カテゴリ:冬の季語( 1208 )

クリスマス(1)

クリスマス(1)

例句を挙げる


『ほらねクリスマスの七面鳥を目で見なさい』 橋本夢道 無礼なる妻
おごそかな痔疾の起居クリスマス 須川洋子
かたくなに吾が額つかずクリスマス 竹下しづの女句文集 昭和十二年
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
ここに酸素湧く泉ありクリスマス 石田波郷
この出逢ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
とほき灯のなどか瞬くクリスマス 西村和子 かりそめならず
ぬひぐるみトナカイを抱きクリスマス 高澤良一 随笑
ひとの恋の電話とりつぐクリスマス 金子 潮
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男(1901-77)
ほんものゝ樅は嵐やクリスマス 久米正雄 返り花
ましろなる神父の髯やクリスマス 富安風生
みちのくに耶蘇の村ありクリスマス 長沢簽一
みづうみに雪のちらつくクリスマス 今井杏太郎
みどりごを花弁包みにクリスマス 中戸川朝人 星辰
やっかいな妹の来るクリスマス 栗島 弘
わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス 山口誓子
オルガンの鞴の漏れしクリスマス 正木ゆう子 静かな水
オルガン奏者首垂れやめりクリスマス 中戸川朝人 残心
カステラの一トきれさへやクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
ガチャガチャの鳴く夜を以てクリスマス 篠原鳳作
クリスマスけふの花聟花嫁御 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
クリスマスちちははあまた天に帰し 伊丹三樹彦 人中
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子 汀子句集
クリスマスの少女唄ひて蜜柑選る 萩原麦草 麦嵐
クリスマスの木の大きさに灯をつらぬ 青峰集 島田青峰
クリスマスの歌に灯揺れてよきまどゐ 青峰集 島田青峰
クリスマスの海の暗がりおるごおる 折井紀衣
クリスマスの灯が震へて七面鳥の白い肉 露石遺稿(蛙鼓) 水落露石
クリスマスの用意晴れがましさの前夜かな 青峰集 島田青峰
クリスマスひらきし聖書にも灯す 田村了咲
クリスマスゆき交ひて船相照らす 加藤楸邨
クリスマスらしくほほ笑み靴みがき 成瀬正とし 星月夜
クリスマスわが箸まじる箸家族 磯貝碧蹄館 握手
クリスマスイブ更け心の襞も更け 楠本憲吉
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴ氷川丸灯りけり 今井杏太郎
クリスマスカードのランプ句を作る 村越化石 山國抄
クリスマスカードの加奈陀花の国 阿波野青畝
クリスマスカードの鶴よドイツヘ飛べ 山本歩禅
クリスマスカード地球は狭くなり 水原 春郎
クリスマスカード消印までも讀む 後藤夜半
クリスマスカード真夏の国へかな 山田弘子 こぶし坂
クリスマスキャロルの中の五番街 水田むつみ
クリスマスキャロル星伴れ病める徒へ 村越化石
クリスマスギフトに末子鞍欲しと 上野泰
クリスマスケーキにも灯が殺到す 和知喜八 同齢
クリスマスコンサートまで三時間 山田弘子 こぶし坂
クリスマスセールの籤に巴里の旅 大島民郎
クリスマスツリーにふれて炭運ぶ 菖蒲あや 路 地
クリスマスツリーに光る星の精 渡辺 寿栄子
クリスマスツリーに愛の雪の家 松瀬青々
クリスマスツリーに星を先づ飾り 高木晴子 晴居
クリスマスツリーのともし残し寝る 稲畑汀子
クリスマスツリーの下のブルドッグ 大木あまり 火球
クリスマスツリーの端に家が見え 星野 高士
クリスマスツリーはや調うて夜は灯す 小澤碧童 碧童句集
クリスマスツリーは逆さまだと思う 五島高資
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー点りて癒え初むる 佐藤信子
クリスマスツリー飾りて茶房閑 翁長恭子
クリスマスディナーときをり嵯峨野線 大石悦子 百花
クリスマストリイともるわれらが貧しき町 山口誓子
クリスマスパンをくはへし犬に会ふ 田村了咲
クリスマスユダを演じてほめられぬ 岡本眸
クリスマスリースひときは芝翫香 西村和子 かりそめならず
クリスマスローズ春愁とにあらず 後藤夜半 底紅
クリスマスローズ気難しく優しく 後藤比奈夫 花匂ひ
クリスマス七寮に満つ患者等に 石田波郷
クリスマス乞食の碗に雪つもる 加藤知世子 黄 炎
クリスマス二人の吾子のサンタなり 小林好美
クリスマス佛は薄目し給へり 相生垣瓜人(1898-1985)
クリスマス使徒ペテロ書を爐のほとり 松瀬青々
クリスマス個展おのれの絵で飾る 古舘曹人 能登の蛙
クリスマス六年生の背いくらべ 伊東達夫
クリスマス地に来ちゝはゝ舟を漕ぐ 秋元不死男
クリスマス地平に基地の灯が赤し 飴山實 『おりいぶ』
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂信子
クリスマス妻子とあれど肋なし 吉田北舟子
クリスマス愚直の大足洗ひをり 神蔵器
クリスマス愚者の楽園地下にあり 福田蓼汀
クリスマス指美しき囚徒をり 飯田龍太
クリスマス来る港町渦なす灯 柴田白葉女 『月の笛』
クリスマス気分にいつの間にか吾も 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス海にはあらぬ橇の鈴 鈴木翠塔
クリスマス海のたけりの夜もすがら 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス熟睡の猫抱いてあげる 池田澄子
クリスマス真つ暗な板あがりしが 久保田万太郎 草の丈
クリスマス礼拝つひに雪降らず 上田日差子
クリスマス祝歌(キャロル)のやうな娘かな 本庄登志彦
クリスマス終へし樅の木幼なかり 桜井博道 海上
クリスマス絵の具の付きし手を洗ふ 佐野典子
クリスマス羊の役をもらひたる 西村和子 夏帽子
クリスマス肋除られて打臥すも 石田波郷
クリスマス螺旋にのぼる駐車場 能村研三
クリスマス賢者の言葉子に贈る 近藤一鴻
クリスマス贈物ほど錠剤持ち 鈴木栄子
クリスマス迄にといふ約束す 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス近し少年はミルク色 対馬康子 愛国
クリスマス隠れ耶蘇の碑灯をもらう 八木三日女 落葉期
クリスマス風景の一部に足場組む 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
クリスマス魔の宴とは知らずけり 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス鳩の赤脚まだ眠らず 桜井博道 海上
ケーキ切るのみのわが家のクリスマス 下村梅子
ケーキ売り尽してよりのクリスマス 毛塚静枝
ゴブランの大壁懸やクリスマス 吉武月二郎句集
シェフの帽塔のごとしやクリスマス 岩崎照子
シャンデリアに 虎の足跡 クリスマス 伊丹公子 機内楽
ナプキンに肉の血の染みクリスマス 長田 等
バーゲンの派手な服買ふクリスマス 大河原一石
フケ取りの男匂ひやクリスマス 久米正雄 返り花
ボサノバのゆつくり更けるクリスマス 筑紫磐井 花鳥諷詠
マンホールに水奔騰すクリスマス 宮坂静生 雹
ロックバンドは蕊を打ち合いクリスマス 中村 和弘
ローソクを飾るだけでもクリスマス 稲畑汀子 春光
ヴァイオリン作る小村のクリスマス 京極杞陽
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一堂にこもらふ息やクリスマス 篠原鳳作 海の旅
三日月のほのかにありしクリスマス 中田冬女
中国の茶の淹れらるるクリスマス 後藤夜半 底紅
主は馬面父としてわがクリスマス 古館曹人
二三段雪のきざはしクリスマス 佐野まもる
亡き母の部屋も灯してクリスマス 山田閏子
人と幸比較はすまじクリスマス 嶋田摩耶子
人形に国籍ありやクリスマス 岩崎照子
人逝けりクリスマス・イヴの地下室に 成瀬櫻桃子 風色
伐り倒されクリスマスツリーたらむとす 加倉井秋を 午後の窓
休戦をよろこぶ神父クリスマス 森田峠 避暑散歩
何事も信じてクリスマス聖書 平松竃馬
信じつつ楽しく子供クリスマス 京極杞陽 くくたち上巻
傷林檎厩舎に届くクリスマス 斎藤節子
八人の子供むつましクリスマス 子規句集 虚子・碧梧桐選
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子 てんてん
剥製の鳥のテロの眼クリスマス 鷹羽狩行 六花
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二
勤め持つ女等たのしクリスマス 右城暮石 声と声
北斗の尾煙突に触れクリスマス 伊藤三十四
叱られてゐし子を抱きぬクリスマス 金久美智子
合唱団左右に揺れてクリスマス 吉原文音
回送電車をしばらく降りずクリスマス 大石雄鬼
地下駐車場にもクリスマスキャロル 山田弘子 こぶし坂
塔の上の鐘動き鳴るクリスマス 松本たかし
外人は高き鼻もちクリスマス 高田風人子
外灯のほほゑみつづくクリスマス 茨木和生 遠つ川
大きな馬糞小さな馬糞クリスマス 中村堯子
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
天に星地に反吐クリスマス前夜 西島麦南
天井に風船眠りクリスマス 福田蓼汀 山火
太極拳廃れて雨のクリスマス 塚本邦雄 甘露
奈良県になき地下街よクリスマス 右城暮石 上下
女がちにクリスマスの人集ひけり 雉子郎句集 石島雉子郎
婚約を告げる神ありクリスマス 山田弘子 こぶし坂
嫁してより信やゝうすれクリスマス 吉井莫生
子どもらに通知簿くばりクリスマス 樋笠文
子へ選ぶクリスマスカード楽鳴れり 里田 勝子
子を抱けば子に紙吹雪クリスマス 古館曹人
子供等に歳聞かれけりクリスマス 寺田寅彦
宙を飛ぶ長靴を買ふクリスマス 有馬朗人 知命
定刻に塔の鐘鳴りクリスマス 長田等
定食で生きる男のクリスマス 中嶋いづる
寝そべつてをりてクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
少年工学帽かむりクリスマス 秋元不死男(1901-77)
尻さむし街は勝手にクリスマス 仙田洋子 橋のあなたに
屋上より樹頭見下ろすクリスマス 津田清子 礼 拝
屑籠の屑も美しクリスマス 森田峠 避暑散歩
屑買女は風呂桶が欲しクリスマス 百合山羽公 寒雁
山国の星座は低しクリスマス 野口八重子
島人に旧教多しクリスマス 香月 梅邨
強燭の数だけの闇クリスマス 高澤晶子 復活
息安く仰臥してをりクリスマス 石田波郷(1913-69)
悲しみの灯もまじる街クリスマス 堀口星眠
我が持てる包の中もクリスマス 山内山彦
戻り来し猫の鈴の音クリスマス 片山由美子 天弓
手づくりの蝋燭たてやクリスマス 篠原鳳作 海の旅
手品してみせる牧師やクリスマス 土井治
振れば鳴る胡桃もクリスマスのひとつ 村越化石 山國抄
教室の汲み水蒼しクリスマス 宮坂静生 雹
新しき星の寒さよクリスマス 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
昏れそめて累卵の白クリスマス 竹腰千恵子
星々にことごとく名やクリスマス 石田郷子
星満ちて地にはこぼれずクリスマス 相馬遷子 雪嶺
東の星の光やクリスマス 日野草城
枯木の遠ち枯木が見えてクリスマス 高澤良一 随笑
枯蔦や昨日に過ぎしクリスマス 増田龍雨 龍雨句集
柊の花に晴れたりクリスマス 柑子句集 籾山柑子
柔かき海の半球クリスマス 三橋敏雄
死にたい母も生きたい母もクリスマス 中村草田男
残業の手を洗ひをりクリスマス 渡辺二三雄
水のんで心の隅のクリスマス 加藤知世子 花 季
流されてゆく人なかのクリスマス 大橋俊彦
湯上りの子のまくれなゐクリスマス 赤松子
湯気のたつ馬に手を置くクリスマス 大木あまり
火が熾り赤鍋つつむクリスマス 小松道子
灯を消せば青き舞台やクリスマス 五十嵐播水 播水句集
点滅は聖樹の言葉クリスマス 山崎みのる
烏賊釣火点れり伊豆のクリスマス 今井杏太郎
焚火たゞ紅くたゞ焚きクリスマス 中島斌男
燭あまた樅に点してクリスマス 四明句集 中川四明
版画彫る屑膝にためクリスマス 鈴木しげを
牛の舌に塩振つてゐるクリスマス 内田美紗 誕生日
物くれる阿蘭陀人やクリスマス 高浜虚子
犬の尾のふさふさとしてクリスマス 石田郷子
犬小屋に扉のなくてクリスマス 土生重次
猩々木挿して近づくクリスマス 阿部みどり女
疵りんご厩舎に届きクリスマス 斎藤節子
病院の屋上濡れてクリスマス 岸田稚魚
癌がまた出て来たぞクリスマスイヴ 堀米秋良
盲導犬使徒の眼持てりクリスマス 田川飛旅子 『使徒の眼』
真珠は貝の生身の傷やクリスマス 中村明子
眼をはなれ眠れるまつ毛クリスマス 赤松[けい]子 白毫
石の家灯を洩らさずにクリスマス 岬雪夫
砂糖壺ゆたかに満たしクリスマス 平間真木子
神よ来て子を助けませクリスマス 石塚友二 光塵
神父老い信者われ老いクリスマス 景山筍吉
禁制の夜のコーヒ飲むクリスマス 右城暮石 声と声
私書箱開扉一番にクリスマスカード 鈴木栄子
粧ひて胸うすき者よクリスマス 石田波郷
絵硝子の羊まどろむクリスマス 大島民郎
縛られしハムの糸解くクリスマス 田島蔦子
美容室せまくてクリスマスツリー 下田実花
聖鈴浴びこころ寄せあふクリスマス 村越化石 山國抄
聖霊はきつと黒色クリスマス 田川飛旅子 『邯鄲』
胡桃など割つてひとりゐクリスマス 山口青邨
船四方に白波立てりクリスマス 久野幸子
船底に男風呂ありクリスマス 中尾杏子
花文字の異国の絵本クリスマス 石田 克子
虚子像の左右にベル吊りクリスマス 保田白帆子
蜂蜜壺の おもたいくもり クリスマス 伊丹公子 メキシコ貝
街といふ街行けばクリスマスカロル 今井千鶴子
裏町の泥かがやけりクリスマス 桂信子 黄 瀬
西行きの列車がら空きクリスマス 右城暮石 声と声
見舞はれて家族の揃ふクリスマス 後藤一秋
角曲るたびにクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
語部と酌む高千穂のクリスマス 伊和元聖水
貧しけれどもクリスマスの夜父ありぬ 長谷川かな女
赤き実を見しよりこころクリスマス 岩岡中正
足ることをほとほと学びクリスマス 田川飛旅子 『山法師』
送電線深海をゆくクリスマス 遠山陽子
金と銀と赤の紙屑クリスマス 正木ゆう子 悠
金銀の紙ほどの幸クリスマス 沢木欣一
針坊主に針かがやきてクリスマス 桑原月穂
銀の匙象牙の箸やクリスマス 太田育子
鎌倉に馬車の往来やクリスマス 久保田万太郎 草の丈
長崎に雪めづらしやクリスマス 富安風生
闇に燭手に~歌ふクリスマス 吉良比呂武
降る雪にさはられてゐるクリスマス 攝津幸彦
雀らの草撓めゐるクリスマス 大木あまり 火球
離陸せぬうちに眠れりクリスマス 夏井いつき
雪になるはずがかく晴れクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪のせてクリスマスツリー出来上り 高木晴子 晴居
雪の上に星降る夜半やクリスマス 寺田寅彦
雪の戸の堅きを押しぬクリスマス 水原秋櫻子
雪を来し靴と踊りぬクリスマス 山口波津女
雪国に来て雪をみずクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
靴下がくの字に吊られクリスマス 阿波野青畝
鞄より首出す小犬クリスマス 福田蓼汀
頸動脈が口開けているクリスマス 夏石番矢 人体オペラ
饂飩屋台横丁にいてクリスマス 長谷川かな女 花 季
香焚いて雪の老舗のクリスマス 伊東宏晃
馬小屋の一頭で満ちクリスマス 鷹羽狩行
鮨食べに来し父と子のクリスマス 上崎暮潮
黒人のてのひら白しクリスマス 政木 紫野
黒人の掌の桃色にクリスマス 西東三鬼(1900-62)
イヴの夜は耳やわらかき犬といる 佐藤和子
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫 めんない千鳥



以上
by 575fudemakase | 2013-12-23 07:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

柚子湯

柚子湯

例句を挙げる。


あたたまり浮ぶほかなき柚子湯の柚子 井上郁夫
いつさいを柚子湯に沈め生家なり 辻美奈子
うちふして柚子湯の匂ひひろがりぬ 仙田洋子 雲は王冠
うつうつと柚子湯に眉の溶けにけり 殿村莵絲子 花寂び 以後
ししむらの淋しくなりし柚子湯かな 井上土筆
たどりつく思ひのありて柚子湯かな 北村仁子
ちちははの慰めあひし柚子湯かな 廣瀬直人
ちよんとつく柚子湯の柚子をちよんとつき 川崎展宏 冬
とっぷりと柚子湯につかる風の音 林 民子
なつかしや柚子湯は熱く青文身 石川桂郎 含羞
ひと年のつかれとおもふ柚子湯かな 成瀬桜桃子 風色
ふぞろひの柚子のたのしき柚子湯かな 仙田洋子 雲は王冠
ほのぼのと母の首ある柚子湯かな 保坂春苺
むつかしい一日が暮れ柚子湯の柚子 桂信子 黄 瀬
よき眠り給へ柚子湯の香を夜具に 杉本寛
をみなごのひとりあそべる柚子湯かな 川崎展宏
タイルを目盛ひとりの柚子湯溢れしめず 鈴木栄子
一人あがり柚子湯のにごり熱さ増す 中戸川朝人 残心
一族郎党が沈んでゐる柚子湯かな 八木忠栄
三従の身を深々と柚子湯かな 加藤安希子
三更の月天心に柚子湯かな 太田光子
五六日半鐘きかぬ柚子湯かな 増田龍雨 龍雨句集
創痕の臍にて止まる柚子湯かな 萩野をさむ
勉強のわが少年に柚子湯の香 細川加賀
古びゆくいのち柚子湯に沈めをり 杉山 岳陽
吾子はみな柚子湯の柚子を胸に抱き 山口青邨
四十の肉やはらかき柚子湯かな 黒田杏子 一木一草
天上の湯浴みをここに柚子湯かな 渡辺恭子
夫の恩人の恩柚子湯勿体なし 殿村菟絲子 『旅雁』
夫焚いてくれし柚子湯を惜しみなく 仙田洋子 雲は王冠
女工たち声あげ入りて柚子湯たり 菖蒲あや
妙案の浮かべるごとく柚子湯の柚 高澤良一 宿好
妻の入る柚子湯さめしやと章や焚く 清水基吉 寒蕭々
子が蹠膝にふわりと柚子湯の香 林原耒井 蜩
子の夫婦とまらす柚子湯繰りあげて 篠田悌二郎
子の忘れし乳房漂ふ柚子湯かな 丹間美智子
子育てし乳房柚子湯にいとしむも 吉野義子
存念やこの身大事と柚子湯して 宇多喜代子 象
手離さむ我が家柚子湯を溢れしめ 楡井 秀孝
旅どまり柚子湯に入れて貰ひけり 小澤碧童 碧童句集
旅はもう叶はぬ母に柚子湯立て 樹生和子
旅ひとつきまりてはずむ柚子湯かな 石田あき子 見舞籠
星辰のことふと思ふ柚子湯かな 仙田洋子 雲は王冠
果て近き旅を柚子湯にひたりけり 金尾梅の門 古志の歌
柚子の里いづこも真昼柚子湯わき 古賀まり子 緑の野以後
柚子湯あふれしめもう父と入らぬ子 増賀美恵子
柚子湯して「石版東京図絵」と決む 永井龍男
柚子湯してあしたのあしたおもふかな 黒田杏子 木の椅子
柚子湯してぬくもる嬰を皿秤 佐藤美恵子
柚子湯してよき転職の一日目 都筑智子
柚子湯して五欲も淡くなりしかな 小林康治
柚子湯して厨に残す柚子ひとつ 明比ゆき子
柚子湯して命の末の見ゆるかな 小林康治
柚子湯して妻とあそべるおもひかな 石川桂郎(1909-75)
柚子湯して柚子とあそべる独りかな 及川貞
柚子湯して柚子より軽く浮ける身の 高澤良一 宿好
柚子湯して髪ゆたかなる山乙女 有泉七種
柚子湯です出て来る客に這入る客 川崎展宏
柚子湯の煙あがるや家の内 前田普羅
柚子湯ほのぼのと牛啼く声聞ゆ 松村多美
柚子湯もう握り潰してありし柚子 岩田由美
柚子湯より出すずつしりと子の重さ 今瀬剛一
柚子湯出し子は母までの水脈ひいて 今瀬剛一
柚子湯出し素顔のままに長電話 西村和子 夏帽子
柚子湯出てこの世ほのぼの妻子あり 新明紫明
柚子湯出てまた人の世のひとりなり 梅澤よ志子
柚子湯出て夫の遺影の前通る 岡本眸
柚子湯出て妻のクリーム少し塗る 雨宮昌吉
柚子湯出て家居のあかり減らしゆく 岩淵喜代子 朝の椅子
柚子湯出て家族の中に戻りけり 藺草慶子
柚子湯出て山姥のごと横坐り 大木あまり
柚子湯出て慈母観音のごとく立つ 上田五千石(1933-97)
柚子湯出て枯山の日に歩きけり 石原舟月
柚子湯出て櫛目の深き妻の髪 岡田 貞峰
柚子湯出て蹠に荒き畳の目 菖蒲あや
柚子湯出ですぐに眠しやネルを着て 岸風三樓
柚子湯沁む無数の傷のあるごとく 岡本眸
柚子湯流せば日本に星いつぱい 今瀬剛一
柚子湯淡しまた後れたるひとりにて 小林康治
武蔵野や柚子湯を貰ふ宵ながら 石川桂郎 含羞
残る日の柚子湯がわけばすぐ失せぬ 水原秋櫻子
母にちかづくことの柚子湯をわかしをり 野澤節子 『駿河蘭』
沈めたり浮せたりして柚子湯かな 今橋浩一
独り身の客に柚子湯をすすめけり 白岩 三郎
生き延びて柚子湯を華と溢れしむ 菱田好穂
生まれ出るごとくに柚子湯上がりけり 高橋悦男
生涯の女書生や柚子湯して 黒田杏子 一木一草
痩せこけて肩の骨立つ柚子湯哉 瀧井孝作
白々と女沈める柚子湯かな 日野草城
窓すこし開けて柚子湯の湯気逃がす 片山由美子 天弓
胸の灯を点す柚子湯となりしかな 小林康治 『存念』
足るを知る身のしあはせの柚子湯かな 石井紅洋
躬ひとつを入れて柚子湯を溢れしむ 平間真木子
追はれゐるいのちたゆたふ柚子湯かな 文挟夫佐恵
遅き子に柚子湯の柚子を一つ足す 船坂ちか子
金星と月を左右に柚子湯かな 橋本薫
金溜まることに縁なき柚子湯かな 鈴木真砂女 夕螢
雨やがて霧となりたる柚子湯かな 鈴木しげを
雨音やひとりの柚子湯愉しめば 安田 晃子
香の深き柚子湯や年のけぢめとす 加藤知世子 花 季
魚のごとく啼きぬ柚子湯の柚子押せば 岡崎光魚
とくとくと血は巡るかな冬至風呂 中村苑子
シャンプーの壜のももいろ冬至湯に 高澤良一 随笑
一升星硝子戸越しに冬至風呂 田中冬二 若葉雨
二人には煮つまりすぎし冬至風呂 武田和郎
今更に母の手細し冬至風呂 古賀まり子 緑の野以後
傘もちてささで戻りぬ冬至風呂 宮武寒々 朱卓
冬至湯に乳房の谷を深くして 金久美智子
冬至湯に絆創膏も浸りゐて 高澤良一 宿好
冬至湯の柚子と浮沈の子がふたり 野中 亮介
冬至湯の湯気まうまうを纏ひ出づ 高澤良一 随笑
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 新訂普羅句集
冬至風呂せめてゆつくり入りけり 小川竜雄
冬至風呂上面うめたぐらいでは 高澤良一 随笑
剃刃の傷あとうづく冬至風呂 河野南畦 湖の森
十年の宿痾の癒えし冬至風呂 池田博子
念願のセンサーにして冬至風呂 白鳥順子
手術痕改め入る冬至風呂 高澤良一 随笑
歳月を浮かべ沈めて冬至風呂 佐々木早月
熱き湯に痒み覚えぬ冬至風呂 高澤良一 随笑
現身をもて冬至湯を溢れしむ 松岡ひでたか
竹くべし音すさまじき冬至風呂 前田普羅
若き日の火筒暮しや冬至風呂 柴田保人
釜茹でを承知の上の冬至風呂 高澤良一 寒暑
あそび女の柚子風呂に音立てずゐる 鷲谷七菜子
まひるまの柚子風呂たててくれにけり ふけとしこ 鎌の刃
庭掃除すませ今宵は柚子風呂に 大原雅尾
柚子風呂にひたす五体の蝶番 川崎展宏
柚子風呂に一生を経しごとくあり 蒔田光耕
柚子風呂に吾が胸いだく愛すごと 菖蒲あや 路 地
柚子風呂に妻をりて音小止みなし 飴山實 少長集
柚子風呂に浸す五体の蝶番 川崎展宏
柚子風呂に聖痕のなき胸ひたす 有馬朗人
柚子風呂に離れ住む子を思ひけり 藤原照子
柚子風呂のあとみごもりの深睡り 仙田洋子 雲は王冠
柚子風呂の柚子が赤子に蹴られけり 神原栄二
柚子風呂の重たき柚子となり泛ぶ 田中一荷水
柚子風呂や寄り来る柚子を突き返し 岩田由美 夏安
柚子風呂を母在りし日のごと沸す 栗原米作
かさつける五體にじんわり冬至の湯 高澤良一 宿好
ほどほどに身の枷とれて冬至の湯 長谷川史郊
下履きをバタンと冬至の湯屋を出づ 高澤良一 随笑
二千年来るともかくも冬至の湯 北見さとる
燈台に波あがる見て冬至の湯 針呆介
臍ひとつしみじみとあり冬至の湯 角川春樹



以上
by 575fudemakase | 2013-12-22 09:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬至

冬至

冬至の例句を挙げる。


あたたかき雨の降りたる冬至かな 俊朱
あつものに南瓜の混る冬至かな 島村元句集
あやまたず沈む冬至の日を見たり 後藤夜半(1895-1976)
いづくにか在りたる冬至南瓜切る 皆吉爽雨
うすらひに散る葉もあらぬ冬至かな 増田龍雨 龍雨句集
うぶけ屋に冬至の毛抜もとめけり 龍岡晋
おもしろいほどウンコでる冬至です 隅 治人
かさつける五體にじんわり冬至の湯 高澤良一 宿好
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
かち割りて冬至南瓜の鬱金かな 小林京子
かれがれに虫きこゆ冬至十日前 佐野良太 樫
かんばしき薬のみたる冬至かな 増田龍雨 龍雨句集
けふ冬至餘生こたびはいかならむ 水原秋櫻子
さむざむと日輪あそぶ冬至かな 飯田蛇笏 春蘭
しかと見る冬至をきのふなる夕日 皆吉爽雨 泉声
すれ違ふ太陽と月冬至かな 和田耕三郎
たつぷりと盛られし冬至南瓜かな 八木林之介 青霞集
てんたうむしだましが死んで冬至かな 斉藤夏風
とつときの冬至南瓜の据りかな 吉岡葉家子
どうらんの堅さ冬至の楽屋かな 小沢昭一
なにもかも晴れて冬至の火消壺 大木あまり 火球
なりゆきの顔のままなる冬至かな 小島千架子
へつついに冬至の柚子がのつてをる 富安風生
ほどほどに身の枷とれて冬至の湯 長谷川史郊
ほろほろと石に日の射す冬至かな 有働 亨
またがつて遊ぶは冬至南瓜かな 岸本尚毅 舜
まだ母に冬至南瓜を切る力 大庭星樹
ももいろの体湯の中冬至前 金田咲子 全身 以後
ややゆらぐいのちとなりて冬至の日 和知喜八
よそながら冬至と聞くや草の庵 黒柳召波 春泥句集
わらしべで冬至の靨括りたし 橋石 和栲
シャンプーの壜のももいろ冬至湯に 高澤良一 随笑
ビル陰の深きを行くも冬至かな 田淵定人
一と袋山梔子摘みし冬至哉 小澤碧童 碧童句集
一本三百円「愛」に欠伸の出る冬至 櫂未知子 貴族
下履きをバタンと冬至の湯屋を出づ 高澤良一 随笑
不揃ひの冬至蒟蒻坊泊り 澤田緑生
二千年来るともかくも冬至の湯 北見さとる
人が出し門の夜寒は冬至かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
人やしる冬至の前のとし忘 素堂
人去つて冬至の夕日樹に煙り 桂信子 花寂び 以後
仏壇に水仙活けし冬至かな 高浜虚子
仏壇の菓子うつくしき冬至かな 正岡子規
何の香ぞ冬至の坂を下りくるに 星野麦丘人
作業場にこけし材着く冬至かな 田中好子
倫敦の声なりし人帰国して冬至 長谷川かな女 花 季
六波羅へぼたん見にゆく冬至かな 飯田蛇笏 山廬集
冬至とてなすこともなく日暮れけり 石川桂郎 高蘆
冬至とて南瓜嫌ひも食はさるる 下村ひろし
冬至とて男にやどる力かな 松瀬青々
冬至とは影を忘れし形なり 村木佐紀夫
冬至にも見ざりし夏至の暗さなり 相生垣瓜人 微茫集
冬至にも除目にも来し蘆辺なり 相生垣瓜人 微茫集
冬至の日きれい植木屋木の上に 山口青邨
冬至の日しみじみ親し膝に来る 富安風生
冬至の日沼に入つてしまひたる 石井とし夫
冬至の日炎上つくしたれば落つ 井沢正江 晩蝉
冬至の日縞あるごとくゆれにけり 阿波野青畝
冬至の日追ひて二階に母在ます 橋本榮治 麦生
冬至の月遮断機をいま越えにけり 吉田紫乃
冬至はや漲りのかほ戸口より 中田剛 竟日
冬至までひと日ひと日の日暮かな 草間時彦
冬至まで柚子おろそかにまろびをり 馬場移公子
冬至より夜の鳥籠に布二重 皆吉爽雨
冬至より来たるもいまだ雪の空 立花北枝
冬至十日まへの陽のさす兎小屋 猪俣千代子 秘 色
冬至南瓜しくりと割れば妻の国 松本旭
冬至南瓜とろりと甘し齢延ぶ 高橋利雄
冬至南瓜われも抱かせてもらひけり 原田喬
冬至南瓜切らるるまでの不逞かな 池田秀水
冬至南瓜戦中戦後鮮烈に 田中和子
冬至南瓜食ひ迷信に弱きボス 川村紫陽
冬至南瓜鳩尾あたりくぐりけり 東 竹を
冬至夏至けふは夏至なる月日かな 及川貞
冬至守る一穂の灯の納戸神 小原菁々子
冬至柚子三つ四つ今のゆとりかな 殿村莵絲子 雨 月
冬至柚子使ひ忘れて月日失す 高垣美恵子
冬至湯に絆創膏も浸りゐて 高澤良一 宿好
冬至湯の柚子と浮沈の子がふたり 野中 亮介
冬至湯の湯気まうまうを纏ひ出づ 高澤良一 随笑
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 新訂普羅句集
冬至粥すすりて一家すこやかに 島津友之助
冬至粥ふつふつ煮えて帰り待つ 渡辺 竹子
冬至粥御酒をたらして炊きにけり 上村占魚 『方眼』
冬至粥粥のぬくみは仏まで 恒富柊一郎
冬至粥身ぬちを馬車の通り過ぐ 栗林千津
冬至芽の此処をと盆栽菊談義 高澤良一 燕音
冬至黎明す木の下ずつとある隈笹 安斎櫻[カイ]子
冬茜さして冬至のうかびけり 福田甲子雄
出づる我に芋焼いて居ぬ冬至の子 長谷川かな女 雨 月
刃を当てられ冬至南瓜の力むなり 檜 紀代
切火まづ大南瓜より冬至寺 赤坂邦子
句を詠んで笑はむための冬至粥 石原八束 『仮幻』以後
吉原のやらずの雨の冬至かな 今泉貞鳳
味噌の樽ころがり着ける冬至かな 長谷川かな女 牡 丹
味噌蔵の奥から昏るる冬至かな 菊地孜乃
咳きの身のくらやみを冬至かな 山上樹実雄
喝食の面打ち終へし冬至かな 高浜虚子
四まいの障子いつぱい冬至の日 長谷川素逝 暦日
在りて見えぬ月の軌道や冬至の夜 下村ひろし 西陲集
地の下に雷を感ずる冬至かな 松瀬青々
坂一つ越え冬至村あたらしき 萩原麦草 麦嵐
塩ふつて冬至禊の火を鎮む 森田公司
声高に冬至の山を出できたり 鈴木六林男
夕月の欅をのぼる冬至かな 角川春樹
夕風の谷戸かくれなき冬至かな 石川桂郎 四温
大灘や冬至の入日吸ひ伸ばし 射場秀太郎
大護摩を焚いて冬至を逝かすなり 佐藤一樹
天文の博士ほのめりく冬至かな 黒柳召波 春泥句集
天皇家の漫画たのしき冬至の夜 長谷川かな女 花 季
妻の夢みな叶はざり冬至の夜 瀧春一 菜園
姉逝きて冬至南瓜の残されし 木下和香子
子の臀を掌に受け沈む冬至の湯 田川飛旅子 花文字
子午線の上に今あり冬至の日 高野素十
定年の人に会ひたる冬至かな 高橋順子
小さきを選び冬至のカボチャ買ふ 戸田冨美子
小屋牛に干菜を食はす冬至かな 森澄雄
小蛙を銜へ百舌鳥来し冬至かな 堀口星眠 営巣期
山國の虚空日わたる冬至かな 飯田蛇笏
山寺の僧が冬至の柚子をくれ 高浜年尾
山茶花の花の末なる冬至かな 小澤碧童 碧童句集
帆もなくて冬至の海の日影かな 飯田蛇笏 霊芝
帰宅せし部屋に冬至の暗さかな 稲畑広太郎
干柿につく鳥逐へる冬至かな 中島月笠 月笠句集
年長者の額に日当たる冬至句座 寺井谷子
庭稲荷にも手向けある冬至粥 藤田美乗
庭空を車輪がけりよ冬至の日 井沢正江 以後
弦月のかかる冬至の家路かな 川口利夫
慈姑掘手を泥にして冬至かな 小澤碧童 碧童句集
撩乱のこころひとつにひきしぼり冬至ゆふべの菊坂くだる 小中英之
教はりて若妻の買ふ冬至柚子 阪口良子
斑鳩や冬至といへど藁塚月夜 角川春樹 夢殿
新右衛門蛇足を誘ふ冬至哉 蕪村
日が近くありて冬至の葎(むぐら)刈る 藤田あけ烏 赤松
日のうちに靄の野となる冬至かな 井沢正江 火襷
日のみくら機影のわたる冬至かな 飯田蛇笏 雪峡
日の筋の埃しづかに冬至かな 松瀬青々
日は午後に冬至の空のさゝ濁り 石塚友二
早発の六時は暗し冬至かな 稲畑汀子
星々の磨きぬかれし冬至かな 仙田洋子 雲は王冠
晝の間は雨に過ぎたる冬至かな 八木林之介 青霞集
智慧熱に熟柿たまはる冬至かな 塚本邦雄 甘露
暖かに冬至の宵を小買もの 星野立子
書庫守の茶碗からびて冬至かな 岩田昌寿 地の塩
書記典主(でんす)故園に遊ぶ冬至哉 與謝蕪村
朝やけと夕雨のみに冬至の日 赤松[けい]子 白毫
木曾の子に犬のつきゆく冬至かな 大峯あきら 鳥道
本送る底荷の冬至南瓜かな 黒田杏子
松の葉が刻む朝日も冬至かな 林 翔
枇杷の木に枇杷の花咲く冬至なる 北原白秋
柿の骨冬至の酒となりにけり 小林康治 玄霜
椅子の背に冬至日暮の日が斜め 高澤良一 素抱
檻の獣みな温和しき冬至かな 原田青児
母在りき冬至もつとも輝きて 三橋鷹女
水ふくみて鶴日を仰ぐ冬至かな 渡邊水巴 富士
汽笛はるか河口に冬至の陽の翳り 大和洋正
沢庵の石油くさき冬至かな 会津八一
沼統べて冬至の落暉赤かりし 石井とし夫
浜風に小枝の揺るる冬至かな 山崎道子
浴槽の柚子の奢りも冬至かな 菅原師竹句集
海の日のありありしづむ冬至かな 久保田万太郎 流寓抄
海よりも背山親しき冬至粥 鍵和田[ゆう]子
海より出て冬至の虹の弾ね強し 菅八万雄
消防車全燈点す冬至かな 田中芥子
清廉に生き来し自負や冬至粥 伊東宏晃
湯を浴みて妻もようやく冬至顔 高澤良一 随笑
炉辺に食む冬至の南瓜木曾に来し 羽部洞然
無為にゐて冬至の日かげ惜みけり 高田蝶衣
燃えてゐし冬至の夕日すぐ消えし 富田巨鹿
燈台に波あがる見て冬至の湯 針呆介
牛にやる冬至かぼちやを押切に きくちつねこ
物ごころつきて冬至のおだやかさ 後藤夜半 底紅
物干の影に測りし冬至かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
犬の眼に冬至の赤い日が二つ 川崎展宏
猪肉を煮る味噌焦げて冬至なり 細見綾子 黄 炎
玲瓏とわが町わたる冬至の日 深見けん二
現身をもて冬至湯を溢れしむ 松岡ひでたか
甘藍の畑に過ごす冬至かな 岩田由美
田に下りて鴉鳴き出す冬至粥 黒木 野雨
疎かりし隣に遊ぶ冬至かな 乙字俳句集 大須賀乙字
病食に冬至南瓜のゆたかなり 吉澤卯一
百姓に浴ほどこす冬至かな 黒柳召波 春泥句集
磧湯に馬を入れやる冬至かな 野村喜舟 小石川
禅院の子も菓子貰ふ冬至かな 黒柳召波 春泥句集
空海の夢に色ある冬至かな 橋石 和栲
窪谷へ木立の透ける冬至かな 八木林之介 青霞集
立ちどまり顔を上げたる冬至かな 草間時彦
童女われに拾ひてくれぬ冬至柚子 石田あき子 見舞籠
納骨の済みて冬至の細き月 山田閏子
経師屋の来てゐる寺の冬至かな 田中日沙子
結界の中にもゐるや冬至の子 岸本尚毅 舜
絨毯の山水渉る冬至の日 原田青児
美しき日和続きに冬至かな 八木林之介 青霞集
老いの手を見せ合うてゐる冬至空 飯田龍太
職人の早仕舞せし冬至かな 山崎一角
胸にぬくし森が支ふる冬至の日 黒木 野雨
臍ひとつしみじみとあり冬至の湯 角川春樹
良弁忌過ぎて戻れば冬至あり 阿波野青畝
芋少し煮えて冬至を祝ひけり 長谷川かな女 雨 月
茄子胡瓜トマトも売られ冬至とは 岡本まち子
荷休めの牛の背を干す冬至かな 乙字俳句集 大須賀乙字
菜園に清輝をあぶる冬至かな 高田蝶衣
葉蘭打ち冬至を明日の夜の雨 高澤良一 随笑
蒟蒻を逃がす庖丁冬至妻 長谷川かな女 花 季
裏山に風募りくる冬至粥 栗原政子
西吹いて朝富士臨む冬至かな 小澤碧童 碧童句集
諍ひて一日遅れの冬至粥 咲間 匡
貧乏な儒者訪ひ來ぬる冬至哉 蕪村遺稿 冬
足湯ひとりの足あそばする冬至かな 村越化石 山國抄
農冬至男水禍の土砂を踏み嘆かふ 西本一都 景色
遠き灯も近き灯もつき冬至かな 金原秋水子
野ゝ中に土御門家や冬至の日 炭 太祇 太祇句選
釣鐘冬至の陽があたつてゐる 人間を彫る 大橋裸木
錦繍にまみれ雛師の冬至粥 中村金鈴
門を出でゝ数歩にしてかへる冬至かな 高田蝶衣
門前の小家もあそぶ冬至哉 野沢凡兆
陰陽師歩にとられ行冬至哉 炭 太祇 太祇句選
隠れ耶蘇縁辺集ひ守る冬至 小原菁々子
雉子飛んで端山雪なき冬至かな 菅原師竹句集
雨ながら朔旦冬至ただならね 黒柳召波 春泥句集
頬杖を解く冬至粥食はんため 佐藤鬼房 鳥食
風日々に冬至となりし日の黄なり 臼田亞浪 定本亜浪句集
風邪の子に忙しく暮れし冬至かな 高野素十
風雲の少しく遊ぶ冬至かな 石田波郷
食べられるもの少し食べ冬至かな 岸本尚毅 舜
食作法おごそかにして冬至粥 森 白象
飯喰ふて暇にしてみる冬至哉 炭 太祇 太祇句選後篇
飾りおく冬至の南瓜今は切る 山口青邨
餡届き南瓜の届き冬至かな 川原道程
鳶の声あびて冬至の熱帯樹 飯田龍太
鴬のうしろ影見し冬至哉 高井几董
鶲とぶ冬至の雨に湖透きぬ 長谷川双魚 風形
黒板の文字大きくて冬至なり 都筑智子



以上
by 575fudemakase | 2013-12-21 09:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

師走(続き)

師走(続き)

師走、極月、臘月の例句を挙げる。



替へて早火こぼす師走畳かな 比叡 野村泊月
月白き師走は子路が寝覚哉 松尾芭蕉
本郷の寺に廻りし師走かな 成瀬桜桃子
松葉敷ける庭の師走の月夜かな 籾山梓月
枯木折る音や師走の崖の上 内藤吐天 鳴海抄
枯菊を焚いて師走の閑にあり 木村蕪城 一位
桜湯にひしほの匂ふ師走かな 青木重行
梅が香に袖ぶり直す師走かな 備前-定直 元禄百人一句
梅さげた我に師走の人通り 蕪村
梅鶯の南部坂聴き早や師走 高澤良一 鳩信
椅子に椅子のせて釘打つ師走かな 石川文子
椿寿と書き師走をこもる奢りかな 長谷川かな女 花寂び
機関車を磨きあげたる師走かな 大久保重信
止り木に離れて坐る師走かな 角川春樹
歳凶に師走の市の人淋し 佐藤紅緑
死の床に死病を学ぶ師走かな 相馬遷子 山河
母亡くし師走ひと日の川ほとり 深見けん二
母訪ふや師走の空の紺一色 星野麦丘人
水仙にたまる師走の埃かな 高井几董
水仙や早稲田の師走三十日 夏目漱石 大正四年
水垢離の背より明くる師走風 横光利一
汝を世に送る大いなる夜の師走 阿部みどり女 笹鳴
汝行きしあとの月日の師走かな 及川貞 榧の實
洋上も師走のローリングピッチング 高澤良一 燕音
洗濯機の中に潜んでいる師走 苅部牧生
洛陽の灯おびたゞしき師走かな 古白遺稿 藤野古白
活き馬の目を抜く江戸の師走かな 柑子句集 籾山柑子
浅草の師走に遊び牛鍋屋 高澤良一 燕音
浚渫の師走雨降る水の上 鈴木六林男 王国
海は師走の青き浪立てて島へ漕ぐ舟 人間を彫る 大橋裸木
海女あはれ墓も師走の海へ向く 山口草堂
海広し師走の町を出離れて 正岡子規
海彦と遊んでゐたる師走かな 池田秀水
海月打ちつけし桟橋の師走の灯 河東碧梧桐
淋しさをにらみあふたる師走かな 正岡子規
湯がちゆんと沸き老人に師走あり 岸田稚魚 『雪涅槃』
濯ぎつつ炊ぐ師走の艀妻 道川虹洋
炭売に日のくれかゝる師走かな 蕪村
炭斗の羽箒に来る鼠かな 師走
炭賣に日のくれかゝる師走哉 蕪村遺稿 冬
無用人用人師走賑はへり 野村泊月
焼けあとのまだそのまゝの師走かな 久保田万太郎 草の丈
煎茶に飯粒の入る師走かな 胡布 極 月 月別句集「韻塞」
煤の手に一歩を渡す師走かな 岱水 極 月 月別句集「韻塞」
片隅に正座を強いる喪の師走 渋谷道
牛馬には師走のありて宝哉 几圭
牡蠣船の上や師走の橋の音 島村元句集
獅子舞や師走の空の雪催ひ 木歩句集 富田木歩
獨身の文で物買ふ師走かな 幸田露伴 江東集
王孫を市にあはれむ師走かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
理髪鋪に師走の師弟むき合へる 宮武寒々 朱卓
田を踏んでゆけば師走の池があり 岸本尚毅 選集「氷」
町師走いつもどこかが掘り返され 渡辺大年
町汚れ日輪汚れ師走かな 藤松遊子
画廊出てやがて画が消え街師走 皆吉爽雨
画架立てて師走の町に背を向ける 山下美典
畳さし二人並びて師走富士 増田龍雨 龍雨句集
病む師走わが道或はあやまつや 石田波郷(1913-69)
痩法師師走の質屋覗きけり 渡辺香墨
白足袋のよごれ尽せし師走哉 正岡子規
目前の師走手帳に走り書き 高澤良一 ぱらりとせ
眉繊き師走の女送金す 片山桃史 北方兵團
瞑りて師走半ばの世の音か 相馬遷子 山河
砂にある師走の翳の深きかな 阿部みどり女
禿山を師走の町へ下りけり 寺田寅彦
立つて逢う師走神戸の坂の上 鈴木六林男
竹馬のかけぬけて行く師走かな 小澤碧童 碧童句集
節季候の来れば風雅も師走哉 松尾芭蕉
篁や師走の月のかけりざま 高井北杜
義父の死に吾もがくがくと嘆く師走 森川暁水 淀
羽子を買はんと師走原稿書くなりし 長谷川かな女 雨 月
老體や師走や而もおなかうど 尾崎紅葉
耳塚の前ひろびろと師走かな 川端茅舎(1897-1941)
耳鳴るや師走を寝よと賜ふ風邪 及川貞 夕焼
能を見て故人に逢ひし師走かな 高浜虚子
能面の師走或る夜の貌の我れ 河野南畦 湖の森
自炊子も師走の主婦の渦にをり 黒坂紫陽子
自転車のベルに追い立てられ師走 高澤良一 随笑
花と本買ひしばかりや師走市 中村苑子
花街のネオン師走の雨に濡れ 本宮哲郎
茂索忌にまづ始まれる師走かな 吉屋信子
茶の匂ふ枕も出来て師走かな 河東碧梧桐
荒馬の師走の牧の寒さかな 斯波園女
蓮いけにはすの痕なき師走かな 久保田万太郎 草の丈
蔵前や師走月夜の炭俵 泉鏡花
蕪村忌や師走の鐘も合點だ 村上鬼城
虹の絵のまへに師走のひと来たり 百合山羽公 故園
蚤の音師走をきざむ如くなり 阿部みどり女 笹鳴
行灯の陰に市ふる師走かな 水田正秀
街をゆく師走心にほど遠く 高木晴子 花 季
街師走わがポケットに小銭鳴る 片山桃史 北方兵團
街師走わが目的を誰も知らず 高木晴子
街師走何を買つてもむだづかひ 稲畑汀子
街師走町角ごとの煙草店 高木晴子 晴居
衣配りまつや師走の一かさね 古-立甫 閏 月 月別句集「韻塞」
裏神田どこかで太鼓うつ師走 長谷川かな女 牡 丹
親子して師走の壁を塗り急ぐ 平間彌生
訴ふる姿勢で敵意師走犬 香西照雄 素心
誰そ靴に唾はきしわが師走かな 飯田蛇笏 山廬集
誰もゐぬ職員室に師走の灯 西堀貞子
谷川に幣のながるる師走かな 飯田蛇笏 山廬集
貧乏の苦もあり病める師走妻 上野杜未生
買物の好きな女に師走来る 星野立子
賽銭の音のまさしく師走かな 飯田龍太
赤々と酒場ぬらるる師走かな 前田普羅
赤貧の簓を貰ふ師走かな 会津八一
走りゐる師走の月の白かりし 山口青邨
起きし音の暗し師走の十五日 長谷川かな女 雨 月
足かぶる庵の鼠も師走かな 浜田酒堂
足袋売の声うち曇師走哉 高井几董
路地ごとに師走の海のありにけり 加藤三七子
躓きて灯の動じたる師走かな 岸田稚魚 『紅葉山』
身を賭する家長の吾の師走来る 石井祥三
車椅子置かれ師走の礼拝堂 斉藤葉子
車窓より見ゆる師走の墓地明るし 内藤吐天 鳴海抄
軒に薪積んで師走の軽井沢 佐川広治
軒の干し柿師走十日のお日が滲み 林原耒井 蜩
近道に氷を渡る師走哉 正岡子規
追打ちの師走法座の案内刷る 赤松[けい]子 白毫
遅くなる戻りは風の師走かな 小澤碧童 碧童句集
道混んでゐてバス空いてゐて師走 西村和子 夏帽子
遠い燈の玻璃戸に映りゐる師走 臼田亜浪 旅人
遠くゆく貨車に師走の日のさせる 成瀬桜桃子 風色
遠ざかる咳に師走の夜深く 『定本石橋秀野句文集』
酒ねだりよしや師走の刀さし 立花北枝
酔李白師走の市に見たりけり 高井几董
釣りし魚めじなと申す師走かな 岸本尚毅 舜
鉄板のガタンと鳴りぬ師走街 星野立子
銭入れの模様を畫く師走かな 会津八一
銭湯の朝かげきよき師走かな 広瀬惟然
鍋捨る師走の隅やくすり喰 炭 太祇 太祇句選
鍛冶の槌桶屋の槌も師走かな 井月の句集 井上井月
鏝二挺出して師走の心かな 阿部みどり女
鏡中に揺らす師走の耳飾り 栃木絵津子
鐵板のガタンと鳴りぬ師走街 星野立子
鑿の音師走をきざむ如くなり 阿部みどり女
長寿かつら一葉一葉に師走の日 阿部みどり女
長梯子何処へ掛けても師走空 高澤良一 ねずみのこまくら
門前の人の流れを見て師走 門坂波の穂
門違ふ贈り肴も師走かな 菅原師竹句集
降りつゞく雨や師走の二十日過 青木森々
陰陽師の焼け出されたる師走かな 四明句集 中川四明
雉子の尾に狭ばき師走の湯殿かな 塵生 俳諧撰集「有磯海」
雑踏を見てゐる屋根の師走猫 猿橋統流子
雨去つて師走の街の甦る 手塚金魚
雪となる師走往き来の人馬かな 青峰集 島田青峰
雪と雪今宵師走の名月か 松尾芭蕉
雲の上に日のしばしゐる師走かな 増田手古奈
雷門くぐれば江戸の師走かな 清水 青瓢
雷門脇の日向の師走猫 高澤良一 燕音
電話鳴る度に心の師走かな 小川修平
霜よけの篠吹きとほす師走かな 室生犀星 犀星發句集
顔が来るその一つ見て街師走 皆吉爽雨
風呂吹や師走の闇を鬼女の影 中拓夫 愛鷹
餓師走花八つ手などちつてなし 石田波郷
馬多き渋谷の師走吾子と佇つ 中村草田男
髪切りて師走の街にまぎれ込み 赤木 範子
鮭下げて師走のバスを乗り過す 河野南畦 湖の森
鰤船の師走を帰る響灘 庄司圭吾
鰤飛て鰹躍るや師走の賦 米仲
鳴らし売る防犯ベルや町師走 中 火臣
鵞鳥が鳴きたててゐる師走の公園へ憩ひにはいる 人間を彫る 大橋裸木
鶏の肉食ひて師走の雲ばかり 桜井博道 海上
鷹翔り師走の天ぞひかりけり 加藤楸邨
黄金狂時代抜け出し師走妻 高澤良一 さざなみやっこ
おうおうと歯を毟らるや極月に 森松 清
なかなかに心をかしき臘月哉 松尾芭蕉
ふく風の極月めきや敷松葉 道芝 久保田万太郎
会へぬゆゑたふとし極月のくわんおん 田中裕明 櫻姫譚
北斎を見る極月の橋わたり 橋石 和栲
商ひに極月といふ勝負月 辻本斐山
少年院訪ふ極月のひとり旅 大堀澄子
山越しに極月こほる風ききぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
平凡にはや極月となりにけり 中川玉枝
手を組んで目つむる車中極月へ 高澤良一 鳩信
旅なれぬ妻極月の旅支度 後藤 良子
明るくて嶽の骨組極月ヘ 斎藤玄
木場深くゐて極月の馬真白 大峯あきら
極月といふことのこめかみにあり 戸田銀汀
極月にえたり川尻清潭忌 久保田万太郎 流寓抄以後
極月に入りし病床日誌かな 長谷川 より子
極月に入りてひとりの弟子増えぬ 佐野美智
極月に取急ぎたる婚儀かな 今成無事庵
極月に得し好日を如何せん 深川正一郎
極月のおもむき常の日差しさえ 高澤良一 随笑
極月のくちなはにして斯く白き 折井眞琴
極月のくらやみに山羊鳴きにけり 安住敦
極月のたましひ抱いて病み昏れむ 石原八束
極月のちょろちょろ動くおもちゃかな 高澤良一 燕音
極月のとぼけ顔して地獄耳 福田蓼汀 秋風挽歌
極月のどこの社も落葉かな 増田龍雨 龍雨句集
極月のながれをわたる身のかるし 田中裕明 花間一壺
極月のひと日濤立つ風の音 矢野芳湖
極月のへのへのもへじ泣き笑い 二村典子
極月のピエロはビラを撒きどほし 末永あつし
極月の一と日果てたる竜頭捲く 大橋敦子 母子草
極月の一幕を見てなみだかな 松村幸一
極月の一閑日を子の家に 下村ひろし 西陲集
極月の人々人々道にあり 山口青邨
極月の人の温味のある紙幣 片山桃史 北方兵團
極月の人来て胸の扉あけたてす 鳥居おさむ
極月の光陰たゝみかけてくる 小島隆保
極月の医師に叱られゐたりけり 土橋いさむ
極月の卵をつつむ新聞紙 小島千架子
極月の喜捨乞ふと佇ち義手義足 小林康治 四季貧窮
極月の喪服の冷をまとひけり 樋笠文
極月の壁より抜けて壁に入る 鳥居おさむ
極月の夜祭山車の競ひあふ 菱田トクヱ
極月の大屑籠に猫眠る 柿本多映
極月の天井近くカナリア飼ふ 大石雄鬼
極月の子を守る嫗と貝殼虫 松村蒼石 雪
極月の山彦とゐる子供かな 細川加賀 『傷痕』
極月の常と変らぬ朝の街 中島よし絵
極月の常臥しの顔木椅子に似 栗林千津
極月の扶持乏し筆氷るまで 小林康治 四季貧窮
極月の投石水に届かざる 宇多喜代子 象
極月の提げて手あまる労配米 米沢吾亦紅 童顔
極月の文芸うすし椅子鳴らす 米沢吾亦紅 童顔
極月の旅にゐて呼び戻さるる 秦羚羊子
極月の東京湾に船ごちゃごちゃ 高澤良一 寒暑
極月の松の枯枝下ろすかな 久保田万太郎 流寓抄
極月の松風もなし万福寺 石田波郷
極月の柚子垂る錦鶏鳥の上 佐野美智
極月の桃のさかりのかげもなし 田中裕明 櫻姫譚
極月の残る十日に居直りぬ 吉年虹二
極月の水もらひけり鋏研 安東次男 昨
極月の水を讃へて山にをり 茨木和生
極月の水門を吊る錆鎖 梁瀬時忘
極月の法師をつつむ緋夜着かな 飯田蛇笏 山廬集
極月の深井戸母の声がして 中村苑子
極月の滝の寂光懸けにけり 野見山朱鳥
極月の火に煽られて中華鍋 高澤良一 燕音
極月の煮立ちて唄ふ鍋の蓋 鍵和田[のり]子
極月の玩具の如き店並ぶ 阿部みどり女
極月の画匠がまとふ革ごろも 石原舟月 山鵲
極月の病みてはひとを子を恃む 石田あき子 見舞籠
極月の白晝艶たるは海の藍 飯田蛇笏
極月の石の一つが道しるべ 村越化石 山國抄
極月の祇園の茶房惜しみ発つ 小原菁々子
極月の移民送りの人らかな 五十嵐播水 埠頭
極月の空青々と追ふものなし 金田咲子 全身
極月の竃火みゆる巷かな 飯田蛇笏 山廬集
極月の竹人形に竹の釘 星野沙一
極月の笹やどの戸も片ひらき(西行庵ほとり) 『定本石橋秀野句文集』
極月の米こぼす音かぶりをり 福田甲子雄
極月の罠抜けくぐり鰻屋に 上村占魚 『自門』
極月の職場日誌の欄あふる 米沢吾亦紅 童顔
極月の職失ひて戻りけり 関戸靖子
極月の背骨ゆるめる地下理髪 大西やすし
極月の臼売り臼に腰かけて 寺崎美江女
極月の船錆おとす人を吊る 山野邊としを
極月の芝神明の椿かな 皆川白陀
極月の葉叢にかくる柚子の棘 福田甲子雄
極月の虫歯の深く奥へかな 如月真菜
極月の蛇屋の壜の蛇覗く 高澤良一 さざなみやっこ
極月の街の真中を隅田川 福田蓼汀 山火
極月の西の橋詰鍼どころ 古舘曹人 樹下石上
極月の観音洗ふ大たわし 五十嵐波津子
極月の詠歌きこゆる電話かな 宮武寒々 朱卓
極月の路地深く来る箒売り 菖蒲あや あ や
極月の郵便配るアルバイト 中村居月
極月の都会に来り籤を買ふ 加藤芳子
極月の雨あたたかく歯朶に降る 加倉井秋を 午後の窓
極月の雨にくつろぎありにけり 山田閏子
極月の雪ほぐしをり善光寺 西本一都 景色
極月の電車出づれば死後の町 平井照敏 天上大風
極月の頭上でさわぐゆで卵 栗林千津
極月の香煙たえぬ融通神 田中英子
極月の魚貝ひそめる岩生簀 小野喬樹
極月やあかつき闇のふかきさへ 久保田万太郎 流寓抄以後
極月やうどんの玉をうりに来る 小澤碧童 碧童句集
極月やかたむけすつる桝のちり 飯田蛇笏 霊芝
極月やかなしむために母を訪ふ 細川加賀 生身魂
極月やきらきら垂れて韓の服 辻桃子
極月やさらば機関車ゴルバチヨフ 山岸竜治
極月やべたべた貼られ千社札 河野友人
極月やほうと立ちたる芥の火 岸田稚魚
極月や一流水にも遅速あり 北野民夫
極月や三十日のなげきとことはに 石塚友二 光塵
極月や妻にかはらす野辺おくり 森川暁水 黴
極月や孫と遊びの庭焚火 遠藤梧逸
極月や尚未知の日のある暦 三浦恵子
極月や愁ひの旅の一二泊 吉武月二郎句集
極月や指紋のコップ水切れず 河野多希女 こころの鷹
極月や摘みて匂はぬ芹だまし 有働 亨
極月や晴をつゞけて巷ある 東洋城千句
極月や月の手前に欅の木 池田澄子
極月や朝を勝負の魚市場 鈴木真砂女 夕螢
極月や桝目のからき小売塩 飯田蛇笏 春蘭
極月や榕樹のもとの古着市 篠原鳳作 海の旅
極月や洗剤だけを買ひに出づ 和田耕三郎
極月や犬にもひらく自動ドア 三田きえ子
極月や祝に愁ひに身の一つ 吉武月二郎句集
極月や神と我との秘密の場 田川飛旅子 『邯鄲』
極月や神父と出遭ふエレベーター 実渕真津子
極月や紅き生姜の水の中 平井照敏 天上大風
極月や葺きいそがせし屋根瓦 川越寛子
極月や蜆・浅蜊は地に置かれ 鈴木真砂女 夕螢
極月や陶の竃に夜の煙 吉武月二郎句集
極月や雪山星をいただきて 飯田蛇笏 山廬集
極月や魚のぬめりの夜の巷 榎本愛子
極月や鯉沈むとき声を出す 平井さち子
極月や鶴の餌を売る禰宜が宿 吉武月二郎句集
極月八日卵突起し滑脱する 竹中宏 饕餮
決意などなし極月の海に来て 伊藤 梢
波しろき海の極月来りけり 久保田万太郎 流寓抄
泣くために来し極月の妻の墓 内山泉子
清潔な足極月の学さなか 森田智子
潦極月の日の吹きさらし 長谷川双魚 風形
炭俵届き極月朝を迎へけり 長谷川かな女 花寂び
狗児落ちし井に極月の灯を吊るす 宮武寒々 朱卓
畷路や極月晴の榛の禽 西島麦南 人音
白鳥撃たれ野に並び伏す極月や 林 壮俊
白鷺ゆき極月の田居空澄めり 西島麦南 人音
立山連峰極月の月の下 野中亮介
織田作碑見て極月の繁華街 大橋敦子 勾 玉以後
臘月と魚眼といづれ啼く笹子 北原白秋
臘月の夜が白みくる浪がしら 中川宋淵
臘月や檻の狐の細り面 原石鼎
色見えてをり極月の風車 鳥居美智子
酔の尾や極月の貧躱しえず 小林康治 四季貧窮
靴買ふと極月を子の縫ひはげむ 小澤満佐子
風しづまりし極月の林かな 石原舟月
鮎やつれゐし極月の熊野川 茨木和生 三輪崎
黄の紙幣よみ疲れ極月の灯を昼も 片山桃史 北方兵團




以上
by 575fudemakase | 2013-12-20 07:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

師走

師走

師走、極月、臘月の例句を挙げる。


*ほうぼうの鰭を師走の街へ立つ 加藤耕子
「雲雀運輸」とは優しき社名飛ぶ師走 田川飛旅子 『使徒の眼』以後
あかんべのように師走のファクシミリ 小沢信男
いそがしく時計の動く師走哉 正岡子規
いま一つ赤らみ欲しき師走雲 高澤良一 鳩信
うぐひすの啼や師走の羅生門 蕪村 冬之部 ■ 春泥舎に遊びて
うすうすと紺のぼりたる師走空 飯田龍太
うちこぼすささげも市の師走かな 正秀 芭蕉庵小文庫
うるむ瞳の師走の妻よ何も云ふな 杉山岳陽 晩婚
おほまかな煤取りしたり降り師走 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
かくれけり師走の海の鳰 芭 蕉
かくれ家に金のとゞきし師走かな 比叡 野村泊月
かくれ家を訪ね佗びたる師走かな 比叡 野村泊月
かく多き人の情に泣く師走 相馬遷子 山河
かにかく帰りし白くあたたかく師走の空 古沢太穂 古沢太穂句集
がんがんと鉄筋のびる師走かな 高柳重信
くわん~と炭火おこれり師走店 温亭句集 篠原温亭
けだものの肉喰ひ師走の町に出づ 福田蓼汀 山火
けろ~と師走月よの榎哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
こざかしき師走の草の生れたち 斯波園女
この街の芭蕉の辻も師走かな 原田青児
この頃の師走さびれや娼家の灯 富田木歩
さいかちのこぼれこぼれつ師走かな 室生犀星 犀星発句集
さびしさや師走の町の道化者 増田龍雨 龍雨句集
しみじみと山に向へばすぐ師走 前野雅生
じたばたのじたの師走のちんどん屋 高澤良一 鳩信
すれ違ふ妻の気附かず町師走 榊原八郎
そら死や師走の町の酔倒れ 尾崎紅葉
そろばんをおくや師走の女房ぶり 高橋淡路女 梶の葉
つくろはぬものや師走の猿すべり 加舎白雄
とぎ水の師走の垣根行きにけり 木山捷平
なまじひに市に隠れて師走かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
ぬくぬくと師走日和や麦の丈 集馬
のぼりつめて師走満月葱もて指す 寺田京子 日の鷹
はしなくも彼と師走の書舗に逢ふ 高橋笛美
ふるさとの橋のかずかず師走かな 飯田龍太 山の木
ほのぼのと師走月夜や昔斎忌 飯田蛇笏 山廬集
わが師走即ち一児病院に 石塚友二 光塵
わが生れし町名消ゆる師走寒 下村ひろし 西陲集
わびすけのくちびるとけて師走なる 室生犀星 犀星発句集
インディオの鳥になりたる師走かな 佐川広治
ウインドの銀器に映る街師走 西村和子 かりそめならず
キッド観てひとり師走の涙かな 岸田稚魚 『萩供養』
シスターの背へ押されけり師走の駅 橋本いさむ
トランペット鳴き上げて師走大詰め 河野多希女 彫刻の森
バスの窓かたく閉じられてゆく師走 市原正直
ベッドより別の病院見て師走 里見善三郎
ペン皿に硬貨殖えつつ師走来ぬ 米澤吾亦紅
マカダミアナッツ師走の船便にて 高澤良一 ぱらりとせ
メモ一つ消して師走の一と日暮れ 稲岡長
一歩だにあらばとうめく師走かな 幸田露伴 拾遺
下駄の歯を蹴欠いて戻る師走かな 鳳朗
世に住まば聞(きけ)と師走の碪かな 西鶴
世の外の身にも師走のあらし哉 松岡青蘿
予定なき師走の客の応対に 松尾緑富
事務机師走めきつつ古びつつ 成瀬正とし 星月夜
事足りて而も師走の月夜かな 尾崎紅葉
二匹飼ひし犬の機嫌も師走かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
二日寝て師走に越されゐたるなり 石塚友二 光塵
亡き友の遺著また届く師走かな 上林暁(1902-80)
交差点踏み出す半歩街師走 小川濤美子
人の親の病悲しき師走かな 赤木格堂
人はいざ師走を我の端居かな 会津八一
人口肛門(オストミー)のおなら優しき師走かな 秋元不死男
仕事場に泊り込みなる師走かな 森川暁水 黴
仕事場の振子の音も師走かな 菊池 輝行
仲見世の新仲見世の師走人 有川淳子
伊勢藤に師走の客の四人かな 岸田稚魚
佃路地師走発たすと風日和 古沢太穂
何にこの師走の市にゆく烏 芭蕉
何もなき師走の流れ早きかな 高橋淡路女 梶の葉
何んとなく師走顔なる厨妻 丸木千香
余白すぐ消ゆる師走の予定表 八木久江
僕キツネ私タヌキの店師走 高澤良一 燕音
光り澄む師走の星のみな低し 新井 石毛
党への票強まる病躯師走の投票へ 橋本夢道 無類の妻
公園の喧嘩美声に師走の子 赤松[けい]子 白毫
出逢ひたる人もそゝくさ師走街 阿部みどり女 笹鳴
切りほどきありたるといふ師走かな 龍岡晋
前燈尾燈照らし合ふのみ師走寒 香西照雄 素心
前輪を後輪追へる街師走 高澤良一 ももすずめ
北陸の師走の街に吾もまじり 高木晴子 晴居
古梅園師走の音を隔てたり 西村和子 かりそめならず
名号を母が鵙ひし師走かな 石田波郷
吾も見き師走の湖のその鳰を 相生垣瓜人
呼びからす声や師走の市の人 魯白
喜劇座に一夜笑ふも師走かな 四明句集 中川四明
嘗めもので酒呑む師走日和哉 小澤碧童 碧童句集
噴水の丈切り詰めて師走来る 橋本榮治 麦生
国引の師走の月の力見ゆ 榎本 好宏
坂本の里の蕎麦屋の師走かな 久保田万太郎 流寓抄以後
坐しをれば師走の心遠のきぬ 阿部みどり女 『光陰』
塩鮭の風に吹かるる師走かな 田中冬二 麦ほこり
売文の筆買ひに行く師走かな 永井荷風
夕霧より伊左さま参る師走かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
外湯出てすぐに師走の山仕事 大島民郎
夜の駅の月の鋭き師走かな 梅田圭一郎
夜は月に橋あらはるる師走かな 蓼太
大切な指を傷つけ師走妻 柳本津也子
大声にさわぐ師走の鴉かな 正岡子規
大寺の静まりかへる師走かな 正岡子規
大幅の達磨かけたる師走かな 正岡子規
大根の丘に現れ師走富士 遠藤梧逸
大空のあくなく晴れし師走かな 久保田万太郎 流寓抄
大空を亀這ひゆきて師走なる 冬の土宮林菫哉
大筆にかする師走の日記かな 正岡子規
大鍋の売れで師走のほこり哉 幸田露伴 拾遺
大阪の師走をあとに帰りけり 玉越琅々
大黒の小槌の塵も師走かな 加藤耕子
天井へ浮いてはりつく師走の夢 横山白虹
夫の蹠洗ふベツドに師走の日 石田あき子 見舞籠
失いしことば失いしまま師走 楠本憲吉
奈良に来て師走ともなき一日かな 山口一秋
女を見連れの男を見て師走 高浜虚子
妻として師走を知りしあはれさよ 杉山岳陽 晩婚
妻を抱き師走なじめず仮の家に 杉山岳陽 晩婚
嬉野や油こぼれし師走風 横光利一
子供等は羽子ついてゐる師走かな 高橋淡路女 梶の葉
学問も小判も囓つてみて師走 櫂未知子 蒙古斑
寝る前になりて物書く師走かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
小角力取物荷ひ売る師走哉 丑二
小鼠の行列つづく師走哉 正岡子規
山の上師走ごころを日にさらす 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山伏の見事に出立つ師走かな 服部嵐雪
山茶花の咲いてことしも師走かな 久保田万太郎 流寓抄
山陵の壱歩をまはす師走哉 榎本其角
川痩せて師走の町を流れたり 相馬遷子 山国
市に入りてしばし心を師走かな 山口素堂
市に暮るゝ師走の人の眉太し 青峰集 島田青峰
師はひとり痩身の師の師走また 河野薫
師走かな餅つく音の須磨の浦 野澤凡兆
師走くる靴屋に靴をはきながら 秋山巳之流
師走すぐ目の前にして急く心 高浜年尾
師走ぞと呵る妻あり舌ありや 高井几董
師走てふ物入り月が目の前に 高澤良一 随笑
師走とて刷ろはむ翼もなし 石塚友二 光塵
師走とて忘れもせずに訪ひくれし 高浜年尾
師走と云ふ言の葉ゆゑにせはしくて 池上不二子
師走のバス水に沿うては鳥の翔つ 原田種茅 径
師走の些事その一つにてひと死にき 及川貞 夕焼
師走の分野是かや春の物狂ひ 榎本其角
師走の夜のつめたい寝床が一つあるきり 尾崎放哉
師走の夜の釣鐘ならす身となりて 尾崎放哉
師走の夜鬢どめ一つうじうじと 栗林千津
師走の川一と吹き吹いて風なかり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
師走の店の妻には欲しきものばかり 臼田亜浪 旅人
師走の旅を行きつめてま青なる海 人間を彫る 大橋裸木
師走の日まだある障子灯を入るゝ 久米正雄 返り花
師走の木魚たたいて居る 尾崎放哉
師走の枯山海見ゆるまで登り来し 内藤吐天 鳴海抄
師走の灯まばゆくあびて仏具買ふ 石原舟月 山鵲
師走の灯前後にて恥らひぬ 杉山岳陽 晩婚
師走の燈にひたりし金の靴を売る 斉藤夏風
師走の肩摩疲れ深きが弾かれて 香西照雄 素心
師走の蝶遠き元禄誘ひ出す 河野南畦 『元禄の夢』
師走の身触れあふ緋鯉長挨拶 香西照雄 対話
師走の風が吹き暮るる寺の釣鐘 人間を彫る 大橋裸木
師走の風をとほせんぼして火を擦る母 磯貝碧蹄館 握手
師走はや夫の病床花乏し 石田あき子 見舞籠
師走はや妻に借りたる銭かさむ 米沢吾亦紅 童顔
師走はや心斎橋の人通り 高濱年尾 年尾句集
師走ひと夜救世主曲聴衆の中にあり 及川貞
師走ひと日仔犬もらひて抱きてかへる 及川貞 夕焼
師走ひと日時計の埃はきにけり 室生犀星 犀星発句集
師走もつともスクランブル交叉点 岩岡中正
師走三日月家路は誰も靄まとう 古沢太穂 古沢太穂句集
師走中幸うすき手と知りて蹤け 杉山岳陽 晩婚
師走人堰きてはエスカレーターヘ 谷野黄沙
師走何ぢや我酒飲まむ君琴弾け 幸田露伴 江東集
師走八日汝はも病魔に克ちたらずや 林原耒井 蜩
師走六日初雪消えて髭のびて 林原耒井 蜩
師走六日母に文書く暇得たり 林原耒井 蜩
師走共しらで遊ぶや鴛鴎 水田正秀
師走圏外金色を経て一紫雲 香西照雄 素心
師走妻うしろをよぎり前よぎり 高澤良一 ぱらりとせ 冬
師走妻剥きかけみかん置いて起つ 高澤良一 宿好
師走妻算盤はじく眼をしたり 高澤良一 随笑
師走妻風呂敷にある稜と丸み 香西照雄 対話
師走寒し血を出す罪と火を出す罰 磯貝碧蹄館 握手
師走尽友をたづねて白き飯 栗生純夫 科野路
師走曇りに柿の木の小さくなる 松村蒼石 雪
師走朔日母があぶりし海苔食べて 百合山羽公 故園
師走来ぬ相触れて人の肩かたし 中山 良章
師走某日壺の酒欲る恋ごころ 萩原麦草 麦嵐
師走校了カレーライスを注文す 斉藤夏風
師走空暮るると見つつ眠りたり 原田種茅 径
師走街ゴーストップの今は青 高木晴子 晴居
師走記者筆の疎略を慎まん 吉井莫生
師走閑に羽つくろへる孔雀かな 原石鼎
干蝮この軽きこと師走市 山田千秋
床屋出てさてこれからの師走かな 辻貨物船
底ぬけに晴れて師走を早めをり 西村公鳳
座布団も綿ばかりなる師走哉 永井荷風
廓への用いくつもや師走人 白水郎句集 大場白水郎
建長寺さまの托鉢来て師走 宮下翠舟
影淡き師走の寺や笹子鳴く 角川春樹 夢殿
心電図師走の波形出でをらむ 高澤良一 さざなみやっこ
忠信が狐に戻る師走かな 辻桃子
思ひきの母の長病み師走来る 大橋敦子
怨霊物四番も見たる師走かな 瀧井孝作
愧かしき三百余日師走かな 喜谷六花
我も亦師走の人よとかへり見る 高濱年尾 年尾句集
手を上げてながされ別れ師走町 皆吉爽雨
打ちこぼす小豆も市の師走かな 水田正秀
抜け道もその抜け道も街師走 稲畑汀子
持舟の皆かへりつく師走かな 大塚羽山
掛嫌ひ通して老いし師走妻 平野一鬼
故郷の山しづかなる師走かな 吉田冬葉
数刻のひまを花挿す師走かな 高田蝶衣
新しく溝板かへて路地師走 菖蒲あや 路 地
新聞小説ハッピーエンドせり師走 藤木清子
旅寝よし宿は師走の夕月夜 松尾芭蕉
旅衣あでに師走の女衒かな 石原舟月 山鵲
日のさせば巌に猿集る師走かな 原石鼎
日暮里へ師走のみちのつゞきけり 久保田万太郎 草の丈
日曜の出勤もはや師走なる 長野深郷
星照るや師走八日も明けちかき 乙二 選集古今句集
暗闇の師走狐のくをんと啼く 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
暮て行時雨霜月師走哉 井原西鶴
暮るる湖見つめ師走の外にあり 柊 愁生




以上
by 575fudemakase | 2013-12-19 09:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

羽子板市

羽子板市

例句を挙げる。


あをあをと羽子板市の矢来かな 後藤夜半 翠黛
いくさあれど羽子板市につれだてる 森光子
うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子
おみくじを読みて羽子板市の前 成瀬正とし 星月夜
ちょっくら前ごめんなすって羽子板市 高澤良一 鳩信
なごやかに羽子板市の人出かな 高橋淡路女 梶の葉
はぐれ来て羽子板市の人となる 結城昌治
ふところに雨の匂ひの羽子板市 小島千架子
やはらかく押され羽子板市にゐる 北澤瑞史
一回りして元の店羽子板市 高澤良一 鳩信
中々に羽子板市を去にがたく 阿部みどり女 笹鳴
二代目も笑顔で対す羽子板市 高澤良一 鳩信
二天門から近道や羽子板市 宇田零雨
亡き妹の現れて羽子板市なるや 角川春樹
人の肩割つて羽子板市の中 鈴木しげを
仏殿へ縮め羽子板市の道 古舘曹人 能登の蛙
仲見世や羽子板市の昨夜の塵 上條筑子
傾城も手玉に取られ羽子板市 高澤良一 鳩信
公家悪の羽子板市に売れのこる 中村芝鶴
六世歌右衛門羽子板市に多し 石川桂郎 高蘆
写楽のやうな顔で羽子板市へゆく 寺田青香
売り顔も商ひの内羽子板市 高澤良一 鳩信
川を見て羽子板市へゆく途中 岸本尚毅 舜
志ん朝の買札付きぬ羽子板市 高澤良一 鳩信
急に暗し羽子板市の裏に出て 池田秀水
手を振つて羽子板市に紛れけり 岸本尚毅 舜
新仲見世仲見世抜けて羽子板市 高澤良一 燕音
明暗す羽子板市や年の市 石川桂郎 高蘆
更くる夜の羽子板市や灯の熱く 岩田由美 夏安
横顔の誰ぞに空似羽子板市 高澤良一 鳩信
浅草の羽子板市の夜となり 小林 たか子
浅草も羽子板市もさびれゐし 成瀬正とし 星月夜
灯が点いて寝ずの商ひ羽子板市 高澤良一 鳩信
灯の増えて羽子板市の艶めけり 阿部美恵子
狐火が火元か羽子板市炎上 鳥居美智子
病上り羽子板市に労らる 石川桂郎 高蘆
空く座待つ羽子板市の流れ客 石川桂郎 高蘆
羽子板市うたかたの世へ誘はる 岡田和子
羽子板市その裏側の径急ぐ 北野民夫
羽子板市にいまは男の国太郎 横山白虹
羽子板市ぬけきし旅の口すすぐ 西本一都
羽子板市の播磨屋と書く箱火鉢 遠藤 はつ
羽子板市の雑踏にゐて首寒し 永方裕子
羽子板市ダイアナ頭上もまれゆく 大槻和木
羽子板市一番星にずばり買ふ 渡辺恭子
羽子板市三日の栄華つくしけり 水原秋櫻子
羽子板市人人人に夜が流れ 岡田和子
羽子板市仁王の視野で待ち合はす 奈良文夫
羽子板市切られの与三は横を向き 石原八束
羽子板市夕べはなやぎ雪降れる 石田小坡
羽子板市大股にして歩み去る 萩原麦草 麦嵐
羽子板市月日渦巻きはじめたり 百合山羽公 故園
羽子板市東都ツアーに組み込まれ 高澤良一 鳩信
羽子板市片割れ月も明治ぶり 林 翔
羽子板市瓜実顔の世に遊ぶ 岡田貞峰
羽子板市美男美女みな似た顔で 藤岡筑邨
羽子板市羽左に優れる役者なし 梅村好文
羽子板市買ふひとを見る遠まきに 谷口桂子
羽子板市錦絵好みの顔廃れ 平松荻雨
羽子板市陰気な古着市も見て 瀧春一
裾冷えて母と羽子板市の燈に 野沢節子
見上げたる羽子板市の明るさに 坊城中子
角店の助六よかり羽子板市 高澤良一 鳩信
買はで過ぐ羽子板市の長き道 岩田由美 夏安
逗留の羽子板市に歩を伸ばし 山田弘子 こぶし坂
選りまどふ羽子板市の人込に 松尾緑富
雑踏を顔の流るる羽子板市 片山由美子 風待月
青空の一枚天井羽子板市 鷹羽狩行
魚のごと寄りて離れて羽子板市 鳥居おさむ



以上
by 575fudemakase | 2013-12-18 07:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬木立

冬木立

冬木立 の 例句を挙げます。
(俳句例句DBより)


あかつきの息をひそめて冬木立 舟月
うてば打ち返す短信冬木立 赤松[ケイ]子
からからと日は吹き暮れつ冬木立 鳴雪
からびたる三井の仁王や冬木立 其角
ここからは母親となる冬木立 高澤晶子 復活
さはつたら手も切やせん冬木立 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
それぞれが暗い空白冬木立 対馬康子 吾亦紅
それぞれの性もあらわに冬木立 飯沼しほ女
たたらふむ火の宵々や冬木立 篠原温亭
つかのまの日の冬木立戦やむ 小池文子 巴里蕭条
ひき出す馬の匂ひや冬木立 金尾梅の門 古志の歌
ひよどりの飛びつく伊賀の冬木立 展宏
みよしのやもろこしかけて冬木立 蕪村遺稿 冬
よるみゆる寺のたき火や冬木立 炭 太祇 太祇句選後篇
をちこちに黒木積みけり冬木立 坂本四方太
ガム噛みて孤りを深む冬木立 上野澄江
テレビ塔二つも近き冬木立 瀧井孝作
一めぐり塚も黒むや冬木立 水田正秀
一本の冬木に遠く冬木立 倉田 紘文
一直路しんかんとあり冬木立 鷲谷七菜子 天鼓
乾鮭も登るけしきや冬木立 蕪村遺稿 冬
人恋ふる捨猫のゐて冬木立 坂本登美子
佐渡へ航く船透けて見ゆ冬木立 勝又水仙
何鳥か啼いて見せけり冬木立 小澤碧童 碧童句集
其中に境垣あり冬木立 高浜虚子
冬木立いかめしや山のたたずまゐ 大坂-才麿 元禄百人一句
冬木立いつか生れし赤き屋根 林豊子
冬木立ここ清貧の僧あらむ 暁台 選集古今句集
冬木立そがひの坑は廃れたり 那須辰造 天窓
冬木立ながらに松の御苑かな 京極杞陽 くくたち下巻
冬木立にぎりこぶしのうち熱し 稚魚
冬木立に見えすく山の容かな 高濱年尾 年尾句集
冬木立はねをすぼめてうつる鳥 中勘助
冬木立ばたりと人が倒れたり 柴崎昭雄
冬木立ランプ点して雑貨店 茅舎
冬木立一壷となりし母軽し 吉屋信子
冬木立仰げば空の揺れにけり 木村凍邨
冬木立備中高松城址寂 稲畑廣太郎
冬木立僧園に人ありやなし 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木立入りて出でくるもののなし 加藤秋邨 怒濤
冬木立別るるまへの顔あげよ 小澤實
冬木立剛毅な闇のありにけり 後藤綾子
冬木立北の家かげの韮を刈 蕪村遺稿 冬
冬木立奥は社の鏡かな 古白遺稿 藤野古白
冬木立家居ゆゝしき梺かな 蕪村遺稿 冬
冬木立寒雲北に滞る 芹村
冬木立寺に蛇骨を伝へけり 夏目漱石 明治二十八年
冬木立己惚れ屋さん膝かかえ しらいししずみ
冬木立師系にくもりなかりけり 田中裕明 先生から手紙
冬木立思ひがけなく線路あり 福田清人 麦笛
冬木立抜けきて会話濃くなれり 村松壽幸
冬木立月骨髄に入る夜かな 几董
冬木立歩き渋りの犬を曳き 依光陽子
冬木立母音と子音ひびきあい 大竹広樹
冬木立童かけ入りかけ出でぬ 池内友次郎
冬木立続けり胸の延長線 対馬康子 愛国
冬木立羊の群の縫うてゆく 清水駿郎
冬木立透きて深まる海の紺 小松世史子
冬木立遂に逃げみち無くなりぬ 宮坂沙千
冬木立静かな暗さありにけり 高浜年尾
冬木立鳥も噂もきらきらす 原田喬
力抜くことも覚えて冬木立 中嶋秀子
南宗の貧しき寺や冬木立 仙魯
反骨のむらむら燃ゆる冬木立 和田耕三郎
垣結へる御修理の橋や冬木立 黒柳召波 春泥句集
堕ろし来て妻が小さし冬木立 吉田鴻司
墓守の娘に逢ひぬ冬木立 寺田寅彦
壁に乾くにんにくの束冬木立 小池文子 巴里蕭条
壮年や茸の匂ひの冬木立 小島千架子
大佛の胸あらはなり冬木立 寺田寅彦
大佛は猫脊におはす冬木立 吉屋信子
姥捨ての名残箕捨てる冬木立 敬天牧童
孟子読む郷士の窓や冬木立 黒柳召波 春泥句集
家二軒畑つくりけり冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
寺ありて小料理屋もあり冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
山人の傷ひかりおり冬木立 森下草城子
山寺に豆麩引くなり冬木立 一茶
山番の道細々と冬木立 寺野守水老
手を振つてからだ浮かすや冬木立 柳澤和子
散とのみ見る目や娑婆の冬木立 上島鬼貫
斧入れて香におどろくや冬木立 蕪村
方位なく光陰とどまり冬木立 福田蓼汀
旅馬車に渚又遠し冬木立 飯田蛇笏 山廬集
明ぼのやあかねの中の冬木立 高井几董
明るさの戻りたるより冬木立 稲畑汀子
晩年を考へてゐる冬木立 中村菊一郎
曙やあかねの中の冬木立 几董
月ありて北斗の冴えや冬木立 岡本松浜 白菊
月すでに窓に廻りぬ冬木立 上村占魚 鮎
月光の鍼ぴしぴしと冬木立 吉田朔夏
東雲や画にしまほしき冬木立 蘇山人俳句集 羅蘇山人
柴こり居れば鵯が鳴くなり冬木立 寺田寅彦
死を思ふとき賑やかに冬木立 小松崎爽青
氏神の屋根新しき冬木立 寺田寅彦
氏神の御屋根普請や冬木立 寺田寅彦
汁の実に乏しき畑や冬木立 温亭句集 篠原温亭
汽車道の一すぢ長し冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
港より一すぢ続く冬木立 高木晴子 晴居
満月のほうとのぼりぬ冬木立 中勘助
濁り水澄まぬ池あり冬木立 玉越琅々
火の山の裾に疎らや冬木立 迷子
灯せば影は川こす冬木立 紫暁
焚火好きな園主をるなり冬木立 乙字俳句集 大須賀乙字
煌と過ぐけものの影や冬木立 鷲谷七菜子 雨 月
父祖の地へ終には戻る冬木立 穂坂日出子
生死みなひとりで迎ふ冬木立 倉橋羊村
白林を湯へよぶ柝や冬木立 飯田蛇笏 山廬集
盗人に鐘撞く寺や冬木立 太祇
砂よけや蜑のかたへの冬木立 凡兆
秀をゆりて風に逆らふ冬木立労働はかがやかにわれにもありき 瀧澤亘
移住記に栄枯わりなき冬木立 細谷源二 砂金帯
純愛や十字十字の冬木立 対馬康子 愛国
組みかけし塔むつかしや冬木立 白雄
自動車の光さしこむ冬木立 西山泊雲 泊雲句集
花鳥にせがまれ尽す冬木立 広瀬惟然
菜畑や小村をめぐる冬木立 子規句集 虚子・碧梧桐選
表情のまだ定まらぬ冬木立 阿部登美子
触れし手のゆき処なし冬木立 谷口桂子
貝殻を落とす鴉や冬木立 安斎櫻[カイ]子
貨車遠く尾を曳き行けり冬木立 鮫島交魚子
遠くを見よ遠くを見よと冬木立 岡崎淳子
里ふりて江の鳥白し冬木立 蕪村遺稿 冬
重なりて色の満ちたる冬木立 久保美智子
鎌倉やアナニヤシエヲトメラ冬木立 日夏耿之介 婆羅門俳諧
門前のすぐに阪なり冬木立 小西由挙
門見えて爪上りなり冬木立 丹波 仙魯 五車反古
隆々と瘤あらはなり冬木立 小柳研秋
雨ふりていよ~黒し冬木立 高橋すゝむ
雲の裏真赤に燃えて冬木立 梅田ひろし
風も日もたやすくぬけて冬木立 土生重次
風呂敷の紺を匂はす冬木立 桂信子
馬蹄師の宿一軒や冬木立 乙字俳句集 大須賀乙字
鬼となる子が目を隠す冬木立 赤井淳子
魚山の名こゝに千年冬木立 小塙徳女
鴉には首吊るによき冬木立 安西 篤



以上
by 575fudemakase | 2013-12-17 08:48 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬木

冬木

冬木 の 例句を挙げます。
(俳句例句DBより)


B棟の患者見下ろす一冬木 高澤良一 さざなみやっこ
あせるまじ冬木を切れば芯の紅 香西照雄(1917-87)
あるときは冬木の瘤のごと寝まる 福島勲
いしだゝみへ冬木のひくい枝々 中塚一碧樓
いただきの現るるより冬木かな 後藤夜半 翠黛
いたゞきのふつと途切れし冬木かな 松本たかし
いつぽんの冬木に待たれゐると思へ 長谷川櫂
かぎりなく冬木倒すや幸探すごと 細谷源二 砂金帯
かくて住みし応挙ぞと知る寺冬木 河東碧梧桐
かたくなに根もと日ざさぬ大冬木 長谷川素逝 暦日
かはせみのひらめけるとき冬木かな 久保田万太郎 草の丈
からだじゅう冬木になって熱くなる 乾鉄片子
くらやみの冬木の桜ただ黒し 三橋敏雄 畳の上
この村の人は猿なり冬木だち 蕪村
こまごまと星をやどせる冬木かな 下村槐太
さかしまに栗鼠のはりつく冬木かな 日原傳
しづけさは冬木の瘤に結集す 山田桂三
すべて冬木子の重みのみとなりゐつつ 細見綾子
そそり立つ一冬木見て職引く身 高澤良一 宿好
その冬木誰も瞶めては去りぬ 加藤楸邨(1905-93)
たくましくずんと冬木の神経が春を感じている 栗林一石路
たじろぐまいと思えども思えども冬木のとがり 橋本夢道
たらちねのもとの冬木のかく太り 中村汀女
つながれて牛も冬木も海に向く 菖蒲あや 路 地
つなぎやれば馬も冬木のしづけさに 大野林火
つら~と見上げて高き冬木かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
でんでら野白日輪と冬木影 佐野美智
とんがって風切る冬木の芽の容 高澤良一 素抱
なきがらに逢ひにゆくなる冬木かな 岸本尚毅 舜
はなしごゑ冬木の幹につきあたる 長谷川素逝 暦日
はればれと冬木枝ふる帰省かな 西島麥南
ひつ~と冬木鳴る丘の夕日かな 乙字俳句集 大須賀乙字
ひととこへ寄りて冬木の根を張りし 長谷川かな女 花 季
びつしりと茸を帯びたる冬木かな 岸本尚毅 舜
ぴつかりと冬木の幹に光る脂 京極杞陽 くくたち下巻
みちのくの夕日あまねき冬木かな 五所平之助
みつめ行く冬木は仰ぐべくなりぬ 加倉井秋を 午後の窓
みな冬木母の簪捨てきれず 神尾久美子 桐の木
もちははの墓は無番地冬木の芽 野村青司
ものごころつきし如くに冬木の芽 岬雪夫
もの言はぬ冬木ばかりに囲まるる 朝倉和江
もの音に冬木の幹のかかはらず 長谷川素逝 暦日
ゆかりある冬木また仰ぐ家居かな 富田木歩
よはの冬木くろし空たかく風消ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わがこゝろつよし冬木に瘤多く 岸風三楼 往来
わが凭れる冬木ぞ空の真中指す 八木絵馬
わが影の中より枝を出す冬木 篠原梵 雨
わが影を踏む人そこに冬木風 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが立ちて冬木のいのちわがいのち 深見けん二
わが見ざる三日冬木と立ちかはる 篠田悌二郎 風雪前
われ以外影てふもののみな冬木 加倉井秋を 午後の窓
アカシヤもマロニエも未だ冬木なる 高木晴子 花 季
アドバルン冬木はづれに今日はなき 吉岡禅寺洞
ゲーテ座の昔冬木が風呼んで(横浜山手) 河野南畦 『湖の森』
ゴールたち冬木はおよそ離りたり 棚橋影草
チエンソー唸り冬木の匂ひ来る 高橋笛美
チャーチル死す一つ一つのみな冬木 有働亨 汐路
デモ終へし息深くして冬木の前 原田喬
ハモニカ吹いて少年工は冬木による 栗林一石路
バスが著き冬木の間に人散りぬ 高木晴子 晴居
ピアノ鳴りあなた聖なる冬木と日 西東三鬼
一人遊ぶ童女冬木に傷つけて 猿橋統流子
一冬木仕置のごとく牛繋ぐ 太田土男
一列の冬木残して移るなり 大場白水郎 散木集
一本のあたりに木なき大冬木 高野素十
一本の冬木に扉どうと閉ぢ 川口重美
一本の冬木をこの日見了らず 相生垣瓜人 微茫集
一瀑を負ひて灯せり冬木宿 富野 春
下駄鳴らし過ぐ老獪な冬木のそば 橋石 和栲
世はやすらかならず八方へ冬木の根 近藤一鴻
中年や冬木のあなたボレロの曲 三谷昭 獣身
乳母車冬木ばかりのただなかに 軽部烏頭子
五位鷺憑きてひたすら曇る冬木かな 石原舟月 山鵲
亡き犬を訪ひ来し犬や冬木縫ひ 石田あき子 見舞籠
人と居るごとく冬木と長居せり 本多静江
人に逢ふがいやで廻れる冬木かな 清原枴童 枴童句集
人よりも冬木親しと痛み籠る 福田蓼汀 山火
人下に立てば即ち大冬木 上野泰 佐介
人入りて人の耳澄む冬木山 広瀬直人
人去れば囁きあへる冬木かも 橋本榮治 麦生
今日の号外張られてくれてゐる冬木 シヤツと雑草 栗林一石路
会釈して金壷眼冬木伐 森澄雄
伸びすぎて古墳の冬木切られけり 五十嵐波津子
余世とはいつよりのこと冬木の芽 来住野臥丘
偶然のごと大冬木聳てりけり 澤井我来
傷つける園の冬木の眼にとまり 上村占魚 球磨
働いて薄着たのしや冬木賊 岡本眸
僧もする冬木の中の連小便 河野静雲 閻魔
入日濃くなりまさる棟や冬木風 木歩句集 富田木歩
公園の冬木の瘤の日曜日 木下夕爾
冬日柔か冬木柔か何れぞや 高浜虚子
冬木々となりおほせたるいとしさよ 徳永山冬子
冬木かげさせば貧し釜に入るるもの 冬の土宮林菫哉
冬木かげわが影なべてあるがまま 林翔
冬木から見えてほつほつ灯りそめる シヤツと雑草 栗林一石路
冬木きるや人らこだまに意を注がず 細谷源二 砂金帯
冬木この一回性の森を成し 加藤郁乎 球体感覚
冬木さくらの貝殻虫は眼に痛し 松村蒼石 雁
冬木さヘネオンの色に立ち並び 篠原鳳作 海の旅
冬木することの暦日創りけり 栗生純夫 科野路
冬木だち月骨髄に入夜哉 高井几董
冬木なかしろい校舎が浮いてゐる 河合凱夫 藤の実
冬木にて欅あくまで枝わかつ 篠田悌二郎 風雪前
冬木にもたれ一学徒何を疑へる 富安風生
冬木に手かけ卒論の話など 佐伯哲草
冬木に眼なきやさむざむと我がおとすもの 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
冬木の 木ずれの音 たれもきていない 吉岡禅寺洞
冬木のさくら雨靄に育ひたり 松村蒼石 雁
冬木のベンチけふも人をり逸れしめぬ 原田種茅 径
冬木のベンチ隣にゐるが残かぞふ 原田種茅 径
冬木の中の一本を倒しに来た霜朝 人間を彫る 大橋裸木
冬木の中撞いたる鐘のうごくなり 岡井省二
冬木の手切られ切り口鮮らしき 稲垣きくの 牡 丹
冬木の枝しだいに細し終に無し 正木浩一
冬木の枝に止まりしボールにかかづらふ 細見綾子 黄 炎
冬木の根ふたたび蹴つて心きまる 中島斌男
冬木の根われを怖るるかたちせり 加倉井秋を 午後の窓
冬木の相息ひくごとく翳りけり 永田耕一郎 雪明
冬木の芽かたく閉ざして御輿庫 松田延子
冬木の芽ことば育ててゐるごとし 片山由美子
冬木の芽ジャツクナイフの硬さなり 尾田秀三郎
冬木の芽チャボが卵を落しけり 北見さとる
冬木の芽明日は待たるるためにあり 新明紫明
冬木の芽水にひかりの戻りけり 角川照子
冬木の芽父は家ぬちに咳ける 瀧春一 菜園
冬木の芽篤くと見て其処離れけり 高澤良一 宿好
冬木の芽跡取りが居て孫がゐて 宮坂秋湖
冬木の芽風の帽子がむずがゆい 川田由美子
冬木ま直ぐおのが落葉の中に立つ 大野岬歩
冬木みな傾ぎ菟は神の座に 木村蕪城 寒泉
冬木みな言葉を溜めて間引絵馬 町田しげき
冬木みるたび裏切りし眸がりかぶ 川島彷徨子 榛の木
冬木よい雨見れば降る シヤツと雑草 栗林一石路
冬木よりさみしき男歩き出す 中村明子
冬木より女が降りて来て泣けり 皆吉司
冬木より枯木に移る夕鴉 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬木より静かに息をすること得ず 後藤比奈夫
冬木らはののしる舌を持たざればわれを居らしむこころしづかに 川田順
冬木一つ日当りもろく吹かれけり 中島月笠 月笠句集
冬木一本立てる尾上の日を追へり 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木中一本道を通りけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木中乳房をさぐる如く行く(修善寺) 角川源義 『秋燕』
冬木中小鳥闘ふ日ざしかな 乙字俳句集 大須賀乙字
冬木中日は流れゐてしらけつつ 原田種茅 径
冬木中日輪太く沈みゆく 阿部 夕礁
冬木中相摶つ斧の響かな 川上土司夫
冬木中鳥音慕うて歩きけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
冬木二本憩ふ旅人をはさみけり 野村喜舟 小石川
冬木仰ぐいとまなき君と知るは憂き 富田木歩
冬木伐り倒すを他の樹が囲む 武藤不二彦
冬木伐る木魂あそべり道志峡 石田あき子 見舞籠
冬木伐る親子の音の異なれり 大串章
冬木光る位置に身を置く牛のごと 村越化石 山國抄
冬木坂うで組みわれら労働者 岸風三楼 往来
冬木影しづけき方へ車道わたる 篠原鳳作 海の旅
冬木影ばさと昨日に同じ刻 栗生純夫 科野路
冬木影戞々ふんで學徒来る 篠原鳳作
冬木影解剖の部屋にさしてゐる 篠原鳳作 海の旅
冬木影頬のさみしき女とも 石原八束
冬木暮るゝそがひの空の夢に似し 木歩句集 富田木歩
冬木暮るゝやふとまぼろしに己が影 中島月笠 月笠句集
冬木根に躓きたれば立ち憩ひ 浜井武之助
冬木根のあらはに茶屋の休みをり 五十嵐播水 播水句集
冬木根もあらはに小諸城址なる 浅野右橘
冬木流す人は猿の如くなり 夏目漱石 明治三十二年
冬木照らさる階上の子供部屋に 横山白虹
冬木牡丹ひそかに蕾さだめけり 松村蒼石
冬木積む舟見て閉めし障子哉 西山泊雲
冬木空にまぎらふ月のかかりゐし 富田木歩
冬木空に冷えつめらるるより暮るる シヤツと雑草 栗林一石路
冬木空を刺せども洩るる日はあらず 木下夕爾
冬木空大きくきざむ時計あり 篠原鳳作 海の旅
冬木空時計のかほの白堊あり 篠原鳳作 海の旅
冬木空見をれば青みさしにけり 佐野良太 樫
冬木等にトランペットを聴かせゐる 西村和子 かりそめならず
冬木緻密に枝と枝との交響で 楠本憲吉
冬木縫ひ吾と平行に人歩む 横山白虹
冬木見てをりぬその他は考へずに 加倉井秋を 午後の窓
冬木越し霊山に拠る町点る 宮津昭彦
冬木道すぐに引き返して来たる 行方克巳
冬木風山湖の蒼さ極まりぬ 金尾梅の門 古志の歌
冬木騒うしろより来てまた過ぐる 篠原梵 雨
冬木鳴る子の正直はうとましく 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬木鳴る昴(すばる)の星の鳴るばかり 竹下しづの女句文集 昭和十五年
冬木鳴る闇鉄壁も啻(ただ)ならず 竹下しづの女句文集 昭和十五年
凍鶴に冬木の影の来ては去る 富安風生
出逢ひたる太き冬木に木の話 京極杞陽 くくたち上巻
刈り込んでたん瘤だらけこの冬木 高澤良一 素抱
別れにも振向くはをんな冬木の目 稲垣きくの 牡 丹
前ひ綱絡み冬木となりゐたり 蓬田紀枝子
剣を持つ子が大冬木より出て来 上野泰 春潮
力瘤付けて冬木となりにけり 小島健
北畠一族墓をつらねて冬木かな 廣江八重櫻
半鐘とならんで高き冬木哉 夏目漱石 明治二十九年
南宗の貧しき寺や冬木だち 月渓 五車反古
句つくりははなればなれに冬木の芽 上田五千石 風景
叫ばんとして握る冬木に手がすべる 川口重美
同じビラ貼られし冬木は切なからむ 加倉井秋を
吾よりさきに野川に映りゐし冬木 加倉井秋を 午後の窓
哀しさ負ふ冬木の裏は日を浴びず 成瀬桜桃子 風色
喬き冬木に背骨押しつけてこころよし 内藤吐天 鳴海抄
四五本の冬木を楯の浜館 小原菁々子
国会に子等がいつぱい冬木の芽 有島五浪
地に投げて冬木の影のこまやかに 石塚友二 光塵
坂なりに家並落ちゆく冬木かな 柑子句集 籾山柑子
墓地ありて寺あらぬ村冬木太し 成田千空 地霊
壁鏡冬木が遠く身震ひする 桂信子 花寂び 以後
売家につんと立たる冬木かな 一茶
夕星に冬木が洩らす独り言 永峰久比古
夕焼が 冬木の幹を もやそうとする 吉岡禅寺洞
夕焼に手をあげしごとき冬木ならぶ 篠原梵 雨
夕焼のすべてを許しゐる冬木 加藤燕雨
夜の冬木とほり過ぐれば黒にかへる 篠原梵 雨
夜の冬木風のひびきとなりて立つ 谷野予志
夜祭の隆々として冬木瘤 青柳志解樹
夢に見れば死もなつかしや冬木風 木歩句集 富田木歩
大冬木より放たれて歩きけり 上野泰 春潮
大冬木わが頼るべき仁(ひと)のごと 深川正一郎
大冬木伐りて静かな世なりけり 豊山千蔭
大冬木苦節の日々のありにけり 八幡里洋
大冬木蛇蛇蛇として垣乗り越え 上野泰 佐介
大冬木野性の鸚哥とまらせて 福原千枝子
大冬木鹿の瞳何にうるほふや 松野静子
大冬木黄金の棒の如き時 上野泰 佐介
大学のさびしさ冬木のみならず 加藤秋邨 寒雷
大浅間ひとり日当る山冬木 臼田亞浪 定本亜浪句集
大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子(1874-1959)
大空の風を裂きゐる冬木あり 篠原鳳作 海の旅
天地夕焼冬木の中の分教場 川村紫陽
太い冬木に身をよるうちつけな影 梅林句屑 喜谷六花
女王の灯冬木に洩らし大使館 石塚 友二
好晴の空をゆすりて冬木かな 篠原鳳作
妻とわれに垣の内外の冬木かな 原石鼎 花影以後
妻われを冬の木と見つ熱き冬木と 橋本榮治 麦生
妻子病む冬木の空の昼花火 細川加賀 『傷痕』
妻急変冬木一列帰路一途 松崎鉄之介
子供来て冬木の枝にぶらさがる 橋本鶏二 年輪
孤独なり冬木にひしととりまかれ 木下夕爾
孫六の墓へ冬木の桜かな 金子青銅
家守る妻高き冬木に鳥祝ぐよ 磯貝碧蹄館 握手
宿坊も大本山も冬木中 赤堀五百里
寂寞がやたらに冬木にぶつかりたし 河野南畦 『黒い夏』
寄生木の影もはつきり冬木影 篠原鳳作 海の旅
寒禽を捕るや冬木の雲仄か 飯田蛇笏 山廬集
寝覚うき身を旅猿の冬木かな 上島鬼貫
少年や冬木に頬を寄せて哭き 樋笠文
山しづかなり悉く冬木なり 有働亨 汐路
山にきてつかみし冬木生々し 川島彷徨子 榛の木
山日濃く幹の匂へる大冬木 澤原たけお
年礼や畑どなり冬木松五郎 龍岡晋
幸せの胸騒ぎとて冬木鳴る 上田日差子
幻燈や冬木のごとく兔死す 対馬康子 吾亦紅
影を出す力の無くて冬木かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
彳めば我も冬木と異らず 福田蓼汀
後円墳あらは冬木の桜かな 青柳志解樹
御幸路の秀衡桜大冬木 広瀬河太郎
御狩場の天に犇めく冬木の芽 加藤 一郎
怒り込み上げて冬木に力瘤 柴田奈美
怖ろしき冬木の黙や穴居あと 町田しげき
恙寝は旅寝のごとし冬木見え 鷲谷七菜子 天鼓
我が倚れる冬木しづかに他に対す 岩木躑躅
我が庭や冬日健康冬木健康 高浜虚子
我一歩冬木も一歩しりぞきし 田中暖流
或僧のたちいづるより冬木かな 阿波野青畝
戸をしむる音あらあらし冬木宿 高橋淡路女
戸を閉ざすときのみ眺む冬木あり 佐野美智
手毬唄柿の冬木をひとめぐり 瀧春一 菜園
招ばれゆく冬木一本立てる家ヘ 村越化石
挫折感朝は失せゐて冬木の芽 中村明子
挽く人の冬木の幹にかくれけり 阿部みどり女
旅に出たしかがやく雲を負ふ冬木 有働亨 汐路
日の沈むまで一本の冬木なり 橋間石
日当れる冬木の瘤に手が届き 行方克巳
日曜の人出うすれゆき冬木あすも晴れる シヤツと雑草 栗林一石路
早川や崖の冬木の真ッ下に 滝井孝作 浮寝鳥
明日伐る木ものをいはざるみな冬木 細谷源二 砂金帯
昏れて無し冬木の影も吾が影も 三橋鷹女
星が贅刺さんと冬木磨きをり 宮坂静生
昴(すばる)は神の鈴なり冬木触りて鳴る 竹下しづの女句文集 昭和十五年
昼火事の煙遠くへ冬木つらなる 尾崎放哉
時鳥の枝ふみわたる冬木かな 雑草 長谷川零餘子
晩年といふさびしさか冬木の芽 斎藤節
暮れがての八十肩や冬木打つ 玉木春夫
暮れそめて冬木影ある障子かな 木歩句集 富田木歩
月の堂鳩禰宜を怖るる冬木影 原石鼎
月ふとりゆきて冬木の散りゆく 高木晴子
月光の中に捉へし冬木の芽 中村苑子
月光の暗き枝ある冬木かな 榎本冬一郎 眼光
月光の歓喜冬木の根へおよぶ 花谷和子
月冬木いつまで臼をひく家ぞ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
月明の冬木ら爬虫類に似る 河合凱夫 飛礫
東京の何に堪へゐる冬木かな 山田みづえ 手甲
枝をさしのべてゐる冬木 種田山頭火 草木塔
枝先に冬木の力みなぎれり 北村量子
枝打ちて墓域しばらく冬木の香 関戸靖子
枝鳴りを空にのこして冬木倒る 川島彷徨子 榛の木
枯れゆけばおのれ光りぬ冬木みな 加藤楸邨
枯葉しかと小枝にあるや日の冬木 高濱年尾 年尾句集
栴檀の冬木に凭れつぶやきぬ 加倉井秋を 午後の窓
根もとよりおのがしじまの大冬木 長谷川素逝 暦日
根方なる萩山吹も冬木かな 尾崎迷堂 孤輪
森抜けてゆく一本の冬木より 稲畑汀子 汀子第三句集
楼破れ冬木影おくほどもなき 桂樟蹊子
武蔵野のどこまでつゞく冬木かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
歳月の獄忘れめや冬木の瘤 秋元不死男
残照や歩まねば吾も一冬木 岡本眸
母とゐて和讃うたふや夜半の冬 木歩句集 富田木歩
母のみとりに仏燈忘る宵の冬 木歩句集 富田木歩
気なく帽子のせて冬木の枝です シヤツと雑草 栗林一石路
水上や雄々しく太き冬木の芽 前田普羅 飛騨紬
池澄みて冬木の影をそのままに 水上 龍
汽車過ぎていよいよ暮色一冬木 森澄雄
沈思より起てば冬木の怖ろしき 石井露月
没りし日のいろをとどめて冬木の幹 川島彷徨子 榛の木
沼つぶほどをひかりて冬木の芽 清水衣子
沼尻の冬木に灯す水車かな 比叡 野村泊月
浄蓮の瀧とて冬木うちふるふ 水原秋櫻子
浦風に冬木の楯や屋島寺 伊沢健存
浪・冬木ひかりて白く描かれし 宮津昭彦
海見えて山桜いま一冬木 大串章 朝の舟
渋柿の取り残されし冬木かな 伊丹-鷺助 選集古今句集
渓流を越ゆかんかんと冬木伐 中拓夫 愛鷹
渚まで冬木の影や晴れにけり 尾崎迷堂 孤輪
渾身の力は真紅冬木の芽 折井眞琴
湖の影絵めくられ冬木山 和知喜八 同齢
湿原の冬木に実あり真くれなゐ 殿村莵絲子 雨 月
潟冬木魚さげて浜人ならず 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
潦に映らず立てる冬木かな 京極杞陽 くくたち下巻
灌木をわたる冬木の一人称 加藤郁乎
火を焚きて眼を燃やしゐる冬木樵 大野林火
焼あとに残る石階と大冬木 八牧美喜子
焼けあとの壁と冬木とのみの村 長谷川素逝 砲車
煙出づ冬木空なる煙出 中村汀女
照らさるゝ冬木や畦や月西に 五十崎古郷句集
照りいづるものを待つなり冬木また 有働亨 汐路
爪先のくらさ遠景冬木燃ゆ 柴田白葉女 花寂び 以後
父のごと仰ぐ母校の大冬木 山下美典
父見るは遠き冬木を見るごとし 渡邊千枝子
猫下りて次第にくらくなる冬木 佐藤鬼房
獄塀に冬木の影の余すなし 角川春樹
田の中に冬木があれば住居あり 阿部みどり女
画を蔵す大厦窓なく冬木影 福田蓼汀 秋風挽歌
病むことも治る証拠や冬木の芽 京谷圭仙
登窯延ぶるに鴉ゐる冬木 茂里正治
登記所より町の冬木の大方見ゆ 宮津昭彦
白雲と冬木と終にかゝはらず 高浜虚子
皮下出血かひな冬木の色なせり 西本一都 景色
目白籠吊せばしなふ冬木かな 室生犀星 魚眠洞發句集
盲ひては辿る幾夜の冬木山 金箱戈止夫
省くだけ省きし寂に一冬木 百瀬美津
眼がわるくなり犬の毛の冬木山 和知喜八 同齢
眼帯やひかりつらなる夕冬木 近藤一鴻
石濤を遠き冬木の隠すなし 相生垣瓜人 微茫集
砂町は冬木だになし死に得んや 石田波郷
碧空に冬木しはぶくこともせず 篠原鳳作 海の旅
磨り込みし墨を一筆冬木にする 望月たけし
神の井やあかねにけぶる冬木の芽 角川源義 『神々の宴』
空にくひ込んで冬木といふ力 金田志津枝
空へ冬木のなんといふ枝のすなほさだ シヤツと雑草 栗林一石路
空仰ぐ冬木のごときギプスの身 野澤節子 黄 炎
窓越しの冬木の月が頭を晒す 太田鴻村 穂国
箸つかふ冬木伐つたる明るさに 飴山實 少長集
美しと思ひてよりの冬木道 波多野爽波 鋪道の花
老人の気に入つてゐる冬木かな 岡井省二
老松の冬木といふやたもとほる 齋藤玄 飛雪
耕二なきあとの冬木へ遠目癖 橋本榮治 麦生
肩に手を置くごと何時も倚る冬木 林翔 和紙
胸赤な鳥りちとめし冬木かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
自祝てふしづかな刻の冬木の芽 能村登四郎 寒九
船倉に著きて明けたる冬木かな 比叡 野村泊月
艶すこしありて冬木の桜かな 青柳志解樹
花の色はからび果てたる冬木かな 上島鬼貫
若き粟鼠棲ましめ森の老いたる冬木 内藤吐天 鳴海抄
若水や冬木が丘に鐘の声 青々
菫咲き松も冬木の相なし 篠田悌二郎 風雪前
菰を着し冬木や人を欺かず 青木重行
落日を戻す冬木あらざり雲もなし 細谷源二 砂金帯
葉を数枚のこし冬木になりきれず 藤岡筑邨
葬りの冬木の沙羅となりて立つ 岸田稚魚 筍流し
葬場の冬木それ~影もち佇つ 小林康治 四季貧窮
葬送にゆりかごの唄冬木の芽 大木あまり 火のいろに
蕭々と星を呼びゐる冬木かな 野村喜舟 小石川
藤も冬木樹齢しづかにひろがりて 古舘曹人 能登の蛙
蚕まつりや冬木の裂く夜の花火 角川源義 『西行の日』
蜂の窖に泥塗りつめて冬木かな 比叡 野村泊月
街ともる冬木は芯を暗めけり 町野けい子
街は夕日とつづいてゐる冬木 シヤツと雑草 栗林一石路
裁ち割らばいま充実の冬木の芽 木村敏男
裸婦像の見据ゑる先の冬木の芽 伊東よし子
西空焼け人影冬木ともに黒し 三谷昭 獣身
見てゐたる冬木の影の濃くなりぬ 加倉井秋を 午後の窓
見てをりし冬木鴉の巣となりぬ 岩田昌寿 地の塩
見下して滝つぼふかき冬木かな 飯田蛇笏 山廬集
観音の冬木は星を鏤めし 深川正一郎
話声雀にとどく夕冬木 太田鴻村 穂国
谿ふかく水音の冬木の霜 シヤツと雑草 栗林一石路
豆剣士柳生へ通ふ冬木道 渡辺龍子
身籠りて冬木ことごとく眩し 中嶋秀子
轢死おそろし冬木にみごとなる没日 大井雅人 龍岡村
逢ふ人のかくれ待ちゐし冬木かな 野見山朱鳥
遠景もまた歴々と冬木かな 徳永山冬子
遠近法果つる冬木やヴェルサイユ 坂井建
邂逅や冬木となりし町辻に 岸風三楼 往来
郊外に酒屋の蔵や冬木だち 黒柳召波 春泥句集
郵便局葉書きらしし冬木かな 龍岡晋
都鳥を染めし暖簾や冬木茶屋 雑草 長谷川零餘子
野宮の冬木ごもりに羽摶つもの 木村蕪城
金婚にたどりつきたる冬木の芽 穐好頂磨子
金銭の網目冬木の枝繁に 三谷昭 獣身
釜寺へ近みちとある冬木かな 龍岡晋
鉄を打ちつづけて冬木昏れしむる 加倉井秋を 午後の窓
銭苔のうすきみどりの冬木なる 篠原梵 雨
長考の一手冬木の影に指す 船越淑子
門灯の早く点きたる冬木かな 永井龍男
闊歩して去りし人恋ふ夜半の冬 木歩句集 富田木歩
阿武隈の蘆荻に瀕す冬木かな 飯田蛇笏 山廬集
陸奥ふじの光りにあひて大冬木 阿部みどり女
隠亡の子が鴉飼ふ冬木かな 西島麥南 金剛纂
隠水は澄みわたりけり冬木中 永井龍男
雀まだも鳴きをる冬木月出たり 金尾梅の門 古志の歌
雨降るや冬木の中の翌檜 石塚友二 光塵
雲重し冬木は高く相擁す 金箱戈止夫
電柱と冬木のみなりあゆみゆく 山口波津女 良人
青天は流るゝごとし冬木原 近藤楓渓
青年に愛なき冬木日曇る 佐藤鬼房
青空に枝さしかはしみな冬木 古賀まり子 緑の野
鞄あけ物探がす人冬木中 高浜虚子
顧みす冬木に浅きなごりかな 富田木歩
風受けて冬木も独り言増やす 家里泰寛
風邪の床一本の冬木目を去らず 加藤秋邨 寒雷
風鶴院波郷居士今大冬木 中里 結
餅提げて冬木の寺を出でにけり 雑草 長谷川零餘子
馬とめて提灯ともす冬木かな 尾崎迷堂 孤輪
馬の瞳に蒼空映る冬木風 太田鴻村 穂国
駅遠き渡し廃れて冬木かな 雉子郎句集 石島雉子郎
高炉の火消えてたしかに冬木の芽 山田桂三
鳥よぎる冬木はあれどとまらずに 大野林火
鳴る冬木悪名うしろより蹤きくる 河合凱夫 飛礫
鴎外の文体で立つ冬木かな 中嶋秀子
鶯を目白を飼うて冬木宿 青木重行
麻布絶口釜無谷の冬木かな 龍岡晋
黒々と冬木そのものありにけり 京極杞陽 くくたち上巻




以上
by 575fudemakase | 2013-12-16 08:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ポインセチア

ポインセチア

ポインセチア の 例句を挙げます。
(俳句例句DBより)


●ポインセチア
おだてには乗ってみるもの猩々木 高澤良一 鳩信
さよならに泣かない約束ポインセチア 松本恭子
ギフトカードにポインセチアのカットかな 高澤良一 さざなみやっこ
ドア開いてポインセチアの赤が客 山田弘子
ニナリッチコーナーのポインセチアかな 高澤良一 ぱらりとせ
ポインセチアかざし悪意に染まりける 仙田洋子 橋のあなたに
ポインセチアこころに人の棲まずなりぬ 草間時彦 櫻山
ポインセチアの朱けや一葉忌の夜は 森 白樹
ポインセチアの真つ赤をもつて祝福す 山崎ひさを
ポインセチアの色溢れゐる夜の花舗 宮南幸恵
ポインセチアは窓辺のリボン川波照り 花谷和子
ポインセチアもぐらのような家族たち 渡部陽子
ポインセチアや聖書は黒き表紙かな 三宅絹子
ポインセチア会ひたき人の多いこと 中村汀女
ポインセチア十鉢並べて景気付 高澤良一 鳩信
ポインセチア思ひつめたる緋をかかぐ 菊地 正
ポインセチア愉しき日のみ夫婦和す 草間時彦
ポインセチア愛の一語の虚実かな 角川源義
ポインセチア教へ子の来て愛質され 星野麦丘人
ポインセチア楽鳴りこもる牧夫寮 古賀まり子 降誕歌
ポインセチア炎え奔放に恋いくつ 仙田洋子 橋のあなたに
ポインセチア生華やぎて余白なし 草間時彦 櫻山
ポインセチア画中に暗き聖家族 上田日差子
ポインセチア皺深き手の罪のごと 永方裕子
ポインセチア神父に午後の憩あり 藤岡晴丘
ポインセチア究極の朱と思いおり 松本夜詩夫
ポインセチア絨緞と燃ゆ聖壇下 下村かよ子
ポインセチア肉むら厚き裸婦の像 加古宗也
ポインセチア色淡ければ胸に抱く 田中幸雪
ポインセチア荷台に揺れて高速路 林 康子
ポインセチア言葉のごとく贈らるる 手塚基子
ポインセチア遥かなる日は御名御璽 木谷はるか
ポインセチア飾り立てつつ「主は来ませり」 高澤良一 鳩信
ポインセチヤ何に追はるる吾ならん 向笠和子
ポインセチヤ愛の一語の虚実かな 角川源義
リア王読むポインセチアを足許に 高澤良一 ねずみのこまくら
並びゐるポインセチアと消火器と 高澤良一 さざなみやっこ
内祝ポインセチアを買うて来ぬ 高澤良一 燕音
卓球の日向の音のポインセチア 永末恵子 発色
唐突の真紅がよけれ猩々木 高澤良一 鳩信
夜の部屋ポインセチアが赫すぎる 千坂美津恵
宝石とポインセチアと並べ売る 佐々木平一
宴果てぬ猩々木の緋に疲れ 文挟夫佐恵 黄 瀬
家具替へて序でにポインセチア買ふ 高田風人子
寝化粧の鏡にポインセチア炎ゆ 小路智壽子
小書*かもポインセチヤを得て聖夜 富安風生
島を死守ポインセチアを天の花 浦野芳南
待ち侘びしポインセチアに染まるほど 山田弘子
早々とポインセチアの囲み記事 高澤良一 宿好
時計鳴り猩々木の緋が静か 阿部[しょう]人
柔らかき財布でポインセチア買ふ 牧石剛明
猩々木挿して近づくクリスマス 阿部みどり女
猩々木緋をうち重ねしぐれけり 千代田葛彦 旅人木
珈琲とポインセチアに待たさるる 今井千鶴子
階段がポインセチアの鉢の数 清水忠彦
飲んで食べて笑って疲れポインセチア 蓮田双川
鶺鴒叩く霽れ間の猩々木 林原耒井 蜩



以上
by 575fudemakase | 2013-12-15 09:43 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

八手の花

八手の花

例句を挙げます。
(俳句例句DBより)


いつ咲いていつまでとなく花八ッ手 田畑美穂女
うしろより月おし照りて花八ッ手 高橋馬相 秋山越
おほかたは説明不用花八つ手 佐々木玄一郎
くちびるに至らなくても花八ッ手 太田明子
このところ葬ひばかり花八つ手 細川加賀 『玉虫』以後
この後は八手の花と愛で生きん 星野立子
さし入りししんじつの日や花八ッ手 森澄雄
たんねんに八手の花を虻舐めて 山口青邨
どの路地のどこ曲つても花八ッ手 菖蒲あや
なかなかに訪ふ虫多き花八つ手 石田郷子
はきはきと答へてをりぬ花八つ手 高澤良一 ぱらりとせ
はつらつと通りすがりの花八つ手 高澤良一 宿好
ひとくれの闇投げかけし花八手 斎藤玄 雁道
ぶつかつてきたる雀や花八つ手 石田郷子
めいっぱい時間をつかふ花八つ手 高澤良一 ぱらりとせ
ベル押せばすぐに応へて花八ッ手 星野椿
二科展を出て会ふ柩車花八ッ手 宮武寒々 朱卓
人生ゲームのコマのやうなり花八つ手 小林貴子
今朝よりのゆきゝ繁けれ花八ッ手 齋藤玄 飛雪
八手咲きゆくさきざきのこの寒さ 加藤かけい
八手咲くうそ暖くうそ寒く 相生垣瓜人 微茫集
写真師のたつきひそかに花八つ手 飯田蛇笏 春蘭
冬の虻八手の花におびたゞし 佐藤 おもえ
友娶り然も在らぬか花八つ手 石田 波郷
唐ゆきの悲しき港花八つ手 岡部六弥太
外灯の一つ消えをり花八手 高橋秀夫
大声の男来てゐる花八ッ手 佐藤和夫
子溜りの日暮れてゐたり花八つ手 関戸靖子
宇宙ステーシヨン組む繭色の花八手 三嶋 隆英
密読に気温めぐみて花八つ手 飯田蛇笏 雪峡
寺ばかり雪のある日や花八ッ手 吉武月二郎句集
庭先に江の電軋む花八つ手 水原春郎
征くが弓彦闇の向ふが花八つ手 加藤知世子
改めて妻の冷え性花八つ手 高澤良一 随笑
教会にハープのつどひ花八つ手 大島民郎
日のぬくみふところにあり花八手 藤木 竹志
日享けて八手の花は光らずよ 京極杞陽 くくたち上巻
日向より日蔭が澄みぬ花八つ手 馬場移公子
日暮まで蝿のまどろむ花八つ手 白岩 三郎
日蔭ゆくときろうそくいろの花八つ手 田邊香代子
昼の月泛くところ得て花八ッ手 長谷川双魚 『ひとつとや』
暮れそめてはたと暗しや花八手 門坂波の穂
朝の茶の冷めゆく早さ花八つ手 千手 和子
朝市に臨時宅配花八手 砥上白峰
本あけしほどのまぶしさ花八つ手 波多野爽波 『湯呑』
棲みつきて表札古りて花八ッ手 吉屋信子
歩かぬは万病の因(もと)花八つ手 高澤良一 鳩信
水に色無きがごとくに花八つ手 吉屋信子
淡々と日暮が来たり花八つ手 草間時彦
献体の還りし家の花八つ手 丸山哲郎
眼を病む母三坪の庭の花八ッ手 桜井博道 海上
石垣の琉球ぶりや花八つ手 林田千代
空き庵の裏を水ゆく花八つ手 原裕 青垣
老いはかく音もなく来る花八つ手 林翔 和紙
老優の声の佳かりし花八ッ手 石田阿畏子
背負ひ梯子借りて返して花八ッ手 皆川白陀
舟宿の低き鴨居や花八つ手 壺井久子
船過ぎしあとの波音花八つ手 杉立悦子
花八つ手あかりに瞽女のほそおもて 西本一都
花八つ手いかに本郷打毀し 沢木欣一 赤富士
花八つ手かたまつてくる不倖せ 平井照敏 天上大風
花八つ手ぽんぽんぽんと晴れ渡る 野木桃花
花八つ手もうすぐ電車着くころです 蓮田双川
花八つ手ペリカン老いて仄赫き 渡邊水巴 富士
花八つ手今日の白さの小春かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
花八つ手山を集めて日暮れたり 廣瀬直人
花八つ手敵の母艦が潜む庭 高澤良一 随笑
花八つ手日蔭は空の藍浸みて 馬場移公子
花八つ手日輪の空は戦場なり 渡邊水巴 富士
花八つ手昏れて日暮に気付かざる 手塚美佐 昔の香
花八つ手晦日ばらひの世のはるか 高澤良一 随笑
花八つ手暗誦いつも澄んでくる 加藤知世子 黄 炎
花八つ手気安く詠めて貧乏性 高澤良一 随笑
花八つ手水を貰ひに研師来る 森藤千鶴
花八つ手水張つてある四斗樽 池田順子
花八つ手深い夜空に星をもとめ 大井雅人 龍岡村
花八つ手瞋の白さと見たる日も 伊丹さち子
花八つ手瞬くやうに朝が来て 高澤良一 鳩信
花八つ手素寒貧とはなりにけり 高澤良一 寒暑
花八つ手縁談窶れ誰が子ゆゑ 石塚友二 方寸虚実
花八つ手蜂さむ~と飛べるのみ 飯田蛇笏 霊芝
花八つ手貧しさおなじなれば安し 大野林火
花八つ手遺すべきものは遺しけり 石田波郷
花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷
花八ッ手さみしき礼を深くせり 籏こと
花八ッ手ぽんぽんぽんと晴れ渡る 野木桃花
花八ッ手仕舞屋町に残りけり 永井龍男 雲に鳥
花八ッ手子を呼びに子をやる声す 大串章
花八ッ手星またたけば少し散り 中嶋秀子
花八ッ手生涯母は紅ささず 中嶋秀子
花八ッ手笑ましごと言ひ通り過ぐ 文挟夫佐恵 黄 瀬
花八ッ手隣家なまなましくありぬ 金田咲子 全身 以後
花八ッ手雀はくちばしから降りる 藤岡筑邨
花八手お握り載せやる広手亡し 香西照雄 素心
花八手せまき厨の戸口かな 竹冷句鈔 角田竹冷
花八手三島も花をちりばむる 相生垣瓜人 微茫集
花八手地震のやうなものを感ず 京極杞陽 くくたち上巻
花八手日あまく蠅のたむろせり 西島麦南 人音
花八手未だ人住まぬ貸家札 浅見まき子
虻ゐねば蝿がゐるなり花八手 川村凡平
虻一つ翔てば総だち花八手 斎藤雨意
蠅が来て蠅追ひ払ふ花八つ手 高澤良一 ぱらりとせ
裏庭は軍鶏の囲ひ場花八つ手 吉田舟一郎
豆腐やの笛来てとまる花八手 高崎小雨城
賑やかに咲き出て淋し花八ッ手 村山葵郷
路地ふさぐ葬のひととき花八手 赤松[けい]子 白毫
踏みこんでもはやもどれず花八ッ手 加藤楸邨
遺書未だ寸伸ばしきて花八つ手 石田波郷
針山はわびし月下の花八つ手 大井雅人 龍岡村
闇を見るならひのままの花八手 斎藤玄 雁道
首筋の辺りすうすう花八つ手 高澤良一 宿好
のぼり来てうみは見えざり八つ手咲く 太田鴻村 穂国
みづからの光りをたのみ八ツ手咲く 飯田龍太
八つ手咲いて妻が著るもの赤き冬 森川暁水 淀
八つ手咲いて月光土にしむ夜頃 高橋淡路女 梶の葉
八つ手咲いて畳のしたし冬になりぬ 森川暁水 黴
八つ手咲きそむるこの世のはづれかな 平井照敏 天上大風
八つ手咲き仄めきそめし昴星 相生垣瓜人
八つ手咲き忽忙めぐる朝と夕 大島民郎
八つ手咲き板塀が反る日向路 高澤良一 宿好
八つ手咲く或る日の槐太ありにけり 井上石秋
八つ手咲く月夜の濃さよ妻よ見よ 森川暁水 淀
八ッ手咲いて金の三日月よく光る 渡辺水巴 白日
八ッ手咲きこの世ひととき華やぐか 中嶋秀子
八ッ手咲く下の暗さを覗き見し 岸風三樓
八ツ手咲いて金の三日月よく光る 渡邊水巴
八ツ手咲き玉砂利の音あらはなり 佐野青陽人 天の川
八ツ手咲き路地まつさをな天のぞく 菖蒲あや 路 地
八ツ手咲くレントゲン科のくらき窓 柴田白葉女 遠い橋
八ツ手咲く今も昔も路地ぐらし 菖蒲あや
八ツ手咲く若き妻ある愉しさに 中村草田男
掛かりつけ大田医院の八つ手咲く 高澤良一 燕音
粥腹や日陰の花の八ッ手咲き 石川桂郎 高蘆
綿蟲を待ち切れずして八つ手咲く 相生垣瓜人
過ぎ易き男の婚期八ッ手咲く 塩谷はつ枝
雪袴つけたり八ツ手咲き晴るゝ 長谷川かな女 雨 月



以上
by 575fudemakase | 2013-12-13 07:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング