2014年 12月 24日 ( 14 )

冬の虹

冬の虹

例句を挙げる。

あはれこの瓦礫の都 冬の虹 富澤赤黄男
いかに見し日向の灘や冬の虹(亡き吾娘、級友と遊びし日南海岸をたどる) 角川源義 『冬の虹』
ことごとく焦土逆立つ冬の虹 加藤かけい
ちりめんを織る音に立つ冬の虹 加藤三七子
ひと隅の家鴨あかるし冬の虹 小池文子 巴里蕭条
みなとみらい二丁目で見る冬の虹 高澤良一 随笑 
フェノロサの墓より立ちぬ冬の虹 橋石 和栲
ポケットに些少の虚構冬の虹 乾鉄片子
乱世にも光る一刻冬の虹 藤井冨美子
人一人二人あらわれ冬の虹 永末恵子 発色
冬の虹あなたを好きなひとが好き 池田澄子
冬の虹うちへ夕刊つきささる 瀬間 陽子
冬の虹うつつを夢と思いけり 渡辺幸子
冬の虹かかるを知らず靴磨き 山崎ひさを
冬の虹きのふ来し野のすでに無し 大石悦子
冬の虹くれなゐは濃きさやかなる応えのごとくまなかひに立つ 篠 弘
冬の虹たちて海面の毳立てる 鈴木貞雄
冬の虹つまんで胸にかけてゐよ 仙田洋子 橋のあなたに
冬の虹とびもからすも地をあゆみ 金尾梅の門
冬の虹はげしきことを草に見し 金田咲子
冬の虹まだあるやうに見てをりし 田宮 良子
冬の虹キリストの骨釈迦の骨 和田耕三郎
冬の虹ビルの高さに来て消ゆる 稲畑汀子
冬の虹二ケ町村を輪の中に 林 民子
冬の虹今は不幸の側に立つ 水谷仁志子
冬の虹呼ばれしごとく振り返る 横山房子
冬の虹大浪打てば消ゆるかも 中条明
冬の虹姉の手紙のほかは絶ゆ 小池文子 巴里蕭条
冬の虹山頂ホテル夕閉す 柴田白葉女 遠い橋
冬の虹廃車積まれて静かなり 小池文子 巴里蕭条
冬の虹抱く合併の村と町 満田玲子
冬の虹時雨と共に消えにけり 高木晴子 晴居
冬の虹死生は比喩に異ならず 三森鉄治
冬の虹沖の暗さにかかりけり 堀前小木菟
冬の虹消えて残りし日本海 菖蒲あや あ や
冬の虹消えむとしたるとき気づく 安住敦
冬の虹消え野も川も刻失ふ 岡田日郎
冬の虹渡り終へたる心地して 谷地信子
冬の虹湖底くらきに退りけり 久保田万太郎 流寓抄以後
冬の虹生めり波頭の一と崩れ 奈良文夫
冬の虹神はもともと好色な 鈴木伸一
冬の虹神在らぬ世も人信ず 小松崎爽青
冬の虹立たせて能登の一の宮 本山富美子
冬の虹藪の弁天瞳にしづく 加藤知世子 花寂び
冬の虹貧しさは掌をひらくより 長谷川双魚 風形
冬の虹鴇いろのこし春星忌 中田剛 珠樹以後
北さしてゆかずなりたる二十余年今北山に冬の虹たつ 中野照子
国飢ゑたりわれも立ち見る冬の虹 西東三鬼
嬌声やアルハンブラの冬の虹 仙田洋子 雲は王冠
山を見るたび声が出て冬の虹 長谷川双魚
岬端やふりむきざまに冬の虹 岸田稚魚 筍流し
心の旗とするには長し冬の虹 細谷源二
忌みあけの目を大切に冬の虹 長谷川双魚 風形
指させばたちまち消ゆる冬の虹 黛 まどか
振り向けば海蹤いてくる冬の虹 角川春樹
枝篠架に潮ほとばしり冬の虹(屋島古戦場は塩田となる) 角川源義 『冬の虹』
橋立のにはかに晴れて冬の虹 宮木 きわ子
毀れやすき詩を胸中に冬の虹 高澤良一 随笑 
涙眼をあやふくささふ冬の虹 上田五千石 田園
満目蕭條たま~冬の虹えたり 久保田万太郎 流寓抄以後
盗聴器売る店を出て冬の虹 中嶋いづる
神は地上におはし給はず冬の虹 飯田蛇笏
簡単なり冬の虹たつ百姓家 森下草城子
細りたる川瀬の音や冬の虹 野村喜舟
経過良き予後に立ちたる冬の虹 荒井英子
絞められて嬉しき首や冬の虹 高澤晶子 純愛
翁眉うごいて冬の湖の虹 岡井省二
背信の罪軽からず冬の虹 稲垣きくの
薪割るや裏山に立つ冬の虹 秋元不死男
詩は言語道断冬の虹立つも 高澤良一 さざなみやっこ 
走る子がゐて草そよぐ冬の虹 長谷川双魚 風形
足音は芭蕉と杜国冬の虹 原田喬
農夫の罵詈に黙しとほすや冬の虹 加藤知世子 黄 炎
逢ひ別るべく来て冬の虹淡し 小林康治 『叢林』
野にひかるものみな墓群冬の虹 黒田杏子
陥ちてなほパリ美しと聞く冬の虹 鬼頭文子
鯛の骨はらりと剥げて冬の虹 藤岡筑邨
Thou too Brutus!今も冬虹消えやすく 加藤秋邨 野哭
ここかしこ冬虹胸の谷眩し 栗林千津
つながらぬ冬虹旅は芦がくれ 鷲谷七菜子 雨 月
冬虹のいま身に叶ふ淡さかな 飯島晴子(1921-2000)
冬虹の一片のこり市場混む 神尾久美子 掌
冬虹の一角崩す鬼のこゑ 佐川広治
冬虹の弧の中に木を伐り倒す 柴田白葉女
冬虹の忽と棒立ち桜島 石田勝彦
冬虹の明日なき潟に光り合ふ 佐川広治
冬虹の根の妹よおいでおいで 増田まさみ
冬虹の沖明し己れ恃まねば 小林康治 玄霜
冬虹の脚ひびかせて鉄降ろす 吉田鴻司
冬虹の脚まだ立てり日本海 京極杜藻
冬虹の行手明るし鶏の頸 原裕 葦牙
冬虹は栄光半旗なかりせば 有働亨 汐路
冬虹やまろき幼きバレリーナ 檜原敏子
冬虹や坐すのみに過ぐ女の貌 河野多希女 琴 恋
冬虹や根のある如く瞭かに 原コウ子
冬虹や足し合ひて来し蚤夫婦 小島千架子
冬虹よ恋へば物みな遠きこと 林翔 和紙
反りかへる冬虹われにも恋ありし 益子たみ
少年院ホースに冬虹出たよ 志波響太郎
木曽に立つ冬虹木曽の人知らず 津田清子
沖にたつ冬虹棒の足の午後 佐藤鬼房
老人の手を取り冬虹へ曲る 山本敏倖
誰も見ぬ街の冬虹紅勝る 北原志満子
冬の虹のこのこ蟹が這ひ出して  高澤良一  石鏡
ベイブリッジ
横濱のハイカラ橋に冬の虹  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

ひかり来しは猟銃音のあとの鳩 石川桂郎 含羞
一湾をたあんと開く猟銃音 誓子
人間嫌猟銃ねんごろに磨き 佐野まもる
冬の猟銃忘却かけし遠こだま 寺山修司 未刊行初期作品
冬芒猟銃音を肩すかし 百合山羽公 寒雁
助手席へ猟銃を据ゑ出発す 奈良文夫
包まれてゐて猟銃と解る丈 野村仙水
四日はや猟銃音が雪に鳴る 太田 嗟
山険し猟銃の口下方に向け 右城暮石 声と声
弾罩めし猟銃にして是非撃ちたし 津田清子
持てるだけの綿菓子猟銃の森に入る 八木三日女 落葉期
晩餐を待てば猟銃森に鳴る 大島民郎
森を行く夫婦に猟銃音一つ 加倉井秋を 『隠愛』
次を待つ猟銃音のつひになし 原田青児
死火山に食ひ込みし空猟銃音 鍵和田[ゆう]子 未来図
流れはやし猟銃肩に渉る 山口誓子
煤隠りして猟銃を磨きをり 石原八束 『幻生花』
熱高き猟銃音ののちの黙 石川桂郎 含羞
猟銃が俳人の中通りけり 矢島渚男 天衣
猟銃のこだまは別の銃のごと 皆吉爽雨
猟銃の一発に沼引き締まる 町田しげき
猟銃の三代三丁木天蓼酒 中戸川朝人 星辰
猟銃の角度変らず野を進む 林 翔
猟銃の重さ殺生知らぬわれ 百合山羽公 寒雁
猟銃の鉄の感触少女に貸す 草間時彦
猟銃の銃口ひかる軒つらら 佐川広治
猟銃もて川底覗ふ若き工員 殿村莵絲子 牡 丹
猟銃も女も寝たる畳かな 吉田汀史
猟銃をさげし女のイヤリング 矢口由起枝
猟銃をむけるや犬の眼あをみたる 川島彷徨子 榛の木
猟銃を手にして父の墓通る 右城暮石 声と声
猟銃を折るサディズムや水仙に 田川飛旅子 『山法師』
猟銃を抱かせてもらふ桜の夜 鳥居真里子
猟銃を拭ひ憑きたるもの落とす 藤井亘
猟銃を提げ農園の雪みだす 民郎
猟銃を鹿は静かに見据ゑけり 櫂未知子 貴族
猟銃音ありたる方へ魅せらるる 猪俣千代子 秘 色
猟銃音いつしか鬼を養ひぬ 小泉八重子
猟銃音かへらざる友ばかりなり 堀口星眠 青葉木菟
猟銃音たちまち過去へ雪降りつむ 千代田葛彦 旅人木
猟銃音ふたたび水の流れそむ 大串章 百鳥
猟銃音タァーンとひとつ冬霞 行方克己 無言劇
猟銃音ネッカチーフがたしかに赤 原コウ子
猟銃音山重なるを知らすなり 林火
猟銃音散るは雪光と見たるのみ 鷲谷七菜子 銃身
猟銃音殺生界に雪ふれり 橋本多佳子(1899-1963)
猟銃音水面すれすれ鴫か逃げ 石川桂郎 四温
猟銃音渓をさまよふ暮色かな 石田阿畏子
猟銃音湖北の天を深くせり 長田等
猟銃音湖氷らんとしつゝあり 相馬遷子 山國
猟銃音父母の墓山その裏山 杉本寛
猟銃音青菜畑に蝶がゆれ 大井雅人 龍岡村
猟銃音鳥落つ空を捨て切れず 河野南畦 湖の森
疎林にて猟銃音に狙撃さる 佐野まもる
眉を引く鏡の中へ猟銃音 平林恵子
石仏猟銃音に目覚めしや 山本歩禅
磨きあげし猟銃置かれ白い河床 川崎展宏
細い猟銃肩にして月夜の坂を下りる 人間を彫る 大橋裸木
舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實 砧
言葉ころす猟銃に弾罩めし後は 津田清子 礼 拝
鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子
間を置かぬ猟銃音に殺意満つ 山本歩禅
雪の原猟銃音がわれを撃つ 遷子
雪嶺や一つ猟銃音ありしのみ 猪俣千代子 堆 朱
こんにやく村逢ひし猟夫も犬も老ゆ 中戸川朝人 残心
しづもれり猟夫と犬の入りし径 品川鈴子
しなやかに吊橋わたる狩の犬 三田きえ子
たちざまにぬくみはらへり狩の犬 裕
とどまればさらにきよらか狩の犬 橋本鶏二
ふつつかな娘といふは狩の犬 茨木和生 往馬
ふる雪に犬も退屈狩の宿 三好雷風
キャディラックよりとび降りし狩の犬 田中高志
一瞬を捉えて走る狩の犬 今村征一
付き纏ひ来て狩の犬らしからず 茨木和生 往馬
初猟の犬まだ馴れぬ山歩き 黒米松青子
初陣と云ふ狩の犬よく吠ゆる 早水秋水
右の耳無くて老いたり猟の犬 小泉静石
吊橋を渡りて待てる狩の犬 若月南汀
子育ての乳房ひきしめ猟の犬 津田清子 礼 拝
放たれてたちまち狩の犬となる 遠藤若狭男
梅が香や山路猟入る犬のまね 向井去来
水の面を駆けゆくごとし狩の犬 小原弘幹
氷柱なめ立ち止りをる狩の犬 魚目
火の島に犬連れ渡り猟名残 吉田孤岳
炬燵より半身出して狩の犬 辻桃子
熊狩の犬別積みに出発す 茨木和生 倭
犬つれて老少将や狩の道 河野静雲 閻魔
犬と息合せて猟夫機を狙ふ 山下美典
犬と犬猟夫と猟夫すれちがふ 田中九青
犬にパン与ふ猟夫の何も食はず 右城暮石 上下
犬の眼と鋭さ同じ猟夫の眼 松村竹炉
犬先きに戻りてをりし蛍狩 玉置昊洋
犬馴らす牧の猟夫の肥後訛 坂本竜門
狩くらや雪を押しゆく犬の胸 魚目
狩の犬一声鳴きし二日かな 日原傳
狩の犬今日伴はず猟名残 水見寿男
狩の犬勢ひて視野を失せにけり 梶尾黙魚
狩の犬夜は田仕舞の火を守りぬ 平賀 扶人
狩の犬巌の上に立ちにけり 西尾一
狩の犬憩へる時も耳動く 堀之内和子
狩の犬棚田跳び降り吠え登る 福田蓼汀 秋風挽歌
狩の犬狩の眼のまま眠りゐる 安倍日出
狩の犬遠き雪崩に耳立てたり 米沢吾亦紅 童顔
狩の犬重なる木だまつくりけり 米沢吾亦紅 童顔
狩の犬魔王の森を出できたる 依田明倫
狩名残り犬荒息で馳けて来る 迫力太郎
狩小屋の夜明なりけり犬の鈴 一茶
狩犬の繋がれてゐて峡日和 鈴木圭子
猟の犬今日伴はず猟名残 水見寿男
猟名残犬のふぐりは咲きみてる 松村蒼石 寒鶯抄
猟夫の目犬の目風の中を行く 畑中次郎
精悍に跳ねても見せて狩の犬 吉村ひさ志
縞目なす森の朝日や狩の犬 草間時彦
耳うごくときはつきりと狩の犬 後藤比奈夫 祇園守
耳立てるとき尾も立てて狩の犬 岬雪夫
蘆分けの舳に立てる猟の犬 後藤夜半 翠黛
野に出でて縦横かけり狩の犬 皆吉爽雨
銃口の前を犬ゆき猟名残 井沢正江 以後
頃合の飢に慣らして狩の犬 水見寿男
飼ひ主を嚊ぎに戻りし猟の犬 右城暮石 上下
鼻筋の傷の雄々しき狩の犬 岩田公次
残雪や狩くら神の泉鳴る(御射山) 角川源義 『冬の虹』
狩座に入りなんの穂を掴みたる 宮坂静生 樹下
狩座に高嶺の月を仰ぎけり 安達素水
狩座の皇子たち駆くる野の涯 筑紫磐井 野干
狩宿の猪さばき場といふ流れ 村上杏史
雲すきや尾越の鹿のねらひ狩 嵐竹 芭蕉庵小文庫
熊を貼り猪を敷き狩の宿 若井菊生
猪狩のくはだて月に覗かるる 白井新一
猪狩の焚く火鞍馬の闇の奥 佐野美智
猪狩の獲物広げし通し土間 杉原美代子
猪狩の男けものの眼で走り 宮坂敏美
猪狩の衆を恃みて押通る 細川加賀 生身魂
猪狩や甲斐も信濃も境なし 小島千架子
窯焚かぬ日の荒男たち猪狩れる 榎本冬一郎
しんかんと猟期ま近き山の樹々 船越淑子
どどーんと轟く連山猟期入る 藤田真寛
はたと逢ふ夜興引(よこひき)ならん岩の角 夏目漱石 明治三十二年
万葉の阿騎野は狩場鳥渡る 金田美那
主より犬の逸りて猟期来る 篠田和子
夜興引に柴漬に夜を徹しけり 会津八一
夜興引の上手とはかり愚直哉 尾崎紅葉
夜興引の厩の横手をのぼりけり 宮坂静生 春の鹿
夜興引の更けて落ち合ふ野寺かな 会津八一
夜興引の袂わびしきはした錢 蕪村遺稿 冬
夜興引の面あらためし老婆かな 暮情
夜興引やそびらに重き山刀 寺田寅彦
夜興引や犬のとがむる塀の内 蕪村 冬之部 ■ 浪花遊行寺にてばせを忌をいとなみける二柳庵に
夜興引や犬心得て山の道 子規句集 虚子・碧梧桐選
夜興引や飛騨の質屋も過ぎにけり 矢田挿雲 第一挿雲句集
大沼に雲霧こめて猟期来ぬ 石原舟月
天使飛ぶ 鹿飛ぶ 狩猟の城は石のレース 伊丹公子 機内楽
天竜へ山崩れつつ猟期来ぬ 徳永山冬子
姥百合の猛き実こぞり猟期来る 星野 秀則
宿屋出て秋の狩場を通りけり 松瀬青々
寄生木の実の艶かに猟期来ぬ 岡田 貞峰
御狩場の天に犇めく冬木の芽 加藤 一郎
敷きのべし夜具のひかりや猟期来る 藺草慶子
日月の竝び懸かれる狩場かな 橋本鶏二
杣のみち靄がゝりして猟期畢ふ 飯田蛇笏 霊芝
林中に火の香が走り猟期来る 白岩 三郎
枯芒狩場の割符拾ひけり 青嵐
檜の幹の暗紅しるく猟期来る 正木ゆう子 静かな水
水草の茎あをあをと猟期来る 大木あまり 火球
深谿に揺れ入る日の班猟期果つ 鷲谷七菜子 雨 月
湾青し猟期最後の雉子撃たれ 大岳水一路
湿林に曾比かがやきて猟期了ふ 松村蒼石 寒鶯抄
牧がすみ西うちはれて猟期畢ふ 飯田蛇笏 山廬集
牧霞西うちはれて猟期畢ふ 飯田蛇笏 霊芝
狩猟器の弧を壁に掛け 昼傾く 伊丹公子 パースの秋
狩猟期に入りたり寺の裏山も 茨木和生 遠つ川
狩猟期の朝の殺気を正面にす 小松崎爽青
狩猟期の風音さとき芒原 鷲谷七菜子 花寂び
狩猟音鳥膚だちて川流る 平井さち子 紅き栞
猟期はやとしごろの目のうつくしく 田中裕明 花間一壺
猟期をはる少年のゆめ少女のゆめ 石田郷子
猟期来て帳は厚みくはへたる 梅田津
猟期終ふ随身門の白馬かな 秋山重子
碧落に日の座しづまり猟期来ぬ 飯田蛇笏
秀峰を北に重ねて狩場かな 大峯あきら 宇宙塵
縄とびの大波小波猟期くる 大木あまり 雲の塔
縄文の裔の血騒ぐ猟期かな 加藤房子
蒟蒻に馬の踏こむ狩場哉 巣兆
裏阿蘇の乾く風音猟期来る 野見山ひふみ
豊胸ぐんぐん伸びゆくばかり狩猟月 赤尾兜子
野の梅の咲くとしもなく猟期了ふ 米沢吾亦紅 童顔
額縁に犬の賞状猟期来る 中戸川朝人 星辰
高空を鞭打つ風や猟期来ぬ 岡田貞峰
鮒鮨の熟れて湖北に猟期来る 若松徳男
鶴立つもこゝら狩場の冬田かな 喜谷六花
猪撃ちに取り憑かれたる脂顔  高澤良一  ぱらりとせ
猪撃ちの口鉄砲をつづけをり  高澤良一  ぱらりとせ
猪撃ちの黙殺に遇ふ峠道  高澤良一  ぱらりとせ
猟犬のごとく切り込み初ゴール  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯萱

枯萱

例句を挙げる。

ともどもに枯れ枯萱は朱帯びけり 北原志満子
枯れし萱枯れし萱へと猫没す 野澤節子 黄 瀬
枯萱にみるみる雪のつきそめし 大橋はじめ
枯萱に去りゆく犬を目守りつゝ 石橋辰之助 山暦
枯萱に塩の色あり浜街道 高橋圭爾
枯萱に峠の鷹の沈みけり 秋櫻子
枯萱に年かはりたる日がさせり 清崎敏郎
枯萱に磧のだだっぴろき空 高澤良一 寒暑 
枯萱のゆきにつん出て影よろめく 細谷源二 砂金帯
枯萱の中にしばらく日暮かな 岸田稚魚
枯萱の切先失せて能登落日 金子無患子
枯萱の尺寸に雪殺到す 澄雄
枯萱の山ふかく来て富士に会ふ 勝又一透
萱枯れて手触れんばかり山近み 富安風生
萱負ひし人枯萱にかくれけリ 阿部みどり女
鵯のこゑただに枯萱の山を見る 瀧春一 菜園

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯葎

枯葎

例句を挙げる。

あきらかに水動きけり枯葎 萩原麦草 麦嵐
あきらかに笑ふ手の見え枯葎 小島千架子
あたゝかな雨がふるなり枯葎 正岡子規
かれ葎かなぐり捨もせざりけり 一茶
この人に祷りせしのみ枯葎 百合山羽公 故園
こゝに来て聞ゆ呪文や枯葎 河野静雲 閻魔
しみじみと雨の降りこむ枯葎 澤 ゑい
そくそくと日脚が移る枯葎 豊長みのる
つぶやきて人のかへりし枯葎 下村槐太 天涯
つれ立ちて神来る音や枯葎 宇佐美魚目
ものの影ばさと置きたる枯葎 木下夕爾
ものゝ実の蔓もゆかしや枯葎 子規句集 虚子・碧梧桐選
もの音の沈みしづみて枯葎 飯田龍太
乗りついで遠くなる海枯葎 田中みち代
初午やいよいよ猛る枯葎 大峯あきら
初蝶のたち上りたる枯葎 高濱年尾 年尾句集
四五人の游女すみけり枯葎 妻木 松瀬青々
売惜む空地久しや枯葎 飄亭
天日にまどろみありぬ枯葎 櫛原希伊子
天河の奥へごつごつ枯葎 金子晴彦
念仏寺閉門となる枯葎 松本澄江
我影のうらうら濃さよ枯葎 水原秋桜子
朝々や掃きへらさるる枯葎 鶏二
松風のやゝのしづもりの枯葎 清水基吉 寒蕭々
枯葎とくとくと鳴る坂泉 角川源義 『神々の宴』
枯葎にびんの見えいる子守唄 北原志満子
枯葎の色も父なき日数かな 岸田稚魚 筍流し
枯葎ぽうと地中を賑やかに 永末恵子 発色
枯葎やうやく刈られ春めきし 龍胆 長谷川かな女
枯葎をとこの肘に日の射して 小島千架子
枯葎万の星浴び入坑す 浅川方銭
枯葎二月の雪を沈めたる 吉武月二郎句集
枯葎人ごゑともるごと過ぎぬ 古賀まり子 緑の野
枯葎伊豆の海鳴封じ込め 木下ふみ子
枯葎兎の出づる事も無し 尾崎迷堂 孤輪
枯葎嵩の減りゆく時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
枯葎昼の時間をうすく置く 藤田湘子
枯葎望郷の碑に日のぬくみ 木村久美
枯葎杏雨へ杖を伐りし辺は 石川桂郎 高蘆
枯葎母の和服の黒澄めり 羽田貞雄
枯葎深々させる入日かな 深川正一郎
枯葎礫ふみわけ友の喪へ 欣一
枯葎落日の珠しづめたる 鷲谷七菜子 花寂び 以後
枯葎蝶のむくろのかゝりたる 富安風生
枯葎記憶の母がうずくまる 長谷川秋子
枯葎隠れもならず雀ども 実
枯葎馬車はいくとせ鉄運ぶ 石田波郷
母訪ふや上を袖行く枯葎 永田耕衣 與奪鈔
水音を聞きのがさじと枯葎 瀧澤宏司
満月にけぶるかたちの枯葎 福永耕二
燈台の裾風みゆる枯葎 柴田白葉女 花寂び 以後
生ながらいなご凍てゆく枯葎 月草
田を越えて鳥の隠るる枯葎 廣瀬直人
短日の雨音たてぬ枯葎 内藤吐天
秋雨や蜘蛛とぢて伏す枯れ葎 原石鼎
老人の覚え崩れの枯葎 永田耕衣 殺佛
色に出ぬ火を放ちけり枯葎 間石
色わろき月がでて居り枯れ葎 永田耕一郎
茂るさへ淋しきものを枯葎 太祇
負け犬の来て尿れるよ枯葎 楢江七郎
身心に鈴一個在り枯葎 枇杷男
酔眼を瞠きみひらき枯葎 石川桂郎 含羞
野良猫に金属かくす枯葎 北原志満子
金色の小菊入りぬ枯葎 耕衣
青き葉に集まる露や枯葎 素風郎
青き鳥ゐて枯葎さゆらぎす 石塚友二
静かさや日のさしとほす枯葎 松根東洋城
韓見えて元寇跡の枯葎 文挾夫佐恵
音立てて枯葎出る蜻蛉かな 桐明
鴎さへひそめて風の枯葎 草田男
鶺鴒の飛ぶを河とす枯葎 野村喜舟 小石川
もの音の沈みしづみて枯むぐら 飯田龍太
枯むぐら窯くづれては土となる 山野邊としを
枯むぐら赤子の声と思いけり 橋石 和栲
素浪人風に立ち枯れ棒葎  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯蟷螂

枯蟷螂

例句を挙げる。

とぶ力見せ蟷螂の枯れてゐず 松尾白汀
一条のみどり残れる枯蟷螂 横山房子
一燈へ真向ふ遠き枯蟷螂 吉田紫乃
一顧だにせず蟷螂の枯れ尽くす 宮本ひかる
信じること拒み通して枯蟷螂 柴田奈美
其の斧に歯こぼれなかり枯蟷螂 高澤良一 宿好 
太陽に枯蟷螂のパントマイム 橋本美代子
子を生さず或る日吹かるる枯蟷螂 つじ加代子
岬の木々立琴なせり枯蟷螂 進藤一考
日向好き枯蟷螂の妙好人 高澤良一 随笑 
枯れきりし蟷螂赤き眼を残す 井上倭子
枯れてなほ蟷螂の目でありにけり 川村五子
枯れ極む蟷螂息をうかがはれ 石田勝彦 秋興
枯色に澄む眼をあげて雌蟷螂 原裕 葦牙
枯色の蟷螂灯に来憎からず 稲垣きくの 牡 丹
枯色も攻めの迷彩枯蟷螂 的野 雄
枯蟷螂いのちおぼろの影いだく 上村占魚 『自門』
枯蟷螂かろがろ亡母はてのひらに 渡辺恭子
枯蟷螂に朗々の眼あり 飯田龍太
枯蟷螂やすやすと手にのりにけり 山本敏章
枯蟷螂人間なべて火が恋し 竹村文一
枯蟷螂動かずと見え震へゐる 中拓夫
枯蟷螂己が軽さに轉びけり 河野南畦 『硝子の船』
枯蟷螂日のある方へ動き出す 守谷順子
枯蟷螂日当れば斧大きかり 河野南畦 湖の森
枯蟷螂月の思ひ出ばかりかな 藤岡筑邨
枯蟷螂潰れて寄生虫動く 右城暮石
枯蟷螂生きる証の斧動く 栗山妙子
枯蟷螂落ちても構ふ石の上 山口草堂
枯蟷螂血縁は骨はさみ合ふ 長谷川久々子
枯蟷螂逆さに人を見つめをり 石工冬青
枯蟷螂鏡の淵のふかきこと 中原道夫
枯蟷螂風吹くたびに生きてをり 河野南畦 『元禄の夢』
枯蟷螂飫肥の遺構をはなれぬ気 吉田紫乃
枯蟷螂鳥居起点の里程標 新谷ひろし
桂郎の貌にこと切れ枯蟷螂 松山足羽
灯ともせば夜毎灯に寄る枯蟷螂 吉野義子
石に落ちて小枝となりし枯蟷螂 河野南畦 湖の森
紀淡海峡枯蟷螂の永く待つ 松山足羽
舞殿にきて蟷螂の枯れにけり 山本洋子
葬の日向にをりぬ枯蟷螂 坂井三輪
蟷螂に枯れる枯れると加勢する 小内春邑子
蟷螂のまつたく枯れし貌をあぐ 小笠原和男
蟷螂の全身枯らす沖の紺 野見山朱鳥
蟷螂の尋常に死ぬ枯野哉 榎本其角
蟷螂の島にも枯れてゐたりけり 鈴木真砂女
蟷螂の拝むかたちに枯れゆけり 相馬沙緻
蟷螂の斧の先より枯れはじむ 大橋敦子 手 鞠
蟷螂の枯きて誰にでも縋る 大山寺龍瑛
蟷螂の枯にしたがふ水際かな 原裕 『出雲』
蟷螂の枯るゝ動きとなつてゐし 高須のぶを
蟷螂の枯れくる脚を組み替へす 久我真弓
蟷螂の枯れても怒り貌枯れず 伊藤幸博
蟷螂の枯れてより見ゆ山河かな 長田等
蟷螂の枯れて守勢の斧となる 林直入
蟷螂の枯れにしたがふ水際かな 原裕 正午

蟷螂の枯れゆく脚をねぶりをり 角川源義
蟷螂の枯色の服われにもあり 白岩 三郎
蟷螂の枯色猫が咥へ来し 横山房子
蟷螂の眼の中までも枯れ尽す 山口誓子(1901-94)
蟷螂の瞳のさみどりに枯れはじむ 本宮哲郎
蟷螂の石を抱きて枯れそめぬ 宮下翠舟
蟷螂の腹より枯れの始まれり 宮川杵名男
蟷螂の色枯れ深し枯葉へ飛ぶ 林原耒井 蜩
蟷螂枯るすでに忿怒の貌を棄て 河野南畦
身構へて怒りしままの枯蟷螂 高橋利雄
逆しまにポストをのぞく枯蟷螂 尾沼チヨ子
雨が降る枯蟷螂の目玉かな 鈴木伸一
電流の枯蟷螂に走りけり 奥坂まや
青空に掴まつてをり枯蟷螂 唐澤南海子
青空の賽の河原へ枯蟷螂 松山足羽
枯蟷螂一太刀手合はせ願います  高澤良一  石鏡
必殺の機を窺ふや枯蟷螂  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

焼鳥

焼鳥

例句を挙げる。

きなくさき戦が間近焼鳥(シシカバブ) 高澤良一 素抱 
この街のこの焼鳥屋この隅に 高澤良一 素抱 
どぶろくの酔ひ焼鳥ももう翔ぶころ 園田夢蒼花
八十八夜骨壷によき益子焼 鳥居美智子
去年今年焼鳥屋のまえすぎにけり 深町一夫
大靄に焼鳥の串落としけり 長谷川かな女
戸口なる紅葉明りや焼鳥屋 銀漢 吉岡禅寺洞
木枯や焼鳥屋火を荒づかひ 土生重次
止木に焼鳥食ぶ秋風地を吹きぬけ 宮坂静生 青胡桃
焼鳥に檜葉敷き坐る紅葉かな 島村元句集
焼鳥に生きる楽しさなどを言ふ 細川加賀
焼鳥のアラビア文字の姿かな 渡辺誠一郎
焼鳥の串が洗つて干してありぬ 山本馬句
焼鳥の串のあめいろ春の磯 原裕 青垣
焼鳥の串まで焦げて酔迅し 高澤良一 素抱 
焼鳥の歯の美しや漱石忌 秋元不死男
焼鳥の灯の遠きまで歩きゆく 仙田洋子 橋のあなたに
焼鳥の煤けしのれん肩で押す 田上さき子
焼鳥やしずくのような日暮れ鳥 金子兜太
焼鳥やカワ・ネギ・ハツと声とんで 高澤良一 ぱらりとせ 
焼鳥や友とし古りぬいくさより 森澄雄
焼鳥や恋や記憶と古りにけり 石塚友二
焼鳥や訃報ばかりのさえずる日 永島転石
焼鳥や都電の軋り蹠より 木村川至
焼鳥や銀の髪もつ露語教師 日原傳
焼鳥を銜へてセルの夜なりけり 百合山羽公 故園
焼鳥冷めて目線平行のまま熱し 宮崎二健
焼鳥焼酎露西亜文学に育まる 瀧 春一
煽ぐ焼鳥パチンコの電鈴(リン)壁越しに 秋元不死男
看板に山鳥つるや焼鳥屋 中山稲青
眠れない胃に焼鳥が鳴いていて 大貫つるじ
秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷
花屑を吹き焼鳥を裏返す 上井正司
食べたかず串で数へて焼鳥屋 鷹羽狩行
宿の子と鶫焼く爐をかこみつゝ 石橋辰之助
泊つ山のくろくかなしき鶫焼 小松崎爽青
鶫焼きしあととおぼしき山路かな 木村蕪城 一位
鶫焼きもてなす米屋与左衛門 野見山朱鳥
鶫焼き夜風荒るるに任せたり 大串章
鶫焼くひるげに寄りて皆ねむし 瀧春一 菜園
鶫焼しんじつ骨をしやぶるのみ 泉田秋硯
パチンコの勝組のゐる焼鳥屋  高澤良一  石鏡
横丁に屯し立喰ひ焼鳥屋  高澤良一  石鏡
焼鳥の串を数へて扨てなんぼ  高澤良一  石鏡
焼鳥の釣銭脂ぎる掌に  高澤良一  石鏡
焼鳥屋提灯一つ椅子七つ  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

フレーム

フレーム

例句を挙げる。

フレームに入りて囁き通しなり 宮坂静生 春の鹿
フレームに机椅子あり農学部 大橋純子
フレームに色を零してゐる苺 山田弘子 螢川
フレームに苗のみどりのこもりはじむ 川本臥風
フレームに蘭を育てて彫金師 水野征男
フレームに音楽欲しと思ひけり 岩崎照子
フレームのため息のごと曇りをり 前田野生子
フレームの一歩の花の香に噎せる 河野美奇
フレームの中小さき鉢大きな芽 今井千鶴子
フレームの光の先の波頭 藤永誠一
フレームの小さき花の匂ひけり 小路紫峡
フレームの花のくれなゐしづかにも 清原枴童
フレームの蜂の遊べる紅き花 寺岡捷子
フレームや万の蕾の紅兆し 山崎ひさを
フレームや黒潮の玻璃めぐらすか 加藤三七子
フレームをはみ出してゐる蕾かな 星野椿
フレームを出て来し鉢を飾る窓 稲畑汀子
夜をこめて保美のフレーム輝けり 恩智景子
白鳥を見てフレームに立寄れり 中戸川朝人 残心
空青しフレームの玻璃したたりて 金子麒麟草
うぶ毛ありて温室の花呼吸しぬ 長谷川かな女 雨 月
さかしらな*たらの芽にして温室育ち ふけとしこ 鎌の刃
ゲリラのために温室の肋骨覆ひを脱り 竹中宏 句集未収録
ゴムホースうねりて次の温室ヘ 森田峠
チューリップ青天へ温室の窓ひらく 黒木 野雨
メロン守昼の休を温室にゐず 田村了咲
傷兵の食膳にふれ温室の花 横山白虹
光点は大温室や岬晴 櫛原希伊子
初空のひかり盈ちつゝ温室のみち 飯田蛇笏 霊芝
壺の花温室恋ふと見ゆ夜半の冬 林原耒井 蜩
夜の温室のうるむ光や冬苺 広沢道代
大温室全開バナナに風入れて 高澤良一 ぱらりとせ 
大甕が立つ温室の中の土 平畑静塔
妄想の湧くに任せて温室内 右城暮石 上下
宴席へ運ぶ温室花や芝落花 楠目橙黄子 橙圃
寒明くる繊月温室にあふがれぬ 西島麦南 人音
形見ともなく手入れせし温室の蘭 稲畑汀子 汀子第二句集
晩稲台風来るか温室村低く 平井さち子 鷹日和
水遣って客間に運ぶ温室の蘭 稲畑汀子
注射針憎し温室花眼に沁みる 柴田白葉女 遠い橋
海光に千鳥鳴きつぐ温室の前 岡本まち子
海近しサロメは赤き温室の蘭 野見山朱鳥
温室せまし洋蘭玻璃にふれ咲きて 田中 七草
温室にトマト熟れたる朧かな 岸本尚毅 舜
温室に写生学生入り浸る 右城暮石 上下
温室に掻きて妖しき冬の汗 大屋達治 龍宮
温室に時が許せばなほゐたし 山口波津女
温室に檄文貼られ農学部 山本 源
温室に水したたるや猫の恋 日原傳
温室に置く事務机事務用品 右城暮石 声と声
温室に飼はるる鯉やはたた神 中村まゆみ
温室ぬくし女王の如きアマリリス 杉田久女
温室のうつぼかづらは虫を得ず 山本歩禅
温室のくもる玻璃越し香具師の動作 右城暮石 声と声
温室のまはり遅日の子等あそぶ 長谷川かな女 雨 月
温室のもの運び出す大日覆 後藤夜半 底紅
温室のメロンに灯す晴夜かな 飯田蛇笏 霊芝
温室の世話も結局主婦の用 稲畑汀子
温室の中にひゞかせ釘を打つ 右城暮石 上下
温室の中に蜂の巣あるらしく 山田静雄
温室の中の温室食虫花 保尾胖子
温室の内外暗き夜になる 右城暮石 声と声
温室の内翳らせて低空機 右城暮石 上下
温室の天暗くして芭蕉の葉 清嶋静恵
温室の戸にすさまじき夜露かな 雉子郎句集 石島雉子郎
温室の灯るうしろの黄泉の国 有馬朗人 耳順
温室の花を照らすや冬の月 広江八重桜
温室の花仰臥のほかの日は知らず 柏木真紀女
温室の花病室賑やかなるがよし 相馬遷子 山河
温室の花粉に窓の曇りたる 近澤 杉車
温室の花色失ひて来る痛み 朝倉和江
温室の花買ひぬ信濃の深雪中 及川貞 夕焼
温室の花食ふことなくば如何によき 相馬遷子 山河
温室の葡萄の放恣われ愛す 川島彷徨子 榛の木
温室の蕾ふくらむガラス越し 竹内鈴子
温室の行き詰りなほ別室あり 右城暮石 上下
温室は蘭ばかりやがて雪消えん 橋石 和栲
温室べなる水の凍光苣枯るゝ 飯田蛇笏 霊芝
温室や紫広葉紅広葉 歌原蒼苔
温室をかこむキャベツの畠かな 篠原鳳作
温室を出でて椿が正面に 岸本尚毅 鶏頭
温室を出る夕景のフオークソング 穴井太 土語
温室一歩曇る眼鏡に蘭百種 大津希水
温室仕事冬日二つを戴きつ 羽部洞然
温室出でて緑雨浴びたき旅人木 大島民郎
温室呆けするほどに入り浸りたし 右城暮石 上下
温室咲きのフリージヤに埋め奉り 竹下しづの女 [はやて]
温室咲を卓上に人の世に貧富 石塚友二 方寸虚実
温室村海に日迎へ海に送る 大野林火
温室耀りて産土神つつむ苺村 大熊輝一 土の香
温室花を摘む温室花に身を沈め 森岡花雷
温室越しに初日蕾の赤殖やす 大熊輝一 土の香
温床の紙りんりんと風の村 北 光星
湯の赤子出すごと温室の花抱く 大熊輝一 土の香
潮風や輪飾ゆらぐ温室の口 新井英子
白魚や温室つくりの胡瓜の花と 田中冬二 俳句拾遺
百合讃ふ温室の百合みな聴けり 橋本美代子
皇太子蘭の温室(むろ)出し酔ひごころ 筑紫磐井 婆伽梵
空見つつ温室の塵身にまとふ 原裕 葦牙
羽音もたぬ蝶の音階 満つ 温室 伊丹公子 アーギライト
花さはに温室より届く成人祭 塩谷はつ枝
花室や戸口に二つ上草履 岡本松濱
花温室がはじく海光粉なす蝶 林翔 和紙
花温室に漁具ものめきて寒の内 飯田蛇笏 霊芝
花温室に聖日懶情なるにもあらず 飯田蛇笏 霊芝
花温室のつづれる丘にエリカ咲く 広沢 道代
花温室の年立つ雨もふりやみぬ 飯田蛇笏 霊芝
花満ちて花温室くもるあらせいとう 伊丹さち子
蘭の香の温室にまはりて年賀かな 大熊輝一 土の香
足しげく訪ふ花温室やシクラメン 遠藤 はつ
軽く病み衣ずれ添へり温室の花 鍵和田[ゆう]子 未来図
郭公や温室より移すレタス苗 久田 澄子
重陽や温室の七棟灯ともりて 加藤 草杖
雪解けて大温室は水の音 長谷川櫂 蓬莱
霜柱の針の山中蘭の温室 殿村莵絲子 花寂び 以後
鞦韆やみなひらきある温室の窓 大橋櫻坡子 雨月

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

藺植う

藺植う

例句を挙げる。

かじかめる手のいつしんに藺を植うる 山口草堂
すぐに燃えつきる藁火や藺を植うる 上田土筆坊
ひしひしと霜の田ふかし藺を植うる 山口草堂
もろの手にしんじつ青き藺を植うる 山口草堂
五六人水明りして藺苗植う 高野素十
元日や吉備の国原藺を植うる 市川東子房
凍る寂けさ緑すつすと藺を植ゑる 加藤知世子 花寂び
双の手にしんじつ青き藺を植うる 山口草堂
吉備の野に藺植泣かせの風が又 梅谷かつゑ
四五枚の町中の田も藺植ゑたる 松藤夏山 夏山句集
天恵の日和よろこぶ藺を植うる 目野六丘子
感覚を失ひし指藺を植うる 平谷破葉
昃りしとき藺植女の空仰ぐ 岡崎 芋村
植ゑし藺の緑のうねり海明けくる 加藤知世子
植ゑし藺を梳き来る波や向ひ植う 三浦十八公
水張つて藺植仕度か古墳みち 向野楠葉
水鏡見るがごとくに藺を植うる 吉富平太翁
氷くだいて田舟動かす藺植かな 岩崎木哉
火の国の山々遠く藺草植う 西山 昌子
焚火ぐせつきて藺植のはかどらず 岩森富美子
茶碗酒妻も飲み干し藺を植うる 槙野幽泉子
藺の神の苑より藺草植ゑはじむ 赤尾冨美子
藺を植うるみんな不機嫌さうな貌 林大馬
藺を植うる水音のみの夕べかな 加藤しげる
藺を植うる筑後国原日一つ 兒玉南草
藺を植うる足に氷を裂きながら 葛岡伊佐緒
藺を植ゑしばかりのみどり見渡され 高浜年尾
藺を植ゑし指拭ひをり伯備線 酒井裕子
藺を植ゑて冬満月を水びたし 木村風師
藺植して火の国原の暗らきかな 小西須麻
藺植女の芯より冷えし貌をあぐ 坂田苳子
藺植見る田植とさして異らず 高濱年尾 年尾句集
藺田暗く植田明るし備前窯 殿村莵絲子 牡 丹
藺草植う空の深さに水張れり 玉城一香
藺草植う虫垂炎を散らし来て 攝津幸彦
風波の走りて藺苗植ゑにくゝ 住田満枝

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の虫

冬の虫

例句を挙げる。

吾妻の夜は虫絶えて水枯れて 前田普羅 春寒浅間山
幹たちが聴く虫絶えし雨音は 千代田葛彦 旅人木
日輪に青栗の虫老いにけり 飯田蛇笏 春蘭
残る虫老いてさめざめとは泣かず 鈴木真砂女
虫絶えし馬柵や越えゆく草の絮 小澤満佐子
虫絶えて姥捨の闇のこりけり 岡澤康司
虫絶えて簗に雨ふる落鰻 水原秋桜子
虫絶えぬ必滅刻む音あるのみ 石塚友二 方寸虚実
虫老ゆとおもふまぶたにひびきけり 岸田稚魚
蟲絶えし家並を低く夜の風 中島斌男
蟲絶えてゐるやも知れず二夜過ぐ 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
かた足の虫とびまけてをり落葉降る 冬の土宮林菫哉
すぐ褪むる西空の紅冬の虫 豊長秋郊
ともしびは人住むところ冬の虫 上田 操
仏灯のとどくところに冬の虫 箕浦須磨子
冬の虫しきりに翅を使ひをる 石田勝彦
冬の虫すずろに鳴くやあたたかき 松村蒼石 寒鶯抄
冬の虫ところさだめて鳴きにけり 松村蒼石 寒鶯抄
冬の虫オーデコロンの香にないて 菊川貞夫
冬の虫机上に来たり息をして 小檜山繁子
冬の虫聞えしと言ひ張りにけり 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬の虫草をほのりと立つて消ゆ 佐野良太 樫
冬の虫言はぬ一言とはに生く 加藤楸邨
冬の蟲すずろに鳴くやあたたかき 松村蒼石 露
冬の蟲ところさだめて鳴きにけり 松村蒼石 寒鶯抄
古典にも走り擬古にも紙の蟲 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
径といふ人の踏みあと冬の虫 新谷まこと
水を嗅ぐモーツアルト忌の冬の虫 大木あまり 雲の塔
火と水のいろ濃くなりて冬の虫 長谷川双魚
石垣に柚子の闇おき冬の虫 松村蒼石 雪
紙の蟲彼奴等は本を選ばざる 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
草山に夕日見送る冬の虫 宮沢映子
鳴くちからたまれば鳴きぬ冬の虫 竹内武城
鳴く力たまれば鳴きぬ冬の虫 竹内武城

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

紙漉

紙漉

例句を挙げる。

あはき灯の紙漉工房秋時雨 緑川 啓子
かりがねの夜を均して紙漉ける 北澤瑞史
きさらぎや獣くさき紙漉村 丸山嵐人
そうめんが川に沈める紙漉村 細見綾子 伎藝天
をちこちに夜紙漉とて灯るのみ 阿波野青畝
一と朝の紙漉き家族の蜆殻 加倉井秋を 『真名井』
一枚を念ずるごとく紙漉けり 山口誓子 方位
三椏や紙漉村は渓沿ひに 鈴木良花
冬をはる尾長が紙漉く小屋に来て 皆川盤水
凍解の水をまた練り紙漉ける 百合山羽公 寒雁
初晴れの蔀戸を揚ぐ紙漉場 立半青紹
卯花や塵紙漉が垣の隙 昌夏 選集「板東太郎」
口寒く紙漉女紙を使ひをり 萩原麦草 麦嵐
吹き込みしよべの雪凍て紙漉場 桑田青虎
墓山より鳥のつぶての紙漉村 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
夕ぐれておのが紙漉く音とゐる 長谷川素逝
大いなる日めくり紙漉女の上に 辻桃子
女の月日白き紙漉き重ねては 津田清子
妊りて紙漉く乳房冷々と 井筒紀久枝
娘と嫁の紙漉きし嵩ほゞ同じ 大橋敦子 母子草
婆・嫁・乙女の黙が深まり紙漉きだす 加藤知世子 花寂び
嬰かたはらにうなづきて紙漉けり 長谷川双魚 風形
山水の切れず凍らず紙漉ける 百合山羽公 寒雁
山裾や落花引き込み紙漉女 河野南畦 湖の森
廃されず老母の坐る紙漉場 百合山羽公 寒雁
廃屋と思ひしが紙漉く音す 今瀬剛一
手織縞着て新茶汲む紙漉婆 長谷川かな女 花 季
日々水に顔をさらして紙漉女 直江るみ子
日当ればすぐに嬉しき紙漉女 橋本多佳子
明け方の山近づけて紙漉けり 佐々木六戈 百韻反故 初學
春水のかなでそめつゝ紙漉けり 高濱年尾 年尾句集
春風や紙漉く水に玉襷 野村喜舟 小石川
曇り日の水の粘りや紙漉女 宮坂静生 樹下
杉に降る雪さらさらと紙漉場 西村公鳳
枇杷咲いて紙漉一戸一乙女 赤松[ケイ]子
枯木星ひとつぶ紙漉村眠る 迫田白庭子
死金を一壺に蓄めて紙漉婆 近藤一鴻
残菊や日ざし乏しき紙漉場 成瀬桜桃子 風色
水ぎわの光を揺らす紙漉女 武藤あい子
汚れたる灯の一つ垂れ紙漉場 大橋敦子 母子草
泡を吹き塵をつまみぬ紙漉女 湯浅五生
灯がひとつ紙漉く谷の夕紅葉 栗田やすし
焚火して紙漉村の川辺なる 所 山花
百漉けば百の祈りや紙漉女 林翔
秋の日のつるべ落しや紙漉村 鈴木真砂女 夕螢
秋澄むや紙漉く里の水の音 稲垣一雄
秋祭すめば女は紙漉きに 藤後左右
紅梅のしんじつ紅き紙漉村 馬場移公子
紙ふせの風のしめれる夜紙漉 中戸川朝人 残心
紙漉いてふぬけの爪よ日向ぼこ 田中英子
紙漉いて九官鳥も可愛いがり 京極杞陽
紙漉いて村に雪ばんばを殖やす 長谷川双魚 風形
紙漉きし昔の家の窓低し 森田峠 避暑散歩
紙漉きし水まだ敏く銀河の尾 中戸川朝人 残心
紙漉きのこの婆死ねば一人減る 大野林火
紙漉きのにほひ来る日や返り花 内田百間
紙漉きのひととゆびきりきれるまで 渋谷道
紙漉きの乾きし土間に手毬つく 長田等
紙漉きの家の雪庇の落ちんとす 山口誓子 一隅
紙漉きの山ふところに久女の碑 杉浦小冬
紙漉きの干し場に咲ける福寿草 田中冬二 俳句拾遺
紙漉きの廃れし沢に花楮 黒岩保行
紙漉きの母よりうすきものありや 齋藤愼爾
紙漉きの水音さむく暮れにけり 田中冬二 麦ほこり
紙漉きの紙とならざる滴りよ 塩川雄三
紙漉きの若水汲んでゐたりけり 坂内佳禰
紙漉きの薄紙かさぬ雪の界 大野林火
紙漉きの言葉の端も地の處女 津田清子
紙漉き女黙せり何か怺へをり 津田清子
紙漉くは寂しき故によく喋る 桜井一尾
紙漉くやましろの光ゆりおこし 平井照敏 天上大風
紙漉くや天の羽衣より薄く 有馬朗人(1930-)
紙漉くや小学校と谷距て 沢木欣一
紙漉くや橙のまたしぐれをり 大峯あきら 鳥道
紙漉くや水あるところ氷張り 大橋敦子
紙漉くや水いちまいを転ばして 白岩 三郎
紙漉くや水のつかれをあやしつつ 筒井しのぶ
紙漉くや水泳選手出でし家 大島民郎
紙漉くや汚れし雪をまだ置きて 百合山羽公 寒雁
紙漉くや薄氷掬ふごとくにも 高橋睦郎 金澤百句
紙漉くや雪の無言の伝はりて 細見綾子 黄 炎
紙漉くや鷽は来てゐし淵の上 藤田湘子
紙漉くを雁の羽音のごとく聴く 冨田みのる
紙漉く唄のよなあらぬよな末枯れに 内田百間 新輯百鬼園俳句帖
紙漉く家白鷲流るごと渡る 西村公鳳
紙漉く日近づく大き井を湛ふ 栗生純夫 科野路
紙漉く村一葦の水の貫けり 加倉井秋を
紙漉く灯月の庇の奥にかな 川村紫陽
紙漉に撃ちのこされし雉子鳴けり 米沢吾亦紅 童顔
紙漉に英霊門標古りにけり 米沢吾亦紅 童顔
紙漉のいのち梳きこむ紙のいろ 中村敏子
紙漉のこの婆死ねば一人減る 大野林火(1904-84)
紙漉のはじまる山の重なれり 前田普羅
紙漉の児等の紙漉あそびかな 吉田 立冬子
紙漉の天気都合や初霙 井月の句集 井上井月
紙漉の娘と浮舟のことなどを 橋本 薫
紙漉の寡黙もらせば八女訛り 赤松[けい]子 白毫
紙漉の手鏡己れのみ映す 津田清子 二人称
紙漉の村より賀状和紙白し 山崎和賀流
紙漉の梅の日向は猫歩く 森澄雄
紙漉の槽に匠の息太し 大川輝子
紙漉の止みて夜に入る沢の音 島田 尚子
紙漉の濡れ手そのまま娶るべし 辻田克巳
紙漉の神技手技里に雪 文挟夫佐恵
紙漉の舟の上なる鏡餅 市川三三
紙漉の荒れも見せざる男指 ふけとしこ 鎌の刃
紙漉の裾より寒さひろがりぬ 石田あき子
紙漉の跡ひそひそと冬の水 殿村莵絲子
紙漉の里なれば濃し川の紺 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
紙漉は枯野に住みて日和かな 渡辺水巴 白日
紙漉もやめて遠退く冬山家 百合山羽公 寒雁
紙漉やとぷとぷ水の裏返る 山田弘子 初期作品
紙漉や日あたれば又石叩き 大峯あきら 鳥道
紙漉や水を平らにあやしつつ 嶋田麻紀
紙漉を三日休めば水逸る 行方克己 昆虫記
紙漉を天職として村を出ず 清宮文江
紙漉を見て彳めば暮早き 風生
紙漉を見にきて鼻を赤くせる 瀧澤伊代次
紙漉唄ありて青嶺の富める村 神尾久美子 桐の木
紙漉場物込み合ひて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙に成れざる氷浮く 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙漉く音の濡れてゐし 福井貞子
紙漉場高野の冷えのつづきにて 山口波津女
紙漉女しづかに立居振舞へり 佐藤美恵子
紙漉女と語る水音絶間なし 橋本多佳子
紙漉女に「黄蜀葵糊」(ぬべし)ぬめぬめ凍てざるもの 橋本多佳子
紙漉女ねむれる髪に水ながれ 北さとり
紙漉女冬万灯をゆくごとし 栗林千津
紙漉女冬百日の手炉ひとつ 石田波郷
紙漉女水のかがやきなりしかな 影島智子
紙漉女水の暮色をしたたらす ほんだゆき
紙漉女浮ぶ一穢も見のがさず 山口白甫
紙漉女稼ぎを問はれ恥ぢらひぬ 細見綾子 黄 炎
紙漉女襟巻のことを私話めけり 萩原麦草 麦嵐
紙漉川おはぐろとんぼ早や出でし 細見綾子 天然の風
紙漉村嫁に出さぬをしきたりに 影島智子
薄氷か紙の水子か紙漉場 百合山羽公 寒雁
藤垂れて紙漉くひとりふたり見ゆ 相生垣瓜人 微茫集
藪の中紙漉く家のありといふ 田中冬二 行人
跡つぐ子槽を並べて夜紙漉 大野林火
阿武隈山なみ黒く赫くて紙漉く家 瀧 春一
雪しろや紙漉村の畦もつれ 西本一都 景色
雪を来て紙漉く人と立話 高橋睦郎 金澤百句
雪解風紙漉小屋をゆさぶりぬ 森重昭
雲残る田に紙漉きし水落とす 栗田やすし
露暁の灯に手もつれて紙漉けり 森川暁水 淀
頬照りて若き紙漉き雪解川(内山村) 橋本榮治 越在
風邪声を紙漉く水に俯向ける 殿村莵絲子 遠い橋
風鳴りに眼を休めをり紙漉女 猪俣千代子 堆 朱
鳶飛んで木の雪落す紙漉き場 細見綾子 黄 炎
かきまはすことより紙を漉き始む 関森勝夫
すたれゆく業を守りて紙を漉く 藤丸東雲子
たゞ一戸たゞ一槽や紙を漉く 森田峠 逆瀬川以後
ちり紙に漉込るゝな風のてふ 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
ひと槽は鯉紙を漉く長簀かな 西本一都 景色
まだ水の重みの紙を漉き重ね 今瀬剛一
一峡に充ちし一姓紙を漉く 林十九楼
一枚の紙を漉く間の照り昃り 江川虹村
一枚の雲の如くに紙を漉く 井桁白陶
一画家の望みに叶ふ紙を漉く 森田峠 逆瀬川以後
万緑や波をつくりて紙を漉く 近藤静輔
五箇山は雪解のさなか紙を漉く 石原 緑
勘といひ根気てふもの紙を漉く 板場武郎
勘といふ決め手素早き紙を漉く 関口ふさの
同じ紙三世も漉きて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
名人は概ね無口紙を漉く 鎌倉園月
嗣ぐ子あり漆漉く紙すき続け 田中英子
国栖人はさくらの色の紙を漉く 加藤三七子
天井を汚すなりはひ紙を漉く 森田峠 避暑散歩
如月の漉く紙水にうつりけり 萩原麦草 麦嵐
子に託す一縷の望み紙を漉く 小川翠畝
山茶花や羽衣いろに紙を漉く 伊藤敬子
峡より峡に嫁ぎて同じ紙を漉く 橋本多佳子
崖下に沈む一戸や紙を漉く 鳴沢富女
手温めへ紙を漉く手のふるへつつ 皆吉爽雨
掻棒に水を覚まして紙を漉く 大森井栖女
揺らしては紙に漉きこむ桜かな 長谷川櫂 蓬莱
新しき波を育てて紙を漉く 稲田 眸子
書き初めの紙は石見の手漉紙 田中冬二 冬霞
朝顔や塵紙を漉く一つ家 正岡子規
枯野宿陸奥紙は漉けるかな 野村喜舟 小石川
楮剥ぐ指より湯気の逃げてゆく 毛利提河
水責の道具揃ひて紙を漉く 後藤夜半
漉きあげし紙まだ水の光もつ 金藤優子
漉きなほす紙の臭や冬の蝿 内田百間
漉き紙のほの暗き水かさねたり 矢島渚男 采薇
漉き紙の仮の世界に雪降れり 和田悟朗
漉き紙の屑焚き西行忌なりけり 迫田白庭子
漉き舟にをどる日射や紙を漉く 西川かずを
漉く紙のほの暗き水かさねたり 矢島渚男
漉く紙のまだ紙でなく水でなく 正木ゆう子 静かな水
漉槽のさざなみを汲み紙となす 大石悦子 群萌
白といふしづかな色の紙を漉く 大崎ナツミ
白菊はそびらの明り紙を漉く 加藤知世子 花 季
目のくばり止りし紙の漉き上る 後藤夜半 底紅
目の疎き父にかはりて紙を漉く 後藤夜半 底紅
粗壁に裸灯淡し紙を漉く 山田和子
粗壁を貫く筧紙を漉く 谷口雲崖
紙を漉くにおい草木に父母埋まり 井沢子光
紙を漉くひたひたと泣く暇も無し 今瀬剛一
紙を漉く一人一人の音ちがふ 大西不葉
紙を漉く匂ひの村となつてゐし 江口久子
紙を漉く四角に水を掬ひては 柊 愁生
紙を漉く国栖の翁の昔より 田畑比古
紙を漉く女の業に寒明くる 長谷川かな女 雨 月
紙を漉く強くたしかに世襲の手 高橋悦男
紙を漉く技も曾っての武蔵紙 高澤良一 ぱらりとせ 
紙を漉く明治と同じ雪明り 長田等
紙を漉く水を平らになだめつつ 吉田 素直
紙を漉く灯のちらばりて村をなす 森田峠 避暑散歩
紙を漉く簀の面に浮きてくる白さ 小田切ふみ子
紙を漉く背山の墓に日の当り 中戸川朝人 残心
紙を漉く静かな業の為人 森田峠 避暑散歩
紙を漉く音たぼたぼと暮れにけり 小倉英男
紙を漉く音を正しく繰返す 橋田憲明
紙一枚漉く間に老ゆる女かな 小泉八重子
翠巒や風を漉き込む吉野紙 倉田勝栄(けごん)
老いぬれど手馴仕事と紙を漉く 岡崎多佳女
而も誇らず天衣無縫の紙を漉く 加藤かけい
荒ら使ふ水の光りに紙を漉く 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
薄き紙はげしく練りし水に漉く 百合山羽公 寒雁
谿を出ぬ一生や紙を漉く女 長谷川素逝
谿空に錆びし日輪紙を漉く 長谷川素逝
貫ける太梁一つ紙を漉く 深見けん二
身のしなひややに失ふ紙を漉く 赤松[けい]子 白毫
雁やひと日漉きたる紙の量 鈴木真砂女 夕螢
雪匂ふ鳥の子紙の漉雫 影島智子
雪国のひかりを紙に漉き込める 三森鉄治
風の音なき日は淋し紙を漉く 原田青児
風鳴るや雪の匂の紙を漉く 丸山美奈子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-24 00:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング