2017年 03月 26日 ( 9 )

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句 【再実施】

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句 【再実施】

投句後 パソコンがクラッシュしたので、句会を有志にて再実施した。

予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

6立子忌の礼儀正しき句会かな
12下萌えや歩くたび鳴る稚児の靴
22奥津城の椿は落ちて色褪せず
36総門に鳩除けネット涅槃西風
41焼け山の縞目くつきりとのぐもり
44古書市に師の初版本鳥雲に
60水中の無音の世界いしぼたん
82大釜を滾らせ白子船を待つ
94五年ものの蒟蒻芋置く梅見茶屋
97陽炎は俑の嘆息かも知れぬ
100老いらくの雛の菓子をたなごころ
111子のノート子の衣を捨つる鳥曇

114病み抜けて久の外出春袷
115姑となりて久しや花大根
両句とも「久」が効果的に、無難なく使われている

117畑屑のうちのめさるる雨水かな
130縄延びといふことらしき山笑ふ
見返すと両句とも 「農」のなかなかな句と思える。
「畑屑」という言葉遣いも「農」の実践者として見ればなかなか
の味のある言葉である。それであるから、「うちのめさるる」がより
一層痛ましい。問題は「雨水」である。鑑賞者めいめいに取って季語
「雨水」がどう響くか? 参考に雨水の語義を挙げて置く。更に雨水
一例句も挙げて置く。

二十四気の一つ。立春から十五日目で、陽暦二月十九日ごろ。雪が雨に変わり、草木が芽吹き始める時季。

 書道部が墨擦つてゐる雨水かな

                           大串 章
雑誌の月号表示を追い越すように、季節がどんどん進んでいく今日この頃、ならばと時計を二ヶ月ほど逆回転させても罰は当たるまい。季語は「雨水(うすい)」で春。根本順吉の解説を借用する。「二十四節気の一つ。陰暦正月のなかで、立春後15日、新暦では2月18、19日にあたる。「雨水とは「気雪散じて水と為る也」(『群書類従』第19輯『暦林問答集・上』)といわれるように、雪が雨に変わり、氷が融けて水になるという意味である」。早春の、まだひんやりとした部室だ。正座して、黙々と墨を擦っている数少ない部員たちがいる。いつもの何でもない情景ではあるのだが、今日が雨水かと思えば、ひとりでに感慨がわいてくる。表では、実際に雨が降っているのかもしれない。厳しい寒さがようやく遠のき、硯の水もやわらかく感じられ、降っているとすれば、天からの水もやわらかい。このやわらかい感触とイメージが、部員たちの真剣な姿に墨痕のように滲み重なっていて美しい。句には派手さも衒いもないけれど、まことに「青春は麗し」ではないか。こうしたことを詠ませると、作者と私が友人であるがための身贔屓もなにもなく、大串章は当代一流の俳人だと思っている。「書道部」と「雨水」の取りあわせ……。うめえもんだなア。まいったね。俳誌「百鳥」(2002年4月号)所載。(清水哲男)

又 次句の「縄延び」も独特な一語。その語義も挙げて置く。

縄縮み・縄伸び【なわちぢみ・なわのび】
実測した土地の面積が、登記簿に記載されたものより小さいことを縄縮み、大きいことを縄伸びといいます。
縄縮みや縄伸びは、主に地方の農地や山林で起こります。その原因として考えられるのが、これらの登記簿の面積が、測量技術の未熟な明治初期のものが多いことです。また意図的な理由としては、縄伸びは、税負担軽減のための過少申告、縄縮みは、売買代金の嵩上げを狙った、などが考えられます。

127何事もなかったやうにひひな達
129さんしゅうや庭下駄揃え客を待つ



【一寸ひとこと】

34真つ白の新車を止めて麦を踏む
真っ新な自動車止めて麦を踏む
原句 通りだと若干 青と白の対比が強すぎるきらい有り、そこを避けたい
というのが私の提案。
85ひとりにも一人の意地や蜆汁
「底意地」という言葉が有る。 私流だと ひとり者にも底意地ありて蜆汁
121囀りの同じ一語をひたすらに
私なら 囀りの同じ調子で一日中 とやりたい
129さんしゅうや庭下駄揃え客を待つ
「さんしゅう」の表記だが、文語なら 「さんしゅゆ」と表記したい

以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:23 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

3料峭やシート囲いのぼやの跡
9立子忌の礼儀正しき句会かな
13金盞花太陽の黄を散りばめぬ
16四温晴れ幌を外してマーケット
17手松明に頬なぶらるる送水会
18下萌えや歩くたび鳴る稚児の靴
20梅散らす風かと見れば番い鳥
26啓蟄や水抜く池の穴あまた
27雪舞へる函館市場に氷下魚汁
30瀬戸の海凪ぎ素麺の天日干し
32柔らかに纏ふ光や雛納め
33奥津城の椿は落ちて色褪せず
35沈丁花襲脱ぎつつ匂ひけり
44庭畑の残雪散らし矮鶏番ふ
56総門に鳩除けネット涅槃西風
64焼け山の縞目くつきりとのぐもり
66亀鳴くや耳付き壺の耳失せて
67古書市に師の初版本鳥雲に
68雛納め振子時計の音ばかり
74舫ひ船脇差めきて東風の竿
77涅槃絵図掲げる床の鏡なす
81その昔上級生に御蚕の部屋
82母あらば急くや遅日の夕げ時
89芝居はね街におぼろの十日月
91花ミモザ海辺の町のピザの店
99新海苔や甥の嫁御のお里より
107岩窟に銭を洗ひて春浅し
112一輌車来る無人駅雪解靄
113こまがえる草々羨し妹亡く
119くもりけり幼なの握る竜の玉
120享保雛飾り門前写真館
133亀鳴くやもの憂き午後の美容室
134桜餅もぐもぐ鼻毛ごともぐもぐ
141つと突けば磯巾着のすと窄む
142五年ものの蒟蒻芋置く梅見茶屋
145陽炎は俑の嘆息古墳山
151房総の菜の花畑ゆく電車
154終曲の指ねんごろに春の宵
156啓蟄や嘴に虫垂れてをり
158啓蟄や街に出会ひて旧知なる
164梅白し子ども相撲の声高し
165姫椿落ちて乱れず苔の上
166曲がり来て沈丁の香に突き当たる
167病み抜けて久の外出春袷
168姑となりて久しや花大根
172けふはまだましと春めく日の言葉
188何事もなかったやうにひひな達

以上

後評(2017・3)


20梅散らす風かと見れば番い鳥
庭先でこんな光景によく出会うので、ごもっともと相槌を打つ次第。
我が家の梅は枯れてしまったので、桃である。桃は花が終わって葉が
モサモサである。其処へ一陣の擦過音、なあーんだ目白かである。

44庭畑の残雪散らし矮鶏番ふ
「番ふ」がいかにも春到来を告げて、躍動する動詞。
名詞の「番い」は静的であるが、動詞の「番ふ」は動的である。

68雛納め振子時計の音ばかり
静寂な座敷での雛納めといふ一仕事。時計の振り子の音が支配せる世界。
振り子の規則的なリズムに作業もはかどる。

81その昔上級生に御蚕の部屋
養蚕が旺んな時代にはこんな光景もままあったことであろう。
勉強部屋とお蚕さんの部屋が同居していたといふ… 昭和といふ
佳き時代である。そう言えば、濱の古参同人に竹中龍青という人が
居って、その人の句集に「御蚕神」というのがあった。信州 佐久
在の人である。その人の案内で渚男さん等と上田あたりを吟行した
のを思いだした。林火師も信州によく遊んだ一時期があったと仄聞
している。十日夜とか、穂高 山葵農園とか、しょなら様とか挑戦しがい
のある吟行地が多い。

89芝居はね街におぼろの十日月
じっくりと十日月を眺めたことがないが何となく惹かれる。


99新海苔や甥の嫁御のお里より
「甥の嫁御のお里」と畳み込んでゆく処にある種の親身を感じる。
その上に季語が効いているではないか?

100畦焼きは遠き日のこと老ふまじや
「老ふまじや」と、俳句を介して、自分自身に向き合っている。
遠き日の出来事はみな佳きものと感ぜられるよう神様は人間を造った
とでも言っておこうか?。

134桜餅もぐもぐ鼻毛ごともぐもぐ
かなりレトリックのかかった一句である。
ぬけぬけと小汚いところを詠むのも老者の特権であろう。

141つと突けば磯巾着のすと窄む
「つ」と「す」の関係は「あ」と「うん」の関係に類似する。
一音、一字の 照応が面白い。押し合い圧し合いしている。

172けふはまだましと春めく日の言葉
他人が言っているのか それとも 自分が言っているのか?
自分なら自分自身を慰める為の独言?
表現として「春めく日の言葉」がよい。
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:20 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2017年 2月 ねずみのこまくら句会の諸句

2017年 2月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号


4彩保つ冬薔薇有りて淋しからず
11藁苞の小粒納豆春を呼ぶ
16鳥帰る針葉樹林映す湖
18流感の一夜ラジオを友として
20二面石二面泣き顔寒の雨
22染付展吹墨の鶴冴え冴えと
28復興へ鱶鰭(ふかひれ)干し場活気湧く
30大根と葱買ひ河津桜狩り
38林泉の浮島めぐる鴛鴦の沓
41煮凝りに添えて木曽路の檜箸
47ひと握り多く鬼門へ豆撒きぬ
51掬いとる生湯葉ぬくし外は雪
53笹鳴のお清めを待つ百足注連  白山神社
55紅さされ雛の息づく雪催ひ
56金継ぎの色絵双鳥寒開くる
60受験子の小さき寝顔に声をかけ
72下宿屋と今も言はれて柊挿す
74春光の滝降臨の水柱
78春立ちぬ固き結び目解くやうに
86鷽替えて亀戸大根提げ帰る
89目借時文机のほか当てどなし
90山笑ふ新幹線に貫かれ
95炬燵寝の果ての熟睡でありしかな
102雪しんしん父母亡きことを今さらに
103花菜飯なんと盛りよき海女の茶屋
106寒鯉の身を細くして沈みをり
112看取らるるまでは看取りて大石忌
113牡丹雪積るつもりはなかりけり
115待春や振り子時計の遅れ癖
117訥弁になりし留守電寒の入
118福音の知らせのやうに日脚伸ぶ
119鬼の豆散らかる中に玩具かな
124寒鴉ホーム短き無人駅
128磐座に喰ひ入る寒の椎の幹
132聖歌隊君は右から三番目
134古伊万里の布袋を眼福小正月
138松明の煙の匂ふ節分会
141起き抜けの水に身震ひ春立てり
143つれづれの試着に落とす紙懐炉
144お下がりの頃の話をつくしんぼ
149かたかごの吉祥天女飛ぶさまに
153雪垂る音のとり巻く浮御堂
155起き抜けに春立つ子らの笑声
157鴨の陣風に解れて風に組む
164ゆつくりと色を楽しむ木の芽和
165春障子ひとりとなりて久しけれ
166しらじらとポーチの糞は寒雀
168紐育よりテレビ電話の寒見舞
171土筆摘みつ水門までの土手歩き
173禅林にかつと日の射す青木の実
177深海魚やたら出回り冴返る
178太鼓橋ふたつ抱えて山眠る
184喪に閉じし窓そのままに北塞ぐ
190神苑の敷き藁厚く牡丹の芽
192万華鏡めき風花のひとしきり
194磐座に掛かりし幣に春の日矢
195老いてなお炬燵の中の陣地取り
196近江富士おぼろに据えて湖暮るる
197稜線を越え来る木霊春立てり
199菓子いろいろ置かれ春待つ水子仏
200雛店のシアトル宛の発送荷

以上

後評(2017・2)


38林泉の浮島めぐる鴛鴦の沓
「林泉」「浮島」「鴛鴦」等と並べられると絵巻だとか
大和絵だとかを想像して仕舞う。雅な色合い、構図を思い浮かべるのである。

78春立ちぬ固き結び目解くやうに
凍てが解ける の内の 「解ける」を「紐の結び目が解ける」に換骨奪胎した。


86鷽替えて亀戸大根提げ帰る
作者が主婦ということを大っぴらに持ち出して詠ったところに
共感。市民感覚が横溢している。

128磐座に喰ひ入る寒の椎の幹
樹木とコンクリート、樹木と金属、樹木と岩石の相克するさまを折々目に
することがある。例えば、樹木の幹に針金を巻きつけて置くと数年後には
樹皮がそれを呑み込んで仕舞う。樹皮は軟体生物のようなもの。
樹木は逞しい。岩手の石割り桜を思い出した。

138松明の煙の匂ふ節分会
「煙の匂ふ」に鄙びた感じが宿る。野趣あふれる一句。
チマチマした節分会に終わっていない。

153雪垂る音のとり巻く浮御堂
「とり巻く」の措辞がうまい。それに「浮御堂」の「浮」の一漢字が効いている。
春先に向かうウキウキ感に繋がるのである。

165春障子ひとりとなりて久しけれ
句柄に余裕がある。確か小説に余裕派というのがあった。漱石だったか?
何事にも余裕のあるのが佳い。

177深海魚やたら出回り冴返る
皆さんは金目鯛が深海魚であることをご存知ですか?
あろうことか、水産資源が枯渇して深海魚の金目まで網に
掛けるようになった。もうジリ貧である。(金目漁は、金目が朝方、深海から浮上して
来る性質を狙って捕獲する漁だという)
中国では内陸部の人間までが魚を食うようになった。仲買で中国に競り負ける事態と
なっている。魚好きの私としては慨嘆の日々である。

197稜線を越え来る木霊春立てり
「稜線」「木霊」「春立つ」等変哲のない用語を三つ並べただけだが、それでも匂ってくる季感
がある。

200雛店のシアトル宛の発送荷
日本人も海外に頻繁に出向く時代となった。一時的にしろ、永住にしろ、海外は
もう身近だ。そでも古い人間には、海外は ヤレ一入の感がある。
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:19 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2017年 1月 ねずみのこまくら句会の諸句

2017年 1月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

5仏壇の香炉灰より淑気満つ
9数え日の陽のポケットのような里
26天水に篝燃えゐる除夜詣
28初春の尾道水道碧豊か
31旧水軍の島を眠らせ冬霞
41芹摘むや大揺れに過ぐ一両車
42初富士へ大観覧車せりあがる
43除夜の鐘大海原へ撞きにけり
46七面鳥に船上パーテイ星も飛ぶ
55仄明かり障子九枚に九体仏
57金田一耕助ぬかる木の葉髪
60兜町兜神社の初御籤
61子は農を捨つるつもりか田鳧鳴く
63雪嶺を前自販機のゴトと鳴る
74年の宿大広間にて治部煮膳
76東京の無垢の青空お元日
80あらぬ用見付けデパート煤逃げに
82お年玉鴨居に頭届く孫
85屠蘇祝ふ喜寿も傘寿も夫は亡く
86度忘れが慣ひとなれりちゃんちゃんこ
87数へ日の楽ゆるやかに美容室
89鉄鉢に硬貨ことりと淑気かな
94元朝や定位置にある潜水艦
95裏木戸に闇のしづもる年の暮
96冬しんしん妻の塗絵の根気よき
97敷網の湾を俯瞰や初明り
98年の市身を乗り出せる嗄れ声
103花八手入れ替はり鳴く路地の猫
110ふたりきり向き合ひ雑煮すする朝
111天心のオリオンに撞く除夜の鐘
112お若いとヨイショされおり女正月
124言ふなれば炭火の爆ぜる如くなり
133トーストの四日の朝となりにけり
137あをぞらの一瞬怯む威し銃
146マフラーに顔を埋めて鶴を待つ
154はや四日とはいへ何をするでなし
157締め切りて白さの違ふ坊障子
161お元日先づは一献田神にも
163寒柝を打つて路地裏大つぴら
165朱ヶ褪せず祖母母を経し雑煮椀
173初席や呆けに徹する芸達者
174富士へ向く小道が恵方試歩のばす
175噛んで脱ぐ手袋それは断固ノー
180餅花をくぐり塩豆求めけり
181七日粥泣くも笑ふも一人なり
183やはらかき朝陽が届き七種粥

以上

後評 2017年一月ねずみのこまくら句会


●天水に篝燃えゐる除夜詣
この頃 足許不如意となったので近場の除夜詣ばかりやっている。
そんな親近感があって頂いた。

●初春の尾道水道碧豊か
かって良寛さんの里を詠もうと思って一人旅をやった。
そこから良寛さんが発心を起こして旅立ったのが尾道。
「初春の尾道水道」と先ず据えた。「碧豊か」とはよう享けたとおもう。

●仄明かり障子九枚に九体仏
これはおそらく浄瑠璃寺の作であろう。
一つの堂に九体の阿弥陀さまが祀られている。上品 中品 下品 の三体づつが一つの堂宇
に祀られている。何といっても、あの堂宇の開放的な空間が魅力である。
堂障子の向こうはお池。堂障子が明り取りである。以下は拙句。季は同じく冬。

うすらひをつつつつと鶸浄瑠璃 ねずみのこまくら 昭和五十八年

●東京の無垢の青空お元日
東京と言えば、女房方の会津の俳人 新城杏児 の次句を思い出す。
東京の悪に触れたる冬銀河 杏児
新城杏児は栄泉と並ぶ会津の造り酒屋 末廣の当主で、わが女房の父親はその新城家の
七男である。その縁もあって、過日 その新城家の墓地を訪れたことがあったが、その中に
出稼ぎ先のここ会津で亡くなった杜氏の墓を見い出して、その〝あわれ〟を想ったこと
があった。杏児句はたしか、平凡社の歳時記、冬銀河の部に例句として載っている筈である。
そんな訳があって掲句に関心が及ぶのである。

●屠蘇祝ふ喜寿も傘寿も夫は亡く
高齢者さん 淡々と境涯をお詠みになる。
俳句の行き着く先はかくなる所か?ブレずに行こう。

●元朝や定位置にある潜水艦
このところ、横須賀参りが続いている。
イオンにある映画館行とヴェルニー公園からみる軍艦の勇姿がハラショーである。
小生はそれを楽しむ極めて危ない老人である。
三が日から護衛艦 出雲を撮りたくてパチパチやって来たが、尖閣方面へでも行ったのか
お留守であった。帰路は、銭湯が好きなので、その近くの吉倉というところの新湯にザブン
と入って来た。今年の読み初めは「米中戦争 その時日本は(渡辺悦和)」「米中もし戦わば
戦争の地政学(ピーター・ナヴァロ)」と潜水艦の本 4、5冊である。(「潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」-その実際に迫る」「潜水艦のメカニズム完全ガイド なぜ、日本の潜水艦は世界最高水準と言われるのか?」「知られざる潜水艦の秘密 海中に潜んで敵を待ち受ける海の一匹狼」等)
渡辺悦和氏は元東部方面総監、ピーター・ナヴァロ氏は教授で、対中強硬派で、ドナルド・トランプ政権の国家通商会議代表。
話変わって、掲句に係わる点については、かって貞雄さんの句集紹介をした折に指摘した
一部を以下抜粋する。下記一連につらなる句である。
あと正月に観た映画と言えば、「この世界の片隅に」である。横須賀と並ぶ軍港 呉の戦前 戦中 戦後を描いたアニメである。空襲のシーンだったか、忘れたが呉と言う地名の謂れが印象的であった。後でグーグルマップで地形を調べたら、たしかにここは天然の要塞。戦艦大和が建造されるのにふさわしい地である。
「灰ヶ峰」をはじめとする呉一帯をつつむ連峰を「九嶺(きゅうれい)」と呼びそれが訛って「 くれ」になったという説があります…

(抜粋)
季語別 田中貞雄句集を読んで(特徴を中心に)

俳誌のサロン 2015・5・10

貞雄さんとのおつき合いは、そもそも俳句初学の頃
俳句結社 濱の同人であった 下田稔氏の教えを共に
受けたというご縁であった。句会を共にするように
なって15年を経た。目下、作句力は爆発しているようだ。

▼ご自宅周辺
お住まいは横須賀 田浦 。軍港に近く港町に因んだ町名が
多い。因みに、田浦 長浦 船越 汀橋等々…
とりわけ〝潜水艦が街の顔〟の句は、自宅周辺を詠って秀逸
である。

ぼんやりと尾をひく汽笛年替はる
艦艇の舳先ずらりと年迎ふ
初明り潜水艦が街の顔
浅蜊汁分の浅蜊を採つて足る
きぶし咲く素掘隧道出入口
春眠を引きずるやうに油槽船
泣き言の代りに鳴らす海酸漿
軍艦碑竜舌蘭を供花とせむ
釣瓶落し艦旗降納見届けて
行く年の憂さの捨て場の転舵渦
釣瓶落し艦旗降納見届けて
潮溜りあれば覗きて秋うらら

●冬しんしん妻の塗絵の根気よき
高齢者が塗り絵をするシーンと言えば、デイケアでよく見かけるところ。
ちょっと切ない一句。わが妻と思えば…。

●年の市身を乗り出せる嗄れ声
かって浅草 浅草寺の年の市に出向いたことがあった。この年の市、元来、仲買人が相手で
小売は無かったのではなかろうか?冬の寒さの中、股火鉢でもしながらの商売であった。
こんな中で詠んだ拙句は

年の市海山の幸積み上げて さざなみやっこ
神棚の値切り落とさる年の市 HAIKU199812sono3

健脚であった当時を懐かしむばかり。

●冬牡丹眺め居る間の陽の翳り
わたしの感覚では、「眺め居る間の」では無く「眺め居る間を」である。
いろいろな日の翳りの句があろうが、冬牡丹への日の翳りは、微妙であり、格別である。
かっての上野 牡丹園での寒牡丹当日詠の興奮を思い出す。拙作(細見綾子特選)は以下。
寒牡丹こゑあたたかく讃へらる ねずみのこまくら 昭和五十八年

●七日粥泣くも笑ふも一人なり
泣くも笑ふも一人 とは切ない。
孤独に耐えるのが老人の仕事 と言ったのが佐藤愛子。
今 彼女の 「九十歳。何がめでたい」を読んでる最中。
キンドルのペーパーホワイトを買ったので、これからは全て電子書籍。
寝床の真っ暗闇でポーッとした明りの中で読んでるいる。
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:17 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2016年 12月 ねずみのこまくら句会の諸句

2016年 12月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

2煤払ひ日々の過ぎゆくあっ気なき
14花形役者来りし如く鴛鴦飛来
20師の墓を訪へば零るる花柊
24誰も居ぬ舞台に来たる冬の蝶
26冬日向絵馬にとまりし蜂一つ
30風荒れの日の二重窓氷下魚汁
41山眠る活断層をふところに
42着膨れて弾き出さるるラツシュどき
49富士山を前合唱隊めく藁ぼっち
52流れ堰き洗ふ大根まぶしかり
53町会に饒舌多し十二月
66走り根の縦横に張る凍土かな
67粛々と雪舟庭の木の葉降る
73冬の鳩胸七色にきらめけり
74毀れゆく私と地球鳥渡る
76学校に障子ある部屋鳥の影
77砂利路の残る私道や枇杷の花
78冬天に連山深き襞刻む
79大綿や放哉の居の水場より
82願掛けの高下駄真赤枯るるなか(道了尊)
83満天星の紅葉の雨となりにけり
94酉年の間近き道に寒雀
104山峡を報恩講のふれあるき
105子規庵の縁に足垂れ冬うらら
107日に高く陰れば低く雪蛍
108桐一葉筆圧心もとなかり
110雪の音夜を包んで深まりぬ
111雪蛍暮色を纏ひむらさきに
112冬桜いつを盛りとなく咲けり
113大榾の骨を残して山を閉づ
115色鳥にもろ手ひろげしマリヤ像
125検診車より覗き見る枯野かな
126大根を吊り年金を待ちてゐし
131雪蛍翁墓より木曽殿へ
132湯たんぽやもはや卒寿を過ぎにけり
137判子はとまた戸惑ひて十二月
140寒禽の通ふ木々あり日の射して
141せこ蟹食ぶ昔話を訥訥と
142冬満月けふを終なるクラス会
143葛湯溶くひとりの午後を愛おしみ
147目上ぐれば夫の遺影や冬の夜半
159仁左衛門のまねきしぐるる京夕べ
161おでん屋に誘われたのがはじめです
164冬桜根方に残る昨日の雪
168金印の話におよぶ夜長かな
173牡丹焚尉となりても香りけり
177冬滝に外つ国人の鼻真っ赤
181耳痴れのちぐはぐ会話日向ぼこ
186谷紅葉映して宿の店仕舞
195燻されしお品書より鰤大根
196声かかるうちは惜しまず紅葉狩

以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:16 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2016年 11月 ねずみのこまくら句会の諸句

2016年 11月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

4眼鏡拭く蟷螂は貌傾げゐて
7鵙猛る隊列なしてヘリコプター
10ちび箒で落葉を掻けり羅漢守
12花八手日曜画家の写生帖
16極彩に枯野の空を熱気球
22気流いま膨らみきたる鷹柱
29暁闇の秋富士確と水匂ふ
31からす瓜背戸へ夕日を引き込めり
37豊年や昔二宮金次郎
39芭蕉句碑読み解く傍へばったんこ
42蒸かし藷湯気上げ雨もあがりそう
43句帖閉ぢ添水の音の次を待つ
47陸上の三段跳や冬来たる
50壁炉燃え大雪山へ鎖す二重窓
52龍勢の夜打ち桟敷に猪の汁
53児童らの足踏み脱穀楽しげに
56立冬や骨折全快遠けれど
61赤のまま飾り旧知の友を待つ
64昨夜雨の雫に枝垂る杜鵑草
65桔梗寂ぶ式部の愛でし源氏の庭
66退院の赤子を胸に小春かな
73紅葉かつ散る谷川の遠響き
77串打たる錆び鮎の尾のふるへけり
79豆腐の水絞る滴々冬はじめ
84秋うらら犬の顔書くカプチーノ
85露天風呂月と話をしてみたや
87深秋や子規の地球儀檸檬ほど
93菊盆栽小桶の水にしばし漬け
95小春日の鉛筆で描く子の似顔
96小春日の縁に茶菓子を出しにけり
98紅葉映ゆ宇治十帖の貝合
99冬薔薇の一つが開き朝のミサ
102漣の銀箔を敷き浮き寝鳥
103衣被宿着をごはと羽織り食ふ
105山内の忘れ箒も冬に入る
106水の秋映れるもののみな揺らぎ
109破れ蓮折れざま曝す雨の池
110ボール蹴る幼の転ぶ紅葉晴
117千歳飴よりも母の手強く取る
118鷹渡るえりの形を作りもし
120暖房の窓より眺む森の樹樹
123わだつみや寒波の使者の白兎波
124秋の薔薇やうやく夕日授かりぬ
127文机に励むともなくちゃんちゃんこ
129綿虫や病みあがりてふ逃げ口上
132着地するまでを楽しむ落葉たち
134初紅葉さまざまに老い同期会
136類ひなきほどに太りて鮎錆びぬ
140過疎なれば案山子も村の一人なる
143読み差しの栞挟めば時雨来る
144聞香のその夜余香の木の葉髪
148破蓮の池の中なる弁天堂
150だんまりの石蕗咲き卒寿の誕生日
151七五三鹿の親子とハイ・ポーズ
152はつふゆの醤油の匂ふ路地の奥
156炉開や萩の細枝も枯れごろに
157楓かな毬の懸かりにもみづりて
166澄むほどに水は香をたて走りけり
167身ほとりに色無き風や滝不動
171混浴の隅に戸惑ふ冬昴
178シーボルトコレクション会議富士に雪
179笹子鳴くときをり美しき声交へ
181つかまえて上着足しやる夜寒の子
182云ひ負けてかへすに無言夜を寒み
183二つ池三つ池水草紅葉かな
186田仕舞やしっかり洗ふ一輪車
188菊花展ひごもて姿正しをり
191出生の届け出をせり文化の日
192川音の届く小道の良夜なり
194山翳をよぎる禽かげ冬に入る
199この落葉いつまで待てば終のバス


以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:14 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2016年 10月 ねずみのこまくら句会の諸句

2016年 10月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

1秋の雨ダートコースに縞目なす
6 一力の三和土に鳴ける昼の虫
9 朝まだき露草かたく閉ぢてゐて
10 落柿舎の矢筈芒に月祀る
12 一茶の墓木魚のごとくけら叩く
14 "木の実の名教へ草の名教へられ"
15 野分過ぎ万年机上清掃す
16 そぞろ寒末尾に添へる但し書き
18 秋彼岸遺品の眼鏡かけてみる
20 蓮の実や飛び出しさうな達磨の眼
22 朝の日に発つ鷹一気空深む
25 秋めくや熱き茶を欲る朝の夫
26 庭の松手入の卒寿身の軽し
34 秋風や愚痴聞き地蔵大き耳
40 8号車C席3・4菊日和
43 水澄むや水車は水を落しては
44 月夜見の神の通ひ路月照らす
47 砂丘なる色なき風の果て知らず
53 軒に売る傷墨釣瓶落しかな
54 秋澄みて諸味のかほる蔵の町
60 橡の実を拾ふに一歩届かざる
62 草の絮意思あるごとく飛び行けり
63 補助輪の子ども自転車柿紅葉
65 爽やかや使はぬ部屋も掃除して
67 猪の罠背山に口を開けてをり
70 靴捨てて砂丘渡りぬ秋時雨
71 秋澄むや砂丘曲線ばかりなる
73 秋しぐれ砂丘の色の変わりけり
83 秋高し砂丘の点となる駱駝
85 鳥渡る銃眼三角丸四角
86 猿威し仕掛けし爺の山に月
91 金木犀散華奥処に聖天堂
95 田終ひの煙を低く伯耆富士
100 実葛火種を蔵しはじめけり
104 自ずからル・マルセイーズ秋夕焼
109 迷ひ道さらに迷へる秋の暮
110 鈴懸を鳴らせて秋の風となる
113 摘むよりも散らしてゐたり零余子採り
114 日に二度も遇ひしが嬉し赤とんぼ
121 遣水のひびく回廊名の木散る
122 独り暮せばレンジ温めの焼き秋刀魚
129 ひつじ田の雀は寺へ帰りけり
131 消しゴムの散らかる画板小鳥くる
133 みやげ屋に矮鶏の逃げくる秋時雨
137 カンバスに海の色置く秋思かな
138 ロボツトに挨拶さるる文化祭
139 山柿を猿にも布施門跡寺
140 土竜塚足にて均す秋の果て
154 木道はまた風の道大花野
162 北アルプス鷹の一点渡りゆく 
164 淋しからず此の庭棲みのしじみ蝶
165 打ち落とし栗を猿のごと拾ふ
168 立ち泳ぎさせ一連の鰯干す
171 萩活けてこぼれ萩てふ京和菓子
172 秋の雲拱く癖のいつよりぞ
173 リンゴ剥く皮の長さを児が囃す
180 "突出しは「不老長樹」の銀杏の実"

以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:12 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2016年 9月 ねずみのこまくら句会の諸句

2016年 9月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号


1屋上のハーブ庭園赤とんぼ
3小豆干す筵に莢の捻れけり 
5盆踊り床几に残る通り雨
6墨匂う敬老会の招待状
12夫の手を頼みの巌御来光
14夕立あと溶けてしまひぬ泥団子
19湯上りや風鈴の音の心地よき
22秋澄むや賓頭盧さまを恃みとし
27二人目を妊りし子の星まつる
32新蕎麦の店に並びて招き猫
34秋高し筆跳ねて描く大漁旗
36客ひとり船頭ひとり秋あかね
39澄む秋の水の傍なる美術館
44俯瞰図に出城あまたや鳥渡る
45山葵田の秋蝶寒冷紗を出でず
49黄落や店主自慢の蕎麦すする
50霧深み目指す稜線また隠れ
54河童淵朝採り胡瓜供えあり
57秋の日の胡蝶は羽を震はせて
58遠雷の雨戸の中にひとりかな
60轆轤小屋月の窓辺のチェロケース
61蓮咲いて畦より低き遠嶺かな
63秋興や国境越えて茸採り
68百日紅本家分家と庭づたひ
69岩桔梗足下に咲ける岩を攀づ
76紅白に村を分かちて運動会
77飢餓の世を伝ふ石仏葛の花
79盆僧の後ろに家族みな揃ひ
80落蝉のどれも仰向けなるならひ
84生身魂オリンピツクにテレビ漬け
93高飛び込みの少女ら去りて雲の秋
97とろろ食べ身体髪膚ここにあり
98団栗は食べて旨しと卒寿の師
103秋袷馬齢ふりむくこと多し
112羽織るもの欲しき桟橋雁渡し
119オリーブの実摘む青空と波の音
122餌台に鳥の影見ぬ大暑かな
123お目当ての稲田へ雀七連符
127擬音ならぬカッコーの声交差点
130強力の霧に消えたる若き頬
134網の目となりし鬼灯なほ燃ゆる
139萩の露ひとつぶづつに日を孕み
140寝そびれて夜長知恵の輪捻るかな
141小夜更けて土に戻せし歌女か鳴く
142群れなして艇庫飛び交ふ岩燕
145大窓をもて夏富士のトリミング
146均衡の果てひかり落つ芋の露
150石段にニッキ棒噛む秋祭
160赤のままここだに祀る道の神
162秋朝の焼きあげてパンの香をひろぐ
164天高く上がる硝子のエレベーター
167野分あといろいろな雲流れゆく
168虹立っていますとショートメールかな
170永さんの「遠くへ行きたい」秋の夜

以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:10 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2016年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句

2016年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句

予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号
気づいた点ズバズバとやりますが妄言陳謝。

2天平仏青葭一本高き供花
3中庭に平笊十枚梅干しぬ
5揚花火独立記念日夜を徹し
8七日盆小餅の予約済ませけり
9初秋の水面に鳥の飛び交ひて
12青葉木兎眠りつく間の泰さかな
15魂棚の父母の句帳に眼鏡添へ
23勉強は明日やるよと花火の夜
25姦しく鬼灯籠を提げて乗る
27八月大名爪を磨いてみたくなり
29夜に蛾の張り付きしまま朝の窓
32釣り堀の誰も釣る気のなささうな
33雷に焦ぐ大樹も神としてさやか
35盆僧の御足の怪我に椅子用意
36夕焼けて千木の金泥神宿る
39夕日より赤きギヤマン耳飾
46大護摩火消えたる闇にあをばづく
47山蛭降る俊寛妻子隠れ窟
54禅定の白鷺佇てる一脚に
59流るると見えて水母の泳ぎをり
61夏山を借景にして文学部
63ビル街の空縦横に夏燕
66為損じの苦笑幾度蟻地獄
69立秋や浦曲の空に魚を干し
70合歓の花峡に嫁ぎしパリジェンヌ
78走り穂の甘き香流る御神田かな
80築山の笹刈り濟ませ汗の顔
83ビー玉に海の色ある夏夕べ
87瀬田川の下流をひとりカヌー漕ぐ
88夕焼けの雲上真っ只中を航く
89飛ぶ時の羽音高しよ唖の蝉
90帰省子の一日たりとも家に居ず
95同齢の葬を昨日に螻蛄の鳴く
97鷺草の枯れかけてなほ飛ぶ構へ
99野良に出る渦巻蚊遣二つ折り
101蜩の率ゐるものとつくものと
102ひづめあるもの集ひ来る泉かな
109地ぼてりや義民宗吾の直訴道
110ひぐらしや一人っきりの野良帰り
112見えねども頬過る風今朝の秋
113書く手止め真夜の蝉声聞いてをり
115ビール酌む水上飛行機の灯を見つつ
123宣言と言へないまでも梅雨開くる
128空蝉の姫ひおうぎにすがりをり
134初秋の湖の艇庫を開け放し
136はらからの吾れのみ残る断腸花
137桔梗や朝の空気のひんやりと
140地蔵盆蝗の飴煮売り切れに
141をととひのままの日捲り梅雨明けぬ
152麦藁帽一と雨のきてよれよれよ
153夕焼をひとり下校のランドセル
158岩牡蠣はてのひら程や海の家
162羽抜鳥につぶらな瞳ありにけり
169父の日のそれはなかなかいい話
178線香の焦げ跡二本盆畳
180阿蘇噴煙くっきり白く梅雨明けぬ
181立秋や歩くすがたの雲とゐて
182竹串の白き肌(はだえ)や鮎を打つ
185水の裏ばかりを金魚見て泳ぐ


以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:07 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング