2014年 12月 25日 ( 10 )

牡蠣飯

牡蠣飯

例句を挙げる。

ゆくりなく客とくつろぐ牡蠣飯に 片桐美江
牡蠣飯のうらに浜名湖浪さむし 百合山羽公 故園
牡蠣飯やいつより夫を待たずなりし 大槻千佐
牡蠣飯を炊く古釜を磨きけり 岩崎富美子
牡蠣雑炊われら明治に育ちけり 伊東余支江
牡蠣雑炊心通へる人と居て 佐藤絹子
西空透く夜は牡蠣雑炊ときめ 北原志満子
さそはれて千鳥を聞きに牡蠣船へ 清原枴童 枴童句集
ナプキンの角に日あたり牡蠣料理 桂信子 遠い橋
レモン添え外食めきぬ牡蠣フライ 高澤良一 寒暑 
十月や牡蠣舟を出てたたかひに 森澄雄 雪櫟
吹きあれる夜の牡蠣料理一人分 澁谷道
大阪にまたなき雪や牡蠣船へ 大橋桜坡子
岸の灯に牡蠣船の灯のはなれけり 尾崎迷堂 孤輪
広島の暮れて牡蠣船灯る頃 松本圭二
廓ぬちやまた牡蠣舟へ下りる路地 後藤夜半 翠黛
揺れてゐることを忘れて牡蠣船に 稲畑汀子
橋に来て牡蠣舟もなし枯柳 雑草 長谷川零餘子
水底に死魚の骨揺れ牡蠣舟揺れ 桂信子 黄 瀬
灯をともし牡蠣舟さらに暗くなる 後藤立夫
牡蠣フライ、ジョン・F・ケネディー忌であった 池田澄子
牡蠣フライひとの別れに隣りたる 加藤楸邨
牡蠣フライ食べ十二月八日かな 石川文子
牡蠣舟とわかる一つが帰り来る 児玉輝代
牡蠣舟に上げ潮暗く流れけり 杉田久女
牡蠣舟に天満の市の焚火見ゆ 後藤夜半 底紅
牡蠣舟に年惜しみけり太田川 冨田みのる
牡蠣舟に揺られごころの旅情かな 五十嵐播水 播水句集
牡蠣舟に波の明暗寄せ返す 稲畑汀子 汀子第二句集
牡蠣舟に流るる塵も夜なれや 宮部寸七翁
牡蠣舟に猶人目ある頭巾かな 塩谷華園
牡蠣舟に舞妓が乗れば灯の揺るる 梶山千鶴子
牡蠣舟に裏より見たる淀屋橋 三木由美
牡蠣舟に逢ふ約束の時来り 高濱年尾 年尾句集
牡蠣舟に雨宿りせり淀屋橋 冨田みのる
牡蠣舟のしづかなる灯の上の街 比奈夫
牡蠣舟の並んで氷る干潟かな 古白遺稿 藤野古白
牡蠣舟の六つの日除一つ破れ 高濱年尾 年尾句集
牡蠣舟の味噌の匂ひが酔誘ふ 星野椿
牡蠣舟の女の誰も安芸門徒 田中冬二 俳句拾遺
牡蠣舟の手摺すれすれ夜の汐 下村梅子
牡蠣舟の灯に海の靄流れけり 石原八束
牡蠣舟の灯りゐ人気なき障子 後藤比奈夫 初心
牡蠣舟の舳をゆく月の芥かな 岸風三樓
牡蠣舟の首かしげたる小行燈 今泉貞鳳
牡蠣舟へ下りる客追ひ廓者 後藤夜半 翠黛
牡蠣舟やよべの小火の穢うちかづき 後藤夜半 翠黛
牡蠣舟や旅の難波の冬こもり 尾崎紅葉
牡蠣舟や芝居はねたる橋の音 島村元
牡蠣舟や障子細目に雪を見る 高橋淡路女 梶の葉
牡蠣舟を出るや牡蠣割既になし 五十嵐播水 播水句集
牡蠣船にもちこむわかればなしかな 久保田万太郎(1889-1963)
牡蠣船に商談移す夜の雨 大島民郎
牡蠣船に坐し地下鉄の工事音 右城暮石 上下
牡蠣船に大阪一の艶話かな 河東碧梧桐
牡蠣船に寄らずの水の関所なる 久米正雄 返り花
牡蠣船に寒江音なく流れけり 島村元句集
牡蠣船に居て大阪に来てゐたり 池内たけし
牡蠣船に屋号はありて船名なし 西島陽子朗
牡蠣船に暗き夜潮の匂ひかな 阿部美吉
牡蠣船に頭低めて這入りけり 温亭句集 篠原温亭
牡蠣船のこと大阪の頃のこと 阿陪青人
牡蠣船のもの捨てしめし障子かな 大橋櫻坡子 雨月
牡蠣船の上に橋あり夜空あり 中川蓬莱
牡蠣船の上や師走の橋の音 島村元句集
牡蠣船の前の中座の櫓かな 中村吉右衛門
牡蠣船の大繁昌や除夜の鐘 清原枴童 枴童句集
牡蠣船の小さき玄関灯りぬ 有本春潮
牡蠣船の少し傾げる座敷かな 日野草城
牡蠣船の提灯の雨ざらしなる 高浜年尾
牡蠣船の揺るゝと知らず酔ひにけり 吉田冬葉
牡蠣船の満潮といふ揺れにあり 山田弘子 こぶし坂
牡蠣船の灯に坐りたる疲かな 清原枴童 枴童句集
牡蠣船の煙這ふ水や流れをる 瀧井孝作
牡蠣船の薄暗くなり船過ぐる 高浜虚子
牡蠣船の間取の中の奥座敷 山崎みのる
牡蠣船の障子や波をひからせて 角 光雄
牡蠣船へ下りる客追ひ廓者 後藤夜半
牡蠣船やまた一トくみの夫婦客 久保田万太郎 流寓抄
牡蠣船や原爆ドーム灯をもたず 延平いくと
牡蠣船や夜の雪堆く覚めてあり 山口誓子
牡蠣船や旅のつづきにゐる如く 山田弘子 こぶし坂
牡蠣船や芝居はねたる橋の音 島村元句集
牡蠣船や静かに居れば波の音 日野草城
牡蠣船より凍てし大地へ渡りけり 島村元句集
牡蠣船を出しが灯らず別れけり 西山泊雲 泊雲句集
牡蠣船を揺らしてゐしは仲居らし 後藤立夫
牡蠣船を赤い襷のちらちらす 川崎展宏
牡蠣鍋に肝胆照らすこともなし 後藤比奈夫 花びら柚子
牡蠣鍋の滴惜しんで敗の民 石塚友二 光塵
牡蠣鍋の葱の切つ先そろひけり 水原秋櫻子
牡蠣鍋や今宵は雪とうらなひて 水原秋櫻子
牡蠣鍋や狂はぬほどに暮しをり 大木あまり 雲の塔
牡蠣鍋や陰陽の水廻り来て 照子
矢印は下へと向きて牡蠣船へ 森田峠 逆瀬川
舟通るたびに牡蠣船ゆれにけり 浦上新樹
雨足の見えて牡蠣船灯りけり 貞吉 直子
電線の一本岐れ牡蠣舟へ 橋詰沙尋
風花や牡蠣船朝のふき掃除 清原枴童 枴童句集

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

雑炊

雑炊

例句を挙げる。

ありなしの葱雑炊に舌焼かん 森夢筆
いい仲間ゐて雑炊で締めくくる 松井のぶ
うつし世に情なからめや芋雑炊 澄雄
すつぽんの雑炊すする光悦忌 倉持嘉博
どっこいしょ独りの夜の雑炊に 中田亮
みぞるるや雑炊に身はあたたまる 飯田蛇笏 山廬集
もの言へば雑炊焦げの舌にがし 草田男
やがて座も河豚雑炊に終りけり 高浜年尾
ゆつくりと腑にゆきわたる河豚雑炊 佐川広治
一人だけ雑炊あとはみんな蕎麦 久保田万太郎 草の丈
共に雑炊喰するキリスト生れよかし 中村草田男
唇を芹雑炊が焦しけり 前田普羅 新訂普羅句集
国籍を問へば雑炊煮えたぎる 櫂未知子 貴族
夕顔に雑炊あつき藁屋かな 越人
妻の顔まぢかに風つのる夜の雑炊 栗林一石路
愛憎や鮭雑炊の塩加減 上村占魚
探梅の記事あり雑炊の朝餉了ふ 原田種茅 径
昼は雑炊夜はシチューに風邪寄せず 高澤良一 随笑 
書斎時を惜しみ雑炊はこばしむ 皆吉爽雨 泉声
死神の素通りしたり韮雑炊 小泉八重子
河豚雑炊あつしあつしとめでて吹く 秋櫻子
河豚雑炊とや吹くさまのをかしけれ 吉田鴻司
海に降る雪を見てこし菜雑炊 長谷川櫂 古志
灯の町は見知らぬに似て鴨雑炊 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
父が愚痴の舌焦がしけり鰻雑炊 大石悦子 群萌
牡蛎雑炊煮えたつ迄のひとり言 平岡喜美子
玉蔵す如くに頬や雑炊吹く 上野 泰
直会の雑炊煮立つ神楽笛 佐川広治
職引いて雑炊好きな母のそば 高澤良一 随笑 
背筋丸めてゐたりしが鰻雑炊 神崎忠
臘八や今朝雑炊の蕪の味 惟然
艸がれに雑炊すゝる樵夫かな 加舎白雄
若き父となり雑炊を吹き凹ます 三谷昭 獣身
蓬雑炊共にすすりて鳩間節 影島智子
薯雑炊好みし父の出世せず 松下 のぶ
蟹雑炊吹いて明るき濤頭 福島勲
誰かしる今朝雑炊の蕪の味 惟然
逢はずば知らぬ人のひとりや鴨雑炊 大石悦子 聞香
雑炊となりし宴に浪の音 中戸川朝人 尋声
雑炊にたちまち霽るる葱のいろ 長谷川櫂 古志
雑炊にともし火ひくく下ろしけり 高橋淡路女 梶の葉
雑炊にぬくもり口は一文字 普羅
雑炊に寺の子四方の襖より 赤松子
雑炊に月の明りの栄華哉 青蘿
雑炊に添へてちりめんじやこ少し 草間時彦
雑炊に生きて百書の志 遠藤梧逸
雑炊に舌をこがして勿体なし 風生
雑炊に舌打ちしたるさびしさよ 能村登四郎
雑炊に蟹のくれなゐひそめたる 山田明子
雑炊に非力ながらも笑ひけり 高浜虚子
雑炊のきらひな妻や冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
雑炊のほのぼのしさをすすりこむ 松澤昭 宅居
雑炊の名もはやされて薺哉 支考
雑炊の淡さ馴れ来し夏書かな 志田素琴
雑炊の湯気吹きこころ岐路に立つ 稲垣きくの 黄 瀬
雑炊の腹ごぼと鳴る火鉢かな 富田木歩
雑炊の色も雪間の薺かな 几董
雑炊の薬味異なる夫婦かな 三橋鷹女
雑炊の韮片よせて風邪長し 石川桂郎 高蘆
雑炊もみちのくぶりにあはれなり 青邨
雑炊も人のなさけもさびしかり 河野南畦
雑炊やこけしづくりの子沢山 瀧 春一
雑炊やこの風吹けば時化長し 高平春虹
雑炊やつくづく不肖なることも 永井龍男
雑炊やながき余生の厨ごと 和田 祥子
雑炊や一すぢ青き山の幸 鷹羽狩行
雑炊や世をうとめども子を愛す 小林康治 四季貧窮
雑炊や古妻のたゞまめやかに 高橋淡路女 梶の葉
雑炊や夜更かしの灯に茂吉の書 角川春樹
雑炊や後生大事といふことを 高浜虚子
雑炊や戯れ語の父のけぶらへる 大橋敦子 匂 玉
雑炊や格子戸暗きわが生家 村山古郷
雑炊や猫に孤独といふものなし 西東三鬼
雑炊や病後の奇しき健啖に 爽雨
雑炊や箸蕗味噌に度かさね 及川貞
雑炊や老の風邪には薬なき 水原秋櫻子
雑炊や茫々切手をなめる舌を出す 川口重美
雑炊や酔ひても母に仕へけり 小林康治 四季貧窮
雑炊や頬かゞやきて病家族 石田波郷
雑炊をこのみしゆゑに遁世し 高浜虚子
雑炊をすゝる母はも目をつむり 加藤蛙水子
雑炊をふきふき啜るひとり言 田中冬二 俳句拾遺
雑炊をよろこぶ我は戦中派 森田峠 三角屋根
雑炊を吹きくぼませて二人かな 原 柯城
雑炊を吹きつ家系を思ひけり 堤白雨
雑炊を吹く日も空の氷河照る 坪内稔典
雑炊を炊かんシベリヤ風の夜は 高橋 向山
雑炊を覚えて妻の留守に馴れ 小竹由岐子
韮雑炊いよいよ素なる我が暮し 小原菁々子
韮雑炊吹きさますなり摂取不捨 殿村菟絲子
韮雑炊命惜しまん気も少し 大石悦子 聞香
韮雑炊青ゆっくりと混りたる 成田清子
鴨を得て鴨雑炊の今宵かな 松本たかし
鴨雑炊雨に容赦のなかりけり 増成栗人
おじやして一息つける雨の昼 高澤良一 素抱 
三寒の昼餉おじやに腹が足り 高澤良一 素抱 
利尻メカブおじやうましよ当店は 高澤良一 素抱 
風邪の子のついでのおじやもらひけり 小島健 木の実

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

里神楽

里神楽

例句を挙げる。

あをあをとをはりのとばり里神楽 加倉井秋を
おほらかに神代はみだら里神楽 平畑静塔
かゞりよく燃えてはじまる里神楽 小川純子
どろどろと大蛇のたうつ里神楽 安達梅子
むつかしき拍子も見えず里神楽 曽 良
可笑しみは悲しみに似て里神楽 松原珀子
堅田衆漕ぎつらね来し里神楽 米沢吾亦紅
大いなるたぶの幹あり里神楽 加藤三七子
大太刀を抜き放ちたる里神楽 佐々 波二
大蛇出るまで目がもたず里神楽 浦野芳南
大釜に雪の舞ひこむ里神楽 石川芙佐子
天駆けし鬼が息継ぐ里神楽 山本 允
子供少し見てゐる雨の里神楽 本田あふひ
山の音人等にかよひ里神楽 田室澄江
山車かつぐ乙女のありて里神楽 中村きみ子
巫女の手は衣にかくす里神楽 斉藤夏風
庖丁風神杉ゆすり里神楽 浦野芳南
座布団を積みて神の座里神楽 盛生晶子
朝寒の笛がうながす里神楽 廣瀬直人
泣けば泣く面となりて里神楽 八染藍子
湧く霧に鬼面したたる里神楽 松本幹雄
甲斐駒に月のしたたる里神楽 橋本榮治 逆旅
痩身の手力男なり里神楽 鷲野蘭生
盲ひゐてこの世のことの里神楽 小内春邑子
直会の煮しめの匂ふ里神楽 佐川広治
神となり幕引きとなり里神楽 常重 繁
神を呼び嬶さを呼べり里神楽 西本一都
程のあはぬ烏帽子曲れり里神楽 渡辺波空
笛方は一人にて足る里神楽 松井恭子
笛方は真顔なりけり里神楽 木内彰志
篝火に魚臭わきたつ里神楽 米澤吾亦紅
群衆にまじりて虚子や里神楽 橋本鶏二 年輪
老いて尚笛を一途に里神楽 橋本一水
老どちに茣蓙席冷ゆる里神楽 山田弘子 初期作品
耶馬渓の奥の奥なる里神楽 秋山 万里
背のまろき神もまじりて里神楽 部谷千代子
色好む鬼のあはれも里神楽 上田五千石 琥珀
花道の一歩が一里里神楽 八染藍子
草分けて用たすひとり里神楽 桂信子 遠い橋
荒神の御幣倒しぬ里神楽 福田蓼汀 山火
荒縄のあらはに見ゆる里神楽 伊藤通明
討たれたる鬼が主役の里神楽 角川春樹
訥々舞ひ延々と里神楽 外川正市
足許に月のさし込む里神楽 稲荷島人
遅々として神のまぐはひ里神楽 橋本榮治 越在
酒臭き小笛の息や里神楽 会津八一
里の子の楽屋覗ける里神楽 山田弘子 初期作品
里神楽うしろを暗き川流れ 岸原清行
里神楽こと分らねど面白き 星野立子
里神楽てらてら赤き天狗面 大橋敦子 匂 玉
里神楽一燈のもと暗く舞ふ 田村了咲
里神楽出を待つ畑の菜を賞めて 平畑静塔
里神楽出を待つ鬼が子をあやす 橋本五月
里神楽化粧にかくす農夫の手 金堂豊子
里神楽引幕の外の猿田彦 大橋敦子 匂 玉
里神楽恋の仕草の今昔 高井良秋
里神楽懐の子も手をたゝく 小林一茶
里神楽時雨に白き顔並ぶ 沢木欣一
里神楽月光剣にのりうつり 野島抒生
里神楽果てて獅子座のこぼれ星 沼澤 石次
里神楽果てて酔余の鬼哭けり 石井青歩
里神楽森のうしろを汽車通る 高浜虚子
里神楽楽屋を覗く月と子よ 田口秋思堂
里神楽渚に子等はひかりつつ 松林朝蒼
里神楽父の背姿覚えをり 香取佳津見
里神楽秋の田の額昔より 阿波野青畝
里神楽藁の大蛇を退治けり 紅青
里神楽裸電球揺れどほし 小林篤子
里神楽見てゐて邪(よこしま)なきごとく 清水平作
里神楽見て来し手振りして話す 高木晴子
里神楽赤子泣くたび砂緊る 村田小夜子
里神楽輪廻の舞をくりかへし 小原牧水
里神楽面が笑顔で泣けばかなし 池内友次郎 結婚まで
里神楽馬鹿面とれば真顔なり 向山古峡
面つけて猿になりたる里神楽 加藤高秋
面とればをさな顔なり里神楽 田村了咲
面とればキリリと男里神楽 成瀬正とし 星月夜
面ンの中の目が見えてをり里神楽 橋本鶏二 年輪
須佐之男命も老いし里神楽 長山芳子
風除の蓆を四方に里神楽 藤原大二
駄菓子屋も端座して見る里神楽 佐川広治

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯蘆

枯蘆

例句を挙げる。

ああ幼き日この道をもらわれて来し枯芦 松尾あつゆき
この風にこの枯蘆に火かけなば 橋本多佳子
とどまれる陽に花あげて芦枯るる 中村汀女
ひしひしと冬浪寄せて枯葦なり 村上しゆら
ほそぼそと枯葦そろふ古沼かな 飯田蛇笏 山廬集
むせぶとも蘆の枯葉の燃しさり 曾良
やすらぎは枯蘆の魂風に乗り 松村蒼石 雪
よんどころなく枯葦となりゐたり 行方克巳
一と刷毛の枯芦に釣人を置く シヤツと雑草 栗林一石路
三月の枯葦原は遠くうすれ 松村蒼石 雁
凍てほそり来るや枯葭片よりつ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
刈りすゝみゆき枯芦に囲まるる 稚魚
刈葦の枯葦に立てかけてある 京極杞陽 くくたち下巻
古利根の夕日に灼けて蘆枯れし 石井とし夫
古利根や枯蘆に日の留まれる 中村千代子
埋立つる枯芦の水溢れて臭ふ 原田種茅 径
墓穴暗む路傍枯葦ざんばらに 成田千空 地霊
夕日どき製鉄所も影を枯芦へ 宮津昭彦
夕星の寒さ枯芦の根より石間より シヤツと雑草 栗林一石路
夕暮のひかりとなりて芦枯るる 青柳志解樹
夕茜枯芦くらき波まとふ 鷲谷七菜子 雨 月
大沼の島に紅葉と枯葭と 高木晴子 晴居
大淀の景をひろげて蘆枯るる 塩見武弘
大阪の出はづれに芦枯れにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
太陽へ枯芦をたつ大鴉 佐野美智
対岸の枯蘆までは道狭く 星野椿
川なりに川巾なりに葦枯るる 榎田きよ子
川に近づきて枯葦の葉のひかり 中拓夫 愛鷹
己が影枯葦原を移りゆく 斎藤キヌ子
底にとどく櫂の手ごたへ葦枯れて 桂信子 花寂び 以後
底焼きし船横ふや蘆枯るゝ 大須賀乙字
影さして舟の鵜籠や蘆枯るゝ 飯田蛇笏 霊芝
彼岸過ぐ枯葦がうすももいろに 蒼石
恋するも恋はるるも葦枯れてのち 柿本多映
捨てゝあるもんどりらしや芦枯るゝ 高濱年尾 年尾句集
揖斐川の葦枯れたりし昼夜帯 伊藤敬子
旅は北へ枯芦の風先立てて 山口草堂
枯れ芦の擦れ合ふ音に日の匂ひ 斉藤たま江
枯れ蘆の日に日に折れて流れけり 闌更
枯芦におよぶわづかの日を愛す 安住敦
枯芦に一句捻るか白鷺は 高澤良一 燕音 
枯芦に名を知らぬ鳥のむくろかな 島村元句集
枯芦に大阪沈む煙かな 橙黄子 (淀川)
枯芦に対す先師に対すごと 高澤良一 燕音 
枯芦に春風吹けば目高かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯芦に昼のちかづく仄かなり 松村蒼石
枯芦に曇れば水の眠りけり 阿部みどり女 『微風』
枯芦に沼浪荒くなりにけり 松藤夏山 夏山句集
枯芦に火を放ちたり渡守 竹冷句鈔 角田竹冷
枯芦に田舟を負うて戻りけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
枯芦に男出でたり鶏提げて 宮田正和
枯芦に越流堤の風尖る 町田しげき
枯芦に黄昏色の童女ゆく 阿部みどり女
枯芦のそよぎ静かなる夕ベを見返る 人間を彫る 大橋裸木
枯芦の一本づつのちがふ声 長田等
枯芦の一本づつの日暮かな 岸田稚魚
枯芦の中あたゝかき舟の路 比叡 野村泊月
枯芦の中に沈めり沈み橋 阿部 美津子
枯芦の中の水路も海の色 北澤瑞史
枯芦の中へ~と道のあり 池内たけし
枯芦の中淋しめば空仰ぐ 山田弘子
枯芦の光量この世だけでよし 倉橋羊村
枯芦の匂ひまとひて帰りけり 仙田洋子 雲は王冠
枯芦の微塵もとめず吹きなびく 松村蒼石 寒鶯抄
枯芦の日に呟くを俳言と 高澤良一 燕音 
枯芦の日に日に折れて流れけり 闌更
枯芦の明るさあふみに来た甲斐あり 高澤良一 燕音 
枯芦の昼五位鷺を沈めをり 坊城としあつ
枯芦の景に入りゆくわが齢 文挟夫佐恵
枯芦の最後の絮も翔ばしけり 高橋利雄
枯芦の枯るるをいそぐほかはなし 木下夕爾
枯芦の根元に萌ゆるそれも芦 鈴木真砂女 夕螢
枯芦の根水に夕日映りけり 大谷句佛 我は我
枯芦の水路は鮒の通りみち 高澤良一 燕音 
枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映
枯芦の沖へ沖へと耳立つる 山田みづえ 草譜
枯芦の玲瓏と空ばかりかな 村上麓人
枯芦の空の海あるさま シヤツと雑草 栗林一石路
枯芦の葉をちぎりたるつむじかな 松藤夏山 夏山句集
枯芦の葉屑浮く水動きをり 高澤良一 燕音 
枯芦の西は太陽のほか行かず 鷹羽狩行 平遠
枯芦の遠きものより夕焼す 山田みづえ 手甲
枯芦の音聞いて来し耳飾 佐藤和夫
枯芦の風音通ふ旅寝かな 草間時彦 櫻山
枯芦は静かな水の面を剌せり 高橋馬相 秋山越
枯芦も塔もやさしきたたずまひ 稲垣きくの 黄 瀬
枯芦やうす雪とぢし水の中 木歩句集 富田木歩
枯芦やされどひらけし景一つ 久保田万太郎
枯芦やにぶき艪音の近づきて 芳賀雅子
枯芦やぽつぽつと雀飛び出たり 北原白秋 竹林清興
枯芦やわれを導く星を見つ 野見山朱鳥
枯芦や低う鳥たつ水の上 麦水
枯芦や大沢の雪降る池にやすらぎぬ 橋本夢道 『無類の妻』以後
枯芦や日かげ小暗らき家そがひ 木歩句集 富田木歩
枯芦や日に~風の騒はしき こさふえ(胡沙笛) 秋元洒汀、市岡傳太編
枯芦や渡良瀬川は風の川 岸田稚魚
枯芦や破船一隻突きさゝり 徳永山冬子
枯芦や舟に乗せたる犬騒ぐ 雉子郎句集 石島雉子郎
枯芦や野原の中の昼の月 古白遺稿 藤野古白
枯芦や難波入江のささら波 鬼貫
枯芦をあひる廻つて来りけり 松藤夏山 夏山句集
枯芦を刈りて洲崎の廓かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯芦を手懸かりにして氷かな 立花北枝
枯芦を金色の日がつつむなり 柴田白葉女
枯芦を隔てたる人倉に入る 木村蕪城 寒泉
枯芦暮色音すべて消ゆ刻のあり 川村紫陽
枯葦にひと日平らな空と水 桂信子 黄 瀬
枯葦に曇れば水の眠りけり 阿部みどり女
枯葦に火をつけしとき列車過ぐ 松村蒼石 春霰
枯葦に舫ひありしは海の船 行方克巳
枯葦に薄明いずこより来たる 和田悟朗
枯葦に雨しと~と年いそぐ 竹下しづの女 [はやて]
枯葦のさやげる音を刈り減らす 羽部洞然
枯葦の丈高きまま水ゆかず 鳥居美智子
枯葦の刈られし株もなほ枯るる 吉野義子
枯葦の只中に入り枯れにけり 町田しげき
枯葦の折れ重なりて蟹の穴 寺田寅彦
枯葦の撥止とかへす吾が歌声 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
枯葦の水の中なる葉のみどり 拓夫
枯葦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映
枯葦の肥後に海なし湖の色 古舘曹人 能登の蛙
枯葦の色なく立てる日矢の中 鷲谷七菜子 黄 炎
枯葦の茫々と艶雪解川 澤木欣一
枯葦の辺に夜の路をうしなひぬ 竹下しづの女句文集 昭和十五年
枯葦の風の形にでんでら野 久保羯鼓
枯葦や叫びたきとき息殺す 鍵和田釉子
枯葦や大河は持たぬ川の音 中村明子
枯葦を手折りて持てばこぼるる日 原裕 葦牙
枯葦を掴めば風の手に聞こゆ 金箱戈止夫
枯葦を瞳につめこんでたちもどる 富澤赤黄男
枯葦原たつぷりと日の匂あり 小野恵美子
枯葦原他界のひかりはばからず 和田知子
枯葦原必死のいろに火を待てり 蒼石
枯葭の隔つ荒磯と麦畑と 高濱年尾 年尾句集
枯蘆におよぶわづかの日を愛す 敦
枯蘆にくれなゐ残るはつかかな 高橋睦郎 舊句帖
枯蘆にしろがねの猫うづくまる 鶏二
枯蘆にたゝみて消ゆる湖の波 福井圭児
枯蘆にやゝぬきん出て湖中句碑 三沢久子
枯蘆に傾城町の夕日哉 百里
枯蘆に娼婦のうたの洩る月夜 瀧春一 菜園
枯蘆に岸の椿や隅田ほとり 喜谷六花
枯蘆に庭の紅梅香ぞいどむ 竹下しづの女句文集 昭和二十三年
枯蘆に日のあたゝかき渡舟かな 金尾梅の門 古志の歌
枯蘆に晝のちかづく仄かなり 松村蒼石 雪
枯蘆に曇れば水の眠りけり 阿部みどり女
枯蘆に江口の渡いまはなき 大橋櫻坡子 雨月
枯蘆に沓や残して池の鴨 乙由
枯蘆に舟の火屑をこぼしゆく 山田桂梧
枯蘆に蠣殻捨てし漁村かな 青嵐
枯蘆に逆潮迅き藤戸川 上杉緑鋒
枯蘆に遊びて痛みなかりし胃 相生垣瓜人 微茫集
枯蘆に酒のさめゆく俥かな 清原枴童 枴童句集
枯蘆に風吹くかつてここに立ちし 奥坂まや
枯蘆に鶴のたむろのひそかなる 新田 郊春
枯蘆に鶴の脛そふ洲崎哉 猶存
枯蘆のはて銀婚の影落す 古舘曹人 能登の蛙
枯蘆の中とゞまらず夕日落つ 石井とし夫
枯蘆の中にごそつく蛙哉 正岡子規
枯蘆の中に火を焚く小船かな 正岡子規
枯蘆の中へ~と道のあり 池内たけし
枯蘆の中より出でて地を測る 中根美保
枯蘆の吹き凹みたる葎かな 上村占魚 鮎
枯蘆の墨絵に似たる雀哉 荊花
枯蘆の大明りとも立ち尽くす 手塚美佐 昔の香
枯蘆の天をこぼれて蘆すずめ 辻桃子
枯蘆の川わかれゆく波紋あり 斉藤夏風
枯蘆の微塵もとめず吹きなびく 松村蒼石 露
枯蘆の折レ葉ひとつに入帆哉 一晶(遠浦帰帆)
枯蘆の支へあひつつ立ちにけり 中杉隆世
枯蘆の日にかゞやけるゆくてかな 久保田万太郎 流寓抄
枯蘆の景に入りゆくわが齢 文挟夫佐恵 遠い橋
枯蘆の月に鮭船出そめたり 金尾梅の門 古志の歌
枯蘆の沖へ沖へと耳立つる 山田みづえ
枯蘆の泣く風よとも水仕女の 廣江八重櫻
枯蘆の穂は獣毛と異ならず 誓子
枯蘆の空の海あるさま 栗林一石路
枯蘆の茫々と艶雪解川 欣一
枯蘆の遠きものより夕焼す 山田みづえ
枯蘆の青麦のわが胃は痛み 林原耒井 蜩
枯蘆の麁相にあける月夜哉 乙二
枯蘆やうす雪とぢし水の中 木歩
枯蘆やされどひらけし景一つ 久保田万太郎 流寓抄
枯蘆やしるべして行く雨の声 暁台
枯蘆やたゞ高き日のとゞまれる 田村木国
枯蘆やはたはたと立つ何の鳥 寺田寅彦
枯蘆やぽつぽつと雀飛び出たり 北原白秋
枯蘆やわれを導く星を見つ 野見山朱鳥
枯蘆や低う鳥たつ水の上 麦水
枯蘆や同じ処に捨小舟 正岡子規
枯蘆や名をかき寄る潮頭 東潮 (悼芭蕉)
枯蘆や夕を浪の尖りつゝ 野村喜舟
枯蘆や夜々に折れ込む鴨の上 素丸
枯蘆や川を乱りて渡すべく 坂本四方太
枯蘆や振りかへりゐて風の音 仙田洋子 橋のあなたに
枯蘆や揖斐の渡舟のなほ存す 帚木
枯蘆や日ざす水漕あふれつつ 佐野良太 樫
枯蘆や日月遠く継ぎゐたり 河野多希女 納め髪
枯蘆や朝日に氷る鮠の顔 惟然
枯蘆や朽ち盡したる澪標 寺田寅彦
枯蘆や浅間ヶ嶽の雪ぐもり 村上鬼城
枯蘆や白き鳥一羽舞ひ下りる 寺田寅彦
枯蘆や網を干したる河の岸 寺田寅彦
枯蘆や西日あかるき穂のなびき 碧童
枯蘆や起て戦ふ一しぐれ 淡々 (探題修羅道)
枯蘆や遊んでをれば日が暮れて 大石悦子
枯蘆や難波入江のさゝら波 鬼貫
枯蘆や靡きそろひて相摶たず ゐの吉
枯蘆を刈りて洲崎の廓かな 子規
枯蘆を手かゝりにして氷哉 北枝
枯蘆を瞳につめこんでたちもどる 赤黄男
枯蘆を落ちゆく夕日刈られけり 小林康治 『存念』
枯蘆中すでに枯蘆退路断つ 橋本多佳子
正月の多摩の枯芦雅やか 細見綾子 天然の風以後
水車一軒とかく住む芦枯れにけり 乙字俳句集 大須賀乙字
水郷の風音となり蘆枯るる 石川多歌司
汐がひききつた枯芦刈りに来ている 橋本夢道 無禮なる妻抄
沼舟に錠をおろして芦枯るる 富安風生
浚渫船あかき旗たて葦枯るゝ 岸風三楼 往来
浮寝鴨薄眼入日の金枯葦 桂信子 花寂び 以後
海道や蘆枯川をしば~に 尾崎迷堂 孤輪
涅槃西風枯芦の根の残る雪 大谷句佛 我は我
湖や枯葦に降る白き雪 裕
真菰枯れ芦枯れ沼辺黄なりけり 水原秋桜子
睡り深しいま白鳥も枯葦も 角川照子
破魔矢とて湖国枯葦かざし舞ふ 加藤耕子
翡翠の枯蘆に来て華やげり 久田山海子
舟みちの真ん中に蘆枯れてをり 今井杏太郎
船の窓見るは枯葦枯葦のみ 相馬遷子 山国
芦枯るる風が研ぎ出す太虚の日 山口草堂
芦枯れてはてなきものの始りぬ 古館曹人
芦枯れてより川波の荒々し 樋笠文
芦枯れて富士逆富士ひかり合ふ 川村紫陽
芦枯れて日の当りけり鍋の尻 竹冷句鈔 角田竹冷
芦枯れて水の明るさ地にあふる 古賀まり子 降誕歌
芦枯れて水流は真中急ぎをり 森澄雄
芦枯れて池の広さをとりもどす 阿部寿雄
芦枯れて空と水とに月ふたつ 福田蓼汀
芦枯れて鳥も啼かずよ北近江 鈴木真砂女
芽蘆枯蘆日暮れを鳴ける雀かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
若蘆の枯蘆まじりそだつなり 太田鴻村 穂国
萌え出でて枯芦むらの裾を染む 篠田悌二郎
葦枯るる着水はどこか儚い 本田ひとみ
葦枯るる迂路の電柱うなり立つ 成田千空 地霊
葦枯れておほらかに見ゆ吾家かな 竹下しづの女句文集 昭和十五年
葦枯れてすらりと舟を通しけり 片山由美子 水精 以後
葦枯れて山脈キシキシとあとずさる 富澤赤黄男
葦枯れて水流は真中急ぎをり 森澄雄
葦枯れて生きものの眼が光るなり 長田等
葦枯れて空と水とに月ふたつ 福田蓼汀
葦枯れて髄となりゆく風の音 岡本まち子
葦枯れる流れぬ水の端々に 桂信子 黄 瀬
葭きりが鳴く高葭の枯葉かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
蓬髪のわれより高く蘆枯れたり 大野林火
蘆枯るる風のけはひに病臥かな 富田木歩
蘆枯るる風鋭角の音落とし 河野多希女 納め髪
蘆枯るゝ出水汚れをせしまゝに 石井とし夫
蘆枯るゝ天気に田舟しまひけり 金尾梅の門 古志の歌
蘆枯れてただ一と色にうちけむり 深見けん二
蘆枯れてはてなきものの始りぬ 古舘曹人 能登の蛙
蘆枯れてひかり忘れし余呉の月 井口 秀二
蘆枯れて水流は真中急ぎをり 澄雄
蘆枯れて沼の捨舟傾ぎけり 金子きくゑ
蘆枯れて沼は没日を放さざる 館岡沙緻
蘆枯れて見るからに旭のやはらげり 松村蒼石 雪
蜘蛛走る枯葦中の水溜り 松村蒼石
誰も居ぬ船小屋のあり蘆枯るゝ 江口文男
遠く吹く風にもそよぎ蘆枯るる 麦生
遠望さそはるゝ枯芦に緑まじり 子郷
鉄うつひびき枯芦に釣りつつ虚し 原田種茅 径
雄物川とや枯蘆を夜の視野 文挟夫佐恵 雨 月
雲轟きして鳥のつく枯蘆や 廣江八重櫻
靡きたるときのかゞやき蘆枯るゝ 石井とし夫
風うけて蘆の枯葉や流れ行く 立子
風にゆれ水にゆれつゝ葦枯るゝ 久留島 広子
風の中枯蘆の中出でたくなし 橋本多佳子
風邪の目に枯蘆の黄のうつるのみ 森川暁水 淀
鳥の目をして枯葦を透かし見る 茨木晶子
たまさかに日当るは贅枯芦原  高澤良一  燕音
横十間川(よこじゆつけんがわ)に日が射し芦枯らす  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:48 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

焼藷

焼藷



例句を挙げる。

いつも来る浮羽訛の焼藷屋 牧 月耕
おでん焼藷えんぶりの尾にゐて寧し 小林康治 玄霜
ここと坐りて焼藷を食べはじむ 波多野爽波 『骰子』
ころがつて出る焼藷の黒だるま 辻田克巳
さいかちの月夜や灯る焼藷屋 渡辺水巴 白日
まだ起きてゐる灯に通る焼藷屋 佐藤冨士夫
ゆつくりと売声曳きて焼藷屋 立野もと子
カーブミラーに止まつてゐたり焼藷屋 大石雄鬼
ビル街に焼藷屋来て三時どき 井熊秀男
二人食ふ焼藷二人皮を捨つ 石川桂郎 高蘆
呼び止めるには遠くなり焼藷屋 遠藤千恵子
壮漢も貧し焼藷車押す 百合山羽公 寒雁
声途切れては遠ざかる焼藷屋 松尾緑富
旅人に焼藷売の来る埠頭 大橋敦子
橋わたる焼藷屋台犬ともなひ 草間時彦
焼藷と婆とほこほこ歩み来る 嶋田麻紀
焼藷に今日の談笑終りけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
焼藷の乾漆二体焚火よリ 皆吉爽雨
焼藷の屋台も乗せて島渡船 大塚郁子
焼藷の湯気見てとほる東大寺 岸本尚毅 舜
焼藷の火を落したる清州橋 斉藤夏風
焼藷の灰のほとぼり山の国 大木あまり 雲の塔
焼藷の焦げ色粗辞で包む厚意 香西照雄 素心
焼藷の皮懇ろに剥かれたる 行方克巳
焼藷の破片や体を伝ひ落つ 波多野爽波 『湯呑』
焼藷の車に寒さつきまとふ 百合山羽公 寒雁
焼藷の車信号待ちとなる 稲畑汀子
焼藷の車車に先ゆづり 百合山羽公 寒雁
焼藷の釜の業火を街に引く 古舘曹人
焼藷の風呂敷包誰が持つ 星野立子
焼藷やけふの終りの患者診て 下村ひろし 西陲集
焼藷や娼婦に愁ひなきごとく 下村梅子
焼藷や曾て女給も純なりき 百合山羽公 寒雁
焼藷や月の叡山如意ケ嶽 日野草城
焼藷や此長兵衛と申者 八木林之介 青霞集
焼藷や空に大きく大師堂 岸本尚毅 舜
焼藷や詩心高きにおきにけり 山田弘子 こぶし坂
焼藷や髪二三本たちそよぐ 岸本尚毅 鶏頭
焼藷をひそと食べをり嵐山 波多野爽波 『湯呑』
焼藷をぽっかりと割る何か生れむ 能村登四郎
焼藷を二つに割つてひとりきり 西野文代
焼藷を英字新聞もて包む 久米惠子
焼藷を買はんと思ふ妻の留守 小西魚水
焼藷を買ひに出る籤引き当てし 山田弘子 こぶし坂
焼藷を買ひ宝くじ買つてみる 逸見未草
焼藷を買ふ三日月の出てをりし 加畑吉男
焼藷屋まだまだ遠くやきもきす 高澤良一 寒暑 
焼藷屋も救世軍も風に呼ぶ 中村草田男
焼藷屋一の鳥居で笛鳴らす 塩川雄三
焼藷屋呼びとめ佛どのくらし 平井さち子
焼藷屋女マイクで流し来る 菊島 登
焼藷屋来てゐる午後の永田町 水田清子
焼藷屋柱燃やしてゐたりけり 大石雄鬼
焼藷屋津軽じよんがら流し来る 藤本朋子
焼藷屋煙も湯気も散りやすく 香西照雄 素心
焼藷屋真間の継橋渡り来る 鈴木貞雄
焼藷屋路地を曲がつてそれつきり 行方克巳
焼藷屋雀も頬に墨付けて 香西照雄 素心
焼藷屋頭蓋となりてこちら向く 田仲了司
焼藷熱し吾妻の指に指環なし 磯貝碧蹄館 握手
焼藷買ふ夜も作業衣の工女たち 伊東宏晃
角材に焔とろとろ焼藷屋 深見けん二 日月
鉤吊りに焼藷菩薩壷を出づ 皆吉爽雨
銭湯を出て焼藷を買うてゆく 上崎暮潮
顔上げて若者なりし焼藷屋 都筑智子
風の夜の風の連れ去る焼藷屋 飯田弘子
しばしまて僕焼芋を買はんとす 寺田寅彦
ふところの焼芋のあたたかさである 尾崎放哉
九体仏金色壺焼芋もきん 川崎展宏
土佐脱藩以後いくつめの焼芋ぞ 高山れおな
夜の雨の篠つく降りや焼芋屋 癖三酔句集 岡本癖三酔
女工区の可愛いい煙突焼芋屋 安良岡昭一
手のひらに焼芋熱し詩貧し 成瀬櫻桃子 風色
火の粉撒きつつ来るよ青年焼芋屋 山田みづえ 手甲
焼芋が冷めゆく人と話す間も 岩田由美
焼芋と白湯の香に立つ波郷亡し 原裕 葦牙
焼芋の固きをつつく火箸かな 室生犀星 魚眠洞發句集
焼芋の灯もまた易の灯も暗し 池田秀水
焼芋の釜の業火を街に引く 古館曹人
焼芋やいまはむかしのゆめばかり 久保田万太郎 流寓抄
焼芋やこのごろはまた釣に凝り 久保田万太郎 流寓抄
焼芋やばッたり風の落ちし月 久保田万太郎 流寓抄
焼芋や八坂神社の朱の鳥居 龍岡晋
焼芋や月の叡山如意ヶ嶽 日野草城
焼芋や焦土このかた煙あげ 百合山羽公 故園
焼芋や祭づかれの巫女つどひ 大島民郎
焼芋をかじる革命婦人かな 堺利彦 豊多摩と巣鴨
焼芋を二つに折れば鼻熱し 吹田孤蓬
焼芋を食うて自論を憚らず 富田潮児
焼芋を馬手に転ばせ風待てり 畠山あさみ
焼芋売り声通り抜け闇残す 金子潤
焼芋屋いづこにゐても鼓楼見ゆ 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
焼芋屋行き過ぎさうな声で売る 後藤立夫
焼芋屋裸参りの後につき 佐藤淑子
焼芋屋通りて闇を深くしぬ 樋笠文
焼芋屋通り授業の黙ゆるむ 樋笠文
町並のどこかにありぬ焼芋屋 高濱年尾 年尾句集
病院の出口はや暮れ焼芋屋 中村明子
詩貧し掌に焼芋の熱さのせ 成瀬櫻桃子
九体仏金色壺焼芋もきん 川崎展宏
壷焼の壷傾きて火の崩れ 鳴雪
壷焼や炭火に並ぶ人の顔 温亭句集 篠原温亭
壺焼の壺にふる雪噴かれけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
壺焼の尻焦げ抜けてゐたりけり 茨木和生 丹生
壺焼の火明り過ぎし馬車の窓 宮武寒々 朱卓
ほほえんで大学芋が糸を引く 永末恵子 留守
ネロの業火石焼芋の竃に燃ゆ 西東三鬼
星がともだち石焼いもを石から掘り 中島斌雄
曳売雑貨屋石焼芋を餉としたり 鈴木栄子
煙先行す石焼芋の車 加倉井秋を
石焼いも真闇の窓の下通る 高田律子
石焼いも買ひたしわが家までの距離 及川貞
石焼芋屋門前に来て火を焚けり 安住敦
石焼芋母恋しくて買ひにけり 松永登志
石焼藷に雪降る麻布中之橋 有働亨 汐路
石焼藷銀の匙もてすくへるよ 山口青邨
艀にもとどく石焼藷屋の笛 池田秀水
英字紙の袋で熱い石焼藷 椎木嶋舎
襤褸市や大学芋の金色に 辻 桃子
部屋に一人焼藷の香と漂へる  高澤良一  石鏡
一区切りつけんか焼藷など食(を)して  高澤良一  石鏡



以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

神楽

神楽

例句を挙げる。

あかときの神楽囃よ草の罠 宮坂静生 樹下
いつまでも眠たき神楽囃子かな 高浜虚子
うぶすなの剽軽て空を神楽笛 猪俣千代子 秘 色
おもしろもなうて身にしむ神楽かな 立花北枝
およびより鬼となりゆく神楽姫 伊藤孟峰
お神楽に四方の雨霧たもとほり 太田鴻村 穂国
お神楽の大蛇刺されて以後夜涼 坂野宜枝
お神楽の鬼に赤子を抱かせけり 亀井雉子男
かんばせに笛を横たへ神楽かな 尾崎迷堂 孤輪
きさらぎのしらぎぬうすき神楽姫 石原舟月
きさらぎの杜しづかなる神楽笛 石原舟月 山鵲
この神の祭すぎしか組みのこる神楽屋合に旅の身を寄す 田谷鋭
さすらひの神楽師達や山雪解 小沢碧童
その神楽天神花をかざす由 後藤夜半 底紅
たふとさに寒し神楽の舞少女 正岡子規
はじまりし追儺神楽に夜鳥翔つ 下村ひろし 西陲集
はだの面白面白と見ゆるや神楽綿 井原西鶴
ひたぶるに遊ぶを見ればみちのくの津軽神楽しあやにたのしも 玉城徹
ぽつちりと紅き鶯神楽かな 矢島渚男 延年
ゆふ立の過ぐるや森の夕神楽 蒼[きう]「蒼[きう]翁句集」
一センチの河口へ炎える土の神楽 稲岡巳一郎
三日月に強く吹くなり神楽笛 阿波野青畝
九字切つて始まる湯立神楽かな 服部翠生
乞食の子ひとり出て居る神楽かな 木歩句集 富田木歩
亀鳴くや神楽に集ふ湯治客 古舘曹人 樹下石上
伊勢神楽くる頃ほひの*えり仕度 佐野美智
修復の露の一燈神楽殿 木村蕪城 寒泉
冬の雨お神楽あがりゐたりけり 田村木国
凍滝に礼して神楽舞ひ納む 矢島渚男
出でしより一歩一鈴巫女神楽 田村了咲
厠から応と声あり神楽の夜 神尾季羊
嘯ける神楽の面のうつむきも 後藤夜半
噴き出づる酔夜神楽の鬼の面 後藤比奈夫 めんない千鳥
土に終るひとりの神楽風の顔 金子皆子
土器にともし火燃ゆる神楽かな 飯田蛇笏 霊芝
土器の酒くみかはす神楽かな 龍岡晋
埋火の珠となるまで神楽宿 神尾久美子 桐の木
境木となりゐて鶯神楽咲く 森田公司
夜神楽にいつ加はりし雨の音 野澤節子 『存身』
夜神楽にむささびの啼く夜もあらん 江口竹亭
夜神楽に拍子抜けたる仕草あり 矢島渚男 延年
夜神楽に歯も喰ひしめぬ寒さかな 史邦 芭蕉庵小文庫
夜神楽に神のはばたくうしろ影 桂樟蹊子
夜神楽のいたづら鬼は村長ぞ 富永 小谷
夜神楽のざんざん降りの大太鼓 高橋悦男
夜神楽のしらじら暁けの怒濤見ゆ 橋本鶏二
夜神楽のもどきの鬼の草鞋ばき 西本一都
夜神楽の一戸へ雪の筧ひく 神尾季羊
夜神楽の出を待つ神の足拍子 川崎慶子
夜神楽の出番のおろち既に酔ふ 橋詰沙尋
夜神楽の室の八嶋へ厚着せり 舘野たみを
夜神楽の怪鳥を湖に追ひやりぬ 長谷川かな女 花寂び
夜神楽の或は近き囃子かな 星野麦人
夜神楽の暁こそは高潮す 宇咲冬男
夜神楽の死にゆく鬼に手を叩く 野見山ひふみ
夜神楽の神と両脚見てをりぬ 楠本信子
夜神楽の神と人との間かな 後藤比奈夫
夜神楽の神と雨脚見てをりぬ 楠本信子
夜神楽の神のつぶやき白ろ面 竹内一笑
夜神楽の神憑きたまふしぐさかな 八牧美喜子
夜神楽の笛に澄みゆく高嶺星 西村博子
夜神楽の篠に拾はる蚕神さま 佐野美智
夜神楽の霧呼ぶ声か奥秩父 橋本榮治 麦生
夜神楽は畳に酒を打ちて舞ふ 橋本鶏二
夜神楽や些細なことを大仰に 高澤良一 随笑 
夜神楽や優しき鬼に踏まれもし 矢島渚男 延年
夜神楽や太き椿の蔭の宮 尾崎迷堂 孤輪
夜神楽や子の頭撫で去る手力男 大橋敦子 勾 玉以後
夜神楽や手力の雄の息の霜 菅原師竹句集
夜神楽や杉の間から光る星 井月の句集 井上井月
夜神楽や水涕拭ふ舞の袖 高井几董
夜神楽や焚火の中へちる紅葉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
夜神楽や燗も熱めのかつぽ酒 梶原 宇良
夜神楽や神の饗宴うつくしく 竹下陶子
夜神楽や鼻息白し面の内 榎本其角
夜神楽を仰ぐとなりも旅の顔 古賀まり子 緑の野
夜神楽を触れて太鼓の昼間より 竹森登美恵
夜神楽明けの村去る 刈田に光溜めた 伊丹公子 沿海
夜神楽舞う少年の祖母 箸つかう 伊丹公子 沿海
大杉を神降り給ふ神楽笛 高原千景
天離る石見の国の神楽見つ 野見山朱鳥
姫の貌まぼろしを追ふ神楽かな 飯田蛇笏 霊芝
子神楽のまことおさなき鬼出づる 伊藤孟峰
寒晴や神楽の鈴を高鳴らし 石嶌岳
寒月光掌に享け神楽舞ひにけり 佐川広治
山神楽冬霞みしてきこえけり 飯田蛇笏 霊芝
山神楽焚火拝みて戻りけり 竹冷句鈔 角田竹冷
山車神楽鉦は痴人(トンチキ)愚鈍(ヘンテコ)と 高澤良一 寒暑 
岩戸神楽とどめの笙に青葉照る 木下ふみ子
峡田植う神楽の国の裔として 松岡 英士
年男追儺神楽にはやも酔ふ 下村ひろし 西陲集
庭燎とふ神楽歌あることを聞く 後藤夜半
御旅所に大太神楽(だいだいかぐら)うち据えて 高澤良一 素抱 
御神楽の脂のしみし衣裳箱 本橋美和
御神楽やおきを弘げる雪の上 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
御神楽や火を焼衛士にあやからん 向井去来
御神楽を舞ひふるさとの三ヶ日 星野秀則
御輿洗ひはざの白さや神楽神子 椎本才麿
御鏡の夜気に曇りし神楽かな 雉子郎句集 石島雉子郎
急緩に神楽の撥や風光る 吉野 長慎
月上り来て神楽の面の大きくなる 長谷川かな女 花寂び
月浴びて縁に子等居り神楽獅子 木歩句集 富田木歩
木の根にも聞耳ありて神楽笛 百合山羽公
木霊棲む山めぐらすや神楽笛 伊藤純
末社とて追儺神楽もなかりけり 下村ひろし
村にある睡りの箱に神楽きこえ 阿部完市 絵本の空
楠へ消えた むささび 夜神楽急調子 伊丹公子 沿海
歯なきその口もと見まじ神楽歌 高田蝶衣
泣きじやくる神楽おかめの笑ひ面 橋本多佳子
灯の海に蝙蝠とべり神楽月 宮武寒々 朱卓
烏団扇神楽しぐさに先づつかひ 岸本まさを
牛飼の夜はつかまつる神楽笛 林 加寸美
病床に神楽見て来し物がたり 富安風生
直会の雑炊煮立つ神楽笛 佐川広治
着ぶくれて神楽太鼓を敲きけり 佐川広治
磧ゆくわれに霜夜の神楽かな 飯田蛇笏 山廬集
神のまへ神楽太鼓に一管の笛添ふ音色 二本の楽 長沢美津
神の名のなべてむづかし夜の神楽 上野繁子
神よりも鬼のよろしき神楽かな 野見山ひふみ
神楽の夜湖心にありし心中かな 原月舟
神楽はてゝ長鳴鳥の鳴く夜かな 田中田士英
神楽まふ火にも雪にも流れあり 赤松[けい]子 白毫
神楽唄のびやかに月杉間より 菅原師竹句集
神楽大蛇尾のさきまでも怒りたる 居升白炎
神楽太鼓女が打ちて女の音 橋本美代子
神楽太鼓打つや地酒の力もて 大橋敦子 勾 玉以後
神楽奏す湖畔の巫女にささめ雪 杉本寛
神楽子や国の杖つく今年生(おひ) 斯波園女
神楽宿の わやわや切り口並ぶ野菜 伊丹公子 沿海
神楽巫女うす雪踏みて出仕しぬ 西島麦南 人音
神楽師の飲食枯木踏む音す 栗林千津
神楽師を訪ふ夕凪のひとり舟 能村登四郎 枯野の沖
神楽待つ月集落の槻神社 矢島渚男 延年
神楽果つ狐狸のひそめる闇深め 星野 秀則
神楽果て闇打つてゆく下駄の音 奈良文夫
神楽歌よむやかなしき日の盛 小林康治「四季貧窮」
神楽歌書かむ芭蕉の広葉かな 言水
神楽殿のごとき餌台色鳥来 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
神楽殿寒の日差しのゆきわたり 中村祐子
神楽稚児泣くよりつよきかむばせを 西本一都
神楽笛ここ涼し音の佃堀 古沢太穂
神楽笛ひよろひよろいへば人急ぐ 阿波野青畝(1899-1992)
神楽笛ピと強吹くや吹き了る 辻桃子
神楽笛空より降つて茅の輪かな 中村祐子
神楽笛飄と天ゆく鷽守り 野沢節子
神楽翁きこしめしたる足運び 飯塚田鶴子
神楽舞ひ砂利踏む足袋の白きこと 城間芙美子
神楽舞ふ夜は凩の起るらし 佐川広治
神楽舞ふ赭顔吊眼の国つ神 福田蓼汀
神楽舞終へて冬田を耕せり 佐川広治
神楽舞野の神々の淫唄 櫛原希伊子
神楽舟澪(みほ)の灯りの御火白くたけ 服部嵐雪
神楽面とればしたしき老の顔 恵良いさ子
祭壇の下に米櫃神楽宿 津田清子
積る気の雪になりたる神楽かな 黒崎かずこ
笛の音の霜結ばする神楽かな 東洋城千句
結構なお山日和や山神楽 乙字俳句集 大須賀乙字
綺羅星に石見神楽は火を焚いて 野見山朱鳥
繰り返へす神楽囃子や翁草 石原栄子
老禰宜の息つぎ足して神楽笛 田崎賜恵
舞ひをへし納め神楽の短かゝり 高柳 和弘
船鉾の日和神楽のぞろと来し 大石悦子 百花
色恋の所作して出雲神楽かな 津田昭子
荒星をぶちまけ神楽はじまりぬ 奈良文夫
落月をふむ尉いでし神楽かな 飯田蛇笏 霊芝
落鮎のころの神楽に山を越え 神尾久美子 桐の木以後
藁に寝て子牛守る爺神楽宿 田中英子
藤靉靆お神楽きこえそめにけり 阿波野青畝
蚊の声やをろち神楽の大道具 角川源義
蛇穴に入るをこばめる神楽かな 原裕 正午
蛸壺に腰かけ復習ふ神楽笛 米澤吾亦紅
裏山に雪の来てゐる神楽かな 橋本榮治 逆旅
許したる神楽乙女や汐まねき 加藤郁乎
誰と誰が縁組すんでさと神楽 榎本其角
谺して山川草木神楽の季 大久保たけし
豊年の神楽いよいよ賑やかに 大隈 草生
贄の鵜へ目覚の神楽さや~と 大森積翠
農の血を継ぐ夜神楽の太き指 佐川広治
農夫等の夜は神となり神楽舞ふ 蔵本雨亭
遠神楽に 干大根の夜の迷路 伊丹公子 沿海
酉の市そのお神楽の馬鹿囃子 高橋淡路女 梶の葉
酉の市の人波囃す神楽かな 野村喜舟 小石川
重著や神楽のはてにあさぼらけ 古舘曹人 樹下石上
野猿とぶ月夜の谿の神楽笛 福田甲子雄
野良着脱ぎ神楽の足袋を穿きにけり 佐川広治
金物にきはる手もとや神楽姫 徐寅 霜 月 月別句集「韻塞」
鍋蓋で戯れ舞ひ神楽女正月 米田一穂
長老の笛 若者の神楽の足 伊丹公子 沿海
闇に出て神楽狐の貌冷やす 宮坂静生 樹下
雪を来て神楽好きなり出雲人 鷹野清子
霜光る神楽の影の及ぶとき 矢島渚男 延年
露草に出雲神楽のとどろけり 梶山千鶴子
面白き神楽乙女の化粧かな 望一
音たてて神楽の大蛇畳まるる 河野照子
順々に先づ梅さきて神楽講 斯波園女
馳折をしばらくおろす神楽哉 高井几董
高千穂の闇ずつしりと神楽果つ 白井 新一
鬼ごとやお神楽台の下くゞり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
鬼呼ぶと神楽太鼓の荒ぶかな ふけとしこ 鎌の刃
鮓一つつまんで神楽面つける 松本 旭
つのさはふ磐座にあかき月差して神遊びせむ遊びてゆかな 渡英子
ゆく春の雨は庭燎の辺に降りぬ 岸風三楼 往来
初午や和琴を掻きて神遊 後藤夜半 底紅
山茶花の落花並べは 神遊び 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
庭燎とふ神楽歌あることを聞く 後藤夜半
庭燎にちらつく雪や初神楽 上野巨水
方相氏庭燎明りに構えたり 五十嵐播水 播水句集
死にゆくは鬼もあはれや神遊び 野見山朱鳥
猪濁活の花の丈なす庭燎かな 宮坂静生 春の鹿
神遊び夫婦和合の舞に果つ 奥谷亜津子
神遊ぶ三船祭の水ゆたか 太田由紀
窓といふ窓濡れてをり神遊び 吉田紫乃
鞠始ありゃおうと継ぎ庭燎かな 松田曼莉
麓神遊びに来るか炬燵せり 村越化石 山國抄
黄心樹の一樹の月に神遊び 小原菁々子
稲穂波そぞろ打ち合ふ神楽の里  高澤良一  鳩信
囃子方庭燎(にわび)に浮かび上がりけり  高澤良一  石鏡
神楽笛火の粉が先に舞ひにけり  高澤良一  石鏡
神真似て神の遊びを巫女の舞  高澤良一  石鏡
神楽歌和すに和琴(わごん)の蛙ごゑ  高澤良一  石鏡
楽人は埴輪のごとし神遊び  高澤良一  石鏡
神々の遊びを三日月見そなはす  高澤良一  石鏡
神遊び笛はしゃかりき中天へ  高澤良一  石鏡
笛颯颯和琴淙淙神楽歌  高澤良一  石鏡
笛走り和琴は転び神遊び  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

クリスマス

クリスマス

例句を挙げる。

『ほらねクリスマスの七面鳥を目で見なさい』 橋本夢道 無礼なる妻
おごそかな痔疾の起居クリスマス 須川洋子
かたくなに吾が額つかずクリスマス 竹下しづの女句文集 昭和十二年
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
ここに酸素湧く泉ありクリスマス 石田波郷
この出逢ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
とほき灯のなどか瞬くクリスマス 西村和子 かりそめならず
ぬひぐるみトナカイを抱きクリスマス 高澤良一 随笑 
ひとの恋の電話とりつぐクリスマス 金子 潮
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男(1901-77)
ほんものゝ樅は嵐やクリスマス 久米正雄 返り花
ましろなる神父の髯やクリスマス 富安風生
みちのくに耶蘇の村ありクリスマス 長沢簽一
みづうみに雪のちらつくクリスマス 今井杏太郎
みどりごを花弁包みにクリスマス 中戸川朝人 星辰
やっかいな妹の来るクリスマス 栗島 弘
わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス 山口誓子
オルガンの鞴の漏れしクリスマス 正木ゆう子 静かな水
オルガン奏者首垂れやめりクリスマス 中戸川朝人 残心
カステラの一トきれさへやクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
ガチャガチャの鳴く夜を以てクリスマス 篠原鳳作
クリスマスけふの花聟花嫁御 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
クリスマスちちははあまた天に帰し 伊丹三樹彦 人中
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子 汀子句集
クリスマスの少女唄ひて蜜柑選る 萩原麦草 麦嵐
クリスマスの木の大きさに灯をつらぬ 青峰集 島田青峰
クリスマスの歌に灯揺れてよきまどゐ 青峰集 島田青峰
クリスマスの海の暗がりおるごおる 折井紀衣
クリスマスの灯が震へて七面鳥の白い肉 露石遺稿(蛙鼓) 水落露石
クリスマスの用意晴れがましさの前夜かな 青峰集 島田青峰
クリスマスひらきし聖書にも灯す 田村了咲
クリスマスゆき交ひて船相照らす 加藤楸邨
クリスマスらしくほほ笑み靴みがき 成瀬正とし 星月夜
クリスマスわが箸まじる箸家族 磯貝碧蹄館 握手
クリスマスイブ更け心の襞も更け 楠本憲吉
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴ氷川丸灯りけり 今井杏太郎
クリスマスカードのランプ句を作る 村越化石 山國抄
クリスマスカードの加奈陀花の国 阿波野青畝
クリスマスカードの鶴よドイツヘ飛べ 山本歩禅
クリスマスカード地球は狭くなり 水原 春郎
クリスマスカード消印までも讀む 後藤夜半
クリスマスカード真夏の国へかな 山田弘子 こぶし坂
クリスマスキャロルの中の五番街 水田むつみ
クリスマスキャロル星伴れ病める徒へ 村越化石
クリスマスギフトに末子鞍欲しと 上野泰
クリスマスケーキにも灯が殺到す 和知喜八 同齢
クリスマスコンサートまで三時間 山田弘子 こぶし坂
クリスマスセールの籤に巴里の旅 大島民郎
クリスマスツリーにふれて炭運ぶ 菖蒲あや 路 地
クリスマスツリーに光る星の精 渡辺 寿栄子
クリスマスツリーに愛の雪の家 松瀬青々
クリスマスツリーに星を先づ飾り 高木晴子 晴居
クリスマスツリーのともし残し寝る 稲畑汀子
クリスマスツリーの下のブルドッグ 大木あまり 火球
クリスマスツリーの端に家が見え 星野 高士
クリスマスツリーはや調うて夜は灯す 小澤碧童 碧童句集
クリスマスツリーは逆さまだと思う 五島高資
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー点りて癒え初むる 佐藤信子
クリスマスツリー飾りて茶房閑 翁長恭子
クリスマスディナーときをり嵯峨野線 大石悦子 百花
クリスマストリイともるわれらが貧しき町 山口誓子
クリスマスパンをくはへし犬に会ふ 田村了咲
クリスマスユダを演じてほめられぬ 岡本眸
クリスマスリースひときは芝翫香 西村和子 かりそめならず
クリスマスローズ春愁とにあらず 後藤夜半 底紅
クリスマスローズ気難しく優しく 後藤比奈夫 花匂ひ
クリスマス七寮に満つ患者等に 石田波郷
クリスマス乞食の碗に雪つもる 加藤知世子 黄 炎
クリスマス二人の吾子のサンタなり 小林好美
クリスマス佛は薄目し給へり 相生垣瓜人(1898-1985)
クリスマス使徒ペテロ書を爐のほとり 松瀬青々
クリスマス個展おのれの絵で飾る 古舘曹人 能登の蛙
クリスマス六年生の背いくらべ 伊東達夫
クリスマス地に来ちゝはゝ舟を漕ぐ 秋元不死男
クリスマス地平に基地の灯が赤し 飴山實 『おりいぶ』
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂信子
クリスマス妻子とあれど肋なし 吉田北舟子
クリスマス愚直の大足洗ひをり 神蔵器
クリスマス愚者の楽園地下にあり 福田蓼汀
クリスマス指美しき囚徒をり 飯田龍太
クリスマス来る港町渦なす灯 柴田白葉女 『月の笛』
クリスマス気分にいつの間にか吾も 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス海にはあらぬ橇の鈴 鈴木翠塔
クリスマス海のたけりの夜もすがら 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス熟睡の猫抱いてあげる 池田澄子
クリスマス真つ暗な板あがりしが 久保田万太郎 草の丈
クリスマス礼拝つひに雪降らず 上田日差子
クリスマス祝歌(キャロル)のやうな娘かな 本庄登志彦
クリスマス終へし樅の木幼なかり 桜井博道 海上
クリスマス絵の具の付きし手を洗ふ 佐野典子
クリスマス羊の役をもらひたる 西村和子 夏帽子
クリスマス肋除られて打臥すも 石田波郷
クリスマス螺旋にのぼる駐車場 能村研三
クリスマス賢者の言葉子に贈る 近藤一鴻
クリスマス贈物ほど錠剤持ち 鈴木栄子
クリスマス迄にといふ約束す 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス近し少年はミルク色 対馬康子 愛国
クリスマス隠れ耶蘇の碑灯をもらう 八木三日女 落葉期
クリスマス風景の一部に足場組む 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
クリスマス魔の宴とは知らずけり 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス鳩の赤脚まだ眠らず 桜井博道 海上
ケーキ切るのみのわが家のクリスマス 下村梅子
ケーキ売り尽してよりのクリスマス 毛塚静枝
ゴブランの大壁懸やクリスマス 吉武月二郎句集
シェフの帽塔のごとしやクリスマス 岩崎照子
シャンデリアに 虎の足跡 クリスマス 伊丹公子 機内楽
ナプキンに肉の血の染みクリスマス 長田 等
バーゲンの派手な服買ふクリスマス 大河原一石
フケ取りの男匂ひやクリスマス 久米正雄 返り花
ボサノバのゆつくり更けるクリスマス 筑紫磐井 花鳥諷詠
マンホールに水奔騰すクリスマス 宮坂静生 雹
ロックバンドは蕊を打ち合いクリスマス 中村 和弘
ローソクを飾るだけでもクリスマス 稲畑汀子 春光
ヴァイオリン作る小村のクリスマス 京極杞陽
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一堂にこもらふ息やクリスマス 篠原鳳作 海の旅
三日月のほのかにありしクリスマス 中田冬女
中国の茶の淹れらるるクリスマス 後藤夜半 底紅
主は馬面父としてわがクリスマス 古館曹人
二三段雪のきざはしクリスマス 佐野まもる
亡き母の部屋も灯してクリスマス 山田閏子
人と幸比較はすまじクリスマス 嶋田摩耶子
人形に国籍ありやクリスマス 岩崎照子
人逝けりクリスマス・イヴの地下室に 成瀬櫻桃子 風色
伐り倒されクリスマスツリーたらむとす 加倉井秋を 午後の窓
休戦をよろこぶ神父クリスマス 森田峠 避暑散歩
何事も信じてクリスマス聖書 平松竃馬
信じつつ楽しく子供クリスマス 京極杞陽 くくたち上巻
傷林檎厩舎に届くクリスマス 斎藤節子
八人の子供むつましクリスマス 子規句集 虚子・碧梧桐選
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子 てんてん
剥製の鳥のテロの眼クリスマス 鷹羽狩行 六花
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二
勤め持つ女等たのしクリスマス 右城暮石 声と声
北斗の尾煙突に触れクリスマス 伊藤三十四
叱られてゐし子を抱きぬクリスマス 金久美智子
合唱団左右に揺れてクリスマス 吉原文音
回送電車をしばらく降りずクリスマス 大石雄鬼
地下駐車場にもクリスマスキャロル 山田弘子 こぶし坂
塔の上の鐘動き鳴るクリスマス 松本たかし
外人は高き鼻もちクリスマス 高田風人子
外灯のほほゑみつづくクリスマス 茨木和生 遠つ川
大きな馬糞小さな馬糞クリスマス 中村堯子
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
天に星地に反吐クリスマス前夜 西島麦南
天井に風船眠りクリスマス 福田蓼汀 山火
太極拳廃れて雨のクリスマス 塚本邦雄 甘露
奈良県になき地下街よクリスマス 右城暮石 上下
女がちにクリスマスの人集ひけり 雉子郎句集 石島雉子郎
婚約を告げる神ありクリスマス 山田弘子 こぶし坂
嫁してより信やゝうすれクリスマス 吉井莫生
子どもらに通知簿くばりクリスマス 樋笠文
子へ選ぶクリスマスカード楽鳴れり 里田 勝子
子を抱けば子に紙吹雪クリスマス 古館曹人
子供等に歳聞かれけりクリスマス 寺田寅彦
宙を飛ぶ長靴を買ふクリスマス 有馬朗人 知命
定刻に塔の鐘鳴りクリスマス 長田等
定食で生きる男のクリスマス 中嶋いづる
寝そべつてをりてクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
少年工学帽かむりクリスマス 秋元不死男(1901-77)
尻さむし街は勝手にクリスマス 仙田洋子 橋のあなたに
屋上より樹頭見下ろすクリスマス 津田清子 礼 拝
屑籠の屑も美しクリスマス 森田峠 避暑散歩
屑買女は風呂桶が欲しクリスマス 百合山羽公 寒雁
山国の星座は低しクリスマス 野口八重子
島人に旧教多しクリスマス 香月 梅邨
強燭の数だけの闇クリスマス 高澤晶子 復活
息安く仰臥してをりクリスマス 石田波郷(1913-69)
悲しみの灯もまじる街クリスマス 堀口星眠
我が持てる包の中もクリスマス 山内山彦
戻り来し猫の鈴の音クリスマス 片山由美子 天弓
手づくりの蝋燭たてやクリスマス 篠原鳳作 海の旅
手品してみせる牧師やクリスマス 土井治
振れば鳴る胡桃もクリスマスのひとつ 村越化石 山國抄
教室の汲み水蒼しクリスマス 宮坂静生 雹
新しき星の寒さよクリスマス 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
昏れそめて累卵の白クリスマス 竹腰千恵子
星々にことごとく名やクリスマス 石田郷子
星満ちて地にはこぼれずクリスマス 相馬遷子 雪嶺
東の星の光やクリスマス 日野草城
枯木の遠ち枯木が見えてクリスマス 高澤良一 随笑 
枯蔦や昨日に過ぎしクリスマス 増田龍雨 龍雨句集
柊の花に晴れたりクリスマス 柑子句集 籾山柑子
柔かき海の半球クリスマス 三橋敏雄
死にたい母も生きたい母もクリスマス 中村草田男
残業の手を洗ひをりクリスマス 渡辺二三雄
水のんで心の隅のクリスマス 加藤知世子 花 季
流されてゆく人なかのクリスマス 大橋俊彦
湯上りの子のまくれなゐクリスマス 赤松子
湯気のたつ馬に手を置くクリスマス 大木あまり(1941-)
火が熾り赤鍋つつむクリスマス 小松道子
灯を消せば青き舞台やクリスマス 五十嵐播水 播水句集
点滅は聖樹の言葉クリスマス 山崎みのる
烏賊釣火点れり伊豆のクリスマス 今井杏太郎
焚火たゞ紅くたゞ焚きクリスマス 中島斌男
燭あまた樅に点してクリスマス 四明句集 中川四明
版画彫る屑膝にためクリスマス 鈴木しげを
牛の舌に塩振つてゐるクリスマス 内田美紗 誕生日
物くれる阿蘭陀人やクリスマス 高浜虚子
犬の尾のふさふさとしてクリスマス 石田郷子
犬小屋に扉のなくてクリスマス 土生重次
猩々木挿して近づくクリスマス 阿部みどり女
疵りんご厩舎に届きクリスマス 斎藤節子
病院の屋上濡れてクリスマス 岸田稚魚
癌がまた出て来たぞクリスマスイヴ 堀米秋良
盲導犬使徒の眼持てりクリスマス 田川飛旅子 『使徒の眼』
真珠は貝の生身の傷やクリスマス 中村明子
眼をはなれ眠れるまつ毛クリスマス 赤松[けい]子 白毫
石の家灯を洩らさずにクリスマス 岬雪夫
砂糖壺ゆたかに満たしクリスマス 平間真木子
神よ来て子を助けませクリスマス 石塚友二 光塵
神父老い信者われ老いクリスマス 景山筍吉
禁制の夜のコーヒ飲むクリスマス 右城暮石 声と声
私書箱開扉一番にクリスマスカード 鈴木栄子
粧ひて胸うすき者よクリスマス 石田波郷
絵硝子の羊まどろむクリスマス 大島民郎
縛られしハムの糸解くクリスマス 田島蔦子
美容室せまくてクリスマスツリー 下田実花
聖鈴浴びこころ寄せあふクリスマス 村越化石 山國抄
聖霊はきつと黒色クリスマス 田川飛旅子 『邯鄲』
胡桃など割つてひとりゐクリスマス 山口青邨
船四方に白波立てりクリスマス 久野幸子
船底に男風呂ありクリスマス 中尾杏子
花文字の異国の絵本クリスマス 石田 克子
虚子像の左右にベル吊りクリスマス 保田白帆子
蜂蜜壺の おもたいくもり クリスマス 伊丹公子 メキシコ貝
街といふ街行けばクリスマスカロル 今井千鶴子
裏町の泥かがやけりクリスマス 桂信子 黄 瀬
西行きの列車がら空きクリスマス 右城暮石 声と声
見舞はれて家族の揃ふクリスマス 後藤一秋
角曲るたびにクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
語部と酌む高千穂のクリスマス 伊和元聖水
貧しけれどもクリスマスの夜父ありぬ 長谷川かな女
赤き実を見しよりこころクリスマス 岩岡中正
足ることをほとほと学びクリスマス 田川飛旅子 『山法師』
送電線深海をゆくクリスマス 遠山陽子
金と銀と赤の紙屑クリスマス 正木ゆう子 悠
金銀の紙ほどの幸クリスマス 沢木欣一
針坊主に針かがやきてクリスマス 桑原月穂
銀の匙象牙の箸やクリスマス 太田育子
鎌倉に馬車の往来やクリスマス 久保田万太郎 草の丈
長崎に雪めづらしやクリスマス 富安風生
闇に燭手に~歌ふクリスマス 吉良比呂武
降る雪にさはられてゐるクリスマス 攝津幸彦
雀らの草撓めゐるクリスマス 大木あまり 火球
離陸せぬうちに眠れりクリスマス 夏井いつき
雪になるはずがかく晴れクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪のせてクリスマスツリー出来上り 高木晴子 晴居
雪の上に星降る夜半やクリスマス 寺田寅彦
雪の戸の堅きを押しぬクリスマス 水原秋櫻子
雪を来し靴と踊りぬクリスマス 山口波津女
雪国に来て雪をみずクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
靴下がくの字に吊られクリスマス 阿波野青畝
鞄より首出す小犬クリスマス 福田蓼汀
頸動脈が口開けているクリスマス 夏石番矢 人体オペラ
饂飩屋台横丁にいてクリスマス 長谷川かな女 花 季
香焚いて雪の老舗のクリスマス 伊東宏晃
馬小屋の一頭で満ちクリスマス 鷹羽狩行
鮨食べに来し父と子のクリスマス 上崎暮潮
黒人のてのひら白しクリスマス 政木 紫野
黒人の掌の桃色にクリスマス 西東三鬼(1900-62)
イヴの夜は耳やわらかき犬といる 佐藤和子
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫 めんない千鳥
G氏来てそこまでといふ聖夜劇 小橋久仁
いづこにか戦争があり聖夜かな 坂詰國子
いと小さき聖夜の星となり逝きし 塙告冬
お化け柳くぐって 聖夜劇のかえり 伊丹公子 メキシコ貝
この子供臭さへ 聖夜劇開幕 伊丹三樹彦 樹冠
この河の芥かがやき静かに聖夜 町田しげき
どの国も聖夜枯枝膝で折る 対馬康子 純情
ひと啼きを復習(なら)ふ羊や聖夜劇 村山春子
ひと待てば聖夜の玻璃に意地もなし 桂信子 女身
ほろ酔ひの一歩に揺らぐ聖夜の灯 林 翔
みなとみらい天まで点し聖夜来る 岡田文子
むつき洗ふ聖夜の灯なり祈りなり 金井巴津子
カジノ・シティ聖夜の星を仰ぎけり 仙田洋子 雲は王冠
コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭 右城暮石 声と声
サンパンは ぽっかり ぽっかり 聖夜の川 伊丹公子 機内楽
タイムマシン売り切れ聖夜の玩具店 河野薫
ワイン瓶抱きて扉を出づ聖夜弥撒 澤田 緑生
ヴェール被てすぐに天使や聖夜劇 津田清子 礼 拝
一つづつ点き聖夜ミサとなる 水田むつみ
一家かたまりうどんをすすり聖夜なり 菖蒲あや
上京の即日人に聖夜に会ふ 古舘曹人 能登の蛙
主よ主よと言へるのが吾子聖夜劇 今瀬剛一
久々に妻へ聖夜の予約席 小島健 木の実
乾杯や聖夜の窓のちぎれ雲 殿村莵絲子 花寂び 以後
他に人の息遣ひなき聖夜なり 岩城久治
働いて来し手の組まれ聖夜ミサ 小谷伸子
光てふ神の見え来る聖夜劇 吉原文音
冲へ出てゆく船の灯も聖夜の灯 遠藤若狭男
出遅れし星も聖夜の海の上 長田等
副牧師若し聖夜の劇を指揮 鉄田多津桜
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
古書店に聖夜の師弟出合ひけり 岩崎照子
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
台詞言ふ役が子につく聖夜劇 黒坂紫陽子
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄 炎
囁きて聖夜にあつまるもの貧し 古舘曹人 樹下石上
地に悪しき父ゐて聖夜さ迷へり 堀井春一郎
地下道を迷ひて出づる聖夜かな 土橋たかを
坂をゆく人に距離置き聖夜なり 菖蒲あや
夜々の星聖夜へ近し慰問劇 古賀まり子 降誕歌
大学総長らしき天使と聖夜待つ 大屋達治 龍宮
女学生の黒き靴下聖夜ゆく 桂信子 黄 炎
子へ贈る本が箪笥に聖夜待つ 大島民郎
寺の子が主役となりて聖夜劇 高原喜久郎
小書*かもポインセチヤを得て聖夜 富安風生
屋台とは聖夜に背向け酔ふところ 佐野まもる
師とありて水の青みの聖夜来ぬ 村越化石 山國抄
床鳴らすタツプダンスの聖夜劇 藤田信子
往診や聖夜の雪につつまれて 新明紫明
意地悪の姫は裏声聖夜劇 大島民郎
手話の子の瞳きらりと聖夜待つ 田中 道子
手話の手に席譲られし聖夜 横山睦子
抱きしめし児は手に余り聖夜かな 加藤英津子
抱擁も台詞のひとつ聖夜劇 原 好郎
拓地教会聖夜樹吊りの鐘鳴らす 下村ひろし 西陲集

More
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:32 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬休

冬休

例句を挙げる。

おそるおそる馬の顔撫で冬休み 辻 桃子
わがままをせぬ子となりぬ冬休 星野立子
チョウ鮫が鰐の顔して冬休 高澤良一 寒暑 
一番の電車がら空き冬休み 小川 真砂二
使ひの子冬休みの校庭通り過ぐ 宮坂静生 青胡桃
冬休とどろに波のひびくなり 久保田万太郎
冬休となりしマントの緋裏かな 久米正雄 返り花
冬休となりし膚にネルの襯衣 久米正雄 返り花
冬休みなりしらしらと籾殻火 中拓夫 愛鷹
冬休み並木きらきらと空に倦む 西垣脩
冬休み姉妹同じもの編めり 栗原米作
冬休み少年鳩と夢育て 土田祈久男
冬休み終る朝湯を沸かしけり 福永みち子
冬休姉妹同じもの編めり 栗原米作
冬休来てしらしらと籾殻火 中拓夫
分校の机十三冬休 渡辺翠村
千枚田誰の持田も冬休み 茨木和生 木の國
咎め立てするより賞めて冬休 村中千穂子
大原の小学校も冬休 池内たけし(1889-1974)
大学に肥汲みの牛冬休み 宮坂静生 青胡桃
山の分校玻璃を真碧に冬休み 森澄雄
思考力といふ体力や冬休 桑原三郎
急降下して野の鳥の冬休 脇本星浪
捨舟にあそぶ泥水冬休み 鍵和田[ゆう]子 浮標
散らかしてよい部屋一つ冬休 稲畑汀子
文鎮の鍔は厳しき冬休 久米正雄 返り花
晴れてきて釘打ちに出る冬休み 飴山實 少長集
机みな椅子乗せて伏せ冬休 古川閑山
枕崎小学校の冬休み 原田 耕二
校庭のよき天気なり冬休み 吉武月二郎句集
栴檀の実を碧空に冬休 森田峡生
湯の町の小学校や冬休 高田風人子
目覚ましの音を消し置く冬休 稲畑汀子
蔵種俵の上も歩りきぬ冬休 廣江八重櫻
計画を持ちすぎてゐる冬休 豊田淳応
身寄りなき使丁ひとりや冬休 森田峠
長男が一日早く冬休 森田峠
雪降つてゐる赤門や冬休 深見けん二
鳥影の大きくなりし冬休み 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
黒板と黒板拭と冬休 三橋敏雄(1920-2002)
鉛筆削ごりごりごりと冬休  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

門松立つ

門松立つ

例句を挙げる。

すめらぎにますらをに我が松立てぬ 渡邊水巴 富士
ビルの間の老舗さきがけ松立つる 和田暖泡
女てふさびしさに松立てにけり 渡辺桂子
小さく住みて松立てずある家の様 雑草 長谷川零餘子
山の雪つけしまま松立てにけり 大串章
広島の夜陰死にたる松立てり 西東三鬼
御松立ねぢれ柱に経一誦 西本一都 景色
旅館のみ松立てゝ部落冬霞 渡邊水巴 富士
松立ちし妹が門辺を見て過ぎぬ 高浜虚子
松立てし伯耆の国に月のぼる 山本洋子
松立ててこち向く家や松隣 たかし
松立ててたち上がりたる星座かな 畑中秀樹
松立ててひとり呟くこれでよし 高澤良一 随笑 
松立ててをりちんどん屋賑やかに 村山古郷
松立てて仮泊す伊勢の漁船団 猿橋統流子
松立てて家に背筋の入りにけり 高澤良一 随笑 
松立てて淋しき駅でありにけり 大峯あきら 宇宙塵
松立てて漂うてをる小舟かな 富安風生
松立てて焦土は薄ら雪が下 林原耒井 蜩
松立てて空ほのぼのと明る門 夏目漱石 明治三十年
松立てゝあることはありここ六区 清崎敏郎
松立てゝ古き馬屋の雀の果 前田普羅 飛騨紬
松立てゝ屑焼く暮れや顔に雨 大谷句佛 我は我
松立てゝ手洗ふ程に春近し 成美
松立てゝ杣人代々の火を守れる 水内 鬼灯
海軍省日出づる国の松立ちぬ 渡邊水巴 富士
短日の径まがらせて松立てり 岩田昌寿 地の塩
稲掛けて人の如くに松立てり 星野立子
早々と門松立てて客集め 中野 重一
石道寺門松立ててゐるところ 大峯あきら 宇宙塵
菜の花に門松立てて安房郡 風生
門松立ち俎上の魚は頭を刎ねらる 北野民夫
門松立てて天の蒼さをひきよせぬ 高橋たかえ
門松立て玻璃戸中なる鋸目立て 北野民夫
かくれ家も世に交りけり松飾 高橋淡路女 梶の葉
ふりいでし雪の中なる松飾 久保田万太郎 草の丈
よその山にはばかり折りて松飾る 木村蕪城 寒泉
入れられて泣きし蔵なる松飾 瀧澤伊代次
前山に山彦棲む日松飾る 渡辺柳風
千客の万来の松飾りけり 村山葵郷
友らいつか集ひ棲みけり松飾 石田 波郷
吉野路や冬の桜に松飾 古白遺稿 藤野古白
吹かれゐし白魚舟の松飾 斎藤夏風
吾を見る墓石の前に松飾る 百合山羽公 寒雁
呉竹の根岸の里や松飾り 正岡子規
大いなる門のみ残り松飾り 虚子
山社松の木の間の松飾 古白遺稿 藤野古白
幾霜に心ばせをの松飾り 松尾芭蕉
斧の刃にうつる地炉の火松飾る 早崎 明
松山の囲める町の松飾 汀女せん 吉屋信子
松飾いづこで焚くも地の厚み 神尾久美子
松飾して新造の春日丸 阿部みどり女 笹鳴
松飾その他も略すつねのこと 石塚友二 光塵
松飾はづし素顔の街となる 福原ふじこ
松飾りして曳売りの焼いも屋 新井太四郎
松飾りとれて小さき船ばかり 山下和人
松飾りをるはやつぱり日本人 辻井ト童
松飾り妻が大きく見ゆる日ぞ 中条明
松飾り妻は玻璃拭き空澄ます 今村米夫
松飾り小さし大きな虚子のこと 安立恭彦
松飾り小ぶりよ海女の消えし戸に 鍵和田[ゆう]子 未来図
松飾り岩木颪の吹く門に 増田手古奈
松飾るコンクリートに膝をつき 岩崎健一
松飾る機械住みつく厩にも 松倉ゆずる
松飾る病者ばかりが相寄りて 古賀まり子 洗 禮
松飾る鶏炯々と風の中 古舘曹人 樹下石上
松飾焚き悲しみの昭和果つ 小松崎爽青
松飾焚く火幣より発しけり 皆吉爽雨
松飾解かざる船は休みをり 穐好樹菟男
松飾錠をつらねて藩庫かな 雑草 長谷川零餘子
海坂のきらりきらりと松飾り 渡辺大円
燃えてゆく一家々々の松飾 阿部みどり女
苗代田に松飾りして農に生く 江藤 睦子
衣紋師の胡粉暖簾や松飾 四明句集 中川四明
賑かに人の出入や松飾 高橋淡路女 梶の葉
身の幅の龍飛裏路地松飾る 福永耕二
門川は凍りて白し松飾 田村了咲
雪ふかくヒユツテの扉あり松飾 水原秋櫻子
雪国のありとも見えず松飾 龍胆 長谷川かな女
顔かくすためにある袖松飾り 橋本草郎
風音を伊賀に聞きをり松飾 鈴木鷹夫
女手に立てし門松月あきらか 中山純子
子が買つて来し門松をわが立てて 安住敦
門松の立ちそめし町や雁渡る 渡辺水巴
門松の立ち初めしより夜の雨 一茶
門松の立つ白鳥の餌付小屋 山崎羅春
門松を立てていよいよ淋しき町 高浜虚子
門松を立てて鰈を干してある 辻 桃子
門松を立てに来てゐる男かな 池内たけし
門松を立て終りたる塵を掃く 松田水石

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯萩

枯萩

例句を挙げる。

きのふ菊けふ枯萩を焚きにけり 神蔵 器
そこはかと夕日ただよひ萩枯るる 橋本鶏二 年輪
ふとかはる人の表情萩枯るる 橋本鶏二 年輪
乳首より出づるものなし萩枯るる 桂信子
二階より庭が親しく萩枯るる 阿部みどり女 『光陰』
仮面そのまゝ枯萩をくぐりゆく 門奈明子
南縁のぬくゝ萩枯れ画譜置かれ 岸風三楼 往来
園の風高きをわたり萩枯るる 梶井枯骨
好日の蝶のよりどに萩枯るる 亀井糸游
島の娘と「かくれんぼ」して萩枯るる 阿部みどり女
帰る時ふと枯萩に日ののこり 高木晴子 晴居
影つくる力なきまで萩枯れて 田代杉雨堂
快くあづかる留守や萩枯るる 中村汀女
新薬師寺枯萩にまだ手をつけず 安住 敦
枯萩が下に筧の垂氷かな 筏井竹の門
枯萩となり夕闇のこゑとなる 河原枇杷男 定本烏宙論
枯萩となるには未だ間のありて 西村和子 夏帽子
枯萩と遠稲妻を一に見し 斎藤玄 狩眼
枯萩にけむりのごとく女立つ 赤尾兜子
枯萩にわが影法師うきしづみ 高浜虚子
枯萩に僧の奢や妾など 雑草 長谷川零餘子
枯萩に師の亡き嘆き深めけり 大串章
枯萩に放つ伐折羅の眼となりて 神蔵器
枯萩に盛りのことを人はいふ 阿部みどり女
枯萩のいつまで刈らであることか 高浜虚子
枯萩のいろ残しけり風の中 原田 逸子
枯萩のこんがらがりてよき天気 中田みづほ
枯萩のむざと刈られし昨日かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯萩の光りに鹿狼颪かな 阿部みどり女
枯萩の塵かぶらねば刈られずに 稲畑汀子
枯萩の宿てつびんのたぎりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
枯萩の性美しく焚かれけり 長山あや
枯萩の曲線描き尽しつつ 上野 泰
枯萩の焔ましろくすぐをはる 橋本多佳子
枯萩の白き骨もて火を創る 中村苑子
枯萩の葉ずれはなやぎ風の僧 小嶋樹美子
枯萩の西日揺らして刈られけり 阿部みどり女 『陽炎』
枯萩の重なり合ひて枝走る 篠原 としを
枯萩の風聞えしよ又聞ゆ 小川千賀
枯萩の髄脈々と雨氷る 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯萩は刈らずに今日の客の為 星野立子
枯萩やしきりにとべる朝すゞめ 久保田万太郎 流寓抄以後
枯萩やせはしき針に清夫なし 飯田蛇笏 山廬集
枯萩や忙しき針に情夫無し 飯田蛇笏
枯萩をくくりて白き老女の手 佐野美智
枯萩を刈らむとしつゝ経し日かな 安住敦
枯萩を刈りたりバネの強さあり 細見綾子 黄 炎
枯萩を折焚く宿や今年酒 松瀬青々
枯萩を焚かむとすなり横たへて 成瀬櫻桃子
枯萩を焚きて稚魚忌や十年経し 椎名書子
枯萩を焚き星空を曇らしぬ 山田弘子
枯萩を焚き美しき火を獲たり 三溝沙美
枯萩を焚く高高と炎飛び 上野泰 佐介
枯萩を起せばもとの暗き家 安井浩司 阿父学
枯萩叢明るく人語透きやすし 中島和昭
波郷死に枯萩に日の載りてゐし 加畑吉男
海を見し昨日は遠し萩枯るる 阿部みどり女
縷ともつる枯萩一事に執しけり 福田蓼汀 秋風挽歌
芭蕉枯れ萩枯れ吾に少しみどり 窪田丈耳
萩かれて雪隠見ゆる寒かな 横井也有 蘿葉集
萩枯るる人工水路に水少し 金子邦子
萩枯るる枝先は眼の果のごと 皆吉爽雨
萩枯るる風光り来る卓の上 岡本 眸
萩枯れいにしへの蹴鞠をおもふおん沓さゝげまつるを 中塚一碧樓
萩枯れてあけたてさむき障子かな 橋本鶏二 年輪
萩枯れて奥の細道どこへやら 広瀬惟然
萩枯れて山門高し南禅寺 高浜虚子
萩枯れて帯の間より銭出す人 細見綾子 黄 炎
萩枯れて斑愈々濃し鹿の親 西山泊雲 泊雲句集
萩枯れて波も幾重や荒岬 鈴木真砂女
萩枯れて芒は枯れて佐渡見ゆる 前田普羅 新訂普羅句集
萩枯れて音といふものなかりけり 富安風生
萩枯れて黄なりさゞなみ盈ち走る 渡邊水巴 富士
萩枯れぬ焚けばばうばう燃ゆるべし 森冬比古
葉をふるふ力も尽きて萩枯るゝ 大橋桜坡子
薺つむ野や枯萩もおもひ草 松岡青蘿
野袴の子は枯萩に立つべかり 斎藤玄
雲しづかに枯萩の芽の尖りけり 渡辺水巴 白日
風強き日の枯萩を玻璃ごしに 高濱年尾 年尾句集
鶴塚に日のふりそそぎ萩枯るる 宮内林童

以上
by 575fudemakase | 2014-12-25 00:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング