2014年 12月 23日 ( 12 )

冬夕焼

冬夕焼

例句を挙げる。

きちきちと冬夕焼に家縮む 川口重美
どの扉にも冬夕焼の精神科 鍛冶みつ
どやどやの極楽門に冬夕焼 田中英子
まだ知らぬ森のうらがわ冬夕焼 信濃小雪
むつかしき辭表の辭の字冬夕焼 富安風生(1885-1979)
むらさきの冬夕焼を掌にすくふ 古舘曹人
もう何も見えない沖の冬夕焼 井桁白陶
ゆくりなく冬夕焼の尾をつかむ 櫂未知子 蒙古斑
ワッと声あげて泣きたし冬夕焼 土屋ゆき
何思ふとなく冬夕焼の坂の上 木下夕爾
冬夕焼くちびる乾くまで見つむ 鎌倉佐弓 潤
冬夕焼けと老との間の傘寿かな 今泉宇涯
冬夕焼さらに淡くて水にあり 林翔 和紙
冬夕焼しづかに汐のいろ変へぬ 今井杏太郎
冬夕焼ときには金の馬車を駆り 吉本和子
冬夕焼もう十字架を負ふ齢 小林康治
冬夕焼わが失ひし血のごとく 木下夕爾
冬夕焼をいま記憶する赤ん坊 中村明子
冬夕焼タイムカードを食べてゐる 郡山やゑ子
冬夕焼ネオンがさきに夜創る 長岐靖朗
冬夕焼人をあやむるごとき色 加藤三七子
冬夕焼会社勤めも大詰めに 高澤良一 宿好 
冬夕焼君住む町へつづきけり 伊藤和子
冬夕焼山塊を押し戻し来る 行方克巳
冬夕焼永遠とは永き束の間や 赤岡淑江
冬夕焼沁み入る地下の茂吉かな 堀井春一郎
冬夕焼沖に消えゆく油槽船 道川虹洋
冬夕焼浅間の裾の*ろうたけし 伊藤敬子
冬夕焼空に森あり牧場あり 石田あき子
冬夕焼繰り返し言ふさやうなら 笹本カホル
冬夕焼貝の空籠十重がさね 北野民夫
冬夕焼鋳物不況の町つつむ 田上真知子
冬夕焼雲よりあふれ馬柵ながし 古賀まり子 降誕歌
冬夕焼風樹に小人棲むごとし 大串章
冬夕焼駆けだせば樹も傷癒えん 磯貝碧蹄館 握手
卵黄を掻き解き掻き解く冬夕焼 中村草田男
妻は湯にわれには濃ゆき冬夕焼 富澤赤黄男
娶らむと冬夕焼に母を牽き 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
旅なほも遙かへ誘ふ冬夕焼 山田弘子
来し方や冬夕焼のさめ易し 内藤吐天 鳴海抄
柿本人麻呂走る冬夕焼 蓮田双川
浦上や冬夕焼にわが染まり 大竹孤悠
漁船帰る冬夕焼を曳きつれて 嶋村博吉
灘に尽く野生馬の岬冬夕焼 大橋敦子
火の島の冬夕焼や海の音(大久保康雄氏と房州館山に越年) 角川源義 『西行の日』
紐切れて冬夕焼の端もなし 古舘曹人 能登の蛙
落葉松に微醺ただよふ冬夕焼 澤田緑生
西の都の冬夕焼の崩れしか 夏井いつき
買ひし菜の抱くほどもなし冬夕焼 鷲谷七菜子 黄 炎
過去へ向く己れ宥せず冬夕焼 河野南畦 湖の森
鬼に影踏まれしよりの冬夕焼 萩山栄一
いつぽんの木に血のかよふ寒夕焼 岡澤康司
もうあらぬひとを呼ぶ勿と寒夕焼 及川貞
わが昔寒夕焼けを樽に詰め 津沢マサ子 風のトルソー
ガラス屋が寒夕焼を背負ひくる 森 酒郎
一本の欅のゆゑの寒夕焼 豊田都峰
主婦の手籠に醤油泡立つ寒夕焼 田川飛旅子 花文字
今一度寒夕焼けを見に出でむ 横山房子
仕合せは逃げてゆくもの寒夕焼 本間愛子
子どもばかり飛びおりる空寒夕焼 仙田洋子
孫悟空火を放ちたる寒夕焼 那須淳男
家中に馬具干すにほひ寒夕焼 西野陽子
寒夕焼いつまでまとふまづしさよ 梗間ふみ
寒夕焼いぶりて宿す星ひとつ 塚原麦生
寒夕焼さめつつ浮雲相寄らず 福田蓼汀 秋風挽歌
寒夕焼じゃんけんぽんの石と紙 鷹羽狩行
寒夕焼どつかり収め雑木山 武藤ほとり
寒夕焼ひかゞみに手を挟み臥て 石田波郷
寒夕焼われも罪人かく染まり 小松崎爽青
寒夕焼をさなのごとく母を見る 原裕 葦牙
寒夕焼スプーンが曲るまで待てよ 永末恵子 留守
寒夕焼一塵となり列車去る 仙田洋子 雲は王冠
寒夕焼人肉花と散りし日あり 小松崎爽青
寒夕焼他国へいそぐ千曲川 宮津昭彦
寒夕焼反り身に魚の焼かれ居り 桂信子 黄 炎
寒夕焼富士一日の力抜く 久保田重之
寒夕焼母負ひ越えね渋谷川 小林康治 玄霜
寒夕焼浄土のいろとなりゆけり 柴田白葉女 『朝の木』
寒夕焼海峡を火の燠とせり 加藤かけい
寒夕焼照らしおほせず山暮るる 福田蓼汀 秋風挽歌
寒夕焼男峰に女峰傾斜かく 上村占魚 『自門』
寒夕焼硝子細工の馬車を攻む 櫛原希伊子
寒夕焼神々の座は炎えあがり 堀口星眠 青葉木菟
寒夕焼端まで塗らず画布の紅 桂信子 黄 瀬
寒夕焼終れりすべて終りしごと 細見綾子 黄 炎
寒夕焼縄跳び場より跳び帰る 鷹羽狩行 誕生
寒夕焼羅漢幾百あご親し 山本一糸
寒夕焼荒馬街を出でゆけり 佐藤鬼房
寒夕焼西天に詩をかきなぐる 小川双々子
寒夕焼見よと二歳児つま立てり 北見さとる
寒夕焼親に先立つかも知れず 結城昌治 歳月
寒夕焼運河をそめて昏らかりき 塚原麦生
寒夕焼遠富士の上の一つ星 金子麒麟草
寒夕焼那須の噴煙穂みじかに 西本一都 景色
寒夕焼鹿呼ぶこゑの渚まで 加藤真吾
寡婦に馴れ大阪に馴れ寒夕焼 久松久子
忌詞杣には生きて寒夕焼 茨木和生 木の國
技師われの怒声あとひく寒夕焼 米沢吾亦紅 童顔
明星の銀ひとつぶや寒夕焼 相馬遷子 山國
死者もみひらく寒夕焼の小紫 金尾梅の門
海染むる力をもたず寒夕焼 加藤三七子
濤よりもおのれはためく寒夕焼 米沢吾亦紅
牛群れて牛小屋ぬくし寒夕焼 相馬遷子 雪嶺
町の端に地下出づ電車寒夕焼 大橋敦子 手 鞠
群なしてからす寒夕焼の中 三宮美津子
職たのし寒夕焼に目を細め 米沢吾亦紅 童顔
行くピエロ帰るピエロよ寒夕焼 小沢昭一
路地染めて何をもたらす寒夕焼 菖蒲あや 路 地
造船音絶えてこのかた寒夕焼 榎本冬一郎 眼光
野の果てに人遠ざかる寒夕焼 宮本径考
野生馬ねぐらいづこや寒夕焼 鈴木詮子
金魚田の一つ一つに寒夕焼 大橋敦子 手 鞠
錫杖は遠き世のおと寒夕焼 三浦秋葉
雪の山脈怒濤のごとし寒夕焼 相馬遷子 雪嶺
露地染めて何をもたらす寒夕焼け 菖蒲あや
鷽替へて昔の色の寒夕焼 塚原巨矢
鸚鵡孤児寒夕焼に舌染めて 渋谷道
あきらめし命なほ惜し冬茜 相馬遷子 山河
おそろしきまで二上山の寒茜 関戸靖子
おとうとと吹くハモニカや寒茜 井上雪
もの足らぬなり満面の冬茜 小島千架子
われとわが命の見ゆる冬茜 中村苑子
一湾も君も眠れり寒茜 阿部みどり女 『光陰』
一番機翼の下に冬茜 秋元波末子
今日のこと今日なし終へし寒茜 菖蒲あや
冬茜さして冬至のうかびけり 福田甲子雄
冬茜受けて磨きのかかる幹 高澤良一 鳩信 
冬茜喪服に乳房ありにけり 柿本多映
冬茜木の国よりの子守歌 前田秀子
冬茜樹々をさだかにして終る 阿部みどり女
冬茜氷湖の中の城一つ 有馬朗人 耳順
冬茜短かけれども旅は旅 阿部みどり女
塵労や滴るごとく寒茜 小林康治 四季貧窮
寒茜かたちあるもの濃かりけり 柴田たつ
寒茜人は木よりも樹のごとく 小島千架子
寒茜屋上に旗折りたゝむ 林 徹
寒茜山々照らすにはあらず 飯田龍太 忘音
寒茜極楽いろに鴨千羽 柴田白葉女
寒茜浴びゆく赤肉団上に 高澤良一 さざなみやっこ 
寒茜街に岬あり女在感 小原洋一
寒茜象牙を立てしごとき嶽 西本一都 景色
寒茜金星はまだ一つ星 森澄雄
御猟場が吸ふ鳥礫冬茜 奈良文夫
心音のときに急きたり寒茜 吉田つよし
水満てし一壺の重さ冬茜 宇佐美魚目
泣きたくて見る寒茜泣かず見る 武政 郁
海と会ふ水のためらひ寒茜 峰尾保治
狂ひたるピアノ・エチュード寒茜 仙田洋子 橋のあなたに
白鷺の一喝したる冬茜 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
盆地は灯の海山脈は寒茜 福田甲子雄
蔵壁の外はこの世の冬茜 山縣樵二
蚊の姥の四・五が毬つく冬茜 高井北杜
記紀の神恋争ふや寒茜 伊藤てい子
誰か死ぬ百穴村の寒茜 萩原麦草 麦嵐
雑木林に冬茜せりさびしからず 木下夕爾
妻の云ふ冬夕焼けをどれどれと  高澤良一  石鏡
寒茜けふの一切了はらせて  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あたたかき月のひかりに浸る蕪 中田剛 珠樹
おく霜の一味付けし蕪かな 一茶
きしきし洗ふ雪映えの蕪年をはる 鷲谷七菜子 雨 月
くくりたる藁の切つ先赤蕪 原田喬
とし玉の蕪菜かろげや黒木うり 蝶夢
どれもどれも寂しう光る小蕪かな 渡辺水巴
ひとり居の蕪の白きを刻みけり 平野仲一
ふと訛出て天王寺蕪買ふ 千賀静子
まだ濡れてゐる夕市の紅蕪 新田祐久
みぞれきし笠かたむけて蕪とる 金尾梅の門 古志の歌
みほとけの近江の甘き蕪かな 藤田純男
むまさうな蕪(かぶらな)に似て円相圖 高澤良一 随笑 
やまがたの王様蕪ひかるがに 室生犀星 犀星発句集
一息という刃をつかう蕪真白 宇多喜代子 象
丈高き青鬼灯や故園蕪る 池上浩山人
五合目に雪来て緋蕪洗ひをり 福田甲子雄
何の旗かぶらりぶらりと近所の山 植村禎子
佗助を挿すとて据ゑぬ蕪徳利 水原秋桜子
俤や目鼻かきたる赤蕪 会津八一
冬川や蕪流れて暮かゝり 加舎白雄
冬蕪の真つ白な尻積みあげゆく 太穂
千鳥来るや紅濃うす島蕪のあり 久米正雄 返り花
土を出て蕪一個として存す 中村汀女
塀の泥水仙咲ける蕪畑(昭和4年) 滝井孝作 折柴句集
大切なものでもなくて大蕪 倉本 岬
大根・蕪その葉も洗ひ死ぬるまで 成田千空 地霊
大空のました帽子かぶらず 尾崎放哉(1885-1926)
大蕪の首根ひつさげ艶ばなし 熊谷愛子
大蕪売つてこころのゆたけしや 斉藤夏風
大釜に煮ゆる蕪や寒施行 大竹孤悠
大鍋に煮くづれ甘きかぶらかな 碧梧桐
大霜に萎えし葉もてる蕪かな 雑草 長谷川零餘子
天才を産せし村の蕪かな 長谷川太虚
太陽に黒点出来し蕪かな 原石鼎
姉川の入日みだして蕪洗ふ 川勝 春
嫁がせて何となくゐる蕪畑 関戸靖子
小蕪妻が土あたためて得しならむ 古館曹人
小蕪干す谷にもつとも白きもの 古舘曹人 樹下石上
小蕪煮て母の思ひ出とめどなし 岡田 和子
尼の菊落葉をかぶらざるはなく 大峯あきら 鳥道
届きけり霰ちる日の蕪寿し 飴山實 辛酉小雪
山焼の雨に終れば鯛蕪 角川春樹 夢殿
山見えて蕪の歩く無人駅 平林孝子
嵯峨豆腐の奢りに蕪抜いて来る 長谷川かな女 花寂び
巣燕やつられて買へる蕪の紅 石川桂郎 高蘆
幸木ほの紫のかけ蕪 呼子無花果
想軽く一句成りたる蕪かな 尾崎迷堂 孤輪
抜き残す赤蕪いくつ余寒哉 芥川龍之介
掘起す蕪の根そゝくしくれ哉 吟江
日中や佛出てゐし蕪畑 関戸靖子
春の雪茹でて蕪のすきとほり 長谷川櫂
春月や畑の蕪盗まれし 高野素十
春近し赤蕪の絵をたまはりて 龍胆 長谷川かな女
春雨や人住みて煙壁を洩る 蕪材 五車反古
月の出の魂消しことに蕪かな 田中裕明 花間一壺
月光の降るにまかせて大蕪 中田剛 珠樹以後
朝市の味見くさぐさ赤蕪(かぶら) 高澤良一 素抱 
朝市の真ん中赤き蕪売り 佐川広治
朝市の飛騨の蕪のあかあかと 山田 静穂
朝餉なる小蕪がにほふやゝ寒く 及川貞 榧の實
木曽駒に雪きて蕪もろ手抜き 下田 稔
板の間に置きよろげたる蕪かな 近藤不彩
枯萩の塵かぶらねば刈られずに 稲畑汀子
桟橋をふさぎて洗ふ近江蕪 和田祥子
梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ 鈴木真砂女 生簀籠
母の忌はかならず晴れる蕪畑 澁谷道
気後れのある日かぶらぬ夏帽子 稲畑汀子
水切りてキューピーの頭の赤蕪 高澤良一 ぱらりとせ 
水飼ひの赤蕪芽吹き小鉢皿 石川桂郎 高蘆
洗はれていといとけなき紅蕪 鷹羽狩行
洗ひても洗ひても赤蕪かな 大串章
洗ひ流してしまふ小蕪のかたつむり 上野さち子
濁り江に出荷のための蕪洗ふ 森田峠 避暑散歩
牛のための赤蕪育つせつに赤く 林火
玉座あり緋蕪洗ふ流れあり 大峯あきら 鳥道
田舟過ぐうねりに洗ふ近江蕪 田中佐知子
画室成る蕪を贈つて祝ひけり 正岡子規
留守の間につゐ煮てゐる蕪菜哉 馬光 (訪隠者不遇)
白玉の蕪を包丁始めかな 山下喜代子
笹みどり鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎
笹緑鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎 金澤百句
籠に盛るかぶらや雪の羽黒道 池田義弘
紅葉連山赤蕪掘りが働ける 和知喜八 同齢
紅蕪うす日に干して湖の町 西村公鳳
紅蕪ふるさとに土ゆたかなり 小林紀代子
緋かぶらや手織木綿の湖国人 山本古瓢
緋かぶらをさげて伊賀より来りける 細見綾子
緋の蕪の三河島菜に誇つて曰く 子規 (根岸の草庵に故郷の緋蕪をおくられて)
緋の蕪干し千那寺を守りけり 花岡明美
緋蕪も飛騨の炭火も赤きころ 石原八束 仮幻の花
緋蕪一つ育つ子の畑万愚節 大橋敦子
緋蕪菁を買ふ乳母車かたへにし 石原八束
置きし如ぬけ出て蕪の白さよし 高田蝶衣
聖護院蕪売らるるを見てゐたり 村山古郷
聾青畝面かぶらされ福の神 阿波野青畝
肥桶より出して呉れたる蕪かな 野村泊月
能登どこも緋蕪畑を畑境 不破幸夫
臘八や今朝雑炊の蕪の味 惟然
茶の花や投入れて行く干かぶら 立花北枝
荒蕪拓く鍬も焚火にひきよせて 津田清子 礼 拝
菜のはなや畑まぶりの大蕪 毛がん 二 月 月別句集「韻塞」
葉の大なるを曳けば痩せたる蕪哉 徳田秋声
葉を切つて趣もなき蕪かな 喜谷六花
蕪こそ肥えて美人に似たりけれ 松瀬青々
蕪さげて山陽の墓の前通る 廣江八重櫻
蕪さげて見上げてゐたる年の空 廣江八重櫻
蕪の禅画禅味の風吹かす 高澤良一 随笑 
蕪はこぶ女盛りの紺絣 つじ加代子
蕪まろく煮て透きとほるばかりなり 秋櫻子
蕪一つ畝にころげて茎立てる 西山泊雲 泊雲句集
蕪四角に切り朝からの均衡 山崎愛子
蕪大根時羞の奠を具へけり 寺田寅彦
蕪大根良夜の双葉あげにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
蕪干して夕方の鶏うごかざる 岸本尚毅 鶏頭
蕪干して軒の歪みの見ゆるかな 死洒
蕪干せば冬の日低うなりにけり 松瀬青々
蕪洗ふ男がひとり湖の縁 関戸靖子
蕪洗ふ諸手に水をきしませて 岡部名保子
蕪洗ふ鞍馬の水の早さかな 赤塚五行
蕪甘く煮えて任地の住み心地 田中英子
蕪畑の一つは赤し大かぶら 駒走 松恵
蕪白く沢庵黄なり春夕 会津八一
蕪白し遅れし鳥の旅立ちに 田口満代子
蕪白し順縁に母送らねば 秩父
蕪白菜なかの一個の朴氏かな 高橋たねを
蕪肥えて而も山厨の肉に富む 尾崎紅葉
蕪蒔く唐人といふ名の小里 岩佐千代
蕪赤き里隣る砂利を上ぐる村 河東碧梧桐
袋から童子のごとく赤蕪 原田喬
触らねば生涯寂し板間蕪 永田耕衣 人生
誰かしる今朝雑炊の蕪の味 惟然
負ふものに柱一本蕪むし 石田勝彦 秋興
賽の神へ畝深くたて蕪畑 吉田紫乃
赤蕪の百貫の艶近江より 大石悦子
赤蕪の羞らひもなき赤さかな 片山由美子 水精
赤蕪は峠越えくる風の色 和知喜八
赤蕪を一つ逸しぬ水迅く 青邨
赤蕪を吊る粗壁に荒莚 角川春樹
赤蕪を噛みて春逝く香と知れり 秋光 泉児
赤蕪笊うす濡れて二日経つ 伊藤敬子
辛口や蕪飴色に煮冷まして 石川桂郎 四温
近江路や飾すれ~に干蕪 大谷句佛 我は我
酢かぶらをまへに坐りて父の眉 中田剛 竟日
里人や深泥ケ池に蕪洗ひ 尾崎迷堂 孤輪
野の池に蕪を洗ひ居るに遭へり 尾崎迷堂 孤輪
野蕪女来よ花鳥かなしき絵燈籠 西本一都 景色
長安の夢のつづきの赤蕪 原田喬
長蕪の青首曲る小春かな 不句襍成 細谷不句
降るものに根をそそぎたる蕪かな 千代尼
雨音に蕪溺れてひとりぐらし 秋元不死男
雪がこひ真白な蕪をかかへて出づ 加藤楸邨
雪はげしかり劉生のかぶらの絵 中田剛 竟日
雪掘りて雪の甘みの葱蕪 細谷鳩舎
雪晴の伊賀の古町蕪売 橋本鶏二 年輪
霜月や京の小蕪の美しき 角川春樹
露の世や小蕪は人なつかしげ 清水径子
露の蕪抜いておどろく声洩らす 楸邨
青海苔をかぶらぬ岩はなかりけり 野村泊月
風の日の水さびさびと赤蕪 長谷川久々子
風まぜに蕪ひく野の霙かな 信徳
風を帰し妻の手籠の緋蕪かな 黒川憲三
飛騨一之宮抜きたての赤蕪 金子青銅
餅つく頃蕪は土出て肌並べ 香西照雄 素心
餅焼けて蕪酢づけは箸やすめ 及川貞
馬の背や緋蕪のぞかすお霜月 石橋秀野
高々と田園まさに蕪哉 淡々 (独学愚蒙声)
鷹峯雲放ちたる蕪かな 小川軽舟
鷹狩の道にひきたる蕪哉 蕉笠
すずなすずしろよく笑ふ姉妹かな 森山夕樹
すずなと言ひすずしろといひ祝ひけり 梅子
乗鞍に雪光る日や蕪引 瀧井孝作
寂光院までの古みち蕪引く 鍛治桂子
寒菊や蕪引たる裏の畑 五城
小蕪干す谷にもつとも白きもの 古舘曹人 樹下石上
手の力そゆる根はなし蕪引 千代女
故郷や蕪引く頃墓参 子規句集 虚子・碧梧桐選
日のさせばもどる鶫や蕪引 金子 潮
晴るゝ日の阿倍野の道や蕪引 佐藤肋骨
緋の蕪干し千那寺を守りけり 花岡明美
若菜籠すずなすずしろ秀いでけり 山田みづえ
蕪干して夕方の鶏うごかざる 岸本尚毅 鶏頭
蕪干して軒の歪みの見ゆるかな 死洒
蕪干せば冬の日低うなりにけり 松瀬青々
蕪引河南の路に似たるかな 数藤五城
街道を西へ歩けば蕪引き 山本洋子
聖護院かぶらな漬の送りどき  高澤良一  ぱらりとせ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

火事

火事

例句を挙げる。

あやめ咲き船火事の船近づきぬ 坪内稔典
うららなる春の巷に昼火事の小さきけむりの靡かふを見つ 扇畑忠雄
おぼろ夜や本所の火事も噂ぎり 蛇笏
おんどりは尾の遠火事を見るばかり 坪内稔典
かけつけて言葉とならず火事見舞 越智絵美子
かぞへ日となりたる火事に焼けにけり 久保田万太郎 流寓抄
かの館の壁画の火事を怖れけり 山口甲村
きさらぎの昼火事ありし港町 原田青児
この松にとまりし火事と祀らるゝ 比叡 野村泊月
そそくさに帰つてしまふ火事見舞 松澤昭
そのままにせる火事跡に紫蘇の花 栗原加美
たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ 坪内稔典(1944-)
ちさき町の小さき火事に雪ふりいる 浅原六朗 欣求鈔
つゆけさや火事跡を這ふ大馬陸 塚本邦雄 甘露
どこかが火事硝子と変る野菜屑 寺田京子 日の鷹
のうぜんの散りやうさしづめ振袖火事 高澤良一 素抱 
ひつそりと遠火事あくびする赤子 西東三鬼
ひつぢ田に夜火事の鶏の散乱す 岩田昌寿
ひとつ家の遠山火事に寝しづめる 西島麦南 人音
ひのきひのきに船火事ねむる奈良ー吉野 折笠美秋 虎嘯記
ひるのをんな遠火事飽かず眺めけり 桂信子 黄 瀬
ふたり去きわれ去き昼の火事ありぬ 黒須斉
ふと火事に起きて物食ふ夜長哉 巌谷小波
まぎれなき火事の煙や鬼ケ島 森田峠 避暑散歩
また青き夜天にかへる火事の天 谷野予志
まつさきに星が見付けし深夜の火事 田川飛旅子 花文字
まづ聞ゆ遠きところの火事の鐘 後藤夜半
むだ話火事の半鐘に消されけり 芥川龍之介
やがては至る晩年遠く火事一つ 有馬朗人 母国
れんげ畑にうつぶせの唖昼の火事 市原正直
サイレンを鳴らさずに済む火事なりし 岡村尚風
デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹
デパートの火事や墜ちゆく人撮らる 田川飛旅子 『邯鄲』
一月の火事いきいきと風下へ 三橋敏雄
一月や火事いきいきと風下へ 三橋敏雄
三の酉をいふ火事をいふ女かな 松根東洋城
三度火事に逢うて尚住む神田かな 岡本松濱
二度起きてほとびさめたり火事の空 比叡 野村泊月
二階から山火事見るや宿はづれ 寺田寅彦
人はみな火事に馳せつけ冬の鵙 下村槐太 天涯
人知らぬ静かな火事を見てゐたり 久米正雄 返り花
今思へば皆遠火事のごとくなり 能村登四郎(1911-2002)
今火事のありたる村の鴉かな 成瀬正とし 星月夜
倒影として火事の空外濠に 田川飛旅子
凡て忘却春暁の火事目のあたり 阿部みどり女
初霜や火事跡といふ黒きもの 鷹羽狩行
半鐘に火事の話しのとぎれけり 蘇山人俳句集 羅蘇山人
南国の山火事ひたにひろがれり 原 裕
印泥をこねる力や遠くに火事 内田美紗 誕生日
又しても火事日暮里や酉の市 増田龍雨 龍雨句集
友の手をまづ包むなり火事見舞 朝倉和江
古鏡火事は牡鹿の瞳の奥に 八木三日女 赤い地図
墓地にでる兎のワギナ夢の火事 安井浩司 赤内楽
夕ベ空天才が駆け火事終る 宇多喜代子
夜に入りし山火事の火を天にまかす 右城暮石 上下
夜火事が静まれば直ぐ春暁たり 細見綾子 花 季
夜火事のしばらく母の傍にをり 藺草慶子
夜火事消え看護婦の匂いで立ち去りし 赤城さかえ句集
夜空染め遠火事消ゆる猫の恋 宮武寒々 朱卓
夜長人に遠火事の鐘いつまでも 清原枴童 枴童句集
夢に泣くーあなたの家が火事ですよ 櫂未知子 貴族
大木の雪真赤なる火事明り 井上白文地
大橋の潮の早さや火事遠し 大場白水郎
大迂回して山火事へ消防車 右城暮石 上下
大鏡火事をうつして崩れけり 柿本多映
天王寺駅前の火事騒ぎけり 小杉余子
天窓に炎手を出す夜の火事 皆吉司
女待つ見知らぬ町に火事を見て 上田五千石(1933-97)
嫁ぐため焼くものもあり遠き火事 対馬康子 愛国
宵火事の消えて霙となりにけり 繞石
寄生木やしづかに移る火事の雲 水原秋櫻子
寒牡丹どこか火事あるあをあをと 加藤楸邨
対岸の火事見る心咎めつゝ 沢井山帰来
少年美し雪夜の火事に昂りて 中村苑子
屋根の上に火事見る人や冬の月 子規句集 虚子・碧梧桐選
山火事に漕ぐ舟もなし浮寝鳥 安斎櫻[カイ]子
山火事に蔵戸ほのかや鶏謡ふ 飯田蛇笏
山火事のあと太陽も窶れけり 百合山羽公
山火事のあと漆黒の瀧こだま 飯田龍太
山火事のありたる地肌夏蕨 茨木和生
山火事のごとくに描いては捨てる絵よ 佐藤三保子
山火事ののち戻らざる僧ひとり 黒田杏子 花下草上
山火事の匂ひの雲やテレビ塔 茨木和生 遠つ川
山火事の北へ~と廣がりぬ 寺田寅彦
山火事の北国の大空 尾崎放哉
山火事の半鐘鳴つて花の昼 大峯あきら 宇宙塵
山火事の如き日落とし御命講 林 昌華
山火事の灰降って来る渡舟 澤 草蝶
山火事の立ち木業火となりて燃ゆ 右城暮石 上下
山火事の起きさうな日の鴉かな 大木あまり 雲の塔
山火事の音と黒煙火は見えず 右城暮石 上下
山火事の音の上ゆく風船あり 田川飛旅子 『外套』
山火事の騒ぎ静まり暮の春 大峯あきら 宇宙塵
山火事ははるかなるかもよ鶏ゐつ 川島彷徨子 榛の木
山火事も凍てはてにける大裾野 百合山羽公 寒雁
山火事やぶら下りたる雲一朶 会津八一
山火事や乾の空の雪曇り 寺田寅彦
山火事を消しに登るや蜜柑畑 前田普羅
山火事を知る人もなし冬の月 雉子郎句集 石島雉子郎
山火事泊芙藍を経ておこる獣姦 加藤郁乎
巻き尺を巻きもどしゐる昼の火事 柿本多映
帚草火事を否(け)しつつねむりけり 安井浩司
干菜風遠火事を見て閉す戸かな 吉武月二郎句集
恍惚と火事みる祖母の素足なり 皆吉司
恍惚と船火事果てる街のむこう 前川弘明
抽斗に螢しまひし夜の火事 齋藤愼爾
提灯が火事にとぶ也河岸の霧 尾崎放哉
旅の夜街の火事が月に照られて 人間を彫る 大橋裸木
日が落ちてゆく山火事の山の裏 坂戸淳夫
映画出て火事のポスター見て立てり 高浜虚子
春月のしたにて村の火事やみし 百合山羽公 故園
春火事のあと白昼の残りけり 松山足羽
昨日せし松吊り明し火事の空 久米正雄 返り花
昼のをんな遠火事飽かず眺めけり 桂信子
昼の火事遠く 蝸牛の殻干き 富澤赤黄男
昼山火事へ一本の羽毛が走る 三橋鷹女
昼火事に人走りゆく冬田かな 佐藤紅緑
昼火事ののどかに起る曲浦かな 野村喜舟 小石川
昼火事の火勢に棕櫚の咲きにけり 大木あまり 火球
昼火事の煙遠くへ冬木つらなる 尾崎放哉
昼火事を遠くに洗ふ小筆かな 石川桂郎 四温
晝火事の火の子飛び来る花野哉 内田百間
晝火事の烟の細さよ麥の秋 会津八一
晝火事の鯉も逃げたる連歌かな 田中裕明 櫻姫譚
暗黒や関東平野に火事一つ 金子兜太(1919-)
有線の声の吃りて火事を告ぐ 西浦一滴
朝の火事もしや蝉の薄羽根が 安井浩司 氾人
朧夜や本所の火事も噂ぎり 飯田蛇笏 山廬集
木の股のかなたに果てる昼の火事 宇多喜代子
木枯や故郷の火事を見る夜かな 寺田寅彦
松に上りて見る昼火事の小さきかな 龍胆 長谷川かな女
松の辺に火事の火の粉の来ては消ゆ 岸本尚毅 鶏頭
柵もまた焼けゐて火事のあと劃る 津田清子 礼 拝
桃色の火事迫りくる木の芽かな 齋藤愼爾
梁番の交代どきを昼の火事 ふけとしこ 真鍮
森に入りて曲る径あり火事見舞 月舟俳句集 原月舟
椿散るあゝなまぬるき昼の火事 富沢赤黄男
樒咲くや火事にきえたる武家屋敷 島谷征良
樟の木を隔てゝ火事の火勢見ゆ 右城暮石 上下
檣に佃の火事の見えにけり 柑子句集 籾山柑子
歓楽の火事の夜もありはるかにす 古館曹人
母が死にゆく深夜の玻璃に燃ゆる火事 加藤秋邨 まぼろしの鹿
母の背の記憶よ遠火事と丘の鐘 木下夕爾
母を消す火事の中なる鏡台に 寺山修司 花粉航海
水鳥にしばらく火事の明りかな 増田龍雨 龍雨句集
汽車が走る山火事 尾崎放哉(1885-1926)
汽車黒く通りて赤し火事の村 齋藤愼爾
泣く人の連れ去られゐし火事明り 中村汀女
浦びとの褌駈けして春の火事 石田勝彦 秋興
海の鳥むれつゝ舞へり火事の空 篠田悌二郎
消防車行きてすぐ消ゆ奈良の火事 右城暮石 声と声
深夜の火事星座犇めき人起きず 田川飛旅子 花文字
湖に山火事うつる夜寒かな 内藤鳴雪
満貫の桜浮べる火事明かり 北見弟花
満面に夜火事を見るや孤児二人 榎本冬一郎 眼光
火の中に落つ火のぼる火火事の窓 大橋桜坡子
火の粉とぶ火事に市電の珠数つなぎ 右城暮石 上下
火の鳥の翔ちつくしたる火事の跡 殿村菟絲子 『晩緑』
火事あかり道のみかんの皮染めぬ 大野林火
火事あはれ人の一代美しく 橋本鶏二 年輪
火事ありし夜明の舗道亀あるく 加藤秋邨 雪起し
火事おこることを予知せず読みふける 皆吉司
火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子 蒙古斑以後
火事けぶりあがる穂麦の丘の上 臼田亜浪 旅人
火事しきりに知らぬ町また焼けにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
火事すんで見舞の櫃に日のあたる 会津八一
火事といへば神田といへば大火かな 松根東洋城
火事に汲みし井の二日涸れ飛ぶ燕 宮林菫哉
火事に走りその後を走りつづけをり 熊谷愛子
火事に魅了されゐし心怖れけり 徳永山冬子
火事のごと砂漠町現れ夕焼くる 嶋田摩耶子
火事の夜のまたさびしさや梅雨どもり 森川暁水 黴
火事の夜の女がつかふ銀の匙 古舘曹人 樹下石上
火事の夜は狐の影絵して遊ぶ 古館曹人
火事の夢さめて越後の雪の中 福田甲子雄
火事の夢に赤き楸邨居られけり 田川飛旅子 『使徒の眼』
火事の火に若き父の絵みな消ゆる 皆吉司
火事の火の屋根裏走りゐて知らず 皆吉司
火事の炎のゆらめく欅しづかなり 石原舟月
火事の焔あがる夜学の窓ちかく 臼田亜浪 旅人
火事の空ふるき袂と並びたる 宇多喜代子
火事の荷や提灯立ちて人もなし 温亭句集 篠原温亭
火事は空へ斜にのぼる芽ぐみの夜 千代田葛彦 旅人木
火事ひとつあり大阪の仏生会 辻田克巳
火事めきて大香炉の初不動 長谷川督江
火事を噴きあげては町の密集す 百合山羽公 故園
火事を見し日の饒舌や冷奴 真田 清見
火事を見し昂り妻に子に隠す 福永耕二
火事を見て戻る道邊に犬居たり 内田百間
火事を見るわが獣心は火を怖れ 古舘曹人
火事を見る胸裡に別の声あげて 加藤楸邨
火事既に隣人門に彳てりけり 久米正雄 返り花
火事明り寡婦ごくごくと水を飲む 寺山修司 未刊行初期作品
火事明り流るゝ雲を染めてをり 宮野青色
火事止んで水田をとざす春の闇 相馬遷子 山国
火事注意の看板かかげ山眠る 金元喜代子
火事消えし空に大恵那ほのとあり 酒井東洋
火事消えて月常の如くめぐりけり 青峰集 島田青峰
火事消えて行燈消して夜の枕 柑子句集 籾山柑子
火事消えて裏山は夏闌けにけり 徳弘純 非望
火事煙凧の大空よごしけり 椎橋清翠
火事盗人に似て火祭の人中に 岸田稚魚 筍流し
火事移る日なかの海鼠噛む母に 坪内稔典
火事空を月の浮雲の流れ出たり 径 原田種茅
火事美しや一代の恋遂げしさま 嶋田麻紀
火事衰へゐたり電柱の尖燃えて 右城暮石 声と声
火事見舞あかつき近く絶えにけり 西島麦南 人音
火事見舞あとからあととふえにけり 久保田万太郎
火事見舞団十郎の養子かな 柑子句集 籾山柑子
火事赤し義妹と二人のみの夜に 右城暮石 声と声
火事跡に*かりんを置いてきたりけり 仙田洋子 雲は王冠
火事跡に日本晴の水たまり 本庄登志彦
火事跡に横丁の跡鶏あゆむ 秋元不死男
火事跡に焼けのこりたる窓のあり 蘭草 慶子
火事跡に縄張つてあり白木槿 木村里風子
火事跡に虚空を掴む一樹あり 薮脇 晴美
火事跡に鮮しき朝の午乳壜 高島茂
火事跡のい鉄瓶に蓋ありにけり 五十嵐研三
火事跡のまた匂ひ出づ雪催ひ 鷹羽狩行
火事跡のバケツの縁につもる雪 皆吉司
火事跡の吹きつさらしに巡査立つ 中西利一
火事跡の四五日経たり春の鴨 大峯あきら 鳥道
火事跡の屋根に穴あき空いちまい 皆吉司
火事跡の火をまぬがれし便器かな 大木あまり 雲の塔
火事跡の焚火に寄るもぬくからず 大熊輝一 土の香
火事跡の焦げし柱を月照らす 近森 千句葉
火事跡の貼紙にある遠い町 林菊枝
火事跡の鉄屑拾へり無視し得ず 岩田昌寿 地の塩
火事跡の間取りくきやかにて雨よ 櫂未知子 蒙古斑
火事跡や風をしづめし朝の雨 徳永山冬子
火事跡を見て老犬は帰りけり 佐藤和夫
火事近く母は仏に灯すなり 田上鯨波
火事近し鍵穴急に小さくなる 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
火事逃れ来しこと覚えては居らず 中村稲雲
火事遠し一人が入りてみな家に 白岩三郎
火事遠し春の闇をばほとそめて 五十嵐播水 埠頭
火事遠し白紙に音のこんもりと 飯田龍太
火事鎮むゆらめきありて鼻のさき 飯田蛇笏 霊芝
火事雲の映り港区橋多し 羽田岳水
火遊びの児の名は言へず火事見舞 中谷浪女
焼跡の夜火事の雲や押しこぞり 石田波郷
煙管火の煙管もろとも厩火事 攝津幸彦 鹿々集
男便器立ちて居残る火事の跡 熊谷愛子
男娼と鶏走る火事の跡 須藤 徹
疎らな髭夜火事明りに伸びしとおもふ 榎本冬一郎 眼光
白山茶花真盛りなり火事見舞 山本洋子
白桃に魚潜みおり朝の火事 坪内稔典
白鳥のごときダンサー火事を見て 百合山羽公 故園
真夜の火事漢おのれの淵覗く 高杉正生
眦に山火事懼れ旅をゆく 佐藤惣之助 春羽織
眼帯に涙沁みつつ火事近し 白岩三郎
短日や山火事消してもどる衆 冬葉第一句集 吉田冬葉
石榴散り振袖火事の火の粉めく 高澤良一 鳩信 
稲村に乞食の火事や暮の秋 菅原師竹句集
箒草火事を否(け)しつつねむりけり 安井浩司 中止観
籠にせる鸚鵡をはなつ梅雨の火事 宮武寒々 朱卓
粥腹に火事赤し東北地方は影 武田伸一
納豆汁に口すぼめ語る天保火事 島村元句集
美作の空を横切る火事の雲 赤尾兜子
老妻の遠き火事みてあまゆなり 長谷川双魚 風形
胸にまだ火事の火の燃え詩集買ふ 皆吉司
船火事の夢覚め朝の馬冷す 皆吉司
船火事や数をつくして鳴く千鳥 夏目漱石 明治二十九年
船火事見し回游ふかくふかく*えい 鈴木勁草
艸木瓜や山火事ちかく富士とほし 三好達治 路上百句
花大根村の昼火事すぐ消えて 鈴木鷹夫
茶畑に鶏はぐれをり昼の火事 神田 岩魚
荷を捨てゝ火事に走りぬ金魚売 月舟俳句集 原月舟
荷を捨てゝ火事に走るや金魚売 原月舟
菜の花や遠き喧嘩と遠き火事 仁平勝 花盗人
萬屋の火事いま物に就く思ひ 竹中宏 句集未収録
落葉のおびただしきは火事の跡 対馬康子 吾亦紅
葉月の火事舌にアラビア糊すこし 夏石番矢
葱坊主昼の火事すぐ終りけり 小池文子 巴里蕭条
蒼白な火事跡の靴下蝶発てり 赤尾兜子
蛇捲きしめる棒の滴り沖の火事 安井浩司 赤内楽
蟻の如消火夫登り火事の屋根 皆吉司
覚めがちに山火事つづく一夜なる 八牧美喜子
赤き火事哄笑せしが今日黒し 西東三鬼(1900-62)
身体髪膚これを借り受け火事たりき 加藤郁乎
遠き夜火事顔ひりひりと涙乾く 加藤知世子 花寂び
遠き火事哄笑せしが今日黒し 西東三鬼
遠火事にひそと家並の燈影かな 富田木歩
遠火事に啼く孔雀あり百貨店 宮武寒々 朱卓
遠火事に子等は醒め居り醒めじとす 久米正雄 返り花
遠火事に物売通る静かかな 富田木歩(1897-1923)
遠火事に目覚めて一人きりの部屋 佐藤博美
遠火事のふたたび炎あがりけり 加藤三七子(1925-)
遠火事の閑けさにゐて莨吸ふ 久米正雄 返り花
遠火事は杏の花の咲くあたり 大西泰世 椿事
遠火事は遠しさむしと皆寝たり 中山純子 沙羅
遠火事へ耳向きむきに餅の夜 安井浩司 青年経
遠火事や夫の外泊父に秘め 毛塚静枝
遠火事や川堰き止めて種子漬ける 八牧美喜子
遠火事や湯ざめ故なく恐れをり 斉藤夏風
遠火事や焦がしあまれる空の色 畑耕一 露座
遠火事や父の背中を思ひゐる 福島壺春
遠火事や窓の拭き残しが浮いて 松永典子
遠空の火事のほむらもさめて来し 上村占魚 鮎
都市の灯に山火事の呪詛濃く加わる 林田紀音夫
酔ひて乗る電車突つ込め火事跡へ 皆吉司
野の涯のこゑなき夜火事見つつ咳く 馬場移公子
門柱に朝刊置かれ火事終る 皆吉司
降り積る雪にさめゆく火事の空 太田鴻村 穂国
雁木(がき)に来て火事の炎をひく雪女 石原八束 仮幻の花
雪吊を火事装束の駆けぬけて 田中裕明 櫻姫譚
雪山の向うの夜火事母なき妻 金子兜太(1919-)
雪深し火事桃色に迫りくる 秋澤猛
雪空にじむ火事の火の遠く恋しく 尾崎放哉
電話局尖るそびらに火事の雲 宮武寒々 朱卓
首都はいつも匿名希望の火事 江里昭彦 ラディカル・マザー・コンプレックス
馬の瞳の中の遠火事を消しに行く 西川徹郎
馳せちがふ顔のくらさや火事見舞 大橋櫻坡子 雨月
魔法瓶抱きて火事の火を逃ぐる 皆吉司
鳥が知る 寒林の火事ひろがるを 松本恭子 檸檬の街で
鶏と鶏ぶつかり遠き春の火事 正木ゆう子 悠
麦秋の遠火事明り雨こぼす 椎橋清翠
いく度の大火の草津繁盛記 高野素十
一九来し宿は大火に零落し 成瀬正とし 星月夜
元日や小火のありたる山の内 島村元句集
冬煙り身をのけ反りて近火見る 飯田蛇笏 椿花集
冴返る近火見舞へば病んでをり 中戸川朝人 尋声
吉原にむかし大火のおぼろかな 久保田万太郎 流寓抄
大火聚の金色しばし野焼かな 松瀬青々
大火西に流れて陛下深ねむり 筑紫磐井 未定稿Σ
寒くともそげな大火は焚きあすな 冬の土宮林菫哉
寒土用近火のあとを皆出でて 長谷川かな女 花寂び
小火と云ふいはゞ現代俳句かな 加藤郁乎 江戸桜
小火のごと四方の野山の錦かな 高澤良一 寒暑 
小火跡の良夜の空家匂ひいづ 福海一幹
小火騒ぎありしが雨の三の酉 能村登四郎 天上華
小火騒ぎありて今宮宵戎 後藤鬼橋
庵主のしはがれ聲に近火かな 村上鬼城
御本尊移しまゐらす近火かな 宇都木水晶花
我思ふ故に猫あり春の小火 攝津幸彦
戸開くれば梅影赫と近火かな 東洋城千句
斃馬剥ぐ大火けむらず焚かれけり 飯田蛇笏 春蘭
昼の小火 見ている俺と寒鴉(かんたろう) 星永文夫
暁方にありたる小火を湯女知らず 森田峠 避暑散歩
暁方に小火ありしとは湯女知らず 森田峠
月若しくらま祭の大火焔 野澤節子 『駿河蘭』
月西に大火下火となりにけり 小澤碧童
月読の炎をわたりゐる大火かな 飯田蛇笏 霊芝
橋涼み小火の人出のくずれ来る 悌二郎
火の見の下槍鶏頭の小火ありぬ 高澤良一 随笑 
火事といへば神田といへば大火かな 松根東洋城
炊きだしのあとからあとゝ大火かな 久保田万太郎 流寓抄
牡蠣舟やよべの小火の穢うちかづき 後藤夜半 翠黛
狩くらの凍てに大火の炎立ちけり 飯田蛇笏 椿花集
田遊びに終のどんどの大火の粉 伊藤いと子
白雲の大火の中のわらびかな 田中芥子
短日や小火のありたるキネマ街 五十嵐播水 播水句集
空梅雨の雲を染めたる小火明り 遠藤亥棹
蛇穴を出づ近隣の小火騒 大塚あつし
蜆汁きのふ大火のありしかな 久保田万太郎 草の丈
討入りの日や下町に小火騒ぎ 鷹羽狩行
賃搗が山ほど呉れし大火かな 松瀬青々
近火はや迫りし犬を解き放つ 村上杏史
近火消えたる宵闇に春立つらし 内田百間
近火語る瞽女の瞼のぴりぴりす 大橋敦子
阿修羅迦楼羅緊那羅摩呉羅伽大火かな 尾崎迷堂 孤輪
雲焼けて血垂る大火の夜深し 高田蝶衣
風向きの又も不安となる近火 小玉艶子
風向きを見守つてゐる近火かな 高橋春灯
鶏頭の小火出す火の見櫓下 高澤良一 燕音 
火の用心命用心寒最中  高澤良一  宿好
てっきりもみづる筈の漆が小火程度  高澤良一  石鏡
火の用心ポスターに「火はおこりんぼ」  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の蝿

冬の蝿

例句を挙げる。

冬蝿の住みゐる魔法のランプ買ふ 有馬朗人 耳順
冬蝿やつく~冬の蝿の顔 東洋城
冬蝿や十燭光の壁に生く 冨田みのる
冬蝿をなぶりて飽ける小猫かな 鬼城
冬蠅の一徴のいのちとぶ我が家 成田千空 地霊
冬蠅をなぶりて飽る小猫かな 村上鬼城
凍蝿のけふは埃を抱へけり 佐々木六戈
歩くのみの冬蝿ナイフあれば舐め 西東三鬼
聖地なり牛のにほひも冬蝿も 朝倉和江
造花なめる冬蠅の音のある如し 今瀬剛一
銀幕の冬蠅濤に失するなし 宮武寒々 朱卓
飽食の日々を共にす冬蠅と 高澤良一 宿好 
あけくれの布団重たし冬の蠅 石橋秀野
うとましや世にながらへて冬の蝿 正岡子規
おしるこが出てとびまはる冬の蠅 京極杞陽 くくたち下巻
おっとりと大柄にして冬の蠅 高澤良一 宿好 
くしけづる人を巡れり冬の蝿 岡崎莉花女
すがりゐて草と枯れゆく冬の蠅 臼田亞浪 定本亜浪句集
その翅では小さかろうが冬の蠅 高澤良一 燕音 
まぼろしの山に縋るか冬の蠅 橋石 和栲
めちゃくちゃな翅音愉しむ冬の蠅 高澤良一 宿好 
やはらかき日が天窓に冬の蝿 成智いづみ
わが膝の日向を去らず冬の蝿 友永一郎
ドラム罐にも冬の蠅居て飛べり 右城暮石 声と声
マネキンのあくびに気づく冬の蝿 五島高資
一匹の住み着いて居る冬の蝿 林 瑠美
二三匹ゐて親しさや冬の蝿 高浜虚子
住はてぬ姿成けり冬の蝿 文水
入日をろがむ窓辺に冬の蠅一つ 原石鼎 花影以後
冬の蝿 牛にかなしきまつげあり 富澤赤黄男
冬の蝿いきなり飛びて光りけり 深見けん二
冬の蝿うとまれつゝも打たれずに 奈良鹿郎
冬の蝿しづかなりわが膚を踏み 草城
冬の蝿たたくと家の壊れる音 青木栄子
冬の蝿とまるよすがの蘭青し 大谷碧雲居
冬の蝿とらへ離さぬ子の瞳 清水美恵
冬の蝿ほとけをさがす臥戸かな 蛇笏 (病中)
冬の蝿やがてはとづる眼もて追ふ 西島麦南
冬の蝿人を弔ふ金軽し 小林康治
冬の蝿具足の翅をひるがへし 石塚友二
冬の蝿出て来て人にとまりけり 前田普羅
冬の蝿動くことなき山の家 日下部宵三
冬の蝿宙にとどまるとき見ゆる 上井正司
冬の蝿日当る幹をよりどころ 外山智恵子
冬の蝿歩むいづこも死の方へ 町垣鳴海
冬の蝿牛蒡を以て追はれけり 岸本尚毅 舜
冬の蝿玻璃戸のかげるまでのこと 高田秀子
冬の蝿病めばかろ~抱かれもし 鈴木真砂女
冬の蝿目玉を重く歩きけり 村上高悦
冬の蝿真顔を見せて歩みけり 岩間おおみ
冬の蝿紺美しくあはれかな 喜舟
冬の蝿耳にささやく最後の語 西東三鬼
冬の蝿脚美しくさびしけれ 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
冬の蝿貧女が髪にむすぼるゝ 加舎白雄
冬の蝿蹇て妻に縋りをり 小林康治
冬の蝿逃がせば猫にとられけり 一茶
冬の蠅いきなり飛びて光りけり 深見けん二
冬の蠅しづかなりわが膚を踏み 日野草城
冬の蠅とまるよすがの蘭青し 碧雲居句集 大谷碧雲居
冬の蠅どっちつかずの翔び方す 高澤良一 宿好 
冬の蠅にはとこの木に花咲きぬ 癖三酔句集 岡本癖三酔
冬の蠅ほとけをさがす臥戸かな 飯田蛇笏 山廬集
冬の蠅二つになりぬあたたかし 臼田亜浪 旅人
冬の蠅具足の翅をひるがへし 石塚友二 方寸虚実
冬の蠅小さき翅を畳み込み 高澤良一 燕音 
冬の蠅打つて少しく血を見たり 萩原麦草 麦嵐
冬の蠅炬燵の膳をなみすかな 野村喜舟 小石川
冬の蠅球(たま)の躰をぶん廻し 高澤良一 宿好 
冬の蠅病めばかろ~抱かれもし 鈴木真砂女 生簀籠
冬の蠅病臥の夫になれなれし 石田あき子 見舞籠
冬の蠅発着ふとんの飛行場 高澤良一 宿好 
冬の蠅薩摩料理は魚多く 北野民夫
冬の蠅蠅の心を失ひて 京極杞陽 くくたち下巻
冬の蠅蹇て妻に縋りをり 小林康治 玄霜
冬の蠅追へばものうく飛びにけり 高橋淡路女 梶の葉
冬の蠅頭がだんだん澄んで来ぬ 高澤良一 宿好 
冬の蠅飛ぶと見つ時計鳴りにけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
冬蝿やつく~冬の蝿の顔 東洋城
千手観音一手を許す冬の蝿 田山諷子
受難図の血に来てとまる冬の蝿 冨田みのる
古びたる拂子のさきや冬の蠅 寺田寅彦
古筆や墨嘗めに来る冬の蝿 正岡子規
団扇貼る糊の匂ひに冬の蝿 清水一羊女
壮年のあごのあたりに冬の蠅まつわり飛べりゆうべゆうやみ 沖ななも
大道具小道具冬の蝿とびて 中村雅樹
天井に宮本武蔵冬の蝿 金子兜太
天体や黒い肌に冬の蝿 桑原三郎 晝夜
嬰児の甘き香りや冬の蝿 川元安子
子守女のねくたれ髪や冬の蝿 大谷句仏
家柄を誇るべきとも冬の蝿 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
富士見せてしめし障子や冬の蠅 大場白水郎 散木集
寝落ちたる産婦の額に冬の蠅 石川桂郎 含羞
小脱の一文字隠す冬の蝿 内野 修
少年の声すぐ消えて冬の蠅 松山足羽
山笹をたばねて打つや冬の蠅 泉鏡花
山襞のひかり残せり冬の蝿 川田由美子
弁当を開けば冬の蝿の来る 高浜虚子
憎まれてながらふる人冬の蝿 榎本其角
我病みて冬の蝿にも劣りけり 正岡子規
手かげんの打ちそこねたる冬の蝿 三浦俊子
手を合わすことも忘れて冬の蝿 東 智恵子
批評うるさしや野壷に冬の蝿 狩行
捨て積みの焼酎瓶に冬の蠅 高澤良一 鳩信 
捨て缶の日に縋りをり冬の蝿 羽田 岳水
掃かれたる一つの命冬の蝿 一路
摺る墨の香は忘れずよ冬の蝿 白雄
文字の上意味の上をば冬の蝿 草田男
文机の端まで歩く冬の蝿 夏井いつき
新聞をひらけば付くや冬の蝿 藤田あけ烏 赤松
日あたりていまいのち得し冬の蝿 豊島蕗水
日のあたる硯の箱や冬の蝿 子規句集 虚子・碧梧桐選
日影もる壁に動くや冬の蝿 闌更
昔日のゆたかさに在り冬の蠅 永田耕衣 物質
春の蝿両眼美しくあれよ 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
枯菊に冬の蝿居て庭掃除 青々
海底透視船室にゐる冬の蝿 鈴木節子
漉きなほす紙の臭や冬の蝿 内田百間
火の気なき画室高とぶ冬の蠅 原裕 葦牙
生きてゐるものゝ姿や冬の蠅 大場白水郎 散木集
痩せはてゝ死に力なや冬の蝿 虚子
百とせの後なき人や冬の蝿 嘯山
石上の無(ぜろ)に近づく冬の蠅 宇多喜代子
石蕗の陽が移れば移り冬の蝿 里半
硯屏の後ろから出て冬の蝿 薦田七寿
福助の頭にをるや冬の蝿 大木あまり 火球
綿帽子の糊をちからや冬の蝿 許六 霜 月 月別句集「韻塞」
羽根ほつれ歩いてゐるよ冬の蠅 松瀬青々
老い母の来てもたらせし冬の蠅 相馬遷子 山河
老衰といふ死に方や冬の蝿 風生
職替へてみても貧しや冬の蝿 敦
膝小僧へ海辺育ちの冬の蠅 高澤良一 鳩信 
花八つ手ぬくしと冬の蝿居りぬ 淡路女
虻よりも大きな冬の蝿ゐたる 高野素十
蟹売りの背を離れぬ冬の蝿 木村里風子
行燈の糊につたふや冬の蝿 大江丸
親しきはおほかた去りぬ冬の蝿 福井竹の秋
貌すこしうごかしてやみぬ冬の蠅 渡辺水巴 白日
貸本のなかの落書冬の蝿 藤岡筑邨
身じろがば命減るかも冬の蝿 堀之内和子
酒庫著被て醪の汚点や冬の蠅 西山泊雲 泊雲句集
鉄いろの背をひからせて冬の蠅 瀧春一 菜園
銃声を待つてゐるらし冬の蝿 林 誠司
陽のあたるところを這ふて冬の蝿 秋畑 三枝
青空へ飛び去る冬の蠅の音 高澤良一 宿好 
青竹の切口積まれ冬の蝿 飯島晴子
頓証此処に一椀を得て冬の蝿 磯貝碧蹄館
顔洗ふ仕草幾たび冬の蠅 高澤良一 燕音 
飛びたがる誤植の一字冬の蝿 秋元不死男
飽食は冬の蠅にもヤッと発つ 高澤良一 随笑 
馬の尾の届かぬ腹に冬の蝿 茂木連葉子
魁けて会場にわれ冬の蠅 木村蕪城 寒泉
魚油燻る木具小屋出でず冬の蠅 長谷川かな女 花 季
冬の蠅見直す素早き翅使ひ  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の霧

冬の霧

例句を挙げる。

ひそひそと肉親の寄る冬の霧 猪俣千代子 秘 色
みやま木のこずゑの禽や冬の霧 飯田蛇笏
冬の霧ある夜の大地親しけれ 原石鼎 花影以後
冬の霧こゑあげて扉に手をかけぬ 石原八束 空の渚
冬の霧もの言はぬ群遠ざかる 小池文子 巴里蕭条
冬の霧もやひ結びのあたりより 保坂敏子
冬の霧アルミの如き日かかれり 松崎鉄之介
冬の霧舟に嬰児のこゑおこる 加藤楸邨
冬の霧言葉の枝葉さやぎくる 原裕 青垣
友来る一灯を包む冬の霧 沢木欣一
寄席を出し目鼻に寄るや冬の霧 石田波郷
廊下にも一夜たちこめ冬の霧 原石鼎 花影以後
月光のしみる家郷の冬の霧 飯田蛇笏
深山木のこずゑの禽や冬の霧 飯田蛇笏 霊芝
灯が消えてしまへばただの冬の霧 岡鋭一
白を失ふ鶏のだんまり冬の霧 星野沙一
美作や田の面をのぼる冬の霧 大谷あさ子
路次ふかく英霊還り冬の霧 大野林火
鍬入れて信濃に早き冬の霧 宮川正子
馬の擦傷医すべく湧きぬ冬の霧 磯貝碧蹄館 握手
ちちははを容れ冬霧の軋みだす 山口 剛
スモッグから登る秋の旭六階層 赤城さかえ
スモッグに包まれステンドグラスの眠り 八木三日女 落葉期
スモッグの底キャデラックは深海魚 山下大杉
スモッグの黄昏 洋装店で撥ねるピン 伊丹公子
スモッグを毒霞とも呼ばんとす 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
スモッグ満ちて点りはじめる深海魚 五島高資
万歳の顔に紐垂る煙霧都市 小川双々子
冬霧があんまに揉まれ巨樹となる 四ッ谷 龍
冬霧にぼう~としてリスの尾よ 高橋馬相 秋山越
冬霧に睫毛濡れゆく見舞妻 石田あき子 見舞籠
冬霧に短かい階段とび降りる 横山白虹
冬霧のおりる山墓すでに濡れ 木村蕪城 寒泉
冬霧のかゝる上野や出初式 富安風生
冬霧のしみらに古瀬ながれけり 飯田蛇笏 春蘭
冬霧のはれゆく墓の減りもせず 石田波郷
冬霧の夜のなげきとはなりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
冬霧の奥デューラーの陽が棲めり 楠本憲吉
冬霧の日輪仰ぐたび歪む 辻 帰帆
冬霧の晴れゆく墓の減りもせず 石田波郷
冬霧の涯の彼方の貌ひとつ 石塚友二
冬霧の深夜月あり血のごとし 加藤楸邨
冬霧の灯に降り放送料費ふ 長谷川かな女
冬霧の鷲の白きを母郷とす 橋本鶏二
冬霧やここらにありき数寄屋橋 近藤一鴻
冬霧やしづかに移る朝の刻 谷野予志
冬霧やキュツキュツとふえる鴎 新間絢子
冬霧や四条を渡る楽屋人 中村吉右衛門
冬霧や死をさしてゆく道の上 赤尾兜子
冬霧や漁人の笠の古るびやう 飯田蛇笏 山廬集
冬霧や漁船離れぬ群かもめ 葉狩てる子
冬霧ゆく船笛やわが在るところ 橋本多佳子
冬霧をゆきて祈りぬ呟きぬ 堀口星眠 営巣期
冬霧を駆けりきて灯に大息つく 大橋櫻坡子 雨月
大阪に来し甲斐ありき冬煙霧 右城暮石 上下
失ふや冬霧の濃さやはらかさ 油布五線
山よりも冬霧街にしたしめり 神崎聖徳
山中の炊煙霧が濃くて失す 及川貞 夕焼
水爆止めよ被爆の船を都心煙霧の端に置く 橋本夢道 無類の妻
汝が魂よ冬霧すさぶ寄生木よ 堀口星眠 営巣期
浅草や冬霧胸にあふれくる 石田波郷
煙霧の汀腰紐のような手紙書く 八木三日女 落葉期
煙霧濃き聖樹担がれビルに入る 殿村莵絲子 牡 丹
琵琶の帆に煙霧も末の四月かな 飯田蛇笏 山廬集
石屋根の村がすっぽり冬霧に 市川秀穂
磁より強い冬霧コンピューターら喪に 八木原祐計
箱根姫しやら聳ゆ冬霧なき夜なり 及川貞 榧の實
細き灯やスモッグ街の鯛焼屋 本宮夏嶺男
言しづかなり冬霧の濃きことの 加倉井秋を 午後の窓
赫き日を得て冬霧のうごき出す 岸田稚魚

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:26 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯鶏頭

枯鶏頭

例句を挙げる。

一茎の鶏頭枯崖しりぞけつ 野澤節子 花 季
三尺の童の丈は枯鶏頭 殿村菟絲子 『菟絲』
三鬼病むと聞きつゝ病めり鶏頭枯る 小林康治
四五日は鶏頭枯らす風吹けり 萩原麦草 麦嵐
塔二つ鶏頭枯れて立つ如し 沢木欣一 二上挽歌
子供が鋭く画く鶏頭枯れどきを 寺田京子 日の鷹
寸ほどの枯鶏頭や墓の裏 清水基吉
抜く茎に力残りて枯鶏頭 梅田男
断乎たる枯鶏頭の大頭 高澤良一 さざなみやっこ 
枯鶏頭種火のごとき朱をのこす 馬場移公子
枯鶏頭羅漢の胸に凭れけり 会津八一
種柿と枯鶏頭の残る庭 小澤碧童 碧童句集
隣人のごと身ほとりに鶏頭枯る 本多静江
鶏頭枯れ墓地の黒土匂ひけり 西村公鳳

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

蕎麦掻

蕎麦掻

例句を挙げる。

二ノ酉やすこしの酒と蕎麦掻きと 渡辺二三雄
亡き母が蕎麦掻き給ふ自在鉤 蛭田大艸
妻がゐて子がゐて蕎麦掻が五つ 今瀬剛一
背なあぶり蕎麦掻食べて寝るとせん 坪野もと子
蕎麦掻いて法座の衆に炉の衆に 木本雨耕
蕎麦掻きに酒好きの父亡かりけり 星野麦丘人
蕎麦掻くと男の箸を探し出す 上野さち子
蕎麦掻けば煤の降りくる圍炉裏端 片岡 北窓子
蕎麦掻に酒好きの父亡かりけり 星野麥丘人
蕎麦掻の武田流とは面白や 結城美津女
蕎麦掻の湯をこぼしたる雪の穴 長谷川櫂 古志
蕎麦掻や嚏ひとつの鍋を掛く 石川桂郎 高蘆
蕎麦掻や父をひとりにしておきて 八木林之助
蕎麦掻や父母に遅れしのみの孝 斎藤四郎
蕎麦掻を少しさまして熱の子に 山浦み矢子
そばがきにツルゲーネフの物語 甚上澤美
そばがきやきのふのことをなつかしみ 黒田杏子 一木一草
小枝焚きつけそばがき出来る間を待ち 小澤碧童 碧童句集
或夜妻にそばがきを乞ふ甘えごゑ 大野林火

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:17 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

蕎麦湯

蕎麦湯

例句を挙げる。

ぽつねんと業なき夜の蕎麦湯かな 伊藤観魚
みな北の貌もち蕎麦湯すすりをり 小原啄葉
一つかみ松葉たき添へ蕎麦湯かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
一の酉過ぎて蕎麦湯の淡き味 吉田鴻司
一椀の自愛の蕎麦湯小百姓 竹田 はるを
古を好む男の蕎麦湯かな 村上鬼城
姉と居れば母のするよな蕎麦湯かな 大須賀乙字
寝ねがての蕎麦湯を溶くもひとりかな 安井農人
屋根替の真下に蕎麦湯啜りけり 能村研三 鷹の木
山二つ谷一つ越え蕎麦湯かな 柳澤和子
御仏の呼び声がする蕎麦湯かな 松瀬青々
忘年会くづれの熱き蕎麦湯かな 鈴木しげを
悉く松は夜雨や蕎麦湯吸ふ 渡辺水巴
愚痴言ひに伯母の来る夜や蕎麦湯など 斎藤八郎
梁に狸吊して蕎麦湯かな 松瀬青々
用もなき興もなき夜の蕎麦湯哉 岩谷山梔子
短日の蕎麦湯すするや暮れ切りぬ 草間時彦 櫻山
蕎麦湯うはさめのした夫婦とその友 梅林句屑 喜谷六花
蕎麦湯のみたうたう降り出しきやがつたか 高澤良一 さざなみやっこ 
蕎麦湯呑んで一気に山を下りけり 永田青嵐
論争の余焔をさます蕎麦湯かな 河東碧梧桐
諸手してもちたる蕎麦湯の茶碗哉 星野麦人
貧にして賤しからざる蕎麦湯かな 大谷句仏
霧ごめの白山を恋ふ蕎麦湯かな 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
馬にやる蕎麦湯さめたる追儺かな 萩原麦草 麦嵐

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

湯豆腐

湯豆腐

例句を挙げる。

こころいまここに湯豆腐古俳諧 石田小坡
ひとりで食べる湯豆腐うごく 山頭火
三ケ日昨日と過ぎて湯豆腐す 小澤碧童 碧童句集
二年や獄出て湯豆腐肩ゆする 秋元不死男
人影もなく湯豆腐の煮えてをり 岸本尚毅 舜
僧老いて耳の長さや湯豆腐に 大橋櫻坡子 雨月
先づ酒の荒湯豆腐や手を打つて 石川桂郎 高蘆
大寒の六十妻よ湯豆腐よし 橋本夢道 無類の妻
常闇の身を湯豆腐にあたためぬ 村越化石
春荒湯豆腐煮く槽豆煮く槽 石川桂郎 高蘆
永らへて湯豆腐とはよく付合へり 清水基吉
混沌として湯豆腐も終りなり 佐々木有風
湯豆腐で鴫立沢にも一冬 三千風
湯豆腐にうつくしき火の廻りけり 萩原麦草 麦嵐
湯豆腐にめがねくもらす別れかな 木村里風子
湯豆腐に五人男の胡座哉 大野洒竹
湯豆腐に命儲けの涙かも 村越化石
湯豆腐に咲いて萎れぬ花かつを 石塚友二 光塵
湯豆腐に塔頭の酒やゝ辛し 百合山羽公 寒雁
湯豆腐に境内の闇滞り 桂樟蹊子
湯豆腐に微塵の脂泛きにけり 高澤良一 随笑 
湯豆腐に日本恋ひつゝ老いにけり 吉川耕花
湯豆腐に海鳴り遠くなりにけり 鈴木一枝
湯豆腐に添へてひそかや象牙箸 久米正雄 返り花
湯豆腐に眼鏡曇らせ禍福なし 鈴木真砂女 夕螢
湯豆腐に箸さだまらず酔ひにけり 片山鶏頭子
湯豆腐に箸の親しき夕灯 柴田白葉女 花寂び 以後
湯豆腐に素直な言葉かくしけり 米沢恵子
湯豆腐に藪を隔つる夕鼓 桂樟蹊子
湯豆腐に酒は丹波と決めてゐし 稲畑廣太郎
湯豆腐に顧みる年模糊とあり 高澤良一 随笑 
湯豆腐のかなたのこゑを聴きゐたり 石嶌岳
湯豆腐のせめて隣をよんで見る 尾崎紅葉
湯豆腐のふはふはとして愚を通す 内藤祐児
湯豆腐のまづ箸にして葱甘し 石川桂郎 高蘆
湯豆腐のゆれて賢兄愚弟老ゆ 西尾照子
湯豆腐の一つ崩れずをはりまで 水原秋櫻子
湯豆腐の一と間根岸は雨か雪 長谷川かな女 花 季
湯豆腐の土鍋大きく一人かな 松本 ミツ子
湯豆腐の夭々たるを舌が待つ 能村登四郎
湯豆腐の崩れぬはなく深酔す 福永耕二
湯豆腐の崩れ易しや遠きデモ 鍵和田釉子
湯豆腐の掬ふに合はす息のあり 稲畑汀子
湯豆腐の暁寒し恋ころも 尾崎紅葉
湯豆腐の浮き沈みして夫の留守 林 康子
湯豆腐の浮けば召せよの京言葉 谷野黄沙
湯豆腐の浮沈を縫うて朱の箸 日野草城
湯豆腐の湯気しづまりて老後なり 渡辺照子
湯豆腐の湯気ちぎれとぶ床几かな 舘野翔鶴
湯豆腐の湯気の中から万太郎 高澤良一 随笑 
湯豆腐の煮ゆるや誰も頼りなく 岩田由美
湯豆腐の真ん中にある国家かな 久保純夫 熊野集 以後
湯豆腐の端ふるへつつ煮られけり 高橋睦郎 荒童鈔
湯豆腐の芯に残りし昏さかな 谷口桂子
湯豆腐の薬味すこしく華やかに 岩田由美
湯豆腐の豆腐ぶつかりあふ病 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
湯豆腐の鍋下されて冷えてあり 温亭句集 篠原温亭
湯豆腐は羽を忘れて揺られて 渡辺誠一郎
湯豆腐もまた一挺やかぐら坂 加藤郁乎 江戸桜
湯豆腐やいとぐち何もなかりけり 石原八束(1919-98)
湯豆腐やいのちのはてのうすあかり 久保田万太郎(1889-1963)
湯豆腐やつやつや光る女の手 村山古郷
湯豆腐やひととせぶりの水の味 長谷川櫂 蓬莱
湯豆腐やみちのくの妓の泣き黒子 高橋飄々子
湯豆腐やむかし其角の茅場町 小澤碧童 碧童句集
湯豆腐やゆらりとうかぶ父母の顔 池内 勝信
湯豆腐やをとこの会話つながらず 橋本榮治 逆旅
湯豆腐やポーカーフェイスの友ばかり 老川敏彦
湯豆腐や借景として庭の犬 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
湯豆腐や兄弟だけの一忌日 渡辺 いえ子
湯豆腐や再び懸けし夜雨のこと 野村喜舟 小石川
湯豆腐や又帰るべき夜の雪 野村喜舟 小石川
湯豆腐や和み始めし郷ことば 西村美枝
湯豆腐や四角四面の夫なれど 田島蔦子
湯豆腐や女子大を出てただの婆 木田千女
湯豆腐や妻を恃みの病後食 伊東宏晃
湯豆腐や姿見せねど行きとどき 中村汀女
湯豆腐や嵐の中の一寒寺 大橋櫻坡子 雨月
湯豆腐や師に親しみてゐて狎れず 下村梅子
湯豆腐や常闇四半世紀なる 村越化石
湯豆腐や年金少し使ひすぎ 高杉至風
湯豆腐や幸せに居て気付かざる 関森勝夫
湯豆腐や思へばこその口叱言 鈴木真砂女
湯豆腐や手紙の返事二タ下り 増田龍雨 龍雨句集
湯豆腐や持薬の酒の一二杯 久保田万太郎 流寓抄
湯豆腐や支那海の闇底知れず 中村孝一
湯豆腐や敷きて分厚き利尻昆布 三戸杜秋
湯豆腐や新月落ちて我が燈ある 渡邊水巴 富士
湯豆腐や木と紙の家に住みてこそ 瀧 春一
湯豆腐や死後に褒められようと思ふ 藤田湘子
湯豆腐や淡々として老の日々 内田柳影
湯豆腐や淡交なりし悔少し 鈴木昭一
湯豆腐や澄める夜は灯も淡きもの 渡邊水巴 富士
湯豆腐や無ければなくて済める酒 黒坂紫陽子
湯豆腐や父の知らざる五十年 永峰久比古`
湯豆腐や男の歎ききくことも 鈴木真砂女 夕螢
湯豆腐や病得しより断ちし酒 東中式子
湯豆腐や白紙にもどす子の進路 川崎慶子
湯豆腐や窓に嵯峨野の暮れなづむ 浅賀渡洋
湯豆腐や箸は市原平兵衛と 梶山千鶴子
湯豆腐や職退きし夜の寧けさに 松田 多朗
湯豆腐や腹に灯はかすかなり 浅井愼平
湯豆腐や花凍る雨灯にみだれ 渡邊水巴 富士
湯豆腐や花鳥合ひたる大欅 山口明子
湯豆腐や若狭へ抜ける京の雨 角川春樹
湯豆腐や菜の花桶にたくましき 渡邊水巴 富士
湯豆腐や虚子の世といふ前世あり 三森鉄治
湯豆腐や蝦夷の板昆布跳上り 渡邊水巴 富士
湯豆腐や話どこまで逸れゆくか 藤野 力
湯豆腐や話の先をまだ読めず 林田 江美
湯豆腐や貧乏ゆすりやめたまへ 大木あまり 火球
湯豆腐や走らして買ふ葱少し 小澤碧童 碧童句集
湯豆腐や身のうちいつか暮れそめし 加藤耕子
湯豆腐や軒まで充つる夜の靄 長谷川かな女 雨 月
湯豆腐や輪飾残る薄みどり 渡辺水巴 白日
湯豆腐や野末さまよふ悪鴉 中烏健二
湯豆腐や障子の外の隅田川 庄司瓦全
湯豆腐や雪になりつつ宵の雨 松根東洋城
湯豆腐や風交淡きこそ好けれ 多田渉石
湯豆腐や魚拓を掛けて釣談義 小塚 勇太
湯豆腐や鶯笛を子に鳴らし 渡邊水巴
湯豆腐や黒き土鍋のすゑごころ 長谷川櫂 蓬莱
湯豆腐をすくひてすでにあぐらかな 仙田洋子 雲は王冠
湯豆腐を箸あらけなく食ひにけり 綾部仁喜 寒木
湯豆腐寺僧俗区切る板襖 百合山羽公 寒雁
火がとほって来たと湯豆腐動きけり 高澤良一 鳩信 
石のごと湯豆腐売らぬ塔頭は 百合山羽公 寒雁
祖父を待つ湯豆腐セット整へて 遠藤梧逸
顔見世の役者来て居る湯豆腐屋 荒木鴨石
鳥羽僧正湯豆腐食べに下りけり 鈴木栄子
湯豆腐のしかじか是を叙したとて  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

甘藷刈

甘藷刈

例句を挙げる。

基地にはさまれしこの村甘蔗刈る 岩崎照子
大鎌を荒使ひして甘蔗刈る 塩川雄三
左右の海展くるところ甘蔗刈 中島南北
甘蔗刈つて一島低くなるごとし 元吉竹瓶子
甘蔗刈つて赤土の丘現はるる 田上さき子
甘蔗刈りの人夕焼に並びけり 諸石虎城
甘蔗刈りの唄さざめきや甘蔗へだて 千代田葛彦 旅人木
甘蔗刈りの手斧に夕日とどまれり 島袋常星
甘蔗刈りひきずつてくる道埃 白石峰子
甘蔗刈るや島の陽炎はずみ出す 矢野野暮
甘蔗刈るや雲低くおく島の果 つじ加代子
甘蔗刈る夕映えなかき海を背に 井関昌子
甘蔗刈る遠見の人にのみ日ある 佃資夫
甘蔗畑刈りつくされて起伏なし 深見けん二
紅型のいろの夕焼甘蔗刈る 中尾杏子
雲湧くへ白被り出て甘蔗刈 荒井正隆

以上
by 575fudemakase | 2014-12-23 00:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング