<   2014年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

襟巻 マフラー ショール

襟巻 マフラー ショール

例句を挙げる。

●襟巻
ふはふはと襟巻の師よ合掌す 松村蒼石 雁
ゆるやかに老の襟巻したるまま 深川正一郎
一望怒濤の襟巻でする頬被 斎藤玄
伯林の時の襟巻いまは派手 山口青邨
先生を見舞ふ襟巻はづしけり 鈴木しげを
古い襟巻をかへず妻に昂つたこと言ふ 梅林句屑 喜谷六花
妻春の襟巻雨を寒がりぬ 高橋馬相 秋山越
家鴨追ふ襟巻をして帽子着て 細見綾子
屍行き紅襟巻の夫人蹤く 石田波郷
明眸や藍襟巻の一抹に 島村元句集
春めくや襟巻もせぬ小買物 高濱年尾 年尾句集
桂郎の赤き襟巻畦の数 秋元不死男
母の喪に母の襟巻して籠る 八染藍子
汽車にねむる襟巻をまきかへにけり 川上梨屋
狐の襟巻まかり通るよ寄りがたし 玉川行野
生きもののふるひ立つ毛の襟巻す 赤松[ケイ]子
紙漉女襟巻のことを私話めけり 萩原麦草 麦嵐
自愛せよとて襟巻をして別れ 深見けん二 日月
花冷えのコンドル無垢の襟巻す 高澤良一 随笑
草餅や襟巻かたき湯治人 青峰集 島田青峰
著ぶくれることも慣れゐて襟巻も 高浜年尾
行末や襟巻のうち息溜めて 草間時彦 櫻山
襟巻が知つてる私の独り言 石川文子
襟巻が赤くて帰支度かな 岸本尚毅 選集「氷」
襟巻と手袋買つて年忘れ 田中冬二 若葉雨
襟巻にこころききたる盲かな 飯田蛇笏 山廬集
襟巻につつみ余れる杣の顔 前田普羅
襟巻にふつつりつぐむ思ひかな 中村汀女
襟巻に一片浮ける朱唇かな 原石鼎
襟巻に傷ある人の寒の紅 福田清人 麦笛
襟巻に包むコンサートの余韻 畑湘甫
襟巻に巻かれて首の突つ立てる 矢島渚男 延年
襟巻に末滴む鼻もかくれけり 小澤碧童
襟巻に消えたる雪や一の午 春草
襟巻に老いて澄む目やかなしきまで 加藤楸邨
襟巻に頸華やぎて細かりし 田中暖流
襟巻に首引入れて冬の月 杉風
襟巻の中からのぞく夕日山 前田普羅 春寒浅間山
襟巻の中からのぞく野の夕日 前田普羅
襟巻の人の中なる戦災者 石塚友二
襟巻の人をつれたる自衛官 岸本尚毅 舜
襟巻の奥より光るイヤリング 稲垣一雄
襟巻の浅黄にのこる寒さかな 蕪村
襟巻の片端垂らし思想もつ 工藤克巳
襟巻の狐が抱くナフタリン 桃澤正子
襟巻の狐くるりと手なづけし 中原道夫
襟巻の狐の貌は別に在り 高浜虚子
襟巻の狐をミサの膝の上 長田等
襟巻の眼ばかりなるが走りよる 五百木飄亭
襟巻の紅きをしたり美少年 尾崎紅葉
襟巻の貂我が庭で獲りしもの 植松千英子
襟巻の銀狐獣の爪をもてり 岸風三楼 往来
襟巻ふかく夜の水鳥に立たれけり 大野林火
襟巻やうしろ妻恋坂の闇 小川千賀
襟巻やしのぶ浮世の裏通り 永井荷風
襟巻やほのあたたかき花舗の中 中村汀女
襟巻やまた旅に出る講釈師 吉井勇
襟巻や一誌を持てば蔑まれ 石原八束 黒凍みの道
襟巻や一語言へねば数百語 加藤楸邨
襟巻や亡秋月の人となり 道芝 久保田万太郎
襟巻や寒さはなれぬぼんのくぼ 小杉余子 余子句選
襟巻や寺の忰の僧きらひ 河野静雲 閻魔
襟巻や小手指の野に没日見て 鈴木しげを
襟巻や思ひうみたる眼をつむる 飯田蛇笏 山廬集
襟巻や早や漁火は沖に満つ 中村汀女
襟巻や毛皮ぞろぞろ念仏寺 川崎展宏
襟巻や氷の国のけものにて 徳永山冬子
襟巻や猪首うづめて大和尚 村上鬼城
襟巻や畜類に似て人の耳 西島麦南 人音
襟巻や罷めても村の生字引 河原白朝
襟巻や蒲柳の質の顔よけれ 喜谷六花
襟巻や鼕々梅里金太郎 増田龍雨 龍雨句集
襟巻をきつく我身をはげましぬ 田中裕明 先生から手紙
襟巻をひらひら若さひらひらと 長谷川 耕畝
襟巻をふんまへあるき彼岸媼 河野静雲 閻魔
襟巻を厚くたたみし会議かな 日原傳
襟巻を垂らして女自動車より 高濱年尾 年尾句集
襟巻を巻きなほしつつ風抜くる 小野 茂川
襟巻を炎やして大根曳きにけり 萩原麦草 麦嵐
襟巻を買ひおろしけり酉の市 増田龍雨 龍雨句集
襟巻を贈りくれたる四人の名 高浜年尾
襟巻を長く垂らして鹿の前 田中裕明
襟巻深く汝の眼瞑みたり 石塚友二 方寸虚実
襟巻翁茂吉先生に似しに合ふ 水原秋櫻子
襟巻自若肺癌と知る顔ならず 石塚友二
車内燈点き襟巻の瞳に狼狽あり 原田種茅 径
退潮の疾き夜の襟巻深く 原田種茅 径
雨にひま茶所の翁は襟巻を 高濱年尾 年尾句集
霧ひらく赤襟巻のわが行けば 西東三鬼
風の夜の僧の襟巻借りて出づ 川村皓一郎
お使ひに母のマフラーしてゆきぬ 梶山伊勢子
お辞儀してマフラー垂れて地上かな 池田澄子 たましいの話
ふりかへるマフラーの尾の火となれり 浦川聡子
もう戻れないマフラーをきつく巻く 黛まどか
マフラーが欲しからまつの夕景色 鈴木しげを
マフラーで首筋鎧ひ週はじまる 奈良文夫
マフラーにただびとの貌有髪僧 平井さち子 鷹日和
マフラーに星の匂ひをつけて来し 小川軽舟
マフラーに風の矛先面接日 大木あまり 山の夢
マフラーのあたたかければ海を見に 大串章 百鳥 以後
マフラーのあづけものあり父の墓 大木あまり 火球
マフラーの尾を曳き寄せて吾子を抱く 上田日差子
マフラーの無地旧友の為人(ひととなり) 高澤良一 鳩信
マフラーの白さを惜しげなく垂るる 行方克巳
マフラーの白にとびつく野のひかり 赤尾冨美子
マフラーの端をいたづらしてをりぬ 行方克巳
マフラーの緩く何ものをも許し 三宅隆
マフラーの色のいろいろ下校の子 瀬谷博子
マフラーの蛇なせるパリ土産 今井竜蝦
マフラーやうれしきまでに月あがり 岸本尚毅
マフラーや銀座新宿人違ふ 高田風人子
マフラーをして植木屋と打合はす 谷口摩耶
マフラーをてふてふ結び腕相撲 こしのゆみこ
マフラーをはずせば首細き宇宙 対馬康子 愛国
マフラーを大きく巻いて死にたしと 大木あまり 雲の塔
マフラーを巻いて己れといふ荷物 渡辺二三雄
マフラーを投げれば掛かりさうな虹 ふけとしこ 鎌の刃
マフラーを撥ねて強気を通しけり 西村和子 かりそめならず
マフラーを落とし童女に呼ばれけり 亀割 潔
モコモコのマフラーにある応援歌 二村典子
似かよいし柄のマフラー通学路 高澤良一 寒暑
別れ来しまなうらにマフラーの色 片山由美子 水精
地中海見たしマフラーをかるく巻く 鎌倉佐弓
外泊の首マフラーの中にあり 金子秀子
寒桜緋のマフラーを巻き直し 高澤良一 素抱
巻き直すマフラーに日の温みあり 岡本眸
恋人を待つマフラーをゆるく巻き 柴原保佳
手術痕いたはる夫の絹マフラー 広田恵美子
望郷の乾いた風マフラーす 畠山あさみ
林中にマフラーの赤走り入る 松尾隆信
池中海見たしマフラーをかるく巻く 鎌倉佐弓 水の十字架
河豚値切るマフラー頸に刎ねあげて 鈴木真砂女 夕螢
派手なマフラー被せる車席の米袋 高島茂
淋しからねどマフラーに顔うづめ 片山由美子 水精
清潔で派手なマフラーしてをりぬ 西村和子 夏帽子
無造作に白きマフラー草城忌 岩井秀子
義民ならずマフラー首にまつはるのみ 香西照雄 対話
観潮やマフラー一つ手にしたる 岸本尚毅 舜
赤いマフラー届きし島の定期便 対馬康子 吾亦紅
銀座ここも都電なくなるマフラー購ふ 鈴木栄子
雪夜子にかぶすマフラー裏につぎ 古沢太穂 古沢太穂句集
青春前期マフラーの色ブルー 上田日差子
風の子となるマフラーの吹流し 上田五千石 田園

●ショール
いそいそとシヨールの妻を街に見し 今村青魚
かくれ逢ふことかさなりしシヨールなれ 安住敦
かくれ逢ふことかさねたるシヨールなれ 安住敦
しろ~と古りにし妻のシヨールかな 佐野青陽人 天の川
たゝまれてあるとき妖し紅シヨール 竹下しづの女句文集 昭和十三年
ひそかなる幸をショールにつつみけり 木下夕爾
ひとり身の胸まで包むショール真黒 菖蒲あや 路 地
ものの香を秘めてショールやたゝまれあり 竹下しづの女句文集 昭和十三年
わがショール仮退院の夫かばふ 石田あき子 見舞籠
ショールたたむ夫休講の名札の前 平井さち子 完流
ショール載すうごく歩道の荷の上に 横山白虹
シヨールしかとこの思慕そだててはならず 稲垣きくの
シヨールずり別離のかひななほ振れる 大浦蟻王
シヨールぬぎひとりの顔をとりもどす 渡邊千枝子
シヨール手に病臥の夫に一礼す 堀風祭子
シヨール深く都電の残る町通る 伊藤いと子
シヨール長し二人で巻けば死もたのし 成田ゆう
一と夜寝て去る島ショール真知子まき 稲垣きくの 牡 丹
人波にすべるシヨールをおさへつゝ 岡崎莉花女
低迷の雲へはらりとシヨール巻く 田口満代子
佳き事のほのと身にありショール捲く 毛塚静枝
嘘を言ふシヨール臙脂に雪ぼたる 龍太
妻の背に三角ショール巻き街へ 斉藤夏風
子のショール夜々編み夜々を子に近し 吉野義子
尼公がショールを頭より召さる 品川鈴子
暗さもジャズも映画によく似ショールとる 星野立子
母親に怖いほど似るシヨールかな 田中康二
沖にまだ日のある薄きシヨールかな 池田澄子 たましいの話
淋しさをショールにつゝみ現れぬ 岩坂 三枝
白シヨールすこしよごれて温かき 日野草城
白息となるをシヨールに封じゆく 野沢節子
相別れシヨールに埋む顔なかば 鷲谷七菜子
相逢ひて過去はまぼろし黒シヨール 柴田白葉女
眼をほそめ頸をすくめてシヨールきる 飯田蛇笏
祝ひ酒めぐりてショール柔らかし 影島智子
笑ひつつショールとりつつ近づき来 上村占魚 球磨
結末の近づいているショールかな 岡田 耕治
襟足のいと美しく白ショール 高橋淡路女 梶の葉
買ふ人もある柔かきシヨールあり 中村汀女
赤シヨール女佛蘭西語を話す 田中裕明 花間一壺
身たたみてショールはさみて祈りながし 平井さち子 完流
身にまとふ黒きショールも古りにけり 杉田久女
連絡船降りし一人の黒シヨール 西村和子 かりそめならず
郷愁のショールをしかとかきあはせ 久保田万太郎 草の丈
銘刀展黒きシヨールの女居て 齋藤朗笛
霞む日へ領巾振るもこの黒シヨール 殿村菟絲子 『樹下』
頬に触れ老母に贈るショール選る 品川鈴子
黒シヨール吹かれ沖にはある光 鷲谷七菜子
エプロンをとりて肩掛かけしのみ 久保田万太郎 草の丈
チェーホフ讀む赤き肩掛け掻き合はせ 福島壺春
夜は寒し古肩掛を膝に掛け 山口青邨
幼な妻肩掛で肩狭め狭め 香西照雄 対話
砂州あまりひろし肩掛かき合す 山口波津女 良人
粉河寺肩掛の緋も蘇鉄樹下 石原八束
紅き肩掛手にしばらくは墓目守る 中島斌男
羽毛の妻よ白鳥は日の肩掛す 磯貝碧蹄館
肩掛けの妻より見おろされて病む 加倉井秋を 『真名井』
肩掛におとがひ埋めて立てる好く 久保田万太郎 草の丈
肩掛に射す日や誰を欺かん 白川京子
肩掛に木々の晴雪こぼれけり 石原舟月 山鵲
肩掛に町の風儀が頽れ初む 佐藤紅緑 紅緑句集
肩掛の妻より見おろされて病む 加倉井秋を
肩掛の端を振りゐて訣れとす 加倉井秋を 午後の窓
肩掛の色濃く東風を曲り来し 河野静雲
肩掛や妻なる身にて勤め人 岡本松浜 白菊
肩掛をして足早に法善寺 高木石子
肩掛を黒くわれには常処女 下村槐太 天涯
霧さむく娼婦肩掛もて呼べる 岸風三楼 往来
霧さむく娼婦肩掛を長くせり 岸風三樓
黒きこと大きこと母の肩掛は 山口波津女 良人
黒き肩掛年経し指環ゆるやかに 中村草田男



以上
by 575fudemakase | 2014-01-31 07:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

草城忌

草城忌

例句を挙げる。

この冬の意外なぬくさ草城忌 桂信子 晩春
ばら色のままに富士凍て草城忌 西東三鬼
佗助の群がる日なり草城忌 石田波郷
全集の濃き藍色や草城忌 桂信子 樹影
凌ぎ得るもの齢のみ 草城忌 伊丹三樹彦
力みいしものは去りゆき草城忌 小西康之
十の字にとぶ二羽の鳩草城忌 石田波郷
厚雲の裂け目のひかり草城忌 花谷和子
女患部屋にをとこの声や草城忌 石田波郷
手のとどく青空のあり草城忌 土岐錬太郎
東京に桂信子や草城忌 草間時彦
残月の薄紅に草城忌 岩田由美 夏安
水より淡き早春の空草城忌 楠本憲吉
無造作に白きマフラー草城忌 岩井秀子
痩身を湯槽に沈め草城忌 冨田みのる
目の奥の沖すさまじき草城忌 山口隆
絞り出す絵具はブルー草城忌 松倉ゆずる
草城忌あの冬山の裏見えぬ 阿部完市 無帽
草城忌の時雨が睫毛濡らすほど 花谷和子
葬の列短く進む草城忌 手島知韶
降りゐたる曙の雨草城忌 山中達三
雨の音に覚めてしづかな草城忌 横山白虹
頬白の地鳴かそけし草城忌 石田あき子 見舞籠
風が棲む電車草城忌へ揺れる 菅野慎次
風邪臥しの背骨の疼く草城忌 伊丹三樹彦



以上
by 575fudemakase | 2014-01-30 07:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

褞袍

褞袍

褞袍 丹前の例句を挙げる。

ひさびさに褞袍を着しにつかれけり 川島彷徨子 榛の木
みごもりてますます好きな褞袍かな 仙田洋子 雲は王冠
一二泊して友誼よき褞袍かな 飯田蛇笏 霊芝
声高に湯の町をゆく褞袍かな 渋沢渋亭
変身が好き早速の宿褞袍 嶋田摩耶子
夜の客に褞袍姿を詫びて会ふ 井上木子
山茶花を愛す褞袍にくつろいで 遠藤梧逸
平熱と体温計を振る褞袍 高澤良一 宿好
招かざる客なり褞袍のままで会ふ 北野民夫
据膳に褞袍崩るゝばかりかな 清水基吉
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
春の炉や褞袍汚せし永やどり 楠目橙黄子 橙圃
昨今のこころのなごむ褞袍かな 飯田蛇笏 山廬集
晩年のなき源義の褞袍かな 増成栗人
父よ貧し褞袍をわれにゆづりたまへる 川島彷徨子 榛の木
病み坐る人や褞袍に顔嶮し 高浜虚子
病み暮らす月日も古りし褞袍かな 稲田都穂
百日の病躯包みし褞袍脱ぐ 景山筍吉
祖母よりの父の遺品の褞袍干す 矢口由起枝
秋雨や昼の褞袍の坑夫達 楠目橙黄子 橙圃
綻(ほころび)の坐りかくれし褞袍かな 安達緑童
脱いである褞袍いくたび踏まれけり 波多野爽波 『一筆』
茂吉集脱ぎし褞袍の下になる 向井 秀
葦苅女きりきり褞袍脱ぎにけり 川端茅舎
褞袍きて出て鍬持てり日曜日 野村泊月
褞袍の脛打つて老教授「んだんだ」と 加藤楸邨
褞袍着てなんや子分のゐる心地 大住日呂姿
褞袍着て風邪の女房となりけらし 原コウ子
褞袍著し膝が机につかへけり 山川能舞
骨折の片手通さぬ褞袍かな 大森羽青
しんぼしたどてらの綿〔よ〕隙やるぞ 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
てつちりや犬の匂ひのどてら着て 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
どてらの手遠くで動き竹瓮編 草間時彦 櫻山
どてら着てすわれば猫のすぐ膝に 河野 照代
どてら着て籠れば日の目うとくなる 太田鴻村 穂国
をなごらもどてら着ぶくれさみだるゝ 日野草城
初買に出ばやどてらを引かけて 竹冷句鈔 角田竹冷
山茶花やをんなどてらを着るべからず 林原耒井 蜩
据膳にどてら崩るゝばかりかな 清水基吉 寒蕭々
星移り物変りどてら古びけり 日野草城
昼の淋しさどてら着て顔を剃らせる 荻原井泉水
汐風呂に千鳥きく夜や貸どてら 岡野知十
燕鳴く朝餉のゴングどてら脱ぐ 林原耒井 蜩
茶碗酒どてらの膝にこぼれけり 巌谷小波
草まくら女に狎れるどてらかな 楠目橙黄子 橙圃
貧乏のしみこんでゐるどてらかな 浜川 穂仙
通草売宿のどてらを知れば親し 原田種茅 径
みちのくの厚き丹前雪見酒 松本澄江
丹前の袂が重し山の音 北見さとる
丹前の襟つかむ子の笑ひ出す 杉山岳陽 晩婚
丹前もかけて艶めく布団哉 小澤碧童 碧童句集
丹前やまたアメリカヘ地図の旅 大島民郎
丹前を早や干し栃本関所阯 八木林之介 青霞集
丹前を着れば丹田しづかなり 長浜勤
丹前を着れば馬なり二児乗せて 目迫秩父
丹前着て花屋を出るは面映ゆし 板垣鏡太郎
新しき丹前着初し夜寒かな 吉屋信子
日曜は丹前の夫になつてもらふ 栗林千津
阿夫利宿窓に丹前重ね干す 斉藤妙子



以上
by 575fudemakase | 2014-01-29 09:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。


あたたかき月のひかりに浸る蕪 中田剛 珠樹
おく霜の一味付けし蕪かな 一茶
きしきし洗ふ雪映えの蕪年をはる 鷲谷七菜子 雨 月
くくりたる藁の切つ先赤蕪 原田喬
とし玉の蕪菜かろげや黒木うり 蝶夢
どれもどれも寂しう光る小蕪かな 渡辺水巴
ひとり居の蕪の白きを刻みけり 平野仲一
ふと訛出て天王寺蕪買ふ 千賀静子
まだ濡れてゐる夕市の紅蕪 新田祐久
みぞれきし笠かたむけて蕪とる 金尾梅の門 古志の歌
みほとけの近江の甘き蕪かな 藤田純男
むまさうな蕪(かぶらな)に似て円相圖 高澤良一 随笑
やまがたの王様蕪ひかるがに 室生犀星 犀星発句集
一息という刃をつかう蕪真白 宇多喜代子 象
丈高き青鬼灯や故園蕪る 池上浩山人
五合目に雪来て緋蕪洗ひをり 福田甲子雄
何の旗かぶらりぶらりと近所の山 植村禎子
佗助を挿すとて据ゑぬ蕪徳利 水原秋桜子
俤や目鼻かきたる赤蕪 会津八一
冬川や蕪流れて暮かゝり 加舎白雄
冬蕪の真つ白な尻積みあげゆく 太穂
千鳥来るや紅濃うす島蕪のあり 久米正雄 返り花
土を出て蕪一個として存す 中村汀女
塀の泥水仙咲ける蕪畑(昭和4年) 滝井孝作 折柴句集
大切なものでもなくて大蕪 倉本 岬
大根・蕪その葉も洗ひ死ぬるまで 成田千空 地霊
大空のました帽子かぶらず 尾崎放哉(1885-1926)
大蕪の首根ひつさげ艶ばなし 熊谷愛子
大蕪売つてこころのゆたけしや 斉藤夏風
大釜に煮ゆる蕪や寒施行 大竹孤悠
大鍋に煮くづれ甘きかぶらかな 碧梧桐
大霜に萎えし葉もてる蕪かな 雑草 長谷川零餘子
天才を産せし村の蕪かな 長谷川太虚
太陽に黒点出来し蕪かな 原石鼎
姉川の入日みだして蕪洗ふ 川勝 春
嫁がせて何となくゐる蕪畑 関戸靖子
小蕪妻が土あたためて得しならむ 古館曹人
小蕪干す谷にもつとも白きもの 古舘曹人 樹下石上
小蕪煮て母の思ひ出とめどなし 岡田 和子
尼の菊落葉をかぶらざるはなく 大峯あきら 鳥道
届きけり霰ちる日の蕪寿し 飴山實 辛酉小雪
山焼の雨に終れば鯛蕪 角川春樹 夢殿
山見えて蕪の歩く無人駅 平林孝子
嵯峨豆腐の奢りに蕪抜いて来る 長谷川かな女 花寂び
巣燕やつられて買へる蕪の紅 石川桂郎 高蘆
幸木ほの紫のかけ蕪 呼子無花果
想軽く一句成りたる蕪かな 尾崎迷堂 孤輪
抜き残す赤蕪いくつ余寒哉 芥川龍之介
掘起す蕪の根そゝくしくれ哉 吟江
日中や佛出てゐし蕪畑 関戸靖子
春の雪茹でて蕪のすきとほり 長谷川櫂
春月や畑の蕪盗まれし 高野素十
春近し赤蕪の絵をたまはりて 龍胆 長谷川かな女
春雨や人住みて煙壁を洩る 蕪材 五車反古
月の出の魂消しことに蕪かな 田中裕明 花間一壺
月光の降るにまかせて大蕪 中田剛 珠樹以後
朝市の味見くさぐさ赤蕪(かぶら) 高澤良一 素抱
朝市の真ん中赤き蕪売り 佐川広治
朝市の飛騨の蕪のあかあかと 山田 静穂
朝餉なる小蕪がにほふやゝ寒く 及川貞 榧の實
木曽駒に雪きて蕪もろ手抜き 下田 稔
板の間に置きよろげたる蕪かな 近藤不彩
枯萩の塵かぶらねば刈られずに 稲畑汀子
桟橋をふさぎて洗ふ近江蕪 和田祥子
梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ 鈴木真砂女 生簀籠
母の忌はかならず晴れる蕪畑 澁谷道
気後れのある日かぶらぬ夏帽子 稲畑汀子
水切りてキューピーの頭の赤蕪 高澤良一 ぱらりとせ
水飼ひの赤蕪芽吹き小鉢皿 石川桂郎 高蘆
洗はれていといとけなき紅蕪 鷹羽狩行
洗ひても洗ひても赤蕪かな 大串章
洗ひ流してしまふ小蕪のかたつむり 上野さち子
濁り江に出荷のための蕪洗ふ 森田峠 避暑散歩
牛のための赤蕪育つせつに赤く 林火
玉座あり緋蕪洗ふ流れあり 大峯あきら 鳥道
田舟過ぐうねりに洗ふ近江蕪 田中佐知子
画室成る蕪を贈つて祝ひけり 正岡子規
留守の間につゐ煮てゐる蕪菜哉 馬光 (訪隠者不遇)
白玉の蕪を包丁始めかな 山下喜代子
笹みどり鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎
笹緑鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎 金澤百句
籠に盛るかぶらや雪の羽黒道 池田義弘
紅葉連山赤蕪掘りが働ける 和知喜八 同齢
紅蕪うす日に干して湖の町 西村公鳳
紅蕪ふるさとに土ゆたかなり 小林紀代子
緋かぶらや手織木綿の湖国人 山本古瓢
緋かぶらをさげて伊賀より来りける 細見綾子
緋の蕪の三河島菜に誇つて曰く 子規 (根岸の草庵に故郷の緋蕪をおくられて)
緋の蕪干し千那寺を守りけり 花岡明美
緋蕪も飛騨の炭火も赤きころ 石原八束 仮幻の花
緋蕪一つ育つ子の畑万愚節 大橋敦子
緋蕪菁を買ふ乳母車かたへにし 石原八束
置きし如ぬけ出て蕪の白さよし 高田蝶衣
聖護院蕪売らるるを見てゐたり 村山古郷
聾青畝面かぶらされ福の神 阿波野青畝
肥桶より出して呉れたる蕪かな 野村泊月
能登どこも緋蕪畑を畑境 不破幸夫
臘八や今朝雑炊の蕪の味 惟然
茶の花や投入れて行く干かぶら 立花北枝
荒蕪拓く鍬も焚火にひきよせて 津田清子 礼 拝
菜のはなや畑まぶりの大蕪 毛がん 二 月 月別句集「韻塞」
葉の大なるを曳けば痩せたる蕪哉 徳田秋声
葉を切つて趣もなき蕪かな 喜谷六花
蕪こそ肥えて美人に似たりけれ 松瀬青々
蕪さげて山陽の墓の前通る 廣江八重櫻
蕪さげて見上げてゐたる年の空 廣江八重櫻
蕪の禅画禅味の風吹かす 高澤良一 随笑
蕪はこぶ女盛りの紺絣 つじ加代子
蕪まろく煮て透きとほるばかりなり 秋櫻子
蕪一つ畝にころげて茎立てる 西山泊雲 泊雲句集
蕪四角に切り朝からの均衡 山崎愛子
蕪大根時羞の奠を具へけり 寺田寅彦
蕪大根良夜の双葉あげにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
蕪干して夕方の鶏うごかざる 岸本尚毅 鶏頭
蕪干して軒の歪みの見ゆるかな 死洒
蕪干せば冬の日低うなりにけり 松瀬青々
蕪洗ふ男がひとり湖の縁 関戸靖子
蕪洗ふ諸手に水をきしませて 岡部名保子
蕪洗ふ鞍馬の水の早さかな 赤塚五行
蕪甘く煮えて任地の住み心地 田中英子
蕪畑の一つは赤し大かぶら 駒走 松恵
蕪白く沢庵黄なり春夕 会津八一
蕪白し遅れし鳥の旅立ちに 田口満代子
蕪白し順縁に母送らねば 秩父
蕪白菜なかの一個の朴氏かな 高橋たねを
蕪肥えて而も山厨の肉に富む 尾崎紅葉
蕪蒔く唐人といふ名の小里 岩佐千代
蕪赤き里隣る砂利を上ぐる村 河東碧梧桐
袋から童子のごとく赤蕪 原田喬
触らねば生涯寂し板間蕪 永田耕衣 人生
誰かしる今朝雑炊の蕪の味 惟然
負ふものに柱一本蕪むし 石田勝彦 秋興
賽の神へ畝深くたて蕪畑 吉田紫乃
赤蕪の百貫の艶近江より 大石悦子
赤蕪の羞らひもなき赤さかな 片山由美子 水精
赤蕪は峠越えくる風の色 和知喜八
赤蕪を一つ逸しぬ水迅く 青邨
赤蕪を吊る粗壁に荒莚 角川春樹
赤蕪を噛みて春逝く香と知れり 秋光 泉児
赤蕪笊うす濡れて二日経つ 伊藤敬子
辛口や蕪飴色に煮冷まして 石川桂郎 四温
近江路や飾すれ~に干蕪 大谷句佛 我は我
酢かぶらをまへに坐りて父の眉 中田剛 竟日
里人や深泥ケ池に蕪洗ひ 尾崎迷堂 孤輪
野の池に蕪を洗ひ居るに遭へり 尾崎迷堂 孤輪
野蕪女来よ花鳥かなしき絵燈籠 西本一都 景色
長安の夢のつづきの赤蕪 原田喬
長蕪の青首曲る小春かな 不句襍成 細谷不句
降るものに根をそそぎたる蕪かな 千代尼
雨音に蕪溺れてひとりぐらし 秋元不死男
雪がこひ真白な蕪をかかへて出づ 加藤楸邨
雪はげしかり劉生のかぶらの絵 中田剛 竟日
雪掘りて雪の甘みの葱蕪 細谷鳩舎
雪晴の伊賀の古町蕪売 橋本鶏二 年輪
霜月や京の小蕪の美しき 角川春樹
露の世や小蕪は人なつかしげ 清水径子
露の蕪抜いておどろく声洩らす 楸邨
青海苔をかぶらぬ岩はなかりけり 野村泊月
風の日の水さびさびと赤蕪 長谷川久々子
風まぜに蕪ひく野の霙かな 信徳
風を帰し妻の手籠の緋蕪かな 黒川憲三
飛騨一之宮抜きたての赤蕪 金子青銅
餅つく頃蕪は土出て肌並べ 香西照雄 素心
餅焼けて蕪酢づけは箸やすめ 及川貞
馬の背や緋蕪のぞかすお霜月 石橋秀野
高々と田園まさに蕪哉 淡々 (独学愚蒙声)
鷹峯雲放ちたる蕪かな 小川軽舟
鷹狩の道にひきたる蕪哉 蕉笠
すずなすずしろよく笑ふ姉妹かな 森山夕樹
すずなと言ひすずしろといひ祝ひけり 梅子
乗鞍に雪光る日や蕪引 瀧井孝作
寂光院までの古みち蕪引く 鍛治桂子
寒菊や蕪引たる裏の畑 五城
小蕪干す谷にもつとも白きもの 古舘曹人 樹下石上
手の力そゆる根はなし蕪引 千代女
故郷や蕪引く頃墓参 子規句集 虚子・碧梧桐選
日のさせばもどる鶫や蕪引 金子 潮
晴るゝ日の阿倍野の道や蕪引 佐藤肋骨
緋の蕪干し千那寺を守りけり 花岡明美
若菜籠すずなすずしろ秀いでけり 山田みづえ
蕪干して夕方の鶏うごかざる 岸本尚毅 鶏頭
蕪干して軒の歪みの見ゆるかな 死洒
蕪干せば冬の日低うなりにけり 松瀬青々
蕪引河南の路に似たるかな 数藤五城
街道を西へ歩けば蕪引き 山本洋子


以上
by 575fudemakase | 2014-01-28 07:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

小沢昭一の句集

小沢昭一の句集

例年、暮れになると「俳句年鑑」を買ってきて共鳴句を挙げるという作業をずっーとやってきた。今年はサボって未だである。諸家自選五句 662名で3,310句である。
もたもた作業していると一ヶ月くらいかかる。まとまったら当サイトにアップする予定。

それより、小生の興味をもったのは、アンケート中の今年のベスト句集一冊という項。
ザッと見渡して 小沢昭一の全句集「変哲半生記」を推したのは、藤原龍一郎氏一人のみ。
ヘェーこんなものかと思った。最も小沢氏の本業は俳優であり、役者であり、俳句は余技という見方もできるのだが、それにしても行状はユニークであり、それを写した俳句は個性的
である。あたかも、先に物故した渥美清と同類。渥美はこれを行なうのに自由律を使ったのだが小沢は別のレトリックを使う。

渥美の句集が世に出た時に、そこらのオイチャン、オバチャンの句集では追っつかない句集が出たものと揶揄したが、今回もおなじである。俳壇は今やサロン化している、具眼の士よ現れ
よである!。

以下に、渥美、小沢の句集につき言及した小生のサイトを挙げておく。
小沢の句については、もう少し絞っておきたいところ。現行は拾い放しというところか?

渥美清関連サイト
渥美清句集「赤とんぼ」再読
ザックリした言葉

小沢昭一関連サイト
俳句で綴る変哲半生記(第一章)
俳句で綴る変哲半生記(第二章)
俳句で綴る変哲半生記(第三章)
俳句で綴る変哲半生記(第四章)


年寄ってから、〝目〟が疲れるなら〝耳〟ということで、ウオークマン 11台に6万曲ばかり詰め込んで寝床等で聴いている。小沢が亡くなった時に以下のcdが発売されていたようで、最近それを知った。なかなかおもしろそうなので以下に紹介しておく。

▼▼
小沢昭一が2001年から2008年まで上演してきた“小沢昭一 歌のステージ ~唄って語って 僕のハーモニカ昭和史”のライヴ音源をCD化したもの。戦争を体験し、戦争を乗り越えた小沢昭一の、戦争の悲惨さ、いのちの大切さを笑いと涙で伝える“歌のステージ”。“小沢昭一的こころ”のライヴの世界を堪能できる必聴盤。
▼①
小沢昭一 歌のステージ ~唄って語って 僕のハーモニカ昭和史 (2枚組 ディスク1)の作品情報 (作品情報に関するお問い合わせ)
レンタル開始日 : 2013-08-21
制作年 : 2013年
制作国 : 日本
商品番号 : COCJ-38128
収録時間 : 46分
収録曲
1) しゃぼん玉 [オルゴール]~丘を越えて
2) 語り <1>
3) 東京行進曲~浪花小唄~THAT'S O.K.
4) 語り <2>
5) 二人は若い
6) 語り <3>
7) 旅の夜風~丘を越えて [ハーモニカ演奏]
8) 語り <4>
9) あめふり
10) 語り <5>
11) あの子はたあれ~仲よし小道
12) 語り <6>
13) お父さんエレジー
14) 語り <7>
15) 明日天気になあれ

▼②
小沢昭一 歌のステージ ~唄って語って 僕のハーモニカ昭和史 (2枚組 ディスク2)の作品情報 (作品情報に関するお問い合わせ)
レンタル開始日 : 2013-08-21
制作年 : 2013年
制作国 : 日本
商品番号 : COCJ-38129
収録時間 : 58分
収録曲
1) 語り <1>
2) 愛して頂戴
3) 語り <2>
4) 忘れちゃいやヨ
5) 語り <3>
6) あゝそれなのに
7) 語り <4>
8) 海行かば
9) 語り <5>
10) 軍国の母
11) 語り <6>
12) ハーモニカブルース
13) 語り <7>
14) 明日の心だ~しゃぼん玉 [オルゴール]

▼▼
ラジオ番組での軽妙な話芸や一人芝居、芸能史研究でも知られた俳優の小沢昭一。2012年12月10日に83歳で逝去した彼のコロムビアでの3枚のアルバムを熱いご要望にこたえてCDで復刻発売。

▼③
おじさん達の唄の作品情報 (作品情報に関するお問い合わせ)
レンタル開始日 : 2013-03-29
制作年 : 2013年
制作国 : 日本
商品番号 : COCP-37936
収録時間 : 41分
収録曲
1) 俺達おじさんには
2) ストトン節
3) 籠の鳥
4) バラの唄
5) しゃぼん玉
6) 美しき天然
7) 俺達おじさんには
8) 終戦の日に (語り)
9) アレ野たれ死に(夢も希望も絶えはてて)
10) ハーモニカが欲しかったんだ (語り)
11) ハーモニカブルース
12) エロ事師の歌

▼④
小沢昭一の小沢昭一的こころの作品情報 (作品情報に関するお問い合わせ)
レンタル開始日 : 2013-03-29
制作年 : 2013年
制作国 : 日本
商品番号 : COCP-37937
収録時間 : 43分
収録曲
1) 俺達おじさんには
2) 美しき天然
3) しゃぼん玉
4) 籠の鳥
5) ストトン節
6) 土耳古行進曲
7) ハーモニカブルース
8) アレ野たれ死に(夢も希望も絶えはてて)
9) エロ事師の歌
10) お父さんエレジー
11) 父チャン音頭
12) 明日の心だ

▼⑤
又・小沢昭一の作品情報 (作品情報に関するお問い合わせ)
レンタル開始日 : 2013-03-29
制作年 : 2013年
制作国 : 日本
商品番号 : COCP-37938
収録時間 : 42分
収録曲
1) ご同役
2) 悪妻ロック
3) たいした事じゃない
4) NEKOの唄
5) オヤジブルース
6) あの頃は
7) 僕の人生帰り道
8) 浅草の唄
9) 夏の雲
10) おんじょろ節
11) 満州哀歌
12) ハーモニカブルース (「丘を越えて」入り)


以上
by 575fudemakase | 2014-01-27 08:33 | 句集評など | Trackback | Comments(0)

枯草

枯草

例句を挙げる。

あら草枯れ立ち墓にする地取り シヤツと雑草 栗林一石路
おしうつる日かげ淋しも草枯るる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
おしつつむ曇り枯草ひくくひくく 松村蒼石 雁
おちついて死ねさうな草枯るる 種田山頭火
おとろへはまづ足よりぞ草枯るゝ 久保田万太郎 流寓抄以後
つまさきに雨しぶく草枯れにけり 金尾梅の門 古志の歌
ひそかにて枯草昏む壺泉 柴田白葉女 花寂び 以後
ひもすがら日は枯草に猫柳 松村蒼石 寒鶯抄
ふと雨のかはく匂ひが枯草に 中田剛 珠樹以後
ほつと舟の帆ふんわり枯草 シヤツと雑草 栗林一石路
ほのぼのと枯草に坐し生きぼとけ 林翔
やつぱり一人はさみしい枯草 種田山頭火(1882-1940)
よみがへる寝墓の嵩や草枯れて 朝倉和江
わが肌のほとほとぬくし草枯るる 原コウ子
わが門辺刈られずありて草枯るる 後藤夜半 底紅
われからの如き枯草とはなりぬ 中田剛 珠樹以後
われを愧ぢてゐ枯草など焚火してゐる 中塚一碧樓
一望に枯草の曳く光りかな 吉武月二郎句集
一木一草枯れゆくときの力とぞ 阪本宮尾
乾期くる黄の枯草に毒舌撒き 金子兜太
人の背の枯草吹くや春の風 碧雲居句集 大谷碧雲居
位牌の祖母よ草枯土橋揺れますよ 香西照雄 対話
何草の末枯草ぞ花一つ 暁台
元日の枯草焼くも遊びかな 佐野良太 樫
元日や枯草の鳴る風の音 高橋淡路女 梶の葉
兵舎のあと枯草圧して雪残る 桜井博道 海上
初不二を枯草山の肩に見つ 水原秋櫻子
初日かげ枯草の穂とふきなびけ 梅の門
力抜けゆく枯草にふる雪みれば 森澄雄
地の果てゆ草枯れ寄する二克山 臼田亞浪 定本亜浪句集
埋火やうら枯草の花一つ 雑草 長谷川零餘子
塩田の跡の広さに草枯るゝ 伊藤柏翠
墓場に手が生え枯草を撫で耽る 八木三日女 赤い地図
声忘れゐる枯草に日のぬくみ 林 翔
夏枯草の畦に座れば雨落つる 西口百艸
大江戸の街は錦や草枯るゝ 飯田蛇笏
女髪より枯草を取り別れけり 秋元不死男
孤児ら遊び土手の枯草擦り切れし 津田清子
小寒や枯草に舞ふうすほこり 長谷川春草
小鳥籠枯草ふれてありにけり 中田剛 珠樹
山の霧枯草道の先きを断つ 佐野良太 樫
川あはれかく枯草に絞られし 木下夕爾
干櫃をぬらしゝ雨や草枯るゝ 金尾梅の門 古志の歌
干足袋のこはぜの光り草枯るゝ 金尾梅の門 古志の歌
径としゆききする空地の草枯れ シヤツと雑草 栗林一石路
探照燈の光芒下むきに地の枯草 長谷川素逝 砲車
旗たたむとき枯草の匂ひせる 中田剛 珠樹以後
日おち屋根の枯草 シヤツと雑草 栗林一石路
日のひかりきこゆ枯草山にひとり 山口草堂
日記帳枯草のことところどころ 佐野良太 樫
明日も来る山の枯草に道具をしまふ シヤツと雑草 栗林一石路
春草に伏し枯草をつけて立つ 西東三鬼
昼休みのテニスコートまで草枯れてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
會津の山遠く見え草枯るゝかな朝かな 中塚一碧樓
月明の一枯草の伽藍かな 河原枇杷男 訶梨陀夜
望遠鏡に枯草ばかり覗きけり 長谷川かな女 雨 月
未明の枯草鳴らしやまざり交る犬等 赤城さかえ句集
札所への枯草道は近かりし 椎野 房子
枯れ草に國亡びたる初日かな 会津八一
枯草がふまれちびゐる道と言ひ 細見綾子 花 季
枯草しいて月をまうへに 山頭火
枯草とおもひしがはたと牛聳ゆ 栗生純夫 科野路
枯草となりて安らぐ裾野かな 山本柳翠
枯草にあまねきものは深空かな 平野冴子
枯草にかたくなな凧になつてる シヤツと雑草 栗林一石路
枯草にかりそめの艶おける雨 木暮つとむ
枯草にこぼれて涙枯れ色に 鈴木真砂女 夕螢
枯草にたゞあるものの棒の切れ 廣江八重櫻
枯草にほのと櫟の月明り 広瀬直人
枯草にまじる蓬の初日かな 渡辺水巴 白日
枯草にやや薄ら日の温みあり 相馬遷子 雪嶺
枯草にゆまりする音ききつつ過ぐ 篠原梵 雨
枯草にゐて蠅も昆虫なり 瀧春一 菜園
枯草にキャラメルの箱河あわれ 金子兜太
枯草に二人の我のひとり棲む 河原枇杷男
枯草に午笛のながき尾が隠る 山口誓子
枯草に友のながせし血しほこれ 長谷川素逝 砲車
枯草に坐し子を捧ぐ母の笑 石塚友二 方寸虚実
枯草に寝ころぶやからだーつ 山頭火
枯草に尚さま~の姿あり 高浜虚子
枯草に屈んで笑ふ韓の人 須藤 徹
枯草に心やすくも憩はるゝ 池内たけし
枯草に手の影がゆき母が過ぎ たむらちせい
枯草に日あたるといふよき事あり 細見綾子 花 季
枯草に日あたるははの忌日かな 西山誠
枯草に水を離れし氷かな 温亭句集 篠原温亭
枯草に沁みとほる火となりにけり 中田剛 珠樹以後
枯草に沈みむせびて師のまぼろし 柴田白葉女 『夕浪』
枯草に没して少年鳩飼へる 北市都黄男
枯草に潜水服のまま転ぶ 工藤義夫
枯草に盗人や米こぼしたる 浜田波静
枯草に石ころ眩しいえくぼかも 本田ひとみ
枯草に石と化したる亀並ぶ 山田弘子
枯草に立てばほとりに雨の音 五十嵐播水 播水句集
枯草に立テは落る囹かな 炭 太祇 太祇句選
枯草に脂のしみや人を焼く 雑草 長谷川零餘子
枯草に蹄鉄工の火花散る 上村占魚 鮎
枯草に軍馬の汗を掻き落す 石川桂郎 含羞
枯草に鉄杭積まる造成地 松本照子
枯草に鳴り行く影や馬の鈴 安斎櫻[カイ]子
枯草に鴨の彩羽をむしりすつ 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯草のうすくれなゐや西の京 山本洋子
枯草のかたまり合ひて佳き日なり 藤田湘子 黒
枯草のがんじがらめよ休耕田 太田土男
枯草のそよげどそよげど富士端しき 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯草のちびて強きを足裏にす 細見綾子
枯草のちりちり鳴りて山落暉 福田蓼汀
枯草のなほ艶なるに火を放つ 百合山羽公 寒雁
枯草のひと思ふとき金色に 鈴木真砂女
枯草のへろへろ燃えぬ生き難し 小林康治 『四季貧窮』
枯草のもう赤い芽の一月二日一月三日 栗林一石路
枯草のビラを拾つて読んで見る 佐野良太 樫
枯草の一すぢ指にまきてはとく 横山白虹
枯草の一茎青みのこしをり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯草の三脚の絵に戻つてくる シヤツと雑草 栗林一石路
枯草の上にかげひく雪ほたる 石原八束 秋風琴
枯草の上に大きな海があり 山西雅子
枯草の中に氷柱の光り見ゆ 高濱年尾 年尾句集
枯草の中の賑ふ春の雨 室生犀星
枯草の中はあたたか海蒼し 西田明水
枯草の中やここにも一仏 村沢夏風
枯草の八十八のほとけみち 徳脇 富枝
枯草の坐りし跡へ坐りけり 青木重行
枯草の大孤独居士此処に居る 永田耕衣
枯草の実を持ちてゐて煙のごと 清原枴童 枴童句集
枯草の日に汝が瞼はぢらひぬ 横山白虹
枯草の日のしづけさに従へり 岸秋渓子
枯草の日の中にゐる故人かな 日美清史
枯草の日を失ひて荒々し 高田風人子
枯草の日差しをのぼる微塵あり 中田剛 珠樹以後
枯草の朝日どの道からもはたらきにくる 栗林一石路
枯草の果てにはかなき池ひとつ 山西雅子
枯草の歩み礎石の上となる 皆吉爽雨 泉声
枯草の穂を揃へたる時雨かな 萩原麦草 麦嵐
枯草の雨滴目となり柩過ぐ 大井雅人 龍岡村
枯草の雨犬まじまじと海をみる 金尾梅の門
枯草の風あたゝかに月夜かな 金尾梅の門 古志の歌
枯草の香あたたかく往きにけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯草ふんで女近づいてくる 山頭火
枯草も火を待つまでに極りし 百合山羽公 寒雁
枯草や住居無くんば命熱し 永田耕衣 陸沈考
枯草や大きな井戸の径一つ 吉武月二郎句集
枯草や寄食に馴れし人に逢ふ 永井龍男
枯草や日の燃え落ちる口の中 永田耕衣 闌位
枯草や畑百姓はまだはだし 廣江八重櫻
枯草われを兄よ兄よと呼べり 河原枇杷男 密
枯草をぴちぴちふみておそるるなし 栗林一石路
枯草を一人の幅の径下る 篠原梵
枯草を吾は踏みゆき妹は径を 中島斌男
枯草を手に枯芝のかがやきに 山西雅子
枯草を撫づ一瞬の永遠よ 鳴戸奈菜
枯草を触るは燃ゆる心かな 永田耕衣 人生
枯草を踏めばどちらへでも行けて 後藤夜半 底紅
枯草を身にこたへなく踏みて佇つ 上村占魚 鮎
枯草を音たてて男等没日白らめ 桜井博道 海上
枯草寝るによし泪かくすによし 油布五線
枯草山夏柑は色ととのへて 松村蒼石 雪
枯草踏みしだく幾人の吾れや 小林一枝
棺の上に枯草まじる土おとす 川島彷徨子 榛の木
横たはる枯草堤大空に 京極杞陽 くくたち下巻
残る雪枯草よりも沈みゐる 横光利一
母となるか枯草堤行きたりき 細見綾子
母通る枯草色の春日中 飯田龍太
毛のような春の枯草父と子ゆく 大井雅人 龍岡村
水汲女夏枯草を黒衣にて 加藤耕子
汽車の影も一緒に枯草をゆく旅 シヤツと雑草 栗林一石路
沖荒るる日の枯草に松の影 広瀬直人
河面はさしひく汐や草枯るゝ 野村喜舟 小石川
泛びでて枯草の翳勁かりき 中田剛 珠樹以後
泡立草枯れて磧のすべて枯る 池田秀水
海女溜まる崖あたたかに草枯れて 高井北杜
淡雪や枯草車野をわたる 岡本松浜 白菊
火の迫るとき枯草の閑かさよ 橋間石
烏瓜棄てありそこら草枯るゝ 堤剣城
熔接の火が枯草に暮れのこる 石橋辰之助
物草太郎ごろ寝せし草枯れはてぬ 藤岡筑邨
犀思いつつ枯れ草の道を帰りくる 吉田嘉彦
白日に国尽くる所草枯れぬ 斎藤空華 空華句集
白浪は幾枯草の丘のあなた 福田蓼汀 山火
県居に狐なんどや草枯るゝ 尾崎迷堂 孤輪
短日や畔の枯草しろき穂を 五十崎古郷句集
石濤の歩に従ひて草枯るる 相生垣瓜人 微茫集
砂山は狼いろに草枯れゆく 成田千空
秋風に草枯れヘりしところかな 阿部みどり女 笹鳴
空地ことしは何もつくらず草枯るる 栗林一石路
窓の灯の照り合ふ雨に草枯るゝ 金尾梅の門 古志の歌
竹煮草枯れて野の雲大いなる 内藤吐天
箒草枯れぬ洗濯男われ 石橋辰之助
籍けといふ末枯草を籍きにけり 石田勝彦 秋興
老人或る枯草に飛びつきにけり 永田耕衣 悪霊
膝抱いて枯草藉いて失業す 原田種茅 径
舎利舎利と枯草を行く女かな 永田耕衣
色つけて花つけて草枯れてゆく 上野章子
草枯て人にはくずの松虫よ 几董
草枯て狐の飛脚通りけり 蕪村 冬之部 ■ 春夜樓會
草枯に勧化の僧の坐りけり 菅原師竹句集
草枯に宇津の餅屋の床几かな 乙字俳句集 大須賀乙字
草枯に影置く朝の怒り肩 高井北杜
草枯に染物を干す朝日かな 河東碧梧桐
草枯に百里の旅を了るかな 小杉余子 余子句選
草枯に真赤な汀子なりしかな 高浜虚子
草枯に蚯蚓呑みゐる蜥蜴かな 雑草 長谷川零餘子
草枯のそこらまぶしく鞄置く 木村蕪城 一位
草枯の家つゝぬけに暮れにけり 金尾梅の門 古志の歌
草枯の月夜に見えていちじるし 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
草枯の粉虫を呑んで咽せにけり 佐野良太 樫
草枯の道鄒に入る道祖神 寺田寅彦
草枯やいつのころより狸塚 大野信子
草枯や一もと残る何の花 正岡子規
草枯や一夢と消えし都の灯 石井露月
草枯や又国越ゆる鶴のむれ 飯田蛇笏 山廬集
草枯や家の向キなど一里輪 尾崎迷堂 孤輪
草枯や彼女が負籠に鳶ついて 廣江八重櫻
草枯や明日殺す鶏時つくる 雉子郎句集 石島雉子郎
草枯や時無草のささみどり 室生犀星 魚眠洞發句集
草枯や海士が墓皆海に向く(羽越線車中) 石井露月
草枯や灯して念ず観世音 宮武寒々 朱卓
草枯や石の狐の口長く 野村喜舟 小石川
草枯や絵馬落ちてある稲荷道 高田蝶衣
草枯や角曲りたる子の柩 佐野青陽人 天の川
草枯や道より高く舟がゆく 佐野良太 樫
草枯や野辺ゆく人に市の音 飯田蛇笏 山廬集
草枯や鯉にうつ餌の一とにぎり 飯田蛇笏 山廬集
草枯るるはげしさに海光るのみ 原コウ子
草枯るる日向の音にめぐりあふ 有働亨 汐路
草枯るる真夜中何を呼ぶ犬ぞ 西東三鬼
草枯るゝまゝに明るき家のうち 林原耒井 蜩
草枯るゝ園生に逢うて噂かな 萩原麦草 麦嵐
草枯るゝ家路の闇のあたゝかく 金尾梅の門 古志の歌
草枯るゝ日数を眺め来りけり 高浜虚子
草枯るゝ賤の垣根や枸杞赤し 正岡子規
草枯るゝ雨の洩れ灯を誰ぞ知らむ 林原耒井 蜩
草枯れそむ良寛のふとん裂れ方寸 細見綾子 黄 炎
草枯れつくし人がゐて陽にあたたまる 人間を彫る 大橋裸木
草枯れてゴム製品を燃すけむり 桑原三郎 晝夜 以後
草枯れて命ひそめし地の面あり 稲畑汀子
草枯れて地蔵が示す道しるべ 福原十王
草枯れて夕光げの浪飛べりけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
草枯れて宮址の溝のあからさま 津田清子 二人称
草枯れて狐の飛脚通りけり 蕪村
草枯れて看板の脚しかと立つ 伍賀稚子
草枯れて石のてらつく夕日かな 村上鬼城
草枯れて神山遠き鳥居かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
草枯れて色失へる雀かな 太田鴻村 穂国
草枯れぬ墓のみおのづと丈くらべ 香西照雄 素心
草枯れの雨あたゝかに夜明けたり 金尾梅の門 古志の歌
草枯れの頃の寒風山赤し(男鹿半島にて) 上村占魚 『一火』
草枯れや五六歩離れ人澄める 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
草枯れんとして暫しありまだ生きつ 雑草 長谷川零餘子
草枯をもて日のさまを移したる 岡井省二
草枯別れ路わが影さへも地になくて 川口重美
萩刈つてしばらく置きぬ枯草に 阿部みどり女 笹鳴
蓑も枯草のいろに人をり 安斎櫻[カイ]子
蓬萌ゆ枯草の骨踏めば鳴る 阿部みどり女
蕭条と名の草枯るゝばかりなり 大場白水郎 散木集
見るところみな枯草や百花園 星野立子
親鸞忌日の枯草のことば聴く 鷲谷七菜子 黄炎
誰の忌や跼めばささやく枯草や 河原枇杷男 定本烏宙論
貯木場丸太積み上げ草枯るる 北村かね子
賽すれば足る心かな草枯るゝ 雑草 長谷川零餘子
足にさばく枯草組織野より野ヘ 赤城さかえ
近松の墓訪ふや草枯るゝ道 岡本松浜 白菊
遠い船のけむりがゆききする埋立地の枯草にすわっている 橋本夢道 無禮なる妻抄
野に寝れば髪枯草にまつはりぬ 橋本多佳子
野の城や日あたりながら草枯れぬ 小林康治 四季貧窮
銀婚や枯草色の毛糸買ふ 石川文子
長閑さや暮れて枯草ふくらめる 渡辺水巴 白日
関ケ原夜も草枯るゝ薄明り 斎藤空華 空華句集
霜の枯草に石いまもあるさま シヤツと雑草 栗林一石路
霜枯の萩草枯の芒かな 八千渓
靴の泥枯草つけて富士を見る 横光利一
風のひま身にそふ月や草枯るゝ 金尾梅の門 古志の歌
風の向きに伏し枯草の年移る 鈴木六林男
鯉揚げて枯草に泥したたれり 南 うみを


以上
by 575fudemakase | 2014-01-26 15:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

初天神

初天神

例句を挙げる。

お初天神菊づくしなる春灯 西本一都 景色
その神楽天神花をかざす由 後藤夜半 底紅
ふるさとの初天神に詣でけり 橋本花風
わらべうた路地よりきこえ宵天神 宮下翠舟
一日の日射さぬままに宵天神 舘岡沙緻
亀戸の湯屋のけむりや初天神 加藤松薫
今生に父母なく子なく初天神 菖蒲あや
初天神友みな遠くなりしかな 星野麦丘人
初天神太鼓橋より通りやんせ 百瀬ひろし
初天神妻が真綿を買ひにけり 草間時彦
初天神学問の絵馬恋の絵馬 結城一雄
初天神易者の見台遠巻きに 脇坂啓子
初天神百のともし火またたけり 芝山喜久子
初天神石の牛にもコイン置く 渡辺満千子
初天神絹の匂ひの女かな 柴崎七重
初天神裏に十枚ほど枯田 堀古蝶
初天神隅田渡りてなほ遠し 高橋淡路女 淡路女百句
初天神黒き運河を越えて来ぬ 村山古郷
受験の子あれば心に初天神 轡田 進
命濃き天神花の翳さるる 後藤夜半 底紅
宵天神晩学の願ねむごろに 草村素子
寒一と日初天神といふ日あり 後藤夜半 底紅
巫女の袖触れし天神花を享く 後藤比奈夫
強風に打ち合ふ絵馬や初天神 沖山政子
御鏡に振る鈴うつり初天神 中田余瓶
我も又初天神の人となり 工藤 隆子
日おもてに雀群れたり初天神 柴田白葉女
春日傘お初天神通り抜け 前内木耳
末社にも初天神の人等かな 青山 友枝
杖ついて初天神へ一長者 三木彦兵衛
束ねたるまま古書を買ふ初天神 久松久子
消えがての日陰の雪や初天神 土方花酔
湯の道も初天神の人通り 岡本松浜 白菊
甘酒がバケツに二拝初天神 辻桃子
畑姥も初天神の蜜柑売 大谷句仏
紅すこし初天神といひて濃く 上村占魚
鈴の緒がひねもす振られ初天神 品川鈴子
雪風や宵天神の橋長く 青水月斗
願ひ事二つありけり初天神 薦田伸子



以上
by 575fudemakase | 2014-01-25 09:47 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

寒椿

寒椿

寒椿 冬椿の例句を挙げる。


あざやかに大厄来て去る寒椿 中村明子
あのひとを置き忘れたよ寒椿 大西泰世 椿事
いつこけし庇おこせば冬つばき 亀洞
いつも本気で咲いているのは寒椿 大西泰世 世紀末の小町
いま蛇笏なし蛇笏あり寒椿 飯野燦雨
うつくしく交る中や冬椿 鬼貫
おろかさのかぎりをつくし冬椿 三橋鷹女
お針子の膝まで日ざす寒椿 木歩句集 富田木歩
かりそめの世をまったうに寒椿 渡辺 光子
この恋はなかつたことに冬椿 柴田奈美
さみしさの往き来の翅音冬椿 斎藤玄
しゞに照る葉に花しづみ冬椿 西島麥南
つくばひの少き水や寒椿 王城
なぜにをんな垣の外見えて冬椿 河野多希女 彫刻の森
のけぞって鵯が花吸ふ寒椿 池内けい吾
ひとに託す夫恋ひに似し寒椿 石田あき子 見舞籠
ひと日出でひと日籠りぬ寒椿 石田あき子 見舞籠
ふるさとの町に坂無し冬椿 鈴木真砂女
ふるさとは風の中なる寒椿 入船亭扇橋
ぶあつうて越後の山や寒椿 小川軽舟
まだ明日の逢はむ日のこる冬椿 中村汀女
一つ咲き妻恋花か寒椿 阿部慧月
一夜さの雨の重たさ寒椿 矢島房利
一度死ぬための生なり寒椿 佐藤火峰
一湾を見下ろす宿や寒椿 成田久郎
一葉日記より目を上げて寒椿 中拓夫
三人かざす火鉢小さし冬椿 阿部みどり女 笹鳴
上京の子とゐる母の寒椿 永田耕一郎 海絣
下むきに咲きそる花や寒椿 星野立子
中年の寂寞しろき冬椿 柴田白葉女
九億九光年を経し寒椿 斎藤愼爾 冬の智慧
乾らびたる土にぽとりと寒椿 高澤良一 宿好
今は寄る船なき浦の冬椿 福田蓼汀 山火
今生の色いつはらず寒椿 飯田龍太
仮の世のなぞなぞを解く寒椿 大西泰世
何といふ赤さ小ささ寒椿 星野立子
冬つばき世をしのぶとにあらねども 久保田万太郎 流寓抄
冬つばき睡りてもねむりても更年期 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬つばき難波の梅の時分哉 召波
冬椿かげ濃く月光菩薩降る 柴田白葉女 『夕浪』
冬椿かなしき面輪夫が継ぐ 石田あき子 見舞籠
冬椿と同じところが濡れてゐる 鳥居真里子
冬椿一輪にして機嫌よく 斎藤玄 雁道
冬椿乏しき花を落しけり 日野草城
冬椿仰ぎて伊豆の寺にあり 深見けん二
冬椿光り誠実に過剰ありや 香西照雄 対話
冬椿呪縛解かれし赤さかな 長谷川かな女 花 季
冬椿咲けり父母在り孝なさず 吉田未灰
冬椿塔ある谷に遊びけり 松根東洋城
冬椿寝顔のままに夫逝けり 倉田静子
冬椿日に富む障子とさしたり 尾崎紅葉
冬椿母を老いしめしは誰ぞ 上田五千石 森林
冬椿水の貴さあいさつに 加倉井秋を
冬椿焦げぬ幾日か土踏まぬ 長谷川かな女 花 季
冬椿玉縄五丁目外れかな 皆川白陀
冬椿神をだましに来はせぬぞ 梅暁女 俳諧撰集玉藻集
冬椿竹叢着負ふ水の上 石塚友二 方寸虚実
冬椿荒波が日を洗ひゐて 小松原みや子
冬椿落ちたる音もなかりけり 鷲谷七菜子
冬椿落ちてそこより畦となる 秋櫻子
冬椿落つやわが佇つ前うしろ 木下夕爾
冬椿鉄瓶の湯のやはらかし 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
初めてのまちゆつくりと寒椿 田中裕明 山信
劫火なれや冬椿まつ赤に咲ける 長谷川かな女 雨 月
劬りの師の語はあつし冬椿 石田あき子 見舞籠
又重きポンプとなりぬ冬椿 阿部みどり女 笹鳴
古への道のこと問ふ寒椿 道山昭爾
咲き競い寒椿とも思はれず 諏訪美枝子
唇の謀叛寒椿落ちにけり 佐々木耕之介
垂れし枝反り上り咲く寒椿 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
埃くさき日暮れとなりぬ寒椿 中拓夫 愛鷹
塚守りの杖もて指せる冬椿 金箱戈止夫
墓石に煙草一本の白寒椿 中拓夫 愛鷹
墨染を着て眼前の寒椿 村上賢一
夕月やひそかに咲ける寒椿 草城
大竹に絡まり咲くや冬椿 元
天険に一輪赤き寒椿 吉澤卯一
奥余呉は籬を結はず寒椿 丸山哲郎
妻の名にはじまる墓誌や寒椿 宮下翠舟
姿なき者らゆきかふ寒椿 水野真由美
寒椿あしたにもくるいちだいじ 五十嵐山風
寒椿いつも見えゐていつも見ず 神蔵 器
寒椿おのがみどりにてり映えて 林原耒井 蜩
寒椿しあはせひとつ子に賜ひ 望月たかし
寒椿しかも真白に母校なる 古舘曹人 能登の蛙
寒椿しだいに雪の明るくて 横光利一
寒椿つひに一日のふところ手 石田波郷(1913-69)
寒椿てふくれなゐの荒々し 竹下陶子
寒椿のほぼ臨月となりにけり 田中一美
寒椿ひさしき蕾ゆるびけり 西島麦南 人音
寒椿ひらくか十指枯色す 小檜山繁子
寒椿ふりむけば子は我を見し 加藤瑠璃子
寒椿わが生れし日の燭として 岡本眸
寒椿われらかくして饑ゑずあり 林原耒井 蜩
寒椿一句は赤し二句黒し 攝津幸彦 鹿々集
寒椿一輪生けて人待てり 田中冬二 俳句拾遺
寒椿五弁の呪符のほぐれおり 神保弥生
寒椿人恋ふて咲く館跡 篠田恵衣子
寒椿今年は咲かぬやうすなり 正岡子規
寒椿六道にても句を拾ひ 山口都茂女
寒椿力を入れて赤を咲く 正岡子規
寒椿包みに闇のひとつひとつ 斎藤玄 雁道
寒椿咲きたる家の日向かな 田中冬二 俳句拾遺
寒椿咲き切れずあるまくれなゐ 島村茂雄
寒椿嘘を言ふなら美しく 渡辺八重子
寒椿外交官の手から手へ 攝津幸彦 鹿々集
寒椿女弟子来る夕かな 福田清人 坂鳥(附・生い立ちの記)
寒椿師を悼む句を褒められぬ 草間時彦 櫻山
寒椿弱音吹き消す吾子の声 牧 ひろ子
寒椿持てば浅草オペラ湧く 不死男
寒椿放下に遠く暮らしをり 木下ひでを
寒椿日ぎめの人形仕上らず 木歩句集 富田木歩
寒椿日はかんかんと鳴つてをり 小檜山繁子
寒椿月の照る夜は葉に隠る 貞
寒椿朝の乙女等かたまりて 沢木欣一
寒椿柄杓に氷すくひ捨つ 雑草 長谷川零餘子
寒椿母と降り立つ無人駅 皿井節子
寒椿活くるこの手に二十歳待つ 山岡 季郷
寒椿深く眠れば熱は去る 雅人
寒椿湯滝真滝の相しぶき 西本一都 景色
寒椿独りのかたへ澄みにけり 斎藤玄 狩眼
寒椿畳の艶の深まりし 山崎 篤
寒椿種火のやうに一花づつ 朝倉和江
寒椿竹の枝打つ音すなり 龍太
寒椿置きたる水の動きだす 夏井いつき
寒椿落ちしばかりの水揺るる 菅井たみよ
寒椿落ちたるほかに塵もなし 篠田浩一郎
寒椿落ちて崖うつ怒濤音 河本好恵
寒椿落ちて湖国の揺れにけり 鈴木鷹夫
寒椿落ちて火の線残りけり 加藤楸邨
寒椿落ちねば心に落としみぬ 高澤良一 素抱
寒椿蕾は色を握りしめ 川島雨龍
寒椿見え隠れする特捜部 汎 馨子
寒椿視線はづしてわかれけり 谷口桂子
寒椿赤し一揆の血が流れ 関口ふさの
寒椿輪袈裟掛ければ一信徒 影島智子
寒椿遠村遠望確かむる 草田男
寒椿首を廻せばこの世の門 栗林千津
寺に生れて経をきらひぬ冬椿 阿部みどり女 笹鳴
屏こぼつ跡の寒さや冬椿 游刀
山の雨やみ冬椿濃かりけり 白葉女
山寺や縁の下より冬椿 五十嵐播水 播水句集
岩影に神饌の生簀や寒椿 西村旅翠
巨勢山の椿は知らず寒椿 熊谷恵子
幼な子の死目にひらく寒椿 宇多喜代子
庫裡開いて無住にあらず冬椿 蕪城
恋すてふ落暉追ひ落つ寒椿 渡辺恭子
我が誕生日祝ぐ色揃へ寒椿 五十嵐播水
折り取つて日向に赤し寒椿 渡辺水巴 白日
掛絵馬の風に鳴るなり寒椿 佐藤郁子
新建の紅めでたかり寒椿 石川桂郎 四温
日あたりや蜜柑の畑の冬椿 泉鏡花
日と月のごとく二輪の寒椿 鷹羽狩行
昭和余年平成後年寒椿 大井恒行
暖き日なり折られて寒椿 河野静雲
暗がりの葉を揺らぎ出て寒椿 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
月日経し師弟の礼や冬椿 小林康治 『華髪』
朝の日に金を抱ける寒椿 宗像夕野火
朝の空気静かに流れ寒椿 桂信子 黄 瀬
木歩の碑血の色に咲く寒椿 毛塚静枝
杉谷に紅ィゆゑや冬椿 尾崎迷堂 孤輪
柩へ父のめりて投ず寒椿 関戸靖子
楮蒸す湯気の向ふの冬椿 池田和子
水瓶や場(には)かたまらぬ冬椿 酒堂 俳諧撰集「藤の実」
汐入りの池あたたかし寒椿 中村汀女
汲みたての水揺れてゐる寒椿 桂信子
波郷夫人の短き髪や寒椿 細川加賀
波除にのみ波見ゆる冬椿 大西桑風
海に降る砂思うべし寒椿 永末恵子
海の日に少し焦げたる冬椿 高浜虚子
海女解けば丈なす髪や冬椿 松下匠村
海近き道の起伏や寒椿 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
火とぼして幾日になりぬ冬椿 一笑
火のけなき家つんとして冬椿 一茶
火はわが胸中にあり寒椿 角川春樹(1942-)
父も夫も師もあらぬ世の寒椿 桂信子 花寂び 以後
物乞の手触れてゆきし寒椿 一雄
琴爪の白きがさみし冬椿 長谷川かな女 花寂び
生きることは一と筋がよし寒椿 平之助
畑にも雑魚干場にも冬椿 深見けん二
畳替へて家の古さや寒椿 白水郎句集 大場白水郎
病む妻に花落すなよ寒椿 今泉貞鳳
痛み分けてふ語がふっと寒椿 高澤良一 宿好
白と云ふ艶なる色や寒椿 浩山人
真似ごとがまことを凌ぐ寒椿 宇多喜代子 象
眼底に冬椿燃え傷疼く 柴田白葉女 遠い橋
石壇や一汗かきて冬椿 露川 俳諧撰集「藤の実」
神のものみな美しや冬椿 谷崎 和布刈男
穴という穴を塞げり寒椿 斎藤愼爾 冬の智慧 以後
竹藪に散りて仕舞ひぬ冬椿 普羅
自動扉のとづるに庇ひ冬椿 宮武寒々 朱卓
舁き下す柩や落つる寒椿 寺田寅彦
花咲いておのれをてらす寒椿 飯田龍太
落かゝる日脚ももろし冬椿 五柳
落ちたるは徒に拾ひて寒椿 斎藤玄 雁道
葉籠りの花の小さきは冬椿 清崎敏郎
薄き日の濃くなる道や冬椿 増田龍雨 龍雨句集
藪の中寒椿さき目白なき 田中冬二 俳句拾遺
藪鼻の風の光刃寒椿 百合山羽公 寒雁
虚の壁のやぶれ真赤に寒椿 和田悟朗 法隆寺伝承
裾捌軽き歩みや冬椿 御林めぐみ
見るといふつつむ心に寒椿 大岳水一路
視られつつ坐す室の隅冬椿 柴田白葉女 遠い橋
親王は生きて居給ヘリ冬椿 長谷川かな女 雨 月
観音は素足に在わす寒椿 神谷美和
記憶からこぼれつづける寒椿 大西泰世
赤もまた冷たき色よ冬椿 久屋三秋
赤もまた孤独なりけり寒椿 和田律子
蹲に落ちて紅張る寒椿 影島智子
辞世の句とはかくかくや冬椿 威瀬正俊
近付けば蕾勝りて冬椿 稲畑廣太郎
陵の火気を断ちたる寒椿 後長耕浦
雪の辺に白惜しまずよ冬椿 齋藤玄 『玄』
雪女郎に恋はありけり寒椿 中勘助
雪晴れて大破の屋根や寒椿 西島麦南 人音
雲影の洋おしうつる冬椿 太田鴻村 穂国
霧はやき荒海の日に冬椿 石原舟月 山鵲
頑の一重清しき寒椿 徳田千鶴子
飲食に倦むときのあり寒椿 森澄雄
鵜の墓の昏きに一樹寒椿 松井慶太郎
鵜の濡羽照りて過ぎけり冬椿 桂樟蹊子
鶴とほく翔けて返らず冬椿 水原秋櫻子
齢にも艶といふもの寒椿 比奈夫



以上
by 575fudemakase | 2014-01-24 07:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬萌

冬萌

冬木の芽 冬芽 冬萌 の例句を挙げる。

「歓喜歓喜(フロイデフロイデ)」冬芽びつしり耳をたて 吉原文音
お降りの庭木冬芽を確かむる 瀧 春一
かにかくに産月ちかし冬芽へ靄 古沢太穂 古沢太穂句集
くらやみを抜ける冬芽の破裂音 河合凱夫 飛礫
げんまんの思はぬ力冬芽立つ 大見川久代
さくら冬芽を見るいつぱいの空気 中塚一碧樓
しあはせを育ててゐるや冬萌ゆる 福山理正
たくましき冬芽のありて枯るゝ木も 小畑一天
とんがって風切る冬木の芽の容 高澤良一 素抱
なあるほどこれが冬芽の付き方か 高澤良一 宿好
にはとこ冬芽老衰病者みな匂ふ 松村蒼石 雪
むらさきの冬芽や虫穴のごとき両眼 長谷川かな女 花寂び
もくれんの毳立つ冬芽こんなにも 高澤良一 素抱
もちははの墓は無番地冬木の芽 野村青司
ものごころつきし如くに冬木の芽 岬雪夫
もむ風にもまるるー樹冬芽光る 赤城さかえ
二列目の五番目あたり冬萌える 市原光子
亡き子と住みし紅屋根褪せぬ冬萌えぬ 香西照雄 素心
人眠る頃も一気の冬芽かな 阿部みどり女 月下美人
余世とはいつよりのこと冬木の芽 来住野臥丘
光る冬芽法林に法の落葉せわし 赤城さかえ
冬木の芽かたく閉ざして御輿庫 松田延子
冬木の芽ことば育ててゐるごとし 片山由美子
冬木の芽ジャツクナイフの硬さなり 尾田秀三郎
冬木の芽チャボが卵を落しけり 北見さとる
冬木の芽明日は待たるるためにあり 新明紫明
冬木の芽水にひかりの戻りけり 角川照子
冬木の芽父は家ぬちに咳ける 瀧春一 菜園
冬木の芽篤くと見て其処離れけり 高澤良一 宿好
冬木の芽跡取りが居て孫がゐて 宮坂秋湖
冬木の芽風の帽子がむずがゆい 川田由美子
冬芽して大鑛脈に栃育つ 及川貞 夕焼
冬芽に目和服にパスタ似合ひたる 金田咲子 全身 以後
冬芽ひそと独り生くるに何の咎 樋笠文
冬芽また焔のかたち牡丹焚く 原裕 正午
冬芽満つ涙ふかざる吾子の意志 平子 公一
冬芽粒々水より空の流れゐつ 野澤節子 黄 炎
冬芽紅し明日の多忙へ休息す 大岳水一路
冬芽見て筆の不精を守り神 小檜山繁子
冬萌えのおちばすきまに冴ゆるかな 室生犀星 犀星発句集
冬萌えの藍の花もつ何の草 室生犀星 犀星発句集
冬萌えは底に揺らめく藻草にも 高澤良一 素抱
冬萌えや茶の実をひろふ椀のかご 室生犀星 犀星発句集
冬萌に日を追ひさがす米一升 加藤知世子 黄 炎
冬萌に紅じゆうたんを掛けしかな 赤尾兜子
冬萌に群れて白鶏汚れをり 根岸善雄
冬萌のけふしづかなる殉教地 山岸治子
冬萌も赤し不知火の国なれば 福田蓼汀
冬萌やこゑなき泉ひかりつつ 前田 鶴子
冬萌やこゑなき鶫田にまぎる 石川桂郎 四温
冬萌やばらして洗ふ小鳥籠 上原富子
冬萌や五尺の溝はもう跳べぬ 秋元不死男
冬萌や夕踏まれて朝冴ゆ 加藤知世子
冬萌や妻のよきこゑ旦より 木附沢麦青
冬萌や小鳥の嘴に空気穴 宮坂静生
冬萌や尾鰭紅らむ川たなご 田島秩父
冬萌や抱くとは息つまるまで 石田郷子
冬萌や朝の体温児にかよふ 加藤知世子 黄 炎
冬萌や木立囲ひに秋声碑 加藤耕子
冬萌や歌ふにも似て子の独語 馬場移公子
冬萌や水の銀圏隆まりて 香西照雄 素心
冬萌や海と平らに仔牛の背 須並一衛
冬萌や湖国の畦木みな低き 藤田湘子
冬萌や目覚めの床より鉛筆いづ 小檜山繁子
冬萌や色深くして能登瓦 岸田稚魚 筍流し
冬萌や赤子の好きな肩車 真山 尹
冬萌冴ゆ調子昂めるよいとまけ 加藤知世子 黄 炎
冬萌犬は力竭して吾を曳く 石田波郷
出不精やまた冬萌に日の射して 村沢夏風
刃のごとき地中の冬芽思ふべし 正木浩一
句つくりははなればなれに冬木の芽 上田五千石 風景
句碑にある巌のぬくもり冬芽立つ 野中 亮介
君がいふわが強情や冬芽かなし 加藤楸邨
和鋏の冬芽を払ふ音密に 平井照敏 天上大風
喪の家族三人冬芽の紅とあり 橋本榮治 逆旅
国会に子等がいつぱい冬木の芽 有島五浪
大いなる冬芽飛雪が岳を消す 及川貞 夕焼
富士きびし桑は冬芽を爪立てて 峰尾北兎
山の日のわづかに伸びて冬芽紅し(箱根三句) 内藤吐天
崖上の冬芽に空の近きことよ 長谷川かな女 牡 丹
影と来て何の冬萌ぞと跼む 関成美
御狩場の天に犇めく冬木の芽 加藤 一郎
挫折感朝は失せゐて冬木の芽 中村明子
日時計や復元花圃に冬芽満ち 下村ひろし 西陲集
晩年といふさびしさか冬木の芽 斎藤節
月光の中に捉へし冬木の芽 中村苑子
木々冬芽凍のゆるみに濃紫 前田普羅 飛騨紬
枝先にかけて冬芽の間詰り 高澤良一 ぱらりとせ
柞より赤き雑木の冬芽何 新谷根雪
桜冬芽空を押さへて太りだす 林翔 和紙
水上や雄々しく太き冬木の芽 前田普羅 飛騨紬
沼つぶほどをひかりて冬木の芽 清水衣子
渾身の力は真紅冬木の芽 折井眞琴
満天星の冬芽たしかに海の照り 館岡沙緻
熊四手の冬芽の側に枯るる果穂 高澤良一 燕音
狐啼く闇に冬芽の満つるかな 鳥居おさむ
病むことも治る証拠や冬木の芽 京谷圭仙
眼の高さに冬芽鋭し追ひつめらる 中島斌男
磯菊の冬芽にとほき日の匂ひ 中澤愛
神の井やあかねにけぶる冬木の芽 角川源義 『神々の宴』
秋声の碑ひそと冬萌ゆる 加藤耕子
空つかむ冬芽の瓜も雪を待つ 前田普羅 飛騨紬
細幹の冬芽の滲み出す如し 行方克巳
習ひ吹く笛冬萌の雨の中 友岡子郷
聖燭のごとき冬芽やこぶし老い 高島筍雄
自祝てふしづかな刻の冬木の芽 能村登四郎 寒九
舟魂へさくら冬芽のひかりかな 小島千架子
葬送にゆりかごの唄冬木の芽 大木あまり 火のいろに
蒼天に冬芽満ちつつ山枯れたり 相馬 遷子
被官稲荷賽銭一音ずつの冬芽 敷地あきら
裁ち割らばいま充実の冬木の芽 木村敏男
裸婦像の見据ゑる先の冬木の芽 伊東よし子
醜草の冬芽へ足をとどめけり 石川桂郎 高蘆
金婚にたどりつきたる冬木の芽 穐好頂磨子
金星の空や冬芽のかくれなし 内藤吐天 鳴海抄
除幕とは序幕冬芽のくれなゐに 中村明子
雨雫冬芽の数を置きにけり 稲畑汀子
雪割れて朴の冬芽に日をこぼす 川端茅舎
青空や今日も確かな冬芽嵌む 林翔 和紙
風化寸前寝墓冬萌に擁かれて 加藤知世子 花寂び
飛騨人の培ふ桐の冬芽かな 前田普羅 飛騨紬
高炉の火消えてたしかに冬木の芽 山田桂三
高空の風の冬芽となりにけり 川合憲子
鹿踰ゆるとき冬萌のはなやげり 宇野隆雄



以上
by 575fudemakase | 2014-01-23 10:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬桜

冬桜

例句を挙げる。

いそがしく目白花訪ひ寒櫻 八木林之介 青霞集
いつまでも咲いてさびしゑ寒ざくら 石原八束 『黒凍みの道』
うすうすと島を鋤くなり寒桜 飴山實
うす紙のごとき日をのせ冬桜 行廣すみ女
うす~と島を鋤くなり寒桜 飴山實 辛酉小雪
うつし世のものとしもなし冬桜 鈴木花蓑句集
かげりきてむしろ白湧く冬桜 中村 房子
ここ河津緋寒桜の田舎咲き 高澤良一 ぱらりとせ
ごはんつぶほどのあかるさ冬ざくら 高澤良一 ももすずめ
すいと来て頬赭き鳥寒ざくら 高澤良一 さざなみやっこ
たましいのいくたび撓う冬桜 寺井 谷子
つくづくと淋しき木なり冬桜 角川春樹
つぶやきの息にくもれる冬桜 上田日差子
はなびらの小皺尊し冬ざくら 三橋敏雄 畳の上
ひそみて淡し翁の魂の冬桜 有働 亨
ひとつ枝に飛花落葉や冬ざくら 與謝蕪村
ひとゆれに消ゆる色とも冬ざくら 平子 公一
みづうみの晴れてしんしん冬ざくら 関戸靖子
めだたずも見頃と言へる冬ざくら 源 一朝
やごとなき人の里居や冬桜 岡本松浜 白菊
ややこしき坂の熱海の寒桜 高澤良一 さざなみやっこ
一事終へ湖の落暉に冬ざくら 塚田秋邦
一弁を吐ける莟や冬桜 富安風生
一片を散りもこぼさず冬桜 園 敦恵
一瓣を吐ける莟や冬桜 富安風生
七十路の月日逃げゆく冬桜 野口夏桐
三度見て三度炎のいろ寒桜 高澤良一 ぱらりとせ
九十の母の喜び冬桜 高木晴子
二年坂三年坂と冬ざくら 青木重行
人体に谷あり谷の冬ざくら 柿本多映
今着きしばかりの日差し冬桜 高澤良一 ぱらりとせ
仰ぎゐておのれ忘るる冬桜 根岸善雄
八十の母が出歩く寒桜 外川飼虎
冬ざくら世を幻と思ふ日も 吉村ひさ志
冬ざくら光の中に母待たす 守田季由
冬ざくら咲きて大気の透きとほる 小松世史子
冬ざくら小僧が運ぶ経机 梶山千鶴子
冬ざくら山に住み踝が尖る 一ノ瀬タカ子
冬ざくら死に逆らはぬ鳥けもの 木内彰志
冬ざくら科人の目の澄みわたる 宇多喜代子
冬ざくら花の漂着せる如く 高澤良一 さざなみやっこ
冬ざくら花は直下に零れけり 高澤良一 さざなみやっこ
冬ざくら雨にまみるる外はなく 高澤良一 さざなみやっこ
冬ざくら鴉牛舎にかぶさって 児玉悦子
冬桜一ひら解けし夕霧忌 清崎敏郎
冬桜一縷の径をのぼりつめ 岡本まち子
冬桜三十畳を拭きあげて 夏井いつき
冬桜咲きゐる吉備津詣かな 上田土筆坊
冬桜夜空に枝の仔細あり 小川修平
冬桜常陸風土記の空青し 原 和子
冬桜干し重ねたる和紙の息 殿村莵絲子
冬桜波のひかりと光りあひ 正円青灯
冬桜皇女の墓の傍に咲く 小玉真佐子
冬桜目離さばその枝暮れむ 岡田貞峰
冬桜相模の湾を一望に 山本 幸代
冬桜空の碧さとかかはらず 馬場移公子
冬桜見に来て地酒買ひにけり 下山宏子
冬桜野の梅よりも疎なりけり 沢木欣一
冬桜風が間引きし花の隙 高澤良一 ぱらりとせ
冬桜風の研ぎたる空のあり 山田閏子
冬桜飛鳥鍛冶の裏径に 橋本鶏二
冬櫻そこに失せものあるごとく 田中裕明 花間一壺
冬櫻めじろの群れて居たりけり 泉鏡花
古きよき厠のにほひ冬桜 小川軽舟
吉野恋ふ佛に散れり寒ざくら 青木重行
吾が句碑に大き耳あり冬ざくら 星野明世
咲きそむる緋寒桜の名護の町 磯野多希
咲きそめしかに咲ききれる冬桜 久保ともを
噴湯立つ空の青さに寒桜 塩谷はつ枝
天つ日の褻にも晴れにも寒桜 石原八束 『藍微塵』
天心に幻日かゝげ寒桜 上野和子
天日に影さびしむや冬ざくら 望月たかし
夫もたぬ不幸はすこし冬ざくら 手塚美佐 昔の香
妻もまた気がついてをり冬ざくら 高澤良一 随笑
寂しくて青空を被る寒桜 関森勝夫
寒ざくら涙の粒のそろひけり 仙田洋子
寒ざくら目白の群の舞ひ戻り 細川加賀 生身魂
寒ざくら蓄へし彩地にこぼし 雨宮抱星
寒桜おのれさみしみ咲きにけり 森澄雄
寒桜つぎつぎ加賀の雨滴 斉藤夏風
寒桜ほゝうと腕を組みながら 高澤良一 素抱
寒桜まれの開扉を四五人に 宮津昭彦
寒桜交はり淡くして長し 古賀まり子
寒桜交り淡くして長し 古賀まり子
寒桜人もをらずに咲きにけり 大峯あきら 鳥道
寒桜侘しと見るに止めけり 相生垣瓜人 明治草抄
寒桜咲いて一輪づつのもの 皆吉爽雨
寒桜咲き寒玉子てのひらに 高木晴子 晴居
寒桜林泉はづす在り処かな 中村汀女
寒桜淡きいのちを宙に揺る 三宅一鳴
寒桜緋のマフラーを巻き直し 高澤良一 素抱
寒桜裏口開けて産湯捨つ 加藤美能留
寒桜見に来て泊る八塩の湯 藤実艸宇
寒桜鰤寄る潮のうちかすみ 水原秋櫻子
寒櫻侘びしと見るに止めけり 相生垣瓜人
山の日は鏡のごとし寒桜 高濱虚子
山の陽を呼び寄せてゐる冬桜 杉浦虹波
山一つ越えて見にゆく冬ざくら 林原和枝
岬鼻に瞽女の道あり冬桜 館岡沙緻
島の血を継ぎし荒眉寒ざくら 中尾杏子
幼子も雨を見てをり寒桜 原田喬
庭深く咲く冬桜知らざりし 岡本秋江
彩どりは京劇の赤寒桜 高澤良一 素抱
彫り深き詩碑に影おき寒桜 浜 芳女
影のごと人きて佇てり寒桜 藤崎久を
御手洗の少し先には冬桜 京極杞陽 くくたち上巻
忍ぶこと慣るゝは悲し冬桜 湯川雅
思はずの縁切寺の冬ざくら 高澤良一 さざなみやっこ
恤ぬりし野万朶の緋寒桜かな 桑田青虎
掻き曇り緋寒桜に雪しぐれ 伊東宏晃
散りしくといふことのあり冬桜 行方克巳
敵味方墓の寄りそふ冬ざくら 野口伊久子
日の差して赤子の匂ふ冬桜 古見史子
日は未形(みぎょう)色さめざめと冬桜 山田みづえ 草譜以後
昼月に垂り枝のゆれて冬桜 飯田蛇笏 春蘭
月光の玉くだけちる冬ざくら 石原八束 『黒凍みの道』
枝々に日を遊ばせて冬ざくら 阿部恵子
楚々となほ咲き継ぐ心冬桜 藤浦昭代
櫻餅寒櫻にも先がけし 相生垣瓜人
母癒えて言葉少なや冬桜 岡田日郎
民宿のシーズンオフの寒櫻 長谷田 義人
水のこゑ水にとどまる冬ざくら 馬場移公子
水音のそこだけ消えて冬桜 清水衣子
波音や夜目に仰ぎて寒ざくら 及川貞 夕焼
流鏑馬の道へ降らして冬ざくら 青木重行
浅山の土のぬくみや冬ざくら 望月たかし
浦凪や含みいまだし寒ざくら 原 俊子
海に向く枝よりひらく寒桜 羽吹利夫
満開にして淋しさや寒桜 高浜虚子
澄みのぼる時空の風の寒桜 石原八束
灯は消えて月のみのこる寒桜 水原秋櫻子
熱海まで見にゆくことに寒桜 高澤良一 素抱
異細胞宿るもえにし冬桜 長谷川翠
疎に咲きて日かげることも冬桜 浅井青陽子
白湯たぎる音のどこかに冬ざくら 浅沼 艸月
白粥の日数のなかの寒ざくら 鷲谷七菜子 花寂び
皮が幹ひき締めひき締め寒桜 香西照雄 素心
真上なる珠の三つ星寒ざくら 及川貞 夕焼
眩しさの雲が雲追ふ寒ざくら 田中翠
瞬いて妻瞬いて冬ざくら 高澤良一 随笑
石に寄るたましひあらむ冬櫻 磯貝碧蹄館
緋寒桜ちる沖縄を終の地に 八牧美喜子
緋寒桜ほうと見とれて雪国びと 中山純子 沙 羅以後
緋寒桜見むと急ぎて日暮れけり 邊見京子
耳たぶのふくふく育つ冬桜 上田日差子
舞うほどの花びら持たず冬桜 宇咲冬男
花びらのちらりと小さき寒ざくら 石原舟月
薄葉の一朶の雲か寒桜 山口青邨
虚と実をゆききの母や冬ざくら 石川文子
裂織の手ざはりやさし冬ざくら 兼田 幸苑
観音のみ手が咲かせし冬桜 渡辺恭子
邂逅の一と日なりけり冬桜 桑田青虎
陶然と花ひらくなり寒ざくら 柴田白葉女
隈取の朝比奈現るゝ寒桜 高澤良一 素抱
頂に駕籠を置きたし冬桜 星野紗一
風神も雷神も赤冬桜 鈴木太郎
風音のいつもどこかに冬桜 高橋千鶴子
鯉揚げを控へてゐたる冬桜 林周作

以上
by 575fudemakase | 2014-01-22 11:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング