2017年 08月 18日 ( 1 )

2017年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句

2017年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句



予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。

句の前の番号は、選句稿の通し番号


1鉾宿の月讀命「つきよみ」祀る低天井

3野馬追の檄阿武隈山に谺せり

8地平まで北の大地の蕎麦の花

14その中に美しきくれなゐ夏落葉

15拭き艶の箱階段や西鶴忌

16烏瓜の花背戸垣を好みけり

18羅や双の乳房を緊縛し

21黒松の篠突く雨に扇置く

22野萱草佐渡にあまたの能舞台

23宍道湖の締めは土用の蜆かな

27鮎美し古代のままや黄みを帯ぶ

29行く夏の川面に遊ぶ赤き毬

31朝の試歩蝉の飛び交ふ並木道

33水音の途切れぬ鬼無里水芭蕉

38大文字火勢余りて跳ねあがり

39塾の少女雛罌粟ほどの欠伸して

42夏雲立つ丈七丈の鰹塚

43かの猫も消えてしまひし夏の果て

46漱石の墓所に金えのころと猫

48新涼や句集の表紙決まりたる

49舟小屋へ舟曳く漁師朝曇

52秋暑し象舎にのぞく大き尻

55踊り子の紙の雪追ふ羽根扇

56十一や富士山頂より暁けぬ

57新豆腐富士の湧水無尽蔵

62墓灼けて骨の仏も暑からむ

63青鷺の黙考のふり魚捉ふ

68原爆忌採血室のひとひとひと

69八歳の虚空八月十五日

70五箇山の空うめつくす赤とんぼ

72熊除け鈴響ける池の井守かな

73明け易し漁火の陣崩れ初む

74地獄絵に鬼灯燃ゆる珍皇寺

78鉄線を供花としまみゆ師の墓前

82鰡あまた沖飛び熊野灘ひろぐ

83D51の煙朦朦大夏野

85母許や西瓜の躍る自噴井戸

89夏座敷真ん中に犬四肢伸ばし

91エアコンを持ちきし人に扇風機

93暗闇にわれを窺うごきかぶり

95山頂に己れちっぽけ星飛べり

96片蔭を欲る電柱の影さへも

97風鈴の鳴る時赤子泣き止みぬ

98木偶となりぬ夏風邪に声盗られたる

99田畑を守りて一人の盂蘭盆会

100大本山がらんだうなり百日紅

103蓮見舟たゆたふ池や生絹波

107たよりなや甘さ控えし土用餅

108瑠璃鳴くや一人っきりの山の畑

112青芝に沈む踏み石夕まぐれ

114夕河鹿湯ぼてり覚ます川原風

115朝顔市のポスターのはや大江戸線

116泥鰌鍋尻ポケットに下足札

120俎板の鰯は行儀良く並び

124白粉の花の乱るる遊女屋(のすかいや)

128朝曇り鎌の切れ味悪からず

129かがり火の消えていくまで盆踊

130峯雲や父の掌の添ふ逆上がり

131雲の峰山の向かうは沸騰中

136百鬼夜行のありしやとこの梅雨出水

144ひつそりと咲くがよろしき竹の花

147海の日のとても小さなコンサート

149背を向けて夕餉食べをり夜店番

150小躍りして寄り来る海月盥舟

152英会話のテープリピイト生身魂

157稲の花ぐっすり眠りし朝かな

158炎昼の朽ち杭現るる船溜り

159水中花まだ恋知らぬ長睫毛

160竹の花見たさに藪に踏み入りぬ

163大西瓜まずは佛に褒めてねと

168流鏑馬道けふは涼風通ふ道

169母の紅つけてうれしや祭の子

170秋刀魚焼く匂ひの届く奥座敷

174蜩やわたくし雨の過ぎし杜

175雲海を碧き小島や槍・穂高

176湧水に弾き出されし水馬

177接ぎ穂なき言の葉竹の皮散れり

180青葦に涼(そよ)いでゐたる鳥の声


以上






by 575fudemakase | 2017-08-18 05:18 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング