2017年 08月 14日 ( 2 )

阿波踊 の俳句

阿波踊 の俳句

阿波踊

旅の恥かき捨て申す阿波をどり 柴原保佳
踊抜き阿波の旅寝の深かりし 稲畑汀子 汀子第三句集
夕立の上るを待たず阿波踊 上崎暮潮
遊び鉦打つて憩へる阿波踊 美馬風史
娘と旅へせめて名残りの阿波踊 稲畑汀子 春光
法被着せ抱いて輪の中阿波踊 粟飯原花枝
浜から来山から来た働く手足よ阿波おどり 橋本夢道 無類の妻
飛入りを促す囃子阿波踊 上崎暮潮
飛び込んでもう止められぬ阿波踊 高澤良一 寒暑
緋の蹴出し流れるやうに阿波踊 鈴木石夫
二拍子に手足のゆれて阿波踊 坊城 中子
灯に燃ゆる新町川や阿波踊 上崎暮潮
溺れゆくさまにも見えて阿波踊 林 菊枝
爪先で進み退く阿波踊 山口誓子 大洋
男踊りは地を抱くかたち阿波踊 熊谷愛子
足袋白く踊りはじめし阿波踊 上崎暮潮
水飴のやうに伸す腰阿波踊 高澤良一 寒暑
色町の路地で習ひし阿波踊 京極高忠
小雨なる今宵かぎりの阿波踊 上崎暮潮
小さき子が殊に上手で阿波踊 高濱年尾 年尾句集
宿の婢を先立てゝ阿波踊連れ 上崎暮潮
宿の婢を先立てて阿波踊連れ 上崎暮潮
十万の下駄の歯音や阿波おどり 橋本夢道
手をあげて足を運べば阿波踊 岸 風三楼
手をあげて足をはこべば阿波踊 岸風三楼
手に足によみがへりくる阿波踊 今橋眞理子
若さまだこんなにありし阿波踊 山田弘子
写楽の顔背中で踊る阿波踊 二橋満璃
指先のしなといふもの阿波踊 上崎暮潮
黒塗りの下駄爪立てて阿波をどり 見浦町子
交りゐて賓主いづれや阿波踊 葛祖蘭
桐下駄を後ろに跳ねて阿波踊 福本愛子
下駄先に艶の集まる阿波踊 上原白水
渦潮のごとく押しくる阿波踊 高野清風
印篭のきりきりまひや阿波踊 渡辺しま子
一生を棒に俳句や阿波おどり 橋本夢道
阿波踊驟雨の土壇場を惜しむ 佐野まもる
阿波踊裏町さらにさみしくす 浜名礼次郎
阿波踊踊らぬものは手を拍ちて 菖蒲あや
阿波踊目抜きにかかりハイヤットサ 高澤良一 寒暑
阿波踊盲導犬も帯締めて 福島吉美
阿波踊内輪外輪の送り足 河府雪於
阿波踊道が浮々浮々と 松本弘孝
阿波踊団扇をくれる町医院 田中信義
阿波踊大きな男這ふやうに 畑 直子
阿波踊腰の印籠地を擦れり 伊藤伊那男
阿波踊見てゐる足が踊つて居 猪子青芽
阿波踊ぼろ三味線を弾く女 高浜年尾
阿波踊の切絵のなかに音の欲し 大段博利
阿波踊くづればかりの通る道 上崎暮潮
阿波踊きのふに蓮田ひるがへる ながさく清江
阿波の夜を踊浴衣に畳み込む 山田弘子 懐
わが娘薄化粧して阿波踊 上崎暮潮
よしこのに腕まくりしてうづうづ連 高澤良一
「中世の秋」読みさして阿波をどり 攝津幸彦 未刊句集

阿波踊 補遺

流しまた一つの風情阿波踊 高浜年尾
編笠は深きがよけれ阿波踊 鷹羽狩行
猫じやらしそよぎ夜を待つ阿波踊 森澄雄
弟の死んで招ばるる阿波踊 松崎鉄之介
爪先で進み退く阿波踊 山口誓子
町中の木槿暮るれば阿波踊 森澄雄
男装し太腿を見す阿波踊 山口誓子
男嫌ひのこむらちらりと阿波踊 鷹羽狩行
帯の卍揺れても卍阿波踊 林翔
出迎へし阿波の医師も踊足袋 飴山實 句集外
蹴出しつつしみつつしみて阿波踊 鷹羽狩行
腰いやに低く繰り出し阿波踊 鷹羽狩行
好漢や生れは阿波の踊の手 百合山羽公 樂土
繰り出してはや急調の阿波踊 鷹羽狩行
空間を両手で掻ける阿波踊 山口誓子
横丁で紛れて外れて阿波踊 稲畑汀子
阿波踊両手差し上げ宙掴む 山口誓子
阿波踊男女の別は腿で知る 山口誓子
阿波踊下駄の爪先立てしまま 山口誓子
阿波踊をどる楽しさ故に来し 高浜年尾
阿波踊のぞき郡上で踊りけり 松崎鉄之介
阿波を去る踊桟敷を解く道を 稲畑汀子
われの汽車踊の阿波へ走るのみ 阿波野青畝
お忍びとならざることも阿波踊 稲畑汀子


by 575fudemakase | 2017-08-14 08:05 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

郡上踊 の俳句

郡上踊 の俳句

郡上踊

龕燈や郡上踊へ橋渡す 石川桂郎 高蘆
驟雨去り郡上踊の勢ひ立つ 上田和子
恋すてふ顔の踊りの下駄鳴らす(郡上踊) 殿村菟絲子 『菟絲』
旅人も郡上踊に夜明すと 松尾緑富
夜々澄みて郡上踊の下駄の音 橋本榮治 麦生
歎き唄郡上踊を挟む軒 石川桂郎 高蘆
川暮れて郡上をどりは下駄をどり 脇屋善之
水にほふ橋をぞ郡上踊見に 皆吉爽雨
若衆のゲンゲンバラバラ夜っぴいて 高澤良一
三日三夜踊り明かすと郡上の娘 桑田青虎
三更の月得て郡上踊かな 佐藤朴水
郡上踊扁平足のとちりけり 石川桂郎 高蘆
郡上踊一巡の四肢やはらかし 池田秀水
郡上踊案山子もしなを付けにけり 荒井正隆
郡上踊り習ふと立つや酔発す 籏こと
気のりせぬ手ぶりに郡上踊りかな 行方克己 昆虫記
嬰抱いて加はる郡上踊かな 山田春生
鮎の瀬へ郡上をどりの燭灯す 前田時余
ゆきかへり郡上踊の橋たがヘ 石川桂郎 高蘆
ヤッチクを郡上生まれの娘っこ 高澤良一
ひと眠りしてまた踊る郡上かな 岬雪夫
はじめからいびつ郡上の踊の輪 鷹羽狩行
これよりの郡上踊の夜々といふ 原三猿子

郡上踊 補遺

龕燈や郡上踊へ橋渡す 石川桂郎 高蘆
歎き唄郡上踊を挟む軒 石川桂郎 高蘆
郡上踊扁平足のとちりけり 石川桂郎 高蘆
郡上踊肌にしつとり阿波しじら 松崎鉄之介
郡上のなあまでは踊れて狩行かな 鷹羽狩行
阿波踊のぞき郡上で踊りけり 松崎鉄之介う
ゆきかへり郡上踊の橋たがヘ 石川桂郎 高蘆
はじめからいびつ郡上の踊の輪 鷹羽狩行

by 575fudemakase | 2017-08-14 08:03 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング