2017年 03月 21日 ( 28 )

元日 の俳句

元日 の俳句

元日

例句を挙げる。

あすは元日が来る仏とわたくし 尾崎放哉
あたゝかく出ませる日子や元日草 長谷川かな女 雨 月
いざや寐ん元日は又翌の事 與謝蕪村
いつしかに元日の雪積りけり 岩田潔
いみじくも予定日越えて元日子 下村ひろし 西陲集
お元日ものなき部屋にめざめけり 島村元句集
お元日海苔煎餅に唇吸はる 小川軽舟
お元日目許賢き鳩が来て 高澤良一 宿好
かぐはしき磯の香ありてお元日 草間時彦
かれらにも元日させん鳩すゞめ 一茶
さうび咲く壺に元日しづかなり 長谷川かな女 雨 月
しづかなる元日なりしゑひもせず 安住 敦
しづけさの元日ゆゑのめざめかな 下田実花
すこし日が照り元日の山鳴りとなれり 栗林一石路
すこし早く起きてさむかりお元日 臼田亞浪 定本亜浪句集
せせらぎを流るるものやお元日 耕衣
なにもなき元日もよし日向ぼこ 中勘助
にはとりが垣くぐり来てお元日 木内怜子
ふるさとが見え元日の炭俵 原裕 『出雲』
ほんのりとほのや元日なりにけり 上島鬼貫
まるい空があたまの上にあるので元日 荻原井泉水
まんばうはまぶたまばたくお元日 岡井省二
チョコレートとけて元日昏れてゐる 藤木清子
ビルディングに影が生れ 元日の寂があつた 吉岡禅寺洞
ポストまでハガキを出しにお元日 荒井英子
一穂の土器の灯やお元日 松藤夏山 夏山句集
乾きたる元日の墓洗ひけり 星野麦丘人
些の音もなし元日が暮れてゆく 及川貞
人がきて おめでとうというので 元日となつた 吉岡禅寺洞
人の世に開けてある厨子お元日 中山純子
人の来ない日はみんなうちにいるので元日 荻原井泉水
人去つて元日月樹にのぼる 角川源義 『口ダンの首』
人思ふ時元日も淋しけれ 高橋淡路女 梶の葉
俎の白く元日夜更けたり 岡本 眸
元日、日山をいでて 山に入る 一日かくておる 荻原井泉水
元日が河原すすきの中に消ゆ 福田甲子雄
元日というもきのうの白衣着る 向山文子
元日と二日に頒ち鯛を食ぶ 村越化石
元日と知らぬ鼾の高さかな 正岡子規
元日なり午前零時のしゃがみ隊 荒井まり子
元日にかはいや遍路門に立つ 一茶
元日にはじまる布施の暮しかな 山口 笙堂
元日に敷けばや真野のあら蓬 水田正秀
元日に来る鶲や紋つけて 和田祥子
元日に田ごとの日こそこひしけれ 芭蕉
元日に読む本買ひぬみそさざい 小川軽舟
元日に逝き潔さつらぬけり 荒井正隆
元日ねむたい父をねむらしておく 栗林一石路
元日の 牡丹雪に 童心がのつてくる 吉岡禅寺洞
元日のうしろ姿や大富士に 佐野青陽人 天の川
元日のおと響きあふ舟着場 角川春樹 夢殿
元日のかたい刷子に歯をみがく 藤木清子
元日のきびしき凍テとなりにけり 久保田万太郎 草の丈
元日のことにさみしき大没日 石原舟月
元日のごつんごつんと木の根あり 広瀬直人
元日のすみれ咲きをり深大寺 鈴木しげを
元日のせゝらぎ山をいでにけり 萩原麦草 麦嵐
元日のそらみづいろに歯をみがく 藤木清子
元日のつぶやき寒しオルゴール 久保田万太郎 流寓抄以後
元日のはらわたゆたかありがたし 河野静雲 閻魔
元日のひなたになりし机かな 増田龍雨
元日のむらさきにほふ闇に覚む 篠原梵 雨
元日のもう来てをりぬ消さぬ灯に 桜井博道 海上
元日のやうな朝日が登山道 星野立子
元日のよき婢をやりし使ひかな 久米正雄 返り花
元日のわが素手よ今年また頼む 加藤秋邨 吹越
元日のわが街見おろす酔に似て 桜井博道 海上
元日のニュースすくなくラジオやむ 岸風三楼 往来
元日のブランコ漕ぐは王様か 岡本信男
元日のポストの口が閉まらない 松田秀一
元日の一湖を拓く鴨の陣 原裕 青垣
元日の事皆非なるはじめかな 高浜虚子
元日の人通りとはなりにけり 正岡子規(1867-1903)
元日の何祈れとや昼の月 楠本憲吉
元日の俥のなかに酔ふてゐし 実花
元日の倒れて響く父の杖 高室有子
元日の僧形八幡にまし~き 尾崎迷堂 孤輪
元日の光をためし霜の花 コウ子
元日の出帆旗ある異国船 播水
元日の劇薬瓶みな肩落し 澁谷道
元日の勉強机ひとりぼち 一條友子
元日の半紙二つに折りたたみ 猪俣千代子 秘 色
元日の古りし人絹国旗かな 皆川白陀
元日の句の龍之介なつかしき 久保田万太郎 流寓抄以後
元日の国旗かゝげて野の飯場 皆川白陀
元日の地を威して玉霰 吉武月二郎句集
元日の埃かしこし廬遮那仏 碧雲居句集 大谷碧雲居
元日の墓参をする逢ふ人の親し 梅林句屑 喜谷六花
元日の墨摺つて呼ぶ父の声 春樹
元日の夕心ちふ心はも 相生垣瓜人 明治草抄
元日の夕日さしをり床柱 金尾梅の門 古志の歌
元日の夕日金閣かがやかす 倉光迪子
元日の夜に移りゆく雪青し 阿部みどり女
元日の夜の妻の手のかなしさよ 石田波郷
元日の夜の淋しさ広い道の暗さ 人間を彫る 大橋裸木
元日の夜の道あれど人寝たり 萩原麦草 麦嵐
元日の夜を富士冷えに寐まりけり 渡邊水巴 富士
元日の夜気しん~と樹海より 佐野青陽人 天の川
元日の夜風身に泌みて渡舟を戻る 人間を彫る 大橋裸木
元日の大空を陽のゆきわたり 桂信子
元日の大雪なりし二日かな 高浜虚子
元日の大雪卸しはじめける 三宅句生
元日の太陽富士を越えにけり 佐野青陽人 天の川
元日の女まどろみやすきかな 杉森久英
元日の子と並び敷く布団かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
元日の孫等を呼べば溢れたり 五十嵐播水
元日の客とぢこめて豪雨かな 富田木歩
元日の富士に逢ひけり馬の上 漱石
元日の富士を連れ出す車窓かな 加茂達彌
元日の富士表情を豊かにす 澄月黎明
元日の居ごころや世にふる畳 太祇
元日の山見に出づる薺かな 室生犀星 魚眠洞發句集
元日の川波明り窓にくる 桂信子
元日の市民マラソン城めぐる 船坂ちか子
元日の師弟二人に舟いづる 佐野青陽人 天の川
元日の干支入り祝ふ蜜柑かな 大谷句佛 我は我
元日の庭もあるじも枯れにけり 小林康治 『虚實』
元日の往診この世去る人に 堀口星眠 青葉木菟
元日の心失せつゝ午後となる つる女
元日の心張棒を父外す 皆川白陀
元日の恋文持ちて杣小屋に 萩原麦草 麦嵐
元日の戸を開けてゐる山の家 飯田龍太 遅速
元日の操守吹かるる貌さらし 石原八束 『操守』
元日の敷居に腰掛けてをりぬ 加倉井秋を 午後の窓
元日の日があたりをり土不踏 石田波郷(1913-69)
元日の日のさしにけり我が家にも 高橋淡路女 梶の葉
元日の日をたたみくる波がしら 浜地勝子
元日の日を満面に屏風巌 関森勝夫
元日の日向の母に鶏集まる 直人
元日の日暮ごころに釜の白湯 きくちつねこ
元日の日暮れ磨かれたるガラス 大井雅人 龍岡村
元日の日輪雪の野をわたる 宮崎青岬
元日の明るき昼や誰もゐず 山田みづえ
元日の昼たけてあり凧二つ 森潮
元日の昼過ぎにうらさびしけれ 綾子
元日の時計が鳴つて夕さりぬ 瀧澤伊代次
元日の晝過ぎにうらさびしけれ 細見綾子
元日の晴れて轟く午砲かな 青峰集 島田青峰
元日の暮れて日課の皹薬 榎本栄子
元日の月の二階に父臥たり 永井龍男
元日の朱欒を剥けば日が眩し 永井龍男
元日の机辺親しむ心あり 稲畑汀子
元日の枕安らかにはなれけり 青峰集 島田青峰
元日の枯草焼くも遊びかな 佐野良太 樫
元日の桜咲きけり畑の中 渡辺水巴 白日
元日の梢をわたる鐘のこゑ 角川春樹 夢殿
元日の樹々あをあをと暮れにけり 桂信子 黄 瀬
元日の樹海夕雲湧き初めし 佐野青陽人 天の川
元日の橋がゆふべとなりにけり 角川春樹
元日の櫻咲きけり畑の中 渡邊水巴
元日の気負ひもなくて暮れにけり 中川 和子
元日の水をあがりしかいつむり 萩原麦草 麦嵐
元日の水呑みあるく田*ひばりぞ 岡井省二
元日の汽車闇に着き闇に発つ 角川春樹
元日の没り日影こき子と遊ぶ 石原八束
元日の沼のしづけさに来て触れぬ 加藤楸邨
元日の海に出て舞ふ一葉かな 中川宋淵
元日の海に出て舞ふ木の葉かな 中川宋淵(1907-84)
元日の海の風吹く峠道 龍太
元日の海へ砂とぶ海女の径 つじ加代子
元日の海を見てきし垢が出る 大石雄鬼
元日の湯屋にあかるき首浮かぶ 高橋静葩
元日の湯花透く日のあら尊(たふと) 高澤良一 寒暑
元日の炊煙寄り合ひ母癒えゆく 新谷ひろし
元日の炭売十の指黒し 其角
元日の照る陽や鷺の凍ること 渡邊水巴 富士
元日の牛の瞳ぬれて啼きにけり つじ加代子
元日の犬の憂鬱硝子越し 桂信子 花寂び 以後
元日の猪打つて草も木も伏しぬ 萩原麦草 麦嵐
元日の瑞山にたてる姻かな 久保田万太郎
元日の生木を燃やす白煙 桑原三郎 花表
元日の田ごとの畦の静かな 青畝
元日の田に出て鶏の吹かれをり 飴山實
元日の畳恋しや肘と膝 敏雄
元日の白息を見す赤子かな 岸田稚魚
元日の真顔にもどる夜の卓 哲郎
元日の睡気な母を思ひ出す 飯田龍太 遅速
元日の瞼あかるくまた寝落つ 桜井博道 海上
元日の石蕗にすさべり伊豆の海 臼田亞浪 定本亜浪句集
元日の礼者絶えたる吹雪かな 今成無事庵
元日の空を流るる子の瞳 石原八束 空の渚
元日の縁に伸びをり独楽の糸 久米正雄 返り花
元日の聖書重たしたなごころ 古賀まり子
元日の肌着ひらりと手に通す 高澤良一 ももすずめ
元日の膝上膝下虚空なり 斎藤玄
元日の芦を掴める鶲かな 岸田稚魚 『萩供養』
元日の茶筒枕になりたがる 池田澄子
元日の薄明すでに文鳥覚む 箱田みよし
元日の薪小屋にこゑみそさざい 小池文子
元日の藪ころげ来し柚子一つ 皆川白陀
元日の袴脱ぎ捨て遊びけり 河東碧梧桐
元日の西東生むひかりの矢 原裕 『新治』
元日の起重機並び休みたる 五十嵐播水 埠頭
元日の逆波うすし鳴瀬川 皆川白陀
元日の酒たかぶらす由紀夫の死 河野南畦 『空の貌』
元日の酔詫に来る二月哉 高井几董
元日の醜面となる富士の山 萩原麦草 麦嵐
元日の金玉の時過ぎて行く 瓜人
元日の開くと灯る冷蔵庫 池田澄子
元日の闇に時間の充満す 中村正幸
元日の雨の枯生となりにけり 久保田万太郎 流寓抄
元日の雨や静かに午後は止む 細見綾子(1907-97)
元日の雨元日の田にそそぐ 原田喬
元日の雪すこし載せ父母の墓 細川加賀 『玉虫』
元日の雪といへども卸さねば 広中白骨
元日の雪に乾パンを頒けこぼす 片山桃史 北方兵團
元日の雪に明けたる静かかな 青峰集 島田青峰
元日の雪に気魄や豊かに降る 河野南畦 『焼灼後』
元日の雲かさなりてさくら哉 高井几董
元日の雲運びをり樺の風 中拓夫
元日の青畳といふ一奈落 齋藤愼爾
元日の顔しつかりと洗いけり 室田みちこ
元日の鳥が来て鳴く裏の川 桂信子
元日の鴉にあたらしきもの断崖 齋藤愼爾
元日の鵯が来てをりすこし睡し 西山誠
元日は土つかうだる顔もせず 向井去来
元日は大吹雪とや潔し 高野素十(1893-1976)
元日は田毎の日こそ恋しけれ 松尾芭蕉
元日も夕べとなりぬ藪雀 風生
元日も爰らは江戸の田舎哉 一茶 ■文化四年丁卯(四十五歳)
元日も立のまゝなる屑家哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
元日も鉄砲きくや裏の山 会津八一
元日や「積善院夢道居士」生き戒名 橋本夢道 無類の妻
元日やあらためて知る父母の齢 林昌華
元日やいつから老いて老の座に 余子
元日やい行き道ゆき礼をなす 澄雄
元日やうすく置きたる庭の霜 久保田万太郎 流寓抄以後
元日やうす濁りたる鶴の水 富田うしほ
元日やうつらうつらと陽に叛き 石塚友二 光塵
元日やお茶の実落ちし夕明り 渡辺水巴 白日
元日やくらきより人あらはるゝ 鬼貫
元日やこがねの鞍に馬白し 曾良
元日やこともなげなる筆硯 吉武月二郎句集
元日やこんりんざい劫爆あるべからず 橋本夢道 無礼なる妻
元日やさみしう解ける苞納豆 村上鬼城
元日やさらに旅宿とおもほへず 一茶 ■寛政七年乙卯(三十三歳)
元日やされば野川の水の音 来山
元日やしんと遺影のあることも 飯田龍太
元日やたたみのうへにこめ俵 立花北枝
元日やどちら向ても花の娑婆 一茶
元日やはげしき風もいさぎよき 日野草城
元日やはや花見んと思ひける 仙台-秋来 選集古今句集
元日やはれて雀のものがたり 服部嵐雪 (1654-1707)
元日やふどしたゝんで枕上ミ 村上鬼城
元日やゆくへもしれぬ風の音 渡邊水巴
元日やわが小さき肩の荷ふもの 徳永山冬子
元日や一の秘蔵の無分別 木因 古句を観る(柴田宵曲)
元日や一句一語に力満つ 河野南畦 湖の森
元日や一系の天子不二の山 鳴雪俳句鈔 内藤鳴雪
元日や上々吉の浅黄色 一茶
元日や乳に酔ひたる赤ん坊 小川軽舟
元日や二十六年同じこと 正岡子規
元日や人の妻子の美しき 梅室
元日や俳論となる酒の上 野村喜舟
元日や入り来る人は皆長者 井月の句集 井上井月
元日や入日に走る宇治の水 渡邊水巴
元日や前山颪す足袋のさき 蛇笏
元日や動かぬ歯朶の影ぼうし 蓼太
元日や十方人来酒を惜しむなよ 橋本夢道 無類の妻
元日や吉備の国原藺を植うる 市川東子房
元日や向ひ馴れたる峰を前 東洋城千句
元日や向島まで川蒸汽 野村喜舟 小石川
元日や商うて居る煙草店 温亭句集 篠原温亭
元日や啓吉も世に古箪笥 芥川龍之介
元日や四十漢の広額 西島麦南 人音
元日や夕照走る剱ケ峰 渡邊水巴 富士
元日や多摩を鎮護の高尾山 水原秋櫻子
元日や夜に入りしより女声 古白遺稿 藤野古白
元日や夜深き衣の裏表 千川
元日や家に譲りの太刀帯(は)かん 向井去来(1651-1704)
元日や小火のありたる山の内 島村元句集
元日や少しの水と少しの鹽 中田剛 珠樹以後
元日や山ふところの麦はたけ 久保田万太郎 流寓抄
元日や山容無類不老富士 橋本夢道 無類の妻
元日や山明けかかる雪の中 室生犀星(1889-1962)
元日や島のうしろの沖つ浪 原月舟
元日や島をたよりの港口 月舟俳句集 原月舟
元日や微酔これ往生之心 河野静雲
元日や忘られてゐし白兎 飯田龍太 山の木
元日や思へばさびし秋の暮 松尾芭蕉
元日や我のみならぬ巣なし鳥 一茶 ■文化六年己巳(四十七歳)
元日や手をつかへたる宿の妻 几董
元日や手を洗ひをる夕ごころ 龍之介
元日や掃かぬ嘉例も松の塵 松葉-妻 俳諧撰集玉藻集
元日や故人もわらひ倶会一処 河野静雲 閻魔
元日や敷けるがごとき埠頭道 五十嵐播水 埠頭
元日や日のあたりをる浅間山 臼田亞浪(1879-1951)
元日や日のさしうつる椀折敷 成美
元日や時の鐘鳴る葱畑 中島月笠 月笠句集
元日や晴てすゞめのものがたり 服部嵐雪
元日や暮れてしまひし家の中 池内たけし(1889-1974)
元日や朝からものゝ不平なる 子規
元日や松しづかなる東山 闌更
元日や枯草の鳴る風の音 高橋淡路女 梶の葉
元日や枯野のごとく街ねむる 加藤楸邨
元日や梅ほころびし二三輪 久保田万太郎 流寓抄以後
元日や棕梠二三本の草廬なる 草坡句集(水野草坡遺稿) 水野草坡
元日や正座の水巴影ならず 渡辺恭子
元日や比枝も愛宕も雪の山 虚子
元日や氷山と見ゆ大議事堂 渡邊水巴 富士
元日や汝れが長処を喜ばん 藤田耕雪
元日や流れる雲も雅かり 菖蒲あや あ や
元日や浜の揚船およそ百 福田蓼汀 山火
元日や海よりひくき小松原 久保田万太郎 流寓抄
元日や湖畔の焚火むらさきに 青陽人
元日や漸々うごく紙鳶 服部嵐雪
元日や炬燵の上に受験の書 相馬遷子 雪嶺
元日や烏帽子素袷の家の格 菅原師竹句集
元日や煤の中なる蹲り 松根東洋城
元日や父に肖ぬ我似し弟 中島月笠 月笠句集
元日や生涯医師のたなごころ 下村ひろし
元日や白山茶花の尚散れる 野村喜舟
元日や神に逆らふ独り言 土橋たかを
元日や神代の事も思はるる 守武
元日や竹の葉に降る雪の音 南うみを
元日や胡桃のあぶら鼻油 水田正秀
元日や芋牛蒡蓮人参を妻に謝す 橋本夢道 無類の妻
元日や草の戸越の麦畠 召波
元日や草の根方の霜じめり 梨葉句集 上川井梨葉
元日や葉巻の箱をこぢあける 森鴎外
元日や葉蔭にひそと青木の実 碧童
元日や藁屋も見えて山の宿 会津八一
元日や蘭の日南に常の如し 零余子
元日や袴をはいて家に在る 松根東洋城
元日や起居の風をひとりたて 石川桂郎 高蘆
元日や軒深々と草の庵 石鼎
元日や遠山一つあたゝかき 中島月笠 月笠句集
元日や部屋に浮く塵うつくしく 相馬遷子(1908-76)
元日や都の宿の置巨燵 正岡子規
元日や酒にむせてもめでたしと 野村喜舟 小石川
元日や野の石として妙義山 水上孤城
元日や金星の野づら火を焚かず 渡邊水巴 富士
元日や銭をおもへばはるかなる 室生犀星 犀星発句集
元日や雪白き比叡楼角に 四明句集 中川四明
元日や非を改むる非のはじめ 紹廉
元日や音なき獄の日のうつり 栗林一石路
元日や風とほりゆく草の形(なり) 藤田湘子
元日や鬼ひしぐ手も漆の上 梅室
元日や鯉口に袖たたみこみ 石川桂郎 四温
元日や鯣も物のなまくさき 会津八一
元日や鷹がつらぬく丘の空 秋櫻子
元日よ貧乏には飽きぬが戦争よまたと来るな 橋本夢道 無礼なる妻
元日をかるくをり雲浮くごとく 森澄雄 四遠
元日を地球が廻る元日も 安藤和風
元日を煮えこぼるゝは雑煮かな 野村喜舟 小石川
元日を白く寒しと昼寐たり 西東三鬼
元日を睡りくらして雅やか 中尾寿美子
元日を起すやうなり節季候 榎本其角
元日を遥に伊勢の霞かな 会津八一
元日を雪や粟田は松青く 四明句集 中川四明
元日を飼はれて鶴の啼きにけり 臼田亜浪
元日二日ことに三日の日和かな 高橋淡路女 梶の葉
元日二日京のすみずみ霞みけり 蕪村
元日真夜わが胃を点す玉子焼 磯貝碧蹄館 握手
元日雨降り病む母の咳にひとりいる 栗林一石路
円かなる月や 元日の夕ベにて 山崎斌 竹青柿紅
助産婦とあふ元日の霧のなか 福田甲子雄
午前の元日暗き町家哉 竹冷句鈔 角田竹冷
午後の茶を飲めば元日すでに蒼し 相馬遷子 雪嶺
半月に元日の町更けにけり 高澤良一 さざなみやっこ
古来 稀なりという元日の墨を磨るに薫ず 荻原井泉水
君よそうや元日から再軍備じやない保安隊の話 橋本夢道 無礼なる妻
君よそうや元日から北鮮爆撃に行く爆音の話 橋本夢道 無礼なる妻
君よそうや元日から原爆水爆米ソのおはなし 橋本夢道 無礼なる妻
君よそうや元日から涙で曇る一家不和の話も 橋本夢道 無礼なる妻
君食おうよ元日から雄鶏がうまいか牝鶏が旨いか 橋本夢道 無礼なる妻
啄木鳥と畳越しなるお元日 松山足羽
喪にこもり元日の陽をわが膝に 桂信子 黄 瀬
墓原の元日しまのひかりかな 久保田万太郎 流寓抄以後
墨も濃くまづ元日の日記かな 永井荷風
墨磨つてゐて元日の顔となる 加藤知世子 花寂び
夏冬と元日やよきありどこり 京-定武 元禄百人一句
夕日さす元日の野の水緊り 原裕 葦牙
大三十日愚なり元日猶愚也 正岡子規
大利根に漕ぐ船もなしお元日 高橋淡路女 梶の葉
大浪に乗り元日の群鴎 岸田稚魚
妻の制止する元日の釘を打つ 右城暮石 声と声
妻居ぬ元日夜風が長い長い帯 磯貝碧蹄館 握手
姫島に発つ元日の舟にをり 原田喬
子等には宇宙の星咲き元日のもう寝た街 赤城さかえ句集
客あればあがる二階やお元日 堤俳一佳
家うら元日の杉に日あたる シヤツと雑草 栗林一石路
家なしも江戸の元日したりけり 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
宿直で明けた元日の空のなにもない 栗林一石路
寧けしや元日父の白粥は 皆川白陀
山を見に出る元日の頬かむり 木附沢麦青
山鴉啼いて元日暮れにけり 白水郎句集 大場白水郎
平日のごとく元日巴奈馬越す 河合いづみ
年々に元日淡くなりまさる 相馬遷子 雪嶺
年の禍元日すでにひそみけり 久保田万太郎 流寓抄
幾何を描く児と元日を籠るなり 竹下しづの女句文集 昭和十一年
庭すこし踏みて元日暮れにけり 渡辺水巴 白日
庭石に鳥の尾が跳ねお元日 河野友人
心には医訓をおもひお元日 大見雅春
懇ろに母とはなりぬお元日 龍胆 長谷川かな女
我に許せ元日なれば朝寝坊 夏目漱石 明治三十二年
我庵や元日も来る雑煮売 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
我遊ば昼過からが元日ぞ 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
旅にある心安さよお元日 高橋淡路女 梶の葉
星屑と云ふ元日のこはれもの 中林美恵子
昼を灯して奈良古町のお元日 塘 柊風
昼深く元日の下駄おろすなり 千葉皓史
昼酒の元日を翔ぶものの翳 鈴木六林男
書抜を手に元日も暮れにけり 中村芝鶴
枯木照り元日の煙草手に白し 渡邊水巴 富士
枯葉鳴る静かさに居りお元日 臼田亞浪 定本亜浪句集
染まる雲なき元日の落暉かな 後澤啼鳥
水と木と空の昏れいろお元日 金田咲子
水にこゑかけ元日の厨妻 原裕 新治
水仙に元日重く来てゐたる 藤木清子
水底に元日の日のあふれけり 大野林火
汝が先に死んでしもたかお元日 永田耕衣 人生
沼日和元日といふこと忘れ 石井とし夫
波の音たかく元日了りけり 久保田万太郎 流寓抄
波走る岬の村もお元日 長谷川かな女
混沌として元日の暮れにけり 尾崎紅葉
温泉に来て元日を遊びけり 高橋淡路女 梶の葉
湯ざましが出る元日の魔法瓶 池田澄子
湯気のたつほかに音なきお元日 宇多喜代子
炊煙が這ふ元日の溝明り 裕
炬燵からおほらかに元日の山ある シヤツと雑草 栗林一石路
炭籠に炭たつぷりとお元日 吉屋信子
牛の鼻叩いて廻るお元日 太田土男
猪打つて元日の血をすすりけり 萩原麦草 麦嵐
生きて故国の村にいる風速い元日 内田南草
産土神の椎は日向のお元日 太田鴻村 穂国
男鶴佇ち母子ついばむお元日 吉野義子
白き猫来ぬ元日の朴の下 星野麦丘人
白山が照り元日の父母の墓 細川加賀 『玉虫』
盃の中に鶴亀お元日 榎本栄子
目覚むれば元日暮れてゐたりけり 岡本松浜(1879-1939)
眼さむれば元日暮れてゐたりけり 松浜
礼服のまま廻診やお元日 五十嵐播水 埠頭
神々の伊勢一の宮お元日 松崎鉄之介
神仏を巡り元日暮れにけり 近藤一鴻
素足にて出る元日のポストまで 梅本初子
縁側の日にゑひにけりお元日 鬼城
老木の根、元日きよく掃かれたる 久保田万太郎 流寓抄
胎動は時に痛しよお元日 辻美奈子
能なしに元日の牛吼ゆるかな 皆川白陀
膝にしづかに手置けり元日の堤見え 加畑吉男
臘涙しげく元日のマリヤさま 山口青邨
舟着きぬ元日の雪白きところ 佐野青陽人 天の川
芥しづめ元日の川流れをり 行方寅次郎
花ぞ時元日草やひらくらん 井原西鶴
茜富士テラスに得たるお元日 北代 汀
茶に醒めて元日心閑かなる 飄亭句日記 五百木飄亭
葛飾や釣師ゆきかふお元日 木歩句集 富田木歩
葱も見つ元日の道まつすぐに 渡邊水巴 富士
薫風や元日から咲く桜草 渡辺水巴 白日
虚子庵のいつもの部屋やお元日 松本たかし
街のどこかで風摶つ夜の元日 原田種茅 径
貧乏正月でもいつも神代藤平が来て元日なり 橋本夢道 無禮なる妻抄
起きぬけに肺一葉のお元日 角川源義 『西行の日』
足袋すこしよごれ元日昏れにけり 文挟夫佐恵 黄 瀬
足袋の先火燵にあつくお元日 廣江八重櫻
輪ゴム落ちてをり元日の弥撒のあと 須並一衛
雨ことに壺のまはりの暗い元日 桂信子 晩春
雪とんで元日の空海の色 阿部みどり女 『雪嶺』
雪の戸にいつまで寝るや御元日 前田普羅 新訂普羅句集
霰来て喪の元日の暮色急 下村ひろし 西陲集
静かなる元日草に日闌けたり 橡魚子
顔洗ひゐる元日の末娘 飯田龍太 春の道
鳶鳴いてとろりと暮れぬお元日 太田鴻村 穂国
鶯の庭の音なりお元日 長谷川かな女 雨 月
黒松の走り根太しお元日 高井北杜
一月一日のわが焚火す胸のあたゝまり 中塚一碧樓
一月一日の御朱印貰ひけり 加藤三七子
一月一日或る花を覚えている 鳴戸 奈菜
一輪の花 一月一日の机とする 荻原井泉水
若き敗北一月一日の朝寝 中尾寿美子
鐵索が空をひつぱつていて一月一日 栗林一石路
干餅の五彩つらなる日の始め 成田千空 地霊
僧はたゝく春敲門や日の始め 井原西鶴
松竹や世にほめらるる日の始 千代尼
一年の始めの気息もて起床 高澤良一 鳩信

元日 補遺

あすは元日が来る佛とわたくし 尾崎放哉 小豆島時代
あすは元日の爪でもきらう 種田山頭火 草木塔
あすは元日の草履ぬぎそろヘ 尾崎放哉 小豆島時代
うつかりと元日の朝の長寢哉 正岡子規 元旦
うつくしや洛陽の元日雪ちらちら 正岡子規 元日
うれしかる子に元日の曇りけり 正岡子規 元日
おもしろや元日暮れて月六日 正岡子規 元日
けさは元日として起きてきているうち中 荻原井泉水
ことしも元日ここにいる老いた風船売から買う 荻原井泉水
しづかなる元日なりしゑひもせず 安住敦
すこし早く起きてさむかりお元日 臼田亜郎 定本亜浪句集
せせらぎを流るるものやお元日 永田耕衣
てのひらを押す元日の仔牛かな 石田勝彦 百千
ひかりの中に元日の妻子置き瞶む 岸田稚魚 負け犬
ひともしてゆふべとしたるお元日 鷹羽狩行
ぼた~とぼた~と雪お元日 高野素十
まんばうはまぶたまばたくお元日 岡井省二 鯨と犀
よく見よとて薺の、元日ときどき日の照り 荻原井泉水
わが庭のけふを元日木も石も 山口青邨
ビルどの窓も呆然と元日ヘ 飯田龍太
ロシヤ人形が瞠る元日家ごもる 古沢太穂 捲かるる鴎
一献に心豊かやお元日 高浜年尾
乞食の拝む元日のマリヤさま 山口青邨
乾きたる元日の墓洗ひけり 星野麥丘人
二日はや元日といふ過去を負ふ 富安風生
人去つて元日の月樹にのぼる 角川源義
何思ふとも元日となりゐたり 桂信子 花影
俎の白く元日夜更けたり 岡本眸
元日 疾風 男こんこんと眠る 伊丹三樹彦
元日しづかに水族の境かな 岡井省二 鯨と犀
元日といふ別々の寒さあり 飯田龍太
元日と書き快晴と書きはじむ 岡本眸
元日と知らぬ鼾の高さかな 正岡子規 元日
元日なり事務卓の上何も無き 日野草城
元日に何賜うべく亡母夢に 楠本憲吉 方壺集
元日に海老の死骸ぞめでたけれ 正岡子規 元日
元日に海老の死骸のおもしろや 正岡子規 元日
元日に生れし人やお元日 高野素十
元日に追付かれけり破衾 正岡子規 元日
元日のうるはしかりし賀客なし 松本たかし
元日のこころにはかに麩のごとし 飯田龍太
元日のたそがれの手の不思議なし 飯田龍太
元日のただ流れゐる鵜川かな 飯田龍太
元日のはや猪くさき能舞台 岡井省二 鯨と犀
元日のはれや片鎌大鳥毛 正岡子規 元日
元日のふぬけて蒼き夕まぐれ 橋閒石 朱明
元日のみんな達者馬も達者 尾崎放哉 小豆島時代
元日のむらさきにほふ闇に覚む 篠原梵 年々去来の花 雨
元日のもの食べてゐる老婆たち 飯田龍太
元日のやうな朝日が登山道 星野立子
元日のわが素手よ今年また頼む 加藤秋邨
元日のホテルの窓の波ばかり 桂信子 草影
元日のマリヤの灯老の杖照らす 山口青邨
元日の一湖を拓く鴨の陣 原裕 青垣
元日の一蝶飛んでたんぽぽに 山口青邨
元日の上々天気港町 高田風人子
元日の丘の上なる新病舎 飯田龍太
元日の乗物にゐて昏れかかる 橋閒石 朱明
元日の二三子あそぶ鉄橋下 飯田龍太
元日の人通りとはなりにけり 正岡子規 元日
元日の住吉寒し松の風 正岡子規 元日
元日の住吉淋し松の音 正岡子規 元日
元日の何祈れとや昼の月 楠本憲吉 孤客
元日の出船引き止めたき思ひ 後藤比奈夫
元日の午下の日のなほ蕩々と 富安風生
元日の午後の欅の山がらす 飯田龍太
元日の午後の袂の草じらみ 飯田龍太
元日の唇を拭き展墓行 飯田龍太
元日の国旗をかかぐ山家めき 山口青邨
元日の坂登りをり何かあるごとく 加藤秋邨
元日の墓所の遠くを雉子翔ぶ 飯田龍太
元日の夕心ちふ心はも 相生垣瓜人 明治草抄
元日の夕日になりて哀れ也 正岡子規 元日
元日の夕日になれば哀れ也 正岡子規 元日
元日の夕日や雲を分けて落つ 細見綾子
元日の夜の妻の垂のかなしさよ 石田波郷
元日の夜の注射も了りけり 石田波郷
元日の夜を富士冷えに寐まりけり 渡邊水巴 富士
元日の夜を流木の谿泊り 秋元不死男
元日の天のまなかに柱立つ 橋閒石 微光
元日の太鼓聞かばや法華寺 正岡子規 元日
元日の妻に遅れて歩きけり 燕雀 星野麥丘人
元日の宵や通夜の灯ともさるる 村山故郷
元日の富士に対きひたに銃磨く 伊丹三樹彦
元日の富士のつてをり櫟原 森澄雄
元日の小鳥の籠を移しけり 星野麥丘人
元日の屏風隠れに化粧かな 河東碧梧桐
元日の山からくる水の流れている音 荻原井泉水
元日の山褒貶の外にあり 飯田龍太
元日の川流れゆく暮靄あり 飯田龍太
元日の戸を開けてゐる山の家 飯田龍太
元日の掌に鉄管の水ひびく 飯田龍太
元日の掛乞もあり江戸の春 正岡子規 初春
元日の撫でておとがひ喉仏 鷹羽狩行
元日の散歩を猫に声出して 平畑静塔
元日の新しい顔で友ら来る 日野草城
元日の日があたりをり土不踏 石田波郷
元日の日ざせる蔵に窓ひとつ 飯田龍太
元日の日向ありけり飛鳥寺 石田勝彦 雙杵
元日の日向にあるや僧の沓 星野麥丘人
元日の日向の母に鶏集まる 廣瀬直人 帰路
元日の日暮れやさしき山の鼻 飯田龍太
元日の明るき昼や誰もゐず 山田みづえ 木語
元日の昼となりたる蘭の部屋 岡井省二 山色
元日の昼をともれる墓の燭 右城暮石 句集外 昭和三十二年
元日の昼白熊の水しぶき 飯田龍太
元日の昼過ぎにうらさびしけれ 細見綾子 桃は八重
元日の暴悪大笑面の顎 岡井省二 鯛の鯛
元日の月地球儀のごと空変る 角川源義
元日の机によりて眠りけり 原石鼎 花影
元日の村を貫く水閑か 飯田龍太
元日の枯芝を身につけて酔ふ 橋閒石 朱明
元日の桜咲きけり畑の中 渡邊水巴 白日
元日の桟しんとある倉障子 飯田龍太
元日の森にほのかな草の道 廣瀬直人
元日の樹々あをあをと暮れにけり 桂信子 月光抄
元日の殺生石のにほひかな 石田波郷
元日の水呑みあるく田*ひばりぞ 岡井省二 明野
元日の水音闇をはばからず 飯田龍太
元日の沼のしづけさに来て触れぬ 加藤秋邨
元日の泳ぎて暮るる川鼠 廣瀬直人
元日の浜や片手の乳房豊か 飯田龍太
元日の海のさびしさ波立つのみ 村山故郷
元日の海の風吹く峠道 飯田龍太
元日の海鵜もとより尊しや 岡井省二 前後
元日の滝音は骨明るくす 飯田龍太
元日の潮煙陽は闌けにけり 佐藤鬼房
元日の火中や雪の望郷図 飯田龍太
元日の灯の家内中の顔がある 尾崎放哉 小豆島時代
元日の灯をさゝげ美しマリヤに触れ 山口青邨
元日の灯をともしマリヤあでやかに 山口青邨
元日の炉に三人の沈金師 高野素十
元日の照る陽や鷺の凍ること 渡邊水巴 富士
元日の牛の涎の飛んで来し 石田勝彦 百千
元日の猪年といへる山の顔 飯田龍太
元日の猫に幹ありよぢ登る 西東三鬼
元日の猫の欠伸のなまなまし 鷹羽狩行
元日の獄や歩まぬけふ昏れて 秋元不死男
元日の田ごとの畦の静かな 阿波野青畝
元日の畑へだてて火伏神 雨滴集 星野麥丘人
元日の畳の上の大漁旗 飯田龍太
元日の疊戀しや肘と膝 三橋敏雄
元日の病者見舞ふや駿河臺 正岡子規 元日
元日の白息を見す赤子かな 岸田稚魚
元日の睡気な母を思ひ出す 飯田龍太
元日の石蕗にすさべり伊豆の海 臼田亜郎 定本亜浪句集
元日の石階を光る靴に踏む 日野草城
元日の礁出入りする魚影あり 飯田龍太
元日の空戴ける京の町 飯田龍太
元日の空青々と淋しけれ 原石鼎 花影
元日の竹は墨絵となりて暮れ 山口青邨
元日の素足や遠きものを感ず 加藤秋邨
元日の老い心又夕心 相生垣瓜人 負暄
元日の膝上膝下虚空なり 斎藤玄 狩眼
元日の芦を掴める鶲かな 岸田稚魚
元日の芳野に花もなかりけり 正岡子規 元日
元日の荻の上にある日なりけり 岡井省二 有時
元日の蘭観念の花ざかり 飯田龍太
元日の虚空を忘れ墓ひとつ 飯田龍太
元日の虹は氷を出でざりき 加藤秋邨
元日の行人裡帰還兵粛たり 伊丹三樹彦
元日の行燈をかしや枕もと 正岡子規 元日
元日の袖にひかりぬ肘ゑくぼ 加藤秋邨
元日の袴脱ぎ捨て遊びけり 河東碧梧桐
元日の象見るといふ吾もゆく 橋閒石 雪
元日の近よつて嗅ぐ白鼻心 岡井省二 鯨と犀
元日の道対面に乳母車 岡本眸
元日の金玉の時過ぎて行く 相生垣瓜人 明治草
元日の釣掘に水ひびきゐる 飯田龍太
元日の鐘はわたしがついてわたしが聴く 荻原井泉水
元日の門前に来る子と落葉 飯田龍太
元日の門弓張月を見てとざす 山口青邨
元日の闘魚のごとき飛べる雲 山口青邨
元日の阪神間の同暮色 山口誓子
元日の雀鳴くなり手水鉢 正岡子規 元日
元日の雄山は昂り雌山照る 橋閒石
元日の雄山は昃り雌山照る 橋閒石 雪
元日の雨や静かに午後は止む 細見綾子 牡丹
元日の雨を記すや屠蘇の醉 正岡子規 屠蘇
元日の露霜未知の一墓石 飯田龍太
元日の青空ひたひより広がり 橋閒石 朱明
元日の顔洗ひをり不寝番 石田波郷
元日の風あたりをる大欅 村山故郷
元日の風誰も居ぬ荒野より 飯田龍太
元日の餝りながらに大三十日 正岡子規 大晦日
元日の馬車見に行くや丸の内 正岡子規 元日
元日の馬首を挙げたる石舞台 石田勝彦 雙杵
元日の鳥が来て鳴く裏の川 桂信子 月光抄
元日の鳥居そばだつ民家の中 橋閒石 無刻
元日の鳩桃色の脚いそがし 西東三鬼
元日の鶴ぬすまれて尾長鳥舞ふ 山口青邨
元日の鶴大股にすすみけり 阿波野青畝
元日はきのふのことや空まさを 雨滴集 星野麥丘人
元日はガソリンス夕ンドも休む 山口誓子
元日は何も思はで暮らしけり 正岡子規 元日
元日は佛なき世へもどりけり 正岡子規 元日
元日は大吹雪とや潔し 高野素十
元日は妻の思ひ出初日記 後藤比奈夫
元日は姉の忌夜に入りにけり 村山故郷
元日は是も非もなくて衆生也 正岡子規 元日
元日は除夜のあしたの名也けり 正岡子規 元日
元日まで竹馬は地に置かざりき 加藤秋邨
元日もたゞ尊とさの涙かな 正岡子規 元日
元日も一茶忌ゆゑか晴れ難し 相生垣瓜人 負暄
元日も二日も暮れてしまひけり 正岡子規 元日
元日も暮れて上野の嵐哉 正岡子規 元日
元日も波切を描けり波切画家 山口誓子
元日も逢ふ魔が時と言はむ頃 相生垣瓜人 負暄
元日やい行き道ゆき礼をなす 森澄雄
元日やうつらうつらと陽に叛き 石塚友二 光塵
元日やお茶の実落ちし夕明り 渡邊水巴 白日
元日やきのふはきのふけふはけふ 正岡子規 元日
元日やさねかづら懸け古雛 山口青邨
元日やしづかに在れば言葉肥えて 中村草田男
元日やしろかねの餅こかねの蜜柑 正岡子規 元日
元日やしんと遺影のあることも 飯田龍太
元日やとてもの事に死で見ん 正岡子規 元日
元日やはげしき風もいさぎよき 日野草城
元日やふしへものほる人心 正岡子規 元日
元日やふじ見る國はとことこぞ 正岡子規 元日
元日やむしろ屏風に梅のかげ 正岡子規 元日
元日やゆくへもしれぬ風の音 渡邊水巴 白日
元日やホテルの弓場は的を置かず 山口誓子
元日やホテルの曲は数へ唄 村山故郷
元日や一系の天子富士の山 内藤鳴雪
元日や一輪開く福壽草 正岡子規 元日
元日や上野の森に去年の月 正岡子規 元日
元日や二十六年同じこと 正岡子規 元日
元日や何やら語る鶴四五羽 正岡子規 元日
元日や入日に走る宇治の水 渡邊水巴 白日
元日や勅使の橋に松の影 正岡子規 元日
元日や十六ミリの中に我 阿波野青畝
元日や四十漢の広額 西島麦南 人音
元日や夕照走る剱ケ峰 渡邊水巴 富士
元日や多摩を鎮護の高尾山 水原秋櫻子 殉教
元日や如何なる時も松は松 桂信子 草影
元日や富雄平凡極まれり 右城暮石 句集外 昭和二十二年
元日や寺にはひれば物淋し 河東碧梧桐
元日や小松が中を通ひ路 右城暮石 句集外 昭和三年
元日や影を静めて飾太刀 日野草城
元日や忘られてゐし白兎 飯田龍太
元日や戦も恋もかなしきを 山口青邨
元日や新苫かけてもやひ船 高野素十
元日や日のあたりをる浅間山 臼田亜郎 定本亜浪句集
元日や日の暮れ方に子守唄 鷹羽狩行
元日や日も出ぬさきの不二の山 正岡子規 元日
元日や曙染の振小袖 正岡子規 元日
元日や朝からものゝ不平なる 正岡子規 元旦
元日や朝日に鶴の羽つくろひ 正岡子規 元日
元日や枯水の宿の薄曇り 村上鬼城
元日や枯菊殘る庭のさき 正岡子規 元日
元日や枯野のごとく街ねむる 加藤秋邨
元日や桃色発し河馬健康 岡井省二 猩々
元日や氷山と見ゆ大議事堂 渡邊水巴 富士
元日や浜の揚船およそ百 福田蓼汀 山火
元日や海兵團の坊主桐 三橋敏雄
元日や炬燵の上に受験の書 相馬遷子 雪嶺
元日や煙突よぎる鴎どり 石田波郷
元日や玩具の驢馬が口を開け 山口青邨
元日や異人の妻の日本人 日野草城
元日や百の軸の来時ノ詩 村山故郷
元日や窓に興福寺塔を置き 村山故郷
元日や耳もとで振り小貝の音 細見綾子
元日や蘇鐵に動く風もなし 正岡子規 元日
元日や見直すふじの去年の雪 正岡子規 元日
元日や親子七人梅の花 内藤鳴雪
元日や起居の風をひとりたて 石川桂郎 高蘆
元日や軒深々と草の庵 原石鼎 花影
元日や道を踏みくる鳩一羽 石田波郷
元日や部屋に浮く塵うつくしき 相馬遷子 山国
元日や都の宿の置巨燵 正岡子規 元日
元日や酔むつまじき美夫醜婦 日野草城
元日や金の話のかしましき 正岡子規 元日
元日や金星の野づら火を焚かず 渡邊水巴 富士
元日や門松に照る朝日影 正岡子規 元日
元日や風とほりゆく草の形 藤田湘子
元日や餅二日餅三日餅 尾崎放哉 大学時代
元日や鯉口に袖たたみこみ 石川桂郎 四温
元日や鶴の絵のこる一瓶子 水原秋櫻子 緑雲
元日や鶴も飛ばざる不二の山 正岡子規 元日
元日をお濠に眠るかもめ哉 正岡子規 元日
元日をかるくをり雲浮くごとく 森澄雄
元日を友と出歩く足墓地へ 右城暮石 句集外 昭和三十二年
元日を天地和合のはじめ哉 正岡子規 元日
元日を御濠の鴎とも知らず 正岡子規 元日
元日を白く寒しと昼寐たり 西東三鬼
元日を祝ふ嘉例の武鯛あり 高野素十
元日を訪うて活けある蘭の白 岡井省二 鹿野
元日を訪へば飯食ひゐたる友 右城暮石 句集外 昭和三十年
元日を鯉とゐる人うするる人 斎藤玄 狩眼
元日午前あり午後ありことし先ず夕べとなる 荻原井泉水
元日太古のごとしとは耳聾いて音もなし 荻原井泉水
元日新しき足袋をはく幼きときより 荻原井泉水
元日暮れたりあかりしづかに灯して 尾崎放哉 大正時代
元日暮れて月天子しずしずと登り 荻原井泉水
元日暮れ七十九齢一と日過去 富安風生
午後の茶を飲めば元日すでに蒼し 相馬遷子 雪嶺
厠までの 元日の景 寝ぐらし母 伊丹三樹彦
口噤む憤らねば来ぬ元日か 加藤秋邨
喪にこもり元日の声を四方に聴く 桂信子 月光抄
喪にこもり元日の陽をわが膝に 桂信子 月光抄
四角な庵の元日 尾崎放哉 小豆島時代
墓の裏から元日の雀翔ぶ 飯田龍太
墓掃いて元日のこと終りけり 亭午 星野麥丘人
夕日さす元日の野の水緊り 原裕 葦牙
大三十日愚なり元日猶愚也 正岡子規 元日
大浪に乗り元日の群鴎 岸田稚魚
大酔の客に元日終りけり 日野草城
天龍寺屋根元日の石叩 岡井省二 鹿野
妻の制止する元日の釘を打つ 右城暮石 声と声
子を膝にのせ元日も凡の顔 伊丹三樹彦
就中梅元日の姿なる 正岡子規 元日
山が山を生みたるも元日の咄 橋閒石 微光
山の裏にも家がある元日の裏山に登り 荻原井泉水
山や野を歩き元日熟睡す 平畑静塔
川原寺跡元日の凧揃ふ 石田勝彦 雙杵
年々に元日淡くなりまさる 相馬遷子 雪嶺
庭すこし踏みて元日暮れにけり 渡邊水巴 白日
日のさし元日の日であるさしひろがり 荻原井泉水
日暮れてはつねの老人お元日 大野林火 月魄集 昭和五十六年
昼は池の氷に日がさしてきて元日 荻原井泉水
昼過ぎて元日の閑水仙に 森澄雄
暦見れば大安とありお元日 村山故郷
木綿縞着て元日を坐りをり 細見綾子
枯山の柔らかきかなお元日 高田風人子
枯木照り元日の煙草手に白し 渡邊水巴 富士
枯葉鳴る静かさに居りお元日 臼田亜郎 定本亜浪句集
梅よりも松の、松よりも杉の空が元日 荻原井泉水
椋鳥叫喚す元日の潮の上 飯田龍太
正しくも時の歩みやお元日 松本たかし
歩道橋元日の妻が渡りをり 村山故郷
水底に元日の日のあふれけり 大野林火 青水輪 昭和二十七年
池も氷らぬ元日のつくばいの水がいつぱい 荻原井泉水
海苔拾ふ元日の脛波立たす 秋元不死男
温泉こんこん元日まず裸になる 荻原井泉水
灯を消して元日と申庵哉 正岡子規 元日
炊煙が這ふ元日の溝明り 原裕 葦牙
狐松老鶴元日の雨うつくしく 山口青邨
生れ在所は元日も地震のなか(某女・幼時有珠山麓に過ごせしと聞けば) 飯田龍太
町はづれ元日らしからぬ家よ 正岡子規 元日
病室に元日の雨の傘をつく 石田波郷
白き猫来ぬ元日の朴の下 星野麥丘人
白妙の不尽見て立てり日の始 正岡子規 元日
皹の踵が疼くお元日 佐藤鬼房
禰宜だちよ元日のいはれ物語れ 正岡子規 元日
篤と掃く元日の墓雨乍ら 星野麥丘人
縁側の日にゑひにけりお元日 村上鬼城
若き元日易々として死を口にせる 加藤秋邨
葱も見つ元日の道まつすぐに 渡邊水巴 富士
薫風や元日から咲く桜草 渡邊水巴 白日
虚子庵のいつもの部屋やお元日 松本たかし
蝋涙しげく元日のマリヤさま 山口青邨
裸木といふ元日のやすけさよ 飯田龍太
起きぬけに肺一薬のお元日 角川源義
逞しき木に元日の虚空あり 飯田龍太
間除日間元日に魁けき 相生垣瓜人 明治草
障子のややすすけたる元日おだやかな日のさし 荻原井泉水
雑草ばかり日があたつているのも元日 荻原井泉水
雨ことに壺のまはりの暗い元日 桂信子 晩春
雪の戸にいつまで寝るや御元日 前田普羅 普羅句集
雪ふるや洛陽の元日うつくしき 正岡子規 元日
雪掻いて元日の墓洗ひけり 星野麥丘人 2005年
雲も無し元日、月出でて珠のごとし 荻原井泉水
霽れて元日の水がたたへていつぱい 種田山頭火 草木塔
頬に餅花吊りておどけて元日なり 伊丹三樹彦
顔洗ひゐる元日の末娘 飯田龍太
風やんでけさ元日となりにけり 正岡子規 元旦
風凪でけさ元日となりにけり 正岡子規 元日
風吹てても元日の覺束な 正岡子規 元日
風船がゆく元日の船の上 飯田龍太
鳥の音もなく元日の顔洗ふ 橋閒石 雪

元日 続補遺

ひた喰に元日好キの我等やら 木因
ほんのりとほのや元日なりにけり 上島鬼貫
やつと来た元日が只一日かな 田川鳳朗
一とせの元日せうぞさびはなし 鈴木道彦
上下でそろばん覗く宵の年 路青
世に住ば元日世話し箸三度 田川鳳朗
人も茶も初むかしなり夏木立 中川乙由
元日ちやつら~つばき玉椿 吾仲
元日と思ひの儘の朝寐かな 高桑闌更
元日に敷ばや真野のあら莚 正秀
元日に誰が越ゆく不破の関 小春
元日のひかりや竹の濃紅葉 荷兮
元日の居ごゝろや世にふる畳 炭太祇
元日の底の見ゆるや五十鈴川 田川鳳朗
元日の日のさす眉のあはひかな 田川鳳朗
元日の昼のこゝろや高楊枝 馬場存義
元日の木の間の競馬足ゆるし 重五
元日の松はあふぎの要かな 百里
元日の炭売十の指黒し 其角
元日の酔詫に来る二月哉 高井几董
元日の雲かさなりてさくら哉 高井几董
元日はあらたまりたる寒さかな 卓池
元日はかくて二日の待れける 桜井梅室
元日は侘人更になかりけり 杉風
元日は土つかうたる顔もせず 去来
元日は明すましたるかすみ哉 一笑(金沢)
元日も二日になりつ三日の月 五明
元日も旅人を見る大路かな 沾徳 一字幽蘭集
元日も身は山雀のふくべ哉 越人
元日も過ぎゆくくさの扇かな 成美 成美家集
元日も過ゆくくさの扉かな 夏目成美
元日やうしろにちかき大三十日 完来
元日やおもへばさびし秋の暮 芭蕉 続深川集
元日やかいこの中の哥之助 琴風
元日やくらきより人あらはるゝ 加藤曉台
元日やこがねの鞍に馬白し 曽良
元日やこの曙はさあいくら 三升 江戸の幸
元日やさてよし原は静なり 抱一 軽挙観句藻
元日やされば野川の水の音 小西来山
元日やずいと延たる木々の枝 芙雀
元日やたゝみのうへにこめ俵 北枝
元日やはれて雀のものがたり 服部嵐雪
元日やふくべの艶をなぶりけり 凉菟
元日やまだ片なりの梅の花 猿雖
元日やまだ隅々は宵のちり 良品
元日やむらさき懸緒秋津国 千里 江戸名物鹿子
元日やよどまぬ水の帆懸舩 馬場存義
元日や一の秘蔵の無分別 木因
元日や万代含む鷹の声 木導
元日や二日はあれど翌はなし 桜井梅室
元日や人の世人に顕はるゝ 長翠
元日や人の妻子の美しき 桜井梅室
元日や仏法いまだ注連の外 蓼太 蓼太句集二編
元日や何さま家の政事 三宅嘯山
元日や先づ住吉の雀おき 貞佐 桑々畔発句集
元日や八景つぼむ潮の華 野坡
元日や夜ふかき衣のうら表 千川
元日や大樹のもとの人ごゝろ 白雄 白雄句集
元日や夫婦の中に猿の膝 百里 類柑子
元日や家に譲りの太刀帯かん 向井去来
元日や山も別ある遠筑波 馬場存義
元日や峰をさだむるひがし山 成田蒼虬
元日や常に見る子のうつくしき 木因
元日や我つゝ立て峰の長 野坡
元日や我のみならぬ巣なし鳥 小林一茶
元日や扇をさして渡し守 木因
元日や晴てすゞめのものがたり 嵐雪
元日や晴れて雀のものがたり 嵐雪 其袋
元日や月見ぬ人の橋の音 其角
元日や松静かなる東山 高桑闌更
元日や松静なる東山 高桑闌更
元日や板倉殿も御命日 許六
元日や此心にて世に居たし 高桑闌更
元日や此気で居たら九千歳 素丸 素丸発句集
元日や浅草の寺社残りなく 柳居 柳居発句集
元日や海を休メてうみの種 百里
元日や漸~うごく紙鳶 嵐雪
元日や玉に角ある人ごゝろ 桜井梅室
元日や神の鏡に餅の影 木導
元日や竃のうへのはるがすみ 完来
元日や笑ふ声なる六つの鐘 寥松 八朶園句纂
元日や笑ふ声なる六ッのかね 寥松
元日や老法師さへ身だしなみ 知足
元日や胡桃のあぶら鼻油 正秀
元日や花咲春は屠蘇の酒 杉風
元日や茶に手馴たる下座道具 怒風
元日や草の戸越の麦畠 黒柳召波
元日や関東衆の国ことば 許六
元日や雑煮むつかし焼て喰 小西来山
元日や頭にゐます弓箭神 田川鳳朗
元日や鬼ひしぐ手も膝の上 桜井梅室
元日を起すやうなり節季候 其角
家なしも江戸の元日したりけり 一茶 七番日記
此中に明日元日もおかしけれ 吏登 吏登句集
胆ゆるぐ人元日を眠キ也 挙白
草でさへ元日毎に開きけり 木因
蚊の声に秋の元日明にけり 三宅嘯山
高砂や去年を捨てつつ初むかし 上島鬼貫

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:50 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

元旦 の俳句

元旦 の俳句

元旦

例句を挙げる。

つねの声にして元旦の己がこゑ 野澤節子 『駿河蘭』
もう退けぬ盲ひの歩み元旦なり 豊山千蔭
不意のごと元旦は来ぬ一つ星 殿村菟絲子 『晩緑』
元旦 雲もなき珠の如き空の うちに居り 荻原井泉水
元旦に寝てみぞおちを水の音 中拓夫 愛鷹
元旦に母が犯されたる証し義姉は十月十日の生れ 浜田康敬
元旦に酒酌まぬ今年ばかりかな 乙字俳句集 大須賀乙字
元旦のひかり 山垣も 萬葉のままではない 吉岡禅寺洞
元旦のまづ鬼城句を誦しけり 松本旭
元旦のわが心臓の悪魔のトリルよ 夏石番矢
元旦の一匹分の犬の餌 桑原三郎 晝夜
元旦の一字も置かぬ原稿紙 神蔵 器
元旦の仏に灯し絵蝋燭 撫養百美
元旦の入口のなき霜柱 星野紗一
元旦の塵ごと朱杯いただきぬ 永井龍男
元旦の夜や子の椅子に腰おろす 横山白虹
元旦の大安日や初暦 皿井旭川
元旦の大計を載せ肘枕 辻田克巳
元旦の孤独を映画館にもまれ 藤木清子
元旦の広場の雀かくれもなし 榎本冬一郎
元旦の日が降りてくる鎖樋 高澤良一 ねずみのこまくら
元旦の日記を筆の初かな 会津八一
元旦の最初の客の皓歯かな 能村登四郎 民話
元旦の机邊親しむ心あり 稲畑汀子
元旦の構図 光りは テレビ塔にある 吉岡禅寺洞
元旦の槙をめぐりて何の鳥 中村祐子
元旦の浮雲もなく疲れゐる 宮武寒々 朱卓
元旦の海かたぶけて初日の出 中勘助
元旦の漁港鳶の輪の中に 福川悠子
元旦の灯を明るうし夫婦あり 高木晴子 花 季
元旦の田ごとの畦の静かかな 阿波野青畝
元旦の畦のしづかにならびたる 長谷川素逝 村
元旦の真たゞ中にわれひとり 川村 千英
元旦の眼を瞋りたる達磨かな 会津八一
元旦の羽音より濃きものはなし 藤田湘子
元旦の老松皮を固めけり 渡邊水巴 富士
元旦の聖書重たしたなごころ 古賀まり子 緑の野
元旦の雀や母のまだ覚めず 古賀まり子 緑の野以後
元旦の頭中の鯉は異なるもの 斎藤玄 雁道
元旦の顔を小さく洗ひけり 本宮哲郎
元旦の鯛焼き返す二日かな 角川春樹
元旦やいつもの道を母の家 星野立子
元旦やいつもの音にいつもの戸 吉田鴻司
元旦やくらきより人あらはるゝ 暁台
元旦やたたみの上にこめ俵 北枝
元旦やひのまるといふ降伏の旗掲げつつ家いへしづか 小池光
元旦やふどしたゝんで枕上ミ 村上鬼城
元旦や分厚き海の横たはり 大串章
元旦や前山颪す足袋のさき 飯田蛇笏 山廬集
元旦や古色めでたき庵の妻 日野草城
元旦や子供三人鶏三羽 福田蓼汀
元旦や子供等は皆人となり 寺田寅彦
元旦や寒気の匂ひ菊の如し 渡邊水巴 富士
元旦や晴れてすゞめのものがたり 嵐雪
元旦や暗き空より風が吹く 青木月斗(1879-1949)
元旦や爺と婆とが子宝湯 後藤綾子
元旦や畳にひろふ毛糸の屑 加藤楸邨
元旦や白き雲立つ海の上 会津八一
元旦や神代のことも忍ばるゝ 守武
元旦や赤城榛名の峰明り 村上鬼城
元旦や遠き島より来し便り 上村占魚 鮎
元旦や鐘鳴る方へ鳩の歩も 山崎 篤
元旦や顔を捨てたるごとくゐて 小島千架子
剃刀負けして元旦の顔となる 辻美奈子
大月のまゝに元旦こえにけり 原石鼎 花影以後
年々に元旦淡くなりまさる 相馬遷子
明日は元旦「少年王者」悪に勝つ 磯貝碧蹄館 握手
水の根の元旦奏ず山の中 松根久雄
父となる元旦の時刻々に 斉藤夏風
白鳥に元旦の餌の届きけり 三橋迪子
相摶つて元旦の霰いさぎよし 河野南畦 『風の岬』
石も元旦である 橋本夢道 良妻愚母
老い母も愛嬌元旦から転び 河野南畦 『空の貌』
風垣の日向となりぬお元旦 金尾梅の門 古志の歌
鷺の白さで元旦の妻高笑ひ 佐川広治
まちまちに覚めて元朝の顔そろふ 横山房子
何流れゆく元朝の吉野川 岡本高明
元朝 今日だけでも ジェット機よとぶな 吉岡禅寺洞
元朝に生まれし子牛しかと立つ 五十嵐波津子
元朝に生れて元の名を賜ふ 下村ひろし 西陲集
元朝に絞りし酒ぞ潔し 山川喜八
元朝のつら~誦する懺悔文 森永杉洞
元朝のふかく目覚めし風の音 山口草堂
元朝のまだ暗きより磧温泉へ 松尾緑富
元朝のオルゴール「信濃の国」のうた 木村蕪城 寒泉
元朝のサボ新しき修道士 松本あきまろ
元朝の一湖を拓く鴨の陣 原裕 『青垣』
元朝の一献阿弥陀如来にも 尼子 凡女
元朝の三和土日のさし苞の鯉 澤井我来
元朝の上野静かに灯残れり 正岡子規
元朝の凍ての極みの墨を磨る 中島斌雄
元朝の吹かれては寄る雀二羽 加藤知世子 黄 炎
元朝の天声地音まだ聞かず 細木芒角星
元朝の山越えていま障子に日 永井東門居
元朝の御門あきたり二重橋 松根東洋城
元朝の日がさす縁をふみありく 臼田亞浪 定本亜浪句集
元朝の晴れ曇りまた晴れにけり 小澤碧童 碧童句集
元朝の梟鳴くなり瑞泉寺 皆川白陀
元朝の母に仕へて正信偈 塩谷かずを
元朝の氷すてたり手水鉢 高浜虚子
元朝の泳者ぞ潜く浪の音 石川桂郎 四温
元朝の浜に溢るる大漁旗 石丸泰子
元朝の海へ漕ぎ出て舟神楽 岡村紀洋
元朝の焼嶽の頂蓮華座に 宮武寒々 朱卓
元朝の燭を掲げて仕込蔵 星野佑美
元朝の父こまごまと侍かれ 永井龍男
元朝の祗園はよかり白朮酒 後藤比奈夫 紅加茂
元朝の空侵しゆく鴨のこゑ 原裕 青垣
元朝の薄日黄ろき大路かな 内田百間
元朝の薄曇なる庭の匂ひ 内田百間
元朝の見る物にせん富士の山 山崎宗鑑
元朝の護摩焚いてをり滝の前 角川春樹 夢殿
元朝の音のすなはち海苔砧 青木重行
元朝の鮒たべてはやなまぐさし 中山純子 沙 羅以後
元朝や「胡馬採録」の詩章読む 小原菁々子
元朝やほど経しよりの人通り 小林晨悟
元朝や一鳥もなき朝茜 原コウ子
元朝や二世に仕へ式部官 東洋城千句
元朝や人々の足地に接し 清水昇子
元朝や今年ものぼる白鷺城 五十嵐播水 播水句集
元朝や去年の火残る置炬燵 日野草城
元朝や夫の釣りたる鯛を焼く 本間みち子
元朝や婆羽子突いて座の興に 小原菁々子
元朝や家紋さだかに床の物 河野南畦 湖の森
元朝や屋根雪落ちて四方の音 高田蝶衣
元朝や山に離れて山を見る 斎藤梅子
元朝や恍惚として指の傷 岸田稚魚 筍流し
元朝や未だつくろはぬ妹が髪 柴田宵曲
元朝や朱塗りの馬車の一家族 池内友次郎 結婚まで
元朝や真水のごとき佛の間 長谷川せつ子
元朝や真鯛の口の一文字 今泉貞鳳
元朝や祝祷の比丘五百人 河野静雲 閻魔
元朝や神代の事も思はるゝ 守武
元朝や窓に横たふ梅一枝 竹冷句鈔 角田竹冷
元朝や笛吹く鳥を鳶と云ふ 藤森成吉 蝉しぐれ
元朝や船をめぐりて青海波 上ノ畑楠窓
元朝や阿弥陀をろがむ主にて 野村喜舟 小石川
元朝や飲食初めに漢方薬 関森勝夫
元朝や鼠顔出すものゝ愛 炭 太祇 太祇句選
元朝を伊勢や熊野の冬の人 京-晩山 元禄百人一句
御燈によき元朝のけしきかな 増田龍雨 龍雨句集
鶴ケ岡や元朝の女色らみな舞はむ 日夏耿之介 溝五位句稾
こぼれ温泉の凍てたるを踏み大旦 木村蕪城 寒泉
どの海も海と繋がる大旦 辻美奈子
ひたすらに風が吹くなり大旦 中川宋淵(1907-84)
ふるさとの富士と真向ふ大旦 中村苑子
まづもつて点す灯のあり大旦 手塚美佐 昔の香
よろこんで海を見にゆく大旦 星野麦丘人
わが椅子のバネの健在大旦 西谷孝
万燈に闇生きてゐる大旦 狹川青史
人てふは影にすぎざり大旦 齋藤玄 『無畔』
北斉の涛たちあがる大旦 服部佐多江
十匹の猫も座を占め大旦 佐藤和夫
厠紙あらあらしくも大旦 中田剛 珠樹以後
大旦はじめの言葉嬰が出す 長谷川双魚 『ひとつとや』
大旦むかし吹きにし松の風 上島鬼貫
大旦出雲の国の日浴びたり 大橋敦子
大旦昨日と違ふ風が吹く 高田潤一
大旦血はさらさらと流れをり 中澤康人
奥の湯へ橇おしのぼる大旦 小林碧郎
床鳴らす馬に飼ひ葉や大旦 黒沢貞夫
戸々の屑集ひ富士形大旦 香西照雄 対話
手のとどくところに鈴や大旦 村越化石
撫でて在る目のたま久し大旦 三橋敏雄 眞神
旧景が闇を脱ぎゆく大旦 中村草田男(1901-83)
松毬の燠浄らかに大旦 大竹孤悠
柿あれば柿うごきそむ大旦 斎藤玄 雁道
檻の中めし粒散つて大旦 吉本伊智朗
民法を繙いてゐる大旦 森井美知代
浦凪ぎて噴湯すなほに大旦 前田鶴子
海か河かうごく頻波大旦 竹中宏 句集未収録
湧くごとく鶫飛び立つ大旦 森 玲子
潮いまむらさきなせり大旦 伊丹さち子
獣園の鬱と晴れたる大旦 長谷川双魚 風形
百鶏に水ゆきわたる大旦 中島畦雨
睾丸の精神赭し大旦 永田耕衣 自人
神の火の煤が降りけり大旦 藤井 瞳
竜神の海千山千大旦 実籾 繁
竹ゆれてしづかに来たる大旦 上田貴美子
裏山にまずものを言う大旦 杉本雷造
覚めてわが息静かなる大旦 下村ひろし 西陲集
野の音は雲にとどかず大旦 藤田湘子
鉄柵の基地静まれり大旦 中林利作
銀鼠に空の整ひ大旦 高澤良一 寒暑
雪の田の上に雪舞ふ大旦 坂本山秀朗
雪沓のきしみゆくより大旦 金尾梅の門 古志の歌
響くもの地にこもらせて大旦 六本和子
鶏旦やわたつみになほ星のこり 森澄雄
むらぎもの据り処を歳旦吟 高澤良一 寒暑
力んだりするから額縁歳旦吟 高澤良一 鳩信
南山を流るる水や歳旦 露月句集 石井露月
回顧詠ばかりに尽きぬ歳旦吟 高澤良一 随笑
宝刀の切字を頼む歳旦吟 高澤良一 ぱらりとせ
歳旦のわれは硯のあるじかな 小澤碧童 碧童句集
歳旦の人住む筧溢れけり 鈴木頑石
歳旦の光芒を統べ神の犬 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
歳旦の大河となつて音たてず 長谷川かな女 花寂び
歳旦の幣なびかせぬ滝の神 羽田岳水
歳旦の息昂ぶらせ庭の犬 河野南畦 湖の森
歳旦の海凪ぐと見て戻りけり 福永耕二
歳旦の目出度きものは念仏かな 大谷句佛 我は我
歳旦の砂丘涅槃のごとくにも 中島南北
歳旦の雲ちりぢりに犬ねむる 加藤楸邨
歳旦やからかひ心大事とし 高澤良一 燕音
歳旦や扇開きにうろこ雲 伊東宏晃
歳旦や芭蕉たゝへて山籠り 飯田蛇笏 霊芝
歳旦や虚構す文字の冴えやすし 松澤昭 神立
歳旦吟それらしく詠む其処が駄目 高澤良一 随笑
歳旦吟二三打出の小槌より 高澤良一 さざなみやっこ
歳旦吟何処となく腹座らざり 高澤良一 さざなみやっこ
歳旦吟作り今からそんな莫迦な 高澤良一 鳩信
歳旦吟古風当風張り合うて 高澤良一 鳩信
歳旦吟活字大きく胸を張り 高澤良一 随笑
歳旦吟言葉飾らぬ生地の佳さ 高澤良一 燕音
歳旦吟踏まえ所が大事なり 高澤良一 宿好
谷戸を出て歳旦の海しづかなる 渡辺大年
鶏冠は歳旦の日をあつめたり 佐川広治
歳旦吟大き活字で無難なり 高澤良一 随笑
ザラ紙に鉛筆とりて歳旦吟 高澤良一 石鏡
我が起てる埃の見ゆる大旦 高澤良一 石鏡
あべこべに肌着着たるか大旦 高澤良一 石鏡
元朝の煙草を買ひにボテボテ着 高澤良一 暮津

元旦 補遺

QorS形梵天大糞古元旦 永田耕衣
いのちなりけり元旦の粥の膜ながれ 能村登四郎
うつかりと元日の朝の長寢哉 正岡子規 元旦
うひうひし妻と相対ひ元旦なり 日野草城
かくなれば百歳に挑む大旦 山口青邨
けさはけさの日がさしてきて元旦照りわたり 荻原井泉水
こぼれ温泉の凍てたるを踏み大旦 木村蕪城 寒泉
と見かう見して元旦の巣箱出ず 鷹羽狩行
まだ夜なり西のはてには今朝の不二 正岡子規 元旦
むくろじの空ひろごりし大旦 亭午 星野麥丘人
ゆきつばきいしくも咲けり大旦 山口青邨
をちに犬こちに鶏大旦 鷹羽狩行
人はいさ吾は元旦の日章旗 林翔
今年はと思ふことなきにしもあらず 正岡子規 元旦
元日や朝からものゝ不平なる 正岡子規 元旦
元旦に淵明集が祭られき 相生垣瓜人 明治草
元旦に追つかれけり破衾 正岡子規 元旦
元旦に鳴神勇む音すなり 相生垣瓜人 明治草
元旦のしじまは欲らず軍靴征き継げ 伊丹三樹彦
元旦のつたなき吟や神の前 山口青邨
元旦の一艇水先案内す 阿波野青畝
元旦の位牌笑つてゐるやうな 鈴木真砂女 紫木蓮
元旦の埠頭に瀬戸の舟つけり 杉田久女
元旦の墓に詣でゝ落ちつきぬ 星野立子
元旦の天色類を絶しけり 相生垣瓜人 明治草
元旦の日矢摩利支天岳剣が受く 山口青邨
元旦の最初の客の皓歯かな 能村登四郎
元旦の未だ踏まれざる蓆道 能村登四郎
元旦の歯をていねいにみがきけり 日野草城
元旦の汽罐車とまり大きな黒 加藤秋邨
元旦の海昏れかかる味気なさ 鈴木真砂女 都鳥
元旦の深山鴉のなまめかし 橋閒石 微光
元旦の火種絶えたる竃口 飯田龍太
元旦の焜炉をあふぎはじめけり 日野草城
元旦の爪だつ素足見てさめき 加藤秋邨
元旦の産屋の吾子に今見ゆ 高田風人子
元旦の畦のしづかにならびたる 長谷川素逝 村
元旦の老松皮を固めけり 渡邊水巴 富士
元旦の賀客即ち見舞客 石塚友二 玉縄以後
元旦の道紅天馬紅蝙蝠 山口誓子
元旦の頭中の鯉は異なるもの 斎藤玄 雁道
元旦の餅を焦せしあろじかな 日野草城
元旦の馬子よりも馬うなづきて 平畑静塔
元旦の馬車見る人や丸の内 正岡子規 元旦
元旦やいつもの道を母の家 星野立子
元旦やされば野川の水の音 小西来山
元旦やふどしたゝんで枕上ミ 村上鬼城
元旦や二十五年のひとりもの 日野草城
元旦や前山颪す足袋のさき 飯田蛇笏 山廬集
元旦や力を出さず声立てず 桂信子「草影」以後
元旦や古色めでたき庵の妻 日野草城
元旦や大樹のもとの人ごゝろ 加舎白雄
元旦や寒気の匂ひ菊の如し 渡邊水巴 富士
元旦や小柄ながらも伊勢の鶏 阿波野青畝
元旦や束の間起き出で結び髪 杉田久女
元旦や生簀ごもりの海老鮑 鈴木真砂女 居待月
元旦や老松我を撞く鐘ぞ 永田耕衣
元旦や船総揚げの船溜り 鈴木真砂女 居待月
元旦や遠き島より来し便り 上村占魚 鮎
元朝といふ別々の寒さあり 飯田龍太
元朝と思ひしもすぐ薄暑めき 高田風人子
元朝にして黒猫の爪の音 飯田龍太
元朝にはくべき物や藁草履 風国
元朝に何もいそがぬ徳ひとつ 曽良
元朝の 沐浴以前 以後の群 伊丹三樹彦
元朝のやはらかき日や廻り来し 石塚友二 玉縄以後
元朝のオルゴール「信濃の国」のうた 木村蕪城 寒泉
元朝の上野靜かに灯殘れり 正岡子規 元旦
元朝の不二ふたつ見んうらやまし松窓乙二
元朝の兵浴場美き裸像溢れ 伊丹三樹彦
元朝の市電市バスの動けるよ 右城暮石 句集外 昭和三十七年
元朝の日がさす縁をふみありく 臼田亜郎 定本亜浪句集
元朝の泳者ぞ潜く浪の音 石川桂郎 四温
元朝の真白なる挙手ゆききせり 伊丹三樹彦
元朝の祇園はよかり白朮酒 後藤比奈夫
元朝の空侵しゆく鴨のこゑ 原裕 青垣
元朝の虹の立ちたること知るや 稲畑汀子
元朝の遠火事に覚め居たりけり 岡本眸
元朝やいやしからざる麦のいろ 卓池
元朝やしみじみと吾が赭ら顔 松崎鉄之介
元朝やそろ~明て何小紋 許六
元朝やよつにたゝみし帋衾 成田蒼虬
元朝やわれは神國の男なり 正岡子規 元旦
元朝や何となけれど遅ざくら 路通
元朝や去年の火残る置炬燵 日野草城
元朝や器に遊ぶ氷ども 木因
元朝や声先んじて晴れをいふ 能村登四郎
元朝や恍惚として指の傷 岸田稚魚 筍流し
元朝や皆見覺の紋處 正岡子規 元旦
元朝や神代のことも思はるゝ 荒木田守武
元朝や米くれさうな家はどこ 正岡子規 元旦
元朝や虚空暗く但不二許り 正岡子規 元旦
元朝や起されてゐる宿の天 日野草城
元朝や車ときめく二重橋 正岡子規 元旦
元朝や飛鳥の村の鍬一丁 有馬朗人 知命
元朝や鼠顔出すものゝ愛 炭太祇
凡おもつて見れば当流の歳旦や神代の歌 知足
千代田城松みどりなる大旦 飯田蛇笏 白嶽
古男にも元朝の力瘤 後藤比奈夫
国~の歳旦しれし此三十日 子珊
大仏の頭に元朝は神のこゑ 飯田龍太
大旦しづごころなき八幡駒 山田みづえ まるめろ
大旦なりけり海老寝より覚めて 能村登四郎
大旦なり枕ばなれも常ならず 能村登四郎
大旦むかし吹きにし松の風 上島鬼貫
大旦深き靨の衰へに 飯島晴子
大旦老松は猶秋深し 永田耕衣
大月のまゝに元旦こえにけり 原石鼎 花影以後
戸々の屑集ひ富士形大旦 香西照雄 対話
排泄を神と思い遅れけり大旦 永田耕衣
撫でて在る目のたま久し大旦 三橋敏雄
旧景が闇を脱ぎゆく大旦 中村草田男
更けし元旦音あるやうななきやうな 鈴木真砂女 都鳥
柴山の柴のにぎはひ大旦 鷹羽狩行
柿あれば柿うごきそむ大旦 斎藤玄 雁道
樹々の雪かたみにはぜて大旦 角川源義え
正邪みな前向きすすむ大旦 中村草田男
歳旦の墓のほかわが訪ふ師なし 安住敦
歳旦や芭蕉たたへて山籠り 飯田蛇笏 山廬集
歳旦や芭蕉たゝへて山籠り 飯田蛇笏 霊芝
牙郎点者歳旦帳や相場状 越人
物音もなく元旦の明けにけり 松崎鉄之介
琴その他元旦の音野に出でゆく 岸田稚魚 雁渡し
琴其の他元旦の音野に出でゆく 岸田稚魚 負け犬
祝聖の灯に靄だちて大旦 飯田蛇笏 心像
空が空一いろの元旦 荻原井泉水
総理石をかたりて元旦あたたかきは好し 荻原井泉水
草に木に好い雨が元旦しずかな人間に雨 荻原井泉水
虚空ゆく禽の目ふたつ大旦 藤田湘子 てんてん
袴著の足が痺れる大旦 佐藤鬼房
野の音は雲にとどかず大旦 藤田湘子
鐘撞くや天割れ地割れ大旦 永田耕衣
風やんでけさ元日となりにけり 正岡子規 元旦
風吹てつめたき年のあした哉 正岡子規 元旦

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:46 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

宵の年 の俳句

宵の年 の俳句

去年

例句を挙げる。

こころの火落して睡る初昔 鈴木鷹夫
こんな句が先師にありて初昔 高澤良一 燕音
つくばひの氷一片初昔 井沢正江 湖の伝説
ひかり食む牛の反芻初昔 飯田綾子
わが影に初昔とは懐しき 原コウ子
初昔子は湯ぶとりか寝ぶとりか 赤松[ケイ]子
後山の月甕のごとし初昔 飯田蛇笏 春蘭
昆布の香厨に残る初昔 秋川ハルミ
樫の根の忘れ箒も初むかし 児玉南草
歯が一つかけたるままや初昔 遠山草太郎
灯を消してよりありありと初昔 鷲谷七菜子
練炭に残るほむらの初昔 岡田 耕治
美しき鯉魚と群れゐし初昔 上田五千石 琥珀
雲表にみゆる山巓初昔 飯田蛇笏
高砂や去年を捨てつつ初むかし 上島鬼貫
古年の礼ねんごろに母在せり 宮田正和
古年の老酒にうたの頬染めし 深谷雄大
古年の風かけのぼる椋大樹 山田みづえ
悔いもなく古年うせる侘寝かな 飯田蛇笏
手にし出づ吾が旧年のホ句手帳 河野静雲 閻魔
旧年という水槽のごときもの 矢島 惠
旧年の畑に忘れし手鍬かな 小泗
旧年の足跡すでに凍てゆるむ 角川源義
旧年の闇ためてゐる落葉山 中山一路
旧年を坐りかへたる机かな 素琴
竹林に旧年ひそむ峠かな 鶏二
かゝげたる燭の火明し宵の年 名和三幹竹
宿直する顔も古りたり宵の年 名和三幹竹
ちんぽ皆ぶらさげ正月の朝湯も去年の顔触れ 橋本夢道 無礼なる妻
はつ夢や正しく去年の放し亀 言水
ほりかけの臼に残るや去年の雪 沖の家
まだ去年の暦も棚に寒さ哉 横井也有 蘿葉集
ブルトーザー去年の位置のまゝにあり 岸風三樓
ペン措きて去年の日記となりにけり 佐々木遡舟
元朝や去年の火残る置炬燵 日野草城
初燈去年を雌伏の年として 倉田春名
北限に墨引くごとし去年の貨車 大郷石秋
去年となる一瞬生れし男の子あり 下村ひろし
去年に似てどこやら霞む年の内 鬼貫
去年に似て今春めくや人の顔 斧寛
去年の土つけしまま鍬立つてをり 大串章
去年の実の柘榴にありて雪降れり 永井龍男
去年の眉今朝は嬉しき霞かな 越前-簪 俳諧撰集玉藻集
去年の雨一碗に受け墓眠る 坂手美保子
去年の雪まゆみの赤き実にのれり 飴山實 『花浴び』
去年の鵯来たりて告げり山は雪 吉本和子
去年の鶴去年のところに凍てにけり 水原秋櫻子
去年よりの雪小止みなき初湯かな 久保田万太郎 流寓抄以後
去年よりも自愛濃くなる懐手 能村登四郎(1911-2002)
喞筒小屋覗けば去年の巨草みゆ 安井浩司 阿父学
寒駅の四囲の洩れ灯に去年の雪 永井龍男
憂き事も去年になりゆく懐しや 瓦全
手袋や去年となりたる昨日のこと 藤岡筑邨
暁は澄み町川去年の燈をとどむ 山本古瓢
樹も氷る池は去年より凍てにける 石橋辰之助 山暦
此の如く去年の暮にも思ひしか 青嵐
淡雪の降りすがりけり去年の雪 蓼太
温泉や水滑かに去年の垢 夏目漱石 明治三十一年
病室や大き火鉢の去年の灰 有働亨 汐路
病葉や石にも地にも去年のやう 前田普羅 新訂普羅句集
目を覚ます去年繙きしものの辺に 石川桂郎 四温
稿遅々と去年の大福焼きて食ぶ 永井龍男
筆はじめ去年よりの修羅走りだす 小檜山繁子
編み残す去年の毛糸のけぶりをり 中嶋秀子
膝をつきをりしは去年の雪ならむ 齋藤玄 『無畔』
若水や瓶の底なる去年の水 正岡子規
葉牡丹に少し残れり去年の雪 松浜
裏山の闇より去年に入りにけり 藤崎久を
読初といへども去年の栞より 都筑智子
酒酌んでこの座去年とはなりにけり 前田忠男
降り出でて忽ち白しさらば去年 林原耒井 蜩
雪のせて古巣は去年の夢見をり 堀口星眠 営巣期
餅焼いて去年がはるけくなりにけり 細川加賀
養生の去年の足許不如意かな 高澤良一 鳩信
高砂や去年を捨てつつ初むかし 上島鬼貫



宵の年 補遺

さまざまな聯それぞれの初昔 岡井省二 有時
初むかし高原しろき雲をとむ 飯田蛇笏 白嶽
初昔白き卓布にうすき翳 大野林火 月魄集 昭和五十六年
屠蘇祝ふ旧年のひげもじやもじやと 日野草城
後山の月甕のごとし初昔 飯田蛇笏 春蘭
新築の家に住まふも初昔 松崎鉄之介
旧年の一つ~の皆星なり 高野素十
旧年の足跡すでに凍てゆるむ 角川源義
旧年や哀楽いくつ忘じたる 飴山實 句集外
枕に手置いてはるかや初昔 鷲谷七菜子 一盞
梟の糞の乾びも初昔 岡井省二 大日
灯を消してよりありありと初昔 鷲谷七菜子 天鼓
美しき鯉魚と群れゐし初昔 上田五千石 琥珀
老人に赤子の寝息初昔 飯田龍太
門川の音追うてゐる初昔 大野林火 月魄集 昭和五十六年
雲表にみゆる山巓初昔 飯田蛇笏 椿花集

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:42 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初鶏 の俳句

初鶏 の俳句

初鶏

例句を挙げる。

「人の人たれ」初鶏鳥の鳥たるに 磯貝碧蹄館 握手
したたかに初鶏に餌を与へけり 会津八一
まつしろい初鶏のこえであろう 暁闇のうごき 吉岡禅寺洞
アパートの初鶏声をはりにけり 川上梨屋
人波へ初鶏とほく声張れり 石川かづ子
初鶏となりそこなひし鶏あるく 楸邨
初鶏にこたふる鶏も遠からぬ 阿部みどり女 笹鳴
初鶏に先立つ隣家の母の声 草田男
初鶏に北の底よりの鬨の声 平井照敏
初鶏に天地大きく明け初めし 熊谷 秋月
初鶏に孟甞君の竃かな 安藤十歩老
初鶏に応ふ鶏ゐる小学校 松岡博水
初鶏に海のくらさや耳が冷え 中拓夫 愛鷹
初鶏に海暗くあり耳が冷え 中拓夫
初鶏に目覚めて父母の家なりし 松本みどり
初鶏に神代の臼と申すべし 一茶
初鶏に糞ひり落せ初からす 会津八一
初鶏に覚めつゝありしとも思ふ 高濱年尾 年尾句集
初鶏に鋤鍬ばらの控へたり 露月句集 石井露月
初鶏のあとは松吹く嵐かな 筏井竹の門
初鶏のあとを雪折ひびきけり 岸田稚魚
初鶏のなほ眠る山従へて 原裕 新治
初鶏ののんどしきりにうごかせり 鷺風
初鶏のはばたき降りし秣飛ぶ 工藤節朗
初鶏のひと声闇を動かせり 伊藤芙美子
初鶏のめでたき声を夢うつゝ 高橋淡路女 梶の葉
初鶏の一声夢の向こうから 柳田芽衣
初鶏の入江を渡りきこえ来る 田中冬二 俳句拾遺
初鶏の刻つげてなほ風にあり 豊長みのる
初鶏の吾にあつまる戸口かな 会津八一
初鶏の吾を見てなく畑かな 会津八一
初鶏の声さやかなり宮の馬場 上村占魚 鮎
初鶏の声を遠くに火を使ふ 柿本多映
初鶏の声山光の空はしる 亜浪
初鶏の姿正して鳴きにけり 吉川よしえ
初鶏の家通り越す声に覚む 五十嵐研三
初鶏の更に遠きは浦隔つ 児玉小秋
初鶏の次の声待つ山河かな 遠藤若狭男
初鶏の次までの闇緊りをり 加藤楸邨
初鶏の百羽の鶏の主かな 池内たけし
初鶏の籠込の声と思はれず 鷹羽狩行
初鶏の薄目してまた鳴きにけり 石崎素秋
初鶏の言挙げぞする三輪の杜 原 柯城
初鶏の身近に啼けばおろかしく 加倉井秋を
初鶏の銘酒の里に谺して 木内彰志
初鶏の長鳴き地声出でにけり 池元 道雄
初鶏の長鳴けば風出でにけり 脇 祥一
初鶏の闇の彼方を透し見る 市川百杭
初鶏の面目かけて胸反らし 貫井爽水
初鶏の鳴いて展ける海の青 阿部美恵子
初鶏はいつも遠くの方で鳴く 秋を
初鶏は灯の見ゆる家か否か 会津八一
初鶏は若紫の声ひけり 平井照敏 天上大風
初鶏は遠くの方でばかり鳴く 加倉井秋を 『胡桃』
初鶏は鳴きぬ竃は焚きつけぬ 笠井歎水
初鶏やうごきそめたる山かづら 虚子
初鶏やしづかに長き老の息 風生
初鶏やはや御師町の高きより 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
初鶏やひそかにたかき波の音 久保田万太郎 流寓抄
初鶏やまだつごもりの人の顔 梨葉
初鶏やものぐさ太郎の碑をつつき 辻桃子
初鶏やカアテン垂れて冬薔藪 竹下しづの女
初鶏や上海ねむる闇の底 久保田万太郎(1889-1963)
初鶏や丘に登りて人が泣く 桑原三郎 晝夜
初鶏や動きそめたる山かづら 高浜虚子
初鶏や又市に住む甲斐ひとつ 蓼太
初鶏や大仏前の古き家 妻木 松瀬青々
初鶏や天地の凍に朗々と 月斗
初鶏や子連れの旅の靴履けば 皆川白陀
初鶏や宇陀の古道神ながら 鈴鹿野風呂
初鶏や家中柱ひきしまり 加藤楸邨
初鶏や富士白々と明心 友之
初鶏や庫裡の大炉の火明りに 臼田亞浪 定本亜浪句集
初鶏や彩羽躍つて臼の上 野村喜舟 小石川
初鶏や応へるこゑも闇の中 河野友人
初鶏や怒りほとほと酔に似る 加藤楸邨
初鶏や手にとるからに火うち石 星野麦人
初鶏や明けあを~と谿千戸 諏訪
初鶏や昔神達東ヘ 東洋城千句
初鶏や暁闇の星わかわかし 小西藤満
初鶏や津守の君が薄化粧 半自
初鶏や漸く静なる厨 浅井歌村
初鶏や皆潔斎の湯を了へつ 高田蝶衣
初鶏や稚児がいふこと皆新らし 加藤知世子 黄 炎
初鶏や背戸の海鳴りしづまりぬ 村山たか女
初鶏や蒸籠重ねの宵のまゝ 乙字俳句集 大須賀乙字
初鶏や農継ぐ家の深庇 塩田晴江
初鶏や野の八方に道通ず 鴻村
初鶏や頂上一戸谿十戸 近藤一鴻
地平の涯からも 初鶏のこえが きこえてくる 吉岡禅寺洞
大船の中に初鶏うたひけり 川村鳥黒
對岸の初鶏きくや泊り船 会津八一
放たれてより初鶏となりにけり 山口鉄石
放浪の厠にて聴く初鶏よ 堀井春一郎
木曽に来て初鶏のこの勁き声 所 山花
梁近き初鶏亡父の世も凍てし 栗生純夫 科野路
歩を止めて初鶏に声合せみる 江藤 ひで
浄闇のまだ初鶏を聞かずゐる 下村ひろし 西陲集
瓏々と初鶏謳ひつゞけけり 高橋淡路女 梶の葉
谷深く雪の初鶏きく十戸 京極高忠
間をおかずして初鶏につづきけり 澄雄

初鶏 補遺

ある皇子の忍び歩行や初鳥狩 井原西鶴
さわがしし初鳥にして小綬鶏は 石川桂郎 高蘆
初とりや先年禮のいひはじめ 正岡子規 初鶏
初鶏となりそこなひし鶏あるく 鷹羽狩行
初鶏に先立つ隣家の母の声 中村草田男
初鶏に地の底よりの鬨の声 平井照敏
初鶏に藍甕の夜の深かりき 加藤秋邨
初鶏のあした~や無尽蔵 舎羅
初鶏のあとのしづまりかへりたる 鷹羽狩行
初鶏のあと刻きざむ音のみに 岸田稚魚 紅葉山
初鶏のあと雪折れのひびきけり 岸田稚魚
初鶏のかく羽ばたきて鬨なさず 鷹羽狩行
初鶏のこゑ土を跳ね水を跳ね 鷹羽狩行
初鶏のこゑ追うてやや遠目癖 飯田龍太
初鶏のはるかなひとつ亡き子あそぶ 加藤秋邨
初鶏の声さやかなり宮の馬場 上村占魚 鮎
初鶏の応へし声は川向う 鷹羽狩行
初鶏の殊に高らか新世紀 林翔
初鶏の火の声あげて闇の中 鷹羽狩行
初鶏の籠の声と思はれず 鷹羽狩行
初鶏の遅しとおもふ鳴き出でぬ 橋閒石 雪
初鶏の鳴き代りしは山手かな 鷹羽狩行
初鶏はあくびのなみだ此なみだ 野坡
初鶏は若紫の声ひけり 平井照敏 天上大風
初鶏も石中の火を見しならむ 加藤秋邨
初鶏やしづかに長き老の息 富安風生
初鶏やまたくりかへす月日かや 山口青邨
初鶏やまだ無理の効く選句業 鷹羽狩行
初鶏や家中柱ひきしまり 加藤秋邨
初鶏や山々さそひあひて覚め 鷹羽狩行
初鶏や山河は家の裏にのみ 鷹羽狩行
初鶏や庫裡の大炉の火明りに 臼田亜郎 定本亜浪句集
初鶏や本卦がへりの不思議寝に 上田五千石『天路』補遺
初鶏や水のごとくに闇の退き 鷹羽狩行
初鶏や雌を小突きて睦しき 阿波野青畝
初鶏や雨戸にむかし節の穴 鷹羽狩行
初鶏を聞きしおぼえや寝過しぬ 森澄雄
初鷄に眼をあく花の莟哉 正岡子規 初鶏
初鷄の二聲ばかり鳴きにけり 正岡子規 初鶏
初鷄の枕の上にうたひける 正岡子規 初鶏
初鷄の鳴くかと待てば犬吠ゆる 正岡子規 初鶏
初鷄もしるや義農の米の恩 正岡子規 初鶏
初鷄やねぐらの闇をいでゝ行 正岡子規 初鶏
初鷄や百萬石の聲つくり 正岡子規 初鶏
真榊に布留の初鶏揚りけり 阿波野青畝
耳に手をそへ初鶏を聞いてをり 飴山實 句集外
間をおかずして初鶏につづきけり 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:36 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初鶯 の俳句

初鶯 の俳句

初鶯

例句を挙げる。

まだ甘し初鶯の舌のネヂ 沢木欣一
わが映像初鴬の踏み渡る 長谷川かな女 牡 丹
初うぐひす父が遠くに眼をひらく 野澤節子 『飛泉』
初鶯旅は豊かに大切に 加藤知世子
初鶯秒針ひたに進みをり 多田裕計
城の方に初鴬の鳴きにけり 徳永山冬子
朝酒や初うぐひすを遠く置き 佐野鬼人
朝風に初鶯の声稚し 渡辺七三郎
東より忽と夜明の初鴬 殿村菟絲子
荷造りに掛ける体重初うぐひす ふけとしこ

初鶯 補遺

きさらぎの初うぐひすを朝耳に 日野草城

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:33 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初鴉 の俳句

初鴉 の俳句

初鴉

例句を挙げる。

いさゝかの水仕のこすや初鴉 石橋秀野
お篝を杉にあなどり初鴉 原石鼎
かんばせを見せてとまりし初烏 静塔
つかつかと来ぬ開墾田の初鴉 金子のぼる
ばらばらに飛んで向うへ初鴉 高野素十
ばら~に飛んで向うへ初鴉 素十
ひむがしの豊旗雲へ初鴉 梅子
ふるさとの夜具の重さよ初鴉 青陽人
わが自治の朝酒に影初がらす 原子公平
一夜にて呆けし街や初鴉 中里 結
三熊野の神の使の初鴉 滝川如人
今日は起きて聞くものにせん初鴉 竹冷句鈔 角田竹冷
初からす一筋の川東より 上村占魚
初烏一山雪に明くるかな 忍月
初烏三ツ四ツからは見えにけり 馬明
初烏我が家に声を落し行 南鴎
初烏松笠一つ落しけり 渡辺恭子
初烏足迹を洲にこぼしそめ 西本一都 景色
初烏雪と見えよとひるならん 会津八一
初鴉いつもの山より常の声 阿部みどり女 月下美人
初鴉どこ目指しゆく迅さかな 中島月笠 月笠句集
初鴉の声切れぎれのまま終り 岬雪夫
初鴉はや山の夜を蹴つて来し 中島月笠 月笠句集
初鴉はや氷上に奪ふもの 原田柿青
初鴉はや相摶てる卍かな 肥田埜勝美
初鴉ばさりばさりと飛び立てり 金子恵美
初鴉ゆくへあるこゑ落しけり 野澤節子
初鴉よべより明き月へ飛び 池内友次郎
初鴉らしく品よく啼きにけり 成瀬桜桃子 風色
初鴉わが散策を待ちゐたり 相生垣瓜人(1898-1985)
初鴉わたる向ふに男山 田上鯨波
初鴉一羽離れて鳩の天 上野澄江
初鴉人にぶつかり病具購う 田川飛旅子 花文字
初鴉佃大橋砥のごとく 永井龍男
初鴉吹雪うすれに続くなり 西本一都
初鴉声ごと吹かれ森を越ゆ 本宮哲郎
初鴉大虚鳥(おほをそどり)の声限り 草田男(俳人自照)
初鴉太嘴に啼く声のよし 新津香芽代
初鴉安土の田んぼをとんとんと 高澤良一 燕音
初鴉寺の内より人の聲 田中裕明 山信
初鴉屋根を離るゝ縁起哉 内田百間
初鴉山また山に声伸ばす 村越化石
初鴉廓の夜明もただならず 高浜虚子
初鴉暫く空に遊びけり 岸田稚魚 『萩供養』
初鴉波を恐るる気配なし 鈴木真砂女
初鴉波高ければ高く飛び 鈴木真砂女
初鴉熊野のしじま破りけり 朝木芳子
初鴉父母とゐる畳かな 上田操
初鴉白玉椿活ける手の凍え 渡邊水巴
初鴉百羽の鶴をいざなひぬ 吉野義子
初鴉砂利場の水に羽おろす 羽公
初鴉茜の空をほしいまま 五十島典子
初鴉詣でし上をわたりけり 宮津昭彦
初鴉起きよ起てよと啼きにけり 細川加賀
初鴉遥けき友を呼び得たり 春兆
初鴉雪原低くとびつづけ 小野池水
初鴉面を上げて鳴きにけり 皆川盤水
初鴉高きを縺れあひながら 鈴木恵美子
初鴉鳴けり鴉も数減りて 右城暮石 声と声
初鴉黒をおのれの色として 加藤有水
初鶏に糞ひり落せ初からす 会津八一
十年は咋日のことよ初鴉 永井龍男
吹雪きゐる四万の天より初烏 宮崎三木
吾がこころわれにある時初がらす 梅室
噴煙のあたりを去らず初がらす 米谷静二
地に降りて声つつしめる初鴉 宮岡計次
塔頭に稚き妻あり初鴉 龍男
塔頭に若き妻あり初鴉 永井龍男
夜をはなれゆく麦の芽と初鴉 龍太
夜を脱ける黒の真澄や初鴉 知世子
大屋根に啼かず飛ばずの初鴉 高橋絹代
大樟の風にあふられ初鴉 小島 健
天の原和田の原より初鴉 青畝
天平の甍より明け初鴉 鎌倉博史
妹よ二人の朝の初鴉 渡辺水巴 白日
寺鞍馬社口貴船や初鴉 尾崎迷堂 孤輪
山中の初烏とてなまぐさし 清水衣子
岬の浪覚めてをるなり初鴉 佐野まもる
川が瀬まで青うなりきぬ初鴉 薄多久雄
工場に老当直や初鴉 岡田日郎
己が羽の文字もよめたり初烏 蕪村
帰りにもクルスの塔に初鴉 中野道子
往診へ声やはらかき初鴉 高島筍雄
悪党のけふ瑞鳥や初鴉 金沢富水
我庵は上野に近く初鴉 内藤鳴雪
明け動く宮裏山や初烏 三幹竹
明渡る年のきげんや初鴉 壷仙
智恵伊豆の墓所はばからず初鴉 山岸 治子
木屋町に声つぶれたる初鴉 三嶋隆英
東雲や声の限りを初鴉 滝川愚仏
松江とは城より明くる初鴉 藤原杏池
楼門に打たぬ太鼓や初鴉 河野静雲 閻魔
浴みして伊豆に旅人や初鴉 竹冷句鈔 角田竹冷
潟翔けて風切青し初鴉 橋本義憲
瀬の石に乗り放心の初烏 西本一都 景色
熱湯を噴く巌天に初鴉 三鬼
目が合うて黄檗山の初鴉 古舘曹人
石人の三頭身や初鴉 黒米満男
程好き樹ありて止まりぬ初鴉 梶田竹外
老もまた耳の冥加や初鴉 又花坊 (古稀をこえし齢ながら)
落葉焚くやずん~と来る初鴉 中島月笠 月笠句集
葛城山を越へし羽音に初鴉 佐野美智
藍つよく初烏待つ丘の線 原裕 青垣
誰も云ふ鴉山より初鴉 三ツ谷謡村
赤ん坊おどろき易し初鴉 瀧澤伊代次
足もとにおよぶ波きて初鴉 稲垣きくの 黄 瀬
踏みはづし片羽根をつく初鴉 不死男
道に出て人のごとくに初鴉 山田みづえ 手甲
門前にこの松ありて初鴉 阿部みどり女 笹鳴
除夜の灯の峰に残りて初烏 四明
雪けつて屋根うつりせり初鴉 婆羅
雪山の大白妙に初烏 田村木国
雲のうら金泥ならむ初鴉 小枝秀穂女
顔洗ふ水しまりゆく初鴉 水谷文子
飛ぶといふこと美しき初鴉 倉田紘文
飯入れて櫃あたゝかし初鴉 廣江八重櫻
馬柵の戸に雲銜へをり初鴉 堀口星眠 営巣期
高き樹の高きにありて初鴉 北 羚羊
黒きもの又常盤なり初がらす 蓼太
黒潮の荒磯狭しと初鴉 楓巌濤
近江八幡
おめでとうさんと安土の田烏に 高澤良一 燕音

初鴉 補遺

いさゝかの水仕のこすや初鴉 石橋秀野
お篝を杉にあなどり初鴉 原石鼎 花影
さやに見てさやにも聞けり初鴉 相生垣瓜人 負暄
ばら~に飛んで向ふへ初鴉 高野素十
ほのほのや朝日よび出す初烏 正岡子規 初鴉
みささぎの松てつぺんの初鴉 村山故郷
よき衣の枕邊に在り初鴉 正岡子規 初鴉
一声の姿も見たし初がらす 成田蒼虬
一羽來て屋根にもなくや初烏 正岡子規 初鴉
二羽たちて三羽となりぬ初鴉 鷹羽狩行
初がらす一筋の川東より 上村占魚 鮎
初烏お城の森にさわぐなり 正岡子規 初鴉
初烏望遠鏡は許しをり 石田波郷
初烏熊野の御寺靜かなり 正岡子規 初鴉
初烏鳴くべし鵯は黙すべし 相生垣瓜人 負暄
初空や初日初鷄初鴉 正岡子規 初空
初鴉きぬきぬの恨みなかりけり 正岡子規 初鴉
初鴉はつかに声の澄めりけり 相生垣瓜人 負暄
初鴉ひと声落す波の上 鈴木真砂女
初鴉ひと声落す波の上 鈴木真砂女 居待月
初鴉ゆくへあるこゑ落しけり 野澤節子 八朶集以後
初鴉ゆさりと翔ちぬ杉の枝 岡井省二 山色
初鴉わが散策を待ちゐたり 相生垣瓜人 負暄
初鴉わが陋屋を見下せり 相生垣瓜人 負暄
初鴉上野の闇をはなれけり 正岡子規 初鴉
初鴉不二か筑波かそれかあらぬ 正岡子規 初鴉
初鴉何漁るでもなかりけり 清崎敏郎
初鴉初雀とて来りけり 星野立子
初鴉初鵜初鳶一つ空に 鈴木真砂女
初鴉初鵜初鳶一つ空に 鈴木真砂女 居待月
初鴉十四五羽とも数ふべし 相生垣瓜人 負暄
初鴉占めしは確か藁塚の尖 伊丹三樹彦
初鴉喪の年明けてゐたりけり 安住敦
初鴉大虚鳥(おほをそどり)こそ天翔けれ 中村草田男
初鴉大虚鳥(おほをそどり)の声限り 中村草田男
初鴉寒鴉にぞ様変へし 相生垣瓜人 負暄
初鴉山に大雪降らせけり 岸田稚魚 紅葉山
初鴉暫く空に遊びけり 岸田稚魚
初鴉波を恐るる気配なし 鈴木真砂女 居待月
初鴉波高ければ高く飛び 鈴木真砂女
初鴉波高ければ高く飛び 鈴木真砂女 卯浪
初鴉白玉椿活ける手の凍え 渡邊水巴 白日
初鴉石鎚のある方なれど 石田波郷
初鴉長鳴鳥におくれけり 阿波野青畝
初鴉鳴けり鴉も数減りて 右城暮石 声と声
古妻のいきたなしとや初鴉 正岡子規 初鴉
同舟のごと洲にわれと初鴉 鷹羽狩行
吹上の御所よりさつと初鴉 鷹羽狩行
吾こゝろわれにある時初がらす 桜井梅室
嘴の髭あらはに見たり初鴉 山口青邨
四方拜のお庭の霜や初鴉 正岡子規 四方拝
夜をはなれゆく麦の芽と初鴉 飯田龍太
天の原和田の原より初鴉 阿波野青畝
妹よ二人の朝の初鴉 渡邊水巴 白日
山里や枯木の枝の初烏 正岡子規 初鴉
岩壁に貝累々と初鴉 飯田龍太
川鴉相手にせざる初鴉 阿波野青畝
悪なれど町内の初鴉なり 藤田湘子 てんてん
我庵は上野に近く初鴉 内藤鳴雪
朝日影羽紫に初烏 正岡子規 初鴉
水中に啼く声沈む初鴉 秋元不死男
知恵長けしことを憎めど初鴉 阿波野青畝
磯寺の大杉小杉初烏 佐藤鬼房
社から寺から三輪の初鴉 中村草田男
祖師の森街に放てり初烏 山口青邨
紙の鶴舞ひ初鴉交錯す 山口青邨
藍つよく初烏待つ丘の線 原裕 青垣
誤たずみなひんがしへ初鴉 阿波野青畝
踏みはづし片羽根をつく初鴉 秋元不死男
道に出て人のごとくに初鴉 山田みづえ 手甲
遠空の遠声ながら初鴉 相生垣瓜人 負暄
里人の声真似ハ碇の初鴉 阿波野青畝
銀座出る新聞賣や初鴉 正岡子規 初鴉
雪嶺や名もまぶしくて初鴉 森澄雄
霜の大木に映る竈火や初鴉 原石鼎 花影
風吹て悲しさうなり初烏 正岡子規 初鴉
鬼瓦尾を上げて鳴く初鴉 松崎鉄之介

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:31 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初鳩 の俳句

初鳩 の俳句

初鳩

例句を挙げる。

初鳩に希望を言へり翔んでをり 松浦敬親
初鳩に日高くなりし野の社 坂田ゆきを
初鳩のくぐもり鳴くや塔の中 浅野草人
初鳩の光となりて飛び立ちぬ 小俣由とり
初鳩の番ひ庭木に来て睦む 菱田トクエ
初鳩の群れの大きな影走る 廣瀬直人
初鳩や創口かばふ懐手 吉田鴻司
初鳩や水平飛行して千木に 村山古郷
初鳩や真蒼に晴れし大欅 篠原一男
初鳩や空にひろがる涅槃の手 磯貝碧蹄館
初鳩を聴きたる障子あけにけり 野沢純
初鳩を開き撒きたる巨き掌よ 柳田芽衣
口笛に初鳩もどり声きざむ 寺田木公
由比ケ浜の風が初鳩ちらしけり 西 宇内
英霊よ白装束の初鳩よ 築城百々平

初鳩 補遺

初鳩の扇開きや宮翔つて 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:28 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初雀 の俳句

初雀 の俳句

初雀

例句を挙げる。

あさくさの雷門の初雀 今井杏太郎
いつ来ても嵯峨野は青し初雀 黒瀬としゑ
お手玉のごとくにあそぶ初雀 下村梅子
そこらぢゆう子供遊びて初雀 石橋秀野
つくばいに走る青竹初雀 高橋より子
ひとり遊びせむと生れて初雀 野中亮介
みささぎの帚目乱す初雀 木阪 登
やうやくに来たる一羽よ初雀 平子 公一
やつぱり来ましたと妻の初雀 加藤楸邨
やや寝すぎ雨戸を繰れば初雀 田中冬二 俳句拾遺
ゆりあぐるみどり児のあり初雀 長谷川かな女 牡 丹
をさな児の口まねでいふ初雀 川崎展宏
プランコに父と子揺れて初雀 川崎俊子
リハビリの呂律やや良し初雀 京谷圭仙
一の鳥居の高さが好きで初雀 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
一羽にて羽音も生まる初雀 齋藤玄 『狩眼』
一羽翔ち遅れつゝ翔ち初雀 上田春水
万葉の歌のみなとの初雀 岡部六弥太
不機嫌な一羽も居りて初雀 宮原双馨
初すずめ一合の酒冷ますまじ 古沢太穂
初雀かさこそ使ふ厠紙 高澤良一 宿好
初雀こぼれ七曜廻りだす 館 さくら
初雀そこまで我を近づくる 長野 豊子
初雀つひに翔たせてしまひけり 宮田春童
初雀ひとつあそべる青木かな 長谷川春草
初雀ふくら雀になりゐたり 石川文子
初雀ふくれて樹よりこぼれけり 堀部 守
初雀みみづく頭巾もて聞かん 吉田藤治
初雀みるみるふえてさくらの木 園田夢蒼花
初雀むさし野の寒気ふりしぼり 渡辺桂子
初雀やぶうぐひすのゆくへ哉 万太郎
初雀われらは耳をあかくして 知久芳子
初雀トコトコトッと石畳 高澤良一 宿好
初雀三つほど東本願寺 廣江八重櫻
初雀三ッ指ついて霜を来る 河合未光
初雀円ひろがりて五羽こぼれ 汀女
初雀厨のもの音より鋭し 原田種茅 径
初雀嘴よりひかりこぼしけり 稚魚
初雀地に口づけをくり返す 朝倉和江
初雀待ちて暮れたる狭庭かな 土屋 啓
初雀掠め庭木も輝ける 石塚友二
初雀方三寸をついばめり 島谷征良
初雀日輪いまだつばさなし 葛彦
初雀来てをり玉の水浴びに 島谷征良
初雀波切の路地をひゅんと抜け 高澤良一 燕音
初雀湧くや浦上の鐘鳴りて 朝倉和江
初雀湧く大仏の影法師 龍太
初雀羽音を残し消えてをり 高澤良一 随笑
初雀翅ひろげて降りにけり 鬼城
初雀飛び翔つことをすこしする 秋を
初雀鴟尾澄む簷に弾みをり 石野冬青
十字架の横木にとまれ初雀 田川飛旅子 『山法師』
南国のこの痩せぎすの初雀 日原傳
坂多き七味処の初雀 松本澄江
坪庭のかわらぬよしみ初雀 根岸たけを
塀弾み甍が弾み初雀 上野泰
墨竹の風しかと見ゆ初雀 十王
外流しに静かに下りて初雀 かな女
夜明から熱き炬燵や初雀 龍雨
夢殿の救世の御前や初雀 青々
妻の髪なほ睡りをり初雀 石田波郷
子宝の塚に日のあり初雀 富田潮児
寝埃がついてをるらん初雀 廣江八重櫻
小さき藁引つぱり合うて初雀 薪 豊子
屋敷田に光りこぼして初雀 影島智子
平凡に五十頭上の初雀 石田波郷
幸福に初雀より着ぶくれて 富安風生
廂より垂れたる松の初雀 風生
明けそめて熱き炬燵や初雀 増田龍雨 龍雨句集
晴れやかに酒色をおびし初雀 高木みつ子
晴着無き子どちも集へ初雀 香西照雄 素心
束の間のつぶらの永さ初雀 斎藤玄 雁道
枝移りやがて木移り初雀 高澤良一 随笑
校倉に膨れ相寄る初雀 黒田櫻の園
毛氈に初雀飛ぶ影を踏む 廣江八重櫻
泣きべその向うひそひそ初雀 松澤 昭
湯のまちの廂触れあひ初雀 阿部月山子
炭坑の煤を粧ひ初雀 有働 清一郎
燦々と光りを抱き初雀 長谷川秋子
畑隅を跳ねて大路へ初雀 高梨忠一
着殺しの作務衣一着初雀 赤松子
神杉に礫のごとし初雀 安川幸里
禅寺の砂を浴びゐる初雀 鈴間斗史
窮巷に影さへ見えず初雀 松浜
竹藪はまだ日のささず初雀 田中冬二 俳句拾遺
箒目をしめらす雨や初雀 白水郎
箒目を湿らす雨や初雀 白水郎句集 大場白水郎
米まきに来し天神や初雀 野村喜舟 小石川
米嚥んで胸すんなりと初雀 林 翔
紅跡の吸がら仄か初雀 小坂順子
累代に割り込む寿蔵初雀 斎藤一骨
肩あげの赤糸屑や初すずめ 中山純子
花蕊のごとき足跡初雀 金箱戈止夫
蓬莱の宮にこぼれて初雀 加藤耕子
藪へ来し日に初雀微光せり 福島小蕾
街の中藪一つもつ初雀 山口青邨
走り根と一問一答初雀 高澤良一 随笑
除々に明け一気にあけて初雀 那須乙郎
雪ならぬ霜の真白や初雀 尾崎迷堂 孤輪
霜除けの笹の小揺れに初雀 田中冬二 俳句拾遺
青籬の霜ほろほろと初雀 松本たかし
飛んでゐるときは初雀と思はず 加倉井秋を 午後の窓
首まげて石にのりけり初雀 田村了咲
参道に見るべきものは初雀 高澤良一 暮津

初雀 補遺

しのゝめの物のはじめは初雀 飴山實 花浴び
そこらぢゆう子供遊びて初雀 石橋秀野
やつぱり来ましたと妻の初雀 加藤秋邨
ビル住みに屋上日和初雀 岡本眸
一羽にて羽音も生まる初雀 斎藤玄 狩眼
五羽六羽たちまち倍の初雀 鷹羽狩行
亡き妻を探しにきたる初雀 後藤比奈夫
初すずめ品をつくりて弾み歩す 上村占魚
初雀かつらぎ庵をぺちやくちや言ふ 阿波野青畝
初雀すでにまぎるゝ瀬音かな 石橋秀野
初雀でんぐり返し見せようぞ 藤田湘子 てんてん
初雀とも倶会一処会者定離 後藤比奈夫
初雀一羽見たきり神保町 加藤秋邨
初雀二三羽われを意識せり 岸田稚魚 紅葉山
初雀団欒せるに注目す 相生垣瓜人 負暄
初雀島の土よりほか踏まず 鈴木真砂女 都鳥
初雀手荒く軒を蹴りにけり 岸田稚魚 紅葉山
初雀湧く大仏の影法師 飯田龍太
初雀見えたる声のかはりけり 加藤秋邨
初雀配偶と駈けあへりけり 阿波野青畝
初雀飛ぶ橙の十あまり 大野林火 飛花集 昭和四十八年
初鴉初雀とて来りけり 星野立子
地を離ること一寸の初雀 上田五千石『田園』補遺
塀弾み甍が弾み初雀 上野泰
妻の家に酒酌まれをり初雀 伊丹三樹彦
常のごと猫の餌につき初雀 森澄雄
平凡に五十頭上の初雀 石田波郷
庇より下りて今日はも初雀 森澄雄
晴着無き子どちも集へ初雀 香西照雄 素心
束の間のつぶらの永さ初雀 斎藤玄 雁道
枝たひら二十羽ばかり初雀 山口青邨
白壁を逆袈裟掛に初雀 林翔
福藁にまづは声して初雀 森澄雄
竹藪あり爺婆をりて初雀 山口青邨
米嚥んで胸すんなりと初雀 林翔
街の中藪一つもつ初雀 山口青邨
随意や竹の都の初雀 路通
青籬の霜ほろほろと初雀 松本たかし
飼ひ鳥と声を通じて初雀 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:25 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初声 の俳句

初声 の俳句

初声

例句を挙げる。

くくくくと鳩の初声をこぼしけり 田中午次郎
くくくくと鳩初声をこぼしけり 徳永山冬子
みやうみやうと海はるかより初声す 高澤良一 ももすずめ
フェリー接岸初声の飛び交へる中 高澤良一 寒暑
先導の鶴の初声ひびきけり 米森えいじ
初声のあと只眠き青蛙 原田喬
初声の千鳥を故郷に来て聞ける 石橋海人
初声の山雀小雀温泉の窓辺 上林白草居
初声の雀に如くはなかりけり 藤勢津子
初声の雀の中の四十雀 青柳志解樹
初声は初恋よりもささやきぬ 富安風生
初声は常の雀や目が覚めて 青木綾子
初声やきのふは人を弔ひし 勝又一透
初声やちひさく神のゐるあたり 水野真由美
初声や子の身空なるわが御空 赤尾兜子
初声や闇を離るる羽音して 梓沢あづさ
初声を聴きわけてまだ床を出ず 鷹羽狩行
初声を鶴ともきかめ松の花 上島鬼貫
己(おんどれ)といふ初声の通りけり 茨木和生 倭
帆柱に来て初声を高めけり 茨木和生
我が家の百羽の鶏の初声裡 成瀬正俊
手をひろげ初声という男の子 松田ひろむ
春めくはその馨しき初声よ 青峰集 島田青峰
白露や傀儡女の名は初声と 辻桃子
身をはしるものあり鵙の初声に 相馬遷子 山河
鵯の声初声にして透りけり 富安風生
鶯の初声潮騒とききにけり 遠藤千鶴

初声 補遺

ほとゝぎす蚊は初声より扣かるゝ 琴風
初声と思ひしことのゆめなりし 赤尾兜子 玄玄
初声に睡り誘われ存在す 金子兜太
初声のそれより高く風見鶏 鷹羽狩行
初声の戒壇院の石叩 岡井省二 有時
初声は雀なりしよ明けそめし 森澄雄
初声を鶴ともきかめ松の花 上島鬼貫
初恋の猫の初声かぼそけれ 林翔
山雀の初声なりと聞きたしよ 飯島晴子
祀られし男根女陰の初声や 金子兜太
羽ばたきとともに初声去りゆけり 鷹羽狩行
身をはしるものあり鵙の初声に 相馬遷子 山河
鵯の初声なれやけたたまし 相生垣瓜人 負暄
鵯の声初声にして透りけり 富安風生

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:23 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初東雲 の俳句

初東雲 の俳句

初東雲

例句を挙げる。

人形に初東雲の色の髪 鈴木伸一
内海や初東雲の島いくつ 小島花枝
初東雲あめつち富士となりて立つ 岡田貞峰
初東雲かがり火浴びて詣でけり 島田とし子
初東雲暁闇に幹潜みゐて 新谷ひろし
初東雲珊瑚の薄紅鮮しき 川口爽郎
木の中に初東雲の柳かな 武定巨口
残火棄つ初東雲の大川に 落合水尾
水仙に初東雲や洛の水 松瀬青々
汲みに出て初東雲の泉かな 田中兆木
裏山に初東雲の蒼からむ 松田ひろむ
阿倍館の初東雲や河曲る 宮 慶一郎
鵜の礁初東雲に見えわたり 富安風生
一生のあかときいくつ初曙 新谷ひろし
初あけぼの正倉院の塀に沿ふ 吉野義子

初東雲 補遺

かたびらの初あけぼのや水浅黄 配力
せめぎあふ初東雲の藍と紅 鷹羽狩行
つながるや初東雲の夫婦岩 阿波野青畝
除々に除々に初東雲といへる空 後藤比奈夫

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:19 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

観覧車 の俳句
at 2017-12-18 09:19
海豹 の俳句
at 2017-12-18 09:14
後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02

外部リンク

記事ランキング