2017年 03月 20日 ( 26 )

初詣 の俳句

初詣 の俳句

初詣

例句を挙げる。

土器に浸みゆく神酒や初詣 年尾
いきほひのある絵馬を買ふ初詣 住田歌子
いみじくも奏ずるかけひ初詣 五十嵐播水 播水句集
えりあしのましろき妻と初詣 日野草城(1901-56)
かなめ垣雫してをり初詣 石橋秀野
くれなゐの袂かかへる初詣 石原八束
さやけさの楢の小川や初詣で 紫影
すみにけり何も願はぬ初詣 川崎展宏 冬
たゞならぬ世に生きるなり初詣 大場白水郎 散木集
ちりひぢの旅装かしこし初詣 竹下しづの女 [はやて]
つちのこ御符に長蛇の列や初詣 川井玉枝
つまづかぬ程の灯ともり初詣 曽我玉枝
ぬかづきて我も神の子初詣 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
ぬかづけば我に立つ神初詣 上野泰 春潮
はや暮るゝ多門寺道や初詣 晁湖
ひよどりの山彦の澄む初詣 田村木国
ひよんの実を拾ひしが幸初詣 田中英子
ひろまへに志賀の湖あり初詣 久米幸叢
ふたたびのふたりとなりて初詣 三嶋 隆英
みたらしに杓の灯影や初詣 五十嵐播水 播水句集
ミサの灯の堂の深きに初詣 野田きみ代
一山に薬師三尊初詣 吉原朱雀
三代の歩みそぞろや初詣 長屋せい子
上器に浸みゆく神酒や初詣 高濱年尾
下向路の泉香にたち初詣 皆吉爽雨 泉声
世の幸にいとしやわが幸初詣 池内友次郎 結婚まで
両の手にあまる鈴の緒初詣 五十嵐播水 埠頭
乞食の嬰児貌薔薇色や初詣 正雄
二あし三あし麦を踏みたる初詣 廣江八重櫻
人々を率てちらばりて初詣 虚子
人つゞく方に末社の初詣 日原方舟
人波に何か淋しく初詣 高木晴子 晴居
人波に吾子さしあげ初詣 為成菖蒲園
人波に旨く乗りけり初詣 高澤良一 宿好
人踏まぬ雪道えらび初詣 白岩てい子
人間の息のあつまる初詣 本宮哲郎
仲見世はあとの楽しみ初詣 今井つる女
住吉に歌の神あり初詣 大橋櫻坡子 雨月
信仰といふにもあらぬ初詣りこの民俗はなほつづくべし 四賀光子
兀として男山あり初詣 富岡犀川
八百楠の囲める宮の初詣 高澤良一 宿好
凍りたる湖わたり来ぬ初詣 田村了咲
初詣あかつきくらき男下駄 石橋秀野
初詣ありあけ月の森づたひ 松浜
初詣いつか背中を見られをり 前野雅生
初詣ことしのひかり射さぬ間を 貞
初詣なかなか神に近づけず 藤岡筑邨
初詣なづなの畦を踏みゆけり 谷口ゆり女
初詣はや梅ふふむ人麿社 堀 古蝶
初詣はらからたちの中にゐて 中曾根康弘
初詣みな新しき顔をして 渡辺笑子
初詣パートの巫女の幼顔 浦野芙美
初詣マスク清らにかけにけり 吉屋信子
初詣一度もせずに老いにけり 山田みづえ
初詣一社は渡船志賀さまヘ 小原菁々子
初詣五十鈴川には銭沈む 山口波津女
初詣今年の鈴のよくひびき 町 春草
初詣仰山いかたこ姿焼 川崎展宏 冬
初詣厄除け塩は小指ほど 小島千架子
初詣双親寿かれと 蓼汀
初詣受けて平家の赤破魔矢 百合山羽公
初詣古江の廬火なほ燃えて 村田眉丈
初詣善男善女の代に似たり 香西照雄 素心
初詣大吉引けり鳩翔てり 脇坂啓子
初詣夫の蹤ききて女坂 水野龍子
初詣奈良の春日と約束す 瀧澤伊代次
初詣妻にかはりて願ごと 五十嵐播水 播水句集
初詣寒くせばまる母の肩 依田由基人
初詣小さき宮の神仏 長谷川かな女 雨 月
初詣小鳥屋はまだ熟睡せる 丘本風彦
初詣少年祖母によりそわず 宇野三千女
初詣帝釈さまのよもぎもち 青邨
初詣幾千人の私語の中 正木海彦
初詣扇びらきに大樹の根 辻田克巳
初詣携帯電話の巫女はしる 市川恭子
初詣月明かかりしよべひと夜 池内友次郎 結婚まで
初詣浮世話をして歩く 上野泰 春潮
初詣湖の入江を漕ぎ出でて 小路紫峡
初詣無住の宮の一灯に 川島千枝
初詣牧の馬魂碑にも廻る 太田土男
初詣町の真中の大鳥居 河原 比佐於
初詣白歯よろしき矢大臣 松藤夏山 夏山句集
初詣神の舌打ち聞えたり 山田みづえ
初詣神鶏凜と歩みをり 大海みつ子
初詣秋葉天狗の赤電車 百合山羽公
初詣空がずんずん進みけり 高澤良一 宿好
初詣空に浮くごと沖の船 八牧美喜子
初詣終へし眉目を海の前 畠山譲二
初詣縁起蒼古の神とのみ 西本一都 景色
初詣羽田航空神社かな 高澤良一 鳩信
初詣耀く月を背にしたり 安藤白翠
初詣誰にともなき土産物 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初詣諏訪は信濃の一の宮 西本一都
初詣賽銭箱の大きさよ 千才治子
初詣身ぬちそこばく悲しめる 『定本石橋秀野句文集』
初詣道の真中をゆく楽し 池内友次郎 結婚まで
初詣遠つあふみの皇子二陵 西本一都
初詣雪とならむ間いそぎけり 源太郎
初詣雪見事なる太鼓橋 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初詣願ひ少なくなりにけり 小林京子
初詣駒形に来て泥鰌汁 碧童
初詣鳩の和毛を賜はりぬ 小栗正好
印旛沼渡し夜もあり初詣 石井とし夫
厨子暗く祖師在します初詣 永井賓水
参道の直なる歩み初詣 皆吉爽雨
参道の草家点れり初詣 清崎敏郎
口開いて矢大臣よし初詣 青畝
古町の川音に沿ひ初詣 田村了咲
君も我も明治の生れ初詣 星野立子
吹き下ろす風いさぎよし初詣 下村梅子
土器に浸みゆく神酒や初詣 高濱年尾 年尾句集
土器の神酒冷たき初詣 池田秀水
境内に入りて風なし初詣 田中王城
外人の鼻の下にて初詣 竹本仁王山
夜風添ふ篝の火の粉初詣 風生
大勢の子供連れたる初詣 松藤夏山 夏山句集
天に舞う鳩地を歩む鳩初詣する(鶴が岡) 荻原井泉水
夫に蹤く帯に鈴鳴る初詣 山田弘子 初期作品
女坂人声のして初詣 高野素十
姉妹と母と父なり初詣 永井龍男
嫁ぐ子に紬をゆづり初詣 上村比呂子
子の夫となる人加ふ初詣 毛塚静枝
子を抱いて石段高し初詣 星野立子
子凡な妻になりたき初詣 菖蒲あや 路 地
宝庫番と暮れてまかるや初詣 竹下しづの女句文集 昭和十四年
富士小さく小さく見ゆる野初詣 茂里正治
履きそめのかたき鼻緒や初詣 吉屋信子
履き馴れし下駄の響や初詣 堤 俳一佳
山かげ池の氷る末社にも初詣する 荻原井泉水
山の辺のみち踏みもして初詣 茂里正治
山の辺の道少しゆく初詣 山内年日子
山寺の雪やはらかし初詣 篠田悌二郎
山迫り来て飛ぶ雪や初詣 蕪城
山道の掃いてありたる初詣 富安風生
山頂の磐座に来し初詣 茨木和生 遠つ川
島人の素通りの陵初詣 上崎暮潮
左右より松の梢や初詣 山口青邨
幡高く畝傍に流れ初詣 鈴間斗史
幣をただ替えて山祇初詣 皆吉爽雨
平凡な妻になりたき初詣 菖蒲あや
年寄りに相応の風初詣 宇多喜代子 象
幾泉見て初詣深大寺 皆吉爽雨 泉声
幾谿の灯のつどひ来る初詣 大網信行
建国の神に柏手初詣 田原憲治
御手洗の杓の柄青し初詣 杉田久女
恵まれし寿をかしこみて初詣 富安風生
恵方にはかかはりもなき初詣 岡安仁義
我が生の盛衰流転初詣 泰
戦火なき世のとはにあれ初詣 上田正久日
手を合はす姿勢押さるる初詣 塙 きく
拝むこと孫に教へる初詣 久保田重之
拝殿の闇おごそかや初詣 上野青逸
提灯にへだてられつゝ初詣 瀧 春一
新しき日のなか歩く初詣 千原草之
新句帳一句を得たり初詣 野村喜舟
旅人の己れをたのむ初詣 市野沢弘子
日の歩み人の歩みや初詣 野見山朱鳥
日本がここに集る初詣 山口誓子(1901-94)
星かとも尾根ゆく灯あり初詣 白澤よし子
星の燭頒ちてすすむ初詣 伊藤敬子
星めがけて賽銭投げぬ初詣 青陽人
月読の荒御霊こそ初詣で 矢島渚男 延年
本厄の娘を誘ひだす初詣 我妻順子
杉山は湖にのめりて初詣 廣瀬直人
杜をゆく馬車の灯もあり初詣 田村了咲
松籟の高き札所へ初詣 上崎暮潮
校庭に足止めて去る初詣 斉田輝月
樹々の黙光るまで佇つ初詣 知世子
機関車は裾も湯げむり初詣 誓子
母としてねぎこと多し初詣 阿部みどり女 笹鳴
水掛けて消ゆる罪あり初詣 江川由紀子
水神に鯉を供へて初詣 登 七曜子
氷らざる岸ありすすぎ初詣 皆吉爽雨
氷上の径野につづき初詣 田村了咲
海神に捧ぐる櫂や初詣 北山新樹
海見ゆる高宮を選り初詣 茂里正治
海路にて着きし熊野の初詣 川口美江子
渾身の鐘ひとつつき初詣 若木 睦
満潮に赫奕と日や初詣 大橋敦子
滝音に近づいて行く初詣 保坂嘉子
潮退きて徒で小島へ初詣 森田 峠
灯の中の濃きは篝火初詣 岩淵喜代子 朝の椅子
爛漫と鳩を翔たしめ初詣 福田蓼汀
珊瑚玉首より垂らし初詣 上村占魚 『かのえさる』
生涯をこの地と決めて初詣 水沢源治
生涯を一陶工や初詣 吉村陶季
田に父子の影落しゆく初詣 大谷利彦
白鷺に逢ひし一事や初詣 原コウ子
知らぬ子の手の堅かりし初詣 星野明世
石段に一歩をかけぬ初詣 高浜虚子
石段のなき玉津島初詣 中谷楓子
石段の変らぬ堅さ初詣で 桂 信子
磯の鵜を車窓にかぞへ初詣 中山純子
磴に見て紀の海蒼し初詣 直江藤三郎
社運かけ二十数名初詣 深見けん二 日月
祖師はわが隣の上人初詣 山口青邨
神域に信号つけて初詣 和田郁子
神慮今鳩をたゝしむ初詣 高浜虚子
神橋のことに飛雪裡初詣 皆吉爽雨 泉声
神籬によれば鵯なく初詣 岸風三楼 往来
神饌に吾名を見るや初詣 鈴鹿野風呂
種子明かす手品師も居し初詣 竹下しづの女句文集 昭和十一年
篝火の金銀舞へり初詣 矢納満江
簪のゆれつゝ下る初詣 山口青邨
紀の国は木の神多し初詣 山川喜八
絵馬の馬宙にとどまる初詣 藤岡筑邨
老杉の直ぐなるに立つ初詣 原 和子
胸突きの二百の磴や初詣 中村雄松
脇宮も洩れなく賽し初詣 島村茂雄
自らを炎となさむとて初詣 桂信子 樹影
自ら定まる心初詣 高木餅花
舌うつて末世の神に初詣 斎藤玄
船寄せて島の宮居へ初詣 浅海津舟
荒汐のとりまく島へ初詣 鈴木真砂女
葛城にかかる虹あり初詣 南光翠峰
藪いでて又畦をゆく初詣 風三楼
蛇女見たくて来たる初詣 茨木和生 倭
蛸焼の紅に日のさす初詣 沢木欣一
蟇自若たり石のごと身じろがず 三宮初詣
行く道の直ぐなるはなし初詣 青木重行
裏山は松が枝ばかり初詣 桂信子
賽銭を手裏剣投げに初詣 木田千女
走り根の薄雪被く初詣 加藤高秋
起承転我還暦や初詣 岩田沙悟浄
足伸ばし岬の宮へ初詣 小島 雅夫
辻といふ道の不思議を初詣 狩行
道々のこゝ宮戸川初詣 小澤碧童 碧童句集
道いつか平らかになり初詣 桂信子 遠い橋
道順は変ることなき初詣 川上潺々
金星のひたと蹤きくる初詣 川鍋絹子
鎌倉に馬車あり乗りて初詣 松本たかし
鎌倉は春の如しや初詣 池内たけし
降りやみし薄雪惜み初詣 後藤夜半
階に御鬮のちりや初詣 橙黄子
随身の美男に見(まみ)ゆ初詣 竹下しづの女句文集 昭和十一年
頂へ道の集まる初詣 高澤良一 ねずみのこまくら
願ぎ事はもとより一つ初詣 高浜虚子
願ふより謝すこと多き初詣 千原叡子
颯颯と祓はるる厄初詣 奈良文夫
飛梅に傘ひしめくや初詣 白水郎
鳥居中遠くの鳥居初詣 深見けん二
鳩下りて羽もつれあふ初詣 鷹羽狩行
鳩舞へる行手の宮や初詣 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
鳴り龍の鳴り上々や初詣 佐々木敏則
鴨川の風いさぎよし初詣 岩崎照子
船飾りたてて海女らの初参宮 橋爪里浦
初社の掲示空白素志を持す 香西照雄
欅にも器量のありて初社 高澤良一 さざなみやっこ
ときめきの結ひても残る初みくじ 七田千代子
初みくじ凶と出こころ引締る 築谷暁邨
初みくじ大吉とあり信じ度し 澤 草蝶
初みくじ大国主に蝶むすび 静塔
初みくじ梛の老樹に実のありて 中尾孝子
初みくじ神の言葉を樹に咲かせ 野見山朱鳥
初みくじ結ひし無数の指想ふ 藤田湘子 てんてん
初みくじ開くり指先に 小松和子
初神籤良きことばかり信じたり 市野沢弘子
吉吉ならず凶凶ならず初みくじ 三宅清三郎
埋れ木に花咲くとあり初みくじ 江川虹村
暁闇に白妙むすぶ初みくじ 長束澄江
末吉の末にあやかる初みくじ 高原倉吉
横向きに乙女のひらく初神籤 高澤良一 宿好
海光の眩しさに解く初みくじ 藤木倶子
結びたり海の男の初みくじ 藤井冨美子
聖天やくるくる廻る初みくじ 角川春樹 夢殿
初詣羽田航空神社かな 高澤良一 鳩信
初(はつ)に詣でて土の宮風の宮 高澤良一 燕音
初詣参道だだっぴろきかな 高澤良一 石鏡
こんな日がいつまで続く初詣 高澤良一 暮津
蘇鉄の実手にして戻る初詣 高澤良一 暮津

初詣 補遺

いつもただ八幡さまに初詣 山口青邨
えりあしのましろき妻と初詣 日野草城
かちいくさおほどかなれと初詣 阿波野青畝
かなめ垣雫してをり初詣 石橋秀野
しづかなることを願ひぬ初詣 山口青邨
しやりしやりと巫女の鈴鳴り初詣 森澄雄
なほ奥へ金の階段初詣 山口青邨
にくからぬ深大寺蕎麦や初詣 水原秋櫻子 蘆雁
ぬかづけば我に立つ神初詣 上野泰 春潮
み仏のおん胸ひろき初詣 高野素十
み仏の太きおん指初詣 高野素十
一年の計まだ立たず初詣 桂信子「草影」以後
三柱のみな女神なり初詣 森澄雄
凍て解けし初詣の池のさざなみ 荻原井泉水
初みくじ大国主に蝶むすび 平畑静塔
初みくじ神の言葉を樹に咲かせ 野見山朱鳥 運命
初みくじ結ひし無数の指想ふ 藤田湘子 てんてん
初みくじ読む諏訪人の狭眉間 上田五千石 森林
初御籤 未婚の既婚の額 寄る 伊丹三樹彦
初御籤 赤マントの胸 少し割り 伊丹三樹彦
初詣あかつきくらき男下駄 石橋秀野
初詣してパチンコに入り浸る 右城暮石 散歩圏
初詣して三井寺の力餅 森澄雄
初詣よその母子をなつかしみ 富安風生
初詣五十鈴川にて眼を浄め 山口誓子
初詣人出の先の見えぬまま 桂信子 草影
初詣八の字をなす二羽の鳩 山口誓子
初詣受けて平家の赤破魔矢 百合山羽公 樂土
初詣吾も神杉抱きかかへ 山口誓子
初詣善男善女の代に似たり 香西照雄 素心
初詣子の身重妻いたはりて 安住敦
初詣川流れねば時止まる 山口誓子
初詣巫が持つ笏の艶 森澄雄
初詣帝釈さまのよもぎもち 山口青邨
初詣御手洗川に銀の銭 山口誓子
初詣怠りて佇つ由比ヶ浜 鈴木真砂女 都鳥
初詣摂社末社を余さずに 右城暮石 句集外 昭和四十八年
初詣撒かれし塩の白煙 山口誓子
初詣枝打杉の道くぐり 右城暮石 散歩圏
初詣毛皮の襟巻邪なるもの 山口誓子
初詣浮世話をして歩く 上野泰 春潮
初詣漣づくし巌島 中村草田男
初詣濡れ土器に神酒を受く 山口誓子
初詣直会殿の素の地面 山口誓子
初詣石畳には石の縁 鷹羽狩行
初詣砂利道に身を正されず 山口誓子
初詣神に従ふ心あり 上野泰
初詣神は五重の垣の内 山口誓子
初詣神は藁沓愛でたまふ 平畑静塔
初詣神馬の横目にて見らる 山口誓子
初詣秋葉天狗の赤電車 百合山羽公 樂土
初詣終へし轣轆夜も過ぐる 山口誓子
初詣終へ来し汽車も燈るころ 山口誓子
初詣終へ来てなほも伊勢駛る 山口誓子
初詣襟に挿したる破魔矢かな 森澄雄
初詣誘ひし人の皆来たり 星野立子
初詣身ぬちそこばく悲しめる 石橋秀野
初詣重たからずや髷の妹 伊丹三樹彦
初詣金剛杖を軽く持し 平畑静塔
加賀さまに今も足むく初詣 平畑静塔
十七条憲法が有り初詣 阿波野青畝
十二社の芸者なるべし初詣 山口青邨
参道の草家灯れり初詣 清崎敏郎
口開いて矢大臣よし初詣 阿波野青畝
古馬車を拾ひ得たりや初詣 松本たかし
右側を通行伊勢の初詣 山口誓子
君も我も明治の生れ初詣 星野立子
土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾
堰切つて動く群衆初詣 清崎敏郎
夜風添ふ篝の火の粉初詣 富安風生
大日輪今真白なる初詣 山口誓子
大粒の星顔照らす初詣 山口誓子
太平洋見て笑む恵比須初詣 山口誓子
奈良の町のだらだら坂を初詣 村山故郷
女坂人聲のして初詣 高野素十
妻ついて来し大厄の初詣 高田風人子
安産の神に老らく初詣 山口青邨
山中にさびしき鳥居初詣 山口青邨
山迫り来て飛ぶ雪や初詣 木村蕪城 一位
山道の掃いてありたる初詣 富安風生
左右より松の梢や初詣 山口青邨
床高き殿に眼を遣る初詣 山口誓子
御帷の御裾長や初詣 阿波野青畝
御殿山削られそそる初詣 山口青邨
志摩の衆往復歩く初詣 山口誓子
忘思の凶と出でたる初みくじ 富安風生
我が生の盛衰流転初詣 上野泰
拍手に白息きよき初詣 森澄雄
持船の絵馬を見に来る初詣 山口誓子
日なた道また日かげ道初詣 鷹羽狩行
日の歩み人の歩みや初詣 野見山朱鳥 運命
日本がここに集る初詣 山口誓子
日本に松と縄あり初詣 藤田湘子 神楽
朔風のなき上手ひろひ初詣 阿波野青畝
杉山は湖にのめりて初詣 廣瀬直人
根性を授からんとぞ初詣 富安風生
機関車は裾も湯げむり初詣 山口誓子
武の神の古き社に初詣 山口青邨
水手洗の杓の柄青し初詣 杉田久女
水路よりほかなき島へ初詣 鷹羽狩行
江の島へ渡りゆく人初詣 星野立子
海渡御の話もよしや初詣 山口青邨
深淵の石積みし墓初詣 山口青邨
潺渓のひびき身にそひ初詣 山口青邨
澎湃と西中門より初詣 山口青邨
火も水も又時も神初詣 上野泰
焼けて立つ老樹もありぬ初詣 山口青邨
照葉もて塩を撒かれし初詣 山口誓子
牡丹の芽垣間見もして初詣 安住敦
玉砂利の奏楽めくや初詣 阿波野青畝
瑞龍の松とや有難し初詣 山口青邨
産土の鴉に鳴かれ初詣 安住敦
産土神はやまとたけるや初詣 安住敦
白雲の卍と飛べり初詣 山口青邨
真間の井のぞく初詣の人や 山口青邨
石段の変らぬ堅さ初詣 桂信子 晩春
石段を下りるが嬉し初詣 山口青邨
石荒き御垣内まで初詣 山口誓子
祖師はわが隣の上人初詣 山口青邨
神たのむ人車にもまれ初みくじ 角川源義
神の名の長きは読めず初詣 阿波野青畝
神の矢のましろきを受けむ初詣 山口青邨
神の確登る順待つ初詣 山口誓子
神を畏れ人をゆかしみ初詣 富安風生
篝火に目のあたたまり初詣 鷹羽狩行
簪のゆれつつ下る初詣 山口青邨
緒の揺れに遅れ鈴の音初詣 鷹羽狩行
群衆は羊の如し初詣 上野泰
老一歩あせるべからず初詣 阿波野青畝
胴太の神馬を佳しと初詣 山口誓子
自らを炎となさむとて初詣 桂信子 樹影
舌うつて末世の神に初詣 斎藤玄 狩眼
花も咲かむこころに御代の初詣 山口青邨
荒汐のとりまく島へ初詣 鈴木真砂女 居待月
蘇鉄の葉にも結びたる初みくじ 右城暮石 句集外 昭和四十七年
行く眼り鉄路かがよふ初詣 山口誓子
行学院奥まりさびし初詣 山口青邨
親子水入らずといふひそけさの初詣 安住敦
賽銭に穴開き銭も初詣 山口誓子
辻といふ道の不思議を初詣 鷹羽狩行
醜男といへる蛭子に初詣 後藤比奈夫
金毘羅は船神老朽船われ初詣 山口青邨
鈴の緒の柱のごとし初詣 山口青邨
鈴の音にわが幼なき日初詣 細見綾子
鎌倉に小雪ありけり初詣 山口青邨
隙の無き帷に向ひ初詣 山口誓子
雑踏に牛歩しひられ初詣 鷹羽狩行
雪解の雫ひまなし初詣 杉田久女
電柱にむかしの唸り初詣 鷹羽狩行
願ひごとなき幸せや初詣 高田風人子
髯ははや寿老人似ぞ 初詣 伊丹三樹彦
鰐口はわれらが鳴らす初詣 山口青邨
鳥居中遠くの鳥居初詣 深見けん二
鳩下りて羽もつれあふ初詣 鷹羽狩行
黒砂利は雨に濡れ黒初詣 山口誓子
黒砂利を白砂利に入り初詣 山口誓子

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 04:05 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

福達磨 の俳句

福達磨 の俳句

達磨市

例句を挙げる。

ほどほどの未来を買へり達磨市 岡崎枕子
むさしのの大き日だまり達磨市 石田勝彦
主婦のがま口いつもばら銭達磨市 草村素子
冨士昏れて枯野灯す達磨市 杉山葱子
境内が一日赤き達磨市 池谷 晃
売りごゑにつかまつてゐる達磨市 成瀬靖子
天心に昼月澄めり達磨市 永田徳子
天日を高きにとどめ達磨市 池田秀水
富士昏れて枯野灯す達磨市 杉山葱子
布子着てむかし顔なり達磨市 篠原
曇りつゝ薄日映えつゝ達磨市 石田波郷
武蔵野の富士は小さし達磨市 石田あき子 見舞籠
田の焚火一日燃えて達磨市 三関浩舟
福逃がすごとく転びて達磨市 五所平之助
竹群に寒風集め達磨市 真鍋貴子
街の灯と山の灯つづく達磨市 塚越志津枝
裏山は芽吹きはげしや達磨市 石田あき子 見舞籠
裸灯より釣銭掴み出す達磨市 雨宮抱星
足許を風吹きめぐり達磨市 野村洛美
転ぶ余地なく並べられ達磨市 館 容子
達磨など買はずと達磨市にくる 貞弘 衛
達磨市富士は大きな雪だるま 本宮鼎三
達磨市賑ひ畦の凍ゆるぶ 島村時子
達磨市香具師もどこかの国訛り 瀧 春一
遠嶺から日癖の風や達磨市 林 青芒子
酔ひ渡る達磨市裏夜霧濃し 小林康治 玄霜
関東の空の青さよ達磨市 小島健 木の実
雪嶺や白眼ばかりの達磨市 渡辺白峰
青空のちらちら雪や達磨市 鈴木しげを
鶯や手書き地割りの達磨市 黒坂紫陽子
はるばると来て一つ買ふ福達磨 杉山伊都子
一眼を入れてわがもの福達磨 池内てい子
目に雲がつまつてゐたり福達磨 大石雄鬼
福達磨口をへの字に売れ残る 伍賀稚子
福達磨重なり糶らる荒筵 北村風居
起き上り上手を選び福達磨 腰川瑛子
円になる力に燃ゆる福だるま 岡村文江
坐してこそ心ぞ歩む福だるま 林昌華
枯桑に打たせじと抱く福だるま 出牛青朗
福だるま一つは病める友に買ふ 石田あき子 見舞籠
福だるま妙義は雲を飛ばしけり 大嶽青児
福だるま置きてととのふ書架の隙 松本可南
福だるま見下ろす炬燵塞ぎけり 津高里永子
風の日の捨値となりぬ福だるま 鈴木しげを
十賊不動
青空に銀嶺走るだるま市 高澤良一 寒暑
丹沢山系新らの雪置きだるま市 高澤良一 寒暑
だるま市行きの増発バスぎうぎう 高澤良一 寒暑
市の日が眩し目無しの達磨にも 高澤良一 寒暑

福達磨 補遺

ひとと逢へば笑ひ声出る達磨市 中村草田男
夜雨はれし奇特あらたや達磨市 水原秋櫻子 旅愁
白鳳佛賽受けたまふ達磨市 水原秋櫻子 旅愁
福來寺ありて廃れず達磨市 百合山羽公 樂土
福達磨購はむと解きし懐手 岡本眸
菩提樹は幹より萌ゆる達磨市 石田勝彦 雙杵
逆立てる冬木や達磨市となる 大野林火 飛花集 昭和四十四年
達磨市コップ酒にも手を出させ 百合山羽公 樂土
達磨市寒の日和を當てにけり 百合山羽公 樂土
酔ひ渡る達磨市裏夜霧濃し 小林康治 玄霜

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:59 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

破魔矢 の俳句

破魔矢 の俳句

破魔弓

例句を挙げる。

あだ守る筑紫の破魔矢うけに来し 杉田久女
あと厄もすみし今年の破魔矢かな 啼魚
いつ帰り来しや破魔矢は卓の上 今井千鶴子
おみくじをにぎり破魔矢をかざしゆく 高木晴子 晴居
ぞろぞろとふるさと動く破魔矢かな 甲斐多津雄
たてかけてあたりものなき破魔矢かな 高濱虚子
ちはやふる破魔矢の鈴に初の闇 原裕 青垣
なほもつて余生働く破魔矢うく 鈴木真砂女 夕螢
はぐれゐし夫かも破魔矢高々と 築城 京
ひとところ羽離れ深き破魔矢かな 加倉井秋を
みくじ吉破魔矢に結び帰りけり 藤松遊子
わが句碑は破魔矢かざして詠む句碑ぞ 後藤比奈夫 めんない千鳥
わが寝屋の闇の一角白破魔矢 橋本多佳子
わが門に戻りつきたる破魔矢かな 高浜年尾
をりからの雪にうけたる破魔矢かな 久保田万太郎 流寓抄
バス揺れるたびに破魔矢の鈴が鳴り 松本穣葉子
一九九九年の破魔矢かな 五島高資
一団の誰も破魔矢を手にしたる 久保ともを
一壷あり破魔矢をさすにところを得 高浜虚子
一年を壺に古りたる破魔矢かな 上野泰 春潮
一本の破魔矢余生を護るべし 青畝
一本の破魔矢受けたり軽きかな 稀音家塔九
三日はや破魔矢をつつむ旅ごころ 古舘曹人 樹下石上
上の字の袋きせ置く破魔矢かな 阿波野青畝
九人目の比古なる孫に美き破魔矢 後藤夜半 底紅
人のくれし破魔矢長押に病み通す 稲垣きくの 牡 丹
人形の目の逸れてをる破魔矢かな 上野泰 佐介
今年また破魔矢を挿して壷古りぬ 吉屋信子
伊勢講の婆の土産は破魔矢なり 楠 節子
児となるや腰に破魔弓老の春 玄札
児の握る破魔矢の鈴の鳴りどほし 藤田郁子
八幡宮破魔矢握りて五十段 高澤良一 素抱
冷込んで来たる破魔矢をいただきぬ 岸田稚魚
切先に比叡の雪嶺破魔矢受く 山田弘子 こぶし坂
切通破魔矢かざせば海が見ゆ 宮下翠舟
初旅の破魔矢挿す荷を枕上み 茂里正治
初詣受けて平家の赤破魔矢 百合山羽公
反り橋は朱の太鼓橋破魔矢買ふ 田中水桜
受けもどる破魔矢にはつしはつしと日 皆吉爽雨
古壷にかたと音して破魔矢挿す 高浜虚子
吊橋を人帰り来る破魔矢手に 田島 魚十
向妙の破魔矢たづさへ男の子なき 草村素子
吾も持ち人も持つなる幾破魔矢 久米正雄 返り花
壺中なほ去年の闇あり破魔矢挿す 肥田埜勝美
大風の夜を真白なる破魔矢かな 渡辺水巴 白日
天空に神の弓あり破魔矢うく 上野 泰
嫁ぐべき娘に持たせたる破魔矢かな 永井龍男
子が持ちし破魔矢の鈴を探しけり 角川春樹 夢殿
子に破魔矢持たせて抱きあげにけり 星野立子
孫のやうな巫女に礼して破魔矢受く 和田春雷
実朝の海より生れし破魔矢享く 北澤瑞史
師を神と畏敬すこころ破魔矢うく 鈴木白祇
年々の破魔矢立てたり高麗古壺 長谷川かな女 牡 丹
幸矢とて袖をあてがふ破魔矢かな 後藤夜半 底紅
御神馬の厩舎の柱破魔矢挿し 小原菁々子
戀の矢はくれなゐ破魔矢白妙に 山口青邨
戒名は「雄魂」亡き子の破魔矢受く 香西照雄 素心
手に持てる白羽破魔矢に海荒るる 野見山朱鳥
折からの雪より白き破魔矢享く 鶴丸白路
抱きし子に持たせて長き破魔矢かな 松本たかし
抱き戻る破魔矢の白と京の冷 山田弘子 螢川
挿して置く破魔矢の影の添ふ如く たけし
授かりし破魔矢の火山灰を払ひけり 梶原 宇良
掌に享けて鈴の止みたる破魔矢かな 加倉井秋を
摩多羅神破魔矢を放つ天に向け 岡崎泊葉子
教へ子の巫女より享くる破魔矢かな 松本三千夫
新幹線の棚の破魔矢の飛ぶごとし 鈴木栄子
早立の山荷に破魔矢挿しゐたり 神田 岩魚
月山の月さす破魔矢受けにけり 勝山 耕南
松ヶ枝に破魔矢のとどく肩車 小早川 恒
松風の小径となりぬ破魔矢持ち 吉屋信子
森の冷え破魔矢もつ手に及ぶなり 稲垣きくの 黄 瀬
此の書屋美しと定まる破魔矢かな 阿波野青畝
歩にあひて鈴のよく鳴る破魔矢かな 山口峰玉
江ノ島の浪と真白き破魔矢かな 佐野青陽人 天の川
沖の浪白し破魔矢を袖に抱く 秋を
浅間(せんげん)さん詣で破魔矢を高かかげ 高澤良一 ぱらりとせ
浪花女の背中にさしし破魔矢かな 冬菜
海人の子に真紅の破魔矢にぎらしむ 原田喬
海沿ひに破魔矢の鈴の行くことよ 川崎展宏
瀬戸内の一夜に荒れし破魔矢かな 古舘曹人 樹下石上
灯を消してなほ確かとある破魔矢かな 永井龍男
無造作に束の破魔矢や巫女溜 立花杢公
生意気小僧忘れてゆきし破魔矢かな 八木林之介 青霞集
病巣を射よと授かりたる破魔矢 品川鈴子
白妙の破魔矢いだきて夫子なし 菖蒲あや あ や
白破魔矢武に苦しみし神達よ 橋本多佳子
白雲の白を移せり諏訪破魔矢 静塔
破魔弓と斧と並ぶや山の家 東明
破魔弓に九九を覚ゆる未来あり 正木ゆう子
破魔弓の剛きを老の手に鳴らす 上條 筑子
破魔弓の白矢をたとふ一矢かな 安斎櫻[カイ]子
破魔弓は山びこつくる子のたむろ 飯田蛇笏
破魔弓やどさと落ちたる松の雪 白及
破魔弓ややまびこつくる子のたむろ 飯田蛇笏
破魔弓や入江の波の立つばかり 大木あまり 火球
破魔弓や埴生の小屋の蜑が窓 東洋城
破魔弓や大和機女が子宝や 広江八重桜
破魔弓や山びこつくる子のたむろ 飯田蛇笏 霊芝
破魔弓や男子四方の志 黙仏
破魔弓や百姓ながら那須に住む 碧童
破魔弓や的に立たる納豆箱 蓼太
破魔矢あり壺に一枝の梅も咲き 岸風三楼 往来
破魔矢あり追儺豆買ひ忘れても 及川貞
破魔矢うけたゞはぐれじと酉の市 及川貞 夕焼
破魔矢うけて帰路八方のわが一路 稲垣きくの 黄 瀬
破魔矢さし机辺めでたく片づける 播水
破魔矢さす襟や五十の恋いかに 小林康治 玄霜
破魔矢とて湖国枯葦かざし舞ふ 加藤耕子
破魔矢など天に射れどもむなしさや 山口青邨
破魔矢の巫女なかに一人の眸の大き 和久田隆子
破魔矢の鈴師の星父母の星呼べり 奈良文夫
破魔矢の鈴暗闇にまた海の音 川崎展宏
破魔矢の鈴路ゆづるとき鳴りにけり 山部栄子
破魔矢もつほかに女の支へなし 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
破魔矢もつ人神前をよぎりけり 星野立子
破魔矢もつ父子の影を浜に曳き 宮下翠舟
破魔矢ゆきあとまたねむるなまこ壁 龍太
破魔矢より鈴をはづして弄びけり 原裕 青垣
破魔矢一矢貧しき書架に禅されたり 石田波郷
破魔矢享く吾に白羽の矢が当れ 品川鈴子
破魔矢享く神に告ぐべき事告げて 雨宮昌吉
破魔矢享け降る筑波嶺雲に入る 小林 碧郎
破魔矢受くちひさき生命片抱きに 岡本差知子
破魔矢受く多摩の横山霞む日を 水原秋櫻子
破魔矢受く子は父となり母となり 長谷川史郊
破魔矢受く山城の国一の宮 後藤比奈夫 めんない千鳥
破魔矢受く手に手が触るる臨時巫女 竹中碧水史
破魔矢受く曉光すでに沖にあり 向野楠葉
破魔矢受く母となる日の近き娘に 伊東宏晃
破魔矢受けし第一番の男かな 高浜年尾
破魔矢得て飛雪の磴をひたに下る 正雄
破魔矢手に人ごみに子を探しをり 高濱年尾 年尾句集
破魔矢手に今年を恃むこころ切 稲垣きくの 黄 瀬
破魔矢手に大和心のありやなし 後藤比奈夫 めんない千鳥
破魔矢手に汚き雪を蹴りに蹴る 岸本尚毅 舜
破魔矢手に生田の森を出で来たる 千原叡子
破魔矢抱くやわれを貫く白きもの 塘柊風
破魔矢持ち膳所で降りたる夫婦かな 高澤良一 燕音
破魔矢持つ人のうしろに鉛筆もつ 小檜山繁子
破魔矢持つ童女吉祥天なるよ 楠節子
破魔矢挿して一隅寧きくらしあり 稲垣きくの 黄 瀬
破魔矢挿し夜は白妙の睡りかな ほんだゆき
破魔矢挿す女ざかりの夜の髪 後藤比奈夫 初心
破魔矢欲し武蔵野の風荒ければ 桂子
破魔矢白し今日いまだ客に触れず 渡邊水巴 富士
破魔矢立て一人書斎に立て籠る 岬 雪夫
破魔矢置く寺の畳の青海波 平畑静塔
破魔矢触れ梅の蕾をまなかひに 吉屋信子
破魔矢買ふ母の白息触れしものを 橋本美代子
神山に近く住みなし破魔矢受く 山口白甫
空席に破魔矢を寝かせ湖西線 鈴木鷹夫
空青し破魔矢の人を追ひ越して 岩田由美
立ち並ぶ破魔矢の店や男山 木犀
笹山に入りて破魔矢の鈴さわぐ 宮岡計次
箔を押す鏑雁股破魔矢かな 田中田士英
紅梅や盆の破魔矢に切火飛ぶ 渡邊水巴 富士
翠張につらぬきとめし破魔矢かな 飯田蛇笏 山廬集
肩車されて破魔矢を握りしむ 山崎矢寸尾
船上に破魔矢の鈴の鳴りにけり 大木あまり 火球
荒矧の破魔矢なれども金の箔 久米正雄 返り花
葛飾や舳さきに坐る破魔矢の子 角川春樹 夢殿
藪をゆく破魔矢の鈴の鳴り通し 岸本尚毅 舜
誰にやる破魔弓ねぎる道心者 来山
谷雲にそれてながるる破魔矢かな 飯田蛇笏 山廬集
買ひてすぐ羽をいたはる白破魔矢 橋本美代子
赤ん坊の手のつかみたる破魔矢かな 細川加賀 『玉虫』
追越すやなほ先をゆく破魔矢あり 桂 信子
運ついてまはる破魔矢をうけにけり 山本蓬郎
金よりも銀美しき破魔矢かな 串上 青蓑
金色の一トすぢはしる破魔矢かな 久保田万太郎 草の丈
鈴鳴つて鞍馬を越ゆる破魔矢かな 鈴木鷹夫
電車待つ人の手に手に破魔矢かな 吉屋信子
電車降り月明らかに破魔矢持ち 深見けん二
青き目の舸子海神の破魔矢受く 野中 春艸
風寒し破魔矢を胸に抱へくる たかし
高々と破魔矢かかげて渡舟客 山田弘子 初期作品
高きより破魔矢でかぞへ島の数 鷹羽狩行
段葛破魔矢と破魔矢すれ違ふ 高澤良一 暮津
銀髪に破魔矢いとよく映えにけり 高澤良一 暮津

破魔矢 補遺

いそのかみ布留の破魔矢を賜りぬ 能村登四郎
いまは焼くちぬらぬ破魔矢白妙に 山口青邨
くるくると舞ふ八乙女の手に破魔矢 阿波野青畝
たまはれる破魔矢は恋の矢としてむ 山口青邨
ちはやふる破魔矢の鈴に初の闇 原裕 青垣
なほもつて余生働く破魔矢うく 鈴木真砂女 夕螢
まなじりの糸ひいて佳し破魔矢もつ 岡井省二 夏炉
わが句碑の前の破魔矢の娘たち 後藤比奈夫
わが句碑は破魔矢かざして詠む句碑ぞ 後藤比奈夫
わが寝屋の闇の一角白破魔矢 橋本多佳子
わが門に戻りつきたる破魔矢かな 高浜年尾
一年を壺に古りたる破魔矢かな 上野泰 春潮
一揖(ゆう)もなくしろたへの破魔矢うく 藤田湘子
一本の破魔矢余生を護るべし 阿波野青畝
三日はや破魔矢をつつむ旅ごころ 古舘曹人 樹下石上
上の字の袋きせ置く破魔矢かな 阿波野青畝
世渡りの下手も上手も破魔矢受く 鈴木真砂女 紫木蓮
九人目の比古なる孫に美き破魔矢 後藤夜半 底紅
二つ掛けて老い子育つる破魔矢かな 村上鬼城
二宮の破魔矢長短壷に挿し 山口青邨
人形の目の逸れてをる破魔矢かな 上野泰 佐介
今はもう敵なき齢破魔矢受く 能村登四郎
先づは他人の上案ずる吾妻破魔矢受く 中村草田男
八十路への坂の阻ならず破魔矢手に 後藤比奈夫
八幡の鳩ども破魔矢恐れざる 阿波野青畝
初詣受けて平家の赤破魔矢 百合山羽公 樂土
初詣襟に挿したる破魔矢かな 森澄雄
営々とけだものごころ破魔矢受く 斎藤玄 狩眼
四十二の鬼子育つる破魔矢かな 村上鬼城
大風の夜を真白なる破魔矢かな 渡邊水巴 白日
天の旅送る真白き破魔矢持ち 平畑静塔
天空に神の弓あり破魔矢うく 上野泰
女には渡さず破魔矢持ちつづけ 右城暮石 句集外 昭和四十六年
女家族支ふる者や破魔矢受く 中村草田男
女手の破魔矢や衆に紛れざれ 中村草田男
子に破魔矢持たせて抱きあげにけり 星野立子
幸矢とて袖をあてがふ破魔矢かな 後藤夜半 底紅
恋の矢はくれなゐ破魔矢白妙に 山口青邨
戒名は「雄魂」亡き子の破魔矢受く 香西照雄 素心
授かりし破魔矢真直に持ち歩りく 百合山羽公 樂土
文運のためにも享くる破魔矢かな 後藤比奈夫
晩年か余生か破魔矢受けにけり 亭午 星野麥丘人
東へも持ちて平家の赤破魔矢 百合山羽公 樂土
森の中逍遥破魔矢受けしより 山口青邨
此書屋美しとさだまる破魔矢かな 阿波野青畝
海上雲遠しいで破魔矢射む 山口青邨
深大寺乾門より破魔矢かな 星野麥丘人 2001年
瀬戸内の一夜に荒れし破魔矢かな 古舘曹人 樹下石上
生るる子のための破魔矢を受けにけり 安住敦
病室へ入り来破魔矢の鈴鳴らし 右城暮石 天水
白妙の神の破魔矢に鏃なし 野見山朱鳥 愁絶
白破魔矢武に苦しみし神達よ 橋本多佳子
百本の破魔矢を立てし素木箱 右城暮石 句集外 昭和五十年
矢桶よりとつてたまはる破魔矢かな 山口青邨
破魔弓に侍してこけしの花姿 阿波野青畝
破魔弓に鼠も追ず家の春 寥松
破魔弓の斜に突張り立てりけり 阿波野青畝
破魔弓の金箔過て春ぞ是 寥松
破魔弓や山びこつくる子のたむろ 飯田蛇笏 霊芝
破魔弓や竹馬乗て小笠懸 木導
破魔弓や菊はいもうと梅は兄 木導
破魔弓をかけて寺ともなかりけり 村上鬼城
破魔弓を土払ひつつ立てにけり 阿波野青畝
破魔弓を掛けて時めく主人かな 村上鬼城
破魔矢うけたゞはぐれじと酉の市 及川貞 夕焼
破魔矢さす襟や五十の恋いかに 小林康治 玄霜
破魔矢など天に射れどもむなしさや 山口青邨
破魔矢に揺れる小鈴や女性(にょしょう)やさしかれ 中村草田男
破魔矢みなささげ百万枚を銜み 山口青邨
破魔矢もて指せば応へて星つぎつぎ 岡本眸
破魔矢もて獅子身中の虫は射よ 安住敦
破魔矢もて男を打ちて鈴の音 鷹羽狩行
破魔矢ゆきあとまたねむるなまこ壁 飯田龍太
破魔矢より鈴をはづして弄びけり 原裕 青垣
破魔矢三本、孫三人をはなれじとする 荻原井泉水
破魔矢二矢壷に一矢は梅を結ふ 山口青邨
破魔矢受く勁くなれよとこゑありぬ 亭午 星野麥丘人
破魔矢受く太きにせんか繊きにす 山口青邨
破魔矢受く山城の国一の宮 後藤比奈夫
破魔矢受く潮変り目の壇の浦 鈴木真砂女 都鳥
破魔矢受く男に敵は避けられず 安住敦
破魔矢受く頭上白梅枝走り 山口青邨
破魔矢手に大和心のありやなし 後藤比奈夫
破魔矢挿す女ざかりの夜の髪 後藤比奈夫
破魔矢焼く神代の戦矢のごとく 山口青邨
破魔矢白く押物朱く賜はりし 阿波野青畝
破魔矢白し今日いまだ客に触れず 渡邊水巴 富士
破魔矢置く枯れさだまれる芝の上 飯田龍太
破魔矢置く鈴の音一つひとりの家 岡本眸
破魔矢鈴従きくる夜明けには遠し 佐藤鬼房
磯風に破魔矢の羽の割れやすし 飯島晴子
神将に倣ひて破魔矢抱へ持つ 安住敦
紅梅や盆の破魔矢に切火飛ぶ 渡邊水巴 富士
置かれたる破魔矢の束に月明り 飯田龍太
羽のみだれ正す破魔矢に息かけて 橋本多佳子
翠張につらぬきとめし破魔矢かな 飯田蛇笏 山廬集
舞妓にも逢ひぬ丹塗の破魔矢にも 後藤比奈夫
虎の絵馬破魔矢にゆひて子はかつぐ 山口青邨
誰にやる破魔弓ねぎる道心者 小西来山
谷雲にそれてながるる破魔矢かな 飯田蛇笏 山廬集
軍艦大鯨の水兵が受く破魔矢かな 山口青邨
運強き女が受けし破魔矢かな 鈴木真砂女 都鳥
道すがら雪となりたる破魔矢かな 安住敦
鎌倉の絵馬の届きぬ破魔矢欲し 後藤比奈夫
長女次女に瞳澄む夫来よ破魔矢二本 中村草田男
隅田川破魔矢かざして渡るなり 村山故郷
電車降り月明らかに破魔矢持ち 深見けん二
風寒し破魔矢を胸に抱へくる 松本たかし
飾焼く破魔矢白妙の羽も焔に 山口青邨
高きより破魔矢でかぞへ島の数 鷹羽狩行
髪に触れ波郷深大寺の破魔矢あり 水原秋櫻子 蘆雁以後

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:47 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

歳徳神 の俳句

歳徳神 の俳句

歳徳神

例句を挙げる。

あばら家も歳徳神の御宿かな 小林一茶
歳徳や土かはらけの御燈明 西山泊雲 泊雲句集
歳徳神野に出て遊び夜は戻る 加倉井秋を
母ありて歳徳様の灯を消さず 影島智子
沙彌が刷る歳徳神も年用意 河野静雲 閻魔
箕に祀る歳徳の燈や臼の上 吉田南鴎
蒼茫や歳徳と朝弾み来る 笹川正朋
いと小さき歳神さまの鏡餅 戸塚茅亭
千里眼年神霞む野に立てり 高澤良一 宿好
年神と語らむ事も多からず 相生垣瓜人 明治草抄
年神に小さき鰯過疎盆地 稲垣陶石
年神に樽の口ぬく小槌かな 榎本其角
年神の来て萱葺の軒雫 山本洋子
年神の来給ふ雪のいとまあり 宮津昭彦
年神の素戔嗚尊に似て荒太鼓 我妻草豊
年神へ切火栃栗たてまつる 宮津昭彦
年神へ吾が還暦の朱蝋燭 水谷芳子
年神も雪に端山の見えかくれ 斎藤玄 雁道
歳神と書きまゐらせて歳の神 山口青邨
歳神に荒神すゝけ在しけり 籾山梓月
歳神のすこし踏みたる畦の雪 大峯あきら
歳神の在します嶺の明けそめし 石井きよ子
紋服や年神が来し杣の家 森澄雄
軋めるは舟か年神来る音か 小林貴子
飯を炊く初対面の年神へ 簑口民子
鳥追小屋歳神の座を切株に 八牧美喜子
仮に打つ釘もききけり恵方棚 萩原乙彦
傘に歯朶かゝりけり恵方棚 夕道
年棚にまだ土つかぬベビー靴 橋本榮治 麦生
年棚はやゝ筋違にゆがみけり 松瀬青々
年棚やみあかしあげて神いさむ 村上鬼城
年棚や三代守る太柱 大石昌代
年棚を飾りあひけり思ひ妻 松瀬青々
恵方棚今朝生みたての卵載せ 増田昌恵
銛の秀を飾りし海女の恵方棚 山崎羅春

歳徳神 補遺

お正月様ぽつぺん吹けば来たりけり 山田みづえ 手甲
とし立や嘸年神のおぼし召 馬場存義
年棚の下や屏風の梅の花 岱水
年神が芽出度がれよと勧めけり 相生垣瓜人 明治草
年神と語らむ事も多からず 相生垣瓜人 明治草抄
年神に励まさるるを例とせり 相生垣瓜人 負暄
年神に樽の口ぬく小槌かな 其角 雑談集
年神に気になせそとぞ云はれける 相生垣瓜人 負暄
年神に破れ傘など賜はりし 相生垣瓜人 負暄
年神に花びら餅を賜はりし 相生垣瓜人 負暄
年神に観念せよと云はれけり 相生垣瓜人 負暄
年神に訓戒されて服しけり 相生垣瓜人 負暄
年神に訴ふべかる懈さかな 相生垣瓜人 負暄
年神の勤むるままに籠り居き 相生垣瓜人 明治草
年神の嬋妍たるを想見す 相生垣瓜人 負暄
年神も慌しげに立ち去れり 相生垣瓜人 明治草
年神も正視し難くなりにけり 相生垣瓜人 負暄
年神も雪に端山の見えかくれ 斎藤玄 雁道
歳徳神いそぎ御入来草の戸に 山口青邨
歳徳神われ書き奉り招じける 山口青邨
紋服や年神が来し杣の家 森澄雄
紙に書けばすなはち神や歳徳神 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:37 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

恵方詣 の俳句

恵方詣 の俳句

恵方詣

例句を挙げる。

あたたかきことも恵方の道なれや 菖蒲あや あ や
あるがまま生く人生を恵方とす 苗代 碧
いと小さき凧のあがれる恵方道 岩城佳州
かはせみとなりて翔ちたる恵方かな 稲荷島人
こと~とまだ夜深きを恵方哉 竹冷句鈔 角田竹冷
これやこの恵方詣でに比叡晴るゝ 近藤浩一路 柿腸
しづしづと人ら歩める恵方かな 神尾久美子
しら波のはればれと寄す恵方かな 澤村昭代
せめぎ合ふ波の荒磯を恵方とす 中尾杏子
てらてらと沖かけて凪ぐ恵方道 荒井正隆
ひとすぢの道をあゆめる恵方かな 阿波野青畝
ひろびろと野にほとけ置き恵方なり 森川暁水
ふりむけば鹿もふりむく恵方かな 稲荷島人
ふるさとの山ある方を恵方とす 茂里正治
ぶらぶらと恵方ともなく歩きけり 高浜虚子
ますほ貝探す渚も恵方かな 北 きりの
めでたさや恵方詣の酔ひ戻り 水原秋桜子
ゆくほどに雪嶺囲ひや恵方道 森 澄雄
ゆたかなる川あれば足るわが恵方 辻田克巳
よく食べる鳩の福相恵方みち 毛塚静枝
わが恵方見ゆる限りの樹を入れて 鎌倉佐弓
わが道を闊歩す方を恵方とす 堀川旦州
サーフィンが見ゆる恵方の小松原 佐野美智
七塚の虎ケ塚こそ恵方かな 西本一都 景色
万歳のうしろ姿も恵方道 高浜虚子
仮に打つ釘もききけり恵方棚 萩原乙彦
伊吹嶺の茜恵方とおもふべし 佐川広治
傘に歯朶かゝりけり恵方棚 夕道
先づ恵方みの幸よろし稲荷山 上島鬼貫
入院の母訪ふ道を恵方とす 館岡沙緻
千年へ一歩踏み出す恵方道 高橋悦男
古地図に松のいろ濃き恵方道 赤尾恵以
嘴黒き鷺の田道も恵方かな 鳥居美智子
外れて踏む畦の青草恵方道 皆吉爽雨
夢ひとつかけし恵方の湖明り 高橋 淑子
大富士を恵方としたる道太し 加藤晴子
大橋を恵方へ渡り詣りけり 長谷川かな女
大粒の火の粉飛びゆく恵方かな 矢田邦子
大蓮田見ゆるところを恵方とす 九鬼あきゑ
大門の玉川をわが恵方とす 深川正一郎
大鳴門の渦百態の恵方かな つじ加代子
天つ日の行くおのづから恵方かな 大谷碧雲居
太陽に真向きて恵方道となる 菖蒲あや
寂寞といのちあかりに恵方かな 角川春樹
富士みゆる窓を恵方や庵の朝 井月の句集 井上井月
少年に一樹ふりむく恵方道 直江るみ子
展けゆく海を今年の恵方とす 阿部美恵子
山中の斧のひかりを恵方とす 佐川広治
山河みな茂吉の歌や恵方道 長谷川耿子
山辺の道を恵方ときめて来し 星野麥丘人
山風に買ふ矢真白き恵方かな 渡辺水巴
岬に住み恵方詣りも海を越す 松崎鉄之介
己れ決めし道を恵方と行くのみぞ 福田蓼汀
庵主や恵方に据ゑて置炬燵 河野静雲 閻魔
引つぱられながら犬曳く恵方道 黒田杏子 水の扉
御神火の椿の島を恵方とす 原田青児
恵方かな礁山に波立ちあがり 岡本まち子
恵方とて人のうしろに蹤くことも 後藤比奈夫 めんない千鳥
恵方とて山の祠の灯さるる つじ加代子
恵方とて海の上にも道を延べ 鷹羽狩行 月歩抄
恵方とはこの路をたゞ進むこと 高浜虚子
恵方とや一直線はおそろしく 太田保子
恵方とや樹影正しき靄の中 京極杜藻
恵方など知らず用ある方へ行く 藤田湘子
恵方なる一面の火の崖椿 井沢正江
恵方なる見え来て天塩峠の木 永田耕一郎 方途
恵方なる道へかんぬきはづしあり 由井艶子
恵方にてことりことりと母白寿 斉藤美規
恵方にはかかはりもなき初詣 岡安仁義
恵方へと向けて仮免練習車 松倉ゆずる
恵方への下駄にて渡る橋一つ 千田一路
恵方への道のはじまり雪怒濤 斎藤玄 雁道
恵方より来し鳥の眼の中にゐる 廣瀬直人
恵方より波のよせくる渚かな 江川風史
恵方より電話の祖母や癒えはじめ 橋本榮治 麦生
恵方より鴉啼き現はれにけり 加藤かけい
恵方嶺噴煙もまた雪白に 上田五千石
恵方棚今朝生みたての卵載せ 増田昌恵
恵方神多し日本の神多し 右城暮石 上下
恵方詣り大原までは行かぬなり 長谷川かな女 花寂び
恵方詣帰りは昼の月連れて 深見ゆき子
恵方道かたまつて世の人のこゑ 山上樹実雄
恵方道大岩土堤にあげしまま 飯田龍太
恵方道小さき木橋にはじまれり 新田祐久
恵方道故里人と話しつれ 富安風生
恵方道梅若塚に詣りけり 雑草 長谷川零餘子
恵方道狐の穴もほとりして 白岩 三郎
恵方道相模はうしほ満つる国 田中鬼骨
我が杖の赴くまゝに恵方みち 緒方句狂
我向ふ方を恵方と信じ行く 澤村 芳翠
戸隠の恵方ふるみち七曲り 西本一都
救命具あまた備へて恵方船 八染藍子
日々通ふ看取の道も恵方かな 橋本榮治 麦生
時じくの虹が行手に恵方みち 末次越泉
暁の恵方の天の男山 井上白文地
暁闇の迷ふことなき恵方道 成宮紫水
暗がりに堰の音ある恵方かな 広瀬直人
月山の霊験眩し恵方道 岩瀬木蘭
来るものはみなくれないに恵方道 宇多喜代子 象
枯数珠玉畦に奏でて恵方道 富安風生
枯桑のいつもの道を恵方とし 倉田 紘文
母の家へ向ふ即ち恵方道 肥田埜勝美
沖に佐渡見ゆるこの日を恵方とす 佐川広治
流れたる星の行く方を恵方とす 岡村光代
海上へ出てまつすぐに恵方道 高橋悦男
海峡の片側山や恵方船 稲田秋央
涸川を徒渉て恵方の観音堂 関森勝夫
淡水に潮の入り来る恵方かな 中原道夫
湖の上に恵方道あり弁財天 森澄雄
湿原の日矢射す方の恵方かな 斎藤青火
満潮に舟漕ぐ恵方詣かな 鬼頭青苑
滾々と水湧くところわが恵方 山岸 治子
火柱を恵方に倒しどんど果つ 小濃よし子
火燵出て恵方の人に交りけり 安井小洒
炉の上に隠倉ある恵方かな 古舘曹人 樹下石上
炭窯のけむりの青き恵方かな 千代田葛彦
牛飼は恵方を雪にとざされし 小黒 宏
甘藷の蔓かたよせてある恵方かな 佐野青陽人 天の川
男にはうすずみ色を恵方道 齋藤玄 『雁道』
白濤の高きを恵方道とせり 斎藤梅子
白雲のしづかに行きて恵方かな 村上鬼城
白髪の素袍めでたし恵方道 高田蝶衣
白鳳の野仏在はす恵方道 長谷川浪々子
白鷺の枯田にあそぶ恵方かな 安藤林蟲
百代の過客黄泉への恵方道 小出秋光
砂浜に人の影生む恵方みち 原裕 出雲
示されし恵方の道のあるばかり 小熊ときを
神がくれせる童を拾ふ恵方嶺 飯田蛇笏 椿花集
細道も恵方ときけば日影かな 長谷川春草
自転車で鳩分けてゆく恵方かな 飯島晴子(1921-2000)
若者の馬走らすや恵方道 青木月斗
荒磯の岩も祭りて恵方かな 朱人
葛飾に残る水田も恵方道 大網信行
藪中にあつまる径も恵方かな 岸風三樓
藪中の神厳かに恵方かな 野村喜舟 小石川
行く水にわれも従ふ恵方道 中村汀女
袖を出る乳子のこぶしと恵方行 平畑静塔
解かれたる犬が駈けゆく恵方道 青柳照葉
赤ん坊を抱いていでたる恵方かな 細川加賀 『玉虫』
足の向く村が我らの恵方かな 一茶
身ごもりし子の帰りゆく恵方かな 矢上万理江
身ひとつの素面素手なる恵方道 岡本 眸
連れ立ちて去りし目白の恵方かな 永峰久比古
遠く来て恵方の鳥の鳴きにけり 永田耕一郎
遮断機の撥ねて恵方へ道ひらく 飯島正人
金柑の食べ頃となる恵方かな 岸本尚毅 舜
銛の秀を飾りし海女の恵方棚 山崎羅春
閂の「一」の字開き恵方みち 平井さち子 鷹日和
閂を闇にさしこみ恵方へと 今関幸代
霞網破れてゐたる恵方径 茨木和生 遠つ川
靴の先濡らす恵方の渚かな 館岡沙緻
駅からの一本道が恵方道 塩川雄三
鮠串を弁慶にさす恵方かな 古舘曹人 樹下石上
鵜の一つ恵方迥かに浮き沈み 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
大蘇鉄とは大らかな恵方寺 高澤良一 暮津

恵方詣 補遺

いらつめのかけとあそべる恵方かな 日野草城
ここに焚く線香あれば恵方とも 星野麥丘人
じぐざぐに歩む渚を恵方とし 伊藤白潮
すぐ雪を降らす峰あり恵方道 村山故郷
ひとすぢの道をあゆめる恵方かな 阿波野青畝
ほのかにほのかに明くる恵方かな 日野草城
むらぐもの日輪はらむ恵方かな 上田五千石『琥珀』補遺
わが星のひたすら青む恵方道 佐藤鬼房
リハビリの杖にもありし恵方かな 百合山羽公 樂土以後
先づ恵方みの幸よろし稲荷山 上島鬼貫
冷泉を温泉と呼ぶ恵方村 阿波野青畝
刀匠の槌を打ちだす恵方かな 阿波野青畝
台杉に恵方のこゑの生れたる 岡井省二 夏炉
君が住む方を吾家の恵方哉 正岡子規 恵方
大恵方南へ南へ行く 高野素十
姉妹で奉公に来ぬ恵方道 星野立子
子供らのこゑのなかりし恵方かな 岸田稚魚 紅葉山
子供らの声が浜辺に恵方道 飯田龍太
定恵方浅茅が庵は月と花 野坡
寐具合や惠方に尻を向けて居る 正岡子規 恵方
小道すぐ隠れがちなる恵方かな 廣瀬直人
少々の土龍の土も恵方かな 飯島晴子
山辺の道を恵方ときめて来し 星野麥丘人
岬に住み恵方詣も海を越す 松崎鉄之介
嶺の果てへこころ漣なす恵方道 飯田龍太
嶺雲のまゆずみひいて恵方道 飯田龍太
川といふ阻みがありて恵方道 能村登四郎
御恵方は西とや西に地震おこる 桂信子 花影
恵方とて人のうしろに蹤くことも 後藤比奈夫
恵方とて海の上にも道を延べ 鷹羽狩行
恵方とや氷面に鳥の脚見ゆる 佐藤鬼房
恵方はと問はゞ年~よしの山 田川鳳朗
恵方へとひかりを帯びて鳥礫 佐藤鬼房
恵方への道のはじまり雪怒濤 斎藤玄 雁道
恵方よりシナトラ風の男かな 飯島晴子
恵方より戻りし人の夕ごころ 阿波野青畝
恵方より来し鳥の眼の中にゐる 廣瀬直人
恵方より風あり風の方へ行く 鷹羽狩行
恵方嶺噴煙もまた雪白に 上田五千石 森林
恵方神多し日本の神多し 右城暮石 上下
恵方道らしき往来となりにけり 清崎敏郎
恵方道大岩土手にあげしまま 飯田龍太
恵方道注連あるかぎりなほつづく 阿波野青畝
恵方道海見えてきて賑へり 大野林火 月魄集 距和五十七年
恵方道燈の白玉の夜明けつつ 飯田龍太
惠方向て行くや道々梅の花 正岡子規 恵方
愚妻愚孫恵方詣に行ってしまう 金子兜太
我恵方多し松しまいつくしま 高桑闌更
明鴉こぞつてわたる恵方かな 阿波野青畝
木曾殿の墓へ恵方をとりにけり 上田五千石『風景』補遺
村と村釣橋むすぶ恵方かな 阿波野青畝
母が居を恵方とし子等相集ふ 高浜年尾
浮浪児の面晒せる恵方かな 岸田稚魚 負け犬
溜塗の新車の馳せて恵方道 松崎鉄之介
炉の上に隠倉ある恵方かな 古舘曹人 樹下石上
男にはうすずみ色を恵方道 斎藤玄 雁道
町川に鴨かたまつて恵方かな 岸田稚魚 紅葉山
白雲の静かに行きて恵方かな 村上鬼城
盗人の暦見て出る惠方かな 正岡子規 恵方
目をやれば惠方にたてりふしの山 正岡子規 恵方
神がくれせる童を拾ふ恵方嶺 飯田蛇笏 椿花集
竹林のその竹寺や恵方道 村山故郷
笹鳴やなかの強ハ音を恵方とし 飴山實 句集外
籠り居のわれに恵方の無き如し 高浜年尾
自転車で鳩分けてゆく恵方かな 飯島晴子
蜑か家の惠方は廣し大日の出 正岡子規 恵方
赫々と日の射す方を恵方とす 能村登四郎
路傍のはやらぬ神も恵方哉 尾崎放哉 大学時代
身の左右に巨木蠢く恵方道 飯田龍太
身ひとつの素面素手なる恵方道 岡本眸
追ひ越されゆくにまかせて恵方かな 鷹羽狩行
金輪際原爆ドーム恵方なし 平畑静塔
雪の山が空に輝く恵方かな 右城暮石 句集外 昭和二年
雪降りて色となりゆく恵方道 斎藤玄 狩眼
鮠串を弁慶にさす恵方かな 古舘曹人 樹下石上
鶯の惠方を向て鳴にけり 正岡子規 恵方

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:32 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

七福神詣 の俳句


七福神詣 の俳句

七福神詣

例句を挙げる。

いくたびも乗り継ぐ岬の福詣 五十島典子
一草も踏まず七福詣かな 上田五千石
七福神詣でなかばに桜餅 前田鶴子
七福神詣での姉と浅草に 松崎鉄之介
七福神詣での茶湯を賜ひけり 磯貝碧蹄館
七福神詣での蕎麦を啜りけり 星野麥丘人
七福神詣の一歩雪踏んで 能村登四郎
七福神詣り納めは布袋さん 田畑三千女
七福神詣妻子を急がせて 安住敦
七福神詣衿巻深くして 小堺まさみ
七福詣して来て風邪を授かりぬ 富安風生
七福詣で三神にして舂きぬ 青木重行
三囲を抜けて福神詣かな 高浜虚子
不忍の鴨見て七福詣終ゆ 成瀬櫻桃子
墨東に団子買ひ得し福詣 潮 田津子
墨汁のごとき川見て福詣 福永耕二
女ばかりバス降りて来し福詣 杉崎月香
川沿ひに江戸の名残りの福詣 神谷編集子
木版の朱を重ねたる福詣 如月真菜
毘沙門で福神詣終りけり 加藤とく
海猫翔くる言問橋を福詣 芳賀はな子
潮退きし磯を道とし福詣 中戸川朝人 尋声
福神詣をんなはいつも袋持ち 鍵和田[ゆう]子 浮標
福詣で一寺に二福得てたのし 大橋宵火
福詣めぐり来し杖ぬぐひけり 坂本朱槿
福詣一福神は市場裏 富田直治
福詣傘構へたる坂かがり 岸田稚魚
福詣墨堤暮れてしまひけり 喜多みき子
福詣帰路にも渡る隅田川 川崎妙子
船とがり福神詣あたゝかく 丹治蕪人
藷焼ける五分が待てず福詣 中戸川朝人
言問にひと息入るる福詣 前田鶴子
言問に筏ながるる福詣 宮川貴子
言問の風に七福詣かな 上田智恵子
路地奥の海つと展け福詣 中村幸代
近道は干潟づたひや福詣 手島靖一
道違へ思はぬ一つ福詣 鳥越すみこ
風つよき磯を伝ひて福詣 長谷川浪々子
風邪鼻の赤きも加へ福詣 宮岡計次
七福神めぐり了んぬ日和得て 水原秋櫻子
七福神めぐり詣でて日暮れけり 藤松遊子
七福神巡る舟つく入江あり 長谷川久代
七福神巡りのバスが停まる寺 高澤良一 寒暑

七福神詣 補遺

七福の一福神は鶴を飼ふ 山口青邨
七福神めぐり了んぬ日和得て 水原秋櫻子 蘆雁
七福神見すごし戻り拝みけり 水原秋櫻子 晩華
七福神詣での姉と浅草に 松崎鉄之介
七福神詣での蕎麦を啜りけり 弟子 星野麥丘人
七福神詣なかばの川に会ふ 能村登四郎
七福神詣のここは茶の咲きて 清崎敏郎
七福神詣の畦をゆづりあひ 鷹羽狩行
七福神詣妻子を急がせて 安住敦
七福神詣路或は溝に沿ひ 水原秋櫻子 晩華
七福詣老労るに憚るな 安住敦
受けて来し七福神や置き並べ 松本たかし
校庭を斜に七福神詣 鷹羽狩行
毘沙門で別れし連れや福詣 能村登四郎
福詣毘沙門すこし遠かりし 能村登四郎

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:28 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

年賀 の俳句

年賀 の俳句

年賀

例句を挙げる。

ふるさとの子等に銭やる年賀かな 吉武月二郎句集
ロボットの握手うながす年賀かな 赤尾恵以
不精にて年賀を略す他意あらず 高浜虚子(1874-1959)
主家の紋背に負ひ出づる年賀かな 大橋櫻坡子
久々にはるばるに来て年賀かな 広江八重桜
亡き人へ年賀の筆をあやまりて 川畑火川
会長の役まだ残る年賀かな 松尾みち子
先生の墓に年賀を申しけり 成瀬正とし 星月夜
各々の年を取りたる年賀n 高浜虚子
土地言葉やゝ耳馴れし年賀かな 矢津典子
子等残し来て日暮れたる年賀かな 杉田久女
崖より見る年賀に行つて来し家々 橋本美代子
年賀してすぐ猟犬と山に入る 百合山羽公
年賀とや見舞とやいひ訪ひにけり 黒川悦子
年賀のぶ心控え目なることも 稲畑汀子
年賀のべ駅長汽車を発たしたる 原 育子
年賀の子小犬もらつて戻りけり 嶋本波夜
年賀の座日向ぼこりを賜りし 岸田稚魚
年賀の雪降りきてかゝる吾が眼鏡 藤後左右
年賀やめて小さくなりて籠りをり 加藤楸邨(1905-93)
年賀よりまづ他のこと申しけり 今井千鶴子
年賀書き終へて再び筆不精 稲畑汀子
年賀言ふ人のうしろを掃いてゐる 加倉井秋を 『胡桃』
廻り道して富士を見る年賀かな 平之助
役者あきらめし人よりの年賀かな 中村伸郎
扇屋の女中頭の年賀かな(王子に江戸時代よりの老舗あり) 岸田稚魚 『萩供養』
折しもの雪を睫毛に年賀のぶ 山田諒子
旧藩主へ年賀のほとりひそけかりし 草田男 (回想の新春)
本裁に揚げたつぷりと年賀の子 田中英子
次の間に碁の用意ある年賀かな 竹本白飛
武蔵野の芋さげてゆく年賀かな 青陽人
深川のたかばしとほき年賀かな 久保田万太郎 草の丈
片言の孫の年賀をうけにけり 林鰌児
玄関の梟の額にまづ年賀 加藤楸邨
畑をめぐりて菊枯るゝ戸に年賀かな 大谷句佛 我は我
白鷺の舞ひ降りて来し年賀かな 稲畑汀子
禅寺や年賀の魚板鳴るぞ佳き 殿村菟絲子 『菟絲』
窯焚きの古袴して年賀かな 百田一渓
端正に年賀うけつゝ老母かな 小澤碧童 碧童句集
蘭の香の温室にまはりて年賀かな 大熊輝一 土の香
衣裳著て楽屋の中の年賀かな 坂東みの介
親方となりたる年賀受けにけり 橋場もとき
赴任地は異国と告げし子の年賀 山田弘子 こぶし坂
輝ける眉毛へ年賀申しけり 野村親二
遠方の年賀残りて今日も雪 渡辺水巴
雑木林年賀一言笛となる 寒々
雪嶺をひた負ひ年賀配達夫 横道秀川
風邪の子を残して年賀挨拶に 稲畑汀子
風邪ひきの遅き年賀の落ちあふも 篠田悌二郎 風雪前
回礼や村内ながら雪の坂 松根東洋城
年礼に少しの野路の気晴れたり 子東
年礼に来し木匠の木の香する 誓子
年礼の乱に終りし袴かな 尾崎紅葉
年礼の名刺数ふる燈下かな 関可粛
年礼の思ふ半ばを日暮れたり 九寸児
年礼の袴もと寒き戸口哉 竹冷句鈔 角田竹冷
年礼の鞍馬村長戻り来る 五十嵐播水 播水句集
年礼やいたく老ぬる人の妻 高浜虚子
年礼やアルメニヤンと垣へだて 保田白帆子
年礼や律儀に頭さげてをり 清水静子
年礼や心おぼえの古きみち 高橋淡路女 梶の葉
年礼や日暮れて来たる酔李白 文屋菱花
年礼や畑どなり冬木松五郎 龍岡晋
落語家になると言ふ人初礼者 吉井勇
遺児として逞しく生ひ年礼に 柏原絢
医の友の年祝ぐうたげ行かざらむ 水原秋桜子
年祝ぎの波白砂に敷きのべて 津田清子
年祝ぎの醫の友寄りてすぐ別る 下村ひろし 西陲集
年祝ぐや肉ゆたかなる妻の耳 千代田葛彦 旅人木
年祝ふ家族の増ゆることもなく 山口波津女 良人
曙や年祝ぎのこゑ鴎より 澄雄
漁夫たちの年祝ぐ宴時化の夜を 大島民郎
若人らどかどかと来て年祝ぐも 林火
連なりて病者年祝ぐ歌はなし 波郷
隠れ耶蘇まづ年祝ぎの十字切る 加藤春彦
年賀用生菓子鶴亀しっとりと 高澤良一 石鏡

年賀 補遺

あそび妓火桶かこみて礼者受 後藤夜半 翠黛
あな醜の脂粉めでたき女礼者 飯田蛇笏 山廬集
いとま乞ふ間のむつかしき年始かな 鷹羽狩行
きらきらと島へ手漕ぎの年始舟 雨滴集 星野麥丘人
すぐ帰る若き賀客を惜しみけり 能村登四郎
するめまた焼き足す夜の年賀客 鷹羽狩行
その頃マントの礼者で 亡父は 亡祖父は 伊丹三樹彦
それとなく二月礼者の著道楽 後藤夜半 底紅
ちゝはゝの家に賀客となりて酔ふ 日野草城
はるばると慕ひ来りし賀客かな 松本たかし
みちのくの馬どころより年始状 阿波野青畝
ハンセン氏病の島より年賀来し 平畑静塔
ファッションを噂に二月礼者かな 阿波野青畝
一の矢は富士を目かけて年始 正岡子規 弓始
一門の女礼者や屋にあふれ 石田波郷
万両のさはに賀客の句ごころに 山口青邨
万両のむらがり赤し賀客庭に 山口青邨
万年青の実赤し賀客の一人立つ 山口青邨
二人目の女礼者の子の手ひき 後藤夜半 底紅
仔細あつて賀客を謝せば喪の如し 安住敦
元日のうるはしかりし賀客なし 松本たかし
元旦の賀客即ち見舞客 石塚友二 玉縄以後
友につれて知らぬ禮者の來りけり 正岡子規 礼者
呂律ややあやし賀客といふべかり 後藤比奈夫
回礼の僧の戻りて辞しにけり 松崎鉄之介
夏柑垂る賀客たはむれお手玉に 山口青邨
夏柑累々賀客の頭上草の宿 山口青邨
外来の吾にキャディが年賀言ふ 山口誓子
夜の女礼者のあとにまた女 鷹羽狩行
天皇の年賀いつもの右手あげ 鷹羽狩行
女弟子女礼者として見ゆ 後藤夜半 底紅
女礼者つづいて来たり二日かな 森澄雄
子供まづ走り込み来て年賀客 深見けん二
寒屋にひそみて居れど礼者くる 百合山羽公 寒雁
寝正月賀客のベルのまた響く 日野草城
居ることの妙なる女礼者かな 藤田湘子 てんてん
嶺北の小学校の年賀式 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
師の許が唯一の年賀坂を越ゆ 松崎鉄之介
年寄りて目出度き女礼者かな 星野立子
年礼に来し木匠の木の香する 山口誓子
年礼の過ぎぬ正月四日なり 正岡子規 正月
年礼や眉ゑがきたる八代目 内藤鳴雪
年禮や鳴翁住める眞砂町 正岡子規 年礼
年終も年始もなべて淡々し 相生垣瓜人 負暄
年賀やめて小さくなりて籠りをり 加藤秋邨
年賀受け年賀状受け籠りをり 松本たかし
年賀客しばらく猫を抱きにけり 石橋秀野
年賀式軍帽たたきたる霰 伊丹三樹彦
御目見へや朝日とふとき年始 知足
扇屋の女中頭の年賀かな 岸田稚魚
手土産も軽げに二月礼者かな 高浜年尾
手草履はいかで礼者のきくの華 挙白
打ちつれて夜の年賀や婿娘 内藤鳴雪
旧正を二月礼者として来り 高浜年尾
杖をとりまゐらす女礼者かな 後藤夜半 底紅
松すぎのなほ賀客とし田舎より 高浜年尾
松過ぎの賀客よカジユアルウェアー褒め 林翔
枝のべて賀客にふるる門の松 山口青邨
枯葎一つを存す賀客立ち 山口青邨
枳の門より二月礼者かな 星野麥丘人
柑園に雪ふる温泉の年始 飯田蛇笏 霊芝
梅いけて禮者ことわる病かな 正岡子規 礼者
梅さげて來る禮者や七日過 正岡子規 礼者
梅万奮賀客万来草の宿 山口青邨
梟の胴長なりし年賀かな 岡井省二 鯛の鯛
棟梁の青髯匂ふ年賀かな 村山故郷
深大寺蕎麦を啜りて年賀かな 燕雀 星野麥丘人
犬猿の仲の二人の年賀客 鷹羽狩行
猫と居る庭あたたかし賀客来る 松本たかし
玄関の梟の額にまづ年賀 加藤秋邨
玻瑠戸透く陽は飴色や女礼者 楠本憲吉 楠本憲吉集
畦づたひ径づたひに礼者かな 石川桂郎 四温
病床をめぐる五人の禮者かな 正岡子規 礼者
病牀を圍む禮者や五六人 正岡子規 礼者
直言も残して若き年賀客 能村登四郎
矍鑠と閣下の髭の濃き年賀 伊丹三樹彦
石油ストーブつぶやく隙や年賀述ぶ 角川源義
礼者にはあらず女の見舞客 後藤夜半 底紅
礼者女人群れてにはかの蝶花園 上田五千石『天路』補遺
祝ふより別の事なき年始かな 一笑(津島)
禮者わたる錦帶橋の夜明哉 正岡子規 礼者
精神科年賀云ふもの云はぬもの 平畑静塔
約束の時間正しく賀客来る 星野立子
苗床の紅粉花の二葉に賀客立つ 山口青邨
茨はいつもいたづら賀客の袖をひき 山口青邨
藪蔭より出で来し女礼者かな 村山故郷
蜜柑山より下りきたる礼者かな 石田勝彦 秋興
複製の仏と奈良の賀客くる 百合山羽公 寒雁
賀客なく雪ふりつもる山家めき 山口青邨
賀客万来ほのめく曙といふ椿 山口青邨
賀客来て猪の振舞かたりけり 水原秋櫻子 緑雲
輪かざりに標札探る禮者かな 正岡子規 礼者
金屏に銀髪これぞ年賀なる 林翔
鎌倉の松の緑に賀客かな 星野立子
門の松ふりかぶり賀客蹣跚と 山口青邨
門の松横斜国旗ひらひら賀客稀 山口青邨
門禮や草の庵にも隣あり 正岡子規 礼者
雪掻けば直ちに見ゆる礼者かな 前田普羅 普羅句集
靴大き若き賀客の来て居たり 能村登四郎
飲過た礼者のつらへ余寒哉 黒柳召波
髻を女房に結はせ年賀かな 村上鬼城
鵯の喋々しかる年賀かな 相生垣瓜人 負暄
黄味ずしや余りあでかに賀客たち 楠本憲吉 孤客

【参考】

年賀客

例句を挙げる。

あつけらかんと襁褓を替ふる賀客かな 嶋田麻紀
かぶら鮓食うべ即ち賀客たり 高濱年尾 年尾句集
すぐ帰る若き賀客を惜しみけり 能村登四郎(1911-2002)
よき道の日南へ出でし賀客かな 麦人
一布衣にとりとめもなく賀客あり 西本一都 景色
二タ月の嬰児賀客として迎ふ 伊藤いと子
南縁の日に迎へたる賀客かな 室積徂春
喪にありて賀客来らず梅白し 大庭三巴
声かけて猫も賀客に加えけり 佐藤佳郷
大風の畦より賀客むかへけり 市村究一郎
天龍寺賀客の沓の二つ三つ 五十嵐播水 播水句集
子供まづ走り込み来て年賀客 深見けん二
山住みに賀客もあらず懸巣とぶ 有働 亨
山里へはる~ありし賀客かな 高橋淡路女 梶の葉
干布団してある椽に賀客かな たかし
年賀客として旋盤の間とおる 田川飛旅子 花文字
年賀客謡の中へ通しけり 野村喜舟 小石川
御師の家に神酒を提げし賀客かな 堀 古蝶
慣ひなる第一番の賀客かな 高浜年尾
日暮れたる女賀客に灯しけり 池内たけし
星月夜鎌倉山に年賀客 高浜虚子
書屋まで庭石伝ひ賀客来る 物種鴻両
母人に賀客のひまの置炬燵 寸七翁
浅草の燈を抜けて来し年賀客 角川春樹
父のせしごとく賀客をもてなしぬ 山口いさを
猫と居る庭あたたかし賀客来る 松本たかし
玄関の清浄として賀客なく 島村茂雄
羽織だけ著替へ賀客を迎へけり 星野立子
複製の仏と奈良の賀客くる 百合山羽公 寒雁
賀客ともなり句会へとなりゐたり 坊城中子
賀客なく雪ふりつもる山家めき 青邨
賀客去り忘れ玩具が歩き出す 中村明子
走りくる孫一番の賀客なり 菅原静風子
長靴のつつ立つ賀客日がなあり 赤松[けい]子 白毫
靴大き若き賀客の来て居たり 能村登四郎
あつけらかんと襁褓を替ふる賀客かな 嶋田麻紀
かぶら鮓食うべ即ち賀客たり 高濱年尾 年尾句集
すぐ帰る若き賀客を惜しみけり 能村登四郎(1911-2002)
よき道の日南へ出でし賀客かな 麦人
一布衣にとりとめもなく賀客あり 西本一都 景色
二タ月の嬰児賀客として迎ふ 伊藤いと子
南縁の日に迎へたる賀客かな 室積徂春
喪にありて賀客来らず梅白し 大庭三巴
声かけて猫も賀客に加えけり 佐藤佳郷
大風の畦より賀客むかへけり 市村究一郎
天龍寺賀客の沓の二つ三つ 五十嵐播水 播水句集
子供まづ走り込み来て年賀客 深見けん二
山住みに賀客もあらず懸巣とぶ 有働 亨
山里へはる~ありし賀客かな 高橋淡路女 梶の葉
干布団してある椽に賀客かな たかし
年賀客として旋盤の間とおる 田川飛旅子 花文字
年賀客謡の中へ通しけり 野村喜舟 小石川
御師の家に神酒を提げし賀客かな 堀 古蝶
慣ひなる第一番の賀客かな 高浜年尾
日暮れたる女賀客に灯しけり 池内たけし
星月夜鎌倉山に年賀客 高浜虚子
書屋まで庭石伝ひ賀客来る 物種鴻両
母人に賀客のひまの置炬燵 寸七翁
浅草の燈を抜けて来し年賀客 角川春樹
父のせしごとく賀客をもてなしぬ 山口いさを
猫と居る庭あたたかし賀客来る 松本たかし
玄関の清浄として賀客なく 島村茂雄
羽織だけ著替へ賀客を迎へけり 星野立子
複製の仏と奈良の賀客くる 百合山羽公 寒雁
賀客ともなり句会へとなりゐたり 坊城中子
賀客なく雪ふりつもる山家めき 青邨
賀客去り忘れ玩具が歩き出す 中村明子
走りくる孫一番の賀客なり 菅原静風子
長靴のつつ立つ賀客日がなあり 赤松[けい]子 白毫
靴大き若き賀客の来て居たり 能村登四郎
ややありて女のこゑや門礼者 岸田稚魚
門礼や一社の禰宜の打ち揃ひ 富岡九江
門礼や処々の梅花を拝し去る 尾崎紅葉
門礼や草の庵にも隣あり 正岡子規
いらへなき礼者の前の障子かな 温亭句集 篠原温亭
ひそと来てひそと去りたる礼者かな 久保田万太郎
一棟は粟稈葺けり礼者来る 滝井孝作
不忍の水鳥を見る礼者かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
人麿の歌知つてをる礼者かな 加藤三七子
元日の礼者絶えたる吹雪かな 今成無事庵
地下道の蜘蛛手に礼者うろうろと 山本歩禅
寒屋にひそみて居れど礼者くる 百合山羽公 寒雁
山の戸に立つ中元の礼者かな 広江八重桜
御陵いま豊旗雲の礼者かな 猪股洋子
慇懃にいと古風なる礼者かな 高浜虚子
松ケ根の雪踏み去ぬる礼者かな 木歩
根岸庵主なくて礼者遊びけり 碧梧桐
樅の木をくぐる正月礼者かな 前田法比古
玄関で足袋はき替へし礼者かな 大場白水郎 散木集
畦づたひ径づたひに礼者かな 石川桂郎 四温
病牀を囲む礼者や五六人 正岡子規
礼者まづ茶畑づたひ隣家より 岩城のり子
礼者らへ雪の栗駒裾曳けり 皆川白陀
礼者来る落葉松に雨降りそそぎ 出光牽牛星
礼者迎へ衝立の虎躍り出づ 宮下翠舟
細道を礼者来ませり椎が木 妻木 松瀬青々
羽子板のうれしくあたる礼者哉 知辰
落語家になると言ふ人初礼者 吉井勇
蜜柑山より下りきたる礼者かな 石田勝彦 秋興
鈴の音して玄関に礼者かな 豊長みのる
雪掻けば直ちに見ゆる礼者かな 普羅
風花に礼者のかざす扇かな 村上鬼城
飲み過た礼者の面へ余寒かな 召波
鱒囲ふ水にかがやき礼者来る 本橋 仁
鶯や裏からはいる礼者あり 万翁
鹿遊ぶ干潟をよぎりくる礼者 向野楠葉

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:23 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

御慶 の俳句

御慶 の俳句

御慶

例句を挙げる。

かつしかや川むかふから御慶いふ 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
この春を御慶もいはで雪多し 夏目漱石 明治三十一年
どつと来てどつと立ち去る御慶かな 山田みづえ
のみてうなごんすみかね御慶かな 龍岡晋
みづうみの水を負ひたる御慶かな 大石悦子 百花
むく起〔の〕小便ながら御慶哉 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
もう母に頼れぬ御慶申しけり 鈴木栄子
ブラウンが御慶にありく雑居かな 会津八一
ベランダに御慶の雀来てをりぬ 鈴木久仁江
丁寧に妻に御慶を申しけり 浦野芳南
三条の橋を越えたる御慶かな 許六
上野より根岸に下りて御慶かな 坂本四方太
不相変と申すのみなる御慶かな 尾崎紅葉
二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉
児の御慶雑煮の湯気に顔据ゑて 鳥居おさむ
分別の齢の御慶なめらかに 上西左兌子
加賀弁のなめらかなりし御慶かな 井上雪
南無弓矢八幡殿に御慶かな 夏目漱石 明治三十二年
同役の御慶うれしや五人扶持 会津八一
味気なきたるみ俳句の御慶かな 加藤郁乎
多聞寺の屋根の狸に御慶かな 野村喜舟 小石川
大あたま御慶と来けり初日影 巣兆
大原女八瀬男に御慶申すべく 高浜虚子
大声や御慶申すと壁隣 川村烏黒
大雪の国を出で来し御慶かな 近藤浩一路 柿腸
威儀の沙弥一文字に坐し御慶かな 獅子谷如是
小声にて御慶交すや親しげに 立子
尾袋の時めく騎馬の御慶かな 安斎桜[カイ]子
幕開けて御慶を申す人形かな 川田十雨
年下の兄嫁よりの御慶かな 橋本榮治 逆旅
彼のそば彼女ゐる筈御慶のぶ 森田峠
御慶とて身を逆しまに軒雀 鷹羽狩行
御慶ながくきやうだいはもう他人なりし 純夫
御慶のぶときのしぐさとなつてゐし 稲畑汀子
御慶のぶ互ひに老いしこと不言 小原うめ女
御慶受くふたりのわれの一人より 角川春樹
御慶申す人に逢ひけり花の中 尾崎紅葉
御慶申す手にいた~し按摩膏 村上鬼城
懐の犬の吠えだす御慶かな 佐田 栲
掛乞た顔とも見えず御慶哉 栗翁
敗戦や御慶交すも口の内 石塚友二
新春の御慶はふるき言葉かな 宗因
東海道馬上の人の御慶かな 乙字俳句集 大須賀乙字
桃賜(たば)り斜めならざる御慶(およろこび) 筑紫磐井 婆伽梵
梅提げて新年の御慶申しけり 正岡子規
橋の上の御慶もつともはなやかに 南北
歌舞伎座の廊下にながき御慶かな 喜多みき子
歩み寄りさらりと御慶言ひ交し 今井つる女
気に食はぬ人も御慶にお出かな 尾崎紅葉
炭塵によごれしまゝの御慶かな 森山 抱石
父亡くて父似の兄へ御慶かな 大橋麻沙子
甃長々と来る御慶かな 野村喜舟 小石川
田の神に御慶の狐通りけり 邊見京子
畝道を来たりて御慶申しけり 山本洋子
眉張りて鎌倉夫人御慶かな 正雄
祝福のことば御慶に先んじし 山田弘子 こぶし坂
絵馬を買ふ列のなかなる御慶かな 清之介
美しきことのはじめの御慶かな 前田野生子
老妻を見舞ひ御慶を交しけり 鈴木洋々子
花時計めぐりて御慶申上ぐ 山本 幸代
虹の石には手を浸けて御慶かな 後藤比奈夫 めんない千鳥
補聴器の紐頬に垂りつ御慶かな 八木林之介 青霞集
西郷どんにも御慶して旅はじめ 大橋敦子 勾 玉以後
言ひ交はす御慶学校始かな 細木芒角星
逢うて御慶日の丸疎らなる町に 栗生純夫 科野路
野良猫の三毛にこやかに来て御慶 後藤比奈夫 めんない千鳥
長幼の言葉正しく御慶かな 高浜虚子
長松が親の名で来る御慶かな 野坡
集りの吾が役重し御慶のぶ 高木晴子
雪卸し助けて御慶申しけり 黒田桜の園
風邪声を詫びて御慶の電話かな 角川照子
飾り井の竹の切口御慶かな 伊藤敬子
馬連れて御慶に来たる馬卒哉 渋川玄耳 渋川玄耳句集
驢車駆りて博士の子等の御慶かな 四明句集 中川四明
高濱家膳の多さぞ御慶なる 筑紫磐井 花鳥諷詠
鶲来て嘴鳴らす御慶かな 目黒十一
恐竜的存在として賀詞述ぶる 高澤良一 ぱらりとせ

御慶 補遺

かぶりもの脱いでキャディーの御慶かな 鷹羽狩行
かんざしのひと揺れのあと御慶かな 鷹羽狩行
つつしみて御慶を申し閼伽そそぐ 山口青邨
とうとうたらりと春の賀詞かな 能村登四郎
まづ御慶さきがけ咲ける太郎冠者 山口青邨
ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝
ドアノックして改めて御慶述ぶ 星野立子
一言の御慶に余韻のこりたる 後藤比奈夫
乳母が子の袴著て來る御慶哉 正岡子規 御慶
唐人の日本語つかふ御慶かな 正岡子規 御慶
土佐人の紙布を著て來る御慶哉 正岡子規 御慶
寧楽人がねんごろに申す御慶かな 村山故郷
小田原城天にそびえて御慶かな 村山故郷
年々や御慶の言葉かはりけり 正岡子規 御慶
御三家が揃つて来たる御慶かな 村山故郷
御慶とて身を逆しまに軒雀 鷹羽狩行
御慶のぶまづ一対二一対五 後藤比奈夫
御慶また久闊を叙し得たりけり 高浜年尾
御慶無き汝が悲しみに触れまじく 稲畑汀子
御慶申す加賀のなまりや加賀屋敷 正岡子規 御慶
御慶申す手にいた~し按摩膏 村上鬼城
御慶述ぶ口上めきて面白し 星野立子
御慶述べ思ひ出したること伝へ 星野立子
敗戦や御慶交すも口の中 石塚友二 磯風
朝比奈も同じ事いふ御慶哉 正岡子規 御慶
梅さげて新年の御慶申けり 正岡子規 御慶
活版の名剌ほりこむ御慶哉 正岡子規 御慶
空の紺なるを讃へて御慶かな 鷹羽狩行
笹子来て御慶訥々草の宿 山口青邨
米寿杖リハビリ杖と御慶かな 百合山羽公 樂土以後
練馬野の大根首出し御慶かな 村山故郷
脱帽し 御慶し ぼくらの世代風化 伊丹三樹彦
蕗の薹袋より出す御慶かな 細見綾子
藤六が平六具して御慶かな 内藤鳴雪
虹の石には手を浸けて御慶かな 後藤比奈夫
賀詞はや少女孫の盛装柄に満ち 楠本憲吉 方壺集
足枷と杖とそろへる御慶かな 百合山羽公 樂土以後
遊覧機盆地に御慶降らしけり 松崎鉄之介
道に会ふ妓の御慶とて晴れがまし 高浜年尾
里人と川をへだてし御慶かな 鷹羽狩行
野良猫の三毛にこやかに来て御慶 後藤比奈夫
金魚は旧知*あぎとひをもて御慶のぶ 富安風生
長岡へ申し参らす御慶かな 村山故郷
陶の狸御慶を申す寝正月 山口青邨
隣から御慶の聲の霞けり 正岡子規 御慶
鶯の宿に投げこむ名札かな 正岡子規 御慶

御慶 続補遺

うなづいてはりこの虎も御慶哉 桜井梅室
かつしかや川むかふから御慶いふ 一茶 七番日記
から鮭のゑぞは古手で御慶哉 許六
はしどつて物くふものは御慶哉 知足
三日月も御慶なりけり墨田河 蕉雨 俳諧道中双六
三条のはしを越たる御慶かな 許六
入歯した皃見ちがへる御慶かな 桜井梅室
古さとは同じ声なる御慶哉 成田蒼虬
地雪踏の音に出らるゝ御慶哉 桃先
大あたま御慶と来けり初日影 巣兆 曾波可里
大勢の入替りたる御慶かな 路健
我宿は御慶の枝のつたひけり 木因
我皃に御慶申さん初かゞみ 梢風尼
早々と雀の告る御慶かな 抱一 軽挙観句藻
松かぜの間々に御慶かな 木因
湯屋の霞人見おろして御慶かな 桜井梅室
片肌と欅と井戸の御慶かな 米翁 染井山荘発句藻
身の佗を出たちて見する御慶哉 怒風
連の名もひとりでいふて御慶哉 田川鳳朗
長松が親の名で来る御慶かな 志太野坡
鰒に来し顔を洗うて御慶かな 道彦 蔦本集
鰒に来し顔を洗ふて御慶哉 鈴木道彦

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:12 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

年玉 の俳句

年玉 の俳句

年玉

例句を挙げる。

お使ひの口上上手お年玉 星野立子
お年玉ちらと見くらべ姉いもと きりを
お年玉使走りの小娘に 池内たけし
お年玉大きくはづみ酔ひにけり 三宅 句生
お年玉大尽と街闊歩せり 高澤良一 ももすずめ
お年玉母の喪に読みこもる子よ 中村路子
お年玉目当の子等と気附くまで 楓巌濤
お年玉船箪笥より取りいだす 林佑子
かへらうといふ子にお年玉何を 占魚
もう誰も来ぬ年玉を包みをり 後藤比奈夫 めんない千鳥
一重瞼二重瞼へお年玉 大澤ひろし
不惑なほ母から貰ふお年玉 鎌田真弘
商ふを嘉し年玉旅びとに 下田稔
堀佳代に若葉句帖をお年玉 西本一都 景色
太郎月の太郎のお年玉いちふらん 阿部完市 純白諸事
姑の小包お年玉毛糸玉 黒田杏子 花下草上
子が呉れし年玉なればしまひおく 関戸靖子
山寺や高々つみてお年玉 飯田蛇笏
年玉に傾城の香のうつりけり 青々
年玉に梅折る小野の翁かな 言水
年玉に添へしすみれの匂ひけり 幕内 千恵
年玉のかざしの鶴の挿せば舞ふ 森川暁水
年玉のかず~に灯や枕元 露月句集 石井露月
年玉のまこと品よく小さなる 星野立子
年玉の化けてつまらぬものばかり 中原道夫
年玉の十にあまりし手毬かな 高浜虚子
年玉の手拭の染メ匂ひけり 久保田万太郎 流寓抄
年玉の数に加えん春の雪 水田正秀
年玉の水引うつる板間かな 虚子
年玉の熨斗をえらぶや盆の上 増田龍雨 龍雨句集
年玉の真鱈とどきぬ雪を噛み 嫦蛾朗
年玉の袋のミッキーマウスかな 嶺治雄
年玉の襟一トかけや袂より 久保田万太郎
年玉の重き串柿遅く着く 羽公
年玉の鮭の巻藁薄みどり うせつ
年玉も必要経費帳始 杉山芳之助
年玉やかち~山の本一ッ 妻木 松瀬青々
年玉やにくまれ年の七ツ八ツ 湯室月村
年玉やものものしくも紙二帖 尾崎紅葉
年玉や利ぬくすりの医三代 炭 太祇 太祇句選
年玉や半紙手拭がさ~と 野村喜舟 小石川
年玉や古く悲しき親の恩 高橋 睦郎
年玉や村の聖の通ひ弟子 辻瓢六
年玉や水引かけて山の芋 鬼城
年玉や父の世よりの女弟子 幸喜美
年玉や父の白髪見にゆかむ 鈴木太郎
年玉や目笊なげこむ魚売 梓月
年玉や絖々として伊勢木綿 大石悦子
年玉や貝に納めし豆人形 島道素石
年玉をいただいてより迷い箸 田辺花
年玉をとりためらふもあはれなり 比良暮雪
年玉をならべておくや枕許 正岡子規
年玉を並べて置くや枕元 正岡子規
年玉を呉れたりしこと罪せしむ 岡本圭岳
年玉を天窓(あたま)におくやちひさい子 一 茶
年玉を妻に包まうかと思ふ 後藤比奈夫(1917-)
年玉を孫に貰ひて驚けり 相生垣瓜人
年玉を宿のわらべに老遍路 壺井久子
年玉を美しき子におくりけり 楠目橙黄子 橙圃
年玉袋男の子女の子と色違へ 角川照子
抱けば足る年玉のまだ要らぬ子は 松倉ゆずる
提げてゆく七草籠やお年玉 高橋淡路女 梶の葉
明けましておめでたく出るお年玉 軸丸 光義
望みゐし扇子役へ年玉に 片岡我当
棲み古りてふたり年玉交しけり 黒田杏子 花下草上
楪葉にこは年玉の霰かな 古白遺稿 藤野古白
橋賃に添へ橋番へお年玉 佐塚半三
母よりの年玉を子に見られけり 藤野 力
浪人の子に特別のお年玉 大塚とめ子
爺ちやんにもらふ皺くちやお年玉 木田千女
糞とりの年玉寒し洗ひ蕪 許六
老衲に鰤一本の御年玉 森永杉洞
鞠のごと弾み来し子にお年玉 轡田 進
黒く大きな祖父のポケットお年玉 鈴木やす江

年玉 補遺

お使ひの口上上手お年玉 星野立子
お年玉それの不平が面白し 阿波野青畝
お年玉妾に出せる娘より 日野草城
かへらうといふ子にお年玉何を 上村占魚
もう誰も来ぬ年玉を包みをり 後藤比奈夫
年玉として多摩よりの冬菫 後藤比奈夫
年玉に上の字を書く試筆哉 正岡子規 年玉
年玉に何まゐらせん水祝ひ 正岡子規 水祝
年玉のなじみふえけり竈の肩 護物 発句題叢
年玉の使者嫁が君何くれる 山口青邨
年玉の数に加えん花の雪 正秀
年玉の物の名よめり家の集 米仲 俳諧新選
年玉の菜もなつかしよ親の里 宗瑞 類題発句集
年玉の這入の柳雪もふれ 凉菟
年玉の鴨提げて書生戸を叩く 正岡子規 年玉
年玉や上の一字を筆はじめ 正岡子規 書初
年玉や京わらんべとなりし子に 村山故郷
年玉や何ともしれぬ紙包み 正岡子規 年玉
年玉や僕の手をそふべき一つ 調泉 富士石
年玉や利ぬくすりの医三代 炭太祇
年玉や同穴の契り番ひ鴨 正岡子規 年玉
年玉や大いなる山眠りをり 森澄雄
年玉や大きな判の伊勢暦 村上鬼城
年玉や寺でくれたる飯杓子 村上鬼城
年玉や水引かけて山の芋 村上鬼城
年玉や起き来たる子の重瞼 鷹羽狩行
年玉や長崎の鯣蝦夷昆布 正岡子規 年玉
年玉や長崎鯣蝦夷昆布 正岡子規 年玉
年玉や飢ゑも餓(かつ)ゑも知らぬ子ら 鷹羽狩行
年玉を妻に包まうかと思ふ 後藤比奈夫
年玉を孫に貰ひて驚けり 相生垣瓜人 明治草
年玉を竝べて置くや枕もと 正岡子規 年玉
年玉を足しやらむ子が得し銭へ 伊藤白潮
浜名湖にこれは年玉寒鰯 百合山羽公 樂土以後
糞とりの年玉寒し洗ひ蕪 許六
長幼の序のありしことお年玉 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:09 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

賀状 の俳句

賀状 の俳句

賀状

例句を挙げる。

長命寺さくらもちより賀状かな 久保田万太郎
あまた来しなか黄泉よりの一賀状 耕二
いつ逢へるともなく見入る賀状かな 河原白朝
おぼえなき名にして句あり賀状よむ 爽雨
この島の賀状完配舟回す 桜井千丈
この谷の行きどまりをる賀状かな 大峯あきら 宇宙塵
この賀状焙り出しとはおもしろや 佐久間慧子
すぐそこに住む人よりの賀状かな 塩田章子
たのしきらし我への賀状妻が読み 楸邨
ねこに来る賀状や猫のくすしより 久保より江
ひとひらの紅き賀状をのみ卓に 石原八束
一つ名を賀状の束に探しをり 太田 昌子
一團の年賀状にぞ襲はれし 相生垣瓜人
七人の敵すこやかや賀状来る 北見さとる
世に在らぬ如く一人の賀状なし 皆吉爽雨
二三枚ふいごの上の賀状かな 松藤夏山 夏山句集
二三枚賀状の人の記憶なく 小山 二虹
五日まだ賀状整理に更くる妻 水島濤子
亡きひとの賀状早々届きけり 冨田みのる
人去りて賀状それぞれ言葉発す 角川源義
北国の雪の匂ひの賀状来る 能村登四郎
口うつしらし瞽女よりの年賀状 西本一都
喜望峰越えしと友の年賀状 高井北杜
喪にありて賀状一瞥したるのみ 森田峠 避暑散歩
団地ぐらし賀状の版画壁に貼る 権藤匡道
土間に日の射して二月の賀状かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
墨を濃く愛新覺羅氏へ賀状 森田公司
夢に見し子等より声の賀状来る 平上昌子
大幅に賀状絞るか思案月 高澤良一 鳩信
大雪の中戻り来し賀状かな 増田龍雨 龍雨句集
失名の賀状の主とわかるまで 柴田柏花
女手の如き税吏の賀状来ぬ ねじめ正也
嫁せし娘の妻にやさしき賀状かな 堤俳一佳
子の賀状宣言癖のいまもあり 江川虹村
子への賀状量自ら年の順 貞弘衛
寄れば鳴る電柱もあり賀状の束 香西照雄 対話
寿ぎの墨の光を載せ賀状 高澤良一 随笑
山焼に来よと賀状の隅にあり 柏 禎
嵩なして男ざかりの年賀状 民郎
布衣の身に余る賀状を賜りぬ 安住 敦
年ごとに増えるワープ口賀状来る 土屋孝子
年賀受け年賀状受け籠りをり 松本たかし
年賀状ああこの人のこの癖字 高澤良一 宿好
年賀状だけのえにしもいつか切れ 稲畑汀子(1931-)
年賀状亡き父母の宛名欲し 増田河郎子
年賀状余白に喜寿とありしかな 佐藤路草
年賀状来る日来ぬ日となりにけり 荒子明子
幼な文字賀状はみ出しめでたけれ 築城百々平
忘れゐし人の賀状の二、三枚 田中冬二 俳句拾遺
恙問ひ交はす賀状となりしかな 五十崎朗
愛犬の名もいつぱしや年賀状 鈴木栄子
手にとりてほろりとしたる一賀状 岸本尚毅 舜
手鏡のごとく賀状をうらがへす 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
担ぎ女の賀状代りと菜をくれし 内田黄子
数の中一人の賀状待ちゐたり 深澤厚子
新妻の友の賀状もちらほらと 播水
旅先の役者よりきし賀状かな 成瀬桜桃子 風色
旧正の賀状はればれ来りけり 小島健 木の実
木版の賀状刷る音和室より 黒田杏子 花下草上
未知既知を重ぬ年賀状の嵩 小川双々子
末の子に一枚だけの賀状来る 永森ケイ子
松過ぎてなほ賀状来る賀状出す 山口波津女
松過ぎて読むや賀状を叮嚀に 秋月すが子
枕辺に賀状東西南北より 草城
柄長鳴き牧のポストが賀状まつ 望月たかし
母のみの吾家賀状の少なさよ 麻生和子
母国語の賀状なつかしかりしとや 阿波野青畝
海寄りの若人賀状ふやしくれし 村越化石 山國抄
海越えし切手大きく賀状くる 西山すみ子
淋しさを紛はせよと来る賀状 後藤比奈夫 めんない千鳥
淡窓の日田の人より賀状来し 後藤 栄生
湯浅玄達さてもさてもと賀状かな 如月真菜
無駄多く生きて賀状の嵩高し 宇咲冬男
疾走の猪乗せて賀状来る 池森昭子
病み上りと分る賀状はそつと置く 尾関乱舌
病む父の賀状に笑顔もどりをり 立石勢津子
癒えねばならずこの賀状手にしては 稲垣きくの 牡 丹
白々と余白めでたし年賀状 七三郎
眼の光るかの反抗児より賀状来る 都筑智子
硯海の三滴賀状三枚分 宮田和子
確執を歳月消しぬ年賀状 牧野寥々
磯の香の沁みし賀状の届きけり 尾崎 一子
符箋あまた疲れし賀状返り来る 鈴木鶉衣
紙漉の村より賀状和紙白し 山崎和賀流
羊の絵うまくやさしき賀状よき 後藤比奈夫 めんない千鳥
老いゆくをさぶしむ歌の賀状かな 下村梅子
老人ホームより途絶えたる賀状かな 寺崎治郎
芋版の雲龍をどる子の賀状 下村ひろし 西陲集
草の戸に賀状ちらほら目出度さよ 虚子
蓬莱の国の真紅の賀状かな 小宮山政子
薄倖の字の美しき賀状かな 五十嵐播水
被災地より転送されて賀状来る 池田美智子
試し刷り龍の賀状をおしゃかにす 高澤良一 宿好
読み返す当りくじある年賀状 歳森享一
賀状うづたかしかのひとよりは来ず 桂信子 黄 炎
賀状そくばく末子に綾取せがまるる 民夫
賀状ただ戦場の友へしたたむる 瀧春一 菜園
賀状なき正月強き眸にて迎ふ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
賀状のみのえにしの友の筆寂びぬ しげ子
賀状の字いと正しきを畏れけり 風生
賀状の字走りはやりて到りける 赤松[けい]子 白毫
賀状みな命惜めと諭しをり 岡本 眸
賀状よむなほ嵩ありて一人ひとり 皆吉爽雨 泉声
賀状一片吾子よ確かに嫁ぎけり 細谷鳩舎
賀状出しそびれし人に寒見舞 下村ひろし 西陲集
賀状出しに又出る門や松の内 高橋淡路女 梶の葉
賀状受く即ち不義理はじめかな 白岩 三郎
賀状堆しもどつと逢ふごとし 井沢正江 火襷
賀状完配ふぐりある者湯槽に耀りあふ 磯貝碧蹄館 握手
賀状完配われ日輪に相対す 磯貝碧蹄館
賀状完配井戸から生きた水を飲む 磯貝碧蹄館
賀状机辺に散つて人日たよりなし 石原八束
賀状来ずなりし教へ子今いづこ 森田峠 避暑散歩
賀状来て曰くぽちぽちやつてます 高澤良一 ももすずめ
賀状来ぬ其の人の訃や人づてに 高橋淡路女 梶の葉
賀状来るまだ見ぬ孫の名も添へて 松倉ゆずる
賀状来る祖の地武蔵の岡部より 岡部六弥太
賀状繰る旧三高を忘ぜんや 山本歩禅
賀状色刷り家族の名前また殖えて 小沢多留男
賀状見てあれば彼の山彼の人等 上村占魚
賀状見て新聞を見て小半日 長蘆葉愁
賀状読み終へ友情に包まれし 嶋田摩耶子
賜はりし一顧うれしき賀状かな 篠塚しげ子
赤ん坊と同じ日のいろ賀状飛ぶ 磯貝碧蹄館 握手
足腰の立たぬをかこち来し賀状 後藤比奈夫 めんない千鳥
軒までも雪と高田の年賀状 田中冬二 麦ほこり
遠き地へ行きて住めりと賀状来し 日郎
遠き日の埋火のいろ賀状くる きくちつねこ
雪掻きて賀状を待てる牧夫あり 服部鹿頭矢
青海波打越え来るや年賀状 野村喜舟 小石川
飄然と君が賀状や支那とのみ 五十嵐播水 播水句集
鶏の眼の大き版画や子の賀状 大城芳子
龍の字を部屋いっぱいに賀状刷る 吉田ひろし
龍跳ねて金粉散らす賀状かな 中嶋秀子
みちのくの馬どころより年始状 阿波野青畝
一行の心を籠めし年始状 高浜虚子
年始状京の寺持誰々ぞ 河野静雲 閻魔
年始状火にくべたれば燃ゆるかな 冬の土宮林菫哉
忘れざる更科人や年始状 青々
移り住む田舎の地図や年始状 高浜虚子
ひとまわり上の辰年賀状の主 高澤良一 燕音
賀状来ぬテレビをテレヴィと書く世代 高澤良一 寒暑
旧賀状取り出し偲ぶその字面 高澤良一 石鏡

賀状 補遺

この人に賀状欠かさぬいはれあり 富安風生
この賀状戌と戊まちがへし 阿波野青畝
たのしきらし我への賀状妻が読み 加藤秋邨
ひらひらと人が過ぎりぬ賀状書く 山田みづえ 草譜
みちのくの馬どころより年始状 阿波野青畝
わが門を去りにし人の賀状くる 能村登四郎
ゴムバンド許せ賀状を締めあげて 平畑静塔
一団の年賀状にぞ襲はれし 相生垣瓜人 明治草抄
一賀状もて貧交行となす 阿波野青畝
一賀状蟹に飽きしとありにけり 阿波野青畝
七人の敵の一人に賀状書く 上田五千石『風景』補遺
人去りて賀状それぞれ言葉発す 角川源義
代筆の賀状を読みて目を閑ざす 平畑静塔
入念に書きし賀状の午に角 富安風生
友垣の越佐にふえし賀状かな 上田五千石『天路』補遺
君が賀状墨むらさきににほふなり 山口青邨
土間に日の射して二月の賀状かな 鷲谷七菜子 游影
好きな人めつきり減りし賀状書く 上田五千石『琥珀』補遺
学帽を被りて賀状配達す 平畑静塔
寄れば鳴る電柱もあり賀状の束 香西照雄 対話
布衣の身に余る賀状を賜りぬ 安住敦
年月日子をならべたる賀状かな 阿波野青畝
年賀受け年賀状受け籠りをり 松本たかし
年賀状息詰めて書き書きつゞける 右城暮石 上下
年賀状書く邪魔をして少女も書く 右城暮石 句集外 昭和四十一年
年賀状着日順に置き並べ 右城暮石 散歩圏
枕辺へ賀状東西南北より 日野草城
母国語の賀状なつかしかりしとや 阿波野青畝
淋しさを紛はせよと来る賀状 後藤比奈夫
添へ書きはみな声もちて年賀状 鷹羽狩行
犬居る賀状一片あなた甦る 楠本憲吉 方壺集
神棚に賀状大束仮に置く 平畑静塔
羊の絵うまくやさしき賀状よき 後藤比奈夫
落葉と年内にくる賀状が喪中たれかれ 荻原井泉水
賀状うづたかしかのひとよりは来ず 桂信子 女身
賀状のGanは巌のことか笹鳴ける 加藤秋邨
賀状みな命惜めと諭しをり 岡本眸
賀状をば書かじと決めて安からず 相生垣瓜人 負暄
賀状書かむ書かむと心急くのみに 相馬遷子 山河
賀状書きつつちらちらと横光忌 石塚友二 玉縄抄
賀状書きやめしが小さくなりてゐる 加藤秋邨
賀状書くしみじみ妻と二人して 楠本憲吉 孤客
賀状書くしんがりしんと青つむり 飯田龍太
賀状書くや心の友の面知らず 林翔 和紙
賀状書くわれより若き人へ人へ 林翔
賀状書く根気も遂に失せにけり 相生垣瓜人 負暄
賀状書く犬の遠吠楽しげに 香西照雄 対話
賀状書く羞ひもあり生き過ぎて 能村登四郎
足腰の立たぬをかこち来し賀状 後藤比奈夫
転校生よみがへる名の賀状かも 能村登四郎
遂に覚悟して書きはじむ年賀状 右城暮石 句集外 昭和三十九年
重複の賀状投函して気づく 右城暮石 一芸
銀色の失名賀状妻に来し 秋元不死男
革命か賀状書かずと決めたるは 石塚友二 玉縄以後

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:05 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング