2017年 03月 10日 ( 3 )

新年 の俳句

新年 の俳句


新年

例句を挙げる。

俳句は季箴としかゝぐ年頭語 河野静雲
あらたまの母在さぬ年明けにけり 館岡沙緻
あら玉の年立つて足袋大きかり 展宏
おほみそら瑠璃南無南無と年新た 飯田蛇笏 春蘭
かざす手に年立つ水のつめたくて 川村暮秋
これからは引算ばかり年迎ふ 清水基吉
しとめたる狢も飾り年迎ふ 樋笠文
しみじみと訓へ身につけ年始め 宮武寒々 朱卓
しんしんと母に年立つ鰹節 原田喬
てのひらが年立つものの初めかな 加藤楸邨
にべもなく新年きたる机辺かな 小池文子 巴里蕭条
ひとの家に雨粛々と年立てり 石田 波郷
ひとり寝の顔に日が射し年新た 菖蒲あや あ や
ひば垣の角くつきりと年迎かふ 神谷孝子
ふるさとのころ柿食うべ年迎ふ 臼田亞浪 定本亜浪句集
ふるさとの年新たなる墓所の雪 飯田蛇笏 霊芝
ほまち魚さげて年始の漁師妻 西岡千鶴子
みちのくの馬どころより年始状 青畝
みほとけの母を呼びをり年明くる 石原八束
わが辿る白道無限年新た 桜木俊晃
われの年明けてくるなり怒濤音 高橋悦男
われ農や年始疲れは靴からくる 大熊輝一
をのこ子の小さきあぐら年新た 成田千空 地霊
ピスタチオ殻割る音に年立てり 高澤良一 ぱらりとせ
リボンの輪ほどく速さに年明くる 対馬康子 純情
リラックスリラックスして年迎ふ 高澤良一 宿好
一歳の稚児が礼して年新た 都筑智子
一組は受験子の居て年始客 戸田冨美子
一羽鳩腋しろがねに年新た 野澤節子 黄 瀬
一草一木を友年新らた 細見綾子
一行の心を籠めし年始状 高浜虚子
一輪の霜の薔薇より年明くる 秋櫻子
万物の一塵として年迎ふ 桂信子
三面鏡ひらきて素顔年迎ふ 美代子
下戸我は威儀を正して年始酒酌む 俊朱
下痢また風邪わが新年の賑やかに 石塚友二
世に借りしもの大いなり年迎ふ 目迫秩父
乏しきに馴れきよらかに年迎ふ 桂 信子
二千年明くる子午線西へ西へ 秋山朔太郎
二千年来るともかくも冬至の湯 北見さとる
仔犬愛して夫淡々と年迎ふ 及川貞 榧の實
似合しや新年古き米五升 芭 蕉
体重計に少女の重み年新た 尾高惇子
倦む日なきわが酒に年立ちかへる 上村占魚 『天上の宴』
入り船や年立帰る和田の原 言水
冬の日矢二○○○年来る加速して 銀林晴生
冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ 飯田蛇笏
別腸と云ふも涸れつつ年立ちぬ 相生垣瓜人
古九谷の虎の稚拙に年新た 沢木欣一 往還以後
嘴太鴉(はしぶと)と明日の見えない年迎ふ 高澤良一 随笑
国原を走る神の火年立てり 民井とほる
国敗れ入倦みて年新たなる 日野草城
大佛の闇の奥より年来る 狹川青史
大欅一糸纒はず年迎ふ 毛塚静枝
夫の靴そろへ年始の客となり 牧山 美佐子
婚通知持ちて母娘の年始客 谷 和子
安らぎは心にありぬ年明ける 高木晴子 花 季
宵越の北極星や年新た 三橋敏雄 畳の上
寅の年迎ふ一病息災に 角川源義 『西行の日』
寒巖に一筋の杓年新た 八木林之介 青霞集
山に立ち山に礼して年迎ふ 岡田日郎
川音とある蔵景色年立てり 下田稔
干菜鳴り吹雪く恵那にも年立ちぬ 加藤春彦
年始にも老の一徹見られけり 高浜虚子
年始の若い夫婦がせまい室 梅林句屑 喜谷六花
年始まるこの児も向かい風が好き 由利雪二
年始客下りて泊舟ゆらゆらす 静塔
年始旅雲上人となり翔くる 杉本寛
年始状京の寺持誰々ぞ 河野静雲 閻魔
年始状火にくべたれば燃ゆるかな 冬の土宮林菫哉
年新し狂院鉄の門ひらき 西東三鬼
年新たなり燈台も太陽も 岸風三樓
年新たな凍み足袋裏を堅くせり 節子
年新た三百年の炉が焚かれ 山本一糸
年新た日々為し何にを遺すべき 河野南畦 『空の貌』
年新た此処から空がいつも見え 池田澄子
年新た稚魚遊ぶ海透きとほり 佐野美智
年新た雪新た戸をまだ出でず 村越化石
年新た鶏の動悸をてのひらに 香取哲郎
年明くとベツドに凭りて足袋はけり 石田波郷
年明くる暗き瓦の傾斜より 堀井春一郎
年明けの定年といふ大海原 高澤良一 随笑
年明ける川辺に箸を洗ふ音 福田甲子雄
年来たる如何な年ぞと頭上ぐ 天野莫秋子
年来つつありタンカーの真正面 石崎多寿子
年来ても吾子寝て居れば音もなや 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
年立ちてこゝろ静けき起居かな 高橋淡路女 梶の葉
年立ちぬ又の世も亦教師たらむ 米田双葉子
年立ちぬ無明にて刻聴きをれば 藤村多加夫
年立つて耳順ぞ何に殉ずべき 佐藤鬼房 朝の日
年立つて自転車一つ過ぎしのみ 澄雄
年立つとこゑや隣の蒲団より 高澤良一 鳩信
年立つやもとの愚が又愚にかへる 一茶
年立つや一二三四五六七 加藤郁乎 江戸桜
年立つや北斗仰ぎつ押されゆく 佐野青陽人 天の川
年立つや家中の礼は星月夜 其角
年立つや旅笠かけて山の庵 飯田蛇笏 霊芝
年立つや江上の船いくさ猶 尾崎迷堂 孤輪
年立つや波が走りて鴎散る 中拓夫
年立つや罪負へるごと躄りをり 小林康治 玄霜
年立つや華甲きのふと思ひしに 野見山ひふみ
年立つや音なし川は闇の中 久保田万太郎
年立つや額の広きほとけとゐ 角川春樹
年立てり家政の鍵の錆ぶまゝに 竹下しづの女句文集 昭和十三年
年立てり病の床を敷き更ふる 及川貞 夕焼
年立てる海寧日の音すなり 伊藤敬子
年迎ふ空万全を期すごとし 高澤良一 随笑
年立てる闇水晶に入るごとく 鳥居おさむ
年立てる音も新たに箒川 高澤良一 寒暑
年立て外山の里に焚く火哉 妻木 松瀬青々
年立や格子の前の薄氷 龍雨
年立や雨落ちの石凹む迄 一茶
年迎ふちちははありし日の遠く 武石佐海
年迎ふ一気仕事に草の絮 中島双風
年迎ふ人の賜ひしものを着て 森 重昭
年迎ふ合掌の掌や反りぎみに 中山純子 沙 羅以後
年迎ふ来馴れし宿の親しさに 万太郎
年迎ふ炉を真四角に均しけり 成田千空 地霊
年迎ふ鈴を惜まず三番叟 飯島晴子(1921-2000)
年頭の旅の誘ひの声掛かる 高澤良一 宿好
年頭の旅はいつもの顔ぶれで 高澤良一 宿好
年頭の日かげ篤さもはかなさも 竹中宏 句集未収録
年頭の海見て立てむ志 大橋敦子
年頭の燈台白しと報げやらむ 草田男
年頭の雲一つなき美濃に入る 高澤良一 随笑
年頭はかばのとじめのうつは物 浜田酒堂
年頭や庄司が嫁は夜がまじる 浜田酒堂
年頭句厚き雑誌を割って読む 百合山羽公 寒雁
年頭歌斎藤茂吉亡き年の 百合山羽公 故園
年頭童心枕木十歩にはずみ得て 香西照雄 素心
座右銘は妻の言の葉年迎ふ 香西照雄 素心
御年始の返事をするや二階から 小林一茶
御年始や鼻つき合うて老の友 鬼城
忘れざる更科人や年始状 青々
我家の水音に年新たなり 露月
我富めり新年古き米五升 松尾芭蕉
手を打てば純白の鯉年立てり 渡辺恭子
抜き放つだんびらのごと年立てり 高澤良一 宿好
文章の稿のまゝ新年に入る 石井露月
新年といえども与す世にあらず 橋本夢道 『無類の妻』以後
新年のくるぶし緊むるかたき足袋 能村登四郎
新年のゆめなき夜をかさねけり 飯田蛇笏 春蘭
新年の井に塩盛りて年行事 飯田蛇笏 椿花集
新年の壁に吊るせり草箒 穴井 太
新年の客待つ酒は信濃かな 田中裕明 櫻姫譚
新年の富士にもありぬ裏表 飯田以余子
新年の山のあなたはみやこなる 室生犀星(1889-1962)
新年の山深く歯朶はみどりなる 室生犀星 十返花
新年の山襞に哀れ烟立ち 室生犀星 十返花
新年の山襞に立つ烟かな 室生犀星 犀星発句集
新年の山見てあれど雪ばかり 犀星
新年の山見て居れば雪ばかり 室生犀星 犀星發句集
新年の山重なりて雪ばかり 室生犀星 十返花
新年の星座掲ぐる原始林 津田清子
新年の森で あかるい藻となる 髪 伊丹公子
新年の棺に逢ひぬ夜中頃 子規句集 虚子・碧梧桐選
新年の氷の濡れてをりにけり 鈴木五鈴
新年の深雪ぬくとく愛馬飼ふ 飯田蛇笏 春蘭
新年の病臥の幾日既に過ぎ 誓子
新年の直々として竹青し 岸風三樓
新年の言云はず背と旅にゐる 石橋秀野
新年の謎のかたちに自在鉤 照敏
新年の部厚き雑誌未婚姉妹 右城暮石 上下
新年の雲山刀伐を越えてくる 中島松濤
新年の顔そろひけり母の部屋 古川充子
新年の風見鶏見ゆ墓地の端 田川飛旅子 花文字
新年の鴎いきなり急降下 池田秀水
新年はめでたし炬燵にあたれといふ シヤツと雑草 栗林一石路
新年は赤道直下と鮪船 吉井竹志
新年も月に乗じて来りけり 相生垣瓜人 微茫集
新年や妻はともしき火を愛しむ 栗林一石路
新年を犬連れて来る泊り客 山下典子
新年を見る薔薇色の富士にのみ 西東三鬼
新年を迎へる椨の瘤だらけ 高澤良一 鳩信
新年ノ鏡ニ梵字ノ雨ガ降ル 夏石番矢 真空律
春立つや新年ふるき米五升 芭蕉
春立や新年ふるき米五升 芭蕉
暁闇の杉に新年満ちてをり 甲子雄
曼珠沙華最も青く年立ちぬ 相生垣瓜人 明治草抄
木の家に住み木綿着て年迎ふ 筒井源枝
本坊に年新たなる柝を打つ 松原葉桜
杉落葉香りぞたかく年明けたり 加倉井秋を
松の上の雪しづりそめ年来り 臼田亞浪 定本亜浪句集
松は霜に葉を逆立てゝ年明けぬ 渡邊水巴 富士
松過ぎて年始まはりの役者かな 中村吉右衛門
柑園に雪ふる温泉の年始 飯田蛇笏 霊芝
桐一本金色の年立ちにけり 原田喬
梅提げて新年の御慶申しけり 正岡子規
榛の木に色出でて年新たなり 森田公司
樫の幹地より岐れて年明くる 横山房子
樫の木に日の匂うなる年新た 細見綾子 天然の風
橋おのおの影を水面に年迎ふ 長屋せい子
水 音 の、 新 年 が 来 た 山頭火
水と火の妻の業終へ年明くる 能村研三 鷹の木
水鳥が水の糞して年明ける 大石雄鬼
注連縄の大黒柱年迎ふ 中村苑子
激流の上に年来る磨崖仏 大峯あきら 鳥道
火噴く山西に東に年明くる 桂信子 樹影
炉の灰の栄枯均して年迎ふ 毛塚静枝
熱燗や笑はせゆきし年始客 河野静雲
父子揃ひまづ家元へ御年始に 佐野ヽ石
片すみにゐて不服なし年迎う 小石幸雄
犬の鼻大いにひかり年立ちぬ 楸邨
現し世に彼岸此岸あり年迎ふ 岡村羊羽
現の子うつつに無き子年新た 上村占魚 『石の犬』
理容師も髪整えて年迎う 小山内湲声
男子われ老なほあさき年迎ふ 麦南
白々と浄土ケ浜の年明ける 磯野充伯
白さ加へて白山の年迎ふ 片山由美子 水精 以後
白鳥の闇が華麗や年明ける 加藤知世子
真鍮のエツフェル塔や年迎う 対馬康子 吾亦紅
神に仕ふる心ゆたかに年立ちぬ 高田蝶衣
禅僧の空まで掃きて年明ける 神山姫余
移り住む田舎の地図や年始状 高浜虚子
稿終へし指の先より年明くる 古賀まり子
竜返し滝うち騰る年来りけり 堀口星眠 営巣期
竹の奥つやつやと年来つつあり 手塚美佐
竹垣の青き切り口年明ける 高野清美
篝火の弾く音より年明くる 高橋妙子
老とおもひいまだとおもひ年立てり 及川貞 榧の實
老の愛水のごとくに年新た 飯田蛇笏
脣拭きしナプキン燃えて年立つ炉 宮武寒々 朱卓
花屋いでて満月に年立ちにけり 渡辺水巴
花屋出で満月に年立ちにけり 渡辺水巴
花温室の年立つ雨もふりやみぬ 飯田蛇笏 霊芝
若者ら来て年頭をゆさぶりぬ 蓬田紀枝子
薄化粧して新年の顔となる 柴田白葉女 『月の笛』
藤原氏絵巻に栄え年立てり 大島民郎
蝋の火の百に年立つ善光寺 小林子
表札は在りし日のまゝ年迎ふ 星野椿
路地の子が礼して駆けて年新た 菖蒲あや 路 地
身一つを布石のごとく年新た 鶴豊子
軍艦旗掲げて漁船年迎ふ 山口誓子 雪嶽
遊ぶ子の声満ちて年立ちゐたり 大石悦子
金彩のチェンバロの音に年迎ふ 佐藤美恵子
金柑の甘さとろりと年迎ふ 鈴木真砂女 夕螢
門前の雲をふむべく年新た 飯田蛇笏 春蘭
陸の富士海の富士見て年新た 太田 嗟
隠栖を心の隅に年迎ふ 下村ひろし 西陲集
雪に音楽雪に稲妻年始まる 知世子
雪をよぶ雁や年立つ鄙の空 青々
雪山を宙にひくめて年新た 飯田蛇笏 雪峡
雲しきてとほめく雪嶺年新た 飯田蛇笏 雪峡
雲しきて山廬の注連井年迎ふ 飯田蛇笏 霊芝
青空の年頭会ふは空也像 魚目
風上に白鳥あそび年立てり 宮津昭彦
風邪寝の掌年新しき空気載る 野澤節子 遠い橋
鰐が川に入る姿や年迎ふ 皆吉司
鷹降りて河口年立つ糸魚川 宮武寒々 朱卓
あら玉の年の始めの眼鏡拭く 林原耒井
あら玉の年立つて足袋大きかり 展宏
あら玉の春ほや~の朝かな 尾崎紅葉
あら玉の春や御垣の雀にも 北元
あら玉の牡蠣と狂歌に読めりける 尾崎紅葉
あら玉の目鏡の老やはつ暦 尾崎紅葉
あら玉の餅を焦してゐたりけり 永方 裕子
かくてまた父の亡き年移りゆく 大橋敦子 手 鞠
がたぴしの戸を開けて年改まる 細川加賀 生身魂
きのふ見し雪嶺を年移りたる 森澄雄 浮鴎
しづかにて繭になりたき年はじめ 松本雨生
たつぷりと火種を埋めて年移る 菖蒲あや あ や
ひそかなる枯菊に年改る 松本たかし
みな旅人年改まる旧山河 永野孫柳
わたつみも綾なして年改まる 月笠
オリオンの盾新しき年に入る 橋本多佳子(1899-1963)
カラヤンの指揮をもて年改まる 森田峠 逆瀬川以後
人右往左往して年改まる 上野泰 春潮
人来ればはじめて年の明けにけり 如月真菜
先づ女房の顔を見て年改まる 高浜虚子
冬薔薇いよいよ年の空深く 高澤良一 燕音
女の手年の始の火を使ふ 野澤節子
嬰のごとくにころがされ年移る 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
子(ね)の星の深々と年改まる 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
子等の齢数へつゝ年改る 上野泰
年はじまる顔むけて聴く鳥の歌 岡本眸
年改まり人改まり行くのみぞ 高浜虚子
年改まる吊橋の揺るるなか 高橋妙子
年移るモンローといふ蘭の花 沢木欣一 往還以後
年移る山々鎧ふもの落とし 館岡沙緻
年移る杉の枝打ちせしままに 岡井省二
年移る闇に大きな朱欒垂れ 森重 昭
庭苔に胞子びつしり年移る 高井北杜
新玉のうら淋しさの故知らず 富安風生
新玉の句帳の白紙初心とす 田中英子
新玉の扇一つを命とも はん
新玉の指三本に齢足り 上田日差子
新玉の春衣着つれて酔つれて 尾崎紅葉
新玉葱研ぎしばかりの刃に応ふ 岡本まち子
木に石に注連かけて年改まる 右城暮石
核の危機を負ひつづけ年改まる 田川飛旅子 『使徒の眼』
水栽培の髯根にも年改まり 高澤良一 ももすずめ
火のいろのしんかんと年改る 篠崎圭介
炉の母に年移りゆく榾をつぐ 倉田 紘文
甕の御酒海に撒き年改る(土佐室戸岬) 上村占魚 『橡の木』
眼薬をさしてわが年改まる 西村公鳳
社会部の大時計年改る 大野雑草子
禽獣に声をやさしく年はじめ 今川凍光
絵馬の竜火を吐きて年改まる 友田しげを
脇宮は梯子掛けながし年移る 宮武寒々 朱卓
舟は陸に年改まる大漁旗 水原春郎
荒筆と乱句を年の始めとす 和田悟朗
虚子刀自にねぎらはれつつ年改まる 上野泰
衾なほつめたく年の明けにけり 鷲谷七菜子
裏窓の涙を溜めて年移る 青野敦子
見上げゐる犬にもの言ふ年はじめ 下田稔
豊髯の教へ子に会ひ年はじまる 藤岡筑邨
間髪を入れずして年改まる 阿波野青畝(1899-1992)
霧氷咲く石鎚山に年移りをり 吉野義子
風の向きに伏し枯草の年移る 鈴木六林男
餅焼いて新しき年裏返す 原裕 出雲
鯣マラルメ年の始めが暇である 池田澄子
あけはなれ年かはりたる山を見る 井上喬風
年かはり炭火匂つてゐるばかり 藤木清子
年かはる水の齢に照りながら 松澤昭 神立
枯萱に年かはりたる日がさせり 清崎敏郎
誤植訂正はやばやと載せ新年号 高澤良一 石鏡
こざっぱりして定年を迎ふ年 高澤良一 宿好
身綺麗になりて辰年迎へけり 高澤良一 宿好
鷹揚に年を迎へて送るのみ 高澤良一 随笑
肌着に首するりと通し迎ふ年 高澤良一 素抱
身勝手を通して貰ふ来る年も 高澤良一 宿好
せきれいの尾をうち振れば来る年か 高澤良一 随笑
来ん年も雑事に力削がれまじ 高澤良一 随笑
水底の木の葉にも年巡り来て 高澤良一 暮津
年立つと宣ふ鹿のやうな貌 高澤良一 石鏡
歯朶活けて年入れ替る坊厠 高澤良一 ねずみのこまくら
二三冊年をまたぎて本借りぬ 高澤良一 ももすずめ
鳥の名を少し覚ゆる年とせむ 高澤良一 さざなみやつこ
子(ね)の年の郡上の井水小走りに 高澤良一 ぱらりとせ
好調と云はるる年でありたかり 高澤良一 ぱらりとせ
神鈴を一つがらんと年歩ます 高澤良一 燕音
落柿舎の年初の苔の常みどり 高澤良一 燕音
平日の気息確かな年とせん 高澤良一 燕音
待望の景気上向く年ならず 高澤良一 宿好
年男さすれば龍となり舞はん 高澤良一 宿好
亀のごと気長気儘に年過ごさむ 高澤良一 随笑
喜んで孫に振り回さるゝ年 高澤良一 素抱
年祝ぐに洒落てのむ酒ジンライム 高澤良一 石鏡

新年 補遺

「雑華世界」とはよき言の葉よ年迎ふ 山口青邨
おほみそら瑠璃南無南無と年新た 飯田蛇笏 白嶽
かびろくてうづの杣山年迎ふ 飯田蛇笏 白嶽
こけしたちいつも稚く年新た 山口青邨
そぞろ神と仲良く迎ふ年の暮 山田みづえ まるめろ
てのひらが年立つものの初めかな 加藤秋邨
なつかしき人やあまたに年明る 土芳
はる立や新年ふるき米五升 芭蕉 芭蕉翁発句集
ひそかなる枯菊に年改る 松本たかし
ふるさとのころ柿食うべ年迎ふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
ふるさとの年新たなる墓所の雪 飯田蛇笏 霊芝
ほのほのと茜の中や今朝の不二 正岡子規 新年
ほのほのや鼾忽ち絶えて春 正岡子規 新年
まなかひに直幹のあり年迎ふ 鷲谷七菜子 天鼓
みなぎれる潮鳴りに年改る 上村占魚
よべの月美しかりし年明けぬ 星野立子
わが腰の更に曲りて年立てり 相生垣瓜人 負暄
ウオッカ乾し赤道下年迎へしかや 伊丹三樹彦
ガソリン嬢新年の雪拭き呉れし 山口誓子
ハレー彗星ふたたび見んか年迎ふ 山口青邨
一つ家にひとつ物音年明くる 岸田稚魚 紅葉山
一千の鶴鳴けば一千の声年明くる 山口青邨
一月二日奇石瑞草を見る 正岡子規 新年
一片の餅温かく年迎ふ 橋閒石 雪
一羽鳩腋しろがねに年新た 野澤節子 未明音
一草一木を友年新らた 細見綾子
一輪の霜の薔薇より年明くる 水原秋櫻子 帰心
万物の一塵として年迎ふ 桂信子 草影
三代に生きて年迎ふ万華鏡 山口青邨
三宝に新年詠草嘉納され 山口誓子
乏しきに馴れきよらかに年迎ふ 桂信子 月光抄
二つには花を力に年明ぬ 野紅
人のよろこびわがよろこびや年迎ふ 山口青邨
人先に何によらばや年明て 野坡
人古く年新しくめでたけれ 山口青邨
人右往左往して年改まる 上野泰 春潮
仔犬愛して夫淡々と年迎ふ 及川貞 榧の實
何か蒔きし畑そのまま年新た 山口青邨
佳き年を迎ふ阿吽の呼吸かな 後藤比奈夫
俳諧(へえけへ)は四季に雜さて年新た 三橋敏雄
倦む日なきわが酒に年立ちかへる 上村占魚
兵馬みつすめろぎの洲年迎ふ 飯田蛇笏 白嶽
其けしき地は見せねども年明ル 玄梅
冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ 飯田蛇笏 家郷の霧
凛々たる屹々たる年迎ふなり 山田みづえ 手甲
列島の弓形強め年迎ふ 鷹羽狩行
初鴉喪の年明けてゐたりけり 安住敦
別腸と云ふも涸れつつ年立ちぬ 相生垣瓜人 明治草
口きかぬ位牌に新年おめでたう 鈴木真砂女 紫木蓮
咲にけり筆のさきより年の花 正岡子規 新年
国敗れ人倦みて年新たなる 日野草城
壽に甘えおのれに媚びて年迎ふ 富安風生
大の字の大文字に年立てり 村山故郷
大津絵の一枚に年改る 後藤比奈夫
天さかる鄙のはつ虹年新た 飯田蛇笏 白嶽
妻は虎吾は龍相睦み年迎ふ 山口青邨
子の年の鼠にちなむ落語哉 正岡子規 新年
子規逝きし三十六の年迎ふ 上村占魚
宵越の北極星や年新た 三橋敏雄
宿に年迎へし人のつぎつぎ発つ 松崎鉄之介
寅の年迎ふ一病息災に 角川源義
寐んとすれば鷄鳴いて年新なり 正岡子規 新年
山刀伐に埋めきし胡桃年立つか 加藤秋邨
山寒し年改まる三日前 飯田龍太
年いよよ水のごとくに迎ふかな 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
年こゝにあらたなる梅の莟哉 正岡子規 新年
年徳と布袋とどつと笑ひけり 正岡子規 新年
年改ることのさだかに松の風 大野林火 月魄集 昭和五十六年
年改るとて時が騒ぎ出す 鷹羽狩行
年新し狂院鉄の門ひらき 西東三鬼
年新し頭がちの雀眼をつむる 西東三鬼
年新た墓地に吸はるる人影も 飯田龍太
年新た嶺々山々に神おはす 飯田蛇笏 山響集
年新た心新たにつつしみて 山口青邨
年新た美しく老い度く希ふ 星野立子
年新た龕に灯す雪の屋 飯田蛇笏 家郷の霧
年新らた伊良湖の貝を耳に振り 細見綾子
年明くとベツドに凭りて足袋はけり 石田波郷
年明くる三面鏡の隙間より 鷹羽狩行
年明くる壷中なほ蔵す去年の闇 山口青邨
年明くる島の鹿にて器量よし 佐藤鬼房
年明くる闇にこゑあり神事能 鷲谷七菜子 一盞
年明くる鳥の高音が夢に入り 鷲谷七菜子 天鼓
年明けてゐたり猫鳴く息も白く 右城暮石 句集外 昭和二十七年
年明けて二度目の墓参四温晴 星野立子
年明けて春まだ立たず梅の花 正岡子規 新年
年明て大船のゆらぐ津也けり 千那
年来るに寸前も只手闇 石塚友二 曠日
年立つて耳順ぞ何に殉ずべき 佐藤鬼房
年立つて自転車一つ過ぎしのみ 森澄雄
年立つまであとひとときの餅の白 森澄雄
年立つや吾が六十の庚申 上村占魚
年立つや旅笠かけて山の庵 飯田蛇笏 霊芝
年立つや罪負へるごと躄りをり 小林康治 玄霜
年立てり弱星小星駆り出され 藤田湘子 てんてん
年立てり病の床を敷き更ふる 及川貞 夕焼
年立てるすぐそこにもう一人の我 加藤秋邨
年立や団十良がふくべより 松窓乙二
年迎ふ山河それぞれ位置に就き 鷹羽狩行
年迎ふ山瀧に日のまはりけり 飯田蛇笏 白嶽
年迎ふ心たひらにわれもひとも 山口青邨
年迎ふ櫛の歯ふかく髪梳きて 橋本多佳子
年迎ふ炉のへたに膝のり出して 森澄雄
年迎ふ鈴を惜まず三番叟 飯島晴子
年迎ふ鉄剣の銘は辛亥と 山口青邨
年迎ふ飾る藁細工の龍や 山口青邨
年迎ふ龍の落し子跳ねまはり 山口青邨
年頭とて鵞ペン造りてみし頃よ 中村草田男
年頭に上下着ぬも披露かな 林紅
年頭に出づる欠伸を怪しめり 相生垣瓜人 負暄
年頭に勢ふ風を肯へり 相生垣瓜人 明治草
年頭に樒の花を見付けけり 相生垣瓜人 負暄
年頭に潜みし工煙いまは立つ 山口誓子
年頭の歯を食ひしばる古面あり 相生垣瓜人 負暄
年頭の燈台白しと報(つ)げやらむ 中村草田男
年頭の礼やあたらし宵の客 嵐青
年頭の第一蝿を打ち据ゑし 相生垣瓜人 負暄
年頭の篝がこぼす一火影 佐藤鬼房
年頭の蜑の組打ちとめ女 中村草田男
年頭はかばのとじめのうつは物 洒堂
年頭や庄司が娵は夜がまじる 洒堂
年頭句厚き雑誌を割って読む 百合山羽公 寒雁
年頭歌斎藤茂吉亡き年の 百合山羽公 故園
年頭童心枕木十歩にはずみ得て 香西照雄 素心
年頭躍筆墨条のみの白馬の図 中村草田男
幾千人が新年の顔のなか君が顔めでたし 荻原井泉水
座右銘は妻の言の葉年迎ふ 香西照雄 素心
微塵等も年を迎へて喜遊せり 相生垣瓜人 負暄
恭賀新禧一月一日日野昇 正岡子規 新年
愛國のこころ詩文に年迎ふ 飯田蛇笏 白嶽
我宿や鼾忽ち絶えて春 正岡子規 新年
戦前へ年改まる闇の中 三橋敏雄
掃溜にこれはこれはの春も來し 正岡子規 新年
新しき年新しき雪降らせ 細見綾子
新年のゆめなき夜をかさねけり 飯田蛇笏 春蘭
新年の上野寂寞と鴉鳴く 正岡子規 新年
新年の井に塩盛りて年行事 飯田蛇笏 椿花集
新年の墨水語り其村吶る 正岡子規 新年
新年の夕クシー日章旗を交叉 山口誓子
新年の居に松入る恐ろしや 永田耕衣
新年の星座掲ぐる原始林 津田清子
新年の棺に逢ひぬ夜中頃 正岡子規 新年
新年の深雪ぬくとく愛馬飼ふ 飯田蛇笏 白嶽
新年の病臥の幾日既に過ぎ 山口誓子
新年の白紙綴ちたる句帖哉 正岡子規 新年
新年の言云はず背と旅にゐる 石橋秀野
新年の謎のかたちに自在鉤 平井照敏 天上大風
新年の負ひて飽かざる新暄や 相生垣瓜人 明治草
新年の部厚き雑誌未婚姉妹 右城暮石 上下
新年の霜と消えたるはかなさよ 正岡子規 新年
新年も月に乗じて来りけり 相生垣瓜人 微茫集
新年や何申ても生肴 風麦
新年や床は竹の画梅の花 正岡子規 新年
新年や鶯鳴いてほとゝぎす 正岡子規 新年
新年稿成つて萬斛の血を灑きけり 正岡子規 新年
日あまねく年立つ誓ひ國土守る 飯田蛇笏 白嶽
明けの神鈴 鳴らす 鉄打つ手の 新年 伊丹三樹彦
明燈や殊に年立はじめの夜 野坡
春や來る表に物も案内も 正岡子規 新年
曼珠沙華最も青く年立ちぬ 相生垣瓜人 明治草抄
月夜にて常のサロンの年新た 飯田蛇笏 家郷の霧
朝酒はせず年頭の雪つのらす 古沢太穂 捲かるる鴎
木に石に注連かけて年改まる 右城暮石 句集外 昭和五十五年
松の上の雪しづりそめ年来り 臼田亜郎 定本亜浪句集
松は霜に葉を逆立てゝ年明けぬ 渡邊水巴 富士
梅さげて新年の御慶申けり 正岡子規 御慶
榜蔦刺舘年改まりゐたりけり 村山故郷
樫の木に日の匂ふなる年新た 細見綾子
橙を褒めて年頭の句に触れず 加藤秋邨
歓楽のジャズに年去り年来たる 山口誓子
波太し波太し年改まる 高野素十
泣顔の水面の葦も年新た 飯田龍太
浜に火を焚き年送り年迎ふ 鷹羽狩行
海、あしたは新年となるその日がはいる 荻原井泉水
深谷の襞の濡れいろ年新た 佐藤鬼房
渓流に雲こそあそべ年新た 飯田蛇笏 家郷の霧
潮引く思ひもすこし年新た 岡本眸
火噴く山西に東に年明くる 桂信子 樹影
焚きものに萩生マ枯を年迎ふ 右城暮石 句集外 昭和十四年
焼夷弾あかあかひらき年明けぬ 加藤秋邨
熟睡せるこの子にも年来りけり 森澄雄
現の子うつつに無き子年新た 上村占魚
瑞雲の叢々と年明けにけり 相生垣瓜人 負暄
甕の御酒海に撒き年改る 上村占魚
生きてまた年を迎へぬ咳溢る 日野草城
白き山瞼におけば年立ちぬ 藤田湘子
白をもて年改まる神仏 松崎鉄之介
百卷の古書の山こえ春は來ぬ 正岡子規 新年
祈る窓かもめ瀟洒に年立ちぬ 飯田蛇笏 山響集
神代よりかくある山姿年立ちぬ 橋閒石 雪
紀元二千五百五十五年哉 正岡子規 新年
紀元二千五百五十四年なり 正岡子規 新年
紅梅に年明くるとも喪は明けず 安住敦
老いぬと思ひ否とも思ふ年迎ふ 富安風生
老とおもひいまだとおもひ年立てり 及川貞 榧の實
老になき年頭所感初日記 後藤比奈夫
老の愛水のごとくに年新た 飯田蛇笏 山響集
老茂吉好新年と詠じけり 相生垣瓜人 明治草
耳の下の疣かなしめば年立ちぬ 加藤秋邨
臓も腑もやや和みつつ年明けぬ 相生垣瓜人 負暄
花とさす日よ新年のかんばせに 細見綾子
花屋いでゝ満月に年立ちにけり 渡邊水巴 白日
花温室の年立つ雨もふりやみぬ 飯田蛇笏 霊芝
落ち松葉雨に匂ひて年立てり 細見綾子
葉牡丹に年立つあられ降りやみぬ 飯田蛇笏 白嶽
葉牡丹むらさきだちたる雲を生けて新年 荻原井泉水
蒲団から首出せば年の明けて居る 正岡子規 新年
虚子刀自にねぎらはれつつ年改まる 上野泰
蟹を得たり新年會の殘り酒 正岡子規 新年
蟹を得つ新年會の殘り酒 正岡子規 新年
軍艦旗掲げて漁船年迎ふ 山口誓子
迎年や神慮の程も思ふべし 相生垣瓜人 負暄
醉蟹や新年會の殘り酒 正岡子規 新年
金柑の甘さとろりと年迎ふ 鈴木真砂女 夕螢
長き波止青き灯ばかり年明けぬ 阿波野青畝
門前の雲をふむべく年新た 飯田蛇笏 白嶽
間髪を入れずして年改まる 阿波野青畝
隻手聲絶えて年立つあした哉 正岡子規 新年
雪山を宙にひくめて年新た 飯田蛇笏 雪峡
雲しきてとほめく雪嶺年新た 飯田蛇笏 雪峡
雲しきて山廬の注連井年迎ふ 飯田蛇笏 霊芝
雲煙すなはち白竜なして年来る 中村草田男
霊芝床に飾り弥栄年迎ふ 山口青邨
青歯朶を髪にも挿して年新た 細見綾子
額は朱熹「寒竹風松」年新た 山口青邨
飾毬米寿の祝の年新た 山口青邨
高臺に林梢遠み年新た 飯田蛇笏 家郷の霧
鯉と鯉向きそのままに年新た 鷹羽狩行
鳥羽僧正一門の卯の年来にけり 安住敦

以上

by 575fudemakase | 2017-03-10 04:31 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

去年今年 の俳句

去年今年 の俳句

去年今年

例句を挙げる。

「開・合」と妻よ鐘は聴くべし去年今年 橋本夢道 無類の妻
いそがしき妻も眠りぬ去年今年 草城
いつの間に一と眠りして去年今年 瀧春一
かけつづく去年今年なきまもりふだ 五十嵐播水
かなしびて口ずさむ古歌去年今年 上井正司
かの架構隙かさねつむ去年今年 竹中宏 句集未収録
この間逢ひしばかりに去年今年 高濱年尾 年尾句集
しろきものおちて来りぬ去年今年 久保田万太郎 流寓抄以後
たちくらむ行く手炎の噴く去年今年 石原八束 『幻生花』
つま恋ひのつまの日月去年今年 遠入 たつみ
なまけものぶらさがり見る去年今年 有馬朗人
ぬぎすての衣の乱れや去年今年 久米三汀
ひし~と戦身ぢかく去年今年 河野静雲
もの乞うて去年今年なき跣かな 下村梅子
わかみづや流るるうちに去年ことし若水・去年今年 千代尼
スープ煮る腰高鍋の去年今年 草間時彦
セピアとは眼裏のいろ去年今年 皆吉司
テレビ塔紅燈帯びて去年今年 百合山羽公 寒雁
ピカソの目ひとつあまりて去年今年 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
ピッケルに火影拭き込む去年今年 手島靖一
一文字に鐘を撞き出す去年今年 山口草堂
一本の釘ぬき忘る去年今年 古堅蒼江
一病に負けてしがなき去年今年 高浜年尾
世にあるも大夢のごとし去年今年 小見山希覯子
丸ビルの店子も減りて去年今年 稲畑廣太郎
仏壇のともりしままや去年今年 下田童観
仕事着の白を守りて去年今年 毛塚静枝
伏せられしカードそのまま去年今年 伊藤 梢
休漁を掟の舟や去年今年 青畝
会ひたしと思ふ人あり去年今年 高濱年尾
余生なほ海を職場に去年今年 道川虹洋
佛吹く空也の深息去年今年 加藤房子
信ずれば平時の空や去年今年 三橋敏雄 畳の上
卯から辰へ無事是貴人去年今年 高木青二郎
去年今年あをきを残すおかめ笹 石川桂郎 高蘆
去年今年いのち一つに何賭けし 鈴木真砂女 夕螢
去年今年いま純白の睡り来る 千代田葛彦
去年今年さかさまに見る夫の顔 二村典子
去年今年ともなき我に客もなし 星野立子
去年今年なかりしまゝに心の喪 藤崎久を
去年今年ひとすぢに火は燃えつづけ 朱鳥
去年今年ひとつの山の闇を越え 岩谷滴水
去年今年やぶれ襖のせんなさよ 梨屋
去年今年ゆふべあしたと竹そよぎ 石川桂郎 四温
去年今年わが家の誰も欠けざりし 岡田指行
去年今年一と擦りに噴くマッチの火 成田千空 地霊
去年今年亡き人夢にまた夢に 橋本榮治 越在
去年今年円舞曲なほつづきゐて 品川鈴子
去年今年北海道はとがりをり 奥坂まや
去年今年地はかたくなに凍てしまま 津田清子 二人称
去年今年墓に凭れる花の束 廣瀬直人
去年今年大志つくろふことのなし 深谷雄大
去年今年妻と云ふ名のかくれ蓑 河野多希女 彫刻の森
去年今年安房は樹の国花の国 角川源義 『西行の日』
去年今年憂き世に老の耳かさず 杉原竹女
去年今年抱きとる鯉の弓なりに 中田 剛
去年今年振子時計の大きかり 成川崖花
去年今年探れば妻の手そこにある 奈良文夫
去年今年揺れて小さき耳飾 三ヶ尻湘風
去年今年枯野を胸に皿洗ふ 小池文子 巴里蕭条
去年今年水の響きをわがものに 新谷ひろし
去年今年水湧いて水盛り上がり 廣瀬直人
去年今年泡きとる鯉の弓なりに 中田剛 珠樹以後
去年今年浜木綿かばふ炭俵 細見綾子
去年今年焼鳥屋のまえすぎにけり 深町一夫
去年今年理科年表を卓上に 行方克巳
去年今年相あふ針の時計塔 大東晶子
去年今年空を亙りぬ鯉の顔 森澄雄
去年今年老猫へ魚ほぐしやる 奈良文夫
去年今年肥満は猫に及びけり 今枝立青
去年今年胡桃の中の音信じ 毛塚静枝
去年今年腑に落ちぬ世にならされて 大島ひろ子
去年今年航路真下の旅の町 龍太
去年今年袂にのこる紙の銭 石橋秀野
去年今年貫くパンのソーセージ 後藤貴子
去年今年貫く棒の如きもの 高濱虚子
去年今年貫く記念館の夢 稲畑廣太郎
去年今年針を進めて五分ほど 土生重次
去年今年闇にかなづる深山川 飯田蛇笏
去年今年闇の向ふに犬鳴いて 渡辺七三郎
去年今年障子明りに襲はれし 平畑静塔
去年今年集い鳴るかな船の笛 寺井谷子
去年今年雪夜雪片かさなり降る 斉藤美規
去年今年飛騨の紬に手を通す 藤田湘子
去年今年餅のしめりの時計音 桜井博道 海上
古ぼけし枕時計や去年今年 白水郎句集 大場白水郎
古時計捻子たつぷりと去年今年 薪 豊子
古足袋もそのまま履くや去年今年 龍男(毎日新聞連載小説の題名を決め、歳晩より仕事部屋に籠る)
句帳へとメモより写す去年今年 阿波野青畝
名作の鏡獅子人形去年今年 阿部みどり女 月下美人
吹きゝやすともしにもあり去年今年 二葉
吾に鞭賜ふ師のあり去年今年 森田峠 避暑散歩
命継ぐ深息しては去年今年 石田波郷
喪疲れの若人の瞳や去年今年 殿村莵絲子 雨 月
地の底の燃ゆるを思へ去年今年 桂信子
埋火の生きてつなぎぬ去年今年 森 澄雄
大凧の太綱むすぶ去年今年 原裕 正午
天心の月の左右なる去年今年 正江
天眼に洩れたるわれや去年今年 佐藤鬼房 「何處へ」以降
天窓を過ぎ行く星座去年今年 片山由美子
夫看とる去年今年とはいつの間に 及川貞
妹得しは私小説めく去年今年 伊丹三樹彦 人中
嫁ぐ日のぬか床守り去年今年 角川春樹
子に与ふ乳ほとばしり去年今年 槐太
学守る心にて去年今年なく 戸田河畔子
守り継ぐ一灯のあり去年今年 星野椿
寝袋に聴く風音や去年今年 望月たかし
小机の白毫光や去年今年 齋藤玄 飛雪
山に向き戸口一つや去年今年 村越化石 山國抄
山城の灯りて遠き去年今年 所 山花
山麓の駅舎灯りて去年今年 内池珠美
平凡を佳しとして来し去年今年 浅井青陽子
平凡を大切に生き去年今年 稲畑汀子
幻の花降りつつむ去年今年 原裕 青垣
心の灯ともしつゞけて去年今年 稲畑汀子 春光
心臓のポンプ順調去年今年 高澤良一 鳩信
念校を机の上に去年今年 山崎ひさを
我をのせ廻る舞台や去年今年 泰
抜けがての咳抱きつつ去年今年 馬場移公子
拝殿の奥煌々と去年今年 栗原澄子
捨てられぬものに埋もりて去年今年 毛塚静枝
救命棟煌々と灯り去年今年 水原春郎
旅寝して息つめてをり去年今年 澄雄
星は死し星は生まるる去年今年 有働亨
星よりも噴煙重し去年今年 阿波野青畝
星降りて水田にこぞる去年今年 不死男
暗きより火種をはこぶ去年今年 柿本多映
書きかけて去年今年なき原稿紙 吉屋信子
書きかけの原稿置きて去年今年 吉屋信子
月光に山野凍れり去年今年 相馬遷子 山国
木曽川や筏のうへの去年今年 吉田冬葉
本棚の波郷は老いず去年今年 八橋隆文
東天紅鳴きやまざるに去年今年 本橋定晴
松青く枝張る空や去年今年 村山古郷
枕辺に散らかりしもの去年今年 猿渡藜子
某嬢に二本線引く去年今年 櫂未知子 蒙古斑
椎敲を重ぬる一句去年今年 高浜虚子
榛の実が粉雪と語る去年今年 永峰久比古
檜葉垣に深き靄こめ去年今年 遠藤梧逸
歳月の継ぎ目は白し去年今年 齋藤愼爾
死ぬときは謙三として去年今年 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
残されし竹の中なる去年今年 石川桂郎 四温
水のうへ風が旅する去年今年 新谷ひろし
水を買ふことにも馴れて去年今年 青木重行
永遠の海と空あり去年今年 星野椿
淋しさは淋しさとして去年今年 汀子
満州よりす去年今年なき車中客 楠目橙黄子 橙圃
炭二俵舟のみやげや去年今年 淇石
炭竃に燃えつづく火の去年今年 松本たかし
燃ゆる火にひしめく闇も去年今年 木下夕爾 定本木下夕爾句集
父みとる母居眠りて去年今年 遷子
父母と居て砂漠の如し去年今年 青木重行
牧谿の虎濛々と去年今年 飯島晴子
犀川の清韻嗄れず去年今年 西本一都 景色
猫抱けば水の音して去年今年 坪内稔典
病むといふ足枷をひき去年今年 上野泰
病癒えてや追はるるごとく去年今年 河野南畦 『焼灼後』
白光の一筋通ひ去年今年 平井照敏
眼の裏に風邪が潜みぬ去年今年 加藤知世子 花寂び
眼鏡置くいつもの位置や去年今年 能村研三 鷹の木
碇泊の汽笛が分つ去年今年 伊藤省三
神鈴のしかと分けたり去年今年 武田日出夫
移り気にあつめし皿や去年今年 渋谷道
窯焚の火色みつめて去年今年 木暮陶句郎
端座して何を待つべし去年今年 井沢正江
笹鳴に去年今年なく庵せり 高濱年尾 年尾句集
箱根口渋滞表示去年今年 原裕 『王城句帖』
篁に風吹いてゐる去年今年 角川春樹(1942-)
篝火の一睡のゆめ去年今年 伊藤敬子
籾殻のほこほこ燃えて去年今年 遠藤梧逸
紙屑の中に我在り去年今年 戸石あや子
縁談に去年今年なきもつれかな 吉屋信子
纜を切つたる波や去年今年 鈴木太郎
翌ありとただ翌ありと去年今年 及川貞
老いて見る夢の浅しや去年今年 神 緑郎
考えると女で大人去年今年 池田澄子
胸倉の火は五位のこゑ去年今年 小檜山繁子
花火もて割印とせむ去年今年 和湖長六
若水や流るゝうちに去年今年 千代女
草ジャンパー利へ鳴り急ぐ去年今年 香西照雄 対話
荒ごとの齢にあらず去年今年 原裕 『王城句帖』
荒神輿舁き手手薄に去年今年 高澤良一 素抱
落石のこだま還らず去年今年 ほんだゆき
落葉して去年今年なき庵かな 野村泊月
藍甕に焚く温め火や去年今年 渡会 昌広
蛇ゆくごと去年今年なき寝汗の中 川口重美
蝋梅の安房に身を寄せ去年今年 角川源義 『西行の日』
蝕すぎし月光煙る去年今年 角川源義
読みさして方丈記あり去年今年 遠藤梧逸
読経あり別のこゑあり去年今年 福井啓子
赤福の茶屋の灯煌と去年今年 宮下翠舟
跫は忘れてしまふ去年今年 田川飛旅子 『使徒の眼』以後
路地裏もあはれ満月去年今年 鷹女
遺されし思ひいささか去年今年 鷹羽狩行
針に糸通してゐるや去年今年 細見綾子 黄 炎
銃帯びて去年今年なき勤めかな 松岡ひでたか
銭洗ふ真暗闇に去年今年 田村恵子
閑居して去年今年ともなかりけり 高橋淡路女 梶の葉
雲呑の鰭のゆるやか去年今年 櫂未知子 蒙古斑以後
革ジヤンパー利へ鳴り急ぐ去年今年 香西照雄
頭の中の左右あひたがふ去年今年 沼尻巳津子
骨疼く魔の刻をもて去年今年 西本一都 景色
魔女の札手許に残る去年今年 杉本寛
黒猫と鍵を預る去年今年 諸岡直子
齢のみ虚子に並べり去年今年 青木重行
寝台車着きぬ今年の灯をともし 高澤良一 さざなみやつこ
手術などそんなこんなの一年(ひととせ)で 高澤良一 鳩信
泥縄の一年が又始まれり 高澤良一 宿好
申し出るごとくに年の来給へり 高澤良一 宿好
今年もや句作言葉の砂金堀 高澤良一 随笑

去年今年 補遺

いそがしき妻も眠りぬ去年今年 日野草城
いつときの血気なつかし去年今年 桂信子 花影
うきことも喜びごとも去年今年 高浜年尾
うろたへて八十九齢去年今年 富安風生
おのがじし炭斗満たし去年今年 中村汀女
おほよそはいつもの如く去年今年 高浜年尾
かりそめのヒンディ・マーク 去年今年 伊丹三樹彦
こころざし貫きゆかん去年今年 稲畑汀子
この間逢ひしばかりに去年今年 高浜年尾
すすまざる稿を机上に去年今年 上田五千石『琥珀』補遺
たらちねの老美しや去年今年 星野立子
なまけものぶらさがり見る去年今年 有馬朗人 立志
ひそやかに脈打つ血あり去年今年 林翔
ひとびとに山の掟や去年今年 桂信子 花影
ほんの少し若さ残さむ去年今年 林翔
みどりごに見惚るゝ媼の去年今年 飴山實 句集外
むだごとをするも慣はし去年今年 阿波野青畝
スープ煮る腰高鍋の去年今年 草間時彦 中年
テレビ塔紅燈帯びて去年今年 百合山羽公 寒雁
テレビ見る部屋だけよごれ去年今年 星野立子
トラックの地響一つ去年今年 百合山羽公 樂土
ホテルのカーテン襞ふかくして去年今年 桂信子 草影
万事早去年今年とはなりにけり 阿波野青畝
二千光年はどの星去年今年 鷹羽狩行
二面石永久に背合せ去年今年 阿波野青畝
休漁を掟の舟や去年今年 阿波野青畝
会ひたしと思ふ人あり去年今年 高浜年尾
位牌一つ本棚に座し去年今年 鈴木真砂女 紫木蓮
何事もまたゝく間なり去年今年 高浜年尾
信ずれば平時の空や去年今年 三橋敏雄
俳諧に遊びほうけて去年今年 山口青邨
凍え星動き山中去年今年 森澄雄
単純をわが身上に去年今年 稲畑汀子
去年の夢さめてことしのうつゝ哉 正岡子規 去年今年
去年今年あをきを残すおかめ笹 石川桂郎 高蘆
去年今年いつしか暁けし白襖 飯田龍太
去年今年いのち一つに何賭けし 鈴木真砂女 夕螢
去年今年とて倦みもせず我ありて 能村登四郎
去年今年なきわが庵の人出入り 高浜年尾
去年今年なき闘牛の闘志かな 鷹羽狩行
去年今年ひとすぢに火は燃えつづけ 野見山朱鳥 幻日
去年今年またぎぬペンを持ちながら 阿波野青畝
去年今年ゆふべあしたと竹そよぎ 石川桂郎 四温
去年今年よき詩に酔へるこころまた 飯田龍太
去年今年わきて巳年の赤子には 飯田龍太
去年今年オイルショックを我慢せり 阿波野青畝
去年今年一縷の水の音ありて 清崎敏郎
去年今年唐国の紙寝かせあり 藤田湘子 神楽
去年今年墨の香父祖のにほひかな 飯田龍太
去年今年夫もきのふの言葉哉 田川鳳朗
去年今年安房は樹の国花の国 角川源義
去年今年寒竹の子が軒抽いて 安住敦
去年今年尻ポケットの皮財布 飯田龍太
去年今年慣ひとなりし伊豆の湯に 高浜年尾
去年今年放心の空ありにけり 山田みづえ 草譜
去年今年時ちぢまりてゆるみけり 森澄雄
去年今年月の空をば日の宮へ 中村草田男
去年今年枯虎杖を踏む音も 飯田龍太
去年今年浜木綿かばふ炭俵 細見綾子
去年今年牛の夜の顔澄むことも 飯田龍太
去年今年白馥郁の厠紙 大野林火 方円集 昭和五十一年
去年今年真竹傾く淵のいろ 飯田龍太
去年今年空を亙りぬ鯉の顔 森澄雄
去年今年繋ぐ一睡ありしのみ 石塚友二 玉縄以後
去年今年蘭ときじくの香をはなち 飯田龍太
去年今年袂にのこる紙の銭 石橋秀野
去年今年襖の外をひと通る 飯田龍太
去年今年貫く棒に異議ありと 後藤比奈夫
去年今年邪馬台論争埓もなや 角川源義
去年今年間一髪に身の緊まる 林翔
去年今年闇にかなづる深山川 飯田蛇笏 山響集
去年今年障子明りに襲はれし 平畑静塔
去年今年飛騨の紬に手を通す 藤田湘子
句帳へとメモより写す去年今年 阿波野青畝
命継ぐ深息しては去年今年 石田波郷
地にこもる都会のひびき去年今年 桂信子 草影
地の底の燃ゆるを思へ去年今年 桂信子 樹影
埋火の生きてつなぎぬ去年今年 森澄雄
夢もなし吉凶もなし去年今年 森澄雄
大いなる闇うごきだす去年今年 桂信子 草影
天眼に洩れたるわれや去年今年 佐藤鬼房
妹得しは私小説めく去年今年 伊丹三樹彦
子に与ふ乳ほとばしり去年今年 下村槐太 天涯
富める猫行乞の猫去年今年 有馬朗人立志
小机の白毫光や去年今年 齋藤玄 飛雪
居ぬ妻や水飴たぐる去年今年 秋元不死男
川に来て山見るが好き去年今年 飴山實 句集外
平凡を大切に生き去年今年 稲畑汀子
幻の花降りつつむ去年今年 原裕 青垣
我をのせ廻る舞台や去年今年 上野泰
房をもて祀る法螺貝去年今年 岡井省二 鯛の鯛
改る心もなくて去年今年 高浜年尾
旅寝して息つめてをり去年今年 森澄雄
星よりも噴煙重し去年今年 阿波野青畝
星降りて水田にこぞる去年今年 秋元不死男
月光に山野凍れり去年今年 相馬遷子 山国
木の幹に巣箱のななめ去年今年 鷹羽狩行
松青く枝張る空や去年今年 村山故郷
林檎の上灯色異なる去年今年 森澄雄
栄光のごとき船笛去年今年 野澤節子 存身
棒ならずわが身は縷なる去年今年 林翔
残されし竹の中なる去年今年 石川桂郎 四温
水門の引きの早さよ去年今年 鷹羽狩行
波の穂を捉ふ燈台去年今年 桂信子 草影
海鳴りの闇の中なる去年今年 桂信子 花影
深海の生死は無音去年今年 藤田湘子 てんてん
滴々と刻の漏れゆく去年今年 上田五千石『琥珀』補遺
炭竃に燃えつづく火の去年今年 松本たかし
煙草火に指(および)ぬくめて去年今年 秋元不死男
父の世は既に遠しや去年今年 高浜年尾
父みとる母居眠りて去年今年 相馬遷子 山河
父母なくてあはあは迎ふ去年今年 山田みづえ 草譜
牛肉に指あと凹む去年今年 秋元不死男
牧谿の虎濛々と去年今年 飯島晴子
王冠を掃きかつ踏みて去年今年 鷹羽狩行
甚六の寐言とだえて去年今年 正岡子規 去年今年
病むといぶ足枷をひき去年今年 上野泰
病めばただけむりのごとき去年今年 能村登四郎
皿時計大き針刻む去年今年 山口青邨
瞠きても闇ばかりなる去年今年 桂信子 草影
禿頭せちに洗へり去年今年 藤田湘子 てんてん
空船にはためく風も去年今年 飯田龍太
竹藪の隣家を隠す去年今年 鈴木真砂女 都鳥
緋鯉真鯉身を差し交し去年今年 森澄雄
練馬野のしじま守る灯に去年今年 村山故郷
腰病めど快便直に去年今年 金子兜太
草の戸に去年今年なく籠りけり 高浜年尾
草ジャンパー利へ鳴り急ぐ去年今年 香西照雄 対話
藪中の神に灯ともし去年今年 能村登四郎
虚子の去年今年われらの去年今年 後藤比奈夫
蝋梅の安房に身を寄せ去年今年 角川源義
蝕すぎし月光煙る去年今年 角川源義
見つからぬもの探さずに去年今年 赤尾兜子 玄玄
覚めやすき眠りにつなぐ去年今年 飯島晴子
詩の鎖ひきずり歩き去年今年 上野泰
警戒灯火花の毬を去年今年 山口青邨
路地裏もあはれ満月去年今年 三橋鷹女
踊場の一瞬の闇去年今年 山口青邨
身ほとりの変り行くさま去年今年 高浜年尾
軒をうつ霰が覚ます去年今年 飴山實 句集外
遺されし思ひいささか去年今年 鷹羽狩行
針に糸通してゐるや去年今年 細見綾子
鉄鈎に肉累々と去年今年 飯田龍太
鉛筆を削りつつ一瞬去年今年 山口青邨
鎌倉の尾ノ道の鐘去年今年 日野草城
鐘聴きてゐるうちに来し去年今年 森澄雄
闇に泛く日本列島去年今年 桂信子 花影
闇のなか歩みつづけて去年今年 桂信子 花影
雑言のかぎりにも倦き去年今年 飴山實 花浴び
雲下りてあそべる罠の去年今年 大野林火 雪華 昭和三十八年
革ジャンパー利へ鳴り急ぐ去年今年 香西照雄
風出でて蜜柑粛蕭去年今年 森澄雄
駑馬に鞭打ちてそれこそ去年今年 後藤比奈夫
龍が蛇になるそれもよし去年今年 山口青邨

以上



by 575fudemakase | 2017-03-10 04:22 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

正月 の俳句

正月 の俳句

正月

例句を挙げる。

あかつきの水仙の香の喪正月 野沢節子
あたゝかき正月なれば麦踏まん 北里 信子
いそしめる正月髪の選炭婦 石橋梅園
いただくや大和正月三笠山 上島鬼貫
いつも一本柿の木をみて正月来 清水径子
おねしよしておのれ叱るやお正月 野村喜舟
おらんだ正月珍*だの酒はあまかつし 角川源義 『西行の日』
お正月の鴉かあかあ 種田山頭火 草木塔
ぎこちない金と銀とのお正月 加藤ミチル
くらがりの峠とぶ風狂もいて正月 大西健司
げんげ田がすこし青みてお正月 廣江八重櫻
こめかみに焚火の音す正月空 中拓夫 愛鷹
ちんぽ皆ぶらさげ正月の朝湯も去年の顔触れ 橋本夢道 無礼なる妻
としより昔の歌をうたひ正月を酔ひ 七戸黙徒
ぬかづいて曰く正月二日なり 夏目漱石 明治三十二年
ひとり来て仏の正月崖荒し 源 鬼彦
ふるさとや正月を啼く川原鶸 木下夕爾
まんざいや正月にならばぼつぼつと 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
みな猟夫正月餅を搗かぬ村 羽部洞然
むささびと棲み正月の詩書くか 大峯あきら 鳥道
もてなしに正月舞ひの擦りささら 高澤良一 随笑
やっかいな正月の富士詠み初めに 高澤良一 ぱらりとせ
シベリアも正月ならむ父恋し 寺山修司 未刊行初期作品
七文半の吾子の白い足袋にあした正月がくる 橋本夢道 無禮なる妻抄
万両の白たいせつに喪正月 嶋田麻紀
人よむに如かず正月諷詠詩 飯田蛇笏 椿花集
人並に正月を待つ灯影かな 一茶 ■寛政十二年庚申(三十八歳)
人並の正月もせぬしだら哉 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
以て祝ふ正月中や開豆 安藤十歩老
傾城に正月はなし花かるた 蘇山人俳句集 羅蘇山人
円満な正月顔の看護婦よ 石塚友二
写経して仏正月早や日暮 井沢正江
刈株の鎌跡ななめ正月休み 西東三鬼
北国の正月を待つわらべ唄 今村青魚
北国や家に雪なきお正月 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
口開けて正月休みの登り窯 竹中碧水史
和服着て正月の畦やはらかし 池田秀水
喪正月水の音のみ耳につき 宇咲冬男
喪正月申し訳なく肥りけり 飯田 直
四五人を診て正月の和服醫師 下村ひろし 西陲集
墓原に正月の顔揃へけり 原裕 葦牙
大根のしづかさ正月のコックたち 北原志満子
大津絵の筆のはじめは何仏 芭蕉 (三日口を閉て、題正月四日)
大粒の雨正月の闇うがつ 角川源義
大雪となりて今日よりお正月 前田普羅 新訂普羅句集
嫁ぎのこる正月街中の旗はためく 寺田京子 日の鷹
子ら帰り正月すんでしまひたる 石井とし夫
子を持ちて姪美しきお正月 福田紀伊
寺うちも正月なれば鯛に塩 中山純子 沙 羅以後
山路来て正月青き芒かな 渡邊水巴
岳麓や正月菓子の色ぞ濃き 北野民夫
島に住めば柑子沢山な正月日和 河東碧梧桐
座敷まで正月の陽差兵の写真 川崎展宏
庵とは正月の日のあるところ 斉藤夏風
弟子寄りて仏正月賑かに 倉垣和子
待ちかぬる子に「お正月」飛んで来よ 中村明子
春王の正月あとは何と書く 森鴎外
時鳥正月は梅の花咲けり 松尾芭蕉
普段着に潮の匂ひ喪正月 花尻 万博
松少し栽ゑて濱庭正月す 松瀬青々
松籟や正月つひに雨を見ず 佐野青陽人 天の川
枯木に鴉が、お正月もすみました 山頭火
樅の木をくぐる正月礼者かな 前田法比古
歌留多讀む息づき若き兄の妻(郷里人吉の老父のもとにて妻子と共に正月を迎ふ) 上村占魚 『霧積』
正座して師は無けれどもお正月 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
正月からとんだ目に遭ふぎっくり腰 高澤良一 寒暑
正月がすぎゆく固き炭を挽く 百合山羽公 故園
正月にするとて星のとぶ夜哉 一茶
正月にちょろくさい事お言やるな 松瀬青々
正月に山雀二つ貝の頬 金子皆子
正月のいたるところに世の出口 鈴木六林男
正月のさてもなんきんたますだれ拡ぐるかなた昭和のけぶる 土井紀枝
正月のふしづけ澄みてゐたりけり 飯田蛇笏 春蘭
正月のもう散らかせる居間跨ぎ 高澤良一 素抱
正月のカイト荒川吹き曝し 松田ひろむ
正月のプランの中のラグビーに 稲畑汀子
正月の下駄の音する飛騨の峡 前田普羅 飛騨紬
正月の人あつまりし落語かな 正岡子規
正月の人来し声のひかる玻璃 升水砂光
正月の俄か訛に泛く田かな 牧野桂一
正月の凧の一つの睥睨す 鷲谷七菜子
正月の凧や子供の手より借り 百合山羽公 寒雁
正月の凧裏窓に漂へり 風間加代
正月の和服つめたき襟合す 百合山羽公 故園
正月の土を上げたる土竜かな 大峯あきら
正月の多摩の枯芦雅やか 細見綾子 天然の風以後
正月の夜を煌々と妻子遊ぶ 辻田克巳
正月の太陽襁褓もて翳る 山口誓子
正月の子供に成て見たき哉 一茶 ■寛政九年丁巳(三十五歳)
正月の子供等が黄色い芝踏みに来てゐる 人間を彫る 大橋裸木
正月の山の指笛童子かな 皆川白陀
正月の山中にして囀れり 岸田稚魚
正月の日まちとふれて来しばかり 長谷川素逝 村
正月の月が明るい手まり歌 綾子
正月の末の寒さや初不動 道芝 久保田万太郎
正月の栄花にほこる爆竹かな 松岡青蘿
正月の海原太鼓の響きもつ 上村占魚 『玄妙』
正月の渡船場寒う渡りけり 柿腸 近藤浩一路
正月の潮の香しばし渚べり 高澤良一 鳩信
正月の玉の日和のいらかかな 飯田蛇笏 山廬集
正月の男といはれ拙に処す 夏目漱石 明治三十一年
正月の白き餅まだ生ける餅 百合山羽公 寒雁
正月の白波を見て老夫婦 桂信子
正月の空の青さに象匂ふ 光田幸代
正月の笑顔となりて故郷へ 稲畑廣太郎
正月の箸にきんとん応へある 久米正雄 返り花
正月の背皮見せをる帳簿かな 久米正雄 返り花
正月の花屑かかる籬かな 吉武月二郎句集
正月の苜蓿青き水田べり 富安風生
正月の茶筅青けれ花過ぎし 碧雲居句集 大谷碧雲居
正月の足袋白うして母在はす 大谷碧雲居
正月の金魚が元気元気かな 皆吉司
正月の雨夜の客につぐ火かな 長谷川春草
正月の雪や一日眉まぶし 細見綾子 存問
正月の雪真清水の中に落つ 廣瀬直人(1929-)
正月の雲のももいろ瑠璃光寺 上野さち子
正月の音なき金鉱山羊歌う 原子公平
正月の風に当りに出で三歩 高澤良一 随笑
正月は嫌いですかと鼻眼鏡 岡田史乃
正月は空白藪のみ騒ぎつづく 香西照雄 対話
正月は黄泉にてと又一人逝く 高澤良一 寒暑
正月もすこし古びし六日かな 三輪一壷
正月ももう七種のなぎさの貝がら(腰越) 荻原井泉水
正月も廿日に成りて雑煮かな 服部嵐雪
正月も身は泥(ひぢりこ)のうなぎかな 服部嵐雪
正月やよき旅をして梅を見る 河東碧梧桐
正月や一歯欠けたる妻の顔 佐野青陽人
正月や三日過ぐれば人古し 高桑闌更 (らんこう)(1726-1798)
正月や塵も落さぬ侘籠 宮部寸七翁
正月や夜の食器は灯の下に 細見綾子
正月や山雀あそぶ松さくら 渡辺水巴 白日
正月や日あたる道のさびしけれ 角川春樹
正月や望みの高き絵馬あふれ 林 民子
正月や木曾には木曾の手まり唄 仁村美津夫
正月や杣の遊びのふところ手 前田普羅 飛騨紬
正月や橙投げる屋敷町 正岡子規
正月や浜の茨の返り咲き 臼田亜浪
正月や牛の母子の畦あそび 細川加賀 生身魂
正月や若狭の日和すぐ崩れ 遠藤若狭男
正月や荒磯の石を耳に当つ 細見綾子 黄 炎
正月や藁の円座に痘の神 森澄雄
正月や袂振りゆく麦畑 金尾梅の門 古志の歌
正月や辻の仏も赤頭巾 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
正月や過ぐれば只の日数のみ 石塚友二
正月や鎌倉山の松の色 岸田劉生
正月をしに戻りたる主かな 比叡 野村泊月
正月を休む医師となりにけり 水原 春郎
正月を出して見せうぞ鏡餅 向井去来
正月を惜しみてかすむ旅人かな 吉武月二郎句集
正月を月下美人のつめたき葉 秋元不死男
正月を馬鹿で暮して二月かな 鳴滝-秋風 選集古今句集
正月日和母にうぶ毛を剃られけり 太田鴻村 穂国
正月晴汽車が見たくて岡に登る 村越化石
正月顔せる皮剥を賞味せり 高澤良一 鳩信
正月駅伝一団抜け出て母校来る 奈良文夫
母亡き正月土管があればそれを覗き 加倉井秋を
水槽に正月顔のマンボウも 高澤良一 燕音
洗ひあげて正月下駄の二足かな 皆川白陀
渓音に乾く産着や花正月 平井さち子
湯の里に遊ぶ正月湯三昧 高澤良一 寒暑
湯を捨てて正月の雪消えぬ谷 中拓夫
満月と正月の山遊びけり 北見弟花
漆黒の髪の子に来しお正月 水野一風子
煮て焼いて正月料理おお忙し 高澤良一 宿好
爆竹や南京町は正月す 鳴雪
祖母恋し正月の海帆掛船 中村草田男
箸箱に箸ごせとかやお正月(安見子五歳出雲言葉に染みて) 『定本石橋秀野句文集』
納豆一本づつ売る正月の言葉のせ 萩原洋灯
老画家とゐて正月の網干場 中拓夫
蔭正月丹波の豆をうす味に 青木まさ子
蜜柑山より真白な雲お正月 川崎展宏
行きずりに犬撫で旅のお正月 福田蓼汀 秋風挽歌
裏白の葉が乾反りつつくもりのまま正月二日寒く暮れにき 松村英一
読むことを専らとせり喪の正月 田川飛旅子 『植樹祭』
貧乏正月でもいつも神代藤平が来て元日なり 橋本夢道 無禮なる妻抄
賀状なき正月強き眸にて迎ふ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
足くさるまで正月を医師読みたし 平畑静塔
足のべて正月古き畳かな 松岡草羊
軒破れたる正月のざんざ降り 伊丹三樹彦 人中
雀らにパン屑頒つ喪正月 中村明子
雪の寺正月三日の高野豆腐 中山純子 沙羅
霜除に菜の花黄なりお正月 村上鬼城
青空のはりつめてゐるお正月 深見けん二
頬被正月ものの覗突漁(みづきりょう) 高澤良一 鳩信
餅花や正月さむき屋根の雪 飯田蛇笏 山廬集
髪を切ることが粧ひ喪正月 倉垣和子
髭の邪魔いかにきのふの薺粥 也有 (正月八日附丈草の手紙鬚は汁をすゝる邪魔になり云々とあれは)
鮮やかな正月物に目を止めて 高澤良一 さざなみやっこ
龍吐水の音だけ 書野山 正月 伊丹公子
祝月緋綿も見えて綿屋かな 村上鬼城
初春の真珠選別御木本嬢 高澤良一 燕音
初春や出湯のラドン含有量 高澤良一 素抱
曉斎の拳骨啖ふ新春展 高澤良一 暮津
新春の蹴球(サツカー)魂激突す 高澤良一 暮津
正月花抱え女の声掛けゆく 高澤良一 随笑
正月用みかんにもあるLサイズ 高澤良一 石鏡
立ち読みの正月気分文芸誌 高澤良一 石鏡
日を遍く正月の松優れたり 高澤良一 暮津
酢豚酸し正月料理に慣れし口 高澤良一 暮津
雀らも群れをつくりて正月す 高澤良一 暮津
末つ子の受験に励む太郎月 高澤良一 さざなみやつこ
句をつくるはた又授かる太郎月 高澤良一 鳩信
股引をもう手放せぬ太郎月 高澤良一 素抱
浅黄空おらが一茶の國の春 高澤良一 宿好

正月 補遺

あすはお正月の一りんひらく 種田山頭火 草木塔
あつまつてお正月の焚火してゐる 種田山頭火 草木塔
あらたまの春としなれば人笑ふ 正岡子規 初春
あらをかし何に浮世の花の春 正岡子規 初春
いくたびの花の莟ぞ庵の春 正岡子規 初春
うそうそと蝨はひけり菴の春 正岡子規 初春
うたゝねの正月髪の妻の首 日野草城
うつくしき根岸の春やさゝの雪 正岡子規 初春
うれしさの過ぎぬ正月四日なり 正岡子規 正月
おそろしき殿御めでたし花の春 正岡子規 初春
おらんだ正月珍*だの酒はあまかつし 角川源義
お正月が来るバケツは買へて水がいつぱい 種田山頭火 草木塔
お正月の鴉かあかあ 種田山頭火 草木塔
お正月様ぽつぺん吹けば来たりけり 山田みづえ 手甲
くれ竹の根岸にすんで花の春 正岡子規 初春
つくばねは筆のさきなり庵の春 正岡子規 初春
とにかくに坊主をかしや花の春 正岡子規 初春
ともに喪の正月なりき妻ごめの 草間時彦 中年
ひと抱へほど正月の歯朶くるゝ 細見綾子
ふらんす映画観る正月の飴嗅がれ 伊丹三樹彦
まだ素描にて正月の波切画家 山口誓子
むつかしき言の葉草や花の春 正岡子規 初春
めでたさやよその言葉も旅の春 正岡子規 初春
ゆづり葉の紅におどろく喪正月 能村登四郎
エスカレーター新春一家つらなれり 草間時彦 中年
オリオンは新春のひかり樹海の夜 渡邊水巴 富士
一りん咲けばまた一りんのお正月 種田山頭火 草木塔
一人正月の餅も酒もありそして 種田山頭火 自画像 落穂集
一壺かろく正月三日となりにけり 村上鬼城
一年は正月に一生ハ今にあり 正岡子規 正月
一月となりけり雪もふりにけり 正岡子規 正月
七賢の正月來たり竹の春 正岡子規 竹の春
三寶に東海南山庵の春 正岡子規 初春
世の中をすてずことしも花の春 正岡子規 初春
人よむに如かず正月諷詠詩 飯田蛇笏 椿花集
傾城の古郷遠し京の春 正岡子規 初春
元日の掛乞もあり江戸の春 正岡子規 初春
兵隊は國の花なりけふの春 正岡子規 初春
切り餅を買ふ正月も遠のきて 能村登四郎
初春といひていつもの天の星 山口誓子
初春のものの中なる大炬燵 原石鼎 花影以後
初春の二字を書き初めしたりける 細見綾子
初春の二時うつし島の旅館かな 川端茅舎
初春の寂庵よりの縁起もの 後藤比奈夫
初春の山の地蔵となられけり 石田波郷
初春の巳のコブラとは稀らしき 後藤比奈夫
初春の手炉の蒔絵の手にさはり 後藤夜半 底紅
初春の演し物のビラにむかひ着る 篠原梵 年々去来の花 皿
初春の熊野の神符那智の鈴 後藤比奈夫
初春の終点ちかき駅に降る 平井照敏
初春やいわけなき兒の兩鼓 正岡子規 初春
初春や七十五年いきのびん 正岡子規 初春
初春や子が買ひくれしオルゴール 日野草城
初春や島田おもたきタイピスト 日野草城
初春や焦都相(すがた)を改めず 日野草城
初春や眼鏡のままにうとうとと 日野草城
初春や赤裝束の牛童 正岡子規 初春
初春や雪の中なる善光寺 正岡子規 初春
化粧部屋に吾妹子光る宿の春 正岡子規 初春
君が代を踊りそめけり花の春 正岡子規 初春
咳き込んで あかつき憎む 風邪正月 伊丹三樹彦
喪正月寝正月なる手足かな 山田みづえ 草譜
喪正月来向ふ鴎あな白し 石田勝彦 百千
墓原に正月の顔揃へけり 原裕 葦牙
墨火華麗に盛って 陶師の妻 正月 伊丹三樹彦
大幅の帶そろひけり京の春 正岡子規 初春
天気つづきの田舎の旧の正月 尾崎放哉 小豆島時代
太陽一つふうせん二つ高くもち初春あるく 荻原井泉水
女と淋しい顔して温泉の村のお正月 尾崎放哉 須磨寺時代
女房によびおこされて花の春 正岡子規 初春
姥怖し正月行事知りつくす 桂信子 花影
婆せはし正月の花活けてをり 山口青邨
尚ほも巨眼初春の障子四囲に遠く 中村草田男
山路来て正月青き芒かな 渡邊水巴 白日
干せるだけ干し 朽ち異人館 正月 伊丹三樹彦
年礼の過ぎぬ正月四日なり 正岡子規 正月
庵の春鏡餅より白みけり 正岡子規 初春
心には二十日正月詣で去る 高浜年尾
我等まで神の御末そけふの春 正岡子規 初春
新春と言い寒ンと言い雲焼けて火の如し 荻原井泉水
新春の人立つ書肆に今日も来る 平畑静塔
新春の蝶々来たり雪の上 渡邊水巴 富士
明て春暮ても春のうれしさよ 正岡子規 初春
春くばる都の文や十二萬 正岡子規 初春
春は曙雲紫のつく波山 正岡子規 初春
春もはや運坐賑ふ老梅居 正岡子規 初春
春王の正月書すと書かれたり 正岡子規 正月
景に富む庵や山の春水の春 正岡子規 初春
晴着に襷の、はずして正月の客は縁談らしく 荻原井泉水
末っ子は波乗り正月 濠州便 伊丹三樹彦
東からあれあれ春がくるわいな 正岡子規 初春
松籟が正月の海暗くする 廣瀬直人
枯木に鴉が、お正月もすみました 種田山頭火 草木塔
枯芭蕉もある正月の野面かな 右城暮石 句集外 昭和七年
梅はまだ枯木にもつとして花の春 正岡子規 初春
梅ハまだ枯木に似たり花の春 正岡子規 初春
正月がすぎゆく固き炭を挽く 百合山羽公 故園
正月のあしたへ朱盃洗ひけり 上村占魚
正月のくわゐうまくもまづくもなし 日野草城
正月のこころわかきはわれのみか 飯田蛇笏 家郷の霧
正月のはでな花なり福壽草 正岡子規 福寿草
正月のふしづけ澄みてゐたりけり 飯田蛇笏 春蘭
正月のわが影と入る墓辺かな 飯田龍太
正月の下駄の音する飛騨の峡 前田普羅 飛騨紬
正月の人あつまりし落語かな 正岡子規 正月
正月の凧や子供の手より借り 百合山羽公 寒雁
正月の切餅金言良語かな 百合山羽公 樂土以後
正月の和服つめたき襟合す 百合山羽公 故園
正月の和服着てゐる夫婦かな 草間時彦
正月の塩田の塩粒荒し 細見綾子
正月の墓参の坂を老姉妹 星野立子
正月の夕日あかあか曼荼羅図(当麻寺) 細見綾子
正月の多摩の枯芦雅やか 細見綾子
正月の太陽襁褓もて翳る 山口誓子
正月の富士が見たい風船放ちて自分とする 荻原井泉水
正月の山中にして囀れり 岸田稚魚
正月の微醺乗り行く耕耘機 山口誓子
正月の支度にいそぐ師走哉 正岡子規 師走
正月の日まちとふれて来しばかり 長谷川素逝 村
正月の日向や旅にゆかずとも 岸田稚魚 紅葉山
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子 冬薔薇
正月の服着崩れし紋の位置 山口誓子
正月の木深く黒く山の鳥 廣瀬直人
正月の末にとゞきぬ支那みかん 正岡子規 正月
正月の水仙夫が買ふ慣らひ 細見綾子
正月の油を惜しむ宮の巫女 飯田蛇笏 椿花集
正月の海に布帆を進めつゝ 山口誓子
正月の海女海底に庭をもつ 鷹羽狩行
正月の物あはれなり傀儡師 正岡子規 正月
正月の玉の日和のいらかかな 飯田蛇笏 山廬集
正月の男目刺を焼き火照る 三橋敏雄
正月の白き餅まだ生ける餅 百合山羽公 寒雁
正月の目を磨ぐ一刀彫の鷹 佐藤鬼房
正月の看板白地何を描く 伊丹三樹彦
正月の神官忽と笑いける 金子兜太
正月の神饌にと*しいら干されあり 飯島晴子
正月の素の柊の挿されある 岡井省二 明野
正月の耳福といへばゆりかもめ 森澄雄
正月の花活けてある墓拝む 星野立子
正月の谷戸明星が頬冷ます 古沢太穂 火雲
正月の買ひ物やまづ白き紙 細見綾子
正月の身をいとほしむ情切に 飯田蛇笏 家郷の霧
正月の銭にするあわびバスに提げ 岸田稚魚 負け犬
正月の雪くぐり来て湖国かな 廣瀬直人
正月の雪や一日眉まぶし 細見綾子
正月の雪真清水の中に落つ 廣瀬直人
正月の青空市の竿秤 亭午 星野麥丘人
正月の餅送りしといふ便り 細見綾子
正月の騎手の引く眉長く太し 平畑静塔
正月の髷を歌劇に道に見き 山口誓子
正月は浮世に出たり猿まはし 正岡子規 猿廻
正月は空白藪のみ騒ぎつづく 香西照雄 対話
正月は金の帯しめこけし凛々 山口青邨
正月へ向けひた走り帰郷バス 松崎鉄之介
正月ももう七種のなぎさの貝がら 荻原井泉水
正月も五日のひげのいちじるき 日野草城
正月も古りつつ福寿草たもつ 松本たかし
正月も襤褸市たちて二十日かな 村上鬼城
正月や*しいらの男方女方置く 飯島晴子
正月やああ少年に帽子なし 藤田湘子 てんてん
正月や何にして遊ぶ盲者達 村上鬼城
正月や塵も泛べず箕面川 日野草城
正月や夜の食器は灯の下に 細見綾子
正月や山雀あそぶ松さくら 渡邊水巴 白日
正月や放尿は山畑に出て 金子兜太
正月や故里の山故里の川 細見綾子
正月や杣の遊びのふところ手 前田普羅 飛騨紬
正月や橙投げる屋敷町 正岡子規 正月
正月や炬燵の上の朱短冊 松本たかし
正月や胼の手洗ふねもごろに 杉田久女
正月や荒磯の石を耳に当つ 細見綾子
正月や荒磯の貝をふり鳴らし 細見綾子
正月や藁の円座に痘の神 森澄雄
正月や賤の伏屋も文の數 正岡子規 正月
正月や賽のぞろ目をほくそ笑み 藤田湘子 てんてん
正月や那須の地酒を武蔵野まで 細見綾子
正月や里はきのふの古薄 正岡子規 正月
正月や雪をまぶしみ茶をのめり 細見綾子
正月や餅ならべたる佛の間 正岡子規 正月
正月をかたる子とゐる草の上 大野林火 海門 昭和七年以前
正月をして山てゆきぬ鮪船 松本たかし
正月を寝て若者の尿しきり 右城暮石 句集外 昭和二十四年
正月を月下美人のつめたき葉 秋元不死男
正月を水仙の花のさかり哉 正岡子規 正月
正月を語る子とゐる草の上 大野林火 早桃 海風抄
正月二日あたらしい肥桶かついで 種田山頭火 草木塔
正月来る煉炭に夜通し小豆煮られ 古沢太穂 古沢太穂句集
正月歯朶必ずそこでとるといふ 細見綾子
此隅に門松立てり江戸の春 正岡子規 初春
死ぬものと誰も思はず花の春 正岡子規 初春
死ぬるとハ思ハさりけり花の春 正岡子規 初春
母人は江戸はじめての春日哉 正岡子規 初春
民の春同胞三千九百萬 正岡子規 初春
水こほる風にさきけり江戸の春 正岡子規 初春
海見れば正月の凧ゆれてをり 岸田稚魚 紅葉山
渚駈け正月の凧あがりけり 岸田稚魚 紅葉山
湯にぬくめ喪の正月の五十の身 大野林火 白幡南町 昭和三十年
炬燧の母には 告げない 正月の虹へ起ち 伊丹三樹彦
烏帽子着る世ともならばや花の春 正岡子規 初春
烟突の煙にぎはふ民の春 正岡子規 初春
爆竹や南京町は正月す 内藤鳴雪
父母います人たれたれそ花の春 正岡子規 初春
犬ふぐり咲いて正月大和の田 森澄雄
猫の子の眷族ふゑて玉の春 正岡子規 初春
猫の顔もみがきあげたり玉の春 正岡子規 初春
琴鼓ならべかけたる睦月哉 正岡子規 正月
病院の妻の正月我が正月 右城暮石 句集外 昭和三十六年
癒えつつや新春の土少し踏む 森澄雄
盆栽の紅梅さくや女御の春 正岡子規 初春
目の前を又正月が馳せ去れり 相生垣瓜人 負暄
目を明て見たれば春となりにけり 正岡子規 初春
破靴を穿き正月の松と立つ 三橋敏雄
祖母恋し正月の海帆掛船 中村草田男
端書あり活版もあり文の春 正岡子規 初春
竹に葉無し松に雌雄無し江戸の春 正岡子規 初春
竹の影梅の影あり窓の春 正岡子規 初春
箸箱に箸ごせとかやお正月 石橋秀野
粉雪降る正月空の遠くより 細見綾子
紀元二千五百五十三年の春 正岡子規 初春
紀元二千五百五十五年の春 正岡子規 初春
紅梅に雪の陳腐なる正月をよしとする 荻原井泉水
細帯の正月妻といふべしや 秋元不死男
經ニ曰ク春王の正月日々食たれり 正岡子規 正月
老もいさめ痩せたりといへども午の年 正岡子規 正月
臨終にして初春吟を書き残す 富安風生
舫ひてここに正月の舳をならべ 種田山頭火 草木塔
舶來の牛も日本の花の春 正岡子規 初春
芭蕉来なばおらんだ正月いかに見む 角川源義
花の春うかれて屠蘇の二日醉 正岡子規 初春
行きずりに犬撫で旅のお正月 福田蓼汀 秋風挽歌
袴着て火ともす庵や花の春 正岡子規 初春
襤褸童正月の道に出でゆくも 岸田稚魚 負け犬
貧乏の正月はうしさりながら 正岡子規 正月
軒破れたる正月のざんざ降り 伊丹三樹彦
迎春の喜びやいのちある限り 村山故郷
迎春の恩愛を身に老の坂 飯田蛇笏 椿花集
迎春の意なるやプール水湛へ 山口誓子
迎春の梢めでたき風呂煙り 飯田龍太
迎春の青磁まろべる慈姑かな 百合山羽公 樂土以後
遠き舟正月淡く過ぎゆけり 桂信子 草影
酔どれ蜑拾ひ正月のバス弾む 岸田稚魚 負け犬
鍬に土つかぬ一日や里の春 正岡子規 初春
閏年や一日遅き花の春 正岡子規 初春
雨浸む溝正月の芥浮び出す 岸田稚魚 負け犬
雪中梅咲く田舎の正月 尾崎放哉 小豆島時代
青空のはりつめてゐるお正月 深見けん二
頬杖や師亡き正月沖曇る 大野林火 青水輪 昭和二十七年
風吹て山里春をしらぬ哉 正岡子規 初春
風吹て雨降てさて花の春 正岡子規 初春
餅花にとびつく猫や玉の春 正岡子規 初春
餅花や正月さむき屋根の雪 飯田蛇笏 山廬集
鬚は龍の鬚、正月風邪ひいている 荻原井泉水
鱒吉が逝く正月の雨なりし 飯島晴子
鶏歩きをり正月の行人裡 伊丹三樹彦
鶯や東よりくる庵の春 正岡子規 初春

正月 続補遺

いただくや大和正月三笠山 上島鬼貫
うまれ得た正月に逢ふ笑顔かな 寥松
けふ脱や正月させて*ふじ衣 浪化
はまの子は正月待よ鳴千鳥 松窓乙二
はるの雨正月皆に成にけり 尚白
一列は正月足袋の花見かな 野坡
人かげや田中の墓もお正月 鈴木道彦
佐保姫といふも正月言葉哉 松窓乙二
八朔に正月するや寺おとこ 桜井梅室
初春の鮎の魚こそ涼しけれ 木因
初春や家に譲りの太刀はかん 去来
初春や田作り付しむめの枝 玄梅
初春や管絃の鉾のたて所 木因
初春や脇ざし光る町人衆 寥松 八朶園句纂
初春や鴎の眠る門の前 嵐竹
包直し正月つかん座敷杖 杉風
小蝦喰て正月するかかいつぶり 角上
春ちかく正月遠きことしかな 桜井梅室
晦日に正月分の日待かな 岱水
正月がいつくる事ぞ霜の歯朶 松窓乙二
正月が来たか畠に下駄の跡 春来 靫随筆
正月が来とて寒し雪の花 支考
正月と濃茶の時よ友心 嵐竹
正月に見たいかほありとしの市 凉菟
正月のあとを黒める柳かな 吾仲
正月のこなたや餅の音羽山 吾仲
正月のころもにさはる染木哉 松窓乙二
正月のこゝろ崩るゝ彼岸かな 夏目成美
正月のちからわざなり小松びき 桜井梅室
正月のはてや東の稗だんご 尚白
正月のへぎ餅ほつす弥生かな 許六
正月の下戸くゞり来る柳かな 松窓乙二
正月の四日の月の朧かな 乙訓
正月の塩気もとれて梅の花 露川
正月の息や吹かけて朧月 吾仲
正月の月夜はうれし見はせねど 支考
正月の栄花にほこる爆竹かな 松岡青蘿
正月の歯黒ははげつ花の宿 玄梅
正月の皃やふすべる薬鍋 朱拙
正月の霜ふりこぼすやなぎ哉 加舎白雄
正月の魚のかしらや炭だはら 傘下
正月はからかささへもおもしろや 成美 成美家集
正月はみなが足袋はく月夜哉 鈴木道彦
正月は下地して干す柳哉 露川
正月は聟見る窓の笑ひ哉 羽笠
正月もかはらぬ顔の鼠かな 旦々 発句題叢
正月もまだすゝくさしねこの恋 露川
正月もまだ二日路ぞ老の坂 支考
正月も二十日に成て雑煮かな 嵐雪 水ひらめ
正月も喰ひつぶしけり梅の花 林紅
正月も廿日に成て雑煮哉 嵐雪
正月も影はやさびし削かけ 蓼太 蓼太句集初編
正月も手のひまはなし耳の垢 護物 発句題叢
正月も漕ゆくあとの寒かな 亀世
正月も身は泥のうなぎ哉 嵐雪
正月やうれしく見ゆる木綿もの 寥松 八朶園句纂
正月やかならず酔て夕附夜 万子
正月やつんと打出す日のはじめ 木導
正月や三日過れば人古し 高桑闌更
正月や先づきよき物あら莚 朱廸
正月や忘れてあれば袖の月 松窓乙二
正月や牛引女羽織着て 東皐
正月や皮足袋白き鍛冶の弟子 高桑闌更
正月や胼いたましき采女達 高井几董
正月や霞にならぬうす曇 許六
正月をあらひ流して茶漬かな 露川
正月をいなせぬ梅のにほひ哉 露川
正月をやつしてかゝる柳かな 尚白
正月を出して見せうか鏡餅 去来
正月を遊ばぬ人のさくら哉 露印
正月四日よろづ此世をさるによし 凉菟
猫啼て正月めきぬ初月夜 長翠
目に立て正月はやしむめの花 猿雖
簑のけて正月さする柱かな 田川鳳朗
聞しめや諏訪正月の大明神 凉菟
膳立もまだ正月の匂ひかな 支考
西院の梅正月ごとに遠く見る 成田蒼虬
里の子や正月だゝみつめたがる 老鴉 発句題叢
雪こんご幾つ寐てから正月ぞ 桃先
雪花も正月らしや膳のうヘ 成田蒼虬
面白や正月まはり藪のむめ 卯七
鰤の香や正月ながら梅のはな 支考
鳰どりも雨正月や蓮のはな 卓池

以上

by 575fudemakase | 2017-03-10 04:11 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング