<   2014年 02月 ( 50 )   > この月の画像一覧

水温む

水温む

例句を挙げる。

いきものゝ恋のしな~水温む 石井露月
うたたねの膝とろとろと水温む 秋元不死男
かはせみの瑠璃の一閃水温む 佐長芳子
これよりは恋や事業や水温む 高濱虚子
さうかとも思ふことあり水温む 星野立子
さざなみは神の微笑か 水温む 楠本憲吉
しなやかな子の蒙古痣水温む 鬼房
せせらぎのどのあたりより水温む 中坪一子
つながつてのぼり来る泡水温む 川崎展宏
べんけいにささるゝ鮒や水温む 野村喜舟 小石川
みどり児の指甘ければ水温む 原子公平
ゆつくりと色引き鯉の水温む 水見寿男
わが影の人がたに揺れ水温む 坂井三輪
ダンディーな鴨の襟首水温む 高澤良一 寒暑
一の堰二の堰越えて水温む 森高たかし
一の濠埋められ二の濠水温む 椎橋清翠
一日使ひし双の手の艶水温む 野沢節子
七面鳥くくるくるくる水温む 吉田鴻司
人影の映り去りたる水温む 高浜虚子
停年がもう目の前に水温む 高澤良一 宿好
八十の童心や水温む 本多栄次郎
出ては入る鳶の影あり水温む 小林凡石
十日ほど日記ためたり水温む 久保田万太郎 草の丈
厨より見ゆる家鴨の水温む 樋笠文
古道を沈めてダムの水温む 稲畑汀子 春光
吾とマリア映しルルドの水温む 景山筍吉
園丁に媚ぶるペリカン水温む 福田蓼汀 山火
坪取りも温む水縄の伸びよかに 廣江八重櫻
垣に干す靴とりどりに水温む 西村和子 夏帽子
夜は月の暈の大きく水温む 眸
天井へ鼠戻りて水温む 真山 尹
子を愛づる言葉ひたすら水温む 中村汀女
孤独無限あざらし温む水くぐり 稲垣きくの 牡 丹
小さくて全き六腑水温む 田中裕明 櫻姫譚
山椒魚の手足を置ける水温む 高澤良一 さざなみやっこ
山鳥の枯色をかし水温む 野村喜舟 小石川
川底に空びんの家水温む 上田日差子
師の門出づ葬ふたたび温む水 松村蒼石 寒鶯抄
底の穢のゆるぎそめけり水温む 西山泊雲 泊雲句集
店頭にパリの書あふれ水温む 本山卓日子
弁当に玉子焼あり水温む 池田秀水
怒る事知つてあれども水温む 東洋城千句
懐かしや二度逢ふ人に水温む 長谷川かな女 雨 月
新しき橋を映して水温む 後澤啼鳥
書きいそぐ魚偏の字や水温む 仙田洋子 雲は王冠
木橋のそり狂ふあり水温む 横光利一
杭の影太りては痩せ水温む 西村和子 窓
松伐つて石の凹みや水温む 会津八一
枯れ細る蘆の鏡の水温む たかし
枯渇して湖底の樹林水温む 古舘曹人 能登の蛙
機音のこゝまで響く水温む 高浜年尾
死といふ字いくたび書けば水温む 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
母ひとり子ひとりなりし水温む 老川敏彦
水温むアルルの橋の水に似て 右城暮石 上下
水温む一睡を経し明るさに 池田秀水
水温む一語一語に励まされ 毛塚静枝
水温む予備校生らの急ぎ足 宮川としを
水温む今宵の客を思ひ帰る 石原八束 秋風琴
水温む先づ子が映り何か映り 菖蒲あや あ や
水温む写真の隅に母見えて 藤田あけ烏 赤松
水温む動脈に似て下流の橋 大井雅人 龍岡村
水温む吾れにのみある楽しさに 高木晴子 晴居
水温む四方のひかりに林檎園 麦南
水温む墓山に墓一つ増え 幸治燕居
水温む夕べ樹膚のかがやきて 八束
水温む如くに我意得つゝあり 星野立子
水温む嫁ぐ日近くなりたれば 田中冬二 俳句拾遺
水温む子のとり囲むあたりかな 坂巻純子
水温む山国川や通院す 笈木 志津女
水温む川に沿ひたる寺の庫裡 田中冬二 麦ほこり
水温む曖昧なるはすべてよし 北登猛
水温む杭より影の揺らぎ出て 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
水温む枯れゐるものはさいなまれ 松村蒼石 雁
水温む母が少女のころの村 大岳水一路
水温む池に棒切れ浮いてをり 高澤良一 宿好
水温む沼辺に顔を持ってゆく 高澤良一 宿好
水温む泊るこころになりてをり 林火
水温む泥に茜や菖蒲の根 西山泊雲 泊雲句集
水温む洗濯石の二つかな 西山泊雲 泊雲句集
水温む洗車は早やも仕上りし 江木黒礁
水温む流るるものに歩を合はせ 平手むつ子
水温む濠の松影しづまれり 青峰集 島田青峰
水温む田川ながれて湖に入る 松村蒼石 雪
水温む私が私であるために 田中櫻子
水温む紺屋に届く布百反 小林千穂子
水温む老には老のつとめあり 大橋越央子
水温む赤子に話しかけられて 岸田稚魚
水温む身の紐ほどけゆく思ひ 渡辺恭子
水温む身辺りの冷えきはまるに 小林康治 『潺湲集』
水温む金魚の大和郡山 山根 真矢
水温む長堤いまだセピア色 長谷川昌子
水温む静かに思ふことのあり 立子
水温む鯨が海を選んだ日 土肥あき子
汝も處女の悲しき頃よ水温む 青愁 佐竹草迷宮
汽車着けばすぐ出る馬車や水温む 雑草 長谷川零餘子
泡影いくつ底に舞ひ居り水温む 西山泊雲 泊雲句集
温む水に長き髭出せり杭の蝦 鈴木花蓑句集
温む水に黒く全き朽葉かな 楠目橙黄子 橙圃
温む水の冥府の水に通ひなむ 齋藤玄 『無畔』
温む水を隔てゝ臥ねし人を思ふ 雑草 長谷川零餘子
漆椀はぢく雫や水温む 内田百間 新輯百鬼園俳句帖
漢字表壁に大きく水温む 西村和子 窓
瀬戸海に水温む川のそゝぎ鳧 内田百間
父の拳母のてのひら水温む 柴田佐知子
犬の舌赤く伸びたり水温む 高濱虚子
玉砂利の音に五十鈴の水温む 入江 量子
皮染むる木澁流れや水温む 南圃 未翁南圃句集 桂井未翁・太田南圃
籠の鳥に餌をやる頃や水温む 夏目漱石 明治四十一年
約束をもたぬ一ト日や水温む 的場秀恭
紙砧うつ戸毎水温む里 冬葉第一句集 吉田冬葉
縁側の少し高めや水温む 波多野爽波 『湯呑』
習字して抑ふるものや水温む 田川飛旅子
老鶴の天を忘れて水温む 飯田蛇笏
耶馬渓に陶匠一人水温む 小倉 草人
自転車の輪が廻るたび水温む 佐川広治
親のころよりのよしみの水温む 久保田万太郎 流寓抄以後
走り根も艶なす桜水温む 大岳水一路
辛うじて夜学修めし水温む 久米正雄 返り花
逆流をすこしこころみ水温む 上田五千石 琥珀
野に出づるひとりの昼や水温む 桂信子 黄 瀬
釣半日流るゝ煤や温む水 河東碧梧桐
鎌研ぐ母ふる郷にあり水温む 北 光星
雲帆の動くとも見えず水温む 高田蝶衣
馬祖百丈黄蘗と嗣ぎ水温む 尾崎迷堂 孤輪
鯉が身をのり出せし音水温む 岩城久治
鯉ゆけば岸は明るく水温む 青邨
ぬるむ水に棹張りしなふ濁りかな 杉田久女
ぬるむ水添水にいたり澄みにけり 下村槐太 天涯
一瞬に散る雑魚の群れ水ぬるむ 伊阪美祢子
六十歳と二歳の対話水ぬるむ 田川飛旅子
六郷川つねの煤降り水ぬるむ 有働亨 汐路
寂光院道なほ細く水ぬるむ 福田清人 水脈
山国の星をうつして水ぬるむ 吉野義子
日輪をとろりとのせて水ぬるむ 高井瑛子
月曜のルソーの絵より水ぬるむ 皆吉司
棹さして来る砂舟や水ぬるむ 芝不器男
水ぬるむコモ湖に来たり蝶生る 有働亨 汐路
水ぬるむ一人芝居のやうに生き 梶山千鶴子
水ぬるむ主婦のよろこび口に出て 山口波津女
水ぬるむ岸に大きな父の影 原裕 新治
水ぬるむ底ぬけ舟の内外かな 増田龍雨 龍雨句集
水ぬるむ心ほぐるゝ如くにも 深川正一郎
水ぬるむ日を恋うて浮く色の鯉 豊長秋郊
水ぬるむ杭を離るゝ芥かな 内田百間
水ぬるむ東夷に遊ぶ蜒と児と 淺賀穀象虫
水ぬるむ真間の継橋ひた~と 竹冷句鈔 角田竹冷
水ぬるむ蘇州の朝の市人出 佐土井智津子
水ぬるむ豆腐屋へ子がひと走り 細川加賀 生身魂
水ぬるむ頃や女のわたし守 蕪村
水ぬるむ鳥の浮寝や昆陽池 会津八一
水鳥の羽打ちの遠く水ぬるむ 高澤良一 随笑
石蕗の茎起きあがり水ぬるむ 室生犀星 魚眠洞發句集
群生ふる水草をひたし水ぬるむ 大場白水郎 散木集
羽をふくむ園生の小禽水ぬるむ 飯田蛇笏 春蘭
老人の杖を映して水ぬるむ 鷲谷七菜子 花寂び
耳たぶに岸辺の日差し水ぬるむ 高澤良一 寒暑
蛇の渡るや沼の水ぬるむ 正岡子規
蛙子の長蛇の陣や水ぬるむ 青嵐
裏溝やお玉杓子の水ぬるむ 子規
読みかけし八犬伝や水ぬるむ 小酒井不木 不木句集
賜暇の日々妻が妻めき水ぬるむ 林翔 和紙
雪残りつつ水ぬるむ城下町 杞陽
長沼といへる濁沼温むなり 大場白水郎 散木集


以上
by 575fudemakase | 2014-02-28 08:17 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

まんさく

まんさく

例句を挙げる。

あみだくじたどればまんさく花ざかり 池谷治代
うたうごとまんさくが咲く老のなか 和知喜八 同齢
うぶすなのまんさくに月降りてくる 久保田豊秋
きのふ今日まんさくの黄に適ふ空 山田弘子 こぶし坂
しやぼんいろなるは流離や雨のまんさく 阿部完市 軽のやまめ
ふり返りみてまんさくの花なりし 上野さち子
まんさくが咲けばこけしの瞳を思ふ 青柳志解樹
まんさくが赤く黄色く咲きにけり 林紀之助
まんさくと見て陶窯へ磴高し 石川桂郎 四温
まんさくにみちのくを恋ふ師弟かな 森田峠 避暑散歩
まんさくに三人連れの二人寄る 小西久子
まんさくに四通八達風のみち 高澤良一 さざなみやつこ
まんさくに夕べのいろや小海線 大嶽青児
まんさくに山の明るさ貰ひけり 船水ゆき
まんさくに我が息かよふほどの風 近藤 忠
まんさくに昼の風向きかはりけり 高澤良一 さざなみやつこ
まんさくに水激しくて村静か 飯田龍太
まんさくに滝のねむりのさめにけり 加藤楸邨
まんさくに銀嶺の風まつしぐら 立川華子
まんさくに風めざめけり雑木山 行方寅次郎
まんさくのすつかり咲いてしまひけり 片山由美子
まんさくのちぢれぐあいにあひにゆく 岡部矩子
まんさくのぬくもりほどでよろしいの 直江裕子
まんさくのよぢるる花に虻生まる 八木林之介 青霞集
まんさくのカイゼル髯の風そろと 高澤良一 ももすずめ
まんさくの一枝余さず山日和 宇佐美ふき子
まんさくの咲いてころころ水の音 赤松子
まんさくの咲きて冷たさ幹にあり 太田土男
まんさくの咲きて詰め終ふ登り窯 稲垣光子 『絵付筆』
まんさくの春の枯葉となりにけリ 安住敦
まんさくの暗いところを憶えけり 鶴巻ちしろ
まんさくの木蔭へ帰る病美し 穴井太 穴井太句集
まんさくの枯葉落さず咲きにけり 長崎小夜子
まんさくの淡き雪嶺にかざし見て 阿部みどり女
まんさくの淡さ雪嶺にかざし見て 阿部みどり女 『微風』
まんさくの空の深さよ風見鶏 細川律子
まんさくの花いつ見ても乾きゐる 高田正子
まんさくの花びら動く日曜日 牧野洋子
まんさくの花びら縒を解きたる 仁尾正文
まんさくの花や富士のくすり売 若林英子
まんさくの花や足湯の混んで来し 小笠原和男
まんさくの花咲く下は川普請 田中冬二 俳句拾遺
まんさくの花瀬しぶきにこぼれずや 森田峠
まんさくの花盛りなる古葉かな 綾部仁喜 寒木
まんさくの花面白き東慶寺 鈴木哲也
まんさくの貴船の奥へ下校の子 山本洋子
まんさくの隙間だらけの花愛す 高澤良一 素抱
まんさくの雨に明るし伊勢の海 田畑 龍
まんさくの黄のなみなみと暮れにけり 古館曹人
まんさくの黄のもぢやもぢやの世界かな 原田 喬
まんさくはまだ餅を負い田を越えて 和知喜八 同齢
まんさくは印度舞踊の手のかたち 穂苅富美子
まんさくは煙りのごとし近よりても 細見綾子 黄 瀬
まんさくは薄日の力溜めて咲く 柴田白葉女 『月の笛』
まんさくは頬刺す風の中の花 日原 傳
まんさくは鬼の振りむいてゆきし花 岩淵喜代子 朝の椅子
まんさくまんかいぼろぼろとほろにがい 岩下良子
まんさくも挿しまゐらせて針供養 荒井正隆
まんさくやおぼここけしの眼の潤み 姉崎 昭
まんさくやかくれ泣く子になりにけり 岩本和雄
まんさくやかへりみて誰も居らぬ路 瀧春一 菜園
まんさくやこどもの涙うすみどり 星野麥丘人
まんさくやひたすら濡るゝ崖の傷 草間時彦
まんさくやまた雪となる吉野越 笹井武志
まんさくややうやくペンが箸が持て 奥谷郁代
まんさくやポケットに指解きては ふけとしこ 鎌の刃
まんさくや一重瞼のいとこたち 柚木紀子
まんさくや人のかたちは火のかたち 森田緑郎
まんさくや人立ち去れば日と月と 岸本尚毅
まんさくや伐られ削られゆく故山 安江緑翠 『枯野の家』
まんさくや前生の暗ン臍の緒に 小檜山繁子
まんさくや墓の百基はみな木地師 今井啓次郎
まんさくや多摩の横山望みつつ 小松鈴子
まんさくや岩松採りの巌くさび 西本一都 景色
まんさくや峡人はまだ外に出でず 森澄雄 花眼
まんさくや我が悪筆のごと開く 益田ただし
まんさくや日照雨いつしか土砂降りに 岡田日郎
まんさくや旧家に残る大金庫 江藤文子
まんさくや春の寒さの別れ際 籾山梓月
まんさくや昼をほとびて雪の山 上田五千石 琥珀
まんさくや暁の連山刃めき 柴田紫水
まんさくや朝いきいきと峡の音 矢島房利
まんさくや極楽寺坂なだらかに 吉田未灰
まんさくや水いそがしきひとところ 岸田稚魚 筍流し
まんさくや水飲むさへも人恋し 湯浅康右
まんさくや油土塀は昏れてゐて 中川禮子
まんさくや町よりつゞく雪の嶺 相馬遷子 山河
まんさくや祝言一つに村の沸き 岩崎すゑ子
まんさくや竹曳く牛のあそびをる 関戸靖子
まんさくや笑みて歯欠けの山童 上田五千石 琥珀
まんさくや茣蓙いちまいに子が乗りて 田畑京子
まんさくや蝶舞ふやうに言葉出て 田中水桜
まんさくや谷より風の吹き上ぐる 布施れい子
まんさくや谺返しに水の音 岸野千鶴子
まんさくや赤子のやうな日が昇り 鷲谷七菜子 天鼓
まんさくや遠濁りして峡の空 小笠原和男
まんさくや長者構への海鼠塀 深野カツイ 『花八ツ手』
まんさくや雪に変はりし山の雨 つじ加代子
まんさくや麓をさらに長歩き 猪俣千代子 秘 色
まんさく咲きしか想いは簡単になる 金子皆子
まんさく咲き片親なるはふつうなり 足利屋篤
もじやもじやとまんさく夜に入りにけり 蓬田紀枝子
わが拳いびつまんさくひらきたる 新谷ひろし
ヒトラーの雄辯満作前にして 高澤良一 素抱
一本のマンサクのこと幾日も 宮地英子
万作が咲くよ咲いたと啼きかはし 清水径子
万作の花の貧しき黄色かな 倉田紘文
万作は微風を糧として漫ろ 高澤良一 石鏡
万作まんず咲いて妻の大きな欠伸 山鹿精一
万作やゆるびそめたる海の紺 行方克巳
万作や万葉仮名の八一の書 田部みどり
万作黄葉亡母天空にありとせり 金子皆子
万策の絶えてまんさく谷を越す 坪内稔典
人も狸もまんさくの下通りぬけ 前田保子
吉兆の糸を繰り出す花まんさく 佐藤美恵子
山茱萸の金まんさくの鬱金かな 片山由美子 風待月
山茱萸は咲きまんさくは綻びぬ 鈴木貞雄
摂心の障子まんさく咲きにけり 森田公司
日に風にまんさく花を解きにけり 伊能華子
明日嫁ぐ子へまんさくの走り咲き 松村多美
曳馬野にこのごろ減りし花まんさく 伊藤敬子
松籟に揉まれまんさく咲きにけり 阿部みどり女 『陽炎』
桃・満作咲きてとんとん拍子の春 高澤良一 寒暑
満作の小出しに咲ける臆病花 高澤良一 寒暑
満作の昼素通りの郵便夫 高澤良一 寒暑
満作の昼臈たげな気息かな 高澤良一 寒暑
満作の綻び初めぬ空鳴る日 高澤良一 寒暑
満作の鉤十字(ハーケンクロイッ)靡かせて 高澤良一 素抱
満作はお天道様のおかげ咲き 高澤良一 素抱
満作を前に餃子のげっぷかな 高澤良一 寒暑
満作植う根方を強く足固め 高澤良一 寒暑
火炎だちしてまんさくの花盛ん 上村占魚 『方眼』
空澄みてまんさく咲くや雪の上 相馬遷子 雪嶺
紅まんさく霧のしたびに火を蔵す 栗生純夫 科野路
紙縒解くごとくに咲けりまんさくは 梅澤健一郎
裏山の夜をうごかしているまんさく 加藤青女
谷こだましてまんさくの日和かな 小島健 木の実
谷間谷間に満作が咲く荒凡夫 金子兜太
賃縫いの俯きまんさくが咲いたよ 佐藤凍虹
鎮魂碑古りまんさくの花の中 岡田日郎
風なくてまんさく万のかざぐるま 嶋田麻紀
風の空まんさく人を立たしむる 阿部みどり女
鶏乗り童子山駆けて万作が咲く 金子皆子


以上
by 575fudemakase | 2014-02-28 08:03 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

薄氷

薄氷

例句を挙げる。

*えりの空から朝日さす薄氷 岡井省二
いろいろの草のいろさす薄氷 中田剛 珠樹以後
きょうはきょうの富士で晴れている刈田の薄氷 伊藤雪男
この世にも薄氷のありさすらふ人 宗田安正
しののめの薄氷は踏み砕くもの 雅人
しらうをの雫や春の薄氷 松岡青蘿
せりせりと薄氷杖のなすまゝに 山口誓子 遠星
せゝらぎに流れもあへず薄氷 高浜虚子
たわたわと薄氷に乗る鴨の脚 松村蒼石(1887-1982)
だんだんに水の光に薄氷 深見けん二
とぶらふや薄氷せめぐ流れ波 成田千空 地霊
ひつぢ田や青みにうつる薄氷 一茶 ■寛政四年壬子(三十歳)
ひるすぎて薄氷*えりをはなれけり 水原秋櫻子
ひるすぎの空気あやうし薄氷 津沢マサ子
もひとつ横向けば後ろや薄氷 永田耕衣 殺佛
わが声のわれを出でゆく薄氷 辻桃子
われとわが夢のあいだの薄氷 津沢マサ子 風のトルソー
チャーチル死す森の薄氷あさのまま 有働亨 汐路
一墨気薄氷を踏み虎が行く 磯貝碧蹄館
七草や襟にはね込む薄氷 中村史邦
人間の遠薄氷の時間かな 永田耕衣
会ひたくて逢ひたくて踏む薄氷 黛まどか
光ある中妻子と歩め薄氷期 中村草田男
八朔の薄氷といふ砂糖菓子 辻田克巳
冬の海落日や薄氷の番して居れば 永田耕衣 葱室
切ためや花の根にそふ薄氷 自笑
古びゆく家薄氷を四方にせり 松村蒼石 雪
君が代のところどころに薄氷 波多江敦子
吾ありて泛ぶ薄氷声なき野 佐藤鬼房
吾を負うて月の薄氷わたりゆく 浅香甲陽
夜のほどの風の手際や薄氷 為拾
夜の枯葉薄氷を聞くほどに過ぐ 対馬康子 吾亦紅
夢の端を踏むごとく踏み薄氷 鷹羽狩行
大沼の薄氷に月さしにけり 横田あつし
妹と埋め合う対の薄氷 二村典子
寒菊や水屋の水の薄氷 蓼太
山風のふたたびみたび薄氷 廣瀬直人
年立や格子の前の薄氷 龍雨
愛されてゐて薄氷を踏むあそび 辻美奈子
愛憎にとほく薄氷見つめをり つじ加代子
指一つにて薄氷の池動く 後藤比奈夫
方円の桶にしたがふ薄氷 田山諷子
日暮まで山かげの田の薄氷 長谷川櫂
旭のつと池の薄氷さゞめける 西山泊雲 泊雲句集
昼からは薄氷解ける音の沼 石井とし夫
杜若水は薄氷張りしごと 久米正雄 返り花
梅が香のかよふ薄氷むすびけり 久保田万太郎 草の丈
模糊として男旅する薄氷 長谷川久々子
母親よ池のかたちの薄氷よ 池田澄子
母逝けり薄氷に陽はとどまらず 山田みづえ
水草の薦(こも)にまかれん薄氷 素牛 俳諧撰集「藤の実」
泡のびて一動きしぬ薄氷 高野素十
流れいま薄氷越ゆる浅みどり 成田千空 地霊
流れきし薄氷とまる薄氷に 鈴木貞雄
浮くや金魚唐紅の薄氷 正岡子規
漂うて青き小国薄氷 金箱戈止夫
潦薄氷しそめ牛受胎 宮坂静生
澄みきつて木賊の中の薄氷 水野恒彦
父に問ふ二言三言薄氷 栗林千津
父病めば空に薄氷あるごとし 大木あまり 山の夢
玻璃の靴欲し薄氷を踏むときの 辻美奈子
甕のふち薄氷ひ日暮ただよへり 長谷川双魚 風形
田の薄氷きらりと葬の人あそぶ 中拓夫 愛鷹
田の面やや傾いてをり薄氷 有働 亨
白日の薄氷ゆるくまはりけり 中田剛 珠樹以後
白鳥に流れ寄りくる薄氷 石原八束 『風信帖』
眠りては時を失ふ薄氷 野見山朱鳥
瞳濃く薄氷よりも情淡く 富安風生
磨崖佛近く薄氷張りにけり 日原傳
神火ゆく田の薄氷に火屑とび 民井とほる
空を出て死にたる鳥や薄氷 永田耕衣 冷位
立春や昨日のままの薄氷 殿村菟絲子 『菟絲』
笑ひごゑあげ薄氷の崩れけり 石原八束 『仮幻』
紙ほどの川の薄氷日が流る 加藤憲曠
紙漉くや薄氷掬ふごとくにも 高橋睦郎 金澤百句
船入に家の脚立つ薄氷 桂樟蹊子
芦の芽の薄氷解くる日のまぶし 内藤吐天
荒壁に日の差してゐる薄氷 桑原三郎 花表
落日や薄氷の番して居れば 永田耕衣 葱室
葦の脛咥へてをるよ薄氷 鈴木貞雄
薄氷か紙の水子か紙漉場 百合山羽公 寒雁
薄氷たゝみよせ舟著きにけり 笹野香葉
薄氷として確かなる厚さもつ 後藤比奈夫
薄氷と朽葉したしみつつ消ゆる 松村蒼石 雁
薄氷と水とけじめのあるあたり 宮津昭彦
薄氷と水の間の夢ごこち 折井博子
薄氷と遊んで居れば肉体なる 永田耕衣(1900-97)
薄氷にいま曇り来し風の音 小林康治
薄氷にかぶさる波のひろごりぬ 日原傳
薄氷にきしきしと罅鳥とべば 吉川遊壷
薄氷にためらうて日の暮れゆける 松村蒼石 春霰
薄氷にのつて乾ける落葉かな 上野泰 春潮
薄氷にふたたび降りし雀かな 皆川盤水
薄氷に乗りてこの世を遊ばむか 糸大八
薄氷に似し夕雲を秘めて秋 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
薄氷に佇ちて羽衣鶴といふ 上野好子
薄氷に女人の末に陽が淡し 三谷昭 獣身
薄氷に山翡翠おのが影摶つも 藤原 如水
薄氷に投げしものなほ乗つてをり 高濱年尾 年尾句集
薄氷に招かれてゐる日の終り 柿本多映
薄氷に書いた名を消し書く純愛 高澤晶子
薄氷に神の眠りのまだ覚めず 野沢節子
薄氷に空の一隅流れゆく 古舘曹人 能登の蛙
薄氷に絶叫の罅入りにけり 原 雅子
薄氷に薬の匂ひありにけり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
薄氷に透けてゐる色生きてをり 稲畑汀子 汀子第三句集
薄氷に陽のやはらかき日曜日 中村純代
薄氷に雨降るよわが排卵日 池田澄子
薄氷に鯉の錦の滲みゐる 白岩三郎
薄氷に鴨のつくりし鴨の道 小野ひさし
薄氷のあの家この家軋む音 文挟夫佐恵
薄氷のうすくれなゐの朝ありぬ 鷹羽狩行
薄氷のかがやくやたつ蒲の絮 千代田葛彦 旅人木
薄氷のかけらとなりて日を弾く 山田閏子
薄氷のごとく心をとざすもの 牧野美津穂
薄氷のただよひそめぬ神子秋沙 加藤 草杖
薄氷のたはやすく消ゆ願ひごと 和田 祥子
薄氷のとぢたる芹を見出たり 石川桂郎 四温
薄氷のなほあり池の中ほどに 高濱年尾
薄氷のはなればなれの田舎かな 永田耕衣 吹毛集
薄氷のふれ合へる音漆器拭く 伊藤敬子
薄氷のみみいろすこし大伽藍 鳴戸奈菜
薄氷のめじや~とある落葉かな 比叡 野村泊月
薄氷のももいろすこし大伽藍 鳴戸奈菜
薄氷の上を厨の水はしる 近藤馬込子
薄氷の下のうすうすみどりなる 渡辺 しづ
薄氷の中の流れの濁りかな 岡田史乃
薄氷の中より草の立上る 星野椿
薄氷の何も映さぬ巷かな 山田みづえ 草譜以後
薄氷の使いの蝿の伽藍かな 永田耕衣 殺祖
薄氷の光を舐める猫の舌 伍賀稚子
薄氷の動きて瀞の石の貌 森田公司
薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二
薄氷の天地に風あそびをり 高橋馬相 秋山越
薄氷の宿のくらさに鎧櫃 古館曹人
薄氷の少し流れし時間かな 正田稲洋
薄氷の岸のあはれよ屋形船 今泉貞鳳
薄氷の岸より離れゆく日和 小島左京
薄氷の岸を離れて犬じもの 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
薄氷の平明のむごたらしさよ 永田耕衣 物質
薄氷の底にて息を凝らすもの 稲垣いつを
薄氷の底に年齢早見表 宇多喜代子 象
薄氷の底はながれて虚空なり 杉本雷造
薄氷の底より暁くる深空かな 深津健司
薄氷の有無の重なりうすれつゝ 加藤郁乎
薄氷の杭離るるに未練なし 滝 峻石
薄氷の樹影が折れてより水面 稲岡長
薄氷の水になじみてやゝ動く 久垣 大輔
薄氷の水の遅れて流れけり 村本畔秀
薄氷の水際暮れゆく風生忌 畠山譲二
薄氷の汀の私語に指をやる 赤松[ケイ]子
薄氷の池に羽毛の突きささり 館岡沙緻
薄氷の池の翳りや浄瑠璃寺 面地豊子
薄氷の消ゆるあたりのうすあかり 康治
薄氷の照りにおさるる旭かげかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
薄氷の田面や喉をざらざら剃る 中拓夫 愛鷹
薄氷の縁よりとけて傾ぎけり 赤澤新子
薄氷の草を離るるときの音 鈴木五鈴
薄氷の草を離るる汀かな 高浜虚子
薄氷の裏に夕焼こもりけり 吉野義子
薄氷の裏を舐めては金魚沈む 西東三鬼(1900-62)
薄氷の解けて戻りし水の性 山内山彦
薄氷の解けんとしつつ日をはじく 高濱年尾
薄氷の踏まねばならぬやうにあり 岡田順子
薄氷の針を見出でし宿酔 三橋敏雄
薄氷の鶴の数歩へ徐行せよ 古館曹人
薄氷ひょどり花のごとく啼く 飯田龍太
薄氷へわが影ゆきて溺死せり 三橋鷹女
薄氷へ歩きはじめの空気かな 攝津幸彦
薄氷も夢やそよそよ秘晩年 永田耕衣 殺佛
薄氷やきのふ一粒万倍日 神尾久美子 桐の木以後
薄氷やきらきらと泣く男の子 仙田洋子 雲は王冠
薄氷やひとりたのしき鳰 石田波郷
薄氷やまことしやかに恋いわたり 橋石 和栲
薄氷や一語ひかりて一語暗し 田辺百子
薄氷や下校の子らを田のとどむ 石川桂郎 四温
薄氷や不思議な風の通りすぎ 清水径子
薄氷や住民票にわれ一人 岡本 眸
薄氷や兎をころす童唄 市川千晶
薄氷や命一つをもてあそび 小林康治
薄氷や四五本芦の水ばなれ 余子
薄氷や壁のひとつに鳥瞰図 古舘曹人 樹下石上
薄氷や夢にも夫の来ずなりし 村上光子
薄氷や子らの遠きは子無きごと 石川文子
薄氷や山茶花散り込む手水鉢 寺田寅彦
薄氷や我を出で入る美少年 永田耕衣(1900-97)
薄氷や柄杓噛まれて居たりけり 冨谷季代女
薄氷や泣きごゑしぼる夕べの子 石原舟月
薄氷や牡鶏の妻無垢の子ら 千代田葛彦 旅人木
薄氷や終日昏き像の額 対馬康子 吾亦紅
薄氷や耳の尖れる石狐 柴田白葉女 『月の笛』
薄氷や薔薇色に城ねむらせて 小池文子 巴里蕭条
薄氷や金網一重空にほのか 草田男
薄氷や錯覚もまた真実も 都筑智子
薄氷や魚も焼かずに誕生日 石橋秀野
薄氷より紅梅までの髪靡き 齋藤玄 『玄』
薄氷をくるりと廻す蘆の角 太田土男
薄氷をさらさらと風走るかな 草間時彦
薄氷をしぐれの後の日がぬらす 長谷川双魚 風形
薄氷をたたき割りたる山の雨 大串章(1937-)
薄氷をつつきて吉良の仁吉とゐる 原田喬
薄氷をつつきて嘴のごとき指 狩行
薄氷をとかす太陽わが汽車行く 中山純子 沙羅
薄氷をぴしぴし踏んで老詩人 中村苑子
薄氷を弾けば水の匂ひして 松崎剛之
薄氷を心礎に塔の炎上記 桂樟蹊子
薄氷を押せば傾く水の空 高橋悦男
薄氷を昼の鶏鳴渡りゆく 野澤節子 黄 炎
薄氷を膝まづく母芹の水 磯貝碧蹄館
薄氷を路地裏で待つ女神かな 攝津幸彦
薄氷を踏みて或る日の夕景色 桂信子 樹影
薄氷を踏みて逆子と言はれたり 塩谷めぐみ
薄氷を蹴散らしてあり仏坂 原田喬
薄氷を透かせし鯉の吐息かな 鈴木フミ子
薄氷二つになりしなくなりし 藤崎久を
薄氷割る音たてて鴨の胸 橋本美代子
薄氷天に奥山在る如し 河原枇杷男 訶梨陀夜
薄氷涙ためる子に手をだす空 桜井博道 海上
薄氷照りかげりして神の池 小原菁々子
薄氷笑ふに堪へて物は在り 河原枇杷男 烏宙論
薄氷翡翠の象を連れ歩く 山西雅子
薄氷誰も戻らぬ日がつづく 宇多喜代子
薄氷踏みて試験のをはりたる 佐藤美恵子
薄氷雨ほちほちと透すなり 白雄
薄雪をのせし薄氷銀閣寺 右城暮石
藁いろの少年の父薄氷 栗林千津
藁しべをくの字への字に薄氷 榎田きよ子
覚め際の身に張りつめる薄氷 桂信子 遠い橋
解けてゆくところから透く薄氷 山口速
返り花薄氷のいろになりきりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
逢瀬とは薄氷も霜も踏みしだき 齋藤玄 『玄』
遠くより来りて張りし薄氷 阿部青鞋
酢の物に厭き薄氷を踏みわたる 間石
雨水のバケツの中の薄氷 中川ふみ子
雪のみが散る薄氷のほぐるるに 松村蒼石 雪
雪の暮薄氷やおもて上ぐれば日没ぞ 永田耕衣 冷位
雲のみが散る薄氷のほぐるるに 松村蒼石 雪
頭の中の一個處かゆし薄氷 河原枇杷男 蝶座 以後
風に幣鳴ればよろこび贄の熊 鎌田薄氷
餅搗(もちつき)や捨湯流るゝ薄氷 晩柳 古句を観る(柴田宵曲)
骨骸の寸運びかな薄氷 永田耕衣 陸沈考
鳥もなみ薄氷波にあそぶかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
鹿の目に薄氷あをき広さもつ 神蔵器
三十番札所の春の氷かな 岸田稚魚
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太 山の影
祇王寺の春の氷を割りし杓 梶山千鶴子
籾殻のこぼれて春の氷かな 南 うみを
にはとりが脚のせてゐる春氷 木内彰志
八方の晴れ尽したる春氷 廣瀬直人
守り札授かりて踏む春氷 木内彰志
文明の興り亡べり春氷 田中裕明
春氷むかしむかしも闇の田に 廣瀬直人
春氷大和の雲の浮きのぼり 大峯あきら
沢蟹の死んでゐたりし春氷 茨木和生 倭
藁しべを引くや着ききし春氷 岡井省二
蹼の乗つてうごけり春氷 菊地一雄
陽の翳の彫りこまれをり春氷 須賀薊
雲が雲のせて行くなり春氷 志賀佳世子
香を聞くすがたかさなり春氷 宇佐美魚目 秋収冬蔵
うすらひをゆつくり跨ぎ和菓子店 丹沢亜郎
うすらひをつつつつと鶸浄瑠璃寺 高澤良一 ねずみのこまくら



以上
by 575fudemakase | 2014-02-27 08:37 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

実朝忌

実朝忌

例句を挙げる。

いくさ敗れなほしみじみと実朝忌 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
いたづらに長寿願はず実朝忌 下村梅子
がうがうと谷戸に風ある実朝忌 高須禎子
きざはしに風流れ落つ実朝忌 中村喜美子
しらべよき歌を妬むや実朝忌 阿波野青畝(1899-1992)
その時も鳩は翔ちけむ実朝忌 山口青邨
てのひらにくれなゐの塵実朝忌 永島靖子
ほの白き昼の月あり実朝忌 上野 百人
みどり藻の高波の跡実朝忌 中拓夫
ティッシユペーパーごそりと抜ける実朝忌 大石雄鬼
伊豆の海の浪の巻穂や実朝忌 野村喜舟
伐られたる樹の叫ぶあり実朝忌 永井龍男
低山に入日はづめる実朝忌 岸田稚魚
信号を信じて渡る実朝忌 佐伯昭市
傘を持つ手のつめたくて実朝忌 大井雅人
初島は沖の小島よ実朝忌 遠藤韮城
口衝いていづる和歌あり実朝忌 後藤夜半
名をかへて流るる川や実朝忌 進藤一考
大挙して実朝の忌の沖つ波 高澤良一 さざなみやっこ
大銀杏芽吹かんとして実朝忌 大気 十潮
子を失ひし母われ今日を実朝忌 及川貞 榧の實
実朝の忌の浪音を聴きに来し 大野崇文
実朝の忌の磴をわがひとりくだる 藤岡筑邨
実朝の忌を江ノ電の横揺れに 早乙女 健
実朝忌あし跡のみの百千鳥 小檜山繁子
実朝忌くるぶしに来る池の冷え 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
実朝忌つばさあるもの声こぼす 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
実朝忌なりしかなほも積む雪に 長谷川かな女 雨 月
実朝忌われに文盲の母ひとり 菊地一雄
実朝忌伊豆の山脈あらけなく 原裕 青垣
実朝忌外箱失せし愛書かな 能村研三 鷹の木
実朝忌孤雲日を載せみんなみに 福田蓼汀 山火
実朝忌床に散乱する白波 杉野一博
実朝忌柵をなほしにでたるまま 中田剛 竟日
実朝忌椿の花は落ち易く 高橋淡路女 淡路女百句
実朝忌波の上なる女下駄 川崎展宏
実朝忌海みて鴨を食ひをはる 鈴木太郎
実朝忌海より空の曇りくる 久米正雄 返り花
実朝忌牛の不機嫌通りける 斎藤玄
実朝忌由井の浪音今も高し 高浜虚子
実朝忌由比のおぼろのはじまれり 石原舟月
実朝忌知らぬ鎌倉美しく 遠藤加寿子
富士の辺に烽火の入日実朝忌 井沢正江 晩蝉
屋根を飛ぶ潮けむり見よ実朝忌 森田峠 避暑散歩
山椿撰び折り来て実朝忌 松本たかし
庭に色あるは山茱萸実朝忌 及川貞 榧の實
庭掃除して梅椿実朝忌 星野立子
引く浪に貝殻鳴りて実朝忌 秋元不死男
我が椿いたむる雪や実朝忌 松本たかし
日の崖の砂さらさらと実朝忌 戸川稲村
日もすがら松吹く風や実朝忌 下村梅子
日洩れきし谷を急ぎて実朝忌 石田波郷
日矢やさし松は年経し実朝忌 清水基吉 寒蕭々
晩学を恥づるにあらず実朝忌 下村梅子
暁天の纖き月あり実朝忌 大橋桜坡子
松に降る雪ほたほたと実朝忌 冨田みのる
松の上に狂ひ風あり実朝忌 清水基吉
松籟の武蔵ぶりかな実朝忌 石田波郷(1913-69)
桜貝踏みつつ実朝忌とおもふ 須川洋子
死なざりしかば相逢ふも実朝忌 石田波郷
波どどと春ととのはず実朝忌 山岸治子
流鏑馬の射手に外人実朝忌 八幡より子
浪がしらあるひは撓ひ実朝忌 齋藤玄 飛雪
浪がしらあるひは撓む実朝忌 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
海光に髪を刈らしむ実朝忌 田川飛旅子 花文字
海坂の暮るるに間あり実朝忌 鷹羽狩行
濤こだま実朝忌まだ先の日ぞ 友岡子郷 風日
病む窓に伊豆の海あり実朝忌 木村蕪城 一位
白くあがる波を遠目に実朝忌 平井照敏
白昼の炎にいろのなし実朝忌 鷲谷七菜子 天鼓
白木瓜の庭美しき実朝忌 小原菁々子
積む雪の仄かに匂ふ実朝忌 下山宏子
竹伐つてほめくてのひら実朝忌 星野麦丘人
紅梅の空は蘇芳や実朝忌 久米正雄 返り花
紅顔の人等つどへり実朝忌 山口青邨
絵巻見て伊豆の海見て実朝忌 大島民郎
美しく舌のふれ合う実朝忌 渡辺誠一郎
舶来の時計が欲しき実朝忌 攝津幸彦
菜の花の茎めでたかれ実朝忌 横光利一
誰が歌も世に遺れかし実朝忌 林昌華
軍人の帽子もかゝり実朝忌 河野静雲 閻魔
鎌倉に住みしことあり実朝忌 高濱年尾
鎌倉に実朝忌あり美しき 高浜虚子
鎌倉は四方の砲音に実朝忌 久米正雄 返り花
鎌倉ゆき電車でひげ剃る実朝忌 竹中宏 句集未収録
鎌倉右大臣実朝の忌なりけり 尾崎迷堂(1891-1970)
闇深く海鳴りつづく実朝忌 本玉秀夫
雨水の顔を流るる実朝忌 長谷川櫂 天球
雨雲にこもれる月や実朝忌 高橋馬相 秋山越
雪となる雨を見てをり実朝忌 角川春樹
雪吊のもとどり荒び実朝忌 鍵和田釉子
雪嶺に雪あらたなり実朝忌 相馬遷子 山河
雲のごとく咲ける野梅や実朝忌 河野静雲
面売の婆に見知りや実朝忌 青木重行
頼家もはかなかりしが実朝忌 水原秋櫻子
頼朝のこと思ひつつ実朝忌 岸本尚毅
魂匣の流れ着くなり実朝忌 冨田拓也
鳶の舞ふ鎌倉山や実朝忌 石井桐陰
鵙の瞳の黒眼がちなり実朝忌 大木あまり 火のいろに
鵯鳴くは大椿木よ実朝忌 永井龍男
黒き泡眼の中を飛び実朝忌 田川飛旅子 『邯鄲』
沖はるかに火口の雪や金槐忌 伊丹さち子



以上
by 575fudemakase | 2014-02-27 08:34 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春の水

春の水

例句を挙げる。

あしはらの中ながるゝや春の水 久保田万太郎 草の丈
あひともにかちわたらむよ春の水 久保田万太郎 流寓抄
あひるにも一句よまばや春の水 幸田露伴 谷中集
あやまちて鴉の映る春の水 竹本健司
うごくため母は生れしか春の水 八田木枯
かわかわと鴉が外す春の水 永田耕衣 驢鳴集
くるぶしの際ぬけてゆく春の水 桂信子 遠い橋
ことに大きな石のうつれり春の水 久保田万太郎 流寓抄以後
この沼の魚に耳あり春の水 内田百間
さきざきに鳴りてことごと春の水 高澤良一 ぱらりとせ
さす棹の拳にのるや春の水 高井几董
さらさらと音を流して春の水 斉藤友栄
ざわざわと五六騎渉る春の水 会津八一
しがらみを抜けてふたたび春の水 鷹羽狩行(1930-)
しづかさや雨の後なる春の水 召波 五車反古
すゞりにも茶にもうれしや春の水 松岡青蘿
せせらぎのさかのぼるかに春の水 西山泊雲 泊雲
そんなことよく思ひつく春の水 岡田史乃
たく駝して石を除くれば春の水 夏目漱石 明治四十四年
ちゆつと吸ふ泥鱒がをりて春の水 矢島渚男 船のやうに
ちょろちょろとちょろっと春の水ながる 高澤良一 ぱらりとせ
とどこおる処はっきり春の水 高澤良一 寒暑
とび~につゞく木賊や春の水 五十嵐播水 播水句集
ひかりつゝくびれてながる春の水 高澤良一 さざなみやっこ
ひと吹きの風にまたたき春の水 村沢夏風
ひろごりて浅くなりたる春の水 五十嵐播水 埠頭
ひろ~と塵もとゞめず春の水 比叡 野村泊月
ほそ~と添水にいたる春の水 五十嵐播水 播水句集
ぽつかりと浮きし緋鯉や春の水 比叡 野村泊月
みかに汲めば甕のかがやき春の水 東洋城千句
めぐりあひて一つになりぬ春の水 会津八一
よれ~にうつる手摺や春の水 比叡 野村泊月
ステッキで叩いてゐるや春の水 阿部みどり女 笹鳴
バイオリンがセ口を追ひ越す春の水 今瀬剛一
フラスコのかたちにありぬ春の水 内田 美沙
ランボーを巡ってきたり春の水 高澤晶子 純愛
一つ根に離れ浮く葉や春の水 高浜虚子(1874-1959)
一の堰二の堰春の水溢る 廣江八重櫻
一人づつ抱いては渡す春の水 比叡 野村泊月
上京や友禅洗ふ春の水 河東碧梧桐
乞食釣ひとりを匿す春の水 石川桂郎 高蘆
五器皿を洗ふ我世や春の水 几董
人おとにこけ込亀や春の水 炭 太祇 太祇句選
人のゐるところに春の水たまり 今井杏太郎
仕事場へ丸太渡りに春の水 石川桂郎 高蘆
例へてコツプ一杯の春の水 藤本草四郎
倒れ木を踏めば応へて春の水 比叡 野村泊月
傷つきも傷つけもせず春の水 松浦由佳
児を抱いて覗かせゐるや春の水 比叡 野村泊月
割り算でといてみなさい春の水 三宅やよい
叩かれて川になりきる春の水 攝津幸彦 鹿々集
嘴先に春の水輪を重ね合ふ 加藤耕子
堀川や家の下行春の水 炭 太祇 太祇句選
堰板の裾より噴ける春の水 比叡 野村泊月
堰落ちしうたかたも亦春の水 明石いせ女
夕されば千鳥とぶ也春の水 高井几董
大堰やひろ~落つる春の水 比叡 野村泊月
宮居は塔の如く構えず春の水 楠本憲吉
宿とりし人杖洗ふ春の水 高田蝶衣
富士一つ浸せり春の水はろに 沢田はぎ女
小半とき河馬の見てゐる春の水 三好達治 路上百句
小舟にて僧都送るや春の水 蕪村遺稿 春
山寺の筧太らせ春の水 森定南楽
山買ふや山の境の春の水 石井露月
川いっぱい使って春の水ながる 高澤良一 鳩信
巫女の緋は春の水皺に綾なせる 阿部みどり女
帆の端のひたりて行くや春の水 大須賀乙字
席末に池を眺めや春の水 小澤碧童 碧童句集
幔幕の裾より見ゆる春の水 比叡 野村泊月
幔幕の裾を流れて春の水 比叡 野村泊月
平なる石より落つる春の水 比叡 野村泊月
弁天に烏甘ゆる春の水 八木三日女
影曳いてめぐる泡あり春の水 比叡 野村泊月
待春の水よりも石静かなる 倉田 紘文
掬ひたるものに眼のある春の水 大木あまり 火球
斯く迄に囁くものか春の水 高浜虚子
新らしき杭のまはりの春の水 小澤克己
日うつりや高瀬へ分つ春の水 也好
日が射してあふるる思ひ春の水 大木あまり 火球
日の当るところ日のいろ春の水 児玉輝代
日は落て増かとぞ見ゆる春の水 高井几董
日当たりて際立ち濁り春の水 高濱年尾
明日海に入る春の水おびただし 神生彩史
春の山春の水御魂鎮まりぬ 子規句集 虚子・碧梧桐選
春の水あともどりして児を抱く 比叡 野村泊月
春の水あふれひとりを持てあます 大高翔
春の水こもごも山を出で来る 三橋敏雄 畳の上
春の水さして邑知瀉見えそめぬ 前田普羅 新訂普羅句集
春の水すみれつばなをぬらし行 與謝蕪村
春の水ところどころに見ゆる哉 上島鬼貫(おにつら)(1661-1738)
春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂(1954-)
春の水にうたゝ鵜繩の稽古哉 蕪村 春之部 ■ 野望
春の水に洗う何年飯炊けるくろがねの釜を 安斎櫻[カイ]子
春の水に秋の木の葉を柳鮠 服部嵐雪
春の水ひととき蹲む鮒のせな 横光利一
春の水ふきあげられてちりぢりに 夏井いつき
春の水ふるき水草を梳る 軽部烏頭子
春の水やかろく能書の手を走らす 榎本其角
春の水や草鞋の流れ行く末は 古白遺稿 藤野古白
春の水ゆり動かして風強し 高木晴子 晴居
春の水わが歩みよりややはやし 谷野予志
春の水二本杉より流れいづ 比叡 野村泊月
春の水何が落ちても水輪かな 野村喜舟 小石川
春の水光琳模様ゑがきつつ 上村占魚(1920-96)
春の水喪の家の横を曲りゆく 横光利一
春の水四ツ手のうへをながれけり 橋本鶏二
春の水堰きゐる石の下よりも 阿部みどり女 笹鳴
春の水堰き止められて匂いけり 宇咲冬男
春の水堰越す時はひかり合ふ 皿井節子
春の水妹が垣根を流れけり 正岡子規
春の水岩のかたちにふくれけり 日原傳
春の水岩を抱いて流れけり 夏目漱石(1867-1916)
春の水岸へ岸へと夕かな 石鼎
春の水巌全面に滴れる 久米正雄 返り花
春の水所々に見ゆるかな 上島鬼貫
春の水揚屋揚屋の石の段 田中冬二 俳句拾遺
春の水束ねし瀧の蒼さかな 岩上明美
春の水東寺の西に見ゆるかな 暁台
春の水梭を出でたる如くなり 高浜虚子
春の水汲む胡桃林に住む娘らか 金子皆子
春の水渦のとけては顔になる 鈴木花蓑句集
春の水湧きつつ暗し南蛮井 下村ひろし 西陲集
春の水獺の潜けば黄となんぬ 青畝
春の水笑ましきまでの小舟かな 尾崎迷堂 孤輪
春の水背戸に田作らんとぞ思ふ 蕪村 春之部 ■ 野望
春の水苗木の桃の花盛 大谷句佛 我は我
春の水落ちて巌の赤かりし 山本洋子
春の水藻臥の蜷も得たりけり 加舎白雄
春の水醜の闘魚とひとは云へど 瀧春一 菜園
春の水離宮を出でゝ流れけり 四明句集 中川四明
春の水靨を見せて流れをり 渋沢渋亭
春の水音ばかりかな枯林 横光利一
春の水飛石づたひ遡る 比叡 野村泊月
春の水飲んで薄暗き友よ 橋本七尾子
春の水馬の奥歯に鳴りにけり 廣江八重櫻
春の水鳴るか鳴らぬか身を屈め 高澤良一 寒暑
春の水黙ってゐても春の水 高澤良一 燕音
昼舟に狂女のせたり春の水 蕪村
暮れつつも物ながれゆく春の水 多田裕計
木屋町や裏を流るゝ春の水 河東碧梧桐
杉の実の沈めるのみの春の水 岸本尚毅 舜
棒をもて少年春の水叩く 吉田木底
榛の影妻の影あり春の水 鈴木しげを
橋なくて日暮れんとする春の水 與謝蕪村
橋の欄譲りもたれて春の水 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
橋下を渉るあり春の水 比叡 野村泊月
水壺を提げて下り立つ春の水 比叡 野村泊月
水門を出て濁りけり春の水 古白遺稿 藤野古白
水音(みおと)またおろそかにせず春の水 高澤良一 寒暑
流れゆく呉越をつなぐ春の水 日原傳
流れ来て池をもどるや春の水 蕪村遺稿 春
流れ来て清水も春の水に入 蕪村遺稿 春
浮かびたる油に虹や春の水 岩田由美
海豹の泳ぐ手見ゆる春の水 磯貝碧蹄館
消えつつも減らぬ泡なり春の水 五十嵐播水 埠頭
渡れつゝほつるゝ泡や春の水 比叡 野村泊月
湖や堅田わたりを春の水 蕪村遺稿 春
湧くからに流るるからに春の水 夏目漱石 明治三十一年
満ちて在るいとけなさ哉春の水 永田耕衣 陸沈考
滝落ちて岩をめぐれば春の水 楠目橙黄子 橙圃
瀬がしらのひょいひょい白し春の水 日野草城
灌頂や瑠璃瓶中の春の水 松瀬青々
火うつせば水泡火となる春の水 大場白水郎 散木集
片手桶かたむき浮ぶ春の水 皿井旭川
物かはと女渡りぬ春の水 四明句集 中川四明
琴の糸さらすや湖へ春の水 幕内千恵
瓢亭の厠に春の水めぐる 高濱年尾 年尾句集
甕にあれば甕のかたちに春の水 吉野義子
田の神に約あり春の水走る 影島智子
疲れ寝すこし漓江の春の水になる 金子皆子
白書院春の水洟落したる 久米正雄 返り花
白鳥の並んで来たる春の水 阿部みどり女 笹鳴
白鳥の花振り別けし春の水 横光利一
白鴎をのせて夜に入る春の水 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
白鷺の一考つづく春の水 高澤良一 寒暑
石一つ踏みて渉りぬ春の水 比叡 野村泊月
石二つありて渡りぬ春の水 五十嵐播水 播水句集
石橋を二つ渡りぬ春の水 比叡 野村泊月
石菖に浅く流るゝ春の水 五十嵐播水 播水句集
磯山や小松が中を春の水 几董 五車反古
空のほか何も映らず春の水 高浜年尾
立ち向ふ籬越しなる春の水 比叡 野村泊月
立つひとに暮春の水屋憶昔亭 桂樟蹊子
立鴈のあしもとよりぞ春の水 蕪村遺稿 春
竹林の外をめぐりて春の水 比叡 野村泊月
竹林の奥春の水奏でそむ 木下夕爾
第三紀地層が搾る春の水 永野孫柳
筍の藪押しありく春の水 会津八一
筧より筧に落つる春の水 比叡 野村泊月
筬の音ことりと春の水暮るる 神尾久美子 桐の木
簪で饅釣るべし春の水 古白遺稿 藤野古白
籬より捨てたる塵や春の水 比叡 野村泊月
粗朶束の一つ転けたる春の水 石田勝彦 秋興
紐つけて遊ばす束子春の水 磯貝碧蹄館
美しき鯲(どぜう)うきけり春の水 舟泉
背を見せて魚泳ぐ春の水浅し 正岡子規
腰太く腕太く春の水をのむ 桂信子 黄 炎
舷にのせたる肱や春の水 比叡 野村泊月
船入れて瀬に驚くや春の水 会津八一
芹川のあたりは深し春の水 松岡青蘿
草ちよぼ~泥に澄みけり春の水 古白遺稿 藤野古白
草の中鳴りをひそめて春の水 高澤良一 ぱらりとせ
荷なひくる洗濯物や春の水 比叡 野村泊月
菫咲く野はいくすぢの春の水 宗長
落ちてゐる椿の下の春の水 高木晴子 晴居
落ち口をせく竹ぎれや春の水 比叡 野村泊月
蕗を先づ湯がいて春の水仕事 高澤良一 随笑
薪水のいとまの釣や春の水 飯田蛇笏 山廬集
蘆いまだ芽ぐまず春の水しょろり 幸田露伴 竹芝集
蛇を追ふ鱒のおもひや春の水 蕪村 春之部 ■ 野望
蛇穴を出でゝ石垣の春の水 河東碧梧桐
蛇籠よりのびし針金春の水 比叡 野村泊月
行く春の水そのままや杜若 千代尼
行春の水にすがたをうつす蟻 宇佐美魚目 天地存問
行燈を舟へはこぶや春の水 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
行舟に岸根をうつや春の水 炭 太祇 太祇句選
街道をこえてなめらに春の水 軽部烏帽子 [しどみ]の花
袖かざす御公家もおはせ春の水 一茶
袖垣の上より覗く春の水 比叡 野村泊月
詩の舟や硯を洗ふ春の水 会津八一
足の向く方は素描の春の水 橋石 和栲
這ふ虫のなか~はやし春の水 五十嵐播水 埠頭
里人よ八橋つくれ春の水 蕪村遺稿 春
野も山も冬のまゝじやに春の水 高井几董
野烏の腹に蹴て行春の水 敬雨
閣上の人が映れる春の水 比叡 野村泊月
雪に折し竹の下行春の水 高井几董
青竹の駒の口より春の水 比叡 野村泊月
静さや雨の後なる春の水 召波
音なくて涌井戸溢る春の水 大谷句佛 我は我
顔映し俄かにたるむ春の水 殿村莵絲子 牡 丹
飛石をふまへてかゞむ春の水 比叡 野村泊月
馬引て渡る女や春の水 正岡子規
高関に上ればひろし春の水 比叡 野村泊月
高閣を下りて到る春の水 比叡 野村泊月
鯉の下を鯉が通りぬ春の水 今瀬剛一
鯉はねて浅き盥や春の水 正岡子規
鳥寒し生駒につゞく春の水 移竹
鳴る處見つけて春の水鳴れり 高澤良一 ぱらりとせ
あふれんとして春水は城映す 今瀬剛一
うしろより見る春水の去りゆくを 山口誓子(1901-94)
おのが影置き春水を暗くせり きくちつねこ
かりそめに春水の翳生れては消ゆ 高澤良一 素抱
さゝながれ春水として畦に浸む 及川貞 夕焼
さゞめきてこそ春水といふべけれ 高橋潤
なめらかに絖の春水岩すべり 福田蓼汀 秋風挽歌
ひとりなれば佇つこと多し春水に 桂 信子
ふりむきて見し春水のよき流れ 高木晴子 晴居
みなかみに人住み春水濁りけり 前田普羅 能登蒼し
一桶の春水時す魚の棚 水巴
体内もほぼ春水となりにけり 鳥居おさむ
何の木か梢揃へけり明の春 水巴
家あり一つ春風春水の真中に 夏目漱石 明治二十九年
山を出て来し春水のすべり易 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
座をかへて春水の音かはりけり 大橋櫻坡子 雨月
押し合ふといふ春水の高さあり 石田勝彦 秋興
日当りて春水浅く流れけり 五十嵐播水 播水句集
旧山河春水さばく杭一つ 百合山羽公 寒雁
昃れば春水の心あともどり 立子
春水といふべく寒し立ち去りぬ 高濱年尾 年尾句集
春水といふ輝きに不足なし 高澤良一 寒暑
春水となりて流転の始まれり 岡本まち子
春水となるコンクリートの岸浸けて 静塔
春水と行くを止むれば流れ去る 誓子
春水と見しも日のあるうちのこと 高濱年尾
春水にありとあらゆる小魚かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
春水にうつりて飛べる煙かな 比叡 野村泊月
春水にうつれる椿樹を高み 高橋淡路女 梶の葉
春水にけはしき心もて立てり 鳥羽紀子
春水にことば光りてゐたりけり 仙田洋子 雲は王冠
春水にさゞ波立つは日高散る 篠田悌二郎
春水にすつぽりうつる藁屋かな 橋本鶏二 年輪
春水にするどき波の立てるかな 岸本尚毅 選集「氷」
春水にのこれる橋のかかりをり 京極杞陽 くくたち下巻
春水にひらく小窓のありてよき 高木晴子 晴居
春水にふるへうつれる杭ぜかな 高橋淡路女 梶の葉
春水に下りて仰ぎぬ鷹ケ峰 五十嵐播水 播水句集
春水に下りる柴の戸開きにけり 五十嵐播水 播水句集
春水に塵捨てゝ住む二三軒 清原枴童
春水に帆あげしごとく麩が走る 横山白虹
春水に日輪をとりおとしけり 野見山朱鳥
春水に棹をしわめし渡舟かな 松藤夏山 夏山句集
春水に河馬のうたた寝四六時中 高澤良一 寒暑
春水に洗へば鳴海しぼりかな 野見山朱鳥
春水に浮くものゝ影花の形 右城暮石 上下
春水に浮べるボートおよそ百 宮下翠舟
春水に浮べる毬をとらんとて 比叡 野村泊月
春水に浸り靡かん狷介なり 香西照雄 素心
春水に淡きわが影おきにけり 柴田白葉女 『月の笛』
春水に溺れきつたる芦根かな 松村蒼石 春霰
春水に臨む茶房に寄つてみよか 京極杞陽
春水に苔漂はせ揺らぐ森 下村ひろし 西陲集
春水に落ちてつつたつ松葉あり 五十嵐播水 埠頭
春水に袂かゝへてかゞみもし 久保田万太郎 草の丈
春水に逆まに立ち去りにけり 上野泰 佐介
春水に食用蛙漆ぐろ 松村蒼石 寒鶯抄
春水に髑髏となりて映りけり 仙田洋子 橋のあなたに
春水に鵞鳥胸より入らんとす 田中朗々
春水のあるひはながれいそぎけり 久保田万太郎 草の丈
春水のおもむろに堰あふれけり 長倉閑山
春水のかなでそめつゝ紙漉けり 高濱年尾 年尾句集
春水のくらきに映る城櫓 京極杞陽 くくたち下巻
春水のそこひは見えず櫛沈め 鷹女
春水のただただ寄せぬかへすなき 中村汀女
春水のほとりの石に植木鉢 比叡 野村泊月
春水のみちにあふれてゐるところ 久保田万太郎 草の丈
春水の上いく筋も蝶の道 湯浅桃邑
春水の上の障子のあきにけり 比叡 野村泊月
春水の中の虫螻姑皆可愛 川端茅舎
春水の噴き出る岩の裂目かな 比叡 野村泊月
春水の堰の上なる渉り石 比叡 野村泊月
春水の大鏡ある木の間かな 松本たかし
春水の平らか心平らかに 高野素十
春水の底の蠢動又蠢動 川端茅舎
春水の底より水輪生まれ来る 藤井 俊一
春水の底明るみて生くるもの 雷子
春水の庭を巡りて京の宿 武原はん女
春水の影も手を組む恋人ら 林翔
春水の日向に出でて網目状 高澤良一 鳩信
春水の暮れつつネオンとらへつつ 亀井糸游
春水の杭きれぎれに影放す 佐々木六戈
春水の水琴窟の音となる 山下美典
春水の油も塵も河の幅 汀女
春水の流れはやくて従きゆけず 山口波津女 良人
春水の流れは池に風さそふ 高木晴子 花 季
春水の浮き上り見ゆ木の間かな 松本たかし
春水の盥に鯉の*あぎとふかな 正岡子規
春水の眠りを覚ます石投げて 西東三鬼
春水の筧に入りて音すなり 槐太
春水の絶えずゆれゐる座敷かな 比叡 野村泊月
春水の縦横城内村といふ 高濱年尾 年尾句集
春水の縮緬皺や北風添へば 栗生純夫 科野路
春水の落つるをはさみ二タ座敷 松本たかし
春水の辺の石にこそ憩ふべく 高濱年尾 年尾句集
春水の隅にうつれる桜かな 上野泰 春潮
春水の音あるところ人佇てり 高濱年尾 年尾句集
春水の音無川の片ながれ 楠目橙黄子 橙圃
春水の高き舳が真向ひ来 中村汀女
春水の魚紋ほどけて鯉となる 橋本鶏二
春水の鰉召さるゝ帝かな 野村喜舟 小石川
春水の鳴り流るるを子に跳ばす 細見綾子 花寂び
春水はあしびの花のほとりゆく 松藤夏山 夏山句集
春水へ舟来日輪下敷きに 橋本鶏二
春水へ藪を負うたる草家かな 小杉余子 余子句選
春水やはしなく聞きし昼千鳥 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
春水やもつれほどける鯉の群 皿井旭川
春水ややすの柄青き童たち 木津柳芽
春水や四条五条の橋の下 蕪村
春水や夜高楼に上りけり 会津八一
春水や子を抛る真似しては止め 高浜虚子
春水や小魚ひらめくさゝ濁り 墨水句集 梅澤墨水
春水や岩をいなして通り過ぎ 上野泰 春潮
春水や幹のかたちをそれぞれに 井上雪
春水や日照雨の水輪二つ三つ 秋櫻子
春水や沈みをふせし鯉の影 楠目橙黄子 橙圃
春水や浮かせ木踏んで木工頭 比叡 野村泊月
春水や瀬石こえては深窪み 八木林之介 青霞集
春水や皇子にゆかりの吾嬬橋 鈴鹿野風呂 浜木綿
春水や肥をかついでかちわたる 小原菁々子
春水や船べりあゆむ太踵 楠目橙黄子 橙圃
春水や苔のついたる生簀箱 楠目橙黄子 橙圃
春水や草をひたして一二寸 夏目漱石 大正三年
春水や蛇籠の目より源五郎 高野素十
春水や轟々とし菖蒲の芽 高浜虚子
春水や重なり泳ぐ鯉の数 楠目橙黄子 橙圃
春水や録音マイク斜め持ち 松山足羽
春水や閑々として鳥二つ 雉子郎句集 石島雉子郎
春水や魚に親しく枝の禽 尾崎迷堂 孤輪
春水や黎明飛べる蜂の王 碧雲居句集 大谷碧雲居
春水をかちわたりしが柴がくれ 五十嵐播水 播水句集
春水をくぼめて雨の糸沈む 塙告冬
春水をささげつ川の流れゆく 折井眞琴
春水をせせらぐやうにしつらへし 高浜虚子
春水をたゝけばいたく窪むなり 高浜虚子
春水をへだてゝうつす写真かな 比叡 野村泊月
春水をむすぶと眼鏡石に置く 榎本冬一郎 眼光
春水をめぐりて竹の手摺かな 比叡 野村泊月
春水をめぐりて逢ふや橋の上 比叡 野村泊月
春水を一擲の後鯉沈む 山本歩禅
春水を上りし鶴の羽ばたける 星野立子
春水を傍へに使ふ鉋かな 石田勝彦 秋興
春水を手提げて重し魚を含む 草田男
春水を押しくぼまして風が吹く 阿部みどり女(1886-1980)
春水を指ざし居るや窓の人 比叡 野村泊月
春水を渉らんとして手をつなぐ 野村泊月
春水を渉りて到る扉かな 比叡 野村泊月
春水を渉りて袴ぬらしけり 比叡 野村泊月
春水を渉る向うに窓の人 比叡 野村泊月
春水を跨いでつゞく竹の垣 比叡 野村泊月
春水を踰る女を疎み待つ 清水基吉 寒蕭々
春水を離り春山を越えざりき 松原地蔵尊
春水一荷滴一滴もこぼさじと 栗生純夫 科野路
春水湧く人来てそこを掘り始む 安東次男 裏山
暁の春水よよとわれを過ぐ 原裕 葦牙
書を蔵す春水の豊かなるがごと 大木格次郎
歳月や微笑のごとき春水輪 山田みづえ
母癒えよ消えては生れる春水輪 渡辺恭子
沢にして迅き春水の流れけり 大橋櫻坡子 雨月
流れつつ春水の帯巌のうへ 橋本鶏二 年輪
渦をとき春水としてゆたかなる 林火
湯壷より高く春水躍りつゝ 山口青邨
滝壺を経て春水のいまは自適 鈴木栄子
父として子の髪を愛づ春水輪 有働亨 汐路
父と子と春水を跳ぶ竹撓はせ 石川桂郎 含羞
獨鈷より春水を撒き散らしけり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
瓢亭の春水にとりまかれをり 下田実花
田の溝に鳴る春水とこそおもひ 石川桂郎 四温
立子病む春水の句の忘れめや 峠
竹の春水きらめきて流れけり 成瀬櫻桃子
羊群去る春水ながれ行くごとく 大串章
美しき春水にして深からず 成瀬桜桃子 風色
舁きゆくや春水垂るゝ四つ手網 大場白水郎 散木集
若やぐや息の童子も今朝は春 水哉 選集「板東太郎」
華蔵寺の春水の白湯まろやかに 西本一都
藻がなびき春水たるをためらへる 坂本山秀朗
誰も来ぬ春水の辺にわれ憩ふ 高浜年尾
走り来し子に春水の汀石 中村汀女
踊りゐて春水に身を映しけり 仙田洋子 橋のあなたに
道坂になり春水は離れ行き 上野泰 佐介
道浸す春水幾度渡りけん 松藤夏山 夏山句集
鍵かけし井に春水の滾ぎる音 栗生純夫 科野路
風少し出て春水に情あり 阿部みどり女 笹鳴
鯉の口出て春水の濁りけり 辻桃子
或る水の春を行く在り池の中 永田耕衣 殺佛
我影に家鴨寄り来ぬ水の春 臼田亞浪 定本亜浪句集
おもしろや水の春とは引板の音 園女 俳諧撰集玉藻集
地の春に水の絶景はじまりぬ 中村苑子


以上
by 575fudemakase | 2014-02-26 06:49 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雛市

雛市

例句を挙げる。

あそびゐる身を雛市に見出しぬ 森川暁水 黴
さそはるる雛市隣の店も見たし 田中英子
土雛市桃は*しもとに緋をあつむ 松木敏文
旗鳴つて雛市立てり畦のくま 石川桂郎
母と子と電車待つ雛市の灯 河東碧梧桐
通り抜けきし雛市の赤に酔ひ 嶋田摩耶子
雛市に佇みすぎし妻を呼ぶ 大牧 広
雛市に帽たゞよふも一教師 石田勝彦
雛市のはづれは風の匂かな 林 翔
雛市の京都の雛の黒き袍 高木晴子 晴居
雛市の早や立ちにけり人通り 小澤碧童 碧童句集
雛市の残り土雛掌にぬくし 野澤節子
雛市の灯り雨の日本橋 谷川虚泉
雛市も垣間見常慶のんかうへ 及川貞 夕焼
雛市も通りすがりや小買物 高浜虚子
雛市やかまくらめきし薄被 一茶 ■文化五年戊辰(四十六歳)
雛市やゆふべ疾風にジヤズのせて 『定本石橋秀野句文集』
雛市や幻の子を連れて見る 尾形不二子
雛市や浅間小浅間晴れわたり 堀口星眠 樹の雫
雛市や異人の妻に人たかる 寺田寅彦
雛市や黄塵荒ぶ仁王門 石田あき子 見舞籠
雛市を目うつりしつゝ歩きけり 清原枴童 枴童句集
鞠躬如として雛市に従へり 安住敦
いち早く前山暮るる雛の市 永方裕子
ぬかるみの道の狭さよ雛の市 阿部みどり女 笹鳴
もとめずも心足らひぬ雛の市 及川貞 夕焼
ゆきずりの男さすらふ雛の市 生嶋紀代
人の立つ後ろを通る雛の市 高浜虚子
奥飛騨の風の重たし雛の市 北見さとる
真向ひに蔵王のかすむ雛の市 鈴木昌三
街に出で長靴重し雛の市 山田芳子
野の梅の的礫として雛の市 川島彷徨子 榛の木
雪残る出羽三山や雛の市 上田 芳子
ちちの実の知知夫の口の雛の店 加倉井秋を
ひょろひょろと松が軒より雛の店 福田蓼汀 山火
灯の入りて宴のごとし雛の店 梛すゞ子
男来て鍵開けてゐる雛の店 鈴木鷹夫
金屏に昼を灯す雛の店 野見山ひふみ
雛の店どこよりも早く灯せり 桜井博道 海上
雛の日の灯を煌々と雛の店 相馬沙緻
飴も売りにはかに雛の店となる 古館曹人
雛見世の灯を引ころや春の雨 蕪村
雛売場にて音消せり松葉杖 浅井久子



以上
by 575fudemakase | 2014-02-26 06:46 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

李の花

李の花

例句を挙げる。

うすみどり色に日かげり花李 松本 武千代
一行に賑かな人花李 八木林之介 青霞集
俳句思へば泪わき出づ朝の李花 赤尾兜子(1925-81)
呑むといひ刃をくわへ花李 中田剛 珠樹以後
安らぎの日々郁李の花ほどに 高澤良一 寒暑
山買うて泊りし宿の花李 平松竃馬
月中の盗人落よ李花白し 高井几董
李棚平らすももの花平ら 森山 素石
李花なにを追ひ咲き鴎外萎縮腎 竹中宏 句集未収録
李花白し酒のむ友を尋ねあて 大串章
目隠しでお聞き李の花ざかり 矢島渚男 船のやうに
花李午過ぎて山消えかかり 矢島渚男
花李小さき姉妹に吾子育つ 上野さち子
花李昨日が見えて明日が見ゆ 森澄雄
花李美人の影の青きまで 泉鏡花
蔵庇傾ぎ住みつく花李 松村蒼石 雪
隙間なく風吹いてゐる花李 廣瀬直人
青白き李の花は霞まずに 佐野良太 樫
風ぐもり来て濁りたる李の花 小松崎爽青
すもも咲き*ほうとう腹のすっきりと 中戸川朝人
すもも咲き寂しさの肌ねむくなり 草間時彦 櫻山
すもも咲くしなのしらとりたもとほる 高澤良一 燕音
たそがれはうす墨かぶり花すもも 井沢正江 湖の伝説
多摩の瀬の見ゆれば光り李咲く 山口青邨
子の髪の朝のしめりや李咲く 大嶽青児
山国のおそき朝日の花すもも 草間時彦 櫻山
故里の厠の貧し李咲く 瀧澤伊代次
李咲き村は水上バスのよう 本田ひとみ
李咲く国府官道みな埋もれ 橋本榮治 逆旅
李咲く坂に喘げり多賀の浦 星野麥丘人
李咲く山家のまひるはねつるべ 高橋睦郎 舊句帖
李咲く村苗代をかゞやかす 萩原麦草 麦嵐
村なかを山水奔る花すもも 荒井正隆
桃花村また李咲き辛夷咲く 相馬遷子 山河
歯が缺くるは命が缺くる花すもも 八木林之介 青霞集
水の上にすもも咲く日の小さき旅 柴田白葉女
水音の家を半周すもも咲く 太田土男
花すもも手をつながずにゐるもよし 仙田洋子 雲は王冠
雪ふりて又新暖の花すもも 飯田蛇笏 雪峡
雪嶺のかがやきかへし花すもも 仙田洋子 雲は王冠
雲裏の日のまぶしさよ花すもも 木下夕爾
風の木がかこみてゆるる花すもも 八木林之介 青霞集


以上
by 575fudemakase | 2014-02-25 08:39 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

茂吉忌

茂吉忌

例句を挙げる。

えむぼたん一つ怠けて茂吉の忌 平畑静塔
かたくなに残る鴨あり茂吉の忌 長谷川史郊
しろがねにねむる蔵王や茂吉の忌 井沢馬砂人
ひたすらに積る雪なり茂吉の忌 相馬遷子 山河
みちのくの友茂吉忌を了へて来る 森田峠 避暑散歩
みどり増す星や茂吉忌の前後 高橋道人
一椀の雪あかりして茂吉の忌 大木あまり 火球
古利根の逆白波や茂吉の忌 森田公司
国訛まねて母恋ふ茂吉の忌 新倉和子
山の雨靴下に浸む茂吉の忌 林 徹
山鳩の一声の鞭茂吉の忌 国光勢津子
支那街に皮卵買へり茂吉の忌 下村ひろし 西陲集
春雪を夕日に擲げて茂吉の忌 火村卓造
櫟の葉手に砕きゐつ茂吉の忌 橋本鶏二
深空より茂吉忌二月二十五日 飯田龍太
潤ひてまた乾く頭や茂吉の忌 藤田湘子 てんてん
濡れ靴に新聞を詰め茂吉の忌 皆川盤水
火にあそぶ火の粉茂吉の忌も日暮 藤田湘子
燈を消して白き山あり茂吉の忌 平畑静塔
癇癪を起して茂吉忌なりけり 藤田湘子 てんてん
目つむれば最上の波や茂吉の忌 森田峠 三角屋根
脳傷むまで酷使せし茂吉の忌 相馬遷子 山河
茂吉の忌茂吉狂ひも減りしかな 藤田湘子
茂吉忌に雪沓履いて集ひけり 宇都木水晶花
茂吉忌のオランダ坂に蝶生る 下村ひろし 西陲集
茂吉忌の一荷ぎつしり金目鯛 神尾久美子
茂吉忌の万年筆の太さかな 大牧 広
茂吉忌の光背を持つ春田打ち 鳥居おさむ
茂吉忌の夜半の疾風雨呼べり 火村卓造
茂吉忌の山を離れし川のおと 鈴木榧夫
茂吉忌の川波立ちてゐたりけり 小黒黎子
茂吉忌の暮れてとどちく遠雪崩 鷲谷七菜子 花寂び
茂吉忌の枕の寒くありにけり 増成栗人
茂吉忌の枯れて平らな畦伸びる 中拓夫
茂吉忌の目刺より抜き藁熱し 鷹羽狩行
茂吉忌の豆餅狐色に焼け 富田直治
茂吉忌の逆白波の河口かな 佐藤信三
茂吉忌の鉄橋に立ち生きてあり 平井照敏
茂吉忌の雑木林に雲ひとつ 衣川次郎
茂吉忌の雪代あふれゐたりけり 石鍋みさ代
茂吉忌の雲裏山の冷えを呼ぶ 田中光枝
茂吉忌の馬酔木初花うすみどり 石田あき子 見舞籠
茂吉忌や光りて遠き池と梅 林翔 和紙
茂吉忌や春子のひだのひんやりと 大木あまり 火球
茂吉忌や歌を志向の日もありし 山田弘子 螢川
茂吉忌や灯を消し近む山とあり 加畑吉男
茂吉忌や蝦夷に老いゆく吾思ふ 阿部慧月
茂吉忌や長崎を去る雪の歌 原田星村
茂吉忌や雪の轍を水流れ 中拓夫 愛鷹
茂吉忌や雪間を拡げ最上川 児玉代三
茂吉忌を言ふ医に胸を診せゐたり 中戸川朝人 星辰
茂吉選にわが一首あり茂吉の忌 池上浩山人
草川を染めて日の没る茂吉の忌 丸山哲郎
詩に寄す心の甘え茂吉の忌 中村喜美子
通されて書架に目のゆく茂吉の忌 西宮陽子
雪を呑み日を呑む海や茂吉の忌 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
雪握り雪を泣かしむ茂吉の忌 八牧美喜子
音立てて日輪燃ゆる茂吉の忌 相馬遷子 雪嶺
屹立の裸の山や赤光忌 林 徹



以上
by 575fudemakase | 2014-02-25 08:33 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

椿

椿

例句を挙げる。

*あさり足る鵯さへづれり山椿 飯田蛇笏 霊芝
「月の笛」といふ白椿わが卓に 柴田白葉女 『月の笛』
あけぼのや陸の水泡の白椿 林 翔
あほむくもうつむくもよし山椿 高澤良一 宿好
お見舞は西王母てふ紅椿 田畑美穂女
これと云ひ見るものの無く藪椿 高澤良一 素抱
どぶろくの酔のふかまる紅椿 藤岡筑邨
ぬかるみをよけてあるくや紅椿 久保田万太郎 草の丈
ぱらぱらと日雨音する山椿 飯田蛇笏 山廬集
ぱら~と日雨音する山椿 飯田蛇笏 霊芝
ひつかかりゐるごとき花藪椿 宮津昭彦
まぼろしと言うはやさしい白椿 大西泰世 世紀末の小町
みほとけに雪の冷えある藪椿 落合伊津夫
パッと明るくショウタイムてふ紅椿 高澤良一 さざなみやっこ
一島を守る一家系白椿 毛塚静枝
一陣の風を仰げば白椿 下村槐太 光背
三輪山にみな向きてをり白椿 穂苅富美子
仏見し瞼重しや白椿 澤村昭代
伎芸天をみなにおはし紅椿 森郁子
児が駈けぬ母が駈けりぬ山椿 竹下しづの女
初大師だらだら坂に紅椿 柴田白葉女 花寂び 以後
勅使門裾濃に据はり白椿 久米正雄 返り花
半夏生青くらがりの藪椿 安倍安閑子
半夏雨青くらがりの藪椿 安部安閑子
友去りぬ春夜の床の白椿 阿部みどり女 笹鳴
合い性の筆は一本 白椿 伊丹三樹彦
合性の筆は一本 白椿 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
咲きそめてもう舌のある紅椿 増田まさみ
夕日明るく朝日は暗し紅椿 加藤知世子 黄 炎
大いなる迂回路と知る白椿 五島高資
天上の声溜めおらん白椿 寺井谷子
姉の子の紅椿待たせられけり 太田鴻村 穂国
子の血享け紅さす爪や白椿 石田あき子 見舞籠
安楽死願ふは鬼か白椿 阿部みどり女
密会を誰か見てゐる藪椿 柴田奈美
富士山(とみすさん)如法寺(にょほふじ)の白椿 筑紫磐井 花鳥諷詠
山椿さはに見たりき利休の忌 森澄雄
山椿その葉隠りに色づく実 石塚友二 光塵
山椿久しく雪の残るかな 癖三醉句集 岡本癖三醉
山椿小松もろとも崖に伏し 福田蓼汀 山火
山椿撰び折り来て実朝忌 松本たかし
山椿砥に掘る石の色青き 安斎桜[カイ]子
山椿高々とある峠かな 河東碧梧桐
廻廊の雨したたかに白椿 横光利一
御神火や闇のほどけて山椿 中山純子
成人の日の白椿一穢なし 五十嵐播水
戦勝のしるしか頭の紅椿 宇多喜代子
抛筌斎宗易の墓白椿 大橋敦子
抛箭斎宗益の墓白椿 大橋敦子
日は影を落して過ぎぬ藪椿 櫛原希伊子
日向より日陰の白椿見て 柴田白葉女 花寂び 以後
日和雲ふわふわとよる山椿 石原舟月 山鵲
日月のあかあか椿白椿 高澤良一 宿好
曉剪る名「はつあらし」白椿 吉野義子
本尊は榧の一木白椿 村上あけみ
枯るるもの枯るるを見ての藪椿 石川桂郎 高蘆
植ゑるより金蜂花に紅椿 飯田蛇笏 春蘭
死はときめき白椿の半開き 鳴戸奈菜
母よりもはるかに悪女白椿 赤松[けい]子 白毫
法起寺の塔赤椿白椿 星野立子
海鳴りを告げる人亡し藪椿 尾崎伊与
混沌の世の一隅の白椿 吉野義子
澄む日影かさねてひらく白椿 柴田白葉女 花寂び 以後
狂うなら今と白椿が囃す 大西泰世 世紀末の小町
獅フ笛」といふ白椿わが卓に 柴田白葉女
生国の闇を飛び交う紅椿 大西泰世
白椿うすみどり帯び湿らへる 大野林火
白椿そこは鬼のあつまる木 松本恭子 二つのレモン 以後
白椿主治医祝ぎ言賜ひけり 石田波郷
白椿名刀の冷え思ふべし 西村和子 かりそめならず
白椿咲いていて僕寝ていたり 五島高資
白椿團體さんは急ぎ足 八木林之介 青霞集
白椿挿して「山齢」読み籠る 影島智子
白椿昨日の旅の遥かなる 中村汀女
白椿汚れ易きをけふ厭ふ 石田あき子 見舞籠
白椿白痴ひうひう研究せり 攝津幸彦
白椿老僧みずみずしく遊ぶ 金子兜太 詩經國風
白椿赤椿幹黒くして 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
眼に見えぬ糸の張られて白椿 桂信子 黄 瀬
石段に下駄の谺や山椿 池内たけし
磯魚の笠子魚もあかし山椿 水原秋櫻子
秘色見る外は畠の白椿 松瀬青々
窓越しに手折りて重き白椿 横山房子
端座して師とあるこころ白椿 柴田白葉女 『冬泉』
竹外の一枝は霜の山椿 水原秋櫻子
紅椿かがやくときに落ちにけり 上野泰 春潮
紅椿こゝだく散りてなほ咲けり 日野草城
紅椿しばらく鵯をかくまひぬ 猪俣千代子 秘 色
紅椿つとおつ午時の炭俵 泉鏡花
紅椿仰ぐに さらす喉仏 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
紅椿後鬼がかざして雪霏々たり 横山白虹
紅椿散り敷く花と守らるる 石川桂郎 四温
肉塊に肉塊が落つ紅椿 柴田奈美
胸うちを己れで灯し山椿 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
良寛の朝酒によき藪椿 下田稔
落ちてなほ陽をはなすなき紅椿 野澤節子
藪椿こぼれ籾山梓月庵 皆川白陀
藪椿こんなところで径途切れ 高澤良一 素抱
藪椿古井戸たまらなくねむし 栗林千津
藪椿日蔭を好みかくれ咲く 高井北杜
藪椿無造作に挿し人格論 椎橋清翠
藪椿肩のあたりがすつとして 八木林之介 青霞集
藪椿落して風の句読点 湯川雅
藪椿門は葎の若葉かな 松尾芭蕉
衰えはおとろえとして白椿 三田村弘子
西霽(は)れて窓の木がくれ白椿 飯田蛇笏
西霽れて窓の木がくれ白椿 飯田蛇笏 春蘭
赤坂の見附も春の紅椿 橋本夢道
蹼のあたりに落ちて藪椿 大木あまり 火球
遺影にもある日月や山椿 秦夕美
隠沼に鳰ゐて錆びぬ白椿 石川桂郎 高蘆
雪の上に落ちて紛れず白椿 吉川一竿
雪ふりの明くる日ぬくし藪椿 之道 俳諧撰集「藤の実」
風ザ篠にこたへきらめき山椿 楠目橙黄子 橙圃
骨熱くあげきて寒の白椿 石原舟月
高潮に最もいたみ山椿 阿部みどり女
魂がうす目あけてる紅椿 松本恭子
てらてらと葉が照り飽いて薮椿 岡田史乃
花という境地に至るやぶ椿 五島高資
薮椿しづかに芯のともりゐる 銀漢 吉岡禅寺洞
蝦夷穴は風の遊び場薮椿 佐藤鬼房
あきらかに日ざしの炎えて落椿 石原舟月
あの姫この姫脳薄ければ玉椿 八木三日女
ありありと別の世があり落椿 青柳志解樹
うつぶせの落椿より蟻が出て 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
うづたかき怨憎会苦の落椿 文挟夫佐恵 雨 月
おぼろにて一樹紅白の落椿 水原秋櫻子
お降りの霽れてしたたか落椿 滝春一
きさらぎの手の鳴る方や落椿 橋石 和栲
ことごとく咲いて葉乏し八重椿 鈴木花蓑句集
この庭の乙女椿に風荒れて 高木晴子 晴居
これはまた花瓶の下も落椿 吉屋信子
こゝに又こゝた掃かざる落椿 高浜虚子
しがらみにせかれ沸騰落椿 田川飛旅子
しづかさのつもりてをりぬ落椿 藤井寿江子
しんしんと乙女椿の褪する夜ぞ 林原耒井 蜩
それきりのあとさきもなき落椿 加倉井秋を 『胡桃』
たそがれは草やはらかに落椿 松村蒼石 雪
つくばへる犬の前なる落椿 比叡 野村泊月
どこまでも崖どこまでも落椿 樋笠文
はなびらの肉やはらかに落椿 飯田蛇笏
ひとつづつ自然死の相落椿 熊谷愛子
ふるさとのむかしのわが家落椿 大橋櫻坡子 雨月
ふるさとの火色はじまる落椿 宇多喜代子
ふるさとは墓のみとなる玉椿 武田忠男
もう空は見ぬ落椿ばかりなり 今瀬剛一
やすらぎは貌を重ねし落椿 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
一つづつ陽炎あげて落椿 加藤霞村
一泊し一夜の量の落椿 小内春邑子
乙女椿もう終りたき錆の渦 小檜山繁子
乙女椿緋乙女椿苗木市 西本一都 景色
井に遊ぶ島の童や落椿 大橋櫻坡子 雨月
今生の姿くづさず落椿 佐藤信子
仰向いて雲の上ゆく落椿 三橋鷹女
修行まだまだ禅寺の落椿 橋本美代子
光陰の節目は暗し落椿 齋藤愼爾
八重椿柔和なる眼も生き得るや 田川飛旅子 花文字
八重椿漁港二月の風鳴れど 水原秋桜子
八重椿紅白の斑のみだりなる 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
八重椿蒼土ぬくくうゑられぬ 飯田蛇笏 春蘭
凹凸に雪にかくれて落椿 上野泰 春潮
初午や灯ともしごろの落椿 増田龍雨 龍雨句集
医王寺や乙女椿に実のたわわ 磯野充伯
千切り捨てし絵葉書のこと落椿 香西照雄 対話
南大門はみほとけサイズ八重椿 吉原文音
口紅の初花ゆかし玉椿 上島鬼貫
咲く重さ落ちたる重さ八重椿 前内木耳
囀や囀らざるは落椿 野村喜舟 小石川
囀りの高まる時の落椿 高浜虚子
地に触れしものより朽ちて落椿 柴田奈美
地へ返すわが体温の落椿 小間さち子
地よりわくしなだま乙女椿かな 原石鼎 花影以後
夕風や誘ひころべる落椿 島村元句集
夢のごとき誓ひなりけり落椿 上村占魚 鮎
夢の世の渚に拾ふ落椿 林 亮
大空にうかめる如き玉椿 高浜虚子(1874-1959)
大雨の流れし跡や落椿 星野立子
家ごとに美山を負へり落椿 金箱戈止夫
小綬鶏や瀬の紅きまで落椿 児玉 小秋
崖下の古庇にも落椿 三好達治 路上百句
巌頭や神の置きけん落椿 尾崎迷堂 孤輪
広前やきのふけふなる落椿 銀漢 吉岡禅寺洞
庭祠守りて村医や落椿 田代草舎
彌撒になき一音加ふ落椿 朝倉和江
待つといふ時は流れず落椿 西宮舞
志功描く釈迦十弟子図玉椿 杣田敬子
意味もなく残る石段落椿 橋本美代子
我が頭穴にあらずや落椿 永田耕衣 闌位
折紙を置きたる如く落椿 上野泰 佐介
掃き取りて紅の重さの落椿 小林きそ
斑雪ある靄地を這へり落椿 石原八束 空の渚
日忌様/陽は玉椿/魂は/午 林桂 黄昏の薔薇 抄
日昏れたる畳の上の落椿 殿村莵絲子 雨 月
日時計の刃が撫で切りに落椿 澁谷道
日輪より月輪よりの落椿 小内春邑子
春浅し苔にうつりて落椿 大橋櫻坡子 雨月
春雷やぽたりぽたりと落椿 松本たかし
昨夜われら椿でありき落椿 池田澄子
書見てもあるや机辺の落椿 尾崎紅葉
月光を螺鈿となせる八重椿 鳥居おさむ
木実油漲る玉や八重椿 西和 選集「板東太郎」
椿落ちてくづれししや落椿 雑草 長谷川零餘子
歩かぬと寒いよ白の落椿 池田澄子
毀れざるもの水の上の落椿 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
水に沈みて痛恨の落椿 辻田克巳
水の景動きし時の落椿 田畑美穂女
水窟の仏体暗し落椿 雑草 長谷川零餘子
江之島の活辯天か玉椿 高澤良一 素抱
波打てる鎌倉石に落椿 高澤良一 鳩信
波音の引く音ばかり落椿 行方克巳
泥濘に飛石二つ落椿 西山泊雲 泊雲句集
泳ぐかな息のある間の落椿 増田まさみ
流れそめて渦従へり落椿 中村若沙
浦かぜに噴湯もつるる八重椿 前田 鶴子
浮きながら重さのありし落椿(三浦半島秋谷海岸二句) 河野南畦 『湖の森』
海上を驟雨きらきら玉椿 岸本尚毅
満目の闇満目の落椿 中岡毅雄
満蔵院一禮抜くる落椿 八木林之介 青霞集
滝壺の忌日ふちどる落椿 文挟夫佐恵 黄 瀬
漂へる板子の上の落椿 比叡 野村泊月
瀬に乗るも岩に残るも落椿 行廣すみ女
火のなかの此の世にのこる落椿 大屋達治 絢鸞
灰吹にした跡もあり落椿 正岡子規
牛角力の花道うづめ落椿 下田稔
牛飼に夜は八方の落椿 神尾久美子 桐の木
犀星の魂はいづかた落椿 石原八束 空の渚
玉椿八十八の母の息 桂信子 黄 瀬
玉椿拾うて戻る床几かな 比叡 野村泊月
玉椿海の日の出は靄ふかし 水原秋櫻子
玉椿落て浮けり水の上 諷竹 古句を観る(柴田宵曲)
玉椿親仁さけすばかゝらじを 服部嵐雪
画展出て点描の森落椿 桂信子 黄 瀬
白動車の灯に邸内の落椿 大橋櫻坡子 雨月
百鶏をはなてる神や落椿 飯田蛇笏 霊芝
真中濃く乙女椿の桃色に 原石鼎 花影以後
瞳孔を開いてゐたり落椿 今瀬剛一
石段や烈風にとぶ落椿 大橋櫻坡子 雨月
石甃にあふるゝ水や落ち椿 菅原師竹句集
神は愛惜しげもなくて落椿 岩岡中正
稚児が淵濤の曳きゆく落椿 北見さとる
積竹にかまれて雨の落椿 西山泊雲 泊雲句集
竹の中へ敷石長し落椿 西山泊雲 泊雲句集
約束の如くにそこに落椿 上野泰 春潮
紅暗し崋山の遺物落椿 百合山羽公 寒雁
絵踏めく殉教の地の落椿 朝倉和江
罪障のごとしその根の落椿 橋本多佳子
老裾を掴まんとせり落椿 中尾寿美子
聖泉の湧きつつ溜むる落椿 下村ひろし 西陲集
肋から肋へたどり落ち椿 竹中宏
腸のよろこんでゐる落椿 飯島晴子
興奮のなほ冷めやらぬ落椿 相生垣瓜人 明治草抄
芯立つて木にあるごとく落椿 鳥居おさむ
花びらの肉やはらかに落椿 飯田蛇笏 春蘭
花弁の肉やはらかに落椿 飯田蛇笏
花御堂葺く八重椿あつめらるる 川島彷徨子 榛の木
花瓣の肉やはらかに落椿 飯田蛇笏
苔ふかく幾世落ちつぐ落椿 秋櫻子 (桂離宮)
若鶏や蹴ゑはらゝかす落椿 幸田露伴 江東集
落椿あかりの罩むる土の上 長谷川素逝 暦日
落椿あるひは波に岩窪に 岸風三樓
落椿いたくくだちぬ掃くとせむ 奈良鹿郎
落椿かかる地上に菓子のごとし 西東三鬼
落椿くだく音して仔馬来ぬ 石原八束 空の渚
落椿くちびる程に濡れてゐし 有馬壽子
落椿ころがしゐるは三十三才 山国三重史
落椿さつき傍観いま凝視 橋本美代子
落椿しそめてこぞる蕾なり 及川貞 榧の實
落椿してをる大地起伏あり 上野泰 佐介
落椿して人声もなかりけり 吉屋信子
落椿その中へまた落椿 石井とし夫
落椿ただひとことに執しをり 谷川 典大
落椿つづいて蜂の流れくる 八牧美喜子
落椿とはとつぜんにはなやげる 稲畑汀子
落椿とは夕暮の音なりし 廣畑忠明
落椿とは突然に華やげる 稲畑汀子
落椿に道分る馬頭観世音 寺田寅彦
落椿ばかりの岬の道をゆく 高濱年尾 年尾句集
落椿ひつかかりたる途中かな 石崎径子
落椿ほどの深淵白昼夢 高澤晶子
落椿まだ藪を出ぬ魂ひとつ 丸山海道
落椿まばらになりてかへり見る 銀漢 吉岡禅寺洞
落椿もうたましいが抜けている 佐伯昭市
落椿もみあふ最終便の水脈 鷹羽狩行
落椿わが乳母島の女なりき 中村草田男
落椿われならば急流へ落つ 鷹羽狩行(1930-)
落椿ピエタの一日昏れゆけり 文挟夫佐恵 黄 瀬
落椿一人二人と下りゆきぬ 五十嵐播水 埠頭
落椿一花も湖にやらぬ簗 中戸川朝人
落椿万幹の竹まつさをに 橋本鶏二 年輪
落椿人の過失の鮮しや 齋藤愼爾
落椿俯伏せに墓を抱くごとし 林翔 和紙
落椿呑まんと渦の来ては去る 福田蓼汀 山火
落椿土に帰しゆく日数かな 大橋敦子
落椿地に照りあへる正樹の碑 加藤耕子
落椿地に紅かりし受難節 渡辺 夏人
落椿夜めにもしろきあはれかな 久保田万太郎 流寓抄
落椿天地ひつくり返りけり 野見山朱鳥
落椿小倉百人一首散る 百合山羽公
落椿少し引きずる風のある 上野泰 佐介
落椿少し流れて沈みけり 川村紫陽
落椿展観幕府滅亡史 高澤良一 素抱
落椿手にして重さありにけり 清水 美恵
落椿投げて煖炉の火の上に 高浜虚子
落椿折り重なつて相対死 安住敦
落椿抱き合ふ形に流れをり 河野多希女 両手は湖
落椿挟まるまゝに立て箒 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
落椿掃きあつめつつ雨となる 山本洋子
落椿掃けば崩るゝ花粉かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
落椿昨日は沖のごとくあり 田川飛旅子 『植樹祭』
落椿晩年もまた長丁場 百合山羽公
落椿朝の白熱城の方に 桜井博道 海上
落椿末弟子として師につくも 石田あき子 見舞籠
落椿林泉潮を湛へたり 岡本松浜 白菊
落椿歩み寄る辺もなかりけり 中村汀女
落椿水に遅れて流れけり 藤崎久を
落椿汐干に人の来ぬところ 右城暮石 声と声
落椿波紋をさまり流れそむ 福田蓼汀 山火
落椿浄土と眺め終んぬる 後藤夜半 底紅
落椿海に放りて島に遊ぶ 松本たかし
落椿涙たのしむ時代よ去れ 赤城さかえ
落椿煌と地に在り既に過去 楠本憲吉
落椿燭木橋揺る子はしらず 芝不器男
落椿牛ゆつくりと踏みて去る 柴田白葉女 花寂び 以後
落椿独木橋揺る子はしらず 定本芝不器男句集
落椿玉の如くに弾けたり 岸本尚毅 選集「氷」
落椿目指すは一処流れゆく 岡田照子
落椿砕け流るる大雨かな 松本たかし
落椿紅も褪せずに流れけり 高橋淡路女 梶の葉
落椿絵空事みな賑々し 櫛原希伊子
落椿美し平家物語 高浜虚子
落椿蘂をまもりて流れ来る 西村和子 かりそめならず
落椿見えて旧道ゆきがたし 五十嵐播水 埠頭
落椿詩の解脱を繰り返す 鍵和田釉子
落椿象の小川の瀬をはやみ 西村和子 かりそめならず
落椿足のふみどのなかりけり 久保田万太郎 草の丈
落椿踏まざればその樹に寄れず 吉野義子
落椿踏まじと踏みて美しき 西本一都 景色
落椿這ひづる虻や夕日影 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
落椿道後の家群(やむら)とのぐもる 角川源義 『口ダンの首』
落椿雨けぶりつゝ掃かれけり 清原枴童 枴童句集
落椿音のかくれ場なかりけり 谷口桂子
葉ごもりにひそやかに落椿かな 上野泰 春潮
蕊の黄の浮き上りたる落椿 高濱年尾
藪かげや馬糞の上に落椿 寺田寅彦
藪中にかかれる橋や落椿 橋本鶏二 年輪
藪垣や見馴れたれども落椿 後藤夜半 翠黛
血を喀きし翳杳き日の落椿 小松崎爽青
見えてゐる庇の上の落椿 沢井山帰来
観音の右足あそぶ落椿 津田清子
語り行く眼に行手なる落椿 河野静雲 閻魔
貝光るオランダ塀や落椿 水原春郎
輪となりし水のおどろき落椿 鷹羽狩行 五行
道端の墓に眼とめぬ落椿 池内たけし
里の子の頬につけたり落椿 尾崎紅葉
野あるきや風蔭あれば落椿 木津柳芽 白鷺抄
金網に羽毛はりつく玉椿 日原傳
鉾波のむらだちひかる落椿 石原八束 空の渚
門川の四季のはじめや落椿 尾崎迷堂 孤輪
闇よりも濃い闇ありぬ落椿 大西泰世 『こいびとになつてくださいますか』
陶の狸に抱かす五寸の落椿 伊藤いと子
離宮ほとり住む伶人や落ち椿 久米正雄 返り花
雪かゝる乙女椿はまなか濃く 原石鼎 花影以後
雪のうえ罰として白落椿 和知喜八 同齢
雪を消す雨の降りをり落椿 松本たかし
雲解けの底鳴り水に落椿 石原八束 空の渚
青春のほろびし灰に落椿 仙田洋子 雲は王冠
非無様は知らず訪ひけり玉椿 高木晴子 晴居
音のして即ちまぎれ落椿 深見けん二
音無の滝までつづく落椿 大場白水郎 散木集
頼朝に流人の日あり落椿 福田蓼汀 山火
顔よせて寺の子二人落椿 石原舟月
風あそぶ地に万輪の落椿 上野さち子
風吹くや隠れ顔なる乙女椿 楠本憲吉
髪の芯冷ゆ落椿あまた踏み 有光令子
魂の入りたるままに落椿 森田智子
鯉沈みしばらくたつて落椿 能村研三 海神
鴛鴦や寒林の日の落椿 島村はじめ
鶏の二十羽白し落椿 野村喜舟 小石川
鶺鴒のよけて走りし落椿 三好達治 路上百句
黒ずみて落椿とはもう言はず 宮津昭彦
黒板に書きつつ浮かぶ落椿 高澤晶子


以上
by 575fudemakase | 2014-02-22 08:42 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

風生忌

風生忌

例句を挙げる。

うち晴れて顔施の御空風生忌 轡田 進
たまづさの一語一語や風生忌 吉田速水
みすずかる信濃に一都風生忌 岸風三樓
三年といふ年月も風生忌 清崎敏郎
安房の海穏やかに霽れ風生忌 伊東宏晃
師風守り丹波に老いぬ風生忌 細見しゆこう
思ひ出のうするるかなし風生忌 勝又一透
晩年の師系大事や風生忌 舘岡沙緻
朴の芽の今年は遅き風生忌 清崎敏郎
梅林に富士仰ぎゐて風生忌 伊東宏晃
涅槃図のごとく集ひて風生忌 松本澄江
空青く山茱萸が咲き風生忌 浅野敏夫
薄氷の水際暮れゆく風生忌 畠山譲二
風生忌風に光の加はりし 小山いたる


以上
by 575fudemakase | 2014-02-22 08:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング