カテゴリ:冬の季語( 1208 )

採氷 の俳句

採氷 の俳句

採氷

例句を挙げる。

切りとりし空の蒼さや採氷夫 武井耕天
太陽はまず採氷夫を青い刃にする 佐々木麻男
採氷のきらめき積まれ月光裡 伊藤皓二
採氷のはじまる雪を掃きにけり 阿部慧月
採氷の橇がわり込む湖上の路 古館曹人
採氷の灯にかはたれの雪飛べり 木村蕪城 寒泉
採氷の赤旗立てて昏れてをり 原田青児
採氷や唯雪原の網走湖 唐笠何蝶
採氷や日輪退る杉木立 窪田あさ子
採氷や湖の端より売る故郷 対馬康子 愛国
採氷や湖の蒼さを切つてをり 三浦敦子
採氷場人馬の道を江上に 桂樟蹊子
採氷夫おのれの影も容れて切る 源鬼彦
採氷夫けもの引き連れ舟小屋に 新谷ひろし
採氷夫とは自己の倒影を截る奴さ 細谷源二
採氷夫ゆがめる顔に笑うかべ 大場白水郎 散木集
採氷夫切れどきりなし嘆息す 成瀬桜桃子 風色
採氷夫棒立ちのとき若き日の眼 細谷源二
採氷夫焚火に立ちて雫する 橋本多佳子
採氷池よべの霰のまろびをり 金子伊昔紅
採氷池子等への怒声日へ谺 木村蕪城 寒泉
採氷池方形を日の器とす 木村蕪城 寒泉
採氷池青き澱みの凍ゆるぶ 木村蕪城 寒泉
採氷馬空より蒼きもの牽きゆく 小関骸子
暮色より暮色が攫ふ採氷馬 齋藤玄 『玄』
松矮く繞り採氷池を隠す 木村蕪城 寒泉
椎き採氷の辺を登校児 木村蕪城 寒泉
蒼天へ積む採氷の稜ただし 木村蕪城 寒泉
試し切り終り採氷はじまりし 白幡千草

採氷 補遺

スケートの氷切る音山しづか 山口青邨
鋸で氷田を引く採氷夫 平畑静塔
荒き刃のゆききあらはに氷挽く 鷹羽狩行
採氷に山々は日を頒ち合ふ 平畑静塔
採氷の灯にかはたれの雪飛べり 木村蕪城 寒泉
採氷の道具のうちの高箒 上村占魚
採氷の夫に焚火す遠くより 平畑静塔
採氷池子等への怒声日へ谺 木村蕪城 寒泉
採氷池青き澱みの凍ゆるぶ 木村蕪城 寒泉
採氷池方形を日の器とす 木村蕪城 寒泉
採氷夫焚火に立ちて雫する 橋本多佳子
採氷婦疲れ果てても母の暖 平畑静塔
松矮く繞り採氷池を隠す 木村蕪城 寒泉
蒼天へ積む採氷の稜ただし 木村蕪城 寒泉
椎き採氷の辺を登校児 木村蕪城 寒泉
氷塊の上に祭の氷挽く 鷹羽狩行
氷上を犬駆ける採氷夫が飼へり 橋本多佳子
氷切る男のちから溶けゆく塩 赤尾兜子 蛇
氷挽ききっていきれる冬日の鋸 古沢太穂 古沢太穂句集
氷挽き運ぶ一切手を触れず 右城暮石 上下
氷挽き鋸透ける我鬼忌かな 秋元不死男
氷挽く音こきこきと杉間かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
氷挽く鋸土佐の大魚の牙 山口誓子
氷挽ける音の中にて愛憎す 岸田稚魚 負け犬
焚火するもの採氷の田に遠く 平畑静塔
北風の中氷挽きたるあと残る 岡本眸
冷凍の鬆入りの氷挽きゐたり 山口誓子
檻の豹より減るかがやきの氷挽く 赤尾兜子 虚像

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 06:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

砕氷船 の俳句

砕氷船 の俳句

砕氷船

例句を挙げる。

マスクして砕氷船のごと進む 林翔 和紙
夜々見ゆる砕氷船の機関の火 及川牧風
月明や砕氷船の錨垂れ 井上康明
氷塊を水尾に伴ひ砕氷船 市川公吐子
海馬来たる砕氷船の後より 広中白骨
湾外へ砕氷船の一路かな 久米幸叢
砕氷船の水尾をたまりに漁り舟 林佑子
砕氷船の航跡青し蹤いて航く 小野田洋々
砕氷船オロラの下に泊つるかも 間宮緑蔭
砕氷船大日輪をいただきぬ 佐藤青水草
砕氷船海に一路をのこしけり 松原千甫
砕氷船舳先いためて繋りをり 高木紫雲

砕氷船 補遺

マスクして砕氷船のごと進む 林翔 和紙
*げきとして砕氷船も横はる 河東碧梧桐

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 06:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

氷湖 の俳句

氷湖 の俳句

氷湖

例句を挙げる。

一枚の氷湖に幼手を殺す 古舘曹人 能登の蛙
一枚の氷湖をふたり渡れるか 櫂未知子 蒙古斑
一氷湖空の紺さへ許さざり 古内一吐
三面鏡その一枚にある氷湖 対馬康子 純情
児の睡る橇を氷湖に曳き渡る 品川鈴子
冬茜氷湖の中の城一つ 有馬朗人 耳順
初荷橇氷湖をたわみつつ渡る 吉村唯行
喪の家の氷湖をかくす深廂 田村了咲
夕空の星研ぎいづる氷湖かな 徳永山冬子
夜は星の語り部となる氷湖かな 雨宮きぬよ
夜空より暗き氷湖と思ひけり 小島千架子
大吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀
大氷湖落暉散乱しても無音 甲斐虎童
大試験さなかの氷湖かがやけり 木村蕪城 寒泉
天仰ぐほかなし氷湖の真中は 野沢節子
抽んでし氷湖の芦に霧氷かな 奥田智久
日輪を愛す氷湖の真中に 宮津昭彦
日輸のほか何もなき氷湖かな 深谷岳彦
星の数ふえつゝ暗き氷湖かな 浜井武之助
曳く橇の氷湖に沿へり注連貰 村上光子
月と日と倶にただよふ氷湖かな 板谷芳浄
月上げて氷湖一枚暮れ残る 伊東宏晃
月光にさらけ出されし氷湖かな 草間時彦 櫻山
朝焼けて氷湖を渡る北きつね 高岡秀行
橋一つこえて氷湖となりゐたり 友岡子郷
氷湖に雪死装束の白さもて 轡田進
氷湖の日わたるに置きて松葉杖 木村蕪城 寒泉
氷湖ゆく白犬に日の殺到す 岡部六弥太
氷湖より親しきものに蕪城の名 原裕 青垣
氷湖日の出影も輝くわが分身 川村紫陽
氷湖昏れ万籟を絶つ四辺かな 伊東宏晃
氷湖照る吾妻鏡の世も斯くや 木村蕪城
氷湖照る明るさ朴の幹つたふ 早崎明
氷湖白く喪の家の子らけふ見えず 田村了咲
氷湖行けばさすらひの日の悴めり 角川源義
氷湖見る胸をわづかに傾けて 古舘曹人 能登の蛙
氷湖駆く余生の力恃みつつ 北見さとる
漁夫戻る肩に氷湖のひかりをり 手島 靖一
漁樵をり氷湖雪山こもごも照る 木村蕪城 寒泉
犬吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀 秋風挽歌
甘露煮に氷湖のひかり粗々し 原裕 青垣
穴釣や氷湖轟く寧からず 新井石毛
穴釣りの人増え氷湖明けしらむ 伊東宏晃
翡翆や氷湖一隅融けそめて 堀口星眠 営巣期
老画家とゆく落日の氷湖の辺 野澤節子 遠い橋
聯珠の灯氷湖をかこみ遠ちに切れ 福田蓼汀 秋風挽歌
脚ひらく氷湖に刃入るるとき 櫂未知子 蒙古斑以後
蒼天を涵し氷湖の罅深し 木村蕪城 寒泉
諏訪衆に風の集まる氷湖かな 原裕 青垣
馬橇駆つて氷湖の風は刃のごとし 鷲谷七菜子
鳥発つて氷湖傷つく鉄の刃 田川飛旅子
ミシガン湖凍りついたる初日かな 仙田洋子 雲は王冠
光の中眼ひらきどほし湖氷挽く 加倉井秋を 『真名井』
円湖凍てゝ方位東西相隣る 草田男
厨房に温泉迸り湖氷る 木村蕪城 一位
山上湖氷らんとして波さわぐ 篠田悌二郎
山風や夜落ちしところ湖氷る 松根東洋城
月光の切先に触れ湖凍てぬ 根岸善雄
湖凍ててわが声われを驚かす 林翔 和紙
湖凍てて療園の嬉戯玻璃のうち 木村蕪城 寒泉
湖凍てて落暉の総のそよぎをり 大峯あきら
湖凍り林をのぼるオリオン座 堀口星眠 火山灰の道
湖凍るそがひの山に人葬る 木村蕪城 寒泉
湖凍るひびきの夜夜を書に痴るる 木村蕪城 寒泉
湖氷る大きな朝にあひにけり 加藤楸邨
湖氷る日を見さだめつ楮蒸す 栗生純夫 科野路
湖氷る響幾夜にわたりつる 木村蕪城 一位
湖氷挽く挽き音しだいに咽び音に 加倉井秋を 『真名井』
濯女に温泉湧きあふれて湖氷る 木村蕪城 一位
猟銃音湖氷らんとしつゝあり 相馬遷子 山國
凍湖に犬の見つけし落しもの 青葉三角草
凍湖の汀ともなく木立あり 依田秋葭
月一輪凍湖一輪光りあふ 橋本多佳子
犬も亦凍湖を渡る家路あり 青葉三角草
穴釣す暁けの凍湖を渡り来て 松尾緑富
風吹けり凍湖に琴糸はるように 対馬康子 愛国
ショーのあと消す氷盤に水撒きて 津田清子 二人称
寸鉄をもて氷盤を磨ぎにけり 栗生純夫 科野路
氷盤の炎消しがたしかゆ炊く火 細谷源二 砂金帯
火口湖が白き氷盤となれるのみ 山口誓子

氷湖 補遺

*えり古りて湖尻の氷雨上がりけり 松村蒼石 寒鶯抄
あけぼのや湖の微をとる氷魚網 森澄雄
うらゝかや氷の解けし諏訪の湖 正岡子規 麗か
かすれては氷湖に交すわが語はも 大野林火 青水輪 昭和二十六年
さゝ波や氷らぬ鳰の湖青し 正岡子規 鳰
一枚の氷湖に幼手を殺す 古舘曹人 能登の蛙
一枚の氷湖はめこむ古代地図 有馬朗人 母国
一枚の氷盤流れ来滝の川 山口青邨
火口湖が白き氷盤となれるのみ 山口誓子
外燈に氷湖をわたりきし風音 大野林火 青水輪 昭和二十六年
街空に氷れる湖の線がある 木村蕪城 一位
葛飾や氷沼の葦の日を恋ふる 角川源義
葛飾や氷沼を午の鉦すめる 角川源義
甘露煮に氷湖のひかり粗々し 原裕 青垣
観念の死を見届けよ青氷湖 佐藤鬼房
眼前に古鏡眼下に結氷湖 岡本眸
機窓を開けて諏訪湖の氷解 木村蕪城 一位
漁樵をり氷湖雪山こもごも照る 木村蕪城 寒泉
強き星氷湖はすでに闇のなか 鷲谷七菜子 天鼓
結氷湖懐中燈の輪がすすむ 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
結氷湖氷の解けし方に村 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
月一輪凍湖一輪光りあふ 橋本多佳子
月光にさらけ出されし氷湖かな 草間時彦 櫻山
犬吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀 秋風挽歌
鍵束を凍湖に鳴らし神楽舞 三橋鷹女
湖があり森あり氷河とどまれる 鷹羽狩行
湖の青氷下魚の穴にきはまりぬ 斎藤玄 狩眼
湖の氷にはぢく霰哉 正岡子規 霰
湖の氷らず海につながりて 右城暮石 虻峠
湖の氷をよごす出初かな 前田普羅 普羅句集
湖の靜かに三井の鐘氷る 正岡子規 鐘氷る
湖氷り川躍りゆく大地かな 岡本眸
湖氷る響幾夜にわたりつる 木村蕪城 一位
湖撫でて氷雨一過やある永別 楠本憲吉 孤客
光芒とともに凍湖へ夕日降る 中村草田男
高熱の落ちたる湖の厚氷 橋閒石 無刻
山の湖に白雲閑たり氷浮く 村山故郷
山へだて結氷湖あり眠られず 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
四肢氷りついて氷湖となりにけり 三橋鷹女
春の湖夜の氷の下明るし 加藤秋邨
障子越しさわだつ湖の氷解 木村蕪城 寒泉
信濃いま蘇枋紅梅氷解くる湖 橋本多佳子
諏訪衆に風の集まる氷湖かな 原裕 青垣
厨房に温泉迸り湖氷る 木村蕪城 一位
雪積むを許して湖の氷りけり 石田勝彦 秋興以後
葬りの土より氷る諏訪の湖 古沢太穂 古沢太穂句集
蒼天を涵し氷湖の罅深し 木村蕪城 寒泉
大試験さなかの氷湖かがやけり 木村蕪城 寒泉
濯女に温泉湧きあふれて湖氷る 木村蕪城 一位
昼すぎの睫毛の繁る氷沼 飯島晴子
冬の雲海大いなる氷盤 山口誓子
冬茜氷湖の中の城一つ 有馬朗人 耳順
凍湖に赤き椅子一つ置く何見んと 藤田湘子
凍湖に焚火せし罪測られず 津田清子
凍湖一面町に冬咲く花を見ず 中村草田男
馬橇駆つて氷湖の風は刃のごとし 鷲谷七菜子 天鼓
氷らんとせる湖の色さだまらず 岸田稚魚 紅葉山
氷る湖の温泉おつるところ舟囲ふ 木村蕪城 一位
氷る湖へだて二街響きあふ 木村蕪城 寒泉
氷る湖太陽これを犯すなし 阿波野青畝
氷る湖二つに割るる夜を囃す 原裕 青垣
氷る湖日の落ち際をきびしくす 岸田稚魚 紅葉山
氷を割れば水はたはたと湖鳴りす 角川源義
氷解けて湖辺の路の往来かな 正岡子規 凍解
氷魚といふさかな小鉢に湖の宿 桂信子 花影
氷湖の上氷魚釣り出され腸すかす 角川源義
氷湖の底何かまさぐる糸たらし 角川源義
氷湖の日わたるに置きて松葉杖 木村蕪城 寒泉
氷湖より親しきものに蕪城の名 原裕 青垣
氷湖見る胸をわづかに傾けて 古舘曹人 能登の蛙
氷湖行けばさすらひの日の悴めり 角川源義
氷湖出し水よろこびて熔岩の端を 飯田龍太
氷沼に下りて 鴉の黒化粧 三橋鷹女
氷沼野や水木は空に傾ける 角川源義
氷盤に汝が意ふ型を刻まむと 山口誓子
氷盤に立つ『白鳥の死』を了へて 鷹羽狩行
氷盤の炎消しがたしかゆ炊く火 細谷源二 砂金帯
氷盤を向股向脛ゆきめぐる 山口誓子
夫婦住む鉄路と凍湖見下ろして 中村草田男
風の湖舟溜りより氷り初む 上田五千石 森林
暮れんとす氷湖をへだて吠ゆる犬 大野林火 青水輪 昭和二十六年
猟銃音湖氷らんとしつゝあり 相馬遷子 山国
聯珠の灯氷湖をかこみ遠ちに切れ 福田蓼汀 秋風挽歌
老人に子を遺りにくる氷沼 飯島晴子
老体を氷湖の道がつきぬける 斎藤玄 狩眼
礫うつ氷沼のひびきを愛しみて 橋本多佳子

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 06:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

氷海 の俳句

氷海 の俳句

氷海

例句を挙げる。

氷海に壁のごときがはだかれり 千葉 仁
氷海に生まれし亀裂四月来る 山本歩禅
氷海に秋日踊らす白夜行 殿村莵絲子 雨 月
氷海の亀裂と亀裂相遭はず 橋本鶏二
氷海の千鳥ら船団を率いたり 萩原麦草 麦嵐
氷海の巌畳々と濤に非ず 古館曹人
氷海の涯しらしらと今日の雁 古沢太穂
氷海の陸よりたかく見ゆるかな 伊藤凍魚
氷海へ水路は藍を絞りたり 金箱戈止夫
氷海へ追ひつめられし日輪よ 坂巻純子
氷海やこだまさびしきわれの咳 伊藤彩雪
氷海やはやれる橇にたわむところ 山口誓子
氷海やはるか一連迎ひ橇 山口誓子
氷海や日の一粒の珊瑚色 金箱戈止夫
氷海や月ひた走る照り昃り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
氷海や船客すでに橇の客 山口誓子
氷海を上る朝日に氷下魚釣 粟津松彩子
黒犬も氷海を来し船の客 有馬朗人 耳順
潮の香もなくはろばろと海氷る(根室) 上村占魚 『萩山』
海凍てゝ渚ともなし島の春 凍魚
海凍る国に鮭鮓甘きかな 河東碧梧桐
よごれたる凍港犬もよごれをり 青葉三角草
凍港となりゆく頃の漁夫達よ 成瀬正とし 星月夜
凍港にともしび暗く住める漁夫 成瀬正とし 星月夜
凍港に人の匂ひの無い酒場 能城 檀
凍港に旗古るシップレストラン 田村了咲
凍港に起重機鷲の嘴の如し 久米正雄 返り花
凍港のどこに鋲打つ連れて打つ 久米正雄 返り花
凍港の中央碧き潮動く 齋藤愼爾
凍港の人ゐて赤き旗を振れり 岸風三楼 往来
凍港の今し沈める日を見ずや 岸風三楼 往来
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
凍港の氷を解くと砲をうつ 太田ミノル
凍港の真中一筋解けはじむ 守谷順子
凍港やからすの落す魚の腑 泰史
凍港やクレーンも人も沈む日に 岸風三楼 往来
凍港や天主の鐘の夕告ぐる 蔦花
凍港や楽器売場のごと光り 櫂未知子 貴族
凍港や舊露の街はありとのみ 山口誓子
凍港より大洋並べ誓子の忌 南部富子
凍港を素描す画架を石廊に 石原八束
父を地に還す凍港ひかるころ 櫂未知子 貴族
少年兵を氷江に追ひ刺し落す 細谷源二 鐵
氷江や往くも還るも轟々と 石田波郷
氷江を照らして月の高からず 大場白水郎 散木集
氷原に没る太陽の紅からず 村上冬燕
氷原に鷲来て吾の生身欲る 津田清子
氷原の果てに白夜の影引かず 合田丁字路
氷原の氷の塊のみな影引く 古館曹人
氷原を白き貂ゆく光あり 長谷川櫂
船客に四顧の氷原街見えず 山口誓子

氷海 補遺

ほそ~と煙の晴るゝ凍港よ 日野草城
少年兵を氷江に追ひ刺し落す 細谷源二 鐵
船客に四顧の氷原街見えず 山口誓子
大亀裂せる氷海のおそろしき 阿波野青畝
凍海の盲魚のすがた空に描く 西東三鬼
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子
凍港や緋文字かりそめにして消えず 橋閒石
氷海の涯しらしらと今日の雁 古沢太穂 捲かるる鴎
氷海の朝焼けきびし狐舎の春 飯田蛇笏 山響集
氷海やさいはてに来て夢道のゆめ 古沢太穂 捲かるる鴎
氷海やはやれる橇にたわむところ 山口誓子
氷海やはるか一連迎ひ橇 山口誓子
氷海や月のあかりの荷役橇 山口誓子
氷海や船客すでに橇の客 山口誓子
氷原の天に見知らぬ月照れり 山口誓子
氷江の上の橋行く暮色かな 日野草城
氷江の西日となりぬ浮碧楼 日野草城
氷江やしみつたれたる牛車の灯 日野草城
氷江を越え兵の貌かっと映ゆ 伊丹三樹彦
北吹けば国来々々と海氷来 角川源義
無限大なる氷海や裂目見ゆ 阿波野青畝
養狐交け春の氷海鏡なす 飯田蛇笏 山響集

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 06:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

悴む の俳句

悴む の俳句

悴む

例句を挙げる。

いたいけの悴けたる手を垂りにけり 松村蒼石 寒鶯抄
すぐ泣く子今泣きさうに悴みて 京極杞陽
ちゝはゝの遺せし吾や悴みて 杉山岳陽 晩婚
つと立ちて悴む我をつきはなす 岡田和子
めつむれば霜雫せり悴むなよ 赤城さかえ句集
われらみな生の側にて悴めり 小坂順子
をんな坂下りはじめの悴みぬ 渡辺恭子
オルゴール切れて人形悴みぬ 吉原文音
一些事に躓きしより悴めり 石田あき子 見舞籠
一徹の父を見送り悴めり 山崎千枝子
一指一指悴かみ十指らちもなし 岡田日郎
一村悴み浮城のごとく赤城山 北野民夫
二人ゐて二人悴みゐたりけり 小澤實
人の死を知る眼交はして悴かめる 石原八束
人形がこなす苦役に悴めり 渡辺恭子
八十九歳の悴む御尤 粟津松彩子
八千の鶴に餌をまき悴めり 原 和子
厄介な孫のふぐりの悴める 清水基吉
取りおとす参籠の箸や悴みて 原 柯城
叱らるる子も悴かみてかなしけれ 橋本鶏二
地の塩の孤を悴みが呪縛す 石原八束 空の渚
坂くだる足音までも悴みて 渡辺 和子
天網にかからぬ蝶の悴めり 原和子
太陽に悴める手をむけても見 三好雷風
妻とのみなるはいよいよ悴むなり 右城暮石 声と声
屯田の訛悴むことやなし 齋藤玄 飛雪
山大きいまぼろし拾ふほど悴かむ 松澤昭 父ら
山家宿二階つき出て鼻悴かむ 平井さち子 完流
心中に火の玉を抱き悴めり 三橋鷹女
怯へしか悴みゐしか手をとれば 野中 亮介
悴かみてちひさな嘘が言へぬなり 香西照雄 対話
悴かみてペン落しつつ稿つづけ 阿部みどり女 月下美人
悴かみて糸の縺れをとくすべも 成瀬正とし 星月夜
悴かみて躓く心又一歩 橋本うた子
悴かめるこの一瞬もわれの生 相馬遷子 雪嶺
悴かめる一光年の途中かな 上野まさい
悴かめる児の手に白き息をかけ 山田 栄美代
悴みしわが手包める病者の手 白岩 うた
悴みし手に残業の鍵の束 長谷川史郊
悴みし手に水はじき水仕事 上野泰 佐介
悴みし手より警棒放されず 田崎令人
悴みし指がもの言ふ袋糶 堀 康代
悴みし掌の鉛筆より蝶生る 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
悴みし海豚のごとき眼をみたり 稲垣きくの 黄 瀬
悴みし身ぬちつらぬく茶碗酒 小島千架子
悴みてあやふみ擁く新珠吾子 能村登四郎 咀嚼音
悴みてけふこの女醜さよ 中杉隆世
悴みてこころ閉してしまひけり 柴田白葉女
悴みてこれを限りの手紙書く 森田峠
悴みてさらにその日のおもひだせず 久保田万太郎 草の丈
悴みてすぐ知れる嘘ひとつ吐く 山田弘子 こぶし坂
悴みてつひに衆愚のひとりなり 斎藤空華 空華句集
悴みてひとの離合も歪なる 中村草田男
悴みてよめる句に季のなかりけり 久保田万太郎 流寓抄
悴みてわかき日ばかりおもふめる 久保田万太郎 流寓抄以後
悴みてわが句おほかた旅に得し 成瀬桜桃子 風色
悴みてゐしそのことをもてあます 加倉井秋を 午後の窓
悴みてをりしが犬に吠えらるる 木暮陶句郎
悴みて乗つたる石のぐらりとす 大石悦子 聞香
悴みて亡き師詠ふを自戒せり 石川桂郎 高蘆
悴みて人の云ふこと諾かぬ気か 高濱年尾 年尾句集
悴みて佛づとめの燭ともす 吉田 長良子
悴みて千人針の糸くくる 井上雪
悴みて印押す手術承諾書 毛塚静枝
悴みて喪にゆく夫や畦づたひ 石田あき子 見舞籠
悴みて囚徒に髪を刈られけり 角川春樹
悴みて地にすれすれのよき枝を 宇佐美魚目 天地存問
悴みて堆朱の膳をしまひをり 下村槐太 天涯
悴みて妻に一円借りにけり 白岩三郎
悴みて少年人の靴磨く 岸風三楼 往来
悴みて己のことのほか知らぬ 中杉隆世
悴みて影を失ふ水の上 松澤昭 神立
悴みて心いきいき怒れるなり 佐野美智
悴みて心ゆたかに人を容れ 富安風生
悴みて憤(むづ)けば不愍笑めばなほ 川口重美
悴みて扉を押す力余りたり 右城暮石 声と声
悴みて手袋ぎらひ足袋ぎらひ 太田育子
悴みて掴みにくくて一円貨 辻田克巳
悴みて旅は迎への人まかせ 皆吉爽雨
悴みて桶に水くむ月詣り 脇坂啓子
悴みて死の日待つとはあらざりき 小林康治 『潺湲集』
悴みて水の切先そらし得ず 岡田 和子
悴みて汽車に眠りぬあすも旅 成瀬櫻桃子 風色
悴みて洋奴たりゐし歳月よ 小林康治 玄霜
悴みて海苔漉き了へし窓白む 長谷川史郊
悴みて猿の腰かけ向ひ合ひ 殿村莵絲子 雨 月
悴みて生きてゆく嘘つきにけり 成瀬櫻桃子 風色
悴みて眼よりも高きものを見ず 百瀬美津
悴みて瞑りて皇居過ぎゐしか 石田波郷
悴みて短き一語ともならず 山本紅園
悴みて秀野恋ひゆく雑木山 関戸靖子
悴みて糸の縺をとくすべき 成瀬正俊
悴みて綯ひたる縄のやはらかし 河崎 初夫
悴みて見上ぐる塔の高さかな 片山由美子 水精
悴みて見知らぬ街を行くごとし 井沢正江
悴みて読みつぐものにヨブ記あり 上田五千石 風景
悴みて跼むにあらず祷るなり 成瀬櫻桃子 風色
悴みて踏みて鶯張は憂し 亀井糸游
悴みて飛ばなくなりし竹とんぼ 宮下秀昌
悴みて高虚子先生八十一 高浜虚子
悴みの溶けゆく泪春煖炉 殿村莵絲子 牡 丹
悴み病めど栄光の如く子等育つ 石田波郷
悴むとその身切りさう鎌の神 加藤知世子 花寂び
悴むや岩に魑魅の水の音 古舘曹人 樹下石上
悴むや手に息かけて松葉杖 山口恵子
悴むや拳固宙までおろしけり 阿波野青畝
悴むや注連を引きあふ陰の石 古館曹人
悴むや胸ふかき像捨てきりて 鷲谷七菜子
悴むや鞄へひとの金満たし 皆川白陀
悴むを許さぬ一机ありにけり 石塚友二
悴む妻見れば却つて口つぐむ 榎本冬一郎 眼光
悴む手こする太陽赤き下 村越化石 山國抄
悴む手なだめ藍糸絞りきる 太藤 玲
悴む手女は千も万も擦る 山口誓子 一隅
悴む手銃の重さを記憶せり 千代田葛彦
悴む身ほどけて椅子に深くをり 高木晴子 花 季
悴めどまた火の粉浴び鬼が舞ふ 友岡子郷 遠方
悴めばなほ悲しみの凝るごとく 永井龍男
悴めば地にすれすれに星生れぬ 加倉井秋を 午後の窓
悴めば祈る形に指組まれ 竹内千花
悴めば花かと潤み白きもの 宇佐美魚目 天地存問
悴めば遺影は横を向きにけり 古舘曹人 砂の音
悴めり波濤は石をまろばせつ 斎藤梅子
悴めり雌伏せりとも言はむかな 相生垣瓜人 明治草抄
悴めるすがたに牛を曳き去りぬ 下村槐太 光背
悴める妻毎日の髪結へり 森川暁水 黴
悴める姿に牛を曳きゆきぬ 下村槐太 天涯
悴める手で書く現場日誌かな 大野審雨
悴める手に死に給ふ髪を梳く 都筑智子
悴める手に母の手の大きかり 千原叡子
悴める手のすべりがち棺担ふ 岡安仁義
悴める手は憎しみに震へをり 高浜虚子
悴める手を暖き手の包む 高浜虚子
悴める手を病む母に握らるる 鈴木昌江
悴める掌のかたちして枯柏 高澤良一 ももすずめ
悴める掌を包みやり諭しけり 西村和子 夏帽子
悴んでくる手拳にしてしまふ 石井保
悴んでまるくなりゐる女房かな 森川暁水 黴
悴んでゐる手を垂れて這入りくる 京極杞陽 くくたち上巻
悴んでをりし両手を預かる手 黒川悦子
悴んで聞いて忘れてしまふこと 稲畑汀子 春光
悴んで言はずもがなを甲走る 小出秋光
意志伝へくれぬ指先悴みて 稲畑汀子 春光
投網師の悴かむ手より鮒を買ふ 河前 隆三
教室の悴む吾子を目で励ます 山田弘子 螢川
柩傾ぎわが町人の血悴かむ 古舘曹人 能登の蛙
梧桐一本二階障子の悴めり 柴田白葉女 牡 丹
水底の文字悴まず虹の石 後藤比奈夫 めんない千鳥
氷河期の人類と共に悴かみぬ 相馬遷子 雪嶺
氷湖行けばさすらひの日の悴めり 角川源義
法廷に指の悴む男女かな 山口誓子
流離の荷からげ悴むばかりなり 小林康治 玄霜
炎天下廃磔像に悴むか 小林康治 玄霜
父の喪の盛装となり悴むか 小林康治 四季貧窮
牛売りし札数へをり悴みて 三宅句生
牛百頭鳴き流れゆく大洪水 悴山紀一
病む夫に耳悴みて仕へけり 石田あき子 見舞籠
白鳥になりたきひとと悴めり 仙田洋子 雲は王冠
石女の妻悴みて役立たず 森川暁水 黴
石階に悴める手ぞ十字切る 下村ひろし
税務署を出て悴みし犬に会ふ 前山松花
竹馬に仕上げて青し悴みぬ 永井龍男
結び目の解けぬかなしさ悴めり 馬場移公子
縄帯の悴いくつぞ霜柱 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
考へてゐるひとところ悴める 岸田稚魚 『紅葉山』
聞けば聞くほどに心の悴みて 水田むつみ
膝の上の悴む手では嘘は云へぬ 岸田稚魚
茶を吹いて悴むこゝろほぐれをり 河野柏樹子
蜘蛛迅し悴みをれる身ほとりを 森川暁水 黴
被告悴け判官網をうつごとし 飯田蛇笏 雪峡
西行の清水掌にうけ悴めり(西行庵とくとくの清水) 角川源義 『神々の宴』
跳ぶ水の幅悴める眼にはかる 大岳水一路
身はおろか心の中も悴みぬ 下村梅子
身長一九〇センチ悴めり 大野朱香
運転の始動悴み解けるまで 稲畑汀子 春光
釘をさすつもりの言葉悴めり 江頭 信子
鍋釜もわれにさからふ悴かめば 沢田しげ子
長病みの母云ふ骨も悴むと 渡辺恭子
電車待つ鬼城の町に悴みて 猪俣千代子 秘 色
霊柩車他郷に送り悴める 宮坂静生 青胡桃
飴なめて流離悴むこともなし 加藤秋邨 野哭
飽食の紙袋割り悴む手 鈴木康允
骨拾ふ箸ままならず悴みて 岡安仁義
鳥獣のうちの我なり悴めり 斎藤梅子
麻酔利く悴めるわれ居なくなり 辻田克巳
かじかみし手に蔵の扉の重かりし 宮林和子
かじかみし手をあげてゐるわかれかな 銀漢 吉岡禅寺洞
かじかみし手をよせ来る戀としも 久保田万太郎 草の丈
かじかみし手を尻に敷き靴みがき 北野民夫
かじかみし顔を写してコンパクト 稲畑汀子
かじかみつゝ月給袋逆さに持つ 石橋辰之助
かじかみて何をするにも腹だたし 右城暮石
かじかみて気ものらぬまま花ミモザ 落合よう子
かじかみて石切る山と海の間 津田清子 二人称
かじかみて脚抱き寝るか毛もの等も 橋本多佳子
かじかむや大き朱塗の牡丹刷毛 下田実花
もの煮る火見つめかじかむ顔ひとつ 松崎丘秋
をさなごの手のかじかみを握りて解く 伊藤敬子
乳さぐる小蟹の如くかじかむ手 赤松[ケイ]子
俥より下りてかじかむ手なりけり 久保田万太郎 流寓抄
修二会いま火の粉かじかむ群衆に 諸角せつ子
夜なべかじかむ戦後自作農となりしが 芳野庄太郎
幼な子のかじかみし爪藷に刺さる 田川飛旅子 花文字
暮天の冬日掴み来たれよかじかむ子 細谷源二 砂金帯
死者生者共にかじかみ合掌す 西東三鬼
空青しかじかむ拳胸を打つ 西東三鬼
耳飾りかじかむ月に鋭どくて 柴田白葉女
震災の被害を知らす文字かじかむ 八牧美喜子
露天湯へどぼんと入らねばこごえちまふ 高澤良一 寒暑

悴む 補遺

いたいけの悴けたる手を垂りにけり 松村蒼石 寒鶯抄
かじかみてぬくみきるまで口つぐむ 野澤節子 未明音
かじかみて何をするにも腹だたし 右城暮石 散歩圏
かじかみて脚抱き寝るか毛もの等も 橋本多佳子
かじかみて神将を見むと鍵を押す 伊丹三樹彦
かじかみて石切る山と海の間 清崎敏郎
かじかみて鼠近よる鼠捕り 日野草城
かじかみて木場にばうばうあぐらくむ 佐藤鬼房
かじかみ聞く蔑げられしものの弁 楠本憲吉 隠花植物
かじかむや頭の血脈の音とくとく 橋本多佳子
けふ一日顔悴みてものを云はず 山口誓子
サーカスの子の悴かみて馬を愛で 中村汀女
たらちねに生み遺されて悴める 上田五千石 天路
タンク過ぎ鼻悴みし我かへる 加藤秋邨
わが吉書平成元年かじかむな 阿波野青畝
愛染の金鼓を打ちて悴めり 角川源義
飴なめて流離悴むこともなし 加藤秋邨
椅子かたく悴み見るや受難劇 能村登四郎
一語添へ一語削りて悴める 上田五千石 風景
一瞬胸せまりたり悴む顔の囚衣群 能村登四郎
一日作さざればすなはち悴めり 上田五千石『琥珀』補遺
炎天下廃磔像に悴むか 小林康治 玄霜
火口ちかく悴けたるわが掌を見たり 山口誓子
我年の七十七や悴みし 高野素十
海のシャワーかじかむ形の少年達 草間時彦 中年
且つ悴け且つ呆けつつ明け暮るる 相生垣瓜人 負暄
顔いたきまで悴みて鉄を打つ 加藤秋邨
急き外づす釦数々悴かむ手 右城暮石 句集外 昭和三十八年
教師俳人かじかみライスカレーの膜 西東三鬼
近づいて見れば夕栄えさるすべり 佐藤鬼房
群像の使徒の足下に悴める 上田五千石『天路』補遺
拳骨にならず悴む汝かな 阿波野青畝
御徒士宿紙嵯造りに悴めり 松崎鉄之介
工区の煙悴む綾取り陽へさしだし 飴山實 おりいぶ
考へてゐるひとところ悴める 岸田稚魚 紅葉山
妻とのみなるはいよいよ悴むなり 右城暮石 声と声
三文原稿と思ひ悴みはげみをり 能村登四郎
山番が出すチャイ 十指の悴み解け 伊丹三樹彦
指からみ合ひて悴む洗面所 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
指先のことのみか指悴めり 高浜年尾
死者生者共にかじかみ合掌す 西東三鬼
手洟かみ漁夫の真顔の悴みゆく 能村登四郎
囚人の悴けし足を足蹴にす 山口誓子
書けばすぐ悴みつつも筆力 加藤秋邨
食ふといふときを屈背に悴める 上田五千石『琥珀』補遺
心中に火の玉を抱き悴めり 三橋鷹女
振香炉振りつつ童子悴める 西東三鬼
身を粉にし励む齢すぎ悴めり 松崎鉄之介
生涯を一職に生き悴めり 能村登四郎
西行の清水掌にうけ悴めり 角川源義
早梅の悴み咲きをしてをるよ 清崎敏郎
足枷といふものはめて悴める 山口誓子
天壇の龍の悴む格天井 鷹羽狩行
屯田の訛悴むことやなし 齋藤玄 飛雪
被告悴け判官網をうつごとし 飯田蛇笏 雪峡
膝の上の悴む手では嘘は云へぬ 岸田稚魚 雁渡し
氷河期の人類と共に悴かみぬ 相馬遷子 雪嶺
氷湖行けばさすらひの日の悴めり 角川源義
父の喪の盛装となり悴むか 小林康治 四季貧窮
片岸に艀寄りあひ悴むか 佐藤鬼房
暮天の冬日掴み来たれよかじかむ子 細谷源二 砂金帯
母いかにかじかみて米研ぐ兵よ 伊丹三樹彦
法廷に指の悴む男女かな 山口誓子
磨き磨いてなほ悴みぬ靴みがき 加藤秋邨
鳴き龍の青丹の下に悴めり 飯島晴子
藍壺にこごえる藍はただの汁 平畑静塔
流離の荷からげ悴むばかりなり 小林康治 玄霜
恋仏仰ぎあふぎて悴める 上田五千石『琥珀』補遺
悴かみてちひさな嘘が言へぬなり 香西照雄
悴かむや税問答に継穂なく 伊丹三樹彦
悴かめるこの一瞬もわれの生 相馬遷子 雪嶺
悴けたる四肢に鎖の鴫りにけり 山口誓子
悴まぬ日のために今日悴みき 加藤秋邨
悴みさがす老婆や切符出て来たり 中村草田男
悴みし我が手のただに腹立たし 右城暮石 句集外 昭和五十三年
悴みし手に水はじき水仕事 上野泰 佐介
悴みし手もてしばらく火の熱き 右城暮石 句集外 昭和十七年
悴みし銅貨もれなくもらひたり 中村汀女
悴みし日の紺絣なつかしき 加藤秋邨
悴みてあやふみ擁く新珠吾子 能村登四郎
悴みていよいよ頑固顔となる 右城暮石 虻峠
悴みてつらぬきかねし「かな嫌い」 能村登四郎
悴みてひたすら思ふ死とは何 桂信子 花影
悴みてひとの離合も歪なる 中村草田男
悴みてわれ山科といふ字書く 高野素十
悴みて化粧妻の座ほろ苦し 山田みづえ 忘
悴みて何となけれど腹立たし 右城暮石 散歩圏
悴みて我を離れず影法師 加藤秋邨
悴みて喜怒哀楽の別もなし 上田五千石『風景』補遺
悴みて吃々としてあらがひぬ 富安風生
悴みて言葉と言葉つなぎけり 稲畑汀子
悴みて妻の忌の燭取り落す 高野素十
悴みて師を託しおく末枯野 角川源義
悴みて叱らるることに泣きにけり 中村汀女
悴みて取り落したる洗面具 右城暮石 散歩圏
悴みて手をこする揉手めきゐたり 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
悴みて囚徒抗ふこともなし 山口誓子
悴みて拾ふ流人の屋子の歌 上田五千石『琥珀』補遺
悴みて心ゆたかに人を容れ 富安風生
悴みて水のあをさの燈をともす 上田五千石『琥珀』補遺
悴みて祖翁に拈華旅遠く 富安風生
悴みて相逢ひし顔思ひ出せず 加藤秋邨
悴みて相逡ひし顔思ひ出せず 加藤秋邨
悴みて堆朱の膳をしまひをり 下村槐太 天涯
悴みて読みつぐものにヨブ記あり 上田五千石 風景
悴みて能面の眼に射られけり 百合山羽公 樂土
悴みて扉を押す力余りたり 右城暮石 声と声
悴みて腹立たしさも極まれり 右城暮石 句集外 昭和五十二年
悴みて聞き入ることばありにけり 稲畑汀子
悴みて亡き師詠ふを自戒せり 石川桂郎 高蘆
悴みて友の死悼む句は成さず 安住敦
悴みて洋奴たりゐし歳月よ 小林康治 玄霜
悴みて瞑りて皇居過ぎゐしか 石田波郷
悴み病めど栄光の如く子等育つ 石田波郷
悴むごと鳴り熄む錘子期錘子期よ 中村草田男
悴むや岩に魑魅の水の音 古舘曹人 樹下石上
悴むや胸ふかき像捨てきりて 鷲谷七菜子 黄炎
悴むや税問答に継穂なく 伊丹三樹彦
悴むや注連を引きあふ陰の石 古舘曹人 樹下石上
悴むを許さぬ一机ありにけり 石塚友二 玉縄以後
悴む手女は干も万も擦る 山口誓子
悴めば遺影は横を向きにけり 古舘曹人 砂の音
悴めり雌伏せりとも言はむかな 相生垣瓜人 明治草
悴めるすがたに牛を曳き去りぬ 下村槐太 光背
悴める園児五十に玻璃くもる 能村登四郎
悴める我が手まことに腹立たし 右城暮石 句集外 昭和四十九年
悴める姿に牛を曳きゆきぬ 下村槐太 天涯
悴める指動かせば口歪む 右城暮石 散歩圏
悴める手にペンとりて書きくるゝ 星野立子
悴める手に何事も腹立たし 右城暮石 句集外 昭和四十一年
悴める夫婦かたことと鳴る障子 村山故郷
懶るに慣れ悴むに慣れにけり 相生垣瓜人 負暄
柩傾ぎわが町人の血悴かむ 古舘曹人 能登の蛙

以上


by 575fudemakase | 2017-04-18 06:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

凍滝 の俳句

凍滝 の俳句

凍滝

例句を挙げる。

ときめくよ一糸纏はぬ凍瀧に 三好潤子
一切放下して凍滝の融け始む 高橋悦男
一瞬に大凍滝のゆるみ落つ 松住清文
凍て滝の裏に水落つ音のして 福井千悠
凍滝あまた稀に音たて落つるあり 福田蓼汀 秋風挽歌
凍滝と奥嶺の月と照らし合ふ 能村登四郎
凍滝に一縷の自在ゆるさるる 山崎冨美子
凍滝に刻ながるるは雪降れり 鈴木貞雄
凍滝に来て一穂の火を供ふ 右城暮石
凍滝に生きてゐるなり水一縷 椎名康之
凍滝に礼して神楽舞ひ納む 矢島渚男
凍滝に積む雪旅の先いそぐ 津田清子 礼 拝
凍滝に約束のひと来てゐたる 辻桃子
凍滝のいただき天に触れてをり 三森鉄治
凍滝のうす緑なる襞の数 高濱年尾 年尾句集
凍滝のかげりつくせる日のあり処 木村蕪城 寒泉
凍滝のそのいただきに日が射して 山口青邨
凍滝のなかを貫く青きもの 江井芳朗
凍滝のゆるびて呱々の声となる 椎橋清翠
凍滝の一水走り意志通す 高橋良子
凍滝の凍てても見ゆる滝の相 能村登四郎
凍滝の寂莫たりし解けはじむ 松本たかし
凍滝の帆明りほどの遠さかな 鷹羽狩行
凍滝の怒濤の音を嵌め殺し 石嶌岳
凍滝の明るさにをり車椅子 谷口紫頭火
凍滝の氷柱己を封じたり 野沢節子
凍滝の玉簾なす水の音 川辺房子
凍滝の真正面の厚さかな(袋田) 岸田稚魚 『萩供養』
凍滝の膝折るごとく崩れけり 上田五千石 森林
凍滝の自ら音を絶ちにけり 今関幸代
凍滝の身ぬちを水の流れゐる 鈴木貞雄
凍滝の阿修羅の相を愛しめる 堀口星眠 青葉木菟
凍滝は巌にかかり宙に出づ 三木星童
凍滝は日翳りやすし三十三才 有働 亨
凍滝を眉間にかかげ独鈷山 宮津昭彦
凍滝を蔵して山の総昃り 津田清子
凍滝を見る太陽の側に佇ち 村越化石 山國抄
凍滝を視てきしくちびるとおもふ 夏井いつき
凍瀧が吾が目にあふれ空にあふれ 今瀬剛一
凍瀧が落ちて来さうな月の町 今瀬剛一
凍瀧に倚れば上り来地の韻き 火村卓造
凍瀧のしろがね闇をつらぬけり 桂信子
凍瀧の人影しかと岩に踏む 古舘曹人 砂の音
凍瀧の内や垂水の音やさし 佐藤希世
凍瀧の樹を呑み込んでゐたりけり 寺島ただし
凍瀧の芯を凍て得ぬ水いそぐ 津田清子
凍瀧や千年も待つここちして 大木あまり 火球
凍瀧や失ひしもの火のいろに 大木あまり 火のいろに
凍瀧や根付の鈴を鳴らしみる 野口光江
凍瀧や禽ちらばつて散らばつて 大木あまり 火球
夜の凍滝無数の忍者攀じのぼる 田辺香代子
月光の凍滝に刻蒼みけり 富川明子
月徐々に射す凍滝の苦悶相 林翔
源流は凍滝に尽き峠越え 福田蓼汀 秋風挽歌
火を焚いて凍瀧守となりたしや 大木あまり 火球
皎々として凍瀧の刻うつる 古舘曹人 砂の音
青空の端より凍てゝ滝かかる 井芹眞一郎
音を生みけり凍滝の一とかけら 行方 克巳
ねむるまで冬滝ひびく水の上 飯田龍太
体内に大冬滝をもち戻る 平井照敏 天上大風
冬滝に対ひ刻々いのち減る 後藤比奈夫 花匂ひ
冬滝のきけば相つぐこだまかな 飯田蛇笏(1885-1962)
冬滝のその巌相を見たるのみ 林 翔
冬滝の伝記かなしく棒立に 古舘曹人 能登の蛙
冬滝の力抜きたる力あり 河野南畦 『元禄の夢』
冬滝の哭きやみてより氷りけり 小林康治 『叢林』
冬滝の墨絵となりて山毛欅に消ゆ 松村蒼石 雁
冬滝の天ぽつかりと青を見す 橋本多佳子
冬滝の澄み切る壺に五指浸す 原裕 青垣
冬滝の谺蕩々と湯の小滝 松村蒼石 雁
冬滝を日のしりぞけば音変る 西東三鬼
冬瀧に降り込むもののつぎつぎに 藺草慶子
冬瀧の真上日のあと月通る 桂信子
冬瀧の飛沫となりぬわが髪も 都筑智子
甘露てふもの冬瀧の遠しぶき 塚本邦雄 甘露
ぎりぎりの命脈保つ冬の滝 榊瑞芳
ねむれねば頭中に数ふ冬の滝 赤尾兜子(1925-81)
みな暗き口あき仰ぐ冬の滝 朔多 恭
一本の荒縄に閉づ冬の瀧 古舘曹人 砂の音
七星の柄杓が落とす冬の滝 有馬朗人
位置変へて冬の滝音楽しめり 加藤憲曠
八方に音捨ててゐる冬の滝 飯田龍太 山の影
冬の滝おのが響の中に落つ 中村世紀
冬の滝一岩盤を擁しけり 吉田紫乃
冬の滝不動明王ひとり立つ 加藤知世子 花寂び
冬の滝丸太一本吐き出せる 小川原嘘帥
冬の滝人に言葉を求めはせず 大井雅人 龍岡村
冬の滝奈落の音となりゆけり 柴田白葉女
冬の滝朝日夕日もなき巌 野澤節子 遠い橋
冬の滝水のかたまり叩きつける 藤岡筑邨
冬の滝細くおもたく峰よりす 松村蒼石 雁
冬の滝音かへしくる石鼎忌 原裕 青垣
冬の滝音を殺して落ちにけり 鈴木真砂女
冬の瀧おのれの壁に響きけり 古舘曹人 砂の音
冬の瀧わが怨念を打ちひびく 野澤節子
冬の瀧力をためてゐたりけり 平井照敏
冬の瀧底へ底へと落ちゆけり 井上 康明
冬の瀧心棒立てゝとゞろけり 沢木欣一 往還以後
冬の瀧男の膝に陽があたり 上野さち子
凶悪な音の夜に入る冬の滝 飯田龍太 遅速
創造のこと冬の滝まつすぐに 小川双々子
大巌に振り放さるる冬の滝 西本一都
天空へ駆けのぼるごと冬の滝 上野さち子
少年や父には冬の滝かかり 鈴木六林男 悪霊
文書くやすぐ恋文のやう冬の滝 加藤知世子 花寂び
月上げて白を彩とす冬の滝 町田しげき
しつかりと見ておけと瀧凍りけり 今瀬剛一
どこか水落ちてゐる音滝氷る 石井とし夫
一筋の流れを残し滝凍つる 池田秀水
一鳥の影もゆるさず滝凍る 平子公一
乾坤の刻をとどめて滝凍る 町田しげき
凍つる滝凍つる星いま息かよふ 今泉宇涯
啄木鳥の谺は天に滝凍る 三谷和子
大いなる水を束ねて滝凍てり 保坂リエ
天日へ一徹の直滝凍る つじ加代子
山の背を越えがたく滝凍てており 駒 志津子
岩々のまとふ青さに滝凍る 木村蕪城
巌巌のまとふ蒼さに滝凍つる 木村蕪城 寒泉
日和空覗かせて滝凍てにけり 森田峠 避暑散歩
水の自在わづかに許し滝氷る 佐野美智
滝凍ててみちのくの風青みたる 下山芳子
滝凍ててもろもろの巌立ちあがる 細川加賀
滝凍ててをらず目的失ひし 橋本美代子
滝凍てて人間遠くありにけり 佐久間慧子
滝凍てて大音響をこもらする 小林康治 『華髪』
滝凍てて巌も眠りにつきにけり 鈴木貞雄
滝凍てて微塵の音のなかりけり 西岡フサ子
滝凍てて日輪宙にくるめける 木村蕪城 寒泉
滝凍てて立つ一切を忘却し 橋本美代子
滝凍てて金剛力のこもりけり 小島花枝
滝凍る中空に裾ふつ切れて 早崎明
滝凍る刻の止まりし形して 原田走日朗
滝壺ゆ逆しまに滝凍てにけり 相馬遷子 山河
滝氷り木の実に小鳥はたはたす 宇佐美魚目 天地存問
滝氷る上索道も停止して 右城暮石 上下
翔ぶ鳥の下にひかりて瀧氷る 中戸川朝人
老神の上から瞶め滝氷る 和知喜八 同齢
滝冱てて製多迦童子ころびをり 阿波野青畝
凍る滝取巻く闇のうすみどり 岸田稚魚 筍流し
凍る滝生身の禽をはじきけり 岸田稚魚 筍流し
凍る滝落下の滝とすれちがう 河合凱夫 飛礫
凍る滝落下途中の形して 村上冬燕
明日あたりかならず凍る滝に立つ 能村登四郎 寒九
氷る滝その上をせく水のあり 有馬朗人 天為
風響くなり氷瀑の大伽藍(カテドラル)高澤良一 ぱらりとせ

凍滝 補遺

あるときはもつるるままに冬の滝 桂信子 花影
ねむるまで冬滝ひびく水の上 飯田龍太
まつたうに落ちて冬滝ただ白し 桂信子「草影」以後
みづからを照らして夜の凍滝は 上田五千石『風景』補遺
一枚の氷盤流れ来滝の川 山口青邨
一椀に 甘酒の膜 冬滝見る 伊丹三樹彦
影のごと人去りゆけり氷り滝 鷲谷七菜子 花寂び
洩れ日寄らしめず冬滝の巌ぶすま 鷲谷七菜子 銃身
巌巌のまとふ蒼さに滝凍つる 木村蕪城 寒泉
月射して凍滝さらに凍つる刻 能村登四郎
月徐々に射す凍滝の苦悶相 林翔
見尽して去ぬるそびらの冬の滝 日野草城
源流は凍滝に尽き峠越え 福田蓼汀 秋風挽歌
古氷懸けたる瀧を山鴉 石田勝彦 雙杵
紅蓮大紅蓮の氷瀧壺に 松本たかし
山ふかき冬滝にして忘らるる 能村登四郎
女等に白い矯声冬の滝 飴山實 おりいぶ
全石のひびきを絶ちて滝凍る 阿波野青畝
体内に大冬滝をもち戻る 平井照敏 天上大風
滝見茶屋赤ん坊が泣き滝凍る 山口青邨
滝凍つとはげしく星の息づけり 林翔
滝凍てしめず落下すなほ落下す 橋本多佳子
滝凍てずおよし明神およしのため 山口誓子
滝凍てて日輪宙にくるめける 木村蕪城 寒泉
滝凍りわが顔涙流しけり 山口青邨
滝氷る上索道も停止して 右城暮石 上下
滝壺ゆ逆しまに滝凍てにけり 相馬遷子 山河
男滝凍る悲愴も敢てなす 能村登四郎
爪先を使ひつづけて凍滝道 岡本眸
冬の滝の仔細つぶさに見て返す 安住敦
冬の滝ひびく生死のうらおもて 飯田龍太
冬の滝音かへしくる石鼎忌 原裕 青垣
冬の滝音を殺して落ちにけり 鈴木真砂女 都鳥
冬の滝間髪近き岩濡らさず 平畑静塔
冬の滝細くおもたく峰よりす 松村蒼石 雁
冬の滝晩年賭くることありけり 安住敦
冬の滝脇のラヂオに笑い声 飴山實 おりいぶ
冬の滝腋のラヂオに笑い声 飴山實 おりいぶ
冬滝に対ひ刻々いのち減る 後藤比奈夫
冬滝のきけば相つぐこだまかな 飯田蛇笏 春蘭
冬滝の真上日のあと月通る 桂信子 花影
冬滝の澄み切る壺に五指浸す 原裕 青垣
冬滝の前おし黙りおしとほす 星野麥丘人
冬滝の天ぽつかりと青を見す 橋本多佳子
冬滝の伝記かなしく棒立に 古舘曹人 能登の蛙
冬滝の虹一聯や神話の地 角川源義
冬滝の白襟合し落ちにけり 岡本眸
冬滝の墨絵となりて山毛欅に消ゆ 松村蒼石 雁
冬滝の縒りをくれたる一糸あり 上田五千石『琥珀』補遺
冬滝の谺蕩々と湯の小滝 松村蒼石 雁
冬滝を日のしりぞけば音変る 西東三鬼
凍る滝ときをり駅の拡声器 大野林火 飛花集 昭和四十五年
凍る滝取巻く闇のうすみどり 岸田稚魚 筍流し
凍る滝生身の禽をはじきけり 岸田稚魚 筍流し
凍滝あまた稀に音たて落つるあり 福田蓼汀 秋風挽歌
凍滝と奥嶺の月と照し合ふ 能村登四郎
凍滝にコカコーラーの赤ベンチ 右城暮石 一芸
凍滝に月の光のいま及ぶ 山口青邨
凍滝に月光量を徐々に殖す 能村登四郎
凍滝に積む雪旅の先いそぐ 津田清子 礼拝
凍滝に対す一足十指もて 岡本眸
凍滝に注連張る二重三重に 右城暮石 一芸
凍滝に来て一穂の火を供ふ 右城暮石 虻峠
凍滝のかげりつくせる日のあり処 木村蕪城 寒泉
凍滝のしろがね闇をつらぬけり 桂信子 花影
凍滝のそのいただきに日が射して 山口青邨
凍滝の産まぬ身となりそそり立つ 鷹羽狩行
凍滝の自ら溶くるほかはなし 津田清子
凍滝の神も容れざる深奥部 能村登四郎
凍滝の神を封ぜし辺のくもり 能村登四郎
凍滝の凍てゝも見ゆる滝の相 能村登四郎
凍滝の帆明かりほどの遠さかな 鷹羽狩行
凍滝の膝折るごとく崩れけり 上田五千石 森林
凍滝へ下り行く者を押し止む 右城暮石 句集外 昭和四十六年
凍滝へ両足分の地の平ら 岡本眸
凍滝や未生も死後も白世界 岡本眸
凍滝を蔵して山の総昃り 津田清子
日矢を得て白刃の光冬の滝 桂信子 草影
剥落の氷衣の中に滝自身 上田五千石 森林
白き日の炎ゆるしづけさ冬の滝 鷲谷七菜子 黄炎
白玉楼中の人を遠くす滝氷柱 福田蓼汀 秋風挽歌
氷り滝いづこよりこゑ洩らしゐる 鷲谷七菜子 天鼓
明日あたりかならず凍る滝に立つ 能村登四郎
木を樵りにゆく凍滝の上渉り 津田清子
夜も音のとどろき止まず冬の滝 桂信子 花影

凍滝 続補遺

滝はゞや氷の中のいざり松 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 05:48 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冴ゆる の俳句

冴ゆる の俳句

冴ゆる 補遺

「詩人はいのち墓は塊(いしくれ)」妻の語冴ゆ 中村草田男
あまり冴えて死化粧の顔近づけず 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
いたづらに銀漢ぞ冴ゆ妹なくて 伊丹三樹彦
うぐひすは寒さに冴えて句碑除幕(伊賀町芭蕉公園にわが句碑建つ) 細見綾子
かゝる朝かなかなきけば目も冴えぬ 高屋窓秋
きちかうのむらさき冴ゆるそばへかな 日野草城
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
この夜冴え銀漢を見しが相別る 加藤秋邨
さしこめる火明り妻の膝に冴ゆ 大野林火 早桃 太白集
すぐやみしうす雪に胸冴えにけり 大野林火 海門 昭和八年
ちゝろ燃ゆ焔の冴えも海の丘(十月下旬、沢木欣一氏出征のため寒雷送別会、水戸大洗に行く) 細見綾子
チヤルメラやまだ宵の町月冴ゆる 石橋秀野
ときに青冴え追分の冬はじめ 佐藤鬼房
トラックの燈冴えて夜の河照らす 山口誓子
なにがしの忌日ぞけふは冴え返れ 正岡子規 冴返る
はなびらか鼓膜か冴ゆる梅の空 三橋敏雄
ふと疼く注射のあとや冴え返る 日野草城
ふるさとの鯛かも知れず瞳の冴えて 鈴木真砂女 夕螢
まことの死かなたにし夜々冴えかへる 石塚友二 方寸虚実
まなうらに紅旗冴えざえ抜歯の夜 佐藤鬼房
みちのくも北深く棲み一気冴ゆ 中村草田男
みほとけの彩色あはく冴え返る 伊丹三樹彦
みほとけの直なる背竹秋は冴ゆ 伊丹三樹彦
メリーゴーラウンド爆音直進頭上に冴え 中村草田男
もつとも冴ゆる尼寺の常緑樹 飯田龍太
わが燈消すも外燈冴ゆる癩園よ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
鮎茶屋の稚鮎のころの戻り冴え 上田五千石『天路』補遺
安楽死冴え返る夜を醫師戻る 相馬遷子 雪嶺
闇冴えて虚空に聴きし濤の音 鷲谷七菜子 銃身
遺影なれば眼許くろずみ冴ゆるかな 大野林火 雪華 昭和三十三年
一汐木汀にささり月冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
一切の木の流体の冴えにけり 岡井省二 明野
一尾冴えて渓流を突く鯉ながれ 渡邊水巴 富士
稲熟れて冴え冴えとして夕餉とる 細見綾子
雨漏の壁のひまより冴えかへる 石橋秀野
渦笑窪消え水鏡寡婦に冴ゆ 香西照雄
遠目にも 禰宜の白冴え 梅花祭 伊丹三樹彦
塩場灯影人動く二三銀河冴ゆ 種田山頭火 自画像 層雲集
鴎らに鷹を消したる空の冴え 上田五千石 琥珀
牡蠣割りのとばす牡蠣殻冴えかへる 細見綾子
温室とぢて天禮幽に霜冴ゆる 飯田蛇笏 白嶽
音冴えてあはれをさなご弾き遂げし 日野草城
仮泊宴さそり座とほく低く冴ゆ<船長の招宴> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
夏寒きまで花冴えて稚魚の水 飯田龍太
果てしなく心の冴ゆる夜なりけり 右城暮石 句集外 大正十年
花うぐひ鰭かさぬれば虹が冴ゆ 加藤秋邨
花ぐもり濃ければ雲雀冴えにけり 日野草城
花火あと川のうねりの大きく冴ゆ 大野林火 冬青集 雨夜抄
花筏なさざるまでに水の冴え 上田五千石『天路』補遺
過程音いま決定音機械冴ゆ 中村草田男
海の上に昼月冴えて慈姑掘り 松村蒼石 雪
咳けば襁褓の彼方星冴えぬ 佐藤鬼房
蛙いまだ冴えざえと田のつらなれる 大野林火 早桃 太白集
楽冴えて胸に別れの楽を和す 赤尾兜子 稚年記
潟冬木舟をつないで冴えにけり 大野林火 海門 昭和九年
葛城や夜の念仏の鉦冴ゆる 有馬朗人 知命
萱艸の花の朱の冴え那智の瀧(那智) 細見綾子
寒梅や痛きばかりに月冴えて 日野草城
幹立ちて幹立ちて冴え返りけり 石田勝彦 秋興以後
柑橘の鬱金ぞ冴えぬ塀に余り 伊丹三樹彦
澗泉に岩と沈みて冴えにけり 日野草城
眼の下に沈める頸白く冴ゆ 日野草城
眼の冴えにわが思ふことかぎりなき 日野草城
眼鏡拭くやまた冴え冴えと笹鳴けり 加藤秋邨
顔見世の連弾冴ゆる月冴ゆる 水原秋櫻子 蓬壺
幾日も米はなく冴えし山のぞむ 下村槐太 天涯
忌日なり又冴え返る風の音 正岡子規 冴返る
机上冴ゆけふ一日を拠らざりし 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
機音の渦の一点 護符冴える 伊丹三樹彦
起きぬけの冴えぬ面輪や散柳 日野草城
急ぐなかれ月谷蟆に冴えはじむ 赤尾兜子 玄玄
牛啼けり夜半の轣轆冴えつづき 中村草田男
強風に新築の音ばかり冴え 廣瀬直人 帰路
狂へる唱は冴えて風呂場に反響す 中村草田男
暁の隣家すでに真夏の声に冴え 飯田龍太
琴冴えてのこる虫の音さそひけり 水原秋櫻子 蘆雁以後
金米糖こぼれて冴ゆる療舎かな 伊丹三樹彦
靴の音冴えて冷房の石階を 日野草城
穴太積ものおそろしく冴えにけり 阿波野青畝
月は冴え~人の世またく寝入りたり 尾崎放哉 大正時代
月冴えぬ熱く淹れたる茶のかをり 日野草城
月冴ゆと歯を磨き彳ち雨後の幹 伊丹三樹彦
月冴ゆと蕃歌聴きつつ眠りしかや 伊丹三樹彦
月冴ゆるばかりに出でゝ仰ぎけり 高浜年尾
月冴ゆる石に無数の奴隷の名 有馬朗人 知命
月照るとみほとけの面ことに冴ゆ 伊丹三樹彦
言葉ふと途切れしままや冴え返る 鷲谷七菜子 黄炎
固唾のむ音のときどき冴えを剌す 篠原梵 年々去来の花 皿
枯枝に残月冴ゆる炊ぎかな 杉田久女
湖冴ゆる夜の蒼天へ風奔り 鷲谷七菜子 銃身
御鏡に松明映り冴え返る 正岡子規 冴返る
御鏡に篝火映り冴え返る 正岡子規 冴返る
鯉の金しづめし水の冴ゆるかな 鷲谷七菜子 花寂び
更けてひとり推して敲いて詩句冴ゆる 上田五千石『琥珀』補遺
行人裡馭夫の鞭ぱんぱんと冴ゆ 伊丹三樹彦
降る雪の影をさまりつ壁冴えぬ 大野林火 早桃 太白集
高温の麓真昼の耳冴えて 飯田龍太
刻々と天井颪の冴えかへる 阿波野青畝
今日より冴ゆ天井鼠みじろぐ音 香西照雄
今返す冬の発句ぞ冴えかへる 正岡子規 冴返る
妻も子もはや寝て山の銀河冴ゆ 臼田亜郎 定本亜浪句集
妻も詩人濯ぎつくして白布冴ゆ 香西照雄
採点と父の仏菓に灯ぞ冴ゆる 中村草田男
採点の灯冴えて干せし碗(もひ)にやどる 中村草田男
冴え~と顔に来るもの室の花 細見綾子
冴え~と鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實 辛酉小雪
冴えかへり思ふに君が遺書なりし 加藤秋邨
冴えかへるお濠の鴨の声近く 山口青邨
冴えかへるたましひにしむ香けむり 飯田蛇笏 雪峡
冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤秋邨
冴えかへる崖の谺の高まり来 加藤秋邨
冴えかへる山ふかき廬の閾かな 飯田蛇笏 山廬集
冴えかへる伯耆の富土となりにけり 石橋秀野
冴えかへる夕日うすうす街に照り 山口青邨
冴えざえとわれらの作しししんの闇 篠原梵 年々去来の花 雨
冴えつづく夜の胸の上を雁帰る 橋閒石 雪
冴える石の家ピアノ線ひとり雨となる 赤尾兜子 歳華集
冴える夜の冴えの底ひに己をり 能村登四郎
冴え冴えと還状貝塚の白毛 佐藤鬼房
冴え冴えと沙翁の寺に小夜の窓 有馬朗人 立志
冴え冴えと春さむければ月近き 飯田蛇笏 春蘭
冴え冴えと鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實
冴え冴えと魄西空に手が届く 佐藤鬼房
冴え返りつつ獣心のなごむさま 飯田龍太
冴え返るとは取り落すものの音 石田勝彦 秋興
冴え返る音のひとつに子のギター 楠本憲吉 孤客
冴え返る音や霰の十粒程 正岡子規 冴返る
冴え返る金毛閣は人を入れず 阿波野青畝
冴え返る空に愛宕の雲寒し 正岡子規 冴返る
冴え返る空ゆ母拉致せしは誰 楠本憲吉 孤客
冴え返る五体投地のこもり僧 角川源義
冴え返る匙を落して拾ふとき 細見綾子
冴え返る三笠颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る春日颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る松林抜けみづうみへ 細見綾子
冴え返る灯に首細き油壺 橋閒石 雪
冴え返る二三日あり沈丁花 高野素十
冴え返る日々東京の噂きこゆ 大野林火 早桃 太白集
冴え返る富士は眩しき山なりけり 中村苑子
冴え返る面魂は誰にありや 中村草田男
冴え返る壺の或る夜は怒濤かな 加藤秋邨
冴え返る壺を覗けば何もなし 橋閒石 朱明
冴え返る荼碗とならび北魏仏 加藤秋邨
冴ゆる客観妻の涙の目も横顔 中村草田男
冴ゆる寝の浅したゆたふ湖の音 鷲谷七菜子 銃身
冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ 飯田蛇笏 家郷の霧
冴ゆる夜の北斗を焦す狼烟哉 正岡子規 冴
冴ゆる夜や乾び反りたる魚の鰭 上村占魚 鮎
冴ゆる夜や女ひそかに劍習ふ 正岡子規 冴
皿冴ゆる鮑コキール貝も焦げ 日野草城
三月を此能故に冴え返る 正岡子規 三月
山の柿遠く実れば六腑冴え 飯田龍太
山月に冴えて聾ひたる耳二つ 飯田蛇笏 山廬集
山上奔馬空の残影冴えるかな 金子兜太
山辺より灯しそめて冴ゆるかな 前田普羅 普羅句集
残光に石のいのちのいや冴ゆる 伊丹三樹彦
姉とかや合歓の青莢冴ゆる谷 飯島晴子
子は留守の照る日曇る日冴え返る 日野草城
詩は怒余寒緑を冴えしめて 香西照雄
耳底の声追ふばかり冴ゆるかな 石川桂郎 含羞
耳鳴りは宇宙の音か月冴ゆる 林翔
借り家や冴ゆる夜近き汽車の音 正岡子規 冴
若き大工一つ灯冴ゆる鉋屑 中村草田男
取り落す計報荒星冴え返る 鷲谷七菜子 銃身
秋冴えたり我れ鯉切らん水の色 正岡子規 秋の水
十二月八日の冴えに退りけり 渡邊水巴 富士
渋濯屋白に疲れぬ白壁冴え 香西照雄 素心
獣皮舗の裸像灯りて冴え返る 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
春の河軍馬蹈みわたり冴えぎらふ 三橋敏雄
春の汗して絶食十日頭冴ゆ 相馬遷子 山河
春の月くもりて冴えて更けにけり 日野草城
女房泣く聲冴えて御所の夜更けたり 正岡子規 冴
小城下や辰の太鼓の冴え返る 正岡子規 冴返る
松ばかり冴えて十一月といふ 石塚友二 磯風
松は松椿は椿冴えかへる 山口青邨
松籟や鏡と冴ゆる碑の面 上田五千石『天路』補遺
沼が随所に髭を剃らねば眼が冴えて 金子兜太
沼涯のけむりが空に冴えて猟期 古沢太穂 火雲
鐘冴ゆる夜かゝげても灯の消んとす 正岡子規 冴
侵略の蒼冴えの肉撃たれたり 金子兜太
寝冴ゆると双耳の蝉や鳴きしきる 石塚友二 方寸虚実
新聞なれば遺影小さく冴えたりき 石田波郷
真夜の月冴えて二三の秋蛙 日野草城
神将のなべて青丹の面ぞ冴ゆ 伊丹三樹彦
神将の剥落のほど冴えにけり 伊丹三樹彦
人形のひとつびとつのいのちぞヽ冴ゆ 伊丹三樹彦
人生冴えて幼稚園より深夜の曲 金子兜太
酢海鼠に胸うち冴えしさびしさや 森澄雄
吹雪來んとして鐘冴ゆる嵐哉 正岡子規 吹雪
水鏡冴えたる亭は白障子 阿波野青畝
水冴えてカーヴす鯉の白々と 渡邊水巴 富士
水門におらび青冴え雪女 佐藤鬼房
水甕に水なき典座冴え返る 上田五千石『森林』補遺
星空冴えてくる寒行の太鼓うちだした 種田山頭火
星冴えて篝火白き砦哉 正岡子規 冴
声冴ゆる女あるじゆ紅を買ふ 野澤節子 未明音
青を研ぐごとくに風や冴えかへる 平井照敏
青肉のメロン冴え雪の積む韻 日野草城
青年一団リヤカー転宅音冴えて 中村草田男
静かさや冴え渡り来る羽根の音 村上鬼城
惜しみ置く箸も茶碗も冴えかへる 加藤秋邨
石ころの冴えた音梅の畑かしぐ 細見綾子
石棺に鎌研ぎし跡冴ゆるかな 松崎鉄之介
石工あり玄翁宙に風冴ゆる 飯田蛇笏 雪峡
雪後三日月観念のいろに冴え 飯田龍太
雪中を跳ぶ青冴えの石狐 佐藤鬼房
雪明り熱のぼるとき冴えにけり 大野林火 早桃 太白集
浅間冴え松炭燃ゆる五月の炉 前田普羅 春寒浅間山
曾根崎やむかしの路地に月冴えて 鷲谷七菜子 黄炎
草青き倉庫のかげにレール冴ゆ 大野林火 海門 昭和十三年
霜冴えてけはしく啼ける鴉かな 日野草城
大寒の古りし手鏡冴えにけり 桂信子 月光抄
大雁塔阿弥陀一尊冴えにけり 大野林火 月魄集 距和五十七年
鷹の羽の冴え返りける白襖 能村登四郎
棚畑のすみ~冴えて見えにけり 村上鬼城
探すもの書庫になく机辺冴えかへる 山口青邨
段落を経し山水の音の冴え 上田五千石『天路』補遺
知性冴え返る、弾道の錯落に 日野草城
竹の葉騒は冴ゆる眼鏡に数知れず 野澤節子 未明音
昼冴えて巷の立木とぼしかり 大野林火 冬青集 雨夜抄
昼寐より頬冴えざえと紅く覚めぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
潮かぶる家に耳冴え海の始め 金子兜太
町燈匿しふるさとのごと星ふえ冴ゆ 篠原梵 年々去来の花 雨
漬茄子の紺冴え冴えと赤坂昏れ 楠本憲吉 孤客
鶴の羽や白きが上に冴え返る 河東碧梧桐
鶴病んで梅散る頃や冴え返る 正岡子規 冴返る
庭芝の青冴え冴えと日の盛り 村山故郷
笛冴ゆる老いの重眉いよよ重 橋本多佳子
天の声うつそみの声冴えて消えぬ 中村草田男
天の川冴えざえと都会眠りけり 日野草城
天の川冴えて莠(はくさ)のたけにけり 加藤秋邨
天冴えて烈風に繊き富士を見たり 渡邊水巴 富士
土管掘る工事の星が冴え返る 右城暮石 句集外 昭和三十一年
冬の朝河岸に葬りの花環冴ゆ 大野林火 冬青集 海門以後
冬川に冴える電球を撃つは今 赤尾兜子 虚像
島泊昴落ちさう冴えにけり 阿波野青畝
踏切に高まり浮び女冴ゆ 大野林火 雪華 昭和三十六年
頭を剃りて祖母のやすけき死顔冴ゆ 伊丹三樹彦
頭冴えたりつづけざま嚏して 森澄雄
闘争重点冴えるスレート魚鱗の路 金子兜太
汝が目信じて妻となりきと声冴えつ 中村草田男
二羽の鶴すがたの冴えていたましき 水原秋櫻子 秋苑
日を待てる夜空の色の一書冴ゆ 中村草田男
日曜午下ショパン聴く子の脳冴えしか 赤尾兜子 歳華集
能登に聴く津軽じよんがら燈冴ゆ 上田五千石『琥珀』補遺
巴里の絵のここに冴え返り並ぶあはれ 水原秋櫻子 岩礁
波打つて陰まざまざと巌冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
波暮光礁打ち据ゑて青藻冴ゆ 鷲谷七菜子 銃身
梅かをり女ひとりの鏡冴ゆ 桂信子 月光抄
萩刈つてからりと冴えぬ夕明り 渡邊水巴 白日
白菊とわれ月光の底に冴ゆ 桂信子 月光抄
白口の夢縷々と河鹿鳴き冴ゆる 日野草城
白沙の青松冴え冴え残るよ艫の別れ 中村草田男
白梅に 善相句碑の墨の冴え 伊丹三樹彦
白梅に月は冴えつつ飆かな 日野草城
白梅や島の夜明の星の冴え 村山故郷
白夜冴え拗牛何を分けつづく 赤尾兜子 歳華集
白驟雨桃消えしより核は冴ゆ 赤尾兜子 歳華集
鳩たちぬ羽音が耳に冴えて鳴り 高屋窓秋
肥後あやめ冴え~と色欲しがらず 細見綾子
尾根落葉しつくして青空の冴ゆ 村山故郷
琵琶冴えて星落來る臺哉 正岡子規 冴
琵琶冴ゆや桂の花の散る匂ひ 正岡子規 月
美は微なりと告ぐごとく冴ゆ春星座 楠本憲吉 方壺集
病院食茄子も胡瓜も色冴えず 鈴木真砂女 紫木蓮
富士冴えて山拓く人ら石担ふ 渡邊水巴 富士
斧は冴え立木はこれの観世音 川端茅舎
斧冴えて立木を作佛したまへり 川端茅舎
父と子は母と子よりも冴え返る 野見山朱鳥 愁絶
舞ひ冴ゆや面の下より男(を)ごゑ発し 橋本多佳子
風荒き峠の菫冴えにけり 渡邊水巴 白日
風冴えて魚の腹さく女の手 石橋秀野
風冴えて高嶺紺青雪のこる 飯田蛇笏 雪峡
風冴えて宙にまぎるる白梅花 飯田蛇笏 雪峡
文楽の春とはいへど灯影冴え 飯田蛇笏 雪峡
暮れ残る豆腐屋の笛冴えざえと 中村草田男
蓬とも菊とも畑の冴え返り 右城暮石 句集外 昭和六年
亡骸のベツドに木椅子冴えて侍す 大野林火 雪華 昭和三十八年
北斗高く虚子誕生日冴えかへる 山口青邨
本陣は留守 両断の白菜冴え 伊丹三樹彦
又云へり師走狐の声冴ゆと 相生垣瓜人 明治草
満月の冴えてみちびく家路あり 飯田龍太
岬めぐる道高く潮の青く冴ゆ 村山故郷
蜜蜂に冴え隔てたり石蕗の花 石塚友二 光塵
霧晴れマチャプチャレヘ 冴える シャッター音 伊丹三樹彦
木曽川を見おろして城冴え返る(愛知県犬山) 細見綾子
夜すがらの卒業の歌暁に冴え 中村草田男
夜勤工冴えぬレタスを馬食して 佐藤鬼房
夜半の月冴えず明るし春近き 及川貞 夕焼
夜番の柝冴えたり月の夜と思ふ 日野草城
野辺送りきのふもけふも冴え返る 正岡子規 冴返る
友ら逝きわが生きのびて冴え返る 日野草城
夕さくら瀬音たかまりきて冴ゆる 伊丹三樹彦
夕しぐれ老母いよいよ頭が冴えて 佐藤鬼房
夕ベ冴ゆ病秩父の咳聞ゆかに 大野林火 雪華 昭和三十八年
夕刊を縄で吊る子よ口笛冴ゆ 伊丹三樹彦
夕冴えの幹矗々と遠木霊 鷲谷七菜子 銃身
夕冴えの老幹まとふ苔の青 鷲谷七菜子 銃身
夕冴ゆる雪嶺ちりめん織られゆく 橋本多佳子
幼長男眼やさし次男声冴えたり 中村草田男
用ふなき一炉もつとも冴え返る 上田五千石『森林』補遺
翌くる朝軒吹く風も冴え返る 村山故郷
頼み了へ人冴ゆ目尻の皺も消し 香西照雄
落款の丹の冴え冴えと遺墨あり 上田五千石『天路』補遺
藍冴ゆる浴衣をしやんと小女房 日野草城
裏山や月冴えて笹の音は何 正岡子規 冴
立たんとす腰のつがひの冴え返る 正岡子規 冴返る
立ちあがる波の青冴ゆ枯れの日よ 鷲谷七菜子 銃身
流氷のいつ戻りけん冴え返る 河東碧梧桐
龍胆は冴えてりん~草にある 細見綾子
両刀重き武士の草履の音冴ゆるか 中村草田男
旱天に星みえ疲労冴えてくる 金子兜太
濤声冴ゆるげに古言の犬吠ゆる 中村草田男
玻璃戸冴ゆ白きは牛乳の指のあと 中村草田男
絲の継傷ちりめんの白地冴え 橋本多佳子
茗荷汁沈金彫が冴えにけり 阿波野青畝
萬緑の一紺として四葩冴ゆ 石塚友二 曠日
貪惚けの貪冴え在れや籠枕 永田耕衣
蹠砲まつり御輿播磨と金文字冴ゆ 松崎鉄之介
颱風下死人のごとく耳目冴ゆ 三橋敏雄
鳰の声冴えきるや水曇りをり 鷲谷七菜子 銃身
鳰の巣に葭のひと茎冴えにけり 飴山實 句集外

冴ゆる 補遺

「詩人はいのち墓は塊(いしくれ)」妻の語冴ゆ 中村草田男
あまり冴えて死化粧の顔近づけず 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
いたづらに銀漢ぞ冴ゆ妹なくて 伊丹三樹彦
うぐひすは寒さに冴えて句碑除幕(伊賀町芭蕉公園にわが句碑建つ) 細見綾子
かゝる朝かなかなきけば目も冴えぬ 高屋窓秋
きちかうのむらさき冴ゆるそばへかな 日野草城
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
この夜冴え銀漢を見しが相別る 加藤秋邨
さしこめる火明り妻の膝に冴ゆ 大野林火 早桃 太白集
すぐやみしうす雪に胸冴えにけり 大野林火 海門 昭和八年
ちゝろ燃ゆ焔の冴えも海の丘(十月下旬、沢木欣一氏出征のため寒雷送別会、水戸大洗に行く) 細見綾子
チヤルメラやまだ宵の町月冴ゆる 石橋秀野
ときに青冴え追分の冬はじめ 佐藤鬼房
トラックの燈冴えて夜の河照らす 山口誓子
なにがしの忌日ぞけふは冴え返れ 正岡子規 冴返る
はなびらか鼓膜か冴ゆる梅の空 三橋敏雄
ふと疼く注射のあとや冴え返る 日野草城
ふるさとの鯛かも知れず瞳の冴えて 鈴木真砂女 夕螢
まことの死かなたにし夜々冴えかへる 石塚友二 方寸虚実
まなうらに紅旗冴えざえ抜歯の夜 佐藤鬼房
みちのくも北深く棲み一気冴ゆ 中村草田男
みほとけの彩色あはく冴え返る 伊丹三樹彦
みほとけの直なる背竹秋は冴ゆ 伊丹三樹彦
メリーゴーラウンド爆音直進頭上に冴え 中村草田男
もつとも冴ゆる尼寺の常緑樹 飯田龍太
わが燈消すも外燈冴ゆる癩園よ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
鮎茶屋の稚鮎のころの戻り冴え 上田五千石『天路』補遺
安楽死冴え返る夜を醫師戻る 相馬遷子 雪嶺
闇冴えて虚空に聴きし濤の音 鷲谷七菜子 銃身
遺影なれば眼許くろずみ冴ゆるかな 大野林火 雪華 昭和三十三年
一汐木汀にささり月冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
一切の木の流体の冴えにけり 岡井省二 明野
一尾冴えて渓流を突く鯉ながれ 渡邊水巴 富士
稲熟れて冴え冴えとして夕餉とる 細見綾子
雨漏の壁のひまより冴えかへる 石橋秀野
渦笑窪消え水鏡寡婦に冴ゆ 香西照雄
遠目にも 禰宜の白冴え 梅花祭 伊丹三樹彦
塩場灯影人動く二三銀河冴ゆ 種田山頭火 自画像 層雲集
鴎らに鷹を消したる空の冴え 上田五千石 琥珀
牡蠣割りのとばす牡蠣殻冴えかへる 細見綾子
温室とぢて天禮幽に霜冴ゆる 飯田蛇笏 白嶽
音冴えてあはれをさなご弾き遂げし 日野草城
仮泊宴さそり座とほく低く冴ゆ<船長の招宴> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
夏寒きまで花冴えて稚魚の水 飯田龍太
果てしなく心の冴ゆる夜なりけり 右城暮石 句集外 大正十年
花うぐひ鰭かさぬれば虹が冴ゆ 加藤秋邨
花ぐもり濃ければ雲雀冴えにけり 日野草城
花火あと川のうねりの大きく冴ゆ 大野林火 冬青集 雨夜抄
花筏なさざるまでに水の冴え 上田五千石『天路』補遺
過程音いま決定音機械冴ゆ 中村草田男
海の上に昼月冴えて慈姑掘り 松村蒼石 雪
咳けば襁褓の彼方星冴えぬ 佐藤鬼房
蛙いまだ冴えざえと田のつらなれる 大野林火 早桃 太白集
楽冴えて胸に別れの楽を和す 赤尾兜子 稚年記
潟冬木舟をつないで冴えにけり 大野林火 海門 昭和九年
葛城や夜の念仏の鉦冴ゆる 有馬朗人 知命
萱艸の花の朱の冴え那智の瀧(那智) 細見綾子
寒梅や痛きばかりに月冴えて 日野草城
幹立ちて幹立ちて冴え返りけり 石田勝彦 秋興以後
柑橘の鬱金ぞ冴えぬ塀に余り 伊丹三樹彦
澗泉に岩と沈みて冴えにけり 日野草城
眼の下に沈める頸白く冴ゆ 日野草城
眼の冴えにわが思ふことかぎりなき 日野草城
眼鏡拭くやまた冴え冴えと笹鳴けり 加藤秋邨
顔見世の連弾冴ゆる月冴ゆる 水原秋櫻子 蓬壺
幾日も米はなく冴えし山のぞむ 下村槐太 天涯
忌日なり又冴え返る風の音 正岡子規 冴返る
机上冴ゆけふ一日を拠らざりし 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
機音の渦の一点 護符冴える 伊丹三樹彦
起きぬけの冴えぬ面輪や散柳 日野草城
急ぐなかれ月谷蟆に冴えはじむ 赤尾兜子 玄玄
牛啼けり夜半の轣轆冴えつづき 中村草田男
強風に新築の音ばかり冴え 廣瀬直人 帰路
狂へる唱は冴えて風呂場に反響す 中村草田男
暁の隣家すでに真夏の声に冴え 飯田龍太
琴冴えてのこる虫の音さそひけり 水原秋櫻子 蘆雁以後
金米糖こぼれて冴ゆる療舎かな 伊丹三樹彦
靴の音冴えて冷房の石階を 日野草城
穴太積ものおそろしく冴えにけり 阿波野青畝
月は冴え~人の世またく寝入りたり 尾崎放哉 大正時代
月冴えぬ熱く淹れたる茶のかをり 日野草城
月冴ゆと歯を磨き彳ち雨後の幹 伊丹三樹彦
月冴ゆと蕃歌聴きつつ眠りしかや 伊丹三樹彦
月冴ゆるばかりに出でゝ仰ぎけり 高浜年尾
月冴ゆる石に無数の奴隷の名 有馬朗人 知命
月照るとみほとけの面ことに冴ゆ 伊丹三樹彦
言葉ふと途切れしままや冴え返る 鷲谷七菜子 黄炎
固唾のむ音のときどき冴えを剌す 篠原梵 年々去来の花 皿
枯枝に残月冴ゆる炊ぎかな 杉田久女
湖冴ゆる夜の蒼天へ風奔り 鷲谷七菜子 銃身
御鏡に松明映り冴え返る 正岡子規 冴返る
御鏡に篝火映り冴え返る 正岡子規 冴返る
鯉の金しづめし水の冴ゆるかな 鷲谷七菜子 花寂び
更けてひとり推して敲いて詩句冴ゆる 上田五千石『琥珀』補遺
行人裡馭夫の鞭ぱんぱんと冴ゆ 伊丹三樹彦
降る雪の影をさまりつ壁冴えぬ 大野林火 早桃 太白集
高温の麓真昼の耳冴えて 飯田龍太
刻々と天井颪の冴えかへる 阿波野青畝
今日より冴ゆ天井鼠みじろぐ音 香西照雄
今返す冬の発句ぞ冴えかへる 正岡子規 冴返る
妻も子もはや寝て山の銀河冴ゆ 臼田亜郎 定本亜浪句集
妻も詩人濯ぎつくして白布冴ゆ 香西照雄
採点と父の仏菓に灯ぞ冴ゆる 中村草田男
採点の灯冴えて干せし碗(もひ)にやどる 中村草田男
冴え~と顔に来るもの室の花 細見綾子
冴え~と鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實 辛酉小雪
冴えかへり思ふに君が遺書なりし 加藤秋邨
冴えかへるお濠の鴨の声近く 山口青邨
冴えかへるたましひにしむ香けむり 飯田蛇笏 雪峡
冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤秋邨
冴えかへる崖の谺の高まり来 加藤秋邨
冴えかへる山ふかき廬の閾かな 飯田蛇笏 山廬集
冴えかへる伯耆の富土となりにけり 石橋秀野
冴えかへる夕日うすうす街に照り 山口青邨
冴えざえとわれらの作しししんの闇 篠原梵 年々去来の花 雨
冴えつづく夜の胸の上を雁帰る 橋閒石 雪
冴える石の家ピアノ線ひとり雨となる 赤尾兜子 歳華集
冴える夜の冴えの底ひに己をり 能村登四郎
冴え冴えと還状貝塚の白毛 佐藤鬼房
冴え冴えと沙翁の寺に小夜の窓 有馬朗人 立志
冴え冴えと春さむければ月近き 飯田蛇笏 春蘭
冴え冴えと鳶笛吹けり蕗の薹 飴山實
冴え冴えと魄西空に手が届く 佐藤鬼房
冴え返りつつ獣心のなごむさま 飯田龍太
冴え返るとは取り落すものの音 石田勝彦 秋興
冴え返る音のひとつに子のギター 楠本憲吉 孤客
冴え返る音や霰の十粒程 正岡子規 冴返る
冴え返る金毛閣は人を入れず 阿波野青畝
冴え返る空に愛宕の雲寒し 正岡子規 冴返る
冴え返る空ゆ母拉致せしは誰 楠本憲吉 孤客
冴え返る五体投地のこもり僧 角川源義
冴え返る匙を落して拾ふとき 細見綾子
冴え返る三笠颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る春日颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る松林抜けみづうみへ 細見綾子
冴え返る灯に首細き油壺 橋閒石 雪
冴え返る二三日あり沈丁花 高野素十
冴え返る日々東京の噂きこゆ 大野林火 早桃 太白集
冴え返る富士は眩しき山なりけり 中村苑子
冴え返る面魂は誰にありや 中村草田男
冴え返る壺の或る夜は怒濤かな 加藤秋邨
冴え返る壺を覗けば何もなし 橋閒石 朱明
冴え返る荼碗とならび北魏仏 加藤秋邨
冴ゆる客観妻の涙の目も横顔 中村草田男
冴ゆる寝の浅したゆたふ湖の音 鷲谷七菜子 銃身
冴ゆる灯に新年夜情雪のこゑ 飯田蛇笏 家郷の霧
冴ゆる夜の北斗を焦す狼烟哉 正岡子規 冴
冴ゆる夜や乾び反りたる魚の鰭 上村占魚 鮎
冴ゆる夜や女ひそかに劍習ふ 正岡子規 冴
皿冴ゆる鮑コキール貝も焦げ 日野草城
三月を此能故に冴え返る 正岡子規 三月
山の柿遠く実れば六腑冴え 飯田龍太
山月に冴えて聾ひたる耳二つ 飯田蛇笏 山廬集
山上奔馬空の残影冴えるかな 金子兜太
山辺より灯しそめて冴ゆるかな 前田普羅 普羅句集
残光に石のいのちのいや冴ゆる 伊丹三樹彦
姉とかや合歓の青莢冴ゆる谷 飯島晴子
子は留守の照る日曇る日冴え返る 日野草城
詩は怒余寒緑を冴えしめて 香西照雄
耳底の声追ふばかり冴ゆるかな 石川桂郎 含羞
耳鳴りは宇宙の音か月冴ゆる 林翔
借り家や冴ゆる夜近き汽車の音 正岡子規 冴
若き大工一つ灯冴ゆる鉋屑 中村草田男
取り落す計報荒星冴え返る 鷲谷七菜子 銃身
秋冴えたり我れ鯉切らん水の色 正岡子規 秋の水
十二月八日の冴えに退りけり 渡邊水巴 富士
渋濯屋白に疲れぬ白壁冴え 香西照雄 素心
獣皮舗の裸像灯りて冴え返る 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
春の河軍馬蹈みわたり冴えぎらふ 三橋敏雄
春の汗して絶食十日頭冴ゆ 相馬遷子 山河
春の月くもりて冴えて更けにけり 日野草城
女房泣く聲冴えて御所の夜更けたり 正岡子規 冴
小城下や辰の太鼓の冴え返る 正岡子規 冴返る
松ばかり冴えて十一月といふ 石塚友二 磯風
松は松椿は椿冴えかへる 山口青邨
松籟や鏡と冴ゆる碑の面 上田五千石『天路』補遺
沼が随所に髭を剃らねば眼が冴えて 金子兜太
沼涯のけむりが空に冴えて猟期 古沢太穂 火雲
鐘冴ゆる夜かゝげても灯の消んとす 正岡子規 冴
侵略の蒼冴えの肉撃たれたり 金子兜太
寝冴ゆると双耳の蝉や鳴きしきる 石塚友二 方寸虚実
新聞なれば遺影小さく冴えたりき 石田波郷
真夜の月冴えて二三の秋蛙 日野草城
神将のなべて青丹の面ぞ冴ゆ 伊丹三樹彦
神将の剥落のほど冴えにけり 伊丹三樹彦
人形のひとつびとつのいのちぞヽ冴ゆ 伊丹三樹彦
人生冴えて幼稚園より深夜の曲 金子兜太
酢海鼠に胸うち冴えしさびしさや 森澄雄
吹雪來んとして鐘冴ゆる嵐哉 正岡子規 吹雪
水鏡冴えたる亭は白障子 阿波野青畝
水冴えてカーヴす鯉の白々と 渡邊水巴 富士
水門におらび青冴え雪女 佐藤鬼房
水甕に水なき典座冴え返る 上田五千石『森林』補遺
星空冴えてくる寒行の太鼓うちだした 種田山頭火
星冴えて篝火白き砦哉 正岡子規 冴
声冴ゆる女あるじゆ紅を買ふ 野澤節子 未明音
青を研ぐごとくに風や冴えかへる 平井照敏
青肉のメロン冴え雪の積む韻 日野草城
青年一団リヤカー転宅音冴えて 中村草田男
静かさや冴え渡り来る羽根の音 村上鬼城
惜しみ置く箸も茶碗も冴えかへる 加藤秋邨
石ころの冴えた音梅の畑かしぐ 細見綾子
石棺に鎌研ぎし跡冴ゆるかな 松崎鉄之介
石工あり玄翁宙に風冴ゆる 飯田蛇笏 雪峡
雪後三日月観念のいろに冴え 飯田龍太
雪中を跳ぶ青冴えの石狐 佐藤鬼房
雪明り熱のぼるとき冴えにけり 大野林火 早桃 太白集
浅間冴え松炭燃ゆる五月の炉 前田普羅 春寒浅間山
曾根崎やむかしの路地に月冴えて 鷲谷七菜子 黄炎
草青き倉庫のかげにレール冴ゆ 大野林火 海門 昭和十三年
霜冴えてけはしく啼ける鴉かな 日野草城
大寒の古りし手鏡冴えにけり 桂信子 月光抄
大雁塔阿弥陀一尊冴えにけり 大野林火 月魄集 距和五十七年
鷹の羽の冴え返りける白襖 能村登四郎
棚畑のすみ~冴えて見えにけり 村上鬼城
探すもの書庫になく机辺冴えかへる 山口青邨
段落を経し山水の音の冴え 上田五千石『天路』補遺
知性冴え返る、弾道の錯落に 日野草城
竹の葉騒は冴ゆる眼鏡に数知れず 野澤節子 未明音
昼冴えて巷の立木とぼしかり 大野林火 冬青集 雨夜抄
昼寐より頬冴えざえと紅く覚めぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
潮かぶる家に耳冴え海の始め 金子兜太
町燈匿しふるさとのごと星ふえ冴ゆ 篠原梵 年々去来の花 雨
漬茄子の紺冴え冴えと赤坂昏れ 楠本憲吉 孤客
鶴の羽や白きが上に冴え返る 河東碧梧桐
鶴病んで梅散る頃や冴え返る 正岡子規 冴返る
庭芝の青冴え冴えと日の盛り 村山故郷
笛冴ゆる老いの重眉いよよ重 橋本多佳子
天の声うつそみの声冴えて消えぬ 中村草田男
天の川冴えざえと都会眠りけり 日野草城
天の川冴えて莠(はくさ)のたけにけり 加藤秋邨
天冴えて烈風に繊き富士を見たり 渡邊水巴 富士
土管掘る工事の星が冴え返る 右城暮石 句集外 昭和三十一年
冬の朝河岸に葬りの花環冴ゆ 大野林火 冬青集 海門以後
冬川に冴える電球を撃つは今 赤尾兜子 虚像
島泊昴落ちさう冴えにけり 阿波野青畝
踏切に高まり浮び女冴ゆ 大野林火 雪華 昭和三十六年
頭を剃りて祖母のやすけき死顔冴ゆ 伊丹三樹彦
頭冴えたりつづけざま嚏して 森澄雄
闘争重点冴えるスレート魚鱗の路 金子兜太
汝が目信じて妻となりきと声冴えつ 中村草田男
二羽の鶴すがたの冴えていたましき 水原秋櫻子 秋苑
日を待てる夜空の色の一書冴ゆ 中村草田男
日曜午下ショパン聴く子の脳冴えしか 赤尾兜子 歳華集
能登に聴く津軽じよんがら燈冴ゆ 上田五千石『琥珀』補遺
巴里の絵のここに冴え返り並ぶあはれ 水原秋櫻子 岩礁
波打つて陰まざまざと巌冴ゆる 鷲谷七菜子 銃身
波暮光礁打ち据ゑて青藻冴ゆ 鷲谷七菜子 銃身
梅かをり女ひとりの鏡冴ゆ 桂信子 月光抄
萩刈つてからりと冴えぬ夕明り 渡邊水巴 白日
白菊とわれ月光の底に冴ゆ 桂信子 月光抄
白口の夢縷々と河鹿鳴き冴ゆる 日野草城
白沙の青松冴え冴え残るよ艫の別れ 中村草田男
白梅に 善相句碑の墨の冴え 伊丹三樹彦
白梅に月は冴えつつ飆かな 日野草城
白梅や島の夜明の星の冴え 村山故郷
白夜冴え拗牛何を分けつづく 赤尾兜子 歳華集
白驟雨桃消えしより核は冴ゆ 赤尾兜子 歳華集
鳩たちぬ羽音が耳に冴えて鳴り 高屋窓秋
肥後あやめ冴え~と色欲しがらず 細見綾子
尾根落葉しつくして青空の冴ゆ 村山故郷
琵琶冴えて星落來る臺哉 正岡子規 冴
琵琶冴ゆや桂の花の散る匂ひ 正岡子規 月
美は微なりと告ぐごとく冴ゆ春星座 楠本憲吉 方壺集
病院食茄子も胡瓜も色冴えず 鈴木真砂女 紫木蓮
富士冴えて山拓く人ら石担ふ 渡邊水巴 富士
斧は冴え立木はこれの観世音 川端茅舎
斧冴えて立木を作佛したまへり 川端茅舎
父と子は母と子よりも冴え返る 野見山朱鳥 愁絶
舞ひ冴ゆや面の下より男(を)ごゑ発し 橋本多佳子
風荒き峠の菫冴えにけり 渡邊水巴 白日
風冴えて魚の腹さく女の手 石橋秀野
風冴えて高嶺紺青雪のこる 飯田蛇笏 雪峡
風冴えて宙にまぎるる白梅花 飯田蛇笏 雪峡
文楽の春とはいへど灯影冴え 飯田蛇笏 雪峡
暮れ残る豆腐屋の笛冴えざえと 中村草田男
蓬とも菊とも畑の冴え返り 右城暮石 句集外 昭和六年
亡骸のベツドに木椅子冴えて侍す 大野林火 雪華 昭和三十八年
北斗高く虚子誕生日冴えかへる 山口青邨
本陣は留守 両断の白菜冴え 伊丹三樹彦
又云へり師走狐の声冴ゆと 相生垣瓜人 明治草
満月の冴えてみちびく家路あり 飯田龍太
岬めぐる道高く潮の青く冴ゆ 村山故郷
蜜蜂に冴え隔てたり石蕗の花 石塚友二 光塵
霧晴れマチャプチャレヘ 冴える シャッター音 伊丹三樹彦
木曽川を見おろして城冴え返る(愛知県犬山) 細見綾子
夜すがらの卒業の歌暁に冴え 中村草田男
夜勤工冴えぬレタスを馬食して 佐藤鬼房
夜半の月冴えず明るし春近き 及川貞 夕焼
夜番の柝冴えたり月の夜と思ふ 日野草城
野辺送りきのふもけふも冴え返る 正岡子規 冴返る
友ら逝きわが生きのびて冴え返る 日野草城
夕さくら瀬音たかまりきて冴ゆる 伊丹三樹彦
夕しぐれ老母いよいよ頭が冴えて 佐藤鬼房
夕ベ冴ゆ病秩父の咳聞ゆかに 大野林火 雪華 昭和三十八年
夕刊を縄で吊る子よ口笛冴ゆ 伊丹三樹彦
夕冴えの幹矗々と遠木霊 鷲谷七菜子 銃身
夕冴えの老幹まとふ苔の青 鷲谷七菜子 銃身
夕冴ゆる雪嶺ちりめん織られゆく 橋本多佳子
幼長男眼やさし次男声冴えたり 中村草田男
用ふなき一炉もつとも冴え返る 上田五千石『森林』補遺
翌くる朝軒吹く風も冴え返る 村山故郷
頼み了へ人冴ゆ目尻の皺も消し 香西照雄
落款の丹の冴え冴えと遺墨あり 上田五千石『天路』補遺
藍冴ゆる浴衣をしやんと小女房 日野草城
裏山や月冴えて笹の音は何 正岡子規 冴
立たんとす腰のつがひの冴え返る 正岡子規 冴返る
立ちあがる波の青冴ゆ枯れの日よ 鷲谷七菜子 銃身
流氷のいつ戻りけん冴え返る 河東碧梧桐
龍胆は冴えてりん~草にある 細見綾子
両刀重き武士の草履の音冴ゆるか 中村草田男
旱天に星みえ疲労冴えてくる 金子兜太
濤声冴ゆるげに古言の犬吠ゆる 中村草田男
玻璃戸冴ゆ白きは牛乳の指のあと 中村草田男
絲の継傷ちりめんの白地冴え 橋本多佳子
茗荷汁沈金彫が冴えにけり 阿波野青畝
萬緑の一紺として四葩冴ゆ 石塚友二 曠日
貪惚けの貪冴え在れや籠枕 永田耕衣
蹠砲まつり御輿播磨と金文字冴ゆ 松崎鉄之介
颱風下死人のごとく耳目冴ゆ 三橋敏雄
鳰の声冴えきるや水曇りをり 鷲谷七菜子 銃身
鳰の巣に葭のひと茎冴えにけり 飴山實 句集外

冴ゆる 続補遺

冴えて行月はひとつよ西ひがし 李由
冴えそむる鐘ぞ十夜の場の月 杉風 深川

以上


by 575fudemakase | 2017-04-18 05:43 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

三寒四温 の俳句

三寒四温 の俳句

三寒四温

例句を挙げる。

ここ数日カーテンコールめく四温 高澤良一 素抱
だらしなく酔ひて四温の帽子かな 草間時彦
つゞきたる四温の果つる雨となる 大久保橙青
てのひらに四温の雨や能のあと 宇佐美魚目 天地存問
ひよいひよいと波よせてくる四温晴 小島花枝
まぎれなく三寒四温始まれる 五十嵐哲也
まぶしさの四温の繭を掌に掬ふ 木村蕪城 寒泉
みづみづと磯菜四温の靄あげぬ 石原舟月 山鵲
めぐり来る杜氏の恐るる四温かな 小島左京
をとつひの三寒の尾をまだ曳けり 高澤良一 素抱
サンダルで本屋を覗く四温かな 石川文子
バス待つや傍を四温の煙草拾ひ 北野民夫
ブロンズの鷹女に会へる四温かな 関根悦子
マンシヨンの足場をはずす四温の日 角皆美代子
一喜一憂してゐる三寒四温かな 竹中しげる
一握の叔母の髪結ふ四温かな 都筑智子
一睡の夢に疲るる四温かな 植村久子
一羽馴れせし雄鶏の四温かな 池田澄子
七曜をつなぐ三寒四温もて 鈴木栄子
三寒で片づけられぬけふの冷え 高澤良一 素抱
三寒と四温のぎったんばったんこ 高澤良一 素抱
三寒にわれちぢまりて四温待つ 貝森ひで
三寒に統く四温や街繁華 福田蓼汀 山火
三寒のあとの一温かも知れず 鷹羽狩行
三寒のきびしさ笑忘れける 大場白水郎 散木集
三寒のくらがりを負ふ臼一つ 八重津苳二
三寒のそれでもぼちぼちハーブ園 高澤良一 素抱
三寒のどっちつかずの夜半の月 高澤良一 素抱
三寒の吾が息牛の息とあり 依田秋葭
三寒の四温の湖の大白鳥 椎橋清翠
三寒の四温の看護日記かな 阿部正調
三寒の四温の空にゐる雀 今井杏太郎
三寒の四温を待てる机かな 石川桂郎(1909-75)
三寒の四温を濁る頭かな 山田みづえ 手甲
三寒の四温兆しぬ筆買ひに 及川貞
三寒の四温紺屋の藍がたつ 青山久女
三寒の嬰をまるめて皿秤 長谷川双魚 『ひとつとや』
三寒の日は蒼かりし山おもて 三宅一鳴
三寒の昼餉おじやに腹が足り 高澤良一 素抱
三寒の木にひつかかる四温かな 松澤昭 麓入
三寒の水甕に日のそだちをり 長谷川双魚 風形
三寒の瀧と四温の枯木灘 角川春樹(1942-)
三寒の灯台怒涛を従がへて 藤野艶子
三寒の障子つぎ張りの白さもて 中山純子 沙羅
三寒の風の残りし四温晴 山内山彦
三寒の鬼面とまがふ釣り魚 河野南畦 湖の森
三寒の鯉がみじろぐ泥けむり 能村登四郎
三寒の黒竹粋な一商家 高澤良一 宿好
三寒は籠り四温は用足しに 高澤良一 素抱
三寒やエンデバの富士白一点 唐木培水
三寒や坂の下より葱の立つ 小島千架子
三寒や寝にも入りくる松林図 宇佐美魚目 秋収冬蔵
三寒を貶し四温を褒めにけり 中瀬喜陽
三寒四温にんげんのそばに鴉 河村四響
三寒四温のことに四温は父の眼よ 野澤節子 花 季
三寒四温ゆゑ人の世の面白し 大橋越央子
三寒四温赤ん坊泣いて肥るのみ 岡部六弥太
九官鳥四温の窓に機嫌よし 椎橋清翠
人見知りする子かくれて四温かな 横山利子
仏五十守り三寒の灯を消しぬ 影島智子
八ツ手より蝶の出舞ふ四温かな 森山 治子
凍てつぎて四温たまたま石蕗の濡れ 飯田蛇笏 雪峡
前厄の虫歯三寒四温かな 橋本白木
北斗星四温の水をこぼしけり 有馬朗人
原爆地三寒とどめたる四温 松澤昭 麓入
古る年の夜月がはなつ四温光 飯田蛇笏 雪峡
四温とてくづるゝ日和なりしかな 稲畑汀子
四温とて暮れてしまいぬ海のきわ 鈴木六林男
四温にもぴたりと閉ざす白襖 柴田白葉女 花寂び 以後
四温の日低き歓語の碁石たち 吉田銀葉
四温やゝ暖かすぎて窓に佇つ 大場白水郎 散木集
四温よな小便の泡目がふたつ 隈 治人
四温夜に入りてもこゝろ遊びけり 篠田悌二郎 風雪前
団地四温幼な声ほどよく届く 鍵和田[のり]子
土いじり終り四温の腰伸ばす 高澤良一 宿好
土塀の日向の記憶四温光 深谷雄大
塩あてし鯖緊まりゆく四温の夜 伊藤いと子
墨倉の明け放たれし四温かな 佐藤美智子
声届くところに禽のゐる四温 長谷川双魚 風形
売り犬が通りへ出さる四温かな 斎藤由美
奈良晒三寒の糸織りかけに 高澤良一 寒暑
女医の脚組まれて海に四温かな 田中信克
子の嫁に欲しき人ゐて四温光 都筑智子
家中を散らかして出る四温かな 岡田史乃
寒中の風鈴が鳴る四温かな 飯田蛇笏 春蘭
徘徊す虎は四温の毛皮被て 高澤良一 寒暑
手をかへすごとく三寒四温かな 八牧美喜子
揚舟へ四温の山を禽こぼれ 大岳水一路
旅二日四温のうちに終へしこと 荻江寿友
日本海けふ力抜く四温かな 辻桃子
日照りつつ四温に紛れ込む雪か 鳥居おさむ
明治期の軒燈四温の外厠 北野民夫
朝の雨上り四温となりゆけり 稲畑汀子
杣が妻四温の濡手かざすなる 木村蕪城 寒泉
果樹園をぬけて産院四温光 飯田蛇笏 椿花集
枯芝に四温の月を眺め立つ 大場白水郎 散木集
母の忌を和服で過ごす四温晴 伊東宏晃
母の機嫌の三寒四温おもしろき 山田みづえ 木語
水は三寒地は四温なる夕景色 能村登四郎
水浴びて鷭も四温の舟溜り 石井とし夫
水際にて四温踏みとどまりゐたり 長谷川双魚 『ひとつとや』
湖の三寒四温くりかへし 山本 綾
熊野路の四温のひと夜雨こまか 矢島渚男
父の忌の花買ひに出し四温かな 細田寿郎
牛の背波群れて平坦四温光 平井さち子
玻璃越しの三寒の空鳥過ぎし 河野南畦 湖の森
産院を繞る雪山四温光 飯田蛇笏 椿花集
白珠の四温の星のうるむなり 柴田白葉女
砂場の子遠く見守る四温の目 高澤良一 宿好
磴蓆濡れて四温の善光寺 西本一都 景色
空也蒸しにして三寒の「笹の雪」 及川貞 夕焼
窓のうちはたきのうごく四温かな 岩田由美
立てかけし橇に四温の雫かな 原田青児
童子にも受験苦三寒四温かな 草間時彦
羆立ちあがりて四温日和なる 伊藤いと子
老いごころ揺れゐて三寒四温かな 吉野義子
胎中の胎児三寒四温越ゆ 清水基吉 寒蕭々
蛤の舌出してゐる四温かな 江口千樹
褒貶は知らず四温に身を委ね 毛塚静枝
見えてゐる海底の巖四温かな 田中裕明 櫻姫譚
谷戸を風抜けて四温の遊亀邸 奥田郁子
象亀の砂に喰ひこむ四温の手 高澤良一 さざなみやっこ
贋作師三寒四温の壺作る 西村我尼吾
赤ん坊の笑顔に笑窪ある四温 篠崎みや子
軒しづく頻りに落つる四温かな 白樹
返事出しそびれ三寒四温かな 長田等
返信の来ずに三寒四温過ぐ 上田五千石 田園
退坑の貌にかがよふ四温光 西川赤峰
閑のキリンと無聊の河馬と四温にて 矢島房利
降りいでし四温の雨や竹騒ぐ 石川桂郎 高蘆
雪原の三寒四温浅間噴く 相馬遷子 山国
雲とんでゐるも暫く四温晴 高濱年尾 年尾句集
雷門潜り四温の中国語 高澤良一 宿好
青鳩は木のふところに四温かな 邊見京子
風見鶏風を捜してゐる四温 山田弘子
黒板に三寒の日の及びけり 島谷征良
黒潮の帯あきらかに海四温 井沢正江

三寒四温 補遺

おほかたは浮ぶ四温の金魚達 鷹羽狩行
この老母ゐて訪ひ易き四温かな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
だらしなく酔ひて四温の帽子かな 草間時彦
たらちねと呼ばるる汝の四温かな 上田五千石 天路
ときに三寒おほかたは四温の人 鷹羽狩行
まぶしさの四温の繭を掌に掬ふ 木村蕪城 寒泉
まま子潮平々四温ぐもりかな 上田五千石『森林』補遺
よき日なり日延べ四温と申さむか 林翔
われよりも病が待てる四温の日 能村登四郎
胃痛つづきて四温また裏返る 能村登四郎
一つづつ亀浮かび出て四温かな 村山故郷
一枚のはがきのみくる四温の日 能村登四郎
果樹園をぬけて産院四温光 飯田蛇笏
寒中の風鈴が鳴る四温かな 飯田蛇笏 春蘭
空也蒸しにして三寒の「笹の雪」 及川貞 夕焼
古る年の夜月がはなつ四温光 飯田蛇笏 雪峡
後肢で立つをこころみ四温の子 上田五千石『天路』補遺
糠みそへ塩たす三寒四温かな 鈴木真砂女 都鳥
三寒といへば不死男の嶽中句 鷹羽狩行
三寒と四温の中の命名日 能村登四郎
三寒に続く四寒ぞ疎ましき 相生垣瓜人 負暄
三寒に統く四温や街繁華 福田蓼汀 山火
三寒のあとの一温かも知れず 鷹羽狩行
三寒のきづな四温のえにしかな 鷹羽狩行
三寒のなくて四温の十姉妹 鷹羽狩行
三寒のにぎはひにある誕生寺 伊藤白潮
三寒ののちの四温を信ずべし 上田五千石 風景
三寒の寒さ問はるる逝くままに 斎藤玄 狩眼
三寒の寒に随ふ藪柑子 森澄雄
三寒の寒のつづきて四温なし 桂信子 花影
三寒の鯉が身じろぐ泥けむり 能村登四郎
三寒の四温の香爐文箱かな 岡井省二 山色
三寒の次の一日はさびしくも 山口青邨
三寒の星を小粒に櫟原 石田勝彦 雙杵
三寒の日向うらやむ日影かな 鷹羽狩行
三寒の頬板よりも堅きかと 阿波野青畝
三寒も四温もいまははろかなり 上田五千石『風景』補遺
三寒も四温も尋ね来しが留守 中村苑子
三寒も四寒のごとく巌ぶすま 鷹羽狩行
三寒やくちばし赤き小鳥飼ひ 鷹羽狩行
三寒や四温や四喜や三憂や 相生垣瓜人 明治草
三寒や四温や本を買ひ溜めて 安住敦
三寒や時にがばりと夜の鯉 鷹羽狩行
三寒をつぎて四温のこころなし 上田五千石『風景』補遺
三寒を四温へ笛の音をはこぶ 上田五千石 森林
三寒を怠け四温を口実に 雨滴集 星野麥丘人
三寒を知らず四温の地下宮殿 鷹羽狩行
三寒四温声荒らぐることもなし 安住敦
三寒四温余生濫用をいましめて 安住敦
山よりに四温の日ざし水菜あり 右城暮石 句集外 昭和十九年
産院を繞る雪山四温光 飯田蛇笏
四温かな高野帚が香を放ち 飯田龍太
四温とて待たるはよけれ待つはよし 上田五千石 天路
四温にて糖分をやや多く採り 能村登四郎
四温の水打つて花街の老舗守る 上田五千石『琥珀』補遺
四温の日あまねき国に医書残す 平畑静塔
四温の日さうめん囃子の烏賊たまふ 角川源義
四温の日袴いさめば埃たつ 角川源義
四温の日笹を屋根とし遺髪塚 角川源義
四温の日松山墓の風たむろ 角川源義
四温の日踏絵の町の皿うどん 角川源義
神南備の四温の鯉の彩と墨 上田五千石『天路』補遺
水は三寒地は四温なる夕景色 能村登四郎
水晶の中なる草も四温待つ 鷹羽狩行
成人に麗日老に四温かな 百合山羽公 樂土以後
聖痕のいづれもうすれ四温の日 上田五千石『琥珀』補遺
聖戦の三寒四温童らそだつ 飯田蛇笏 白嶽
雪原の三寒四温浅間噴く 相馬遷子 山国
続きゐる四温の一日女客 星野立子
吊玉葱芽吹く三寒四温かな 山田みづえ 木語
凍てつぎて四温たまたま石蕗の濡れ 飯田蛇笏 雪峡
年明けて二度目の墓参四温晴 星野立子
噴水を上げて四温といふべかり 後藤比奈夫
返信の来ずに三寒四温過ぐ 上田五千石 田園
母の機嫌の三寒四温おもしろき 山田みづえ 木語
忙中のこころ遊ぶも四温の夜 能村登四郎
北斗星四温の水をこぼしけり 有馬朗人 耳順
麻姑の手のすこしつめたき四温かな 飯田龍太
木洩日の先にもありし四温晴 後藤比奈夫
猟夫らは四温の月に顔並めぬ 飯田蛇笏 心像
杣が妻四温の濡手かざすなる 木村蕪城 寒泉
鸛嘴打ち鳴らす四温かな 有馬朗人 非稀

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 05:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬深し の俳句

冬深し の俳句

冬深し

例句を挙げる。

あなどりて真冬の蜂にさゝれけり 森田中霞
ここに又陸稲のみどり島の冬 深見けん二
なにか喰む猿の顔じゆうが冬深む 芦川源
なにもかも倒れて真冬深みたる 宇多喜代子 象
ひとり乗る真冬の奈良の昇降機 原田喬
わが木にて暗き杉立つ真冬かな 中村苑子
一盞のベルモット書斎冬深し 山口青邨
乳の形あることはあり冬深む 上野さち子
二三日父母を見ず冬ふかむ 橋本榮治 麦生
五本杉五本囁く冬深空 殿村菟絲子 『菟絲』
人*かんの真冬をわたる筬の音 飯田蛇笏 椿花集
人の言ふ反革命や冬深む 相馬遷子 雪嶺
冬ふかき日の吹かれをり桑畑 金尾梅の門 古志の歌
冬ふかき月のひかりを離さぬ木 中田剛 珠樹
冬ふかくほとけの彫りも見えがてに 室生犀星 犀星発句集
冬ふかく風吹く大地霑へり 飯田蛇笏 椿花集
冬ふかしとつぶやけば又深くなりぬ 草間時彦
冬ふかし仏飾るに花鳥の図 土橋石楠花
冬ふかし朝は煤降る映画街 金子潮
冬ふかし薔薇園石の天使おく 原田青児
冬ふかし豆挽く揺れのなかにあり 中田剛 珠樹
冬ふかむかな音もなく隣り合ひ 岡田 和子
冬ふかむさびしさ限りなき砂丘 伊東宏晃
冬ふかむ父情の深みゆくごとく 飯田龍太
冬帽の真冬の浪花男かな 攝津幸彦
冬深き井戸のけむりよ朝まだき 室生犀星(1889-1962)
冬深き坂の途中の岐れけり 小島良子
冬深き志野の湯呑の肌ざはり 大場美夜子
冬深き癌研灯り砦なす 菖蒲あや あ や
冬深く墓掘る者は低唱す 有馬朗人 知命
冬深く萎えし花々幾日ぞ 室生犀星 犀星発句集
冬深しいちじくの根に灰撒いて 鈴木しげを
冬深しからだ全部で振り向きぬ 須川洋子
冬深し二俣川といふところ 鈴木しげを
冬深し思ひのままに土乾く 松村蒼石 雪
冬深し手に乗る禽の夢を見て 飯田龍太 山の木
冬深し柱の中の濤の音 長谷川櫂(1954-)
冬深し海も夜毎のいさり火も 八木絵馬
冬深し秤が元へ戻る音 成田千空 地霊
冬深し老と死の字は六字画 宮本はるお
冬深し老婆がどこにでも坐り 長谷川双魚 風形
冬深し脱ぎすてし靴の朝は穿く 瀧春一 菜園
冬深し藪へ入り込む川の砂 大峯あきら 鳥道
冬深し闇に濃き闇薄き闇 柏禎
冬深し闇に踏みたるひとの尾も 河原枇杷男
冬深し顔を作れば黒子泛き 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬深し鼈甲いろの漬菜にも 細谷鳩舎
冬深むとも春近しとも木々の色 橋本榮治 逆旅
冬深む刻字うするる支那小凾 加藤三恵子
冬深む息つめしわが影の黒 櫛原希伊子
冬深む漬物石の重たさに 渡辺寛子
冬深む蒼空ばかり身延線 森澄雄
冬深む黙契のごと双拳 村越化石 山國抄
冬深井みんな無口になつてゐる 栗林千津
出で行くはむしろ不安の真冬の道 石田波郷
切株も獣顔して冬ふかむ 岡本まち子
喪の中に幹立ち真冬始まれる 和田悟朗
噴煙の伏して崩れず冬深し 米谷静二
四囲の音聴き澄ますとき冬深く 加藤楸邨
堪忍と鳴る鹿威し冬深し 佐々木六戈 百韻反故 初學
山上は真冬の小鳥うららに人に鳴き寄る 人間を彫る 大橋裸木
山猫もどんぐりも冬深むなか 大串 章
峡湾の碧さや牟婁の冬深き 内藤吐天 鳴海抄
島真冬船より投ぐる餌に猿来 太田嗟
師恩友情妻子の情冬ふかむ 相馬遷子 山河
干魚あぶる市中に来て冬深き 室生犀星 犀星発句集
愛染と墨書して冬深まれり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
故人みなよき顔に冬深し 宇多喜代子 象
方丈の寸尺狂ひなき真冬 庄司圭吾
日の当る方へ歩みて冬深む 朝倉和江
晩餐図椅子一つあけ冬深し 有馬朗人 天為
樅の葉の結晶満ちて冬ふかし 堀口星眠 営巣期
歯を磨きながら死にたい 真冬ガソリンスタンドの床に降る星 穂村弘
死支度など捗どらず冬深む 井出寒子
母を責めひとり真冬の海にくる 江川貞代
水墨の槎(いかだ)に孤客冬深む 小澤實(1956-)
水音にそそぐ水音冬深し 行方克巳
波かもめ遠啼きに冬深めたり 河野南畦 湖の森
煮えてきて蜆おどろく冬深し 辻桃子
爪かけて木原の斜陽冬ふかむ 飯田蛇笏 椿花集
父と子のかげる真冬の昆虫館 長谷川双魚 風形
猩々の一物突起せる真冬 高澤良一 燕音
田を截つて大地真冬の鮮らしさ 飯田蛇笏
男鹿に冬ふかむ廃船壊ちつゝ 能村登四郎 合掌部落
白樺の枝こまやかに冬ふかむ 石田あき子
真冬の故郷正座してものおもはする 飯田龍太 春の道
真冬の洞単身で来て顔とがる 澁谷道
真冬日のマンシヨンに棲む聖マリア 平田栄一
真冬日の割れそうな壺売られおり 關根 巧
真冬日の古城のほかは海である 高橋比呂子
真冬日の夕ベは死螢ばかりとぶ 佐々木宏
真冬日の絞めやすくある鶏の首 海老名衣子
真冬日の鼻の先より昏れにけり 成田昭男
真冬日をバスは二時間来ぬつもり 櫂未知子 貴族
真冬日を死なずさぶがる鯉も又 齋藤玄 『雁道』
石山そぎ立ち真冬の鴉鳴きかかる 人間を彫る 大橋裸木
砂丘ゆく人すぐ遠く冬ふかむ 伊東宏晃
祖母の形見少しづつ減り冬深む 古賀まり子 緑の野以後
神輿屋の神輿に埃冬深む 林翔 和紙
窯出しの紅のにじみや冬深む 遠藤律
笹にまじるあやめみどり葉冬深き 室生犀星 犀星発句集
糊皿に一雷鳴や冬深し 外川飼虎
老母の煮炊き常凡冬ふかむ 上野さち子
耐へよとや真冬一と間に塩と綿 成田千空 地霊
胎児にとって真冬のフォルテは必要不可欠 夏石番矢
脚絆も黒く若き君等の冬深まる 鈴木六林男 第三突堤
薙刀と絵皿ならべて冬深し 中田剛 珠樹以後
親星を子星はなれず冬深む 木附沢麦青
角砂糖しみじみ溶けて真冬なり 中山純子 沙 羅以後
足掛け一日真冬さながら弁護人 宮崎二健
踏切りが振るつよき白旗真冬の豚 寺田京子 日の鷹
遠く咲く真冬の花火ピアニスト 高橋謙次郎
銀山や真冬の清水たばしりぬ 辻 桃子
鍋の向こうに力士の手形冬深し 大山キヌ子
馬駆くる鉄の壁掛冬深き 田村了咲
鯔網に冬ふかみつつ空つ風 飯田蛇笏 雪峡
鳶は輪をひたすらなぞり冬深む 中 拓夫
麻姑の手の指のかたちに冬深む 長谷川久々子
あしの皮はぎおちる冬の深みけり 室生犀星 犀星発句集
とくさまつすぐな冬の深さよ 室生犀星
シエーバーの充電冬の深みけり 林 誠司
峠教ゆ冬の深みのなつかしく 村越化石 山國抄
干鰯たやさぬ冬の深まりて 室生犀星 犀星発句集
好きなことばかりしてゐて深む冬 高澤良一 石鏡

冬深し 補遺

タンゴ弾く男のひげの冬深し 有馬朗人 耳順
にこにこ聞いてる笑くぼの深き冬夜の子 古沢太穂 火雲
わが木にて暗き杉立つ真冬かな 中村苑子
鴎来て常願寺川冬深む 上田五千石『風景』補遺
眼のごとき沼あり深き冬の山 鷲谷七菜子 銃身
巨船目の前に真冬の風車売り 飯田龍太
現実の相を真冬の水かがみ 飯田蛇笏 家郷の霧
吾とわが鍔迫り合ひの真冬なり 佐藤鬼房
鯉のかげ鯉に重ねて冬深し 鷹羽狩行
甲冑の無言の列に深き冬 有馬朗人 立志
黒猫のひげ見てをれば冬深し 飯田龍太
魂痩せて真冬の夢を見つづけし 三橋鷹女
砂山のすぐ散らかつて冬深き 岡本眸
思ひ出し廻りの水車冬深む 上田五千石『琥珀』補遺
寺の子に真冬みどりの島ひとつ 飯田龍太
受験苦に迫る真冬の蜘蛛の糸 飯田龍太
熟柿いくつも食ふ百姓の冬ふかし 飯田龍太
春へ手のとどかぬごとく冬深し 能村登四郎
女づれ子連れの凪の深き冬 原裕 青垣
昇天の鳶に真冬の曼珠沙華 飯田龍太
深き冬日吏の小幸をあたためて 飯田龍太
真冬となる山いくつもありみづうみは一つあり 中川一碧樓
真冬の故郷正座してものおもはする 飯田龍太
真冬の樹海は茫然と豊饒と 飯田龍太
真冬日や絵馬の蹄のよく描けて 佐藤鬼房
真冬日を死なずさぶがる鯉も又 斎藤玄 雁道
神輿屋の神輿に埃冬深む 林翔 和紙
身のまはり手で掃いて冬深まりぬ 岡本眸
人の言ふ反革命や冬深む 相馬遷子 雪嶺
人は喪に真冬のいろを上げし石蕗 三橋鷹女
人寰の真冬をわたる筬の音 飯田蛇笏
水掴みどほし真冬の蒟蒻屋 岡本眸
切飴の切口の艶冬深む 松崎鉄之介
早鞆の凪の二夜に冬深む 上田五千石 天路
草の果て日の果て真冬来つつあり 廣瀬直人 帰路
大いなる真冬の金魚口ひらく 加藤秋邨
滝音を山の音とし冬深む 桂信子 花影
男らや真冬の琴をかき鳴らし 飯島晴子
弔問の扉を押して冬深かりき 鷲谷七菜子 一盞
鉄路わかれ又岐れ冬深むべく 岡本眸
田の果てに夕日真冬のバンガロー 飯田龍太
田を*きつて大地真冬の鮮らしさ 飯田蛇笏 家郷の霧
冬ふかき森ゆく斧を光らせつ 草間時彦 中年
冬ふかしことに灯笠の緋を極め 飯田龍太
冬ふかし臼を日向に干すこゑも 飯田龍太
冬ふかし小銭あつめし結婚賀 草間時彦 中年
冬ふかし鉄くろがねと読むことも 飯田龍太
冬ふかし熱出て身の香あることも 森澄雄
冬ふかし肥満の童児地に坐り 飯田龍太
冬深き言葉上下す寝台車 岡本眸
冬深き広辞苑とも親しまず 安住敦
冬深き樹石の姿晴れ渡り 松本たかし
冬深き罌粟一輪をデッサンす 草間時彦
冬深く主見知らぬ家二軒 飯田龍太
冬深く墓掘る者は低唱す 有馬朗人 知命
冬深しなまぐさきこと女いふ 寒食 星野麥丘人
冬深しねむくなりたる猫の眼も 飯田龍太
冬深しひとの眼を見るインコたち 飯田龍太
冬深しふたたび海を見たるとき 飯田龍太
冬深しわきて眼病みの闇の灯は 飯田龍太
冬深し急ぐを常の靴音も 岡本眸
冬深し巨船ひたすら南溟へ 飯田龍太
冬深し子を道連れの旅人見え 飯田龍太
冬深し思ひのままに土乾く 松村蒼石 雪
冬深し指組み替ふる膝の上 岡本眸
冬深し手に乗る禽の夢を見て 飯田龍太
冬深し新聞読めばすぐ昼に 燕雀 星野麥丘人
冬深し真夜に目覚めし獣の香は 飯田龍太
冬深し声低めても牧師には 飯田龍太
冬深し切りたる髪の散るさまも 飯田龍太
冬深し灯のなき離宮思ふとき 飯田龍太
冬深し童児は鳥の瞳をみつめ 飯田龍太
冬深し夜雨聞きては忘れては 飯田龍太
冬深し幼子がいま医師の前 飯田龍太
冬深みくる色鯉の夢のさま 森澄雄
冬深みたり女ごゑ佐渡おけさ 森澄雄
冬深む寺建つる音やすみなく 飯島晴子
冬深む蒼空ばかり身延線 森澄雄
冬深む肉食三日つつしめば 上田五千石『琥珀』補遺
冬深む病閑雲を踏むごとく 廣瀬直人 帰路
峠より見ゆる真冬の舟溜り 廣瀬直人
尼寺のものの匂ひの冬深し 飯田龍太
日本海に真冬日あらん山越えれば 金子兜太
泊り二日竹に向ひて真冬なり 大野林火 方円集 昭和五十一年
白身魚ならばと食べて冬深む 能村登四郎
晩餐図椅子一つあけ冬深し 有馬朗人 天為
未知の書は真冬焼けゆく川の色 飯田龍太
網かけしごとき真冬の葡萄園 松崎鉄之介
羅紗の襟厚く真冬に向ひたり 山口誓子
欄干に冬深き湖少女の香 飯田龍太
旅先の町に灯が満ち冬深む 岡本眸
廊下行く真冬の真夜の一ナース 石塚友二 玉縄以後
老人と別れてからの真冬かな 橋閒石 微光
老人の友誼真冬の蜘蛛の糸 飯田龍太
罅深き冬鏡あり廊尽きぬ 岡本眸
苺畑青きその家も冬深く 飯田龍太

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 05:32 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

霜焼 の俳句

霜焼 の俳句


霜焼

例句を挙げる。

きまじめに家具屋の友の霜焼ぐせ 川崎展宏
じゃんけんのぐうは霜焼にぎりしめ 草間時彦
人好しの貧乏耳に霜焼けして 平山藍子
叱るべき児の霜焼をふと庇ふ 富永小谷
大き手の霜焼の指愛しめり 仙田洋子 雲は王冠
大聲の霜焼の子や川つぷち 田中裕明 花間一壺
子の泣く顔霜焼の手に覆ひきれず 宮坂静生 青胡桃
客のあと妻霜焼の足を出す 下村ひろし
少し耳かゆし霜焼とも思わず 高浜年尾
杣を籠め霜焼け深き杉の山 小島千架子
父祖の血を承けけり頬の霜焼も 不破 博
蝶日和霜焼の膝ほどき見る 木歩句集 富田木歩
霜焼けのくすり机上にモオツアルト 桜井博道 海上
霜焼けの子の手がつくる砂の塔 佐川広治
霜焼けの手に息かけて機を織る 斉藤 夏子
霜焼けの杉襖なす雪解かな 小林康治 四季貧窮
霜焼けの頭をころころと蕗の薹 きくちつねこ
霜焼けの黄やみちのくの早苗束 沢木欣一
霜焼し泣き顔ならず泣きつづけ 宮坂静生 青胡桃
霜焼にかこつけ嘘をいふあはれ 阿部みどり女 笹鳴
霜焼に手ふれつおもひまとまらず 馬場移公子
霜焼に角ばみ小さき片の耳 篠原梵
霜焼のかゆきにつけて母恋うて 成瀬櫻桃子 素心
霜焼のわが指をわが指が揉む 加倉井秋を 午後の窓
霜焼の小さき手より見舞ひ花 石田あき子
霜焼の小指が過去を覚ましけり 丸田余志子
霜焼の手を子は告ぐる婢は告げで 中村汀女
霜焼の耳こすりつゝ遅刻の子 吉塚久二三
霜焼の耳ばかり見て聴き役に 上野章子
霜焼の耳美しき燈下かな 中西正史
霜焼の膝ツ子うづく夜伽かな 富田木歩
霜焼の頬の赤らも頼まるゝ 林原耒井 蜩
霜焼もせず臈たけしいつのまに 久米正雄 返り花
霜焼や叱つてばかりゐる子にて 中村汀女
霜焼をこすり歩きぬ古畳 長谷川かな女
高野僧耳の霜焼まぬかれず 森田 峠
鮎の炉や霜焼の子は掌を抱く 前田普羅 飛騨紬
京も終霜やけ薬貝に盛る 『定本石橋秀野句文集』
凍傷の手もて岳友に花捧ぐ 福田蓼汀
凍傷の痛痒織機フル運転 津田清子 二人称
凍傷を火鉢でこすり勤めけり 草野戎朗
凍傷者をれど一行無事と知る 小川里風
海苔場あり凍傷の手の女らに 市橋一男
雨聞くや凍傷薬を耳にもぬり 秋元不死男
霜やけをこすり歩きぬ古畳 龍胆 長谷川かな女
霜やけを不二の光にこころ儘 園女 俳諧撰集玉藻集
霜やけを踏まれ総髪を逆立たす 宮武寒々 朱卓

霜焼 補遺

おちぶれて人霜やけにわぶるかな 正岡子規 霜焼
鮎の炉や霜焼の子は掌を抱く 前田普羅 飛騨紬
雨聞くや凍傷薬を耳にもぬり 秋元不死男
京も終霜やけ薬貝に盛る 石橋秀野
信濃より藷さげてきし手の霜焼 加藤秋邨
霜やけのこどもねむればねむくなる 飴山實
霜やけのまゝごと蓆泣き別れ 石橋秀野
霜やけの手から海鼠のすへりけり 正岡子規 海鼠
霜やけの手より熬豆こぼしけり 正岡子規 霜焼
霜やけや武士の娘の水仕事 正岡子規 霜焼
霜やけや母に夕餉の後影 石橋秀野
霜やけや娘の指のおそろしき 正岡子規 霜焼
霜腫の一茶よ柿も鶏頭も 鷹羽狩行
霜焼けの手をならべ見すもう癒ゆと(四月三日、永子吾が家の子となる) 細見綾子
霜焼けの杉襖なす雪解かな 小林康治 四季貧窮
霜焼に角ばみ小さき片の耳 篠原梵 年々去来の花 皿
霜焼のかなしき右手をさすりつゝ 星野立子
霜焼の糸檜葉虚子の句碑立てり 右城暮石 一芸
霜焼の幼なはらから並び寝て 石橋秀野
霜焼や真夜の梁沈みつゝ 石橋秀野
凍傷の手をこすりゐる泣くがごとく 松崎鉄之介
凍傷の跡といふ顔媼さび 星野立子
凍傷の痛痒織機フル運転 津田清子
灣曲し凍傷し宝玉値のバナナ 中村草田男

霜焼 続補遺

霜やけも不二の光に心まゝ 園女
霜やけの手を吹てやる雪まろげ 羽紅女
うぐひすや未だ霜腫の人の耳 三宅嘯山

以上

by 575fudemakase | 2017-04-18 05:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング