<   2014年 03月 ( 64 )   > この月の画像一覧

桜にまつわる自句

桜にまつわる自句

以下
「ねず」は句集「ねずみのこまくら」、「もも」は句集「ももすずめ」、
「さざ」は句集「さざなみやつこ」、「ぱら」は句集「ぱらりとせ」の略。


●花 花の山 花の昼 花の鳥 花堤 花の風 花明り  
他愛なく花を見てゐる旅ごころ  燕音
花なんぞ見向きもせざる畑鴉  石鏡
花見むと来しリハビリに気散じに  暮津
花咲くと鳥もすっかりその気になり  燕音
早咲きの花のいたづら心かな  寒暑
勘違いして咲く花に相違なき  寒暑
花ほつほつ咲き出す山に悪路なし  寒暑
可借花散らしその形大き鳥  もも
鵯飛来花散るからに散るからに  鳩信
花散らす風の無理強ひしたりけり  素抱
酔どれのそれそれそれと散る花を  暮津
千鳥ケ淵
花の間鴨広がりて広がりて  随笑
花の間を何処まで飛翔長き鳥  随笑
花の間尾長が通り過ぎしのみ  寒暑
鳥ごゑに奥行き深き花の山  ぱら
だっこしてまたおんぶして花の山  随笑
花の山絶えず子供のこゑがして  寒暑
上からも下からも人花の山  素抱
見通して奥行のある花の山  素抱
禽ごゑのひろがりすぼまり花の山  素抱
花の山騒がしにくる目白かな  素抱
鳥よりも人よく遊ぶ花の山  素抱
精米所横よりのぼる花の山  素抱
いぶりがっこキザミがっこに花の昼  宿好
花の昼人を焼く間の腹ごしらえ  石鏡
垂直に上枝に移る花の鳥  燕音
来年も又来ておくれ花の鳥  燕音
花の鳥あれこれいふを聞き遣りぬ  燕音
間近に来目許くりくり花の鳥  随笑
枝移りして花の鳥こゑ大きく  素抱
すいと来てこんどは小柄花の鳥  素抱
何事かまくし立てたり花の鳥  素抱
桧木内川高堤いま花堤  宿好
花堤万の莚を敷き詰めて  宿好
花堤さてとここらで折り返そ  寒暑
飛来せる一羽花間へもぐり込む  もも
花房に縋れる鳥の紡錘形  もも
首伸ばしすくめつ鵯の花食める  もも
鳥の尾の上下頻々花隠り  もも
花を発つ鳥の胴より翼出で  もも
木を替へて花ついばめる鳥営々  もも
雨に風加はり花を駄目にする  もも
花このまゝ仏生会までもたせたし  さざ
一体に海岸ぷちの花早し  さざ
ときめける花に湿りをくれに雨  さざ
花乏し降られづめなる鵯に  さざ
ほころぶと告ぐる言葉の花より浮く  ぱら
花の風鯉の背鰭を吹きにけり  ぱら
鉛筆を走らす花鳥諷詠漢  ぱら
言語野に射して言の葉花明り  ぱら
当たりゐし山の日を花逸したり  ぱら
雨ありし上野の山の花の首尾  ぱら
花揺るゝは船酔に似て昼日中  ぱら
何もって本復巷は花の頃  鳩信
高遠花祭り
花に浮かれ来たる奴に高遠城  鳩信
藩校の教場抜けて花の風  鳩信
一雨に花崩れたり北の丸  鳩信
真っ白な花に群がる風一目  鳩信
その説に服しぬ花よ鳥よと詠む  燕音
折角の花が霞んで仕舞ひけり  燕音
ゆとりより生るゝものに花の風  燕音
藤右衛門さんのはちまき花談義  燕音
花も又花を了へたら一服す  燕音
花噴いてぼこんぼこんの桜の幹  燕音
花開くまでいろいろな事があり  燕音
気ふさぎの重たき花となりにけり  燕音
花を押す南アルプスよりの風  燕音
内船寺
花の下先師のおはち頭かな  燕音
老若の一切を度す花の風  燕音
割烹
対岸の花を肴に枕流亭  宿好
中尊寺
清衡が夢みし花の仏国土  宿好
花は楚々岩は恢々厳美渓  宿好
魁の一花百花の気概もて  宿好
花照る中チンパンジーは何誇示す  随笑
白隠の書画踏み破る花ごころ  随笑
この先も斯うした花の日和あれ  随笑
むさき身を花の押照る中に入れ  随笑
花畳なはり大観の朦朧体  随笑
かんばせに受けて花吹き余る風  随笑
花房へすうっと鳥の首が伸び  随笑
花つきのよき木とあふぐ二人連れ  随笑
朝夕の殊に夕べの花の相  随笑
花眩しむ人を眩しみ通りたり  随笑
花は花椨は椨にて押し通す  随笑
宴闌けて花びらいろの貫主さま  随笑
花は葉に東鑑にのる社  随笑
花の情一入なれば酒にせん  寒暑
花は今高知の城下に来てみいや  寒暑
靖国神社
かんばせに靖国神社の花の風  寒暑
えらき坂の花の靖国神社かな  寒暑
御社に花の東京の標準木  寒暑
満開のけふを逃して何とする  寒暑
無理強いをして花奪ふ風の暴  寒暑
大鴉姿くらます花の奥  寒暑
動くもの一物もなき花の景  寒暑
走り根の傍へが花の死に処  寒暑
一昼夜風に揉まれて花濃くす  寒暑
五人百姓花に広ぐる風流傘  寒暑
称名寺古図には無かり花の布置  寒暑
さきほどの花も佳けれど此も佳し  素抱
さゑずりのありかは花の奥の奥  素抱
大岡川観桜
おしどりに吹雪ける花の余り風  素抱
棒切れで地図を描ける花の許  素抱
野毛花見
花愛づる毛唐の大首横濱絵  素抱
横濱の花を観るなら掃部山  素抱
花愛でて今様本田平八郎  素抱
花啄まむと鵯身をひねり  素抱
かるめ焼きなど賞味して花の人  素抱
花の蜜くすねに来たる大き鳥  素抱
しばし居る木椅子は花のつめたさに  石鏡
花の日々御飯ふっくら炊きあがり  石鏡
写生の眼花と画帖を往き来して  暮津
花奪ふ風に尻尾のあるごとし  暮津
日曜画家絵筆に含ます花のいろ  暮津
花の下ベルのよく鳴る三輪車  暮津
十日程花遅れたり建長寺  暮津
沿線の花に急かされゆくごとし  暮津
いちにち雨心に烟る花を観て  暮津
空耳に盈ち盈つ花のせりふかな  暮津
●花時 桜時  
身延山
祖師さまの山へのぼらん桜どき  燕音
この人のかうゆう句が好きさくら時  宿好
さくら時堤ゆく人豆粒大  宿好
銭湯の熱くて痒し桜どき  随笑
花どきの鵯のうわまえはね雀  随笑
花どきの乳首の脇へ聴診器  寒暑
里山の下り口三つさくら季  石鏡
●花冷  
花冷の河馬の図体ただよへる  ねず
増上寺
花冷えの此の鐘撞かば木更津まで  もも
花冷えの青天井に及びをり  ぱら
身延山花冷からかね灯籠に  燕音
もくもくと花冷えどきの樺細工  宿好
動物園
花冷えのコンドル無垢の襟巻す  随笑
達磨圖にべたと花冷え花押かな  随笑
花冷えの坊ちゃん列車待機せる  寒暑
花冷えのしんしん山鳥黙すとき  石鏡
花冷えの底出棺の釘打たる  石鏡
●花守 桜守  
わからんと云ひて笑へり櫻守  燕音
●桜 朝桜 夕桜 夜桜 大桜  
鳥入れてさくらのうつらうつらかな  ねず
追ひ追ひに池の廻りのさくら咲く  さざ
横浜絵おろしや
野毛山のさくら馬上に魯西亜人  さざ
曙のさくら一鳥抱へをり  ぱら
幹に花咲かせてさくらはちきれさう  ぱら
海渡りさくら咲かせに一暖雨  ぱら
宿毎に伊那路のさくら愛でゆくも  鳩信
怪童の腕のやうなさくらの枝  鳩信
夫婦して見にゆくさくらありにけり  鳩信
昃りてさくらに彩の戻るなり  鳩信
名庭園ならんとさくらの木も努める  燕音
ソメイヨシノ
人間が構ってやって咲くさくら  燕音
俳句仲間へ
もう十年程ご一緒にさくらの世  燕音
奥山のさくらは白く舂づける  燕音
つくづくとさくら花満ち日に重る  宿好
北国の餅肌いろのさくら咲く  宿好
をととひのさくらがふっと泛かびくる  素抱
人気なきときをさくらの旺んなり  素抱
人ごゑが近みさくらがそはそはす  素抱
平日の山のさくらを一人占め  石鏡
大石の昼行燈にさくらは似  暮津
枝張りも根張りも石割大桜  宿好
山中に達者なりけり大桜  随笑
山中に何時かは亡ぶ大桜  寒暑
根っこより見上げ端山の大桜  石鏡
朝の気の漲る石割桜是  宿好
北上川の朝の水勢さくら満つ  宿好
この静寂破るものなく朝ざくら  素抱
墨堤の浮浪者に湧く朝ざくら  石鏡
蛇口より水迸り朝ざくら  石鏡
朝桜禽掻い潜り掻い潜り  暮津
夜桜にあがる焔の二タ柱  さざ
夜桜に誘ってみてはと付け足せり  鳩信
夜桜にしこたま冷えて戻りけり  鳩信
夜桜もぼんぼりの灯もほたほたと  宿好
夜桜の雪洞尽きるところまで  宿好
夜桜の人に混じりて華やがん  寒暑
道後公園
貸し練炭貸し茣蓙夜桜真っ盛り  寒暑
夜桜の冷え込み上着一枚分  寒暑
夜ざくらを口あんぐりと開けみる児  暮津
夜桜の雪洞高くここ低く  暮津
たんたんと咲く夜ざくらに飛行音  暮津
夜ざくらに酔ふて地に置く紙コップ  暮津
夕桜すっと色調落しけり  宿好
夕風に揉まるる桜ここから帰路  暮津
人の出も日増しにソメイヨシノかな  ぱら
ひよひよと大島桜吹かれをり  ぱら
鳥らいそいそ河津桜の原木へ  ぱら
幹ずんと押し出しのよき里桜  ぱら
行水所コヒガンザクラ明りして  鳩信
長官愛づ櫻なりきと顎引く  鳩信
横須賀安浦旧鎮守府長官  官舎
鎮守府の櫻の上に海展け  鳩信
なかなかの櫻と幹に手を掛けて  鳩信
満開の心を一に濠桜  鳩信
このとほり櫻は場所を選ばない  燕音
櫻の幹叩き鼓舞せる男あり  燕音
大櫻之ある哉の裁判所  燕音
日本の櫻を他国に植う話  燕音
雨ありてあとは櫻の花次第  燕音
振り返る桜がそこにあればなり  燕音
沿線の桜見ながら汽車ぽっぽ  燕音
曙の桜どの木も気を張りて  燕音
年寄ったなりの咲き方桜もす  燕音
咲く桜暦代りの世も絶へて  燕音
思ひも見よ山の桜の根の張り方  燕音
桜には桜の営みそを通す  燕音
野暮天のソメイヨシノといふ勿れ  燕音
いずくにて死に候とも墓を身延の沢にさせ候べく候 日蓮
一わたり歩き身延の沢櫻  燕音
風はたと絶えし桜の日に重る  宿好
石割桜
石割のえらい桜を一目見ん  宿好
あれまあと石ぶち割って咲く桜  宿好
野毛の桜昭和の戦見て来しと  随笑
先手取るごとく咲き出すこの桜  随笑
桜誉むこゑもいろいろ女衆  随笑
奢るとはめっそうもなき家桜  随笑
鳥がゐて写真家がゐて桜の木  寒暑
お天道様山の桜に花授け  寒暑
一雨のあと立ち直る桜かな  寒暑
瀬戸内の桜見え来て機は下降  寒暑
都内にしてもう咲く大島桜かな  素抱
失敬す大島桜の花房を  素抱
ひとびとは立ち去り櫻は残りけり  素抱
この山の一押し桜咲きにけり  素抱
枝のさきまだ咲く余地のある桜  素抱
散りしきる桜に欲しき越天楽  素抱
模糊と見て桜のなかに末期の眼  素抱
スタジオに持ち込む河津の初桜  石鏡
平日の桜の中を通りけり  石鏡
水道で洗ふ掌赤し初ざくら  石鏡
馬の背みち山の桜はまばらが佳し  石鏡
横須賀海軍鎮守府
鎮守府の苔むす桜何見て来し  暮津
●山桜  
山ざくら吹き割る風のいくそたび  もも
いつときは光帯びけり山桜  ぱら
揺れ出して息呑むほどの山ざくら  ぱら
本来の彩は斯くなる山ざくら  ぱら
日本語乱れ初めても山櫻  ぱら
山櫻さう山櫻葉の臙脂  鳩信
好きな木を一つ挙げれば山櫻  燕音
地味ありて枝隆々の山櫻  燕音
ぽんぽんと山桜置き遠山並み  燕音
法燈の山櫻いろ夕づきぬ  燕音
野毛山の十日も早き山ざくら  寒暑
尾根辿れば当り籤めく山ざくら  寒暑
山ざくら遽か下界といふものあり  寒暑
一行に飛花ふるまへり山ざくら  寒暑
山桜天を伝ひて風響き  寒暑
山ざくら散るとき音色あらまほし  寒暑
烈風にどうするどうする山桜  石鏡
●八重桜  
かろがろと昼月上げて八重櫻  もも
八重桜大社を巫女の往き交へる  随笑
八重桜瞼重たくなりにけり  随笑
日は闌けに闌けて悶々八重櫻  暮津
八重櫻足懈く道戻りけり  暮津
●遅桜  
山腹に鳥を下ろせし遅櫻  もも
●桜蘂降る  
さくら蘂降る制服の紺の肩  ねず
桜蘂ばかりの赭き木となれり  ぱら
桜蘂降らすや三嶋大明神  随笑
樹下にゐて雀もさくら蘂浴めり  寒暑
良寛像足許埋む桜しべ  寒暑
桜蘂降らせて雨の粗くなる  暮津
●花見 花見客 桜狩 桜見に 花筵  
昼下り自転車で来てさくら狩  燕音
当山の門徒ならねど桜狩  燕音
桜狩たぷんと水筒背に鳴りて  石鏡
地下街で稲荷購ひ桜狩  石鏡
花を見る心ええならええ花見  燕音
花見客杖を忘れし身延線  燕音
ネクタイをして花見とは上野山  宿好
出来れば近場妻との花見何處にせん  宿好
川沿ひにセスナ機飛んで花見時  宿好
東京の花見がてらの通院日  寒暑
花見支度し居れば雨や肩すかし  寒暑
お花見のおあづけとなる朝の雨  寒暑
腰どんと地べたに据えて花見かな  寒暑
松山中学校跡
濠端の花見に夏目金之助  寒暑
花見客もう百段に顔見合はせ  寒暑
称名寺鴨も花見と洒落にけり  素抱
その頃となれば花見に徒心  素抱
花見弁当ひらけば鳩の優しく寄る  石鏡
沿線の花見切符を撫しながら  石鏡
母の云へる
米寿まで生きたついでの花見せむ  石鏡
花見衆持ち込む小ぶりの瓦斯ボンベ  暮津
花見客に唸る屋台のバッテリー  暮津
かわず掛け河津が郷のさくら見に  ぱら
楽しんでよるひるざくらあさざくら  燕音
夜ざくらを見にゆく元気既になし  燕音
花は佳し桜しべまで見尽して  燕音
まどろんで先師が花に遊べる図  燕音
人間の勝手放題花を見る  燕音
根っからの浜っ子野毛の桜見に  燕音
ホテル
花巡り今日の泊りは武蔵坊  宿好
花莚抱え挨拶交しをり  随笑
花を見る目配りにさへお人柄  寒暑
花を見て花の生み継ぐ風を見て  寒暑
沿線の桜見ながら羽田まで  寒暑
花筵てふ大仰なもの持たず  素抱
靴脱げる処が玄関花筵  暮津
走り根の出っ張り避けて花筵  暮津
●花人  
墨堤に花人となる足慢ろ  寒暑
花人にはいごめんよと上り駕籠  寒暑
花人の足腰問はる象頭山  寒暑
明日雨の予報に繰り出す花の人  石鏡
●花疲  
大仏を割愛したる花疲れ  随笑
花疲れまくりしシャツの袖おろす  石鏡
●落花 花散る 散る花 花吹雪 花屑 花の塵  
 飛花  花筏
散るさくらタイムカプセル埋めし地に  ねず
*北条実時銅像。重時は極楽寺殿、時頼は最明寺殿と称されれば
称名寺殿の頭に花散れり  さざ
一巻の終りの花の水に散る  燕音
海浜の雨は曲者花散らす  燕音
堤より花の散り込む遊び舟  宿好
あとは散るばかりの花にふふむ酒  随笑
けふあたり出向きおかねば散る花ぞ  寒暑
朝風に流離流離と花散るも  寒暑
石手寺に花は散るのみ徒遍路  寒暑
山鳥の呂律に合はせ花の散る  石鏡
日曜の花散らす雨罪作り  石鏡
登り詰め櫻吹雪の別天地  燕音
横目にて象は吹雪ける花を見ぬ  随笑
花吹雪次の一ト吹き待ちゐる眼  随笑
花吹雪そびらに駈け出したくなりぬ  随笑
花吹雪く度に両掌をひらく人  随笑
立ちつくしそのまま浴びぬ花吹雪  随笑
花吹雪人の話の腰折りて  随笑
吹雪くたびこれはこれはの山ざくら  随笑
こんな日が三日続けば花吹雪  寒暑
林間を真一文字に花吹雪  寒暑
花吹雪こりゃまたなんと佳き風情  寒暑
花吹雪ぱっぱと金比羅大権現  寒暑
花吹雪雪洞にまだ吹き足らず  素抱
花吹雪小公園を突っ切りて  素抱
谷戸住みの醍醐味は是花吹雪  石鏡
花吹雪易者は八卦うち振りて  石鏡
春疾風それに倍する花吹雪  暮津
唐破風をつゝと花屑奔りけり  ぱら
花屑に小旋毛風立ちぬ愛宕山  燕音
走り根に花屑の風堰かれけり  燕音
蹼のたわたわ花屑踏みつけに  燕音
シーソーの花屑吹いて跨りぬ  燕音
花屑の犇めき合へる轍あり  随笑
花屑の中のひとひら返す風  随笑
夕雀花屑蹴って発ちにけり  随笑
花屑に風そろそろとたちつてと  素抱
青空へ一二三と飛花発ちて  燕音
本山の飛花つきあたる堂障子  燕音
身延山ひたすら空を亘る飛花  燕音
飛花よぎりけり北之坊岸之坊  燕音
繽紛と飛花の舞ふ方衣川  宿好
渓底の甌穴に飛花あやまたず  宿好
オオヘビガイ出土貝塚飛花よぎり  随笑
杖を突く音のぱったり飛花あふぐ  随笑
石畳飛花着地して石のいろ  随笑
風太郎よこぎる飛花に眼を上げて  寒暑
鼻先をよぎりて飛花の舞踏団  寒暑
一行に飛花ふるまへり山ざくら  寒暑
腰下ろすところへ飛花の次から次  素抱
てのひらに飛花を掬へば浮き立つ彩  素抱
弘明寺観音観桜
赤塗りのひょうげた仁王飛花よぎり  素抱
飛花の風辺りが透けて見えにけり  素抱
飛花当る雪洞舟和の芋ようかん  石鏡
洪鐘に飛花の当たりてはたと落つ  暮津
エナメルの靴先に飛花舞ひ込める  暮津
とびっきり遠くへとべる飛花一つ  暮津
飛花舞はす風の一変フォルテッシモ  暮津
只管になること落花には如かず  鳩信
階に池に落花の選り好み  宿好
落花ひとひら二本松少年隊  宿好
落花踏み歩む堤よ北上よ  宿好
高館の落花しづしづ静の舞  宿好
クルス
外人墓地十字架の間を落花抜け  随笑
上枝より落花飛脚の発つごとし  随笑
落花受く地べた凹凸ありにけり  随笑
落花嗅ぎ年寄る象の浜子さん  寒暑
町雀雨の落花を足蹴にす  寒暑
赤銅いろ陸上トラック落花馳せ  素抱
鷲掴み落花放してみせにけり  素抱
花筏などとはとても云へぬもの  燕音
花降れる地べたに雀色動く  燕音
川原石の隙を見つけて花の塵  燕音
花筵山の夕冷え払ひけり  寒暑
花筏日を経し彩を泛かべをり  石鏡
石組の石を押すなり花筏  暮津
●花曇 養花天  
鈍器もて物を割る音花曇り  燕音
嘴のずんと重たき花曇り  燕音
養花天選挙合戦空ラ響き  素抱
●葉桜  
葉の混んできたるさくらの幹にほふ  ねず
葉ざくらの候と書き出し本降りに  ねず
身の廻り小出しに詠ひ葉ざくら季  ねず
葉ざくらに一も二もなく染まりけり  ぱら
葉ざくらに葉ざくらのいろ正受庵  燕音
葉ざくらの葉末までゆきわたる風  宿好
葉桜を猶猶蒼く風吹けり  随笑
無為の日々葉ざくらを風養へり  随笑
百葉箱葉ざくらの青一途なる  寒暑
葉桜の毛虫垂るるによき暗さ  素抱
葉ざくらや日の斑を顔に胸肩に  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-03-31 07:45 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

日永

日永

例句を挙げる。

いくらでも負けて日永のカメオ売 下村梅子
いづれのおほんときにや日永かな 久保田万太郎(1889-1963)
うちとけて日永の膝をくづしけり 鈴木真砂女 生簀籠
うづくまる病顔不意に日永なり 宇佐美魚目 秋収冬蔵
うら門のひとりでにあく日永かな 一茶
おてづなに二三人来て日永かな 岸田稚魚
かたわれの函を探せる日永かな 高澤良一 さざなみやっこ
こんなにも亀がゐるとは日永池 高澤良一 宿好
ご老體前はばからず日永の湯 高澤良一 寒暑
さざなみの日永近江に薬売 鷲谷七菜子 花寂び
せんべいの瘤のさびしき日永かな 大木あまり 雲の塔
そゞろ出て日永に顔をさらしけり(苦吟) 原石鼎
ぞろ~と樂隊通る日永かな 内田百間
つゝじ採る繩間の子等日永かな まそほ貝 武定巨口
どの窓も日永の能登の海見えて 稲畑汀子 春光
なで佛なでて日永の善男女 下村ひろし 西陲集
ぬかるほど水を撒きたる日永かな 久保田万太郎 流寓抄
のぞき見ては塀穴ふさぐ日永かな 杉田久女
はらのたつほど波たゝぬ日永かな 久保田万太郎 流寓抄
ひとつ鳥の啼きつづけたる日永かな 中勘助
びらう樹の下にかゞめば日永かな 銀漢 吉岡禅寺洞
ふきあがる鍋が幕切る日永かな 龍岡晋
ふくろふの日永に耐へる瞼かな 和田知子
ほこりして睫毛しるきや日永の婢 香西照雄 対話
まんぼうを揚げし波止場の日永かな 細川加賀 『玉虫』
をとめごの菜引き見てゐる日永かな 室生犀星 犀星發句集
マンボウに水槽狭き日永かな 渡辺玄舟
一休の髑髏と語る日永哉 寺田寅彦
一村はかたりともせぬ日永哉 一茶 ■文化六年己巳(四十七歳)
一觴一詠日永の主と申すべし 宇佐美魚目 天地存問
世に遠き心ひまある日永哉 夏目漱石 大正三年
並木座の故人ばかりを観て日永 土橋たかを
丹頂のさて水に入る日永かな 三好達治 路上百句
亀の子の盥這ひ出る日永哉 正岡子規
二重橋朋とし日永の警察官 高澤良一 素抱
人と居て林の中の日永かな 高橋さえ子
人の妻なぜか日永を半殺し 加藤郁乎
人形の独りと動く日永かな 夏目漱石 明治三十七年
人渠船出でて湯にゆく日永人 五十嵐播水 埠頭
傾城の疱瘡うゑる日永かな 寺田寅彦
入道の欠伸して居る日永かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
八幡の鳩の向き合ふ日永かな 野村喜舟 小石川
写真師の指先焦けて日永かな 久米正雄 返り花
出湯の壷底なめらかに日永かな 芥川龍之介
古玩具のばたばた日永の土産屋に 高澤良一 寒暑
古着市出盛りすぎの日永かな 青木月兎
吹て消えて石鹸の玉の日永哉 正岡子規
唇の分厚く日永の磨崖仏 高澤良一 宿好
唐の海淡路につゞく日永かな 内田百間
喧雀に日永の家居疲れたり 金尾梅の門 古志の歌
国つ神麦食ひ給ふ日永かな 桑原三郎 春亂
園児等に鼻振り上手日永象 高澤良一 ねずみのこまくら
地を踏まず立つ足多き日永かな 桑原三郎 花表
垂れし手の海向き日永観世音 上野泰 春潮
墓原の空に鳶舞ふ日永かな 久保田万太郎 流寓抄
売る仔牛梳きて永き日永くしぬ 西村 琢
大塵取日永の日影つくりけり 、 松藤夏山 夏山句集
子が演ず白雪姫の日永かな 今泉貞鳳
子のものの散らばり易き日永かな 佐藤美恵子
孵卵器を守れる学徒に日永くも 竹下しづの女句文集 昭和十年
寿限無寿限無子の名貰ひに日永寺 櫛原希伊子
小糠舂きたむる日永の水ぐるま 荒井正隆
居合抜長物抜かぬ日永かな 一琅
屋上去る孤島を日永にのこすごとく 宮津昭彦
山蔭の家や日永を鶏うたふ 至青
山道を行き行き永日かへりみる 村越化石
岩登りかけてその儘日永亀 高澤良一 随笑
川蜷の肢出してゐる日永かな 川崎陽子
巻きゆるく日永の遺伝子・滑り台 高澤良一 素抱
帰るさも日永の亀の甲羅干し 高澤良一 宿好
弁財天日永巳の日の銭洗ふ 高澤良一 寒暑
引き潮のまだ引いてゐる日永かな 井越芳子
意久地無う坐禅くづるゝ日永かな 幸田露伴 谷中集
折り鶴にひとり遊びの日永妻 高澤良一 素抱
招き猫すこし汚れて日永かな 細川加賀 『玉虫』
揚荷終へ積荷始めて船日永 山本嵐堂
握飯十もさげたる日永かな 尾崎紅葉
方丈の氷砂糖の日永かな 野村喜舟 小石川
旅の日永を唐獅子に見つめらる 成田 浩
旅はまだ続く日永の烏龍茶 高澤良一 宿好
日永きや柳見て居る黒格子 加舎白雄
日永さに春菊摘まんなど思ふ 原石鼎
日永さの山におぶさる山のあり 村越化石
日永さの息あて顔よせガラス拭く 岩田昌寿 地の塩
日永さの鳰の湖べり長辿り 宮津昭彦
日永さや庭におりたつ縫疲れ 龍胆 長谷川かな女
日永さをふと思い立ち秋山へ 高澤良一 燕音
日永し長尾鶏の尾磨滅せむ 津田清子 礼 拝
日永なる仙崖の猫いや虎圖 高澤良一 随笑
日永の土佐路面電車はリスボン製 高澤良一 寒暑
日永の孫鼻の造作パパ似にて 高澤良一 寒暑
日永の家蛇口をひねる音がして 高澤良一 素抱
日永の湯人足風の男ゐて 高澤良一 寒暑
日永の陽ダーウインレアの卵ほど 高澤良一 寒暑
日永亀干割れ危ぶむその甲羅 高澤良一 随笑
日永亀首伸ばす方何ぞある 高澤良一 宿好
日永畑金鶏草の蒔いてあり 銀漢 吉岡禅寺洞
日永船メリケン白くジヤマンは黒き 瀧春一 菜園
日永鰐夢む手足の置きどころ 高澤良一 さざなみやっこ
昇降機空で降り来し日永かな 吉屋信子
春の日や日永の宿の霞酒 秀吉
晩年もなほ日永にて摘む蓬 中村苑子
曲水や春の日永久に落つ勿れ 月舟俳句集 原月舟
朝寝子や永日つゞく寝ざまして 原石鼎 花影以後
木の洞に鴛鴦二つゐる日永かな 宇佐美魚目 天地存問
杉菜呆けて杉の木となる日永かな 高橋睦郎 金澤百句
楽しくもあるかな日永按摩鍼 尾崎紅葉
榎僧正切株僧正日永かな 龍岡晋
歩行よい程に風吹く日永哉 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
死ぬときがわかつてゐたる日永かな 龍岡晋
母屋より街道みえて日永かな 辻桃子
母恋し日永きころのさしもぐさ 白雄
水掻きがつかむ日永の水なりき 夏井いつき
永日のそもそも何でこの病ひ 高澤良一 鳩信
永日のはばかりもなく溲瓶かな 高澤良一 鳩信
永日のマイクにあうあうアシカショー 高澤良一 ぱらりとせ
永日の一机据えあり絵島の間 高澤良一 鳩信
永日の亀の正字に窮しけり 高澤良一 素抱
永日の刻み太鼓に道後の湯 高澤良一 寒暑
永日の勝手に置かれ樽と桶 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
永日の店の中なる大鏡 永井龍男
永日の掏摸も輪中に大道芸 高澤良一 寒暑
永日の欠伸百度して待たされ 高澤良一 鳩信
永日の河童に逢ひにカッパ淵 高澤良一 宿好
永日の袋イソメに逃げられし 高澤良一 素抱
永日の馬体に鞭を一の射手 高澤良一 鳩信
永日やいまだ泊らぬ鶏の声 炭 太祇 太祇句選後篇
永日や新生児室楽流れ 佐藤美恵子
沙川の沙に消え去る日永哉 内田百間
河馬日永ここに汝も戦犯か 三好達治 路上百句
波毎に洲角とれゆく日永かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
浅草に蕎麦を食うべて日永かな 館岡沙緻
渡し守日永の舟の棹の数 柑子句集 籾山柑子
濃娘等の疲れ欠伸や絵座日永 岸川鼓虫子
濱に出てあそぶ石工の日永かな 田中裕明 花間一壺
焼鮠に梁山泊も日永かな 飴山實 『次の花』
牛に乗て飴買ひに行く日永哉 正岡子規
牛面やインドの香を焚く日永 仙田洋子 橋のあなたに
猫八のうぐひす声や寄席日永 遠藤喜久女
猫遊軒伯知先生髯日永 久保田万太郎 流寓抄以後
王宮の騎馬像跳ねしまま日永 白井恭郎
甲羅干す亀見て日永いや気長 高澤良一 随笑
白粥はおかか梅干日永かな 石川桂郎 四温
百人の人夫土掘る日永哉 正岡子規
皇居前手を振り歩く日永人 高澤良一 素抱
皇居前東西南北日永人 高澤良一 素抱
盲導チャイム日永の音のやはらかし 田中英子
砂浜に足投げ出して日永人 高澤良一 宿好
空缶の車走らす子の日永 上田日差子
米搗くに本読む仕掛日永かな(松陰舊居) 松根東洋城
絵の具とく僧と画伯の日永かな 雑草 長谷川零餘子
絶えず人を佇めて鸚鵡の日永かな 比叡 野村泊月
能なしの来ては邪魔する日永かな 梅操
脂下る朝鮮人の日永かな 寺田寅彦
良寛にまりをつかせん日永哉 夏目漱石 大正三年
芳しき墨すり流す日永かな 野村喜舟 小石川
茶摘唄永日こゝにありにけり 尾崎迷堂 孤輪
草鞋はいて出を待つてゐる日永かな 龍岡晋
葛の蔓大樹めがけて日永かな 櫻井土音
行き行けど日永の沙漠続くのみ 吉良比呂武
街日永太鼓たたきて婚輿来る 原田青児
見舞妻かへりしあとの日永かな 辻 文治
諏訪日永蜆じよれんの棄てられて 田口彌生
追々に日永の句などよかるべく 寺田寅彦
配膳の刻をたがへぬ日永かな 久保田万太郎 流寓抄以後
醍醐寺の五重の塔の日永かな 森 潮
野の果に山々まろき日永哉 寺田寅彦
金色の蜂蜜秤る日永かな 千手和子
鉛筆を削りためたる日永かな 久保田万太郎 流寓抄以後
鉦打の足踏代ふる日永かな 柚味噌(木母遺稿) 安田木母、秋田握月編
鎌掛けに鎌の掛けある日永かな 江本 如山
長生きをせよと言はれて日永臥す 村越化石
門下にも門下ありける日永かな 久保田万太郎 流寓抄以後
門衛に日永し盛葬の過ぐ シヤツと雑草 栗林一石路
限の皮の華厳にたるむ日永かな 幸田露伴 谷中集
鞭つて牛動かざる日永かな 夏目漱石 明治三十二年
音に鳴くを蒿雀とききぬ日永きに 稲垣きくの 黄 瀬
音もなく象が膝折る日永かな 角 和
顔に墨つけて洋々日永の子 宇佐美魚目 天地存問
顔のやせを鏡など見て日永かな 瓜燈籠 西村白雲郷
鶏の人の皃見る日永哉 一茶 ■文化四年丁卯(四十五歳)
鶏の仲間割れして日永哉 小林一茶 (1763-1827)
鶏の坐敷を歩く日永かな 小林一茶 (1763-1827)
鼈甲屋の叩く調子は日永かな 野村喜舟 小石川
鼬道日永の樟のうしろより 町田しげき
いたづらに富士見て永き日をたてな 立花北枝
がっくりと暇に成る日の永さかな 服部嵐雪
はたはた干し日の永さを知る 室生犀星 魚眠洞發句集
よしあしの折れつくし洲の日の永さ 瀧井孝作
りんご花ごろは日の永いさかりの蜜蜂で帰る 荻原井泉水
パン売の太鼓も鳴らず日の永き 正岡子規
乙女なり燃ゆる椿の永き日の 林原耒井 蜩
人形の頭に永き日がつまる 仁平勝 東京物語
働かぬ爪伸び易く日の永く 樋口津ぐ
売る仔牛梳きて永き日永くしぬ 西村 琢
大杉を倒して永き日の終る 三宅句生
好きな時好きな事して日の永し 高澤良一 素抱
子規と短かき日その後永き日も 高浜虚子
屏風絵の田楽舞も日の永し 辻桃子
山内英夫とは里見日の永き 皆川白陀
山陽道永き日西へ送りつぐ 宮津昭彦
懈慢界に生れて永き日なりけり 大谷句佛 我は我
懺法のあはれ過ぎたる日の永さ 許六 三 月 月別句集「韻塞」
扨永き日の行方や老の坂 炭 太祇 太祇句選
日の永くなりし摂津の国を瞰る 日野草城
日の永くなる横山にアブラチャン 高澤良一 寒暑
日の永くなる雪中の桐畑 岸田稚魚
日の永く一つ目妖怪囲碁打図 高澤良一 燕音
更衣老いまでの日の永きかな 橋本多佳子
村人に永き日のあり歓喜天 有馬朗人(1930-)
柄彫りの手元に永き日もくるゝ 伊藤観魚
柿の花掌に盛りたれど永き日や 香西照雄 対話
欄干に凭れて永き日なるかな 比叡 野村泊月
永き日ぞ勤めの母に待てる子に 林翔 和紙
永き日に富士のふくれる思ひあり 正岡子規
永き日のうしろへ道の伸びてをり 村越化石
永き日のお濠の端の水菓子屋 田中裕明 花間一壺
永き日のことに孤独を愛しけり 高橋淡路女 梶の葉
永き日のそうろそうろとねねの文 野見山ひふみ
永き日のだんだん冷えて最上川 細川加賀 生身魂
永き日のなほ永かれと希ひけり 相生垣瓜人 明治草抄
永き日のにはとリ柵を越えにけり 芝不器男
永き日のはさみで切れる写真かな 五島高資
永き日のまざと身近や生の涯 朱鳥
永き日のチンパンジーの懸垂す 鈴木貞雄
永き日の上枝の椿落ちにけり 草城句集(花氷) 日野草城
永き日の古人今人まぎらわし 和田悟朗 法隆寺伝承
永き日の名刺きらしてゐたりけり 池田秀水
永き日の埴輪片手を挙げしまま 大串章 百鳥
永き日の大空をうつ旗の音 中田剛 珠樹
永き日の大路小路を下ル入ル 上林レイ子
永き日の子規も好みしせんべい屋 高澤良一 寒暑
永き日の寺に石工の手弁当 高澤良一 素抱
永き日の山の端にある笑ひかな 柿本多映
永き日の島一つ沖へ行く如し 大串章 山童記
永き日の崖の皺または襞 中田剛 珠樹以後
永き日の師の墓高く在りにけり 池田秀水
永き日の悠久山に登りけり 会津八一
永き日の旅にこころを癒しけり 角川春樹
永き日の日のさす雨戸閉めて了ふ 殿村菟絲子 『樹下』
永き日の時計を直す隣かな 会津八一
永き日の暮れて燈下に坐りけり 温亭句集 篠原温亭
永き日の月山よぎる番鴨 堀口星眠
永き日の朝を責め行く馬の音 三橋敏雄 巡禮
永き日の木偶舌出して見せにけり(人形師大江巳之助居) 細川加賀 『玉虫』
永き日の末の夕日を浴び歩く 林火
永き日の柱を数へつつ死なむ 桑原三郎 春亂
永き日の槍を地に刺し居ずなりぬ 鈴木六林男 *か賊
永き日の樟がよく鳴る木の葉笛 斉藤美規
永き日の水滲みゐる壺の口 柿本多映
永き日の洛陽に入りて暮れにけり 古白遺稿 藤野古白
永き日の浪白かりし桂浜 古賀雁来紅
永き日の滋賀の山越湖見えて 正岡子規
永き日の狐が落ちし稿のあと 中拓夫
永き日の猫の欠伸をもらひけり 山岡麥舟
永き日の男が覗き銃の店 出口善子
永き日の病む娘の長き束ね髪 乾 澄江
永き日の睡魔にまさる朋ありや 糸大八
永き日の祇園抜けみち知り尽くす 波多野爽波 『一筆』以後
永き日の絵硝子の紺そして赤 日原傳
永き日の船底を塗りすすみゆく 五十嵐播水 埠頭
永き日の贋金づくりベレーぬぐ 有馬朗人 母国
永き日の赤松皮を落しけり 森 優子
永き日の郵便受に余るもの 高澤良一 さざなみやっこ
永き日の鐘と撞木の間かな 小笠原和男
永き日の雨雲きえぬ二軒茶屋 会津八一
永き日の雲遊ばせて寺の鯉 佐川広治
永き日の餓ゑさへも生いくさなすな 草田男
永き日の鵙とまる木を右左 宇佐美魚目 天地存問
永き日はゆらりと胸に立つ墓標 津沢マサ子 空の季節
永き日は旅も豊かや桜島 北野民夫
永き日も囀り足らぬひばり哉 芭蕉
永き日やいつ迄裏に子女の声 久米正雄 返り花
永き日やそのしだり尾の下り藤 正岡子規
永き日やつばたれ下る古帽子 荷風
永き日やなまけて写す壺ひとつ 水原秋桜子(1892-1981)
永き日やみな憂ひもつ患者の目 古賀まり子
永き日やみのむし庵のわらぢ塚 久保田万太郎 流寓抄
永き日ややゝ傾ける寺の門 五十嵐播水 播水句集
永き日や亀は揃ひて甲羅干す 樋口 芳枝
永き日や体温表の波三つ 中尾白雨 中尾白雨句集
永き日や何の奇もなき妻の顔 日野草城
永き日や何も置かれぬ違ひ棚 五十嵐播水 播水句集
永き日や土塀の中の蜜柑畑 楠目橙黄子 橙圃
永き日や地球自転に逆行し 澤田緑生
永き日や垣の上なる畑つゞき 銀漢 吉岡禅寺洞
永き日や多佳子師在りし草庵に 保坂知加子
永き日や夜網の魚の藻を吐いて 安斎櫻[カイ]子
永き日や大仏殿の普請声 李由 三 月 月別句集「韻塞」
永き日や太鼓のうらの虻の音 浪化 (1671-1703)
永き日や嬉し涙がほろほろと 一茶
永き日や寝てばかりゐる盲犬 鬼城
永き日や巳の刻よりの眠り猫 野村喜舟 小石川
永き日や庭より見ゆる襖の絵 誓子
永き日や手持無沙汰の千手仏 宇都木水晶花
永き日や放牛四肢を集めもし 香西照雄
永き日や時計の音は年とらず 今泉貞鳳
永き日や木灰にのこる雨の跡 宇佐美魚目 秋収冬蔵
永き日や梁より落つる松の脂 長谷川 櫂
永き日や機嫌のわるきたいこもち 久保田万太郎 流寓抄以後
永き日や欠伸うつして別れ行く 漱石(松山客中虚子に別れて)
永き日や水に蝕はるゝ橋柱 野村喜舟 小石川
永き日や油しめ木のよわる音 野水
永き日や波の中なる波のいろ 平之助
永き日や湛へ始めの琵琶の湖 東洋城千句
永き日や目に押しあつる蟲めがね 久保田万太郎 流寓抄以後
永き日や目のつかれたる海の上 太祇
永き日や相触れし手は触れしまゝ 日野草城
永き日や石像眠る羅馬城 会津八一
永き日や絵馬を見てゐる旅の人 不白
永き日や羽惜む鷹の嘴使ひ 河東碧梧桐
永き日や行基自作のなで佛 下村ひろし 西陲集
永き日や買つてかへりし灰ふるひ 久保田万太郎 流寓抄
永き日や門のぬかりへ砂はこぶ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
永き日や雑報書きの耳に筆 正岡子規
永き日や離宮の庭の鳥威し 五十嵐播水 播水句集
永き日や霞に鳥を盗まれて 苑子
永き日や韋陀を講ずる博士あり 夏目漱石 明治二十九年
永き日や飛石苔に沈み居り 五十嵐播水 播水句集
永き日や驢馬を追ひ行く鞭の影 正岡子規
永き日や鳩も見てゐる居合抜 永井荷風
永き日や鶏はついばみ犬は寝る 加舎白雄
永き日や鷹の羽といで髭剃らん 幸田露伴 谷中集
永き日よ校庭の椅子うごき出せ 横山白虹
永き日をすんなり伸びし手足かな 久米正雄 返り花
永き日をたつぷりあそび嵯峨豆腐 細川加賀 生身魂
永き日をひかりっぱなし鼓笛隊 上野美智子
永き日を云はでくるゝや壬生念仏 与謝蕪村
永き日を云ハでくるゝや壬生念仏 蕪村遺稿 春
永き日を囀りたらぬひばりかな 芭蕉
永き日を太鼓打つ手のゆるむ也 夏目漱石 明治三十一年
永き日を洒落ばかり言ふ男かな 星野麦人
永き日を溺るるごとく読む一書 長山あや
永き日を片身にひとを待ちゐたる 佐藤美恵子
永き日を遊び暮れたり大津馬 鬼貫
永き日を鉛筆削り削り減らす 柴田白葉女
永き日を順礼渡る瀬田の橋 夏目漱石 明治二十九年
泳ぎ来る亀を亀見て日の永し 高澤良一 宿好
洛中の大寺にこそ永き日を 大屋 達治
煤負けの杉伐り倒す日の永き 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
父と子の同じことして日の永き 今井杏太郎
父の忌も永き日なりし牡丹散る 百合山羽公 寒雁
甲羅干す亀にかまけて永き日を 高澤良一 素抱
百度石千度石あり日の永く 鈴木光枝
石段をみ上げても日の永きかな 久保田万太郎 草の丈
空港に居りて永き日終りけり 宮津昭彦
老鶏のいつも睡りて日の永き 古賀まり子 緑の野以後
自画像をまじへて永き日の個展 鷹羽狩行 七草
花御堂永き日影のさめにけり 渡辺水巴
赤土山に竹のぞろりと日の永き 細見綾子
雲と子の散歩ふはふは日の永き 近藤 伸子
飛べそうな気がする永き日の岬 五島高資
鳥は鳥にまぎれて永き日なりけり 八田木枯
鶯や永き日を知る氷室守 広江八重桜


以上
by 575fudemakase | 2014-03-31 07:43 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

花疲れ

花疲れ

例句を挙げる。

いつもより電車が揺れる花疲れ 中山洋子
うち向ふ楽屋鏡に花疲 中村七三郎
うとましき顔みられけり花疲れ 石橋秀野
おのがじし道をひろへる花疲れ 後藤夜半 翠黛
おひおひに別れてよりの花疲れ 万太郎せん 吉屋信子
つつましき欠伸してゐる花疲れ 川端豊子
ひとまはりして来しばかり花疲れ 高濱年尾 年尾句集
みどり児に見つめられゐて花疲れ 森田峠 避暑散歩
イヤリング外してよりの花疲 和気久良子
マッチの火強く匂ひぬ花疲 岩崎照子
マハ椅子に凭るがごとくに花疲 阿波野青畝
一泊の部屋を点して花疲れ 一枝伸
万歩計一万歩越す花疲れ 須山重信
中指の絵の裸婦はみな花疲れ 皆吉司
丸髷のかつら重たし花疲れ 万太郎せん 吉屋信子
仕舞湯にシャネル一滴花疲 椎名智恵子
前の人きらびやかなる花疲れ 後藤夜半 翠黛
吉野葛溶くやほぐるる花疲 大網信行
地下鉄の押し来る空気花疲 小川軽舟
坐りたるまゝ帯とくや花疲れ 鈴木真砂女 生簀籠
大かがみありたじたじと花疲 赤松[けい]子 白毫
大仏の背の絶壁や花疲れ 殿村莵絲子 雨 月
大仏を割愛したる花疲れ 高澤良一 随笑
大鏡ありたじたじと花疲 赤松[ケイ]子
女体には芯のありしか花疲れ 服部くらら
女湯の更けし桶音花疲れ 堤俳一佳
子供らに袂つかまれ花疲 馬場五倍子
子供等に取りまかれゐる花疲 高木晴子 晴居
宿の湯のなか~あかず花疲 五十嵐播水 埠頭
寺の戸の木目のしるき花疲れ 岩淵喜代子 朝の椅子
履物をきちんと揃へ花疲 藤沢樹村
岩惣の塗脇息に花疲れ 鈴鹿野風呂 浜木綿
嵯峨念仏松に凭り見る花疲 ながし
川を見て坐れる母や花疲れ 北澤瑞史
帯解きし渦の中なる花疲れ 鈴木世記
欄干に皆もたれゐる花疲れ 高木晴子 晴子句集
母送り届けてよりの花疲 小圷健水
法華経の一品を手に花疲 木村蕪城 一位
流れゆく水を見てゐて花疲れ 福田蓼汀
温みある足袋を重ねて花疲れ 三好潤子
片減りの印つよく挿す花疲れ 小島花枝
牛立つて黒い帆となる花疲れ 田川飛旅子
物売とならび腰かけ花疲 木村蕪城 一位
献立の手抜問はれし花疲 岡田順子
町騒の甦へるより花疲れ 山田弘子 螢川
登るだけ下りねばならぬ花疲 吉年虹二
白松が最中をまへに花疲れ 川崎展宏
眦は怨みをふくむ花疲 山本歩禅
眼裏の模様細かし花疲れ 都筑智子
瞼より覚えはじめし花疲 吉年虹二
矢印の多き吉野や花疲 仙頭旭峰
空いてゐし床几にかけぬ花疲れ 後藤夜半 翠黛
筆立にいろいろのペン花疲れ 矢村三生
結び癖のこるネクタイ花疲れ 土田日露支
脱ぎ捨ての帯のはし踏む花疲れ 湯浅康右
花疲なるやワインの酔なるや 岩崎照子
花疲れいつもうしろに誰かゐて つじ加代子
花疲れおいてきぼりにされにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
花疲れかくしもならぬ起居かな 高濱年尾 年尾句集
花疲れかもガラス器で割るたまご 辻美奈子
花疲れからすの灸に泣く児ゐて 平井さち子 完流
花疲れこの世に疲れたるごとし 大串 章
花疲れして観音の前にゐる 佐藤尚子
花疲れすでに洗濯機を廻る 柴田奈美
花疲れとは酔ひざめに似たるかな 今瀬剛一
花疲ればかりでもなし嫁がせて 石川文子
花疲れ一つ床几に女同志 阿部みどり女 笹鳴
花疲れ五枚鞐を外しては 都筑智子
花疲れ先づひもとくは五元集 加藤郁乎 江戸桜
花疲れ卓に肱投げて料理註文 阿部みどり女 笹鳴
花疲れ吊革分かつ知らぬ人 吉屋信子
花疲れ夢の中にもありにけり 平尾みさを
花疲れ帯なが~とときしまゝ 足立文女
花疲れ愚陀佛宜しく湯を浴みて 高澤良一 寒暑
花疲れ流れについてゆくとなく 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
花疲れ湯疲れの身を船室に 高頭芳櫻子
花疲れ灯にちらばつて足袋と足 今瀬剛一
花疲れ烏賊を刺身にさせて買ふ 北野民夫
花疲れ眠る子抱いて眠りけり 高橋うめ子
花疲れ眠れる人に凭り眠る 高浜虚子
花疲れ糸の切れたる如く座す 宇津木水晶花
花疲れ縁談づかれかもしれず 車谷弘
花疲れ膝にこぼせる五色豆 斎藤朗笛
花疲れ芦辺踊の椅子に在り 伊東祐翠
花疲れ蝸牛われをなぞるなり 攝津幸彦
花疲れ重ねつつ旅終りけり 成瀬正とし 星月夜
花疲れ静かに静かに失速し 渡辺誠一郎
花疲れ靴の埃に夕ごころ 吉屋信子
花疲泣く子の電車また動く 中村汀女
花疲花にもあると思ふとき 谷口まち子
花疲隣同志にゐて無言 星野椿
華やかに別れてどつと花疲 小泉千秋
解く帯の渦の中なる花疲れ 白川節子
解く帯の足にまつはり花疲 三原蒼穹子
誰彼にひきあはされて花疲れ 安部悌子
足袋を脱ぐ足のほてりや花疲れ 鈴木真砂女 生簀籠
足袋脱いで素足となりぬ花疲れ 田中冬二 俳句拾遺
身のうちにのこる谿音花疲れ 立石萌木
雨だれの誘ふまどろみ花疲れ 大竹きみ江
首傾ぐ弥勒菩薩や花疲れ 殿村莵絲子 牡 丹
土手につく花見疲れの片手かな 久保より江
城壁にもたれて花見疲れかな 高浜虚子


以上
by 575fudemakase | 2014-03-30 09:48 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

花篝

花篝

例句を挙げる。

うすべにの火の粉こほれる花篝 塚本邦雄 甘露
くべ足して暗みたりけり花篝 西村 和子
これを見に来しぞ祇園の花篝 大橋桜坡子
つねに一二片そのために花篝 鷹羽狩行(1930-)
わが胸に松の影あり花篝 岩田由美 夏安
三味抱いて流しのよれる花篝 亀井糸游
勘平がお軽を抱きぬ花篝 小島健 木の実
北面の小暗きに花篝焚く 七田谷まりうす
吹き上がる雨粒見えて花篝 藺草慶子
吾ここに人はかしこに花篝 後藤夜半
夜天より大粒の雨花篝 草間時彦
少年の孤舟の速さよ花篝 鍵和田[ゆう]子 浮標
心臓と心臓の音 花篝 松本恭子 二つのレモン
望の潮さし来る御陵花篝 宮内林童
桜しべ降つてくるなり花篝 大木あまり 火球
機場まで道見えてゐる花篝 斉藤夏風
水の上に炎のひとひらや花篝 桂信子 草樹
水禽の鳴きつゝ泳ぐ花篝 野村泊月
海豹の池にうつれる花篝 岸風三楼 往来
湖の暮れ終るより花篝 伊藤柏翠
火の芯のいろ無かりけり花篝 辻桃子
火の音を和らげて燃ゆ花篝 保坂文虹
火花とは爆ぜて飛ぶ花花篝 粟津松彩子
炎にも情のあるなり花篝 粟津松彩子
烏羽玉の闇は美し花篝 藤木紫風
燃えそむる煙を月に花篝 尾亀清四郎
燃え出づるあちらこちらの花篝 日野草城
盗といふこと花篝盛んなり 友岡子郷 未草
神佛にすがらぬ花篝高く 黒田杏子 花下草上
笛吹いて女濃くなる花篝 宮本由太加
花に焚き神に焚きたる花篝 小林 ながお
花篝すでに西国雨の中 宇佐美魚目 天地存問
花篝とて火の性は荒々し 鈴木栄子
花篝の及ぶ限りを見て足りぬ 大石悦子 群萌
花篝今日かぎりなる円山へ 穂北燦々
花篝他郷に老いて踊りけり 南一雄
花篝入るより暮れし愛宕かな 岸風三楼 往来
花篝宝珠のごとく燃ゆるかな 徳永山冬子
花篝思想は思慕に似てをりぬ 新海あぐり
花篝戦争の闇よみがえり 鈴木六林男
花篝放れ翔たんと焔立つなり 山口草堂
花篝明りに立ちて京に在り 池内たけし
花篝星に火の粉のとどくまで 石原今日歩
花篝更けたる火屑こぼしけり 五十嵐播水 播水句集
花篝月の出遅くなりにけり 西島麦南
花篝焚きつつ闇の上に空 岩田由美 夏安
花篝焚くを待たずに祇園去る 岩崎照子
花篝焚く拵へや人の中 西山泊雲 泊雲句集
花篝研ぎすまされし月かゝる 松木猿城
花篝紅の火屑をこぼしぬる 京極杞陽 くくたち上巻
花篝花暗くしてゐたるかな 渡辺鮎太
花篝衰へつつも人出かな 高濱虚子
花篝闇より闇へ人らしき 上野泰 佐介
花篝風の変りてまた燃ゆる 梧桐 青吾
茫茫とせむしを照らす花篝 秋元不死男
落ちそめし雨の糸かな花篝 大橋櫻坡子 雨月
見て通る深き闇あり花篝 岩田由美 夏安
赤き焔黒き焔や花篝 京極杞陽 くくたち上巻
近よりて音をたてゐし花篝 岸風三楼 往来
遠目にも火の粉こぼれて花篝 吉井莫生
酒仙学者桐雨遺句集花篝 黒田杏子 花下草上
金屏にうつるは遠き花篝 川名句一歩
雪洞は黄に花篝とき色に 岸風三楼 往来
風下の人うごき出す花篝 星野明世
かへり見る花の篝のおとろへぬ 銀漢 吉岡禅寺洞
たをやかに花は揺れゐて篝かな 野村泊月
つかつかと花の白夜の篝守 鳥居美智子
どくだみの花の盛りの篝能 橋本榮治 逆旅
峰の寺花の篝を焚き初めし 早川豊
手をかざす花の篝に夜風かな 長谷川かな女 雨 月
燃えさかる花の篝に人すくな 五十嵐播水 埠頭
花人のうするゝ方へ篝散る 長谷川かな女 雨 月
花便りよく燃えさうな篝の字 奥田筆子
花風に八坂神社の篝かな 長谷川かな女 雨 月
雨ぞらをながめて花の篝守 大橋宵火
雪洞のひやびやと花過ぎし土手 富田木歩
約束の花雪洞の蔭に待つ 高橋蕉雨
夜ざくらの雪洞禰宜の庭にまで 大橋櫻坡子 雨月
夜桜の雪洞尽きるところまで 高澤良一 宿好
花すぎし雪洞ならぶ築土かな 大橋櫻坡子 雨月
花の雪洞風の一夜とならんとす 松原地蔵尊
花吹雪雪洞にまだ吹き足らず 高澤良一 素抱
雪洞のひやびやと花過ぎし土手 富田木歩
雪洞の人肌いろに夜の櫻 高澤良一 鳩信
雪洞の灯を埋めたるさくらかな 京極杞陽
雪洞の白く覚めゐし朝桜 辻口静夫
雪洞は黄に花篝とき色に 岸風三楼 往来
雪洞も落花も忘れられしもの 稲畑汀子 春光
雪洞をかざせば花の梢かな 泉鏡花
雪洞を花の短冊たたきをり 下村梅子
雪洞を連ぬる花のなき辺にも 大橋敦子


以上
by 575fudemakase | 2014-03-30 09:46 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

花守

花守

例句を挙げる。

一里はみな花守の子孫かや 芭 蕉
墓守にして花守の二三言 深見けん二 日月
山下り花守のごと眠らむか 岡本 高明
花守にかつて妻子のありにけり 福本弘明
花守に心開きし花のこゑ 大東晶子
花守に歇む鶏晨の風雨かな 西島麦南
花守に鯨捕りゐし昔あり 吉田汀史
花守のあづかり船や岸の月 炭 太祇 太祇句選
花守のけふ申上る牡丹哉 正名
花守のさらさらと水のみにけり 岡井省二
花守のちひさくありぬ宵の口 中田剛 竟日
花守のつひのかたみの返り花 長谷川櫂 虚空
花守のなにかを言うて帰りけり 今井杏太郎
花守の一枚小田の打ちてあり 殿村莵絲子
花守の小田か一枚打ちてあり 殿村菟絲子 『晩緑』
花守の折らるゝもしらぬさかり哉 松岡青蘿
花守の散る時は寐てしまひけり 古白遺稿 藤野古白
花守の火影を坂の動悸とす 鳥居おさむ
花守の白湯もて終る昼餉かな 小寺敬子
花守の芥を焚きて更かしをり 今井千鶴子
花守の花に生まれて匂ひけり 攝津幸彦
花守の血もあをざめてゐはせぬか戈 仙田洋子
花守はむかし雅びの男かな 筑紫磐井 野干
花守は桜とともに老いにけり 長谷川櫂 蓬莱
花守は炭屋でありし掃きをりぬ 滝沢伊代次
花守は花の盛りに身をひそめ 吉村馬洗
花守は野守に劣るけふの月 蕪村 秋之部 ■ 鯉長が醉るや、嵬峩として玉山のまさに崩れんとするがごとし、其俤今なを眼中に在て
花守や白きかしらをつきあはせ 去来
花守をやめてこの世に帰りこし 長谷川櫂 蓬莱
花守を通す筵をうち返し 石田勝彦 秋興
雲に入る飛花や花守白髪に 大野林火
黄桜の花守めきし主かな 山田弘子 懐
まなじりに朱をあつめて櫻守 高橋睦郎 稽古
まなぶたのいくたび冷えて桜守 神尾久美子
よもすがら田村をさらふ桜守 飴山實 『次の花』
少年をこの世に誘い桜守 和田悟朗
庫裡へまで火種もらひに桜守 宇和川喬子
桜守うすぐらき腿してゐるといふ 飯島晴子
桜守の板戸を走る春時雨 細見綾子
濁世なる情報室の桜守 久保純夫 熊野集 以後
立春の雪踏みわけて櫻守 黒田杏子 花下草上
西行のうた慕うてや桜守 長谷川櫂 蓬莱
西行の年を越えしと桜守 長谷川櫂 蓬莱
顔に斑のいちじるしきが桜守 中田剛 竟日
お赤飯炊いては花の主かな 如月真菜


以上
by 575fudemakase | 2014-03-30 09:45 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

花見 花人 桜狩 花筵

花見 花人 桜狩 花筵

例句を挙げる。

あか星のあかぬ花見る舎りかな 尾崎紅葉
いたはしさ花見ぬ人の痩せやうや 正岡子規
うかうかと来ては花見の留守居かな 内藤丈草
お花見に坐りこんだるあしのうら 松澤昭 面白
お花見のおあづけとなる朝の雨 高澤良一 寒暑
お花見の渦中に入りてなまぐさし 高澤良一 寒暑
お花見の真っただ中に井戸ありぬ 五島 高資
かしこくも花見に来たり翌は雨 高井几董
けふは花見まじ未来がおそろしき 一茶
けふもまた花見るあはれ重ねつつ 山口青邨
ことしまた花見の顔を合せけり 召波
その頃となれば花見に徒心 高澤良一 素抱
たらちねの花見の留守や時計見る 正岡子規
ちかづきになりてくつろぐ花見かな 水田正秀
つながれて花見の留守の犬眠る 小俣由とり
つぶろさし花見婆さまのけぞつて(り」の転化。原始的な、エロチックな踊りである。) 岸田稚魚 『花盗人』
つゝじ多き田舎の寺や花見堂 子規句集 虚子・碧梧桐選
ひとひらは硯の海に花見席 石崎素秋
ひとり来て花見るこころ虔しき 木村蕪城 一位
ふらふらと来ては花見の留守居かな 丈草
ふる里に遊子しばしの花見かな 中本郷顔
みさゝぎの花見遥かす干潟かな 比叡 野村泊月
みな袖を胸にかさねし花見かな 中村草田男
われ人とたつき較べや花見季 石塚友二 光塵
ゴリラ等と動物園の花見する 矢島渚男 延年
サンチヨ・パンサ思ひつつ来て何かかなしサンチヨ・パンサは降る花見上ぐ 成瀬有
ネクタイをして花見とは上野山 高澤良一 宿好
一つ杭に繋ぎ合ひけり花見船 長谷川零余子
一串の花見だんごを宜べなりと 後藤夜半 底紅
一僕とぼくぼくありく花見哉 北村季吟 (1624-1705)
一本をぐるりぐるりと花見かな 浪化 俳諧撰集「有磯海」
一群は花見帰りの酒臭く 尾崎紅葉
三里焼花見にも行くつもりにや 河野静雲 閻魔
世の中は地獄の上の花見哉 一茶
世を怒る心花見に出でにけり 野村喜舟 小石川
主義主張異なつてよき花見かな 宇多喜代子 象
乗打を人なとがめそ花見笠 立花北枝
亀の池花見団子の串沈む 辻田克巳
二串の花見団子の三色かな 京極杞陽
京は九万九千くんじゅの花見哉 松尾芭蕉
今を生く思い切なり花見上ぐ 浅井青陽子
何事ぞ花見る人の長刀 向井去来(1651-1704)
傘さして今朝も花見の幾群か 雄山
傾城は後の世かけて花見かな 蕪村 春之部 ■ 雨日嵐山にあそぶ
働いて作りし花見衣かな 鈴木真砂女
児つれて花見にまかり帽子哉 炭 太祇 太祇句選
入院も外泊の裡花見どき 高澤良一 鳩信
六里七里日ごとに替る花見哉 松尾芭蕉
出るからは花なき在も花見かな 野澤凡兆
出先まで花見弁当とどけられ 上村占魚 球磨
出来れば近場妻との花見何處にせん 高澤良一 宿好
剃捨て花見の真似やひのき笠 一茶 ■寛政四年壬子(三十歳)
勇ましき花見剣道部旗をたて 福田蓼汀
半ば来て雨にぬれゐる花見哉 炭 太祇 太祇句選後篇
各の朱ヶの箸さへ花見かな 尾崎迷堂 孤輪
吾子なしや花見酒とて夜半にくむ 角川源義 『冬の虹』
喰物に喰入る奴も花見かな 古-嵐蘭 俳諧撰集「有磯海」
四つ五器のそろはぬ花見心哉 松尾芭蕉
地下足袋の一座を占むる花見酒 田中 俊尾
地獄絵の襖開けたる花見かな 福島せいぎ
塗樽の庵に立よる花見かな 内藤丈草
売る菓子の乾く花見の裏通り 桂信子 黄 瀬
大かたは花見の客や島渡舟 行廣すみ女
大悲閣下りて又乗る花見舟 高濱年尾 年尾句集
大方は病院で死ぬ花見の衆 伊丹三樹彦
天守まで聞こゆ農夫の花見唄 草間時彦
天才に少し離れて花見かな 柿本多映
奥の花見ての戻りのわらび狩 高濱年尾 年尾句集
学生は今日で終りといふ花見 阪西敦子
家族連れ田の神さまのお花見に 小原菁々子
寝よとすれば棒突きまはる花見かな 其角 三 月 月別句集「韻塞」
寺町は東側行く花見かな 浜田酒堂
寺町は花見て通る春の風 岩田由美 夏安
小冠者出て花見る人を咎けり 蕪村 春之部 ■ やごとなき御かたのかざりおろさせ給ひて、かゝるさびしき地にすミ給ひけるにや
小坊主にしかられて退く花見かな 其継 俳諧撰集「有磯海」
尼宮に花見弁当届きたる 山口民子
山がらは花見もどりかまくらもと 内藤丈草
川沿ひにセスナ機飛んで花見時 高澤良一 宿好
師や花やわれ鎌倉に来てゐたり 桂郎 (永井東門居邸お花見句会)
幕僚の花見せんとて旧鎮守府 高澤良一 鳩信
平樽や手なく生るゝ花見酒 井原西鶴
年寄の一つ年とる花見して 平畑静塔
年寄の腰や花見の迷子札 小林一茶 (1763-1827)
弁慶は花見るまでも具足かな 京-重徳 元禄百人一句
後なる川波のたつ花見かな 小澤碧童 碧童句集
得も買はぬ花見ごろもを見めぐりぬ 林原耒井 蜩
恐ろしき女も出たる花見哉 正岡子規
恥かしの老に気のつく花見かは 上島鬼貫
慮外して禄かづきたる花見哉 高井几董
憂きことに耐へて花見の紅を刷く 鈴木千恵子
打ちに打つ花見太鼓や韓の唄 大石悦子 群萌
散り方の花見るうつり心哉 五雲
新しきのれんの花見茶屋に入り 上野泰 佐介
方九尺六人集ひ花見酒 草間時彦 櫻山
旅人の所なれたる花見かな 内藤丈草
日あたりの花見る顔や婢子の目 エド-孟退 三 月 月別句集「韻塞」
春の闇この世のほかの花見ゆる 渡邊千枝子
春雷や花見過たる町の空 温亭句集 篠原温亭
景清も花見の座には七兵衛 松尾芭蕉
曳きすてし花見屋臺や春の雨 深山柴(橡面坊句集) 安藤橡面坊、亀田小[ゼン]選
最晩年揃いの花見泥鰌かな 永田耕衣 殺佛
朝顔の花見て立ちぬ泊り客 井月の句集 井上井月
木の國の地酒を買うて花見酒 高澤良一 宿好
木曽節にはじまる木曽の花見唄 緒方 敬
本丸の矢はざま冥し花見えゐて 平井さち子 完流
杉山にただよふ雲や花見唄 草間時彦 櫻山
東京の花見がてらの通院日 高澤良一 寒暑
松前の城の花見や大火鉢 藤河朝子
棒突に盃をさす花見哉 太祇
橋くゞる棹横たへて花見舟 白石天留翁
正座して花見ることも川喜多家 高澤良一 随笑
江戸声や花見の果のけん花かひ 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
沈み木につかまる泡も花見かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
河童達川より上り花見せり 三島晩蝉
浜人ら豪胆に呑む花見酒 今 鴎昇
漂浪四年鬚みな白き花見かな 中勘助
漕ぎ乱す大堰の水や花見船 高浜虚子
濠端の花見に夏目金之助 高澤良一 寒暑
灌仏や寺へ花見の礼ながら 也 有
牛守の花見に牛の嗅ぎ寄れり 太田土男
物くはぬ顔しらじらと花見かな 高田寒水
甲比丹の花見想はむ髯徳利 下村ひろし 西陲集
町川や真昼真顔の花見船 久保田和子
病窓のひとりひとりの花見かな 木本光春
白足袋に皺殖え老母花見得たり 香西照雄 素心
石垣を突いて廻しぬ花見船 綾部仁喜 樸簡
秀吉のやうに花見る太鼓橋 高澤良一 寒暑
称名寺鴨も花見と洒落にけり 高澤良一 素抱
積つて見よ花見の金を江戸の船 一松 選集「板東太郎」
空無限咲き満つる花見上ぐれば 小林草山
筏士の嵯峨に花見る命かな 高井几董
箸の先花見弁当の飯ころげ 上野泰 佐介
篝火に花見小袖の刺繍浮く 小澤克己
縁端に花見話の屑屋かな 松藤夏山 夏山句集
老いそめて花見るこころひろやかに 飯田蛇笏 山廬集
腰どんと地べたに据えて花見かな 高澤良一 寒暑
腹立てず花見に家を出づるかな 立花北枝
花を見る心ええならええ花見 高澤良一 燕音
花見たき心の隙を持たぬかな 阿部みどり女 笹鳴
花見つつ耳遠くゐる民部卿 筑紫磐井 野干
花見とは地に筵敷き酒に酔ひ 星野立子
花見にと指す船遅し柳原 松尾芭蕉
花見にと馬に鞍置く心あり 高浜虚子
花見にも立たせぬ里の犬の声 去来 俳諧撰集「有磯海」
花見にも行かずもの憂き結び髪 杉田久女
花見にゆく膝の瓶酒しづかなり 島津亮
花見の宴ひそかに酒を捨てるひと 工藤克巳
花見る目移す草家の障子の日 雑草 長谷川零餘子
花見んと致せば下に下に哉 一茶
花見バス待ちゐてひとりひとりなる 細見綾子
花見団子五色の白きより食ぶる 猿橋統流子
花見客杖を忘れし身延線 高澤良一 燕音
花見客行き交ひ合へる身幅かな 高澤良一 素抱
花見弁当いつも円周上駆ける 相原左義長
花見支度し居れば雨や肩すかし 高澤良一 寒暑
花見舟とほき巷の風が見ゆ 大野林火
花見舟なし隅田川流れをり 成瀬正俊
花見舟一人動けばみな動く 阿部佑介
花見舟四五艘牽ける汽艇かな 水原秋桜子
花見舟棹よこたへてゆるやかに 橋本鶏二 年輪
花見舟水やはらかく川下る 松田義朗
花見船見物されてゐたりけり 綾部仁喜 樸簡
花見茣蓙広げお城に馴染まする 加藤憲曠
花見衆の後ろについて詣でけり 吉武月二郎句集
花見酒は盆前に散りけり年の暮 椎本才麿
花見酒人の健啖ねたましき 伊東宏晃
花見酒盛る桜に呑み込まれ 高澤良一 寒暑
花見酒過ごし悔ゆるも二三日 石塚友二 光塵
荒れる海「わしらに花見はない」と漁夫 西東三鬼
落込や花見の中のとまり鳥 内藤丈草
蝦夷の花見てみちのくの余花の旅 佐々木遡舟
行春や白き花見ゆ垣のひま 蕪村 春之部 ■ 召波の別業に遊びて
衛士と見てしばしの花見乞ひにけり 吉武月二郎句集
袴着て傘さゝせたる花見かな 尾崎紅葉
読経聴き花見弁當ひらきけり 佐川広治
走り出て花見筵を貸す女 荒木花王
車停り花見筵を出すわ出すわ 中戸川朝人 星辰
近江へは花見箪笥を背負ひゆかな 藤田あけ烏 赤松
遅れゆくことも花見るこころにて 岸田稚魚
道くさに蝶も寝させぬ花見かな 千代尼
野の父に心をかねて花見かな 比叡 野村泊月
門の花見上げて宿につきにけり 比叡 野村泊月
門を出てわれら花見に死ににゆく 津沢マサ子 楕円の昼
閙しく花見る人やがゞん坊 中村史邦
雛事のつづきにあそぶ花見かな 李由 三 月 月別句集「韻塞」
雨男あめに命中して花見 赤松[ケイ]子
雪代の猛るに花見櫓かな 辻 桃子
雲平を購ひゆける花見人 高澤良一 宿好
青天や谿深きより花見唄 草間時彦 櫻山
青柳やさびしく通る花見船 増田龍雨 龍雨句集
骨固き肩肘頑と花見電車 右城暮石 声と声
骸骨のうへを粧(よそひ)て花見かな 上島鬼貫(おにつら)(1661-1738)
鰻屋で雨止ましたる花見かな 白水郎句集 大場白水郎
麒麟見て花見て舌のざらつきぬ 石川文子
塀の上花人の花通りけり 上野泰 佐介
墨堤に花人となる足慢ろ 高澤良一 寒暑
智恵詣終へ花人となりまぎれ 中原一樹
花人として二時間の疲れかな 坊城中子
花人として帰りけむ見舞夫 大石悦子 聞香
花人として故里にある一日 山田弘子 こぶし坂
花人となりて華やぐ旅の日も 稲畑汀子
花人となり花の中人の中 嶋田一歩
花人となるに年季のやうなもの 後藤比奈夫
花人となる一本の花の下 中川須美子
花人とわかれてこゝに二尊院 比叡 野村泊月
花人にかかせぬ卵茹でひさぐ(三州岡崎城址) 上村占魚 『かのえさる』
花人にたちつけはきし案内者 鈴鹿野風呂 浜木綿
花人にのぞき見られて花に住む 藤木和子
花人にはいごめんよと上り駕籠 高澤良一 寒暑
花人にはぐれごころに従ひぬ 後藤夜半 底紅
花人にまじりて勤め戻りかな 古賀青霜子
花人に今日は一城明け渡す 鈴木貞二
花人に信濃山風突き刺さり 草間時彦 櫻山
花人に北の海蟹ゆでひさぐ 中村汀女
花人に推され十三詣かな 高浜虚子
花人に暮れて静かな吉野かな 堀恭子
花人に水垢離人は憂かりけり 久米正雄 返り花
花人に篠つく雨となりにけり 高橋淡路女 梶の葉
花人に見られて荼毘の煙濃し 吉武月二郎句集
花人に遊んで貰ふ茶屋の猫 山田弘子 懐
花人のうするゝ方へ篝散る 長谷川かな女 雨 月
花人のおかる勘平をどるかな 久保田万太郎 草の丈
花人のかへり来る星の真下かな 前田普羅 新訂普羅句集
花人のここまでは来ず牡丹の芽 成瀬桜桃子 風色
花人のこの廟所まで来るは稀 松本たかし
花人のしやッくりとまりかねしかな 久保田万太郎 草の丈
花人のなかの花びと犬を曳き 河野多希女 両手は湖
花人のながれの中の老アイヌ 秋吉花守
花人の一光背をはなれくる 宇佐美魚目
花人の口ずさみゐる南無阿弥陀 阿部みどり女
花人の墓の値踏みをしてをりぬ 下山宏子
花人の寒がつて居る床几かな 比叡 野村泊月
花人の心細さの坊の風呂 羽深美佐子
花人の箸にはさめる飯白し 後藤夜半 底紅
花人の続くやまこと列をなし 波多野爽波 鋪道の花
花人の草履の塵に朽つる橋 西山泊雲 泊雲句集
花人の覗いて居るや僧の墓 野村泊月
花人の足腰問はる象頭山 高澤良一 寒暑
花人の酔に与せず汽車に在り 松本たかし
花人は知るやかゝれる昼の月 井上哲王
花人やいつ夕月の影をひき 松本たかし
花人やめしひの親の手を引ける 飴山實 『花浴び』以後
花人や夕月仰ぐこと知らず 大場白水郎
花人よ藍生事務所は九段下 黒田杏子 花下草上
花人を憂しと墨烏賊うづくまる 川崎展宏
花人を招く朱盆や焼蠑螺 雑草 長谷川零餘子
花人を棹に堰き舟出でにけり 阿部みどり女 笹鳴
花人を泊めて衣桁をつらねけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
花人を鎮めの風雨到りけり 西山泊雲 泊雲句集
花人帰りて夜の障子を開きけり 前田普羅 新訂普羅句集
車止より花人となりにけり 北見さとる
都府楼へ花人傘をさし列ね 加賀谷凡秋
おもひ得ぬ人伴ひて桜狩 維駒
一人抱き一人手に率て桜狩 高澤良一 寒暑
一行に大風となり桜狩 星野立子
人の後人の歩みゐる桜狩 依田由基人
似合はしや豆の粉飯に桜狩り 松尾芭蕉
傘杖をつく今生の桜狩 赤松[けい]子
奔流にいでて日さむき桜狩 石原舟月 山鵲
女拗ねて先に戻りし桜狩 潮原みつる
寝耄御前山路に初夜の桜狩 井原西鶴
少年の髪白みゆく桜狩 齋藤愼爾
山人の垣根づたひや桜狩 高浜虚子
弾初や八十路の母の桜狩 古賀まり子 緑の野以後
当山の門徒ならねど桜狩 高澤良一 燕音
思ひ立つ木曽や四月の桜狩り 松尾芭蕉
方角をとりちがへをり桜狩 小原菁々子
桜狩おそろしかったらおいであとで 高澤晶子 純愛
桜狩お目やすめなりほととぎす 調和 選集「板東太郎」
桜狩こちらの岸をわらひけり 佐々木六戈
桜狩せむとて華髪雲の中 岸田稚魚 『花盗人』
桜狩たちまち顎の衰へぬ 辻桃子
桜狩り奇特(きどく)や日々に五里六里 松尾芭蕉
桜狩中州はいつも喪の色に 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
桜狩法主は若くおはしけり 露月句集 石井露月
桜狩美人の腹や減却す 與謝蕪村
桜狩葬煙をいぶかりもせず 橋本多佳子
業平の墓もたづねて桜狩 高野素十
櫻狩こちらの岸を嗤ひけり 佐々木六戈 百韻反故 初學
櫻狩りしてきて熱き女かな 小澤克己
死のう列島首塚めぐる桜狩 仁平勝 花盗人
玉のごとき淋しさに在り桜狩 長山あや
現し世のきのふは過ぎぬ桜狩 高橋淡路女 梶の葉
白塗りの顔ばかり過ぐ桜狩 山田諒子
石楠花にいづべの月や桜狩 芝不器男
秘めごとのごとく氷室の桜狩 茨木和生 往馬
美女にちれば愚かにうらむ桜狩 井原西鶴
翠黛と日もすがらある桜狩 後藤夜半
舌鼓打つや氷室の桜狩 尾崎紅葉
西方を真空にする桜狩 齋藤愼爾
谷水に手は届かずや桜狩 雷子
道楽は誉め言葉ぞよ桜狩 小川恭生
鑓たてて出るや奥野の桜狩 立花北枝
風音はいつも谷間に桜狩 高木晴子
かばかりの水にも浮力さくら狩 正木ゆう子 悠
さくら狩り具すや白髪の馬の頭(かみ) 筑紫磐井 野干
さくら狩美人の腹や減却す 蕪村 春之部 ■ 一片花飛減却春
みちのくの春は短しさくら狩 山辺もん女
夜ざくらや太閣様のさくら狩 園女 俳諧撰集玉藻集
昼下り自転車で来てさくら狩 高澤良一 燕音
うき草を吹きあつめてや花むしろ 蕪村
そくそくと夫あるごとし花筵 小坂順子
どこからも出入りできて花筵 荒井英子
ねぱーるはとても祭で花むしろ 阿部完市
ユダ一人ゐる筈なれど花筵 伊藤稔代
一枚はお遍路さんの花筵 南冨美子
不意うつて源太おどろく花莚 筑紫磐井 野干
些かの序の乱れたる花筵 今泉貞鳳
亡き人のひとり加はる花筵 ほんだゆき
凸凹の坐りごこちの花筵 岸田稚魚 『花盗人』
反り合はぬ叔父貴がひとり花筵 橋本榮治 逆旅
団欒をたたみて戻る花筵 眞砂松韻
地にぢかに居る故の酔ひ花莚 上野 泰
太陽に湯気あげてゐる花筵 浜渦美好
屋号にて呼ばれ座に付く花筵 犬束 孤憧
岩木嶺の白き風来て花莚 奈良文夫
島の丘に瀬戸の海凪ぎ花筵 中川康子
幕くぐる替茶碗志野花むしろ 赤松[けい]子 白毫
座をつめてまた座をつめて花筵 石川天虫
引ずつて位置を正せる花筵 山崎ひさを
弧を描く丘の形に花莚 高澤良一 寒暑
恋の唄水洟すすり花筵織る 小原菁々子
押し出され踊らされをり花筵 清崎敏郎
散り敷ける花に敷きたる花莚 数川 三枝子
有徳なるひとの調度や花筵 後藤夜半 翠黛
朝鹿や何国(いづこ)の野辺に花莚 斯波園女
木洩れ日や花莚なす岩鏡 大賀豊泉
染師らは川のほとりに花むしろ 阿部みどり女
母の忌や草の湿りの花莚 奈良文夫
水飯のこぼれてしろし花筵 田中冬二 行人
爆心碑離りて敷ける花むしろ 中村やす子
片尻は岩にかけけり花筵 丈草 俳諧撰集「有磯海」
猫が来てちよつと座りぬ花筵 川口咲子
玄関はどこにあるやと花筵 辻桃子 ねむ 以後
白山の神降臨の花筵 近藤一鴻
盃を天に飛ばして花筵 上野泰
科挙などの無き世を遊び花筵 鳥居おさむ
立ち上がるとき窪ませて花筵 八木澤高原
立膝にこんにやく本や花筵 加藤郁乎 江戸桜
背広着て男ばかりの花むしろ 中井啓子
舞々か暮春になりね花むしろ 椎本才麿
花むしろ一見せばやと存候 宗因
花むしろ昼よりおちし天気かな 上村占魚 鮎
花むしろ踊れる婆々に爺不興 河野静雲 閻魔
花筵かかへて水の井之頭 鈴木しげを
花筵この世の隅に拡げける 石飛如翠
花筵しくや落花の吹き過ぎし 高野素十
花筵ただしく敷けば墓に当る 大牧広
花筵てふ大仰なもの持たず 高澤良一 素抱
花筵ふいに淋しき風の中 林 青峰
花筵まつさをにしてくちやくちやに 大木あまり 火球
花筵よそにかゝはりなく和して 星野立子
花筵入水のやうに靴置いて 大牧広
花筵四隅を残し円く座す 池田秀水
花筵山の夕冷え払ひけり 高澤良一 寒暑
花筵巻くはなびらを払ひつつ 正木ゆう子 静かな水
花筵引きずつてきし水邊かな 野村泊月
花筵往生際の話など 塚本忠
花筵生きて引き据ゑられてをり 竹本健司
花筵端の暗さを重ねあふ 能村研三 海神
花筵転がりやすき紙コップ 山田弘子 懐
花筵野党与党の村議ゐて 井村順子
花筵青洟垂るる子がひとり 辻桃子
花莚お隣さんの勝手口 高澤良一 鳩信
花莚二枚目立ちぬ蚕飼屋に 長谷川かな女 雨 月
花莚抱え挨拶交しをり 高澤良一 随笑
花莚畳んで四つ折八つ折に 高澤良一 随笑
萍草を吹きあつめてや花筵 蕪村
薄暮まで地の花筵女充つ 飯田龍太
見下ろされをりて妻との花むしろ 宇川七峰
雛僧の茶を運びゆくや花筵 比叡 野村泊月
離乳食たべさせてゐる花筵 中村和子
雨あとの草に敷きたる花むしろ 高濱年尾 年尾句集
風吹いていま誰も居ぬ花筵 嶋田麻紀
風立つや坐り直して花筵 岸田稚魚
さかなせよ十二神将花の宴 中勘助
ふんべつをこころに春の夜宴行 飯田蛇笏 椿花集
入れ違ふ襖絵花の宴あと 中尾杏子
師の僧は風邪ごもりとや花の宴 野村泊月
正徳六丙申弥生の花の宴 野澤節子 遠い橋
母在りてこそ祝ぎの宴花添ふる 高木晴子 花 季
終りごろちよつと顔だす花の宴 鳥羽田重直
花の宴庇に沿うて灯りけり 阿波野青畝
花の宴或は剣に躍るかな 内田秋皎
花の宴銃眼に置く缶ビール 山口超心鬼
酔ひ失せし和尚連れこよ花の宴 比叡 野村泊月
観桜のこころ放てり水の上 高澤良一 素抱
観桜の蛤御門開けてあり 後藤比奈夫
観桜や昭和生れの老人と 三橋敏雄(1920-2002)


以上
by 575fudemakase | 2014-03-30 09:44 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春意

春意

例句を挙げる。

一句添ふその行間に秘む春意 浅井浚一
円虹をもて六甲の春意とす 山田弘子 懐
春意とは山墓箒立てしまま 赤尾兜子
春意とよ横笛なればなほのこと 北光星
春意ほのと夕べに近き雨の音 原石鼎 花影以後
枯れしもの枯れしままなる春意かな 鈴木青園
水輪生み継ぐ雨以て春意とす 高澤良一 素抱
炉開けば遥かに春意あるに似たり 松本たかし
犬つれて春意おのづと林ゆへ 下門久子
窓の枝揺るるは春意動くなり 富安風生
舟の中ことに春意の櫂一つ 大岳水一路
釜煮えも春心地して鶉粥 大谷句佛 我は我
大根の胡麻和といふ春ごころ 斉藤夏風
尾の長き鳥に生まれむ春心 斎藤梅子
さまざまの情のもつれ暮の春 高浜虚子
君とわれ惜春の情なしとせず 高浜虚子
春の天全身情をみなぎらす 飯田蛇笏 椿花集
春ふかし肉親の情あらあらし 藤木清子
春情の野良犬哀し花のかげ 石塚友二 光塵
木曽の情雪や生えぬく春の草 松尾芭蕉
羇旅送り惜春の情と階降り来 石塚友二 方寸虚実


以上
by 575fudemakase | 2014-03-29 10:29 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春愁

春愁

例句を挙げる。

ありありと春愁の眉阿修羅像 倉橋羊村
うすうすとわが春愁に飢もあり 能村登四郎 咀嚼音
かさね打つ鉦皷春愁打ち消しぬ 河野多希女 こころの鷹
かゞなへて春愁三歳四歳とも 石橋秀野
けふも孜々春愁なきにあらねども 大島民郎
こだはつてをり春愁といふべきか 高木晴子 花 季
その人の春愁の句を覚えゐて 後藤夜半 底紅
ふとよぎる春愁のかげ見逃さず 稲畑汀子
みほとけのほとり春愁去りがたな 伊丹三樹彦
エスカルゴ好きで春愁なかりけり 橋本榮治 逆旅
ガラス屋が来る春愁の戸を入れに 野見山ひふみ
クリスマスローズ春愁とにあらず 後藤夜半 底紅
コインランドリーヘ春愁のひと抱へ 辻美奈子
サイフォンの底なめる炎や春愁 堀川節子
ジッパー上げて春愁ひとまづ完 櫂 未知子
ナフキンで口拭き春愁の図星さす 丸山佳子
ハンケチに鏝あてゝ春愁ひかな 敦
ポプコーン喰みて春愁なしとせず 伊東 肇
人の世に灯のあることも春愁ひ 鷹羽狩行 七草
人伝の噂なれども春愁ひ 深見けん二 日月
仏弟子の身の春愁を漏らしけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
何菩薩春愁華岳ゑがきける 水原秋櫻子
信これに添はず春愁の経を読む 木村蕪城 一位
半跏してけふ春愁の簗男 駒井でる太
台本をめる春愁も丸める 夏井いつき
司馬遷の秘めし春愁思ふかな 倉橋羊村
吾をとらへ春愁の過去問ふなかれ 岩崎照子
哄笑ののち春愁のほのかなる 有働 亨
哺乳類に分類されて春愁ひ 進藤一考
団欒の座にて春愁秘めにけり 茂里正治
多忙の身春愁なしといふは嘘 山田弘子 螢川
夜にかけて娼婦の一舟春愁ひ 阿部みどり女
夢違てふ春愁の観世音 下村ひろし 西陲集
大阪の灯に春愁を深めたる 片山由美子 天弓
女工らの春愁荷縄むらさきに 香西照雄 対話
家具店に抽斗あまた春愁ひ 鷹羽狩行
寺にある春愁犬猫共にくらす 中山純子 沙羅
小坪漁港春愁なれば蛸逃げる 前田吐実男
山の湯や吾が春愁の花昏れず 宇田零雨
山椒魚の春愁の顔見とどむる 後藤秋邑
恰好がつく「春愁」とつぶやけば 櫂未知子 貴族
憶良らは名を残したり春愁ひ 行方克巳
手の影が紙に近づく春愁 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
抽出しの古鍵いくつ春愁 羽豆英子
指の骨鳴らせしあとの春愁ひ 西川五郎
教室に入る春愁の貌消して 樋笠文
旅に生る春愁なれば旅に捨つ 大島早苗
昔日の春愁の場木々伸びて 草田男
春愁といふ胸中のにはたづみ 渕上千津
春愁と不機嫌とゐる二人かな 正木ゆう子 悠
春愁と云うほどもなき篭り癖 阿久沢双樹
春愁と問はば無常と石羅漢 林昌華
春愁ならず受胎告知の少女の眸 稲垣きくの 黄 瀬
春愁にありつつ竹柏の夕を去る 森川暁水 淀
春愁になげの言葉を使徒ぶりぬ 下村槐太 天涯
春愁にまさる妬心を讃仰す 赤松[ケイ]子
春愁に堪ふる面輪に灯りけり 草城
春愁に堪へず笑ひこかしたり 室生犀星 犀星發句集
春愁に指のひとつは鳴らざりき 畑耕一 蜘蛛うごく
春愁に洗ひし髪は立ちて梳く 谷中隆子
春愁に筆を重しとおきにけり 大久保橙青
春愁に触れて冷たきかたばみ葉 右城暮石 声と声
春愁に言ひ寄られゐるどうしよう 内田美紗 魚眼石
春愁に香薫きこもる中納言 筑紫磐井 野干
春愁に魁けて雨降りはじむ 三宅 桂
春愁のあまり真白き肌着裁つ 馬場移公子
春愁のあらずと思ふ鼾かな 茨木和生 丹生
春愁のいづこをも締めつけぬ服 福井隆子
春愁のいとまなければ無きごとし 皆吉爽雨
春愁のうなじを垂れて夜の祈り 篠原鳳作
春愁のかぎりを躑躅燃えにけり 秋櫻子
春愁のかけずもがなの電話かな 西村和子 夏帽子
春愁のけこけことかく鰹節 小島千架子
春愁のしづかなる瞳とあひにけり 轡田 進
春愁のすらりと立てり華瓶手に 鈴木詮子
春愁のそぞろにゆるぶ旅の帯 豊長みのる
春愁のただそれのみの日なりけり 木下ひでを
春愁のたばこ一本たはむれに 山田弘子 初期作品
春愁のつーんと笹の葉が尖る 藤木清子
春愁のとどめに赤き皿買はむ 百瀬美津
春愁のなみだをしぼる*まぶちかな 西島麦南 人音
春愁ののどをうるほす旅の夜 阿部みどり女
春愁のはさみ使へば鳴る小鈴 上村占魚 鮎
春愁のはじまり終り気まぐれに つじ加代子
春愁のばさばさ髪をくしけづれ 高田風人子
春愁のひとりしゆけば竹柏幽か 森川暁水 淀
春愁のまなこざぶざぶ洗ひけり 大木あまり 火球
春愁のまぼろしにたつ仏かな 飯田蛇笏 山廬集
春愁のまま撮られたる顔写真 能村研三 鷹の木
春愁のみなわれに向く波頭 永方裕子
春愁のわが跼まりに沢あふる 森川暁水 淀
春愁のキシヤゴに似たり銭数ふ(新貨幣いづ) 『定本石橋秀野句文集』
春愁のスリーサイズを測りけり 櫂未知子 蒙古斑
春愁のセロ抱き弾くは父の影 松山足羽
春愁のマリヤすらりと立ち給ふ 青陽人
春愁の一ときを猫侍るなり 及川貞 夕焼
春愁の一句無くして老いにけり 相生垣瓜人 明治草抄
春愁の一奔流に稿起す 赤松[けい]子 白毫
春愁の一端に火が燃えてゐる 朱鳥
春愁の一語被て座しゐたりけり 昭彦
春愁の中なる思ひ出し笑ひ 能村登四郎
春愁の何をとらへむ姫鏡 小島千架子
春愁の友に船渠の暗渠あり 森川暁水 黴
春愁の吃水ふかく船ゆけり 佐野まもる 海郷
春愁の吾を写真に撮るといふ 波多野爽波 鋪道の花
春愁の吾児金髪を欲しと言ふ 村中千穂子
春愁の墓群低き唱つなぐ 原裕 葦牙
春愁の夜を一掬の炎にてらす 古市絵未
春愁の女けはしく男見る 高濱年尾 年尾句集
春愁の妻いとけなくなりしかな 筒井 誠
春愁の姑の用事をまづ先に 稲畑汀子 春光
春愁の子の文長し憂へよむ 杉田久女
春愁の封を切る文切らぬ文 北見さとる
春愁の小さき嘘を恨みけり 上村占魚 鮎
春愁の屋上園は水噴ける 岸風三楼 往来
春愁の川徒渉れ父のごとくに 黒田杏子 花下草上
春愁の帯解けてゐる起居かな 山口草堂
春愁の形それぞれ指の爪 片山由美子 天弓
春愁の彼あり文の端ばしに 田畑美穂女
春愁の我に二つの影法師 千原草之
春愁の或る日山椒魚を見に 麦南
春愁の断崖掴むところなし 後藤綾子
春愁の昨日死にたく今日生きたく 加藤三七子
春愁の書架乱るるにまかせけり 渡邊千枝子
春愁の机古りたる桑づくゑ 及川貞 夕焼
春愁の東洋人でありにけり 京極杞陽 くくたち下巻
春愁の枷かとおもふ指輪かな 岩崎照子
春愁の柱によりて立てるかな 温亭句集 篠原温亭
春愁の母とも知らずあまえる子 島田はつ絵
春愁の沖へ出てその先も沖 北川英子
春愁の波のままなる遠白帆 小檜山繁子
春愁の消ぬるともなく談笑す 上田五千石 琥珀
春愁の渡れば長き葛西橋 結城昌治
春愁の煙草に点す火やくれなゐ 鈴木しづ子
春愁の父の屍に触るわれひとり 杉本寛
春愁の独りの顔に戻りたる 遠藤君江
春愁の瓜實顔でありにけり 成瀬正とし
春愁の生徒と知りて名指しけり 高田菲路
春愁の眉大らかに引きにけり 大阿久雅子
春愁の眼を水にひらきたる 夏井いつき
春愁の瞳伏せけりじやこう猫 文人歳時記 吉屋信子
春愁の胡客の歌に低く和す 能村登四郎 寒九
春愁の胸押しつけるレントゲン 阿部寿雄
春愁の薬もすこし嗜みて 後藤夜半 底紅
春愁の薬を溜めてしまひけり 北見さとる
春愁の血は睡れずに佇っている 大井恒行
春愁の襟紫に掻きあはす 長谷川かな女 雨 月
春愁の親指深く本に入れ 日原傳
春愁の足に魚の目腹に臍 小檜山繁子
春愁の重さや歌集読みきれず 吉原文音
春愁の重たきドアと軽きドア 上村勝一
春愁の鏡を拭きて消えぬもの 鷹羽狩行
春愁の雲の裏まで見てしまふ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
春愁の電話止むまで鳴らせおき 朝倉 和江
春愁の顔つくろはぬ歩みなり 石田郷子
春愁の鳶かも知れず沖めざす 勝又民樹
春愁はポストの朱さかへりみる 原裕 投影
春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥
春愁は巷の音も聞いてゐて 細見綾子 花寂び
春愁ひ抗癌剤を飲むことも 塩田峯子
春愁ふことなく生きてありがたし 智照尼
春愁ふウツボカズラに指入れて 高澤良一 鳩信
春愁ふ余部過ぐる夕汽笛 伊藤京子
春愁ふ島の港の畳職 黒田杏子 花下草上
春愁ふ心世相につながりて 小林律子
春愁ふ露座大仏の胎を出て 伊藤トキノ
春愁ほくろがひとつふえにけり 大石悦子 聞香
春愁もなく千日前夕あるき 西本一都 景色
春愁もなし梳く髪のみじかければ 桂 信子
春愁やあてなくひらく己が書庫 新井 英子
春愁やうとまるる子の無きもまた 西本一都 景色
春愁やおが屑縷々とこけしなす 平井さち子 完流
春愁やかたづきすぎし家の中 八染藍子
春愁やかつら屋の髪うしろ向き 木田千女
春愁やかなめはづれし舞扇 鷲谷七菜子(1923-)
春愁やくらりと海月くつがへる 楸邨
春愁やことにうつぼの面がまへ 鈴木智子
春愁やこの身このまま旅ごころ 久保より江
春愁やすべてはづせる装身具 柴田白葉女 『月の笛』
春愁やせんべいを歯にあててゐて 林火
春愁やそを松籟と気づくまで 大石悦子 聞香
春愁やたつきの三味をかい抱き 河合凱夫 藤の実
春愁やたまごの中に雛のこゑ 池元 道雄
春愁やなまことうどを買つて来る 田中冬二 俳句拾遺
春愁やのこして蕎麦のふた三すぢ 上田五千石 琥珀
春愁やはげまし呉るゝ妻の霊 河野静雲 閻魔
春愁やはなびらいろの魚の腸 ほんだゆき
春愁やはらりと落つる正誤表 内田美紗 誕生日
春愁やひとつあまれるピカソの目 西川 織子
春愁やひとの山彦われに来る 米沢吾亦紅 童顔
春愁やひとの煙草の香にむせび 宍戸富美子
春愁やひとりにつのる海の音 原 コウ子
春愁やふところ深き人とゐて 橋本榮治 麦生
春愁やふれたる造花音をたて 岩崎照子
春愁やまなじりおさふ指の癖 西本一都 景色
春愁やむしろちまたの人むれに 岡野 由次
春愁やインキの壺に蓋忘れ 森田峠 避暑散歩
春愁やガスの炎の丈ちがふ 岡本 眸
春愁やサラリーマンとして疲れ 成瀬正とし 星月夜
春愁やパステルカラー着てみても 川口咲子
春愁やプピープピーと千鳥笛 阿部みどり女
春愁やベッドを支ふ鉄の脚 櫛原希伊子
春愁やボタン一つを嵌め違ひ 近藤一鴻
春愁やマニキュアの手の置きどころ 伊藤トキノ
春愁や一と日夕空街に澄む 中村汀女
春愁や一世限りのもの殖やし 関口ふさの
春愁や一升びんの肩やさし 原子公平
春愁や一気に締めし帯なじまず 河野多希女 両手は湖
春愁や三椏の花匂はざる 細見綾子 花寂び
春愁や二本の腕のありどころ 小川軽舟
春愁や些細なことに気落ちして 高浜虚子
春愁や人美しといふは愚よ 高田風人子
春愁や冷えたる足を打ち重ね 高浜虚子
春愁や別れても似てしまひし字 後藤綾子
春愁や卑弥呼にも老残はあつた 鈴木石夫
春愁や塩利きすぎし機内食 猿橋統流子
春愁や墓石にもある貧富の差 村上辰良
春愁や夫あるうちは死ぬまじく 末広千枝
春愁や夫は誤解と言ふなれど 下村梅子
春愁や女は物を抱く癖 香西照雄 素心
春愁や妻を怒らす生返事 野上水穂
春愁や娘にたしかむる流行語 関根昌子
春愁や娘叱るにその子泣き 毛塚静枝
春愁や子に抱かせやる白き鶏 太田鴻村 穂国
春愁や尻叩かれしはじき猿 小松崎爽青
春愁や山吹咲ける門を出づ 田中冬二 麦ほこり
春愁や己が似顔が似て画ける 川口重美
春愁や師の逝きしより酔ひやすく 杉本寛
春愁や常着といへど数の紐 渡邊千枝子
春愁や平目の顔に眼がふたつ 草間時彦
春愁や心偽はる日記書く 山田弘子 螢川
春愁や心通はぬ子の寡黙 佐野とし子
春愁や慈悲半眼の阿弥陀仏 町田しげき
春愁や手に触れしものもてあそび 片山由美子 天弓
春愁や旅の一句と出会ひたり 村井杜子
春愁や日当ればわが影生れぬ 加倉井秋を 『胡桃』
春愁や日本恋しと書きし文 下村梅子
春愁や杉本瞽女の小さき髷 大野林火
春愁や枕辺せめて花満たし 高橋淑子
春愁や樹よりこぼるる鳥の数 宮田正和
春愁や殉教からむ開港史 下村ひろし 西陲集
春愁や母に聞かせてならぬこと 千原叡子
春愁や水ほとばしる夕厨 羽畑幸子
春愁や水面に指のいでしかな 増田まさみ
春愁や汐溜めて貝ひかるさへ 平田繭子
春愁や派手いとへども枕房 飯田蛇笏 山廬集
春愁や浄机の花の凭れば濃き 飯田蛇笏 霊芝
春愁や消しゴムの屑手にあつめ 足立 とみ
春愁や瀬戸の暁蜑もぐる 阿部みどり女 『光陰』
春愁や無数の鳥と沖に逢ひ 中島斌雄
春愁や熱の黒髪頬にしき 神尾久美子 掌
春愁や犬は寝そべり鯉沈む 清水基吉(1918-)
春愁や生ある限り軍靴胼胝 小見山希覯子
春愁や病めば子なきを侘しとも 川端紀美子
春愁や病室の何に目を移さむ 斎藤玄
春愁や目を細めれば文字の読め 川村紫陽
春愁や眉あきらかに保安帽 斉藤夏風
春愁や眉寄せて聴く夜想曲 吉原文音
春愁や眼に塩詰まる鮭とどく 赤松[ケイ]子
春愁や眼鏡は球をふけば澄み 上村占魚 『一火』
春愁や着馴れし服の匂ひにも 桂信子
春愁や石の裾曳く万治佛 川崎展宏
春愁や砂をあるけば砂のこゑ 豊長みのる
春愁や砂糖こぼるる喫茶店 今泉貞鳳
春愁や磁石に砂鉄とびつくも 菅原鬨也
春愁や稽古鼓を仮枕 松本たかし(1906-56)
春愁や窓なき湯女の控部屋 友成 ゆりこ
春愁や竹人形の胸たひら 日阪昌子
春愁や笑ひたくなきとき笑ふ 副島いみ子
春愁や等身大の須磨子像 片山由美子 水精
春愁や箱こはしてもこはしても 大木あまり 火球
春愁や籐のかごにて飼ふ鸚鵡 筑紫磐井 野干
春愁や糸を切らざる糸切歯 八幡より子
春愁や紅引くときの老眼鏡 高橋妙子
春愁や結ふほどもなき母の髪 石田 厚子
春愁や結婚披露宴豪華 遠藤若狭男
春愁や緩みて眠きオルゴール 都筑智子
春愁や縁切り絵馬の重なりて 杉山青風
春愁や老医に患者なき日あり 五十嵐播水
春愁や背中にまわるセロテープ 増田まさみ
春愁や背後に月の橋のばす 石寒太 翔
春愁や膝の間のうまごやし 内藤吐天
春愁や膝の間の苜蓿 内藤吐天 鳴海抄
春愁や臨水亭のおばしまに 田中冬二 俳句拾遺
春愁や船霊抜けし船箪笥 磯貝碧蹄館
春愁や草の柔毛のいちしるく 芝不器男
春愁や草を歩けば草青く 青木月斗(1879-1949)
春愁や荒男の馬のあらき性 細谷源二 砂金帯
春愁や葉がちとなりし花の雨 日野草城
春愁や薬臭に似し青インク 土生重次
春愁や虚構の恋の捨てがたく 山口青邨(1892-1988)
春愁や蛇となる髪解き放ち 寺井谷子
春愁や血筋に見せて子の短所 羽吹利夫
春愁や襁褓の嵩をうべなひつ 石川桂郎 含羞
春愁や覗く鏡にほつれ髪 高橋淡路女 梶の葉
春愁や触れて冷たきかたばみ葉 右城暮石
春愁や踏みし缶より水が出て 茨木和生 倭
春愁や轆轤はなれし生の陶 近藤一鴻
春愁や逗子の肉屋の九官鳥 青木重行
春愁や遠きいくさの埴輪武士(高知城) 河野南畦 『湖の森』
春愁や遠き記憶の笛を吹く 町春草
春愁や重き胃の腑を持ち歩く 椎橋清翠
春愁や金の眼の深海魚 山下かず子
春愁や金槐集をふところに 高橋淡路女 梶の葉
春愁や釦ひとつをもてあそび 片山由美子 水精
春愁や鉢曇らせて塩鯨 石塚友二 光塵
春愁や銀鎖のベルトゆるく巻く 鍵和田[ゆう]子 未来図
春愁や錐さす胸の煙草吸ふ 『定本石橋秀野句文集』
春愁や鏡に沈むおのが顔 日野草城
春愁や開け閉めに鳴る小抽斗 重松里人
春愁や闇に眼のなき深海魚 福田蓼汀 秋風挽歌
春愁や雲に没日のはなやぎて 原 コウ子
春愁や電池が切れし腕時計 佐伯昭市
春愁や餃子の襞を寄せをりて ふけとしこ 鎌の刃
春愁や駅の坩堝を笛流れ 松山足羽
春愁や髪の中なる耳ふたつ 片山由美子 水精
春愁や髪切る前もその後も 西村梛子
春愁や鳩の出て来ぬ鳩時計 宮脇白夜
春愁や鳴くこと知らぬ石の犬 上村占魚 『石の犬』
春愁や黒の混み合ふバーコード 内田美紗 魚眼石 以降
春愁や黒髪をとく肩のうへ 橋本鶏二 年輪
春愁や齢を外に夢老いず 吉屋信子
春愁よどけと腹蹴る胎児かな 仙田洋子
春愁をたとふればすり硝子かな 千田百里
春愁をづかづか歩く渚かな 鈴木真砂女(1906-)
春愁をまぎらはさんと皿洗ふ 岩崎照子
春愁を抱くほど花を買ひにけり 鈴木真砂女
春愁を消せと賜ひしキス一つ 日野草城
春愁を深めし雨の草千里 上村占魚 『自門』
春愁を眉間にあつめ馬丁俑 羽部洞然
春愁を置き去りにして春行きし 比奈夫
春愁を語るに足らず村の人 高田蝶衣
春愁を赤きポストに投函す 田中冬二 冬霞
春愁を鏡にたたみ込みにけり 田中延幸
春愁を隠しおほせし起居かな 高木晴子 花 季
春愁大人も抱きて縫ひぐるみ 毛塚静枝
春眠に屈し春愁にも屈し 石田勝彦 秋興
替眼鏡して春愁にあそぶなり 赤松[けい]子 白毫
月の斑の黴のごとしや春愁 櫛原希伊子
木に攀ぢし春愁の生徒窘めず 中田 樵杖
柱みな倒れた春愁かもしれぬ 松本恭子 二つのレモン 以後
歩せば濃き春愁ビルマ僧に逢ふ 神尾久美子 掌
残さるる弟妹春愁何せむや 松村多美
毛布敷く春愁の砂漠ひろげつつ 宮津昭彦
水の上を来る春愁の足の音 野見山朱鳥
沙門の吾にも春愁許されよ 牧野春駒
河の果しらず春愁の果しらず 谷中隆子
洗濯も掃除も好きや春愁 依光陽子
深呼吸して春愁を拂ふべく 鈴木洋々子
火夫春愁火色に染みし胸ボタン 吉田未灰
灯すも消すも春愁身ほとりに 有働亨
男肥えて何春愁ぞ楽器弾く 清一郎
白埴の甕春愁の翳つくる 村山古郷
白雲を出て春愁もなかりけり 中川宋淵
看護婦として春愁を知られまじ 野口てい子
眠るにはあらず春愁の瞼閉づ 小松 烏子
砂若布その山ほどの春愁ぞ 鳥居おさむ
洞の奥行見えず春愁 毛塚静枝
筝爪をはづす春愁の座なりけり 佐藤美恵子
米磨げばうするるほどの春愁ひ 片山由美子 水精
紙一反墨を一挺春愁ひ 伊藤敬子
老残といふ春愁の小盃 西本一都 景色
腕組みを解かねばつづく春愁ひ 冨田みのる
腰かけてうつる鏡の春愁ひ 稲垣きくの 牡 丹
花びらとなる春愁の鴎たち 岩淵喜代子 朝の椅子
花鋏手に春愁を断ちがたし 高木美沙子
荷物電車通過春愁誰も云はぬ 斉藤夏風
菓子食べし口春愁の海の色 阿部みどり女
薫(たき)ものに倦み春愁の縫司(ぬひのつかさ) 筑紫磐井 野干
虫に筆くはれしよりの春愁か 宇佐美魚目 天地存問
観音の一面ことに春愁ひ 片山由美子 水精
触れずゐて娘の春愁に敏くゐる 山田弘子 螢川
試着室出て春愁の始まれり 田中雅子
辞任願届けてよりの春愁ぞ 松崎鉄之介
鐘乳石太古春愁一滴づつ 野見山朱鳥
青菜茹であげて春愁やぶれたる つじ加代子
饒舌を続け春愁を深くせり 麻生 和子
髪ばさと垂れて春愁の額としぬ 鷹女
髪多ければ春愁の深きかな 三橋鷹女
鳥の眼の春愁洛中洛外図 中原道夫
春恨といふべき誦経燭の華 飯田蛇笏 雪峡
春怨のみなもと汲まんたなごゝろ 高橋睦郎 金澤百句
春怨の桟留縞(さんとめじま)は不思議柄 筑紫磐井 婆伽梵
春怨の眉引いて待つ文なりし 筑紫磐井 野干
春怨の麗妃が焚ける香煙はも 杉田久女
春怨や子ゆゑに夫婦離れざる 成瀬桜桃子 風色
まんばうの目覚めて春の愁ひかな 吉田鴻司
やはらかく魚煮て春の愁かな 緒方 敬
一隅に生くべし春の愁ひもち 浅井青陽子
人のそしり知つての春の愁ひかな 鈴木真砂女 生簀籠
人の子のいとしき春の愁ひかな 鈴木真砂女 生簀籠
人愁ふごとくに春の灯かな 雑草 長谷川零餘子
何愁ふ阿修羅か春の立ちにけり 大橋敦子
十七字即ち春の愁かな 岩崎照子
孔雀よりはじまる春の愁かな 藤田湘子
居並ぶや春の愁ひの大鎧 川崎展宏 冬
島の灯の遠くに春の愁かな 植本 恵美
我れ泣けば子も泣く春の愁ひかな 高橋淡路女 梶の葉
旅人と見らるる春の愁ひかな 西村和子 かりそめならず
春となり愁は遠く雲に去り 阿部みどり女
春なかば愁は松を仰ぎても 牧瀬蝉之助
春の風荒れ夫と子の眼が愁ふ 柴田白葉女 遠い橋
春シヨールまとひたれども身の愁ひ 三宅絹子
春昼の鏡愁ひをうつさざる 柴田白葉女 『月の笛』
春深し妻と愁ひを異にして 安住敦
春陰やまなじり愁ふおんほとけ 稲垣きくの 黄 瀬
母と離り住みて春著を着し愁ひ 文挟夫佐恵 黄 瀬
約束のなき日の春の愁かな 大場白水郎 散木集
緋目高の糶らるる春の愁ひかな 北見さとる
縁とは絆とは春の愁かな 風生
飛行船の真下に春の愁かな 飯島晴子


以上
by 575fudemakase | 2014-03-29 10:28 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

烏貝

烏貝

例句を挙げる。

いくら掘つてもおんなじ黒さ烏貝 加倉井秋を 『真名井』
くはへゐる藁一とすぢや烏貝 黒米松青子
世の隅の闇に舌出す烏貝 北 光星
埋木と共に掘られぬ烏貝 高田蝶衣
山鳴りが烏貝ほど雫せり 栗林千津
春寒や蜆に交る烏貝 野風呂第一句集(表紙・背は野風呂句集) 鈴鹿野風呂
枯蓮や泥の深さの烏貝 野村喜舟 小石川
水潜り烏貝採り呉れし人 井手 芳子
池底に帯をしずめて烏貝 長谷川かな女 花 季
烏貝おろかな舌を出してゐる 篠田吉広
烏貝の臭ひが浦の活気なり 米澤吾亦紅
烏貝は獲れ砂まみれ春時雨 中村汀女
烏貝三つ四つのせて舟戻る 野村泊月
烏貝少女はいつか乳房抱く 上原勝子
烏貝拾ふ雑嚢といふ鞄 星野紗一
烏貝日の没る方を巷とす 加倉井秋を 午後の窓
烏貝泥におぼれて歩みゆく 火村卓造
烏貝獲る舟動くともなくて 原 鬼灯
烏貝釣りあげられてうすにごり 相馬柳堤
素志折らずその後の月日烏貝 宇佐美魚目 天地存問
藍甕のつぶやくごとし烏貝 新村千博
長靴の長くなりゆく烏貝 緒方 敬



以上
by 575fudemakase | 2014-03-28 07:50 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

いそぎんちゃく

いそぎんちゃく

例句を挙げる。

宮様の御磯遊びいそぎんちやく 赤星水竹居
いそぎんちやく忘れ花めく置潮に 高井北杜
るいるいと磯巾着の咲く孤独 土橋石楠花
わけもなく磯巾着の潰される 五島高資
天上にちちはは磯巾着ひらく 鳥居真里子
少年の影じつとして磯巾着 川崎展宏
尾を振れる磯巾着の中の魚 内田白花
岩大好き岩も磯巾着が好き 園田夢蒼花
波引きし磯巾着のルビー色 広瀬一郎
海女の艪の磯巾着をかすめけり 米沢吾亦紅
現れし礁に磯巾着の華 江口 紫路
石噛んでをりし磯巾着の馬鹿 串上青蓑
磯巾着乾きてかゆき膝頭 原裕 葦牙
磯巾着小石あつめて眠りゐる 大石雄鬼
磯巾着拝むごとくに縮まりぬ 星野和子
磯巾着波引き寄せて管を上ぐ 赤木日出子
磯巾着潮よりもなほ柔らかに 鈴木鵬于
磯巾着高校生の恋すすむ 武田伸一
突つき過ぎ磯巾着をおこらせし 石川星水女
踏まれどうしの磯巾着の死に狂ひ 中村苑子
還らざる日や磯巾着を突く 成田清子
鉛筆をくはへ磯巾着すぼむ 片山那智児
鯒蒼く磯巾着をまどはしぬ 長谷川かな女 雨 月


以上
by 575fudemakase | 2014-03-28 07:49 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング