カテゴリ:未分類( 73 )

啓蟄の俳句

啓蟄 の俳句

啓蟄 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612872/


啓蟄 補遺

おのが穴に啓蟄の蟇日を入るる 山口青邨
とつくにの啓蟄の日の病衣かな 小林康治 四季貧窮
とまどひて啓蟄の蟻顎を這ふ 加藤秋邨
オルガンを弾き啓蟄の空気使ふ 鷹羽狩行
三鬼焼き啓蟄の谷戸盪乱す 小林康治 玄霜
受話器漆黒 今日啓蟄を感じおり 楠本憲吉 方壺集
啓蟄と云ふ日を人も迎へけり 相生垣瓜人 負暄
啓蟄と共に勾玉出でにけり 阿波野青畝
啓蟄と思ふ日中の貌ひとつ 岡井省二 前後
啓蟄にまず小手出しぬもぐらもち 阿波野青畝
啓蟄にわが長風邪も出口あり 百合山羽公 樂土
啓蟄にガラス袋の金魚来る 百合山羽公 寒雁
啓蟄に引く虫偏の字のゐるはゐるは 上田五千石 風景
啓蟄に浄砂を布きし碑を置きぬ 阿波野青畝
啓蟄の*ゆ瓜人の額仰ぎけり 百合山羽公 樂土以後
啓蟄のいとし児ひとりよちよちと 飯田蛇笏 山廬集
啓蟄のうしろ手を子に解かれをり 岡本眸
啓蟄のこぼせしものを石畳 鷹羽狩行
啓蟄のすぐ失へる行方かな 中村汀女
啓蟄のすぐ押強き蟻となる 百合山羽公 樂土
啓蟄のなほ鬱として音もなし 加藤秋邨
啓蟄ののろのろ虫も四散せり 百合山羽公 樂土以後
啓蟄のひとの行方もまた焦土 加藤秋邨
啓蟄のみみず日光浴を忌む 阿波野青畝
啓蟄のみみず横縞きらめかす 後藤比奈夫
啓蟄のものみな光さきだてて 平井照敏 天上大風
啓蟄のもろもろの中に老われも 富安風生
啓蟄のゆふべや人はちりぢりに 加藤秋邨
啓蟄の一人が転けたではないか 永田耕衣
啓蟄の亭午となりし祝詞かな 亭午 星野麥丘人
啓蟄の人のにぎはふ奈良にをり 森澄雄
啓蟄の仏像すこしづついざる 松村蒼石 雪
啓蟄の円空仏は素足かな 楠本憲吉 孤客
啓蟄の四肢わすれきし蛙の子 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の土かき消して雨となる 波多野爽波 鋪道の花
啓蟄の土にかゞめる厨ごと 石橋秀野
啓蟄の土の日向のすぐ古ぶ 上田五千石 風景
啓蟄の土の汚れやすきを掃く 橋本多佳子
啓蟄の土はみみずの腹中に 阿波野青畝
啓蟄の土ほろほろと移植せり 阿波野青畝
啓蟄の土を覆へる芥かな 桂信子 花影
啓蟄の土中の深さ思ひけり 能村登四郎
啓蟄の土将ゐざり将歇みぬ 阿波野青畝
啓蟄の土洞然と開きけり 阿波野青畝
啓蟄の土踏み何かつとめたし 木村蕪城 一位
啓蟄の地にひろげたる藁火かな 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の地に口つけて廃れ甕 鷹羽狩行
啓蟄の地の面漏らして雨一日 稲畑汀子
啓蟄の夜のにぎやかな畳の目 岡本眸
啓蟄の夜気を感ずる小提灯 飯田蛇笏 春蘭
啓蟄の大地土龍の道動く 福田蓼汀 山火
啓蟄の大地無風に遠煙突 松崎鉄之介
啓蟄の天つ日さして古金魚 百合山羽公 樂土以後
啓蟄の天へ煙突ボイラー焚 百合山羽公 寒雁
啓蟄の天棚たかく餉につきぬ 飯田蛇笏 白嶽
啓蟄の天道虫を爪弾く 百合山羽公 樂土以後
啓蟄の奈落より出づ役者かな 松崎鉄之介
啓蟄の奥へと槌のひびきけり 阿波野青畝
啓蟄の家裏攻めて沼の色 古舘曹人 能登の蛙
啓蟄の寒さこつこつ卵割る 百合山羽公 寒雁
啓蟄の尾のなき蜥蜴妻知れる 山口青邨
啓蟄の山襞淡き忌なりけり 原裕 青垣
啓蟄の座にゐて二人二人かな 加藤秋邨
啓蟄の庭雌孔雀腹ばひて 山口青邨
啓蟄の日なかとなりぬ松の幹 岡井省二 有時
啓蟄の日の辻通るついであり 岡井省二 山色
啓蟄の日を浴び蟇は眼をつむる 山口青邨
啓蟄の日霊女(ひるめ)のほぞを眩しめり 佐藤鬼房
啓蟄の月蝕蟇はためらへる 山口青邨
啓蟄の松葉火燃やす黄の焔 右城暮石 虻峠
啓蟄の水するすると暮るるかな 鷲谷七菜子 花寂び
啓蟄の滝上みかわく田一枚 松村蒼石 雪
啓蟄の炭焼が妻みごもれり 西島麦南 人音
啓蟄の煙が松の幹のぼる 桂信子 初夏
啓蟄の生身ねはんに参じたり 上田五千石『風景』補遺
啓蟄の砂利がくすぐる足のうら 右城暮石 散歩圏
啓蟄の穴穴触るは雨の誰そ 永田耕衣
啓蟄の空腹感を惟る 三橋敏雄
啓蟄の童ら家守りて山の昼 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の童女を抱く羅漢あり 山口青邨
啓蟄の端遠からず見ゆるかな 阿波野青畝
啓蟄の翅あるものははやもゐず 鷹羽狩行
啓蟄の脛ましろなるかじめ採り 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の芝生は汚れたる感じ 後藤夜半 底紅
啓蟄の花の一鉢枯らしけり 鈴木真砂女 紫木蓮
啓蟄の虫ことごとく裸足なり 平井照敏
啓蟄の虫と遊びて門を出でず 後藤比奈夫
啓蟄の虫におどろく縁の上 臼田亜郎 定本亜浪句集
啓蟄の虫はチンドン屋の顔で 平井照敏
啓蟄の虫より早く起き出でて 山口青邨
啓蟄の虻はや花粉まみれかな 星野立子
啓蟄の蚯蚓の紅のすきとほる 山口青邨
啓蟄の蛇に丁々斧こだま 中村汀女
啓蟄の蛇はうつくしきものにして 山口青邨
啓蟄の蜥蜴たわみて美しき 後藤夜半 底紅
啓蟄の蜥蜴に心許しをり 後藤夜半 底紅
啓蟄の蜥蜴毛虫に木影かな 石橋秀野
啓蟄の蝸牛も居りて掃かれけり 右城暮石 句集外 昭和二十二年
啓蟄の蟇かがやくは眼のみ 山口青邨
啓蟄の蟇に夕闇下りて来る 高浜年尾
啓蟄の蟇緋縅蝶に眼をつむる 山口青邨
啓蟄の蟻と厨に午笛かな 中村汀女
啓蟄の蟻のいちにち気働き 鷹羽狩行
啓蟄の蟻のいつまで顔ぬぐふ 鷹羽狩行
啓蟄の蟻今何を求むるや 阿波野青畝
啓蟄の蟻大いなり独りなり 岡本眸
啓蟄の西天透ける黒き雲 右城暮石 句集外 昭和三十三年
啓蟄の足沢山の鈍き虫 百合山羽公 樂土
啓蟄の足袋きつちりと穿きにけり 鈴木真砂女 紫木蓮
啓蟄の運動場と焦土のみ 中村草田男
啓蟄の銭亀のはや売られをり 後藤比奈夫
啓蟄の長き電話となりにけり 燕雀 星野麥丘人
啓蟄の門を閉ぢても八雲居や 石川桂郎 高蘆
啓蟄の雀等も声にぎやかに 右城暮石 句集外 昭和四十四年
啓蟄の雉子が地を翔つ土煙り 飯田龍太
啓蟄の雪少し載せ滝桜 佐藤鬼房
啓蟄の雪虫つひに見ざりけり 松村蒼石 雪
啓蟄の霰しまくに薄日浮く 松村蒼石 雁
啓蟄の面白がられ源五郎 高野素十
啓蟄の額はやあそぶごとくなり 岡井省二 五劫集
啓蟄の風さむけれど石は照り 加藤秋邨
啓蟄の鰻の寝床とや申す 山口青邨
啓蟄の鳥語すずろに美しく 後藤夜半 底紅
啓蟄も地異の類ひと言ふべきか 相生垣瓜人 負暄
啓蟄やいきなり尻を持ちこまれ 安住敦
啓蟄やいつかほぐれし肩の凝り 鈴木真砂女 夏帯
啓蟄やけふ安蘇山に雲立たむ 加藤秋邨
啓蟄やこの世のもののみな眩し 桂信子 草影
啓蟄やこれ見よがしのもぐら道 藤田湘子 てんてん
啓蟄やたかまりし曲すぐ潤ふ 能村登四郎
啓蟄やたまたまひかる屋根の端 加藤秋邨
啓蟄やちらかりやすき文机 鷹羽狩行
啓蟄やゆるびて太る観世縒 上田五千石『琥珀』補遺
啓蟄やわが恋の句を子に読まれ 安住敦
啓蟄やわれらは何をかく急ぐ 中村汀女
啓蟄や一日沿へる日本海 森澄雄
啓蟄や三鬼の海に誰か彳つ 石川桂郎 四温
啓蟄や不帰の闇さす窯口 古舘曹人 能登の蛙
啓蟄や仰げば知らぬ雲間あり 三橋敏雄
啓蟄や仰向けの顔が肉を喰む 岸田稚魚 負け犬
啓蟄や仰向けの顔肉を喰む 岸田稚魚 雁渡し
啓蟄や信濃に雪は深けれど 松村蒼石 雁
啓蟄や全長伸べ伸べ快速車 百合山羽公 寒雁
啓蟄や八瀬大原に藪さわぎ 鈴木真砂女 夏帯
啓蟄や公私をわかつ家借りに 岡本眸
啓蟄や出勤の道墓への道 藤田湘子 途上
啓蟄や同室個々の退院日 百合山羽公 樂土以後
啓蟄や吾にものいふ石の蟇 山口青邨
啓蟄や啄むものに枝移り 石川桂郎 四温
啓蟄や喪章いづれのときならむ 飯田龍太
啓蟄や四十の未知のかぎりなし 能村登四郎
啓蟄や土竜が土をもたげけり 鈴木真砂女 都鳥
啓蟄や地に下り人に馴るゝ鳥 右城暮石 句集外 昭和二十二年
啓蟄や地べたてふ語のなつかしき 能村登四郎
啓蟄や地下道呆けの老市民 百合山羽公 樂土以後
啓蟄や墓に十宇のかくれ耶蘇 角川源義
啓蟄や墓原雨を吸ひて飽かず 松崎鉄之介
啓蟄や外灯に灯の入るけはひ 鷹羽狩行
啓蟄や天龍下りの櫂出番 百合山羽公 樂土
啓蟄や家建てむ計またながれ 鷹羽狩行
啓蟄や小鼠かかる鼠捕り 鈴木真砂女 紫木蓮
啓蟄や干竿照りて宙にあり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
啓蟄や庭とも畠ともつかず 安住敦
啓蟄や庭よりあがり稿を継ぐ 鷹羽狩行
啓蟄や心の虚洞(うろ)を如何にせむ 林翔
啓蟄や思いのひまの世界尽 永田耕衣
啓蟄や我の尺地も啻ならぬ 相生垣瓜人 負暄
啓蟄や抱けば目ひらくぬひぐるみ 加藤秋邨
啓蟄や拭ひしごとき日を一つ 鷹羽狩行
啓蟄や拭ひてくもるテイスプーン 上田五千石『風景』補遺
啓蟄や指反りかへる忿怒仏 加藤秋邨
啓蟄や敵も味方も供養の碑 角川源義
啓蟄や曇り硝子に灯のともり 桂信子 花影
啓蟄や書庫用梯子土踏まず 鷹羽狩行
啓蟄や書肆二三軒梯子して 安住敦
啓蟄や朝のいつもの人通り 鷹羽狩行
啓蟄や木の芽も虫の貌だして 平井照敏
啓蟄や杭の頭のつぶれたる 阿波野青畝
啓蟄や板塀の裾灯を洩らす 岡本眸
啓蟄や柱の影の長く伸び 桂信子 草影
啓蟄や柱鏡を吊り忘れ 石川桂郎 高蘆
啓蟄や歯に付く噛み菜まつさをに 三橋敏雄
啓蟄や水のにじみて磨き砂 鷹羽狩行
啓蟄や汽罐車の金文字曇りゐて 鷹羽狩行
啓蟄や洞然と立つ聖寺 角川源義
啓蟄や涅槃や空の蝸牛殻 平畑静塔
啓蟄や煙草が抉る舌の苔 石塚友二 方寸虚実
啓蟄や燈で逆撫づる黒仏 山口誓子
啓蟄や燈油届かぬ小半日 石川桂郎 高蘆
啓蟄や瓜人舊廬は離りて見ず 百合山羽公 春園
啓蟄や生れ来る子の報せ待つ 稲畑汀子
啓蟄や癒えて一歩の靴汚れ 上田五千石『天路』補遺
啓蟄や簷に嘴摺る大鴉 加藤秋邨
啓蟄や素足むしばみほとけなり 伊丹三樹彦
啓蟄や終日風の吹き荒るる 右城暮石 句集外 昭和四十五年
啓蟄や胸を露はに山立てる 相馬遷子 雪嶺
啓蟄や脱ぎし羽織を濡縁に 星野立子
啓蟄や葬の騒ぎのひとしきり 日野草城
啓蟄や蛇の火をなす尾*てい骨 岡井省二 大日
啓蟄や表札かけて人棲める 岡本眸
啓蟄や解すものなく縫ふものなく 石川桂郎 含羞
啓蟄や話せば笑ふこゑのでて 石川桂郎 四温
啓蟄や讃美歌つまる麻袋 橋閒石 卯
啓蟄や谷に蝟集の家もまた 飯田龍太
啓蟄や豆を煮るとて落し蓋 鈴木真砂女 居待月
啓蟄や足のおやゆびぎこちなく 亭午 星野麥丘人
啓蟄や路地に俎干すことも 鈴木真砂女 居待月
啓蟄や踏み鳴らしては縁の端 岸田稚魚 負け犬
啓蟄や身を包む黒いものづくめ 橋閒石 朱明
啓蟄や返書の来ること遅し 山口誓子
啓蟄や鍛冶の水と火地にまろび 鷹羽狩行
啓蟄や鎖の犬に恋めざめ 石川桂郎 高蘆
啓蟄や雲のあなたの春の雲 加藤秋邨
啓蟄や雲の涯から下駄の音 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
啓蟄や音なく濡るる庭の樹々 桂信子 草影
啓蟄や食細き身のふはり泛く 佐藤鬼房
啓蟄や鼻鼻遊してをるに 三橋敏雄
啓蟄をためらふ音の多しちふ 相生垣瓜人 負暄
啓蟄を促し画鋲落ちゐたり 鷹羽狩行
啓蟄を啣へて雀飛びにけり 川端茅舎
啓蟄を祝して天も華やげり 相生垣瓜人 負暄
啓蟄を秘めて掃かれし大地かな 上野泰 春潮
啓蟄を終日雲が圧しけり 相生垣瓜人 負暄
啓蟄を縁とつまむ橋の上 上田五千石 風景
啓蟄を雲や鴉の騒ぐなる 相生垣瓜人 明治草
啓蟄見る辞書専用の虫眼鏡 安住敦
土幕の民啓蟄の幸を思へりき 飯田蛇笏 白嶽
城山の鳶啓蟄の宙めぐる 右城暮石 天水
塔の空飛雪がよぎる啓蟄後 能村登四郎
塵取に啓蟄の虫あるあはれ 林翔 和紙
太き日矢立ち啓蟄の荒磧 鷲谷七菜子 花寂び
奥嶽も啓蟄となる宙の澄み 飯田蛇笏 家郷の霧
子等去つて啓蟄の蟇歩きけり 福田蓼汀 山火
庭上に啓蟄の気の漂へり 相生垣瓜人 負暄
庵主に侍す啓蟄の蟇ひとつ 水原秋櫻子 蓬壺
日は乳色啓蟄を待つ卵たち 林翔 和紙
水あふれゐて啓蟄の最上川 森澄雄
腕組みピエロをふと見た サーカス裏 伊丹三樹彦 啓蟄
虫穴を出て殺生石に魂もなし 政岡子規 啓蟄
身弱凭らしむ啓蟄の松の幹 楠本憲吉 孤客
道に出て啓蟄のごと婆がをり 森澄雄
闘へる蟻啓蟄の土まみれ 鷹羽狩行
雨水より啓蟄までのあたたかさ 後藤夜半 底紅
霾ぐもり啓蟄ぐもり重なれり 右城暮石 句集外 昭和六十二年
香薬師啓蟄を知らで居給へり 水原秋櫻子 秋苑
鵲は樹に園啓蟄の光りあり 飯田蛇笏 白嶽

以上
by 575fudemakase | 2016-03-05 00:02 | Trackback | Comments(0)

桃の花

桃の花 の俳句

桃の花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23767736/


桃の花 補遺

あめふれど霧消す丘べ桃の花 飯田蛇笏 雪峡
ありと言へば闇夜もよろし桃の花 森澄雄
うたた寝についでうたた寝桃の花 森澄雄
うたた寝のわれも杜子春桃の花 森澄雄
うたゝねの窓に胡蝶やもゝの花 政岡子規 桃の花
かなしみのしづかな笑ひ桃の花 平井照敏
から尻に夫婦のりけり桃の花 政岡子規 桃の花
くちすすぐみづ井の甘さ桃の花 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
けふ出でてわれも野の人桃の花 森澄雄
ことふりしいくさ咄や桃の花 政岡子規 桃の花
この山に緋桃が咲いて御開帳 森澄雄
この峡の水を醸して桃の花 飴山實 次の花
しばらくは桃なかむるや馬の糞 政岡子規 桃の花
しばらくは渡舟客なし桃の花 村山故郷
それを見にとんぼがへりや桃の花 森澄雄
ちこ一人御手なふるや桃の花 政岡子規 桃の花
ちご一人羊なぶるやもゝのはな 政岡子規 桃の花
てらてらと桃の中なり幾個村 政岡子規 桃の花
てらてらと桃咲く中や何ヶ村 政岡子規 桃の花
はなれたる舟の流れず桃の花 政岡子規 桃の花
ははそはの母に歯はなく桃の花 三橋敏雄
ひだるさや杣の子の食む桃の花 飴山實 花浴び
ひとりとはこの世にひとり桃の花 高屋窓秋
ひるめしはむすび一つよ桃の花 星野麥丘人
ふだん着でふだんの心桃の花 細見綾子 桃は八重
まうへかたまる盆地の星よ桃咲けり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
みなぎりて四国三郎桃の花 鷲谷七菜子 天鼓
めぐりあひしことの美し桃の花 高屋窓秋
もの言うて歯が美しや桃の花 森澄雄
ゆく先の水かげろふに桃の花 森澄雄
わが持たぬ曲線ばかり桃の花 加藤秋邨
わが旅路こゝより能登や桃の花 高浜年尾
をさなきをみせてゆまるや桃の花 森澄雄
アパート巍(ぎ)然古き畑に桃咲いて 山口青邨
一ト畑は嫗のほまち桃の花 飴山實 辛酉小雪
一本は物干しにせよ桃の花 政岡子規 桃の花
一村を日に蒸しこめて桃の花 内藤鳴雪
一軒の藁家全き桃の花 廣瀬直人
三年にして六尺の桃の花 政岡子規 桃の花
不言問木尚妹与兄桃李 政岡子規 桃の花
世の中のいくさに逃げて桃の花 政岡子規 桃の花
並松をあとにひかへて桃の花 政岡子規 桃の花
人一人までを乱れて桃の花 永田耕衣
人仰ぎ犬駈け過ぐる桃の花 星野立子
人住まぬ山と思へば桃の花 政岡子規 桃の花
人載せて牛載せて桃の渡し哉 政岡子規 桃の花
仏壇に桃活けてある三日哉 政岡子規 桃の花
仏恩の日向うしなふ桃の花 上田五千石 天路
傾きてながるる古瀬桃咲ける 松村蒼石 寒鶯抄
其中に家四五軒や桃林 政岡子規 桃の花
出女が恋する桃に花が咲く 政岡子規 桃の花
出女が恋持つ桃に花が咲く 政岡子規 桃の花
剪りすくめられし枝より桃咲ける 百合山羽公 故園
原中や突然として桃の花 政岡子規 桃の花
原稿紙まだ白のまま桃の花 森澄雄
古瓦積まれて緋桃まつ盛り 松村蒼石 雁
句ごころはたをやにたもて桃の花 上田五千石『風景』補遺
唐人を吠ゆる犬あり桃の花 政岡子規 桃の花
四度瀑の天にすわる日桃の花 飯田蛇笏 家郷の霧
四方からよるや野中の桃の花 政岡子規 桃の花
土間の甕緋桃浸けあり遠砂丘 大野林火 雪華 昭和三十四年
地につゞくこの寂しさは桃の花 高屋窓秋
城東に住みける桃の翁哉 政岡子規 桃の花
壮年の昼寝ぐせつく桃の花 森澄雄
外科療舎出て荼毘のみち緋桃咲く 飯田蛇笏 家郷の霧
夜々吼ゆる犬のゐるなり桃の花 森澄雄
夜机に涙ふたつぶ桃の花 石田勝彦 百千
大戦果わたる海かな桃の花 渡邊水巴 富士
天冠を雛に著せたり桃の花 政岡子規 雛
妻は名の釈尼光華へ桃の花 森澄雄
室町や緋桃咲いたる古き家 河東碧梧桐
富士かくる雨に桃さく田畔かな 飯田蛇笏 雪峡
小娘の畑打つ頃や桃の花 政岡子規 桃の花
小娘も畑うつ頃や桃の花 政岡子規 桃の花
屏風して夜の物隠す桃の花 村上鬼城
山畑の花桃の下ひとり猫 森澄雄
山碧し花桃風を染むばかり 飯田龍太
山門のうちにも桃の花ざかり 森澄雄
峡空は海溝の青桃の花 上田五千石『琥珀』補遺
川上は桃も桜もなかりけり 政岡子規 桃の花
往き来して耕耘倦まず桃の花 森澄雄
御供米の取次所とて桃の花 岡本眸
徽草なき学帽の子や桃の花 清崎敏郎
恋猫に留守あづけるや桃の花 政岡子規 桃の花
恋猫の留守あづかるや桃の花 政岡子規 桃の花
悦楽か怡楽か桃の花ざかり 森澄雄
扁額に雑華世界や桃の花 森澄雄
故郷に桃咲く家や知らぬ人 政岡子規 桃の花
故郷はいとこの多し桃の花 政岡子規 桃の花
料理屋は川魚ばかり桃の花 政岡子規 桃の花
旅にして昼餉の酒や桃の花 河東碧梧桐
日おもての水は自堕落桃の花 鷹羽狩行
昔爺と婆と住みけり桃の花 政岡子規 桃の花
春の水手桶に満ちて桃咲けり 高屋窓秋
時かけて桃咲く寺の普茶料理 森澄雄
暮れ際に桃の色出す桃の花 上田五千石 森林
曉闇も人類無かれ桃の花 永田耕衣
朝靄にくれなゐ溶けて桃咲けり 相馬遷子 山河
村童の異人にたかる桃の花 政岡子規 桃の花
東から日の射す裾に桃の花 右城暮石 声と声
枝あげてあげて白桃咲きにけり 石田勝彦 秋興
柑園をかくゆきぬけに桃咲けり 飯田蛇笏 春蘭
柳青しあひまあひまの桃の花 政岡子規 桃の花
桃さくやゐなかは旧の雛祭 政岡子規 桃の花
桃さくや三寸程の上り鮎 政岡子規 桃の花
桃さくや李白は樽を枕にて 政岡子規 桃の花
桃さくや湖水のへりの十箇村 河東碧梧桐
桃さくや紙のやうなるふしの山 政岡子規 桃の花
桃さくや脚半菅笠竹の杖 政岡子規 桃の花
桃の背戸柳の門や二三軒 政岡子規 桃の花
桃の花あたら惜しげもなく伐れり 右城暮石 一芸
桃の花いづくに靄の生れゐる 松村蒼石 雪
桃の花てのひら右とひだりかな 亭午 星野麥丘人
桃の花どつと禅よせて来るやうな 右城暮石 句集外 昭和七年
桃の花には臥薪なし嘗胆も 後藤比奈夫
桃の花に降りてやうやく霧ながる 加藤秋邨
桃の花の下にて桃となる少女 平井照敏
桃の花ビルの奈落へ投げ込まる 岡本眸
桃の花人待ち顔の野中哉 政岡子規 桃の花
桃の花加へ背負籠ひと揺すり 岡本眸
桃の花吾は黙つて日を愛す 細見綾子
桃の花垂れ込んでくる月日かな 飯島晴子
桃の花家半ばまで陽が入りて 森澄雄
桃の花母よと思えば父現われ 永田耕衣
桃の花満ちて小声の夫婦来る 廣瀬直人 帰路
桃の花空の重たき日なりけり 鈴木真砂女 都鳥
桃の花窓から粉が飛ぶ製粉所 中村草田男
桃の花老の眼にこそ精しけれ 永田耕衣
桃の花若狭蝶の干されけり 阿波野青畝
桃の花葉ののびやすき山の畑 右城暮石 句集外 昭和六年
桃の花過ぎし橋を渡りてひろし 中川一碧樓
桃の花遠く白玉光りたり 細見綾子 桃は八重
桃の花鏡は知らぬ姿哉 政岡子規 桃の花
桃の花鏡を知らぬ娘かな 政岡子規 桃の花
桃の花雨風の夜がまだ残り 廣瀬直人
桃の花露あるうちは人の来ず 右城暮石 声と声
桃原の墓とつたへて桃の花 飴山實 花浴び
桃咲いて三歳の子の小弁当 林翔 和紙
桃咲いて厩も見えぬ門の内 村上鬼城
桃咲いて機織る村の戸口かな 政岡子規 桃の花
桃咲いて沼が近くにある感じ 清崎敏郎
桃咲いて牛行く背戸の小山かな 政岡子規 桃の花
桃咲いて犬ひたむきに通りけり 橋閒石 和栲
桃咲いて畦畑の麦そろひたる 飯田蛇笏 椿花集
桃咲いて笠縫村に長居せり 岡井省二 山色
桃咲いて近づくものに忌のひとつ 鷲谷七菜子 花寂び
桃咲いて遠目にまろき農婦の手 岡本眸
桃咲いて開けてゐるなり筆箪笥 岡井省二 鯨と犀
桃咲いて風の日輪たかかりき 飯田蛇笏 春蘭
桃咲いて風は素足で歩きけり 平井照敏 天上大風
桃咲きて鳥もけものも逃げぬ里 鷹羽狩行
桃咲くと その木をめぐる 半健康 伊丹三樹彦
桃咲くと鉄線の棘へだて話す 岡本眸
桃咲くと風の中なる一童子 原裕 青垣
桃咲くやあけぼのめきし夕映に 渡邊水巴 白日
桃咲くやつとに遍路となるごとく 岡井省二 猩々
桃咲くや古き都の子守唄 政岡子規 桃の花
桃咲くや可愛いと思ふ女あり 政岡子規 桃の花
桃咲くや塔影低く日は斜 村山故郷
桃咲くや墓地につづける野の焼場 松崎鉄之介
桃咲くや妻になる人誰誰そ 政岡子規 桃の花
桃咲くや川の明りの鉄路まで 岡本眸
桃咲くや海道の星みなうるみ 百合山羽公 故園
桃咲くや病秀才は門を出ず 上田五千石『田園』補遺
桃咲くや納豆工場真夜の燈を 大野林火 白幡南町 昭和三十年
桃咲くや隣の娘婚礼す 政岡子規 桃の花
桃咲くや雪壁かすむ間の岳 水原秋櫻子 餘生
桃咲く里へ降り紅顔の落下傘 金子兜太
桃咲けば女人あはれや桃に昏れ 三橋鷹女
桃咲けば手まづさへぎる鮠の水 飴山實 次の花
桃咲けり咲けりと誰も言はず過ぐ 三橋敏雄
桃咲けり島人鳥賊を門に干す 村山故郷
桃咲けり燦爛として海荒れつ 水原秋櫻子 古鏡
桃咲けり胸の中まで空気満ち 三橋敏雄
桃柳河に臨みて誰が楼ぞ 政岡子規 桃の花
桃梅を笑へば梅も桃を笑らふ 政岡子規 桃の花
桃畑白桃ひとつ目立ちけり 政岡子規 桃の花
桃赤し山の東の古砦 政岡子規 桃の花
桜より奧に桃さく上野哉 政岡子規 桜
橋こえて桃の小村へいそぐ哉 政岡子規 桃の花
此里に美女二人あり桃の花 政岡子規 桃の花
歯のうづきかかへて一日桃の花 森澄雄
歳老いて何の奢りの緋桃咲く 森澄雄
母の忌や梅にかはりて桃の花 岸田稚魚 紅葉山
水仙の花のさかりや桃の花 政岡子規 桃の花
汐気含む空気に桃の花開く 右城暮石 句集外 昭和三十六年
法苑の雨美しや桃の花 上田五千石『天路』補遺
海ぬれて沙丘の風に桃咲けり 飯田蛇笏 雪峡
海山をこの見具合や桃のかけ 政岡子規 桃の花
淡海晴れ母との車窓桃の花 松崎鉄之介
温泉の里は桃咲く谷の川ほとり 星野立子
湖に臨む小村や桃の花 政岡子規 桃の花
潺々と水来て去りぬ桃の花 飴山實 辛酉小雪
灯を消して桃咲く駅でありにけり 山田みづえ 木語
灯を消せば許六の桃のかをり哉 政岡子規 桃の花
点滴注射明日より減るよ桃の花 相馬遷子 山河
烈風や月下にさわぐ緋桃あり 原石鼎 花影
焼津桃咲き突堤の魚蹴つとばす 飴山實 おりいぶ
熔岩かげに緋桃ホテルヘ湖畔道 松崎鉄之介
燕の家尋ぬるや桃の花 政岡子規 桃の花
父死後や面影も死に桃咲くか 森澄雄
牛飼も牛も眠るや桃の花 政岡子規 桃の花
犂牛に畛桃さく富士おもて 飯田蛇笏 雪峡
犬の子を負ふた子供や桃の花 政岡子規 桃の花
生き身こそ蹤跡無かれ桃の花 永田耕衣
生徒の眼緋桃買ふ吾を祝福す 林翔 和紙
田に水を入れんと湖北桃の花 飴山實 花浴び
畑中に一本咲くや桃の花 政岡子規 桃の花
白桃の花やこぼるゝ朝の露 政岡子規 桃の花
白桃の花やこぼれて松のつゆ 政岡子規 桃の花
白桃の露や花なる花や露 政岡子規 桃の花
白桃やのこるは花よちるは露 政岡子規 桃の花
白桃や日永うして西王母 政岡子規 桃の花
百姓の不機嫌にして桃咲けり 橋本多佳子
百姓の娘うつくし桃の花 政岡子規 桃の花
百姓の目ばかり窪み桃の花 廣瀬直人
盗或る夜桃の小村を掠め去る 政岡子規 桃の花
目覚むるも睡るも男桃の花 廣瀬直人
石にも児の温み桃の花間の男声 赤尾兜子 歳華集
神々いつより生肉嫌う桃の花 赤尾兜子 歳華集
神棚に榊と雛の桃の花 高野素十
移し植えて信濃の緋桃三年ごし 松村蒼石 雁
税軽き十戸の村や桃の花 内藤鳴雪
穴師より三山のぞむ桃の花 森澄雄
立ちのいて見てはやすむや桃のかけ 政岡子規 桃の花
童子刻むわが体温の桃の花 橋閒石 荒栲
紅唇をゆがめて桃の花くぐる 上田五千石 森林
紅梅に咲き勝たれけり桃の花 政岡子規 桃の花
紅梅を緋桃とも見む雛の日 林翔
紙ひひな花瓶桃の花をますぐ 山口青邨
綾取りの山ふところの桃の花 原裕 青垣
緋桃さき板の間につく両手あり 飯島晴子
緋桃なり神々はまた歩き出す 飯島晴子
緋桃咲き入学の子の道草す 森澄雄
緋桃咲き閨秀画家の家を前 松崎鉄之介
緋桃咲く何に汲みても水光り 岡本眸
緋桃咲く垣に積まるる焼酎甕 松崎鉄之介
緋桃咲く庭にぽつんと備前窯 松崎鉄之介
緋桃白桃うらみつらみをならべけり 日野草城
緋桃菜の花遺残空洞胸に泡く 石田波郷
緋桃見つつ我が目瞬きゐるらしき 加藤秋邨
繋がれて牛も眠るやもゝの花 政岡子規 桃の花
老姉妹緋桃さかりの旅にあり 星野立子
聞かれれば答へる老婆桃の花 廣瀬直人
背戸並ふ小家小家や桃の花 政岡子規 桃の花
膝で折り魚籠にさし込む桃の花 飴山實 花浴び
舟ありて人居らぬ桃の渡し哉 政岡子規 桃の花
花密に緋桃のしだれまつたうす 上田五千石『琥珀』補遺
花桃に泛いて快楽の一寺院 飯田龍太
花桃に白砂の睡り午后の橋 飯田龍太
花桃に逆巻く水のひびきゐる 飯田龍太
花桃のすこし濃すぎる潦 廣瀬直人
花桃の下の涼しき荒筵 飯田龍太
花桃の八重垣へだつ隣はも 上田五千石『風景』補遺
花桃の前に貸したる夫の智慧 中村草田男
花桃の果てに一途の暮天あり 飯田龍太
花桃の満ちたる色に追はれゆく 廣瀬直人
花桃の紅が甘えて山の雨 飯田龍太
花桃の蕋をあらはに真晝時 飯田蛇笏 心像
花桃や一望にして寧楽盆地 森澄雄
花桃や噴火に会ひし人等住む 野見山朱鳥 運命
花鎮め祭の御饌に桃の花 高野素十
茶店あり白馬繋ぐ桃の花 政岡子規 桃の花
草屋二軒赤白の桃咲ける哉 政岡子規 桃の花
草鞋かけて桃の一枝たわみけり 政岡子規 桃の花
荒土の花桃母の死病去る 飯田龍太
荷車に娘載せけり桃の花 政岡子規 桃の花
菜の花の中に家ある桃の花 森澄雄
蔵の香に狎れしなりはひ桃の花 飯田蛇笏 家郷の霧
薄紙のやうなふじあり桃の花 政岡子規 桃の花
行くやすむ気まゝな旅や桃の花 政岡子規 桃の花
衣紋ぬき農婦風入る桃の花 大野林火 雪華 昭和三十四年
褒めること誉められること桃の花 上田五千石『琥珀』補遺
親しさは見送ることの桃の花 古舘曹人 砂の音
賜ふならば白桃の花枝豊かに 大野林火 青水輪 昭和二十六年
賤か家の垣根うつくし桃柳 政岡子規 桃の花
足し算も覚束無くて桃の花 飯島晴子
路はたに桃の花咲く小村かな 政岡子規 桃の花
近山が唇吸い合うや桃の花 永田耕衣
近山の唇落ちかかる桃の花 永田耕衣
運やつと向いて来し桃咲きにけり 鈴木真砂女 都鳥
道うるほへり桃の花したがへり 廣瀬直人 帰路
道元にやさしかりける桃の花 森澄雄
道路鏡にも満開の桃の花 右城暮石 句集外 昭和四十八年
遠墓原も眩しき午後や桃咲いて 中村苑子
野に出れば人みなやさし桃の花 高野素十
鍋提げて桃の中道妻帰る 政岡子規 桃の花
鍬を肩に橋行く人や桃の花 政岡子規 桃の花
鎌倉の雨や緋桃に殊に降る(鎌倉、東慶寺) 細見綾子
開眼のごと桃の花ねむるなり 永田耕衣
降る雨の筋よく見えて桃の花 森澄雄
陶工に今年女の子や桃の花 森澄雄
雛の日の郵便局の桃の花 深見けん二
雛壇や葉を吐いてゐる桃の花 清崎敏郎
雨あしとならぬ雨つぶ桃の花 鷹羽狩行
雨戸まだ開けず湖北は桃の花 飴山實 花浴び
雨空が三日つづいて桃の花 草間時彦
雨雫ぼとぼと落す桃の花 細見綾子
雨雫ぼと~落す桃の花 虹立つ 細見綾子
雨雲のおこす風かも桃の花 飴山實 花浴び
雪代の川のむかうの桃の花 山口青邨
雪山の午下はけぶろふ桃の花 上田五千石 天路
青空に山容溶けて桃の花 上田五千石『風景』補遺
飯くはす小店もなくて桃の村 政岡子規 桃の花
駕吊りし庄屋の門や桃の花 政岡子規 桃の花
髪染めてタンカーは過ぐ桃の花 赤尾兜子 歳華集
髪梳くは死よりも黒し桃の花 高屋窓秋
髪焦げて教へ子は来ぬ緋桃抱き 加藤秋邨
魚浮くや桃の小川の水よどみ 政岡子規 桃の花
鯖大師桃咲く島におはします 阿波野青畝
鶏の目の見てみぬふりの桃の花 上田五千石 風景
鶏鳴くや小冨士の麓桃の花 政岡子規 桃の花
鶏鳴て村静かなり桃の花 政岡子規 桃の花
鶏鳴も花桃睡き彼方より 飯田龍太
麦生もて塗りつぶす隅に桃咲けり 水原秋櫻子 霜林

桃の花 続補遺

*えり株になるや芦間の桃の花 洒堂
あながちに木ぶりは言ず桃の花 炭太祇
うす藪の口をてり出す桃の花 林紅
うつとしき誉人の来るや桃の花 鳳朗
うや無やの関の娘や桃の花 魯九
おもしろふなれば別れや桃さくら 松岡青蘿
かね借りの京わたらひや桃の花 曽良
さし植の素性はなれず桃の花 桜井梅室
その門と見てこそはしれ桃の花 除風
つたへ置け桃咲宿の不老不死 松岡青蘿
としわすれ盃に桃の花書ン 洒堂
ふつゝかな気さへ添けり桃の花 越人
まいら戸に顔見ゆるやと桃の花 支考
みのむしの動きそめけり桃の花 完来
むつ~とにほふでもなし桃の花 木因
よき雨のはれて戸口の桃の花 成田蒼虬
三日月の割付合たり桃の花 凉菟
人の手にあればめでたし桃の花 桜井梅室
伏見かと菜種の上の桃の花 雪芝
何ぞとまれ花のあとなる桃の花 杉風
信楽の壺屋がかどや桃の花 木導
傘のそらにてつたり桃の花 万子
先達や各笈に桃の花 木因
冠にもさはらず雛の桃の花 松窓乙二
前髪の跡ゆかしさよ桃の花 左次
君が代や里は息する桃の花 塵生
埃扣く坐禅蒲団や桃の花 野紅
墓原やいつもり捨てし桃の花 許六
壁土の畔や水越す桃の花 素覧
夜あかりや桃さく門の砂ばしり 井上士朗
太皷はる家でこそあれ桃の花 凉菟
女業する木履の音や桃の花 程已
実をねらふ足軽町の桃の花 朱廸
実を植た子に伸かちて桃の花 桜井梅室
家一つ村にあまりて桃の花 松窓乙二
宿を出て雛わするれば桃の花 猿雖
富士の笑ひ日に~高し桃の花 千代尼
尋入岩戸のおくや桃の花 尚白
川縁は皆桃さけり洗濯場 浪化
布子着て夏よりは暑し桃の花 支考
戸の開てあれど留守也桃の花 千代尼
手ならひの草紙干たる桃の花 浪化
放下師が雪をかほらせ桃の花 建部巣兆
日半路をてられて来るや桃の花 野坡
早さくか年はも行カで桃の花 桃先
昼舟に乗るやふしみの桃の花 桃隣
月の色中野は桃の花ざかり 早野巴人
朝酒のいざや相手に桃の花 北枝
木や竹も気まゝに青桃の花 助然
木母寺の先は桃さく在処かな 桜井梅室
杖すてゝちかづき顔や桃さくら 浪化
桃さかば笠きて酒を買に来ん 支考
桃さかば雛に似たる人や来ん 乙訓
桃さきし畑や獣の跡もなき 寥松
桃さくやよき家建し梓巫女 吉分太魯
桃さくや内乱薬の門にまで 馬場存義
桃さくや宇治の糞船通ふ時 程已
桃さくや畠の肌の脱はじめ 松窓乙二
桃さくら其奥床し夜の雛 松岡青蘿
桃の花けふより水をさかな哉 小西来山
桃の花さくや疝気といとまごひ 除風
桃の花何とて雨にむつまじき 鳳朗
桃の花折手はづれて流しけり 曉台
桃の花熨斗添ずとも贈るべし 鈴木道彦
桃咲て咽の乾きや長堤 正秀
桃咲て石にかどなき山家かな 支考
桃咲て麦も奥ある在所かな 寂芝
桃咲やすはう簾の日のうつり 里東
桃咲やよしのゝこゝろ捨てから 千代尼
桃咲や古き萱屋の雨いきれ 四睡
桃咲や幾度馬に行あたり 千代尼
桃咲や村の小家の物干場 荊口
桃咲や禰宜の屋鋪の鬼門隅 紫道
桃咲や花のあり数鳥おどし 杉風
桃咲や袷羽織のたゝみ皺 遅望
桃咲や西瓜畠のあらおこし 建部巣兆
桃咲や釣瓶はねたる垣のうち 完来
江の島は湖の中なり桃の花 長翠
深川はふしみに似たり桃の花 一晶 温故集
火はもえて内に人なし桃の花 鼠弾
痩桃の花にめでたる雛かな 許六
立よりて苣な荒しそ桃の花 黒柳召波
笠とらむ売場の酒に桃の花 支考
節句らし夷棚にも桃の花 寥松
紅裏の手ぎは見せてや桃の花 りん女
膳棚につかひあまりや桃の花 此筋
膳立に水うつ比か桃の花 支考
船頭の耳の遠さよ桃の花 支考
色深し今年よりさく桃の花 松岡青蘿
草の戸に草の餅なし桃の花 五明
草槇の身肌もうくや桃の花 野紅
菓子盆にけし人形や桃の花 其角 五元集
蓑笠もとかで伏見の桃の花 卓池
薄色やむかしおぼえて桃の花 蘆本
角菱(つのびし)の餅にありとも桃の花 鬼貫
貰ふべき家遥かなり桃の花 吐月 発句類聚
赤人の数寄にゑぼしや桃の花 北枝
起~は鴬若し桃の花 露川
足軽の女房や碁をうつ桃の花 夕道
軒裏に去年の蚊動く桃の花 鬼貫
道々や犬になかれて桃の花 才麿
部屋~へ分て行けり桃の花 望翠
酒によしことぶきによし桃の花 杉風
醴に散かゝりけり桃の花 許六
里の名や哥にもよまず桃の花 許六
重箱や一輪添し桃の花 千川
野の草も穂をはらみけり桃の花 野紅
金柑はまだ盛なり桃の花 介我
鍬さげてしかりに出るや桃の花 凉菟
降たほど照るは律儀な桃の花 支考
隠れ家も色に出にけり桃の花 千代尼
雛達のつぼみの皃や桃の花 智月尼
雨足の思ひ切ッたる桃の花 荻人
雲中に人の声有桃の花 松窓乙二
青麦の波まだ浅し桃の花 松窓乙二
餅くはで関をばこえじ桃の花 支考
餅喰はぬ旅人はなし桃の花 支考
鴬の飛ひろげたり桃の花 荻人
鵯やされども残す桃の花 釣壺

以上
by 575fudemakase | 2016-02-24 11:39 | Trackback | Comments(0)

クリスマスの俳句

クリスマスの俳句

クリスマスの例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23372441/


クリスマス 補遺

あつあつの舌平目わがクリスマス 鷹羽狩行
ある窓の聖樹の影も港町 福田蓼汀 秋風挽歌
いと暗き聖夜の燭を灯したり 清崎敏郎
おのれ摶ちつつ勢ふ聖夜の噴水は 岡本眸
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
きざはしによべの聖樹の星ひろふ 能村登四郎
くすりやの聖樹見てより道闇く 山口青邨
くるるくるイブ・モンタンの枯葉めき 林翔
ここに酸素湧く泉ありクリスマス 石田波郷
ことのはは終りぬ聖樹灯りけり 中村草田男
この出逢ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
この子供臭さへ 聖夜劇開幕 伊丹三樹彦
この町に墓地を買ひけりクリスマス 阿波野青畝
この聖樹銀の大鐘ばかり吊る 山口誓子
ごうごうと風呂沸く降誕祭前夜 石川桂郎 含羞
ずり落ちず聖樹に積みし綿雪は 山口誓子
ちさき憎み聖夜の卓の耳飾 鷲谷七菜子 黄炎
なつかしの夕日を待てり大聖樹 平畑静塔
なふぉ声せり聖夜の宙に架線工 伊丹三樹彦
ひと待てば聖夜の玻璃に意地もなし 桂信子 女身
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男
ましろなる神父の髯やクリスマス 富安風生
まだ日隔くに聖樹を灯し病む人ら 古沢太穂 古沢太穂句集
やがて盗らるべき銀食器聖夜劇 山口誓子
やはらかく聖樹の雪を包み売る 後藤比奈夫
よく啖ふ甥が来てをりクリスマス近し 草間時彦 中年
らふそくの燃えゆくはたのしクリスマス 山口青邨
わがことの入院日なるクリスマス 石塚友二 玉縄以後
わがクリスマスグラビアを焚けばすむ 平畑静塔
わが家路聖夜の土管掘り起され 鷹羽狩行
わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス 山口誓子
をさな子も深雪を帰るクリスマス 日野草城
イブの空鴉が渡る銀座かな 鈴木真砂女 紫木蓮
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫
イヴの燭黄色の皮膚つつしみて 平畑静塔
カード漁りの 眼差は祖母 聖歌月 伊丹三樹彦
クリスマスちちははあまた天に帰し 伊丹三樹彦
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子
クリスマスに小き會堂のあはれなる  正岡子規 クリスマス
クリスマスの鐘のひゞける月夜かな 日野草城
クリスマスの靴磨きゐる牧師かな 日野草城
クリスマスまで七面鳥は飽食す 阿波野青畝
クリスマスゆき交ひて船相照らす 加藤楸邨
クリスマスイブ更け心の襞も更け 楠本憲吉 方壺集
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴの七厘焚きけぶらす 右城暮石 句集外 昭和三十二年
クリスマスイヴの月よと妻言へり 星野麥丘人
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
クリスマスイヴや丸太の足場外す 右城暮石 句集外 昭和二十六年
クリスマスイヴ同體に組む喧嘩 三橋敏雄
クリスマスイヴ好きな人ふたりあり 後藤比奈夫
クリスマスカロルとめねば繰返す 後藤比奈夫
クリスマスカードの加奈陀花の国 阿波野青畝
クリスマスカードの慕ひゐる祖国 後藤比奈夫
クリスマスカードを送り来て孤独 後藤比奈夫
クリスマスカード消印までも読む 後藤夜半 底紅
クリスマスカード雪の絵のみならず 後藤比奈夫
クリスマスケーキこの荷厄介なもの 桂信子 晩春
クリスマスケーキのビルが灯つてる 日野草城
クリスマスケーキの薔薇は砂糖です 日野草城
クリスマスケーキ蝋燭の垣をなす 阿波野青畝
クリスマスツリーに関はりなき身なり 桂信子 草影
クリスマスツリーの昼の埃かな 清崎敏郎
クリスマスツリーぶらさがる何々ぞ 日野草城
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー寒波を欲しがれり 百合山羽公 樂土
クリスマストリイともるわれらが貧しき町 山口誓子
クリスマスリース港のヨットにも 燕雀 星野麥丘人
クリスマスリース金星現れにけり 燕雀 星野麥丘人
クリスマス・イヴのひとりの麺麭を焦がしたり 安住敦
クリスマス・イヴの暁ちかく妻を得しわが部屋 安住敦
クリスマス・イヴの酔ひ呆けし妻をとどけらる 安住敦
クリスマス・イヴの麺麭を啖らひて寝てしまふ 安住敦
クリスマス・イヴ屋根裏につねのごと 伊丹三樹彦
クリスマス・イヴ架線夫はまだ降りず 伊丹三樹彦
クリスマス・ツリーの雪を別に買ふ 鷹羽狩行
クリスマス七寮に満つ患者等に 石田波郷
クリスマス佛は薄目し給へり 相生垣瓜人 負暄
クリスマス個展おのれの絵で飾る 古舘曹人 能登の蛙
クリスマス冬木の肌の照るをせめて 細見綾子
クリスマス前夜の鐘をもたいなく 三橋鷹女
クリスマス劇長男の羊飼 上野泰
クリスマス地に来ちちはは舟を漕ぐ 秋元不死男
クリスマス地下に京橋日本橋 鷹羽狩行
クリスマス地平に基地の灯が赤し 飴山實 おりいぶ
クリスマス塀に破片の硝子植ゑ 鷹羽狩行
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂信子 月光抄
クリスマス指美しき囚徒をり 飯田龍太
クリスマス敵を忘ぜず街ゆけば 赤尾兜子 稚年記
クリスマス無きが如くに奈良ひつそり 右城暮石 句集外 昭和三十四年
クリスマス硝子越しなる馬打たる 秋元不死男
クリスマス肋除られて打臥すも 石田波郷
クリスマス胡桃の樹肌あたたかに 三橋鷹女
クリスマス臥す掌へ吾子の柔ら頬 伊丹三樹彦
クリスマス藷一片を夜食とす 西東三鬼
クリスマス貸間三畳の奇蹟なし 西東三鬼
クリスマス近し東の博士たり 山口青邨
クリスマス近し氷川丸磨き立て 山口青邨
クリスマス近づく寮の歌稽古 杉田久女
クリスマス近づく金の沓を買ふ 山口青邨
クリスマス近づく雪のこよひまた 山口青邨
クリスマス道あばかれて何もなし 岡本眸
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭 右城暮石 声と声
ゴムの葉をくもらせ聖夜餐の湯気 鷹羽狩行
サンタみな揃ひのピンク新世紀 後藤比奈夫
サンタクロースの話そらさざるを得ず 石川桂郎 含羞
サーカスの灯があふるるよクリスマス 山口青邨
ジヤコビンの赤き蝋燭クリスマス 山口青邨
タンネンの葉に蝋涙聖夜も更け 山口青邨
ネオン明滅滅の間燃えて聖夜の星 加藤楸邨
ネグリジェの裾ひらひらとクリスマス 桂信子 草影
ハムの切口の渦巻くクリスマス 鷹羽狩行
ビラ配るサンタク口-ス吾に触る 阿波野青畝
フライパンなめる火の舌 聖夜さかん 伊丹三樹彦
ホテルの聖樹梢には金の星 山口誓子
ホテルの聖樹覗きし鈴に玉は無し 山口誓子
ホテル広場電飾のみの大聖樹 山口誓子
マンホールより首・肩起す聖夜かと 赤尾兜子 蛇
モナリザにをばさんが似るクリスマス 山口青邨
レストラン綿で聖樹の雪増やす 山口誓子
ヴェール被てすぐに天使や聖夜劇 津田清子 礼拝
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅 普羅句集
一会員イギリス巻やクリスマス 山口青邨
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一時間ありクリスマスショツピング 星野立子
一隅は子のものの書架クリスマス 鷹羽狩行
上京の即日人に聖夜に会ふ 古舘曹人 能登の蛙
不況の聖夜雪がすぐ載る厨芥車 飴山實 おりいぶ
中国の茶の淹れらるるクリスマス 後藤夜半 底紅
五七忌の師へ急ぐなり降誕祭 石川桂郎 高蘆
人に福耳本に福紙クリスマス 鷹羽狩行
人の後に吾子悴まず聖歌隊 能村登四郎
休止符を見て口閉ぢぬクリスマス 藤田湘子 神楽
何処の鐘聖夜聖刻告げゐるは 阿波野青畝
倖せな父子と見られて聖樹に酌む 能村登四郎
八人の子供むつましクリスマaス  正岡子規 クリスマス
六つの華聖樹の雪の結晶は 山口誓子
冬菊や隣へ慰間聖歌隊 石田波郷
冬薔薇の棘に余韻の聖歌なほ 鷹羽狩行
冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ 山頭火
切炭の 切口は華 クリスマス 伊丹三樹彦
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子 てんてん
前途永き妻に加護あれ降誕祭 中村草田男
剥製に寸の止り木聖夜明け 鷹羽狩行
剥製に戻る海亀聖夜明け 鷹羽狩行
剥製の鳥のテロの眼クリスマス 鷹羽狩行
剰りたる雪を聖樹の下に置く 山口誓子
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二 曠日
勤め持つ女等たのしクリスマス 右城暮石 声と声
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
千の患者に千の聖果や枯木中 石田波郷
卵一つポケツトの手にクリスマス 西東三鬼
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄炎
喪の聖歌三度び外套措きて起つ 伊丹三樹彦
囁きて聖夜にあつまるもの貧し 古舘曹人 樹下石上
地に浮浪クリスマス・イヴあはれ更く 伊丹三樹彦
地下街に来ると答へしクリスマス 右城暮石 散歩圏
地下迷路きて選る飾りなき聖樹 鷹羽狩行
城内にひゞける鐘はクリスマス 日野草城
基督に肖る気なき聖樹かな 藤田湘子 てんてん
塔空にいくつもささりクリスマス 山口青邨
塩鮭のからき涙やクリスマス 石田波郷
壁の余地クリスマスカード貼りつけて 阿波野青畝
壇降りて神父も聖夜劇の衆 伊丹三樹彦
夏爐焚き公教聖歌の樂流る 及川貞 夕焼
外人は高き鼻もちクリスマス 高田風人子
外套にふれクリスマスツリーかな 清崎敏郎
大き鐘聖樹のバランスを破る 山口誓子
大の字の星を聖樹の先端に 山口誓子
大テント種切サンタヘたりこむ 平畑静塔
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
大阪を生駒距てゝクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十四年
天井に風船眠りクリスマス 福田蓼汀 山火
天界を篩はれしもの聖樹星 鷹羽狩行
天網に星付きはじむクリスマス 鷹羽狩行
太筒の亀山蝋燭聖夜の燈 山口誓子
太陽の通る天窓下に聖樹 鷹羽狩行
夫人の手つめたかりけりクリスマス 日野草城
奈良県になき地下街よクリスマス 右城暮石 上下
女学生の黒き靴下聖夜ゆく 桂信子 女身
女羊は乳房膨らしクリスマス 阿波野青畝
子が呉れし加朱の鉛筆クリスマス 伊丹三樹彦
子の仮面みれば降誕祭近し 木村蕪城 寒泉
子供がちにクリスマスの人集ひけり  正岡子規 クリスマス
学士会聖樹をともす吾等粗餐 山口青邨
孫の聖夜紙雛めきて紙天使 中村草田男
孫やいま小田原の辺かクリスマス 石塚友二 玉縄以後
安否まづ嗅ぎ合ふ白狗聖樹の下 香西照雄 素心
宙を飛ぶ長靴を買ふクリスマス 有馬朗人 知命
室咲きのクリスマス・クイン傲りけり 角川源義
家々の聖夜を道の石だらけ 橋閒石 無刻
寄生木の実は霧の精 聖歌季節 伊丹三樹彦
寒暮来て階梯険しき聖歌楼 山口誓子
寝ねし子が咳して聖夜しづもるよ 森澄雄
寝惜しむ子聖夜は許す絵蝋燭 能村登四郎
寡作なる弟子よりクリスマス・カード 鷹羽狩行
小鳥焼きくきくきと噛むクリスマス 秋元不死男
少年のさゝぐる花燭クリスマス 百合山羽公 春園
少年工学帽かむりクリスマス 秋元不死男
屋上より樹頭見下ろすクリスマス 津田清子 礼拝
屑買女は風呂桶が欲しクリスマス 百合山羽公 寒雁
層見せて聖夜の菓子を切り頒つ 橋本多佳子
年の花の家集賜はる降誕祭 角川源義
床碑は踏ませ 聖歌隊席灯す高さ 伊丹三樹彦
待人のサンタは忘れものはせじ 平畑静塔
恋人ヘピアノ軽打の クリスマス 伊丹三樹彦
息吹くサンタ満持す闇の百貨店 伊丹三樹彦
息安く仰臥してをりクリスマス 石田波郷
我が家にも銀紙の屑クリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十二年
戦後の聖夜ゲルマン白き禿顱頂 中村草田男
扉のひまに厨房見ゆるクリスマス 山口誓子
手で造る雪ふんだんにクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十四年
手燭澄む聖歌乙女の眼鏡の中 伊丹三樹彦
扮したる羊が倒れクリスマス 阿波野青畝
抱かめと寄りそふ精神科の聖樹 平畑静塔
担送車覆ひてありぬクリスマス 星野麥丘人
指弾して聖樹の銀の鐘鳴らず 山口誓子
提灯に浮び黒凍む聖歌隊 大野林火 飛花集 昭和四十六年
揺椅子にまどろみながしクリスマス 松崎鉄之介
教会の朝の鐘なるクリスマス 山口青邨
新しく家族となりて聖果切る 上田五千石 田園
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
日が上るまで精神科の盲聖樹 平畑静塔
日曜は明日 聖歌への声溜める 伊丹三樹彦
明星が点る聖樹のてつぺんに 山口誓子
明滅の灯の鞠吊つてクリスマス 山口青邨
星満ちて地にはこぼれずクリスマス 相馬遷子 雪嶺
昼間よりなどか聖樹はけばけばし 平畑静塔
時をりに夜風は強し聖樹市 中村汀女
最も低し聖夜末子の切る十字 中村草田男
會堂に國旗立てたりクリスマス  正岡子規 クリスマス
服黒き聖歌隊に吾子入るるなり 能村登四郎
木の匙と硝子の器クリスマス 鷹羽狩行
木叢より懸巣出て鳴くクリスマス 飯田龍太
札幌のはや聖夜めく灯と別れ 鷹羽狩行
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄
東の星の光やクリスマス 日野草城
枕許サンタにB鉛筆ねがふ 平畑静塔
果舗楽器店隣り合ふクリスマス 右城暮石 句集外 昭和四十五年
枸杞の実の川原に残るクリスマス 松崎鉄之介
柊がサラダにありし聖夜餐 山口誓子
柔かき海の半球クリスマス 三橋敏雄
梱包に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
梱苞に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
棺に入るるクリスマスのチョコレートも  大野林火 海門 昭和七年
楽屋より私語のつつぬけ聖夜劇 鷹羽狩行
樅を伐るなど真似ごとばかりクリスマス 加藤楸邨
樹間染め隣病舎の聖樹の灯 石田波郷
橄欖(オリーブ)油にほはすのみに聖夜の妻 能村登四郎
歌ひくく吾子ら聖夜の星つくる 能村登四郎
歩み得し十歩確かにクリスマス 水原秋櫻子 蘆雁以後
母に掴まり出番待つ聖夜劇 鷹羽狩行
汗の雀斑少年聖歌隊解かれ 橋本多佳子
汽缶焚いて創る聖夜の汗の塩 上田五千石『田園』補遺
流しに一つ束子ころがる聖夜にて 森澄雄
浮浪寝し宙を聖夜の黄金の橇 伊丹三樹彦
湯にかよふシベリア廊下聖樹たつ 角川源義
満天に不幸きらめく降誕祭 西東三鬼
溝跳んで星影ちらすクリスマス 秋元不死男
灯ともれるシヨーウインドウのクリスマス 日野草城
灯の橋をくぐる灯の船クリスマス 鷹羽狩行
灯を吐いて降誕祭の厨□ 日野草城
点眼に額みどりめくクリスマス 秋元不死男
焼跡に煙突遺りクリスマス 伊丹三樹彦
煉炭に炎の小僧聖夜の楽 伊丹三樹彦
煖炉に立つ大雪を積む聖樹 山口誓子
煙突は 湯屋だけの町 クリスマス 伊丹三樹彦
燈ばかりの聖樹ホテルの前に立つ 山口誓子
燐寸ともし闇の溝跳ぶクリスマス 秋元不死男
燭の火の根元の青きクリスマス 秋元不死男
燭持ちて聖夜を唱ふ顎照らす 山口誓子
狩人のサンタ袋を空にせず 平畑静塔
玄関に洋傘聖夜じみて立つ 鷹羽狩行
玻璃のうち曇らせ聖樹外にひさぐ 木村蕪城 寒泉
甘藷蒸して大いに啖ふクリスマス 西東三鬼
生産の灯の帯纏いた聖夜の湾 伊丹三樹彦
画も愉し狐一族のクリスマス  水原秋櫻子 蘆雁
病室にイブの見舞のはなやげる 石田波郷
病床を脱けゆきし者よクリスマス 石田波郷
病院の聖樹金銀モール垂る 山口誓子
病院の足場組むクリスマス前夜 橋閒石 無刻
療園の雑草青きクリスマス 橋閒石
白き寒き一紙片掌に喪の聖歌 伊丹三樹彦
皿拭は皿を拭くことクリスマス 山口青邨
目の力ぬいて目を閉ぢ聖夜ミサ 鷹羽狩行
目刺みな眼をくもらせてクリスマス 秋元不死男
盲導鈴降誕祭へ道つなぐ  大野林火 飛花集 昭和四十六年
睨み鯛めきゐしクリスマスケーキ 後藤比奈夫
神よ来て子を助けませクリスマス 石塚友二 光塵
禁制の夜のコーヒ飲むクリスマス 右城暮石 声と声
稼ぐ帆のはや沖に出てクリスマス 秋元不死男
立ち通す聖樹が精神科のすくひ 平畑静塔
粧ひて胸うすき者よクリスマス 石田波郷
精神科広間に聖樹常夜燈 平畑静塔
精神科聖樹に語るにも独語 平畑静塔
紅き燈に聖樹の雪が紅くなる 山口誓子
紅つけしコップを拭ひ聖夜餐 鷹羽狩行
紅苺聖樹に点る紅電球 山口誓子
素はだしの男聖樹に寄らむとす 平畑静塔
絨毯に坐る子供らクリスマス 百合山羽公 春園
網棚のクリスマスケーキやや斜め 草間時彦
綻びし梅の絵クリスマスカード 後藤比奈夫
繊維まで見える聖樹の綿の雪 山口誓子
翼燈の点滅森を過ぐ聖夜 秋元不死男
聖夜ここに道路工事の函ランプ 鷹羽狩行
聖夜ただ吾子あまた子にみとりの母 古沢太穂 古沢太穂句集
聖夜てんでんに第九の音合せ 鷹羽狩行
聖夜とやヒロシマ環礁実験図 中村草田男
聖夜なり懸瀑に音なかりせば 鷹羽狩行
聖夜にてぎんぎらぎんの音地獄 能村登四郎
聖夜に読む光の中に燭を点じ 香西照雄
聖夜の伴に洗ひ熊などよからんか 桂信子「草影」以後
聖夜の芥犬去りしあと人跼む 岸田稚魚 負け犬
聖夜の階のぼる灯の無きフロア過ぎ 岡本眸
聖夜の風出でて野の灯を吹き消しゆく 岸田稚魚 負け犬
聖夜はや紅をおびゆく星得たり 阿波野青畝
聖夜ひとり覚む子に星は十字なせ 林翔
聖夜またたく漁り火の消ゆるころ 鷹羽狩行
聖夜わがましろき胸を診られ臥す 鷲谷七菜子 黄炎
聖夜ミサ首筋やはらかく祈る 鷹羽狩行
聖夜休まず看護婦の白き勤め 鷹羽狩行
聖夜劇がらくた舞台裏に積み 鷹羽狩行
聖夜劇イエス幼き膝を閉ぢ 鷹羽狩行
聖夜劇モーゼの杖は子に倍す 石田勝彦 雙杵
聖夜劇丈より高き杖を抱き 鷹羽狩行
聖夜劇外套のまま離れ観る 伊丹三樹彦
聖夜劇牢名主のごと半跏して 角川源義
聖夜唱ふ胎児は降下しつづけて 鷹羽狩行
聖夜天眼に沁む雪をもたらせり 上田五千石 田園
聖夜弥撒ヴエールをつけし母とゐる 津田清子
聖夜更けぬ一酔顔へ女の愛 伊丹三樹彦
聖夜更け書斎の筒に羽根のペン 鷹羽狩行
聖夜更け眠る子へ菓子買ひに出づ 伊丹三樹彦
聖夜眠れり頸やはらかき幼な子は 森澄雄
聖夜讃歌吾が息をもて吾る 橋本多佳子
聖夜近くクリーニング屋灯を投げて 阿波野青畝
聖夜過ぐダストシユートに風の音 岡本眸
聖夜霧笛去りゆくはユダかヨハネか 平井照敏 天上大風
聖夜餐スープ平らに搬び来し 山口誓子
聖夜餐太き朱蝋が点火待つ 山口誓子
聖夜鼠穴をキリスト許し給ふ 鷹羽狩行
聖樹うち眺む都会の駅に降り 伊丹三樹彦
聖樹こそ遠く惨なる定点に 平畑静塔
聖樹とて癩画の樅信徒囲む  大野林火 飛花集 昭和四十六年
聖樹ともり大丸の窗冬ぐもる 飯田蛇笏 雪峡
聖樹にて五角の星を光らせる 山口誓子
聖樹にて樅の木のみがまことのもの 山口誓子
聖樹にて終始点れる燈はあらず 山口誓子
聖樹にて雪青くなり紅くなり 山口誓子
聖樹にて鳴ることもなき銀の鐘 山口誓子
聖樹には大き過ぎたる星と鐘 山口誓子
聖樹には綿をこんもり積もらしめ 山口誓子
聖樹に燈最も篤信祖母ぎみは 及川貞 夕焼
聖樹に触れ一気に離る担送車 能村登四郎
聖樹の燈中に点滅せぬ燈あり 山口誓子
聖樹の燈梢に点る北極星 山口誓子
聖樹の燈紅き燈のみがあればよし 山口誓子
聖樹の燈雪を冠りて点滅す 山口誓子
聖樹の燈騒然として点滅す 山口誓子
聖樹の鐘穴をこちらに向ける鐘 山口誓子
聖樹の雪落ちしを別の葉に載せる 山口誓子
聖樹までやつと自力の車椅子 鷹羽狩行
聖樹より垂れる扁たき銀の星 山口誓子
聖樹より垂れゐる小さき教会堂 山口誓子
聖樹寒し職安の列はや散りて 岸田稚魚 負け犬
聖樹灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏 霊芝
聖樹点滅窓に陸の灯港の灯 福田蓼汀 秋風挽歌
聖樹選ぶその空間を描きつつ 鷹羽狩行
聖樹除きしあとひろびろと椅子卓子 津田清子 礼拝
聖歌おのずから高調 指環交す 伊丹三樹彦
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子 礼拝
聖歌五百四十六番聖体すすむ 山口青邨
聖歌反響 反響 はだし少女もいる 伊丹三樹彦
聖歌従唱すかくしに迂闊の数珠 伊丹三樹彦
聖歌隊並みて素木の階きしむ 能村登四郎
聖歌隊解かれて処女柿噛る 津田清子 礼拝
聖歌隊解散 松葉杖の音も 伊丹三樹彦
聖誕快楽 冷房ホテルに聖樹点り 伊丹三樹彦
胡桃など割つてひとりゐクリスマス 山口青邨
胡桃割りて妻と足るなり降誕祭 星野麥丘人
腕時計柱時計も聖夜告ぐ 阿波野青畝
臘八のあとにかしましくりすます  正岡子規 クリスマス
臥生活のラヂオを聴けばクリスマス 日野草城
船員にクリスマスの窓ともりけり  大野林火 海門 昭和七年
船笛のこだまが冷ます聖夜餐 鷹羽狩行
花のなき壺はトルソに似て聖夜 鷹羽狩行
花よりもサラダを燦と聖夜餐 鷹羽狩行
花型に蝋涙たまるクリスマス  大野林火 飛花集 昭和四十六年
花舗の裏暗し聖夜の川流れ 岡本眸
花車歩道をひいてクリスマス 山口青邨
菊の間に聖樹とならむ鉢の樅 能村登四郎
虚を衝いて着くものクリスマスカード 後藤比奈夫
蛸壷の日にあたたまるクリスマス 上田五千石『田園』補遺
蝋涙を畳のへりにクリスマス 石田勝彦 百千
蝋燭のほのほ重たく聖夜劇 鷹羽狩行
螺旋階のぼる聖樹を見下しに 鷹羽狩行
街は聖夜靴屋はなほも靴つくる 有馬朗人 母国拾遺
街は聖歌ばかり メタセコの枯れ円錐 伊丹三樹彦
街中に枯木そばだつクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十一年
表裏なくかがやく精神科の聖樹 平畑静塔
裏町の泥かゞやけりクリスマス 桂信子 月光抄
裲襠を飾るホテルのクリスマス 山口誓子
裸木の雨露にも虹影 聖歌月 伊丹三樹彦
西行きの列車がら空きクリスマス 右城暮石 声と声
見せまじき涙娘と会ふクリスマス 稲畑汀子
見てならぬ裡見ゆ聖樹の鐘傾ぎ 山口誓子
試歩の杖聖樹に凭せたるは誰ぞ 鷹羽狩行
貧厨にランプかざしつクリスマス 伊丹三樹彦
贈られし金敷き臥すもクリスマス 石田波郷
贈り物の數を盡してクリスマス 正岡子規 クリスマス
赤が黄を黄が青を呼ぶ灯の聖樹 鷹羽狩行
赤き実を囲む棘の葉クリスマス 鷹羽狩行
赤鉛筆のぞく聖夜の教師の胸 能村登四郎
跳ぶさまで止る聖夜の赤木馬 秋元不死男
車椅子なき者は立ち聖夜唱ふ 鷹羽狩行
車椅子遊びしてゐて聖夜更け 鷹羽狩行
軍章の形聖樹の銀の星 山口誓子
通行を遮断聖夜の道路工 鷹羽狩行
遥か来し聖夜の星座澄める国 稲畑汀子
遮断機がふらふら降り来 聖夜の果 伊丹三樹彦
部屋靴の花のごとくにクリスマス 山口青邨
金銀の聖樹駐在所に飾る 山口誓子
鈴懸の鈴も聖夜の灯が照らす 鷹羽狩行
鉄板の地下に働く聖夜の灯 鷹羽狩行
鉄蓋を除けてしんそこ聖夜なり 鷹羽狩行
銀の箔聖夜の塵に拾ひけり 阿波野青畝
銀の紐聖樹に銀の鐘を吊る 山口誓子
銀紙の聖鐘巨きあはれ軽く聖夜 山口青邨
銭湯に漁夫の冷え肌クリスマス 秋元不死男
鐘なる間庭をありくや降誕祭 前田普羅 普羅句集
長い間会堂を暗に聖夜劇 山口誓子
長崎に雪めづらしやクリスマス 富安風生
長椅子に仮眠聖夜を涜したり 鷹羽狩行
降る雪の紙呆気なし聖夜劇 伊丹三樹彦
降誕祭(ワイナハト)待つ燭こよひともすなり 山口青邨
降誕祭いちにんのをんな離れがたき 安住敦
降誕祭むかしの銀貨(コイン)見せられぬ 星野麥丘人
降誕祭むかしの銀貨見せられぬ 雨滴集 星野麥丘人
降誕祭シャンツェ蒼き夜を刷けり 飯田蛇笏 山響集
降誕祭ブロツコリー食し信厚し 森澄雄
降誕祭母の祈を父は知れど 石川桂郎 含羞
降誕祭町にふる雪わが家にも 安住敦
降誕祭睫毛は母の胸こする 中村草田男
降誕祭讃へて神を二人称 津田清子
降誕祭顔見ぬ人へも公平に 香西照雄 素心
陳氏来て家去れといふクリスマス 西東三鬼
隣りあひ聖鐘を吊りレストラン聖夜 山口青邨
隣人の戸の音戸越しに降誕祭 中村草田男
雪かかり星かがやける聖樹かな 山口青邨
雪かゝる聖樹の憲に驢馬の鈴 飯田蛇笏 霊芝
雪の戸の堅きを押しぬクリスマス  水原秋櫻子 葛飾
雪を積む聖樹の銀の吊鐘も 山口誓子
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪晴れて蝦夷の聖夜をただよへり 角川源義
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
雪道や降誕祭の窓明り 杉田久女
雪降りて蕪村忌にしてクリスマス 富安風生
零下青き道あり癩に聖夜来ぬ  大野林火 飛花集 昭和四十六年
雷雨去り聖歌しづかなりつづく 橋本多佳子
雷鳴の丘の裸木クリスマス 西東三鬼
電源に聖樹を点すコード挿す 山口誓子
電源を切りて聖樹の灯をも消す 津田清子 礼拝
青菜つづく地平に基地の降誕祭 飴山實 おりいぶ
靴よりも馴鹿(となかい)小さし豆聖樹 百合山羽公 樂土以後
靴下がくの字に吊られクリスマス 阿波野青畝
風が打つ荒壁ともり子の聖樹 佐藤鬼房
風船をくれるを待てり聖樹蔭 能村登四郎
風音も劇中のもの聖夜劇 鷹羽狩行
食後の真水聖夜の吾子等祈り初む 中村草田男
馬小屋の一頭で満ちクリスマス 鷹羽狩行
馬画き厩めきけりクリスマス 阿波野青畝
馴鹿はものおもふ顔クリスマス 後藤比奈夫
高熱の指に聖樹の雪つまむ 鷹羽狩行
鳩の肩そろへて待てりクリスマス 飯島晴子
黒き靴黒く磨きてクリスマス 鷹羽狩行
黒人の掌の桃色にクリスマス 西東三鬼
黒人兵一倭婦を抱きクリスマス 伊丹三樹彦
鼠色の母かばいゆく クリスマス 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2015-12-24 00:02 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

*えり竹をがらがら落す蓬かな 石田勝彦
あかがねの雨樋秋の蓬春邸 高澤良一 素抱
あをあをと十一月の蓬かな 山口いさを
いにしへの田に蓬萌ゆ進むべし 鍵和田[ゆう]子
うら若き川原蓬やはるの風 加舎白雄
お茶摘女あるは蓬を藉きみだし 西本一都
かへるさの日照雨に濡れし蓬籠 麦南
かまきりや日傭(ひよう)も同じ蓬が杣 露章 選集「板東太郎」
きさらぎの蓬を焚けり深大寺 宮岡計次
きなくさい猫のまわりの枯れ蓬 河合凱夫 飛礫
くれはやき泊瀬の蓬さはに見し 安東次男 昨
この頃のぐづつき日和蓬萌ゆ 坂田 玲子
この頃の雪や案山子のなれの果 尼-蓬生 俳諧撰集玉藻集
さながらに河原蓬は木となりぬ 中村草田男
しばらくは日のふくらみの蓬籠 都筑智子
すでに子は風と駆けゐる蓬摘 平子 公一
そこらまで蓬を摘みに庵の妻 後藤夜半 翠黛
たてまつる八十路の母に蓬もち 及川貞 夕焼
たらちねや蓬の花剪り足洗ふ 松村蒼石 雪
ちちははの魂あそぶ蓬かな 原裕 出雲
つみためて臼尻に撰る蓬かな 飯田蛇笏 山廬集
なにげなき餅草摘の身拵 斎藤玄 雁道
ひざまづき蓬の中に摘みにけり 高野素十(1893-1976)
ひとり身の影をゆたかに蓬摘む 宍戸富美子
ひるがへる丈のありたる蓬かな 石田郷子
ひんがしの風にとばすな蓬籠 大峯あきら
ぺーチカに蓬燃やせば蓬の香 沢木欣一 塩田
まつくろに蓬枯れたる伊吹かな 阿波野青畝
もう少したらぬ蓬を摘みにゆく 田畑三千
やまくさの蓬は萌えぬ咲く馬酔木 木津柳芽 白鷺抄
ゆく春や蓬が中の人の骨 榎本星布 (せいふ)(1732-1814)
わが坐せしだけ蓬野に萎え与へ 加倉井秋を
アイヌ等が焼く蓬生の火ぞ濃しや 細谷源二 砂金帯
ペーチカに蓬燃やせば蓬の香 沢木欣一
一ト所蝶のむれゐる蓬哉 松瀬青々
一一つ律義の箸に挾まれて蓬の餅 安斎櫻[カイ]子
七草や神も蓬が島あそび 白 尼
万葉の恋の蓬野電車ゆく 三嶋隆英
万葉の男摘みけむ蓬摘む 竹下しづの女句文集 昭和十二年
万葉の風立つ蓬摘みにけり 大嶽青児
不惑まで夏の蓬を刈らむかな 中原道夫
中辺路の餅草摘みのかぶりもの 宇佐美魚目 天地存問
丹生川村の菖蒲蓬を朝市に 久保美智子
二上山の雲切れてきし蓬籠 鈴木しげを
佇つ影の日へ歩み出す蓬原 桂信子 遠い橋
低くして母のよろこぶ蓬山 齋藤玄 『玄』
何のかの便りの風や枯芒 蓬山 (芭蕉追善)
何ほども蓬摘めずに一歳妻 鷹羽狩行
俎の蓬を刻みたるみどり 誓子
傷口をふさいでくれし蓬かな 長野なをみ
優婆塞(うばそく)が佛性ほどの蓬摘 筑紫磐井 野干
元日に敷けばや真野のあら蓬 水田正秀
充分に老いて蓬に変身す 中尾寿美子
八ッ口のあるはかなしき蓬原 石川桂郎
冬めくや見舞ひし母の小さき顔 蓬見喜美江
初夏や蓬が中の白薊 高田蝶衣
口髭の白くいませる蓬かな 大木あまり 火球
右腕は雲の匂いに蓬摘む 守谷茂泰
吾妹子が摘みて籠に満つ蓬かな 岩田潔
園児らの眉ひらけゆく蓬道 原裕 葦牙
塩屋まで蓬摘む子の来てゐたる 鈴鹿野風呂 浜木綿
夏草となってしまひし蓬かな 相須 ミヤ子
夕空は眼につめたくて蓬籠 友岡子郷
夜露の蓬搗いて八十八夜かな 阿部みどり女 月下美人
夢の淵蓬を摘みて摘みきれぬ 草深昌子
天心に跼むは蓬摘める母 齋藤愼爾
太陽を蹴れば蹴鞠の蓬原 かけい
娶る日に冬の蓬が萌え易し 萩原麦草 麦嵐
子と摘みにゆく銀(しろがね)の蓬かな 山西雅子
存分に老いて蓬に変身す 中尾寿美子
家建ちて萌えし蓬に影置ける 富美子
寂しさが音になるなり蓬籠 斎藤玄
寒蓬推古の朝の堀ぞこれ 西本一都 景色
寒餅やことに胡麻餅豆の餅 草間時彦 櫻山
屋根の上に蓬萌ゆるや破れ寺 寺田寅彦
山の湯の宿のロビーに絵蓬 酒井 武
山上憶良ぞ棲みし蓬萌ゆ 竹下しづの女 [はやて]
山國の苦き蓬もたたふべし 筑紫磐井 未定稿Σ
山火果つ白きは蓬の灰ならむ 高澤良一 ぱらりとせ
山門の下に摘みたる蓬かな 佐藤 芙陽
嵩もなき籠の蓬にほゝ笑みぬ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
帆に遠く赤子をおろす蓬かな 飴山實 少長集
常滑や蓬萌やして休窯日 鈴木真砂女
干反りたる竹の葉下や崖蓬 楠目橙黄子 橙圃
年々や蓬香に立つ臼一つ 鈴木しげを
年経たる小町のにほひ蓬原 鷲谷七菜子 天鼓
庭先へ廻りて一つ草の餅 草間時彦 櫻山
引力の匂ひなるべし蓬原 正木ゆう子
従妹九ツ蓬でみがく水眼鏡 田中裕明 山信
思ふこと風が奪へり蓬萌ゆ 村田脩
手の中へふくらんでくる蓬摘む 坂巻純子
手造りのしかも味噌餡柏餅 草間時彦 櫻山
押へてもふくるる籠の蓬かな 実花
拱手してをれば蓬の泥乾く 加倉井秋を 午後の窓
掌に銀の影置く蓬かな 春日鳥宇
摘みためて蓬ぬくさよ掌に 高橋淡路女 梶の葉
摘む前の蓬の上に眠りたし 今瀬剛一
旅人のわれに目をこせ蓬摘み 前田普羅 能登蒼し
日ざかりやおのが影追ふ蓬原 飯田蛇笏 山廬集
日のいろや蓬ふかるゝ秋のくれ 加舎白雄
日の下に真水のくぼみ蓬山 桂信子 緑夜
日暮れまで摘みし蓬のこれつぽち 中村苑子
日照雨して薄暑の蓬しゞに生ふ 西島麦南 人音
日迎へみち蓬摘みたるあとのあり 金子篤子
春たくる飛鳥の里の蓬哉 妻木 松瀬青々
春の砂蓬に少しかけてやる 細見綾子 花寂び
春雨や蓬をのばす艸の道 松尾芭蕉
春雷やうす日来てゐる蓬原 石鼎
晩年もなほ日永にて摘む蓬 中村苑子
晴れきつて空の昏みや蓬摘 廣江八重櫻
月の出の苦蓬わが旅なかば 佐藤鬼房 鳥食
朝より腓返りの蓬原 柿本多映
枯芝に蓬薊と萌えて居し 松藤夏山 夏山句集
枯草にまじる蓬の初日かな 渡辺水巴 白日
柔かき蓬恃むや子生るゝと 清水基吉 寒蕭々
根分する菊に紛るゝ蓬かな 仙波花叟
桑畑に摘みし蓬のやはらかし 穴井 まき
桜餅草餅春も半かな 正岡子規
梅の木にぶつかりながら蓬摘 辻桃子
死ぬるほど蓬負ひけり唇の塩 齋藤玄 『狩眼』
母ゆきて天の河原に蓬摘む 香坂恵依
水巴忌の蓬が混る蚊遣草 萩原麦草 麦嵐
水鏡はなれて蓬原のあり 柿本多映
河原蓬が枯れて逢はぬいくにち 中塚一碧樓
泣ける子を泣けるがまゝに蓬摘む 上村占魚 鮎
活断層の上かも知れず蓬摘む 赤尾恵以
流れには遂に出逢はず蓬摘む 波津女
流燈会磧蓬の冷えびえと 須山おもと
涼しさや長けし蓬を縄からげ 魚目
淋代の夏磯蓬長けにけり 古舘曹人 樹下石上
火の山の蓬の匂ふ雑煮椀 斎藤道子
火渡りの大煙くる蓬かな 藤田あけ烏 赤松
炉開や天目古りし孤蓬庵 四明句集 中川四明
烈風に影かばふごと蓬摘む 馬場移公子
焼芝の針の如くに蓬かな 松藤夏山 夏山句集
瓦落ち軒の蓬も飛びにけり 寺田寅彦
生国はここかもしれず蓬摘む 宇多喜代子
登呂の世の車田の畦蓬萌ゆ 渡辺立男
白光のかの蓬まで行かば死す 永田耕衣
白昼の能見て過す蓬かな 魚目
盃の周りのけむり蓬生ふ 磯貝碧蹄館
短かさよ行基参のつみ蓬 松瀬青々
禰宜作る掛蓬を氏子待つ 赤坂倭文子
秋の蚊帳蓬の風を炎えたゝす 萩原麦草 麦嵐
筑波を見む夢のつくばは餅草色 折笠美秋 君なら蝶に
籠あけて蓬にまじる塵を選る 高濱虚子
籠まけて萎えし蓬の皆葉裏 楠目橙黄子 橙圃
背で聴く育児らの摘む蓬の音 兜子
脳髄に詰まつて休む蓬かな 永田耕衣 冷位
船頭の蓬団子を買へと言ふ 瀧澤伊代次
良寛の海を眼下や長け蓬 鳥海むねき
芦焼の水に蓬が漂うて 山西雅子
芹蓬摘めよと與ふ子に刃物 石川桂郎
草蓬あまりにかろく骨置かる 楸邨 (サイパンに果てし義弟の遺骨還る)
草餅を作る気になり蓬摘む 椎野 房子
荷馬夫らが屍を焼く蓬野や 細谷源二 砂金帯
萍蓬(こうほね)の水踏んでいる夢のつづき 渋谷道
萍蓬の水踏んでいる夢のつづき 澁谷道
萱の丘蓬々と紅く枯れんとす 瀧春一 菜園
蓑笠を蓬にして草の庵 正岡子規(蓑一枚笠一箇、蓑は房州の雨にそぼち笠は川越の風にされたるを床の間にうや~しく飾りて)
蓬々と杉菜生ふるは地の果か 三橋鷹女
蓬々と詩につよき髪麥嵐 松村蒼石 露
蓬が杣和泉が軒の人形なり 幽山 選集「板東太郎」
蓬だんご作りくれないの婆となり 北原志満子
蓬に徐福と申す鼠かな 高浜虚子
蓬に聞かばや伊勢の初便 芭 蕉
蓬に聞ばや伊勢の初便 芭蕉
蓬に能登の荒磯の石を据う 細見綾子
蓬のひかげかづらのすゑまでも 阿波野青畝
蓬の香ふりまく湯気の餅搗器 秋川ハルミ
蓬の麓へ通ふ鼠かな 鬼貫
蓬はや一人あそびの子に萌ゆる 荒木嵐子
蓬は木に扉は発狂して居りぬ 河原枇杷男 定本烏宙論
蓬は木に母を殺めし思ひ出に 河原枇杷男
蓬ひに来たその顔が風呂を焚いてゐた 尾崎放哉
蓬まで蓬まで来て老いざらむ 永田耕衣 冷位
蓬もゆる去年の径あり*あさざ簗 前田普羅 能登蒼し
蓬やのれんゆるがぬ家伝薬 高橋 淑子
蓬や上野の山と相対す 正岡子規
蓬や女峰磐座雲に立ち 小林碧郎
蓬や掛けて隠るる古柱 後藤比奈夫
蓬や東にひらく伊豆の海 水原秋櫻子
蓬や海に始まる人類史 高橋悦男
蓬や湯葉六代の竃神 黒木野雨
蓬をいろいろに餝り直しけり 正岡子規
蓬を語ればいつか父母のこと 西村三重子
蓬匂ふ湯に洗足や飛ぶ螢 冬葉第一句集 吉田冬葉
蓬干す莚ものべぬ薬の日 河東碧梧桐
蓬干す莚や多摩の酒造場 長谷川かな女 牡 丹
蓬庵に禰宜も連なり風炉名残 手島あさ子
蓬摘まんかと夜話のそれつきり 今瀬剛一
蓬摘まんといふ客に草履おろしけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
蓬摘み尾上にかゝり能登蒼し 前田普羅 能登蒼し
蓬摘み年々おなじ風のうた 馬場移公子
蓬摘み摘み了えどきがわからない 池田澄子
蓬摘み死なばほほゑむ唇ならむ 河原枇杷男
蓬摘むかへらざる日を今切に 岡田 和子
蓬摘む一円光のなかにゐて 桂信子 緑夜
蓬摘む古址の詩を恋ひ人を恋ひ 竹下しづの女句文集 昭和十二年
蓬摘む彼岸の母に逢うために 長谷川草々
蓬摘む未だ見ぬ国をおもひつつ 河野友人
蓬摘む生れかはりし童たち 松村蒼石 春霰
蓬摘む由比の峠の暮るるまで 大橋利雄
蓬摘む真昼まばゆき川の面 五十嵐播水 播水句集
蓬摘む籠の中まで夕日入る 鈴木幸子
蓬摘む身はけむりかな伊吹山 鳴戸奈菜
蓬摘一人は遠く水に沿ひ 田中王城
蓬摘潮のさざなみ川のぼる 中拓夫
蓬灼け雉子は卵生みおとす 松村蒼石 雪
蓬燃ゆ憶良・旅人に亦吾に 竹下しづの女(1887-1951)
蓬生にねむたく閑雅なる晝餐 横山白虹
蓬生に二日つづきし黄沙かな 省二
蓬生に土けぶリ立つ夕立かな 芝不器男
蓬生の野や芳しき風渡る 松本可南
蓬生の雨明るくて冷たしや 松村蒼石 雁
蓬生の露をなだめる父の杖 宇多喜代子
蓬生ふる水田休め田妹が里 松瀬青々
蓬生ふ月指す城の波の音 横光利一
蓬生やかへり見すれば春幽か 内藤吐天 鳴海抄
蓬生や手ぬぐひ懸て竹婦人 蓼太
蓬生や日暮れておろす凧の音 梅室
蓬生や露の中なる粉引唄 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
蓬草軒葺き垂れて花御堂 松藤夏山 夏山句集
蓬萌えおほばこの葉も遅速なく 汀女
蓬萌えそめし燈台暮しかな 清崎敏郎
蓬萌え太鼓の胴のやうな道 高澤良一 ぱらりとせ
蓬萌ゆ二十六聖人踏みし径 山田ひさし
蓬萌ゆ憶良・旅人に亦吾に 竹下しづの女
蓬萌ゆ春来われにも女の子ある 森川暁水
蓬萌ゆ枯草の骨踏めば鳴る 阿部みどり女
蓬萌ゆ風吹く土手に佇みて 御林めぐみ
蓬萌ゆ風塵つねの畦ながら 塩谷はつ枝
蓬萠ゆ憶良・旅人に亦吾に 竹下しづの女句文集 昭和十二年
蓬薊これより草の茂るかな 尾崎迷堂 孤輪
蓬見舟僧の客乗せ僧漕げる 伊沢三太楼
蓬野にしばらく預け乳母車 大谷史子
蓬野にひそむ鏡の欠片は病魔 鈴木勁草
蓬野に馬は車輪を置き忘る 磯貝碧蹄館
蓬長け波音人を安からしむ 右城暮石
蓬長け火山の裾の霧まとふ 村越化石 山國抄
蓬雑炊共にすすりて鳩間節 影島智子
蓬風呂あびてぬくとし今日の月 金尾梅の門 古志の歌
蓬香を嗅ぐ刹那さへひとの妻 堀井春一郎
蛇の衣かゝれる蓬薊かな 岡本松浜
蝉声のむらさきに染む蓬左の庫 伊藤敬子
螢の乳つけし蓬が秋に入る 細見綾子 花寂び
螢籠つるや蓬のかくし妻 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
行く春やほうほうとして蓬原 正岡子規
行春やほう~として蓬原 子規句集 虚子・碧梧桐選
袖口に風ささやける蓬摘 古賀まり子 緑の野以後
西行の清水を引きて蓬の香 大木あまり 火のいろに
誰も背に暗きもの負ふ蓬摘み 河原枇杷男 密
跼まねば蓬の夕香失かりしに 加倉井秋を
踏むがまゝ磧蓬の日和かな 楠目橙黄子 橙圃
運び来し土に蓬のまじりをり 玉木嘉一
道たがへ来しこともよし蓬摘む 梶原左多夫
道問へば老婆出てきて蓬の香 桂信子 黄 瀬
遠くから人の来てゐる蓬かな 小西敬次郎
野霞のこぼす小雨や蓬摘 芝不器男
鈴の鳴る方へ傾く蓬かな 柿本多映
銃眼を残して生ふる蓬かな 横光利一
雑兵はみんな蓬になっている 水島純一邯
雪ふかく蓬かざる山廬かな 飯田蛇笏
露霜や蓬生の宿に人病めり 紅葉
青嵐垢面蓬髭ばかりかな 清水基吉 寒蕭々
静電気われ蓬野へ蓬野へ 永末恵子 留守
風の蓬はいくら摘んでもひと握り 今瀬剛一
風吹いて持つ手にあまる蓬かな 秋櫻子
風呂敷を袋にむすび蓬摘む 上村占魚 球磨
風邪引きや髯蓬々の山男 楠目橙黄子 橙圃
飛行機雲艶なる日かな蓬伸び 百合山羽公 寒雁
飛鳥仏の鼻梁も青し青し蓬 金子兜太
餅に搗く蓬奔流しそめけり 皆吉爽雨
餅草の匂ふ蓆をたたみぬ 室生犀星 魚眠洞發句集
餅草も雀がくれとなりしはや 森澄雄 鯉素
餅草や砂渦のたつ曲り道 室生犀星
餅草を摘む歌の橋華の橋 永井龍男
香をとめぬまで蓬枯れ雪の上 藤岡筑邨
香具山の蓬摘まんと大袋 大島雄作
鶴を見に老のうき足蓬生に 赤松[けい]子 白毫

以上
by 575fudemakase | 2015-03-12 00:25 | Trackback | Comments(0)

草の芽

草の芽

例句を挙げる。

いそがしや木の芽草の芽天下 阿波野青畝
かにかくに名草の芽といつくしむ 軽部烏頭子
つかぬ日のつづく草の芽ぞくぞくと 岸田稚魚 筍流し
にわとりの忍び足なる名草の芽 永沼千代子
ひとむらの草の芽うすき光かな 上村占魚 鮎
われ鉢にさま~の草芽を吹きぬ 寺田寅彦
一つこそ離れてよけれ名草の芽 村沢夏風
丸ビルの壁の割れ目に名草の芽 稲畑廣太郎
乾きたる土を被ぎて名草の芽 吉江八千代
古墳とも知らずに踏んで名草の芽 千原満恵
古草の芽や古草の芽なりけり 石塚友二
名草の芽すぐ植う持参の友を措き 及川貞 夕焼
名草の芽はや芳しき兆しあり 小島左京
名草の芽はグラバーの址に出づ 阿波野青畝
名草の芽や各々の札の下 高濱虚子
名草の芽を待ち居りぬ札のかげ 虚子
名草の芽遺愛の庭でありしかな 河野美奇
大風や名草の芽の不言 青畝
奔放な児の意志光る名草の芽 小松崎爽青
幾年の朽葉かぶりて名草の芽 椎橋清翠
庭荒れて名草の芽のおのがじゝ 清原枴童 枴童句集
念じをり文字摺草の芽にかがみ 草間時彦 櫻山
急がねばならぬ草の芽ひしめけり 籏こと
抜かれ行く運命草の芽萌え初むる 稲畑廣太郎
掃苔ののちの草の芽十三夜 松村蒼石 雁
木の芽や草の芽やこれからである 山頭火
木の芽草の芽あるきつづける 種田山頭火 草木塔
甘草の芽のとびとびのひとならび 高野素十(1893-1976)
甘草の芽の出し土橋故里に 瀧澤伊代次
畦草の芽立つにあはす歩なりけり 石川桂郎 高蘆
発掘を埋めし上に草芽ぐむ 誓子
短夜の草芽掘り荒らす犬なりし 龍胆 長谷川かな女
神々の意のこまごまと名草の芽 藤田湘子
箒草芽だちしままに育てられ 上村占魚 球磨
草の中や一かたまりの芒の芽 河東碧梧桐
草の芽にうしろすがたの家ばかり 黛執
草の芽にかゞみて母も素足なる 白澤よし子
草の芽に車の油滴りにけり 増田龍雨 龍雨句集
草の芽に遠きサーカス少女かな 今井 聖
草の芽に降る雨やさし人優し 板井 潤子
草の芽に雨の上りし風の色 小松崎爽青
草の芽のいまかがやくは命かな 康治
草の芽のアレグ口しなやかな鉄あり 八木原祐計
草の芽の大方正し貧去らず 小林康治
草の芽の小さきを指して別れけり 平井影逸
草の芽の枯葉に尖り出でしかな 温亭句集 篠原温亭
草の芽の露おくことをはや知れる 青邨
草の芽ははや八千種の情あり 山口青邨
草の芽や去年に変りし遠干潟 嘯山
草の芽や夕日かゞやくゴルフ場 阿部みどり女 笹鳴
草の芽や痩せてよろこぶ四十妻 清水基吉
草芽ぐむおづおづものをいふごとく 佐野美智
草芽ぶき闇にも声のあるごとし 今井杏太郎
萱草の芽に雨しみる田経かな 飯田蛇笏
蔵ひをるいのちを一分名草の芽 伊藤敬子
訪はねども厄出て会釈名草の芽 星野立子
酒がやめられない木の芽草の芽 山頭火
門の草芽出すやいなやむしらるる 一茶
風北に変れば雪や小草の芽 原 石鼎
鴉鳴くあした草の芽一面に 阿部みどり女
鷺草の芽の滾々と五月来る 青木重行

以上
by 575fudemakase | 2015-03-05 00:24 | Trackback | Comments(0)

兎狩

兎狩

例句を挙げる。

しぐるゝや笹原もどる兎狩 寺田寅彦
一揆塚野をほうほうと兎狩 中拓夫 愛鷹
兎狩すみたる牧の扉を閉めて 佐藤念腹
兎狩する頃合の雪降りし 居附稲声
兎狩などと一笑されにけり 茨木和生 往馬
兎狩ふたたび牡丹雪となる 依田由基人
兎狩古き海老刺網張りて 茨木和生 遠つ川
兎狩枯木枯枝鳴らしつゝ 西沢破風
兎狩隣の国も山ばかり 大峯あきら
城内に兎狩する枯野かな 野村泊月
学校をからつぽにして兎狩 茨木和生 遠つ川
寺の障子の近くへ兎狩り立てし 廣江八重櫻
少年の夜々の夢なる兎狩 石塚友二
山の兎狩りおろす湖の氷かな 菅原師竹句集
懸鳥の兎狩らむと集まれり 茨木和生 倭
渤海に傾ける野の兎狩り 石田波郷
臍の緒を母屋にしまひ兎狩る 大石雄鬼
躍る胸持ちてありし日の兎狩 小木ひろ子
人間がときどきかかり兎罠 今瀬剛一
人間の足がかかりぬ兎罠 福田蓼汀 秋風挽歌
兎罠いびつに山の月昇る 江部二峰
兎罠かけし昂り子の屯 村上しゆら
兎罠かけて口笛もう吹かず 宮坂静生 雹
兎罠その上を行く風ばかり 今瀬剛一
兎罠もつ山賊の眼の少年 赤座閑山
兎罠雪をくぼめてありにけり 井桁蒼水
少年の夜々の夢なる兎罠 石塚友二 光塵
平家武者敗走のみち兎罠 國本正巳
恐山閉ざし麓の兎罠 松本進
朴の葉をいちまい噛みて兎罠 木内彰志
歯朶刈りしところに仕掛け兎罠 宮脇和正
猟犬が嗅ぎていぶかる兎罠 米澤吾亦紅
裏山に出て雪ありぬ兎罠 鈴鹿野風呂
裏山の残雪になほ兎罠 高濱年尾 年尾句集
遠まきに杣のぞきをり兎罠 美柑みつはる
針金の輪のみにあはれ兎罠 福田蓼汀 秋風挽歌
針金を輪にせるのみの兎罠 矢野間妙子
雪晴の月夜をたのみ兎罠 桑田青虎

以上
by 575fudemakase | 2014-12-28 00:23 | Trackback | Comments(0)

杜父魚

杜父魚

例句を挙げる。

九頭竜の杜父魚とりか動かざる 新田祐久
日矢射して淵の青さよ霰魚 中村春逸
杜父魚のえもの少なき翁かな 蕪村
杜父魚の川なる瀬々の星明り 橋本 薫
杜父魚の背鰭凍りて量らるる 河北斜陽
網はらふころり~と霰杜父魚 米野耕人
舟に跳ね杜父魚腹を返しけり 三寺橘子
軒よりも九頭竜高し杜父魚の宿 本多静江
霰魚北ゆくばかり北指す河 文挟夫佐恵 雨 月

以上
by 575fudemakase | 2014-12-19 00:32 | Trackback | Comments(0)

冬の星

冬の星

例句を挙げる。

いつまでも一つのままに冬の星 富安風生
かぞへゐるうちに殖えくる冬の星 上田五千石 田園
ことごとく未踏なりけり冬の星 高柳克弘
しんじついのちの母に泣かるる冬の星 栗林一石路
また一つ家毀たれて冬の星 高澤良一 鳩信 
オリオンは直に目につく冬の星 三好竹泉
亡きものはなし冬の星鎖をなせど 飯田龍太
働くものにひかり惜しまず冬の星 成瀬桜桃子 風色
冬の星うがひしてゐて歌となる 川口重美
冬の星よりも冷たきものを言へ 夏井いつき
冬の星らんらんたるを怖れけり 富安風生
冬の星わが眼しびれるほど瞶む 糸山由紀子
冬の星わが鬢髪に銀を差す 中島斌男
冬の星仰ぎて通夜の聖堂に 稲畑汀子
冬の星地震のあとに燃えさかる 渡邊水巴 富士
冬の星堕ちて餓鬼田の夜明けかな 橋本榮治 逆旅
冬の星屍室の夜空ふけにけり 飯田蛇笏 春蘭
冬の星明王の眼のごとく燃え 大西淳二
冬の星暗し山の灯真赤なり 阿部みどり女
冬の星消息といふ縁あり 保坂敏子
冬の星赤子ぐつたりしたるまま 岸本尚毅 鶏頭
冬の星足もとに犬来て息す 廣瀬直人
創いたむ風の彼方の冬の星 小林康治 『虚實』
天上の茶会に召され冬の星 阿部みどり女
庇合(ひあはひ)に一つ見ゆるや冬の星 日野草城
忘れきしものの数ほど冬の星 うえだみちこ
極めたる色の白なり冬の星 高石幸平
深川へ納め詣や冬の星 武原はん
焼く反古に小つむじ立てり冬の星 奥谷亞津子
眠られず冬の星夜を閉め出して 田川飛旅子 花文字
祈りても終る一日冬の星 長島和子
神ありと決めし眼で読む冬の星 田川飛旅子 『外套』
蜂飼いの友いて冬の星うごく 大西健司
見舞ふたび母遠くなる冬の星 成田清子
足音に追ひつかれさう冬の星 高木晴子 花 季
鉄道員の襟に届きし冬の星 稲岡巳一郎
ちかぢかと命を燃やす寒の星 相馬遷子 雪嶺
ペン絶ちの何時までつゞく寒の星 岩田昌寿 地の塩
伊賀泊り苗代寒の星浴びて 太田嗟
吹き晴れてくらき大地と寒の星 篠原梵 雨
地にひびくばかり輝やき寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
声出さばこぼれてしまふ寒の星 密田真理子
寒の星うすき光りの娘星 柴田白葉女 花寂び 以後
寒の星昴けぶるに眼をこらす 橋本多佳子
寒の星立身出世の明治恋し 岩田昌寿 地の塩
山国の縦につらなる寒の星 中拓夫 愛鷹
峡谷(キャニオン)の闇に貼り付く寒の星 仙田洋子 雲は王冠
愁ひ頒つ寒の星より応へなし 阿部みどり女
月光のあまねくわたり寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
梳る顔のまはりの寒の星 渋谷道
死をもつて消息わかる寒の星 能村研三 鷹の木
母の寝嵩つばさひろげて寒の星 北原志満子
淋しさのきはみの寒の星ひとつ 近藤愛
いくたびも震ふ大地や寒昴 桂信子
いとかすかなる寒星もありにけり 清崎敏郎
かすかなるタングステンや冬銀河 五島高資
くに唄に母が寝に入る冬銀河 山田諒子
こゑなさぬ願ひを切に冬銀河 上田日差子
さらす身の十七文字寒北斗 吉田三千子
すゝむ癌昨日の凍星位置変へず 菖蒲あや 路 地
たましいを蹴りつつ還る冬銀河 須藤 徹
つぎつぎとピアス落した冬銀河 前田保子
どの木にも木霊生まるる寒昴 美野節子
なやらひの荒星畠にこぞりけり 石田勝彦
ゆびさして寒星一つづつ生かす 上田五千石(1933-97)
イタリアヘ寒星のすぐ横を飛ぶ 長谷川智弥子
オリオンの四ッ星冴えて三ツ星も 京極杞陽
ユーカリをずたずたにして冬銀河 原田喬
一天の寒星つれて出航す 中村尚子
一寒星燃えて玻璃戸に炬のごとし 相馬遷子 山国
一通の投凾函忘れ星冴ゆる 脇本良太郎
上蔟や荒星ひとつ森を出づ 岩永佐保
人の世のそののちのこと冬銀河 伊藤敬子
仏壇の街というもの寒昴 対馬康子 純情
何語りくる寒星のまたたきは 富内英一
光年といふものさしや寒北斗 吉原一暁
再びは生れ来ぬ世か冬銀河 細見綾子(1907-97)
冬北斗この世に夫をとどめたし 井上雪
冬銀河かくもしづかに子の宿る 仙田洋子 雲は王冠
冬銀河かぶり平和へ道一本 城取信平
冬銀河けぶる左右に女弟子 中島斌雄
冬銀河すこしよごして生まれ来し 辻美奈子
冬銀河たてがみを持て余していたり 大下真利子
冬銀河にんげんは殖えつづけおり 池田澄子
冬銀河ほろと男根垂らしたり 糸大八
冬銀河まっすぐ届く声を持つ 二村典子
冬銀河らんらんたるを惧れけり 富安風生
冬銀河一糸ほつるることもなし 小川軽舟
冬銀河何處ぞとあふぐ千鳥足 高澤良一 随笑 
冬銀河出自は平氏後不詳 妹尾 健
冬銀河垂れて狼ほろびの地 橋本榮治 逆旅
冬銀河夜干の工衣のしたたらす 吉田鴻司
冬銀河姥子はひとり来べき宿 及川貞 夕焼
冬銀河寝顔のほかは子と逢えず 宇咲冬男
冬銀河山影かむる和紙の里 柴田白葉女 花寂び 以後
冬銀河山影かむる陶の町 柴田白葉女 花寂び 以後
冬銀河巌より暗く海ありぬ 田中ひろし
冬銀河息吹きかけて眼鏡拭く 平野 博
冬銀河患者の一語残りをり 岩永のぶえ
冬銀河掌の中の掌のやはらかし 大嶽青児
冬銀河映して凪げりエーゲ海 毛塚静枝
冬銀河時間過ぎゆくときの音 石田郷子
冬銀河歳月をもて測る距離 辻美奈子
冬銀河母あることを恃みとす 館岡沙緻
冬銀河激せば黙すわが性よ 妹尾 健
冬銀河畑菜の青を感じつつ 佐野良太 樫
冬銀河真つ向に墓標歩かせる 蔦愁花女
冬銀河紙で切りたる指うづく 平井照敏 天上大風
冬銀河肩にまはる手真白なる 仙田洋子 橋のあなたに
冬銀河藁足して馬睡らしむ 木附沢麦青
冬銀河言葉で殺し合ふことを 櫂未知子 貴族
冬銀河軋む扉を開け放つ 前田秀子
冬銀河雁は鳴き鳴きめぐるなり 佐野良太 樫
冬銀河青春容赦なく流れ 上田五千石(1933-97)
冬銀河魂炎反応始まりぬ 久冨風子
冬銀河鳥のつばさは酒に濡れ 橋口 等
凍星のどれかや妻は天に在り 石井とし夫
凍星のわれをゆるさぬ光かな 鈴木真砂女
凍星の光に加ふなにもなし 岡田吉男
凍星の汝弱しとまたゝくよ 大橋敦子 手 鞠
凍星の爛々と咲き屍車いづる 柴田白葉女 遠い橋
凍星の綺羅をつくして墓地の天 柴田白葉女 遠い橋
凍星の鋲を打ち込む木地師谷 中村翠湖
凍星の高きに祈る父癒えよ 菖蒲あや 路 地
凍星は末梢神経の労働歌 赤石憲彦
凍星へまつしぐらなる大樹あり 奥坂まや
凍星も星座を組めば煌けり 野澤節子
凍星や瞳と呼べば星鎮む 赤尾兜子
凍星や篠山乾く音ばかり 能村登四郎
北に耀る寒星母を喪ひぬ 伊東宏晃
友越して半年過ぎぬ冬銀河 矢口由起枝
君寄らば音叉めく身よ冬銀河 藺草慶子
土佐沖の星冴ゆるなり漁始 綿谷ただ志
塵芥の捨場寒星かゞやけり 右城暮石 上下
墳山の天狼父にまぎれなし 角川春樹
墳山の真上天狼またたけり 佐川広治
夕星のもう凍星か山鼻は 村越化石 山國抄
大吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀
大日や年の天狼海の上 岡井省二
天に天狼日本狼死に絶えし 島世衣子
天幕を畳むサーカス冬銀河 小田実希次
天狼のひかりをこぼす夜番の柝 山口誓子
天狼の光りて豆腐凍りけり 野木与情
天狼の泪目あやとり解けぬ子に 齋藤愼爾
天狼の青き光も春めけり 二口 毅
天鳴りて寒星青き火を散らす 相馬遷子 山国
女にはくちびるの栄冬銀河 藤田湘子
女盛りのマチ子と仰ぐ冬銀河 青木重行
子宮とらば空洞にごうごう冬銀河 下山田禮子
寒北斗死にはじめたる後頭部 栗林千津
寒星となるらし土橋は肉の響き 遠藤 煌
寒星とまたたき交す受験苦よ 平畑静塔
寒星と発つ灯と着く灯エアポート 嶋田摩耶子
寒星にたどりつきたるひとり旅 鈴木六林男
寒星にどの夜もどこかに雲白し 篠原梵 雨
寒星に出でしが薪を抱へ来し 猪俣千代子 秘 色
寒星に懐中燈を向けて照らす 右城暮石
寒星に見透かされたる吾が虚勢 田村一翠
寒星のひとつを引きてわが燈火 岡本眸
寒星のむらがれる邊の枯野に似 橋本鶏二
寒星の一つを父の星と決め 南 桂介
寒星の光髪膚にほとばしる 内藤吐天 鳴海抄
寒星の天の中空はなやかに 山口誓子
寒星の弾ける音す手術室 長山遠志
寒星の爛たる眼全天に 相馬遷子 山河
寒星の真只中にいま息す 相馬遷子 雪嶺
寒星の身に降るごとし吾子誕生 橋本春燈花
寒星の近々と地のぬかるめり 右城暮石
寒星はただ天に倚る海の上 山口誓子
寒星は天の空洞子の病気 西東三鬼
寒星やいのちの果ての北枕 佐藤きみこ
寒星やとぼそ洩る燈のおのづから 山口誓子
寒星やよごれぬままに料理人の胸 柚木紀子
寒星や世にある歎き除けがたし 阿部みどり女
寒星や亡き師の叱咤高きより 池田秀水
寒星や仰げばすでに声は無き 相馬遷子 山国
寒星や北の血脈継ぐために 渡辺誠一郎
寒星や地上に逃ぐるところなし 岸風三樓
寒星や悲しみいつか諦めに 菖蒲あや 路 地
寒星や暮色が海を押しせばめ 林翔 和紙
寒星や男の意地を押し通す 椎橋清翠
寒星や神の算盤たゞひそか 中村草田男
寒星や転勤の子の辞令待つ 関口美子
寒星や魂の着る人の肌 三島広志
寒星ら出て荒淫をかなしめり 森澄雄
寒星をあほぐ癖つき一周忌 柴田白葉女 『月の笛』
寒星をいつも火星を見をさめに 篠原梵 雨
寒星をかぶり死すまで麻痺の身ぞ 村越化石
寒星をつかむ仕ぐさの子の拳 対馬康子 吾亦紅
寒星をつなぐ絲見ゆ風の中 福永耕二
寒星をぶちまきし下浮浪がり 平畑静塔
寒星を近々と地のぬかるめり 右城暮石 声と声
寒星動きて喪の家に淡き影 加藤瑠璃子
寒星夥しサーカスのあとの天 斎藤爾
寒星明暗わが身のなかに眠る妻 成田千空 地霊
寒星騒然国のエゴなどどこにありや 香西照雄 対話
寒昴いま少年にくらい智慧 中尾壽美子
寒昴フルートの音は続きをり 冨田弥生
寒昴仰ぐなり死を告げ来り 水原春郎
寒昴幼き星をしたがへて 角川照子
寒昴死後に詩名を顕すも 上田五千石 田園
寒昴父母の息感じをり 老川敏彦
寒昴病みてぞ正す仰臥の寝 駒木逸歩
寒昴眼鏡摧(くだ)けしその夜も 赤尾兜子
寒昴迷ひし時は歩き出す 高平乃布子
寒昴鉛筆書きの妹の遺書 角川春樹
寝袋に体温満ちぬ冬銀河 小川軽舟
少年をさかしまに抱き寒昴 増田まさみ
峡空に寒星集め雪まつり 神取房江
崩れ簗夜は荒星をかかげたる 加倉井秋を 『欸乃』
師亡き後のおのれ励まし冬銀河 館岡沙緻
干柿に宇陀の荒星今宵より 大峯あきら 鳥道
庭の木に寒星の種はじけたり 増田まさみ
廂なる寒星溢れ落ちざるや 橋本鶏二
急かずともすでに顱頂に冬銀河 衣川次郎
戸の外に清めの塩や寒昴 中沢城子
手を洗ひ寒星の座に対ひけり 山口誓子
投函の後ぞ寒星夥し 山口誓子
故郷のなき晩年や寒昴 塩田晴江
斉斉哈爾地方ノ母ハ寒昴ヨリ乾イテヰルカ 夏石番矢 真空律
明々と身のうち通る冬銀河 北詰雁人
星冴て寒菊白う成にけり 唄子
星冴ゆる枚を銜んで六百騎 寺田寅彦
星冴ゆる歩いて居れば心足る 石昌子
星冴ゆる窓やワインの杯重ね 吉村容子
木の中でじいーんと泣くか寒北斗 岸本マチ子
木守柿夜は荒星を擁けり 関戸靖子
東京の悪に触れたる冬銀河 新城杏所
梁のどこか爆ぜゐし冬銀河 島青櫻
極上のほくろが創る寒昴 櫂未知子 貴族
樟脳の匂ふ胸より冬銀河 大久保悦子
機関音恋めき遡る冬銀河 平井さち子
母在せば問ひたきものを寒昴 荒木 梢
母恋し逝きし子恋し冬銀河 清水 きよ子
母病むと寒星天に集ふなる 山本歩禅
水に浮くもの透かし見ぬ寒昴 石川桂郎 四温
水仙の夜は荒星のつぶて打ち 岡本眸
永遠と宇宙を信じ冬銀河 高屋窓秋
渓流に雪の荒星なだれたる 野澤節子 遠い橋
漁船出づ頭上煌めく寒北斗 大久保灯志子
火の山の上に消えをり冬銀河 上村占魚 『橡の木』
火の山へ荒星帰る猫の恋 橋本榮治 麦生
火祭に海の荒星なだれたり 猿山木魂
煙突の火の子寒星にまぎれ散る 内藤吐天 鳴海抄
煙突掃除夫が寒星を弾き出す 野中亮介
燈台の遠き燈加へ冬銀河 坂本文子
父の眸は島の荒星夏薊 柴田白葉女 『冬泉』
犀は角見ながら育つ冬銀河 大石雄鬼
犬吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀 秋風挽歌
狼が空に来てゐる冬銀河 石原八束 『仮幻』
玉はじけては集ひけり寒昴 市村究一郎
玻璃越しに寒星も身を震はせつ 相馬遷子 山河
癌病棟夜は凍星にのぞかるゝ 岸風三樓
真夜に見る凍星の大舞踏会 滝青佳
瞑りて凍星ひとつ呼び覚ます 片山由美子 水精
神の馬目覚めんとして冬銀河 佐野典子
空ふかく凍星月を待ちにけり 松村蒼石 寒鶯抄
空澄みて光り増したる冬銀河 中村 仏船
空腹時寒荒星と身が潔し 佐野美智
窓ぬれて寒星下りて来つつあり 柏禎
窯火守る傾ぎて大き冬北斗 日比野里江
立ち止まるとき寒星の無尽蔵 木村敏男
繋りてまたたきてみなわが寒星 千代田葛彦 旅人木
美しき名の船が出る冬銀河 池田琴線女
胸中に布石の一語寒昴 保坂知加子
能登の端を海に出でたる星冴ゆる 中西舗土
自転車を漕ぐ寒星の宙の中 相馬遷子 雪嶺
舟よこげよ億光年の冬銀河 岸本マチ子
荒星と吹かるる河豚の一夜干 片田 千鶴
荒星に宿雪の昏るる猟の径 八束
荒星のいま大寒に入るひかり 相馬遷子 雪嶺
荒星の一塵もなき額の上 山田珠み
荒星の冷え野天湯に女どち 大橋敦子
荒星の匂ひのセロリ齧りたる 夏井いつき
荒星の吹きちぎらるることはなし 宇咲冬男
荒星の掴む近さや初薬師 曽根原幾子
荒星や毛布にくるむサキソフォン 攝津幸彦 鹿々集
荒星や深くは眠れざる男 夏井いつき
荒星や老いたる象のやうな島 夏井いつき
荒星をぶちまけ神楽はじまりぬ 奈良文夫
荒星を風が磨くよ棺づくり 大木あまり 火のいろに
薬喰峡の荒星ともりけり 石野冬青
裏街や天狼ももう春の星 原田喬
誓子逝く荒星煌と冴返り 伊東宏晃
金属のスクスク育つ冬銀河 三浦北曲
銀河茫々荒星ばかりまたたける 福田蓼汀
青貝の櫛買うて出づ寒昴 文挾夫佐恵
面上の星はいのち火冬銀河 井沢正江 晩蝉
鬼舞も照る寒星も昔ぶり 橋本榮治 麦生
黒天にあまる寒星信濃古し 西東三鬼
星冱てて人のこころに溺れけり 松村蒼石

以上
by 575fudemakase | 2014-12-14 00:50 | Trackback | Comments(0)

Radioの例句

Radioの例句

例句を挙げる。

うそ寒きラヂオや麺麭を熱がしけり 石田波郷
うなぎひしめく水音朝のラジオより 豊田晃
はるかよりラジオ体操墓洗ふ 山野宏子
わがラジオ注連のかけあり年暮るゝ 岸風三楼 往来
わが作のラジオ洩る夜の蜆汁 石川桂郎 含羞
キャンプ村ラジオの音の割れてをる 荒瀬光宏(山茶花)
チゴガニのラジオ體操散開し 高澤良一 寒暑
ラジオからあい・らぶ・ゆうと桜時 和田幸司
ラジオから声のもどりしはたたがみ 如月真菜
ラジオのわが声つまずく真昼の青レモン 寺田京子 日の鷹
ラジオよく聞こえ北佐久秋の晴 高浜虚子
ラジオより「ベイルート発」穴惑い 徳弘純 麦のほとり
ラジオよりわが声朝露かがやけり 古賀まり子
ラジオ体操寝惚けまなこで夏休 高澤良一 素抱
ラジオ分解楽しや母は白菜剥ぐ 香西照雄 素心
ラジオ星ロケット星や星月夜 瀧井孝作
ラジオ消し銀漢船に迫りたる 深見けん二
ラジオ聞きながら茶摘女よく笑ふ 高司良恵
ラジオ體操老人にこそ夏休 高澤良一 寒暑
ラヂオつと消され秋風残りけり 星野立子
ラヂオよりわが声朝露かがやけり 古賀まり子 洗 禮
ラヂオより拍手万雷芝枯らす 山口誓子
ラヂオより浅間火噴くと薬喰 村山古郷
ラヂオ今ワインガルトナー黴の宿 星野立子
ラヂオ鳴り籠の小鳥の飛び交し 上野泰 佐介
ラヂオ鳴るやはじきあふかに蔦若葉 碧雲居句集 大谷碧雲居
人日や身の上相談ラジオより 塩川祐子
修司忌を伝へてラヂオ深夜便 岡崎るり子 銀化
元日のニュースすくなくラジオやむ 岸風三楼 往来
円鏡のラジオやせわし年用意 小沢昭一
冬晴のラヂオを放つ牧舎かな 高橋馬相 秋山越
冬菊やラヂオに暮るる日のありて 槻木珠美
凍つる夜のラジオは軍歌もて了る 岸風三楼 往来
初富士へ農家はラヂオかけ放す 田川飛旅子 花文字
利休忌やラヂオ報ずる事きびし 長谷川かな女 雨 月
北風ふく夜ラジオは遺児に唄はする 岸風三楼 往来
北風荒らびラヂオも今はなき真夜と 森川暁水 黴
南風や漁師ら午後のラヂオきく 五十嵐播水 埠頭
古ラジオ棚よりおろし敗戦日 山田ひさし
地下室のダリヤこはれてゐるラヂオ 水木沙羅
声を出すラジオの前の置炬燵 南村健治
夕暮はラジオを叩く父となる 仁平勝 東京物語
外套にくるまつて聞くラジオかな 富田潮児
夜の稲架を組む声家のラジオの声 右城暮石 声と声
嫋々とラジオ歌へり胡麻叩 石田波郷
寒波来とラジオも今日のひと日終ゆ 岸風三楼 往来
寒燈といへどラジオを点すのみ 永井龍男
小さきラジオひとつの小屋の旱かな 石川桂郎 四温
屋上のラジオ体操爽やかに 小原菁々子
山国の稲穂の冷えにラジオ流す 桜井博道 海上
山門にラジオ放送彼岸寺 岸風三楼 往来
巣燕に昼のラヂオが楽送る 中村汀女
恋猫やラジオは風邪を警しめつ 岸風三樓
感度の悪いラジオの時報ねじあやめ 佐藤幸一
手まくらにラヂオ快調蠅うまる 飯田蛇笏 春蘭
持ちのよきラジオより洩れ三番叟 高澤良一 寒暑
携帯ラジオが鳴りだした うろこ雲 うごいている 吉岡禅寺洞
携帯ラジオ腰に鳴らして鮭漁師 加藤憲曠
新雪にやもめ炊爨ラヂオ鳴る 飯田蛇笏 春蘭
日の永しラジオは禿げを話題にし 高澤良一 暮津
春暁のラジオの法話聞くとなく 間嶋茂男
春眠に遠きラジオの唄ひをり 近藤 君
晩涼のいまを惜まむラヂオ消す 篠田悌二郎
暁け寒くラジオきのふの番組ならず 岸風三楼 往来
暁暑しラヂオは顔を逼ひ廻る 石塚友二 方寸虚実
朝桜桂郎しやべり出すラヂオ 石塚友二 光塵
朝焼やラヂオ散りにしひとの名を 中島斌雄
松手入天に携帯ラジオ鳴る 浅野不二美
松手入脚立にラヂオぶらさげて 松本明
桜ちるラジオのなかの空気かな あざ蓉子
梅雨のラジオ早口にしてくだくだし 高澤良一 素抱
梅雨晴や野球知らねばラヂオ消す 及川貞 榧の實
歯車になつた心地で聞くラジオ 相原左義長
水番の小屋のラジオの英会話 荻野鷹生(運河)
油照横ざまに寝て聴くラヂオ 石塚友二 光塵
海霧充ち来ラヂオの尋ね人はじまり 田中北斗
炭を焼く生活の小屋にラジオ鳴る 坪井耿青
父の思想の桜の国のラヂオ商 攝津幸彦
父の日とラジオ時々言ひをりぬ 白岩 三郎
牛乳煮るやラヂオの小鳥朝焼に 石橋秀野
牛小屋にラジオ鳴りをり文化の日 武田忠男
牡蠣飯や霧笛を熄めぬラジオ劇 秋元不死男
甘藷を掘り運ぶラジオを鳴らしづめ 右城暮石 声と声
田を曲る氷同じく朝のラジオ 石川桂郎 含羞
田草取携帯ラジオ腰に提げ 川上和子(青山)
甲高きラジオの時報終戦日 片山由美子 水精
目刺焼くラジオが喋る皆ひとごと 波多野爽波 鋪道の花
種浸すラヂオはげしき磁気嵐 田中哲也
立秋や朝のラヂオに琴鳴りて 菖蒲あや 路 地
篭に鈴ラジオを腰に茸とり 中野信夫
紫陽花や師の音声のラヂオより 石田波郷「風切」
緑蔭やラジオながらも琴もれて 波郷
縞蛭のラジオ體操第二番 高澤良一 寒暑
臍まがりラジオ聴きをり寒日向 高澤良一 暮津
花木槿ラジオ体操ながれおり 松島美佐子
草叢にラジオ響かせ根釣人 高澤良一 素抱
菊畑のラジオが報ず正午かな 鈴木鷹夫 春の門
蕎麦がきやラジオ畢れば頓に更く 日野草城
蛍かごラヂオのそばに灯りけり 滝井折柴(孝作)(1894-1984)
蜂飛べりラジオ雑音となりし昼 長谷川かな女
螢かごラヂオのそばに灯りけり 滝井孝作 浮寝鳥
行年のラジオしづかな楽送る 上村占魚 球磨
路傍のラジオ誰か濁流の闇にいる 徳弘純 レギオン
車窓よりラジオ流して瓜摘花 高澤良一 寒暑
農はじめラジオに電池入れ替へて 松倉ゆずる
遍路鈴ラジオで聞ききつねむりけり 長束範子
邦語ラジオ始まる頃よ毛糸編む 西岡敏子
酒断つて万歳寒きラジオ切る 石川 桂郎
雑音の多きラジオに黄砂降る 山内崇弘
雪告ぐるラヂオの泊り鴨啼く夜 森川暁水 淀
雪降るとラジオが告げている酒場 清水哲男
露けさや朝のラヂオに夫の聲 石田あき子 見舞籠
露寒し縷々とラジオの「尋ねびと」 伊丹三樹彦 人中
颱風の歩を云へるラヂオかな 京極杞陽 くくたち上巻
颱風来ラヂオの前にまぢめなり 滝井孝作 浮寝鳥
馬追や膝冷えそめしラヂオ劇 石田波郷

------------------------------------------------
昭和の俳人のラヂオ ラジオの例句

作者名の表記 ローマ字のものありますが類推し
お読み下さい。重複句はお読み飛ばし下さい。


1. hayasiARUGAMAMA269.txt
初毛布ラジオは石見神楽かな
2. hayasiKOUNEN222.txt
テレビ・ラヂオ消せば秋蝉浄土かな
3. bosekiKUSYUUgai2641.txt
冬晴の屑物店にラジオの声 右城暮石 句集外 昭和三十八年
4. isizukaTOMOJIsyou903.txt
春浅き夜のラヂオの青江三奈 石塚友二 磊[カイ]集
5. isizukaTOMOJIsyou315.txt
油照横ざまに寝て聴くラヂオ 石塚友二 光塵
6. isizukaTOMOJIsyou271.txt
朝櫻桂郎しやべり出すラヂオ 石塚友二 光塵
7. isizukaTOMOJIsyou28.txt
曉暑しラヂオは顔を逼ひ廻る「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
8. ameyamaB358.txt
冬の滝脇のラヂオに笑い声 飴山實 おりいぶ
9. wasitani1234.txt
稲妻やラジオの劇の女死す 鷲谷七菜子 黄炎
10. KISIDAmakeinu497.txt
梅雨のラジオ怒号のあとの童歌 岸田稚魚 負け犬
11. dakotuC1716.txt
手まくらにラヂオ快調蠅うまる 飯田蛇笏 心像
12. dakotuC1354.txt
戦捷のラヂオに春の雪新た 飯田蛇笏 白嶽
13. dakotuC892.txt
新雪にやもめ炊爨ラヂオ鳴る 飯田蛇笏 白嶽
14. kusumotoKENKITI68.txt
駅の別れラジオの歌揺さへ涸れて 楠本憲吉 隠花植物
15. yamadaMIZUE418.txt
耳冷ゆるラジオよりわが国訛 山田みづえ 手甲
16. ameyamaORIIBU358.txt
冬の滝腋のラヂオに笑い声 飴山實 おりいぶ
17. hodounohana278.txt
目刺焼くラジオが喋る皆ひとごと 波多野爽波 鋪道の花
18. oikawateiA730.txt
梅雨晴や野球知らねばラジオ消す 及川貞 夕焼
19. oikawateiA246.txt
梅雨晴や野球知らねばラヂオ消す 及川貞 榧の實
20. uemurasengyoA673.txt
行年のラジオしづかな楽送る 上村占魚 球磨
21. uenoyasusiA250.txt
ラヂオ鳴り籠の小鳥の飛び交し 上野泰 佐介
22. keirouA1243.txt
小さきラジオひとつの小屋の旱かな 石川桂郎 四温
23. keirouA297.txt
わが作のラジオ洩る夜の蜆汁 石川桂郎 含羞
24. keirouA123.txt
田を曲る氷同じく朝のラジオ 石川桂郎 含羞
25. kouzaiA951.txt
ラジオ分解楽しや母は白菜剥ぐ 香西照雄 素心
26. bosekiA493.txt
夜の稲架を組む声家のラジオの声 右城暮石 声と声
27. bosekiA435.txt
甘藷を掘り運ぶラジオを鳴らしづめ 右城暮石 声と声
28. tomojiA606.txt
油照横ざまに寝て聴くラヂオ 石塚友二 光塵
29. tomojiA489.txt
朝桜桂郎しやべり出すラヂオ 石塚友二 光塵
30. tomojiA174.txt
暁暑しラヂオは顔を逼ひ廻る 石塚友二 方寸虚実
31. dakotuA3371.txt
手まくらにラヂオ快調蠅うまる 飯田蛇笏 春蘭
32. dakotuA3086.txt
新雪にやもめ炊爨ラヂオ鳴る 飯田蛇笏 春蘭
33. ONIFUSAyorunogake175.txt
星夜木枯くだらぬ笑ひラジオより
34. TOUSIROUgasyouburaku222.txt
羽蟻ふり峡のラジオは悲歌に似て
35. SOUJYOUsirogane251.txt
ラヂオの除夜正光寺さん生の鐘
36. SOUJYOUsirogane214.txt
三伏や昼の浄瑠璃ラヂオより
37. SOUJYOUsirogane141.txt
更けしラヂオ低くすちちろ虫よりも
38. SOUJYOUsirogane110.txt
静臥時のラヂオ職業案内を
39. SOUJYOUsirogane41.txt
ラヂオ啾々と濁流に人溺る
40. SOUJYOUjinseinogogo305.txt
ラヂオ体操の曲にて指を屈伸す
41. SOUJYOUjinseinogogo115.txt
われひとりきくやラヂオの除夜の鐘
42. SOUJYOUakekure460.txt
ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を
43. SOUJYOUakekure339.txt
臥生活のラヂオを聴けばクリスマス
44. SOUJYOUakekure195.txt
つきしろや遠きラヂオのユモレスク
45. SOUJYOUakekure183.txt
遠ラヂオ晩夏の曲に憶えあり
46. SOUJYOUtentetusyu322.txt
颱風来ラヂオは真夜も言うてゐる
47. SOUJYOUtentetusyu162.txt
部屋白くラヂオ颱風警報を
48. SOUJYOUkinounohana737.txt
蕎麦がきやラヂオ畢ればとみに更く
49. KOKYOUsaikyou171.txt
横綱敗るラヂオ大音に蕗煮てをり
50. KOKYOUjyougasima43.txt
春大雪の宵東京のラヂオ聞く
51. KOKYOUkakuremino277.txt
初ラヂオより越天楽溢れそむ
52. MITUHASITOSIOaononaka90.txt
道暗しラジオの軍歌掠め帰る
53. HIDENOzen304.txt
夜の雪やむかしの唄のラヂオより
54. HIDENOzen156.txt
牛乳煮るやラヂオの小鳥朝焼に
55. SUJYUzensyuuHAIKUhen2920.txt
朝涼し日本のラヂオ少し聞く
56. SUGITAhisajyo866.txt
如月の雲厳めしくラヂオ塔
57. GENYOSIrodannokubi457.txt
ラジオ止めば湯のたぎりゐて秋深き
58. ITAMIMIKIHIKOhanasennin559.txt
薔薇園の 渦中に ラジオの小函置く
59. ITAMIMIKIHIKOjyukan420.txt
[プラハは]「銃声は」とラジオ呼びかけ ホテルに
60. ITAMIMIKIHIKOrinjinASIAN63.txt
ラジオだけの夜長 裸灯に紺衣吊り
61. ITAMIMIKIHIKOhitonaka910.txt
ラジオより濁声政治原爆忌
62. ITAMIMIKIHIKOhitonaka371.txt
露寒し縷々とラジオの「尋ねびと」
63. ITAMIMIKIHIKOhotokegoi31.txt
夜の船室ラジオ潮騒より低き
64. SANKIyorunomomo42.txt
朝の飢ラヂオの琴の絶えしより
65. TOUTAsyounen300.txt
泣声多きラジオ真暗な河流れ
66. SEITOUryokaku17.txt
大銀河誰かラヂオを衰へさす
67. FUJIOhoitu41.txt
柵くぐる薔薇やラヂオの尋ね人
68. KUSATAOjiki14.txt
冬の噴水携帯ラジオに携帯され
69. KUSATAObokyoukou58.txt
朴咲く山家ラヂオ平地の声をして
70. KUSATAOhinosima93.txt
凍金魚ラヂオの声に息吹あり
71. KUSATAOhinosima94.txt
ラヂオの銃声看板さむく相対す
72. KUSATAOhinosima49.txt
親雀仔雀ラヂオ軍歌ばかり
73. SYUUSONdotou202.txt
わが声を出すラジオ提げ汗しをり
74. TATUKOkunikkiiti111.txt
ラヂオいふ今日小正月目が覚めし
75. TATUKOmisyou54.txt
ラヂオつと消され秋風残りけり
76. TATUKOzokukusyuuiti83.txt
お茶の間やラヂオの上の鏡餅
77. TATUKOkusyuu148.txt
ラヂオ今ワインガルトナー黴の宿
78. TEIJYOkusyuu78.txt
巣燕に昼のラヂオが楽送る
79. MIZUHARAsyuuousizen304.txt
春の雁街のラヂオをききをれば 秋苑
80. SEISIwafuku554.txt
ラヂオより拍手万雷芝枯らす
81. SEISIwafuku521.txt
炭の尉日本のラヂオ声をさむ
82. SEISIsitiyou429.txt
炉を開きぬラジオ鬱声家にこもり
83. SEISIsitiyou236.txt
花圃に聴きちかづく家に聴くラジオ
84. SEISIseijyo345.txt
海の寓寒しラジオにもの云はせよ
85. SEISIgekirou78.txt
麦秋やラジオの燈昼ながら
86. SEISIgekirou529.txt
秋の夜のラジオの長き黙つづく
87. SEISIgekirou589.txt
月明に楽出でゆきてラジオやむ
88. SEISIgekirou590.txt
月光をラジオの楽の溯る
89. SEISIgekirou592.txt
月明に楽音曳いてラジオ去る
90. SEISIgekirou164.txt
青簾捲けばラジオは夜に向ふ
91. SEISIentyuu67.txt
ラヂオ燈り夏の白昼声を絶え
92. SEISIensei932.txt
ラジオ終ふ木枯もまた閲として
93. SEISIensei903.txt
ラジオのあと厨いよいよ寒冷に
94. SEISIensei460.txt
蚊に刺さるラジオ聴かざる宵にして
95. SEISIensei279.txt
ラジオより楽を植田へ惜しみなく
96. SEISIensei293.txt
蚊帳に入るこよひのラジオとも別れ
97. SEISIensei126.txt
残る雪ラジオの楽のみな消ゆる
98. SATOUyonogake174.txt
星夜木枯くだらぬ笑ひラジオより
99. GETUPAKU529.txt
虹昇るラジオ名曲伴ひて 月魄集 距和五十七年
100. SETUKA258.txt
赤き柿経し名曲でラジオ充たす 雪華 昭和三十六年
101. FUKAMI85.txt
ラジオ消し銀漢船に迫りたる 深見けん二

以上
by 575fudemakase | 2014-04-21 08:46 | Trackback | Comments(0)

iPadの文字入力能力

iPadの文字入力能力

丁度今下記の一文(タブレット端末は“文房具”になるか)を読み終わったところである。当方も最近iPadを使ってブログ等を書き始めた。そこで気のついたことを書いておく。先ずiPadのカナローマ字変換だが、ここが弱い。パソコンでは例えばAtokではユーザーズ辞書というのがあって例えば 、俳句関連で言えば、難しい漢字を含む季語とか 読みづらい俳人の姓名とかを事前に簡略名で定義登録しておいてカナローマ字変換をスムースにするのがよいが これをバッチ(一括処理)でやる機能がiPadにはない。
わたしの経験では俳句関連文の入力には二千~三千語のユザーズ辞書があればかなりスムーズな文字入力が期待できよう。カナローマ字変換を補助するアプリを探したら有料(300円)で一つあったがこれは上記の目的を満たすものではなかった。


^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^^_^

タブレット端末は“文房具”になるか
2013/12/04 05:00
田中 直樹=日経エレクトロニクス


 私事で恐縮ですが、タブレット端末を使い始めて約半年がたちました。妻が誕生日にプレゼントしてくれたのをきっかけに使い始めたのですが、想像以上に便利だと感じています。毎日持ち歩いて、家の中でも、会社の中でも、移動中でも使っています。

 主に使っているのは、Webサイトの閲覧です。検索して調べ物をしたり、ニュースを見たり、メールやスケジュールを確認したり、取材先への行き方を調べたり。その他にも、クラウド上にアップロードした写真を見たり、YouTubeの動画を見たり、ダウンロードした映画を楽しんだり――。インターネット上の情報の閲覧ツールとしては「決定版ではないか」と思えるほど、タブレット端末は重宝しています。

 タブレット端末で文字を入力するのは面倒ではないかと思っていたのですが、想像していたほど不便には感じていません。スマートフォンでの入力に慣れていたためかもしれません。タブレット端末はスマートフォンに比べてソフトウエア・キーボードのサイズも大きく、ずっと入力しやすく感じます。メールの返信、スケジュールの入力、SNSへの投稿、簡単なメモの作成などに、毎日のようにタブレット端末を使っています。先日ある取材で聞いたのですが、今の大学生は高価なパソコンを持たずに、タブレット端末で済ませている人が多いそうです。

 それでも筆者は、タブレット端末と一緒に、ノート・パソコンと紙のノートを持ち歩いています。タブレット端末では不便だと感じる用途があるからです。ノート・パソコンを持ち歩く理由の一つは、タブレット端末では会社内のネットワークにVPN(virtual private network)接続できないことなのですが、これはやや特殊な話なので脇に置いておきます。

 タブレット端末よりもパソコンの方が便利だと感じるのは、長めの文章を書くときです。この程度の長さでも、私にとってはパソコンの方が書きやすいので、今もパソコンでこの文章を書いています。特にコピー&ペーストの機能を使って文章を編集するときは、パソコンの方がタブレット端末よりも操作しやすいと感じます。

 紙のノートが便利だと感じるのは、絵や図形を描くときです。取材では、簡単な絵や図形を書いて取材先の方に見せながら話の内容を確認したり、ペンとノートを取材先の方に渡して説明のために簡単な絵を書いたりしてもらうことがよくあります。タッチ・パネルへの指入力を前提にする多くのタブレット端末では、入力の空間解像度が低いため、かなり粗い絵や図形しか書くことができません。

 現在筆者が進めているタッチ・パネル技術の取材でお会いした、触覚インタフェースの専門家である電気通信大学 准教授の梶本裕之氏は、タブレット端末が手軽に長文を書いたり絵や図形を描いたりできる機器になったら、それは「情報閲覧ツールから文房具になったことを意味する」と説明してくれました。(現在取材中のタッチ・パネル技術の解説記事は年明け早々に掲載予定です。ご期待ください)

 タブレット端末は文房具に進化するのか。それとも情報閲覧ツールとしての利便性向上が進む一方で、パソコンや紙のノートとの役割分担が続くのか。筆者は携帯する端末の数を減らしたいと思っているので、できればタブレット端末が文房具になってくれるとありがたい。今後の技術進化が楽しみです。


以上
by 575fudemakase | 2013-12-06 08:14 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング