<   2014年 12月 ( 371 )   > この月の画像一覧

年の夜

年の夜

例句を挙げる。

あたたかく人と別るる年の夜 山田みづえ 草譜以後
ひと捻りして年の夜の髪を上ぐ 辻美奈子
みどり児のならぶ産院年の夜 寺西信子
みな居りて湯のわくやうな年の夜 和田耕三郎
古る年の夜月がはなつ四温光 飯田蛇笏 雪峡
埋火のごとき憶ひも年の夜 雪女
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太 涼夜
大鯛の眼かがやく年の夜 麻植悦子
学問の果なきを知り年の夜 山下しげ人
寝袋に年の夜の星みだれなし 小林碧郎
年の夜に引越すはめとなりにけり 川崎桐家
年の夜のしづかなる尾にしたがへり 落合水尾
年の夜のたかむら染むる焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
年の夜のふせて乾かすバケツかな 和田耕三郎
年の夜のものものしさよ古暦 会津八一
年の夜のもの音しげく更けにけり 桜木俊晃
年の夜の吾子に逢はむと鉦を打つ 角川源義 『冬の虹』
年の夜の咳もて何を責めらるる 野澤節子
年の夜の夢に入りたる山の雨 澄雄
年の夜の夫婦余生をききすます 戸村羅生
年の夜の家にしあるは妻一人 石塚友二
年の夜の寝た子の髪へ櫛あてる 福島小蕾
年の夜の尿どうどうと南部馬 伊藤トキノ
年の夜の探照燈の濃かりけり 石田波郷
年の夜の撞木見据ゑし鐘の臍 澤田一餘
年の夜の時計鳴りをり壁一重 凡洋
年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯 太田 蓁樹
年の夜の次の間ともし寝ねにけり 青陽人
年の夜の流れにものを投じけり 金尾梅の門 古志の歌
年の夜の潺湲の音の溝踰ゆる 登四郎
年の夜の狐にかへる狂言師 深谷雄大
年の夜の病妻の灯か貯炭山がくれ 小林康治 玄霜
年の夜の盃一つおかれけり(家人に) 『定本石橋秀野句文集』
年の夜の神燈うつす忘れ潮 荒川遊季
年の夜の聞くに堪へざる鄭聲や 相生垣瓜人
年の夜の蝋の匂ひやお念仏 沢木欣一
年の夜の裏口たたく山年貢 佐野美智
年の夜の襖の花鳥何一啼くや 佐藤惣之助 蛍蝿盧句集
年の夜の足元掃かれ書肆を出づ 白岩 三郎
年の夜の鯛の平らなされかうべ 赤松子
年の夜もあかしがたやら須磨心 上島鬼貫
年の夜やめざめて仰ぐ星ひとつ 石田波郷
年の夜やもの枯れやまぬ風の音 渡邊水巴
年の夜やポストの口のあたたかし 宮坂静生
年の夜や一人で焚る釜の下 吟江
年の夜や人に手足の十ばかり 向井去来
年の夜や吉野見て来た檜笠 杜国
年の夜や君が八千代を風呂の曲 中村史邦
年の夜や夢にも酒の限らるる 石川桂郎 四温
年の夜や妻より古き置時計 岩倉憲吾
年の夜や山水と星ひびきあひ 佐野美智
年の夜や山科までは一里半 素十 (祇園久鶴、橙重氏等と)
年の夜や引きむすびたる繦(さん)守り 広瀬惟然
年の夜や引むすびたる繦(さし)守り 惟然
年の夜や梅を探りに花屋迄 田女
年の夜や焚火のうつる鶏の顔 寛麗
年の夜や無量寿仏と吾と在り 経谷 一二三
年の夜をあたふたと夫逝きにけり 堀恭子
年の夜をしづかに守る産屋かな 阿部慧月
明日のため大年の夜を炭かく音 栗生純夫 科野路
流れての底さへにほふ年の夜ぞ 上島鬼貫
海鳴りの遙けく白し年の夜 角川春樹
煉鉄の火はすゞしけれ年の夜 齋藤玄 飛雪
燗熱くして年の夜を満ち足りし 大西 土水
積雪に月さしわたる年の夜 飯田蛇笏
立てかけてある年の夜の箒かな 稚魚
膝抱いて年の夜の熱き湯なりけり 昌治
行く年の夜の山々押し黙り 上島 幸重
いくたびかあぶるすゞりも年一夜 乙二
月雪や旅寐かさねて年一夜 白雄
年一夜きしりのこさじ日の鼠 服部嵐雪
年の夜を更かす蜜柑の皮積み上げ  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

年越

年越

例句を挙げる。

「永遠の子供」と呼ばれ年越すか 成瀬桜桃子 風色
あをあをと年越す北のうしほかな 飯田龍太
かくてまた父の亡き年移りゆく 大橋敦子 手 鞠
きのふ見し雪嶺を年移りたる 森澄雄 浮鴎
ぎくしゃくとしたまま年を越しにけり 高澤良一 随笑 
くらやみに年を越しゐる牛の息 木附沢麦青
しばらくは藻のごときとき年を越す 森澄雄 鯉素
し残したこと年越してやればよい 高澤良一 随笑 
たつぷりと火種を埋めて年移る 菖蒲あや あ や
ふるさとの出湯に年越し蕎麦すすり 臼田亜浪
ややこしきは皆先送り年を越す 高澤良一 随笑 
わが余生さらに余命へ年越さな 原柯城
ポケットの胡桃鳴らして年を越す 加藤楸邨
メモしたる年越患者回診す 松岡巨籟
一眼の視力頼りに年を越す 吉田満梨女
冷凍の肉の一塊年を越す 池田秀水
嬰のごとくにころがされ年移る 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
宵寝して年越蕎麦に起こさるる 水原秋桜子
常住の闇へ年越し詣かな 恩田侑布子
年を越す星の目くばせありしより 井沢正江 湖の伝説
年を越す火傷切創己が手は 加藤知世子 花寂び
年を越す父の薬の枕辺に 岡本高明
年を越す自信出来しと闘病記 細江大寒
年を越す艀上下に微動して 池田秀水
年を越す鉢の金魚に被せ物 高澤良一 さざなみやっこ 
年移るモンローといふ蘭の花 沢木欣一 往還以後
年移る山々鎧ふもの落とし 館岡沙緻
年移る杉の枝打ちせしままに 岡井省二
年移る闇に大きな朱欒垂れ 森重 昭
年越して立つ枯芒おそろしき 平井照敏
年越しの鐘撞く衆に川漁師 中川志帆
年越すや力こめたるおのが臍 石嶌岳
年越に蕎麦打つ家の習ひかな 伊東牛歩
年越の女中おとしと詣でけり 石田波郷
年越の火屑の袖に暗きもの 古舘曹人 樹下石上
年越の老を囲みて児孫かな 高浜虚子
年越の耳あらふこと残りけり 鍵和田釉子
年越の黒き爪切る百姓女 森 竜南
年越や几の上に母の銭 石田波郷
年越や夜に入るほどに又の燗 小澤碧童 碧童句集
年越や鏡の前の胼ぐすり 皆川白陀
年越蕎麦待てばしきりに救急車 水原秋桜子
庭苔に胞子びつしり年移る 高井北杜
形見分果せず亦も年を越す 重永幽林
思いきり捨てて年越す月の下 落合よう子
押へ押へ焚火の紙屑年越す店 桜井博道 海上
拾はれし仔犬一と吠え年越すよ 百合山羽公 寒雁
木瓜の枝のこんがらかつて年越せり 高澤良一 ももすずめ 
板の間に置きて壜酒年を越す 榎本冬一郎
林檎柿蜜柑年越す一つ籠に 野澤節子 牡 丹
残る柿ながめ年越す観世音 下田稔
母の年越えて蕗煮るうすみどり 綾子
炉の母に年移りゆく榾をつぐ 倉田 紘文
炭窯が火を蔵しゐて年を越す 三好あさ子
無事に年越せしと告ぐる初電話 吉田きみ
猪垣の月光年を越えむとす 千代田葛彦
白鳥座翼張りつめ年を越す 鷹羽狩行
神木に揺れて鬼の子年を越す 茂里正治
綿虫と漂ひ年を越えゐしや 塘柊風
老妻 年越して縫い上げた綿子 これを着よと云う 荻原井泉水
耳掻きの絮毛の煌と年を越す 中嶋秀子
聖書通読詩篇まで来て年を越す 田川飛旅子 『山法師』
脇宮は梯子掛けながし年移る 宮武寒々 朱卓
船宿に年越蕎麦の届きたる 鈴木貞雄
花温室の新月くらみ年うつる 飯田蛇笏
菊枯れしまま年を越し雨にうたれをる シヤツと雑草 栗林一石路
裏窓の涙を溜めて年移る 青野敦子
見なれたるものにも年の移るなり 有泉七種
遺句集の序に苦しみて年を越す 深谷雄大
鈴かけの鈴賑やかに年を越す 田中 南耕
間伐の標を付けて年越す杉 津田清子
霧氷咲く石鎚山に年移りをり 吉野義子
風の向きに伏し枯草の年移る 鈴木六林男
餅焼きて年越し行務の肩ほぐす 河野南畦 『焼灼後』
魂抜けし炭団法師と年越せり 高澤良一 ももすずめ 
黒豆が箸から逃げる年越す夜 三浦ふみ
一病と年の関越す膝栗毛  高澤良一  ももすずめ

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

年惜しむ

年惜しむ

例句を挙げる。

あつまりてとどのつまりは年惜しむ 長谷川双魚 『ひとつとや』
うす霧に苑の朝凪ぎ年惜しむ 飯田蛇笏 雪峡
この画展巴里の絵多し年惜しむ 岩崎照子
しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ 飯田蛇笏 霊芝
たれかれに便り書かばや年惜む 石橋秀野
どこみても空青き年惜みけり 久保田万太郎 流寓抄
まこと一病息災なりし年惜む 久永雁水荘
ものを焼く煙の行方年惜しむ 平手むつ子
ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄 空艪
わが遊び月雪花と年惜しむ 下村梅子
三日月の浪隠るまで年惜む 佐野まもる 海郷
乱帙をわがうべなひて年惜しむ 岩崎照子
人人に年惜めやと鼓打つ 松本たかし
傀儡にも母ありて年惜しみけり 有馬朗人 天為
凍花映ゆ鏡の罅に年惜しむ 飯田蛇笏 霊芝
地下鉄は詩作工房年惜しむ 皆吉司
塗ためて年惜しむなり船の底 中条明
大正のミシンを踏みて年惜しむ 北見さとる
大海の端踏んで年惜しみけり 石田勝彦 秋興
山会に青邨と泣き年惜む 深川正一郎
師の門に月星明し年惜しむ 及川貞 夕焼
年をしむ蝋燭の香に氷雨ふる 飯田蛇笏 春蘭
年惜しむその日の空の曇るごと 上村占魚 鮎
年惜しむともなく蒲団敷きにけり 中島月笠 月笠句集
年惜しむひとりに墳墓あたたかく 石原舟月
年惜しむ偃(のいふ)すことの宵惑ひ 深谷雄大
年惜しむ傘寿来よとか寄せじとか 皆吉爽雨
年惜しむ共に旅せし日を刻み 星野椿
年惜しむ古希の坂まで来てしまふ 勝田享子
年惜しむ太陽うつるにはたづみ 阿部みどり女 月下美人
年惜しむ実に幾つとせ餘すらむ 及川貞 夕焼
年惜しむ年齢早見表を見て 須山重信
年惜しむ心うれひに変りけり 高浜虚子
年惜しむ椅子引寄せてカプチーノ 都筑智子
年惜しむ瓦噛みたる鬼瓦 山田みづえ 木語
年惜しむ程のよきことなかりけり 松崎鉄之介
年惜しむ邪鬼いつぱいに目を開き 有馬籌子
年惜しむ高層街の夜の雨 飯田蛇笏 雪峡
年惜む卒寿の世紀惜むなり 浅井青陽子
年惜む即ちいのち惜むなり 上林白草居
年惜む心うれひに変りけり 高浜虚子
年惜む心に雨に耳澄ませ 成瀬正とし
年惜む橋のかなたと此方かな 久保田万太郎 草の丈
年惜む無音を濡らすほどの雨 長谷川かな女 花 季
年惜む酒にがき酒飲むはかな 久保田万太郎 流寓抄
悪しきこと多かりし年を惜しむかな 相馬遷子 山河
手鏡に息吹きかけて年惜しむ 浅井沙衣子
指揮者への拍手に年を惜みけり 森田峠 逆瀬川
楽人のデスマスク掛け年惜しむ 小枝秀穂女
母ませし年を惜しみて余りある 高木晴子 花 季
毛絲編みそこねては編み年惜むか 石川桂郎
沈みては浮きては海鵜年惜しむ 東海林照女
海苔桶に落日燃ゆる年惜しむ 金尾梅の門 古志の歌
深川に小唄幸兵衛と年惜しむ 阿部みどり女
湖を見てきし心年惜しむ 高野素十
炭焼きて孤りが年を惜しまざる 飯田蛇笏 椿花集
炮烙を透かす火色や年惜しむ 永井龍男
点滴をかぞヘベッドに年惜む 片岡片々子
然かなれば然かせしものを年惜む 野島無量子
片づけて机辺ものなし年惜む 中村若沙
牡蠣舟に年惜しみけり太田川 冨田みのる
用なきに野川に来たり年惜しむ 細見綾子
白がねの濤音ばかり年惜しむ 大村フサエ
眼を閉ぢて日記を閉ぢて年惜しむ 中島敏之
矜持なきわが身のほどの年惜しむ 三島敏子
磯に出て年惜まむと灯を提ぐる 佐野まもる 海郷
稿一つ終えて灯下に年惜しむ 大津希水
空欄の多き日記の年惜しむ 遠山 楠翁子
窓あけて年を惜しめば沖に月 佐野まもる 海郷
絵屏風の年惜めよと展く四季 亀井糸游
胸の中まで日の射して年惜む 深見けん二
落日へ並ぶ雑木や年惜しむ 目黒十一
虚子の死や誰彼の死や年惜しむ 成瀬正とし 星月夜
身をもみて泣きし思ひ出年惜しむ 成瀬正とし 星月夜
迅く去れと言ひ禍年を惜しむなり 福田蓼汀
鉄瓶の蓋きりて年惜みけり 久保田万太郎 流寓抄
鐘楼へ短き梯子年惜しむ 立本美知代
障りなく祝終へし年惜しみけり 毛塚静枝
雛離る安らぎもあり年惜しむ 大西和子
離れ住みて一つの年を惜しみけり 上村占魚 球磨
雨だれの大きなたまの年惜む 安住敦
音楽に涙湧きたり年惜む 沢木欣一 赤富士
物価高の一年杉箸割り損ず  高澤良一  燕音

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

大晦日

大晦日

例句を挙げる。

あの枝の光る見にゆく大晦日 如月真菜
くらやみで妻に遇ひにし大晦日 辻田克巳
ふさはしき大年といふ言葉あり 高浜虚子
ふるさとの闇こそしづめ大晦日 飯田蛇笏 雪峡
やゝ早き退院許可や大晦日 谷川紫竹
ろくでなの年にてありし大三十日 富浪夏風
わらづかの点々たりや大晦日 久保田万太郎 流寓抄
オリオンへ向く大年の滑走路 奧坂まや(1950-)
ギター持ち帰郷バス待つ大晦日 近藤勇夫
一刻を残す大年活字撰る 河村良太郎
世を捨てし身の自慢日や大晦日 三千風
事もあらうに大年の鉄斎忌 岡井省二
今日までの今日を雨降る大三十日 臼田亜浪 旅人
仏らと眠る大年の月の下 吉野義子
仲見世に来て大年の月を得し 阿部みどり女 笹鳴
何を焚きても大年の火となれり 辻田克巳
億劫というてはをれず大晦日 板倉松鯉
冬田見てゐしが除日の灯ともりぬ 有働亨 汐路
助番や二十九日の大晦日 ヒコネ-孟什 閏 月 月別句集「韻塞」
去り難し除日の入日見し後も 相生垣瓜人 微茫集
否応も言はさず暮れぬ大三十日 青嵐
塊(くわい)の如く大年の厦(いへ)昏れにけり 赤尾兜子
夕づくを待ちて除日の蘆を見る 相生垣瓜人 微茫集
夕富士や除日の塵を捨てに出て 有働亨 汐路
大いなる雨に除日が濡れそぼつ 相生垣瓜人 微茫集
大三十日とおしつまりたる遊びかな 瀾水
大三十日愚なり元日猶愚也 正岡子規
大年といふ日を風の破るかな 和田耕三郎
大年のうち捨ててある花さまざま 岸本尚毅 舜
大年のこころしづかに雨を聴く 浅井青陽子
大年のざはめき乗せる深夜バス 磯崎美枝
大年のなにふれ歩く大鴉 石田あき子 見舞籠
大年のひるさがりより零(こさめ)など 原石鼎 花影以後
大年のむらさきだちし夕欅 高澤良一 ねずみのこまくら 
大年のゲラ刷にして久女伝 黒田杏子 一木一草
大年の一匹糶の鮟鱇かな 西本一都 景色
大年の上げ潮となりさくら橋 深見けん二
大年の人差し指を深爪す 有馬英子
大年の人浪やたゝら踏み交り 小林康治 四季貧窮
大年の仕事分け合ふ夫と妻 佐藤仲子
大年の何に驚く夜啼鶏 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
大年の前ゆく大根車かな 波多野爽波 鋪道の花
大年の力づけつゝ夫婦かな 滝井孝作 浮寝鳥
大年の午後のゆつたりして来たる 岡本高明
大年の嘘は申さじ今宵ぎり 菊地三寅
大年の墓清めんと声を出す 原裕 青垣
大年の夕日当れる東山 五十嵐播水 播水句集
大年の夕日見にくる奴らなり 夏井いつき
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太 涼夜
大年の大夕焼や観世音 京極杞陽 くくたち下巻
大年の大河のうしろ姿かな 西宮舞
大年の大理石に水そよぎをり 山西雅子
大年の宙つたひ来る海の音 中川宋淵
大年の富士見てくらす隠居かな 池西言水
大年の山の日ぐれとなりにけり寒雷一つ澄みて霽れたり 穂積忠
大年の山河も晴れを賜りし 高橋正子
大年の常にもがもな弥陀如来 川端茅舎
大年の廃品出るわ出るわ出るわ 石塚友二
大年の悔にも似たる芥焚く 加藤知世子 黄 炎
大年の我顔惜む鏡かな 大谷句仏
大年の故郷への汽車に疲れゐる 楠目橙黄子 橙圃
大年の敷藁にほふ夜の厩舎 東 天紅
大年の日かげ歩める銀座かな 清原枴童 枴童句集
大年の日がおちてゆく深さかな 萩原麦草 麦嵐
大年の日が田に遊ぶ比叡山 山上樹実雄
大年の日のいろとどむ櫟山 秋山幹生
大年の日を載せ甍屈託なし 高澤良一 ねずみのこまくら 
大年の日落ち流水尚見ゆる 中村草田男
大年の星の配置のすみし空 藤崎久を
大年の星座くまなく見てねむる 相馬 遷子
大年の暮れゆく雲をあふぎけり 西島麦南 人音
大年の暮色も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草抄
大年の月光つたふ竹箒 嶋田麻紀
大年の本にも倦めば何とせう 高澤良一 宿好 
大年の机上さながら海漂ふ 松澤昭 安曇
大年の杉苗畑をきよめをり 飴山實 少長集
大年の東京煮ゆる人地獄 石塚友二
大年の東京駅にまぎれをり 今井千鶴子
大年の椰子林転進部隊行けり 皆川白陀
大年の櫛笄を選びゐる 池田秀水
大年の歩み去るごと人逝ける 原田青児
大年の母港にかへり泊つる船 林大馬
大年の水面に就ける夕鴎 石田勝彦 秋興
大年の河遡りくる潮かな 深田雅敏
大年の法然院に笹子ゐる 森澄雄
大年の注連新たまり御神木 香下 純公
大年の海原叩け鯨の尾 遠山陽子
大年の灯を点したり異人館 多田納君城
大年の熊野に仏見舞かな 茨木 和生
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公 寒雁
大年の田水光るに禽あそぶ 下田稔
大年の病者励まし帰りけり 瀧澤伊代次
大年の石が落ち来る崖に来し 萩原麦草 麦嵐
大年の空かきくらし鎔鉱炉 関圭草
大年の空といふ雲一つなし 藤井 俊一
大年の空見渡して引っ込みぬ 高澤良一 宿好 
大年の笹鳴る闇となりにけり 石橋秀野
大年の色ゆたかなる火を使ふ 林由美子
大年の花活け終へし手のほてり 朝倉和江
大年の若狭一塩舁きにけり 古舘曹人 樹下石上
大年の草焼く海津城址かな 西本一都 景色
大年の莚に咲かす餅の花 原裕 正午
大年の蒼海ちかく住みにけり 原石鼎 花影以後
大年の蘆も数年見て知れり 相生垣瓜人 微茫集
大年の街の音聞く橋のうへ 大屋達治 絢鸞
大年の街荷ひゆく湯桶かな 比叡 野村泊月
大年の裳裾ひろがる冬汀 原裕 青垣
大年の貨車が家を揺る世の歪み 岩田昌寿 地の塩
大年の身のはなれよき笹鰈 森澄雄 游方
大年の遠き水辺のひかりかな 角川春樹
大年の闇があと追ふ貨車の尻 成瀬桜桃子 風色
大年の闇に声あるごとくなり 辻美奈子
大年の闇をうべなふ藁塚ひとつ 鈴木貞雄
大年の階段に腰かけてゐる 和田耕三郎
大年の隣人風呂をたばひけり 安住 敦
大年の雨の間に聞く鳰の笛 松村蒼石 雪
大年の雲の切れ間を鳥の群れ 杉浦圭祐
大年の霜流れゐる龍の髯 外川飼虎
大年の青瞬かすカシオペア 山田みづえ 草譜
大年の顔の覗ける産湯かな 岸田稚魚 『雪涅槃』
大年の風呂轟々と沸かしけり 田川江道
大年の鬨挙げにけり薩摩鶏 能勢真砂子
大年の鰐の背中を洗ひをり 石 寒太
大年の鳥に話をしてゐたり 岡田史乃
大年の鳶がのこりて雲行けり 宮津昭彦
大年の鶏しめてゐる裏の畑 岡本高明
大年の鶴・鳶・鴉天わかち 吉野義子
大年の鼻まで風呂につかりけり 龍岡晋
大年へ人の昂ぶり機の音 中山純子
大年やおのづからなる梁響 芝不器男(1903-30)
大年やころほひわかぬ燠くづれ 芝不器男
大年や借り重ねたる人の恩 石塚友二
大年や働きづめのガス焜炉 田守としを
大年や僧の総出のためし撞き 中島 初
大年や剥がれかかりて燕の巣 中田剛 珠樹以後
大年や南無阿弥陀仏またあした 浜崎敬治
大年や啄木鳥叩く常の音 東洋城千句
大年や寺真つ向に白磧 石原舟月
大年や我死所の鐘もなる 一茶
大年や手の置れたる人心 羽紅 俳諧撰集玉藻集
大年や朝寝の床に耳すます 浅原六朗 欣求鈔
大年や栗ぜんざいの箸短か 鈴木真砂女 夕螢
大年や海原は空開けて待つ 奥坂まや
大年や薬も売らぬ隠君子 芥川龍之介
大年や襤褸のごとくに雲の垂れ 久保田万太郎 流寓抄
大年や見えぬ深さに渓の音 ながさく清江
大年や貼り煩へる壁と紙 野村喜舟 小石川
大年や足らざる金の使へるも 石川桂郎 高蘆
大年や遺影の夫の額拭ふ 和田知子
大年や鯛の荒煮の目玉よく 野村喜舟 小石川
大年や鳥居の朱ヶも靄の中 久保田万太郎 流寓抄
大年を西へ率て行く月の魄 岩坂満寿枝
大年を護摩たくひとの黒子から 中田剛 竟日
大晦日ことなく暮れぬわづか酔ふ 相馬遷子 雪嶺
大晦日こゝに生きとし生けるもの 高浜虚子
大晦日にはかに暗くなりたるぞ 瀧澤伊代次
大晦日ねむたくなればねむりけり 日野草城
大晦日は昔も今もさむき夜ぞ 大野林火
大晦日みちのく人となる帰郷 大江秀洋
大晦日もつとも低き星ひかる 加藤憲曠
大晦日一児は熱の床に在り 石塚友二 光塵
大晦日定めなき世のさだめ哉 井原西鶴
大晦日師の放送のつづきをり 萩原麦草 麦嵐
大晦日御免とばかり早寝せる 石塚友二
大晦日死は濃ゆき眉のこしたり 松村蒼石 雪
大晦日父がつぶやく椅子の上 原田喬
大晦日犬が犬の尾垂れている 清水哲男(1938-)
大晦日蓬髪足袋をはきながら 赤尾兜子
大晦日馬つながれて灯さるる 新谷ひろし
大歳といふ海溝を前にせり 能村登四郎
大歳のつくゑなりけり遊ばしむ 高橋睦郎 荒童鈔
大歳の山々睦みはじめけり 神山冬崖
大歳の日が没る成層圏飛行 品川鈴子
大歳の水薬を飲みつくしたり 藤木清子
大歳の酒大尽となりにしよ(出羽の酒、黙庵よりとどく) 角川源義 『冬の虹』
大歳や猫わたりくる繻子の人 中田剛 竟日
大江戸や動くもの皆大晦日 戯道
大阪の大年いかにわれら健 石塚友二 方寸虚実
娘二人来て帰りけり大晦日 永井龍男
家の中を水ながれ過ぐ大晦日 穴井太
家畜等は既に除日を鳴き了る 相生垣瓜人 微茫集
屋根掃いて妻を見下ろす大晦日 辻田克巳
山国の雪の大年降り暮れぬ 椎橋清翠
山靴にくだく除日の厚氷 望月たかし
市人へましぐらに来ぬ大晦日 徳永山冬子
底のはうから最後の豆腐大晦日 中田剛 珠樹以後
店頭に大鯛を焼く大晦日 松沢満里子
廂より縄降りてくる大晦日 中田剛 珠樹以後
恋とならざりき大年の髪洗ふ きくちつねこ
戸袋の青淵あかり大晦日 大峯あきら 鳥道
捨て網の土に馴染める除日なり 加藤 春彦
揉みにもむ歌舞妓の城や大晦日 来山
揚げ船のとりまく宮や大三十日 岩木躑躅
新妻の起ち居そぞろや大晦日 五十嵐播水 播水句集
明日といふ日はなき如く大晦日 中田秀子
明日のため大年の夜を炭かく音 栗生純夫 科野路
明日の日の無きが如くに大晦日 武川秀
月の輪の佗びねに光る大晦日 飯田蛇笏
杉の香のして大年の父の墓 大木あまり 火球
松ぼくり大年の日を懐しみ 高澤良一 ぱらりとせ 
梅活けて君待つ庵の大三十日 正岡子規
波除に大年の波静かかな 松本たかし
海に砲鳴りガラス戸ひびく大晦日 栗林一石路
漱石が来て虚子が来て大三十日(おほみそか) 正岡子規(1867-1903)
火気絶ちて眠るひとりの大晦日 菖蒲あや
燭きつて暁ちかし大晦日 夏目漱石 明治三十年
父祖の地に闇のしづまる大晦日 飯田蛇笏 雪峡
病む父の大年の髭剃りにけり 熊田 鹿石
瞑りて大年の髪梳かれをり 佐野美智
社宅みな人声もせず大晦日 大谷恵教
竈の前大晦日の猫の居る 広江八重桜
第九今大合唱に大晦日 木村 草女
群集を染め大年の日は沈む 福田蓼汀 山火
肥汲に一本つけぬ大晦日 五十嵐播水 播水句集
脚ちぢめ蝿死す人の大晦日 西東三鬼
袖濡れて硯洗へり大三十日 水原秋櫻子
足がまた二階へ上る大晦日 辻田克巳
酒五合寝てすむものを大晦日 幸田露伴
重ね鳴る寺鐘も京の大晦日 桑原まゆ子
陽をのせて大年の雲動かざる 中川宋淵
風呂の灰髷にかかりぬ大晦日 阿部みどり女
鳶浮かび出て大年の山の空 永田耕一郎 方途
黒髪を洗ひて宿の大晦日 飯田 法子
木々にあり大つごもりの三時の日  高澤良一  ねずみのこまくら
じたばたのばたの大つごもりなるよ  高澤良一  鳩信
銭湯が未だあり大つごもり月夜  高澤良一  燕音
がちゃちゃんと大つごもりのレジの音  高澤良一  燕音
締切日大つごもりと別にあり  高澤良一  随笑
その内が来年となり大つごもり  高澤良一  随笑
いま暮れて今年が終る枯木星  高澤良一  随笑
大つごもり飛行機音のこもる空  高澤良一  石鏡
屑籠の影が伸び来ぬ大三十日  高澤良一  石鏡
大三十日昼過ぎたうたう降って来ぬ  高澤良一  暮津
大晦日まだ起きてゐて隣の灯  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

行く年

行く年

例句を挙げる。

あめ地に師恩母恩の年逝かす 清水基吉 寒蕭々
くれて行く年のまうけや伊勢熊野 去来
ぜんまいの灰汁ぬけ切つて年逝けり 殿村莵絲子 花寂び 以後
としの尾や柳に青う結び行く年の暮 千代尼
とんとんと年行くなないろとんがらし 草間時彦
やどり木に逝く年の眼を止めをり 高澤良一 ねずみのこまくら 
ゆく年の、入日、水仙ばたけかな 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年のひかりそめたる星仰ぐ 久保田万太郎 草の丈
ゆく年のまたあたらしき机かな 黒田杏子 一木一草
ゆく年のやどり木ひとつ水の上 中岡毅雄
ゆく年のゆくさきのあるごとくゆく 鷹羽狩行 平遠
ゆく年の不二みよと也瑞泉寺 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年の女歌舞妓や夜の梅 蕪村 五車反古
ゆく年の娼婦雑沓にまぎれぬる 岸風三楼 往来
ゆく年の手鏡ひとつをとこの部屋 榎本冬一郎 眼光
ゆく年の星がこつんとひびき合ふ 本宮哲郎
ゆく年の月なり真夜も明るきは 及川貞 榧の實
ゆく年の月の真髄青かつし 井沢正江 火襷
ゆく年の木の根へだたる流れかな 飯田龍太
ゆく年の机上狼藉極まれる 黒鳥一司
ゆく年の水にうつる灯ばかりかな 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年の水ひびきゐる猿茸 飯田龍太
ゆく年の没り日も月もまろかつし 皆吉爽雨
ゆく年の泪をためて吊られ猪 細見しゆこう
ゆく年の海よくみゆる部屋にあり 久保田万太郎 草の丈
ゆく年の瀬田を廻るや金飛脚 蕪村 冬之部 ■ 春泥舎に遊びて
ゆく年の火のいきいきと子を照らす 飯田龍太
ゆく年の硯を洗ふ厨かな 三好達治 路上百句
ゆく年の羽に嘴埋め刈田鷺 鷲谷七菜子 雨 月
ゆく年の襖や暗き方とざし 鷲谷七菜子 花寂び
ゆく年の通過地点の星ひとつ 平井幸子
ゆく年の雪に手燭の油煙たつ 飯田蛇笏 春蘭
ゆく年の雪負ひしまま新校舎 塚田正観
ゆく年の鞍馬に聴ける大太鼓 茂里正治
ゆく年やある夜したしき姉いもと 長谷川春草
ゆく年やいんろうむしの柿の渋 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やこゝは越後の糸魚川 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やしきりに岸へいどむ波 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年やしめきりてきく風の音 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やとても難波の橋の数 松岡青蘿
ゆく年やふるさと印す魚樽 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年やむざと剥ぎたる烏賊の皮 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や三角四角丸もあり 柏禎
ゆく年や今結うて来し髪容 星野麦人
ゆく年や伊吹をかざす雲一つ 金尾梅の門 古志の歌
ゆく年や南京街に豚吊られ 成瀬桜桃子 風色
ゆく年や坂一つなき中央区 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や山にこもりて山の酒 達治
ゆく年や山中に水湧くところ 久保純夫 熊野集
ゆく年や拾ひてかろきうつせ貝 稲垣きくの 黄 瀬
ゆく年や故園の瀬音ひるも夜も 飯田蛇笏 雪峡
ゆく年や散華をはなつ僧の指 橋本鶏二
ゆく年や書架に撤する美酒一壺 会津八一
ゆく年や染めあやまちし古帽子 大場白水郎 散木集
ゆく年や海すこしみえ瑞泉寺 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や狐のかけしよだれかけ 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や獣のごとく車寝て 河原崎蓉子
ゆく年や笑へぬ芝居笑ふ客 大場白水郎 散木集
ゆく年や草の底ゆく水の音 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や落葉にまじるうすみどり 鴻司
ゆく年や葉山まで来て海を見ず 大場白水郎 散木集
ゆく年や蕎麦にかけたる海苔の艶 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や蘆間がくれの滑川 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や袋にねむる鯨尺 國武和子
ゆく年や針の動かぬ腕時計 乙武佳子
ゆく年や陋巷の夜の小盃 松村蒼石 寒鶯抄
ゆく年や風にあらがふ日のひかり 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や飼はれて鯉はくらがりに 成瀬桜桃子 風色
ゆく年や鯛も鮪も符丁買ひ 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や鳶のきてゐる厨口 金尾梅の門 古志の歌
ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄 空艪
ゆく年を橋すたすたと渡りけり 鈴木真砂女
ゆく年を黒衣の僧と思いけり 久保純夫 熊野集
ゆらぐまで本積みあげて年逝かす 上野さち子
オリオン座天頂に年逝かんとす 相馬遷子 山河
一つづつ食めば年逝くピーナツツ 森澄雄
乞食の見上ぐる天を年行けり 朱鳥
亀のごと気長気儘に年過ごさむ 高澤良一 随笑 
倒木の年逝く流れ堰きにけり 石田あき子 見舞籠
円山を出て行く年の巷かな 比叡 野村泊月
千両の実付きのわるき年逝かす 高澤良一 ももすずめ 
去く年も又来る年も句屑溜め 磯野充伯
去ぬ年の薄闇は水ゆくごとし 恩賀とみ子
台秤滴れり年歩みをり 原田喬
哀歓の黙し難くて年流る 石田幸子
太白が照り月が照り年歩む 下村梅子
小考も大考もなく年逝かす 高澤良一 随笑 
屁のごとき唄と落語と年逝かす 石塚友二
山国や年逝く星の充満す 相馬遷子 山國
巨人逝く年そこここに大き穴 高澤良一 素抱 
年あゆむ大蜂の巣のある家に 大峯あきら 鳥道
年歩むその足音のひまにわれ 井沢正江 火襷
年歩む娘の縁談の只中に 中村汀女
年歩む泰山木の幹直ぐに 館岡沙緻
年歩む洗ひし門のしたたりに 皆吉爽雨
年歩む海上に*たつ日の柱 原裕 『出雲』
年歩む雪おほかたは車馬に消え 汀女
年流る我といふもの置きざりに 深川正一郎
年行くか音のみの波闇に聞く 及川貞 夕焼
年行くと山に夕日のさすばかり 岡田日郎
年行くと満天の星またたける 福田蓼汀
年行くにうるしの中の径かな 萩原麦草 麦嵐
年行くや生き上手とも死に下手とも 河合未光
年行くや耳掻光る硯箱 普羅
年行く夜並び寝る子にわれも寝る 及川貞
年行司色なき風を巻き過ぎて 高澤良一 素抱 
年逝くとかくしどころを洗ひけり 草城
年逝くと北斗の杓の立てりけり 山本歩禅
年逝くと来たれば海に鵜の潜く 金箱戈止夫
年逝くや兎は頬を震はせて 飯島晴子
年逝くや日本出発よりの鋏 小池文子 巴里蕭条
年逝くや街の暗きに慣れ励み 岸風三楼 往来
年逝くや踊ぬけ来て水飲めば 小池文子 巴里蕭条
年過ぎてしばらく水尾のごときもの 森澄雄
心音を通奏低音年歩む 矢島渚男
忘れ傘預かり傘に年逝かす 鈴木真砂女
急ぐ世に行く年大いなる歩み 村田脩
息ほそめゐて行く年の箸づかひ 鷲谷七菜子 花寂び 以後
新年の井に塩盛りて年行事 飯田蛇笏 椿花集
暮れて行く年のまうけや伊勢熊野 去 来
木のまはりばかり澄みゆく年用意 廣瀬直人
松の下の草ぬいてゐて年行くか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
松の香の残るてのひら年逝かす 嶋田麻紀
椰子筍を煮て軍属舎年逝かす 皆川白陀
欄(おばしま)や髪の扇に年行く日 上島鬼貫
比わすれ流るる年の淀ならむ 山口素堂
水打つて六波羅蜜寺年逝かす 宮坂静生
海鼠突きに行く年守りて隠れ耶蘇 小原菁々子
滝のごとく年逝かせまた後れたり 小林康治 玄霜
煤払ふことなく邪鬼に年逝けり 山中 三木
煮魚の胡乱な眼して年逝かす 高澤良一 随笑 
用納めして吾が別の年歩む 竹下しづの女句文集 昭和十二年
疲れつぽく忘れつぽく年逝かす 小出秋光
白鳥座年逝くつばさ張りにけり 小西 藤満
百方の焼けて年逝く小名木川 石田波郷(1913-69)
眼底は巌の色に年逝けり 飯島晴子
眼鏡かけて老いたる姉に行く年や 寺田寅彦
石のみの庭は動かず年歩む 森田峠 逆瀬川以後
石炭を欲りつゝ都市の年歩む 竹下しづの女句文集 昭和十四年
神鈴を一つがらんと年歩ます 高澤良一 燕音 
第九高鳴り行く年をゆかしむる 文挟夫佐恵 雨 月
耳餅を透す火色や年歩む 永井龍男
耳鳴りの放埓に年逝かむとす 久保 乙秋
胸中に年逝かすものありてこそ 小林康治 『虚實』
脱衣場の逝く年映す大鏡 高澤良一 鳩信 
臍の緒のごとき句を溜め年逝かす 高澤良一 ねずみのこまくら 
船のやうに年逝く人をこぼしつつ 矢島渚男
色酒の苦き覚えて年行きぬ 尾崎紅葉
苔厚き水掛不動年歩む 岩崎照子
薪に交る白樺爆ぜて行く年や 久米正雄 返り花
行く年にかゝはらず主客十五人 青峰集 島田青峰
行く年に憫笑さるるごとく居り 百合山羽公 寒雁
行く年に畳の跡や尻の形 去来 極 月 月別句集「韻塞」
行く年のさざなみ影と走りけり 鷲谷七菜子 花寂び
行く年の人鈍にして子を得たり 正岡子規
行く年の伊賀にたづねん古俳諧 高濱年尾 年尾句集
行く年の変らぬ顔の鏡奥 河野南畦 湖の森
行く年の夕焼彼の世の色ならずや 水野 柿葉
行く年の夜の山々押し黙り 上島 幸重
行く年の大河を渡る鳥の影 仙田洋子 雲は王冠
行く年の山の家より灯がくだる 中拓夫
行く年の帆柱多き入江かな 古白遺稿 藤野古白
行く年の後ろに就いて行きにけり 相生垣瓜人(1898-1985)
行く年の恥らひもなし干し襁褓 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
行く年の時計拭きゐる駐在所 作田 幸子
行く年の月ひるのごとてりにけり 原石鼎 花影以後
行く年の木に残りたる栗のいが 沢木欣一
行く年の木賊立ちゐて今日の運勢 長谷川かな女 花寂び
行く年の水一升を買ひにけり 那須淳男
行く年の水晶球の中の虎 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
行く年の水美しく足袋洗ふ 有馬籌子
行く年の汐汲みて船洗ひをり 鈴木雹吉
行く年の沖に賑はふ夜釣の灯 中拓夫
行く年の波の音ともきこゆなり 柏崎要次
行く年の海を見据ゑる観世音 原礼子
行く年の湾にただよふ荒筵 不死男
行く年の稼ぎ僅かに一着衣 石塚友二 光塵
行く年の空に埋まる壊れ山 平井照敏 天上大風
行く年の空の隙さへいそがしき 上島鬼貫
行く年の花のやうなる炭火かな 鷲谷七菜子 天鼓
行く年の行きどまりなり袋町 正岡子規
行く年の語り草なる故旧かな 青峰集 島田青峰
行く年の賤しからざる荷馬哉 竹冷句鈔 角田竹冷
行く年の追へばひろがる家郷の灯 福田甲子雄
行く年の遠くに風の鳴つてをり 辺見じゅん
行く年の鉄管の口吾に向く 加倉井秋を 午後の窓
行く年の雪五六尺つもりけり 正岡子規
行く年の鳰見て登り窯を見て 藤田あけ烏 赤松
行く年はわれを残して去りゆけり 山畑禄郎
行く年やかけながしたる芭蕉像 飯田蛇笏 霊芝
行く年やかしらをあぐる田のひばり 青蘿
行く年やひとり噛みしる海苔の味 白雄
行く年やふんでもらひし土踏まず 矢島渚男 船のやうに
行く年やみな横向きの石狐 有馬朗人
行く年やわれにもひとり女弟子 木歩
行く年やメロン高貴の薄みどり 渡邊水巴 富士
行く年や人々かへるところあり 前田普羅
行く年や何果したることなくに 石塚友二
行く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 山廬集
行く年や口かず多き小百姓 前田普羅
行く年や句を乞はれたる世に疎く 河野南畦 『花と流氷』
行く年や壁に恥ぢたる覚書 其角
行く年や多賀造宮の訴訟人 許六 極 月 月別句集「韻塞」
行く年や尖りて若き芦青し 渡邊水巴 富士
行く年や庇の上におく薪 一茶
行く年や文にあまって梅の花 斯波園女
行く年や梟に似たるたいこもち 白水郎句集 大場白水郎
行く年や焚火に蹴こむ松ぼくり 石塚友二 光塵
行く年や猫うづくまる膝の上 漱石
行く年や石にくひつく牡蠣の殼 正岡子規
行く年や石噛みあてて歯にこたへ 来山
行く年や磨きしづもる七つ竃 岩城のり子
行く年や老を誉めたる小町の絵 斯波園女
行く年や膝と膝とをつき合せ 夏目漱石 明治二十八年
行く年や葱青々とうら畠 室生犀星(1889-1962)
行く年や薬ひそます旅鞄 石田あき子 見舞籠
行く年や身絞り鳴ける田居の鶴 岡部六弥太
行く年をエレベーターに乗合せ 温亭句集 篠原温亭
行く年をセーヌで釣しゐたるかな 久米正雄 返り花
行く年を尾行しがまかれ交差点 熊谷愛子
行く年を母すこやかに我病めり 正岡子規
行としやもどかしきもの水ばかり行く年 千代尼
買ひすぎし妻の襁褓や年流る 嶋野國夫
逝く年あとわづか救急車 浅原六朗
逝く年といふ淡き日にふり返り 登四郎
逝く年のくらがりにあるわが言葉 山田みづえ
逝く年のぼそと暮れゆく男鹿の空 高澤良一 ももすずめ 
逝く年のやさしきものに肉襦袢 飯島晴子
逝く年のわが読む頁限りなし 青邨
逝く年の人のあゆまぬ闇に入る 角川源義
逝く年の土産に刃物をつゝまする 金尾梅の門 古志の歌
逝く年の孤独大手を振つて通る 山田みづえ 忘
逝く年の星ほど切符の鋏くづ 有馬朗人 知命
逝く年の枯山あかり頬にとどめ 太田鴻村 穂国
逝く年の森の荘厳火を祭る 古舘曹人 能登の蛙
逝く年の滝あるところまでは行かず 宗田安正
逝く年の灘をはさみて星二つ 吉野義子
逝く年の眠り貪り父母老いぬ 藤田美代子
逝く年の空はりついてゐたりけり 鐘一路
逝く年の納めのごとく友に逢ふ 佐野美智
逝く年の背をとんと突き鐘一打 高澤良一 随笑 
逝く年の街のはづれの占ひ師 前橋春菜
逝く年の近道探しゐるごとし 高澤良一 随笑 
逝く年の鏡台に触れ落ちしピン 田村了咲
逝く年の闇深きより汽笛鳴る 高橋 菊
逝く年の雪に灯を寄せ杣部落 望月たかし
逝く年もその内に入る物惜しみ 高澤良一 宿好 
逝く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 霊芝
逝く年や書くをためらふ年令欄 塩川祐子
逝く年や水に水捨つ舟住ひ 北野石龍子
逝く年を五六歩追ひてみたりけり 能村登四郎
逝く年を括るに大き鍵括弧 高澤良一 ぱらりとせ 
道路ふさぐバタ屋の群も年逝かす 岩田昌寿 地の塩
鐘撞きて師を逝かしめし年逝かす 奈良文夫
門川に年逝く芥ながしけり 敦
陋巷や雪ちら~と年歩む 清原枴童 枴童句集
電車降りて年行く迅さ見たりけり 中島月笠 月笠句集
項より去りゆく年と思いけり 蛭田親司
風抱き年逝く巴里にもどりけり 小池文子 巴里蕭条
餅の耳やゝ厚く切り年逝かす 小林康治 玄霜
香臭き絨毯となり年逝けり 殿村菟絲子
鳥の名を二三覚えし年逝ける 高澤良一 さざなみやっこ 
黍の風妻の方言年過ぎつ 飯田龍太
行年のアチャコ笑うてみせ呉れてもさざなみやつこ
行年の湯屋に遊んで高天井  高澤良一  暮津
銭湯の逝く年映す大鏡  高澤良一  鳩信
ややこしきは皆先送り年逝かす  高澤良一  随笑
浪曲に魂(たま)揺すられて逝く年か  高澤良一  石鏡
意地境地そんなもの無く年逝かす  高澤良一  石鏡
逝く年の片棒担ぎゆくごとし  高澤良一  石鏡
東奔も西走もなく年逝かす  高澤良一  石鏡
心しておくと答えて年逝かす  高澤良一  石鏡
暖房は茫々と逝く年の音ぞ  高澤良一  石鏡
薄ら日のやうな一ト年振返る  高澤良一  さざなみやつこ
やれやれと云うてまた年送りけり  高澤良一  随笑
俳句莫迦通す一年亦過ぎて  高澤良一  随笑
この年を締めくくる顔吾もしたり  高澤良一  随笑
この年を評すに釦の掛け違ひ  高澤良一  石鏡
年乗り切る術の一つに宝籤  高澤良一  石鏡
唯年を送る無策でありしかな  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

晦日蕎麦

晦日蕎麦

例句を挙げる。

その前に一本つけよ晦日蕎麦 鷹羽狩行
借り貸しのなくてやすけし晦日蕎麦 池田博子
債権者会議の晦日蕎麦となる 南迫亭秋
働きし身のあたゝかく晦日蕎麦 石本みち江
口元の母に似てきし晦日蕎麦 岩切恭子
命ありとてもかくても晦日蕎麦 富安風生
城昏れて山の灯となる晦日蕎麦 古舘曹人 樹下石上
大鍋を洗ひ終りて晦日蕎麦 塙 きく
妻とゐて悔すゝるごと晦日蕎麦 猪狩哲郎
家族皆法被着て売る晦日蕎麦 関口美子
掛取のひとり戻らぬ晦日蕎麦 河前降三
晦日蕎麦すすり善男善女たり 加藤耕子
書斎より呼び出されて晦日蕎麦 遠藤梧逸
板山葵(いたわさ)に銚子二本の晦日蕎麦 石原八束(1919-98)
母の世の栃の捏ね鉢晦日蕎麦 西岡千鶴子
汁椀にしるしばかりの晦日蕎麦 石塚友二
流れ来てこの古町に晦日蕎麦 谷尻誠
病む母の枕頭晦日蕎麦すゝる 大橋敦子
宵寝して年越蕎麦に起さるる 水原秋櫻子
年越蕎麦待てばしきりに救急車 水原秋桜子(1892-1981)
箸にかけて年越蕎麦の長短か 水内鬼灯
船宿に年越蕎麦の届きたる 鈴木貞雄
年越蕎麦鰊臭さが顔にくる  高澤良一  暮津
年越蕎麦鰊の小骨もてあます  高澤良一  暮津
母・妻・吾
年越蕎麦終の数なるこの三人(みたり)  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

除夜の鐘  年越詣

除夜の鐘  年越詣

例句を挙げる。

●除夜の鐘
いま撞きていまの消え音に除夜の鐘 加倉井秋を 『武蔵野抄』
おろかなる犬吠えてをり除夜の鐘 山口青邨
くらやみの洞あるごとし除夜の鐘 福田紀伊
くれなゐにひびきもつれぬ除夜の鐘 永田耕衣 真風
けふもまた月の障子や除夜の鐘 岸本尚毅
しんがりは東大寺かや除夜の鐘 高岡智照尼
ともしびを消せば聞こゆる除夜の鐘 岩田由美
ひとつづつ過去となりゆく除夜の鐘 林 民子
また一つ風の中より除夜の鐘 岸本尚毅
まださめてをりし患者に除夜の鐘 神尾季羊
わが宿も寺領のうちや除夜の鐘 今井つる女
わが撞きてわが音として除夜の鐘 加倉井秋を
をちこちのをちの大寺の除夜の鐘 相馬 黄枝
一島の闇ひらけば閉づる除夜の鐘 赤尾兜子
一痕の月に鳴りゆく除夜の鐘 塩崎晩紅里
亡妻よ聴け観世音寺の除夜の鐘 河野静雲
人夫々音色それぞれ除夜の鐘 弓場汰有
今年又患家に聞きし除夜の鐘 坂本ひろし
今年見し花も紅葉も除夜の鐘 川崎展宏 冬
全身の水の波紋や除夜の鐘 宮川としを
六角堂六面とざす除夜の鐘 西川織子
北辰のひかる方より除夜の鐘 宗像夕野火
又一つ風の中より除夜の鐘 岸本尚毅
吾をみとる妻も聞きをり除夜の鐘 上野泰
堂塔の闇あたらしき除夜の鐘 狹川 青史
大榾に火の移りたり除夜の鐘 松尾隆信
大津絵の鬼が火を焚く除夜の鐘 渡辺信子
失ふも得しも百年除夜の鐘 甲斐すず江
奥武蔵雪山ならぶ除夜の鐘 水原秋櫻子
妻よ聴け観世音寺の除夜の鐘 河野静雲
妻在りて子在りて足らず除夜の鐘 杉山岳陽
孫地獄の他は何事もなかりしはよし除夜の鐘 橋本夢道 良妻愚母
寒くなれば篝にも立ち除夜の鐘 星野立子
寺多き京都の山や除夜の鐘 福田把栗
岡寺にこだまやすらふ除夜の鐘 山田孝子
島と島交互に除夜の鐘鳴らす 阪上史琅
徳利の穴の暗さゆさぶって除夜の鐘 鷹島牧二
念々と次の音を待ち除夜の鐘 加倉井秋を 『隠愛』
恍として撞くらむ除夜の鐘聞こゆ 相生垣瓜人 明治草抄
恙なく一家の揃ふ除夜の鐘 梅沢信作
我宿も寺領のうちや除夜の鐘 今井つる女
戦争の世紀よさらば除夜の鐘 紙野康美
旅にしていづかたよりぞ除夜の鐘 福田蓼汀
時計みな合せて除夜の鐘を待つ 道川虹洋
時雨月をり~除夜の鐘照らす 高濱年尾 年尾句集
死なざりし顔拭かれをり除夜の鐘 瀬戸杏花
水を掃く音一としきり除夜の鐘 宇佐美魚目 天地存問
水甕に水も充てけり除夜の鐘 中村草田男
波浮に泊つ侘しさ除夜の鐘聞かず 松尾緑富
津々浦々還らぬ骨や除夜の鐘 川崎展宏 冬
浜の寺山の寺より除夜の鐘 きくちつねこ
海老寝して一韻二韻除夜の鐘 猿山木魂
湖へ四ヶ寺除夜の鐘鳴らす 松井利彦
火を修し水を修して除夜の鐘 高橋克郎
灯を煌と泊船並ぶ除夜の鐘 下村ひろし
煩悩とも忘恩とも除夜の鐘 川崎展宏
熱の子の覚めて聞きをり除夜の鐘 高橋悦男
父母在さば百越えをらむ除夜の鐘 那須乙郎
牡蠣船の大繁昌や除夜の鐘 清原枴童 枴童句集
甘きもの頻りにほしく除夜の鐘 原石鼎 花影以後
生きてこの一期いま撞く除夜の鐘 林昌華
生き過ぎてなほも生きたし除夜の鐘 宝亀 重子
用ひとつ忘れ心地に除夜の鐘 岩崎きゑ子
町と共に衰へし寺や除夜の鐘 高浜虚子
病み克ちし身に殷々と除夜の鐘 中嶋秀子
磯山の扼す真闇に除夜の鐘 八木林之介 青霞集
祖よりの青岸渡寺の除夜の鐘 榎本冬一郎
空耳か夢かかそかな除夜の鐘 岡本昼虹
空襲の乱打の鐘を思ふ除夜 三橋敏雄
約束のひとつ果せず除夜の鐘 高岡昭子
絶えかけし命一つを除夜の鐘 中勘助
胴炭も置心よし除夜の鐘 不白
若僧ののけぞって打つ除夜の鐘 白井良治
萬寿寺の界隈に住み除夜の鐘 徳永 球石
蒼然と鉄心の鐘除夜を待つ 下村ひろし 西陲集
行き暮れしものの思ひぞ除夜の鐘 殿村莵絲子
街中に大寺除夜の鐘撞かず 高濱年尾 年尾句集
覚めて聞き聞きて眠りぬ除夜の鐘 相生垣瓜人
踏んばつて女が除夜の鐘を撞く 曽我部 豊
身ほとりに子等の寝息や除夜の鐘 佐藤美恵子
近づいてはるかなりけり除夜の鐘 黒田杏子 花下草上
退院の妻ときくなり除夜の鐘 五十嵐播水 播水句集
重ねおく紅型帯や除夜の鐘 大嶺清子
鍋のもの暖め直す除夜の鐘 福島 司
鐘を献じて冴えきる除夜の聲きかん 中勘助
門扉ひたと閉ざせる寺や除夜の鐘 高橋淡路女 梶の葉
除夜そして一碧楼忌鐘を打つ 松田ひろむ
除夜の灯の明るさに鐘を知らで寝し 雑草 長谷川零餘子
除夜の鐘いつもの道が靄の中 岩田由美
除夜の鐘うしろへひゞく前も闇 山口草堂
除夜の鐘うちつぎ百を越えんとす 橋本多佳子
除夜の鐘かすかに聞え深雪かな 清原枴童 枴童句集
除夜の鐘きき堪へぬらし夫寝ねぬ 及川貞 夕焼
除夜の鐘きく約束を起しやる 原田種茅 径
除夜の鐘きゝ煩悩の髪を剃る 一田牛畝
除夜の鐘この時見たる星の数 原石鼎
除夜の鐘その第一打撞きにけり 高浜年尾
除夜の鐘つきをさめたる僧の息 西島麦南
除夜の鐘なれば舞はんと立ちあがり 武原はん女
除夜の鐘ぬる湯の壁に響きけり 会津八一
除夜の鐘の前か後かに雨をきけり 加藤楸邨
除夜の鐘はつたとちぢむ命かな 吉武月二郎句集
除夜の鐘むなしむなしと繰り返す 富安風生
除夜の鐘ナース小窓にある偽薬 姉崎蕗子
除夜の鐘ブラックホールある空へ 奥坂まや
除夜の鐘一山の闇揺らしけり 田守としを
除夜の鐘一打して身の軽くなる 松尾隆信
除夜の鐘二人で聴きし歳月よ永久という語を疑いもせず 俵万智
除夜の鐘五体を投げて撞かれけり 三嶋隆英
除夜の鐘今を鳴るなり善光寺 甲田鐘一路
除夜の鐘全天の星動き初む 中林美恵子
除夜の鐘吾身の奈落より聞ゆ 山口誓子
除夜の鐘地にはつもらぬ雪降れり 那須 乙郎
除夜の鐘大き雫にあたりたる 宮坂静生 樹下
除夜の鐘失せゆくものを逐ひ鳴れる 轡田進
除夜の鐘妻に小さな耳の穴 辻田克巳
除夜の鐘小児病棟異常なし 水原春郎
除夜の鐘己をぬけてなほひびく 黒田櫻の園
除夜の鐘幾谷こゆる雪の闇 飯田蛇笏 春蘭
除夜の鐘幾重にも聴き京に老ゆ 北川わさ子
除夜の鐘建長寺先づ撞き出でし 小村塘雨
除夜の鐘愈々雨のふりしきる 徳川夢聲
除夜の鐘撞かずいくさは進みをり 小原菁々子
除夜の鐘撞きて俄に今日遠し 福井 仁
除夜の鐘撞きに来てゐる鳥羽の僧 高濱年尾 年尾句集
除夜の鐘撞きはじめしは伯耆坊 山本杜城
除夜の鐘撞くしんがりに並びけり 南木美保子
除夜の鐘撞くや焚火へ尼も来て 高濱年尾 年尾句集
除夜の鐘撞く一と呼吸二た呼吸 後藤一秋
除夜の鐘撞く列にゐる妓かな 野田瑠璃子
除夜の鐘撞く寺ひとつふるさとに(願勝寺) 細川加賀 『玉虫』
除夜の鐘敷居の上に立ちしとき 高室呉龍
除夜の鐘星のまばたきはげましつつ 石川静雪
除夜の鐘星は地平に墜ちにけり 島田セツ
除夜の鐘月の幾山ひゞきゆく 辻本青塔
除夜の鐘果てたるあとの高嶺星 福田甲子雄
除夜の鐘果てて月山澄みにけり 上野さゆり
除夜の鐘柞の森を圏(わ)の中に 加倉井秋を 『武蔵野抄』
除夜の鐘焔さかりのいま終る 井上雪
除夜の鐘燈を向けて水流れゐし 館岡沙緻
除夜の鐘父が厠へ足摺りて 皆川白陀
除夜の鐘疼痛地獄解きたまヘ 西本一都 景色
除夜の鐘真顔となりし子に対ふ 原田種茅
除夜の鐘聞きつつ長き髪洗ふ 中村節代
除夜の鐘聴くや炭斗引寄せて 五十嵐播水 播水句集
除夜の鐘葱の白さを洗ひ上げ 安村敏子
除夜の鐘襷かけたる背後より 竹下しづの女 [はやて]
除夜の鐘赤ん坊にあたらしき敷布 中山純子 沙羅
除夜の鐘金輪際の暗みより 平畑静塔
除夜の鐘闇はむかしにかへりたる 五十嵐播水 埠頭
除夜の鐘雲辺寺より天伝ふ 百合山羽公 寒雁
除夜の鐘静かな雪を誘ひけり 都谷文子
除夜の鐘音高らかに締りけり 清原枴童 枴童句集
除夜の鐘鳴りはじめたれ夜番来る 久保田万太郎 草の丈
除夜の鐘鳴るエプロンをはづしけり 竹内万紗子
除夜の鐘龕の一*ちゅう睡りけり 飯田蛇笏 霊芝
除夜追ふや浪華の繁華洛の鐘 松根東洋城
除夜過ぎて彼の世の鐘が鳴りにけり 角川春樹
除夜鐘韻即時過現未如是我聞 林昌華
髪結うて戻り来し娘に除夜の鐘 三原武子
鳴りいづるあだしのの鐘除夜篝 黒田杏子
鳴り合ひて何れも遠し除夜の鐘 黒川朱峯
鳴るや我そのもの除夜の村の鐘 成田千空 地霊
黙満ちてときに間遠し除夜の鐘 鍵和田[ゆう]子 未来図
黄泉にても鐘百八ツ聴こえをらむ  高澤良一  石鏡
年の鐘撞く音色にも人間味  高澤良一  暮津
年の外に追ひ遣らるごと除夜の鐘  高澤良一  暮津
除夜の鐘浅く撞きたる若夫婦  高澤良一  暮津
除夜の鐘撞いていささか誇らしげ  高澤良一  暮津

●年越詣
年越の女中おとしと詣でけり 石田波郷
年越祭影あつまりて人となる 滝 南窓
木の間月節分詣たたずむも 皆吉爽雨
除夜詣飴玉なんぞ振る舞はれ  高澤良一  寒暑
勢ふもの身ぬちに満ちて除夜詣  高澤良一  寒暑
除夜詣雨にうるほふ地を踏みしめ  高澤良一  暮津
参道の歴然とあり除夜篝  高澤良一  暮津
除夜篝火の粉の竜を放ちけり  高澤良一  暮津
鈴しゃんと太鼓はどんと除夜詣  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

除夜

除夜

例句を挙げる。

あつまって一階だけを灯す除夜 五十嵐研三
いそぎ来て拝みてあはれ除夜の人 池内友次郎 結婚まで
いま撞きていまの消え音に除夜の鐘 加倉井秋を 『武蔵野抄』
おもしろう松風吹けよ除夜の闇 松岡青蘿
おろかなる犬吠えてをり除夜の鐘 山口青邨
きざはしに浮根息づく除夜篝 原裕 正午
きら星の除夜の大空ありにけり 高木晴子 花 季
くらやみの洞あるごとし除夜の鐘 福田紀伊
くれなゐにひびきもつれぬ除夜の鐘 永田耕衣 真風
けふもまた月の障子や除夜の鐘 岸本尚毅
しばらくは除夜の汽笛の門司馬関 奥本黙星
しんがりは東大寺かや除夜の鐘 高岡智照尼
するすると除夜になりたる雁もどき 橋石 和栲
つぎつぎと子が来て除夜の家となる 福田甲子雄
ともかくも終りて除夜の湯に沈む 砂田美津子
ともしびを消せば聞こゆる除夜の鐘 岩田由美
とりとめし命とありぬ除夜の妻 藤崎久を
ひとつづつ過去となりゆく除夜の鐘 林 民子
ひとりひとりこころにありて除夜を過ぐ 桂 信子
また一つ風の中より除夜の鐘 岸本尚毅(1961-)
まださめてをりし患者に除夜の鐘 神尾季羊
みほとけに一盞献ず除夜の燭 木村蕪城 一位
やりくりのともかく灯明し除夜の団地 赤城さかえ句集
ゆきし人は帰らず除夜の灯かな 長谷川かな女 雨 月
よそびととうとまるる身を除夜の炉に 木村蕪城 一位
わが家のいづこか除夜の釘をうつ 誓子
わが宿も寺領のうちや除夜の鐘 今井つる女
わが撞きてわが音として除夜の鐘 加倉井秋を
をちこちのをちの大寺の除夜の鐘 相馬 黄枝
カルメンの薔薇咲く セビリア 除夜がくる 伊丹公子
ギリシヤ正教会煌々として雪の除夜 阿部洋子
ジヤズ・バンドはしやぎて除夜も深まれり 山口誓子
ニイチエを読み拍子木が告ぐる除夜 沢木欣一 雪白
一しきり啼てしつけし除夜の鶏 利合
一島の闇ひらけば閉づる除夜の鐘 赤尾兜子
一本の楠あきらかに除夜のこゑ 加藤 勝
一痕の月に鳴りゆく除夜の鐘 塩崎晩紅里
一碧楼の死にし日なりき寒き除夜 西山惟空
一穂の除夜のみあかし枕上 木村蕪城 一位
三輪山の杉かぐはしき除夜の雨 山地国夫
亡妻よ聴け観世音寺の除夜の鐘 河野静雲
京泊り除夜の火桶をうちかこみ 大橋越央子
人夫々音色それぞれ除夜の鐘 弓場汰有
今宵除夜睡き耳藉しつゝねむる 片山桃史 北方兵團
今年又患家に聞きし除夜の鐘 坂本ひろし
他所の値札吹き飛んで来し雨の除夜 桜井博道 海上
仮住の身に一穂の除夜の燭 木村蕪城 一位
佛檀を灯す孤影や除夜の母 皆吉爽雨
停まればわが息流る暗き除夜 殿村莵絲子 雨 月
全身の水の波紋や除夜の鐘 宮川としを
六角堂六面とざす除夜の鐘 西川織子
匂ひしは夢にや見たる除夜の梅 松岡青蘿
北を指し黒みだれなき除夜の貨車 大井雅人 龍岡村
又一つ風の中より除夜の鐘 岸本尚毅
古妻や除夜の燈下のうす化粧 清原枴童 枴童句集
吾をみとる妻も聞きをり除夜の鐘 上野泰
堂塔の闇あたらしき除夜の鐘 狹川 青史
境内のまつくらがりや除夜の寺 高橋淡路女 梶の葉
夕河岸を穴子釣舟出るところ 滝本除夜子
夕焼消え除夜大空の汚れなし 池内友次郎
大津絵の鬼が火を焚く除夜の鐘 渡辺信子
太夫名の紋提灯や除夜の宿 西井脇師
失ふも得しも百年除夜の鐘 甲斐すず江
奥武蔵雪山ならぶ除夜の鐘 水原秋櫻子
妻の手の輪ゴム飛びきて除夜ぬくし 大野梢子
妻よ聴け観世音寺の除夜の鐘 河野静雲
妻在りて子在りて足らず除夜の鐘 杉山岳陽
孫地獄の他は何事もなかりしはよし除夜の鐘 橋本夢道 良妻愚母
宮島の除夜の燈明り波の上 竹下陶子
寒くなれば篝にも立ち除夜の鐘 星野立子
寺多き京都の山や除夜の鐘 福田把栗
山伏や出立そろはぬ除夜の闇 水田正秀
岡寺にこだまやすらふ除夜の鐘 山田孝子
島と島交互に除夜の鐘鳴らす 阪上史琅
島の宿除夜の汽笛のいっせいに 佐藤 梧林
帰る子をまだあきらめず除夜の母 井上明華
年かくすやりてが豆を奪ひけり 几董(除夜遊青楼)
年の矢種尽きて打物や除夜の豆 露宿 選集「板東太郎」
床柱拭く手見えゐる除夜旧家 鷲谷七菜子 花寂び
廻転椅子くるりくるりと除夜ふくる 篠原鳳作
強く確か除夜押してゆく時計音 有働亨 汐路
後架の灯さしゐる除夜の小径かな 石原舟月 山鵲
御垣内除夜の常闇垂れこめし 竹下陶子
徳利の穴の暗さゆさぶって除夜の鐘 鷹島牧二
念々と次の音を待ち除夜の鐘 加倉井秋を 『隠愛』
恍として撞くらむ除夜の鐘聞こゆ 相生垣瓜人 明治草抄
恙なく一家の揃ふ除夜の鐘 梅沢信作
我宿も寺領のうちや除夜の鐘 今井つる女
戦争の世紀よさらば除夜の鐘 紙野康美
撞いてゐる除夜の大鐘静なり 高濱年尾 年尾句集
放心にひまなくもゆる除夜の炉火 飯田蛇笏 春蘭
故友なきこと除夜時かけて肯ふも 石田波郷
旅にしていづかたよりぞ除夜の鐘 福田蓼汀
星空に居る大富士や除夜の駅 たかし
時計みな合せて除夜の鐘を待つ 道川虹洋
時雨月をり~除夜の鐘照らす 高濱年尾 年尾句集
暖かき除夜も更けたり繩を燃す 田川飛旅子
月明かく夢見る如き除夜なりき 相生垣瓜人 微茫集
本能寺除夜のうす雲かかりけり 岸本尚毅 鶏頭
東山消え烏羽玉の除夜の闇 舘野翔鶴
枯蔓のかげす櫺子の除夜の月 臼田亜浪 旅人
梢まで木の見えてゐる除夜篝 船戸しづか
武蔵野の星月夜とや除夜の町 尾崎紅葉
死なざりし顔拭かれをり除夜の鐘 瀬戸杏花
水を掃く音一としきり除夜の鐘 宇佐美魚目 天地存問
水甕に水も充てけり除夜の鐘 中村草田男
水甕を湛へて除夜のこと了る 山口波津女 良人
水鳥と除夜の鼾や樗陰 麦水 (一株の樗をたのみかた計の庵を結ひ)
波浮に泊つ侘しさ除夜の鐘聞かず 松尾緑富
浄き暮し希ひつつ除夜更しけり 佐野良太 樫
浜の寺山の寺より除夜の鐘 きくちつねこ
海くらく大島除夜の灯を点ず 下村梅子
海底や地底の除夜は如何ならむ 相生垣瓜人 微茫集
海老寝して一韻二韻除夜の鐘 猿山木魂
湖の空の明るし除夜篝 加藤三七子
湖へ四ヶ寺除夜の鐘鳴らす 松井利彦
漆黒の除夜のみ曾て記憶せり 相生垣瓜人 微茫集
澎湃と除夜の枕にひゞくもの 京極杜藻
火を修し水を修して除夜の鐘 高橋克郎
灯のなかへ守衛もどりて除夜の鐘 石川雷児
灯を煌と泊船並ぶ除夜の鐘 下村ひろし
炭はぬる音さへ除夜のごとくにて 清原枴童 枴童句集
焚火ひとつセエヌの岸の除夜暗し 小池文子 巴里蕭条
熱の子の覚めて聞きをり除夜の鐘 高橋悦男
燈影をはゞみてもゆる除夜の爐火 飯田蛇笏
父の間に父ゐますごと除夜更くる 山口波津女 良人
父母在さば百越えをらむ除夜の鐘 那須乙郎
牡蠣船の大繁昌や除夜の鐘 清原枴童 枴童句集
甘きもの頻りにほしく除夜の鐘 原石鼎 花影以後
生き過ぎてなほも生きたし除夜の鐘 宝亀 重子
用ひとつ忘れ心地に除夜の鐘 岩崎きゑ子
町ぐるみ除夜船笛の太柱 野沢節子 存身
町と共に衰へし寺や除夜の鐘 高浜虚子
病み克ちし身に殷々と除夜の鐘 中嶋秀子
百姓の大戸や除夜の楽もれて 百合山羽公 故園
百方に餓鬼うづくまる除夜の鐘 石田波郷
眠らんと除夜の子が捲くオルゴール 石田 波郷
磯山の扼す真闇に除夜の鐘 八木林之介 青霞集
祖よりの青岸渡寺の除夜の鐘 榎本冬一郎
神戸美し除夜の汽笛の鳴り交ふとき 後藤比奈夫 花匂ひ
福寿草買ひに出て除夜更けにけり 中島月笠 月笠句集
空耳か夢かかそかな除夜の鐘 岡本昼虹
箒目に水打つ除夜の麹蔵 能村登四郎 幻山水
篝火が闇の表を焦がす除夜 本杉桃林
約束のひとつ果せず除夜の鐘 高岡昭子
絶えかけし命一つを除夜の鐘 中勘助
翁媼聴くや眠るや除夜の鍾 石川鹿童
胴炭も置心よし除夜の鐘 不白
能登ちかく雪いただきて除夜の汽車 宮武寒々 朱卓
脱ぎしもの投げ込み除夜の洗濯機 黒坂紫陽子
船鍵を仮に置く除夜の畳かな 宮武寒々 朱卓
若僧ののけぞって打つ除夜の鐘 白井良治
萬寿寺の界隈に住み除夜の鐘 徳永 球石
蒼然と鉄心の鐘除夜を待つ 下村ひろし 西陲集
蝋の火ははなやか除夜の人拝む 池内友次郎 結婚まで
行き暮れしものの思ひぞ除夜の鐘 殿村莵絲子
街中に大寺除夜の鐘撞かず 高濱年尾 年尾句集
覚めて聞き聞きて眠りぬ除夜の鐘 相生垣瓜人
観音は近づきやすし除夜諧 高浜虚子
豆を煮る水又さして除夜の閑 森山素石
足裏に除夜の枯野の真平ら 飯田龍太
踏んばつて女が除夜の鐘を撞く 曽我部 豊
身ほとりに子等の寝息や除夜の鐘 佐藤美恵子
退院の妻ときくなり除夜の鐘 五十嵐播水 播水句集
道にまで西瓜の花のさかりかな 滝本除夜子
遥かなる除夜の霧笛に眠りをり 仙田洋子 雲は王冠
酔醒めて白い歯のこる除夜の男 島津 亮
重ねおく紅型帯や除夜の鐘 大嶺清子
野の闇に真蒼の車輪除夜の汽車 宮武寒々 朱卓
銀行の前無数に除夜の店宥す 河野南畦 『焼灼後』
鍋のもの暖め直す除夜の鐘 福島 司
鐘を献じて冴えきる除夜の聲きかん 中勘助
門扉ひたと閉ざせる寺や除夜の鐘 高橋淡路女 梶の葉
除夜いまだ「静かなるドン」読みすすむ 佐藤鬼房
除夜そして一碧楼忌鐘を打つ 松田ひろむ
除夜たぬし警笛とほく更くるとき(ダンスホール) 篠原鳳作
除夜といふ刻の歯車噛み合はす 三好潤子
除夜にしてかすとり酒は溢るるよ 石川桂郎 含羞
除夜の厨常の日のごと束子置く 中嶋秀子
除夜の妻ベツドの下にはや眠れり 石田波郷(1913-69)
除夜の妻ホイッスル吹くごと笑ふ 吉野裕之
除夜の妻白鳥のごと湯浴みをり 森澄雄
除夜の子に石垣上の灯が強し 龍太
除夜の家ひとりの物音およがせて 渋谷道
除夜の戸を出でしは母へ届けもの 高木晴子
除夜の星小函の菓子の重さ掌に 中島斌男
除夜の星幾光年を輝りきそふ 西島麦南 人音
除夜の月機械に注連を張りおわる 飴山實 『おりいぶ』
除夜の樹を抱きおりしが疾走す 鈴木六林男 谷間の旗
除夜の気と云ふものならむ迫るなり 相生垣瓜人 明治草抄
除夜の湖山の灯一つうつり居り 佐野青陽人 天の川
除夜の湯にアララツトヘの舟の揺れ 田仲了司
除夜の湯に肌触れあへり生くるべし 村越化石
除夜の湯に裸劣りて一教師 榎本冬一郎 眼光
除夜の湯に間違つてゐる御せいだう 筑紫磐井 婆伽梵
除夜の湯へ主婦の胴冷えきつて来る 榎本冬一郎 眼光
除夜の火を落す消壷くらがりに 前田法比古
除夜の灯に聲無く話し口動く 池内友次郎
除夜の灯のどこも人住む野山かな 渡辺水巴 白日
除夜の灯の峰に残りて初烏 四明
除夜の灯の明るさに鐘を知らで寝し 雑草 長谷川零餘子
除夜の灯は金の砂子を撒いてをり 阿波野青畝
除夜の灯を看護婦常の如く消す 砂塔一虹
除夜の燈を魚焼くけむり来てつつむ 篠原梵 雨
除夜の畳拭くやいのちのしみばかり 渡邊水巴
除夜の花舗きらきら考へ詩人の瞳 加藤知世子 花寂び
除夜の酒亡師と酌みてゐたりけり 草間時彦 櫻山
除夜の鐘いつもの道が靄の中 岩田由美
除夜の鐘うしろへひゞく前も闇 山口草堂
除夜の鐘うちつぎ百を越えんとす 橋本多佳子
除夜の鐘かすかに聞え深雪かな 清原枴童 枴童句集
除夜の鐘きき堪へぬらし夫寝ねぬ 及川貞 夕焼
除夜の鐘きく約束を起しやる 原田種茅 径
除夜の鐘きゝ煩悩の髪を剃る 一田牛畝
除夜の鐘この時見たる星の数 原石鼎
除夜の鐘その第一打撞きにけり 高浜年尾
除夜の鐘つきをさめたる僧の息 西島麦南
除夜の鐘なれば舞はんと立ちあがり 武原はん女
除夜の鐘ぬる湯の壁に響きけり 会津八一
除夜の鐘の前か後かに雨をきけり 加藤楸邨
除夜の鐘はつたとちぢむ命かな 吉武月二郎句集
除夜の鐘むなしむなしと繰り返す 富安風生
除夜の鐘ナース小窓にある偽薬 姉崎蕗子
除夜の鐘ブラックホールある空へ 奥坂まや
除夜の鐘一山の闇揺らしけり 田守としを
除夜の鐘二人で聴きし歳月よ永久という語を疑いもせず 俵万智
除夜の鐘五体を投げて撞かれけり 三嶋隆英
除夜の鐘今を鳴るなり善光寺 甲田鐘一路
除夜の鐘全天の星動き初む 中林美恵子
除夜の鐘吾身の奈落より聞ゆ 山口誓子
除夜の鐘地にはつもらぬ雪降れり 那須 乙郎
除夜の鐘失せゆくものを逐ひ鳴れる 轡田進
除夜の鐘妻に小さな耳の穴 辻田克巳
除夜の鐘小児病棟異常なし 水原春郎
除夜の鐘己をぬけてなほひびく 黒田櫻の園
除夜の鐘幾谷こゆる雪の闇 飯田蛇笏 春蘭
除夜の鐘幾重にも聴き京に老ゆ 北川わさ子
除夜の鐘建長寺先づ撞き出でし 小村塘雨
除夜の鐘愈々雨のふりしきる 徳川夢聲
除夜の鐘撞かずいくさは進みをり 小原菁々子
除夜の鐘撞きて俄に今日遠し 福井 仁
除夜の鐘撞きに来てゐる鳥羽の僧 高濱年尾 年尾句集
除夜の鐘撞きはじめしは伯耆坊 山本杜城
除夜の鐘撞くしんがりに並びけり 南木美保子
除夜の鐘撞くや焚火へ尼も来て 高濱年尾 年尾句集
除夜の鐘撞く一と呼吸二た呼吸 後藤一秋
除夜の鐘撞く列にゐる妓かな 野田瑠璃子
除夜の鐘撞く寺ひとつふるさとに(願勝寺) 細川加賀 『玉虫』
除夜の鐘敷居の上に立ちしとき 高室呉龍
除夜の鐘星のまばたきはげましつつ 石川静雪
除夜の鐘星は地平に墜ちにけり 島田セツ
除夜の鐘月の幾山ひゞきゆく 辻本青塔
除夜の鐘果てたるあとの高嶺星 福田甲子雄
除夜の鐘果てて月山澄みにけり 上野さゆり
除夜の鐘柞の森を圏(わ)の中に 加倉井秋を 『武蔵野抄』
除夜の鐘焔さかりのいま終る 井上雪
除夜の鐘燈を向けて水流れゐし 館岡沙緻
除夜の鐘父が厠へ足摺りて 皆川白陀
除夜の鐘疼痛地獄解きたまヘ 西本一都 景色
除夜の鐘真顔となりし子に対ふ 原田種茅
除夜の鐘聞きつつ長き髪洗ふ 中村節代
除夜の鐘聴くや炭斗引寄せて 五十嵐播水 播水句集
除夜の鐘葱の白さを洗ひ上げ 安村敏子
除夜の鐘襷かけたる背後より 竹下しづの女 [はやて]
除夜の鐘赤ん坊にあたらしき敷布 中山純子 沙羅
除夜の鐘金輪際の暗みより 平畑静塔
除夜の鐘闇はむかしにかへりたる 五十嵐播水 埠頭
除夜の鐘雲辺寺より天伝ふ 百合山羽公 寒雁
除夜の鐘静かな雪を誘ひけり 都谷文子
除夜の鐘音高らかに締りけり 清原枴童 枴童句集
除夜の鐘鳴りはじめたれ夜番来る 久保田万太郎 草の丈
除夜の鐘鳴るエプロンをはづしけり 竹内万紗子
除夜の鐘龕の一*ちゅう睡りけり 飯田蛇笏 霊芝
除夜の門に出でて一路の横たはる 皆吉爽雨
除夜の闇わが一年も積りゐむ 沢田しげる
除夜の雪下り立つたびに深さかな 清原枴童 枴童句集
除夜の雲みしりみしりと雷はらむ 藤木倶子
除夜の風塵しばらく星をくもらしぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
除夜の香しづかに吾をとらへけり 河野静雲 閻魔
除夜をかし昔の歌の愛が見ゆ 千谷頼子
除夜を寝て寝合は海の上を航く 山口波津女 良人
除夜守る火紺地金泥なせりけり 加倉井秋を
除夜打つや祇園に近き建仁寺 名和三幹竹
除夜明りして榛の野のあたり見ゆ 岡井省二
除夜淋し町ゆく橇もなき今は 阿部慧月
除夜満月宮島に買ふ白木盆 吉野義子
除夜祭の巫女の溜りへ蕎麦とどく 遠藤勝亮
除夜篝いまはむかしの鳴海潟 宇佐美魚目 天地存問
除夜迫るコンピューターを包む闇 塩田藪柑子
除夜追ふや浪華の繁華洛の鐘 松根東洋城
除夜過ぎて彼の世の鐘が鳴りにけり 角川春樹
除夜過ぐる清しき火種絶やすなく 野澤節子 牡 丹
除夜零時過ぎてこころの華やぐも 山口誓子(1901-94)
陸の燈の絶えたり除夜の船に寝る 山口波津女 良人
雨の海暗澹たるを除夜とせり 千代田葛彦
雪林の静謐をこそ除夜枕 千代田葛彦
霜の除夜大長野は燈しゐる 田中冬二 俳句拾遺
飛火野の風来て猛る除夜篝 橋本輝枝
高嶺星除夜参籠の燈をつつむ 岡田 貞峰
髪結うて戻り来し娘に除夜の鐘 三原武子
鳴りいづるあだしのの鐘除夜篝 黒田杏子
鳴り合ひて何れも遠し除夜の鐘 黒川朱峯
鳴るや我そのもの除夜の村の鐘 成田千空 地霊
鶏の静に除夜を寝たりけり 紅葉句帳 尾崎紅葉、星野麥人編
簡単に了はらぬ年よ除夜も雪  高澤良一  暮津
鳴り物入り日蓮さんの寺の除夜  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-31 00:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

数へ日

数へ日

例句を挙げる。

ブロッコリ茄でて数へ日籠らふか 高澤良一 ねずみのこまくら 
亡き人を数ふるに似て数へ日や 鳥居美智子
師のたより待つ数へ日の数へごと 深谷雄大
数え日のこころのはしを人通る 矢島渚男
数へ日のもっさり顔が応対に 高澤良一 燕音 
数へ日の力が入る硝子拭 高澤良一 随笑 
数え日の土の乾きも鹿島かな 藤田あけ烏 赤松
数え日の夕空贅を盡したり 高橋睦郎
数へ日の小遣いはたき買へる本 高澤良一 随笑 
数へ日の後引く飴に本を読む 高澤良一 随笑 
数へ日の日の入る部屋で耳掃除 高澤良一 随笑 
数へ日の朝の日に舞ふ綿ぼこり 高澤良一 素抱 
数へ日の猫も私も日をよるべ 高澤良一 随笑 
数へ日の眠気もたらす車窓の日 高澤良一 宿好 
数へ日の胸膨らます鳩と居り 高澤良一 燕音 
数へ日の蓬莱島に亀眠り 高澤良一 随笑 
数へ日の雑用買って出ることも 高澤良一 鳩信 
数へ日をタイムスリップして邦画 高澤良一 随笑 
数へ日を亀の正字の部首調べ 高澤良一 寒暑 
数へ日となりつつ夜々を月そだつ 太田 嗟
数へ日となりて傾くカレンダー 相馬沙緻
数へ日に到来の葱風干しに 瀧井孝作
数へ日に麗けき日の紛れゐし 相生垣瓜人 明治草抄
数へ日のけむりのごとく薯を擂る 中拓夫
数へ日のこころのはしを人通る 矢島渚男
数へ日のなかの一日母を訪ふ 角川春樹
数へ日のなりはひの燈を道にまで 下田稔
数へ日のひと日ひと日とそばだてる 井沢正江 以後
数へ日のひと日佛事にかかづらふ 下村ひろし 西陲集
数へ日のまひるの径の山に入る 宗田安正
数へ日のスイッチひねればチャプリン出で 高澤良一 さざなみやっこ 
数へ日の一面記事に亡命者 西村和子 夏帽子
数へ日の三時は日向四時の影 永井龍男
数へ日の下竪小路ひそかなる 上野さち子
数へ日の乗つてあやふき脚立かな 池田秀水
数へ日の傘立にある杖二本 橋本榮治 逆旅
数へ日の息ととのへて太祝詞 佐川広治
数へ日の採りのこされし畑のもの 佐野美智
数へ日の教会うらの古着市 斉藤淑子
数へ日の数の中なる師と会ふ日 今瀬剛一
数へ日の数へるまでもなくなりぬ 鷹羽狩行 第九
数へ日の日にまどろめるさるすべり 高澤良一 ねずみのこまくら 
数へ日の日のあるうちは沖に舟 西村和子 夏帽子
数へ日の昼よく寝たる一時間 茨木和生 丹生
数へ日の暖簾師去るを見てをりぬ 石原八束
数へ日の書院ながらや砂(いさご)の日 岡井省二
数へ日の月あたゝかき夜なりけり 久保田万太郎 流寓抄
数へ日の机の上の吾が子かな 山西雅子
数へ日の松風をきく齢かな 勝又一透
数へ日の欠かしもならぬ義理ひとつ 富安風生
数へ日の段取り交はす寝床にて 高澤良一 燕音 
数へ日の没日に対ひ戸を閉す 永井龍男
数へ日の海より出る月紙のごと 墳崎行雄
数へ日の火のあと広く掃き均らす 大岳水一路
数へ日の牛舎にとどく塩俵 中村風信子
数へ日の町に伸びゐる山の影 伊藤通明
数へ日の白雲とゐて山仕事 友岡子郷
数へ日の百の障子の日のにほひ 辻桃子
数へ日の窯の口より出できたり 松林 慧
数へ日の笹がつらぬく魚の鰓 小野恵美子
数へ日の素うどんに身のあたたまり 能村登四郎
数へ日の紺の山より大鴉 廣瀬直人
数へ日の花見小路に分譲地 佐川広治
数へ日の茅舎が謝辞の古手紙 斉藤夏風
数へ日の菜を摘みに出て燈台守 下田 稔
数へ日の薬罐噴きをり駐在所 坪井かね子
数へ日の蜑を弔ふ冬かもめ 井上論天
数へ日の釜かぶりをり美容院 田中朗々
数へ日の閂ゆるき父母の家 辻美奈子
数へ日の雁の堅田に鴨の数 森澄雄
数へ日の餅をしづかに焼きにけり 佐川広治
数へ日の首を出しゐる砂蒸し湯 小室風詩
数へ日の高波漕ぎて生簀守る 田守としを
数へ日の鮠一尾だに見せぬ水 大岳水一路
数へ日やひそかな鳥の啄みも 神尾久美子 桐の木以後
数へ日やひとつの部屋にひとつの灯 高木聡輔
数へ日やわが針山の糸の虹 吉田みち子
数へ日やメモ一つ消し二つ足し 大橋敦子
数へ日や万年青にかかる糸の屑 大峯あきら
数へ日や二人の音を一人づつ 土橋たかを
数へ日や仮住みも又数へ日に 和田 祥子
数へ日や寝顔の吾子に逢ふばかり 橋本榮治 麦生
数へ日や故郷の海老生きて着く 伊東宏晃
数へ日や是々非々何か忘れゐし 河野南畦 『広場』
数へ日や死の日まで積む文学書 金久美智子
数へ日や母訪ふ一日のこしをり 日阪 昌子
数へ日や気遣ふといふ気疲れも 橋本榮治 越在
数へ日や老舗の土間の大かまど 小林沙久子
数へ日や足袋幾足の生乾き 永井龍男
数へ日や近くて遠き鴨の声 板谷芳浄
数へ日を数へあまさず勤むかな 宮津昭彦
数へ日を旅して橋の上にあり 大串章 百鳥
数へ日を第九の稽古重ねけり 阿波野青畝
暖簾師の去る数へ日の坂住居 石原八束 風信帖
柚子数へ日をかぞへをり風盆地 文挾夫佐恵
海を見ることで数へ日使ひきる 渡辺輝子
目につきし佳句反芻して数え日 高澤良一 宿好 
縛されてゐる数え日の撞木かな 藤井圀彦
職退くも妻に数へ日残りをり 山本武司
街騒も数へ日らしくなつて来し 境 雅秋
酒中花の実生に侍すや数へ日も 小池文子 巴里蕭条
野火止に数へ日の水流れたり 伊藤三十四
数え日の本にも倦めば何とせう  高澤良一  宿好
潜水艦繋がれ数へ日の入江  高澤良一  石鏡
東京湾数へ日の日を敷き詰めぬ  高澤良一  暮津
数へ日の銭湯に四肢伸ばしけり  高澤良一  暮津

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬安居

冬安居

例句を挙げる。

うかうかと日数たちけり冬安居 山本晴代
冬安居佐久の端山の鴾色に 土屋未知
冬安居夫の墓所に猫殖えて 殿村莵絲子 花寂び 以後
四九の垢離いつしかに慣れ冬安居 中村 仏船
学僧の下駄並べあり冬安居 樹下敏諦
山寺に老僧一人冬安居 吉田 伝治
庫裡に吊る沓の濡れをり冬安居 羽田岳水
東司にも香を焚きこめ冬安居 上原朝城
気配なき気配漲る冬安居 稲畑汀子
沐浴の掟きびしき冬安居 能仁鹿村
田の風を真向にうけ冬安居 宇江点平
白々と障子しめあり冬安居 前沢落葉女
石黙し樹々ささやける冬安居 吉井黄莫生
端近に使ひ尼趺坐冬安居 山口民子
老僧の補聴器しかと冬安居 伴 縷紅女
落葉降る音のみ峡の冬安居 尾崎高子
著るものは皆著せられて冬安居 遠藤梧逸
行脚こゝに名山にあひぬ冬安居 松瀬青々
訪ふ人に山門鎖さず冬安居 稲畑汀子
還俗の心を秘めて冬安居 山口一秋
金泥に帯び描くことも冬安居 京極杜藻
閉めきつて燭すら見えず冬安居 大熊輝一 土の香
しんしんと物音断ちし雪安居 桑田青虎
ひたすらに読経三昧雪安居 古川禎子
一枚に床板ひかり雪安居 大熊輝一 土の香
僧百の粥座はじまる雪安居 町田しげき
入浴の喚鐘きこえ雪安居 大森扶起子
学生の梳らざる髪雪安居 佐野まもる 海郷
消炭に火のいろうかぶ雪安居 三田きえ子
炉火掻いて瞳も火のいろの雪安居 山口草堂
狐狗狸の頭ならべて雪安居 本田一杉
竃燃ゆる音のほかなし雪安居 佐野美智
臘梅に訪へば尼僧も雪安居 長谷川久代
訪ねたる近江の一寺雪安居 森澄雄
雪安居すみ衆僧のみな素足 岡田太雄
雪安居僧あるときは小指噛む 辻本青塔
雪安居僧に七曜なかりけり 辻本青塔
雪安居剃髪僧の青つむり 石田 博
雪安居炊ぎの煙杉に上げ 荒井正隆
雪安居胸中に雪降らしゐる 嶋 杏林子
雪安居闔衆の名を板書せり 荒井正隆
魚板もて来意告げよと雪安居 吾妻青原

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング