<   2014年 11月 ( 89 )   > この月の画像一覧

初霜

初霜

例句を挙げる。

さめざめと初霜きゆる佳き日なり 松村蒼石 春霰
ちから芝初霜かぶりたかぶりぬ 前田普羅
やはらかに青草充ちて初霜す 松村蒼石 雪
わが名づく赤子つよかれ初霜に 長谷川かな女 花寂び
一つ葉に初霜の消え残りたる 高浜虚子
一刻の炊ぎのけむり初霜消 原石鼎 花影以後
人影す堆の初霜あたゝかに 西島麦南
初霜にとぢこめられし山の音 吉年虹二
初霜に櫛目を正す朝の日箭 有馬籌子
初霜に焚く櫻葉の匂ひかな 松瀬青々
初霜に胸埋め嵯峨の石仏は 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
初霜に覆ひかかるや闇の星 千川 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜のありし纜解きにけり 秋山英子
初霜のありたる無人駅ホーム 有永 千里
初霜のありとしもなき波郷の墓 飯島晴子
初霜のことし大霜でありにけり 原石鼎 花影以後
初霜のぬれて日和や譜に朱うつ 原石鼎 花影以後
初霜のまとめられたる無縁墓 鷲谷七菜子 花寂び 以後
初霜のデッキ味噌汁匂ひ来し 鴨下秀峰
初霜の坂口の竹明りかな 梶千秋
初霜の奈良田の宿の十三夜 田中冬二 俳句拾遺
初霜の朝市にゐる迷ひ犬 藤本朋子
初霜の来し上州と聞きしより 稲畑汀子
初霜の柿や天地を貫けり 瀧井孝作
初霜の沙汰や頃日葱蕪 笠斎
初霜の消え束の間の野の光 河野美奇
初霜の石を崩して堰普請 及川仙石
初霜の置く石の臼茎の石 青木重行
初霜の金柑残る葉越しかな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
初霜の金柑見ゆる葉越しかな 芥川龍之介 澄江堂句抄
初霜の降りて暦日過たず 浜渦美好
初霜の降る音聞いてゐる玻璃戸 梶尾黙魚
初霜は裏羊蹄の翳に踏む 古舘曹人 能登の蛙
初霜やあはれはまろぶざくろの実 久保田万太郎 流寓抄以後
初霜やいよよ百目柿の甘からん 依光陽子
初霜やうす紅の鳩の脚 四明句集 中川四明
初霜やけさおとなしき鹿島灘 藤田あけ烏 赤松
初霜やさすが都の竹箒 炭 太祇 太祇句選後篇
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城(1901-56)
初霜やむらさきがちの佐久の鯉 皆川盤水
初霜ややさしくなりぬ山の色 神原栄二
初霜やわが母なれど面冴え 中村汀女
初霜やわづらふ鶴を遠く見る 蕪 村
初霜やガラス隔てて吾子と会ふ 高橋悦男
初霜や七夜の朝の樽ざかな 荊口 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜や余白なき日を繰り返し 大島民郎
初霜や勝手のちがふ酒の燗 中村史邦
初霜や唐招提寺志す 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初霜や小笹が下のえびかづら 素牛 俳諧撰集「藤の実」
初霜や嵩減り枯れて箒草 西山泊雲 泊雲句集
初霜や川上は墓地のあるところ 辺見じゅん
初霜や底より湧いて鯉の色 広瀬直人
初霜や復旧までの仮の橋 枡田国市
初霜や掌にしたゝらす髪油 青木喜久
初霜や斧を打ちこむ樹の根つこ 秋元不死男
初霜や火事跡といふ黒きもの 鷹羽狩行
初霜や烏を懼すからす羽に 高井几董
初霜や片脚立ちに神の鶏 鈴木花重
初霜や物干竿の節の上 永井荷風
初霜や犬溺する橋のもと 寺田寅彦
初霜や甘藍緊まり極まれば 林原耒井 蜩
初霜や矮鶏諍ふ神の庭 牧野暁行
初霜や稲扱きの歯に降りにけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
初霜や粉な屋の驢馬の耳機嫌 四明句集 中川四明
初霜や素焼の土器に御饌の塩 玉貫甲子郎
初霜や茎の歯ぎれも去年迄 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
初霜や茶椀を握る掌 秋来
初霜や菊冷え初むる腰の綿 松尾芭蕉
初霜や落葉の上の青笹に 泉鏡花
初霜や藁燃えて居る土手の上 寺田寅彦
初霜や藪に隣れる住み心 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
初霜や障子にこもる陽の翅音 篠田悦子
初霜や雀居並ふ疎籬斜め 尾崎紅葉
初霜や麦の芽二寸ばかりなり 寺田寅彦
初霜や麦まく土のうら表 北枝 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜や黄葉ほろ~と垣枳殻 西山泊雲 泊雲句集
初霜を鴉のわたる佛國寺 三好達治 路上百句
初霜消花の咲く木の葉の上に 原石鼎 花影以後
初霜越えて逃れにゆく祈りにゆく 平畑静塔
医師去つて初霜の香の残りけり 野澤節子 黄 瀬
子をふちどる朝日の赤さ初霜す 大熊輝一
桑焦がすほどの初霜には非ず 荒川あつし
沼べりに初霜コメデアン死んで 栗林千津
縄切れに置く初霜やいろは蔵 野村喜舟
縫ひ進む糸か初霜むすぶ音か 永井龍男
踏んで見もして初霜の解けやすき 篠崎 杏二
雁来ればすぐ初霜や伊賀盆地 橋本鶏二

以上
by 575fudemakase | 2014-11-30 00:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

神迎

神迎

例句を挙げる。

くれなゐの実を荒きとも神迎 宮坂静生 山開
したたかに降り清めけり神迎 藤田八郎
はらはらと走る雑仕や神迎 阿波野青畝
もののふの霊を鎮めの神迎へ 小路紫峡
一月の落葉も掃て神迎 蝶 夢
三宝に鯉の息づく神迎 角淳子
二羽の鳶円を描きて神迎 法本フミ女
八重波に向ひて祝詞神迎 金森柑子
参道の箒目正しく神迎ふ 白木サダ子
大岳の夜明け火を焚く神迎 藤原如水
巫女の髪水引を懸け神迎 安西閑山寺
拍手も海鳴りの中神迎 渡部美知子
日々荒れてともしの暗さ神迎ふ 桑原視草
氏神の囲ひ済ませて神迎 渡辺セツ
海鳥の目覚めよきこゑ神迎へ 木内彰志
湖の上を疾風来るなり神迎 水原秋桜子
湖の月あきらかに神迎へ 前田圭史
燈籠の障子も替へて神迎 比叡 野村泊月
神の木の揺れひとしきり神迎へ 遠藤若狭男
神迎して歌神に献ず句碑 大橋敦子 手 鞠
神迎ふ一山六社みな灯り 木田素子
神迎ふ伊勢の荒風日もすがら 山本しげき
神迎ふ出雲の国の石畳 有馬朗人
神迎ふ出雲は日和つづきかな 岡本春人
神迎ふ太き纜注連として 道川虹洋
神迎ふ形に居るや池の亀 久米正雄 返り花
神迎ふ水面静けき人造湖 上野澄江
神迎へ巫女車座に汁粉食ふ 豊田豊
神迎へ新月の環あきらかに 佐野良太 樫
神迎へ静かに済みし湖の村 有働 清一郎
神迎水口だちか馬の鈴 浜田酒堂
稲の香のしるき国原神迎 栗間酔舟
空稲架の芯まで濡れて神迎へ 小早川蘇宇
笛吹きて鳶も産土神迎へけり 野原 春醪
荒神の散らす落葉や神迎ふ 佐々木醒湖
裸木に雀あつまる神迎 柴田白葉女
野々宮や四五人寄りて神迎 野村泊月
青苔に山茶花にほふ神迎 水原秋櫻子
頓て国しろし召すべう神迎 竹冷句鈔 角田竹冷
鬨あぐるごと大焚火神迎ふ 上原朝城
鴨居まで日の届きゐる神迎へ 能村研三 鷹の木
鶏もうたひ参らす神迎 正岡子規
あかつきに雪降りし山神還る 藤田湘子
吊り橋をゆらして山の神還る 飯田弘子
大風の吹く日なりけり神還 飯田 波津恵
宝前に椎降りつくし神還る 亀井糸游
後戻り出来ぬ吊橋神還る 角田サチ
御開扉に鵯のとぶ影神還る 亀井糸游
拝殿に赤いスリッパ神還る 相馬沙緻
新生児あまた並びて神還る 辻美奈子
枯れをはる夜空の銀杏神還る 皆吉爽雨 泉声
洞ぬちに神還りまし海荒るゝ 大橋敦子 匂 玉
湖かもめ矢羽根のごとし神還る 高井北杜
湧きつげる雲の幾重や神還る 小林 弘子
白樺に斑の満ちて神還りけり 堀口星眠 営巣期
真白な鳥先立てて神還る 原田喬
神還りたまへと海人の太鼓打つ 山岸 治子
神還りませ波洗ふ大鳥居 高木晴子
神還り給ふ地酒のこくも見に 百合山羽公
神還り給へる富士の白さかな 岩永極鳥
神還り賑はふ婚礼大安日 羽吹利夫
神還るその大股は猿田彦 今瀬剛一
神還るみちが砂紋にありにけり 吉田紫乃
神還る千木より雲へ乗り継ぎて 熊野鳥湖
神還る島にまつたき虹の橋 鳥越すみこ
神還る心張り棒をがたつかせ 武田和郎
神還る日の大雨の厳島 有馬朗人 耳順
神還る風に置かれし白木椅子 岸原清行
風袋ひらきつつ神還りけり 堀口星眠 青葉木菟
鮒鮓も食べごろならむ神還る 大島民郎
二の滝の音の交響神帰る 橋本榮治 麦生
帰ります神ねぎらひの祝詞かな 島田五空
田植神唐へ帰ると田植唄 辻桃子 ねむ 以後
神帰り其座や袖の花鎮 言水
神帰る心ほのぼの地酒くむ 山根村笛
野に焚くは帰山の田神送る火か 佐野美智

以上
by 575fudemakase | 2014-11-30 00:43 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

うしろより凩逃す俳諧師 小林康治
おだやかな凩なんぞ忘れをり 高木晴子 花 季
けふは凩のはがき一枚 種田山頭火(1882-1940)
それ以後の凩胸に棲みつきぬ 石川文子
どこからも見え凩の木となりぬ 辻美奈子
はじめての凩の夜や海近づく 大林清子
ひそと泣けり凩に頬殴られて 皆川白陀
ひときはは凩ちかきひぢ枕 三好達治
ひとところ凩のみちあけておく 小島花枝
ふたりして岬の凩きくことも 大木あまり(1941-)
めつむりて凩をきくとにもあらず 木下夕爾
もしジャズが止めば凩ばかりの夜 寺山修司 未刊行初期作品
やわらかに凩を包み絹という 和田悟朗
ポプラの木凩去りてマッチ棒 吉田茂子
三椏と知る凩の熄みし枝 耕二
亡き人のこゑとも海の凩は 橋本榮治 麦生
人界を去る魂のあり凩と 文挟夫佐恵 雨 月
今日も事なし凩に洒量るのみ 山頭火
先生の亡き世凩吹き放題 今瀬剛一
内明りする土間の土凩す 内田百間
冬の蝶凩の里に飛びにけり 室生犀星 魚眠洞發句集
凩がうばふひとりの夜の影 八束
凩が凩を追ひフーガ果つ 岡田日郎
凩が吹き寄せし人バスを待つ 嶋田摩耶子
凩が奪ふ孤りの夜の影 石原八束 秋風琴
凩が目にしむゆゑに涙ぐみ 下村梅子
凩じみた風地のものを掃らつて畑道 梅林句屑 喜谷六花
凩となりぬ蝸牛の空せ貝 榎本其角
凩と父の呼吸の鬩ぐに耐へ 野澤節子 黄 瀬
凩と観じてしばしをりにけり 京極杞陽
凩にあらそふごとし鐘の声 高井几董
凩にうち沈みたる小家がち 尾崎陽堂
凩にうめる間寒き入り湯かな 荊口 十 月 月別句集「韻塞」
凩にこころさすらふ湯呑かな 鍵和田釉子
凩にころぶ夕べのバケツかな 京極杞陽 くくたち上巻
凩にしつかりふさぐ蠣の蓋 正岡子規
凩にすくてぞ鮭はからびけん 柴浅茅
凩にひろげて白し小風呂敷 芥川龍之介 我鬼窟句抄
凩にも木にも誇張のある如し 相生垣瓜人 微茫集
凩に三味も枯木の一ツ哉 正岡子規
凩に二日の月のふきちるか 荷兮
凩に何やら一羽寒げなり 杉風
凩に光る口舌のうらおもて 松澤昭 神立
凩に出づる髪の根ひきしまり 田畑美穂女
凩に削ぎ落とされし街の景 高澤良一 随笑 
凩に匂ひやつけし返り花 松尾芭蕉
凩に吹き落されな馬の尻 正岡子規
凩に吹れてたつやかがみ山 立花北枝
凩に吾をくろがねの像とし行く 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
凩に壁塗る足場揺れやまず 平間彌生
凩に大提灯の静かさよ 正岡子規
凩に富嶽百景抛りだす 松澤昭 山處
凩に早鐘つくや増上寺 夏目漱石 明治二十九年
凩に星かたまりて乏しかり 阿部みどり女
凩に晝行く鬼を見たりけり 石井露月
凩に木の股童子泣く夜かな 大須賀乙字(1881-1920)
凩に杖を進むる捨聖 高澤良一 随笑 
凩に根深尖りて並びけり 人間を彫る(裸木第一句集) 大橋裸木
凩に桑畑柿の畑も無し 百合山羽公 故園
凩に浅間の煙吹き散るか 高浜虚子
凩に物貯へむ土掘りつ 石井露月
凩に狸の鼻の乾き鳧 内田百間
凩に生きて届きし海鼠かな 石井露月
凩に練で御はす仁王哉 夏目漱石 明治二十八年
凩に置き忘られし赤鳥居 柴田白葉女
凩に菅笠たつる旅寝かな 越人
凩に菊こそ映ゆれ田居辺り 芝不器男
凩に詠唱さるる夜の娼家 松澤昭 神立
凩に身内の襞を深うせり 国枝栄子
凩に追はるゝ如く任地去る 永田青嵐
凩に雲のそびえやもらひ雨 水田正秀
凩に面を上げて歩きけり 里見宜愁
凩に頭巾忘れてうき身かな 黒柳召波 春泥句集
凩に顔あはせゐる嬉しさよ 仙田洋子 橋のあなたに
凩に鯨潮吠く平戸かな 夏目漱石 明治二十八年
凩に鰒ひつさげて高足駄 泉鏡花
凩に鰓吹るるや鈎の魚 與謝蕪村
凩のあたりどころやこぶ柳 内藤丈草
凩のあとはしづかな人枯らし 高柳重信
凩のあとやまことに山と川 古白遺稿 藤野古白
凩のあと満月が木に懸り 佐藤鬼房 何處ヘ
凩のいづこガラスの割るゝ音 梶井基次郎
凩のかまどの火色匂ふかな 高木静花
凩のさびしい喉をして眠る 対馬康子 純情
凩のしきりにつのる入日哉 志慶
凩のとほくを攻めてゐたりけり 石田郷子
凩のはたとやみたる枝の先 藤岡筑邨
凩のはては有けり海の音 言水
凩のひつかかりゐる峠の木 原裕 正午
凩のふけてゆく澄んでくる心 山頭火
凩のまがりくねつて響きけり 夏目漱石 明治三十二年
凩のまじりて吹くか秋の雲 中村史邦
凩の一夜に山の色奪ふ 宇川紫鳥
凩の一日吹いて居りにけり 涼菟
凩の上に物なき月夜哉 夏目漱石 明治二十八年
凩の上野に近きいほりかな 正岡子規
凩の下にゐろとも吹かぬなり 夏目漱石 明治三十四年
凩の中に灯りぬ閻魔堂 川端茅舎
凩の中より月の升りけり 正岡子規
凩の中一途ゆく鳥とならめ 能村登四郎
凩の創はみずみずしきみどり 永末恵子
凩の吹きかはりゐる外廁 原裕 新治
凩の吹ききはまりし海の紺 深見けん二
凩の吹きはらしたる鐘の色 未灰句集(未灰句集第一集) 渡邊未灰
凩の吹きゆくうしろすがたかな 服部嵐雪 (1654-1707)
凩の吹き初め奈良の夜空見ゆ 右城暮石
凩の吹き抜けし朝晴れ渡り 稲畑汀子
凩の吹くべき松も生えざりき 夏目漱石 明治三十二年
凩の地にも落さぬ時雨かな 去来
凩の地迄落さぬしぐれかな 向井去来
凩の夜のくちづけでありしかな 金子笛美
凩の夜のでこぼこの路と思ふのみ 原田種茅 径
凩の夜の口づけでありしかな 高橋笛美
凩の夜の鏡中に枕みゆく 柴田白葉女
凩の夜天の端や輜重行 齋藤玄 飛雪
凩の安曇野藁塚の堪へ性 藤岡筑邨
凩の尻吹き上げる厠かな 会津八一
凩の山に日あるや厠出て 飯田蛇笏 山廬集
凩の峰は剣の如くなり 夏目漱石 明治三十二年
凩の庭の折戸をあほる音 寺田寅彦
凩の我影を吹く障子かな 古白遺稿 藤野古白
凩の抜けて明るき雑木山 安藤まこと
凩の拾へさうなる星ばかり 宮津昭彦
凩の日がなうそぶく御陵かな 下村梅子
凩の明家を猫のより処 正岡子規
凩の時間を炒め厨人 田川飛旅子 『山法師』
凩の果てはありけり海の音 言水
凩の果てみちのくの果に住む 小川 眞砂二
凩の果の夕空血が滲む 登四郎
凩の棲む刈萱を背負ひあぐ 羽部洞然
凩の横に引する砲車かな 尾崎紅葉
凩の樹を木鼠のはひ下りる 高田蝶衣
凩の死角一灯生きてをり 植田暁生
凩の残すものなく千枚田 小川 浩
凩の沖へとあるる筑紫潟 夏目漱石 明治三十一年
凩の浄林の釜恙なきや 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩の海道山の中辿る 百合山羽公 寒雁
凩の消え門川のながれゐる 京極杞陽 くくたち下巻
凩の温泉の客稀に来りけり 露月句集 石井露月
凩の煙突に鳴る夜半哉 寺田寅彦
凩の燈を置ける机かな 阿部みどり女
凩の琴立てられて木に還る 渋谷道
凩の町に貧しき曲馬来し 佐藤郷雨
凩の磧はるかに瀬をわかつ 川島彷徨子 榛の木
凩の空見なほすや鶴の声 去来
凩の耳に詰りし別れかな 羽部洞然
凩の裏の山から鳴て来る 寺田寅彦
凩の身は七とせや像の雛 中村史邦
凩の鐘楼危ふし巌の角 夏目漱石 明治三十二年
凩の雨戸たゝくや夜もすがら 寺田寅彦
凩はやむ間あり海鳴りはやまず 福田蓼汀 秋風挽歌
凩は賽の磧の石飛ばす 福田蓼汀 秋風挽歌
凩は高野聖を掴みけり 野村喜舟 小石川
凩も亦風神の司る 伊藤柏翠
凩も袋にひとつ葉抹香 昌夏 選集「板東太郎」
凩も負けて太鼓の木魂かな 正岡子規
凩やいづこを鳴らす琵琶の海 牧童
凩やかぎりしられぬ星の数 加藤秋邨 野哭
凩やかつて袂は泣くために 今瀬剛一
凩やからまはりする水車 中川宋淵 詩龕
凩やこの頃までは萩の風 與謝蕪村
凩やこぼれて昼の牛の声 園女 俳諧撰集玉藻集
凩やしかと空也の足の趾 田口風子
凩やつぶての如く夕雀 福田蓼汀 山火
凩やとまり烏の横にゆく 井上井月
凩やはみ出てあかき藪の荊 鳥越等栽
凩やはやめに入れる孤りの燈 鈴木しづ子
凩やはるかな星のやうにひとり 渡辺夏代
凩やまた空耳の母を前 石川桂郎 含羞
凩やみつめゐたるは心の坂 長谷川朝風
凩やみづうみけふも草のいろ 中田剛 珠樹
凩や京の揚屋のはこばしご 久保田万太郎 流寓抄
凩や人のいのちの消ゆるとき 山口青邨
凩や何をたよりの猿おがせ 蕪村遺稿 冬
凩や倒れざまにも三ツ星座 芝不器男
凩や出ずに済ませばそれなりに 藤浦昭代
凩や出でしばかりの月吼ゆる 吉原文音
凩や切りて血も出ぬ冷凍魚 浅見さよ
凩や列車降りなば妓買はむ 原石鼎
凩や割箸を持たされしまま 佐々木六戈 百韻反故 初學
凩や動かぬ雲の北に見ゆ 四明句集 中川四明
凩や勢田の小橋の塵も渦 其角
凩や南大門昔顛倒 野村喜舟 小石川
凩や厨の棚に柚子一つ 松村蒼石 露
凩や厩の窓に月のさす 吉田冬葉
凩や吹き静まつて喪の車 夏目漱石 明治三十四年
凩や喪を終る日の袖の上 中村史邦
凩や土橋の元の立佛 寺田寅彦
凩や坂町で買ふ障子紙 月舟俳句集 原月舟
凩や夜襲のごとく貨車過ぎる 鈴木 映
凩や大葬ひの町を練る 芥川龍之介
凩や天狗が築く一夜塔 泉鏡花
凩や女按摩と詩の話 田川飛旅子 『植樹祭』
凩や妙義が岳にうすづく日 村上鬼城
凩や宮の鼓の片颪 椎本才麿
凩や富士の裾野を吹きまくる 古白遺稿 藤野古白
凩や居退りて遠き人の上 石塚友二 方寸虚実
凩や山の終バス昼に発ち 今井真寿美
凩や山吹の葉の黄に染みて 小澤碧童 碧童句集
凩や岩に取りつく羅漢路 夏目漱石 明治三十二年
凩や崖下はよき日向ぼこ 野村喜舟 小石川
凩や常灯明のしんかんと 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
凩や廣野にどうと吹起る 蕪村遺稿 冬
凩や弦のきれたる弓のそり 夏目漱石
凩や往来をひた走る鶏 内田百間
凩や怪しき雲のたゝずまひ 寺田寅彦
凩や我が掌のうらおもて 重信
凩や手して塗りたる窓の泥 鬼城
凩や手の平立てる妙義山 中村史邦
凩や抽斗に物の香の籠める 内田百間
凩や散りゆく人に星の濃し 石昌子
凩や日も照り雪も吹散らし 樗良 (粟津原馬上吟)
凩や星吹きこぼす海の上 正岡子規
凩や昼は淋しき廓道 正岡子規
凩や月はね上げし大江山 細井翠湖
凩や木となり草となり父は 西川徹郎 瞳孔祭
凩や木馬の轡ひとり鳴る 四明句集 中川四明
凩や東京の日のありどころ 芥川龍之介 我鬼窟句抄
凩や枯葉する~と馳り出す 寺田寅彦
凩や枯葉の走る塔の屋根 寺田寅彦
凩や桑原に入りて馬車徐行 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
凩や水こし桶に吹きあつる 村上鬼城
凩や水涸れはてて石を吹く 稿本虚子句集 高濱虚子・今村一聲編
凩や池のちりぢり夕讃岐 今井誠人
凩や沖よりさむき山のきれ 榎本其角
凩や浪の上なる佐渡ヶ島 伊藤松宇
凩や海に夕日を吹き落す 漱石
凩や海の深きの迷路まで 対馬康子 吾亦紅
凩や海日夕日を吹き落す 漱石俳句集 夏目漱石
凩や漁翁が鯉の美しき 野村喜舟 小石川
凩や焦土の金庫吹き鳴らす 楸邨
凩や煖炉にいもを焼く夜半 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩や煮つけて魚の身の脆き 丸山靖子
凩や牛の鼻先向きかはる 加藤楸邨
凩や牛馬は歩く度に光る 加藤知世子
凩や田より田にゆく水のおと 木導 俳諧撰集「有磯海」
凩や病む眼底の灯は淡し 中山春三
凩や目刺に残る海の色(六年) 芥川龍之介 我鬼句抄
凩や真赤になつて仁王尊 夏目漱石 明治二十八年
凩や眼のひからびる夜なべの灯 木歩句集 富田木歩
凩や眼をつむりたる馬の上 古白遺稿 藤野古白
凩や窓にふき込むみそさざい 蘭芳 芭蕉庵小文庫
凩や築地の内の藪の音 野村喜舟 小石川
凩や練兵場の砂けむり 寺田寅彦
凩や船の灯までが閨に射す 小林康治 玄霜
凩や芭蕉の緑吹き尽す 正岡子規
凩や花子(こじき)の宿の戸にさはる 黒柳召波 春泥句集
凩や荷馬ひしめき城に入る 四明句集 中川四明
凩や葎を楯に家鴨二羽 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩や蔀下ろして山河断つ 野村喜舟 小石川
凩や蝉も栄螺もから許り 正岡子規
凩や西にかかりし昼の月 今井杏太郎
凩や覗いて迯ぐる淵の色 蕪村
凩や赤城の神は火の中に 野村喜舟 小石川
凩や路上とびくる反古を踏む 森田峠 逆瀬川以後
凩や遠き帆船の国の声 対馬康子 愛国
凩や里の子遊ぶ九品仏 野村喜舟 小石川
凩や鉋屑舞ふ普請小屋 寺田寅彦
凩や鐘引きすてし道の端 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩や開墾小屋の豆ラムプ 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
凩や陶窯に火の音まはる 加藤知世子 花寂び
凩や雲吹き落す佐渡の海 会津八一
凩や雲吹き落す海のはて 正岡子規
凩や雲裂けて星あらはれぬ 会津八一
凩や雲裏の雲夕焼くる 臼田亞浪 定本亜浪句集
凩や馬に物云ふ戻り道 二葉亭四迷
凩や馬のたてがみ脱色せり 宇多喜代子
凩や馬を犒ふ小百姓 露月句集 石井露月
凩や馬現はれて海の上 松澤昭
凩や鳶にとびつく野の鼬 廣江八重櫻
凩や鴉の口のがらんどう 高浦銘子
凩よ世に拾はれぬみなし栗 榎本其角
凩を入れず燈火をながさぬ戸 京極杞陽 くくたち下巻
凩を拒んでゐたる杭頭 大木あまり 火球
凩を杖に突きけり老の坂 智月 俳諧撰集玉藻集
凩を来てしばらくはもの言はず 青柳志解樹
凩を来て末席におし黙る 吉本 昴
凩を歩く夢中の中にをり 嶋田一歩
凩を海へ掃き出す子らの声 新開一哉
凩を父流水を母の声 千代田葛彦 旅人木
凩を連れて帰るよひとりの部屋 菖蒲あや 路 地
凩を連れ出す坂東太郎かな 坂本坂水
凩夜を荒れて虚空火を見る浅間山 子規句集 虚子・碧梧桐選
凩空見なをすや鶴の声 向井去来
君とあらば凩の世も面白や 寺田寅彦
夕凩にぼんぼり灯り灯りつぐ 永井龍男
夜もしろき凩滝をさかのぼる 石原舟月
大佐渡の軋む凩はじまれり 渡邊千枝子
子を抱く猿に凩ながきかな 吉田紫乃
寝た下を凩づうん~哉 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
屋根越えし凩森を得しきこゆ 篠原梵 雨
巨星隕ちぬ凩しんと身に透る 石塚友二 方寸虚実
年々や凩吹て尖る山 夏目漱石 明治三十二年
怖ろしき凩に子の遊ぶなり 松澤昭 神立
戦争が過ぎ凩が過ぎにけり 藤田湘子
摘みけんや茶を凩の秋とも知らで 松尾芭蕉
教師一家が凩の箱舟に揺れゐるよ 柴田白葉女 『冬椿』『遠い橋』『岬の日』
明け方や凩とぎれ~吹く 寺田寅彦
時雨聞き凩を聞き磨崖仏 大橋敦子 手 鞠
月に暈うまれ凩吹きやみぬ 三村純也
木凩に梢の柿の残りかな 服部嵐雪
東京の凩われは田舎もの 石井とし夫
枝飛ぶや八幡様の凩に 岸本尚毅 鶏頭
枯枝が落つ凩の吹き熄む間 右城暮石 上下
榛の木に黒き凩来てゐたり 嶋田麻紀
灯を入れず凩つまる常夜燈 百合山羽公 寒雁
灯を消せば凩の底杉の声 柴田白葉女 花寂び 以後
父の耳遠き凩聴きゐたり 鈴木まゆ
父母の負債や古里の凩に村を押し出さる 橋本夢道
物は何凩の笠雪の簑 正岡子規
瑞檣山凩びかりしてゐたる 石田勝彦
病む母と凩の夜を覚めてゐし 大橋敦子 手 鞠
瞑りて聴くは凩太郎かな 根岸善雄
石の山凩に吹かれ裸なり 夏目漱石 明治三十二年
神将に天魔の吐息凩す 林翔
神楽舞ふ夜は凩の起るらし 佐川広治
空青し凩の序の楢くぬぎ 鈴木しげを
童子寝る凩に母うばはれずに 橋本多佳子
竹藪の外に川あり凩す 内田百間
耳に眼に凩を溜めたまふなる 相生垣瓜人 微茫集
胃痛むや憎みを移す夜凩 林原耒井 蜩
胸中の凩咳となりにけり(三汀の病を問ふ我亦時に病床にあり) 芥川龍之介 我鬼窟句抄
草千里より凩の湧くならむ 中田剛 珠樹以後
葦もつれあふ凩の戦あと 羽田岳水
蒙古高句麗凩が来る鬼が来る 文挟夫佐恵 遠い橋
藁塚の列凩太郎崩しけり 小椋 隆
詩僧死してただ凩の里なりき 夏目漱石 明治三十二年
読みさして聴ける凩挿話めき 高澤良一 随笑 
赤松や鳴る凩の幾重なる 池田澄子
路地出でし吾を凩の見逃さず 日置草崖
遊ぶ木のなき凩の我を打つ 折井眞琴
野の色と同じ色着て凩に 上崎暮潮
鏝の焼け試る頬ほてり凩す 内田百間
雨ともならず唯凩の吹き募る 夏目漱石 明治三十七年
骨白し抱いて眠らん凩の夜は 水島稔
ある日喇叭の如き木枯哀しとす 湘子
うす皮の天の一角木枯す 小形さとる
さわさわと木枯がくる薄い胸に 高桑弘夫
なつかぬ児なれど木枯掴み来る 梅田英子
ひとときは木枯ちかき肱枕 三好達治 柿の花
よその子をあやし木枯の顔ひりつく 田川飛旅子 花文字
ペン割れて木枯のあと吼える海 佐藤鬼房 海溝
ポケットベルより木枯しの似合ふひと 櫂未知子 貴族
一夜寝ず二夜ねむれず木枯す 相馬遷子 山河
三十年前のクレオパトラも木枯妻 橋本夢道 良妻愚母
三島忌の朝つぱらから木枯しす 山田みづえ 草譜
両替機札うばうごと木枯や 田中英子
中天に木枯の陽のありにけり 中川宋淵
京に飽きてこの木枯や冬住ひ 松尾芭蕉
今日の空あり一本の木の木枯 千代田葛彦 旅人木
再びの病衣木枯し吹きまどふ 小林康治 四季貧窮
初木枯ちりぢりの友集ひけり 高島秋潮
初木枯酒舟石を響すか 秋山素子
口切や木枯のけふ吹きそめし 森澄雄
句碑建つるな木枯をして吹かしめよ 永井龍男
回転扉木枯の身のつまづき入る 原田種茅 径
塩鮭に木枯吹いて暮れにけり 田中冬二 冬霞
夕焼と木枯を濾す硝子のビル 田川飛旅子
夜の木枯壁に人の名書きつらね 加藤知世子 黄 炎
大事がる柿の木枯て梅の花 高井几董
好晴の木枯が師を連れ去んぬ 岸田稚魚 筍流し
妻に触れざれば木枯の遠くゆく 千代田葛彦 旅人木
妻へ帰るまで木枯の四面楚歌 鷹羽狩行(1930-)
子ら置きて身は放埓の木枯に 柴田白葉女 遠い橋
寒柝に眠り暁木枯に覚む 齋藤愼爾
対岸の木枯は母呼ぶ声か 今瀬剛一
屋根裏へ木枯かよふ出水以後 近藤一鴻
巨き星めらめら燃ゆる木枯に 相馬遷子 山河
帝国ホテルまでつけてくる木枯 櫂未知子 蒙古斑
悪漢になるには木枯に負けぬこと 細谷源二
手の桑に木枯うたふ蚕飼神 加藤知世子 花寂び
拭きほそり名も木枯と言ふ茶杓 佐野美智
日日無帽にて木枯しが坂の上 河村四響
時雨木枯のあれあれて生れ出しもの 高浜虚子
朝のパン外の木枯を見つつ焼く 福田蓼汀 山火
木の家のさて木枯を聞きませう 高屋窓秋
木の根あり己が木枯を聴き澄まし 千代田葛彦 旅人木
木偶の目の夜は金色に木枯吹く 桂信子
木枯 木枯 ひらひらと侏儒の手 富澤赤黄男
木枯がしづまり母の庭仕事 林 やすお
木枯が先かかみそり研ぎが来たのが先か 細田源二
木枯が息するといふ静けさよ 良太
木枯が抱き来し音を海に解く 米澤吾亦紅
木枯が止みていちにち藁白し 萩原麦草 麦嵐
木枯が瞳の奥とほる娶らねば 小橋弘道
木枯が遠くの森をわたる音 長谷川素逝 砲車
木枯しが夜半のホームをつらぬきて隔たる記憶をゆすぶりやまぬ 野中圭
木枯しが知る海溝の深さかな 小澤克己
木枯しに逆らいにつつ目つぶれば狂暴の世のとめどなき渦 おおのいさお
木枯しの果はありけり海の音 言水
木枯しの目玉ぶつかりあう音す 北川邦陽
木枯しの空をナイフが翔んでゆく 黒川 鉛
木枯しの聞こゆる合わせ鏡かな 池田澄子
木枯しの落ちゆく先に夫の墓 中嶋秀子
木枯しはじまる烏帽子仰山にうごく 阿部完市 春日朝歌
木枯しや小学生の立ち話 藤堂洗火
木枯しや母の紅衣が嬰包み 林 翔
木枯しや竹に隠れてしづまりぬ 松尾芭蕉
木枯しを戻りし鼻の尖りけり 那須淳男
木枯とわれを去りゆくわれのあり 千代田葛彦 旅人木
木枯と星とが知つてゐるばかり 矢田部芙美
木枯にあをあをと時流れけり 後澤 啼鳥
木枯にさらはれたくて髪長し 熊谷愛子
木枯にすつくと起きて水を欲る 金尾梅の門
木枯にひろげて白し小風呂敷(六年) 芥川龍之介 我鬼句抄
木枯にむきて歩きぬ連れだちて 高木晴子
木枯にもつとも近く泣きてをり 岸田稚魚 『雪涅槃』
木枯に三日月炎えて米騰る 萩原麦草 麦嵐
木枯に乗りて鴎となりにけり 草間時彦 櫻山
木枯に何聞き出でし火桶主 島村元句集
木枯に吹かれて落ちる群雀 杉山青風
木枯に吹き片寄りし星座燃ゆ 小山草土
木枯に吹落されし杓子かな 中勘助
木枯に国ありあれば亡命す 高野ムツオ
木枯に夕日うかべる信濃口 龍太
木枯に岩吹きとがる杉間かな 松尾芭蕉
木枯に干さばやうき世かくれ蓑 中勘助
木枯に押されて我も人も行く 阿部みどり女
木枯に星の布石はぴしぴしと 上田五千石 田園
木枯に本尊のまなこ仰ぎけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
木枯に杖一本を遺しけり 橋本榮治 麦生
木枯に槇割の木玉響きけり 椎本才麿
木枯に死とは翼のあるものか 鳥越すみこ
木枯に水藍青の田二枚 相馬遷子 雪嶺
木枯に波のうち合ふ暗さかな 青木月斗
木枯に浅間の煙吹き散るか 高浜虚子
木枯に海辺を走る狂女かな 比叡 野村泊月
木枯に町二階鎖す日中かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
木枯に素十の微塵わが吸ふか 平井照敏 天上大風
木枯に細き煙管を吸ふ女 京極杞陽
木枯に老い父足を曳き歩む 相馬遷子 山河
木枯に耳をち切られて伝単張だ 熊王徳平
木枯に草の実ほけてとびにけり 中勘助
木枯に見えぬ夜の湖見据ゑつつ 那須 乙郎
木枯に負けぬは松の力かな 湖柳
木枯に身より剥がるる思ひあり 是川淑子
木枯に進まぬ馬の尿かな 青峰集 島田青峰
木枯に電線喚めく裾野かな 会津八一
木枯に鳥流されてゆきにけり 日原傳
木枯のいよ~つのるみとりかな 五十嵐播水 播水句集
木枯のうち白めゆくや川の面 西山泊雲 泊雲句集
木枯のごつんごつんと赤ん坊 齋藤愼爾
木枯のさきぶれに空蒼ざめり 関森勝夫
木枯のしんがりにつく童子かな 石嶌岳
木枯のたそがれてきぬ酒の燗 小澤碧童 碧童句集
木枯のつのりきし夜の犬のなく 桝本 澄子
木枯のはじまる山の音といふ 松本陽平
木枯のひとは奈落に灯を抱き 富澤赤黄男
木枯のひと村ゆゆし大根注連 中勘助
木枯のべうべうわが家細りけり 篠田悌二郎 風雪前
木枯の一吹きごとの大銀杏 富樫美津子
木枯の一樹おのれを責めとほす ほんだゆき
木枯の上野の山を鳴て来る 寺田寅彦
木枯の下はいつでも屋根ばかり 仙田洋子 橋のあなたに
木枯の中にて父情くづれ易し 島田柊
木枯の中にわが家あり子を泣かせ 安住敦
木枯の中大根が切られをり 萩原麦草 麦嵐
木枯の中金色に秩父暮る 田中冬二 行人
木枯の作る風紋踏みてゆく 高濱年尾
木枯の個展二号に花咲かせ 古舘曹人 能登の蛙
木枯の又吹きつのり山に住み 高木晴子 晴居
木枯の口に吹き入る修那羅仏 古舘曹人 樹下石上
木枯の叱声めくや父に蹤き 伊藤京子
木枯の吹きにし箒つかみ出づ 斎藤玄 玄
木枯の吹きぬく松はよき木かな 小杉余子 余子句選
木枯の吹き初め奈良の夜空見ゆ 右城暮石 声と声
木枯の吹き抜けてゆく喪の花輪 林 瑠美

More
by 575fudemakase | 2014-11-30 00:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

大根

大根

例句を挙げる。

「大根の葉の流れゆく」川に鴨 小原澄江
あま水に大根の芽の沈みけり 杓子庵 中勘助
いつまでも大根洗ひ見る子かな 中村汀女
いま抜きし大根の穴法然院 安原楢子
うすみどり大根おろしたまり来る 篠原梵 雨
うす~と暮れて立ちをり大根馬 清原枴童
おでん種臼の大根をたばさみぬ 高澤良一 宿好 
おもおも大根負うて来る山追つかけて来る 安斎櫻[カイ]子
おろぬきどき大根台地を抜けにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
かがやかに大根洗ふはるかかな 山口青邨
かく群れて濱大根の香ありけり 八木林之介 青霞集
かけ大根してある火の見櫓かな 芦野芦史
かつしかや鷺が番する土大根 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
かゞやかに大根洗ふはるかかな 山口青邨
さればいの泥によごれつひく大根 水田正秀
しぐるゝや野寺四面の大根畑 古白遺稿 藤野古白
しらしらと凍大根や喪ごもりぬ 大石悦子
しわしわと向うへ吹かれ大根畑 宮津昭彦
すっぽりと大根ぬけし湖国かな 橋石 和栲
どの枝にも大根かけられさるなかせ 羽部洞然
にぎやかに大根車来る泉 安田晃子
ぬきん出て夕焼けてゐる大根かな 中田みづほ
のびあがりのびあがり大根大根 山頭火
はつしぐれ大根おろしに甘味かな 林火
ひつ提げて大根抜身の如くにぞ 石塚友二
ひもろぎや旧正月のかけ大根 銀漢 吉岡禅寺洞
ふんばつて抜く大根の寸足らず 小田実希次
もののふの大根苦き話哉 松尾芭蕉
よき顔にて人はあるく大根畠 中塚一碧樓
をんなきて火よりも淋し大根榾 黒田杏子
エプロンに霜の大根さげてくる 小原菁々子
ガラガラと日輪ゆらぐ大根馬車 桜井博道 海上
ダンサーに買はるしな~と大根 秋元不死男
ニューヨークに刻む大根膾かな 藤谷令子
ロンヂンに大根なます詩昨今 飯田蛇笏
三方原草分けの味大根漬 百合山羽公 寒雁
乾大根遠き田水が月泛べ 松村蒼石 雁
争ひて尾張大根乾く日ぞ 中村汀女
人妻は大根ばかりをふくと汁 榎本其角
今も尚大根洗ひの藁たはし 本多芙蓉
今朝の栄大根下ろしのうすみどり 川口重美
僧さげて大根地を擦る女坂 吉野義子
僧堂や大根汁の斎の柝 尾崎迷堂 孤輪
全長を見せ大根の抜かれたる 畠山譲二
冬ぬくし大根吊つて留守の軒 小杉余子 余子句選
切る切られる三浦大根ふくらはぎ さかすみこ
初ひ女房大根洗ひ積み事始め 及川貞 夕焼
北少し晴れて広さや大根畠 月舟俳句集 原月舟
十二月の大根畑は買われて村は寒むざむ大根を抜き大根を洗い 橋本夢道 無禮なる妻抄
十月の暗が太らす大根かな 右城暮石 声と声
口当りに洗ひたてたる大根かな 野村喜舟 小石川
吊大根開聞岳のふところに 原裕 出雲
名月のこれもめぐみや菜大根 許六 八 月 月別句集「韻塞」
君が代や大根畠に子の日せん 古白遺稿 藤野古白
嘶きてよき機嫌なり大根馬 高浜虚子
四人子四性大根青首むきむきに 吉野義子
囲ひ大根出し急ぎしつ蕗の薹 高田蝶衣
土のせいさぶつきらぼうも大根も 大木石子
地を出て大根は人慕ひけり 爽波
地中にて大根の直雪降れり 中戸川朝人
地震のあと夜の靄ふかむ大根畑 宮津昭彦
基地扼す大根純白且つ無数 町原木佳
堂あつて縁に大根山とつみ 高久田瑞子
声誉求めぬ人ぞ大根乗り出して 香西照雄 対話
夕月に大根洗う流かな 正岡子規
夜寒さや大根白き厠の火 梧月
大大根百本程を洗ひけり 会津八一
大学の中を大根馬ゆきき 田村了咲
大方は抜いてあるなり大根畑 藤田あけ烏 赤松
大根おろし妙義の秋に似たるかな 伊東極浦
大根おろし星かがやくにあと一刻 村越化石
大根が一番うまし牡丹鍋 右城暮石
大根が夜寒かこつや人参に 井本農一
大根が欠かせぬ二人暮らしです 小高沙羅
大根きしみかくて農婦の腰まがる 米田一穂
大根さげ街の往来の中にあり 岡崎な津
大根すとんと輪切りあしたは考へず 稲垣きくの 牡 丹
大根で事すましたる亥の子かな 赤木格堂
大根で団十郎する子供かな 一茶
大根にかこまれながら墓拝む 原田喬
大根に埋もれし土間やつづれさせ 斎藤みゑ子
大根に実の入たびのさむさ哉 園女 (いせにありつる比美濃へ旅立つ事侍りて)
大根に実の入る旅の寒さかな 斯波園女
大根に抱きつかれ夢深まらず 宮坂静生
大根に肥かけをれば戦死報 榎本冬一郎 眼光
大根に触れ難き傷ありにけり 辻美奈子
大根に金賞つきて農業祭 福川悠子
大根に首ある夜のかげぼうし 津沢マサ子 風のトルソー
大根ぬきに行く畑山にある 尾崎放哉
大根ぬくあとからあとから穴暗し 神生彩史
大根のしづかさ正月のコックたち 北原志満子
大根のしんじつ白し償いなし 北原志満子
大根のぴりつと辛き不成就日 北見さとる
大根のやたらと辛し虻の昼 石川桂郎 高蘆
大根の一荷届きしお講宿 橋本 道子
大根の上に児を乗せ猫車 太田権六
大根の丘に現れ師走富士 遠藤梧逸
大根の二本白さや飯を蒸す 碧雲居句集 大谷碧雲居
大根の二葉に暑さなかりけり 廣江八重櫻
大根の供養のあとの法話かな 比叡 野村泊月
大根の双葉に月の蟹あそぶ 中野ただし
大根の反りの勝手も面白し 野田公也
大根の大根になる時雨哉 尚白
大根の形よき葉に旭さし 高澤良一 ももすずめ 
大根の托鉢僧がかくれけり 萩原麦草 麦嵐
大根の断面乾きひとり暮し 津田清子 二人称
大根の沈まぬ重さ洗ひをり 今瀬剛一
大根の洗つてあるは怖しき 藤田あけ烏 赤松
大根の洗はれつゝや長さ増す 岸風三樓
大根の清(せい)さん水の流れ見て 高澤良一 随笑 
大根の白さつめたさ刻々暮れ 雅人
大根の白さを風のもたらせし 右城暮石
大根の真只中や親鸞忌 大峯あきら
大根の種にまじりて葱の種 田中冬二 冬霞
大根の穴を出て来し蝗かな 大串章 百鳥 以後
大根の箕に溢れたる重さかな 今泉貞鳳
大根の肩がさむがる山の月 野澤節子 『存身』
大根の肩のいかつく抜かれけり 今泉貞鳳
大根の茎立ち安房の潮曇り 久保田重之
大根の葉にのつてゐる牡丹雪 岸本尚毅 選集「氷」
大根の葉をついばめる孔雀かな 岸本尚毅 選集「氷」
大根の薹を立たせて本の蟲 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
大根の虫がとりきれない旱の畑にゐる シヤツと雑草 栗林一石路
大根の貴賤を問はず堆し 古舘曹人 砂の音
大根の重さを水面よりあげし 今瀬剛一
大根の青き頭や神無月 野村喜舟 小石川
大根の青首がぬと宇陀郡 大石悦子
大根の青首を見て老ゆる日ぞ 木村虹雨
大根の風味やすでに貝割菜 加藤しんじゆ
大根は手が抜けるやう重たさよ 右城暮石 声と声
大根もて次の大根を寄せ洗ふ 島本翫雪
大根も太り亥の子も近づきし 三栖 ひさゑ
大根やにはかに細き院の径 古舘曹人 砂の音
大根や古来芸術中毒することあり 橋本夢道 無礼なる妻
大根や非情のものゝ肥えふとり 尾崎迷堂 孤輪
大根をかけて野川はやせにけり 加藤かけい
大根をかついで母のまえをゆく 坂田 玲子
大根をすぽっと抜いて呉れにけり 内田園生
大根をつるす木の股娶り唄 木村虹雨
大根を下ろして明日は黒ずめり 津沢マサ子 華蝕の海
大根を下ろせば馬はまた畑に 田村了咲
大根を刻む刃物の音つゞく 誓子
大根を台に年神様の燭 影島智子
大根を吊りたる影が殺到す 萩原麦草
大根を抜きたる穴に風渡る 原田青児
大根を抜きたる跡として残る 岸風三樓
大根を抜くたび富士と目が遇ひぬ 森岡正作
大根を抜けば地球が廻るなり 斎藤美規
大根を抱き碧空を見てゆけり 龍太
大根を提げし小角力冬の暮 江藤暁舟
大根を水くしやくしやにして洗ふ 高浜虚子(1874-1959)
大根を洗ひ妻とも滞る 萩原麦草 麦嵐
大根を洗ひ終ればもとの川 太田正三郎
大根を洗ふ地靄の濃かりけり 柴田白葉女
大根を洗ふ手に水従へり 高浜虚子
大根を洗ふ機械か人気なし 高澤良一 素抱 
大根を添へてもたらし亥の子餅 塩崎緑
大根を葉でふらさげて湖渡る 平畑静塔
大根を食ひ整ふ体調も 稲岡長
大根を鷲づかみにし五六本 高浜虚子
大根・蕪その葉も洗ひ死ぬるまで 成田千空 地霊
大根切る音や夜寒の台所 寺田寅彦
大根刻む音のふと止む何思ふ 加藤楸邨
大根台地葉っぱが眩し眩しとも 高澤良一 随笑 
大根吊る荒縄ゆるび岳おろし 加古宗也
大根売る八百屋ありけり中華街 深見けん二
大根室鶏捕る猫の出城かな 菅原師竹句集
大根島牡丹根分けの終りけり 吉野川三郎
大根抜き青空縋るところなし 城野苳雨
大根抜くときのちからを夢の中 飯田龍太
大根持てゆけと木喰寺の僧 茂里正治
大根曳く股間や日本海青し 角田九十九
大根榾ぐらりとゆれし火の粉かな 村上三良
大根榾はこぶもつこをさしになひ 橋本鶏二 年輪
大根洗ひもすみし渓なる涸れやうや 林原耒井 蜩
大根洗ひ客訪れて一休み 木村ヤスエ
大根洗ふや風来て白をみなぎらす 大野林火
大根洗ふ大雑把なる水使ひ 木村滄雨
大根洗ふ山の朝日に横並び 桜井博道 海上
大根洗ふ日和の水のやはらかに 小杉余子
大根洗ふ白さ月日の鮮しく 影島智子
大根洗ふ荒縄の影水に膨れ 近藤一鴻
大根洗ふ葉よりも蒼き峡の淵 野見山朱鳥
大根漬けて来年近く迫りけり 赤木格堂
大根漬けるや黄金白金塩小糠 磯部尺山子
大根漬ける足の指間に塩つまり 大熊輝一
大根畑一枚づつに没日うく 川島彷徨子 榛の木
大根積むやぐいと曳きあぐ馬の面 西山泊雲 泊雲句集
大根穴星座大きく巡りをり 有働 亨
大根細く侘しきことやおでん鍋 中江百合
大根舟にぶき音して舳つく 永田耕一郎 雪明
大根負ふ腰入れ直し荒磯道 稚魚
大根買ふ輪切りにすると決めてをり 波多野爽波 『一筆』
大根鎧へる壁の小窓の障子かな 岩木躑躅
大根馬かなしき前歯見せにけり 川端茅舎(1897-1941)
大根馬日向の虻をさそひけり 川口 哲郎
大根馬菩薩面して眼になみだ 川端茅舎
大風呂の貝ふく迄や大根曳 高井几董
妻ならめ大根ばたけに鍬忘れ 渡辺満峰
宵月のやがて大根の葉に照りぬ 中村草田男
家鴨来て大根洗ひを囲みけり 吉原周東子
寒菊の隣もありや生大根 許六 俳諧撰集「有磯海」
寝不足や大根抜きし穴残る 鈴木六林男
山国の星の刺さりし凍大根 太田土男
山坂の大根の青中学生 中拓夫 愛鷹
岩手富士大根畑に出て近し 遠藤梧逸
川二つ流れ大根洗ひをり 京極杞陽 くくたち上巻
市中や大根船の並びつき 小杉余子 余子句選
幼馴染よ大根畑の案山子さへ 皆川白陀
後ロよりべつたら市の大根かな 野村喜舟 小石川
忌中なり埋め大根を抜きしあと 吉田紫乃
手から歩きだして老いゆく大根負 永田耕一郎 海絣
抜て見れば二股なりし大根哉 寺田寅彦
故郷の大根うまき亥子かな 正岡子規
散らばれる屑大根に秋の霜 鈴木 灰山子
斎膳の大根熱しお取越 内藤蕉雨
日の縁にあがる大根や一むしろ 臥高 俳諧撰集「有磯海」
早池峰に日の没る大根洗ひ去る 伊東宏晃
昼月大根がみなふとつてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
晩年も父欲し大根おろしつつ 岡部六弥太
晴れわたる大根台地に踏み入りて 高澤良一 鳩信 
月雪の野はたしかなり大根時 広瀬惟然
朝の富士大根畠に木の葉浮く 松村蒼石 雪
朝寒や富士を向ふに大根畑 寺田寅彦
朴落葉大根畑に入り拾ふ 茨木和生
村中出稼ぎ大根どんどん太りゆく たまきみのる
松とれて費えのうちの芋大根 石橋秀野
柿を編み大根を編み瞽女ぐらし 西本一都
桃色の舌を出しけり大根馬 池内友次郎 結婚まで
案外に大根は軽く抜けるもの 湯川雅
桜島大根一個一荷なる 鈴木洋々子
森よりも大根畑が高きかな 大橋櫻坡子 雨月
榾の酔さます大根かけにけり 清原枴童 枴童句集
武者ぶりの髭つくりせよ土大根 蕪村
死ぬことを忘れゐたると大根抜く 関森勝夫
死の使ひ大根畑抜けゆけり 加倉井秋を
気の済むまで大根洗ひ山神講 宮慶一郎
水さつとほとばしり出ぬ新大根 西山泊雲 泊雲句集
波郷忌の酒の大根膾かな 皆川白陀
洗はれる大根何か叫びしや 鈴木六林男
洗ひ積む大根いづみ溢れをり 及川貞 夕焼
洗ふ娘にまたも大根車著く 舘野翔鶴
洗へば大根いよいよ白し 種田山頭火(1882-1940)
流れゆく大根の葉の早さかな 高浜虚子
浅漬の大根洗ふ月夜哉 俊似
浮かず沈まず大根流る年の暮 川村紫陽
海の日をひねもす浴びて岬大根 木村速子
涅槃図の人参大根なべて哭く 岡田史乃
清滝の茶屋の手摺の大根かな 比叡 野村泊月
渋柿の下や茶畑大根畠 寺田寅彦
湯の町の裏川大根洗ひをり 森田公司
炭の粉の大根に散りし厨かな 内田百間
燈台につゞく一枚大根畑 有働木母寺
玄関にどさと置かれし野大根 きよみ
玉砂利に大根の葉の被されり 中村雅樹
現し世に同行二人大根食ぶ 壷井久子
生馬の身を大根でうづめけり 川端茅舎(1897-1941)
畑なべて大根の島鳶日和 荒井正隆
畑大根皆肩出して月浴びぬ 茅舎
痩馬の背にうづ高き大根かな 寺田寅彦
盆支度漁夫が短かき大根提げ 村上しゆら
目の前でかぶりつきたる大根かな 広瀬惟然
祖谷部落大根畑も急斜面 橋本蝸角
神を見るまで大根を辱しめる 増田まさみ
神送荒れたる宵の土大根 浜田酒堂
禅寺の縄をぬけたる大根かな 石飛如翠
秋ふかき大根畑にひそみつつー雲雀なくなり名もしらぬ川 三好達治 俳句拾遺
秋風のとつくに去つて大根畠 大木あまり 火球
秋風や三方が原の大根畑 井月の句集 井上井月
税三百倍や大根土に太る 右城暮石 声と声
窓が開いてをる大根畑昼深し 瀧井孝作
立山の風の降り来る大根稲架 升田 義次
筑波西風大根洗ひに今日も吹く 土手貴葉子
終りに近きシヨパンや大根さくさく切る 加藤楸邨
網代守大根盗をとがめけり 其角
編集者練馬大根さげ来たる 沢木欣一
羽の国の老はじよつぱり凍大根 白井 爽風
聖護院大根白く提げて来し 猪俣千代子 秘 色
肝心の日は時雨けり大根曳 浜田酒堂
肩つき出す大根の群や生徒の死 藤岡筑邨
肩出して大根青し時雨雲 前田普羅 新訂普羅句集
脊戸畑の二十日大根も秋の膳 滝井孝作 浮寝鳥
荒縄で洗ふ大根真白きまで 冨石三保
菊の後大根の外更になし 芭蕉
菜大根に二百十日の残暑かな 李由 閏 月 月別句集「韻塞」
菜大根の土にくひつく寒哉 乙州
落る日や吹さらされし大根馬 史登
葱大根豚の油も白かりき 会津八一
葱根深大根白菜底曇 石塚友二 光塵
葱畑も大根畑も古戦場 鈴木半風子
蕪大根時羞の奠を具へけり 寺田寅彦
蕪大根漬けて日昏れの酔心地 武居 愛
蕪大根良夜の双葉あげにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
蘿葡(すずしろ)と呼べば大根すらりとす 加藤楸邨
虫幽か大根の葉は地に張りて 岩田昌寿 地の塩
行きくれて大根畑の月夜かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
行く雲の眩し傾斜の大根稲架 羽田 岳水
街道に大根洗ふ大盥 富安風生
襟巻を炎やして大根曳きにけり 萩原麦草 麦嵐
親もかうしてしなびらかせし大根かも 冬の土宮林菫哉
谷住や大根提げて馬屋出づ 村上しゆら
谷底へ帰る人々大根負ひ 福田蓼汀 山火
豪雨やむ大根畠にほふなり 蒼石
貧厨の大根膾十三夜 田中冬二 俳句拾遺
踏むは踏み大根漬の雲衲等 河野静雲 閻魔
身にしみて大根からし秋の風 芭蕉
身をのせて桜島大根切りにけり 朝倉和江
農大生に貰ひし大根提げ戻る 樋笠文
道くさの草にはおもし大根かな 千代尼
野の宮のわかれからびて大根かな 巣兆
野の池や大根あらへる今日の波 水原秋櫻子
野分して牛蒡大根のうまさ哉 正岡子規
鉢巻や手拭古き大根曳 准南
長安大根もらはれてゆく年の暮 原田喬
雁木まではみ出し八百屋大根積む 榎本栄子
雄ぢからでおろす大根や辛し辛し 橋本榮治 越在
雪より掘り大根の肌真白な 金箱戈止夫
雪嶺のこぞりて迫る大根漬け 駒形白露女
雲衲に曳かれて大根馬やさし 河野静雲 閻魔
霜のつくほり大根を貰ひけり 松瀬青々
青つむり寄せ合ひ作務の大根漬 合田丁字路
青首大根畑にそろひ恋ごころ 柿本多映
頤(おとがひ)を大根台地の風掠め 高澤良一 鳩信 
風の日も妻の執心大根洗ふ 相馬遷子 山国
餅切るや刃を大根にしめらせて 福田甲子雄
馬鹿でも何でも景気よくしこしこ大根漬けては踏み漬けては踏み 橋本夢道 無禮なる妻抄
驟雨あり大根台地の地味肥やす 高澤良一 ももすずめ 
鬣を振ひやまずよ大根馬 高浜虚子
鵯のあと山鳩とんで大根村 岡井省二
麦まくや大根首をのばしたり 冬の土宮林菫哉
だいこんの三浦は雨の稲運ぶ 木村蕪城 寒泉
妻が提ぐすずな・すずしろ一つ籠 猿橋統流子
蘿葡(すずしろ)と呼べば大根すらりとす 加藤楸邨
伊東若冲  野菜涅槃図
二股のすずしろ涅槃し給へる  高澤良一  ぱらりとせ
葉先まで綺麗に蘿蔔(すずしろ)黄葉して  高澤良一  ぱらりとせ
大根畑西風(にし)に雀の顔細め  高澤良一  石鏡
大根下ろし辛しと老いの舌曲る  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-11-29 00:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

柊の花

柊の花

例句を挙げる。

ひま~に散る柊の花細か 石黒不老坊
十三夜柊の花香り出す 吉見春子
口漱ぐ花柊のちかくかな 中田剛 珠樹以後
向ひ合せて机を置いて花柊 長谷川かな女 花寂び
大き日が柊の花染めて落つ 和田祥子
宇佐八幡出づるに匂ふ花柊 松崎鉄之介
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏 椿花集
思惟きらきらと柊の花こぼつ 伊丹さち子
抓みあげたる柊の花熱し 山西雅子
書斎あり柊の花は夜匂ふ 今井つる女
朝降りの納屋閉ざす花柊に 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
柊の花から白くこぼれ落つ 中村草田男
柊の花こぼれゐる下駄履かな 飴山實 辛酉小雪
柊の花つめたさよ今朝の冬 温亭句集 篠原温亭
柊の花と思へど夕まぐれ 富安風生
柊の花どこにも帰りたくはなし 小池文子
柊の花なんぞ見て寒かりき 今井杏太郎
柊の花にかぶせて茶巾干す 阿部みどり女 笹鳴
柊の花にはいからさんとやら 松田貞男
柊の花にもびびと翅音する 後藤夜半 底紅
柊の花に何喰む神の鶏 久米正雄 返り花
柊の花に明け行く霜夜かな ぶん村 霜 月 月別句集「韻塞」
柊の花に晴れたりクリスマス 柑子句集 籾山柑子
柊の花に落暉のとどまらず 吉岡 宏
柊の花に雨風終りけり 岸田稚魚
柊の花のこぼるる幾夜かな 稲垣晩童
柊の花のこぼれしあともなし 中岡毅雄
柊の花のこぼれや四十雀 浪化
柊の花のこぼれを人知らず 上村占魚 球磨
柊の花のしぐれに兄は病めり 冬の土宮林菫哉
柊の花のともしき深みどり 松本たかし
柊の花の上の霜や神の留守 松瀬青々
柊の花の下なる夜の土 石田勝彦 秋興
柊の花の匂ひを月日過ぐ 野澤節子 遠い橋
柊の花の富ならず貧ならず 赤羽 岳王
柊の花の英霊還りませ 萩原麦草 麦嵐
柊の花の香とある安息日 広瀬ひろし
柊の花の香に闇深みたる 平賀扶人
柊の花の香よりも弱き日が 西本一都 景色
柊の花は絲引き落つるもの 伊藤柏翠
柊の花ひらく日の神わたし 岡本松浜 白菊
柊の花も蕾も銀の粒 橋爪巨籟
柊の花一本の香かな 高野素十
柊の花人知れず人知れず 田畑美穂女
柊の花多ければ喜びぬ 中村草田男
柊の花散りをりぬ咲きをりぬ 青柳志解樹
柊の花最小をこころざす 藤田湘子
柊の花柊の葉を雨洗ふ 石川桂郎 高蘆
柊の花音もなく海は夜に 村田脩
母がりや花柊の現はれて 岸田稚魚 筍流し
父とありし日の短かさよ花柊 野澤節子 花 季
白毛布チカ~柊の花に干す 久米正雄 返り花
稚児行列柊の花こぼしゆく 甲斐ゆき子
花柊「無き世」を「無き我」歩く音 中村草田男
花柊こころ誰にも覗かせず 山田瑞子
花柊ささ濁る風ウェディングベル 尾田明子
花柊つつましかりし母の生 吉村正
花柊の白昏れのこる夕あかり彼の世からわれは覗かれゐたる 引野収
花柊もとより語り尽せざる 西村和子 かりそめならず
花柊ドイツ髭文字教わりし 林 壮俊
花柊先生ひとり病ましめて(清瀬) 岸田稚魚 『筍流し』
花柊徒食のあかりまた灯す 鳥居おさむ
花柊息ととのへて布裁てり 林敬子
花柊散る静かさの水屋窓 石川桂郎 高蘆
花柊日ざしは藍をまじへそむ 石田いづみ
花柊暮れどきの馬なつかしや 大峯あきら
花柊朝に残れる雨少し 松崎鉄之介
花柊父子にひとり言が増え 宮津昭彦
花柊痛み無きとき我も無し 正木浩一
花柊農四代の香を放つ 平田マサ子
花柊野良着に小さき身八つ口 川島千枝
荒神を花柊の辺に拝む 長谷川かな女 花 季
葉はふれず花柊の香には触れ 稲畑汀子
虹立ちて柊の花散るいはかがみ 小林碧郎
車椅子寄せてつみ折る柊の花 野村喜舟
軟膏たっぷり花柊の黄昏や 中北綾子
雌伏何時まで柊の花こぼす 藤田柊車
黙の庭花柊は香をこぼし 中岡利子
ひひらぎの花のさだかに十三夜 高木石子
ひひらぎ咲けりてのひらに愛みちみちて 八幡城太郎
大江山柊(ひひらぎ)しげる世なりけり 越前-ゆき 俳諧撰集玉藻集
歴史は暗しひひらぎの花白し 篠崎圭介
花ひひらぎ寝顔死顔にはあらず 野澤節子 遠い橋
花ひひらぎ昏れそめて雲冷ゆるなり 太田 蓁樹
製パンの白き背の人雨ひいらぎ 古沢太穂
さう言はれれば柊咲いている 阿波野青畝
今朝みれば柊咲いてをりにけり 高澤良一 さざなみやっこ 
嘆息のびつしり白き柊咲く 加倉井秋を 『武蔵野抄』
妻も老い柊咲くと囁ける 加倉井秋を
柊咲き妻にも小さき詩ごゝろ 那須 乙郎
柊咲くあとはこぼるるより他なく 加倉井秋を
粥すくう匙の眩しく柊咲く 長谷川かな女 花 季
柊の小出しに咲ける角の家  高澤良一 さざなみやつこ
柊が咲いて四五日ほど経つか  高澤良一 さざなみやつこ
柊のこゑにならざるこゑ交す  高澤良一 さざなみやつこ
柊の人目にふれぬ零れ方  高澤良一 さざなみやつこ
柊の徒ならぬ花の数  高澤良一 宿好
柊の潰えし花の埃じみ  高澤良一 宿好
柊や人を評すに言葉搖れ  高澤良一 随笑
柊の銀漢なせる葉叢中  高澤良一 石鏡
肌身には感ぜぬ余震柊に  高澤良一 石鏡
柊は気が付く前に散ってゐる  高澤良一 石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-11-28 00:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

木の葉髪

木の葉髪

例句を挙げる。

いつぱいに開かぬ抽斗木の葉髪 宮坂静生 雹
うつくしき言葉のひとつ木の葉髪 野澤節子 『駿河蘭』
うつむけば櫛の落ちたる木の葉髪 高橋淡路女 梶の葉
うらぶれや櫛に嵩増す木の葉髪 竹下しづの女 [はやて]
きのふ書にけふ盆栽に木の葉髪 山内星水
その生涯入坑採鑛木の葉髪 及川貞 夕焼
どうせすぐ風に乱るる木の葉髪 稲畑汀子
どんみりと金粉ふえて木の葉髪 加藤郁乎
ひと嫌ひいよいよ嵩じ木の葉髪 富岡掬池路
ほのぼのと酔って来りぬ木の葉髪 久保田万太郎
またの世やをとこのための木の葉髪 小島千架子
みなわれのもの病床の木の葉髪 辻田克巳
ものごしの松風聴ける木の葉髪 松村蒼石 雁
わが枕には山姥の木の葉髪 品川鈴子
上司吾を叱らずなりぬ木の葉髪 関戸靖子
亡夫の忌に揃はぬ子等や木の葉髪 野村つる
人の櫛つかひにくしや木の葉髪 下村梅子
人の言気にしてゐては木の葉髪 高澤良一 随笑 
今日逢はむ人に躊躇ふ木の葉髪 長屋せい子
何につけただただ一途木の葉髪 深見けん二 日月
何をしても上手にならず木の葉髪 下村梅子
何見るとなく木の葉髪瀬に映す 殿村莵絲子 遠い橋
余技の税あまりに重し木の葉髪 村山古郷
働いてをればしあはせ木の葉髪 東ふみ
僧形にかたち似てくる木の葉髪 平井照敏
六人の子を育てたる木の葉髪 鈴木洋々子
出稼のいつまで続く木の葉髪 菅原野火男
厄まけのことしうたてや木の葉髪 増田龍雨 龍雨句集
原因はストレスと言ふ木の葉髪 徳永茂代
同じことくり返し~木の葉髪 高浜年尾
君も僕も五十歩百歩木の葉髪 桜井 薫
吾が齢まざと鏡に木の葉髪 菖蒲あや あ や
命のごと拾ひぬ母の木の葉髪 大木あまり
地上とは数ならざるや木の葉髪 寺山修司 花粉航海
地上とは比喩ならざるや木の葉髪 斎藤愼爾 冬の智慧 以後
夕方の鏡は嫌ひ木の葉髪 白石峰子
太きかな師の体臭と木の葉髪 西東三鬼
夫の家系に教師の多し木の葉髪 伊藤京子
妻となり母となり木の葉髪となる 西島麥南
妻泣かす罪ふりかむり木の葉髪 石塚友二
存分に海見し夜の木の葉髪 中村明子
完治とは言へぬ退院木の葉髪 薦田伸子
寄りきほふ朝机にぞ木の葉髪 皆吉爽雨 泉声
尚曲げぬ志あり木の葉髪 大久保橙青
屋根裏の望遠鏡と木の葉髪 三谷昭 獣身
年老いし父母をもつ身の木の葉髪 百合山羽公 故園
幸うすきにんじん色の木の葉髪 池内友次郎
幸福なドラマにも泣き木の葉髪 毛塚静枝
御幸あり旦木の葉髪梳かんかな 長谷川かな女 雨 月
心迷ふ時のながさよ木の葉髪 白岩 三郎
念入れて結ひし痺や木の葉髪 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
思ひつき子供つぽくて木の葉髪 西本一都 景色
悪濤ながく見て来ぬ木の葉髪白し 中戸川朝人 残心
悲しみを泣けねば吹かる木の葉髪 加藤知世子 黄 炎
情こはきうたは妖艶木の葉髪 飯田蛇笏 雪峡
愚かさの歳つもりけり木の葉髪 小林康治 四季貧窮
我とても眠さは同じ木の葉髪 星野立子
我は良き父たりしかや木の葉髪 山本歩禅
拾ひてもひろうてもわが木の葉髪 荒井 書子
指に纏きいづれも黒き木の葉髪 橋本多佳子
捨つるため指にきりきり木の葉髪 稲垣きくの 黄 瀬
掌のつめたかりけり木の葉髪 加藤楸邨
採血の針見ぬやうに木の葉髪 高澤良一 宿好 
散髪の分け方問はる木の葉髪 高澤良一 随笑 
文芸に一世をかけし木の葉髪 上林暁(1902-80)
新しき櫛の歯にあり木の葉髪 高浜虚子
旅づかれ木の葉髪にも及びけり 山本久栄
旅ゆくは二夜とさだめ木の葉髪 松村蒼石 雁
旅癖の小膝はらふや木の葉髪 小林康治 玄霜
旧約の聖書の中の木の葉髪 長田等
星の夜や睡りて殖やす木の葉髪 三嶋 隆英
昨なにを食べし夫ぞ木の葉髪 大石悦子 聞香
晩成の大器といはれ木の葉髪 坂本たけ乃
木の葉髪あぢさゐ枯れて姿あり 松村蒼石 雪
木の葉髪あはれつくせるわかれかな 加藤楸邨
木の葉髪いきいきとして妬心あり 小林康治 『叢林』
木の葉髪いそぎて捨つる誰か来る 山口波津女 良人
木の葉髪いつか身に添ふ旅鞄 黒田杏子
木の葉髪うたひ歎くやをとこらも 三橋鷹女
木の葉髪うらぶれたるに似たるもの 島田みつ子
木の葉髪うれしかなしと過ぎて来し 下村梅子
木の葉髪おのれのよるべおのれこそ 近藤一鴻
木の葉髪かたみに過去を修飾し 馬場移公子
木の葉髪かつては妻も教師たりし 森田峠 避暑散歩
木の葉髪こころの奥に風の立ち 鷲谷七菜子
木の葉髪こころの渇き眼に出でて 那須 乙郎
木の葉髪しづかに斜視の人なりし 坊城俊樹
木の葉髪せめて眸は明らかに 西島麦南
木の葉髪そろそろ気になる前立腺 高澤良一 宿好 
木の葉髪ちりちり灼いて狂ひ出す 三橋鷹女
木の葉髪とどのつまりは年経たり 高澤良一 随笑 
木の葉髪どの星恃みてみごもりし 平井さち子 完流
木の葉髪ひともと全き丈に降る 赤松子
木の葉髪ひるまず生きてひとに燃ゆ 稲垣きくの 牡 丹
木の葉髪ふるさと遠く住む身かな 村山古郷
木の葉髪ほどけばピンの五六本 高橋淡路女 梶の葉
木の葉髪みほとけ父は善知識 大橋敦子 手 鞠
木の葉髪もうやり直しきかぬ日々 後藤綾子
木の葉髪もとより無神論者たり 西村和子 窓
木の葉髪わが反骨は痩せざりや 林翔
木の葉髪をとこまさりと云ふは嘘 福永鳴風
木の葉髪一生を賭けしなにもなし 西島麦南
木の葉髪一身洗ひざらしなり 井沢正江 湖の伝説
木の葉髪並べて眠りいそがるか 清水基吉 寒蕭々
木の葉髪二合に満たぬ米を磨ぐ 猿山木魂
木の葉髪二日逢はずの児を抱きて 今泉貞鳳
木の葉髪仰向けになにもかもなげだす 榎本冬一郎 眼光
木の葉髪何か一途に通し来て 下村ひろし
木の葉髪佛間を通るたび拾ふ 関戸靖子
木の葉髪切なくも蛾の生きゐたり 松村蒼石 雁
木の葉髪含羞の爪剪りゐたり 松村蒼石 雁
木の葉髪埠頭の暗き潮に捨つ 小林康治 玄霜
木の葉髪夢にも母を歎かすや 大網信行
木の葉髪大きな櫛を前髪に 星野立子
木の葉髪天賦の才もなきままに 小林康治 『叢林』
木の葉髪夫に先立つ死を願ふ 赤松[ケイ]子
木の葉髪妻居てけふも本を読む 高澤良一 宿好 
木の葉髪妻愛読のサザエさん 高澤良一 ぱらりとせ 
木の葉髪子の一語より夢を生む 塩谷はつ枝
木の葉髪小さく束ねて過去失くす 毛塚静枝
木の葉髪巨船音なく通り過ぐ 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
木の葉髪帽子の中にしまひけり 上野章子
木の葉髪帽干すつぽりかぶりもす 高木晴子 花 季
木の葉髪幸うすきにんじん色の髪 池内友次郎 結婚まで
木の葉髪念力ゆるみては病むか 小林康治 四季貧窮
木の葉髪恋の嘆きの酒下げ来 清水基吉 寒蕭々
木の葉髪愚に職にやつれをり 小林康治 四季貧窮
木の葉髪掻いて訴ふ忘れ物 高澤良一 宿好 
木の葉髪教師手汚すこと知らず 藤岡筑邨
木の葉髪散らして病めり人の妻 石塚友二 光塵
木の葉髪文芸ながく欺きぬ 中村草田男
木の葉髪旅より戻り来りけり 石田波郷
木の葉髪日あたるところにて逢わむ 寺山修司 花粉航海
木の葉髪時のながれに溺れむや 久保田万太郎 流寓抄
木の葉髪書けば書くほど失えり 寺山修司
木の葉髪月をそびらにものを言ふ 柴田白葉女 遠い橋
木の葉髪染めて恃める何もなし 川井玉枝
木の葉髪梳きても還らざるみたま 桑田青虎
木の葉髪梳きて為すことなしとせず 下村梅子
木の葉髪梳きて異郷にありにけり 依田明倫
木の葉髪梳りつゝ恋しけれ 星野立子
木の葉髪母に糸屑つき易し 宮坂静生 雹
木の葉髪汝も妻子養ふや 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
木の葉髪泣くがいやさにわらひけり 久保田万太郎 流寓抄
木の葉髪海風しろくなりにけり 佐野まもる 海郷
木の葉髪火に散り落ちぬ闇を見る 成田千空 地霊
木の葉髪無職の名刺刷り上がる 高柳重信(1923-83)
木の葉髪琴が襖を洩れゐたり 佐野まもる
木の葉髪生きる仕合せ不仕合せ 三輪フミ子
木の葉髪生涯木偶の足使ふ 稲荷島人
木の葉髪痩身いづくまで痩する 相馬遷子 雪嶺
木の葉髪白きにもはやおどろかず 皆吉爽雨
木の葉髪目にうかぶ友みな若き 相馬遷子 雪嶺
木の葉髪直に畳に眠りけり 榎本冬一郎 眼光
木の葉髪眉間に強き刺戟欲し 田川飛旅子 花文字
木の葉髪眠り頽るゝ昼ありて 石塚友二 光塵
木の葉髪祓ひくれたる猿田彦 北見さとる
木の葉髪空の真澄に日を置きて 斎藤玄
木の葉髪背き育つ子なほ愛す 大野林火
木の葉髪落としぬ父母の仏飯に 冨田みのる
木の葉髪視力が落ちて硬き本 高澤良一 ぱらりとせ 
木の葉髪解放されしごと夜来 田川飛旅子 花文字
木の葉髪諾否ふんぎりつかぬまま 高澤良一 ぱらりとせ 
木の葉髪身ぐるみ脱いで心電図 高澤良一 寒暑 
木の葉髪過ぎし月日は病み通し 稲垣きくの 黄 瀬
木の葉髪過ぎる日あれば来る日あり 丸山しげる
木の葉髪過去はうしろに捨てるもの 森川光郎
木の葉髪酔ひて睡りし机かな 草間時彦 櫻山
木の葉髪雨とめて夜の菜果買ふ 宮武寒々 朱卓
木の葉髪雨の二日となりにけり 岡本眸
木の葉髪青天玉のごとくにて 谷野予志
木の葉髪風交の袖かへしても 小林康治 玄霜
木の葉髪齢の不惑はすでに超ゆ 稲垣きくの 黄 瀬
木の葉髪齢を枷に又楯に 塚本久子
梳きこぼすうしろは知らず木の葉髪 皆吉爽雨
櫛のごと魚の骨あり木の葉髪 大熊輝一 土の香
櫛の歯をこぼれてかなし木の葉髪 高浜虚子
正直で通す一生木の葉髪 川崎克
歳月は人を隔てし木の葉髪 本岡 歌子
火の国の女よわれは木の葉髪 下村梅子
無駄骨をおる事嫌ひ木の葉髪 高澤良一 随笑 
独身を誇りに婦長木の葉髪 辻口静夫
猫と棲み昨日にまさる木の葉髪 鳥居美智子
生涯の家こそよけれ木の葉髪 西本一都 景色
生涯をさゝげて悔いず木の葉髪 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
生返事たしかめらるゝ木の葉髪 高澤良一 宿好 
産月の石鹸につく木の葉髪 鷹羽狩行 誕生
病み勝つて日々木の葉髪木の葉髪 橋本多佳子
病む夫のわれに手渡す木の葉髪 山口波津女 良人
白孔雀白鮮かな木の葉髪 山口誓子
白髪さへいまは大事に木の葉髪 高田美恵女
看とりする我が生涯や木の葉髪 松本つや女
看護りつゝつい疎かに木の葉髪 高濱年尾
眦を引きつり梳ける木の葉髪 小松原芳静
紅きものもみ裏ばかり木の葉髪 高橋淡路女 淡路女百句
縄跳びの端をもたされ木の葉髪 長谷川双魚 『ひとつとや』
老斑の華にふれ落つ木の葉髪 百合山羽公
聞きすがるあめの産声木の葉髪 赤松[ケイ]子
聞き流すことも覚えて木の葉髪 吉川康子
荒海を見てきしのみに木の葉髪 福永耕二
落莫と拾ひておのが木の葉髪 馬場移公子
記憶もどかししごきて捨つる木の葉髪 千代田葛彦
買ひ替へし鏡眩しき木の葉髪 山田節子
身の奥に山姥きざす木の葉髪 渡辺恭子
身を鎧ふ才覚はなし木の葉髪 石原八束(1919-98)
透き彫の図案未し木の葉髪 永田市平
長女すでに母とはなりぬ木の葉髪 大橋越央子
長姉吾に父母の絆や木の葉髪 大橋敦子 手 鞠
長生きのうしろめたさや木の葉髪 吉田ひで女
隠れ生きて口の中まで木の葉髪 齋藤愼爾
鞄のもの毎日同じ木の葉髪 富安風生
飲食の淡くなりけり木の葉髪 石野冬青
黙契の三弟子木の葉髪古りつ 清水基吉 寒蕭々
木葉髪拾ひ外来患者のわれ  高澤良一  さざなみやつこ
きな臭きものには倚らず木の葉髪  高澤良一  随笑
横文字を車中に拡げ木の葉髪  高澤良一  石鏡
先生になかなか呼ばれぬ木の葉髪  高澤良一  石鏡
木の葉髪刈られ仕上げに耳の毛も  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-11-27 00:59 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

一つ火

一つ火

 《神奈川県藤沢市の遊行寺で、十一月十八日~二十八日まで行われる勤行で、別時とは長時の対話で、特別の時期に念仏行を修する意味。十八日より毎朝勤行を行い、二十四日より別時念仏修行、二十七日には、一山の灯火を消し、火打ち石による採火が行われる。これが「遊行の一つ火」である》(『角川俳句大歳時記(冬)』より)

一遍の遊行を今に伝える時宗のこの行事について、栗田勇は『一遍上人 旅の思索者』で、次のようにその「一つ火」の厳粛さを述べている。

《浄土の灯、大光灯をつける報土役も、宙空の灯をうつ後灯役も、二度の打ち火は許されず、ただひと打ちで失敗した場合は、編笠一つを餞別に、即刻、退山を命じられたという。そのため、打ち火のまえに予め最後の暇の十念を受けるため、小書院に退くのである。山中や田野で、一団から放逐されることが、直ちに死を意味したことは想像に難くない。一つ火には必死の想いがこめられている》(栗田勇 『一遍上人 旅の思索者』より)


例句を挙げる。
 
 
まひあがりたる一つ火は恋蛍 原裕 正午
一つ火のしめしたる香の通りをり 中戸川朝人 尋声
一つ火の一会と思ふ小豆粥 北澤瑞史
一つ火の僧座尼座の燿へる 山西雅子
一つ火の再びの火の冴ゆるかな 西村和子 窓
一つ火の宙に座れる寒さかな 原裕 正午
一つ火の念佛までの残る虫 中戸川朝人 星辰
一つ火の息災なりしあづき粥 原裕
一つ火の息災なりし小豆粥 原 裕
一つ火の果ててまたたく海の星 原田しずえ
一つ火の無明の刻のしじまかな 西村和子 窓
一つ火の照らす父母なき膝頭 岩淵喜代子 朝の椅子
一つ火の用意のともし丈揃ふ 西村和子 窓
一つ火の闇の重さにしはぶけり 津野美都江 『ひなげし』
一つ火や捧ぐる燭に顔泛べ 中戸川朝人 星辰
一つ火や満堂の闇まだ醒めず 鈴木貞雄
一つ火をあつかふ袖に火色溜め 西村和子 窓
一つ火を待つ梟と息合はせ 北村仁子
一つ火を待つ百畳の冷え膝に 鈴木貞雄
一ツ火に白道濡れむばかりなり 高澤良一 ねずみのこまくら
上人と一つ火桶に初句会 原田浜人
切り火よりほとけのこゑや滅灯会 中戸川朝人 尋声
御滅灯のくらやみ動く僧の影 野崎ゆり香
御滅燈この世の果ての雪明り 沢木欣一
満堂の闇のゆらぎて一つ火生る 鈴木貞雄
滅灯会しはぶきに闇動きけり 内藤恵子
滅灯会青竹で酌む般若湯 吉川信子
滅燈会枯葉の精も加はれる 高澤良一 ねずみのこまくら
狐鳴き風呂の一つ火そそのかす 坂巻純子
甘酒に六腑の在り処滅燈会 高澤良一 ねずみのこまくら
白道の左右より咳御滅燈 高澤良一 ねずみのこまくら
蝙蝠に一つ火くらし羅生門 芥川龍之介
重ね着て一つ火の粥すすりけり 石鍋みさ代
清浄光寺、一ツ火
 綿蟲を割つて総本山に入る  高澤良一  ねずみのこまくら
わらわらと白息称名起りけり  高澤良一  ねずみのこまくら
引声念仏畳めつぽう冷ゆるかな  高澤良一  ねずみのこまくら
 
以上
by 575fudemakase | 2014-11-27 00:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯葉

枯葉

例句を挙げる。

ああ枯葉五体投地の志 下村槐太
いちじくの枯葉が乗つて僧の下駄 井上雪
うす霜に枯葉かさねて葡萄かな 西村公鳳
からからと吹かるゝ枯葉蓮根掘る 梅島 婦美
からからと走る枯葉も焚かれけり 小坂優美子
からたちの棘の挟める一枯葉 高澤良一 ぱらりとせ 
ことごとく不安枯葉は音たてて 小林康治 『虚實』
さまざまな枯葉踏み来し靴を脱ぐ 神長裕子
しがみ付く岸の根笹の枯葉かな 素牛 俳諧撰集「藤の実」
すぐに火にしたくて拾ふ杉枯葉 甲田鐘一路
その中のひとつの枯葉画布にあり 永井たえこ
それぞれに枯葉被きし破れ傘 鈴木 弘
つきさゝる枯葉一枚枝の先 高浜虚子
ねだられて妻が枯葉に句をしるす 横山白虹
まんさくの枯葉落さず咲きにけり 長崎小夜子
みみづくの枯葉となりて睡りをり 内山亜川
むせぶとも蘆の枯葉の燃しさり 曾良
むら雨に枯葉をふるふささげかな 飯田蛇笏 山廬集
りんだうや枯葉がちなる花咲きぬ 蕪 村
わがいのち枯葉に与へそれでよし 平井照敏
アカシヤの枯葉ふるひつ明け易き 佐野青陽人 天の川
シャツ赤く来しが枯葉に鞭鳴らす 篠田悌二郎
セーターに枯葉一片旅さむし 加藤楸邨
チエホフを観て帰るさや楡枯葉 小池文子 巴里蕭条
ハプスブルクの四輪馬車に枯葉舞ふ 仙田洋子 雲は王冠
ベツドまで枯葉四十年生きつめて 斎藤愼爾 秋庭歌
マントをひろげて土に返る前の枯葉をみんな抱きしめたい 槙弥生子
一ひらの枯葉に雪のくぼみをり 高野素十
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一枚の枯葉に触るる風の音 稲畑汀子
一枚の枯葉の軽さ風かはし 石山佇牛
一枚の枯葉オーヘンリー通り 加藤耕子
一葉づつ一葉づつ雨の枯葉かな 八幡城太郎
乗込鮒枯葉藻屑をかきわけて 沢木欣一
亜浪忌や燃えぬ枯葉を燻らして 中村笙川
今落ちし枯葉や水にそり返り 星野立子
傷口も半年を経て枯葉いろ 高澤良一 鳩信 
冬ざれや雨にぬれたる枯葉竹 荷風
凩や枯葉する~と馳り出す 寺田寅彦
凩や枯葉の走る塔の屋根 寺田寅彦
初秋の竹の枯葉や竹の垣 古白遺稿 藤野古白
初雪や真葛の枯葉降りつたふ 青蘿
刻む石磨かるゝ石枯葉照り 長谷川双魚 風形
北口の空の広さや枯葉飛ぶ 白井爽風
南無枯葉一枚の地にひざまづく 佐藤鬼房 朝の日
南無枯葉一枚の空暮れ残り 佐藤鬼房
吹落す杉の枯葉や雪の上 比叡 野村泊月
吾に殉ず枯葉のごとき妹の手 後藤綾子
喪に居れば廂のうらの枯葉見ゆ 佐野良太 樫
地の枯葉枝の枯葉に飛びかかる 白岩 三郎
堕ちるとき枯葉に眼開きおる 森田智子
夕照にひらつく磯の枯葉哉 去来
夕眺め枯葉ひとつら寒さ呼ぶ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夜の枯葉薄氷を聞くほどに過ぐ 対馬康子 吾亦紅
失ひし音を探してゐる枯葉 夏井いつき
子雀のよにまろび来る枯葉かな 木歩句集 富田木歩
定まらぬ枯葉の行方追はずとも 稲畑汀子
少年ら枯葉のスープ作るらし 本田ひとみ
山桑の枯葉を噛めば日暮見ゆ 佐藤鬼房
山毛欅枯葉山の日差しに背を丸め 高澤良一 燕音 
峙つや枯葉の中の鷹の鳥 斎藤玄 雁道
川底の枯葉ふたたび流れだす 山西雅子
年寄の手をもみはじむポポー枯葉 和知喜八 同齢
幾つもの死がありてとぶ枯葉栗鼠 和知喜八 同齢
引出しに常に聖書と厚い枯葉 対馬康子 愛国
役終へて枯葉の土に帰する色 山下美典
手術待つ土が枯葉を待つやうに 岸秋渓子
捨石や下駄の枯葉の庭の霜 曲言 選集「板東太郎」
掻きわたる枯葉に霜や牛蒡引 斎藤俳小星
擬態かなねむりて枯葉の息をする 新間絢子
日あかるし枯葉とおつる雨にほふ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
日だまりの枯葉いつとき芳しき 石橋秀野
日の縞をちりりりりりと枯葉舞ふ 加藤耕子
日溜りへ飛びきし枯葉白川郷 中西舗土
明慧忌や紅葉の枯れ葉踏み詣づ 大谷句佛
明日は粽難波の枯葉夢なれや 松尾芭蕉
星の杓枯葉の国土汲み汲めり 依田明倫
昼の虫枯葉のごとく母睡り 古賀まり子 緑の野
時雨にはあらず枯葉の走り音 西岡一郎
暮れて聴く枯葉に雨の一葉忌 千代田葛彦
木曽殿に侍して巴の枯葉塚 伊藤滋郎
朴枯葉かさばりおちて流れけり 飯田蛇笏 山廬集
朴枯葉地に全きを掌にしたり 下村ひろし
枯れ葉くるくる都会の好きなつむじ風 岩間民子
枯れ葉捲き上げ寒冷前線通過中 吉本和子
枯葉かく人も枯葉の色に似て 中川宋淵
枯葉しかと小枝にあるや日の冬木 高濱年尾 年尾句集
枯葉つけし桑と薄墨月信濃 古沢太穂
枯葉つけて椢聳えぬ雪の土手 西山泊雲 泊雲句集
枯葉とぶ時は小さな影もとぶ 安藤 尚子
枯葉なんぞの匂ひわが身に日向ぼこ 山上樹実雄
枯葉のため小鳥のために石の椅子 西東三鬼
枯葉の音枕の中に吹き溜る 中尾壽美子
枯葉を鎧う女泉を抱き眠る 八木三日女 落葉期
枯葉払つて竹の高さの冬日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
枯葉揉まるる音澄んで雪原の月 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯葉散るわが身に触れぬままに散る 仙田洋子 橋のあなたに
枯葉散る枯葉に触るる音立てて 坂井建
枯葉朽葉中に銀杏の落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯葉焚く透かし模様の封筒も 小長井和子
枯葉田に飛ぶとき湖の鮮やかに 古舘曹人 能登の蛙
枯葉舞ふかすかな音が地に影し 豊山千蔭
枯葉舞ふ二条陣屋の釣瓶かな 田阪 笑子
枯葉走れる正門のほか門いくつ 高柳重信
枯葉越し冷やかに道行く人ぞ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯葉踏む否漕ぐ深さ宿場跡 林 翔
枯葉踏む落人墓に標なき 大森三保子
枯葉鳴るくぬ木林の月夜かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯葉鳴る湖へ十歩の塩の道 武井夜里子
枯葉鳴る静かさに居りお元日 臼田亞浪 定本亜浪句集
栗枯葉反り切つて落つわさび田ヘ 細見綾子 黄 炎
椎の実や枯葉の中の水たまり 蘇山人俳句集 羅蘇山人
欅枯葉ためて眩ゆき阿*吽像 河野南畦 湖の森
母と同じ軌跡は櫛につく枯葉 平木智恵子
母なる地窪に枯葉を眠らせて 林翔 和紙
水の上を枯葉のはしる念仏かな 藤田あけ烏 赤松
水無月の枯葉相つぐ梧桐かな 石鼎
水馬枯葉かかえて遡る 正岡子規
満月へ枯葉の昇る一葉忌 林翔 和紙
滅燈会枯葉の精も加はれる・・・清浄光寺一ツ火 高澤良一 ねずみのこまくら 
火の染めし枯葉に終の匂ひかな 櫛原希伊子
炭斗に菊の枯葉のこぼれけり 金尾梅の門 古志の歌
焚かんとす枯葉にまじる霰哉 夏目漱石 明治三十一年
燭台に枯葉とまるや蚤の市 小池文子 巴里蕭条
爆音やおもひつめたる目に枯葉 加藤秋邨 火の記憶
父は枯葉母は落葉の海を来し 吉田透思朗
物をいふ風の枯葉を顧る 高浜虚子
白き蔓白き枯葉の烏瓜 後藤夜半 底紅
着地する瞬間枯葉踊りたる 稲畑広太郎
磔柱より街流れくる枯葉の掌 安井浩司 青年経
秋雨や杉の枯葉をくべる音 夏目漱石 明治三十二年
秋風に柿の枯葉がまろぶかな 内田百間
空母浮き枯葉ばかりが音たてる 柿本多映
絵硝子の外は枯葉のしきり降る 丹羽好岳
老松の枯葉を誘ふ凍つよし 前田普羅 飛騨紬
胸中に枯葉降らせる高英男 高澤良一 さざなみやっこ 
自然薯の枯葉を金に山日濃し 上條勝
自身誰重さ放さず枯葉在り 永田耕衣 闌位
舞ふ枯葉うけとめし手を日にさらす 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
舞ふ枯葉見つくさず逝くモンタンか 橋本榮治 麦生
色かへぬ松をあはれむ枯葉哉 正岡子規
芭蕉葉にちりたまりたる枯葉かな 西山泊雲 泊雲句集
花ちりしあとの枯葉や墓椿 飯田蛇笏 山廬集
草の芽の枯葉に尖り出でしかな 温亭句集 篠原温亭
萩黄葉しぬ枯葉しぬ落葉しぬ 後藤夜半
葭きりが鳴く高葭の枯葉かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
蓮枯葉敷きて憩へり蓮根掘 安藤恵美子
薄き舌のスラヴ通訳塩吹く枯葉 寺田京子 日の鷹
蟷螂の色枯れ深し枯葉へ飛ぶ 林原耒井 蜩
襟筋に何の枯れ葉か舞ひ落ちぬ 田中冬二 麦ほこり
足尾銅山枯葉に重さありにけり 渡辺恭子
足跡や枯葉の霜の飛越石 露言 選集「板東太郎」
野天風呂楢の枯葉の月夜なり 太田鴻村 穂国
野鳩はただ一羽にて枯葉のぬくみ貪る 梅林句屑 喜谷六花
金の矢のごと落葉松の枯葉降る 伊藤柏翠
鉄色の蕗の枯葉と蕗の薹 永井龍男
降り積めば枯葉も心温もらす 鈴木真砂女
陽まみれ枯葉うけとめしわが鉄格子 八木三日女 落葉期
雑木林に面白く枯葉浮びけり 高濱年尾 年尾句集
霞網枯葉を抱いてわすれられ 永瀬美恵子
露座仏に下生の影す枯葉浴び 殿村莵絲子 牡 丹
頬白のひとりごと くぬぎは いつまでも枯葉 吉岡禅寺洞
風うけて蘆の枯葉や流れ行く 立子
風つよき夜々の柏の枯葉かな 根岸善雄
風に鳴る桑の枯葉の径もせに 軽部烏帽子 [しどみ]の花
風の音日の音枯葉ささやける 藤原たかを
風の音枯葉の音にふりむきし 田中 起美恵
高燈籠枯葉と共に卸しけり 古白遺稿 藤野古白
魔除団扇に枯葉一枚捧げられ 久保田月鈴子
蝙蝠のやうに下りて枯るゝ葉あり  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-11-27 00:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

季語別鈴木鷹夫句集

季語別鈴木鷹夫句集
2007・2・5 ふらんす堂

ザッと好みの句を拾った。(春夏秋冬新年の順)

▼春
吾が英語通じて春の目玉焼
日に一度朝来て春の生卵
こやつ孫ちんぼこ直立して春ぞ
美酒(うまざけ)や春の屏風のいろは歌
夜汽車にも春は曙顔洗ふ
春や遅々蔵人はいま湯気まみれ
孵るかと膳の卵を見る春よ
酢の香して二月の白き割烹着
日と水の一景に春立ちにけり
春昼の振って音する伊勢みやげ
春昼の櫛に絡まるもの哀れ
欲しきものに脇息家来春の昼
らふそくの炎の芯にある春の暮
鉛筆の4Bこれは暖かし
新幹線ゆっくり発車さくら冷え
獺(かはうそ)にルビ振ってをり目借時
ワープロにはるゆくと打ち春逝きぬ
酒飲みに朧おぼろと歩みゆく
朧夜の鼾廊下に出てをりぬ
春風の松を讃へて伊予にをり
柳から始まってゐる春の風
春の雪見てゐる人を見てゐたり
春の雪止んで舞妓の通りけり
われを消す霞と思ひ歩み行く
龍太尋ねて春の山春の川
まさかりを担いでみたき春の山
スリッパで春の山脈見てゐたる
鞄より覗く傘の柄山笑ふ
ハモニカがあれば今吹く春の磯
彼岸潮白浮かび来て海女となる
逃水の逃げの一手の東海道
栃木県那須郡大字雪解村
薄氷に雀の降りてやや沈む
姉の死に叔父が泣くなり花菜漬
壺焼やかなしき唄を海女芸者
選句済んだらと鶯餅ふたつ
うぶごゑを待つや草餅桜餅
鎌倉の雨のにほひの桜餅
野火けむり貧乏寺に及びけり
落柿舎を睡らす畦の燻り火
苗札にへちまと書きてほほゑみぬ
*えりに目を細め真から湖北人
踏青や心はすこし先歩み
花筵巻くころの風川よりす
遊行とは夜桜に鳴る吉野川
誰が突く黄泉平坂紙風船
ちちははが見ゆ全速の風車
あの槙が夕暮れるまで石鹸玉
石鹸玉ひと吹十三七つほど
鯉は鬚ふって哭きけり涅槃変
涅槃図に後ずさりしてやがて去る
隣り合ふ青年の息涅槃図絵
すれ違ふ微風のやうに遍路人
貝の砂椀に残れり法然忌
見てゐたる山も暮れたり西行忌
今も重き蒲団を好む宗易忌
土瓶より番茶たらたら大石忌
虚子の忌の伊予が近づく波の上
起つときの脚の段取り孕鹿
蟇出でてかくかくしかじかと言へり
手足出る蝌蚪が痒がる壜の中
蝌蚪泳ぐ一枚二枚千枚田
蝌蚪泳ぐ傍の蝌蚪動かして
桜湯のかすかな塩気百千鳥
はうたうが箸をすべりぬ遠鶯
鳥帰る数を仰ぎぬ十日町
囀の水に映れる湖北かな
囀や乾して黒帯二三本
杖に顎のせて雀の恋見をり
傍らの出刃に写りぬ桜鯛
酔ひすでに三葉散らせる白魚汁
一刀に腹(わた)ざうざうと彼岸河豚
花烏賊の腸抜く白足袋のをんな
波崩れくづれてたひら桜貝
花札の月のまんまる田螺鳴く
栞紐垂らして眠る蝶の昼
蜂の巣に近づいてゆく眼に力
梅一分弔辞の終りさやうなら
伊予は梅散りをり濤の音の中
梅咲いて古着屋がまた古びけり
紅梅白梅風の祭と思ひけり
鎌倉やおちつばきまたおちつばき
浮きたさを怺ふ風船さくら濃し
玄関の開いて閉って夕桜
折鶴を畳にさくら月夜かな
薄まりて海に映れる桜かな
青梅線さくらの中に駅のあり
夕桜やがて夜汽車となる窓に
滝はいま神を宿せり朝桜
花了る家の二階の燈がくらし
檻の鶴歩む東京の花終り
鈍行のなかなか発たぬ花の駅
花に鳥わが風詠のいま旺ん
花満ちて鴉が熱し上野山
白川郷燕が睦み花が咲き
蛤の汁のあつあつ花吹雪
花吹雪浴びて討たるる思ひせり
花散ってをり家があり橋があり
篝火の火の粉と落花睦むなり
懐古とは花散ってゐる信濃かな
一つ一つ開いて百の辛夷かな
しばらくは心の遠出リラの夜
髯剃って傷めし頬へ藤明り
藤棚の下老人の溜まりくる
一矢射て二の矢を番ふ濃山吹
桃咲いてめまひの如き川面の日
鶏鳴はすぐに潤みぬ桃の花
手話の愛は胸に手を置く桃の花
玄関に置く木刀とシクラメン
作務衣着て下駄はいてさて葱坊主
茎立や法師の息の酒臭き
根が紅きこと恥かしきはうれん草
山葵田も観せて一村山葵売る
若草にハンカチ敷けば正午なり
俳諧のまことの如く萩青し
少女より貰ふ土筆は手紙のやう
ハンカチに土筆ひと束曇りけり
指組めば指が湿りぬ桜草
せりなづなごぎやうはこべら眠くなる
薄紙に載せ羞じらひの蕗のたう
峰渡る風神が見ゆ蕗の薹
杭打つ音遅れて届く真菰の芽

▼夏
夏めきて畳拭く妻髪梳く母
血の味を少年が言ふ麦の秋
炎昼のしきりにこぼす松の塵
緋の鯉に鴉恋ひして夏旺ん
櫛買ひて得たる涼しき京言葉
涼しさは沖に寝てゐる佐渡島
肘なでて夏過ぎゆくと老詩人
大患を年譜に入るる夜の秋
梅雨空や鳰くぐりてもくぐりても
基督を漫画で説きぬ雲の峰
物置に父の錆鋸あをあらし
蛍光燈に一本の紐梅雨の昼
かもめーる五通の濡れて来る雷雨
ひっそりと粥を煮てゐる日の盛り
瀧しぶきセーラー服の一団に
妻の声ばかりのひと日更衣
昭和の子供と生れて老いぬ更衣
羅やけむりの如く鯉集め
その女人うすものにして憤る
面目はをみなにもあり白上布
白日傘巨船静かに動き出す
追伸に漬梅のこと叔母のこと
糊効きし袖より腕あらひ鯛
灯の映るものの多くて夏料理
茶房より鴎見てゐるアイスティー
氷いちご駆落ちめきし二人かな
菖蒲酒母胎を出でて七十年
ベンチみな噴水に向く平和かな
賢兄は戦死愚弟は籠枕
竹夫人背中へ廻る夜明かな
釣具屋の魚拓にとどく蚊遣香
書の銘は三船十段蚊遣香
衝立や香水の香をその陰に
暑気払ひなどともとより異存なし
貨車ぬいて海が見え出す冷房車
三日ほど一人にされし冷蔵庫
かかる日や風鈴鳴らず人も来ず
走馬燈覗きて鼻のあたたまる
本郷菊坂打水の端流れ出す
商ふは鎧に刀水打てり
田草取ひとり沈めば一人浮く
己が足ときどき見えて箱眼鏡
いく度も墓地を照らせる花火かな
畳に帯曳きずって巻く金魚玉
半玉の見てゐる雨や金魚鉢
洗濯機の前で裸になってをり
昼寝より覚めて魚の絵を描く子
「昔をとこありけり」吾は夏痩せぬ
菖蒲湯の吾を待ちゐる白肌着
帯巻くとからだ廻しぬ祭笛
祭笛小指立ちたるとき高音
市電の中を風ぬけ葵まつり過ぐ
雲やがて雨落しくる茅の輪かな
薪割の薪のとんだる夏行かな
信長忌浴衣の裾に足二本
雨蛙鳴くに応へてゐる男
一憂や黙しゐること蟇以上
驚いて青大将をよろこばす
つくづくとしみじみと汝は羽抜鶏
一弾のあとの硝煙ほととぎす
郭公が朝のこゑ張り牛が百
郭公や手打ち蕎麦とは待たさるる
揺れてゐる浮巣の中の卵二個
逸り鵜の手綱は月に鳴りにけり
点したる電球にほふ鮎の宿
ピラニアの餌の金魚のよく泳ぐ
金魚田を歩くにこにこして来たり
熱帯魚の皆さんけふは雨ですよ
八本は未確認なり章魚の足
帰り支度了へたる者は水母見て
揚羽来て水飲む聖母幼稚園
闇に水飲んで蛍の出を待ちぬ
天道虫飛立つ母に呼ばれしか
一匹となりてくっきり水馬
浮世絵に蝿とまりゐる川料理
蚊柱に猫が片手を入れにけり
*ぼうふらが蚊になるころの九品仏
ががんぼの足のもやもや午前二時
この蟻に蟻の列もう遙かなり
老師曰く百足虫の足は百以上
百足虫樹を登るときどき下を見て
今生は手足を我慢かたつむり
牡丹見る人それぞれの日暮かな
折檻に似て緋牡丹を雨が打つ
茶が熱し牡丹の上を朝雀
鎌倉や紫陽花に毬とび込みし
青葉若葉増長天に火の匂ひ
鶏舎(とや)に餌が入る騒ぎや花卯木
桐の花咲いて六合村(くにむら)字小雨(こあめ)
白菖蒲剪ってしぶきの如き闇
閉園の菖蒲の上に二番星
山寺に筍を炊く火が真っ赤
蕗に雨釜石線のとある駅
真桑瓜眠くなったら寝る暮し
夏蓬湖に雨降る降らせおく
鴨足草ふはふは咲いて世阿弥論
耳痒きほどの人声藻が咲きぬ

▼秋
山の地図に三人額寄せて秋
相席に湯豆腐が来る嵯峨野の秋
木の洞に手を入れ秋は暖かき
海は静かに陸(くが)と接しぬ秋初め
泥鰌屋に厄日の炭火熾んなり
十月の襖開けば海があり
一礁に鵜の一羽づつ秋の暮
点滴と同色秋の日暮空
夜が長し雨音続きゐて長し
冷やかに鎖骨を越ゆるネックレス
冷まじや遺影を借りる役廻り
にはとりのこっここっこと冬隣
砂丘秋色あれは乳房(ちちぶさ)ここは臍(ほぞ)
菊日和猫がわづかなものを吐く
仏飯の湯気を二階へ秋日和
秋日和歩いて行けば祭あり
夜も胸に瀧落ちてをり秋のこゑ
秋空がまだ濡れてゐる水彩画
秋天の鳶も加勢の浦祭
葛の四谷風の赤坂月上げし
猫が嚔月がとっても蒼いから
だんまりの客ゐてつひに雨月かな
秋風や俎すべる鯉の肝
台風が南に二つ目玉焼
轟きて名も荒川の秋の雷
走り根のはしり急なり稲光
よく歩きよく立止る露の道
刈田雀に祭花火の二三発
御陀佛の鯉や鯰や秋出水
衣被きれいな顔が奥の席
さっきより浮かぬ顔あり衣被
汁が目に一つはねたる走り蕎麦
刃を入れて水少し吐く新豆腐
新米の礼状を書くふつかよひ
箸は二本骨揚げも栗飯も
割箸の折れてしまへり茸飯
不景気を真砂女が言ひぬ土瓶蒸
男とは佳けれ出雲のあらばしり
どぶろくや炉に八人の膝頭
どぶろくに喉ひくひくと応へけり
濁酒廊下の端に灯が一つ
狐かもしれぬ女と温め酒
秋団扇茶殻が少し付いてをり
買はず帰る廻燈籠の絵は覚え
障子貼り了へ謹慎の気分せり
明王の忿怒を前に火を恋ふる
もう空が応へてくれぬ捨案山子
撃たるるは旅人ばかり鳥威し
鳥威し祝砲と聞き敬老会
籾殻焼く烟の中を西へ行く
鈴木某(なにがし)方々にをり豊の秋
藁灰の芯のくれなゐ北近江
鯊船の厠の下は隅田川
菊人形武士の匂ふはあはれなり
式次第ありて始る芋煮会
老人の秋思とは死を想ふこと
蝉遠く耳鳴りに似る終戦日
虚子に小諸われに秩父の終戦日
島へ飛ぶ飛行機小さき文化の日
迫り来る佞武多を睨み返しけり
かの世より父来る盆の帽子掛
はや次の白波見ゆる迎へ盆
苧殻火の中程撥ねて父のこゑ
踊り止む人の手足のまだ揺れて
踊子のほてりが過ぎぬ杉の闇
擦り傷の癒らぬままに秋祭
蛇すべて穴に入りたる因幡かな
蛇穴に入るとき舌を納めけり
白湯吹いて冷ます彼方を渡り鳥
小鳥来る頃の茶房の窓の席
小鳥来てをり何時からか何処からか
鵙日和速達の赤きりおとす
雁の空病者が肌着替ふるとき
子の家の空巣騒ぎも雁のころ
外出が殖ゆ東京に鴨が来て
草に置く落鮎の息二つ三つ
クルーズの鱸のペッパー風味かな
南無阿弥陀仏鯊より針をはづす時
口開けし鯊の絶命鯊日和
いい顔の秋刀魚に柚子を絞りけり
秋蝉やああ弟が襁褓して
箸とめてああ蜩が鳴いてゐる
筆の穂を噛めば日暮の法師蝉
捺印の力抜くとき法師蝉
法師蝉日蓮太鼓いま無音
行燈に「鍵や」めつぽふ虫の声(酒亭 鍵や)
米に水ひたひた虫が鳴いてゐる
彫る男彫らるる女虫のこゑ
こほろぎや生年月日いく度書く
こほろぎに停電下谷三丁目
フロントへ鍵松虫を聴きに行く
口中に蝗の脚のいつまでも
わらわらと蟷螂月に飛びにけり
蟷螂の貌に近づく猫の顔
蓑虫を真似て眼つむる風の中
芋虫の見るな見るなと急ぐなり
鏡掛はらりと落し木槿消す
雨は地を流れてやまぬ椿の実
仏壇に坐らぬ柿は父の柿
柿食へば波郷のことや子規のこと
豆柿の枝照る下を身延線
葡萄洗ふほどよき力水にあり
栗を出て考へてゐる栗の虫
棗の実老婆となりて母永し
大欠伸して気づきたる青棗
金柑や妻の風邪ごゑ三日目へ
老僧の嚔くわりんに届きけり
按摩機の百円切れて紅葉山
湯の縁に眼鏡を置いて紅葉山
上人の仰せにも似て桐一葉
木の実独楽老眼鏡を飛び出せる
水中をさらに落ちゆく木の実かな
雑巾堅く絞る朝顔紺と白
朝顔に三軒先のくさめかな
鶏頭に日の当りゐる弔辞かな
日が雲を温めてをり秋桜
近くまで来たのでと言ふ秋桜
尿意いよいよ金賞の菊の前
菊畑のラジオが報ず正午かな
残菊や首叩きつつ男来る
秋茄子にこみあげる紺ありにけり
二合ほど零余子で飲めば曇りけり
貝割菜日蔭へ向ふ水ばかり
目礼の距離はかりをり貝割菜
手をこする癖の始まる唐辛子
居酒屋の谷中生姜と更けにけり
夕刊が日を載せて来る草の花
草の花窯場に妻を置忘れ
傘を開けば港隠るる草の花
息吸って吐くこと冥加草の花
疲れ溜まれば穂絮を見たし旅したし
草々にやくかいな実の付いてをり
末枯の滝壺を水めった打ち
日暮来し萩の戸を出て向島
水は過ぎ萩はとどまる真昼かな
暮れ際を大事に芒暮れにけり
草鞋履く気分芒の宿を発つ
芒活け机いささか文士めく
めでたさは尼僧の放屁葛の花
空堀に人ゐて曼珠沙華日和
水櫛はをとこもすなる沢桔梗
帽に挿す水引の紅これも旅
竜胆を壺に挿しまだ濡手なり
八方に友得て蓼の花ざかり
思ひ出の中に日の差す烏瓜
松茸の椀のつつつと動きけり

▼冬
齢に色あれば白とよ母の冬
冬に逝く夕焼ばかり描きし画家
大和冬柿歩いても歩いても青空
千代紙の裏のしらじら冬永し
神集ひ来て大山に雨降らす
飴ひとつづつ暖冬の母とわれ
糸屑を師がとりくれし冬暖か
序の幕の稲荷が赤し十二月
乗ってみたきものに師走の消防車
逝く年の高窓拭きが唄こぼす
おんおんと年が逝くなり隅田川
風音や大つごもりへあと一夜(ひとよ)
大年の眼下に蒼し日向灘
畳屋が突然に死ぬ寒九かな
釣堀に囲ふ冬日は飼ふごとし
何処からが晩年甘納豆と冬日
コーンスープに高度一万米の冬日
日のつまることの例へば上野駅
土鈴買ふ信濃の寒き夕焼に
白足袋を箪笥が銜へゐる寒さ
色鯉の一つが離れゆく寒さ
肌着替へ寒さとはかく鮮らしき
野馬の糞またぎて寒し都井岬
鍋釜に水張って夜が凍りだす
廃船のわづか軋むは凍らぬため
春待つは妻の帰宅を待つごとし
冬麗のカレーライスの水の味
あるときの雀の美顔冬日和
ともしびが泣いてゐるなり遠凩
木枯のけふが暮れたる鯛の骨
辻神の供米へ比叡颪かな
時雨聞く二条の城の切符売り
われの忌と思ふ浅草時雨かな
喪服脱ぐ妻とわが黙雪の暮
雪の日の仏壇へ水運ぶ母
鉛筆の芯折れ急に雪見たし
その時の妻に葱の香雪降れり
風花は空の音楽妻と聞く
風花に松一本のゆめうつつ
小鳥屋は餌ばかり売れて冬霞
梅干の種口中にふゆがすみ
中り矢のふるへの止る冬霞
冬夕焼頬杖をもうはづさねば
燈があれば彼方がありぬ枯野行
寒の水飲む瞬きを女の子
子が彼を連れて来る日の初氷
初氷そのまま日暮来てゐたり
凍滝に微醺の息を慎めり
ジャンパーを椅子の背に掛け六十五
北風の匂ひもすこし干蒲団
膝掛の千鳥格子に啼かれけり
ちゃんちゃんこ着れば彼の世を母歩む
冬帽のひさしに入れて遠き鳰
焼藷屋来て去るまでを厠かな
鯛焼の十(とを)は重たし温かし
搗きたての餅の横にて少し眠る
水餅は冷たからうと焙りをり
骨酒の燗熱ければ舌鳴りぬ
熱燗や二時間前は阿弥陀堂
いつの世も月は一つや燗熱し
鰭酒の喉通るとき夕日見ゆ
鴨すきの後の雑談みだらなり
鴨鍋や下戸のひとりが湖を見て
闇汁をはっと点してしまひけり
闇汁の案内の墨痕淋漓たり
二階より素足降り来る桜鍋
猪鍋のガス管脇を通りけり
鮟鱇鍋はこぶ畳の鳴りにけり
風呂吹を二つに割りて湯気ふやす
湯豆腐の湯気やんでをり老後なり
湯豆腐に湯加減訊いてをりにけり
煮凝は魚の泪の味したり
桃太郎の晩年知らず冬ごもり
雪吊の縄を燃やして噎せてをり
雪吊に烏の止まるところかな
灯を消して月光を知る白障子
屏風絵の雁の山河に薄日差す
古屏風の金泥淑気はた寒気
炭を足す女将の袂われに触る
炭俵一つ暮色の中に立つ
鴎見て原稿書いて置炬燵
軽四輪榾大積みにしてきたる
湯婆抱き二階へみしりみしりかな
切干を湯に戻すこの不易かな
猟銃の重くてすぐに返しけり
漉上る紙より雫法師かな
よく爆ぜる焚火の他は風ばかり
焚火離る誰にともなく会釈して
寒柝の一つが変な音をせり
遠火事や喪中のはがき書き疲れ
探梅の熱くてならぬ紙コップ
探梅や岩にこつこつ茹卵
探梅のわれを見つけてくれし梅
眼はすでに牡蠣鍋にあり箸を割る
雪礫松に当れば松にほふ
書斎点しこの風邪早く癒さねば
障子締まる音して後の母の咳
咳ぶきて浄めの膳といふ時間
嚔して俳壇諸氏の中にをり
御僧の水洟鼻を離れたる
数万の白息神へ向ひをり
懐手ときし拳が樹に当る
年越すに力は要らず懐手
日向ぼこ二つの眼にて何見やう
見にゆかな彦根の城の煤払ひ
煤逃げの伊豆に二泊の波の音
忘年や酔のうしろの真の闇
唄一つ己に聞かす年忘
鍵束のひかりを投げて冬休
顔見世の風の四条となりにけり
羽子板の訊いてしまひし値段かな
古井戸の蓋のずれをり神の留守
踏台の上で爪立つ神の留守
北風吹けば烏賊が焦げるぞ夜祭は
婆の頭の五十ゆらゆら十夜寺
妻一人子ふたりそして除夜の鐘
束子の水切ってそろそろ除夜の鐘
寒行の草鞋の五指の開ききり
金串の熱さもメリークリスマス
鉄瓶の湯気の生真面目翁の忌
亜浪忌の老眼鏡をことと置く
池袋から西武に乗って波郷の忌
一昨日の波郷忌の傘そのままに
彼方なる火事のもも色近松忌
何となく火桶に寄りぬ草城忌
鷹流れ流れやまざる怒濤かな
しろがねの双羽を杳(よう)と冬の鳥
笹鳴のちらちら赤き経机
ネクタイの黒が集ひぬ寒雀
浮寝鳥しばらく吾も流されぬ
尿意ほのと浮寝鳥数へゐる
浮寝鳥宇治十帖を夢見るや
雨に見し鴨の青頸夜も想ふ
鴨の声真似て淋しくなりにけり
鴨を見て夜は稚魚さんを偲ぶ会
念仏のごとき声出す陸(くが)の鴨
鳰くぐる間をなめらかに京言葉
日向から日陰へ鳰のこゑ寒し
手鏡にもの言ふ女鳰のこゑ
凍鶴に失禁のことありにけり
凍鶴の影伸びてをり檻の外
上野発白鳥行きのきっぷかな
文芸とは飲むことなりし鰤大根
鮟鱇を照らし鰯に届かぬ燈
鮟鱇がそろそろ旬の夜風かな
吊されし鮟鱇何か着せてやれ
寒鯉に濡れし手を拭く新聞紙
冬の蝶能登金剛を墜(お)ちてゆく
徳利より徳利へふはと冬の蝿
眉の辺を綿虫の過ぐ陶器市
綿虫を払ってをりぬ角力取
綿虫を見送る終曲のやうに
唇舐めて口笛試す返り花
喪主われを見つむ眼の数寒椿
侘助を植ゑて晩年用新居
山茶花に顔を洗へば朝がある
バスの扉が開いて山茶花停留所
飲食のすめばもの書く花八つ手
ポインセチア置いて毎日惹かれをり
故芙蓉一番奥へ喪服しまふ
保津川は紅葉散らしに下(くだ)る下る
落葉焚く烟愉しきことを待つ
先生の墓の落葉を聞きに来し
見上げれば落葉うつむけば自分
霜枯の崖見て朝の蒸しタオル
水仙の一輪といふ美学かな
水仙は一本が佳しまして予後
表札の「鷹夫」へ菊を焚く烟
枯蓮を見る三越の袋提げ
泥葱の泥が廊下に日暮れをり
後は水に委ねて枯るる芦と萱
枯葎日も簡潔を極めけり
土擦って門ひらかれぬ石蕗の花
わなわなと老の手が過ぐ竜の玉

▼新年
鶺鴒をひかりが追ひぬ年新た
初春や酒吸ってゐる箸袋
一月三日菜の花の此処賢島
人日やふところの手が腹を掻く
初日燦と太平洋の水の量
城にさす鳶の影にも淑気かな
盃の鶴のゆらゆら屠蘇の酔
快晴の餅腹で行く日本橋
風音を伊賀に聞きをり松飾
餅花の下を天麩羅そば通る
菊坂に息切らしゐる御慶かな
津々からも浦々からも年賀状
初読はホテルの聖書かもめどり
わが前の柳眉怖ろし歌留多取
松阪は日当る町よ羽根の音
羽子板の助六の眼の血ばしりぬ
空席に破魔矢を寝かせ湖西線
破魔矢受く今年も酔うてゐたりけり
ひと蹴りに衣ずれ一つ初蹴鞠
まねごとの七日粥はた姫始
七種を七十回のめでたけれ
白朮火や突当るみな善男女
初雀三つ三ノ輪の浄閑寺
初島に遊んでをれば昭和果つ
笹舟を畳に置けば畳が川

以上
by 575fudemakase | 2014-11-26 12:56 | 句集評など | Trackback | Comments(0)

冬紅葉

冬紅葉

例句を挙げる。

いち日の旅いち日の冬紅葉 宇咲冬男
うしほ照り冬もみぢして岬あり 及川貞 榧の實
うたかたの間に古稀となり冬紅葉 清原 花子
かなわないものを重ねて冬紅葉 二村典子
くぼまりに蘆刈りをるや冬もみぢ 木津 柳芽
くらがりへ覚める水音冬紅葉 板橋美智代
さむざむとしかはあれども冬紅葉 富安風生
たましいのひとつが透けて冬紅葉 津根元 潮
ちぎれては雲の数ふゆ冬紅葉 大岳水一路
としごろの娘の懐手冬紅葉 後藤夜半
なお燃ゆる色を尽して冬紅葉 稲畑汀子
なきがらや言葉のやうに冬紅葉 中山純子
なほ燃ゆる色を尽して冬紅葉 稲畑汀子 汀子第二句集
ぬるき湯に長湯してをり冬紅葉 有働亨
ふた七日なほ紅たもつ冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
ほとりあふ湯の神湯元冬もみぢ 皆吉爽雨 泉声
もえながらまばらとなりぬ冬紅葉 原石鼎 花影以後
一すじの道冬紅葉濃かりけり 及川貞 夕焼
一と日づつ一と日づつ冬紅葉かな 後藤比奈夫 花びら柚子
一の鳥居からが遠くて冬紅葉 矢野典子
一人にも動くゴンドラ冬紅葉 岡田順子
一人居る茶屋の手摺や冬紅葉 野村泊月
一切経炎上したる冬紅葉 加倉井秋を
一文字の俗名に添ふ冬紅葉 佐藤美恵子
一日づつ一日づつ冬紅葉かな 後藤比奈夫
一時より豆腐売りだす冬紅葉 龍岡晋
一筆で描ききる滝冬紅葉 橋本榮治 麦生
下リざまに又鐘きくや冬もみぢ 高井几董
中陰の満ちて湖魚焼く冬もみぢ 宮武寒々 朱卓
主婦であり且つこの道や冬紅葉 及川貞 夕焼
人を見て梢離れゆく冬もみぢ 松村蒼石
佗び寂びの極みの朽ちや冬紅葉 林 翔
余生とはかく美しき冬紅葉 高木晴子 花 季
侘びつつも酒の粕焼く冬紅葉 椎本才麿
先生の下駄履いてみる冬紅葉 斉藤夏風
冬もみぢうらを覗けば突き当る 宇都宮滴水
冬もみぢ大ぜい仰ぎ去りしあと 皆吉爽雨
冬もみぢ晩年すでに始るか 安住敦
冬もみぢ湖畔のホテル飼鳥狎るる 宮武寒々 朱卓
冬紅葉あらぬかたより日のさせる 久保田万太郎 流寓抄以後
冬紅葉いろはにほへど水の上 渡辺恭子
冬紅葉およそ夕日になづみけり 松村蒼石 雁
冬紅葉かけす移りて色動く 田中英子
冬紅葉かむり放哉とはなれず 青木重行
冬紅葉くらきばかりに鹿匂ふ 田中裕明 花間一壺
冬紅葉ここに坐れと石のかほ 日原傅
冬紅葉しづかに人を歩ましむ 富安風生
冬紅葉すでに落つるはなく濃しや 及川貞
冬紅葉にはかに暮れてしまひけり 清崎敏郎
冬紅葉わが林住期やや長し 橋本薫
冬紅葉一葉一葉と散り惜しむ 細見綾子 存問
冬紅葉俗塵払ふ麓寺 高澤良一 燕音 
冬紅葉倒れんほどに凭りしかな 龍胆 長谷川かな女
冬紅葉冬のひかりをあつめけり 久保田万太郎 流寓抄
冬紅葉夫婦の文字の似ることよ 朝倉和江
冬紅葉宇治平等院日を残し 浅沼澄暎
冬紅葉山にしずまるわが生涯 秋庭俊彦 果樹
冬紅葉山ふところの配所かな 瀧澤伊代次
冬紅葉山門の朱にかよひ見ゆ 皆吉爽雨 泉声
冬紅葉師の忌に逢うてまた別る 大野林火
冬紅葉擁かれつ蹤きつ女の身 石田波郷
冬紅葉散りて数葉雪のうへ 高澤良一 寒暑 
冬紅葉日陰日陰へ水はしり 能村登四郎
冬紅葉木彫の鹿も日を恋へる 堀口星眠 営巣期
冬紅葉気軽に人を宥しけり 鈴木真砂女 夕螢
冬紅葉海の十六夜照りにけり 水原秋櫻子
冬紅葉湖を真下の乳薬師 塩澤美津女
冬紅葉濃し紫になりたるも 平野桑陰
冬紅葉照りながらへてさながらに 日野草城
冬紅葉燃えしぶれるも美しく 西本一都 景色
冬紅葉甲斐にのこれる歌の宮 福田蓼汀 山火
冬紅葉甲斐深き山うかびたり 水原秋櫻子
冬紅葉瞬けばまた石の痩 殿村莵絲子
冬紅葉神の燈早くともりけり 高橋淡路女 梶の葉
冬紅葉空を風行く処刑松 大櫛静波
冬紅葉空気銃提げなまけもの 福田蓼汀 山火
冬紅葉糸切つて歯を確かむる 鍵和田釉子
冬紅葉胎内仏の闇を出て 杉原昌子
冬紅葉薫きものあはせして遊ぶ 加藤三七子
冬紅葉見るに散らざり地には敷き 及川貞 夕焼
冬紅葉身の置き処捨て処 曽根新五郎
冬紅葉身軽な旅に出たりけり 鈴木真砂女 生簀籠
冬紅葉長門の国に船着きぬ 山口誓子
冬紅葉雲ふかくゐて暮るるなり 上条筑子
冬紅葉高みを人の歩きをり 清崎敏郎
句碑の背の小松がくれの冬紅葉 高木晴子 花 季
向つ山のこゑよく透る冬紅葉 山田孝浩
坂登り詰めたる色に冬紅葉 江川由紀子
夕方の雨静かなり冬紅葉 高濱年尾
夕映に何の水輪や冬紅葉 渡辺水巴 白日
大仏のうしろに暗き冬紅葉 京極杞陽 くくたち下巻
大仏へ道ひろらなり冬紅葉 有働亨 汐路
大勢の中に我あり冬紅葉 星野立子
大文字山の火種の冬紅葉 徳渕富枝
奥入瀬の一瀑濁り冬もみぢ 松村蒼石 露
好きで来しひとりの京都冬紅葉 石井とし夫
妙味とは蕎麦のことなり冬紅葉 鈴木しげを
寺清浄朝日清浄冬紅葉 高田風人子
尾根移り落ちゆく日あり冬紅葉 島田みつ子
岩山の捧ぐる土の冬紅葉 中島斌男
峰伝ふましらの叫び冬紅葉 中原一樹
幾尾根の冬紅葉抜け奈良山に 稲岡長
庭一歩産ぶ声きけり冬紅葉 長谷川かな女 花寂び
弱まりし日にもときめく冬紅葉 西村和子 かりそめならず
息とめて今日保ちをり冬紅葉 篠田悌二郎
悪法も法ちりちりと冬紅葉 辻田克巳
手庇の中の紅冬紅葉 阿部みどり女 『石蕗』
手話の子の鞄地に置く冬紅葉 阿部寿雄
拝観を許さぬ寺の冬紅葉 西沢破風
散りがてに粧ひがてに冬紅葉 後藤夜半 底紅
日おもてにあればはなやか冬紅葉 日野草城
日の当る山がきまりて冬紅葉 鷲谷七菜子 游影
日は松にはじけて白し冬紅葉 渡邊水巴 富士
日表へ峠越ゆれば冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
木洩日の薄きは淋し冬紅葉 高木晴子 晴居
朱よりもはげしき黄あり冬紅葉 井沢正江 晩蝉
松蔭の教へしところ冬紅葉 高澤良一 宿好 
枝異にして残りをり冬紅葉 高浜年尾
染寺の僧へ文しぬ冬紅葉 赤松[けい]子 白毫
歳月は水にもありて冬紅葉 宮原双馨
水奔りゆくかげくらし冬紅葉 久保田万太郎 流寓抄以後
水源のこゝにはじまる冬紅葉 久本澄子
水音の引き立ててゐる冬紅葉 後藤比奈夫 金泥
沈む日を子に拝ませぬ冬紅葉 長谷川かな女 雨 月
法然院一期の色の冬紅葉 青木重行
法臘は十三にして冬紅葉 瀬戸内寂聴
波郷忌やたまゆら燃ゆる冬紅葉 下村ひろし 西陲集
温泉げむりに橋ほのぬくし冬紅葉 西本一都 景色
狩りぐさに定家かづらの冬紅葉 藤田あけ烏 赤松
生れし家にわれの物なし冬紅葉 高橋富久江
痩空也見し目をぬくめ冬紅葉 加古宗也
相舅の位牌まじはり冬紅葉 鳥居美智子
真向ひて山の明暗冬紅葉 関野八千代
真白き神の餅買ふ冬紅葉 大橋櫻坡子
石人も石獣も冬紅葉中 高浜年尾
石山の石皚々と冬紅葉 高澤良一 燕音 
祗王寺や細枝触れ合ふ冬紅葉 羽部洞然
組曲を弾ず琴あり冬もみぢ 長谷川かな女 花寂び
網のまま鯉を担げり冬紅葉 大岳水一路
美しく老ゆるも死ぬも冬紅葉 松井草一路
自動車と駕と麓に冬紅葉 高浜虚子
舟あれど乗る心なし冬紅葉 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
赤ん坊の頭の上は冬紅葉 岸本尚毅 舜
赤寺は魚板も赤し冬紅葉 福田蓼汀
足るを知る齢いつしか冬紅葉 小林 三郎
辛口の集ひけるかな冬紅葉 齋藤玄 飛雪
遅れつゝ伊豆の山々冬紅葉 白石 時子
遠滝のひかり微塵に冬もみぢ 森藤千鶴
野の時間いまが沸点冬紅葉 藤井冨美子
金網にボールがはまり冬紅葉 川崎展宏
鎌倉のこの谷戸知らず冬紅葉 星野立子
雨浸までひかりながるる冬紅葉 松村蒼石
雪にさへ高尾ゆかりの冬紅葉 高澤良一 寒暑 
霊前の日曜なりし冬紅葉 佐野青陽人 天の川
露の世をともに過ごさん冬紅葉 岩田由美
静なる時も散り来る冬紅葉 高木晴子
音暮れて牛は磨り噛む冬紅葉 中島斌男
須勢理毘売恋せし色か冬紅葉 加藤三七子
飴湯呑む城主の館冬もみぢ 秋山花笠
鮫狩りにゆきたる友や冬紅葉 皆吉司
鯉の背を打つ滝やさし冬紅葉 鈴木真砂女
一荘や冬の紅葉を誰も見ずに 尾崎迷堂 孤輪
日を恋ひて冬の紅葉となりにけり 後藤夜半 底紅
香久山の冬の紅葉は火種ほど 鍵和田[ゆう]子
かなしみも冬の紅葉もあつめ焚く 仙田洋子


以上
by 575fudemakase | 2014-11-26 00:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング