2017年 04月 16日 ( 9 )

久女忌 の俳句

久女忌 の俳句

久女忌

例句を挙げる。

うつし世の白葱をほめ久女忌へ 榎 三吉
つわぶきの胸どきどきも久女の忌 松田ひろむ
てのひらの種やわらかし久女の忌 穴井太 原郷樹林
ひたすらに何を求めむ久女の忌 大橋敦子
一月の空が真青久女の忌 猪島蘇風
久女の忌巌噛む濤を見てゐたり 飯沼三千古
久女の忌花野にくるいはじめしか 八木三日女 落葉期
久女忌に隣る母の忌明治美し 加藤耕子
久女忌の小原松名の雲やさし 伊藤敬子
久女忌の山中に焚く桜榾 児玉輝代
久女忌の庭に南天熱く立つ 穴井太 原郷樹林
久女忌の火だねを強く吹きにけり 池永豊子
久女忌の焚火に残る傘の骨 中島登美子
久女忌の空に瑕瑾のなかりけり 黛まどか
久女忌の空へ蓬を投げ入れる 穴井太 原郷樹林
久女忌の路上に蹴られ厚氷 肥田埜勝美
久女忌の雪胸もとに露天風呂 後藤杜見子
久女忌の飲食すみし箸を折る 下田稔
久女忌の髪むらさきにしてみたき 姉崎蕗子
久女忌や句会崩れの喫茶店 田村恵子
久女忌や掌中目覚むれもんの黄 櫛原希伊子
久女忌を過ぎて草餅塩の味 穴井太 原郷樹林
人恨むこと我れになし久女の忌 宮崎安子
入浴剤白くひろごる久女の忌 清野やす
凜々と雛の瞳並ぶ久女の忌 寺井谷子
吹き狂ひ尽せし竹や久女の忌 此口蓉子
喜久女忌と人に詠まるる寒さかな 小川原嘘帥
夕凍の道に羽根散り久女の忌 鍵和田釉子
夜も開く侘助喜久女忌を修す 小川原嘘帥
大寒に入る日は晴れて久女の忌 石昌子
寒行の音の零れる久女の忌 穴井太 原郷樹林
帰らねばならぬ家あり久女の忌 片山由美子 水精
干し物の吹き寄せらるる久女の忌 内田美紗 誕生日
憎むことにも疲れはて久女の忌 檜紀代
枯菊のくれなゐふかき久女の忌 林十九楼
爪に透く血豆一粒久女の忌 内田美紗 魚眼石
爪を立てためらふ朱欒久女の忌 朔多 恭
縮緬の袋に句帳久女の忌 神山孝子
若菜摘みし野辺はいずこぞ久女の忌 坊野靖子
金泥もて枯葦描かむ久女の忌 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
長持の中のくらやみ久女の忌 橋本 榮治
風花の貝のつめたき久女の忌 神尾久美子 掌


久女忌 補遺

夕雲の紅いつまでも久女の忌 鷹羽狩行
虚子の息かからぬはなし久女の忌 秋元不死男
久女忌や結局赤い花にする 星野麥丘人 2005年
久女忌は寒のひかりの虚空より 飯田龍太

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 09:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

蕪村忌 の俳句

蕪村忌 の俳句

蕪村忌

例句を挙げる。

あやまちて茶碗を割りぬ蕪村の忌 野村喜舟
うつくしき炭火蕪村の忌なりけり 岸風三樓
かへりみてあたたかかりし蕪村の忌 森澄雄
くらはんかの皿の厚手や蕪村の忌 成瀬櫻桃子 素心
ことことと小鍋の煮ゆる蕪村の忌 山内遊糸
ちりめんの座ぶとんふかと蕪村の忌 永方裕子
どの家も雪に眠りて蕪村の忌 名和未知
与謝住みのわが半生や蕪村の忌 柴田只管
埋火や蕪村忌すぎて年もなく 増田龍雨 龍雨句集
太筆に墨のぼりくる蕪村の忌 嶋田麻紀
弧となつて大橋架かる蕪村の忌 広瀬直人
水仙の一茎をもて蕪村の忌 赤羽 岳王
洛北の霰日和に蕪村の忌 鈴鹿野風呂
湯ざめして蕪村忌の夜の更けにけり 所 山花
蕪村忌に呉春が画きし蕪かな 正岡子規
蕪村忌に磨る奈良墨の匂ひけり 福村青纓
蕪村忌のことにも夜の牡丹雪 中野鶴平
蕪村忌の土堤の日だまり独楽打てり 田中英子
蕪村忌の富士真白にあらはるる 滝沢伊代次
蕪村忌の心游ぶや京丹後 青木月斗
蕪村忌の樅の木ひよいと戦ぎけり 小澤克己
蕪村忌の毛馬の夕闇しぐれかな 村井美意子
蕪村忌の盥漱(くわんそう)に水なかりけり 今井誠人
蕪村忌の蒔絵の金のくもりけり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
蕪村忌の蕪くひけり初入門 妻木 松瀬青々
蕪村忌の風呂吹足らぬ人数哉 正岡子規
蕪村忌やきんの琴かふおんみやうじ 日夏耿之介 婆羅門俳諧
蕪村忌やさみしう挿して正木の実 村上鬼城
蕪村忌やをんなのすこし着飾りて 黒田杏子 一木一草
蕪村忌や何はなけれど移竹集 奈良鹿郎
蕪村忌や壺中の酒の振れば鳴る 前山松花
蕪村忌や夕路地炭を頒つらし 兌
蕪村忌や山ふところの冬日濃し 中田余瓶
蕪村忌や山茶花月をかかげゐて 駒沢たか子
蕪村忌や師走の鐘も合點だ 村上鬼城
蕪村忌や旅もをはりの濁り酒 原裕
蕪村忌や暮れきつてより銀の雨 若山允男
蕪村忌や残る尾花の田舎寺 癖三酔句集 岡本癖三酔
蕪村忌や残照亭に灯の用意 三幹竹
蕪村忌や沖かけて与謝の海騒ぐ 猿橋統流子
蕪村忌や河はなけれど移竹集 鹿郎
蕪村忌や淋しう挿して正木の実 鬼城
蕪村忌や炎澄みたる桜榾 長谷川櫂 古志
蕪村忌や画中酔歩の李太白 秋櫻子 (大津、蘆花浅水荘)
蕪村忌や画談となれば画家あらぬ 安斎桜[カイ]子
蕪村忌や笹たちそめし町の中 久保田万太郎
蕪村忌や絖より黄色浮き立つる 河野多希女 月沙漠
蕪村忌や蕪村の偽筆掛けて見る 蘇山人俳句集 羅蘇山人
蕪村忌や赧然として句盗人 中野三允
蕪村忌や雪に会する五六人 茶村
街騒を潮騒と聴き蕪村の忌 鍵和田釉子
雑踏を抜け寺町へ蕪村の忌 大山 清治郎
鷹の羽を拾ひ蕪村の忌と思ひ 萩原麦草
冬の虹鴇いろのこし春星忌 中田剛 珠樹以後
出講の師の風呂敷や春星忌 長谷川祥子
史記を好み杜詩を愛して春星忌 大橋越央子
味噌漬のぐぢが食べごろ春星忌 草間時彦
夕空に刷きし茜や春星忌 片山由美子 風待月
天地はいまだモノクロ春星忌 藤井彰二
小火桶に伏して遅吟や春星忌 王春
掛軸は雪ふるけしき春星忌 阿部みどり女
母の句に甘き選者や春星忌 安住敦
湖の霧山へ入りゆく春星忌 中田剛 珠樹
父の忌の春星遠く語るらく 中島斌雄
瓶にさす梅まだかたし春星忌 大橋越央子
縁に出て京の灯見ゆれ春星忌 田中王城
道すがら煎餅買ひぬ春星忌 田中裕明 櫻姫譚
遺墨匂ふ再興の記や春星忌 四明句集 中川四明

蕪村忌 補遺

あらたまる明治の御代や春星忌 正岡子規 蕪村忌
わが膝は何も支へず春星忌 中村苑子
雁足を花とし活けむ春星忌 山口青邨
金福寺名もゆたかなり春星忌 森澄雄
弧となつて大橋架かる蕪村の忌 廣瀬直人
枯菊に蜂の金色春星忌 中村汀女
書債山と積みてかなしや春星忌 山口青邨
蕉村忌は冬といへども春星忌 森澄雄
雪降りて蕪村忌にしてクリスマス 富安風生
年忘れいくつ重なり蕪村の忌 森澄雄
芭蕉忌より蕪村忌而して誰の忌や 山口青邨
百幹の一幹伐るや春星忌 星野麥丘人 2001年
蕪引く頃となりけり春星忌 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌におくれて蕪とゝきけり 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌に呉春が画きし蕪哉 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌に蕪村の軸もなかりけり 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌に會して終に年忘 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の梢にあつまる鶸の数 飯田龍太
蕪村忌の人あつまりぬ上根岸 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の日も近つきぬ蕪漬 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の日も近よりぬ蕪漬 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹くふや鴨の側 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹盛るや臺所 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹足らぬ人數哉 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の寫眞をとるや椎の影 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の寫眞寫すや椎の陰 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌やさみしう挿して正木の実 村上鬼城
蕪村忌や奥のはたはた攝の蕪 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌や画中酔歩の李太白 水原秋櫻子 旅愁
蕪村忌や軸の墨痕梅が香に 赤尾兜子 稚年記
蕪村忌や葱の香毛馬を流るるも 赤尾兜子 玄玄
蕪村忌や蕪よせたる浪花人 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌や風呂吹の題蕪の題 正岡子規 蕪村忌
風呂吹や蕪村百十八囘忌 正岡子規 蕪村忌
風呂吹をくふや蕪村の像の前 正岡子規 蕪村忌
母の句に甘き選者や春星忌 安住敦
薬味効きすぎて口開く蕪村の忌 佐藤鬼房
炬燵居のひと日動かず蕪村の忌 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

草城忌 の俳句

草城忌 の俳句

草城忌

例句を挙げる。

この冬の意外なぬくさ草城忌 桂信子 晩春
ばら色のままに富士凍て草城忌 西東三鬼
佗助の群がる日なり草城忌 石田波郷
全集の濃き藍色や草城忌 桂信子 樹影
凌ぎ得るもの齢のみ 草城忌 伊丹三樹彦
力みいしものは去りゆき草城忌 小西康之
十の字にとぶ二羽の鳩草城忌 石田波郷
厚雲の裂け目のひかり草城忌 花谷和子
女患部屋にをとこの声や草城忌 石田波郷
手のとどく青空のあり草城忌 土岐錬太郎
東京に桂信子や草城忌 草間時彦
残月の薄紅に草城忌 岩田由美 夏安
水より淡き早春の空草城忌 楠本憲吉
無造作に白きマフラー草城忌 岩井秀子
痩身を湯槽に沈め草城忌 冨田みのる
目の奥の沖すさまじき草城忌 山口隆
絞り出す絵具はブルー草城忌 松倉ゆずる
草城忌あの冬山の裏見えぬ 阿部完市 無帽
草城忌の時雨が睫毛濡らすほど 花谷和子
葬の列短く進む草城忌 手島知韶
降りゐたる曙の雨草城忌 山中達三
雨の音に覚めてしづかな草城忌 横山白虹
頬白の地鳴かそけし草城忌 石田あき子 見舞籠
風が棲む電車草城忌へ揺れる 菅野慎次
風邪臥しの背骨の疼く草城忌 伊丹三樹彦

草城忌 補遺

この冬の意外なぬくさ草城忌 桂信子 晩春
ばら色のままに富土凍て草城忌 西東三鬼
臥してきく寒風の音草城忌 桂信子 晩春
寒雷に樹頭たかぶる草城忌 上田五千石『田園』補遺
金こぞる蕋の山茶花 草城忌 伊丹三樹彦
残る僕らの 鼻へ雪片 草城忌 伊丹三樹彦
十の字にとぶ二羽の鳩草城忌 石田波郷
女患部屋にをとこのこゑや草城忌 石田波郷
水より淡き早春の空草城忌 楠本憲吉 方壺集
選びたる師はただ一人 草城忌 伊丹三樹彦
全集の濃き藍色や草城忌 桂信子 樹影
草城忌雪の琵琶湖が見えてきぬ 寒食 星野麥丘人
凍瀧のなかの水音草城忌 飯田龍太
動かぬ戸動かぬままに草城忌 桂信子 花影
日光の 月光の 藁塚 草城忌 伊丹三樹彦
配膳の粕汁冷えぬ草城忌 石田波郷
髭さびて師風になずむ 草城忌 伊丹三樹彦
風邪臥しの背骨の 疼く 草城忌 伊丹三樹彦
凌ぎ得るもの齢のみ 草城忌 伊丹三樹彦
佗助の群がる日なり草城忌 石田波郷

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

春待つ の俳句

春待つ の俳句

春待つ

例句を挙げる。

うち集ふことは春待つことに似て 後藤夜半 底紅
これ程に春待つこゝろ生涯に 奥田智久
ずぶ濡れの太陽上り春待つ森 山崎ひさを
てつせんの春待つ気ぶりすら見せず 篠田悌二郎
とど松もえぞ松も春待てる木々 高木晴子 花 季
なつかしき羅宇屋の汽笛春待てば 加倉井秋を 『風祝』
ぬくきもの食べ春待ちの梟鳴く 村越化石 山國抄
ばらばらになって春待つガラスびん 津沢マサ子 風のトルソー
ひかりの鹿飛ばす春待つ斜面得て 永田耕一郎 氷紋
バロックといふ待春の死語ひとつ 皆吉司
フアッシヨン誌読むや春待つ心急 嶋田摩耶子
仕込み桶つぶやく泡に春待てり 伊藤京子
写真も蘆花はひたもに春待つ眼 中村草田男
声嗄れて春待つ心深まれり 関森勝夫
大江山春待つお伽草子かな 兼松平々
少年を枝にとまらせ春待つ木 西東三鬼
山羊を飼へとふ兎飼へとふ春待てば 及川貞 榧の實
年々に春待つこゝろこまやかに 下田実花
庵の夜や春待ち兼て人のよる 井上井月
待春か耐寒か石しづかにて 中嶋秀子
待春のぬけ道どれも潮の香 上田日差子
待春のふくれ崩るゝ波頭 星野椿
待春のほとりに木々をあつめたる 田中裕明 花間一壺
待春のみかんむかんにほかと割れ 亀井糸游
待春のをりふし母の独りごと 猪俣千代子 堆 朱
待春の丘に遊戯する鳥獣 長谷川かな女 花寂び
待春の人の来てゐる百度石 倉田紘文
待春の大樹の風を孕みたる 上野 泰
待春の小匙にすくふ甘納豆 百瀬ひろし
待春の指先にのす弥次郎兵衛 加藤耕子
待春の枝の賑ひとも思ふ 友水 清
待春の水よりも石静かなる 倉田 紘文
待春の海凪ぎ青き原酒樽 坂井とみ子
待春の睡りて白髪ふやしけり 池田秀水
待春の礁に波の立ち上る 甘糟怜子
待春の神事火の粉をよろこべり 中山純子
待春の空に襞ある瀧の音 古舘曹人 砂の音
待春の笑はして生え初めし歯よ 太田土男
待春の羽のごと干す白魚網 伊藤京子
待春の翡色の玉を身につけむ 泉 早苗
待春の肱付き椅子の深さかな 高澤良一 寒暑
待春の茶杓一本蔵しけり 石嶌岳
待春の身の透く小鯛笹漬けに 田中英子
待春の金の成る木に花が咲く 伊藤いと子
待春の門の手鞠のよくはづむ 『定本石橋秀野句文集』
待春やこころの忌明けせぬままに 岩間光景
待春や会ひに行きたき道の神 村越化石
待春や卒論の娘も嫁ぐ子も 小谷敦子
待春や手綱の赤き藁の馬 川村紫陽
待春や机に揃ふ書の小口 浪化
待春や氷にまじるちりあくた 河合智月 (1634?-1708以後)
待春や浪花おこしのかろき味 田中英子
待春や湯呑一つを前にして 村越化石
待春や病舎に菜売り卵売り 石橋秀野
待春や駝鳥のかぶる日の帽子 上田日差子
忌にありて春待つ心生れつゝ 稲畑汀子
我が杖も春待つものゝ一つかな 緒方句狂
春待ちて我等東京の屋根の下 成瀬正とし 星月夜
春待つといふ大いなる言葉あり 後藤夜半
春待つと檜山は月を育てけり 安立公彦
春待つやふと来りたる返り事 島村元句集
春待つやみな一脚のおしら神 古舘曹人 樹下石上
春待つや一と間に住んで老夫婦 武原はん女
春待つや仮の小桶に梅柳 安藤橡面坊
春待つや力をこめてボール蹴る 波多野爽波 鋪道の花
春待つや厨の妻のわらべ唄 今泉貞鳳
春待つや地球のやうにみごもりて 仙田洋子
春待つや帰らねばこそ波真白 野見山ひふみ
春待つや手触れて軽き糸車 樋笠文
春待つや捲いて太らす毛糸玉 成瀬桜桃子 風色
春待つや漬け残りたる桶の茄子 室生犀星 魚眠洞發句集
春待つや箒柄に彫るしだれ梅 西本一都 景色
春待つや紅染める青木の実 小澤碧童 碧童句集
春待つや紙一しめを違ひ棚 増田龍雨 龍雨句集
春待つや色麩ふたつのおかめそば 小川軽舟
春待つや萬葉、古今、新古今 久保田万太郎 流寓抄以後
春待つや鈴ともならず松ぼくり 小川軽舟
春待つ湾片手漕ぎして女の舟 加倉井秋を 『欸乃』
春待てり製靴工場の木型どち 磯貝碧蹄館 握手
春待やうはごとまじる子守唄 室生犀星 犀星発句集
春待やまなかひの手の照るを見つ 室生犀星 犀星発句集
春待や山吹の枯枝すぐりつつ 室生犀星 犀星発句集
春待や幸ある家の花袋 上島鬼貫
春待や漬け残りたる桶の茄子 室生犀星
春待や生きのびし人の息づかひ 室生犀星 犀星発句集
春待や花もつ枝の艶ぶくれ 室生犀星 魚眠洞發句集
春待や草の垣結ふ繩二束 村上鬼城
時雨るや旅に春待つ薬売 会津八一
更によし春待つ門の笑ひ声 尾崎紅葉
来て見れば孤島春待つ入らあり 金箱戈止夫
林檎嗅ぎうしろの山も春待てり 新谷ひろし
果樹園も日ざし春待つスイス領 有働亨 汐路
汀歩す待春の富士輝いて 星野椿
濡れてより待春の黒土となる 岩岡中正
火を焚くや万年杭も春待つ木 佐野美智
煎大豆に花の春待つ宵なりけり 西勝 選集「板東太郎」
玩具と野菜畳に置くよ春待つよ 磯貝碧蹄館 握手
珈琲の朝の湯気みな春待てる 原子公平
白足袋の爪先の春待つごとし 影島智子
祝はるゝこと待春の心あり 高木晴子 花 季
穴不思議おほぜいで春待つてゐる 中尾寿美子
紅裏の春待ち兼ねて燃ゆる哉 尾崎紅葉 紅葉山人俳句集
紐長く小鳥籠吊り春待つ木 森重 昭
蒟蒻薯春待つ貌の煤けたる 堀口星眠 営巣期
遠き世のごとく春待ち老夫婦 加倉井秋を
酔をともに春待年をおしむ哉 加舎白雄
金の入日沼に沈めて春待たむ 角川源義
鉄線の春待つ気ぶりすら見せず 篠田悌二郎
鏡を磨がう春待つ老の若盛り 鬼貫
雪が降る春待つ心さぐるとき 林原耒井 蜩
雪国の春待つ心遠々し 伊藤一露
首垂れて春待つ木偶の並びたり 柏 禎
鰭酒も春待つ月も琥珀色 水原秋櫻子
鶴折つて春待つ風に吊しけり 土居蹄花
あすしらぬみむろのやまの春を待つ 高野素十
かの一事なるやならずや春を待つ 下村梅子
この丘に宵々のはやて春を待つ 内田百間
この子らも虜囚窓辺に春を待つ 金箱戈止夫
こまごまと草庵日記春を待つ 後藤夜半 底紅
すぐそこに来てゐる春や春を待つ 上村占魚(1920-96)
その為に一壷酒のあり春を待つ 深川正一郎
みちのくにひつそり春を待つことを 高木晴子 晴居
キリンも吾も頸堆七箇春を待つ 遠山陽子
バスを待ち大路の春をうたがはず 石田波郷(1913-69)
一挙手も一投足も春を待つ 後藤夜半 底紅
一隅の此のいしぶみも春を待つ 正田稲洋
九十の端(はした)を忘れ春を待つ 阿部みどり女 『月下美人』
予感とは楽しき不安春を待つ 高石幸平
仮縫のあとこころもち春を待つ 朝倉和江
分校に生徒が一人春を待つ 宮本 旅川
十一面それぞれ春を待つ観音 有馬朗人
口明て春を待らん犬はりこ 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
同じ靴何度も修理春を待つ 細見綾子 黄 炎
地の底に在るもろもろや春を待つ 松本たかし
塀に球なげて少年春を待つ 菖蒲あや
大いなる水平線や春を待つ 宮崎 寒水
妻病めばひと間をしめて春を待つ 岸風三楼 往来
嵩減りて林中落葉春を待つ 井沢正江 火襷
庭に出て木々は常なる春を待つ 皆吉爽雨 泉声
待つことも医術のひとつ春を待つ 新明紫明
待つと言ふことに馴れつつ春を待つ 菖蒲あや
思ひ出のそれのみにある春を待つ 上村占魚 球磨
或日あり或日ありつつ春を待つ 後藤夜半 底紅
折り溜めしまぶしに春を待ちにけり 広江八重桜
掃除機で空気吸ひつつ春を待つ 皆吉司
新居得て景色ととのふ春を待つ 下村ひろし 西陲集
新邸に楽しき春を待つばかり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
春を待ち我を待つとの妻の文 京極杞陽 くくたち下巻
春を待つこころに野口雨情の忌 西本一都 景色
春を待つこゝろに雨の土ひかる 長谷川素逝 暦日
春を待つひらきし地図の野は緑 上野泰 春潮
春を待つものに銀化の涙壺 野見山ひふみ
春を待つコルク鉄砲うちにけり 辻桃子
春を待つホームにうすき詩集かな 佐藤美恵子
春を待つ下宿の人や書一巻 夏目漱石 明治三十九年
春を待つ何も挿さざる壺円く 菖蒲あや
春を待つ供養の針の一包み 西島麦南 人音
春を待つ商人犬を愛しけり 前田普羅 新訂普羅句集
春を待つ夢の島バス停留所 田中啓介
春を待つ妻に泥鰌を食はせけり 岸本尚毅 舜
春を待つ娘心や手鞠唄 井上井月
春を待つ子のクレヨンは海を生み 西村和子 夏帽子
春を待つ御手なる創にくちづけし 山本歩禅
春を待つ心を正し処しにけり 星野立子
春を待つ心君にも吾にもあり 高濱年尾
春を待つ心心のうなじ伸べ 木村蕪城 寒泉
春を待つ心遐けき身となんぬ 林原耒井 蜩
春を待つ悲しきことは云ふまじく 高濱年尾 年尾句集
春を待つ淡海に心預けんと 高澤良一 燕音
春を待つ渡航の注射終へし腕 田川飛旅子
春を待つ港に船はなかりけり 増永波那女
春を待つ漁港の娼家はなやぎぬ 西島麦南 人音
春を待つ熊野の山は千の牛 夏石番矢 楽浪
春を待つ狐火二つ消えにけり 萩原麦草 麦嵐
春を待つ田水に映り道作り 石田波郷
春を待つ石のねむりのみとり妻 野見山朱鳥
春を待つ絵手紙に黄を重ねつつ 板橋美智代
春を待つ花の歳時記開きては 岩崎富久子
春を待つ醤そへたる氷魚飯 森澄雄
春を待つ金の鵝鳥を追ひながら 長谷川かな女 花寂び
春を待つ靴底にゴムを厚く貼る 岩田昌寿 地の塩
春を待つ音符のやうなかいつぶり 山尾郁代
春を待つ鳥居の前の茶店かな 比叡 野村泊月
時ものを解決するや春を待つ 高浜虚子
月夜々に美しく春を待ちにけり 岸風三楼 往来
来るといふ人見えずして春を待つ 高浜年尾
林中の径とどまりて春を待つ 原裕 葦牙
林檎の木いまだ幼く春を待つ 菖蒲あや
枯菊を残らず刈りて春を待つ 阿部みどり女 笹鳴
桑畑を過ぎ行く時に春を待つ 細見綾子 黄 炎
檜扇へ土盛り上げて春を待つ 細見綾子 花寂び
炬燵板反りて読み書き春を待つ 皆吉爽雨
牛糞を焚く村落や春を待つ 野村喜舟
珠数くりて春を待つこそ仕事なれ 上島鬼貫
生ま紙に重石をかけて春を待つ 細見綾子 黄 炎
生野菜には塩ふつて春を待つ 細川加賀 生身魂
病むことも身の養ひと春を待つ 関森勝夫
病む父のため子のための春を待つ 深見けん二
白粥に人隔てゐて春を待つ 野澤節子
真つ白き障子の中に春を待つ 松本たかし
真白き障子の中に春を待つ 松本たかし
節穴にあつまり春を待つものら 津沢マサ子 空の季節
老人に空みえ辛夷春を待つ 和知喜八 同齢
老松は父椎は母春を待つ 阿部みどり女
茫々と初恋遠し春を待つ 稲畑汀子 汀子第二句集
葛晒す白さ重ねて春を待つ 相良哀楽
蒟蒻薯春を待つ貌の煤けたる 堀口星眠
藁塚の棒先余し春を待つ 右城暮石 声と声
虚子館の鼓動聞きつつ春を待つ 藤浦昭代
諦めは癒ゆるを待たず春を待つ 朝倉和江
過ぎしこと再び言はず春を待つ 大橋越央子
過ぎて行く日を惜しみつつ春を待つ 高浜虚子
道祖神に赤い菓子置き春を待つ 藤岡筑邨
遠い遠い春を待つせつなさだ、荒涼とした野道の日ぐれ 渡辺順三
鉄瓶の黙せばつぐ火春を待つ 亀井糸游
袖の雲脂指で弾きぬ春遠し 高澤良一 素抱

春待つ 補遺

*たらの木も春待つものゝ一つかな 高野素十
あすしらぬみむろのやまの春を待つ 高野素十
うち集ふことは春待つことに似て 後藤夜半 底紅
お日様のやうな坊やか春待つ宿 村山故郷
かくてまたいまひとたびの春待たれ 上田五千石『琥珀』補遺
こまごまと草庵日記春を待つ 後藤夜半 底紅
のー~と越後の人等春を待つ 高野素十
バスを待ち大路の春をうたがはず 石田波郷
まぐはひの春を待つかに山の人 佐藤鬼房
ゆふづつをいただき棕梠も春待つ木 大野林火 飛花集 昭和四十七年
わが尿に音もて応え春待つ草 伊丹三樹彦
或日あり或日ありつつ春を待つ 後藤夜半 底紅
暗がりにさざえは生きて春を待つ 細見綾子
一挙手も一投足も春を待つ 後藤夜半 底紅
印字機の音のはげしく春を待つ 日野草城
雨降るも晴るるもただに春を待つ 右城暮石 句集外 昭和五十五年
鉛筆の字の素朴を愛す春遠み 能村登四郎
崖下や待春の灯の生きてをり 岸田稚魚 負け犬
寒園に梅咲く春も待ちあへず 正岡子規 春を待つ
期して待つ何ある何や春の鵙 上田五千石『琥珀』補遺
去るものは日々に疎しや春を待つ 高野素十
共に病み共に訪はずよ春を待つ 松本たかし
近しとも遠しともただ春を待つ 右城暮石 散歩圏
金の入日沼に沈めて春待たむ 角川源義
桑畑を過ぎ行く時に春を待つ 細見綾子
古き家の春待つ部屋の青箒 能村登四郎
枯萱を残すこころは春を待つ 富安風生
鯉もかたまりてひたすら春を待つ 鷹羽狩行
国々の岬々の春を待つ 高野素十
国分寺の石の遺跡も春を待つ 鷹羽狩行
座敷杖かたへに病みて春を待つ 上村占魚
妻病めばいや山国の春遠し 相馬遷子 山国
山羊を飼へとふ兎飼へとふ春待てば 及川貞 榧の實
子つなぎて草木蟲魚春を待つ 富安風生
思ひ出のそれのみにある春を待つ 上村占魚 球磨
自転車で鮒来しよ春遠からじ 秋元不死男
終点は汽笛どころ春遠からじ 鷹羽狩行
十王佛常の顔して春を待つ 佐藤鬼房
春すでにてんぷら蕎麦を待つ間かな 草間時彦
春の月しらじらと地の声を待つ 飯田龍太
春の野に穴掘つていま何を待つ 中村苑子
春を待ち流木に魚刻み込む 有馬朗人 母国
春を待ついづくも白き煙のみ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
春を待つおなじこころに鳥けもの 桂信子 草影
春を待つおもひにけふをひた待てる 上田五千石『天路』補遺
春を待つこころにもつれ枯枝影 富安風生
春を待つこゝろに雨の土ひかる 長谷川素逝 暦日
春を待つこころ大樹のごとしづけし 大野林火 冬雁 昭和二十一年
春を待つひらきし地図の野は緑 上野泰 春潮
春を待つ雨戸開け閉めするたびに 右城暮石 一芸
春を待つ漁港の娼家はなやぎぬ 西島麦南 人音
春を待つ供養の針の一包み 西島麦南 人音
春を待つ時には心沈むことも 星野立子
春を待つ柴垣に艪のもたれをり 清崎敏郎
春を待つ商人犬を愛しけり 前田普羅 普羅句集
春を待つ醤そへたる氷魚飯 森澄雄
春を待つ心にかゝること多く 高浜年尾
春を待つ心を正し処しにけり 星野立子
春を待つ心心のうなじ伸べ 木村蕪城 寒泉
春を待つ心即ち入涅槃 高野素十
春を待つ人篁にかくれけり 石田波郷
春を待つ生半(なまなか)に老いそして病み 佐藤鬼房
春を待つ石のねむりのみとり妻 野見山朱鳥 愁絶
春を待つ切に待たるることばかり 右城暮石 虻峠
春を待つ潮騒か世のどよめきか 加藤秋邨
春を待つ田水に映り道作り 石田波郷
春を待つ迄に我はや老いにけり 正岡子規 春を待つ
春を待つ雜煮をまつと人や思 正岡子規 春を待つ
春を待てる汝が子の眼澄む見たまはずや 中村草田男
春遠からじ日がさして鯉の顔 森澄雄
春遠き心をあほちものやすぐ 原石鼎 花影以後
春遠し海に起伏のなきひと日 桂信子 草影
春遠し兄の拙き戦場便 石田波郷
春遠し唇の雪舌もて甜め 相馬遷子 雪嶺
春遠し腑の片隅の夕明り 飯田龍太
春待つて沸々と湧く麹泡 能村登四郎
春待つといふことさへも忘れゐし 後藤比奈夫
春待つと子の歌渡る葛西橋 岸田稚魚 雁渡し
春待つと手には櫟の反り葉など 右城暮石 句集外 昭和十八年
春待つは生を貪る者に似し 相生垣瓜人 負暄
春待つやみな一脚のおしら神 古舘曹人 樹下石上
春待つやゆうじが植ゑし牡丹の木 村山故郷
春待つや小田の雁金首立てゝ 正岡子規 春を待つ
春待つや埴輪の馬の太蹄 草間時彦
春待つや赤き毛氈次の間に 星野立子
春待つや只四五寸の梅の苗 正岡子規 春を待つ
春待つや着物着たがる娘の子 正岡子規 春を待つ
春待つや椿の莟籠の鳥 正岡子規 春を待つ
春待つや舞扇なく鼓なく 松本たかし
春待つや力をこめてボール蹴る 波多野爽波 鋪道の花
春待てど兎の尿は黒びかる 右城暮石 句集外 昭和二十三年
春待てる棚のくらきにオシラ神 能村登四郎
春待や宿痾に堪へて憂ふ事 河東碧梧桐
春待や草の垣結ふ繩二束 村上鬼城
春待や峯の御坊の畳替 村上鬼城
小つくばひ全身濡れて春を待つ 富安風生
小説を草して獨り春を待つ 正岡子規 春を待つ
少年を枝にとまらせ春待つ木 西東三鬼
招福の面の頬紅春待つ紅 後藤比奈夫
常臥しのわれも春待つおのづから 森澄雄
食ばかり欲る犬猫と春を待つ 右城暮石 句集外 昭和三十六年
生ま紙に重石をかけて春を待つ(小出紙漉を見る) 細見綾子
赤子見せにくるといふ春待たれけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
赤禿げし癩園の谷春遠き 大野林火 青水輪 昭和二十六年
切通し春待つ丘の刈られけり 松崎鉄之介
絶望といふにはあらじ春を待つ 後藤比奈夫
待ちわびし春とも何処か異れり 相生垣瓜人 微茫集
待ち待ちし春きたりしよ眠たしよ 右城暮石 句集外 昭和三十八年
待つ春の面上あらき鳩嵐 原裕 葦牙
待つ春やキユーピー人形置く書棚 村山故郷
待春と言ひしも人のためならず 野見山朱鳥 愁絶
待春と題すこけしを飾りけり 山口青邨
待春のこけし鬢長く唇消ぬべくも 山口青邨
待春のほとけ顔して猫嫌ひ 佐藤鬼房
待春の空に襞ある瀧の音 古舘曹人 砂の音
待春の打水坂を流れそむ 岡本眸
待春の苔踏んで水にじみたる 鷲谷七菜子 天鼓
待春の大樹に鳥の又入りし 上野泰
待春の大樹の風を孕みたる 上野泰
待春の大地は蔵すもの多し 上野泰
待春の地の現はるる落葉掃く 上野泰
待春の門の手鞠のよくはずむ 石橋秀野
待春の藪の穂の星ふやしつつ 大野林火 月魄集 距和五十七年
待春や一枝をかざし花の舞 角川源義
待春や結びの神に石積めり 角川源義
待春や鶴見岳の女神出でて舞へ 角川源義
待春や鉄の素直に削られて 岸田稚魚 負け犬
待春や病舎に菜売りたまご売り 石橋秀野
滝和亭探梅の図を春を待つ 山口青邨
地震あとの春待つ顔を上げにけり 桂信子 花影
朝々を時報流れて春を待つ 右城暮石 句集外 昭和五十七年
潮騒を春待つごとく聞きこもる 山口青邨
冬帽に明眸春を待つらしも 三橋鷹女
藤村は春を待ちつつ茶を説けり 相生垣瓜人 負暄
同じ靴何度も修理春を待つ 細見綾子
売り買ひも春待つ飴の七彩に 岡本眸
薄色を春待つ色と選び着る 稲畑汀子
桧扇へ土盛り上げて春を待つ 細見綾子
氷魚汁春遠からず近からじ 森澄雄
病み臥り来むかふ春を待つとせず 日野草城
病室の隅のステツキ春待つや 石田波郷
鰭酒も春待つ月も琥珀色 水原秋櫻子 殉教
不断桜春待つ旅に加へけり 大野林火 方円集 昭和五十三年
浮雲の金あかね春遠からじ 森澄雄
分校児の白息 交錯 春待つ唄 伊丹三樹彦
文机に顔写真立て春を待つ 阿波野青畝
壁掛のカウベルの金春を待つ 鷹羽狩行
北窓に春まつ梅の老木哉 正岡子規 春を待つ
木石の如く寂然春を待つ 山口青邨
餅ついて春待顔の小猫かな 正岡子規 餅搗
餅の黴落して春を待ちにけり 鈴木真砂女 紫木蓮
柳条の雨のごときは春を待つ 富安風生
流行になるやも知れず春を待つ 星野立子
林中の径とどまりて春を待つ 原裕 葦牙
老妻をいたはるこころ春を待つ 山口青邨
藁塚の棒先余し春を待つ 右城暮石 声と声
檜扇へ土盛り上げて春を待つ 細見綾子 桃は八重
竈辺に塩ちりて春遠からず 能村登四郎
胼の手に酒精がしみつ春遠き 相馬遷子 雪嶺
茫々と初恋遠し春を待つ 稲畑汀子

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬終る の俳句

冬終る の俳句

冬終る

例句を挙げる。

ひそかなる亀の死をもち冬終る 有馬朗人 母国
また雨が電柱濡らし冬終る 菖蒲あや 路 地
ファックスを書斎につけて冬終る 内野睦子
仰臥のまま両眼ひやす冬の果 古沢太穂 古沢太穂句集
冬の果蒲団にしづむ夜の疲れ 飯田蛇笏 椿花集
冬去りぬうぶすなの木に子がのぼり 長谷川双魚 風形
冬去るか米のとぎ水流れゆき 細見綾子 花寂び
冬尽きて刳り舟にある日の匂ひ 山上樹実雄
冬尽きて曠野の月はなほ遠き 飯田蛇笏
冬尽くといふ甘美なる語のありき 徳永山冬子
冬尽のふけかきこぼす頭かな 飯田蛇笏 山廬集
冬終へし柵をへだちて親しき濤(鼓ケ浦の山口誓子氏を訪ふ) 河野南畦 『黒い夏』
冬終る封筒の中空色に 有馬朗人 天為
冬終る尾長が紙漉く小屋に来て 皆川盤水
冬終る風かもはるか聖地より 対馬康子 愛国
冬終る鴉水田に尻つけて 岸風三樓
冬終わる封筒の中空色に 有馬朗人
北辺の大冬尽くる海を越ゆ 飯田蛇笏 雪峡
塵捨てに出て蟇見たり冬終る 伊東宏晃
契冲の鶏が啄み冬終る 長谷川かな女 花寂び
庖丁みがく女の力冬終る 菖蒲あや 路 地
水に翳そひいつまでも冬去らず 長谷川双魚 風形
波なりに冬去る白鳥の墓一基 成田千空 地霊
湯屋の前月濃くて冬去りにけり 大野林火
男ゐる遠景に来だ冬去らず 能村登四郎 幻山水
町川に玄能を磨ぐ冬名残 宮武寒々
蝦夷鹿の振り向くしじま三冬尽く 下鉢清子
解く帯は風の音する冬去るか 寺田京子 日の鷹
護符のごと目貼を冬の果つるまで 村越化石 山國抄
酸素ボンベころがり路地の冬終る 菖蒲あや 路 地
長き冬去ると或る朝言ひて起く 細見綾子 花 季
雲は鳴かず大オホツクの冬尽くる 飯田蛇笏 雪峡
雲渉るごと踏む土に冬終る 長谷川かな女 花 季
青淵に入る泥水冬の果 辻桃子

冬終る 補遺

ひそかなる亀の死をもち冬終る 有馬朗人 母国
雨にうたす植木一鉢冬終る 村山故郷
雲は鳴かず大オホツクの冬尽くる 飯田蛇笏 雪峡
気弱なる寄寓者のごと冬去りゆく 能村登四郎
虚空より冬去る村のキヤディ達 飯田龍太
仰臥のまま両眼ひやす冬の果 古沢太穂 三十代
見送り手ひとりなく冬去りてゆく 能村登四郎
高原に土工と睦み冬をはる 伊丹三樹彦
蒸籠より中華饅頭冬終る 亭午 星野麥丘人
寝る前を低く唱へり冬の果 岡本眸
青昴さびつつ空の冬了る 相生垣瓜人 微茫集
赤き実を小鳥こぼして冬終る 桂信子 草影
大量の寒気を餘し冬去りぬ 相生垣瓜人 負暄
男ゐる遠景に未だ冬去らず 能村登四郎
長き冬去ると或る朝言ひて起く 細見綾子
冬の果蒲団にしづむ夜の疲れ 飯田蛇笏
冬の名残に白きもの天降らす 上田五千石『琥珀』補遺
冬去らぬ浜鉛筆の漂着して 山口誓子
冬去りね門に彩る茜雲 高屋窓秋
冬去るか水飲みてわが渇き知る 細見綾子
冬去るか米のとぎ水流れゆき 細見綾子
冬終る顔押し包む蒸しタオル 岡本眸
冬終る封筒の中空色に 有馬朗人 天為
冬終る万々歳といふべしや 星野麥丘人 2005年
冬尽きて礦野の月はなほ遠き 飯田蛇笏 春蘭
冬尽のふけかきこぼす頭かな 飯田蛇笏 山廬集
冬了る底知れぬものと思ひしが 相生垣瓜人 微茫集
湯屋の前月濃くて冬去りにけり 大野林火 冬雁 昭和二十二年
道草をする日しない日冬了る 星野麥丘人 2005年
二夜三夜兄妹合はず冬了る 石田波郷
芭蕉の襤褸雨にそぼぬれ冬終る 山口青邨
壁白く掛くるものなし冬去ぬ日 大野林火 海門 昭和十二年
墓守のひたに優しや冬の果 佐藤鬼房
北辺の大冬尽くる海を越ゆ 飯田蛇笏 雪峡
鶸繊き声する方へ冬去りし 飯田龍太

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

節分 の俳句

節分 の俳句

節分

例句を挙げる。

かきくもりけり節分の櫟原 石田波郷
くらがりに貝の舌だす節分会 林佑子
なよやかに節分の夜の柳かな 中島月笠 月笠句集
インキの染みた指で節分の豆を数へてゐる 人間を彫る 大橋裸木
丘円く節分の陽の通りみち 米田一穂
伸べし手の闇に吸はるる節分会 大石悦子
出でて掘る蓮根節分の料ならん 栗生純夫 科野路
学会を了へ節分の夜の町 千原草之
山くだるにぎやかな声節分祭 中拓夫 愛鷹
年々に大豆算用や節分の夜 貞頼
持てば軽くて節分の鬼の面 辻田克巳
敷松葉節分さむき日なりけり 久保田万太郎 流寓抄
木の間月節分詣たたずむも 皆吉爽雨
浅草の節分のお札もまれ 梅林句屑 喜谷六花
湯葉供へあり節分の鬼子母神 細見綾子 黄 炎
無患子の実の残れるを節分会 綾子
父母に遠く節分の豆たうべけり 小林康治 四季貧窮
献灯の一つ点らず節分会 引間芳春
竹運ぶ船節分の雨の中 龍男
節分がくる雌鶏の声聞けば 原田喬
節分と知つてや雀高飛んで 森澄雄
節分に大豆二合くふやり手哉 金瓦
節分に焚かる護摩火に吾が運勢 森定南楽
節分のあとの朝雲うごきけり 藤田あけ烏 赤松
節分のいづれも前座ばなしかな 久保田万太郎 流寓抄
節分ののちのおもひに海の音 吉田汀史
節分のひとかたまりの夜が動く 海輪久子
節分のひらぎはわきて冬木哉 立圃
節分のひるの鐘うつ瑞竜寺 安養白翠
節分の丑満詣降られずに 杉田久女
節分の人影大きく夜の障子 長谷川みどり女
節分の仮面が父の帰り待つ 村田悠水
節分の何げなき雪ふりにけり 久保田万太郎 流寓抄
節分の假装の雪を呼びにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
節分の化けおほせたるおちよぼかな 後藤夜半
節分の厠灯してめでたさよ 温亭
節分の夕べあかるき濤がしら 福島 勲
節分の夕日を弾く鬼瓦 八木岡宏子
節分の夜のボクサーの乱打され 後藤眞吉
節分の夜の工燈地に置かる 鬼房
節分の夜の更け鬼気も収れり 相生垣瓜人
節分の夜の靄ふかしかんだ川 西山誠
節分の夜ふる雨や鬼あらひ 貞徳
節分の夜も更け鬼気も収れり 相生垣瓜人
節分の夜や擲ちし煙草の火 山口誓子
節分の夜目に木の橋校舎うら 戸川克巳
節分の夜舟につむや大豆俵 諌元
節分の大戸開きし灯かな 徹人
節分の子供を分けて通りけり 石田勝彦 秋興
節分の宵の小門をくゞりけり 杉田久女
節分の小鬼坐れる患者椅子 山田ゆう子
節分の巫女の緋ばかま雪を刷き 斎藤一菜
節分の弘法めぐり松吹いて 太田鴻村 穂国
節分の微も茫もなき大山塊 猿田咲子
節分の提灯下げて寺男 松藤夏山 夏山句集
節分の文箱に玄のひかりかな 平松良子
節分の星かたよりし戸口かな 佐野青陽人
節分の星流れたり海の幸 中拓夫
節分の春日の巫女の花かざし 播水
節分の書屋の鬼は追はしめず 亀井糸游
節分の月に煙草の匂ひたる 深見けん二
節分の月傾けし軒端かな 縣 多須良
節分の朝日が低き家の上 大井雅人
節分の水ふくるるよ舟溜 村沢夏風
節分の海の町には海の鬼 矢島渚男
節分の火の粉を散らす孤独の手 鈴木六林男
節分の熔接光の闇を切り 関森勝夫
節分の熱き炬燵に宿直す 木村蕪城 一位
節分の燈をともしゐる雪の中 角川春樹
節分の燭をくばるよ春日巫女 角川春樹 夢殿
節分の町へさしたる窓あかり 後藤夜半 翠黛
節分の素足かがやく出仕僧 若杉光江
節分の袂重ねて法話聞く 吉村 敏子
節分の豆かみしめて無聊の日 八幡城太郎
節分の豆が山河をこぼれ落つ 渡辺誠一郎
節分の豆にまじろぎ檻の鷲 楸邨
節分の豆は槐へ祓ひけり 小林喜一郎
節分の豆をだまつてたべて居る 尾崎放哉
節分の豆を掴みて躊躇へる 阿部みどり女
節分の豆少し添へ患者食 石田波郷
節分の豆食む我れも世に古りぬ 鴻村
節分の赤ちょうちんや魂ずらり 川本洋栄
節分の赤鬼がをる夕浅間 森 澄雄
節分の追はれし鬼と路に会ふ 猪俣千代子 堆 朱
節分の道まで濡らし魚屋閉づ 神林信一
節分の鍋釜薬罐古びたり 武田貞二郎
節分の闇濃く猫の戻り来し 原裕 正午
節分の陽に透き烏賊の滴れる 池田和子
節分の雨に来啼ける軒明り 内田百間
節分の雨ぬくければにほふなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
節分の雨の水輪の幾瞬き 高澤良一 寒暑
節分の雪の精進落しかな 手塚美佐
節分の雲の重たき日なりけり 稲畑汀子
節分の風唸りゐる海の上 大木あまり 火球
節分の飛騨は終着小鬼よ来い 国 しげ彦
節分の高張くらき大社 和田有弘
節分の高張立ちぬ大鳥居(大社) 原石鼎
節分の髷とて結ひしこともなく 大橋敦子
節分の鬼となるべく父帰る 落原美佐女
節分の鬼に赤んべして居る児 竹内和子
節分の鬼の出てゆく換気扇 長内道子
節分の鬼の出てゆく鉄のドア 北見さとる
節分の鬼の破りし障子貼る 吉田 立冬子
節分の鬼まぎれゐる人の渦 香坂恵依
節分の鬼戻りしか夜の地震 小笠原喜美子
節分の鬼追ひ出して早寝せり 阪口良子
節分の鬼面福面真理出でよ(節分の夜鬼面福面をかぶりておどけし事あり) 角川源義 『冬の虹』
節分は我年とひに来る子哉 猿雖
節分も仏と誓ひ老にける 宋屋
節分やいつものやうに暗き坂 細川加賀 生身魂
節分やいまはた老いし妓たち 久保田万太郎 流寓抄以後
節分やおのおの勤よりかへる 瀧春一 菜園
節分やきのふの雨の水たまり 久保田万太郎 流寓抄
節分やこのごろとほくなりし耳 久保田万太郎 流寓抄
節分やこゝに貧しき一ト夫婦 久保田万太郎 流寓抄以後
節分やたまたまとほる寄席のまへ 久保田万太郎 流寓抄
節分やちろ~燃ゆるのつぺ汁 鬼城
節分やつもるにはやき町の雪 久保田万太郎 草の丈
節分やはやくも酔ひしたいこもち 久保田万太郎 流寓抄
節分やよい巫女誉る神楽堂 黒柳召波 春泥句集
節分やートきりかこむ大火鉢 久保田万太郎 流寓抄
節分や八百八町月の辻 野村喜舟 小石川
節分や去らぬ鬼のみふえゆけり 照敏
節分や参道市の福づくし 加藤耕子
節分や土間に溶けたる傘の雪 鈴木真砂女
節分や夕焼の濃き杏色 森 澄雄
節分や太鼓に明ける神の森 菅沢泰子
節分や子の赤鬼がかくれゐて 原コウ子
節分や家ぬちかゞやく夜半の月 水原秋櫻子
節分や寒気の熊と温気の象 秋元不死男
節分や弟のあとの湯に入る 林田隆士
節分や心にひそむ鬼もなし 大谷句佛 我は我
節分や星一つ湧き一つ消え 渡辺恵美子
節分や梢のうるむ楢林 綾部仁喜
節分や毬つきそらす雪のうヘ 久保田万太郎 流寓抄以後
節分や流転重ねし豆の数 美津夫
節分や海の町には海の鬼 矢島渚男 梟
節分や灰を均してしづこゝろ 久保田万太郎 流寓抄
節分や玻璃越しに酒量らるる 木村蕪城 寒泉
節分や田へ出て靄のあそびをり 澄雄
節分や真昼の声の厠まで 横山昌子
節分や肩すぼめゆく行脚僧 露伴
節分や護摩木に雨のにじみあと 加藤耕子
節分や身二つにし妻戻る 湯沢麗子
節分や雨にかはりし雪の冷ェ 久保田万太郎 流寓抄
節分や鬼もくすしも草の戸に 高浜虚子
節分や鳩の豆買ふ異邦人 佐藤弘子
節分をともし立てたり獨住 召波
節分をみかけて雪のふりにけり 久保田万太郎 草の丈
節分会鉄船水に揺れてをり 長谷川浄泉
節分凍てずこの川のいづこへ行くぞ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
米洗ふみづひかりをり節分会 原けんじ
職場の掲示に節分に式挙げるニウス 田川飛旅子 花文字
胸に受く力士の豆や節分会 島村久枝
蓑虫の目だけを出して節分会 前田保子
豆踏むは象のごとくに節分会 鳥居おさむ
送らるる節分の夜のよき車 立子
酒母室の灯も節分となりにけり 岡本 眸
雪掃いて節分の風呂沸しけり 華月
青き星節分の坂乾ききる 松根久雄
青空に堂扉を開けて節分会 皆川盤水
高張に続くお練や節分会 林 尚子
鬼の子のはしやぎて逃げる節分会 平岡喜美子
鬼払ひ雪となりたる節分会 松井利彦
鰤揚げてより節分の海荒るる 早崎 明
鳥糞に未消化な種節分会 川崎ふゆき

節分 補遺

かきくもりけり節分の櫟原 石田波郷
ひとの来て柊挿して呉れにけり 石田波郷
わがむかし節分の豆菓子とせり 平畑静塔
闇の山奥に拡がる節分会 右城暮石 句集外 昭和四十年
一飛雪挿す柊にとどまりぬ 阿波野青畝
街角にかならず山や柊挿す 古舘曹人 砂の音
金星の正しきひかり節分会 星野麥丘人
君が代や柊もさゝす二十年 正岡子規 柊挿す
犬多忙なり節分の人中に 岡本眸
古りし宿柊挿すをわすれざり 水原秋櫻子 秋苑
護摩焚いて黒炎立たす節分会(川崎大師二句) 鷹羽狩行
酒母室の灯も節分となりにけり 岡本眸
焼いてしまひし柊に挿す鰯 後藤比奈夫
真青な柊挿せる軒端かな 山口青邨
正月の素の柊の挿されある 岡井省二 明野
西空の紅の褪せゆき節分会 鷹羽狩行
昔より柊を挿し浅き水 岡井省二 有時
節分 雑踏 いつか鬼面を冠とし 伊丹三樹彦
節分にあるべき闘志亦あらず 相生垣瓜人 負暄
節分の丑満詣降られずに 杉田久女
節分の煙がかかる竹の山 岡井省二 山色
節分の下足の紐をしごきをり 波多野爽波
節分の樺色深む夕まぐれ 佐藤鬼房
節分の鬼ねむりしや風も止む 松崎鉄之介
節分の鬼面福面真埋出でよ 角川源義
節分の月に煙草の匂ひたる 深見けん二
節分の吾が創傷に酒を塗り 佐藤鬼房
節分の高張立ちぬ大鳥居 原石鼎 花影
節分の子供を分けて通りけり 石田勝彦 秋興
節分の宵の小門をくゞりけり 杉田久女
節分の寝てたのしめり風音も 森澄雄
節分の星を海峡にも散らす 鷹羽狩行
節分の赤鬼がをる夕浅間 森澄雄
節分の雪となりけり未明稿 上田五千石『天路』補遺
節分の町へさしたる窓あかり 後藤夜半 翠黛
節分の辻々雪を残しけり 鈴木真砂女
節分の天てらす日を顔におく 上村占魚
節分の豆をだまつてたべて居る 尾崎放哉 須磨寺時代
節分の豆を溲瓶に打ちにけり 阿波野青畝
節分の日の一としぐれ島濡らす 岸田稚魚 紅葉山
節分の熱き炬燵に宿直す 木村蕪城 一位
節分の白提燈や浜恵比須 亭午 星野麥丘人
節分の白髪太郎が闇の音 岡井省二 鯨と犀
節分の緋袴が消え湾が昏れ 佐藤鬼房
節分の暮光が歯科の空き椅子に 佐藤鬼房
節分の餅一臼や真竹山 石田勝彦 百千
節分の夜となり点る辻の神 能村登四郎
節分の夜の工燈地に置かる 佐藤鬼房
節分の夜の浅草の闇の濃さ 細見綾子
節分の夜も更け鬼気も収まれり 相生垣瓜人 明治草
節分の夜や擲ちし煙草の火 山口誓子
節分の野に出て赤き夕日見し 細見綾子
節分の藪の燈の息づかひ 佐藤鬼房
節分の髷のお化の浴みかな 石橋秀野
節分やうすうすありし星の数 石田勝彦 秋興以後
節分やシネマのあとのカプチーノ 亭午 星野麥丘人
節分やよむたびちがふ豆の數 正岡子規 追儺
節分や寒気(さむげ)の熊と温気(ぬくげ)の象 秋元不死男
節分や去らぬ鬼のみふえゆけり 平井照敏
節分や親子の年の近うなる 正岡子規 追儺
節分や栖鳳の軸紅椿(料亭「秋元」) 細見綾子
節分や土間に溶けたる傘の雪 鈴木真砂女 紫木蓮
節分や灯のつつましき外厠 鷹羽狩行
節分や父母も兄姉も亡し 右城暮石 句集外 昭和二十四年
節分や隣家といふも子の家にて 安住敦
節分や檐にかぎろふ鳩雀 村山故郷
節分や玻璃越しに酒量らるる 木村蕪城 寒泉
節分を明日に鬼住む道通る 松崎鉄之介
節分会今大般若経転読 上村占魚
節分腹減らさむ郵便局往復 永田耕衣 葱室
草川の音の柊挿して月 岡井省二 鹿野
送らるる節分の夜のよき車 星野立子
凍雪を踏んで柊挿しにけり 高野素十
湯葉供へあり節分の鬼子母神 細見綾子
灯亦身亦身節分万灯会 岡井省二 鯛の鯛
半天は鳩に覆はれ節分会 鷹羽狩行
眉目吊り上がる節分髪結ひて 右城暮石 虻峠
柊さゝん津々浦々の阜頭の先 正岡子規 柊挿す
柊の挿され羽目板古りしかな 松崎鉄之介
柊の挿しある家を訪ねけり 岡井省二 有時
柊の葉のさはりつつ挿しにけり 後藤夜半 翠黛
柊はもとより挿さず庭にあれば 上村占魚
柊をさす頼朝の心かな 正岡子規 柊挿す
柊を挿して仕出し屋眠りをり 阿波野青畝
柊を挿しに出しまま帰らざる 能村登四郎
柊を挿し鴨の浦鳰のこゑ 岡井省二 鹿野
柊を挿すあしもとの灯影かな 日野草城
柊を挿すひびも古り軒柱 山口青邨
柊を挿すより影を失へり 上田五千石 森林
柊を挿す狂言の後家の役 後藤比奈夫
柊挿す柾目正しき門柱 能村登四郎
柊挿す老いても継母たるかなしさ 草間時彦 中年
柊挿す蘆倉に蘆積み込んで 安住敦
父なくて柊を挿す母の背よ 草間時彦 中年
父母に遠く節分の豆たうべけり 小林康治 四季貧窮
葡萄酒は赤注ぎ給へ節分会 燕雀 星野麥丘人
妹が戸も柊挿せばたのもしき 阿波野青畝
無患子の実の残れるを節分会 細見綾子
木場の音止めて柊挿しにけり 阿波野青畝
鈴振つてみる節分の月明り 寒食 星野麥丘人

節分 続補遺 

節分をともし立たり独住 黒柳召波
節分やよい巫女誉る神楽堂 黒柳召波
節分も仏と誓ひ老にける 望月宋屋
節分は我年とひに来る子哉 猿雖
花盛節分に見るや筑紫船 半残

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

厄落 の俳句

厄落 の俳句

厄落

例句を挙げる。

この永き風邪もつて厄落すべし 細川加賀
この辻も汐騒かよふ厄落し 大川つとむ
つまづいて厄落しけり昼の月 小島千架子
一人来て一人待ちゐる厄落し 丸山 ひろあき
中将湯の女のまなざし厄落し 平井さち子 鷹日和
人に逢ふ顔さりげなし厄落し 吉武月二郎句集
何物かつまづく辻や厄落し 高浜虚子
厄落あをきもの欲しほしと思ふ 田中裕明 花間一壺
厄落しして来てふれず相逢ふも 清水基吉 寒蕭々
厄落したる男のおろおろす 瀧澤伊代次
厄落し小さく寒く母蹤けり 外川飼虎
厄落し戻る日暮の華僑街 山田弘子 螢川
厄落し早もして来し男かな 小松月尚
厄落し来し表情となりしかな 稲畑汀子 汀子第三句集
厄落し石女年をあかしけり 黒柳召波 春泥句集
厄落し薬師たまへる大の吉 森 澄雄
厄落し赤ふんどしを落しけり 高須稲村
厄落す火の粉とび散る雪の上 福田甲子雄
厄落す絹のつめたき襟かざり 田中裕明 櫻姫譚
厄落す遠くに神の灯が一つ 田中王城
厄落す顔重なりて御松明 田村愛子
厄落とし戻る日暮の華僑街 山田弘子
夜の机辺厄落とし来て力満つ 冨田みのる
夜も白き雲浮いてをり厄落し 森澄雄
大焚火かこみて漁夫の厄落し 桑原れい子
山中の瀧を見にくる厄落 宮坂静生 山開
強き樹にならむとすらむ厄落 田中裕明
折る膝に冷えのつたはり厄落し 伊藤麦城
招福の根付をさげて厄落し 鈴木昌江
故郷の神に願ひて厄落し 稲垣 由江
月明き辻へ手早く厄落し 一色鶴女
水張りし桶に賽して厄落す 山下輝峰
浅草の灯にまぎれ入り厄落す 京谷圭仙
満月の一日前の厄落し 岡本 眸
火の鳥の護摩木から出て厄落 宮坂静生
火を叩き火を叩きゆき厄落す 塩川雄三
火を跳んで常行堂に厄落す 田村美樹子
火酒をもて咽を焼きたる厄落し 能村研三
燃えつきしものを哄ひぬ厄落 吉本伊智朗
畑の木は低きつくりに厄落し 宇佐美魚目 天地存問
白舟や谷間の底で厄落とし 井上秋魚
総身に火の粉を浴びて厄落す 辰巳秋冬
身につもる諸厄落とさんすべもなし 富安風生
鳩と仲良し釦ゆるませ厄落とし 宮崎二健
そこらぢゆう落ちゐる厄を嗅いで犬 波多野爽波 『一筆』以後
ふるさとに戻りて厄を落さばや 吉井莫生
一難の去りけり厄を落しけり 徳永山冬子
厄のもの落ちゐて浜は魚休 宇津木未曾二
大厄を落して男集ひけり 佐藤於蝶
宿酔ながらに厄を落しけり 波多野爽波 『骰子』
岡寺へ厄を落しに行くと云ふ 森田晴城
毛皮着て如何なる厄を落す人 後藤比奈夫 祇園守
烏賊焼きを啖ひぬ厄の落ちたるか 宮坂静生 樹下
落す厄もう無くて焼く目刺かな 田中英子
酒よよとこぼして厄を落しける 宇田零雨
闇のいまうながす厄を落しけり 皆吉爽雨
おみくじの半吉でよし厄詣 本多貴久
かの舞妓大きくなりぬ厄詣 波多野爽波 鋪道の花
二まはり下の妻とか厄詣 茨木和生 往馬
人の手に焔みじかく厄詣り 桂信子 遠い橋
何処までも低き一星厄詣 加賀美子麓
初不動煙の中に厄払ふ 中野美智子
十畳の草鞋踏んまへ厄払ふ 折井ふじ子
厄払に酒をくれたり揚屋町 四明句集 中川四明
厄払ひあとは隈なき月夜かな 蓼太
厄払ひきて木屋町に待ち合はす 吉年虹二
厄払ひ女あるじに呼ばれけり 岡本松濱
厄払ふ心になりて詣りけり 高濱年尾 年尾句集
厄払一人通りて夜は更けぬ 大島二宵
厄払杖の並びし山の寺 宗圓 あき
厄払来ずなりてより年久し 瀬戸口民帆
厄払袂に銭の音すなり 竹冷句鈔 角田竹冷
厄払財布の少し重みかな 小澤碧童 碧童句集
古鏡厄払はれし老女かな 安成路台
嚏して戸口去りけり厄払ひ 佐々木沙城
声よきも頼もし気也厄払 炭 太祇 太祇句選
夜嵐や吹きちらされて厄払ひ 馬 光
嫁がせし娘のための厄払 加藤 温子
御隣りに行きたる声や厄払 小澤碧童 碧童句集
禁欲はなにより苦手厄詣 茨木和生 倭
色街に天神在し厄詣 下村ひろし 西陲集
遠近に親子の声や厄払 松浦為王
隅田から吹く川風や厄払 小澤碧童 碧童句集
雨やんで下駄はいて行く厄詣 やしま季晴
風花に厄詣する心あり 高濱年尾 年尾句集
厄詣帰りの飯店古老肉(すぶた)食ぶ 高澤良一 暮津

厄落 補遺

厄落し来し表情となりしかな 稲畑汀子
厄落し薬師たまへる大の吉 森澄雄
厄落し餅の居直る白さかな 百合山羽公 樂土
漂々と戻りて男厄落し 能村登四郎
電柱の灯なきを過ぎて厄落し 鷹羽狩行
星もあらずふぐりおとしに出でばやな 上田五千石『天路』補遺
身につもる諸厄落さんすべもなし 富安風生
燭に吹く隣りの燭や厄落し 岡井省二 山色
手刷りとて厄除菩薩消えぎえや 百合山羽公 春園
四十二の古ふんどしや厄落し 正岡子規 厄払
香煙を恐るゝ妹も厄詣 百合山羽公 春園
後厄の妻もつれそひ厄詣 百合山羽公 春園
曲るたび闇深くなる厄落し 鷹羽狩行
一族は丹波の杜氏厄落し 阿波野青畝
はれやかな木の影を踏み厄落し 鷲谷七菜子 游影
かの舞妓大きくなりぬ厄詣 波多野爽波 鋪道の花
いまさらと思ひてゐしが厄詣 能村登四郎

厄落し 続補遺 

厄落し石女年をあかしけり 黒柳召波
厄落しいみじき妾遣られたり 三宅嘯山
武内はいかでかそへぬ厄落し 三宅嘯山

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 07:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

豆撒 の俳句

豆撒 の俳句

豆撒

例句を挙げる。

けふよりは春移るとて大ごゑにて豆撒きしをり三声がほど 大滝貞一
こだまする後山の雪に豆を撒く 飯田蛇笏 春蘭
ぱら~と豆撒きしあとの葉蘭かな 萩原麦草 麦嵐
わが部屋に最も多く豆撒かれ 阿部みどり女 『石蕗』
バー温し年豆は妻が撒きをらむ 河野閑子
ロボツトと働き帰り豆を撒く 大木石子
並び寝の新産児にも豆撒けり 下村ひろし 西陲集
亡き人にあたらぬやうに豆を撒く 大木あまり 火球
人の世の情けに生きて豆を撒く 冨田みのる
仰ぐ群衆みなよき氏子豆を撒く 岡部六弥太
使はざる部屋も灯して豆を撒く 馬場移公子
僧正のそらそらそらと豆撒く手 高澤良一 
勉強の嫌ひな鬼が豆を撒く 市村芳子
呟きて独りの豆を撒きにけり 小坂順子
国宝の塔の上より豆を撒く 若林 北窗
声あげて今年も一人豆を撒く 広津幾代
声あげ豆撒く叛骨萎へし漢かな 小林康治 四季貧窮
売りし田へ豆撒くこゑや酔ひてをり 橋本榮治 麦生
夜の海に向ひて家舟豆を撒く 宮閑子
夢に来て豆撒のこと父が言ふ 大石悦子 群萌
大銀杏隆と曙豆を撒く 高澤良一 宿好
女優来て撒く追儺豆遠く飛ぶ 大野美幸
女手につぶやく如く豆を撒く 石田あき子 見舞籠
孤独三人豆撒くときの心寄る(夫と子と私) 殿村菟絲子 『牡丹』
寝てしまひぬ踏みどもあらず豆撒いて 林原耒井 蜩
少年の声変りして豆を撒く 久保田 洋子
山神に供へし豆を山へ撒く 殿村菟絲子
年の豆撒かずに食べてしまひけり 河本遊子
年の豆撒くも拾ふもふたりかな 石川文子
年の豆月かくれたる海へ撒く 山口波津女 良人
志す花鳥諷詠豆を撒く 大久保橙青
応へざる闇に豆撒き尽したり 上野さち子
惜しみなく豆を撒きたる後始末 黒川悦子
暗闇の谷へ豆撒く吉野建 山口貴志子
月させば漁夫来て舟に豆撒けり 山田孝子
棕櫚の葉の夕ベはしづか豆を撒く 阿部みどり女 月下美人
母が撒く豆の八十庭の闇 古賀まり子 緑の野以後
氷りたる雪をめがけて豆を撒く 岸本尚毅 舜
病む妻の裾に豆撒く四粒ほど 秋元不死男
病む腕が生涯の腕豆を撒く 佐野美智
病室に豆撒きて妻帰りけり 石田波郷(1913-69)
癒えし子が年の豆撒く豆の音 石塚友二 光塵
祖父となるこの恐ろしさ豆撒けり 青木重行
福豆を母の部屋より撒きはじむ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
空部屋の子の部屋に撒く年の豆 中林利作
節の豆まだ撒かざれば青々し 能村登四郎
紅葉子黙つて豆を撒きにけり 阿部みどり女 笹鳴
興福寺前が暗くて豆を撒く 中川秀司
艀妻暗き海へも豆を撒く 塩川雄三
診療の白衣のままに豆を撒く 品川鈴子
豆を撒き闇に当りし音ありぬ 塙告冬
豆を撒く「浅間造り」緊りけり 萩原麦草 麦嵐
豆を撒くつひのすみかの病室に 朝倉 和江
豆を撒く力こめしが声となり 岸風三樓
豆を撒く吾がこゑ闇へ伸びゆかず 石田波郷
豆を撒く喜寿と受験子声揃へ 田中英子
豆を撒く声兵に似て兵の父 萩原麦草 麦嵐
豆を撒く新マンションに棲む鬼へ 品川鈴子
豆を撒く松の匂ひのする日なり 大溝白日夢
豆を撒く父の猫背を夢に見て 太田鴻村 穂国
豆を撒く鬼まだ棲まぬ嬰のほとり 野木徑草
豆撒いてそのあと闇のこと知らず 塩川雄三
豆撒いてわが家鬼ゐず吾子もゐず 橋本美代子
豆撒いて人くさき闇乱したり 百瀬美津
豆撒いて何かはなやぐ兄弟 山崎一枝
豆撒いて出て檣頭の灯もこぞる 友岡子郷 日の径
豆撒いて星屑密となりしかな 長岐靖朗
豆撒いて炉にもどりたる老衲所 河野静雲 閻魔
豆撒いて鳩にも一施梵網会 玉置かよ子
豆撒が済んで地主の榎星 久米正雄 返り花
豆撒きしのち泣き声とその母ゆく 千代田葛彦 旅人木
豆撒きしのみ浅草の梅雨の鳩に 千代田葛彦 旅人木
豆撒きし枕べのまま寝ぬるべし 皆吉爽雨 泉声
豆撒きし闇に農家の灯が濁る 和知喜八
豆撒きし闇やしばらく無音にて 村上しゆら
豆撒きて暗きところにをりにけり 原田青児
豆撒きて無口な父にもどりけり 北見さとる
豆撒きのたのしさ余り大焚火 中山純子 沙 羅以後
豆撒きの夜の雪やむや家路急き 石川桂郎 含羞
豆撒きの手を守りゐる炬燵人 原裕 青垣
豆撒きの昔電燈暗かりき 川崎展宏
豆撒きの淡谷のり子のこゑの張り 高澤良一 宿好
豆撒きの男らがまづ祓はるる 高井睦朗
豆撒きの赤鬼さんと青鬼くん 高澤良一 宿好
豆撒きの鬼くにや~と逃げにけり 川崎展宏 冬
豆撒くに童話の鬼のみ遁走す 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
豆撒くやこの世この恋ひとつきり 仙田洋子 雲は王冠
豆撒くや大きうつろの谷戸の闇 手島 靖一
豆撒くや妻のうしろのくらがりに 小林康治 玄霜
豆撒くや小店の持てる部屋二つ 鈴木真砂女 夕螢
豆撒くや老の眼鏡の東門居 石塚友二 光塵
豆撒くや耳順大声はばからず 藤原たかを
豆撒くや鉦に当たれば鉦の音 秋田裕弘
豆撒くや闇の中より漁夫のこゑ 綿谷ただ志
豆撒くや雨戸を開けて隅田川 松山足羽
豆撒くや雪山ふかきかり住居 鎌野秀々
豆撒く児心に鬼をまだ持たず 山田みづえ 手甲
豆撒く声いくとせわれら家もたぬ 高島茂
豆撒く子心に鬼をまだ持たず 山田みづえ
豆撒く闇鬼美しく育ちきし 豊田都峰
豆撒けば楽世家めく患者らよ 石田波郷
豆撒の今宵うるめる灯と思ふ 石田波郷
豆撒の鬼に教師ら借出さる 樋笠文
豆撒や大滝しぶきここらまで 岸本尚毅 選集「氷」
豆撒をし居る二階の障子かな 温亭句集 篠原温亭
身を曲げて足袋脱ぐ豆を撒きし闇 野澤節子
部屋の灯を余さず灯し豆を撒く 中山富子
面とりて追儺の鬼も豆を撒く 大橋宵火
鬼の出る窓少し開け豆を撒く 村井信子
鬼へ撒く豆はねかへるわが身にも 手塚七木
魚糶りし闇に追儺の豆を撒く 鈴木夢亭
あたたかく炒られて嬉し年の豆 高浜虚子
ころがつて影の添ひたる年の豆 鈴木貞雄
つややかに古びし桝や年の豆 橋本鶏二 年輪
みな違ふ頭を越してゆく年の豆 吉田紫乃
仲見世の裏にこぼれし年の豆 鈴木トシ子
優れずとも遅れじ年の豆を食ふ 川村紫陽
再起はや緒にありつかむ年の豆 荒井正隆
吉田屋の畳にふみぬ年の豆 高浜虚子
唐紙に障子に音や年の豆 久保田万太郎 流寓抄以後
喪の家や埃にまじる年の豆 石橋秀野
寒屋の内に鳴り止む年の豆 百合山羽公 寒雁
小さなる凛々しき桝の年の豆 後藤夜半 底紅
年の矢種尽きて打物や除夜の豆 露宿 選集「板東太郎」
年の豆あそびつかれの子を膝に 石橋秀野
年の豆かなしく桝をあましけり 杉山 岳陽
年の豆たうべ失職の目鼻なり 小林康治 玄霜
年の豆つかんで女すこし老ゆ 中村明子
年の豆わが半生をひと握り 藤田郁子
年の豆噛みつゝ貧に越されをり 小林康治 玄霜
年の豆噛みてよくよく父のこと 長谷川陽子
年の豆奪衣婆わらひゐる堂に 阿波野青畝
年の豆妻に嘘ある昔かな 玉越琅々
年の豆床にベッドに容赦なし 椎橋清翠
年の豆我盃中に落ちにけり 相島虚吼
年の豆手にまろばせて病よき 林翔 和紙
年の豆手に受けあまるめでた夫 及川貞
年の豆打ちて椿の葉をならす 関戸靖子
年の豆掃き落したる水の音 岡本松浜 白菊
年の豆日差しに紛れてしまひけり 高澤良一 宿好
年の豆春日の巫女にいたゞきぬ 五十嵐播水 播水句集
年の豆病母の掌よりこぼれ易し 大野林火
年の豆礫を跳ねし神の杉 松本秩陵
年の豆高尾燈籠の灯ぶくろに 西本一都 景色
往診の土間に踏みたる年の豆 金子伊昔紅
恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人(1898-1985)
旭川を鍾旭さまとす年の豆 阿波野青畝
海道のくらき昔の年の豆 百合山羽公 故園
父の眉の一毛長し年の豆 皆川白陀
猿茸二斗飲むたより年の豆(石川桂郎氏に) 角川源義 『西行の日』
病みて噛めば大き音して年の豆 石田波郷
病む夫の起坐傾けり年の豆 石田あき子 見舞籠
石手寺や年の豆炒る外竃 葛岡伊佐緒
窯裏の闇に一擲年の豆 岸川鼓蟲子
竃神在します闇へ年の豆 内貴白羊
絨毯の真紅に年の豆こぼれ 大野紫水
絵手紙の鬼はみ出せり年の豆 阪井貞子
老斑の手や年の豆もてあそぶ 原田種茅
自画像にぶつけてしまひ年の豆 星野高士
遠くへは飛ばぬ力士の年の豆 立野もと子
鏡台の端にひとつぶ年の豆 石寒太 翔
関取の手を放れたる年の豆 高澤良一 ぱらりとせ
福豆が湯に浮かびをり浮かせおく 奈良文夫
福豆のこぼるゝ帯を解きにけり 竹内万紗子
福豆のはねかへりたる宵の幹 阿部みどり女 『陽炎』
福豆へ萬の手春を呼ぶ光 小松崎爽青
福豆を母の部屋より撒きはじむ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
うまさうに炒つてあるなり鬼の豆 大石悦子 百花
おかたまの木にぱら~と鬼の豆 萩原麦草 麦嵐
ねんねこに当つて跳ねる鬼の豆 高澤良一 ぱらりとせ
ほうろくや黒塚に見し鬼の豆 井原西鶴
受けてたのし子の手力の鬼の豆 細川加賀 『傷痕』
攻め焚の窯のほとりも鬼の豆 高橋たか子
鬼の豆たんと余つてしまひけり 片山由美子 水精
鬼の豆とびかふ三十六歌仙 西本一都 景色
鬼の豆吸ひて掃除機おどろけり 松倉ゆずる
鬼の豆噛んでユダにはなりきれず 長田等
鬼の豆嚼みて気力を養へり 相生垣瓜人 明治草抄
鬼の豆閾に入れる知命かな 宮坂静生 春の鹿
鬼の豆食ふ夜真赤に癩の炉火 村越化石
かい抱く大三宝や年男 松木たかし
なぶらるゝ覚悟もしたり年男 尾崎紅葉
ふところの中の腕組み年男 鷹羽狩行
ゆきむしをまとひ窶れの年男 上田笛男
五段目の楮承りぬ年男 尾崎紅葉
六十の面映えほのと年男 下村ひろし 西陲集
古稀過ぎの貌煤けたる年男 下村ひろし 西陲集
可笑しさを絞り出したる年男 清水昇子
名を売るはたやすからずや年男 加藤郁乎
年上の弟子ばかり持つ年男 米沢恵子
年男さすれば龍となり舞はん 高澤良一 宿好
年男たり牙ありし身を思ひをり 能村登四郎
年男まだ屯せる幕屋の灯 久米正雄 返り花
年男われ俳諧の鬼たらむ 西本一都
年男アロエの夢を見ておりぬ 四ツ谷 龍
年男交代をして豆拾ふ 山田節子
年男務め申さん病歴古り 時田雨耕
年男忌や虚子記念館第一歩 稲畑廣太郎
年男我が候ふや竃の火 石井露月
年男松のしづれをあびにけり 高田蝶衣
年男胡坐して謡一番す 大野洒竹
年男追儺神楽にはやも酔ふ 下村ひろし 西陲集
年男飲めば痛快男子かな 相島虚吼
年男鬼の顔して戻り来る 武田日出夫
朝焚かむもの竹叢に年男 石川桂郎 四温
松明に導かれたる年男 橋本 薫
気合入れ初みくじひく年男 中村純代
神風の伊勢に生れて年男 竹冷句鈔 角田竹冷
綱引きの年男とて恵比須面 沢崎ゆきえ
追儺会の昼酒に酔ふ年男 水原春郎
酒飲めず来て年男たり得るや 杉山岳陽
うき人の閨に豆打つ二つかみ 尾崎紅葉
どの鬼を憎むともなく豆打てり 殿村莵絲子 花寂び 以後
よろこびて鬼打豆にうたれけり 山田みづえ 木語
仕入荷の中に鬼打ち用の豆も 鈴木真砂女 夕螢
働きて打たれし豆を踏み戻る 佐野美智
家に向いて豆を打ち父と音をかはし シヤツと雑草 栗林一石路
年の豆打ちて椿の葉をならす 関戸靖子
灼熱の鬼こそ出づれ豆打てり 辻桃子
病む父に打ちてしまひぬ追儺豆 大石悦子 群萌
病む父の鬱の虫出よ豆打たむ 大石悦子 群萌
竹鳴つて鬼打ち豆や雪に散る 石川桂郎 高蘆
諒闇の豆は打たずて供へしのみ 小松崎爽青
豆打ちてあとひつそりと老夫婦 猿橋統流子
豆打ちて師の忌の真闇虔めり 藤木倶子
豆打つて我生国の直中に 折井紀衣
豆打つや父のけはひの残る部屋 片山由美子 天弓
豆打てば幻影走る吹雪かな 渡辺水巴 白日
追儺豆雨戸二枚の鬼を打つ 松山足羽
闇よりも濃きものに豆打ちにけり 藤木倶子
風邪の神打たばやと豆炒らせけり 石川桂郎 高蘆
鬼そこにゐるごとく豆打ちにけり 鈴木真砂女 夕螢
鬼もまた心のかたち豆を打つ 中原道夫
鬼外れし追儺の豆に打たれけり 茂里正治
鬼打の豆に辷て泣子哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
鬼打の豆はねかへす堂柱 赤坂邦子
「鬼は外」鬼の闇にて咳込めり 桜井博道 海上
かくれ家や歯のない口で福は内 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
わがこゑののこれる耳や福は内 飯田蛇笏 春蘭
わするるな日々に福は内鬼は外 広瀬惟然
われに棲むその時どきの鬼は外 夏礼子
吾子のおなら鬼は外ともきこえける 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
吾子を異国に離して浴する「福は内」 平井さち子 完流
川沿ひの家は川面へ鬼は外 下村ひろし 西陲集
福は内猿の腰かけあまた来て 角川源義
若やぎし聲なみだてて福は内 上村占魚 『玄妙』
裏声になつてしまひし鬼は外 内田美紗 誕生日
赤ん坊の笑ひ初めなり福は内 高澤良一 宿好
鬼は外はっきり言おうはっきりと 高澤良一 随笑
鬼は外我が家に春の遅きかな 角川源義
鬼は外日光笹の隈光り 平畑静塔
鬼は外父よまぶたを開けられよ 葉狩淳子
鬼は外福は内われどこへ行く 水原 春郎
節の豆まだ撒かざれば青々し 能村登四郎
節の豆宙に童の眼もをどる 林 翔
豆撒けり天下禅林天空に 高澤良一 石鏡
群衆の隙間に落ちぬ年の豆 高澤良一 石鏡

豆撒 補遺

かい抱く大三宝や年男 松本たかし
こだまする後山の雪に豆を撒く 飯田蛇笏 山響集
ことし豆撒くは波郷が癒え待つため 星野麥丘人
スターリン鬼いづこに居るぞ鬼は外 林翔
つくばひに沈みふやけて鬼の豆 飴山實 句集外
ふところの中の腕組み年男 鷹羽狩行
ほどあひや米寿の年の豆の数 阿波野青畝
よろこびて鬼打豆にうたれけり 山田みづえ 木語
よろめきて撒かれし豆を拾ふ犬 阿波野青畝
わがこゑののこれる耳や福は内 飯田蛇笏 春蘭
阿部洋子豆撒いて鬼を驚かす 安住敦
旭川を鍾旭さまとす年の豆 阿波野青畝
一つ一つ鬼の豆をば拾ふ鳩 阿波野青畝
一桝といへど五勺や鬼打豆 山口青邨
猿茸二斗飲むたより年の豆 角川源義
我を見る顔へ顔へと豆撒きぬ 阿波野青畝
海道のくらき昔の年の豆 百合山羽公 故園
寒屋の内に鳴り止む年の豆 百合山羽公 寒雁
鬼といふものいまも出づ豆を撒く 山口青邨
鬼の豆はねて洗濯ばさみかな 百合山羽公 樂土以後
鬼の豆絵皿時計の皿を打ち 鷹羽狩行
鬼の豆外れてシャンデリアを鳴らす 鷹羽狩行
鬼の豆雪に食はれてしまひけり 岸田稚魚 紅葉山
鬼の豆嚼みて気力を養へり 相生垣瓜人 明治草
鬼は外我が家に春の遅きかな 角川源義
鬼は外主なかなか帰宅せず 阿波野青畝
鬼は外日光笹の隈光り 平畑静塔
鬼打豆打つて忌明けとしたりけり 上田五千石『森林』補遺
恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人 負暄
形代に卯の年男とぞ書ける 正岡子規 みそぎ
鍵の鈴鳴らし鬼打豆買ひに 岡本眸
御手洗に抄ふは鬼の豆ならん 阿波野青畝
広前ににほひたてたり年の豆 阿波野青畝
更けて撒く闇の手応へ鬼の豆 鷹羽狩行
降る雪や女所帯は豆撒かず 安住敦
今年まだ雪を見ぬ豆撒きにけり 鈴木真砂女
三面の鏡に跳ねて鬼の豆 鷹羽狩行
撒く意なし草城在らぬ追儺豆 伊丹三樹彦
撒けば豆木の声紙の声たてて 鷹羽狩行
子が触れたがる豆撒きの父の桝 鷹羽狩行
思ひ出して豆撒きにけり一軒家 村上鬼城
酒倉の酒男たち豆撒く夜 村山故郷
十三夜富年男は窯を守るらむ 阿波野青畝
小さなる凛々しき桝の年の豆 後藤夜半 底紅
小声にて茂吉も豆を撒きしちふ 相生垣瓜人 明治草
床の裾渡るや年の豆踏みし 岸田稚魚 雁渡し
掌の中や鬼打豆のひしめける 伊藤白潮
松風の裃帆立て豆撒きに 角川源義
杉山の岳陽が年男かな 村山故郷
聖護院よりのことづて年の豆 後藤比奈夫
声あげ豆撒く叛骨萎へし漢かな 小林康治 四季貧窮
節の豆まだ播かざれば青々し 能村登四郎
鼠とる毒米年の豆とあり 百合山羽公 樂土
倉人の一人が栄の年男 阿波野青畝
喪の家や埃にまじる年の豆 石橋秀野
大粒は天津栗よ豆を撒く 阿波野青畝
大和なる茶粥によべの年の豆 阿波野青畝
丹波より貢がれてきし年の豆 阿波野青畝
地球儀の大海に跳ね鬼の豆 鷹羽狩行
朝焚かむもの竹叢に年男 石川桂郎 四温
町辻に棄て大厄の鬼の豆 安住敦
鶴が岡では豆撒いていようころのちらちら雪 荻原井泉水
灯の宮の春日明神年の豆 阿波野青畝
豆まきを待つ間見つけし辛夷の芽(深大寺六句) 細見綾子
豆撒いてから豆を食ふうらがなし 藤田湘子 てんてん
豆撒いてことなかれとぞ祈るなる 石田波郷
豆撒いて鬼より怖きもの払ふ 桂信子 草影
豆撒いて病魔払はしよと思うたに 日野草城
豆撒きしあとの静かな夜なりけり 村山故郷
豆撒きし枡二三日ありて消ゆ 藤田湘子 てんてん
豆撒きす五重の塔の二層より 右城暮石 句集外 昭和四十八年
豆撒きの済みたる家に戻りけり 岸田稚魚
豆撒きの手を守りゐる炬燵人 原裕 青垣
豆撒きの父の手の桝子の手桝 鷹羽狩行
豆撒きの夜の雪やむや家路急き 石川桂郎 含羞
豆撒くと家庭教師を辞して来し 伊藤白潮
豆撒くや妻のうしろのくらがりに 小林康治 玄霜
豆撒くや小店の持てる部屋二つ 鈴木真砂女 夕螢
豆撒くや老の眼鏡の東門居 石塚友二 光塵
豆撒く児心に鬼をまだ持たず 山田みづえ 手甲
豆撒く声最後に挙げてゐし吾家 松崎鉄之介
豆撒けば楽世家めく患者等よ 石田波郷
豆撒けば青畝日記に当りけり 阿波野青畝
豆撒にまれうど声を張りあげて 平畑静塔
豆撒のすみし伽藍のまたしづか 山口青邨
豆撒の今宵うるめる灯と思ふ 石田波郷
豆撒の人渦餌をあらそふ鯉や 山口青邨
豆撒の猫疾駆して終りけり 加藤秋邨
豆打唄も枯れ行く音のひとつかな 草間時彦
同じ枡より福の豆鬼の豆 阿波野青畝
二三日掃けば出てくる年の豆 稲畑汀子
年の豆あそびつかれの子を膝に 石橋秀野
年の豆そこはかとなく噛みにけり 相生垣瓜人 負暄
年の豆たうべ失職の目鼻なり 小林康治 玄霜
年の豆噛みつつアガサクリスティ 草間時彦
年の豆噛みつゝ貧に越されをり 小林康治 玄霜
年の豆鬼が拾うて咀まうちふ 相生垣瓜人 明治草
年の豆仰臥の足の方に降りぬ 石田波郷
年の豆五粒ばかりを摘みけり 鈴木真砂女 紫木蓮
年の豆四五粒咀みて飽きにけり 相生垣瓜人 負暄
年の豆七十粒を食うべとや 相生垣瓜人 明治草
年の豆手にまろばせて病よき 林翔 和紙
年の豆奪衣婆わらひゐる堂に 阿波野青畝
年の豆転がるひとの家に遊ぷ 村山故郷
年の豆病母の掌よりこぼれ易し 大野林火 白幡南町 昭和三十年
年の豆病廊に跳ね再軍備へ 岸田稚魚 負け犬
年の豆咀むべく勇を奮ひけり 相生垣瓜人 負暄
年男たり牙ありし身を思ひをり 能村登四郎
年男ならぬが混り豆を撒く 高浜年尾
年男われは俳句の季題にて 三橋敏雄
年男四十半ばを子がなくて 松崎鉄之介
年男老羽公にもどんど餅 百合山羽公 樂土以後
芭蕉越え蕉村にはまだ年の豆 鷹羽狩行
八十粒といふ年の豆如何にせむ 能村登四郎
美き歯ありみかんこの咀む年の豆 阿波野青畝
筆箱の中からも出て鬼の豆 鷹羽狩行
病みて噛めば大き音して年の豆 石田波郷
病む妻の裾に豆撒く四粒ほど 秋元不死男
病個室豆を撒けどもひとりなり 石田波郷
病室に豆撒きて妻帰りけり 石田波郷
父として立たなむ豆を撒きにけり 上田五千石 森林
膚剥がれたる大杉へ豆を撒く 廣瀬直人
福は内猿の腰かけあまた来て 角川源義
平成と書く二合半に年の豆 阿波野青畝
蓬髪のいつよりか禿げ豆を撒く 佐藤鬼房
墨染の袖より鬼の豆が飛ぶ 阿波野青畝
明くる日の小鳥の籠に鬼の豆 鷹羽狩行
夜を帰る豆撒く声を遠近に 楠本憲吉 孤客
癒えし子が年の豆撒く豆の音 石塚友二 光塵
乱峡にはさまれてゐる年の豆 阿波野青畝
瞭らかに波郷豆撒く声すなり 星野麥丘人

豆撒 続補遺 

かぞふ手をもるぞ恐ろし年の豆 馬場存義
かはらぬや家もたせても年男 羽笠
さかやきの一番首や年男 程已
ゆゝしさや御年男の旅姿 其角
わするゝな日々に福は内鬼は外 惟然
鬼の豆貴妃が頭痛もなかりけり 凉菟
今こゝに団十郎や鬼は外 其角
今爰に団十郎や鬼は外 其角 五元集拾遺
四方はまだ声ほのぐらし年男 許六
私ではござりませんぞ鬼は外 七代目三升
七代目なを鬼は外団十郎 鵬斎
手ざはりや蒲団の下の鬼の豆 田川鳳朗
小笠原流のおかしや年男 傘下
真白にかしらの花や*年男 許六
仁朱判やとるがうへにも年男 其角
豆まきやこよひ極る年男 木導
白魚の塵も撰けり年男 言水
門松の精とうたふや年男 朱廸
立帰る春や草香の年男 吾仲
炉開や火箸にかゝる鬼の豆 許六

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 07:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

竹馬 の俳句

竹馬 の俳句

竹馬

例句を挙げる。

たのまれて竹馬の子のポストまで 黒田杏子 花下草上
わが竹馬ひくきを母になげきけり 林火
不具の子に竹馬高々と通りけり 島村元句集
乗れるはずなる竹馬に焦りもし 豊田淳応
古都の子はひとりで遊ぶ竹馬に 中村明子
垣の内竹馬の子に覗かるゝ 池内たけし
塀にもたれ竹馬の子に愁あリ 福田蓼汀
家畜小屋竹馬の友とすれ違う 畑中 憲
常夜燈竹馬の子の往来して 本多佑子
弟の忌や竹馬の子が通る 土橋いさむ
往還に出て竹馬の秩父の子 森田公司
忌籠の家の竹馬見えてをり 波多野爽波
戛々と来しは竹馬女の子なり 井沢正江
暗くなり子等は竹馬なほ下りず 波津女
暮れてなほ竹馬の子や奈良井宿 飯塚 秀城
更けし灯は竹馬の友か盆の村 中拓夫
校庭を出て竹馬をかつぎゆく 松本ヤチヨ
根気よき竹馬一番星奏づ 禰寝瓶史
横町を竹馬が来て二月来て 松山足羽
氷雨して野は竹馬の子に光る 晩羊原
病篤しと竹馬の子の曰く 波多野爽波 『一筆』
竹馬が倒れて竹の音を出す 有馬いさお
竹馬が倚る白壁のうらの湖 民郎
竹馬が南大門を入りゆけり 千葉皓史
竹馬が古本選ぶ眸をよぎり 欣一
竹馬が知る界隈の土の触 上田五千石 森林
竹馬が近寄り塀が背伸びする 吐天
竹馬でげんげの畦を歩きをり 高木晴子 晴居
竹馬で比叡が見える機屋露地 杉岡せん城
竹馬とともにくづれし子らの円 風間 圭
竹馬にのぼりて忘る総理の名 宇多喜代子
竹馬に一人遊ぶ子雪の家 島村元句集
竹馬に乗つて行かうかこの先は 飯島晴子
竹馬に乗りて男に負けてゐず 藤松遊子
竹馬に乗り倒れしてふるさとよ 桑原三郎 花表
竹馬に乗れてお使どこへでも 谷口米雄
竹馬に仕上げて青し悴みぬ 永井龍男
竹馬に土ほこほこと応へけり 山田みづえ
竹馬に土まだつかず匂ふなり 林翔 和紙
竹馬に真つくれないの空の祭 佃悦夫
竹馬に踏み弾かれし木の実かな 旭川
竹馬のいつも遅れて吾子の来る 藤野 力
竹馬のうしろ昏れゐし故郷かな 土佐ノ竜雅洞
竹馬のかけぬけて行く師走かな 小澤碧童 碧童句集
竹馬のさみしき顔や塀を過ぐ 大串章 山童記
竹馬のめり込む砂地にて遊ぶ 山口波津女
竹馬のわらはに蹤くは女のわらは 青篁
竹馬の一騎落ちゆく夕野原 水岡芳子
竹馬の伏目のままに通り過ぐ 福永耕二
竹馬の別るゝ声のしてゆふべ 清原枴童
竹馬の吾子のつめたき眼にあへる 田中裕明 先生から手紙
竹馬の土まだつかず匂ふなり 林翔
竹馬の大股歩き「神死す」と 小川双々子
竹馬の子が折り廻る氷柱かな 雉子郎句集 石島雉子郎
竹馬の子ぞひそみをり長命寺 八木林之助
竹馬の子に投函の文托す 塩谷はつ枝
竹馬の子のおじぎしてころびけり 星野立子
竹馬の季節次郎を憶ひ出す 佐野まもる
竹馬の左足やも捨ててあり 吉田英子
竹馬の影を障子に父病めり 梧朗
竹馬の影近づきし障子かな 松本たかし
竹馬の手綱ともがなつるいちご 服部嵐雪
竹馬の桁ゆるびけり冬ぬくく 永井龍男
竹馬の目路の高さに朝の海 小野恵美子
竹馬の立てかけてある墓籬 波多野爽波 『骰子』
竹馬の職員室を覗きをり 松浦 沙風郎
竹馬の脚のささくれ子の病めり 中戸川朝人 残心
竹馬の足しなふまで高きかな 梨葉
竹馬の躓きしもの見ず倒る 右城暮石 上下
竹馬の闊歩行先なけれども 橋本美代子
竹馬の雪蹴散らして上手かな 立子
竹馬の青きにほひを子等知れる 草田男
竹馬の高からざりし記憶かな 相生垣瓜人
竹馬の高き一人に従へる 鷹羽狩行 五行
竹馬の鶏追うて走りけり 赤星水竹居
竹馬は青竹がよし美少年 西島輝治
竹馬へもどる子高し神父より 朝倉和江
竹馬やいろはにほへとちり~に 道芝 久保田万太郎
竹馬やうれしさ見える高あるき 龍雨句集 雪中庵(増田)龍雨
竹馬やこんにやく島と俗によび 龍岡晋
竹馬やひたと竹吸ふ足袋の股 林 翔
竹馬や住吉さまへ路次つづき 甲賀 山村
竹馬や叱ってくれる人減りし 宇咲冬男
竹馬や少年透谷在校碑 清水基吉
竹馬や男まさりも年頃に 広畑美千代
竹馬や軒の下闇五月雨 調幸子 選集「板東太郎」
竹馬や近くの山に父と母 鈴木六林男 *か賊
竹馬や青きにほひを子等知れる 中村草田男
竹馬をよけて通るや猿まはし 高浜虚子
竹馬を今はかつぎて母のもと 汀女
竹馬を御す手胸辺にやすみなし 橋本多佳子
竹馬を立て掛け谷中の築地塀 脇坂啓子
竹馬を雪に下りたる裸足かな 島村元句集
竹馬子の影もとゞめず落ちにけり 西島麦南 人音
筆投げて児の竹馬に乗りてみる 文挟夫佐恵 遠い橋
舟の子の竹馬かつぎ上り来し 米澤吾亦紅
足病めば歩きたくなり竹馬見る 国弘賢治
路地から路地へ鬼没の竹馬三河島 平井さち子 完流
門をまだ出ず竹馬の脚馴らし 佐藤和枝
集金や竹馬の子が蹤いて来る 皆川白陀
鶏小屋の屋根より乗りぬ竹馬に 増澤和子
麦笛を吹けど竹馬の友のゐず 遠藤若狭男

竹馬 補遺

わが竹馬ひくきを母になげきけり 大野林火 海門 昭和十年
飲屋横丁ねむるを竹馬の子ら縫って 古沢太穂 火雲
忌籠の家の竹馬見えてをり 波多野爽波
休み場のなし竹馬を高くして 右城暮石 句集外 昭和四十八年
元日まで竹馬は地に置かざりき 加藤秋邨
溝またぎ竹馬の道はじまりぬ 上田五千石『琥珀』補遺
獄出でて子の竹馬に低くをり 秋元不死男
竹馬が知る界隈の土の触 上田五千石 森林
竹馬でゆく石畳愉しみて 鷹羽狩行
竹馬に乗つて行かうかこの先は 飯島晴子
竹馬に土まだつかず匂ふなり 林翔 和紙
竹馬に唐児友呼ぶ柳かな 正岡子規 柳
竹馬に如月の畦崩れけり 阿波野青畝
竹馬の羽織かむつてかけりけり 原石鼎 花影
竹馬の遠出遠乗りとはゆかず 鷹羽狩行
竹馬の黄を炎天に放置しぬ 岡本眸
竹馬の怪我なかりける落馬かな 阿波野青畝
竹馬の高からざりし記憶かな 相生垣瓜人 明治草
竹馬の高きあゆみを路地の中 鷹羽狩行
竹馬の高き一人に従へる 鷹羽狩行
竹馬の子が寄つて来て頭を集め 清崎敏郎
竹馬の子のおじぎしてころびけり 星野立子
竹馬の子の双子なることさだか 鷹羽狩行
竹馬の青きにほひを子等知れる 中村草田男
竹馬の青し友垣よかりけり 後藤比奈夫
竹馬の雪蹴散らして上手かな 星野立子
竹馬の前向き姿勢背後もろし 右城暮石 句集外 昭和三十四年
竹馬の太郎が逃げて次郎追ふ 鷹羽狩行
竹馬の竹駿足といふ青さ 後藤比奈夫
竹馬の二本の脚が駆け回る 阿波野青畝
竹馬の背より高きを騎りこなす 日野草城
竹馬の歩めば富士も近づきぬ 鷹羽狩行
竹馬の立てかけてある墓籬 波多野爽波
竹馬の躓きしもの見ず倒る 右城暮石 上下
竹馬は子猿の藝や猿まはし 正岡子規 竹馬
竹馬は小猿の藝や叱られし 正岡子規 竹馬
竹馬や技癢そゞろぐ女の童 日野草城
竹馬や落馬将軍伝太郎 日野草城
竹馬を今はかつぎて母のもと 中村汀女
竹馬を足ぶみ馬力やりすごし 高田風人子
竹馬子の影もとゞめず落ちにけり 西島麦南 人音
俳諧の竹馬の友よ虹かけよ 山口青邨
畔道を行く竹馬の脚づかひ 山口誓子
病篤しと竹馬の子の曰く 波多野爽波
塀にもたれ竹馬の子に愁あり 福田蓼汀 山火
木場に立てかけて竹馬まつ青に 鷹羽狩行
裸木に竹馬の世の茜空 飯田龍太

竹馬 続補遺 

破魔弓や竹馬乗て小笠懸 木導
竹馬や野は八朔の里わらべ 井上士朗
竹馬の手綱ともがなつるいちご 嵐雪
竹馬のあとふりけしぬはるのあめ 卓池
竹馬に曽我兄弟や門の雪 木導
雪の夜は竹馬の跡に我つれよ 路通

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 07:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング