり 相生垣瓜人 微茫集
冬至の日きれい植木屋木の上に 山口青邨
冬至の日しみじみ親し膝に来る 富安風生
冬至の日沼に入つてしまひたる 石井とし夫
冬至の日炎上つくしたれば落つ 井沢正江 晩蝉
冬至の日縞あるごとくゆれにけり 阿波野青畝
冬至の日追ひて二階に母在ます 橋本榮治 麦生
冬至の月遮断機をいま越えにけり 吉田紫乃
冬至はや漲りのかほ戸口より 中田剛 竟日
冬至までひと日ひと日の日暮かな 草間時彦
冬至まで柚子おろそかにまろびをり 馬場移公子
冬至より夜の鳥籠に布二重 皆吉爽雨
冬至より来たるもいまだ雪の空 立花北枝
冬至十日まへの陽のさす兎小屋 猪俣千代子 秘 色
冬至南瓜しくりと割れば妻の国 松本旭
冬至南瓜とろりと甘し齢延ぶ 高橋利雄
冬至南瓜われも抱かせてもらひけり 原田喬
冬至南瓜切らるるまでの不逞かな 池田秀水
冬至南瓜戦中戦後鮮烈に 田中和子
冬至南瓜食ひ迷信に弱きボス 川村紫陽
冬至南瓜鳩尾あたりくぐりけり 東 竹を
冬至夏至けふは夏至なる月日かな 及川貞
冬至守る一穂の灯の納戸神 小原菁々子
冬至柚子三つ四つ今のゆとりかな 殿村莵絲子 雨 月
冬至柚子使ひ忘れて月日失す 高垣美恵子
冬至湯に絆創膏も浸りゐて 高澤良一 宿好 
冬至湯の柚子と浮沈の子がふたり 野中 亮介
冬至湯の湯気まうまうを纏ひ出づ 高澤良一 随笑 
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 新訂普羅句集
冬至粥すすりて一家すこやかに 島津友之助
冬至粥ふつふつ煮えて帰り待つ 渡辺 竹子
冬至粥御酒をたらして炊きにけり 上村占魚 『方眼』
冬至粥粥のぬくみは仏まで 恒富柊一郎
冬至粥身ぬちを馬車の通り過ぐ 栗林千津
冬至芽の此処をと盆栽菊談義 高澤良一 燕音 
冬至黎明す木の下ずつとある隈笹 安斎櫻[カイ]子
冬茜さして冬至のうかびけり 福田甲子雄
出づる我に芋焼いて居ぬ冬至の子 長谷川かな女 雨 月
刃を当てられ冬至南瓜の力むなり 檜 紀代
切火まづ大南瓜より冬至寺 赤坂邦子
句を詠んで笑はむための冬至粥 石原八束 『仮幻』以後
吉原のやらずの雨の冬至かな 今泉貞鳳
味噌の樽ころがり着ける冬至かな 長谷川かな女 牡 丹
味噌蔵の奥から昏るる冬至かな 菊地孜乃
咳きの身のくらやみを冬至かな 山上樹実雄
喝食の面打ち終へし冬至かな 高浜虚子
四まいの障子いつぱい冬至の日 長谷川素逝 暦日
在りて見えぬ月の軌道や冬至の夜 下村ひろし 西陲集
地の下に雷を感ずる冬至かな 松瀬青々
坂一つ越え冬至村あたらしき 萩原麦草 麦嵐
塩ふつて冬至禊の火を鎮む 森田公司
声高に冬至の山を出できたり 鈴木六林男
夕月の欅をのぼる冬至かな 角川春樹
夕風の谷戸かくれなき冬至かな 石川桂郎 四温
大灘や冬至の入日吸ひ伸ばし 射場秀太郎
大護摩を焚いて冬至を逝かすなり 佐藤一樹
天文の博士ほのめりく冬至かな 黒柳召波 春泥句集
天皇家の漫画たのしき冬至の夜 長谷川かな女 花 季
妻の夢みな叶はざり冬至の夜 瀧春一 菜園
姉逝きて冬至南瓜の残されし 木下和香子
子の臀を掌に受け沈む冬至の湯 田川飛旅子 花文字
子午線の上に今あり冬至の日 高野素十
定年の人に会ひたる冬至かな 高橋順子
小さきを選び冬至のカボチャ買ふ 戸田冨美子
小屋牛に干菜を食はす冬至かな 森澄雄
小蛙を銜へ百舌鳥来し冬至かな 堀口星眠 営巣期
山國の虚空日わたる冬至かな 飯田蛇笏
山寺の僧が冬至の柚子をくれ 高浜年尾
山茶花の花の末なる冬至かな 小澤碧童 碧童句集
帆もなくて冬至の海の日影かな 飯田蛇笏 霊芝
帰宅せし部屋に冬至の暗さかな 稲畑広太郎
干柿につく鳥逐へる冬至かな 中島月笠 月笠句集
年長者の額に日当たる冬至句座 寺井谷子
庭稲荷にも手向けある冬至粥 藤田美乗
庭空を車輪がけりよ冬至の日 井沢正江 以後
弦月のかかる冬至の家路かな 川口利夫
慈姑掘手を泥にして冬至かな 小澤碧童 碧童句集
撩乱のこころひとつにひきしぼり冬至ゆふべの菊坂くだる 小中英之
教はりて若妻の買ふ冬至柚子 阪口良子
斑鳩や冬至といへど藁塚月夜 角川春樹 夢殿
新右衛門蛇足を誘ふ冬至哉 蕪村
日が近くありて冬至の葎(むぐら)刈る 藤田あけ烏 赤松
日のうちに靄の野となる冬至かな 井沢正江 火襷
日のみくら機影のわたる冬至かな 飯田蛇笏 雪峡
日の筋の埃しづかに冬至かな 松瀬青々
日は午後に冬至の空のさゝ濁り 石塚友二
早発の六時は暗し冬至かな 稲畑汀子
星々の磨きぬかれし冬至かな 仙田洋子 雲は王冠
晝の間は雨に過ぎたる冬至かな 八木林之介 青霞集
智慧熱に熟柿たまはる冬至かな 塚本邦雄 甘露
暖かに冬至の宵を小買もの 星野立子
書庫守の茶碗からびて冬至かな 岩田昌寿 地の塩
書記典主(でんす)故園に遊ぶ冬至哉 與謝蕪村
朝やけと夕雨のみに冬至の日 赤松[けい]子 白毫
木曾の子に犬のつきゆく冬至かな 大峯あきら 鳥道
本送る底荷の冬至南瓜かな 黒田杏子
松の葉が刻む朝日も冬至かな 林 翔
枇杷の木に枇杷の花咲く冬至なる 北原白秋
柿の骨冬至の酒となりにけり 小林康治 玄霜
椅子の背に冬至日暮の日が斜め 高澤良一 素抱 
檻の獣みな温和しき冬至かな 原田青児
母在りき冬至もつとも輝きて 三橋鷹女
水ふくみて鶴日を仰ぐ冬至かな 渡邊水巴 富士
汽笛はるか河口に冬至の陽の翳り 大和洋正
沢庵の石油くさき冬至かな 会津八一
沼統べて冬至の落暉赤かりし 石井とし夫
浜風に小枝の揺るる冬至かな 山崎道子
浴槽の柚子の奢りも冬至かな 菅原師竹句集
海の日のありありしづむ冬至かな 久保田万太郎 流寓抄
海よりも背山親しき冬至粥 鍵和田[ゆう]子
海より出て冬至の虹の弾ね強し 菅八万雄
消防車全燈点す冬至かな 田中芥子
清廉に生き来し自負や冬至粥 伊東宏晃
湯を浴みて妻もようやく冬至顔 高澤良一 随笑 
炉辺に食む冬至の南瓜木曾に来し 羽部洞然
無為にゐて冬至の日かげ惜みけり 高田蝶衣
燃えてゐし冬至の夕日すぐ消えし 富田巨鹿
燈台に波あがる見て冬至の湯 針呆介
牛にやる冬至かぼちやを押切に きくちつねこ
物ごころつきて冬至のおだやかさ 後藤夜半 底紅
物干の影に測りし冬至かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
犬の眼に冬至の赤い日が二つ 川崎展宏
猪肉を煮る味噌焦げて冬至なり 細見綾子 黄 炎
玲瓏とわが町わたる冬至の日 深見けん二
現身をもて冬至湯を溢れしむ 松岡ひでたか
甘藍の畑に過ごす冬至かな 岩田由美
田に下りて鴉鳴き出す冬至粥 黒木 野雨
疎かりし隣に遊ぶ冬至かな 乙字俳句集 大須賀乙字
病食に冬至南瓜のゆたかなり 吉澤卯一
百姓に浴ほどこす冬至かな 黒柳召波 春泥句集
磧湯に馬を入れやる冬至かな 野村喜舟 小石川
禅院の子も菓子貰ふ冬至かな 黒柳召波 春泥句集
空海の夢に色ある冬至かな 橋石 和栲
窪谷へ木立の透ける冬至かな 八木林之介 青霞集
立ちどまり顔を上げたる冬至かな 草間時彦
童女われに拾ひてくれぬ冬至柚子 石田あき子 見舞籠
納骨の済みて冬至の細き月 山田閏子
経師屋の来てゐる寺の冬至かな 田中日沙子
結界の中にもゐるや冬至の子 岸本尚毅 舜
絨毯の山水渉る冬至の日 原田青児
美しき日和続きに冬至かな 八木林之介 青霞集
老いの手を見せ合うてゐる冬至空 飯田龍太
職人の早仕舞せし冬至かな 山崎一角
胸にぬくし森が支ふる冬至の日 黒木 野雨
臍ひとつしみじみとあり冬至の湯 角川春樹
良弁忌過ぎて戻れば冬至あり 阿波野青畝
芋少し煮えて冬至を祝ひけり 長谷川かな女 雨 月
茄子胡瓜トマトも売られ冬至とは 岡本まち子
荷休めの牛の背を干す冬至かな 乙字俳句集 大須賀乙字
菜園に清輝をあぶる冬至かな 高田蝶衣
葉蘭打ち冬至を明日の夜の雨 高澤良一 随笑 
蒟蒻を逃がす庖丁冬至妻 長谷川かな女 花 季
裏山に風募りくる冬至粥 栗原政子
西吹いて朝富士臨む冬至かな 小澤碧童 碧童句集
諍ひて一日遅れの冬至粥 咲間 匡
貧乏な儒者訪ひ來ぬる冬至哉 蕪村遺稿 冬
足湯ひとりの足あそばする冬至かな 村越化石 山國抄
農冬至男水禍の土砂を踏み嘆かふ 西本一都 景色
遠き灯も近き灯もつき冬至かな 金原秋水子
野ゝ中に土御門家や冬至の日 炭 太祇 太祇句選
釣鐘冬至の陽があたつてゐる 人間を彫る 大橋裸木
錦繍にまみれ雛師の冬至粥 中村金鈴
門を出でゝ数歩にしてかへる冬至かな 高田蝶衣
門前の小家もあそぶ冬至哉 野沢凡兆(?-1714)
陰陽師歩にとられ行冬至哉 炭 太祇 太祇句選
隠れ耶蘇縁辺集ひ守る冬至 小原菁々子
雉子飛んで端山雪なき冬至かな 菅原師竹句集
雨ながら朔旦冬至ただならね 黒柳召波 春泥句集
頬杖を解く冬至粥食はんため 佐藤鬼房 鳥食
風日々に冬至となりし日の黄なり 臼田亞浪 定本亜浪句集
風邪の子に忙しく暮れし冬至かな 高野素十
風雲の少しく遊ぶ冬至かな 石田波郷
食べられるもの少し食べ冬至かな 岸本尚毅 舜
食作法おごそかにして冬至粥 森 白象
飯喰ふて暇にしてみる冬至哉 炭 太祇 太祇句選後篇
飾りおく冬至の南瓜今は切る 山口青邨
餡届き南瓜の届き冬至かな 川原道程
鳶の声あびて冬至の熱帯樹 飯田龍太
鴬のうしろ影見し冬至哉 高井几董
鶲とぶ冬至の雨に湖透きぬ 長谷川双魚 風形
黒板の文字大きくて冬至なり 都筑智子
妙案の浮かべるごとく柚子湯の柚  高澤良一  宿好
柚子湯して柚子より軽く浮ける身の  高澤良一  宿好
冬至風呂上面うめたぐらいでは  高澤良一  随笑
手に足に掛け湯じんじん冬至風呂  高澤良一  石鏡
柚湯の柚鎖骨の辺りに寄り着きて  高澤良一  石鏡
こすりてもおちぬ柚の煤冬至風呂  高澤良一  石鏡
杉田湯の槽(ふね)の柚の数半端でなし  高澤良一  暮津
冬至湯の柚子にこゑかけ上りけり  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:26 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬霞

冬霞

例句を挙げる。

いまありし夕日の跡の冬霞 野澤節子 黄 瀬
かるがると嘘の身をゆく冬霞 橋石 和栲
くろぐろと富士は宙吊り冬霞 横山白虹
さまざまな癌の鎮める冬霞 齋藤玄 『無畔』
すこし濡らして斧に巻く縄冬霞 能村登四郎 民話
たましいとおしっこふゆる冬霞 永末恵子 留守
どこへでも師と歩きたし冬霞 岩崎照子
どの木にも南がありて冬がすみ 栗生純夫 科野路
ねんねこから片手でてゐる冬霞 飯島晴子(1921-2000)
はるかにもをろがむ墓の冬霞 西島麦南 人音
ひと過ぎて硝煙に似る冬がすみ 間庭とよ子
まどかなる神のみ山の冬霞 経谷 一二三
めいめいの身裡にたまる冬霞 宗田安正
やがてわが炊煙も出て冬霞 山口誓子
クレーンがキリンに見えて冬霞 西村和子 かりそめならず
マネキンを目白へ運び冬霞 山本鬼之助
一烏翔つて地蔵のゆらぐ冬がすみ 河野多希女
万博の工事半ばの冬霞 満田玲子
三軒のすこし離るる冬がすみ 鎌倉佐弓
九十九里弧をやはらかに冬霞 川越民子
二月堂も三月堂も冬霞 田中冬二 冬霞
冬がすみ山平凡につづくかな 阿部みどり女
冬がすみ日月ところ得て泛けり 新谷ひろし
冬がすみ草加次郎も老いにけむ 筑紫磐井 花鳥諷詠
冬がすみ陶の小鳥を窓に置き 櫛原希伊子
冬霞して千本のさくらの木 今井杏太郎
冬霞して昆陽(こや)の池ありとのみ 高浜虚子
冬霞ひと死んで海静かなり 平野卍
冬霞わが住む町も浮くがよし 林 壮俊
冬霞一日垣を結ひをりし 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
冬霞三つ葉に花を見つけたり 渡辺水巴
冬霞人の面輪を上品に 星野立子
冬霞人美しくゆききする 星野立子
冬霞古都の山なみ低かりし 稲畑汀子
冬霞山はおのれの木を忘じ 長谷川双魚
冬霞濃くて煤降る丸の内 菅裸馬
冬霞眉山は眉をうすうしぬ 鈴木栄子
冬霞若狭の国を覆ひけり 桂 信子
冬霞茶の木畑に出てみれば 富安風生
冬霞被てまろみたる島の松 野沢節子
冬霞都市の輪郭和げる 稲畑廣太郎
切れ凧が身をすぼめゆく冬がすみ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
勾玉の寝息がまじる冬霞 平松彌榮子
大仏は猫背におはす冬霞 大橋越央子
大原や日もすがらなる冬霞 小塙徳女
大和植物志の野山冬霞 高繁泰治郎
娶らざりし女人いくたり冬霞 塚本邦雄 甘露
子のうたを父が濁しぬ冬霞 原裕 青垣
富士ふゞき栂落葉松は冬霞 渡邊水巴 富士
寺下に母を待たせて冬がすみ 竜口幸子
嵐山の木の間~や冬霞 西山泊雲 泊雲句集
工場の塀の間の冬霞 京極杞陽 くくたち上巻
平遠に多摩の横山冬がすみ 滝井孝作 浮寝鳥
幼子を預る一ト日冬霞 関口栄子
当今(たうぎん)の昔赤子や冬霞 三橋敏雄 畳の上
旅館のみ松立てゝ部落冬霞 渡邊水巴 富士
時雨よし冬霞よし漱石忌 尾崎迷堂 孤輪
松島の人住む島の冬がすみ 山口青邨
棟上げて二三里さきの冬がすみ 鳥井信行
母遠し卯辰の山の冬霞 澤木欣一
水戀ふは母戀ひなりし冬霞 高橋睦郎(1937-)
江の島が鯨に見ゆる冬霞 宮脇白夜
父の拳はいつも藁いろ冬霞 栗林千津
父祖よりの山にかかりて冬霞 相磯すず江
生きもののすれ違ふ眼や冬霞 桂信子 黄 瀬
生も死も渺茫たるや冬がすみ 中村苑子
生米の奥は千里の冬霞 橋石 和栲
田の中に帆の上る川や冬霞 冬葉第一句集 吉田冬葉
町の名の浦ばかりなり冬霞 古賀まり子 緑の野以後
異国めく湾岸道路冬霞 塙 きく
白髪の人が山から冬がすみ 鷲谷七菜子 花寂び
矢狭間よりビルの林立冬霞 小林迪子
竿頭さらに百尺の冬霞かな 橋石 和栲
筑紫野のつきなむとして冬霞 小林康治 四季貧窮
舟に居て松の手入や冬霞 渡邊水巴 富士
草の根の上で足踏み冬霞 中田剛 珠樹以後
葡萄山ひとひとり入り冬霞 多納有紀
蒲生野のうすむらさきの冬霞 伊藤いと子
行く方の空に棚引く冬霞 高木晴子
記念館待たるる故郷冬霞 稲畑廣太郎
赤城黒檜背に坂東の冬霞 石塚友二 方寸虚実
遠しとは常世か黄泉か冬霞 中村苑子(1913-2001)
酬恩庵冬がすみ濃き京の方 田中英子
閃光をちりばめて曳く冬霞 石原八束 黒凍みの道
雨止みて尾鈴の山の冬霞 三好 菊枝
頂上や海ひとひらの冬霞 玖保律子
風呂敷のとけ易きかな冬霞 青野三重子
鶏のひよんひよん出づる冬霞 松澤昭 宅居
鼻にゆく手の淋しさよ冬霞 桑原三郎 花表
夜がとざす人の晩年寒霞 戸村羅生
寒霞からまつ林に来てたまる 三宅七采
寒霞波上の星にはなれけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
街の灯に一重の冬の霞かな 京極杞陽 くくたち下巻
篁ににじみて冬の霞かな 草間時彦 櫻山
小田原の海も見ゆべき野の末に午後濃くなりぬ冬の霞は 松村英一

以上
by 575fudemakase | 2014-12-22 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング