カテゴリ:冬の季語( 1195 )

冬の日(その2)

冬の日(その2)

冬の日 冬日 冬日向 冬日影 の例句
(俳句例句DBより)




天の冬日烈風の富士に炎え熄まず 渡邊水巴 富士
天窓をこぼるる冬日猫の皿 細川加賀 『傷痕』
妻の命は冬日を胸に戴するなり 齋藤玄 『玄』
妻を見る冬日さらさら森澄雄 寺田京子 日の鷹
姉弟の遺稿冬日に重ねおく 宇多喜代子 象
子を褒むる言葉匂はす冬日の卓 林翔 和紙
子乞食に冬日あつめてドウムの扉 竹下しづの女 [はやて]
子供ゐて人形寺の冬日かな 細川加賀 生身魂
子育ての時間冬日の射す時間 中山純子 沙羅
孕みつつ枳殻の少しの冬日を惜むぞ 梅林句屑 喜谷六花
安兵衛の鎖じゆばんの冬日かな 小島千架子
家を去る柩のはやき冬日かな 飯田蛇笏
家族ゐぬとき冬日の忍び寄る 百合山羽公 故園
富士茜真紅の冬日しづみければ 篠原梵 雨
寝返れど半身いつも冬日享く 篠原梵 雨
寡黙な鉄材身の錆び冬日の黄より濃し 磯貝碧蹄館 握手
寸織つて冬日を逃がす結城機 石川桂郎
寺の畑冬日さらさらさらさらと 岸田稚魚
寺町や瓦に触れて冬日あり 殿村莵絲子 雨 月
封筒の中の冬日のただ遠く 山西雅子
屈葬の過去も冬日を母として 有馬朗人 母国
屋根石の一つを冬日ゐざりそむ 森田峠
山の端にころがる冬日忌を修す 岸田稚魚 筍流し
山取れて墓あらはなる冬日かな 青木重行
山坂や冬日は秀野亡き後も 清水基吉 寒蕭々
山川の冬日を流すところあり 北垣宵一
山登る常に眉間にある冬日 福田蓼汀 山火
山肌の濃紫なる冬日かな 『定本石橋秀野句文集』
山茶花の紅を逃げたる冬日かな 阿部みどり女
山藤の蔓はね上がる冬日かな 岸本尚毅 選集「氷」
山門をつき抜けてゐる冬日かな 高濱年尾 年尾句集
山頂の松一本に冬日あり 高木晴子 晴居
岩山に冬日的*れき友の婚 木村蕪城 寒泉
岬に来て芭蕉と同じ冬日の下 原田喬
峡移る冬日墓域を取り遺し 河野南畦 湖の森
川波や冬日あたれる家の下 佐野良太 樫
工場の塀の冬日に沿うて住む 石橋辰之助
左眼閉づれば右眼の冬日忽と消ゆ 安住敦
師よりの金妻よりの金冬日満つ 石田波郷
常盤木の葉のてらてらと冬日かな 飯田蛇笏 山廬集
帽子の中の冬日や人に逢ひ度くて 内藤吐天 鳴海抄
年輪と冬日を杣が会はせけり 都筑智子
幹太く冬日は左右にある如し 戸川稲村
広前は石も犇めく冬日かな 久米正雄 返り花
庭石に斑にさせば冬日かな 久保田万太郎 流寓抄
庵さびれゆくにつけても冬日艶 高木晴子
廟の扉を開けば冬日流れ入る 五十嵐播水 埠頭
弟つれ髪刈つてきて冬日の中 古沢太穂 古沢太穂句集
影よりも淡きわれ行く冬日かな 土橋たかを
影落して木精あそベる冬日かな 渡辺水巴 白日
彼の森の名はなに三輪の冬日落つ 高木晴子 花 季
御仏の蒲団は薄き冬日かな 阿部次郎
悔ゆる身を忘ぜんとする冬日かな 飯田蛇笏 雪峡
悲しめば我れに冬日のいと親し 高橋淡路女 梶の葉
愛銃を冬日あかるき木にもたせ 百合山羽公 故園
我が庭や冬日健康冬木健康 高浜虚子
我に大きく冬日の電車とまりけり 島村元句集
手のひらに載せる冬日や北の国 北光星
手品師の手の鉄の輪にさす冬日 皆吉司
手漉紙丹念に積む冬日溜め 柴田白葉女
打ち減りし魚板の腹や冬日さす 大谷句佛 我は我
投函へ冬日ぬくめる肩たぬし 原田種茅 径
抜きん出て冬日を峨々と荒削り 加藤耕子
抱き上げて冬日のにほふ子供かな 中島斌雄(たけお)(1908-88)
拍手の二つひゞきし冬日かな 高野素十
指先の冬日逃げゆく嵯峨野径 谷口桂子
教官を囲みて叉銃のみに輝やかな冬日 シヤツと雑草 栗林一石路
斑鳩の鴟尾に小さな冬日落つ 角川春樹 夢殿
方寸亭二階の冬日あたたかし 鈴木しげを
旅景色描くパレット冬日溜め 脇田絹子
旅果ての灘をけぶらす冬日あり 高瀬哲夫
旗のごとくなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
日時計に針なく冬日移ろふや 下村ひろし 西陲集
昼過ぎてやや頼もしき冬日かな 岩田由美
智恵の輪にさしこんでをる冬日かな 京極杞陽
暖き冬日あり甘き空気あり 高浜虚子
暖流の魚族の階に冬日届く 中戸川朝人
暮天の冬日掴み来たれよかじかむ子 細谷源二 砂金帯
書庫の塵冬日親しくなりにけり 飯田蛇笏 椿花集
朝雀冬日はさやの出雲ぶり 清水基吉 寒蕭々
木に草に冬日の影を風あそぶ 加藤耕子
束の間に冬日逃がせし古机 小林康治 『虚實』
松のあひだに鎌倉はある冬日かな 長谷川かな女 雨 月
松の間の冬日に黒き松江城 高木晴子 花 季
松山に無人の冬日なまめきて 飯田龍太
枇杷の樹によき小禽来る冬日かな 江戸庵句集 籾山庭後
枝に透いて鳥かげ迅き冬日かな 室生犀星
枯葉払つて竹の高さの冬日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
柏槇の岬の冬日賜ふ句碑 阿部みどり女
柚子冬日父の白眉開くかに 宇佐美魚目 秋収冬蔵
柱に透いて鳥かげ迅き冬日かな 室生犀星 魚眠洞發句集
校の冬日にうずくまる児よ腹へるか 赤城さかえ句集
校塔の冬日はうすれ青春失せ 岩田昌寿 地の塩
根方まで冬日が当り気さくな木 高澤良一 ももすずめ
桐の木にありし冬日の失せにけり 加倉井秋を
桐の木の冬日と睦みゐる上枝 高澤良一 燕音
桐畑の冬日に透けて死後の顔 宇佐美魚目 秋収冬蔵
桑も戦列冬日くわしき枝をあげて 赤城さかえ句集
梅林の冬日素通しなる明るさ 細見綾子 黄 瀬
棕櫚の辺の冬日の欄干港町 木村蕪城 寒泉
椅子に在り冬日は燃えて近づき来 松本たかし
椋鳥がかこめばくるふ冬日かな 加藤楸邨
楼門の中に冬日の山なだらか 遠藤梧逸
歳月に減りし漉桁冬日に干す 成瀬桜桃子 風色
死ぬ日までわが世終らず身の冬日 稲垣きくの 黄 瀬
死の寸前冬日の中まで見えるかも知れぬ 細谷源二
死や生や冬日のベルト止むときなし 加藤楸邨
母の忌のこの日の冬日なつかしむ 高野素十
母の背を蹴って冬日へ泣きあげる 川口重美
母の衣たたむ冬日に母を撫づるごと 野澤節子 黄 瀬
母よ母よ冬日に繭のごと眠り 橋本榮治 麦生
母恩恋ふ訃の一枝に冬日集め 岩田昌寿 地の塩
母老いしや冬日に浮ぶ峠あり 村越化石
水に泛く冬日掌にとるやうに死後 長谷川双魚 風形
水上は冬日たまりて暖かし 前田普羅 飛騨紬
水口の止板にある冬日かな 岡井省二
氷挽ききつていきれる冬日の鋸 古沢太穂 古沢太穂句集
汐木拾へば磯べに冬日したゝれり 原 石鼎
汐汲みの汐こぼしゆく冬日かな 鈴木真砂女 生簀籠
河原冬日子より眠しや子守歌 古沢太穂 古沢太穂句集
油垢しむ櫛筥に冬日かな 飯田蛇笏 山廬集
沼底にわれを居竦め青冬日 羽部洞然
沼底に沈みて小き冬日かな 比叡 野村泊月
波郷忌や安房の冬日をふところに 椎橋清翠
泣く眼と笑う眼ともに冬日をくちやくちやに 細谷源二
浜松の中の冬日に庵せる 高濱年尾 年尾句集
浪の背にのる舟冬日燦として 柴田白葉女 遠い橋
海へ人を送つてしまつた冬日の卓 シヤツと雑草 栗林一石路
消えたがる冬日掴んで仏手柑 町田しげき
涙腺をもたぬ木馬に冬日が射す 磯貝碧蹄館 握手
淡々と冬日は波を渡りけり 稲畑汀子
温室仕事冬日二つを戴きつ 羽部洞然
滑る冬日群集の中の声追いゆき 寺田京子 日の鷹
滴る冬日血を弾ませて濯ぐ妻に 磯貝碧蹄館 握手
火山灰散つてくるおほぞらの冬日かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
火舎纏く冬日へ火舎の天人笑みこぼす 磯貝碧蹄館 握手
煙突の煙にかげる冬日かな 松藤夏山 夏山句集
燈籠の笠の冬日がまづ消ゆる 阿部みどり女
燦然と大名竹に冬日かな 松藤夏山 夏山句集
父が正坐なしゐて冬日さびしくす 寺田京子
父の死顔そこを冬日の白レグホン 森澄雄 花眼
父を待つ杣の子に椎の冬日消ゆ 石島雉子郎
犬赤し冬日が洩れて馳け出す 岩田昌寿 地の塩
狼葬の草原にある冬日かな 島田 柊
猿のつら皆枯れてある冬日かな 野村喜舟
獄出でしや曇り日一点の冬日ほのか 古沢太穂 古沢太穂句集
獅子像を過ぎて城見ゆ冬日かな 宮武寒々 朱卓
玉階の高きところに冬日かな 遠藤梧逸
玲瓏たる冬日秘仏に焦がれ逢ふ 稲垣きくの 黄 瀬
玻璃を透く冬日の中にゐる懈さ 高澤良一 寒暑
珠のごと生まれ冬日の寵を受く 伊東宏晃
球根を埋めて冬日を均しけり 清水忠彦
環濠を屈曲したる冬日かな 島田一耕史
生徒騒がせ冬日の心燃えずをり 林翔 和紙
生涯を冬日のごとく幾つまづき 西本一都 景色
田のへりに藁ばかま洒れ冬日かな 原石鼎 花影以後
田鶴舞ふや眩し冬日を端山にし 森川暁水 淀
留守居して夕影になる冬日かな 小澤碧童 碧童句集
病得し身にあたたかき冬日あり 藤松遊子
瘤欅すんなり欅冬日浴ぶ 高澤良一 ぱらりとせ
癌きらふ如くに冬日すぐかげり 菖蒲あや 路 地
白といふさびしさ冬日の下着売 岡本眸
白墨の埃冬日の窓開くる 波多野爽波 鋪道の花
白焔の縁の緑や冬日燃ゆ 松本たかし
白粥の老人冬日たゆたひて 松村蒼石 雪
白銀の重き冬日が山にありぬ 岡田日郎
百合根煮て冬日のごとき妻たらむ 石田あき子 見舞籠
百花園冬日衰へゆきにけり 上野泰 春潮
目つむればまぶたにぬくき冬日かな 中村汀女
目を押へたるハンカチに冬日かな 細川加賀 生身魂
眠る岩立ちあがる岩冬日濃し 細川加賀
眼白頬白一つ籠なる冬日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
石の相時にやさしく冬日濃し 星野瞳
石臼も父の匂ひよ冬日みち 古賀まり子 降誕歌
石階を踏みて冬日に近づきぬ 後藤夜半 底紅
砂雪隠螢光色に冬日溜め 殿村莵絲子 遠い橋
稲干のもも手はたらく冬日かな 立花北枝
空を航く冬日に顔の彫ふかめて 横山白虹
空港の青き冬日に人あゆむ 西東三鬼
空溝に冬日とゞまることしばし 石橋辰之助
竹むらに冬日こん~とさす一村 乙字俳句集 大須賀乙字
竹垣よごれたちから~な冬日の惜しぞ 小澤碧童 碧童句集
笹にさす冬日いみじき喪にありぬ 藤木清子
節穴の冬日玉なす酒母に射す 桂樟蹊子
簀の葭の一すぢ一すぢ冬日沁む 林翔 和紙
米俵金となりゆく冬日閑 瀧春一 菜園
糞る犬のすまなさうなる貌に冬日 高澤良一 宿好
純白な鶏に冬日がまはり来る 阿部みどり女
紙芝居冬日しばらくとどまれり 北見さとる
紙芝居抽斗に冬日蔵ひこむ 鈴木貞雄
編笠に須臾の冬日の燃えにけり 『定本石橋秀野句文集』
緻密な冬日刷毛が地にありのまゝに 磯貝碧蹄館 握手
縁はなし冬日珠なす晩年など 安住敦
繃帯とれば冬日に足のかたちかな 龍胆 長谷川かな女
翔けるものなく天城嶺の冬日かな 五所平之助
翔ぶものを許す冬日の大菩薩 飯田龍太
耳病めば冬日かゞやきわたるかな 右城暮石 声と声
職を追ふ呆け赤靴冬日沁む 小林康治 玄霜
腰下ろせよと冬日の石のひとつひとつ 上野さち子
臼立てゝ挽かでしまひし冬日かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
舵輪廻す一段高く冬日享け 津田清子
船よせて漁る岸の冬日かな 飯田蛇笏 山廬集
船腹に冬日とびつく朝の航 上田日差子
芝のやさしさは冬日が来てきめる 後藤比奈夫 花匂ひ
芝原の石の影ある冬日かな 野村喜舟 小石川
花のひらくごとく冬日の射しにけり 瀧春一
苦虫の遺影に冬日届きけり 嶋田麻紀
茶の花に煤来てかげる冬日かな 島村元句集
草に消ゆる囚屋の外の冬日かな 雑草 長谷川零餘子
荷をおろす漁婦の肩いま冬日乗る 中山純子 沙羅
落葉松に没る傷まみれなる冬日 福永耕二
著けたまふ淡き冬日の色のもの 相生垣瓜人 微茫集
葛城路まゆごもりせる冬日かな 伊藤敬子
葛根掘るうしろ冬日の沈む海 清川とみ子
葬の前の物争ひや冬日落つ 石島雉子郎
蕪村忌や山ふところの冬日濃し 中田余瓶
薄き冬日枯木の瘤に集中す 菖蒲あや 路 地
薬塗るやうに冬日を背に当つる 岡本眸
藍生きて冬日の布に染み憑きぬ 柴田白葉女 遠い橋
藪の端を染むる冬日の仄かにも 飯田蛇笏 椿花集
虎臥城をはづれんとする冬日かな 京極杞陽
虚子育てたる予の国の冬日かな 上崎暮潮
蛇百頭百舌冬日嘗めてをり 松山足羽
蜂死して机上の冬日おとろへず 内藤吐天 鳴海抄
蜘蛛歩く冬日の呉れし力だけ 中戸川朝人
街はろか冬日落ち込むところあり 小畑一天
裳の過ぎて瓦斯火片消ゆ冬日かな 宮武寒々 朱卓
襟白く坐して冬日を浄らにす 柴田白葉女
見下してゐる間に冬日移る街 波多野爽波 鋪道の花
角を磨ぐ牛木隠れに冬日かな 乙字俳句集 大須賀乙字
詣で去る維摩の像に冬日かな 雑草 長谷川零餘子
誇らかに牛を撫でをり冬日の中 永田耕一郎 氷紋
豚どもは言葉あるごと冬日押す 桜井博道 海上
象には象の冬日ことりとある寝部屋 栗林千津
貝掘りやほぐれ波くる潟冬日 冬葉第一句集 吉田冬葉
貴重な冬日雑役夫の手がクレーン撫でて 磯貝碧蹄館 握手
賞与の額冬日はいつも斜から 北野民夫
赤松に冬日押し照る豪徳寺 高澤良一 宿好
足柄古道よぎる蜥蜴の貌に冬日 高澤良一 ももすずめ
足湿る冬日の巨象昭和逝く 柴崎左田男
路地路地に冬日が低し海の街 金箱戈止夫
追分の冬日溜めゐる路傍の石 長谷川かな女 花寂び
逃げ足といふが冬日にありにけり 粟津松彩子
通天の庇に冬日ありや無しや 後藤夜半
造船所砦のごとし冬日西 五十嵐播水 埠頭
遅起きの冬日が逃げてゐる芽鉢 林原耒井 蜩
遊ぶごと冬日の今の在りどころ 殿村莵絲子
道の辺や冬日にぬくむ塚の膚 小林康治 玄霜
道元元(もと)元(もと)冬日親鸞も亦また 永田耕衣 人生
道曲りはたと冬日に包まれて 千原叡子
道草の子の背に冬日落ちにけり 谷口桂子
遠くより見守るごとく冬日あり 遠藤睦子
遠く斑ら牛はつきり見えるそれだけの景色冬日の村 安斎櫻[カイ]子
那須五峰冬日に黒さつらねけり 渡邊水巴 富士
都心やや離れ冬日の塀洗ふ 木村蕪城 寒泉
野の冬日恋ひて逃避のこころ湧く 瀧春一 菜園
野の冬日貞任橋の上に燃ゆ 田村了咲
野を貫く郵吏貨幣以上の冬日の円 磯貝碧蹄館 握手
野鳩来る冬日の磨く句碑の上 長谷川かな女 花 季
金色を冬日はぐくみゐたりけり 松崎鉄之介
金輪際牛の笑はぬ冬日かな 飯田蛇笏
金魚田に冬日みごもり海の音(芭蕉のやどりし佐屋の渡(愛知県)は桑名行の舟だまりなりしが蒼海すでに陸と変じぬ) 角川源義 『神々の宴』
鉄を下し冬日の馬に水やりいる 古沢太穂 古沢太穂句集
鉈の刃をむけて冬日の光りけり 百合山羽公 故園
銀献納冬日が凍るいとまなし 萩原麦草 麦嵐
銅版画冬日堕ちゆき混み合う鳥 中島斌雄
鋏研ぐ老の背にある冬日かな 今泉貞鳳
鍵かけるうしろに冬日来てゐたり 谷口桂子
鎌倉の谷戸の冬日を恋ひ歩く 星野立子
鏡かけ派手に冬日の燃えつづく 柴田白葉女 遠い橋
門に消え門前の欅に冬日かな 石島雉子郎
防毒マスク路次駆け冬日呆けたり 岸風三楼 往来
陸橋の風のむかうにある冬日 富澤赤黄男
隠れ岩冬日もつとも永かりき 齋藤玄 飛雪
雨戸引く顔にあたりし冬日かな 阿部みどり女
雨雲のどこかを渡りゐる冬日 塙告冬
雲にのる冬日をみたり仏山忌 飯田蛇笏 山廬集
雲を叱る神あらん冬日夕磨ぎに 河東碧梧桐
雲厚く大川ンに乗る冬日かな 松村蒼石 寒鶯抄
電車すぎ大き冬日が河に没る 柴田白葉女
青冬日めがけ火の山駈く砂塵 羽部洞然
靡かずに歪む冬日となりにけり 中田剛 珠樹以後
靴磨く街の冬日は肩に消ゆ 西島麥南
靴紐を結ぶ冬日を手ではじき 高橋沐石
顔に来る冬日に甘えつゝ歩く 嶋田摩耶子
飛騨の山冬日とわれが今日は越ゆ 岡田日郎
食器重く座せば冬日は分裂す 岩田昌寿 地の塩
飢餓の手の習作冬日蕊ながし 宇佐美魚目 秋収冬蔵
首まで掘り土工の冬日すでに落つ 古館曹人
骨屑のごとき冬日や黒怒濤 齋藤玄 『狩眼』
髭焦げし猫がをるなり冬日宿 冬葉第一句集 吉田冬葉
魂しづむ冬日の墓地を通るかな 飯田蛇笏 雪峡
鯛寄るや千尋の底にさす冬日 白水郎句集 大場白水郎
鯨肉揚ぐ影が鯨肉に冬日かな 小原菁々子
鳥唄ふ冬日に深き愁ひとは 阿部みどり女
鴈やふたかみ山に冬日落つ 角川春樹 夢殿
鴉行く沖の冬日の覚えかな 齋藤玄 飛雪
鵜の群の栖み枯らす松の冬日かな 大場白水郎 散木集
鵜は舟に鴉は山に冬日かな 飯田蛇笏 霊芝
鶴摶てば冬日カラカラ壊れけり 富澤赤黄男
鶸わたる冬日の下はひろかりき 高橋馬相 秋山越
鷹とんで冬日あまぬし竜ケ嶽 前田普羅 新訂普羅句集
鸚鵡飼ふめしひにぬくき冬日かな 石原舟月 山鵲
鹽買ふや紫がかる冬日暮 細見綾子
鹿の中鹿ひた急ぐ冬日かな 岸田稚魚(1918-88)
麦畑の起き伏し冬日わたるなり 瀧春一 菜園
黄檗の冬日しんかんたる石廊 加藤楸邨
すっぽりと湯町の入る冬日向 高澤良一 鳩信
つぶやきの子の英単語冬日向 島田高志
どんぐりを拾へば根あり冬日向 藺草慶子
ひとのことばかり知りをり冬日向 石原舟月
ランチ見本覗く老人冬日向 嶋田麻紀
一人子のおもちやで遊ぶ冬日向 山根きぬえ
冬日向なり崖の縞模様 中田剛 珠樹以後
冬日向ふるさとの山近づいて 藍原弘和
冬日向ガス検針夫よぎりけり 森重昭
冬日向力の抜けてゆく楽し 高木晴子 花 季
冬日向向きを替へては達磨干す 吉田鈴子
冬日向夫の庭師の高梯子 蕪木啓子
冬日向女やさしく牛を出す 瀧澤伊代次
冬日向待ち針といふ名もやさし 矢島房利
冬日向渡り歩いて病院へ 高澤良一 宿好
冬日向犬のおほきな耳を愛す 大野林火
冬日向足音いづこにもあらず 飯田龍太
冬日向跛あゆめり羽摶つごと 小林康治 玄霜
土は土に隠れて深し冬日向 三橋敏雄
子の後を烏が歩く冬日向 石川桂郎 含羞
影とんでまり飛んで来し冬日向 千原叡子
我と云ふ友もありけり冬日向 水島稔
時々は話にまじり冬日向 高木晴子 晴居
段取りをさらってをりぬ冬日向 高澤良一 素抱
海鳴りのもみくだきをり冬日向 平井照敏 天上大風
灌木の上なる顔が冬日向 鳥居おさむ
父を待つ銀座の角の冬日向 伊藤いと子
父母あらず到るところに冬日向 沼尻巳津子
痩身の冬日向恋ふことしきり 高木晴子 花 季
石段は水塚の高さ冬日向 落合水尾
穴あらば落ちて遊ばん冬日向 中尾寿美子
竹の葉や近くは黒し冬日向 滝井孝作 浮寝鳥
納め繭より蛾の生れゐて冬日向 伊藤いと子
谷の冬日向日向に墓据ゑて 鷲谷七菜子 花寂び
遺書父になし母になし冬日向 飯田龍太 忘音
金の事思ふてゐるや冬日向 籾山庭後
鶏犬われ眼つむるによき冬日向 村越化石 山國抄
からまつの散りて影なし冬日影 前田普羅 飛騨紬
さらばうて蟷螂めくよ冬日影 永井龍男
とがりたる肩診てあれば冬日影 横山白虹
むざ~と七百の墓冬日影 斎藤空華 空華句集
人の子を抱いて句作る冬日影 西島麦南 人音
冬日影うつろひ易き軒端かな 青峰集 島田青峰
冬日影人の生死にかかはらず 飯田蛇笏 椿花集
冬日影楮沈めし水おほふ 篠原梵 雨
冬日影耳にとまりて暖かし 前田普羅
大寺の柱を塗るや冬日影 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
大庫裏の砂や木の葉や冬日影 寒烟(かんえん)喜谷六花、内田易川編
天一物も与ふなきこの冬日影 飯田蛇笏 椿花集
玉砂利や塵ひとつなき冬日影 石川桂郎 高蘆
碧潭をうつせし水に冬日影 右城暮石
結ひかへて髪気に入らず冬日影 雑草 長谷川零餘子
絨毯のあしおと吸うて冬日影 飯田蛇笏 春蘭
風落つる枯藪高し冬日影 芥川龍之介 我鬼句抄
髭剃つて顔晏如たり冬日影 飯田蛇笏 霊芝
冬入日屯の炊煙透きとほし 永井龍男
冬入日松の根崖にとりすがり 林翔 和紙
冬朝日のてりこどものこゝろ一ぱいににはとり 中塚一碧樓
冬没日あかるき土は子を集め 大井雅人
冬没日まざと人ゐる地のくらさ 柴田白葉女 花寂び 以後
冬没日まぶしおのれのたかさなる 川島彷徨子 榛の木
冬没日玻璃の汚れにとどまりぬ 堤高嶺
冬没日瑪瑙の中に富士は凍て 永井龍男
炭田に赤馬彳てり冬没日 三谷昭 獣身
飛機墜ちる遙けきものに冬没日 対馬康子 吾亦紅



以上
by 575fudemakase | 2013-12-08 08:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の日(その1)

冬の日(その1)

冬の日 冬日 冬日向 冬日影 の例句
(俳句例句DBより)


この草をわが草として冬の日のうすくなるまで横はるなり 土屋文明
たゝかひのまなかの冬の日と仰ぐ 高橋馬相 秋山越
つつしみ繰る平家の系図冬の日に 杉本寛
どすんと冬の日が暮れ一人の獄は一人なり 橋本夢道 無礼なる妻
ふるき帽いただき冬の日にちかく 細谷源二 鐵
まな鶴も短き冬の日あし哉 也有 (真鶴ケ崎)
ハンモックの吾子冬の日が桐の木に 中山純子 沙羅
一軒のために冬の日ある如し 山中みね子
全身が書に飢えて冬の日は海となる 橋本夢道 無禮なる妻抄
冬の日 青い魚が せわしく買われて暮れた 吉岡禅寺洞
冬の日が墓墓の影を天に吊る 下村槐太 天涯
冬の日が羞らひともる児の耳に 林翔 和紙
冬の日が風にゆらゆら骨納め 細川加賀
冬の日が鷺を舞はせて充ちてをり 高橋馬相 秋山越
冬の日とわれと消ぬべき一呼吸 齋藤玄 『雁道』
冬の日と余生の息とさしちがふ 齋藤玄 『雁道』
冬の日にのけぞる檻の羆かな 太田鴻村 穂国
冬の日に埴輪掘りたる人死ぬか 萩原麦草 麦嵐
冬の日に焼けて今年の猟終る 甲斐 謙次郎
冬の日に透けてウツボの天日干し 高澤良一 随笑
冬の日に釦をかがる卒寿かな 阿部みどり女 月下美人
冬の日に駱駝の鼻先白っぽく 高澤良一 鳩信
冬の日のあをむところに針魚干す 友岡子郷
冬の日のいちばん底にゐるつもり 糸屋和恵
冬の日のいま松に落ち畦に落つ 水原秋櫻子
冬の日のおだやかなる息苦しけれ 冬の土宮林菫哉
冬の日のこの土太古の匂ひかな 飯田蛇笏 霊芝
冬の日のしばらく照らす我身かな 高野素十
冬の日のふつと離るる余呉の湖 下條杜志子
冬の日のまぶしくなりて力抜け 阿部みどり女
冬の日のみるみる低き供華挿せる 齋藤玄 『玄』
冬の日のむごき墓石選びかな 斎藤玄 雁道
冬の日のやつがれいくや出でていくや 加藤郁乎
冬の日のゆめに入りたる橋一つ 宇佐美魚目
冬の日の三時になりぬ早や悲し 高浜虚子
冬の日の乳よりも濃し楮汁 沢木欣一 地聲
冬の日の亡夫の木椅子揺らし遣る 殿村菟絲子 『菟絲』
冬の日の今はなくとも観世音 星野高士
冬の日の刈田のはてに暮れんとす 正岡子規
冬の日の古墨のはなしそれ限り 宇佐美魚目 天地存問
冬の日の喪服の肩のうすぼこり 土田 広
冬の日の夕照橋を渡りけり 青木重行
冬の日の失せたる塔を仰ぎをり 五十嵐播水 播水句集
冬の日の小藪の隅に落ちにけり 子規遺稿子規句集 正岡子規
冬の日の尼をふり向く夫ありて 殿村莵絲子 牡 丹
冬の日の川釣の竿遺しけり 宇佐美魚目 秋収冬蔵
冬の日の我が影を置く都かな 佐藤惣之助
冬の日の暮の畳に酒を吸はれた 人間を彫る 大橋裸木
冬の日の朝晴全き静けさよ 青峰集 島田青峰
冬の日の杉うごき雲の動きひとり居 安斎櫻[カイ]子
冬の日の柵に相寄り象と人 小間さち子
冬の日の水をはなれし鯉の息 宇佐美魚目 天地存問
冬の日の沈むを惜しむわれのみか 星野立子
冬の日の海に没る音をきかんとす 森澄雄
冬の日の照りゐる嶽のうらおもて 栗生純夫 科野路
冬の日の眩しと吾子や病めるなり 石塚友二 光塵
冬の日の眼に満つる海あるときは一つの波に海はかくるる 佐藤佐太郎
冬の日の筆の林に暮れて行く 正岡子規
冬の日の羅漢寄せあふ咽喉佛 古舘曹人 砂の音
冬の日の胸かい抱き町を行く 阿部みどり女
冬の日の落ちて明るし城の松 子規句集 虚子・碧梧桐選
冬の日の落つるを沼は息ひそめ 石井とし夫
冬の日の言葉は水のわくように 鈴木六林男
冬の日の障子白さや吸入器 碧雲居句集 大谷碧雲居
冬の日の雁の背丈の寸づまり 齋藤玄 『雁道』
冬の日の露店のうしろ渡るなり 岸田稚魚
冬の日は墜ちーぽんの葦のこる 富澤赤黄男
冬の日は赤く涙はあたたかし 萩原麦草 麦嵐
冬の日やざしきぼつこがゐはせぬか 山田みづえ 木語
冬の日やすがたただせし軍鶏の丈ヶ 松橋利雄
冬の日やつれなく残る蓮の茎 松瀬青々
冬の日やとけては氷る忘れ水 一鼠
冬の日や亡児がうつしゑの曇り拭く 林原耒井 蜩
冬の日や仏の花の松ぼくり 野村喜舟 小石川
冬の日や兄のかたくななつかしき 野村喜舟 小石川
冬の日や写真の隅をいつも占む 八牧美喜子
冬の日や前に塞がる己が影 村上鬼城(1865-1938)
冬の日や去るに遺せし印一つ 宮武寒々 朱卓
冬の日や園の中なる径の枝 尾崎迷堂 孤輪
冬の日や塩の中なる浄め塩 鷹羽狩行
冬の日や大きな柳ゆれてゐる 岸本尚毅 選集「氷」
冬の日や富士を残して落ちにけり 種市清子
冬の日や屋上の吾を見ぬ人等 香西照雄 対話
冬の日や庭木の枝の地に近く 南 うみを
冬の日や指しぬきぬるき魚の棚 水田正秀
冬の日や樹を伐仆す五六本 石井露月
冬の日や欄の埃を吹いて凭る 龍胆 長谷川かな女
冬の日や歯医者が鳴らす金属音 伍賀稚子
冬の日や火種大事にやきとり屋 金子佳子
冬の日や父が手擦れの菓子木型 石嶌岳
冬の日や知らぬ町に来て人を訪ふ 室生犀星 犀星発句集
冬の日や磯路は濡れて松落葉 有働亨 汐路
冬の日や縁の下まで箒の目 長谷川櫂
冬の日や老もなかばの隠れ笠 智月 俳諧撰集玉藻集
冬の日や臥して見あぐる琴の丈 野澤節子(1920-95)
冬の日や苔に水打つ法善寺 青木重行
冬の日や蜂も親しきもののうち 奥野桐花
冬の日や蝶々が吸ひ水減りぬ 金子晋
冬の日や象の病気をみておわる 宇多喜代子
冬の日や障子をかする竹の影 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
冬の日や雀煤けて駅の屋根 野村喜舟 小石川
冬の日や馬上に氷る影法師 芭蕉
冬の日や馬關の潮瀬衰へず(下関) 上村占魚 『橡の木』
冬の日や鵜匠の羽織る黒紬 殿村莵絲子 花寂び 以後
冬の日や龍の落し子長汀 野村喜舟 小石川
冬の日をだんだら縞に幹の幸 細谷源二 砂金帯
冬の日をまぶしみ母のふところに 椎橋清翠
冬の日を仰ぎ目くらむ一事かな 岸田稚魚 『紅葉山』
冬の日を高きに陸上競技場 片山由美子
冬の日を鴉が行つて落して了ふ 橋本多佳子
冬の日聰きもの鯉は人に竹林は風に 安斎櫻[カイ]子
古都歩きゐて冬の日の真あたらし 鷲谷七菜子
壁の荒れ慈しむ目と冬の日と 殿村莵絲子 牡 丹
太幹のしづかさ冬の日をながし 長谷川素逝 暦日
峠に見冬の日返しゐし壁ぞ 深見けん二
左右ありや子の沓冬の日に穿かす 皆吉爽雨
恋破れたり冬の日のスタジアム 和田耕三郎
旧くて大きな銀杏が冬の日と話す 磯貝碧蹄館 握手
月桂樹剪られて冬の日に匂ふ 山田登美子
梟の眼に冬の日午なり 子規句集 虚子・碧梧桐選
泥沼に冬の日の堕ちゐたりたり 上野泰 春潮
炎々と燃ゆ冬の日の遠きゆえ 萩原麦草 麦嵐
父と母の御墓一つ冬の日に 長谷川かな女 雨 月
珈琲を飲むとき冬の日は斜め 今井杏太郎
石に水触れ冬の日のちりぢりに 斉藤夏風
穏やかな冬の日着物たたみけり 猪俣千代子 堆 朱
窓を拭く冬の日は手で包めさう 西村和子 かりそめならず
緑蔭の冬の日に似るレストラン 京極杞陽 くくたち上巻
花屋敷冬の日の乗る観覧車 高澤良一 燕音
苔さわぐことなき冬の日なりけり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
蕪干せば冬の日低うなりにけり 松瀬青々
身起すや冬の日が先づ心火挙ぐ 成田千空 地霊
長いまつ毛して冬の日病んでいる 荻原井泉水
降るものに数ある冬の日よりかな 渡牛 五車反古
露座仏の背に冬の日のありにけり 井上一灯
頭重き冬の日ことに神は近し 田川飛旅子 『外套』
魚剖きて余念なかりし一枚のうす刃となりてありし冬の日 安永蕗子
鯉の朱の澄みぬ冬の日深むごと 橋本榮治 麦生
「いろはにこんぺえと」地を跳べ地が父冬日が母 磯貝碧蹄館 握手
「黄金バット」が吃るよ冬日が眼にしむよ 磯貝碧蹄館 握手
いかに生きよといふにや冬日晴るゝのみ 安斎櫻[カイ]子
いくさ経し罅硝子戸の冬日かな 徳永山冬子
いつぽんの幹のさへぎる冬日なり 長谷川素逝 暦日
いつもここで冬日の終り川一条 千代田葛彦 旅人木
いつ失せてもよき瀬戸物屋の冬日 加倉井秋を 『欸乃』
いづこにも冬日いちにち来給はず 飯田龍太
お化け煙突冬日を赤児のごと抱けり 磯貝碧蹄館 握手
かくれ鬼冬日の塀に顔あてて 上野泰 佐介
かげる山のうしろ照る山冬日低し 相馬遷子 山国
かすかにも冬日のさして来りけり 高木晴子 晴居
かの日さながら路傍冬日の肥桶達 赤城さかえ句集
から~と落込んで行く冬日かな 高浜虚子
ぎつしりの材木の底にある冬日 臼田亞浪 定本亜浪句集
くくり女と同じ冬日にうづくまる 細見綾子 存問
くちづけは永きものかな冬日華奢 齋藤玄 『玄』
くらしつまるか村人に美しき冬日の空(戦時體制) 安斎櫻[カイ]子
くれなゐのこゝろの闇の冬日かな 飯田蛇笏
けだものの食欲る目もて冬日見る 右城暮石
ここいら松ばかりの冬日の小さい家がある 人間を彫る 大橋裸木
ことごとく冬日に顔を突き出し征く 石橋辰之助
すがれゐしものにあまねき冬日かな 稲畑汀子
すきまなくかたまる羊冬日落つ 石井とし夫
すぐ翳る冬日の家も捨てかねつ 清水基吉 寒蕭々
すでにすでに冬日を鼻におん屍 石塚友二 光塵
すべり台冬日溜りへ子等こぼし 塙告冬
すめらぎの城壁の冬日雉子いでず 渡邊水巴 富士
せきれいの来て一閃の冬日さす 柴田白葉女 遠い橋
そのあとの冬日昃ることもなく 波多野爽波 鋪道の花
たまたまの風音にかすむ冬日かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
つかの間の冬日つかの間逢ひ得たり 成瀬桜桃子
つかの間の冬日にたれし日覆かな 中尾白雨 中尾白雨句集
ときのまの黄瀬戸の色の冬日見し 相生垣瓜人 微茫集
とろ~と冬日が溶ける埴輪かな 萩原麦草 麦嵐
どすんと冬日男は鉄器女は土器 窪田丈耳
にはたづみ冬日まみれや白毫寺 岸田稚魚 筍流し
はなやぐ冬日昔国禁の書なりしを 内藤吐天 鳴海抄
はりつめし人の面に冬日かな 阿部みどり女 笹鳴
ひとやさし背に置かれし冬日また 木下夕爾
ひとりゆけば雉子たつ墓の冬日かな 龍岡晋
ひよどりの持ち来し冬日墓の上 岸田稚魚 筍流し
ひよどりの瘠せ眼に立ちて冬日なる 室生犀星 犀星発句集
ふたまたの幹へながれて冬日かな 長谷川素逝 暦日
ぶらんこを漕ぎ上げてゆき冬日蹴る 川口重美
もちの木の上の冬日に力あり 高野素十
やはらかき餅の如くに冬日かな 高浜虚子(1874-1959)
ゆらゆらと冬日のたばこ稼ぐ時間 椎橋清翠
ゆるすまじ富士真ッ向うに冬日の基地 栗林一石路
よこたはる杖を冬日がじつと見る 竹中宏 句集未収録
よび出して聞きたる声に冬日さし 長谷川かな女 雨 月
わが山のしゞまぞ冬日耳に鳴り 石橋辰之助 山暦
わすれゐるときのうれしさ冬日濃く 木村蕪城 一位
われぬくめ没りし冬日よ誰れあたたむ 中戸川朝人
をちかたのみどりさだまる冬日かな 長谷川双魚 『ひとつとや』
をとこにありてをんなにあらぬ冬日暮 平井照敏
タンカーの曳きずつてゆく冬日かな 下田水心子
トマス小崎身丈かなしく冬日浴ぶ 下村ひろし 西陲集
バラックも並めば冬日にこの明るさ 香西照雄 対話
ポストの頭冬日てらてら虚実古り 木村蕪城 寒泉
マッチ擦る横浜の坂冬日満つ 皆吉司
マリヤの前母亡きわれの背に冬日 成瀬桜桃子 風色
ローンテニス冬日の肩の触れあふも 萩原麦草 麦嵐
ヴェニスにて死ぬべし冬日沈むとき 有馬朗人
一人旅気楽で淋し冬日浴ぶ 山田弘子
一度だけの波音冬日昏れにけり 桂信子 黄 炎
一日の暖かなりし冬日落つ 上村占魚 球磨
一隅をひたと照らして冬日去る 鬼塚梵丹
七面鳥冬日の中にわらひけり 原石鼎 花影以後
中年工女冬日笑むごと弁当開く 岩田昌寿 地の塩
主も大工冬日ぬくめし鑿を買ふ 有馬朗人 知命
乳ふくむ仔豚が冬日の芯となる 岩田昌寿 地の塩
乳を滴りて母牛のあゆむ冬日かな 飯田蛇笏 霊芝
乳牛のそよりと動く冬日哉 中川宋淵 詩龕
二間貰て冬日のひくしみだれ籠 廣江八重櫻
五分粥の一匙にある冬日かな 井上雪
五重の塔の朱は朱からず冬日落つ 阿部みどり女 笹鳴
井桁に乾し薪を冬日の塔となす 川口重美
亡き人の鼎に現るる冬日かな 永田耕衣 物質
人たちて椅子の冬日もいつかなし 福田蓼汀 山火
人として冬日の鹿の眼過ぐ 神蔵器
人の家辞し市電の隅にこの冬日 香西照雄 対話
人よれば驢馬うれしがる冬日哉 阿部みどり女 笹鳴
人を待つ冬日に頬を輝かし 成瀬正とし 星月夜
人刺しし蜂が冬日を煌めかす 山田弘子
人家あるところ冬日のよく當り 上村占魚 『霧積』
人遠く低き冬日のもとにあり 木村蕪城 一位
人黙り冬日の岩にいどみゐる 石橋辰之助 山暦
今しがたありし冬日の其処に無し 粟津松彩子
今下りし塔に冬日や浄名会 雑草 長谷川零餘子
今在りし冬日の何処へ十賊刈 高澤良一 ぱらりとせ
今日もきて冬日百くる真珠筏 和知喜八 同齢
何か慌し立つは冬日のどん底に 赤尾兜子
何ごともなかりし如く冬日あり 星野立子
何よりも冬日が馳走仏日庵 高澤良一 さざなみやっこ
使へる鉛筆地上に拾ひ冬日拾ふ 磯貝碧蹄館 握手
俳句とは冬日だまりのひとり言 今井杏太郎
倶利伽羅の西にまはりし冬日かな 前田普羅 能登蒼し
傷兵の冬日を犬がかきみだす 横山白虹
傾いて地蔵艶なる冬日かな 橋石 和栲
僻地校さらば冬日の葱坊主 堀井春一郎
兵児帯を探す机辺の冬日沿ひ 原裕 葦牙
円柱の並びつらなる冬日かな 比叡 野村泊月
冬日あたるうぶ毛の中のひよめき正し 篠原梵
冬日あびるに桜の園のひろすぎる 川島彷徨子 榛の木
冬日からりと歩み居る己れ無くもかな 中島月笠 月笠句集
冬日が 陰影を與えて ビルを墓石とした 吉岡禅寺洞
冬日が照る山容に応ふべし 中塚一碧樓
冬日が磨く骨董市のトランペット 西村和子 かりそめならず
冬日くさし一日離れてゐたりし子 細見綾子 花寂び
冬日こぼるるなら町の奈良格子 三輪陽子
冬日さし色のかげんの草の山 岡井省二
冬日さすあんかうの肌かはきけり 室生犀星 魚眠洞發句集
冬日さすこの道がまた楽しくて 中村吉右衛門
冬日さす上段の間に明治帝 木村蕪城 寒泉
冬日さす土間ぬち牛の孕み腹 木村蕪城 寒泉
冬日さす寝部屋恋部屋人待つも 岩田昌寿 地の塩
冬日さす式台ひろき山屋敷 西島麦南 人音
冬日さす柱列賽者ゆかしむる 皆吉爽雨 泉声
冬日さへ遠きに隔て門跡寺 大橋敦子 手 鞠
冬日さむう蜉蝣くづれぬ水の面 室生犀星 魚眠洞發句集
冬日さやかと告ぐれば頷く死迫る額 赤城さかえ句集
冬日しかと匙の光となりて澄む 柴田白葉女 遠い橋
冬日すぐかげる木椅子を毎日出す 中山純子 沙羅
冬日たかし乙女らがいて琴ひく家 古沢太穂 古沢太穂句集
冬日といふこのいとほしきもの膝にあり 角川春樹
冬日なき芝にマッチの軸こぼす 横山白虹
冬日なめらか今は父母なきたしかさよ 石塚友二 光塵
冬日に伸ばす皺を無限に狂女の老 岩田昌寿 地の塩
冬日に干す籠に縋りて貝死なず 林翔 和紙
冬日に微笑師弟切磋は会へば足る 香西照雄 対話
冬日のぼる焼跡大きな影のごと 桜井博道 海上
冬日の松皮剥げやすし一人居む 内藤吐天 鳴海抄
冬日の枝に鴉も去んでしまつてまたオルガン 三好草一
冬日の縁弾み通せり今金色 香西照雄 対話
冬日の象べつの日向にわれらをり 桜井博道
冬日の馬うなづくはばのみ進む 安東次男 裏山
冬日は一つ幸福もまた多からず 細谷源二 砂金帯
冬日もとより人をなぐさむるものでなく 細谷源二 砂金帯
冬日やさし濃娘壺抱くは添乳めき 成瀬桜桃子 風色
冬日よぎる軽子の畚翼めき 小林康治 玄霜
冬日よりあをしイエスを描きたる 野見山朱鳥
冬日を頒つ友なし山を開拓す 細谷源二 砂金帯
冬日一ぱい受けて障子を閉し居る 青峰集 島田青峰
冬日今瞼にありて重たけれ 高浜虚子
冬日伸び狂人の手が伸ぶこぼれ飯 岩田昌寿 地の塩
冬日低し吾と子の間妻急がん 石田波郷
冬日低し鶏犬病者相群れて 石田波郷
冬日去る柱の影のついて行く 松本巨草
冬日呆 虎陽炎の虎となる 富澤赤黄男
冬日宙少女鼓隊の母となる日 石田波郷
冬日宙湧水八重にひらきけり 高澤良一 ぱらりとせ
冬日宙見る見る孤児が煙草吸う 石橋辰之助
冬日強し愛吉を殺した被爆の船の朽ちざま見よ 橋本夢道 無類の妻
冬日抱きゴールキーパー立ち上がる 藺草慶子
冬日掬ふ如き両掌や日向ぼこ 池内友次郎
冬日柔か冬木柔か何れぞや 高浜虚子
冬日浴びをる夫の背緋鯉の背 中山純子 沙羅
冬日浴び鳶の炯眼彫り深し 香西照雄 対話
冬日浴ぶとき翼せり翌檜 松山足羽
冬日消えとほき島山に紺還る 篠原梵 雨
冬日消え池のほとりの女消え 高野素十
冬日消ぬわが悔恨にかゝはりなく 横山白虹
冬日消ゆオコジョのやうにすばしこく 高澤良一 寒暑
冬日消ゆ道は築地を左右となる 皆吉爽雨 泉声
冬日澄む天のまほらゆ火は降るや 久米正雄 返り花
冬日濃きことに心を集めをり 後藤夜半
冬日濃く林泉の橋さへ苔匂ふ 岸風三楼 往来
冬日濃しわが手汚さぬことばかり 岩岡中正
冬日濃し冬日淡しと干す瓦 後藤比奈夫 初心
冬日濃し山羊の毛残る土器太鼓 都筑智子
冬日燦々さよならを終の一語とす 赤城さかえ句集
冬日移るちりめん白地一寸織られ 橋本多佳子
冬日縁はなし一とときはずみけり 飯田蛇笏 山廬集
冬日缺けても人を敬いて座しいたり 細谷源二
冬日義理ほど石山の石切るに 津田清子 二人称
冬日見え鴉かたまり首伸ばす 西東三鬼
冬日踏む宗祗の碑より十歩ほど 細見綾子 天然の風
冬日蹴るくびれのふかき勁き足 篠原梵
冬日逃げるな河原の穴に石取女 沢木欣一 塩田
冬日透る子の駈けぼこり学強ひねば 香西照雄 対話
冬日閑薄き顱頂を笑ひ合ふ 石田あき子 見舞籠
出鉄を見し眼冬日の運河越ゆ 桜井博道 海上
分銅と冬日の縁に再会す 原田喬
切株に冬日二段の鋸の跡 大串章
刑務所も枕む冬日も汚れをり 成瀬正とし 星月夜
削る度冬日は板に新しや 香西照雄 対話
化粧成り女冬日に立ちいづる 波多野爽波 鋪道の花
千代田城げに太極の冬日かな 飯田蛇笏 春蘭
号外を見つつ冬日を来る二人 阿部みどり女
合はす掌の揃へば冬日燦爛と 下村ひろし 西陲集
向かひゐて禅問答に似る冬日 櫂未知子 貴族
吾が佇てば墓石傾ぎ来冬日の中 石塚友二 光塵
吾子の掌をつつみ冬日を掌につつむ 古館曹人
吾子生まる冬日幽かの妻を覗く 石川桂郎 含羞
呪文とけ冬日の亀が歩き出す 桂信子 遠い橋
噴火口のぞく片頬冬日が染む 鈴木真砂女 夕螢
噴火烟町に降るなる冬日かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
国愛しむまことに松の冬日かな 石塚友二 方寸虚実
垣へだてとなりの庭も冬日の菜 篠原梵 雨
埋立地冬日は己彩り射す 有働亨 汐路
城壁にあれば冬日が野に落つる 長谷川素逝 砲車
城頭に冬日衰へゆくときに 京極杞陽 くくたち下巻
塩田の上の冬日の頼母しき 高野素十
塩買ふや紫がかる冬日暮 細見綾子 花 季
墜ちてゆく 燃ゆる冬日を股挟み 三橋鷹女
墾田殖え墓殖え冬日あまねきのみ 香西照雄
壇上の教授の足に冬日あり 安原葉
売る本の重さ冬日の中に佇つ 飴山實 『おりいぶ』
多摩一すじ冬日に展け光なす 古沢太穂 古沢太穂句集
大いなる寺跡に来し冬日かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
大きなる空あり冬日あふれしむ(都築蕃椒居) 上村占魚 『石の犬』
大仏に袈裟掛にある冬日かな 高浜虚子
大仏の冬日は山に移りけり 星野立子
大仏の肩に冬日も風もながれ 京極杞陽 くくたち上巻
大仏の頬ゆたかなる冬日かな 池内友次郎 結婚まで
大仏は親し冬日はあたたかし 伊藤柏翠
大佛の冬日は山に移りけり 星野立子(1903-85)
大佛の冬日何よりなつかしく 池内たけし
大佛の頬ゆたかなる冬日かな 池内友次郎
大和国原冬日が額にあつまりぬ 細見綾子 黄 炎
大悪人虚子墓前なる冬日かな 行方克巳
大木の幹に影あり冬日濃し 上村占魚 鮎
大木をすべり落ちたる冬日かな 雑草 長谷川零餘子
大空の少し低きにある冬日 粟津松彩子
大空の片隅にある冬日かな 高浜虚子
大阪の冬日やビルにひつかかり 京極杞陽(きよう)(1908-81)
大阪市ぬくもりがほの冬日かな 日野草城




以上
by 575fudemakase | 2013-12-07 08:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

初冬

初冬

はつふゆ しょとう ふゆはじめ の響きを愉しんで下さい。

あたたかく生きて初冬の夏帽子(中村草田男氏) 細見綾子
あたたかな冬のはじめや樫に雨 藤田あけ烏 赤松
かつて母の癒えし初冬の海痛し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
きよらかに川がありけり冬はじめ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ことば迅き少女の沼に冬はじめ 柚木紀子
こもりくに箜篌(くど)の音聴けり冬はじめ 鈴木しげを
しのび寄るひかりと影と初冬かな 中山純子 沙羅
すがれたる菊に初冬の塀高し 阿部みどり女 笹鳴
つまさきの初冬の木の葉父母在さず 阿部みどり女
つまみ菜の汁かんばしや冬はじめ 松瀬青々
はつ冬の丹波木綿を重く着る 中山純子
はつ冬や太白といふさつまいも 久保田万太郎 草の丈
はつ冬や我が子持ちそむ筆硯 飯田蛇笏 山廬集
はつ冬や戸ざし寄せたる芳野殿 黒柳召波 春泥句集
はつ冬や空へ吹かるゝ蜘のいと 召波
はつ冬や萬年青の銘の翁丸 久保田万太郎 流寓抄以後
ひと筋の潮目や越の冬はじめ 六本和子
をさめの子初冬生れきし目鼻だち 中山純子 沙 羅以後
ガス灯透き初冬へのびる握手の手 和田悟朗
コアラは初冬のユーカリの葉をよく噛んで 高澤良一 鳩信
ハミングに黒人霊歌冬はじめ 井沢正江 湖の伝説
ペレストロイカ ミルク初冬の喉に白し 国 しげ彦
一刹那初冬の鳶の影浴びぬ 高澤良一 宿好
一木を断つと初冬の天に告ぐ 川島喜由
三ケ月は*かりんの匂ひ冬はじめ 斉藤 節
丹後峰山鏡を隠す冬はじめ 宇多喜代子 象
今戸焼の狸腹を出し冬浅く 長谷川かな女 花寂び
佐久鯉や初冬をたぎる八岳の水 栗生純夫 科野路
八つ手打つ雨に初冬の韻きあり 高澤良一 燕音
冬のはじめ歳のをはりの綱の束 竹中宏 句集未収録
冬はじめ捨つべきものを捨て始む 三浦美知子
冬はじめ男のシャツを買ひ足して 斉藤淳子
冬はじめ雲の行方を子がたづね 上田日差子
冬浅き畳にひろぐ肌着類 高澤良一 随笑
冬浅し曲りてもまた海鼠壁 芝山吉宣
冷静に生き曖昧に初冬に亡く 竹中宏 句集未収録
出没のすばやき洩瓶冬はじめ 赤松[ケイ]子
初冬てふ言葉重たくありにけり 小川竜雄
初冬と詠みてさびしさゆゑ知らず 富安風生
初冬なほ紅葉に遊ぶ人等かな 高濱年尾
初冬の「吉原」と云ふ小著読む 長谷川かな女 花寂び
初冬のけはひにあそぶ竹と月 原裕 青垣
初冬のこゝろにたもつ色や何 原コウ子
初冬のすでに膝まで没しきて 平井照敏 天上大風
初冬のつくりごと書く筆軽し 龍胆 長谷川かな女
初冬のなまじ日を得し波淋し 西村和子 窓
初冬のわが影を置く水の上 朔多 恭
初冬の一ひらの雲いゆき鳴る 篠原梵 雨
初冬の二階堂より長谷へ晴れ 長谷川かな女 牡 丹
初冬の人かたまりて来りけり 細川加賀 生身魂
初冬の大塵取に塵少し 阿部みどり女 笹鳴
初冬の好日欅一樹立ち 松村蒼石 雁
初冬の尾花にきらふ夕日かな 古白遺稿 藤野古白
初冬の庭に筧や二尊院 五十嵐播水 播水句集
初冬の引堀靄を育てをり 有働亨 汐路
初冬の徐々と来木々に人に町に 星野立子
初冬の旅朝焼の紅濃ゆく 柴原保佳
初冬の月痕まざと奥黒部 有働亨 汐路
初冬の月裏門にかかりけり 正岡子規
初冬の柿猶保つ谷の家 青嵐
初冬の水平線のかなたかな 角谷幸子
初冬の浄土びかりす熊野灘 福田甲子雄
初冬の海を鏡に子の読書 原和子
初冬の炉櫨の実買ひのおとなひぬ 西島麦南 人音
初冬の狐の聲ときこえたり 泉鏡花
初冬の眼しぶくてみちのくは 榎本愛子
初冬の竹緑なり詩仙堂 鳴雪俳句集 内藤鳴雪、松浦爲王編
初冬の粟殻積むや櫨のもと 西島麦南 人音
初冬の膝に羽織を仮だたみ 阿部みどり女
初冬の苔うすうすと鐘の下 岸本尚毅 鶏頭
初冬の苔枯れ寂びぬ光悦寺 龍胆 長谷川かな女
初冬の萩も芒もたばねけり 正岡子規
初冬の袖垣青き露天風呂 越智協子
初冬の道伸びゆけば善光寺 廣瀬直人
初冬の鋪道の石は欠けしまま 今泉貞鳳
初冬の門広し兵の執る箒 楠目橙黄子 橙圃
初冬の障子に近く心足る 椎橋清翠
初冬の雲に芒の小諸城 高田蝶衣
初冬の雲灰色に沖の方 桑村竹子
初冬の音ともならず嵯峨の雨 石塚友二
初冬は遠語部の涙壷 栗林千津
初冬やあざやかなるはももの芯 山口青邨
初冬やこの子薄著にしつけむと 河野扶美
初冬やこゝに移して椅子に倚る 松藤夏山 夏山句集
初冬やどこに立ちても見ゆる滝 星野立子
初冬やぴんと張りたる袖たもと 橋本鶏二 年輪
初冬やシャベルの先の擦り切れて 山口誓子
初冬や仮普請して早住めり 高浜虚子
初冬や僧堂めぐる水速し 井上雪
初冬や兵庫の魚荷何々ぞ 黒柳召波 春泥句集
初冬や利根の田舎の汽船着場 小杉余子 余子句選
初冬や南蛮といふ辛きもの 野村喜舟 小石川
初冬や吉田の里に移り住み 山田三子
初冬や向上の一路まだ開かず 夏目漱石 明治二十九年
初冬や少し熱しと野天風呂 高橋淡路女 梶の葉
初冬や山の鴉は紫に 野村喜舟 小石川
初冬や川添ひ行くに水は樹は 尾崎迷堂 孤輪
初冬や年忌の汁に顔うつり 大峯あきら
初冬や庭に加ふる海の石 神尾久美子 桐の木
初冬や庭木にかわく藁の音 室生犀星
初冬や御所のかはらけ焼く在所 四明句集 中川四明
初冬や心肥えたる般若経 野村喜舟 小石川
初冬や悠紀主基の宮の木香高く 四明句集 中川四明
初冬や日和になりし京はづれ 蕪村 冬之部 ■ 人人高尾の山ぶみして一枝の丹楓を贈れれり、頃ハ神無月十日まり、老葉霜にたえず、やがてはらはらと打ちりたる、ことにあハれふかし
初冬や日影藪漏る寺の椽 古白遺稿 藤野古白
初冬や本めいせんの旅衣 松瀬青々
初冬や涙のごとき雲流れ 岸秋渓子
初冬や渋谷の人出よそよそし 湯川雅
初冬や灯明りに拝む厨子の像 滝井孝作 浮寝鳥
初冬や石油で洗ふ絵の具筆 栗林千津
初冬や空へ吹かるゝ蜘の絲 召波
初冬や竜胆の葉の薄もみぢ 松本たかし
初冬や童はつゝそでをぴんと張り 阿部みどり女 笹鳴
初冬や竹伐る山の鉈の音 夏目漱石
初冬や蘭に培ふ乾き砂 四明句集 中川四明
初冬や行李の底の木綿縞 細見綾子 花寂び
初冬や訪はんとおもふ人来り 蕪村
初冬や訪はんと思ふ人来ます 與謝蕪村
初冬や貧しき御器も買ひ足して 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
初冬や野の朝はまだ草の露 尾崎迷堂 孤輪
初冬や野葡萄熟す藪の中 寺田寅彦
初冬や障子にうつるものゝかげ 小澤碧童 碧童句集
初冬や障子のうちの晴曇 増田龍雨 龍雨句集
初冬や青きは鳥の麦畠 野村喜舟 小石川
初冬や髭剃りたての男振 尾崎紅葉
初冬や鳥屋が近き鶏の声 小澤碧童 碧童句集
初冬や鶲は崖を鳴きこぼれ 野村喜舟 小石川
初冬晴九輸の尖の尖まで塔 川島千枝
前垂の手織木綿の冬始まる 草間時彦 櫻山
句碑の面にしばしとどまる初冬の日 細見綾子 黄 炎
只の顔して冬のはじめのほとの神 森澄雄
吾娘と来て初冬の湯に寛げり 深川正一郎
哀しき眸わづか初冬の灯に笑めり 石塚友二 方寸虚実
地下鉄に冬のはじめのねずみの眼 桜井博道 海上
城を仰ぎ川を眺めて冬はじめ 河野友人
山よりも低く初冬の虹立ちて 阿部静江
山房に鳩の籠り音冬初め 深谷雄大
山頂に羽虫とぶ日の冬はじめ 篠田悌二郎
師と歩む初冬青空眼に尽きず 野澤節子 黄 炎
帯ほどの浅き流れに初冬の日 阿部みどり女
建売りの看板目立つ冬はじめ 天野美代子
惜別や初冬のひかり地に人に 赤城さかえ句集
我が影の遠く初冬の砂丘かな 池田 歌子
托鉢の駅頭に立つ冬初め 西村和江
掌をあてて言ふ木の名前冬はじめ 石田郷子
暁紅の海が息づく冬はじめ 佐藤鬼房
朝凪の帆のももいろに冬はじめ 柴田白葉女
木曾の旅終へし夫に初冬かな 長谷川かな女 雨 月
木村雨山の坐り姿の初冬なる 細見綾子 黄 炎
柳川の初冬の朝の舟だまり 星野立子
櫨をとる子の舟泛ぶ初冬かな 飯田蛇笏 春蘭
母の彳つ高さを冬のはじめとす 長谷川双魚 『ひとつとや』
流木にボールトのある冬のはじめ 加倉井秋を 『隠愛』
浅草の初冬ひからぬものは見ず 寺田京子 日の鷹
浪々のふるさとみちも初冬かな 飯田蛇笏 霊芝
淋しさもぬくさも冬のはじめ哉 正岡子規
渡り鳥渡りつくせり初冬蚕 栗生純夫 科野路
湯にゆくと初冬の星座ふりかぶる 石橋秀野
火を焚きし人より暮るる冬はじめ 高島つよし
瓜人先生帽子ひよろりと冬はじめ 山田みづえ
生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
百幹の松に初冬の縄ごろも 小宮山勇
石棺の蓋濡れ色に冬浅し 河原芦月
福助の面テ起こせる冬はじめ 高澤良一 ぱらりとせ
稚魚さへや鰭美しき冬はじめ 布施伊夜子
粥煮ゆるやさしき音の冬はじめ 和田祥子
紺絣冬の初めの音立てぬ 原田喬
紺足袋の女も冬の初めかな 大谷句佛 我は我
肘突きの成りし五彩や冬初 小澤碧童 碧童句集
芝踏めば土の応へや冬初め 小川軽舟
苫舟も初冬らしきけぶりかな 井上井月
萩からげて初冬の庭となりにけり 阿部みどり女 笹鳴
落柿舎の初冬の水を呑めとこそ 青木重行
蛍光灯唄ふごと点き冬浅し 藤田湘子
裁ち屑の彩に手をつき冬はじめ 長谷川双魚 風形
記憶とはおぼつかなくも美保初冬 高木晴子 花 季
赤楽のおもみも冬のはじめかな 鷲谷七菜子
身のうちにひとつの火種冬はじめ 丸山哲郎
連立ちてパリの初冬に身繕ひ 沼尻巳津子
週刊誌手に初冬の海の駅 原田喬
長き冬始まる農夫馬車をかる 高木晴子 花 季
雲動き初冬の日ざしこぼしけり 稲畑汀子
頭刈つてさぶし鐘つく初冬なり 中山純子 沙羅
飛行雲ほうけ流るる初冬かな 三好 菊枝
鯉の尾の弾みずしんと冬はじめ 星野紗一
鵜の礁に鵜がきていつも冬初め 永井一穂
鵯の青の法師の冬始め 八木林之介 青霞集
鶏むしる面けむたき冬はじめ 八重津苳二
麹の香初冬の宵を早めけり 高澤良一 燕音


以上
by 575fudemakase | 2013-12-05 08:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

十二月

十二月

十二月に入った。
さきに十一月句をとりあげたので 同様に 十二月句を取り上げる。
319句ばかりあろうか?皆さん何を詠んでおられるか目先の多様さ
をお愉しみください。(俳句例句DBより)

「その内」はもう目の前に十二月 高澤良一 宿好 十月-十二月
いつも見る山に日当り十二月 池田秀水
いま息しをり歩きをり十二月 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
うさぎ屋のばあさんとゐる十二月 夏井いつき
おじゃがの芽惜しげなくかき十二月 市村フミ
おそろしきこと言ひにゆく十二月 夏井いつき
おばさんがくつついてくる十二月 二村典子
お百度や胃のひやひやと十二月 角川春樹 夢殿
かなしみは樹々にもありぬ十二月 阿部みどり女
かへりみて貧しき松や十二月 依光陽子
からくりのごとくもう来ぬ十二月 塚本青曜
からまつの下の跫音十二月 小山森生
くらがりへ水の入りゆく十二月 小室善弘
くろがねの仏の憂しや十二月 角川春樹
くろ~と筧の垢や十二月 楠目橙黄子 橙圃
この時化に出て行く船や十二月 白幡千草
さまざまの赤き実のある十二月 森澄雄
それがまた間違いファクス十二月 小沢信男
どぜう屋の炭火を恋へり十二月 瀧春一
どんよりと蜂蜜こごる十二月 有働亨 汐路
なき母を知る人来たり十二月 長谷川かな女 雨 月
にはとりの上はまつさを十二月 原田喬
のれん出て婦の艶たるは十二月 飯田蛇笏 雪峡
ひそやかに父祖の祀や十二月 森川暁水 黴
ひとが焼く瓦斯火の魚よ十二月 石川桂郎 含羞
ふすまたおして十二月十日白噺 阿部完市 春日朝歌
ぶつぶつ切る小包の紐十二月 皆川白陀
へろへろの日めくりを剥ぐ十二月 小坂かしを
まつすぐに十二月来る月曜日 二村典子
みな死んでしもたよ十二月の熊野 宇多喜代子 象
みんなみの雲の眩しき十二月 竹本仁王山
むべの実に紫のりし十二月 栗林千津
めざめゐて神の灯仰ぐ十二月 松村蒼石 寒鶯抄
もどり来て普段着ぬくし十二月 小島千架子
もの置いてたてよこたてよこ十二月 中戸川朝人
もろもろの島は種なり十二月 夏石番矢
ゆれる帆柱海に傘ふる十二月 久保純夫 瑠璃薔薇館
わが生死食思にかかる十二月 相馬遷子 山河
われひとに夕靄の濃き十二月 松村蒼石 露
われ急くや影も小走り十二月 堀恭子
アノ世ヘモ鮭送ラント宛名書キ十二月ノ雲呼ンデミルナリ 疋田和夫
サハリンの見ゆる岬や十二月 中山允晴
サーカスの象吊る港十二月 野溝サワ子
チンゲン菜油を飛ばす十二月 高澤良一 素抱 十月-十二月
バスに席得て目をつむり十二月 橋本風車
バスの尻バスより見えて十二月 行方克巳
パート募る年令伸びて十二月 山口恵子
ラジカセの響く工事場十二月 松沢満里子
ラーメンの縮れさみしき十二月 篠塚千恵美
一円玉じゃけんにされて十二月 高澤良一 随笑 十月-十二月
一弟子の離婚の沙汰も十二月 安住敦
一柱(ちゅう)の焔めくれて十二月 野澤節子 『八朶集』
主を頌(ほ)むるをさなが歌や十二月 石塚友二
主婦の座に定年欲しき十二月 塙 きく
事務服の吹かれ走りや十二月 草間時彦
二日続きてなほ磨る墨や十二月 長谷川かな女 雨 月
人の世はかそけし暗し十二月 石原八束 『幻生花』
人込みに白き月見し十二月 臼田亞浪 定本亜浪句集
仏花買ふ銭が幼なし十二月 長谷川双魚 風形
仲見世の裏行く癖も十二月 石川桂郎
住所録坐右に置きて十二月 本田三千代
何事も先手取るべし十二月 高澤良一 鳩信 白帝
信号の替はりおそくて十二月 加藤一智
借りて読む獄書のくさき十二月 秋元不死男
元禄の雪が雪呼ぶ十二月 河野南畦 『元禄の夢』
光なき遠嶺の紺や十二月 大岳水一路
入浴も仕事のひとつ十二月 佐野みつ
入込みに白き月見し十二月 臼田亜浪
六地蔵装ひ変へて十二月 藤本スエ子
共生の宇宙会議や十二月 國島十雨
再校の筆とることも十二月 井桁蒼水
凌渫船杭つかみ出す十二月 秋元不死男
分銅に光る鱗も十二月 加藤耕子
切売りの鯨・鮪も十二月 鈴木真砂女 夕螢
刈らぬ萩だん~惜しく十二月 長谷川かな女 雨 月
利き指の繃帯白き十二月 片岡とし子
削るほど紅さす板や十二月 能村登四郎
十二月あくまで箱を折らむとす 栗林千津
十二月あのひと刺しに汽車で行く 穴井太(1926-97)
十二月あひると愛人疾走す 攝津幸彦
十二月いつも後ろに鴉いる 遠藤 煌
十二月さくらもみぢの二葉三葉 松村蒼石 寒鶯抄
十二月と思ひペンとる常のごと 福田蓼汀 山火
十二月どうするどうする甘納豆 坪内稔典
十二月の大根畑は買われて村は寒むざむ大根を抜き大根を洗い 橋本夢道 無禮なる妻抄
十二月の屋根の漏り直してくれてゐる 小澤碧童 碧童句集
十二月の曇空よ暮れてしまへ 原田種茅 径
十二月の甘藷に日をあて女欲し 岩田昌寿 地の塩
十二月の窓明けはなち産声きく 加藤知世子 花 季
十二月ひとに疲れを量らるる 野澤節子 遠い橋
十二月まなざしちらと嫁ぎけり 中尾寿美子
十二月みたらしに檜の新柱 小松原みや子
十二月を赤舟も大鯉もはしる利根 阿部完市 春日朝歌
十二月一日のあした富士を見る 福田把栗
十二月一日も雨八日も雨 宇多喜代子 象
十二月一日天意の船の逗留も 河野静雲
十二月七日の銀座小糠雨 山田閏子
十二月三十日の氷かな 今井杏太郎
十二月人をしかるに日をかぞへ 川柳
十二月余白なくなる蜜柑の酸 阿部みどり女
十二月候文の手紙来し 石川魚子
十二月八日あまたのラブホテル 岩城久治
十二月八日かがみて恥骨あり 熊谷愛子
十二月八日ごつごつ石ばかり 廣瀬直人
十二月八日たまたま洲崎かな 伊藤いと子
十二月八日の冴えに退りけり 渡邊水巴 富士
十二月八日の日差がんもどき 原田喬
十二月八日の昼の物音す 高澤良一 随笑 十月-十二月
十二月八日の薄きおみおつけ 高澤良一 随笑 十月-十二月
十二月八日の都夜霧濃し 藤井寿江子
十二月八日の霜の屋根幾万 加藤秋邨 雪後の天
十二月八日やぬるき湯に浸かり 森田智子
十二月八日よ母が寒がりぬ 榎本好宏
十二月八日を夫の言ひ出づる 天野慶子
十二月八日を過ぎて生残る 三橋敏雄 畳の上
十二月八日ミルクの膜厚き 櫂未知子 蒙古斑以後
十二月八日一人言へども誰も云はず 熊谷愛子
十二月八日卵黄漲りぬ 原田喬
十二月八日同年酌み交はす 森田峠 逆瀬川以後
十二月八日味噌汁熱うせよ 桜井博道
十二月八日夜干しのズボン垂れ 内田 美沙
十二月八日新聞両手もてひらく 前田典子
十二月八日月夜の通り雨 菊地千枝子
十二月八日根をもつごとき霜 桜井博道 海上
十二月八日沖見てゐる一人 宮城白路
十二月八日産声二度起る 萩原麦草 麦嵐
十二月八日鯊釣る帽深く 殿村莵絲子 牡 丹
十二月医者に持薬のあることも 飯田龍太 遅速
十二月友にふとん屋こんにやく屋 内田 美沙
十二月塔に蜥蜴の彫られけり 皆吉司
十二月富士嶺は星ぶつけられ 阿部完市 春日朝歌
十二月小筆の増えし硯箱 伊東一升
十二月山明るくて退路なし 櫛原希伊子
十二月心に留む忌日あり 小島阿具里
十二月截られし鉄と昼休む 森田智子
十二月枯土の家に盲導犬 攝津幸彦
十二月桑原になくすずめかな 飯田蛇笏 山廬集
十二月梅少し咲きて空寂か 渡邊水巴 富士
十二月歯療機は娘をかい抱く 宮武寒々 朱卓
十二月洲に白鷺の嘴疲れ 松村蒼石 雪
十二月潤みののぼる蘆の茎 松村蒼石 雪
十二月火の神恋うて火の用心 中山純子 沙 羅以後
十二月瓦礫の音は踏むものに 古沢太穂 古沢太穂句集
十二月真向きの船の鋭さも 友岡子郷
十二月空廻りするドアのノブ 石川文子
十二月緘じて空中観覧車 松山足羽
十二月藁いろに町暮れにけり 中まり子
十二月蜻蛉の翅草に透きぬ 渡邊水巴 富士
十二月街頭神を説く処女 福田蓼汀 秋風挽歌
十二月農車に黒き油さす 榎本冬一郎 眼光
十二月遁れて坐る落語席 野地新助
十二月青空を見る小さき旅 今井田敬子
十二月風の行方へ人還る 遠藤とみじ
十二月魚の眼のみな吾を見る 細谷源二 砂金帯
千羽鶴千の退屈十二月 正木志司子
原色の花から糶られ十二月 塩崎翠羊
口ビーにも脚立働く十二月 山田弘子
味噌送りくれしが便り十二月 石川桂郎 四温
喜んでピザ生地を伸(の)す十二月 高澤良一 素抱 十月-十二月
喪の旅の日記空白十二月 小林草吾
噛み合へる犬に一瞥十二月 阿部みどり女
四つ辻の飯鋪の魚槽十二月 宮武寒々 朱卓
回教の鉄扉の固し十二月 森田峠 逆瀬川
地のぬくみ慕ふ山の蛾十二月 古賀まり子
地球儀のうすきほこりや十二月 牧 ひろ子
坑夫らに雪降れるのみ十二月 淡路青踏
塗り替へてポスト肩張る十二月 反町和子
夜の底の挽き臼ひびく十二月 飴山實 『おりいぶ』
夜嵐の海より起り十二月 鈴木真砂女 夕螢
夜行性獣の闇十二月 森田智子
大波をあやつる海や十二月 大木あまり 火球
大鍋に鯛を蒸しゐる十二月 荻野杏子
大鯰焼いて尾州の十二月 斉藤夏風
如是我聞パンの匂いの十二月 石崎素秋
嬰を膝に立たせ弾ませ十二月 伊藤いと子
子にもらふ添ひ寝のぬくみ十二月 木内怜子
宗論をして歩く媼あり十二月 長谷川かな女 花 季
家長わが仏頂づらも十二月 清水基吉
寒暖も病めばむなしや十二月 神尾季羊
寒木瓜も売れて三越十二月 松藤夏山 夏山句集
寝る髪と壁の空間十二月 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
寺山に尾長声張る十二月 和田祥子
尼の荷のまことにちさき十二月 黒田杏子 水の扉
山なみを空に刻みし十二月 馬場移公子
山上に人の灯を生む十二月 原裕 青垣
山中に新しき道十二月 和田耕三郎
山描いて山見えてくる十二月 森田智子
山道や不義理つづきの十二月 福田甲子雄
川狭くとぎれ流るる十二月 大貫正子
巨き歯に追はるゝごとし十二月 石塚友二 方寸虚実
帯の文仏壇に映ゆ十二月 宮武寒々 朱卓
庭師来て風素通りよ十二月 杉本寛
廃船の深坐りして十二月 秋光泉児
御仏の貌美しき十二月 角川春樹(1942-)
微光にも白樺さめて十二月 勝又木風雨
悲しびの刻寝て消せり十二月 冨田みのる
愚かさに泣き笑ひして十二月 佐藤美恵子
愚かにもいのち拾ひし十二月 原田青児
戸の隙の日矢に起きいで十二月 石田あき子 見舞籠
扉みな父の胸板十二月 澁谷道
手榴弾のやうなハムとどけられ十二月 皆吉司
抒と箴の間のきらきらの十二月 渋谷道
振り込みの控隠しに十二月 高澤良一 素抱 十月-十二月
旅人の好き蕎麦食ふや十二月 前田普羅
日たかくて花卉に風吹く十二月 石原舟月 山鵲
星見れば星なつかしゝ十二月 原石鼎 花影以後
書きとめてそれ清書して十二月 高澤良一 鳩信 白帝
書く暇なき鞄のはがき十二月 皆川白陀
木の香けふ松に荒れしや十二月 石川桂郎 含羞
朴の木に雲来て遊ぶ十二月 原田青児
村人等酒に舌焼く十二月 有馬朗人 知命
松の間にまじる黄葉や十二月 石田 波郷
松籟に足音のなき十二月 萩原麦草 麦嵐
松隆と樟隆々と十二月 高澤良一 随笑 十月-十二月
桐の木へ真直ぐ歩き十二月 神尾久美子 桐の木
桶あれば桶をのぞいて十二月 桂信子(1914-)
棄て兼ねしものを捨て切る十二月 長田友子
棚吊ればすぐ物が載り十二月 岡本差知子
植木屋の妻の訃知りぬ十二月 沢木欣一 赤富士
標本の針うつくしき十二月 大木あまり 雲の塔
横顔の流れてゐたり十二月 猪俣千代子 堆 朱
機を織ることより知らず十二月 森垣 昭子
欲しきもの買ひて淋しき十二月 野見山ひふみ
止まり木に若者とをり十二月 古賀まり子
武蔵野は青空がよし十二月 細見綾子
母病めば詩ごころ涸れ十二月 大橋敦子
水足して甕の落着く十二月 神尾久美子 桐の木
浅草や異人僧立つ十二月 松山足羽
浚渫船杭つかみ出す十二月 秋元不死男
深海魚の目をして街は十二月 青木貞雄
火の色やけふにはじまる十二月 日野草城
炉ほとりの甕に澄む日や十二月 飯田蛇笏(1885-1962)
為すことを為して悔あり十二月 中嶋秀子
熱湯を刃にかける十二月 小島千架子
爪汚す極みの職や十二月 石川桂郎 高蘆
父の亡き日々にも慣れて十二月 冨田みのる
牡蠣フライ食べ十二月八日かな 石川文子
猪の肉いたみて届く十二月 石川桂郎 四温
玄海の砂噛む波も十二月 清水基吉
町を行く人々に十二月来し 串上青蓑
異邦人とゐて十二月八日かな 米山杜城子
病める日は病める句をなし十二月 大串 章
病院へゆく素手さげて十二月 石原舟月
百の樹に百の海鳴り十二月 木村敏男
盛り上がり珠となる血や十二月 渡辺鮎太
真近なる山の青空十二月 松村蒼石 雁
眼を閉ぢて眼玉痩せたる十二月 殿村菟絲子 『菟絲』
眼を閑づは肯ふことや十二月 津森延世
石とばす風踏み浅間十二月 伊藤敬子
石の上に踏みし枯藺や十二月 永田耕衣 加古
石叩尾を酷使して十二月 大木あまり 火のいろに
磨ぎ水を流す漣十二月 赤松[けい]子 白毫
福助の頭は空つぽや十二月 小泉八重子
空箱の中に空箱十二月 八染藍子
章魚さげて島より患者十二月 井上杉香
竹割つて鵜籠つくろふ十二月 栗田やすし
箱たたきつぶされてゐる十二月 辻田克巳
糸屑も華やぐ色の十二月 吉田みち子
絵襖の前に眠れり十二月 飯島晴子
羽織脱ぎ耳たぶ染めて十二月 阿部みどり女 月下美人
老い兆す頭ごなしに十二月 小嶋萬棒
老年の遊び歩きや十二月 遠藤梧逸
耳に灯がたまる十二月寝てをれば 桜井博道 海上
胸中に聖句かがやく十二月 古賀まり子 降誕歌
脱衣場の板敷き踏める十二月 高澤良一 鳩信 玄帝
臆病な虎を鍛へる十二月 櫂未知子 蒙古斑
船底に白百合積まる十二月 一志貴美子
芥焚くうしろにはかに十二月 長谷川双魚 『ひとつとや』
花の糶終へて風鳴る十二月 山之内赫子
花束の茎を揃へて十二月 嶋田麻紀
花舗に花の赤きを満たす十二月 松崎鉄之介
英霊の家に濃き日や十二月 佐野青陽人 天の川
落ちてあるからたちの実や十二月 銀漢 吉岡禅寺洞
藪深く咲き居る花や十二月 庄司瓦全
蛇行して揺るる電車や十二月 山下典子
蝋涙のはなやぎにをり十二月 原裕 青垣
蟷螂の翅まだ青き十二月 高澤良一 燕音 十二月
見なれたる山のふところ十二月 岡井省二
購ひし本忘れまた購ふ十二月 上野さち子
赤旗の鷹の羽音の十二月 大木あまり 山の夢
赤松の肌濃くなせり十二月 長島生一
起重機の鋭角に伸び十二月 伊藤順雄
跫音の低きは男十二月 石居康幸
路地抜けて行く忙しさも十二月 高浜年尾
路地歩く癖はなほらず十二月 谷口桂子
踊り子と終の電車の十二月 清水基吉 寒蕭々
身を立てて己が影生む十二月 原裕 『王城句帖』
身近なる山の青空十二月 松村蒼石 雁
辻にのみ銀座の日向十二月 皆吉爽雨 泉声
近々と鴉が降りし十二月 斎藤道子
追ふ日あり追はるゝ日あり十二月 清水忠彦
連れ出せば妻は小柄の十二月 北登猛
道路よく掘り起されて十二月 棚橋澄子
遠い木が見えてくる夕十二月 能村登四郎(1911-2002)
遠きほど嶺の青みて十二月 土生重次
遺書めきしあとがきを読む十二月 山崎冬華
酒運ぶ足袋のちらつく十二月 椎橋清翠
門前の石蕗に声掛く十二月 原裕 青垣
開戦の日ではなくジヨン・レノンの命日と紹介さるる十二月八日 小野雅子
開戦の目に沁むばかり冬菜の霜(昭和十六年十二月八日) 田川飛旅子 『花文字』
陋巷のわが家が産屋十二月 下村槐太 光背
雨傘をはみだす両肩十二月 安田くにえ
電飾の胸元もまた十二月 嶋田麻紀
霜柱十二月八日の無数の靴 山口和夫
青空を海に拡げて十二月 伊藤通明
靴履きて巫女いそぎ行く十二月 内野睦子
風の日の雲美しや十二月 有働亨 汐路
風吹けば人皆素顔十二月 上島 顕司
風連れて牛買が来る十二月 倉田 晴生
飄々と栗鼠跳ぶ迅さ十二月 堀口星眠 営巣期
食いこぼす朝の飯粒十二月八日 窪田丈耳
馬がをり火を焚いてゐる十二月 野島恵禾
駅時計の真下にゐたり十二月 北野平八
髪染めて己なぐさむ十二月 藤岡きみゑ
鮒鮓の桶のゆるびも十二月 草間時彦 櫻山
鯉運ぶ水美しき十二月 皆川盤水
鰐の匂いの夕暮れが来る十二月 坪内稔典
鶏しめて太柱より十二月 小島千架子
鷲老いて胸毛ふかるる十二月 桂信子 黄 瀬
鹿苑の松に昼月十二月 石原舟月
黄はたんぽぽ潮岬の十二月 橋本三汀

以上
by 575fudemakase | 2013-12-03 07:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

十一月

十一月

十一月がおわる。
十一月はなんとなく ちゅうぶらりんな月である。二月と同様に。
故に従前から俳人の気を引く月である。それをできるだけあつめてみる。
(俳句例句DBより)

あたたかき十一月の回り道 松吉良信
あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男
あをあをと十一月の蓬かな 山口いさを
かたくなな十一月の空がある 櫂未知子 蒙古斑
からまつに十一月の雨の音 野中亮介
からまつの十一月の林かな 今井杏太郎
くしゃみして十一月に入りにけり 高澤良一 燕音 十一月
しくしくと十一月の雨が降る 後藤綾子
しら帆百上げる十一月末日の仕事 阿部完市 春日朝歌
ほとけおどけよる十一月のホットケエキ 攝津幸彦
やすんじて牡蠣の十一月迎ふ 石川桂郎 四温
コースター十一月の風を切る 野原 湖心
コート買ふ十一月の旅のため 西村和子 夏帽子
コーヒ濃し十一月の終りけり 森田峠 避暑散歩
ベッド組み立てて十一月の雨 皆吉 司
亀とゐて十一月のはじまりぬ 斎藤隆顕
人目も草も十一月はあからさま 清水径子
今日よりは十一月の旅日記 星野立子
今日よりは十一月の石蕗の花 高木晴子
余日なき十一月の予定表 星野立子
信濃全山十一月の月照らす 桂信子 花寂び 以後
光まとひて十一月の枯木ども 相馬遷子 山国
出水禍の十一月も畳なし 近藤一鴻
十一月あつまつて濃くなつて村人 阿部完市
十一月くしゃみ始めと云ふべかり 高澤良一 寒暑 十月-十二月
十一月こんな日和がよろしくて 高澤良一 寒暑 十月-十二月
十一月しょっぱなの風邪貰ひけり 高澤良一 燕音 十一月
十一月ときめくことも無く過ぎし 丸山しげる
十一月の宮殿の雨の宵 田中裕明 櫻姫譚
十一月の櫛目正しき日の光 中村草田男
十一月の洩れ日大柄濤起こる 鳥居おさむ
十一月の海見ゆリフトゆるやかに 横原律子
十一月の税吏に向くる空気銃 斎藤玄
十一月の船落ちてゐる騙し舟 攝津幸彦 鹿々集
十一月の薄日の影を横切った 高橋信之
十一月の逢曳鳩の眸に見られ 木下夕爾
十一月は青微光なし越前の蟹の雌雄も食はれてしまふ 鈴木春江
十一月をくるぶしのすこやかな 中田剛 竟日
十一月ホンドタヌキの空寝入り 高澤良一 寒暑 十月-十二月
十一月七日声あげて風屋根を過ぐ 古沢太穂 古沢太穂句集
十一月三日は必ず空が青くてわたしたち老いらく 荻原井泉水
十一月六日は雨の親しかり 島谷征良
十一月六日を記す雨とのみ 手塚美佐 昔の香
十一月古きビートルズが歌ふ 中村明子
十一月壁に射す日の白かつし 高澤良一 寒暑 十月-十二月
十一月婚約の孫祝しけり 濃野愛子
十一月寝刻まで茶湯たぎらせよ 斎藤空華 空華句集
十一月朔日服を替へて出づ 広瀬河太郎
十一月枯れゆくは華咲くごとく 平井照敏 天上大風
十一月潮のしぶきの橋点る 伊藤京子
十一月焚いて渚に桜榾 岡井省二
十一月石も素肌をさらすかな 平井照敏
十一月神の醸せし酒にほふ 栗原稜歩
十一月花を扱ひ荒れし手よ 大井雅人
十一月街路樹の色ゆたかなる 作山 和子
咳きながら十一月に入りけり 阿波野青畝
喪の十一月河強風に捲かるる鴎 古沢太穂
墨すつて十一月の卓の上 橋本榮治
墨すつて十一月の洛の宿 橋本榮治 越在
宙に日を十一月の楢櫟 星野麦丘人
家族ゐて十一月のはじまりぬ 藺草慶子
少女の素足路地へすつ飛ぶ十一月 能村登四郎
山に入る十一月の背負籠かな 白岩 三郎
峠見ゆ十一月のむなしさに 細見綾子(1907-97)
川透きて十一月の桑畑 斎藤道子
影淡き十一月の稲架掛くる 石川桂郎 四温
手術痩せの身に十一月終りけり 上野さち子
投函に十一月の日差す道 高澤良一 宿好 十月-十二月
新しきナイフとフォーク十一月 川崎展宏
旅に見る十一月の水や空 島田みつ子
日の障子十一月の白ならん 大井雅人
日暮見ぬ十一月の道の辺に 原石鼎
星を一撃十一月の人焼く火 対馬康子 純情
星空を足音あゆむ十一月 平井照敏 天上大風
月上る十一月の草の香に 新村写空
松ばかり冴えて十一月といふ 石塚友二
栗いろの十一月の雀らよ 今井杏太郎
桃の木に十一月の日ざしかな 篠崎圭介
武蔵野は十一月の欅かな 松根東洋城
水の辺に十一月の青芭蕉 石原舟月
沖に日矢十一月の波頭 星野椿
河馬を呼ぶ十一月の甘納豆 坪内稔典
洗濯ばさみ強し鳶くる十一月 中山純子 沙羅
海の鵜に十一月の日は移る 小宅容義
混みあひて十一月の鬼籍かな 岩月通子
灯台に十一月の濤しぶき 伊藤敬子
煙草の火十一月がすたすたと 美馬順子
父の忌の十一月の雪を掃く 深谷雄大
猫のぼる十一月のさるすべり 青柳志解樹
瞬けば十一月は冬なりき 殿村菟絲子 『菟絲』
石蕗の黄に十一月はしづかな月 後藤比奈夫 初心
約多き十一月となりにけり 斎藤節子
縞織つて十一月の風の音 鷲谷七菜子 花寂び
美しき十一月のペルシャ猫 山口冬男
義理欠くまま十一月のこゑをきく 高澤良一 随笑 十月-十二月
老人に海優しかり十一月 櫛原希伊子
聖樹はや十一月のレストラン 大久保白村
花少なき十一月に母死せり 和田耕三郎
花石蕗に十一月の始りぬ 高木晴子 晴居
茨の実琥珀十一月終る 山口青邨
落葉松に十一月の来てゐたり 蓬田紀枝子
虚子に問ふ十一月二十五日のこと如何に 川崎展宏(1927-)
街の音十一月も半ば過ぎ 高木晴子 花 季
訪はずまた見舞はず十一月の鵙 野澤節子 黄 炎
詩の湧きつぐことが詩十一月の薔薇 中村草田男
謙虚なる十一月を愛すなり 遠藤梧逸
谷に住む十一月のあたたかし 長谷川素逝 暦日
貌うつす十一月の水の張り 桂信子 花寂び 以後
迷ひ来て十一月の蝶黄なり 藤原たかを
醜松の十一月を水漬ける 齋藤玄 飛雪
鍋もののうまき十一月来たる 石川桂郎 高蘆
長命寺裏や十一月も尽き 岸田稚魚 『雪涅槃』
雑巾の道まつしぐら十一月 赤松[ケイ]子
雨が消す十一月の草の色 大島早苗
雨の十一月林檎灯あつめ前夜祭 古沢太穂 古沢太穂句集
雨や降る凡に十一月三日 石塚友二 光塵
雲ゆくや十一月の大鳥居 猪頭 星荘
雲助大勢十一月の背景より 長谷川かな女 牡 丹
魚を焼く十一月の身のまはり 黛執
鳴くからに十一月の蚊を殺す 赤松[ケイ]子

以上
by 575fudemakase | 2013-11-30 04:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング