<   2013年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

煤払

煤払

例句を挙げる。


うそ寒う昼めし喰ぬ煤払 高井几董
おしまひにおのれの煤を払ひけり 小張昭一
ぐいのみの殖えては減りぬ煤払 石川桂郎 高蘆
けふばかり背高からばや煤払 千代尼
さら~と払ふや煤の日に狂ふ 阿部みどり女 笹鳴
とこしへの黒本尊や煤払 川名句一歩
ほかならぬ妻の頼みの煤払ひ 高澤良一 鳩信
まろび落つ羅漢の首も煤払 市堀 玉宗
みほとけの大き臀の煤払ふ 大橋櫻坡子 雨月
むつかしき眉根の煤を払ひける 長谷川櫂 虚空
むつかしや何もなき家の煤払 夏目漱石 明治二十八年
もの古ぶ迅さの煤を払ひけり 荒井正隆
わびしさや思ひたつ日を煤払 炭 太祇 太祇句選後篇
ビーフシチュー煮詰めておいて煤払 高澤良一 随笑
三年程用なきものや煤払 矢野奇遇
上野より富士見ゆる日や煤払ひ 沢木欣一
不足なる調度になれて煤払 阿部みどり女 笹鳴
仏の手握りて煤を払ひけり 木内彰志
仏壇に顔入れて煤払ひけり 永方裕子
仏壇の煤を払ふや南無阿弥陀 阿部みどり女 笹鳴
仏顔の金箔畏れ煤払う 邑上キヨノ
余す日の三日となりぬ煤払 松村鬼史
信楽の狸の煤も払ひけり 今泉貞鳳
凍てすこしゆるみし午や煤払ふ 大橋櫻坡子 雨月
出番なき古事類苑の煤払ひ 高澤良一 随笑
剥落の千体佛や煤払 清野暁子
古傘で風呂焚く暮や煤払 高浜虚子
古時計下ろせば鳴りぬ煤払 池田都々女
吊鐘の中掻きまはす煤払 吉岡句城
命綱つけて天守の煤払ふ 伊藤一子
命綱つけ大寺の煤払 阿部昭子
四方の景見えて天守の煤払ひ 岡部六弥太
回廊に潮の匂へる煤払ひ 鈴木厚子
夜も晴れて山よく見ゆる煤払ひ 宮田正和
夢殿の戸へなさはりそ煤払 炭 太祇 太祇句選
大太鼓巫女持てあます煤払 栗田やすし
天井の天女の煤も払ひけり 内藤鳴雪
天人の笛の払ひし煤ならん 川崎展宏 冬
天蓋の落ちんばかりに払ふ煤 山口燕青
夫婦してはづれぬ戸あり煤払 乙由
平仲が顔ともはやせ煤払 黒柳召波 春泥句集
幼なさのとろんとしたる煤払ひ 松澤雅世
心得し人等に任す煤払 安原葉
思ふ人に此顔見せし煤払 尾崎紅葉
我楽多のわれも一部ぞ煤払ひ 角川春樹
旅寝して見しやうき世の煤払ひ 芭蕉
晦日(つごもり)の風出て空の煤払ひ 高澤良一 寒暑
月宮や白衣の上張り煤払 幽山 選集「板東太郎」
本の塵本に舞ひ降る煤払 高澤良一 さざなみやっこ
本をまづどうにかせねば煤払 鈴木しげを
松かぜや琴とりまはす煤払 臥高 極 月 月別句集「韻塞」
梵鐘をくすぐるごとし煤払 長谷川櫂 蓬莱
楼に哥舞伎の真似や煤払 炭 太祇 太祇句選後篇
死に難き世の煤ぼこり払ひけり 橋本榮治 逆旅
気象台風速計の煤払ひ 品川鈴子
沙弥運ぶ位牌のかずや煤払 角谷微尾
消防士表影状の煤払ふ 大島民郎
煤を着て払はれ顔の行燈かな 白鷺
煤帚象の脊中も一と払ひ 山田人
煤払あやしの頭巾着たりけり 黒柳召波 春泥句集
煤払されし堆書の親しめず 浅井青陽子
煤払したる顔もて客迎ふ 高木晴子 花 季
煤払してゐる茶店草鞋売る 高木晴子
煤払すみしばかりの仏達 江口竹亭
煤払でんでん太鼓捨てきれず 半崎墨縄子
煤払のあら湯へ入る座頭かな 炭 太祇 太祇句選後篇
煤払ひどうにもならぬ本そのまま 高澤良一 さざなみやっこ
煤払ひほかほか弁当運ばせて 小玉真佐子
煤払ひ丸子の宿の丁字屋も 山本歩禅
煤払ひ亀甲澄める掛行灯 西本一都 景色
煤払ひ済みて晩酌地場の蝦蛄 高澤良一 随笑
煤払ひ畳に仏寝かせあり 阿部静雄
煤払ひ神官畳めつた打ち 林 徹
煤払ひ鏡かくされし女哉 正岡子規
煤払ひ閻魔の貌を逆か撫でに 河上風居
煤払ふことなく邪鬼に年逝けり 山中 三木
煤払ふなき七畳の座椅子かな 石川桂郎 高蘆
煤払ふ二十五菩薩善光寺 西本一都 景色
煤払ふ巫女に重たき竹の竿 森田君子
煤払ふ忍者屋敷の忍者たち 八鳥泗静
煤払や神も仏も草の上 正岡子規
煤払ギターの弦に触れにけり 本宮鼎三
煤払仕舞を書棚の愛蔵本 関森勝夫
煤払利かぬ薬を捨てにけり 佐々木北涯
煤払囃す鉦鼓や善光寺 西本一都 景色
煤払火の見の北はいつも蒼し 大峯あきら
煤払無用と書いて検事室 三谷蘭の秋
煤払煤なきところより始む 林田与音
煤払袋に古りし戦時債 小林祗郊
煤払車磨いて終りけり 小松和子
男手も女手も足り煤払 高橋淡路女 梶の葉
畳替へて煤も真似ごと払ひけり 清原枴童 枴童句集
納戸神お煤払ひもなく祀り 小原菁々子
裏川に鴎のふゆる煤払 斎藤梅子
長持によりて話や煤払 大岡 フクスケ
長持に鶏啼きぬ煤払 藤野古白
門口に歩みの板や煤払 黒柳召波 春泥句集
閻王の水晶の目を煤払 長谷川櫂 蓬莱
闘牛士の如くに煤を払ひけり 波多野爽波 『一筆』
雲水の袖の背結び煤払ひ 佐藤良子
飛天さへ免れがたき煤払ふ 長谷川櫂 虚空
飛行機雲大円を描き煤払ひ 川崎展宏
鼻水の黒きもあはれ煤払 正岡子規
これは観たことある映画煤籠 高澤良一 随笑
しろたへの乳房のしづむ煤湯かな 徳永山冬子
ひるからは隣の家へ煤籠 永松 西瓜
むら雲の煤掃く上に家の霊 百合山羽公 寒雁
もゝしきや桜の枝を煤掃 三蝶
ゆつくりと入りてぬるき煤湯かな 下田実花
カナリアに鳴かれ餌やる煤籠 林昌華
二三軒煤掃出すや鳰の海 妻木 松瀬青々
何や彼と焚いてけぶれる煤湯かな 岡田抜山
佳きことに心ほぐるる煤湯かな 山田 百穂
僧正のうと~と居る煤籠 山口燕青
句座まうけして煤逃げの老ばかり 加古宗也
大寺の煤掃すみし松に鵯 住吉青秋
天守閣より煤掃の命綱 長田等
女にもあり煤逃げの一日旅 中尾杏子
尊称で呼ばれてゐたる煤湯かな 茨木和生 三輪崎
尼宮のお煤籠や猫も居り 山口民子
山椒の擂木をいまも煤籠 石川桂郎 四温
御仏間に老の二人の煤籠 月洞易往子
御肩に煤掃のゐる多聞天 野平椎霞
数珠の手を振りて宰領お煤掃 西堀若桜子
早々と子の焚きくれし煤湯かな 水島三造
煤掃いてなほ残る菊をいとほしむ 渡辺水巴 白日
煤掃いて其夜の神の灯はすゞし 高浜虚子
煤掃いて宇陀は日向の山ばかり 大峯あきら 鳥道
煤掃いて家広々や繭問屋 河野静雲 閻魔
煤掃いて棚の不自由直しけり 仲岡楽南
煤掃いて楼に上れば川広し 子規句集 虚子・碧梧桐選
煤掃いて眼鏡玉澄む麓かな 山本洋子
煤掃いて配れる四十八円座 大橋櫻坡子 雨月
煤掃きしともなく寄席へゆきにけり 中島月笠 月笠句集
煤掃きし一軒神の池ほとり 大峯あきら 鳥道
煤掃きし魚板は玉を大ふくみ 皆吉爽雨
煤掃きつゝも商へる小店かな 阿部みどり女 笹鳴
煤掃きて改め招く隙間風 百合山羽公 寒雁
煤掃きのバケツの並ぶ日本丸 脇本千鶴子
煤掃きや埃流しの雨が降る 西山泊雲
煤掃くや奥くらがりに一仏 野平椎霞
煤掃くや硝子戸多きことかこち 星野立子
煤掃くや胡粉剥げとぶ大法鼓 野口一陽
煤掃て障子張日や梅一枝 呑獅
煤掃に出仕の法鼓とう~と 奥野素径
煤掃に湯のわく庭の火鉢かな 中山稲青
煤掃に用なき身なる外出かな 松本たかし
煤掃に砧すさまじ雪の上 亡士-嵐蘭 極 月 月別句集「韻塞」
煤掃のあと酒に浮く煤一点 田川飛旅子 『植樹祭』
煤掃のころがり出でし法鼓かな 大橋櫻坡子 雨月
煤掃のすめば淋しきやまひかな 石田波郷
煤掃のちりにかくるる数寄屋かな 史邦 俳諧撰集「有磯海」
煤掃の一番竈燃えにけり 大橋櫻坡子 雨月
煤掃の二階障子や屋根の上 原石鼎
煤掃の埃しづまる葉蘭かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
煤掃の寝起きに拝む竈かな 京-友扇 元禄百人一句
煤掃の幢幡松にかゝりける 大橋櫻坡子 雨月
煤掃の捨てもやらざる枯しのぶ 河東碧梧桐
煤掃の朝の御膳は馬屋にて 中村史邦
煤掃の沙弥の目鼻や笑ひけり 皆川白陀
煤掃の済みたる寺と見て通る 塩田章子
煤掃の済みたる寺の鐘響く 川澄裕勝
煤掃の煤かぶり人に後れたり 小林康治 玄霜
煤掃の覆面の母子が仰ぐ 辻田克巳
煤掃の遊びごころを着てとりぬ 岡本 眸
煤掃の音はたとやむ昼餉かな 正岡子規
煤掃の馬を出したる畑かな 岩木木外
煤掃は己が棚つる大工かな 松尾芭蕉
煤掃は杉の木の間の嵐哉 松尾芭蕉
煤掃ひつつ時をりの鉦たたく 五十嵐播水 埠頭
煤掃やあけ放ちたる堂幾つ 貞永金市
煤掃やいつから見えぬ物のふた 黒柳召波 春泥句集
煤掃やひらきみてある捨扇 高橋淡路女 梶の葉
煤掃やもの立てかくる門柳 尾崎迷堂 孤輪
煤掃や一帙見ゆる草の宿 村上鬼城
煤掃や二階に見ゆる富士の山 松根東洋城
煤掃や二階をおろす古皮籠 伊賀望翠 俳諧撰集「有磯海」
煤掃や先祖の槍の置き処 四明句集 中川四明
煤掃や南都に晴るる一伽藍 大峯あきら
煤掃や増長天をとり囲み 大橋櫻坡子 雨月
煤掃や左京区松ケ崎御所の内 龍岡晋
煤掃や左次郎眼七河波卒八 龍岡晋
煤掃や師は徘徊す湖ほとり 飯田蛇笏 山廬集
煤掃や折敷一枚踏みくだく 広瀬惟然
煤掃や日の当りたる庭の松 原石鼎
煤掃や格天井の花の絵も 穂坂日出子
煤掃や水戸街道の一軒家 青木月兎
煤掃や玻璃に黒影の蜜柑山 中拓夫 愛鷹
煤掃や琴もて居る梅の蔭 一茶 ■寛政九年丁巳(三十五歳)
煤掃や羅漢の杖も一はらひ 五十嵐播水 埠頭
煤掃や脱ぎ忘れたる草履どこ 河野静雲 閻魔
煤掃や虎渓の庭の竹青し 名和三幹竹
煤掃や馬おとなしく畑ヶ中 村上鬼城
煤掃を手伝ひがほの夫人かな 高橋淡路女 梶の葉
煤掃を風呂焚く僕の老にけり 尾崎紅葉
煤掃了へ不服と云へば本の位置 高澤良一 随笑
煤掃酒庫の神棚忘れじな 西山泊雲 泊雲句集
煤湯出て父の目鼻の戻りたる 出牛青朗
煤籠して果さなん一事あり 宮城きよなみ
煤籠する部屋もなし外出す 高橋すゝむ
煤逃げて来て大洋の端にあり 脇祥一
煤逃げにして煎餅を伴へる 山本一歩
煤逃げのために碁会所ありにけり 赤木利子
煤逃げの一歩を猫に嗅がれけり 落合水尾
煤逃げの丸善に買ふ糊ひとつ 伊藤三十四
煤逃げの佃月島あたりまで いさ桜子
煤逃げの低き段差に蹴躓く 大越晶
煤逃げの家にも世にも帰り来ず 文挟夫佐恵
煤逃げの小田急電車混み合へり 佐川広治
煤逃げの手土産下げて戻りけり 時永由布子
煤逃げの男に女ありにけり 岩城久治
煤逃げの男湯にゐる女の子 高橋悦男
煤逃げの蕎麦屋には酒ありにけり 小島健 木の実
煤逃げの選句電車にしてゐたり 茨木和生 倭
煤逃げの隣村まで来てをりぬ 黛 執
煤逃げも小遣銭でゆける処 高澤良一 随笑
煤逃げや赤別珍の足袋買うて 市橋千翔
煤逃げをするにネクタイ締めにけり 森田公司
煤逃の人遊びをる佃島 岩田由美 夏安
煤逃の家にも世にも帰り来ず 文挟夫佐恵
煤逃やコーヒー店に僧の居て 大橋正子
煤逃や映画三まはり半も見て 杉山とし
独り暮らしに煤逃げなどはなかりけり 北村香朗
玉垣の内に百人お煤掃 有川 淳子
管長は煤籠して在しけり 中務満智子
蚕用意の煤掃と知る戸毎かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
銭湯や煤湯といふを忘れをり 石川桂郎 高蘆
風の日を煤掃く音の健けなる 尾崎紅葉
お欄間にも煤竹さつと這はせけり 河野静雲 閻魔
としどしや二人の親の煤ごもり 信州 米居 五車反古
一人掃きふたりの瞽女の煤ごもり 西本一都
三間に及ぶ煤竹巫女かざす 久米幸叢
大梁の反りに煤竹やうやくに 尾亀清四郎
年々や二人の親の煤ごもり 米居
打ちしなふ煤竹僧をよろめかす 小松 幸
書をはこびきて四壁なり煤ごもり 皆吉爽雨
柳生みちより煤竹をかつぎ来し 太田文萠
煤ごもる二階の父母へ運び膳 岡田耿陽
煤よりも煤竹の葉の落つことよ 田畑比古
煤埃水になじまず流れけり 鈴鹿野風呂
煤竹に日照雨ありたる雫かな 山本洋子
煤竹の女竹の青く美しく 高野素十
煤竹の投げ出されある雪の上 大橋宵火
煤竹の映る金色の御柱 山口青邨
煤竹を持ちて鼓楼に立てるあり 五十嵐播水 埠頭
老僧や離れの坊に煤ごもり 中村青屯
老夫婦鼻つき合せ煤ごもり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集




以上
by 575fudemakase | 2013-12-31 08:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

年用意

年用意


例句を挙げる。

くれなゐの襷一本年用意 岡部名保子
しづかなるくらしの中の年用意 小原牧水
すぐ妻を呼ぶ年用意始まれり 白岩 三郎
すぐ高き當麻の月や年用意 山本洋子
つねに陽を背に確かめて年用意 佐藤美恵子
とことはの二人暮しの年用意 松本たかし
ひもすがら小雪ちらつく年用意 伊達外秋
ふる雪のかりそめならず年用意 久保田万太郎 流寓抄以後
べつたりと濡れし俎年用意 橋本鶏二 年輪
みほとけに菊畑のこす年用意 山田孝子
むつかしきことは云ふまじ年用意 高田つや女
もの捨つることより始め年用意 藤陵紫泡
カレンダー掛換へて終ふ年用意 永野 祥子
カレンダー獄中に貼り年用意 角川春樹
一人居の身のつゝましく年用意 三浦 マサ子
一書買ふことにて足れり年用意 佐々木麦童
一束の牛蒡を埋けて年用意 金親化石
一束の菜に蕾あり年用意 龍岡晋
一袋猫もごまめの年用意 小林一茶
久々に穴掘ることも年用意 能村研三 鷹の木 以後
二人前の豆煮て了る年用意 玉置石松子
人混みを妻に従ふ年用意 中林利作
休日の増えし男の年用意 玉澤淑子
何にでも老のかけ声年用意 小松月尚
使ひ捨て懐炉買ひため年用意 角川春樹
俎板に大鯛跳ぬる年用意 和田千恵子
児の髪を切りすぎにけり年用意 百瀬ゆき子
円鏡のラジオやせわし年用意 小沢昭一
切符買ふ列に並んで年用意 三宅 桂
厨の灯ひとつ吊り足し年用意 岡本 眸
古絵馬を焚き護摩堂の年用意 北村 周
吾と古りし鍋釜磨き年用意 工藤郁子
啄木鳥の穴を繕ひ年用意 荒川文雄
夕映の妻にしたがふ年用意 笹川正明
外濠の鴨を窗辺に年用意 飯田蛇笏 雪峡
夢殿へ白砂敷き足す年用意 山田孝子
大いなる年より年へ年用意 赤星水竹居
大漁旗立てて一村年用意 深見けん二
天に遊ばしめ鳩舎の年用意 安良岡昭一
天気予報聞いて出掛ける年用意 田中こずゑ
夫婦して買ひ物好きの年用意 西村和子 夏帽子
娘にまかせ心許なき年用意 幸喜美
子の丈の妻におよべり年用意 平野彩雨
山茶花の実のはじけけり年用意 小澤碧童 碧童句集
川浚ひしたる貴船の年用意 土山紫牛
川端に鵜籠洗ふも年用意 藤井智子
巡航船迎へて島の年用意 小野寺孤羊
年用意おしらさまにも晴衣着せ 原 柯城
年用意とて紙を剪る甲申 黒田杏子 花下草上
年用意なほこまごまと主婦の用 島村茂雄
年用意ならぬ古壺買ひ戻る 下村ひろし 西陲集
年用意にと届きたる雉子一羽 秋山 万里
年用意のひとつひとつに猫寄り来 寺井谷子
年用意ほのぼの匂ふ牛蒡の身 高橋鋼乙
年用意やまひ養ふばかりにて 島野光生
年用意よき鰹節を選びけり 山本蓬郎
年用意をはりし水を打ちにけり 岸風三楼 往来
年用意メモ消しゆけば残る吾 入江知世子
年用意利尻昆布の砂おとす 細見綾子
年用意医師は薬とり揃へ 築山能波
年用意引越しの荷を梱ることも 神山幸子
年用意掛け替へゐる潮暦 水野露草
年用意日々の掃除もその積り 古賀志津子
年用意曲がつてしまう釘ばかり 山田金栄
年用意朝日も夕日も大きくて 大峯あきら 鳥道
年用意海女の盥に三角波 香西照雄 素心
年用意漱石の猫追ひ出され 脇 祥一
年用意町筋清くなりにけり 岩田元子
年用意画廊に陳べて偽画偽筆 田中千岳
年用意竹青々と切られけり 大道寺きよし
年用意編目密なる箕も加へ 能村登四郎
年用意老いての知恵もすこしあり 千手 和子
年用意肥汲むだけとなりにけり 宮野絹風
年用意蔵より洩るる母の音 西村梛子
年用意遺ひのこりや炭二俵 小澤碧童 碧童句集
年用意靄あたゝかき日なりけり 久保田万太郎 草の丈
年用意風邪も抜かねばならぬかな 三輪一壷
御身拭すませて師家の年用意 野島無量子
心にも捨つるものあり年用意 山田弘子 懐
戸の鈴もよく鳴るやうに年用意 中田みづほ
手水舎に青竹柄杓年用意 平井 梢
抽斗に肚立ててゐる年用意 辻田克巳
捨て好きは母似のひとつ年用意 鳥居美智子
文筆の徒にもありけり年用意 山口青邨(1892-1988)
木がくれにうぶすなともる年用意 伊東月草
木のまはりばかり澄みゆく年用意 廣瀬直人
母の死が風化してゆく年用意 小林 曜
沙弥が刷る歳徳神も年用意 河野静雲
沙彌が刷る歳徳神も年用意 河野静雲 閻魔
洗い杵かけつらねある年用意 高梨花人
浮浪者狩りして公園の年用意 右城暮石 上下
渺々と雲年用意とてなかりけり 日置千鶴子
牧場にどつと著く藁年用意 清田松琴
田仕舞の地蔵に供華や年用意 角川源義
病僧やかさりこそりと年用意 川端茅舎
痰壷をきよめることも年用意 日野草城
白菜と夜目に運びて年用意 中村汀女
百日忌母亡き子等の年用意 能登原清美
相国寺仏師を入れて年用意 中西蘖
真直に釘打つことも年用意 堤 京子
石叩来る静かさに年用意 矢野藍女
立ち退きを迫られてゐて年用意 園 敦恵
竹青く縄白くあり年用意 青木まさ子
簡単な筈があれこれ年用意 稲畑汀子
籠に植う春七草の年用意 松藤夏山 夏山句集
縄の玉ころがってゐる年用意 高野素十
老い母と二人三脚年用意 大澄利江
老僧の自坊にもどり年用意 井上和子
老犬寝がちその小屋塗りて年用意 及川貞 夕焼
聖堂の燭台磨き年用意 奥田花珠子
聴診器拭ひて終る年用意 西川五郎
薄れしは野菜のあまみ年用意 鍵和田[ゆう]子 浮標
蚕室も納屋も掃ひて年用意 長谷川素逝 村
蝦夷松に幣やゆづり葉年用意 飯田弥伊子
護摩木割る事より寺の年用意 斎藤トミ
踏石も洗ひ上げたる年用意 佐藤美恵子
酒少し女二人の年用意 上田康代
金的を貼り替え矢場の年用意 浅井仁水
鋸粉から海老さぐりだす年用意 飴山實 『次の花』
錆止めをあかあか塗りて年用意 高澤良一 随笑
長男の力借りもし年用意 稲畑汀子
閻魔堂開けてみ寺の年用意 山東恒子
雉子一羽山より提げて年用意 中村純子
青竹の切先匂ふ年用意 小関紹子
青竹の柵名園の年用意 右城暮石 上下
青竹の音のそれぞれ年用意 左海把津
青竹の香をことのほか年用意 伊藤敬子
頼もしき圧力鍋や年用意 高澤良一 随笑
髪染むることより始む年用意 石川和子
髪染めることも一つの年用意 宮島秋女
髪結のおつなのもとの年用意 久保田万太郎 草の丈
鮠串を焙りて杣の年用意 太田蓁樹
鳥居立つ干潟に焚火年用意 河野頼人
妓を廃めて身ほとり淋し春支度 吉田小幸
子らの間に座つて居りて春支度 長谷川かな女 花 季
師の軸を掛けてをはりぬ春支度 味冨蜆蝶
年金の暮しに馴れて春支度 中村清治
引越もまた一流転春支度 藤田美乗
抽斗のものより変へて春支度 増成淡紅子
掛け替へし襦袢の襟も春支度 牧野右太代
春支度すみたる庭に雨ぬくく 上林まさ女
春支度京のしきたり嫁しるや 風間さく
畝傍山にいま日の当る春支度 山本洋子
硝子窓拭きて日暮れぬ春支度 則近文子
老人の宿痾に堪へて春支度 平野 山石
色街のしきたりを守り春支度 大久保橙青
野良着など繕ひ終へて春支度 今井 三千寿


以上
by 575fudemakase | 2013-12-30 08:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

年越

年越

年越の例句を挙げる


「永遠の子供」と呼ばれ年越すか 成瀬桜桃子 風色
あをあをと年越す北のうしほかな 飯田龍太
かくてまた父の亡き年移りゆく 大橋敦子 手 鞠
きのふ見し雪嶺を年移りたる 森澄雄 浮鴎
ぎくしゃくとしたまま年を越しにけり 高澤良一 随笑
くらやみに年を越しゐる牛の息 木附沢麦青
しばらくは藻のごときとき年を越す 森澄雄 鯉素
し残したこと年越してやればよい 高澤良一 随笑
たつぷりと火種を埋めて年移る 菖蒲あや あ や
ふるさとの出湯に年越し蕎麦すすり 臼田亜浪
ややこしきは皆先送り年を越す 高澤良一 随笑
わが余生さらに余命へ年越さな 原柯城
ポケットの胡桃鳴らして年を越す 加藤楸邨
メモしたる年越患者回診す 松岡巨籟
一眼の視力頼りに年を越す 吉田満梨女
冷凍の肉の一塊年を越す 池田秀水
嬰のごとくにころがされ年移る 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
宵寝して年越蕎麦に起こさるる 水原秋桜子
常住の闇へ年越し詣かな 恩田侑布子
年を越す星の目くばせありしより 井沢正江 湖の伝説
年を越す火傷切創己が手は 加藤知世子 花寂び
年を越す父の薬の枕辺に 岡本高明
年を越す自信出来しと闘病記 細江大寒
年を越す艀上下に微動して 池田秀水
年を越す鉢の金魚に被せ物 高澤良一 さざなみやっこ
年移るモンローといふ蘭の花 沢木欣一 往還以後
年移る山々鎧ふもの落とし 館岡沙緻
年移る杉の枝打ちせしままに 岡井省二
年移る闇に大きな朱欒垂れ 森重 昭
年越して立つ枯芒おそろしき 平井照敏
年越しの鐘撞く衆に川漁師 中川志帆
年越すや力こめたるおのが臍 石嶌岳
年越に蕎麦打つ家の習ひかな 伊東牛歩
年越の女中おとしと詣でけり 石田波郷
年越の火屑の袖に暗きもの 古舘曹人 樹下石上
年越の老を囲みて児孫かな 高浜虚子
年越の耳あらふこと残りけり 鍵和田釉子
年越の黒き爪切る百姓女 森 竜南
年越や几の上に母の銭 石田波郷
年越や夜に入るほどに又の燗 小澤碧童 碧童句集
年越や鏡の前の胼ぐすり 皆川白陀
年越蕎麦待てばしきりに救急車 水原秋桜子
庭苔に胞子びつしり年移る 高井北杜
形見分果せず亦も年を越す 重永幽林
思いきり捨てて年越す月の下 落合よう子
押へ押へ焚火の紙屑年越す店 桜井博道 海上
拾はれし仔犬一と吠え年越すよ 百合山羽公 寒雁
木瓜の枝のこんがらかつて年越せり 高澤良一 ももすずめ
板の間に置きて壜酒年を越す 榎本冬一郎
林檎柿蜜柑年越す一つ籠に 野澤節子 牡 丹
残る柿ながめ年越す観世音 下田稔
母の年越えて蕗煮るうすみどり 綾子
炉の母に年移りゆく榾をつぐ 倉田 紘文
炭窯が火を蔵しゐて年を越す 三好あさ子
無事に年越せしと告ぐる初電話 吉田きみ
猪垣の月光年を越えむとす 千代田葛彦
白鳥座翼張りつめ年を越す 鷹羽狩行
神木に揺れて鬼の子年を越す 茂里正治
綿虫と漂ひ年を越えゐしや 塘柊風
老妻 年越して縫い上げた綿子 これを着よと云う 荻原井泉水
耳掻きの絮毛の煌と年を越す 中嶋秀子
聖書通読詩篇まで来て年を越す 田川飛旅子 『山法師』
脇宮は梯子掛けながし年移る 宮武寒々 朱卓
船宿に年越蕎麦の届きたる 鈴木貞雄
花温室の新月くらみ年うつる 飯田蛇笏
菊枯れしまま年を越し雨にうたれをる シヤツと雑草 栗林一石路
裏窓の涙を溜めて年移る 青野敦子
見なれたるものにも年の移るなり 有泉七種
遺句集の序に苦しみて年を越す 深谷雄大
鈴かけの鈴賑やかに年を越す 田中 南耕
間伐の標を付けて年越す杉 津田清子
霧氷咲く石鎚山に年移りをり 吉野義子
風の向きに伏し枯草の年移る 鈴木六林男
餅焼きて年越し行務の肩ほぐす 河野南畦 『焼灼後』
魂抜けし炭団法師と年越せり 高澤良一 ももすずめ
黒豆が箸から逃げる年越す夜 三浦ふみ


以上
by 575fudemakase | 2013-12-29 11:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

飾売

飾売

例句を挙げる。



その前をきれいに掃いて飾売る 山口青邨
人混みに車押し入れ飾売 大橋鼠洞
叡山の尖れる空や飾売 鷲谷七菜子
夕市の外れを囃し飾売る 柏谷景昌
夢殿に昼月濃ゆし飾売 角川春樹 夢殿
大欅根本灯して飾売り 澤木欣一
山を出て何を聾に飾売 上島鬼貫
昨日より声の大きく飾売 山田節子
月蝕や黒き銭溜め飾売 百合山羽公 寒雁
毎年よこの道に立つ飾売 岩田由美 夏安
物を焚き熱を逃がして飾売る 田川飛旅子 『使徒の眼』
町裏に都電の軋む飾売 藤木竹志
眼差にともる月日や飾売 望月たかし
神明に近くめ組の飾売 中火臣
船出でしあと閃々と飾売り 廣瀬直人
荻窪にゆふべ富士見ゆ飾売 角川春樹
行く人の後ろ見送り飾売 高浜虚子
裸木に裸灯を吊り飾売 飯野燦雨
観音様のお水屋に売る注連飾 阿部みどり女 笹鳴
鉄砲州小学校の飾売 奥野桐花
飾売だいたいの値をいいかげん 高澤良一 さざなみやっこ
飾売どこへともなく帰り行く 三村純也
飾売まづ暮れなづむ大欅 皆川盤水
飾売りて酔ひたくれ居る男かな 村上鬼城
飾売常に補充をおこたらず 高道 章
飾売焚火に時を濃くしつつ 遠藤正年
飾売目鼻さだかに暮れにけり 石田あき子 見舞籠
飾海老髭を大事に売られけり 佐藤惠美子
あまりたる輪飾かくるところがな 後藤夜半 翠黛
いとちさき輪飾の何の飾りもあらぬかゞやき 中塚一碧樓
ころげ出てどの輪飾の橙か 松岡伊佐緒
さみどりの輪飾ひとつ旅住居 高橋淡路女 淡路女百句
わがいどこ簷に輪飾かけられし 長谷川かな女 牡 丹
七月の輪飾をして元湯かな 八木林之介 青霞集
三崎港まぐろのひとつ輪飾す 橋本榮治 麦生
初市の輪飾飛んで踏まれたり 可空
四阿の輪飾落ちぬ雪の上 たかし
子の家の輪飾をわが掛けにけり 細川加賀 『玉虫』
寒屋の釘に輪飾綬をかくる 百合山羽公 寒雁
山負ひて鶴嘴小屋も輪飾す 石田あき子 見舞籠
床柱輪飾かけていや古りし 吉屋信子
月影に輪飾さやぐ厩ばしら 麦南
本箱に輪飾の藁かぐはしき 沢木欣一
柱ごと揺れる輪飾精米所 魚地静水
柱にかけし輪飾うつり初鏡 高橋淡路女 梶の葉
歳々の輪飾いよゝ余生なり 貞
氷雪裡輪飾かけて固き戸ぞ 楠目橙黄子 橙圃
海女の桶輪飾かけて重ねあり 田上鯨波
湯豆腐や輪飾残る薄みどり 渡辺水巴 白日
潮風や輪飾ゆらぐ温室の口 新井英子
燈台に輪飾のある怒濤かな 飛旅子
箸となる杉輪飾をして匂ふ 小澤満佐子
血のにほひする輪飾の屠牛場 藤井亘
裏門や小き輪飾歯朶勝に 子規
輪飾にしめきつてある小門かな 正岡子規
輪飾に山の音ため酒造る 瓜生和子
輪飾に暗く静かや農具部屋 癖三酔
輪飾に鴨の抜け羽や浮御堂 米澤吾亦紅
輪飾のかたまり合うて燃えにけり 高野素十
輪飾のすいとさみしき買ひにけリ 皆吉爽雨
輪飾のランプの鈎にかゝりたる 寺田寅彦
輪飾の一つ吹かるる外後架 石川桂郎 四温
輪飾の一円相を海に懸け 石田勝彦 秋興
輪飾の一本の藁のこと想う 鈴木六林男
輪飾の井桁あふるる清水かな 会津八一
輪飾の少しゆがみて目出度けれ 高浜虚子
輪飾の尾のかそけさよ蜃が家 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
輪飾の影月光に垂れてあり 深見けん二
輪飾の枝折戸風に任せある 句仏
輪飾の歯朶青うして選句かな 渡辺水巴 白日
輪飾の稲穂をこぼす雀らし 長谷川吉雄
輪飾の藁の香こもる仏間かな 大門麻子
輪飾の農船波をかぶり着く 中本柑風
輪飾も既に六日の乾びやう 高澤良一 随笑
輪飾やことばのふえし鸚鵡にも 大石悦子 百花
輪飾やなまじやみたる雪の冷エ 久保田万太郎 流寓抄以後
輪飾や一つ構へに子の所帯 安住 敦
輪飾や一物いだく木ノ葉猿 占魚
輪飾や乳はつて待つ牧の牛 小林黒石礁
輪飾や凭る壁もなき四畳半 石橋秀野
輪飾や失ひしものばかりにて 小林康治
輪飾や我は借家の第一号 内藤鳴雪
輪飾や扁額に日ふ和敬道 下村ひろし 西陲集
輪飾や拭き細りたる門格子 吉屋信子
輪飾や棲めば棲まるゝ仮住居 吉屋信子
輪飾や母の手擦れのゐざり機 氏家さち子
輪飾や洗ひ細りし店格子 植松冬嶺星
輪飾や海辺に棲めば海の風 草間時彦 櫻山
輪飾や焼けのこりたる家暗く 大場白水郎 散木集
輪飾や神の鹿来る裏戸口 中島黒洲
輪飾や竈の上の昼淋し 河東碧梧桐
輪飾や織りかけてある絣機 上田天鼓
輪飾や織上げ近き筵機 木村仁美
輪飾や蜑のいつける巌祠 鈴鹿野風呂 浜木綿
輪飾や譲りの鎗の承塵にも 会津八一
輪飾や辻の仏の御首へ 一茶
輪飾や鏡中雪の降りしきる 龍雨
輪飾や雨に打たるる仏にも 民郎
輪飾や飛騨の工の道具箱 矢野奇遇
輪飾や高く貧しき山ばかり 平畑静塔
輪飾をいくつか見たり風の村 手塚七木
輪飾をかけてもらひて傾ぐ墓 清崎敏郎
輪飾をかけて年待つ三輪車 土屋みね子
輪飾を掛けし其他はすべて略 松本たかし
輪飾を掛けて休める機械かな けいほ
輪飾を掛けて使はず外厠 松本たかし
輪飾を掛け余り来て厠神 鈴鹿野風呂
輪飾を焚きし匂ひをたなごころ 大石悦子 群萌
輪飾を負ひて石獣舌を吐く 古市絵未
輪飾を鉄扉に掛けて堰守る 岩永草渓
釘といふこの強きもの輪飾す 殿村菟絲子
注連売りの子が七輪を煽ぎをり 若月瑞峰
注連売をさらふ風出て市更けし 長谷川かな女 花寂び



以上
by 575fudemakase | 2013-12-28 08:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

仲村青彦集を読んで

仲村青彦集を読んで

自註現代俳句シリーズ11期58 俳人協会 平成25年12月

三百ばかりある句の中から共鳴するところを拾った。御恵贈 深謝。
撰は小主観なればご容赦の程・・・・。

二人して泳ぎて二人してあがる
真ん中が乾きて春の雑木道
秋澄むやペンキ乾けば蜂止まり
枯茎のこの混みやうは曼珠沙華
春の蟻ただの一匹とは速し
ヘアピンがプールサイドに錆びてをり
音楽と灯の洗礼を冬林檎
突堤に来て白靴を比べ合ふ
卒業歌いちにち木々の歌ひつぐ
たくさんの抽斗めいて春田かな
秋草や思ひ出すべく詩はありぬ
梅雨のバスの立ちんぼ誰も終点まで
金をもて一歯を包み冬はじまる
水涸れて窓ばかりなる電車過ぐ
葱青し川かがやくは一部分
梅青し紙片燃えきりても四角
夕焼図書館読みさしに爪じるし
太陽の膨らみ降りる枯木町
町川へ冬青空の氾濫す
革服よ誰にも似まいとみな生きし
洗ひたる夏帽ちぢみ湧きつぐ雲
盆の夜の電車に駅が流れ着く
だれか来る枯木の影を起こし起こし
元日や真っ青に海苔焼きあげて
くちびるをはだかとおもふ月あかり
しづり雪つばさの音と聞きたるは
寒卵日付のついてをりにけり
鰻屋のなか真っ白なシャツの群
陽は午後へ雪の一粒づつひかり
まくなぎの球体めざし暮遅し
垂直に秋空はあり紺背広
青空を歩いてみたい七五三
考へへ顔の日はづす冬日向
枯木影聴えざる間も曲つづく
花種をゆすりて一夜封開けず
さみだれのはだかのおとをさがしけり
電線の早稲田の秋を歩きけり
妻ひそと母ひそとあり竹落葉
読初や頁の谷に灯をふかく
夜の海を燕ら帰るたぶんいまも
万緑や雨にもシャツを洗ひ干し
芝青し脚をちぢめて鳩降りる
立冬や花屋の花に蜂もぐり
妻がふとをさなくなりぬ冬日向
夏座敷時間へ脚を投げだして
チューリップ包むセロハン墓に鳴る
ビートルズのイマジンいまも冬薄着



以上

集中 次の一句の〝鳥風〟に注目した。
鳥風(とりかぜ)や墓石に敵ふ光なし

あまり見慣れない一語である。下七五の〝墓石に敵ふ光なし〟は完璧である。
調べてみると〝鳥風〟は読み方によって多少意味が異なってくるようである。

------------------------------------------------------
鳥風
読み方:チョウフウ(choufuu)

何万という大群で大挙して南下する羽音が大きく風のようなさま

季節 秋

分類 動物

-------------------------------------------------------
鳥風
読み方:トリカゼ(torikaze)

北方へ帰る渡り鳥の群れ飛ぶ羽音のこと

季節 春

分類 天文
by 575fudemakase | 2013-12-27 10:19 | 句集評など | Trackback | Comments(0)

行く年

行く年

行く年の例句を挙げる。


あめ地に師恩母恩の年逝かす 清水基吉 寒蕭々
くれて行く年のまうけや伊勢熊野 去来
ぜんまいの灰汁ぬけ切つて年逝けり 殿村莵絲子 花寂び 以後
としの尾や柳に青う結び行く年の暮 千代尼
とんとんと年行くなないろとんがらし 草間時彦
やどり木に逝く年の眼を止めをり 高澤良一 ねずみのこまくら
ゆく年の、入日、水仙ばたけかな 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年のひかりそめたる星仰ぐ 久保田万太郎 草の丈
ゆく年のまたあたらしき机かな 黒田杏子 一木一草
ゆく年のやどり木ひとつ水の上 中岡毅雄
ゆく年のゆくさきのあるごとくゆく 鷹羽狩行 平遠
ゆく年の不二みよと也瑞泉寺 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年の女歌舞妓や夜の梅 蕪村 五車反古
ゆく年の娼婦雑沓にまぎれぬる 岸風三楼 往来
ゆく年の手鏡ひとつをとこの部屋 榎本冬一郎 眼光
ゆく年の星がこつんとひびき合ふ 本宮哲郎
ゆく年の月なり真夜も明るきは 及川貞 榧の實
ゆく年の月の真髄青かつし 井沢正江 火襷
ゆく年の木の根へだたる流れかな 飯田龍太
ゆく年の机上狼藉極まれる 黒鳥一司
ゆく年の水にうつる灯ばかりかな 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年の水ひびきゐる猿茸 飯田龍太
ゆく年の没り日も月もまろかつし 皆吉爽雨
ゆく年の泪をためて吊られ猪 細見しゆこう
ゆく年の海よくみゆる部屋にあり 久保田万太郎 草の丈
ゆく年の瀬田を廻るや金飛脚 蕪村 冬之部 ■ 春泥舎に遊びて
ゆく年の火のいきいきと子を照らす 飯田龍太
ゆく年の硯を洗ふ厨かな 三好達治 路上百句
ゆく年の羽に嘴埋め刈田鷺 鷲谷七菜子 雨 月
ゆく年の襖や暗き方とざし 鷲谷七菜子 花寂び
ゆく年の通過地点の星ひとつ 平井幸子
ゆく年の雪に手燭の油煙たつ 飯田蛇笏 春蘭
ゆく年の雪負ひしまま新校舎 塚田正観
ゆく年の鞍馬に聴ける大太鼓 茂里正治
ゆく年やある夜したしき姉いもと 長谷川春草
ゆく年やいんろうむしの柿の渋 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やこゝは越後の糸魚川 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やしきりに岸へいどむ波 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年やしめきりてきく風の音 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やとても難波の橋の数 松岡青蘿
ゆく年やふるさと印す魚樽 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年やむざと剥ぎたる烏賊の皮 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や三角四角丸もあり 柏禎
ゆく年や今結うて来し髪容 星野麦人
ゆく年や伊吹をかざす雲一つ 金尾梅の門 古志の歌
ゆく年や南京街に豚吊られ 成瀬桜桃子 風色
ゆく年や坂一つなき中央区 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や山にこもりて山の酒 達治
ゆく年や山中に水湧くところ 久保純夫 熊野集
ゆく年や拾ひてかろきうつせ貝 稲垣きくの 黄 瀬
ゆく年や故園の瀬音ひるも夜も 飯田蛇笏 雪峡
ゆく年や散華をはなつ僧の指 橋本鶏二
ゆく年や書架に撤する美酒一壺 会津八一
ゆく年や染めあやまちし古帽子 大場白水郎 散木集
ゆく年や海すこしみえ瑞泉寺 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や狐のかけしよだれかけ 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や獣のごとく車寝て 河原崎蓉子
ゆく年や笑へぬ芝居笑ふ客 大場白水郎 散木集
ゆく年や草の底ゆく水の音 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や落葉にまじるうすみどり 鴻司
ゆく年や葉山まで来て海を見ず 大場白水郎 散木集
ゆく年や蕎麦にかけたる海苔の艶 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や蘆間がくれの滑川 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や袋にねむる鯨尺 國武和子
ゆく年や針の動かぬ腕時計 乙武佳子
ゆく年や陋巷の夜の小盃 松村蒼石 寒鶯抄
ゆく年や風にあらがふ日のひかり 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や飼はれて鯉はくらがりに 成瀬桜桃子 風色
ゆく年や鯛も鮪も符丁買ひ 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や鳶のきてゐる厨口 金尾梅の門 古志の歌
ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄 空艪
ゆく年を橋すたすたと渡りけり 鈴木真砂女
ゆく年を黒衣の僧と思いけり 久保純夫 熊野集
ゆらぐまで本積みあげて年逝かす 上野さち子
オリオン座天頂に年逝かんとす 相馬遷子 山河
一つづつ食めば年逝くピーナツツ 森澄雄(1919-)
乞食の見上ぐる天を年行けり 朱鳥
亀のごと気長気儘に年過ごさむ 高澤良一 随笑
倒木の年逝く流れ堰きにけり 石田あき子 見舞籠
円山を出て行く年の巷かな 比叡 野村泊月
千両の実付きのわるき年逝かす 高澤良一 ももすずめ
去く年も又来る年も句屑溜め 磯野充伯
去ぬ年の薄闇は水ゆくごとし 恩賀とみ子
台秤滴れり年歩みをり 原田喬
哀歓の黙し難くて年流る 石田幸子
太白が照り月が照り年歩む 下村梅子
小考も大考もなく年逝かす 高澤良一 随笑
屁のごとき唄と落語と年逝かす 石塚友二
山国や年逝く星の充満す 相馬遷子 山國
巨人逝く年そこここに大き穴 高澤良一 素抱
年あゆむ大蜂の巣のある家に 大峯あきら 鳥道
年歩むその足音のひまにわれ 井沢正江 火襷
年歩む娘の縁談の只中に 中村汀女
年歩む泰山木の幹直ぐに 館岡沙緻
年歩む洗ひし門のしたたりに 皆吉爽雨
年歩む海上に*たつ日の柱 原裕 『出雲』
年歩む雪おほかたは車馬に消え 汀女
年流る我といふもの置きざりに 深川正一郎
年行くか音のみの波闇に聞く 及川貞 夕焼
年行くと山に夕日のさすばかり 岡田日郎
年行くと満天の星またたける 福田蓼汀
年行くにうるしの中の径かな 萩原麦草 麦嵐
年行くや生き上手とも死に下手とも 河合未光
年行くや耳掻光る硯箱 普羅
年行く夜並び寝る子にわれも寝る 及川貞
年行司色なき風を巻き過ぎて 高澤良一 素抱
年逝くとかくしどころを洗ひけり 草城
年逝くと北斗の杓の立てりけり 山本歩禅
年逝くと来たれば海に鵜の潜く 金箱戈止夫
年逝くや兎は頬を震はせて 飯島晴子
年逝くや日本出発よりの鋏 小池文子 巴里蕭条
年逝くや街の暗きに慣れ励み 岸風三楼 往来
年逝くや踊ぬけ来て水飲めば 小池文子 巴里蕭条
年過ぎてしばらく水尾のごときもの 森澄雄
心音を通奏低音年歩む 矢島渚男
忘れ傘預かり傘に年逝かす 鈴木真砂女
急ぐ世に行く年大いなる歩み 村田脩
息ほそめゐて行く年の箸づかひ 鷲谷七菜子 花寂び 以後
新年の井に塩盛りて年行事 飯田蛇笏 椿花集
暮れて行く年のまうけや伊勢熊野 去 来
木のまはりばかり澄みゆく年用意 廣瀬直人
松の下の草ぬいてゐて年行くか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
松の香の残るてのひら年逝かす 嶋田麻紀
椰子筍を煮て軍属舎年逝かす 皆川白陀
欄(おばしま)や髪の扇に年行く日 上島鬼貫
比わすれ流るる年の淀ならむ 山口素堂
水打つて六波羅蜜寺年逝かす 宮坂静生
海鼠突きに行く年守りて隠れ耶蘇 小原菁々子
滝のごとく年逝かせまた後れたり 小林康治 玄霜
煤払ふことなく邪鬼に年逝けり 山中 三木
煮魚の胡乱な眼して年逝かす 高澤良一 随笑
用納めして吾が別の年歩む 竹下しづの女句文集 昭和十二年
疲れつぽく忘れつぽく年逝かす 小出秋光
白鳥座年逝くつばさ張りにけり 小西 藤満
百方の焼けて年逝く小名木川 石田波郷(1913-69)
眼底は巌の色に年逝けり 飯島晴子
眼鏡かけて老いたる姉に行く年や 寺田寅彦
石のみの庭は動かず年歩む 森田峠 逆瀬川以後
石炭を欲りつゝ都市の年歩む 竹下しづの女句文集 昭和十四年
神鈴を一つがらんと年歩ます 高澤良一 燕音
第九高鳴り行く年をゆかしむる 文挟夫佐恵 雨 月
耳餅を透す火色や年歩む 永井龍男
耳鳴りの放埓に年逝かむとす 久保 乙秋
胸中に年逝かすものありてこそ 小林康治 『虚實』
脱衣場の逝く年映す大鏡 高澤良一 鳩信 玄帝
臍の緒のごとき句を溜め年逝かす 高澤良一 ねずみのこまくら
船のやうに年逝く人をこぼしつつ 矢島渚男(1935-)
色酒の苦き覚えて年行きぬ 尾崎紅葉
苔厚き水掛不動年歩む 岩崎照子
薪に交る白樺爆ぜて行く年や 久米正雄 返り花
行く年にかゝはらず主客十五人 青峰集 島田青峰
行く年に憫笑さるるごとく居り 百合山羽公 寒雁
行く年に畳の跡や尻の形 去来 極 月 月別句集「韻塞」
行く年のさざなみ影と走りけり 鷲谷七菜子 花寂び
行く年の人鈍にして子を得たり 正岡子規
行く年の伊賀にたづねん古俳諧 高濱年尾 年尾句集
行く年の変らぬ顔の鏡奥 河野南畦 湖の森
行く年の夕焼彼の世の色ならずや 水野 柿葉
行く年の夜の山々押し黙り 上島 幸重
行く年の大河を渡る鳥の影 仙田洋子 雲は王冠
行く年の山の家より灯がくだる 中拓夫
行く年の帆柱多き入江かな 古白遺稿 藤野古白
行く年の後ろに就いて行きにけり 相生垣瓜人(1898-1985)
行く年の恥らひもなし干し襁褓 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
行く年の時計拭きゐる駐在所 作田 幸子
行く年の月ひるのごとてりにけり 原石鼎 花影以後
行く年の木に残りたる栗のいが 沢木欣一
行く年の木賊立ちゐて今日の運勢 長谷川かな女 花寂び
行く年の水一升を買ひにけり 那須淳男
行く年の水晶球の中の虎 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
行く年の水美しく足袋洗ふ 有馬籌子
行く年の汐汲みて船洗ひをり 鈴木雹吉
行く年の沖に賑はふ夜釣の灯 中拓夫
行く年の波の音ともきこゆなり 柏崎要次
行く年の海を見据ゑる観世音 原礼子
行く年の湾にただよふ荒筵 不死男
行く年の稼ぎ僅かに一着衣 石塚友二 光塵
行く年の空に埋まる壊れ山 平井照敏 天上大風
行く年の空の隙さへいそがしき 上島鬼貫
行く年の花のやうなる炭火かな 鷲谷七菜子 天鼓
行く年の行きどまりなり袋町 正岡子規
行く年の語り草なる故旧かな 青峰集 島田青峰
行く年の賤しからざる荷馬哉 竹冷句鈔 角田竹冷
行く年の追へばひろがる家郷の灯 福田甲子雄
行く年の遠くに風の鳴つてをり 辺見じゅん
行く年の鉄管の口吾に向く 加倉井秋を 午後の窓
行く年の雪五六尺つもりけり 正岡子規
行く年の鳰見て登り窯を見て 藤田あけ烏 赤松
行く年はわれを残して去りゆけり 山畑禄郎
行く年やかけながしたる芭蕉像 飯田蛇笏 霊芝
行く年やかしらをあぐる田のひばり 青蘿
行く年やひとり噛みしる海苔の味 白雄
行く年やふんでもらひし土踏まず 矢島渚男 船のやうに
行く年やみな横向きの石狐 有馬朗人
行く年やわれにもひとり女弟子 木歩
行く年やメロン高貴の薄みどり 渡邊水巴 富士
行く年や人々かへるところあり 前田普羅
行く年や何果したることなくに 石塚友二
行く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 山廬集
行く年や口かず多き小百姓 前田普羅
行く年や句を乞はれたる世に疎く 河野南畦 『花と流氷』
行く年や壁に恥ぢたる覚書 其角
行く年や多賀造宮の訴訟人 許六 極 月 月別句集「韻塞」
行く年や尖りて若き芦青し 渡邊水巴 富士
行く年や庇の上におく薪 一茶
行く年や文にあまって梅の花 斯波園女
行く年や梟に似たるたいこもち 白水郎句集 大場白水郎
行く年や焚火に蹴こむ松ぼくり 石塚友二 光塵
行く年や猫うづくまる膝の上 漱石
行く年や石にくひつく牡蠣の殼 正岡子規
行く年や石噛みあてて歯にこたへ 来山
行く年や磨きしづもる七つ竃 岩城のり子
行く年や老を誉めたる小町の絵 斯波園女
行く年や膝と膝とをつき合せ 夏目漱石 明治二十八年
行く年や葱青々とうら畠 室生犀星(1889-1962)
行く年や薬ひそます旅鞄 石田あき子 見舞籠
行く年や身絞り鳴ける田居の鶴 岡部六弥太
行く年をエレベーターに乗合せ 温亭句集 篠原温亭
行く年をセーヌで釣しゐたるかな 久米正雄 返り花
行く年を尾行しがまかれ交差点 熊谷愛子
行く年を母すこやかに我病めり 正岡子規
行としやもどかしきもの水ばかり行く年 千代尼
買ひすぎし妻の襁褓や年流る 嶋野國夫
逝く年あとわづか救急車 浅原六朗
逝く年といふ淡き日にふり返り 登四郎
逝く年のくらがりにあるわが言葉 山田みづえ
逝く年のぼそと暮れゆく男鹿の空 高澤良一 ももすずめ
逝く年のやさしきものに肉襦袢 飯島晴子
逝く年のわが読む頁限りなし 青邨
逝く年の人のあゆまぬ闇に入る 角川源義
逝く年の土産に刃物をつゝまする 金尾梅の門 古志の歌
逝く年の孤独大手を振つて通る 山田みづえ 忘
逝く年の星ほど切符の鋏くづ 有馬朗人 知命
逝く年の枯山あかり頬にとどめ 太田鴻村 穂国
逝く年の森の荘厳火を祭る 古舘曹人 能登の蛙
逝く年の滝あるところまでは行かず 宗田安正
逝く年の灘をはさみて星二つ 吉野義子
逝く年の眠り貪り父母老いぬ 藤田美代子
逝く年の空はりついてゐたりけり 鐘一路
逝く年の納めのごとく友に逢ふ 佐野美智
逝く年の背をとんと突き鐘一打 高澤良一 随笑
逝く年の街のはづれの占ひ師 前橋春菜
逝く年の近道探しゐるごとし 高澤良一 随笑
逝く年の鏡台に触れ落ちしピン 田村了咲
逝く年の闇深きより汽笛鳴る 高橋 菊
逝く年の雪に灯を寄せ杣部落 望月たかし
逝く年もその内に入る物惜しみ 高澤良一 宿好
逝く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 霊芝
逝く年や書くをためらふ年令欄 塩川祐子
逝く年や水に水捨つ舟住ひ 北野石龍子
逝く年を五六歩追ひてみたりけり 能村登四郎
逝く年を括るに大き鍵括弧 高澤良一 ぱらりとせ
道路ふさぐバタ屋の群も年逝かす 岩田昌寿 地の塩
鐘撞きて師を逝かしめし年逝かす 奈良文夫
門川に年逝く芥ながしけり 敦
陋巷や雪ちら~と年歩む 清原枴童 枴童句集
電車降りて年行く迅さ見たりけり 中島月笠 月笠句集
項より去りゆく年と思いけり 蛭田親司
風抱き年逝く巴里にもどりけり 小池文子 巴里蕭条
餅の耳やゝ厚く切り年逝かす 小林康治 玄霜
香臭き絨毯となり年逝けり 殿村菟絲子
鳥の名を二三覚えし年逝ける 高澤良一 さざなみやっこ
黍の風妻の方言年過ぎつ 飯田龍太


以上
by 575fudemakase | 2013-12-25 08:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

数へ日

数へ日

数へ日の例句を挙げる。


ブロッコリ茄でて数へ日籠らふか 高澤良一 ねずみのこまくら
亡き人を数ふるに似て数へ日や 鳥居美智子
師のたより待つ数へ日の数へごと 深谷雄大
数へ日のこころのはしを人通る 矢島渚男
数へ日のもっさり顔が応対に 高澤良一 燕音
数へ日の力が入る硝子拭 高澤良一 随笑
数へ日の土の乾きも鹿島かな 藤田あけ烏 赤松
数へ日の夕空贅を盡したり 高橋睦郎
数へ日の小遣いはたき買へる本 高澤良一 随笑
数へ日の後引く飴に本を読む 高澤良一 随笑
数へ日の日の入る部屋で耳掃除 高澤良一 随笑
数へ日の朝の日に舞ふ綿ぼこり 高澤良一 素抱
数へ日の猫も私も日をよるべ 高澤良一 随笑
数へ日の眠気もたらす車窓の日 高澤良一 宿好
数へ日の胸膨らます鳩と居り 高澤良一 燕音
数へ日の蓬莱島に亀眠り 高澤良一 随笑
数へ日の雑用買って出ることも 高澤良一 鳩信
数へ日をタイムスリップして邦画 高澤良一 随笑
数へ日を亀の正字の部首調べ 高澤良一 寒暑
数へ日となりつつ夜々を月そだつ 太田 嗟
数へ日となりて傾くカレンダー 相馬沙緻
数へ日に到来の葱風干しに 瀧井孝作
数へ日に麗けき日の紛れゐし 相生垣瓜人 明治草抄
数へ日のけむりのごとく薯を擂る 中拓夫
数へ日のこころのはしを人通る 矢島渚男
数へ日のなかの一日母を訪ふ 角川春樹
数へ日のなりはひの燈を道にまで 下田稔
数へ日のひと日ひと日とそばだてる 井沢正江 以後
数へ日のひと日佛事にかかづらふ 下村ひろし 西陲集
数へ日のまひるの径の山に入る 宗田安正
数へ日のスイッチひねればチャプリン出で 高澤良一 さざなみやっこ
数へ日の一面記事に亡命者 西村和子 夏帽子
数へ日の三時は日向四時の影 永井龍男
数へ日の下竪小路ひそかなる 上野さち子
数へ日の乗つてあやふき脚立かな 池田秀水
数へ日の傘立にある杖二本 橋本榮治 逆旅
数へ日の息ととのへて太祝詞 佐川広治
数へ日の採りのこされし畑のもの 佐野美智
数へ日の教会うらの古着市 斉藤淑子
数へ日の数の中なる師と会ふ日 今瀬剛一
数へ日の数へるまでもなくなりぬ 鷹羽狩行 第九
数へ日の日にまどろめるさるすべり 高澤良一 ねずみのこまくら
数へ日の日のあるうちは沖に舟 西村和子 夏帽子
数へ日の昼よく寝たる一時間 茨木和生 丹生
数へ日の暖簾師去るを見てをりぬ 石原八束
数へ日の書院ながらや砂(いさご)の日 岡井省二
数へ日の月あたゝかき夜なりけり 久保田万太郎 流寓抄
数へ日の机の上の吾が子かな 山西雅子
数へ日の松風をきく齢かな 勝又一透
数へ日の欠かしもならぬ義理ひとつ 富安風生
数へ日の段取り交はす寝床にて 高澤良一 燕音
数へ日の没日に対ひ戸を閉す 永井龍男
数へ日の海より出る月紙のごと 墳崎行雄
数へ日の火のあと広く掃き均らす 大岳水一路
数へ日の牛舎にとどく塩俵 中村風信子
数へ日の町に伸びゐる山の影 伊藤通明
数へ日の白雲とゐて山仕事 友岡子郷
数へ日の百の障子の日のにほひ 辻桃子
数へ日の窯の口より出できたり 松林 慧
数へ日の笹がつらぬく魚の鰓 小野恵美子
数へ日の素うどんに身のあたたまり 能村登四郎
数へ日の紺の山より大鴉 廣瀬直人
数へ日の花見小路に分譲地 佐川広治
数へ日の茅舎が謝辞の古手紙 斉藤夏風
数へ日の菜を摘みに出て燈台守 下田 稔
数へ日の薬罐噴きをり駐在所 坪井かね子
数へ日の蜑を弔ふ冬かもめ 井上論天
数へ日の釜かぶりをり美容院 田中朗々
数へ日の閂ゆるき父母の家 辻美奈子
数へ日の雁の堅田に鴨の数 森澄雄
数へ日の餅をしづかに焼きにけり 佐川広治
数へ日の首を出しゐる砂蒸し湯 小室風詩
数へ日の高波漕ぎて生簀守る 田守としを
数へ日の鮠一尾だに見せぬ水 大岳水一路
数へ日やひそかな鳥の啄みも 神尾久美子 桐の木以後
数へ日やひとつの部屋にひとつの灯 高木聡輔
数へ日やわが針山の糸の虹 吉田みち子
数へ日やメモ一つ消し二つ足し 大橋敦子
数へ日や万年青にかかる糸の屑 大峯あきら
数へ日や二人の音を一人づつ 土橋たかを
数へ日や仮住みも又数へ日に 和田 祥子
数へ日や寝顔の吾子に逢ふばかり 橋本榮治 麦生
数へ日や故郷の海老生きて着く 伊東宏晃
数へ日や是々非々何か忘れゐし 河野南畦 『広場』
数へ日や死の日まで積む文学書 金久美智子
数へ日や母訪ふ一日のこしをり 日阪 昌子
数へ日や気遣ふといふ気疲れも 橋本榮治 越在
数へ日や老舗の土間の大かまど 小林沙久子
数へ日や足袋幾足の生乾き 永井龍男
数へ日や近くて遠き鴨の声 板谷芳浄
数へ日を数へあまさず勤むかな 宮津昭彦
数へ日を旅して橋の上にあり 大串章 百鳥
数へ日を第九の稽古重ねけり 阿波野青畝
暖簾師の去る数へ日の坂住居 石原八束 風信帖
柚子数へ日をかぞへをり風盆地 文挾夫佐恵
海を見ることで数へ日使ひきる 渡辺輝子
目につきし佳句反芻して数へ日 高澤良一 宿好
縛されてゐる数え日の撞木かな 藤井圀彦
職退くも妻に数へ日残りをり 山本武司
街騒も数へ日らしくなつて来し 境 雅秋
酒中花の実生に侍すや数へ日も 小池文子 巴里蕭条
野火止に数へ日の水流れたり 伊藤三十四



以上
by 575fudemakase | 2013-12-25 06:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

クリスマス(2)

クリスマス(2)

聖夜、聖樹、聖歌、降誕祭の例句を挙げる


G氏来てそこまでといふ聖夜劇 小橋久仁
いづこにか戦争があり聖夜かな 坂詰國子
いと小さき聖夜の星となり逝きし 塙告冬
お化け柳くぐって 聖夜劇のかえり 伊丹公子 メキシコ貝
この子供臭さへ 聖夜劇開幕 伊丹三樹彦 樹冠
この河の芥かがやき静かに聖夜 町田しげき
どの国も聖夜枯枝膝で折る 対馬康子 純情
ひと啼きを復習(なら)ふ羊や聖夜劇 村山春子
ひと待てば聖夜の玻璃に意地もなし 桂信子 女身
ほろ酔ひの一歩に揺らぐ聖夜の灯 林 翔
みなとみらい天まで点し聖夜来る 岡田文子
むつき洗ふ聖夜の灯なり祈りなり 金井巴津子
カジノ・シティ聖夜の星を仰ぎけり 仙田洋子 雲は王冠
コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭 右城暮石 声と声
サンパンは ぽっかり ぽっかり 聖夜の川 伊丹公子 機内楽
タイムマシン売り切れ聖夜の玩具店 河野薫
ワイン瓶抱きて扉を出づ聖夜弥撒 澤田 緑生
ヴェール被てすぐに天使や聖夜劇 津田清子 礼 拝
一つづつ点き聖夜ミサとなる 水田むつみ
一家かたまりうどんをすすり聖夜なり 菖蒲あや
上京の即日人に聖夜に会ふ 古舘曹人 能登の蛙
主よ主よと言へるのが吾子聖夜劇 今瀬剛一
久々に妻へ聖夜の予約席 小島健 木の実
乾杯や聖夜の窓のちぎれ雲 殿村莵絲子 花寂び 以後
他に人の息遣ひなき聖夜なり 岩城久治
働いて来し手の組まれ聖夜ミサ 小谷伸子
光てふ神の見え来る聖夜劇 吉原文音
冲へ出てゆく船の灯も聖夜の灯 遠藤若狭男
出遅れし星も聖夜の海の上 長田等
副牧師若し聖夜の劇を指揮 鉄田多津桜
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
古書店に聖夜の師弟出合ひけり 岩崎照子
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
台詞言ふ役が子につく聖夜劇 黒坂紫陽子
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄 炎
囁きて聖夜にあつまるもの貧し 古舘曹人 樹下石上
地に悪しき父ゐて聖夜さ迷へり 堀井春一郎
地下道を迷ひて出づる聖夜かな 土橋たかを
坂をゆく人に距離置き聖夜なり 菖蒲あや
夜々の星聖夜へ近し慰問劇 古賀まり子 降誕歌
大学総長らしき天使と聖夜待つ 大屋達治 龍宮
女学生の黒き靴下聖夜ゆく 桂信子 黄 炎
子へ贈る本が箪笥に聖夜待つ 大島民郎
寺の子が主役となりて聖夜劇 高原喜久郎
小書*かもポインセチヤを得て聖夜 富安風生
屋台とは聖夜に背向け酔ふところ 佐野まもる
師とありて水の青みの聖夜来ぬ 村越化石 山國抄
床鳴らすタツプダンスの聖夜劇 藤田信子
往診や聖夜の雪につつまれて 新明紫明
意地悪の姫は裏声聖夜劇 大島民郎
手話の子の瞳きらりと聖夜待つ 田中 道子
手話の手に席譲られし聖夜 横山睦子
抱きしめし児は手に余り聖夜かな 加藤英津子
抱擁も台詞のひとつ聖夜劇 原 好郎
拓地教会聖夜樹吊りの鐘鳴らす 下村ひろし 西陲集
摩天楼と叫びて聖夜乾杯す 殿村莵絲子 花寂び 以後
旅の身の着ぶくれ參ず聖夜ミサ 小原菁々子
早々と小児病棟聖夜の灯 松岡巨籟
星降ると綴り聖夜のエアメール 山田弘子 こぶし坂
時計塔聖夜の雪を粧ひて 大東晶子
暗き聖夜犬の股間に子犬あまた 堀内薫
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄 対話
森の奥泉ひかりて聖夜待つ 古賀まり子 降誕歌
森番がひとり炉を焚き聖夜なり 黒木 野雨
椅子固し聖夜を遅れきし我に 森田峠
橇知らぬ犬も聖夜の雪の上 村越化石 山國抄
沖船も机上も聖夜灯を交す 原裕 出雲
海の靄聖夜の寝墓つつみけり 古賀まり子 緑の野以後
湯気あげて聖夜銀座の太鼓焼 杉本寛
灯の裏に鼠ひそめて聖夜来る 伊藤京子
熱帯の種子がはじける 聖夜の土 伊丹公子 機内楽
燭台を点せるピアノ聖夜奏 品川鈴子
爪を感ずる握手聖夜の端なるに 熊谷愛子
牡蠣提げて男の若き聖夜かな 小池文子 巴里蕭条
犬急ぎゆけり聖夜の塀に沿ひ 森田峠 避暑散歩
猫二匹杉の根もとに聖夜来る 桜井博道 海上
生れきて名もなく聖夜ただねむる 宮津昭彦
生れ来て百日足らず聖夜来る 長田等
生産の灯の帯纏いた聖夜の湾 伊丹三樹彦 人中
甲斐駒はむらさき凍り聖夜待つ 古賀まり子 降誕歌
異教徒の聖夜 躓く石が 光る 伊丹公子 メキシコ貝
病む妻を見て来聖夜の灯を点す 加藤邑里
病棟に遠き国より聖夜くる 阪本 晋
百人の握手もて果つ聖夜劇 岡本一代
目をつむることを祈りに子の聖夜 上田日差子
石鹸がタイルをすべりゆく聖夜 工藤克巳
磔像に一条の灯の差す聖夜 西野白水
神の子の吾に汝に聖夜更く 松岡ひでたか
神の闇深々とあり聖夜ミサ 岩岡中正
祷りは歌に歌は祷りに聖夜更く 下村ひろし 西陲集
秋燈に膨る聖夜の飾り具店 関森勝夫
窓だけの聖夜洗濯機が廻る 嶋野國夫
立つ船の見えて聖夜の松漆黒 殿村菟絲子 『繪硝子』
笑ひごゑたてて驕りの聖夜なる 仙田洋子 橋のあなたに
紅をさす看護婦産院聖夜来る 杉本寛
締める鶏抱いて聖夜を来たりけり 花尻 万博
羊飼ぞろぞろしつゝ聖夜劇 森田 峠
耶蘇名呼び聖夜の犬を甘やかす 三好潤子
聖夜くる欅に被せて灯の衣 ふけとしこ 鎌の刃
聖夜しづかに十字架が守る屑部落 古賀まり子 洗 禮
聖夜ただ吾子あまた子にみとりの母 古沢太穂 古沢太穂句集
聖夜なりナプキン花のごとひらき 中尾杏子
聖夜にて給水塔鳴る孤児の家 沢木欣一
聖夜には聖歌一路をたどりつつ 友岡子郷 春隣
聖夜に読む光の中に燭を点じ 香西照雄 対話
聖夜の燭絵硝子わづか浮かびけり 小池文子 巴里蕭条
聖夜の祈り石油危機にも触れにけり 田川飛旅子 『邯鄲』
聖夜の肉つめたし刃物もちてそぐ 品川鈴子
聖夜ひとり覚む子に星は十字なせ 林翔
聖夜まつ戸口氷塵流れをり 堀口星眠 営巣期
聖夜まで超過勤務のなほ幾夜 大島民郎
聖夜めく二頭の馬が曳く橇は 有働亨 汐路
聖夜わがましろき胸を診られ臥す 鷲谷七菜子
聖夜スクランブル交差点の楽 長田等
聖夜ミサトロール船団その妻ら 依田明倫
聖夜ミサ祈る神父の息白し 小原菁々子
聖夜メロン舟型に切り皿に揺れ 大岳水一路
聖夜劇みな神の子の瞳もつ 小田切文子
聖夜劇九人天使に吾子混る 長田等
聖夜劇幕引くだけの子の笑顔 徳永亜希
聖夜劇準備も萩に点灯す 友岡子郷 遠方
聖夜劇濁りなき声満ちにけり 福永みち子
聖夜劇牢名主のごと半跏して 角川源義 『西行の日』
聖夜劇牧師が波の音つくり 真下耕月
聖夜天よりブランコひとつ我に垂る 工藤克巳
聖夜天眼に沁む雪をもたらせり 上田五千石 田園
聖夜寝る機席に小さき羽根枕 橋本美代子
聖夜待つホーム白線内側に 対馬康子 純情
聖夜映え棚の洋酒の色さまざま 河野南畦 『空の貌』
聖夜更く地はいくさ無き灯にあふれ 松本 幹雄
聖夜来ぬ「聖ヴエロ二力」の目色にも 石原八束 秋風琴
聖夜来るペンキ屋ペンキだらけなり 中島斌雄
聖夜来る甘蔗畑の教会に 下村梅子
聖夜来る蛸壺に闇ひとつづつ 中尾杏子
聖夜母座吹き消し匂ふ蝋げむり 成田千空 地霊
聖夜灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏
聖夜眠る幼子いとし父サンタ 今泉貞鳳
聖夜眠れり頸やはらかき幼な子は 森澄雄 雪櫟
聖夜貧しとも知れる限りを子らうたひ 茂里正治
聖夜迎ふ数字かたどるビスケット 有働亨 汐路
聖夜霧笛去りゆくはユダかヨハネか 平井照敏 天上大風
聖夜饒舌闇をこわがる子のように 対馬康子 純情
肩ひろき牧夫と並ぶ聖夜弥撒 大森三保子
背の赤子聖夜のベールにぎりしめ 吉田汀史
背山にて伐りし樅なり聖夜待つ 堀口星眠
舞台裏からも讃美歌聖夜劇 長田等
薔薇園に点す一燈聖夜餐 原田青児
蘇生器音聖夜の時を刻みをり 水原春郎
蛇口より雫ふくらむ聖夜かな 土肥あき子
角砂糖二つ寄り添ひ聖夜待つ 宮脇白夜
言葉にもリボンかけたくて聖夜 上田日差子
赤岳の烈風なぎて聖夜なり 古賀まり子 降誕歌
車椅子扉口にありて聖夜弥撒 渡会 昌広
近き友遠き友雪の降る聖夜 村越化石 山國抄
返り焔あびるや聖夜の焙り肉 平井さち子 完流
遠航の烏賊船戻り島聖夜 小原菁々子
酒場出て聖夜の橋に妻と逢ふ 岡部六弥太
金の鶴折る手のひらにある聖夜 対馬康子 愛国
釘やさしく打つて聖夜の柊花輪 鈴木栄子
銭落ちし音の喚び出す聖夜楽 田川飛旅子
障子窓白く聖夜の弥撒を待つ 古賀まり子 降誕歌
離陸機のゆくて聖夜のニユーヨーク 大島民郎
靴磨き聖夜の隅で石となる 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
頁剪りはなつをわれの聖夜とす 桂信子 黄 炎
額に隠れて 画商が渡る 聖夜の辻 伊丹公子 時間紀行
風がたたく屋上の土聖夜きて 桜井博道 海上
風呂敷が園児の衣装聖夜劇 西村和江
飢ゑ知らぬ子らの強気の聖夜劇 つじ加代子
飾皿の絵は雪深き聖夜にて 有働亨 汐路
馬の眉間つぶさに照らす聖夜の月 磯貝碧蹄館 握手
馬小屋を薔薇もて飾る聖夜劇 下村ひろし 西陲集
骨痛む老婆に 優しい聖夜の燭 伊丹公子 メキシコ貝
鮮紅のサーモン切身聖夜くる 高澤良一 宿好
鳴る泉雪敷く泉聖夜来ぬ 古賀まり子 緑の野
鴨食べる聖夜のくらき城下町 岩淵喜代子 朝の椅子
黒人の店の聖夜よ星並べ 対馬康子 吾亦紅
ある窓の聖樹の影も港町 福田蓼汀 秋風挽歌
おでん喰ふ聖樹に遠き檻の中 角川春樹
おもちゃ屋の聖樹ちゃかぴか景気付け 高澤良一 宿好
かくれ逢ふ聖樹のかげよエホバゆるせ 稲垣きくの
きざはしによべの聖樹の星ひろふ 能村登四郎 咀嚼音
てつぺんの星のゆがめる聖樹かな 行方克己 昆虫記
はやばやと聖樹灯して子を持たず 大嶋洋子
まだ日隔くに聖樹を灯し病む人ら 古沢太穂 古沢太穂句集
やすやすと立ちて根のなき聖樹かな 菖蒲あや
オペ了へし担送車触れ聖樹鳴る 中戸川朝人
シーサイド・マリーナ聖樹の辺のディト 高澤良一 素抱
ベビーシヨツプ聖樹灯して開店す 栗山妙子
マッチ売る少女の点けし聖樹かも ふけとしこ 鎌の刃
一家族母うら若く聖樹立つ 後藤夜半 底紅
七面鳥皿にひともり聖樹航く 橋本多佳子
人混みに聖樹微かに匂ひ立つ 西村和子 夏帽子
今年また島の聖樹は椿の木 朝倉和江
伐り口のにほへる聖樹ならべ売る 加藤三七子
偽善者の如銀行の聖樹かな 西村和子 夏帽子
凍天や無灯の聖樹残しけり 対馬康子 吾亦紅
切れし糸つなぎて飾る聖樹かな 岡田守生
卓上の聖樹に雪のまだ降らず 池田富美子
基督に肖る気なき聖樹かな 藤田湘子 てんてん
大聖樹より現れしベルボーイ 岩垣子鹿
夫と別るる駅へ聖樹の数減りゆく 平井さち子 完流
夫の帰り遅き聖樹を飾りけり 倉田素香
妻待つや灯がなだれ点く大聖樹 奈良文夫
姉らしく聖樹を飾る爪立ちて 鈴木貞雄
嫁ぐときゝ聖樹の前も語り過ぐ 殿村菟絲子 『繪硝子』
学士会聖樹をともす吾等粗餐 山口青邨
安否まづ嗅ぎ合ふ白狗聖樹の下 香西照雄 素心
寝てる間も聖樹点滅怠たらず 塩川雄三
巡回の灯の輪を遠くから聖樹ヘ 田川飛旅子
幾たびも使へる聖樹飾り立て 高澤良一 宿好
廃兵と聖樹棄てられ街光る 田川飛旅子 『山法師』
指弾して聖樹の銀の鐘鳴らず 山口誓子 紅日
掃除機に聖樹の星のつまりけり 神谷美枝子
日本語は胸にひわれつ聖樹飾る 小池文子 巴里蕭条
明滅のなき一つ灯の聖樹かな 高浜年尾
明滅の聖樹に給ふ詩もなし 黒田櫻の園
枝深きにもまたゝきて聖樹の灯 小路生雅
格子戸に聖樹の似合ふ世なりけり 野村仙水
氷柱にも聖樹あかりのとどく街 山田弘子 こぶし坂
湯にかよふシベリア廊下聖樹たつ 角川源義 『西行の日』
灯ともして聖樹はくらき木なりけり 関戸靖子
点滅し聖樹はいつも暮れてをり 下村福
点滅は聖樹の言葉クリスマス 山崎みのる
煙霧濃き聖樹担がれビルに入る 殿村莵絲子 牡 丹
猫の目に縦に棲みたる聖樹の灯 田川飛旅子 『薄荷』
玻璃のうち曇らせ聖樹外にひさぐ 木村蕪城 寒泉
病棟に聖樹小さき灯を点す 稲垣一雄
白動車を降りて聖樹へ扉一重 横山白虹
祈りもて聖樹に見えぬもの加ふ 田川飛旅子 『使徒の眼』
空の星聖樹の星と光り合ふ 福川悠子
窓越しに騒ぐ聖樹となれぬ木々 片山由美子 雨の歌
縄飛びにウインド聖樹燈をとどかす 中戸川朝人 残心
聖堂の聖樹にもあり裏表 品川鈴子
聖樹くぐりて産院の車椅子 長田等
聖樹たつ喫茶ガールは離れ佇つ 高濱年尾 年尾句集
聖樹ともして彩やわらかき毛糸編む 浜 芳女
聖樹ともり大丸の窗冬ぐもる 飯田蛇笏 雪峡
聖樹にて星より高き鐘があり 二川のぼる
聖樹にも灯らぬ側の暗さあり 竹中碧水史
聖樹に根なし炭屋地べたに炭をひく 菖蒲あや 路 地
聖樹に灯フオークの先に帆立貝 山田弘子 螢川
聖樹に燈最も篤信祖母ぎみは 及川貞 夕焼
聖樹に飾る首級一つを調達せよ 宮崎二健
聖樹の土乾き乾きて深夜なり 小川双々子
聖樹の灯そのまま町の灯湾の別れ 平井さち子 完流
聖樹の灯わがまばたけばともにまた 加倉井秋を 午後の窓
聖樹の灯心斎橋の灯の中に 石原八束
聖樹の灯音あるごとく点滅す 木村利子
聖樹の種証(あか)せば発光ダイオード 高澤良一 素抱
聖樹はや十一月のレストラン 大久保白村
聖樹よりなほ蒼き夜となれりけり 木下夕爾
聖樹下に踊りてはらふ塵少し 原裕 葦牙
聖樹下や身を支へられ汝も来し 村越化石 山國抄
聖樹灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏 霊芝
聖樹点滅窓に陸の灯港の灯 福田蓼汀 秋風挽歌
聖樹点滅考へる時間欲し 津田清子 二人称
聖樹立ち自動扉の落ち着かず 鍵岡 勉
聖樹立つ窓より景の枯れわたる 亀井糸游
聖樹貧しく値切るGlの妻と子が 赤城さかえ句集
聖樹除きしあとひろびろと椅子卓子 津田清子 礼 拝
聖樹雪へ積みて売る市鳩集う 田川飛旅子 花文字
聖樹高々闇いづこまで接収地 鍵和田[ゆう]子 未来図
背伸びして聖樹に星を飾りけり 西村和子 夏帽子
行きずりに聖樹の星を裏返す 三好潤子
語彙すべて出払つてをる夜の聖樹 櫂未知子 蒙古斑
踊りたく聖樹のかげに来てをりぬ 原田青児
辻更くるこぼれて青き聖樹屑 小池文子 巴里蕭条
逝きし娘に聖樹またたきやまざりし 石川星水女
銀座らしきミキモトらしき聖樹かな 萩谷幸子
雪かゝる聖樹の憲に驢馬の鈴 飯田蛇笏 霊芝
電源を切りて聖樹の燈をも消す 津田清子 礼 拝
霙くるマンハッタンの聖樹の灯 仙田洋子 雲は王冠
飾りなき樅の聖樹をまぶしめり 仙田洋子 雲は王冠
駅前の木のそこかしこ聖樹の灯 高澤良一 燕音
うろ覚えの聖歌ミッションスクール出 高澤良一 素抱
枯木星この世の聖歌起りけり 木下夕爾
神を讃ふ寒夜五人の聖歌隊 田川飛旅子
聖夜には聖歌一路をたどりつつ 友岡子郷 春隣
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子 礼 拝
聖歌果てし街は汽笛の雪こだま 加藤知世子 花寂び
聖歌隊一斉に立つ死ぬごとく 小川双々子
聖歌隊吾子を交へて息白し 冨田みのる
聖歌隊悪人面もをりにけり 西村和子 夏帽子
聖歌隊解かれて処女柿噛る 津田清子 礼 拝
青畝忌の街に聖歌の流れけり 由木みのる
いくたびも刃が通る聖菓の中心 津田清子 礼 拝
まづしき母幾人とほる聖菓の前 柴田白葉女 花寂び 以後
一切れは仏に聖菓等分す 柴田奈美
君を消し得るか聖菓の燭を吹く 三好潤子
場末の灯たばこを買へば聖菓あり 百合山羽公 故園
塔にまだ火のある聖菓刃を入れる 長田等
夜を更かす聖菓の花も星も食べ 津田清子 二人称
子が無くて聖菓のリボン夫が解く 品川鈴子
家計簿にはさむ聖菓の予約票 大島民郎
山は雪ならむ深々聖菓切る 百合山羽公 寒雁
栗鼠のごとし聖菓包装する指は 辻田克巳
水平を持して聖菓をもち帰る 池田秀水
深夜ミサより戻り来て聖菓切る 山内しげ子
父と子にあまる聖菓や刃を入れて 渡邊千枝子
網棚に聖菓小揺れて夜の河 鍵和田[ゆう]子 未来図
聖菓のてっぺん舐めて 青春短かすぎる 伊丹公子 メキシコ貝
聖菓の円切るに家族は二人きり 品川鈴子
聖菓切るために伊勢より急き戻る 下村槐太 天涯
聖菓切るゆたかに底に刃が遠し 橋本美代子
聖菓切るキリストのこと何も知らず 山口波津女
聖菓剪るゆつくり底に刃が達し 橋本美代子
聖菓食ぶ部屋に白木の神の棚 品川鈴子
贖罪の如き聖菓を提げ帰る 下山宏子
かいば桶輝いてをり聖誕祭 菊池アグネス
ごうごうと風呂沸く降誕祭前夜 石川桂郎 含羞
パス嚥む妻へ一燈飾す降誕祭 磯貝碧蹄館 握手
ポストの腹あいて降誕祭の街 大石雄鬼
マドロスに聖誕祭のちまたかな 篠原鳳作 海の旅
七面鳥の青きゆふぐれ降誕祭 柿本多映
二児が天使降誕祭を演出す 伊藤敬子
五七忌の師へ急ぐなり降誕祭 石川桂郎 高蘆
兄に逢ふ降誕祭の浅き椅子 蓬田紀枝子
吐く唾に降誕祭のネオン映ゆ 宮武寒々 朱卓
回転木馬は降誕祭の星となる 仙田洋子 雲は王冠
奇蹟なしや降誕祭の不具の子に 成瀬桜桃子 風色
奇蹟欲し降誕祭の不具の子に 成瀬櫻桃子 風色
子のタンバリン降誕祭の星ふやす 成瀬櫻桃子 素心
子の仮面みれば降誕祭近し 木村蕪城 寒泉
岳の星今宵全し降誕祭 古賀まり子 降誕歌
昇降機聖誕祭のとつくにびとと 山口誓子
暖炉焚く夫と降誕祭の朝 仙田洋子 雲は王冠
木と紙のおもちやの家や降誕祭 前原早智子
水仙や降誕祭の庭を掃く 五十崎古郷句集
満天に不幸きらめく降誕祭 西東三鬼
点滴の瓶にリボンや降誕祭 原田青児
聖誕祭かたゐは門にうづくまる 篠原鳳作 海の旅
聖誕祭木にも風にも祈らばや 五十崎古郷句集
聖鐘と聖鈴内外降誕祭 村越化石 山國抄
花舗の燈や聖誕祭の人通る 大野林火
落葉松の林を抜けて降誕祭 青木まさ子
鎖買はむと売る髪持たず降誕祭 鈴木栄子
鐘鳴る間庭をありくや降誕祭 前田普羅
闇のみが無垢のくらさや降誕祭 猿橋統流子
降誕祭あまたのパセリ捨てられる 池田澄子
降誕祭この不具の子も神の子よ 成瀬櫻桃子 風色
降誕祭の曙光に染まる砂漠かな 仙田洋子 雲は王冠
降誕祭われが祈れば子も祈る 成瀬櫻桃子 風色
降誕祭ブロッコリー食し信厚し 森澄雄
降誕祭ルルドの水を病む娘に欲し 成瀬櫻桃子 素心
降誕祭ルルドの泉病む娘に欲し 成瀬桜桃子
降誕祭一裸燈下に船溜 北野民夫
降誕祭少女の湯浴ひそと長し 石田あき子 見舞籠
降誕祭布教所真赤な新車来て 鍵和田[ゆう]子 未来図
降誕祭息子に猫背突つかれし 池田澄子
降誕祭母の祈を父は知れど 石川桂郎 含羞
降誕祭海に飛び込む漢たち 佐川広治
降誕祭町にふる雪わが家にも 安住敦
降誕祭異国の船の沖に見ゆ 冨田みのる
降誕祭眼鏡光らせ老神父 伊藤敬子
降誕祭睫毛は母の胸こする 中村草田男
降誕祭空港とみに星多し 麻生和子
降誕祭終りし綺羅を掃きあつめ 福永耕二
降誕祭讃へて神を二人稱 津田清子
降誕祭近づく森に木の実の朱 大島民郎
降誕祭雪靴脱げばうなだれぬ 田川飛旅子 花文字
降誕祭顔見ぬ人へも公平に 香西照雄 素心
雪道や降誕祭の窓明り 杉田久女
青菜つづく地平に基地の降誕祭 飴山實 『おりいぶ』
鷲鬱と青き降誕祭を抽く 斎藤玄




以上
by 575fudemakase | 2013-12-24 08:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(1)

クリスマス(1)

クリスマス(1)

例句を挙げる


『ほらねクリスマスの七面鳥を目で見なさい』 橋本夢道 無礼なる妻
おごそかな痔疾の起居クリスマス 須川洋子
かたくなに吾が額つかずクリスマス 竹下しづの女句文集 昭和十二年
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
ここに酸素湧く泉ありクリスマス 石田波郷
この出逢ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
とほき灯のなどか瞬くクリスマス 西村和子 かりそめならず
ぬひぐるみトナカイを抱きクリスマス 高澤良一 随笑
ひとの恋の電話とりつぐクリスマス 金子 潮
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男(1901-77)
ほんものゝ樅は嵐やクリスマス 久米正雄 返り花
ましろなる神父の髯やクリスマス 富安風生
みちのくに耶蘇の村ありクリスマス 長沢簽一
みづうみに雪のちらつくクリスマス 今井杏太郎
みどりごを花弁包みにクリスマス 中戸川朝人 星辰
やっかいな妹の来るクリスマス 栗島 弘
わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス 山口誓子
オルガンの鞴の漏れしクリスマス 正木ゆう子 静かな水
オルガン奏者首垂れやめりクリスマス 中戸川朝人 残心
カステラの一トきれさへやクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
ガチャガチャの鳴く夜を以てクリスマス 篠原鳳作
クリスマスけふの花聟花嫁御 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
クリスマスちちははあまた天に帰し 伊丹三樹彦 人中
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子 汀子句集
クリスマスの少女唄ひて蜜柑選る 萩原麦草 麦嵐
クリスマスの木の大きさに灯をつらぬ 青峰集 島田青峰
クリスマスの歌に灯揺れてよきまどゐ 青峰集 島田青峰
クリスマスの海の暗がりおるごおる 折井紀衣
クリスマスの灯が震へて七面鳥の白い肉 露石遺稿(蛙鼓) 水落露石
クリスマスの用意晴れがましさの前夜かな 青峰集 島田青峰
クリスマスひらきし聖書にも灯す 田村了咲
クリスマスゆき交ひて船相照らす 加藤楸邨
クリスマスらしくほほ笑み靴みがき 成瀬正とし 星月夜
クリスマスわが箸まじる箸家族 磯貝碧蹄館 握手
クリスマスイブ更け心の襞も更け 楠本憲吉
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴ氷川丸灯りけり 今井杏太郎
クリスマスカードのランプ句を作る 村越化石 山國抄
クリスマスカードの加奈陀花の国 阿波野青畝
クリスマスカードの鶴よドイツヘ飛べ 山本歩禅
クリスマスカード地球は狭くなり 水原 春郎
クリスマスカード消印までも讀む 後藤夜半
クリスマスカード真夏の国へかな 山田弘子 こぶし坂
クリスマスキャロルの中の五番街 水田むつみ
クリスマスキャロル星伴れ病める徒へ 村越化石
クリスマスギフトに末子鞍欲しと 上野泰
クリスマスケーキにも灯が殺到す 和知喜八 同齢
クリスマスコンサートまで三時間 山田弘子 こぶし坂
クリスマスセールの籤に巴里の旅 大島民郎
クリスマスツリーにふれて炭運ぶ 菖蒲あや 路 地
クリスマスツリーに光る星の精 渡辺 寿栄子
クリスマスツリーに愛の雪の家 松瀬青々
クリスマスツリーに星を先づ飾り 高木晴子 晴居
クリスマスツリーのともし残し寝る 稲畑汀子
クリスマスツリーの下のブルドッグ 大木あまり 火球
クリスマスツリーの端に家が見え 星野 高士
クリスマスツリーはや調うて夜は灯す 小澤碧童 碧童句集
クリスマスツリーは逆さまだと思う 五島高資
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー点りて癒え初むる 佐藤信子
クリスマスツリー飾りて茶房閑 翁長恭子
クリスマスディナーときをり嵯峨野線 大石悦子 百花
クリスマストリイともるわれらが貧しき町 山口誓子
クリスマスパンをくはへし犬に会ふ 田村了咲
クリスマスユダを演じてほめられぬ 岡本眸
クリスマスリースひときは芝翫香 西村和子 かりそめならず
クリスマスローズ春愁とにあらず 後藤夜半 底紅
クリスマスローズ気難しく優しく 後藤比奈夫 花匂ひ
クリスマス七寮に満つ患者等に 石田波郷
クリスマス乞食の碗に雪つもる 加藤知世子 黄 炎
クリスマス二人の吾子のサンタなり 小林好美
クリスマス佛は薄目し給へり 相生垣瓜人(1898-1985)
クリスマス使徒ペテロ書を爐のほとり 松瀬青々
クリスマス個展おのれの絵で飾る 古舘曹人 能登の蛙
クリスマス六年生の背いくらべ 伊東達夫
クリスマス地に来ちゝはゝ舟を漕ぐ 秋元不死男
クリスマス地平に基地の灯が赤し 飴山實 『おりいぶ』
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂信子
クリスマス妻子とあれど肋なし 吉田北舟子
クリスマス愚直の大足洗ひをり 神蔵器
クリスマス愚者の楽園地下にあり 福田蓼汀
クリスマス指美しき囚徒をり 飯田龍太
クリスマス来る港町渦なす灯 柴田白葉女 『月の笛』
クリスマス気分にいつの間にか吾も 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス海にはあらぬ橇の鈴 鈴木翠塔
クリスマス海のたけりの夜もすがら 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス熟睡の猫抱いてあげる 池田澄子
クリスマス真つ暗な板あがりしが 久保田万太郎 草の丈
クリスマス礼拝つひに雪降らず 上田日差子
クリスマス祝歌(キャロル)のやうな娘かな 本庄登志彦
クリスマス終へし樅の木幼なかり 桜井博道 海上
クリスマス絵の具の付きし手を洗ふ 佐野典子
クリスマス羊の役をもらひたる 西村和子 夏帽子
クリスマス肋除られて打臥すも 石田波郷
クリスマス螺旋にのぼる駐車場 能村研三
クリスマス賢者の言葉子に贈る 近藤一鴻
クリスマス贈物ほど錠剤持ち 鈴木栄子
クリスマス迄にといふ約束す 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス近し少年はミルク色 対馬康子 愛国
クリスマス隠れ耶蘇の碑灯をもらう 八木三日女 落葉期
クリスマス風景の一部に足場組む 加倉井秋を 午後の窓
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
クリスマス魔の宴とは知らずけり 久保田万太郎 流寓抄以後
クリスマス鳩の赤脚まだ眠らず 桜井博道 海上
ケーキ切るのみのわが家のクリスマス 下村梅子
ケーキ売り尽してよりのクリスマス 毛塚静枝
ゴブランの大壁懸やクリスマス 吉武月二郎句集
シェフの帽塔のごとしやクリスマス 岩崎照子
シャンデリアに 虎の足跡 クリスマス 伊丹公子 機内楽
ナプキンに肉の血の染みクリスマス 長田 等
バーゲンの派手な服買ふクリスマス 大河原一石
フケ取りの男匂ひやクリスマス 久米正雄 返り花
ボサノバのゆつくり更けるクリスマス 筑紫磐井 花鳥諷詠
マンホールに水奔騰すクリスマス 宮坂静生 雹
ロックバンドは蕊を打ち合いクリスマス 中村 和弘
ローソクを飾るだけでもクリスマス 稲畑汀子 春光
ヴァイオリン作る小村のクリスマス 京極杞陽
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一堂にこもらふ息やクリスマス 篠原鳳作 海の旅
三日月のほのかにありしクリスマス 中田冬女
中国の茶の淹れらるるクリスマス 後藤夜半 底紅
主は馬面父としてわがクリスマス 古館曹人
二三段雪のきざはしクリスマス 佐野まもる
亡き母の部屋も灯してクリスマス 山田閏子
人と幸比較はすまじクリスマス 嶋田摩耶子
人形に国籍ありやクリスマス 岩崎照子
人逝けりクリスマス・イヴの地下室に 成瀬櫻桃子 風色
伐り倒されクリスマスツリーたらむとす 加倉井秋を 午後の窓
休戦をよろこぶ神父クリスマス 森田峠 避暑散歩
何事も信じてクリスマス聖書 平松竃馬
信じつつ楽しく子供クリスマス 京極杞陽 くくたち上巻
傷林檎厩舎に届くクリスマス 斎藤節子
八人の子供むつましクリスマス 子規句集 虚子・碧梧桐選
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子 てんてん
剥製の鳥のテロの眼クリスマス 鷹羽狩行 六花
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二
勤め持つ女等たのしクリスマス 右城暮石 声と声
北斗の尾煙突に触れクリスマス 伊藤三十四
叱られてゐし子を抱きぬクリスマス 金久美智子
合唱団左右に揺れてクリスマス 吉原文音
回送電車をしばらく降りずクリスマス 大石雄鬼
地下駐車場にもクリスマスキャロル 山田弘子 こぶし坂
塔の上の鐘動き鳴るクリスマス 松本たかし
外人は高き鼻もちクリスマス 高田風人子
外灯のほほゑみつづくクリスマス 茨木和生 遠つ川
大きな馬糞小さな馬糞クリスマス 中村堯子
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
天に星地に反吐クリスマス前夜 西島麦南
天井に風船眠りクリスマス 福田蓼汀 山火
太極拳廃れて雨のクリスマス 塚本邦雄 甘露
奈良県になき地下街よクリスマス 右城暮石 上下
女がちにクリスマスの人集ひけり 雉子郎句集 石島雉子郎
婚約を告げる神ありクリスマス 山田弘子 こぶし坂
嫁してより信やゝうすれクリスマス 吉井莫生
子どもらに通知簿くばりクリスマス 樋笠文
子へ選ぶクリスマスカード楽鳴れり 里田 勝子
子を抱けば子に紙吹雪クリスマス 古館曹人
子供等に歳聞かれけりクリスマス 寺田寅彦
宙を飛ぶ長靴を買ふクリスマス 有馬朗人 知命
定刻に塔の鐘鳴りクリスマス 長田等
定食で生きる男のクリスマス 中嶋いづる
寝そべつてをりてクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
少年工学帽かむりクリスマス 秋元不死男(1901-77)
尻さむし街は勝手にクリスマス 仙田洋子 橋のあなたに
屋上より樹頭見下ろすクリスマス 津田清子 礼 拝
屑籠の屑も美しクリスマス 森田峠 避暑散歩
屑買女は風呂桶が欲しクリスマス 百合山羽公 寒雁
山国の星座は低しクリスマス 野口八重子
島人に旧教多しクリスマス 香月 梅邨
強燭の数だけの闇クリスマス 高澤晶子 復活
息安く仰臥してをりクリスマス 石田波郷(1913-69)
悲しみの灯もまじる街クリスマス 堀口星眠
我が持てる包の中もクリスマス 山内山彦
戻り来し猫の鈴の音クリスマス 片山由美子 天弓
手づくりの蝋燭たてやクリスマス 篠原鳳作 海の旅
手品してみせる牧師やクリスマス 土井治
振れば鳴る胡桃もクリスマスのひとつ 村越化石 山國抄
教室の汲み水蒼しクリスマス 宮坂静生 雹
新しき星の寒さよクリスマス 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
昏れそめて累卵の白クリスマス 竹腰千恵子
星々にことごとく名やクリスマス 石田郷子
星満ちて地にはこぼれずクリスマス 相馬遷子 雪嶺
東の星の光やクリスマス 日野草城
枯木の遠ち枯木が見えてクリスマス 高澤良一 随笑
枯蔦や昨日に過ぎしクリスマス 増田龍雨 龍雨句集
柊の花に晴れたりクリスマス 柑子句集 籾山柑子
柔かき海の半球クリスマス 三橋敏雄
死にたい母も生きたい母もクリスマス 中村草田男
残業の手を洗ひをりクリスマス 渡辺二三雄
水のんで心の隅のクリスマス 加藤知世子 花 季
流されてゆく人なかのクリスマス 大橋俊彦
湯上りの子のまくれなゐクリスマス 赤松子
湯気のたつ馬に手を置くクリスマス 大木あまり
火が熾り赤鍋つつむクリスマス 小松道子
灯を消せば青き舞台やクリスマス 五十嵐播水 播水句集
点滅は聖樹の言葉クリスマス 山崎みのる
烏賊釣火点れり伊豆のクリスマス 今井杏太郎
焚火たゞ紅くたゞ焚きクリスマス 中島斌男
燭あまた樅に点してクリスマス 四明句集 中川四明
版画彫る屑膝にためクリスマス 鈴木しげを
牛の舌に塩振つてゐるクリスマス 内田美紗 誕生日
物くれる阿蘭陀人やクリスマス 高浜虚子
犬の尾のふさふさとしてクリスマス 石田郷子
犬小屋に扉のなくてクリスマス 土生重次
猩々木挿して近づくクリスマス 阿部みどり女
疵りんご厩舎に届きクリスマス 斎藤節子
病院の屋上濡れてクリスマス 岸田稚魚
癌がまた出て来たぞクリスマスイヴ 堀米秋良
盲導犬使徒の眼持てりクリスマス 田川飛旅子 『使徒の眼』
真珠は貝の生身の傷やクリスマス 中村明子
眼をはなれ眠れるまつ毛クリスマス 赤松[けい]子 白毫
石の家灯を洩らさずにクリスマス 岬雪夫
砂糖壺ゆたかに満たしクリスマス 平間真木子
神よ来て子を助けませクリスマス 石塚友二 光塵
神父老い信者われ老いクリスマス 景山筍吉
禁制の夜のコーヒ飲むクリスマス 右城暮石 声と声
私書箱開扉一番にクリスマスカード 鈴木栄子
粧ひて胸うすき者よクリスマス 石田波郷
絵硝子の羊まどろむクリスマス 大島民郎
縛られしハムの糸解くクリスマス 田島蔦子
美容室せまくてクリスマスツリー 下田実花
聖鈴浴びこころ寄せあふクリスマス 村越化石 山國抄
聖霊はきつと黒色クリスマス 田川飛旅子 『邯鄲』
胡桃など割つてひとりゐクリスマス 山口青邨
船四方に白波立てりクリスマス 久野幸子
船底に男風呂ありクリスマス 中尾杏子
花文字の異国の絵本クリスマス 石田 克子
虚子像の左右にベル吊りクリスマス 保田白帆子
蜂蜜壺の おもたいくもり クリスマス 伊丹公子 メキシコ貝
街といふ街行けばクリスマスカロル 今井千鶴子
裏町の泥かがやけりクリスマス 桂信子 黄 瀬
西行きの列車がら空きクリスマス 右城暮石 声と声
見舞はれて家族の揃ふクリスマス 後藤一秋
角曲るたびにクリスマス気分になる 加倉井秋を 午後の窓
語部と酌む高千穂のクリスマス 伊和元聖水
貧しけれどもクリスマスの夜父ありぬ 長谷川かな女
赤き実を見しよりこころクリスマス 岩岡中正
足ることをほとほと学びクリスマス 田川飛旅子 『山法師』
送電線深海をゆくクリスマス 遠山陽子
金と銀と赤の紙屑クリスマス 正木ゆう子 悠
金銀の紙ほどの幸クリスマス 沢木欣一
針坊主に針かがやきてクリスマス 桑原月穂
銀の匙象牙の箸やクリスマス 太田育子
鎌倉に馬車の往来やクリスマス 久保田万太郎 草の丈
長崎に雪めづらしやクリスマス 富安風生
闇に燭手に~歌ふクリスマス 吉良比呂武
降る雪にさはられてゐるクリスマス 攝津幸彦
雀らの草撓めゐるクリスマス 大木あまり 火球
離陸せぬうちに眠れりクリスマス 夏井いつき
雪になるはずがかく晴れクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪のせてクリスマスツリー出来上り 高木晴子 晴居
雪の上に星降る夜半やクリスマス 寺田寅彦
雪の戸の堅きを押しぬクリスマス 水原秋櫻子
雪を来し靴と踊りぬクリスマス 山口波津女
雪国に来て雪をみずクリスマス 久保田万太郎 流寓抄
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
靴下がくの字に吊られクリスマス 阿波野青畝
鞄より首出す小犬クリスマス 福田蓼汀
頸動脈が口開けているクリスマス 夏石番矢 人体オペラ
饂飩屋台横丁にいてクリスマス 長谷川かな女 花 季
香焚いて雪の老舗のクリスマス 伊東宏晃
馬小屋の一頭で満ちクリスマス 鷹羽狩行
鮨食べに来し父と子のクリスマス 上崎暮潮
黒人のてのひら白しクリスマス 政木 紫野
黒人の掌の桃色にクリスマス 西東三鬼(1900-62)
イヴの夜は耳やわらかき犬といる 佐藤和子
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫 めんない千鳥



以上
by 575fudemakase | 2013-12-23 07:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

柚子湯

柚子湯

例句を挙げる。


あたたまり浮ぶほかなき柚子湯の柚子 井上郁夫
いつさいを柚子湯に沈め生家なり 辻美奈子
うちふして柚子湯の匂ひひろがりぬ 仙田洋子 雲は王冠
うつうつと柚子湯に眉の溶けにけり 殿村莵絲子 花寂び 以後
ししむらの淋しくなりし柚子湯かな 井上土筆
たどりつく思ひのありて柚子湯かな 北村仁子
ちちははの慰めあひし柚子湯かな 廣瀬直人
ちよんとつく柚子湯の柚子をちよんとつき 川崎展宏 冬
とっぷりと柚子湯につかる風の音 林 民子
なつかしや柚子湯は熱く青文身 石川桂郎 含羞
ひと年のつかれとおもふ柚子湯かな 成瀬桜桃子 風色
ふぞろひの柚子のたのしき柚子湯かな 仙田洋子 雲は王冠
ほのぼのと母の首ある柚子湯かな 保坂春苺
むつかしい一日が暮れ柚子湯の柚子 桂信子 黄 瀬
よき眠り給へ柚子湯の香を夜具に 杉本寛
をみなごのひとりあそべる柚子湯かな 川崎展宏
タイルを目盛ひとりの柚子湯溢れしめず 鈴木栄子
一人あがり柚子湯のにごり熱さ増す 中戸川朝人 残心
一族郎党が沈んでゐる柚子湯かな 八木忠栄
三従の身を深々と柚子湯かな 加藤安希子
三更の月天心に柚子湯かな 太田光子
五六日半鐘きかぬ柚子湯かな 増田龍雨 龍雨句集
創痕の臍にて止まる柚子湯かな 萩野をさむ
勉強のわが少年に柚子湯の香 細川加賀
古びゆくいのち柚子湯に沈めをり 杉山 岳陽
吾子はみな柚子湯の柚子を胸に抱き 山口青邨
四十の肉やはらかき柚子湯かな 黒田杏子 一木一草
天上の湯浴みをここに柚子湯かな 渡辺恭子
夫の恩人の恩柚子湯勿体なし 殿村菟絲子 『旅雁』
夫焚いてくれし柚子湯を惜しみなく 仙田洋子 雲は王冠
女工たち声あげ入りて柚子湯たり 菖蒲あや
妙案の浮かべるごとく柚子湯の柚 高澤良一 宿好
妻の入る柚子湯さめしやと章や焚く 清水基吉 寒蕭々
子が蹠膝にふわりと柚子湯の香 林原耒井 蜩
子の夫婦とまらす柚子湯繰りあげて 篠田悌二郎
子の忘れし乳房漂ふ柚子湯かな 丹間美智子
子育てし乳房柚子湯にいとしむも 吉野義子
存念やこの身大事と柚子湯して 宇多喜代子 象
手離さむ我が家柚子湯を溢れしめ 楡井 秀孝
旅どまり柚子湯に入れて貰ひけり 小澤碧童 碧童句集
旅はもう叶はぬ母に柚子湯立て 樹生和子
旅ひとつきまりてはずむ柚子湯かな 石田あき子 見舞籠
星辰のことふと思ふ柚子湯かな 仙田洋子 雲は王冠
果て近き旅を柚子湯にひたりけり 金尾梅の門 古志の歌
柚子の里いづこも真昼柚子湯わき 古賀まり子 緑の野以後
柚子湯あふれしめもう父と入らぬ子 増賀美恵子
柚子湯して「石版東京図絵」と決む 永井龍男
柚子湯してあしたのあしたおもふかな 黒田杏子 木の椅子
柚子湯してぬくもる嬰を皿秤 佐藤美恵子
柚子湯してよき転職の一日目 都筑智子
柚子湯して五欲も淡くなりしかな 小林康治
柚子湯して厨に残す柚子ひとつ 明比ゆき子
柚子湯して命の末の見ゆるかな 小林康治
柚子湯して妻とあそべるおもひかな 石川桂郎(1909-75)
柚子湯して柚子とあそべる独りかな 及川貞
柚子湯して柚子より軽く浮ける身の 高澤良一 宿好
柚子湯して髪ゆたかなる山乙女 有泉七種
柚子湯です出て来る客に這入る客 川崎展宏
柚子湯の煙あがるや家の内 前田普羅
柚子湯ほのぼのと牛啼く声聞ゆ 松村多美
柚子湯もう握り潰してありし柚子 岩田由美
柚子湯より出すずつしりと子の重さ 今瀬剛一
柚子湯出し子は母までの水脈ひいて 今瀬剛一
柚子湯出し素顔のままに長電話 西村和子 夏帽子
柚子湯出てこの世ほのぼの妻子あり 新明紫明
柚子湯出てまた人の世のひとりなり 梅澤よ志子
柚子湯出て夫の遺影の前通る 岡本眸
柚子湯出て妻のクリーム少し塗る 雨宮昌吉
柚子湯出て家居のあかり減らしゆく 岩淵喜代子 朝の椅子
柚子湯出て家族の中に戻りけり 藺草慶子
柚子湯出て山姥のごと横坐り 大木あまり
柚子湯出て慈母観音のごとく立つ 上田五千石(1933-97)
柚子湯出て枯山の日に歩きけり 石原舟月
柚子湯出て櫛目の深き妻の髪 岡田 貞峰
柚子湯出て蹠に荒き畳の目 菖蒲あや
柚子湯出ですぐに眠しやネルを着て 岸風三樓
柚子湯沁む無数の傷のあるごとく 岡本眸
柚子湯流せば日本に星いつぱい 今瀬剛一
柚子湯淡しまた後れたるひとりにて 小林康治
武蔵野や柚子湯を貰ふ宵ながら 石川桂郎 含羞
残る日の柚子湯がわけばすぐ失せぬ 水原秋櫻子
母にちかづくことの柚子湯をわかしをり 野澤節子 『駿河蘭』
沈めたり浮せたりして柚子湯かな 今橋浩一
独り身の客に柚子湯をすすめけり 白岩 三郎
生き延びて柚子湯を華と溢れしむ 菱田好穂
生まれ出るごとくに柚子湯上がりけり 高橋悦男
生涯の女書生や柚子湯して 黒田杏子 一木一草
痩せこけて肩の骨立つ柚子湯哉 瀧井孝作
白々と女沈める柚子湯かな 日野草城
窓すこし開けて柚子湯の湯気逃がす 片山由美子 天弓
胸の灯を点す柚子湯となりしかな 小林康治 『存念』
足るを知る身のしあはせの柚子湯かな 石井紅洋
躬ひとつを入れて柚子湯を溢れしむ 平間真木子
追はれゐるいのちたゆたふ柚子湯かな 文挟夫佐恵
遅き子に柚子湯の柚子を一つ足す 船坂ちか子
金星と月を左右に柚子湯かな 橋本薫
金溜まることに縁なき柚子湯かな 鈴木真砂女 夕螢
雨やがて霧となりたる柚子湯かな 鈴木しげを
雨音やひとりの柚子湯愉しめば 安田 晃子
香の深き柚子湯や年のけぢめとす 加藤知世子 花 季
魚のごとく啼きぬ柚子湯の柚子押せば 岡崎光魚
とくとくと血は巡るかな冬至風呂 中村苑子
シャンプーの壜のももいろ冬至湯に 高澤良一 随笑
一升星硝子戸越しに冬至風呂 田中冬二 若葉雨
二人には煮つまりすぎし冬至風呂 武田和郎
今更に母の手細し冬至風呂 古賀まり子 緑の野以後
傘もちてささで戻りぬ冬至風呂 宮武寒々 朱卓
冬至湯に乳房の谷を深くして 金久美智子
冬至湯に絆創膏も浸りゐて 高澤良一 宿好
冬至湯の柚子と浮沈の子がふたり 野中 亮介
冬至湯の湯気まうまうを纏ひ出づ 高澤良一 随笑
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 新訂普羅句集
冬至風呂せめてゆつくり入りけり 小川竜雄
冬至風呂上面うめたぐらいでは 高澤良一 随笑
剃刃の傷あとうづく冬至風呂 河野南畦 湖の森
十年の宿痾の癒えし冬至風呂 池田博子
念願のセンサーにして冬至風呂 白鳥順子
手術痕改め入る冬至風呂 高澤良一 随笑
歳月を浮かべ沈めて冬至風呂 佐々木早月
熱き湯に痒み覚えぬ冬至風呂 高澤良一 随笑
現身をもて冬至湯を溢れしむ 松岡ひでたか
竹くべし音すさまじき冬至風呂 前田普羅
若き日の火筒暮しや冬至風呂 柴田保人
釜茹でを承知の上の冬至風呂 高澤良一 寒暑
あそび女の柚子風呂に音立てずゐる 鷲谷七菜子
まひるまの柚子風呂たててくれにけり ふけとしこ 鎌の刃
庭掃除すませ今宵は柚子風呂に 大原雅尾
柚子風呂にひたす五体の蝶番 川崎展宏
柚子風呂に一生を経しごとくあり 蒔田光耕
柚子風呂に吾が胸いだく愛すごと 菖蒲あや 路 地
柚子風呂に妻をりて音小止みなし 飴山實 少長集
柚子風呂に浸す五体の蝶番 川崎展宏
柚子風呂に聖痕のなき胸ひたす 有馬朗人
柚子風呂に離れ住む子を思ひけり 藤原照子
柚子風呂のあとみごもりの深睡り 仙田洋子 雲は王冠
柚子風呂の柚子が赤子に蹴られけり 神原栄二
柚子風呂の重たき柚子となり泛ぶ 田中一荷水
柚子風呂や寄り来る柚子を突き返し 岩田由美 夏安
柚子風呂を母在りし日のごと沸す 栗原米作
かさつける五體にじんわり冬至の湯 高澤良一 宿好
ほどほどに身の枷とれて冬至の湯 長谷川史郊
下履きをバタンと冬至の湯屋を出づ 高澤良一 随笑
二千年来るともかくも冬至の湯 北見さとる
燈台に波あがる見て冬至の湯 針呆介
臍ひとつしみじみとあり冬至の湯 角川春樹



以上
by 575fudemakase | 2013-12-22 09:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング